タグ「 » 1次試験」の記事



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。
子どもの風邪をもらって全く元気ではありません・・・
GWは道場の春セミナーに始まり、仕事と嫁業と母業に追われて終わりました。皆様も季節の変わり目、体調にくれぐれもご留意くださいませ。春セミナーにお越し頂いた方、改めてありがとうございました。
(ご返信出来ていない方、ホントにスミマセン。今しばらくお時間下さい。。。)

tsukare_girl


さて、言い訳がましくお詫びから始まった今回ですが、去年の今頃最も悩んでいた「1次再受験するか否か」問題について書きます。
今年初めて診断士試験にチャレンジされる方や、科目合格の方はもちろん1次試験を受けられると思います。
しかし、悩ましいのは「去年1次合格したけど、2次再チャレンジになった」方。2年目の私がそうでした。

試験制度からすれば、1次の合格は2年分有効なのだから受験する必要は全くありません。
しかし、正答が公表されず、手応えのない2次試験に今年合格する自信があるかといえば、YESとは言い切れない・・・。

師事していた予備校の先生は、「無駄だから受けなくていい」とのアドバイスでした。
何人かの先輩に伺うと、受けた人と受けなかった人と半々くらい。

結局、私は保険で受けることにしました。
その決め手になったのは、ご自身も保険で受けた大先輩の一言でした。
「受けても受けなくてもいいと思うけど、僕は受けました。二次試験を受けている時に“わからない!”ってなった時、もう一度7科目ゼロからやるのか―、ってなるのが嫌だったから。」
mokuhyou_mitatsu_man

たしかに、二次試験で絶望的に解答が書けないような問題に出会った時、「ゼロから7科目・・・」と、「まあ、今年ダメでも合格してるし大丈夫」って思えるかは、私にとっては大きい。

omamori_goukaku

自分のメンタルの弱さを踏まえ、13000円+αを保険のために費やしました。1次試験の科目合格が1つでもあればお守り代わりになる・・・程度の受験動機だったので、実際の対策は直前1週間の復習(1日せいぜい2~3時間くらい)+法務の改正論点ゼミ受講のみ。

結果、保険受験は456点で1次通過でした。問題の相性に多分に助けられた結果だと思いますが、私は保険受験してよかったと思っています。
2次試験で何度も追い込まれた時、「ま、来年もあるさ・・・」と思えた心強さは私には相当ありがたかった。
「試験中に“かおりん、(来年1次ナシで)いいなあ”と思った」と、終了後の打ち上げでぼやいていた仲間(1次を受験しなかった)もいました。

ちなみに、3年目以降で1次免除の方は、保険受験はいらないんじゃないかと個人的には思っております。
1次試験は、基本的に知識を問う問題。
諸先輩方も口をそろえて仰っていましたが、「1次試験は1回受かった人は何度でも受かる」。私もそう思います。
(そして、だいたいのかたは「もう一回二次受けて受かる気がしない」とおっしゃる・・・謙遜だと思いますが・・・(笑))

つまり、保険受験は1度で十分。

そして、受けると決めたら1次の申込はお早めに!
あまりに遅いと、家からかなり離れた会場になってしまうことも。あまりに遠い会場は、当日のコンディション作りにちょっと不利かも。

1次まであと88日。
2次まであと166日。

残りの日々も、体に気をつけて悔いなく走り切ってくださいね。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちはJCです。
診断士になって1年、いろんな合格者の方を見てきました。
この人たちに共通することはなんだろう?と考えたところ
一つの共通項が思い当ります。

◆高校・大学受験の頃の僕◆
僕自身が感じたことです。高校・大学と受験勉強をやってきましたが、あの時に楽しいと思ったことは多分一度もなくて、なんでこんなことやってんだろうと重い気持ちで勉強していたように思います。なおかつ僕は大学受験で2浪しているので受験期間も長いし、いつになったら終わるんだろう的な気持ちもあったりしてかなり暗い気持ちで勉強していました。モチベーションが高いという時期の方が短くて、今思い返すとそりゃ、2浪するのも当たり前だと思ってしまいます。

◆診断士受験の頃の僕◆
ところが40代も半ばを過ぎて、診断士の勉強をしていたころの僕は大学受験の頃とは全然違うものがありました。その印象は「勉強は結構楽しい」というもの。
診断士の勉強は幅広いけれども、どれも社会人として仕事をしている中でぼんやりとは知っていたが、勉強することで明確に解ったという企業経営理論だとか、知りたいと思いながら手を付けて来れなかった情報システムだとか、勉強することで、なんだか自分の仕事の枠組みが大きく広がってゆくであろうことが実感できてくることが、なんとなくうれしくて仕方がなかった。

◆改善する楽しみ◆
自分の勉強のスタイルをどのようにすればより効率的か、どうすれば簡単に頭に叩き込めるか、そんな小さなカイゼンをしてゆくこともとても楽しかった。
ZonEの記事はそういう意味でとっても納得。自分が理解しやすいように、記憶しやすいように導いてゆくことはテキストに書いてある事象を、自分の身近なフィールドに持ってきちゃうことだと思います。僕がサブノート(ミニテスト)を作ってゆくときにこころがけたことはできるだけ、自分の経験にあてはめちゃえということでした。
ZonEの記事を参考にすると、テキストに書いてあることを無理無理に覚えようとする知識記憶もしくは方法記憶を、自分で経験記憶に置き換えちゃうというやり方です。

◆合格者に共通すること◆
合格者に共通すること、と言っても十分条件ではなく、必要条件といえるもだと思うのですが、みなさん勉強を楽しいと思って継続してきたようです。
モチベーションをかなり高い位置で維持してこれた人がとても多いように思います。
これは、やはり僕の例で言えば大学受験の時の気持ちではなくて、みんなが同じようにテキストの知識を経験記憶に置き換えることで「あるある」とほくそ笑みながら勉強を進めてこれたからではないかと考えています。

◆モチベーションが上がらないという方へ◆
確かに、1年以上にわたる長ーい勉強の期間を常にハッピーに過ごすことは難しいかもしれません。でも、解る!ということの楽しさとか、ぼんやりと自分の中に存在していた知識が明確な理解とともに自分の中で存在を主張し始める楽しさというものをぜひ、試してみてください。

自分の中でばらばらに存在していた知識が体系づけられて整理されてゆくことの納得感とか、自分で考えて会社のチームメンバーのモチベーションを上げようとしていた試行錯誤をフィドラーのコンティンジェンシー理論に当てはめてみたりすることはとても面白い。

ちなみに僕の受験時代のテキストを見直してみたら、レビンのリーダーシップ類型論の項で
民主型・独裁型・放任型それぞれのリーダーシップの説明の横に、自分の過去の上司の名前が一人ずつ書いてありました。絶対に本人には言えません。でも、いま見返してもぴったりしていて、ちょっと吹き出してしまいました。

なんか、やる気が出ないのよね…という方はぜひ、試してみて!



lこんばんはJCです。

運営管理は工場勤務以外の人にとっては、なかなかとっつきにくい。
生産管理は①②③を④⑤⑥の観点から管理する。と書いたら、すらっと言えますか?

僕的な正解は①設計②調達③作業を④品質Quality⑤価格Cost⑥納期Deliveryです。1次は5択だから、そこまで細かく覚えなくても…ということも言えますが、僕はそうじゃないと思っています。覚えるというよりも理解してほしい科目だなと。ふうじんこう言っています。

■あなたは暗記派?理解派?■
確かに暗記でも1次は対応できると思います。でも2次まで見据えて勉強する方が絶対効率的!。もちろん最初は暗記から入るのかもしれません。でも暗記を繰り返してゆくうちに、生産の流れは確かに設計して部材を調達して組み立てる作業だよなぁ…と思えてくる。QCDを管理することは大事だよな…と理解できてくる。そこでつなげてゆくような努力はきっと必要です。暗記だけでも1次は大丈夫、でも2次まで一気に行こうと考えるなら、頭のなかに絵とか図をイメージしながら勉強を進めてゆくのはすごくいいですよ。

■イメージを膨らませよう■
受注生産と見込み生産の違いは?定義を暗記するのはめんどうです。自分の思い描きやすいものをイメージするのがポイントじゃないかなと思いますよ。受注生産だったら、オーダーメードの洋服だっていいかもしれません。オーダーメードはえりの形がどうの、ポケットの位置とかお客の注文によってデザイン(設計)が決まり、生地を発注し(調達)、縫製(作業)で完成します。品質をきちんと保つことと注文に合わせた費用で賄うこと、さらにはクリスマスxmasのデート用なんだからイブまでには間に合わせてねという納期の注文も厳格です。

じゃ、対比しやすいように見込み生産を考えるとはユニクロの服だったりするわけです。僕らはお店に並んでる多くの商品から選んで買います。どの服が気に入るか、あるいは買うのをやめようかということは考えますが、もともと僕らが発注した商品ではないので、ぴったり僕らの好みに合致しているかは関係ありません。でもユニクロ側では僕らの好みに合うか合わないかは大問題。売れない商品を並べておくことはできないですよね。こんな風にみなさんの身近な事象をイメージしてみて下さい。
2010年用の記事ではM重工さんのガスタービンを例にしていました。これは僕がほんとに見に行った記憶なのでとても生生しい。でもガスタービン工場を見る機会はそんなにないですよね。僕が理解しやすいイメージはみなさんが理解しやすいイメージとは違う。だからみなさんの身近な例をイメージすることを試みてください。

■イメージで理解を深める■
僕が思うに一番大きな違いはお客さんの立ち位置じゃないかなと思うんです。工場の「設計→調達→作業」という流れは受注生産であっても、見込み生産であっても変わらないですよね。受注生産のお客さんは設計の前にいて、見込み生産のお客さんは作業の後ろにいる。だから、受注生産では設計の前にいるお客さんを安定的に取ってこないと会社が持たない。また、納期が決められているので遅れないように管理してゆく必要がある。一方見込み生産の場合には既に作った作業の後にお客さんがいるので、在庫の山ができないようにどんなデザインが売れるのかの需要予測が重要。

■2次でも使える基本的な理解■
例えば、僕らが受験したH21の事例Ⅲでは以下のような問題がありました。

H21 事例Ⅲ 第4問 10点
 C社の自社製品は見込生産であり、現在製品課を進めようとしているOEM製品は受注生産で対応する予定である。C社の見込生産と受注生産の違いを、重視すべき情報と管理のポイントの視点から80字以内で述べよ。

僕の再現答案は以下の通りです。

JCの再現答案
見込み生産は需要予測情報を重視し在庫を最適化する在庫管理がポイントで、受注生産は生産進捗情報を重視し顧客要求納期を守るための生産管理を重要とする違いがある。(79字)

この問題は1次試験の知識で解答できちゃう問題だったと思います。でも機会があればふぞろいのPart3を眺めてみてください。意外にこの問題を難しいと捉えた受験生は少なくない模様。1次の知識をしっかりと理解して頭に埋め込んでおくと、イケる問題も決して少なくないです。合否のボーダーラインにものすごい数の人が並ぶ本試験では、この10点が取れるか取れないかの差はすごくでかいと思いますよ。



そろそろT○Cでは、1科目目の企業経営理論が終わって、2科目目の財務会計に入った頃ですよね。こんばんはJCです。財務会計は得意ですか?と聞かれて、得意と言う人は多分受験生の3割くらいかな?
仕事で財務や経理を担当していたり、簿記1-2級の資格を持っていたりする人にとっては取り組みやすい科目なんだけど、仕事が営業runだったり、SEpcだったりすると、とてつもなく遠い存在で大の苦手…という人も少なくないんじゃないかな。

◆なんで財務会計が苦手なのか?◆
ストレートでの2011年目標の方々は今、勉強を始めたばかり。この記事とかあの記事とかで、予習とかサブノートとかそんな話をしてきました。これらに共通して言えることは、能動的に自分から取り組まなきゃ、この試験に合格するのは難しい…ということなんです。企業経営理論なんかの場合には、講義で初めて知ったマイケル・ポーターの5Force Modelも講義で納得して、復習で記憶すれば、対応できたかと思います。でも、財務会計は納得と記憶だけでは対応できないんです。納得して、理解して、一部記憶もした上で、能動的に自分で実際に手を動かす必要があるんです。仕訳を繰り返す、計算問題を解く、この作業なくして財務会計の攻略はあり得ない。経理や財務をお仕事にしている方でも大丈夫だからと悠長に構えていると痛い目にあったりしますよ。(しましたよ。)

◆能動学習の勧め◆
まずは、予習は欠かさないことです。ストレートで合格することは、いかに有効に時間を使いきれるかに掛っていると言っても過言ではなさそうです。僕が思うに一番有効に使わなきゃいけな部分は受験機関に通っている方にとっては、講義の時間ではないかと思います。しっかり予習をして、内容の相当部分を理解した上で講義に臨んでみて下さい。そうすると講師の先生の説明で更に深い理解を得られますし、予習の段階で気づいていない点や勘違いして誤った理解をしていたら、「えっsign02」という思いで、さらに強烈な印象で絶対に忘れなくなりますよ。これは財務会計に限らず、どの科目にも共通することですが…。

◆初めての財務会計の講義◆
僕が最初に財務会計の講義を受けた時の印象は「これって初めて財務会計に触れる人にとってはちんぷんかんぷんじゃねーの?ということでした。ある程度の予習や事前の理解なしに講義を受けても、理解できない部分ばっかりです。復習でなんとかしようと思っても、いたずらに時間ばかりかかって、挫折downしたり、先送りしてしまったりというケースが少なくないんじゃないでしょうか?それはダメ!
前回の記事で橋げた理論を説明しましたが、これから7科目を押さえてゆくためには、「先送り(後で理解しよう)」や「ここは捨てる」という論点はできるだけ残さないことが重要です。 「捨てる」戦略は超直前期に採用するべきものであって、「捨て」ても60点はとれるもん!という自信があって初めて使うべきものと考えています。

◆財務会計の具体的な勉強法①◆
まず、今の基本講義の段階で、全ての論点を余すところなく、理解して下さい。疑問が残れば、どんどん講師の先生に食いついて質問して下さい。質問しても理解できないのであれば、違う先生の講義を受講して質問してみるのも良いかもしれません。講師との相性だって確かに存在しますから。これは個々人によるので、僕にどの先生が良いですか?って質問してもダメですよ。僕が良いと思った先生をZonEが良いと感じたわけでもないし、ハカセが信頼していた先生の講義が僕には合わないなんて、ざらにあります。ぜひ、ご自身でいろんな先生の講義を聞いて判断してみて下さい。

◆財務会計の具体的な勉強法②◆
論点の理解が達成されたら、次に実際に問題に取り組んでみて下さい。受験校でテキストと一緒に配布される計算問題集のようなものでも良いですし、T○Cのスピード問題集でも良いです。まずはその論点の問題に慣れて、確実に問題を読んだら結果を出せるという経験を積むことです。1カ月くらいかけて論点毎に整理してゆくと良いと思います。ふうじんも この記事の最後で言っていますが、「財務はこつこつ」やる前にまず一気呵成に「財務にどっぷり」浸かる期間が必要です。どっぷり浸かって論点をキチンと理解した上で、鬼のような勢いで計算問題集を回してゆくことです。
だまされたと思って、どっぷり浸かり、1カ月で計算問題集を2回転させるくらいの勢いで挑戦してみて下さい。1カ月後には財務会計はもう苦手科目ではなく、貯金科目に変わっているはずですよ。

◆財務会計の具体的な勉強法③◆
また、問題集によっては各問題にA・B・C等の難易度が記載されていたりもすると思います。1次試験対策としては難問のCレベルを押さえるよりもA・Bレベルを確実に押さえるべきだとは思います。でも、これはあくまで1次対策。2次試験は明らかにCレベルの問題が頻出です。ですので、まずはA・Bレベルは確実に押さえる。それが達成できたら、Cレベルだって大丈夫という力をつけて下さいね。診断士試験はあくまで2次試験を越えなきゃ合格に達しない。だから、今から2次でも対応できる力をつけておくことはとっても大事なんです。そういう意味でも財務会計は診断士試験合否のカギと言えるんじゃないかと思っています。



こんばんは、ふうじんです。
TAC動画チャンネル 「平成21年度 中小企業診断士 合格者座談会」を見て当ブログを訪れていただいた方、はじめまして。

 なんだ、2次対策の記事ばっかりじゃん

あ、がっかりしないでくださいねsweat01。1次対策記事(2011年合格目標)も着々と準備中!ただ、今はストレート合格を目指す2次挑戦者にとり学習スタイルを固めていく重要な時期なので、まだまだしばらく2次対策中心の記事構成。

そこで今日は、過去ログの中から、各メンバーそれぞれの1次向けベスト記事を独断で選んでご紹介

※ちなみに本人による自己紹介はこちら

■JCのベスト記事■

豊富な社会人経験、海外経験に加え、人には言わない陰の努力量でストレート合格を果たしたJC。彼のコメントの特徴は、受験生の視点に立った親身なアドバイスclover。そんな彼のベストコメントはこちら。

【2011年合格目標】~これから学習を始める方へ

■ハカセのベスト記事■

執筆メンバーきっての多芸多才に加え、熱い情熱と鋭い分析力でストレート合格を果たしたハカセ。彼のコメントの特徴は、長い文章でも一気に読ませる説得力と表現力restaurant。そんな彼のベストコメントはこちら。

串刺し暗記術:経営法務編

■ZonEのベスト記事■

クールな眼鏡姿の印象通り、常に冷静な努力と知識吸収力でストレート合格を果たしたZonE。彼のコメントの特徴は、短く簡潔な文章の中でズバリと自分の言葉にして本質を言い当てる抽象化力wine。そんな彼のベストコメントはこちら。

1次試験対策の完成度の目安

■アックルのベスト記事■

メンバー中唯一の通信生。周囲に流されず自らの力を頼みにストレート合格を果たしたアックル。彼の個人ブログは受験生に大人気。彼のコメントの特徴は、企業実務とリンクした物事の考え方と、ほんわかとした身近な話題もこなせる包容力japanesetea。そんな彼のベストコメントはこちら。

経営法務:機関設計・役割は書いて覚える&勤務先を調べてみる

■WATATAのベスト記事■

1次全国公開模試○位というプレッシャーを背負いつつ、苦しみながらもストレート合格を果たしたWATATA。彼のコメントの特徴は、日々の行動の一つ一つにおいて診断士合格を最優先に判断していく向学心apple。そんな彼のベストコメントはこちら。

寄稿:受験生にとってモチベーションとは?

■ふうじんのベスト記事■

自分の話はどうでも良いので説明割愛。特徴だけ言うと、診断士合格は目標でなく手段に過ぎない、という割り切りhairsalon、かな(うわ、自分で言っていても恥ずかしいっ)。そんな私のベストコメントはこちら。

[2011年合格目標]手段を目的化する

はい、では今日はここまで!
それではまた次の機会にお会いしましょう!

by ふうじん


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

現在イベントの予定はありません。

道場について

↓ 今、何位? ↓





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX