» 2017 » 12月のブログ記事

皆様こんにちは。ルナです。

あっという間に今年一年ももうすぐ終わり…ですね。これを読まれている皆様にとって、今年一年はどんな年でしたか。

  • 来年初めて診断士試験を受験する予定の方

まだ、試験全体の概要もあまり見えていないタイミングかもしれないですね。年末年始は受験指導校の授業なども少し間が空きます。それを利用して各科目にフォーカスするのではなく、全体を俯瞰する時間を持つことができれば、より合格に近づけると思います。

 

  • 今年受験したけれど、望む結果にたどり着けなかった方

来年の受験を考えておられるのであれば、ながも言うように、このお正月をどう過ごすかは今のうちに決めておいた方が良いと思います。雑草流のお勧めは、しっかり休む&楽しむこと! どんなに努力をしても、結果が思うようにいかないことは沢山あります。それを「努力が足りなかったから…」と自分を追い詰めても、あまり良いことにはならない気がします。もちろん「努力好き♪」という方はお正月もガンガン勉強詰めちゃってくださいね。

 

  • 昨日の合格発表で、最終合格を確認された方

例年と異なり今年は年内の合格発表ですので、落ち着いてお正月を過ごすことができるのではないでしょうか。本当におめでとうございます。

これまでの一年、あるいはそれ以上の努力が実を結んだ結果ですね。自分をしっかり褒めてやって、このお休みの間にエネルギーを蓄えてください。

年が明けるとあっという間に実務補習です! もしやまだ申し込みを済ませていない方はいらっしゃらないですよね? 二月の補習を希望されるのであれば、すぐに申し込みをしないとあっという間に枠が埋まってしまいます。インターネット経由の申し込みが埋まってしまった場合は、ダメもとで郵送での申し込みをしてみましょう。郵送枠は別個に確保されていますので、それで滑り込んだ、という人の話も時々聞きますよ。

 

  • 雑草魂流一年の振り返り

振り返ると、一年前の私は「合格者(仮)」として様々な活動に飛び込んで(飛び込む準備をして)おりました。未知の世界への扉が開くワクワク感と、「士業」という冠を背負うことになる責任感、そしてお声がけいただく様々なPJへの感謝などなど、怒涛のような感情に翻弄されていたような気がします。あれから一年、あっという間でもありましたし、携わらせていただいたお仕事やPJの数々を思い起こすと、それが一年の間にあったこととは思えないような気もします。

それらをこなす間に度々頭に浮かんだのは、「なぜ私が合格者として名前を連ねているのか」ということです。何度もここで語っていますが、一次試験も二次試験も、会場で受験している人たちの半数以上は十分合格可能性のある実力レベルで臨んでいると思います。その中から自分が合格したということにはどんな意味があるのでしょう? なぜ、「あなた」が今年の合格者になったのでしょう?

合格したことにおごることなく、残念な結果になった仲間を思いやりながら、プロコンサルタントとしての自信と、未熟な身であることの謙虚さをもって仕事に臨めるか。常にそれを問われているような気がしました。

このお休みの間は少しじっくりと

  • 私だからできることとは?
  • 診断士だからできることとは?
  • なんのために中小企業診断士という資格があるのか?
  • どうやったら世の中のためになる仕事ができるのか?

そんなことを自分に問いかけながら過ごすつもりです。

そして、診断士二年目と、新しい齢を迎えることにします。←大晦日が誕生日! お祝い歓迎です♪(笑)

 

さて、道場ブログ、今年はこれにて終了です。年明け4日からは皆様からお寄せいただいた受体験記をお送りいたします。

これをお読みの皆さんの体験談も大募集しています。あなたの体験を待っている誰かのために、ぜひ投稿してくださいね!

 

そして、昨日そのちゃんからも周知がありましたが、合格者向けセミナーが1月14日に開催されます。

時:2018年1月14日(日) 14;00~17:00 その後懇親会
場所:品川区 荏原第五地域センター第一会議室
定員:40名
参加費:1,000円 (懇親会費別途4,000円)
お申込み先:http://kokucheese.com/event/index/501540/

合格してからの様子が少しでもわかっていることで、「大変!」と噂の実務補習にも備えられます。

企業内で活動するためのポイントや、転職や独立をした先輩の話を直接聞くこともできます。

私もお手伝いさせてもらう予定ですので、ぜひぜひ同期合格者とお誘いあわせの上お越しくださいね! お待ちしています♪

 

今日の雑草魂:「なぜ自分が診断士なのかを意識すると、するべきことが見えてくる…かも?!」

 

ルナはみなさんの頑張りをいつでも応援しています!

 


合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは、そのです。
今日は・・・今日こそは・・・・・・
2017年中小企業診断士試験の合格発表日です!!!
1次試験、2次筆記試験、そして最後の口述試験・・・
長く苦しい学習期間。
試験当日の緊張。
自己採点で一喜一憂。
合格発表日のドキドキ感。
持ち上げられ、落とされて、また救われて、焦らされて、
ぶんぶん振り回され、それでもここまでたどり着いた「勝者」の皆様。
今年の受験物語も本日をもって、完結です!

本当にお疲れさまでした。

また、今年悔し涙を流した方。
今日は、一歩先を行くこととなった仲間の晴れの日です。
ぜひみんなで祝福しましょう。
ですが、来年はきっと皆様の番です。
追いついて、追い抜いてやる!!という誓いを立てるのに絶好の日!

と、いうわけで、今日はOPEN DAY!!
めでたく合格を確実なものとされた方&リベンジの誓いを立てる方、
今年頑張った方みんな!!!
今のお気持ちをコメントいただければ嬉しいです♪
(受験体験記も募集中ですので、ぜひお願いします!)

そして今日は、合格された方に、さらに道場初代のJCさんから特別なお知らせがあります。


~一発合格道場初企画~
1月14日 一発合格道場【番外編】診断士ロケットスタートセミナー
開催!さっそく本日より受付開始!

(以下、初代JCさんより)

いよいよ本日は最終合格発表。道場読者から伝説の不合格者が出ていないことを切に祈っています。うそ、全然心配していません。初代のJCです。
これまで一発合格道場では、この後は合格体験記、未合格体験記がずらっと並んでいって、次の9代目に引き続いていくような流れだったんですけど、今年はちょっと違うことやんない?と初代のおやじが、けしかけてしまいました。それは!
診断士登録前合格者限定セミナーです。
診断士になったはいいけど、それからどうすんの?実務補習ってなんなん?診断士で仕事ってとれるの?独立できるの?いやいや本業の勤め先の仕事以外にどうやって活動できるの?研究会とかマスターコースとか入った方がいいの?いろんな悩みが合格とともに出てきちゃってませんか?
そんな合格者のお悩みを一挙に解決しちゃおうというセミナーです。
名付けて、診断士ロケットスタートセミナー!

時:2018年1月14日(日) 14;00~17:00 その後懇親会
場所:品川区 荏原第五地域センター第一会議室
定員:40名
参加費:1,000円 (懇親会費別途4,000円)
お申込み先:http://kokucheese.com/event/index/501540/

どしどしお申込み下さいね。これからは道場メンバーvs受験生ではなく、診断士同士のお付き合いが始まります。わくわくするね。


・・・とのことで、道場の特別企画です!
そろそろ9代目へのバトンタッチが見え隠れする時期の一発合格道場。。。
我々も変化を恐れず新しいことにチャレンジしていきますよ~~

さて、私の年内の投稿は今日で最後となりました。
皆様が笑顔で新しい年を迎えられますように!
風邪をひいたりしないように、元気でお過ごしくださいね。
そのでした。


合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

みなさんこんにちは、ながです。

今日はクリスマス
みなさんはどんなクリスマスをお過ごしですか?

再三他のメンバーも伝えていますが、明日はいよいよ二次試験の合格発表です。
不安な方もいらっしゃるかと思いますが、面接官とちゃんとやりとり出来た方は、1日遅いサンタさんがやって来てくれるはずです。
明日の道場はオープンデーとなりますので、サンタのお知らせを受け取った方は、喜びの想いをぜひ書き込んでくださいね
そして年末最後の仕事、合格体験記の送付も忘れずに。


さて、2017年もあとわずか。
来年の合格を目指す皆さんは年末年始をどう過ごされますか?
※見事合格を勝ち取った方の過ごし方は、他のメンバー(たっしーITOたけぴょん)が触れていますので、そちらを参考に。

GWなどの連休前は「まとまって時間が取れるチャンス!」と問答無用でハッパをかけるのですが、帰省などで年末年始はなかなか時間が取れない場面もあるかと思います。

ですので、この期間の勉強スタンスを今のうちにハッキリ決めましょう!

①年末年始なんて知ったこっちゃない!いつも以上にやってやる!
②年末年始は充電期間!体も心もリフレッシュして新年から爆発してやる!

極端な2択ですが、やるならやる、やらないならやらない、と割り切ることも大事です。
もちろん、期間中ずっとどちらかというわけではなく、「基本①だけど大晦日と元日は②」、という切り分けでもいいかと思います。
つまり、何が言いたいかというと、前もって自分のスタンスを決めて、その通り行動すべしということ。

休んでリフレッシュ!のはずが、休みが明けてもエンジンがかからずダラダラ・・・とか、やってやる!と決めたのに、お酒の誘惑に負けて結局何も出来なかった・・・では話になりません。
その時後に残るのは「あのときちゃんとやっておけばなぁ…」という後悔だけです。

ちなみに、一昨年の私は年末年始期間ずっと①。
まとまった時間がなかなか取れなかったこともあり、ここぞとばかりに集中して勉強したかったのと、一度立ち止まるとなかなかエンジンがかからない自分の性格上、流れを止めたくなかったためです。

さて、皆さんはどうしますか?
他の人がやっているからやりましょう!とか、みんな休んでいるから休んでも大丈夫!など野暮なことを言うつもりはありません。
来年合格するために何をするのがベストなのかを自分で考えて、実行しましょう

それでは、今年最後の今日のお言葉。

「他人と比較してものを考える習慣は、致命的な習慣である。」
(バードランド・ラッセル/哲学者、論理学者、数学者)

物事を考える時、何かと他人と比較してしまいがちですが、大事なことは「自分の軸」があるかどうか。
自分を見つめ直せば、自分の本当にやるべきことが見えてくるかもしれません。

今年の私の投稿はこれで最後。
約1年間、拙文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年また元気にお会いしましょう!

以上、ながでした。


【予告】道場冬の陣(仮称:1月開催予定)も着々と準備中!伝説の道場OBが・・・!?詳細は明日明らかに!!


合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

一発道場の読者の皆さま、こんにちは。TOMです。

今年もあっという間に年末となり、皆さま、仕事や家庭など様々なことに追われ慌ただしい毎日を送られていると思います。そして、来週はいよいよ二次試験の合格発表ですね。当日しっかりとコミュニケーションが取れた方はまず合格されていると思いますので、次の準備を始めてくださいね。(準備についてはこちらをどうぞ。たっしーITOたけぴょん

また、合格・不合格問わず体験記を絶賛大募集しています。合格した方はこれから学習を始める方へのアドバイスとして一筆お願いします。残念ながら不合格となった方は自分の振り返りの為に是非体験記を活用してみては如何でしょうか?


さて、本題です。

間も無く受験校でも来年度の試験に向け二次試験対策の講座が始まると思います。そこで、受験校を利用して再挑戦される方を対象に受験校をどう選ぶかについて、実体験を基に自分の考えをお伝えしたいと思います。

これまで何度か触れましたが、私は2度二次試験に挑みました。一昨年、1度目の試験結果を見るや、どうしても翌年は合格したいと思った私は独学ではなく、ある受験校の門を叩きました。それは以下の理由からです。

【二次試験の特徴と自分の性格から】

  • 二次試験は一次試験と異なり、極めて短時間で長文の与件を読み、題意を捉え、纏まった文量の記述式の回答が求められるので、訓練と添削が必須。独学では難しいと判断した。
  • 易きに流れやすい自分の性格を踏まえると、学習のペースメーカーとなる受験校があったほうが良いと判断した。

【なぜその受験校を選んだか】

  • 元々、診断士の名前を知ったのも10年以上前に受講したこの受験校の簿記講座がきっかけ受験校自体に親しみがあり、一次試験の勉強では当受験校が販売していたテキストを利用していた。また、その年の夏の直前演習を受講していたので、答練の雰囲気もつかんでいた。
  • 通学が可能な範囲に複数の校舎があり、ネット等の通信教育もあり、勤務状況が変化してもフォローが可能だった。
  • 教育訓練給付制度が使えたので、カリキュラム修了時、所定の手続きを行えば、受講料の一部返金が得られ、金銭的なメリットがあった。

しかし、今から振り返ると一つ非常に重要なことを放置したまま、受験校を選んでしまいました。それは、以下の点です。

  • 直前演習の答練の解答や二次試験の模範解答を読んでも、あの限られた時間でこの解答を書けるようになるには相当なハードルがあるように感じていた。

皆さん、ご存知の通り、各受験校の学費は決して安い金額ではありません。受講するならば、翌年は必ずこの学費を意味のあるものにしたいと思うのが普通の感情だと思います。であれば、やはり、最初に抱いた疑問を放置したまま、安易に受験校を選択すべきではなかったというのが今の本音です。

なぜなら、結果として私はかなり迷走します。12月下旬から通学を始めた私は4月に受験校内で転校します。どうも3ヶ月強を受講しても、元々抱いていた疑問は解消できず、自分に変化が起きた気がしなかったからです。転校先の教室では既に独自の勉強会サークルがあり、アウェイ感が一杯で、気おくれもしましたが、色々な面で自分にフィットしたため、最後までそこで勉強を続けました。

転校をキッカケにより真剣に自分の学習方法を考えるようになり、主体的に診断士試験に関する情報を取りに行き、この道場ブログにも出会います。なので、別の面から見れば、良かった点もあるとは言えますが、もう一度、あの時に戻るならば、以下の考えで受験校を選びます。

  • 各受験校の二次筆記試験の模範解答を取り寄せ、解答と解説を読む。
  • 解答と解説に違和感がなく、訓練すれば自分でも試験時間内に書けそうなものを選び、受験校の候補を決める。
  • 日程、カリキュラム、テキスト、答練、添削の仕方、費用などを受験校に問い合わせ、可能であれば、実際に確認する。
  • 上記を踏まえ、総合的に自分に適した受験校を選択する。

二次試験を独学ではなく、受験校を利用して学習を進めていく事を決められた方は、受験校選択時の参考にして頂き、ご自分にあった受験校を見つけて頂ければ幸いです。また、当ブログには様々な受験校のリンク先が用意されていますので、そちらもどうぞ確認して下さい。

さて、本稿が年内最後の投稿となります。少し早いですが、皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。

以上、TOMでした。


合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

みなさんこんにちは!たけぴょんです。
早いもので、今年最後の投稿となります。

2017年合格目前の皆様、口述試験お疲れ様でした。今年は合格発表が年内(26日)なので、最終合格を確認して気持ちよく年越しできそうですね。

年が明けると、1月は合格祝賀会、実務補習セミナー、研究会の入会説明会、2月からは実務補習や研究会活動が始まります。人脈づくりも本格化です。今のうちにゆっくり休息し、家族や大切な人との時間をお過ごしください。

2018年合格目標の皆様、勉強の進捗はいかがでしょうか。私はTACに通っていましたが、TACの方は3科目めの運営管理を勉強されている最中でしょうか。年末年始は、ここまでの遅れを取り戻したり、弱点補強するための最初で最後のチャンスです。

もちろん、勉強が本当に順調で自信満々な方は年末年始くらいゆっくりしてリフレッシュというのもありだと思います。しかし、「来年の今頃は絶対に気持ちよく年を越したい」と思うのであれば、合格をより盤石なものにすべく、2次筆記試験でも出題される企業経営理論、財務・会計を強化する等、先を見据えた課題を設定して計画的に勉強することをオススメします。

さて、今回は、合格後の診断士活動ロケットスタートに向けた年末年始の過ごし方についてお伝えしたいと思います。


実務補習を申込む

中小企業診断士として活動するには、診断士試験に合格しただけではダメで、実務補習を15日以上受けるか、実務に15日以上従事することにより、経済産業大臣登録をする必要があります。

私は、会社で実務従事の機会がなく、合格した勢いで最短で登録して活動に入りたかったので、2・3月の実務補習15日コースを受け4月1日に経済産業大臣登録する方法を選びました。

募集定員のある東京・大阪・名古屋は先着順で、早ければ即日に定員が埋まってしまいます。15日コースおよび2月の5日間コースを受ける予定の方は、26日の最終合格確認後すぐ申込みされることを強くオススメします。

実務補習は15日間コースであれば7日、5日間コースであれば3日、平日を含みます。受講料(15日コース15万円、5日間コース5万円)は申込日から2営業日以内に振り込む必要があります。受講を検討されている方は、有休取得の調整や家族等への事前説明を済ませておきましょう。

なお、申込にあたってはユーザー登録が必要です。手順を事前にチェックしておきましょう。

実務補習は受けないという方も、3年以内に経済産業大臣登録しないと合格が失効してしまいますので、「いつまでに登録するか」は今のうちに計画しておきましょう。

名刺を作る

年末年始が終わると、多くの同期や先輩診断士と会う機会が増えます。せっかく診断士として会うわけですから、診断士用の個人名刺を作ってみましょう。

職場の名刺もよいですが、相手に後でどんな人だったかを思い出してもらいにくいものです。私も年明けから合格祝賀会やセミナー、研究会の説明会等に毎週のように参加しました。一度に数十人の人と会って名刺交換し、後日名刺の整理をした時に職場の名刺の方だと「どんな人だったっけ?」となかなか思い出せないことも多かったです。

私も昨年の今頃、道場7代目の細川泰志さんの記事を読んで、年末年始に写真入り個人名刺を家庭用プリンタで手作りしました。正直最初は「でも、何かまだ合格しただけだし、気恥ずかしいなあ~」とも思いましたが、肩書きに「平成29年度登録予定 中小企業診断士」と入れることで、診断士になるんだという自覚が芽生え、今では早く作っておいて本当によかったと思っています。

合格体験記を書く

診断士になると、文章を書く機会は確実に増えます。具体的には、経営診断報告書やプレゼン資料作成、取材および雑誌・WEB媒体原稿の執筆、そして今まさに私がやっているブログによる情報発信などなどです。

「書く」活動にどの程度関わるかは個人差が出ると思いますが、「思考を整理し、文章に落とし込み、相手に伝える」スキルは、中小企業診断士として活動していく上で必要不可欠です。

診断士としての腕試しだと思って、これまでの足跡を合格体験記という形で残してみてはいかがでしょうか?

「でも、何からどう書いていいかわからないよ~」という方のために、下記募集要項にテンプレを掲載しています。私も当初は消極的でしたが、「診断士になるのだから書くことを億劫だと思っている場合ではない」と思い直し、多少なりとも今後受験する方々のお役に立てればとの思いで合格体験記を書きました。


今日はここまで。

それでは皆様、どうかお健やかに年末年始をお迎えください。
たけぴょんでした。


【予告】道場冬の陣(仮称:1月開催予定)も着々と準備中!伝説の道場OBが・・・!?


合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

皆さん、こんにちは。ITOです。
口述試験を受験された皆さま、最終関門お疲れ様でした!
準備したとおりできましたか?

また、来年合格予定の皆さま、1次対策は順調ですか?
予備校に通われている方は、ちょうど運営管理くらいでしょうか。
来年の今頃は笑顔で迎えられるよう、頑張ってくださいね!


さて、来週26日(火)は最終合格発表です。
合格発表後の準備もすすめていますか?

中小企業診断協会によると、2018年2月の実務補習スケジュール
(東京)15日コース:募集人数 145名
<第一クール>2月1日・2日・11日・12日・13日
<第二クール>2月16日・17日・24日・25日・26日
<第三クール>3月2日・3日・10日・11日・12日
です。第一クールのみの5日コース(募集人数225名)もあります。

こちらは、前年度までの合格者は12/21より先行受付開始済み、
今年度合格者は、合格発表後速やかに開始なので、ぜひ準備しておいてください。

そして、実務補習前にITOが読んでてよかった!という本をご紹介します。
それは、
「仮説思考~BCG流 問題発見・解決の発想法~」(東洋経済新聞社:内田和成著)
です。

何の気なしに、おもしろそうだな、と思って読んだ本なのですが、これが診断士にはとても役にたつ内容でした。

・情報が多ければ多いほど、よい意思決定ができる
・このため、できるだけ多くの情報を集め、それらを分析してから経営課題の本質を見極め、解決策を出す
そういう傾向ありませんか?
限られた時間内で結論をだしていく診断士のコンサル。とくに実務補習では1回(長くても2h程度)のヒアリングをもってその企業の課題、強み/弱み、社長さんの想いなどをくみ取ります。
外部環境は調べれば(時間をかければ)わかりますが、内部環境はそうはいきません。
そんな短時間で結果をだすためには、「仮説思考力」が必要です。
「仮説思考力」とは、早い段階で結論を考える力、と書かれています。

詳細は、ぜひ、ご一読いただき、コンサルの第一歩を踏み出してください。

ちなみに、こちらには姉妹本がありまして、論点思考というもので
「正しい論点で問題解決力が劇的に向上する」と銘打たれた一冊です。
年末年始のお休みに、あわせてどうぞ!!

以上、ITOでした。ではでは。


【予告】道場冬の陣(仮称:1月開催予定)も着々と準備中!伝説の道場OBが・・・!?


合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは、ゆっこです。毎朝布団から出るのが辛い季節になりましたね。。気合を入れないと動けない今日この頃です。

さて、本日は私年内最後の投稿となります。そこで、今後中小企業診断士になる皆様のご参考になればと思い、この一年を振り返ってみたいと思います。

昨年12月に口述試験の切符を手に入れてからのこの一年、まさに怒涛の日々でした。月ごとに主だったものを時系列で挙げていこうと思います。

2016年12月

・口述試験への切符を手にいれる

・道場口述セミナーに参加する

・某執筆プロジェクトにお声がけいただく

・実務補習で必要だと聞き、ノートパソコンを買う ←まだ口述試験前。だいぶ気が早い。

・口述試験受ける

2017年1月

合格発表!

・合格発表後すぐに実務補習5日コースに申し込む ←すぐに埋まると聞いて。

・某執筆プロジェクトキックオフ

・個人事業主の開業届、青色申告承認申請を出す

8代目、道場開き

2017年2月

・実務補習5日コース ←夫に有給を取ってもらわなければならず15日コースは断念。

・道場執筆スタート

2017年3月

・某執筆プロジェクトが佳境に入る

・某雑誌某企画の取材を受ける

「取材の学校」の受講を申し込む

・Dropbox有料会員に ←何かと使うため容量が不足

2017年4月

・協会の新歓イベントに参加、地元協会に入会を決める

・「取材の学校」受講

道場春セミナー開催

・Gmailアドレスを取得 ←Gmailを使っている人が多かったため。郷に従う

・実務従事案件開始 ←仲間に声をかけてもらい、リーダーに。

2017年5月

・「取材の学校」受講

・実務従事案件進行

・協会会報委員に立候補

・MFクラウド有料会員に ←仕訳が増えてきた

2017年6月

・実務従事案件報告終了。診断士登録の申請をする

・協会活動も少しずつ増やす

・初めて原稿料をいただく ←嬉しかった!

2017年7月

・某執筆プロジェクトの書籍が出版される ←嬉しかった!

診断士登録!官報に載る ←嬉しかった&ホッとした!

・研修講師の活動も開始

2017年8月

・道場夏セミナー開催

・経営改善指導案件がスタート

2017年9月以降

・経営コンサルティング、執筆活動、研修講師活動、などなど、本格化。 ←すごいことになってきた・・・!!

現在に至る

といった感じです。いかがでしたでしょうか?

私の場合はもともと無職だっため、合格後すぐに個人事業主として独立しました。

おかげさまで多くのご縁に恵まれ、「診る・書く・話す」の全てをほぼ満遍なく経験させていただいております。

これらのご縁、全ては道場に合格体験記を寄稿したところから始まった気がします。いえ、気のせいではないです。

皆様も、まずはぜひ、合格体験記、未合格体験記をお寄せいただき、道場メンバーとつながりませんか?そしてもっと詳しく合格後の世界の話を聞きたい!という方、何やら新しいセミナーが企画されている様子ですよ!?

 

それでは!ゆっこでした。

 


合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

おはようございます、8代目のたっしーです。

一昨日は口述試験、お疲れ様でした。無事に回答することが出来ましたか?
例年通りの突破率であれば問題ないと思います。

また筆記試験の発表以降、受験者の方から「お世話になりました」とか「お陰さまで合格しました」とご連絡を頂くことがありました。
とても嬉しい言葉ではありますが、合格するまでにきっかけやヒントを得るきっかけになったり、背中を押したりすることがあったとしても、合格を掴んだのは皆さんの頑張りによるものだと思っていますので、胸を張って下さいね。

一発合格道場では、そんな皆さんの頑張りを「体験記」として募集しています。昨年、8代目メンバーも寄稿していますが、これは今、またはこれから合格を勝ち取る方にはとても有益な情報になります。謙遜しすぎたりせずに、ご自身の歩みを体験記としてお送り頂けると嬉しいです。

==================

さて本題に。

今年一年はどの程度、成長できましたか?

具体的な数字で表すことは難しいですが、私は例年になく成長できた年だと感じています。
他のメンバー(ながITOその)も記事にしていましたが、今日は1年の振り返りとして、様々あるといわれている診断士の活動の中から、私の活動を記事にしていきます。2次合格者の方は活動の事例として、今年は残念な結果に終わってしまった方はモチベーションの種として、活用して下さい。

また有償の仕事、無償の仕事、自己研鑽など、色々混ぜこぜになっている点は、ご容赦ください。

とある企業内診断士の歩み~未来の自分と出会う旅~

<受験生支援>
・セミナー
・ブログ
・勉強会 など

大体12月~1月にかけて各団体の募集があり、私も恩返しと自己研鑽のために参加しました。ここはある程度皆さんが触れている部分なので割愛しますが、ブログやセミナー(東京/大阪)で活躍?していました。メインで行うのは1年間なので、そろそろバトンタッチの時期になりました。

<執筆活動>
・企業診断7月号(コラム)
・協会会報誌1月号(自己紹介)

コラム執筆のお話を頂き、今年の7月号で執筆させて頂きました。普通にサラリーマンをしていると、執筆の機会は少ないので、とてもいい経験になっています。また先日お話を頂き、協会会報誌の執筆も行いましたので、年明けには掲載されるはずです。
文才が無いと感じることが多かったですが、道場ブログの1記事分(2,000~3,000字程度)の文章であれば、苦にならなくなりました。

<企業診断/支援>
・実務補習ABC社:2月頭~3月中旬(診断)
・卸売業D社:5月頭~6月末(診断)
・製造業E社:7月中~1月予定(支援)
・小売業F社:11月末~2月予定(診断)

実務補習は15日間で申し込んだのでかなり期間が短いですが、数か月に一度のペースで企業様の診断/支援活動を行っています。実務を通して学ばせて頂くことは本当に多いので、今は数人のグループで対応させて頂いています。
色々理由はあるのですが、時間と手間をかけてじっくり対応するようにしているので、同時並行はなかなか辛い印象を持っています。

<セミナー>
・大阪協会青年部
・某士業青年会

内容は違いますが、ご縁があってセミナーに登壇しました。どちらもグループでコンテンツを作成し、登壇しましたので多くのことを勉強しながら行えました。来年は、同様のコンテンツを別の場所で行う話や、新たなグループでの開催のお話、企業様と一緒にセミナーする話などが進行中なので、今年より増加する予定です。
営業を長くやっているお陰で、セミナーの登壇は個人的に好きです。

<協会活動>
・研究会参加(月1回×2団体)
・分科会(月1回)
・青年部(月1回)
・スキルアップセミナー(月1回)

主にインプットに近い内容が多いですが、所属している各団体の定例会には毎回参加していました。追加で打合せをすることもあるので回数はもう少し多いかもしれません。多くの方と知り合い、刺激を頂くいい場として活用しています。また(積極的に手を挙げれば)企業支援やセミナー、論文などのアウトプットの機会もあります。私は今、分科会で論文作成を行っています。来年以降も同じくらいの活動をしていきたいと思っています。

<その他>
・資格試験勉強
・企業連携

様々な活動を行っていると自分の能力/知識の無さ痛感します。敢えて新しい領域にチャレンジしている面もありますが、診断士試験勉強の時に確保した朝の1時間は、資格の勉強や自分の勉強を最優先にしています。今年~来年にかけて、何個かの資格にチャレンジすることを目標にしながら、日々の研鑽を怠らないようにしたいと思っています。
また企業連携は、何と表現するか迷っているところなのですが、企業様と一緒になり、何個かの活動を行っています。秋口位から本格化してきたおかげで、今は活動の中心になってきていて、来年も加速していく予定です。

以上が、凡そ1年で行った活動になります。
全体を通してみると「もう少し頑張りたかった」と思っていますが、来年は今年の種まきが花開くものもあるので、活動の形も少し変化をする予定です。
また診断士になってからの自己研鑽の仕方が、受験時代(独学)のやり方/考え方と似ているな・・・と感じています。正解があるものではないので、皆さんもご自身の考えやスタイルに合った方法模索して下さいね。

夢なき者に理想なし 理想なき者に計画なし 計画なき者に実行なし
実行なき者に成功なし 故に 夢なき者に成功なし

これは幕末の武士で、松下村塾でも有名な吉田松陰さんの言葉。私の自己紹介でも紹介していますが、個人的にとても大事にしている言葉です。計画や実行の大切さを語ることは多いと思いますが、それも「夢」が原動力になるという、強い言葉。
これからどうしていくか?どうしていきたいか?を考えることは、時に難しさや辛さが伴います。ですが、多くの選択肢から選べることはとても幸せなことだと思います。正直、今まで通り普通のサラリーマンをしていたら、ここまでの選択肢は無かったように思います。
皆さんはどんな選択肢を選びますか?是非とも自分が思い描く道を選択してください。

今年に私が書く記事はこれで最後になります。年明けからは体験記の掲載が多くなると思いますので、楽しみにしていてください。
それではまた来年お会いしましょう。

たっしー

合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

おはようございます
世界の畠ちゃんです

昨日の口述試験を受験された皆さん、大変お疲れ様でした!

 

最後の関門ですから、緊張された方も多かったと思いますが、みなさん終わってホッとされたのではないでしょうか?

私も受験をした立教大学から池袋駅に歩くまでの10分ほどは、診断士試験もこれでとうとう終わったんだと思うと、なんだか嬉しくて、足どりも軽く帰ったような気がいたします。

でも、合格率ほぼ100%とは言っても、昨年までは最終合格発表が年明けだったため、年末年始はモヤモヤした気持ちで過ごしました。
でも今年は、合格発表が12月26日火曜日ということで、1日遅れながら最高のクリスマスプレゼントになりそうですね!

さて今日は、先日のますけんの記事にもありましたが、合格体験記を書きましょうというお話です

1.体験記を書きましょう

(口述試験を受けた方)
年内に自分の今までの軌跡を振り返るというのは、とてもいいと思います
「この先生の授業に出会えたから合格できた」
「一発合格道場のセミナーに来たから合格できた」とか、いろいろなきっかけもそうですし、
その他にも、この難関試験を突破したあなただから感じたことがきっとあるはずです。
そして、それを知らせることで、あなたの合格体験記を参考にして来年合格できる方がいるはずですので、ぜひ、あなたの知見をシェアしてくださいね!

 

(口述試験に進めなかった方)
受験は水物ですし、試験の際に書いた答案が評価されなかっただけであって、あなた自身やあなたの努力が否定されたわけではありません。
ただ、前に進むためには総括が必要ですので、未合格体験記を書いていただけたらと思います。

以前私の投稿で、社労士試験に落ちた話を書きました。
私は不合格だったとき、自分の至らなさを直視する勇気が持てず、現実逃避して4ヶ月も机から遠ざかりました。その後、一念発起して机に向かった時、最初に痛感したのは失った時間の大きさでした。なんとか、翌年の試験で合格することができましたが、診断士試験だったら、通らなかったでしょう。

さらに、これは統計的な情報がないので個人的な推測ですが、診断士試験は以前よりも認知度が増えてきていることもあって、いままで以上に高学歴の方(受験戦争の勝ち組)が参戦してきているように思います。

仮にそうだとすると、大多数のみなさんは努力の量で上回るしかありません。
そう考えると、一度本番を体験しているのは、大きなアドバンテージですね。来年に向けて一日も早く、勉強を再開するしかありません。

ただ、張りつめていた糸が緩んだ今、勉強を再開させるにはスイッチが必要です。
そのためのきっかけとして、未合格体験記を書かれることをお勧めいたします。

もしかしたら、悔しさで、書き進められないかもしれません、
自分に腹が立つこともあるかもしれません、
模範解答も示されず、採点基準も謎であることに不満を募らせるかもしれません。

でも、そういった色々な気持ちを、自分の外に吐き出す(アウトプット)することは、まさにデトックス効果(解毒効果)があると思います。

「新しい空気を吸うためには、まず息を吐かなければいけません」
楽しいイベントも多い年末年始を、あなたを支えてくれた人達と楽しく過ごすためにも、来年度の合格に向けて良いスタートを切るためにも、ぜひ書き始めましょう!

 

2.体験記を読みましょう

 

合格体験記は、道場の左側のココにあります
お薬ハックさんが目次を作ってくださっているので、大変見やすく整理されています
ぜひ、ご確認くださいね!

私は診断士受験を決める前に、年末年始を利用して一発合格道場の体験記を爆読しました。
その中で、私の想定していた受験スタイルに近い方の勉強法を色々参考にして、教材などを決めていきました。
本当に、道場の合格体験記がなければ私は合格することはなかったと思います

これから受験を考えている方も、
勉強を始めたけれど、この方法でよいか迷いがある方も、
来年に向けてリベンジを誓う方も、
他の方の体験記をぜひぜひ読んで下さい。

きっと得るところが多いと思います。

ぜひ、読もう、書こう、体験記!!

世界の畠ちゃんでした

合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは、ますけんです。

先週の金曜日は2次筆記試験の合格発表でしたね!

合格者は830名ということで、過去最少である昨年(842名)を下回る合格者数でした。そのような厳しい試験を合格された方、本当におめでとうございます!明日、日曜日が口述試験です。合格率は極めて高いといえども、油断は肝心です。

昨日のロックの記事先週の私自身の記事などを参考にしながら、ラスト1日しっかり対策しましょう!


さて、2017年も残り少なくなってきました。筆記合格発表後ということで、今回は合格された方、残念ながら不合格だった方それぞれに、年内にやるべきことのアドバイスをさせていただきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

<1.見事合格された方へ>

①必ず口述試験を受験する

当たり前ですが、口述試験を受けなければ今までの努力が水の泡です。這ってでも会場にたどり着いて受験をしましょう!ここ最近急に寒くなってきたので、体調管理を万全にして明日を迎えましょう。

②実務補習の日程の都合をつける

合格後、最初の関門は実務補習です。登録には15日分の実務が必要です。来年の2・3月に5日間コースで残りを夏以降に回すか、15日コースでまとめて要件を満たすかのどちらかを多くの合格者が選択します。ただ、どちらのコースも平日と休日に合わせて実施されるため、会社を休む必要が出てきます。そのため、早めのうちに周りの同僚や上司に相談し、お休みをもらえる準備をしておきましょう。
なお実務補習は5日間コースが約5万、15日間コースが約15万と結構高額です。金銭的な折り合いをつける必要があります。

③合格体験記を書く

1回の実務補習でも一人当たり約1万〜2万字ほど、レポートを書く必要があります。それも仕事をしながら約1週間で書く必要があるので、相当ハードです。今のうちに少しでも「書く」練習をしておいた方がいいでしょう。
そんな時に、合格体験記はうってつけです。まずは自分の受験生活をうまくまとめることで、実務補習への免疫を作っておきましょう。

 

<2.残念ながら不合格だった方へ>

①気持ちの整理をつける

1週間経ってもなお不合格という事実に直面するのは辛いことだと思います。そうした気持ちを落ち着かせ、少しでも前向きな気持ちになれるように整理しましょう。
独学のからは難しいかもしれませんが、個人的にオススメなのは、受験仲間に会うことです。同じ苦労を味わった仲間同士で意見交換や情報交換を行うことで、今後の指針につながります。また、そうした話し合い中で自らの心に秘めていた気持ちにもう一度火がついてまた頑張ろうと思えるかもしれません。私自身、1年目不合格の時、慰労会という名目で受験仲間に再会できたのは大きかったです。すぐもう一年頑張ろうという決心につながりました。

②得点開示を行う

そのさんの記事に書かれている得点開示。確かにメリット・デメリットはありますが、個人的には開示請求を行った方がいいと感じております。一番の大きな理由は一つの区切りになるからです。あと何点足りなかったのかのか、どの事例が弱かったのかが見えることで、あと一年間頑張る決心をするスタートポイントになるはずです。早めのうちに開示請求を行いましょう。

③不合格体験記を書く

ちょっと手間がかかりますが、不合格体験記を書いてみましょう。不都合な過去に直面するのは大変ですが、文字に起こすことで「何がいけなかったのか」、「来年に向けて改善するポイントはどこか」といったことが見えやすくなります。当道場で度々触れられている通り、2次試験合格にはPDCAサイクルの質が求められていますので、反省がしっかりできる人は非常に有利です。
当道場では不合格の方の体験記も募集しておりますので、是非ご検討ください。

ますけんでした。

合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは、ロックです。
本当に寒くなりました。冬本番ですね。私は寒いのが極端に苦手なので生きていける気がしません…。お互い頑張って生きていきましょう…。

と、かなり低いトーンでスタートしてしまいましたが、真面目な話、寒さ対策をキッチリして、体調管理に気をつけてくださいね!


そして、今週末はいよいよ最後の関門、口述試験です。
準備はいかがでしょうか。
本日は口述試験直前のおさらいを書いていこうと思います。

第一の難関:会場につくこと
口述試験の最大の難関は「会場に無事に着くこと」です。(逆に言えばなんてイージーな試験なんだ!)
事故・病気等には特に留意の上、時間に余裕は持ち過ぎなくらい持ってお出かけください。
また、ものすごく初歩的な話ですが、前日は、可能な限り早く寝ましょう。
(ちなみに私はかなりの二日酔いで受験しました…そんなことには絶対にならないように…)

加えて言うと、何があるかわかりませんので、私はお財布の中身にも余裕を持って置くことをおすすめします。
どうしても電車が動かなくなるなどの事態も考えられますので、タクシーを利用するなどの機会もあるかもしれません。自宅 ⇒ 会場までのタクシー代くらいは持っていると安心できます。(クレジットカード可のタクシーも多いでしょうけど…念のため)

第二の関門:とにかく黙らないこと
次に想定される難関は、「頭真っ白何も話せない」です。
特に緊張しがちな方は、少し怖さをお持ちかもしれません。

ともかく、何も話せないとNGです。裏を返せば何か話せてしまえばOKです。
一週間、想定問題集などで対策をされてきたと思いますが、本番は頭が真っ白になって飛んでしまうこともあるかと思います。
もし頭が真っ白になってしまった際には、答えを問われて試されているのではなく、コミュニケーション力を見られているのだと割り切って、素直に「沢山準備してきたのですが、頭が真っ白になってしまいました…」とか「やっぱり緊張しますね…」など、そのまま今の自分の状態を伝えてしまうのも手かと思います。
(もちろん中小企業診断士の立場で事例企業について回答できるのがベストですが)

私も本番は、会話のつもりで、自分の実業での経験などを織り交ぜながら気楽にお話してきました。

具体的な試験対策については、ますけんがじっくり書いてくれていますので、改めて一読いただくと良いかと思います。


さて、期間は人それぞれだと思いますが、ここまで合格を目指して走ってきた皆さんにとって、口述試験は言うまでもなく最後の門となります。
万全を期して、しかしながらリラックスして、どうぞ診断士行きの最終切符を手に入れてきてください。あと本当に残りわずかです。そして長い間、本当にお疲れ様でした。
中小企業診断士として、皆様と会えるのを楽しみにしています。

ロックでした。

合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

一発道場の読者の皆さま、こんにちは。TOMです。

 

二次筆記試験の発表から1週間近くが経ちました。晴れて合格となった方は12月17日の口述試験に向け、緩んだ頭を引締め、面接の練習に励んでいると思います。一方、残念ながら苦杯を嘗める結果となった方は、なかなか気持ちの整理がつかないとは思いますが、憂いていても残念ながら始まりませんので、早く気持ちを立て直し「今後の計画を立て、新たなスタート」を切って下さいね。

また、先日の口述セミナーにご参加頂いた皆さま、有難うございました。口述試験は合格率を見る限り、ほぼ落ちることがない試験です。しかし、常に100%の合格率ではなく、対策はやはり必要です。当代や先代の口述試験に関する投稿を参考に、最終合格を勝ち取って下さい。なお、セミナーレポートはルナが投稿していますので、こちらも是非参考にして下さい。


さて、本題です。

本日も前回に引き続き『町工場の娘』を紹介します。

前回、社内改革の実施策の例として以下3つを紹介しました。

  • 5Sの徹底
  • QCサークルの導入
  • 経営方針の策定

本日は、上記以外に著者が行なった3つの実施策をご紹介します。

【生産情報の一元管理】

社長が事業を引き継いだ際、会社には売掛金・買掛金を管理する情報システムはあったものの、受注後の進捗管理ができる情報システムはありませんでした。そのため、取引先から進捗状況や納期の問い合わせがあった時、営業担当者が工場内を駆け巡り職人一人一人に生産の進捗を確認していたため、正確な情報を直ぐに取引先に返答することができませんでした。そこで、社長は就任2年目の2005年に生産管理システムを導入します。これにより、進捗管理(生産統制)だけでなく、日程計画(生産計画)のシミュレーションも可能となり、生産中の案件の納期を考慮しつつ、他の取引先の短納期要請にも対応できるようになりました。社長はSWOT分析で自社の強みを「技術力」だけでなく、顧客への「対応力」としています。このシステム導入により、「対応力」に磨きが掛かり、顧客の信頼がより得られるようになったと総括しています。

事例Ⅲでは「情報」に関する設問がよく出題されます。C社に問題が発生し、原因が情報の流し方や共有方法にあるので、その対応策を回答する例や、これまで問題が発生していなくても、新たな取り組みを行う際、既存の情報の流し方を維持すると問題が発生するため、その対応を課題とし、対応策も問う例などです。いずれの場合も中小企業に対する助言なので、与件文を無視して、いきなり投資を伴う「情報システム導入」を対応策とするのはご法度です。しかし、「情報化」は中小企業白書でも取り上げられるように重要なキーワードですので、押さえておいて損は無いと思います。

【業務の標準化とマニュアル化】

社長は就任3年目の総仕上げとして業務の標準化とマニュアル化に着手します。2年間の活動で作り上げた業務を「維持・継続・発展」させるためです。受注・生産・納品までの基本業務を定めた「業務処理基準書」、検査手順を定めた「検査基準書」、製品の品質を定めた「品質管理基準」など複数の基準や手順を部下とともにまとめ上げます。この文書は新入社員が入社した時の教育資料ともなり、効率的な教育が可能となる別の効果も生み出しました。

「標準化・マニュアル化」は事例Ⅲ回答時に常に念頭においておきたいキーワードです。業務にばらつきがあった場合や、業務が個人やある特定の部門だけでなされている中、今後、業務を複数で行う必要が発生した場合などに使える対応策です。

【有形資産の活用】

社長が事業を継承し事業が軌道に乗った2008年、不運にもリーマンショックが会社を襲います。受注が無くなり、赤字が続く厳しい状況に陥ります。社長は已む無く社員に工場の整理・整頓(5S)や修繕を指示し、自らも参加します。この過程で社長は工場の空き倉庫をバレエ教室のスタジオに転換することを閃きます。社長は趣味でバレエを習っており、都内では高い賃料がネックとなって、バレエ教室を開きたくても開きにくい現状を知っていました。相場より安い賃料にすれば、そのニーズに対応できると考えたわけです。果たして、社長の思惑は的中し、20〜30万円/月を売り上げる収益源となりました。

少し古いですが、平成21年度の事例Ⅱでスポーツ用品店と銭湯が共同事業を行う事例がありました。平成21年は西暦で言えば2009年、リーマンショックが襲った翌年です。中小事業者が互いの資産を活かし協業しながら活路を見出すという取り組みが合致します。

なお、著者は「組織・人事」の取り組みに焦点を当てた著作も上梓しています。内容がダブるところはありますが、興味を持たれた方は、以下の一冊も手に取ってみては如何でしょうか?

人口減少が明らかな中、企業規模を問わず、「人材の確保・育成」は常に重要な課題です。その課題に対しどのように取り組んだかが紹介されています。特に逆三角形型の年齢構成だった職場をバランスの良い年齢構成に変えていく取り組みは非常に素晴らしいと感じた次第です。

以上、TOMでした。


合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは。そのです。
先週金曜日、二次試験の結果発表を確認された瞬間は、苦しい勉強を続けてきたすべての受験生の方に、笑いであれ涙であれ、大きなインパクトをもたらすものであったと思います。
試験って、「見えないところで結果が確定しているだろう時」から、「こちらが確認できる時」までにインターバルがあるので不思議な感覚がありますが…(私はこの話でいつも『シュレーディンガーの猫』の話を連想します)人生が変わるのは結果を確認した瞬間なんですよね。

スポーツなど一瞬で決まる勝負はもっとシンプルで、その瞬間を境に先ほどまでとは全く別の人生が分岐して行きます。私も、今でも人生で思い出す瞬間があります。(ちょっとだけ思い出話をさせて下さいね)私は大学時代に馬術部だったのですが、卒部前の全日本大会で、総合馬術の最後の最後、余力審査で落馬失権してしまいました。あまりに一瞬のことに現実が受け入れられず呆然としていると、今までのことが走馬灯のように目の前に浮かんできました。全日本に出るまで、下級生の下積み時代から考えれば4年間を費やし、つい先ほどまで最高のコンディションで「その瞬間」に臨むために、ギリギリまで調整をしていたのです。つい、先ほどまで必死にやってきた日々が、一瞬で過去のものになってしまった…それを心が理解し始めた時、涙は溢れだして止まりませんでした。
それでも次第に事実を受け入れ、再び前を向くのに時間がかからなかったのは、「努力を積み重ねてきた自分がいる」ことに疑う余地はないと思ったからです。残念ながらその試合は再チャレンジできるものではありませんでしたが、結果よりも努力した事実が、その後の人生に大きく影響することになったのだと思います。

思い出話が長くなりましたが、中小企業診断士へのチャレンジ、そして合否という結果を受けとめる瞬間は、皆様にとって人生が変わる機会になったのではないでしょうか。残念な結果だった方は悔しい思いでいっぱいだと思いますが、幸いなことに、来年も、何度でも、チャレンジできる試験です。一発で颯爽と駆け抜けるだけが、かっこいいとは私は思いません。何度折れても折れても這い上がる、そういう方こそ、尊敬して止みません。「そこまでする資格か」と周囲に言われるかもしれません。でも、資格の価値よりも、努力を続けるあなたの価値こそが、本当にかけがえのないものなのだと思います。

 


さてさて・・・思いがけずダラダラと精神論を書いてしまいましたが今日の本題はそこではなくて、「得点開示」について書こうとしていたのです。

■得点開示って?

ゆっこも書いてます二次試験の得点開示制度。本来は開示しないものである二次試験の得点を、道場の先代がきっかけとなり特別に中小企業診断協会から郵送で教えて貰える仕組みです。(再掲:詳しくは協会のHPで
住民票を用意しなければならない手間があり、返送にも1か月近く時間がかかることもありますが、手続きさえすれば誰でも得点結果を知ることができます。

■得点を知ってどうするの?

ですが、少し考えて頂きたいのは得点を知ってどうするのかというところです。
noriさんの記事では、得点開示の結果を翌年の勉強にうまく活かしている事例が紹介されています。
一方で、「1年目は事例Ⅳが良かったから2年目は悪かった事例Ⅲに力を入れた。結果、2年目は事例Ⅳが大変なことに…」など、得点開示の結果に惑わされてしまった(?)話もよくお聞きします。「あと一点だった!」といった悔しさに一年間囚われてしまう話もよくお聞きします。
ちなみに私は、二次試験の一回目で不合格だった時は得点開示の請求をしませんでした。4段階は分かるので「Cだった事例Ⅲが不得意」くらいは認識はしていましたが、そこそこ得点が高かった科目についても一から勉強するスタンスでいたのが結果としては良かったと思います。
もし一部の科目で高得点がとれていた事を知ってしまっていたら、講師や先輩に言われることが素直に聞けず、二年目も失敗した可能性も大いにあると思っています。
得点開示のメリデメは次のようなポイントかと思います。

<得点開示のメリット>
得意不得意を知ることができ、翌年の勉強に繋げられる。
再現答案と合わせて色々な方に意見を聞く材料になる。

<得点開示のデメリット>
得点に引っ張られ、本質的な敗因分析を省略してしまいがち。
結局、採点基準は正確には分からない。的を外した解釈で、翌年の学習計画の方向性を誤ることにも繋がりかねない。

得点は知ってしまうと、「気にしないようにしよう」と思っても気になるものです。これから一年間勉強をしていくにあたって、必ず心のどこかに引っ掛かり続けます。得点開示はメリデメをよく理解して、「開示の結果をどう活かすか?」まである程度考えてから、請求をすることをおすすめします。

 

今年残念な結果だった方、来年でも
大丈夫、あなたは、ぜ~~~ったい合格しますから!
がんばっていきましょう!そのでした。

 

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

みなさんこんにちは、ながです。

口述セミナーにご参加いただいた方、あらためてありがとうございました&お疲れさまでした!
本番に備えてあえて厳しい質問もしましたが、「大変参考になった!」との声を多くいただき、嬉しい限りです。
口述試験までまだ時間がありますので、油断せず、やれることをやりきって最後の砦に臨んでくださいね。
セミナーブログをまだチェックしていない方はコチラからどうぞ。


さて、本日は診断士試験からちょっと離れて「レジリエンス」についてお話したいと思います。
3、4年前に話題になった言葉らしいですが、私は半年ほど前に知り合いの臨床心理士(のたまご)の方に教えてもらいました。
レジリエンスとは、心理学の世界では「逆境や困難、強いストレスに直面したときに、適応する精神力と心理的プロセスである」と定義されています。

あえて違う言葉に言い換えると、「抵抗力」「逆境力」「折れない心」などが近いかもしれません。「まったくビクともしない強靱な強さ」というよりも、「しなやかな芯の強さ」を表しているようです。

こういった力は特別な人にしか備わっていないもの、と思われがちですが、私たちの誰もが内面に持つもともとの心理的資源だそうです。
以前は、生まれつきの能力で高めることはできないと考えられていましたが、現在では、レジリエンスは鍛えれば誰でも高められる、とのこと。
ということで、このレジリエンスを高める3つのステップと7つの技術を紹介したいと思います。

ステップ1 底打ち

第1の技術:ネガティブ感情の悪循環から脱出する
第2の技術:思い込みをてなずける

失敗や困難に直面すると、精神的に落ち込みやすくなります。不安や心配、憂鬱感、罪悪感などのネガティブな感情は悪循環となり、延々と引きずりがちですが、その悪循環を断ち切ることが最初のステップです。(第1の技術)
何か失敗した時は、マイナスな感情をずっと抱えがちですが、まずは心を沈静化しましょう。それができたら、過去の失敗体験を大きく捉え過ぎていないかを振り返り、不要な思い込みを捨てることで「底」を脱出します。(第2の技術)

再起を図る上で、このステップは特に重要です。ショックから立ち直るには大きなパワーが必要なので、場合によっては焦らず時間をかけてやっていくのが良いと思います。
黙々と自分の心と向き合うのもいいですが、気晴らし、いわゆるガス抜きをしながらやっていくのも手です。趣味に没頭する、旅行に行く、運動する、好きなアーティストのライブに行く・・・何でもOKです。
ちなみに、私の気晴らしは、ビール片手に海外サッカーを観ることや、親しい友人との飲み会、自分でつまみを作りながらビールを飲む・・・などなど。
こう見るとビールばっかり。ガス抜きどころかガス注入してますね(笑)

ステップ2 立ち直り

第3の技術:自己効力感を身につける
第4の技術:自分の強みを活かす
第5の技術:心の支えとなるサポーターづくり
第6の技術:感謝のポジティブ感情を高め

元の心理状態に回復するステップです。ここでは心の筋肉である「レジリエンス・マッスル」を鍛えることで手に入る、障害を乗り越えて前進する力が必要です。
まずは、「自分はできる」という自己効力感を高めていきましょう。(第3の技術)
自己効力感を高めるには4つの要素があるそうです。
1)直接的達成経験 - 自分でチャレンジして達成と成功の体験を積み重ねる
2)代理的経験 - 自分で経験したことでなくても、他の人の行動を観察することで「自分でもできる」という信念を生み出す
3)言語的説得 - 「励まし」。自分を叱咤激励してくれる人がいると、自信向上が早まる
4)生理的・情動的喚起 - 心身の状態が良いことや前向きな気分は自信を高める

また、いざというときに心の支えとなり支援してくれる人を大切にしましょう。(第5の技術)
立ち直りが早い人ほど、周りに心の支えとなる人がいるように思います。たとえばこんな人。
1)大変な経験をした時に助けてくれる人
2)困った時に情報を提供してくれる人
3)問題に直面した時にアドバイスをしてくれる人
4)つらい時に一緒にいるだけで安心できる人

人間ひとりでは生きていけません。家族、恋人、友人、同僚、上司、恩師、ペット・・・心の支えは人それぞれですが、そういった方たちと日頃から関係作りをしておくこともレジリエンスの強化になります。

そして、ここで出てくるのは意外かもしれませんが、人に感謝することも非常に大事。
感謝というポジティブな感情はネガティブな感情を帳消ししてくれます。小さなことでも感謝を表現することは、心の筋肉の強化にもつながります。(第6の技術)

ステップ3 教訓化

第7の技術:痛い体験から意味を学ぶ

過去の逆境体験を振り返り、次に繋がる意味を学ぶ内省が最後のステップです。失敗の原因を追及し、解決策を実行することで、次の失敗を防止することが望まれます。(第7の技術)

失敗を好んでする人はいません。避けられるのであれば、避けたいものです。
でも、挑戦する人は必ずと言っていいほど失敗をします。
その失敗にちゃんと向き合い、何かを学ぼうとするかどうかが、その後の結果を大きく左右するんだと思います。

『失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければ、それは成功になる』
(松下幸之助/実業家)

今年度の診断士試験で思うような結果が出なかった方もいらっしゃるかと思います。
私なんぞの存在が、この試験への再挑戦をとやかく言う資格はありません。
ですが、今回紹介したレジリエンスの話が、これまでの挑戦を振り返る参考になり、新たな目標を見つける一助になれば嬉しいな、と思います。

以上、ながでした。

【参考資料】
・月刊リーダーシップNo.713「レジリエンスを高める7つの技術」(17年12月9日アクセス)
http://www.kantokushi.or.jp/lsp/no713/713_01.html
・モチベーションアップの法則「レジリエンス~折れない心を手に入れよう」(上記同じ)
http://www.motivation-up.com/up/resilience.html
・SBクリエイティブOnline「折れない心「レジリエンス」を鍛える7つの技術【前編】【後編】」(上記同じ)
http://online.sbcr.jp/2014/12/003903.html
http://online.sbcr.jp/2014/12/003904.html

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

こんにちは、雑草魂のルナです!
8日金曜日に発表になった「二次筆記試験」に合格されていた皆様、本当におめでとうございます。
これまでの努力が報われたと、ほっとされている方も沢山おいでだと思います。でも、二次試験はまだ終わりではないのですよね…(笑)。はい、次の日曜日に控えている、二次口述試験があります!

これまでの二日間に、各所で行われている口述対策セミナーに参加された方もいらっしゃったと思います。この一週間は、できるだけ機会を見つけて口述対策セミナーには参加されることをお勧めします。場に慣れる、というのはとても大事です。どうしても対策セミナーに参加できない方は、ご家族に協力いただいたりしながら練習をしてくださいね!

道場では昨日、口述対策セミナーを実施いたしました。会場に来られなかった皆さんにも会場の熱気をお伝えしたく、本日は雑草流「一発合格道場 冬の絶対合格フェス ~最後まで気を抜くな~」レポートをお届けします♪。


第一部では、たけぴょんから口述試験についの概要について説明がありました。

口述試験は「落とす」ための試験ではありません。

ここ2年の合格率は100%です。でも過去には何人か、不合格になった人もいます。

その原因は…?

「伝説の不合格者」にならないために、絶対に絶対にはずせないのはこの2つ!

  1. 当日会場に遅れず行く!(やむをえない事情であっても、遅刻・欠席すれば不合格)
  2. 面接に入ったら沈黙はしない!

第二部は、口述対策セミナーの本題、模擬面接です。

八代目の面々が怖い(?)面接官役として3人前に並びます。

道場の口述セミナーでは2回の模擬面接の機会がありますので、一回目でフィードバックされた内容を2回目の模擬面接ですぐに生かすことができます。

皆さん慣れない雰囲気の中、緊張しつつも設問に頑張って答えておられました。

(後ろを向いている方は、本番同様、廊下で自分の番を待っているイメージです!)

質問にすぐに答えられないときには、こんな対応をされている方もいました。

質問の内容について全く答えられない→「〇〇についての知識を持ち合わせておらず、本日お答えすることができません。申し訳ありません」
質問の内容が頭に入らない→「申し訳ございません、もう一度質問をお願いしてよろしいでしょうか」
長い質問で質問の意図がわからなくなってしまった→「〇〇について××というご質問でよろしいでしょうか?」
質問の題意に答えられないが、周辺情報については答えられる場合→「〇〇については失念してしまい、答えられなくて申し訳ありません。××についてお話させていただきますと…」
こんなこともありました
面接官からの質問を捉え切れていない→答えが問われた内容に足りておらず、面接官からその部分について再度質問がある
回答が短すぎる場合→面接官から「〇〇の観点からはいかがですか?」などの追加質問がある
一般知識を問われていて、回答が短すぎる場合→「〇社(事例企業)に当てはめた場合はいかがでしょうか?」

面接官役からの指摘で主なものにはこんなものがありました

  • アイコンタクトをしながら話をしましょう
  • 質問に対しての回答が終わったら「以上です」と言うことで、良いコミュニケーションにつながる
  • 声を大きめに(広い教室をいっぱいに使って、面接官が遠くにいる場合があります)
  • 回答時間を意識して答えましょう
  • 話す速度(ゆっくり目の方が時間を稼げる!)

横で拝見していましたが、皆さんしっかり事例企業について事前に確認してこられておいででした。それでも緊張すると、なかなか言葉が出てこないもの。まだ当日まで1週間近くありますから、ぜひ事例についてはしっかり読み込んで、質問されたことがすぐにイメージできるようになっておいてくださいね。


セミナー終了後は、懇親会へ。

皆さん、これから始まる「診断士活動」への期待や不安を、目を輝かせながら語ってくださいました。自分たちの1年前を思い返して私も感慨深かったです。

最後の関門、二次口述試験に向けて、とにかく体調管理に気を付けて頑張ってきてください!

ルナは皆さんの頑張りを最後まで応援しています♪

合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

みなさんこんにちは!たけぴょんです。

昨日は2次筆記試験の合格発表でした。

合格者830人、合格率19.4%

合格者は昨年に比べ12人減少、合格率はほぼ昨年並みという厳しい試験でした。

合格された方

合格本当におめでとうございます。厳しい2次筆記試験を突破した余韻にもう少しひたりたいところですが、8日後、12月17日(日)の口述試験まで最後まで気を抜かず、ゴールテープを切りましょう!

口述試験対策については、ITOロックますけんゆっこたっしーの記事なども参考に、しっかり面接対策を行ってください。

我々一発合格道場などの受験生支援団体や予備校で実施される模擬面接を最大限活用するのがオススメです。

すでにかなり予約で埋まっているようですが、団体や日にちによってはまだ若干の空きがあるようです。こちらに模擬面接の実施団体をまとめたサイトがありますので、まだ模擬面接予約できてないという方はぜひ確認してみてください。

我々一発合格道場は、セミナーは定員に達し締め切りましたが、引き続き懇親会のみの参加を受け付けておりますので、よろしければご検討ください。

残念ながら不合格だった方
ここまで本当にお疲れ様でした。

様々な心境の方がいらっしゃるかと思います。

しばらくはゆっくり休んで、気持ちが落ち着いてきたら、「なぜ自分は診断士を目指そうと思ったのか?」という原点に帰り、その志に変わりはないか自らに問い直してみるとよいかもしれません。

それは頭の中だけで考えるより、文章として書き出すことで、より考えが整理できると思います。

その方法として、次にご案内する「未合格体験記を作成してみる」、というのはいかがでしょうか。

合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

それでは、今日もみなさんお~元気で!

たけぴょんでした。

。:*:★道場冬セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 冬の絶対合格フェス2017
〜最後まで気を抜くな!〜

□ 開催日時:2017年12月10日(日) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第3会議室
□ 定員:20名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆2次筆記試験を突破!口述試験に向けて何を行うべきか?
☆想定問題を使った模擬面接を行いみなさんの不安を解消します!

★12月8日(金)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

今日は待ちに待ったOPEN DAY。

 

二次を受験された方、ぜひ今の思いをコメント欄にぜひ書き込んでください。
8代目全員、全力で合格のご連絡お待ちしております。

合格発表は、こちらの中小企業診断士協会のページで!例年10時頃に発表があるようです。


本日はOPEN DAY

座して結果を待つ。どのような結果になってもあなたにとって大切な1年になったはずです。
診断士試験への想いを書き綴ってください。

書き込んで頂いたコメントに対しては8代目道場メンバー全員で返信致します。

皆さま本当にお疲れさまでした。

(ここからPR)
2次試験合格者には、最後の関門口述試験対策として、本日12時より
一発合格道場 口述セミナー募集開始します。

【セミナー内容】
・受験にあたっての基本情報、注意点
・実践!!口述模擬面接

8代目執筆陣を中心に、シビアかつ適切なアドバイスをお伝えするほか
想定問題を使った模擬面接を実施いたします。

ぜひ、本セミナーを活用して、口述試験のコツをつかんでください。
道場ならではの形式で実施いたします!
模擬面接の関係上、定員20名(申し込み先着順)とさせていただきます。
なお、対象者は筆記試験合格者に限らせていただきます。

また、セミナー終了後、懇親会も行います!!
同期合格の方々との繋がりを作るきっかけにもなりますので、ぜひご参加ください。

 

最後に、

合格された方、本当にお疲れさまでした。最後まで気をぬかず頑張ってください。
そして、診断士としてお会いできることを楽しみにしております。

また、残念な結果に終わった方。来年こそ合格を掴むべく、今日はゆっくり自分を労わってあげてください。あきらめなければ、必ず道は拓けます。

ではでは。
ITOでした。

。:*:★道場冬セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 冬の絶対合格フェス2017
〜最後まで気を抜くな!〜

□ 開催日時:2017年12月10日(日) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第3会議室
□ 定員:20名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆2次筆記試験を突破!口述試験に向けて何を行うべきか?
☆想定問題を使った模擬面接を行いみなさんの不安を解消します!

★12月8日(金)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

おはようございます、8代目のたっしーです。

先日とある士業様向けのセミナーへ登壇した時の懇親会で、これからの業界見通しをお伺いすると「2分されると思う。変化に対応できれば可能性は大きいが、現状維持では衰退するだけ」と仰っていました。確かに、セミナーの話題も「(業務として)ここまでやるんだ?」と少し疑問に思っていたのですが、参加者が比較的若い方だったこともあって、環境の変化に合わせて変革を求めているとの言葉が印象的でした。

私も昨年からの1年を振り返ると、想像もできない程に環境が変わったと感じています。比較的環境への適応能力はあると自負していましたが、未だに「先生」と呼ばれることには慣れていません・・・自信をもって受け取れる自分になりたいと願うばかりです。

====================

さて本題に。

明日のいつ、どこで、結果を確認しますか?

とうとう明日は2次筆記試験の発表ですね。私は会社にいる時間でしたので、10時頃の発表(私は上から見る派)を見て、喫煙所で上司の結果(不合格)を確認して、その後に何故か嗚咽が止まらなくなる症状が出たことを覚えています。
私の受験動機で「伸びきった上司の鼻を折ること」があったので、本来は目標達成を歓喜するところなのでしょうが、今までの受験時期よりも忙しく、また激しく環境が変わることへプレッシャーを受けていたのかもしれません(こう見えて繊細なのです)。

明日、晴れて「口述試験を受験する資格」を得た方は、否が応でも環境の変化が起こります。今日はその点について、ご紹介していきます。

1、口述試験対策

通過率99%超と言われていますが、まずは約1週間後に行われる口述試験を通過し、2次試験合格を手にする必要があります。少しブランクがあると、なかなかピーク時の勉強スタイルには戻れませんが、私は企業概要、強みや課題、関連ワードなどをエクセルに書き出して、A4で1枚程度のまとめ表を作成するなど、対策を行っていました。
あと全知識のなかで使えそうな箇所に付箋を貼り、時間があれば読むようにしていましたが、正直、(営業職なので)人前で話をすることに抵抗が無いため、出来るだけ難しい言葉を使わない(普段の言葉で話す)ことと、何も出てこない場合の言葉(申し訳ないですが、これ以上思い出せません)を中心にイメージトレーニングしていました。
詳しくはITOロックますけんゆっこも記事にしているので、こちらも参考にして下さい。

口述試験対策に不安がある方は、道場メンバーによるアドバイスと模擬面接が体験できる道場口述セミナー明日の12時から申込開始ですので、こちらをご活用下さい。

2、実務補習に向けて

口述セミナーが無事終了すれば、12月26日(火)に2次試験の合格発表が行われます。しかし診断士試験合格は3年間で失効してしまいますので、診断士登録に向けての準備が始まります。登録要件である実務ポイント(15日間以上)を獲得するため、多くの方は実務補習を選択されると思います(実務従事はこちらを参考に)。

私も実務補習(15日コース)を受講しましたが、開催期間は平日6日間(15日コース)が必ず含まれ、また休日もほとんど埋まってしまうため、仕事や家族との調整が必要になります。
そして期間前の事前調査、期間中の調査/討論/レポート作成が深夜まで及ぶこともあり、15日間コースでは1か月半の間、まるごと普段の仕事に影響が出ることも考えられます。
(道場ブログもこの時期からスタートするため、とても大変だったことはいい思い出です)

また時間だけでなく、申込に約15万円(15日コース)の費用が掛かり、その他の準備としてノートPC(MicrosoftOffice込)ネット環境などが必要になりますのでご注意下さい。
そして(地域によって差はあるようですが)2月/3月の実務補習は、ほぼ即日で埋まってしまいますので、上記の調整を申込開始日迄に行っておく必要があります。協会のHPに日程が公表されていますので、こちらもご確認下さい。
私は費用的には個人裁量で何とかなる身でしたので、仕事への影響を正直に上司と相談し、了解をもらいながら進めました。

3、診断士登録の後など

上記の2点は診断士資格の取得に関する事ですが、併せて診断士の活動に関することも検討していく必要があります。

・受験生支援団体

話が少し前後しますが、筆記試験の発表から1月頃にかけて受験生支援団体の勧誘活動本格化してきます。どの団体もおよそ1年の活動期間ですが、それぞれに活動内容やスタイルにがあります。ご自身のやりたいことやなりたい姿、現実的な活動時間と相談しながら検討をしていく必要があります。
私個人の意見としては、ある程度活動できるのであれば、どこか1つには加入することをお奨めしています。様々な経験ができるのも良い点ですが、活動を通じて同期合格者や先輩とのネットワークもできます。1年目は色々な情報が不足しがちですので、迷った際の相談や情報共有できる点はとても助かっています。

・都道府県協会加入と登録研究会加入

15日間コースが無事に終わると、4月に協会で新歓フェスタが開催されます(大阪は4月14日)。ここでは協会で登録されている研究会の説明や勧誘が行われ、同時に協会への加入も行っています。協会に加入するには、入会金(3万円)と年会費(4万5千円)が必要になりますが、各都道府県で金額が違いますのでご注意下さい。
私は大阪府の協会のみに参加し、新歓フェスタの日に加入申込書を記載しました。理由は申込書には推薦人(協会会員2名)が必要になりますので、先輩診断士が多いこの日がスムーズだったためです。その後、2つの研究会と青年部に参加しています。研究会はポイント獲得のチャンスもありますので、興味のある内容であれば積極的に参加するといいと思います。

協会は加入する必要があるわけでは無いですが、何かの活動を行なおうと考えているのであれば、情報面ネットワーク面役に立つことが多いです。とはいえ、入会して何もしないとバッチがもらえることと会報や手帳が送られてくることしかないので、状況に応じてご判断下さい。ちなみに関西圏では掛け持ち(兵庫と大阪など)で入会する人も多くいます。

・その他

挙げだすとキリがないのですが、主要なところでプロコン塾や育成塾への参加、外部団体(勉強会やプロボノ等)への参加などもあります。
また以前にもこの記事で触れたように、なぜ資格を取得したのか?独立するのか?得意分野は?どんな活動をするのか?の質問はよく聞かれますし、支援団体ではどのように勉強したのか?受験校に通っていたのか?何年位かかったのか?なども、よく聞かれますので、それぞれに答えを持っておくとスムーズです。
私は勉強よりも実務を優先しようとしたため、実務補習終わり頃から企業さんと交渉をスタートし、企業診断や企業支援などのお話を進めていました。

まず何よりも、変化を脅威ではなく機会としてとらえなければならない。

これはオーストリアの経営学者で「マネジメント」で有名なピーター・ドラッカーさんの言葉。変化を脅威として捉える人もいるかと思いますが、これを機会として捉えるよう考えることが大切だという、厳しい言葉。
変化の無い状況はよく言えば安定しているのでしょうが、時代は激しく変化しているので、昨日と同じでは後退しているのと一緒だと考えています。

明日は皆さんの環境も大きく変化する日です。特に通過された方にとっては、上記のことが3~4か月の間に訪れます。診断士合格して取り敢えずたくさん活動することが、必ずしも良い事だとは思いませんが、この変化はいい機会として捉えながら、目的に沿った対応を行って下さい。

たっしー

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場冬セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 冬の絶対合格フェス2017
〜最後まで気を抜くな!〜

□ 開催日時:2017年12月10日(日) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第3会議室
□ 定員:20名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆2次筆記試験を突破!口述試験に向けて何を行うべきか?
☆想定問題を使った模擬面接を行いみなさんの不安を解消します!

★12月8日(金)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

みなさんこんにちは、ゆっこです。いよいよ明後日2次筆記試験の結果が発表されますね。知りたいような、知りたくないような、そんな気持ちでいらっしゃると思います。見事口述試験への切符を手にすることができたなら、新たな出会いがたくさん待っていることは間違いありません。

一発合格道場では10日(日)に口述試験対策セミナーを東京都内で開催予定ですが、遠方の方もいらっしゃると思いますので、結果発表をを受けてどのように行動すれば良いか、私なりの考えをお伝えしたいと思います。

<二次筆記試験を通過した方>

1.当然ながら口述試験対策を

私は結果発表があるまで事例問題に目を通すことはしていませんでした。結果を見てから慌てて対策したクチです(^^;

道場の口述試験対策セミナーに申し込んでから、直ちに事例企業のまとめを作成しました。事例企業のまとめについてITOさんも前回投稿していましたね!例によって?まとめノート大公開します。詳しくご覧になりたい方はクリックして拡大して見てみてください。

口述試験では、筆記試験の設問とは全く関係なく、事例企業について質問されます。本番では問題用紙を見ることはできませんので、4社の情報を全て頭に入れていかなければなりません。そこで、A社、B社、C社、D社について、まとめを作成してインプットしました。

具体的には、事例企業のバックグラウンド、これまでの歩み(年表)、強み、弱み、外部環境の変化などについてまとめます。さらに、組織・人事、マーケティング・流通、生産・技術、財務・会計、の各分野について重要となる点で忘れかけているものについても思い出しておきます。

ぜひ、今年度の事例企業についてのまとめをご自分で作成してみてくださいね。

そして、可能であれば1回で良いので模擬面接を受けておいてください。道場以外にも各所で開催されていると思います。ぜひ情報収集してくださいね!

2.口述試験は合格する前提で次の予定を考える

ご存知の通り、口述試験は全く喋れなかった、などよっぽどのことがない限り落とされる試験ではありません。ですので、もうほとんど合格した、というつもりで次の予定を立ててください。具体的には、実務補習の日程を確認して申し込みの準備をする、合格後の活動方針について考えておく、などです。

当面企業内で、という方であれば、そのちゃんのこの記事がとても参考になると思います。合格したら独立するぞ!という方もいらっしゃると思います。私も、もともと無職でしたので、合格発表のあった1月には個人事業主としての開業届と青色申告の届けを済ませました。今お勤めの方であれば、年度末で退職するのか、1,2年準備してから退職するのか、などのプランを考えるのも重要だと思います。

私がお会いした中では、合格してすぐ独立、という方も一定数いらっしゃいます。(女性が多いかな?)

診断士として積極的に活動していくには、人脈こそが命ですので、様々な場に顔を出してみることをお勧めします。とはいえ、本当にたくさんの集まりがありますので、自分に合っている場なのか本当に必要なものなのか厳選していかれた方が良いかもしれません(お財布のためにも!?)。初めは焦って色々なところに行った方が良いのでは?と思いがちです。しかし、子育て中であまり土日や夜外出することができなかった私は、厳選して参加してきましたが、それでもかなりたくさんの良いご縁に恵まれています。

<二次筆記試験、涙を飲んだ方>

本当に悔しい思いをされることと思います。次、またチャレンジするのか、否か。診断士資格がなくてもできることもたくさんあります。ただ、診断士の資格がきっかけになることももちろんたくさんあります。

ご自分にとって、何が最善なのか、本当にこの資格が必要なのか、そこから見直してみる一つの機会かもしれません。

それでも、再度チャレンジしよう!と決められたら、また一から受験の計画を練り直してみてください。何かに書き出してみると思考を整理することができると思います。見える化、ですね。私がこれまでお会いした社長さんたちも、自分の経験と勘から、だいたい自社のことは分かっている、とおっしゃいます。でも、一度精査して、書き出してみると、改めて、見方が変わってくるものだ、とも皆さんおっしゃいます。

試験勉強も同じだと思います。ぜひご自分の事業計画(受験計画)を書き出してみてください。

本日はここまで。

今日も皆さんを応援しています!

ゆっこでした。

。:*:★道場冬セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 冬の絶対合格フェス2017
〜最後まで気を抜くな!〜

□ 開催日時:2017年12月10日(日) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第3会議室
□ 定員:20名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆2次筆記試験を突破!口述試験に向けて何を行うべきか?
☆想定問題を使った模擬面接を行いみなさんの不安を解消します!

★12月8日(金)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

おはようございます。
世界の畠ちゃんです。

以前も書きましたが、診断士協会が主催する経営者セミナーに手伝いで参加しているのですが、そのセミナーも全15回の講義を終えました。
最後の2回は、参加された方(2代目の方が多い)がこれから自社をどうしていきたいか、という発表をされました。そのなかで、印象に残った発表をお伝えしますので、地方の中小企業の事例としてお読みいただければと思います。

A社(自動車販売会社)
・国産車メーカーの販売ディーラーで、主に新車販売と車検整備等が主な業務
・お客様を分類すると、一年に一回来てくれないと、次の新車販売に繋がりにくいこと、点検整備の利益率が比較的高いことから、自店での自動車購入客が年に一回は点検整備に来てくれるように、DMを出したり、様々な特典を用意したりして頑張っている。
・従業員の主力が5~60代であるものの、若い世代は入ってもすぐにやめてしまうため、人材の定着が急務とのこと。
・今回を機に、経営理念の重要性を認識し、創業した祖父が作成した経営理念を倉庫から探し出し、改めてその素晴らしさに感激し、それの再徹底を図ることになった。

 

B社(食品製造会社)
・かつて、大手メーカーの下請けだったが、大手メーカーの倒産で連鎖倒産の危機に直面した。
・いよいよ明日が夜逃げ決行となった前日に、応募していたとある食品コンテストで入賞の知らせがあり、夜逃げを思いとどまる。そこから、自社製品が日の目を見るようになる。
・ご主人(社長)が職人気質で良いものしか世に出さないとのポリシーが強く、競合他社が通常一つ100円、特売でさらに安く売っているにもかかわらず、一つ300~500円のラインナップで勝負し、贈答用などとしてデパートで好評を得ている。
・いまは、後継者がもう少し価格を抑えつつ若い人の目に留まるようなデザインのパッケージで入門品を作成し、将来に備えている。

 

C社(訪問看護事業)
・異業種から参入し、フランチャイジーとして大手のノウハウを活用しているが、初年度は数千万円の赤字
・しかも、人材難で人が集まりにくいため人材紹介会社を活用しているが、紹介料は年収の20%と高額である。しかし、将来性がある事業のため、積極的に採用している
・利用者側からすると、どこのサービスを利用しても利用者負担は変わらない。そのため、「利用者の笑顔のために」の精神で、応接やホスピタリティで差別化しようと従業員教育に力を入れている。
・高齢化が進む地域であるため、社会的な意義と将来性を見込んで今後も積極的に取り組んでいく。

 

後継者って大変だ

小中学生のころ、「社長の息子って、苦労せずに社長になれていいな~」って、みなさんも思ったことがあるかもしれませんが(笑)、皆さんそれぞれ「親から継ぐ会社を無事に継続できるだろうか」「既存の従業員は私を社長として認めてちゃんと働いてくれるだろうか」など、後継者ならではの悩みを抱えながら頑張っていらっしゃいます。

経営者は孤独だという言葉は聞いたことがあると思いますが、経営の悩みは従業員にはしにくいですから、確かにその通りだと感じました。中小企業診断士は、社内で言えない悩みを聞いて、サポートする心強い味方になりうると思いました。

 

話をよく聞いてあげるだけで

私は昔から相談を受けると、良かれと思って、「それならこうしたら良いんじゃない?」「こっちのほうが良いよ!」などとすぐにアドバイスをしていました。

あるとき、とある女性に「畠ちゃん、相手に相談することで思考がまとまるのよ。別にアドバイスを聞きたいわけじゃないの。黙って頷いて聞いてくれるだけでよいの」と言われたことを思い出しました。

当時の私は「自分から相談しといて、黙って聞いててって…。だったら、家でぬいぐるみにでも話したらいいじゃん!」と思いましたが、今ならわかるような気がします(笑)
人に話すことで、自分の思考が整理されますものね。

すみません、脱線しました(笑)
確かに、ベテラン診断士の先生方は、各人の発表が終わった後のコメントでは、相手の話した内容を盛り込みながら、必ずどこかをほめたうえで、一点だけアドバイスを送る感じでした。

 

やはり、傾聴は大切だ

コンサルタントである以上、最終的には提案が必要だろうとは思いますが、しっかり話を聞いてあげる過程で相手に気づきをもたらすことができれば、次の行動に一番つながりやすいと思います。また、提案するにしても、傾聴によって気持ちよく本音の部分も語ってもらわないと、建前に基づく提案では相手の胸に刺さらないかもしれません。

これから、みなさんも実務補習では社長さんの話を聞く機会がありますが、相手の話を正しく聞くのはとても奥が深いと思います。いかに、本音を話してもらえるか、そのためには自分はどういう聞き方をすればよいか、それも考えながら臨んでいただければと思います。

ただ、相手のペースにゆだねすぎると、聞きたいことが聞けずに終わるという悲劇に見舞われます。どうぞ気を付けて。

以上、世界の畠ちゃんでした

。:*:★道場冬セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 冬の絶対合格フェス2017
〜最後まで気を抜くな!〜

□ 開催日時:2017年12月10日(日) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第3会議室
□ 定員:20名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆2次筆記試験を突破!口述試験に向けて何を行うべきか?
☆想定問題を使った模擬面接を行いみなさんの不安を解消します!

★12月8日(金)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは、ますけんです。

12月に入りまして、一気に寒くなりましたね。暖房が欠かせない毎日ではないでしょうか!?


12月は「師走=師が忙しく走り回る月」と言われる様に、みなさんも仕事とプライベートで忙しいと思います。ますけんも企業内診断士なので本業や忘年会で忙しいのはもとより、診断士活動も忙しくなってきまして、創業セミナーの講師をさせていただきました。まだまだ拙いですが、創業を検討される方を少しでも支援できたのはとても良い体験でした。

(ここら辺の診断士活動については次回の投稿で詳しくお話ししたいと思います。)


さて、今回は口述試験について書きたいと思います。いよいよ今週の金曜日に2次試験の合格発表です。(合格率は非常に高いですが、)合格してから約1週間で対策するのは大変です。ますけんも昨年全く対策をしていなかったので、仕事が終わってからカフェに篭って対策していました。そうならないように、今からできる簡単な対策をしましょう!

 

①口述試験の特徴を押さえる

まずは特徴を押さえましょう!以下にまとめていますのでご確認ください。

上記は各予備校の口述試験対策資料に書いてあるようなことなので特に細かいコメントはありませんが、1点だけ。意外に勘違いされがちですが、口述試験は「筆記試験の解答に対し、いろいろと突っ込まれる面接ではない」ということです。試験官の方も受験者の筆記試験の解答はしらないのではないでしょうか。その点において、再現答案を作成しなかった人も焦らなくても大丈夫です。(だからといって再現答案を作らなくていい訳ではないですよ!)

 

②事例をもう一度思い出し、頭に叩き込む!

とはいえ、事例についての参考資料が渡される訳ではなく、また持ち込みもできません。なので、事例Ⅰ〜事例Ⅳまでの内容は頭に入れておく必要があります。各事例の「強み」・「弱み」は何か、過去の課題克服の仕方はどのようなものか、今の経営課題は何かなどしっかりと把握しておきましょう。実際の問題を読み直したり解き直したりするのもいいですが、各受験予備校の2次試験の解説会動画などを視聴してもいいと思います。

 

③実際に練習をする

インプットしたことはアウトプットしないとなかなか定着しませんよね!?なので、予行演習をしましょう。まずは自分なりに予想問題と解答を作成しましょう!そして、何と言っても大事なのは声に出しながら練習することです。頭で思っていることも実際に声に出してみると上手く表現できないことが多々あるでしょう。発声練習によって、そうした曖昧な部分を解消できます。

とはいえ、一人で練習するのは心細いと思います。そういう方は本道場の口述対策セミナーをお申込みください!12/10(日)に実施いたします。合格発表日12/8(金)の正午よりお申込みを開始いたしますので、奮ってご参加ください。

 

④体調・生活のリズムを整える。

対策方法のお話しをしてきましたが、合格率は過去2年間100%です。つまり、普通にしていればまず合格するのです!

その点でいえば、体調崩したり遅刻したりして、試験を受けられなくなることだけは避けなければなりません。筆記突破後は生活のリズムを整えましょう。また、体を冷やさないようにし、体調を整えましょう。試験会場に無事に到着することが全てといっても過言ではないので、細心の注意を図りましょうね!


口述対策について簡単にまとめさせていただきました!最後の最後まで気を抜かず、頑張ってくださいね!

ますけんでした。

。:*:★道場冬セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 冬の絶対合格フェス2017
〜最後まで気を抜くな!〜

□ 開催日時:2017年12月10日(日) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第3会議室
□ 定員:20名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆2次筆記試験を突破!口述試験に向けて何を行うべきか?
☆想定問題を使った模擬面接を行いみなさんの不安を解消します!

★12月8日(金)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは。ロックです。
もう12月ですね。すっかり冬です。そして今年も残りわずかとなりました。
今年受験された方も、来年の受験準備をされている方も、どんな一年だったでしょうか。


さて、いよいよ来週は、二次試験の結果発表があります。
あの戦いから一ヶ月…。皆様色々な過ごし方をされてきたかと思いますが、いよいよ合否が明らかになります。
今回は、二次試験合格後のしおりとして記事を書いていこうと思います。

合格発表
まず、合格発表ですが、中小企業診断協会のホームページにて掲載がされます。
今年の発表は12/8 、例年10時頃に発表があるようです。
1次試験で皆様も経験済みかと思いますが、上から順に探していく派、ctrl+fで一発検索で潔く合否判断する派、はたまた協会の掲示を生で見に行って確認する派など様々あるようです。

ちなみに私はもちろんctrl+f派でした。
いずれにしろ、受験票を手元において(もしくは番号を控えて)発表に備えましょう。

合格していたら…?
合格していたら、言うまでもなく次は口述試験です。
口述試験は9日後の12/17(日)です。日数が少なく、また、二次試験の事例企業のことなど綺麗サッパリ忘れている方も少なくないと思いますので、準備が大変です。
まずは、口述セミナーへの申し込みを行いましょう。各受験校などでも無料の口述試験対策が行われますが、すぐにいっぱいになってしまいます。
今からすぐに申し込めるよう各受験校や受験支援機関の申し込みページをブックマークしておくことをお勧めいたします。
もちろん、道場でも口述セミナーを行います。道場では当日の記事に記載があると思いますので、チェックしてください。
なお、道場の口述セミナーは12/10(日)を予定しており、12/8(金)合格発表の日から申し込み開始となりますので併せてチェックをお願いいたします。

口述試験ってどんなの?
口頭での質問を行うのですが、質問は、一般知識を問う質問や、事例企業についての質問など多岐にわたります。
最低限、今一度、二次試験の各事例を確認しておいてください。

また、合格率については非常に高く、昨年は、不合格者はゼロだったように記憶しています。
・黙ってしまう
・そもそも体調不良や寝坊などで来ない
などがなければ、合格するとも言われていますが、
勝って兜の緒を締めよ
万難を排して、最後の診断士への切符を手にとってほしいと思います。
また、診断士として活動するにあたって「話す」というスキルは絶対に必要ですので、いい機会と捉えて、口述対策、ほんの一週間ですので頑張っていきましょう。

ちなみに、口述試験が終わると、今年は12/26に最終の合格発表です。
口述試験に合格したら、いよいよ実務補修です。5日間コース、15日間コースなど様々選択肢がありますが、こちらも定員があるため口述試験が終わったら、合格発表までに自分がどのような形で実務補修を受講するか予め考えておきましょう。
実務補修については機会があればまた書きたいと思います。

今日はここまで。
皆さんの合格報告を楽しみにしています!
ロックでした。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

皆様こんにちは、雑草魂のルナです。

あっという間に今年も12月ですね。今年の試験を受けられた方にとっては特に時間の進み方が速い一年だったのではないでしょうか。でも、合格するとその流れはさらに加速します!(笑) あと一週間、発表を楽しみに待ちましょうね。

雑草流・中小企業診断士試験の本質とは?

前回は診断士試験について制度的なところから解説をしましたが、今回はいよいよ、本質に迫りたいと思います。あ、もちろん、「雑草流」の切り口で、ですよ (^-^) 前回に続き、診断士試験を受験しようかどうか迷っている方に向けてお届けします!

なぜ「中小企業診断士」という資格があるのか

私は試験を受けるとき、常にその資格に求められている役割をしっかり見据えるようにしています。検定的なものはともかく、国家資格の場合にはやはり、国が考えるその資格取得者のあるべき姿、というものがあるはずです。

中小企業診断士の場合、それが何かというと、これはなかなか一口では言い難いところがありますが、やはり診断協会のホームページから最初だけ引用してみます。実際はもっと長いのでぜひページへ飛んで確認してみてください。

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。
中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。
中小企業基本法では、中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者(公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)として位置づけられています。

中小企業診断協会 「中小企業診断士ってなに?」

国が診断士に求めるスキルや役割、イメージができたでしょうか?

細かいことを拾っていくと、色々ありますよね。でもかなり乱暴に端的に言ってしまえば、「経営者へのアドバイザー」ということです。

SWOTでその企業の強み・弱みを見つけるのも、財務諸表から企業のありようを探るのも、すべては経営者に適切なアドバイスをし、その企業を成長に導くためです。(実際に「診断士」として活動するようになると、国や自治体の施策を周知する、という役割も求められていることがわかりますが、それはちょっと脇に置いておいて…)

一次試験攻略のポイント

ということは、診断士試験は、受験生に「経営者へのアドバイザー」としての能力があるかどうかをはかるための試験です。

一次試験では、「経営者さんから信頼される聞き手となり」「会社運営に役立つ情報を提供する」ことができるよう、幅広い知識を覚える必要があります。幅広く、しかも科目ごとの難易度が年々変化し…となると、膨大な量の知識を必要とするようにとらえる人もいますが、私はそうではないと考えます。

「経営者と会話し、役立つ情報を提供するための知識」と考えれば、どんな論点に集中して覚えればよいか、逆にどんな問題や論点は捨てても良いかの判断をつけられるようになるはずです。

時間は有限です。精神的エネルギーも無限ではありません。学習内容に強弱をしっかりとつけて、押さえるべきところを押さえ、捨てるべきところは思い切って捨てる(それでも四択or五択ですから、20%以上の確率で正解をとれるのです)勇気を持つことが、一次試験を素早く攻略するためのポイントです。「〇〇時間以上勉強しなければ受からない」なんて呪いを真に受けたらダメですよ!
(一次試験攻略のポイントとして、こんな記事も書いてます。「全体攻略」「春セミ再録」

二次試験攻略のポイント

さて、一次試験では知識の有無を問われました。

二次試験はどうでしょうか? 私は、二次試験は一次試験に向けての学習で身に着けた道具を実際に使えるかどうかの試験だと考えます。どんなに良い道具でも、いや、良い道具であればあるほど、持っているだけでは使いこなせないですよね。(一次で圧倒的知識量を身に着けた人が二次で苦労することがあるのは、もしかしたら「良い道具」すぎるのかもしれないですね…)

道具は手に入れたら、使う練習をする必要があるのです。幸い、私は普段からクライアント様(小規模事業者のオーナーさんが多いです)とお話をする機会も多く、状況をお聞きしてご提案をすることも仕事のうちでしたので、自己流ではありますが道具を使う練習ができていたと思います。もちろん、あくまで自己流でしたから「診断士流(診断士試験流?)」の練習はする必要がありましたが、それでも平均的な受験生よりは少し有利だったかもしれないですね。

では、平均的な受験生はどうしたら道具を使う練習ができるでしょうか?

これはもう、過去問を解くことに尽きると思います。その時に意識をしていただきたいのは、事例企業の社長をしっかりイメージをして、その人にアドバイスをするとしたらどうするか、ということです。なぜならそれが、診断士試験に受かった後に求められることそのものだからです。

皆さんも、本当に企業経営をされている方をクライアントとして目の前にお話をするときを想像してください。その方の言葉を、表情を、目線の動きや手の動き、声の調子まですべて、五感をフル活用して受け止めようとするのではないですか?

こちからご提案させていただくのであれば、その方が受け止めやすいように言葉を選び、一番わかりやすいように話をしようと努力しませんか? ただ提案をするだけではなく、その提案を受け入れてもらいやすいように、あるいは実行していただきやすいように、話す順序も選んだり、質問されたことに対して補足説明をしたりしませんか? 自分の頭の中の知識を提案の上に並べることの方がそれより大事、なんてことはないはずですよね。

二次筆記試験の基本は「全力で聞いて(読んで)わかりやすく説明し、納得してもらえる提案をする」ことだと思います。予備校などで教えてくれるテクニックは、すべてその基本の上で使うべきもの。先にテクニック論から入ってしまうと大事な基本が抜けてしまい、その結果が的外れな解答や、説得力の低い提案になってしまうのではないでしょうか。
(二次筆記試験攻略のためのポイントは、こんなところでも書きました。「分解すれば怖くない」

モチベーションの保ち方

診断士試験受験を決めてから、合格を手にするまでは早くても数か月はかかるはずです。(一次試験から最終合格発表までだけでも四か月以上ありますしね…)

その間、どうやってモチベーションを保つか、というのも攻略に当たっては大事なポイントです。この件については、これまでずっと色々書いてきているので、興味のある方は「雑草魂シリーズ」を追っていただけると嬉しいのですが…(笑)、今日は一番大事なことだけ、書いておきます。

モチベーションを保つために一番大事なことは、「なぜ自分が診断士になるべきなのか」を見つめ続けることです。

「なぜなりたいか」はよく聞かれます。診断士仲間での会話でも、受験生との会話でもよく出てくる質問です。でも、自分に問いかけるときはぜひ「なぜ自分がなるべきなのか」を問うてみてください。

  • あなただけが救える企業がありますか?
  • あなただけが提供できる価値がありますか?
  • あなたにしかできない仕事がありますか?
  • あなただから心を開いてくれる経営者さんがいるでしょうか?

自信をもって「Yes!」と言える人は多くないかもしれません。でも、世の中には絶対に「ああ、〇〇先生と縁ができてよかった!」と言ってくれる経営者さんがいるのです。あなたが診断士として、自分のところに来てくれるのを待っているはずです。
「企業内診断士を目指しているんだけど…」と思われました? それなら所属している会社が「あなただけが救える企業」のはずですよね!

あなただけにしか生み出せない価値を経営者さんに提供するために、あなたは知識という道具を身に着けて、それを使いこなすための練習をするのです。それが日本版MBAとも言われる「中小企業診断士試験」の本質だと思います。

その本質を意識しながら学習を進めていただけたら、そうして診断士として一緒に日本の企業を元気にする仲間が沢山増えてくれたら(特に女子♪)、一合格者としてこんなに嬉しいことはありません。

今日の雑草魂:「診断士試験の本質を意識し、合格への最短距離を進もう!」

 

ルナはみなさんの頑張りをいつでも応援しています!

 

【告知】道場の「口述試験対策セミナー@東京」は12月10日(日)開催!
受付開始は12月8日(金)合格発表当日です。詳細はまた後日お知らせいたします。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

↓再現答案集はココ!↓
10代目再現答案一覧へ

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

月別アーカイブ

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2020年度版(前編) Amazonにて好評発売中!



解法実況&事例研究
平成30年度事例Ⅰ~Ⅳ



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX