» 2017 » 8月のブログ記事


一発道場の読者の皆さま、こんにちは。TOMです。

早くも本日は8月の最終日。明日から9月。本番当日まで52日となりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

TOMはどこでもらったか分かりませんが、夏風邪をこじらせ、つい先日まで一週間近くダウンしておりました。今も薬のせいだと思っていますが、本調子ではありません。ダウンした私が言っても何の説得力もありませんが、貴重な勉強時間を継続的に確保するため、学習面だけでなく、体調面やメンタル面のケアも是非してくださいね。(メンタル面については先日3代目のひめから紹介がありました。)試験当日までは何においても二次試験を優先に全てを組み立て、これまでの努力を無駄にしないよう気をつけてくださいね。


さて、8月下旬から9月上旬となると、特に受験校に通われているストレート生の方は事例1から事例4までの答練を一通り経験され、ご自分の課題・今後すべきことに関し、考えをめぐらしている頃だと思います。また、多年度生の方は最後の答練の二巡目に入った頃だと思います。

皆さんの学習状況により違いはあるでしょうが、事例1から事例3に関して言えば、例えば以下のような感じでしょうか?
(事例4は与件文はあるものの、事例1から3と対応が異なるので別に考えてください。)

  1. 時間内に解き終えることができず、設問によっては白紙の部分が残ってしまう。さて、どうしたらいい?
  2. 時間内には一応解き終わるが、なかなか安定的に合格点に到達できない。さて、どうしたらいい?

私の場合、1年目の段階では1の境地、2年目の段階でようやく2の境地でした。昨年は解き終わることはできてもまだ安定的に得点できるようになっていないので、残り2ヶ月弱となるなか、焦る日々を送っていました。

そこで、本日ですが、特に事例1〜事例3共通で必要となる「80分間の回答プロセス」についてお話しします。これがルーティン化できれば、少なくとも1と2の素地となる部分ができます。残りは何をどのように書くかです。(これについては次回以降お話しします。既に書き方の考え方である「金型」についてはその世界の畠ちゃんが紹介しています。私もこの考えに賛成です。)

実際には書くべきことが試験中に想起できないと、途中で詰まってしまったり、見切り発車的な回答を書いてしまうわけなので、想定したプロセスが有効に機能しません。従い、何をどのように書くかについても力をつけなくてはなりません。しかし、実際に何回か試した方は実感できると思いますが、80分間で本当の意味で考えて書くという時間は極めて少ないです。設問文・与件文を読んだ時に「反射的に(背骨で考える)」回答の流れが出てくるようにならないと本番では焦ります。そこで、「反射的」とはいえ、考える時間を捻出したいので、試験対応の型を作り、無駄な時間を削ぎ落とす必要があると思っています。

さて、私の事例1から事例3の「80分の回答プロセス」は以下の通りです。

TOMの80分の使い方(事例1〜事例3)

【回答準備:開始後2〜3分までに】

  • 問題用紙のホチキスの針を外し、下書き用紙を作る。(注①)
  • 設問数と各設問での回答文字数、配点を確認し、下書き用紙に設問数と回答文字数に応じた回答骨子を記載する枠を設ける。(注②)
  • 問題用紙の段落に数字を記入する。(注③)
  • 最初の段落を読み、与件企業の概要を把握する。(注④)

【設問要求解釈:開始後15分までに】

  • 設問を読み、要求事項を捉え、回答骨子として答えるべきであろう要素を下書き用紙に記載する。(注⑤)

【与件文確認:開始後25分までに】

  • 与件を読み、設問の要求事項に関連する箇所を確認する。(注⑥)
    • 事例1は直接的に設問と関連する与件文が少なく苦労しますが、事例2と3は比較的関連する与件文が多いので、どの与件文をどの設問で使うか考える必要があります。

【回答骨子作成:開始後分45分〜50分までに】

  • 下書き用紙に回答骨子を作成する。(注⑦)

【回答作成:開始後75分〜80分までに】

  • 回答骨子を回答用紙に転記し、回答欄を埋める。(注⑧)

注①:定規で問題用紙を切る方もいました。私は大きな定規を持ち合わせていなかったので、針を外す方法を採りました。
注②:配点の確認は各設問の重要度チェックです。60点を如何にもぎ取るかが重要なので。
注③:与件文の展開が変わり得る場所をより明確に認識できるようにするのが目的です。段落間に線を引く方もいました。
注④:最後の段落に目を通すこともシバシバ行いました。与件企業の社長の思いが記載されていることが多かったためです。
注⑤:80分間の回答プロセスの肝の1つ目です。次回以降で触れます。
注⑥:80分間の回答プロセスの肝の2つ目です。次回以降で触れます。
注⑦:基本的に注⑤で準備した「型」を利用して文章を起こします。また、ここで熟語力が問われます。熟語力が弱い文章が解答欄に収まらないので、次の回答作成プロセスで苦労します。
注⑧:幾分反省が入りますが、私の場合、回答骨子が事実上の回答とほぼ同じでした。回答骨子の方が文字数が多かったことも多々あり、回答用紙本紙に書く時間が少なくなってしまったこともあります。当たり前ですが、骨子は採点されませんので、骨子の作りすぎにはご注意ください。唯一メリット的な事といえば、再現答案を作る必要がほぼありませんでした。ちなみに骨子を全く作らないというツワモノもいます。どの方法がご自分に合うか、手を使って判断してください。


如何でしょうか?

もうプロセスは固まっているという方はそのままで、もし、まだプロセスが出来ていないという方であれば、対応方法の一つとして参考にしてください。

次回は、プロセスは出来たものの、答練や模試でブレる中、残り2ヶ月弱で、事例1〜事例3の得点を合格水準(60点)にあげるために取り組んだこと(具体的には設問要求解釈・与件文確認・回答骨子作成)に触れたいと思います。

以上、TOMでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


みなさんこんにちは!たけぴょんです。

8月ももう終わりですね。2次試験に挑むみなさん、勉強はかどっていますか?
私は去年の今頃、あまりはかどってはいませんでした。過去問を時間内で解いたり、TACの2次演習に通学していましたが、頭の中で解答は何となく思いつくけど、いざ解答用紙に書こうとするとうまく記述できないという状況で、日々悶々としていました。今去年の私と同じような状況にある方。これを打破する方法は、失敗→改善を繰り返し自分なりの解答プロセス(処理手順)を固めていくしかありません。まだ2ヶ月弱あります。「本番にはきっと間に合う!」と己を信じ、根気強く頑張っていきましょう!!

さて、今回は事例Ⅳの解き方(経営分析)と題し、「試験開始から問題に着手するまでの手順」と「経営分析の処理手順」について、たけぴょんは去年の本番こんな感じだったよ~ということを書こうと思います。先日のますけんの記事も経営分析の解き方について書いていますので、こちらも併せて参考にしてください。


♦試験開始~3分の処理手順(たけぴょんの場合)

経営分析の話に入る前に、本番で事例Ⅳ試験開始の合図があってから私がどうしたかをご紹介しようと思います。合格者の中でも処理手順は本当に人それぞれなので、あくまで一例として参考にしてください。

1.解答用紙を開き受験番号を記入、間違いないか受験票と照合し指さし確認
→これ間違うとどえらいことになりますからね。

2.問題用紙のホチキスを外す
→下書き用紙と問題用紙を分けるためです。勉強当初は定規で破っていましたが、そうすると問題用紙がバラバラになりホチキス止めする必要があったので、模試とかで両方試して最終的にこの方法に落ち着きました。

3.与件文で業種を確認し、段落と段落の間を線で区切る
→与件文の最初の2~3行だけみて業種だけ最初に確認します。在庫の有無、在庫は腐るものか。
→段落の最初と最後はヒントとなる記述が多いので、それを視覚的に捉えやすくするためにそうしていました。

4.B/S、P/Lをざっとみる
→前期と当期のパターンか、D社と同業他社のパターンかなどを確認

5.各大問の配点と内容(どの分野からの出題か)をざっとみて手をつける順番と時間配分を決める。
→昨年度の場合は、第1問(経営分析)25点、第2問(CF計算書、設備投資の経済性計算)35点、第3問(セグメント別業績評価)15点、第4問(CVP分析)25点でした。手をつける順番は「1番は経営分析」と決め、あとは配点の大きさと短時間で解けそうかどうかで判断しました。ちょっと記憶があいまいですが、実際には大体、第1問25分→第3問5分→第2問(設問1、設問2①)25分→第4問20分→第2問(設問2②)2分という感じだったと思います。最後は捨てるつもりでしたが時間が少し余ったので計算過程を書けるだけ書いた感じです。
→得点開示で74点だったので、本番としては上出来だったなと思います。
→財務・会計が苦手な方の場合は、比較的取組みやすい第1問、第3問、第4問に十分な時間を割いて点を積上げ足切りを確実に回避しつつ、+αを狙う方法がよかったのではと思います。

♦経営分析の解き方(たけぴょんの場合)

1.はじめに~経営分析の出題パターン
下表は過去10年間の出題パターンをまとめたものです。

ここから言える留意点としては、財務指標を選択させる問題と併せて、ほぼ毎年その原因や改善策などの記述問題が出るため、事例Ⅰ~Ⅲ同様に与件文をしっかり読み、選択した財務指標と記述解答との一貫性を強く意識する必要があります。財務・会計の事例だからと言って与件文をしっかり読まないと、経営分析だけでどんどん時間が過ぎ、他の問題も焦ってボロボロになってしまうので、意識するだけでなく過去問を解いて効率よく解答できるように訓練する必要があります。

2.経営分析の解き方(処理手順)
(1)B/S、P/LのD社の列を蛍光ペンで囲う
→間違えて前期や同業他社の数字で財務指標の解答数値を計算しないようにするためです。
本番ではこんな感じでした。

(2)設問要求の確認
→財務指標を3つ解答する場合は、収益性・効率性・安全性から一つずつ選択するのが基本。
→小数点第何位を四捨五入か切り捨てか、カッコ内に単位を明記、など細かな指示は特に注意してマークします。
本番はこんな感じでした。

(3)比較対象(前期or同業他社)の売上高を1とした場合のD社の比率をチェック
→P/Lの売上総利益・営業利益・経常利益を電卓で計算。
→B/Sの差が大きいところがどこか眺め、大きそうなところを電卓で計算
→この段階でどこに課題や問題点がありそうか想起します。この方法は通っていたTACの講師から教わりました。
本番はこんな感じでした。

前期の売上高を1とした場合、当期の売上高は1.13です。ですので、利益にしても資産・負債にしてもこの1.13が適正の目安になります。上の写真で各利益段階の数字を計算すると売上総利益が1.09、営業利益が1.08、経常利益が1.01となっており、売上高売上総利益率と売上高経常利益率で少し迷いましたが、経常利益が一番売上高の伸びに比べ伸びが少なかったことから、収益性は売上高経常利益率を選択しました。

(4)与件文を読み想起した内容どおりか確認
→与件文を読み、想定した内容の記述があるか確認する。
→先に与件文を読むという人もいます。私は両方試しましたが、本番はB/S、P/Lをみてから与件文を読みました。

(5)解答する指標を決め、数値を電卓で計算し解答用紙に書く
→記述問題の解答をどう書くかも考慮して矛盾が生じないよう注意

(6)記述問題の解答を書く
→原因を答えよと問われたら、「原因は・・・のことである。」といったように事例Ⅰ~Ⅲ同様解答の型を事前に決めてそのとおり処理しました。

(7)解答記入まで終わったら、解答数値を慎重に検算
→検算は計算方法を変えて行います。例えば解答が売上高経常利益率で3回検算するのであれば、経常利益/売上高=解答数値という検算を3回するのではなく、あと2回は売上高×解答数値=経常利益となるか、経常利益/解答数値=売上高となるかといった具合に検算します。ここで間違うと命取りになるので、本番も絶対間違いないと確信が持てるまで慎重に検算しました。


以上、たけぴょんの本試験開始から経営分析までの28分間の解答手順をご紹介ました。解答手順は合格者のなかでも人それぞれ異なるので、一例として参考にしていただければと思います。

本日はここまで。

それでは、今日もみなさんお~元気で!
たけぴょんでした。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



みなさんこんにちは、ゆっこです。子供達の夏休みも終わり、ようやく昨日から小学校&幼稚園がスタートしました。ちょっと(だいぶ?)ホッとしているお父さんお母さん方も多いのではないでしょうか?我が家も例に漏れず、束の間の静寂を久々に味わうことができました。

さて、昨日夕方の我が家での会話。「夏休みが明けて久しぶりに友達に会えてよかったね。一番日焼けしていた子は誰だった?」この質問に対し、我が家の長男の返事。「うん。僕と同じくらい日焼けしていた子何人かいたよ。先生はフィリピンに行ったんだって。・・・」

今日のタイトルを鑑み、賢明なる読者の方はお気付きですね。そうです、我が長男一番日焼けしていた子は誰?」という問い一切答えていません・・・(汗)

我が家の子供達(親も)、この夏は海で遊びまくり、かなり日焼けしています。それが彼の中で当たり前の前提になって話しているんですね。(自分はもっとも日焼けした人物の一人だ。そんな自分と同じくらいの子が何人かいた。だから誰が一番日焼けしていたかなんて決められない。)彼の頭の中で展開されていた内容はそんなところでしょうか。ところが我が家の長男がどれだけ日焼けしているかわからない方にとっては、上記の回答だけでは、「一番日焼けしていた子は誰だったのか」は全くわからないのです。挙句、先生がどこに行ったかなんて、こちらとしては聞いてもいないことです。

小学校低学年の子供の話で極端な例となってしまいましたが、同じようなことは皆様の会社でもあるのではないでしょうか?例えば「〇〇について、現在の進捗状況はどうなっている?」との上司からの問いかけに対し、「〇〇については先週からXさんが対応していまして、途中取引先のZ社から新たな提案もありました。そこで私からも問い合わせをかけたところ・・略・・。というわけで、若干遅れが生じている状態です。」といった感じで、もともと問われた”現在の進捗”そっちのけで、まずはつらつらと過去の経緯を説明していた、なんてこと、ありそうですよね?

この場合は「はい、現在〇〇については予定から若干遅れが生じている状況です。と言いますのも、4日前に取引先のZ社から新たな提案があり・・・」と答えた方が、上司の方にとって”現在の進捗状況””遅れている理由”がとてもわかりやすくなりますね。

このように、”何を聞かれているのか”を意識して解答を組み立てることが大切です。限られた文字数の中で、「聞かれたことに答える」ことを必ず忘れないでください。また、先の長男の例のように、自分の中では当たり前かもしれない前提なんて、他の人からすれば知ったこっちゃないのです。「第三者が読んでも意味がわかる文章」になっているか、意識することも大事です。

さらに、上司からの問いかけに対する例では、先に書いた返答でも若干の遅れが生じていることとその理由は述べられているので良さそうですが、やはり後に書いたようなわかりやすい返答の仕方を常に心がける必要があると思います。

受験生時代に次のようなことを考えました。全国約4500の答案を一箇所(恐らく東京?)に集めて約6週で採点するということは、毎日休みなく採点したとして一日約100〜の答案が採点される。5人で手分けしたとして一日平均20答案をコンスタントに見なければならない!?実際には毎日採点業務ばかりやるわけにはいかないだろうから、一言で言って、一人あたりものすごい数の答案を読まなければならない。すると、字が丁寧で文章が読みやすい答案じゃないとじっくりと読んでもらえないな、と。

読みやすい文章、丁寧な文字を書く訓練もぜひ行ってくださいね。

それでは、今日もあなたを応援しています。

by ゆっこ

聞かれたことに答えるゾ!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


おはようございます、8代目のたっしーです。

先日は道場夏セミナーin大阪に、多くの方のご参加を頂きありがとうございました。皆さんが抱えていた「壁」を突破するイメージは掴めたでしょうか?

2年前の大阪セミナーでも同様だったようですが、何故か大阪セミナーは驚くほどの懇親会参加率を誇っています。悩みが多いのか、人が好きなのか、お酒が好きなのか、家に帰って勉強したくないのか・・・多くの方と熱いお話が出来て、大変嬉しく思っております。

本日は「一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017 in 大阪」のレポートをお届けします。参加された方は復習に、参加できなかった方は「壁」を乗り越える参考にして下さい。

1、オープニング

道場恒例の先代メンバー参加枠で、4代目はんたさん、6代目うみのさんが参加してくれました。
今回は「2次試験の壁を乗り越えろ」と題し、一通り情報収集が終わり、勉強を進めている今だからこそ抱く「壁」の乗り越え方を事例を、踏まえてお伝えすると共に、40分×3回という業界最長?のフリーディスカッションの時間を設け、きめ細やかにお答えできるようにしました。

どうしてもフリーディスカッションは、遠慮して聞きたいことが聞けない、こんなこと聞いていいのか・・・などが起こりがちです。また2次対策では人によってやり方が違うため、意見がぶつかることも多くなります。
そこで注意点として「深掘りする」ことを共有し、すぐ「なるほど」と納得してしまいがちなところを、腑に落ちるまで「なぜ」「どうして」を繰り返しすことで、道場メンバーを質問攻めにする、自ら理解をすることの重要性を確認しました。

2、概要説明

概要説明では、東京セミナーでもお伝えした「1次試験と2次試験の違いや」「求められている力とは?」についてお話しつつ、追加コンテンツで「得点に対する考え方」再確認しました。
2次試験では「応用能力=分析または提案能力」が求められている点と、正解が公表されていないためゴールが見えづらい点を注意点としてお伝えしつつ、次の事例の中で私なりの対応策をお伝えしました。

3、事例紹介

ここでは私の学習方法を簡単にご紹介し、2次試験では応用能力だけではなく「自分で考える力」も、同時に求められていることをお伝えしました。
2次筆記対策は、本当に「やり方はひとそれぞれ」になりますので、そのやり方を見つけるためには、自分で考え、自分の現状を分析し、自分なりの合格への道筋を示す「セルフ診断」を行いながら、壁を突破していくことが必要になると思っています。

その後は、時系列ごとに私がぶつかった「壁」を3点と、その乗り越え方をご紹介しました。具体的な事例をもとに、自分で考えることと考えてもわからないことを捨てることの重要性をお伝えしました。また2次試験ではゴールのセットや、そこへ向かうプロセスの評価や検証に難しさがあると思っていましたので、診断士の卵としてのゴールや、反省ノートでの振り返りをご紹介しました。

最後は、私の受験時代には行わなかったことですが、合格後に有効だと思うことをお話しして終了しました。

4、先代枠

春セミナーでも好評を頂いた先代枠として、6代目うみのさんに「2次試験に必要な2つの力」をテーマにお話して頂きました。多くの受験者と接してきた中から、合格と不合格とを分ける違いについて「研究力」「自己肯定力」二つの力が必要になるとのお話ですが、ポイントをまとめると・・・

研究力とは・・・
合格基準が明確ではない2次試験だからこそ、客観的事実を積み上げて一定の共通項を見出しながら、基準(ルール)と自分の能力を正しく理解して言語化すること。
自己肯定力とは・・・
本番で集中力がアップし、ポジティブな感情がもてている、ベストな状態になるために必要となる力。また、ミスするように設計されている試験に対し、心を揺らされたりミスをした際に立て直せる力となる。
これは単純な精神論の話では無く、研究力を発揮しルールを理解した上で努力を積み重ねることで、合理的に獲得できるもの。

私も参加者の一人として聞き入ってしまいましたが、試験会場に持っていけるものは、「自分のアタマとココロと手のみ」という言葉が印象的でした。言われてみれば当たり前ですし、昔から言われている「心・技・体」という言葉と同じだと思いますが、この3つをバランスよく鍛え、そして連動させていく事が重要なんだと、再認識させて頂きました。

5、フリーディスカッション

ここからは業界最長を自負する、40分×3回(計2時間)のフリーディスカッションの時間で、事前にたくさんのお悩みを頂いていましたので、道場メンバーがお答えするところからスタートしました。
その後は、フリーでご質問を頂きましたが、冒頭で注意事項として共有した「深堀する」ことを早速実践して頂き、学習方法はもちろんのこと、回答方法やミスの防ぎ方などの細かいところまでご質問を頂き、おかげで2時間があっという間に終了してしまいました。

ここで頂いたご質問は、参加できなかった方も同様に感じていることだと思います。抜粋だけご紹介しようと思いましたが、多くご質問を頂いたものに関しては、次回以降で記事にしていきたいと思います。

6、懇親会

場所を移動してお待ちかねの懇親会。診断士になってからの活動や実務での話など、気になっているけど普段は聞けない踏み込んだ質問まで、多くのことをお話させて頂きました。

セミナーで、自分自身を診断する「セルフ診断」を行う重要性をお話したので、春セミナーの「ヒーローインタビュー」と同じように、今回もどなたかにお願いしようと思っていたのですが、タイミングを逸してしまいました・・・
そこで、2次試験風に問題を作ってみましたので、参加された方もできなかった方も、一度セルフ診断を行ってみて下さい。

診断士試験の受験における、1次試験、及び2次試験での自分の合格、または不合格要因について、100字以内で述べよ。

受験時代のフレームを使って、回答を作るとしたら・・・

「合格要因は、一発合格道場の記事を精読し、①過去の受験者の体験から不合格になり易い要素を自身から排除すること、②自分に合うやり方を選択しカスタマイズすることの2点により、合格の可能性を高めたためである。」(100字)

でしょうか。道場推しな点は、ご容赦ください。

皆さんはどのように診断されましたか?
100字にこだわる必要はないですし、2次試験同様に正解はありません。
隙間時間にお試し下さい。

たっしー

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


こんにちは。ITOです。

本日、「一発合格道場 一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017 in 大阪 ~2次試験の壁を乗り越えろ~ 」が開催されます!
1次試験も突破し、2次試験の概要や回答の作成手順、対策方法などを教わって一通り演習問題や過去問題を解いていくと、この時期ならではの「壁」にぶつかることがあります。
道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、個別相談の時間を多くご用意し、「壁」を乗り越えるためにきめ細やかにお答えする予定です。もちろんセミナー後には、道場メンバーとざっくばらんにお話ができる懇親会もご用意しています。

東京開催同様、セミナーレポートを当ブログに掲載いたしますので、本日ご参加できない方は是非そちらをご閲覧ください。


本題。1次試験回答発表からおよそ3週間がすぎ、各種支援団体の夏セミナーに参加しスタートダッシュを決めた方、とりあえず1次試験勉強から開放感を味わってしっかり充電した方、今までの分と2次試験までの2か月先までの家族サービスを果たし準備万端な方、などいろいろだと思います。

ITOは、というと・・・1次試験で燃え尽き、充電中でした・・・。
実体験からいうと、この1か月は正直もったいなかったな、と思います。

理由としては、
①公開模試の申込みがすでに終了してしまっていた
②参考書が売り切れ続出で選択肢がすくなかった
③過去問以外の問題集の情報収集に出遅れた

とくに、②は、ラッキーにも在庫1の「ふぞろい」を入手できました(冷や汗)

今日これを読んでいただいている受験者の皆様は大丈夫だとおもいますが、しくじり先生として・・・絶対マネしないように。


さて、8代目の執筆陣が繰り返し書いているとおり、1次試験と2次試験はまったく別物です。
テクニック的なものは、おいおい深掘りさせていただくとして、ITOの実感をお伝えさせていただくと

『中小企業診断士試験は、診断士養成過程である』

そのココロは・・・

・2次試験の事例は、「現実的(リアル)な事例」
・その事例に対し、診断士としてどう「アドバイス」をすればよいか、をガイドしている
・2次試験対策を行うことで、自然と診断士の考え方のプロセスが身に付く

ということです。

ITOてきには、2次試験勉強は、1次試験とまったくことなり「超楽しい」勉強でした。

過去問の事例=ある企業の起業から成功、市場の変化による苦境、現状の課題などが赤裸々に盛り込まれていると思い ます。

与件は、相当優秀な診断士が社長ヒアリングした「ヒアリングシート」です。
基本的には無駄なものはないと思ってよいです。

設問は、その企業の現状、課題、あるべき姿を整理する道標
設問に答えていくだけで、現状分析の方法や市場を見据えてこうあるべきという未来像、そこに向かうためのプロセスを明確化していくプロセスをトレースできると思います。

最後に、あるべき姿をめざすためにどう提案すべきか
という流れがあると感じていました。

なので、過去問をたくさん解くことこそが、診断士になるべきプロセスの定着化だと思います。

※2次試験に合格しても、実務補修というトライアルがあります。
そうやって、自然と診断士としての受け答え、考え方の訓練を行っているのだと思います。

どうですか?
事例が楽しく感じてきませんか?

試験対策にはあまり関係ないのですが、実は与件の中で、起業から初期の成功のプロセスが記載されていることが多いのですが、ここが一番好きでした。(結果として、設問に問われることはあまりないくだりなんですが・・・ 汗)

ということで、今日のまとめ。

〇どうせやるなら、「楽しみましょう」
〇社長ヒアリングシート(与件)は、簡潔にまとめられた優秀なレポート
〇設問の流れに注意して、思考の整理をしていきましょう
事例をひとつ解いたら、一歩診断士に近づいたと思いましょう

以上、ITOでした。
ではでは。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


おはようございます
世界の畠ちゃんです。

先日は、地元で金融機関の方の講演を聞いていきました。
ローカルベンチマークや事業性評価、金融機関側の考えなど、聞いてみたかった話を聞くことができました。

 

それはそれでよかったのですが、改めて勉強の必要性を感じました。
よく「知識が積みあがるまで行動しないのは問題だ」と言われますが、「知識がないまま行動する人」もイヤですよね(笑)

やはり「知識を積み上げながら行動する」「走りながら考える」というのが正解でしょうか。
まずそれを目指して、自分の机に積読(つんどく)状態になった本を、早く読まなければ・・・!!


さて、自戒から入りましたが、二次試験まで58日となりました。

一次試験後から二次試験の勉強を始めた方も、事例を解いてみて感触を掴んできたころでしょうか?それとも、フワフワしてどうしたものか・・・と悩んでいらっしゃるかもしれません。

そこで今日は、金型(別な表現をすると、文書を書く時のフレームワーク)を利用しましょう、という話です。

私は、以前お伝えしたように、「ふぞろいシリーズ」と「M〇C直前答練(通信)」を利用しました。直前期の答練だけ利用した私がM〇Cを語るのはいかがなものかと思いますが、M〇Cの「文章の金型法」はシンプルで、再現性も高くて、大いに参考にさせてもらいました。

 

1.金型の効能

金型を利用する効能として、因果関係やキーワードを入れ忘れたりするのを防ぐこともできますし、比較的安定して事例を解くことができるようになります。

いま、「どう書いたら良いかわからない」「事例によって、できたりできなかったり」ということは、金型を利用することで、解決できると思います。そして何より、出たとこ勝負?を回避することで、本番での確実性を高めることができると思います。

 

2.金型ってどういうもの?

たとえば、
「① 切り口 + ②与件の引用 + ③改善キーワード + ④くくり(効果)のキーワード」
具体例だと、
「A社は、営業面で・・・、生産面で・・・のため、〇〇戦略を採り、××を目指す。」

「要因には、市場面で・・・、競合面で・・・など、〇〇がある。」

これの良いところは、設問解釈をして、金型を決めれば、あとは与件文から抜き出して書けばよいとシンプルに考えられるところです。(かなり大雑把な表現ですが・・・)
さらに、金型さえあれば、あとは、事例を解きながら、キーワードなどの引き出しを増やしていけばよいのです。

ただ、金型にこだわりすぎるのには注意が必要です。うまくいかないときもあるかもしれません。その時は、設問の要求にこたえることを第一に考えましょう。

ちなみに、「ふぞろいシリーズ」を読んでいても、上記のような書き方をしている再現答案も結構あるので、参考にしてみてください。

 

3.実際の解き方

シンプルに3つに分けて考えるとよいと思います。

1 設問要求解釈+解答骨子作成
2 与件文から答案に盛り込む要素を抽出する
3 答案を記述する

2と3はそのままなので置いておいて、一番大切な「1 設問要求解釈+解答骨子作成」についてです。

設問要求解釈のことを、人によっては、「設問分析」「設問解釈」「要求解釈」と表現したりします。
よく、「聞かれたことに答える」ともいわれますが、簡単なようで難しいことでもあります。特に、二次試験においては、相手(出題者)が答えてほしいものを作成しないと、当然点数が入りませんから、ここが一番重要だと思います。

4.昨年参考にさせてもらった主な記事

ここで、私が金型や設問解釈について、昨年参考にさせていただいた記事をご紹介いたします。

フェイマオさん 80分で合格答案を書くために何をすべきか?~その1~

フェイマオさん3部作(私が勝手に命名しました)のうちの第一部。
事例80分を①考える時間(40-50分)と②書く時間(30-40分)に大別し、①の時間内で「下地(=解答骨子)」を作っています。

「これなら私もできるかも!」と思わせてくれます。
「その2」、「その3」もありますので、あわせてお読みください。

 

はんたさん 【二次試験】レシピを増やしましょう

はんたさんは、スキマ時間に「設問文だけを読んで,作問者が何を答えて欲しいのかを読み取る訓練」をされました。私は車通勤でしたので、通勤中のスキマ時間活用というものはありませんでしたが、公共交通機関で通勤される受験生の方は、この設問解釈をすることで、良いスキマ時間活用になるのではないかと思います。
また、レストランのシェフのたとえ話もナルホドとうなずけます。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
事例に取り組んで日が浅い方、特に独学の方は、色々悩みが多いかと思います。
また、「経験のある多年度生に早く追いつかなくては!」と焦る気持ちもわかります。
その気持ちは、心のどこかにおいておくべきですが、最初から難しく考えすぎると、答えのない試験だけに、ドツボにはまることもあるかもしれません。

難しいとは思いますが、極力、悩まずに!
事例を重ねることで見えてくるものも多いです。冒頭の話ではありませんが、「知識を積み上げながら行動する」「走りながら考える」スタンスで行きましょう!

Yes,you can!!


最後に、関西方面の方に朗報です!!
満員御礼となっていた大好評の「大阪 夏セミナー」ですが、なんと現在キャンセルが出ております!!
たっしープロデュース、個性派歴代メンバー(!?)も多数参加するセミナーは必聴です!
千載一遇のチャンス!!
今すぐアクセス!!

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら



こんにちは、ますけんです。

昨日のロックの記事にあるように、経営法務の第6問の設問2を全員正解とする措置を行う告知がなされました。これで1次突破の見込みが出てきた方は本当によかったです!

ただし!全体を見れば、2次試験の受験者は増加しますが、一方で実務補習の兼ね合いもあるため、2次試験の合格者数は増やせません。そのため、2次試験の合格率は低くなることが予想されます。

今回の措置で合格になる方は、ここからエンジン全開で2次試験対策に取り組んでくださいね。


さて、前回ますけんは夏セミナー当日だったということもあり、2次試験への心構えについて書きました。

ここから9月末までは「2次試験の解き方」についてお話しします。

まずはストレート生が苦しむ事例Ⅳについて、その中でも経営分析について今回は触れていきたいと思います。

 

<はじめに>

先日のながの記事にあるように、2次試験の勉強法において誰にでも当てはまる万能なものはありません。

合格メソッドなるものは、あくまで合格したからそう言えるだけであって確実なものではないのです。

なので、2次試験の勉強法について他人の意見を参考にする場合は、「話半分に聞くこと」がとにかく重要です!「パクってカスタマイズ」ではないですが、やってみたいな!試してみたいな!ということを取り入れてみて、自分なりに合うやり方を模索していくことが大事です。

少し話は横道に逸れましたが、事例Ⅳについて。たけぴょんの記事にあるように、経営分析は毎年出題されています。経営分析をどう乗り切るかが事例Ⅳの評価を大きく左右します。

なので、ここからお話しする対策法を「話半分」で聞いて、マネできそうならパクってみてください

<経営分析って簡単?or難しい?>

経営分析と聞くと、他の計算問題と比べて簡単なように思っている方も多いのではないでしょうか?

こう考える要因としては、経営分析問題では使う指標も限られている(収益性、安全性、効率性の指標が主)ことや、それぞれの指標の計算手順自体、加減乗除で出来るので結構単純が挙げられます。

しかし!経営分析は本当に簡単なのでしょうか?おおよそ経営分析の問題は設問1が経営指標の計算問題、設問2が設問1から見えた問題点や課題点、特徴などをまとめる記述問題で作られています。

経営分析は簡単に見える反面、「計算結果」と「記述内容」の整合性が取れなくなること、つまりB/S、P/Lから計算した結果が与件本文のストーリーとつながらないことが多く、時間をかけた割には点数が取れないことが多いです。

このことから、私個人としては「経営分析は難しい」と思っています。

私個人も経営分析は上記の理由ですごく苦手でしたが、手順を確立してから安定して点数を取れるようになりました。

では、その手順について説明したいと思います。

 

<ストーリーを意識した経営分析をしよう!>

一言で言ってしまえば、「与件本文のストーリーに沿って経営指標を選び計算する」という手順です。

苦手意識があった時は計算問題と記述問題を別々に考えて解いていました。そうではなく、あくまで与件本文のストーリーに合わせること!事例Ⅳであっても与件本文に書かれている情報が最も重要で、そこから外れた「計算」や「記述」は事例企業のことを何も「分析」していないという印象を抱かれてしまいます。

こうした一貫性のある解答を作成することで、2次試験で求められる分析力のアピールにつながるだけではなく、スピーディーに問題を処理することにもつながり、結果的には解答時間の短縮につながります。具体的な手順は以下を参考にしてください。

 

  1. 設問文からで問題点なのか優れている点を問われているのか、何個指摘すべきか良いかをチェックする。
  2. 与件文を読みながら、事例企業の強みや弱み、経営課題などをチェックする。
  3. 与件から記述問題のシナリオ(例:設備老朽化→売上伸びない→収益性悪い)を想定する。
  4. それに合う経営指標(例:現状の設備が売り上げに結び付いていない=有形固定資産回転率)を選び計算する。
  5. 間違いがないか検算、また大門2問目以降との整合性(例:有形固定資産回転率が悪い→新規投資を実施)も考えてみる。
  6. 間違え等があった場合、③の作業に戻る。
  7. シナリオに沿って、記述問題に取り組む。

 

昨年の事例Ⅳの与件本文を見ると、創作料理店を開店したけれども業績不振が続いているという記述や新社屋用の土地を取得して建設計画を進めているという記述があります。

ここから土地・建物といった有形固定資産は増えているが、売上は伸びていないことがわかります。そうすると経営指標として「有形固定資産回転率」がアヤシイと分かるわけです。

 

<さいごに…>

今回は経営分析のことをまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

ただ、初めの方でもお伝えしたように、万人に当てはまる万能なやり方はありません

事例Ⅳでお悩みの方は役に立つところを少しでもパクってカスタマイズしていただければ幸いです!

ますけんでした。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら



こんにちは。ロックです。

先日ルナが号外でお知らせした様に、本年度一次試験について、正解の訂正が発表されました。

そしてその後、正解の訂正を取りやめ、全員正解にする旨の告知がなされました。

https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_c_h29_shiken/H29_1ji_shiken_kokuchi.html

「オイオイ、なんだかグダグダだな…」という感じは否めませんが、所詮自己採点で1マーク足りないだけで諦めるような方はいないと思いますので、合格の確度が一律で上がっただけ…と捉えればよいかと思います。

どうせ本当の点数はわかりませんし、合否は発表の日までわかりません。合格ライン前後の方は一喜一憂せずにやるべきことをやりましょう。


さて、二次試験の道筋、自分なりの攻略法、プランなどはある程度見えてきましたでしょうか?

昨年の今頃の私は…あれやこれや本を買ってみたり、ひたすら過去問を解いてみたり、それこそ道場記事を読み漁ったりしながら右往左往しておりました…。

今日は、その右往左往の中で私が当時悩んでいた、二次試験におけるスキマ学習について書きたいと思います。

皆様お気づきの通り(?)、そもそも選択式だった一次試験に対し、記述問題の二次試験。暗記科目がたんまりあった一次試験に比べ、単純な暗記問題のない二次試験。

スキマ時間にできることが非常に限られると感じませんか?

私はそう感じていました。何かできることはないのか…と考えた結果、私は以下の2つを移動時間やスキマ時間に実施していました。

①一次知識のインプット

ますけんの夏セミナーの内容と被りますが、中小企業診断士の二次試験は「中小企業診断士となるのに必要な応用能力を有するかどうかを判定することを目的とし、診断及び助言に関する実務の事例並びに助言に関する能力について、筆記試験及び口述試験を行います。」

と、あります。

一方、一次試験はというと「中小企業診断士になるのに必要な学識を有しているかどうかを判定することを目的として、企業経営に関する7科目について、筆記試験(多肢選択式)を行います。」と、あります。

つまり、二次試験では必要な学識を、応用することが求められています。

言うまでもなく必要な学識=一次知識です。

一次試験は選択式ですので、うろ覚えでも選択ができるかもしれませんが、次試験ではそれらを自ら筆記して、尚且つ、応用しなければなりません。

例えば…組織構造の原則を簡潔に自分の言葉で説明できますか?

これらを空で思い出せるように訓練することを移動中に行っていました。
そのが先日書いた通り、本番で引っ張り出せるようにしておくべき一次知識はさほど多くはありません。
「この論点が来たら、このセオリー(一次知識)!」と、すぐに思いつくようになることが理想です。
※ただし条件反射はだめですよ。設問要求を良く解釈した上でご使用ください。

具体的には、私は予備校講師が覚えるべきセオリーをピックアップしてくれていたのでそれをひたすら覚えていました。
TB〇でも抽象化ブロックシートなるもので同じような取り組みをしていますし、全知識などを活用してもよいと思います。(私は全知識は多すぎて覚える気になりませんでしたが…)

また、先代かおりんのこちらの記事も参考にしてみてください。【二次対策】忙しい人向け!『移動中に一人クイズ大会』でスキマ時間に知識を定着
もし、良いツールが見つからない!という方がいらっしゃれば相談に乗ります!

②設問文の読み込み

まず、昨年の自分が良く道場記事などを読んでいて混乱したので、念のために説明を書いておきますが、設問文とは過去問の「第1問」の後に書いてある文章のことです。

二次試験は聞かれたことに答える試験です。
この「聞かれたこと」にあたるのが設問です。
何を聞かれているのか、どういう風に答えるべきなのか、どの一次知識を使うべきなのか、もしくは聞かれたことを本文から拾ってくるだけなのか…を考えるのが設問要求解釈です。

これらを強化するために私は、設問部分のみを抜き出した設問集を自分で作成し、繰り返し繰り返し設問要求を読み取る訓練をしていました。
一例として、H27までの事例1の設問集をこちらに置いておきますので宜しければ参考にしてみてください。(自分用だったので文字が化けていたりしますが…)

次回は今回少し触れた設問要求解釈について、私の考え方を少し書きたいと思います。

後半、明らかに巻いた感じが出ていますが、本日はここまでです。

ロックでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら



一次正解が発表され、そして訂正が発表されたりするなか、受験生の皆様も様々な感情を味わった2週間だったことと思います。この間、二次に向けての対策は進んでいますか?

昨年の自分を振り返ると、正直なところ8月末に受験指導校の二次対策講座が始まるまでは、学習の本格始動ができていなかったように思います。

どこから手を付けて良いのかもよくわからず、特に事例Ⅳは怖くて見る気もせず、一次に合格した達成感と、なにより暑くて何も考えたくないのと(根性無しです!自覚あります!!!)で、無為に時を過ごしていました。

タキプロ勉強会には一次の前に3回、8月の間に1回参加させてもらいましたが、それぞれ事例を自己流に解くだけで精一杯で自分で目指す学習の方向性などはまだ理解できておらず、やみくもに解いて持って行っては、勉強会で他の受験生や合格者の解答プロセスを知って感心し、自分にも同じような事ができるようになるのかと不安を抱いていました。

これまで様々な資格試験を独学で一発合格してきたので、自分なりの勉強の仕方をみつけるコツは分かっていたつもりだったのですが、診断士二次試験は甘くありません

それはなぜか?と考えると、2つのポイントがあると思います。

 

Point1 正解が公表されていないので目指すゴールがわかりにくい

正解だけでなく、採点の指針も公表されていません。セミナーなどに来られた受験生からよくいただく質問に、

  • 誤字があったら減点されるのか
  • 漢字が書けなかったらひらがなで書いても良いのか
  • 解答枠の何割以上埋められていないと減点になるのか
  • 字が汚いと減点されるのか
  • キーワードは沢山入っていた方が得点が上なのか

などありますが、これらに対して正しく受験生に答えられる人はいないはずです。(試験委員はもちろん知っているはずですが、受験生には答えられませんよね)

と、なるとどこを目指して、何に注意して学習するのが効率が良いのか、ここが不明確なまま学習を進めることになり、常に不安感と戦わなければならなくなります。

 

Point2 様々なスキルを複合的に問われているが、それを認識しにくい

一次試験においても7科目の設定のもと、様々な分野から広い知識を問われる試験ではありましたが、二次試験はさらに複合的にスキルを問われることになります。

一次試験はその点明確であった気付きにくくなっていますが、実は二次試験の方がより広いスキルを求められていると感じます。

私も学習中には気が付いていませんでしたが、今考えると実は以下のようなスキルを問われているのかなと感じます。

 

  • 読む力
  • 状況を捉える力
  • 診断士的分析力
  • 判断(決断)力
  • 書く力
  • タイムマネジメント力

 

分け方は人によっていろいろあるだろうと思いますが、少なくとも昨日そのちゃんが書いていたように「読む」「考える」「書く」の3つにはわけて自分のスキルを振り返らないと、いつまでたっても合格レベルに自分の力を上げることにつながりません。

ただやみくもに過去問や演習問題にトライしていても、効率よくスキルアップすることには繋がらないのです。

では、どう攻略すれば良いか?

 

「ゴールイメージを掴みにくい」対策

ふぞろいシリーズなどの書籍の他、各種サイトから「再現答案」を沢山見て対策するのがベストです。

注意すべきは、どこかの事例がC答案であったとしても他の事例で高得点を取っていれば「合格」となるので、「合格者の再現答案」が全て60点以上ではないというところです。

「このレベルで合格できるんだぁ…」と思ってみているその答案は、実はC答案なのかもしれないのですね。

逆に超高得点者のA答案を見ただけで「ここまで書けなきゃいけないのか…」と落ち込むのも本末転倒。

最近の再現答案は得点開示の結果も併せて掲載してくれているものも多いので、そこまでしっかり見極めながら活用するのが良いでしょう。

 

二次指導専門校のAASは私も参考にさせてもらいました。体験記とともに再現答案が掲載されています。

https://www.aas-clover.com/testinfo/taiken

 

タキプロWeb勉強会(道場6代目おとさんが創設。facebook利用者のみ参加できます)の過去スレッドにも、参加者の再現答案が多数掲載されています。

https://www.facebook.com/groups/188719574644632/

 

その他、道場の過去記事内にも再現答案が掲載されているものがありますし、個人ブログ等でも掲載している人がいますので、ぜひ探してみてください。

 

「複合的なスキルが問われる」対策

 

これは、一次攻略の時(http://rmc-oden.com/blog/archives/99065)にもお伝えしたように、自分のスキルを今一度振返って、どこを重点的に強化すべきか、またアドバンテージのあるところをどう活かすか、しっかり考えるしかないと思います。

参考までに、私の二次学習開始時の雑草流(根拠は自分の感覚!)自己分析をグラフにしてみました。

 

合格ラインを60と捉えた時に、現在の自分の一般的スキルがどんなものかなぁと自分が思う範囲で考えた結果です。

これはあくまで「一般的な力」についての考察なので、「書く力」が合格ラインを越えていても、試験用にチューニングすることは必要になります。

しかし春秋要約や春秋写経など、ちまたで文章力を上げるために有効とされている学習法に取り組む必要は無いと判断できます。

逆に「診断士的分析力」や「タイムマネジメント力」は全く追いついていないので、普段の生活の中ででも、それらのスキル向上に結び付くようなことがあるのであれば、積極的に取り入れた方が良い、ということになります。

受験生支援の勉強会などに参加していると、合格レベルの解答が書けない原因を「分析力」に求めようとする方が多いように見受けられます。受験指導校などでもそこに注力して解説される事が多いからでしょうか。でもよくよく解答を拝見したり、解答プロセスを聞かせていただくと、分析はできているけれど「書く力」が足りないだけの場合や、そもそも分析の前の「読む力」や「状況を把握する力」が足りない、という方も大勢いらっしゃると感じます。

なかなか思うような解答が書けない…と感じている場合には、今一度ご自身のスキルを振り返ってみて、足りていないのはどこなのか再確認してください。

二次試験の難しいところは、一次と違ってこれらのスキルについて現在の自分の立ち位置を測ることができる「点数」が無いことです。あくまで、自分が自分に向き合って、過去問や予備校の模試・演習問題を解いた結果を元に自己分析する以外にありません。


 

ただでさえ捉えにくいゴール設定の上、そこに到達するスキル(道筋)が複合的に絡み合っているため、特に初年度生にはとりかかりにくい二次の学習ですが、分解してあげれば苦手なところにも取り組みやすくなります。

次回は、私がとにかく苦手で困っていた、財務→事例Ⅳを攻略できた秘訣をご紹介しますが、こちらも同じく「分解」することで一気に世界が開けたのです!

 

今日の雑草魂:複雑なものも分解すれば取り組みが楽になる!

ルナはいつでも皆さんの頑張りを応援しています!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら



お疲れさまです、そのです。
先日こんなニュースがありました。

災害救助犬「じゃがいも」、故郷の福島・飯舘村PR大使就任

以前から度々メディアに登場していた被災地生まれの犬じゃがいも。皆の期待を背負って災害救助犬を目指していた、とても愛くるしい犬さんです。頑張っている姿が印象的で、私もずっと気になっていたのですが、中々試験に通らなかったのです。(涙)
そして今年、足かけ5年、11回目の挑戦で見事合格を果たしました!

嬉しいですね~。
改めてじゃがいもから、努力し続ける勇気を貰ったようです。
我々も頑張りましょう!


さて、今回からは、二次試験を[読み方][考え方][書き方]という切り口で押さえるべきポイントを挙げてみたいと思います。本来の順序は[読む]→[考える]→[書く]ですが、訓練する順番は、[書く]→[考える]→[読む]が良いかなと思います。色々な方々に聞いてみると、この順番で即効性があるというご意見が多いようです。
ということで、今日はまず[書き方]について一緒に考えましょう!
一部8月11日の道場夏セミナーの繰り返しになりますがご容赦下さいませ。

二次試験は論述試験ですが、そこには

個性は要らない・文才も要らない・高度な専門用語も要らない

そんな試験です。つまり、合格する解答は誰にも作成できます。

大人になって学んだ面倒な言い回しは一切必要ありません。
中学校英語の構文レベル
くらいの解答がちょうどいいと思います。日本語よりも英語がいいです。
Yes, you can!(あれ?)

具体的に見ていきましょう。

<型で書く>

★設問文をよく読み、解答欄の冒頭は聞かれた内容のオウム返し。

〈例〉
Q:どのような理由が考えられるか、100字以内で答えよ。
→A:理由は、①・・・為、②・・・為である。
Q:どのような点に留意すべきかを120字以内で助言せよ。
→A:留意点は、①・・・事、②・・・事、③・・・事である。

※為、事、など並べるとちょっと鬱陶しいですが、書きやすく、間違いではありません。まずはこの五月雨式解答から書けるようにすると、ペースも掴めてくると思います。

◎応用編
・オウム返しで書きにくい時は、A社は~、B社は~、と、相手を主語にして解答を始めると書きやすい時もあります。
英語で言えば単純に、‟What should they do~?”と聞かれたことに‟They should do~”と答える分かりやすい返し方ですね。

<多面的に書く>

★設問文に対しては、複数の切り口で解答してあげましょう。

〈例〉
Q:B社はどのような点に留意すべきか。
→A:商品面では①・・・、②・・・、販促面では①・・・、②・・・に留意する。
指定された文字数には、問題作成者の意図があります。100字なら2~3つ、120字なら3~4つの要素くらいは入って来るかな~という期待があると思います。(もちろん設問の出し方によって一概には言えませんが)

特に字数の多い時(160字や200字など)で自由回答を求められるような問題の時は、自分で複数切り口を設定しないと書き始められません。

◎応用編
・①、②、③と並列にするほかに、結論を述べ、具体例に展開する書き方などもあります。多面から、少し多層を取入れた書き方です。
〈例〉
→A:留意点は、・・・である。具体的には、①・・・、②・・・を行う。
・絶対に書くべき要点が①②まで見つかり、字数に余裕がある時、場合によっては③を無理やり書くよりも、事例によりそう「まとめ」の言葉で締めると説得力が増す時があると思います。盛り込みすぎない事も大事です。

ところで多面的な解答が求められるというのは、実際のコンサルティングに必要な要素だという事なんでしょうね。特に事例の社長とは初めて会う訳で、最初の診断で一つの答えをクドクド説明しても、聞いてる側からしたら釈迦に説法だったりして。

まずは「社長、こんなのも考えられるけどどうする?」と、意思決定をする材料を複数案提示してあげたほうが良いのかなと思います。

<キーワードで書く>

★二次試験の解答で使いやすい頻出用語をあらかじめリストアップしておくと効果的です。
あなたのソリューションの引き出しですね。

皆さんとキーワードの話をしていて思いましたが、誤解が生じることが時々あるようです。
二次試験における「キーワード」の意味は、

1、予件文の中の重要なワード、
2、あらかじめ準備しておくと良いワード
と、使われ方が違います。ここでは2のほうでお伝えしています。

事例Ⅰでは、権限委譲、成果主義の評価制度、研修の実施とか・・・
事例Ⅱでは、イベント実施、ホームページ活用とか・・・
事例Ⅲでは、マニュアル化、外段取り化とか・・・
事例Ⅳでは、借入金返済とかです。

キーワードリストを準備するには、過去問の模範解答から抜き出す、ふぞろいを利用する、などの方法があります。私はM〇Cの教材を活用していました。費用はかかりますが、効率と正確さは抜群です。
気を付けるポイントは、キーワードリストはなるべく数を絞ることです。

本試験中の、緊張した精神状態でパッと引き出せる知識はそれほど多くは期待できません。ご自分の中で定番中の定番、というキーワードを用意し、問題を解く際にもその選抜メンバーを繰り返し登場させて、安定した解答が書けるようにしましょう。

番外編:写経をするかどうか

これは賛否両論ありますが、道場メンバーや、周りの方では「写経した」という方が多いかもしれません。否定派は激しく全否定しますね。ちなみに私はやりませんでしたが、受験生の状況によっても違うのかな~と思います。
今日は[書き方]のお話をしましたが、ただ書けば受かる試験じゃないので、写経するとしても、考えながらやらないと効果が無いと思います。
オススメ(折衷案?)ですが、問題を解いてみて、どうしても分からなかった設問は、模範解答を読むだけではなくきっちり書き写してみるのは効果的だと思います!


二次試験は色々なアプローチの仕方がありますから、初めての方はご自分に合った方法を選んで、やってみて、ダメだったら変えて、試行錯誤してみてください。
既にやり方が定着している方は、あとは自信を持って突き進んで下さいね。

大丈夫、あなたは、ぜ~~~ったい合格しますから!
そのでした。

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


こんにちは、3代目ひめです。

1次試験終了から2週間経ち、二次試験対策のエンジンがかかってきた頃でしょうか。80分のプロセスを手順化して、知識やスキル(技)を磨いている時期だと思いますが、ぜひ同じようにメンタル面(心)・体調面(体)の準備も意識してほしいなと思っています。

 

●腹式呼吸法はメンタル面を整えるための最適&手軽な方法
先日の道場夏セミナー「集中力を高める腹式呼吸法」をご紹介したのですが、とても好評でした。
呼吸に意識を向けることで集中力をあげることにつながりますし、腹式呼吸を繰り返すと、脳内から神経伝達物質であるセロトニンが出るといわれています。このセロトニンは、リラックスさせて集中力を高める効果があります。

ここ数年ほど話題になっている「マインドフルネス瞑想」も、この腹式呼吸がベースです。勉強を始める前や、予備校で演習問題が配られている時間などに、よかったら試してみてくださいね。

 

【集中力を高める腹式呼吸法】
(1)身体に変な力が入っていないこと、筋肉がリラックス状態であることを確認します。目は少し閉じます。
(2)鼻から3秒で息を吸って、一旦とめます。
(3)口を軽くすぼめて、やさしくゆっくり10~15秒かけて息を吐きます。丹田(へその下5cmあたり)が凹んでいくのを確認しましょう。
(4)呼吸に集中して3分程度繰り返します。息を吸う時はエネルギーや元気を吸い込む意識で、吐く時は心の中の不安や緊張が出ていくように意識を向けるとよいでしょう。
(5)ゆっくり、少しずつ目に光が入ってくるようにして目を開けましょう。

 

●「メンタルが診断士試験の合否を左右すると思う人9割」の事実

先日、診断士64人に取ったアンケートでは、22人(3割)が「2次試験の試験当日、実際にメンタル面で大失敗した経験がある」とのことでした。「試験当日のメンタル的な要素が合否を左右する」と感じている人は、58人(9割)。
私自身も、試験本番で頭が真っ白になった経験がありますし、周りの合格者を見回しても、このアンケート結果は、実感値に近いなと感じました。

 

例えばこんなことへの備え・対策をしてますか。

・当日に最高のパフォーマンスを出すために1週間前からやるとよいことは?
・集中力を高める水分補給のタイミングは?
お昼後にぼんやりしないための対策は?
緊張とどう向き合うと実力を100%発揮できる?
チョコレートを食べるタイミングを間違うと、逆に集中力が下がるのは知ってた?
・当日、焦ったりパニックになった時の対処法は?

 

二次試験は、実力差がほとんどない上位4割のうち、半分(全体の2割)しか合格する席が用意されていない試験だな、と感じています。当日100%力を出し切れたかどうか、そのほんの少しの差で、合否が左右される。

80分の解答プロセスはこんなにも緻密に見直しをしているのに…予備校や参考書を使って、プロから沢山指導をしてもらっているのに、なぜかメンタルや体調の管理は”自己流”ですましている方が多いのが、診断士受験生の実態です。

 

…とこんなにメンタル面でこだわるのは、私自身が試験本番中の焦りが原因で、1年目に不合格になったからです(詳細は合格体験記を)。

効率良く、メンタルコントロール・体調管理の情報やノウハウを習得できる方法がないだろうか。自分の受験生時代に探し回ったのですが、ど真ん中のコンテンツが見つかりませんでした。。
合格後、「ないなら自分で作ろう、そうすれば私のような受験生の役に立てるのではないか」と思い至りました。

 

●実力があるのに不合格になる人をゼロ人にしたい。

自分のようにメンタルの大失敗で、余分に1年受験期間が増える人を1人でも減らしたい。年間1000時間も勉強してきて、ほんのちょっと、当日心が動揺したばっかりに不合格では泣くに泣けない。。そんな思いから去年も診断士受験に特化した、メンタル・体調対策のセミナーを開催しました。今年も夏セミナーを開催しますので、よろしければご検討くださいね。セミナーの録画販売もしています。

===

【2次試験で100%の力を発揮するメンタルの作り方】
開催日:(8/18は満席終了、8/23は満席)
8月26日(土)19時~21時
8月31日(木)19時~21時
9月02日(土)18時~20時
9月16日(土)18時~20時
参加費:2000円(税込)
場所:東京都・神保町駅から徒歩1分
詳細はこちら

===

既存の予備校では、2次試験突破に向けた学習方法やスキルの習得について教えてくれますが、本番で確実に実力を発揮するためのメンタル面・体調のコントロールについて焦点をあてた講義は他にありません。ご参加いただいた方が絶対に後悔しない2時間のセミナー、もしよろしければご検討くださいね。

☆合格のための心技体ブログも書いてますので、よかったらこちらもご覧ください。

1人でも多くの道場ブログ読者の方が、本番で100%の実力を発揮できますように。

ひめでした。



みなさんこんにちは、ながです。

昨日ルナより号外発表した通り、中小企業診断協会より、本年度一次試験の「経営法務」にて、正解の訂正が発表されました。
今まで「どちらも正解」「全員正解」の対応はあったかと思いますが、正解の「訂正」はなかったように思います。

前代未聞の異例の対応ですが、この1マークでこの後の世界が変わってしまう方がいることを考えると、非常に心が痛みます。
まだ内容確認されていない方は、確認してみてください。

追記:8/22正解の訂正を取りやめ、全員正解にする旨の告知がなされました。


時間が経つのは早いもので、一次試験が終わってから2週間が経とうとしています。
二次試験の勉強も、徐々にエンジンがかかってきた頃かと思います。
とはいえ、ストレート生の中には、何をすべきか手探り状態になっている方も多いのでは?

「●●メソッドがいいよ!」
「●●書いときゃ点が取れるよ!」
「文の始まりは、●●にしないとダメ!」

二次試験の取組み方・解答方法は千差万別。
ただ、方法は数あれど、誰にでも当てはまる万能なものはありません。
誰かに当てはまった合格メソッドが、自分にそのまますっぽりはまることはない、と言っても過言ではないはずです。

でも!
何をやったら良いかは人それぞれでも、何をしちゃダメなのかは基本的には変わらないはず
ということは、やってはいけないことを理解し、それをやらないためにどうすれば良いかを考えれば、自ずと自分の取組み方が見えてくるはず。
ということで、今回は「不合格になるためのノウハウ」をお送りしていきます。
ストレート生は、今の段階では???な内容もあるかと思いますが、自分のスタイルを確立する中で参考にしてみてください。
挑戦2回目以上の方は、自分がやってしまっていないか、自分の行動と照らし合わせながら読んでみてください。

◆不合格になるためのノウハウ ◆

(→の後の緑字は、不合格にならないためのながの見解)

・自分の書きたいことを書く
設問の細かい指示は後回し。
とにかく自分の想いを書きましょう。
→自分が書きたいことを書くことは、めちゃくちゃ気持ちいいです。
でも、私の経験上、気持ちよく解答が書けた時ほど要注意。独りよがりの記述になっていることがほとんどです。
もう一度設問と本文を注意深く読み直してみましょう。

・できっこない提案を書く
ピンと閃いた革新的なアイデアを提案してあげましょう。
中小企業の経営資源では難しいかもしれないけど、このアイデアはきっと社長も喜ぶぞ~。
→実際に診断士になったときに、実現不可能なことをクライアントに提案しますか?
設問の出題者も、独自性や革新的なアイデアはまったく求めていません。

・ただ、事例の数をこなすことに注力する
とりあえず過去の事例を引っ張ってきて、100事例以上やりましょう。
→これ自体が悪いというわけではありませんが、残された時間を考えて取り組みましょう。
特にストレート生は時間が限られています。やみくもに事例を解くのではなく、深掘りすることを意識しましょう。

・お決まりのパターンばかりで解答を書く
事例Ⅱのマーケティングといえば「口コミ」でしょ!本文に記述があろうがなかろうが、これで間違いなし!
→その企業は本当にその提案を求めていますか?
本文中に解答のヒントが散りばめられているはず。その企業の考えに沿った提案をしてあげましょう。

・再現答案を作らない
試験中は時間も足りないし、いっぱいいっぱい。後で何を書いたか思い出すなんてもってのほかだよ。
→再現答案を作らないことが悪ではありませんが、解答の型(フレーム)が決まっていて、本文から抜き出すポイントがつかめていれば、自ずと書けるようになってきます。
解答の型作りができるようになると、安定度と書くスピードが変わってきますよ。

・解答の文字は自分が読めればOK
時間も限られているから、文字は自分が読めれば問題なし。きっと採点者も頑張って読んでくれるでしょ。
→自分が採点者だったら、雑に書かれた字を読みたいと思いますか?何千枚も答案がある中で、頑張って読み解いてあげようと思いますか?
なるべく文字は丁寧に書きましょう。

・完全な文じゃなくても、とにかくキーワードを盛り込む
大事なキーワードが入っていれば点がもらえるはず。文構造や因果関係は無視してとにかく詰め込んでやろう!
→キーワードも大事ですが、当然ながら主従関係・因果関係がちゃんとしていることが大前提です。
ちゃんと主語・述語がある文になっていますか?因果関係がおかしなことになっていませんか?
分かっていても表現しきれないのは、なんとももったいないです。


・消しゴムをとにかくたくさん使う

文字が収まりきらなかったから、最初から書き直し。最近文字を書く機会も少ないし、消しゴムを使うのもしょうがないよね。
→消しゴムを何度も使うことは、相当な時間ロスになってしまいます。
パソコンでの文章書きに慣れると、後からの修正が当たり前になってしまいますが、手書きではそういうわけにもいきません。
消しゴムの使用を最小限に留めるために、内容・構成を固めた上で記述する必要があります。

・口頭での追加説明が前提となっている
重要そうな箇所があったけど、文字数に収まりきらないから、解答には書かなかった。
でも、ちゃんと頭の中では分かっていたからオッケー。自己採点では加点してあげよう。
→採点者が見るのは、枠の中に書かれている文字だけです。あなたがどう思っていたか、頭の中を確認することはできません。
制限文字数の中で、漏れなく伝えきることが大事。マスの中で勝負です!


今回は、少し違う切り口で総論的なことを書かせてもらいました。
次回以降は、もっと深掘りした各論的なことを書いていきたいと思っています。

また、はじめにも書きましたが、二次試験の取組み方は多々あります。
今回の内容も、多くの情報のうちの1つに過ぎません。
うまく取捨選択して「良いとこ取り」をしてくださいね。

それでは、本日のお言葉です。

『他山の石以て玉を攻(おさ)むべし』
(ことわざ)

「よその山から出た粗悪な石でも、それを砥石に利用すれば自分の玉を磨くのに役立つ」ということから、「他人の誤りを自分の修養の役に立てること」を意味します。単に「他山の石」とも言ったりしますね。
情報を集める時に、やった方がいいことばかりがフォーカスされがちですが、やっちゃいけないことからも学ぶことはたくさんあると思います。
今回の記事で、何かを考えるきっかけになれば嬉しいです。

以上、ながでした!

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


2017年8月18日、中小企業診断協会より、本年度一次試験について、正解の訂正が発表されました。

科目:経営法務

箇所:第6問 設問2 選択肢イ → ア

詳細は、中小企業診断協会ホームページをご覧ください。

 

訂正後の正解

https://www.j-smeca.jp/attach/test/h29/1j_seikai/e2017v2.pdf

とりいそぎ、お知らせでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



一発道場の読者の皆さま、こんにちは。TOMです。

一次試験から早くも2週間が経とうとしていますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

合格基準を余裕でクリアーし二次試験の権利を得られた方、自己採点ではボーダー付近で少し複雑な心境の方、今年は科目合格で来年捲土重来を期す方など様々だと思います。

二次試験への切符を手にされた方は迷わず10月22日に向けダッシュ!、少し複雑な方もまずは9月5日の合格発表までは走ってください。また、来年度再挑戦の方は新たな計画を立てましょう。

今後の計画についてはそのが、二次試験に向け準備すべきことはルナが投稿しておりますので、併せて確認してくださいね。

また、11日の道場セミナー @東京にご出席頂きました皆さま、この場を借りて、感謝申し上げます。Open dayの投稿で少し触れましたが、私も昨年このセミナーに参加し、多くの刺激と様々な情報に触れました。セミナー後、自分の状況を踏まえ、取捨選択をし、残りの学習期間を見直しました。まだ消化できていない方もいらっしゃると思います。もう一度反芻してみることで、ご自分の立ち位置を振り返ってみてはいかがでしょうか。なお、セミナーの状況についてはこちらにもありますのでご覧ください。


さて、私は一発道場ではレアな多年度合格者です。加えて、かなり迷いに迷っていた受験生でした。(今このような場で二次試験について書くなど、当時からすると全く信じられない事態です。)

そこで、本日は「二次試験に初めて挑戦し不合格となった2015年度」「合格した2016年度」の取り組みの違いをお話します。特に二次試験再挑戦で現状に不安を抱いている方に何らかの気づきとなれば幸いです。

端的に言えば、8月以降の違いは以下です。

2015年度(不合格:CACA)

  • 受験校のカリキュラムに従った受動的な学習。迷ったまま本番を迎えた。
  • 手を動かしていない。だから、どのノウハウが良いかも分からないし、身にも付かなかった。
  • 設問研究と設問に対応する一次知識の学習が不十分。どの一次知識を使えば良いか身についていないため、提案に自己の経験を踏まえた知識を使ってしまう。(今でも、鮮明に覚えていますが、事例3で苦し紛れにやってしまいました。結果、Cです。)

2016年度(合格:BAAA)

  • 一次試験までは基本的に受験校のカリキュラムに乗って学習。受動的なまま。道場セミナー参加後に能動的な学習に切り替える。何とかやり切った気持ちを得て、本番を迎える。
  • 手を動かし、自分でも使えるノウハウを何とか身に付けた。
  • 設問研究と設問に対応する一次知識の学習を行う。どの一次知識を使うべきかを何とか身に付け、本番では自己の経験を踏まえた知識を排除して、回答を作成した。

詳しくは以下です。

2015年度

8月

  • 二次試験の知識ゼロ。その為、自己採点終了後、某受験校のセミナーに参加し、初めて情報収集。
  • セミナーで通学の直前演習コースがあることを知り通学受講を開始。お盆明けから通学。初めて事例を知る。80分のやりくりに翻弄され、講師から「因果関係を意識して・・・」などの指導を受けるも、腹落ちできないまま、受講を続ける。また、なぜ点数が取れなかったのかに関し、自分で「振り返り」までは行わず。
  • 直前演習に加え通信で事例4特訓があることも知り、申し込む。事例4だけは結果が勉強時間に比例しやすいと思い始める。

9月

  • 当受験校で模試を開催していることを知り、9月に初めて経験。月末に戻ってきた結果は悪くなかったものの、本番で同じような評価が得られるか全く自信が持てず、何とも言えない思いが募る。
  • 直前演習の答練終了。やはりモヤモヤ感が募ったままとなる。

10月

  • 「全知識」を購入し、事例1〜事例3に関連する一次知識の見直しを開始。ルーズリーフに纏め始めるが、どういう設問でその知識を使うのかまで身に付けることができず。結果、本番でも設問が要求していない一次知識や自分の経験に基づいた知識を記述することになる。
  • 「全ノウハウ」を購入するが、ノウハウを試さないまま「読んだだけ」で終わる。全く身に付かないまま本番に臨む

2016年度

8月

  • 直前演習でお世話になった受験校の二次本科に1月から通学していたので、そのカリキュラムをこなす。結果、80分の使い方に不安はなくなる。また、事例4は安定しつつあったが、事例1〜3は演習の結果がバラついたままだったので、「このままではまた落ちる」と危機感が募る。しかし、なぜバラつきが起こるのかに関し、検討が出来ていなかった。
  • 二次本科の講師から「カリキュラム終了(9月末)以降、試験本番までの残り1ヶ月」をどう過ごすか考えておくよう、指導を受ける。
  • 今更ながら、悔いのない2年目にしたいと思い、道場の夏セミナーに参加する。合格者が実施してきたことをナマで聴き、他の受験校の情報も得る。つくづく自分の学習スタイルが受動的であったことを痛感する。前述の講師の指導も思い出し、当受験校の通信の受講を申し込む
  • 事例4の過去問研究が疎かになったまま8月を迎えてしまった為、事例4用の「全知・全ノウ」を購入し、優先度を付けながら過去問を振り返る。

9月

  • 5月に続け、2度目の模試を受験。事例4で事故を起こし、悲惨な結果となる。事例4の重要性を再認識し、会社の昼休みに事例4特訓の問題集に再度取り組み、本番での事故防止を目指す。
  • 8月下旬に申し込んだ通信講座の学習ガイドブックを読み、自分の回答がバラつく理由にようやく合点がいく。9月中にガイドブック記載の方法を体に染み込ませるべく、日単位でやるべきことを決め、ガイドブック記載の内容をエクセルに纏める。また、通信講座に付随していた過去問の設問とその回答をエクセルに纏め、設問と一次知識の繋がり、回答の仕方を見直す。
  • 二次本科の演習や模試の回答と解説を振り返り、これも前述のエクセルに纏め、自分がどこでコケたを意識する。
  • 9月下旬から通信講座の演習に着手。

10月

  • 引き続き通信講座の直前演習に取り組み、80分の感覚を維持する。
  • 昨年同様、一次知識の総まとめをルーズリーフに纏める。

如何でしょうか?

2015年度は学習が受動的で、2年目の2016年度も同じやり方を続け、迷走していたことがお分かりと思います。それでも残りの2ヶ月で自分を修正し、何とか合格にたどり着きました。今年初めて挑戦するスト生の方もまだモヤモヤだと思いますが、諦めずに能動的に取り組んでください。

次回以降はそれぞれ何をしていたかを具体的にお話ししたいと思います。

以上、TOMでした。

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


みなさんこんにちは!たけぴょんです。

今年の1次試験の特徴が大体わかってきましたね。私が知る限りでは、科目別では情報が易化、企業経営理論と運営管理が難化、全体の平均点は昨年より上がり平年並みに近い水準といった感じのようです。とは言え、9月5日の合格発表を確認するまで合否結果はわかりません。自己採点では合格点に届いていない方でも、ボーダーライン近辺の方は、合格発表を確認するまで絶対にあきらめないで勉強を継続してください。

さて、本日は「【絶対スト合格】勝機は事例Ⅳにあり」と題し、ストレート合格するうえでの事例Ⅳの重要性についてお話しします。


♦スト合格の近道は事例Ⅳの強化

2次筆記試験は1次試験と異なり競争試験です。ストレート合格するためには、2次再チャレンジ組、2次専念組との競争に勝ち抜かなければなりません。よって、「1次試験後残り80日足らずでどうやって上位20%圏内に食い込むか」という点に関する戦略が絶対に必要となります。

その一つの答えが事例Ⅳ(財務・会計)の強化です。事例Ⅰ~Ⅲは全て記述で模範解答が公表されていないため対策がとりづらいです。一方、事例Ⅳは模範解答は事例Ⅰ~Ⅲ同様公表されてはいないものの、計算問題や計算過程を問う問題が中心で、記述も計算問題にかかわるものが多く解答のポイントがばらけにくいため、予備校の過去問題集の解答をある程度信頼して自己採点できるので、比較的対策はしやすいと思います。

この戦略は私が通学していた予備校の講師が推奨していたもので、極端な話、1次試験から残り80日足らずで捻出できる勉強時間の半分以上を事例Ⅳに費やしてもよいと言われていました。私も事例Ⅳの強化は、事例Ⅰ~Ⅲと異なり問題演習後の自己採点で得点が推定できるため、日々の成長をより実感でき、時間対効果が高いと思ったので、講師のアドバイスに納得し事例Ⅳの強化に大半の時間を割きました。

上記も踏まえ、2次筆記試験の全体戦略としては、事例Ⅰ~Ⅲはとにかく耐える、具体的には合格基準である60点近辺から大きく外さない(=各事例50点以上死守)、そして事例Ⅳで挽回してトータルで合格基準60%を超える、という戦略を立てました。

そして、結果、以下のとおり全体戦略どおりの得点でストレート合格することができました。

事例Ⅰ B(55点) 事例Ⅱ B(56点) 事例Ⅲ A(60点)事例Ⅳ A(74点) 合計245点

事例Ⅰ~Ⅲはこの点数なので、あまりアドバイスできることがありません(笑)。
アドバイスできるとすれば、①過去問を肌身離さず持ち歩き設問文・与件文に徹底的に慣れること②過去問等で演習する中で自分なりの解答プロセス(考える・読む・書くの時間配分)をしっかり固めること③設問要求・与件文に沿った解答を常に心がけ大事故による一発退場(全く的外れな解答を書いてしまい40点未満で足切りに引っかかってしまうこと)を回避できる力をつけること、くらいでしょうか。

事例Ⅳを強化し貯金が作れるようになれば、事例Ⅰ~Ⅲは大事故を起こさず50点以上とれれば十分合格圏内です。他の受験支援機関ですが平成28年度同期合格者の得点データをとったところ、得点率60%以上(240点以上)で合格に対し、なんと合格者の80%が得点率65%未満(240~259点未満)という結果でした。この試験を余裕で受かる人はごくごく少数なのです。

私自身2次筆記試験の経験を振り返ってみると、この試験は事例Ⅳで勝負が決まると言ってもまったく過言ではないと感じています。事例Ⅳの問題自体は60点以上をとる上でまったく歯が立たないというものではありません。おそらく十分な時間があり落ち着いて解けば、多くの受験生が60点以上とれる問題だと思います。しかしながら、試験本番の極度のプレッシャーと80分という制約の中で、手をつける順番を間違えずに取れる問題を確実に仕留められるようになるためには、ある程度の訓練が必要であり、十分な訓練を積むためには、ストレート生の場合結果的に捻出できる勉強時間の半分くらいを事例Ⅳに割くことになるのではないかと思います。

♦事例Ⅳの特徴

H13年度以降は「経営分析」と「個別問題」で構成

事例Ⅳは財務(ファイナンス)および会計(アカウンティング)から出題されます。H13年度以降の出題傾向は下表のとおりです。第1問で経営分析、第2問~第4問などで個別問題が出題される傾向があります。大問ごとの時間配分については、大問ことの配点割合が一つの目安にはなりますが(例えば配点25点の大問であれば80分×(25/100)=20分)、現実的な対応としては確実に点が獲れる問題に十分な時間を割き、絶対間違いないと確信できるまで検算をしっかり行う方が得策だと思います。

クリックすると画像が見やすくなります。

経営分析はH13年度以降毎年出題されており、配点は25~40点です。

得点戦略としては、経営分析を確実に得点し、残る個別問題で満点を狙わず解ける問題を見極め、コツコツ得点を積上げることにより、財務・会計に苦手意識を持つ方でも40点未満の足切りを回避しつつ、問題の相性次第では60点以上も狙っていく戦略が得策だと思います。

経営分析を計算ミスで落とすと致命的になりますので、本番の緊張感の中でも絶対にミスしない解き方を日々の演習を通じ確立しておく必要があります。解き方等詳しくは次回の投稿で経営分析問題の解き方を取り上げる予定ですのでそこで説明します。

個別問題は管理会計(CVP分析など)およびファイナンス(設備投資の経済性計算など)の領域からの出題が多いです。よって「今から簿記をやる必要はない!」と個人的には思います。問題自体歯が立たないという訳ではないですが、与えられるデータ量が多く設定が複雑な問題もあるため、条件設定を整理する力やひっかけ(単位、四捨五入なのか切り捨てなのか等)に対する注意力を養っておく必要があります。個別問題の傾向と対策については、今後の投稿でより詳しく取り上げたいと思います。

「計算問題」と「記述問題」で構成

問題は「計算問題」と「記述問題」で構成されます。なお、記述問題には計算過程を記述するものも含まれます。対策としては、計算問題でミスしにくい解き方を掴むこと、記述問題でわからない時や時間がない時でも白紙で提出せず結論だけでも書くことを日々の演習時から徹底し、本番でも実践できるように訓練することが重要です。こちらの対策についても、今後投稿で取り上げていきたいと思います。

なお、7代目フェイマオさんのこちらの記事でも、事例Ⅳで合格点をとるコツを取り上げていますので、併せてお読みください。


本日はここまで。

それでは、今日もみなさんお~元気で!
たけぴょんでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら

 

 

 

 

 



おはようございます、8代目のたっしーです。

先日は夏セミナーそして懇親会に参加してくれた方、ありがとうございました。短い時間でしたが、合格のエッセンスをもって帰って頂けたなら嬉しいです。
参加できなかった方も、セミナーレポートが上がっていますので、参考にして下さい。

私の受験時代はセミナー等に参加することが出来なかったのですが、懇親会で「あのコメント私です」なんて場面もあり、このような繋がりを持てたことを嬉しく思っています。

================

さて本題に。

2次試験の情報を集めてみてどうでしたか?

私は「量が多い・・・」と感じていました。
初めて受験される方は特に、2次試験概要対策について、セミナーやWEB、予備校などからたくさんの情報を短期的に収集していると思います。

情報の収集をすると「なんとなくわかった状態」にはなりますが、そこから何を考え、何を選択し、どう積上げていくのか?が大事になりますので、情報を整理しながら取り入れていって下さい。
また多くのお話は、合格時または合格後にまとめたものになると思うので、出来るだけ時期にも注意しながら、現時点で少し理解できないことがあったとしても、勉強を進めていくうちに理解が出来たり、不要だと判断出来たりすることもあるので、細部に拘りすぎないこともポイントだと感じています。

1、自分に合った勉強法とは・・・

2次試験になると「自分に合った勉強方法」を見つけることが大切だと、多くの場所で言われたと思います。私もこの意見には賛成ですし、実際に8代目道場メンバーでもそれぞれやり方や考え方が違っています。

少し特徴的な例を挙げると、同じ「独学」を選択した中でも対照的なタイプだと思うのが、この方(体験記)。
1次知識を固めて定着させることを優先し、過去問は初見問題への対応を重視し、1回しか解かないというスタイルを選択しています。私は過去問でのアウトプット重視の考え方で、数をこなす中で知識や回答方法を構築していくスタイルを選択しています。
仮に私のようなタイプが、同じやり方をしていたら結構苦労していたように思いますし、ストレートで合格できていたかわかりません。これはお互いのやり方の良し悪しではなく、合う合わないの話だと思っています。

自分に合ったやり方を見つけるうえで、様々なやり方の例を見たり、メリットデメリットなどを聞くことは大切ですが、ヒントは1次試験対策の中にもあると思います。
対照的な2人に共通していることが「1次試験対策の考え方と同じ」ことであるように、1次試験での数百時間の勉強を通して、ある程度は自分に合ったものや考え方があると思います。少し自分の成功や失敗を振り返って分析してみると、ヒントが多く存在しているように思います。

2、勉強方法のご紹介

体験記でも書いていますが、私のスタイルは「独学」「過去問回転偏重」型になります。

体験記にもありますが、朝1事例、夜1事例、休日3~4事例のペースで過去問を周回し、周回数は年度でバラツキがありますが、累計137事例に対応しています。事例が出来る時間が無い部分は、全知識を利用して知識の整理をしていました。

過去問を使った1連の流れは下の通りです。

  • 80分で過去問に対応する
  • 仮に空欄があってもそのまま
  • ふぞろいシリーズで合格レベル確認
  • 差分を埋めるために必要なことを検討
  • 必要に応じて「反省ノート」にまとめる
  • 次の事例へ

正直、この時期で1週目(初見)の過去問では空欄もありますし、全く歯が立たたないといった状況でした。しかし先行して1年分だけ2週目に入ると、不思議と与件や設問で言っていることがわかりますし、それなりの回答が書けるようになっています。
これは周回するタイプの勉強方法でよく言われている「与件や答えを覚えませんか?」という質問の答えになるのですが、(あたりまえですが)ある程度内容を覚えていると対応は早く正確になります。

私は覚えていることは悪い事だとは考えておらず、以下のステップでの成長を想定していました。

  1. まず合格回答レベルを作れるようになる
  2. その時何をしているor考えているのか?を分析する
  3. 自分なりの回答方法を構築する
  4. 初見の問題でもブレなくできるようにする

つまり、最初から初見でも対応できる方法を構築するのではなく、構築(成長)する過程で初見の問題への対応をしていく事を考えていました。これは冒頭にも少し書きましたが、あるレベルまで成長しないと考えても分からない部分はありますので、「やってみてから考える」ことも重要になると思っていたからです。

人生は「見たり」「聞いたり」「試したり」の3つの知恵でまとまっているが、多くの人は「見たり」「聞いたり」ばかりで一番重要な「試したり」をほとんどしない。

これは有名自動車メーカーの創業者である、本田宗一郎さんの言葉。見ること聞くことで得られるものだけではなく、自分で試した経験こそが1番重要であると言った、身に染みる言葉

8月のこの時期は、まだ試行錯誤ができ、また必要な時期だと思います。情報を集めるだけではなく、実際にやってみることを通じて自分に合った勉強方法を構築していって下さい。

たっしー

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら



皆さんこんにちは、ゆっこです。一次試験の解答発表から一週間が過ぎ、二次試験に向けて順調な駆け出しをされているでしょうか?先日の道場夏セミナーin東京にお越しくださいました皆様には、スタートダッシュの一助になっていればと切に願っております。ご参加いただきました皆様にはこの場を借りてお礼申しあげます。日程や場所の都合でお越しいただけなかった方々には、こちらこちらセミナーレポートをご参考にしていただければと思います。また、今後もブログで様々な情報を発信して参りますのでご参考にしていただけますと幸いです。

さて、本日のタイトル「一次知識、自分の言葉で表現できますか?」としております。この問いに対する一年前の今の私の答えは「いいえ、できません・・・」でした。去年、道場夏セミナーに参加し、一次知識を自分の言葉で表現することの大切さを教えていただきました。一次試験は選択式の問題ですので、与えられた文章を読んで、その内容が正しいのか、誤っているのかがわかれば正解を導き出せました。でも、二次試験は違います問われたことに対して、「自分の言葉で」記述しなければならないのです。

例えば、人事施策。「社内公募制度は、あるポストについて広く社内から公募し応募者は上司を経由せず直接応募できる制度であり、社員のモチベーションアップにつながる。◯か✖️か?」というのが一次試験の問われ方でした。

ところが二次試験では、「A社が有能な人材を確保していくためには、どういった人事施策を導入すべきか?」という問われ方になります。こう問われたときに、有能な人材を”確保”=”獲得してかつ長く勤めてもらう”ためにはどうすればいいか?そのためにはどんな人事施策が有効なのか?を考え、記述しなければなりません。そうなると、人事施策にはどのようなものがあるのか一通りわかっていないといけませんし、それぞれがどのようなもので、会社にとってどのような効果をもたらすものなのか理解していなければ書けません。

スピテキを独学で全て読破したとはいえ短期集中でやっていたこともあり、8月上旬時点の私は到底上述したようなレベルには達していませんでした。そこで、8月のお盆から9月の中旬までの1ヶ月間は一次知識を固め、定着させることに専念することに決めました(私は一次二次とも独学でした)。

そう決めてからすぐに、スピテキの二次試験出題範囲部分をもう一度徹底して覚えようかと思いました(できるだけお金をかけたくなかった・・・(^^;)。しかし、スピテキは「AとはBであり、Cのような特徴を持つ」といった、定義づけを示すテキストなので、やはり二次試験には向かないのだと判断しました。そこで、道場夏セミナーで中身をパラパラと拝見させてもらった「二次試験合格者の頭の中にあった全知識」を購入し、これを徹底的に読み、覚えることにしました。このテキストは、二次試験で問われがちな切り口ごとに必要な知識が整理されているため、大変役にたちました。「Cという論点では、Aという用語を覚えておく必要があって、それはBということ」という感じの書き方がされています。私の場合、このテキストに出会っていなかったら、多分合格できなかったと思います。

ちなみに、「全ノウハウ」では、「全知識」にある知識を実際の過去問でどのように活用して解答を導くのかについて解説されています。他にも、設問の読み方、与件文の読み方、解答の構築方法など、二次試験を受験するにあたっての全般的なノウハウも書かれています。

あわせて通称「全知全ノウ」と呼ばれており、特に独学の方にとってはとても頼もしい書籍だと思います。ここまで褒めておいてなんですが、実は今年度版の事例Ⅰ部分は私が執筆を担当させていただいています。去年の今頃は、まさか自分がお世話になっている本の執筆に関わることになるなんて、夢にも思っていませんでした。このように、診断士試験に合格すると、様々な方面からお声がかかったり、お誘いがあったりという機会がたくさんあります。ぜひそんなことにも思いを馳せながら、試験勉強のモチベーションをキープしてくださいね。

試験勉強の期間が短いストレート生の場合、去年の私のように一次知識がイマイチ定着していないかも、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方は、事例にガシガシ取り組む前に知識を固め直すというのも、”急がば回れ”で一つの良い方法かもしれません。

それでは。

今日もあなたを応援しています。

by ゆっこ

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら



おはようございます、世界の畠ちゃんです。

先日の「一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017 ~スタートダッシュで差をつけろ~」にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。私も、「独学・ストレート生」向けにプレゼンテーションをさせていただきました。

思い返せば、昨年の私は一次試験の勉強で精いっぱいで、二次試験について全くの無知でした。そこで、初めて参加した道場夏セミナーで7代目や先代の皆さんにお会いして様々なことを教えていただき、一次試験で燃え尽きていた私の“やる気スイッチ”を押していただきました。

なので私も同じようにできたらと思いましたが、参加された皆さんが必要としている情報をお伝え出来たかどうか・・・。ただ、確実に言えることは、プレゼン中に繰り出した渾身の「ブルゾンち〇み」ものまねがスベったことでしょうか・・・(笑)

ところで、今回は大変ありがたいことに、セミナーに参加されたハンドルネーム“ジュン”さんから参加レポートを頂戴しました!!
”ジュン”さんにはセミナーを熱心に聞いていただき、一言も漏らすまいとする姿勢が大変素晴らしいと感じます。ここで、一部抜粋を掲載させていただきます。

・失敗ノートを作って、再発防止策を整理する。事例ごとになぜ間違えたのか、原因と防止策を考える

・問題文(与件文)は1行38字であることを意識する
→問題文(与件文)から解答に引用する場合、1文の半分で約20字と計算でき、解答の清書がスムーズになる

・国家試験なので採点基準は必ずあるはず。しかも、誰が採点してもブレない基準のはず。
「このキーワードがあれば何点」など。
→つまり、答えやヒントは問題文に必ずある。独創的な答えは書かないこと

・ハカセさんのファイナルペーパーは必読(記事はこちら

“ジュン”さん、ありがとうございました!!

 


さて、今日は、「独学・ストレート生」向けの二次試験の勉強の仕方(概要)をお伝えしたいと思います。一部でも、ご自身の学習の参考になれば幸いです。

1、【独学・ストレート生に必要な教材(私見)】
私は、市販の教材と通信の直前期対策のみの組み合わせで良かったと思っています。

2017年版中小企業診断士2次試験事例IVの全知識&全ノウハウ
ふぞろいな合格答案10(平成28年度の試験)
ふぞろいな合格答案9(平成27年度の試験)
ふぞろいな答案分析3(平成25,26年度の試験)
ふぞろいな答案分析2(平成22,23,24年度の試験)
2017年版 中小企業診断士試験2次試験合格者の頭の中にあった全知識

過去問(平成22年度以前で入手可能なもの)←解説もあった方がベター

模試(又は直前答練)←他者に客観的に採点してもらうため
(私の場合は、M〇C「直前対策答練通信講座」(12事例)を利用)

 

2、【問題を解く際の80分の使い方】
私も最初、80分では到底解けなくて大変苦労しました。でも、焦らないでください。演習を繰り返せば、できるようになります。
なお、80分の使い方は人それぞれですが、ご参考までに私の80分の使い方を記載しておきます。(時間は目安)

  • 問題文(与件文)の最初の一段落位を読む(3分)
    問題文(与件文)の最初の一段落を読んで、事業所のジャンルや特徴を把握します。

 

  • 設問解釈+解答の骨子検討(10分)
    設問を読んで、何が問われているか?与件文から何を引っ張ってくるべきか、などを把握します。
    また、解答骨子は、「どのような特性があると考えられるか?」との設問に対しては、「特性は、①~、②~、③~、と考えられる」と設問分のところに先に書いてしまい、ここにあてはめるものを与件文に探しに行くイメージです(見つからない事例の時もあります)

 

  • 問題文(与件文)をサラッと読む(5分)
    このとき、設問との対応付け(与件文のこの個所を、この設問に使うと割り振ること)も意識する。マーカー2種利用しました。

 

  • 再・設問解釈(7分)
    与件文を全文読んでみて、自分の考えていた内容と相違があれば修正します。あわせて、解答骨子も修正が必要かどうか検討します。

 

  • 再・与件を読む(15分)
    しっかりと、ヌケ、モレの無いように注意深く読みます。大事なキーワードがもれなく設問に使われるかもチェック。

 

  • 解答を書く(35分)
    各時間は中々早くなりませんので、ここは削らないように注意しましょう。解答骨子に従って、迷いなく書いていきます。

 

  • 予備の時間(5分)
    不測の事態に備えて、5分前に終了するように。ちなみに、8代目メンバーの中には60分で解き終わるという強者もいますが、私はいつもギリギリでした。

 

3、 【復習の際のPDCAの回し方】

  • 上記のように、事前に解き方を付箋やメモ帳に書き出しておいて、項目ごとに時間を測りながら解いておきます。

 

  • “ふぞろい”シリーズを使用して採点をします。
    合格レベル答案と自分の答案を比較して、「どうして、合格答案はこう書けたのか?」を考えます。同時に、「自分がなんでこう書いてしまったか?」も考えます。具体的には、与件文のどこから、文言を引っ張ってきているのか?
    どうして、その解答を書いたのか?
    どうすれば、自分も合格答案が書けるようになるか?
    そして、自分に足りないものは何か?をよく考えましょう。
    また、最初のころは、“型”を身に着けるため、「この解答いいね!」と思った解答を写経(そのまま書き写す事)したり、声に出して読んでみたりしました。

 

  • 最初のころは、事例一つに対していろいろな復習をしていたので、復習に1.5時間近く掛かっていました。ただ、10月頃には復習は0.5時間程度になりました。
    また、事例ごとの特徴を早くつかむため、8月は以下のとおり過去問は事例ごとにまとめて解いていました。(いわゆる、タテ解き)

 

4、私が実際に解いた【事例数】

道場では、合格するためには合計72事例解く、というのが共通認識のようです。
私は、事例Ⅰ~Ⅲで55事例でした。
事例Ⅳは過去問をそのまま解かず、過去問がテーマごとにまとまっている「事例IVの全知識&全ノウハウ」を利用したり、第一問の経営分析は平成13年度分から解くなどして変則的でしたが、合計72事例近くは行ったものと思います。(学習時間は280時間でした)

8月 平成27~23年度(5年度分)1回目
直近の年度からスタート。27年度を解いた後は、事例ごとの特徴をつかむため、続けて事例Ⅱならそれを26,25,24,23年度と解いていきました。これはおススメです。

 

9月・平成27~23年度(5年度分)2回目
       ・M〇C 通信教育直前答練(模試3回分相当)

事例を2回解くと、前回よりも深堀出来るので、理解を進めるのにおススメです。
また、直前答練は、自分の答案を客観的に見てもらえることで独学の弱点「独りよがり採点」を矯正してくれます。

10月・平成22~20年度(3年度分)
  ・平成27年度3回目
M〇Cの直前答練の付録でついてきた平成13年度までの過去問と解説から、新しい年度より3年度解きました。ルナが紹介しているように試験問題と解答用紙だけならA〇Sさんのサイトから無料でダウンロードできます。が、解答や解説はないので、M〇Cの直前答練はおおススメです。

3回目をやったのは、解法の確認と直前期に新しい年度をやってショックを受けるのを避けるためでした。



 

最後になりましたが、二次試験への切符を手に入れたみなさん、おめでとうございます!!

この貴重な機会を活かして、
ご自分の将来のため、
二次への切符を手にできなかった人のためにも、
一日たりとも無駄にせずやり切りましょう!

残り69日、あなたならきっとできる!
Yes, you can!!

以上、世界の畠ちゃんでした。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら



みなさん、こんにちは。ITOです。

先週の1次試験2日間、受験された方、お疲れ様でした!
今日は、8/11(木)に開催させていただきました「一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017 ~スタートダッシュで差をつけろ~ 」の開催レポートをお届けいたします。
ご参加いただいた方だけでなく、残念ながら参加できなかった方にも、道場エッセンスをしっかり盗んでいってほしいとおもいます。

コミケ開催中にもかかわらず、40名もの多数の方にご参加いただきました!

今回のテーマは「今年絶対合格!!するため残り78日どう過ごすか あなた自身が納得できる進め方を見つけること」


第一部は、ますけんから2次試験の概要と1次試験との違い、攻略のポイントをお話しさせていただきました。要は、こういうこと。

1次試験が知識を問う試験であるのに対し、2次試験は応用能力を問う試験である。この違いを意識しつつ、アウトプットできるレベルの「知識」、分析・提案するための「読み方」「考え方」「書き方」を身に着けることが大事。

 

そして、実際に合格者が2次試験をどう乗り切ったかを、独学代表として、世界の畠ちゃんから、通信多年度代表として、そのからプレゼンさせていただきました。

<世界の畠ちゃんの戦略>
まずは1年分の事例を解いて、壁の高さを知ること
「書く力」、「読む力」「考える力」型を体得すること
ほかにも、各種参考書、勉強道具のご紹介などがありました。

<そのの戦略>

多年度生ならではの視点として「初年度生に追いつかれないように走り切る」こと
読み方:設問から読む、回答プロセスを意識、骨子をつくる
考え方:フレームワークで考える
書き方:型で書く、多面的に書く、キーワードで書く


第二部は、先代(JCさん、ハカセさん、ひめさん、フェイマオさん)も含めた合格者のパネルディスカッションで、事前に頂いた質問に回答する方式。

と、そのまえに、3代目のメンタルコーチひめさんから、リラックスするためのプチコーナーで、全員でリラックス。試験前だけでなく、勉強でイライラしているときにも使えるワザなので、とても参考になりました。

パネルディスカッションについては、全部はご紹介できないまでも、一部だけご紹介すると・・・

Q:80分の時間配分は?

A:書く時間というのは、そんなに人によって大差はなくおよそ35分程度。したがって、課題は読む時間と考える時間をどう短縮・効率化するか。例えば、読む時間は、与件⇒設問⇒与件⇒設問と行ったり来たりしたりしないように、冒頭の業種を確認したうえで設問から読む、とか、回答のフレームワークをつくることで、考える時間を短縮する、といったテクニックをご紹介さえていただきました。
また、1問が80分のため、1次試験と異なり、スキマ時間の活用が難しいのですが、事例Ⅳの対策をスキマ時間の活用にあてるといいよ、といったお話もありました。

Q:やってよかったこと、やらなければよかったことは?

A:やってよかったのは、設問研究。設問研究というのは、設問だけを過去数年分取り出し、並べてみて、与件にどのようなキーワードがありそうか、またどのような回答が求められているのかを想像するというもの。このトレーニングを行うことで、与件を読んだときにキーワードに素早く反応することができるとのこと。
逆に、やらなければよかったこと、やってはいけないことは、通学生であれば直前に先生や受験校を変えることや自分の受験スタイルを変えること。はやめに自分にあったスタイルを見つけることが合格への近道ということでしょうか。

などなど、、、伝説の先代たちの持論や、合格者のノウハウをぶっちゃけ話を含めご紹介させていただきました。


第三部では、参加者の勉強スタイルに合わせ、メンバー5~6人と道場メンバー2人でフリーディスカッションが行われ、あっというまに時間がきてしまうほど熱の入ったディスカッションが各テーブルで行われていました。

セミナー終了後、懇親会へ。
こちらも大盛況で、我々執筆陣も参加者の方々から「毎日チェックしてますよ!」と声をかけていただき、たくさんパワーを頂戴しました!
1次試験終了後、気を緩める暇もない中ご参加いただきました方々、本当にありがとうございました。
そして、スタートダッシュはきれそうでしょうか?Yes!You Can!(パクッてカスタマイズw)

これからがある意味本番です。道場メンバーも引き続き受験生の皆様を応援してまいります!
ではでは
ITOでした。

P.S. 大阪セミナー(8/26)も開催します。詳しくは↓↓コチラ

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


こんにちは、ますけんです。

本日、一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017 〜スタートダッシュで差をつけろ〜 が開催されます!

2次試験までの2ヶ月半の効果的な過ごし方を道場8代目メンバーが2次合格までの道筋を詳しく説明するとともに、受験生みなさまが抱えている疑問にお答えします。また、道場歴代メンバーも登場!今まで蓄積されてきた2次試験合格のための道場メソッドを惜しみなく公開します。もちろんセミナー後には、道場メンバーとざっくばらんにお話ができる懇親会もご用意しています。

残念ながら定員につきすでに締め切りになっておりますが、春セミナー同様にセミナーレポートを当ブログに掲載いたしますので、本日ご参加できない方は是非そちらをご閲覧ください。


さて、先週末1次試験を受験された方は本当に本当にお疲れ様でした。真夏の暑い中2日間も試験を受けるのは肉体的にも精神的にも堪えますね。そんな1次試験から早5日。受験生の皆様も日々の生活に落ち着きを取り戻している頃ではないでしょうか?

とはいえ、1次を突破した方々は落ち着いているヒマはありません!2ヶ月半後には、2次試験が控えています。

そこで、今回は1次を突破した方向けに、2次試験に立ち向かうための「心構え」をアドバイスしたいと思います。

 

<2次試験はがんばる試験じゃないんです!>

2次試験の受験者は合格率20%の1次試験突破した人のみで構成されています。つまり、1次試験よりも受験者のレベルがワンランクあがります

(さらに、2次試験のみの対策をしてきた多年度生が一層レベルを上げています。)

ここのところ毎日熱戦が繰り広げられている高校野球を例に出せば、1次試験=地区予選、2次試験=甲子園と例えられるでしょう。

甲子園に出場する高校は強豪校ばかり。才能のある選手たちが夜遅くまで練習して実力を伸ばしています。つまり、甲子園に出るチームはどこも精一杯努力しているんです。それでも差がつくのは、「努力の中身、努力の質」に差があるからなのです。

これは2次試験も同じです。1次試験を突破した「頑張れる人たち」がしのぎを削るのが2次試験。一生懸命は当たり前、がんばるだけでは差はつかないのです。1次試験対策では夜遅くまでテキストを覚えたり朝早くから過去問を演習したりしてきたと思いますが、2次試験対策では「がんばり方」がより重要になってきます。

なので、ノウハウの習得に主眼を置くとよいでしょう。

本日のセミナーではパネルディスカッションやフリーディスカッションを通してノウハウをお伝えできればと思っております!

もちろんセミナーに参加できない方も当ブログで2次試験ノウハウを公開しますので、是非ご閲覧ください!

 

<2次試験は1次試験とは違うんです!>

1次試験は知識を覚えて選択肢を選ぶ客観式試験、2次試験は事例企業の分析や提案を行う記述式試験であることは説明するまでもありません。

ということは、1次と2次では求められる力も伸ばすべき力も大きく異なります。なので、勉強の仕方が大きく異なることは常に意識してください。

ますけんの1年目の失敗は1次試験対策同様にただひたすら盲目的に過去問を解くことしかしなかったことにあると思っています。1次試験を高得点で突破したため、過去問をひたすら演習し、ただ丸付けをする勉強法を踏襲したのがいけなかったのです。

2次試験に必要な「読み方、考え方、書き方」というものは全く意識しませんでした。

今年突破したければ、1次とは違った、2次に合う勉強法を模索し習得すべきです。1次で高得点を取った人ほど過去の成功体験に引きずられないようにしましょう。

 

<PDCAサイクルをより「深く」回せ!>

日々の学習においてPDCAサイクルを回すことは1次と2次共通で言われていることです。ただ、2次試験ではより深くPDCAサイクルを回す必要があります。これ具体的に言うと、Checkの部分で「なぜ間違えたのだろう」や「なぜうまくいかなかったのだろう」を深堀りして考えることです。トヨタ生産方式の中で出てくる「5回のなぜをぶつけることで問題の本質に近づく」のと同じイメージです。

「読み方、考え方、書き方」が問われる試験である以上、表面的な課題分析では改善が図れないことが多々有ります。

ますけんも2年目の時は「反省ノート」なるものを作り、事例を解くたびに「問題点→その原因→改善策」を考え、記入するようにしていました。

そうした良質なPDCAサイクルを回すことで実力が伸びたのだと思います。

 

2次合格に向けて、いかに素早く2次対策に切り替えられるかにかかっています。1次通過した方々はこの3連休は2次対策に集中しましょうね!

 

<さいごに…1次が残念な結果に終わった方へ>

多くのものを犠牲にして試験に臨んだにもかかわらず結果が伴わなかったことには筆舌尽くしがたいものがあり、私のような若輩者の慰めなど何も役には立たないということはわかっております。なので、ここには書きません。

まずはこの3連休、そして8月後半まではゆっくりとお休みください。同時に支えてくれた周りの人たちに感謝の気持ちを伝えましょう。

気持ちを整理しもう一年頑張りたいと思うようであれば、もう一度チャレンジしましょう。10月までは2次対策中心の投稿になりますが、その後は来年度に向けての勉強法についてお話しするつもりです。

今後も当ブログを愛顧いただけるようでしたら幸いです。

道場メンバー一同心より応援しております。

 

ますけんでした。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

本日開催

詳細はこちら

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら



こんにちは。ロックです。1次試験が終了いたしました。

結果に関わらず、様々なドラマがあったかと思います。本当にお疲れ様でした。 残念ながら通過ならず…だった方、ひとまずはゆっくりしてください。少し落ち着いたら、また勉強を始めましょう。特に本科生の方は2次講義も引き続きあるかと思います。
来年の2次試験のため、また、2次試験の勉強が1次試験に活きることも多々あるので、是非前向きに取り組んでみてください。

一方、1次試験通過見込みの方はそろそろ腰を上げましょう。
とりわけ初学者の方は、これから2ヶ月ちょっとで、年単位で学習している多年度生を追い抜いて行かなくてはなりません。


さて、そんなわけで(?)、今日は特に初学者に向けて、私が昨年のこの時期困っていたこと・悩んでいたことについて、書いてみようと思います。

私が去年、1次試験合格(見込み)後のこの時期悩んでいた内容は、下記のような具合でした。

・ここまで独学できたけど、このまま独学でいいのか
・具体的に何をすれば受かるのか、サッパリわからない

私は1次試験対策中にも比較的時間を割いて2次対策を行っていましたが、過去問を解いてもしっくりこず、途方に暮れていました。

1次対策は試行錯誤して方法論のようなものを確立できましたが、2次対策ではそんな余裕はない、自分で方法論を組み立てるよりも、人の方法論で習熟度を増したほうが近道なのではないかと考え、結局 通学を選びました。

時はまさに一年前の今、昨年の夏セミナーで7代目にアレヤコレヤ聞いて、結局、7代目かおりんに「あなた生意気だから○○先生が向いてるわよ」と言われ決めました。(ちなみにこの時期だとTACくらいしか入れませんでした…)

しかし、結果として進められた先生とのマッチングが良く、納得度が高い中で学習が進みました。
逆にそこでマッチする先生探しや受験校選びが難航してしまうと、肝心の学習が中々スタートできないかもしれません。
それなら最初から己のみを信じる…
というのも、一つの選択ですね。

なんにせよ、もし悩まれている方は、早めに結論を出した方が良いかと思います!
ちなみに私は直前パック生でした。(宣伝ではありませんよ…)

余談ですが、直前パック生は、まあまあな額のお金を払う割には、合格祝賀会には呼ばれません。

次に具体的に何をすれば受かるのか…ですが、
すでに多くの記事
で語られている通り、受かり方は複数あります。
身もふたもないですが、結局、その中で自分がしっくりくる方法で合格水準に達するしかない、と思います。
その証拠に、(こんな解答ありえねぇ…)と思うような受験校も合格者を多数輩出していますし、
ふぞろいを参考に合格される独学者もたくさんいらっしゃいます。(ふぞろいも私の中ではありえねぇ…のオンパレードです)
大切なのは自分が何を信じるかです。
何を信じて学習していくかを早期に見極めましょう。


というわけで、そのためのヒントをゲットしに明日は是非、夏セミナーおよび懇親会にお越し下さい(笑)

本日正午まで、懇親会参加者を受け付けています。是非ご参加いただき、ホントのところを情報収集していただいて、キレイにスタートダッシュを決めてください。私もなんでも答えるつもりでいます。

参加表明は下記記載のこくちーずより受け付けております。ご検討いただければ幸いです。

 

本日は比較的まろやかにお送りいたしました。

ロックでした。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

8月8日(火)12:00より受付開始★

詳細はこちら



週末の1次試験を受験された皆様、本当にお疲れ様でした。

暑い中の2日間、集中力MAXで戦われて、今頃は疲れも出てきている方も多いのではないでしょうか。

協会の正答発表後、自己採点の結果に全国の受験生の皆さんが、泣いたり笑ったりされているのだろうなぁと思うと、自分の一年前の姿と引き比べて感慨深いです。

結果の受け止めについては、昨日そのちゃんがしっかりまとめてくれているので、ぜひそちらをご覧ください。

あ、そうそう、自己採点って案外あてにならなかったりしますし、没問調整も時々ありますので、「数点足りない…」という方は二次に向けての学習、ぜひ怠らずに進めてくださいね。

 

さて、今まで一次に集中してこられた皆様は、これから2カ月半で、全く傾向の違う試験に立ち向かわなければなりません。

最初、何から手を付ければ良いのか悩みますよね。

というわけで今回は、私の体験を元に「雑草流:二次筆記試験学習のために用意すべきもの」をお届けしようと思います。そう、勉強は形から(笑)。なにはともあれ、道具をそろえるところから、です。

 

■その1 電卓■

メーカーによって電卓の使い方(キーの機能)が違うなんて、この試験に向けて勉強を始めるまで知らなかったルナですが、色々考えた末にCASIOの12桁電卓を使っていました。

「カシオ? シャープ?」については、ググっていただくと色々な情報が出てきますから、今まで電卓に馴染みの無かった方はぜひ一度調べてみてくださいね。

あ、当たりまえのことですが、用意する電卓は会場持ち込みができる条件に則ったものでないといけません。協会の指針を必ず確認してくださいね。

電卓の使い方習熟方法についてはまた機会があったら別投稿で書こうかなと思っています。結構大事な相棒ですので、一番最初にご紹介しました!

 

■その2 テキスト・参考書類■

「ふぞろい」シリーズ

http://www.doyukan.co.jp/store/item_052774.html

合格が発表されない二次筆記試験において、目指すべき解答を教えてくれる、二次試験のバイブル。

年度ごとに発刊されていますが、この時期特に入手が難しくなり、プレミア価格で取引されることもあります。

私は試験勉強を開始した直後に先輩からごっそり譲っていただいたので、直近6年位の過去問の学習に対応できましたが、ご自分でそろえるのはなかなか大変かもしれません。仲間同士で貸し借りしながら、うまく活用できると良いですよね。

平成28年度試験の再現答案を分析した「2017年版 ふぞろいな合格答案10」は現在Amazonでは欠品になっているものの、大手書店では購入できるとの話(出版社談)ですのでお急ぎの方は地元の書店を探してみてください(Amazonの欠品はお盆明けには解消される予定との事です)。私、ルナも執筆メンバーとしてがんばりました (^-^)

 

「事例Ⅳの全知識&全ノウハウ」

http://www.doyukan.co.jp/store/item_052866.html

事例Ⅳに超苦手意識のあった私を救い上げてくれた、ありがたい本です! この本が無ければ私は事例Ⅳをどう攻略すれば良いか全くわからなかったと思います。6代目おとさんも執筆メンバーです。

パソコン版で見ると→画面右にも表示されていますよね (^-^)

 

「2次試験合格者の頭の中にあった全知識」&「2次試験合格者の頭の中にあった全ノウハウ」シリーズ

http://www.doyukan.co.jp/store/item_052781.html

http://www.doyukan.co.jp/store/item_052798.html

二冊合せて「ゼンチゼンノウ」と呼ばれる、二次試験の解説本です。2017年版(平成28年度試験)の事例Ⅰはゆっこちゃんが担当しています。

こちらも何冊か先輩から譲っていただいて持っていました。論理的にしっかり詰めたい人向けのテキストです。

 

テキスト・参考書については、過去問に取り組む時は「ふぞろい」シリーズ、解き方を学ぶときは「全知&全ノウ」シリーズ、これがあれば独学の方も充分なように思います。

妙に出来すぎた模範解答が載っているテキストは、使い方を誤ると危険なのでご注意くださいね(笑)

 

■その3 過去問&演習問題■

アウトプット重視で勉強をしたい私は、当然過去問と演習問題をどんどん解く方式で勉強したのですが、その時に役立ったものをご紹介します。

 

AAS 過去問ダウンロード

https://www.aas-clover.com/testinfo/download-2

 

二次専門校のAASさんが提供している、過去問&解答用紙のダウンロードサービスです。

これには本当にお世話になりました。(感謝!)

解答の文字数制限○○字、というのを始めは原稿用紙みたいなものを自分で作って数えていたのですが、圧倒的にこちらの方が効率良く、また本試験とほぼ同じでイメージも掴みやすいのでぜひ活用してください。

 

事例Ⅳ 徹底特訓

https://www.mmc-web.net/special/index.html

 

私は予備校に通っていたので演習問題はある程度あったのですが、それでも足りないと感じた事例Ⅳについては、MMCさんの公開特別講座、「事例Ⅳ特訓」を購入しました。これは通信でも丁寧に添削していただけるので、かなり力になったのを実感しました。

 

■その4 模試申込み■

二次は模試の採点に時間がかかる関係もあり、今年度合格目標者に対しての模試の機会はもうほとんど残っていません。満席になるのも早いので、今すぐに情報収集してください。

大手予備校が実施する模試もありますが、私は自分が通っていたところのものに加えて上述のMMC模試を利用しました。

MMCさんの模試は早めに申し込むと、個別アドバイス付添削を受けることができます。これは一人ずつ個別面談をしながらの答案返却で、周りで受けた人に聞くと評価の高いものです。

私は残念ながら合う日程のものが無く、インターネット返却にしていただきましたが、添削の丁寧さには感謝しました。また、模試の作り自体も本試験に近いように思われます。

模試の申し込みは、とにかく早く、が重要ですよ!!!

 

■その5 小物類■

多色ボールペンとか、マーカーなどはそれまでも使っていましたが、二次の勉強を始めてから、どの色をどう使うか、というところはある程度意識するようになりました。

消しゴムもノック式の一文字だけ消せるものと、普通の消しゴムを使い分けていました。これまでの人生で一番消しゴムを消費した数か月でしたね (^_^;

最初の頃は問題用紙を破いて後ろの方をメモにしていたので、アルミ製の短い定規も役立っていました。片側をエッジ加工してあるので、ペーパーナイフのように使えるのが便利でした。

 

———————————-

いかがでしょうか?

少し二次を学習する環境のイメージが沸きましたか?

さらに詳細な情報は、夏セミでもお届けできます。

東京はすでに満席になっていますが、キャンセルがでる可能性もありますので、申込みが間に合わなかった~という方は時々覗いてみてください。空席が出ていたらチャンスです!

また、懇親会のみのご参加は人数を限らず受付しています。お気軽にご参加くださいね!

 

 

今日の雑草魂:「まずは情報収集! 模試は今すぐ申し込め!」

ルナはいつでも皆さんの頑張りを応援しています!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

8月8日(火)12:00より受付開始★

詳細はこちら




==お知らせ==
8/11 道場セミナーin東京 満員御礼!
8/26 道場セミナーin大阪 本日受付開始!(詳細は最下部)
=====

おはようございます。そのです。
1次試験を受験された皆様、本当に、本当に、お疲れさまでした!
そして昨日は、解答が発表されましたね。一問一問、チェックする毎に手の震えが止まらなかったのを今でも覚えています。

結果は如何でしたか。

■残念な結果となった方へ

今は悔しい気持ちでいっぱいですよね。十分に勉強ができていた方でも、後から見返すと「どうしてこの解答をしてしまったのだろう」と思うようなミスがあったり。「オリンピックには魔物が住んでいる」という言葉と同じように、診断士試験の本番でも、何が起こるか分からないものです。
一点に笑い、一点に泣く・・・それが試験です。少ない努力で運よく通過する方もいれば、十分すぎるほど努力しても、結果に結びつかない方もいらっしゃいます。
どうにも、運命とかボヤっとした言葉を使いたくなってしまいますね。

ただ、運命言うなら・・・たとえば私は以前、初投稿でも書いたように、「合格したのが3年目で(1年目や2年目でなくて)良かった!」と心から思っています。
理由のひとつめは、苦しかったけど、その分大きく成長できたから。結果が出ない苦しさを経験し、乗り越えたことは、この先の人生でプラスになるだろうと信じています。
ふたつめは、数々の出会いを大切に思ったから。合格した年がずれていたら、診断士関係の方々と、今のように出会っていなかったかもしれません。
あなたが今年、合格とならなかった理由は、「あなたは今年より来年合格したほうが、人生がハッピーになれるから」ということかもしれませんよ。
勉強を続けるかどうか、すぐには決めかねるかもしれませんが、ゆっくり考えてみて下さい。

各受験校では、これから解答速報会や2次試験の情報セミナーが多数開催されます。何もかも放り投げたくなる気持ちはとても分かりますが、今を逃すと中々機会がありませんので、情報収集に動くことをお勧めします。

 

■2次の切符を手にした方へ

おめでとうございます!!
でも、まだ試験は終わっていません。今までの頑張りを大いに労って、今週末くらいまで休んでも良いと思いますが、2次試験までは11週間!
1次試験の対策期間に比べると、とても少ない。少しも無駄にできない時間です。
でも必要な知識は、1次試験に比べて、それほど多くありません。押さえるべきことをしっかり押さえ、計画的に勉強できれば自信を持った状態で本試験に臨めるはずです。

「押さえるべきこと」は、次回以降お伝えするとして、今日の時点でお伝えしたいのは、「計画的に」というところ。学習計画についてです。2次試験までどれだけの時間を勉強に割けるか、しっかり見積って計画を立て、実行に移しましょう。

学習計画については、春にも一度書きましたが、今ここで再び「計画的に」を強調する理由は、昨年の私の実体験に基づいています。
足掛け2年で2次試験に合格した私ですが、合格した年(昨年)の今の時期から本番までの2カ月間は、実は無茶苦茶勉強しました。
その結果・・・
10月2週目に身体を壊してしまいました。「帯状疱疹」という病気で、とにかく痛くて勉強ができなくなってしまいました。
それでも、慌てなかったのは、9月でひと通りの勉強を完了させていたからです。
ひと通りの勉強、というのは、自分である程度納得のいく答案が書けて、模試や答練でも60点を超える点数を維持できる、あるいは、失敗したとしても、「大体○○点くらいかな」と、見積れるような手ごたえを感じられる段階でした。勉強量で言うと、1次試験が終わってから大体200時間勉強したあたりです。

お伝えしたいことは、
「勉強しすぎて病気にならないように、無理のない学習計画を立てよう」
ではなく、
「勉強しすぎて病気になっても焦らないくらい、前倒しで完了する学習計画を立てよう」
です。誤解なきようお願いします。
あとたった2か月なんですからセーブしないで勉強しまくりましょうよ!
合格してしまったら二度と受験生には戻れません。貴重な2か月です、「やりきった!!」と言えるくらい頑張ってみて下さい!

 

では、勉強と言っても、何から始めるか?
という点は、8月11日の夏セミナーで詳細をお伝えできればと思います。
大変ありがたいことに、満員御礼となってしまいました。残念ながら満席で申込できなかった方、勉強の仕方などで分からないことを都度ご質問頂いても結構です。皆さんが今年絶対合格される為に、私たちも全力でサポートさせて頂きます!
大阪セミナーは本日12時から受付開始です!今年絶対合格したい関西の方は是非お申込み下さい!

2次試験まで、悔いのないように走り切りましょう!
そうすれば、
大丈夫、あなたは、ぜ~~~ったい合格しますから!
そのでした。

 

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

満員御礼となりました

詳細はこちらから。

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

※道場夏セミナーin大阪は8/26(土)に開催!

□ 開催日時:2017年8月26日(土)13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

★8月8日 12:00~受付開始★

詳細はこちらから。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


こんにちは、ながです。

一次試験を受験された皆さま、お疲れ様でした!!
今年の本試験問題はまだ詳しく見ていませんが、企業経営理論が難化していたり、運営管理も去年に引き続きイヤな出題がされていたりと、今年も皆さんを大いに悩ませてくれたようですね。

精神的にも肉体的にも大変な2日間だったかと思います。
本当にお疲れさまでした!!!

「なぜあんなケアレスミスを・・・」
「もっとあの単元を勉強しておけば・・・」
と、後悔ばかりが残っている・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、診断士試験に挑戦するという勇気ある決断をし、日々さまざまなことを犠牲にしながら努力を続け、この2日間をやりきったことは、本当に素晴らしいことだと思います。
結果をコントロールすることはできませんが、頑張った自分を労ってあげてください。


さて、一部では正答(と思われるもの)が発表されていますが、8月7日の10時頃には協会から正式な発表がされるでしょう。

さぁ、自己採点の時間です。

知りたいけど知りたくない。
やらなきゃいけないことは分かっているけど、なかなか手が伸びない。
そりゃ嫌ですよね。
これまでの頑張りが、あまりにも分かりやすい形で目に見えてしまうから。

でも!忘れちゃいけないのが、あくまで1次試験は通過点だということ
合格発表の9月5日まで待つのもいいですが、どうせ分かってしまうことであれば、早めに結果をはっきりさせて、気持ちよく次のステージに向かった方が良いと思います

去年の私も、結果を知ってしまうこわい気持ちをムリヤリ押さえ込みながら、息の詰まる思いで自己採点をしました。
緊張状態で答え合わせをしているので、何度も○×を間違えました(笑)
試験同様、採点も何度か見直しすることをオススメします

各予備校で実施している採点サービスを活用することも有効です。
ただ、私の場合は、機械的に点数が出てしまうのがどうも味気なかったので、自分で答え合わせをしてから、自分の通う予備校のサイトに入力しました。
各校実施しているようですので、ご参考まで。

TAC:解答データリサーチ
受付期間:8月7日(月)18:00~8月14日(月)12:00(予定)

LEC:解答リサーチ
受付期間:8月5日(土)12:30~8月27日(日)23:59

大原:採点サービス
受付期間:8月6日(日)18:00~8月21日(月)


自己採点の結果、自分の立ち位置が分かったと思います。

■合格ラインに達した方
おめでとうございます!!
これまでやってきたことを出し切れた結果ですね。

ただ!上でも書いた通り、あくまで一次試験は通過点
2ヵ月半後には超えなければならない一番の山場が待っています
ストレート生は特に、立ち止まっている時間はありません。
疲労感や脱力感も大きいとは思いますが、次の目標に向かって歩きだしましょう。

道場は皆さんのスタートダッシュを応援するべく、8月11日に道場夏セミナーを開催します
本日12時より受付を開始しますので、下部の案内より早めに申込みを!!

 

■科目合格・総合60%に1問足りない方
可能性がどこまであるかは分かりませんが、昨年の例(合格基準が総点数の60%→59%以上、「経営情報システム」は全受験者4点加算)も考えられます。
その可能性を自分から排除するわけはありません。
合格発表まで天命を待つ、という方法もありますが、この1ヵ月をロスすることは取り返しがつかない程大きいものです。
どうなるかは分かりませんが、チャンスが舞い降りてきた時のために、二次の勉強を始めておきましょう

 

■惜しくも臨んだ結果に達しない方
非常に辛く、苦しく厳しい結果です。
その思いは、本気の努力をしてきた人ほど強いものだと思います。

私も社労士試験では3度挫折を経験しました。
犠牲にしてきた時間をどうにか肯定したかったのですが、結局自分の無力さを痛感するだけでした。
でも、その経験がまったくの無駄だったかと問われれば、自信を持って「No」と言えます。
この挫折があるからこそ、新たな一歩を踏み出すことができたし、診断士として今の充実した生活があると思っています。
『「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる。』
というスラムダンクの堂本監督の言葉が、今になって本当の意味で理解できました。

来年また頑張りましょう!などと軽々しく言うことは私にはできません。
今回の結果は、自分で消化するしかありません。
今後どうするか、どうしていきたいかは、自分で決めるしかありません。
少し休んでから、今回の結果と自分の気持ちに向き合ってみてください
時間がかかっても良いと思います。
その時に出た答えが、きっとこの先の原動力になります。


そして最後に・・・。
多くの方は企業に勤めながら努力を続け、その中には社内で公表せずに孤独な戦いを続けてこられた方もいるかと思います。
(実際私もダマテンでやっていました)
勉強仲間がいても、今回の結果を受けて素直に気持ちを表現できない方もいらっしゃるかもしれません。
OPENDAYは昨日まででしたが、普段ぶつけられない想いや今の率直な気持ち、二次試験・来年への抱負を、ぜひコメント欄にぶつけてください
言葉に書き出すことが、新しいステージへの最初の第一歩です。

以上、ながでした。
※「本日のお言葉」はおやすみです

 

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちらから。

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

※道場夏セミナーin大阪は8/26(土)に開催!
詳細は後日お知らせいたします。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


一発道場の読者の皆さま、こんにちは。TOMです。

皆さま、二日間の試験、大変お疲れさまでした。

今回初めて受験された方は特に感じておられると思いますが、心身ともにヘトヘトと思います。「折角の土日でさらに疲れるなんて・・・」とボヤキたくなるところでしょうか?

昨年私も二日目の試験が終了した時は試験が終わった開放感と疲れからくる脱力感で翌日の会社をサボりたい気持ちが一杯でした。

でも、この経験はなかなか得難い経験です。自分の人生に新たな目標を定め、努力を続けてきたことは素晴らしいです。残念ながら、診断士資格は他の士業に比べるとまだまだメジャーじゃありません。そのため、努力してきた皆さまを理解してくれないい人も多いかもしれません(え、その資格って何?、何でそんなことしてるのという質問を受けたことありませんか?)が、本日は道場メンバーを代表して、頑張ってきた皆さまに改めて乾杯したいと思います。また、皆さまも今日だけは是非ご自分を労ってください。


さて、本日は道場OPEN DAY です。

明日の解答発表までは一旦結果については忘れ、今の皆さまの「思い」をお寄せください。何でもOKです。

例えば以下のような・・・。

  • とりあえず言いたいこと。(ありますよね。とりあえず開放したいこと。)
  • 一次試験会場でのこと。(こんなことありましたなど。)
  • これまでサポートしてくれた家族・仲間などへの感謝の気持ち。(皆、誰かに支えてもらって今日を迎えました。)
  • 二次試験に向けての決意表明。(やってやるぞ!という熱い気持ちを。)

最後にお知らせです。

私も昨年初めて参加して2次試験対策を見直す機会になった夏の道場セミナー、明日から受付開始です。

私はこのセミナーに参加しなかったら、迷いを抱えたまま二次試験を迎えおそらく二度目もコケていただろうと今でも思っています。また、このセミナーを通じ、新たな友人も得られました

先代も含めた道場メンバーが皆さまの二次試験のナビゲーターを努めます。

今回初めて挑む方だけでなく、多年度の方にも意義がある夏の道場セミナー、是非ご参加ください。

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちらから。

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

※道場夏セミナーin大阪は8/26(土)に開催!
詳細は後日お知らせいたします。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


みなさんこんにちは!たけぴょんです。

今日は1次試験初日。昨日はOPEN DAY!ということで、多くの方々からメッセージをお寄せいただき、ありがとうございました。みなさんの1次試験に懸ける熱い思いがひしひしと伝わってきました。

この2日間でやるべきことはただひとつ。
ここまで頑張ってきた自分を信じ、周りの応援に感謝して、今持てる力の全てを出し切ること

見たことがない問題、難しい問題に出くわしたら、一旦飛ばしてできる問題からとりかかりましょう。

たとえ思い通りできなかった科目があっても、絶対に気持ちを切らさないでください。過去の1次試験を振り返っても、2日目に想定外に易しい科目が出たり、昨年のように得点加算や合格基準見直しがなされることもあります。最後の最後まで何が起きるかわかりません。最後の1科目が終わるまで、やるべきことだけに集中しましょう!!

皆様が本来の自分の力を発揮され、無事1次試験を突破されることを心からお祈りしております。

明日は道場OPEN DAY【1次試験終了】です。明日、皆様からの熱いコメントお待ちしております。

それでは、今日もみなさんお~元気で!
たけぴょんでした。

 

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちらから。

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

※道場夏セミナーin大阪は8/26(土)に開催!
詳細は後日お知らせいたします。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

 



こんにちは。ITOです。

いよいよ一次試験が明日となりました。
これまでの努力の成果を試す時がきました!

ここまでの道のりは決して簡単なものではなかったはずです。
また、貴方の頑張りに加え、その頑張りを多くの方が支えてくれてきたはずです。

そんな多くの方に感謝しつつ自分を信じ、1次試験に挑戦してきてください!

本日は、【OPEN DAY】と称し、皆さんからの決意や思いを少しで良いので、メッセージ欄に書き留めてもらう日とします。そしてその思いに対し、8代目執筆陣もコメントを返したいと思います。

明日からの2日間にかける皆さんのコメントを、どんな形でも構いませんのでぜひ書き込んでください。

また試験修了日も試験後の感想コメントとして【OPEN DAY】を設ける予定です。

最後に

①持ち物チェック!忘れ物はありませんか?
②試験会場に持ち込むのは必要最小限なもの(ファイナルペーパーなど)と自信です!
③今日は早く寝て明日に備えましょう!!

以上、ITOでした。
ではでは。全力がだせるようお祈りしています!

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

※道場夏セミナーin大阪は8/26(土)に開催!
詳細は後日お知らせいたします。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


おはようございます、8代目のたっしーです。

歴代道場執筆メンバーからの応援メッセージも、残すところ8代目のみになりました。昨日に引き続き、熱い応援メッセージをお届けします。

================

8代目応援メッセージ

・世界の畠ちゃん

ここまで、本当にお疲れ様でした。一次試験、もちろん緊張します。でも、緊張によって、あなたの努力が十分発揮されないとしたら、これはもったいないことです。
対策としては、深呼吸、瞑想、笑顔、心の中で「私はできる!」連呼、などがオススメです。あなたのご健闘をお祈りしています。

・ゆっこ

この数ヶ月、やれるだけのことをやってきましたね。
勉強してきた知識は必ず身についているはずです。
マークシートに思い切りぶつけてきてください。
最後の最後まで諦めない。自信を持って。大丈夫。
応援しています!

・たっしー

いよいよ1次試験ですね。

恐らく今年も難問奇問の出題や、思わぬ難易度の変化で心を揺らして
くると思われます。思った通りに行かないことが予定通りと思う気持ちで、
落ち着いて対応して下さい。

勉強のキッカケや環境を与えてくれた、周囲への「感謝」
自身の目標を叶えるために、絶対合格すると決めた「覚悟」
様々な制約がある中で、ここまで積み重ねてきた「自信」

これを胸に、後は普段通りで試験に挑むだけです。
健闘をお祈りしています。

・ITO

さあ、ついに本番です。
信じるものは、いままで取り組んできた自分だけです。
1次試験は診断士の通過点。されど、通過しなければ先に進めない登竜門

平常心と自信が、あなた自身の全力を発揮できるお守りです。
楽しんで、かつ、1点に笑いましょう。

8/11 お会いできるのを楽しみにしています。

・たけぴょん

この2日間は2次試験への切符を取りにいくだけ。こんなところで負けるわけにはいかない、そうでしょう。解けなくて心が折れそうになっても7科目目の最後の1秒までとにかく粘って、粘って合格を勝ち取れ!!

・TOM

さあ、決戦です。
緊張するのは当たり前。全ては自分をどこまでコントロールできるかです。周りの受験生は競争相手ではありません。毎日、道場ブログを読み、努力を重ねてこられた『あなた』ならできます。自信を持って試験に臨み、第1関門を突破しましょう。
ご健闘をお祈りしています。

・なが

ついに決戦の時です。

いつも通りをいつものように
何が起こっても「平常心」
絶対に最後まで諦めない

この3つの約束を胸に、合格を勝ち取って来てください!

・その

不安になったら、目を閉じて。息を深く吸って、吐いて―――。目を開けたら、いつものあなたですね!皆様、きっと力を発揮されるはず。私は心配していません。楽しんで、舞台に登壇してきてください!

・ルナ

今日の出陣を待ち望んでいましたか?
心地よい緊張感を感じていますか?
体中に自信がみなぎっていますか?

そんな人はそうそういないですよね。
それは、会場にいるライバルみんな同じです。

あなたには、あなたの道があります。
その道を信じて、一歩ずつ前に進んでください。

緊張に飲まれそうになったら目をつぶって深呼吸
応援してくれる人の顔を思い出してくださいね。

もちろん、私たちも応援しています。
Good Luck ♪

・ロック

試験が始まってしまえば、できることをやるしかありません。
あなたの持っている全てをぶつけて来てください。応援しています。

・ますけん

いよいよ一次試験本番!泣いても笑っても、年に1度の大勝負です!
思うように点数が伸びなかったり、十分な勉強時間を確保できなかったりと、今までも苦労の連続だったはずです。
こうした苦労の積み重ねが本番でめげそうになっているあなたを救ってくれます。
心より応援しています。

================

これで1次試験に向けた応援メッセージは終わりです。
明日は道場OPENDAY、皆さんが熱い気持ちをコメント欄にぶつける番です。

たくさんのコメントお待ちしています。

たっしー

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

※道場夏セミナーin大阪は8/26(土)に開催!
詳細は後日お知らせいたします。



こんにちは、ゆっこです。全国的に猛暑だったり、ゲリラ豪雨が降ったりと荒れた天候ですが、体調管理、できていますか?水分食事睡眠の三つをしかりとって週末の試験に備えてくださいね。

さて、昨日に引き続きまして、本日も先代の皆様からの応援メッセージです。もう自分が試験を受けてから何年も経っているのに、今年受験する皆様に向けて、今回のためにメッセージを書いていただけるなんて、嬉しいことですね。ぜひ合格パワーを受け止めてください!!


◆5代目 まさや〜ん ◆

一次試験は総得点勝負
気負わず油断せず2日間駆け抜けてください。
みなさんの合格を祈ってます!

5代目 まさや〜ん

 

◆6代目 岡崎教行 ◆

最後は気合いで暗記に限る。覚えて覚えて覚えまくろう。 それが一番の近道だと思う。

 

◆6代目 おと ◆

これまでに十分準備していたあなたには、1次試験は診断士合格のためのただの通過点。

「焦らず、慌てず、あきらめず。」これだけに気をつければ、合格です。

 

◆6代目 紫雲和尚 ◆

受験生の皆さま、受験も遠くになりにけり、の和尚でございます。
最近、こちら(道場、および受験界)のほうではすっこんでいるのですが、受験生の皆様に、贈る言葉を。

「試験なんてたかが受験、されど受験」

「たかが」この試験など金さえ払えば何度でも受けられる!
大学受験のようにある程度(10浪というのも中にはいるが)のリミットなく、この試験13回という猛者も和尚は知っている。来年もチャレンジ可能!

「されど」とはいえ、試験だけに「試されている」のも事実。
ここは自分の実力を「ためす」つもりで臨んでほしいっ!

祈健闘…合掌。

 

◆6代目 Xレイ ◆

やってきました一次試験
終わってみれば500点 それだけ点をとる人も
一目で解ける問題は それほど多くはありません
超難問をまず見切り 多少なりとも正解へ
近づく問いを見定めて 知識を使って考える
そして3択、2択へと 可能な限り絞込み
正解となる率を上げ 結果得点するんです
試験当日やることは 天に任せることでなく
目一杯に考える そんなところと存じます

 

◆7代目 かおりん ◆

ここまで頑張ったのは、誰より自分が一番知っています。
当日は、受験票(写真付き!)と使い慣れた文具を持って
落ち着いて今までの学びを「置いて」きてください。

1次試験は通過点!
気持ちよく突破してきてください。
今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ。

 

◆7代目 たきも ◆

たきもです。受験生のみなさま、ついに本番です。今まで積み上げてきたことを、精一杯出していただきたいと思います。
そのために、あえて昨年私が書いたことを、また書きます。
①今まで支えてくれた人たちに、勉強をさせてくれたことを感謝すること
普段しないことは、試験中も絶対しないこと
「全問正解でなくても、この試験は合格できる」。7科目合計で420点以上とればよいと思って、気楽に受けてください。

受験生の皆さんの健闘を祈ります!!!

 

◆7代目 とり ◆

今日まで、多くのことを犠牲にして頑張ってきたものを最大限発揮して、でも楽しんで本試験に臨んできてください!
1次試験は通過点に過ぎませんが、しっかり向き合ってご自身の戦略通りに真剣に取り組めばきっと大丈夫です。
応援してます!!

 

◆7代目 フェイマオ ◆

受験生の皆様へ

1次試験を迎える日まで、皆様が寸暇を惜しんで合格に向け努力し続けられた事と思います。まずはこれまでのご自身の努力を誉めてあげて下さい。
ここまで来たらあともう少し。
試験当日はこれまでにない緊張感の中で臨まれるかと思いますが、決して雰囲気に飲まれず落ち着いて取り組む事ができれば、1次試験突破のゴールまではもうすぐです。

特に1日めの経済や財務は、苦手科目としている方も多く緊張のあまり普段の思考回路が発揮できない事もあるかと思います。
100点を目指すのでなく、6割でOKと割り切っていただき、『自分が解けない問題はほかの人も解けない』くらいに気構えるくらいでちょうどいいと思います。

と、言っても緊張とは無縁でいられる方は少ないと思いますので、私から1つアドバイスを。
経済や財務は、問題を見て分からなかったらさっさと次に進む解ける問題から解いて落ち着きを取り戻す事をおススメします。
60分と短い時間ですので全体の問題に目を通すことを最優先に、そして一通り最後まで解ける問題が終わったら、残りの問題に取り組んでください。
恐らく自信を持ってマークした数が10個もあれば、あと4つ正解をだせばOKです。大切なのは普段通りの実力を発揮する事ですので、初見で解けない問題が出題されても慌てずに取り組んでくださいね。

1次試験を受験される皆様の合格を心よりお祈り申し上げます。

7代目 フェイマオ

 

◆7代目 碧 ◆

いよいよ1次試験ですね。
今までの自分を信じて、いってらっしゃい!!!
絶対絶対絶対一発ストレート合格!!!

 

◆7代目 nori ◆

自分を信じる勇気を試されるのが本番です。
攻める姿勢を忘れず。諦めず。
大丈夫、自分を信じて。
GOOD LUCK!

 

◆7代目 こば ◆

いよいよ夏の熱い戦いが始まりますね。

自分が歩んで来た道程を振り返るのはいかがでしょうか。

各科目の得意・不得意分野 を再確認し、出題された時の対応までイメージしておくと本番の回答がスムーズに行くと思います。

これまでの勉強量を信じて進むだけです。

意思あるところに道は開ける。


いかがでしたか?心に響いたメッセージを胸に、試験会場へ足を向けていただければ幸いです。

ゆっこ

頑張るぞ!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

※道場夏セミナーin大阪は8/26(土)に開催!
詳細は後日お知らせいたします。



おはようございます、世界の畠ちゃんです。

一次試験まであと4日となりました。
今日から3回にわけて、試験に臨む心構えや過ごし方など、歴代道場メンバーのメッセージをお送りします。
昨年の私も、このメッセージを何度も読み、試験に向けて気持ちを高めていきました!
ぜひあなたも、気持ちを高めていきましょう!それでは、どうぞ!!

 

◆初代 JC ◆

もうすぐ、一次試験。準備は万端に整っていますか?
今年度最初のハードルですが、こんなものは楽々と乗り越えてやる!という意気込みで行きましょう。

しっかりやってきたことは必ず、実を結びます。
くだらない不安とか感じる必要はありません。

それから満点取ろうなんてことは思わないこと。
小さなミスは許されるのが一次試験です。
わからない問題は必ずある。
だから、わかる問題で60点を超えて行こう。

そのためには問題全体を最初に見極めること。
即答できない問題は飛ばしちゃって、できる問題からさくさく解答を進めよう。
マークシートのずれだけは要注意で。

初日終わって受験校の解答例なんてもらわないように。
どうせ月曜になれば正解がでます。

力を出し切って、笑顔で道場夏セミナーでお会いしましょう!
心から応援しています。

 

 

◆初代 ハカセ ◆

いよいよこの日がきましたね。長い道のりでした。

はい。分かってます。

時間的制約がない人なんていません。

思い通りの勉強時間・勉強の質を確保できた人なんていません。

他の受験生も一緒です。

自分だけハンデがあった、なんて思わず、みんな横一線だと思いましょう。

胸を張りましょう。

その制約の中で、ここまでよくやりました。

自分を褒めてあげましょう。

受験生時代、僕も自分を褒めました(笑)。
http://rmc-oden.com/blog/archives/3030
http://rmc-oden.com/blog/archives/10537

はい。褒めましたか?

自分を褒めましたか?

いいですね?

では、いざ決戦です。

Good Luck !

 

 

◆ 3代目 こぐま ◆

大変お久しぶりの3代目こぐまです。

どちらかというと私は気合い系、オラオラ系なので、

自分がやったように最後まで足掻いて睡眠時間を削っても、

2日間くらいは緊張感と自己管理で乗り切れる!と言いたいところですが、

世間的にはさすがにどうかと思いますので、そういうことは言いません。

自分なりに確立した解き方や問題の目利き力を信じて、1点でも多くもぎ取って帰る気持ちで、

蓄えた実力を出し惜しみすることなく発揮してきてください。

自己採点合格したら、月曜日からすぐに2次モードに切り替えることも大事だと思います。

それでは気をつけて行ってらっしゃい!

 

 

◆ 4代目 はんた◆

試験を受けることができるのは,なんと幸福なことでしょうか。

成長の機会が与えられていることに感謝の気持ちがわき起こってきませんか。
試験当日は,一喜一憂せずに,実力を出し切ることに専念しましょう。

実力以上の力を出そうと欲張ったり,変に力を入れたりする必要はありません。
あなたは,これまで合格するに足りる努力をしてきました。
そのことは,あなた自身がよく知っているはずです。

点数がとれたかどうかではなくて,実力を発揮することが重要です。
そうすれば,合格は後からついてきます。

 

 

◆ 5代目 U2 ◆

「途中であきらめちゃいけない。
途中であきらめてしまったら、
得るものより失うものの方が、
ずっと多くなってしまう。」(ルイ・アームストロング)

あともう少し。

あともう一歩。

その強い想いが、必ず最高の結果へと導いてくれるはず。

最後までベストを尽くされることを心から祈ってます!!

 

 

◆ 5代目 butao ◆

試験直前は不安な箇所ばかり目につき、中途半端に様々な教材に手を出してしまいがちです。
(勉強時間が短い方は特に)

今までやってきたことに自信を持って、しっかりと地に足つけて復習しましょう。

周囲の受験生との実力差があるように見えて、実際はそんなに差はなかったりします。

周囲を気にせず自分を見つめて、冷静にいきましょう。

以上です。

皆様の合格を祈っております。

by butao

 



道場をご覧のあなたには、悔いのないようにやりきってほしい!!
試験当日、実力を十分に発揮できるようお祈りしています。

あなたなら、きっとできる!!

by世界の畠ちゃん

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちらから。

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

※道場夏セミナーin大阪は8/26(土)に開催!
詳細は後日お知らせいたします。


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX