【ゆるわだ】紫色の空気にならないように

今回の熊本・大分方面の地震災害でお亡くなりになりました方々のご冥福をお祈りし申し上げます。 また、被災者の方々におかれましては心よりお見舞い申し上げます。 一日でも早く心穏やかな日常を取り戻されます事をお祈り申し上げます。


【いよいよ週末からGWですね】

こんにちは碧です

いよいよ週末からはGW突入という方が多いのではないでしょうか?

平日お仕事されている方にとって、まとまって勉強時間が取れるチャンス!であり、もう一つチャンスの時期なんです。

何かって!?

大切な人と過ごすチャンスなんです

実際、1次試験に合格したらすぐに2次試験対策になり、2次試験合格すると口述対策をし、それが終われば15日間の実務補習(これはその人によりけりですが・・・)に協会のフォーラム参加や研究会の見学、セミナー参加等・・・。

特に2次筆記試験合格から記事を書いている今日まで、ほんとに一気に来た感じがします。(最近、土日は診断士関連でほぼ出かけていまして、旦那と子供にちょっとあきれられてます・・・

とりもGWは家族孝行されていましたが、私も勉強の日と家族孝行の日を作りました。

【ちなみに】

010103172x172

今日のタイトルの「紫色の空気にならないように」とは、私が通っていた受験校の講師の一人がGW前に実際に言った言葉で、「家庭の雰囲気が悪くならないようにGWに少しは家族の為に時間を取ってね」という意味で話されていました。

(「紫色の空気」という表現がやけに頭に残って今日のタイトルにしています。)

もちろん、GWを逃すと、まとまった勉強時間が少しも取れないとか勉強の進捗が全く思うように行っていないという場合は無理にとは言いませんので、あくまでご自分のペースで判断してください。

【実際、GWはどうしていたのか?】

私の場合は前半に家族で2泊3日で家族旅行に行き、他の日は経済学のオプション講義を受講しました。

勉強内容はあれもこれもは絶対無理だと判断し、「経済学」をやる!と決めました。(はい、他の科目はバッサリいってますhasamiwomotu

いろいろやることを計画して、結局全部できなかったとガッカリしたくないという気持ちもありました

なぜ経済学に絞ったかというと、去年は経済学の難化が予測されていました。過去の傾向から経済学が難化する年には足きり(=40点未満)必死の“ナパーム砲の雨嵐”と表現されるほど対応の難しい問題が出題されます。

とにかく、足きりを回避したかったこと、また、経済学の点数が安定しないこと、子供が家にいるとまともに机に向かえないことから、経済学の過去問ゼミというオプション講義を受講しました。

今年は財務の難化が予測されていますね。財務が苦手だという方、日頃独学で勉強されている方など、こういったオプション講義をうまく活用されることもありだと思います。

ちなみに、GWに家族孝行と勉強と両方行うことで、家族に診断士試験勉強を応援してもらえましたし、経済学の足きりにはあわないだろうという自信もつきました

この記事をお読みいただいている方も、できるなら両方いいとこ取りをおすすめします。

【GWまだ予定を立てていないんだよねという方】

4月29日の道場春セミナーの懇親会に来ませんか?(セミナーはおかげさまで満員となりました。)

懇親会は先代、7代目道場メンバーや同じ受験生と直接情報交換できる場です。

懇親会はまだ受け付けております。ご参加お待ちしています

お申し込みはこちらをクリック→peatix(外部サイト)

【明日の道場は・・・】

細川泰志が登場!

オイラ式が診断士受験生の間で、噂になっているとかなっていないとか・・・

明日の記事も楽しみです。

 

それでは

いい一日を!

碧でした。

 

Follow me!

コメントを残す