はじめに

| ABOUT | | 12件のコメント

 中小企業診断士試験一発合格道場へようこそ happy01

■ この道場は ■

2009年度中小企業診断士試験に

  • 「初学者合格」clover
  • 「働きながら合格」building
  • 「1次・2次ストレート合格」bullettrain
  • 「一発合格」fuji

した

という5人のビジネスマンが贈る
診断士試験・必勝勉強方法 のアドバイス道場ですscissors

■ きっかけは ■

 2010年1月にTACで「合格体験談」を4人で話したこと。事前打ち合わせをしていたら、

「あれ、その勉強方法、オレもやってた」

という考え方が続出。そして実施した「合格体験談」は大好評。

「こんなに喜んでいただけるなら、
我々の経験を余すところなく活用してもらおう」

「時間がなくて伝えられなかったけど
あの勉強方法も役に立つかも」

と、道場開き に到りました wink

■ 4人の共通する勉強方法(道場基本理論)とは ■

4人の共通する勉強方法を解きほどいていくと、それは、

に集約されました。

 

これらのことは、この道場で順次ご紹介していきます。

■ 最後に ■

道場は、診断士試験合格を目指す「すべての受験生」を応援します!

我々は幸いにも「初学者ストレート合格」出来ました。「なぜ受かったか」という確固とした理由なんて分かりません。でも、

「ひょっとしてこれが・・・?」
「関係ないかもしれないけど、こんな勉強はしてたよ」

という小さなアドバイスが、受験生にとって「大きな発想の転換」、「成績の飛躍的向上のヒント」、「精神安定剤」 になるかもしれません。

そうなることを信じて、一人でも多くの受験生のお役にたつよう、一方的かつ自己満足的にcoldsweats01、発信し続けます good

「共感できる!」、「参考になった!」。
そんな記事があれば、ぜひコメントを お寄せ下さい。

「こんなことに悩んでいるdown」、「こういう時はどうしたらいいかsweat02」。
そんな疑問があれば、ぜひコメントを お寄せ下さい。

一人でも多くの受験生に、この道場がお役にたつことを願っています sign03

copyright 2010年春 中小企業診断士試験 一発合格道場 執筆者一同



トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

はじめまして(*^_^*)

勉強方法として役立てさせていただきます。

経済学で、4点の下駄を履かせているようです。足きり回避になった人もいるのではないでしょうか

> 一次合格発表さま。コメントと貴重な情報ありがとうございました! 得点調整が必要なほど経済が難しかったのでしょうね。そしてこれで足切り回避になった受験生が僕らが知っているだけでも数多くいますので、相当助かったでしょうね。

さにい様。コメント返信が遅くなってしまい申し訳ありません。リンクさせて頂きました! 今後もどうぞご愛読下さい!

初めまして。
中小企業診断士に魅力を感じ、12月もしくは1月から開講のTACに通おうかと思案中です。
みなさん仕事をしながら勉強されて資格を取得されているのを拝見し、心強く思いました。
ただ、子育てと仕事と勉強の両立で一発合格を目指せるのか少し不安に感じています。
努力次第だとは思いますが、今からの勉強で間に合うでしょうか?
また、通学とWEB講座とどちらが良いか迷っています。アドバイスお願いします!

ひろぷた様、初めまして。勇気を振り絞っての診断士挑戦、そしてコメント投下、ありがとうございます! その一歩が、ひろぷた様を新しい世界にいざなうことになると思います!

お問い合わせの件、色々な意見があると思いますが、小職の意見を述べさせていただきます。

① 仕事と子育てと勉強の両立(三立?)は可能です!
理由は単純、みんなやっているから。診断士資格挑戦者は30代が中心。企業の最前線で脂が乗った世代です。この世代は家庭を持っている方も多く、みんな時間をやりくりして頑張っています。合格者の属性をみると、「あれ、独身や子どもがいない人、暇な人が多いな」という感じは全くありません。むしろ「この人忙しいのによく勉強する時間確保したなぁ」と思う人ばかり。もちろん、合格するためにはそれなりの覚悟が必要です。漫然と隙間時間ができたら勉強する、のではなく、積極的に隙間時間を作って勉強する発想の転換が必要です。大丈夫。勉強を始めれば、勉強が楽しくて楽しくて仕方なくなります。そうなればこっちのものです。努力しなくても勉強する時間を確保するようになります(笑)。

②今からでも間に合うと思います。今からなら受験校のカリキュラムにも追いつけると思います。ただし、試験日はもう確定している(8月最初の土日)ので、一日でも早いほうがいいです。だからどうせやるなら「年明けから・・・」なんて言わずに、今すぐ申し込んだほうがいいです。一日遅れるだけで、そのしわ寄せが二日分、三日分になって跳ね返ってきますよ。(※注:僕らは受験校のまわし者ではありません。あしからず 。。。 (^_^;) )

③ 通学とWEB講座。どちらも選べるならば通学をお勧めします!たまたま本日の記事 http://rmc-oden.com/blog/archives/13074 に「受験校を活用するメリット」を執筆しましたが、これはそのまま「通学か非通学か」に置き換えることが可能です。自らを律して心を鬼にしてカリキュラムで与えられたスケジュールを維持できるなら(または2-3年計画で合格することを目指すなら)それでもよいのですが、そうでなければ、途中で挫折してしまう気がします。ただし、これはあくまでも小職の個人的な感想です。道場の執筆者の一人であるアックル http://rmc-oden.com/blog/about#5 は、通信で初年度ストレート合格したツワモノです。ご自身の「仕事と家庭のバランス」と、「合格までの予定所要時間」を考慮して、最適な解決策を見つけられることをお祈りしております! 頑張ってください!!

ハカセさま

ご丁寧なアドバイスありがとうございます!
少し前向きに考えられるようになりました。
やはり、通学がベストですよね。
12月3日に開催されるTACの無料講座に体験してみることにしました。
なんせ初学者なので、右も左も分からない状態です。また色々悩みが出てくると思います。その時はまた相談させて頂いても宜しいでしょうか?

ひろぷたさま、ガイダンス・無料講座に参加されるとのこと、とてもよかったです! (TACから何かもらわなきゃ・笑)初学者の悩み・・・もちろんですっ! いつでも、何度でも、質問してくださいっ! 「初学者の悩みに対するショートカット」を提供するために、当道場は存在しています。道場の正しい使い方を理解頂き、嬉しい限りです。どうぞ使い倒してくださいませ。質問、お待ちしております!

みなさんはじめまして。
東北地方に在住のシロと申します。
40歳男性です。

この度、中小企業診断士の資格に大変興味を持ち、これからの時期ではありますがトライしようと考えております。
にあたりまして、アドバイス等いただけますとありがたいです。
宜しくお願いいたします。
受講形態におきまして、通信を考えております。
(近くに受験校がない、完全土日休みではない・・)
いま、下記3つの講座を検討中です。

TAC診断士講座、LEC診断士講座、通勤講座
①上記3つのどれがおすすめの部類に入りますか?
 個人的にはTACか通勤講座と考えており、
 TAC・・一次合格者など合格実績が高い
 通勤講座・・安価、マインドマップ等を利用した       学習形態

私の現在の生活スタイルとして、
・早朝起床(朝1~1.5時間は勉強時間確保できる)
・事務所までの通勤時間は10分弱
・普段は車で長距離移動する時間が多い(トラック運転手ではありません)
などです。
通勤講座のほうへメール問い合わせ(これから受験勉強開始しても間に合うか)したところ、大丈夫ですと回答をいただきました。
長文になってしまいましたが宜しくお願いいたします。

>シロさま。こんにちは。ご質問を頂き、ありがとうございました。何歳であろうと、どんな時期であろうと、チャレンジするために腰を上げたこと、もうそれだけで、大きな前進です。ぜひ合格をつかみとってください。

お問い合わせの件、質問の趣旨は「通信講座にすることは決めているが、どこに依拠にするかで悩んでいる」と理解しました。
.
残念ながらその質問への直接の答えは道場にはありません。特定の資格学校・団体に偏るコメントをすることになりますし、また仮に答えを出したとしても、それがシロさんの個別事情に合うとは限らないからです。
.
まずは、この記事をご覧になってみてください。道場でご紹介した合格体験記の一覧です。年齢、学習開始時期、学習形態、活用した資格学校、などが一覧になっています。ご自身の境遇に近いものを探して、参考にしてみてください。TACもLECも通勤講座も出身者がいるのでヒントが見つかるかもしれません。特に通信受講生がどんな勉強方法を採用していたか(具体的には、シロさんのような車での移動時間にどんな工夫をしていたか)などに焦点を当てて該当する合格体験談を探してみるといいと思います。
http://rmc-oden.com/blog/archives/61526
.
次に、一般論を紹介しましょう。「資格学校」と「eラーニング」という切り口で比較をするならば、前者は「実績」面で、後者は「価格」面で有利性がありそうですね。学習形態は同じ「通信」かもしれませんが、資格学校の通信講座は、「一部講義を教室で受講する権利」や「模試や答練(小テスト)」、「自習室を利用する権利」、「経験豊富な講師にリモートで相談できる権利」などがセットにいる場合が多く、通学講座のメリットの一部も享受できる可能性があります。e-ラーニングは同じ通信でありながら、独学の要素が強いため、独学を強く念頭に置いた教材・ツールを提供しているように思います。価格が断然安く、自由度も高いのも魅力的ですね。
.
また、「大手」と「それ以外」という切り口で比較してみると、大手受験校を選択すれば「寄らば大樹の陰」を実現することができます。受講生の数が多いですから、大手受験校のテキスト・答練・模試で問われた論点は、受験生の標準的な知識となります(たとえマニアックな知識でも、それが大手受験校のテキストに載っていれば「多くの受験生が知っている知識=正答しないと相対順位が下がってしまう知識」ということになってしまいます)。逆に、大手で問われなかった論点は他の多くの受験生も勉強していない論点、ということになりますから、相対的な安心感は得られそうですね。逆に大手以外の受験校・受験機関は、「大手とは違うんです」をアピールするために、大手とは異なる論点をカバーするケースがあります。そうすると差別化が図れる(=他の受験生が知らない論点を知っていることで加点のチャンスが増える)可能性があります。一方で、大手がカバーした論点が受験生の標準的な知識である以上、それを意識する必要があります。そのため、非大手の講座・テキストに依拠しつつ、大手の模試も念のため受けておく、のような追加的な勉強を強いられる可能性もあります。どちらの利点を取るかは「人それぞれ」だと思います。

これらの論点は、拙著「待ってろ診断士! 診断士受験の達人が教える合格の秘訣88」に事細かに紹介しております。
http://rmc-oden.com/blog/?p=70421
お時間があれば、書店などでお手にとってみてください。質問番号 H-01、H-02、H-08 などがシロ様の悩みに答えている項目だと思います。
.
上記、長くなってしまいましたが、ご参考になれば幸いです。頑張ってください!

ハカセ様

もの凄い丁寧かつ真摯なコメントありがとうございます。
やはり、合格したければ合格体験者に学べというように、近くに合格者がいなければ体験記などを通して、そういった方々の体験談を参考にしてみようと思いました。
また通信校の件ですが、周りからの総合的な評価を聞きたいがあまり、そのような問いになってしまい、申し訳ありませんでした。
確かに周りの評価が高いから必ず自分に合うとも限りませんし、安い受講料だから×とも言い切れません。
その辺りはサンプル資料等取り寄せたり色々工面してみようと思います。
また今回の質問/回答などが今後似たような境遇にいる方の参考になればとも思うところです。

PS:このブログに辿り着くことができてよかっです。
このようなメッセージをいただきより試験に対する思いが強くなった気がします。
ありがとうございます。

また今後もお世話になると思いますがどうぞ皆様宜しくお願いいたします。

>シロさま。わざわざのコメントありがとうございました。少しでもお役に立てれば幸いです。また、ここでの問答を通して志望が強まったとのこと。こんなに嬉しいことはありません。我々はそのために道場を開いているのですから。では、ご武運をお祈りいたします! (^o^)/

Comment feed

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

毎回(ほぼ)即日満席の
道場一次対策セミナー
2017年4月29日開催予定!
申し込み方法は後日!

道場について

↓ 今、何位? ↓





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX