» 2020 » 1月 » 06のブログ記事

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始!
お申し込みはこちらから

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

 

こんにちは、いよっちです。

本日ご紹介する合格体験記の2人目は、アキカンさんです。

 

アラウンド還暦(アラカン)とご本人はおっしゃっていますが、1度は受験を断念したものの、再挑戦後は継続して努力を続ける粘り強さの中には、年齢を思わせないバイタリティを感じます。

========ここから寄稿========

 

(0)受験生情報

名前(HN):アキカン
年   齢:60歳

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

10数年のブランクの後、環境の変化で学習を再開し、アラカン合格

 

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

第1期(2005~2006年度):会社の自己啓発講座のなかに診断士があったことから、資格の存在を知るとともに、自分の経歴(30歳代に会社における関係会社管理部門および新設会社出向による実務経験)を生かせるかなと思い挑戦しましたが2年とも二次不合格。その後、業務多忙もあり受験を断念しました。

第2期(2017年10月~2019年10月):2017年夏、57歳で転職し片道1時間弱のマイカー通勤となりました。当初はラジオや音楽を聴いていましたが、そのうち飽きてきたことや、会社の経営陣の一翼を担っていたこともあって何かビジネスの役に立つ勉強をやろうかな、ということで思い出したのが診断士資格でした。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

会社での実務経験をベースとした財務会計知識、保有資格は英検準1級くらい(そういえばビジネス系の資格が全くなし。。。)

得意(好きな)科目:事例Ⅳ→Ⅰ→Ⅱ→Ⅲの順番

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

第1期:1次は通信(マンパワー)、2次は独学。

第2期:地方在住ということもあり通信を選択。
1年目はTAC「一次二次ストレート通信」(2017年9月~2018年10月)
2年目は二次に集中しAAS「アウトプット過去問コース」(2019年5月~10月)
①通信のメリットは、自分のような地方在住で通学が難しい受験生でも取組めること。
②デメリットは、仲間との勉強会等の機会がなく、モチベーション維持や勉強のメリハリの付け方が難しいこと。(地方のデメリットでもあると思います)

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数:
第1期:一次1回・二次2回
第2期:一次1回・二次2回(合格)

②一次学習時間:
第1期:ほとんど記憶がない状態ですが、第2期の1/3~半分程度かと思います。
第2期:800時間、平日は朝晩2時間程度の自宅学習に加え、TACのWeb講義の音声データをマイカー通勤時に毎日聴き流していました(もちろん安全運転第一!)

③二次学習時間:
第1期:ほとんど記憶がない状態ですが、第2期の1/3~半分程度かと思います。
第2期:1年目は200時間、2年目は500時間で、AASのWeb講義の音声データをマイカー通勤時に毎日聴き流していました。

(6)合格までの学習法

第1期はほとんど記憶がない(何せ先日、当時の二次試験問題を見ましたが、こんな問題解いた?という有様。。。)ことから、以下は第2期について記載します。

①一次:2018年度はTAC「一次二次ストレート通信」のみでした(その他をやる時間的余裕なし)が、TACの講義やテキスト等は優れていると思います(特に基礎問題集であるトレーニングや直前テキスト)。本番では経営法務が難しく、「こんな論点、テキストにあった?」という設問もあり、終わった後は「足切りか」と思いましたが、全体的に意外と点数が伸び合格しました。

②二次筆記:一次と並行して早めに学習しておいたほうがいいという声はありますが、自分は「一次合格しないと二次もないよね」という思いが強く、2018年度は一次合格後に勉強を開始しました。具体的には、TAC「一次二次ストレート通信」と「ふぞろいを見ながらの過去問学習」を並行して進め、模試を含めて事例数60を目標にしました。

なお、事例Ⅳについては、毎日計算問題を解いたほうが良いとのコメントが多かったことから、スキマ時間を活用できる「30日完成!事例Ⅳ合格点突破計算問題集」を一次終了後に購入し、平均2~3回復習しました。過去問学習については、時間も少ないことから、「40分で骨子作成まで」としました。今思えば、事例の数をこなすことに主眼を置き、深掘りが不足していたかなと思います。(不合格:ABCAの総合評価B)

2019年度は、一次を再学習する気力がなく、また一次に注力しすぎて二次がおろそかになる恐れもあり、年明けに二次集中と決めました。しかし、勉強する気持ちがなかなか起きず、焦りばかりが先に立ち、何とか2月頃に過去問&ふぞろいを勉強し始めましたが、手応えを感じないままGWに入ってしまいました。そんな時、昨年度の失敗を振り返り、自分で以下の通り分析しました。

◇事例数は昨年度である程度こなしたが、内容の理解が浅く、いわゆる“腹落ち”した感じがないため、事例の深掘り(質重視)が必要

◇事例Ⅳは過去問のほか、数多くの問題をこなし、いかに短い時間で(時間的ストレスをかけながら)、いかにケアレスミスなくできるか、を身につけることが重要

という点を踏まえ、GW後から以下のとおり勉強を本格化しました。

◆事例の深掘りができる通信を探し、AAS「アウトプット過去問コース」に決めました。2回の添削があり、解法や設問・与件文の分析など自分に足りなかったものを発見できました。合計16事例でしたが、5月以降、本試験まで(事例Ⅳ以外)これにほとんどの時間を費やしました。添削で指摘されたポイントや重要な切り口については、随時付箋にメモしノートに整理することでファイナルペーパー化しました(本試験に持参)。

◆ふぞろいシリーズ:1年目ほどは活用しませんでした。その理由はAASの解法と両方をこなすと混乱すると思ったからです。もちろん切り口整理等で適宜、参照しました。

◆事例Ⅳ:過去問は出題分野ごとに複数年度を縦解きしました。特に経営分析の記述問題(問題点・課題)は指標ごとに多くの解答例を単語カードに写し、表現の型を覚えました。また新作事例は各種模試や「月刊企業診断」を活用するとともに夏からは「事例Ⅳ全知&全ノウ」を1回転しました。なお、AASからイケカコを参考にした問題集をもらったので、平日昼休み30分を計算にあてました(睡魔が襲う昼食後30分はⅠ~ⅢよりⅣの方が合っていました)。

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

皆さん、アラサー、アラフォーという言葉はご存じかと思います。そうです、30歳、40歳前後という意味です。それでは“60歳前後”は何というか知っていますか?「アラカン」(アラウンド還暦)だそうです。これが自分のHNの由来ですが、今年60歳ということで、来年また一次から始める気力・体力はなく、今回が最後の挑戦でした。10数年前に一度断念しているので、2度目の断念になるところでしたが、今はまずホッとしたのが正直な気持ちです。

今思い返せば、一次に力を入れすぎた(結果して500点超でした)かな、もう少し1年目に二次を深堀していれば、という気持ちもありますが、その力加減は難しいです。また、二次はもちろんある程度の事例数をこなす必要はありますが、その後は自分に足りない学習法を見つけ、愚直に継続することが大切ではないかと思います。自分はAASに出会ったことが勝因だったと思います。

AASは事例の深堀りを目的に探したことは前述しましたが、実はそこには一発道場の存在が大きかったです。きゃっしいさんの「解法実況」やだいまつさんの「超高得点解答」シリーズを春先に読んだことで、いかに事例を読み込んでいなかったことを痛感しました(それまでは設問など軽く読み流していたかも。。)。そういう意味で一発道場は気づきを与えてくれました。ありがとうございました。

地方&高齢受験者ということで、いろいろな葛藤や疲労感がありましたが、合格により、この年齢になって新しい世界へのワクワク感を持てるとは思いませんでした!最後になりますが、同じような状況の受験者の方の参考になれば幸いですし、黙って応援してくれた家族に感謝の気持ちを送りたいと思います。

========ここまで========

 

いかがでしたでしょうか。

アキカンさんにとってはAASの学習法に出会ったことが勝因だったようですが、自分に足りない学習法を探していたからこそ、アキカンさんにとってベストだったAASに出会うことが出来たのでしょう。常に何が足りないかを意識するのが重要と言えそうですね。

また、自分に足りないことを自覚した後は愚直に継続することもアキカンさんが実践した重要なエッセンスです。

 

私、アキカンさんとは親子ほども歳が違う若造なわけですが、そんな若造から見ても、「新しい世界へのワクワク感」を持ってらっしゃることに心から尊敬するとともに、羨ましくもあります。自分が60歳を迎える時に同じようにワクワク感を持てているか・・・ 見習いたいものです。

診断士になれば、出会う人の数や種類はこれまでの世界でのそれとは比べ物にならないほど広がります。それがワクワク感の正体かもしれません。読者の皆さん、ぜひ合格を掴み取って「新たな世界へのワクワク」を手にしましょう!!

アキカンさん、合格体験記の投稿ありがとうございました。そして、合格おめでとうございます。

 

以上、いよっちでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始!
お申し込みはこちらから

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

 

新年あけましておめでとうございます。いよっちです。

本日から仕事はじめという方も多くいらっしゃると思いますが、正月ボケがいまいち抜けない、そこのあなた!勉強はじめの最初の一歩として合格体験記を読むところから始めてみてはいかがでしょうか。

合格者はいかにして合格したのか、そのエッセンスが凝縮された合格体験記を読むことで、「合格者の合格者たる所以」が垣間見えるはず!

さっそく本日もおふたりの体験記を紹介します。

1人目ははなまるさん。

子育てと仕事の両立の中、さらに診断士合格まで果たしてしまうすごいお方です。道場セミナーの常連さんだったことに加えて、下記で触れられている勉強会に、ちょこっとだけ私も合格者として(偉そうに)参加していたことから私にとっても「同志」のような存在です。平日夜に集い、議論し、切磋琢磨した仲間の中から合格者が出てくれて感無量です。

「自分にあった勉強法は何か」を常に考え、改善するアジャイル型の勉強方法を実践されています。ぜひ参考にしてみてください。

========ここから寄稿========

 

(0)受験生情報

名前(HN):はなまる
年   齢:35歳

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

まめな情報収集に基づく、独学によるアジャイル型勉強スタイル

 

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

1年目は自己啓発でした。2年目は転職を含め、進路の選択肢を増やすことが目的でした。
産休中、家で過ごす時間が増える中で、これまでの仕事を振り返る時間があったこと、また、復職後にこれまでとは同じ働き方ができないなかで、40という年齢を一区切りと考え、自分が仕事をしたい分野や、働き方を再考した。一人ブレストを繰り返した結果、社会的企業家を増やし、経営面でサポートする仕事をしたいと考えるようになり、そのために転職を含め、進路の選択肢を増やすべく診断士を目指しました。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

知識・保有資格としては、以下の項目が挙げられますが、勉強に当たって直接役立ったのは、財務と経済くらいで、残りの科目は一から取り組みました。
・簿記3級持ち。
・経営指標は仕事で使い、非現金支出の知識あり。
・経済学得意だったので経済は得意で、NPVの前提はわかる。
・あと会社法は学生時代からなぜか好きだった。

得意科目は経済、不得意科目は運営管理(工場勤務経験がなくイメージがわかない)です。

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

・一次は通信(スタディング)、二次は独学(勉強会、ふぞろいなど市販の書籍利用)

①メリット
自分の好きな場所で好きな時間に勉強に取り組めること。スタディングなら通信環境が整っていれば、どこでも勉強できます。通勤の電車内はもちろん、会社のエレベーター待ちの時間、朝起きて布団から出たくない時間など、ゲーム感覚で問題を解くことができ、勉強にとりかかるハードルを下げられたのは大きかったです。
また、2次はぜひふぞろいと並行した勉強会をオススメしたいです。一人では気づけない文章のくせ(読みやすさ)、周囲と比較した思考のズレ(みんなが書いた答案なのか)、果ては漢字の間違いに、短時間で気づくことができます。

②デメリット
スタディングの過去問題集が厳選されすぎていること。その分10年過去問題集で補う必要があり、多少出費が発生しました。
また、スケジュール管理や今年度の傾向、受験の注意点などは、自分で情報を集めて管理する必要もあるので、手間と感じればデメリットかもしれません。診断士の受験ブログは山ほどあり、情報を集めるのは難しくありませんが、内容を取捨選択したうえで、勉強方法やスケジュールをその時々の自分仕様にカスタマイズする作業が必要になります。

 

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数
受験回数は2018年度、2019年度の2回です。
2018年度は経済のみ科目合格、2019年度1次突破です。
一次 受験回数 1回
二次 受験回数 2回

②一次学習時間
学習時間は、
2017年9月からの2018年8月(受験日)までで、200時間
2018年9月からの2019年8月(受験日)までで、450時間でした。

③ニ次学習時間
学習時間 250時間
通勤時間、昼休み、帰宅後の時間を使い分け、フル活用していました。

(6)合格までの学習法

①1次
スタディングと同友館の過去10年問題集を利用してアウトプット、
スタディングの音声とまとめシートでインプット、を繰り返しました。
問題集は3回程度解いた後、苦手な設問と解説をまとめ、重点的に解くことを繰り返しました。
また、買ってよかったのがiPadです。春セミナーでそーやさんに使い方を教えていただき、問題の持ち歩き&苦手な設問のまとめに活用していました。

②2次筆記
情報がなかったため、8月に道場やふぞろいなどのセミナーで情報収集し、きゃっしいさんの「「まとめシート流」ゼロから始める2次対策」を読みました。
また、夏に参加した道場セミナーでは以下2つの大きなヒント・出会いがありました。
・かもよさんに「8月中に過去3年分解いてみて、その先を考えよう!!」と気合を入れてもらったこと。実際に8月中に過去3年分を解きました。
・ハカセさんに4月のセミナーのお礼を申し上げたところ、2次試験の勉強会のお誘いがあったこと。この後実際に参加させていただき、8月から10月まで、10回の勉強会に参加しました。
9〜10月はMMC模試の受験を決め、模試に向けて、過去問を直近5年間は3回転、残りの直近6〜10年間は2回転。仕上げに不得意な事例Ⅳを市販本で補強しました。
10月の直前期は、より実戦的に。時間内に解き切ることを重視し、時間配分や解答の優先順位づけをもう一度見直し、ムリムラムダがないかをチェック。本番に臨みました。

 

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

独学な分、自分にあった勉強法は何だろう?この方法で合っているんだろうか?と考える機会が多かったこと、勉強法を改善するとちょっとずつ手応えを感じ、それが励みになって改善を考えることが楽しく、一次に関しては、独学でもそんなに寂しさは感じなかったです。もちろん、なかなか点数が伸びない科目、不安定な科目もあり、凹みましたが。。

一方、二次試験の突破は勉強会の参加が、私にとっては必須でした。職業上、文章を書く機会は多いものの、字数制限内にまとめて書く、設問の意図を間違えないように書く、各事例の傾向や書き分けなど、試験特有のお作法や注意点があります。

これらの事項は、時間をかければ会得できるのかもしれませんが、二次試験後の短期間で、これらに気づいた上で、解答に反映させるのは自分だけでは無理でした。しかも、職場の近くで、近隣の会社の方々と勉強会を開催していたので、時間も大幅に短縮することができました。勉強会ではモグモグタイムを設定し、糖分補給(お菓子交換)などしながら、モチベーションの維持向上に努めました。

私の場合は、最初にお金も時間も非常に限定的だったため、このような勉強法に行き着きました。ただ、独学でも通学していても、受け身ではなくて、自分に合った勉強法を探し求めて、実践していく努力が必要なことは変わらないのではと思います。      

========ここまで========

 

いかがでしたでしょうか。

アジャイル型で勉強の方法自体はトライ&エラーで試行錯誤を重ねていますが、社会的企業家を増やし、経営面でサポートする仕事をしたいという診断士受験の根幹は全くブレていません。

生き方や働き方を突き詰めて考え、なりたい姿と現在の延長線上に診断士という資格を置いているためにブレることがないのだと思います。

勉強会については賛否両論とは思いますが、他人の失敗を気づきとして蓄積し、同じ失敗を繰り返さないよう経験学習を積むことができるという点が最大のメリットと思います。短時間での2次対策として、はなまるさんは効果的に勉強会を活用してくれました。

合格体験記にはありませんでしたが、勉強仲間として伺った話として、旦那さんの理解と協力が大きな要因であったように感じます。

お子さんの面倒を見てもらう必要があるため、旦那さんに毎週の勉強会参加を相談したところ、「熱い!!!」と取り組み自体に感動していたそうです。ご家族の理解があってこその仕事・家庭・勉強の両立が可能だったのでしょう。

 

はなまるさん、合格本当におめでとうございます!

この記事をご覧の皆さんも、自分にあった方法を”アジャイル型”で探求してみてください。

以上、いよっちでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓再現答案集はココ!↓
10代目再現答案一覧へ

最近の投稿

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

月別アーカイブ

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2020年度版後編もAmazonで発売開始しました!



解法実況&事例研究
平成30年度事例Ⅰ~Ⅳ



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX