こんにちは。ハカセです。

先日のセミナーに参加頂いた方、ありがとうございました。また残念ながらご参加いただけなかった方、ぜひ次回を楽しみにしております。

さて、今週のお題は「失敗の類型化」。

実は先日の第二回セミナーで ZonE が発表した内容でもあります。ZonE の発表内容で僕が白眉だと思ったのは「PDSのSを大事にしましょう」という件(くだり)「なぜ点が取れなかったのか」という振り返りのみならず、「どうして点が取れたのか」を振り返りましょう、というもの。なるほど、そのとおりだよな、と。

今回、僕がお話しするのは、「なぜ点が取れなかったか」という方。これで悩んでいる方、特にストレート生で多いんじゃないでしょうか。

◇ 伸び悩みの人の典型パターン ◇

二次試験には必ず正解があります。これは受験生に「合」か「否」のマークを付けなければならない以上、そして、とても一人では採点できない規模である以上、やむを得ないし、ゼッタイに「模範解答」や「採点基準」があることは間違いありません。

多くの受験生は、「じゃあその採点基準となる単語や修飾句を探しに行こう!」と躍起になるわけです。点が伸び悩んでいる人、特にストレート生が特にこの傾向が顕著。確かに最終的にはそこに行きつくのですが、それがために、誤ったローリスクメソッド を行い、「何でもいいから材料やキーワードを盛り込め!」みたいな感じになってしまいます。

点数が伸び悩んだ受験生が次にすることは、「フレームワーク」や「型」と呼ばれるものを探し始めます。解答にはパターンがある。理由を聞かれたら「・・・ため」で閉じるとか。こういう簡単な「型」なら使いやすいし、型を使うこと自体は否定しないのですが、慣れずに使うと、そればかりが先行してしまい、肝心の「編集」の過程がおろそかになってしまい、後から読み返して意味不明な窮屈な文章になっている 恐れがあります。

偉そうに言っていますが、何を隠そう、昨年の今ごろ、僕自身がこのスパイラルに陥っていました。

 
模範解答や採点ポイントに近いことは思いついている

でも、点にならない

採点にならなかったことを
その演習特有のものとして放置する

解決策を持たないまま、次の演習に臨む

やっぱり点にならない
 

典型的な悪循環です。

◇ 大事なことは失敗の類型化 ◇

ZonEが言っていたように、大事なことは、Plan – Do – See の S です。

これをもう少し発展させ、僕は、「失敗の類型化」を提案します。つまり、「失敗を抽象的に説明すること」です。

具体的には、

「この問題は、『競合他社との差別化 』というキーワードを盛り込めなかったから点が取れなかった」 ではなく、

「この問題は、競合のポイントを含めることが出来なかった」
「それは3C のフレームワークで考えれば出てきたはず
「つまり、フレームワークで漏れを探す作業を怠ったのが失点原因

という説明です。

抽象的に説明する とは、事例本文を読んでいない人にも分かるようにする ことです。

色々な抽象化の方法があると思いますが、僕は最終的に、自分の失敗を下記の二つに類型化しました。

僕の失敗は、「ルール違反」、および「幅」か「深み」のどれかに集約されたのです。

例えば、先日行われた2010年TAC二次試験対策公開模試のとある問題。僕の再現答案はこちら。

【事例 I の第二問】
管理担当役員と業務分掌して事業計画策定や
資金調達・人事体制整備を委任したことで、
社長が企画・運営に専念でき豊富な情報発信
による他社と差別化と、社会的信用力の向上
による資金調達や人材確保を両立させたため。

自分では悪くない回答だと思うんですが(やや文章が分かりにくい? まぁそこはご容赦・・)、模範解答と比較すると、「不安定な急成長期を乗り越えた」という更なるもう一歩が足りない

確かに、設問文の中に「ベンチャー企業として」とあるんだから、ほかのベンチャー企業が一般的にどうであるところを、A社はどうしたのか、という指摘が欲しかったところ。

これは「深みの不足」という類型になるでしょうね。とはいえ、その前に「両立させた」という一歩があるので、そこはよしとしなきゃいけないな、という気持ちもあるのですが。

——————

このように、得点出来ない原因を、その演習特有の問題として片付けずに、なるべく抽象化してとらえることが重要だと思います。

自分が出来なかった問題の解説を読むのは苦痛なものです。でも、解答解説には(上記の例でいえば)、「なぜそこまで踏み込んで書かなければいけないのか」を説明してくれています。

それらを一つ一つ積み重ねていけば、自然と「フレームワーク」が出来てくるようになるのです。この「自然と」というのが、僕は大事だと思います。輸入したフレームワークは、どうも窮屈で使いにくいのが実情です。

フレームワークについては、また次の機会に。まずは解答解説をしっかり読み、失敗を類型化してみましょう。新しい何かが見えてくるかも知れません。

by ハカセ @ 解答解説を読まない派 でした


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




アクセスしていただき
ありがとうございます!

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓再現答案集はココ!↓
11代目再現答案一覧へ

カレンダー

2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

2020年│スプリングフォーラム情報

【緊急特別情報│2019年度合格者向け】

コロナ対策の一環で今年度の東京診断士協会スプリングフォーラムは『中止』になりました。

特設ページに関連情報をまとめましたので是非参照ください↓

『スプリングフォーラムOn Line』

道場について

↓ 今、何位? ↓ にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


解法実況&事例研究
令和元年度事例Ⅰ~Ⅳ



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2020年度版後編もAmazonで発売開始しました!



解法実況&事例研究
平成30年度事例Ⅰ~Ⅳ



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かーな
 ・ いけちゃん
 ・ おべんと君
 ・ カワサン
 ・ さとまる
 ・ 3ch
 ・ ぴ。
 ・ 岩塩
 ・ さいちゃん
 ・ CK
 ・ Tomatsu
 ・ べりー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較