カテゴリ「 » 勉強方法」の記事


★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

もうすぐ12月ということで、今年もあっという間に終わりが近付いてきましたね。今年の試験を受けられた方は、長いようであっという間の1年だったのではないでしょうか。二次筆記試験の合格発表まであと1週間ちょっとですので、結果待ちの方は落ち着かないと思いますが、心の準備をしつつ残りの期間を楽しんでいただければと思います。

さて、本日の記事ですが、これから中小企業診断士試験の学習を始められる方向けの記事となっています。大手予備校であるTACのカリキュラムだと、通常は9~11月からの講義開始となっていますので、ちょうど学習し始めの方も多いのではないでしょうか。ちなみに私の場合は、速修コースで12月からの開始だったのですが、今年のTACのカリキュラムを見ると、最遅の開始が12月のようです(例年は1月開始もあります)。恐らく、中小企業診断協会が発表している2020年度の一次試験日程が前倒しになる予定、の影響だと思います。ということで、学習に取り組むか迷っている方にとっては、そろそろ期限が迫っていますので、学習方法・取り組み方針の参考となるように、試験対策に向けたイントロダクションとして、本日の記事をお届けできればと思います。

 

診断士試験の概要

年一回のみの試験であり、一次試験(7科目)と二次試験(4事例)があって、二次試験は筆記試験と口述試験がある、といったような形式的な話は、少し調べれば簡単にわかることですので、ここでは割愛いたします。全体感として特に知っておいてほしいことを中心にお伝えできればと思います。

一次試験は知識を問われる試験であり、しっかり取り組むことができれば、合格率を高めることは比較的難しくはないと思います。ただし、この「しっかり」というのが容易ではない、というのも事実です。試験範囲がかなり広いため、(個々のバックグラウンドによって差異はありますが)長期間・長時間の学習が必要であり、時間の確保やモチベーションの維持が重要なポイントとなります。

二次試験は応用力を問われる試験であり、過去問の正答が公表されないこともあり、掴みどころがなく、大変難しい試験です。予備校に通っていれば合格できるというものでもなく、情報収集の上で、早期に正しい取り組み方法を理解し、対策を行うことが重要です。一次試験合格者の猛者の中から約2割しか受からない厳しい試験であり、診断士試験の本当の関門は二次試験、ということは知っておいてほしいです。なお、口述試験は二次筆記試験後から情報収集・対策をすることで十分間に合いますので、今は考えなくて大丈夫です。

 

一次試験対策

繰り返しになりますが、一次試験の範囲はかなり広いため、まともに取り組むとかなりの学習時間が必要になります。もちろん、まともに取り組むからこそ合格率を高めることができるのですが、どうしても時間の捻出が難しい方もいると思いますし、複数年計画という方もいると思います。その辺は、個々の事情によって異なると思いますが、基本的な対策方法としては、過去問を中心として、特にABCランクの問題(※)を繰り返し解く、ということとなります。

※TACデータリサーチの正答率が40%以上の問題(A:80%以上、B:60~80%、C:40~60%)

なお、得意科目がある方は、資格を保持していることで免除という選択肢もありますが、逆に得点源にするという考え方もあります。極端な例ですが、昨年のたっつーの経営法務の例もありますので、吟味した上で選択されることをお勧めします。

また、ちょうど先日のいよっちの記事にて、一次試験対策の記事(10代目執筆分)がまとまっていますので、是非、こちらもご一読ください。(←手抜き)

 

二次試験対策

恐らく、まだ学習し始めの方は、二次試験の問題を見たことがない方が大半だと思います(見たことはあっても、解いたことがある方はいないと思います)。二次試験の問題(与件文・設問)をぱっと見ただけだと、なんとなく解けそうな気がするかもしれませんが、実際に解いてみるとその難しさを体感することができると思います(なので、できれば一次試験対策中に、一度解いてみるのがお勧めです)。重要なポイントとしては「みんなが書ける解答を書けるようになる(設問に忠実・簡潔に答える、アイデア禁止、6割確保を優先)」「初見で80分で解けるスキルを身に着ける(パターン化、フレームワーク活用、解法確立)」ということとなりますが、実際には学習を始めてみないとイメージが湧かないと思いますので、まずは認識だけしてもらえればと思います。

二次試験対策の記事(10代目執筆分)について、簡単にですが以下にまとめましたので、時期がきましたら、是非こちらもご一読いただければと思います。

二次試験全般

H30年度 合格体験記総まとめ~2次試験編~(ちこまる(仮))

【永久保存版】10代目(H30合格)再現答案&得点開示結果集(ぐっち)

 

学習計画

【今やっておきたいこと】二次試験対策の学習計画(ぐっち)

二次試験向け学習の進め方(from 春セミナー)(ぐっち)

【永久保存版】2次試験の学習計画(かわとも)

 

事前準備

二次試験を意識した準備(ぐっち)

二次試験対策の教材を揃えよう!(ぐっち)

そんなあなたも合格に間に合います!「そのために今、すべきこと!」を総まとめ(ブブ)

 

学習方法

【二次試験】アタマの中を可視化する ハコ法!(ちこまる(仮))

【2次試験攻略の勘所】初見時の復習に全力をかけるべし!(たっつー)

2次攻略のための「具体的な」復習方法(たっつー)

二次初学者だった自分がこの時期に意識するようになったこと(そーや)

解答欄に文字が収まりきらないあなたへ(kskn)

 

事例のポイント

あと5点伸ばすための2次試験のポイント(なおさん)

【事例Ⅱ】押さえたい3つの特徴&攻略ポイント(いよっち)

事例Ⅱの攻略法 必見!フレームワークつき(ブブ)

事例Ⅲはルールを探せ!(ちこまる(仮))

【2次対策】事例Ⅳ 弱者の戦略(makino)

【事例Ⅳ】経営分析指標を見極めるポイント(kskn)

 

事例解法・解答プロセス

【今やっておきたいこと】2次試験対策への着手と80分間の過ごし方(なおさん)

二次試験解法(作業工程の整理)(ぐっち)

【ゲスト寄稿】二次試験の解答ルーティン(kskn)

私が実践した2次の解法 (事例Ⅰ~事例Ⅲ共通)(ブブ)

 

事例解説

10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント!:平成30年度事例Ⅰ(なおさん)

10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント!:平成30年度事例Ⅱ(なおさん)

10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント!:平成30年度事例Ⅲ(なおさん)

10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント!:平成30年度事例Ⅳ(なおさん)

なおさんの2次試験 解答&解説:令和元年度事例Ⅰ(なおさん)

なおさんの2次試験 解答&解説:令和元年度事例Ⅱ(なおさん)

なおさんの2次試験 解答&解説:令和元年度事例Ⅲ(なおさん)

なおさんの2次試験 解答&解説:令和元年度事例Ⅳ(なおさん)

 

ファイナルペーパー

今からできるファイナルペーパーの作り方&iPad活用法(ちこまる(仮))

学習ツール大公開+みんなの時間割(かわとも)

【FP公開】事例Ⅰと事例Ⅱのポイント(ぐっち)

【FP公開】事例Ⅲと事例Ⅳのポイント(ぐっち)

残り一週間の過ごし方+おまけ(なおさんのFinal Note)(なおさん)

 

予備校 or 独学

最後に、試験対策の取り組み方として、予備校を活用する場合(通学・通信)と独学の場合について、お話ししたいと思います。それぞれメリット・デメリットがあると思いますので、どちらが良いとは言えませんが、予備校のメリットとしては、学習方法やポイントの理解がしやすい、モチベーションの維持がしやすい、独学のメリットとしては、コストが安い、自由度(時間の制約等)が高い、といった感じかなと思います。10代目も多様性に富んだ様々なメンバーがいますので、ご自身のタイプ(予備校/独学、長時間/短時間学習、ストレート/多年度)と同じメンバーの記事を読んでみると、ご参考になるかもしれません。

 

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

どうも、kskn(きしけん)です。

まず、先日の事例Ⅵ@大阪にお越しいただいた皆様、ご参加いただきありがとうございました!
やはりこの時期なので「合格できているか自信がない」と仰る方は多かったですが、でも表情は明るく見えました。それはやり切った感なのか、はたまた内心は自信があるのか。笑
とにかく皆さんとお話してる時間はとても楽しく、将来一緒にお仕事したいなと思いましたので、またお会いできることを楽しみにしております!
(オレはksknと会いたくねぇよというコメントは不要です。フリじゃないですよ)

 


さて、ここから本題です。
この一発合格道場では『アウトプット重視』が強く言われていて、そこは僕も100%賛同しているところです。アウトプット大事。
ですが、今日はあえてインプット側の視点でお話をします。

 

(独学の方は少し違うかもしれませんが)予備校通いもしくは通信を受けている、おそらく大抵の方は

予習→授業→復習→(単元が変わる)→予習→授業→復習→(繰返し)→演習・模試→復習

みたいな学習の流れになると思います。伝わりますかね。
そして、ここで『予習』と『復習』が複数出てきます。これらはどちらもインプットですよね。

さて、質問ですが皆さん『予習:復習』をどれくらいの割合でやっていますか?

少し考えてみましょう。では、どうぞ。

 

(チクタク…)

 

(チクタク……)

 

(ポーン)

 

はい、ありがとうございます。だいたいの数字が出ましたね。
これは僕が想像なんですが、おそらく『予習:復習』=『5:5』ないし『6:4』くらいが多いんじゃないかなと思っています。どうでしょう?

じゃあ僕はどうだったか。
実は僕は今までの人生で『予習』をしたことがありません。なので『予習:復習』=『0:10』です。
そんな僕が書く今回の記事は「予習をしっかりやりましょう」的な意見に対する完全なるアンチテーゼです。

 

そもそも僕が予習を全くしないのは、「予習って効率悪いよね」ってところから来ています。
だって予習ってテキストとかに書いてあること一通りやるじゃないですか?
でもその中には『すでに知ってること』もあれば『そもそも試験に出ないこと』も含まれているわけですよ。
診断士だと実際の仕事と通じる部分もけっこうあったりするので、すでに知ってることって結構あると思います。

そういうのを予習で一通りやって、授業でももう一回やって、、、って時間もったいないよね?と、僕は思ったわけです。

で、実際に今まで予習は一切やってきませんでした。復習も、授業の復習は基本的にはやらず、演習や模試などアウトプットの後に重点的にするようにしました。
それをやってみて、

・授業をマジメに聞いていれば、いくらかの問題は解ける(3~4割くらい)
・解けなかった問題は理解できていない問題なので重点的に勉強すればいいと分かる
・理解できていない問題だけをしっかり潰していけるのでその後めちゃくちゃ点数が伸びる
・解けなかった問題しかやらないのでトータルの勉強時間は短くて済む

ということが分かりました。
ちなみに、上で「今までの人生で」と書いた通り、中学生の時からずっとそうしてきました。
なので学校の定期テストは点数悪くて全然ダメ生徒でしたが、その後にしっかり復習をするので模試ではあまり悪い点を取った記憶がありません。(忘れてるだけかも)
でも、逆に定期テストは良いけど模試は苦手な人もいて、そういう人はやっぱり試験後の復習をほとんどしてなかったりするわけです。もったいない。

 

そういうわけで、僕は予習と復習どちらが大事かと聞かれれば、100%復習が大事だと答えます。
ただまぁあくまで僕がそうだった、というだけなので何が正解とかはありません。
でも働きながら、家族と過ごしながら勉強をしていて時間が足りないと感じておられる方へ、こういう勉強の仕方をした人もいるんだよというご紹介でした。
ぜひ一度、試してみていただいてはいかがでしょうか。

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★


こんにちは!ちこまる(仮)です。今日の記事は23回目。過去記事はこちらから。

もう12月が目前に迫っていますね。2次試験合格発表まで、およそ2週間ほど。口述試験は2次試験発表の翌週ですから、くれぐれも忘年会など(笑)予定を入れないようにしてくださいね。

さて、今日はブログ当番でこうして執筆していますが、もう一つやらねばならぬことに向き合っております。昨年合格してから、せっかくついたインプットの習慣をそのまま活用しないのは勿体無いので、今心理学の学びを深めているところなんです。

聴く力もそうですが、心の学問は診断士のそれと違ってまた興味深く、医学のような、サイエンスのような、そんなアプローチです。で、私の選んだ学びの方法は通信制の大学生になることだったんですが、現在中間課題提出期間の真っ最中です…。懐かしの中間。。

宿題とか試験勉強をしなくてはいけない時って、どうしてこう断捨離がはかどるんだろうなぁ。。今日は部屋の掃除がはかどりました。全く何やってんだか( ;∀;)

さて、そんな心境もあって今日は ネタ切れ… コンサルタントとして明日からすぐ使える、聴く力続編をお送りします。

信頼を得るために聴く

私は今働き方改革のコンサルタントをやっています。いろんな職場に行って、働き方を聴き、課題を聴き、解決策を決めるお手伝いをしています。一般的にコンサルタントというと、いわゆる張り付きで計測をして、この仕事は無駄だからやめた方が良いとか、こっちをやるべきだとか、色々指示を出すイメージがありますが、(もちろんそういう専門家もいます)現場の課題感をよく聴くアプローチを取っています。診断士が入っている間だけ経営改善するより、ずっとずっといい状態を維持してもらいたいからです。

なので、相手から課題を引き出していくわけなんですが、初対面の方から課題は?と聞かれても、その前にあなたは誰なんだ??ということになりますよね。。相手から信頼してもらって、「この人わかってくれる人!」という認識をしてもらわなければ話は進みません。

コツ1!ただ聴く

こんなのコツなんかい?と思われると思いますが、これねぇ、結構忍耐力が必要です。自分の方がよく知っている、知識がある、と思えば思うほど、つい話したくなってしまうもの。相手の話をじっくり聴くというのは、普段なかなかケースとしては発生しないんじゃないでしょうか。突然ですが、診断士の受験生は多くが男性であることを考えると、このブログの読者さんも(きっと)男性の方が多いはず。その前提で、男性からよく言われるのは「妻の話がつまらない」(上手いこと言ったみたいになってますが、シャレのつもりじゃなくて、マジな話)そんな時思い出してください。夫であるあなたからアドバイスが欲しいわけでも、何かを解決して欲しいわけでもなく、ただ聴いてほしいだけかも。

コツ2!ときどきおうむ返し

じっくり聴くことができるようになったら、ときどきおうむ返しをします。でも、ただ同じ言葉を返すのは、ただのおうむ。感情を乗せて返すことが大事です。これがおうむにできない技です。

社長「うちは離職率が高くてさぁ、本当に困ってるのよ」

診断離職率が高いんですね」

みたいな感じです。

で、そのおうむ返しですが、どの言葉を返せば良いのか?これは相手が特に伝えたいと思っている言葉がいいでしょう。この言葉を捕まえることが大事。強い口調でお話しすることもあるし、会話の中に何度も出てくることも。事例の与件本文でも時々見かけます。例えば、「大手メーカーを中心に機械加工が増ているが、B社はあえて手作業の製造のこだわっている。」みたいな感じで、強調表現の言葉とセットで出てくる場合はこれが大きなヒントになります。その際返す言葉は「手作業で製造されているんですね」という感じです。

コツ3!要約して理解している内容を確認する!

だいたい一区切りつくのに3分から5分程度、相手が話し続けることが多いです。そのあと少し区切りがあって、また続きを話すんですが、一区切りついたときに、今のお話はこういうことでしたよね、ということを要約してお話します。そうすると相手は、改めて自分の話した内容を認識して、そうそうそういうこと、と確認しますし、相手がわかってくれていることに安心して、次の話に移ることができます。なので一区切りついたところで要約は、相手の信頼を得る上でも大事なこと。

要約はスキルなので、トレーニングすれば上達していきますが、慣れていないうちはおうむ返しした言葉をつなげてお話しするだけでも大丈夫。そこでもしポイントを多少外してしまっていても、相手は補足してくれるでしょう。

迷子になったら戻る

話を聞いていて、おうむ返ししたり要約したりしていくうちに相手がどんどん話したいモードに入って、途中でついていけなくなることもありますね。そんな時はコツ1の、ただ聴くに戻ります。慌てなくても大丈夫。言葉の定義がよくわからないな、と思うことがあれば区切りのいいところで聞いてみます。専門用語も、知ったかぶりをするよりは、質問して理解した方が後々もいい会話ができますから、臆せず質問するようにしています。

話が止まらなくなったら?

信頼関係がバッチリできていたり、気持ちよく話しすぎて止まらなくなってしまったり、もともとお話好きな方は、こちらが解決策の提案をする前に時間が来てしまう…なんてこともありますよね。大方課題が出てきたと思ったり、話が脱線して本流に戻ってこなくなってしまった時は、「残りのお時間は○○分くらいだと思いますが、今いただいた課題感は△△や△△と認識しています。このあともう少しお話を伺った方が良いか、解決策のご相談に移らせていただいた方がいいか、ご希望はいかがでしょうか?」と残りの時間を提示しつつ、どうしましょ?と相手に尋ねてみるといいと思います。あぁ、そうだったそうだった、と我に返ってくださることも多々あります笑。

まとめ。診断の前に課題を捕まえる

診断士としてみなさんは、これまでたくさんの学びを深めて来ましたよね。ただ、これまで先代達の記事にもありました通り、課題があってこその解決策。たくさん知識があったり、その道のプロとして長いと、ついつい専門知識を提供したくなってしまうものですが、相手が自分にあった解決策だ、と思ってもらわない限り、実行にはうつしてくれず「なんかいい話聞いたなぁ」で終わってしまうのです。私が診断士になって改めて、聴く力や心理からのアプローチを強化しようと思ったのも、このあたりにあります。(課題はまだ終わってないけど。。)経営者のお話、そして時に妻の話にも、じっくり耳を傾けてみませんか?

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!以上、ちこまる(仮)でした〜( ^ω^ )

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

みなさん。おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
山場となる筆記試験も終わり、みなさんは今、どのようにお過ごしでしょうか?

1年前をあらためて振り返ると季節があっという間に過ぎていった。。。
そんな感覚だったように思います。
桜と新緑が眩い春。そんな季節からスタートし、騒がしいセミの声を受けながら夏の真っ盛りに受けた1次試験。
街の色が茶色に変わり、秋の訪れとともに受験した2次試験。
そして、気が付けば年の瀬の報せと重なった2次口述試験。
そんな1年でした。

以前のぐっちの10代目メンバーの2次筆記後の手ごたえ記事でも紹介されていましたが、
私は2次試験の合格への手ごたえは全くありませんでした。
試験後にチラ見した受験予備校の模範解答と自分のそれがあまりに違うように感じたためです。
(それでも「やるだけのことはやった」という脱力感と軽い充実感のみを感じ、試験会場からの帰路のバスで飲んだ缶ビールが妙においしかった記憶だけは残っています。)

そのため、2次筆記後はすっかり試験モードから離れ、再現答案を作ることもなく完全にオールリセットの状態。
結果的には運よく2次筆記が合格していたため、慌てて口述試験を意識することとなったのですが、筆記試験の合格発表から口述試験までは1週間しかありません。
短時間で対策が必要となったのですが、今回はその内容をご紹介しようと思います。
ステップとしては以下①~④で進めます。

①口述試験について情報収集
なおさん記事
ぐっち記事
ちこまる記事

②試験の内容を思い起こす!
⇒※詳細は後編で。

③想定問答を繰り返す
ネット等から口述試験に関する想定問答資料を探し、(TACの例)「今年に当てはめると?」と自分で問題を想定し、その回答を作成します。

④面接対策講座に申し込む
試験が遠ざかっていたことと予備知識がゼロという不安感から、面接対策を3回申し込みました。
振り返ると1回でも十分だったと思いますが、1回は受けておいた方が良いように思います。
というのも、いざ面接となると結構、緊張して頭の中が真っ白になるものです。(笑)
また、当日までに準備対策ができることを考慮すれば、早めの日に受けておいた方がお勧めです。
(私は水曜日のタキプロさんの会に参加させいただき、その反省を踏まえて対策を行っていきました)

【後編】
タイトルにありましたとおり、試験から約2ヶ月も経つとかなりの内容を忘れます。
(単に私の記憶力が低いとの事実もありますが・・・)
先ずは、事例Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳそれぞれを「速やかに想起させること」が重要となります。
私の場合は、各事例毎に1枚づつ「図表化した全体図」を作ることを行いました。
その際に利用した(見つけてきた)のがフリーソフト「X-Mind」。
本来はマインドマップを作るソフトなのですが、フローチャート的に利用して「時系列」や「重要ポイント」を流れをもって確認するために便利でした。
参考までに昨年、私が完成させた資料がこちら。※PDF化しております。
事例Ⅰ
事例Ⅱ
事例Ⅲ
事例Ⅲ(生産体制)
事例Ⅳ
結果的には、1年経った今でもこの図表を眺めることで思い出すことができるので有用だと思います。

次に、各事例に対する各受験専門学校の「模範解答」を用意し、「自分の回答」と合わせて眺め、各事例に対するポイントを整理のうえ、自分が理解し答弁し得る「模範解答」に再インストール(自分の頭のなかにあった回答を修正)していく。※満点狙いの模範解答は必要ないです。
これを一通り行うことで概要は整理できると思います。
後は、先述の③と④をしっかりとこなしていくことで口述試験対策はバッチリだと思います。

そして、最後にもっとも大事なことをお伝えします!
体調管理
欠席すれば×です。そして遅刻も×
そこには、一切の言い訳無用です。
季節柄、体調を崩しがちで風邪も流行ってくる時期です。
万全には万全を期して、当日までお過ごしください。

風邪の予防は「手洗い・うがいから!」そして「十分な睡眠」と「飲みすぎ注意(笑)

あらためて、みなさんの喜びのメッセージ。楽しみにお待ちしております!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

こんにちは、いよっちです。前回までの記事はこちら

いきなり内輪ネタで恐縮ですが先週のmakinoの記事を読んで驚きましたよ。

記事は2本分ストック、ネタは4本も考えてあるなんて、、、

私はというと、2週間毎の寄稿の締め切り直前になって、「やばい!次のネタどうしよう・・・」なんてネタを悩みはじめ、掲載日ギリギリになって投稿する、そんな自堕落な生活を送っています。

記事の内容から書き手の性格を想像するのも面白いかもしれませんね。

makino同様、きっちり準備タイプは、かわとも・なおさん・ブブさんあたりでしょうか。

一方、私のような”突貫工事型”のメンバーは、ちこまる(仮)・たっつーあたりですね。(勝手に同類にしてゴメン)

どうでしょう?記事から性格、透けて見えますか?笑


さて、内輪ネタはこのくらいにして、今日の本題です。

先日都内で行われた事例Ⅴ(慰労会)には平日夜にもかかわらず、多くの受験生&道場関係者に集まっていただきました。

自信・手応えあり!!という方もいれば、どうせ落ちたので気晴らしに来ました・・・という方もいれば、はたまた、2次は受験してないけど来年のために来ました!という方もいれば、様々な背景の方にお会いすることが出来ました。

そんな盛会の中、とある質問を受けました。

「もしも、もう1度診断士試験を受けるとしたら、どうやって勉強しますか?」

自堕落な書き手であり、次のネタなんて決めていない私にとって、救いの手が差し伸べられた瞬間でした。

「あぁ、ネタが天より舞い降りてきた・・」

 

2次筆記試験の合否発表まで残すところ約1か月弱。万が一ダメだったことのことを考えて、コンティンジェンシープランとして、来年の受験方法を考えている方が多いのかもしれませんね。この質問に答えている瞬間、周りの方の真剣度がグッと増した気がしました。

せっかくなので、診断士試験の酸いも甘いも経験した道場メンバー12人で上記質問にお答えしてみたいと思います。十二人・十二色の答えなので、統一見解なんてありませんが、自分に合う方法を模索するヒントになればと!

また、この時期だと、今年から勉強を始めた方もいらっしゃるでしょう。特に曖昧模糊とした2次試験にどう立ち向かうか、参考になればいいなと思います。


【1次試験対策】

まず、10代目の学習スタイルのおさらいです。

道場メンバーを選ぶ際、世代、性別、学習スタイル等でなるべく多様性が重視されるようですが、今期の道場メンバーの1次対策は独学派が多数でした。

ここからが本題。もう1度受験するとしたらどうするか、です。

ほとんど同じ見た目の円グラフの出来上がりです。実は12人中11人が同じ学習スタイルをとると回答しました。その理由を一部抜粋します。

予備校(通学・通信)派:
◆かわとも:ペースメーカーになる。土曜の通学がランチも含めて楽しみで、モチベーション高く学習を進められた。
◆ぐっち:初学では、ペースをつかんだり、ポイントを押さえて学ぶには、予備校は有効だから。
◆kskn:自分のペースでできていい感じだった。不満なし。

独学派:
たっつー:1次試験は60点とれれば十分な試験であるところ、独学の方が、費用的にも時間的にもコスパがいいので(独学の方が、お金と時間をかけずに合格点に早く到達できると思えるため)
どいこう:いくつかの科目は既習だったので、初期値として予備校のフルスペックの講座とフィットしにくい状態だったとおもいます。
かもよ:通学よりコストと時間の調整が楽だから

結論:
・予備校派はペースとモチベーションを保つためのツールとして予備校を活用している一方、独学派は時間とコストのバランス重視。
・一人でも受験勉強を進めるペースとモチベーションが続きそうなら独学、続かなそうなら予備校を。結局のところ、予備校/独学、どちらを選んでも期待通りの効果は得られる(認知的不協和なし)。

ちなみに、唯一勉強方法を変えると答えたのは私(予備校(通学)→独学)です。

予備校(通学)で勉強していたものの、だいたい予習を済ませたうえで、予習で分からなかったところを授業で確認し、それ以外の時間は授業を聞かずに問題を解いていた性質なので、今思うと通学のメリットを享受しにくかったように思えます。


【2次試験対策】

続いて、2次対策の学習スタイルです。

1次対策と比較すると、おおよそ通学・通信・独学とそれぞれいい感じのバランスになっています。

さて、もう1度受験するとしたら・・・実は、回答結果が結構割れました。2次試験対策の”掴みどころのなさ”がよく表れているように思えます。

①学習方法を変える派:7人
A)独学→予備校
◇かもよ:問題のメソッドをちゃんと勉強しよう、って思うかもしれない。
◇そーや:最低限のお作法は予備校で習った方が合格可能性が上がると思う。特に二次は何から着手していいか分からないから基本的には予備校行った方がいい。通信・通学はどちらでもいいと思うので、その人に合ったスタイルで予備校を利用した方がいいです。(ただ、予備校で注意すべきは、予備校答練の採点基準と本番2次試験の採点基準の違いは理解して勉強した方がやっぱりいいと思う。)
◇ぐっち:初学としては、学習法を学ぶために予備校は有効だから(2年目以降は独学でいいと思う。)2次対策は講師によって千差万別なので、自分に合う講師をちゃんと探した方がいいと思う。
◇たっつー:一度受けてみて、2次試験の怖さがわかった。たまたま合格できたが、何が正解なのかは今でもよく分からない。安定的に合格するためには、(時間とお金さえあれば、)予備校に通って、一つの軸となるノウハウを獲得した方がいいように思える。

なかなか実態を捉えにくい2次試験特有”お作法”を体系立って1度は学んでおいた方がいい、という意見ですね。

B)予備校→独学
◇かわとも:通学と悩んだけど、通学しなくても過去問、ふぞろい、道場ブログの三点セットで合格できると思う。通学のメリットは初見問題の演習で経験値を得られることだが、模試を多く受けることで代替可能かと。
◇いよっち:ふぞろい、他の予備校の模範解答、合格者の再現答案などを横並びで比較すればベースにするものは一通り揃う。あとは道場のノウハウで十分かもしれない。
◇なおさん:きゃっしいとだいまつのおかげで合格したので。

正解が公表されない2次試験だからこそ、特定の予備校の教え方・解答方法ではなく合格者等のノウハウで代替するという意見のように思えます。

 

②学習方法を変えない派:5人

A)予備校(通学):
◆ちこまる(仮):客観性が磨けたと思ったので
◆makino:独学にはしない。誰かに教えてほしいので、通学or通信ですね。2次専門校の方が、いいように思う。特に、地方の2次受験は、「双方向コミュニケーションができる通信」が良いかな、と思います。点数の伸びない人は「自分に何が足りないのか」教えてもらえる環境があると良いかと。お金はかかりますが、合格までの時間は節約できると思いますよ。

B)予備校(通信):
◆どいこう:通信講座は時間節約(通学時間ゼロ、高速再生)ができるという魅力があります。
◆kskn:講義はほとんど聞かなかったけど、いろいろな演習に触れられたのはよかった。

C)独学:
◆ブブさん:合格に必要なノウハウは一発合格道場&対策本で対応は可能と思います。

 

ちなみに私も、もう1度受験するなら独学派ですが、「独学でいくぞ!」と決めたら少なくとも以下には取り組むかな、と思います。

■予備校の模範解答を集める
この時期は、各予備校が発行する模範解答が手に入り易いです。主要な予備校のものは集めてしまいます。

■合格者(特に高得点者)の再現答案を集める
予備校の模範解答は、制限時間を無視した「完璧」に近い答案(それでも、え!?と思うような解答もありますが、、)です。制限時間内に書かれた、リアルなお手本としては合格者の再現答案を集めた方が良いでしょう。AASのブログでは、高得点者を抽出する形で再現答案を探すことができるので利用価値は非常に高いです。(H30年の高得点者の再現答案はこちらこちらも使ってやってください)予備校の模範解答と再現答案を使い倒してみてください。

■フリマアプリで教材ゲット
(良いか悪いかは別として)今のご時世、メルカリやラクモなどのフリマアプリに診断士関連のものが多く出品されています。一般販売されていない予備校の教材(事例問題)や、模試の問題&解答解説などが見つかることも。独学でいながら、足りない部分をフリマアプリで補うのも1つの手段かと思います。

 

【番外編:勉強仲間】

予備校にするか、独学にするかを考えるうえで、「勉強仲間」の存在は無視できません。独学派だったメンバーも勉強仲間の存在を羨ましいようですね。

◇たっつー:試験を経験してみて、やはり勉強仲間は作った方がいいように思った。モチベーションの維持にもつながるし、2次勉強会の組成メンバーにもなりうるので。
◇かもよ:勉強仲間や診断士なった後も予備校の人たちは繋がってていいなーと本当に思います。


本日は、「プチ座談会」のような形でお送りしました笑

参考になればいいのですが、逆に迷わせてしまったかもしれませんね。今回は、10代目のメンバーにアンケートを書いてもらった内容をベースに記事を作成したのですが、診断士試験対策の本質を言い表しているように思えたので、引用しますね。

◆ブブさん:ノウハウを正確かつ早期に掴むこと。後は、それを信じて愚直にやり切ること。

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

以上、いよっちでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は修了しました。

★:★:★:★:★

 

みなさん、おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
朝晩の冷え込みですっかり季節の変化を感じる今日この頃。
この季節でふと想い出したことを今日は書いていきます。

先ずは先日、軽くショックな出来事がありましたのでそちらから。
それは、取引先のゴルフコンペに参加した際の話。
コツコツと練習を積んだ成果を発揮しようと密かに意気込んでいた私。
畏まった表彰式に備えて、ジャケットとズボンを新調し万全の体制。
ところが、そんな私にある事件が起きていたのです・・・。
さて、どんな出来事があったと思いますか?

OB連発で最悪のスコア?」
いいえ、違います。
「張り切りすぎて、ぎっくり腰?
いいえ、違います。少々、腰は痛いですが(笑)

答えは・・・
ゴルフのズボンが入らなかった・・・・」( ;)汗
朝、クラブハウスに到着し、表彰式用のパンツからゴルフウェアに着替えようとした時、
なんとパンツ(ズボン)のボタンが全く閉められないぐらい太ったようです。パンツが縮んでいたんです。
表彰式用のパンツを脱ぎ、ゴルフパンツを途中まで履きかけたにも関わらず、すごすごとそのパンツを脱いで片づけ、表彰式用のパンツにまた履きなおすという悲しい姿。
と、そんな事件があったのです。

2年前の今頃は履けていたゴルフパンツ。
そして、想い出したのが2年前の生活。
それが本日のテーマ。

2年前、丁度今頃はある試験勉強に挑戦していました。
それは、メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種。
当時、キャリアコンサルタントの養成講座を受講中だったのですが、その時の講座の先生が取得されていた為、挑戦しようと決めた試験です。
現在、増え続けているメンタル不調を未然に防ぐための知識を体系的に取得することが目的ですね。
因みにⅡ種、Ⅲ種もあり、試験の取得対象者のイメージは、Ⅰ種が人事労務管理スタッフ、経営幹部。Ⅱ種が管理職、Ⅲ種が従業員自身となっています。

この試験、(Ⅰ種は)合格率10~20%弱と難易度は割と高く、その理由は選択式に加えて、論述試験があるためです。
そして当時、すっかりと機能停止に近かった記憶脳をいかに呼び起こすか。それが自分の感じていた大きな課題でした。
ほんと全くといっていいほど、試験に必要な言葉(キーワード)が出てこないんです。。。
これはマズいと。
書いて覚える方法が得意な方もいますが、私はそれは苦手。

そして、いろいろな勉強法を研究し、かつ当時も気にしていたダイエット法を組み合わせて行ったのが
「ウォーキング学習法」
やり方は簡単です。
予め、スマホにQ&Aを作成し、自分の声で録音
そして、スマホを再生しながら歩いて通勤するというものです。

例えば、こんな調子。(久々に再生してみました。)
「Q.メンタリングの機能について」
(15秒の間隔)
「A.メンタリング機能には、キャリア的機能、心理・社会的機能の2つがある。キャリア的機能にはスポンサーシップ、推薦と可能性、訓練・コーチング、保護、挑戦し甲斐のある仕事の割り当ての5つがある。心理・社会的機能には役割モデルの提示、受容と確認、カウンセリング、友好の4つがある」

このQを聞いた後の15秒の間隔の間に独り言で答えながら徒歩通勤。
忘れていたら、巻き戻して再生。それを繰り返し。
全体で38問の想定問題を作成し、約35分程度のQ&A。
歩いて通勤すれば、早足で約40~45分。丁度、1通り終える頃に会社に着けるという算段です。
これを朝晩の通勤で行うことで、ダイエットも成功
そして、無事、試験も一発合格
何より歩くことで頭がすっきりして仕事もエンジンのかかりが早い!
余談ですが、成績が伸びずに悩んでいたアメリカのある高校では、授業開始前に運動することで成績が顕著に上昇した例があるそう。
どうやら、体を動かすことと頭の活性化は因果関係があるようです。

ということで、そんな2年前のことを思い出したため、現在、この記事はエアロバイクを漕ぎながら執筆中(笑)
再び一石〇鳥を目指して、マシンを活用しながらできる事を始めようとの思いに至りました。
そして、必ずやあのゴルフパンツをもう一度、履くぞ!

みなさんもよければご参考にしてくだい!
では、本日はこれまで。みなさま、ご機嫌よう♪

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*


どうも、kskn(きしけん)です。
これが試験前、最後の投稿です。

早いもので二次試験まで残り2週間を切りました。
そろそろ答案の内容にも自信が付き始めてきた頃でしょうか。
それともまだまだ掴みどころがなく、来たる試験当日を不安に感じているでしょうか。

いろんな方がいらっしゃると思います。
思いますが、

今日の記事は、ちょっと自信が付いてきたぞ、という方向けです。

 

先日、オンラインでの二次勉強会に少しだけ参加させてもらったときに
(そもそもの質問の内容は忘れてしまったんですが)「僕はこの時期、事例を早く解くことを意識してましたね~。60分以内で解く練習してました。
という話をしたらけっこう皆さんから驚かれました。が、そのリアクションを見て逆に僕の方が驚きました。

みんな、試験当日に自分の実力100%出せると確信してるの!?

と。

 

僕が受験生だった当時は、正直その自信が全くありませんでした。

だって練習で事例を解くときの環境って
・慣れた場所で
・周りはある程度静かで
・室温は適温に調節することができて
・時間は生活のサイクルの中で調整できて
・間違えてもプレッシャーはなくて
・移動も少ないので体力も万端
じゃないですか。

試験当日はこれらの環境が全く担保されてない状況でいつも通りの実力出せます?
僕はプレッシャーに強いタイプではないので、試験当日はいつも以上に丁寧に解く→いつも以上に解く時間が延びるだろうという確信さえありました。
なので、練習で70分で解ききれても不安だったのです。仮にいつもより10分延びたら、見直しの時間全くないやん。それより延びたら、空欄できるかもしれんやん、と。

そうしたわけで、僕は練習のときからすごく早く解くことを意識して、60分で解ききろうと決めました。
そして、実際に60分以内で解けるようになりました。(とはいえ、字はかなり雑に書いていたので、ちゃんと解くと65分くらいはかかっていたと思いますが)

で、じゃあ試験当日はどうだったのか。

・事例Ⅰ→75分(緊張して最初与件が全く頭に入ってこなかったが、途中から落ち着いて巻き返せた)
・事例Ⅱ→70分(いつもより少し丁寧めに解いてちょうどいい感じ終えれた)
・事例Ⅲ→80分タイムオーバー(マンマシンチャートに時間をかけすぎて爆死)

まぁこんなもんです。笑

9代目きゃっしぃさんやなおさんのように盤石に準備ができていて、自分の中のタイム・コントロールが完璧な人はそのままで大丈夫です。
でも、そーやも書いていたように、これは心技体揃った強者の戦い方です。こういう戦い方ができる人はおそらく稀だと思います。
普通の人は、試験当日に緊張したり、自分の回答に不安になったりします。だってその日の結果が、次の1年を左右するんですから。

なので少し回答に自信が付いてきた!けど時間は80分フルにかかってますという人はぜひ5分でもいいので早く解く練習をしてみることをオススメします!
あくまで解き方は崩さず、いつも通りのやり方で早く解けるよう少しずつ負荷をかけて行きましょう!筋トレの要領です!(伝わるか?)

ある程度解く手順が固まってきているだろう、この時期にこの話をすべきかどうかは迷いましたが、参考になる方が1人でもいればいいなと思って書きました!
絶対に合格を勝ち取ってください!応援してます!!!

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは!ちこまる(仮)です。今日の記事は18回目。過去記事はこちらから。今日の記事は少し短めで2,000文字。4分程度で読み終わります。

二次試験まであと1ヶ月を切りましたね。残されている時間は平等です。ぜひ自分ができることに集中して、合格を手にしていただきたいと思います。

診断士の試験は情報戦、というけれど

さて、模試もそろそろ返却の時期です。他にも様々な情報が皆さんの元には届いていると思います。道場ブログもその一つですね。今年はあれが出るんじゃないかとか、試験委員がどうとか、合格率は実務補習のキャパに関係しているとか。。去年の今頃は私もそれらの大量の情報の中で、何をどうしていくのがいいのやら、と迷ってしまったこともありました。特に去年は2度目の2次試験。不合格になれば、私の大嫌いな1次試験が全て復活する状況で、いやが応にも緊張感が高まっていました。試験は情報戦とはよく言われていて、だからこそ情報が錯綜するんですが、よくよく考えてみてください。残された時間は平等です。1点でも多く獲得するためにやりたいこと、やれることを見極めていく必要があります。残っている時間の100%を勉強に割くことは誰もできません。寝る、食べるは必要です。それに加えてほとんどの人は仕事もしていることと思いますので、休職して完全に仕事をせずに勉強、というわけにも行きません。であれば、優先順位をつけ、残っている時間の密度を濃くしていく必要が出てきます。

時間濃縮 シングルタスク

こんなに貴重な時期に、このブログを読んでくださるんですから、今日からすぐできる、合格に1歩でも近づけるための内容をお届けしたいと思います。今回お伝えするのは、集中力を高めるシングルタスクのススメ。シングルタスクとはなんぞや?どちらかというとマルチタスクの方がメジャーかもしれません。複数のタスクを同時並行で進めることです。シングルタスクは対局で、一つのタスクのみ進めること。マルチの方が複数こなせていいんじゃないか?と思うかもしれませんが、実はこれは良し悪しです。一つのタスクを行うとき、脳の司令塔とも言われる前頭葉が働きますが、マルチタスクとは実は、並行で処理しているのではなく、複数のタスクを頻繁に入れ替えることで進めているので、マルチタスクをやっているときは前頭葉がとても忙しく、負荷がかかります。マルチタスクをしているときは、目で見る情報や手足の挙動と意識の食い違いが起こるので、脳にとってはストレスです。この前頭葉、視覚や言語の情報統合、連想記憶などを司る、二次試験にはとても重要な部分。ここにストレスをかけて機能低下させるわけにはいかないのです。

シングルタスクにするために

じゃあどうすれば?と思われたあなたへ。それは今ここに集中することから始まります。目の前の与件文にしっかり集中するために、他に気になることは一旦忘れましょう。気になっているので本当に忘れたら困る!ということであれば、メモ帳や手帳に書き留めて、あとでしっかり考えるからね、と自分を安心させてください。思い残すことなく忘れましょう。

また、3分程度瞑想するのも効果的。特に試験直前の「初めてください」の声かけの前はどうせ何もできないので、目を閉じて今ここにしっかり集中しましょう。昨年マインドフルネスの研修を受けた時には、いろいろなことが浮かんでも深く考えることはせず、目の前に小川が流れているイメージを持って、思い浮かんだことは笹舟に乗っけて流しましょう、と言われました。イメージの力を借りるのもいいですね。マインドフルネスは今アメリカでも流行っているので、それこそ調べれば色々情報が出てくると思います。(が、優先順位はそこではないと思うのでほどほどに)

勉強スペースはきれいに

そんな働き者の前頭葉さんを過剰に酷使しないために、もう一つできることは余計な情報を入れないことです。私もついやってしまうんですが、勉強など集中してやりたいことをやるスペースにいろんなものが置いてあると、それだけで勝手に視覚から情報を拾ってしまうので、できる限り何もない状態を目指しましょう。勉強以外にもう何もできないじゃん!というところがいいですね。窓の外が気になるのであれば壁に向かって勉強するという方法もあります。私は子育てをしていたので、どうしても自宅でやる時間が多かったんですが、やっぱりいろんなものが机に乗ってると、集中しづらかったです。仕事のものや子供のもの、勉強以外のグッズは極力無くして、勉強ができるといいですね。図書館や自習室を活用される方は、今やる教科以外の参考書類は片付けておいたほうがいいでしょう。

おわりに

一つのことにしっかり集中して取り組むことができれば、少し合格に近づいた気持ちもするでしょう。冒頭にもお伝えしましたが、残された時間の長さは同じ。いかに濃くするかはあなた次第です。あー、もっとこうしたらよかった、ああすればよかったんじゃないか、と1ヶ月後に後悔しないように、残された時間の使い方をしっかりコントロールして、充実したラストスパートにしていきましょう!

以上、ちこまる(仮)でした(о´∀`о)今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

みなさん、おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
今回は事例Ⅱの攻略法についてご紹介したいと思います。

■中小企業とは
ところで、あらためてご質問があります。
少し想像してみてください。
みなさんが、これから支援(敢えて試験とはいいません)しようとしている企業はいったいどんな企業なのでしょうか?
経営資源が充実して(人・モノ・カネ)戦略が幾つも考えられる企業なのでしょうか?
例えば定期的に新卒採用者が補充され、専属の人事部がカリキュラム化した教育でしっかりと育成し、TVCM等の広告費を投下することでブランドは市場に幅広く認知され、自己資本が充実しているような、そんな企業。

そうではないですよね。

捻出した利益からコストを抑えて求人募集を行い、その人材を各現場の人間が実践を以って早期に戦力化し、かつマルチタスクな活躍を求める。
といった感じで限られた経営資源で何とかやり繰りしている。それが私たち中小企業診断士が支援するクライアントなのです。

その実情を理解しなければ、相手には響かない(試験ではドツボにハマる)結果となります。

■中小企業診断士の役割
では、そんな中小企業が経営資源の充実している企業と伍して勝ち残っていくためには、どういう考え(戦略)を取るべきなのでしょう。
私が2次試験対策について学んでいるなかで、ふとこんなフレーズが思い浮かびました
「弱者の戦略」
野球ファンならご存知の方も多いかもしれません。野村克也監督。通称ノムさんが書き上げた本です。
戦力の充実したチームに対して、戦力の劣るチームが勝つためには・・・?
欠点はあるけれども、磨けば他を圧倒できる強みを見つけ出し、戦力として機能させる。
入団当時、非力で打力に全く期待されなかったショート宮本は、日本一の守備の名手といわれる強みが発揮され、守備の生命線であるセンターラインをがっちり固めていきました。
相手が総力で上回るならば、個々で勝てるポイントを見つけ出し、その土俵で勝負する。
一塁ランナーがいかにも走るフリして、ピッチャーの神経を打者に集中させない。そして盗塁させないとするピッチャー心理を突き、打者には速球系を狙わせる。その勝てるポイントを作るために、走塁技術と心理戦を磨いたというのも野村さんならではだと思います。

細かな野球話で恐縮でした。_( )_

まさに、中小企業診断士は、この「弱者の戦略」を前提として診断、助言していく役割なのです。

■支援先を理解する
日々、いろいろな課題を抱えつつ経営している支援先となる中小企業の社長。
それでも、それらを乗り越えて事業をしたいという想いの根源は何処なのでしょう?
支援する企業の光る要素=強み、経営資源は何処にあるのでしょう?
それは、先代から受け継いできた「〇〇へのこだわり」なのかもしれません。
そして、従業員がお客様の笑顔を見たくて培ってきた「対面販売力」なのかもしれません。
そういった企業先の想いや強みをしっかりと私たちが把握する事がまず求められます。
(与件文をしっかりと読んでくださいね。)

■多くの中小企業が採用すべき基本戦略
そして、そこから導き出されるべき基本戦略は何か?
中小企業の多くが行うべき基本戦略は、何処にでもある商品やサービスではなくて、この事例企業だからこそできる「差別化」を特定の市場セグメントに対して「重点的に」行うことです。

 

 

 

※「弱者の戦略」に基づいた事例Ⅱに対する考え方を理解するには最適な本だと思います。休憩がてら、気分転換に斜め読みはいかがでしょうか??

■誰に
その「差別化」して「重点的に」提供する相手(お客様)は誰なのか?
「差別化重点戦略」ということは、つまり特定の市場セグメントを絞り、ターゲットを絞らなければなりません。
逆に言えば、戦わないフィールドを決めていくともいえます。
例えば
(ジオグラフィック観点では)地理的な切り口で考えれば、どの範囲までがお客さんなのか。関西圏なのか。或いは更に狭い〇〇駅から徒歩圏なのか。
(デモグラフィック観点では)年齢、世帯規模、所得層等で考えれば、インバウンドなのか。女性なのか、子ども連れの家族なのか、高所得層なのか、等。
(サイコグラフィック観点では)ライフスタイルやパーソナリティ等で考えれば、自然嗜好なのか、和の風情に惹かれているのか等。

■何を
そして、想定したお客様に対して、支援する企業は何を提供していくべきなのか?
その際の基本ポイントは、磨けば更に光る「差別化」できる要素≒強みと、外部環境で機会となっている要素を掛け合わせながら、拾い上げていく。
例えば、平成30年度の問題を例とすれば、(誰に=和の風情を好む市場が伸長しているインバウンド宿泊客に対して)、地域の名刹古刹巡りを伴うサービスを提供。
或いは、培ってきた芸術家、文化人との交流を深められるサービスを提供。
等が考えられます。

■どのように
それは、どのように行っていくのか?
例えば先の例では、
英語堪能なスタッフが案内。
或いは、地域文化に造詣が深いボランティアと連携し、十分に活用されていない大広間を活用。
等が考えられます。

■何のために
では、それによって何を狙うのか?
例えば先の例では、他にない芸術家文化人との交流体験による高付加価値化リピート率向上による収益性を向上
英語堪能なスタッフの案内により、インバウンド客にSNS投稿を依頼して新規顧客層の拡大による売上拡大

以上のように論理展開するロジックツリーを考えていくことで事例Ⅱを攻略していくのです。

因みに私が昨年、先人の資料を参考にカスタマイズした事例Ⅱのフレームワークがこちら(PDF版)です。
是非、自分流にパクッて、カスタマイズしてください。

 

 

試験ではなく、支援。その心を胸に刻み真摯に問題と向き合えば、おのずと答えは見えてきませんか?
油断せず、そして焦らず臨めば、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

みなさんこんにちは!ちこまる(仮)です。今日の記事は17回目!およそ3,500文字です。7分ほどお付き合いください。

二次試験まであと1ヶ月と少し。早いものです。(過去記事はこちらから)2次試験に進まれる方は、早めの申し込みを!

今日は道場初の勉強会の直前ですので、勉強会歴が10代目の中で一番長いと思われる経験を活かして、勉強会の心技体を考えてみました。週末に参加してくださる方も、そうでない方ですでに勉強会を実施している方も、これから検討しようという方も、参考にしていただければと思います。

勉強会の心技体 「体」編

勉強会も種類がいくつかありますが、今回も含めてこれからの直前期に実施するものの多くが、長丁場になると思います。朝から夕方までもなかなかの長丁場でしたが、私の場合は21時が終了時刻だったので、さらに長いです。1日12時間は勉強仲間と一緒にいるという、家屋以上の付き合いになっていきます。もはや。仲も良くなりますよね笑。

で、それはいいのですが、いくら楽しいと言っても長丁場になると体力や集中力が低下するのが、如実にわかります。話していることがまとまらなくなったり、ディスカッション中の会話が耳に入ってこなくなったりするんですね。人間の脳が集中力を発揮できるのは、だいたい起きてから14時間程度(酒酔い運転と同程度まで下がる)だそうですので、まぁ最後の方は本当にフラフラです。でもそのフラフラの時にやる事例Ⅳは珍解答が続出しますので、それはそれでやっておいたほうがいいのですが笑。あぁこうなるんだな、というのがよくわかります。そして本番の最後に受ける事例Ⅳも、そんな感じです。

なのでまず必要なのは体力と集中力、また、切れた時のリブートの仕方です。ちなみに私が実施していた勉強会では、グループの中で役割をいくつか決めていて、おやつ係を設けていました。毎回全員がコンビニに寄るのは時間的にも無駄が多いので、あらかじめ幾らか集金して、おやつを買ってきてもらうのです。係を設けるほどでなくても、エネルギー補給を何らかの形で随時できるようにしておくといいと思います。あとは休憩時の程よいお散歩。コンビニまで行って帰ってくる間に、多少リフレッシュができます。

また、勉強に明け暮れる日々だと、運動量がどうしても減りますので、無理のない範囲で続けられる運動があるようでしたら、それも組み込んでおくといいですね。

勉強会の心技体 「技」編

技については2つあるかなと思っています。一つ目は自分が考えたプロセスを言語化する能力!これがとても大切だと思っています。勉強会にも様々あるかと思いますが、大事なのは10月の二次試験で妥当性の高い解答を書けるようになる、ということです。新しい問題しか出ないので、新しい問題にもびっくりせずに良質な解答を作るプロセスを身につけることが必要です。ディスカッションする場合は、どうしてこの解答になったのか、ということを「なんとなく」「覚えてたから(過去問の場合)」ということ以外の言葉で語る必要があります。

これまで10代目もいろいろな言葉で自分が得た知識やプロセスを言語化していますが、試験が日本語で行われる以上、適切な言語化の能力は必須です。

言語化能力が高まらないと、説明がとりとめもなく長いものになり、みんなの時間を奪います…直前期にみんなの時間を奪わないように、簡潔に、わかりやすく伝えるスキルを身につけていただきたいと思います。子育て中の方、子供との会話は簡潔でわかりやすくないとまず通じません笑。ここぞとばかりにたくさんトレーニングしていただければと思います。

もう一つは、質問力です。時々現れる、天才肌タイプの方は自分の能力を言語化することができないケースがあります。根拠はよくわかっていないけど、ここが解答ポイントだ、と思うことを外さないのです。その、根拠のよくわからない勘のようなものを言語化できれば、再現性は格段に高まります。どうしてこのキーワードにしたの?優先順位をこうしたのはなぜ?というオープンクエスチョン(はい・いいえで答えられない質問)では「なんとなく」で答えられてしまうことがあっても、めげずに「私は○○○という観点と、△△△という観点があると思っていて、△△△の方が優先順位が高いと思ったけれど、なぜあなたは○○○だと思ったの?」というように具体化したり、「与件本文のどの部分を読んでそう思ったの?」という論拠を尋ねる質問もいいと思います。天才の人にとっても言語化の助けとなりますのでウィンウィンです。こちらも、子供との会話で鍛えることができます笑。日常でもトレーニングできますね。

勉強会の心技体 「心」編

さて、心技体で一番大事なのは心なんですが、勉強会でも同じだと思っています。つまり、あり方のことですね。以前の記事でも同じ内容を書いたのですが、大事だと思っているのでもう一度。

同じ試験を受けて、受かる人と落ちる人がいる以上、一緒に勉強する仲間は、仲間でありライバルです。が、「ライバル」と思って自分の知識を出し惜しみしたり、間違ったことを教えて落としてやろうと思うことは絶対にやめてください。恨まれるという以上に自分にとって学びになりません。時間の無駄になってしまうでしょう。目の前の相手が受かるために、自分の言語化能力と知識を使って最大限の貢献をするというのがとても大切です。目指すは一緒に合格しよう、です。俺だけ受かろう、という精神は学びには結びつきません。

また、自分の方がよく知っていそう、模試の点数が高い、といった理由で教えてあげよう、というスタンスもやめた方がいいと思います。なんであなたに教わらにゃならんのだ、という気持ちになる人から、喧嘩を売られるかもしれません(ないと思うけど)笑。目的は合格ですから、お互いが合格のためにできることをやっていく、というスタンスでいると楽し組みのりある時間になるでしょう。勉強会の仲間はあくまでもフラットな関係であり、会社とは違って上下はないはずです。そのフラットな関係でたくさんの人と切磋琢磨しあえる環境は、実は社会人になってからはたいへん貴重なんですが、つい上下関係を持ち込んでしまう人もいます。。慣れていないから、ということだと思いますが、お互いにフラットで行きましょう、というのは確認した方がいいかもしれません。

フラットという前提条件の上で、手加減なしで思いっきり議論するのがコツです。丁寧な言葉で伝えつつ、こんなこと言ったら傷つくかな?と思わないことです。丁寧な、というのは相手の回答に対して根拠を示しながらダメ出ししたり、真似したいと伝えたりする、という感じでしょうか。相手ではなく相手の回答がコメントの対象であるということを忘れないようにしましょう。

そして、コメントをもらっても「いい解答のためであり自分がダメだからではない」という受け取り方をしていきましょう。こんな解答しか書けないなんてダメなんじゃないか、と思う必要はありません。勉強会でプロセスの穴に気づくことができれば、埋められるチャンスで、本番より前に見つかったのはむしろラッキーです。存分に活用しましょう。

終わりに

以上、勉強会の心技体、という形でまとめてみました。妥当性の高い解答を作るために、同じ志を持つ仲間と切磋琢磨する環境はとても貴重だと思います。勉強会に参加される方の参考になれば嬉しいですし、これから仲間を探してやってみようかな、という方も応援しています!一緒に合格を勝ち取れたときの喜びもひとしおですよ♪

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!以上、ちこまる(仮)でした*\(^o^)/*

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

みなさん。おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
今、ブログを更新していましたら、優しい虫の音が聞こえてきました。
もぅ、秋ですね。
みなさんが受験した1次試験のあの熱い暑い夏はもう終わりました。
「1次合格」という熱狂を感じたのも束の間、今度は「思考の壁」・「時間の壁」が大きく眼前に立ちはだかったと感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな時はこんな風に考えてください。

台風で穂が大きく揺らいだとしても、長雨で雨水に大きく浸かったとしても、それを経て実は熟すもの。
暗中模索のなかだとは思いますが、そう信じて今は進んでください。

さて、今回は、私が実践した2次の解法についてお話します。
事例Ⅰ~Ⅲ、特に事例Ⅰ~Ⅱにおいて意識すべき点について、の内容となります。

【図表1】

 

ポイント➀考える順序を間違えない事
事例Ⅰは、組織と人事、事例Ⅱはマーケティングについて問われます。
上記の図表1における機能戦略です。ここで重要なポイントは、この表を思い出して上位から考えることです。常に意識しておくことはこの事例企業の経営理念、ビジョンは何なのか?
これは与件文にそのまま、理念=〇〇とはっきり書いているケースもあれば、書いていないケースもあります。
なければ、文脈から社長の想いを類推していきます。
そして、次に内部分析[強み・弱み]×外部環境分析[機会・脅威]を把握します。
それをもとにした経営の方向性やドメイン等の経営戦略・基本戦略を意識します。
そこからスタートして事例Ⅰ・Ⅱ・Ⅲにつながる機能戦略を考えなければなりません。
これを外すと大コケします。
あるあるですが、自分の得意な分野や経験値の高いものがあれば、ついついマーケティング等の保有知識ありき、となるのです。率直にいえば、経営者の想いを置いてけぼりにしてしまう。
例えば、ネット系広告会社に勤めている方が、(自身の培った経験と知識を活かして)ネットを最大限利用し広範なターゲットにリーチすべき、と考えたとします。
ところが、事例の経営者は”ネットをあまり使わない層である”高齢者に対して、生活の不便を解消することで地元顧客の生活度向上を叶えたいという想いがあったとします。
そういったケースに、前者の答えを作ってしまうとドツボにはまります
では、「地元地域の高齢者の生活向上を実現」そんな経営者の想いを実現するために、行うべき手法は?
この順番で考えると、取るべき手法はネットではなくて”ベタな”老人会でのチラシ配布や地域活動支援による関係性強化等が思いつきます。
ネットではなく、口コミ。そして顧客関係性の強化。となると人的資源が重要、人的資源の強化による顧客満足度向上といえばインターナルマーケティングという方向性(ロジック骨子)が見えてきます。

ポイント➁因果を考える
2次試験とは、中小企業診断士となるのに必要な応用能力を判定するものであり、それは1次試験で学んだ基礎知識を活かして、事例にもとづき診断及び助言できる能力があるかどうかを紙上で判定してくるものです。
逆にいえば、①事例企業の状況をしっかりと与件文から読み取れること。➁適切な診断、助言を基礎知識から導き出して答えを作り出せること。➀➁が出来れば合格要件を満たすこととなります。
その対策として、私は設問に対して常に因果で成り立つ骨子をロジックツリーで作っていきました。

例えば、問題分析能力を問う問題では、その問いてきた問題点に対して「それはなぜか?」をまず、遡って考えます。そして、その「遡った原因」が起きるのはなぜか?と次の原因を深掘りしていきます。
その思考過程を「与件文に書いていること」と「1次の基礎知識」で組み立てます。

単純な設問で仮定しますが、「B販売部門の営業成績が落ちている」理由について問われれば、「(与件文より)モラールの低下」→(それはなぜか)→「(与件文より)B販売部門の部門長が変更し、方針変更が従業員に浸透していない」→(それはなぜか)→「(1次知識より)共通目的、貢献意識、コミュニケーション不足」といったカタチで骨子を組み立てます。

改善提案を問いてきた場合には、「(与件文より)方針変更が従業員に浸透していない」→(そのためには)→「(1次知識より)共通目的、貢献意欲、コミュニケーション不足の解消」→(そのためには)→「(具体的な提言内容として)➀会議等にて方針の浸透➁意思決定の判断基準を策定➂従業員も参画する目標管理制度の導入」→(その狙いは)→「組織の活性化とモラールアップを図る」として骨子を組み立てます。

ポイント➂与件文をしっかりと読み込む
合格のためには、前提として読解力。すなわち与件文をしっかりと読み込める技術が求められます。
その為のテクニックとして、いくつかの要素で与件文を切り分けていくことが有用となります。
その切り分け方の私流のテクニックは以下の4つ。
1.時系列/青蛍光ペン
2.社長の想い、経営理念、ビジョン/赤ペン
3.SWOT/プラス要素(強み、機会)=緑ペン、マイナス要素(弱み、脅威)=青ペン
4.設問に対応する関連内容/蛍光ペン※青色以外
【図表2】

(クリックすると拡大します)

 

上記のポイント➀で記載のとおり、「社長の想い・理念・ビジョン」そして「SWOT」は抑えるべき重要ポイントになります。その為にそれらの要素が与件文のどこにあり、何を書いているのかを色分けを利用することにより把握します。
そして、もう一つ大切な点は時間軸を理解しておくこと。与件文に書いていることはいつの時代のことなのか。そして、設問文で問われていることはいつの時代のことなのか。それを整理しておかないと大きく外してしまいます。
例えば、「A社の先代の社長はリーダーシップを強く発揮。現社長はタイプが異なり推進力が弱いことが課題。だが、メンバーの協調性は高い。」のようなケースにおいて、現在のA社の強みが問われたときに「社長のリーダーシップです!」と書くようなエラーです。当然、これを書くと大こけですよね。
(これは単純化したのでわかりやすいと思いますが、実際の問題でかつ本番になると混乱しがちです)
ですので、時代の切り分けも忘れずにしておく必要があります。

あとは、設問文に対応する因果を与件文の何処から拾ってくるのか。それを見分けるために蛍光ペンを多色使います。
なお、赤ペン、青ペン、緑ペンを使っている理由は、蛍光ペンの色数が設問数+時代の青色で使うため多色過ぎて対応できないからです。。。

まとめ
あらためて、本日の学びを最後に纏めておきます。
➀「考える順序」を意識すること
➁「因果」で考えること
➂「与件文」をしっかり読み込むこと
本日は以上です。

「試験ではなく、支援」
1次⇒2次筆記⇒2次口述⇒実務補習と進んでいく過程のなかで、「診断士に求められるものとは?」という本質に気付くことがあります。その本質とは「支援」。そう私は感じます。
支援を通じて見つかる新しい自分の未来。それを信じてがんばってください、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

おはようございます、たっつーです。
(その他過去記事はこちら

さて、昨日1次試験の合格発表がありましたね。

診断士試験のHPより:令和元年度中小企業診断士第1次試験の結果について(合格発表等)

残念ながら不合格だった方、大変お疲れ様でした。
自己採点していて結果は分かっていた方が多いと思いますが、実際に自分の番号がないと本当にショックだと思います。
でも、合格に向けて本気で努力していたのであれば、その努力は絶対無駄にはなりません(来年もう一度受験するにせよ、しないにせよ、です。)
掛け値無しにそう思います。

合格した方は、本当におめでとうございます!!
次は2次筆記試験に向けて一生懸命頑張るだけですね。

さて、今年の試験結果と、過去の統計データを見ると、今年は例年より合格者数が多かったみたいですね。
(両リンクとも、診断士試験のHPより。PDFが開きますのでご注意下さい。)
合格者数・合格率ともに、実質過去最高レベルです。

当然、2次試験の受験者数も増えると思いますが、その場合の影響はどうでしょうかね。

仮に中小企業庁が、「2次試験の合格者数は1000人弱」というように、「合格者数」を基準にしていれば、合格率的には、2次試験突破は例年より難しくなります

そうではなく、「2次試験の合格率は20%弱」というように、「合格率」を基準にしていれば、受験者数が増えようが、難易度は関係ない(例年通り)ということになります。

中小企業庁が合格者数と合格率のどっちを基準にしているかは、正直、過去の統計データを見てもよく分かりません

とはいえ、分からないことを考えても時間の無駄であり、受験生としてはやることは変わりません。

すなわち、「少しでも合格の可能性を高めるために、毎日頑張る!」ということは何ら変わりませんので、焦らずやっていきましょう!
(道場メンバー一同、ブログ記事やセミナー等を通じて、引き続き応援していきます!)


【目次】
◆マイベスト答案とは?
◆たっつーの場合
◆道場メンバーの場合
◆まとめ


◆マイベスト答案とは?

さて、前置きが長くなりましたが、8月の1次試験後に、私は以下の2つの記事を書きました。
【2次試験攻略の勘所】初見時の復習に全力をかけるべし!
2次攻略のための「具体的な」復習方法

その際に、当然のように「マイベスト答案」という言葉を使っていたのですが、マイベスト答案とは、(おそらく)造語で「自分の中で一番と思う、自分で作る模範解答」のことです。
(別に私の造語ということではないです。Google検索すると、いくつか同じ言葉を使っている人がいますね。)

2次試験の過去問を自分で解いた後に、自分の解答と、「ふぞろい」「全ノウハウ」「2次過去問問題集」(TAC)等に記載されている模範解答を見比べることは、当然どの受験生もやっていると思います。

ただ、参考書等に記載されている模範解答は、微妙に内容・表現が違います。
解答の基本的要素は合致していることが多いですが、たまに、解答の方向性すら違う場合もあります。

マイベスト答案は、上記参考書等に掲載されている模範解答を組み合わせたり取捨選択などをして、「自分の中では、これが一番の模範解答だ!」という答案を各事例ごと(各設問ごと)に作ってしまうのです。

このマイベスト答案を作るべきかどうか、というのが今日のブログのテーマです。

◆たっつーの場合

僕は、マイベスト答案を作っていました

作っていた理由(効果)は、以下の3つです。

①試験直前に過去問を振り返るときに、一々、各種書籍の模範解答を見直すのが面倒。
→マイベスト答案を作って、1つにまとめた方が後から振り返りやすい。また、人が作った答案よりも自分が作った答案の方が圧倒的に記憶・印象に残る

②マイベスト答案を作る過程で、各種書籍の模範解答の良い部分・悪い部分を取捨選択するので、「この解答要素は残すべき」「この解答要素には点は振られていないだろう(なので、マイベスト答案からは落そう)」「この表現はいいな」と深く頭の中で分析・検討することができる
その過程で新たな「気付き」が得られる
(「気付き」の詳細については前回記事をご参照下さい。)

③「気付き」と「マイベスト答案」を併記したものをファイナルペーパーとする。
→ファイナルペーパーを読んだ時に、マイベスト答案があると、「気付き」の意味内容をイメージ感をもって振り返ることができる。

といったところでしょうか。

逆にデメリットも当然ありまして、以下の2つでした。

とにかく時間がかかる
→「ふぞろい」、「全ノウハウ」、「2次試験過去問題集」(TAC)を見比べて、解答要素を取捨選択しつつ、表現を整えた上で、制限字数内に収めるのはとにかく時間がかかる(むろん、Wordで作成していましたが。)。

記憶に残りすぎてしまう
→模範解答を深く比較・分析することになるので、各事例の解答が、深く記憶されてしまう。なので、仮に過去問1周目でマイベスト答案を作ってしまうと、過去問2周目以降は、記憶に頼った解答をしてしまう。
(→ただし、これは、1周目はマイベスト答案までは作らないことで解決

私の場合は、メリット>デメリットと考えたので、マイベスト答案を作ることにした次第です。

◆道場メンバーの場合

一方、他の道場メンバー11名はどうでしょうか。
アンケート結果は以下のとおりです。

結果は、僕とかもよを除き、12名中10名は、マイベスト答案を作っていないor作ってたけど途中で止めていました!
(僕の思い込みで、他の受験生もやってるだろうと思ってたので、個人的には、正直意外な結果でした。)

以下、皆の意見を紹介していきたいと思います。

【作ってなかった派】
・時間は節約したかった。(makino)

・本番は常に初見なので、1次のようにQ&A式対応で回答を覚えるよりも、解法を覚える事がポイントだと考えたため。1次とは異なり、2次は基礎力+応用力を問う試験だと思いますので、(時間がない方は特に)思考力の回転を上げる事に注ぐべきだと思います。(ブブ)

・1つの事例の答案を丁寧に作れば作るほど、「何の回答をしたか」の印象が強くなりすぎてしまって答えを覚えちゃうから。(ちこまる)

・書けるようになるべき解答は、毎回のイメージ作りによって、意識・定着できていたので。マイベスト答案を作成しようとするとそれなりに時間もかかると思うし、結構復習に時間がかかっていたので、そこまでやる余裕はなかった。(ぐっち)

・同じ事例、同じ問題は2度と出題されないのに、100点を目指す答案を作っても意味がないかなと思っていました。100点を目指すのではなく、どんな問題が出ても6割ちょっとを安定的に取れる再現性を重視していました。また、足りない視点・要素はノートにまとめていたため、ベスト答案を作る必要がなかったとも言えます。(いよっち)

何をもってベストとするかの判断基準を持ってなかったからやる意味がない。(注:マイベスト答案を作っても)ほとんど自己満足で終わるんじゃないだろうか。(kskn)

【作ったけど途中で止めた派】

・8月中に直近3年分はつくった。これにより、解答の書き方、構成の仕方を大体掴むことができた。9月からは、時間内に解き終える練習のために骨子作成のみをたくさんやった。マイベストをつくると時間がかかり回転数こなせないので、やめた。ちなみに、骨子作り練習期でも「マイベスト骨子」は毎回簡単に作っていたと思う。(かわとも)

いかがですか?

上記のデメリット①・②を懸念して作らなかったメンバーもいますが、個人的には、ksknの「何をもってベストとするかの判断基準を持ってなかったからやる意味がない。」というのは、たしかにそうだよなーと思いました。

私も、マイベスト答案を作るのを目的としていたわけではなくて、むしろマイベスト答案を作る過程で、新たな気付きを得ること(本番でベスト答案を作るための判断基準を持つこと)を目的としていました。

単にマイベスト答案を作ることを目的としてしまうのは、絶対にまずいと思います。

◆まとめ

マイベスト答案を作るかどうかは、結局は、勉強時間がどれだけあるか、独学か多年度か等によってケースバイケースだと思います。

ただ、(N数は少ないものの)道場メンバー中、12人中2人しかマイベスト答案を作っていなかったことからすると、作るかどうか迷っているのであれば、作らなくていいのではないかなーと思います。
(やるとしても、かわともの言うとおり、「マイベスト骨子」くらいで十分かと。)

もし作る場合でも、マイベスト答案を作ることを目的とするのではなく、作る過程で何を得るかを意識して取り組むべきだと思います。


以上、たっつーでした。

明日は、大好評シリーズになることが予想される、なおさんの「10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント」の「事例Ⅰ」です!「
お楽しみに!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~ お申し込みはこちら

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

★もくじ★
【第1部】学習ツールからみた2次の学習
1.2次学習の基本セット(ファイル、ノート、参考書)
2.事例Ⅰ~Ⅲの学習ツール
3.事例Ⅳの学習ツール
4.まとめノートがそのままファイナルノートに

【第2部】みんなの勉強の時間割
1.平日がっつり(回転数重視):makino、かわとも、ブブ
2.平日がっつり(質重視):たっつー
3.平日さらっと:なおさん、ぐっち
4.スキマ時間を活用:かもよ、kskn

文字数:約3700字(写真や画像中心。リラックスしてお読みください♪)


※参考までに、私の2次本番までの記事投稿予定はこちら。内容は変更になる可能性があります。また、学習進捗イメージはあくまでイメージであり、実際には個人差があると思いますのでご了承ください。
(以下、図はクリックで拡大します)


こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!

今日は1次試験合格発表ですね。

10時ごろにj-smecaのサイトで発表される予定ですので、ぜひ結果をチェックしていただき、合否によって今後の戦略を立て直していただければと思います。
特に「落ちていると思っていたけど受かっていた!」という人は(去年のブブのパターン)、すぐにブーストをかけましょう。ブブの合格体験記はこちら。

 

また、「2次試験の解答プロセスを知りたい」「各事例の攻略法を確認したい」という方には、配信中の夏セミナー動画がおすすめです。
なおさんが懇切丁寧に解説した「80分の過ごし方」や、ぐっち、いよっち、ちこまる(仮)の渾身の事例Ⅰ~Ⅲ解説、ksknの事例Ⅳのバッサリ解説は参考になること間違いなし!

夏セミナー動画DLはこちらからどうぞ。

 

*   *   *   *

 

さて本日は、前回に続きまたまた2部構成です。
第1部では「学習ツール面」に着目して、2次試験の学習の取り組みかたについて、具体的に解説します。
第2部は、夏セミナーはみだし企画。「1日の勉強の時間割」について、10代目のアンケートをもとにご紹介したいと思います。

 

では、いってみましょ!

 

【第1部】 学習ツールから見た2次の学習

1次試験終了から、はや1か月。自分なりに学習のスタイルを確立して「この方法ならいける!」と突っ走っている方もいるでしょうし、「とりあえず過去問をこなしてはいるけれど、イマイチ自分の身になっているか不安」という方もいると思います。
このパートでは、主に「イマイチ自分の身になっているか不安」という方のために、「日々の学習を必ず自分の血肉にする」、つまり「日々の学習の記録を簡単に振り返ることができ、重要なポイントをいつでも確認できる学習ツール」を解説しますね。

 

1.2次学習の基本セット

私が使っていた基本セットは以下の通り。以下、全て図はクリックで拡大します。

 

【全事例共通】

〇A5・薄手のまとめノート
…1次知識や重要なポイントをメモ
〇B5方眼ルーズリーフ
…セルフ模試の時の解答用紙として使用

【事例Ⅰ~Ⅲ】
〇解いたものを全てまとめるファイル
〇ふぞろい(合格答案、10年データブック。分冊したもの)

〇過去問と答案用紙を2in1・両面印刷したもの
〇A4の白紙
…骨子作成に使用

【事例Ⅳ】
〇A4計算ノート
…計算過程を記録
〇『事例Ⅳの全知識・全ノウハウ』(分冊したもの)
…普段の学習はこれのみ。
〇過去問を両面印刷したもの
…全知全ノウでカバーしていない問題や、1年分まとめてチェックしたいときに使用
※このほかにも模試、TAC演習も活用しましたが割愛

 

 

2.事例Ⅰ~Ⅲ:ファイリング

事例Ⅰ~Ⅲは、2in1で印刷した問題用紙を使って、色ペンやマーカーで印を付けながら解いていきます。解答骨子(下書き)は、試験本番の表紙ウラへの下書きと全く同じように、A4白紙に書き出していました。
9月上旬までは、これに加えて「解答プロセスの記録」(前回のブログ参照)と「解答の清書」も行いました。
解いた後は、ふぞろいで振り返りを行い、自分へのダメ出しなどを問題用紙や解答骨子に書き込みました。重要なポイントはノートにメモしました。

振り返りまで終了したら、問題用紙とA4白紙(=解いた軌跡)を全てファイリングしていました。愛用していたファイルは「キングジム フェイバリッツZファイル」穴をあけずに簡単にまとめられて便利です。
このファイルを作っておくと、間違えたポイントなどを直前期に一気に見直すことができるほか、過去問2週目に入った時に、1週目で間違えたミスが克服できているかどうかも確認できます

 

3.事例Ⅳ:専用ノート

事例Ⅳは、全知全ノウを分冊したものを愛用していました。この参考書は出題分野ごとに問題がまとまっていますので、キリのいいところで破ります。破る方法は、こちらのブログが参考になります。アイロンなしでも、まあ破れます(私は力任せに破っていました)。糊の粘着力が強い場合は、清本テープは使わなくてもOKです。お好みでこちらのクリアーホルダーを使用しても。

分冊のメリットは、なんといっても重い本が軽くなること。また、直前期に「強化したい出題分野だけを持ち歩き、スキマ時間に何度も見直す」なんてこともやりやすいです。

解くときは、専用の計算用ノートを使いました。事例ⅣはNPVやディシジョンツリーなど、計算過程をきれいに書く練習が非常に重要です。日々の学習で、ノートに分かりやすく計算過程を書くことが本番の得点に直結します。
解いた後の振り返りは、計算用ノートに自分へのダメ出しを記録し、重要なポイントはまとめノートにメモ。計算用ノートをパラパラ眺めると、自分の間違えやすいポイントがわかり、ミス撲滅に役立ちます。

 

 

4.まとめノートがそのままファイナルノートに

まとめノートは、毎日気軽に持ち運べる「A5サイズ・薄手のノート」(seriaで購入)をセレクト。気になることを何でも記録するようにしました。
記録したことは、

〇絶対にミスしたくない重要なポイント
〇ブログで得た情報(だいまつさんの事例Ⅲの極意の内容など)
〇使えるフレーズ
〇一次知識
〇フレームワーク(茶化など)
〇本番の自分へのメッセージ

などなど…。

薄手のノートを、ざっくり5つに分けてラベルを貼ります。
「全体」「事例Ⅰ」「事例Ⅱ」「事例Ⅲ」「事例Ⅳ」
それぞれのテリトリーにどんどんメモしていきます。
きれいに整理して書く時間がなかったので、なんとなくの分類分けですね。
これを、スキマ時間や事例を解く前にざっと見直すようにします。すると、重要なポイントが効果的に身に着くようになります。また、試験当日のファイナルノートとしてそのまま使えて便利です。

ここまでが第1部、学習ツールパートをお届けしました♪

 

 

【第2部】みんなの勉強の時間割

続いて第2部は、10代目のみんなに去年の1日の勉強の時間割を教えてもらいましたので、ご紹介しますね。
第1部のツールといい第2部の時間割といい、がっつり解法というよりはHOWTOネタに興味が行っちゃうんですよね。。なんでだろ。
そんな話は置いといて。いってみましょ!

※以下、平日のみ円グラフを作成。時間帯は「大体こんなもんかな」と仮置きしたものです。

 

1.平日がっつり(回転数重視):makino、かわとも、ブブ
この3人は「骨子作成を中心に、とにかく量をこなすタイプ」。

 

◆makino◆

スキマ時間、刻んでますね~。夜に骨子作成して朝に解答記入以降をやっています。

 

◆かわとも◆

makinoと似ているのですが、行きの電車で骨子作成、帰りの電車で自己採点してます。10分程度の乗り換え時間でできる「きゃっしいの100字要約」はおすすめです。(リンク先の記事の一番下のほうにのっています)

◆ブブ◆

1次試験合格発表後からブーストをかけたブブさん。短期間で解答プロセスをモノにするべく、朝に骨子作成トレーニングをしています。グラフにはありませんが、休日の「6時~23時までフルに詰め込み」のあたりが壮絶です。。

 

2.平日がっつり(質重視):たっつー
たっつーは平日夜にがっつり時間を割いていましたが、1の人たちのようにスキマ時間を活用するというよりも、じっくり腰を据えて事例に取り組んでいた「質重視タイプ」です。

◆たっつー◆

通勤電車では道場ブログで情報収集。夜はじっくりと事例に向き合うか、事例Ⅳの計算をしていました。超多忙な彼、もっと遅い時間帯に勉強していたのかも。。

 

 

3.平日さらっと:なおさん、ぐっち
この2人は、平日よりも休日にじっくり取り組むタイプですね。

◆なおさん◆

なんと、平日は事例Ⅰ~Ⅲを勉強していません!これはこれですごい。その代わりに、通勤電車でまとめノートを繰り返し読んでいました。ここになおさんの事例攻略の秘訣がありそうですね。

◆ぐっち◆

2年目のぐっちは、9月後半からブーストをかけていました。平日は90分と軽めに取り組んでいますね。

 

 

4.スキマ時間を活用:かもよ、kskn
この2人は育児との両立のためにスキマ時間を上手に使っています。

◆かもよ◆

かもよは1問1問じっくりと納得しながら取り組むタイプ。解答と復習のプロセスを細かく分けて、数日間かけて事例を解いています。昼休みは事例Ⅳをコツコツと。

◆kskn◆

彼も育児中心の生活だったため、お昼寝の時間とか夜に勉強していたそうです。決まったスケジュールはなく、まとまった空き時間ができたら勉強していたとか。「手を動かせない時間でも、どうすれば良い答案が作れるか、改善策を考え続けていた」とのこと。

 

*   *   *   *

 

いかがでしたでしょうか? ツールや時間割など、ご自分のスタイルに合うエッセンスがあれば、ぜひ参考にしてくださいね。

Let’s パクってカスタマイズ♪

以上、かわともでした。今日も明日も、皆さんにとって良い一日となりますように!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

8月10日(土)開催済! 東京レポート

8月11日(日)開催済! 大阪レポート

8月24日(土)開催済! 名古屋レポート

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

みなさんこんにちは!ちこまる(仮)です。今日は16回目の担当です。今日の記事は約3,600文字。7分程度お時間ください。前回ちょっと書きすぎて、猛省しました。。笑。

東京はちょっと暑さが和らいできましたね。こんな時ほど体調管理には気をつけてくださいね。

さて今日はちこまる(仮)流ファイナルペーパーの作り方、をご紹介したいと思います。そーやさんにiPadの使い方指南も受けたので、もし去年これを使っていたら、という観点も入れてお伝えしたいと思います。

ファイナルペーパーって何?

ファイナルペーパーって何なんだろう?と(私もちょっとふわっとしながら)思うのですが、最後の追い込みの時期に自分が忘れやすいものをまとめているもの、のことだと思っています。ファイナルペーパーの作り方は人によって色々で、10代目も今後またご紹介する機会があると思いますが、今日は私が作ったファイナルペーパーのご紹介です。

なんで今ファイナルペーパー?ということなんですが、ちこまる(仮)流は日々日々作ってイプタイプなので、今から作っていくとわざわざファイナルペーパーをまとめる時間を直前期に取らなくて済むという利点があります。ということで今日から作れるファイナルペーパーのご紹介です。

ちなみに本日8月28日時点のファイナルペーパーのブログ検索結果は236件!めっちゃありますね。いろんなやり方でこれまでの先人たちも作っているんだと思います。皆さんもご自身に合ったやり方で作られることをお勧めします。でも直前に試行錯誤する心の余裕はなかなかないと思うので、今のうちからどんなものを持っていくといいかなぁ、追い込みの時にまとめるといいかなぁ、というのを考えてみてくださいね。

ちこまる(仮)流ファイナルペーパー

これまでセミナーに参加していただいた方にはお見せしてきているんですが、改めてご紹介です。

大変ごちゃごちゃしてますね。。。(・_・; 我ながら。。。

ちこまる(仮)のファイナルペーパーはご覧の通り付箋式です。付箋を使っているメリットとしては

  1. 貼ってはがせるのでいつもちゃんと覚えていないことだけを残せる
  2. 一つのテーマを1枚にまとめるので、まとめるトレーニングになる
  3. 覚えたら剥がしてスッキリ
  4. 常にA3で1枚分におさめるように覚えていくと、あ、自分が掌握しないといけないのはこれだけだな、と安心できる
  5. 気軽に、今日から作れる

というのがあります。事例をひとつ解いて、復習するときに付箋紙を用意して、自分が覚えていなかった知識ストック、仲間から聞いたいい感じのフレーム、この言葉使いやすい、などなど、これ覚えておこうと思ったものをメモして貼り付けます。そのときにすでに貼られているもので、まだ覚えていないものがあったら、補足したり目立つ位置に張り替えたりして優先順位が上がるようにします。

KJ法を使って関連するものをまとめて配置します。そうすると、近くに貼ったものも目に入るので合わせて覚えられます。

付箋のサイズはそれぞれですが、4種類を書き込む内容の量に応じて使い分けていました。

この写真は事例Ⅰですが今貼られているものの一例として…

 

商社(卸売)のビジネスモデル

複数のメーカー→商社→複数のリテール。付加価値が上流・下流どっちにもつけられ、モデルが複雑。商流・物流・情報流(に注意)

 

組織の三角形

縦方向:職務充実

横方向:職務拡大

 

失敗するパターン語呂合わせ まきせゆるして

ま:埋没コスト

き:既得権益

せ:成功体験

ゆ:有能性の罠

る:ルーティーン化

し:失敗を恐れる

て:低次学習

 

みたいなことがつらつらと書いてあります。

で、覚えたものははがしていくとそのときに覚えないといけないと思っているものが、この1枚に収められるようになります。逆にはみ出すと、ちょっとちゃんと一度覚えようという気にもなります。そうすると、あ、これだけか、、と思えてちょっと安心します。試験直前にあれもこれもまだ覚えられてない…!と思うとドキドキしますが、まぁこれだけか、と思えれば安心です。

で、もしこれをiPadでやろうとすると

私は手書きで色々メモするタイプだったんですが、書いたメモを紛失する!という欠陥が最近気になってきてiPadのペンで手書きしてノートを取るように練習しています。iPadといえばそーやさん!ということで、そーやさんに取材してiPadの使い方をいろいろ指南してもらいました。これから2次試験対策の中で使ってみようかな、という方がいたら、参考にしてください。

iPadの手書き機能は、メモでも使うことができますが、フォルダ分けをしたり他のデバイスで見るということを考えると、アプリの購入はとってもオススメです。私が使っているのは、Notabilityというアプリですが、そーやさんはGood noteというアプリを(勉強用では)使ってました。どちらもPDFを取り込んで手書きができるという点では同じですが、Good noteの特徴として、フォルダ管理ができる、というのがあります。事例ごとにフォルダを分けたり、年度ごとに分けたりして、自分が書いたファイナルペーパーや事例の復習をどこでもすることができます。

やっぱりこうしたツールのいいところは、デバイスを複数使えること。手書きでいろいろ書くのはiPadでやるとして、読むのは電車の中で、といったようにデバイスを行ったり来たりして隙間時間を活用することができます。

私が先ほど紹介したファイナルペーパーも、四角枠の中に書き込んでまとめておけば、電車の中でも確認できそうです。

そーやさんの活用術

そーやさんは事例を解くのもiPadでやっていたそうです。参考書のスキャンをすることで、教材の持ち歩きがなくなり圧倒的に身軽になったと聞きました。(あ、書籍のスキャンはあくまで購入の上、個人の使用にとどめてくださいね。業者に依頼したり、他の人にシェアするのは違法です)回答欄だけコピーすることもできるので、何度でも解き直しができるというメリットも。また、道場ブログもスクショにとったりして活用していたそうです。アクセシビリティ機能を使うと、スクショボタンのショートカットを作ることができて便利。これも知らなかった〜。

他の工夫としては、iPadの画面を2分割することで、問題用紙と回答用紙を行ったり来たりすることもできるとのこと。どこでも勉強できる環境を作るには、いろいろ使えるツールだということがわかりました。

ただしデメリットもあります…

やっぱり手書きの感覚とは少し異なります。ので、そこは要注意。画面に貼り付けるシートを工夫すれば、手書きの感覚に近づけることはできますが、シャーペンではないのでノックをする動作は必要ないですし、消しゴムもワンタッチです。その分、本番を想定した練習とは少し異なるトレーニングであることは認識が必要です。土日にがっつり勉強ができる日は紙とシャーペンを使うなど、工夫ができるといいですね。多色ペンを使う方もペンの持ち替えの動作が必要になるので、使い方については工夫したほうがいいでしょう。

とはいえ、どこでも勉強できる環境を作れるのはやっぱり大きいな〜というのが個人的な感想です。教材って重たいですもんね。3年使ったリュックのファスナーが壊れる重さでした笑。

おまけ。お仕事で使うときは

診断士になった後ももちろん活用することができます。私が使っているNotabilityというアプリでは、録音機能があるので、セミナーなどに参加して主催者と講師の許可が下りれば、録音して記録することもできます。こちらも無断録音はNGですのでご注意を。

会議などの時にも便利ですね。ノートに写真を貼ったり、それをpdfにして参加者にメールなどですぐ展開できるので、情報共有が早いです。電子書籍として使えたりと汎用性は高いですよね。今後の活用も見越して買っちゃうのも十分アリだと思います。

まとめ

さて、今日はファイナルペーパーの作り方とiPadの活用法の2本立てでした。ファイナルペーパーはまだ早いかな?という方、直前に時間とるのもったいないな〜と思われる方は付箋式、ぜひお試しあれ。私の場合はボロボロになるくらいいつでもどこでも一緒でした。もはや戦友(笑)状態でした。多分これ、一生手放さないと思います。そのくらい思い入れができました。セミナーなどでもファイナルペーパーの写真撮らせて!というリクエストをいただくことがあるので、関心を持ってくださる方もいらっしゃるようで嬉しいです。皆さんにも参考になれば作ってみてくださいね。

今日も読んでいただいてありがとうございました!ちこまる(仮)でしたo(^▽^)o

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

8月10日(土)開催済! 東京レポート

8月11日(日)開催済! 大阪レポート

8月24日(土)開催済! 名古屋レポート

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

おはようございます、makinoです。本日も、読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

突然ですが、ドラえもんのチョコエッグを集めています。

 

もうじき4歳になる娘と一緒に買いに行って、共通の趣味を楽しんでいるのですが、なにせ「のび太くん」が出なくて焦っています。いえいえ、正確に言うと、「でんでんハウスのび太くん」は出たのですが、「お昼寝のび太くん」がでません。

 

歌うドラえもん、おおかみクリームのドラえもん、セワシくん、ドラミちゃん、シークレットなど、欲しいものは、早々にゲットしたのですが、この「お昼寝のび太くん」が入手できずにいます。

 

そして、「なにか、変な偏りがあるのだろうか」、と疑い始めております(どうなんでしょう、フルタ製菓さん?)。もし、「お昼寝のび太くん」を入手された方がおられましたら、何個くらい購入してゲットされたのかを、コメント欄でお知らせ頂けると幸いです。いや、真面目に。

 

そして、男性にありがちなのですが…、

わたしは、こうして入手した食玩やガチャガチャは、棚に飾って眺めるのが、結構好きだったりします。娘は、純粋に「おもちゃ=遊び道具」として、手に取って遊ぼうとする一方、自分は「飾る」事に満足しており、どちらかというと、娘が触って遊んだ後は、きれいに棚にもどしてほしい、と思っています。勿論、表向きは、娘のおもちゃなので、そんなことは言えないのですが。。。

 

こんな感じですね。

 

ちなみに、横にチョイ見えしているムーミンのシリーズは、チョコエッグ&ガチャでゲットしました。

 

以前の記事で、ムーミン風(?)の人形をご紹介しましたが、こちらは純然たる©が付いたムーミンです。一目瞭然でムーミンである事がわかります。ホンモノって、すごいですよね。

 

 

さらにちなみに、渋いスナフキンが人気なのは理解できるとして、自分は、家の中でもハンドバッグをもっていたり、シルクハットをかぶっていたりするムーミン夫妻(パパ・ママ)が好きです。冒険の好きなムーミンパパなんて、我らお父さんから見ても、魅力ありますよね。

 

まったく関係なく、とりとめの無い余談でした。お付き合いいただき、ありがとうございます。誰かから怒られる前に、本日はこの辺で。

 

「2次試験の勉強がキツくて、最近ヤサグレてるから、もっと関係ない話して和らげろよ」という応援をお待ちしております(無いだろうなあ)。

 

 

———–
さて、本日の本題です。

勉強とは、『やる事』ばかりなので、今回は「やらない事」を書いてみたいと思います

読んでくださるみなさんへの学習的な負担は、大変少なく、歓迎では?  などと勝手に思っています。なぜなら、「やらなくていい≒何もしない」ですから(組織では、何もしないを好んで、提案に対して、Noばかり言う人がいますね、もしくは口だけ動かす人とか・笑)。

 

ということで、makinoが「やらなかった勉強法」を以下に紹介します。

 

まずは、最初にお断わりですが…、

各項目の所感は、あくまで個人の感想です(BSの通販CM風です)。また、それぞれの活動をディスるものではありません。どちらかというと、限られた時間の中で、使いこなせない自分の問題かな、と思っていますので、誤解・誤読ございませんよう、お願いします。

それでは、どうぞ。

 

【2次対策でやらなかった事】

<勉強会>
すみません、支援団体と予備校の勉強会に1回ずつ出ました。ただ、それで終わりました。

 

所感:
とにかく、時間がかかりすぎる、という点が気になりました。1次試験後、2次試験まで11週間しかない自分にとっては(予備校勉強会は2事例で4時間、支援団体勉強会は1事例で3時間)。1次->2次の11週間という限られた時間で、他にやりたいことがあった(過去問回転)、という事ですね。

 

もう1つ、「自分よりアタマ1つ以上優秀な方」が参加しているか、という事も大切です。自分のような出来ない子達が、何人揃っても、正直、前進がありません(正直な所感であるだけで、誰かを傷つけるつもりはないです、念のため)。勿論、全ての面で優れている人である必要はありませんし、自分もある面では貢献する必要もありますが、それが出来ませんでした。

 

自分は、時間を重視して、勉強会は切りました。ただし、Web勉強会など、時間と場所を選ばないものは、試していませんし、これは試しても良かったかも、と思っています。

 

<春秋要約>
こちらも、時間との兼ね合いで、やりませんでした。
「なんだそれ」と思われる方。日経新聞の一面にある「春秋」を制限時間内に、100字で要約するというやつですね。過去記事もご参考にどうぞ。

 

【爆速要約力】春秋要約をやってみた。:9代目よこよこさん

 

所感:
時間が許せば、やってもいいと思います。自分がやらずに切ったのは、いわゆる、「基礎体力の底上げ」は、成果が出るまでにある程度、時間を要する、と判断したためです。自分が1月から2次対策を始めていたなら、やっていたかもしれません。

 

 

<予備校の演習の復習>
すみません、やりませんでした。ちなみに、私はTACの2次直前パック(全12回)に通学していました。

 

所感:
予備校の演習(&模試)はあくまで予備校のものなので、過去問と似て非なるものです。これも、予備校をディスるわけではなく(実際、自分も予備校のお世話になったわけで)、1年に1回だされる、本試験の問題の深遠さと、毎週(?)つくらなければならない予備校の演習では、必然的に問題の質が違います(という気がしていました)。

ですので、演習とその後の、講師の解説はありがたくいただき、自分ができなかったポイントをメモしていましたが、再度、解きなおす、ということはしませんでした。

 

 

<予備校の講義に関して>
ちなみに、自分は1次試験後、2か月TACに通学していましたが…、
講師の解説をメモしない(ちゃんと聞いていない)方が、多かったように思います(個人の見解です)。自分は教室の後ろの方の席にいたので、よく見えていました。そして、本当に、メモを取っている人が少なかったです。

 

もったいない、何故でしょうね?私には、分かりません。
復習はしない自分も、間違えたポイントの軌道修正のために、講師の先生のコメントはメモしたのですが、それすらしない方々は一体? と思っておりました(これはちょっとディスっている感じがしますけど、悪気はありません)。

 

<国語力強化>
こちらも、限られた時間の制約で、手が回りませんでした。しかし…、

 

所感:
これは、1次通過後に、時間を割いてでもやった方がよかった、と合格後に感じています。
以前、10代目で超短時間合格をしたそーやと会話をしたのですが、そこで彼が言っていたポイントも「国語力」でした。

 

道場メンバーの2次得点と、学習時間の相関は以下の通りです(春・夏のセミナーでも使われた資料です)。必ずしも、学習時間の多さが得点の高さに繋がっていません。

 

 

260点以上の実力で安定得点を稼ぎ、確実に合格レベルに達するために、自分に足りなかったのは、この国語力だったかな、と。

 

ちなみに、こちらの過去記事でも、国語力に関して、お勧めテキストと共に、紹介されています。

2018年大阪夏セミナー セミナーレポート

 

記事内でのお勧めテキストはこちら(Amazonが開きます)

<中学入試> 国語の読解は「答え探しの技で勝つ!国語を味方の教科にして受験を制覇しよう!

中学入試を制する国語の「読みテク」トレーニング 説明文・論説文

 

「やらなかった事を書きます、といいつつ、やることを書いているじゃないか。気楽に読めないぞ!」という突っ込みが聞こえてきます。はい、すみません。

 

 

さてさて、今回の記事は以上です。

 

アレもコレも ほしがるなよ

 

限りある中で、なにがほしいか、は自分で決める。それが自分のスタイルを作る、という事です。
そういう事ですよね。

 

本日も読んでくださって、ありがとうございます。感謝いたします。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

8月10日(土)開催済! 東京レポート

8月11日(日)開催済! 大阪レポート

 8月24日(土)開催済! 名古屋レポート

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは、いよっちです。前回までの記事はこちら

2次対策でTACを利用している方にとっては今週末一大イベントが予定されていますね。そう、2次公開模試が開催されます。

「え、、、まだガイダンスと各事例1回ずつしか演習やってないよ?」
「時期尚早すぎるだろ・・・」

その気持ち分かります、よーく分かります。

昨年の受験数は約2300名、2次試験本番を受験する人のおおよそ2人に1人は受験する登竜門です。それだけの人数の答案を直筆で採点・コメントしていく作業には相当の時間がかかるのでしょう。9月26日から結果の返却が始まるようですが、その時点で本試験まで残り1か月。やはり、模試をやるにはギリギリのタイミングなのでしょうね。

TAC通学・通信生には2次公開模試がパック内容に含まれていますから、申し込みを忘れずぜひ力試しとして受験してもらいたいものです。TAC窓口での申し込みは本日26日が締め切りです!申し込みがまだの人は、急いで窓口に向かいましょう!

さて、本日の記事は、本日申し込み締め切りのTAC公開模試以外の模試情報のまとめ、そして、昨年2次模試を6度も受けた経験から2次模試を受けるにあたっての心構えをお伝えしようと思います。


1.まだ間に合う!2次模試情報

①MMC 第4回模擬試験
2次専門の受験対策で定評のあるMMCの模試です。会場での受験は東京に限定されますが、通信で受験することも可能です。私自身も昨年受験しましたし、TAC模試に次いで周りで受けている人が多かった印象です。

開催日:9月14日(土)、15日(日)
開催場所:飯田橋(14日)・水道橋(15日)、ほか自宅受験
受験者数:300~400人(予想)

MMC模試のメリットのひとつに対面式でフィードバックがもらえる「個別アドバイス返却」があります。ただ、こちらを見ると、すでに満員ですね。。キャンセル待ちも期待できないかもしれません。

②LEC 2次公開模試
開催日:9月8日(日)
開催場所:全国 (都内の会場の一部で既に定員に達しているようです)
成績表発送:10月4日(金)~

③大原 2次公開模試
開催日:9月8日(日)
開催場所:東京水道橋校、新宿校、名古屋校、ほか自宅受験可
成績表発送:10月3日(木)~

④AAS 2次公開模試
開催日:8月31日(土)@仙台、9月14日(土)・15日(日)・16日(月祝)@東京
開催場所:東京(王子)、仙台ほか自宅受験
成績表発送:10月上旬

問題・解答用紙のダウンロードでお世話になっている受験生も多いAASの模試です。サンプルを見るに、採点項目が緻密で、細やかなフィードバックが期待できそうです。

丸1日で4つの事例を解くことに慣れていない受験生にとっては、模試は時間・体力・精神力のペース配分を掴むチャンスになるはずです。数多く受ければいいというものでもありませんが、個人的には少なくとも1度は模試で本番のシュミレーションをしておけば、安心して本番に臨めると思います。


2.2次模試受験の心構え

「まだ実力が伴っていないのに、この時期に2次模試を受験したって意味ないよ~」と思う方も多いかもしれませんが心配ご無用です。

ご存知の通り2次試験は模範解答が公表されませんので、問題の解釈がいかようにも成り立ちます。予備校によっても解釈は様々、試験直後の各予備校が発表する模範解答もてんでバラバラです。さらに各予備校が重視するポイントも違えば、そのポイントを基に作問する2次模試も各社それぞれバラバラです。だから、「2次模試で何点取れたか」という結果なんて全く気にする必要はありません。

点数を気にしなくて良いとはいえ、せっかく忙しい合間を縫って1日がかりの2次模試を受験するんですから、最大限のリターンを得たいものですよね。そこで、2年間で2次模試を8回も受験した、自称・ストイック模試マニアより気を付けるポイントをお伝えします。

①受験前日まで

現時点の”80分間のお作法”を明確に
これまで2次対策を進めてきた中で、ある程度解法を手順化していると思います。例えば、開始10分で問題の解釈をする、簡単な問題と難問を区別して簡単な方から処理をする、残り35分でどんな状況でも解答を書き始める、重要な箇所には黄色+設問毎に色を分ける、等です。これらを”お作法”と呼びましょうか。自分なりで構いませんので、一旦お作法を確立させ、なるべく多くを列挙しておいて、模試はお作法を実際に試してみる場と捉えましょう。

これだけはやったるぞ!「テーマ」選定
お作法は作業手順の意味合いが強いのですが、その上位概念として事例ごとに自分なりの「テーマ」を設けると更に望ましいです。例えば、こんな感じです。
・全て解答できなくてもいいから書いた問題では確実に得点する。
・日本語にこだわる(論理構成・字の丁寧さなど)
・事例Ⅰは大外しのゼロ点答案だけは回避する
・事例Ⅱはターゲットを指摘する箇所は満点を取る
・事例Ⅲは問題点の指摘は絶対に外さない
・事例Ⅳでの計算ミス撲滅
などなど、自分なりのテーマを選定してみてください。何も考えないで解くよりも遥かに多くの収穫が得られますよ!

当日の予行演習と考える
これは1次模試と同じですね。
・試験開始の9:40に集中力のピークを持ってくるために、前日何時に寝て、当日何時に起きるか
・休憩時間にどこで、なにをするか
・午後眠くならないよう、どう昼食をとるか
・直前の振り返りに何を見て復習するか
などなど、考えておくべきことは山ほどあります。試験外の行動もあらかじめ決めておいて、見直しの対象にしましょう。

②受験当日

普段と違う環境で受験する
私は「慣れない環境での受験」という環境に慣れるために、普段通っている校舎とは別の会場で受験していました。昨年は、2次試験の会場が立教大学ということを考えて、あえて池袋のTACで受験しました。移動の所要時間が同じなので、当日を想定しやすかったです。

3人掛けの真ん中席に陣取る
ギチギチに人を詰め込んだ蒸し返すような会場が多いです。そんな中で、敢えて真ん中席を狙って座っていました。いや、人肌恋しいとかじゃないです。絶対に。正直端っこの席が快適ですよ。そりゃそうなんですが、敢えて不快な環境に身を置いて、ストレスの中での終日の試験を受ける経験をしていました。

貧乏ゆすり魔に近づく
本番で近くの人が激しく貧乏ゆすりする人だったら・・・想像したくありませんよね。でも本番で出くすかもしれない。そんな状況でも平常心を保てるように、敢えて貧乏ゆすり魔に自分から近づいていました。会場に到着後、
1度席を仮決めした後、あたりを見渡して貧乏ゆすり魔を発見したら、敢えてその人の斜め後方の席にこっそり移動していました。問題を解く際に視線を落とすと斜め前方の人の足元がどうしても視界に入るため、敢えて苦行を課していたわけです。ここまでやるかは別として、ストレスのかかる状況でも一定のパフォーマンスを発揮できる状態にするために、模試でのストレスは大歓迎という気持ちで臨んでみてはいかがでしょうか。

③受験後

◆”お作法”の見直し
得点なんて気にしなくてOKといいました。つまり結果にこだわる必要はありません。大事なのは過程です。一度「こうやるぞ」と決めたお作法が上手くいったのか、それとも上手く機能しなかったのか。その振り返りは念入りに行うようにしてください。

他の受験生の答案を入手する
2次模試を解いている際には、「解答根拠どこだよー?」とモヤモヤするかもしれません。そして、受験後に模範解答を読んでも「え、こんな解答書けるわけないじゃん」と更にモヤモヤするかもしれません(いや、絶対します。T〇Cの模試は特に・・)。得点自体は気にする必要はないものの、周りの人たちは書けていた(根拠を見つけられていた)のか、それとも自分だけが見落としていたのかは知っておきたいですよね。模範解答はあくまで一例であって、多数派とは限りません。可能であれば、通学クラスの人たちや、模試受験時の近くの席の人に声をかけ、複数の人の答案を入手し、自分が多数派にいるのか否かをチェックしたいところです。さらに、模試の振り返りを勉強会形式で出来れば尚モヤモヤの解消にはいいかもしれませんね。

(上級者向け)再現答案を作る
答案のフィードバックまで1か月近く時間がかかることもあり、その間に各自復習のため、回答用紙を提出する前に、答案の写真撮影が認められます。ここで写真で撮った自分の答案を記録しておけるのですが、敢えてそれを見ずに再現答案を作る方法をお勧めさせてください。模試から1~2日ほど時間を空けて、問題用紙・解答メモのみを頼りに、自分が80分で作成したであろう答案を再度作り上げます。再現できた問題は、おそらくメモや記憶にきちんと残っているもので、それは往々にして、論理構成や要素の紐づけに自信のある問題、理解が出来ている問題です。つまり、再現答案を作れない問題というのは、試験時間の中では理解できなかった問題である可能性が高いです。その問題を重点的に復習することで足りない部分を補いやすくなるかと思います。再現答案を理解度の尺度にしてみてください。


今思うと、ちょっとやりすぎ感もあるストイック2次模試受験法、いかがでしたでしょうか。

模試を最大限に活用するために参考にしてもらえば何よりです。

 

最後に、一言お伝えしておきたいのですが、「2次模試の点数は気にしなくていい」「結果は不問、過程が大事」というメッセージは初学者・ストレート受験生向けと解釈してください。

2次試験経験者・多年度受験生にとっては、「結果も過程もどっちも大事です。初年度・ストレート受験生の実力が仕上がっていない今の時期の模試で、上位20%に入れないとなると、本試験は相当苦戦するはずです。徹底的に結果にこだわって上位20%を死守してきてください。健闘祈ってます!

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

以上、いよっちでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

8月10日(土)開催済! 東京レポート

8月11日(日)開催済! 大阪レポート

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みはこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

満員御礼!キャンセルあれば、お申し込み可

詳細はこちらをご確認ください。

*:*

夏セミナーのダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

みなさん。おはこんばちは。
キャリコン診断士のブブです。
今年、1次試験を合格し、2次試験対策のスタートを切られた初学者・独学者のなかには、
こんな想いの方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?
「80分×4事例について、合格再現答案レベルの解答をこの短時間で仕上げるのは到底、厳しい気がする。」
「何をしたらいいのかわからない。」
「万全の体制で臨んできている2年目の受験生に勝てる気がしない・・・。」

そして、ふと頭をよぎるのが
「今年は取り敢えず出来るところまでやってみて、来年が本番のつもりでやろう・・・。」

もちろん、そういった考えも間違いとは言い切れませんが、私はこう思います。
「もったいない!」

1年前の私の話をさせていただきます。
私は、1次試験の自己採点後、完全に2次試験を諦めていました。
それは、合格要件の2つとも満たしていなかったからです。
➀総得点が420点に届いていない。
➁経営法務が足切りとなる40点以下(36点)だった。
「完全にOUT↓!」
結果的にはご存知のとおり、経営法務の前代未聞?の8点加点調整があり、420点。
まさに九死に一生となる滑り込みで1次試験を突破したのです。

そのことがあり、私が2次試験対策を本格的に始めたのは1次試験の合格発表日、9月4日からです。
それでも、何とか最終的には2次試験の合格に間に合いました。
(2次も滑り込みですが・・・)

だから、冒頭のメッセージを伝えたいんです。
「間に合います!」

私も当時、みなさんと同じ思いをしていました。
この短時間で対策をするのは厳しすぎる
80分で解ける気がしない
全く書けない
書いたつもりが、全くトンチンカン
万全の体制で臨む2年目受験生どころか、初学ストレート生に対しても1ヶ月出遅れてのスタートで本当に間に合うのだろうか・・・
実際、試しに受けた事例の得点は18点

とても、(合格まで)届く気がしない・・・
ふとよぎるのは「やっぱり、来年に賭けようか・・・

それでも一縷の望みに賭けて情報収集を進めていくなかで、一発合格道場のブログと出会い、そこで先代たちのメッセージを見つけ、それを何度も自分の心の中で呟くことで勇気づけられました。
「自分を信じて最後まで足掻くこと!」
「死ぬ気でやれよ。死なないから。」
「ストレート生は直前で急激に実力を伸ばす」

今、自分も体験したからこそわかることがあります。
先代もきっと同じような(暗中模索の)想いを潜り抜けたので、そのメッセージを発信したのだろう、と。
だから、今度は私がみなさんに伝える役割です。
「間に合います!間に合うんです!」
足掻いてください。泥臭くてもいいんです。
何か(時間や情報)が足りないと思ったときには、諦めるのではなくて、どうしたら出来るのか?そこから考えてください。
朝1時間でも2時間でも早く起きたら時間は作れるのでは?
昼食の時間を削れば、事例の骨子作りぐらいはできるのでは?

(独学で)情報が足りないと思うなら、合格の為の情報収集のために人脈を駆使してヒントをもらい、ネットで参考となる情報を拾いまくり、或いは関係する本を買い漁ればいい!

まとめます。
合格の為に今、すべきこと。
その初手は「自分を信じて、試験までやり切る心を固めること」
そして、次に打つ手は解法の為の情報収集をしっかり行うこと」
私はとにかく、試験初期は解法の情報収集に努めました。
そして、次は解法を体に馴染ませていき、自分の拙い解答を合格レベルの再現答案にひたすら近づけていく作業を繰り返していきました。

この時に気を付けることは、初期は80分という時間をあまり気にせず、解法の理解と体得をしっかりと行うこと。
そこを前半の肝と意識してしっかり対策しておけば、後半に急激に伸びてきます。

そして、試験時間80分のタイムマネジメントは勉強期間の後半で仕上げていけばいいと思います。

では、解法の情報収集をどうすればよいか。その点をご説明します。

解法の参考になった情報源
最終的にはこれらを自分にとって使えるもののみ抜き出し、それをノートにまとめてリングファイルに綴じ込んで、ファイナルブックとして試験に挑みました。その策定・選定基準は、いざ本番の試験に自分が使えるかどうかです。
これを直前に眺めるだけですーっと頭の中から言葉が出てくる状態。
それが出来たなら合格までのルートがきっと見えてくるはずです。

➀解き方の手順

 

 

 

 

 

 

 

 

➁事例攻略のセオリー
※既に絶版です。(中古で手に入るようであれば)

 

 

 

 

 

 

 

 

➂2次試験合格者の頭の中にあった全ノウハウ

 

 

 

 

 

 

 

 

➃事例Ⅳ合格点突破計算問題集
事例Ⅳにおいては、まずこれで基本作りです。
なお、事例Ⅰ~事例Ⅲの合計にかけた時間と事例Ⅳにかけた時間は、ほぼ同じです。
つまり、事例Ⅳは事例Ⅰ~事例Ⅲの3倍の時間を掛けたということになります。
補足ですが、2次試験の事例Ⅳでは電卓が大事です。自分の使い易い電卓を早めに選び、慣れることをお薦めします。私は「MR」「M+」「M-」「MC」等の使い勝手の良さ、キーの並び、キータッチの押しやすさで選択しました。
そして、その電卓の「MR」等の使い方を練習してください。すべては使いこなさなくてもいいのですが、可能な範囲で時間短縮となるいくつかは試験までに出来るように仕上げてください。
また、最初は面倒だと思うかもしれませんが、NPV等の際には表を作り回答する、また計算問題は途中の計算式を出来るだけ読みやすい字で書きながら解答する癖をつけることもお薦めします。
事例Ⅳは初期で計算間違いをすれば連動して大こけしますし、計算違いがあった場合に表や式を作っておけば後戻りできるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤事例Ⅳの全知識&全ノウハウ
そして、➃で基本をマスターすれば、ひたすらこれを何週も解いていきます。躓いたら基本となる➃に戻って理解し直しです。※事例Ⅳは過去問を解かず、これをひたすらやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、これが欲しいが為に申し込んでいたクレアールの通信講座2次試験用テキスト

厚さも事例Ⅰ~Ⅳをすべてまとめて、これぐらいの薄さです。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく解法が頭に入らず、そして文章も出てこない状況でどうしたらいいのか・・・。

考えた末に思いついたのが、このクレアールのテキストをベースにエクセルでロジックツリー展開すること。
簡単にいえば、「目次」をクリックすれば「章」にリンクし、「章」をクリックすればその「詳細」が見れるようにしました。
これを地道に入力して完成させ、何度もリンクを往来して見ていくことで、少しづつ頭のなかで論理展開が出来るようになっていきました。イメージとしては、今、どこの話を自分がしているのか、その階層が理解できる感覚です。その為、一つのテーマについて深く掘り下げたときに、何の切り口でどこまで話せるのか、また、論理を遡るときには、どういった流れで遡ったらいいのかが理解できる感覚です。
言い換えると通常のテキスト読みだと全てを平面的に捉えていたものが、この手法で立体的な感覚が養われた感じです。
この作業にはそれなりの時間を割いたと思うのですが、私はこの作業を終え、後述紹介の先代の道場メンバーからご紹介いただいたファイナルペーパー作りを完成させた頃には、暗い霧が晴れてきて、合格へのルートが見えてきたことを記憶しています。

目次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一発合格道場の過去記事
そして、道場メンバー先代たちのノウハウに出会わなければ、私は合格にたどり着けなかったと断言できます。
その私がお世話になった名記事の数々をご紹介します。
この他にもご紹介しきれないぐらいの素晴らしいノウハウが道場には詰まっています!
ぜひ、自分がこれだ!と思う記事を探してみてください!
そして、見つけたらパクッてカスタマイズしてください!


【二次ノウハウ】キーワード解答法~事例Ⅲ~ + 事例Ⅲの基礎

by 9代目chikaさん

だいまつが教える事例Ⅲ攻略の極意
by 9代目だいまつさん

【二次ノウハウ】キーワード解答法~事例Ⅱ~ + 事例Ⅱで安定して得点を取るためのコツ
by 9代目chikaさん

きゃっしいの解法実況@事例Ⅱ & 5分でできる!1次と2次をつなぐトレーニング方法
by 9代目きゃっしいさん

やり切る心が固まったあなたには、合格ルートが必ず見えてきます!そして、
ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

8月10日(土)開催済! 東京レポート

8月11日(日)開催済! 大阪レポート

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みはこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

満員御礼!キャンセルあれば、お申し込み可

詳細はこちらをご確認ください。

*:*

夏セミナーのダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*


おはようございます!たっつーです。
(過去記事はこちら

先日の東京セミナーでお会いできた方、有り難うございました!
心より2次試験合格をお祈りしております。
もちろん、セミナーではお会いできなかった、この一発合格道場ブログの読者の皆様の合格もお祈りしております。

さてさて、その東京セミナーでは、「過去問を解いた際の復習が大事ということは分かりましたが、結局、具体的にどのように復習すればいいと思いますか?」との質問を繰り返し受けました。

あくまで「私の場合は・・・」ということで恐縮ですが(1つのケーススタディに過ぎず恐縮ですが)、前回記事では、初見時の復習に全力をかけるべし!ということをご説明しました。
今日の記事では、具体的な復習方法を、もう少し詳細に説明していきたいと思います。


【目次】
◆汎用性のある「気付き」とは
◆事例Ⅱの場合
◆事例Ⅲの場合


◆汎用性のある「気付き」とは

前回記事で説明したとおりですが、本番の2次試験は、受験生皆平等に「初見」の問題です。
したがって、結局、2次試験の勉強は、いかに「初見時の対応力」を磨くかが重要です。
この「初見時の対応力」を磨くには、初見で解いたとき(初めて過去問を解いたとき)の復習に全力をかけるのが一番(のはず)です。

具体的には、過去問を解いた後に、自分の初見時の回答と、各種書籍に記載の模範解答を見比べて、自分に何が足りなかったのか、(仮に)もう一度似たような事例が出たときにどうすれば模範解答に近い答案を書くことができるのかを分析して、できるだけ「汎用性のある気付き」をメモしていくことが大事だと思います。

この「汎用性のある気付き」を、今になって考えると、①切り口②ワーディング③テクニック(小技、ミスしやすいポイントの注意喚起等)に分類できると思います。
(なお、当時、私が勉強していた頃は、面倒でしたので特に分類していませんでした。)

は、例えば、「売上拡大=集客アップだけではなく、客単価向上も」「人材を問われれば、採用のみならず既存人材の育成も」といったもので、要するに、設問で問われている解答要素を落さないようにするための「着眼点」です。

は、「おっ、これは使いやすい」と思った用語をメモしていくというものですね。2次試験は、厳密な文字数制限の中で、分かりやすい文章(因果の流れ等)を意識しながらも、最後は、いかに加点となりうる解答要素を詰め込むかの試験だと思うので(個人の見解です)、色々なボキャブラリーがあった方が、より適切かつ端的に解答要素を詰め込むことが可能になります。

は、解答上のテクニック等で、例えば、「設問で、課題を聞かれた場合、問題点だけでなくどう改善すればいいかまで書く。」とか「設問分の末尾をオウム返しにすると、問いに正面から答えている感が出る。」とかですね。

◆事例Ⅱのメモ
といっても抽象的に言ってもしょうがないので、より具体的に見ていきたいと思います。

私の当時のメモがベースですが、前回記事で説明したとおり、私は、印象に残りやすいように、自分の初見時の回答を酷評する形でメモを作っていました。
なので、汚い言葉使いがあって大変恐縮ですが、一つのケーススタディとして・・・。

前回記事では事例Ⅰを紹介したので、今日は事例Ⅱからです。

2017年(H29)事例Ⅱ・第2問
B社は、ボランタリー・チェーン本部から新たに婦人用ハンドブックの予約会の成功を打診された。B社は、現在のデータベースを活用しながら、この予約会を成功させようと考えている。そのためには、どのような施策を行うべきか。120字以内で助言せよ。

私の初見時の回答は以下のとおりです(ひどいもんですね笑。そもそも120字にも足りていないです。)。

「データベース上の顧客に対して、予約会の日時・場所が記載されたDMを送付する。DMには、婦人服等の購買履歴や好みを基に、顧客ごとに、婦人服に合ったハンドブッグを紹介し、来客数の増加を図る。」

※ ちなみに私は勉強の際は、手書きではなくword(PC)で回答を作成していました。また、特に時間も計らず、設問を1つ解いて解答を見て、設問を1つ解いて解答を見て、というように復習していました。80分の時間を計って手書きで一気に事例1つ分をやるのが一番いいかもしれませんが、あまりに負荷が高く、勉強する気が起きなくなってしまうので・・・。

上記を書いた後、「ふぞろい」、「全ノウハウ」、TACの「2次試験過去問題集」等の書籍にある複数の模範答案と自分の答案を見比べて、「気付き」をメモの形にします。
私の当時のメモは以下のとおりです。

1 施策について問われたときは、「誰に」「何を」「どのように」の視点が大事!「誰に」の視点を完全に忘れてた・・・。DBの顧客が全員ハンドブック買うわけないだろ。婦人服の予約会に来た人だけに限定してDMを送ればいい。

2 「何を」の視点で、「顧客の好みにあった商品提案」というのは思いついたけど、そもそも「顧客の好みに合った商品を取りそろえる」というのでもいいね。提案の前段階として「取揃える」ということ。

3 そうか、売上アップの切り口は、「来客数増加×客単価向上」か。ついつい、来客数増加施策ばかり思い浮かぶけど、客単価向上の視点を忘れるな!例えば、セット販売とか、オーダーメイド提案とか、富裕層への高価格帯商品提案とかがありうるね。

4 「顧客満足度向上」というのはいい言葉。「売上向上」のさらに上位概念として、文章の末尾に持ってくると文章を締めやすいかも。「売筋商品」ってのもいいね。使いやすそう。

5 設問文に「データベースを活用しながら」とあるけど、(もちろんメインはDB活用策とはいえ、)別にDB活用以外の点を触れてもいいのか・・・。→加点を落さぬように、とにかく解答要素を盛れ!

6 予約制導入なんて思いつかねーよ・・・。でも与件文の過去の予約会の失敗の記述がヒントだったんだね。→今回みたいに、過去の反省点・失敗事例が記載されているときには、それがヒントになっていることがある。その改善策を挙げるのを忘れるな!

7 「等」とか意味ねーから止めろ。字数の無駄。大量の答案用紙を採点する採点者が「等」の意味内容を酌んでくれるわけない。

上記のうち、1、2、3,6あたりが①切り口ですね。4が②ワーディング、5、7が③テクニックでしょうか。
(なお、当時は、特に明確に分類していませんでした。)

ちなみに、2周目をやった後に、模範解答をもとに作成したマイベスト答案は以下のとおりです。

「データベース上婦人服の購買履歴のある女性に対し個別DMを送付し集客力を高める。また、データベース上の購買履歴と好みに着目した売筋商品に厳選し、スペース、従業員が僅少であるので、予約制により顧客を確実に入場させ丁寧な接客をし、客単価向上を図る。」

◆事例Ⅲの場合

2017年(H29)事例Ⅲ・第2問
C社社長は、現在の生産業務を整備して生産能力を向上させ、それによって生じる余力をCNC木工加工機の生産に充てたいと考えている。それを実現するための課題とその対応策について120字以内で述べよ。

私の初見時の回答と、気付きメモは以下のとおりです。

「課題は、機械の専任担当制をとっていること、技術情報を各専任作業者のみ保有していること、顧客との打ち合わせを各作業者が行っていること。対応策は、①専任担当制を止めて多能工化、②技術情報を作業者間で共有、③特定の従業員に打ち合わせ内容を集中。」

1 えー!「課題」を問われたら「問題点」を書くのではなく「対応」を書くのか!初耳!

2 「対応策」を問われたら可能な限り具体的に書くといいね。「OJTで多能工化とか、「標準化やデータベース化で技術情報の共有」とか。

3 「特定の従業員に打ち合わせ内容を集中」って、普通に読んだら、むしろ駄目なことでしょ。あほか俺は。解答書いたらちゃんと一回読み直さないと駄目だね。かっこよく、「受注情報を一元管理」って書けばよかった。これいい言葉だなぁ。

4 「専任担当制を止めて多能工化」って、字数が勿体ないなー。「多能工化」という言葉だけで、「専任担当制を止めて」ということは表現できている。丁寧に書くのも大事だけど、意味内容が重複することを書くのはやめた方がいいな。

上記のうち、1、2、4が③テクニックで、3が②ワーディングでしょうか。

ちなみに、2周目をやった後に、模範解答をもとに作成したマイベスト答案は以下のとおりです。

「課題は、①専門以外の機械操作が可能な体制の構築、②技術情報の共有化、③受注後の加工内容の情報一元化である。対応策は、①OJTによる多能工化推進、②技術情報の標準化・マニュアル化、③生産管理者を設置し加工内容の情報を集中させることである。」


いかがでしたでしょうか。
(すみません、できるだけ丁寧に書きましたが、分かりにくくごめんなさい。m(_ _)m

今回、事例Ⅳまでは取り上げませんでしたが、基本的には同じです。

財務分析の設問では、例えば、「高原価率」「借入依存」といった使いやすいワードをストックし、計算問題でミスすれば、二度と同じようなミスをしないよう、ミスした原因をメモしていくことになります。

私は、上記のように、
・初見時の解答
・気付きメモ
・マイベスト答案
を並べたものを、最終的にファイナルペーパーにして、試験直前期によく眺めていました

もちろん、人によって色々な復習方法があると思いますが、少しでも参考になれば幸いです!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

8月10日(土)開催済! 東京レポート

8月11日(日)開催済! 大阪レポート

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みはこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

満員御礼!キャンセルあれば、お申し込み可

詳細はこちらをご確認ください。

*:*

夏セミナーのダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

 

 

 

◆もくじ◆

第1部:2次試験学習Q&Aコーナー~この時期のギモンに答えます

Q.1次知識を身に着けてから事例を解いたほうが良いですか?

Q.1次知識はどのようにストックしましたか?

Q.事例を解いた後の振り返りは、何に着目して行えばよいですか?

Q.解答の文章を改善するためには?

Q.制限文字数を超過することが多いですが、どうすればよいですか?

Q.解答の質をどのように高めていきましたか?

Q.「解答骨子を作成する」と言いますが、骨子とは何ですか?

Q.解答フレーム(解答の型)は何を参考にしましたか?

Q.2か月半モチベーションを維持するために工夫したことはありますか?

Q.80分以内に解き終わりません。80分で打ち切るべきか、満足のいく解答ができるまで時間をかけるべきか、どちらでしょうか?

Q.『ふぞろいな合格答案11』が買えません。H29年の過去問の振り返りはどのように行えばよいですか?

第2部:【ゆるわだ】予備校ランチ特集~東京編~
(1)受験期のランチに求めるもの
(2)新宿
(3)渋谷
(4)池袋
(5)八重洲
(6)津田沼

文字数:約6700字(多めですが、ゆるわだを除けば5分で読めます)


目次から長文すみません。。
改めまして、こんにちは! 頑張るあなたの応援団☆かわともです!
本日は、この時期に気になる「2次試験学習Q&A」と「ゆるわだ」の2本立てでお届けします!

 

まずは、先日の夏セミナーで参加者の皆様から寄せられたギモンに、Q&A形式でお答えします!
当初は「ゆるわだ」だけ書こうと思っていたのですが、この時期のQ&Aは投稿時期が遅くなると手遅れになりますので、急遽ねじ込みました(汗)

 

ゆるわだパートでは、勉強とは一見関係ないように見えながら、実は食いしん坊にとってモチベーションを大きく左右する「ランチ情報」をお届けします♪
東京圏、しかも予備校生向けという内容になりますが、ご了承ください。

 

 

*    *    *    *

 

 

それでは早速いってみましょ!

 

1.2次学習Q&Aコーナー~この時期のギモンに答えます~

Q.事例Ⅰ~Ⅲは1次知識が必要になりますが、1次知識を身に着けてから事例を解いたほうが良いのでしょうか?

A.アウトプットが先です。事例を解く→解説やふぞろいを見て採点する→足りない知識をノートなどに書き留めて覚える、という順番です。並行して、テキスト類を見ながら知識を補強していくとよいと思います。

 

Q.1次知識はどのようにストックしましたか?

私の場合、9月下旬ごろに「きゃっしいの100字要約トレーニング」「合格者の頭の中にあった全知識」「TAC二次テキスト」の3つを参考にして、ノートにまとめました。今年勉強するなら、「ふぞろいな合格答案10年データブック」の巻頭にある「10年まとめ表」を見たり、8月19日のぐっちのブログで紹介されていた「二次試験過去問傾向」も参考にすると思います。なお、ノートのまとめがある程度できあがったのが10月頭くらいです。
参考までに、事例Ⅰのノートを一部ご紹介します(字が汚くてすみません。。)
キーワードは緑色マーカーで塗り、赤シートで隠しながら覚えていきました。
(以下、図はクリックで拡大します)

 

Q.事例を解いた後の振り返りは、どのような点に着目して行えばよいですか?

A.10代目アンケートをまとめたところ、「キーワード」「切り口」「文章力」「論理性」の4点でした。私の場合はもう少しざっくりと、「キーワード」「文章力」の2点について、〇△×で採点しました。(〇△×は、よくできた、まあまあ、全然ダメというように、感覚でつけていました)

キーワードは、ふぞろいの答案分析のキーワードを盛り込むことができているか。
文章力は、冗長な表現になっていないか、よりうまい表現の仕方があるかどうかを見ていました。

そのうえで、自分へのダメ出しやほめ言葉を、直接答案や骨子にメモしていました。特に重要なポイントはまとめノートに記録。事例を解く前やスキマ時間に見直していました

 

Q.解答の文章を改善するためには、どうすればよいですか?

A.ふぞろいの模範解答や合格+A答案の文章をお手本にします。自分の答案と見比べて「もっと圧縮できるな」「こういうふうに言い換えたほうが的確かも」と、自分の答案を添削していきます。なお、合格+A答案以外であっても、文章のうまい答案は参考にするとよいでしょう。

 

Q.制限文字数を超過することが多いですが、どうすればよいですか?

上記の「文章の改善」を日々継続します。他にも、「こと」や「ため」を「事」「為」と漢字で書く、文頭の「理由は」を省くなど、ギリギリ読みづらくならない範囲内で地道な工夫を積み重ねていました。

 

Q.解答の質をどのように高めていきましたか?

8月下旬から9月上旬ごろまで、解答にたどり着くまでの思考プロセスを記録しながら解きました。具体的には、このような自作のエクセルフォーマットを使って解きました。

これにより「解答を作る手順の基礎作り」ができたように思います。ただし、9月下旬の時点で「80分以内に解き終えられない」悩みが深刻でしたので、このフォーマットを使うのをやめて、回転数重視に方針変更しました。

↓フォーマットをこちらに置いておきますので、よかったら使ってください。↓(使う場合はコメント欄に一言いただけると、励みになります!)
2次試験解答作成フォーマット(かわとも)

 

Q.「解答骨子を作成する」とありますが、骨子とは何ですか?

いわゆる「下書き」ですが、一言一句書くのではなく、解答の構成を書きます。平成24年事例Ⅱで言うと、こんな感じです。

私は電車の中で骨子作成の練習をしていましたが、A4の白紙に骨子を書きだしていました。本番で下書きに使う「表紙を破って作るメモ用紙」と全く同じです。
ちなみに、前のQAの「解答の質を高める」とも共通しますが、骨子作りに慣れるには、ふぞろいの合格+A答案など良質な解答について、自分なりに構成を分析してみるのもおすすめです。例えばこんな感じです。

 

Q.解答フレーム(解答の型)は何を参考にしましたか?

A.「きゃっしいの解法実況」、「ふぞろい」に乗っている合格+A答案。今年であれば10代目なおさんの解法実況も参考になると思います。あとは、「ふぞろい」の再現答案パート「80分間のドキュメント」も参考にしました。設問を見て何を考えながら解いているかが分かり、参考になります。

 

Q.2か月半モチベーションを維持するために工夫したことはありますか?

A.スケジュールの中で「勉強しない時間」を確保しておき、リフレッシュに充てました。私の場合は、夜勉強の後の晩酌、金曜・土曜の夜は勉強しない、日曜日の日中は家族と過ごす、などです。メリハリをつけるとモチベーションを維持しやすいと思います。

 

Q.80分以内に解き終わりません。80分で打ち切るべきか、満足のいく解答ができるまで時間をかけるべきか、どちらでしょうか。

A.80分を超過しても構いませんが、ダラダラ解かずにできるだけ短い時間で解くようにすると良いです。常に時間を意識することで、だんだん時間内に解けるようになってきます
同時に、下書き時間の短縮や、解答プロセスごとに制限時間を設ける(きゃっしいの解法実況に、どちらも詳しく解説されています)など、時間短縮のために、ありとあらゆる工夫をしていきましょう。
「納得いくまで考え抜かなくては不安だ」という方は、解く時間そのものよりも分析に時間をかけると良いと思います。間違った方向性であるにもかかわらず解答に長い時間をかけてしまうのはもったいないからです。

 

Q.『ふぞろいな合格答案11』が買えません。H29年の過去問の振り返りはどのように行えばよいですか?

A.『ふぞろいな合格答案11』は絶版になっており、増刷の予定はないそうです。。思いつく代替策については、①予備校の過去問題集、②9代目だいまつの永久保存版シリーズ、③9代目きゃっしいの解法実況シリーズ、が挙げられます。キーワードランキングは無いですが、解答の作り方のプロセスについて、大いに参考になると思います。

 

以上、思いつくものを挙げてみました。
他にもギモンがあれば、ブログのコメント欄にてお寄せくださいね。

Let’s パクってカスタマイズ♪

 

*     *    *    *

 

さて、ここから先は本日の第2部。
ゆるわだをお届けします!
※9代目たかじんのステキな記事「テンションを上げる工夫:洋楽まとめ」へのオマージュでもあります^^ なお、たかじんさんの記事は2次試験が終わった後の楽しみに取っておくと良いと思います♪(まじめにYOUTUBEを見始めると結構時間がかかりますので)

 

2.【ゆるわだ】予備校ランチ特集~東京編~

(1)受験期のランチに求めるもの

あなたがランチに求めるものは、何でしょうか?
私の場合は・・・

【平日】
昼休みに学習時間を捻出するためにお弁当(ワンパターンずぼら弁当)を持参。5分~10分でサクッと食べる効率重視ランチ。
【日曜日】
家族と近所で外食、またはスーパーで買ったお弁当を食べる。
【土曜日】
終日予備校の授業だったため、予備校近くで自分1人で外食。

 

ひとりきりで、外食!!

つまり、私は土曜日のランチに命を懸けていたのです。

 

普段の学習の息抜きは、夜勉強した後に「食べログ」を見て次の土曜日、どこで食べようかな~♪と検索すること。

私は、2月~7月はTAC新宿校、8月~9月はTAC渋谷校、10月はTAC津田沼校(自習室)に通っていました。9月の最終講義の日に「これまで色々なところで食べてきたなぁ」と感慨深く振返ったのですが、すべての日、どこで何を食べたかを思い出すことができました。それだけ真剣勝負だったというわけです。

 

おいしいランチを食べると、気分があがる!!

残念なランチだと、午後の授業のモチベーションもダウン。。

まとめると、受験期におけるランチに求めるものとは、これらだと思います。

〇おいしさ(モチベーションに直結)
〇スピード感(昼休みの勉強時間を確保する)
〇混み具合(入店できない場合時間ロス)
〇立地(予備校から近いほうが良い)

今回は東京圏の予備校に通っていた10代目メンバーに、おすすめの飲食店を教えてもらいました! 一部、ランチ以外の情報も載せています。東京圏の予備校通学組の皆様、よかったら参考にしてくださいね!

 

(2)新宿
TAC新宿校:ぐっち、なおさん、かわとも
新宿はよりどりみどりです。駅方面エリアと代々木方面エリアの2つに分かれます。

 

◆丸亀製麺 新宿文化クイントビル
言わずと知れたうどん屋さん。「早い、安い、うまい」3拍子揃って、1次試験の学習時によく通いました。私の定番は「かけ・並」+野菜かき揚げトッピング+ねぎ・生姜・七味の大量投入!新宿文化クイントビル店は広々と開放的な店内で、土曜はいつも空いていて気持ちいい空間ですよ。

◆カレーうどん千吉 新宿甲州街道店
ふつうのカレーうどんが美味しい。スパイシーでありつつ、マイルドでほっとする味です。全粒粉麺も選べるのがうれしいポイント。確かごはんがデフォルトでついてくるので、うっかり食べ過ぎると午後の講義眠くなります。

◆陣家私菜 新宿店
辛いものが食べたくなったらココ!石焼麻婆豆腐をハフハフしながら食べたり。食事が運ばれてくる前に水餃子と中華サラダがサービスで食べられるのもポイント。長机に座って食べる「中国の食堂」感も楽しい。

◆バンコクスパイス新宿店
タイ料理店。タイカレーなどボリューム満点のセットメニューを楽しめます。盛り付けもきれい、女性率高し。

◆一滴八銭屋 新宿店
コシの強い(噛み応えのある)創作うどん店。面白い創作メニュー豊富で、通いがいがあると思います。2次スタートアップ講義の日、新宿から渋谷に移動するときに急いで食べたっけ…。

◆風雲児
ぐっちおすすめの行列ラーメン店。講義後の夕飯に行っていたようです。講義が16:30に終わるので、それから移動すると開店15~20分前に並んで入店できたとか。ラーメン屋さんに並ぶぐっち、微笑ましいですね。お腹を満たした後は、自習室に戻って勉強していたようです。
ちなみに風雲児は、かもよ、いよっちもお気に入りだそうです。

◆俺の空 新宿店
ぐっちおすすめ。いよっちも好きだそうです。みんなラーメン好きなんですね。

 

【新宿番外編】

◆タリーズコーヒー 新宿NSビル店
ここで勉強会やりました。店内奥のほうに6人掛けテーブルが2つあり、なんと予約できるんです!カフェでリラックスしながら勉強仲間と情報交換したっけ。

◆MORETHAN TAPAS LOUNGE
予備校から遠いですが・・・
私的に激アツなスポットがここ。THE KNOTというホテルの1Fにあり、モーニングやランチでビュッフェが楽しめます(いまここでブログ書いてます)。併設のベーカリーで焼く美味しいパンが食べ放題! お惣菜もハーブやスパイスなど一捻りあって、とても美味しい♪
ホテル自体、古いホテルをリノベーションして、かっこいいデザイナーズホテルに生まれ変わった場所。洗練された雰囲気に気分も上がります。
予備校から遠くなかなか行きにくいと思いますが、食いしん坊の人は「試験が終わったら絶対食べに行くんだ!」というように、試験後の楽しみとして、このような場所をストックしておくのも良いと思います。

 

(3)渋谷
TAC渋谷校:かわとも、ぐっち
渋谷は一見予備校近くに何もないように見えますが、少し歩くと桜丘のあたりに密集しています。

◆七宝 麻辣湯
ピリ辛の麻辣スープで食べる、もちもちの春雨がおいしい! 店内入ってから好きな具材をセルフで選び、店員さんに渡して調理してもらいます。味変で黒酢をひとたらし、酸辣湯風に食べてもよし!

◆ネパリコ
TACのすぐ裏手にあるネパール料理屋さん。ネパールの定食「ダルバート」のランチを楽しめます。カレーはマイルドで、ほっとする味。「胃に優しいごはんで体調整えて、勉強頑張ってね」と、優しく包み込んでくれるような味ですね。

◆ハノイのホイさん
ベトナムの麺、フォーの専門店。まだ日本でフォーが広まっていなかったとき、オーナーが「ホイさん」という人に作り方を教わり、いち早く開いたお店とのこと。あっさりと優しい味わいのスープがしみわたり、スルスル食べられます。現地感あふれる厨房が見られるのもポイント。大学時代に気になっていたものの入ったことがなく、「へ~まだあるんだ、懐かしい」と足を運んでみました。

◆アユンテラス
インドネシア料理のお店。リゾート感あふれる店内で、一気に気分転換できます。インドネシア料理のランチやスマトラ風カレーのランチなど。スマトラ風カレーはマイルドで優しい味わい。TACの2次試験テキストを読んで1次知識を最終確認したっけなぁ。

◆東京トンテキ
ぐっちおすすめ。がっつり食べたいときに行っていたそうです。

 

(4)池袋
TAC池袋校:ちこまる(仮)
ちこまるもこだわりがあるようで、たくさんおすすめを挙げてくれました♪ランチ以外にも夜に利用することも多かったとか。以下、ちこまるのコメントをそのまま載せます。

◆青龍門池袋店
受講証でちょっと割引になる。夜だけ。多分。

◆丸亀製麺 南池袋店
早い、安い、ちょっと混んでる。

◆はなまるうどん南池袋二丁目店
早い、安い、丸亀より大抵空いてる。

◆武蔵野うどん うちたて家
太いうどん。ちょっと混んでる。

 

・・・ちこまる、うどん好きなんですね。

 

◆サブウェイ南池袋あずま通り店
野菜食べたいとき。

◆鳥良商店南池袋店
お店大きいから大抵入れる。めちゃくちゃおなか一杯になるから注意。ご飯小で十分。縁起担ぎにチキンカツみんなで食べた。

◆連家 池袋東口店
定食屋さん。大抵空いてる。

◆いきなりステーキ 池袋南口
どうしても肉!なとき。

◆屯ちん
ラーメン大好き。

◆一風堂
よほど空いてたら。

 

・・・ちこまる、豚骨ラーメン好きなんですね。きっと、チャーシューメンを食べながら「桃ちゃん直伝!ハコ法」について熟考していたに違いありません。

◆音音 池袋店
読者さんおすすめのお店。ランチは千円台といいお値段しますが、一人でもちょうどいい広さの個室に通してくれ、お味も良いそうです!定食類が充実、TACから近いのもポイント高し!

 

(5)八重洲
TAC八重洲校:いよっち
・・・でもね、いよっちは予備校近くの飲食店はほぼ行ったことないらしいんですよ。代わりに私のおすすめカレー屋さんを挙げておきます。

◆ダバ インディア
超人気店ですので、多少並んでも支障がない日に。カレー好きの方はテンション上がること間違いなし! スパイス、香草を豊富に使って香り高いカレー。甘口・中辛・辛口が3つついてくるミールスがおすすめ。ラッサムスープの酸味がクセになる!

 

(6)津田沼
TAC津田沼校:かわとも(自習室利用)
すき屋や松屋などの大手チェーン店は近くにありますが、「ちょっと違うもの食べたい」というときは少し苦労します。そんな中でもキラリと光るお店がこちら。

◆ジャンモ
津田沼パルコの韓国料理店。ランチタイムはサラダ類のセルフサービスも。私のお気に入りはクッパ類。優しい味わいのあったかいスープご飯をしみじみと味わいます。自習室の冷房が効きすぎているときの癒しごはん。

◆リク チカ
個人経営のイタリアン。サラダにお花が散らしてあったり、大きな塊で焼いたフォカッチャがど~んと置かれていたり、素敵なお店だなと思います。とってもおいしいし、ホスピタリティあふれる接客もGOOD。というわけで、女性人気が高くいつも混んでいます。早めの時間帯が吉

◆カレーうどん千吉津田沼店
新宿で愛用していた千吉、津田沼パルコにもあります。安定の味ですね。

 

*    *    *    *

 

ゆるわだ、いかがでしたでしょうか。食いしん坊のそこのあなた!「このエリアなら絶対にこのお店は外せない!」という情報があれば、コメント欄でお寄せいただければと思います。

 

以上、かわともでした! 今日も明日も、皆さんにとって良い一日となりますように。そして、おいしいごはんで元気よく健康に過ごされますように!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

8月10日(土)開催済! 東京レポート

8月11日(日)開催済! 大阪レポート

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みはこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

満員御礼!キャンセルあれば、お申し込み可

詳細はこちらをご確認ください。

*:*

夏セミナーのダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*


どーも、そーやです。

去年の昨年の2次受験生に衝撃を与えた、9代目だいまつの「超高得点解答にみる~」シリーズの登場。

【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅰ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!
【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅱ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!
【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅲ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!

先日の一発合格道場夏セミナーに来られた方に聞いて回ると半分以上の方がこの記事の存在を知りませんでした。まだ一次試験が終わって1週間しか経っていないタイミングだったので、そのくらいかなーという感想ですが、8月末時点でも存在を知らない方がいたらヤバいと思ってください!今すぐ全部読んで下さい!

そのくらいの衝撃を去年の受験生に与えた記事でした。

でも、読めよとは言われてもまだ二次試験の準備も出来てないし、読んでもよく分からないよ、と考えている方向けにだいまつ記事の解説記事を作るという暴挙に出てみました。道場記事の解説記事なんてそんな聞いたこともないけど、まずはだいまつ記事を読むハードルが下がればいいと思い作成しました。

 

押しの理由

まず本題に入る前に、なんで私がここまで9代目だいまつ記事を読めよ!と言っているかというと、

去年の二次試験の勉強時間の半分以上は、そのだいまつ記事を使っていたからです。ファイナルペーパーもだいまつ記事です。

言うなれば私はだいまつ記事の信頼性に対する被検体でもあります。

私のクソみたいな二次試験の勉強時間でもその記事を読み込むことで、合格ラインに達することができました。もし去年この記事が世に出ていなかったら私は不合格でした。これは間違いないです。そのくらいインパクトが強かった記事であり、同期合格者でも結構この存在は知られており、絶賛の嵐でした。

 

二次試験の前提知識

まず「超高得点解答にみる」シリーズを見る前に二次試験の前提知識のおさらいです。

1.正答が公表されない
2.不合格者には、不合格通知と各事例の得点ランクが表示
3.得点開示請求を行うことで各事例の得点が判明する
4.ただし事例の設問ごとの点数は分からない

1.二次試験では正答が中小企業診断協会から公表されないため、どのような内容で書けば正解だったかが分かりません。
これが過去診断士2次試験を受けてきた方を一番苦しめてきたことです。

2.二次試験の不合格者には、不合格通知と合わせて各事例の得点ランク(A:60%以上、B:50%以上、C:40%以上、D:40%未満)が開示されます。数年前まではこれしか各事例の得点を知る術がありませんでした。

3.6代目岡崎教行さんが中小企業診断協会に得点開示請求を行って以降、その後の受験生が自分の得点を知ることができるようになりました。
これが2015年の出来事なので、得点開示が一般的になって4年しか経っていません。この事実は本当に驚きですよねー。

4.この部分が現時点の最大の闇です。
事例Ⅰは60点だった。では設問1は何点か、設問2は?それは分かりません。でもそれでは過去問を使って勉強しても自己採点が非常にしにくい。だって同じ60点でも設問1は満点だが、設問2は0点かもしれないから…

 

「超高得点解答にみる」シリーズのコンセプト

診断協会が答えを出さないなら答えに近い答案を参考にすればいいじゃないか

もうこの一言に尽きます。

診断協会が模範解答を出さない以上、過去の高得点の解答に頼るしかありません。しかもこの記事は超高得点解答合格点解答=60点付近解答を並べて解説している点が特徴です。

これは前提知識の4で取り上げた、設問ごとの点数は開示されないという闇真正面から対抗できる方法でもあります。つまり超高得点解答であれば、設問ごとの完成度が高くなりひいては答案分析精度が非常に高くなります。

 

読む前にやるべきこと

シンプルです。平成29年度の事例Ⅰ~事例Ⅲの与件文、設問文を読みましょう
出来るのであれば自分で解いてから読んだ方が効果が高いです、が、二次初学者にはハードルが高い部分もあります。そのため、読むだけで十分です。また中には数少ない過去問だから事例演習のためにもう少し学習が進んだところまで取っておきたい、と考えられる方もいると思います。

諦めましょう。だいまつ記事を効果的に読むためには平成29年度の読み込みは必須です。

これに納得いただけた方のみ、めちゃくちゃ絶大な効果を得られると思っております。

 

読み方1(与件文抜き出し)

言葉をここで統一します。
事例Ⅰでは、3人の答案が出てきましたので、

上答案(シンゴ答案83点)
中答案(だいまつ答案64点)
下答案(よこよこ答案50点)

と3分類にして説明したいと思います。

読み方としては、3答案が根拠としている部分を与件文から探して、抜き出して下さい

例えばH29年度事例Ⅰの第1問「A社が再び人気商品にさせた最大の要因」に対する解答の根拠としたであろう箇所です。
ピンクが上答案、が中答案、が下答案、として線を引いています。

これを見るといかに上答案と他の答案の根拠箇所が異なっているかが分かるかと思います。

だいまつも<考察>にて「解答要素を外してしまうと点数が伸びない」と書いています。このような形で、各答案の根拠<解説>を参考にして、どのような設問と与件文の読み取り方が高得点解答に繋がるか、を意識して読み進めていきましょう。

また中答案でも合格ラインであることは再度認識してください。たとえ設問5題のうちの一つだけとは言え、これだけ根拠が上答案と離れていても合格ラインに達する、ということをです。

これは二次の勉強を始めた方にも、決して焦らず絶望せず勉強を進めてもらうための大切な事実です。

(現に私は事例Ⅰは58点なので、だいまつより圧倒的に格下でしたが合格しました。80点なんて取れねーよ

 

読み方2(国語力)

上記と同様にH29年度事例Ⅱ 第1問(b)の「B社の競合の状況」について抜き出します。

上答案(きゃしい答案79点)
下答案(なおくん答案49点)

余談ですが、だいまつさんが記事上で9代目きゃっしいを「きゃしい」と表現しているせいで、ずっと「きゃしい」が正しいのだと思い込んでいました。紛らわしい!

これは上答案も、下答案も同様の与件文を根拠に解答を作っています。ただし、文章化のところで両者の差が明確に出てしまっていました。

———–<以下、大半を引用>———–

●きゃしい(78点)
大型スーパーは若年層住民の大半が買い物に利用しているが、高品質な商品が少なく、従業員も少なく、十分な説明が不足している。

■なおくん(49点)
状況は①若年層住民の大半が大型スーパーで買い物をするようになり、②高品質な商品と、顧客説明する従業員が少ない状態である。

なおくんの文章はおかしく見え、これはだいまつも記事の中でこのように評価しています。

>前後の文章がつながっていないところに問題がありそうですね。具体的には、主語が「大型スーパー」ではないため、後半部分(②)の記述が宙に浮いてしまったような答案になってしまっています。

>そうした答案をよくよく分析すると、概ね「文章(国語)がおかしい」のです。

———–<引用終わり>———–

与件文の抜き出しでもそれなりの点を取れる、と読み方1で伝えました。それでも最後の文章化(国語力)が間違ってしまうと、読み手(採点者)に違った意味で捉えられて点数が伸びなくなる、ということです。

当たり前ですが、読み手が読みやすい解答を作る。それには「主述関係」や「てにおは」が大切です。

また国語力のテクニックとしては、

事例Ⅰの上答案(シンゴ答案)の「因果攻撃」(第4問、第5問)や、

事例Ⅱの第3問で力説していた「誰に、何を、どのように、効果」(通称:DNDK)

なども力説しているのでしっかりとチェックしてください。

 

読み方3(基礎知識)

今度はH29年度事例Ⅲの第1問「CNC木工加工機に関する生産管理上の課題と対応策」からです。

※上記抜き出しは解答で使った内容ではなく、解答を作るうえで参考とした部分を推定しマークしてます。

上答案(だいまつ答案83点)
下答案(たくじ答案54点)

与件文抜き出しでは、下答案でも範囲は狭いですがだいたい狙いは合ってます。ですが、だいまつが記事で以下のように指摘しています。

>「生産管理面」に対する答案として弱いですね。なぜなら、計画→統制の流れで、C社における課題と対応策書けていないからです。

つまり事例Ⅲでは、「生産管理」と問われたら「計画→統制」の流れで解答を作らなければいけないからです。この設問の具体的な解説はだいまつに任せるとして、「与件文の抜き出し」が効果的に行われていても、「文章(国語力)」としてきれいにまとめられていても、Aと言われたらBと答えるかのように、問われた内容に対して適切な「知識」をもって解答を作っていく必要があります。

事例Ⅲは特にこういった知識で問われる部分が多いので、苦手にする方が多いらしいですが、きちんと基礎固めができていれば「国語力」よりも習得は早くなる部分かと思います。(私は苦手でした)

事例Ⅲの記事では、だいまつの得意分野ということもあって、めちゃめちゃボリューミーで使える知識もたくさん詰まっているのですが、如何せん消化不良に陥る可能性もあります。私はあきらめました。

それでも事例Ⅲのポイントとして

>事例Ⅲの対応策基本は、「できていないこと、やらなきゃいけないことを、ただやってくださいと言うだけ(ひっくり返すだけ)」なのです。

と何度も説明しています。

要求されている知識も本当に基礎的なところが多いです。一歩ずつ読み進めて、腹落ちできれば合格に近づきます。

 

読み方のポイントまとめ

  • 与件文抜き出し
  • 国語力
  • 基礎知識

まずはこの三点を意識してだいまつの記事を読み進めれば、二次初学者でも内容の理解が深まり、試験を戦う上での基礎体力がつけられると思います。

去年の私は、二次試験は得体のしれない魔物のように感じていましたが、この記事と出会えたことでそんな大層な敵ではなく、聞かれていること(設問文)を相手の思いを尊重して(与件文)真正面から分かりやすく説明(国語力、基礎知識)してあげれば合格ラインに達することが出来るんだ、と実感することができました。

 

再度の注意喚起

  • 事例Ⅰ:組織(人事を含む)を中心とした経営の戦略および管理に関する事例
  • 事例Ⅱ:マーケティング・流通を中心とした経営の戦略および管理に関する事例
  • 事例Ⅲ:生産・技術を中心とした経営の戦略および管理に関する事例

当然ですが、各事例はテーマがあります。事例Ⅰの問題でマーケティングの視点から回答を作っても点数は伸びません。だいまつ記事の中でもそのチョンボについて言及しているところがあります。当たり前なんですが、試験本番で焦ってしまうときにはこの視点が抜けることだってあります。

 

終わりに

この視点をもってだいまつ記事を読み進めてください。事例Ⅰで13,000字超、事例Ⅱは18,000字超、事例Ⅲは24,000字オーバーという、ブログの域を超えた内容に読むのも一苦労ではあると思います。ですが、何度も何度も読み返してこの記事で言っていることを腹落ちさせることができれば、合格にとても近づくと思います。

そして道場10代目でもなおさんが、H30年度の解説記事を今後アップする予定です。こちらもぜひ楽しみにしてください!(勝手なプレッシャー)

以上、そーやでした。

 


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

8月10日(土)開催済! 東京レポート

8月11日(日)開催済! 大阪レポート

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みはこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

満員御礼!キャンセルあれば、お申し込み可

詳細はこちらをご確認ください。

*:*

夏セミナーのダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

さて、一次試験が終わって早2週間が経ちましたが、二次試験の学習状況はいかがでしょうか。特に初学者の方は、掴みどころのない二次試験の問題に、試行錯誤しながら取り組まれていることと思います。厳しい表現になりますが、中小企業診断士試験の本当の関門は二次試験です。一次試験合格の余韻や連日の猛暑による疲労で中々ギアが上がらない方もいるかもしれませんが、ここからが本当の勝負と思って、追い込みを頑張ってほしいと思います。我々も、少しでもみなさんの二次試験対策のお役に立てるよう、試験本番までの残り2ヶ月、全力で二次対策の記事をお届けしていきたいと思います。

ということで、本日の記事の内容ですが、過去問の演習にて非常に重要な復習方法についてのお話と、道場の過去記事でもよく出てくる開眼についてのお話をお届けしたいと思います。

また、もう1点、過去記事となりますが、5月に二次試験解法の記事を書いております。是非この時期に読んでもらいたい内容ですので、特に作業工程の整理方法や解法の確立に悩まれている方は読んでいただければと思います。

 

過去問演習における復習の重要性

みなさん既にご認識とは思いますが、二次試験対策において最も中心となる学習は、過去問の演習となります。過去問を繰り返し解くことで問題の傾向を掴み解法をブラッシュアップしていくことが重要となります。ちなみに、初見の問題を多く解きたいという気持ちはわかりますが、あまり昔の過去問まで遡り過ぎると、問題の傾向が変わってしまいますので、注意が必要です。

人によって異なるとは思いますが、基本的な過去問演習の進め方としては、①過去問演習の計画を立てる(Plan)、②過去問を解く(Do)、③ふぞろいを使って自己採点する(Check)、④振り返りをして改善する(Action)、のPDCAを回すこととなります。当然ながら最も重要なのは④の改善部分です。9代目きゃっしいの記事にもありますが、何故間違ってしまったのか、原因について深く掘り下げて、どうすれば次は同じ間違いを繰り返さないのかしっかり考え抜いた上で、具体的な対策を講じることが非常に重要となります。

 

具体的な復習方法

それでは、具体的な復習方法についてご紹介したいと思います。私の場合は、復習を重視していたのと、あとで事例の傾向を把握できるように各要素を一覧でまとめていたため、事例1つの復習(自己採点を含む)に1時間~1時間半程度かけていました(2周目以降は30分程度に短縮)。捻出できる時間は人それぞれですし、限られた時間でどこにどれだけ取り組むかは判断が分かれるところなので、あくまで一例としてご参考にしていただければと思います。ただ、形式はどうであれ、少なくとも「反省」に類する事項は、しっかりと振り返りを行うべきです

ということで、復習の時に、実際に私が整理した内容についてご紹介します。資料は以下のリンクからダウンロードできますので、ご興味のある方はご覧いただければと思います。

二次試験過去問傾向

 

私の場合は、各事例の設問ごとに「題意」「制約条件」「戦略レベル」「知識・観点」「反省」を整理していました。「題意」「制約条件」「戦略レベル」の3つは、設問解釈の練習という意味と、全体として何か傾向があるかを確認するために整理していますが、それほど重要ではないので、優先度は低いと思います。「知識・観点」は、よく問われる内容をしっかり押さえる、という意味で役に立ったと思いますし、最終的にファイナルペーパーをまとめる際にも参考になりました。「反省」は、先に述べた通り、最も重要な点となります。間違ってしまった原因を分析して、次回に活かすための対策を記載し、何度も見返しました。是非、復習の質を上げることで、着実なスキルアップに繋げていただければと思います。

 

開眼について

道場の過去記事を読んでいると、時折「開眼」という言葉を目にすることがあります。道場フリークでもないと知らないよ、と聞こえてきそうですが、初代ふうじんの記事によると、事例の解答要求の本質を理解した瞬間を「事例に開眼」と言うようです。開眼については、8代目ロックの記事9代目chikaの記事でも話題にあがっています。イメージとしては、二次試験の本質を理解し、実力アップの手応えを感じ、解答が安定している状態、かなと思います。

開眼と言えるかはわかりませんが、私の場合は、7年分の過去問を一通り(実際には1年目にも過去問を解いているので、初学の方とは意味合いが異なりますが)解いた時点で、安定した解答が書けるようになってきました。それまでは、事例のどこかの設問で、一桁点になってしまうこと(大きく何かを外している)がよくありましたが、2周目はほぼ各設問で6割近くを得点できるようになり、安定した解答が書けるようなった手応えを感じることができました(2周目だから既知の問題ということもありますが)。

もちろん、開眼という感触を得られないまま合格する人もたくさんいますし、合格と開眼は別物ですので、あまり気にしすぎる必要はないと思います。ただ、過去問演習とその復習を繰り返していく中で、自分なりに理解を深めながら手応えを掴むことで、二次試験当日の合格確率は高まっていきますので、是非、同じ間違いを繰り返さないための具体的な対策を意識しながら取り組んでいただければと思います。

 

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

東京:8月10日(土)13:30~ お申込はこちら
 @文京区シビックセンター3F会議室1・2

大阪:8月11日(日)13:45~ お申込はこちら
@生涯学習センター梅田

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

詳細はこちらをご確認ください。

*:*:**:*


おはようございます!たっつーです。
(過去記事はこちら

今日は東京セミナーですね!
私も現地に行きますし、(家族の冷たい視線を振り切り)懇親会も参加しますので、お会いできる方は是非宜しくお願いします。

さてさて、今までの私の過去記事では、主に経営法務を中心に、1次試験対策の記事を書いてきましたが、1次試験も終わったことですし、これからは2次試験の対策記事を書いていきます!

具体的には、私は、9月から勉強を開始し、約90時間という比較的短時間で合格できましたので(詳細は合格体験記参照)、「これが大事だったんだな」と、合格した後に実感した、皆さんに共有できるようなノウハウを紹介していきたいと思います。

早速ですが、今日の記事は、「初見時の復習に全力をかけるべし!」ということで、私が、2次試験の勉強において、「最も重要」だと信じて疑わないポイントですので、ぜひ読んでいただければ!
(記事の内容上、主に、1次試験後に2次試験の対策を本格的に始めるストレート生が対象です。)

…と、ここまで自信満々に書いておいて、少し「前置き」をさせてください。

ご存じのとおり、2次試験は、解答が一つではありませんし、模範解答はもちろんのこと詳細な出題趣旨すらも公表されておりませんので、確立した攻略法(ノウハウ)というのはありません。
私自身は、結果的に、短期間の勉強で合格することができましたが、4科目合計243点であり(240点以上で合格)、全く高得点者ではありません。
(むしろ、普段から文章を書くことを仕事としていることのアドバンテージがあったからこそ、短期間の勉強で合格できたんだと思っています。)

したがって、今日のこの記事が、あなたにとって「正解」の勉強法とは限りませんので、他の道場メンバーの記事(過去記事含むIの色んな勉強法・解答法を参照していただき、自分のあった方法を取捨選択ししていただければと思います!

 
◆2次試験合格のために必要な力は

さて、2次試験に合格するために必要な能力は何だと思いますか?

私は、一言でいえば、「初見問題への対応力」だと思います。

当たり前のことですが、2次試験の本番において解く事例は、その瞬間に初めて解く事例です。
それは、ストレート生でも、多年度生でも同じです。

※ ついつい、試験会場において、「あ、この問題、模試で解いた問題とほとんど同じだ!」「あ、○○年の過去問と似てる!」と思う方がいるかもしれませんが、普通に考えて、同じ解答が求められる問題が出る可能性はないはずです。むしろ、「模試では、このような解答で高得点だったから同じように書きたい」となってしまい、事例の違いを無視して、無理に自分の経験に引き付けて書いてしまう方がよっぽど危険です。

したがって、これから2次試験本番までの2か月間は、「初見問題への対応力」をどのように磨くかを意識しながら、勉強していくことが重要だと思います。


◆初見問題への対応力をどのように身につけるか?

では、初見問題への対応力は、どのように身につければいいでしょうか?

これも当たり前のことですが、初見で問題(過去問)を解いたときの復習をきっちりやることで、身につけることができるはずです

具体的には、初見で問題を解いた際に、自分の解答の何が駄目だったのか?どうすれば模範解答に近づけたのか?を、自分が納得するまで徹底的に分析することが必要です。
 
 
◆ケーススタディ(たっつーの場合)

とはいえ、具体例がなくてはなかなかイメージが持ちにくいと思いますので、私が、「初見問題への対応力」を身につけるために何をやっていたかをご紹介したいと思います。

題材は、2017(H29)年の事例Ⅰ・設問1です。

景気低迷の中で、一度市場から消えた主力商品をA社が再び人気商品にさせた最大の要因は、どのような点にあると考えられるか。100字以内で答えよ。

私が一番最初に解いたときの解答は以下の通りでした。

「最大の要因は、①現在の主力商品の認知度が地元で高かったこと、②その主力商品の品質や食感をかつての商品と同じにしたこと、③A社社長がX社の社員であり元々営業課長の職にあったことである。」

う~ん、勉強初期に取り組んだ事例とはいえ、ひどい回答ですね…。

この自分の初見時の解答を、ふぞろいや予備校の過去問集等に記載されている模範解答と見比べて、自分の答案のどこがダメだったか、本番で同じミスを繰り返さないためのどんな「気づき」が得られたか、をメモしていきます。
あくまで、初見時の対応力を磨くためですので、この気づきメモは、できるだけ汎用性のあることをメモすることが重要だと思います。

具体的には以下のような形です。
(完全に当時の原文のままです。)

・やばい全然ダメだった。最大の要因って書かれているんだから、結論の解答要素は一つにしなきゃいけないに決まってんだろ!何でもかんでも解答要素を詰めればいいと思うな。

・どうしても複数の解答要素を挙げたければ、結論は1つにした上で、それの具体例を多数あげると、解答要素をつめやすいな。

・事例Ⅰだからといって、すべての設問において人事・組織を無理やり回答要素に詰め込む必要はない!③とか明らかに全然関係ないじゃん。馬鹿か俺は。

・取扱い商品を絞り込む→「経営資源を集中」しているということ。いいワーディングだ。

・設問文をオウム返しすると、何となく問いに答えている感じが出るけど、正直、字数を犠牲にしてまでやることじゃないな。「最大の要因」って書くと5文字犠牲になるけど、この記載自体に加点はない!

・その意味では、「①」「②」って書くのもそこまで意味を感じないな。①②…という記載に加点はないし。字数が余りそうな時だけやればいいや。

汚い言葉も使っていてすみませんが、私は、そのときの自分の言葉で書いていました。
自分の答案を「酷評」するイメージです。

そうした方が、感情が出ていて、結構心に残りやすいんですよね。
 
 
◆初見時の復習に全力をかけるべき!

上記の「気づき」は、基本的には、初見で問題を解いた際にしか得られません。

2回目くらいであれば、初見時には気づけなかった新たな「気づき」が得られる可能性はありますが、3回目以降は、どうしても模範解答を暗記してしまっており、「もし自分が初見でこの問題にトライしていたら、どの点ができないのか?」「なぜできないのか?」を分析することが困難だと思います。

だからこそ、初見時の復習に、全力をかけてほしいと思うのです。

私の場合ですが、初見では、1つの事例の復習だけで3時間弱くらいはかかっていました(解く時間は別)。

 


いかがでしたでしょうか?
2次試験対策は、「量」より「質」だと思いますので、沢山の事例をこなすことだけを目的とするのではなく、初見時の復習に十分に時間をかけていただきたいと思います!

明日の記事では、この「一発合格道場」を創設されたレジェンドが、熱く語ってくださいます。
現在受験中の皆様にとって合格後の羅針盤となる内容であり、「絶対必読」だと思いますので、是非楽しみにしてください!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

東京:8月10日(土)13:30~ お申込はこちら
 @文京区シビックセンター3F会議室1・2

大阪:8月11日(日)13:45~ お申込はこちら
@生涯学習センター梅田

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

詳細はこちらをご確認ください。

*:*:**:*


★もくじ★
1.アジャイル学習法
2.道場メンバーの2か月半の過ごし方
3.私の2か月半の学習実績(詳細版)
4.PDCAサイクルを回そう!

文字数:約2000字(本文だけなら約4分で読めます)


 

こんにちは! がんばるあなたの応援団☆かわともです。

 

1次試験を受けた皆様、おつかれさまでした。
自己採点の結果、1次試験に合格した可能性が高い方は、あと2か月半の2次試験まで走り抜けてください!

 

1次試験に落ちた可能性が高い方は、ここまで頑張ってきたご自分をいたわってあげてくださいね。私からのメッセージは8月6日のふぞろいのブログのほうに置いておきますので、よろしければご覧ください。予備校の2次試験の授業が残っている方。仮に1次不合格であったとしても、来年の合格のために出席を続けることを強くお勧めします!!

 

*    *   *   *   *

 

さて本日は、「2次試験、どうやって勉強を進めよう?」と模索しているあなたに贈る「学習計画特集」(勝手に永久保存版)です♪
今週末の夏セミナーでは、私の担当パートが「学習方法・復習方法」ということで、10代目のみんなに学習実績のアンケートを取ったんですね。でも、時間の都合で全部セミナーに盛り込めませんでした。。 今回の記事では「セミナーはみだし企画」として、一挙ご紹介します!

 

1.アジャイル学習法
前回7月26日のブログの最後に書きましたが、2次試験は1次試験と異なり、明確な正解不正解がなく、手探りで学習を進めていく部分があります。自分のレベル感や課題もどんどん変化していきますので、柔軟に学習計画を立てていく「アジャイル学習法」が良いのではないかと考えています。

10代目の中でも「最初に作った学習計画が、後に大崩れした」というメンバーも。。(byたっつー、かもよ)

昨年度の私のアジャイルな学習計画(ストイックガリ勉タイプ)を、時系列でご紹介しますね。

 

◆事例Ⅰ~Ⅲ
(以下、図はクリックで拡大します)

【1次試験直後1週間】
解き方や学習方法に関する情報収集からスタート。問題用紙・解答用紙を印刷しました。
【~8月末】
模試をマイルストーンにして、過去問3年分をタテ解き。各事例の傾向を把握しました。ブログで収集した80分間の過ごし方(解答プロセス)や、マーカー法を試していったのもこの頃です。
【~9月中旬】
事例を解いた後の振り返り・分析に時間をかけ、模範解答にたどり着くまでのプロセス確立を意識しました。
【~9月末】
80分以内に解き終えられないことが多かったため、最も時間のかかる「骨子作成」の数をこなすトレーニングを行いました。11年分を一通り解き終えました。
【~10月中旬】
直近5年分をもう1回転しました。1回転目の自分の解答と見比べて、良くなっている点、改善が見られない点を振り返り、質を高めていきました。
【~本番】
今まで解いてきた自分の解答と振り返りを全て見直し、最後の総チェックをしました。

 

◆事例Ⅳ

事例Ⅳは1次試験と比べて出題範囲が限られていますし、道場などのブログで「事例Ⅳを制すものは二次試験を制す」という情報をゲットしたため、「過去問10年分・予備校教材を完璧に仕上げる」を目標にしました。(小心者なもので。。)

【~8月末】
出題傾向を把握するために「広く薄く」学習。全知全ノウの例題・A問題を解きました。
【~9月末】
各出題分野を一通り解けるようにするために、全知全ノウの他のランクも一通り解きました。
【~本番】
予備校の演習や模試の問題も含め、パーフェクトレベルまで仕上げました。

 

2.道場メンバーの2か月半の過ごし方
それでは、実際に道場メンバーがどのように2か月半を過ごしていたのか。見てみましょう。

◆初年度組:がっつり学習タイプ(300時間程度)

なおさんも私も予備校通学組でしたが、道場ブログなどで解法の情報を集めてました。なおさんの、9代目だいまつ、きゃっしいの記事に出会った時の衝撃「これだ!」・・・私も当時、全く同じ感想でした。

◆初年度組:短時間タイプ(150時間程度)
ブブは1次試験の自己採点で「落ちてる。。」と思い込んでいましたが、まさかの合格。短時間でも持ち前のバイタリティーを発揮して突き進んでいます。ksknは、育児の合間を縫っての勉強。ロジカルに、納得のいく解答を追求してきたように思います。

 

◆初年度組:超短時間タイプ(100時間程度)
かもよは仕事と育児との両立、たっつーも激務系の職業&休日は家族との時間をしっかり確保しながらの二次対策でした。どちらも、事例Ⅰ~Ⅲはただただ量をこなすよりも、自分なりに納得いく「マイベスト解答」を追求していたのかな、という印象です。

◆多年度組
ぐっちは2年目、makinoはブランクの後の2次試験でした。どちらも過去の経験を踏まえて、自分の課題を冷静に把握しながら、自分に合った学習法を取り入れてきたように思います。

 

 

3.私の2か月半の学習実績
かなり細かいですが、私の2か月半の学習実績の詳細版をご紹介します。
↓元ネタのエクセルファイルはこちら↓
学習計画(かわとも)

 

◆8月◆
模試をマイルストーンに、各事例「タテ解き」してます。

 

◆9月◆
前半は分析に時間をかけていますが、後半は質より量にシフト。セルフ模試も実施。

 

◆10月◆
直近5年分2回転目+セルフ模試。

 

4.PDCAサイクルを回そう!
2次試験のアジャイルな学習計画には、「常にあるべき姿と現状とのギャップ(課題)」を把握するプロセスが超重要になります!以下、9代目きゃずさん作成の資料より引用します。

〇今日(今週)、何を狙って学習したのか?

〇その目的は果たせたか?

〇できなかったとしたら、その要因は何か?

〇今後のスケジュールを修正するか、そのままで行くか?

 

1日に3分、1週間に15分でも、振り返りの時間を死守してください!

去年の私は、週一回土曜日の夜に、好きなお酒を飲みながら楽しく振り返りをしていました♪ 振り返りも、楽しくやるといいと思います

以上、かわともでした!
今日も明日も、皆様にとって良い一日となりますように。
暑い夏を元気に乗り切りましょう!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*
申し込みは8月5日12:00から一斉に開始します!
まずはご予定の確保をお願いします!

東京:8月10日(土)13:30~ お申込はこちら
 @文京区シビックセンター3F会議室1・2

大阪:8月11日(日)13:45~ お申込はこちら
@生涯学習センター梅田

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

詳細はこちらをご確認ください。

*:*:**:*


★もくじ★
1.自己採点をする
2.2次の学習方法について情報収集をする
3.2次の問題用紙・解答用紙を印刷する
4.予備校の講師を選ぶ
5.息抜きをしつつ事例Ⅳを解き始める
6.身近な人に感謝を伝える
7.学習計画をたてる~2次試験アジャイル学習法~

文字数:約2800字(約4分で読めます)


こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!
いよいよあと1週間で1次試験! 体調面、精神面は順調ですか? 急激に暑くなってきましたので、冷房にはくれぐれもご注意を! 試験本番はもちろん、あと1週間の電車・会社・自習室などの空調対策をしっかりとされてくださいね。
先週makinoが、渾身の「神頼みシリーズ」を書いておりましたが、私もひそかに御茶ノ水の湯島聖堂で皆様の合格をお祈りしてきました。どうか頑張ってきた読者の皆様が1次通過しますように。

本日はちょっと気が早いですが、「1次終了直後にやるべき7つのこと」を書きます!

なぜ1次試験直前のこの大事な時期に、試験終了後のことを書くのか? それは、特に2次試験初学者にとっては、試験直後の1週間の過ごし方が2次試験突破をするために超重要だと考えているからです!

※今読まなくてもOKです! ぜひ試験翌日の通勤電車や昼休みにお読みください。

 

*   *   *   *

では早速いってみましょ~

 

1. 自己採点をする
例年通りであれば8月5日(月)10時ごろにj-smecaのサイトで解答速報が発表されますので、自己採点をしましょう。
自己採点の結果、合格ラインに達した人・得点調整でもしかすると合格する可能性がある人は、2次試験に向けた準備をはじめます。

 

2. 2次の学習方法について情報を集める
2次試験の大きな特徴は、

〇1次試験が終わってから2次試験まで2か月半しかない
〇そんな短い期間の中で、読む力、書く力、制限時間内に解く力をバランスよく鍛える必要がある
〇しかも正解が公表されていない

という点。手探りしつつ、短期間で合格レベルまで実力を引き上げなくてはならないのです。

限られた時間の中で、どのように学習を進めれば?
どうやって自己採点すればよいの?
何事例くらい解けば合格ラインに達するの?
与件文へのメモの仕方は?下書きの書き方は?

・・・などなど、一発合格道場などのブログに情報が転がっていますので、ぜひ読み漁ってみてください。
道場でも夏セミナーを開催します。試験翌日、8月5日の12:00から予約開始を予定しているほか、今回から動画配信(有料)も予定しておりますので、ぜひ情報収集にお役立てくださいね。

 

3. 2次の問題用紙・解答用紙を印刷する
ありがたいことに、AAS様のサイトにダウンロードサービスがあります。演習用に印刷しておきましょう。私は事例Ⅰ~Ⅲの11年分を印刷しました(直近5年分は2部、その他は1部)。1枚に2面印刷できる「2in1」設定がおすすめです。ちなみに事例Ⅳは『事例Ⅳの全知識・全ノウハウ』をベースに解いたため印刷しませんでした。

デジタル派の方は、タブレットにスキャンデータを取り込んでおきましょう。

 

4. 予備校の講師を選ぶ
2次試験は、1次試験以上に指導講師の個性が強く出ますので、相性を見極めることをお勧めします!
選ぶタイミングは2回。

〇1次試験2日目の終了直後に、例年通りであれば「2次スタートアップセミナー」的な公開講義が行われます。
〇1次試験終了1週間後に「2次スタートアップ講義」が行われます(予備校生のみ)。

ちなみに、去年の私は「2次スタートアップ講義」で午前中TAC新宿校に出席。昼休み中に電車移動して午後はTAC渋谷校へ。結局、渋谷校での受講を決めました。勉強仲間も渋谷校にいたので心強かったです。

 

5. 息抜きをしつつ事例Ⅳを解き始める
1次試験終了後の1週間は、貴重な息抜きのタイミング!2週目からスタートダッシュできるようにしっかり充電しましょう。私はマンガをTSUTAYAで大人借りして、晩酌しながらイッキ読みしました(^^)
そんな中でも事例Ⅳはちょこちょこ解いていました。『事例Ⅳの全知識・全ノウハウ』を持っている方は出題分野ごとに「縦解き」ができますので、まずは難易度の低い問題から解くのがおすすめです。

 

6. 身近な人に感謝を伝える
これ重要です! 自分の勉強に協力してくれた人に、ありがとうを伝えましょう。ちなみに私は夫に金一封を渡しました。。私がリビングで勉強しているので、遠慮して夕食を外で食べる機会が増えて外食費がかさんだようで(汗)感謝感謝です。

 

7. 学習計画を立て始める
~2次試験アジャイル学習法~

2次試験本番までは、たった2か月半。短い期間で合格レベルに達するためには計画的な学習が必要です。

でも2次試験ってモヤっとしているので、計画を立てるのが難しいんですよね。とくに初学者にとっては。

この時期、去年の私は8月までしか計画を作りませんでした。

「まず事例を解いて慣れてみなくちゃわからない。9月以降の計画はあとで立てよう!」

と考えたからです。
1次試験の前に事例Ⅰ~Ⅲを一通り解いてみたのですが、1事例解くのに4時間もかかってしまい、これからどうやってレベルアップしていけばよいのか、よくわからなかったのですね。

そこで、特に初学者におすすめするのは、

2次試験の学習計画は、そのつど自分のレベルを把握しながら、随時作っていこう!

名付けて、

2次試験アジャイル学習法!

経営情報システムの「アジャイル開発法」から名付けてみました♪

1次試験終了直後の時点で10月までの学習計画を細かく立てきるのは困難ですので、とりあえず8月末までの学習計画を立てましょう。

ご参考に、去年の私の8月の学習実績をのせておきます。
(クリックで拡大します)

 

なお、2か月半のより詳しい学習計画については、次回の1次試験直後の記事でご紹介するほか、夏セミナーでもお話しする予定です。

 

*   *   *   *

以上、かわともでした!
1次試験を受ける方は、どうか体調管理に気を付けてお過ごしくださいね。頑張るあなたの合格を心より応援しております!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*

みなさん、おはようございます。なおさんです。

1次試験まで残すところ18日。追い込みの高速ループは順調でしょうか。
ここまでくると過去問の〇印が残っている分野からもわかるように「この分野は大丈夫」、「この分野はもう少し頑張らないと」と科目内でも明暗が分かれてきていると思います。

TACの問題集をお使いの方は、巻末に「出題傾向分析表」というのがありますので、ここに残りの〇印をプロットすれば、課題分野が浮き彫りになってくると思います。たまにはちょっと立ち止り、自分の現在位置を俯瞰してみて、作戦を練り直すことも重要ですね。

さて、本日は「過去問ループ3周目、〇印の選択肢解説で直前ノートを作ろう」と題しまして、自分の課題分野を最後の1分まで悪あがきするための方法をご紹介します。

前回の記事「過去問と超高効率ループ学習法」でご紹介したループ学習を行っていると、
・1周目 ・・・ 得意な分野以外はまぁまぁ〇印が残る
・2周目 ・・・ 理解しやすい分野、覚えやすい分野の〇印が消える
・3周目 ・・・ 〇印は全体の3割程度まで減るが、不得手な分野があぶりだされてくる
・4周目 ・・・ まだ〇印が残っていると軽くへこむ
という感じで進行していくと思います。(あくまで個人の感想です)

本日の提案は、3周目(4周目でもいいですよ)が終わって残っている〇印は自分の課題分野になってきますので、過去問を高速ループするだけではなく、「直前ノート」を作ることで、すき間時間に解説の読み込みを行い、ループを多重構造にして知識の定着を図ろうという方法です。

さらに、「直前ノート」を科目別に再編集(ホチキス止め)することで、本番の試験科目間にある40分(昼は60分)の休憩時間の間にも読み込んで、最後の1分まで悪あがきをしましょう、という提案です。

具体的な手順は以下の通りです。

1)選択肢の解説を書き写す

〇印の残っている過去問を解いて、明確に正誤の判定ができなかった選択肢の解説を書き写します。この時、ノートではなく、レポート用紙やルーズリーフなど、あとで科目ごとにまとめられる媒体がおすすめです。

2)1科目終わったら小冊子にまとめる

1科目の周回(5年分の過去問)が終ったら、書き写した解説を小冊子にまとめます。

3)常に持ち歩いてひたすら読む

さすがにこの時期に分厚いテキストを持ち歩くのは非効率です。薄い小冊子であれば複数科目分を持ち歩くことも容易ですので、常に携行し、通勤時間やすき間時間を見つけて読み込むようにしましょう。特に不得意科目については、コピーを作成して家の中のいたるところに配備するのもありかもしれません。

4)試験当日も持参して休憩時間に読む

1次試験本番では、ひとつの科目が終了したら振り返っていても仕方ありません。休憩時間はトイレを済ませたら、次の科目に備えて時間いっぱいまで直前ノートを読み込みます。ひょっとすると最後に読んだ部分が出題されて、1問正解できるかもしれませんよ。1次試験の一日目には、二日目の科目の「直前ノート」を持っていくのも忘れてはいけません。一日目が終わった帰りの電車では、二日目の科目を読み込みます。

「二日目には何を持っていったらいいの?」

それはもちろん「応援してくれた家族への感謝の気持ち」です。二日目が終わったら、頑張った自分へのご褒美とこれまで応援してくれた家族への感謝の気持ちを兼ねて、一緒においしいご飯を食べに行きましょう。
(超おすすめします。(^^)/ )

さて、いかがでしたでしょうか。

「もう少し早く教えてくれよぉ」という声が聞こえてきそうですが、この時期まで温存していたわけではありませんのでご容赦ください。m(_ _)m

私は、テキスト、スピ問、過去問を一周目から「不明点の書き写し」を行いながら学習を進めて、独学で1次試験を一発攻略しましたが、振り返ってみると、一周目から書き起こしをするということは、その後覚えてしまいノートが不要になる部分まで書き起こすことになるので少し非効率かなと思います。
ですので「直前ノート」は、「3周目の周回で不明瞭だったものを書き出す」くらいが一番効率が良いのではないかと思います。

また、「今から7科目全部は大変」という方は、不得意科目だけでもノートを作成すれば良いと思います。前回も少し書きましたが、同じ時間を投入した場合、不得意科目の方が得点の伸びしろ分だけ効率的です。

残り18日、もう一段ギアを上げてアクセルを踏み込んでいきましょう。応援しています。

以上、なおさんでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
クリック(投票)お願いします!皆様からの応援

の続きを読む »

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*

こんにちは、いよっちです。前回までの記事はこちら

ついに、1次試験まで残り1か月となりました。来月の最初の土曜日の今頃は、1次試験4科目を受験しているんですね。

「模試の調子も良くなかったのにあと1か月しかない!」と焦っている方、「早く本番来ないかなー」と準備万端な方、状況・心境はそれぞれかと思います。

1か月100時間もあれば挽回は充分可能です。最後まで足掻いて足掻いて足掻き倒して、悔いのない1か月を過ごしてください。

さて、前回は1次試験から少し離れて、2次に専念した男の戦い歴史をお伝えしました。私が1次を受験したのは2年前と少し時間が経っているため、私の知識・勉強方法の紹介は遠慮しておきますね。他のメンバー(特にストレート合格者たち)に期待して、今回、次回と連続でメンタル面についての記事をお伝えします。

今日のテーマは”ルーティーン”です。


☆もくじ☆
1.”ルーティーン”の意義
2.勉強前のルーティーン
3.  試験中のルーティーン


1. “ルーティーン”の意義

ルーティーンと聞いて、真っ先にイチロー選手を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。打席でやる”あれ”です。

イチロー選手が普及させたといっても過言ではないほど、一般的に定着した”ルーティーン”という言葉。独特の打席でのフォームが印象的ですが、毎日カレーを食べていたことでも有名な食生活も彼にとってはプレーに集中するためのルーティーンに過ぎなかったようです。

「同じものを食べ続けるのは、違うものを食べることにより、美味しくなくて気分が下がるとか体調を崩してしまうといった、野球に影響しかねない“不確定要素”を入れたくないからです。」(引用:文春オンライン

いやはや、そこまでストイックに真似できないわ。と、思ってしまいがちですが、むしろその逆なんだそう。

「彼のルーティンというのは基本的に、いかにして“ノーストレスな状態”を作り出すかということのために行なわれています。強いストレスがかかる野球に集中するため、それ以外の生活ではストレスをなくしたいという考え方ですね。」(引用:文春オンライン

ここで、記事冒頭を思い出してください。
1か月後の今日、皆さんはとてつもないストレスを浴びることになるんです。

年に1度しかないチャンス
・家族/同僚からの大きな期待
・季節は真夏、高温多湿、不快指数MAX
・普段とは違う会場・見慣れない大量の受験生
・男子トイレは大渋滞
・見たことのない新たな出題傾向
・今何点ぐらい取れているの?もしかして足切りか?
・あ、マークミスしてる(汗)
・でもやべぇ、時間がない(大汗)
・やっとのことで終えた1日目、でもまだ2日目が残ってる
(2日目に続く・・)

うぅ、今思い出すだけでストレスが・・

普段と全く違う環境に身を置いて受験しなければならない以上、ストレスは不可避。その時に少しでも”ノーストレスな状態”に近づけるには、やることを予め決めておき、余計な事を考えない癖をつけることが大切です。

一説によると人が習慣化するには平均66日必要だそうです。そう、あくまで平均です。より単純な行動習慣は約1か月で習慣化するそうです。十分まだ間に合いますね。

ということで、私や私の周りの受験生たちがやっていたルーティーンをご紹介します。


2.勉強前・合間のルーティーン

この時期、寝不足で集中力が落ちてきて、、、なんて人も多いはず。頭をシャキッと勉強モードに切り替えるためのルーティーンです。

【腹式呼吸】
昨年も道場ブログ・セミナーで情報収集をしていた人はご存知かもしれませんが、メンタルトレーナーとしても活躍される3代目ひめさんの100%の力を出し切るメンタルの作りかたで触れられている、腹式呼吸法です。昨年の夏セミナーで実演指導して頂きましたが、腹式呼吸を行うちょっと前の自分とは別人のような、心地よい脱力感と適度な緊張感のバランスを実感できると思います。

【音楽を聴く】
そーやksknが実践していたそうです。聴覚から意識を集中させる方法、実際にやってるよ!という受験生も多いはず。ただ、音楽を聴くだけで勉強モードに切り替えるための”思考習慣”は定着するまで時間がかかるかもしれません。

【散歩と一服】
ブブさんの方法です。勉強合間の集中力回復の方法ですが、一服のために散歩をしつつ、その間に頭の中で復習をしたそうです。しかも、一歩一歩を合格までの道程をイメージして!熱い男、ブブさんらしい。

黄色いものを見る】
これは私がやっていたことです。意外と効きます。やり方は、
①黄色いものを勉強道具に入れておく(私はポストイット派)
②勉強開始前に10秒ほど眺める
これだけです。これだけで、集中度合いがアップです(少なくとも私は

意外と理に適った方法のようで、一説によると、黄色には以下の心理的効果があるそうです。
集中力を発揮させる。
判断力がUPする。
記憶力を高める。
注意をうながす。
気分が明るくなる。

良いこと尽くしじゃないですか!?確かに、信号や道路標識の色は黄色で注意・判断を促しているのかもしれません。信じるか信じないかはあなた次第です。

ご自身でしっくり来る方法を模索するのが一番ですが、ここでちょっと注意が必要です。

①試験本番でも出来る行動を選ぶ
せっかく習慣化したものを本番で実行できなければ意味ないですよね。確実に、本番直前の状況でも実行できる行動を習慣化しましょう。

②制約が少ない行動を選ぶ
場所・時間・道具など、なるべく制約条件が少ない行動を選びましょう。例えば、コーヒーやエナジードリンクをルーティーン化してる人は、本番の4科目受験時にも同じものを用意し、かつ、短い休憩時間の間にカフェインの副作用の尿意とも戦わなければなりません。制約は少ない方が再現性が高まります。


3.試験本番のルーティーン

普段絶対にやらないようなこと、考えもしないようなことを本番ではやらかしがちです。そんな失敗をしないように平常心を保ちたいものです。よく聞くものもありますが、ご紹介しますね!

【目を瞑る】
なおさんはα波が出ているイメージを持ちながら、試験開始前の3分間、目を瞑っていたらしいです。さすがの落ち着き。

【深呼吸】
makinoは開始直前に10回大きく深呼吸することを決めていたそう。胸に手を当てながら深呼吸することで、落ち着いているかの確認も兼ねていたらしいです。普段のお喋りはさすがに封印です笑

【息を止める】
本日2度目の登場のそーやは、開始直後に潜水するイメージで息を止めて集中したらしい。ハチワンダイバー(漫画)意識?

【設問を数える】
たっつーは、解答用紙が配られた時に設問数を数え、1問あたりの許容時間を計算する癖をつけていた模様。緻密な性格が表れて出てますね。同じような進捗管理はぐっちも習慣化していました。

【解く順番を決めておく】
皆だいたい解く順番を決めていると思いますが、私は以下の優先順位で解くと心に決めていました。
①第1問は絶対後回し(何故かいつもコケるので)
②得意分野から解く(経営はマーケ、財務は原価計算、etc.)
③知識問題から解く(穴埋め問題)

【見直しは逆から】
なんとなく別の角度から見た方がミスを見つけやすそうな気がしていたので、マークのチェックは、最後から最初に戻るように確認していました。また、財務の計算問題の過程を見直す時も、最後に求めた数値から、与えられた数値を逆算するように見直しをしていました。(私、あまのじゃくなので)

【迷ったら「ウ」】
この記事を読めば、わずかながらに「ウ」もしくは「エ」に分がある?。どうせ分からないなら考える時間をセーブしましょう。

他の人がやっているルーティーン、意外と知らないものですね。こちらの記事でもルーティーンを纏めていますので参考にしてみてください。


いつもと全く違う環境で本番を迎えるのですから、ストレスを感じないはずがありません。ちょっとした行動を習慣化することで、”いつも通りの自分”を保ち、持っている実力を発揮しやすくなるはずです。

1か月を切った今からでも間に合う、自分なりのルーティーン、意識してみてはいかがでしょうか。

以上、いよっちでした。

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*

みなさん、おはようございます。なおさんです。

7月になりましたね。1次試験まではちょうど一か月、いや今日を入れてあと31日と言った方が良いでしょう。
みなさん、順調に進んでいる方も、ちょっと遅れを感じている方も、いまひとつ自信が持てない方も、大丈夫です。
31日あれば結構なことができます。一段階、ギアを上げてアクセルを踏み込んでいきましょう。

2年前に私が1回目の1次試験を受験した時の話をします。
私の2017年の1次試験結果は、
経済(60)、法務(68)、情報(76)、中小(62)
でした。勉強を始めたのが2017年4月でしたので、「4か月で7科目は無理。今年は半分科目合格して2年計画にしよう」と考えました。
また、さらに4か月間の学習計画を、
・4月:情報(得意科目は早めにクリアして安心する)
・5月:法務(会社法と知財はそこそこ知ってる)
・6月:中小(知らないことばかり、暗記科目は直前期)
・7月:総合復習
と立てました。

気が付かれましたか?当初の学習計画には、経済が入っていませんね。

実は、6月末まで進んだ時点で、情報、法務、中小がわりといい感じに仕上がっていましたので、「予定通り3科目で行くか、欲をかいて経済を追加して2年目を2次関連の3科目のみにするか」で悩みまして、結論として「7月から経済の勉強を開始して4科目受験する」決断をしました。
それまで経済学は一切学んだことが無かったのですが、勉強を始めてみると“理系”の私と相性が合ったのか3週間で一通りの勉強が終わり、最後の一週間を総合復習の時間に充てて、1次試験を迎えることができました。
結果は前述のとおりです。
(「限界**」は、「なんだ微分じゃん」という感じですんなり理解できました。それにしてもスレスレでしたね。(^^; )

ね、今からでも1科目くらいならゼロから始めて科目合格まで持っていけるだけの時間があるのです。
ただ、漠然と過ごしていても効果は薄いので、本日は私から残り31日を最大限に活用するためのポイントと「ループ学習法」について解説したいと思います。

1.教材は過去問に絞る

教材は「過去問」だけに絞ります。ここまで勉強を進めてきた皆さんですから、既に理解している分野と、いまひとつ曖昧な分野が共存している状態かと思います。理解している分野のテキストを改めて読み返すのは時間のムダですので、テキストは教材として効率が悪すぎます。過去問を解きながら、過去問の解説では理解できないときにだけ開いて確認すれば十分でしょう。もう、本棚にしまっちゃいましょう。

スピ問も実際に出題される問題よりもやや易しく作られていますので、合格レベルに持っていこうとする現時点では少しもの足りません。まだ解いていない分野やクリアしていない問題が残っていると不安かもしれませんが、こちらも本棚にしまっちゃいましょう。

こうしてみなさんの手元には、受験する科目の「過去問」だけが残りましたね。これで準備はOKです。

2.各科目にかける時間を決める

残りの31日間を科目ごとに割り振ります。心配性の方は7科目全部を一通り当たっておかないと不安かもしれませんが、1次試験の得点を最大化するためには、科目ごとの進捗状況によって思い切って傾斜配分するのが良いと思います。
同じ時間をかけた場合でも、既に80点に達している科目の加点量と現在40点の科目の加点量は異なります。40点の科目が60点に達することは大いに期待できますが、80点の科目が100点になることはありません。
そもそも100点を目指す試験ではありませんしね。
出題傾向によるばらつきを考慮して「70点」を目標ラインとした場合、
・70点オーバーが見込める科目は、週末に半日振り返るだけにするなど思い切って極小化する。
・残りの科目は未達度合いに応じて重みづけをする。60点の科目はマイナス10点、50点の科目はマイナス20点なので、50点の科目に60点の科目の倍の日数を与える。
・31日間で3~4週できるように周期的に配置する。月初に学習して試験日まで放置することのないように。周期的に学習することで記憶定着を図る。

さて、これで過去問を周回する準備が整いました。それでは、いかに周回するかについて私の方法をご紹介します。

3.超高効率「ループ学習法」

この学習法は、私が学生時代から愛用している方法です。問題集を2周、3周と解いていくときに、この手順に従えば、理解できている項目はあっさりと、苦手な項目はとことんしつこくループ学習することができます。
それでは具体的に手順を解説していきましょう。

一周目:
まず、1周目は過去問を順番に解いていきます。そして不正解だった問題には、シャープペンで「〇印」をつけていきます。また、何となく正解だった、2つに絞り込んで当たった、という状況のものにも印をつけます。
診断士試験では、正解、不正解はもちろんですが、正解の選択肢が正しく選択でき、かつ不正解の選択肢も不正解であることが判断できていることが重要です。
ですので「全ての選択肢を正しく正誤判定し、正解した」もののみを「合格」とし、それ以外のものには「〇印(次回も解くマーク)」をつけていきます。時間があれば、正しく正誤判定できなかった選択肢の「解答・解説」を紙に書き写すのも良いと思います。

問題に〇印をつけた状態:

解答・解説を書き写したノート:

二周目:
二周目は、一周目で「〇印」が残っている問題だけを解いていきます。判定は一周目と同様に「全ての選択肢を正しく正誤判定し、正解した」もののみを「合格」とし、合格した問題は「〇印」を消しゴムで消してしまいます。
つまり「合格出来たらもうやらない」ということです。

時間があれば、正しく正誤判定できなかった選択肢の「解答・解説」を紙に書き写します。感覚的には、2周目で〇印が半分くらいに減っていきます。

三周目:
三周目も同様です。〇印が残っている問題を解く、選択肢を正しく正誤判定して正解したら〇印を消す、正しく正誤判定できなかった選択肢の「解答・解説」を紙に書き写す、と進めていきます。

ちょっと手間がかかるように思いますが、二周目、三周目と進むにつれて〇印の数は減っていきますので、どんどん周回スピードが上がっていきます。三周目あたりになると数時間で過去問が一周できる感じですね。
既にご理解いただいたと思いますが、この「ループ学習法」は、得意な項目はあっさりこなし、苦手な項目は高密度・高回転で勉強することができますので、この手順に沿って過去問を解くだけで、勝手に時間のバランス配分ができるというメリットがあります。

人によっては「正解したものにチェックマークを付ける」という逆のマーキングをする方もいらっしゃいますが、その方法だと周回数が進行した時に問題集が「ぐちゃぐちゃ」してきて、どれがもう1回やるべき問題かが一目でわからなくなるというデメリットがあります。上記の方法だと、周回を重ねると「残りの苦手分野が絞り込まれてあぶりだされる」「だんだん〇の数が減っていき、モチベーションが高まる」というメリットがありますのでおすすめです。

是非、「過去問に絞る」、「苦手分野/曖昧な分野の高速周回」で得点を積み増して、見事一次試験を突破されることをお祈りしています。

以上、なおさんでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
クリック(投票)お願いします!皆様からの応援

の続きを読む »

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*


★もくじ★
1.1次本番まで、私の記事予告
2.1次模試の自己採点、済んでますよね?
3.この時期やるべきこと、やってはいけないこと
4.あとワンマークに役立つ!?経済小ネタ
5.2次試験の参考書、買いましたか?

文字数:約3200字(本文だけなら約5分で読めます)


こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!
昨日は「10周年特別企画」の第1弾として、6代目おとの寄稿記事がUPされました! 受験生の皆様向けに書いていただきましたが、企業内診断士の私も大変興味深く読ませていただきました♪ 先代の寄稿は、基本2週間に1回のペースで日曜日に予定していますので、今後も要チェックです! 2週間後は、大人気のあの人が登場!?おっとこれ以上書くとネタバレになるので、この辺で。

*  *  *  *

雑談なのですが、夫の同僚にバリバリの優秀な人がいるらしいんですね。彼がよく言うのが、

「やるか、絶対にやるか」

なのだとか。

【使用例】
「○○さん!この案件、やるか・絶対にやるか、どっちか選んでください」
(やるか・やらないか、じゃないんだ。。断れないじゃん!)

1次試験まで残り1ヶ月の皆さんも、

「やるか、絶対にやるか」→「絶対にやる」

ですよねっ!!
1年前の私は昼休みに財務か経済を勉強しており、会社からカフェに向かう道すがら「やるんだよ!絶対やるんだよ!」とブツブツ独り言をとなえていました。。怖っ!

*  *  *  *

 

本題です。
試験本番までの私の投稿予定は今回入れてあと3回ということで、皆様に伝え忘れがないように頑張ります!

 

1.1次本番まで、私の記事予告

◆次回
1次試験本番の様子をイメトレしやすいような記事をおくりたいと思います。
・去年の1次試験の振り返り
・1次試験当日の心構え
・当日の自分に向けて書いたこと
・無理してファイナルペーパーを作らなくてもよい

◆次々回
気が早いようですが、スト合格を狙う上で超重要な「一次試験終了後1週間の過ごし方」を書きます!1次試験翌日に読んでいただくことを想定しています。

※内容は変更になるかもしれません。あしからず。

 

2.1次模試の自己採点、済んでますよね?

昨日と一昨日は、TAC・LECの1次模試がありました。
模試を受けた皆さん、とっくに自己採点は済んでいますよね?
もうこの時期は待ったなしです。まだ済んでいない方は速攻で終わらせましょう。採点が終わった後は、

① 一応正解したけど自信が持てない問題
② 間違えた問題

を復習してください。難易度が高い問題はとばしても大丈夫です。

模試の採点結果が悪くても落ち込んでいる暇はない!むしろ、今間違えたあなたはラッキー♪ 模試の復習については、9代目へんりーの記事が参考になります。
【2018年スト合格目標】模試で420点以上取れなくても、やるべきことをやろう。

 

3.この時期やるべきこと、やってはいけないこと

【この時期やるべきこと】
ズバリ、「今まで学んできたことの総復習」です!新しい知識をインプットするよりも復習を優先します。使い込んだ問題集を総動員し、知識の精度を上げましょう。
※超短期学習者のたっつーみたいな人は除く

去年の私がこの時期目指したレベル感は・・・

全ての科目において、
①トレーニング・過去問ABランク問題・養成答練・最終講義レジュメは完ぺきに解けるようにする
②完成答練・模試は、難問以外は完ぺきに解けるようにする

それを実現するためにやったことは・・・


① 1日3科目の高速皿回し

どの科目の試験でもすぐに知識を引き出せるよう、1日3科目ペースで高速復習します。問題集にピンクペンで解答転記している人は、赤シートで隠しながらどんどん解き進めていき、知識のヌケモレをなくします。解答転記していない人は、じっくり問題を解く時間がもったいないので、どんどん解答を見てしまうか、問題文に解答転記してしまってOKです。スピード重視でいきましょう。

② 毎日コツコツ財務か経済
毎日20~30分、財務か経済をコツコツ解く!どちらも理解系科目のため頻繁に触れることが非常に重要なうえ、個人的に以下の理由で重視していました。

経済・・・1日目の最初の科目。得意になっておくことでメンタルが安定する。
財務・・・1日目の2番目の科目。出題範囲が幅広いため定期的に解かないと忘れやすい。2次試験でも使う。

この2科目について「やりきった」という自信を持つことが、試験当日の自分への最高のプレゼントだと信じて頑張りましょう。

③ 最後の総仕上げ、テキスト爆読
これは余裕のある人&慎重派さんだけでいいと思いますが、最後の最後までヌケモレをなくす目的で、基本テキストに高速で目を通します(=爆読)。1日1科目のイメージですね。

ご参考に、去年の7月以降の私の学習スケジュールを貼っておきます。(クリックで拡大します)

※詳細に学習計画を見たい場合は、こちらからエクセルファイルをDLしていただけます。学習計画(かわとも)

ちなみに、去年の私は初代ふうじんの記事に書かれている学習法を丸パクリしました。ちょうど1年前に大変お世話になった記事です。
7月にやることリスト

なお、1次試験545点を叩き出した9代目きゃっしいの記憶定着法は非常にシンプル。「間違った問題は翌日にもう一度解くこと」だとか。(私も、間違えた問題は翌朝にサッと見直していました)
明日からできる過去問復習法~今日間違った問題は○○して○○しよう!

 

【やってはいけないこと】

① 新しい問題集に手を出すこと!
(最終講義レジュメを除く)
意識が分散するのと、知識のダブリが発生するため非効率だと思われます。

② 解けない問題にいつまでもこだわり続けること!
とことん納得するまで次に進めない傾向のあるかたは要注意です。試験直前期はスピード重視と割り切り、解ける問題を確実に取れるようにすることを目指しましょう。
重要論点だけどイマイチ理解が進まない場合は、道場の渾身論点シリーズをまとめたちこまる(仮)の記事を道しるべに、道場の過去記事をぜひ参考にしてください。
【渾身】永久保存版! 渾身シリーズまとめページ

 

4.あとワンマークに役立つ!?経済小ネタ

「もし覚えていたら役立つかも」という、経済のプチ情報です。かる~くお読み頂いて結構です。

① 名目○○と実質○○の式 ざっくり覚え方

名目ナントカと実質ナントカの式は、試験に出題される範囲だと以下のようなバリエーションがあります。

物価上昇率(期待インフレ率)=名目GDP成長率―実質GDP成長率
物価上昇率(期待インフレ率)=名目利子率―実質利子率

物価指数(GDPデフレーター)=名目GDP÷実質GDP
物価指数(GDPデフレーター)=名目賃金÷実質賃金
物価指数(GDPデフレーター)=名目預貯金÷実質預貯金
物価指数(GDPデフレーター)=名目債務÷実質債務

これをまとめると

「率」・・・名目―実質
「率以外」・・・名目÷実質

そして、もっとざっくり捉えると

「名目のほうが実質よりも上位」(先に来ている)

というように、雰囲気で覚えられます。。

 

② GDPのゴロ合わせ

◆分配面から見たGDP
「こえ~減税、助けて!」
用者報酬+業余剰・混合所得+固定資本耗+間接―補

 

◆支出面から見たGDP
「店の消費は、総菜の海外余剰」
間・府最終消費支出+国内固定資本形成+庫品増加+輸出―輸入
※輸出-輸入=海外余剰

 

5.2次試験の参考書、買いましたか?

何度も口酸っぱく言いますが、1次試験終了直後は2次の参考書が品薄になります!!去年、確かふぞろいの『10年データブック』だったと思うのですが、一次試験の1週間後くらいに書店に行ったらメーカー取り寄せで入荷未定と言われました。1次試験直後からスタートダッシュをかけたい人は、必ず7月中に買いましょう!!

【個人的に役に立ったと思う2次参考書】
◆事例Ⅰ~Ⅲ
『ふぞろいな合格答案』、『ふぞろいな合格答案10年データブック』
◆事例Ⅳ
人それぞれ好みがありますが、私の場合は『事例Ⅳの全知識・全ノウハウ』

 

そうはいっても、模試の点数も悪かったし今年1次試験に受かるか自信ない、2次の参考書を買っても無駄になるかも。。

 

そう思っている方もいらっしゃるでしょう。
結論を言うと、金額的な損失はほぼ無いです。むしろ、すぐにスタートダッシュを切れないほうがもったいないです。

例:ふぞろいを2次初学者が揃える場合

◆今年の合格を目指す場合
『ふぞろいな合格答案12』+『ふぞろいな合格答案11』+『10年データブック』
◆来年の合格を目指す場合
『ふぞろいな合格答案13』(2020年6月頃発売)+『ふぞろいな答案分析5』(2020年3月頃発売)+『10年データブック』

→価格改定がない限り、どちらのパターンも合計金額は同じです。そして、今年合格セットを購入したけど万が一落ちた場合でも、『ふぞろいな合格答案13』1冊分の追加出費で済みます。

※ふぞろいの宣伝ではありません!!

ふぞろい関連本は、どの本に何年の過去問が対応しているかがわかりにくいですが、私の過去記事に一覧表が出ておりますので、よろしければ参考にしてください。
よくわかる!ふぞろい書籍一覧表

 

以上、かわともでした!
今日も明日も、皆さんにとって良い一日となりますように。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:**:*

大阪春セミナー動画 期間限定配信中。

お申込みはこちらから(Google フォームが開きます)。

 

*:*:*:*:*:*:*:*

みなさんこんにちは!ちこまる(仮)です。合格体験記はこちら

今日の記事は11回目!過去記事はこちらです!また、今日はおよそ4,000文字。8分程度お時間くださいね♪

前回、所要時間3分で開業届提出の手続が終わった、という話を書きました。次なる準備はロゴです(諸説あり)。コンペ形式のサイトを活用することも考えたのですが、せっかくなので、本業のコンサルの方でご一緒している、とてもリスペクトしているデザイナーさんにご相談しているところです。東京都診断士協会のスプリングフォーラムに参加した時に強く感じたのは、「まだまだ男性が中心の社会」「結構高齢化中」「大事なのは繋がり」の3つでした。30代女性というだけで、結構目立つんですね。いい意味でも、そうでなくても。

そんなことも背景にあったので、屋号やロゴはあまり奇をてらったものでなく、わかりやすく、シンプルなものにしました。が、あんまりガチガチだと私のテンションが上がらないので(笑)日本語だけど多少の柔らかみを含んだものにしました。(最後はえいやで決めた)

その屋号に込めた思いもデザイナーさんにお伝えして、いい感じにしていただいているところです。ロゴはなくてももちろん活動はできるんですがせっかくなので愛着のわくロゴを作ってどんどん活用していこうと思っています!みなさんが診断士になったら、どんな屋号にしますか?これから副業市場がさらに活性化しそうですので、そのあたりも視野に入れていただいてもいいと思いますよ!自分がワクワクするものは貪欲に取り入れて、モチベーションの糧にしちゃいましょう♪

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日は模試の活用術です。いよいよ予備校各社の模試がスタートしていきますね。今年の1本目を受けられた方もいらっしゃるかと思います。

模試は当日の流れをそのままシミュレーションできる時間割になっていますので、この機会をフル活用しましょう!ということで、4つの観点で骨の髄までしゃぶり尽くす、模試フル活用術をお届けします!最後に振り返りの質問集も作ってみましたので、活用して下さいね〜( ´ ▽ ` )

当日の流れを確認する

一番はやはり、当日の流れを確認することだと思います。何時に起きて、いつ家を出発し、何時に会場に入り、自分の集中力や気持ちがどうなっていくのかを記録されると良いと思います。また、休憩時間にどの参考書を見るのか、などを確認します。分厚いテキストは全部読みきれないなとか、どんなものを直前に見ておくと自分が安心できるかを確認できる貴重なチャンス!

ちなみに人間の集中力は起きてから13時間以降徐々に下がっていきます。早起きしすぎると夕方息切れしますので、睡眠時間も大事!そういう意味では前日から試験が始まっていますね。

終了後に振り返りをされるといいと思いますので、やったことやその時の気持ちなど、まとめてメモに取られるといいと思います。これは後述の問い集も活用ください♪

これは本番というより模試の方が発生確率が高いのですが、インターバルで他の受験生と、終わった問題についてあーだこーだと話す人がいます。皆さんも友達から話しかけられることもあるかもしれません。好みの問題なので否定はしませんが、私は次の試験に集中したかったので、外の音を遮断する必要があるなぁ、と感じました。そういった内容をメモします。

持ち物を確認する

当日に何を持っていくと良いのかということを確認します。

受験票には、あらかじめ使えるものと使えないものについて注意書きがあるはずなので、使用OKのものについては、万が一のためにも2セット持っていくことをお勧めします。忘れがちなのが、時計や電卓(二次試験のみ)。電卓にはサイズ規定がありますから、これから買う方は参考までに平成30年度試験要項に書かれた規定を記載します。

サイズはおおよそ縦180ミリ、横100ミリ、高さ30ミ リ以内程度

ちなみに時計では個人的にお勧めなのは電波時計です。過去1次2次合わせて4回受験をしましたが本番の試験ではほぼ確実に電波時計を使って時間の調整をしているようでした。模試は試験会場の審査官の手元の時計や会場の時計の時もありました。本試では2名の試験官がそれぞれの時計を見ながら開始や終了の掛け声をしていくのですが、2人の時計が完全に一致してるというのは電波時計でないと難しいと思います。私が持参した時計も電波時計ですが、それと完全に一致しており、秒単位で残り時間がわかるのでオススメです。また、スマートウォッチなど時計以外の機能があるものは持ち込み不可ですのでご注意を。

二次試験の模試の場合はデジカメで答案を撮影しても良いと書かれている場合もありますから、スマホやタブレットなどを持っていくと良いでしょう。斜めに撮ってもまっすぐにしてくれる台形補正機能がついたフリーソフトもあると便利です。

参考書もどれを持ち込むと良いのか、飲み物はペットボトルなら当日も持参可能ですが、何がいいのかなども試してみるといいですね。特に血糖値・カフェインが体に与える影響をよく確認しておくことをお勧めします。そちらについては後述します。

細かいですが、座布団、膝掛け、目薬も持参可能でした。今年も要項を確認の上、冷えやすい方、目がしょぼしょぼする方、持参を検討しましょう。本試験の日も暑いです。温度調節できる服装で行くといいですね。

ものすごく細かいコツですが、2次試験の当日は香りの弱いアロマスプレーを作って持参しました。空気が淀んでいたり、風通しが悪いとき、ハンカチなどにシュッとひとふきして、深呼吸していました。マスクにひとふきするのもいいですよ。私は空気が淀んでいたり暑すぎたりすると頭痛を引き起こしてものすごくパフォーマンスが落ちるので、参考までに。ミント・レモン・ユーカリ・ローズマリー・ラベンダーあたりがいいと思います。(ここからは好みの問題!)あんまり強い香りだと周りから苦情を受けることがあるので(当日はみんな気が立っているので)香りが弱めのものがいいでしょう。

トイレを確認する

男性の方、必ず作戦を立てましょう笑。女性の方はそんなに問題にはなりません。男性トイレがめっちゃくちゃ混みます。当日は試験が終わってすぐ駆け込む人も多いですが、それでも並びます。これは当日も模試の日も同じですので、並んでいる間も小さい参考書を持参するなど、待ち時間をどうするかについてあらかじめ考えておいたほうがよさそうです。

フロアを変えるなどの選択肢も持っておくとなお安心。トイレがどこにあるか、会場に着いたら確認しておきましょう。

食事と集中力を確認する

ここが個人的にはすごく苦労した点でした。長く集中すると脳も疲れてくるので、糖分を入れたくなり、よくチョコレートを食べていました。が、だんだんとそれが効かなくなり、量が増えるにつれ頭痛がするようになってしまって、(怪しい薬のようですね笑)どうしてかなー?と思っていたところ、友達のアイアンマン(トライアスロン完走者)から、「それは血糖値が急に上がってるからだね。しばらくしたらめまいがしない?」と言われ、占い師か!!というくらいバッチリ当たってました。そこでチョコ断ちをしたところ、再発しなくなり、糖分の入れ方が大事なのか…と衝撃を受けました。

糖質制限ダイエットや低GI食品の認知度が上がってくるにつれ、血糖値の急上昇や急降下についても知見が揃ってきている印象があります。血糖値の上がりにくい食べ物についてはいろんな記事があるのでそちらに譲りますが、ご自身の体にあった糖分を入れてあげるといいと思います。もちろん味も大事な要素ですし。

私の場合はカカオの配合が多いダークチョコと、ドライフルーツ入りのグラノーラを小分けのパックに入れて持ち歩いてました。チョコは夏の間溶けやすいので油断すると溶けてしまいますが、ジップロックに入れておけば、まぁ大事故にはならずに済みます。自習室で勉強している時にも腹ペコで死にそうになったらカップの味噌汁をおやつ代わりに飲んでました笑。あとは試験中もちょっとずつ糖分を入れようと思い、あえて糖分を含んだ紅茶飲料を飲んでました。水とかお茶とか、無糖のものも色々ありますが、試した結果これが良かった、という経験則(と味)だけで選んでいます笑。

同様の理由からカフェインについても摂取してから体の反応が出るまで、また切れたあとどうなるかもよく観察しておくといいですね。モ◯スターやレッ◯ブルなど、試験のお供にされている方をよく見ますが、カフェインを体が処理できる量にも個人差があります。あとはその日のコンディションによっても微妙に体に合う・合わないがあると思いますので当日いきなり使ってみるのではなく事前に何回か試しておくといいと思います。

食事からどれくらいするとお腹が空いたり、血糖値が下がってきたと感じるかメモを取っておくといいですね。

終わりに

そんな細かいことまで!?と思われる部分もあったかと思いますが、結局いくら勉強しても「当日のコンディション次第で合否が分かれる」のは変わりません。模試でどんなにいい成績が出ても、当日その能力をいかんなく発揮できなければ受からないのが試験の厳しいところです。自分という選手が最大限能力を発揮できるような監督をやってあげるつもりで、自分の特性を知り、状態を整える練習も模試で積んでいけるといいですよね。

まとめとして、模試が終わってから振り返りの「問い集」を作ってみました。あなたの監督としてのの振り返りに使ってみてください。

【時間の振り返り】

1.当日は何時間睡眠をとりましたか?それは十分でしたか?

2.どのくらい前に試験会場に着きましたか?早すぎたり、遅すぎたりしましたか?

【持ち物の振り返り】

3.当日は勉強道具として何を持参しましたか?それは十分でしたか?

4.当日は温度調節するためのグッズを持参しましたか?それは十分でしたか?

5.当日はリラックスするためのグッズを持参しましたか?効果はありましたか?

6.足りないものはありませんでしたか?

【トイレの確認】

7.トイレ行列対策のために何をしましたか?(男性のみ)

8.試験会場のフロア以外のトイレの場所を確認しましたか?

【食べ物・飲み物の振り返り】

9.朝ごはんは何を食べましたか?お腹がいっぱいになって眠くなったり、少なすぎてお腹が減りすぎたりしませんでしたか?

10.昼ごはんは何を食べましたか?お腹がいっぱいになって眠くなったり、少なすぎてお腹が減りすぎたりしませんでしたか?

11.おやつは持参しましたか?それらの量や質は十分でしたか?

12.試験中手元に置いておく飲み物は何にしましたか?量や質は十分でしたか?

ということで、今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!雨が降ったり、晴れたりとお天気が不安定な日々ですが、心は晴れやかに!1日1日を大事に過ごしていきましょう♪最後まで諦めない人のところにチャンスはやってくる!応援しています!!

以上、ちこまる(仮)でした〜( ´ ▽ ` )

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*


おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
先日のたっつーの記事にもありましたとおり、あと1ヶ月と約半分。まだまだいけます!何としても最後まで食らいついて諦めず足掻いてくださいね。
ところで、おそらく多くのみなさんは今、1次試験の高速皿回しモードに入っている事と思います。
そんななか、ふとこんな事を考えたりしないでしょうか。
「いったい、この勉強、どんな事に役に立つのだろう??」
そんなことが頭によぎることがあれば、今からのお話を読んでいただければ少しイメージが沸くかもしれません。

地方都市X市にある、伝統的な扇子を製造販売しているA社。
ある日、A社のA社長がコンサルタントとして売り出し中のあなたの存在を知って、相談に来ました。
Aさんの悩みはこうです。
最近、業績がすっかり伸び悩んでいます。
輸入製造の低価格品が増加し、わたしたちが拘ってきた日本製の竹と和紙で作る製品は高くて売れないのです。
従業員たちはいいものを作りたいという思いはあるのですが、販売不振で自信を無くしてモラール低下も気になります。
また、主力仕入の取引先からは後継者の問題で廃業を検討している、と相談を受けており先行きが不安です。」

こんな事例があったとします。
さて、ここで質問です。

間もなくコンサルタントになるあなたは、学んでいる1次試験の知識をどう活かせそうでしょうか?
少し考えてみてください。

答えはいくつもありそうですよね。

私は、得意の妄想力を活かしてこんなシナリオを考えました。

 

まず、社長に経営理念ビジョンについてラポールを築きながらヒアリングしていきます。【企業経営理論/経営理念と経営戦略より】
そうすれば、こんな想いが返ってきました。『うちの若い子たちに伝統の技術を先輩から受け継ぎつつも、新しい感性で新しいデザインや販路に挑戦して欲しい。』

経営理念、ビジョンで社長の「ありたい姿」が明確になり本物の覚悟が備われば、従業員たちの共通目的、貢献意欲、コミュニケーションを向上させることに繋がります。【企業経営理論/組織構造論:バーナード組織の3要素より】

次に、「ありたい姿」と「現状の貴社」のGAPを明確にしていきましょう。それが「企業戦略」となります。【企業経営理論/企業活動と経営戦略より】

その際には、貴社と外部環境を分析する必要があり、強み弱み等のSWOT分析、社会経済動向等のPEST分析の視点が重要です。どうやら、今はインバウンドの和文化は追い風のようですね。アニメ文化も面白いかもしれません。また、会社としては若い好奇心の強い社員が数人いることもこの会社の強みとして生かせそうです。【企業経営理論/環境分析】

もし、従業員の意欲に問題があればモラールモチベーション向上の為の施策を考える必要がありそうです。【企業経営理論/モチベーション理論】

ところで、御社の財務状況はいかがなのでしょうか。まずは財務体質をしっかりと把握する必要があります。
重要な経営要素として3点あります。次の3つの観点から課題をみつけていきましょう。「➀安全性➁効率性➂収益性」。【財務・会計/経営指標】

どうやら➂収益性と➁効率性に問題点がありそうですね。
では、どうやれば儲かるようになるのか、考えましょう。
まずは直接原価計算による損益分岐点の把握ですね。
固定費が高く、損益分岐点が高い状況ですね。
遊休設備等があるようなので、売却を検討されたらいかがでしょう。
合わせて、賃料の安い郊外施設に移転すれば固定費は下がり、損益分岐点が下がり儲かり易い体質に変えることができます。【財務・会計/損益分岐点】

続いて、商品群別にどの商品が利益に貢献しているかをしっかりと把握する必要がありそうです。
また、その原価把握にあたっては、作業工程における標準原価を設定しなければいけません。そして、標準原価と実際原価の差異分析において、どうやら作業工程での廃棄ロス、時間差異操業度差異が発生していることが明らかになってきました。
これは、工程の見直しについて考える必要がありそうです。【財務・会計/原価計算】

早速、生産計画生産管理について、分析をすすめていきましょう。
なるほど、ライン編成、段取り替え、また歩留まりにどうやら原因がありそうです。この点を改善しましょう。歩留まり改善に向けては、若手の発案で廃棄していた端切れを利用してキーホルダー型のアニメキャラクターと和の雰囲気をデザインしたミニチュア扇子をインバウンド観光客向けの高付加価値商品として検討したい声が出てきました。利益率改善に繋がる一策になるかもしれません。モラールが上がる可能性も高そうです。【運営管理/生産計画と生産統制】

また、受注~製造~販売~在庫~出荷の情報が共有化されておらず、在庫過多となり、棚卸資産回転率の低下(効率性低下)につながっているようです。また、仕入先の不安定化のため、リードタイムが長くなっていることも在庫増の要因につながっているようです【運営管理/在庫管理】

前者については、IT投資を行って情報共有化をすすめる必要がありそうです。効率的なデータベース構築に向けて検討していきましょう。【情報システム】
但し、設備投資を行うに当たっては、その投資効率を検証しておく必要があります。
投資効率を判定する際には、割引率を検討する必要があります。【財務・会計/投資判断】

ついては、割引率の算定の基礎となる国債利子率の状況を知る必要があります。
また、借入に際してはその投資環境を知っておく必要もあります。
現在はアベノミクス&黒田総裁による超積極的な金融政策により、流動性の罠の状況であり、金利は下限に張り付いています 。理論上、財政政策を行えば極めて有効となりますが、財政健全化問題を抱えているなかでのこれ以上の積極的な財政政策は難しく、(劇的な経済環境の好転⇒想定通りの物価上昇は難しく)当面は金利を抑制せざるを得ない状況です。
尤も中長期的観点では、過剰流動性及び円安主導によるコストプッシュインフレ懸念、更には財政健全化問題も考慮すれば金利水準は最下限状態と考えるのが妥当です。ならば固定金利長期の調達すべきと判断します。金融機関の貸出態度DIの数値も高く、資金調達には良好な環境のようです。【経済/ISLM分析、中小企業経営】

また、システム導入に際してはIT補助金の導入が採択されればA社の負担は減ります。
その際には、中小企業の定義当社が当てはまるかを確認しておく必要があります。要件には当てはまっているようですね。採択に向けて一緒に申請手続きをすすめましょう。【中小企業政策】

また、インターネットマーケティングを利用して販路拡大や顧客とのリレーション構築も検討する余地がありそうです。
【企業経営理論/インターネットマーケティング、情報システム】

そして、仕入取引先の廃業問題に関しては事業存続を目的としたM&Aも視野に入れておく必要がありそうです。
ついては、その際の選択肢として合併事業譲渡株式移転等についてその要件を整理しておきましょう。合わせて法務デューデリジェンスとして契約関係の洗い出しもしておきましょう。
【経営法務/組織再編等】

当然、財務デューデリジェンスとして、企業価値を把握のうえ投資判断をしていく必要があります。【財務・会計】

 

いかがでしたでしょうか。きっと、みなさんのなかにもあの知識はこう繋がる!等の発見やアイデアもあったのではないでしょうか。
このように実際の企業活動において、1次の知識は各方面で繋がっています。

今、学んでいる事は将来、支援する企業のどんな場面で活用する事があるのか。
そんな事も意識すると、モチベーションも湧いてきて記憶に残りやすいのではないでしょうか。
是非、そんな未来の自分を想像しながら1次の知識を深めてください!
そうすれば、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

前回、前々回と「渾身!論点シリーズ」として(薄れつつある一次試験に関する記憶を絞り出して)記事を書かせていただきましたが、ちこまる(仮)がまとめてくれた通り道場には過去記事として様々な役に立つ情報があります。是非、苦手な論点等について、活用していただければと思います。

さて、6月も中旬に差し掛かり、一次試験まであと48日となりました。人によって状況は異なると思いますが(科目合格済みの方や二次専念の方もいますので)、一次試験当日に向けて追い込みをかけている方が多いと思います。大手予備校TACのカリキュラムでは、現在は完成答練の終盤に入っているかと思いますので、過去の私の経験に基づき、完成答練の活用方法についてお伝えしたいと思います。

ちなみに、5月22日に「令和元年度中小企業診断士第1次試験会場(予定)について」が発表されております。私は昨年、一昨年と全ての試験を立教大学で受けていたのですが、今年は一次試験の会場に立教大学がなく、なんとなく寂しい気持ちになりました(どうでもいいですね)。

 

完成答練って?

独学やTAC以外の予備校に通っている方もいますので、そもそも「完成答練ってなに?」という方もいると思います。全体感も理解してもらった方がイメージしやすいと思いますので、TACのカリキュラム構成(一次試験対策)を簡単に説明すると、以下のような感じになります。

<基本>科目①の講義→科目①の養成答練→科目②の講義→科目②の養成答練→・・・→科目⑦の講義→科目⑦の養成答練

<直前期>科目①の完成答練①→科目②の完成答練①→・・・→科目⑦の完成答練②→科目①の最終講義→・・・→科目⑦の最終講義

 

週末通学コースの場合、1日で2つの完成答練を実施しますので、要は1週間に2科目ずつ仕上げていくことになります。そして、完成答練は①と②がありますので、2回転の仕上げを実施することとなります。さすが大手予備校のよくできたカリキュラムだと感じますが、講義・養成答練で1回目、完成答練①で2回目、完成答練②で3回目、さらに言うと最終講義で4回目、と複数回転させることで知識の定着を図っていく仕組みとなっています。

 

完成答練の結果をどう受け止めるか

繰り返しになりますが、既に完成答練の終盤に入っていると思いますので、その結果をどう受け止めて活用していくのか、という観点でお話ししたいと思います。2年前となりますが、私の完成答練の結果は以下の通りでした。

 

完成答練は本試験を意識した内容ですので、60点以上を得点したいという気持ちはありますが、問題の難易度やこの時点での受験生全体の仕上がり具合もありますので、点数よりも順位に着目した方がよいかと思います。一次試験の合格率を考えると、上位20%以内に入っていれば、まずまずの結果かと思います(上記の表では、20%を超えているものを黄色にしています)。

上記結果について特に着目したい点が2点あります。1点目は中小ですが、完成答練①でかなりの低得点を叩き出しています。G.W.期間に詰め込みで学習したものの中々頭に入らず、完成答練①の時点では全く仕上がっていなかったため、散々な結果でした。さすがに「ヤバイ!」と感じ、ここからある程度重点的に取組みを行い、完成答練②では持ち直すことができました

2点目は財務ですが、完成答練①では上位20%前後をなんとか保っていたものの、完成答練②では更に点数(順位も)を落としています。詳細は覚えていませんが、そもそも財務に関する知識・応用力がまだまだ不安定であり、その結果が露呈したものだったと思います。

 

完成答練の結果の活かし方

完成答練は(通学コースの方は特に)、本番の疑似体験という側面(一定の緊張感の中、限られた時間内で、優先順を付けながら解く)もありますが、それ以上に重要なのは、結果を真摯に受け止めて、何故そうなったのかを分析し、復習に活かすことです。先の私の例で言いますと、自分でもなんとなく感じていた中小の不安感が現実として現れたことで追い込み学習へと繋げたり、財務の応用力不足についてアウトプット学習を中心に補ったりしています。ご自身の結果をしっかりと分析し、残りの限られた期間の学習に、最大限に活かしていただければと思います。

また、(今年の完成答練が同様かはわからないですが)完成答練の個人成績表では、全体の正答率が50%以上で自分が間違えた問題には「要注意」のフラグが付きますこの「要注意」の問題は必ず対応しておきたい問題ですので、完成答練直後の確認はもちろんのこと、超直前期含めた復習に利用しない手はありません。

 

ちなみに、独学の方はそもそも完成答練に取り組む機会はないですが、ライバルの予備校に通っている方々は上記のようなカリキュラムに取り組んでいることは知っておくべきだと思います。独学の方の学習としては、過去問のABC問題を中心に解いてアウトプットを繰り返していると思いますが、1週間に2科目ずつ仕上げて複数回転する、本番同様の条件で解いてみて自分の立ち位置を確認する、正答率が高いにも関わらず間違った問題は重点的に復習する、といった観点は活用できますので、是非、取り入れてもらえればと思います。

 

最後に、以前の記事でかわともが紹介してくれていますが、完成答練の活用に関する過去記事をご紹介します。お時間のある方は、こちらも参考にしていただければと思います。

・10代目かわとも:GW~1次本番の学習計画まとめ

・9代目だいまつ:【1次初学者(受験校)と、独学者に読んでほしい】受験校の完成答練をどう活かすか。

・7代目たきも:完成答練を120%活用する方法(受験後編)

 

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*

みなさんこんにちは!ちこまる(仮)です。合格体験記はこちら

毎度ですが過去記事はこちらです!今日の記事は10回目!とうとう梅雨入りしましたね。いつも参考書がカバンに入っていたので、大抵この時期を過ぎるとページがヘロヘロになるんですよね。水性ペンの跡が滲んだりして。しかしそれも味というものです。そしてそんなこともあったなぁと思うことが、きっと試験当日の気持ちを落ち着けてくれたりしますので、そんなヘロヘロも味わっていただきたいと思います(笑)

前回の記事で令和1号診断士になれず、と書きましたが、つい先日登録証が届きました。令和2号になりました。そして、ついに開業届(経営法務で見たことあるやつ!笑)を税務署に出してきました。もっと、パンパカパーン!という気持ちになるのかなと思いきや、税務署の手続き時間およそ2分。「はい、受理しました」というハンコをポンっと押されて、あっさりと終わりました笑。

これからどんな活動ができるのか、まだまだ未知数ではありますがどんな道でも自分らしく歩いていけたらな、なんてことを思っています。

今日の記事はこれまでの珠玉の【渾身】シリーズまとめページです。

勝手に永久保存版タグをつけてみましたが、科目ごとになっているページがどうしても欲しくて、作ってみました。これから追い込みの時期まで、何度か見返していただいて、ちょっとよくわからないな、とか、自信がないな、という論点があれば、総復習としてお使いいただければと思います。

ちなみに今回の記事をまとめるにあたり、これまで類似してきたふたつのタグを統合しました。「渾身シリーズ」と「渾身!論点シリーズ」を、「渾身シリーズ」に統合しています。

記事タイトルについても、科目名のみで内容がわかりにくいものは、ちこまる(仮)の独断と偏見で補足をつけていますので、リンク先の記事のタイトルとは異なる場合があります。

なお、これまでの過去記事のまとめですので、投稿された時期によっては最新情報と異なる場合があります。特に経営法務・情報システム・中小は法改正やトレンドを反映しやすい科目ですので、古い記事を参照する際にはないようにご注意くださいね。

今日の記事は(基本過去記事のタイトルばっかりだけど)およそ4,500字です。9分ほどお時間ください♪

さー、ではまとめ!いってみよー!

 

経済学・経済政策

財務会計

 

企業経営理論

 

運営管理

 

経営法務

 

経営情報システム

 

中小企業経営・政策

 

その他

 

二次試験

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。いや〜【渾身】というだけあって、どれも読み応えがありました。皆さんにとっても、ひとつでも多くの「なるほど納得!!」に出会ってくださったら幸いです。

以上、ちこまる(仮)でした〜( ´ ▽ ` )

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

Q:Q 夏セミナーのお知らせQ:Q

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

Q:Q:Q:Q:Q:Q:Q:Q

みなさん、おはこんばちは。
キャリコン診断士のブブです。
季節は梅雨入り。そして梅雨が明ければ。いよいよ勝負の時ですね。
これから2ヶ月間、合格に向けて結果には拘って欲しいのですが、結果に囚われすぎないで欲しい。
そんな想いです。

わたし、今、実はマリンライトの灯りのもと、外でブログを書いています。
風が少々、強いのが難ですが虫の音を聴きながら叩くキータッチは、なんだか小気味よく感じます。

では、なぜ、そんなことをしているのか?

なぜだと思います?

答えは「筆が進まなかったから…」

本来は、別の事(キャリアコンサルタントについて)を書こうとしていたのですが、どうもイマイチ・・・。
「こりゃ煮詰まったで…。」
えぇーい。ならば、気分転換で「外で書こう!」こうなったのです。
実は、この手法は診断士の勉強時に何度も使っていたんです。

その流れで、今回の記事のテーマはズバリ「勉強が進まない時」
脳内スイッチの起動法
「気分が乗らない」「やる気が起きない」「眠たい」そんな時が訪れた際は、ご紹介するネタを活用して合格に繋げていただければ、と思います。

さて、みなさん、脳には幾つかの癖があるというのをご存知でしょうか?
今日は、そのうち3つの癖と対処法をご紹介します。ぜひ、うまく使いこなしてください。
癖➀「脳はサボりたがる」
癖➁「脳は空白を埋めたがる」
癖➂「脳は変化を嫌う」

癖➀「脳はサボりたがる」
考えている時だけ脳が使われているという印象をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。
実はこんなデータがあります。
脳は体重の2。だが、消費エネルギーはなんと24
つまり、脳は普段から多くの情報を得て指令を出す為に多くのエネルギーを消費しているのです。
その為、脳は出来るだけ脳エネを省力化しよう(サボろう)とする癖を持っています。
では、その癖を理解したうえで、どう活かせばいいのでしょう。

提案1)「適度な刺激を与える」
退屈な作業をしていると眠たくなることありませんか。私はしょっちゅうです(笑)
そんなときは、大抵、快適な環境になり過ぎていると思うのです。
例えば、空調が適度に効いた室内。慣れ親しんだ同僚に囲まれ、緊張感の緩んだ状況。
つまり、脳がサボれる(省エネできる)状況と判断しているわけです。
そこで、敢えて適度な刺激を与えるのです。

その為には、今日の私のように「外で風をひんやりと感じながら学ぶ
或いは「他人の目が少々、気になるようなカフェや図書館で勉強」することを提案します。

癖➁「脳は空白を埋めたがる」
この写真、あなたはどこに目が行きますか?

右下がどうも気になりますよね。
通常、人は空白があれば、その空白が気になってしまい、埋めたがる癖を持っています。
では、その癖を理解したうえで、どう活かせばいいのでしょう。

提案2)余裕を持つ
頑張る人であればあるほど、ついつい目一杯いろんなものを詰め込んでしまう癖があります。
でも、そうなるとどうでしょう。
こんな絵になってしまいます。

そうすると、脳の癖である埋めようとする為の空白がなくなり、やる気がなくなってしまうのです。
その対策として、出来るだけ意識してこんな絵にしていくのです。
そうすればどうでしょう。

出来た空白を埋めようとする脳の癖(やる気)が回復してくるのです。あら、不思議(笑)

癖➂「脳は変化を嫌う」
脳の第一の機能は生命維持。そしてそれを司るのが「脳幹」です。
「脳幹」は通称、爬虫類脳。食欲、性欲、体温調整等の生理的・生命維持を司る最も原始的な機能を司っています。
(余談ですが、「脳幹」のほかは「大脳辺縁系」「大脳新皮質」となっており、「大脳辺縁系」は別名、ほ乳類原脳。感情や意欲を司っています。
「大脳新皮質」は別名、人間脳。論理や芸術、人間的な活動の機能を司っています。
そして、これらの3つの機能をみていると、前回のモチベーション理論記事にも関係する”何か”があるのでは・・・。そんな風に私は考えています。)

閑話休題。
では、さきほどの癖(変化を嫌う)を理解したうえで、どう活かせばいいのでしょう。

提案3)勉強を体に馴染ませる
勉強術でよく話の出る「エビングハウスの忘却曲線」、ご存知でしょうか?
1日経てば約70%の事は忘れる・・・という例のアレです。
その根拠は、実は脳の機能にあるといわれています。
脳は重要な情報のみを記憶するように出来ています。その重要性の判断基準は生命維持、加えて人間としての自分らしさを維持できるかどうかによるのです。
そして、通常、勉強で学んだものも頻繁に使わなければ、脳はこう判断するのです。
あ、これいらないや。忘れちゃえ!
でも、何度も何度も出てくるようになると、こう思うのです。
あ、これ大事。きっと生きるために必要!
そうして、記憶が定着化されます。

つまり、最初は脳が「意味ないことやりやがって」と嫌々していたものが、途中から「これ大事!」、さらには「もっともっと~。どんどん欲しい」と不快から快に変わってくるのです。
これを、私はランナーズハイではなく、勉強’ズハイと呼んでいます(笑)

いかがでしたでしょう。
あなたの脳の起動スイッチ、何かヒントは見つかったでしょうか。
そして、私、本日も「脳に余白」を残して、ブログライターズハイで終われそうです(笑)

せっかくの人生の貴重な時間、その過程(勉強自体)も楽しんで合格目指して乗り切ってください。そうすれば、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

おはようございます!かもよです。
突然ですが、皆さんのおうちの近くにはファミリー〇ートはありますか。
最近、店頭に大きく「ポケチキ」と書いてあるのをよくみかけるのですが、一度じっくりご覧になってみてください。

なんだか……
じーっとみていると……
ほら……

ポケテキ」に見えてきませんか?

はい、今はポケットブックなのでわかりずらい導入でした!


いよっちの高得点術3連投のあとで恐縮ですが、社会(っていうかもう暗記全般)が大の苦手なかもよが行った勉強法を一つご紹介させていただきます。
本当に苦手過ぎて先延ばしにしていた(実際春セミナーの時点でなんにもしてなかった)私でしたが、中小は76点を得点することができました。もちろん、いよっちには程遠いんですけれども……苦手教科から稼ぎ頭になってくれた中小の「上昇率」だけは自信があります。
思えば……今となっては遠い日のセンター試験……私は(自ら選んで受験したはずの)社会系がボロボロで……政治経済は38点だったと今でも覚えているくらいなので……。
同じように苦手意識がある方も、諦めず頑張りましょう。
一年前は半信半疑でしたが……
今からでも伸びます!

ただねぇ……勉強の最初からできる!とはもちろん思えませんでした。
なんてったって社会科と暗記が大の苦手なんだから。
一周してもぜんぜん頭に入らなかったです。

そこでですね、中小は思いっきり自分でまとめるぞと決めました。

今日は、そのうちの1ページをご紹介。

大抵テキストやポケテキなどは、
政策・制度(何を)⇒内容(どのように)⇒機関(誰が)
となっています。

ただ、最初の「政策」「制度」になじみがなくてよくわかんないてかもう、多い。(暗記苦手にとって量に圧倒されるって、あるあるだと思う)
じゃあ、自分にとってなじみがよくて、かつ覚えやすいもの(数が少なくできるもの)はなんだろう。
と考えたとき、「誰が」やるんだろう、と考えてみました。

ということで、制度はとことん、
機関(誰が)⇒政策・制度(何を)⇒内容(どのように)
に並べ替えました。

が、何をどうやってるのか、の方向にまとめると、その機関のやっていることの傾向がわかります。また、制度自体の数は多く、新しくも作られており、出題されたことのない制度は多く存在します。いわゆる新規の問題が作りやすい。ですが、機関の数はそこまで多くないので、何をやるための機関なのか、をとらえることで、解答の方向性をとらえることが可能になります。

さて、実際にかもよがまとめたノートがこちらです。

殴り書きでごめんなさいね!!!

まずは、機関の名前と、機関の説明と、その時点で捉えている制度を書き込みます。あとは出題されやすい内容を書き込みます。で出題されやすいポイントを書き込みます。さらにオレンジで特徴や、見分けるポイントを書き込んでいます(ちょっと見分けづらいですね)。
過去問や問題集で新しい制度が出てきたら、機関とまた結び付け、赤で要点を書き加えました。なので書ききれなくて線がびょんびょん飛んでいます!!
大事にしたのは、この1ページになるべく盛り込んでいくつまりここに書かれている機関についてはこのページを見ればよい、としたことです。
(高度化だけはしっかり書きたくて別ページになっちゃったけど)

まず、なぜかたまーに機関の数が問われます。

突然の例題!!
中小企業基盤整備機構の数は? ア.8か所 イ.9か所

……って問題は出題としてあんまりないですよね……。たぶん、せめて「ア.50か所」くらいにしたくなるんじゃないかなぁ……(それよりも選択肢で数については2つ以上問われることはないと思うけど)。
ということで、まずは、一桁なのか、都道府県+α(50前後)なのか、100以上、なのか、だけでも覚えて、それから細かい数字を抑えましょう。

そのうえで、
一桁なのは、
中小企業投資育成(株)3か所。内訳は、東京中小企業投資育成(株)と大阪中小企業投資育成(株)と名古屋中小企業投資育成(株)と、正確には社名の頭に地域の名前がつきます。
経済産業局(全国8か所+沖縄)と中小企業基盤整備機構(全国9か所+沖縄)。これはほぼ、地方に一か所ですね。ちなみに中小企業基盤整備機構は「北陸本部」もあり、9か所となっています。どちらも沖縄のみ、事務局(事務所)と名前が違うので「+沖縄」です。
だいたい都道府県ごとにあるのが、「中小企業支援センター」と「信用保証協会」ですね。どちらも相談も受けています。ちょっと間口が広いですね。
100以上あるのが、(株)日本政策金融公庫(株)商工組合中央金庫も多い。金庫は多いんですね。

次にどんどん問題を解いていくと、機関ごとの出題の濃淡がわかります。
ここで、それぞれの機関の大枠をとらえます。
支援系なら中小企業基盤整備機構が多いです(診断士の試験だから当然ですね)。なので、中小企業支援センター中小企業支援法の指定法人ってことをとらえれば、大抵は中小企業基盤整備機構だな、となりできます。中小企業投資育成(株)は、基本、投資とコンサルをするところなので、制度にはあまり関わりません。政府以外も関わっているというのもポイントですね。
金融系なら(株)日本政策金融公庫について問われる範囲が広いです。国民生活事業が細かく金額と年数が設定されており、ちょっと大変ですが、逆に言えば、ここはしっかり暗記すべきってことです。中小企業事業は、事業年数や、対象年齢について問われることが多いです。信用保証協会の制度は「保証」がつきます。

だいぶ覚えること減ったと思うのですが、いかがでしょうか。
ざっくりとらえたら、もちろん、いよっちのリストのように、細かく追加していきましょう。ポイントは、比較でしたね。違いや特徴的なことを足していくことです。

ということで、さすがにかもよの殴り書きのノートだけでは申し訳ないので、エクセル化したものを下記に置いておきます。データ化するとちょっと味気なかったので、リンク付きにしてみました。昨年の私のノートをベースにしておりますので、情報は是非ご自分のテキストや問題集などと照らし合わせ、カスタマイズしてみてくださいね。

DLはこちらから

やっぱり、暗記苦手な人にとって、ただただ暗記の反復は苦しいっす。情報や運営は、理由や仕組みについての記事やサイトが多いですが、中小は自分でどう理解するかが大事になってくる教科だと思いますので、ご自分の視点を見つけて、まとめてみてみるのも手だと思います。

以上、かもよでした!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

道場初(!?) 二次対策勉強会、開催決定!!
大阪のみで試験的にチャレンジしてみます!

申込みはコチラから!!(※現在、満席につきキャンセル待ちです)

5月11日(土)@大阪写真会館
受付開始:9:00 勉強会開始:9:30 懇親会:18:00

詳細はコチラ!!


みなさん、おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
超大型連休となったGWも後半に突入。
ぞして、1次試験を受験される方は、今日は意識すべき時ですね。
なぜなら今日は5月3日。試験日は8月3日。そう、つまり試験まであと3ヶ月。
この3ヶ月をどう捉えるか・・・。
まず、この意識が重要です。
「もう、3ヶ月しかない。」
「まだ、3ヶ月もある。」
この意識の持ち様で、自身の行動が変わってきます。
悠長に構え過ぎるとあっという間に過ぎていく時間。
かといって焦りすぎると、試験までの集中力が持つかどうか・・・。
そして、このコントロールが合否を分けます。

競馬でいえば、向こう正面から第3コーナーを周り、最後の直線に向かう道中のシナリオを意識している鞍上の騎手の心境。

診断士試験においては、1次試験突破に向けて自分自身の手綱をどう捌いていくか。
それが最終結果に影響してきます!
今日は、そんなことを考えてもらいたいと思っています。

その自身の特性を把握する方法として、私は”夏休み宿題理論”を提唱します。
判定方法は簡単です。
『あなたは、夏休みの宿題にどう向き合うタイプでしたか?』

「夏休み」。宿題としてはかなりの量が課せられますよね。

その圧倒的な量(あくまでも個人的感想)に対して、どう向き合い、どう捌いてきたか。
それが一つのあなたの特性であり、成功パターンに通じる特徴といえます。
この「夏休み宿題」への向き合い方は人によって分かれます。
大きくは3つ。

「アベレージ優先」タイプ
モデルプランに沿って宿題を確実に消化していくことが得意なタイプ
このタイプは、ムラが少なく高い安定感が特徴です。
一方、極端な負荷が掛かる集中は嫌いかもしれません。
しっかりと着実にこなしていくことで自身の心理も安定した状態を保てます。
残り、3ヶ月、焦らずにこなしていきましょう!
「先行逃げ切り」タイプ
夏休み早々に宿題を消化。後の休日を充実させることが得意なタイプ
このタイプは、早期に課題をクリアすることで心理的な余裕を持ちたい、という特徴があります。
おそらく、このタイプは同時に勉強を始めた方よりも現時点で優位な位置にいる筈です。
気をつける点は、優位性に余裕を持ちすぎて足元を掬われないように注意をはらうこと。
例えば、1次試験の合格を過信して他ごとに目を向き過ぎないようにしましょう。
「最後に追込み」タイプ
夏休みの最後に一気に帳尻を合わせることが得意なタイプ。
このタイプは、直前期に急激に得点を上げてくる特徴があります。
おそらく、現時点では合格の対象範囲外に位置しているケースが多いでしょう。
それでも、短期集中力が強みなので、それを活かすことが出来れば合格の可能性があります。
注意すべき点としては、出力できる集中力の限度を把握して、間に合うタイミングで仕掛けを行えるように自己管理すること。
一方で早めに集中し過ぎるとこのタイプは集中力がもたないことも多いでしょう。

タイプはそれぞれ異なるのですが、実は、いずれにしても共通の(合格への)成功法則があると私は考えています。
それは、適切に(合格)ゴールへの距離感を掴んでいる事。
具体的には、3ヶ月後の試験日には、頻出過去問題の誤答がほぼなくなっている状態です。
その為のプロセス管理としては、一発合格道場で提唱している皿回し(過去問を繰り返し、解いていくこと)を5~7回は終えれるようにすること。

その状態に持ち込めるように、自身の得意な鞭の入れ方を意識してみてください!

(なお、宿題をしないという選択肢は合格においては論外ですからね(笑))

さぁ、今日からあなたはあなた自身の鞍上の名手!
自分らしさを信じて歩を進めてください。ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

道場初(!?) 二次対策勉強会、開催決定!! 

4月27日 正午より申込みスタート!

5月11日(土)@大阪写真会館
受付開始:9:00 勉強会開始:9:30 懇親会:18:00

詳細はコチラ!!

 


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

遂に、平成最後の私のブログの番がやって参りました。感慨深いものは・・・まだ2ヶ月しか経っていないので特にありませんが、4月の春セミナー3本立て(東京週末、大阪、東京平日)が終わり、ほっと一息、という気持ちではあります。平日勤務の方は、明日から10連休という方も多いと思いますが、学習の追い込みや各教科の仕上げとして、G.W.をうまく活用していただければと思います。ちなみに私は、2年前の今頃はTACの速修コースに通っており、G.W.は約1週間で法務と中小を終わらせるという詰め込み講義で、若干気が狂いそうだった記憶があります。同様に大変な方も多いと思いますが、体調には気を付けて、取り組んでいただければと思います。

また、本日より一次試験の試験案内配布・申込受付が開始となっていますので、忘れずに手続きをしましょう。試験案内の入手方法は、郵送による請求か、各地区の指定窓口での配布、となります。中小企業診断協会でも窓口配布しておりますので、お時間がある方は、足を運んでみるのも一興かもしれません。詳細は中小企業診断協会のサイトでご確認ください。

 

本日の記事の内容について

さて、本日の記事の内容ですが、タイトルにもある通り、東京春セミナーにて私が講演させていただいた内容を集約したものとなります。是非、春セミナーに来れなかった方にもお伝えできればと思い、ブログの記事として取り上げさせていただきました。春セミナーに来ていただいた方は、復習的な記事としてお読みいただければと思います。なお、以下のリンクに資料(PDF)がありますので、こちらと合わせてご覧いただければと思います。

春セミナーの資料(抜粋)

 

二次試験対策を始める時期

一次試験後からでも間に合うが、今年の合格を目指すのであれば、今の時期に開始するのがお勧め

道場10代目メンバーの内、二次試験を1回だけ受けたメンバーは8名います。その内の半分は、二次試験の対策を一次試験後の8月から始めていますが、残りの半分は4月~6月に対策を開始しています(本格的な二次試験の情報収集、教材集め等)。一次試験終了後から二次試験までは2ヶ月半程度しかなく、短期間で対策が必要となりますので、正しい方向性でスタートダッシュが切れるよう、準備をしておくことが望ましいと考えらえます。

 

二次試験対策としてこの時期に取り組みたいこと

二次試験の正しい対策に向けた情報収集

二次試験対策の全体像について、大きく分けて、①二次試験の概要理解②二次試験の正しい対策に向けた情報収集③二次試験に必要な知識等の習得④二次試験の解答方法の習得⑤二次試験の演習、と分類しました。この内、①は当然理解しておくとして、②に関しても早めのこの時期に是非知っておいてほしいと思っています。逆に③~⑤は、ストレート生のように一次試験に注力が必要な方は、そこまで手が回らないと思いますので、一次試験終了後で問題ないと思います。

 

某Gさんの教訓

能動的な情報収集に基づいた、自分にとって納得感のある、正しい試験対策を講じる

過去問について、実際の合格答案の解答内容を参考にする

道場ブログを読んでいただいている方は、既に能動的に情報収集をされている方ですので、あまり心配ないかと思いますが、特に二次試験の対策については、色々と情報を集めた上で、自分にとって納得感のある試験対策を行うことが重要と考えられます。少し厳しい言い方になってしまいますが、単に予備校のカリキュラムをこなせば合格できるほど甘いものではありません(もちろん、それで受かる方もいます)。

また、特に予備校に通っている方は、教材として配布もされると思うので、過去問の解答として、予備校の解答を目にする機会が多いと思います。しかしながら、予備校の解答は十分に練られた内容であり、おおよそ受験生が初見で80分で書ける内容ではありませんということを知っていることが重要です)。ですので、実際の合格答案の解答を参考にすることをお勧めいたします。

 

得点開示結果と学習時間割合からの考察

全体的に安定して6割確保を目指す

事例Ⅳは重点的に対策

点数自体は結果論ですが(そもそも試験が終わった瞬間は絶望感MAXでした)、事例Ⅰ~Ⅲは平均的に得点を獲得することができ、前年と比較してバランスよく点数upすることができました。ポイントとしては、無理に高得点を狙うのではなく、全体的に安定して6割以上を確保すること目指して取り組んだことが、実を結んだのかなと思っています。

また、事例Ⅳは対策した分だけ点数に繋がりやすいので、重点的に対策することをお勧めします。人によって異なると思いますが、私の場合は、各事例対策の倍程度の時間を事例Ⅳ対策に費やしました。

 

正しい試験対策に向けた指針①

みんなが書ける解答を書けるようになる

もの凄く当たり前のことを書いていますが、これがなかなか難しいです。与件文に書かれていることが全てであり、勝手な想像や思い込みは排除する必要があります。設問の題意は何か、制約条件はないか、ということを十二分に意識して、忠実かつ簡潔に解答を作成する必要があります。また、アイデア勝負ではありませんので、特に自分の仕事に関連する業界が出てきた時は注意が必要です(神アイデアが降臨して、そのまま召される可能性があります)。

また、高得点獲得を狙うよりも6割確保を優先すべきと考えます。そもそも満点が取れるような試験ではありませんので、正解を想定して狙いに行くような解答方法は危険です。無理せずリスク分散を図り、得点を安定させる方が良策です。特に事例Ⅳにおいては、誰もが解ける問題でケアレスミスをして失点すると致命傷になりますので、難問を諦めてでも検算や見直しに時間を割く方が良いと思います。

 

正しい試験対策に向けた指針②

初見で80分で解けるスキルを身に着ける

二次試験の過去問は、時間をかけて解いたり、何度も同じ問題を解けば、実際のところそれなりの解答は書けると思います。しかしながら、初めて見る問題について、80分という限られた時間の中で(しかも極度の緊張感の中で)、解かなければならないことが、二次試験の難しさとも言えます。

ということで、実際に解いたことがある方はわかると思いますが、基本的に時間は足りなくなるので、各設問についてはじっくり考えている時間はありません。そのため、少しでも早く解答に辿り着くために、頻出論点についてパターン化を図ったり、知識の引き出しを増やしたり、フレームワークを活用することが重要となります。

また、事例の解き方について、自分なりの解法を確立させ、実際に試しながら体で覚え、PDCAを回して改善していくことが大切です。そのために、先ほどもあった通り、合格者の解答を参考に過去問の学習を行い、特に復習に力を入れることをお勧めします。

 

二次試験対策の学習方法と使用教材

基本は過去問の演習~ふぞろいの利用者が圧倒的多数

事例Ⅳは、過去問以外にも対策しているメンバーが大半

二次試験の学習方法ですが、予備校経験者は予備校教材も使っていますが、基本は過去問の演習となります。ふぞろいを活用しながら、しっかりと復習することが重要です。なお、過去問は、あまり過去に遡りすぎると試験の傾向も変わってしまうので、ご注意ください。

また、事例Ⅳについては、過去問以外にも何かしら対策をしていたメンバーが多かったです。ご自身にあった教材を選択し、ある程度の演習問題はこなした方が良いと思います。

 

二次試験に専念されている方や、ある程度科目合格済みの方以外は、正直、今は一次試験対策で手一杯だと思います。ですが、中小企業診断士試験の最終関門は二次試験ですので、是非、一次試験終了後のスタートダッシュに向け、本内容をご参考にしていただければと思います。

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー(平日夜版) 申し込みはこちら
※現在、満員御礼!
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

4月6日(土)東京セミナー レポートはこちら

4月14日大阪セミナー レポートはこちら

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


☆もくじ☆
1.ふぞろいって、どんな本?
2.ふぞろい関連書籍の一覧表
3.学習タイプ別の揃え方

文字数:約2000字(約3分で読めます)


こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!
今回は、二次試験の参考書『ふぞろいな合格答案』(通称ふぞろい)について、今までありそうでなかった?書籍マップを一挙ご紹介します。

1.『ふぞろい』って、どんな本?

二次試験について情報を集めていると、必ず出会う「ふぞろい」という存在。「ふぞろいの合格答案を写経した」とか、「ふぞろいで採点した」とか・・・。
調べてみると、どうやら二次試験対策の参考書であることがわかり、書店の資格コーナーに行ってみると、「ふぞろい本」が何種類か見つかる。さて、どの本を買おうか。

ここで多くの人がぶち当たる壁が、

ふぞろい、色々種類がありすぎて分かりにくいんじゃ!!!
一体どれを買えばいいんじゃ~!!!!!(ちゃぶ台返し)

ということだと思います。
私は合格後に初めてふぞろい関連書籍の全体像を理解しました。というのも、私は今年度版の執筆チームに参加しており、プロジェクトのキックオフの時に全体像を説明してもらったからです。(受験生時代は全体像が良くわからず、不要な本まで余計に購入してしまいました)

前置きが長くなりました。。

ふぞろいを簡潔に説明します!

〇「ふぞろい」とは、『ふぞろいな合格答案』という書籍のことを指します。

〇診断士2次試験の受験者から本試験の再現答案を提供していただき、得点につながった可能性が高いキーワードを分析した、最も人気のある2次試験対策参考書の1つです。

〇その年の合格者から20名程度+受験生3名程度がチームを作り、1年に1回『ふぞろいな合格答案』を執筆しています。

〇これをベースに、複数年分の総集編として『ふぞろいな答案分析』『ふぞろいな再現答案』『ふぞろいな合格答案10年データブック』という姉妹書籍を作っています。

それでは、一体ふぞろいはどのように活用できるのでしょうか?メリットを3つにまとめてみました。

『ふぞろいな合格答案』3つのメリット

〇2次試験の自己採点ができる
予備校の模範解答は、時としてレベルが高すぎる場合がある。ふぞろいでは実際の再現答案をもとにキーワードを分析しているため、リアルな合格のレベル感に基づいたキーワードレベルでの自己採点が可能。

〇合格者が試験中に何を考えながら解いていたかがわかる
「80分間のドキュメント」では、メンバーがどの事例のどの設問で何を考えていたかをリアルに記録しており、自分の解答プロセスを作るうえで参考になる。

〇モチベーションアップに役立つ
コラムが充実しており、例えば「合格後の活躍に関すること」や「失敗談」など、息抜きとモチベーションアップに役立つ。

2.ふぞろい関連書籍の一覧表

それぞれの書籍に含まれるコンテンツを詳しく見てみましょう。
まず、基本の書籍『ふぞろいな合格答案』では、フルコンテンツが掲載されています。

『ふぞろいな合格答案』コンテンツ一覧

①本試験の再現答案のキーワード分析
②メンバー数名の80分間の過ごし方
③様々な企画やコラム
④その他お役立ち情報
⑤【付録】メンバー数名の生問題用紙

そして、姉妹書籍については以下のようになっています。

『ふぞろいな答案分析』…2年分の①をまとめたもの(※注)
『ふぞろいな再現答案』…2年分の②をまとめたもの(※注)
『ふぞろいな合格答案10年データブック』…10年分の①をまとめたもの+10年分の解答キーワードをまとめた「10年まとめ表」

(※注:過去には3年分をまとめていたことも有)

表にまとめると、こんな感じです。(クリックで拡大します)

各書籍の相関図は、以下のようになっています。(クリックで拡大します)

コンテンツと掲載年度をまとめたものはこちら。(クリックで拡大します)

3.学習タイプ別の揃え方

それでは、一体どの本を揃えればよいのでしょうか。

〇とにかくたくさん過去問を解きたい人
『ふぞろいな合格答案12』+『ふぞろいな合格答案11』+『10年データブック』
→12年分の過去問に対応(本体価格合計9,300円)

〇量より質!数年分をじっくり解きたい人
『ふぞろいな合格答案12』+『ふぞろいな合格答案11』+『ふぞろいな答案分析4』
→4年分の過去問に対応(本体価格合計7,200円)

〇とにかく時間がない!1年分だけ解きたい人
『ふぞろいな合格答案12』(本体価格2,400円)

まず、直近2年分(2017年度と2018年度の過去問掲載分)については『ふぞろいな合格答案』の11と12を単品でそろえる必要があります。これをベースとし、学習タイプ別に必要な書籍をプラスするのがおすすめです。
『ふぞろいな合格答案12』は6月下旬に全国の書店、同友館オンライン、Amazonにて販売開始予定。2次試験の参考書は1次終了後に品薄になるので、1次試験前に準備するのをおすすめします!

以上、かわともでした!


明日は平日夜セミナーが開催されますね。激務系診断士たっつーが「どうしてもやりたい!」と熱い想いで引っ張ってくれ、実現したセミナーです。明日参加される方は、お忙しい合間をぬって参加されると思います。ぜひぜひ道場メンバーに何でも相談してくださいね♪

今日も明日も、皆さまにとって良い日になりますように。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

大阪セミナー 申し込みはこちら

4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申し込みはこちら

4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

東京セミナー レポートはこちら
4月6日(土) @港区勤労福祉会館

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

先週末に東京春セミナーがあり、10代目として初めてのセミナーを無事終えることができました。私自身は、二次試験対策を中心に色々とお話しさせていただきましたが、多くの方々にご参加いただき、本当にありがとうございました。そして明日は、大阪春セミナーが開催されます。関西メンバーを中心に、東京に負けないぐらい熱い思いをお伝えできればと思います(お前はいないだろ、という突っ込みはおいておいて)。また、来週は平日セミナーの開催となりますので、こちらも是非よろしくお願いいたします(こっちはいますよ~)。

 

二次試験対策の教材集めについて

さて、みなさんは、二次試験対策の教材って、だいたい揃えていますか?というか、そもそも何を揃えるか考えていますか?「一次試験の対策でそれどころじゃないよ!」という方が多いと思いますが、それで問題ないと思います。実際、私も1年目の今の時期はそうでした(しくじり先生の話は聞いてない ※東京セミナーレポートをご参照ください)かわともの記事にもありますが、7月上旬を目途に揃えておけば安心かと思います。ですので、ストレート生の方は、今後教材を揃えるための参考情報として捉えていただければと思います。また、既に二次対策に取り組み中の方は、現在利用中の教材の補完候補として捉えていただければと思います。なお、一点注意となりますが、基本は独学目線で記載していますが、予備校に通っている方は、予備校のカリキュラム・教材だけをやれば問題ない、と安易に考えるのではなく、それらと組み合わせることをご検討いただければと思います。

以下、いくつかの観点に分けて、実際に私自身が当時検討した内容も交えながら、二次試験対策の教材について紹介させていただきます。

※前提として、1年目はTACに通っていたので、TACの過去問集・演習教材は持っており、2年目は独学で二次に専念しています。

 

知識の整理・定着

【使った教材】

中小企業診断士試験2次試験合格者の頭の中にあった全知識

→二次に専念ということもあり、一次の知識が抜け落ちないようにするため、また二次向けに知識を再整理するため、という目的で利用しました。ストレート生の場合、正直、本教材に費やせる時間は限られているので悩みどころですが、それ以外の方は、一次の知識を二次で問われる観点で整理した方がいいのでお勧めです。ちなみに、私は当年版を待たずに購入(2017年版)しましたが、毎年大きく変わるものではないはずなので、特に問題はなかったです。

 

要点整理ポケットブック 第1次試験1日目&2日目

→いわゆるポケテキです。二次向けではなく一次向けに購入した物ですが、念のため全知識以外の範囲から基礎的な要素が出ても対応できるように、数回流し読みをしました(2年目は二次に専念しており、一次の知識を結構忘れてしまっているため)。

 

【検討したけど使わなかった教材】

中小企業診断士2次試験合格者の頭の中にあった全ノウハウ

→いわゆる全知全ノウの、もう片方になります。書店でさっと内容を確認しましたが、テクニック的な内容が中心であり、既に知っている内容が多かったので、あまり必要性を感じなく、見送りました。

 

中小企業診断士2次試験事例IVの全知識&全ノウハウ

→こちらは、事例Ⅳに特化して、全知識と全ノウハウの内容を集約したものです。どちらかというと、事例Ⅳ対策用、という位置づけですが、題材は過去問となっています。過去問は別途取り組むので、過去問以外の演習がやりたいと考え、見送りました。

 

解法の確立

【使った教材】

AAS 中小企業診断士 2次試験 事例問題の解法 改訂版

→ここが一番悩んだ観点となります。80分という限られた時間の中で安定した得点を取るため、できるだけ機械的に型・パターンにはめながら解けるようにしたいと思い、参考になりそうな教材を色々探しました。本教材は、80分の作業を工程表に落とし込み、作業手順や各工程での思考等を整理しており、自分なりの解法を立てるのに参考になりましたAASのサイトにサンプルもありますので、興味のある方はご覧いただければ思います。

 

【検討したけど使わなかった教材】

中小企業診断士2次試験事例問題攻略マスター

→書店でさっと内容を確認しましたが、解法の整理に関する記載内容は多くなかったので、見送りました。うる覚えですが、解法に関して記載されている内容は、おおよそ自分の考えと合致しており、上記のAASの解法テキストがなかったら購入していたかもしれません。

 

中小企業診断士2次試験 世界一やさしい答案作成術

Webで色々と情報収集する中で気になっていたのですが、そもそも入手困難であり、実際の内容についても把握する術がなく、見送りました。

 

演習(過去問)

【使った教材】

ふぞろいな合格答案1110、ふぞろいな答案分析432

→過去問について、実際の合格者・不合格者の答案をベースに分析している鉄板の学習教材となります。二次試験は正解が公表されませんので、合格者の答案を参考に過去問の学習を行うことは非常に重要です。私は、ちょうど書店で入手できたということもあり、過去問8年分を準備しました。ちなみに、私の場合は全て揃えたあとに「ふぞろいな合格答案 10年データブック」が出ましたが、さすがに買いませんでした・・・。10年データブックがあれば、あとは直近の分だけ揃えれば十分ですね。

 

過去問と解答用紙

かわともと同じですが、AASHPを活用させていただきました。過去問を何年分解くかは、人によって異なりますが、あまり遡りすぎると傾向が変わってしまうので注意が必要です。私は、ふぞろいを揃えた過去8年分を実施しました。また字数や形式に慣れるために、方眼紙等を使うのではなく、解答用紙をそのまま使って演習することをお勧めします

 

演習(事例Ⅳ)

【使った教材】

TAC 中小企業診断士 集中特訓 財務・会計 計算問題集

→事例Ⅳに向けて、財務・会計は、もう一度基礎から復習し直そうと思い、計算問題集を一通り実施しました。本教材については、十分吟味したかというと、そこまでではありません。事例Ⅳの対策になる教材は他にもありますので、いくつか見比べてみて、自分にあったものを活用するのが良いと思います。

 

意思決定会計講義ノート

→いわゆるイケカコです。事例Ⅳを強みにして高得点を確保したいと思い入手したのですが、実際は少しだけ取り組んだ程度で、ほぼ使っていません(時間が不足してしまい優先度を下げました)。余裕がある方は良いかもしれませんが、正直効率が悪いので、個人的にはあまりお勧めしません

 

番外編

道場ブログ

→私は、2年目は毎日道場ブログを読んでいましたが、主な理由は、モチベーションの維持のためでした(独学だったので)。しかしながら、道場の記事には、(二次対策として)学習に活かせる有用な内容が多く、即採用させていただいた内容もいくつかあります。定期的に読むも良し、興味のある観点を検索するも良し、うまく活用していただければと思います。

 

中小企業診断士試験 一発合格

→道場9代目が執筆した電子書籍となります。今年の1月に発売であり、私自身は利用していませんが、道場のエッセンスが詰まっておりますので、かなり有用な教材と思います(ステマっぽい)特設サイトにサンプルもありますので、興味のある方はご覧いただければ思います(やっぱりステマっぽい)

 

 

ということで、上記を参考にしながら、是非、早めに二次試験対策の教材を揃えていただければと思います。まだまだ焦る必要はありませんが、のんびりしていると、あっという間に一次試験対策の追い込みで忘れがちになるかと思いますので、ご留意ください。

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら ※現在、満席御礼!キャンセル待ち。
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちら ※現在、満席御礼!キャンセル待ち。
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

みなさん
おはこんばちは。ブブです。

10代目道場メンバーとしては初挑戦となる主催セミナー
メンバー一同、緊張とワクワクのなか、『ひとりでも多くの受験生に合格への支援が届くように!』そんな想いを胸に開催しましたセミナーの様子をご報告します!

参加者はなんと50名!!
ご参加いただいたみなさま、大変、ありがとうございました!
合格するぞ!というみなさんの熱い気持ちで熱気に包まれていました!

そして、一発合格道場の先輩方も多数、応援に駆けつけてくれました!
みなさま、お忙しい中、ありがとうございました!

そして、10代目メンバーは初セミナー開催に向けて気合の円陣でスタートです!

■試験概要+道場理論
byいよっち

あらためて受験スケジュールのおさらいです。
さて、試験スケジュールも発表され、間もなく申込も開始ですね!
※申込期間:平成31年4月26日(金)~5月31日(金)
とにかく、まずはエントリー!
続いて道場理論の説明。
生粋の道場っ子いよっち、さすがに力が入ります(笑)
強固な橋げたを作り、1次試験を突破するためには・・・
いよっちからの最後のメッセージは、「みなさん、合格おめでとうございます!」
既にみなさんが1年後には合格していると確信しております。

 

■バックキャスト
byなおさん

まず、冒頭に50代、60代の受験生に向けてエール!
なおさん自身52歳から勉強を始めて、54歳で合格!!
知り合った方は65歳で初めて、68歳で合格されたとのこと。
夢を決してあきらめないこと。そんな、なおさんの熱い想いが籠ったメッセージからスタートです。

合格を見据えるためには、積み上げでは難しい・・・
ゴールから逆算する思考こそが最重要ポイント。これは仕事においても共通のメソッドですよね。

 

■10代目の学習タイプ分析
byそーや

➀「予備校通信通学タイプ」
➁「独学テキスト→問題集重視タイプ」
➂「独学過去問重視タイプ」
以上の3タイプに10代目をセグメント。
➀が得点が高く、➂は短時間で効率良いものの滑り込む傾向。
自分がどの勉強スタイルが向いているか、参考になりますね。
そして、そのタイプ別にケーススタディにて説明!

 

■残り4カ月のケーススタディ
byかわとも&たっつー
➀「予備校通信通学タイプ」
10代目が誇る高得点者、優等生のかわともの方針は・・・
「不得意科目を作らず、全科目60点以上を目指す!」

その理由は、足きりを回避すること!
なぜなら毎年、難化した科目(通称、爆弾科目)が発生するので、それに被弾しないこと。
そして、金言が2つ。
「GWまでに橋げたを作り、以降は皿回し」で得点UP!
「経済、財務」をしっかりと仕上げる!

➂「独学過去問重視タイプ」超短時間合格を代表して、たっつーが登壇。
基本方針:効率的な勉強で合格する!
そして、このタイプに向いている人は・・・
本来重要な1次試験の知識を忘れてしまっても、「別にいいよ」といい意味で割り切れる方
(そうなんです。直ぐに私も忘れてしまうんです・・・涙)
だから、割り切り大事かも。。。
そして、金言がこれ
「得意科目より不得意科目を重視」
「1冊にまとめたノート等を作成」
あと、この効率派に向けた大事なメッセージ。
420点を狙ってはダメ。それでは420点以下になります!

加えて、なおさんより大事な金言。
得意科目は敢えて受験しよう!
弁護士たっつーのように得意科目(経営法務)がある人は、科目免除をするよりも全体を底上げする得点源として受験すべし!という話。
(※たっつーは、弁護士資格を利用した免除です)
例えば、1次試験が再受験となる場合で、得意科目が合格した際に科目免除してしまえば、その得点は60点とカウントされてしまいます。
その為、敢えて得意科目を再受験することで他の苦手科目を補う作戦が得策、という話です。

 

■モチベーションアップと維持
byどいこう
強固な橋げたを創る土台となるための秘訣。それはモチベ―ションです。
まず、将来像「ありたい姿」をみつける!
今回、参加者の方に「自分の将来像」を書いてもらいました。
きっとその「将来像」がモチベーションの源泉になると思います!
そして、モチベーション回復のためのアイデアを紹介
「気分転換」
「ゼロリセット」
「外圧を利用」
「意志の力」
落ちたモチベーションをいかに回復させるか、長丁場の戦い故に大切な知恵です。

 

■2次試験概要&10代目実績
byちこまる(仮)

さて、この試験の最大の山場。
2次試験についての説明です。
2次試験とは
「設問を読み解き」
「与件から要素を探し」
「回答を構成し」
「書く」
つまり
「読解力」
「注意力」
「構成力」が必要!
それは、まるで料理人が材料を切り分けながら仕上げていく過程。
面白いですね!
まさに与件という物語をどう加工して、注文通りのものを仕上げるか!
さすが、10代目が誇る2次試験高得点者です!

 

■2次試験向け学習の進め方
byぐっち

しくじり先生Gっち先生。じゃなかったGさんの事例ですね(失礼!)
試験学校の模範解答を参考にしていたが、それでは時間内での解答は難しかったことを反省。
そして、2年目での合格に至った境地でのコツは・・・
「みんなが書ける解答を書けるようになる」

 

メンバーそれぞれが熱い想いで作ったコンテンツ。
発表するにつれ、時間内で終えられるのか・・・という一抹の不安もよぎるなか、何とか無事終了。
想いは一つ。合格時にみなさんと喜びを分かち合えるその時を信じて・・・。
最後は全員で記念撮影です!

さて、活況のうちに終わりました春セミナーin東京
参加されたみなさん、是非、感じたワクワクをしっかりと胸に合格へと駆け上がってくださいね。
今回、都合がつかず参加できなかったみなさん。
道場ブログを読み返しつつ足元を固めながら先を見据えて進んでいけば、必ず道は拓けます!
自分だけの人生、しっかりと進んでくださいね!

そして、最後はいつものこの言葉で!
ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
クリック(投票)お願いします!皆様からの応援

の続きを読む »

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちら
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちら
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

みなさんこんにちは〜。ちこまる(仮)です!合格体験記はこちら

今日の記事はおよそ3000文字。6分程度お時間ください♪

東京はそろそろ桜が咲き始め、週末あたりが見頃になるようですね。毎週予備校漬けの生活を3年ほど送ってきたので(笑)今年あたりは子供とお花見でも行ってみようかなと思います。

さて、前回は主に事例Ⅰから事例Ⅲで頭の中を可視化して整理する「ハコ法」についてご紹介しました。今日はその続きではないんですが、事例Ⅳでのミスを減らす計算用紙の作り方をご紹介したいと思います。

平成29年事例Ⅳで大事件勃発!!

私が「計算用紙きれいにしなきゃ!!」と思ったのは、平成29年二次試験(試験問題へリンクします)の後。あーもう連結とかわからん!!と半ば諦めて、各種予備校が出す回答と自分の問題用紙を照らし合わせていたときでした。そこで重大な発見をしたのです。連結がわかるとかわからないとかの前にそもそも…

試験問題の0を計算用紙に6と書いていたのです…!!しかも結構最初の方に。

その後の計算が総崩れしていて、そりゃー数字も違うわ。と妙に納得したのを覚えています。数字の解釈とか、公式とか高尚なミスではなく、単なる「焦りによる読み間違い!」で1年を棒に振ったのです。これで10点以上落として不合格となりました。

いやぁ、ほんとこういうことってあるんだなと。試験については受験票忘れたとか、トイレに行きたくなってしまったとか、口述試験でスーツ着て行かなかったとか、数々の武勇伝を聞いてきましたが、あるんですね。。自分がこんなことをやらかすなんてありえない、と思っているあなた。人ごとではありません!(実感(笑))

ということで今日は、主に昨年1年間で、ミスらない計算用紙をどう作ったかをこの後ご紹介したいと思います。

ゼロミス計算用紙の作り方その1 鉛筆をやめる

平成29年に受験した時の計算用紙は、鉛筆を使って小さい字でちまちまと計算していました。シャーペンは0.5mm、HBの硬めのものを使っていましたが、やっぱりこすったりすると黒くなるし、だんだん見えにくくなってくるものですね。手も真っ黒になるし。。ということで、消せるボールペンを使うことにしました。また、細かい数字もきれいに消すことがあるため、消せるボールペン用の消しゴム(ゴムじゃないけど)も活用していました。好みもあるとは思いますが、ペンひっくり返さなくてもよくなったので多少時間短縮にはなったかも?

またどこかの回で触れるかもしれませんが、事例ⅠからⅢでは同じく消せるボールペンの青色、0.4mmを使っていました。これは本文が黒色だから別の色にしようと思ったことと、ハコ法を使おうと思うとどうしても限られたスペースにたくさんの文字を書くことになるため、細い方がいいと思ったのです。

一方事例Ⅳでは文字を大きく、他の情報と混同させないようにするため、太めの0.5mmを使うことにしました。色は青でも黒でもよかったんですが青はすでに0.4を使っていたので、混同しないようにするために黒にしていました。鉛筆の粉がくっつくということがなくなったので、手も汚れないですし、結果的に文字が読みやすくなりました。

ゼロミス計算用紙の作り方その2 表を活用する

特に二次試験では毎年出る経営指標の計算、重要論点のNPVやCVP、CF計算などいろんなシーンで表を活用していました。

経営指標の解き方は人によってもいろいろですが、私の場合はまず問題文の前にBSとPLを見て考える前に安全性、収益性、効率性の3分類、おおよそ10種類の指標を表に埋め込み、他社比較の場合は他社と自社の数字を、自社の複年比較の場合は新旧の数字を一旦全部計算しきっていました。流動比率と当座比率についてはまぁ100%を明らかに超えていれば無視していましたが、そうでなければ判断する時間ももったいないのでとりあえず電卓を叩きました。その上で概ね目星をつけ、本文に根拠を探しに行く流れです。

こちらは平成30年本試験で実際に使っていた計算用紙⇩

BSやPLの表がゆとりをもって書かれていればその隣に表を延長するということもやってみたのですが、やはり印刷した文字は基本小さいので白紙の計算用紙に大きく書き直していました。

NPVの場合は年を横軸に、計算に必要な項目を縦に並べて表を作り、一つずつ数字を埋めていきました。取り替え投資の場合でも新しい設備にかかるコストなど項目として用意しておくと何年分かを計算するときにも要素の入れ忘れが少なくなります。

⇩NPV風の表です。台形補正ソフトを使ったので線がぐにゃぐにゃですみません。。

CVP分析も同様で、売り上げ、変動費、限界利益、おまけで限界利益率、固定費、営業利益を出して、という項目を上から順番に表にしていきます。

⇩こちらはCVP。どんだけ表が好きなんだっていうくらい、計算用紙は表だらけ。

式を作って数字を横に並べて計算していくこともできますが、表にして縦に並べると項目と1:1で対応させられるので計算に入れ忘れるというミスが減ります。また、桁が合いやすく、気持ち検算もしやすいような印象があります。

ゼロミス計算用紙の作り方その3 別の方法で検算する

計算方法が2種類以上ある場合は、別の方法で検算して合うかどうかを確認すると計算ミスに気付きやすくなります。解法が1種類しかない場合は算出した答えから逆算して最初の数字になっているかなどを確認していました。

同じプロセスで2回計算し直すというのも、やらないよりはいいと思いますが、2回目も同じ間違いをすることもあるため、できるだけプロセスを変えて検算をするように工夫していました。

おまけ 電卓のショートカット

計算用紙ではないですが、電卓のショートカットキーや効率的な叩き方は勉強会仲間でもよく話していました。ショートカットキーはCASIOさんの電卓を使われている方は公式HPで紹介がありました。

小さなコツでいうと、経営分析を行うときはあらかじめ分母を100で割った状態で入力して%の数字が直接出るようにしていたり(50,000/150,000を計算するときは、電卓に50,000/1,500と入力して、0.333…と表示させるのではなく33.33…と表示させていました)収益性計算の時は売上高をメモリ機能やCASIOの定数計算機能を使って何度も同じ数字を打たなくていいようにしていました。

さらにさらに小さいこだわりですが、電卓は左手で使うようにしていました。右手で使う人が多い印象ですが、右利きの人が左手で電卓を使うと、ペンを離さずに計算できるのでペンを持ちかえる必要がなく時間が短縮できます。これはもう慣れなので、トレーニング次第でできるようになります。簿記の試験ではないので鬼のように電卓を叩く必要はないんですが、少しでも時間を残せればいいなと思って始めた工夫です。

さらに極小工夫として電卓の裏には滑り止めとしてドアの衝撃防止シートを貼って滑らないようにしていました笑。最初は文房具コーナーで滑り止めを探したんですが、そこじゃなくて、DIYコーナーにあったのはびっくりです。時々ものすごく大きな音で電卓を叩くパワー(があり余ってる)タイプの受験生に出会いますが、恨みを買いそうなので少しでも静かになるようにしてました(笑)

ここまで、去年1年で計算ミスを減らすためにやってきた工夫をご紹介してきました。平成30年の事例Ⅳは計算問題の比重がかなり減って面食らいましたが、とはいえそういう年は他の受験生も面食らっているはずなので、結局他の人と差がつきやすいポイントは「落ち着いてとけばできる計算問題」にあったんじゃないかなと思います。記述の答えは今でもなんだかよくわかりませんし、傾向が変わったところを予測して当てに行くのは相当難易度が高いです。特に二次試験では、他の人が解けるところを絶対に当てに行き、他の人がミスるところでちょっと差をつけると言うことが合否を大きく分けます。そのためにも皆さんの答案から計算ミスや勘違いが少しでも減れば、合格に近づくということです!ご自身に合うやり方を見つけてくださいね。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

以上、ちこまる(仮)でした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちら
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちら
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


みなさん、おはこんばちは。
キャリアと経営を支援するキャリコン診断士ブブです。

気がつけば3月は残りわずか、そして4月がもうすぐ目の前。
みなさんはこの季節に何を思い出しますか?
胸に手を当てて、少し目を瞑ってみてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
どうでしたか。
どんな景色が浮かんできましたか?

私のなかにはこんなことが浮かんできました。
桜、卒業、異動、入学、つくし、センバツ高校野球・・・。

それは、さらにこんな風に広がっていきます。
例えば、「つくし」


川の土手沿いに突き出たつくしん坊たち。
今の自分の息子よりも少し小さい幼い頃の自分。
父に連れられ、母と姉と一緒にのんびりと、つくしを摘み取っていく。
灰や茶の世界から緑へと色は変わり、風が土と花蜜の匂いを運び、じんわりと汗を感じていたのどかな時間。
卵と砂糖醤油で炒めた甘い味。
手を当てている胸の奥に感じる温かい気持ち・・・。

と、こんな感じで始まりました本日の話。
メインテーマは『記憶』です。


みなさんは、記憶に対して自信をお持ちですか?
自信があるあなた!
ならば、本当に羨ましい!
私は長年、記憶力に悩みを持ち続けていますいました。

社会人となって間もなくの頃、こんなことがありました。
ある日、本屋でふと目にしたタイトルと内容に心惹かれて1冊の本を手に自宅に帰りました。
その本のタイトルは、(正確には覚えていないですが)「記憶力のよくなる方法」
ソファに寝転がり、一つひとつの内容に膝を打ち得心の数々。
「これで明日からはバッチリ!」
そんな想いで本棚に戻そうとしたとき、私は衝撃を受けました!

なんと、その棚に並んでいたのが「記憶力のよくなる方法」
そう。全く同じタイトル。同じカバー。そして同じ内容・・・。
2冊の「記憶力のよくなる方法」を両手に持ち、見比べたときのあの動揺と愕然と狼狽
そして何ともいえない屈辱的な感情と敗北感・・・。

「大人になれ花道!!」(スラムダンク 第1巻 集英社)

クールな天才・流川楓ではなく、桜木花道として生きざるを得ない自分を確信した瞬間でした。

とはいえ、根っからの努力家でないことも自覚している自分は同時にこう考えます。
小さな巨人・里中智のようなストイックさを持ち合わせていない。
(継続的に地道な努力を重ねることは無理だろう・・・)
かといって天才ドカベンや岩鬼のような怪力もない。
そしてやはり行き着いた結論は、殿間のような秘打で勝負すべし!
その秘打道の先にある桜木花道として頑張ろう、と。
「ん。おかしなこと言ってます、僕? 大丈夫?」

そんな想いで(どんな想いやねん)、更に「記憶力のよくなる」ための脳開発系の本が私の愛読ジャンルとなりました。

ということで、その流れで学んだ秘打の一つを紹介しましょう。
『色分けで学ぶ(記憶する)』

実は、この一発合格道場10代目執筆陣には数少ないルールがあります。
書く内容、体裁は基本的に自由で、思い思いに好きなことを各自、書いていますが、
その数少ないルールの一つが、「色分け」。

赤字はプラスな内容。
青字はマイナスな内容。
黄は重要なポイント。

これが実は、10代目の共通ルール。
何故なのか?
それは、直観的に瞬時に見分けがつくからです。

では信号はなぜ、文字「止、注、進」でなく色「」で分けているのでしょう?
そう、同じです。瞬時に見分けがつくからです。

つまり、これを出来るだけ試験対策に活用して欲しいのです。

さて、具体的な手順です。
はっきりいって、色分けについてのルールは究極は決めてしまえば何でもいいです。
ベターは、色相をみて寒色系は冷静なデータ系、暖色系は心情系といったところまで考慮すれば尚よし。
根本的に大事なことは、常日頃から同じように使い分けて、親和性を高めておくこと。
日常は赤はプラス、試験の時だけ青をプラスとして使うようだと頭が混乱します。
なので、日頃から使う自分の原則ルールを決めて、出来るだけその通りに使うことが重要です。

因みに私は「6色蛍光ペンでわかる経済」で紹介されている色使いを出来るだけ踏襲しています。

「経済学での利用」
結論     -オレンジ
定義     -ピンク
仮定     -水色
分析     -黄色
長所     -緑
短所     -紫

 

「その他科目、日常利用」
結論(最重要)-オレンジ
重要     -ピンク
時代・事実  -水色
分析     -黄色
長所     -緑
短所     -紫

なお、2次試験においては、原則ルールとは異なる使い方をしていました。
なぜなら、マーカーを多用して、設問毎に関係する与件文を拾い出して短時間で回答に活用したいためです。具体的には設問1を黄色としたら、設問1に関係する与件文の箇所に黄色マーカーを引いていきます。
同様に設問2をオレンジとしたら、設問2に関係する与件文の箇所にオレンジマーカーを引いていきます。
合わせて、SWOT拾い出しも重要であり、これは多色ボールペンを活用していました。
また、時間軸の拾い方も重要であり、上述の使い方を踏襲し青色マーカーとしました。

「2次試験」
時代     -水色(マーカー)
強み、機会  -緑 (ボールペン)
弱み、脅威  -青 (ボールペン)
キーワード  -黒色(ボールペン)
重要     -赤色(ボールペン)
各設問及び
対応する与件文-各色(水色除く各色マーカー)

また、テキストや過去問の解説を読むときは、こんな使い方もしています。
2種類や3種類で対比があるときは、その対比を色でグループ分けさせます。
例えば、ハーズバーグの「動機付け要因」と「衛生要因」の解説があったとすれば
それぞれにその解説と内容を色付けし、直感的な違いを画像記憶として残すようにします。
「動機付け要因」・・・➀達成感 ➁承認 ➂仕事への責任 ➃昇進
「衛生要因」  ・・・➀給与 ➁人間関係 ➂労働条件 ➃作業環境 

いかがでしたでしょうか。秘打「色分けのすゝめ」
これから活用いただければ幸いです。


あなたが最近、感じたワクワクはどんなことでしたか?
ワクワクが持つ力は不思議で、ワクワクしている人は更にワクワクの力を引き寄せるという法則があります。
あなたから始まるワクワク、どんどん周りに広げてくださいね。
ワクワクコメントもお待ちしております!

そして、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!
以上、本日の記事はブブでした。明日は、makinoさん、よろしく~!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込み受付3月24日(日)12時開始
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!
名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


☆もくじ☆
1.記憶定着のための3つのポイント
2.自分の得意分野に引き寄せて、苦手を好きに変える
3.経営情報システムの攻略法
4.中小企業経営・政策の攻略法
5.直前詰め込みについて

文字数:約3300字(約5分で読めます)


こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!
TACストレート本科生の講義スケジュールでは、情報が終了し法務に突入したころですね。。たいへんですよね。。速習クラスは経済の真っただ中で、4月からの暗記3兄弟(情報、法務、中小)を間近に控えている時期でしょうか。
前回の記事の「合格体験記分析」では、苦手科目の上位に法務、中小がランクインしており、「暗記科目って苦手…」と感じる方は多いのではないでしょうか? 私は記憶力が良いほうではなく、特別な知識を持っていたわけではないのですが、暗記方法を工夫することで、情報と中小で高得点をとることができました(情報84、中小81)。そこで今回は、私の考える「暗記科目の攻略法」についてお届けします。
なお、法務は加点後48のため今回は書けません…。10代目法務部(たっつー&いよっち)にまかせた!

1.記憶定着のための3つのポイント

①反復復習する
②問題を実際に解いてアウトプットする
③自分の得意なものに引き寄せて、苦手を好きに変える

記憶の定着に関しては、カナダのウォータールー大学のよく知られた研究があります。

引用元:ウォータールー大学のHP

学習後何も復習しなければ、どんどん記憶は衰えていく一方ですが、次のようなペースで復習をしていけば、記憶がよみがえるのだそうです。
復習1回目:学習後24時間以内に10分間
復習2回目:1週間以内に5分間
復習3回目:1か月以内に2~4分間

診断士試験の場合、こんなに短時間で復習するのはムリだと思いますし、復習と復習の間隔にも個人差があると思いますが、間隔をあけた反復復習が大事であることは間違いなさそうですね。

また、脳研究者の池谷裕二氏は、アウトプットの重要性を書かれています。

“情報の入力と出力では、脳は圧倒的に「出力」を重要視します。「この情報はこんなに使われるのか。ならば覚えなければ」と海馬は判断するのです。
勉強の仕方でいえば、教科書や参考書を何度も見直すよりも、問題集を繰り返し解くような復習法のほうがより効果的といえます。”

引用元:PRESIDENT Online『「復習4回」で脳をダマすことができる』

テキストの理解に長い時間をかけるよりは、どんどん問題集を解いたり、テキストにメモを書き込んでいくことが効果的ということですね。

2.自分の得意分野に引き寄せて、苦手を好きに変える

これは経験上けっこう重要だと考えていますので、しっかり解説しますね。
「苦手だな、なかなか覚えられないな」という科目は、内容が難しくて理解できないから。それならば「自分の得意な方法で覚える」か、「自分の好きなものと結びつける」という方法で、中身はさておき、カタチから好きになってしまいましょう!苦手な科目でも、好きになれば一気に仲良くなれますよ♪

■自分の得意な方法で覚える

以前ちこまる(仮)やksknが、「自分に向いている覚え方」についての記事を書いていました。
ちこまる落書きする・他の人に聞いてもらう
kskn5回音読する
私は「ゴロ合わせ・お絵描き・ポケテキへのメモ書き込み」という方法が向いていました。ゴロ合わせは学生時代にものすごい量のゴロを覚えました。古文、英単語、歴史…はるか昔の思い出。。
ご自分の得意な覚え方をうまく活用されると良いと思います。

■自分の好きなものと結びつける

よく「趣味は形から入る」という人がいますが、この方法はまさにそれ。例えば私は法務が苦手なのですが「法務を勉強する時には、すごくおいしいコーヒーを入れる」のような感じで、強制的にモチベーションを上げる方法です。「法務の勉強ではおいしいコーヒーが飲める!」みたいに、学習時間を楽しい時間に変えるとアタマに入りやすくなる気がします。
それでは実際に、情報と中小は具体的にどのような方法で覚えたのかを解説します。

3. 経営情報システムの攻略法

①ゴロあわせ重視
情報はゴロあわせを最も活用した科目です。「この単語覚えたいけど、なかなか定着しないな」と思ったら、その場ですぐにゴロを作ります。すぐに作れなければ「ゴロ待ち」の単語をメモしておき、スキマ時間にまとめて作ります。情報ゴロ合わせは、ゴールデンウィーク後に予定している「渾身!論点シリーズ」で1回分書く予定ですので、よろしければご参考にしてください。

②時にはお絵描き
例えばインターフェース。全然覚えられないので、スマホで画像検索してテキストにささっと絵をかきました。下手でも全然OK。「SCSIってこんな形なんだぁ」など、スッと頭に入って定着します。

③日常生活で知識を復習
職場でPCを起動するとき「BIOS」と出てくるのを見て「あ、BIOS出てきた」と考えたり、夫がIT系なので「ねぇLPWAって知ってる?」と話題を振ってみたりしました。普段の生活で意識的に学習内容に触れるようにすると、知識が定着しやすいですよね。

4. 中小企業経営・政策の攻略法

①「頑張れば80点以上を狙える」科目であることを意識する
これは予備校の先生から中小の第1回目で言われたのですが、

経営:難易度の変動が激しいため、5割を目標にする。
政策:出題論点がある程度決まっているため、8割の得点を目標にする。
押さえるべきところを押さえて勉強すれば、80点以上が狙える。しかも実務に役立つから覚えておいて損はない。得点源にしましょう!

「攻略法」とか「覚え方」というわけではないのですが、この一言がものすごく心に残り、「80点を目指せるんだ!」という気持ちが頑張る土台になりました

②『一発合格まとめシート』でインプット
9代目きゃっしいさん著のテキスト超おすすめです!!80点以上とれたのは、多分この本のおかげ。

〈メリット〉
様々な政策をまとめた表が秀逸で、試験で狙われやすい論点を串刺しで覚えられる(この表が手元にあるかないかで、2マークくらい稼げるインパクトはあると思う)
ゴロ合わせやイラストで、膨大な知識をスッと覚えられる
〇「まとめシート」の重要ワードが赤字になったバージョンがデータでついてくるので、手軽に持ち歩いて反復復習できる

ちなみに「一発合格まとめシート」は7科目が前編・後編の2冊に分かれており、後編には「経済、情報、法務、中小」が収録されています。他の科目にもイラストや語呂合わせが数多く載っていますので、暗記科目が苦手な方にとってはかなりオイシイ1冊だと思います。

③同友館『過去問完全マスター』でアウトプット
中小は法改正がありますが、この本は過去問を法改正に対応させたうえで掲載しているため安心です。

〈メリット〉
〇論点別に過去問が掲載されているため、タテ解きが可能
〇掲載問題がABランク中心のため、しっかり基礎固めができる
〇出題頻度の高い論点はページ連続で何題も掲載されているため、いやでも覚えることができる

『一発合格まとめシート』でインプットしつつ『過去問完全マスター』を5回転すれば、80点台はもうすぐそこ!?
※「テキストを絞り込んでしゃぶりつくせ」と口酸っぱく言っている私ですが、中小だけは法改正&白書対応があるため、問題集を別に調達したというわけです。

5.暗記科目の直前詰め込みについて

前回の記事で「H30年度合格体験記の分析」を行ったところ、超短時間型や効率重視型の学習タイプの人には「暗記科目は試験の直前に詰め込む」という傾向がありました。「直前」とは具体的にどれくらいの時期をさすのかは人それぞれでしょうが、(1週間?それとも1か月?)よほどの超人でない限り、「直前詰め込みタイプ」も反復復習を行っているのではないか、と推測します。また、「試験前1か月からは暗記科目に割く時間を増やす」など、時期によって学習科目の濃淡をつける方法も効果的だと思います。
直前詰め込みを行う方は、「短期間で反復復習するテクニック」を見つければ、点数を伸ばせるかもしれません!10代目の短時間学習トリオ(そーや、たっつー、どいこう)のノウハウを、Let’sパクってカスタマイズ♪

以上、かわともでした!今日も明日も、皆さまにとって良い日になりますように。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込み受付3月24日(日)12時開始
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

みなさんこんにちは😊ちこまる(仮)です。合格体験記はこちら

さて、桜が咲き始め、花粉が飛びまくり、今年鼻花粉症デビューした身としてはティッシュが手放せなくなった今日この頃。

道場メンバーの投稿も一次試験対策が多い中で(一次の記憶がほとんどない)私から今回お伝えしたいのは、アタマの中を可視化する「ハコ法」(ちこまる(仮)命名)についてです。今年一次試験の科目が残っている方は1次に集中している真っ最中かと思います。また、二次試験中心に勉強されている方も、勉強法を模索している時期ではないでしょうか。今日は二次試験の概要とともに私がやってきた二次試験の得点を安定させる方法をご紹介したいと思います。

二次試験とはお客さんがオーダーしたメニューを忠実に提供すること

東京の春セミナーでは二次試験の概要を私がご紹介する予定なのですが、二次試験というのは、「出題者というお客さんがオーダーしたメニューをできる限り一般的な形で提供する飲食店になる」というのに似ています。

「チャーシューメン大盛り麺固めもやし抜き1杯」と言われているのに、チャーシューが入ってなかったら、みなさんどう思います?もやし抜きといったのに、もやしが入っていたら?大抵の人は文句を言うと思います(笑) ましてや麺がなかったりしたらなおのこと。お金返して!と言いたくなりますね。この、「チャーシューメン大盛り麺固めもやし抜き1杯」のオーダーに、ちゃんとチャーシューをもりもりにして、麺を固めにして、もやしを抜いて、大盛りにして提供することができるのが得点の高い答案(になる可能性が高い)ということです。

例えば平成30年事例Ⅱ第2問を見てみましょう。

2 問(配点 25 点)

B 社は今後、新規宿泊客を増加させたいと考えている。そこで、B 社のホームペー ジや旅行サイトに B 社の建物の外観や館内設備に関する情報を掲載したが、反応が いまひとつであった。B 社はどのような自社情報を新たに掲載することによって、閲 覧者の好意的な反応を獲得できるか。今後のメインターゲット層を明確にして、100 字以内で述べよ。

ここで、外してはいけない「チャーシュー」は自社情報、今後のメインターゲット層です。自社情報が入っていない答案は、かなり点数が低い答案になると思います。また、入れてはいけない「もやし」はB 社の建物の外観や館内設備ですね。

さらに、加点要素になり得るものとして、知識系キーワードがあります。これはいわば、お店によって入っているか入っていないかが分かれるトッピングで、煮卵半個のようなものだと思ってください。チャーシューメン大盛り麺固めもやし抜き1杯には、煮卵が入っているかもしれないし、入っていないかもしれない。お客さんはどちらを望んでいるかわからないから、とりあえず入っていそうなら入れておいたほうがいい、という判断になります。

この問題の場合は「口コミ」といった言葉でしょうか。煮卵半個、のり、ほうれん草、あたりまでは、まぁラーメンのトッピングとしてはありかなと思いますが、カニが入ってたらどうですか?それはもはや、カニラーメンという名前がついているはずです。ですから、何でもかんでも知っているものを詰め込めばいいというわけではありません。気を利かせて入れてもいいですが、あくまでも「入っていそうだな」と思うものにとどめておいたほうが、他のキーワードを入れる余地が残ります。二次試験は加点方式という噂がありますが、いらないキーワードを詰め込んで0点になるくらいなら、白紙の方が時間が作れてまだまし、というものです。

ハコを作って埋めていく!

では、何がメインの具で、何がサブの具になり得るのか、加点要素になり得るキーワードの見極めを設問分析の時点で予想して書いておくというのがハコ法です。このハコ法、実は9代目の桃ちゃんから教えてもらったもの。ちこまる(仮)と桃ちゃんは、2017年(桃ちゃん合格年度)に同じ勉強会に参加していました。彼女は診断士受験生のネットワークも広く、幅広い情報収拾をしていて、「こんな方法あるらしいで〜」とチャキチャキの関西弁で教えてくれたのです。

ハコ法はシンプルにいうと、解答の構成要素となり得るチャーシューを設問分析の時点でハコにして、与件本文を分析する際にはそのハコのタイトルを頼りに構成要素のチャーシューっぽいキーワードを抜き出し、どんどん放り込むことでキーワードの抜き漏れと反映漏れを少なくするという手法です。

手順① 構成要素をハコにする!

問題を解き始めて、私が一番最初にやっていることは、全体の解答用紙のボリュームを確認し、与件本文冒頭の数行を読んで、設問分析をすることです。

設問分析を最初にするのはとにかく思い込みによるバイアスを外すこと。与件本文を読む前のまっさらな頭は一番、「チャーシュー」や「もやし」を見つけやすいのです。この時煮卵やのり候補も見つかっていれば最高ですが、まずは構成要素として欠かせないものをメモにします。先ほどの例では「何情報」、「ターゲット」というハコを用意します。

手順② 食料庫からハコに入れるものを見つけて放り込む!

さて、一通り具材の予想がついたところで、そのあとは与件本文を分析します。与件本文分析は、いわゆる食料庫。材料がたくさんおいてある場所だと思ってください。ただしその材料は、ほとんどが文字で書かれており、見た目で判断していくのは難しいです。大量の食材が置いてある中で、何を探しに来たかがわからなくなるとオーダーそのものが見えなくなるということが起こります。もともとチャーシューメンを作ろうと思って材料を探しに来たのに、もっとおいしそうなステーキ肉が見つかったから、ステーキラーメンを作ってしまおう!!きっとその方がおいしいに決まってる!!という謎の思い込みが、与件本文を読んだ後に発生するのです。同じ肉だからいいじゃない!とかね(笑)

でもそれ、もうステーキラーメンですし、オーダー違いですし、あんまり頼む人いないです。。。

このような、与件本文を読んだ時にいかにもなキーワードが見つかった時、それがちゃんとオーダーにあっているのかを確認するプロセスを入れる、というのがハコ法の重要なポイントだと思います。

手順③ 食材をハコから取り出して調理する!

一通りハコに食材が入ったら、そこから決められた器(文字数)にあわせどういう順で入れていくと良いかを考えます。論理的な展開になっているか、結論がわかりやすいかなどを考え、入れる順序や文言を決めていきます。ボリューム調整もこの段階でかけていきます。

手順④ お皿の上にきれいに盛り付ける!

採点者も人間ですから、美しく、わかりやすく盛り付けて欲しいと思うものです。チャーシューメンだけどチャーシューは全部麺の下にありますので!というチャーシューメン、一般にはあんまりありません。インスタ映えの真逆を行く仕上がりは、好まれないです。ちなみに奇抜で斬新だけどチャーシューは入ってます!うちは麺にチャーシュー練りこんでます!とかいうラーメンは、点数があんまり伸びないと思います。予想ですが採点者の試食(採点)時間は大変短く、わかりやすく「チャーシューたくさん入ってますよ!」というアピールをしていかないと、魅力的には見えません。親切丁寧に試食してくれるわけでは必ずしもないということも覚えておきましょう。

番外編 同じ食材が二つのハコに入りそうな時

汎用性の高いキーワード(食材)は二つのハコに入りそうに見える時もあります。丁寧に見ていけば見定められるケースもありますが、なんだかよくわかんないなぁ、という時にはリスクを分散するためどちらにも放り込む!は選択肢としてありえます。「チャーシューメン」、というオーダーと「餃子」というオーダーがあった時、どっちにもネギ入ってそうに見える…ということもありますね。売上向上、とか、愛顧向上などでしょうか。与件本文に出てくるキーワードでもどちらに使えばいいかわからない時がありますので、めちゃくちゃ悩んで一つに絞った挙句、外すくらいなら、さっくりとどちらにも入れるという決断をしてしまった方が合理的かなと思います。

これからトレーニングしてみようかな、と思う方へ

さてここまでがハコ法の概略です。最初は少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてくるとハコのサイズや具の選定などの精度が上がっていきます。そうすると、設問分析で他の人より少し時間がかかる傾向にはなりますが、探したものを調理して盛り付ける、という、構成要素を考えて作文をしていく作業が格段に早くなります。キーワードで要点を把握するタイプの方には一度試していただきたいです。とはいえ、実は最初に勧めてくれた桃ちゃんはこの方法を採用しなかったのです(笑)。というのも、彼女の場合はキーワードを見抜いて抜き出す力がピカイチで、ハコなんかなくてもザクザク抜いてきた強者でした。また、ほぼ下書きを作ってから答案を作っていくという、速書きの持ち主でもありました。なのでキーワードを抜くよりも文章を書いた方が早いタイプだったのではと思っています。したがって、ハコ法人は選びますが体得すると得点が安定してくるやり方の一つだと思います。

やってみようと思った方にもう一つお勧めしたいことがあります。それは読める字を早く書く練習と、キーワードをいち早く掴む読み方のトレーニングです。一見診断士とは直結しなさそうですが、これはいわば読み書きのスキルを高めるようなもので、診断士に限らず役に立つシーンが多いスキルでもあります。残念ながら付け焼き刃では身につかないので、今この時期だからこそお勧めできるやり方でもあります!一次試験の勉強に飽きちゃった時、二次試験といてみようかな〜と思ったら、一問でもお試しいただければと思います!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

以上、ちこまる(仮)でした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

どーも、そーやです。

一般的にタブレット(iPad)を活用した勉強方法ってあまり紹介されてないと思います。私も去年勉強開始する際にいろいろと調べましたが、参考になったのがこちらのおとさんの体験記記事くらいでした。そのため今回は、私自身が実践したiPad活用の勉強方法をお伝えしたいと思います。

昨年の診断士試験では以下のツールで勉強を行いました。
・スタイラスペン:ApplePencil
・タブレット:iPad Pro 10.5インチ
・アプリ:GoodNotes4(iOSのみ対応、最新版はver5がリリース済み)

流れとしては、スピテキなどを紙で購入し、PDFに変換し、GoodNotes4で取り込みました。また過去問は協会HPよりPDFでダウンロードできるため非常に重宝しました。

この勉強法のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
携帯性&利便性(すべてのテキスト・過去問・参考資料・ノートが一つにまとまり、どこでも勉強できる。またiPhoneと同期させているので、通勤中も手軽に見ることができる)
効率性(取り込んだ内容は自由に複製できるため、何度も解けるし、何より過去問の分野別問題集簡単に作成できる。特に私はABランクに絞った分野別問題集を作ったりしました)

デメリット
費用(タブレットもそうだがApplePencilが地味に高く初期投資がそこそこする)
事前準備の負担(紙テキストをPDFに変換するのに1冊あたり10分以上、トータル6~8時間ほど単純作業が必要だった)
消しゴムに慣れない(特に2次!シャーペンで紙に書く&消しゴムを使うが久しぶり過ぎて地味に面倒だった)

実際にiPadでつかった内容はこんな感じになります。書き込みが自由にでき、また利用するペンの太さ自由に設定できるため、自分にあったノートが作成できます。なお私はたくさんの色を使うと疲れるため基本3色の細ペン(赤、ピンク、緑)と4色マーカー(ピンク、オレンジ、黄色、青)で使い分けました。

但書(中小企業診断士協会よりDLした過去問に、TAC出版第1次試験過去問題集の一部を利用して作成しています)

 

■iPad活用方法の詳細

①テキスト類をGoodNotesに取り込む
私はキンコーズで購入したテキストを裁断し、複合機でスキャンしてPDFにしたあとに取り込みました。一部は電子書籍でも購入しましたが、必要な部分だけスクリーンショットでJPEG化して取り込みました。なおiPad活用での注意点としては、これらの行為が私的利用の範囲内であることが必要です。勉強会などを含めて、他人に渡すためにコピーしたりPDF化する行為は、原則著作権侵害となりますので、ご留意ください。

②科目ごとにフォルダ分け、テキストも章ごとに細分化
これは使いやすさの点だけの話ですが、GoodNotesではフォルダ分けができるため科目ごとに管理しました。

また画像では企業経営論のテキストを3分割にしています。必要最小単位でファイルも分けた方が勉強しやすかったです。なおフォルダ番号が飛んでいるのは、二次対策で少し変更したためです。

③過去問まとめノートの作成
iPad勉強法で一番良かったことは先述のメリットにも記載した通り、過去問の分野別・論点別のまとめノートを作成するのが非常に簡単だったことです。

内容をサムネールで表示し、それぞれのページをドラッグ&ドロップで移動したり、コピーや削除などもできるためお手製のまとめノートが作成できます。一定数の受験経験者は試験前にファイナルペーパーを作成されると思うのですが、私の場合はこれがすでにファイナルペーパーと同義のものになったので、直前対策でもほぼ手間をかけずに勉強を進めることができたことは大きなメリットでした。また勉強時間もそれで短縮できます。当然試験会場でも最終チェックができますので。

④問題演習の効率化
結構重要なポイントだと思います。赤ペンで問題を解き、2回目は赤シートで解答を隠して解いていくやり方を昔やった記憶があります。タブレット学習の場合には、すでに電子化しているため、問題は事前に複製しておいて、何度解こうがまっさらな状態で解けることが当たり前になります。また③にも書いた通り、表示順の入れ替え複数の問題集を組み合わせることも容易なため、自分オリジナルの問題集も作れたりします。

■総括

いかがだったでしょうか。勿論、iPad以外のタブレットでもできますが、ご注意いただきたいのはスタイラスペンの書き心地利用するノートアプリがどこまで自分のやりたいことに対応しているか、それがとても重要だと思います。個人的には今後タブレット愛用家が増えることを望んでいます。私も4月に情報処理試験を受けるため、またiPadにテキストや問題集を仕込んで勉強を進めているところです。

ただし、

中段でもお伝えしましたが、タブレットを活用する場合は情報のコピーが非常に容易です。くれぐれも私的利用の範囲内に留めておいて下さい

以上、そーやでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

今日も読んでくださってありがとうございます。”自称・会いに行ける道場メンバー”いよっちです。

平日はサラリーマンですが、毎週日曜日、身内が経営する手作りのおべんとう屋の支援(店番ともいう)をしています。受験勉強の相談など簡単なものならお受けできますので、お近くの方、遊びにきてください!

さて、春セミナーの募集開始から4日が経過しました。この記事を書いている時点で、東京は46名/60名、大阪は15名/30名とたくさんの方の申込を頂いています!

嬉しい反面、ちゃんと準備しなきゃ~と身が引き締まる思いです。まだ若干の余裕はありますが、毎年直前には満員御礼となりますので、申込がまだの方、ぜひともお早めにお済ませ下さい!

もちろん、懇親会からの参加もOKです。私自身、受験2年目の昨年は、1年間すでに勉強していた蓄えがあったので敢えて春セミナーは参加せず、懇親会から参加しました。歴代メンバーも揃い踏みで、話す相手には困りませんよ。

これを読んでる皆さんはきっと合格しますから、受験生仲間(=将来の診断士仲間)に会いに行くと思ってぜひぜひ足を延ばしてみてください。


さて、道場10代目による執筆が始まって早いもので1か月ちょっとが経ちました。定期的に読んでくださってる方はお気づきかもしれませんが、10代目はローテーションで順繰り順繰り執筆しています。

「あれ、いよっちの順番、おかしくね?」なんて気付いてしまう道場フリークは、さっさと受かって来年の道場メンバー内定です。

これまでお送りした記事は、初回の自己紹介記事と2回目の【今やっておきたいこと】シリーズが12人分と少々。

2周りもすると、だいぶ10代目メンバーの勉強スタイルや特徴について理解してもらえたんじゃないかと思います。

実は道場の裏側をちょっとだけお伝えすると、事前に書くネタのすり合わせはあまりしていないんです。強いて言うなら「これ書くからね!」と言ったもん勝ちに近いです。(余計なこと言うな笑)

要は、それぞれが書きたいこと、受験生に伝えたいこと、をそれぞれの言葉で伝えています。

そんな中でも、「あれ、似たようなこと書いてあるな」と思ったことありませんか?

例えば、勉強時間の差はあれど、かわともストイック勉強スタイルたっつー短期攻略法でも学習計画の立て方だったり、スピテキやテキストに情報を集約していく方法だったり、共通している部分がいくつもあります。ちこまるもテキスト集約派のようですね。

さらに言えば、50人超の合格体験記をまとめ上げた力作を読んで分かる通り、合格した人たちの勉強スタイル・テクニックは何かと共通しているものが多いです。
・得点率の高い(ABCランクの)過去問を優先する
・問題集の種類を絞って何度も解く
・スキマ時間の有効活用
このあたりは、もはや1次対策の定石とも言えるのでしょう。

合格者たちの間では”当たり前”のグッドプラクティスは必ず存在すると言っても過言ではないでしょう!ぜひとも自分にあった方法を見つけ出して、そして、パクってカスタマイズしてほしいと思います。


ところで、こんなサムネに見覚えはありませんか?

見たことないわけがないですよね。だってすぐ真横にあるんですもん笑。
道場愛読者には見慣れた体系図、そうです、一発合格道場の基本理論です。

前置きがだいぶ長くなりましたが、本日は基本に戻って、道場の基本理論を紹介したいと思います。

道場の基本理論は、ストレート合格を果たした道場初代のメンバーが共通して持っていた4つの理論・考え方がベースとなっています。

 

橋げた理論(基本方針)
1次試験は7科目もあって大変、手あたり次第に7科目同時に頭に叩き込んで・・・なんて大変な思いをする必要はありません。今の時期は、今目の前にある科目に集中して大丈夫です。JCさんのお言葉を借りると「しっかりと強固な橋げたを毎科目きっちり構築してゆくこと」これが何より大事。各科目の強固な”橋げた”を構築できれば、忘れてしまってもすぐに思い出せます。5~6月以降の全科目の復習時期の負担がグッと減らすことができます。

 

基礎練・答練重視論(目標)
予備校に通学している方は、各科目の講義終了のタイミングで確認テストが用意されているかと思います(TACでは「養成答練」と呼ばれていますね)。橋げた構築が出来ているかの腕試しとして、80点以上を目標とします。

 

アウトプット・スピ問重視論(具体策)
あれや、これやと様々な問題集に手を広げず、基礎的な問題集(リンクではスピード問題集をおススメ)に絞って、アウトプット重視で勉強を進めていきます。全範囲が論点別に整理された問題構成になっているため、効率的に復習が可能です。

 

ストイック勉強論(大前提)
①~③を維持するのって結構大変です。まじめにやったら週20~25時間は必要になってくると思います。ハカセのお言葉を借りると「時間は『出来る』ものではなく、『作る』もの」であり(あぁ耳が痛い、、、)、その時間は「なぜ診断士を目指すことにしたのか? 」という強い思いによって下支えされます。

 

これら4つの基本理論が書かれたのは9年前。それにもかかわらず、今でもなお多くの合格者の勉強スタイルに共通する基本理論。全く色褪せていませんね。むしろ、王道としての貫禄が増しているようにさえ思えます(道場バイアスご容赦を)

 

それなりの勉強時間を必要とする道場理論が王道としたら、10代目たっつーや、そーやなど、独自のスタイル(邪道とは言いませんよ圧倒的な短時間で合格を勝ち取ったツワモノたちがいるのもまた事実。

もちろん、それぞれの学習計画・ライフスタイルに合わせて自分なりの方法を模索してもらうのが一番だと思います。効率だけを見れば後者の方が望ましいのかもしれません。それでも、【今年確実に合格するために】王道スタイルの道場理論によるメリットをまとめてみました。

王道・道場理論のメリット
①合格の確実性が高まる:1次の知識がしっかり身につく分、1次のみならず2次でも有利になるでしょう。

②不合格の可能性が下がる:(①の裏返しですが)「ここまでやったんだから1次で落ちることはない」と安心して臨め、心の余裕が生まれます。

③知識が定着する:合格=ゴールではありませんし、合格後に資格を活かすことも重要ですよね。強固に構築した”橋げた”は早々崩れませんから、本業に活かしたり、実務に役立てたり、と「診断士を目指した理由」に対して価値を発揮しやすいと言えます。

 

当たり前のこと言いやがって!と声が聞こえてきそうですが、【今年確実に合格するために】は、あくまで基本に忠実に、その上で、自分なりにパクってカスタマイズしてみてください。

 

以上、いよっちでした!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから 

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


【目次】
◆ 前置き
◆ 問題集を選ぶ
◆ テキストを選ぶ
◆ 学習計画を立てる
◆ テキストを斜め読み
◆ 過去問を解いてテキストに書き込み
◆ テキストを読み込む
◆ まとめ


おはようございます、たっつーです。

さて、いよいよ今日3月10日の昼12時から春セミナー(東京&大阪)の申込み開始です!

現在メンバーが一生懸命準備していますが、1次試験突破のためのコンテンツだけではなく、2次試験の攻略法等、最終合格まで見据えた内容となる予定です。
個別相談会の時間もたっぷり確保していますよ~。

自分に合った勉強法等がきっと分かると思いますし、何より(特に独学の方にとっては)勉強仲間を作れる貴重な機会ですので、ぜひぜひお申し込みください。
また、「本当の個別相談会」は、懇親会と言われていますので、ご都合がつく方は、懇親会も含めてお申し込みください!
(お申し込みは、こちらの特設ページから「こくちーず」にて!)

◆ 前置き

さて、今日の私の記事は、「独学向け・1次試験の短期攻略法」です。

今回の記事は、自分が道場メンバーになったら記事にして読者の方々に共有しておきたい、と思っていたもののひとつなので、大変僭越ながら、「永久保存版」と冠させていただきました。
(でも、自分に自信が無いので「勝手に」と枕詞をつけて保険をかけておく・・・)

合格体験記に記載のとおり、私は、運も味方して、約1か月の勉強で1次試験に合格することができました。
その勉強法のエッセンスは合格体験記にも書かせていただいているのですが、今日は、その内容をより詳細にご説明したいと思います。

「でも、たっつーって424点でぎりぎり1次合格でしょ。しかも1回だけしか受験していないし。そんなまぐれかもしれない一次試験の勉強法なんか読んでも意味ないよ。」と思われる方もいるかもしれません。

ただ、私は司法試験は3回受験したのですが、下記の勉強法を積み重ねた結果、最終合格した年は、択一は上位合格でした。
そして、周りの司法試験受験生も、大体下記の攻略法(そのままか、あるいは少し変化した形)でしたので(私調べですが…)、その意味では、択一試験を効率的かつ確実に攻略するために、「鉄板」(基本)の勉強法ではないかと思っています。

基本的な流れは、「問題集を解き、得られた知識をテキストに書き込み、直前期にテキストを読み込む」というものです。

※ なお、今日の記事は、短期かつ効率的に勉強することだけを追求したり、お勧めする趣旨ではありません。仕事や家族の都合で、時間をかけたくてもかけられない人にとっては、下記のような勉強法も参考になるかもしれないと思い、ご紹介する次第です。

◆ 問題集を選ぶ

まずは、軸となる問題集ですが、中小企業診断士試験の問題集選択肢は、大きく、①TACによる「最速合格のためのスピード問題集」(いわゆる「スピ問」シリーズ)、②同じくTACによる「第一次試験過去問題集」(年度別)、③同友館による「過去問完全マスター」(分野別)の3つがあります。

短期間で1次試験を攻略することを前提としていますので、問題集は一つに絞ります。

まず、スピ問(①)か過去問(②or③)かですが、私は過去問集をお勧めします。
スピード問題集は、たしかに基礎知識を固めるのはいいと思うのですが、過去問と問題文が違いすぎるので、結局過去問にもある程度取り組まざるを得ません。そうであれば、最初から過去問に取り組んだ方が早いです。

過去問集にするとして、年度別(②)か分野別(③)ですが、これは分野別をお勧めします。
後記のとおり、過去問を軸にして進めていきますので、分野ごとに過去問が固まっていた方が、テキストへの書き込みや自分の理解度促進等も含めて、勉強が進めやすいからです。

そうすると、③の同友館による「過去問完全マスター」(分野別)となります。

同書は、過去問10年分を分野別に並べたもので、やや分量が多いのですが、解説がかなりしっかりしていますし、同友館がCランクと分類した問題(過去10年間で1 回しか出題されていない、または、重要度が低いと判断された問題)がカットされているなど、独学者にとっては取り組みやすい問題集だと思います。

◆ テキストを選ぶ

次にテキストですが、テキストは、色々な書籍をきちんと見比べたわけではありませんので、確たることは申し上げられませんが、一般的に定評のあるテキストを選べばいいと思います。

ただ、後記のとおり、過去問で得た知識のうち、テキストに記載されていないものは自分で書き込むことになるので、書き込みの手間を減らすために、ある程度情報量が多く、(できれば)余白もある程度あるようなテキストを選んだ方がいいです。
(私はTACのスピードテキストを選びました。)

◆ 学習計画を立てる

過去問集とテキストを買ったら、学習計画を立てましょう!

学習計画の立て方は、平日と土日の勉強可能時間の比率、お仕事の繁閑度合等を踏まえて、人それぞれ立てる必要がありますが、必要に応じて、私の前の記事かわともの記事、「サイト内検索」で「学習計画」と検索して出てくる過去記事等を参照してください。

もし私の前の記事に記載の方法で学習計画を立てるとしたら、以下のような形になります。
・同友館の過去問完全マスター(7科目で計7冊)のページ数を合計する。
・そのページ数を、「今日から1次試験日までの日数」-「14日くらい」で割る(なお、「14日」というのは、後記の「直前期にテキストを読み込む期間」を考慮したものです。)。
・1日あたりに処理しなければならない大体のページ数が分かるので、それに沿ってひたすら進める。

なお、同友館の過去問完全マスター全部だと分量が多すぎると思われる方は、同書の過去問10年分のうち、過去5年分の過去問に絞るとか、まずは同書のAランクの問題(過去10年で3 回以上出題されており、かつ重要度が高いと判断された問題)のみを解く等、ご自身の勉強可能時間と照らして、適宜調整ください。

◆ テキストを斜め読み

では早速過去問を解いていきたいのですが、いきなり過去問を解いても取っつきづらいと思いますので、「その日に解く過去問のテキスト該当箇所だけ」を斜め読みしましょう。

なお、ここでは、テキストの内容を完全に理解する必要はないので、斜め読みで十分です。
また、一気にテキストを読み進める必要はなく、あくまで、「その日に解く過去問のテキスト該当箇所だけ」で十分です。

◆ 過去問を解いてテキストに書き込み

さて、ここが一番大事なところですね。

テキストを斜め読みしたあと、過去問に取り組み、間違えたところ等について、テキストにどんどん書き込んで、「過去問の知識が反映されたテキスト」を作ります。

私の場合は、①新たな知識であれば余白に書き込み、②テキストに書いてあることを間違えたのであれば、備忘のために黄色ハイライトしつつ、(必要に応じて、)注意書きを書き込んでいました。

私の場合の具体例はこちらです。

(引用元:中小企業診断士 最速合格のためのスピードテキスト (1) 企業経営理論 2018年度(TAC出版))

字汚い!!!!

すみません、私の1次試験勉強時は本当に時間が足りなかったので、スピード優先だったのです…。
綺麗に書きたい場合は、直接書き込むのではなく、「書き込んだ付箋」を貼る方法をお勧めします。
特に左側のページは、(右利きの場合、)テキストに綺麗に書き込むことが結構難しいので…。
(更に言えば、PDFでテキストデータを取り込んで、PDFソフトで書き込みをするというのでもありかもしれません。)

例えば、私の具体例でいうと右側のページの「VRIO分析」のところに、「価値と希少性だけでは×!模倣困難性が必要!」というメモがありますが、これは上記②に該当するメモですね。

こんな感じで、自分が間違えた問題の肢や、得られた「気づき」について、自分の言葉でメモしておくと、強く記憶に残ります。
また、自分のメモの意味が後で分からなくなった時に、過去問に戻りやすいように、メモの前に、過去問集のページ数を書き込んであります。

上記を愚直に繰り返していきますが、過去問を解くのは1週で十分で、2週目をやるくらいなら、別の問題集(具体的にはスピ問)に移行した方が、知識の再確認も含めて、メリットが大きいと思われます。

◆テキストを読み込む

ここまでで、「過去問の知識が反映されたテキスト」が徐々に出来上がってきますので、そのテキスト(自分の書き込みを含む。)を適宜のタイミングで読み込んで頭に叩き込みます。

最悪、試験の直前期(直前の1~2週間くらい)に読み込めばいいと思いますが、テキストを読んだときに、過去問の記憶喚起がしやすくなるように、できれば定期的に読み込むことをお勧めします。
(おすすめは、通勤・通学の電車の中です。)

一度、過去問を解きながらテキストを読んでいるわけですので、スラスラと読み込むことができ、テキストを読むことが全くストレスに感じません。
また、テキストを読む際に、自分の書き込みもきちんと読んでおけば、過去問に戻る必要がありません。

ある意味では、「自分の書き込みを読むこと=過去問を解くこと」なので、何週も過去問を解いたのとほぼ同じ効果が得られるわけです。

◆まとめ

上記が、私の「独学向け・1次試験の短期攻略法」でした。

いかがでしたでしょうか。
人によって合う、合わないがあると思いますが、いいと思って頂いたところは積極的に取り入れていただければと思います。

明日は、なおさんによる「解法実況&事例研究:平成30年度事例Ⅰ」です!
先に読ませてもらいましたが、合格者の解答プロセスが臨場感をもって紹介されていて、参考になること間違いなしです!

どうぞお楽しみに!!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

 


☆もくじ☆
1.H30合格体験記総論(一次試験版)
(1)全体的に多く見られた5つの特徴
(2)学習時間
(3)得意科目、苦手科目
2.1次試験の受験回数別にみられる特徴(1回or2回以上)
3.学習スタイル別にみられる特徴(独学or予備校)
4.効率的な学習のテクニック
5.テキスト、問題集、その他ツール
6.おわりに

文字数:約3400字(約6分で読めます)


こんにちは!頑張るあなたの応援団★かわともです。
今回は、道場史上最多の50超寄せられた「平成30年度合格体験記」を一挙分析し、中でも「一次試験の学習方法」について、どのような特徴がみられるのかを書いていきたいと思います。
あわせて合格体験談の一覧」にも、平成30年度版を加えて更新しました。ぜひこちらの記事とともにご覧くださいね。

1. H30合格体験記総論(1次試験版)

(1) 全体的に多く見られた5つの特徴
・過去問の重視(ABCランク優先)
・問題集の種類を絞って複数回解く(出涸らし法)
・スキマ時間の有効活用
・情報収集を重視
・モチベーション維持の工夫

(2) 学習時間(1次試験のみ)
1次試験を1回で合格した人は、平均630時間
そのうち150時間以下の超短時間学習者と1000時間超の長時間学習者を除くと、平均604時間

(3) 得意科目、不得意科目
得意科目:①財務②情報③経済④運営⑤経営⑥法務⑦中小
不得意科目:①法務②中小③財務④経済⑤情報⑥経営⑦運営
なお、財務を得意とする方は、簿記の資格を持っている方が多く、情報を得意とする方は、仕事がIT系の方が多かったです。

2.1次試験の受験回数別にみられる特徴(1回or2回以上)
◆1回で通過した人
〇問題集を絞って何度も解いている(出涸らし法)
〇過去問を重視。タテ解きしている人も
〇なお、多年度生の中には、かつては合格できなかったがブランク後に勉強再開、一発合格している人が複数名いる
一度は受験勉強を中断しても、その後機が熟した時にかつての経験を生かし、ストイックor効率的に勉強して一発合格しているパターン。10代目だとmakinoがこのタイプにあたります。

・1次試験は物量思考で、とにかく量をこなした。山口真由さんの「7回読み勉強法」をアレンジした勉強法を実践:テキストを7回読む&トレーニング、過去問、模試の全問題について7回正解する方法(いくみんさん)

・道場でも散々言われていることですが、試験対策に一番有効なのは過去問だと思います。過去問を実力試しにとっておくということはしなくて良いと思います(くろさん)

・年毎では無く、カテゴリ毎に解くことで、問題の比較ができ、また解いていく内に似た問題があることも把握でき、効率的に学習を進めることが出来た(ぷんたさん)

◆2回以上で通過した人
〇基本的には「全体底上げタイプ」の学習法と同じ
〇戦略的な科目合格(2年目に2次に関係ある科目を残す)&2次も同時並行で学習
〇他資格の学習も並行して行い、マイルストーンとしている人も
人気のある資格:簿記、ビジネス実務法務検定、ビジネス会計検定。

・2017年は二次試験に関係ない科目4つ、2018年は二次試験に関係ある科目3つを受験した(なおさん)

・1.5年計画の場合、1年目に法務・情報・中小の内2科目は合格して二次と一次の並行学習が一番効率的だと思います(やまさん)

3.学習スタイル別にみられる特徴(独学or予備校)
◆独学生
〇積極的に情報収集している
〇わからない論点は検索などで多面的にアプローチして腹落ちさせる。ただし分からないものには固執しない
〇学習計画は予備校講義日程や模試をマイルストーンにする
〇モチベーションの維持のためにスタプラ使用

・独学の弱みを補強する意味で各スクールの講義の進行度合いを把握し、6月末までに追いつくための日毎の計画を立てた。情報的な弱者になりがちなため、一発合格道場ブログ等を活用した情報収集を行い、自分の現在地と達成するゴールにズレがない状態を保つことを心がけた(しみちゃんさん)

・分からないところはネットで検索したり図書館で専門分野の本を読んだりした。それでも分からない場合でもあまり固執しないようにした。2回目、3回目勉強すると自然に分かることも多々あった。バランスが大切(診断サムライさん)

・受験仲間はスタプラで他の受験生の記録を見て、モチベーションの維持や勉強方法の参考にしていた(くろさん)

◆予備校生
〇予備校の授業日程を学習のペースメーカーとしている
〇予習をやる人、やらない人はさまざま

・木金で、次の日曜の授業のWeb講義を1倍速で予習する(えんひろさん)

・テキスト予習→講義→トレーニング(簡易な問題)→過去問5年分(&講義後に、講義の内容を音声で再度聞き流し)(ぐっち)

・講義を受ける(インプット)→問題を解く(アウトプット)→復習をする(再インプット)(kskn)

4.効率的な学習のテクニック
◆まとまった時間が確保しにくい場合
〇細切れ時間の場所ごとに適した学習をしている
〇時間が確保できるときに知識を積み上げている

・海外出張が多く移動が多いため、「家では机に向かわないとできないことをやる。それ以外は移動時間でやる」と決めていた(おかじさん)

・机に向かえるときはトレーニングを、座れないところでは通勤講座をひたすら解く(かもよ)

・“座ってないと出来ない事” “満員電車内で片手でもできる事” “疲れてる時は手を動かす事” などと切り分け、状況に併せて次々とスイッチングしながら学んだ(みっちーさん)

・仕事柄業務の繁閑が激しかったが、6月頃までの時期にある程度力を付けていたため、なんとか合格することができた(I谷さん)

◆学習時間が超短時間の場合
〇すでに何らかの資格を持っている、得意分野がある人が目立つ
〇まず最初に過去問を解き実力を把握したうえで、科目別に濃淡をつけて学習している
〇問題演習をしない、間に合わなければ捨てるという選択肢も

・一通り過去問を解いた結果、得意科目では80点程度の点が取れると判断し、法務・情報・中小の足切りライン突破を目指す方針とした(どいこう)

・ある程度点数が取れそうな科目は何もしない(CKさん)

・過去問はABランクを優先し、いきなり解説を見ながら問題を解くようにした(そーや)

・テキストの記載内容の中でもさらに重要度を分けて読むようにした(スピテキ斜め読み)(そーや)

・過去問の知識が反映されたテキストをつくる。復習はテキストを読むのみ、過去問にいちいち戻らない(たっつー)

5.テキスト、問題集、その他ツール
◆多くの人が使用しているテキスト類
〇過去問題集
〇TACのテキスト、問題集(TAC配布教材、スピ問、スピテキ)

◆多数派ではないが一定数の人が使用しているテキスト類
〇TBCのテキスト(授業の動画もついてくるため独学者に人気)
〇『一発合格まとめシート』(9代目きゃっしいさん執筆)

◆その他の副読本
経済、情報、法務の苦手克服のために、副読本で理解を深めている人もいました。
・『大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる』(←かもよもオススメしていましたね)『大学4年間の経済学がマンガでざっと学べる』(井堀利宏著)
・『速習!ミクロ経済学』『速習!マクロ経済学』(石川秀樹著)
・『図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説』(きたみりゅうじ著)
・『国家試験受験のためのよくわかる会社法』『(同)民法』(神余博史著)

◆その他人気があった学習ツール
・通勤講座
・ほらっちチャンネル
・スピ問アプリ
・単語アプリ
・スタプラ
私はスタプラやっていなかったのですが、合格同期の中にはスタプラ仲間同士でオフ会をやる人もいて、楽しそうですね。

6.おわりに
合格体験記分析(1次試験編)、いかがでしたか? 合格者に共通して言えることは、「それぞれの生活や仕事のスタイルに合った学習計画・学習方法を決めたら、淡々と、時には柔軟に実行し、合格レベルまで持っていく」ということだと思います。しかし、冒頭で述べたとおり、1次試験の平均学習時間は約600時間と長丁場。結局は「モチベーション」や「やり抜く力」がエンジンになります。最後に合格体験記からいくつか抜粋して〆させていただきます。

・各人にあった学習のスタイルを継続することが何よりも大切かと思います。自分にあった学習スタイルの確立は難しいかと思いますが、これさえできてしまえば後はヤルのみです(しみちゃん)

・とにかく、自分を信じて頑張ってください。“強い想い”さえあれば、必ずきっと何かゴールへと繋がる道が見つかります。そして、最後の最後、本当のギリギリまでどんなにカッコ悪くても、足掻いて粘って泥臭く踏ん張ってください。(ブブ)

・「なぜ診断士を目指すのか」「なぜ診断士でなければならないのか」
自分なりの答えを得られれば合格は時間の問題でしょう。あとはコツコツ地道に進めるだけです。(いよっち)

以上、かわともでした。
明日は日曜ですが、超短時間学習者、たっつーが記事を書きますので、どうぞお見逃しなく!
今日も明日も、皆さんにとって良い日となりますように!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから 

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


◆一次試験対策について

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。

 

10代目メンバーによるブログリレー「今やっておきたいこと」シリーズも終盤となりますが(そろそろ書くことなくなってきた、という振りすら昨日のksknと被る始末…)、私からは主に二次試験対策の学習計画について、お伝えできればと思います。

が、とは言え、自分が1年目に予備校に通っていた時もそうでしたが、特にストレート生の方は一次試験の学習に悪戦苦闘している方が多いと思います。一次試験対策の学習計画については、かわともの超王道学習計画等を是非ご参考にしていただければ思いますが、私からも、これだけはお伝えしておきたい、という点についてお話しさせていただきます。

 

①橋げた作り

学習スタイル(予備校通学や独学等)によって進み具合は異なると思いますが、まずは今の学習している科目をしっかり学んで基礎を作ってください道場基本理論における強固な「橋げた」の確立)。他の科目について復習をしないと忘れてしまう、と不安に思うことも多いと思いますが、まずは橋げたを作ることが重要です(もちろん、余裕がある方は、過去の学習科目も含めて復習する方がより定着します)。この橋げたがあるかないかで、G.W.明けの成果に差が出てきます。

 

②学習時間の確保

どいこうの記事ksknの記事にもありますが、特に一次試験対策においては、いかに学習時間を確保するか、ということが重要です。自分のこれまでの学習状況を今一度振り返ってみてPDCAサイクルを回してほしいです。無理な計画は破綻するので、現実的で、でも可能な限り努力は惜しまず時間を確保しましょう。個人的には合格率を高める王道の勉強法をお勧めしたいですが、どうしても時間の確保が難しい方は、短時間学習メンバーの話も参考にしてもらえればと思います。

 

ちなみに、余談となりますが、みなさんご存知のPDCAとは別にCAPDo(キャップ ドゥ)という手法があります。CAPDoとは、PDCAの順番を変えて「Check=現状把握)」を最初にもってきた改善サイクル手法です。診断士の学習に当てはめるならば、まずは現在の学習状況について把握し、改善案を策定し、その改善策に基づいて学習計画を立て、計画を実行する、という感じになると思います。まあ、事前に学習計画を立てた上で臨んでいる方が多いと思いますが、こういう考え方もあるんだな、というご紹介です。

 

◆二次試験対策の学習計画

さて、かなり前置きが長くなってしまいましたが、本題の二次試験対策についてお話しさせていただきます。今年、二次対策に専念される方をイメージした内容となりますが、一次対策中の方も、一次試験合格後は二次対策をすることになりますので、(時間軸はさておき)参考になると思います。なお、二次試験対策の進め方や具体的な解答プロセスについては、なおさんの記事でも紹介されていますので、そちらも参考にしていただければと思います。

 

まず、昨年の私が立てた大まかなスケジュール(2年目、独学、二次専念)は、以下のような感じです。前年の二次試験後から1月前半までは特に何もしておらず、1月後半から動き始めました。

・1~2月:必要な参考書等の準備

・2~3月:知識の整理・定着、解法の確立、事例Ⅳの演習

・4月~:過去問

 

上記計画では、3月までに準備運動的な学習を完了させ、4月以降で過去問を解きまくる(8年分×3回転)予定でしたが、実際は全くもって計画通り進まず、後ろにずれこんでしまい、過去問は当初予定の半分ぐらいしかこなせていないです。その点は反面教師としてもらえればと思うのですが、お伝えしたいポイントとしては「必要な参考書等の準備」と「解法の確立」になります。

 

①必要な参考書等の準備

参考書等の準備って、探して買うだけでしょ?、と言われてしまいそうですが、重要なのは、早い段階で、どの参考書が必要か、ということを見極めることです。つまりは、昨年不合格となった自分に足りなかったものは何かを認識し、その上で二次試験対策として取り組むべき内容を整理し、その取り組みに最適な教材を選定する、ということになります。言葉にするのは簡単ですが、正直掴みどころのない試験である二次試験について、これらに関する自分なりに納得した答えを出すのはなかなか難しいです。もちろん、定番となっている鉄板教材(全知識やふぞろい等)は利用するにしても、次項に記載の「解法の確立」等は正解がありませんので、自ら情報収集し思案した結果として決めるしかないと思います。また、参考書によっては入手困難なものもありますので、できるだけ早めに検討の上、入手するために動くことをお勧めします

 

②解法の確立

二次試験の学習において、ここが最も難しいポイントであり、私自身も、もやもやした気分が晴れないまま取り組んでいました。少し遡りますが、1年目の予備校通学の際は、講義において講師の解説は理解できるものの、自分としての解答プロセスを確立できている感は全然ありませんでした。そのため、80分という限られた時間の中で、事故を起こすことなく安定した解答を作成できるようになるために、今一度、二次試験の解法について検討を行いました。具体的には、解答プロセスを分解し、工程ごとの対応方針を立て、可能な限り機械的に対応できるよう固めていきました。ただし、ご注意いただきたい点として、解法の確立は一朝一夕で固まるものではないので、実際に過去問等の演習を通じて、より良い形へとブラッシュアップしていくものと考えてください。また、解法を整理したとしても、実際に使えるようになるには、それ相応の訓練(=演習)が必要になりますので、その点もご理解ください。

 

なお、具体的に利用した参考書等は、私の合格体験記に記載しておりますので、そちらもご参考にしていただければと思います。また、春セミナーでは、一次試験対策はもちろんのこと、二次試験対策についてもお伝えしますので、是非、ご参加いただければと思います!

 

以上、ぐっちでした!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

どうも、kskn(きしけん)です。

先週よりスタートしております【今やっておきたいこと】シリーズ。
僕が9番目です。
9番目ともなると書きたいことも書き尽くされた。
今日は今までの学習を振り返って、学習法を見直してみませんか?というご提案です。

 


さて、本題に入る前に質問です。

 

皆さん学習の進み具合はいかがでしょうか。

 

「毎週25時間やってるから大丈夫!」と思った方、要注意です。
なおさんのバックキャスティング思考法について改めて読み直してみましょう。

>ここで重要なのは定めた勉強時間ではなく、結果・成果こだわることです。

と書かれています。
つまり、進み具合とは結果が十分に得られているか。言い換えるなら「ゴールから逆算した、現時点での到達目標(KPI)」に達しているかどうかが最も重要であり、どれだけ時間を積み重ねたかは(それほど)重要ではないということですよね。

「なるほど分かった。で、そのKPIとやらはどうやって設定したらいいのよ?

という声が聞こえてきますね。分かります、分かりますよ。しかしさすがは一発合格道場。その質問に対する答えもすでにあります。
初代ZonEさん「1次試験対策の完成度の目安 ーー頻出領域と稀出領域ーー」、そしてここから導き出される初代ふうじんさん「道場基本理論2:答練の重要性

要するに、TAC生だったら「養成答練で8割取れているかどうか」が現時点でのKPIと言えるでしょう。
独学の方であれば、市販されているTACのスピード問題集で8割を目安にするといいと思います。(頻出の論点で構成されているので養成答練と近しいレベルです)

 


さて、これでKPIの設定ができました。
改めて問います。

 

学習の進み具合はいかがでしょうか。

 

順調だと自信を持って言えるあなた。いい感じですね。そのまま突っ走りましょう。
いやいや、まだあと5ヶ月くらいあるから少しくらい遅れてても楽勝でしょ!というあなた。初代ハカセさんが書かれた「TAC講師にだまされないで! もう時間がありません!」をどうぞ。

ハカセさんも書かれている通り、時間があるとは言えませんが、まだ間に合う。そんな微妙な時期です。
なので、遅れを自覚しているのであればそれを取り返す「具体的な計画」がないとダメですし、あるならそんなに焦ることはなくプラン通りに進めていただければOKです。(でもこの記事は最後まで読んでね)

そしてようやく本題。

学習進度が遅れていて、かつ取り返せる具体的な計画が無い方。

 

とにかく今すぐ学習方法を見直しましょう!!!!

 

なぜかって、今までも勉強してきた上で目標未達なのに、同じことを続けていて合格できると思いますか?

仕事でもスポーツでも何でもそうなんですが、学習においては特に「量×質=結果」だと考えていますので、結果が伴っていないとすれば「量」か「質」のどちらか(もしくは両方)が不足していると断言してもいいでしょう。

しかし、ただ見直せと言うだけだと「それを考える時間がもったいない!」と思う方もいるでしょうから、僕が良いと思った具体的な方策を挙げていきますのでぜひ参考にしてみてください。
(余談ですが、このパートを書くにあたりたっつーどいこうそーやの短時間合格三銃士の合格体験記を読み込んだのですが、いろいろと共通点があったことも興味深かったです。)

 


量の改善

量とはつまり勉強時間のことですので、いかに時間を増やすかという話になるわけですが、1日24時間という時間を増やすことはできません。
なので、生活サイクルから見直して時間を捻出する努力をしましょう。

その際に参考になるのが、6代目myaさん「時間の作り方 再考

まずこの記事にあるように自分の生活を棚卸して整理してみてください。
そしてその次に、運営管理で学んだ「ECRSの原則」を使って生活の見直しを行います。

Eliminate(排除)
ムダな時間を削減できないか?テレビ、移動時間、ダラダラ雑談、飲み会などなど。もちろん全部無くせというわけではなく、自分自身に問いかけをしてみましょう。(僕は移動がムダだと感じていたので、移動を減らすためずっと自宅で学習していました)

Combine(結合と分離
同時にできることはないか?歩きながらリスニング教材、電車に乗りながら問題集などなど。絶対に外すことができないスケジュールに勉強を組み込むのが効果的です。(僕はお風呂の中で歯磨きしながら問題集を解いていました)

Rearrange(入替えと代替)
学習と他のスケジュール、もしくは他のスケジュール同士を入れ替えることで効率は上げられないか?例えば、夜寝る前にまとめて勉強している人は、仕事が終わって帰宅する前に1時間ほど学習する方が勉強を小分けにできて集中力が増す可能性があります。

Simplify(簡素化)
簡素化して時短できないか?例えばテキストを全てPDF化してEvernoteなどに取り込めば、単語で検索できるようになるのでいちいち索引で調べてページをめくって、、、という作業が無くなります。

これだけ検討すれば必ず学習時間として確保できる時間は増えるはずですし、しかもやっているうちに「ECRSの原則」に関する知識が定着するというおまけ付きです。ぜひ一度やってみてください
ちなみに余談ですがたっつーとどいこうの体験記の中にも移動時間についての記述があったので、ここは意外と学習時間を確保する上での重要な検討ポイントなのかなと感じました。

 


質の改善

質とはつまり勉強の濃度とでも言いますか、効率と言いますか、表現は難しいですがそういった類のものです。しかも、これを定量化して評価することはこれまた難しい。
なのであまり根拠はないのですが、個人的に質の改善に対して効果があると思うことを列挙します。

①問題を書き写すor音読する
そーやは解説を転記、僕は「覚えたい!」と思った問題、選択肢、解説だけ5回ほど繰り返し音していました。書いたり音読したりするのがなぜいいかは正直分からないのですが、「経験的に」そうした方が記憶に残りやすいと感じています。先日のちこまるの記事に少し詳しく書かれていましたね。

②分からない問題は粘らず解説を読む
そーや、たっつーも実践していました。分からない問題は時間をかけたところで結局分からないので時間のムダです。さっさと解説を読んで次回必ず解けるようにしましょう

③アウトプットの後に(再)インプットする
たっつー、どいこうも実践していました。アウトプットをした後に重要なことは「解けなかった問題を解けるようにすること」です。なので、解説はしっかりと読み込んで知識を入れるべきですし、解説で分からなければテキストを見る、テキストで分からなければより詳しく書いたサイトを探すなり本を買うなりしましょう。ここを疎かにするといつまで経っても点数は伸びません。また、アウトプットをすることで問われる論点や自分が理解できていない論点を知ることができるので、やるべきことを絞り込むことができ、インプットの効率も上がります。

④教材を極力減らす
たっつー、そーやも実践していましたし、かわとものポケテキ集約法もこれに当たります。全ての情報を集約した「自分だけの最強教材」を作ることで、1冊で全てを見直すことができるので効率的ですし、荷物が少なくなるので外出先での学習が進みやすいというメリットがあります。また、「最強教材」を作る過程でかなりの量を書いているので、①と同様の効果も得られて記憶に残りやすいという点も見逃せません。

⑤よく寝る
寝る子は育ちます。寝不足を自覚している人は、一度10時間くらいしっかり寝てから学習してみてください。集中力が段違いに上がります。僕は、毎日最低8時間は寝るようにしていました。

 


以上になります。

僕や他のメンバーもこれらの方法でしっかりと合格を勝ち取れていますので、自信を持って良い学習法であると言えます。
どれか1つでも参考にして、役立てていただけると幸いです。

ではでは、引き続き学習を頑張ってください!

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから 

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


◆学習時間を生み出す

こんにちは。どいこうです。

さて、「今やっておきたいこと」シリーズ企画もそろそろ後半です!

やっておきたいことのまとめ(どいこう版)

私は以下の4つが必要だと思っていますが、過去記事でかなり言及されておりますのでリンクでご紹介します。
1)将来イメージでモチベーションを高める;過去記事「ニンジンはどこだ!?」「長押し!心のスイッチ」など
2)現状とゴールのギャップを認識する;1次試験(1次免除の方は2次試験)の過去問1年分を解くのが良いと思います。
3)ギャップを埋める学習計画を作る;過去記事「〈永久保存版〉1次試験までの学習計画」「バックキャスティング思考法」など
4)学習計画を実行する

本稿では(4)学習計画の実行について言及します。

時間をかけてなんぼ

学力は、大まかには以下のように整理できると思います。

試験時点の学力=開始時点の学力+学習効率×学習時間-忘却

「学習時間」をいかに増やすか、という点は非常に重要になります。

具体的には、「(比較的)生産性が低い時間を削る」方法と、「削れない時間を有効利用する」方法があります。

削れる時間(1)テレビ視聴

前向きに考えて行動し、実績を上げようとするビジネスマンにとって、漫然としたテレビ視聴は大敵だと思います。

1)テレビ視聴は受動的で無目的になる場合がありますから、よほど目的意識をもって利用しないと目標達成に近づけないと思います。

2)最近のテレビ番組(特に報道番組)の多くはビジネスマンに役立たないばかりか、社会人としてのNG行為がみられると感じています(私個人の感想で、人により意見が違ってよいと思います)
・ネガティブなニュースにかける時間が多く(殺人事件や子供の虐待などの悲惨な出来事や不祥事など)、視聴者が「自分もがんばろう/がんばらなくては」という意欲を高める出来事(例えば、最近のはやぶさ2の小惑星着陸成功のように鼓舞される出来事や、日本の立場に立った安全保障や経済に関する解説など)の扱いが少ない
結論だけを主張し、根拠となる事実を提示しない、または事実の一部のみを都合よく切り取る事例がみられる
不祥事の犯人探しをして糾弾するが、根本原因の究明や改善提案をしない事例がみられる

診断士受験を機に、テレビはよほど見たい番組だけに絞り、前向きに生きる時間を増やすことをおすすめします。

削れる時間(2)ゲーム

暇つぶしでするゲームもテレビ同様、時間を無限に奪っていきますが、ゲームで現実社会での生活を改善することは、(通常は)難しいです。ゲームが仕事につながる方はよいとして、一般の方は、診断士受験を機に、現実に取組む時間を増やし、ゲームを減らすことをおすすめします。

余談ですが、私は学生時代に麻雀に大量の時間を投入し、就職説明会を寝過ごしてブッチぎるほど情熱的に取り組みました。結果、心理的かけひきの経験とタバコの銘柄をニオイである程度判別するスキル(私は吸わないです)を得ましたが、かけた時間に対する投資効果は低かったと反省しています。

削れる時間(3)飲み会

診断士資格を取得したら交流する相手の幅が広がった状態で飲み会ラッシュになります。あなたにとって、今の飲み会よりも合格後の飲み会の方が楽しいのではないでしょうか?もしそうなら、今は少し飲み会を控えて、まず合格してはいかがでしょうか。少なくとも、「いつものメンバーでグチを言い合う飲み会」なんてものは卒業することをオススメします。

有効活用したい時間(1)通勤時間

通勤時間に電車やバスに乗る方は、移動時間の有効利用を検討しましょう。我らがかわとものポケテキ学習法や、通勤時間の利用に特化したSTUDYingなど、学習効果を高めるワザ・教材を研究しましょう。

早起きと組み合わせれば、「オフピーク通勤」で比較的空いている電車で勉強し、職場の近くのカフェで落ち着いて勉強するというスタイルも選択できます。

有効活用したい時間(2)昼休み

会社員にとって、昼休みは貴重な自由時間ですから、利用しない手はありません。カフェや会議室などを利用して勉強に組み込む工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

◆中小企業は手厚く支援されている

続いて、中小企業政策について。

中小企業は支援されている

中小企業政策の大前提として、中小企業は、各種の法令等で手厚く支援されていることが挙げられます。その基本となるのが中小企業基本法小規模企業振興基本法です。これらは「基本法」という名前からもわかるように各種法律のベースとなる超重要な法律です。

中小企業基本法が制定されたのは昭和38年(1963年)、東京オリンピックの前年、まだ高度経済成長期と言われていた頃です。当初の中小企業は、「(大企業と中小企業等の)二重構造における弱者」と位置づけられましたが、平成11年(1999年)の改正で「我が国経済のダイナミズムの源泉」として「成長発展する中小企業」という大幅な位置づけの変更がなされました。なお、制定当時の中小企業基本法には「小規模企業」という概念が存在しませんでした。

小規模基本法(正式名称は小規模企業振興基本法)は平成26年(2014年)に施行された比較的新しい法律です。「成長発展する中小企業」のほかに、「持続的発展」(「何とか事業を継続する」という意味のようです)にとりくむ小規模事業者もいることを視野に入れて制定されました。5年毎に「小規模企業振興基本計画」を策定することを決めました。

なお、小規模基本法施行に先立つ平成25年(2013年)の中小企業基本法等の改正において、「小規模企業者」の概念ができました。このため、この改正は重視されており、通称で「小規模企業活性化法」(法改正で新法ではありま