カテゴリ「セミナーレポート | 中小企業診断士試験 一発合格道場」の記事


 

【特集】
受験の女王ティアラ × 一発合格道場コラボ
2次試験直前!
プラス20点を実現する最終チェックリスト


雑誌「企業診断 10月号(9月28日発売)」に受験の女王ティアラことTACの津田まどか講師と当サイト「一発合格道場 11代目(2020年度のいつものメンバー)」によるコラボ記事が掲載されることになりました。
4科目それぞれでプラス5点=計プラス20点を実現するための事例Ⅰ~Ⅳの最終チェックリストと銘打って、発売時期にピッタリな実用的コンテンツを雑誌記事にて公開します。
本試験1カ月前という超直前期の入り口に立った時、「来た道の点検」と「進む道の確認」に、よろしければ活用し倒して下さい!

カワサンです。

9月に入りました。まだまだ暑い日々ですね。
先週の1次試験の合格発表、twitterではいろんな声がTL上を駆け巡っておりました。

個人的には、本当に「めでたい」のは2次試験合格後だと思います。
自分なりの「ゴール」まで努力を惜しまないで欲しいと思います。

私もまだまだ努力が足りません。
試験合格して「日々の知識のアップデート無くしてこの資格は活きない」というコトを、日増しに感じています。

======================================

さて今日は、座談会の報告です。
試験の参考になる要素は少ないです。休憩時間にサラッと読むような内容です。

先週の土曜日深夜、独学者向けオンライン座談会「土曜だから夜ふかし」を開催しました。

いままで一発合格道場ではセミナー等をやってきましたが、

・日中だと参加できない

・長時間だと参加できない

・敷居が高そうで参加できない(?)

という声もぼちぼち聞かれたので、今までにない時間帯でのイベントを開催したいと考えました。

また、8月下旬は2次試験向けセミナーも終わり、2次筆記の模試が前後するタイミングです。
盆休み明けで仕事含め気合いが入りにくい時期でもあり、ぼんやりした悩みや不安を持ち寄るには良いと考えました。

ただ、深夜に松岡○造さんに比肩するガチな熱血セミナーをやるのは違うと思うので、オンライン座談会という形式を取りました。

 

1.イベントの流れ

(1)この時期だからお伝えしたいこと

冒頭30分は道場メンバーのメッセージ+2次筆記に向けた話をしました。

深夜にテクニカルなアドバイスは堅苦しいと思ったので、この時期に悲観的にならないように!というメッセージを伝えております。

 

(2)少人数に分かれての座談会

その後、30分×3回でメンバーチェンジしながら、事前質問に基づく座談会+フリーディスカッションを行いました。事前質問は以下のような感じで、参加者から好きなテーマをチョイス出来る形にしました。

各テーマについては以下の流れで悩みを共有・解決策の検討を行いました。

①個別質問紹介+それに対する一言コメントをスライドで説明

②質問を掘り下げ、何が悩ましいのかを明確化

③どうしたらよいかを一緒に考える

<スライドの一例です>

 

(3)フリータイム

最後はフリータイムというコトで、自由参加+寝落ちするまでのサドンデス形式で行いました。
ここでは勉強の話題、合格後の話題、道場の中の人の話題、雑談メインで色々お話ししました。
時間無制限でしたが、最長3時まで行い、お開きとなりました。

 

2.参加者の声

開催後に自由記述・任意でアンケートをお願いしました。
回答は任意です、とお伝えしたのですが参加者の約7割から回答を頂きました。ありがとうございます。
いくつか抜粋してご紹介させてもらいます。

皆さんが悩みながら勉強されているのが分かって良かったです。独学だと自分だけ悩んでいるのでは、と思ってしまいモチベーションが下がりがちでしたが、これから頑張ろうと思いました!

・試験勉強の話以外にもキャリアアップの話などさまざまな話が聞けて大変参考になりました。この時期解答プロセスが確立せず、やる気がだだ下がりだったなか「まだやれる、間に合う」というアドバイスをお聞きしてモチベーションが一気に上がりました

・夜更かしならではの裏話?が聞けて、試験合格への士気が向上しました。

モチベーションに繋がったという声が多かったです。

 

3.今後も夜ふかし?

今回のイベントは初の試みという要素もありましたが、ステイホームや外出自粛といった環境下、他の受験生の雰囲気を掴めただけでもモチベーションになった、という声を多く頂きました

予備校で受験勉強中の方も、こういった環境下で受験生同志で話す機会もないのでは?と思いますし、そうでない方も日ごろから(試験関係なく)他者との会話が減っていると思います。

だからこそ、Zoom等のアプリを活用してオンラインで交流を行う意義は大きいと感じました(リアルな信頼関係があれば尚良し、なんですが)。

いつどんなタイミングでやるかは道場メンバーで計画中ですが、今後も「土曜だから夜ふかし」のようなオンライン座談会を開催予定です

 

明日は休載日なので月曜日に更新します。

では、また!

 


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

「梅雨明けだ、さぁ2次対策を本格化しよう」

皆さまこんにちは、ぴ。です。過去記事はコチラ。

今日から8月になりましたね!7月は、雨が多くじめじめした天気が多かったですが、8月からはカラっとした暑い日が続きそうです。

1次試験が終わり、じめじめした天気が続く中、なかなか2次対策が本格化できていないというかたもいらっしゃると思います。

しかしながら、本試験まであと86日。日々着々と近づいてきておりますので、梅雨明け&8月突入を機に本格化していきましょう。

一方で、今年の夏は例年以上に暑くなると言われておりますので、熱中症など体調管理には十分に気を付けて下さいね

さて、本日は、7/29(水)に開催したオンライン夏セミナー(平日版)のダイジェストとQ&Aをご紹介します。

ご参加頂けた方は当日を振り返りながら、都合が合わず残念ながら不参加だった方はQ&Aの内容を中心に確認して頂けると幸いです。

ご紹介する相談に対するアドバイスは、必ずしも全ての受験生にガシッとハマるわけではありません。ですが、今は可能な限り多様な意見を収集し、コレ良いなと思うものは参考にしてまずやってみる、コレは違うなと思ったら違う意見を参考にするなど試行錯誤することが大事だと思います。ガンガン良いとこ取りしていきましょう。

それでは、本日の記事のスタートですっ。


■ダイジェスト

【はじめに】

オン夏平日セミナーは、「土日は家族や友人との時間を大切にしたいんだよね」、「土日は仕事なんだよね」、など土日に参加が難しいかたにも参加して頂きたいと思い企画致しました。

平日セミナーの発起人兼司会者「SWOT分析の鬼、さいちゃん」の分析通り、平日夜にもかかわらず、約60名ものかたが参加して下さいましたっ。皆さまお忙しい中、本当にありがとうございました!

なお、平日夜で時間が短いため、資料のプレゼンは行わず、相談会がメインで行われました~。

【運営メンバー自己紹介】

11代目メンバーによる自己紹介からスタートっ。

そして、今回はスペシャルゲストとして、多くの先代メンバーにご参加頂きました。

その顔ぶれは、初代JC、ハカセ、6代目おと、おはとも、9代目きゃず、へんりー、10代目ちこまる(仮)の総勢7名の歴代ヒーロー!

参加者の皆さまには、多様な知識・経験を持つ先代メンバーの「アベンジャーズ」感を存分に味わって頂けたのではないでしょうか!?

(参照元:Amazon「アベンジャーズDVD」

【全体質問会】

先ずは、事前に配布したセミナー資料についての全体質問会です。(※資料は7/26分と同じです。)

時間の関係上、多くの質問を受け付けることができませんでしたが、事例共通のスタンスや初学者向けの復習方法についての質問が挙がりましたので、以下にご紹介します。

なお、資料の概要はさとまるのコチラの記事をご覧いただき、その他気になる点等がございましたら、コメントをお寄せいただければと思います!

事例共通のスタンスについて

Q.設問解釈して、キーワード(点が入る解答要素)にたどり着けない。

A.私のやり方では、最初に設問を読んだときに問われている事(レイヤーや制約条件含む)を可能な限り把握して、与件文を読んで、再度設問文を読むことで、設問の解釈がしやすくなります。その上で与件内から該当する箇所を探して解答要素(キーワード)を当て込んでいく形の対応を行いました。(CKより)

初学者向けの復習法について

Q.具体的な復習方法を説明してほしい。

A.漫然と問題を解いてふぞろいなどで答え合わせをするだけでなく、①目標設定と達成度確認をセットで考える。目標設定は初学では難しいので、テキストや予備校などを頼る。達成度確認は、目標に対してどれだけ達成できたかを勉強会などを活用して客観的に分析する。②繰り返しの確認を意識した、ミスノートの作成を行うと良いと思います。(さいちゃんより)

【相談会】

次に、ブレークアウトルームで、初学者向け・経験者向けそれぞれ一部屋7~8名に分かれ、25分×2回の相談会を実施しました。

聞くのが恥ずかしいけど今日は思い切って悩みを打ち明けます!といった声もあり、ざっくばらんに多くの質問が挙がりました。

また、普段なかなか他の受験生と接する機会がないと思いますが、今回同じような悩みを持つ受験生と接し、「自分だけじゃないんだな、よし頑張ろう」などモチベーションの向上にもなったのではないでしょうか。

【懇親会】

初代JCさんの乾杯の挨拶と共に懇親会のスタート!

約半数の30名以上のかたがご参加くださいました!やっぱり、セミナー後のお酒は美味しいですねっ

初代ハカセさんにより、「せっかくだからお酒飲みながらでも相談会の続きをやろうよ」とステキなご提案。

相談会と同じくブレークアウトルームで盛り上がりました。お酒が入ると質問も回答もヒートアップしますね!

最後は、全員での一本締めでお開きとなりました

以上、オン夏!平日版セミナーのダイジェストでした~。


■Q&A集

ここからは、相談会と懇親会の中で多く挙がったQ&Aを項目ごとにまとめてご紹介します。

なお、7/26(日)休日版セミナーのQ&Aは昨日の3chの記事をご覧くださいね!

学習計画について

Q.あと3か月という短期間で一発合格する秘訣は?

・とにかくもがくことです。ご自身の悪いクセを病気に例えると、どういう病名で、どういう薬が必要なのか。それを合格者から話を聞いたり、ふぞろいやブログで情報収集し続けるなど、もがき続けましょう。試験までにご自身に合う方法が見つかれば合格です。

Q.1次が終わった開放感でまだ2次の勉強に力が入らないがどうしてましたか?また勉強時間はどれくらい確保していましたか?

・セミナーなどで聞いた情報をもとに、過去問を何年分やるとか復習をどれくらいやる、など本試験までにやっておきたいことのリストアップができたら、時間を逆算すると危機感が出てきて、動きやすかったです。

・音楽を聞きながら勉強することで、1次とは気持ちを切り替えることができました。学習時間は月100時間。土日はどちらか1日がっぷり使うイメージです。

Q.今年は2次に専念していますが、1次知識のインプットはどのようにすべきですか?

・過去問や模試を解く際に出題される範囲のインプットで十分です。その中で、知識が曖昧な箇所はテキスト等で確認していました。

・2次でよく問われる知識のメリット、デメリットは2~3個ずつすぐ想起できるように練習することをオススメします。

 

解答の書き方について

Q.まだそもそも何を書いていいか分かりません。時間内で解答を埋められる方法は?

・型を決めることです。例えば、強みが問われたら①②③と箇条書きで3つ書く、助言が問われたら誰に・何を・どのようになどフレームワークで書くなど、先ずはご自身が使いやすい型を覚えることです。

Q.解答を書いて練習しているが、文字数がおさまらないのですが。

・いきなり解答を書き始めるのではなく、解答骨子を作るのがおすすめです。例えば、解答骨子の時点で文字数を概算し、足りない場合は要素盛り込み、溢れる場合は要素の取捨選択や冗長表現の改善をします。

Q.設問の解く順番、どのように優先順位をつければ良いか?

・解きやすい問題から優先順位をつけます。SWOTのように与件文から抜き出せば良い問題は解きやすく、過去や現在より将来を問う問題は解きにくいと感じていました。

 

復習について

Q.過去問を解いて振り返っても何が難しいか簡単かがわからない、また自分の答案で何が失敗かも分からない。

・ふぞろいの難易度の☆の数をみて、客観的にどのタイプの問題が難しいかを把握する。一般的に、与件から抜き出しやすく、設問の切り分けがし易く、解釈の幅が狭い(解答のばらつきが少ない)問題が易しい問題です。

・ご自身の失敗はふぞろいの合格答案と比較して、どのような点から離れていたかで考えてみてはいかがでしょうか。

Q.問題を解いて、自分で答え合わせをして・・とやっていると、この進め方で本当にいいのか?と不安になります。

・複数人の解答を読んだりして、多面的な意見を見聞きするのがよいです。解説を自分の中で納得できるようにしましょう。

Q.過去問の復習方法と振り返りの時間

・事例Ⅰ~Ⅲは10年分、事例Ⅳは15年分やりました。

・年度ごとのヨコ解きだけではなく、類似する設問毎(事例Ⅲの第1問だけとか)のタテ解きもやっていました。

・振り返りの時間は2時間くらいやっていました。

 

事例Ⅳについて

Q.事例Ⅳが苦手な人向けの対策は?

・経営分析とCVPをまず攻略。 また、毎日一題、計算問題にあたる。皆ができる設問をしっかり押さえることが大事です。

Q.事例Ⅳでは、全設問を通じてのストーリーの把握が重要か?

・私自身はそこまで意識していませんでした。読んだ上で何となくストーリーを感じる部分はありますが、完全に言語化できなくても進めます。特に事例Ⅳは時間配分が大切なため、ストーリーの把握に時間書けるよりも、対応のし易さからどの問題から先に問いていくのかの順番決めを重要視しました。

Q.事例Ⅳはどのくらいの割合で学習したか?

・全体の半分の時間を事例Ⅳに費やしました。毎日朝と昼休みを使い45分で解く練習をしていました。

Q.事例Ⅳの経営分析では、当座比率が悪かったら、そこは企業として短期安全性での懸念があるため、指摘すべきと思うが、与件の方が大事か?

・確かに、安全性の指標としては、流動比率か当座比率が解答になることがほとんどです。ただ、そのどちらを選ぶかは、与件文内の記述によって選択したほうがいいと思います。


■さいごに

いかがでしたでしょうか。

7/26・7/29両日のセミナー参加者の皆さまに事後アンケートにご協力いただきました。

5段階の満足度調査で4以上が96%!また、5と評価してくれたかたが約70%!!

とっても嬉しいフィードバックを頂き、誠にありがとうございます。

一方で、セミナーに限らずブログなどの改善点も多く頂戴しました。道場メンバーで共有し今後の課題としたいと思っております。

私達道場メンバーの多くも、ちょうど一年前、皆さまと同じように試験に対する不安を抱えた中でセミナーに参加しておりました。

まだまだ当時の記憶に新しいので、これから2次試験まで、去年の自分がどのような不安・悩みを感じていたのかを思い出しながら、皆さまの参考になる記事を書いていけたらと思います。

また、今回皆さまから頂いたご質問内容も踏まえて、一方向的な内容ではなく、少しでも双方向的な内容の記事を書いていけたらとも思います。

今回セミナーに残念ながら参加できなかったかたも、今後の記事を通じて遠慮なくガツガツご質問頂ければ幸いです。

今日から2次試験に向けて突っ走りましょう!応援しています。

今回は以上です。お読みいただきありがとうございます。

ぴ。でした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

twitterもよろしくお願いします。

当サイトを初めてご覧になる方へ。

当サイト「中小企業診断士試験 一発合格道場」は、中小企業診断士試験の合格を目指す方向けに、代々の合格者が勉強のコツ診断士としての活動の様子などを書き綴っています。

受験生以外の方も、中小企業診断士という存在に少しでも興味を持って頂けたら嬉しいです^^

おはようございます!おべんと君です。
自己紹介はこちら。

<小話>
私の本業である連結決算もようやく落ち着きを見せ始めましたが、
今度は開示資料の作成が待っており、テレワークが難しい業務が
いくつかありまして、その場合は通勤しています。

昨今の感染対策のため、最近自宅から会社までの通勤を、
電車から自転車に変えました。通勤時間自体は1時間程度で
今までとあまり変わりませんでした。

具体的に場所は言えませんが、大きい道路をひたすら自転車でこぎ、
途中で見えてくるタワーを曲がって会社に向かっています。
そのタワーは、夜は少しきれいにライトアップ?というか光っていまして、
電車通勤時は見れない光景でした。

電動自転車でもない普通のママチャリなので、向かい風と上り坂は非常に
厳しいですが、頑張っていこうと思っています。

皆様も何卒健康にはご留意されてください!

 

<本題>
今回はオンライン春セミナー(略してオン春)でお答えできなかった
ご質問について、時間がたってしまい恐縮ですが、引き続き
2次筆記試験についてお答え致します!

質問:オリジナル勉強法

独特の勉強法があったら教えてほしい とご要望をいただいて
おりました。独特というか、少し変わった勉強法として私が
やっていたことをお伝えしたいと思います。

★本試験と全く同じルーティン作業を実施する

私の本試験80分の過ごし方は、概ね下記の通りです。
1.解答用紙に受験番号を書く
2.問題用紙の1枚目をメモ用紙にするためホッチキスを外す
3.メモ用紙に設問番号を割り振ってメモスペースを確保
4.設問分析
5.与件分析
6.骨子作成
7.解答用紙に記入

本日はこのうち1、2、3、6に関係する勉強法です。

私はTBC通信講座を受講していて、月1回演習を提出していました。
提出課題がない日は、過去問や演習問題に毎日解いていました。
解くといっても解答用紙に書き込むまではせず、試験開始後から
解答骨子までを45分以内で作る練習を日々行っていました

そして、できるだけ本番と全く同じルーティン作業を毎日淡々と
練習して、無意識にこなせるようにすることを目指していました。
その時に実施していたルーティンとしては、

①解答用紙に受験番号を書くフリ

2回目の二次試験の時に、とても緊張していまい事例Ⅰの時には
手が震えて解答用紙の受験番号が書けなくなってしまいました
また事例Ⅱでは、あやうく受験番号を書き損じるところでした。
そういった経験から、日々の練習の中に、骨子練習開始直後に
受験番号を書くフリ
を取り入れていました。
2次試験の受験票が届いた後は、実際に自分の受験番号を
裏紙などに
書いていました。

そのため、当日までに受験番号をしっかり覚えており、
当日は焦らず一番最初に解答用紙に受験番号を書くことができました。

 

②問題用紙のホッチキスを外してB4のメモ用紙を作るフリ

解答骨子を作るときに問題用紙のホッチキスを外し、
それを広げた紙をメモ用紙としてに骨子を書いていました。
このメモ用紙の紙のサイズはB4です。そのため、
B4の紙を買って
きて半分に折り曲げた状態で骨子練習を開始し、
受験番号を書くフリの次の作業として、
折り曲げたB4の紙を広げてホッチキスを外すフリをしていました。

今でも捨てられない、未使用だけど半分に折り曲げられたB4の紙が
私の本棚に眠っています・・・

この①、②の「本番どおり〇〇するフリ」は、一見ばかばかしい風に
見えますが、会社の税理士の後輩と話したときに、彼も全く同じような
ことをしていたようです。
彼は、筆記用具を置く場所まで本番同様に毎日セットしていたとのこと。

それを聞いて、「自分のやってることは間違ってない!」と自信を
持っていました。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

③骨子を書かずに解答用紙に直接書く練習もしておく

私の師匠でもある7代目フェイマオから解き方を教わった中で、
45分で解答骨子を書く習慣をつけた方がいい とアドバイスされ、
毎日45分以内に解答骨子を書く練習をしていました。
ですが結果として、ほとんど終わったことはありません
何度も何度も解いた過去問で、ようやく45分以内で終わる程度でした。

設問や与件分析の短縮、メモの取り方や文中の線引きの工夫など
色々努力して時間の短縮にトライしましたが、やはり45分以内で
骨子を書き終えることは難しいと感じていました。
そのため、
初見問題は、絶対に45分で解答骨子は書き終えられない
と割り切りました。

また、先代たちも多々投稿しておりますが、
試験開始〇〇分が過ぎたら、メモや骨子が途中でも解答用紙に書き込む
という決め事をしていた方が多いようです。

私もその方法を「パクってカスタマイズ」させていただき、
やり直し無し80分一発勝負で解いていたTBCの提出演習課題や模試に
ついては、開始後45分過ぎたらその時点で骨子をベースに解答用紙に
記入
し、骨子が書ききれなかった問題は、
骨子無しで直接解答用紙に記入する練習として活用していました。

つまり、骨子が書き終えられないことを焦るのではなく、
書き終えられないなら、書き終えられないことを前提として対策を講じる
という発想で、直接解答用紙に書き込む練習をしていました。

令和元年度の2次筆記本試験のメモ用紙を見ると、
事例Ⅰ:1問骨子書いてない
事例Ⅱ:1問骨子書いてない
事例Ⅲ:2問骨子書いてない
となっており、本試験でも骨子は45分以内には書き終えていません。

ですが、直接解答用紙に記入する練習もしていたことが、
特段の焦りも生まなかった要因だと思います。

ちなみに開始後45分になったら解答用紙に書き込むということは、
35分で解答用紙をすべて埋める ということになります。
これは実際に自分で解答用紙に無心で何度か書き込み、
その時間を計測してその時間に設定しました。

 

④時計にこだわる

私は本試験では時計を2つ持っていました。1つは机に置き、
1つは腕用。私がこだわったのは机に置いた時計の使い方です。
本試験や勉強、模試などの開始時に時計の針を12時に合わせておき、
スタートとともに時計を動かします

逐次時計を見て、設問分析や与件分析が想定時間内か?などを
チェックします。
そして長針が45分過ぎたら、強制的に解答用紙に答えを記入します。

この方法ですと、時計を見た瞬間に自分のルーティン作業が順調か?
遅れているのか?また45分過ぎたかどうか?が一目で分かります

通常の時計ですと、「今何時だから、開始後何分過ぎたな~」など
計算する必要がありますが、その作業が不要になります。

私の相棒となってくれたそんな時計、今は時計ケースに飾っています。

以上4つが、ちょっと変わった「オリジナル勉強法」です。

この投稿が皆様の勉強の一助になれば幸いです。
以上、おべんと君でした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

   心よりのお礼   

一発合格道場 オンライン春セミナー2020
4月4日(土)に無事開催できました
ご参加いただきましてどうもありがとうございました

         

twitterもよろしくお願いします。

 

おはようございます!おべんと君です。

<本題>
遅ればせながら、オン春にご参加いただきまして
ありがとうございました!
今回はオン春でお答えできなかったご質問について、
特に2次筆記試験のご要望が多かったことから、
2次筆記試験についてお答え致します!

参考画像として、令和元年度事例Ⅲを使わせていただきます。
また、ご了承いただきたいこととして、下記2点お願いします。
①私はTBCの通信講座で合格したので、若干TBC寄りの内容に
_なってしまうこと
②あくまで私、おべんと君のやり方なので、このやり方が
_絶対ではないこと

<質問1:設問と与件の対応付けに悩んでいます>

前提として、こちらは「試験のテクニック」的な内容です。
2次筆記を受けるための基本的な考え方は、昨日いけちゃんが
書いた記事にその要素が詰まっていますので是非ご覧ください。

いけちゃんの記事 ↓ ↓ ↓
【中小企業診断士試験】2次試験対策:今知っておくべきこと part1

設問に答える根拠として、与件文があります。
そのため、「第何問目の根拠が、与件文の第何段落なのか?」を
結びつけることを「対応付け」と呼びます。
(というか呼ばれていることが多い)

この対応付けが間違っていたりすると、作問者が求めている解答が
書けないため、得点を失うといった状況になります。

私も本試験では画像右側に対応する設問番号を書いていました。
※クリックで画像拡大します

この対応付けがあっているかはどうかはさておき、、、
私は、この対応付けには大きく2つの方法があると考えていました。

①直接対応付け

これは、設問と与件文にある同じ言葉を探して
対応付けを行うというものです。
令和元年度事例Ⅲの第3問の設問1です。
※クリックで画像拡大します

設問にばっちり「社長の方針」と書いてあります。

 

そして与件の13段落、14段落を見てみます。
※クリックで画像拡大します

と直接的に「社長の方針」という言葉が書いてあります。
こういった言葉そのもので紐づけられる場合は、
直接対応付けができますので、割と容易です。
新工場」という言葉でも直接紐づけることが可能です。

ですが、残念ながら直接対応付けられる設問は少ないです。
その場合は、

 

②間接対応付け

私は、設問や与件を一度「1次知識」に置き換えて
それぞれ対応する設問や段落を紐づけて、
解答に落とし込んでいました。
先ほどのように直接的な言葉で対応付けるのではなく、
1次知識で間接的に対応付けるというものです。

令和元年度事例Ⅲの第1問で見てみます。
※クリックで画像拡大します

80字で配点20点です。絶対外せない問題です。
C社事業変遷を理解し、C社の強みを答える必要があります。

事業変遷:歴史のこと。強みと関係が深い歴史と言えます。

それでは、強みを1次知識に置き換えます。
強みとは、
・自社の経営資源です。ヒト、モノ、カネ、情報から構成されます。
・SWOT分析のS。そしてSをさらに細分化したのがVRIO分析
↓ ↓ ↓
VRIO分析:
V=経済性。競争均衡の源泉。競合と同じ土俵に立った程度。
R=希少性。一時的競争優位の源泉。今は優位、いずれ競合に抜かれる。
I=模倣困難性。持続的競争優位の源泉。他社が真似できない強み
O=組織。VRIを活用できる組織があるか。

上記の1次知識をベースとして、強みと言われたら、
強み=経営資源=S=VRIOのIとO
というような想起します。

この想起を元に、与件文を探しに行きます。
まず2段落目を見てみます。※クリックで画像拡大します

 

次に3段落目を見てみます。※クリックで画像拡大します

私は上記2点を強みの根拠として解答を作りました。
2段落目の技術力VRIOのI、模倣困難性
3段落目の生産体制VRIOのO、VRIを活用する組織

ちなみに6段落目には、
「技能士資格を持つベテラン作業者が品質保持に寄与している」
というような文章が書いてあったのですが、13段落目の社長の方針が
「これまでの作業者のスキルに頼った加工品質の維持ではなく、
作業標準化を進める
となっており、迷いまくった結果、字数が足りなくなったので
作業者のことは強みから外して書きませんでした
冷静に今考えると、事業変遷から強みを問われており、
ベテラン作業者のおかげで加工品質が維持されてきたという
歴史を経た経営資源(ヒト)なので、書くべき要素だったかも
しれません。

また、解答には3段落目を根拠として「生産体制」とは書きましたが、
一貫生産体制」とは書きませんでした。
「一貫生産体制」という言葉は過去問ではよく登場しますが、
私が書かなかった理由は以下のとおりです。
①「一貫生産体制」という言葉が与件文には明示されていなかった
②「一貫」という言葉は、「最初から最後まで」という意味であり、
_当時の私は、80分の短い時間の中で「機械加工」「熱処理加工」が、
_顧客にとって「一貫」した生産体制なのか?の確証が取れなかった
③「一貫生産体制」かどうかはよくわからないけど、
_「機械加工と熱処理加工の生産体制」が構築されたことは事実なので、
_生産体制」という言葉ならば減点にはならないだろうとの判断
冷静に与件文を読んだら、「一貫生産体制」でもいいのかもしれませんが、
2次試験では「いかに減点を回避するか」が重要だと思っていました。

解答内容については賛否あるかと思いますが、
私の場合は、このように対応付けが2パターンあることを想定して、
日々過去問や演習を解きながら本試験に臨みました。

 

<質問2:通勤などの隙間時間で勉強する方法は?>

2次試験は80分間で一連の作業を通じて解答用紙の記入まで行います。
そのため、隙間時間って何やればいいの?結構悩まれると思います。
私の場合、自宅の玄関から会社まで1時間と近く、電車に乗る時間も
15分強
しかなく、そんな中で何をするのか?結構考えました。

まず私の時間の使い方ですが、忙しくないときは
朝5時    :起床
朝6時半まで :過去問やTBCの演習問題を骨子作成まで解く
電車15分  :手作りノートで1次知識を定着させる
昼休み45分 :自席で昼食を食べながら、ふぞろいやTBC解答解説を
________見て、朝書いた骨子の内容を確認し、反省点をまとめる
21時~22時:事例Ⅳの問題を必ず1問以上解いて答え合わせ
就寝

こんな感じでした。
電車に乗っている隙間時間の勉強ですが、手作り1次知識ノートを見て、
1次知識を忘れないようにしていました。A4サイズのノートです。
※クリックで画像拡大します


このノートはTBC受験研究会が販売している「速修2次テキスト」に
掲載されている「抽象化ブロックシート」をPDF化して、
過去問や演習問題で気づいた知識を随時補足していたノートです。
「全体」「事例Ⅰ」「事例Ⅱ」「事例Ⅲ」のカテゴリーで4冊作り、
毎日4冊通勤カバンに入れて毎日読んでました
抽象化ブロックシート」とは、過去問で問われた1次知識の論点を
事例ごとにまとめたものです。私はこれをひたすら覚えて書き込んで、
2次筆記に必要な1次知識を覚えました。
11代目の3chも、抽象化ブロックシートをreminDoに入れて
勉強していたようです。→3chの記事。

また、一言一句そのまま覚えるのではなく、
生産計画での注意点は?」「生産統制での注意点は?」など
各事例で問われやすい論点と紐づけていました。

上述の質問1の間接対応付けも、日々この手作りノートを
見て忘れないようにしていたので、とても役に立ちました。

私の場合は、このように通勤時間は1次知識の定着に使っていました。

オン春でいただいたご質問、こういった形でこれからも随時
お答えしていきます!

この投稿が皆様の勉強の一助になれば幸いです。

<こっそり告知>
4月19日日曜日から、不定期で3回に分けて【渾身】連結会計を
投稿致します。ぜひご覧ください!

以上、おべんと君でした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

   お礼   

一発合格道場 オンライン春セミナー2020
4月4日(土)に無事開催できました
ご参加いただきましてどうもありがとうございました

         

twitterもよろしくお願いします。

おはようございます、さとまるです。

昨日に引き続き、4月4日(土)に開催しました、オンライン春セミナー(略して、オン春!)のQ&Aの内容を簡単にご紹介したいと思います。

一次試験に増してたくさんのご質問を頂いたので、お答えする側としても、なるべくたくさんの質問に答えたいという思いから、次!次!という感じで時間が過ぎていきました。

まとめてみると約50分で15問。問題が多くなったので、

  • 二次試験に向けた準備
  • 二次試験の学習方法
  • 二次試験の解答のポイント

の3つのカテゴリ別に分類してお届けします。

◆二次試験に向けた準備

Q.二次試験対策は何から始めればよいでしょうか。

・質問者が二次試験初心者という前提を置くと、まず「「まとめシート」流!ゼロから始める2次対策:中小企業診断士2次試験対策」などで二次試験の概要や求められる知識等の全体像を俯瞰すると同時に、過去3年間の過去問を解いて自分のレベルを把握し、理想と現実のギャップの埋め方の方向性を立ててみるのが良いと思います。


Q.1次対策で時間一杯ですがストレート合格を目指す上でゴールデンウィークTACの2次実力チェック模試は受けたほうが良いですか?

・二次試験を知ることを目的に昨年度受験した。当日を無駄にしないために、まず1年度分解いてから、模試を受験したがひどい点数だった。でも、今持っている知識のレベルを知っておく意味では、受験するのをおススメしたいです。

・模試でも過去問でも、二次試験のイメージや概要を知っておくと、一次試験後のスタートダッシュがかけやすいと思います。


Q.2次受験資格はありますが、1次保険受験を受けようか悩んでいます。2次勉強時間を削って1次勉強する時の留意点など教えてください。

苦手な科目だけ復習して、時間や心理的な余裕を確保するようにしていた。

・今年は1次試験から2次試験まで時間が長く、昨年度は1次試験合格者が多かったので2次試験は厳しい戦いになりそうなことを踏まえると、1次試験を受験するにしても2次試験の勉強はできるだけ継続したほうがいいと思います。


Q.今年は二次試験までの時間が長いですが、例年と勉強方法等変えて挑んだ方が良いことはありますか。

・期間が長くなったとしても、過去問を解いて自分のレベルを知って、他の方の解き方を参考にしながら、自分の解答精度を高めていくという、やるべきことの本質は変わらないのでは。


Q.二次対策として、おすすめの通信講座をご教示願います。(地方のため予備校は難しい状態です。)

・8月からMMCの通信講座(演習を12回分、模試を2回、フィードバック付き)を受講。ボリュームは十分だった。また、過去問が18年分付属しており、特に事例Ⅳの経営分析を一通り練習できたのがよかった。現時点で過去問のストックが不十分な方におすすめしたいです。

・TBCは一次試験の知識を二次試験に使うことを重視しており、毎月の演習が非常に参考になった。

・通信講座に入らなくても、勉強会やオンラインコミュニティ(ココスタ等)を利用する手もあります。


Q.おすすめの勉強会を紹介してください。

・(10代目ksknさんが立ち上げた)ココスタの前身の勉強会に入っていました。勉強会は、積極的に参加・活用すると得られるものが多かったです。

【中小企業診断士試験】勉強会の効用とご紹介も御参考に。


◆二次試験の学習法

Q.細切れの時間を使って、二次の記述対策をやるおすすめの学習法はありますか?

一次知識と二次知識へのつながりをまとめたノートをつくり、時間のある時に見返していました。

・設問文の解読が非常に重要と考えていたので、設問文だけをまとめて、解答の方針をイメージする訓練をしていました。

細切れの時間もいろいろあるので、朝通勤で電車に乗る間は設問分析、歩いているときはアプリで一次知識の復習、昼休みは机で事例Ⅳ、帰りの電車で解答の骨子作成、のように使い分けていました。


Q.二次対策につながる一次科目の勉強の仕方、そのポイントをおしえてください。

・一次知識のインプットの時点から、「穴埋め式」ではなく、「網羅式」の暗記カードを作るのがおすすめです。例えば、「ライン生産方式」という用語に対して、文章の一部を隠すのではなく、意味、使用の目的、メリット、デメリット等が網羅的に書いてある暗記カードのイメージです。

・二次試験で使われる一次試験の知識は限られるので、道場先代のファイナルペーパーなどを利用して、二次試験で重視される論点や知識のイメージをあらかじめ持っておくとよいです。


Q.採点者に読みやすい、日本語能力をあげるための勉強法を教えてください。

設問文を見た瞬間に解答の構成を考えるようにしていた。解答には因果が重要と言われており、例えば「問題を挙げよ」という設問文なら、理由(真因)、(現在発生している)問題、解決策をまず書いて、そこで当てはまる内容を埋めていくようにして、因果を意識していました。

・紙に書くのではなく、頭の中で因果を構成できるレベルになるまで過去問を回していました。

・横文字をどれだけ漢字に圧縮できるかもポイントかもしれない。コンクリフトを軋轢に、など。

結論を明確に、端的に言えるようにという点を意識していました。


Q.2次試験を受ける予定です。過去問は何年分さかのぼって学習されましたか?また効果は高かったですか?

・MMCだったので、過去問をすべて入手していたが、実際やったのは事例Ⅰ~Ⅲは7年分、事例Ⅳは10年分だった。

解いたときに気づきがあり、また問われている論点や解答の作法を身に着ける意味で、事例Ⅰ~Ⅲは少なくとも5年分を2回程度、繰り返してやることが重要と思います。事例Ⅳは年度により難度にバラつきがあるので、俯瞰する意味では10年間は必要でした。


◆二次試験の解答作成のポイント

Q.二次解答は通信教育や勉強会等で他人に見てもらうのが一番だと思います。とはいえ、それが難しいときに、自分が回答を採点するときに注意していたポイントはありますか?

・「ふぞろいな合格答案」を参考に、合格者やA答案を比較して、自分の解答にないキーワードや論点があれば、心を鬼にして書けなかった理由を掘り下げていました。

・同じく「ふぞろいな合格答案」を参考にしていたが、キーワードの有無だけでなく、解答の観点や解答に至ったプロセスも重視して参考にしていました。


Q.過去問題集でも、二次だと解答に幅がある気がします。解答時にはどのようなことを気にされましたか?

・TACの解答と「ふぞろいな合格答案」を比較して、やはり解答の幅は感じました。正解が公表されない以上は幅が出るのは仕方ないと思う。自分のスタンスとしては、解答を見比べたうえで、出題者の意図、聞きたいことを自分で組み立てて、そこに自分がどれだけ近い解答ができたかを評価して採点していた。


Q.独学で2次の勉強をされた方はどのように勉強されたのでしょうか?注意点や工夫された点を教えてください。

自分の解答を客観的に評価するために、オンラインでもオフラインでも勉強会に参加して、他の参加者と解答を比べて足りなかった要素を洗い出すのが有効。

・初期の段階ではタイムマネジメントを気にせず、与件文や設問文を読み込むのが大事と思う。その後、タイムマネジメントを意識した解答の作りこみに取り組んではどうでしょうか。


Q.2次の復習方法を教えてください。

・独学の場合は、ミスノート(復習or復讐ノートとも言う)を作成して、全部自分がやったミスを書き込んで、自分の癖を知ることに注力しました。どんなミスをしたかだけでなく、なぜミスをしたのかまで分析し、次回同じ状態にならないようにする方策まで書き込みました。

・特に事例Ⅳは、計算ミスと理解系のミスに分けて記録していました。


Q.【二次】解答骨子(解答メモ)の作成はどうされてましたか。

【解答骨子を作成する派】

解答の枠を書いたうえで、そこから先の書き込みはケースバイケースだった。

矢印を使うなどできるだけ時間をかけずに、解答骨子は作成するようにしていました。

・解答型はつくって、あとはメモ程度に埋めていた。また試験開始後40分を過ぎたら、解答用紙に書き始めるようにしていました。

・最初は文章で、文字数をカウントしながら作成していたが、時間が足りなかった。そのため、与件文で使用する箇所に番号を振って、番号を解答の型にはめ込んで簡単な解答骨子を作成していました。

「「まとめシート」流!ゼロから始める2次対策:中小企業診断士2次試験対策」を完全にまねしてやってみて、時間も考慮しつつ自分向けに改良して解答していました。

・解答骨子は作成した。情報整理のために主語、末尾の締め(効果を書くか)を設計したうえで与件文を読みに行くようにしていた。試験開始後40分を過ぎたら、解答を書き始めていたが、その時点で大問2問が空欄の場合もあり、焦ることも多かったです。

・段落と単語を並べて解答骨子を作成していた。練習では解答骨子を書けても、本番では書けない場合も多いので、骨子を作成できるとき、作成時間がないとき両方の場合を想定して練習しておくとよいと思います。

【解答骨子を作成しない派】

・解答骨子の作成はしなかった。設問文に気づいた点を走り書きし、与件文で解答に利用する部分をマークすることで、設問文と与件文を使って解答イメージを作り、解答していました。

・解答骨子は作成しなかった。ダイレクトに書き込んで、別の頭でそのほかの問題も考慮しつつ解答しました。


もちろん、2次試験についても、オン春!で解答できなかったご質問は、一同知恵を絞り、解答できる範囲で後日解答させていただきますのでお楽しみに!

そして最後に。セミナーでは時間がなくお伝えできませんでしたが、コロナ禍で1ヶ月先の見通しも立たず、世間が騒然としている中、診断士の勉強に取り組まれているみなさまに心からエールを送りたいと思います。

社会人の方が大半だと思いますが、仕事や家事をしながら、新しいことを学んでいる社会人は非常に少ないと思われます。診断士に合格してから、転職に向けた資格の具体的な使い方を何名かの方に相談する中で、ほぼ全員から「新しい分野を積極的に学ぼうとする姿勢」こそ差別化でき、PRポイントになるというアドバイスをもらいました。

今の仕事や置かれた状況に安住せず、学び続けられる人は、実は少数派。おまけにコロナ禍で騒然としている中、多少動揺しながらでも学習を継続できる人はさらに少数派なのでしょう。

でもこんな不確実で今までの常識が壊れつつある時代だからこそ、新しい分野を積極的に学ぼうとする姿勢が評価され、そのようなマインドを持つ人が必要とされている気がしています。

願わくは、診断士受験の学びが誰かの役に立つ日が来ることを信じて。今年の合格を目指して、読者の方々と一緒に学んでいけたらと思います。

以上、さとまるでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

   お礼   

一発合格道場 オンライン春セミナー2020
4月4日(土)に無事開催できました
ご参加いただきましてどうもありがとうございました

         

twitterもよろしくお願いします。

おはようございます、さとまるです。

さて、おかげさまで先週土曜日にオンライン春セミナー(略して「オン春!」)を無事開催することができました。今年はリアルの開催は難しく、試験的にZOOMでの開催にトライしまして、

  • 前半の1時間を1次試験の質問
  • 休憩時間(リクエストの多かったモチベーション維持の方法をスライドでご紹介)
  • 後半の1後半の1時間を2次試験の質問

の構成でお送りしました。

裏話になりますが、オン春の開催には紆余曲折ありまして。
コロナ禍の中、受験生にとって、この時期にセミナーに参加する意義って何?オンラインでも開催すべきほうがいいのか?そもそもZOOMって何?というところから始まり、「できるかどうか」より「やるかやらないか」の精神で開催に漕ぎ着けることができました。

前半、後半で参加される方の出入りはあったものの、最大87名の方々にご参加いただきました。ご多用のところ、どうもありがとうございました!

当日ご参加頂けなかった方、聞き取れなかった方もいらっしゃると思いますので、セミナー当日のQ&Aの内容を簡単にご紹介したいと思います。

春のセミナーではありますが、2次試験関連の質問が、1次試験の関連の質問の約2倍となっており、すでにかなりの方が2次試験を意識されていることを感じました。

非常に長くなっておりますので、目次から気になる項目だけ、もしくはお時間のある時にご覧ください♪

◆一次試験について

Q.本試験で420点以上取る勉強法、これから試験までに何をするべきか、皆さんにお聞きしたいです。

各科目70点以上を目指しましょう。これからの時期は、実際の問題を解いて、完成度を上げていく時期と考えます。完成度が足りない科目は、あと一か月で、TACのスピード問題集を解いて基本的な論点を仕上げ、過去問に挑戦してはどうでしょうか。

過去問中心のスタンスをおススメします。(特に初学者は)テキストによるインプット中心の勉強だったと思いますが、これからはアウトプット中心の勉強に切り替えるべきです。過去問の解説にはテキストよりも深い内容が書かれている場合があるので、過去問を解いて解説を頭にしみこませるとよいです。

・(オンラインだとしても)模試を受けて、できるだけ本試験と同じ状況に自分を追い込み、その経験を活かして、本試験までにすべきことを考えてはどうでしょうか。


Q.財務に対する苦手意識が強くて点数が伸びません。何かいい方法はありますか?

・一次試験の財務は、答えがほぼ決まっており、取り組んだだけ点数が積みあがると思います。「財務を味方につける」よう、考え方を変えてはどうでしょうか。

まず基本的な考え方を身に着けるとよいです。簿記等のわかりやすいテキストを読んでから財務の問題に取り組むほうが、結果的に早く苦手意識を克服できると思う。

・独学の場合、解説が丁寧なTACのスッキリわかるシリーズがおすすめです。

・過去問を回した上でわからない論点は、道場のコメント欄にリクエストいただければ、可能な範囲で解答します


Q.決まった時間に勉強できないのが悩みです。勉強時間を確保するために工夫したことなどありますか?

・スキマ時間の活用がおすすめです。TACの録画講義や、ほらっちチャンネルなどの動画コンテンツを活用して、耳で「ながら勉強」すると、勉強した満足感が得られるし、実は定着率もよいです。

・勉強の習慣化には、決まった時間に勉強も大事ですが、無理ならばあきらめて、取り組めた時間(量重視)、もしくは取り組めた問題数(質重視)を目標において勉強してみては。


Q.情報、法務、中小の暗記科目は、どのように定着させましたか?

・論点ごとに表にまとめては。市販テキストを使ってもよいですが、自分でまとめる方が頭の整理になってベターです。

・単語帳にまとめて繰り返していました。ただ、自分が理解できない単語は、何度繰り返しても覚えられないので、まずは検索して意味を理解したうえで暗記するのが大事。また、全体像を把握して、その中でどの分類の、どの部分にあたるのかを意識するのもおすすめです。


Q.今年の爆弾科目は、ずばりどれだと思いますか?

・経済:最初の科目なので、気持ちを萎えさせるために難化するかも?

・経済:基礎的な問題が多い年、基礎的な問題が多くない年が明確な印象があり、今年は後者になるのでは。

・情報:時事ネタが増え、追えない人を落とすのでは。

・情報:最新の情報の発展が目覚ましく、そのような知識を身に着けてほしいと考えているのでは。

・中小:学ぶ内容は実務上必要な内容が多く、診断士になる前に勉強をしておくべきというメッセージを込めて難化するのでは。

・爆弾科目はわかりません。全科目得意にするというメンタリティでトライしましょう!

・法務は2年前に試験後に8点プラスするほど難化したので、難化しないのでは。。

・財務と経済は難化と易化の差が激しいので、難化しても得点できるよう勉強しておいて損はないと思う。また、易化したら70点、80点とって、貯金科目にするとよい。(参考記事「【一次データ分析】平均点と科目合格率の推移(14年分)」)

・今年度残した科目があって、残した科目と組み合わせる科目を検討しているなら、科目を広めに受験して、リスク分散を図ることをおススメします。


Q.模試のおすすめはどこかありますか?

・参考までに、一次試験向け主な模試の一覧をご紹介します。
LEC1次ステップアップ模試
– 実施日:4月11日(土)~12日(日)・〆切日:4月11日(土)
– 価格:5,090円 (7科目、Web解説有り)
LEC1次ファイナル模試
– 実施日:6月6日(土)~7日(日)・〆切日:未定
– 価格:未定
クレアール1次公開模試(自宅受験のみ)
– 実施日:6月25日(木)~7月1日(水)・〆切日:5月上旬
– 価格:3,500円
TAC1次公開模試
– 実施日:5月30日(土)~31日(日)・〆切日:未定
– 価格:未定(昨年度は6,200円)

Q.モチベーションを持続する方法を教えてください。

診断士の受験を決めた時の気持ちを思い出してみてはどうでしょう。

・経験上、今日何を勉強するべきか?見えないと気持ちが萎えることが多いと思います。月次、週次、日次計画を明確に立てて、進捗管理することをおススメします。

達成できた時に、自分が喜ぶご褒美を用意しては。ハーゲンダッツやトッピングもりもりのカフェラテなど、自分が走り出したくなるニンジンをぶら下げてみてください。

・勉強する時間、しない時間、メリハリをつけることが大事です。


Q.皆さんが、今年もう一度受験するとしたら去年の勉強の反省を踏まえて、あと約100日どのように勉強しますか?

過去問中心に切り替えます。

足切になるような科目の対策を考えます。

・過去問をやりつつ、二次試験の問題をのぞき見します。

・昨年、一次は早く仕上がりすぎて7月の過ごし方に迷ったので、まだ時間のあるこの時期に二次試験対策、特に事例Ⅳの計算を間違いなく・習慣化してできるよう取り組んでおきたい。

・一次知識の理解が不十分で二次試験の際に苦労したので、二次試験につながる一次知識のインプットを強化します。

・暗記科目の中小と法務を直前期に詰め込んだのが辛かったので、早めに過去問に取り組むと思います。


少しでも、学習のヒントになるようなQ &Aはありましたでしょうか。なお、オン春!で解答できなかったご質問は、一同知恵を絞り、解答できる範囲で後日解答させていただきますのでお楽しみに!

以上、さとまるでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

どーも、そーやです。

本日は全身全霊の三本立て投稿となります!!!
多分私の中では道場ブログ執筆開始以来、一番気合を入れてギリギリまで頑張った投稿だと思います(笑)

 

合格体験記の一本目は勉強を楽しむをモットーの、そんかんさん
(記事はこちら
二本目は家族をはじめとした支えてくれた方に感謝の、トーベさん
(記事はこちら
となります。併せてご覧ください!

 

そして昨日は一発合格道場ロケットスタートセミナーにご参加ありがとうございます。真冬の季節の中、参加者及び10代目メンバーの熱気で会場は暖房いらずの盛況でした。これから診断士と一緒に活動する方々と一緒に時間を共有できることは私たちにとっても非常に刺激になりました。本当にいつも大勢の方にセミナーに参加いただきありがとうございます。改めてお礼申し上げます。

 

それでは簡単ではありますが、昨日のロケットスタートセミナーレポを紹介したいと思います。

セミナー目次:

診断士1年目に知っておくべき制度概要:どいこう

あなたはどのタイプ?タイプ別診断士の事例紹介:かもよ、そーや、たっつー、なおさん

パネルディスカッション:かわとも、ちこまる(仮)、いよっち、初代JC、9代目よこよこ

グループ相談会:各テーブル

活躍する診断士でいつづけるために:初代JC

 

1.診断士1年目に知っておくべき制度概要

どういこうから、とある診断士1年目がどんなスケジュールだったかの実例と中小企業診断士協会や研究会、マスターコース・プロコン塾、そして受験生支援のリアルなどオーソドックスな診断士1年目が関われる活動について概要の説明をしてもらいました。

診断士2年目に突入する私も去年は中小企業診断士協会などに参加してなかったので、隣で聞いていて非常にタメになりました(笑)

 

2.あなたはどのタイプ?タイプ別診断士の事例紹介

独立診断士の事例紹介としてかもよが登壇しました。シングルマザーで頑張っているかもよにどんな危機が!?二軸分析で独立診断士の活動を分かりやすく説明してくれました。対面式のセミナーでしか聞けない裏話など満載の盛り上がった時間でした。

※写真はイメージです

 

二番手は私そーやが、診断士合格後の転職の事例紹介をさせて頂きました。診断士合格後から転職まで時系列で紹介し、随所にタメになったツイート内容をちりばめた構成となりました。余談ですが、昨日だけでもksknのフォロワーが増加したそうです!笑

※写真はイメージです!!

 

三番手は、本業との兼ね合い事例紹介として、たっつーが登場しました。診断士1年目の活動と本業の兼ね合いでの苦労話は非常に心に響きました
せっかく診断士になったんだから色んなことに挑戦してみようと考えたbeforeと、本業の繁忙期で撃沈したafterを、経験者は語るとして診断士1年目の参加者には印象に残ったのではないでしょうか。

 

診断士事例紹介のトリを務めたのは副業の事例紹介をした、なおさんです。副業・兼業促進に関するガイドラインの解説や実際になおさんはどんなことをしたのか丁寧なプレゼンでした。そして、実際に去年1年間の副業の収入発表までしてしまうなおさんの説明は聞き入ってしまいます。

※上記は自己紹介パートで進行を務めるなおさん

 

3.パネルディスカッション「10代目:私の診断士1年目」

パネラー:かわとも、ちこまる(仮)、いよっち、初代JC、9代目よこよこ

参加者から質問を募ってパネラーが回答するフリートーク形式で行われました。質問はリアルタイムで更新されて、参加者の方が興味関心の高い質問を中心に回答するという、インタラクティブなやりとりで進められました。

実務補習や実務従事は実際にどういうものなんですか?

診断士の副業(セミナー、執筆)のリアルな収入は?

理論研修ってなんですか?

など、診断士に実際になってから具体的にどういう活動があるのか、お金の出入りはどうなのか、がみなさん非常に非常に興味があるようでした。

最後にいよっちから「余力管理」についていいコメントがありました。
診断士になってから色んな方々にお会いするので、1か月後自分がどんな分野に興味をもつのか、どんな人に影響を受けるのか分からない世界です。それでも余裕をもってやらないとキャパオーバーになってしまうので、無理ない範囲で診断士活動を楽しんでいきましょう、とコメントしていました。

パート2の事例紹介でかもよやたっつーのしくじり事例も踏まえてコメントするいよっちは、とても頼もしく見えました(親目線)

 

3.テーマ別相談会

テーマ別相談会では道場メンバーが各テーブルに参加し、参加者の方が気になっているリアルな1年目の活動などたっぷりとひざを突き合わせて話しました。これまでの各セミナーでも実施していた相談会は、あっという間に楽しい時間も過ぎてしまい喋り足りないグループも毎度のことながら散見されました。

 

4.活躍する診断士でいつづけるために

セミナーの最後の締めは初代JCより、診断士試験合格から10年間を踏まえた話をしてもらいました。

10年間診断士活動を積み重ねることによって、今のJCさんが作られていることを語っていただきました。同じ診断士として1年間活動することで、JCさんの活動の大変さがより身に沁みました。去年ロケットスタートセミナーに参加したときとは異なる気持ちで話が聞けて、運営側の人間ですが心に刺さりまくりです。

・自分の居場所を見つける
・居場所の中で中心に立つ
・自ら動くことをためらわない
・常にPOSITIVEに考える

診断士業界の中で自分の居場所を作ること、次の一年はより私も意識して活動していきたいと思います。

 

さいごに

 

毎回恒例の全体写真でロケットスタートセミナーは締めました。

62名の参加者の方々、本当にご参加いただきありがとうございました。そして改めて診断士試験合格おめでとうございます!

 

これを持ちまして一発合格道場10代目のセミナーは終了とさせていただきます。春セミナーから始まったリアルな活動も最後となってしまうと少し寂しい気持ちもありますが、一発合格道場のコンテンツは今後も続いていきます。合格体験記もまだまだ紹介させていただきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

以上、そーやでした!

 


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

東京:終了しました!8月10日(土)

大阪:終了しました!8月11日(日)

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みはこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

満員御礼!キャンセルあれば、お申し込み可

詳細はこちらをご確認ください。

*:*:**:*

こんにちは、いよっちです。前回までの記事はこちら

1次試験からわずか1週間しか経っていないにもかかわらず、しかも、お盆の帰省シーズンにもかかわらず、先週末の東京大阪のセミナーにはたくさんの受験生の方にお越し頂きました。それぞれのセミナーレポート、ぜひチェックしてみてください!そして、懇親会@東京の場でもお伝えした通り、コメントください。励みにします。笑(←切実)


わたしも参加させてもらっている2次対策の必携書ふぞろいシリーズのうち、今年出版された2019年版 ふぞろいな合格答案 (エピソード12)は、大好評につき増刷が決定しました!

現在Amazonでは在庫が確認できますが、数日前は在庫不足になっていたようです。「あとで買おう」なんて思わずに、ぜひとも手に入るときにお買い求め頂ければと思います。

この1冊に詰まった濃密な情報を得られるか否かによって、確実に他の受験生と差が生まれる、と(執筆者目線ですが)思っています。そんな状態だけは避けてもらえればなぁと切に願っています。

増刷が嬉しい反面、受験生を応援する立場としては心境は複雑でもあります。

ふぞろい需要の大部分は、あたりまえの話ですが、2次試験の受験生によって構成されています。需要が高まり、増刷になるということは、今年の2次受験生の数も(きっと)多いということです。

1次試験を実際に受験した皆さんの手ごたえもそうであったように、特に爆弾科目もなく、珍しく”凪”だったことを考えると、2次受験生の数は増加すると予想されます。

2次試験の合格者は(きっと)急激には増えないでしょうから、今年の2次試験は激しい戦いになるのではないかと想像しています。更に、来年はオリンピックの影響で、ストレート受験生に有利(?)なんて話もありますから、なんとか1人でも多くの方が今年の2次試験を通過することを願ってやみません。

 

2次対策の初期の今頃は、実力勝負というよりも情報戦の色が強いと思っています。

都合が合わなかった人も、遠方のため参加できなかった人も、情報戦の初期段階の差を埋めるべく、今日の記事では、東京セミナーで私がお伝えした事例Ⅱに関する入門編の内容を掻い摘んでお伝えします。(初学者向けの内容になっていますので、多年度性には物足りないかもしれませんがご勘弁を。)


1.本題に入る前に・・・

ちょっと寄り道をさせてください。受験1年目(ストレート)の時の点数と、受験2年目(2次専念)した際の点数の比較です。

かなしいかな、2次対策に専念して、数百時間近くを費やしたにもかかわらず、、、

CABA(237点)⇒ CABA(245点)

どの事例もABCD区分では変わらなかったんですね。受かってたからいいものを、そりゃ「人間努力したって変わらないんじゃ・・」なんて思いたくもなりますよ。。

そんな嘆きはさておき(笑)、事例Ⅱだけに着目すれば、私は高得点を維持できた形です。「どーだ、すごいだろ!」なんて威張る気は毛頭なくって、ちょっとした意識づけとコツで得意科目にすることが可能だと思っています。そのあたりについて、私が重要と思うポイントをお伝えします。


2.道場メンバーの平均点と標準偏差

10代目の12人の事例ごとの平均点と標準偏差をまとめてみました。

事例ⅡとⅣの平均点が高い(得点源にしている)ことが分かりますが、同程度の平均点だった事例Ⅳと比較すると、事例Ⅱの標準偏差(バラツキ)が高いことも見て取れます。

得意な人苦手な人の差が大きくなりがちな事例Ⅱですが、差を分けるポイントは一体何なのか。多くの受験生に苦手意識をもたらす要因(特徴)を整理してみたいと思います。


3.3つの特徴

特徴①情報量が多い

他の事例に比べて事例Ⅱは、とにかく情報が多い。そんな印象を持つ方が多いのではないでしょうか。情報量を顕著に表すものとして、与件文の文字数を比較してみました。

与件文の長さだけでなく、他の事例に比べて記載されている情報の具体性が高いことも特徴と言えるでしょう。事例Ⅱを解く時のあたふたしてしまう「忙しさ」は情報処理を難しくする情報の量・具体性から来ていると思います。

特徴②助言問題が多い

与件文にある情報を整理するだけで得点が確保できるタイプの問題(情報整理型)と、事例企業の向かうべき姿の提言を期待される効果とともに助言するタイプの問題(助言型)に区分できます。当然、助言型の方が難易度は高いです。

事例Ⅱは、過去数年を見ても助言型の問題に占める配点が高く、助言問題の攻略なしには事例Ⅱの得意科目化は語れないでしょう。

特徴③要素の紐づけ

特徴①の情報量の多さ、そして特徴②の助言問題に相まっての特徴③ですが、使えそうなキーワードが複数登場しつつ、それらをどの問題に使うのか、対応づけする作業に苦心するかと思います。


4.攻略ポイント

攻略ポイント①情報の取捨選択

情報量・質の高い問題を80分という限られた時間の中で処理しなければなりません。あらかじめ処理すべき情報を取捨選択してから処理にかかりましょう!以下のようなStepで考えると情報処理する量をぐっと減らせますよ。

Step1:ターゲット(デモ・ジオ基準)を特定
事例Ⅱの鉄則は、顧客第一です。何よりも顧客の情報に注目してください。デモ・ジオ基準での表現は実は与件文でも登場回数が少なく、すぐに見つかるはずです。この時点で複数ターゲットが登場する事例企業は考えにくいですから、迷う必要がありません。
デモ基準:30代~40代、シルバー世帯、子育て世帯、等
ジオ基準:X市内の、〇〇沿線に住む、徒歩圏内の、等

Step2:ターゲット(サイコ基準)に注目
Step1で挙げたターゲットを修飾する形で、サイコ基準として考えられる表現が出てくることが多々あります。例えば、「健康志向」や「和の風情を好む」なんて表現が近年は登場していました。「〇〇が好き」と換言可能な表現は大ヒントです。

Step3:サイコ基準に合うB社の経営資源をピックアップ
最後にようやく「あ、この部分使いそうだな」という箇所の拾い上げ作業です。もしかすると大多数の人たちは、Step1/2を行う前に「使いそう!」と思う箇所に線を引いていったりしているかもしれません。試験委員があの手この手で紛らわせようと与件文に盛り込んでいるダミー情報に踊らされてしまう可能性が高まります。まずは、ターゲットを明確にするだけで、余計な情報に惑わされなくなりますよ。そして、経営資源のピックアップについてはこちらの記事を参照してください。特に独学者の方、ぜったい熟読した方がいいですよ!

攻略ポイント②切り口のストック

助言問題の回答骨子を都度考えていては、時間が足りなくなってしまいます。そこで、よく使う切り口で考えることで時間短縮・大外しの防止が可能です。

よく言われるのが以下のフレームワークでしょうか。

①ターゲット+4P+期待効果
②誰に+何を+どのように+期待効果

私の場合は、どうもしっくり来なかったので、②を少しだけアレンジして考えていました。経営資源の活用を自分自身に強く意識させるためです。

②’ 誰に+何を使って(経営資源)+どのように+期待効果

攻略ポイント③要素の一覧化

私もきゃっしいさんなおさんと同じように、重要なものは黄色マークし、その後設問ごとの色分けをする多色使い派の人間でした。ただ、事例Ⅱはあまりにキーワードが多いため、黄色でマークした箇所ばかりになってしまい、設問への紐づけが上手くいきませんでした。そこで、事例Ⅱに限っては、こんな形で処理していました。


↑の枠は、問題用紙のホチキスを外して作ったメモ用紙だと思ってください。(絵心がないもので・・・)

あくまで私の場合ですが、メモ用紙に一度すべて書き起こしていました。
①ターゲット(デモ・ジオ・サイコ基準)のキーワード
②使う予定の経営資源のキーワード

一覧を作る手間はどうしても発生するのですが、それ以上に、
◆切り分けを視覚化でき、経営資源の使い漏れ・無駄遣いを防げる
◆キーワードに飛びつかなくなり、大事故を防げる
というメリットを享受できました。

もちろん、人によってやり方は様々で、自分にあった方法をTry&Errorで探してもらうのが一番だと思います。あくまで一例として、こんな方法もありますよ、と知って頂きたくてお伝えしました。


さて、今日の記事のまとめです。

受験生にとって苦手意識のもとになっている3つの特徴に対して、3つの攻略ポイントをお伝えしました。

まだまだ2次本番までは時間は充分ありますから、自分なりの方法を探してみてください。今は苦手意識があったとしても、きっと事例Ⅱを得点源にしてもらえると信じてます!

前述の通り、今日の記事は東京・大阪セミナーの事例Ⅱの内容の抜粋です。セミナーに足を運んで頂いた方には新しい情報はなかったかもしれません。また、2次対策は情報戦ということもあり、名古屋セミナーに先立って今日の記事でお伝えしています。どうかご容赦頂ければと思います。

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

以上、いよっちでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

東京:終了しました!8月10日(土)

大阪:終了しました!8月11日(日)

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みはこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

満員御礼!キャンセルあれば、お申し込み可

詳細はこちらをご確認ください。

*:*:**:*

おはようございます!かもよです!今日は、一発合格道場夏セミナーin東京のレポートをお伝えします!

8/10に行われました、東京セミナー。30度を超える気温の中、60名以上の参加者の皆様にご来場いただきました。お暑い中、本当にありがとうございます!!
道場メンバーも10代目9名と、9代目よりきゃっしいさん、よこよこさん、桃ちゃんさん、がスタンバイ!初代ハカセさんも相談会から参加してくださいました。懇親会からは、6代目tomoさんが参加(tomoさんは東京・大阪どちらも参加してくださいました!)、さらに飛び入りで初代JCさんと9代目へんりーさんも登場し、大盛り上がりとなりました!

■オープニング

オープニングはかもよが務めさせていただきました。まずは、試験の概要と「勉強以外の大切なこと」です。かもよの実体験に基づいた「恐怖体験」を少々……。皆さん、受験番号は最初に書いてください!そして、体調管理は万全に!(そして絶対に事故には気を付けてください!)

■2次試験の学習方法&復習方法

われらがリーダーかわともから、学習方法と復習方法についてです。限られた期間の中で最大限の効果を得るために、達成したい目標と到達の手段を常に意識するアジャイル勉強法で進めていきましょう。特に、復習方法については、解答キーワードや解答要素の切り口、文章校正や論理のチェックに加えて、ミスしたポイントの「原因の分析と対策」をしっかり行い、本番で同じミスを繰り返さないよう定着させていきましょうね!

80分の過ごし方

なおさんからは受験時間の過ごし方についてです。実際事例を解いた方はお分かりになると思うのですが、80分って結構短いんですよね……。限られた時間をいかに「思考」にかけられるかが、解答の制度向上・内容充実のカギになります。そのためには、「作業」を徹底的に合理化・単純化すること!なおさんの実例は、これまでの記事にも書いてあるので、必見です!

■事例Ⅰ

事例毎の対策は、10代目の2次試験最高得点者、ぐっちから始まりました。春セミでもぐっちが話した、2つの指針、「みんなが書ける解答をかけるようになる」 「初見で80分で解けるスキルを身に着ける」は全事例に共通することです。実際の過去問を使った解説で、合格する解答のイメージをつかんでいただけたことと思います。

■事例Ⅱ

事例Ⅱと言えばいよっちです。2年連続75点はダテじゃありません。しかし、事例Ⅱは得意・苦手の差が出やすいようです。いよっち式の与件のヒントをもれなく使う「要素の一覧化」の方法は要チェックでした。図表、グラフがあって、文字数も多く情報が多い事例Ⅱでは「事故を防止」して「得点の安定」を目指しましょう!

■事例Ⅲ

リケジョのちこまる(仮)からは事例Ⅲについてです。C社様は「もうちょっと頑張れ」な企業……ドラクエで言うところの「いのちだいじに」みたいですね。事例ⅠのA社、事例ⅡのB社とは考え方を変えていきましょう!「普通…できるよね?」という思い込み厳禁!!無茶ぶり厳禁!!

■事例Ⅳ

最後は財務の記事も冴えわたるどいこうから事例Ⅳについて。他の事例とは違い、計算問題がある事例Ⅳは「対策がしやすい」頻出論点の対策は必須です!苦手意識のある方、今すぐに対策しましょう。得意な方は、もちろん得点源に!!

 

相談会と懇親会では、皆さん活発に質問をしていただきました。
事前のアンケートでは、「これから勉強を始めるには」「何から始めればいいか知りたい」というご意見も多くいただいていました。ですが、事後アンケートには「悩みがとけた」「本試験までのイメージがわいた」「目からうろこが落ちた」などなど……これからの勉強に弾みをつけていただいたようです!

記念撮影は、みんな笑顔でご参加いただきました!!

さて、今回セミナー参加の都合がつかなかった方も、10代目makinoが、動画の準備を着々としてくれています。公開までもう少しお待ちくださいね。
もちろん道場ブログは歴代のメンバーによる2次試験対策の記事も充実していますので、どんどんご活用ください。1次試験の疲れがとれない……という時期はもうそろそろ終わりにして、2次の対策を行っていきましょう!!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

東京:終了しました!8月10日(土)

大阪:終了しました!8月11日(日)

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みはこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

満員御礼!キャンセルあれば、お申し込み可

詳細はこちらをご確認ください。

*:*:**:*

みなさん
おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。

熱い熱い夏!
一発合格道場もすっかり熱盛!

順番は前後しますが、大阪会場のセミナーレポートです。

1次試験を突破し、完全合格を目指して意気上がる受験生の熱気を正面から受け止め、然しながらも今一度、冷静に確実な合格ルートを進んでもらうために道場メンバーが集結。
大阪会場には、10代目は名古屋・横浜・高松、そして地元大阪。全国各地から終結。
そしてそして、先代メンバーも援軍参戦。
(tomoさん、ますけんさん、たっしーさん、zenzenさん。ありがとうございました。)

完全合格までメンバー一同、みなさまを後押し続けます。
道場に触れたことで一人でも多くの方が合格されること。そこに私たちの目指すゴールがあります!
みなさまの頑張り、そして合格の喜びが私たちの元気の源です!
年末、合格後の喜びのメッセージをお待ちしております!

さて、そんななかで開催しました夏セミナー。
今回は大阪のレポートを送ります。

■2次試験の学習方法&復習方法

プレゼン担当は、わたくし、ブブ。
そしてコンテンツはかわとも作です!
ご存知の方も多いと思いますが、かわともは何といってもきっちり仕上げてくる超優等生タイプ。
短時間で合格へのルートを作る方法。
私も受験当時、試行錯誤したからこそ実感しますが、このコンテンツのポイントをきっちり抑えることが最適ルートだと感じます。
キーワードは、”アジャイル”にPDCAを廻そう!

■80分の過ごし方

担当は、横浜から駆け付けた、いつも頼りになる「なおさん」。
1次試験のセミナーコンテンツ同様に、今回も確実に受験生が今、必要となる内容をしっかりと詰め込んできました。
2次試験の一つの特徴として、「時間との勝負」という点があります。
今回は、いざ試験本番で80分をどう使うか。それをしっかりと説明していただきました。
因みに私もほぼ同様の内容で組み立てていました。うんうん、納得。
キーワードは、作業と思考の使い分け。作業時間の効率化。

 

■事例Ⅰ

プレゼン担当は、makino。そしてコンテンツはぐっち作です。
事例Ⅰが何について問うてきているのか。
もちろん、「組織」と「人事」ですよね。
その設問者が求める解答作りのツボをしっかりと抑えたコンテンツ。
makinoのぶっ刺しも見事でした!
「大丈夫ですよね。理解していますね!」
(首を横にふるzenzenさんがいたことは秘密です)
キーワードは、幸の日も毛深い猫。
また、詳しくはブログで紹介してくれる?と思います。お楽しみに!

■事例Ⅱ
プレゼン担当は、わたくしブブ。そしてコンテンツはいよっち作です。
ご存知、東京で彼女が経営する弁当屋を支援し、繁盛店にさせているミスター事例Ⅱ。
事例Ⅱの基本のキ。「誰に」「何を」「どのように」
それをしっかり意識して組み立てるためには・・・。
キーワードは、takibenに行こう!事例Ⅱの答えはそこにある!

■事例Ⅲ
プレゼン担当は、makino。そしてコンテンツはちこまる(仮)作です。
プレゼンのプロちこまる(仮)が作成した資料。安定感、半端ありません!
当たり前のことが出来ていない会社に当たり前のことをやりましょう。
それが事例Ⅲの肝。
キーワードはDRINK!
これは過去記事検索すれば出てきます。

■事例Ⅳ

地元大阪のksknが担当。
診断士を目指すのに、事例Ⅳが苦手・・・。
「あり得ません!」
言葉は厳しいですが、まさにその通りだと思います。
企業を診断し、助言するのに財務数字を理解出来ない診断士はあり得ません。
合格、そして合格後の為にも事例Ⅳの強化は必須です。

そして、最後はみんなで恒例の記念撮影!
ここから必ずや合格者がたくさん出てくるはず、いや一丸となってみんなで出しましょう!

そして、今回の開催セミナーはおかげさまで概ね参加者のみなさまから以下のとおり高い評価をいただけたようです。
ご回答者全員が満足!

代表的なメッセージを幾つかご紹介します。
合格までの道筋が見えた
疑問点に対する回答をいただけたため。いろんな方の意見を聞くことができ、良い刺激になったため」
「つかみどころない二次試験を、独学で正しい方向へ訓練する難しさを感じていたので、本当に参考になりました。1~3は合格に必要なレベル感も掴めずにいたので、今日のセミナーで見えてきました。
「自分の足りない所が、分かりました。早速取り入れて改善したいと思います。」

特に直接、道場メンバーに質問疑問をぶつけられる相談会のご満足度が高かったようです。

以上、大阪からのセミナーレポートでした。

※大阪会場にご参加されて事後アンケートをご回答いただいた方に順次、セミナー資料をお渡ししておりますが、一部の方についてメールがうまく届かないエラーメッセージとなりました。アンケート返信後に数日経ってもメールが届かなかった場合は、再度、アンケートに受信可能のメールアドレスをご記載のうえ、ご送信ください。あらためてお送りします。

相談会、懇親会でみなさんのお話を伺いご様子をみているときっと大丈夫!と確信しました。
油断せず、そして焦らず臨めば、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

おはようございます、たっつーです。

昨日夜は、道場では初となる平日の春セミナー<夜の陣>を開催いたしました!

前もブログに書いたかもしれませんが、
・僕自身、土日に家族サービスせざるをえず、2018年の夏セミナーに参加できなくて悔しかったなぁ。
・そもそもセミナーって何でいつも土日開催なんだ?例えばサービス業や不動産業の人たちは、毎回出れないんじゃないか?
・そうだ!土日じゃなくて、平日夜にもセミナーをやればいいじゃないか!
という私の思い&発案をもとに、10代目メンバーの全面的な協力を得ることで、実現したものです。
(開催が決まった後は、私より他のメンバーが一生懸命準備してくれました)

今回の夜セミナー、当初は5人集まればいいかなと思っていましたが、結局、予想を超える大勢の皆様に参加いただきまして大変うれしく思います。

1次試験終了後の8月上旬に予定している夏セミナーや12月に予定している口述セミナーについても、もしかしたら、同じく「平日夜セミ」を行うかもしれませんので(あるいは、別の切り分けでのセミナー)、是非皆様のお声をお聞かせください!

それでは、ここからセミナーレポートです!
平日夜にも関わらず参加者はなんと20名!!
ご参加いただいたみなさま、大変ありがとうございました。


◆診断士試験の概要+道場理論と王道の学習法 by いよっち

試験スケジュールも発表され、間もなく申込も始まります。
申込期間:平成31年4月26日(金)~5月31日(金)

当たり前ですが申し込みが合格への第一歩ですから、皆さん早めに申し込みをしておきましょう。
(申し込んだら、1次試験の予定だけでなく、2次筆記試験・2次口述試験の予定も絶対手帳に書き込んでくださいね!強気の姿勢が合格への二歩目です。)

そして、生粋の道場っ子いよっちによる道場理論の説明と王道の学習方法の説明です。
道場の鉄板記事強固な橋げたを作り、1次試験を突破するためには・・・も参考にしてくださいね。

いよっちからの最後のメッセージは「みなさん、合格おめでとうございます!」
我々は皆さんが努力を継続され、年末には見事合格を勝ち取られると確信しています。

◆今からでも間に合う1次試験 効率重視勉強法 by たっつー

短時間合格者を代表して、私たっつーが効率的な学習方法を紹介しました。
過去記事で紹介した私の勉強法と概ね重なりますが、2016年~2018年の短時間合格者8名の合格体験記を分析して、改めてエッセンスを抽出したものです。

ポイントは、
・アウトプット(過去問)重視
・得意科目より不得意科目を重視
・1冊にまとめたノート等を作成して(逆に)時間短縮
です。

絶対に合格基準点60点×7の420点を狙ってはダメです。それでは420点以下になります!

◆科目合格を利用して2年で計画的に1次合格する by なおさん

なおさんからは、なおさん自身が実践した「2年計画」を紹介しました。

セミナー事前アンケートでも、この春に勉強を始めた方が何人かいらっしゃいましたので、私の「効率重視勉強で1次合格を目指す」とは異なった、もう一つの事例として「2年計画」が参考になった方もいるのではないでしょうか。

また、昨年1次試験を受験して不得意科目が残ってしまった方に向けては、「得意科目を再受験して総合得点を押し上げる」作戦も紹介しています。

◆モチベーションアップと維持 by どいこう

強固な橋げたを創る土台となるための秘訣、それはモチベ―ションです。
モチベーションを構築するには、まず将来像「ありたい姿」をみつける!こと。

今回は、参加者の方々に「自分の将来像」を書いてもらいました。
きっとその「将来像」がモチベーションの源泉になると思います!

そして、モチベーション回復のためのアイデアを紹介
「気分転換」
「ゼロリセット」
「外圧を利用」
「意志の力」

落ちたモチベーションをいかに回復させるか、長丁場の戦い故に大切な知恵です。

◆2次試験概要&10代目実績 by ちこまる

さて、この試験の最大の山場、2次試験についての説明です。

2次試験とは、
「設問を読み解き」
「与件から要素を探し」
「回答を構成し」
「書く」
つまり
「読解力」
「注意力」
「構成力」が必要!

それは、まるで料理人が材料を切り分けながら仕上げていく過程というお話。着眼点が面白いですね!

◆2次試験向け学習の進め方 by ぐっち

しくじり先生Gさんの事例です。
1年目は受験校の模範解答だけを参考にしていたが、それでは時間内での解答は難しかったことを反省。
そして、2年目での合格に至った境地でのコツは・・・

みんなが書ける解答を書けるようになる

◆相談会 by 10代目

4月6日の土日春セミナーでも人気No.1コンテンツだった「相談会」です。

普段疑問に思っていること、周りに聞く人がいなくてモヤモヤしていること、皆が見ているコメント欄には質問しにくいこと、を直接道場メンバーに質問していただき、道場メンバーはそれらの質問に一つずつ(ブログに書けない踏み込んだ内容まで)答えていきます

最後は全員で記念撮影をしてセミナーも無事終了。

この後、有志の方々は、道場の最強コンテンツである「懇親会」にも参加いただきました。
遅い時間にもかかわらず、ドタ参してくれた方もいて、大盛り上がりでした!
(受験生同士で連絡先を交換して、勉強仲間を作っていた姿も印象的でした。そんな場になるのも、セミナーのいいところですね。)


いかがだったでしょうか。

今回は都合が合わずに残念ながら参加できなかった方も、1次試験終了後、8月上旬に予定している「夏セミナー」はぜひ参加をご検討ください。
ノウハウや体験談だけでなく、相談会や懇親会も必ず皆様の合格の力になると信じています。

10代目一同、渾身のコンテンツを用意してお待ちしております。
以上、たっつーでした!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー(平日夜版) 申し込みはこちら
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

東京セミナー レポートはこちら
4月6日(土) @港区勤労福祉会館

4月14日大阪セミナー終了しました!
ご参加ありがとうございました!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


おはようございます!かもよです!
昨日は、大阪にて春セミナーが行われました。かもよも参戦させていただきましたので、本日はそのレポートをさせていただきます。(超絶方向オンチに梅田駅はなんかもうすごかった)

大阪セミナーも多くの受験生の方々にご参加いただきました!ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございます。事前アンケートでもモチベーションや情報交換への関心が高めの印象でしたが、フランクな雰囲気がありつつも、皆さん積極的な印象でした。

道場メンバーは、10代目の「西の(自称)イケメン三銃士」ことブブmakinoksknとオマケのかもよ、更に強力な先代陣、8代目たっしーさん、9代目zenzenさんと、道場の成分を凝縮したようなメンバーでお迎えしました。
東京のコンテンツを踏まえつつ、「西の(自称)イケメン三銃士」のそれぞれの個性と特徴を生かしたプレゼンテーションでしたよ!

プレゼンター一人目はksknです!
試験の概要と、一次試験対策について10代目を例にお話しました。
診断士の仕事は、会社がやりたいことを実現すること。そのためには、まず、自分のことを実現させましょうそして、診断士には戦略が必須1次試験も戦い方を考えよう!というメッセージは皆さんの胸によーく刻まれたのではないでしょうか。kskn自身のタイムスケジュールも40分の予定通りバッチリ!「戦略的に」を実践するかのようなプレゼンでしたね。

プレゼンター二人目はブブです!
計画管理と、モチベーションについてワークを交えてのプレゼンです。
計画管理とモチベーションの両方に共通するものは「具体的な将来像」。ポイントは、「具体的」というところです。具体的に落とし込むことで、計画管理が可能になり、モチベーション維持、向上させることに繋がります。そして、それらの効果によって、実現可能性を高めることができる。ワークでは、実際に皆さんに書き出してもらいました。是非、今日の想いを胸に、今年合格!!具体的にイメージしていただきたいです!

プレゼンター三人目はmakino
二次試験について、道場活用法も交えて話しました。
10代目の勉強時間と得点の傾向分析から、二次試験に重要なのは「時間をかけるだけでなく、解法プロセスの安定化と、解法とキーワードの確立」。そして、「簡潔に」伝わる文で、与件文に「忠実に」解答すること、を具体的な試験問題を交えて説明しました。そして、正解がないと言われる2次試験には、「能動的な情報収集」が重要になってきます。それには道場がピッタリ!どんどんパクってカスタマイズ!しちゃってください!

相談会、懇親会も時間が足りないほど盛り上がりました!皆さんの意欲に、思わずこちらも前のめりにお話させていただきました。是非今日の熱意をもって、合格に向かって駆け抜けていただければと思います。そして、皆さんと夏セミナーでもお会いできること、10代目一同楽しみにしております!

さぁ、道場春セミナーも残すところ平日セミナーのみとなりました。まだほんのすこーし、残席あります!是非是非、積極的な情報収集をしに来てくださいね!

以上、かもよでした!!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら ※現在、満席御礼!キャンセル待ち。
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちら ※現在、満席御礼!キャンセル待ち。
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

みなさん
おはこんばちは。ブブです。

10代目道場メンバーとしては初挑戦となる主催セミナー
メンバー一同、緊張とワクワクのなか、『ひとりでも多くの受験生に合格への支援が届くように!』そんな想いを胸に開催しましたセミナーの様子をご報告します!

参加者はなんと50名!!
ご参加いただいたみなさま、大変、ありがとうございました!
合格するぞ!というみなさんの熱い気持ちで熱気に包まれていました!

そして、一発合格道場の先輩方も多数、応援に駆けつけてくれました!
みなさま、お忙しい中、ありがとうございました!

そして、10代目メンバーは初セミナー開催に向けて気合の円陣でスタートです!

■試験概要+道場理論
byいよっち

あらためて受験スケジュールのおさらいです。
さて、試験スケジュールも発表され、間もなく申込も開始ですね!
※申込期間:平成31年4月26日(金)~5月31日(金)
とにかく、まずはエントリー!
続いて道場理論の説明。
生粋の道場っ子いよっち、さすがに力が入ります(笑)
強固な橋げたを作り、1次試験を突破するためには・・・
いよっちからの最後のメッセージは、「みなさん、合格おめでとうございます!」
既にみなさんが1年後には合格していると確信しております。

 

■バックキャスト
byなおさん

まず、冒頭に50代、60代の受験生に向けてエール!
なおさん自身52歳から勉強を始めて、54歳で合格!!
知り合った方は65歳で初めて、68歳で合格されたとのこと。
夢を決してあきらめないこと。そんな、なおさんの熱い想いが籠ったメッセージからスタートです。

合格を見据えるためには、積み上げでは難しい・・・
ゴールから逆算する思考こそが最重要ポイント。これは仕事においても共通のメソッドですよね。

 

■10代目の学習タイプ分析
byそーや

➀「予備校通信通学タイプ」
➁「独学テキスト→問題集重視タイプ」
➂「独学過去問重視タイプ」
以上の3タイプに10代目をセグメント。
➀が得点が高く、➂は短時間で効率良いものの滑り込む傾向。
自分がどの勉強スタイルが向いているか、参考になりますね。
そして、そのタイプ別にケーススタディにて説明!

 

■残り4カ月のケーススタディ
byかわとも&たっつー
➀「予備校通信通学タイプ」
10代目が誇る高得点者、優等生のかわともの方針は・・・
「不得意科目を作らず、全科目60点以上を目指す!」

その理由は、足きりを回避すること!
なぜなら毎年、難化した科目(通称、爆弾科目)が発生するので、それに被弾しないこと。
そして、金言が2つ。
「GWまでに橋げたを作り、以降は皿回し」で得点UP!
「経済、財務」をしっかりと仕上げる!

➂「独学過去問重視タイプ」超短時間合格を代表して、たっつーが登壇。
基本方針:効率的な勉強で合格する!
そして、このタイプに向いている人は・・・
本来重要な1次試験の知識を忘れてしまっても、「別にいいよ」といい意味で割り切れる方
(そうなんです。直ぐに私も忘れてしまうんです・・・涙)
だから、割り切り大事かも。。。
そして、金言がこれ
「得意科目より不得意科目を重視」
「1冊にまとめたノート等を作成」
あと、この効率派に向けた大事なメッセージ。
420点を狙ってはダメ。それでは420点以下になります!

加えて、なおさんより大事な金言。
得意科目は敢えて受験しよう!
弁護士たっつーのように得意科目(経営法務)がある人は、科目免除をするよりも全体を底上げする得点源として受験すべし!という話。
(※たっつーは、弁護士資格を利用した免除です)
例えば、1次試験が再受験となる場合で、得意科目が合格した際に科目免除してしまえば、その得点は60点とカウントされてしまいます。
その為、敢えて得意科目を再受験することで他の苦手科目を補う作戦が得策、という話です。

 

■モチベーションアップと維持
byどいこう
強固な橋げたを創る土台となるための秘訣。それはモチベ―ションです。
まず、将来像「ありたい姿」をみつける!
今回、参加者の方に「自分の将来像」を書いてもらいました。
きっとその「将来像」がモチベーションの源泉になると思います!
そして、モチベーション回復のためのアイデアを紹介
「気分転換」
「ゼロリセット」
「外圧を利用」
「意志の力」
落ちたモチベーションをいかに回復させるか、長丁場の戦い故に大切な知恵です。

 

■2次試験概要&10代目実績
byちこまる(仮)

さて、この試験の最大の山場。
2次試験についての説明です。
2次試験とは
「設問を読み解き」
「与件から要素を探し」
「回答を構成し」
「書く」
つまり
「読解力」
「注意力」
「構成力」が必要!
それは、まるで料理人が材料を切り分けながら仕上げていく過程。
面白いですね!
まさに与件という物語をどう加工して、注文通りのものを仕上げるか!
さすが、10代目が誇る2次試験高得点者です!

 

■2次試験向け学習の進め方
byぐっち

しくじり先生Gっち先生。じゃなかったGさんの事例ですね(失礼!)
試験学校の模範解答を参考にしていたが、それでは時間内での解答は難しかったことを反省。
そして、2年目での合格に至った境地でのコツは・・・
「みんなが書ける解答を書けるようになる」

 

メンバーそれぞれが熱い想いで作ったコンテンツ。
発表するにつれ、時間内で終えられるのか・・・という一抹の不安もよぎるなか、何とか無事終了。
想いは一つ。合格時にみなさんと喜びを分かち合えるその時を信じて・・・。
最後は全員で記念撮影です!

さて、活況のうちに終わりました春セミナーin東京
参加されたみなさん、是非、感じたワクワクをしっかりと胸に合格へと駆け上がってくださいね。
今回、都合がつかず参加できなかったみなさん。
道場ブログを読み返しつつ足元を固めながら先を見据えて進んでいけば、必ず道は拓けます!
自分だけの人生、しっかりと進んでくださいね!

そして、最後はいつものこの言葉で!
ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
クリック(投票)お願いします!皆様からの応援

の続きを読む »

皆さんこんにちは‼ヒロちゃんです‼

 

本日は日曜日で本来道場ブログはお休みなのですが、昨日開催した、

「電子書籍出版記念セミナー」

の内容について、ブログ読者の皆さんにもご紹介したいと思います!!

我々運営側がバタついた面もありましたが、

なななんと、驚愕の参加者満足度98%‼という高い評価を頂くことが出来ました‼

※とても満足70.2%、やや満足28.1%。

 

今回は我々9代目道場メンバーだけでなく、次期10代目のメンバーにも何人か協力してもらって運営しました。

10代目道場メンバー、なおさん、かもよさん、かわともさん、ちこまるさん、ありがとうござました!

 

今回のセミナーも参加者60名弱とめちゃくちゃ参加者の方が多いので、

毎回恒例となっていますが、いい歳こいた9代目道場メンバーでセミナー開始前に円陣組んで気合を入れました!

 

「今日も参加者皆さんのために一生懸命頑張るぞ~!」

「お~!」


 

●イントロbyzenzen(桃ちゃん) ※書籍1,2章部分

まずは我らが9代目のゆるキャラ大阪のzenzenがスライドを作ってくれた9代目メンバー紹介も含めたイントロ。

zenzenは残念ながら本日は来れませんでしたので、代わりに桃ちゃんがスピーカーしてくれました。

そもそも我々が今回電子書籍を上梓させてもらった目的は、ずばり、

「羅針盤となれるような役割を果たす!」

そんな目的でございます!

診断士試験合格を目指す皆さんの疑問、悩み、迷い、

それらにしっかりと応えることが出来ている書籍と手前味噌ながら思っております。

そんな我々の熱い思いを桃ちゃんがしっかりしゃべってくれました。


 

●道場基本理論を知ろう!byへんりー ※書籍3章1節~2節部分

道場理論の説明、道場には代々受け継がれたきた、普遍的かつ王道の学習法があるのでそちらをちらっとご紹介。

橋げた理論出涸らし理論ABC理論を紹介しました!

短期ストレート合格を果たしたへんりーだからこそ、効率の良い得点力の身に付け方を分かりやすく説明してくれました。

ちなみにABC理論については、我らが9代目エースだいまつが発案したんですよ~。


 

●学習計画のポイント♥byChika(代弁へんりー) ※書籍3章3節部分

計画の立て方と学習に対する姿勢について、9代目のギャル担当Chikaがスライドを作ってくれました!

セミナー当日はChikaは当日仕事のため途中参加でしたので、へんりーが代わりにプレゼンしました。

範な試験範囲の診断士試験を合格を合格するには、闇雲に学習してはいけません。

ゴールから逆算して考える、いわゆるックキャスティングでのスケジューリング大事ですね。


 

●1次試験科目ごと攻略法byきゃっしい ※書籍3章3節部分

一次試験科目の攻略法について、世紀末覇者きゃっしいがプレゼンしてくれました!

このパートの目的は各科目の特徴と対策を知ることと、それを踏まえて自分なりのゴールを設定することです

各科目の特徴という点では、理解系暗記系か把握することや、難易度やバラツキについて把握することが学習する際必要とのことでした。

バラツキに関してはきゃっしいらしく、標準偏差を使って説明してくれました。

各科目ごとに年度ごとのバラツキをみると、バラツキは大きいですが、総得点の年度ごとのバラツキはとても小さいという話はとても示唆に富む内容でしたね。

皆さんご自身の現状を踏まえて各科目の目標点数を是非設定していただければよいかと思います。


 

●2次試験対策の基本byきゃず ※書籍4章1節~3節部分

2次試験対策の基本について、我ら9代目の大黒柱きゃずが説明してくれました。

このパートで伝えたことは3つです。

①2次試験がどんな試験か?
②2次試験攻略の鉄則とは?
③2次試験のここは押さえて学習すべし!

です。

診断士試験の最大の関門である、2次筆記試験について、基本情報からお作法等々レクチャーしてくれました

鉄則については以下のように大きく4つあります。

鉄則1 →受験生は読む力、考える力、書く力、を準備する必要がある!

鉄則2 →アイデア勝負じゃない!出題者が期待している解答をすることが求められている!

鉄則3 →与件文から離れない!そして題意と制約条件に従う!

鉄則4 →各事例のルールに従う

簡単なようでとても重要、そしてこれさえきっちり対応すれば合格出来るといっても過言ではありません。

受験生の皆さんもこの鉄則は厳守で2次対策していきましょう。


 

●事例Ⅰ~Ⅲの基本的切口と超高得点答案の考察 byだいまつ(代弁きゃっしい) ※書籍4章3節~6節部分

だいまつは大阪なので本日は残念ですが来られず。代わりにきゃっしいが代弁してくれました。

このパートで最も言いたかったことは、2次試験は普通の考え方にたどり着くための切り口を知ることが大事ということ。

事例Ⅰ経営戦略、組織構造、組織活性化、人的資源管理の4つの切口があります。

特に人的資源管理は毎年問われる切口なので、茶化」の語呂合わせで対策しましょう!

えっ?茶化って何?って思われた方はぜひ電子書籍のご購入を!笑

事例Ⅱは売上向上するためにはだれに、どんな、どのようにというDNDの切り口と、プラス「効果」をしっかり答えることで高得点が期待出来ます。

事例Ⅲ当たり前のことが出来ていないC社に対して当たり前を目指す方向性で解答をつくっていきます

異物混入するような食品工場の事例が出てきたりしますので、冷静に当たり前のことを解答してあげましょう。


 

●事例Ⅳ対策のイロハbyゆう ※書籍4章7節

事例Ⅳで高得点を叩き出した実績のあるゆうからは、事例Ⅳの特徴や頻出論点について説明してもらいました

これから2次の学習する方は、事例Ⅳは事例Ⅰ~Ⅲとは違った対策が必要ということを認識することが大切です。

事例Ⅳと特徴と対策をざっくり言うと以下の通りです。

①事例Ⅳと財務会計との難易度は結構差がある(事例Ⅳはむずい)
②とはいえ、財務会計と事例Ⅳの範囲は被っているので、早めに事例Ⅳ対策することはストレート合格目指す方は効果的。
③事例Ⅳは他の事例と違って、まぐれパンチがない。(計算問題はシビア)

我々道場9代目も事例Ⅳ対策にはみんなしっかり時間をかけていました。

近年は文章記述問題が増えている傾向などもあり、ますます油断出来ない、2次試験の鍵となる事例です。


 

●2次試験合格後のリアル byたかじん(代弁桃ちゃん) ※書籍6章部分

たかじんも今日は残念ながら来れませんでしたので代わりに桃ちゃんが登壇。

診断士試験受験生は、2次試験合格後もやることは沢山あります!

まずは実務補習や実務従事、これをクリアしないことには資格ゲット出来ません。

でも受験生の皆さんはあんまりこの辺知りませんよね?

今のうちにからこの辺も知っておくことで後々楽になりますよ。


 

●診断士の仕事のリアルbyヒロちゃん ※書籍8章部分

わたくしヒロちゃんからは、試験対策には直接関係はありませんが大事なお話、診断士資格取得後のお話をさせてもらいました。

診断士試験勉強は長丁場であり、難易度も相当なものがあります。そこで大切となってくるので合格を手段として何を目的をするかだと思います。

そこでこのパートでは、診断士の仕事である診る、書く、話すについてよりイメージが湧くような話をさせてもらいました。

「未だ合格後の話なんてはえーよ!」なんて思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、決して早くはありません!

なぜなぜらこれをご覧のあなたは来年必ず診断士になっているんですから!!必ず!!


 

●受験生支援団体を100%活用しきれ!byよこよこ ※書籍7章部分

我らのお父さん的存在よこよこからは受験支援団体の活用の仕方を紹介してもらいました。

初っ端から鉄板ネタで爆笑を引き起こす熟練の技は流石といった感じでした。(鉄板ネタの内容ここでは言えません…)

我々一発合格道場以外にも受験生支援団体はたくさんあります。それらの特徴や活用の仕方についてプレゼンしてくれました。

今回は特に勉強会の活用方法について語ってくれました。

2次試験対策として勉強会を有効活用される方はたくさんいます。勉強会の効果としては、

①解答手順を固めることが出来る。

②合格、不合格のレベル感を知ることが出来る。

③日々の学習における疑問が解決出来る。

④合格後のイメージが作れる。

⑤孤独感の解消。

と沢山効用がありますね。

皆さんの中で未だ勉強会に参加したことがないという方がもしいたら、是非1度参加してみてはいかがでしょうか?


 

●コラムの見どころはここ!by桃ちゃん ※書籍のあちらこちら部分

講演パートの最後は桃ちゃんから今回出版した書籍内にちりばめられている9つのコラムについてさくっと紹介がありました。

このコラムは基本的に会話調で構成されており、気軽に楽しく診断士試験に関する情報を得ることが出来ます。

受験勉強に疲れたときなどに読んでもらえたらもってこいのコンテンツです。


 

●個別相談会

講演パートの次は参加者の方々に6人グループくらいに分かれてもらい、各グループに道場メンバーが付くかたちでよろず相談会を実施しました。

時間は30分でしたが、参加者の皆さんから次から次へと質問やお悩みが出るわ出るわジャンジャンバリバリ状態でしたので、どれだけ時間があっても足りないくらいでした。

それだけ参加者の皆さんは今年の合格に本気ということですよね。我々道場メンバーもその熱意に本気で応えようとガチンコでお応えさせてもらいました。


 

●写真撮影

最後は毎回恒例の記念撮影。

皆さんいい笑顔ですね。


 

●懇親会

こちらも毎回恒例の懇親会。セミナー同様に盛況でした。

参加された方は皆さん診断士試験合格という共通目標があるので、すぐに打ち解けていらっしゃる様子でした。

我々道場メンバーも楽しくて楽しくてあっという間に時間が過ぎていきました。


 

●おわりに

いかがでしたか?昨日参加出来なかった方もセミナーの内容や雰囲気をちょっと知ってもらうことが出来たのではないでしょうか。

 

…昨年から9代目主催でのセミナーを開催するたびに、毎回とても多くの方が参加してくれました。

毎回思うことなんですが、参加される方は本当に真剣に本気で参加してくださっているんだなということです。

診断士試験に挑むということは、時間やお金など多くの犠牲を払う受験生が多いのではないでしょうか。

そんな覚悟を持った挑む受験生の方に我々9代目道場メンバーもこの丸1年どれだけお役にたてたのかな、と思う日曜の昼下がりです。

是非、昨日参加された皆さん含め、ブログ読者の皆さん、我々9代目に対して忌憚の無いご意見をブログコメントしてもらえれば幸いです。

 

我々9代目も診断士2年目をどう活動していくか、必死にもがいている者ばかりです。

もがいて、悩んで、時には諦めて…そんなことの繰り返しです。

だからこそ受験生の皆さんに寄り添って伴走出来ると思うし、したいと思ったんです。

9代目のブログ執筆ももう残り僅かですが、是非今年受験される皆さんは次期10代目のブログやセミナーに期待しちゃってくださいね!我々よりももっとすごい事やってくれる人たちですので。

 

最後に昨日のセミナーに参加してくださった方の感想をご紹介いたします。

Q1.講演パートで印象に残ったことは何ですか?

  • 1次試験科目攻略
  • 一次試験科目攻略
  • きゃっしーさんの勉強法は参考になった!
  • 2次対策についてのコンテンツ 2次試験対策を聞きたかった為
  • 1次対策
  • 事例四対策のイロハ 非常に具体的な説明でわかりやすかった
  • 一次試験科目攻略法
  • 診断士の診る書く話す
  • 合格後のリアル。生の声は貴重なので。
  • 一次試験対策 実践的と思いました。
  • 問題をとにかく解くことが大切だと。
  • 2次試験後の具体的な話がモチベーションアップに役立ちました。
  • 受験支援団体を100%活用する 実際に参加するときの判断ポイントを教えていただけたので、大変助かりました。
  • 「2次事例Ⅳ対策のイロハ 」勉強方法への迷いが無くなった
  • きゃっしいさんの科目によるバラツキのグラフは大変良かった
  • 乳の話
  • 診断士になってからの話はモチベーションにも繋がり有意義だった
  • 一次試験対策
  • 2次試験対策の基本
  • きゃっしいさんのコンテンツ 理由: データに裏付けされた説明で大変参考になりました
  • 2次試験のイロハ
  • 診断士資格取得後について。 理由は、資格を取得すること自体が目的ではない自分にとって、その後の具体的な可能性を知ることが私にとっては大切だから。
  • 診断士の仕事のリアル 具体的なイメージと、頑張ろうというモチベーションがあがった。
  • 何れもキャシーさん、まとまっていて、ポイントがスッキリしていて、とても良かったです。
  • 一次試験攻略法
  • きゃっしぃの1次科目の科目による年度のバラツキ。これをもとに合格までの科目別目標点たてられる。 あと、合格するために勉強する。今日の1時間が8月10月の何点に繋がるかを意識する。確かにまず合格するための勉強っていうのを強く意識しないとなって感じたから印象に残ってます。
  • 事例4対策のイロハ、受験生支援団体を100%活用する、診断士の仕事のリアル
  • 桃ちゃんさんの、二次試験後のお話。その後の話を聞けて、モチベーションアップに繋がりました。 きゃっしいさんの一次試験の分析。 まだまだ一次試験勉強中で、各教科の対策まではできていなかったので、目標設定、とても参考になりました。
  • きゃずさんのスケジュール、二次対策シートに驚愕しました!
  • 2時対策を早めに行うことと、その方法
  • 二次試験の概要聞けたのは嬉しかったです!
  • 一次試験対策に関する情報が、非常に実践的でわかりやすかったと思います。
  • 1次/2次科目合格法。直接受験対策に関連するため。毎日の自分の取組みに反省と修正材料を頂きました。
  • 2次試験のイロハ。だいまつさんの資料がみたかったので
  • 2次の鉄則
  • 2次試験のイロハ、事例Ⅳのイロハ。
  • きゃっしーのやっていた過去問のPDCAは参考になりました。あそこまで掘り下げて振り返るのは、他の試験でも有効だと思うので、この試験以外でも取り入れたいと思います。

Q2.個別相談会で印象に残ったことは何ですか?

  • 桃さんの診断士活動
  • ご自身の資格の活用、予備校と独学のメリデメが参考になりました。
  • 診断士の仕事リアル イメージが湧いて自分の目指す道のヒントになった
  • 合格後の話
  • 実際にどのように勉強したか
  • 要約力の訓練。
  • 勉強会、ファイナルペーパー
  • 財務の試験対策
  • 過去問題の使い方。
  • 2次専門校に通うべきか。悩んでるので。
  • Chikaさんの「自分が信じられる、納得できる先生についていく」という話。自分がモノに出来るかという不安。
  • 勉強と健康維持
  • 診断士の現状
  • 80分の使い方と設問文トレーニング、ヘンリーさんに教わったことを早速やってみます!
  • この勉強が得点に繋がるか意識する。
  • テキスト、受験計画スケジュール
  • きゃずさんの経営者に提案する事は自分でも出来るようにするとの話
  • きゃずさんのファイナルペーパーを拝見させていただき、イメージができました
  • 学習時間は合格に関係ない
  • 資格取得後の話を聞きたかったので、酪農コンサルにあたって、どのようにこの資格と知識が活かされているのか。(もっと踏み込んで聞きたかったが、時間の制約や、興味のない同席の方もいるので、遠慮しました。)
  • 二次試験試験再挑戦のときのアドバイス。また、ファイナルぺーパー
  • ヨコヨコさん、今の仕事に役立っていることや世界が広かった話。
  • きゃっしいさんの一次試験の科目特性を考慮した目標設定
  • 事例Ⅳは直前までやっていい。なぜなら1次対策も兼ねるので。ずっとやろうと思いました!
  • 勉強時間の確保の仕方、事例4の過去問を縦解き
  • かもよさんの子育てしながら勉強のお話。同じ子育て中の身としては、とても参考になりました。
  • 桃さん、三足のわらじにもかかわらず、ものすごい頑張ってらっしゃって刺激を受けました。
  • 縦解きで理解していくやり方とGWまでにスピード問題をある程度解けるようにすること
  • 暗記科目はドラゴンクエストのレベル上げと同じ。
  • 財務の学習方法を教えていただきました。
  • ふぞろいを写経して筋肉質な回答になれる
  • 週80h 勉強時間
  • 各事例毎の切り口
  • 2次対策 TAC or ふぞろい
  • 桃ちゃんのちょっとぶっちゃけた診断士の話しが印象に残ってます。本では書けないぶっちゃけた話や雑談は貴重な体験だと思います。
Q3.セミナー全体で印象に残ったことは何ですか?
  • 合格者の生の声が聞けて非常に有意義でした
  • キャッシーさんの分析参考になりました
  • とても良かったです。ありがとうございました。
  • モチベーションが思いっきり高まりました。
  • モチベーションが上がりました。 ありがとうございました。
  • 勉強のモチベーションが上がりました。ありがとうございました。
  • 書籍を買ってる人が多いと思うので宣伝や重複する内容よりはそれ以外のコンテンツの比重を高めていただきたかった。
  • 人数を絞ってでも、もう少し少ない人数でやって欲しい
  • 独学なので普段から読んでいるブログの方からリアルでお話を頂ける機会は有難いです。
  • 有用な情報収集になりました。
  • 物腰がやわらかく安心しました
  • 合格者の方々から直接お話しできて良かった。
  • 特になし
  • ありがとうございました。質問にも答えて頂き有意義でした。また、日々のブログもありがとうございます。
  • 温かい気持ちが伝わってきて、とても良かったです。ありがとうございました。
  • 目標になる合格者の方々だと感じましたのでモチベーションが上がりました。
  • 勉強はじめてそこそこ情報もってると思ってましたが、知らないこと多くてためになりました!ありがとうございます。
  • いつも勉強にな?セミナーを開催頂きありがとうございます。
  • 初めてセミナーに参加しました。直にお話を聞けて、とてもモチベーションが上がりました。ありがとうございました。
  • とても参考になりました。ありがとうございました。
  • もう少し時間があった方がいいです
  • 直接お話しする相談会があってよかったと思います!
  • 初めて参加させていただきました。非常に有益なお話を聴かせていただきました。
  • 刺激になりました
  • 具体的なやり方を直接聞く機会があり、大変良かった。
  • 内容は本当に良かった。時間は少し足りなかったと思う。
  • ちょっとドタバタしてた所もありましたが、アットホームな感じがしてよかったです。実際に会っていろいろ話せたのが良かったです。

Q4.診断士試験に向けての意気込みを最後に一言!

  • 頑張ります!
  • 頑張ります。
  • 忘却曲線に負けず、頑張って皆さんの仲間入りしたいです!
  • 絶対合格して診断士として社会貢献したいです
  • 本日はありがとうございました!
  • セミナー参考になりました。合格に向けて頑張ります!
  • 絶対受かって診断士になります!
  • 家族のためにも早く勉強を終わらせねばー。今年中に合格を掴み、診断士として新しい人脈•ネットワークづくりをすることを楽しみに勉強に励みます。
  • 必ず一発合格します
  • 今年はやります。
  • 初めて参加させていただきました。頑張れそうな気がしてきました。ありがとうございました。
  • もっと行動しなきゃいけないと思いました。
  • 今回必ず受かるぞ❗
  • 一発ではないですが今年合格します!
  • 年末を気持ちよく迎えられるよう、合格します!
  • 早期合格を目標に頑張る気持ちが芽生えた
  • 今年必ず合格し、早く診断士としてのスタートラインに立ちたい!
  • ありがとうございました!仲間入りできるよう頑張ります!
  • 昨年は悔しい思いをしましたが、道場の私のコメントにzenzenさんが暖かい言葉を返して下さり、感謝しています。みなさんの支援を自分の力にして今年こそ受かります!
  • 今年合格頑張ります。
  • 必ず合格します。そのために頼らせてください。
  • 強い意志を持ってやり抜きます。
  • 未来のために頑張る
  • 今年、一次二次ともに1発合格できるよう、駆け抜けてみせます
  • もう何年も学習しているので、合格したーい!
  • 絶対に受かります。そしてキャリアの可能性を広げます。
  • 頑張ります
  • PDCAを回して合格を勝ち取ります。
  • ライターになる!診断業務する!
  • 今年は合格します!
  • 一発合格目指して頑張ります
  • 今日の出会いは大きな財産になりました。来年は自分がファシリテーターになります!
  • 合格します!
  • 頑張ります。ブログも参考にさせていただきます。よろしくお願いします。
  • 4回目となりました。なんとかことしは1次、2次合格を果たします。
  • 今年合格するようがんばります
  • 一科目ぐらい合格と思っていた気がかわりました
  • 必ず合格します。
  • 一次試験合格、道場と共に勉強して今年必ず合格します。
  • 今年合格するため、計画的に、適度にプレッシャーをかけて、色々もがきながら攻略していきます。

 

本日は以上です!!

 

 

 

 

はじめに

皆さんこんにちは‼ヒロちゃんです‼

 

今日は3連休真っ只中ということで、世の中では旅行に出かけたりしている方が多いと思いますが、

昨年合格された皆さんは実務補習の準備などこれからどう活動してくかの情報収集に忙しいと察します。

そんな合格者の皆さんに向けに昨日道場では

「ロケットスタートセミナー」

と題した合格者向けガイダンスセミナーを開催いたしました!

  • 診断士として1年目をどうやって進めていけばよいのか?
  • 実務補習って何なのよ?
  • 副業で実際どんな感じ?

みたいな合格者の疑問を払拭して、うまくスタートダッシュしてもらえることが

今回のセミナー目的でした。

 

参加者された方が50人超えという大変ありがたい盛況ぶりでしたので、

今回も我々9代目は先代の助けをいただきました!!

JCさん ひろいんさん katsuさん こばさん ルナさん ますけんさん 

改めてありがとうございました‼

 

ということで、盛会だった昨日のセミナー内容について、

ブログ読者の皆さんにもご紹介しますね!

 

 

 

毎回恒例となっていますが、道場メンバーで当日朝に円陣組んで気合を入れました!

「今日も参加者皆さんのために一生懸命頑張るぞ~!」

「お~!」

 

 

 

 


 

 

 

さて、ここから今回のセミナー内容のサマリーをご紹介いたします。

司会&総合演出 byきゃず

我らが9代目のまとめ役きゃずが今回司会をしました!

きゃずはセミナーに関して司会だけでなく、当日の会場予約や全体構成の検討など、

秋元康ばりの総合プロデューサーぶりの活躍をしてくれました!


 

 

 

【第1部ガイダンス】

前半はガイダンスとして道場メンバー8名によるプレゼンを行いました。

 

 

1.実務補習について byたかじん

 

たかじんからは、合格者の皆さんが目下気になることナンバー1の実務補習について、

その勘所をあますことなく紹介させてもらいました。

特に盛り上がったのは実務補習中に発生すると大変なことになる「ちゃぶ台返し」のくだり笑

皆さんもちゃぶ台返しを指導員からくらわないようにしっかり準備して挑みましょうね!

 

 

 

2.企業内診断士について byへんりー

 

へんりーには「2軸を持つ」ことの重要性について語ってもらいました。

彼は激務系の本業という軸を持つ一方、プロボノ活動や執筆活動などの診断士活動という軸も持っています。

産業革命以来のギルドが崩れて今後また職人の時代に突入するとも言われています。

そんな中いち企業に属するだけでなく、2軸目、3軸目を持つことはとても大切ですよね。

 

 

 

3.副業について by桃ちゃん

 

桃ちゃんからは皆さんが気になる「副業」について語ってもらいました!

これからの世の中副業は確実に増えていくこと間違いなしですので参加者の皆さんも興味津々でした。

結構具体的な数字も紹介してくれましたね笑

皆さんもさっさくご自身の会社の職務規定を確認してみましょう!

 

 

 

4.転職について byヒロちゃん

 

私ヒロちゃんからはからは診断士合格後の転職について紹介させてもらいました。

ブログ読者の中にも診断士合格後にコンサルティング会社への転職をお考えの方もいらっしゃのではないでしょうか?

合格後は企業内診断士や独立診断士以外にもコンサル会社や事業会社への転職という選択肢もありますので。

皆さんも今後ご自身がどのようなキャリアを歩んでいきたいかいろいろ考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

5.独立後すぐについて bychika

 

スピード感を持って独立した我が道場の娘キャラchikaからは、

診断士合格直後の独立リアルについて紹介してもらいました。

彼女自身だいぶ見切り発車で独立してしまったと言っておりましたが、

今の世の中ウォーターフォール型の進め方ではなかなかうまくいかないのではないでしょうか?

彼女のように、ある程度アジャイル型で走りながら進めていく姿勢は見習いたいものです。

振り返れば人脈がとても大事だったという彼女のメッセージはとても大事なポイントですよね。

 

 

 

6.独立後数年について byルナさん

 

8代目ルナさんが参加者の皆さんのためにご自身の活動を語ってくれました。

もともとITサービス業として独立されていたルナさんですが、

診断士となってから更に活躍の場が増えたようです。

ルナさんのお話しのポイント3つ

人脈形成の注意・・・協会に入会したり支援機関に登録したり、名刺交換するだけで自然と人脈が生まれるわけではありません!

インプットを怠らない・・・研究会やプロコン塾、巷の有料セミナーに計画的に参加するして常にインプットして自分の提供価値を高める!

周囲へのアピール・・黙っていたら自分が何をしたいか?何が出来るのか?それは周囲には伝わりませんよ!

 

 

 

7.仕事と家族と受験生支援について byきゃっしい

 

 

子育てをしながらあの「まとめシート」を出版し、会社設立や受験生支援とパワフルに活躍するきゃっしい。

彼女は、zenzen風に言うとまさに世紀末覇者ばりの威風堂々感がありますね。

そんなきゃっしいからの仕事と家庭の両立をうまく回すためのアドバイスは、

「頼れるものは徹底的に頼る!!」ということで、ご両親、旦那さん、シルバー人材センターなどなど

徹底的なアウトソーシングがマルチタスクには大事なようです。

 

 

8.活躍する診断士でいつづけるために byJCさん

 

大トリは我らが道場創設者!初代JCさんからこれから診断士として、

「活躍し続けるため」の大事なポイントについてお話ししてもらいました。

JCさんからは、これから診断士として活躍するためには

  • 自分の居場所を見つけること!
  • その居場所の中で中心に立つこと!
  • 自ら動くことをためらわないこと!
  • 常にポジティブに考えること!

を教えてもらいました。

JCさんのお話しは毎回引き込まれるよう内容で、参加者の方だけでなく、

我々道場スタッフも改めて心に刻んでおこうと思いました。

 

 

 


 

 

 

【第2部】座談会

 

 

 

道場先代のkatsuさん、ますけんさん、9代目のゆう、よこよこ、chikaの5人に前に出てもらって

彼らに色々な質問をぶつける!というこの企画。

プレゼン形式とは違ったかたちでのコンテンツで皆さんにも楽しんでいただけたのではないでしょうか。

以下が当日出たテーマです。

  1. 診断士1年目にやって良かったと、反省したことは?
  2. 実務従事でやったことは診断士協会に裏を取られるのか?
  3. 専門性が大切とよく巷では聞くが、具体的に道場メンバー自身の強みって何?
  4. 所属している協会及び支部について教えてほしい。

どれも結構ぶっこんだ内容でしたが、そこはオフラインの良さでぶっちゃけトークも炸裂していました笑

参加者の皆さんも積極的に手を挙げて質問をしてくれていましたし、

パネラー全員お伝えしたいこともたくさんあり、時間がいくらあっても足りないくらいでした!!


【第3部】なんでも質問コーナー

 

対話形式での参加者の皆さんと道場メンバーとのフリートークを1時間弱行いました。

先代道場メンバーも参加してもらい、参加者の皆さんの尽きない疑問やお悩みにバシバシお答えさせていただきました。

テーブル毎に「独立」「転職」「企業内」「よろず」…などテーマ分けしました。

参加された方々はご自身が気になるテーマのテーブルで色々質問をぶつけていらっしゃいました!


 

 

懇親会へ

 

セミナーのプログラムが無事すべて終了した後は、いつも通り懇親会!

これから同じ診断士として仲間となる皆さんと道場メンバーで親睦を深めることが出来ました!


 

 

 

おわりに

いかがでしょうか?今回も道場メンバー9代目総動員で頑張らせてもらいました!

※大阪のzenzenとだいまつにはビデオ出演してもらいました!

2人の掛け合い漫才に参加者の皆さんも苦笑笑いが絶えなかったことは言うまでもありません。

 

さて、

今回もセミナー参加者の皆さんに事後アンケートにご協力いただきました。

 

とても満足:78.3%

やや満足:21.7%

ということで、満足度100%!!

とても嬉しいフィードバックを頂きました!

 

皆さんの診断士ライフが充実するように祈念しております!

 

 

以上、

 

ヒロちゃんでした!!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

一つでも、きっかけ掴めましたか?

こんにちは、zenzenです。

昨日は道場大阪夏セミナーが開催されました。
暑い中、約40名の受験生に参加いただき、誠にありがとうございました。
少しでも皆さんの「合格」へのきっかけになれていれば幸いです。

参加道場メンバーは、初代JCさん、4代目はんたさん、8代目たっしーさん、そして9代目からへんりー、たかじん、だいまつ、zenzenという7名でした。
東京から4名もの参加を頂き、大阪班の末席として嬉しい限りです。本当にご協力ありがとうございました!

では、以下に大阪セミナーレポートをお届けします。
さわりだけですが、参加が叶わなかった方に少しでも伝わるものがあればと思います。

1.「2次試験の本質を掴もう」 byへんりー
まずは9代目のムードメーカーことへんりーから。
「二次試験の本質をつかもう」と銘打って、初代ハカセさんのプロデュースの元、(実は同じ会社に勤めているそうです)密度の濃いプレゼンテーションを行ってくれました。実際のプレゼン資料は非常に充実した内容のため、時間の都合上幾分端折った形になりましたが、へんりー自身がギリギストレート合格を果たした経験を踏まえつつ、重要なエッセンスをお伝えできたのではないでしょうか。

へんりーのプレゼンポイントは3つ
・過去問を使ってアウトプット主体の学習をするべき
・「設問解釈」の力を磨くことが重要である。
・二次初挑戦組が実力を伸ばし、手応えを掴めるのは本番直前。ギリギリまであがく!

2.「2次試験回答プロセス ~回答作成(戦い)の軌跡~」 byたっしー

そして大阪若手診断士界のゼウス(?)こと8代目たっしーから、
渾身の30分プレゼンで「2次試験 回答プロセス」。
たっしー自身が試行錯誤の末に辿り着いた回答プロセスを、
受験番号の記入から見直しまで具体的に掘り下げて説明してくれました。
なかなかここまで細かく解説してくれる機会も無いと思います。これから回答プロセスを安定させようという方にはとても参考になったのではないでしょうか。

「やり方は人それぞれで良い。でも、何故そのやり方を選んだのか、何故他のやり方を選ばなかったのか、を語れるかどうかは重要!」という言葉が強く印象に残りました。

3.「だから私は落ちました。 ~負け組の述懐 二次試験編~」  by zenzen
そして道場9代目の箸休め担当こと私zenzenから。
当日のオペレーションの誤り、苦手事例に対するスタンス、メンタル面の課題など豊富な失敗事例と、二次試験を3回受ける中でどのように私の認知が変化したか、ということをお伝えしました。

皆さんは私のような過ちを犯さないで下さいね。いや本当に。
想いは一つ「俺の屍を越えてゆけ」と言うことでお願いします。

ポイントは以下3つ
・事例Ⅳが苦手な人はとにかくやるしかない!
・事例ごとの得手不得手より自分のミスのパターンを把握することが大事。
・弱気は最大の敵。どんな手段でも良いので気持ちをフラットに持っていくこと。

4.「2次試験対策と道場メンバー」byだいまつ
そして大阪班が誇る、いや9代目が誇ると言ってもいい我らがエースだいまつから。
各メンバーの勉強時間、解いた事例の数、そして模擬試験の点数と本試験の相関について、データに基づいたプレゼンを展開していきました。
まとめると
・勉強時間を確保することは目標や目的ではなく、最低条件であること
・模試の点数と本番に相関は無いこと
・模試は自分の課題や弱点を浮き彫りにし、改善の機会を掴むためのものであること

と論じました。だいまつ△!
さらに補足として、だいまつが実際に使用した中学入試用の国語の参考書について紹介がありました。
本人曰く、「仮に300時間これから学習するなら、20時間ぐらいをこれに割く価値はある」とのことです。

ゴリゴリストイックに勉強するなかで、国語力の強化にも目を向けていただいまつさん。
この人まだこんな引き出し持ってたんや・・・とzenzenさんも驚きです。

ちなみにこの2つです。
<中学入試> 国語の読解は「答え探しの技で勝つ!国語を味方の教科にして受験を制覇しよう!
国語の「読みテク」トレーニング 説明文・論説文
だいまつさんによれば、全部をやる必要はなく、半分ぐらいでも十分とのことです。
あのだいまつお勧めの参考書・・・。これはポチるしかないですね!(回し者ではない)

5.パネルディスカッション
春セミナーに続き人気コーナーとして定着した感のあるパネルディスカッション。
受験生が疑問に思っているであろう事柄に対して、先代交えて道場メンバーがそれぞれの意見を披露しました。多彩な道場メンバーらしく、様々な意見が出ましたが、通底するものは確かにあると感じて頂けたのではないでしょうか。
ちなみに今回のお題は以下の内容でした。
・過去問以外でお勧めの問題集は?
・問題を解く前後で気を付けていたことは?
・まとまった時間がとれないときの学習方法は?
・事例Ⅳで本番7割を確保するための学習方法や対策は?
・やってよかったこと、やらなきゃよかったこと
・勉強会に参加するべきか否か?メリット/デメリットは?
・2次試験に合格するためにこれだけは伝えておきたいことは?

6.フリートーク
受験生に7グループに分かれていただき、15分×3回転で自由に質疑応答を行いました。
毎回このコーナーの満足度が高いのですが、皆さん積極的に質問していただき、充実した時間になったのではないでしょうか。
もし、聞き足りないことがあったならブログ宛に質問して下さいね。

 

 


 

そして懇親会は中華料理のオーダーバイキング。
「道場は懇親会からが本当のセミナー」、と言われる(たっしーさんしか言ってない気もする)ように春セミナー以上の盛り上がりを見せてくれました。そして1次会の最後にははんたさんからのお土産として、問題集や参考書を受験生にプレゼントするという一幕がありました。
因みに去年の私は同様にはんたさんから事例Ⅳ問題集を貰って合格しましたから、これはもう縁起物ですよ!手に入れた方は勝ち運が付いたと思って下さい!

いやー、去年は自分がここにいたのだなあと思うと感慨深いです。

・・・ひょっとしたら、昨日の参加者の中から10代目が生まれるかも知れませんね!

ちなみに懇親会はその後2次会、3次会と続き、1次会よりさらに深い(ここでは言えない?)話も交えつつ、ディープな夜となりました。

セミナー、懇親会とも参加者の皆さんに喜んでいただけたようで、メンバー一同胸をなでおろしております。

さあ、これで二次試験に立ち向かう準備が出来ましたか?
残り2か月と少し、自己ベストを更新する勢いで駆け抜けて下さいね。

迷ったら、悩んだら、いつでもこのブログにコメントを下さい。
メンバーそれぞれに、様々なアプローチで回答してくれると思います。
特に二次初挑戦の方は迷ったまま時間が過ぎてしまうと、ピンとこないまま本番をむかえてしまう・・・なんてことになりかねません。(かつての私のように!)
質問するのに躊躇うことはありません。使える資源は使って下さい!
手前味噌ではありますが、
一発合格道場は診断士試験に関する最高のフリー素材と考えて下さい!
使わなきゃ損ですよ!

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀:✿:❀ 道場夏セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 夏セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士2次試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

■夏セミナー2018 in東京

□ 開催日時:2018年8月11日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:15〜19:15予定
□ 会場:月島区民館(〒104-0052 東京都中央区月島二丁目8番11号)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

□ 申し込みはこちらから※8月6日(月)12:00~受付開始します!!

終了いたしました。

■夏セミナー2018 in大阪

□ 開催日時:2018年8月18 日(土) 13:30〜16:30※懇親会は17:00〜19:30予定
□ 会場:マイドームおおさか6階会議室(〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号)
□ 定員:30名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

□ 申し込みサイトはこちらから※8月6日(月)12:00~受付開始します!!

※セミナーは満席状態ですが、懇親会は若干枠ございます!!急いで!!申し込みを!!

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

 

 

 

 

はじめに

皆さんこんにちは‼ヒロちゃんです‼

世の中はお盆休み真っ最中の今日この頃ですが、診断士試験合格を目指す皆さんに休んでいる暇はありませんよ!!

今年2次筆記試験受験資格を掴み取った皆さん!!

2次筆記試験まであと残り70日です。

この時期から計画性をもって学習に取り組んでくださいね!!

 

今日は日曜日なので、普段は道場ブログはお休みの日なのですが、

昨日開催された道場東京夏セミナーのレポートを、号外としてアップします‼

当日は内容盛りだくさんだったので、さわりだけの紹介となりますが、

参加出来なかった人に少しでも内容お伝え出来れば幸いです。

 

今年春に実施した春セミナーに引き続き、参加者60人超えという大変ありがたい盛況ぶりでしたので、今回も我々9代目は先代の助けをいただきました!!

JCさん ハカセさん  はんたさん ひめさん こばさん イラサムさん、katsuさん、ひろいんさん

改めてありがとうございました‼

春セミナーに参加された皆さまも熱意溢れていましたが、夏セミナーは一段と真剣さが増した感じがしました。

我々道場メンバーもグッと身の引き締まる思いです!!

 

円陣組んで頑張るぞ!!

 

 

 


 

 

 

さて、ここから今回のセミナー内容のサマリーをご紹介いたします。

 

 

 

オープニング byヒロちゃん

はじめにオープニングとして私ヒロちゃんが司会として本日のプログラムと道場メンバー紹介をしました。

普段オンラインでしか皆さんとやりとりしていないので、実際の道場メンバーがどんな人なのか気になりますよね!!

 

…うん、絶対気になってたはず!!

 

 

私たちも普段会えない皆さんを拝見出来てとてもうれしかったです!!

※写真には写っていませんが、道場9代目メンバーは他によこよこ、ヘンリー、だいまつがいます。

 

 

 


 

 

 

道場直伝!2次試験の鉄則とは byChika

プレゼン一番目は、道場のアイドル的存在Chikaの登場。

2次試験の試験日程や合格基準など超基本的なところの説明と、よく「お作法」などと言われるこの試験の絶対的なルールについてプレゼンしてくれました。

今回のセミナー参加者は2次初受験の方が過半数ということもあり、超基本的なことから話してくれました。1次試験とは全く違う試験内容、ましてや他試験とも違う「診断士2次筆記」について大枠ご理解いただけたのではないでしょうか?

与件文、設問分解、題意、制約条件・・・などなど、2次試験特有の特殊用語がどんどん出てきて初学者の皆さんは驚かれたかもしれませんが、大丈夫、すぐに慣れます。

Chikaのプレゼンのポイントは以下の4つの鉄則です。

鉄則1 1次知識を応用して、「読む・考える・書く」力を鍛えるべし!!

鉄則2 アイディア勝負はNG!! 出題者が求める解答を書くべし!!

鉄則3 与件文から離れない!設問の制約条件欲求に従うべし!!

鉄則4 事例毎ののルールに従うべし!!

 

べしべし!!

 

と診断士2次試験にはこのような鉄のおきてがあります。

常にこのことを頭に入れながら学習することで、各事例の特徴や問われていることの本質が見えてくると思います。

1次試験は、場合によってはただただ丸暗記しても得点を稼げることもあったと思いますが、2次試験ではそれは通用しません

試験当日までにしっかりとPDCA回して出題者の期待している解答が書けるようしていきましょう。

 

 

 


 

 

2次に役立つ1次知識 byきゃっしい

次に登場は道場ブログリーダーのきゃっしいです。

きゃっしいからは皆さんが今まで学習されてきた1次知識と、これから挑む2次試験との関係について解説してもらいました。

 

診断士試験要領には

「第2次試験は「中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則」に基づき、中小企業診断士となるのに必要な応用能力を有するかどうかを判定することを目的」

と明記されており、ここで言う応用能力とは、「一次試験で問われた知識の応用能力」ということ。

きゃっしいからは具体的に各事例Ⅰ~Ⅳ毎にどんな1次知識を、どのように応用するか過去問を使って具体的に解説がありました。

1次知識を知っているだけではダメで、いかに使えるようにするかが2次では求められることがわかったのではないでしょうか。そのための学習法としてきゃっしいがおすすめしたのが「1次知識100字訓練法」。ざっくりいうと1次知識に関するお題について、手書きで100字以内にまとめる訓練です。必ず制限時間を設けて取り組むことが試験本番に活きてくるそうなので、皆さんも是非取り組んで見てください!!

また、1次試験だけでなく、2次試験でも非常に役立つきゃっしいのまとめシート、アマゾンで絶賛販売中ですので売り切れになる前に早めにポチっとしちゃってください!!

 

 


 

2次試験ゼロから合格するTips byたかじん

超短時間ストレート合格を果たしたたかじんからは、2次試験学習ZERO~の状態から合格した経験を語っていただきました。

限られた学習時間をどうやって使うか、そこには企業経営同様に戦略が必要とされます。たかじんは「解答の方向性を正しいものにする」という戦略をたてました。

そのうえで、ほぼ過去問のみを愚直に取組み、模範解答とのギャップを埋めるという大胆かつ間違いない戦術を実行しました。

ティップスというにはもったいない、2次試験の本質を捉えたプレゼンだったと思います。

また、セミナー後の懇親会で披露してくれる夜のたかじんもいつも通り切れ味鋭かったです笑。

 

 

 


 

80分の使い方 by桃ちゃん


事後アンケートでもとても評判の良かったのが、桃ちゃんの「80分の使い方プレゼン」でした。

2次筆記試験はどの事例も試験時間は80分です。過去問に取り組んだことのある方はお気づきだと思いますが、80分じゃ全然時間が足りないです!!せめて2時間くらい欲しいくらい。

ですので圧倒的に制限時間が短い中で安定感のあるアウトプットをするためには「型」が必要となってきます。

桃ちゃんはこの型について、自分の型を例にわかりやすく紹介してくれました。

また、道場9代目メンバー全員の型についても紹介してくれました。結論として、人それぞれ型は違うということ、自分の型は自分で見つけるべし!!ということでした。

試験本番では80分という限れた時間、難解な問題、極度の緊張感、を強いられます。

そんな状況下でミス無く安定的なアウトプットするためには作業の標準化と自動化が必要となってきます。そうしないと必ずミスが発生してしまいますからね。ぜひこの型について意識しながら過去問や演習問題に取り組んでいってほしいと思います。

 

 

 


 

 

2次試験に再挑戦するあなたへ+だいまつの分析 byきゃず

2次試験にあと3点足らずで一発合格出来なかったきゃずのプレゼンです

家族や周囲への感謝、受験できることのありがたさを決して忘れてはいけないという熱くエモーショナルなメッセージを前段では紹介してくれました、

後半では、

彼を知り己を知れば百戦危うからず」とい孫氏の兵法を体現した内容を紹介してくれました。

きゃずの徹底的な自己分析、そして試験分析、スケジュール管理から導き出された結果は「初めての問題に遭遇したとて揺るがない再現性」でした。

 

+スペシャルコーナー だいまつからの伝言

~9代目の2次試験対策徹底分析からみえたもの~

続けてきゃずによる特別企画として、道場9代目メンバーの2次試験学習の取り組みについての分析内容の紹介です。このコンテンツは、今回参加できなかった大阪メンバーだいまつが作ったものですが、あまりに完成度が高いので是非東京セミナーでも紹介したい!!ということになったのです。

来週18日に大阪で開催予定の大阪セミナーでだいまつじきじきにじっくりプレゼン予定ですので、参加される方はご期待下さい!!

相関係数を算出するなど本当に手の込んだ分析でした!!ポイントとしては以下になります。

 

●初受験組は、勉強時間315時間、89事例を​ミニマムライン、​

多年度組は、勉強時間265時間、107事例をミニマムライン、

として、初受験組も多年度組もそれぞれの置かれた状況を踏まえて勉強内容をカスタマイズ!!

 

● 模試の点数は気にしない!!模試は解答プロセスや知識の弱点を修正・補強していくためのもの。

 

 

 


 

 

2次試験で100%の力を出し切るメンタルの作り方 by3代目ひめさん

特別プログラムとして道場3代目ひめさんに登壇していただきました。

ひめさんは企業内診断士として活躍されており、メンタルトレーニングの第一人者でもあります。診断士試験合格に必要な要素である心・技・体のうち最も重要である心の整え方をレクチャーしてくださいました!! 登壇時間が10分と限られた時間でしたが、リラックス出来る呼吸法を教えていただきました!!

ひめさんから、本日朝アップのブログにて、より詳しいメンタル対応方法について紹介があります。2次試験受験生向けに特化したセミナーも開催予定ですので皆さん是非ご参加下さい!!

 

 

 


 

 

パネルディスカッション by司会ゆうと愉快な道場メンバー


 

道場理論の体現者ゆうの司会による、パネルディスカッションを行いました。

プレゼン形式とは違ったかたちでのコンテンツで皆さんにも楽しんでいただけたのではないでしょうか。パネラーは学習スタイルや受験期間、性別、年齢もバラバラな個性豊かな9代目道場メンバーです。

以下が当日出たテーマです。

  •  独学・通学・通信、それぞれの学習スタイルのメリットデメリットは?
  •  おすすめの受験校、各受験校の特徴は?
  •  過去問以外でおすすめのテキストや問題集は?
  •  勉強会に参加した方がよいか?勉強会のメリットデメリットは?
  •  まとまった学習時間がとれないが隙間時間の学習方法は?
  •  残り2カ月強、やってよかったこととやらなければよかったことは?

 

大阪から馳せ参じてくれたZENZENもパネラーとして参加しました!!

パネラー全員お伝えしたいことがたくさんあったので、時間が足りないくらいでした!!

 

 

このタイミングでインドから緊急帰国のヘンリー参戦!! 空港から直行で来てくれました!!

 

 

 


フリートーク

対話形式での参加者の皆さんと道場メンバーとのフリートークを1時間弱行いました。

先代道場メンバーも参加してもらい、参加者の皆さんの尽きない疑問やお悩みにバシバシお答えさせていただきました。

テーブル毎に学習スタイルや受験歴などでグルーピングさせていただいたので、他の参加者の疑問悩みに共感した方も多かったのではないでしょうか?

 

 

 


 

 

懇親会へ

セミナーのプログラムが無事すべて終了した後は、懇親会です。

今回のセミナー会場が月島ということで、なんともんじゃ焼き屋さん!!

鉄板を挟んで皆さんと話が尽きませんでした。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい本当に充実した一日であったことを実感しました。

※ちなみに2次会3次会もありました笑

 

 

 

 


 

 

 

おわりに

いかがでしょうか?

 

今回もセミナー参加者の皆さんに事後アンケートにご協力いただきました。

 

なんと、

 

満足度97%!!

 

とてもありがたいフィードバック頂きました!!

 

セミナー内容についてですが反省点として、2次試験の勘所である事例Ⅳについてあまりご紹介出来ていなかったな~と感じましたので、事例Ⅳについては今後のブログでしっかりお伝えしていきますのでご期待ください!!

 

 

我々道場メンバーもちょうど一年前、皆さんと同じ気持ちで不安や、焦り、ストレスを抱え込んでいました。ですから皆さんの今の心境がとても分かります。

 

決して容易くない道のりを進むと決めた皆さん。

そんな皆さんを応援したい!!

そう本心から思っています。

 

人生でこんなにがむしゃらに何かに向かって本気になれる機会なんてそうそうありません。周囲に感謝しながら、そして出来るだけ楽しみながら、あと70日間は走り切ってください。

 

応援しています。

 

以上、

 

ヒロちゃんでした!!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆

はい!へんりーです。

前回の辛口記事(案外と好評)はこちら

ぎりぎりで戦っているあなたを応援します。

 

さて、改めまして、先週末に春セミナー2018 in 東京を終えました。

 

その様子と内容についてはヒロちゃんがレポートしてくれています。

先代たちの強力サポートもあり、手前味噌ですが、めちゃくちゃ充実したものにできたと自負しています。

 

たくさんの受験生と対話できるセミナーは、僕らにとっても「気づき」の宝庫!

 

ということで、今回は、東京セミナーのフリートークや懇親会で受けた相談や質問の中から、当日参加できなかった方にも役立つ内容をシェアしたいと思います。

 

以下の内容になっているので、気になるところだけでもピックアップしてご覧ください。

 

①「勉強の息抜きに、最近読んでいる本などを紹介してほしいです・・」 

②「『トレーニング』(TAC通学コース問題集)をやっているのだけど、スピ問に変えるべきでしょうか?」 

③「(アウトプットの後の)インプットは何にまとめていましたか?自作ノートではなくテキストへの書き込みでもよいですか?」 

④「暗記をうまくやるコツがあれば教えてください」 →次回以降☆

⑤「経済を「暗記」するコツを教えてください!」 →次回以降☆

 


それでは早速、①からいきましょう。いわゆる「ゆるわだ」。

「勉強の息抜きに、最近読んでいる本などを紹介してほしいです・・」

 

これは意外でしたが、懇親会で「ぜひ!」と依頼があったため、応えないわけにはいきません!

気分転換にブログを読んでくださっている道場フリークの方々も大勢いることを再認識しました。

 

というわけで、大真面目に紹介します。

僕が最近読んでいる本で、特に面白かったのは以下です。

「エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ」
(竹内純子編著/日本経済新聞出版社)

 

この本では、世の中で起きている変化のトレンド、5つの「D」

Depopulation人口減、
Decarbonization脱炭素化、
Decentralization分散化、
Deregulation自由化、
Digitalizationデジタル化

を切り口に、エネルギー(特に電気事業)の将来を見通しています。

未来の姿として、世の中がさらに便利になり、より一層モノが溢れていった結果、「所有」の価値がどんどんと薄れ、「モノからコトへ」製品を所有するのではなく、本当に欲しているコト(体験)を供給するサービスを利用するようになる、と予測しています。

 

将来的に例えば以下のような「モノからコト」が実現するかもしれません。

・自動車を所有せずに、「移動」サービスを利用する
(↑ご存知、UBERが既に実現)

・エアコンは所有せずに、「適温で快適な部屋」提供サービスを利用する

・洗濯機は所有せずに、「綺麗になった衣類」提供サービスを利用する

 

抜粋すると、2050年の1つのシミュレーションとして・・

家電製品を動かすための電気代は、当然そのサービスに含まれるようになっている。「モノからコトへ」をキーワードに、ビジネスはまったく新しい形に作り替えられたのだ。考えてみれば当たり前ではないか。消費者が求めているのは、家電製品や電気そのものではない。必要としているコト(体験)、あるいは成果だ。

それこそ、かつて「電気料金」なるものがあり、各家庭が「電気代」を毎月支払っていた、なんて話をしても、息子や娘にはまったく通じないだろう。

いかがでしょうか?

もちろん上記は極端な例を言っているわけですが、僕は「けっこうありうる未来かも・・」と感じました。

内容は、「エネルギー産業」という大きなテーマの話ですが、その変化は、企業の「小売業」「サービス業」といった業態や棲み分けにまで大きな影響をもたらす可能性があります。

そうなると、中小企業への影響も必至です。診断士が助言する内容も大きく変わってくるかもしれません。

そんな視点で読んでも面白いと思います。

以上がへんりーの読書紹介でした。

 


続いて②、具体的な学習方法についてです。

「『トレーニング』(TAC通学コース問題集)をやっているのだけど、スピ問に変えるべきでしょうか?」

 

この質問は、僕のセミナープレゼンにおいて「スピ問題出涸らし法」について改めて解説、オススメしたために出たものです。

ミスリードしてしまうところでした・・セミナーに感謝。

この問いへの答えは「NO!(今から無理に変える必要はない!)」です。

 

今取り組んでいる(スピ問以外の)問題集があるのであれば、そして、その内容が全然わからないということがないのであれば、その教材を信じ、絞ってやりこむのが合格への最短経路です!

 

例えば、せっかく「トレーニング」(TAC通学者用問題集)を解いていたのに、いまさらスピード問題集にも手をだすのはリスクが伴います。

十分に時間が取れない場合、結局どちらも中途半端になってしまう危険性が高いと言えます。

 

どの予備校の教材も、基礎的な問題(=TAC過去問のA・Bレベルの問題※)を取り扱っているため、それをやりこむことが重要です。

※TACの過去問で表示されているA~Eのうち、統計上1次試験合格者が確実に正解しているAおよびBレベルの問題のことです。

 

あるいは、もし既に過去問に取り組んでいて、苦になっていないのであれば、その科目で今更「スピ問」を解く必要はありません。

A・B問題を安定して正解できるようになるのが、何よりの「王道」、合格への最短経路になります!そのために何が有効か、その視点で教材を選んでもらえたらと思います。

なお、スピ問をすすめる理由も改めて書いておきます。

① 1問完結なので答え合わせ・復習がしやすい
② 説明が丁寧(通学配布教材と比べて)
③ 広い範囲のA・Bレベル問題をカバーしている

(あくまでへんりーの感覚です)

 


続いて③、本日のラストテーマです。

「(アウトプットの後の)インプットは何にまとめていましたか?自作ノートでなくテキストへの書き込みでもよいですか?」

 

アウトプットを重ねて得た知識、自分が間違えやすいポイントは、なんらかの媒体にまとめておきたいところです。(ここで、「アウトプット→インプット」の順序を守ることが重要。)

特に、暗記科目の知識については、一度覚えても時間が経てば忘れていきます。

それは誰もが同じ。


よって、
1次試験本番の時点で、全科目の知識・実力を、如何にまんべんなく、自分にとっての最大値まで引き上げられるか(復活させられるか)、そこが勝負になります。

 

本番直前期に、例えば、苦手な運営と法務ばかり時間を取っていたら、情報システムの内容を忘れてきた・・なんて事態が起こりうることを、今から想像できるかと思います。

その対策となる勉強方法にも「王道」があります。chikaも以前に触れた1日3科目学習法」。


本番が近付いたらメンバーのだれかしらが再度解説すると思いますが、この点は今からでも頭に入れておいてください。

大事なのは「知識・実力を、まんべんなく高い状態に維持する(復活させる)こと」です。

その実現のために、今あなたが問題集や過去問でアウトプットして得たものを、何かに「まとめ」ておき、それを見返すあるいは解き直すことで、短時間で知識・実力を復活させられるようにしておく手法は有効です。

 

この「まとめ」は、人によってそれぞれですが、最終的に「これだけは書きだしておこう」と自分の手でまとめたものを「ファイナル・ペーパー」と呼んだりします。(先代ゆっこの記事を参照)

※※1次だけでなく2次筆記試験用の「まとめ」も同様に「ファイナル・ペーパー」呼びます)

試験本番前には、「これだけは」をまとめたファイナル・ペーパーの作成が有効かもしれませが、現時点で「まとめ」をする媒体が、自作でないとだめかというと、そんなことはありません。

 

書くことで整理し覚えるのと同時に、効率的に知識を蘇らせればいいのですから、まとめる先はテキストでもいいわけです。
もちろん、ページ数が多いため、「復活」までに時間がかかるというデメリットはあります。そんなときはカラー付箋の活用をおすすめします。

 

なお、僕の場合は科目によってまとめる先を変えていました。

・法務は「ポケットブック」(旧名ポケットテキスト)+スピードテキストのサマリー表部分をコピーした紙

・情報システムは「ポケットブック」+スピ問with付箋

・経済はスピードテキストwith付箋

・・・

といった具合です。

 

重要なのは、効率よく短時間で「復活」させるために、情報を一元化すること
一元化とはつまり、情報のまとめ先を一か所に絞ること。

 

例として、インターネットがまさにそうですよね。

検索ブラウザに複数種類があっても、情報は一か所にまとめてあるわけです。これがもしも、インターネットA、インターネットB・・と別々の箱になっていて、それぞれ検索してみないとすべての範囲をチェックできない、なんてことでは不便です。

 

試験勉強の場合、「まとめ」を1つに絞れなくても、なるべく少なくするべき。

試験本番で1科目あたりに数冊の本を机の上に置いている人を見かけますが、それは整理ができていない証拠。「ここさえ見えればOK」というように、学習を進めながら「まとめ」を徐々に絞っていきましょう。

 

改めて、「まとめ」先の候補としては、手書きノート、テキスト、問題集や過去問の解答欄、ポケットブック、暗記アプリ、予備校レジュメなどがあるかと思います。

そして、まとめの究極系が、きゃっしいの「まとめシート」です。
2017年度の1次試験で545点を取ったきゃっしいが、実際の学習中に「まとめ」ていたノートをベースに作ってあるので、あなたの「まとめ」作業の効率化に一役買ってくれるはずです!

 

今回は以上になります。
ぜひフットワーク軽く、実践してみてください!

 

アナタも、やれるはず。

もうちょいあがいてみませんか?

以上、へんりーでした!

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

皆さんこんにちは‼

ヒロちゃんです‼

今日は日曜日なので、普段はブログアップがない日ですが、

昨日開催された道場東京春セミナーレポートを号外としてアップします‼

当日は内容盛りだくさんだったので、さわりだけの紹介となりますが、

参加出来なかった人に少しでも内容お伝え出来れば幸いです。

参加者約60人という史上最大の規模となり、セミナー運営側としても滞りなくセミナー進行できるか一抹の不安はありましたが、初代をはじめとする歴代道場メンバーや、参加者皆様のご協力もあって、大成功で終えることが出来ました!改めて参加された皆さんありがとうございました‼

また、参加人数もさることながら、参加された皆さんの熱意の強さに道場メンバー一同感心させられるとともに、診断士資格取得ニーズの高まりを感じました‼道場は、これからもブログやセミナーを通して微力ながら受験生のお手伝いが出来ればいいなと思っております。

円陣のイメージ

セミナー前に気合の円陣をいれる9代目道場メンバー

 

 

 


 

 

 

オープニング byChika

CHIKAのイメージ

平成生まれの女の子っ‼ Chikaが本日のセミナー趣旨説明や道場メンバーの紹介をしました。

普段ブログを書いている道場メンバーの以外な一面もおわかりいただけたのでは??笑

 

 

 


 

 

 

 

1次試験の概要 byゆう

ゆうのイメージ

道場理論の体現者‼ゆうによる1次試験の説明です。

約100日後に迫った1次試験の概要について、押さえておくべきことをあれやこれや漏れなくプレゼンしてくれました。

皆さん勉強に熱心になりすぎて、意外に試験概要について知らなかったことが多かったのではないでしょうか?

私が個人的に驚いたのは、以前ヘンリーがブログでもお伝えしましたが、今年から試験中の休憩時間が30分から40分に変更になったことですかね笑。推測ですが、休憩中に発生する男性トイレ渋滞が理由で休憩時間10分長くする措置を取ったんですかね……

試験で100%の実力を出すためにはなにはともあれ申込みや試験内容など事務的なことをしっかり押さえることが大事ですね。1次試験の申込み忘れぬように注意してくださいね!当たり前ですが、申し込まないと合格出来ませんよ!

<申込み期間>平成3052(水)524()

【期間内必着】 ですよ‼

 

 

 


 

 

 

タイプ別!1次試験対策ノウハウ

さて、次はストレート合格や多年度合格、受験校通学や独学など様々なアプローチで診断士試験合格を果たした個性豊かな道場メンバーによるタイプ別の1次試験対策プレゼンです。

 

通学ストレート編 byへんりー

へんりーのイメージ

道場一のお調子者であり、追い込まれると半端のない力を発揮するへんりーです。

今からでも間に合う1次試験合格への最短経路と題して、学習範囲ややるべきことにしっかりと優先順位をつけて非常に費用対効果の高い取り組みをしていたようです。

へんりーの特徴は1月から勉強開始したという非常に短い学習期間での合格ということです。

限られた時間のなかで合格した彼の学習ポイントは3つ、

  1. リスクを減らせ!

→勉強すればした分だけ点数が安定する「財務」と「経済」。この2科目を重点的に取り組むことでリスク(変動)を抑えるということ。

  1. やることを絞れ!

​→以前彼のブログでも紹介していました「スピ問出涸らし法(初代ハカセの鶏ガラ学習法のオマージュ)」のことです。やることを色々考えるより、やらないことを意識して決めましょうということです。他の教材には手を出さないで ​TACスピード問題集に注力して取り組む!と決めたら徹底的にスピ問を骨までしゃぶりつくしましょう!

  1. 自分の実力を疑え!​

→テキストを一読しただけで内容が理解できた気になっていませんか??わかることを出来ることは少し違いますからね!必ず過去問に取り組むなどアウトプットして自分の理解度を確認しましょう。

 

通学・ストレート編 byきゃっしい

きゃっしいのイメージ

もともと優秀なのに加え、持ち前のストイックさで学習時間も月平均軽く100hを超えるほど取り組んだきゃっしい

まさに受かるべくして受かった人って感じです。(さらに言うと彼女は1次試験時つわりの最中に受験、2次試験はお腹も大きくなりつつある中、別室で受験、というからもうすごいというしか言いようがないっす…)

そんなきゃっしいからは先日の大阪セミナーでもだいまつがプレゼンして好評だった「ABCDE問題について」の説明がありました。

ABCDE問題とは、受験校最大手であるTACが運営するTACデータリサーチが、毎年の1次試験後受験者からデータを収集し、問題をランク付けしたものです。

A:正答率80%以上​

B:正答率60%以上80%未満​

C:正答率40%以上60%未満​

D:正答率20%以上40%未満​

E:正答率20%未満

ってことです。きゃっしいの説得力のある数字による説明で導き出された提案内容は、

みんなが解けるABC問題に集中して、コスパの低いDE問題は後回しでも良いのでは⁉ということでした。

なるほど、こうやって数字で説明してもらえると腑に落ちますね!

 

独学・ストレート編 byたかじん

たかじんのイメージ

道場一のダンディーたかじん‼…その真の姿はお酒を飲むとわかる??笑

学習時間が非常に短いながらもしっかりと戦略を立てて取り組んだたかじんの対策法、皆さんも参考に出来る部分おおいにあったのではないでしょうか!!

MBAホルダーのたかじんらしく、科目攻略マトリクスを作り、戦略的に試験に挑んだことが学習時間約250hという超短時間での合格に結びついたのですね‼

皆さんも今一度自分の現状を分析して、1次試験7科目合計420点取るための戦略を作ってみてはいかがでしょうか?

診断士試験は非常に範囲が広いため、ただ闇雲に学習することは得策ではありませんからね。

 

独学・多年度編 byよこよこ

よこよこのイメージ

牛の乳しぼりはよこよこにおまかせあれ‼酪農業界及び中年の星よこよこの登場です‼

道場ブログを見てくれている皆さんの中でも40歳代以上の方って結構多いのではないでしょうか?

今回のセミナーでも40~50歳代の参加者の方が多いように見受けられました!

ナイスミドル&ナイスミディな皆さんにはよこよこの体験談は非常に共感できたのではないでしょうか!

受験生年代別の1次、2次筆記合格率を分析したみると、1次では各年代での差はあまり見られませんが、2次筆記では20歳代と40~60歳代とで合格率に大きな差があることを説明してくれました。(合格率20歳代4%,50歳代1.5%)

この分析結果と実体験を踏まえたよこよこの提案は、40歳以上の世代には可能であれば1次試験学習と並行して2次筆記学習をすることをお勧め、ということ。

1次試験が終わってから2か月ちょっとで2次試験対策をすることは、必ずしも万人に通用する学習スタイルということではないということですね。

学習スタイルは千差万別です、道場メンバーの中だけでもてんでばらばらです笑。

ご自身に合った学習スタイルを見つけて是非パクッてカスタマイズしちゃってくださいね。

 

 

 

 

 

いかがでしょうか、みんな違ったやり方で合格までたどり着いていることがおわかりいただけたはずです。

皆さんも自分で考え、自分に合った勉強法やモチベーション維持法で試験乗り切ってくださいね‼

 

 

 


 

 

 

2次試験について

 

2次試験対策ノウハウ by桃ちゃん

桃ちゃんのイメージ

計画的に多年度合格を果たした、伊賀と考古学をこよなく愛する桃ちゃんによる2次筆記試験についてのプレゼンです。

さて、目下皆さん夏の1次試験目指して日々頑張って勉強されていると思いますが、やはり2次筆記試験についても今の時期から情報をキャッチアップしておきたいのではないでしょうか?

8月の1次試験が終わってから2次試験の概要について調べ始めるのはちょっと不安ですもんね。

桃ちゃんのプレゼンでは、2次筆記の概要から4事例ごとの特徴、試験問題を作っている試験委員の著書要約紹介など、網羅的に説明がありました。

特に強調して説明していたのが、「2次筆記では解答に独創性は求められていない」ということでした。

2次筆記は1次と違って記述式のため、受験生のなかにはライバルと差別化するために奇抜なアイディアや与件文を無視した解答するしてしまう場合がありますが、これは絶対NGですからね。

2次筆記対策について詳しくは8月実施予定の道場夏セミナーでお伝えしたいと思いますのでご期待ください‼

 

 

 


 

その他
診断士試験の都市伝説に迫る‼ byきゃず

きゃずのイメージ

家庭も仕事も道場も、すべてを大切にする頼りがいのあるきゃずによる一風変わったテーマでのプレゼンです。

道場初代~9代目メンバー対象に​アンケートを実施し、計54名という沢山の回答をもとに、受験生の「診断士試験についてこんな噂(都市伝説)があるけれど、ぶっちゃけどうだったの?」​というギモンに答えてくれました。

以下にアンケート結果を何点か抜粋しますね。

  • 過去問は4~6年分実施が過半数を占めていた。
  • 暗記カードは作らなかったが過半数を占めていた。
  • 2次筆記対策としてグループ勉強会をやったが43%、やらなかったが49%と意見にばらつきが見られた。
  • 2次筆記対策として日経新聞の春秋要約はやらなかったが過半数を占めていた。

といろいろ興味深い結果となりましたが、結論としてきゃずが言いたかったことはずばり

都市伝説に踊らされる?そんな必要はナシ!!本質を見極めて、あなた自身が​伝説の合格者になりましょう!

です。

繰り返しになりますが、学習スタイルは受験生によって千差万別です。

ご自身でしっかり必要性や重要性を考えて戦略的に学習に取り組んでくださいね。

 

フリートークタイム

合計60分間参加者の皆さんと道場メンバーによるフリートークの時間を設けました。

やはりインターネットで調べる玉石混交の情報よりも、こうやってリアルに膝をつき合わせたコミュニケーションによる情報はとても有益だと個人的には思います。

今回も参加者のみなさんそれぞれの悩みや疑問を沢山道場メンバーに聞いてくれたようでした。

また、参加者同士の情報交換の場ともなっておりました。60分ではZENZEN足りないほど話に花が咲いていました。

 

懇親会

セミナー後は恒例の懇親会を実施しました。

嬉しいことにセミナー同様沢山の方に参加していただき、こちらも大変盛況でした‼

やはりお酒を飲んだり、美味しい食事を食べたりしながらだと、セミナーとは違った話も色々出来ますもんね笑。

2次会も1次会同様盛り上がりをみせていました‼

次回夏セミナーでも懇親会は予定しています。お酒苦手なんだよな~、って人もZENZENソフトドリンクでもちろんOKですので、是非参加してみてはいかがでしょうか?

色々な人の話を聞くことも診断士を目指すうえでは大事ですからね。

 

 

 


 

 

 

まとめ

いかがでしょうか?2018道場 東京春セミナーレポートは以上となります。

参加者の皆さんからセミナー終了後にアンケートに協力していただいたのですが、ほとんどの方がセミナー内容に満足してくだったとの回答でした。

わたしを含め道場メンバーも大変うれしく思います‼

9代目道場メンバーは今年受験される(合格予定)皆さんよりもたんに1年先に合格しているだけの状態です。

皆さんとの違いなんてほぼありません。

道場メンバーも1年前は皆さんと同じような悩みや疑問を抱えながら日々勉強に取り組んでいました。

そんな我々道場メンバーが一番言いたいことは「最後まであきらめないで‼」ってことです。(すいませんわたし以外の道場メンバーから特にコンセンサスとってませんが、多分みんなもこれを一番言いたいと思ってる、はず笑)。

わたしの高校時代の恩師も言っていました。「あきらめたら、そこで試合終了だよ」と。。。

逆を言うと診断士試験はあきらめなければ誰でも受かる試験です。

まずは夏の1次試験に向け、決して後悔や言い訳せずに残り約100日を過ごしてください。

皆さんを応援することで我々道場メンバーもやる気や喜びが湧いてきます‼

 

 

 

集合写真のイメージ

 

 

 

以上ヒロちゃんでした。

 

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

▼▼▼▼▼▼▼緊急告知!▼▼▼▼▼▼▼
21日(土)春セミナー@東京追加募集のお知らせ
14日(土)朝6時、追加5席の申込受付スタート!
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

はい!へんりーです。

前回のブログ、「スピ問出涸らし法」の紹介はこちら

 

ここで、いきなり速報です!

診断協会から以下の発表がありました!ご確認ください。

 

「平成30年度からの中小企業診断士試験主要変更事項について」

https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_c_h30_shiken/H30_shuyohenkoujiko.html

 

さすが感度の高い道場ブログ!(9代目道場メンバーに試験要領マニアがおりました・・)

早朝にこのブログをお読みになったあなたは、早速、勉強仲間に教えてあげてくださいね!

 

肝心の変更事項の内容です。

1次試験と2次試験の両方で、午前と午後にそれぞれ実施される2科目の間の休憩時間が、これまでの 30分間 から 40分間 に拡大されています。

 

あくまで推測ですが、

(特に東京の)試験会場によっては、休憩時間に男子トイレで長蛇の列ができ、次の科目の開始ぎりぎりまで教室に戻れない・・といったケースがあったことから、改善策として今回の改定に至った可能性が考えられます。

 

いずれにせよ、この10分間の休憩時間拡大は、トイレ待ち問題に限らず、受験生にとっては大きな朗報と言えるでしょう。

 

たかが10分、されど10分。
割合だと30分/40分=30%超の拡大。

 

もともと、休憩時間の過ごし方、集中力の回復の仕方、暗記の最終追い込みの仕方、その工夫だけでも、ひと科目あたり数点の差がつく可能性があると考えています。

 

そして、今回の拡大により、本番の休憩時間でやれることが増えます。選択肢も広がります

へんりーが特に力を入れて応援したい、合格できるかぎりぎりの戦いを繰り広げている受験生たちにとっては、「休憩戦略」を持っているか否かで合否確率が変わってくる、と言っても過言ではないと思います。

 

今後、そんな試験本番時における戦略や工夫についても、道場ブログで紹介していきますのでぜひお見逃しのないようにお願いします!

 

*****

続きまして、

既にレポートされているように、先週末に「一発合格道場 春セミナー2018 in 大阪」が開催されました。

僕も久しぶりに大阪に乗り込み、9代目大阪班のメンバーと共に、プレゼンやフリートーク等をさせていただきました。

セミナーの休憩時間にも「7月の追い込み期間に、具体的な教材はどれをどのくらいやっていましたか?」「(閲覧用に持ち込んだ自分の教材を見ながら)スピ問出涸らし法とやらの実際のところって?」といった質問・相談をいただき、参加された皆さまのやる気をヒシヒシ感じました。

 

また、セミナーの「スペシャルボーナスステージ」とも言える懇親会でも、Studyplusの登録や使い方、モチベーション確保に始まり、参加者のみなさんの職場の話、将来の独立の夢、音楽の趣味に至るまで語ることができ、「夏セミナーでまた大阪に来るっきゃない!」と、心に誓って帰路についたのでした。

関西近辺にお住いの皆さまと、大阪夏セミナーでお会いできることを心より楽しみにしています!

 

そして、来たるは4月21日の東京セミナーです。

 

昨日からお知らせを開始したように、14日(土)朝6時より、5名のみ追加募集をさせていただきます。

逃したと悔しい思いをされていた方、ぜひ早起きして申し込みを行ってください!

 

さらに、「スペシャルボーナスステージ」である懇親会にまだ空きがあります。

道場メンバーに深い質問・相談ができる貴重な場ですので、よろしければぜひご参加ください。

 

なんども言いますが、セミナーおよび懇親会は、1名での初参加でも、まったく問題ありません!参加される方の年齢、性別、出身地等も幅広いです。

みなさん「ちょっと心配だったけど、来たら平気だった」と言います。(僕らメンバーの大半がそうでした)

先代も含めた道場メンバーが、アットホーム感満載でお待ちしております。

 

****

やっと、今日の本題。

 

「自分に合った勉強法」をはき違えてはいけない

前回のブログで「スピ問出涸らし法」(初代ハカセの鶏ガラ学習法から派生)について紹介した際、大前提として「アウトプット重視が絶対正義」に触れ、詳細はスキップしました。

 

この「アウトプット重視」について、ゆうが昨日のブログで見事にわかりやすくまとめてくれています。

まったくもって同意の内容。ぜひ参考にしてください。

 

明かしておきますと、僕らは互いのブログネタのチェックや摺り合せは特に行っていないのです。

合格するまで一度も話したことがなかった我々ですが(実はStudyplusで友達だったことには後から気づきました)、それでもここまで行き着くところが同じになるのは、合格への「王道」が存在することの証左と言えるでしょう。

 

そう、合格への「王道」

(※「学問に王道なし」といった話もありますが、ここでは、合格者が共通で持っているセオリーを意図します)

 

 

一方、「学習方法やスタイルはひとそれぞれ」「自分に合った学習方法を見つけるべし」とよく言われます。

 

道場ブログでも言います。

合言葉は「パクってカスタマイズ」、これも疑いの余地のない合理的な方法、戦略です。

 

しかし、

・「学習方法はひとそれぞれ」に惑わされてしまい、あるいは、

・「自分に合った」の意味を誤解してしまい

結果、「王道」から大きく離れた方法を取り続けて、合格から遠ざかってしまう人  がいるように思います。

下手に「勉強法へのこだわり・プライド」などを持っている人は黄色信号です。

 

具体的に、リスクの高い(マズイ)「勉強法へのこだわり」の一例として、

「理解が浅い状態でアウトプットをしない(=問題を解かない)」 があります。

 

(僕も「わからないまま解きたくない」気持ちは理解できます。でも、そのやり方では効率的ではない、自分には時間が足りないのが明らか と判断し、我慢して問題を解くようにしました。)

 

どうしても、こだわりを捨てきれず、時間が限られているのに、いつまでもインプットに時間を費やしてしまう人がいます。

やたらと「授業の予習」にこだわる人も同じリスクがある ように思います。

 

ここまで読んでドキッとした人はいませんか?

 

 

もちろん、時間が豊富にある人であれば、インプットに時間を多くかけることは、「その人に合った」勉強スタイルと言え、「パクってカスタマイズ」の成功例になりえます

しかし、時間がない人がそれをやれば、「ひとそれぞれ」かもしれませんが、「自分に合っている」とは言えません。

 

そう、「自分に合っているか」を、「自分が気持ちいいか」のみで測っていたら、それは大きな勘違いです。

 

「自分に合っているか」は、究極的には「成果が出ているか」を基準に判断すべきです。けれどもすぐに成果が表面化するものではないので迷うわけですが、そんなときは「王道」に沿っているか(遠くないか)で判断することをおすすめします。

 

これは診断士の勉強に限らず、仕事でも、スポーツでも、語学でも、上達を目指す際には同様のことが言えるものと思います。

 

今回は、人によっては少し厳しい話だったかもしれません。

(また、勉強法論はおなかいっぱいという方もいるでしょう。)

それでも、「人それぞれ」「自分に合った」を誤解し続けている人がいたら、目を覚ましてもらいたく、書きました。

少しでもご参考になれば幸いです。

 

アナタもやれるはず。

もうちょいあがいてみませんか?

以上、へんりーでした!

 

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

■春セミナー2018 in大阪

大阪セミナーは終了しました。参加頂いた方、ありがとうございました!

■春セミナー2018 in東京

東京セミナーは、「懇親会」のみ申込受付中!!

申込URLはこちら

□ 開催日時:2018年4月21日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:00〜19:00予定
□ 会場:浜町区民館(〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目37−1)
□ 定員:60名(先着順)※好評のため定員+10名追加しました!
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

▼▼▼▼▼▼▼緊急告知!▼▼▼▼▼▼▼
21日(土)春セミナー@東京追加募集のお知らせ
14日(土)朝6時、追加5席の申込受付スタート!
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

みなさん、おはこんばんにちは、9代目のだいまつです。

 

昨日開催した「道場春セミin大阪」には、29名もの道場フリークの方々にご参加をいただきました。

 

私も受験生時代そうでしたが、一人ひとりが何かしらの悩みを抱えていると思います。その「悩み」の解決につながったでしょうか・・・。

 

本日は、いつもブログ更新のない日曜日ですが、「一発合格道場 大阪春セミナー in 大阪」のレポートをお届けします!

 

第1部 メンバー紹介から1次試験対策、都市伝説パネルディスカッション

 

まず最初に、9代目のchikaから、皆さんもすごく気になっている(?)道場メンバーの素顔を紹介するとともに、1次試験の概要を説明しました。

⇒道場メンバーのことを知ってもらい、これからも愛読いただけると嬉しいですね!

 

続いて、ヘンリーから、①今から集中してやれば1次は突破できる、②財務と経済はやればやっただけ点数が伸びる、③余計なことはするな(例えば、他の予備校資料に手を出す)、④スピード問題集(TAC書籍)しゃぶり尽しのススメ、についてプレゼンをさせていただきました。

「基本を固めろ」という道場の「橋げた理論」に通ずる内容でしたが、私もまったく同感です。

 

ひろちゃんからは、反面教師シリーズと題して、①計画を立てない人(計画立てないと)、②PDCAを放ったらかす人(PDCAをまわさないと)、③意思の力で学習を継続させようとしている人(習慣化させないと)、④睡眠時間を確保しない人(寝ないと)、⑤遊びも仕事も診断士も全部充実させたい人(なにかは捨てないと)、⑥恥ずかしがって分からないこと聞かない人(なりふり構わず聞かないと)、⑦人や周りのせいにする人(みんな同じ条件、なんとでもなる)、というメッセージを、素敵なオリジナルイラストともにご説明しました。

⇒私も思わず「うっ・・・」となってしまう内容ばかりでしたね。

 

Zenzenからは、俺の過ちと題して、zenzenが過去問中心の勉強生活に至った理由、過去問の効果薄いが中小企業経営・政策と、改正論点が気になる経営法務対策として、模試が(腕試しだけでなく学習材料として)活用できる、というメッセージを発信しました。

過去問が超重要な勉強ツールであることは、異論をはさむ余地はないでしょう。

 

だいまつからは、過去問の難易度ランク別のABCDE分析(TACデータリサーチが過去問題集等の書籍で開示)結果から、学習はABC問題をまずは優先して行うべきであることを説明しました。

⇒正直、みんな間違えた難問、奇問、引っかけ問題である、E問題に時間を割くくらいなら、ABC問題について、選択肢の一つ一つまで丁寧に学習する方がよっぽど効率的です。

 

都市伝説パネルディスカッションでは、診断士試験における都市伝説について、熱い議論を展開しました。

⇒過去問の使い方については、パネラー一同、「何年分やるか」よりも、「(基本的なところを)深くやる」の方が大切だという認識で一致しました。

 

2部 2次試験概要、2次早期対策パネルディスカッション、

 

2次早期対策のパネルディスカッションでは、初代道場メンバーであるJCさんの飛入り参加を得て、早期対策のメリ・デメについて熱い議論を展開しました。

 

そして、第2部のメインイベント、8代目たっしーによる、「1次知識は合格後はこう生きる」と題して、お話をいただきました!

その中で、「学んだ知識は誰かが活かしてくれるものでは無く、自分で、どのように活かすかを考える必要がある」、「知ってるだけでは役に立たないが活かすも殺すもその人次第」という説明は、だいまつの心にもグッときました。

 

参加いただいた皆さんの心にも刺さったのではないでしょうか。

 

第3部

ここからは場所を移動し、お好み焼き屋さんで懇親会という名の個別相談会がスタートしましたが・・・、ここでも多くの質問が飛び交っていました

参加者同士で悩みを共有したり、道場メンバーに普段聞けないこと聞いたりと、激熱の交流ができて大変嬉しく思っています。

手前味噌になるかもしれませんが、セミナーのフリートーク(個別相談会)では、聞けなかった超有用な情報を得ていただくことも、できたのではないかと思っています。

また、懇親会に参加いただいた方は、皆さん今年絶対合格してやるんだ!という、モチベーションが沸いてきたのではないでしょうか。だいまつは、診断士試験に合格するためには、この熱い気持ち、執着心が大切だと思っています。

最後に・・・ 

実施が未定だった「道場夏セミin大阪」ですが・・・、開催することにします(宣言)!ということで、今回、春セミに参加いただいた皆さんと、夏セミでお会いできることを心より楽しみにしています!

今年、絶対に合格して診断士になりましょう

以上、だいまつでした。

↓ 東京セミナーは、懇親会のみまだまだ受付中です ↓

 

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

■春セミナー2018 in大阪

大阪セミナーは終了しました。参加頂いた方、ありがとうございました!

■春セミナー2018 in東京

東京セミナーは、「懇親会」のみ申込受付中!!

申込URLはこちら

□ 開催日時:2018年4月21日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:00〜19:00予定
□ 会場:浜町区民館(〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目37−1)
□ 定員:60名(先着順)※好評のため定員+10名追加しました!
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは、ますけんです!

本日は執筆順が変更になりまして、私ますけんより昨日行われました一発合格道場【番外編】ロケットスタートセミナーのセミナーレポートを行います。


初代JCさんが発起人となり、開催したロケットスタートセミナー。昨年末に合格された新人診断士を対象に、合格後の活動に悩まれる中、スムーズにかつ継続的に診断士活動を続けてもらうためのコツを伝えるべく開催いたしました!

セミナー自体は、プレゼンテーション、パネルディスカッション、グループディスカッションといった3部構成です。

初代JCさんのみならず多くの道場歴代メンバーが集結!8代目からは、私ますけんとITO、なが、世界の畠ちゃん、ロックが集まりました。

 

〜プレゼンテーション〜

道場メンバーの簡単な自己紹介の後、合格者が押さえておきたいポイントについてのプレゼンテーションを行いました。

まず、最初は8代目ITOより、実務補習について。このパートでは実務補習の概要のみならず、期間中のスケジュールや注意すべきことについて実体験を踏まえながらのお話しです。

参加者のほとんどが来月頭から行われる実務補習に参加する予定ということもあり、みな真剣に聞いていました。

 

続いて、8代目ながより企業内診断士の歩き方についてのプレゼン。企業内診断士として合格後1年間どのように活動していったかを説明いたしました。

新米診断士として積極性と主体性を持って行動をすることの大切さは、合格者1年目の指針になったのではないでしょうか!?

次に、8代目世界の畠ちゃんのプレゼンの後、7代目たきもさんより転職についてプレゼンいただきました。たきもさんは診断士登録後に、公的機関職員に転職された方です。

仕事≒診断士になったことやそれによって時間の使い方が大きく変わったことに、皆さん興味津々でした。

続いて、4代目イラサムさんより独立開業のポイントについてプレゼンいただきました。独立開業で特に不安に思われる収入の部分や成功する人の共通点に絞ってお話しいただきました。


収入面に関しては人に頼って「人脈」を活用すること、成功するポイントとして自分のビジネスに「なぜ」を問いかけるようにすること
は、将来独立を考えている方のみならず、企業内診断士活動をメインで考えられている方にも参考になったのではないでしょうか!?

最後に、初代JCさんより診断士活動を続けていく上で大切なポイントをプレゼン!診断士活動を継続的にされている方は合格して時間が経てば経つほど、少なくなっていきます。

そうした中、自分の「居場所」を確保することがとても大切という点には、多くの方が共感したのではないでしょうか。

〜パネルディスカッション・グループディスカッション〜

さて、少し休憩を挟んでから、第2部ということでパネルディスカッション。総合司会のますけんより、実務補習で大変だったこと、副業申請について、仕事と診断士活動の両立について、専門分野の確立についてなどを、道場メンバーに質問する形で進めていきました。

その後、企業内チーム、独立チーム、転職チームごとに班を分けて、グループディスカッション(道場メンバーへの質問タイム)に移りました。どの班もかなり盛り上がっており、最後の制限時間で区切らなければいけなかったのが本当に残念でした。

その後の懇親会は同じ試験をくぐり抜けた仲間同士!道場メンバーを含め参加者同士でざっくばらんなお話しもできたので、大変盛り上がりました


〜まとめ〜

道場初となる合格者向けセミナーということで少し不安でしたが、多くの方にご参加いただき満足して帰っていただきとてもよかったです

合格後不安を持つ一番の要因としては「診断士ってなにやるの?」という、活動のイメージがしづらいところにあるのではないかと思います。
今日のセミナー司会をやりながら感じたことは、「診断士っぽい活動はあるが、診断士活動はないのではないか」ということです。つまり、診断士の独占業務はないため十人十色、それぞれのオリジナリティを持って、知見を深めつつ世のため人のための活動をしていくのが「診断士活動」ではないでしょうか!?

合格者の方はそれぞれの強みやビジョンを生かして、自分なりの「診断士活動」をしていってください!

ただし、「待ちの姿勢」だと誰からも声がかけられない厳しい世界です。ぜひ、主体的に活動をしましょうね!

ますけんでした!

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは、雑草魂のルナです!
8日金曜日に発表になった「二次筆記試験」に合格されていた皆様、本当におめでとうございます。
これまでの努力が報われたと、ほっとされている方も沢山おいでだと思います。でも、二次試験はまだ終わりではないのですよね…(笑)。はい、次の日曜日に控えている、二次口述試験があります!

これまでの二日間に、各所で行われている口述対策セミナーに参加された方もいらっしゃったと思います。この一週間は、できるだけ機会を見つけて口述対策セミナーには参加されることをお勧めします。場に慣れる、というのはとても大事です。どうしても対策セミナーに参加できない方は、ご家族に協力いただいたりしながら練習をしてくださいね!

道場では昨日、口述対策セミナーを実施いたしました。会場に来られなかった皆さんにも会場の熱気をお伝えしたく、本日は雑草流「一発合格道場 冬の絶対合格フェス ~最後まで気を抜くな~」レポートをお届けします♪。


第一部では、たけぴょんから口述試験についの概要について説明がありました。

口述試験は「落とす」ための試験ではありません。

ここ2年の合格率は100%です。でも過去には何人か、不合格になった人もいます。

その原因は…?

「伝説の不合格者」にならないために、絶対に絶対にはずせないのはこの2つ!

  1. 当日会場に遅れず行く!(やむをえない事情であっても、遅刻・欠席すれば不合格)
  2. 面接に入ったら沈黙はしない!

第二部は、口述対策セミナーの本題、模擬面接です。

八代目の面々が怖い(?)面接官役として3人前に並びます。

道場の口述セミナーでは2回の模擬面接の機会がありますので、一回目でフィードバックされた内容を2回目の模擬面接ですぐに生かすことができます。

皆さん慣れない雰囲気の中、緊張しつつも設問に頑張って答えておられました。

(後ろを向いている方は、本番同様、廊下で自分の番を待っているイメージです!)

質問にすぐに答えられないときには、こんな対応をされている方もいました。

質問の内容について全く答えられない→「〇〇についての知識を持ち合わせておらず、本日お答えすることができません。申し訳ありません」
質問の内容が頭に入らない→「申し訳ございません、もう一度質問をお願いしてよろしいでしょうか」
長い質問で質問の意図がわからなくなってしまった→「〇〇について××というご質問でよろしいでしょうか?」
質問の題意に答えられないが、周辺情報については答えられる場合→「〇〇については失念してしまい、答えられなくて申し訳ありません。××についてお話させていただきますと…」
こんなこともありました
面接官からの質問を捉え切れていない→答えが問われた内容に足りておらず、面接官からその部分について再度質問がある
回答が短すぎる場合→面接官から「〇〇の観点からはいかがですか?」などの追加質問がある
一般知識を問われていて、回答が短すぎる場合→「〇社(事例企業)に当てはめた場合はいかがでしょうか?」

面接官役からの指摘で主なものにはこんなものがありました

  • アイコンタクトをしながら話をしましょう
  • 質問に対しての回答が終わったら「以上です」と言うことで、良いコミュニケーションにつながる
  • 声を大きめに(広い教室をいっぱいに使って、面接官が遠くにいる場合があります)
  • 回答時間を意識して答えましょう
  • 話す速度(ゆっくり目の方が時間を稼げる!)

横で拝見していましたが、皆さんしっかり事例企業について事前に確認してこられておいででした。それでも緊張すると、なかなか言葉が出てこないもの。まだ当日まで1週間近くありますから、ぜひ事例についてはしっかり読み込んで、質問されたことがすぐにイメージできるようになっておいてくださいね。


セミナー終了後は、懇親会へ。

皆さん、これから始まる「診断士活動」への期待や不安を、目を輝かせながら語ってくださいました。自分たちの1年前を思い返して私も感慨深かったです。

最後の関門、二次口述試験に向けて、とにかく体調管理に気を付けて頑張ってきてください!

ルナは皆さんの頑張りを最後まで応援しています♪

合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

おはようございます、8代目のたっしーです。

先日は道場夏セミナーin大阪に、多くの方のご参加を頂きありがとうございました。皆さんが抱えていた「壁」を突破するイメージは掴めたでしょうか?

2年前の大阪セミナーでも同様だったようですが、何故か大阪セミナーは驚くほどの懇親会参加率を誇っています。悩みが多いのか、人が好きなのか、お酒が好きなのか、家に帰って勉強したくないのか・・・多くの方と熱いお話が出来て、大変嬉しく思っております。

本日は「一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017 in 大阪」のレポートをお届けします。参加された方は復習に、参加できなかった方は「壁」を乗り越える参考にして下さい。

1、オープニング

道場恒例の先代メンバー参加枠で、4代目はんたさん、6代目うみのさんが参加してくれました。
今回は「2次試験の壁を乗り越えろ」と題し、一通り情報収集が終わり、勉強を進めている今だからこそ抱く「壁」の乗り越え方を事例を、踏まえてお伝えすると共に、40分×3回という業界最長?のフリーディスカッションの時間を設け、きめ細やかにお答えできるようにしました。

どうしてもフリーディスカッションは、遠慮して聞きたいことが聞けない、こんなこと聞いていいのか・・・などが起こりがちです。また2次対策では人によってやり方が違うため、意見がぶつかることも多くなります。
そこで注意点として「深掘りする」ことを共有し、すぐ「なるほど」と納得してしまいがちなところを、腑に落ちるまで「なぜ」「どうして」を繰り返しすことで、道場メンバーを質問攻めにする、自ら理解をすることの重要性を確認しました。

2、概要説明

概要説明では、東京セミナーでもお伝えした「1次試験と2次試験の違いや」「求められている力とは?」についてお話しつつ、追加コンテンツで「得点に対する考え方」再確認しました。
2次試験では「応用能力=分析または提案能力」が求められている点と、正解が公表されていないためゴールが見えづらい点を注意点としてお伝えしつつ、次の事例の中で私なりの対応策をお伝えしました。

3、事例紹介

ここでは私の学習方法を簡単にご紹介し、2次試験では応用能力だけではなく「自分で考える力」も、同時に求められていることをお伝えしました。
2次筆記対策は、本当に「やり方はひとそれぞれ」になりますので、そのやり方を見つけるためには、自分で考え、自分の現状を分析し、自分なりの合格への道筋を示す「セルフ診断」を行いながら、壁を突破していくことが必要になると思っています。

その後は、時系列ごとに私がぶつかった「壁」を3点と、その乗り越え方をご紹介しました。具体的な事例をもとに、自分で考えることと考えてもわからないことを捨てることの重要性をお伝えしました。また2次試験ではゴールのセットや、そこへ向かうプロセスの評価や検証に難しさがあると思っていましたので、診断士の卵としてのゴールや、反省ノートでの振り返りをご紹介しました。

最後は、私の受験時代には行わなかったことですが、合格後に有効だと思うことをお話しして終了しました。

4、先代枠

春セミナーでも好評を頂いた先代枠として、6代目うみのさんに「2次試験に必要な2つの力」をテーマにお話して頂きました。多くの受験者と接してきた中から、合格と不合格とを分ける違いについて「研究力」「自己肯定力」二つの力が必要になるとのお話ですが、ポイントをまとめると・・・

研究力とは・・・
合格基準が明確ではない2次試験だからこそ、客観的事実を積み上げて一定の共通項を見出しながら、基準(ルール)と自分の能力を正しく理解して言語化すること。
自己肯定力とは・・・
本番で集中力がアップし、ポジティブな感情がもてている、ベストな状態になるために必要となる力。また、ミスするように設計されている試験に対し、心を揺らされたりミスをした際に立て直せる力となる。
これは単純な精神論の話では無く、研究力を発揮しルールを理解した上で努力を積み重ねることで、合理的に獲得できるもの。

私も参加者の一人として聞き入ってしまいましたが、試験会場に持っていけるものは、「自分のアタマとココロと手のみ」という言葉が印象的でした。言われてみれば当たり前ですし、昔から言われている「心・技・体」という言葉と同じだと思いますが、この3つをバランスよく鍛え、そして連動させていく事が重要なんだと、再認識させて頂きました。

5、フリーディスカッション

ここからは業界最長を自負する、40分×3回(計2時間)のフリーディスカッションの時間で、事前にたくさんのお悩みを頂いていましたので、道場メンバーがお答えするところからスタートしました。
その後は、フリーでご質問を頂きましたが、冒頭で注意事項として共有した「深堀する」ことを早速実践して頂き、学習方法はもちろんのこと、回答方法やミスの防ぎ方などの細かいところまでご質問を頂き、おかげで2時間があっという間に終了してしまいました。

ここで頂いたご質問は、参加できなかった方も同様に感じていることだと思います。抜粋だけご紹介しようと思いましたが、多くご質問を頂いたものに関しては、次回以降で記事にしていきたいと思います。

6、懇親会

場所を移動してお待ちかねの懇親会。診断士になってからの活動や実務での話など、気になっているけど普段は聞けない踏み込んだ質問まで、多くのことをお話させて頂きました。

セミナーで、自分自身を診断する「セルフ診断」を行う重要性をお話したので、春セミナーの「ヒーローインタビュー」と同じように、今回もどなたかにお願いしようと思っていたのですが、タイミングを逸してしまいました・・・
そこで、2次試験風に問題を作ってみましたので、参加された方もできなかった方も、一度セルフ診断を行ってみて下さい。

診断士試験の受験における、1次試験、及び2次試験での自分の合格、または不合格要因について、100字以内で述べよ。

受験時代のフレームを使って、回答を作るとしたら・・・

「合格要因は、一発合格道場の記事を精読し、①過去の受験者の体験から不合格になり易い要素を自身から排除すること、②自分に合うやり方を選択しカスタマイズすることの2点により、合格の可能性を高めたためである。」(100字)

でしょうか。道場推しな点は、ご容赦ください。

皆さんはどのように診断されましたか?
100字にこだわる必要はないですし、2次試験同様に正解はありません。
隙間時間にお試し下さい。

たっしー

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは、ますけんです。

 

5月もあっという間に終わりですね!気候としては「」というより「」。街を歩くと長袖の人よりも半袖の人の方が多くなってきていると感じます。
同時にだんだんと近づいてきています、1次試験

本番は真夏の溶けそうなぐらい暑い日の2日間です。受験生の多くはクーラーの効いた室内にこもり試験勉強をしていますので、体力があっても結構キツイです。
夏バテになって本番を迎えては大変!スパートに向けてエンジンをかけて勉強している中ではあるかと思いますが、規則正しい生活を心がけて体力を落とさないようにしましょう!


 

さて、5月27日(土)に『春の絶対合格フェスin大阪』が開催されました。ご参加いただいた方、お忙しい中足を運んでいただき誠にありがとうございます。

多くの参加者に喜んでいただけたようで、こちらも本当に嬉しいです!

ますけんも横浜から駆けつけましたが、多くの参加者と疑問やお悩みをご相談させていただき、少しでもお役に立てたかなと思っております。

 

ということで、今回は春セミナーin大阪の様子をレポートさせていただきます。

<セミナーまでのあゆみ>

8代目メンバーたっしーが関西枠ということで、悲願だった2年ぶりの大阪セミナー。東京セミナー終了後からたっしーを中心に企画・準備を進めてまいりました!

8代目からは、たっしー以外に大学時代を関西で過ごし関西に良き思い出を持つたけぴょんと、診断士として全国を駆けずり回りたい野望を持つますけんが参戦しました。

また、先代からは6代目のなごさんと同じく6代目のうみのさんにもご参加いただき、なごさんには先代枠としてプレゼンテーションをしていただくことにもなりました。

内容ですが、好評だった東京セミナーと大きく変えず、受験生の学習スタイルに合わせて様々な悩みや疑問にお答えできるようなテーマを設定いたしました。

 

<第1部:試験概要と戦略概要>

私ますけんが司会進行をしつつ、まず試験の概要について簡単な説明をさせていただきました。


そのあと、たけぴょんから通学ストレート生としての事例紹介をしました。

通学生はこの時期完成答練の真っ只中。点数が思うように伸びないことで、「答練行きたくない病」を発病している方も多いのではないでしょうか?そして、たけぴょんもその中の1人でした。

そうした中、うまーく「意識改革」を図り、結果的に合格を勝ち取ったというストーリ
ーです。



通学生として日々増える課題により学習ペースを乱すリスクがある反面、そこを克服できれば合格の可能性はぐっと高まるということを改めて感じました。


続いてたっしーより独学ストレート生としての事例紹介です。ペースメイキングがしづらい独学生でありながら高いモチベーションを維持し、効果的な学習ができたたっしー。その秘訣はPDCAサイクルを回すことと、学習内容を精査し「選択と集中」を行うことにありました。



やることやれば誰でも合格できる」という声に参加者の多くが元気付けられたのではないでしょうか。


そして、最後になごさんより先代からのメッセージです。パワーポイントは使わず、ホワイトボードを展開していきました。

内容はコンビニエンスストアを事例に用いながら中小企業診断士のあるべき姿についてのお話です。

なごさんがおっしゃっていた「社長の想いに寄り添う」姿勢は、参加者が診断士のあるべき姿を具体的にイメージできたのではないかと思います。私自身も駆け出しの診断士として大変勉強になりました!

 

<第2部:フリーディスカッション>

休憩を挟んで、グループに分かれてのフリーディスカッションです。なごさんとうみのさんにも加わっていただきました。

勉強方法や時間の確保、苦手分野の対策、1次試験当日の様子やモチベーションの維持方法など、多岐にわたるご質問をお答えしていきました。

 

<第3部:懇親会>

セミナー自体は第2部で終了。場所を移しての懇親会が第3部です。お酒が入る中、よりフランクな質問が飛び交い、参加者同士での交流も進んだのではないでしょうか。

 

<雑感〜東京と大阪の違いについて〜>

結論から言うと、「ほぼない」です。参加者の悩みや疑問が東京と大阪とでは異なるのではないかと思って参戦しましたが、基本「変わらず」です。どこにいたとしても受験に有利不利は全くないことを確信しました。

やるべきことをやれば受かる!」ということも全国共通。1次試験の本質だと思います。ここからの残り70日、「何を」、「どのように」進めていくかが全てですので、「意識改革」を行い、無駄のない学習ができるよう「選択と集中」を行いましょう。

道場一同、夏セミナーでお待ちしています!

 

皆様からの応援が我々のモチベーション!!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑

おはようございます。8代目のたっしーです。

昨日はセミナーと懇親会に参加して頂き、ありがとうございました。絶対合格のエッセンスは持ち帰って頂けましたでしょうか?

本日は、セミナーに参加できなかった方へ向けて、特別篇として「一発合格道場 春の絶対合格フェス2017」のレポートをお届けします。

今回「受験生タイプ別の疑問にお答えします!」と題し、参加者の様々な悩みや疑問にお答えできるように準備しました。

スライド0

・はじめに

ゆっこの司会で、まずはメンバー紹介からスタート。道場セミナー恒例の先代メンバー参加枠は、初代からJCさん、ハカセさん、7代目からこばさん、細川さんが参加してくれました。

続いて、セミナーでの注意点として「できるだけメモを残す」こと、そしてゴールは「今年絶対合格する進め方を見つける」「仲間や先輩と交流をもつ」ことを、共有しました。

そして絶対合格のエッセンスを、ITO、ルナ、ロック、TOMの順でプレゼンテーションしました。

スライド4
スライド5

・第1部

まずはITOから、初受験の方に向けた「試験概要と当日の注意点」として、日程、試験会場、当日の食事、トイレ、途中退室などの注意点ご紹介。
途中脱落してしまう方が多い1次試験において、気持ちとモチベーションの重要性をお伝えしました。

スライド9

スライド12

 

続いては学習タイプごとの事例をご紹介。トップバッターはルナから「通学ストレート」の事例発表を行いました。
通学ならではの陥りやすい罠と、その対策をご紹介。与えられたカリキュラムをこなすだけではなく、自分の求めるスキルを見極め、どこまでできたかを確認することの重要性は、独学でも通信でも同じだと思います。
試験当日に「思いっきりアホになる!」やり方は、私も驚きでした。

スライド7

スライド14

 

続いては、ロックから「独学ストレート」の事例発表。独学ならではの強みを活かした学習の進め方と、自己管理の必要性をご紹介。文字にすると簡単なように見えますが、明確にビジョンをもって愚直に繰り返すことは、1次試験対策ではとても重要ですし、それには自己管理が必須になると思います。

スライド6

スライド9

 

最後にTOMから「多年度」の事例発表。多年度生の観点からやってはいけないことと、その対策をご紹介。本気度が足りない、計画性が無い、基礎力が無いなど、不合格になった要素を分析して反面教師にすることは、絶対合格には欠かせないと思います。

matu2-001

matu3-001

・第2部

ここからはフリーディスカッションとして、前半は学習タイプ別に分かれ、後半は科目別とよろず相談コーナーを設けて、先代も交えながら直接質問や相談にお答えしました。

勉強方法や時間の確保、苦手分野の対策、1次試験当日の様子やその心境、モチベーションの維持や合格後の様子など、話題は幅広く、時にはブログでこれをやって欲しいなどの要望も頂きました。

その後、チームごとの「気づき」を皆の前で発表して頂きましたが、率先して挙手して頂いた方、ありがとうございました。

・第3部

ここからは場所を移動し、懇親会という名の個別相談会がスタート。懇親会から参加の方と、6代目tomoさん、7代目noriさんも合流して、ここでも多くの質問が飛び交っていました。

参加者同士で悩みを共有したり、叱咤激励したり、道場メンバーに普段聞けないこと聞いたりと、熱い交流ができて大変嬉しく思っています

私なりにですが、セミナーや懇親会のいい点は「一度にまとめて話が聞けること」だと思っています。日ごろ抱えている疑問や悩みをまとめて聞けるだけでなく、例えば勉強方法や考え方など、時に正反対の方法や考え方が出てくることがあります。ここで方法の良し悪しではなく「なぜその方法を選択したのか?」「それによって何を得たのか?」「その上で何を思うのか?」などを双方からまとめて聞くことは、「パクってカスタマイズ」する基礎になります。

 

夏セミナーでお待ちしています!

 

スライド14

これは今回のセミナーで繰り返しお伝えした、道場8代目メンバーからの言葉。セミナーの宣伝のようにも聞こえますが、この試験を突破することの難しさを体感したからこそ、夏にもう一度会えるように頑張って欲しいという、熱い言葉
やり方や置かれている状況は人それぞれ違いますが、道場メンバーは皆さんの「絶対合格」を応援しています。セミナーで持ち帰ったエッセンスをパクってカスタマイズして、「今年」「合格」勝ち取って下さい。

(まだ早いですが・・・)吉報をお待ちしています。

たっしー

皆様からの応援が我々のモチベーション!!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑

おはようございます。フェイマオです

先週金曜日に2次筆記試験の合格発表があり、(口述試験は残っていますが)今年度の診断士試験に向けて勉強を続けてこられた方にとって峠を越えた頃かと思います。
蓋を開けてみると、今年も昨年度に続き合格率20%を切るという厳しい結果でした。

合格された皆さま、本当におめでとうございます
これからの1週間は、体調管理を最優先事項としつつ事例企業の概要や、事例文中で扱われた1次知識の再整理をしてください。
※手前味噌ですが宜しければ、こちらのシートも参考になさってみてください。

一方で残念ながら不本意な結果となり、悔しい思いをされている方もいらっしゃるかと思います。
私も1回目の2次試験の合格発表後は、茫然自失となっていました。捲土重来を期して、再度試験勉強を再開したのが年が明けた1月中旬以降でしたが、それまでの約1ヶ月間は“診断士試験”なるものをシャットアウトしていました。
結果的にこれが功を奏し、試験勉強から離れたおかげで(2次筆記試験以降からすると約3ヶ月近く)、“再度挑戦して、診断士になりたい”というモチベーションが再燃し、また合格に向けて走り出すことができたと思っています。

今年涙を呑んだ受験生の方の中で、一昨年の私と同じようなお気持ちの方がいらっしゃいましたら、診断士試験から離れてみて、ご自身の中にある“やる気スイッチ”を再確認されてみる期間を設けてみる事を検討されてみてはいかがでしょうか?


さて、本日は先週土曜日に道場主催の『口述セミナー』の様子をご報告させて頂きます

当日は、午前中から道場メンバーで集まり、セミナーの最終打ち合わせを行いました。

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e2%91%a0

17名の2次筆記試験合格者の方々にお集まり頂き、14時から口述セミナーを開催しました。
最初に、7代目リーダー こば より2次口述試験の概要並びに押さえておくべきポイントについて説明をさせて頂きました。
※以下、こばのプレゼンの様子です。

%e8%aa%ac%e6%98%8e%e2%91%a0

%e8%aa%ac%e6%98%8e%e2%91%a1

こばのプレゼン後、実際の口述試験の様子を体感して貰うため、参加された受験生の皆さんに模擬面接を受けて貰いました
17名の参加者を2つのグループに分け、それぞれのグループで1人あたり10分前後で2回模擬面接を実施しました。

模擬面接開始前の参加者の皆さんの様子です。
リラックスされた中にも、事例を読み込まれる方もいるなど緊張感がやや漂ってきています・・・

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e5%89%8d%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

そして、面接官は我々道場メンバーが務めさせてただ来ました

実際の口述試験では、優しい面接官の方もいれば、圧迫面接をされる先生もいらっしゃいますので、その辺も考慮して、それぞれが役割を担ってみました(笑)

厳しい目で受験生を見つめるリーダー こば (((;゚Д゚)))

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e5%ae%98%e2%91%a1%ef%bc%88%e3%81%93%e3%81%b0%e3%80%80%e3%81%ae%e3%82%8a%e3%80%80%e3%81%82%e3%81%8a%ef%bc%89

 

一方、こちらは細川泰志の質問に身構えている受験生を優しくみつめるたきも ε-(´∀`*)

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e5%ae%98%e2%91%a0%ef%bc%88%e7%b4%b0%e3%80%80%e3%81%9f%e3%81%8d%ef%bc%89

 

そして、実際の模擬面接の様子がこちら

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a0

実際の口述試験の面接官は2人の診断士の先生が行いますが、模擬面接では3名の面接官がそれぞれ①回答した内容②回答に要した時間③姿勢や目線など面接に臨む態度 をチェックし、面接後にアドバイスをさせて頂きました。

回答者は参加された受験生の方の前で質問に答えるため、試験とはまた違ったプレッシャーを感じられるのも、このセミナーの特徴です
※因みに、昨年の口述セミナーのサブタイトルが“公開処刑”でした

(llllll゚Д゚)ヒィィィィ

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a1

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a3

後ろで見守る参加者の皆さんも、『他の受験生の方が受けた質問』をメモしたり、『自分だったらどうやって答えるか?』を考えたりと、真剣な様子で臨んでいただけました。

そして、1回目の模擬面接が終了し、休み時間の様子がこちら。
参加された受験生の方々と一緒に笑顔を見せるnoriです

%e4%bc%91%e6%86%a9%e6%99%82%e9%96%93

2次筆記試験を無事に合格された参加者の皆さんの笑顔が素敵ですね

そして、2回目の模擬面接は実際の口述試験を想定し、面接官との距離を取った位置でスタートしました。

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a2

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a4

2回目となると緊張もほぐれ、1回目の道場メンバーからのアドバイスを活かし、皆さん自信をもって回答されていらっしゃいました

2回目の模擬面接終了後、場所を変え懇親会と称した合格祝賀会を開催させて頂きました

こちらも大いに盛り上がり、参加された受験生同士や道場メンバーとの交流を深める良い機会でした

当日ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。この場を借りて、あらためて御礼申し上げます。
そして、2次筆記試験に合格された皆様が、無事口述試験を乗り越えられる事を心よりお祈り申し上げます

以上、セミナー報告でした

To be continued・・・

こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

2次試験まで、あと72日!
二次対策は順調に進んでいますか?

二次に向けての戦いが本格的にスタートした今週。その中で、昨日例年ご好評頂いている一発道場の夏セミナーを開催致しました。in東京は題して「2次試験ロケットスタートセミナー」。(名古屋も開催されましたよ!)

熱中症予防情報が発令される猛暑にもかかわらず、40名もの多数の方にご参加頂きました。
ロケットスタートセミナーは、“「11週間の学習で合格率20%の栄光を勝ち抜くゴール」への指針を立てる”がテーマです。
スライド050


第一部は「2次ロケットスタート戦略」と題して、フェイマオ&細川くんから2次試験の概要とポイントをお話したのに加えて、実際に合格者が2次試験をどう乗り切ったかをこばとnoriからお話しました。
スライド061

ざっくりハイライトすると、こんな感じです。

IMG_1296

<こばの戦略>ストレート生は多年度生と同じゴールを目指さない。
通常なら、読む→考える→書く、の順で強化するところを“逆張り”で

書く ⇨ 考える ⇨ 読む の順で強化する!

IMG_1309

<noriの戦略>

多年度生は「自分で考える環境を整えることが重要」。そして、「自分のいつも通りを知って」「自分に自信を持って解けば合格する!」


第二部は先代も含めた合格者のパネルディスカッションで、道場メンバーがこの時期に疑問に思ったことや、事前に頂いた質問に回答する形でノウハウをお伝えしました。

7代目:碧のたのしいファシリテーションで話を深耕。
IMG_1363

お越し頂けなかった方のために、下記に一部を共有しますね。

質問:勉強会に参加するメリット・デメリットは?
・安定して得点できるようになった「ターニングポイント」は何だったかを合格者に聞き倒した(うみの)
→うみのさんのばあいは、多面的に考えられるように知識を入れる必要性に気付いたこと
・勉強会のメリットは客観的な視点が得られること。デメリットは時間のロス。会わずにそれぞれの解答を採点する勉強方法を行い、客観的な視点(他の人に読みやすいか)をチェックした。会わずに行うため、無駄な時間を節約する効果があった(ひめ、3215)
・ペースメーカーとして活用。また、仲間が出来ることで孤独感を解消した(tomo)

質問:時間内に解き終わりません。どうしたらいい?
・解き終えるしかない。逆算して書く時間を確保すること。そうしないとスタートラインに立つこともできない(3215)
・実は診断士試験では時間の制限がいちばん難しいと思う。とにかく数をこなして安定的に80分をとけるようにすること。(うみの)
・メンタル的な視点でアドバイスすると、自分が『パニクった状態』であることに気付けること。80分の中で気付けば立て直せる。コツは、自分の中でプレイヤーだけでなくマネージャーとしての視点をもつこと。(ひめ)
・間に合わないのは『読むこと』に時間がかかるから。最初に設問を読みこんでから、与件を読んでいた。また、考える時点で『解答の骨子』をもっていた。書き直すことがないくらい。これができると考える時間を持てるようになる。(JC)

 質問:一緒に学びを進めるにあたり、友人の答案を採点する基準がわかりません。
・ちゃんと与件から『原因(材料)』をとってこれているかで採点した。本試験では、何らか材料がとってこれていれば点は貰えると思う。(フェイマオ)
・予備校の採点講師は採点マニュアルがある(それに従って採点する)。学び合うときも、採点者の気持ちになって解くのが良いと思う。二次試験の解答は、「作問者の意図を当てにいくゲーム」だと思うと楽しいかも。(おと)
・自分たちの勉強会では、事例によって必要なキーワードが入ってないとアウト、としていた。各事例ごとにキーワードを自分でまとめるとよい。まとめても、各事例でA41枚もいらないくらいになるはず。(碧)
・日本語として一読してわからないものはアウト。(かおりん)
※体験談を参考にする際に重要なのは「人それぞれ合格への道のりが異なるから、自分に合った方法を探すこと」です。くれぐれも盲信しないように!

パネルディスカッションの中でも、「ボクはこういう方法でやった」「オレはそれには賛成できないなー」みたいな一幕もありました・・・笑


第三部では、1・2部を踏まえて「自分自身の課題」を共有し、今後の指針を考えました。5〜6人のグループで道場メンバーとともにディスカッションをすすめ、会場の時間いっぱいまで話が尽きないくらい盛り上がりました。

 セミナーの後は懇親会へ。
こちらも本編に負けない熱気と盛り上がりでした。
セミナーにご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
ご参加頂いた方も、ご都合が付かなかった方も、一発道場ブログは皆さんの合格を応援し続けます。
最後に、1次合格の方へ。これは絶対忘れないでくださいね!!!
 スライド129
次回、冬の口述セミナーでお目にかかれますのを楽しみにしております。そして、道場8代目はあなたかもしれません・・・!
合格、心よりお祈りしております。

では、今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん

こんにちは、とりです。
今日はGW中盤、お仕事の方、お休みの方それぞれかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?8月の1次試験まで、大型の連休はこれが最後です。ぜひ、ご自身にとって有効な時間になるようこの貴重な連休を最大限活用してくださいね。

さて、先日4月29日(金)に開催しました、”一発合格道場2016春セミナー”の開催レポートをお届けします。GW初日にもかかわらず、約40名の受験生の方々にご参加いただくことができました。本当にありがとうございました。

今回のセミナーは、テーマを「残り100日の合格戦略」と題し、以下の4部構成で実施しました。

spring_seminar_表紙 spring_seminar_agenda

 

はじめに

司会を務めたフェイマオより、セミナーテーマと道場メンバーの紹介を実施しました。7代目執筆メンバー8名だけでなく、初代メンバーのハカセJC、4代目のイラサム、6代目の岡崎教行おはとも も参加させていただきました!

 

第1部 残り100日の合格戦略

ここでは7代目執筆メンバー4名によるプレゼンを実施しました。

トップバッターはかおりん残り100日の合格戦略の立て方を紹介しました。1次試験までの100日、試験攻略に向けた自分だけの合格戦略が鍵を握ります。

①科目毎の進捗・捻出時間を把握し、
②100日後目指すゴールに向けた課題を定め、
③ゴールに向けた行動を明確化した、
まさに「自分だけの合格戦略」のつくり方をお伝えしました。
まずは「敵(試験)を知る」ということで、1次試験の概要と受験者・合格者の推移を紹介。
そして、「味方(合格者)を知る」として、省エネ合格の重要性をお伝えしました。
「仲間(自分)を知る」では、第2部のグループワークで使用するワークシートを使った現状分析、問題点・課題の抽出、合格目標点数の設定を行い、さらに立てた戦略を100日継続するにはモチベーションが重要であることに触れました。
spring_seminar_戦略 spring_seminar_実行
次に、合格者を代表して、7代目道場メンバー3名の軌跡をお話しました。
ストレート合格代表碧(あお)「基礎知識なし、記憶力なしがどうやってストレート合格するか!?」ということで、「選択と集中」の重要性を紹介しました。
捨て問は潔く「バッサリ」捨てて、頻出で取れる設問は着実に積み上げて、467点という高得点でストレート合格を果たしました!非常に効率的で、お見事!!というしかありませんね。
spring_seminar_碧1 spring_seminar_碧2
続いて科目合格代表として私とりが、科目合格2年の軌跡をお話しました。
とりは受験生のみなさまにお伝えしたいことが多く、プレゼン資料を「バッサリ」できず、かなり駆け足のプレゼンになってしまったことは反省点です。特にお伝えしたかったのは、
  • 科目合格保有者は誰しも悩む保険受験科目
  • なかなか克服できない苦手科目の乗り切り方
  • スキマ時間の積み重ねが大事なこと
  • 体調やメンタル管理
です。
ストレート合格を目指す方はとりのようにならないように悔しくも昨年やそれ以前から未合格となっている方は、とりの軌跡が参考になれば幸いです。
spring_seminar_とり
最後は、こちらもストレート合格たきもより、モチベーションコントロールについてお話しました。
さすが居合道5段の強者です。受験校こそ利用していましたが、ほぼ独学に近い学習スタイルにもかかわらず、「合格する」と周りにいいふらし合格後のイメージもしっかりもって見事ストレート合を果たしています。こちらも「あっぱれ!!」ですね!
spring_seminar_たきも1 spring_seminar_たきも2 spring_seminar_たきも3

第2部 グループワーク

ここでは受験生がグループに分かれ、先程のワークシートを用いて現状分析、問題点・課題抽出、目標設定を行い、その後グループ内で意見交換、情報交換、お悩み相談などを行いました。受験生それぞれの課題認識はもちろん、受験生同士や道場メンバーとの交流が活発に行われました。
セミナーの目的は、合格者である道場メンバーのノウハウをお伝えするだけではなく、切磋琢磨しあう受験生仲間をみつけることにもありますが、みなさま活発に名刺交換、交流されて、その目的も十分に果たせたのではないでしょうか。
spring_seminar_仲間 nakama

第3部 フリーディスカッション

ワークシートを離れ、各グループで自由にディスカッションを行いました。とりも1グループに参加しましたが、勉強方法や有効な勉強ツール、診断士の仕事像にまで話題は広がり、大変活発で有意義なディスカッションが繰り広げられました。
最後にフェイマオとかおりんより、「受験申込は絶対に忘れないように」、とアナウンスしました。みなさま、くれぐれも、申込だけは抜かりなく行ってくださいね!

セミナー終了後は懇親会

とりは残念ながら参加できませんでしたが、先代道場メンバーも多数参戦し、大変な盛り上がりだったと聞いております。受験生のみなさまと道場メンバーが熱く濃い交流ができたことは、大変うれしく思っております。
kanpai2
また、アンケートからも多数のお礼や光栄なコメントをいただき、今回のセミナーが少しでもみなさまのお役に立てたのかな、と実感しております。
最後になりますが、GW初日の貴重な時間を、当セミナーにために割いていただき、本当にありがとうございました。
セミナーに参加いただいたみなさまはもちろん、参加できなかったみなさまにも、これからもブログで様々な情報をお届けしつつ、受験生のみなさまの合格を心よりお祈り申し上げます。
spring_seminar_合格祈願

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、とりでした。

道場について

一発合格道場ってなに?
そんな方はまずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
合格体験談の一覧


執筆陣の再現答案!↓
H29年 H30年  R元年


↓ 今、何位? ↓ にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内検索(Google)

一発合格道場主催イベント案内&報告

2020年7月にオンライン夏セミナーを開催しました!
セミナーの内容:こちら
日曜開催のQ&A:こちら
平日開催のQ&A:こちら

道場執筆陣の書籍

Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート

2020年度版後編もAmazonで発売開始しました!


解法実況&事例研究
↓平成30年事例Ⅰ~Ⅳ↓



解法実況&事例研究
↓令和元年事例Ⅰ~Ⅳ↓



電子書籍 by 9代目
【一発合格】
特設ページはこちら


Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かーな
 ・ いけちゃん
 ・ おべんと君
 ・ カワサン
 ・ さとまる
 ・ 3ch
 ・ ぴ。
 ・ 岩塩
 ・ さいちゃん
 ・ CK
 ・ Tomatsu
 ・ べりー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX