企業診断7月号発売!

こんにちは、JCです。
右側のアイコンでも常にご紹介しているのですが、道場メンバーは同友館さんの企業診断に毎月連載を書かせてpencil頂いています。

1月から始めたこの連載も今回で7回目。
一次試験超直前期に入ったタイミングですので、一次本試験に対する心構えを含む使えるアドバイスを記事にしました。
一次試験本番と模試は同じ気持ちで受験するべきということは、今週の執筆陣も口を酸っぱくして言っていること。
一次試験前の心構えは、模試前の心構えと同義です。
ぜひ買ってね。宜しくお願い致します。

◆昨年の今頃書いていた記事◆
昨年の今頃の道場の記事を読み返してみたんですが、
やはり、試験直前期なので、本試験がどんなにプレッシャーがかかるか、
とか試験直前の勉強法や心の持ち方を書いている記事が多いですね。
ちなみに昨年の執筆陣が書いていた記事にはこんなのがあって、
僕の好きな記事をピックアップしてみました。
旧執筆陣は最近エントリーから遠ざかっている人も結構いるので、
思い出してもらう意味も含めて、一人ずつ、僕のおすすめ記事を
お知らせしますね。

僕の記事は
ドキュメント法務
これが一番最初に書いた「ゆるわだ」かもしれません。
受験票が届いたら
まあ、やるべきことを述べているもので、今回の企業診断7月号と
言いたいことはほぼ同じかもしれませんね。でも企業診断の方が充実した記事ですよ。

ふうじんのエントリーはいつもアグレッシブで、
「ついてこれるやつだけついて来い!」
みたいなスタンスが多いのですが、
このペンキ塗りの記事実はいい記事だと思ってる。
彼はとてもわがままでいつも周囲をふりまわしますが、
一方で
とっても思いやりのあるやつです。
彼は今、シアトルに駐在しているのですが、帰国する際には
毎回、絶対一緒に飲みたいと、そんなふうに思わせるやつです。

ハカセの記事は本人も言っているように上から目線
エントリーが多いんだけど実は優しい心根をもっている。
これなんかは、ハカセの優しいところがよく出ている記事です。
ハカセはとっても仕切りたがり屋。
イベントがあったりすると、彼に司会をやらせたら、安心していられます。
小さい子供が好きで、まっすぐな気持ちをもった、
澄んだ目をしているおじさんになりかけのお兄さんです。

ZonE、はとっても気持ちのあったかい人です。
ただし、学習に対する姿勢は極めて武士みたいなストイックさをもちあわせています。
今もすごい勢いで幅広く勉強を続いていて、最近の記事でも
学んだことをわかりやすく伝える努力をしています。
このころの記事でも、やっぱりクールに分析するね。
ZonEはクールさとともにすごくWetな人情も持ち合わせています。
若いのになかなかすごいやつです。

アックルは こんなこと言ってます。
もともと忙しい仕事だったんですが、最近仕事がとみに忙しいらしく
道場にも全然顔を出せないくらいになってしまいました。
彼もまた、すごい勉強家で、診断士を合格した後も
TOEICだの、中国語だの、証券アナリストだの
いろんなことに挑戦しています。

Watataはまだ正式メンバーになる前に こんな文章を寄稿してくれています。
彼はとってもとんがっています。
ものすごく純粋で、前向きでいつも忙しい。
診断士しては、旧執筆陣の中でも
圧倒的に幅広く活動している人です。
僕らは今、Watataが紹介してくれた、これから起業を目指している
青年実業家予備軍の方のコンサルティングをやらせていただいています。
どんなアドバイスができるのか、とても楽しみに仕事をさせてもらっています。

旧執筆陣では
いけいけ左脳系がふうじん・ハカセ・Watata
ゆるやか右脳系がZonE・アックル・JCと区分できるのではないか、と僕は
勝手に分析しています。

◆3つの要注意事項◆

僕は2008年の8月からT○Cに通い始めたので7月でほぼ丸1年。1年も勉強を続けてきたことだけでもすごいことだと思っていました。これまでこんなふうにしっかりと勉強したことなんて、大学受験を含めてもなかったかも。これだけやったんだから、きっと大丈夫と自分に言い聞かせるようにしていたように思います。この時期はみんなとっても不安に陥りやすい。7科目全てが同じレベルで仕上がっているということはないし、診断士試験はちょっと難しくしようと思ったらいくらでも難しくできる試験内容なので、自分がいくら頑張ったと言っても不安にならないわけはないんです。こんな時に避けなきゃいけないことは、
焦る(Aseru)、慌てる(Awateru)、あたふたする(Atafuta)。
魔のトリプルAです。
でも、しっかりやってきたことは、きちんと残っているはずです。
もし、水漏れが見つかったら、慌てることなく、さっさとテキストを読み返したり、過去問の解説を精読したりして理解する。これで、普通に対応できるはずです。

◆企業診断7月号◆
さて、今月は上に書いたようなエッセンスを盛りだくさんでまとめました。

他にも
今月の特集の「中国の中小企業事情」は僕を含めて、中国に興味がある方ならとても面白いと思う。
僕は一方的に存じ上げているだけなのですが、ティアラさん の連載
「宝石箱」も引き続き絶好調です。
彼女も受験生の方、特に自信を失いかけた受験生の方に、こころをこめて「伝えたいこと」を記しています。

今月号は知り合いの方がたくさん記事を書いていて、
この合格体験談を書いて下さったげっちさんが
「ツイッターとともに駆け抜けた1年間」
女子道場最初のゲスト寄稿で女子とキャリアの関係を語ってくれた
cumitaさんが「”引き寄せの法則”で合格後の野望も実現」と
それぞれの視点の合格体験記を書いています。

僕的にちょっと気になる「チア部☆齊藤 今日も無駄に元気!」という新連載もありました。
書きぶりが「ゆるわだ」に似ていて、とっても気に入りましたです。
我々の連載でもゆるわだの文体でも書きたい!と常日頃言っているのですが、道場メンバーに「殿中でござる」と浅野内匠頭状態で止められています

というわけで読みどころ満載の「企業診断7月号」ぜひ、読んでみてくださいね。

by JC

Follow me!

コメントを残す