投稿者「 » イラサム」の記事



こんにちは。イラサムです。

早いもので、昨年の合格者も実務補習に突入する頃かと思います。
昨年の実務補習では、大変でしたが幸運にもメンバーに恵まれて、楽しく過ごすことができました。

実務補習を受けられる方はぜひぜひ、頑張ってください。

さて、受験生のほうも新しい科目、「経済学」に突入した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

経済学は財務に引き続き、とっつきにくい科目だと思います。

なにせ丸暗記では突破できませんので!!

そこで、本日は経済学突入へのスタンスをお届けしたいと思います

Ⅰ、経済学の構成

経済学の問題には、乱暴に分解すると「知識」「グラフ」に分けられます。

このうち、知識問題(例えば、行動経済学の用語問題)は暗記で乗り越えることができ追い込みがききます。

問題なのは、グラフ問題!!

なぜ線が右に動くのかなどを理解できないとたちうちできません。

しかも、恐ろしいことにグラフもそれぞれが関連性を持っています

Ex)費用関数と効用関数→市場均衡につながる

今は、ピンと来ないかもしれませんが、要は初めが肝心

初めに、わからないままで残してしまうと、最悪ミクロ経済学が全部終わっても、よくわからないで終わってしまう危険性が生じますよ!!

Ⅱ、グラフの攻略は

グラフの攻略法は、右脳をフル回転させて、イメージさせることです(←全然攻略法じゃないじゃん!!)

まず、基本は縦軸と横軸!!

グラフがものすごくたくさん出てくるので、似たような線の形をしていても、全く違うことを表していることが多くあります。

Ex、市場均衡(ミクロ)とIS・LM曲線(マクロ)

そして、価格の変化や技術の進化などによって線が移動する、

その移動を、丸暗記するのではなく、理由付けをする癖をつけることが重要!

 

例えば、供給曲線では技術進化により同じ価格で多くの生産が可能になった。

そのため価格一定で生産量が増えたため、線が右に動いたとか。

 

理屈をつけることで、自信をもって回答できるようになります。

道場執筆陣でも、経済学を苦手としていたが何とか対策をしたメンバーも多くいて、

katsuこの記事など、経済学への戦いをすごく表しています。

 

最初はとっつきにくいけれど、興味を惹かれるのが多いのも経済学のような気がします。
まずは、もやもやをどれだけ早く解消するか

今日も一日がんばりましょう!!

by イラサム



こんにちは、イラサムです

本日二回目の記事になります!

今回、体験記を投稿してくださったAZさんは、僕の受験校の後輩にあたる方です

8月に開催した2次スタートダッシュセミナーにも参加してくださり、そのときもしっかりと内容を持ち帰られていらっしゃいました

AZさんの体験記にも合格者に見られる要素が垣間見られます

では、早速どうぞ!!

   投稿ココから   

自己紹介&志望動機
私は信用金庫に務める26歳の会社員です。大学はコミュニケーション系の学部を卒業し、社会を幅広く感じたいという理由で、地元の信金に就職しました。

業務に大きな不満はないものの、今の業務で本当に顧客の為になっているのか?社会人としての力は蓄えられているのか?という疑問は常にありました。

そんな最中に出会ったのが「中小企業診断士」

幅広いビジネススキルの獲得や、メインの顧客層である中小企業経営の手助けが可能となるこの資格を取らない手はないと即断し、社内にある診断士養成コース(受験料等を補助してもらえる制度)に志願。

ストレート合格を必ず実現させるべく、平成24年9月よりTAC1・2次本科生として勉強をスタートさせました。

一次試験
初学者であった私に最初に襲ってきた壁は、幅広く膨大な七科目の勉強量

対応策としては

①毎週日曜の授業前にWEBにて授業の前受けをし、全体像と体系を掴んでおく

②授業にて細かい知識・理解しにくい分野を潰す

③受講したその日中にトレーニングとスピテキを一周

④過去問潰し&苦手・理解しにくい部分を上記①~③を繰り返す

というサイクルを継続的に実施。

雨の日も風の日も台風の日も飲み会の日も繁忙期もこのサイクルだけは欠かさずに取り組みました。
試験当日は緊張で朝から吐き気を感じつつ試験会場まで行き、最初の試験である経済学が始まる前は心臓が飛び出るほど緊張しておりましたが、実際に試験が始まると、この一年繰り返しやってきたことを黙々とこなすことに集中。気がつくと二日目の中小企業経営政策が終わっていました。

結果、一次試験は無事470点通過。模試でも答練でも撮ったことのない点数を叩き出し、神様に感謝しました

二次試験
一次直後に開催された当道場の二次セミナーに参加。

二次試験の概要と怖さを痛感し、一次合格に気を緩めていた自分にとっては良薬となり、早急な二次対策へのシフトチェンジが可能となりました

事例を読むこと、それに回答することは楽しく、勉強になる部分も多々あったものの、それが直接得点に結びつくわけではなく、また他年度受験生等の回答を見ると、自分との圧倒的な差を痛感し、一次よりも落ち込んだ日々は多かった気がします

でも、この道場や家族の励ましを糧に試験前日まで藁をもすがる思いで諦めずに食らいつき、合格を勝ち取りました

まとめ
私の合格の秘訣は正直全くわかりません。私より長い時間努力をされている方もたくさんいましたし、理路整然とした文章を書かれている方もたくさん見てきました。その方々より自分が優っていたとは夢にも思えません。

ただ、絶対にストレート合格をする為に、約一年の間努力をし続けられたことは胸を張って言い切れます

また受験を通じて、ビジネススキル・知識はもちろんですが、他の経験ではなかなか得られないであろう自分への自信も同時に得ることができたことは、思わぬ収穫であり、且つ自分にとって最大の収穫かもしれません。その意味で、辛い時間も多々あったものの、本当にチャレンジして良かったと思いますし、この資格に出会えて良かったと感じています。

今後は、診断士のネットワークを拡充し、人脈を増やし、知識を増やし、何らかの形で社会に貢献していきたいと考えています。

P.S敢えて合格の秘訣を挙げるとすると、毎日知識が補充されることを楽しみながら勉強したことかもしれません。

一年間本当に充実していました!

   投稿ココまで   

いかがでしたでしょうか?

特に、一次学習時に実践されている①~④までのサイクルについては、さらっと書かれていますが、継続して続けるのは至難の業です
ここでも合格者に必要な、反復演習を習慣化されており、合格者に共通する要素を持たれております

これからは、診断士若手として、ともに頑張っていきましょう!

AZさんどうもありがとうございました。

by イラサム



こんにちは、イラサムです

あらためて、診断士試験に見事合格された方、おめでとうございます

来年はおそらく劇的な変化がある年になります。

実務補習に研究会、支部活動、その他チャレンジできる環境は用意されています。

後はそれをどれだけおもしろくできるか

そして、今までの診断士試験勉強の集大成として、後輩のために自身のノウハウを体験記としてお送りください!!

そして本日お届けするのは1年に1回しかない、年末年始という長期連休の過ごし方です。

 

長期休暇はなぜ重要か!!

年末年始、ゴールデンウイークと長期休暇は限られています。

ではなぜ長期休暇は重要なのか?考えるにそれはどっぷりひたれるからになります。

合格のためには毎日コツコツ勉強することも必要ですが、短期間にどっぷりつかることで知識の質が高められます。

合格できるかは、前半はどれだけ知識の質を上げられるか!後半は知識の質を本番まで維持できるかにかかっています。

知識の質を上げるためには、年末年始は絶好の機会!

じゃあ何をするのか?

僕からのおススメは過去問に着手することになります

 

過去問の重要性

過去問が重要な理由は、それが実際に出題された本試験問題だからです!

過去問の問題はスピ問や養成答練とは一味違います。

皆様が合格を勝ち取るためには、過去問と同レベルの問題に立ち向かい正解を選択し積み上げることが必要になります。

そのための一番効率的な方法は、早めに敵のレベルを知ること!

その重要性は超短期合格者のまっすーの合格体験記にも表れています。そして4代目メンバーのおもわず出た一言にも!

 

過去問着手から実感すること

年末年始には、企業経営理論の過去問に触れるというのを一つのイベントとしてみてはいかがでしょうか?

もちろん財務・会計も重要ですが、コツコツ続けていかなければいけない財務・会計と違って、次に企業経営理論のテキストを開くのは5月になります。

なのでやるなら“今”ということです。

実際に解いてみると、気付くことがたくさんあります。

「この問題は何を言っているのかわからない」

「論点はどこなの~」

「やべ、2時間もたっているのに半分しか進んでない、80分以内になんて無理だよ…」などなど

ちなみに僕が一番実感したのは、「復習が超大変で、めちゃくちゃ時間がかかる」ということでした。

もちろん①1年分の過去問を時間を測って解くパターン②分野ごとに複数年解くパターンとありますが、そこは目的により選択して実施すればよいと思います。

絶対的なことは、過去問を解けないレベルでは合格はあり得ないということ

この記事を機会に年末年始をどう過ごすのかを計画し、実行していきましょう!

それではよいお年を♪

by イラサム

 



こんにちは、イラサムです!

本記事で、私の書く2013年度合格目標向けの記事は最後になりました。
最後の最後にメッセージを送れること、すごく光栄です

もう他の道場メンバーが口述試験の心得をお届けしています。
なので、本日は口述試験突破のための基本をお伝えして、締めくくりにしようと思います。

口述突破の条件は、

面接官に、あの受験生は一番駄目だったよねという印象を持たれないこと!!

 

こちらも、実は根っこは二次筆記試験と同じです。

決して受験生のなかでの1番を目指すのではなく、周りができるレベルまでは自分もできるようにしておければ、突破できます!!

そのための基本を再復習です。

みんながクリアしていることその1

試験時間に遅れない!!

基本中の基本ですが油断しやすいところ、もう一度時間と場所を確認して、可能なら明日にでも現地に行って確かめるところまでできれば確実です。

みんながクリアしていることその2

受験票をわすれない!!

口述試験では、受験票さえあれば何とかなる。これを忘れた時のパニック度は半端じゃないです。

是非、明日までにカバンに詰めて、当日はカバンさえ持っていけば何とかなるという状態にしておきましょう!

みんながクリアしていることその3

TPOをわきまえない!!

口述試験では、原則スーツで受験します。私服で行くのが必ずしもダメなわけではないですが、周りと同じレベルなら合格という状況の中で、目立ちすぎる活動はやめておいた方が無難。

みんながクリアしていることその4

試験ではなにかをしゃべりましょう!!

一番マズイのは終始沈黙すること、この記事まっきーになってしまうのが一番避けたい(まっきー引き合いに出してゴメン)。

決して落とすための試験ではないけれど、しゃべらなければ面接官も評価のやりようがありません。

みんなが目指しているいることその1

2分以内で話す!!

意外と自分で話していると2分って長いです。道場セミナーにご参加いただいた方はもう実感済みですよね。まだ身に付けてない方、明日は猛特訓して身に付けましょう。

最後に
口述試験は試験の場であると同時に、診断士試験突破の同期と交流を深められる場になりました。昨年も夜は飲みに行ったのを覚えています。

決して落とす試験ではないですが、過去に数人が突破できなかったことも事実です

最後の最後で合格を手に出来ないのはもったいないので、キーワードは
油断せずいこう!!

合格の声をお待ちしております。

by イラサム



こんにちは、イラサムです

初年度生は、診断士試験の最初にして最大の山場である財務会計の後半戦を行っているところでしょうか??

財務会計では、高い点数を取りに行くというよりも、どうやったら60点を切らないことができるかが合格のカギ!

つまりは、本番までに自分の得点源をどれだけ増やせるかが勝負になります!

そこで、本日は財務会計のなかでも、絶対にはずせないCVP分析について見ていきたいと思います

CVPの目的
本題に移る前に、そもそもCVPの目的はなにかという点を考えてみましょう。思いつくままに書くと次の目的があるのかなと考えています。

◆企業が利益をプラマイゼロにするための売上高を明確にし、赤字解消への戦略に活用する為
◆目標の利益を達成するための売上高を明確化する為(H20-12)
◆損益分岐点比率・安全余裕率を算出し、他社との比較を行う為

実際、出題もH20・H21とで、損益売上高や安全余裕率を求めさせる問題が出題がされています。

これらの問題は、基本公式を知っているだけで、正解の選択肢にたどりつくことができるので、いってみれば絶対におとしちゃいけない問題です!!

変動費と固定費の算出
ところで、診断士試験のなかでは、この変動費(VC)と固定費(FC)とは与えられているケースは多いですが、実際の企業のなかでは、この変動費と固定費を分ける作業というのは簡単ではありません!!

科目ごとに分けるにしても、企業によって科目への費用の分け方は様々なので、企業によって変動費になったり固定費になったりと一概には算出できません

実は、本試験でもこの点から、変動費を求めよという問題が出題されたこともあります。

本日の本題はこちらで、解法を一つ覚えればマスターできるものなので、是非こちらも得点源にしてください。

さてさて、本試験では、H23の一次試験で出題されておりまして、その前はH19のに次試験でも出題されています。
解法は連立方程式です、だいぶ前にやったという人も多いと思いますが、頑張って思い出しましょう!!

H23の問題は次の通りです

【H23-11】
公表されているY社の経営指標は、損益分岐点比率が75%、売上高営業利益率が10%、営業利益が1,600万円である。変動費率として最も適切なものはどれか。
ア 25%  イ 40%  ウ 60%  エ 90%

いかがでしょうか?最初にこの問題を解こうとしたときは、「あと固定費が分れば算出できるんだけどな…」というところでギブアップしてしまいました。

さて、この問題を解くために、知っておかなければいけないポイントは2つあります

1つ目は、“売上げ-VC-FC=営業利益”になるということ
※“売上高-(売上高×変動費率)-FC=営業利益”でも同じこと
2つ目は、“損益分岐点売上高のときの営業利益はゼロ”ということです

詳しくは、問題集の解説を見ていただければと思いますが、解法は次の通りです

結論、2パターンの“売上げと利益”が分れば、VCとFCは算出できます
(H19の二次試験では、2つの年度の売上と利益から算出を求められました)

やり方が分れば、あとは練習あるのみ!!
CVPが出題されたら、ガッツポーズできるように頑張りましょう

by イラサム

 

 



こんにちはイラサムです

受験生の皆様は、診断士試験の最大の山場、財務・会計の講義の途中かと思います

財務でつまずくと、のちのちの負担が大きくなるので、こぐまのこちらの記事を参考にして講義期間中にしっかりと対策を立てていきましょう。

さて、本日にお届けしますのは、貸借対照表・損益計算書の数字変化の流れについて、平成19年第1問を教材に使って進めていきます

過去問題集には載っていないかもしれない問題ですが、貸借対照表・損益計算書の関係を確かめることができるすごくいい問題なので、自分でその仕組みを覚えることができるように3回くらい解いて、しっかりと身に付けてください

では、見ていきましょう!

【平成19年 第1問】
次の表の空欄Aに入る最も適切な金額を下記の回答群から選べ

〔回答群〕
ア 560 イ600 ウ720 エ840

さてまずは、自力で一回解き方を想像してみてください

どうぞ!!!

 

 

どうでしょうか?

ではあらためて、私の解き方のプロセスと一緒に、収益・費用による貸借対照表の変化についても見ていきましょう

まず問題にあります内容を会計書類におとしてみましたのでご覧ください

図を見ると、Aを算出するためにはYが分れば「A=Y+340」で出すことができそうですよね

では、Yを出すためにはどうすればいいでしょうか?
そのためには次の3つのステップを踏んでいきます

ステップ①、Yの基礎となる一年前のXの数値の算出
ステップ②、収益・費用を反映
ステップ③、純資産のその他の増減を反映

早速見てい行きましょう!!
ステップ①
まずは、Yの値の基礎になる一年前の純資産の値Xの数値を算出します
図を見て明らかなとおりこれは下の式で算出できます

640-280=360(X)

ステップ②
続きまして、Xの値の1年間この企業が活動してきた、収益と費用を反映します

図より、費用930・収益810なので120の赤字が出ています
この120については企業がもともと持っていた資産から補填しなければなりません
つまり、純資産の値が120減少します

よって純資産の値は次のようになります
360(①より)-120=240

ステップ③
最後に、今回は純資産のなかでの増減もあります。配当を実施したり、もしくは増資をされたのかもしれませんね

こちらは増加210・減少190なので、その差の20が増加しています

よって、純資産の値も変化します
240(②より)+20=260(Y)

ステップラスト
最後に負債340にYを加えることによってAが算出できます

A=340+260(Y)=600 ⇒イの選択肢

いかがでしょうか?

企業の一年間の成績(損益計算書)により持っている資産(貸借対照表)が変化する
財務会計でもいろいろな問題が出てきますが基礎になるのは、貸借対照表・損益計算書ですので、まずはここをしっかり抑えて、得点科目へ引き上げましょう!!

by イラサム

 



こんにちは、イラサムです

11月に入って、寒くなってきましたね。

初学者の皆様はそろそろ2科目目の財務会計に入るころでしょうか?

本日は、復習の意味も込めて、企業経営理論の組織構成についての記事になります。

現段階では、それぞれの組織がどのようなイメージなのかをしっかりおさえられれば十分と思います。一つの目安は、企業系理論のH20第11問の設問1~3が解けるくらいです。
過去問:http://www.lec-jp.com/shindanshi/support/kakomon/(LECの過去問DL画面に進みます)
解答:http://www.j-smeca.jp/contents/007_c_shiken/010_h20_shiken.html(中小企業診断士協会の解答発表のページに進みます)

それでは、さっそく見ていきましょう

機能別組織
機能別組織のイメージは部門ごとの役割が明確で、営業は営業だけ、製造は製造だけをやるのがメインミッションであるみたいなところです。

二次試験(特に事例Ⅲ)では、この形態が多いです。そのうえで「営業と製造が連携ができてない、じゃあどうするか」という問題がオーソドックスです。


メリット・デメリットは以下の通りです。

メリット:
・各部門がメインミッションに集中できるため、ノウハウが蓄積しやすく専門性が発揮できる
・規模の経済が発揮できる⇒コストダウン
・トップに多くの権限が集中しており、命令系統が明確なため、組織の統制を図りやすい
デメリット:
・部門間の交流が少なくなり、部門間の調整が必要な際にはトップの負担が大きい。結果として意思決定に遅れが生じることがあり得る。
・各部門がメインミッションに専門化しているため、全体を見れるマネジメント人財が育ちにくい

 

事業部制組織
事業部制組織のイメージは、地域別または商品別に部門が分れていて、この地域のことは一つの部門内で大方すべて解決できるなど、それぞれが担当の地域または商品にコミットしているというものです。

 

 

メリット・デメリットはほぼ機能別組織の逆になります

メリット
・機能別組織と違って、営業と製造等の部門間の調整は当該事業部長の役割なため、トップは戦略的意思決定に多くの時間を使える。
・現場において、そのときの状況に応じてスピーディな対応が取れる(社長決裁は要らず、事業部長の判断で実施可能なため)
デメリット
・各事業部に購買部門などが配置されることになるため、効率が悪い
・事業部は各々の事業にコミットするため、セクショナリズムが進む。そのため事業部間の連携を取ることは難しい。

 

さて、最後はマトリックス組織!イメージがわきずらいですが基本はしっかりとおさえておきましょう!

マトリックス組織
マトリックス組織のイメージは、資源を最大限活用する。悪く言えば、優秀な人財を使い倒す!!

 

メリット
・機能別部門と製品別事業部との組織的融合が図れる。そのため次の二つのメリットがある。
①人的資源が共有でき、少ない人財を効率的に活用できる
②情報の共有がされているため、情報処理が迅速化する。
デメリット
・命令系統が一元化されていないため、混乱が生じやすい(一人が機能別部門長と製品別事業長の2人から指示を受ける)
・上記のため各構成員に柔軟な対応が求められるため、そのような風土ができていない企業では導入が難しい。

ぜひ、H20の第11問をまだ見たことがない方は、一度解いてみることがおススメです。

最近の問題では、機能別組織・事業別組織などの名称が問題文にないもののそのメリット・デメリットを問われる問題が出題されています。
パターンは似ているので、得点源にしていきましょう。

本日も頑張っていきましょう!

by イラサム



こんにちは、イラサムです

昨日は、2次試験の本番でした。

受験された方、本当にお疲れ様でした

最後の最後に鞭を打つようで恐縮ですが、ぜひ覚えているうちに再現答案を作りましょう
これから各予備校で、2次分析会が多く行われています。そこへ再現答案を持っていけば講師に好評をしていただけます。

自分がどんなことを書いたんだっけと不明確なまま合格発表までを過ごすより、なにかしらの根拠があったほうが、気も楽に過ごせると思いますよ!

ぜひ、作ってみてください。

何はともあれ、今まで本当にお疲れ様でした。

是非ゆっくりしていただいて、今度開催されるオフ会にもご参加ください

さて、ここからは来年度の合格を目指す方向けの記事になります。

【2014合格目標】合格のための基本、ゴールから逆算して立ち位置を知ろう!!

2014年度合格を目指すみなさん、はじめまして一発合格道場4代目のイラサムと申します。
このブログでは、中小企業診断士を目指す方に向けて、受験生当時どんなことをしていたのか、また苦労した論点についての解消法など、私たちが受験生当時に悩んでいたこととその各々の解決策、そして気になっていたこと等を平日毎日お届けしてまいります

これからもご愛読いただけたら、うれしいです

さて、本日は第一の目標とする8月の1次試験に向けて、スケジュールの確認をお届けいたします。

私が受験した当時の、T○Cのスケジュールは次のようになっていました。

<講義スケジュール>
10月 企業経営理論
11月~12月頭 財務・会計
12月~1月 運営管理
1月~2月頭 経済学・経済政策
2月~3月頭 経営情報システム
3月~4月頭 経営法務
4月 中小企業経営・中小企業政策
5月~7月 7科目総復習&完成講義

次にそれぞれの講義に向けて次のことを行っていました

<勉強時間>
・予習 2時間
・講義 3時間
・復習 1時間半
合計 6時間半×77講義⇒500時間
・過去問演習 1時間(4科目)or1時間半(3科目)+30~60分(復習)
合計 (8時間半+およそ5時間)×5年分×7回転⇒473時間
(但し、最初の経営などは復習に3時間ほどかかります)
トータル およそ1000時間

これに加えてスピ問やトレーニング等をやる場合にはさらに時間がかかります!
私の場合には、スピ問を使わない代わりに、なんと過去問を約7回転しました。

8月の1次試験までの時間
(2時間(平日)×5日+8時間(休日)×2日)×42週間⇒1100時間

 

上記は、かなりざっくりとしたスケジュールになりますが、ここでお伝えしたいのは
初学者にとって時間は結構タイトであるということです。

私がT○Cにかよっていたので、その例で説明しますと各講義の最後に行われる養成答練にまでに復習が間に合わなかった科目をいわゆる借金科目と言いますが、これが増えていくとますますきつくなります。
そのため、一つ一つの科目を講義期間内に消化することが合格するための重要な要因になります。

先にお伝えしておきます、財務・会計の講義期間に、企業経営理論の復習を一緒に行うなどは、時間的にほぼ無理と思っていただいた方が良いです

まだ講義は始まったばかりという方も多いと思いますが、最初から徹底しておくと後が楽になります

是非スタートダッシュをきめてください。

今日も一日頑張りましょう!!

by イラサム



こんにちは、イラサムです

いよいよ本試験まであとわずかです!!
ここにきても、自分ホントに合格できるのかよと思っている方もいるかと思いますが、
隣にいる受験ライバルも同じように考えているはずです

なのでここはとにかく本試験まで走りぬいたもの勝ちです

合格のためには、2次試験の合格の基本「聞かれていることに答える」ということが重要ですが、みなさん自信を持ってできていますでしょうか?
昨年の私はこの点について、この時期になってもできていませんでした。

そこで本日は、この「聞かれていることに答える」能力を鍛えるために行っていた要約について投稿させていただきます。

<要約の方法>

そもそも要約は、ただ文章を圧縮することではありません
その文章で何を伝えたいのかを端的に抜き出したものが要約になります

なのでまさに「聞かれていることに答える」能力を鍛えるためには最適でした

では具体的にどうやっていたのかというと

T○Cの過去問題集の設問対応する模範解答を用意し、模範解答の中から絶対にはずせない要素を20字でまとめるということを行っていました。

例えば、H23の事例Ⅰ 第1問 設問1について

(設問)
A社にとって、かつて主力製品であった一般家庭向け医療品と、近年注力し始めている医家向け医療品では、営業活動に、どのような違いが求められるか。120 字以内で説明せよ。

模範解答は各自でご覧いただきたいのですが、当時の勉強メモによると、それぞれの営業活動について私はこんな形で要約していました

(要約)
一般家庭向け)消費者へ自社商品の露出向上を図る営業活動。 【20字】
医療向け)  潜在ニーズを発掘しその解消を図る営業活動。 【20字】

意外と20字という字数は少なく、余計なものを省かないと字数に収めることは難しいです
そのため、必要な要素を確実に書く力は絶対に伸びます

またさらに発展的な方法として、30字に増やしたらどんな要素を加えるのかということするのもおススメです
①手段を加えるのか、②修飾語を加えるのか、それとも③期待効果を加えるのか等何パターンか書き出してみると、答えを書くときの構成要素が見えてきます

(例)
医療向け)医療現場との対話で潜在ニーズを発掘しその解消を図る営業活動。【30字】

上の例は、①手段を加えたものです

このトレーニングのもう一つの効果として、20~30字の文章の長さの感覚がつかめます
これにより、120字を記述するに際しても「30字の文章×4だから、このくらいの要素を盛り込める」などがわかり、既述するのが楽になりました。

残り時間が少ない中で、トレーニングする要素は絞っていく必要があります
なので、必要な要素を確実に書く力がどうしても不安だという方は使ってみてください

では、今日も一日頑張りましょう

By イラサム



こんにちはイラサムです

2次試験までおよそ一か月、これからもまだグイグイ伸びますのであきらめず頑張っていきましょう。

さて、前回に引き続き事例Ⅳについての記事をお届けします。

今日のターゲット設問は経営分析です。

以前に、平平この記事で投稿していましたが、僕も下記の指標を全て算出してから選択する指標を選ぶ方法を取っていました。

収益性 売上高総利益率・売上高営業利益率・売上高経常利益率
効率性 売上債権回転率・棚卸資産回転率・有形固定資産回転率
安全性 当座比率・負債比率

そこで活用していたのがメモリー機能です。
これはとても便利な機能です。既に活用している方もいると思いますが、
活用していない方はいまからでも間に合いますので是非ご活用ください。

まずおさらいとしてそもそもメモリー機能とは何かについてです

ボタンで表すと
「M+」「M-」「MR」「MC」の4つになります。
そのうち活用していたのは「M-」を除く3つでした。
それぞれの機能を簡単に言うとこんな感じです。

「M+」…電卓表示上の数値を記憶
「MR」…記憶した数値を呼び出し
「MC」…記憶した数値をリセット

この機能を効果的に使える問題はズバリ、同じ数値を反復して使用するということで経営分析にはもってこいの機能でした。

例えば、収益性では、指標の分母は全部売上高です。また効率性の分子は全部売上高です。

なので売上高を電卓に記憶して、時間短縮とケアレスミス防止を行っていました。

具体的には次のことをしていました。

(1)ターゲットを定める
前回の記事でもお話しましたが、電卓に集中するために使う数値にはあらかじめ○印をつけ、数値の見間違いをしないようにしていました。

(2)メモリー機能をフル活用
続いて、D社の売上高を記憶し、収益性および効率性の数値を算出していました。

Step1
「D社売上高」入力→「M+」ボタン⇒電卓に「売上高」を記憶
Step2
<収益性>
「総利益額」÷「MR」×「100」⇒売上高総利益率
「営業利益額」÷「MR」×「100」⇒売上高営業利益率
「経常利益額」÷「MR」×「100」⇒売上高経常利益率
<効率性>
「MR」÷「売上債権(売掛金+受取債権-引当金)」⇒売上債権回転率
「MR」÷「棚卸資産」⇒棚卸資産回転率
「MR」÷「有形固定資産」⇒有形固定資産回転率

実践してみると、意外と単純作業で、5分くらいで数値は出せます。

でもいちいち売上高を入力する手間を省け、間違いも生じません

数字の打ち間違えに不安がある人はぜひ実践してみてください

今日も一日頑張りましょう

by イラサム



こんにちは、イラサムです

 

先週はTAC模試でしたが、お疲れ様でした

うまくいった方もいれば、そうでない方もいると思います

特に初学者はうまくいかなかったという方が多いのではないでしょうか

ぶっちゃけうまくいかないのは当たり前、改善のために残り1ヵ月半がある

と吹っ切って最後まで走り抜けてください

 

さて、今日のテーマ事例Ⅳ、しかも個別論点ではなくケアレスミス対策を取り上げます

納得いった方は是非実践をしてみてください

また、おまけとしてCVP分析の簡単確認法も紹介しちゃいます

 

それでは早速行きましょう

(1)使わないものにはバツ印

財務諸表から間違った数値を持ってきてしまったという経験はないでしょうか

”D社の数値だとおもったら、同業他社の数値を持ってきて使ってしまった”

”平成24年の数字を持ってくるつもりが、平成23年の数字をもってきちゃった” 等々

せっかく計算は合っていたのに、最初でミスしたばっかりに得点にならない

くやしくないですか

 

じゃあ、どうやって防げばいいのか

僕からの提案は強制的に見ないようにすることです

下の図を見てください

おなじみ、平成23年に出題された財務諸表の形式です

この年は、同業他社の数値の他にD社の1年前の財務諸表が記載されてました

つまりは情報が多い分、間違える可能性も高かったということです

僕の場合は、あえて下のように使わない指標には×印をつけていました

×とすることで、使う情報(この場合には平成22年のD社のもの)だけを強制的に見るようにしたんですね。

おかげで、間違えることは格段に減りました

もちろんCF計算でD社の1年前の財務諸表を使うときは×印は邪魔なので、消しゴムで消してから解くようにしていました

また、逆もしかりで、経営分析をする場合にはあらかじめ使う数値を○で囲んで特徴づけ、他の数値を見ないように工夫していました

(2)数値と言葉をかたまり化

財務諸表だけではなく、問題文中にもたくさんの数値が出てくるのも事例Ⅳでは多々あります。

これもけっこうやっかいで、○○円というのが2つも3つも出てきてしまうといざ数値を持ってくるときに間違ったものを持ってくる危険性があります

そのため、数値と言葉をセットで把握できるように、両方を四角で囲むようにしていました

間違った数値を持ってきてしまうと後で気が付くのは至難の業です(計算自体は間違ってないですし)

なので、気を付けるだけではなく、次に失敗しないようにするための工夫を考えることが重要

気を付けても間違えるときは間違えてしまうので

(3)おまけ、CVP分析の簡単確認術

昨年も出題されたCVP分析ですが、売上と変動費・固定費の3要素さえ正確に出せれば得点できます。実はこれ簡単に確認できる裏技があります

下の図をご覧ください

 

これは平成21年の第3問からとってきたものです

重要なのは、売上(スタート)経常利益(ゴール)は書いてあるということになります

そのため、変動費・固定費が間違っていないかは実は簡単に確認できるというわけです

嘘だと思ったら、平成21年の事例Ⅳで実践してみてください

事例Ⅳもみんなができる問題をいかに落とさないかが勝負の決め手になります

取りこぼさない工夫、自分なりのものを考えてみてください

今日も一日頑張りましょう

by イラサム

 



こんにちは、イラサムです

 

8月も中盤に入り、来週は早くもT○C模試ですね

まだ、勉強を始めたばかりで解き方すら、よくわからない。模試が早すぎる、と感じられる方も多いかと思いますが、この時期にやることにはちゃんと意味があります。

例えば、まっきーの合格体験記にも模試でのショックから合格につながったことが書かれています。

なのでできるだけの準備をして臨んでください

 

さて、本日は二次試験演習中に起きた、数々の失敗事例のうち5つを選んでご紹介していきます。

反面教師にするもよし、そんなことが起こるんだと認識するだけでもよしです。

こんな失敗をしないためどうするかを先に考えておいたり、もしくは自分が同様の失敗をした時に考えるでももちろんいいです。

みんな同じようなことで失敗を経験していることを知ってください

 

では、早速見ていきます。

 

1.A社の現在行っていることで、マス目半分が使われる!

予備校主催の一番最初の演習時にそれは起こりました。

問題は「どのようにアドバイスするか」というものでした。

マス目を埋めて、できたかなと思っていたところ、120字の半分以上が要らない文書とのコメントをされて帰ってきました

その不要とされたところに何を書いていたかというと、A社の状況を書いていたんですね。

具体的には「~人件費増加による収益性悪化が生じている。そのため○○すべきである。」と書いて、前半部分はゼロ点でした(ちなみに後半部分も2点しかとれてませんでしたが…)。

口頭で説明できるときには、「今はこんな状態になっている。だからこう変えましょう。」と言いがちですが、二次試験では聞かれたことだけに答えることが求められるということ、今回のようにアドバイスを求められた場合には「改善策と期待効果」を書かなければ得点できないことをショックの中からも学びました。

 

2.だから、何が問題なの!QなのかCなのか、それともDなのか!

これも、予備校の演習一回転目でした。

決まった規格を持たずに受注生産しているC社の事例で、今までは大きなロットサイズで注文を受けていたので注文単位ごとで生産していたところ、注文単位の少ない中小企業との取引を開始しようとしているというものでした。

このC社について、「発生する新たな問題点とその対応策」を聞かれた問題にて事件は起きました。

 

”問題点は、大きな単位でのロット生産が困難になる”

 

これって答えとして全然足りてないことがわかるでしょうか?

模範解答を見てみると次のように書いてありました。

 

”~。よって、段取り替え回数が増えるおそれがあるため、○○する。”

 

ようは、C社にとっての問題点をQCDレベルまで落とし込めてなかったということです。

今回の場合には“大きな単位でのロット生産が困難になる”から“段取り替え回数が増えるおそれがある”。

さらに言えば、“段取り替え回数が増えるおそれがある”から、コスト(C)が増加する可能性がある、まで言及しないと問題点として伝わらないということです。

(ちなみに本事例では、第1問で“段取り替え回数の少ない効率的生産”を強みとして指摘させていました)

 

 

3.黄色 + オレンジ + ピンク=??

タイトルだけを見てピンときた方々、実際に経験あるんじゃないでしょうか。

そう!ラインマーカーのことです。

これはまさに模試で事例Ⅱを解いているときに起こったことです。

当時は設問ごとに色分けをして応付けを行っていました。

そのときに同じ個所に3色も重ね塗りしてしまったんですね。

原因は対応付けのレベルがまだまだ少なかったということなのですが、3色も塗ってしまうと結局どの問題で使えばよいのかもわからず意味がなかったという経験です。

ラインマーカーのメリットとして、色で視覚化できて見やすいことが挙げられますが、反面デメリットとして、一度塗ってしまうと消せません!お気をつけを

 

4.書いている最中に、あれもこれも盛り込んだ結果、何を言っているかわからない。

9月の最終演習を行っている時に起きた出来事です。

設問分析もした、対応付けもした、書きたい方向性も決まった、そしていざ書くぞというときにそれは起こりました。

マス目に記入している最中に頭のなかで、“これも盛り込んだ方がいいのでは”という考えが浮かんでくるんですね。

日本語って面白いもので、主語と述語のあいだには“てにをは”を使ってどんな要素でも盛り込むことができる便利な言語です。

しかし後から読み返してみると、主語と述語が離れすぎて何を言いたいのかわかりづらい文章になってしまいました。

 

5.回答欄を間違える。1問まるまる消しゴムを使用

これは致命的ですね。しかし普段の勉強でも、模試のときもやってしまっています。

やってしまってもとにかく焦らないこと

時間をみて、どう対応するかを決めることが失敗を最小限に抑えるために必要です。

回答欄を間違えないことが一番理想なのですが…

 

二次試験勉強中にはいろんな失敗が生じます。さらに人によってさまざまです。

失敗してしまうのはしょうがないとして、次に同じ失敗を防ぐにはどうすればいいのか、その対応策を作業レベルまで落とせると発生頻度は格段に下がります。

 

では今日も頑張っていきましょう!

 

by イラサム



こんにちはイラサムです

セミナーに来て下さった方、どうもありがとうございました。

まだ間に合うとはいえ、残された時間は限られています!

これからノンストップで頑張っていきましょう。

1次試験が終わって、一週目が終わります。二次試験に対してはどんなことをやればいいのかもやもやしている受験生も多いと思います。

なので、今日は事例Ⅳにて得点が稼げる経営分析についてお話をしていきたいと思います。

平成24年度二次試験においては、出題の方式が大きく変わりました。

しかし、また元に戻るという可能性もあり、かつ戻った場合には
他の受験生は必ず得点を取りにきます

そこで慌てないためにも、ある程度の解き方の知識と練習は積んでおきましょう!

Ⅰ、経営分析はなぜ得点しやすいのか

従来の事例Ⅳ攻略法は、経営分析で得点を稼ぎ、簡単な計算問題を落とさないことと教えられました。

それだけ経営分析が取りやすいといわれる理由は2つあると思っています。

(1)主に抜き出しで対処可能

一度過去問をご覧になった方は認識されていると思いますが、経営分析では主に2つのことが求められます。

①D社の問題点を表す指標
②D社の問題点の内容

これは、与件文に記載があるケースがほとんどです。

例えば
(平成20年度)…主力設備は当時の最新機能を備えたものではなかった。最近では、老朽化による故障が多発しているためメンテナンス費用が増加している。
⇒製造原価報告書の“経費(うち、修繕費)”が高い⇒売上高総利益が悪い

なので、解き方のコツは本文からキーフレーズを発見できるかになります。上記の例でいえば”メンテナンス費用の増加”がキーフレーズになります

そして問題点の内容についても与件文から抜き出すかたちで対応できます

もちろん、他社比較という形式で出題されますので、他社よりも数値が悪いものを選んでいきます。

(2)解答フレームが決まっている

過去問の事例Ⅳ 経営分析の回答を眺めてみると、書き方がほとんど同じことに気が付きます!

例えば、問題点を聞かれている場合には、だいたいの解答が「~なため、収益性or効率性or安全性が低い」という解答フレームになっています。

あとは「~」の部分を問題によって書き換えれば、汎用的に対処可能というわけです。

 

Ⅱ、出題方法は主に2パターンしかない

平成24年度の試験では出題方法が劇的に変わりましたが、平成23年度までは主に2パターンの出題方法でした。

(1)改善策を記述するパターン(平成23年度)
(2)改善策を記述しないパターン(平成20~22年度)

(1)改善策を記述するパターン(平成23年度)

平成23年度の試験では、指標を3つ問題発生の原因、そしてその改善策が求められました。

実はこれだけでも大きな変化でした。

僕は受験していませんが、当時このいきなりの出題変更により混乱をし、実力を充分に発揮できなかった受験生もいらっしゃったとのことです
(それ以前の出題方式は(2)を参照)。

しかし、実はこちらの出題パターンにおいては改善策も本文に記載があったので、出題のされ方を知っていれば対処できます。

実際に平成23年度では次のようになっていました。

(平成23年度、本文中の記載)…工場新設にあたっては、製品ラインの見直しが求められている。
⇒(おそらく)製品ごとの売れ行きなどを分析していないと考えられる。そのため売れ行きの悪い製品が増え、棚卸資産が増加。その運転資金を借金で賄っている。
⇒(おそらく)改善策は、売れ行きなどで製品ラインを見直して、作る製品と作らない製品を分類する。

※この年度では、先に改善策を本文から抜き出し、それにより改善される指標を問題点としてピックアップするというプロセスが有効な問題でした。

(2)改善策を記述しないパターン(平成20~22年度)

こちらのパターンはある意味、コンサルティングをしている気分になれる出題方式です。

最初の経営分析では、D社の問題点を指摘させて、その改善方法はあとの個別問題で聞いてくる形式です。

なのでこの場合は、指標選びに2つのアプローチが必要になります

アプローチ①:本文の記載から問題点を引っ張ってくる
アプローチ②:個別問題から問題点を推測する

アプローチ②のケースですと例えば先程挙げた平成20年度の問題がそうでした(Ⅰ、経営分析はなぜ得点しやすいかを参照)

(平成20年度)経営指標で設備のメンテナンス費用増加を指摘させる!
⇒メンテナンス費用増加に関係して個別問題で次の二つが問われた
・このまま何もしなかった場合の、D社のキャッシュフローの現在価値
・新主力設備に取り換えた場合の損益計算書の変化

そのため、先に個別問題を見て、指標を予想するということも上級テクニックとしてあります

既にお話をした通り、平成24年度は出題方式が劇的に変わってしまったので、また元に戻るかはわかりません。

しかし以前のパターンに戻った場合には他の受験生は必ず得点をつかみに来ます。

そこで出遅れないために、一般的な解き方知識トレーニングは積んでおきましょう!

“じゃあ、何をすればいいの”と思った方に向けて、私がどのようにやっていたかを最後にざっくりご紹介いたします。

 

Ⅲ、経営分析対策の勉強法

ほんとにざっくりの紹介になりますが、私が経営分析攻略のために行ったことは2つしかありません。

(1)出題のされやすい経営指標を把握すること
(2)過去問を実際に解いてみること

(1)出題のされやすい経営指標を把握すること について

経営分析では、出されやすい指標は決まっていると考えられます。

主に、収益性・効率性・安全性の3つのグループから指標を選ぶことになります。

各グループから1つずつ選ぶ場合、または効率性から2つ・収益性から1つ・安全性からは0というように、1つのグループから2つの指標を選ぶ場合もあります。

まずなにより、どんな指標があるのかを覚えておく必要があります

以下の表に最低限覚えておきたい指標をまとめたので、よかったら参考してください

上記の指標を抑えたら、あとは過去問を使ってトレーニングすることが重要です。

正直自分で考えないと身に尽きません。

ただでさえ、時間がない中ですが、このトレーニングはスキマ時間でもできると思うので、ぜひ出題されたらラッキーと思えるように準備してください。

それでは本日も頑張っていきましょう

by イラサム

 



こんにちは、イラサムです

初代執筆陣からはじまった応援メッセージ

いよいよ、我らが4代目の順番になりました

1年前の今週末、まさにみなさんと同じ立場で1次試験を受験したメンバーです(僕もその一人です)

そんな4代目から 、熱いメッセージを受け取ってください

4代目からのメッセージは二部構成でお届けしますので、

まずは今日、僕をはじめ5人のメンバーから発信したいと思います

では

 

 ◆イラサムより◆

まずは、ここまでお疲れ様でした

およそ1年間の間、勉強をし続ける。しかも、一方では仕事しながら、両立して進めるというのは簡単にできることじゃないです

そしてここまでやって来れたからこそ、自分を信じてあげましょう

”ここまでやって突破できないなら、きっと殺人級の難しい問題のはずだ”と思って

むしろ試験問題を試してやるくらいの余裕で挑んでください

みなさんの突破を心より応援しています

 

 ◆マイスターより◆

私は診断士の方、そして本試験を受けられる診断士受験生の方を全員尊敬しています。なぜなら全員が、
仕事に加えて、相当の努力をして勉強をされてきているからです。

全てのことに言えるかもしれませんが、何もしてない人は何も得られません。 努力もたまに人を裏切ることはありますが、
努力をしてれば少なくとも”チャンス”が得られます。
診断士試験を受験するという、このチャンスを生み出したのは皆様ご自身だと思います。

1人1人が試験本番に至るまでに、いろいろな犠牲を払いながら、壁を乗り越えてこられていると思いますし、
そこには大なり小なり
ドラマ”があると思っています。私も受験生時代の辛さ、大変だった記憶と同時に新しい知識がどんどん得られる喜び、
日々自分の精神力が鍛えられていくという自分自身の”変化”
含めて、ドラマが頭にびっしりこびりついてます。 

いろいろな記憶や、想いを噛み締めながらチャンスを活かすぞ」という強い想いを
持って本試験に臨んでいただければと思います。

がんばってください!

 

 ◆katsuより◆

とうとう本試験!!努力してきたことを試すときです。

忙しい毎日の中、ここまでやってこれたということにまずは自信をもってよいと思います。

あと3日くれぐれも体調には気をつけてください!

後悔のないようにしっかり準備してください!

そして当日、自身の持てるすべての力を答案にぶつけてきてください!

皆様の1次試験の突破をお祈りしています。

 

 ◆せんせいより◆

試験科目がバラエティに富んでいるこの国家試験。
そのせいか、学生時代の専門や職歴等、今までの歩みも
人それぞれ。
だから対策も人それぞれ。

いよいよ、最終合格への第一関門が迫ってきましたね。

ここまで来たら、やれることは限られています。

今までに何度も間違えたところを見直す、基本的な計算問題を
繰り返す等、各自やれることをやってください!

各科目1マーク×7科目で25点くらいは違ってきます

一次試験はメドがついたと思っている方、勿体ないので、
油断しないでください

少し足りないかな、と思っている方。
本番では、難しくても焦らずにまずは40点
そこからは最後まで粘って、60点を目指してください。
試験はマークシートです。正解は必ず目の前にあります。

私からは、ひと昔(いやふた昔!?)前のキャッチコピーを。

”燃えてクールに”

あと、名前と受験番号の確認も忘れずに。

合格を祈念しています!!!

 

 ◆まっきーより◆

親愛なる道場読者の皆々様。
もしも本番、どの問題を見渡しても全てが難しく感じられたなら思い出してください。

「この問題は本当に難しい問題ですか?」

後から振り返ると「何故こんな問題が解けなかったのだろう」と思う様な簡単な問題が、本番では何十倍にも感じられるのかもしれません。
これまでの道のりを思えば思うほど、合格したいと強く思えば思うほど、普段なら気にも留めないところに慎重になったり不安になったりするのかもしれません。

けれど、自分自身でその問題をわざわざ難しくする必要はありません。
合格への強い気持ちと一緒に深呼吸一つ出来るちょっとだけの余裕を持って、これまでの努力 をぶつけてきてくださいね。

応援しています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

by 4代目執筆陣



平成25年7月16日4:20訂正
このような記事を載せてしまったうえでは、大変申し訳ないことになりますが、一点訂正をさせていただきます。
下見に行く際の注意事項として、「会場内の下見厳禁」ということが受験案内に記載されております。
既に本記事をご覧になられた皆様へ、間違った認識を与えるような記事を載せてしまい申し訳ありません。
今後、このようなことのないように注意して執筆にあたります。 

 

こんにちは、イラサムです

一次試験を受験される方は、受験票が手元に届いた頃かと思います

受験会場が明確化して、勉強も追い込みをかけるこのタイミングでも、やっておきたい会場下見について、去年に私が意識していたポイントを交えてつづりたいと思います。

本題に入る前に、下見の目的とは何かについて考えておきます

私の考える目的はズバリ、本番で練習の全てを発揮できるようにすることに尽きます

極端な例をあげれば、当日に道を間違えて遅刻してしまう、そうなると精神的にもハンデを背負いながら、戦うことになってしまいます

それを防ぐため、試験当日に起こる可能性のあるパニック要因を少しでも減らすことが下見をする目的と考えていました

試験会場にたどり着くまで

下見の基本は行ってみること、駅から迷わずに会場に行けそうか・時間はどのくらいかかるかなどを確認していました。

箇条書きにしてみるとこんな感じです。

①道順
②所要時間
③近くにある喫茶店(朝に時間をつぶせるところ)
④近くにコンビニはあるか

④については、当日に緊急事態が生じた場合に備えて確認はしていました

例えば、筆記用具を忘れた等です

試験会場にて(当日の状況を妄想してみる)

試験会場にて下見しておく箇所は、本番を妄想してチェックしていました

例えば、お手洗いです。当日は、受験生が一斉に向かうため必ず行列になりますので、2~3はピックアップするつもりで下見に行きました

下の階のお手洗いは使えそうか、そのために階段はどこにあるのかなどをチェックしました

その他、気にしていた点を箇条書きにするとこんなところです

①お手洗い
②エレベーター
③階段の場所

もしもタバコを吸う方であれば、喫煙所の場所も必ず押さえておくべきポイントだと思います(私は吸わなかったため、未確認でしたが)

また、少し当日の話をすると、私もはんたと同様に赤坂ツインタワーで受験したのですが、1日目の朝にちょっとした混乱がありました。

入室が9時からだったのですが、9時になって初めて受験番号と対応する教室が張り出されたため、エレベーターにのる受験生の長蛇の大行列ができてしまいました

規模にして200人以上がならんでいたような。。。

一方で、中には会場となる教室はスルーするエレベーターに乗り込み、階段を使って降りて教室に行く受験生もいました。

一概には言えませんが階段の場所を調べておくことによって、自分には他の選択肢があると思うことができ、もしものときでも落ち着いて対応できると思います(私だけ?)

ちょっとした工夫、見て確認!!

私が行っていたちょっとした下見の工夫は2つです

どちらも試験会場における下見になります

①フロアの地図を確認する
②お手洗いなど実際に行って見る

私はフロアの地図をまず見るようにしていました。

自動販売機はあるのか、お手洗いはどこにあるのかなどです

実はこれで行列のできないお手洗いを見つけた経験もあります!

そしてもう一つ大事なことは実際に見て確認することで

”見たつもり”でストップするのではなく、”実際に見ること”で安心感はより大きくなると思い、必ずお手洗いなどを見に行くようにしていました

さて、全体を通して言えることは、試験以外の要素で合格点まで届かないということはもったいないということです

もちろん時間の関係で、どうしても下見に行けないこともあり得ると思いますが、その場合には、生じるかもしれないリスクを想定しておくことが重要だと思います

“道に迷う可能性がある”と思えれば、”1時間の余裕を持って会場に向かおう“と考えられるはずです

本番まで、あとおよそ3週間ですが、最後まで気を抜かずにがんばっていきましょう

by イラサム



こんにちは、イラサムです

昨日は、初模試を経験した方も多かったと思います。お疲れ様でした

ラスト一か月、ここからは自分の苦手科目の克服に使う時間の割合が多くなると思いますがまだまだ得点力を上げることはできますので、頑張ってください。

さて、今日は少しゆるわだちっくに、社外取締役の存在意義について考えていきましょう。

 

社外取締役の役割は

昨年の1次試験でほぼ初めてスポットがあたった社外取締役、会社法上はこう書いてあります

(会社法第2条より、社外取締役)
株式会社の取締役であって、当該株式会社又はその子会社の業務執行取締役若しくは執行役又は支配人その他の使用人でなく、かつ、過去に当該株式会社又はその子会社の業務執行取締役若しくは執行役又は支配人その他の使用人となったことがないものをいう
※カッコ書き省略

正直、条文を読んだだけだとちんぷんかんぷんです

誤解をおそれずにいうのなら、その会社または子会社で働いたことのない人が取締役に就いた場合に社外取締役と呼べるというイメージです

ではなぜ、社外取締役が注目を集めているのか!それは日本企業にとっての監査役の立場と大きくかかわってきますので、次はそこを見てみます

監査役に求められる仕事とは!

監査役の存在意義を一言でいってしまうと、株主に代わって取締役を見張ることです

会社が大きくなればなるほど、また業務が複雑になればばるほど、株主が取締役を見張ることが難しくなります。

そこで登場するのが監査役というわけです

監査役はその名の通り監査のプロとして、株主の損害を防ぐという大きな責任を背負ってます

その責任を果たすため、取締役が監査役を牛耳れないようにする会社法の規定もあります

①任期は4年より短縮できない(取締役は短縮化)
②解任には、株主総会特別決議が必要(取締役解任は普通決議で可能)
③報酬については定款または株主総会にて決めることとし、監査役自身がその総会で発言できる権利が保障されている

会社法では、監査役の責任を果たせるように可能な限り保護しています

では、実際のところはしっかりと機能しているのでしょうか?

 

監査役の機能不全化!

注)あくまでイメージをつかむための一つの考えですので、絶対の理由ではありません

株式会社、特に大きな会社であるほど単なる監査役ではその責任を果たせない問題が生じました。
それは、人間関係の問題です
会社においては、平社員⇒管理職⇒役員⇒社長というように順々に昇進していくことになると考えられます

もしも監査役がこの出世コースのレール上にある1つの役割であるとしたらどんなことが起こるでしょうか?

想像してみてください!

もしかしたら取締役は元の上司かもしれません、もしかしたら取締役が昇進するための決定権を握っているかもしれません、そんな立場で監査役の責任を果たせますでしょうか?

答えはNO

しかし、そのまま放置したのでは株主は不安でたまらなくなり、とても投資することなんてできません

 

社外取締役は期待の監査機関

上司と部下の関係を引きずって、まともに監査できないのであればそのような人間関係を有していない人物に監査してもらえばいいのです。

そこで、社外取締役(社外監査役)が注目を集めるようになったと考えられます。

いかがでしょうか。法律もその条文が作られたことには理由があり、その背景を知ることで深く理解できます。

たまに、解く上でのヒントになってくれちゃったりしますので、このスタンスは試験勉強をする上でも役立ちます

但し、深入りは禁物時間がいくらあっても足らなくなりますのでご注意を

今日はここまで、張り切って頑張りましょう

by イラサム



こんにちは、イラサムです

渾身の徹底論点シリーズ、今週は財務・運営ウィークということで、本日は財務をお伝えします。

本日のテーマは重要分野であるNPVを取り上げます

 

NPVは重要分野!!

NPVは合格のためには絶対にはずせません2次試験ではほぼ毎年のように出題されていますし、1次試験でも充分に出題される可能性があります

しかし、この分野まちがえやすいから苦手だという方も少なくないのでは

そこで今回はNPVの確認とともに、脱ケアレスミスの極意も紹介していきます

 

NPVはなにに使うのか?

本題に入る前に復習としてNPVの基本について再度確認します

まず、NPVの目的は何ですか?

 

みなさんスパッと答えられますか?

応えられなかった人はしっかりと押さえておきましょう

NPVを算出する目的は、設備投資を行うべきかどうかを判断することです。

設備投資にかかる費用と、設備投資により発生する効果を比べて、その設備投資は会社にとってメリットがあるのかを見極めるためにNPVを算出します

 

なぜ間違いやすいのか

重要とはいっても、NPVはまちがえやすい論点でもあると思います

これには、複数の計算ステップを踏まないと答えがでないことが大きく影響していると考えられます。

あるステップを飛ばしてしまう(投資額を引くのを忘れる)
途中計算を間違えて、選択肢にない答えが出てきてしまう などなど

以下では、イラサム流の回答手順も一緒にご紹介していきます

先に、脱ケアレスミスの極意をご紹介すると次の4つになります

脱ケアレスミスの極意①:戦略をたてる
脱ケアレスミスの極意②:計画⇒数値 の順
脱ケアレスミスの極意③:出来るだけ視覚化する
脱ケアレスミスの極意④:ゴールまで走りぬける

 

特に、①~③までが、私の中では効果が大きかったです

では、早速過去問を使って一緒に見ていきましょう

過去問使って実況中継

<H21 第16問>
C社では、工場拡張投資を計画中である。この投資案の初期投資額は、4,000万円である。
計画では、この投資により今後毎年売上高が2,400万円増加し、現金支出費用が1,200万円増加する。この投資物件の耐用年数は5年であり、残存価額はゼロである。減価償却法としては定額法を用いており、実行税率は50%であるとする。なお、運転資金の額は変化しないものとする。
資本コストが10%であるとき、この投資案の正味現在価値として、最も適切なものを下記の解答群から選べ(単位:万円)。

なお、減価係数は下記の通りである。
複利減価係数(10%、5年)0.62
年金現価係数(10%、5年)3.79

解答群 ア548 イ-210 ウ-280 エ-900

この問題の解き方を一緒に見ていきましょう

 

脱ケアレスミスの極意①:戦略をたてる

いきなり計算をはじめると、途中で迷路に迷い込む可能性が高まります

まずはしっかりと戦略をたてましょう

まずNPVときたら次の手順を浮かべなければいけません

 

(ゴール)NPV=正味CFの現在価値(A)-設備投資額

正味CFの現在価値(A)=正味CF(B)×年金原価係数(または複利原価係数)

正味CF(B)=box図参照

 

 

減価償却費(C)=設備投資額×(1-残存価格)÷耐用年数

(参考:残存価値10%(0.1)の場合には、減価償却費=設備投資額×0.9÷耐用年数 で算出)

ゴールであるNPVの算出式から出発して、全体像を書き出してしまうというのがポイントです

 

脱ケアレスミスの極意②:計画⇒数値 の順

戦略をたてたら、次は具体的な数値に落とし込みます

この際に、計画を確認し必要な数字を探しに行くというスタンスで臨んだ方が、スムーズに解けたことが多かったです

先程の計画(手順)に当てはまる数値を問題から探すと以下のとおりです

設備投資額=4,000万円
年金原価係数=3.79
CIF=2,400万円(投資による売上高増加額)
COF=1,200万円(投資による支出費用増加額)
税率=50%
残存価値=0
耐用年数=5年
※資本コストと複利原価係数は先程の手順に出てこなかったため本問では直接に使用しません

これを先程の手順に落とし込みます

 

(ゴール)NPV=正味CFの現在価値(A)-4,000万円

正味CFの現在価値(A)=正味CF(B)×3.79

正味CF(B)=box図参照

減価償却費(C)=4,000万円×(1-0)÷5年
⇒4,000万円×1÷5年=800万円

こうやって見ると、下から上にまるでパチンコのように答えが出せそうなイメージがわいてきませんか?

次はbox図の解法について詳しく見ていきます

 

脱ケアレスミスの極意③:出来るだけ視覚化する

出来る人は正味CFも計算式を使って算出していると思いますが、私はbox図の方が間違えが起こりにくそうであると考えたためあえてbox図を使ってました
(参考:正味CF=営業利益×(1-税率)+減価償却費)

これから具体的手順を見ていきます

このbox図に先程算出した減価償却費(C)の数値をいれます

すると左右のバランスと税率から税引後営業利益(黄色)の数値が埋まります

 

最後に、box図より正味CFを算出します★

これで、正味CFまで算出できましたのでゴールまであと少しです★

 

脱ケアレスミスの極意④:ゴールまで走りぬける

box図を使って山場を越えたからといって、まだ答えは出ていません

最後まで気を抜かないでいきましょう

box図の結果、正味CFを手順のの式に落とし込むと以下の通りになります

(ゴール)NPV=正味CFの現在価値(A)-4,000万円

正味CFの現在価値(A)=1,000(正味CF)×3.79=3,790

最後にゴールの式に 正味CFの現在価値(A)を当てはめますと

(ゴール)NPV=3,790-4,000万円=-210万円(=△210万円)

と算出できまして、回答群よりイ-210をマークすることが出来ます。
説明が長くなりましたが、ポイントは最初に戦略を描けるかどうかにかかってくると思います。

戦略が描けたら、あとは数値を当てはめるだけで答えが出てきてしまうということは実感していただけましたでしょうか?

box図を使わない方、複利原価係数と年金原価係数との違いがまだぼんやりしている方はこちらの記事JCが解説していますのでご参照ください

本番では、この問題およそ2分しかかけられません時間を無駄にしないために戦略をたててから臨むというプロセスを徹底していくことが重要です

本日はここまで、今日も頑張っていきましょう

 

by イラサム



こんにちは、イラサムです

さて、本日は渾身の徹底論点シリーズ 経営法務の第2回目として、合併手続きについて整理していきます

経営法務攻略の基本は、図表を使いこなすというのはおなじみの話

組織再編についてもこぐまこちらの記事で紹介していますので、頭に叩き込む勢いでチェックしてください

それで今回はタイトルの通り、合併の流れをイメージしようということが目的です

では早速見ていきます

 

◆合併の全体像

 

合併手続きの全体像はこんな形になっています

上記の図をもとに次の5段階に分けまして見ていこうと思います

<合併手続きの論点整理>
①合併契約締結
②合併契約の承認
③利害関係者向け手続き
④効力発生日
⑤アフターフォロー

合併としていますが、その他の組織再編手続きでも流れは同じになります

以下では、他の組織再編であっても関連する部分は触れていきます

 

①合併契約締結

ここでの出題実績はズバリ締結後の契約書類はいつから閲覧できるのかという点です(H23第3問)

これについては、次のようになっています

<契約書類などの備え置き>
原則:株主総会の2週間前の日
例外:反対株主の株式買取請求や債権者保護手続きを事前に行う場合には、その広告または通知のうち早い方の日

実は、反対株主への株式買取請求や債権者保護手続きの公告などは株主総会よりも先に行うことが出来ます
もしも総会の2週間以上前に行う場合には、契約書類も見れる状態にしなくてはいけないというのが例外ケースです

とりあえず、原則の株主総会の2週間前だけをまず覚えましょう

 

②合併契約の承認

株主総会にて承認を受けなければ、手続きは先には進みません

この場合の決議方法は特別決議になります

ここでの論点は、株主総会を省略できる場合があるということ

どんな場合があるかはしっかり頭に入ってますでしょうか

<株主総会が省略できる場合>
○存続会社
・簡易組織再編:対価が純資産の1/5以下の場合
・略式組織再編:存続会社の全議決権の内9/10以上を、消滅会社が保有している場合
○消滅会社
・略式組織再編:消滅会社の全議決権の内9/10以上を、存続会社が保有している場合
(会社分割の分割会社のみ簡易組織再編が可能。この場合には分割対象が総資産の1/5以下)

簡易組織再編は、影響力が小さいからという理由で総会が省略可略式組織再編は、結果がほぼ明確だから総会が省略可など、理由もイメージして覚えると忘れずらいです

この論点については、H21の第2問でストレートに聞かれてますので、確認を

 

③利害関係者向け手続き

大きく分けて、反対株主の株式買取請求債権者保護手続きの2つになります

以下順番に見ていきます

 

③-1反対株主の株式買取請求

株主総会で合併に反対した株主は、持っている株式を会社に買い取ってもらうことを請求できます

対象となるのは当然、決議に反対をした株主だけです、賛成した株主には請求権はありません

また、請求できる期間は合併の効力発生日の20日前から、効力発生日まで。会社は20日前までにその株主に対して合併に関することを知らせる必要あり

 

③-2債権者保護手続き

合併により、重大な影響を受ける相手として債権者がいます。なので債権者の債権回収が合併によって困難になることを防ぐために行う手続きです

実はこの手続き、存続会社側と消滅会社側とでルールが若干違います

○存続会社側
原則、必要。
例外、株式交換の場合には原則不要
※例外の例外あり、株式交換でも
(1)対価として親会社の株式以外を交付する場合
(2)子会社が発行している新株予約権が社債付のもの(ワラント債)で、その社債を親会社が引き受ける場合(つまりは親会社の債権者が増える場合)のどちらかに該当する場合には必要
(1)(2)は細かいのでスルーするのもアリです
○消滅会社側
原則、必要
例外、従前の債務者に継続して請求できる場合は不要

 

なぜ、違うのかと言いますと、条文が違うからなんですね

ちなみにこちら↓

会社法
第789条:消滅会社側の債権者保護手続き
第799条:存続会社側の債権者保護手続き

なので、意識的に区別して覚えた方が得点につながるのではというメッセージです

ちなみに、合併の効力発生日の1ヵ月前までには債権者に対して、官報公告と通知をする必要があります

 

④効力発生日

これは、しっかりと答えられる必要があります

もう覚えてしまった方には不要と思いますが、次の2パターンになります

 

○吸収型(吸収合併・吸収分割・株式交換)
⇒合併契約で定めた日
○新設型(新設合併・新設分割・株式移転)
⇒新会社を設立した日(厳密には設立の登記申請を行った日)

 

新設型について、会社は設立登記をしてはじめて誕生するので、まだ設立されていない会社に対しては合併などの効力は認められないということです

 

⑤アフターフォロー

最後に、合併後も関係資料を本店に備え置かなくてはなりません

この期間は、合併の効力発生日から6か月間となっています

以上

経営法務は扱いずらい科目ですが、いかに概要をつかめるかがカギだと思います

(全体像をつかんでいるかで、細かい部分の質が全然変わります。詳しくはこの記事で)

 

まだ本試験には間に合いますので、あきらめずに取り組んでいきましょう

 

by イラサム



こんにちは、イラサムです
さて4代目プレゼンツ渾身の徹底論点シリーズの2週目も後半です
今日のテーマは、経済学のなかでも押さえておきたい厚生損失を見ていきます

実は、この論点H22,H23,H24と3年連続で出題されてます

さすがに4年連続は出ないんじゃないなんて声が聞こえてきそうですが

しかし、解き方は全部同じなので、ものにしてしまえば得点論点になりますのでしっかり確認しておきましょう

さて、ではまずは過去問のどこで出題されているかを確認です

平成24年 第21問 外部不経済
平成23年 第24問 外部不経済
平成22年 第15問 厚生損失

これらの過去問を見ていくとある共通点が浮かび上がってくるはず

それはズバリ

問題構成は私的限界費用線と社会的限界費用線の対比ばかりであるということ

右脳を使って、2つの図形を対比できたかが得点できたかの分かれ道だったといえます

例えば、課税を開始する前の社会的総余剰を表す図(便宜上、本記事ではビフォアと呼んでます)課税後の社会的総余剰を表す図(アフターと呼んでます)とを、明確にさせてから対比するというプロセスを踏めたかどうか

ここまででイメージつかない方へ

大丈夫です。これから過去問を使って一緒に考えていこうと思います
では早速見ていきましょう

(平成22年 第15問 厚生損失)
ある財の生産において公害が発生し、私的限界費用線と社会的限界費用線が下図のように乖離している。ここで、政府は企業が社会的に最適な生産量を産出するように、1単位当たりt=BGの環境税の導入を決定した。その際、社旗的な余剰は、どれだけ変化するか。最も適切なものを下記の回答群から選べ。

[回答群]
ア 三角形BCE分の増加
イ 三角形CEH分の減少
ウ 三角形CEH分の増加
エ 四角形BCEG分の減少
オ 四角形BCEG分の増加
では、順に見ていきます

①このままだとどうなる(ビフォアの確認)

もし何もしない場合には需要線と私的限界費用線の交点に価格が決まります

つまり、価格=Dとなりまして、社会的限界費用線を無視すれば下の通り、青色の三角形社会的総余剰になります

しかーし、今回は社会的限界費用線がありますので、外部不経済(紫色の三角形)が発生します

そして“青色の三角形紫色の三角形社会的総余剰”ですので、重なっている部分は相殺されて、結局は下のように2つの三角形が共存する形になります。これを公式に表すと“三角形BHI-三角形BCE”となります、文字であらわされるとわかりずらいですが…

さて、ここまでがビフォアになります面倒ですがこれをはっきりさせないと答えを選ぶことが出来ません

では続きましてアフターを見ていきましょう

②1単位当たりt=BGの環境税の導入

環境税を導入するとどうなるでしょうか★さて、本題に入る前に確認事項ですが環境税を払わなきゃいけないのは次のうちどちらでしょうか?

(1)生産者側
(2)需要者側

 

答えはもちろん(1)生産者側です

そのため、環境税導入後は生産者側の負担がBG分増えますので、図のように私的限界費用線が上にスライドします

そして先程と同様に需要線と私的限界費用線の交点で価格(税金込)が決まりますので価格=Aとなります

さて、ここまでやっていよいよアフターの社会的総余剰を考えていきましょう

まずは先程と同じように、社会的限界費用線を無視した場合の社会的総余剰は青色の三角形×2に加えて、黄色い四角形になります
※生産者余剰について、生産者がもらえる価格はFのままですので、生産者余剰は下の方の青色の三角形になります。

この黄色い三角形部分が税金、つまり政府の収入を表します
では、次は外部不経済(紫色の三角形)を考えましょう今回は紫色の三角形は次の通りになります

先程よりも数量が減りましたので、紫色の三角形も小さくなりました。そしていよいよ社会的総余剰です青色の三角形×2黄色い三角形紫色の三角形社会的総余剰”となりますので、重なっている部分を相殺すると次のようになります

アフター

<①ビフォアの図(再確認用)>

2つの図を比べて見たら、一目瞭然ですねアフターの方では、ビフォアと比べて紫色の三角形(三角形BCE)が減っています。紫色の三角形はいわゆるマイナス要素であったため、これがなくなったということは社会的総余剰が増加したことを示します。つまり紫色の三角形(三角形BCE)の分、社会的総余剰が増加しました

※増加か減少かは勘違いミスになりやすいところなのでご注意を!!

さて、ここでもう一度[回答群]を確認します

[回答群]
ア 三角形BCE分の増加
イ 三角形CEH分の減少
ウ 三角形CEH分の増加
エ 四角形BCEG分の減少
オ 四角形BCEG分の増加

もうお分かりですよねそう、答えはア 三角形BCE分の増加になります

まずビフォアを確認してから、アフター見に行くという2つのステップを踏まないと正解を選ぶのは難しい問題です(ランクC)

でも、やり方さえマスターしてしまえばあとは応用で解けちゃいます

同じようにビフォア&アフターで考える問題として「自由貿易の理論」がありますがこの論点はwackyこの記事で解説してくれています

おそらく、「厚生損失」か「自由貿易の理論」のどちらかはH25にも出題されると思います(過去5年間についてはどちらかは出題されていますので)

今のうちに得点論点にしてしまいましょう

では、今日も頑張っていきましょう

by イラサム



こんにちは、イラサムです

 

待望の道場マイベスト記事シリーズ2科目目

本日は、一番注目度が高い科目ではないでしょうか

財務会計についてのマイベスト記事をお届けします

 

では早速、いきましょう

 

【道場マイベスト記事】~katsuの場合~

katsuのマイベスト財務・会計記事

 学習タイプ別:今できる財務会計対策 by ふうじん (2010.04.09)

<選考理由>

「財務・会計」の対策は実力のつき具合によって変わってくるということに強く共感できました

それをタイプ別に示しているこの記事は「財務・会計」が得意な方、不得意な方、他資格などでアドバンテージのある方などすべてに対して今後の対策を考える上でのヒントがたくさんつまっていますしかも1次試験だけでなく、2次試験も見すえた内容となっています

この記事のBタイプにオススメしている「個別スキルアップ」という講座の受講は現在できないのですが、2次事例Ⅳ特訓(TAC)という講座が事例Ⅳの個別計算問題対策としてあるのでこういった講座で代用可能だと思います

(ちなみに私は8月の1次試験終了後すぐに受講しました

今後の1次・2次の財務対策にお悩みの方にオススメです

 

【道場マイベスト記事】~はんたの場合~

はんたのマイベスト財務・会計記事

財務はどっぷり,こつこつ,そしてさくさく  by JC(2011.11.10)

<選考理由>

こつこつやる前に,財務にどっぷりと浸る時間が必要という指摘に,まさしくそのとおりだと同感しました

話は飛びますが,佐藤優氏の著書に,テクネーという言葉がよく使われています。もともとはギリシャ語だそうでして,テクニックやアートの語源にもなっていて,単なる知識ではなくて,身体と深く結びついた技術という意味合いがあり,テクネーの代表的なものは,数学や語学が該当するそうです。

単なる技術だけではなくて,芸術にもつながるような技術というと,武道や職人のワザが思い浮かびます。

財務・会計も,単なる知識ではなくて,身体に覚え込ませるワザという要素が大きいと感じていました。ワザを身につけるためには,ある程度のまとまった期間内に基本動作を反復継続して練習する必要がありますよね。そして,いったん覚えたワザは,錆付かせないようにしないといけませんよね。

その意味で,どっぷりの後にこつこつ という指摘は納得できました。経済学の学習にも似たような感覚を持っていました。

 

【道場マイベスト記事】~平平の場合~

平平のマイベスト財務・会計記事

 財務はさくさく! by JC(2010.03.06)

<選考理由>

財務は「練習」することがとても重要ということに非常に共感が持てました

私も簿記検定などの会計系資格勉強時には、実力を身につけるためには、問題演習の量が何よりも重要であることを実感しました。

いくらテキストを読んで問題の解き方を理解したつもりになっても、実際には解けるようになりません。
実際に手を動かして問題演習を重ねることこそが、財務会計攻略の鍵になると思います。

そして本試験の場合、60分という制限時間の中で、問題を素早く解く必要があるのですが、特に計算問題を素早く解けるようになるためには、やはり問題演習を繰り返しやるしかないと思います。

問題演習を繰り返すことで実力が付いてくると、問題をざっと見ただけで、問題に着手して解答を出すまでの手順がパッと頭に浮かぶようになってきます

そうなると、問題の難易度や、問題を解くために必要な時間がわかるようになるので、本試験の最中に、先に手を付けるべき問題、後回しにすべき問題も判断出来るようになってきます

このレベルに達することが出来れば、安心して本試験を迎えることが出来ることでしょう

 

【道場マイベスト記事】~ お薬ハックの場合~

お薬ハックのマイベスト財務・会計記事

 【財務・会計】全体像を掴んでみよう  by コニケン(2012.05.07)

<選考理由>
僕は財務会計が苦手です
正直、仕分けとか期末期初の処理方法は診断士に合格した今でも解ける自信がないです。じゃ、なんでそんなヤツがマイベスト記事を選んでいるんだと感じた読者の皆さん、その感想は正しいです。でも、1人くらい苦手代表として、苦手なりに役立ったな~と感じた記事を紹介するというのもアリじゃないでしょうか?

僕が選んだのはコニケンの全体像を掴んでみようという記事。ご存知の通り、財務会計は大きく分ければ仕分けや財務諸表の作り方などの「会計(日商簿記が役立つ領域)」と、投資効果を判断する「ファイナンス(日商簿記があまり役立たない領域)」の2つに分けられます。財務会計が苦手だ!とネガティブな自信のある方はどちらが苦手ですか? 一言に苦手といってもメチャクチャ苦手な部分から、少し苦手な部分までいろいろあるはずです。

極論を言えば苦手科目なんですから、足切りだけ回避して他の科目でカバーしてすればいいんです

でも、そのためには足切りという致命的な結果を防ぐために、どの論点を学べば効率良く点数UPできるか作戦を立てることが重要

苦手だからこそ、一度立ち止まって自己分析

 

【道場マイベスト記事】~イラサムの場合~

イラサムのマイベスト財務・会計記事

完成答練期の過ごし方 by JC (2010.04.26)

<選考理由>

財務会計には魔物が潜んでいます

この記事では、JCが完成答練にて遭遇した魔物の恐怖について紹介しています

僕も似たような経験をしましたたしかそれも完成答練だったと思います

その時は、完成答練でよかったという安心本番ではさけられるかなという不安とで複雑な気持ちでした

まさに今は完成答練の真っ最中だと思います

既に遭遇してしまった方も、まだ遭遇していない方も本番前にしっかりと対策をたてましょう

——————————————————————————————————————————–

以上が、道場メンバー選出のマイベスト記事 財務・会計編でした

いかがでしたでしょうか

財務会計は不安を持つ人も少なくないと思いますので、上記の記事が少しでも参考になっていただければ幸いです

それでは本日も頑張りましょう

byイラサム



こんにちは、イラサムです

GWということで、今日から4連休という方も多いのではないでしょうか

GWの道場メンバーの過ごし方はせんせいよりインタビューを受けましたのでこちらをご覧ください

そしてGWが終わりますと基本講義の期間が終わり、インプットからアウトプットメインにシフトする、いわゆる直前期期間に突入です

各予備校でも、答練が多く用意されているこの時期に備えて、ここで本番力を心・技・体の切り口から考えてみましょう

心技体の重要性についてはひめの記事をはじめ、まさ様も体験記で綴ってくいます

さて、本題に入る前に私の考える心技体について簡単に定義します

心…精神力・普段通りの実力を発揮できる精神状態
技…解き方を工夫して、知識以外を原因とする失点を防ぐ
体…本番前までに培った知識やスキル

このうち体を鍛えるための記事は通常の記事としてこれからも随時お届けしていきます

なので、本日は心そして技について見ていきます

心を鍛える

一言でいえば、本番でも練習通りの実力を発揮できること

高校時代に私はテニスをやっていましたが、その時によく言われました

練習では思い切ったプレイができるのに、本番ではビビッてミスを連発してしまう

 

話はそれましたが、ここでは大きく2つに分けて考えてみます

①試験開始時には平常心を持って始める

②わからない問題に惑わされず、取れる問いを取りに行く

①平常心を持って始める

このためには、意識的にオン・オフのスイッチを入れられるようになる。そしてそのための習慣を作ることが近道です。

但し、習慣は人それぞれ自分がやりやすいものにする方が続けられます

アメをなめるもよし、深呼吸するもよし、とにかく答練の度に続けることが重要です

参考までに、はんたこちらの記事で自身の実践手段を紹介してくれています

 

②わからない問題に惑わされず、取れる問いを取りに行く

これは正直難しい、最後の最後まで不安が残る個所でした

残念ながら、わからない問題は必ず出ます、たとえテキストの内容を全ておさえていてもです

なので、事前に戦略を考えておくことをおススメします

まあ、戦略と言っても仰々しいモノではなく、自分が解けない問題にあたったらどうしようか考えておく程度です

 

例えば、私が実践していたことは、全く分からない問題はイをマークして先に進むと決めていました

あらかじめプランBを準備しておくことで安心感が保てました

 

技を鍛える

ここでは普段の学習で、あまり練習する機会のないマークシートについて、失敗も交えて考えていきましょう★

<マークシートの罠>
①マークをずらして塗ってしまう
②マークしなおしたら、1問ずれた問題を塗りなおしていた

①マークをずらして塗ってしまう

これは失敗した経験でして

そのときは 一問ずつマーク・わからない問題はとばす なんてことをしていたために、一問ずらしてマークしていました。

そして最後の問題をマークしようとしたときに気付いたのです

 

うぅ、マークが埋まらない…
この後どんなに慌てたかはご想像におまかせします

とにかく、本番じゃなくてよかったー

それから、私は失敗を繰り返さないようにするべく、マークの仕方を工夫します

実際にどうしたかというと、全問を解き終わった後にまとめてマークするようにしました

そのために試験時間の最後にマークする時間を10分作ることをしました

もちろん全問を解き終わらないこともありましたが、途中であってもラスト10分にはマークをし始める

このときには、わからない問題はイをマークすることにして、マークずれを防ぎました

先程、記載した通りです

 

②マークしなおしたら、1問ずれた問題を塗りなおしていた

つまりは、こういうことです

これは絶対にさけないとまずい

なぜなら、32問目で4点、31問目でさらに4点の計8点を失う可能性があります

そのため、塗りなおした際には当該問題とその前後の問題もマークし間違えていないか確認をするようにしていました

 

以上、体となる知識はこれからまだまだ伸びる可能性があります

そして、蓄積した実力を充分に発揮できるように、心・技についても意識して答練を活用していきましょう

by イラサム

 



こんにちは、イラサムです

さて、某予備校ではいよいよ一次試験最終科目 中小企業経営・政策の講義の終盤かと思います

この科目は暗記要素が大きいため、得点は短期間で伸びやすいと言われていますが、一方で覚えるのも決して楽なものではありませんでした

なぜなら、試験範囲内にたくさんの政策が存在特徴がわかりずらく記憶に残らない などなど

と言いつつ、覚えないと1次試験は突破できません

なので、本日は似ている政策を比べて見ること特徴を顕在化し、記憶に残るようにするため5つの政策をピックアップしてみました

これは、全部の政策を一度に覚えるのは無理があるため、確実な知識を1つ1つ増やすことの方が効果的との考えからです(←急がば回れというやつ)

 

では早速見ていきましょう

中小企業政策で似ている政策は次の3つだと思われます(代表的なもの)

1、共済制度

2、新創業融資制度 とマル経融資

3、組合制度

今日はこのうち1・2を確認!

1.共済制度

共済制度はご存知のとおり、3類型あります

まずは下記図表をご覧ください

並べてみることで、重なるところや、違うところがより見えやすくなりませんか

さらに、ダメ押しで各制度の特徴を簡単に確認です

No1、中小企業退職金共済(略して中退共)

・3つ共済制度の中で唯一取扱機関が勤労者退職金共済機構になります

・退職金は従業員に直接に支払われます(企業を通してではないので注意です)

No2、経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)

・3共済制度の中でも、貸付制度である点が特徴。目的は中小企業の連鎖倒産防止

・貸付上限が8,000万円と決まっているため、積立額の上限が800万円までになっている(貸付金額は積立額の10倍以内なため)

・支援政策で唯一、無担保・無保証・無利子の三拍子
但し、無利子と書いていながら、融資金額の10分の1を積立金から納付するため、実質利率1割

・加入条件として1年以上継続して事業を行っていることが必要(←他の共済制度には事業期間の条件はなし)

No3、小規模企業共済制度

・小規模企業者でないと加入できない

・掛金は会社の損金はなく、経営者個人の所得から控除(経営者の個人資産から払うため)

また、掛金の範囲の覚え方はそれぞれ

中退共:5,000~30,000円

ご(5)さん(3)誤算

経営セーフティ:5,000~20,000円

ご(5)にじゅう(20)5×2=10

小規模共済:1,000~70,000円

いー(1)な(7)いーな

と語呂合わせを使っていました

 

続いて、2つ目見ていきましょう

2.新創業融資制度 とマル経融資

この2つは制度としての関連は低いモノの、内容に共通点が多いため一緒に覚えた方が効果的です

まずは、先ほどと同様に表で確認★

続いて、ダメ押しの特徴確認です

No4、新創業融資制度

・創業の促進が目的なため過去の業務経験などは必ずしも求めておらず、門戸を広く開放している

無担保・無保証人はマル経融資と同じだが、低利でない

No5、マル経融資

・利用する際には商工会議所からの推薦が必要

・融資条件(返済期間)が覚えやすい

左上から10年7年2年1年なので、

じゅう(10)なん(7)に(2)いこう(1)

”柔軟にいこう”と覚えてました

ちなみに、新創業融資も語呂合わせを作ろうとしましたが、こちらは10年7年6ヶ月なので、じゅう(10)なん(7) ム…(6)ム…(6)といくら考えても後半がしっくりこなかったのであきらめました(またマル経融資とセットで覚えたため、語呂合わせを作る必要なく覚えられたことも理由です)

今回は以上になりますが、政策がたくさんあって覚えられないという方はまずこの5政策(プラス組合制度)から始めてみたらいかがでしょうか

比べられるぶん、記憶に残りやすいと思うので

5政策を確認したら、是非過去問(スピ問)で出題をチェックすると、記憶定着により効果的です

共済制度なんて、ほぼ毎年出題されてますから!!

では、今日も頑張っていきましょう

by イラサム



こんにちは、イラサムです。

経営法務も終盤に入っている方も多いと思いますが、過去問まで手がまわせていますか?

経営法務は他の科目と比べて、問題文が長い

この長文に立ち向かわない結果、どうなるかはまっきーの記事をご覧ください。

さて、事実として問題文をちゃんと読むことができなければ、問題と戦うことすらできません

今ふんばっておかないと後で大きなハンデを背負い込むことになっちゃいます(二次試験は長文ばっかり)

 

一方で、ここで逃げずに立ち向かった人は、特典としてもれなくあることに気付くはず

 

それは

”経営法務って案外難しくないじゃん”ということ

 

次からは、読解力のある人にはサービス問題であり、社長の意図を全く無視したアドバイス(選択肢)を過去問からご紹介

 

H20 第4問(設問1)

この問題は、X株式会社の全株所有者である甲社長から、我々中小企業診断士が相談を受けたという設定なっています。では以下ご覧ください。

 

甲社長:「私もだいぶ高齢になったので、そろそろ引退しようと思っているんですが、会社にはどうも適当な後継者がいないんですよ。それで、どうしようかと思っていたら、どうもY株式会社が引き継いでくれそうな感じなんです。

私が持っている100パーセントの株式をY株式会社に譲渡しようかと思ったのですが、当社は、若干ですが、不動産の賃貸業もやっていますから、Y株式会社に引き継いでもらうとしても本業だけにして、不動産の賃貸業は残しておこうかと思うんです。

賃貸業でもちょっとした収入になりますから、私の生活の足しにもなりますし、私一人でできますから。そういったこともできますかね。」

 

我 々:「事業譲渡、会社分割の方法で可能になると思いますよ。」

 

甲社長:「事業譲渡というのは、わかるのですが、会社分割というのを使うとどういう形に進めるわけですか。」

 

我 々:「 A 」

 

(以下省略)

 

さてこの問題では我々はどう答えるかが問われました。この問題を解くポイントは、ズバリ社長は何がしたいのかであり、これをしっかりキャッチできたかが得点の分かれ道

社長の意図をしっかりと認識できましたでしょうか

会話形式なので長くなっていますが、図にあらわすとこんなイメージ

<現状>

 

<ありたい姿>

 

 

ようは、甲社長のもと不動産業を残しつつY株式会社X社本業を譲渡したいというのが社長の意図

さて、上記を踏まえて選択肢見てください(注:時間がない人向けに下に図もご用意)

 

ア、不動産業をX株式会社に残して、会社分割の方法によって、本業を行う子会社を作ります。それから、その子会社の株式をY株式会社に譲渡します。

イ、本業をX株式会社に残して、会社分割の方法によって、不動産業を行う子会社を作ります。その子会社設立と同時に、その子会社の株式全部をY株式会社に割り当てます。

ウ、本業をX株式会社に残して、会社分割の方法によって、不動産業を行う子会社を作ります。それから、X株式会社の株式をY株式会社に譲渡します。

エ、本業を分割して、当然にY株式会社の一部門とすることができますから、その結果、甲社長もY株式会社の株主となることができます。

 

 

社長の意図を具体化できる手法を選べましたでしょうか

図にするともっとはっきりします

 

 

<ありたい姿(再確認用)>

この問題の解答はになります。図を見ていただくと、正解であるア以外の選択肢がいかにとんちんかんなことを言っているのかがわかると思います

イ・ウでは不動産業がY株式会社に移っています。

では甲社長がY株式会社の株主になっていますがそんなこと甲社長からは要望されてません(手続き面でも不備あり。分割の対価の受取主はX株式会社であって甲社長ではありません)

もう社長の意図を完全に無視して、自分の言いたいことだけ言っている感が満載です

きっとのような提案をするコンサルタントには二度と相談がこないでしょう。。。

 

さて、データリサーチによると実はこの問題、ランクはCになっています

ということは、長文を読めるようになるだけかなりのアドバンテージを手に入れることができます

このアドバンテージを手に入れるためには問題と向き合うしか道がありません

 

ちなみに上記と同じ趣旨の問題がH24 第4問で出題されていますので、確認としておススメです

 

社長の意図をしっかりとくみとれる、そういうプロを目指して

今日も頑張っていきましょう!!

by イラサム



こんにちは、イラサムです。最近になってやっと少し暖かくなりましたね。

予備校の中では、2次入門講座などがあり、1次試験前に2次の勉強を始める方もいるかと思います。

しかしここで1次試験前にどれくらいの対策をしておけばいいの?という疑問も出てきます

そこで1つの目安として私の場合はどの程度までやったかを紹介したいと思います

但し、ストレート合格生のなかには1次試験前までには2次試験に全く手を付けられなかった人もいますので、あくまで一例です。

本題に入る前に、本記事のメッセージを先にご紹介

それは“2次勉強にさっさと目途つけて、1次試験に集中する”になります

なぜなら、この試験、皆さんご存知の通り

1次を通らなければ、2次を受けられないシステムになっています

また2次の勉強には次のような特徴があります(いや、あると思ってます)

 

1つ目、目標到達レベルがわからない

公式の模範解答がないため、どうな回答が真の正解かがわからない。

また予備校の出す模範解答はバラバラであるという、
あってはならない事実

このため、極めようと思ったらいくらでも時間を消費してしまう危険性を持ってます

 

2つ目、事例Ⅰ~Ⅲで問われる能力は結局同じである(事例Ⅳは別)

結局どの事例でも基本は「読む」「考える」「書く」である

なので、相乗効果により短期間で全科目の得点を挙げられる可能性あり

つまりは、得点はコツコツ上がるというよりも、コツをつかめばドカンと上がるということ、だから1次試験後に本格スタートしても充分に可能性があるということを伝えたい

さて、長い前置きが終わり、こっからが本題

 

目途レベルは納得感

では、私の場合はどうだったかをご紹介

正直、1次試験前は解説を読んで理解できるかどうかというレベル
でした

なかには、2次過去問を見られた方もいると思いますが

私が最初に見た時の感想はこんな感じ

つまり、一言でいうと“なにこれ??”
というところです

本文を読んで、設問を読んで、それから模範解答を見ても、なんでこうなるのかがその道順がわからない、そんな状態でした

そこで使ったツールが「解説」です

ようは、「本文・設問」と「模範解答」とをつなぐ橋を構築する為に「解説」を読むということをしてました

あえて、先ほどの図にあらわすならこんな感じ

 

次の見たときに解けなくてもいいから、とりあえず、解説を読んでみたその時だけすっと納得できたならいいか、という程度にしかしてなかったと思います

 

じゃあ、そのために何をやっていたか!次は方法論です

 

「解く」はしない、「読む」に留める

私の場合は、初見で解いた過去問は1年分もありません

電車の中でもいいから、過去問を開いて読むことをしていました

これは別の言葉でいいかえるなら、ふうじんの記事から拝借して「考える力」に特化したトレーニングです

 

初見で解かなかったことは私にとっては結果的に良かったな
思ってます

なぜなら
①解くためのまとまった時間を作らなくて済んだ
②そもそも初見で解けるレベルの内容ではなかった(私にとって)
からです

 

やったことと言ったら、とりあえず読んでみる

「本文」を読んで「設問」を読んで、1分もたたないうちに「模範解答」を見る、そんで「解説」を読んでみる、この繰り返しです。

 

 

最後に

1次を合格するのがまず第1、でも1時について不安になるのは人の常

もしもやるのなら、自分で目途または期限を決めて取り組むのが安全策

敵のレベルを知るくらいはしてもいいのかなと思います

 

Byイラサムでした



こんにちは、イラサムです

先週のセミナーにご参加いただいた方、どうもありがとうございました。

さて、T○Cスト生はそろそろ6科目目の法務に突入する頃かと思います。
セミナーでも、法務について良い勉強法はないのかとのご質問をいただきました 
なので、この記事にてイラサム流の考え方をまとめていきたいと思います

それでは早速いきましょう

①全体を意識しつつ、部分を見る

これは別の言葉で表すと、原則と例外に分けて対比して覚えると言うこともできます。

問題として出題されやすいことはもっぱら例外の規定になります

しかし原則を知らないと応用ができないので、原則と例外とを対比して覚えた方効果的です

民法から具体的に例を1つとりあげます。

例1)過失責任と無過失責任
無過失責任という用語があります。しかしこの用語だけを聞いても頭の中ではモヤモヤが晴れませんでした(少なくとも私の場合はそうでした)
なぜなら頭の中から次の大原則が抜け落ちていたためです。
それは三大原則の1つである過失責任の原則です。

通常、人に損害賠償を請求しようとする場合には、その人が“わざとだったこと(故意)”または“わざとではないが、管理がずさんだったこと(過失)”等のいずれかが存在しないといけません

しかしこの考え方を絶対視すると、次のような場合に問題になります。それは売主が“欠陥を知らなかった”または“気付けなかった”場合です(つまりは故意も過失もなかった場合)

原則に従うと、例えば欠陥住宅を購入した買主さんは泣き寝入りするしかありません

これを救うための規定が無過失責任の代表例である瑕疵担保責任です

過失責任の原則だと買主が十分に守られないためにある、例外的な規定です。
一方で売主さんから見た場合にはすごく怖い規定です。
なぜなら自分に不備がないのに賠償請求をされる可能性があるからです
そのため使える期間が通常より短く設定されています。

 

学習している中で、1箇所だけ見てもいまいちしっくりこないときには、他の大きな原則を見逃している可能性があります、ご注意ください

 

 

②図表は理屈をつけて、自分のものにする
会社法を攻略するための重要ポイントとして、会社の機関設計があります。
おそらく既存の図表を使うか、自分で図表を作るかして覚える人が多いと思いますが、ここで注意です。

“丸暗記は絶対にやめましょう”

それよりも自分なりの理屈をつけていった方が早く覚えられるうえ、使いこなせます

例えば、こんなのはいかがでしょうか。
例)公開会社では取締役会が必要機関である。

これから法務を始める方のために簡単に補足します。
公開会社:極端に言えば上場している会社のこと
取締役会:取締役(=経営のプロ)の集団からなる合議体のこと

さて、まず前述の①に従い原則を確認します

原則:株式会社に必ず必要な機関は“株主総会”“取締役”であり、会社の方針決定会社のオーナー集団の会議である株主総会で行う。

しかし、公開会社では次のような弊害が生じます
・公開会社は上場しているため、株主の証明である株頻繁に取引されている

・そのためオーナーである株主がコロコロ変わってしまう

・株主に経営を任せていたらとても安定したものはできない

株主総会ではない方針決定機関が安定した経営のためには必要だ。
このため、経営のプロ集団からなる取締役会が公開会社では必要とされています。

ついでに、
取締役が暴走してしまうとどうなるでしょうか。
オーナーである株主が止められれば良いのですが、コロコロ変わってしまう株主に期待することは難しい面もあります。
そこで株主のために取締役を監視する存在である監査役の設置が義務付けられています

と、こんな風に自分なりの理屈をつけて、覚えていった方が理解が早まることはまちがいありません。
上記のような説明を自分の言葉でできるようになれば理解度としては完璧です

 

 

③日本語を信用しない
法律は日本語で構成されています。しかしいつも使う言葉のイメージをそのまま持ち込むと思わぬ迷路に迷い込むことがあります
代表的な例を2つ挙げます

例1)事務管理
この用語を聞いて、会社の事務員の人イメージしたそこのあなた、危なかったです。
法律における事務管理は、頼まれていないのに、勝手に行動した場合を指します。
具体的には、雨が降って来たので、隣の家の出しっぱなしの洗濯物を取り込んでおいてあげた等です。

会社における事務とは全く関係ありません!!

※ちなみに出題される可能性は低いため忘れてしまって結構です。

よく混乱するのは次の例!!

例2)停止条件
この用語も停止という言葉の意味を考えると、混乱します。
なので覚え方としては「条件を満たした時に、効果が発生する契約 ⇒ このような契約を停止条件がついた契約と呼びます」というように、まるで外国語のようなものと割り切って「意味 ⇒ 呼び方」の順で覚えた方が楽です

 

 

最後に、
経営法務は結構いやらしい出題され方がされます(←主観ですが)
まっきー先週の記事で言ってますが、過去問を見て、敵のレベルを知ってから戦略を立てる方が効率的です。
初めはとっつきにくいですが頑張ってください。

ではまた by イラサム

今日のまとめ
①全体を考えてから部分を見る
→原則と例外とを対比して覚えた方が理解が早い
②図表は丸暗記しない
→できるだけ理屈をつける。人に説明できれば完璧
③日本語、特に熟語に惑わされない
→普段使う用語と同じ意味とは限らず、混乱のもと
④過去問をやろう
→問われ方を知ることで単なる暗記では対応できないことをまず実感する

 



みなさん、初めまして!イラサムと申します。
この度は縁あって道場の第4期執筆メンバーに参加させていただくことになりました。
ブログ等の経験はありませんがわかりやすい文章を書けるよう努力していきたいと思います。よろしくお願いします。

今回が初めての記事なのですが、自己紹介を兼ねて「私はこんなスタンスで勉強していました」というのを紹介させていただきたいと思います。

 

さて突然ですが問題です。

次の2つの指標はそれぞれ高い方がgoodでしょうか、
それとも低い方がgoodでしょうか
(ア)能率
(イ)効率

もう、運営管理を勉強された皆さんなら簡単にわかると思いますが両方とも高い方がgoodです
では次に、(ア)能率と(イ)効率のをパッと言ってみてください

どうですか?即答で答えられましたでしょうか?

ちなみに正解は
(ア)能率 =標準時間÷実際作業時間
(イ)効率 =出力÷入力
でした。「標準時間」と「実際作業時間」という用語が出てきてもどちらが分子で、どちらが分母かで混乱してしまう人もいらっしゃるのではと思います。

 

 

ここで表題に書きました“指標だって人工物”の趣旨に触れたいと思います。偏見がたっぷりはいりますが、

指標も決して天から与えられたものではなく、誰かが何かの目的で作ったものであり、その人なりの使いやすさが追及された形である

と考えています。

少し抽象的な話になりましたが、私の言いたいことはこんなこと↓
先程の式に注目すると
(ア)能率 =標準時間÷実際作業時間
→実際の作業を標準時間(予定)よりも短時間で処理できた場合には値が高くなる
(イ)効率 =出力÷入力
→入力(インプット)よりも出力(アウトプット)が大きければ値が高くなる。
注)実際には入力以上の出力はありえないので、値は100%以内に収まります。ここでは伝えやすくするためにあえて極端な例をあげましたのでご了承ください。

そして企業がこれらの指標を使う目的はQCDのC、つまりコストダウンを行うためです。
つまり(ア)能率(イ)効率の値が高くなる→ムダがなくなる→コストダウン達成ということです。

こう考えると分子・分母を丸暗記しなくても、覚えられそうに感じませんか


また運営管理以外でも、例えば財務の売上高差異分析と標準原価差異分析の区別でも応用できます。
もちろん、なかには固定比率のように当てはまらないものもあります(固定比率:低い方がgood)
こんなときは、その指標は“例外である”割り切って覚えればいいのです。

自分の考えの方向性内容の方向性とがぴったりはまると理解度が数段上がりますよ

ただ覚えることにあきてきたら、お試しください
お読みいただきありがとうございました。では、また!

by  イラサム

 


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

再現答案集はココ!↓

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

一発合格道場 2次口述試験対策セミナーin東京

2018年12月9日(日)30名を超える方に参加頂きました。ありがとうございました!

18口述セミナーin東京レポート

 

————————————————–

18夏セミナーin東京レポート

18夏セミナーin大阪レポート

————————————————–
18春セミナーin東京レポート

18春セミナーin大阪レポート

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版発売開始しました



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX