» 2017 » 3月 » 15のブログ記事


==告知==

<4/29は道場春セミナーの日>です!

日程開けておいてくださいね(詳細は後日)

=====

みなさんこんにちは! たけぴょんです。

勉強ははかどっていますか?

日に日に春の訪れを感じるようになり、朝もだんだん起きやすくなるこの辺りの時期から、少しずつ勉強のペースも上げていくといいですよ!


今日は一昨日修了した実務補習15日コースについて書こうと思います。

既にご存知の方も多いかと思いますが、試験合格後、中小企業診断士として経済産業大臣に登録するためには実務補習15日以上または診断実務従事15日以上が必要です。

私は、現在の仕事上、診断実務に従事する機会がないのと、試験に合格した高いテンションのまま早く登録して活動したいと思ったので、中小企業診断協会主催の実務補習15日コースを受講しました。

今年は2月3日~3月13日の間で行われました。まず、「お金」と「会社の休暇」の話をしますと、
〇お金→15万かかります
〇会社の休暇→全部で有給を7日間取得しました。
(土日が基本ですが、診断先の経営者ヒアリングと最終報告は平日となるためです。)

5日×診断先3社の計15日コースですが、「1.5ヶ月コースがやっと終わった~」というのが正直な感想です。というのも、15日というのはあくまで班のメンバーと指導員で集まって行う日数であって、その合間の事前調査や報告書作成期間を含めると、気持ち的には実務補習期間中ずっとやってるという感じになるからです。

5日間のスケジュールは、私の属した班の場合、1日目が企業訪問・経営者ヒアリング、2日目がヒアリング結果共有・内外環境とSWOT検討・診断報告書骨子検討、3・4日目が診断報告書の経営戦略と各担当部門との整合性確認・修正・製本、5日目が企業訪問・診断報告会実施・反省会実施という流れでした。

診断報告書の担当部門は、例えばこんな感じです。

経営戦略(班長)→私は2社目で班長をやりました
財務
営業(マーケティング)
人事・組織
情報
その他特命事項(診断先からニーズある場合)

2日目の打ち合わせでは班長が中心となって「提言チャート」というものを作成して、ストーリーの一貫性と3日目までに各人がやるべき内容を確認します。ここが2日目中に詰め切れるかどうかが大きなポイントとなります。

この「提言チャート」を作成するプロセスは、2次筆記試験と下図のような対応関係になっています。
2次筆記試験でやったことをまさに実務で学ぶわけです。

1

その後3日目までの約1週間の自主学習期間は各人が担当部門の報告書を作成していきますが、この自主学習期間は会社の仕事が終わってから調査・執筆することになるため、進捗が思わしくない時は3日目が近づいてくるプレッシャーで精神的・体力的に結構キツかったです。
でも3・4日目の報告書の進捗・整合性確認と修正を乗り切り、5日目の診断先での報告会を終えた後の充実感は日頃の仕事に比べものにならないほど大きなものでした。

実務補習もようやく無事修了し登録申請の提出も完了したので、4月1日には中小企業診断士として登録される予定です。


では本日はここまで。

それでは、今日もみなさんお~元気で!

たけぴょんでした。

累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

春セミナー@東京&大阪
終了しました

大阪セミナーレポートはこちら
東京セミナーレポートはこちら

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX