» 2016 » 11月のブログ記事


おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

明日から師走。私の場合はお恥ずかしながら年中師走のような落ち着きのない状態ですが・・・(笑)

kyureki12_shiwasu

先日も、同僚の方に「セルフブラック企業化してない?」と指摘されてドキッとしました。個人事業主は労基法適用外、誰も管理してくれへんしな。。。まあ、労働者であろうとなかろうと、自分の手綱を握るのは自分自身しかいないですよね。

だから、休む時は休みましょ。忙しかろうと、締切りが迫ってようと、誰かにガッカリされようと。誰かが死ぬわけでなければ、自分の「いのちだいじに」


今日は診断士活動の中でも、フィーの発生しないものについて書きます。

診断士に合格した(正確には、2次論述の合格発表後)くらいの時期から、先輩診断士との接点が増えてきます。今年診断士1年目の私は、「出会いのきっかけ」を作る側にいますので、さっそくご紹介します

出会いのきっかけ1:口述セミナー

一発道場の口述セミナーの他にも、多くの口述セミナーが開催されます。

中小企業診断士一発合格道場 口述セミナー 12/10(土) 14:00-16:20(予定)
・中小企業政策研究会 口述セミナー 12/10(土)
時間は午後 2部制
(詳細はリンク先をご確認ください)
・ふぞろいな合格答案 口述セミナー 12/11(日)
・タキプロ 口述セミナー 12/11(日)
これらのセミナーは夜に懇親会もセットです。口述の対策をばっちりしつつ、「診断士になった後」の世界を先輩方に聞くいい機会でもあります。ぜひお時間許せば足を運んでくださいね。
今年は土日に集中していて、いろいろ見て回れないのが残念ですね・・・。

出会いのきっかけ2:研究会に顔を出す
診断士の世界には、無数の研究会があります。
イメージは、大学のサークルが近いかも。まじめに特定のテーマの学びを深めていたり、独立している人が多いと仕事につながる研究会が多数あります。一方で、飲みサークルっぽいものやテニス・ランニングなど完全に趣味に特化した会合も・・・。
無事合格した暁には、ご自身に合った研究会/勉強会をみつけてくださいね。
ちなみに私、研究会には1つだけ入っています。中小企業政策研究会(通称:政策研)という、規模的には恐らく研究会としては最大級の組織です。(口述セミナーも開催する研究会ですね)
こちら、毎月の「定例会」が、かなりお得。外部講師の方を招いたり、政策研でも最前線の現場で活躍される方が講師となり、様々なテーマで学びを深めることができます。
政策研は人数が多すぎるためか、「分科会」があるのも特徴。分科会は先輩診断士との距離も近く、そこからお仕事の機会を頂くこともあります。

出会いのきっかけ3:受験生支援の勉強会に参加する
この一発合格道場はオンライン上の受験支援ですよね。
首都圏・関西圏を中心に、リアルな受験生支援の勉強会が多数開催されています。
一発道場以外にも、私はある予備校の講師が開催している勉強会にサポーターとして参加しています。
受験生支援は基本、無償!(予備校除く)
money_satsutaba
これは、先輩方が作ってきてくださった素敵な文化。
こういう流れがあるからか、診断士は他の士業に比べてつながりが強く、楽しいと言われます。そんな素敵な風土を作ってきてくださった先輩方に、ぜひみなさんも続いてくださいね。
私は診断士関連以外にも、くらす×はたらくの価値を高めることを目的にしたNPOの幹事もやっています。この活動は完全に非営利なので、もちろん無償です。(NPOの中には、ちゃんと人件費を稼いでいるところもありますけどね!)非営利活動の人件費も含めた経費捻出は、自分の中で課題ではありますが。。。
これらの活動は、直接金銭につながらなくても、ステキな出会いや学びの場として貴重な時間です。
もう一つの側面では、自分が受験生時代に(もっと前にも)受けた恩を返す意図も。ペイフォワードのように、自分がお世話になった人に直接恩返しするのではなく、次の世代に自分が同じかそれ以上のことをして「恩送りする」活動です。
couple_baby_dakko
いずれも、「子どもたちに希望あるみらいをてわたす」ために。

何のために診断士資格か?
診断士資格をもって、何をなすのか?
有償無償問わず、この1年は特に強く自分自身に問いかけています。自分にとって最も枯渇している資源=時間をどう使うか・・・。いまのところ、最も難しい課題です。解決する日が来ますように
あなたは、どうですか?
今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



 

 

出題傾向の変化なし
一次試験の傾向変化はなんだったのか

940a739715de397ada53e9c05da095e8_s

おはようございます。こばです。
二次筆記試験の合格発表まであと2週間を切りましたね。
先日、プロ野球のベストナインが発表されした。今年からルールが改正され重複投票が可能となり、大谷翔平が投手とDHの2部門で受賞しました。
さらに、昨日MVPが発表され
パリーグ:大谷翔平
セリーグ:新井貴浩
大方の予想通りの結果となりました。

また、今年導入したコリジョンルールも、夏に改正されました。

生産管理において重要になるのが、ルールの周知徹底。でも、ルールをただ守ればいいだけではなく、上記のようにルールが現場に則してないのなら変えてしまう必要がある。

今年の事例Ⅲのはそのようなことが必要な内容であったと思います。

前回に引き続き、TACTBC大原の3社分の模範解答を比較します。
模範解答は各自確認。

□解答比較□

問題1:カット野菜業界における C 社の a 強みと b 弱みを、それぞれ40 字以内で述べよ。

この問題は定番ですね。去年までと同じ内部環境分析になっています。
この場合、基本的に2つの切り口で分析を行います。

・生産面
・営業面

%e5%95%8f%e2%91%a0

3社とも強みに営業面、弱みに生産面を持ってきています。
過去の事例企業では技術力が高いことが定番でしたが、今回の企業は違います。
クレームが多発するなど生産管理で問題がある状況です。
弱みがあり過ぎて、どうまとめるかが困りますが、

・組織として生産管理ができていない(統制)
・クレームが多発している(品質)
この2つの要素を入れながらまとめればいいと思います。

問題2:現在 C 社が抱えている最大の経営課題は、収益改善を早急に図ることである。生産管理面での対応策を 160 字以内で述べよ。

続きまして問題2。
少し問題の表現が違いますが、過去の問題と同じ内容です。
生産管理面での対応策とありますので、取引先の拡大などの営業面での助言はできません。
現状の弱みの克服がテーマになります。
しかし、問3、問4の解答でも同じような回答が必要になるので、どう与件文を対応させるかですが、重複しながら使えばいいと思います。

%e5%95%8f%e2%91%a1

3社とも同じような内容になっていました。

収益性の向上に繋がる対応策であるため、基本的には重複作業などの無駄な業務を減らすことを助言しています。
また、それを効率的に行うための計画や実際の費用がどうだったかをチェックするための管理体制を変更する流れです。

この問題でクレーム対応への対応策を入れるか少し悩みましたが、
クレーム対応は問3がメインの問題になるので、入れなくても良いと思います。

問題3:C 社では、クレームを削減する改善活動を計画している。このクレーム改善活動を 最も効果的に実施するために、着目するクレーム内容、それを解決するための具体的 対応策を 120 字以内で述べよ。

平成24年や平成27年にも図表はありましたが、与件文の補足情報という意味合いが強く、図表を読み取らなくても回答ができました。しかし、この問題は与件文の内容からではなく、特性要因図から対策を考える必要があります。

%e5%95%8f%e2%91%a2

TACのみクレーム内容を1つに絞っています。TACとしては意外な対応かと感じます。
ABC分析においてAランクに分類する上位80%に対策を立てる方が無難な対応と思います。
また、特性要因図で4Mの視点で分析しており、それぞれ異なるクレームに起因しているため、各クレームと対応しながら対策を立てるのが良いでしょう。

問題4:C 社社長は、経営体質の強化を目指し、今後カット野菜の新事業による収益拡大を 狙っている。またその内容は、顧客からの新たな取引の要望、および C 社の生産管 理レベルや経営資源などを勘案して計画しようとしている。この計画について、中小 企業診断士としてどのような新事業を提案するか、その理由、その事業を成功に導く ために必要な社内対応策とともに 160 字以内で述べよ。

これまたオーソドックスな問題です。最後は戦略と生産管理を連動した問題です。
診断士試験において、助言の方向性として高付加価値製品の提案が基本線です。設備投資の不確実性もありますが、高付加価値製品の提案で良いでしょう。

%e5%95%8f%e2%91%a3

やはり、3社とも高付加価値製品の提案をしています。
この問題では3つの内容、新規事業・理由・社内対応策を聞かれていますが、TBCの解答では理由の部分がわかりにくくなっています。

このような問題では
新規事業は○○である。
理由は○○である。
社内対応策は○○である。とそれぞれ明記するほうが無難でしょう。

一次試験で運営管理の出題傾向が大きく変化したので、
二次試験でも同様の変化があると予測していましたが、変化はなかったようです。
この事例であれば、過去問の対策を十分おこなっていれば解答は難しくなかったと思います。
しかし、この変化のないことが不気味です。来年以降どのような問題が出題されるのか。

ではまとめ。

・今年の事例Ⅲは運営管理と違いオーソドックス。
・各受験校とも同じような解答に収束している。
・過去問の対策が十分できていれば解答は難しくない。
・今年に出題傾向の変更がなかったことが、来年以降どう影響するのか。

byこば



こんにちは、noriです。かおりん健康管理もプロの大事な仕事と書いていますが、私は11月にまさかの入院をしていました…とり記事で独学における「優先順位」と「自己コントロール」の大切さについて書いていた日に、優先順位をつけられない私はオーバーワークとなり救急車で運ばれ、2日ほど入院していました…。(ちなみに今は問題ありません。念のため)

 

パタリと倒れた私は、自己紹介合格体験記でも書いているように毎年試験でもパタリと倒れる一発退場。2次試験で40点未満のD評価を取り続け、敗退していました。一発合格の反面教師です。

 

1次試験は「勉強時間×勉強の質」2次試験「1次試験で学んだ知識、設問の意図を理解する読解力、わかりやすく伝える文章能力」が全てです。1次試験で上手くいかない場合は勉強時間が足りないのか、そもそも勉強のやり方が間違っているのかのどちらかです。2次試験で上手くいかない場合は、知識、読解力、文章力、計算力のどこかに問題があります。自分のどこに問題があるのか、PDCAサイクルを1年間、自分で回し続けることになります

 

中小企業診断士試験の平均勉強年数は2年と言われています。ではなぜ私のように勉強年数がかかる人間がいるのか。ある程度まで勉強年数が行くと受験生のレベルにさほど差はありません。私のように自爆するか、おそらく1点や2点を巡る争いです。

 

なかなか合格まで辿り着けない、私のような受験生の傾向を独断と偏見で以下に記載します。

 

優先順位をつけるのが苦手

受験において一番大切なことは平均60点以上を取り、1科目でも40点未満を取らないことです。受験勉強において「何が一番大切なのか」を見失ってはいけません。私は「高得点狙いはよくない」と頭では理解していたものの、毎年100点を取るくらいの気持ちで2次試験を受験していました。だって”どうしても” ”確実”に合格したかったから、高得点が欲しかった。全力で勝負して、全力で敗退していました。自分の強みや弱みや試験の傾向を踏まえて、戦略的に攻めることが必要です。

 

自分に自信がない

私は2次試験模試で2位を取ってもどこかで「本当に合格できるんだろうか?」と自分に自信を持てずにいました。6代目岡崎さん「試験当日、勝負強さを発揮するために」は「自信を持つしかない」と書いていますが、まさにその通り。合格のためには、「不敵な自信家」であることがかなり重要。合格年には私も「自分が合格しないはずがない」くらいに思っていました。

また、「自信がない」はやがて「合格が目的」となる危険があります。複数年合格の方とお会いすると優しげな印象を持つ方が多い。そして、試験合格に強い思い入れがある方が多いです。思い入れがある分、合格後に診断士として活躍されている方も多いのですが、受験生の間は思い入れが強くなればなるほど、診断士試験中心の生活となり、やがて自分へのプレッシャーとなります。「合格したい」ではなく「合格してどうなりたいのか」が大切です。諦めない決意は大切ですが、過度な思い入れは手放してOKです。試験合格はあくまでも手段にすぎません。

他人の目が気になる

もう一つ重要なのは「他人の目を気にしないこと」。SNSなどで自分の試験状況を実名で積極的に発信して、やがて人の目を気にしすぎて、多年度化する方を多く見てきました。試験勉強を口外することがプレッシャーにならないならOK。プレッシャーになりそうな方は、SNSなどの情報発信が自分のメンタルにどのような影響を与えるかを考える必要があります。「他人の目を気にしない」で自分の戦略で試験を攻略する必要があります。

と、いうことで一発退場にならないポイントは!?

businesswoman8_niyari

「戦略的に攻める」
「上から目線で大胆不敵」
「人の目なんて気にしない」

自信なくしているそこのあなたは気をつけて!

まずは根拠のない自信でOK。自信持ってやっていきましょう。

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!

nori でした。

==========================================================
完全合格まであと少し!今年も開催!

大好評の一発合格道場口述対策セミナー開催のお知らせです。

【口述対策セミナー開催概要】

日時:12月10日(土) 14:00-16:20(予定) (開場・受付開始:13:30~  )
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(最寄駅:大崎駅)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:二次筆記試験合格者 先着20名
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。

(実費負担、4,000円程度を予定。懇親会のみの申込も可能です。)

12月9日(金)12時より申込開始いたします!

熱い道場ファンのみなさん、予定空けておいてくださいね!

 



皆さん、おはようございます。本日を入れて2次筆記試験合格発表まで14日、口述試験まで残り23日となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

本日も今年の事例Ⅲを、簡単に振り返ってみたいと思います。

第1問
強みと弱み」ですから、事例Ⅲで典型的に問われる内外環境分析の設問です。営業面、生産面、組織面等の切口が考えられます。
悩ましいのは、複数の強みと弱みの候補が見つかった場合の対応です。
設問では「1つずつ」等と特に指定はしていませんので、2つ、3つあれば全て記述するという戦略が考えられます。その場合は、「40字以内」と厳しい文字数制限が課されていますので、「①、②、…」のようなナンバリングは避けて文字数を節約したほうがよいでしょう。
もちろん設問間の連動性を考慮し、第1問で解答した内容を意識して第2問以降も記述する必要があります。複数解答した場合は、以降の設問で全ての要素に対応した記述内容としましょう。

第2問
「生産管理面での対応策」ですので、設問のレベルはオペレーションです。「QCD」「4M1H」「3S」などの切口での解答が想定されます。
同じオぺレレーションレベルの設問である第3問との違いは、ここで記述した内容が必ず「収益改善」につながることです。ですので、解答するときは効果としての「収益改善」直前までの因果関係を丁寧に記述して、採点者に切り分けをしていることが伝わる内容とする必要があります。

第3問
解答しなければならないことは、「クレーム内容」と「具体的対応策」です。解答戦略としては、「具体的対応策」を因果関係を丁寧に説明しながら複数列挙し、得点を狙います。
与件中で対応するのは「表2」ですが、記述する際には単に「クレーム内容」を解答するだけでなく、なぜそれに「着目」したのか理由まで解答すると、ライバルと差をつけることが出来るでしょう。

第4問
解答しなければならないことは、「新事業」「理由」「社内対応策」ですので、設問のレベルは戦略とオペレーションです。
自分が提案した新事業の内容に対して理由や対応策を述べる必要があるため、新事業の方向性について大外ししないように解答する必要があります。しかしここで悶々と「かっこいい」事業名を考えるのは時間の浪費になってしまいますので、とりあえず「~事業」とオウム返ししておき、理由や対応策で得点を積み上げましょう。
「社内対応策」の切口としては、設問に登場する「新たな取引の要望」「C社の生産管理レベルや経営資源」などに対応させることが考えられます。

以上、本日はここまで。細川でした。



みなさま、こんにちは、碧です。

昨日は本当に雪になりましたね

11月に初雪は54年ぶりだとか。

小学生の子供を持つ私は、子供の靴に防水スプレーをし(長靴はサイズが合わず捨ててしまったので)、替えの靴下とタオルをビニール袋に入れた“雨の日セット”を持たせて、子供を送り出しました

今朝も道路が凍るところもありそうですね。

みなさまお気をつけください。


はい、では今回も2017年度試験、絶対に一発スト合格を目指すあなたに向けて書きます。 (絶対一発スト合格を目指さない方にはそぐわない内容が含まれます。ご了承ください。)

前々回のエントリーで書かせていただきましたが、受験校のストレート合格を目指すクラスに通って本当に一発スト合格できるのは二十数人の受講生に対して一人の割合。

そんな狭き門を通過するべく、勉強を頑張るみなさまこんにちは。

少し先の話ですが、年末年始の勉強の計画はもう立てましたでしょうか。

techou_open

「え!まだまだ先だと思って立てていないよ・・・」

そう思われる方が99.9999%だと思います。

いいんです。それで構いません。

でも絶対一発スト合格を狙うなら、年末年始も有効活用したいですよね。

年末年始を有効活用するには今どう過ごすかのポイントがあるんです。

今日は年末年始を有効に活かすために、今、こう勉強してはいかがですかという事をお伝えします。

 

おそらくあと2週間もすると、受験校に通われている方なら、講師からこんな話が出てきます。

「年末年始は、苦手な論点の復習に時間を充てましょう。」

もちろん、その通りです。

ただ、これは誰にとって「その通り!」といえる言葉なのでしょうか。

私は答練で平均点±5~10点の受講生に向けて話していると考えます。

答練で平均点±5~10点の受講生というとクラスの大部分を占めるからです。

講師は一次試験対策ではクラスの平均点くらいの受講生をターゲットに講義を進めるので、そう教室の皆さんには話すでしょう。

(ちなみに二次試験対策になると、頑張れば合格に届く人をすくい上げるように授業を行うので、クラスの上位の人達に向けての授業に変わります。)

では、絶対一発スト合格を目指すみなさんは年末年始にどう過ごすのかというと、

・既習科目(私が通った受験校なら経営理論、財務、運営)の特に一次試験の肝の科目である財務の過去問を研究し、今後の戦略を立てる。

・一次試験のもう一つの肝の科目である経済がもし未習なら、入門書を読んで大まかに掴む

診断士試験に一発スト合格するにはただ勉強するだけでなく、どう勉強するのかを戦略を立てることが必要。

まとまった時間があるときに戦略を立てて、今後の戦い方を決めるのはとても重要です。

がむしゃらに試験範囲を全部やるのは勉強に時間が取れる方だけです。

 

 

question_head_boy

「あれ?復習は????」

*

*

*

もちろん、上記の2ポイントが出来るのであれば、復習してOKです。

でも、あれもこれもそんなに時間が取れないですよね。

 

じゃあ、今どうするのか。

 

次の講義までに、習った回の論点をしっかり復習する。

これだけ。

いや、もっと言うと、

予習→講義受講→復習→予習→講義受講→復習→予習→講義受講・・・・・・

このサイクルで、次の講義までに既習の内容を完璧にそして予習を忘れずに。

これです。

今はおそらく財務の授業でキツいとお感じの方も多いはず。

でも、ここをなんとか乗り越えると、一発スト合格が一歩近くなります。

がんばっていきましょう!

それでは今日も良い1日を!

碧でした。



おはようございます。フェイマオです

すっかり冬の寒さ到来で、天気予報では私の住んでいる東京も本日となっていますが、皆さん今朝は無事にご出勤できましたでしょうか?
※このブログは前日(23日)の夜20時半に書いているのですが、現在の天気予報だとこれから雨が降って、夜更けに雪に変わるようです。“雨は夜更け過ぎに~ 雪へと変わるだろう~ ”といった歌の通りですな(笑)

%e9%9b%aa

今年の2次試験を受けられた方は、合格発表まであと2週間とちょっと
まだご自身の出処進退が定まらず落ち着かない状況かと思いますが、合格発表まではこれまでできなかった事に挑戦するなど、羽を伸ばしつつゆっくりと過ごして頂ければと思います
私も、1回目、2回目の2次試験の後は共に、「中小企業診断士」なるキーワードには一切触れず、これまで出来なかったやりたい事(主に読みたかった本の読破。昨年は合格発表までの1ヶ月半で歴史小説とビジネス書で合計12冊読みました)に没頭していました。

また、来年の合格に向けて既にスタートを切っていらっしゃる皆様は、これから年末に向けお仕事も忙しくなると思いますが、15分でも30分でも構いませんので、勉強を毎日継続してくださいね。
特にこれから忘年会や年末年始といった、受験生にとってやや迷惑な(?)行事が続きます(笑)
勉強を続ける習慣を身に付けて頂き、来年の試験に向けた準備を行って頂きたいと思います。

※私と同期で合格した同じ受験機関にいらっしゃった方は、『この試験は諦めなければ必ず合格できる。鉄棒のぶら下がり競争と一緒で、自分が諦めなければ競争に負ける事はないはずだ!』という信念を持ち続け、毎日勉強を続けられ多年度ながらも見事合格を勝ち取り、合格早々に独立され現在は診断士として多方面でご活躍されています


さて本日はこの1年間を振り返ってみて、“私フェイマオが診断士としてどのような活動をしてきたのか?”を徒然なるままに書かせて頂ければと思いますので、宜しければ最後までお付き合いくださいませm(__)m

【1】 本業への影響

診断士を取得する前から会社経営に携わるポジションにはいたのですが、診断士を取得したことで会社の中で新事業展開を行うにあたり、今まで以上に意見を求められたり事業戦略を全面的に任され、納得して頂ける事業計画がアウトプット出来るようになりました(個人的な所感でありますが

営業においても名刺に“中小企業診断士”と記載させて頂いた事で、取引先の担当者から経営のアドバイスを求められた事で新しいサービスに繋がったり、『診断士お持ちなんですねぇ』と褒められたり、『この資格ってなんですか?』と初対面の営業でのアイスブレークになったり(笑)と、いい意味で話題作りが提供できるという恩恵を受けました。
その他、新規事業を展開するにあたり関連会社の代表に就任させて頂くなど、本業ではかなり有り難い機会を得る事ができました。

私の場合、現在事業を展開している業界に特化した診断士として活躍する事が夢であったため、やっとそのスタートラインに立つ機会が得られたと思っています。
しかし、顧客の要望に応えるにあたってはまだまだ力及ばない面も痛感していますので、今後も自己研鑽を怠らずに邁進して参います (`Д´)ゞ

 

【2】 診断士としての活動

診断士としては、大きく分けて以下の2つ。

受験生支援活動
現在このように一発合格道場でのブログの執筆セミナーの企画・運営に携わらせて頂いているほかに、某受験機関での作問・採点講師や、テキストの執筆に携わらせて頂くなど、本業以外での活躍の場を頂く機会が増えました。
7代目のメンバーは、雑誌の執筆活動や勉強会の主催など私以上に多方面で活躍していますよ

診断士活動
私は現在、診断士の東京協会のある支部に加入し、「支部主催の研究会」や、「有志主催の研究会」にも加入させて頂いております。その中でも「有志主催の研究会」は、新人を成長させようとする素晴らしい諸先輩に恵まれど素人で新人の私にも診断士として活躍する機会を提供して頂くなど、謝金が貰える有償の診断活動にも携わらせて頂きました。
お金を頂く以上、そして何よりも診断士の名に恥じぬよう、必死でやらせて頂いていますが(現在進行形)、何よりもこれまで自分が勉強してきた知識を活かして、顧客のために色々と施策を考えられる診断士活動に携われる事に大きな喜びを感じています
7代目ではかおりんが既に診断士として活躍の場を広げており、良い刺激を頂いています。


これから合格の切符をつかみ取る受験生の皆さんにとっても、今後診断士となった暁にはご自分の活躍の場が広がる事と思います
今後は同じ診断士として、日本を支える中小企業のために皆さんと一緒に仕事ができる事を楽しみにしております

では、本日はここまで

To be continued・・・

 



こんにちは、とりです。

今日は祝日でお休みの方も多いですね。2次試験を受験された方は結果発表まで2週間以上もあって、結果が気になってソワソワして夜も眠れないお仕事がお休みでも休んだ気がしない、なんてこともあると思います。昨年の私は、再現答案を作成した後はすっかり力が抜けてしまって、疎かになっていた家族サービスや試験勉強以外の読書なんかをした以外は、大したことはしていませんでした。それでも心のどこかで結果が気になって落ち着かないものでしたが、終わってしまった試験はもう結果も決まっている、悩んで思いを巡らせてもムダに疲れるだけだ、と考えるようにして過ごしました。メンタルはあまり強いほうではないのですが、この期間は不思議と自分を上手くコントロールできていたような気がします。
誰しもが何かを犠牲にしながら頑張って臨んだ試験ですので、悩み苦しむのも仕方ないと思いますが、どうか12月9日の発表まで心穏やかに過ごして下さい。

%e6%82%a9%e3%82%80


 

さて、私が受験生時代から参加している勉強会にも、2017年合格を目指す受験生の参加が増えてきました。勉強を始めたばかりの方、再チャレンジの方、ブランクの後再開された方、様々いらっしゃいますが、受験生からいただくコメントからは熱い想いが垣間見えて私自身も元気をいただいています。診断士試験は長丁場、強い想いが不可欠と以前の記事で書いてきましたが、もちろんそれだけで合格できるものでもありません。私自身も、時期により質の違いはありますが、診断士を志したこと自体が熱い想いに支えられたものでした。でも2014年の初受験は1次試験で惨敗でした。4科目の科目合格はありましたが、これも過去の経験に助けられた部分も大きく、学習開始からの1年半、試験対策としてはかなりお粗末なものだったと今は思います。

何がお粗末だったかといえば、全てにおいて無計画だった、これに尽きるかと思っています。
1次試験7科目、その中には未知の領域も多々あり、さらに2次試験は4事例の論述試験、やることが膨大なのは明白です。学習開始当初は、仕事の時間は不規則で突発的な業務も多く、家庭では子供が小さく手がかかる時期だったこともあり、「計画なんか立ててもどうせ計画通りにできない、計画に縛られるストレスも積もれば続けられない」と思い込んで、計画を立てることを初めから諦めてしまいました。「1次試験を突破する」という目標だけで、あとは全てとは言いませんが、ほぼ行き当たりばったりで勉強を進めました。

当然これでは成果は上がりません。通勤電車でテキストを読んでいても寝てしまうこともしばしば、突発的な仕事や家族の体調不良なんかがあれば、どんどん進行は遅れていきます。勉強して分からないことがあれば、とことん考えて時間を浪費し他の勉強が進まない、もしくは分からないまま長期間放置し、そのうち何に躓いたのかさえ分からなくなってしまう、こんな始末でした。結局苦手科目は苦手のまま克服できず、1次試験突破は叶いませんでした。

2015年の合格を目指すにあたりこの「無計画」を改めるようにしましたが、生活環境は大きく変わらず、子供は日々成長するとはいえ、手がかかることに違いはありません。そのことを大前提として計画を立てていくわけですが、具体的な計画や勉強の進め方については次回以降の記事で書きたいと思います。

plan

試験に関する情報収集を始めてこの記事に辿りついた方にお伝えしたいこととして、このことはおそらく全ての受験生に共通かと思っていますが、生活環境やお仕事の忙しさはそれぞれあるなか、計画なき合格はないと考えています。計画を立てられない人はその姿勢からあらためるよう意識改革を図っていきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、とりでした。



たきもです。
1f76abca38e5eb5e51e792b5e220c76b_s
いきなりですが、今、転職活動をしています。
エージェントから紹介された案件に応募することもあれば、自分で探して応募したものもあります。
今までで、7〜8回くらい面接を受けました。
最初に申し上げると、まだ転職先が決まったわけではなく
「入社したい」と心から思う会社にご縁がなければ、今の会社で引き続き働こうと思っています。
面接を受ける中で、気がついたことがあったので
せっかくですから記事にしようと思った次第です。
来年の試験に向けて勉強をされている方、
二次試験の結果を待っている方、
どちらにもご参考になれば幸いです。

●「中小企業診断士」を取得していれば、転職で有利?
当たり前ですが、取得しているからといって有利になるわけではありません。
書類選考もなかなか通りません。通ると、むしろびっくりです。
webテストもちゃんと勉強しなければ通りません。
(私はSPIが嫌いなので、これが非常に苦痛です)
ただ、数値として明確なものはお出しできませんが、
私が入社3年目くらいのときに一度転職活動したときよりかは
面接に呼んでいただける件数が若干多くなった気がします。
診断士の資格の有無よりも、今の会社である程度の経験を積んだからかもしれません。

●面接で必ず聞かれた質問
面接に呼んで頂いた会社では、次の質問が必ず聞かれました。

なぜ中小企業診断士の資格を取ろうと思ったのですか?きっかけはありますか?
②中小企業診断士の資格を生かして、我が社で貢献できることはありますか?
③診断士の試験に合格してから、現職でなにか変革を起こした仕事があれば教えてください。

①は、転職理由や志望理由につながる内容です。
このブログを読まれている皆様も、
なにかきっかけがあってこの試験への門を叩いたことと思います。
その強い気持ちがないと、乗り切れない試験です。
取ろうと思った具体的なエピソードを話せると、
転職理由や志望理由に具体性が加わり
、よいのではと思います。

②はそのままです。
変化球として、「診断士として我が社を診断してください」という質問もありました
診断士試験で勉強したこと、実務補習や実務従事で学んだことから
「御社で貢献できること」を、これも具体的に話せるとよいのではと思います。

③の質問は、職務経歴書にも書く「現職での実績」ですが、「診断士に合格してから」が違いです。
診断士の勉強や実務経験を、まず今の職場でアウトプットできているのか?が見られているのではと思います。

●結局、「中小企業診断士」って、転職ではどうなの?
資格があるから有利・不利という軸はありません。
私がこの数か月動いてみて感じたのは、「自分がやりたい仕事の軸が明確になった」ことであり、
その裏付けになってくれるのが「中小企業診断士」という資格です。
以前、社会人3年目のときに転職活動をした時は、何も考えずなんとなく「この会社はいやだ!」という気持ちでやっていました。
うまくいくはずがありません。
しかし、中小企業診断士の勉強をし、実務補習や実務従事で、実際に中小企業へ助言をさせていただく機会がありました。
その経験が自分の視野を広げ、「この仕事を本職にしたい」と思い始めました。
自分の軸を、おぼろげながら見つけたのだと思います。

結論としては、「中小企業診断士」という資格の有無ではなく、
転職に対する自分自身の軸がはっきりしているかどうか、だと思います。

そして、「中小企業診断士」を知らない方も多くいます。
この資格を持っている人は何ができるのか、具体的にイメージができないのです。
そこを面接官にイメージさせることができれば、面接でも武器になると思います。

数社を回るなかで、現職のよさも見つけることができました。
そのなかで、私は一つの夢を見つけました。

中小企業の参謀になりたい。
中小企業の進むべき道を、一緒に悩み、考え、見つけ、支える参謀になりたい。

その夢に近づける場所にご縁があれば、よいなと思っています。
もちろん、現職でもそれは可能であることも、他社と比べる中で分かりました。

受験生の皆様、このブログでは何度も書かれていることですが
「中小企業診断士試験を目指したきっかけ」
これをぜひ、忘れないで頂きたいと思います。
勉強中はもちろん、合格後も自分の軸になり、支えてくれるはずです。

たきもでした。



おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

インフルエンザが周囲で猛威を振るい始めました。同時に、長男の幼稚園ではウィルス性胃腸炎も流行し、30人クラスの15人が欠席する事態に陥っています。今年の風邪はのどにくるようで、つらそうな咳をする人も多く見られます。私ものど風邪をこじらせ、気管支炎になっております・・・話す仕事なのにありえへん・・・!!!健康管理もプロの大事な仕事。面目ございません・・・

予備校に通っている2017合格目標の方は、財務が佳境に入る厳しい時期ですよね。みなさま、くれぐれも体調に気をつけて、ぬかりなく学習を進めてくださいね。


さて、今日のテーマは「今何やってるの?」と聞かれたら、です。

question_head_boy

これ、まさに昨日私が直面した課題でもあります。
中学校の卒業20周年記念の同窓会、久しぶりに合った仲間で「今何してるのー?」というのがあいさつ代わり。そこで、「診断士で独立してやってるんだよね」といっても、そもそも診断士を知らない人が多いのがツラい現実。

診断士1年目。特に専門特化しているわけではないので、お声掛け頂いたお仕事は可能な限りチャレンジさせて頂いております。そうすると、仕事の内容がバラエティに富みます。

今やっている仕事を、記載可能な範囲で列挙するとこんな感じ。

・ 区の専門相談員(地域の潜在労働力=子育て中の方や、介護中の方と中小企業をつなぐ)
・ 商店街のご支援
・ 企業向け研修講師
・ 公的機関でのセミナー講師
・ 企業向けコンサルティング(人事・組織/IT)
・ 先輩診断士先生の研修サポート等
・ 地方活性化を目的としたWeb記事の執筆
・・・etc.

ご支援させて頂いている対象も規模も、本当にさまざま。これ、“中小企業診断士”をご存じない方に、一言で「何してる人」って言えばいいか・・・難しいですよね。

そのため、私は診断士をご存じない方には「経営コンサルタントをしています」と言うようにしています。先生によって人それぞれだと思いますが、中小企業診断士は経営コンサルタントの国家資格ですから、この回答が今のところ自分にはしっくりきています。経営コンサルタントと言うと、ちょっと胡散臭い感じもしますが・・・詳細を説明すると「なるほどー」と言っていただけているので、まあアリなんじゃないかと。

そして、今後診断士を目指す方にそんな悩みを持たせないようにしたい。税理士や会計士のように、診断士も一般の方の認知度が上がるように、一つ一つの仕事を頑張らねば、と襟を正す気持ちです。診断士と名乗ること、そして実績を積み重ねていくこと。自分だけでなく、「診断士」のブランドにもきわめて微力ながら貢献できたらいいなあ、と思っています。

ue_mezasu_woman

最近ではありがたいことに、診断士の肩書を手にしたことで、ITでフリーランスだったころには手が届かなかった「子どもたちに希望ある未来を手渡す」仕事をひとつずつ重ねられている実感があります。

みなさんは、何のために診断士を取りたいと思いましたか?
その思いを、合格したあとまでぜひ持ち続けてください。内発的動機付けが、モチベーションの源泉のうち最もコスパがよく長続きするものですから。


2016合格目標の方も、2017合格目標の方も、「診断士」になって活躍し、一緒にブランド力を高めましょう!お待ちしております。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



逃げるは恥だが、馬は勝つ

a5a0051180ec5fe0ccbbacc8a7091186_s

おはようございます。こばです。
二次試験を受けた方は発表までの間、しばしオフ期間。
この秋は注目ドラマが目白押し。受験勉強を少し休み、ドラマを見ている人も多いのではないでしょうか。

視聴率が右肩上がりなドラマがある『逃げ恥』。

逃げるは恥となっていますが、受験勉強においては先行逃げ切りが最重要。
2017年度の合格を目指す人は、診断士受験という壮大なプロジェクト管理を行うことになる。

しかし、プロジェクト管理はよく失敗する。特にシステム開発においては約7割が失敗すると言われている。
では、そんなにも多くのプロジェクトが失敗に終わってしまうのか。
失敗の要因を確認し、診断士受験を成功に導くために必要なことを考えてみたい。

■プロジェクト管理、失敗の要因とは

一般的に、プロジェクト管理が失敗する要因は下記になる。

1.検証不足
2.着手の遅れ
3.目的や要件・仕様が固まっていない
4.開発者に丸投げして管理しない
5.過小見積もりによるスケジュール遅延や工数オーバー
6.クライアントとの認識の差異が発生
7.問題を先延ばしにする

 

■診断士受験に当てはめると

1.検証不足
⇒合格基準・合格体験記を鵜呑みにする。
420点合格、こんな私でも合格などネットの情報が自分にも当てはまると勘違い。

2.着手の遅れ
⇒過去問への着手遅れ。過去問を実力測定に使用する。

3.目的や要件・仕様が固まっていない
⇒合格をするために必要な実力がわかっていない。
答練や模試などで点数が出るたびに勉強方法を変更する。

4.開発者に丸投げして管理しない
⇒大手予備校に通えば受かると勘違い。

5.過小見積もりによるスケジュール遅延や工数オーバー
⇒脱落を防ぐ甘い言葉、『まだ間に合います。』を信じてしまう。

6.クライアントとの認識の差異が発生
⇒診断士に求められているものを誤解する。

7.問題を先延ばしにする
⇒最後まであきらめない。420点取れば良いんです。
一次公開模試を本番として受けない。

こんな感じでしょうか。意外としっくりきますね。
では、成功するために必要なこととは何でしょうか。

■プロジェクト管理のポイントとは

QCDを管理しないプロジェクトは存在しないと思われるが、
受験勉強においてはコスト(勉強時間)は度外視できるものとする。

その条件で、最重要となるポイントが

先行逃げ切り

遅れることが問題である。コストをかけ放題であれば、前倒しで計画を実行すれば良い。

先行逃げ切りを前提とし下記の内容を100%実行すること。

  1. 学習計画の立案
  2. タスク内容・完成度の明確化
  3. 成果で進捗確認
  4. 余力管理
  5. 予実差異分析 計画と実際の差異をチェック

淡々と実行できるかが勝負の分かれ目。
どんなに詳細な計画も実行できなければ意味がない。

では、今回はここでまとめ。

・この秋は注目ドラマが多い。
・多くのプロジェクトが失敗する。
・プロジェクト成功の最重要ポイントは先行逃げ切り。
・勝負の分かれ目は、タスクを淡々と100%実行できるか。

byこば



teacher_saiten_man

こんにちは、noriです。

2次試験の難しさを語る時に聞く言葉「合っているかわからない」

これは正しい。だって、正解は発表されていないのだから。

 

では正解を自分で考えてみようというのが今日の提案

 

■相互採点してみる

その一つの手段が答案の相互採点。

例えば、Dropboxというアプリに保存した解答を、Upadというアプリで開いて、タッチペンで採点していました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-18-0-20-07

直接会わなくてもSkypeで音声を繋げば、意見交換もできる。世の中進んでいるものです。

ただ、この相互採点。ある程度のレベルまでくると高得点狙いを煽る危険があるので要注意。お互いやけに細かいツッコミしかしなくなったら止め時です。

また、勉強会に参加していなくても、合格答案や未合格答案は色々なところで入手できます

 

得点開示してみる

 

test100

過去に再現答案を作成した方は得点開示してみるのも一つです。

何かヒントが隠されているかもしれません。

自分の認識と得点とのブレが見つかれば調整でき、合格へのヒントとなります。

人の答案を採点をしてみても、自分の得点開示をしてみても、基本としてたち戻るのはこの3つ。

1.聞かれていることを理解する

2.聞かれていることに答えるのための情報を集める

3.聞かれていることに答えているのがわかるように書く

探していた答えはやがて見えてくる。

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!

nori でした。

 

 

 

 

 

 

 

 



皆さん、おはようございます。本日を入れて2次筆記試験合格発表まで23日、口述試験まで残り31日となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

本日も今年の事例Ⅱを、簡単に振り返ってみたいと思います。

第1問
「製品戦略」は第2問以降でも問われていることから、それも意識して「誰に」「何を」「どのように」の要素を中心に答えていくことが求められていると思われます。
「製品戦略」という、一見アバウトな表現で問われていますが、平成24年の第1問でも同じ「製品戦略」を問われていますので、順当な設問と思われます。

第2問
第1問を受けての、これからの「製品戦略」について問われています。

設問1
ターゲット層を述べるのは当然ですが、「今後」のことについて問われていますので、そのターゲット層を選んだ根拠として、現在の市場の状況(以前とは変化している部分)を述べることも必要です。

設問2
解答のフレームとして、「プロモ―ショーン(戦略)は~」「販売(戦略)は~」と明示したいところですが、80字以内という字数制限、そして「プロモーション」と「販売」の違いが不明確なので、無理に切り分ける必要はないでしょう。

第3問
この設問でも「メリット」と「効果」の2点について求められていますが、両者の違いがわかりにくく切り分けることは難しいと考えられます。書き出しを「オウム返し」しにくい問題が続きましたので、リズムが狂って思ったよりも難易度が高く感じられますね。

第4問
ほぼ毎年出題されている、販売チャネルの拡大・変更に関する問題です。

設問1
設問文が1行程度でシバリが少なく、かつ字数制限が50字と中途半端に少ないため、うまくまとめる編集力が必要で難易度が高いと思われます。

設問2
平成26年の設問でも問われた定番の「マーケティング・コミュニケーション」です。「コミュニケーション」ですから、B社と顧客との双方向のやり取りがなされいる(ように見える)施策が必要と思われます。

全体的には、細かな数値が載った図表が登場するなど、近年の傾向を踏襲した事例だったと思われます。やはり出題者側は、国語力だけではない「使える診断士」を求めていることが改めて認識できました。

以上、簡単にではありますが本日はここまで。細川でした。



おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

年末に向けて、忙しさに加速がかかっている方も多いのでは・・・?くれぐれも体調に気をつけて、2016年を走り抜けましょう!

isogashii_woman
ちなみに、一発道場BLOGは輪番制です。(皆さまご存知でしたか?)PCで見ると右端に表示されている『執筆メンバー』の上から順にBLOGを書いています。・・・が、今回はイレギュラー。先日、あまりの忙しさに日付と曜日を誤った私の代わりに、急遽碧ちゃんが執筆してくれました。かわりに本日は、かおりんにて記事を書かせて頂きます。(碧ちゃん、ありがとー!)
忙しくても、せめて日付と曜日は認識しておきたいと思います!!!ほんまごめん!!!


今日は、診断士になったら・・・のテーマで、自分の仕事の講師業についてちょこっと書きますね。

私は独立系診断士1年目、もともとフリーランスのITコンサルタントでした。
今では「子どもたちに希望ある未来をてわたす」をテーマに、地域活性化・人事系のコンサルティング/研修等講師業/商店街支援 などを軸にお仕事をさせていただいています。

研修や講演のお仕事は、大きく分けて(1)話す内容が決まっているものと、(2)コンテンツをイチからお客様のニーズに合わせて組み立てるものがあります。今回は(2)でよく話すコンテンツです。

・・・で、今日のテーマ。

『プレゼンはKiss必須』

nage_kiss

これは、若手・新入社員向けの営業研修/プレゼン研修で必ず毎回お伝えする内容です。まちがっても、色仕掛けでプレゼンしろ、ということではありません。

この『KISS』は、Keep It Short & Simple の頭文字をとったもの。
プレゼンで情報を相手に届けるためには、「短いメッセージでシンプルに」伝えなくてはならない、ということ。資料を作る際の基本のキとして、受講生の方にお伝えしています。

皆様も是非、仲間でプレゼン資料・提案資料を見せ合って、冗長なところがあれば「KISS下手やで!」って指摘しあいましょう。

他にも、

投影するなら、1スライド1メッセージで。

あいまいな表現は避け、具体的に。

ダメな表現の例⇒「最近の成長が著しいベンチャー企業のスタートアップが成功した要因とは」
<具体的には・・・>
最近の⇒2015年以降、など
成長著しい⇒売上高が2倍以上になった/株式上場を果たした
ベンチャー企業⇒ベンチャーの定義はあいまい。小規模事業者とか、中小企業とか?
スタートアップ⇒スタートアップの定義もあいまい。事業化とか、黒字化とかならまだOKか・・・?
成功した⇒何を持って成功とする?例:上場を果たす 新しい市場を想像する シェアNo.1を獲得する・・・etc.

といった感じの様々なコンテンツを、お客様の人事戦略から、具体的に身に着けておいてほしいスキルや知識に落とし込んで、研修を設計&実施します。

赤字部分ができるのは、診断士の知識を身に着けたからこそ。企業に対する理解を深められれば深められるほど、いい研修ができるはず・・・と日々精進しております。全然足りないけどね!

なお、「KISSの法則」「あいまいな表現を避ける」は、診断士の二次試験でも大いに役立つノウハウです。ぜひ皆様もご活用くださいね。


研修のお仕事も、一発道場で受験生の皆様を支援するのも、どちらも「頑張って成長したい」人を応援できる素敵な時間です。頑張る人が増えれば、きっと日本や世界はよくなる。今日より素敵な明日にするために頑張って来た先人のおかげで、私たちは豊かで幸せな毎日を過ごしているのだから、きっと。

二次結果待ちの方、合格した暁には素敵な「受験生支援」のバトンを引き継いでくださいね。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん

 



おはようございます。フェイマオです

このところ、秋らしい気配をすっ飛ばし、急に冬の寒さを感じるようになりましたね
朝晩の気温の変化で体調も崩しやすい時期かと思いますので、くれぐれも体調管理にはご注意下さいませ

%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%80%80%e9%a2%a8%e9%82%aa

 

さて、当7代目も先代から道場ブログを引き継がせて頂き早8ヶ月が経過しました。
先代である6代目の道場メンバーからバトンを受け継ぎ、2月から執筆に携わらせて頂いた我々7代目は、今年度の1次試験向け、更には2次試験に向けに各自の視点で(自由気ままに)記事を書かせて頂きました

先月末で今年度の中小企業診断士試験も終了したこともあり、一旦今年度の試験向けの記事については落ち着いた頃かと思っています。
※もちろん、2次筆記試験を突破した後には、最後の“口述試験”がありますが・・・。
口述試験に向けては、今後当代でも記事を充実させて頂く予定でございますので、しばしお待ちくださいませ

今年度の2次筆記試験は終了しましたが、道場ブログをご愛顧頂いている皆様の中には、既に2017年の試験に向けて始動されている方も多くいらっしゃるかと思います。
資格学校は既に2017年度合格目標とした講座が既に始まっており、また書店でも2017年度試験向けの1次試験のテキストが各社出揃ってきています。

今日は、(独学にせよ、学校に通うにせよ)来年の診断士試験合格に向けて既に始動されてる皆様に向けて、私なりの視点で記事を書かせて頂きますので、どうぞ最後までお付き合いくださいませ  m(__)m


皆さんは診断士になって何がしたいですか?

冒頭から、禅問答のような内容でスミマセン・・・

この質問、ありきたりの内容ではありますが、私自身は受験生の方にとって非常に重要な問いかけだと思っています。今から、来年の1次試験まで約9ヶ月弱。さらに2次の筆記試験も視野に入れると約1年弱の期間があります。

診断士を目指す受験生の方の大半の方は、社会人として既に会社でご活躍されている方が多いかと思います。
仕事を抱えながら、疲れた身体に鞭を打って勉強を続けるのは、正直(かなり)しんどいです

 

冒頭で、さきほどのような『何故、診断士を目指すのか?』と言った質問をさせて頂いたのは、今後皆さんが試験合格に向けて、走り続けるだけの“エンジン”を今一度ご確認して頂きたかったからです。

私自身もそうでしたが、受験などと言うものが“大学受験が最後・・・”という方も多くいらっしゃるかと思います。
ただ、受験勉強に専念できていた学生時代と異なり、仕事を抱える社会人の受験勉強には大きな差があります

それは“勉強だけに専念できない事”もありますが、たとえ試験に合格しなくてもご自身の身の置き所が確保されている点です。
大学受験を目指す高校生の場合は受験に失敗すると「浪人」という、いわば“高校生”でもない、“大学生”でも無い新しいカテゴリーに属する事になり、ややご自身のアイデンティティの立ち位置が不安定になります(と、私自身は感じていました。これはあくまでも私フェイマオの考えですので、その点をご承知おきくださいませm(__)m)

しかし社会人としてご活躍されている受験生の方の場合、たとえ試験に合格しなくても会社をクビになる事もありませんし、(私のように試験前に既に独立されている方であっても)事業をたたむ必要がありません。
つまり、社会人の場合は既に自分の身の置き所(=生活の糧)を確保している以上、どうしても受験勉強に縋り付いてまでやり続けるインセンティブが低くなってしまいます

これは、資格学校に通っていようが独学で勉強していようが同じことだと思っています。

私フェイマオは診断士を目指すにあたって資格学校に通ったのですが、開校当時は満員だった教室も講義が進むにつれ、空いている席が目立つようになりました

私は(お恥ずかしながら)喫煙者ですので、授業の空き時間は喫煙所に行って充電をしていました(笑)
資格学校の喫煙所は受験生仲間と親しくなれる絶好の場なのですが、そこで仲良くなった受験生の方もいつの間にかいなくなり、気付いたときには誰もいなくなってしまっていました・・・

 

学校に来られなくなった方々の中には他の曜日に振り替えたり、ご自身で勉強を続けていた方もいらっしゃるかと思いますが、学校の先生からも「毎年の事ながら、受講生は“エビングハウスの忘却曲線”のように減っていきます(笑)」と仰っていたので、高いお金を払っていながらも途中で受験勉強を断念される方も少なからずいらっしゃる事とと思います。
もちろん、それぞれの方々にもご事情があるかと思いますので、受験を断念する事になったからと言って第三者がとやかく言う権利はないと思います。
しかし、せっかく同じ志を持って勉強を始めた仲間が減っていくのは、非常に寂しい思いがありました。。。

今振り返ってみると私自身も、仕事が忙しい日が続いた事や病気で入院した事で挫けそうになった事も多々ありましたが、合格するまで勉強を続けてこれたのは、『診断士になって実現したい夢がある』という、自分なりの確固たる目標があったからだと思います。

診断士を目指すきっかけはどのような内容であれ、来年の試験を目指される皆さんが合格まで走り続けるためにも、是非今一度ご自身なりの動機をご確認頂ければと思います
そして皆さんが合格された暁には、その動機を是非教えて頂きたいと思います。
※合格体験記で、是非思いの丈を語ってください

我々道場メンバー、診断士を目指される皆様を心より応援しています

では、本日はここまで

To be continued・・・

 



こんにちは、とりです。

このところはすっかり寒くなりましたね。暑がりの私も先週あたりから冬物スーツ、カーディガン、コートを着るようになりました。で、、久しぶりに39度の高熱が出るほど体調を崩してしまいました。。2次試験が終わって気が抜けて体調崩してしまった、という受験生の声を聞いたりもしましたが、読者のみなさまも風邪などひいていないですか?今年は早くもインフルエンザの話も聞くようになりましたし、私のようにならないように気を付けましょう。


 

さて、今回は独学の受験生、なかでも初学者の方に向けた記事を書きます。

私はこれまで何度も記事に書いてきたように、通学・通信なしの独学で学習してきました。独学にした理由はこちらに書いていますが、つまるところは「お金」ですね、もう恥を忍んで書きますが、しがないサラリーマン、住宅ローン抱えて、家族を養って、子供の幼稚園や習い事…いろいろお金が出ていくなか、受験をすること自体なかなか家族に許してもらえなかったぐらいなので、受験校や通信教育なんて許してもらえるはずがありませんでした。微々たる小遣いから捻出して、市販のテキスト、問題集を揃える他ありませんでした。

試験勉強に着手する前に誰しも情報収集をすると思いますが、得られる情報によっては「診断士試験は独学では無理」みたいな、まことしやかな話に行き着くこともあります。実際合格体験記などを読んでも、受験校や通信教育を利用した方が圧倒的に多いことに気づかされます。
こんな情報に触れるだけで、もうすでに心折れそうですが、、、私はさらにネットを駆使していろいろと調べたら、完全独学で合格されたある合格者の個人ブログに行き着きました。詳しくは書けませんが、その方はテキスト代の捻出にも苦労されていたようで、勉強を開始後、月に1冊ずつテキストや問題集を買っていたようでした。

「こんなに制約が厳しい人でも合格できるんだ…」
「はじめはテキスト1冊だけ買って一通り読んでみて、続けられそうだったら次のテキストを買ってみようか…」

と、こんな情けない感じで、おそるおそる診断士試験の学習を始めました。
途中で挫折して、せっかく買ったテキストをどぶに捨てるようなことになるのを恐れていたのもあって、いわば通勤時の読書用に書籍を買う感覚で、1科目ずつ、読み終わったら次の科目、とかなりのスローペースでしたが、結果的にお金は少しずつ使って、7科目を一巡することはできました。そして、ある程度インプットが進んだ後は基本問題集や過去問題集を揃えました。ただ、この頃は家族にも受験の許可をもらえていたので、なんとかまとめて購入できました。

その他、1次試験対策としては、

・診断士試験用ではない経済学のテキスト4冊
・簿記のテキスト3冊
・財務の計算問題集
・中小企業白書

くらいでしょうか。
2次試験対策で購入したもののは、

・事例問題集1冊
・ふぞろい3冊
・全知全ノウ
・イケカコ 

のみです。2次の過去問はすべて無料ダウンロードで、あとは各種勉強会への参加です。

たったこれだけ??と思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが、ツールとしてはこれだけでも十分ですし、現実にこれだけで合格できたのです。

何といっても独学はリーズナブルなのは最大のメリットですが、やはり投資をすればそれだけリターンが得られるのは世の常で、投資をしなかった分痛手はあります。
誰しも未知の領域がありますが、それをしっかり腹落ちするまで理解し、知識として定着させるには時間がかかります。受験校に通っていれば、講師やまわりの受験生に質問などして、その場で理解に到達できることも多いと思いますが、独学ではそれがありません。テキストを読んで分からなければ、ひたすら時間をかけて考えたり、ネットや書籍で調べたり、とかかる時間の差は歴然としています。また、自分の頭だけで考えて理解し、定着した知識は、我流であるために解釈や思考経路が一般的なものとズレることも生じやすいです。
実際に合格後、受験校に通っていた診断士に比べ自分の知識定着度合は低く、実戦で使いこなせていないな、と感じることがあります。一概には言えませんが、自分への投資を惜しんだことも一因なのかな、と少し思っています。

私が独学でよかったなぁと思うことは、お金を使わずに済んだこともありますが、一番は全て自分自身でコントロールでき、そのスキルやマインドが格段に向上したことです。気が付けば勉強時間の捻出を考えて、仕事やプライベートの調整をしている自分がいました。今まで仕方なく受けていた仕事や、なんとなく参加していたイベントも、今では無駄と判断すれば臆することなく断ることができます。受験勉強中は、勉強することと家族と過ごすことを最優先として、そこから何事も取捨選択して行動できるようになりました。この、生活や行動指針を大きく変えることができたのは何よりの財産だと思っています。仮に、そのことで自分にデメリットが生じても、甘んじてそれを受けることができます。

経済面、お仕事、ご家庭、居住地など、様々な事情で独学を選択せざるを得ない方も、決して臆することはありません。試験に投資をできなかった分は、きっとあとで取り返すことができます(私はまだできていませんが…)。他の士業と異なり、独学でも取得可能性が十分にある診断士資格です。ご自身で気が済むまで考えて、学習スタイルを決断いただければ幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、とりでした。



たきもです。
c53aa7b5da99dca4902d7ae63adb0738_s
先日のお疲れ様会にご参加頂いた皆さま、ありがとうございました
受験生の方と直接お話することは、普段孤独に(?)記事を書いている我々にとって貴重な機会です。
参加された方も、参加できなかった方も、次は口述セミナーでお会いしましょう!

さて、前回は実務補習(を受けるまでのあれこれ)について書きましたが、今日は「実務従事」についてご紹介します。
中小企業診断士登録までのベーシックな道は、一般社団法人中小企業診断協会が主催する実務補習を15日以上受講することです。
しかし、この実務補習は前回書いたとおり、平日に会社を休む必要があります。
会社を休めない方は、「診断実務に15日以上従事すること」を検討する方法があります。
初代ハカセも、実務補習と実務従事の組み合わせで登録しています。
初代ハカセ 忙中閑話:試験合格から診断士登録までの流れ

●案件はどこから見つける?
実務従事に参加したくても、まず案件を見つけないと参加できません。
しかし、合格後すぐ自分で「コンサルさせてください!」というのもなかなか難しいですよね。
よくあるパターンは、次の2つです。

①知人からの紹介(私の場合)
私の場合は、同期合格で4月1日に既に登録していた方から「いっしょにやらない?」と案件を紹介いただきました。
その方は本業で営業コンサルタントをされている方で、診断先への折衝や会議運営など、リーダーシップをとりながらスムーズにプロジェクトを回していただきました。
また、長年のご経験から得られている企業への「質問力」「傾聴力」は素晴らしいもので、「こうやって聞き出すのか・・・」と勉強をさせていただきました。
「同期合格」という一括りの中でも、様々なご経験を有した方がいらっしゃいます
特に「同期合格」という、これから一緒に道を歩む仲間と一緒に診断ができたことは、かけがいのない財産になりました。
私は受験生支援団体では、この一発合格道場のほかタキプロに参加していますが、まさに人のつながりは財産だと感じました。

知人からの紹介によるメリット・デメリットをあげるとすると、次のとおりです。

<メリット>
・知人からの紹介なので、メンバーと気心がしれている。
・クライアントとの打ち合わせ・場所はメンバー間で調整し、仕事を休まず続けられた。
<デメリット>
・一般的な診断の流れは、案件によるが経験できないかもしれない
(一般的な診断の流れ:ヒアリング→SOWT分析など→診断報告書作成→クライアントへの報告)
・案件の内容により、やることは様々

ちなみに、この案件は診断先のwebページを更改するというもので、私はWordPressでの全体構築と、イメージ画像の作成を担当しました。診断というより、実際に構築をしたので技術寄りですね。
webページをつくるには、企業の強みや顧客に訴えたいことを整理する必要があるので、そこで試験で学んだ内部環境・外部環境分析が役立ちました。
ちなみに「実務従事」が終わったら、診断先から診断助言業務実績証明書(様式19)に印鑑などを頂き、登録申請書類と一緒につけて提出します。

今は一発合格道場の先輩からご紹介頂いた案件に参加させていただいています。
これは独立診断士の方と一緒にさせていただいている案件で、先生の事務所におじゃましたり、「独立診断士の仕事ぶり」を直接見て、勉強させていただいています。

②大塚商会の経営支援サービスのメンバーとして参加する
大塚商会は企業に対する経営支援サービスを提供しており、プロジェクトメンバーを随時募集しています。
サービスの詳細はこちら
診断士の応募ページはこちら
企業診断報告書作成プロジェクトに参加することで、企業診断のノウハウや実務従事ポイントを獲得できます。
既に登録している先輩診断士と一緒にチームを組み、企業診断をします。
これは7代目とりが多く参加しているようです。
診断先との打ち合わせも平日夜が主体ですが、私はこの打ち合わせ場所(大塚商会の本社)が会社を定時に出ても間に合わない場所で、今まで参加できていません
応募すると、メールで随時プロジェクトの募集がきます。興味のある案件がよく来るので、いつかは参加したいです!!

いかがでしたでしょうか?
実務補習に比べ、ベールに包まれた「実務従事」、皆様の参考になれば幸いです。
これは私個人の意見ですが、1回は実務補習を受講したほうがよいと思います。
プロコンの先生に直接指導をいただけることと、診断の流れを一通り経験することができるからです。
実務補習の担当教官ともつながりができます。

たきもでした。



みなさん、こんにちは!

碧です。

輪番制の道場ブログですが、今日はひょこっと私がお邪魔します。よろしくお付き合い下さい

今朝は冷たい雨の地域も多いのではないでしょうか?

rain_ame

一気に寒くなりましたので、風邪をひかない様にご自愛下さいませ。

と、こんなに寒くなったにもかかわらず、かき氷が好きな私の昨日のお昼ご飯はかき氷でした。(午後のミーティング場所がお店からそこそこ近かったので。)

店員さんがカイロをサービスでくれたので、めちゃめちゃありがたかったです

ちょっとした気遣いで、またそのお店に行こうと思ってしまいます。→ロイヤルカスタマー化しそうですね


さて、今日も2017年度絶対一発スト合格を目指すあなたに向けて書きます。(一発スト合格を目指さない方にはなじまない内容もあります。ご了承下さい。)

さて、冒頭のタイトルにある、この〇の部分、何が入ると思いますか?

「スト合格を狙う方には圧倒的に〇〇が足りない!」

ojisan3_question

 

私は「時間」だと考えています。

2年前の秋、「簿記も全く知らない、診断士試験に必要な知識はない。何年も専業主婦をしてきて、本すら読んでなかった。でも、こんな状態でも絶対一発スト合格してやる!!!」と決めて勉強をスタートしました。

がむしゃらに勉強するだけでは無理だと考え、どうすれば一発スト合格出来るのかを常に考えていたときに気づいたことの一つが、今日のタイトルです。

もっと詳しく言うと、再チャレンジ受験生と比べて「時間」が足りないと考えているのです。

みなさんもご存じの通り、診断士試験に合格するには3つの試験をパスしなくてはいけません。(大学校に行く場合を除いて)

・1次試験

・2次筆記試験

・2次口述試験

ただ、2次口述試験は100%に近い確率で合格します。つまり、きちんと対策さえすれば誰でも合格しますので、一発スト合格を狙うなら、1次試験と2次筆記試験の対策を重点的に行う必要があります。

 

同じ受験生を「受験生のタイプと合格に必要な対策」という観点から3タイプに分けてみます。

・一発スト合格を狙う受験生(7科目+2次対策)

・一次試験を数科目残して再チャレンジする受験生(数科目+2次対策)

・二次試験を再チャレンジする受験生(2次対策)

こうやって見ると、当たり前ですが、一発スト合格を目指す方は、勉強しなくてはいけない量が多い。

そうするとやはり「時間」が足りないという状況がお分かりいただけると思います。

 

じゃあ、どうするのか?

 

私は「じゃあどうするか」「どうすれば目標を達成できるのか」を考えるのが元々大好きで、受験生時代も常に意識して考えて、実行していました。

 

余談ですが、いつも思います。一発スト合格を狙う受験生は試験合格するために必須の「時間」が限られています。大企業に比べて、経営資源が限られている中小企業と似ているなと。

受験生にとっての「資源」のひとつは「時間」です。

では、限られた資源でいかに目標を達成するのか

これはみなさんが診断士試験に合格されて、診断士として活動される上でも、とても重要な考え方だと思います。

 

時間が限られている、でも絶対一発スト合格したい。」

「じゃあ、試験までに残された時間で勉強の濃度を上げれば良いのではないか」

 

当たり前の結論ですが、これを常に意識して勉強をしたのは大きかったと思いますし、実際色んな工夫をして勉強の濃度を上げられたと思います。(ただ単に勉強量を増やすだけではなく、どこにどのくらい力を入れるかももちろん考えましたが。)

みなさんもぜひ勉強の濃度を上げて、一発スト合格を目指しましょう!

(もし、どんな工夫をしていたのか知りたい!という方は、ブログ村のボタンをクリックしていただけませんか?クリック数が増えていたら、「ニーズ」があると考えて、今後ブログの記事を書くときに内容を折り込んで行きたいと思います。)

 

それでは

今日も良い一日を!

碧でした。



天保元年 250年の伝統

f0dc71f9a5c7ef2c7cd509cb2c1f712f_s

おはようございます。こばです。
昨日はアメリカ大統領選挙でしたね。

前回に引き続き、TACTBC大原の3社分の模範解答を比較します。
模範解答は各自確認。

□解答比較□

問題1:B 社のこれまでの製品戦略について、80 字以内で整理せよ。

この第1問は製品戦略。平成24年の問題に似ている。
この事例の中では与件にヒントがあり、比較的回答しやすい問題になりそう。

%e5%95%8f1

予備校の回答が意外とぶれている。
国産大豆・伝統製法のみが3社共通の要素になっている。
この内容は与件分に明確に書かれているので、外したくない。
ターゲット・価格などその他の切り口を混ぜて回答したい。

問題2:11 代目予定者は、自分の代になってからもこれまでの製造スタイルを大切にしな がら成長を追求していくつもりでいる。しかしながら、製品アイテムは見直すことを 考えている。
設問1:B 社の今後の成長に必要な製品戦略について、ターゲット層を明確にしたうえ で、100 字以内で説明せよ。

問題1で過去の製品戦略。
問題2では未来の製品戦略の回答が求められている。問題1と対比しながら、まだ対応できていないニーズを持った人に対して、必要な製品を提供したい。

与件文のヒントとして
○懐かしさを求めて女性やシニア層が連日街を訪れ、日本の伝統に興味の あるアジアからの外国人観光客も多い
○カロリーや減塩など健康に 配慮したメニュー
○食に敏感な女性を中心に、ランチ時には大行列ができる。

ストーリー展開からすると、飲食店には来ても、直営店での商品購入をしていない人たちをターゲットにすると考えられる。

%e5%95%8f%ef%bc%92

3社とも見事にバラバラです。
揃っているのはターゲットの心理的要素である、食に敏感だけである。
TBCのみ外国人に触れているが、自分なら次の設問を見据えて選択しないだろう。

設問1で想定したターゲット層に訴求するための、プロモーションと販売の戦 略を 80 字以内で説明せよ。

設問1との連動問題である。平成27年の問題2に似ている。
ターゲットと連動した回答が必要。

来店人数を向上させるためのプロモーションを記入するかではあるが、書いた方が回答要素が分散するためより無難な内容になる。
町→飲食店→直営店へ流入する仕組みを作り、立ち寄ってくれた人に伝統の製法をアピールし購入に繋げる。
このような展開ができれば売上が上がるだろう。
しかし、飲食店に来る人達がターゲットであると想定できるため、ISPを中心に回答して良いだろう。

%e5%95%8f3

TAC、TBCがISP中心に回答。
大原は逆に外部へのプロモーションとなっている。外部のみのプロモーションで良いのだろうか。

問題3: 3年前に開業した直営店併設の飲食店は、売り上げが好調である。B 社が飲食店を 直接経営することによって、どのようなメリットと効果を得られるか。売り上げが向 上すること以外のメリットと効果について、100 字以内で説明せよ。

昨年の受験時は売上拡大と書けば取り合えず×にはならないと考えておりました。
事例Ⅱのテーマが売上拡大でるため、そこを潰されると非常に書きにくい。
フェイマオでも、苦しい回答になってしまうようです。

%e5%95%8f%ef%bc%94

TACは売上の向上でないなら、利益率向上としている点が非常に強気に感じられます。
3社ともそれぞれズレています。
TBCのように分散しながらうまくまとめることができると、安全な答案になるでしょう。

問題4:昨今の多くの中小しょうゆメーカーでは、インターネット販売を展開している。B 社もまた、新規事業として直接、最終消費者に対するインターネット販売に乗り出し たいと考えている。
設問1:インターネット販売を軌道に乗せるために B 社が採るべきブランド戦略を 50 字 以内で提案せよ。

ブランドに関する問題は直近では平成25年に出題されていますね。
非常に特徴的のある印象的な問題です。

ここでは、まず既存ブランドか新規ブランドを決める必要がありそうです。
文字数も少ないため、両方書くことは無理でしょう。
既存であれば、伝統製法による製品の質の高さを訴求。
新規であれば、既存製品との棲み分けが必要か。

%e5%95%8f%ef%bc%95

既存か新規かを断定する明確な根拠はないと思われる。
どちらか一方だけが正解ではないだろう。

設問2:B 社のインターネット販売を利用する顧客にリピートしてもらうために、インタ ーネット上でどのようなマーケティング・コミュニケーションを展開するべきか。 80 字以内で提案せよ。

MMCではインターネットの機能としては大きく以下の3つと教わります。

1) 情報の発信
2) 情報の収集
3) 情報の共有

この3つの内容を漏れなく盛り込みたい。
しかし、80字であるため2つに絞った回答の方が無難か。

%e5%95%8f6

情報発信だけではコミュニケーションにはならない。
双方向性が重要であるため、
情報発信と情報収集又は情報発信と情報共有の組み合わせになる。

ではまとめ。

・今年の事例は与件文だけであれば、過去の事例Ⅱとほぼ同じ。
・問題内容や文字数の変化により答えにくい問題が増えた。
・予備校の模範解答もバラバラであり、難易度は昨年同様に高いと考えられる。

byこば



こんにちは、noriです。

先日膝を三針縫う怪我をしました場所は東京都内、帰宅先は神奈川県。縫ったばかりで歩けず、どうやって帰ろうと悩んでいる時に、一緒にいた7代目の碧が私鉄の駅員さんに相談してくれました。

この私鉄の駅員の皆様の対応がすごかった。車椅子を各駅で貸し出してくれて、乗換先の別の鉄道会社にも連絡を取っていただき、最終的には乗り換えで利用する他の鉄道会社の駅員さんに引き継ぐまで、ずっと一緒に待っていてくれました。しかも他社(鉄道会社)の事情にまで精通している!

2次試験風に言うのであれば、「高い接客力により信頼が増し、顧客ロイヤリティが向上した」体験でした。すっかりその会社のファンになりました

ただ、私のように前ばかり見ていると転びます

皆さんも足元には気をつけて勉強してくださいね!

 

どれくらい勉強したら合格できるの?

さて、2017年度合格目標の講義が受験校だと始まっている頃ですよね。10月スタートと続いて、11月からの講義もスタートしていると聞きました。

benkyoukai_kunrenkou

皆さんも中小企業診断士試験の平均学習時間は1000時間、と聞かれたことがあるのではないでしょうか。一番初めに私は1000時間…と聞いた時にいまいちピンときませんでした。

合格した人ってどれくらい勉強しているんだろう?

いまだに衝撃的に覚えているのはある先生の学習ペースの体験談。就業後に図書館に行って数時間勉強して、その後会社に戻って2時、3時まで働いてを毎日繰り返していた…と。非体育会系を突き進んでいた私には衝撃でした。

…そんなに体力ないし…ちょっと無理かも。。。

とは言え、全員がそうじゃないんですよね。

例えば、実務従事でご一緒しているスト合格の49歳の男性と「勉強はじめた頃何してました?」と聞いたら、こんな答えが帰ってきました。

・受験校に通っていた。

・まだこの時期は平日は勉強していなかった。

・講義前に早く行って勉強して、講義後に残って勉強して帰っていた。

・受験校のテストは必ず60点以上はキープしていた。

・受験校で配布された薄い基礎問題集を中心に勉強していた。

この方は2016年度の1次試験で財務で90点近くを取り、ご自身の苦手科目の情報システムでも難しかった年にも関わらず50点台を確保されたとのことでした。目の前のやるべきことを淡々とこなして、確実に勉強ペースを確保されていたご様子が伺えました。

学習初期は人の真似から

中小企業診断士試験の中でも特に2次試験では素直さが大切だといわれます。文章を素直に読み取る能力、自分の弱みと素直に向き合う能力。ただ、素直すぎてもいけません。私は素直に人の言うことを聞いて自分と合わないことをやって思考停止するタイプでした。自分で自分に必要な情報を取捨選択する能力は非常に重要です。

ただ、スタートは人の真似が一番です。

どこへ向かえば良いのか、どんな1年を過ごせば合格できるのか。

イメージを持てることはとても重要です。

 学習方法を参考にするための方法、3つ。

1.合格者に会う

 話を聞くことで自分とのレベル”差”が体感できます。

「もうこんな時期から2次試験のことを考えていたんだ!?」

「そもそも自分は勉強時間が足りないかもしれない!?」

2. 合格体験記を読む

読んでみると自分が考えていたこととの”差”を感じることができます。

例えば、道場 合格体験記

3. 合格者が載っている記事を読む

テーマ別に関心がある記事を読むことで自分との認識の”差”を確認できます。

例えば、中小企業基盤整備機構が運営する中小企業のためのポータルサイトにも受験向けの記事があります。

中小企業基盤整備機構 J-Net21 中小企業診断士の広場 目指せ!中小企業診断士 http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/mezase.html

2次試験でも事例企業の状況を把握するために競合や自社との”差”を確認します。同じように自分と合格者の”差”を確認して比較することが自分の現状を把握して、合格の道を模索するためにも有効です。

勉強を続ける中で楽しいこともあれば、大変なこともあります。

でも勉強をはじめた今の気持ちを覚えていれば大丈夫。

転んでもまた立ち上がれます(私の傷も1日でくっつきました)

自分を信じて突き進みましょう〜

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!

nori でした。



皆さん、おはようございます。本日を入れて2次筆記試験合格発表まで32日、口述試験まで残り41日となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

先週の道場オフ会にご参加いただいた皆様、ご参加有難うございました。私も2次試験直後は不安と期待の入り混じった状態で過ごしていましたが、あっという間の1年で自分を含めて、周りがどんどん変化していくことをとても楽しんでいます。

本日は今年の事例Ⅰを、簡単に振り返ってい見たいと思います。
こちらに事例を簡単にまとめましたので、よろしければお使いください。

第1問
問題のレイヤーとしては、内外環境分析です。主にA社の今までの経緯と市場環境から、分析を中心とした記述が求められます。

設問1
与件中には、A社の競争優位の源泉として「ヒト」「教育」というキーワードが何度も登場しますので、これを中心とした記述の方向性があります。もちろん、次問以降にも、この視点は関わってきます。

設問2
3代目社長はかなりイケイケであるので、うまくいっているように見える事業もありますが、「いろいろ手を出し過ぎて経営資源が分散してしまった」という方向性が、王道の考え方と思われます。

第2問
ここから、現在以降の話になりますので、第1問の分析を踏まえて答えていく必要があります。

設問1
「事業拡大の留意点」を、学校アルバム事業の展開と比較して答えさせているので、問題のレイヤーは戦略です。
比較して一方には書かれているが、他方には書かれていない内容を類推して答えることが求められています。

設問2
「組織」について答えさせていますので、問題のレイヤーはオペレーションであり、コミュニケーション、リーダーシップ、権限委譲、組織構造等の切口から答える可能性があります。
次の第3問で述べている人事面の切口を使うのも悪くありませんが、その際は各設問でどのように切り分けているのか、採点者に分かりやすい解答を書く必要があります(もちろん、意識して重複して解答する戦略なら、それもアリです)。
複数の要素を入れて出題者の意図を外さないようにする必要がありますが、やはり優先度としては「組織面」ですね。

第3問
「人材確保」ですから、問題のレイヤーはオペレーションであり、採用、配置、能力開発、評価・報酬制度等の切口から答える可能性があります。ここでも複数の要素を入れて、出題者の意図を外さないようにする必要があります。

本日はここまで。以上、細川でした。



みなさん、こんにちは碧です。

道場お疲れ様会にお集まりいただいたみなさまありがとうございました。

こうやって実際にお会いできるのはとっても嬉しいですね。

ご参加くださった皆さんの合格を祈っています。

juken_goukakuhappyou_happy


 

今日からは2017年度一発スト合格を目指すあなたに向けて書いていきます。

(一発スト合格を目指さない方にはなじまない内容もありますので、ご了承ください。)

私が通った受験校と同じところに通われている方は、2科目目の財務に突入している頃かと思います。

勉強のペースは掴めてきましたでしょうか。

そして、最初の科目である企業経営理論の答練(テスト)の結果はいかがでしたか?

今日は2017年度一発ストレート合格を目指すあなたに、ちょっと厳しいけどとっても重要な事を書きたいと思います。

 

突然ですが、皆さん、今通われているストレート合格をめざしたクラスの、実際の一発スト合格の確率ってどれくらいだと思いますか?

moshi

50%?30%?・・・・・

 

いえ、全く違います。

私が通ったクラスでの合格者は、たった一人、私だけでした。

20人を超える受講生のうち、たった一人です。

人気講師のクラスだと優に100人を超える受講生の方が勉強されていると思いますが、それでも一発スト合格は数名です。(いても5,6人だと思います。)

 

また、受験校の合格祝賀会に行くと気がつきますが、一発スト合格者は全合格者に対しての割合が少ないんです

個人的な感覚では祝賀会参加者の10数%くらいかと。2割もいないです。

 

私が受験したH27を例にとって、考えてみます。

仮に全合格者に対する一発スト合格の確率を仮に15%として、数字をはじき出すと、

H27年度合格者数944人×0.15=141.6人!

 

1次試験申込者数は18361人なので、1次試験申込者数に対してはたったの0.77%です。

 

そう、一発スト合格を目指すなら、それだけ難しい試験であると言えます。

 

ここで、1科目目の企業経営理論の答練を振り返っていただきたいのですが、平均点で満足だけはしないで欲しいのです。

慣れない試験勉強で、まだペースが掴み切れていない方も多いとは思いますが、正直いって8割位は点数を取って欲しいところです。

もし、8割取れていない方は、勉強のペース、質、量を見直しておく必要があります。

 

受験校だと講師が「間違えた問題はしっかり復習するように」と話がありますが、復習に時間を割くと、次の科目の予習がおろそかになって、一発スト合格を目指すには後手後手の対策となり、合格からは遠のいてしまうのです。

もし、あなたが一発スト合格を目指すなら、まずはクラスで上位数%に入る覚悟をもって、勉強の計画と実行をすることをオススメします。

ちょっと厳しいですが、今ここで一度気を引き締めて、一発スト合格目指しませんか。

 

それでは

今日も良い一日を!

碧でした。



おはようございます。フェイマオです

以前道場ブログでも告知をさせて頂きましたが、去る11月3日(祝)2次試験打ち上げ&慰労会@渋谷を開催させて頂きました。

2次試験が済んだこの時期ですと、これまでがむしゃらに頑張ってこられた方の中にはプライベートの予定を優先させたり、仕事に邁進したり、果ては“診断士試験”という世界から離れて生活したいという方も多いかと思います

が、なんと当日は2次試験の戦いを終えられた受験生の方がなんと7名もご参加頂きました。
ご参加頂きました皆様、本当に×2 ありがとうございました m(__)m

ご参加頂きました方々の中には、春セミや夏セミにお越しいただいた方固定客)の他にも、今回の飲み会で初めてご参加頂いた方新規顧客)もいらっしゃって、道場メンバーとしては本当にうれしい限りでした


 

 

 

 

さて、2次試験が終わったのもつかの間。
既に
2017年合格に向け、各予備校の講義も既に開催されています。

今日は、こうした来年の合格を目指される方向けに私フェイマオなりの“勉強の進め方”について、記事を書かせて頂きます

読者の皆様は、ご自身の状況に応じて参考にしてみてくださいませ m(__)m

【1】 今年から勉強を開始された方

診断士試験を始めて勉強をされる方にとって、試験科目の多さに戸惑う方もいらっしゃる事と思います
しかし、1次試験では“平均で60点を獲得し、かつ1科目でも40点未満が無ければOK”です。
つまり、満点を目指す必要はありませんので“微に入り細を穿つ”ような勉強で丁寧に進めるよりは、『1回で仕上げようとせず、何回か繰り返すうちに覚えればいいや』、的な心のゆとりを持っていただきながら勉強を進めて頂いた方が宜しいかと思います。
また、これからの学習計画を立てる際に、過去問を見て科目毎の自分の理解度を把握し『どの科目を重点的に勉強すればいいか?』といった勉強時間の傾斜配分を大まかに見積もっていただいても宜しいかと思います。

既にご承知おきの通り、1次試験の科目は、①理解して知識を積み上げていく科目 と ②暗記して覚える科目 に大別されます。
①は、『経済学・経済政策』と『財務・会計
②は、それ以外・・・

まだ1次試験までゆとりのあるこの時期であれば、積上げ型の科目である①に注力して勉強して頂いても良いかと思います。
特に診断士試験を勉強されて始めて“簿記”を知った方などは、是非『財務・会計』を勉強の主軸にして頂きたいと思います。

また、『経済学・経済政策』について初めて勉強される方の場合は、「マクロ経済」の方が「ミクロ経済」よりも理解が必要な論点が多い(特にIS・LM曲線~AD・AS分析まで)ため、「マクロ経済」の方を先に取り組まれることをおススメします。

 

【2】1次試験で科目合格をされた方

今年の1次試験で科目合格をされた方は、来年に受験される科目数と科目によって2次試験を見据えた取り組みをするかどうかが変わってくるかと思います。

当時私は、予備校の1.5年コースなるものを受講していましたので、初年度の1次試験で2科目(法務・中小)をパスし、翌年は5科目を受験する事となりました。
私の場合、5科目残っていた事もあり、この時期はとても2次試験を見据えた勉強ができる余力がありませんでした

そこで私の経験を基に、以下のパターンで勉強の進め方をご紹介させて頂きます。

①5科目以上残っている方の場合
⇒ まずは残りの科目を完璧に仕上げておきましょう。今のところ2次試験の事はさておき、3月くらいまでにある程度仕上げておくと、4月以降で少しゆとりを持って2次試験を見据えた勉強(例えば事例Ⅳだけ)も出来るかと思います。

②3~4科目残っている方の場合
⇒ ご自身の勉強の進捗状況に応じて、2次試験対策を始めて頂いても良いかと思います。特に『財務・会計』を既に合格されている方の場合は、事例Ⅳの第1問の経営分析だけでも構いませんので少しずつ2次試験の問題に慣れて頂ければと思います。
また『財務・会計』が残っている方の場合は、『財務・会計』を強化し2次試験での得意科目にできるように勉強を進めて頂ければと思います。財務強化に向けて、来年2月末に開催される“日商簿記”の2級を目指して頂くのも1つの選択肢かと思います。

③2科目以下の方の場合
⇒既に 1次試験対策よりも、2次試験を見据えた勉強に切り替えて頂いているかと思います。
ただ、毎年何かの科目が“荒れる”1次試験 という事もあり、リスクヘッジのため+αで受験科目数を増やす場合には、ご自身の得意な科目以外にも2次試験と関連のある科目(経営・運営・財務)を選択されるのも1つの方法かと思います。そうすることで、2次試験の勉強を進めるながら、2次試験でも使える“1次知識の整理”がされると思います

 

以上、私フェイマオなりのこれからの勉強の進め方をご紹介させて頂きました。
最近めっきり朝晩冷え込むようになりましたので、くれぐれも体調を崩されぬよう受験生の皆様はご自愛くださいませ

では、本日はここまで

To be continued・・・

 



こんにちは、とりです。

早いもので、2次試験が終わって2週間近くが過ぎました。今年2次試験を受験された方は、そろそろ再現答案も出来上がって、それぞれの時間を満喫されているころでしょうか?「試験のことは忘れて」と思って楽しんでいても、どこかで試験結果が気になっている自分がいたりするかもしれません。私自身も昨年を振り返ると、再現答案を完成させた後は細々と家族サービスに勤しんでいましたが、その一方で終わった2次試験のことが心のどこかで気になって離れず、受験校の模範解答を収集したり、受験生同士の試験お疲れ様会、某所の交流会に参加したり、と”適度に”診断士関連の活動をしていました。真剣に勉強して取り組んだ2次試験ですから、終わった後に忘れろというほうが無理なのかもしれません。この時期は試験を離れて、というよりはご自身が好ましく思うことを臆せず取り組むのがよいかと思います。学習習慣を維持するために、他資格の学習をするのもいいですし、望むのであれば今年の2次試験を徹底的に分析するものよいと思います(私はその気になれませんでしたが)。ぜひ、発表までの残り1ヶ月は有意義な時間を過ごしてくださいね。

今年の2次試験分析については、7代目メンバーがそれぞれ記事を書いていますのでそちらに任せることにして、今回は立ち戻ってこれから診断士を目指し始動しようとしている方や、来年の再チャレンジを考えている方に向けた記事を書きたいと思います。


 

7代目のブログ執筆が始まった頃、私がなぜ診断士を志したかどうやってモチベーションを維持してきたか、といった記事を書きましたが、診断士試験に合格して1年近くが過ぎた今でも、「あの時真剣に考えてよかった」と思っています。正直なところ、今の私は順風満帆な診断士ライフを送っている、と胸を張って言える状況ではありません。それでも、独学で一生懸命勉強してきた事実はもちろん、ちゃらんぽらんで行き当たりばったりだったそれまでの人生を改めるべく一念発起したことは、強固な心の支えになっています。

別の記事では診断士を選択した経緯を書きましたが、この内容を振り返ると自分の優柔不断さに辟易としてしまいます。それでも、数ある国家資格の中から中小企業診断士を選んだことは間違っていなかったと今でも思えます。そもそものビジネススキルや決断力のなさがあって満足できるほど資格を活かせていない現状や、同期合格者がどんどん活躍の場を広げていることへの劣等感があるものの、そんなことにも向き合ってスローペースでも前進しようと踏ん張ることができています

これから診断士試験に向けて始動される方、来年の再チャレンジを考えている方、様々な葛藤に悩んでいる方、いろんなケースがあると思いますが、ぜひこの志を確固たるものにしていただきたいと思っています。レベルの差こそあっても、これがあやふやではこの低合格率の試験は乗り切れません。私が連続する3年間の学習で合格したのは恵まれている方で、もっと年数を重ねている方もいれば、事情があって何年も中断した後に再開し見事合格した方もいます。それだけ魅力ある資格と言ってしまえばそれまでで否定もできませんが、魅力的な資格というだけでいくつもの壁を乗り越えることは極めて困難だと思うのです。

「独立診断士になってがっつり稼ぐ」
「診断士資格を取って会社で昇進する」
「会社の上司、先輩、同僚を見返す」
「日本の中小企業を元気にする」

大義名分はなんでもよいですし、多種多様であってしかるべきなのですが、「それが合格するまで学習を継続できる原動力になり得るか?」ということを、しっかり自分自身で検証し、納得できるまで自問自答してみましょう。
時には他資格の情報に触れてみたり、機会が持てるのであれば第一線で活躍する診断士や他の士業に接してみたりするものお勧めです。
私自身は受験生時代に先輩診断士と接する機会を作って、人間性に強い魅力を感じたことも大きな原動力になりましたし、今では「果たしてあの時お会いした先輩のように、自分自身は受験生に見られているのかな?いや、まだまだだな…」なんて思い巡らしたりしています。

すでに受験経験のある方はお分かりだと思いますが、大半の方は1年、それ以上の期間を学習に費やすことになります。当然、大切なことを犠牲にしなければならない場面に多数直面します。困難はいろいろで書き切れませんが、それらを乗り越えるには本当に強い強い志が不可欠です。まだ来年の本試験までは時間があるこの時期、しっかりご自身の意思と向き合ってみるのはいかがでしょうか。

 

%e4%b8%8a%e6%98%87

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
以上、とりでした。

 



たきもです。
598016
10月1日付で中小企業診断士として登録できました。
何とか登録まで終わり、ほっとしております
官報は購入するしかできないと思っていたのですが、ここでインターネット版を見ることができます。
買う場合は、ここから販売所を確認できます。
官報に名前が載るなんて早々ないことですので、田舎の祖父に送ってみたところ、びっくりされました(笑)

今日は、ちょっと気が早いですが実務補習についてご紹介します。
口述試験を突破し二次試験に合格できても、「中小企業診断士」とは名乗れません。
合格後、3年以内に実務補習を15日以上受けるか、
診断実務に15日以上従事することにより、中小企業診断士としての登録を行うことができます。

私の場合は、
・実務従事を10日間
・9月の実務補習5日間コースを受講

で、合計15日間として申請し、登録できました。
このような、組み合わせ技もできます。
今日は、私の「実務補習を受けるまで」のあれこれを語ります。
「実務補習を受けるまで」も、思わぬ山があったのです。
実際の実務補習ってどうなん?という方は、以下先代の記事もご覧ください!
(本当は、私の体験記を書こうと思ったのですが、以下のとおり受けるまでのあれこれで一日分になってしまいました)

★実務補習を15日以上受ける
これが最もベーシックなパターンです。
が、実務補習は実際の企業へ訪問するので、平日が必ず含まれます
つまり、会社を休まなければならないのです
コースは、15日間と5日間があります。

●15日間コース
平成29年2月の日程はこちら
<メリット>
・2月〜3月に受講し、そのまま4月1日登録できる最短コース
→登録されれば、中小企業診断士と正式に名乗って仕事ができる
・班メンバーが基本は変わらないので、熱い絆ができる
7代目メンバーもこの15日コースで登録したメンバーが多いので、より深く語って頂けるでしょう。

<デメリット>
・2月実施分しかない
・2〜3月の平日、土日とくっつけて飛び飛びに休暇をとる必要がある
・2〜3月は会社の仕事もしつつ、実務補習にかなりのエネルギーを捧げる必要がある

私の場合、この「会社を休む」ことがかなりネックでした。
中小企業診断士という制度を知らない人から見ると、
「なんであの人、土日とくっつけて連休何度も取ってるの?」と思う人もいるのも事実です。
2〜3月は業務の繁忙期とも重なり、1か月に7日間も休みを飛び飛びでとるのは、無理でした。
ということで、15日コースは断念

●5日間コース
上記の理由があったので、5日間✕3回を検討しました。
2月の5日間コースは、同じ係の人と休暇日程がぶつかり、またまた断念
7〜9月に3回受講することを検討しました。

<メリット>
平日休みを分散できるので、仕事と調整がつきやすい
・1か月に1社なので、15日間コースに比べれば体力温存?できる

<デメリット>
メンバーが毎回変わる、受講が何回目かもバラバラなので、進め方について互いのコミュニケーションが重要。
(しかし、試験を突破した人たちなので、流れがつかむのにそこまで時間はかかりません
・試験は合格しているが、登録が終わるまでは「中小企業診断士」と名乗れない

で、7〜9月に3回受講することを検討し、4月に上司に相談しました。
上司は理解もあり、すんなりOKを頂けました。
が、その上の部長からこんな言葉が・・・
「3年のうちに受講すればいいんでしょう?
集中してその3か月に有給を使うと、平等性からみてよく思わない人もいるから、ちょっと考えなおしたほうが・・・

なんとなんと・・・
おっしゃるとおり、有給は時期をずらして、メンバーとも調整して取るものですから、
いくら診断士の登録のためといっても・・・と。
幸い上司やチームメンバーの理解があり、部長とも改めて相談、結果7〜9月の受講は許可頂け、
実務補習の申込日解禁日に、速攻申し込んだのでありました。

その後、知人から10日分の実務従事の案件を紹介され、
7・8月はその実務従事案件に集中するため補習はキャンセル。
(キャンセルする時期によりキャンセル料が取られますが、キャンセルもできます)
実務補習は9月だけ受講しました。
有給取得も9月だけですみましたから、職場や仕事との調整もつき、この形で一番よかったと思います。

実際、今回9月に受講した実務補習でも、昨年に合格された方も何人かいらっしゃたので
「3年以内」であればよいのです。
すでに登録し診断士として仕事をしている同期をみると、「早く登録したい」と気も焦りがちです。
しかし、登録がまだでも研究会によっては入会も可能ですし、各都道府県の協会に入会することもできます。
(入会するにあたっては、研究会や各都道府県の協会に確認しましょう)
よって、それぞれの職場や仕事の事情で、無理のない受講スケジュールを組む必要があると思います。

次回は、実務従事についてご紹介します。
たきもでした。



おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

2016年2次試験(論述)が終わり、道場BLOG読者の中にはほっと一息つかれている方も多いと思います。

そして気がつけば、もう2017合格目標の授業が始まっています。また新たな受験生のみなさまが、乗り越え甲斐のある高い壁を超えるべくスタートを切られたのだと思います。ここからGWくらいまでは、新たに志す方が続々と増えてくる時期でもあります。決して簡単な資格試験ではありませんが、一発合格を目指して頑張ってください。


今日は、2017合格目標の方向けに『仕事が忙しくなったので勉強を休んでしまった・・・」時について書きます。

仕事、忙しいですよね。

isogashii_woman
特にここからは年末&年度末。営業職の方もそうでなくても、追ったり追われたり、詰めたり詰められたり、巻いたり投げたりちぎったり(しないか)。忙しいのなんの、という日々を過ごす方も少なくないはず。
私は営業もバックオフィスも何もかも自前でやる個人事業主ですので、家族のこととあわせると体がいくつあっても足らないのがこの時期の実感です。(自分の実力不足ですけどね!)

そんな時は、勉強お休みしちゃうこともありますよね。
風邪ひいたり体調崩しちゃってやむを得ず、なんてこともあります。
予備校なんかはカリキュラムが決まってますから、一度休むとリカバリが相当キツイ・・・。一度作ったリズムって、崩れると戻すのほんとツライ。

・・・と思うでしょ?私も通学している時はそう思ってました。だから、やむを得ない事情で講義に出られない時は、睡眠削ってWebフォロー見てました。
でも大丈夫ですよ、だいたいの予備校のカリキュラムはその辺も考慮して作られてます。(多分)
現役時代から一歩引いた眼でカリキュラムを見てみると、どの内容も必ず複数回触れられるように設計してあることに気付きます。なぜなら、習得には反復学習が欠かせないから。

1回見て習得できちゃう人は、1回目を逃しても2回目に出てきたときにちゃんと捉えられれば大丈夫。
もっと言えば、今もしどうしても時間が取れない人は、次に出てきたときに演習を人より重ねて習得すればカバーできる。

そして極論ですが、中小企業診断士の試験は「全科目の全範囲を理解する」必要はありません。
合格するためには、各科目、だいたい最低40%以上&合計で6割以上とれていればOKなのです。

relax_boy

もし今、あなたが「仕事忙しすぎて勉強しばらく休んじゃったから、もう無理なんじゃないかな」とあきらめかけているならお伝えしたい。
ちょっとくらいなら休んでも大丈夫。体調崩したり、本業が疎かになるのは本末転倒ですよね。今学習を進めることで体調を崩すくらいなら、「次は休まない気合い」を持って、準備が整ったら再開すればちゃんと間に合います。

中小企業診断士試験の学習時間は、1次試験で1000時間が合格ラインの目安といわれています。
今その時間をとれなくても、どこかで取り戻せる。

忙しくて休んでしまった時、戻ってくるための道標となるものが2つあります。

1つは、学習の記録。
「ここまで頑張ったんだから、ムダにしない」と思える。また、始めたばかりなら「まだほんの始めじゃん」と全体を見渡す指標になります。
ツールは、Studyplusおススメです。週に1回、「あなたはこれだけやりました」とメールで配信してくれるので、やった実感がわきます。やってない時にもはっとさせられますし・・・(笑)

2つめは、勉強仲間。
私の診断士合格は、勉強仲間の存在なくしてはありえませんでした。ここで学習をやめたら、自分も忙しいのにわざわざ私が休んだ日の授業で講師が話した重要ポイントを共有してくれた仲間を裏切ることになるなあ・・・とかの思いで、何とか合格までたどり着くことができました。予備校に通学している人は、ぜひ学習仲間を作ってください。独学の方も、道場のイベントやその他学習支援組織の作ってくれる機会をうまく使って、ぜひいい仲間を見つけてください。


 

こんなに休んじゃったし、もう絶対無理・・・と思っているあなたへ。2次試験の対策でも書きましたが、「絶対」なんてないはず。投資した分は回収する意地と、「何のためにこの資格を取得するのか」という目標を思い出してください。

高ければ高い壁の方が、のぼった時気持ちいいと歌った歌もありますよね。
今回は何だか精神論に終始してしまいましたが・・・こんな回もあるということで。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん

 



平成28年度の診断士試験も一休み

70f4d80620c3f84a23b732bfe71887d3_s

おはようございます。こばです。
二次筆記試験が先週終わり、さらに、プロ野球も終了したことで虚無感に襲われている今日この頃。
これからはじまるのはストーブリーグ。チームの補強を進める時期。
まず、第一の補強であるドラフトが終了。
これからFA補強が始まる。FA補強の面白い点は選手の年俸によって、リスクが生じること。
診断士受験においてFA制度はないものの、これからの身の振り方を考える時期はプロ野球と同じ。

身の振り方を考えることも大事であるが、
試験について分析し、あの問題が意図していたことが何だったのかを考えるのも興味深いものである。

ということで、TACTBC大原の3社分の模範解答を比較します。
模範解答は各自確認。

□解答比較□

問題1:業績が好調であった A 社の代目社長の時代に進められた事業展開について、以 下の設問に答えよ。
設問1:当初立ち上げた一般印刷事業などの事業展開によって A 社は成長を遂げること ができた。その要因として、どのようなことが考えられるか。

この第1問の時制は過去であり、与件分にヒントが明示されているため、回答しやすい。
1970 年代半ばに3代目社長が、から始まる段落をまとめれば良さそうである。

ここは事例のテーマでもある強みが関連してくる。
シンプルに成長した要因は、強みを生かすことができたからと考えられる。

%e5%95%8f1

類推する必要もないため、3社ともほぼ同じ回答になっている。

設問2:1990 年代後半になっても売上の大半を学校アルバム事業が占めており、A 社の 代目社長が推し進めた新規事業が大きな成果を上げてきたとはいえない状況であ った。その要因として、どのようなことが考えられるか。

設問2は失敗した要因である。
失敗する要因は、強みを生かすことができなかったからと考えるのがシンプルである。
設問1でまとめた強みを生かすことができなかった。
また、さらに、2008 年のリーマンショック、
から始まる段落で経営改革で着手したことが書かれている。
経営資源を集中さえたとあるので、裏返しで、1990年代後半では経営資源が分散していたと考えられる。

%e5%95%8f%ef%bc%92

3社でTBCが多くの切り口で回答しているが、全てを盛り込む必要はないと思われる。
ここでは、1.無関連な多角化⇒2.シナジー効果が発揮できない、3.経営資源の分散⇒強みを生かすことができなかった。
この3つの論点は盛り込みたい。

問2:A 社の現社長5代目の経営改革に関連して、以下の設問に答えよ。
設問3: A 社が、新規のアルバム事業を拡大していく際に留意すべき点について、これ までの学校アルバム事業の展開との違いを考慮しながら、中小企業診断士として、 どのような助言をするか。

既存のアルバム事業との違いと新規事業の拡大に対する留意点が問われている。
私の場合は
違いは○○である。
新規事業を拡大するためには、販路を拡大する必要がある。その際の留意点は①組織面で○○②人事面で○○である。とまとめる。

%e5%95%8f%ef%bc%92

既存の事業との違いを明確にしているのは、TACのみである。
その他の2社に関しては留意点を中心に回答をしている。
考慮しながらをどう捉えるかではあるが、考慮したかどうかを明確化するためには、記述するしかない。

さらに、戦略に対して組織と人事を対応させる必要があるため、その留意点を記述する。
留意点と改善点の違いが何かは不明。
27年度の設問5でも留意点が問われていたが、私は改善点をそれとなく書いている。

設問4: A 社では、これまで、学校アルバム事業を中核に据えた機能別組織体制を採用 していたが、複数の事業間で全社的に人材の流動性を確保する組織に改変した理由 を、100 字以内で述べよ。

組織は戦略に従う。
戦略の変化があったことに起因して、組織を改変したと考えられる。
戦略の変化として既存の学校アルバム事業と新規のアルバム事業の違いは設問3で検討している。
営業力強化の体制作りに取り組んだ。と記載されている。
また、生産現場から営業に配置転換も行っている。
このことから、営業力の強化のために営業に配置転換したが、生産現場の人員が不足することを懸念しているのではないかと考えられる。横断的な組織にすることで、生産現場への応援体制を柔軟に行えると考えられる。

%e5%95%8f%ef%bc%94

私の考え方と近いのはTACのようですね。
この問題では3社ともばらけています。どれが正解ということはありません。あくまで、予備校の模範解答です。
組織は戦略に従うという切り口で回答すればいいのではないか。

設問5:業績低迷が続く A 社が有能な人材を確保していくためには、どういった人事施策 を導入することが有効であると考えられるか。中小企業診断士として、100 字以内で 助言せよ。

経営変革が求められているため、既存の人事戦略から変革をしなければならないのではないかと思われる。
新卒社員や女性社員の採用を 積極的に進め、と最初に記載されているので、それ以外の人事戦略を助言する必要があるだろう。

逆の切り口となると
新卒⇒中途
女性⇒男性?
育成⇒即戦力
男性の社員の強化と助言するのは考えにくいため、即戦力の中途採用を強化しましょうとなるのかと思われる。

%e5%95%8f%ef%bc%95

この設問も3社ばらけている。比較的、TACが私の考えと近いが、再雇用や現地採用は私の中ではない視点であった。
この問題は知識を並べればいいダメでA社に対する助言になっているかが求められる。
一般的な知識だけでなく、A社、社長の想いに寄り添っているかが重要となる。

ではまとめ。

・これからプロ野球はストーブリーグ。身の振り方を考える時期。
・設問1,2は比較的、回答しやすい。ABランク。
・設問4,5は予備校も答えが割れるDEランク。

byこば


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2016年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

体験記のご応募ありがとうございました!

多くの方からお寄せ頂きましたので、体験記の募集を終了いたします。

道場について

↓ 今、何位? ↓





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

FX比較

サルでもわかるFX