来る12/10(土)・11(日)は財務会計養成答練。目指したい得点目安は

60点(平均点程度、上位50%)  ←会計初学者
70点(平均点+10点、上位20%)←簿記2・3級などの学習経験者

脅し、と受け取っていただきたいのですが、養成答練点数の高低は、「財務会計」のみならず計1年間の診断士学習の成否を大きく左右します。
 

■前提A:養成答練の重要性■

こんにちは、ふうじんです。今日もまたまた脅しからのスタート。
でも「養成答練」、とりわけ「財務会計の養成答練」はそんなに重要?では理由を3点挙げます。

□理由① 養成答練点数=学習量×学習の質□

従い、

点数が計画通り
⇒現在の学習量、学習方法ともに正しい
⇒引き続きこの学習ペース継続でOK。

一方、

点数が予定以下
⇒学習量不足 or 学習方法が正しくない、
    のいずれかあるいはその両方。

前回述べた通り、診断士学習の進捗が遅れた時、「ピンチをチャンスに変えるプラス思考力」は不可欠。でも毎年多数の方が

点数が悪いのは学習量が足りなかったから。
よってこの先の学習量を増やせば良いだろう。

と自分に都合良く解釈し、不合格一直線。この解釈が間違いである理由はもうお気づきですね?

学習時間不足により答練低得点
⇒自分の学習方法が正しいか否かが検証できない。
⇒「正しいかどうか不明な学習方法のまま」学習時間を増やす。
⇒学習時間は増やしたけれど、結果が出るか否かは不明。

ごく当然の話ですが、正しくない方法で学習継続しても結果はついてこない。つまり

①学習時間増を考える前に、自分の学習の質・方向性の検証が必要。
②答練で「学習の質」を検証するには、「一定量以上の学習」が不可欠。

こんなニワトリとタマゴのような不毛な議論を避けたければ、いま採用する選択肢は、

財務会計養成答練までに、自分のベストと思える死力を尽くす

これ一択(昨年も全く同じこと言ってます)。養成答練の機会を逃すと、自分の財務会計学習法の妥当性測定機会は、来年5月中旬の「財務完成答練」までない。
 

□理由② 財務会計に必勝法なし□

はっきり断言しますが、「財務会計」対策に特定の必勝法・学習法・手順・時間目安は存在しません。理由は、

スタート:知識のスタートラインが人により異なる。
途中経過:どこでどうつまずくかの原因が人により異なる。
ゴール:「財務会計」「事例Ⅳ」での目標得点が人により異なる。

 

スタート・途中経過・ゴールが人それぞれバラバラだから、「財務会計」対策は人それぞれオーダーメード。これが診断士1次7科目のうち、「財務会計」の学習法⇔教え方を最も難しくしている。また自力で考えなきゃいけないから、ブログに探しに来ても無駄。
 

□理由③ 答練点数重視のメリット□

理由①②まで読み、理由③で「ははーん」と察しがついた方は鋭い。特に「財務会計」対策においては、前述の理由から学習方法云々を論じるより、

高得点を取る学習方法こそ、その人にとり最適

と割り切って考えた方が結果を出しやすい。

・答練までに一通りの学習メドをつける。
・答練で問われそうな「重要度順に」予想・復習する。
・限られた時間内で問題を処理する能力を磨く。
・周囲や平均点との比較により、自分の強み弱みを知る。
・答練結果を踏まえ、学習方法や学習計画修正が可能。
・答練高得点により復習時間減。次科目への学習移行がスムーズ。

指定された期日までに全ての答練に参加すること、また可能な限り高得点を重ねることは、いいことづくめです。
 

■前提B:1次学習スタイルは、科目ごとに微調整■

ここで「財務会計」から「1次7科目全体の最適学習法」の話にいったん話を広げます。「道場基本理論」では、予習中心の能動学習 を推奨していますが、それは2年前の環境下の話。「Webフォロー/予習」が普及した現在では、以下の逆張り戦術だって選択可能。

不得意科目に限り、講義1周目はあえて受身で臨む

もちろん7科目すべてにおいて「予習重視」「能動的」を経て「理解・理屈で納得」がベスト。

でも、初めて臨む知識科目(→運営(生産管理)・経済・法務・中小))は一般的にどうしても不得意になりやすい。

、不得意感のある科目まで「完璧さ」や「養成答練80点」を追い求めたら、診断士学習は苦しくなる一方。

とすると、上述の「講義1回目(or Web予習)は受け身で参加し、講師の言うことだけひたすらメモ」戦術により、学習の苦しさを緩和する効果が期待できる。ただしスト合格を狙う場合に限っては、

養成答練までに復習・問題集を確実に仕上げ、
養成答練は計画通りの点数を取り続ける。

ことが大前提。
 

■「財務はコツコツ」の勘違い■

さて今日は、財務会計養成答練を間近に控えたこの時期に、

前提A:養成答練で高得点を重ねることは短期合格に有利
前提B:各科目の得意・不得意に応じ学習方法を微調整する

と説いています。この前提から導く結論とは(大方の予想に違わず)

「財務はコツコツ」は間違い

でも実をいうと、「財務はコツコツ」は決して間違いではない。

<正しい「コツコツ」>
・会計とは「帳簿を作るルール」。理論・理屈よりも「作り方の体得」が先決。
・「体得」とは、頭に頼らず手と体を繰り返し動かして身に付けること。
・診断士の「財務会計」は基本論点中心。問題集1冊でほぼカバー可能。
基本的な良問を繰り返し解くと、実戦に必要な理解理屈が後から備わる。
・初学段階の「体得」には、長時間学習より小時間学習の毎日反復が有利。
・よって基本講義期に、「財務会計」に限り定期/規則的な復習が不可欠。

逆に「理解できた」からといって4月まで「財務会計」を放置すると、来年5月の完成講義・答練時に「手が動かずに、問題が全く解けない」事態を迎えます。これを「お父さんの運動会」状態と呼びます。

ではなぜ「財務はコツコツ」は間違い・・、というと言い過ぎなので「勘違い」と断言できるのか?
 

□根拠A:「財務会計」学習は、収穫逓増□

最初の根拠は、「財務会計」が時間をかければかけるほど得点力が伸びる「収益逓増」科目であること。この場合、JCが説くように「財務はどっぷり・サクサク」こなすことで、「財務会計」が貯金科目になる。

一般的に資格学習は、ある一定点を超えると時間をかけても得点が伸びにくくなる「収穫逓減期」を迎えます(細かい説明は省略)。

 

しかし診断士出題レベルの「財務会計」に限っては、時間をかければかけるほど「得点力」が伸びる「収穫逓増」状態が続く。

その理由は、「診断士は広く浅くの学習だから、深くやり込む余地が多い」のも一因ですが、

学習を重ねるにつれ解答所要時間が短くなり、
同じ制限時間60分で解ける問題が多くなるflair

ことが主因。全員にお勧めはしませんが、「財務会計」はやり方次第で1次本試験80~90点を取れる「荒稼ぎ科目」。それなら

「財務はコツコツ」と言われたからって、
ホントにコツコツやるなんて馬鹿らしいでしょ?

ということ。筆者が折にふれ簿記2級学習(3級でも可)の優位性を強調してきたのは、ここが理由。簿記2級知識そのものは、診断士「財務会計」得点UPにあまり影響しませんが、「コツコツ」レベルをイチ抜けし、「荒稼ぎゾーン」にいち早く到達できるメリットはガチ。
  

□根拠B:コツコツ学習の非効率さと悪影響□

次の根拠は、手短に行きます。
診断士1次合格・2次受験者(1年目)の「財務会計」「事例Ⅳ」学習時間は、平均で300時間強、やや多い方で400時間程度。これを他の会計系資格の学習期間・時間と比べると以下の通り。

診断士「財務会計」⇔公認会計士・簿記検定は出題範囲が異なるから単純比較はできませんが、会計学習専念者から見れば、「年400時間学習」とは簿記3級+2級に毛が生えた程度、会計士受験生なら3か月強でこなす程度の学習量に過ぎない。言い換えれば、

診断士「財務会計」とは、そう難しい知識を要求している訳ではない

ということに気づくかどうかがポイント。少々脱線すると、

「財務会計が難しい」と感じるのは、診断士受験生視点での理屈。
会計専業の立場で見れば、「財務会計」出題は基本的論点の繰り返し。

従い、「財務会計」に苦手意識がある場合、

得点調整用の奇問難問を含む過去問はさらっと1回解く程度にとどめ、
基本的な問題集を先に2~3周解き直すことが実力向上への近道

になるケースが多い。そしてここに気づかないと、いつまでも「コツコツ学習」を続けた挙句、他科目の学習量確保に悪影響する結果を招く。

前述の通り「財務会計」講義終了後の定期的・反復的な復習継続は不可欠ですが、特に「運営(生産管理)」の受講・復習時間はしっかり確保しましょう。冒頭に挙げた

60点(平均点程度、上位50%)  ←会計初学者
70点(平均点+10点、上位20%)←簿記2・3級などの学習経験者

とは、橋げた理論に基づき、心残りなく「運営管理」学習に移行するための、最低限の到達目標

 
■まとめ:12月からの学習計画■

今日はいきなり厳しい現実の話の連続。でもここは「厳しい現実を乗り越えることが、将来周囲に適切なアドバイスをする自らの力を養っている」とプラス思考で考えたい。ちなみに、

診断士スト本科生講義はまだ始まったばかりですが
スト合格の可能性は、財務養成答練時点でほぼ決着済
(理由は上述)。

ポイントは、診断士試験を1年で合格する必要はないこと。診断士1年スト合格とは、原則「たまたま」。2年で合格すれば上出来。職業として診断士を選択するなら3年以上かける選択肢だって妥当。では自分はどの程度の時間をかけ、どこに到達することを目指すか?多くの方が選ぶ現実的な答えが、

2012年1次試験7科目を一発合格

であるはず。ZonEが指摘する通り、この12月は自分の学習計画を修正する大チャンス。そして講師に助言をもらっておけばなお良し。かつその時までに以下2点を意識しておくとさらに有利。

診断士受験は、計画遅れを挽回する力を養う「セルフプロジェクト」
「財務会計」養成答練は、計画進捗(早め⇔遅れ)を測る序盤の大好機。

byふうじん


コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




アクセスしていただき
ありがとうございます!

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓再現答案集はココ!↓
11代目再現答案一覧へ

カレンダー

2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

2020年│スプリングフォーラム情報

【緊急特別情報│2019年度合格者向け】

コロナ対策の一環で今年度の東京診断士協会スプリングフォーラムは『中止』になりました。

特設ページに関連情報をまとめましたので是非参照ください↓

『スプリングフォーラムOn Line』

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2020年度版後編もAmazonで発売開始しました!



解法実況&事例研究
平成30年度事例Ⅰ~Ⅳ



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かーな
 ・ いけちゃん
 ・ おべんと君
 ・ カワサン
 ・ さとまる
 ・ 3ch
 ・ ぴ。
 ・ 岩塩
 ・ さいちゃん
 ・ CK
 ・ Tomatsu
 ・ べりー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX