» 2016 » 10月のブログ記事


こんにちは、noriです。

2次試験を受験された皆様、お疲れ様でした

再現答案を作り、フィードバックを各所に依頼して、受験校の模範解答を集めたら、まずは一旦心も体もリセットしちゃいましょう

 

さて、今回はこの1年を振り返って11月にこんなことをしておけば良かったというご紹介です。あくまでも私の場合。

 

11月

実は1年前の私は3代目ひめこの投稿に出てくる泣いている受験生でした。試験に関しては、やりきったから、これでダメだったらもういいかなと思っていました。こんな自信のない受験生でした。

12月

筆記試験、合格発表。口述模擬試験を1週間の間で6回受けました。そんなに受ける必要はなかったのですが、その後の飲み会に参加することで、合格後の情報収集や同期との繋がりができました。またこういった利害関係のない繋がりから、プロジェクトにお誘いいただけることもありました。

合格体験記を道場などに寄稿。

1月

中小企業診断士・受験生交流会の新年会に参加。

合格者の頭の中にあった全知識全ノウハウ」執筆プロジェクトのキックオフに参加。

中小企業政策研究会の説明会に参加。

一発合格道場の7代目キックオフに参加。

2月〜3月

15日間の実務補習に参加。

4月

東京都診断士協会神奈川県診断協会の新人歓迎会に参加。

※これ以外にも千葉協会や埼玉協会の歓迎会に参加している友人もいました。

取材の学校」の受講を開始。

5月

初取材。

情報商材の販売支援の実務従事に参加(5月〜6月)。

座談会の執筆に参加。

小売業の実務従事に参加(5月〜9月)

 

7月

取材

診断協会経由の診断案件に従事(7月〜8月)

神奈川県診断協会の会報委員会に参加。

研究会でプレゼン。

8月

輸入雑貨業の実務従事案件に参加(8月〜9月)

9月

座談会の執筆に参加。

診断協会の同期会でプレゼン。

実務従事案件に参加(9月〜)。

先輩診断士のお手伝いを開始(9月〜)。

理論政策更新研修に参加。

10月

研究会ブログ用の取材。

協会会報の執筆。

 

好奇心を抑えられない私はこれ以外にも誘われるがままに、各種研究会やイベントに参加していました。

 

…この1年を振り返ると、

 


体力がもっとあれば良かった。

 

と思います。

 

冬はこたつにみかんでお茶を飲んでいるのが好きな超インドア派の私は平日企業で勤務して、就業後及び土日を診断士関連の活動にあてるのは体力的になかなかハードでした。2度ほど体調を崩しましたすごく面白かった分、体力があればもっと精力的に動けたかなと、体力がない自分はもったいなかったなーと思いました。(ちなみに握力20しかないので、皆さんは私よりパワフルなはず)昨年の11月から体力づくりに励んでも良かったかなーとも思います。

 

また、

 

もっと勉強しておけば良かった。

 

とも思いました。

 

バリバリご活躍されている方にお会いする機会が増え、刺激を受けるとともに自分の勉強不足を痛感しました。診断士試験合格はゴールではない。ましてやスタートですらない。という道場初代の言葉を実感しています。去年の11月はひたすら自分の好きなことばかりやっていたのですが、興味関心のある分野の勉強をこの機会に深めても良かったのかなと思います。受験生の頃よりもっと勉強しなきゃという気持ちが強くなっています。

診断士は「未来をつくる仕事」だとも言われますが、1年を振りかえると未来を考える前向きな人たちと一緒にいる時間は、自分の背中を押してくれました。

7代目の他のメンバーは、独立診断士だったり、会社経営だったり、協会活動をバリバリやっていたり、マスターコースに参加していたり、得意のWEBデザインを活かした企業支援に従事していたり、セミナー講師をしていたり、と多方面で活躍しています。きっと私とはまた違う一年を過ごしていたと思います。

でも一年が過ぎてきっと全員が感じていることは一つ。

診断士になって良かったということ。

そんな道場7代目や初代を含む先代にも会える11月3日の【事例Ⅴ】道場オフ会! 2016 2次試験打ち上げ&慰労会♪ はっきり言ってただの飲み会です(笑)本日15時、締め切り!診断士になってどうしているの?勉強でここが困っているんだけど、どうしたら良い?不安で落ちつかない!とりあえず楽しく飲みたい!などなど皆さんの思いのままにご活用ください。この日の同志との出会いから将来何かが生まれるかもしれません。メンバー一同、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

ではでは、皆さまも合格後の忙しさに備えておいてくださいね。

その日は必ず来ます。

noriでした。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

【事例Ⅴ】道場オフ会! 2016 2次試験打ち上げ&慰労会
<開催概要>
日時;2016年11月3日(祝) 17:00~
場所:漁十八番
東京都渋谷区道玄坂2-6-12 道玄坂トロワービル 2F
※渋谷駅徒歩3分
定員:20名程度
会費:4,000円程度
支払方法:当日現金払い
申し込み方法:peatixにて申込み
http://ptix.co/2exjnNt
【申し込み締め切り】本日10/31 15時まで! ※締め切り延長
2次試験を受験されただけでなく、これから診断士試験を目指される方も大歓迎です!
道場メンバーが心よりお待ちしております♪




皆さん、おはようございます。本日を入れて2次筆記試験合格発表まで42日、口述試験まで残り50日となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

え、まだやるの?と思われたあなた。そう、しつこい男は必ずしも嫌われないとあの人も言っていますので、引き続きカウントダウンさせていただきます。

2次試験を受けられた皆様、お疲れ様でした。今年の問題は、ざっと問題に目を通した感じでは、それほど奇天烈な出題は無かったようですので、いつも通りの対応ができていれば良い結果が期待できそうですね。後々、問題についても分析していきたいと思います。

さて本日は、合格発表までの6週間の過ごし方について、私の経験を踏まえてゆる~くお話しさせていただきます。

1.再現答案の作成

再現答案はもう作成されましたか?まだ作成されていない方は、結果にかかわらず今後の為にも役立ちますので、なるべく早く作ってくださいねこちらに再現答案作成用のフォーマットも置いておきますので、よろしければお使いください。

再現答案を作成したら、予備校や先生等、受験勉強でお世話になった方が問題分析をする際の参考資料として使ってもらえるよう、お礼も兼ねて再現答案をお送りするのも良いでしょう。

あとは、合格発表まで心の行くままお過ごしください。

また、再現答案の作成は最低限やるべきことですが、時間があれば以下の内容も参考にしてくださいね。

2.模範解答の収集

これも今後の為ですが、合格してから慌ててかき集めるのは精神衛生上よろしくないので、内容を読まなくてもよいのでとりあえず集めて保管おきましょう。
参考までに、各予備校のものをリンクしておきます。

TAC
LEC
MMC
大原
TBC
AAS

3.解答解説会等への出席

上記のリンクにも含まれていますが、各予備校が行っている解答解説会等にも、参加しておいた方がよいと思います。
できれば再現答案を作成してから参加すると、より有意義な内容になります。
もちろん、自分の解答の内容が予備校や他の受験生の方向性とずれていないかを確認するのが主な目的ですが、それ以外にも、お世話になった先生にお礼をする、そして受験生同士の交流の下地を作っておくという目的もあります。
合格後、ここで出会った受験生とはいつかどこかで必ず再会します。その際に互いの顔や名前を知っていたり、共通の話題を持っておくだけでも、円滑な診断士活動に必須となる人脈作りがしやすくなります。
もう結果を変えることはできないのに、わざわざ足を運んでくるほどモチベーションの高い人との繋がりは、将来あなたの活躍の手助けとなるかもしれません。

4.交流会への参加

人脈を広げるという意味では、一発合格道場のオフ会も参加の程、宜しくお願いします!
同じ志を持った者同士、情報交換しましょう!


【事例Ⅴ】道場オフ会! 2016 2次試験打ち上げ&慰労会
<開催概要>
日時;2016年11月3日(祝) 17:00~
場所:漁十八番
東京都渋谷区道玄坂2-6-12 道玄坂トロワービル 2F
※渋谷駅徒歩3分
定員:20名程度
会費:4,000円程度
支払方法:当日現金払い
申し込み方法:peatixにて申込み
http://ptix.co/2exjnNt
【申し込み締め切り】10/30 23:00 ※定員になり次第終了
2次試験を受験されただけでなく、これから診断士試験を目指される方も大歓迎です!
道場メンバーが心よりお待ちしております♪
ぜひぜひ、お気軽にご参加ください!楽しい仲間が待っていますよ!


ご都合が悪い方は、こちらでも11月27日(日曜日)午後からオフ会やってます(詳細は後日。細川も参加します)。

5.診断士活動についての情報収集

合格発表後は怒涛のようにスケジュールが詰まって、目の前のことをこなすのに必死になります。そうなる前の現在は、将来についてじっくり考えられる良い機会です。この時間を有効に活用して、診断士になった場合の活動について情報収集してみましょう。

そこで細川の執筆第3弾月刊企業診断11月号に、私が取材・執筆した記事が掲載されました!
http://www.doyukan.co.jp/store/item_2016111.html
取材対象者は、我らが道場6代目、岡崎教行さんです。
私の記事も含めて、診断士活動の情報収集の手段として活用していただけると幸いです。

本日はここまで。以上、細川でした。



【事例Ⅴ】道場オフ会! 2016 2次試験打ち上げ&慰労会
<開催概要>
日時;2016年11月3日(祝) 17:00~
場所:漁十八番
東京都渋谷区道玄坂2-6-12 道玄坂トロワービル 2F
※渋谷駅徒歩3分
定員:20名程度
会費:4320円(当日現金払い)
申し込み方法:peatixにて申込み
http://ptix.co/2exjnNt
【申し込み締め切り】10/30 23:00 ※定員になり次第終了

2次試験を受験されただけでなく、これから診断士試験を目指される方も大歓迎です!
道場メンバーが心よりお待ちしております♪


 

みなさん、こんにちは!

碧です。

2次試験を終えて最初の週末が目の前に来ていますがいかがお過ごしでしょうか?

 

去年の今頃の私は各受験校の模範解答と、自分の再現答案と照らし合わせては一喜一憂していました

ご存じの方も多いかとは思いますが、受験校の模範解答はプロの講師が複数人で何時間も掛けて作り上げます。

受験生は80分という時間制限がある中で答案を作るので、随分条件が違いますね。

cunning_cheating

今の時期の受験生のみなさんは、自分がどれくらい点数が取れたのか、と同時に、他の受験生はどれくらいできたのかが気になる頃ではないでしょうか。

どのくらい点数が取れたかの参考にするなら、昨日のフェイマオの記事や細川泰志のオイラ式で関連の記事がupされると思いますので、そちらを読んで頂くと良いと思います。

私は他の受験生がどれくらい出来たのかの参考になればと思い、受験生のみなさんと同じ立場で、設問分析にチャレンジしてみたいと思います。

与件の最初の1文と設問文のみを読んで10分間でどう設問分析するかという視点で書いていきます。

事例から離れて早1年、2次対策のコツや勘を忘れていそうですが・・・

あくまでもチャレンジするということで、「これが正解だ!」という気は全くありません。

私が受験生だったらという視点でお読み頂ければと思います。


 

【もし私が受験生だったら「私の事例」設問分析】

ルール

・与件の最初の1文と設問文のみ読む(与件は一切読んでません)

・10分間で分析したもののみ書く

 

与件1行目

大正時代、現社長の祖父創業→同族経営か?

与件2行目

老舗→古い体質がネック?、伝統あり(強みあり?)、長いつきあいの顧客がいるかも

印刷業者→プリンター・スマホの登場で経営やばいかも!?

 

第1問

リード文

好調→売上げ高い、社内のモチベーションが高いかも、上手く組織が回ってるかも

3代目社長→事例Ⅰにありがちな「先見の明」がある社長か!?同族?外部から登用?

進められた事業展開→与件チェック、事業がいくつあるかチェック、各事業の力のいれ具合をチェック

(設問1)

一般印刷事業→なんのことか与件チェック

などの→他にもありそう

成長を遂げる→全社では売上拡大している。(すべての事業が上がっているorどれかの事業が下がっていてもそれ以上に伸びている事業があるorどれかの事業が横ばいで他に伸びている事業がある)他社に対する強みがあるのかも。機会(チャンス)を掴んだのかも。何かしらやったこと(対社内or対社外)が良かったのかも。

要因→与件チェック

(設問2)

1990年後半→バブルはとっくにはじけた後。家庭にもパソコンが入り始める頃かな。

売上の大半を学校アルバムが占めている→一つの事業が売上の大半を支えているのはマズイ。学校アルバムということは少子化の影響を受けそう。

新規事業→何をやったのか与件チェック

大きな成果を上げたとはいえない→売上げがイマイチなのかな。競争が激しい事業?他社の後追い?外部環境の変化?ノウハウがないことをやった?社内に余力(人、モノ、金)がなかった?そもそも社員にやる気がなかった?社員が事業の重要性を理解してなかった?3代目社長だけが張り切ってやった?新規事業を引っ張っていく人材がいなかった?

要因→与件チェック

第2問

現社長5代目→創業者は祖父なので、直系だけで経営者を継いでいるわけではない。

経営改革→改革なので、何か大きいことをやろうとしている。改革しなきゃ行けないということは売上が落ちている可能性がありそう。

(設問1)

新規のアルバム事業→古くからのアルバム事業があるのかも

拡大→売上げを上げていくかな?事業所を増やすかな?

留意点→気をつけること(〇〇しないと△△になっちゃうよパターンか?)

学校アルバム事業の展開との違い→与件チェック

(設問2)

複数の事業間で全社的に人材の流動性を確保する組織→プロジェクト制?マトリックス組織?の良いところを挙げる

改変した理由→改革の目的の為に組織を改変したっぽい

第3問

業績低迷が続く→経営的にマズイ。続くって更にマズイ。

有能な人材→どういう観点で有能なのかな?どういうことが目的?

確保→有能な人材が応募してくれないと話にならないな・・・

人事施策→配置、評価、報酬あたりかな?もし同族でずっと経営していたのなら、有能な人からしたら、結果を出したら役員くらいは成れる希望がほしいかも。

有効であると考えられるか→与件にははっきり書かれてなさそう。

以上です。

 

 

後で、読み返したら、きっと色んなことの「抜け」や「モレ」がありそうですが・・・

とりあえずこんなことを思い浮かべてみました。

受験生の中に同じように考える人もいるかもしれないということで、ご参考程度にどうぞ。

実際はこの後に与件を読んでみないとなんとも言えないので、これを真に受けて一喜一憂だけはしないで下さいね。

ではでは

今日もいい1日を!

碧でした。



おはようございます。フェイマオです

2次試験を受けられた皆様、本当にお疲れ様でした
診断士を目指し、これまで仕事後の疲れた身体に鞭を打って、やりたい事も我慢して勉強を続けられた皆様がやっと一息つける時期になりましたね。
“再現答案”を作って頂くまでが2次試験ですので、それを終えてから羽を伸ばしてくださいね

さて、先日SNSで2次試験を受けられた受験生の方に、『どの事例が解きにくかったか?』とお訊ねした際に、事例Ⅱにという声がございました(3名中3名でしたが

そこで、私フェイマオも知り合いの受験生の方から問題を拝借して、事例Ⅱを久しぶりに解かせて頂きました。

そこで本日の記事は、昨年もブログで書いた『俺の事例』シリーズ(?)、第1弾として事例Ⅱを私フェイマオなりの解釈を書かせて頂きますので、ご容赦下さい m(_ _”m)ペコリ

 

今年の事例Ⅱは、しょうゆの製造メーカーでしたね。メーカーは平成25年度以来の登場でしょうか。表やグラフが出されるなど、ここ数年の傾向も踏襲されてますね(笑)

では、早速見ていきましょう

 

第1問

第1問では、B社のこれまでの製品戦略が問われていました。近年では平成24年度製品戦略が問われていましたので、こちらも4年ぶりになりますかね
この問題では、

【1】 “これまでの”と、過去~現在までの時制に気をつける
【2】製品戦略を、ターゲット+品揃え でまとめる

という点に気をつけて解答をまとめたいところです。

私ならば、以下のような形でまとめるかと思います。

国産丸大豆を原材料とする伝統的手法で作られたしょうゆ
② Z社を通じた小売店等への最終消費者向け製品をメイン
鶏料理専門店等への業務用製品

と、いったようにB社のこれまでの製品戦略(品揃え)について、まとめて頂ければと問題ないかとおもいます。

 

第2問
(設問1) 

第2問の設問1では、第1問とは逆に、これからの製品戦略を求められてます。
この問題では、

【1】 “今後の成長”と将来の時制に気をつける
【2】 ターゲットを明確にする

点に気をつけて頂きたいと思います。

この問題では、掲載されているグラフや表も根拠に使えるかと思いますので、

(国内消費量が減っているため)日本の伝統に興味のある外国人→ 伝統的手法による天然醸造のしょうゆ
カロリーを気にする健康志向の消費者層→減塩しょうゆ等のしょうゆ加工品
食に敏感な女性層→だししょうゆ や 鍋つゆ 等のしょうゆ関連製品

あたりで上手くまとめて頂ければ宜しいのではないかと思います。

(設問2)

設問2では、設問1でターゲットに訴求するプロモーション戦略になります。
あえて、「プロモーション」と「販売」に分けて書いているところがいやらしいですね(笑)

上記で記載した①~③の順番に考えると、

店舗で英語で商品説明を記載したPOPの掲示や観光情報誌への掲載プロモーション
店頭での健康に配慮した成分の商品説明や提案販売販売
だししょうゆ等のしょうゆ関連製品をつかったレシピの紹介プロモーション

あたりでしょうか。。。きれいな回答ではありませんが、まぁ妥当な点数は貰いたいです・・・ (;´Д`A “`

 

第3問

第3問は、直営店併設の飲食店の売上向上以外の“メリット”と“効果”を求められています。
これ、ちょっと悩みますね(笑)

メリット→効果としては、

飲食店で顧客の声を拾える事顧客ニーズを反映した商品開発の強化
自社の製品を利用できる事B社知名度の向上
地元食材等好きな食材を用いる事ができる事地元農家との関係性強化

あたりでしょうか。ちょっと苦しくなってきました・・・ (´;ω;`)

 

第4問
(設問1)

ブランド戦略きたーっ  Σ(゚д´;ノ)ノ
“ブランド戦略”を直接問われたのは、平成13年以来でしょうか
これもちょっと・・・、いやだいぶ悩みますね(笑)

ブランド戦略は皆さまご存知の通り、以下のような4つの戦略があります。
%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e6%88%a6%e7%95%a5

インターネットで注文してくれる顧客(最終消費者)“新規市場”となる事はわかります。
問題なのは、事例文中にある、『Z社の懸念』を入れるか入れないかによって、解答の方向性が変わるかと思います。

Z社の懸念を入れない場合B社ブランドを使用し、知名度を活かしたブランド拡張戦略
Z社の懸念を入れた場合  → インターネット用に新しいブランドを作る新ブランド戦略

恐らく、回答として望ましいのは②のような気もしますが、①を使う場合には、回答に『Z社の了承を得て/了解を取り付けて』 なんて文言を入れてぼかす・・・という苦肉の策もあるかと思います。
※本当に苦肉の策でごめんなさい m(__)m

(設問2)

設問2では、インターネットを利用した“マーケティング・コミュニケーション”を回答する事が求められています。

さて、インターネットの機能としては大きく以下の3つ(と、私は考えてます)

1) 情報の発信
2) 情報の収集
3) 情報の共有

そしてあとはこれを使って、

メルマガを用いたB社の新商品や、おすすめレシピの配信
問合せフォームを用いた顧客からのご意見への個別対応
SNSを用いた顧客のおススメレシピによる顧客間コミュニケーションの促進

をする事で、顧客関係性を強化する・・・というあたりでまとめられるでしょうか。

 

以上、ここまで『俺の事例』として、私フェイマオの拙い回答を書かせて頂きました。

これは、あくまでも私フェイマオなりの考えであって正解ではございませんのでその点ご承知おき下さい

診断士の2次試験は、回答した根拠が事例文に紐づくものであり、かつ妥当性な回答であれば正直それなりの点数は入るのではないかと(個人的には)思いますので、皆さんが回答した内容が私の内容と異なっていても、上記条件が満たされているのであれば十分合格点が取れる答案になっているかと思います。

逆に私フェイマオの回答をみて、『なんだ、こんな回答を書くなんて大したことないなぁ』と思って頂き、自信を持っていただければと思います

次の『俺の事例』シリーズは、あるのかないのか分かりませんが、第1弾を書かせて頂きました(笑)

では、本日はここまで

To be continued・・・


【事例Ⅴ】道場オフ会! 2016 2次試験打ち上げ&慰労会
<開催概要>
日時;2016年11月3日(祝) 17:00~
場所:漁十八番
東京都渋谷区道玄坂2-6-12 道玄坂トロワービル 2F
※渋谷駅徒歩3分
定員:20名程度
支払方法:当日現金払い
申し込み方法:peatixにて申込み
http://ptix.co/2exjnNt
【申し込み締め切り】10/30 23:00 ※定員になり次第終了

2次試験を受験されただけでなく、これから診断士試験を目指される方も大歓迎です!
道場メンバーが心よりお待ちしております♪



こんにちは、とりです。

2次試験を受験されたみなさま、

ほんとうに、本当にお疲れ様でした!!

%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%84%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%ba

また、OPEN DAYにはたくさんの熱いコメントをお寄せいただき、ありがとうございました。

 

今年は昨年ほどのサプライズはなかったものの、手応えはいかがでしたか?正解が公表されない試験ですので、これから受験校の模範解答が出回ると、手応えなく悔しい気持ちが増幅してしまう方も多いと思いますが、くよくよしても始まりません。一旦試験勉強から離れ、12月9日の合格発表までは、これまで犠牲にしてきたこと、家族サービス、デート、旅行、飲み会、趣味、お仕事などなど、思う存分満喫してくださいね。

急に話は変わりますが、私の診断士活動を少しだけご紹介。
最近、とある自治体の事業に参画し、「シニア活躍の場の拡大」を推進するアドバイザーとして活動をさせていただいています。実際に企業を訪問し、シニア(高年齢者)の労務環境についてヒアリングを実施、適宜アドバイスをしたりしています。訪問する先は中小企業に限らないのですが、少子高齢化、人材不足が進行するなか、法定以上の取り組みをする企業はまだそれほど多くはないようです。この活動自体は企業診断には程遠いものですが、人事労務については全くの専門外でありながら人事総務系の方々とお話できる貴重な機会となっています。診断士や社労士の領域ですが、診断士でなかったら経験できない、知ることもないかもしれない活動でした。まだまだ私のアドバイスも陳腐なものですが、しっかり知識やノウハウを吸収しつつ、シニア活躍の場を拡大して社会貢献につなげていきたいと思っています。


さて、今年2次試験を受験されたみなさまは、再現答案の作成はお済みですか?

本試験終了したその日に作成された強者もいらっしゃるかと思います。私は昨年、本試験終了後は肉体的な疲労そのものと、手応えがなさすぎた精神的な疲労ですぐに電車に乗る気力すらなく、駅前のカフェでコーヒーを啜りながらぐったりしていましたが、同じカフェで数名、再現答案を作成している方がいらっしゃいました。「あ~、すげぇな~」と思いながら、とても真似することはできませんでした。

でも、翌日から仕事の隙間時間を使いながら作成し、翌々日の深夜には完成して参加していた勉強会にアップすることができました。再現率は事例によりバラツキがあったものの、解答プロセスの中でメモをしっかり残していたので、それほど時間を掛けずに完成することができました。

ところで再現答案作成、いいか悪いかで言ったら、言うまでもなく作成するほうがいいです。できることなら今週中に”作成することをオススメします。理由は単純で、人の記憶が薄れるのは思っている以上に早いからです。遅くなればなるほど、再現率は低下していきます。体力的にも精神的にもキツイ作業になりますが、あとちょっとだけ頑張っていただきたいところです。

もちろん、キツイ作業を勧めるには理由があります。

まず、12月9日に晴れて合格!となった場合。すぐ12月18日には口述試験があります。口述試験は、2次筆記試験の事例企業について面接形式で質疑を行うものですが、筆記試験の与件文や設問文をしっかり把握していないと太刀打ちできません。再現答案を作っておくことで、本試験でどのように考えてどう解答したか、効率的に振り返ることができます。また、口述試験では筆記試験とは違った切り口で質問がされます。そのために模擬面接を受けたりしてレベル感などを掴んでおくのですが、やはり各事例企業のテーマやストーリーの把握やSWOT分析、課題分析がキーとなります。再現答案を作成する中で、そのあたりの準備も意識的に行っておくことで、口述試験もスムーズに乗り切ることができます。

次に、残念ながら望まない結果となってしまった場合。来年も2次試験を受験する意思のある方は、ご自身の解答やプロセスを再分析し、来年の合格に向けてブラッシュアップする必要があります。目的は異なりますが、敗因分析を行うために再現答案作成は必須と言えるでしょう。

そして、今年が最後の受験と決めている場合、合格すれば口述試験対策で再現答案が必要ですが、残念な結果となったら、、、
考えたくないですよね??私自身、筆記試験終了直後は全く合格できる気がしませんでしたが、結果合格できていて、慌てて口述対策をしたクチです。直後に受けた模擬面接は、合格発表までのモラトリアムに浸っていたせいで、緊張はするし事例を思い出せないしでボロボロでしたが、再現答案があったおかげで早期に感覚を取り戻し、何とかもう1回模擬面接を経て口述試験を乗り切ることができました。
いろいろと目的や意義を書きましたが、つまるところ再現答案作成するまでが2次試験だ、と決めていたのでやりきった、というのが正直なところです。うまく言えませんが、”潔く”今年が最後、と決めたのなら、”潔く”合格することだけを考えましょう!!再現答案、耳が痛いかもしれませんが、作っておいて損はありません、きっとどこかで役に立つと信じましょう。

あと、こんなところで再現答案を集めています(Facebookアカウントが必要です)。現在40(昨年以前の合格者も含む)の方がエントリーし、受験生は再現答案をアップし、参加メンバー間で簡単なコメントをやりとりしています。参加メンバーには解答が晒されてしまいますが、その点問題なければ、他の受験生の解答を垣間見る貴重な機会になるかと思います。せっかくの機会ですのでエントリーして、再現答案をアップしてみてはいかがですか?

 

再現答案を完成させたら、合格発表までゆっくりご自身のやりたいことを思う存分楽しんでくださいね。あまり押し付けることは好ましくない性分ですが、これはぜひ頑張ってきたみなさまには必ず実践していただきたいです!!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、とりでした。


【事例Ⅴ】道場オフ会! 2016 2次試験打ち上げ&慰労会
<開催概要>
日時;2016年11月3日(祝) 17:00~
場所:漁十八番
東京都渋谷区道玄坂2-6-12 道玄坂トロワービル 2F
※渋谷駅徒歩3分
定員:20名程度
支払方法:当日現金払い
申し込み方法:peatixにて申込み
http://ptix.co/2exjnNt
【申し込み締め切り】10/30 23:00 ※定員になり次第終了

ぜひぜひ、お気軽にご参加ください!楽しい仲間が待っていますよ!



たきもです。
8fa0b6c73b24a453e46af374a6022390_s
二次試験を受験された皆さま、本当にお疲れ様でした
今日は、試験から話題を離して、
心を休めることについて書きたいと思います。
私自身の、失敗談です。
皆さんには私のようになってほしくないので、書こうか迷うテーマでしたが、書くことにします。

1.合格発表からのスケジュール
二次試験が合格だった場合、次のようなスケジュールが待っています。
・口述セミナーで模擬面接を受ける(一発合格道場もやります!)
・口述試験本番
・年末年始(仕事が繁忙)
・最終的な合格発表
・(2月に受講する人は)実務補習
・研究会等への見学
・同期合格の方との交流会に参加してみる

これが何を意味するかというと、
・平日は仕事
・土日も診断士関係の集まりに参加
で、休みが無くなります。

頭が常にフル回転、興奮状態になります。
極端な例ですが、頭が休んでいるのは
お風呂に入っているときか、寝ているときだけです。

2.疲労感が解消されないまま…
二次試験では、自分が思った以上の精神力を使っています。
私もしばらくは疲労感を感じていました。
私は仕事も少し軽めにして、早帰りをしようと思っていました。
しかし、その頃会社は大きな変換点を向かえていて、
とある大きな業務を私が担当することになり
通常業務に加え、2〜3倍の業務負荷がかかりました。
しかも、今まで経験のない仕事でしたから、調整に時間がかかったりと、
普段の仕事以上に神経を使いました。

年末年始も、部屋の大掃除や親戚との付き合いがあり
結局丸1日休めたのは、1月3日だけでした。
その後診断士試験の最終的な合格発表があり、前述のとおりほぼ土日が無くなりました。

3.身体への異変
1月頃から、胸に苦しみや痛みを感じるようになりました。めまいも感じるようになりました。
2月になるとそれが頻繁に出るようになりましたが、
「とある大きな業務」は3月が納期だったので
毎日残業して働かざるを得ませんでした。
診断士関係の集まりは仕事以上に楽しみもあり、参加していました。
実際、ストレス解消になっていたと思います。
しかし、初めて会う方との懇親会は、
自分が気がつかないところで交感神経をフル回転させていたと
今となっては思います。

3月、会社での会議中、急に息ができなくなり、
その後倒れて救急車で運ばれました。
身体を全部調べましたが、幸いなことに何も異常はなく、
診断は、「過労による自律神経の乱れ」でした。

ちなみに、今年はこの病気?の治療に費やすことになりました。
治療のおかげで、今は発症前の状態にほぼ戻りました。
早めに病院にいって、本当によかったと思います。

4.対応策
大事な診断士のスタートダッシュを、私のようになってほしくありません。
今だからこそできる対応策を書きますので、ご参考になれば幸いです。
■脳を休める時間を意識的につくる
診断士試験の勉強は、自分自身が思っている以上に神経をつかっています。
つまり、大きなストレスになっているということです。
12月の合格発表までの間、意識的に何も考えない、休む時間を作ってください。
方法は色々ありますが
・寝る
・瞑想する(マインドフルネスという手法もありますが、割愛します)
・散歩する(軽いウォーキング)
・森林浴する
など、副交感神経を優位にさせる行動を多くとることが必要です。
何も考えず、脳を休ませるのです。
今までの勉強や試験本番で、今は交感神経が通常以上に優位になっている状態です。
代わりに副交感神経を優位にさせないと、交感神経ばかりが働くようになります。
それが継続すると、自律神経が乱れ、前述の私のように
身体をうまく調整できなくなってしまいます。

いかがでしたでしょうか。
あんまりゆるわだでもない感じになってしまいました。
しかし、休むのは今です。
その大切さが今身にしみてわかるからこそ、今日書きました。
改めて、みなさま、試験お疲れ様でした!!!
———————-
【事例Ⅴ】道場オフ会! 2016 2次試験打ち上げ&慰労会
<開催概要>
日時;2016年11月3日(祝) 17:00~
場所:漁十八番
東京都渋谷区道玄坂2-6-12 道玄坂トロワービル 2F
※渋谷駅徒歩3分
定員:20名程度
支払方法:当日現金払い
申し込み方法:peatixにて申込み
http://ptix.co/2exjnNt
【申し込み締め切り】10/30 23:00 ※定員になり次第終了
昨年、私はこのオフ会で、リーダーこばと出会いました。
(そうですよね、こばさん!?)
ぜひぜひ、お気軽にご参加ください!楽しい仲間が待っていますよ!



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

昨日二次試験を受験された皆さま、本当にお疲れさまでした!!!

印刷業の社長・しょうゆの老舗、農業法人、鉄板焼きレストラン・・・それぞれの会社の社長とは、じっくりお話しできましたか?
去年の今頃、私は完全に落ちた・・・という絶望感の中、試験後に会場の最寄駅で翌年のための再現答案を作りました。そのまま打ち上げで午前様・タクシーで帰路についていたと思います。懐かしい・・・

そんな私がここでこうして記事をかいているので、何が起こるかわかりません。
まずは、頑張った自分をほめてあげてくださいね。


今日は、毎年恒例、道場オフ会(2次試験打ち上げ)のお知らせです。
当日に事例Ⅴ(←素敵ないいまわしなのでお借りします)をされた方もされていない方も、新旧一発合格道場のメンバーと一緒にお疲れさま会しませんか?

gahag-0062085185-1

<開催概要>

日時;2016年11月3日(祝) 17:00~

場所:漁十八番
東京都渋谷区道玄坂2-6-12 道玄坂トロワービル 2F
※渋谷駅徒歩3分

定員:20名程度

支払方法:当日現金払い

申し込み方法:peatixにて申込み
http://ptix.co/2exjnNt
【申し込み締め切り】10/30 23:00 ※定員になり次第終了


今日まではライバルだった人も、試験が終われば診断士の同期になる仲間になるかも。
診断士は他の士業と違って、縦や横のつながりが強くて楽しいと言われます。
明日の自分への投資と、昨日までの慰労にぜひ役立ててください。

皆さまとお目にかかれるのを楽しみにしております!

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



筆記試験終了、お疲れさまでした。

cfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_s

こんばんは。こばです。

昨日の決意表明に続き、

本日も道場Open Day

二次試験も一旦ここで終了。一次試験とは違い、協会から模範解答は発表されません。
合格発表がされるまで、合否は不明。

ここまでの学習・試験を振り返ってご自身の今の率直な気持ちを書き込んでください。

  • 今までの学習について
  • 頑張ってきた自分への感謝の言葉
  • 自分を支えてくれた周囲への感謝の気持ち
  • 試験問題について

などなど何でもOKです。
書き込んで頂いたコメントに対しては道場メンバーで返信致します。

ここでの振り返りを基に今後のスケジュールをゆっくり考えるのも良いでしょう。
今日は試験のことを忘れ、仲間や家族と過ごすのも良いでしょう。

1年間の診断士学習も今日で一区切りです。

皆さん本当にお疲れさまでした。

 

by こば



意志あるところに道は開ける

2e8a977f81c2f1335e24c635992f48da_s

おはようございます。こばです。
今日は待ちに待った試験当日。様々な想いが交錯しているでしょう。
緊張感と高揚感が入り混じった中でいつもと同じように、この道場のブログを見ている受験生に、7代目から二次試験へ向けたラストメッセージを送ります。

□ラストメッセージ□

 

■碧
一発スト合格を目指す皆さん、最初で最後の二次筆記試験です。
(ぜひ、最初で最後にしたいですね。)

はりきって行きましょう!
本試験中、きっと想定外のことも起きます。

なんせ、私も去年は事例1でA社なのか関連会社のことなのか分からなくなり、与件を2度読みしました(^^;;
時間がぎりぎりになって、最後の方は殴り書きに近いです。

それでも合格出来ました。

試験時間中は、とにかく諦めないこと。
分からなければ、与件から言葉を引っ張ってきて書くだけも構いません。
最後の一秒まで粘ってマス目を埋めてきて下さいね。
1次試験を通過した強者達の中で、上位2割の椅子の取り合いです。
とにかく合格をもぎ取る位の気持ちで頑張ってきて下さい。

■細川泰志
不安でいっぱいかもしれませんが、あなたは誰よりも努力して来ました。だから自信をもって試験に挑んでください。
難問奇問が出ても、いつも通りに対応すれば大丈夫です!

さあ、来年からの新しいスタートのために、全力を出しきりましょう!そして診断士になって、一緒にお仕事しましょう。こちらの世界でお待ちしています。

■とり

いかなる状況でも「平常心」で、それでいて最後まで絶対に諦めない「執念」を320分貫けた人は、きっと合格できます。
ここまで支えてくれた人への感謝を胸に、全身全霊を注いできてください!

■nori

美味しいご飯とお酒を思いっきり楽しみたい。
支えてくれた人に「頑張ったきたよ」と笑顔で伝えたい。
開放感とともに気のすむまで眠りたい。

今日はあなたが作るあなたのための1日です。

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!

行ってらっしゃい!!

■たきも
二次試験に臨まれる皆様へ
①次の言葉を唱えてください
「私は試験のために全てをかけて勉強してきた。
当日は、今までやってきた作業をそのままするだけだ。
他のことはなにもする必要はない。
いつも通りの解答プロセスで、当たり前のように答案を埋める。
そして合格する。これは必然である。」
記事にも書きましたが、このとおりです^^

②社長の声をひたすら聞いてください
当日は、A社からD社まで、4人の社長と向き合います。
与件文は、社長の声です。
まずは、よく聞きましょう。
反論したいところ、ツッコミどころ、
ぐっと抑えてひたすら聞きましょう。
聞いたあと、
「社長、これはなぜこうなんでしょうか?」と考えてみましょう。
与件文のどこかか、設問に「実は、こうで困ってて〜」と書いてあります。
そこからは、一次試験の知識を使って、因果関係を整理しマス目を埋めるだけです。

③自分を信じる!!!!!
自分が今までやられてきたことを信じてください。
合格は、目の前です。
ご武運を!!!

■かおりん
苦しいけど、楽しくもある受験生生活も今日で最後ですね。(口述はありますが・・・)

どの事例でも、必ず机上に電卓を。
使い慣れた筆記用具、最終チェックしましたか?
受験票は持ちましたか?(写真もね!)
体力と平常心は、ばっちりですよね。

今の想いを大切に。
きっと来年は、受験生を応援する側で活躍されているはずですから。

明日こそ、診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

朗報、お待ちしています。

■フェイマオ
本日の試験に臨まれる皆さんは、今日という日を迎えるまで色々な犠牲を払い、努力を惜しまず勉強を続けてこられた事と思います。
その不断の努力は、今日お話を聞くことになる4人の社長さん(事例企業)の前で十分に発揮して頂けると思います。
そのためにも、周囲の雑音に惑わされず自分がこれまで積み上げてきた努力を信じてくださいね。
気負わず、力まず、普段通りのあなたで臨んで下さい。
では、いってらっしゃい!!

■こば
今日は4人の社長との初めての面談の日。初めてだから、緊張をすることもあるでしょう。
しかし、やるべきことはいつもと同じ。
自分が準備して来たことを、淡々と実行するのみ。

特別な才能を図る試験ではない。診断士に必要な知識・スキルを図る試験。

進むべき道がわからなくなったら、一旦立ち止まって後ろを振り返ってみましょう。
そこにヒントがあるはずです。
これまで歩んで来た道のり全てが心の支えとなる。

それでは、

GOOD LUCK!!

by道場7代目



未来への夜明け前

bf38581cbe2b592e432137c9ebe6642c_s

こんにちは、noriです。

はじめて診断士試験のテキストを開いてから、どれくらいたったでしょうか。

7科目への挑戦。
知識を身につける喜び、理解できない苦しみ。
仕事や学校で疲れている体に鞭打って開いた過去問題集。
どうしてもどうしても合格したくて、隙間時間を惜しんで勉強した1次試験直前期。

1次試験合格の喜び。ゴールラインが見えない2次試験への不安。
少しずつ面白くなってきた2次試験の勉強。
どこまで勉強すれば合格ラインを超えるかわからない不安。

点数が上がらない模試への焦り、悔しさ。
結果が見えないことへの恐れ。

一人で勉強する不安。仲間と勉強する喜び。
大事な時間を勉強に割くことを許してくれた家族、友人、大切な人。

とうとう迎えた試験前日。
諦めずにここまでたどり着いたことが一つの勲章です。

本日は道場OPEN DAY!!

明日の試験に向けたあなたの想いをコメント欄にぶつけてください!

焦る気持ち、不安な気持ち、武者震い、家族への感謝、はやる想い、未来への決意表明。

何でもOK。今の自分を思いっきりぶつけて、今の自分を冷静に振り返る手段に使ってください。

書き出してみると頑張ってきた自分の軌跡が目に浮かぶはず。

勉強をはじめたあの頃のあなたとはもう違う。

明日、皆様の心に「自分の可能性を絶対に諦めない勇気の炎」が燃え続けますように。

落ち着いて、冷静に、自分を信じれば大丈夫。

今日は早めに寝てくださいね。

GOOD LUCK!!



皆様、おはようございます。ついに2次試験を明後日に迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。体調は整っていますか?

本日は超超直前期!試験へ向けた最終点検を軽~く行います。たとえ思い通りに学習が進んでいなくても、今からできることは限られます。悶々と悩まずに、「これさえやっておけば大丈夫!」と気持ちを切り替えて、精神的な健康も維持しましょう。

最終点検

今日と明日にやる試験対策は、過去問をパラパラめくって読む程度で十分です。それでも不安な方は、こちらに「オイラ式漢字・ことばの確認」を用意しました。是非ご活用ください。

特に土曜日は、事例を何題も解いてしまったりして、体力・精神力を削ぐようなことの無いようにしてくださいね。体調のすぐれない人は、勉強は後回し。決して無理はせず、コンディションを整えることを最優先にして残りの2日間をお過ごしください。

そのほか、「これだけはやっておけ!」ということは、次にまとめておきました。

睡魔や胃袋との付き合い方については、こちらの記事を参照してください。

前日までにやること、当日出発前後に気を付けること、試験会場で(構内図の確認)については、こちらの記事を参照してください。

試験が終わったら

日曜日は心の赴くままに過ごしましょう。ただ、全ての試練を乗り越えたわけではありません。口述試験対策のため、記憶がホットな来週のうちに再現答案を作成してください。

再現答案さえ作成出来たら、試験のことは忘れて、勉強中にやりたかったこと、家族へのサービス、友人との飲み等、合格発表の日までは好きなように過ごしてしまいましょう(もちろん道場ブログのチェックも忘れずに!)。試験の出来不出来の感覚は案外当てにならないものです。うまくいかなくてもくよくよせず、気分転換して楽しい7週間をお過ごしください。

最後に

JーNet21に、私が共同司会・執筆した記事が掲載されました!受験生、特に多年度生の方には是非読んでいただいて、受験生時代の思いを共有し、また診断士になってからのイメージを描く参考としていただけたら幸いです(各記事下の「いいね!」ボタンも押していただけると有り難いです)。

1次試験再チャレンジ合格者座談会
第1回目 第2回目 第3回目

ちなみに、当日朝は皆様を応援するため、大正大学にお邪魔します。もし見かけたら、遠巻きに生暖かく見守ってお声かけていただけると嬉しいです。

また、一発合格道場7代目からの応援メッセージもUPされます。我々からの熱い思いが、受験生の皆様の合格に貢献できることを切に願っています。

以上、細川でした。

Never give up! 叩けよさらば開かれん!



こんにちは、碧です!

 

突然ですが、今日、この記事を読んでいただいている方はずばり合格します!

juken_goukakuhappyou_happy

 

なんでか?

 

私は一次試験終了後から意図的にテンションの高いタイトルを付けてきました。

そして、今日のタイトルは今までの中で一番テンションが高いです

アツいです

それでも読もうと思われたということは、少しでも2次試験の準備が整っていると思われるからではないでしょうか?

もし、不安が大きければ、こんなにアツいタイトルの記事をわざわざ読もうと思いません。

 

だからこそ、冒頭で「ずばり合格します!」と言い切りました。

週末は、合格を手に入れるために頑張ってきて下さいね。

 

ということで、今日は合格に向けて最後のチェックリストをお届けします。

【試験当日】

1:事例1から計算機は机の上に置くつもりだ。(以前も書きましたが、個人的には事例3に計算をする必要がでてくるのではと予想。)

denntaku

2:アクシデントはあるはず。

読みやすい文字で書いた方がいいが、もし、終了時間間際なら殴り書きでも時間内に書き終える位の気持ちがある。ganbare

 

3:どうしても分からなければ、与件から文章を引っ張ってくるだけでもしようと決めている。

moshi

【ここからは試験後行う事】

4:再現答案はもちろん作る

yosou1

 

5:やりたかったこと、家族サービスを行う。

sentou

2次筆記試験に合格し、2月から3月に行われる15日間の実務従事に参加される方は、来春までスケジュールがいっぱいになります。

2次筆記試験に合格すると、そこからすぐ口述対策に励み、年末年始を迎えます。

そして、年明けに口述試験の合格発表があります。

そこで15日間の実務補習を申し込むとその用意が始まり、3月中旬まで走り抜ける感覚です。

ぜひこの期間にやりたかったことをしておいて下さい。

(道場では試験お疲れ様会を企画中です。)

 

【ここからは合格発表日に行う事】

6:合格を確かめたら、即、口述対策セミナー・模擬面接を予約する。

goukaku2

各受験校や試験勉強支援団体の口述対策が行われます。

特に模擬面接は時間に枠が設定されていて、土日はすぐに埋まりますので、お早めに予約を!

(ちなみに道場でも口述対策セミナーを行う予定です。)

 

以上、もう合格しか見えない!最後のチェックリストでした!

もしも、もしも、本当に事例3で計算問題がでたら教えて下さい

ではでは、

今日も

そして

二次筆記試験当日も

良い一日を!

碧でした!!!

 

 

 

 



おはようございます。フェイマオです

私事ですが、先日所属している研究会からの推薦を受け介護・福祉事業を営んでいる企業の経営診断・助言を行って参りました。(ちゃんとフィーを頂いたビジネスです)
私の会社では、医療・介護・福祉分野の企業を顧客にビジネスを展開している事もあり、診断士を志した当初から、『診断士となった暁には、日本の高齢社会を支える医療・介護・福祉事業の経営支援をしたい』といった目標を持っていました。
今回受験生時代からの夢が実現でき、あらためて診断士になった喜びを噛みしめられました。

さぁ、皆さんは診断士になったら何がしたいですか?

%e5%a4%a2


冒頭からこのような話をさせて頂きましたが、読者の皆さんの中で試験日が近づくにつれ弱気な気持ちが顔をのぞかせていませんか?

一昨年、初めて2次試験を迎えた今頃の私は、「解答プロセスも出来上がってないし、本番で時間通りに解き終わらなかったらどうしよう・・・」と、これまで勉強をしていく中で感じてなかった“焦り”が日増しに強くなり、試験開始前に気持ちの面で他の受験生に負けていたような気がします

一方で昨年の今頃は、「今年もダメだったらどうしよう・・・」と弱気な気持ちに蓋をすべく、“診断士になって実現したい事”を妄想し、『絶対に今年合格して自分の夢を実現させるんだ』と、自分を奮起させていました。

%e3%82%84%e3%82%8b%e6%b0%97
試験当日は、これまで皆さんが勉強した事以上のアウトプット(=成果物)は出せません。

昨年私が通っていた受験校の先生からは、『頑張るのは前日まで。当日は頑張らないで、今までやってきた事を答案用紙に置いてくるだけ』とアドバイスされました。

そして、『本試験の最中に、解答で何か閃いた場合は、悪魔の囁き”なので決して惑わされないように・・・』との注意も(笑)

今にして思えば、まさにその通りだと思います。
試験当日に発揮できる実力は、前日までの自分の積み重ねだけ。
だから、受験生の皆さんが頑張れるのは実質あと“3日”です。

試験前に有給を使って最後の調整に臨まれるも良し、普段通りの生活リズムを維持するために通常通り仕事に取り組むも良し、当日までの過ごし方は人それぞれです。
私の場合、昨年のスケジュールを見直すと金曜日はいつも通りに仕事をしていました(笑)
その日(試験前の金曜日)の退社時間は20時といつもより早めに帰りましたが、最寄駅に着いてからいつも通り24時間営業のマックに向かい、事例1本(45分で下地作成まで)と、事例Ⅳの計算問題をやって24時過ぎに帰宅しました。
私の場合、普段通りのペースを乱すのが嫌だったこともあったため金曜日までは普段通りの生活をしていました

さすがに翌日土曜日は試験会場までの下見とファイナルペーパーの読み返程度切り上げ、夕方早々には自宅でのんびりしましたが

試験日が近づくにつれ、なかなか勉強にも手がつかない方もいらっしゃるかと思います。
そうすると、気持ちに“焦り”が生じ、勉強したことが身に入りませんので、それならいっそ無理して勉強をせず気持ちを落ち着けて頂いた方が良いかも知れません。

ここまで皆さんが2次試験対策をされている中でご理解頂けてるかと思いますが、1次試験と異なり勉強量がそのまま成績に比例するわけではありません
2次試験を受けられる受験生の方々の中で、合格に必要な知識量では差が出ません。

むしろ、試験当日に普段通りの実力が発揮できるかどうかが合格への大きな鍵を握ると思います。
緊張に飲まれずに“いつも通りの手順で事例を解く”事さえできれば、合格はグッと近くなります。

集中できない中で無理して机に向かうよりも、通勤途中で①今まで解いた解答や模範解答を眺める②ファイナルペーパーを読み返す 等の振り返りで十分だと思います。

今のうちから試験当日を見越して、ご自身のメンタルコントロールをしてみてはいかがでしょうか?
言うまでありませんが、試験当日をベストコンディションで迎えられるように体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね

当ブログをご覧頂いている受験生の皆さんのベストファイトをお祈り申し上げます
OPENDAYのコメント、お待ちしてますね

 

To be continued・・・

 

 



こんにちは、とりです。

2次試験まで、あと5日となりました。

「もうやるだけのことはやった!あとは本試験を待つのみ!!」
「1次受かると思ってなかったから全然時間足りない、今年は…」
「どんなに勉強しても受かる気がしない、あと何をしたら…」
「1次で燃え尽きかけた、でももうここまで来てしまった…」

今年2次試験を受験されるみなさまは、環境や学習スタイルは違えど、それぞれ真剣に勉強を重ねて来られたはず。いろいろな想いか交錯するのは、それだけ頑張ってきた証です。ここまで来たら、残りの日々は心穏やかに過ごして、23日当日は身も心もベストなコンディションで臨んでいただきたいです。

さて、今回の記事が2次本試験前のラストメッセージです。直前期の過ごし方は、前回記事でご紹介しました。そこには、まさに今の「超直前期」の取り組みも含まれていますが、その中で特に私がこだわっていたことをご紹介します。前回記事との重複もありますがご容赦下さい。また、今回記事に限り、文字の装飾は少なめにさせていただきます。


 

直近3日間は仕事を休んで、それもただ休むだけではなくて、あらゆる仕事上の連絡(ノイズ)を遮断しました。1次試験の時も同じでしたが、とにかく「心穏やかに」過ごしたかったのです。
木金土の3日間、当然木金は平日で会社は営業していますし、私の場合オンラインでいつでも仕事ができる環境を与えられています。電話も普通にかかってきます。いくら事前に調整しても、突発的な仕事が降ってくることもあります。そんなことに惑わされず仕事も試験勉強も最後まで両立させる、という考えも成立はするでしょう。でも、「なぜ診断士を目指してここまで頑張ってきたのか」と自問したら、自ずと答えは出ました。「2日連絡を断ったって命まで取られることないし、むしろ休暇は2日だけにしてやったんだ、それでダメになる仕事はその程度の価値しかない」と、心の底から割り切ることができました。
ということで、木金は休暇をとって、会社のPC、スマホは電源OFFして完全封印しました。家族もそんな私の想いを察してくれたのか、子供が幼稚園に登園した後は、いつもなら買い物やら家事の手伝いなんかを言いつけるところを「(子供が帰ってくるまでの間)静かなカフェで勉強してくれば?」といって、いい意味で追い出してくれました。私は田舎住まいなので、広くて平日はすごく空いているカフェまでちょっとドライブして、そこでがっつり、でも穏やかな心で勉強することができました。このことで、知識や解答プロセスを盤石にすることに繋がったと思います。

そして、前日の土曜はわずかな勉強と、家族との時間を過ごしました。体の負担になることは避けて、食事も質素なものを食べた気がします(すみません、前日の食事はあまり覚えていません…)。当日の出発時間を考えて、普段より1時間程度早めに寝ようとしましたが、わずかに違和感を抱いていました

とにかく本試験が終わるまで集中しようとSNSもほとんど見ないようにしてきたものの、これまで参加していた勉強会のことがどうしても気になってしまいました。そこには、お世話になった先輩や勉強仲間がいて、当初は試験が終わったらお礼のメッセージを送ろうと考えていましたが、どうにも気持ちが収まりませんでした。「こんなわだかまりが残ってはダメだ」と自然と手が動いて、お世話になった方にお礼メッセージを書いていました。そして、そこには最後に心に刻んだ信条を書いていました。

 

それは、

「平常心」「執念」

です。

 

すごくありふれた言葉で、精神論極まりないのですが、、これを頭で思い描くだけでなく、メッセージに添えて形にしたことで、試験中たびたび思い起こすことができました。
思えば2次試験は一発合格したものの、やはり試験対策としては道半ばだったと思っています。知識の定着、アウトプット、文章力、分析力…どれをとっても不十分でした。でも、320分、いかなる時も「平常心」を保つように努め、それでいて合格への「執念」1秒たりとも忘れずに試験に臨み合格できたのは、前夜のこの行動があったからだと確信しています。サプライズ問題にも怯まず、事例Ⅱの残り5分で50字×2問を全部書き直し、隣席からちょっとした邪魔が入って集中力がプツンと途切れてもしがみつく、こんな行動を診断士を志す前の自分からは想像もつきません。

事例Ⅳが終わって帰路につくも、やっぱりどの事例も手応えを感じられなくて、「また来年も同じ生活を繰り返すのか…」と思うと、久しく感じていなかったとてつもない悔しさが込み上げてきました。こんな悔しく思えたのも、やはり合格への「執念」が人一倍強かったからこそだと思います。

 

つれづれなるままに書きましたが、決して私のやってきたことを押し付けるつもりはありません。しかしながら、「平常心」と「執念」の2つは、やはり受験されるみなさま全員に貫いていただきたいですし、「合格したい」ではなく、「絶対合格するんだ」という強い執念が不可欠だと私は思います。これまでみなさまを支えてきた方への感謝を胸に、最後まで自分を信じて諦めないで、これまでの集大成を解答用紙にぶつけてきて下さい。
そして、2次試験が終わった後は、たとえ手応えがどうであっても、ここまでのありのままをぶつけ、やるだけのことはやった決して後悔しない、そんな潔い心持ちでいていただけたらと思います。

 

最後に、心の底からみなさまの健闘と、合格をお祈りしております!!!

 

祈願だるま

 

以上、とりのラストメッセージでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



たきもです。
f1bc13fcf02a2bc17746cd5773bf9f70_s
二次試験まで、ラスト1週になりました。
みなさん、仕上がりはいかがでしょうか。

ラスト1週、やることは一次試験と変わりません。
手前味噌ですが
試験当日の行動予習でモチベーションを引き上げろ!もご参照ください。

1.解答プロセスの復習
7代目noriがここで述べているように、このラスト1週間で新しいことに手を付ける必要はありません。
今まで築き上げた「解答プロセス」を強固なものにしましょう。
私がやっていたことは次の2つです。

①過去問の解き直し
・時間配分の確認
・作業の確認(段落番号をつける、設問との対応づけ等)
・文章構成の確認(因果関係は整理されているか等)
・対応する一次試験知識が、モレなくダブリなく引き出せたかどうか

この「過去問の解き直し」ですが、あくまでも解答作業の確認ですので
あまり深追いしないようにしましょう。
5年分全て解き直す必要もありません。
自分が苦手だな、と感じてきた事例だけ、最後に解き直しましょう。

②事例Ⅳ問題集の解き直し
・予備校の「事例Ⅳ特訓」の解き直し(最終的に、6回転)
・過去問の解き直し(計算プロセスの確認)
・公式の確認

2.会場までの行動プロセスを決める
一次試験同様、会場までの行動プロセスを決めましょう。

・乗る電車の時間、方面、何号車か
・直前確認をするためのカフェ(複数候補をあげておく)
・当日着る服
・当日持っていく参考書
・当日持っていく文房具

この「着る服」ですが、真夏の一次試験同様、「寒さ」が敵です。
女性の場合、ひざ掛けがあると安心でしょう。
靴下は、もちろんかかとが隠れるものにしましょう。
緊張で筋肉が固まりますから、それに冷えが重なってしまうと、もうガチガチです。

3.最後は心技体
技は「解答プロセスの確認」で万全です。
体は健康管理です。風邪を引かないようにしましょう。
この1週間だけは、なんとかして仕事は早く切り上げ、早寝早起きで身体を整えましょう。
(どうでもいいですが、私は昨年のこの時期、職場で風邪が大流行していました)

最後の最後は、です。
去年、私は6代目おはとも断崖絶壁にいるあなたへの記事
何度も何度も読み、心の支えにしていました。
あなたも、この道場の記事の中で、何度も読んだ記事はありますか?
もう一度読んで、お守りにしましょう。

最後です。
お風呂でも、寝る前でも構いません。
目をつぶって、次の言葉を毎日唱えてください。

私は試験のために全てをかけて勉強してきた。
当日は、今までやってきた作業をそのままするだけだ。
他のことはなにもする必要はない。
いつも通りの解答プロセスで、当たり前のように答案を埋める。
そして合格する。これは必然である。

たきもでした!!!



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

いよいよ今年の2次試験(論述)まで、あと8日ですね。
初年度の方は直前まで、いやテストの最中も実力は伸びます。最後まであきらめずに(体調を万全にして)走り切ってください。
複数回目のチャレンジの方は、今度こそ大丈夫。ご自身を信じて、実力を出し切れるよう最後まで調整してくださいね。

pose_makasenasai_girl


さて、今日は「相手に伝わる言葉で書く方法」について書きます。

ポイントは、「相手が普段使っている言葉で書く」こと。
専門が異なる・業界が異なると同じ話でも表現が異なりますよね。

極端な例ですが、たとえばコンサル気取ったおばちゃんが「そのイシューはアジャイルでESサーベイやってアセスメントしましょう」とか言っても、製造業現場バリバリのベテラン社長は「はぁ???」ってなる。(哀しい実話)

question_head_boy

「その問題は、従業員向けにカンタンな満足度調査をやって、評価しましょう」って言えば伝わる。

二次試験は、誰にでも伝わる平易な言葉で(専門キーワード以外は小学生でも読んでわかるくらい!)&平易な構成で文章が書ければ得点しやすいはず。超短時間に大量の答案を採点しなくてはならない(はず)の採点者にとって、「一読して何が書いてあるかわからない答案」など、丸を付けたいはずがない。

しかし、私は圧倒的に日本語に自信がないので、「平易な言葉でちゃんと書く」ことに不安がありました。そこで思い付いたのが、「相手が普段使っている言葉なら伝わりやすいんじゃね?」でした。

つまり、二次試験の採点をする人が使っている言葉で書けば、伝えたいことは最も伝わりやすい・・・のではないか?ということ。

・・・で、この時期私は、事例Ⅰ対策で「新経営戦略論 (21世紀経営学シリーズ3)」という岩崎尚人さん共著の本をぺらぺらめくってました。(証拠写真・笑)岩崎さんが書かれた1章と最終章のみぺらぺらめくっただけですが・・・

1014

その中で、自分の語彙に入れておきたいものを単語帳にピックアップしていました。

例えば、
表:「企業の競争優位を成す3つ」
裏:自社の持つ経営資源やケイパビリティを活用できるもの
(1)公式の命令・報告系統
(2)マネジメントコントロールシステム
(3)報酬体系

みたいな感じ。

ホンマはこの時期に新しいことに手を出すのはご法度やと思います。でも、何をやっていいかわからずそわそわするくらいなら・・・と思って私は「語彙を出題者(おそらく採点者)にあわせる」ことをやっていました。結果的に、不足していた知識を補うことができたのだと思います。


合格までの道のりも、きっと合格した後に進む道も、人それぞれ。

今日ご紹介したことも、「あくまで私にとってよかった(だろう)こと」です。ご自身の合格までの道のり、見失わないようにしっかり踏みしめて合格に辿りついてください。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん

 



大切なものは目にはみえない

2%e3%81%a4%e3%81%ae%e5%86%86%e3%81%a8%e7%b7%9a

おはようございます。こばです。
いきなり問題です。
この2つの円と直線の全てに接する円はいくつでしょうか?


答は4つと思ったあなたは要注意かも。

今週からプロ野球もCSファイナルシリーズ開幕し、セリーグではカープが25年ぶりの日本シリーズに王手をかけた。プロ野球もいよいよ最終局面に。
そして、診断士試験当日まであと9日。

2か月以上本気で対策を行った受験生はみな合格レベルに到達しているはず。
一次試験と違い、直前期の詰め込みが勝負を分ける試験ではない。
特別な試験対策は不要。

最後の週末に行うべきことは試験当日のシミュレーション。
昨年の私も週末に、MMCのスパーリングを活用して当日の試験イメージを行いました。

そこで意識したことは

予定した行動を予定した通り実行する

先週の記事で入念過ぎる事前準備は邪念に繋がると書いた通り、決めていた行動も現場対応ができるように幅を持たせていました。緊張した場面で、全ての行動を完璧に実行することは難しい。

ミスをすることを前提に、行動をすることが重要。

各工程のミスを事前に想定する。

□ミスの想定□

ミスをすることまでイメージしておけば、ミス後のリカバリーが早期に可能となる。

回答手順ミス
時間通りに実行するも、少しずつ後ろ倒しとなり時間切れ。

よくあるミスが時間切れ。
各工程時間を遵守するあまり、各工程のバッファーをすべて使い切り余裕時間がなくなってしまう。

■対策
ボトルネック工程まで最速で実行。読む・考える・書くにおいて、生産性が一番低い工程に十分な時間を確保する。
各工程でバッファーを使うのではなく、ボトルネック工程で使い切る。

回答要素ミス
良い点数をとるために、学んできた要素をすべて盛り込む。

合格したい気持ち、自分の力を出し切りたいと思う気持ちが自分よがりな回答を書かせてしまう。
相手にわかりやすい文章ではなく、回答要素の詰め込まれた漢文のような文章となる。

■対策

1.課題は持続的競争優位性確保。

2.課題は持続的な競争優位性を確保することである。

回答要素は同じ2つの文章だが、漢字ばかりの文章は読みにくい。
採点基準が明確でない以上、ミスをしないことが重要。高得点につながると思われる回答ではなく、×にされない回答を心掛ける。

読む工夫ミス
聞かれたことがしばし意味不明。

この試験の本質である聞かれたことに素直に答える。これができない問題が多く出題される。

■対策
この問題に抜本的な対策はない。
社長の言葉に想いを馳せ、質問に対してオウム返しで対応する。
答えたふりをすることが賢明。明らかな×ではないと思ってもらえることが重要。

上記のミスは一部でしかない。それ以外のミスについても一度考えてみましょう。

 

□試験当日の心構え□

試験特性および得点開示の結果からも、二次試験は実力が拮抗した中での戦いと考えられる。
心構え1つで大きく試験の結果を左右する。

冒頭の2つの円と接線の問題の答えは8つ
4つと答えた人は、目の前の問題に集中し過ぎている可能性がある。
集中すると1点に集中する傾向がある。

その状態は緊張状態とほぼ同じ、受かりたい気持ちが視野を狭めている。
試験当日は誰しも緊張する。

その緊張状態で重要なことは

緊張した場合、複数の視点から回答を検討せず結論を急いでしまう。
そうなると目先の問題に集中し、自分が気持ちいい回答を書くだけになる。

そうならないために言葉1つにとらわれるのではなく、全体を俯瞰してみる。

言葉  ⇒ 文章
文章  ⇒ 段落
段落  ⇒ 与件
与件  ⇒ 事例
事例  ⇒ 受験生
受験生 ⇒ 作問者

どこまでも高い視点で、試験を眺める。
上から眺めれば、近いとみえない大切なものがみえてくる可能性がある。

では、まとめ。

 

・週末は試験当日の事前シミュレーション。
・ミスまで想定し、当日をイメージしておくとカバーが早い。
・集中と緊張は隣合わせ、視野を狭める。
・二次試験も同じ、試験を上からみることが可能性を高める。

 

byこば



助けに来るのは自分だ!

ranger_black

 

こんにちは、noriです。

 

試験10日前。ここまで来るとストレート生も多年度生もそれほど大きな差はありません

 

2次受験生で一生懸命勉強して来なかった人を私は知りません。壁のように立ちはだかっているように見えた1次試験。その1次試験を合格して手に入れた貴重な2次試験の受験の権利。誰もが手探りでゴールを探しながら、合格を目指して走ってきました。同じ1次試験を突破した者同士、大差はありません。ゴールラインで1、2点を競うような争いです。

 

では、何が合否をわけるのか。それはメタ認知能力なのではないかと私は考えています。受験生時代、「設問要求に対して素直な解答を書く」「事例文を丁寧に読み込んでいるね」と言われることは多かったのですが、試験よりも何よりも自分自身が見えていませんでした。本番で自分をコントロールするために自分を客観視する能力が必要でした。

 

昨晩、とある実務従事の帰り道、49歳でストレート合格した男性と試験1週間前に何をしていたのかを話していました。その男性はその時点で受験校の先生に習った解答手順をすでに自分のモノにしており、どのくらいの時間配分で何をするのかを決めていました。1週間前に取り組んでいたのは過去問。すでに解いた過去問を再度解いて、以前の自分の解答とどこが異なっているか、「ふぞろいな合格答案」の解答とどこが異なっているか、受験校の模範解答とどこが異なっているかの検証を繰り返し行っていました。

 

一方、多年度生の私は合格年の1週間前は事例を解かずに、最後の調整に入っていました。毎日少しだけ計算問題を解きながら、あとは2次試験のテキストを見て、知識の引き出しの確認をしていました。

 

2次試験は「設問要求に応える」×「1次知識で事例企業の状況を把握する」ことがポイントです。ストレート合格の実務従事仲間が「設問要求への応え方」の確認をしていたのに対して、私は「知識の総点検」をしていました。直前に何が必要かはそれぞれの状況によります。人によっては体調管理が一番必要な方もいるかと思います。落ち着いて自分を振り返り、自分に何が必要かを考えましょう。

残り10日間は自分と向き合う時間を最優先に。

本番で冷静さを保つ、落ち着いて対応するためには、現在の自分を受け入れるしかありません。できるようになったことを確認して、ここまで努力してきた自分に自信を持ちましょう。

あなたを合格に導くのは試験ブログでもない、参考書でもない、人から聞いたノウハウでもない。試験と自分に向き合ってきた自分自身です。

 

−−戦え、自分のために。

 

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!

nori でした。



皆さん、おはようございます。最近ダイエットにちょっぴり成功してご機嫌の細川です。本日を入れて2次試験まで残り11日となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

本日は「今からでも間に合う!ちょびっとの工夫で解答の質を上げろ!」をテーマにお送りします。ご存知のように2次試験は相対評価。わずか1点の得点差で、順位が大きく変わり明暗を分けると考えられますので、まずは他人と同じ内容の解答を作成することを心がけて、「自滅」を回避しましょう。その上で、最後の詰めとして出来ることは何かを考えたいと思います。

その前にお知らせ。私が取材・執筆した記事が公開されました(こちらの記事の第3章です。その他の記事も読んでくださいね!)。診断士になったら、診断・助言活動以外にもできることがたくさんあります。このような活動の方向性もあることを知っていただいて、皆さんのモチベーション向上に貢献することができれば幸いです。

1.解答プロセスの微調整
いまからやるべきことを大幅に変えるのはハイリスクです。現在のご自身の解答プロセスは基本的に守り、少しだけ修正することで対応しましょう。

いつも時間が足りなくなる人は、開始30分までに設問ごとの難易度評価を確定させ、得点が見込める設問に注力しましょう。受験生の多くの人が得点するであろうと考えられる設問で、自分も同じような得点を目指せば「足切り」を回避できます。

得点や内容が安定しない人は、予め切口を設定しておき多面的に記述することで、ローリスクな解答を目指しましょう。「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」ではありませんが、少なくとも出題者の意図を外す可能性は下げられます。

そもそも、何を書けばよいのかわからない人は、設問中の言葉を使ってオウム返しで書き出してみましょう。採点者には、少なくとも「私はあなたに聞かれたことは理解している」ということをアピールでき、心証を損ねることを回避できます。

2.一言だけ付け加える

そうはいっても国家試験。与件からのただ単なる抜き出しや引用だけでは、受験生の大多数が出来てしまうため差が付きません。
そこで「自滅」を回避した上でライバルに「頭ひとつだけ」差をつけるために、「自分の考え」を書き加える必要があります。

「自分の考え」とは、今まで述べてきたことの繰り返しになりますが、

・設問の制約条件から外れていない(題意に応える)
・与件に根拠がある(思いつきや斬新なアイデアではない)
・たった一言だけ述べる(言い過ぎない)

ことを守った上で、与件から抜き出してきたことをまとめたり抽象化した部分(つまり~ということ)や、前後の記述の内容の間を埋める因果の部分にあたります。

たとえば、事例Ⅳの経営分析ならば「安全性が低い」などという結論・まとめにあたる言葉です。

「最後の一押し」ですから、二押し以上して蛇足とならないよう、くれぐれも注意してください。

3.相手は人間であることを忘れない
これも以前触れましたが、解答する相手は採点者(読み手)であり、助言する相手は経営者(聞き手)であり、そしてそれ以前に一人の人間です。解答内容の妥当性はもちろん重要ですが、読み手や聞き手にとって「不快な響き」になっていないか点検してみましょう。

点検項目は、

・句読点は適切に使えているか(句点を列先頭に持ってくる、読点を全く使わない、等に注意)
・同じ接続助詞(の、で、が、等)の重複で、不自然で読みにくくなっていないか
・全否定の表現(出来ない、していない、無い、等)の表現を使っていないか
・漢字は正しいか
体言止めになっていないか

です。

特に「全否定」の表現は、一生懸命会社を運営している経営者を思いっきり不快にするので、「不足する」「留まる」「困難である」などという柔軟な表現に置き換え、自分の提言が少しでも受け入れてもらいやすい(=実行可能性の高い)ものになるように工夫しましょう。

その他、不安なことがある人は、ここに来ると細川に直接質問できますから、お気軽にご参加ください(飛込み参加ウェルカムです)。

残された時間はあと少しですが、できることはあります!貪欲に合格をもぎ取りに行きましょう。

本日はここまで。以上、細川でした。



こんにちは!碧です。

2次試験まで2週間を切りました。

スト一発合格を目指すあなた!

実力は試験日前日までどんどん伸びます。

限られた資源を最大限に効率よく使って、合格目指しましょう!

中小企業のコンサルと同じですね。限られた資源で課題解決。

まさに診断士試験は「受験生の自分」を中小企業と見立てて、如何に課題(=合格)を解決するかを問われています。


【受験校の講義が終わって2週間。周りの実力が知りたい。】

今年の2次受験生の「今の」レベルが気になる今日この頃ではないでしょうか?

前回の記事で、私は平易な文章で合格を目指したと書きましたが、じゃあ、実際、去年の今頃はどんな回答をしていたのか、気になる方も多いはず。

ということで、非常に恥ずかしながら、去年の今頃の回答が手元に残っていたのでupします。

内容が正解だとは思わないで下さい。

あくまで、去年の今頃のレベル感を掴んでいただくためのものです。

(ちなみに80分で回答しています。字も汚いです

ao001ao002ao003ao004

振り返りのメモもそのまま残っています。

よくよく見たら、最後の回答なんてかなりひどいこと書いてますね

あくまでご参考程度に。

そして、7代目道場メンバーがファイナルペーパーについて書いていますが、私はファイナルペーパーは作らなかったです。

なぜかというと、

・2次試験で問われることがある程度パターン化されているものが多いと感じたから

・ファイナルペーパーに書くと、本試験でその内容に引きづられる気がしたから。(与件をフラットに読みたい)

・1次試験の内容(特に企業経営理論)は2次で出題される範囲についてはなんとかなるだろうと思ったから

です。

ファイナルペーパーを作る・作らない事も、限られた資源をどう配分するか、ご自身の合格の戦略によりそうですね。


さあ、明日の道場は

細川泰志が登場。

2次試験までラスト2回。

どんなオイラ式が飛び出してくるのでしょうか?

楽しみです。

 

それでは

今日も良い1日を!

碧でした!



おはようございます。フェイマオです

本日は2次試験前の最後の祝日という方が多いかと思います。今日を入れて2次本試験日まで残すところ 14日!
ご自身の解答プロセスや、ファイナルペーパーの仕上げにかかっている頃かと思います。
最後の追い込み時期ではありますが、ここまで来たら当日に万全な体調で迎えれるよう、体調管理を徹底してくださいね
※かおりんのこちらの記事も参考に

さて私フェイマオは、先週の土日に某資格学校にて今年度最後の2次模試の採点講師をして参りました。
5月頃から受験生の方々の答案を採点させて頂く機会を頂きましたが、この時期になると「設問が空白となっている答案」は見られず、時間内にしっかりと解答を作成できている受験生の方が殆どで、受験生の皆さんがしっかりと実力をつけている様子が良く分かりました

しかし、採点をしているなかで『良い解答書いてるんだけど、〇をあげられないなぁ・・・』と言った“残念な”答案も多く散見されました。

2次試験を突破する最大のコツは、 “ミスを無くす” 事です。
診断士の2次試験では満点を狙うのではなく、『×のつかない解答を作る』 事が重要です。

今回私フェイマオの記事は、採点講師で気付いた点や自身の受験生時代の経験を踏まえて、「本試験で×がつかない(大きく外さない)答案を作成するうえでのTIPS(コツ)」 について書かせて頂きます


2次試験のTIPS~フェイマオ流~】
■ 設問の制約条件・要求事項の漏れを無くす
与件を十分に活用する
解答要素を詰め過ぎないこと

■ 設問の制約条件・要求事項の漏れを防ぐ

何を当たり前のことを・・・。と思われるかもしれませんが、実は模試の採点をしていると、設問の要求事項を全て満たしていない答案 が散見されます
“ミスを失くす”ための第1歩は、設問の制約条件や要求事項をしっかりと解答に埋め込む事
これは他の事例でも同じですが、特に事例Ⅰは要注意 1つの設問で要求される内容は複数ある場合もあります。
例えば、平成22年度の事例Ⅰの第3問などは良い例です
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-15-53-32

さて、この設問の要求事項は幾つあると思いますか???

 

正解が発表されていない2次試験ではありますが、私フェイマオは以下のように解釈します。
要求事項赤字で記載したところ。青字制約条件としてます。

h22%ef%bc%8d%e4%ba%8b%e4%be%8b%e2%85%a0

上記設問の要求事項は3つ。

① 成果主義的要素を強化した際のメリットは
② 成果主義的要素を強化した際のデメリットは
③ ①と②と踏まえ、成果主義的要素を強化した人事制度にすべきか否か

このように、よく読むと設問で要求されている内容が3つあることが分かります。
“ミスを失くす”ためにも、『設問は1つの内容で2つ以上の事を尋ねてくるはずだ!』 という視点で、設問の制約条件や要求事項の抜け漏れを防いでくださいね。

 

■ 与件を十分に活用する

こちらも至極当然な内容ではありますが、出来ていない方も多いので書かせて頂きます。
特に与件を活用せずとも、『一般知識』で答えられてしまうような問題は要注意!実はこのパターンも事例Ⅰにありがちな内容です。

例えば、平成23年度の事例Ⅰの第3問などはどうでしょうか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-16-34-34

設問を見ると、「所有と経営の分離のプラス面とマイナス面」とあります。
1次知識を活用すると、以下のような内容が思い出されるのではないでしょうか?
※以下は、私フェイマオのファイナルペーパーより抜粋してます

%e6%89%80%e6%9c%89%e3%81%a8%e7%b5%8c%e5%96%b6%e3%81%ae%e5%88%86%e9%9b%a2

確かにこの手の問題は、1次試験の知識だけで解答を埋める事も出来ます。
が、あくまでも“A社にとって”のプラス面とマイナス面がどうなのか? が求められていますので、与件からメリット・デメリットとなる根拠を踏まえて解答を作る必要があります。
※一般論でも×にはならないかもしれませんが、A社の状況を外してしまうと点数が低くなると思われます。特に、事例Ⅰは与件から根拠が探しにくい問題もありますが、あくまでも 『与件に拘って解答を作る』 事を意識してくださいね。

 

■ 解答要素を詰め過ぎない

こちらは、設問で要求される解答字数が多い問題などで注意して頂きたい点です。
近年は150字を越える字数で解答する問題は少なくなりました(昨年度は120字が解答の要求字数で最大)が、求められる字数が多いと、それだけ詰めて書きたくなる方もいらっしゃるようで・・・

たとえは、200字の要求字数が求められた平成23年事例Ⅲの第2問があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-17-15-39

事例Ⅲでは、平成14年と平成15年に200字問題が出題されていますが、平成23年の第2問で久しぶりに?出題されました。
2次試験経験者の方は、ストレート生の方に比べ1次知識が十分に整理されていらっしゃるかと思いますので、上記のような生産計画の見直しにあたって思いつく改善の方法が沢山出てくるかと思います。

ちなみに、私のファイナルペーパーでは生産計画における改善方法として以下のようにまとめました。

%e7%94%9f%e7%94%a3%e8%a8%88%e7%94%bb

解答で使えそうなキーワードが沢山思いついた場合、色々と詰め込みたくなる気持ちは分かります(笑)

しかし、詰めすぎた答案は、『キーワードの羅列となっており、文章としての体をなしていない』ケースが多く、採点をしていて非常に読みにくい文章となってしまいます。

難しいキーワードを羅列する事は、合格するのに必要な要素ではありません。
『ふぞろい』等で合格答案をご覧になると、合格されている方の答案は1読して書いてある内容が理解できる平易な文章です。

こうした問題の場合、対策を打つには、それなりの原因(根拠)があるはずですので、対策(キーワード)の根拠を事例文から見つけて、因果関係がはっきりとわかる文章構成を作らなければなりません
これは2次試験だけに限ったことではなく、皆さんが診断士となってから支援する中小企業に対して助言活動をする際に求められる事です。
1読して分かりやすいい文章構成にするためにも、『解答要素を詰め過ぎず、因(与件)果(キーワード)関係が明確な文章構成を心がける』 ようにしてくださいね。

 

さぁ、2次試験まであと少し。皆さんのラストスパートを応援しています

To be continued・・・

 



こんにちは、とりです。

2次試験まであと15日、泣いても笑っても、あと2週間で本番ですね。

 

%e8%a9%a6%e9%a8%93%e4%bc%9a%e5%a0%b4

 

模試の結果が届いて心揺れてしまった…
受験校の答練や勉強会もひと区切り、でも力が付いているのか釈然としない…
あと2週間、何をしたらよいのやら…

緊張もしてくるし、どうにも落ち着かない日々を過ごしている方が多いことと思います。

でも、今一番大事なのは、本番でいかに自分の力を出し切るか出し切るためのコンディション作りです。以前も言いましたが、模試の結果に一喜一憂する必要は全くありません。模試がA判定でも落ちる人もいれば、D判定でも合格する人もいる、それが2次試験です。私は昨年1つだけ模試を受け、C判定でした。私の場合は、多くの先輩から異口同音に、「模試の結果は全く気にしなくていい」と言われてきて、実際に過去問と見比べたり採点基準を見たりした結果、しっかり腹落ちしました(笑)なので、解答プロセスだけ簡単に振り返り、あとは封印してしまいました。

で、万全のコンディションを作り上げるためにあと2週間何をするか、私が昨年してきたことと、そしてその「こころ」をお伝えし、みなさまも残り2週間の課題を整理していただきたいと思います。


 

☆とりが2週間前にやったこと☆

1.直近3日間仕事を休む
2.直近3年過去問を解く
3.事例Ⅳの過去問集中的に解く
4.ファイナルペーパー、気づきノートなどお守りを作る
5.風邪を引かないためにできることは全て行う
6.試験会場近辺の下見に行く
7.持ち物チェック
8.合格直後の自分をイメージする
9.短い言葉で試験中の信条を決める
10.お世話になった人お礼をする

では、1つずつ見ていきましょう。

 

1.直近3日間は仕事を休む
私は2日間有給休暇を取得、前日の土曜は普通にお休みなので、計3日間は仕事を休みました。1次試験前にもセミナーやブログで言いましたが、2次試験前も同様に「ノイズ」完全除去すべく、何があっても会社のPCやスマホはシャットダウン、触らないことにしました。た、最後の土曜は勉強をほどほどに、体に負担はかけない程度に家族との時間を過ごしました。
仕事からくる様々なノイズは、気付かないかもしれませんがストレスを与えるものです。このわずかなストレスでも、メンタルをベストの状態にするには避けておくべきです。まだの方は、すぐに仕事の調整をして休暇をとるようにしましょう。

 

 
2.直近3年の過去問を解く
私の場合は「直近3年、H24~26」の過去問を解きました。これは、とにかく自信をつけるためで、もっとも解いたり触れたりする機会が多かった過去問が直近3年分だったのです。何度も解いているのでできて当然なのですが、、とにかく自己採点でも高得点をたたき出して、根拠は薄くても自信を高めることができました。
ここで大事なのは、自信を高めることもそうですが、もう一つは試験形式から離れないことです。ルーティン化することは大きな強みになりますし、自信がつけば一石二鳥です。

 

 
3.事例Ⅳの過去問を集中的に解く
これも「直近4年分」の事例Ⅳを、集中的に解く日を作りました。カフェにこもって、9時~13時くらいの時間で4事例を解きました。私は財務が大の苦手で、特に最終科目でもあるのでどこまで負荷をかけられるか負荷の高い状態でミスを最小限にできるか、前述の自信をつけることにもつながる対策として実践しました。
結果は、苦手科目でもB判定だったので、やってよかったのかな…と思っています。
ただし、これは前日にやってはいけません、絶対に。少なくとも3日前くらいにしときましょう。

 

 
4.ファイナルペーパー、気づきノートなどお守りを作る
たきものようにきれいなものは作れませんでしたが、五月雨式にこれまでのあらゆる気づきや使える1次知識を事例別と全事例共通に分けて書き連ねました。本試験の休憩時間は「休息」に専念してはいたものの、気休めにこれをちょっとだけ眺めていました。お守りがわりですね。
これまでの学びや重要な1次知識を、少なくとも自身の頭の中では整理ができので、形式にとらわれずに取り組めるとよいです。

 

 
5.風邪を引かないためにできることは全て行う
ほんっとに私はクドクドこのネタを使ってしまいますね…でもでも大事です。手洗い、うがいはとにかくいつにもまして丁寧にやっていました。私は幸い、本試験当日までまったく体調を崩しませんでしたが、これから当日まで、ご自身の体調にしっかり向き合って、わずかでも「なんか調子悪いな~」「のどに違和感が…」「鼻水…」といった兆候が見られたら、その日はしっかり寝て、必要であれば薬も早めに飲んで、こじれる前につぶしておきましょう。
「気合いで乗り切れる!」「体力には自信あり」って若い方やアスリートはそう思えるかもしれませんが、絶対にやめましょう。。

 

 
6.試験会場近辺の下見に行く
これも1次試験前と同じです。会場の場所、駅からの徒歩時間、周辺のカフェやコンビニ等、しっかりチェックしておきましょう。ホームページで掲載されていれば、学内案内図も確認できるとよいです。

 

 
7.持ち物チェック
これも1次試験前と同じです。もれなくしっかりやりましょう。細かいことはもう言いませんが、予備の電卓とかも忘れずに。

 

 
8.合格直後の自分をイメージする
ちょっと精神論ですが、気は心、意外と大事なものです。私は独学でリアルな勉強仲間は乏しかったので、合格発表の日にSNSで合格報告をする自分を想像していましたもちろん、報告する文面もしっかりイメージして。
これはそれぞれ、合格後の口述試験、実務補習、その先の診断士になって活躍する姿、イメージするものはなんでもいいです。ボルテージを上げていきましょう!

 

 
9.短い言葉で試験中の信条を決める
320分に全身全霊を注ぎ、これまで身に着けた力を最大限発揮するための信条を、短い言葉で決めました。この言葉を試験中は「絶対に」、「絶対に」ブレないように強く念じていました。どんな言葉を使った信条なのかは、次回のラストメッセージでお伝えしますが、短い言葉であることがポイントです。試験中、とくに苦しい時にすぐに頭で反芻できるのでおススメです。

 

 
10.お世話になった人にお礼をする
これは最後までするかしないか悩みました。あ、もちろんお礼はどこかで必ずするつもりだったのですが、当初試験前は自己管理に集中し、試験終了後にお礼のメッセージを送ることを考えていました。でも試験前夜、お礼の言葉を伝えずに本試験に臨むことが心情的にどうしてもできなくて、勉強会でお世話になった先輩にSNSで、9.の信条も添えてお礼コメントを入れました。この後は安心して就寝しました
私のように試験前日でなくても、また形にする必要もありませんが、みなさんそれぞれ、誰かの支えがあってここまで来ているのだと思います感謝の気持ちも絶対に忘れずに、試験に臨んでいただきたいです。
ちなみに、家族には、、、かしこまってお礼を言う間柄でもないので心の中でつぶやいておきました…

 

 

 

診断士の新バッジです。来年、これつけましょうね!!
↓↓↓クリックすると拡大できます↓↓↓

%e6%96%b0%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b8


 

いささか試験と直接関係ないことも多いですが、ここまで来ると

「いかに自分を信じることができるか」
「聞かれたことに忠実に答えられるか」

これに尽きると思っています。ただ、これを本番でちゃんと実践できるかは、この2週間での準備が肝要、体調はもちろん、メンタルもしっかりしたケアが必要です。侮ってはいけません。私の個人的な体験談ではありますが、みなさまの今後の過ごし方の参考になればうれしいです。

 

今日は土曜日、お休みの方も多いと思いますが、最後までお読みいただきありがとうございました。
以上、とりでした。



たきもです。
154256
「たきものファイナルペーパー」、今回が最終回です。
最後の山場、事例Ⅳです。
【事前準備編】 【事例Ⅰ編】 【事例Ⅱ編】 【事例Ⅲ編】はこちら。
—————————–
二次試験まで、あと約2週間となりました。
昨年の私は、この時期何をしていたのかというと・・・
予備校で受けた事例Ⅳ特訓(6回分)の問題集をひたすら回転していました。
Ⅰ〜Ⅲも勉強していましたが、主に設問解釈に力を入れ
そこまで時間はかけていませんでした。
ところが、事例Ⅳだけは、
NPVも最後まで計算がどーーーーーしても合わないなど
危機的状態・・・・
問題集を回転し、基礎問題の計算プロセスをひたすら覚えていました。

事例Ⅳは、唯一明確な答え(数字)がある科目です。
得点を確実に稼ぐのは、この事例Ⅳです。
苦手意識がある方、あと残り2週間、絶対に諦めず、問題をやりまくってください。
最後の試験会場まで、点数は伸びます!!!

※この事例Ⅳ特訓講座ですが、2017年度目標は1月から開講しているようです。
来年受験される方は、ぜひ早めの受講をおすすめします。
一次試験にも役立ちますし、計算プロセスの確立を早期に固めることができます。
—————————–
では、実際に受験会場で読んだファイナルペーパーをご紹介します。

1.朝からのことをすべて忘れる!!!
→過去を振り返ってもしょうがない!!!!!
2.単位に注意!マークする!(百万円、千円、円・・・・etc)
※私の場合、この単位ミスが多くありました。
3.電卓は慎重にたたく(早くうっても間違えるだけ)
4.解答用紙で、数字の,(カンマ)と.(コンマ)の違いをしっかり書く!数字は丁寧に書く!!
5.まず落ちついて与件文を読め!計算はそれからで間に合う!!!
6.経営分析
①全体を見る(売上、総資本の大小)
②与件文をもう一度読んで、候補をあたる
③計算!!

〜性 指標名 見るポイント
総合収益性 総資本経常利益率 少ない資本で多くの経常利益を上げるほうがよい
自己資本利益率 少ない場合は、当期純利益が過小か、資本構成が適切か
収益性 売上高総利益率 低い:製造原価が高い、低価格交渉になっている、製品構成の再考
売上高営業利益率 低い:販管費の中身を分析
売上高経常利益率 低い:支払利息が多い?→借入金多い?→運転資金は?
安全性 短期:流動比率、当座比率 低い:不良な売上債権や不良在庫がないか?
長期:固定比率、固定長期適合率 低い:設備投資しすぎ
資本:自己資本比率、負債比率 低い:内部留保を蓄積する、無駄な資産の売却で負債圧縮
効率性 売上債権回転率 低い:急激な売上増加にかかわらず支払いサイトが長い手形がある
棚卸資産回転率 低い:不良在庫、売れ筋・死に筋商品の見極め必要
有形固定資産回転率 低い:固定資産の利用度が低い

7.経営分析のタイプ分け
①改善策が要求されるタイプ→経営分析の根拠が与件文の中にある、個別問題の関連性は低い(与件文見なくても個別解ける)
②改善策が要求されないタイプ→改善策が個別問題の中の設定で示されている→個別問題も設定を確認する
8.時間配分
・与件文確認〜5分(+面ピンク、マイナス面緑)(〜15:55)
・経営分析をみてタイプ分け〜2分
・個別問題をざっとみる〜3分(~16:00)
・解く〜60分(1問題10分くらい、すこしでも悩んだら後回し)(〜17:00目安)
・見直し〜10分

いかがでしたでしょうか?
最後の最後まで、諦めない者が勝ちます!!!
たきもでした。



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

いよいよ今年の2次試験(論述)まで、あと16日ですね。
体調は万全ですか?

undoukai_baton_relay

私は週末2連続で長男・次男の運動会があります。断れない性格(!)のためか、ながれで保護者選抜リレーに出ることになってしまい、今からひやひやしています。。。受験生の中にも、週末に家族とのイベントを控えている方もいらっしゃると思います。お互い、怪我なく楽しく乗り切れるように頑張りましょう!


今回は、「二次論述試験のあと」のお話。

診断士試験の峠は2次論述である。それは間違いないのですが、最後に「口述試験」をくぐり抜けて、やっと合格の切符を手にすることができます。2次論述~口述まではスケジュールが非常にタイトなため、今の時期の気分転換代わりにスケジュールを確認して頂こう、というのが今回の記事の目的です。

techou_open

2次論述のあと(1)各予備校の解答&口述対策冊子を入手する など

各予備校では、2次試験終了直後に解答速報を出します。
例年、無料の「解答解説会」が開催されますので、要チェックです。その際に、口述試験の予想問題をくれることも。短時間で口述対策をするのに役立つので、しっかりGETしておきましょう。

TACでは模擬面接を実施しています。本科生(TAC受講生)以外でも、有料ですが受けることができます。これはおススメです。面接は一度やっておくと安心しますよね。すぐに埋まってしまうらしいので、予約開始の日程をはやめにチェックしておくのがおすすめ。(10/4現在、まだ日程は出ていません。試験会場の入り口で配布しているチラシには記載されているはず)

LECでは、再現答案を送るとABCD判定を付けて返してくれるサービスを例年実施しています。(ただし、精度は期待しない・・・
ふぞろいな合格答案でも、今年度は再現答案を送ると何らか評価をくれたような気がします・・・今年も実施されるかはわかりませんが

ともあれ、終了直後は「再現答案の作成」がおすすめです!打ち上げに行く前に一気に作っておくべし!!!先輩に聞いた都市伝説では、「再現答案を作った人ほど合格する」というのもあります。もしかしたら最後まで緊張感を切らない精神力が、合格を引き寄せるのかもしれません。

2次論述のあと(2) 各種口述セミナーに行こう!

seminor_woman

二次論述結果発表直後に、さまざまな受験生支援の組織が口述セミナーを実施します

いまのところ当方でキャッチした日程を列挙しますので、スケジュールをあけておいてくださいね。

中小企業診断士一発合格道場 口述セミナー 12/10(土)
時間未定:午後~夜の予定。
※詳細は告知をお待ちください!
・ふぞろいな合格答案 口述セミナー 12/11(日)
・タキプロ 口述セミナー 12/11(日)

※追加情報を入手したら、追記しますね。

ほぼ落ちることがないと言われている口述ですが、とはいえ過去に落ちた人がいるのも事実。どこか1か所行っておくと安心です。
去年の私は合格したと思っていなかった&完全にナメた状態で、口述の対策は何もしていませんでした。危機感を抱いた優しい友達に促されて、ふぞろいの口述セミナーに参加して何とか事なきを得ました・・・。今だから言える。口述試験、丸腰で行くのは危なすぎます。


まずは16日後に控えた二次論述を無事乗り越えてくださいね。
セミナーなどの機会で、元気な皆さまにお会いできる日を楽しみにしております。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



筆記試験ではなく
リスニング試験

8ff8c7190a4d3be026e500e9b004334c_s

おはようございます。こばです。

二次試験まで残り2週と少し。
これから追いかける指標は前回書いた通り

エラー回避率と答案再現率

この2つの数値を向上させるためには、事前準備を確実に行こう必要がある。

準備するものは3つ

この3つがあれば、エラー回避率と答案再現率は向上する。

受験生であれば差こそあれ、事前準備はしている。
となればこの3つの武器を持った状態で解いた事例の本数が勝負となる。

単純な知識試験ではないので、

過去問○回転、学習○時間などは二次試験の合否にあまり関係しないと考えている。
しかし、この3つの武器を仕上げた状態で解いた事例本数は影響が大きいと考えられる。

それでも、事前準備はこれぐらいで充分。
これ以上綿密な準備をした場合、試験当日の社長との面談で邪念が入る可能性がある。

では、試験当日に必要なものとは

□試験当日□

試験当日は4人の社長との初めての面談。
こちらが用意した話を一方的に話すのではない。社長の話を聞く塲である。

会話はとりとめなく行われるが、基本的な流れはいつも同じ。
の記事で確認。

このとりとめもない会話の中から社長の想いを感じる必要がある。

平成27年の試験中に聞こえてきた社長の声

A社長:従業員を路頭に迷わせたくない
B理事長:商店街及び地域を盛り上げたい
C社長:ビジネスチャンスを捉え利益拡大を行いたい
D社長:環境変化への対応、リスク分散

声なき声もある中、社長達の想いを酌むために必要なものがきく力となる。

 

□きく力とは□

きくという言葉で良く使われるのが下記の2つ。

◆聞く
聞こえる。「聞く」というのは、相手の声や言葉が聞こえてくるということで、「音声として耳に入ってくる」ことをさします。

◆聴く
積極的に耳を傾けて、話しを聴く。(積極的傾聴)話し手のそのうちにある感情や情感を聴きます。
「聴く」というのは、相手の言葉を聴き、「心の内面をとらえようとすること」と定義されています。

診断士試験で必要となるのが聴く力。

 

□聴くポイント□

一般的に、「聴く」という字が「耳」と「十」「四」「心」という字から成り立っているところから、聴くという行為は「十四の心で耳をかたむけて聴く」と言われています。

正確には「四」は数字ではなく、目を横にしたもの。

一般的に14の心として下記が挙げられる。

・受容する心
・共感する心
・好意的な心
・興味を示す心
・肯定する心
・優しい心
・理解する心
・ゆったりした心
・誠実な心
・先入観のない心
・明るい心
・公平な心
・信頼の心
・感謝の心

□心を整える□

試験当日に社長の想いを正しく聴くためには心を整えて臨む必要がある。

・自己主張
・合格への想い

自分を中心に相手の話を聴くのではなく、相手主体できく。
相手主体できけば、答を書くためのヒントを血眼に探そうとしなくても、面白い言葉がふとみえてくる。

相手の話を楽しむ

先程の心を整えて相手の話にそっと耳を傾けたら聞こえてくる声がある。

しかし、注意しなければならないことがある。
それが

訊くにならないこと

 

◆訊く
尋ねる。尋問する。訊き手がひたすら質問します。
訊き手の訊きたい答えを訊き出すために、訊き手が話し手を追いこむようにする姿勢です。

合格してやろうと意気込んでと望むと聴くから訊くに変化してしまう。
相手の話をきくのでなく、尋問へと変化。

社長の想いを正しく掴むためには訊くではなく、相手思考の聴くである。

そして、社長の想いを掴んだあとの回答は、質問に対してはオウム返しで対応するだけ。
オウム返しは相手に安心感を与える。

やはり、この試験の本質は

聞かれたことに素直に答える

 

byこば



最後まで生き残った者が勝つ。

5f0ba2cbd3f7643c497388be1de04a22_s

こんにちは、noriです。9月の祝日に3代目ひめが主催する受験生向けメンタルセミナーのお手伝いに行ってきました。その休憩時間に少しお時間をいただき、話しをさせていただきました。

合格するための心構え。

 

それは、「合格できる」と“自分”が信じること。

 

勉強すればするほど不安は増していきます。

計算ミスがまだなくならない…大丈夫だろうか。

勉強量が少ないんじゃないだろうか…大丈夫だろうか。

知識が本当に十分なのだろうか…大丈夫だろうか。

 

そうしているうちに当たり前のことを忘れます。

合格する気で、勉強しているのだということを。

 

大丈夫、絶対に合格できる。

私にコーチングをしてくれた3代目ひめは、私にそう言い続けてくれました。

 

「絶対合格できる」と言ってくれる人は中々いません。受験校の先生も100%合格を保証できるわけではないので、「君なら絶対合格できる!」とは中々言えません。

 

だって、結局は受験する自分次第だから。

 

だからこそ、大切です。

「合格できる」と“自分”が信じることが。

 

一生懸命勉強してきて、結果が出なかった時のショックは大きい。それは1次試験でも、2次試験でも変わりはありません。10月に入り、だんだん寒くなると心も寒くなり、私は心のどこかで毎年「ダメかもしれない」と思っていました。ダメだった時のショックから自分を守るための心の準備をしていたのです。そして、ダメだった時に「やっぱりダメだった…」と自分を慰める。それでは合格できない。合格年にようやく「自分は合格する」と思って試験に臨むことができました。

 

「合格できる」と“自分”で信じてください。

 

不安で不安でたまらなくなっている人がまずやるべきことは一つ。

 

早く寝ましょう。

 

悪い想像が浮かんでくる時は、生活習慣が狂い体調が不安定になっていることが多いです。

10月の間は3つだけ気をつけてください。

体調管理に気をつけて、心身の状態を整える。
・食べ物など、自分の好きなものを選び、自己コントロール感を高める。
・ラッキーだったことを1日1つ見つけて、運を引き寄せる。

 

「大きな失敗さえしなければ、周囲が勝手に脱落していく」

一発合格をした友人の言葉です。

私のように毎年自分で自滅していく人は多いです。

試験である以上、いかに落とすかという工夫を作問者も行っています。

 

平成24年では、事例Ⅱ・第2問では、設問1と2で「垂直的な提携」と「水平的な提携」を一般的に「水平」→「垂直」の順に記載されることを利用して、「垂直」→「水平」の順に出題しました。この順番の罠に引っかかった人もいました。
平成25年では、事例Ⅱで電卓を使用するような問題が出題され、机上に電卓を出していなかった受験生の動揺を誘いました。
平成26年では、事例ⅡでPPMやデシル分析などの知識の理解力を問うているのではと受験生の動揺を誘うような問題が出題されました。

 

今年も動揺を誘うような問題は出題されます。あらかじめどうするのか自分のためのBCP(事業継続計画)を準備しておきましょう。

 

・知識がなくて解答できないと思ったらどうするのか。
・初めて見る問題で何を問うているのかわからないと思ったらどうするのか。
・聞いていることはわかったけど、事例文から根拠が見つからないと思ったらどうするのか。

 

緊急事態に有効な手を打つことができなければ、生き残ることはできません。

 

思いっきりプレッシャーをかけるつもりですが、今年の勝負絶対に取りに行きますよね!?

だって、どうしても自分に必要な資格なのでしょう!?

だからこそ、誰にもわからないような大変な思いや、悔しい思いをしながらも勉強を続けてきたのでしょう!?

 

一番大切なことは設問の意図をしっかり捉えて、それに解答すること。

そして、罠にかからず、最後まで生き残ること。

 

直前期に周囲の勉強進捗や周囲の言動に振り回されることは無意味です。

自分を、自分だけを信じて。

今年の勝負、絶対に取りに行きましょう。

 

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!

nori でした。

 



皆さん、おはようございます。最近、「壁ドンしてもトキメカナイ」と嫁に言われてちょっと凹んでいる細川です。本日を入れて2次試験まで残り20日となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

本日のお題はズバリ「難問対策」です。このような問題に出会ってしまったら、どのように対応するか、あらかじめ決めておき、平常心を保って解答しましょう。
但し「難問」ですから高得点は期待せず、「0点にするよりはマシ」という考えで、部分点を採りに行く心構えで取り組んでください。

その前に、直前期の総点検。次の点に気を付けて学習していますか?インプット学習とアウトプット学習については、こちらで、ノートづくりや復習方法については、こちらこちらの記事で既に述べていますので、もう一度読み返してください。

1.与件との対応付けがほとんどできない設問
全体戦略までの段階で、与件から設問に使えそうな部分を見つけられなかった、またはほとんど見つけられなかった場合の対応法です。

①重複工程
与件の中から、他の設問で使用した部分を再利用し解答する方法です。結果的に、同じような内容の解答を複数記述することになります(=切り分けができない)。
例:事例Ⅲ…平成27年第1問設問1と第2問

②1次知識の活用
与件内に根拠がない場合は、設問に登場する言葉の1次知識を活用し、事例企業に当てはめる形で解答します。特に与件内に根拠を見つけにくい事例Ⅰや、公式を知っていることを前提に出題される事例Ⅳで行います。
例;事例Ⅰ…平成23年第2問「特許」
例:事例Ⅳ…平成27年第3問設問3「流動性」

③過去問の解答の利用
過去問で出題されたものと同じような傾向や言葉を使用した設問なら、過去問の模範解答をアレンジして事例企業に当てはめることで解答できます。このような文脈で、模範解答の丸暗記や写経は、一定の効果が期待できます。
例:事例Ⅰ…平成24年第5問と平成22年第3問

④言葉からの類推
それでも解答の直接的な根拠が見つからなければ、与件や設問に登場する言葉を根拠にして、自分で類推するしかありません。その際にも、競合会社との比較や、当該企業の沿革をなぞるなどして(歴史は繰り返す)、何としても与件と設問にかじりつき解答する姿勢は決して忘れないでください。
例:事例Ⅰ…平成24年第2問と2008年頃のA社の状況

2.記述の方法
記述の際にも、難問なりの記述の工夫が考えられます。
①全部載せ
ヒズミや他の設問で使わなかった与件の部分を根拠に記述する方法です。そのような部分を全て解答に突っ込み記述するので、このような設問をバッファ、またはゴミ箱問題とも言います。

②設問の構造に合わせる
解答内容と設問の要素を対応させて記述します。要素だけでなく要素毎のボリュームのバランスも、設問に合わせます。
例:事例Ⅱ…平成25年第4問設問2「X市地域外の消費者」「オフラインの施策(コミュニケーション戦略・セールス・プロモーション戦略)」「オンラインの売上拡大」←それぞれの要素を、文字数の割合に比例させて記述する。

③結論後回し
解答の記述は、結論をはじめに書くことで採点者に「自分は分かっていますよ」ということをアピールするのが基本戦略ですが、そもそも結論の方向性が分からないのに答えさせる問題があります。そのような場合は、結論に至る理由(できればどのような結論の理由にも使えるもの)を並べ、最後に結論を述べることでリスク分散をを図ります。こうすれば、たとえ結論の方向性が間違っていても、理由の部分で得点が期待できます。
例:事例Ⅰ…平成22年第4問

3.白紙を作る勇気
前回も言いましたが、解答用紙は全て埋めるのが基本戦略です。しかし難問に注力しすぎて、他の簡単な設問に対する解答がなおざりになってしまっては本末転倒です。
そこで、以上の手段を取っても空欄を埋めることがかなり難しいと判断した設問に対しては、あえて解答しないという戦略を採ります。
ただし、「白紙を作る」というのは例外であって、原則ではありませんので、常套手段とはしないでください。全体戦略が完了した段階で、どうしても解答できないほど難易度が高い、または作業量が多くて時間が足りないと判断した場合のみ、白紙=0点となることを覚悟の上で決定してください。特に難易度が高く、かつ計算作業量が多い事例Ⅳの第3問設問2あたりでは、この「切り捨てる」判断が重要になってきます。難易度の割には得点がそれほど高くないのであれば、第1問の経営分析の解答に注力し、検算をもう1度繰り返すべきです。私は昨年の事例Ⅳで白紙を作りましたが、他の設問の解答に注力できたために57点と、合否を分けるような得点には成りませんでした。
白紙を作る際の注意点は、一旦白紙にすると決めた問題は、最後まで絶対に手を付けないことです。人は弱い生き物。せっかく最初に「やらない」と決めたのに、自分の判断に自信が持てず難問を解き始めてしまいます。すると、「これって実は意外と簡単に(時間をそれほどかけずに)できるんじゃね?」と思ってしまいますが、それが自らはまり込む落とし穴。やっぱり難しくて中途半端な解答になってしまい、得点も期待出来ないばかりか、他の設問に解答する時間も足りなくなってしまいます。解答戦略を混乱させないためにも、難易度を見極める能力を高めましょう。

本日はここまで。以上、細川でした。



【2次試験まであと1ヶ月を切りました。】

みなさん、調子はいかがですか?

スト合格の場合はここからもどんどん実力が伸びていきますので、最後まで走り抜けましょう!

といいつつ、去年の今頃、私は受験校の演習後にネットでアップされる高得点の答案や、ふぞろいを見て、「どうしよう」と困っていたことがありました

それは、こんなにすごい文章を80分で書けないということ。

割合は少ないかもしれませんが、同じ境遇の一発スト合格を目指すあなたに向けて書きます。


【受験校の高得点の回答の特徴】

・助詞「て・に・を・は」を落とし、極限まで不要な文字を落としている

・得点になりような要素をぎっちり盛り込んでいる

gakkari

(↑ そのころの私のイメージ図)

「はぁ、本試験でここまでレベルを持ってこられるのかなぁ・・・」

「最大限がんばるけど、そもそも文章を書かない生活をして何年も経っているし、本当に80分でできるのか・・・」

「2次再チャレンジの人と正面から戦って勝ち目あるのか?」

 

【割り切って出来ることに集中】

答案を読みまくりながら考えたことは、「残り1ヵ月を切ったし、最大限頑張るとしても、基本は今の文章の流れで行く!もしこれでダメだったら、その後のことはその時に考える。」ということ。

 

私の当時の回答の文章の特徴は、平易な文章で言葉が書かれていること。

2次再チャレンジの受験生の方に答案を見ていただいても、「ここはカットできる」と助詞を切る様によくアドバイスをもらいました。

 

実際の試験当日は、ある程度まではレベルを上げられたと思うものの、いわゆる受験校のネットで上がってくるような高得点回答までは至りませんでした。

実際、道場の夏のセミナーにお越し頂いた方で、7代目の再現答案をお持ちの方は見て頂きたいのですが、他のメンバーと比べて平易な文章の書き方だとお分かりいただけると思います。

 

ただ、実際に得点開示をしたところ、事例1では81点、事例2でも71点を取り、結果的に出題者の求める回答さえ書けていれば、いわゆる「解答要素と思われるところ」をみっちり盛り込まなくても、得点が取れるんだなと感じました。

(ちなみに事例3は外しまくって50点を切る結果に)

 

と言うことで、もし、今、同じ悩みを持つそこのあなた。

最大限努力しつつも、如何に出題者が求める回答を作成していくかと言うことに注力するとスト合格に近づくかもしれません。


明日の道場は

細川泰志が登場。

とあるイベントでプロデューサーを勤めた彼のオイラ式からますます目が離せません!

 

それでは今日も良い1日を!

碧でした!


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

次回は口述対策セミナーです。
詳細発表まで今しばらくお待ちください。


夏セミナー@東京&大阪

東京セミナーレポートはこちら
大阪セミナーレポートはこちら

—————

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX