投稿者「 » おと」の記事



道場ブログ読者のみなさま

こんにちは。

全知全ノウ事例IVプロジェクトチームの霜田と申します。

全4回でお届けしている事例Ⅳ特別企画ブログも今回が最終回です。

2次試験突破に向けて少しでもお役に立てれば幸いです。

さて、1次試験から1ヶ月が経ちました。

過去問を数年分解いてみた方も多いことと思います。

そこで今回は事例Ⅳの過去問への取り組み方と、それを踏まえた試験日までの学習方法をご紹介します。

 

 

ステップ0:事例Ⅳの戦略を確認する

事例Ⅳのゴールは、「80分で目標点数を取ること」です。

目標点数は一般的には60点とされますが、50点でも70点でも構いません。

4事例合わせて240点を取るためには事例Ⅳで何点取ればよいのかを、自身の得意不得意と相談して決めましょう。

「80分で目標点数を取ること」というゴールは、次の2つに分解できます。

・「目標点数を取ること」

・「それを80分で取ること」

このゴールに到達するために、これから試験日までにすべきことは、

・「目標点数を取れるだけの実力をつける」

・「それを80分で達成するための戦略を決める」

の2つです。

それではどのようにすればよいのか。

4つのステップに分けてご紹介していきます。

 

ステップ1:時間を気にせずに解く

まずは過去問を時間を気にせずに解いてみましょう。

3年分くらい解けば十分です。

時間を気にせずに、と書きましたが、時間を測ることはしてください。

「制限時間以内に解く」ことは必要ありませんが、「解くのに何分かかったか」を把握する必要はあります。

これが現状分析になります。

 

解き終わったら結果を出題テーマ別に確認してみましょう。

経営分析は解けたのか。

損益分岐点分析は解けたのか。

意思決定会計は解けたのか。

 

ここで解けたテーマが「実力のあるテーマ」、解けなかったところは「実力不足のテーマ」です。

例えば、経営分析と損益分岐点分析は「実力のあるテーマ」、意思決定会計と原価計算は「実力不足のテーマ」だったというように現状を確認します。

 

 

ステップ2:解くべきテーマを選定する

現状分析が終わったら、目標とのギャップの確認です。

「実力のあるテーマ」を積み上げて何点取れるでしょうか。

年ごとに出題テーマは異なるのでだいたいで構いません。

 

これで「目標まであと何点必要か」が分かります。

では、その「あと何点」をどのようにして埋めるか。

「実力不足のテーマ」を「実力のあるテーマ」に変えなければなりません。

 

ただし、全ての「実力不足のテーマ」を「実力のあるテーマ」に変える必要はありません。

「あと何点」を埋めるのに十分なだけでよいのです。

 

どの「実力不足のテーマ」を選ぶかは出題可能性との相談です。

よほど苦手でないかぎりは、出題頻度の高いテーマを選ぶのが堅実です。

先の例でいえば、意思決定会計は出題頻度が高いですが、原価計算はあまり出ません。

そこで意思決定会計を選ぶことが堅実な選択となるでしょう。

 

ステップ3:80分のスケジュールを考える

解くべきテーマを選定したら、80分の戦略づくりです。

まず必ず考えるべきことは次の2つです。

 

・経営分析問題を何分で解くか。

・見直しの時間を取るか。取るなら何分にするか。

 

経営分析問題は毎年出題され、配点はおおむね30点程度です。

これを何分で解くかをあらかじめ決めておくことで、その他の問題に割く時間を見積りやすくなります。

また、見直しについても、最後にまとめて時間を取っておくのか、それとも個々の問題のなかで見直しもするのかを決めておきましょう。

 

次に、経営分析以外の解くべきテーマに何分かけるかを決めます。

目標点数にもよりますが、大問で1、2問になるでしょう。

ここに残り時間をすべて使って確実に正解することを一手ですが、解くべきテーマ以外の問題にもある程度時間をとることをお勧めします。

なぜなら解いてみると意外と簡単なケースがあったり、部分点が狙いやすい設問だったりすることがあるからです。

 

特に200字などの長文論述の問題は何かしら書いておけば半分くらいは点を取れる可能性があります。

これで80分のスケジュールが決まります。

例えば、経営分析を20分、解くべきテーマを40分、その他の問題を15分、見直しを5分などと見積ります。

 

 

ステップ4:解くべきテーマを見直す

解くべきテーマに何分かけるのかを決めました。

では、本当にそのテーマをその時間内に解けるでしょうか。

時間内に解けるように演習をして実力を上げるのが王道ですが、どうしても難しいようであればテーマを変えることも考えましょう。

例えば意思決定会計のように計算量の多い問題は時間がかかります。

とはいえ出題頻度を考えると捨てるのもリスクが大きい。

そうであれば意思決定会計は半分の得点を目標にして、もう1つか2つ解くべきテーマを追加することを検討してもよいでしょう。

 

 

まとめ

以上をまとめると、次のようになります。

ステップ1:時間を気にせずに解く → 現状分析
ステップ2:解くべきテーマを選定する → 課題設定
ステップ3:80分のスケジュールを考える → 戦略策定
ステップ4:解くべきテーマを見直す → 実効性検討

さて、最後は問題演習を繰り返すだけです。

「実力のあるテーマ」は勘を鈍らせない程度に。

選んだ「実力不足のテーマ」は集中的に。

10月23日ギリギリまで実力アップを図ってください。

 

試験まであと1ヶ月半。

チャンスは十分にあります。

着実に準備をして、合格を勝ち取ってください。

 

霜田

 

 

事例4対策記事(全4回)

第1回
事例Ⅳを苦手としている受験生のために
http://rmc-oden.com/blog/archives/94419

第2回
事例Ⅳの経営指標をはやくマスターするコツ
http://rmc-oden.com/blog/archives/94644

第3回
短い期間で効率よく実力アップするための事例Ⅳの勉強方法とは
http://rmc-oden.com/blog/archives/94795

第4回
4つのステップで事例Ⅳを攻略しよう
http://rmc-oden.com/blog/archives/94917



道場ブログをご覧のみなさま、はじめまして。
さむと申します。いつもタキプロでブログを書かせていただいております。

今回は、「中小企業診断士2次試験 事例IVの全知識&全ノウハウ」という書籍をおとさんと一緒に執筆させて頂いたご縁で、道場ブログに初登場することとなりました。よろしくお願いします!

 

ところで、みなさんは、2次試験の勉強順調でしょうか?勉強を開始した直後の方であれば、順調と感じるかもしれません。しかし、事例という海は、途方もなく広くて底なしに深いんです。勉強をすればするほど深みにはまり、もう何をやっていいのか分からない方だってきっといると思うんです。

 

かくいう僕もその一人でした。絶対に合格しなきゃいけないのに、何をやっていいのか分からない、この壁を乗り越えることは容易ではありません。

 

でもね、このように勉強をすればするほど深みにはまりやすいのは、事例ⅠからⅢまでで、事例Ⅳだけは別。事例Ⅳは勉強すればするほど点数が伸びるんです。

 

2次試験対策に悩んでいるのであれば、まずは事例Ⅳ対策をすればいい。それでは短い期間で効率よく事例Ⅳ対策をするためには、どうすればよいでしょうか?その方法として、僕は2つの重要なポイントがあると考えています。

 

その1 過去問を中心に対策すること

なんだかんだで、やっぱり過去問は最強の勉強ツールです。

事例Ⅳに限ったことではありませんが、2次試験対策の最強のツールは過去問になるでしょう。どのような傾向や難易度で出題されるのかは過去問を解いてみないと分かりませんし、そしてなにより問題の質が高い。

 

ちなみに、僕は平成13年からの過去問を10回転ほどしました。大好物は平成15年度事例Ⅰの、BSE問題が発生して右往左往するA社社長です。よろしくお願いします。

 

 

その2 タテ解きではなくヨコ解きで理解を深めること

普通、過去問を渡されてそれを解くとなれば、年度ごとに通して解くと思うんです。もちろん、このようにタテで問題を解くことは重要です。

 

何より80分で解ききるプロセスを確立するためには、タテで解かざるを得ません。でも、事例Ⅳの理解を深めるためにはどうすればよいでしょうか?

 

理解を深めるためには、同じ論点を集中的に繰り返し解く必要があります。つまり、経営分析や意思決定会計といった分野ごとに集中して解くことが効果的。これが、各年度の同じ論点を横串に貫いて解く、ヨコ解きという方法なんです。

 

そこで今回ご紹介したいのが、コレ。

中小企業診断士2次試験 事例IVの全知識&全ノウハウ

事例Ⅳの全知識&全ノウハウ

 

 

まるでテレビショッピングのような華麗な流れで紹介させていただきましたが、この事例Ⅳ対策本は、論点ごとに知識と過去問がまとめられており、過去問を使ってヨコ解きができるという贅沢な一品なんです。

2次試験対策を始めたばかりの初学者のみなさんにとっては、この対策本を使えば、事例Ⅳの戦闘能力を向上させてくれるはずです。また、過去問をしゃぶりつくしてもうなんの味もしなくなった多年度生にとっても、ヨコで解く事で新たな気づきが得られるかもしれません。

 

冒頭でもご紹介させていただきましたが、事例ⅠからⅢの対策は難しい。だからこそ、事例Ⅳで点数の上乗せをすることが重要なんです。

 

みなさんが事例Ⅳを得意科目として自信を持ち、2次試験を突破することを心よりお祈りしています。そして、合格後は一緒に楽しい仕事をしたりお酒を飲んだりしましょう!

 

あ、事例ⅠからⅢまでの対策で悩んでいる方は、道場ブログでたくさんの対応策が紹介されていますので、自分にあった方法を探して光明を見出してくださいね。

さむ



中小企業診断士を目指す皆様、こんにちは。
がんちゃん/岩間と申します。
(6代目のおとさんの紹介で、記事を書かせていただきます)

2次試験対策は順調に進んでいますか? 1次試験とは出題形式ががらりと変わり、苦戦している方がほとんどではないかと思います。
今日は【事例Ⅳの経営指標をはやくマスターするコツ】を紹介します。

「経営指標を3つ選んで記述しろ」って言われたって、いったい何をどうしたらよいか分かりませんね。そういう方の参考になればと思います。

先に結論だけお伝えしますと、
経営指標は、収益性・効率性・安全性のそれぞれから1つずつ
検討する経営指標は9個だけ
記述は与件中心に

です。

 

 

【最初に質問】

はじめに皆さんに質問です。
【質問】あなたは中学校時代の学校の成績はどうでしたか?(25字以内)

いかがでしょうか?

ここから5つの回答例を見てみます。
A:「文系科目は得意でした。一方で理系科目は苦手でした。」
B:「英語と国語は得意だったけれども、数学は苦手でした。」
C:「体育のような実技は得意でしたが、学科は苦手でした。」
D:「英文法は得意でした。リスニングや読解は苦手でした。」
E:「戦後史は得意でしたが、英語は、全体的に苦手でした。」
このうち良いものと悪いものはどれでしょうか?

私の見解です。まず、A~Cは良い回答です。いずれも質問者が聞きたい「学校の成績」の全体を対象にし、それらの対象をバランスよく分割して説明しています。
A:全体=文系科目+理系科目
B:全体=英語+国語+数学 (主要3科目)
C:全体=実技系科目+学科系科目

一方で、DとEはそうはなっていません。Dは、説明する対象が英語のみです。これでは「他の科目はどうなのか」が分からず、質問者には疑問が残るでしょう。Eも同様で、「歴史のなかで戦後史以外はどうなのか」や「歴史と英語以外はどうなのか」が分かりません。

余談ですが、全体が漏れなく重複なく分割されているとき、その状態のことをMECE (Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive、互いに重なりなく網羅されている)といいます。「MECEに分割できているね」といったりします。これは、物事の全体像を正しく把握するために役立つ考え方です。また、読み手に分かりやすく伝達するためには、MECEであることに加えて、分類がバランスよくてかつ直観的であることも必要です。

(なお、A~Cも厳にはMECEではありません。たとえばAでは文系科目でも理系科目にも分類されない科目が漏れていたり、Bでは主要3科目以外が漏れていたりします。)

長々と説明しましたが、「ふつうは意識せずにA~Cのように答えるよ」と思うかもしれません。ではその感覚を忘れないようにしつつ、本題の「経営分析の取り組み方」を見てみましょう。

 

 

【経営分析の3本柱】

経営分析の設問で聞かれていることは、端的にいうと「D社の財務状況はどうか?」ということです。設問指示はいろいろとありますが(「特徴をもっともよく表す指標」とか「優れている点を1つ、課題を2つ」とか)、本質的には上記のとおりです。冒頭で見た中学時代の成績の例と似ていますね。

ですから、経営分析では、財務状況の全体像をMECEでバランスよい複数の柱に分けて説明する必要があります。(MECEでなければ採点者に「他の観点はどうなの?」という疑問が湧いてきますし、バランスよくなければ採点者には伝わりません)

それでは、どういう柱に分ければよいでしょうか?

答えは、「収益性、効率性、安全性」です。

理由は、この3本柱が、財務状況を表す損益計算書(P/L※)と貸借対照表(B/S※)を漏れなく説明できるからです。大雑把にいえば、P/L⇔収益性、B/Sの借方(左側)⇔効率性、B/Sの貸方(左側)⇔安全性 に対応づけられます。

※ P/L:Profit(利益) and Loss(損失) statement(計算書)、B/S:Balance Sheet(バランスシート:貸方と借方が必ず均衡することから)

他にも、企業の存在意義の一つである「株主から得た資金を使って利益を出すこと」を、これら3つの要因で説明できることも挙げられます。これは次の式から分かります。
株主資本に対する利益率(自己資本利益率、ROE)
=利益÷自己資本
=利益÷売上高 × 売上高÷総資産 × 総資産÷自己資本
=《収益性》×《効率性》×《安全性》
(ただし、この式が示す安全性は、「資本構造の安全性」であり、「短期安全性」や「長期安全性」には言及していないことに注意しましょう)

ということで、企業の財務状況をバランスよく説明するためのポイントは、「収益性・効率性・安全性のそれぞれに触れること」です。

(なお、設問での指示がある場合やP/Lが与えられていない場合など、設問上の制約がある場合はこの限りではありません。)

 

 

【確認する要素は3×3=9個(経営指標は9個だけ検討する)】

続いて、3本柱:収益性・効率性・安全性のそれぞれについて、深堀してみます。

【質問】収益性を説明するうえでの主要な構成要素は何でしょうか。また、効率性・安全性についてはどうでしょうか(たとえば、「国語」だったら、その構成要素は「現代文、古文、漢文」です)。

答えはいくつか考えられます。以下はその一例です。
《収益性》 売上総利益、営業利益、経常利益
《効率性》 売上債権、棚卸資産、(有形)固定資産
《安全性》 短期、長期、資本構造
(これらもおおよそ、MECEでかつバランスよくなっていることを確認しましょう)

従って、
収益性を知りたい⇒売上総利益・営業利益・経常利益 を調べればよい
効率性を知りたい⇒売上債権・棚卸資産・(有形)固定資産 を調べればよい
安全性を知りたい⇒短期安全性・長期安全性・資本構造の安全性 を調べればよい
といえます。

 

 

【%や回転数で比較する意味】

ここで少しだけ話がそれますが。

ある日、中学1年生の太郎君は、お母さんにテストの結果を報告しました。
太郎君: 「今日のテスト、10点だったよ。びっくりしたよ。」
お母さん:「え、勉強しなかったの?」
太郎君: 「頑張って勉強したよ」
お母さん:「ふざけないで」
こんな感じでお母さんに激怒され、太郎君は困惑してしまいました。

太郎君とお母さんとの会話がかみ合わない原因は何だったでしょうか。
お気づきだと思いますが、「実際は10点満点のテストなのに、お母さんは100点満点のテストだと思い込んでいたこと」です。

日常生活においてもビジネスにおいても、物事・性質の良し悪しを判断するときには「数値」を使います。逆に、「数値」を使うときにはそれを評価しています。そして、基準との比較を必ず行っています。たとえば、
70点を取れてよかった!
→ 70点は合格基準の60点と比較して上だから良い / 平均点の55点と比較して上だから良い
いま7:08だからセーフ!
→ 7:08は、電車の出発時刻7:10と比較して前だから良い
今日は32度で暑い!
→ 32度は、昨日の気温31度より高いから暑い / 例年の平均気温29度より高いから暑い / 真夏日の基準30度より高いから暑い
買い上げ金額は864円になります
→ 864円は、感覚的にいつもの買い上げ金額500円~1,000円の範囲に収まっているから問題ない

当たり前のことですが、このことを忘れずに、経営分析の話に戻りましょう。

先ほど出てきた、3×3=9個の構成要素は、財務諸表からどのように見ていけばよいでしょうか。営業利益を例にしてみてみましょう。

D社の営業利益を見ると、10百万円だったとします。先ほど太郎君とお母さんのやり取りの例で見たように、これだけでは良いとも悪いともいえません。比較していないからです。

では、同業他社の営業利益(例えば8百万円)と比較すればよいでしょうか?
…というわけにもいかなそうです。D社と同業他社とでは一般に企業規模が異なるため、単純な比較が意味をなさないからです。

そこで、まずは同業他社と比較できるようにするために、(企業規模を端的に示す)売上高で標準化します。具体的には、単位売上高あたりの営業利益(売上高営業利益率)で表します。

このような考え方で、収益性と効率性(計6項目)については、まず「売上高」に対する割合を計算し、そのあと同業他社と比較し、良し悪しを判断します。(なお、効率性は、いろいろ理由があって分母と分子が反対になることに注意しましょう)

安全性(3項目)は、資産と負債のバランスや、負債と自己資本のバランスを見るものです。ですから、売上高で換算する必要はなく、B/S内の項目どうしで割り算をします。

このようなことを踏まえ、これまで学習した経営比率9個を理解していきましょう。

《収益性:売上総利益》 売上高総利益率=売上総利益÷売上高×100%
《収益性:営業利益》  売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100%
《収益性:経常利益》  売上高経常利益率=経常利益÷売上高×100%
《効率性:売上債権》  売上債権回転率=売上高÷売上債権
《効率性:棚卸資産》  棚卸資産回転率=売上高÷棚卸資産
《効率性:有形固定資産》有形固定資産回転率=売上高÷有形固定資産
《安全性:短期》    流動比率=流動資産÷流動負債×100%
《安全性:長期》    固定比率=固定資産÷自己資本×100%
《安全性:資本構造》  負債比率=負債÷自己資本×100%

なお、安全性の指標は3個としましたが、慣れてきたら「当座比率」、「固定長期適合率」、「自己資本比率」も含めて考えましょう。

 

 

【記述は与件中心に】

多くの年度では、経営指標名や指標値だけではなく、原因・理由等の記述が求められました。ここには何を書くべきでしょうか。

結論的には、「与件に書かれていること」です。
経営指標値は単なる結果を表すのみですので、説明することはありません。

たとえば、「今日は32度で、昨日より2度高い」や、「前回より成績が上がって70点になった」といっても、それは結果しか表しません。そうなった理由である「高気圧に覆われたから」や「毎日計算練習をするようにしたから」といった情報は、いくら数値を見ても知り得ません。経営分析の設問でも同様で、数値をいくら眺めていてもその理由を書くことはできず、与件を見る必要があります。

なお、「D社の売上高営業利益率が10%で、同業他社の8%より良いため、収益性が高い」といった自明なことは求められていないと考えるべきです。うっかりすると指標の説明をしてしまいがちですので、気を付けましょう。

 

 

まとめ

1. 経営指標は、収益性・効率性・安全性のそれぞれから1つずつ
2. 検討する経営指標は9個だけ
・収益性: 売上総利益率、売上高営業利益率、売上高経常利益率
・効率性: 棚卸資産回転率、有形固定資産回転率、売上債権回転率
・安全性:
特に収益性と効率性は「実額を企業規模である売上高で標準化」することで、他社比較をできるようにしていることがポイントです。
3. 記述は与件中心に

 

 

 

事例4対策記事(全4回)

第1回
事例Ⅳを苦手としている受験生のために
http://rmc-oden.com/blog/archives/94419

第2回
事例Ⅳの経営指標をはやくマスターするコツ
http://rmc-oden.com/blog/archives/94644



道場ブログの読者の皆様。3か月ぶりの登場です。6代目のおとです。

今日は8月14日(日)、1次試験からすでに1週間が過ぎました。自己採点はされましたでしょうか?

 

 

結果が芳しくなかった方へ

気持ちはそろそろ落ち着きましたでしょうか?「あんなに勉強したのに、なんで合格点に到達しなかったんだろう」。「ここの論点はわかっていたのに、なんであんなケアレスミスをしてしまったんだろう」。いろいろと思うところがあるかと思います。

「来年の試験に向けてもう一回がんばろう」とは、言いません。まずは、受験するにあたって助けてくれた家族や友人に感謝して、これまで勉強のために我慢してきたことを好きなだけやってください。そのうえで、「もう一回受験しようかぁ・・・」という気持ちが沸き起こってきたら、この道場に戻ってきてください。道場は、いつでも頑張る受験生を応援しています。

 

 

2次試験に進める見込みの方へ

おめでとうございます。まずは、第一関門をクリアーです。でも、まだ最大のラストボスである、2次試験が待っています。しかも、2次試験の本番まであと70日しかありません。この70日間で事例Ⅰ~事例Ⅳのすべての事例で、合格レベルの解答を制限時間内に書き上げる力を付け、合格率約20%の戦いを勝ち抜く必要があります。

そんな厳しい戦いを勝ち抜きたいと思っている方の役に立てるように、2次試験の事例Ⅳに特化した対策本を執筆しましたので、僭越ながら紹介させてください。

 

 

 

中小企業診断士2次試験 事例IVの全知識&全ノウハウ

事例Ⅳの全知識&全ノウハウ

 

 

この本は「受験生が短期間で合格レベルに到達できるように、過去問を『テーマ別×重要度』に分類し、効率的な学習を可能とすること」という方針で執筆しました。

また、以下の頻出テーマについて、知識(インプット)と過去問(アウトプット)をわかりやすく編集し、これ1冊で事例Ⅳの対策をとれる構成になっています。

第1章 経営分析
第2章 損益分岐点分析(CVP)
第3章 意思決定会計
第4章 セールスミックス
第5章 オプション・為替予約
第6章 キャッシュフロー計算書
第7章 その他計算問題

この事例Ⅳ対策本は、過去の「二次試験合格者の頭の中にあった全知識」と「二次試験合格者の頭の中にあった全ノウハウ」の執筆者で執筆しました。なお、第4章のセールスミックスと、第5章のオプション・為替予約が私の担当した部分です。

今後、毎週日曜日に、3回に分けて、私以外の執筆メンバーが、この2次試験事例Ⅳに関する事項について、当ブログで紹介する予定です。

 

それでは、2次試験まであと70日、夏バテせずに、2次試験まで一緒に頑張っていきましょう。

 

 

おと

 

事例4対策記事(全4回)

第1回
事例Ⅳを苦手としている受験生のために
http://rmc-oden.com/blog/archives/94419

第2回
事例Ⅳの経営指標をはやくマスターするコツ
http://rmc-oden.com/blog/archives/94644



道場読者の皆さま

久しぶりの投稿です。6代目のおとです。

さて、私は、診断士になって2年目となり、いろいろと具体的な活動を行っています。今回は、ゲスト投稿として、今私がやっている「空色プロジェクト」という活動を紹介したいとおもいます。

 

空色プロジェクトとは?

この「空色プロジェクト」を一言で言うと、中小企業診断士等の経営のスキルがある人を集めて、日々悩んでいる日本の中小企業の経営者が見る空の色を変えたいというプロジェクトです。

12828298_1026570764091880_5577456603446453509_o

 

<これを考えた理由>

まず、私がこのプロジェクトを考えた背景を話します。

皆さんがイメージする中小企業の経営者ってどんな感じでしょうか?最近のドラマだと、下町ロケットの佃煮社長でしょうか?また、少し前ですが、同じ池井戸潤シリーズの半沢直樹でしょうか?

また、もっと現実的な話をすると、中小企業の社長は銀行からお金を借りるために、自宅を担保に提供したり、個人で連帯保証したりしています。最近は、個人の連帯保証は減らそうという動きがありますが、それでも、会社の資金繰りが尽きると、一家で夜逃げということは、実際にあります。

また、その悩める中小企業の経営者が経営相談をする相手ってだれでしょうか?

中小企業白書の「中小企業経営者の経営相談の状況」によると、以下のようになっています。

「具体的な相談相手は、約7割が「顧問税理士・会計士」、約3割が「経営陣」、3割弱が「家族・親族(利害関係者)」、2割弱が「メインバンク」となっており、日頃から接点の多い、社内外の関係者等が相談相手として選ばれる傾向にある。」

我々診断士の視点からいうと、税理士の先生に経営の相談をしてしまう人がほとんである現状に驚愕しました。そこまで診断士が世の中に役立っていないかと、診断士の力の無さに無念でなりません。

 

<診断士の状況>
次に我々診断士の実態はどうなっているでしょうか?

中小企業診断協会が毎年発表している、試験合格の統計を見てみましょう。

統計資料(PDF)(平成28年1月5日)

これによると、直近の診断士試験の合格者は944人です。そのうち、民間企業に勤めている人は、民間企業勤務が611人、政府系以外の金融機関勤務が84人です。この政府系以外の金融機関勤務は、いわゆる銀行や信用組合を指しているものと解釈しました。これらの合計が695人で、合格者全体に占める割合は73%です。ということは、合格した人の中で、会社勤めの方は73%いるということです。

次に、合格してからどうなったかをしらべたアンケートがありました。

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイトのアンケートにみる診断士の実像
第2章 データでみる診断士6年間の変化

これによると、企業内診断士の割合は49.4%でした。なお、このアンケートは、中小企業診断協会に加入している人が母集団となっているので、上記の中小企業診断協会より企業内診断士の数が少ないのだと推測します。また、診断士に合格しても、私のように診断士協会に入らない企業内診断士もいます。

空色プロジェクトの意義>
このように、中小企業の社長は、①その経営相談を身近な専門家である税理士にしている現状と、②診断士になって経営コンサルタントとしてのスキルがあるにも関わらず、企業内診断士として、直接は、中小企業の経営指導に携わる人がいない現状があります。
そこで、この「空色プロジェクト」です。このプロジェクトの目的は、中小企業診断士等の経営のスキルがある人を集めて、日々悩んでいる日本の中小企業の社長が見る空の色を変えたいということです。

会社員であっても、自分自身の舞台を決めたいと思っている診断士に対して、自分のスキルを発揮できる場を提供し、それが悩んでいる日本の中小企業の社長に役立つような仕組みを作ることが、この空色プロジェクトです。

また、もちろん発揮したスキルには、それに見合った報酬をもらえることは当たり前です。
診断士の悪い習慣は、「無料奉仕は美徳」だという間違った感覚をもっていることです。たとえば、診断士が経営者に対して、無償でまあまあの仕事をするのと、10万円の単価で、15万円の価値のある仕事をするのとで、どっちがお互いのためになるでしょうか?相手からの依頼に対して、その期待を上回る成果を出すことが、コンサルタントの存在意義だと思っています。

 

<まとめ>

  • せっかく診断士に合格しても5~7割の人は企業内診断士である。
  • なにもしないと、そのスキルは一気に低下する。
  • 診断士のスキルを必要としている経営者は大勢いる。
  • そのスキルを発揮できる場を提供することが、この空色プロジェクト

 

 



ご無沙汰しています。6代目のおとです。

今回は、私と同じアラフォーで合格を勝ち取ったM.T.さんです。

はじめまして。アミューズメント施設運営会社で勤務している40歳男性です。

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
一度退職した時に何気なく見た新聞折込の通信資格講座にて中小企業診断士なるものを発見(全く知りませんでした)。もともと経営コンサルタントに関して興味を持っていたので、転職にいろいろと便利と考え資格取得を目指すことに。
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
2013年4月より学習開始。保有資格なし。経済学部経営学科卒ではありますが、知識もほとんど無いに等しい状態でした。得意科目は運営管理、不得意科目は経済学でした(経済学部だったのに…)。

 

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
性格上、独学や通信では続かないのが分かっていたので、県内唯一教室講座があるTACを選択。メリットは、①仲間ができること②自習室が使えること③スケジュール管理が容易であること④診断士である講師陣に直接質問できることで、デメリットは、お金がかかることです。

 

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
一次試験は2回、二次試験は1回で、総合時間はカウントしてないのでわかりませんが、大まかに平日1.5時間休日6時間くらいを継続して行いました。家に帰るといろいろな誘惑に負けてしまうので、基本的に平日は仕事が終わってから、休日は朝から自習室を利用して勉強していました。

 

(5)合格までの学習法
一次試験は各科目ともに教室での基本講座の後トレーニングで復習、を繰り返し養成答練に挑む。GW明けの完成答練後はひたすら過去問と答練と模試をぐるぐる回し、一年目は5科目合格し財務と運営が残りました(運営は得意で答練の点数も一番良かったのに…)。二次試験は残り科目と並行して勉強会に参加しながら講座のカリキュラムにそって学習し、一次試験合格後は過去問を繰り返しました。ここでは勉強会での仲間の解答、各受験機関の模範解答、ふぞろいを活用し、自分なりのベスト答案を作ることと80分で解くための自分なりの手順を固めることに注力しました。

 

(6)学習時・受験時のエピソード
筆記試験は正直99%ダメだと思っていたので、自分の番号があった時は10回くらい見直しました。ほぼ合格する口述試験で落ちるんじゃないかと思うくらい信じられませんでした。

 

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス
参考になるかどうかわかりませんが、学習スタイル・学習方法ともに自分にあったものを探求していくことが重要と考えます。私は上述したように家では勉強できないし、マックのような施設でも集中できないので、多少お金や時間がかかっても自習室を利用するスタイルを選択しました。また、使用する教材も出来る限り手を広げずにTACで支給されるテキスト・トレーニング・過去問・答練と、二次試験ではふぞろいを利用し、何度も繰り返す方法を選びました。良いと思ったことはまず取り入れてみて、自分なりにアレンジしながら最終的にしっくりくるものを追求していく感じです。
でも一番大きかったのは仲間の存在でした!もちろん家族や講師の方々にも大変お世話になりましたが、特に仲良くしていただいた同志には感謝の気持ちでいっぱいです。私にとってはそのような環境作りもモチベーションを維持する上で大きなことでした。

 

M.T.さん合格体験記ありがとうございます。

私が注目したキーワードは、「自分なりにアレンジしながら最終的にしっくりくるものを追求」です。

これを言い換えると、道場6代目のキーワードであった「パクってカスタマイズ」だとおもいました。自分がアラフォーなのでよくわかりますが、自分の記憶力は年々低下しているので、自分にあった方法でないと、その記憶がスキルが定着しません。そのため、M.T.さんは受験校に通うとともに、そこで学んだ内容を自分なりにアレンジしています。

この「自分なりのアレンジ」があったからこそ、1次は2回、2次は1回と、非常に短い期間で合格を勝ち取ったんだとおもいます。

今年の8月の1次試験に向けて、勉強中の受験生の皆さま。

受験校で学んだことや、テキストに書いてあることを覚えるのはもちろん大切ですが、それを「本試験当日にどう使えば合格することができるか?」を考えて自分なりにアレンジして合格を勝ち取ってください。

 

 

【あとがき】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

私は現在診断士2年生になりました。悩める日本の中小企業経営者の悩みを解決して、中小企業経営者が見る空の色を変えたいというミッションのもと、「空色プロジェクト」という活動をしています。

他の6代目と一緒に、ブログを更新していますので、こちらもご覧ください。

 

以上、おとでした。

oto_Character_1

 

 

 

 

 



みなさんこんにちは。おとです。

今日の合格体験記は、最初の2次試験で、AAAD総合評価Aで不合格から、メンタルトレーニングを重ねた結果、見事合格を勝ち取ったnoriさんです。

npriさんが、どうやってメンタルを改善していったのか、どうぞお読みください。

***************寄稿はここから***************
・合格までの年数
5年

・合格した年度
2015年度

・学習開始した時期
8月

・一次対策期間
2010年8月~2012年7月
2014年1月~2014年7月

・二次対策期間
2012年8月~2012年10月
2013年1月~2013年10月
2014年1月~2014年10月
2015年8月~2015年10月

・一次勉強時間
合計 約1300時間

・二次勉強時間
1回目  約400時間
2回目  約900時間
3回目  約600時間
4回目  約100時間
合計 約2,000時間

・年代
30代

はじめまして、noriと申します。事務職、30代女性、合格には5年かかりました。

4回受験した二次試験は一発合格道場に投稿するのも恥ずかしいくらいの「一発退場(D評価)」を繰り返してきました。なぜ二次筆記試験に合格できたのか!? 今年は「一発退場」しなかったからです。「一発退場」ないし「大事故」を起こさなければ合格する試験なんだなと痛感し、読者の皆様の何か参考になればと思い、寄稿しました。

【1】合格年の対策

①自分を見つめ、自分で考える環境を整備する
模試や演習で点数は取れている。読みにくいわけでも、知識が大幅に足りないわけでもない。自分の課題を見つけるのにとても時間がかかりました。5年目で気づいたのは「二次試験では人の意見を聞くのが大事。独りよがりになってはいけない」という思い込みに振り回され、そもそも「自分が見えていなかった」こと。ゴールは見えても自分が見えないから、ゴールにたどり着かない。とにかく自信がなかった。内向的で人の意見に振り回されやすい。自分で考える環境を整えるため、以下を実行しました。

・受験情報の取捨選択をする。
Facebook、ブログ、ツイッターからの受験情報が流れてくるのを止める。他の受験生との積極的な交流を止める。勉強会への参加を止める。情報に振り回されないように情報の流入を防ぎ、自分で必要な情報を選び、自分で考える時間を大切にしました。

②自分をコントロールできる感覚を高める
概ね何か足りないのかが今年の4月頃には見えてきました。やはり自分に自信がない。5年たっても合格しないし、本当に自信がない。4月~8月までは以下を実行しました。
・好きなことを徹底的にやる。
受験生活で我慢していたことを徹底的にやりました。5年目だからできたこともあるんですが、勉強しながらでも、一年目でもできたことは本当はたくさんありました。好きなものを食べる。自分の好きなものを選ぶ。好きなことをやって、実際にそれが実現できる感覚が少しずつ自信になってきました。

③点数の開示請求をする
今年道場発信で話題になった点数の開示請求ですが、6月頃にやってみました。試験結果はいつも40点のブレ幅があるA評価やD評価が多かったので、自分の感覚と実際の点数の差が気になりました。
初年度1点足りなかったんだ!という悔しい思いから、自分のモチベーションを上げるきっかけになりました。また、自分の感覚とのブレを調整することができました。

図1

④確実なアウトプットを目指す
勉強し続けて5年たった結果、お酒を飲んでも事例が解けるくらい慣れていました。スゴイじゃん!という自慢ではなく、それが良くなかった。無意識で事例を解けるくらいだから、本番の意識化で何か動揺するとパニックになる。直前は80分で事例を解かずに、確実なアウトプットを目指すため、以下を実行しました。
・事例Ⅰ~Ⅲの過去問を三年分読みながら、自分が何を考えているかを書き出す。
解法手順」という言葉が実は長い受験生活の中で、今まで一度もピンと来たことがありませんでした。結局、それが大切でした。自分がいつもやっていることを確認する作業を繰り返し行いました。
・事例Ⅳも解法手順を確認。
どうしたら、落ち着いて解けるか。その1点だけを考えていました。設問要求の確認→計算式の書き出し→条件整理→解く、という作業を繰り返し行いました

⑤事例が終わるごとに気持ちを切り替える儀式をする
次の事例に行く時に気持ちを切り替えられずに失敗した過去の反省から、どうするかをずっと考えていました。事例と事例の間に再現答案を作ることを決めていました。書き出すことで忘れることが狙いでした。点数を取りに行きたいところをグッと抑えて、40点を捨てる覚悟でその場で解答を書き写しました。私にとってコレが自分を落ち着かせる儀式でした。どうしても今年は自滅して勝負を下りたくなかった。

⑥コーチングで自分を見直す
不思議なご縁で一発合格道場の3代目のひめさんにコーチング(http://www.go-bil.com/lp/)をしていただくことができました。私が何を課題に感じているのかを探す手助けをしていただきました。コーチングを通じて自分に自信が持てるようになることで、自分がより冷静に見れるようになりました。診断士試験以外の日常生活にも良い影響が出るようになりました。とても感謝しています。

【2】まとめ
二次試験は答えがないと言われますが、目指すべき方向はあるとずっと考えていました。でも、私は自分がずっと見えていませんでした。「自己理解を深める」。コレが合格に不可欠でした。私と同じように悩んでいる方がいれば、何か参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

***************寄稿はここまでです***************

いかがだったでしょうか?

noriさんが得点開示された2012年の結果はご覧になりましたか?

事例Ⅰ 76点
事例Ⅱ 69点
事例Ⅲ 60点
事例Ⅳ 39点
————-
合計  244点(平均61点)
総合評価 A
結果   不合格

えっ、なんでこれで不合格なの?平均60点いけばいいんじゃないの?と思った方。実は、2次試験の合格基準にはこうかかれています。

「筆記試験における総点数の 60% 以上で、かつ、1科目でも満点の40%未満がなく・・・
試験に関するよくある質問(FAQ)より
https://www.j-smeca.jp/contents/013_c_faq/001_faq_shiken.html

つまり、40%未満ということは、一つの科目が39点では総得点が60%以上でも不合格ということです。

 

あと1点・・・・・・・・・・

悔やんでも悔やみきれません。

その後の試験も実力は十分にあるのですが、なかなか合格の2文字を勝ち取れない年が続いてしまいました。そんな時、私にとっては、道場の大先輩である”ひめさん”のメンタルトレーニング(http://www.go-bil.com/lp/)を受けることによって見事合格を勝ち取ることができました。

本当におめでとうございます。

 

こんな受験経験をお持ちのnoriさんは、きっといい診断士になると確信しています。

なぜなら、苦労している人の気持ちがわかるからです。
我々中小企業診断士は、日々悩める経営者の話を聞くことから企業診断が始まります。「おたくの会社はここが弱みだから、こうやって改善すべきです。」と言っても、経営者には何の役にも立ちません。

経営者に立場になって話を聞き、経営者の悩みを親身になって受け止め、自分ごとのように考える。すべてはここから始まります。ここができないで、教科書的な助言をしても、それはただの論評です。

経営者は論評がほしいのではありません。経営者は信頼できる相談相手がほしいのです。noriさんならきっと、経営者から信頼される診断士になれます。

自分が苦労しているからこそ、苦労している経営者の気持ちがわかる診断士。そんな診断士になるnoriさんの活躍を期待しています。

以前もブログでもご紹介しましたが、これから活躍するnoriさんに、この言葉を贈ります。

診断士試験合格はゴールではない。ましてやスタートですらない。

これから一緒に診断士の世界でスタートしていきましょう。

よろしくお願いします。



みなさんこんにちは。おとです。

今日の合格体験記は、「50歳までに何か手に職を」というきっかけで、診断士を目指して、見事一発合格した”たけし”さんです。

また、診断協会の発表によると、全体の合格率が19.1%なのに対して、50~59歳の合格率は12.8%であり119人しか合格していません。たけしさんは、この119人のうちの一人ということになります。

たけしさんが、どうやって一発合格したのか、どうぞお読みください。

ここから合格体験記
************************************************************

たけし、と申します。
何とかまぐれでストレート合格する事ができました。学習期間中、不安になるたびに数々の「道場の教え」に勇気、叱咤激励ならびに、さまざまなヒントを頂き本当に有難うございました。
後学の方々の何かの参考になれば、と思い、学習体験記を書きましたのでご送付します。なお、どのような得点調整がされているのか?は分かりませんが、開示請求していた2次試験の得点も届きましたので再現回答も併せてご送付させて頂きます。本当に1年半の学習期間中お世話になり有難うございました。

——————————————————————–

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
「定年後を考えると、50歳頃迄に何か手に職をつけなきゃ」と漠然と思いながら約10年が経過した49歳の春、突然所属部門がリストラされ多くの仲間が退職して行きました。幸いにして私自身は社内他部署に拾って貰えたものの、「人生を他人の一存に左右されるのはまっぴら御免」との思いからセカンドキャリアを視野に2014年7月から診断士学習を始めました。

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
知識:大学は経済学部。ただし高校までは理系クラスでした。
保有資格:初級シスアド
得意科目:(1次)運営、情報(2次)事例Ⅱ・Ⅳ
不得意科目:(1次)経済、法務(2次)事例Ⅲ

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
2014年7月よりT○C横浜校ストレート総合本科平日夜間クラスへ通学同時に、WEBフォローも申し込み。(これがとても後々に役立ちました。)

メリット)
-やるべき事を整理した上で受験校が与えてくれるので、自身は集中して取り組むのみ
-疑問は教室、メール等で講師に直接質問することで効率的に解決できる
-他に学習に励む人が居れば、自身のモチベーション維持にも役立つ
-学習ペースも授業をベースに組み立てれば、答練、模試、本番とエスカレータ式

デメリット)
-授業一コマでの進度が決められている為、理解度に関わらずカリキュラムが進む
-予習、復習していない場合のキャッチアップが大変

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
1次:1回・2次:1回/1次:約1500時間・2次:約500時間毎朝5時に起床し通勤支度を始める6時半までの1.5時間を基準の学習時間とし、それに毎日の隙間時間をプラスして平日は合計2.5時間、休日は1日6時間を目標に学習開始。しかし、経済で理解が追いつかなくなり起床は4時半に。また2次対策を開始する頃には3時半起床となりました。2次本試験後は5時起床に戻りましたが口述試験終了までこの朝勉を継続しました。

(5)合格までの学習法

①1次早朝に確保した学習時間で、月木:WEBで当日夜の授業の予習火金:前日夜の授業復習と「トレーニング」(T○C非売品の問題集)水土日:テキスト精読、WEB、トレーニングを繰返し復習(科目終了までに目標3回転)といったスケジュールで復習重視のスタイル1次公開模試405点、1次本試験449点

②2次筆記講師の勧めで、5月に2次公開模試を受験していたものの具体的な学習は1次終了後から。授業での直前答練12本だけでは要領をつかめず、オプションで完成答練添削を9月半ばに開始。授業終了後の10月からは講師が勧めていた通り、事例Ⅳを除く過去問5年分を①事例毎に与件文だけを複数年分持ち歩き、与件文の読み込み練習②同じく、事例毎に複数年分の設問部だけを持ち歩き、設問意図の想起練習

③与件文理解、設問想定に足りない1次知識の補完.1次のポケテキ持ち歩きする事で、2次試験の形式とお作法に慣れる事に注力しました。2次公開模試は、39/56/30/42合計167点で「C判定」でした。本試験結果は得点開示請求したところ68/64/51/68のAABAでの合格でした。

(6)学習時・受験時のエピソード
1次本試験はW大学で受験したのですが受験教室が1時間前まで公表されず、また案内が校舎・教室番号を知っていることを前提に書かれていたので、目的とする教室を見つけ出すまでに30分以上も広大なキャンパス内の各校舎を走り回り、自分のデスクを見つけた時は汗だくで試験開始の15分前でした。そのまま受験しましたが、エアコンが直接当たる場所で、初日から風邪を引きました。

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス
道場でも多くの方が触れていますが、それぞれの方々のアドバイスはすべてその人のやり方なので自分に合うもの、合わないものがあります。諸先輩方が試行錯誤の末に見つけたノウハウの中から自分に合うやり方をいかに効率的に見つけ自分自身のやり方に消化出来るか?が合格に近づくポイントの一つの様な気がします。今後の受験を目指す方々も試行錯誤を通して自らのスタイルを作り上げてみてください。

以上、拙筆で申し訳有りませんが何らかのヒントになれば幸いです。

************************************************************
合格体験記おわり

また、合わせて再現答案もいただきました。たけしさんありがとうございます。
事例Ⅰ
事例Ⅱ
事例Ⅲ
事例Ⅳ
************************************************************

 

いかがだったでしょか。

上から順番に読むと、受験校のカリキュラムに沿った王道のような内容ですが、その行間には合格するためのいろいろな工夫を見つけることができましたでしょうか?

私は今年で43才になりますが、7年後の50才になって、同じようなことができか?と聞かれると、おそらく無理でしょう。

あまり言いたくないですが、年齢を重ねると新しいことをするのが困難になり、暗記力も下がってきます。また、たけしさんの勉強時間をみると、1回/1次:約1500時間・2次:約500時で合計2,000時間です。暗記力の低下を勉強時間を増やすことで補って、目的を達成しています。

さらに、2次対策の時期は毎日3時半に起床して勉強しています。生活スタイルを変えるって、自分自身に信念がないとなかなか変えられません。

たけしさんは、「多くの仲間がリストラされた」という危機感はあったものの、実際に自分の信念を貫き生活スタイルを変えて、目標として合格を勝ち取ることは、特に年代が近い人には参考になるかとおもいます。

また、たけしさんには、この一発合格道場の初代のJCが言っていた言葉を贈りたいとおもいます。

診断士試験合格はゴールではない。ましてやスタートですらない。

これからは、同じ診断士仲間としてよろしくお願いします。



道場ブログの読者に皆さま。こんにちは。おとです。

本日1月18日(月)ですが、東京都内は大雪です。昼までには雨に変わるという予報ですが、皆さま足元には気を付けてください

 

さて、今回はとりさんの合格体験記です。

実は、私ととりさんとは、いろいろな勉強会でご一緒させていたただいており、今回の合格を聞いて、私自身も非常に喜びました。

また、私ととりさんは、同じ年で住んでいるところも同じ、勉強方法も独学で同じ、勉強期間も同じ(受験回数は違いますが)ということで、共通点がたくさんあり、私が無理やり道場に誘ってしまいました。(とりさんごめんなさい)

さて、私と同じアラフォー会社員の合格体験記をご覧ください。

(※)色付けは筆者が行っています。

 

ここから合格体験記

中小企業診断士 合格体験記

とり

1.プロフィール

自己紹介 40代男性、埼玉県在住、IT企業勤務(営業職)
学習方法 独学
学習開始 2012年10月
受験歴  1次2回(2014年/2015年) 2次1回(2015年)
得意科目 運営、法務、情報
苦手科目 経済、財務
学習時間 2012年10月~2014年8月:1次のみ 約1,200時間

2014年10月~2015年12月:1次450時間、2次650時間

 

2.診断士を目指した背景
自身のキャリアに危機感を抱き、紆余曲折経て40歳を目前に学習開始。

 

3.診断士を選択したポイント
①国家資格であり社会的ニーズが高く魅力ある資格であること
②受験資格のハードルがなく独学で取得できそうなこと
③自身の知識や経験を活用できる領域があること(得意科目がそれです)

 

4.合格までの軌跡

2012年10月~2013年12月
堕落したサラリーマン生活から、まずは学習することへのリハビリに経営の「スピテキ」を、通勤や営業外回りの電車で通読しました。一方、途中挫折を恐れてテキストはまとめての購入はせず、1科目ずつ、7科目読み終えるのに8か月も要しました。この時点では全く自信を持てず2013年度の受験は見送りましたが、学習習慣を定着させたことが大きな進歩でした。

2014年1~8月
仕事は不規則で家では子供も幼く、とにかくスキマ時間学習の積み重ねでした。
最新版問題集と過去問、財務の計算問題集を揃え、営業外回りや帰宅後の空き時間をみつけて取り組む日々…、正答率は低く(特に財務と経済)モチベーションは低下、継続するか否か葛藤が続きました。その中で支援団体のセミナー開催(3月)を知り、参加してみました。
先輩診断士の懇切丁寧な対応や同じ志をもつ人達に接することでモチベーションは一気に回復、「合格まで継続する」と、いとも簡単に意思は固まりました。
その後、各問題集を3回転、過去問は5年分を4回転ほど解き、中小だけは問題集のスマホアプリ版をスキマ時間で何度も解いて、8月の本試験に臨みました。
結果:不合格(科目合格4科目 運営、法務、情報、中小)

2014年8~12月
2ヶ月程中断しましたが、次回受験意思は固まっていました。
10月から不合格科目の復習、診断士関連イベント参加、2015年の年間学習スケジュール作成、と徐々に学習ペースとモチベーション向上を図り、加えて年末年始は永年勤続に託けて13連休を取得、帰省や家族旅行で存分に英気を養いました。

2015年1~5月
2次の学習(過去問)に着手、当初は1事例に数時間要する、意味不明な解答を書く、と箸にも棒にも掛からぬ状態でしたので、「全知識」を通読した上で再度事例Ⅰ~Ⅲを解き、90~100分程度で体裁は整うようになりました。ただ、直近事例は正否の判断ができず、WEB勉強会に解答アップしてみました。初解答で配慮もあったものの比較的高めの評価コメントをもらえ手応えを感じました。一方、フレーム基本逸脱、題意誤読、与件無視の助言、事例Ⅳはほとんど自力解答不能、と課題は山積で、3月からリアル勉強会にも積極的に参加し、時には恥ずかしい解答を晒しながら多くの気づきを得ることでスキルが向上していくのを実感できました。

1次対策は論点別に編集された過去問題集に切り替え、課題分析を強化して本番対応力を盤石にしました。苦手科目の経済は、易化したにも関わらず1マーク及ばなかったことから根本的に見直し、テキストを石川秀樹先生の「速習」に変え通読とWEB講義視聴、さらに手書きサマリ作成と、遠回りですが基礎から徹底的に学習し直しました。

2015年6~8月
1次強化期間として2次の学習を中断、愚直に過去問演習、知識定着作業、財務計算問題を何度も取組み、過去問は時間内に90点以上取れるまで向上、本試験に臨みました。
結果:合格(経済、財務、経営)

2015年8~10月
セミナー、勉強会、模試を申込み、とにかく時間をみつけては学習を重ねました。ところが模試を境にスランプに陥ってしまい、解答プロセスも固まりつつある中途方に暮れていたところ、ブログからヒントを得て「写経」に行き着きました。しっくりくる模範解答を選び、過去問の写経を実施、無意識に書き写すのではなく、与件、設問、解答プロセスをイメージしながら写経することで、出題意図を正しく汲み取り、盤石なフレームにMECEな解答を落とし込むスキルを体得できました。

直前期にはもがきながらも向上心を忘れずに学習を続け、本試験前日を迎えました。この日はリラックスして過ごしながら、当日320分に全身全霊を注ぐために、短いキーワードで本試験中一貫して揺るがない信条を決めました。

2015年10月25~27日
本試験では、周囲の気迫に押され経験したことのない緊張感に襲われ、前例ない傾向の出題で全事例共に全く手応えがなく不合格を確信、悔しさに包まれて帰路に就きました…

不合格を確信して辛い中再現答案を作成、投稿し、発表まで静かに待つことにしました。

2015年12月11日~2016年1月5日
合格発表当日は外出先でスマホでの確認となりました。諦めと期待半々で恐る恐るページを開きスクロールすると…自分の受験番号を確認できました!!
思えば、常に高みを目指して最後までもがいたからこそ合格にたどり着けた、試験当日手応えがなかったのはまだもがいている最中だったから、なのかもしれません。
その後は口述セミナー等で対策、本番は緊張しましたが無事に終えて、年明けに晴れて試験合格となりました。

5. おわりに
恐る恐る目指した診断士でしたが、紆余曲折を経て3年(受験は2回)で合格を手にすることができました。私のように取り柄のない人間でも、「最後まで諦めない執念」さえあれば合格できるものです。本体験記が、これから受験を志す方、学習途中で悩んでいる方、一度諦めてしまった方、多くの受験生のお役に立てると幸いです。

最後に、本道場のブログで貴重な情報や熱い文面に日々触れることで、モチベーション向上と合格に繋げられました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
ここまで

 

いかがだったでしょうか?

我々のようなアラフォー会社員は、仕事も不規則で、家庭の用事もあり、また受験校の費用もなかなか出せず何重もの制約があります。でも、数多くの制約の中で合格をかちとったとりさんの体験記のなかで、特に次の2つのコメントに共感します。

とにかくスキマ時間学習の積み重ねでした。

最後まで諦めない執念さえあれば合格できるものです。

 

受験校で勉強するだけが勉強方法ではありません。自分がもつ制約条件の中で最大限の効果をだす方法を考えて、実行して、結果をだす。まさにアラフォーならではの思考回路です。手前みそですが、1年前に掲載させて頂いた私の合格体験記(http://rmc-oden.com/blog/archives/72413)でもスキマ時間の有効活用について書いています。

また、昨年話題となった下町ロケットの中でも佃社長が「制約のない環境はない、お前は甘えているだけ」と言っていました。その通りだとおもいます。自分のいる環境を嘆くのではなく、自分がいる環境の中で、結果をだすにはどうしたらいいのか、制約条件の中で、活かせる強みはなにか? 克服できる弱みはどこか。これらを一つ一つ問題解決していき、最終的なゴールに到達することが目的です。

とりさんの場合は、まとまった時間がとれないとい制約条件下でしたが、営業という比較的スキマ時間が多い仕事であることを活用して、勉強時間を積みかさねています。

 

また、諦めない気持ち”ではなく執念”と書いています。

そうなんです。ここまでくると、もう”執念”です。

受かるといいなぁ」とか、「受かるように頑張ろう」ではダメなんです。「今ここでやらないで、いつやるんだ。ここで踏ん張らないと一生このままだぞ。」ということを自問自答したことが数多くあったことでしょう。

とりさんは、自分の人生設計のなかで、ここがターニングポイントであることをきちんと理解していて、それを確実に結果に結びつけています。

 

 

これから診断士を目指す方に、上記のとりさんの合格体験記とともに、昔、私の上司から言われた言葉を贈ります。

できない理由は100通りいえる。その中で、できる理由を考えるのが仕事だ。

以上、おとでした。

とりさん、これから診断士仲間としてよろしくお願いします。

以上、おとでした。

 

 

 

 

 



突然ですが、この謎かけ知ってますか?

 

「足の裏についた米粒」とかけまして

「診断士」と解きます。

その心は、どちらも「取っても食えません」ψ(`∇´)ψ

 

先代の診断士活動報告が続いているので、私もゆるわだ(ゆるい話題)として、私の診断士1年目をお伝えします。

事前に言っておきますが、おそらく私の1年目は、他の診断士と比べても、かなりレアケースだと思います。それを割り引いてお読みください。

 

それでは始めます。

 

<1月>

◆診断士活動始動

口述試験も含めての合格発表があり、約2.5年の受験生生活が終わりました。

合格後は、この道場のキックオフミーティングや、タ◯◯ロの引き継ぎ、全◯識・全◯◯ハウの初回打ち合わせなど、多くの打ち合わせがあり、忙しくしてました。

この時の自分は、「診断士は人脈が大切」と先輩診断士から聞かされていたので、時間とお金が許す限りすべての会合に出席し、依頼されたことはすべて「YES」で答えていました。このことが、結果として今のスタイルにつながっていると思っています。今年合格した方は是非、いろんなところに顔を出してみてください。

 

<2月>

◆道場ブログ初投稿

この道場ブログを初投稿しました。初めてのブログがこれです。↓

財務で60点、事例ⅣでA評価をとるためには?~CVP~

http://rmc-oden.com/blog/archives/73175

実は、これを書くのには、かなりの時間がかかりました。でも、このブログの執筆を繰り返すことで、文書作成能力が上がった気がします。じゃぁ、どれくらい投稿しただろうと数えてみたら2月から12月までで、平均月に2回で、合計21回の記事を書いていました。

われながら、よくつづいたなぁとおもいます。

 

<3月>

◆診断士登録手手続き

同期の人たちが、実務補習で大変の中、私は全◯識・全◯◯ハウの執筆と、実務従事で4月1日に診断士登録するために忙しくしていました。

同期は、実務補習の先生から診断士登録の方法を教えてもらっていましたが、私は相談する相手がいないので、霞が関の経済産業庁に直接訪問して申込方法を詳しく聞きました。そのおかげで、3月末までに必要書類を全部郵送することができました。

◆ビジネススクール

以前通っていたビジネススクールでオンラインMBAを募集し始めたことを知り、入学を決意しました。

 

 

<4月>

◆添削講師になる

一通りの診断士活動が落ち着いたので、さらに新しいことをしたいと考え、某大手受験校の講師の面接を受けてみました。まぁ、講師と言っても、実際のクラスで教えるのは本業がありダメなので、添削やテキストの執筆、模試の添削等が主な仕事です。細々ではありますが、今でも定期的にお仕事を頂いています。

◆スプリングフォーラム不参加

東京の診断協会が主催するスプリングフォーラムに行った方がいいよと言われながらも、結局は参加しませんでした。なお、多くの診断士1年生はどこかの診断士協会に参加するのが普通です。これを読んでいる今年の合格者の皆さん。私の真似はしないでください。さらに、昨日のブログでうみのリーダーが「まずは参加して情報収集されてみると良いのではないかと思います。」と言ってます。やっぱり行った方がいいです(笑)。その流れで、多くに人が入っている診断協会にも結局は加入していません。

◆ビジネススクール入学

これらと並行して、ビジネススクールの授業が始まりました。ビジネススクールでの勉強は、予習・クラス・復習と勉強量がかなり多く、この時期の一番タイムマネジメントがきつかった。

 

 

<5月>

◆コンサル業開始

診断士活動とビジネススクールと本業の3足のわらじ生活が慣れてきたので、そろそろ、これまで診断士の受験で使ったお金ぐらいは回収したいと考えました。自分の強みが活かせるのはコンサル業だとおもい、いろいろと情報収集したことろ、あるコンサル業がありました。そこから定期的にコンサル業のお仕事を頂き、今では主要顧客になっています。ありがとございます。

 

 

<6月>

◆個人事業主開業届提出

ここから段々と今のスタイルが定着してきて、診断士活動、ビジネススクール、本業、コンサル業の4足のわらじ生活が始まりました。また、今後収入がそこそこありそうなので、税務署に個人事業の開業届を提出して、個人事業主となりました。

 

 

<7~12月>

◆4足のわらじ生活

6月から始めた4足のわらじ生活が続き、毎日時間に追われてる生活です。

でも、こうやって忙しくできるのも、診断士に合格したからだと前向きにとらえ、日々4足のわらじをはき続けています。

 

という感じで診断士1年目を過ごしています。

 

道場とタ◯◯ロは、来年3月までには終わってしまうので、今後は、ビジネススクール、本業、コンサル業の3足のわらじになります。そのため、一つ一つの質を上げていくつもりです。

 

 

<最後に>

おかげ様で、診断士仲間からいろいろな忘年会に呼ばれて、この1年間の振り返りをしています。

その中で、こんな発言をしてしまいました。生意気言ってすいません。年末最後の投稿なので許してください。

 

「診断士の人たちいって、いい人が多いんだけど、無償または安価で仕事をやるひとが多すぎる。この資格を取るまでに一体いくら使ったんですか?ボランティアでコンサル業をやるために診断士になったんじゃないでしょう。無償奉仕が美徳だっていう考え方はやめたほうがいいよ。無償でそこそこ価値がある成果を提供するのではなく、きちんと報酬をもらって、その金額以上に付加価値のあることを提供すればいいんだよ。そうすれば、自分もお金を払った人も両方ハッピーになる。「診断士に頼めば、きちんとした内容のコンサルをしてもらえる」という診断士の社会的地位を上げるためにも、金額以上の付加価値のある成果物を提供して、”取ったら食える診断士”を目指しましょう」

 

 

 

皆様、良い年をお迎えください。

 

以上、おとでした。

 

 



12月11日12時から16時半までの間、サーバエラーにより、コメントを入れていただくことができない状態になっておりました。申し訳ありません。現在は復旧し、コメントを入力できるようになっております。皆様のコメントをお待ち申し上げております!】

 

ご無沙汰しております

おとです。

本日はついに2次筆記試験合格発表日でしたね。以下のサイトに合格発表の結果が表示されています↓

一般社団法人 中小企業診断協会HP

http://www.j-smeca.jp/contents/007_shiken.html

 

その内容は以下の通りでした。

申込者数:5,130人

筆記試験の受験者数(A):4,941人

口述試験を受験する資格を得た方の数(B):944人

(B)/(A):19.1%

合格率も合格者数も去年より厳しい結果となりました。

 

 

 

なお、昨年の私は、有給休暇をとって、銀座の診断士協会まで合格発表の掲示版を見にいきました。

その時の写真がこちらです↓。

 

■合格された方々へ■

2次筆記試験合格、本当に本当におめでとうございます

しかし、まだ試験は続いていります。次は9日後の12月20日(日)の口述試験です

本日は周囲へのお礼の挨拶、祝賀会などもあるかと思いますが。忘れずに口述試験の模擬面接の申し込みをしましょう。道場では、12月12日(土)に口述試験セミナーを開催します。詳しくはこの記事の一番下ををご覧ください。

 

 

■今回は残念な結果に終わった方々へ■

2次筆記試験本当にお疲れさまでした。長時間勉強されてきた分、抱いておられる悔しさは想像を絶するものかと思います。私の場合は「あの勉強ばかりの毎日をもう一年続けるのか・・・・」と落ち込んでしまい、暫くは立ち直れませんでした。

しかし落ちんでいても、なにも始まりません。次に向けたアクションを前向きに考えましょう。

「自分が、診断士の試験を受けようとおもった目的はそもそもなんだったのか?」

「それは診断士試験でしか成し得ないものなのか?」

「もう一度試験を受けるのか、試験は受けないのか?」

について、ゆっくりと検討しましょう。

その上で、再度受けるという意思決定をされた場合、

皆様の合格のために我々道場一同全力でサポートさせていただきます。

そして合格された皆様と、中小企業診断士として活動できる日を楽しみに待っています。

 

 【本日は道場OPEN DAY!】

本日は道場OPEN DAYです!

みなさんの本日の想いを、ぜひこちらのコメント欄に書き込んでください!

合格の喜び、喚起の雄叫び、診断士になってやりたい事、口述試験への意気込み、今までの苦労話、勉強仲間や家族への感謝、来年に向けた抱負、来年へのリベンジ宣言、しばらくお休み宣言、何でもOKです!

 

 

 

■口述試験セミナー■

 

◆東京◆

【東京】

口述試験対策セミナー@東京

2次筆記試験合格者の方、おめでとうございます!
口述試験まで一週間と少しと非常に短期間ですが、必要なポイントをしっかり押さえてさえいれば、決して難しいものではありません。
一発合格道場・口述対策セミナー@東京では、主に以下のテーマで口述試験のポイントを伝授します。
万全の態勢で口述試験に臨みましょう!

<第一部:口述試験対策ガイダンス>
・口述試験では何が問われているの?
・「不合格」の条件とは?
・口述対策、これさえやっておけば安心!
・当日の心構え
<第二部:模擬面接>
・道場メンバによる模擬面接で実際の口述試験をシミュレーションし、本番に備える

※セミナーの後は、近隣にて懇親会を行います。(参加費:3500円)
ぜひこちらにもご参加いただき、合格者同士での交流を深めてくださいね。

日時:12月12日(土)18:30~
定員:20名(先着順)
参加費:500円

 ※定員に達しました。お申込みありがとうございます!

 

 

◆名古屋・大阪◆

「なご」「紫雲和尚」(もしかしてスペシャルゲストあるかも?)が大阪と名古屋で2次口述セミナーを開催致 します。 一年間この道場ブログを読んでいただいた方に感謝の気持ちをこめて 精一杯セミナーを行うつもりであります。 懇親会は、2次試験合格前祝いの意味合いもありますので、ぜひこの2名(スペシャルゲストも?)と懇親を深めていただければ、とおもっております。 みなさん、ふるってご参加いただきたく、お願い申し上げますよ! 同期の皆さんと懇親を深めるべく名刺などお忘れなく!肝心のセミナー内容ですが ①口述試験のアウトラインのガイダンス ②模擬面接 を主体として行いまーす!

【大阪】
日時   12月13日(日) 14:00~16:30
開催場所 大阪市立西成区民センター
(大阪市西成区岸里1-1-50)
参加費  500円(税込)
定員   15人(先着順)

http://kokucheese.com/event/index/356109/

 

【名古屋】
日時   12月16日(水) 18:00~20:00
開催場所 西生涯学習センター
(名古屋市西区浄心一丁目1-45)
参加費  500円(税込)
定員   15人(先着順)

※名古屋は平日開催のため、18時に間にあわず、遅れた場合でも19時半ごろまでなら問題なく対応しますのでお気軽にお申し込みください。
http://kokucheese.com/event/index/355044/

 



みなさん、こんにちは、おとです。

今回は来年の2016年合格目標の受験生への内容です。

 

財務で心が折れそうな人へ

 

大手受験校の1社であるT○Cでは、財務・会計の講義に入っているころでしょうか?財務・会計のテキストでは下記の章に分かれています。

第1章 財務・会計とは
第2章 財務諸表概論
第3章 経営分析
第4章 管理会計
第5章 意思決定会計(投資の経済性計算)
第6章 ファイナンスI(企業財務論)
第7章 ファイナンスII(証券投資論)
第8章 貸借対照表および損益計算書の作成プロセス
第9章 キャッシュフロー計算書の作成プロセス
第10章 原価計算
第11章 会計規則

これを見ただけで、心が折れそうになりませんか?
学生に時代に、数学が嫌いで文系の道を選んだのに、この年になって、また数字で引っかかるとは・・・
数字が無くたって、これまで十分に仕事はできて来たし、これからもできるはずだ。

その気持ちはよくわかります。

ただ、以前のブログ(http://rmc-oden.com/blog/archives/86887)で、myaが、財務会計は「無いと始まらないもの」と言っています。私もその通りだとおもいます。

この時期だからこそできる、財務で心が折れそうな人に向けての情報です。

 

 

数字は嘘をつかない。きっと帝国重工にも正しく数字を見れる人がいます

 

いやぁ、下町ロケット面白いですね。

ものづくりとか、町工場とか、特許とか、中小企業診断士のネタになるテーマが満載です。

今は、その時間帯に見逃してしまってもiphoenのTVerってアプリがあると、通勤中でもみれちゃうんですね。いい時代になりました。

 

さて、話はもどって、この「数字は嘘をつかない。きっと帝国重工にも正しく数字を見れる人がいます」って台詞は、銀行から佃製作所に出向になっている、殿村経理部長の言葉です。

また、佃製作所の財務状況を審査した結果は「財務は71点で優良だ。そもそも、財務なんて誰が評価しても大して変わらないんだ。数字は嘘をつかないからな」でした。

 

私が数字にこだわる理由はここにあります。

 

どの会社の自分の製品には自信があります。でも、それが本当にお客様にとって良いものかどうかは、受け取る側の主観です。でも、数字は、常に客観性があるので、良いものは良い悪いものは悪いと明確に判断できます。

 

例えば中小企業の社長が銀行に対して、「自分の会社の製品は、こんなに素晴らしいです。こんな技術をもっている会社は他にはありません。だから、お金を貸してください」というのと、

当社の自己資本比率は〇〇%であり、毎年の純利益は〇〇円です。この設備投資に投資できれば、さらに売上げが〇〇倍拡大するのでお金を貸してください」というのとどっちが説得力がありますか?

後者ですよね。

他人に説明するときは、数字の裏付けがあって説明したほうが、ずっと説得力が高まります。

やはり数字は、診断士にとって「無いと始まらないもの」だとおもいます。

 

 

おすすめ書籍

さて、いろいろと言いましたが、その数字の裏付けをできるようになるために役立つ書籍をいくつか紹介します。

 

第1位(財務・会計全般)

まずはこれが基本です。
財務というより、経営とお金のとの関係が、稲盛さんの経験ともに書かれている。まずは、これを読むことをおすすめします。
お金を語るうえでの必読書です。特に減価償却費の考え方などは非常に参考になります。

稲盛和夫の実学

 

 

第2位(ファイナンス)
その名前の通り、ファイナンスについて、ざっくり分かります。私もこれ読んでから、ファイナンスの全体像が理解できるようになりました。

ざっくり分かるファイナンス

 

 

第3位(アカウンティング)

国貞さんは、財務に関する書籍を多く執筆しています。いろいろと国貞さんの書籍を読みましたが、これが一番良かった本です。これまで損益計算書(P/L)と貸借対照表(B/S)とキャッシュフロー精算書(CF)をバラバラに理解していましたが、これらはすべてつながっていることを理解できました。
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法

 

 

第4位(アカウンティング)

私が通っている、グロービスからでている本です。クラスで話している内容が講義形式でかかれています。読みやすいので一気に読むことができます。
グロービスMBA集中講義 [実況]アカウンティング教室

 

 

第5位(アカウンティング)

再度、国貞さんの登場です。この方の本は、本当に分かりやすい。ここで紹介した本以外にも、「國貞克則」で検索するといろいろな種類の本がでてきます。是非、自分にあった本を選んでください。

超図解「財務3表のつながり」で見えてくる会計の勘所

 

財務・会計で心を折らないで、数字を使える武器にしてください。

 

名経営者の言葉

 

最後に、私の好きな経営者の言葉を贈ります。

『数字なき物語も、物語なき数字も意味はない』
御手洗冨士夫(キヤノン会長)

以上、おとでした。



みなさんこんにちは、おとです。
先日、2次試験を受験した方とお疲れ様会をやりました。本試験の話もいろいろでて、非常に楽しい飲み会でした。

合格発表の12月11日まであと1か月です。合格発表後は、どちらの結果になっても忙しい日がまた始まります。残りの1か月を有意義に使ってください。

 

さて、本題に入ります。この道場ブログでは続々と、先日の2次試験の感想がアップされています。

事例Ⅳについてもmyaとまるが書いています。

myaの事例Ⅳを解いてみた(mya)
http://rmc-oden.com/blog/archives/86234

【平成27年度2次本試験】事例Ⅳ所感(まる)
http://rmc-oden.com/blog/archives/86139

事例Ⅳの全体像については、彼らとほぼ同じ意見なので、私は、別の視点から書きたいとおもいます。

 

今回のテーマは、「経営分析って結局なにを選べばいいの?」です。
まず、以前私が「10分でわかる「経営分析」で指摘した13の指標を単純に計算してみました。

 

D社

同業他社

良悪

収益性

売上高総利益率(%)

17.67

17.14

売上高営業利益率(%)

2.79

2.5

売上高経常利益率(%)

2.28

2.29

×

効率性

棚卸資産回転率(回)

19.55

20

×

有形固定資産回転率(回)

5

4.67

売上債権回転率(回)

4.89

6.22

×

総資本回転率(回)

1.9

2.2

×

安全性

当座比率(%)

113.46

244

×

流動比率(%)

115.38

248

×

固定長期適合率(%)

86.89

63.73

×

固定比率(%)

212

101.56

×

負債比率(%)

352

98.44

×

自己資本比率(%)

22.12

50.39

×

 

先日、「執筆引退」したふうじんの最後のメッセージで「人並みの答案を当たり前に書けば合格」とありますが、この経営分析選びも同じことが言えるとおもいます。

つまり、上の13野指標のうち、自分がどれが正解かと考えるのではなく、100人いたら、過半数が選ぶだろうという指標を書くことが大事です。

 

 

私の場合、経営分析を勉強した初期のころは、「インタレスト・カバレッジ・レシオ」とか、なんか難しい指標を選んで「俺って、こんな指標まで知っていんだぜ。すごいだろう」って思っていました。

はっきりいって、こんなマイナーな指標を選ぶ必要はありません。繰り返しますが、100人いたら、過半数が選ぶだろうという指標を書くことが大事です。
では具体的に、どんな指標が選ばれているのでしょうか?
現時点で模範解答を公開している、受験校の経営指標をまとめてみました。

 受験校

①長所

②課題

③課題

O社

売上高総利益率

売上債権回転率

自己資本比率

T社

売上高総利益率

売上債権回転率

負債比率

A社のT

有形固定資産回転率

売上高対利息比率

当座比率

A社K

売上高総利益率

売上債権回転率

負債比率

M社

売上高総利益率

売上債権回転率

自己資本比率

L社

有形固定資産回転率

当座比率

売上高営業利益率

 

これをまとめると、

<長所>
売上高総利益率       4票
有形固定資産回転率     2票

<課題>
売上債権回転率       4票
自己資本比率/負債比率   4票
当座比率          2票
売上高対利息比率      1票
売上高営業利益率      1票

 

となります。

 

はい、これで終わりです。

繰り返しになりますが、「自分はこれが正しいとおもう」とか、「この指標は間違っているなぜならば〇〇だから。」というのは、あまり建設的ではありません。

私が2次試験の勉強を始めるときに、「2次試験は、貴方がどう考えるのかを試す試験ではない、教科書的にはこう言うだろうなぁということを当てる試験です」と言われました。

繰り返しになりますが、ふうじんの「人並みの答案を当たり前に書けば合格」と、同じような意味です。

 

 

また、私がラストメッセージで書いた、「悪あがき5カ条は」お役にたちましたでしょうか?これについては、後日、財務四天王のひとりである、和尚と座談会を予定しています。お楽しみに。


悪あがきの5カ条

 

  1. みんなができる経営分析は確実に得点を積み上げる
  2. 記述問題の白紙は絶対にダメ。なにか書けば点数はもらえる
  3. 難しい問題は、他の受験生も難しい。諦める勇気も必要
  4. 損益分岐点分析(CVP)、キャッシュフロー(CF)、正味現在価値(NPV)で勝負が決まる
  5. あきらめたらそこで試合終了です。


終わったー

 

先週末の2次試験を受験された道場ブログ読者の皆様へ

おとです。本試験受験、本当にお疲れさまでした。

今日は10月27日(火)です。あの本試験からまだ2日しかたっていません。

今の心境はいかがでしょうか?

  • 2日前だというのに、遠い昔のようだ。
  • まだ、頭がボーとしている。
  • 通勤中にテキストを開かなくていい生活は久しぶりで新鮮だ。
  • 試験が終わって飲んでばかりいる。

 

人それぞれの過ごし方があるとおもいます。

私もちょうど1年前の2次試験終了後は、これまで読めなかった小説を大人買いして、ひたすら読んでいた記憶があります。

さて、道場では、そんな親愛なる道場ブログ読者との「お疲れさま会」を開催します。

 

目的は、ただ飲むだけです。話題は、これまで苦労したこと、試験の内容なんでもいいいです。これまで溜めたことを、すべて吐き出しちゃってください。

合格とか不合格とかも関係ないです。合格発表がまだなこの時期は、全員が合格候補者です。

 

先着20名様なのでお早めに下記からお申込みください。

一発合格道場 2次試験お疲れ様でした会

<開催概要>

日時 2015年11月07日(19:00開始)

開催場所 東京駅近郊の居酒屋(東京都中央区)

参加費 3,500円(税込)

http://kokucheese.com/event/index/348751/

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

以上、おとでした。



 

親愛なる、道場ブログの読者のみなさま、こんにちは、6代目財務四天王の一人である、おとです。
(※)6代目財務四天王については、昨日のうみのリーダーの記事をご覧ください。

 

さて、今日は、10月10日、2次試験まで残り15日です。昨日のうみのリーダーの「【事例Ⅰ~Ⅲ】事例別の取り組み方」に引き続き、事例Ⅳの取り組み方について、がっつりと書いてみます。
また、この記事で2次試験前の私の投稿は最後です。そのため、事例ⅣでA評価をとるために、記事の後半に2つもおまけをつけました。最後までお付き合いください。
事例Ⅳの基本的な考え方は、私がこの道場の記事を初めて書いたときに言ったことと、まったく変わっていません。
私が事例Ⅳに対して、言いたいことはこれ↓です。
財務が苦手はな人でもこのブログを読み続けることで、財務で60点、事例4でA評価をとれるようになってもらいたい。
これまでの勉強で、A評価をとれるようになりましたでしょうか?
ケアレスミスはなくなりましたか?
頻出論点だけは、ミスなく解けるようにになりましたか?

 

 

去年の今頃、私は「ここで落ちたらどうしよう。もう一年勉強なんてやだなぁ」と思っていました。

 

おそらく、でも実際は、まだ不安な人のほうが多いとおもいます。そんな不安なあなたに、最後の悪あがきのコツを伝授します。

悪あがきの5カ条

  1. みんなができる経営分析は確実に得点を積み上げる
  2. 記述問題の白紙は絶対にダメ。なにか書けば点数はもらえる
  3. 難しい問題は、他の受験生も難しい。諦める勇気も必要
  4. 損益分岐点分析(CVP)、キャッシュフロー(CF)、正味現在価値(NPV)で勝負が決まる
  5. あきらめたらそこで試合終了です。
これらについて、ひとつづつ解説します。
Ⅰみんなができる経営分析は、確実に得点を積み上げる。
以前、「10分でわかる経営分析」でも書きましたが、ここは最頻出論点です。13個の指標をよく把握したうえで、確実に得点を積み上げてください。

Ⅱ 記述問題の白紙は絶対にダメ。なにか書けば点数はもらえる
以前、「計算が苦手な人は事例4で部分点狙いもあり」でも書きましたが、記述問題があったときは、部分点狙いのチャンスです。あたりまえですが、白紙では、得点はもらえません。なにもわからない場合でも、そこで使う公式や、考え方だけでも書けば、何点かは加算されます。その1点が合格のボーダーラインにいることを決して忘れないでください。

Ⅲ 難しい問題は、他の受験生も難しい。諦める勇気も必要
難しい問題は、深入りせずに、飛ばす勇気も必要です。この事例Ⅳの問題は、会計士でも80分で100点は取れないような問題構成になっています。難しい問題で、時間をかけるのでなく、ムリだと判断したら、すぐに次の問題に行きましょう。

参考記事:【事例IV】事例IVのことは忘れる

Ⅳ 損益分岐点分析(CVP)、キャッシュフロー(CF)、正味現在価値(NPV)で勝負が決まる
以前、「10分でわかる事例4のキモ」でも書きましたが、損益分岐点分析(CVP)、キャッシュフロー(CF)、正味現在価値(NPV)で勝負が決まります。この3つの論点は、どんな形で出題されても、最終的な答えが合わないまでも、途中式までは確実にかけるようにしてください。

Ⅴ あきらめたらそこで試合終了です。
なにもいうことはありません。この言葉通りです。最後の1秒まであきらめずに、愚直に点数を積み上げてください。

ここをクリックすると、安西先生がでてきます。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%82%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%A7%E8%A9%A6%E5%90%88%E7%B5%82%E4%BA%86%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82&es_sm=122&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAcQ_AUoAWoVChMI646qkYG3yAIVRhmUCh3apw9p&biw=1280&bih=597

 

 

 

 

 

おまけ その① 覚えるべき13の経営指標

【覚えるべき13の経営指標 】

 経営指標 公式 意味
収益性 売上高総利益率(%) 売上総利益÷売上高×100 商品の収益性
売上高営業利益率(%) 営業利益÷売上高×100 本業の収益性
売上高経常利益率(%) 経常利益×売上高×100 支払利息等の営業外収益を含めた収益性
効率性 棚卸資産回転率(回) 売上高÷棚卸資産 在庫の効率性
有形固定資産回転率(回) 売上高÷有形固定資産 工場等有形固定資産の効率性
売上債権回転率(回) 売上高÷売上債権 売掛金の効率性
総資産回転率(回) 売上高÷総資産 総資産の効率性
安全性 当座比率(%) 当座資産÷流動負債×100 超短期の安全性
流動比率(%) 流動資産÷流動負債×100 短期の安全性
固定長期適合率(%) 固定資産÷(固定負債+自己資本) 長期資本(固定負債+自己資本)で固定負債をカバー
固定比率(%) 固定資産÷自己資本×100 返済不要な自己資本で固定資産をカバーしているか
負債比率(%) 負債÷自己資本×100 借入金の依存度
自己資本比率(%) 自己資本÷総資産×100 借入金の依存度

 

 

収益性

指標

問題点(与件から)

原因 / 影響

対応策

売上総利益率

売上総利益 ÷ 売上高(%)

商品の差別化が出来ていない。

→販売単価の下落

売上原価上昇、仕入価格上昇、販売単価下落。

競争激化、売上減少、受注減少

→売上高の減少

設備の老朽化

→ 生産効率性が悪化 → 材料のムダ、人員ムダ、諸経費のムダ →

工員の残業が多い

→工員は労務費で製造原価。

売上高↓
売上原価↑
ので、収益性が低下

高付加価値の販売

生産効率性を向上

売上高営業利益率

営業利益 ÷ 売上高(%)

販管費、人件費高騰、(営業マンの)残業が多い

→販管費が高騰

設備が老朽化

→故障がちでメンテナンス費用(管理費)がかかる

売上高↑
売上原価↑
販管費↑

ので、収益性が低下

販管費を抑制

売上経常利益率

経常利益 ÷ 売上高(%)

借入が多い
金利負担が重い営業外損失(支払利息)に問題あり

→支払利息、借入金の増加

借入金↑
支払利息分↑
ので収益性が低下

借入金返却

 

効率性

指標

問題点(与件分から)

原因 / 影響

対応策

棚卸資産回転率

売上高 ÷ 棚卸資産(回)

新規顧客の増加

→製品の作りすぎ

製品が市場にニーズと乖離

→在庫が多い

歩留まり低下

→原材料の保管量増加

製品ライフサイクルの短縮

→売れ残りの増加

在庫管理、欠品、過剰在庫

棚卸資産が増加し、効率性が低下。

生産体制の見直し
新商品の開発

有形固定資産回転率

売上高 ÷ 有形固定資産(回)

稼働率が低い

遊休資産がある

設備が老朽化

広大な敷地

売上に貢献しない固定資産があり、効率性が低下。

設備の売却(リストラ)
設備の更新
新設備の導入

売上債権回転率

売上高 ÷売掛金(回)

販売先の支払い遅延

販売先との決済条件が悪い

売掛金が増加し、効率性が低下。

キャッシュフローも悪化する。

早期回収う

決済条件の見直し

総資産回転率

売上高 ÷ 総資産(回)

その両方

棚卸資産と有形固定資産の両方が多く、効率性が低下

安全性

指標

問題点(与件から)

原因 / 影響

対応策

当座比率

(大きい方がイイ)

当座資産 ÷ 流動負債 (%)

当座資産
= 現金 + 受取手形 + 売掛金 + 有価証券 – 貸倒引当金
→ げんきん・うけ・うり・あり・だおれ

(棚卸資産は含まない)

運転資金の増加

→運転資金の不足を短期借入金でまかなう

原材料費の高騰(価格転嫁できず)

→原材料の購入により多くの現金が必要

当期純損失を計上

→不足分を短期借入でまかなう

現金↓
短期借入金↑
なので、短期安全性が低下する。

現金を増やす
売掛金を回収
決済条件を短くする

流動比率

(大きい方がイイ 100%以上)

流動資産 ÷ 流動負債 (%)

棚卸資産↓

短期借入金↑

なので、短期安全性低下

在庫を増やす

→CFの観点と逆になるので、注意

固定長期適合率

(小さい方がイイ 100%以下)

固定資産 ÷ (固定負債 + 自己資本) (%)

長期借入金の増加

固定資産↑
長期借入金↑
自己資本↓

により長期安全性が低下

固定比率

(小さい方がイイ)

固定資産 ÷ 自己資本 (%)

固定資産の増加

固定資産↑
自己資本↓

により、長期安全性が低下

負債比率

(大きい方がイイ)

負債 ÷ 自己資本 (%)

借入過多

借入金↑

利益余剰金↓

により、長期的安全性が低下

自己資本比率

(大きい方がイイ)

自己資本 ÷ 総資産 (%)

同上

同上

 

おまけ その②ファイナルペーパー

手前味噌ながら、私がこの時期につくった、事例Ⅳのファイナルペーパーです。前述した経営分析のほかに、頻出論点のまとめを書いています。

また、同じファイナルペーパーは、全ノウハウでも掲載されており、私の事例Ⅳ以外の、事例Ⅰ~Ⅲのファイナルペーパーがここ↓からダウンロードできます。

『2015年版2次合格者の頭の中にあった全ノウハウ』ファイナルペーパープレゼント

 

 

A評価をとれるように、最後まであきらめずに頑張ってください。

以上、おとでした。

 



みなさんこんにちは、おとです。

前回のブログは、自分の予想に反していろいろなところで「参考になりました」とのコメントを頂きありがとうございます。

調子にのって、もうひとつ「難易度判別法」について書きたいとおもいます。

先日のおはとも氏のブログの「二次試験の80分間タイムマネジメント」の中で、

 

重要事項を優先してスケジューリングする

難易度A~Bランクを確実に取り、Cランクを半分取り、D~Eランクを捨てる

とありました。これはまったくその通りで間違いがないのですが、文書力のない私の場合は、「2次試験の長い設問文を読んで、どれが難しいのか簡単なのかさえも判別できない」と思ってしまいます。

簡単な問題だから、確実に得点を取ろうと思って時間をかけたが、よく考えると難しい問題であったため、結局は解答用紙を埋めることができずに、貴重な時間を浪費してしまった。

または、その逆で難しいとおもって後回しにして、終了直前に戻ってきたら、意外と簡単だったけど、時間がなくて終了などなど、

難易度判定が簡単にできない私にとって、「重要事項を優先してスケジューリングする」と言われても、「その重要事項が分かれば苦労しないよ」と思ってしまいます(泣)。

 

◆難易度判別方法◆

そんな私が考えた、難易度の判定方法は、時世と質問内容の2つで難易度を判定することです。

具体的には、時世で過去・現在・未来に3つに分けて、質問内容を分析と問題解決の2つに分けます。これらを組み合わせると、次の4つに分けることができました。それぞれについて、細かく説明します。

 

① 分析×過去

設問では、

  • 強みは?
  • その時のメリットは?
  • どんな改善活動を行ったのか?
  • 営業活動の違いは?
  • 原因を述べよ
などが、このカテゴリーに当てはまります。つまり、過去の事例企業についての状況をまとめる設問です。これは、与件分からの単純な抜き取りなので、難易度は低いと考えます。そのため得点目標は8割です。
難易度:【★☆☆ みんなができる】

②分析×現在

設問では、

  • この方策が適しているのはなぜか?
  • 差別化要因は?
  • 理由は何ですか?
などが、このカテゴリーにあたります。現在の事例企業の状況についてまとめる設問です。これも与件分からの単純な抜き取りなので、難易度は低く、得点目標は8割です。
難易度:【★☆☆ みんなができる】

③問題解決×現在

次に、問題解決型の設問です。この問題は、これまでの分析系の問題とは異なり、与件分の情報から自分で考察する必要があります。そのため、これまでの分析系よりやや難易度があがります。設問では、

  • とるべき施策は?
  • どのようなターゲットにすべきか?

などが、それにあたります。つまり、「事例企業は、今何をすべきか?」という問いです。ここは難易度がやや高いですが、ふぞろいで書かれている【★★☆ 勝負の分かれ目】にあたります。ここを取れれば、合格に近づくので、慎重に取り組みます。そのため、得点目標は6割です。

難易度:【★★☆ 勝負の分かれ目】

 

 

④問題解決×未来

最後に、将来の問題解決型の設問です。つまり、「事例企業の将来の方向性はどうしたらいいいですか?」という問いです。 ここは、与件分にヒントが非常に少なく、推察が多くなる問題です。そのため、時間をかけても正解に近づける可能性は低いため、最低限のキーワードだけ抑えて、大事故を起こさないことを優先します。設問では、

  • どのような戦略をとるべきか?
  • 実行するにあたり留意点は?
  • 課題と改善策は?
  • 助言せよ

などが、それにあたります。大事故を起こさないことが目標なので、得点目標は5割です、

難易度:【★★★ むずかしすぎる】

 

 

◆まとめ◆

上記のカテゴリーを分けると次の通りになります。

 

(※)クリックすると大きくなります。

過去の問題解決と将来の分析の設問は、これまで出題されていませんので、除外しました。

 

これらの4つの問題をカテゴリー分けてして、難易度の判定をすばやく行い。

重要事項を優先してスケジューリングする

難易度A~Bランクを確実に取り、Cランクを半分取り、D~Eランクを捨てる

の方針のもと、合格目指して頑張ってください。



さて、今回のテーマは時短文章作成法です。

これまで私は財務会計や事例Ⅳについての記事を多く書いていました。つまりそれが得意だったからです。それが得意ってことは、逆に言うと、事例Ⅰ~Ⅲは苦手ってことです。なぜ苦手かというと、文章を書くのが下手だったからです。

あの80分という短い時間の間に、3ページほどの与件分を読んで、それぞれの設問に対して、出題者の意図にあった解答を書くということは、私にとって、非常に難易度の高いことでした。

そんな文章力のない私が、考えた方法は「解答フレーム」最大活用です。

私は受験生時代に、解答フレームヲタクといっていいほど、解答フレームに凝っていました。ふぞろいはもちろんのこと、受験校の解答例を参考にしながら、独自の解答フレームを作っていました。

本試験での用紙を例にして、どうやって私が解答フレームを使ったのかをご説明します。

 

 

解答フレームの概要

まず解答フレームについて説明します。
解答フレームというのは、解答を作成する上での骨子のようなものです。
例えば以下のように使います。

 

設問 解答フレーム
その理由を述べよ 理由は、◯◯なので、◯◯することで、◯◯の効果があるから。

というように使います。

つまり、設問を読んで、与件分を読まないうちに、解答の骨子(フレーム)を事前に作ることです。

 

 

私は解答フレームをこうやって使った

それでは、実際の本試験で私が解答フレームをどう使ったのか説明します。

昨年の事例Ⅰの問題を例にして説明します。

(1)解答フレームの作成

H26年 事例Ⅰ 第1問(配点20点)
A社は、小規模ながら大学や企業の研究機関と共同開発した独創的な技術を武器に事業を展開しようとする研究開発型中小企業である。わが国でも、近年、そうしたタイプの企業が増えつつあるが、その背景には、どのような経営環境の変化があると考えられるか。120字以内で答えよ。

この設問を読んで、下記のフレームを考えました。

①まず、基本の解答フレームは「変化は〇〇である。」だなぁ
②変化を聞いているから、変化前と変化後を書く必要があるなぁ。
③経営環境といったら「誰に・何を・どのように」が鉄板だ。
④文字数が120文字でそこそこ長いので、複数の論点を入れる必要があるなぁ。

 

というように、設問を読んで、下記の解答フレームにしました。

 


変化は

以前は 近年は① 近年は②
誰に
何を
どのように
効果は?

である。


なお、この時点ではまだ、与件文を読んでいません。このあと、この解答フレームの中に、与件文をキーワードを入れていきます。

 

 

(2)与件文からキーワードを入れる。

この解答フレームの中に、与件文を読んで、キーワードを入れていきます。


変化は

以前は 近年は① 近年は②
誰に 取引先に 取引先に 研究型中小企業に
何を アイディアを 新しい技術や新しい製品を 資金面を
どのように 要望をこえる提案 提案 公的助成金
効果は? 存続と成長ができた 取引継続できない 研究開発費を調達できる

である。


 

 

(3)解答を作成する。
(2)の解答フレームを見ながら、全体の文字数に注意しながら、文章にする。
その結果、下記の解答ができあがりました。

 

以前は取引先の要望をこえるアイディアを提案すれば存続と成長が実現できたが、近年は、①新しい技術や新しい製品を取引先に提案できなければ取引継続できない、②資金面で公的助成金により多額の研究開発費を調達する制度が整ってきたなどの変化のためである。

 

ここで言いたいことは、私の再現答案がいいということではなく、解答フレームを使えば、「解答を書いたけど、やっぱりしっくりしないから、やり直そう」とか、「因果関係がない文章になってしまった」ことを避けられるということです。

下記の画像は実際の本試験の用紙です。汚い字ですいません。

(クリックすると大きくなります。)

 

 

 

代表的な解答フレーム

受験生時代に、いろいろと解答フレームを考えましたが、代表的な解答フレームは次の通りです。

 

設問 解答フレーム
理由は? 理由は、◯◯の事実なので、◯◯の対策をすることで、◯◯の効果があるから。
事業の方向性は? 方向性は、◯◯(誰)に対して、◯◯(何)を、◯◯(どのように)することである。
助言せよ ◯◯(具体的内容)を行うことを助言する。その理由は◯◯を実施することにより、◯◯の強みを活かして◯◯の機会をとらえ、◯◯の効果があるから。
原因を述べよ 原因は、○○(誰)に対して、○○(何)を、○○(どのように)したために、◯◯の結果となった。
違いを述べよ 違いは、◯◯は、◯◯(誰)に対して、◯◯(何)を、◯◯したが、一方で△△は、△△(誰)に対して、△△(何)を、△△した違いがある。(※)違いなので、比較対象を必ず書く
差別化できた要因は? ◯◯は◯◯だが、△△は、△△であること。

(※)差別化なので、比較対象があるはず、それとの違い(差別)を書く。

 

 

 

 

 

2次試験はパズル

これまで話した、解答フレームの具体的な利点や効果はなんでしょうか?
私がイメージしている、解答フレームの利点や効果は、2次試験のパズル化です。これについて、詳しく説明します。

解答フレームが無い状態で解答を作るときは、白地のキャンバスにゼロから絵を書くようなイメージで、なかなか筆が進まず、書くのに時間がかかってしまいます。つまり、80分で解答を書き上げることができません。

でも解答フレームがあれば、枠(フレーム)の中に、与件文のキーワードをはめ込むパズルに変わるので、白地のキャンバスにゼロから解答を書くのと比較して、書く時間が短縮できます。つまり、80分で解答を書き上げることができやすくなります。

どっちが簡単?

 

2つめののメリットは、「聞かれている事に聞かれているように答えることができること」です。これは何度も聞いたことがあるとおもうのですが、2次試験の一番大事なことは、「聞かれていることに、聞かれているように答えること」です。

設問で「◯◯した理由を述べよ」と聞かれた時に、解答フレームを「理由は、△△をすることで、◯◯の効果を期待したためである。」とすれば、この時点ですでに聞かれたことには答えています。そのため、、解答の意図を外してしまう大事故を起こしにくいことです。つまり、解答の安定化です。

解答フレームを使いこなして、時間短縮と解答の安定化を実現してください。

 

 

 

 

パックってカスタマイズ

最近道場ブログで流行って(?)いる、パクってカスタマイズについても話します。

解答フレームについて、長々と書きましたが、これは私が個人的に「こうすれば合格に近づくんじゃないかなぁ?」と受験生時に考えた方法です。この考え方が、すべての受験生に当てはまるとは思っていません。ただ、悩める受験生のヒントにはなるんじゃないかなぁとは思っています。

私が書いたこの解答フレームのいいところだけを真似して(パクって)、自分なりにアレンジ(カスタマイズ)して、本試験当日に使える武器としてください。

 

 

 

まとめ

文章作成が苦手な人は、解答フレームがおすすめ。
2次試験はパズルと考える。
時間短縮と解答の安定化のメリットがある。
パックってカスタマイズ。

以上、おとでした。



みなさんこんにちは、事例4担当のおとです。

自己採点で1次合格を勝ち取った人は、そろそろ情報収集を終えて、実際に過去問を解き始めている頃でしょうか?

ストレート生にとっての2次試験は短期決戦になるので、どうやれば合格するのかのイメージがなかなか付きづらいと思います。

昨日うみのさんが、「2次試験対策の「正解」はどこにあるのか~本質対ノウハウ論に決着を~」を書かれていました。これに、私も思うところがあるので一言だけ言わせてください。

これは、坂の上の雲(司馬遼太郎 著)の主人公の一人である秋山真之が、新設した海軍大学校の初代教官として、生徒に対して話した言葉です。独学派の私は、この言葉を大切にしていました。

 

「ここに、戦術の講究を開催するに先立ち、諸君に明らかにしておく。あしから戦術を学ぼうと、思わんでください。学んだ戦術はしょせん借り物でありますから、いざという時に応用が効かん。したがって、みなが個々に、自分の戦術を打ち立てることが肝心であります。然るにまず、あらゆる戦術書を読み、万巻の戦史を読み解いてみる。どう戦えばよいか、原理原則は自ずと引き出されてこよう」

(※)ご存じの無い方のために説明します。この人は日露戦争の時に、ロシアの海軍(バルチック艦隊)と戦う日本海軍(連合艦隊)の作戦参謀であり、現代風にいえば日露戦争を勝利に導いたコンサルタントです。

 

この秋山真之の言葉を、診断士受験生に置き換えて、現代風にいうとこうなります。

 

「2次試験に立ち向かう受験生にはっきり言います。一発合格道場から、ノウハウを学ぼうを思わないでください。学んだノウハウはしょせん借り物でありますから、本試験当日では使えません。したがって、受験生全員が、自分独自の戦術を打ち立てることが大事です。そのため、道場ブログだけでなく、様々な本を読み、セミナーに出席し、過去問を繰り返し解くことで、本試験でどう戦えばいいか、原理原則は自ずと引き出されます。」

合格するために、自分独自の戦術を打ち立てて頑張ってください。

 

 

計算が苦手な人は事例4で部分点狙いもあり

 

さて本題に入ります。今日のテーマは、「計算が苦手な人は事例4で部分点狙いもあり。」です。

事例4の場合、財務会計の知識と計算力が必要です。でも、解答の方法によっては、計算を一切しないでも、部分点を狙うことはできます。昨年の本試験を使って部分点狙いの方法を解説します。

まず、昨年の本試験の配点および設問の種類は以下の通りでした。

 

設問

配点

設問の種類

第1問

24点

計算・記述(90文字)

第2問

設問1

30点

計算+記述

設問2

計算+記述

第3問

設問1

30点

計算

設問2

計算+記述

設問3

計算+記述

第4問

16点

記述

合計

100点

これを見て分かるように、事例4は計算だけでなく、記述も含まれているのです。

それでは、個々の問題を例にして、具体的に説明します。

 

例えば、第2問 設問2は、こんな問題でした。

 

第2問(配点30点)

(設問2)

平成27年度から平成31年度までの5年間における予想税引後キャッシュフローの正味現在価値を計算し、駅前の再開発完成に合わせて平成26年度期末に改装するか、予定どおり平成27年度期末の償却が終わるのを待ち平成27年度期末に改装するかを判断せよ。ただし、運転資本の増減はなく、法人税率は40%、資本コストは5%とする。

 

 

 

この問題に対する、受験校の解答例は概ねこんな感じです。

平成26年度期末に改装する場合正味現在価値

=-設備投資の正味現在価値 + ∑(予想税引後CF×現価係数)

=-15,000 +(5,000×0.95+4,200×(0.91+0.86+0.82+0.78))

=3,904(千円)

平成27年度期末に改装する場合

正味現在価値

=-設備投資の正味現在価値×現価係数+∑(予想税引後CF×現価係数)

=-15,000×0.95+(3,245×0.95+4,200×(0.91+0.86+0.82+0.78))

=2,987(千円)

平成26年度に改装した場合3,904千円 > 平成27年度に改装した場合2,987千円

答:上記の計算の結果、正味現在価値が大きい平成26年度期末に改装すべきである 。

 

こう書けば、おそらく15点は貰えるでしょう。

 

 

次に、まったく計算せずに記述だけの回答は次の通りです。

計算の結果、5年間における予想税引後キャッシュフローの正味現在価値は、平成27年度期末に改装するより、平成26年度期末に改装したほうが大きくなるので、平成26年度期末に改装すべきであると判断する。

 

まったく計算しないで、このように書くだけでも5点くらいは貰えると思います。

 

 

次に第3問です。

第3問 設問3の問題は次の通りでした。

第3問(配点30点)

D社のセントラルキッチン部門における、人気商品X、Y、Zのロット単位当たり原価情報等は以下の資料のとおりである。生産はロット単位で行われている。生産したものはすべて販売可能であり、期首・期末の仕掛品などはないものとする。下記の設問に答えよ。

(設問3)

設問2の条件に加えて、商品XとZに販売促進費として、それぞれ50万円を追加すると、平成27年度の需要はXがさらに10%増加、Zが25%増加するとの予測に基づく提案がある。この提案を受け入れた場合の最適なX、Y、Zの生産量の構成比を求め(a)、この提案に対する意見を述べよ(b)。

 

 

この問題に対する、受験校の解答例は概ねこんな感じです。

b

提案を受け入れる

理由

制約条件である時間あたりの限界利益の大きい順は、商品X、商品Z、商品Yの順番になる。しかしながら、個別固定費が回避できない場合 、商品Yの貢献利益がマイナスになるため、生産をしない。この提案を受け入れた時の最適な営業利益は10,050,000円となる。この営業利益は、販売促進費の提案を受けない時の営業利益16,800,000円より小さくなるため、この提案を受け入れない。

 

この解答であれば5点は貰えるでしょう。

 

次に、まったく計算せずに記述だけの回答は次の通りです。

b

提案を受け入れる。

理由

個別固定費が回避できないと想定した場合、商品Xと商品Zに販売促進費として、それぞれ50万円を追加する場合より、需要増加による営業利益の増加のほうが大きいため、この提案を受け入れるべきである 。

 

ここまでかければ、おそらく2点はもらえるとおもいます。

 

いかがでしたらでしょうか?

ここだけみると、計算も記述もすべてあっていた場合、20点ですが、記述だけでも7点はもらえます。しかも、この記述をするのに何分かかりますか? おそらく、5分あれば、この記述は書けるでしょう。ここで節約した時間を別の問題を解く時間にあてるもの作戦のうちです。

 

今日のまとめ

 

  • 計算が苦手であっても、それなりに戦う方法はある。
  • 事例1~3で得点を稼いで、事例4では記述問題で部分点を確保して40点以下を回避するのも、立派な自分独自の戦術。
  • 一番ダメなことは、白紙答案。白紙では部分点は絶対にもらえない。

 

 

合格するために、自分独自の戦術を打ち立てて頑張ってください。

以上、おとでした。

 

 

—————————————————————-
道場メンバーによる連載決定!

2015年9月号より、
中小企業診断士と診断士を目指す受験生に向けた雑誌
月刊「企業診断」道場メンバーによる連載がスタートします!

2015年9月号(発売日 8月27日)月刊企業診断

2016年度一次試験を目指す方向けに中小企業白書の解説を
6代目のおと・おはとも・うみのが共同執筆しました!

2016年度の一次試験を受験される方はぜひとも参考にしてくださいね~。

そして10月号以降では、さらにパワーアップした新シリーズをお届けします!
ブログでは明かされない道場メンバーの姿が垣間見られるかも・・?
ご期待ください!

—————————————————————-



道場ブログ読者の皆様。1次試験お疲れさまでした。

すでに自己採点は終了しましたでしょうか?

私も今年の本試験の問題をみましたが、改めて出題範囲が幅広い診断士試験の大変さを再認識しまいした。

さて、道場では繰り返し言っていますが、この1次試験は診断士合格までの通過点です。甲子園でいえば、1次試験は、地区大会です。地区大会を勝ち残って、本番である甲子園で上位20%にはいることが目的です。気持ちを切り替えて、2次試験の事例4への対策を始めましょう。

今回は苦手な方が多いといわれている。事例4について、その論点をまとめます。

最頻出(★★★)      経営分析・財務分析

 損益分岐点(CVP)分析               

 キャッシュフロー(CF)

 正味現在価値(NPV)

頻出(★★☆)

 セールスミックス

 オプション・為替予約

たまに出る(★☆☆)

 ディシジョンツリー

いろいろな論点がありますが、最頻出(★★★)の4つは鉄板です。
この4つの論点を押さえれば、少なくても50点は確保できます。
それ以外に、頻出(★★☆)たまにでる(★☆☆)を抑えれば60点以上は確保できます。

今日は、まず最頻出(★★★)にしぼってそのキモを書きました。

(※)タイトルが10分でわかると書いていますが、ボリュームが多くて10分で読み切れなくなっています。ごめんなさい。

 

経営分析・財務分析(★★★)

 

まず初めに・・・

大前提:与件分に忠実な指標を選ぶ

◆模範解答とまったく同じ指標を選ぶことは不可能

方向性が正しい+記述による説明で適切な解答をすれば点は取れる

指標選びに迷いすぎるな

◆記述による説明は「原因」と「内容」のどちらを聞いている?

「原因」なら原因をはっきりと書く

「内容」なら 原因⇒問題点を分かりやすく書く

◆セオリーは「収益性」「効率性」「安全性」

結論は、「〇〇なので、収益性が低い」等で表記する。

◆一般論は書かない。書いても点にならない。

◆P/Lの赤字は最優先で指摘する。

 

経営分析・財務分析指標の選び方
まず、P/Lを見る

売上高総利益率

原価が高いか?

仕入コストは?

競争激化により販売単価下落してるか?

商品の付加価値は?

売上高営業利益率

販管費が高いのか?

人件費に無駄はないか?

売上高経常利益率

営業外利益が高いか?

支払利息が高いか?

次にB/Sを見る

総資本回転率

流動比率と当座比率はおかしくないか?
おかしい場合は、自己資本比率も疑う

棚卸資産回転率

棚卸資産は売上高を比べて多くないか?

売掛債権回転率

売掛金は他の比較して増加していないか?

有形固定資産回転率

建物や土地に無駄はないか?

経営分析・財務分析指標が見つからないとき

セオリーは「収益性」「効率性」「安全性」から選ぶ
それでも見つからないときは、次の観点で指標を選ぶ。

借金が多そう

自己資本比率はどうか?

在庫が多そう

棚卸回転率はどうか?

投資が過剰。土地や建物にムダがありそう。

有形固定資産回転率

 

覚えるべき13の経営指標

覚えるべき経営指標は以下の13だけ。それ以外がでても他の受験生もできないと割り切ることも重要。

経営指標

公式

意味

収益性

売上高総利益率(%)

売上総利益÷売上高×100

商品の収益性

売上高営業利益率(%)

営業利益÷売上高×100

本業の収益性

売上高経常利益率(%)

経常利益×売上高×100

支払利息等の営業外収益を含めた収益性

効率性

棚卸資産回転率(回)

売上高÷棚卸資産

在庫の効率性

有形固定資産回転率(回)

売上高÷有形固定資産

工場等有形固定資産の効率性

売上債権回転率(回)

売上高÷売上債権

売掛金の効率性

総資本回転率(回)

売上高÷総資本

総資本の効率性

安全性

当座比率(%)

当座資産÷流動負債×100

超短期の安全性

流動比率(%)

流動資産÷流動負債×100

短期の安全性

固定長期適合率(%)

固定資産÷(固定負債+自己資本)

長期資本(固定負債+自己資本)で固定負債をカバー

固定比率(%)

固定資産÷自己資本×100

返済不要な自己資本で固定資産をカバーしているか

負債比率(%)

負債÷自己資本×100

借入金の依存度

自己資本比率(%)

自己資本÷総資産×100

借入金の依存度

 

 

財務諸表を読まずに、与件分から推理する
良く出る経営指標は、先ほど書いた「覚えるべき13の経営指標」だけです。ということは、与件分で下記のキーワードを見つければ、財務諸表を見なくても、それが経営指標であると推理することができます。

事前に良く出る経営指標を把握しておくことで、与件分を読んだときに、その部分がチカチカと光って「私を使ってね」と主張しているのが見えてくれば、もう体得の域に達しています。

 

 

指標 与件分のキーワード
収益性 売上高総利益率 商品の差別化が出来ていない販売単価の下落売上原価上昇、仕入価格上昇、販売単価下落

競争激化、

売上高の減少

設備の老朽化

生産効率性が悪化

材料のムダ

売上高営業利益率 販管費、人件費高騰

営業マンの残業が多い

販管費が高騰

設備が老朽化

故障がちでメンテナンス費用(管理費)がかかる

売上高経常利益率 借入が多い

金利負担が重い

営業外損失(支払利息)に問題あり

支払利息、借入金の増加

効率性 棚卸回転率 新規顧客の増加

製品の作りすぎ

製品が市場にニーズと乖離

在庫が多い

歩留まり低下

原材料の保管量増加

製品ライフサイクルの短縮

売れ残りの増加

在庫管理、欠品、過剰在庫

有形固定資産回転率 稼働率が低い遊休資産がある

設備が老朽化広大な敷地

売上債権回転率 販売先が大手で支払条件が自社にとって不利入金が遅れがちな販売先がある。
総資本回転率 上記のすべて
安全性 当座比率 当座資産(現金、受取手形、売掛金、有価証券、貸倒引当金)の変化

【覚え方:げんきん・うけ・うり・あり・だおれ※棚卸資産は含まない

運転資金の増加

運転資金の不足を短期借入金でまかなう

原材料費の高騰(価格転嫁できず)

原材料の購入により多くの現金が必要

当期純損失を計上

不足分を短期借入でまかなう

流動比率 棚卸資産の変化短期借入金の変化
固定長期適合率 長期借入金の増加固定資産の増加

長期借入金の変化

固定比率 固定資産の増加自己資本の減少
自己資本比率 借入過多利益余剰金の減少

累積赤字

 

 

過去の参考記事

10分でわかる「経営分析」

http://rmc-oden.com/blog/archives/79493

 

 

 

 

 

損益分岐点(CVP)分析(★★★)

イメージ

まずは、損益分岐点(CVP)分析の全体イメージは下記の通りです。この図をいつでも書けるようにしてください。

 

損益分岐点(CVP)分析の意味を考えよう

損益分岐点売上高=固定費÷(1-変動費率)

の意味をこの図から考えてみましょう。

 

 

損益分岐点売上高というのは、利益がゼロの時なので、次のようになります。

固定費

その名の通り固定して変動しない費用。

主に工場の家賃などがこれにあたる

変動費率(α)

「変動費÷売上高」で計算する。

なぜか変動費をα(アルファ)で略語として使うことが多い

限界利益率

「1-変動利益率」で計算する。

変動費率と限界利益率はかならずセットで解答用紙に書く。

損益分岐点売上高

利益がゼロの時の変動費と固定費の合計

これを求めるには、「売上高」、「変動費」、「固定費」の3点セットが必要。

この3点セットがあれば、損益分岐点売上高は瞬殺できる。

 

グラフにするとこうなります(応用編)

このグラフを手書きでいつでも書けるようになるまで何回も手で書くことを繰り返してください。

パソコンではなく、手書きであることが重要です。当たり前ですが、本試験ではパソコンは使えません。簡単でもいいので手書きで書けることが体得したことになります。

(クリックすると大きくなります。)

 

 

覚えるべき公式

 損益分岐点売上高(BEP)=固定費(FC) ÷(1-変動費率(α))

目標利益売上高(S) =固定費(FC)+利益(R)÷(1-変動費率(α))

損益分岐点比率(%) =損益分岐点売上高(BEP)÷売上高(S)×100

安全余裕率(%) =売上高(S)-損益分岐点売上高(BEP)÷売上高(S)×100

 

 

 

 

 

過去の参考記事

【2016年合格目標】【会計・財務】スピテキ斜め読み#1

http://rmc-oden.com/blog/archives/81047

 

 

キャッシュフロー(CF)(★★★)

キャッシュフローは、そのあとに続くNPV等の投資判断をする際の基礎となる論点です。ここを体得できていないと、当然にそのあとのNPV等の問題がでても正解にたどりつけません。

営業キャッシュフローの公式

営業CF=営業利益(1-税率)+減価償却費-運転資金差額

まずは、この公式を暗記してください。この公式の理由を解説することもできますが、この理由を覚える時間があれば、この公式をつかった問題を数多く説いて、体得することが重要です。

 

BOX図の活用

以前も書きましたが、公式を理解したうえで、BOX図で解いたほうが、ケアレスミスをしにくくなります。是非、下記の記事をもう一度ご覧になって、BOX図で問題を解けるように体得してください。


キャッシュフローの問題が出た時期は、まずは、BOX図で解いていき、どうしてもBOX図では解けないときに公式をつかって解くなどして複数の解き方を体得することにより、問題に変化が出た時に対応することができます。

 

過去の参考記事

10分で分かる「キャッシュフロー」

http://rmc-oden.com/blog/archives/76507

 

 

正味現在価値(NPV)(★★★)

キャッシュフロー(CF)の問題でもとめた、キャッシュインの現在価値と投資を比較して、その投資をするべきかしないべきかを意思決定する問題です。
まさに、中小企業の投資判断における重要な考え方だといえます。
このNPVの問題まで理解すれば、事例4でA評価をとれる可能性が高まります。

正味現在価値(NPV)の計算は、下記の表を本試験にかけるかどうかがキモになります。

繰り返し、過去問を解くことで、正味現在価値(NPV)の考え方を体得してください。

過去の参考記事
【事例Ⅳ】複利現価係数と年金現価係数をまず理解しよう!
http://rmc-oden.com/blog/archives/64420

 

 

次回以降は具体的な過去問を参考にして、実際に問題をといてみます。

以上、おとでした。

 

 

 

 

 

 

- 2次対策のお悩みはここで解決!3都市で夏セミナーを開催します -

道場では、夏セミナーを通して様々なノウハウをお伝えします。

皆さんの課題解決の一助になるよう、多角的な視点から内容を組み立てておりますので、ぜひふるってご参加ください。

 

◆2次試験、学習の壁をどう乗り越え、学習計画をどう立てる?
 一発合格道場 東京夏セミナー

日時:8月30日(日) 14:00~16:45(受付開始13:45~)

場所:東京都中央区

参加費:500円

定員:35名

開催時期は2次対策を始めてから約2週間。

最初の手探り状態から少しずつ、悩みや迷い・課題点などが具体的に見え始めるころではないでしょうか。

そこで、一発合格道場 東京夏セミナーでは、「2次試験対策の迷いや悩みをスッキリ解消&本試験まで残り56日の学習計画をどう立てるか?」をテーマに、2次対策セミナーを行います。
6代目と歴代道場メンバから、2次対策の壁の乗り越え方、合格に至る学習計画の立案方法について、とっておきの情報をお伝えしつつ、個別お悩み相談にもお答えします!

<内容(予定)>
◆2次試験の本質である“聞かれたことに素直に答える”ってどういうこと?Nico&岡崎教行が徹底分析!
◆得点開示、2次対策にどう生かす?
◆あなたの今のお悩み、解決方法を道場メンバによるパネルディスカッション形式でお答えします!
◆残り56日の学習計画を立ててみよう!

※内容は予定であり、変更の可能性があります

 

お申込みはコチラから

満員御礼となりました。お申込みありがとうございました!

 

 

◆なご&和尚がお届けする、事例攻略のキモ&事例Ⅳ対策!

一発合格道場 名古屋&大阪夏セミナー

 

<名古屋会場>

日時:8月15日(土) 14:00~16:30 (ティータイム懇親会/16:30~17:45 本懇親会/18:00~20:30)

場所:名古屋市内(詳細はお申し込み後別途お知らせします)

会費:500円(ティータイム懇親会はご自身の御茶代、懇親会費は別途会費を申し受けます)

 

<大阪会場>

日時:8月22日(土) 14:00~16:30 (ティータイム懇親会/16:30~17:45 本懇親会/18:00~20:30)

場所:大阪市内(詳細はお申し込み後別途お知らせします)

会費:500円(ティータイム懇親会はご自身の御茶代、懇親会費は別途会費を申し受けます)

「こんにちは、和尚です。

一次試験も終わり、やれやれ・・・
という人、要注意です!

そんなあなた、このなご・和尚の40’sの2次対策セミナーで気合いを入れ、あと11週間を突っ走りましょう。

 

なごからは二次に取り組む上での考え方を、事例の内容をふまえながらお話しします。

和尚からは過去出題傾向からみる事例Ⅳの対策法。

和尚は、次回の8月13日ブログ当番の記事(事例Ⅳに関する記事)とリンクさせてブログでは書けないようなこともお伝えしたい、と思っております。

基本は「財務の基礎」ですが、得意不得意の運の要素、電卓に対する慣れ、等の要素も絡んできます、それに対しての対処法などもお話しできれば、と考えております。

また、皆さんとお会いできることを楽しみにしております。」

 

大阪会場のお申込みはコチラ

名古屋会場のお申し込みはコチラ

 



こんにちは。おとです。

 

昨日のなごさんの記事はお読みになりましたでしょうか?一次試験直前で焦っている気持はよくわかります。

でも、そんな時に、昨日のなごさんの記事のように、ちょっとだけ立ち止まって、この診断士試験を俯瞰することは大切だとおもいます。

自分がなぜこの試験をうけようとおもっているのか?

なんで、こんなつらい日々を送らないとダメなのか?

なぜ、楽しい飲み会を断ってまで、勉強しているのか?

 

そんあ道場ブログ読者に、一つ質問があります。

 

「あなたの目標は、一次試験に合格することですか?」

 

・・・・違いますよね、あなたの目標は二次試験まで合格して、中小企業診断士になることですよね。だから一次試験なんてただの通過点です。これまで勉強したことを本試験会場で100%発揮できれば合格できます。

 

目標を達成するためには、一次試験の終了後、8月10日(月)に自己採点をして、すぐに二次試験の準備をする必要があります。

 

特に今年初受験した方は、そもそも二次試験ってどんな試験なの?と基本的な理解が少ない人もいるとおもいます。

 

そんな時は、良質な情報をいち早く入手することが大切です。つぎの3冊は特にお勧めです。

 

2次試験合格者の頭の中にあった全知識 2015年版

c

2次試験合格者の頭の中にあった全ノウハウ 2015年版

n

ふぞろいな合格答案 エピソード8

本の特徴

 全知識 全ノウハウ ふぞろい
内容 2次で使う知識 H26とH25の過去問解説 H26の過去問解説
こんな受験生におすすめ 1次で使う知識と2次で使う知識の違いが分からない方 過去2年の過去問を分かりやすく理解したい方 昨年の過去問を多面的に理解したい方
ここを読むべき 最重要の切り口 合格者のファイナルペーパー ふぞろい流ベスト答案

 

 

8月10日からは2次試験対策している自分を想像して、一次試験を通過しちゃってください。

 

 

以上、おとでした。



みなさま、こんにちは、おとです。
今日はT○C模試ですね。

このブログが公開されるのは、7月4日(土)の12:00です。 T○C模試を受けている方は、財務・会計が終わって昼休みの頃でしょうか?
道場ブログでは、ここ数日間、下記のように模試に関する投稿が続いています。

 

模試の活用についての私見~今週末はTAC模試
http://rmc-oden.com/blog/archives/80502

 

模試直前やることリスト
http://rmc-oden.com/blog/archives/80329

 

前日から意識しておきたい、「模試後にやるべきこと」
http://rmc-oden.com/blog/archives/80552

 

こんなに連投しているのはなぜでしょう? それは、模試は重要だってことです。

私からは、「試験当日にやってはダメな3つのこと」を書きたいとおもいます。

 

 

その① 普段ではやらないことをする
試験前日に、記念だからと言っていつもと違うものを食べたり、当日にいつも買わない高い栄養ドリンクを買ったりするのはやめましょう。普段と違うもの食べるとお腹を壊したりして、当日に力を発揮できなくなります。

 

その② 試験会場に大量のテキストを持ち込む
試験当日は、全ての受験生が不安です。不安を解消するために大量のテキストを持ち込みたくなりますが、それはやめましょう。
試験会場でテキストを読んで分からないところあったら、それだけで不安が増加してしまいます。試験当日は、自分で作ったファイナルペーパーや、T○Cのポケットテキストなどの簡単なテキストの持ち込みだけにしましょう。

 

その③ 試験当日に友人と話す(SNSも含む)
これが一番重要です。
1日目の昼休みに、「財務のあの問題わかった?」などど話すことはやめましょう。当たり前ですが、終わった問題を振り返っても、点数は上がりません。友人と話している暇があったら次の試験の準備をするべきです。
また、友達との会話のなかで「やべぇ、あの問題間違えちゃった。」と気づいてしまっても、自分自身の不安が増えるだけで、メリットは一つもありません。
もし、友達と話したかったら、2日目の科目がすべて終わってからゆっくりと話してください。それまでは、目の前の試験に集中すべきです。
(このブログも、2日目の科目が終わったらゆっくり読んでください)

 

 

最後に、残り1ヵ月となった道場ブログ読者の皆様に、応援メッセージです。

残り30日の勉強は今日が本試験当日だとおもって勉強する。
本試験当日は、いつもの勉強と同じだとおもって回答用紙に書き込む。

 

本試験は、独特な緊張感があります。なにを覚えているかよりも、当日どれくらい自分の実力を発揮できるかが合格のカギとなります。

本試験当日は、自分の実力を100%発揮して、合格を勝ち取ってください。

 

以上、おとでした。

 

 



みなさんこんにちは、おとです。

1次試験まであと50日ですね。先日は、おはともさんから、気合いの入った記事がありました。まさにその通りだとおもいます。

私の場合は、もし今年の試験に落ちて、勉強漬けのこの生活をもう一年続けるなんて考えたくも無かったので、「絶対今年で受かるんだ」という気持ちでいました。

合格したい気持ちは、人それぞれで、みんな違います。理由は何であれ、合格を目指して残りの50日を悔いの無いように使い切ってください。

さて、今回は苦手な人が多いと言われるファイナンスのMM理論についてです。人によってはMM理論はステ問という人もいます。でも財務・会計の問題は例年25問あり、1問あたり4点です。また昨年(H26年)は、MM理論で2問(8点)も出題されており、これをステ問にするのは、ちょっともったいないです。

また、このMM理論は、ノーベル経済学賞を受賞しています。ノーベル賞理論を10分で説明するのは、無理がありますので、試験対策上重要な点だけ説明します。

本来であれば、MM理論についてきちんと理解した方がいいのですが、残念ながら直前期なので時間がありません。そのため、理解ではなく、下の2つを丸暗記してください。

①MM理論=税金なし
②MM理論の時は、負債(デット)と株主資本(エクイティー)の構成比が変わっても、企業価値は変わらない。

これらの理由を説明するとノーベル賞をもらえちゃうので説明はしません(笑)。繰り返しますが、このまま丸暗記しちゃってください。

 

 

 

過去問

それではいつものように過去問を使って説明します。

過去問 H20 18
MM理論を説明している記述として、最も適切なものの組み合わせを解答群から選べ。なお、文中の企業価値は負債の価値と自己資本の価値の合計額を意味する。

a 法人税がないと仮定したとき、企業価値は資本構成と無関係である。
b 法人税がないと仮定したとき、企業価値は負債の利用度が高まるほど高まる。
c 法人税が存在する場合、企業価値は資本構成と無関係である。
d 法人税が存在する場合、企業価値は負債の利用度が高まるほど高まる。


[解答群]
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd

 

【正解】

[難易度B]

【解説】
MM理論の重要な点は↓の2つと言いました。

①MM理論=税金なし
②MM理論の時は、負債(デット)と株主資本(エクイティー)の構成比が変わっても、企業価値は変わらない。

この2つの知識だけあれば、この問題は解けます。順番に見てみましょう。

a 法人税がないと仮定したとき、企業価値は資本構成と無関係である。
法人税がないということは、”①MM理論=税金なし“なので、MM理論であるということになります。また、資本構成というのは、負債(デット)と株主資本(エクイティー)の構成ということなので、”②MM理論の時は、負債(デット)と株主資本(エクイティー)の構成比が変わっても、企業価値は変わらない。”のように、資本構成比が変わっても、企業価値は変わらないことになります。
よって、これは適切です。
⇒◯ 


b 法人税がないと仮定したとき、企業価値は負債の利用度が高まるほど高まる。
これも法人税が無いのでMM理論です。負債の利用度が高まるということは、負債が増えて資本の構成比が変わるっていう事です。”②MM理論の時は、負債(デット)と株主資本(エクイティー)の構成比が変わっても、企業価値は変わらない。”といいました。この設問では「MM理論のとき構成比がかわると企業価値が高まる」と逆のことを言っているので不適切です。
⇒X


c 法人税が存在する場合、企業価値は資本構成と無関係である。
法人税が存在する場合ということは、MM理論では無いということです。企業価値と資本構成が無関係なのは税金がないMM理論のときだけです。そのため、ここで言っている、「税金がある(MM理論ではない)ときは、企業価値は資本構成と無関係である」は、逆のことを言っているので不適切です。
⇒X


d 法人税が存在する場合、企業価値は負債の利用度が高まるほど高まる。
ここまでで、×(バツ)が2つでたので、消去法ではこれが◯(マル)になるはずですが、念のため確認しましょう。ここでも法人税が存在する場合と言っています。つまり、MM理論では無いということです。税金がある場合は、負債には節税効果(※)があり、その分だけ企業価値が高まります。よってこの選択肢は適切です。
⇒◯


(※)節税効果まで説明すると、10分で終わらないので、詳しく知りたい方は、↓を参考にしてください。


MBA経営辞書「節税効果」http://globis.jp/mba/1117/
上記より、適切な選択肢はaとdになるので、正解はエです。

いかがだったでしょうか?
繰り返しますが、もう時間がないので、MM理論だけに勉強時間を費やす時間はありません。そのため↓の内容を丸暗記して下さい。

 

①MM理論=税金なし
②MM理論の時は、負債(デット)と株主資本(エクイティー)の構成比が変わっても、企業価値は変わらない。

 

 

上記の問題は知識問題でしたが、次はMM理論の計算問題です。

早速始めます。

 

過去問 H26 15
現在A社は、全額自己資本で資金調達しており、その時価は10,000 万円である。A社は毎期600 万円の営業利益をあげており、この営業利益はフリー・キャッシュフローに等しい。MM理論が成り立つものとして、下記の設問に答えよ。

(設問1)
A社が利子率2%の借入を行うことによって2,000万円の自己株式を買入消却し、負債対自己資本比率を20:80に変化させたとき、A社の自己資本利益率は何%になるか。最も適切なものを選べ。ただし、法人税は存在しないものとする。
ア 7%
イ 8%
ウ 22%
エ 24%




【正解】

[難易度C]

【解説】
ここでもMM理論という言葉がでてきています。MM理論が成り立つということは、”①MM理論=税金なし“なので、税金がないということです。次に、2%の借り入れを行うと、A社の損益計算書(P/L)はどう変わるでしょう?
今の営業利益(600 万円)に支払利息(2%)が費用としてかかってきます。
計算すると次のようになります。

 

営業利益 600
支払利息 -40(2,000万円×2%)
———————————————–
利益   560

(※)ここでは税金がないので、税金はかかりません。

 

次に、貸借対照表(B/S)はどう変わるでしょう。「2,000万円の自己株式を買入消却し」ということは、株主資本(エクイティー)から2,000万円分が負債(デット)に変わるということです。計算すると次のようになります。

株主資本(エクイティー)    10,000
自己株式買入消却       -2,000
————————————————————–
買入後の株主資本(エクイティー) 8,000

 

自己資本利益率
=利益÷株主資本
=560÷8,000
=0.07
=7%

 

上記より正解はアになります。





(設問2)
(設問1)のようにA社が資本構成を変化させたとき、法人税が存在する場合、資本構成変化後のA社の企業価値はいくらになるか。最も適切なものを選べ。
ただし、法人税率は40%とする。
ア  9,960万円
イ 10,000万円
ウ 10,040万円
エ 10,800万円

 

【正解】

[難易度B]


【解説】
法人税が存在するということは、MM理論ではないということです。「MM理論でないときに資本構成を変えると、企業価値も変わる」ってことはこれまで何度もやりました。
今回は計算問題なので、いくら変わるかを計算する必要があります。結論からいうと、負債を増やすことによって得られる企業価値の変化は節税効果といきは、下の公式になります。
負債額×税率=節税効果
(※)丸暗記はあまり好きではないですが、直前期で時間がないので、ここでも丸暗記しちゃって下さい。今回は2,000万円の負債を増やしたので、2,000万円×40%=800万円だけ、節税効果がありました。この節税効果の分だけ、企業価値があがることになります。
また、もともとの企業価値は、問題文から10,000 万円であることが分かります。
つまり、資本構成変化後の企業価値は

もともとの企業価値  10,000万円
節税効果         800万円
—————————————————-
合計         10,800万円

上記より、正解はエとなります。

 

まとめ

MM理論は、なかなか理解しづらいとおもいますが、ほぼ毎年出題されている頻出論点です。
繰り返しになりますが、直前期なので、なんでこうなるの?などと考えずに、このまま丸暗記しちゃってください。

①MM理論=税金なし
②MM理論の時は、負債(デット)と株主資本(エクイティー)の構成比が変わっても、企業価値は変わらない。
③負債額×税率=節税効果

以上、おとでした。



みなさん こんにちは おと です。

 

本試験まであと、60日ですね。皆さん準備はいかがでしょうか?

あと60日ということは、一日の勉強時間が3時間とすると、3時間×60日=180時間が、皆さんに残された勉強時間です。

7科目受験する人は、180時間÷7科目=25.7時間が、1科目に使える勉強時間です。1科目あたり10テーマあるとすると、1テーマあたり2.5時間しか勉強できません。

はっきり言って、残された時間は有限です。この180時間をどう使うかで、合格と不合格の勝負が分かれます。

焦る気持ちは分かりますが、ぜひ一度立ち止まって、この180時間をどう使うべきか、是非、スケジューリングを見直し見てください。

 

さて、今回は10分で分かる「経営分析」です。1次試験の経営分析は、難易度がA~Cの問題が多く、是非得点したい分野です。

 

概要

覚えるべき13の経営指標は次の通りです。これは二次試験でも使いますので、プリントアウトして、手元においてください。

これらを理解しているという前提で話を進めます。
これを理解してない場合は、まず、これらの公式と意味をしっかりと理解してください。

【覚えるべき13の経営指標 】

 経営指標 公式 意味
収益性 売上高総利益率(%) 売上総利益÷売上高×100 商品の収益性
売上高営業利益率(%) 営業利益÷売上高×100 本業の収益性
売上高経常利益率(%) 経常利益×売上高×100 支払利息等の営業外収益を含めた収益性
効率性 棚卸資産回転率(回) 売上高÷棚卸資産 在庫の効率性
有形固定資産回転率(回) 売上高÷有形固定資産 工場等有形固定資産の効率性
売上債権回転率(回) 売上高÷売上債権 売掛金の効率性
総資本回転率(回) 売上高÷総資本 総資本の効率性
安全性 当座比率(%) 当座資産÷流動負債×100 超短期の安全性
流動比率(%) 流動資産÷流動負債×100 短期の安全性
固定長期適合率(%) 固定資産÷(固定負債+自己資本)×100 長期資本(固定負債+自己資本)で固定負債をカバー
固定比率(%) 固定資産÷自己資本×100 返済不要な自己資本で固定資産をカバーしているか
負債比率(%) 負債÷自己資本×100 借入金の依存度
自己資本比率(%) 自己資本÷総資産×100 借入金の依存度

 

 

過去問

 

問題 平成26年 第9問
以下の資料に基づき、X1年度とX2年度の経営状態の変化を表す記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
【資料】
X1年度 X2年度
売上高純利益率  5%         4%
自己資本比率    50%      40%
総資本回転率      2.0        2.2
a X1年度と比較してX2年度は自己資本純利益率が下落した。
b X1年度と比較してX2年度は自己資本純利益率が上昇した。
c X1年度と比較してX2年度は総資本純利益率は下落した。
d X1年度と比較してX2年度は総資本純利益率は上昇した。[解答群]
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd

 

解説
実は、この問題も前回の「10分で分かる「株式指標」」のようなパズル問題です。順番に解いていきます。まず、売上高純利益率、自己資本比率、総資本回転率の公式を思い出します。売上高純利益率=利益()÷売上()=/

自己資本比率=自己資本()÷総資産()=/

総資本回転率=売上高(S)÷総資産()=/

 

また、本問で求められていることは、自己資本純利利益率と総資本純利益率です。これらも、先ほどと同様に、公式を思い出します。

自己資本純利益率=純利益率()÷自己資本()=/

総資本純利益率=純利益率()÷総資本()=/

段々と、パズルっぽくなってきました。

 

次に、実際にそれぞれの計算をします。

自己資本純利益率(R/E)

まず、自己資本純利益率(/)を求めます

自己資本純利益率(/)=/×/÷/

X1年度の自己資本純利益率(/)=5%×2.0÷50%=0.2

X2年度の自己資本純利益率(/)=4%×2.2÷40%=0.22

よって、自己資本比率は、上昇している。

 

総資本純利益率(R/A)

つぎに、総資本純利益率(/)を求めます。

総資本純利益率(/)=/×/

X1年度の総資本純利益率(/)=5%×2.0=10%
X2年度の総資本純利益率(/)=4%×2.2=8.8%

よって、総資本純利益率は、低下している。

したがって、選択肢bとcの組合せが正しく、

 

正解はウになります。

 

まとめ

このような経営分析の問題は、今年の本試験でも出題される可能性が高いです。
まずは、下の基本的な経営指標を理解した上で、上記のようなパズル問題を解けるように問題を繰り返し解いてください。

【覚えるべき13の経営指標 】

 経営指標 公式 意味
収益性 売上高総利益率(%) 売上総利益÷売上高×100 商品の収益性
売上高営業利益率(%) 営業利益÷売上高×100 本業の収益性
売上高経常利益率(%) 経常利益×売上高×100 支払利息等の営業外収益を含めた収益性
効率性 棚卸資産回転率(回) 売上高÷棚卸資産 在庫の効率性
有形固定資産回転率(回) 売上高÷有形固定資産 工場等有形固定資産の効率性
売上債権回転率(回) 売上高÷売上債権 売掛金の効率性
総資本回転率(回) 売上高÷総資本 総資本の効率性
安全性 当座比率(%) 当座資産÷流動負債×100 超短期の安全性
流動比率(%) 流動資産÷流動負債×100 短期の安全性
固定長期適合率(%) 固定資産÷(固定負債+自己資本)×100 長期資本(固定負債+自己資本)で固定負債をカバー
固定比率(%) 固定資産÷自己資本×100 返済不要な自己資本で固定資産をカバーしているか
負債比率(%) 負債÷自己資本×100 借入金の依存度
自己資本比率(%) 自己資本÷総資産×100 借入金の依存度

 

以上、おとでした。


全国の道場読者の皆様。

こんにちは、おとです。

今日は、5月20日です。1次試験まであと80日ですね。勉強は進んでいますか?

 

1日に勉強できる時間が3時間だとすると、これまではその3時間は「勉強する必要がある努力目標」でした。でも、直前期になると、その3時間は「勉強のできる時間(制約条件)」に変わってしまいます。

努力目標 ⇒ 制約条件

つまり、直前期は勉強したくても、気持ばかり焦って、なかなか自分の思い通りに勉強が進まないことが多いです。

 

そんな時は、新しことを覚えるのではなく、頻出論点を繰り返し解くことで、確実に本試験の得点をアップさせることが大切です。

さて、本題に入ります。
これまでの【渾身シリーズ】が終了し、今は、【マイベスト記事】のシリーズが始まっています。

私は財務会計担当です。私が選んだマイベスト記事です。

全体

もう一度、財務・会計の全体像を振返ってみましょう。

【財務・会計】全体像を掴んでみよう
http://rmc-oden.com/blog/archives/33671

【財務・会計】過去記事使って論点整理
http://rmc-oden.com/blog/archives/33693

確かに財務・会計は難しいですが、数字は友達になることが大切です。
まずは、毛嫌いせずに、数字に対して心を開いてみてください。

 

 

60点を狙う人は、どこを勉強すればいいのか?

【渾身】財務・会計~答練で40点でも本試験で60点とるには?~
http://rmc-oden.com/blog/archives/78051

財務・会計の全範囲をすべて勉強するのは時間の無駄です。自分の記事で恐縮ですが、T○Cの参考書に記載されてき11テーマの中で、やるテーマ・やらないテーマを分けました。

 

テーマ 対策
(1)財務・会計とは
(2)財務諸表概論
(3)経営分析 ◯2次にもつながるので、確実に得点したい。
(4)管理会計 ◯CVP、貢献利益は頻出テーマ
(5)意思決定会計 ◯正味現在価値は2次にもつながる。但し、複雑な計算は不要。
(6)ファイナンスⅠ企業財務論 ◎25問中ファイナンスの問題は10問前後 ここをとれれば40点は確保できる。また、難易度がA~Bの易しい問題が多い
(7)ファイナンスⅡ証券投資論
(8)貸借対照表および損益計算書の作成プロセス X簿記の範囲。出題範囲が広く、難易度が高いので、深入りしない。
(9)キャッシュフロー計算書の作成プロセス △計算が複雑なので深入りしない。
(10)原価計算 ◯ここまでできると60点に近づく。60に到達できるかどうかの分かれ目
(11)会計規則 X出題範囲が広く難易度が高いので深入りしない。

△と×は除いて、○と◎のマイベスト記事を集めました。

 

 

経営分析

財務公式シリーズ(5/7-1) 経営分析の指標 その1
http://rmc-oden.com/blog/archives/1532

徹底攻略!!経営分析
http://rmc-oden.com/blog/archives/11774

二次試験向けの内容ですが、1次試験でも必要な知識です。

経営分析の基本は、①収益性②効率性③安全性の3つの視点です。これらの3つの視点を、個々の経営指標の意味をしっかりと理解してください。

管理会計

ここの分野では、損益分岐点分析(CVP)が重要テーマです。

財務公式シリーズ(7/7) CVP分析

http://rmc-oden.com/blog/archives/1575

財務で60点、事例ⅣでA評価をとるためには?~CVP~
http://rmc-oden.com/blog/archives/73175

 

損益分岐点分析の公式である、

損益分岐点売上高(BEP) = 固定費(FC) ÷ (1-変動費(α))

を基本として、グラフが書けるようになるまで繰り返し身につけることが必要です。

意思決定会計

ここでは、減価償却やキャッシュフロー、正味現在価値が重要テーマです。

10分で分かる「キャッシュフロー」
http://rmc-oden.com/blog/archives/76507

【渾身・財務】NPVを得点する~脱ケアレスミスを目指す~
http://rmc-oden.com/blog/archives/54034

財務・会計が苦手な方は、まず、キャッシュフローをBOX図で計算できるようになってから、正味現在価値(NPV)を勉強してください。キャッシュフローがわからないまま、正味現在価値(NPV)にいっても、基礎を理解していないので、時間の無駄になります。

 

ファイナンスⅠ・Ⅱ

ファイナンスは、本試験の後半部分に出題される最重要論点です。
まずは、ファイナンスを全体像を下記の記事で確認してください。

【1次財務】つまみ食いファイナンス。目指せ合格60点
http://rmc-oden.com/blog/archives/71437

ファイナンスの表裏~投資視点/経営視点
http://rmc-oden.com/blog/archives/5234

 

原価計算

有利差異・不利差異
http://rmc-oden.com/blog/archives/5204

【財務・会計】原価計算のおさらい
http://rmc-oden.com/blog/archives/33958

ここの分野まで理解できていれば、60点は確実でしょう。

 

最後に

私の場合、この時期の勉強は精神的に非常につらかったです。

いくら勉強を重ねても、当たり前ですが、合格する保証はどこにもなく、「もし落ちたら、この生活をもう一年続けるのか・・・」と思うと、気持が落ち込んでしまいました。

でも、逆のいい方をすれば、「今、がんばれば、来年はこの生活から抜け出せる。」と思いながら、自分に気合を入れていました。

財務・会計で不明な点があれば、いつでもコメントしてください。

以上、おとでした。


P.S 紫雲和尚と私は、今日が誕生日



財務・会計が苦手の読者の皆様

世の中はGW真最中ですが、どんなGWを過ごしていますか?
GWは、本試験前でじっくりと時間が取れる最後のチャンスです。ここで苦手科目を克服して、残りの3ヶ月を戦略的に使えるようにスケジューリングしましょう。

さて、いつもは過去問の解説を書いているんですが、今回は渾身シリーズということで、いつもとは、違った視点で書きます。

今回の渾身シリーズで、私がお伝えしたいことは、次の4つです。

◆何が分からないのかを理解する
◆やらない事を決める。
◆それって本試験で使えますか?
◆試験は後半のファイナンスから解く

 

順番に説明していきます。

何が分からないのかを理解する

最近、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』という本が売れているようですね。その内容には賛否があるようですが、少なくても成績が上がったことは事実です。

財務・会計が苦手な方は、60点なんて絶対に無理と思っていませんか?足切りしないように40点以上あればいいと同じ思っていませんか?

私は、財務・会計のスキルは診断士として必須のスキルだと信じているので、本試験で60点をとることにこだわり続けたいとおもっています。

では、なんで財務・会計って点数がとれないのでしょう?
私は、数多くの財務・会計が苦手な方にお会いして、いくつかのパターンがあることに気づきました。

①そもそも数字が嫌い
学生の時に数学の授業で、Y=aX+bなどの方程式が出てから数字に対して拒否反応がでるようになり、文系の道を歩んだパターン

②何を言っているんだか分からない
他の科目は解答解説をよめばわかるのに、財務・会計だけは、解説を読んでも全くわからない。また、その時はわかっても、しばらくたつと、同じ問題で間違えてしまう。

③途中の計算で計算間違えしてしまう。
計算機を使えない1次試験では、焦って計算してしまって、途中の計算を間違えてしまう。

これらに当てはまる方には、下記のチェックリストに従って、何がわからなかったのかを、きちんと整理することをおすすめします。

 

【レベル1】この問題で出された単語の意味が分からない。
<対策>
受験校のテキストってよくできていますが、やはり万人向けの内容になっています。またページ数の関係上、内容を省略していることもあります。
でも、この道場ブログは、違います。受験生の立場で詳細に書いていますし、ページ数の制限もありません。また、道場のブログって、カテゴリーで分けられているのをご存じでしょうか?下記のURLでは財務・会計の記事だけを抽出できます。ここをクリックしてみてください。
http://rmc-oden.com/blog/archives/category/02-%E8%B2%A1%E5%8B%99%E4%BC%9A%E8%A8%88

きっと単語の意味を詳しく解説している記事が見つかるはずです。

 

【レベル2】この問題でつかう方程式が思い出せなかった。
<対策>
このような方は、下記の方法をおすすめします。
(1)手書きの暗記ノート(サブノート)を作る
一回使った公式を暗記ノート(サブノート)に書く。これを常に携帯してください。ポイントはパソコンで書くのではなく、“手書き”ということです。手で書くとことで、記憶の残りやすくなります。
(2)余白に公式を書く
問題を解くときは、必ず余白に公式を書く
公式は暗記しただけでは、不十分です。問題が出てきたら、反射神経的に公式が余白に書けるようになるまで繰り返すことが必要です。

 

【レベル3】途中の計算でいつもミスしてしまう。
<対策>
財務・会計の問題は全部で25問(1問あたり4点)ですが、計算問題は全体の4割~5割程度です。その他は計算が不要な知識問題です。計算に時間がかかりそうな問題は後回しにして、時間がかからない知識問題から解くことも対策の一つです。
また、計算機を使えないということは、出題者も綺麗に割り切れるように問題を作っていることが多いです。途中で中途半端な数字になったときは、「間違えているかも?」とおもって、計算をやり直してください。

このように、まずは、なにが分からないかを理解し、それに対して、適切な対策をとることが重要です。

 

 

やらない事を決める。

財務・会計の出題範囲は、T○Cの参考書によると11のテーマに分かれています。診断士の試験は全部で7科目もあり大変なのに、財務・会計の11テーマをすべてやるのは時間のムダです。効率性を考えて、やらないテーマを決めるべきです。私がおすすめする、やるテーマ・やらないテーマとその理由は下記の通りです。

 

テーマ 対策
(1)財務・会計とは
(2)財務諸表概論
(3)経営分析 ◯2次にもつながるので、確実に得点したい。
(4)管理会計 ◯CVP、貢献利益は頻出テーマ
(5)意思決定会計 ◯正味現在価値は2次にもつながる。但し、複雑な計算は不要。
(6)ファイナンスⅠ企業財務論 ◎25問中ファイナンスの問題は10問前後 ここをとれれば40点は確保できる。また、難易度がA~Bの易しい問題が多い
(7)ファイナンスⅡ証券投資論
(8)貸借対照表および損益計算書の作成プロセス X簿記の範囲。出題範囲が広く、難易度が高いので、深入りしない。
(9)キャッシュフロー計算書の作成プロセス △計算が複雑なので深入りしない。
(10)原価計算 ◯ここまでできると60点に近づく。60に到達できるかどうかの分かれ目
(11)会計規則 X出題範囲が広く難易度が高いので深入りしない。

また、過去の道場のブログで、暗記と理解の分かりやすい表があったので、ここでも紹介します

財務会計:「公式」暗記対策ヒント集

 

 

それって本試験で使えますか?

ここが一番重要です。
一生懸命暗記しても、本試験で使えなかったら、それを知らなかったということと同じ意味です。
ここって分かっているだけど、どうだったけなぁ?」ということは、本試験では一切考慮されません。

つまり、”知っている”と”使える”は、一見、似ていますが、ここに大きな隔たりがあります。

問題を解くときは、それって本当に本試験でも使えるのか?を自問自答してください。
自問自答の中で、これってムリだなと思ったら、捨てるのも方法の一つです。

 

 

解答する順番

問題を解く順番って考えていますか?
もしかして、第1問から解いていませんか?

企業経営理論の場合は、難易度が低い順に、①マーケティング、②経営戦略、③組織論、④人的管理の順に解くといいと道場でも進めています。

 

財務・会計の場合は、第1問~第5問までは簿記や制度会計の難易度が高い問題が多く、それらを最初に解くのはダメです。

私のおすすめは、後ろから解くことです。

問題の後半は難易度が低いファイナンスの問題が多くあります。また、途中で計算量の多い問題があったらそれも飛ばしましょう。計算量の多い問題にはまっていしまい、それに10分を費やして、結局Xだったといことはそれだけで致命傷です。

 

まとめ

今日まとめは下記の通りです。

◆何が分からないのかを理解する
何か分からないかを理解しないと、対策が立てられない。まずは、自分の分からない点を理解する。

◆やらない事を決める
主題範囲の全部をやる必要はない。頻出論点を重点的に効率的な学習を

◆それって本試験で使えますか?
本試験で使えない勉強は無意味です。常に本試験で使えるかどうかをしてください。

◆試験は後半のファイナンスから解く
本試験での60分の使い方は重要です。後ろのファイナンスの分野から解くことを進めます。

以上、おとでした。

60点目指して頑張ってください。



 

10分でわかる株式指標

今回はちょっとマイナーな論点です。
株式指標とは、PBRとか、PBRなどの暗号(?)のようなアレです。マイナーな論点ではありますが、出題実績を見ると出題頻度は過去5年で5回と毎年出題されされています。

出題実績

H22 第19問 配当性向、配当利回り
H23 第20問 PER PBR
H24 第20問 PER
H25 第20問 PER
H26 第20問 PBR
→ 毎年出題されています。

この株式指標は、マイナーなので、勉強計画から外してステ問としている方も多いと思いますが、これから10分で解説することを理解すれば、十分に本試験で得点可能となるはずです。

それでは、始めます。

 

ポイント

株式指標はパズル問題

試験対策上は、株式指標問題はパズル問題です。深い株式の知識は不要です。
覚えることは、下記の5つの記号だけです。

E:純利益(Earning)
S:株式総数(Share)
B:純資産(Book value)
P:時価総額(Price)
D:配当総額(Dividend)

 

上記の式を実際の指標に当てはめた図は、下記の図です。こちらも参考にしてください。

 

( クリックすると大きくなります。)

 

 

過去問

いつものように、過去問を例題としながら、パズルを解く方法で解説していきます。

過去問 H24 20(改題)
次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。企業価値の評価手法には、伝統的な企業業績評価手法であるデュポン・システムを応用したものがある。これによれば株価は、1株当たり当期純利益と【A】との積に分解され、さらに1株当たり当期純利益は1株当たり純資産とROEとの積に分解される。
(設問1)
文中の空欄Aに入る用語の組み合わせとして最も適切なものはどれか。
ア BPS
イ PBR
ウ PER

 

【正解】

【解説】
株価を5つの株式指標で表現すると、時価総額(P)÷株式総数(S)となります。
同じく、1株当たりの当期純利益をこれで表すと、当期純利益(E)÷株式総数(S)となる。
ここまで分かれば、あとはパズルです。


簡単なパズルを解くように、問題を解くことができます。

 

過去問 H25 20
次のデータに基づき、以下の設問に答えよ。

PBR ROE 自己資本比率 配当性向 配当利回り
1.2 10% 60% 36% 3%
(設問1)
自己資本配当率(DOE)として、最も適切なものはどれか。ア 3.6%
イ 7.2%
ウ 21.6%
エ 43.2%

 

【正解】

[難易度B]
【解説】
まず、自己資本配当率(DOE)を考える前に、設問にあるそれぞれの指標を、この表を使って、下記のように分解します。
なんでこうなるのか、順番に説明します。
PBR

これは、5つの記号に従うと、P÷Bになります。

ROE

ROEは今回の5つの記号に当てはまらないのですが、有名な指標なので、これだけは、別で覚えてください。ROEとは、「Return on Equity」の略で、純利益(E)÷純資産(B)になります。

自己資本比率

これは大丈夫ですね。自己資本比率を上記の記号で表すと、純資産(B)÷総資産(Assett)になります。総資産は、使わないのでこれは無視です。

配当性向

配当性向は、純利益に対して、どれくらい配当金を支払うのかの比率です。5つの記号に当てはめると、配当総額(D)÷純資産(E)になります。

配当利回り

最後に配当利回りです。これは、時価総額に対して配当金がどれくらいかの比率です。5つの記号に当てはめると、配当総額(D)÷時価総額(P)になります。

 

次に設問要求である、自己資本配当率(DOE)を分解します。

自己資本配当率(DOE)

自己資本は、B/Sの右下にある純資産(B)のことです。また、もう一つの値は配当総額(D)となり、自己資本配当率は、配当総額(D)÷純資産(B)と表現することができます。

 

ここまででれば、あとはパズルです。
与えられた指標の中から、設問要求である、DBを含んでいる指標を探します。PBRにPBが、配当利回りにDPがあったので、これを

式にしました。


よって答えはアです。 

 

(設問2)
PERとして、最も適切なものはどれか。ア 2倍
イ 3.3倍
ウ 12倍
エ 40倍

 

【正解】

[難易度B]
【解説】
PERは、時価総額(P)÷当期純利益(E)なので、設問1と同様に逆算する。上記の指標の中で、時価総額(P)と当期純利益(E)が含まれている指標を捜します。よって答えはウです。

いかがだったでしょうか?

このように株式指標は、これら5つの指標を覚えるだけで、ほとんどの問題に対応することができます。財務会計の場合、1問あたり4点の配点であることが多いです。419点で泣くことなく、その1点を確実に積み上げて、合格を目指しましょう。

 

まとめ

 

株式指標で覚えるべきは、下記の5つだけ

E:純利益(Earning)
S:株式総数(Share)
B:純資産(Book value)
P:時価総額(Price)
D:配当総額(Dividend)

上記の式を実際の指標に当てはめた図は、下記の図です。こちらも参考にしてください。

( クリックすると大きくなります。)
以上、おとでした。

—————緊急告知!—————

東京&名古屋にて、セミナーを開催します!

名古屋編
1次試験・2次試験それぞれに向けて、この時期の心構えや、財務・会計の学びのキモなど、道場メンバーがとっておきの秘訣をお伝えします!
東京と同様に、個別相談コーナーもご用意しています。

東京編
1次試験受験者にとって天王山となる5月から8月にかけて、どう学習計画を立て、どのような心構えで過ごしたら良いのか?
道場メンバーが合格するためのポイントをお伝えし、一人ひとりのお悩みにも個別にお答えします。

皆様の不安解消に、本セミナーをご活用下さい!

人数に限りがあり、定員となり次第締め切りとさせていただきます
奮ってお申し込みくださいませ。

詳細とお申込みについては、
⇒名古屋はこちらから
⇒東京はこちらから

—————————————–



おとです。

いつも道場ブログをお読みいただきありがとうございます。

今回は、私(おと)も、診断士協会の個人情報開示を請求した結果、自分の点数が分かりましたので、お知らせするとともに、予想点数分布図を作成しましたので、お伝えします。

まず、自分の結果です。

おと

事例Ⅰ 事例Ⅱ 事例Ⅲ 事例Ⅳ 総合
66 55 55 68 61
A B B A A(合格)

私って、平均で61点でギリギリだったんですね。自分でもギリギリだったと予想はしていましたが、まさかほんとだったとは驚きです。

これにより、現在3名の合格者の点数が分かりました。

 

1人目

岡崎教行
http://rmc-oden.com/blog/archives/75923

事例Ⅰ 事例Ⅱ 事例Ⅲ 事例Ⅳ 総合
49 69 50 79 61.75
C A B A A(合格)

 

2人目

handys97様

http://rmc-oden.com/blog/archives/76842

事例Ⅰ 事例Ⅱ 事例Ⅲ 事例Ⅳ 総合
72 61 58 75 66.5
A A B A A(合格)

 

 

ここまでわかってくると、道場としては、どこの受験校より素早く、受験生が一発合格するために分析をしたくなってきました。

計算の根拠は後述しますが、2次試験の予想点数分布図を作りました。


クリックすると大きくなります。

このグラフから、以下の事がいえます。

①絶対評価
2次試験は相対評価と言われていたが、点数が開示されたことにより、絶対評価であるといえる(ただし合格率調整のための得点調整の疑義はまだあり)。

②合格Aランク実力者
道場で常に言っている合格Aランク実力者は存在し、合格と不合格の差は紙一重
10点きざみだと
220~229点 656人  不合格
230~239点 548人  不合格
240~249点 476人  合格  → 岡崎とおとはココ
であり、ここが合格Aランク実力者といえます。
合格Aランク実力者とは?
http://rmc-oden.com/blog/archives/70602

③道場メンバーの順位は?
この分布によると、道場メンバーの岡崎と私(おと)は合格スレスレです。
合格者1,185人中247点の岡崎は、分布図から逆算すると1,185人中793番、244点の私は954番です。

④Winner takes all
でも、Winner takes all の現実は動かせない。
【合格発表後】Winner takes all
http://rmc-oden.com/blog/archives/71850

★注意★
この数値は、あくまでもおとの個人的な仮説による統計学手法により作成した予想点数分布です。実際の点数分布を表すものではありません。また、このデーターに基づき発生したいかなる損害についても、道場では補償しません。

 

 

◆計算方法◆

細かいので興味がある人だけが読んで下さい。
また、私は定量分析の専門家ではないので、この種類の分析に詳しい方がいらっしゃれば、この方法が適切かご指摘ください。

事実として判明していること(Fact)
受験者数 4,885人(母集団)
合格者数 1,185人
合格率 24.3%

仮説
受験生の得点は正規分布(偏りがない)であること

グラフを作る為に必要な数値
標準偏差

<プロセス① 平均点>
標準偏差を求めるためは平均点が必要です。
協会からは当然に平均点は公開されていません。ただ、1受験者試験については、受験校が受験生から集めたリサーチの結果を公開しています。手元にL社の7科目の平均点があり、この平均点が700満点で384.9点でした。
1次試験と2次試験の合格率は、例年20%前後なので、難易度が1次試験と2次試験が同じであると仮定します。
1次試験の平均点が、700満点で384.9点なので正解率は54.98%です。これを2次受験者試験に当てはめると400満点中の54.98%の正解率で219.9点の平均点になります。

<プロセス②標準偏差>
次にエクセルの「NORMINV」関数に平均点を219.9と入力し、240点が全体の24.3%なる標準偏差を逆算します。
エクセルに「=NORMDIST(240,219.44,29.5,TRUE)」を入力すると、「0.757・・」と表示されます。
この意味は、240点は、平均点が219.44点で標準偏差が29.5の時に、下から数えて75.7%だということです。
下から数えて、75.7%ということは、上から数えた合格率は24.3%となります。
その結果、標準偏差が29.5の時に、240点が全体の24.3%になりました。

<プロセス③ 受験生の点数分布>
標準偏差と平均値が分かれば、同じくエクセルのNORMINV」関数を使って、受験生1,185人分の特典を乱数表示させます。
「=NORMINV(RAND(),219.44,29.5)」を1,185人分コピーすると乱数表示される。

<プロセス④ グラフ表示>
乱数表示させた得点は、平均値219.9点、標準偏差29.5で正規分布しているので、それをグラフ表示します。

<プロセス⑤確認>
グラフを見ると、当初の見込み通り、240点で合格率が24%前後になっています。
→完成

 

 

以上、おとでした。

 



 

さて、10分で分かるシリーズもこれで2回目、第1回目はこちらをご覧ください。

10分でわかる「オプション取引と為替予約」

2回目は、頻出論点であるキャッシュフロー(CF)です。

キャッシュフローってなに?

一言でいうとお小遣い帳です。

「現金(キャッシュ)が増えたらプラス、現金(キャッシュ)が減ったら減ったらマイナス。」これだけです。でも、これだけなのに、なんで難しいんでしょう。それは、会計上の利益と現金(キャッシュ)の流れ(フロー)が違うことが原因です。

これから現金の流れの事をキャッシュフローといいます。

では、なんで会計上の利益とキャッシュフローが違うんでしょうか?諸悪の根源は「減価償却」の存在です。

「減価償却」がわかれば、キャッシュフローも同時に理解できます。

 

じゃぁ、減価償却ってなに?

減価償却について、詳しく説明するとお約束である10分を超えてしまうので、ここでは減価償却=「つもり貯金」と覚えてください。

つもり貯金って、「タバコをすったつもり」とか、「美味しいものを食べたつもり」で、その金額を貯金するアレです。

これから減価償却の事をすべて「つもり貯金」と書きます。

説明するより、実際の問題で説明したほうが理解しやすいので、例題で説明します。

 

例題

例題①


◆問題

100円の売上がありました。50円の仕入があって、税引前利益が50円でした。
利益から40%の税金を引かれました。
手元にいくらのこっているでしょうか?

◆答え

税引前利益である50円に対して40%の税金がかかるので、
50×40%=20円が税金となる。
利益の50円から税金の20円を引くと
50-20=30円(税引後利益)なので、手元に残るお金は30円となります。

答え 30円

これは大丈夫でしょうか?
単純な計算ですね。まずは、ここを理解してください。また、このような減価償却を含む問題を理解するには、BOX図が最適です。

この図は、右の売上がキャッシュインフロー(CIF)、左側の経費と利益がキャッシュアウトフロー(COF)を表しています。これからこのBOX図をつかってすべての問題を説明していきます。

この青色の部分が、手元に残るお金(キャッシュフロー)となります。

★Point★
税引後利益が30円で、手元に残るお金も30円で同じ金額になります。これは、つもり貯金がないからです。

 

 

例題②


◆問題

100円の売上がありました。
50円の仕入と20円のつもり貯金をしました。税引前利益が30円でした。
利益から40%の税金を引かれました。
手元にいくらのこっているでしょうか?

◆答え

税引前利益である30円に対して税金がかかるので、
30円×40%=12円が税金となる。
税引前利益の30円から税金の12円を引くと18円(=税引後利益)残ります。
さらに、これ以外に20円のつもり貯金もあるので、
18円+20円=38円が手元に残る金額となります。

答え 38円

今度は、つもり貯金がはいりました。税引後利益の18円と、つもり貯金の20円が青色になっています。この合計が、手元に残るお金(キャッシュフロー)となります。

★Point★

税引後利益が18円で、手元に残るお金が38円です。これは、つもり貯金が20円あるからです。

 

 

例題③


◆問題

100円の売上がありました。50円の仕入と40円のつもり貯金をしました。税引前利益が10円でした。利益から40%の税金を引かれました。
手元にいくらのこっているでしょうか? 

◆答え

利益である10円に対して税金がかかるので、
10円×40%=4円が税金となる。
税引前利益の10円から税金の4円を引くと6円(=税引後利益)残ります。
さらに、これ以外に40円のつもり貯金もあるので、
6円+40円=46円が手元に残る金額となります。

答え 46円

今度はつもり貯金の額が増えています。税引後利益は6円に減りますが、つもり貯金が40円あるので、手元に残るお金は先ほどの38円より増加して、46円となります。

 

★Point★
税引後利益が6円で、手元に残るお金が46円です。これは、つもり貯金が40円あるからです。

 

BOX図で秒殺

このように、難しい計算でもBOX図を書くと、問題を秒殺することができます。

財務の問題は、60分で約25題の問題を解くことが必要です。見直し時間を考慮すると、実際に問題を解く時間は1問あたり2分位しかありません。そのため、「公式ってなんだっけなぁ?」と考えている暇はありません。

問題を読んだら、反射的にBOX図を書けるようになる必要があります。

また、念のため、営業キャッシュフローとフリーキャッシュフローの公式も書いています。原則としてBOX図で解いていますが、公式をサブとして覚えておくことで、問題に変化が出たときに対応することができます。

 

営業キャッシュフローの公式

営業CF=営業利益(1-税率)+減価償却費-運転資金差額

 

フリーキャッシュフローの公式

FCF=営業CF - 投資CF

 

 

過去問

実際に試験で使えるようになるためには、過去問が大切です。3問の過去問を出しますので、これまで覚えた「つもり貯金」を使って解いてください。

 

 

◆過去問 H24 13


次のデータに基づいて、営業キャッシュフローを求めた場合、最も適切な金額を下記の解答群から選べ。
売上高:       100百万円
現金支出を伴う費用: 50百万円
減価償却費:     15百万円
実効税率:      40%

[解答群]
ア 21百万円
イ 35百万円
ウ 36百万円
エ 45百万円

◆答え


[難易度B]

【解説】
この問題は、先ほどまでやったBOX図で秒殺できます。売上高が100で費用が50で、減価償却が15なので、税引前利益は、
100-50-15=35になります。
税金が35に対して、40%かかるので、税金は
35×0.4=14
税引後利益は
35-14=21になります。
よって営業キャッシュフローは、15+21=36でウになります。

 

 

◆過去問 H22 12


A社の損益に関するデータは以下のとおりである。A社の減価償却費は1,000千円であり、これは全額更新投資にあてられる。また、実効税率は40%であり、運転資本の増減はない。このとき、A社のフリー・キャッシュ・フローの金額として最も適切なものを下記の解答群から選べ。
(単位:千円)
営業利益  10,000
支払利息  4,000
税引前利益 6,000
法人税等  2,400
当期純利益 3,600
[解答群]
ア 4,600
イ 6,000
ウ 7,000
エ 7,400

◆答え


[難易度D]

【解説】
ここではちょっとだけ、公式をつかいます。フリーキャッシュフローは、原則として営業利益から求めます。そのため、与えられたデーターの、支払利息、税引前利益、法人税等、当期純利益はひっかけの情報です。ここで使う情報は、
営業利益 10,000
減価償却費 1,000
税率 40%
の3つだけです。売上や費用は分かりませんが、営業利益と税率が分かれば、税引後営業利益は計算できます。計算方法は下記の通りです。
税引後営業利益=営業利益×(1-税率)
=10,000×(1-0.4)
=10,000×0.6
=6,000
また、この問題の難易度がDなのは、ひっかけがあるからです。設問文に「A社の減価償却費は1,000千円であり、これは全額更新投資にあてられる。」とありますが、これは何の意味があるのでしょうか?ここはBOX図では説明できないので、公式が必要になります。フリーキャッシュフローの公式は、FCF=営業CF - 投資CF

また、これに営業CFの公式を代入すると、
FCF=営業利益(1-税率) + 減価償却費 - 運転資金差額 - 投資CF


でした。「A社の減価償却費は1,000千円であり、これは全額更新投資にあてられる。」の意味は、「キャッシュがプラスになる減価償却と、キャッシュがマイナスになる投資が同じ1,000千円なので、受験生は、これについては、プラスマイナスゼロになるので、考慮しなくていいよ。」ということです。

設問文から、この意味を読み取れるかどうかがポイントでした。
つまり、最終的には、税引後利益である、6,000だけが、キャッシュフローとなり、答えはイになります。

 

 

★Point★

減価償却費として1,000あるが、投資が同じ1,000だけあるので相殺されて、フリーキャッシュフローは、6,000となる。

 

 

 

◆過去問 H20 24


投資額500万円を必要とし、経済命数5年、各年度の減価償却費100万円の投資案の税引後キャッシュ・フローが220万円と予想されている。この投資案の税引後会計的投資利益率を算出するとき、最も適切な税引後利益額はどれか(単位:万円)。
ただし、実効税率40%とし、減価償却費以外の費用および収益はすべてキャッシュ・フローとする。
[解答群]
ア 120
イ 132
ウ 280
エ 320

◆答え


[難易度D]

【解説】
ここは、先ほどと同じく難易度はDですが、BOX図を使えば、解くことができます。ここで使う情報は、
減価償却:100万円
税引き後キャッシュフロー:220万円です。
求められていることは、税引後利益なので、単純な計算で
220-100=120
となります。
BOX図がかければ秒殺できる問題でした。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

このBOX図を使えば、D難度の問題でも、秒殺することができます。

是非、これをマスターして頂き、キャッシュフローを得点源としてください。

 

●BOX図がかければ、キャッシュフローの問題は秒殺

 

 

 

次回のテーマにあげてほしいことがあれば、コメントしてください。

以上、おとでした。

 

—————緊急告知!—————

東京&名古屋にて、セミナーを開催します!

東京編
1次試験受験者にとって天王山となる5月から8月にかけて、どう学習計画を立て、どのような心構えで過ごしたら良いのか?
道場メンバーが合格するためのポイントをお伝えし、一人ひとりのお悩みにも個別にお答えします。

名古屋編
1次試験・2次試験それぞれに向けて、この時期の心構えや、財務・会計の学びのキモなど、道場メンバーがとっておきの秘訣をお伝えします!
東京と同様に、個別相談コーナーもご用意しています。

皆様の不安解消に、本セミナーをご活用下さい!

人数に限りがあり、定員となり次第締め切りとさせていただきます
奮ってお申し込みくださいませ。

詳細とお申込みについては、
⇒東京はこちらから
⇒名古屋はこちらから

—————————————–



一発合格道場の読者の皆さま
おとです。

いつも、道場ブログをご覧いただきありがとうございます。今年も、一発合格に向けた恒例の春セミナーを開催します!

テーマは

「今年合格するために、残り100日をどう過ごすか」です。

平成27年度の試験日程はまだ発表されていませんが、1次試験は、例年8月上旬に行われます。このセミナーを開催する4月29日からは本試験までは、残り約100日。

1次試験合格に向けて勉強中の受験生の皆さま。



・勉強は予定通り進んでいますか?


・答練の点数は十分に取れていますか?


・苦手科目はありませんか?


・もしかして今年は科目合格でいいやなんて思っていませんか?





「今はまだ実力不足で今年は無理かも~」と正直思っているそこのあなた!残り約100日の過ごし方如何で、1次試験に合格することは十分可能です。これ、ホントです。

我々一発合格道場のメンバーが、悩める受験生のために、予備校で教える勉強とは違う視点でのノウハウや、普段のブログ記事だけではお伝えきれないことを披露します。また、皆さん一人ひとりが抱えている悩みや不安、疑問点に、一発合格道場のメンバーが直接お答えします。

さらに、独学や通信で学ばれている方にとっては、合格まで共に励まし合える仲間をつくる場でもあります。加えて、他の受験生がどの程度のレベルなのかを肌で感じることができる良い機会でもあります。

昨年も実施し、受験生にたいへん好評だった、あっと驚く「お土産」を今年もご用意しております。

この春セミナーで、合格に向けて、大きなアドバンテージをぜひ掴みましょう!

開催概要

日時   2015年04月29日(14:00~16:30  受付開始13:45)
開催場所 東京都中央区
(場所の詳細は、申し込み時に記入したメールアドレスにご連絡します)
参加費  500円(税込)
定員   35人(先着順)

内容
第1部(14:00~15:30)
 プレゼンテーション
  ①診断士試験とは?
  ②合格する残り100日の使い方
   (1)GW編
   (2)6月模試編
   (3)直前期編

第2部(15:30~16:30)
 グループディスカッション
 事前アンケートに基づく一発合格道場メンバーとのお悩み相談

お申し込みはこちらから

(※)今日のブログは、キャッシュフローを予定していたのですが、春セミナの告知に変更になりました。次回のブログでキャッシュフローを書きますので、それまでお待ちください。



皆様のご参加をお待ちしています。

おと



全国の一発道場の読者の皆様、こんにちは、2回目の投稿のおとです。

前回のCVPの記事はいかがだったでしょか? 私も周りにも、財務が苦手な人が多く、そんな人たちに役に立つ内容にしていきたいとおもっていますので、末永くよろしくお願いします。

さて、本題に入ります。

試験でよく出る「オプション取引と為替予約」って、きちんと理解していますか。ちなみに、昨年の2次試験でも出題されました。

まずは、前回のCVPと同様に過去の出題実績をまとめます。

年度 H21 H22 H23 H24 H25 H26
1次試験
2次試験

このように、数多く出題されています。

このオプション取引についてテキストにこう書かれています。

「オプション取引とは、買う権利と売る権利の2種類があります。買う権利をコール、売る権利をプットという。」

初めて聞く人は全く分からないですよね。
今回のタイトルは、批判を恐れずに「10分でわかる」と書いています。10分でわかっていただけるように、極力わかりやすく説明します。

 

概要

わかりやすくするために、このオプションと為替予約を、婚活に置き換えて説明します。結婚観についてやや偏った表現になっていますが、わかりやすく説明するためです。まったく他意はないのご了承下さい。
婚活

市場取引
婚活のこと。
どんな人と結婚できるか分からない。

為替予約
婚約のこと。
相手の年収は決まっている。婚約の破棄はできない。

オプション
拒否権付き婚約のこと。
自分の都合で婚約を破棄してもいい拒否権付きの婚約
でも、相手側は相手の都合で破棄することができない。自分だけが選ぶ権利をもつ。結婚式当日までに婚活パーティーに行って、イケメンがいれば、そっちを選べる。いなかったら、婚約した相手と結婚できる。

なんか、オプションって、自分にとって都合がいい感じがしませんか?そうです、オプションって自分だけが選ぶ権利がある都合のいい取引なんです。

為替予約は約束です。約束を破ると、大きなキャンセル料が発生します。婚約破棄と一緒ですね。簡単にいうと、為替予約とオプションの違いはこれだけです。

でも、これだけじゃぁ試験に対応できないので、もう少し試験につかえるように説明します。

 

 

前提条件
日本の会社(D社)が金額が1ドルの商品を海外の会社から輸入。
契約したときは、1ドル=100円だった。
支払いは後払いで、支払い時の為替が、円高なるか円安なるかはわからない。

 

市場取引

商品を買う(輸入)
まず商品を買います。買った後に海外の会社へ1ドル払います。単純な取引ですね。

Option1

商品を買って1ドルはらう。 

でも、この会社は日本の会社です。ドルなんて持ってません。そのため、ドルをどこかから、持ってくる(買う)必要があります。

ドルを持ってくるには、その日の為替レートで、ドルを買う必要があります。為替レートって、テレビのニュースに毎日でているアレです。ちなみに3月1日現在の為替レートは、119円です。

その日の為替レート(相場)でドルを買うことを、市場取引と言うことにします。

市場取引は、いくらで1ドルを買えるか分からない

→ 損するか得するか分からない

 


D社は契約時の為替レートが、1ドル=100円だったので、100円で買うつもりでした。でも、その後、しばらくたつと為替レートは変わるので、支払時に1ドルがいくらになっているか分かりません。

 

もし、1ドルが150円になっていたら、100円で買えるはずなのに150円必要となるので、50円も損しちゃいます。この50円の損を、為替差損といいます。

150円はらって1ドルを買う

→ 50円の

 

逆に1ドルが50円になり円高になると、100円で買おうと思っていたが、50円で買えるので100円-50円=50円で、50円の得になります。これを為替差益といいます。

50円はらって1ドルを買う

→ 50円の

 

為替の変化に対して、なにも対策をしなければ、損したり、得したりします。これを為替リスクっています。

なんとなく、リスクって、イヤな感じがしますよね。でも、このリスクを避ける方法があります。これが、為替予約とオプションです。それぞれを説明します。

 

為替予約
為替予約の全体像は次の通りです。

100円はらって1ドルを買う約束

→ もしない 

 

★Point★

ここでのポイントは、銀行と約束した為替レートは、お互い必ず守るということです。つまり、D社も銀行も必ず1ドル=100円で交換します。逆の言い方をすると、D社にとっては、支払い時の為替がどうなっても、為替の変化を気にすることなく、確実に100円で1ドルを手に入れることができるということです。

 

オプション

オプションの全体像は↓の通りです。

100円はらって1ドルを買う場合と

いくらで買えるか分からない市場取引の2つを選べる。 

→ 最大の損は手数料だけ、得することもある。

 

★Point★
ここでのポイントは、銀行と市場取引と、どちらか自分の都合のいい方で決めていいということです。最初に言った「結婚式当日までに婚活パーティーに行って、イケメンがいれば、そっちを選べる、いなかったら、婚約した相手と結婚できる。」ということと同じことです。

 

これをグラフにすると

 

市場取引
1ドルを100円と想定していたので、為替が変わると損したり得したりします。

例えば、円高になって1ドルが50円になれば、100円のものが50円で買えるので50円の得です。円高になって海外ブランドが安く買えるということです。

また、逆に円安になって1ドルが150円になると、100円で買うつもりだったのが150円になるので、50円損しちゃいます。今は円安なので、海外で作ってるiphoneが値上げになりました。
そのため、グラフは下記のようなグラフになります。

円高になる → する

円安になる → する

 

為替予約

次に為替予約です。
先ほども言いましたが、為替予約は、婚約するということです。婚約して結婚するまでに、イケメンが表れても、そちらには乗り換えられないということです。そのため、円高になって得する(イケメン登場)はずが、そのチャンスを逃してしまい、損な気分になってしまいます。また、婚約した後で、周りを見回したら、イマイチの相手しかいなかった場合は、「私の眼は確かだったんだ」と得した気分になります。これが円安の状態です。
そのため、グラフは、下記のようなグラフになります。

円高になる → する

円安になる → する

 

オプション

最後に、オプションです。これは「拒否権付き婚約で、自分の都合で、婚約を破棄してもいい前提で婚約する。」と言いました。つまり、婚約した後に、周りを見回してイケメンがいれば、その人に乗り換えてもいいし、いなかったら、そのままでOKということです。

これをグラフにするとこうなります。

円高になる → 手数料支払いだけ

円安になる → する

円高になった場合は、得するチャンスが増えたら手数料だけ払って、そちらに乗り換えるということです。この手数料分だけが損失になります。

また、円安になった場合は、乗り換えると損しちゃうので、今決まっている婚約者とそのまま結婚します。円安になればなるほど、つまり、周りがダメダメになるほど、今の婚約者の条件が相対的にいい条件となり、利益が増えます。ただし、手数料はどちらになっても払う必要があります。
このグラフが教科書によく出てくる、オプションのグラフです。

 

最終的な結果をグラフにすると

為替予約
為替予約の場合は、為替がどうなっても、最終的な損益に影響を受けません。

相場取引 為替予約 その結果
為替の変動によって、損したり得したりする(為替リスクあり) 為替予約することにより、相場取引と反対の損益を約束する。 その結果、為替の変動によって、損も得もせず、為替リスクが発生しない状態を作る

 市場取引+為替予約=損益なし(為替リスクなし)

 

オプション
オプションの場合、円高になって得するチャンスがでたので、手数料を払い、新しい方に乗り換えて利益がでます。
円安になった場合は、為替予約した時と同じように、自分で決めた婚約者と一緒になるので、為替がどうなっても最終的な損益に影響を受けません。

相場取引 オプション取引 その結果
為替の変動によって、損したり得したりする(為替リスクあり) 円高の時は、手数料を払って、相場取引(イケメン)に乗り換える。円安の時は、権利を行使して100円でドルを買って得する。 その結果、為替の変動によっての最大の損は、手数料だけ。得する場合もある。

市場取引+オプション=円高のときに得&円安の時に手数料だけ

 

今回のまとめ

市場取引
婚活のこと。
どんな人と結婚できるか分からない。
将来損するか得するかわからない。
為替リスクあり
為替予約

婚約のこと。
将来買う外貨の金額を決める約束をすることで、将来損も得しない。
為替リスク無し
オプション

拒否権付き婚約のこと。
自分の都合で婚約を破棄してもいい拒否権付きの婚約。
将来買う外貨の金額を決めるが、その時に自分にメリットが無ければ、買わなくてもいい。
将来の損は手数料だけ、為替差益があることもある

 

 

リンク集

 

コールとプットの違いは、こちらを読むと理解できます。

財務公式シリーズ(2/6) 一生忘れないコール・プット

 

 

 

最後に

この記事だと、なんとなく、ゆがんだ結婚観の人のように思われてしまうのが怖いですが、私は既婚です。

次回も財務ネタでいきます。

説明してほしいテーマがあれば、コメント欄からお知らせください。



一発道場の読者の皆さま。
この度、この道場の6代目としてブログを担当します、”おと“と申します。
まずは、簡単に自己紹介します。

自己紹介

都内の商社で働いている、アラフォー会社員です。
仕事の専門はリスク管理。40才になる前にこのままではダメだと一念発起して、診断士を目指しました。
受験歴は、
 2012年:1次科目合格
 2013年:1次合格 / 2次敗退
 2014年:1次合格(保険受験) / 2次合格
です。
仕事で財務諸表を毎日見ているので、得意科目は財務会計。
道場には受験生時代からお世話になっており、未合格体験記と合格体験記を投稿しました。
2013年未合格体験記
2014年合格体験記
また、これから1年間のテーマですが、多くの人が苦手としている財務と事例4について、重点的にブログを書きたいと思っています。

 

財務で60点、事例ⅣでA評価をとるためには?

今は2月。TACの日程では、暗記3兄弟の一つである、情報に入っているところですね。昨年に勉強した財務は、すっかりと忘れてしまった人も多いのではないでしょうか?
苦手とする人が多い財務ですが、私の財務に対する基本的な考え方は次の通りです。

 

(1)二次試験合格まで考えたら、簿記よりファイナンスの方が重要。
(2)財務は、暗記でも理解でもなく、解き方を体得することが得点アップのコツ。
(3)財務が苦手はな人でもこのブログを読み続けることで、財務で60点、事例4でA評価をとれるようになってもらいたい。

 

1次試験では年度別だけでなく、出題テーマ別に分かれている過去問が市販されていますね。でも2次試験では年代別はあるものの、出題テーマ別に分かれている過去問はないとおもいます(もし、あったら教えてください)。そのため、2次試験の出題テーマをまとめてみました。

 

最頻出★★★
 経営分析
 損益分岐点(CVP)分析
 キャッシュフロー(CF)
 正味現在価値(NPV)
頻出★★☆
 セールスミックス
 オプション・為替予約
たまに出る★☆☆
 ディシジョンツリー
今後これらの頻出テーマを、すこしづつ解説して行きたいとおもっています。

損益分岐点(Cost Volume Profit)分析

1次試験でほぼ毎年出題され、2次試験でも最重要論点の一つである、損益分岐点(CVP)分析について説明します。まず、過去6年間でどれくらいの頻度で出題されているのかまとめてみます。
<出題実績>
H21 H22 H23 H24 H25 H26
1次試験
第8問
安全余裕率
第9問
損益分岐点
第11問
変動費率
第11問
損益分岐点分析
第8問
安全余裕率
第7問
総資産営業利益率
2次試験
第3問
損益分岐点
第2問
グラフ作成
第3問
損益分岐点
第2問
損益分岐点

 

 

このように、損益分岐点(CVP)分析は、出題頻度が高く、特に2次試験では、3大頻出テーマである、経営分析、キャシュフロー、損益分岐点(CVP)分析の一つとなっています。
今回は、下記の2つに分けて、この最重要論点である、損益分岐点(CVP)分析を説明します。
(1)損益分岐点(CVP)分析の基礎用語
(2)過去問(損益分岐点の計算)

 

(1)損益分岐点(CVP)分析の基礎用語

 

①変動費(Variable Cost)
材料費などの売り上げに応じて増加する費用です。
②固定費(Fixed Cost)
工場の家賃等の売り上げの大小に関係せず固定的に発生する費用です。
③総費用(Cost)
変動費(VC)と固定費(FC)を合計したものが総費用(C)です。これで、すべての費用が分かりましたね。

 

変動費・固定費・費用
④売上高(Sales)
次にこの図に、売上高(S)のグラフを加えます。売上高(S)が少ない時は、売上高(S)より総費用(C)のほうが多いので、損失が発生します。その後、徐々に売上が増加し、ある点を超えたときから、利益(Return)が出るようになります。
⑤損益分岐点売上高(BreakEvenPoint)
この利益(R)が出る点を損益分岐点(BEP)といいます。いわゆる、損益トントンという状態です。

 

売上高(S) 損益分岐点売上高(BEP)
⑥変動費率(α)
最後に変動費率(α)を説明します。段々と覚える用語が増えてきましたが、これが最後なのでついてきてください。
変動費(VC)の角度のところに「変動費率(α)」とあります。これは、売上高(S)に対して、変動費(VC)が一定の割合を保ったまま変化することを表しています。その一定の割合のことを変動費率(α)といいます。

 

変動費率(α)
これを式で表すと
変動費率(α)=変動費(VC) ÷ 売上高(S)
となります。ここまでは大丈夫でしょうか?
これらの6つの用語をきちんと理解していないと、次に進んでも理解できないので、まずこれら用語をきちんと理解してください。

 

変動費(VC) → 売上高(S)によって一定の比率で変化する費用
固定費(FC) → 売上高(S)によって変化しない固定的な費用
総費用(C) → 変動費(VC)+固定費(FC)
売上高(S) → 売上高
損益分岐点売上高(BEP) →利益(R)がゼロの時の売上高(S)
変動費率(α) → 変動費(VC) ÷ 売上高(S) (0<α<1)

 

◆公式◆
これらの用語を使って、実際に出題される損益分岐点(CVP)分析を解くために必要な公式です。なぜ、この公式になるのかを説明することもできますが、長くなってしまうので、今回は省略します。

変動費率(α) = 変動費(VC) ÷ 売上高(S)
損益分岐点売上高(BEP) = 固定費(FC) ÷ (1-変動費(α))

これから、この公式を使って実際に問題を解いてみることにします。

 

(2)過去問(損益分岐点の計算)

財務会計の得点を上げるコツは、基本的な問題を数多く解いて、解き方を体得することです。アウトプットを繰り返すことで、解き方を体得すれば、本試験で出題形式が変化しても対応することができます。それでは、今まで理解した用語と公式をつかって、実際の問題を解いてみましょう。

 

【問題】
H22年第9問(改題)
当期の売上高と費用の内訳は次のとおりである。損益分岐点売上高を求めよ。
売上高(価格2,000円、数量400個)800千円
変動費320千円
固定費360千円

 

【解答】
損益分岐点(CVP)分析の問題の場合、まずは、変動費率(α)を求めます。
変動費率(α) = 変動費(VC) ÷ 売上高(S)
=320 ÷ 800
=40%
次に、公式に当てはめて、損益分岐点売上高(BEP)を計算します。
損益分岐点売上高(BEP) = 固定費(FC) ÷ (1一変動費(α))
=360 ÷ (1一0.4)
=360 ÷ 0.6
=600
答:600千円

 

大丈夫でしょうか?落ち着いて計算して、ケアレスミスの無いようにしてください。
できた方は、この問題の続きとして、もう一問解いてみてください。

 

【問題】
H22年第9問
当期の売上高と費用の内訳は次のとおりである。他の条件に変化はないものとして、販売価格が1,700円に低下した場合の損益分岐点売上高の変化として、最も適切なものを下記の解答群から選べ(単位:千円)。

 

売上高(価格2,000円、数量400個)800千円
変動費320千円
固定費360千円
[解答群]
ア-100
イ+80
ウ+100
エ+200

 

【解答】
先ほどの単純な問題とはやや異なりますが、求められていることがきちんと理解できれば、難易度は高くない問題です。問われていることは、

①価格が2,000円の時の損益分岐点売上高(BEP)を求める。

②1,700円の時の損益分岐点売上高(BEP)を求める。

③その差額を求める。
 です。

①価格が2,000円の時の損益分岐点売上高(BEP)を求める。

単価が2,000円の時の損益分岐点は先ほど求めました。
単価が2,000円の時の損益分岐点売上高(BEP)=600千円・・・

 

②1,700円の時の損益分岐点売上高(BEP)を求める。
次に単価が1,700円の時の損益分岐点売上高(BEP)を同じように求めます。

 

*注意*
ここで注意することは、販売単価が変わり、売上高(S)が変わっても、変動費(VC)は320千円で変わらないことです。変動費(VC)なのに変化しないというのは、なんとなく分かりづらい気がしますが、実際のビジネスでいえば、「顧客の要望で販売単価を下げたけど、変動費(VC)である原材料費は変わらない。」という状態です。当然に変動費率が下がってきます。
また、問題中の単位が円と千円の2つの単位が混在しています。単位を間違えてしまうと、最終的な答えも間違えるので、ケアレスミスをしないためにも、単位を揃えて計算することが重要です。今回は千円の単位に揃えます。

 

まずは、先ほど同様に変動費率(α)を求めます。
変動費率(α)=変動費(VC) ÷ 売上高(S)
=320 ÷ 1.7 × 400
=320 ÷ 680
=0.4705・・・

*注意*
一次試験の場合、電卓が使用できないのでほとんどの場合、きれいに割り切れる数字になります。途中の計算で、割りきれなかった場合は、自分の解答が間違っている場合か、計算せずにそのまま計算を続けると最後に割り切れるかのどちらかであることが多いです。ここでは割り切れなかったので無理に計算せず、そのまま「変動費率(α)=320 ÷ 680」で進めます。次に、公式に当てはめて、損益分岐点売上高を計算します。

損益分岐点売上高(BEP) = 固定費(FC) ÷ (1-変動費率(α))
=360 ÷ (1-320 ÷ 680)
=360 ÷ [(680-320) ÷ 680]
=360 ÷ (360 ÷ 680)
=360 × 680 ÷ 360
=680
単価が1,700円の時の損益分岐点売上高(BEP)=680千円・・・

 

③その差額を求める

求めることは、②と①の差額なので、
②680-①600=80・・・
答えはイになります。

落ち着いて計算して、ケアレスミスの無いようにしてください。
ここまでは大丈夫でしょうか?
ここでつまずくと、この先が苦しくなります。もし理解できなかった場合は、もう一度最初に戻って、確認してください。

 

合格を目指す方へのアドバイス

最後に、合格を目指す方へのアドバイスです。

財務の本試験では、60分間で約20問の問題を解くスピードが求められます。平均で1問あたり3分です。本試験の緊張感のなか、間違えずにこれらの問題を解けるようになるために、本紙の冒頭に述べた損益分岐点(CVP)分析などの頻出論点の過去問を繰り返し解き、その出題パターンを体得することが重要です。
さらに、ただ正解することができたというレベルではなく、公式を体得して、使いこなせるというレベルまで到達すれば、きっと合格を勝ち取れます。
合格目指してがんばってください。

 

以上、おとでした。

 

今後、この↑キャラ設定でいきます。

 

 


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

再現答案集はココ!↓

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

一発合格道場 2次口述試験対策セミナーin東京

2018年12月9日(日)30名を超える方に参加頂きました。ありがとうございました!

18口述セミナーin東京レポート

 

————————————————–

18夏セミナーin東京レポート

18夏セミナーin大阪レポート

————————————————–
18春セミナーin東京レポート

18春セミナーin大阪レポート

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版発売開始しました



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX