【当サイトを初めてご覧になる方へ】


「中小企業診断士試験 一発合格道場」 近年、社会人の関心を高めている 中小企業診断士試験の合格を目指す方へ、 体系的な知識、語呂合わせ、 勉強意欲向上、診断士の活動等々を ほぼ毎日10年間発信してきました。

毎年、直近年の合格者達が書き綴った リアルで豊富な受験情報 日々の勉強にお役立て下さい! たまたまお立ち寄り下さった方も ぜひ中小企業診断士の存在に 興味を持って頂けたら嬉しいです^^

一発合格道場について
執筆メンバー紹介


日時:2020年9月5日(土) 9:00~18:00

(18時以降、懇親会を予定)

場所:オンライン (zoom)

内容:1日で令和元年度の事例Ⅰ~事例Ⅳまでを扱う予定です

‐ 道場メンバーによるワンポイント講義

‐ グループに分かれてディスカッション

人数:12名程度

受付開始8月25日(火) 12:00~  ※先着順となります※満員御礼!

受付方法こくちーず

※タイムスケジュール等の詳細は、こくちーずにてご案内いたします

🥋 🥋 🥋 🥋 🥋 🥋 🥋 🥋 🥋 🥋 🥋 🥋

twitterもよろしくお願いします。

おはようございます。さとまるです。

1次試験の結果が発表されましたね!令和2年度第1次試験の試験合格率は42.5%。科目合格などの話を別にして単純に読めば、

今年は合格者数5,005/受験者数11,785=42.5%
去年は合格者数4,444/受験者数14,691=30.2%

で、今年は受験者数が減った中で、合格者数が増えたということ。問題が昨年よりも極端に易化したという話はあまり聞かなかったので、恐らく受験者のレベルが高かったのだと思います。

受験された皆様、本当にお疲れ様でした!合格された方は、ここからが本番。ギアをトップに入れて進んでいきましょう。そして、残念な結果だった方。来年の試験は意外とすぐにやってきます。でも、今は勉強する気にならないというのなら、やっぱりこの資格が必要だ!と思うまで、ちょっと時間をおいてみることをオススメします。

さて今回は、昨日の3chの記事に引き続き、解いた過去問の事例数についてのお話です。昨日の記事にある通り、私は11代目で一番過去問を解いた事例数が多かったのですが、それが2次試験の余裕のある得点につながったかというと、残念ながら、そういうわけではなく。また、今ではそこまで過去問を解く必要はなかったのではという思いもありまして、今日の記事を書いてみたいと思います。

■10年間分解いてみた理由

最初に、過去10年間分の過去問を解こうと考えた理由は、

・予備校には通わず、独学なので、解く問題が過去問しかなかったから
・ある程度の事例数をこなせば、問題に慣れて解答できるようになるではないかと思ったから
・合格者が解いた過去問の平均が90問くらいだったから(去年の2次試験対策のセミナーに参加した際、同一事例の場合も解いた回数でカウントして、大体90問くらいは解いているという情報を得ました)

でした。特に2番目の「慣れ」への期待と、3番目の平均事例数から、本番の試験を体感して学ぼう!という思いがありました。

■10年間分解いてみてどうだったか

まずは解いてみてよかった点からです。

試験の傾向の変化を実感できた

毎年「傾向が変わった!!」と言われる2次試験ですが、10年通して解いてみると、毎年というより少し大きな単位で、傾向が変わっていることに気づきました。例えば、

・世相に合わせて、事例に取り上げられる企業が直面する課題が変化していること(海外進出から国内回帰(ex.インバウンドの活用)へ)。この辺りはさいちゃんの記事が参考になりそうです。
・設問の内容の変化(特に事例Ⅰでは、組織・人事よりも経営戦略を問う設問が多くなっていること。現場レベルよりも経営層レベルの視点が必要な設問が増える傾向にあること)
・与件文・解答欄の文字数の変化(より多い文字数の与件文を読んで、より少ない文字数で解答させる傾向にあること)

以上は、予備校などに通っていれば普通に得られた知識なのかもしれません。やはり中小企業が置かれた状況を踏まえつつ問題が作られているんだな、傾向も変わっているし、これは直近5年間に比重をおいた方が良さそうだと実感したのは収穫でしたが、限られた時間で合格を目指す身としては、少し時間がもったいなかった気がしています。

次に、よくなかった点を。

めちゃくちゃ時間がかかった

わかっていたことではありますが、1事例につき、約3時間(解くのに80分+見直しに90分)かかります。2回、3回と回数を重ねるにつれ、かかる時間は減るものの、次第に解けた事例の数=2次試験の勉強の進捗のように感じられ、解けた事例の数ばかり気にしてしまい、復習が疎かになっていった記憶があります。

問題への慣れは生じたが、本来の実力アップにはつながらなかった

よく言われることですが、何度も事例を解いたので、事例のポイントや解答を覚えてしまうという悪い意味での「慣れ」が生じ、それで解けた気になってしまっていました。また、よく使われるキーワードやフレーズを覚え、それを当てはめるだけで「それっぽい」解答ができてしまうため、それでまた解けた気になってしまい、与件文の企業に向き合うことができていなかったと思います。

また、事例をどんどん解くと、事例ごとの会社像や設問のパターン、回答でよく使うキーワード、フレーズが自分の中に蓄積されていき、事例を一般化、抽象化して捉えるようになっていきます。例えば、事例Ⅲは生産管理がダメダメな会社で、できていないことを裏返すと良いとか。

ここで注意したいのは、本番は80分しかなく、まっさらな頭で一から解答する時間はないので、事例の一般化、抽象化をして準備をしておく必要はもちろんあるということです。でも、事例の一般化、抽象化に頼りすぎ、解答も一般的、抽象的なことしか書けないと、カワサン記事でいうどこの企業でも言える解答になってしまう。そうすると、結果的に与件文に寄り添わない解答になってしまい、点数が入らないのではないかと思います。

要は、事例の一般化、抽象化も大事だが、事例の企業の事情を斟酌した上で使うこと、与件文の解答への落とし込みを忘れてはいけないということです。なかなかちょうど良い塩梅を見つけるのは難しいですが。。

よく、2次試験で事例の解きすぎは禁物だとか、一度はスランプがくるもの、という話を聞きます。去年はなぜそうなるのかわからないまま、私の場合は9月末にやはりスランプが来ました。今考えると、スランプの原因は上のような部分にあったのではないかと思っています。

■では、どうすればよかったか。

特に(私もそうでしたし)初学者、独学で2次試験を受験する場合は尚更、目に見えやすい指標として事例数を設定し、事例を「こなす」ことに注意が向きがちです。しかし、時間帯効果を考えれば、必ずしも時間のない中で過去10年間分を解く必要はなく、直近5年間分をじっくり深掘りすれば十分で、そのエネルギーを別に使った方がよかったかもしれないと思っています。

例えば、本番のようにマス目を埋めて解答する段階までしっかり取り組むべき事例は過去5年間に絞り込み、それ以外の事例は設問の分析や骨子作成段階で止めておく、など。

また、2次試験の勉強法としては、過去問を解くことと合わせて、

・1次知識の再整理(2次試験で出される1次知識を再整理して、自分の言葉で書いて説明できるようにすることです。きゃっしいかわとも記事参照)
・ファイナルペーパーの活用(ハカセbutao、ぐっち記事(事例Ⅰ、ⅡⅢ、Ⅳ)参照)

と言った方法もあるかと思います。

ファイナルペーパーの活用は、ここでは自分で作るというよりも、合格者が作成したファイナルペーパーを見ながら、1次知識がどのようにまとめられているかを確認し、2次試験に合わせて1次知識を体系化していくイメージです。

去年、過去問相手に悪戦苦闘している中で、10代目ぐっちのファイナルペーパーを読んだ時、視界がスッキリ晴れたことを覚えています。過去問を解いたときには点で得られていた理解が、ファイナルペーパーを読むことで線で繋がり、事例ごとの全体像が見えてくる感覚が得られると思いますよ。

なお、ここで大事なのが、ファイナルペーパーに書いてあること(一般的、抽象的なこと)を解答欄に書き出すというよりも、与件文を使って具体化する意識で事例を解いてみること。

ファイナルペーパーは試験前に読むもの、というイメージが強いですが、過去問の理解の一助としても利用できますので、ぜひ今のうちから読んでみることをオススメします。

そして、1ヶ月遅れでやってきた、

私は去年、

ふぞろいな合格答案 10年データブック
・直近2年間のふぞろいな合格答案(ふぞろい11ふぞろい12

を購入して勉強していました。10年データブックは、『ふぞろいな合格答案』の2008年~2017年版の答案分析データと模範解答(ベスト答案)や、どんな設問が出たか、よく使われるキーワードのまとめも載っているので、ざっくり傾向を振り返りたい方にオススメです。

また、「ふぞろい」は答案分析データ(キーワードと得点)もさることながら、答案分析データの後についている解答のポイント(先生と生徒の会話部分)が非常に有用だと思っています。それは、ベストな解き方だけでなく、受験生が陥りがちな失敗や、その失敗を回避する方法、判断に迷う点などが細かく書かれており、受験生の思考プロセスを辿ることができるからです。

なお、この解答のポイント(先生と生徒の会話部分)は10年データブックには掲載されておらず、ふぞろい11、12の方に載っていますので、ご注意くださいね。

今日の記事を書きながら、「◯の屍を越えてゆけ」というゲームの名前を思い出しました。どうか二の轍を踏まないように、先達の失敗はひょいっと飛び越えていきましょう!

以上、さとまるでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

道場について

一発合格道場ってなに?
そんな方はまずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
合格体験談の一覧


執筆陣の再現答案!↓
H29年 H30年  R元年


↓ 今、何位? ↓ にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内検索(Google)

一発合格道場主催イベント案内&報告

2020年7月にオンライン夏セミナーを開催しました!
セミナーの内容:こちら
日曜開催のQ&A:こちら
平日開催のQ&A:こちら

道場執筆陣の書籍

Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート

2020年度版後編もAmazonで発売開始しました!


解法実況&事例研究
↓平成30年事例Ⅰ~Ⅳ↓



解法実況&事例研究
↓令和元年事例Ⅰ~Ⅳ↓



電子書籍 by 9代目
【一発合格】
特設ページはこちら


Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かーな
 ・ いけちゃん
 ・ おべんと君
 ・ カワサン
 ・ さとまる
 ・ 3ch
 ・ ぴ。
 ・ 岩塩
 ・ さいちゃん
 ・ CK
 ・ Tomatsu
 ・ べりー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX