» 2016 » 7月 » 06のブログ記事


改題

こんにちは、こばです。
今年の財務は難化予想。その財務に対して何も対策をせず待っているのもつまらない。

財務はコツコツやりましょう言われているが、半分正解で、半分不正解。
毎日やることは意味はあるけれど、毎日1問程度では表面的な計算を覚える程度になってしまうことが懸念される。
財務は一気にガツンと深く追い込む時が必要。

つまり、筋トレと同じ。筋トレも筋肉を破壊して、超回復を図ることで筋肥大を生じさせる。
その時に意識することは、どの筋肉を動かしているのか、正しいフォームで行えているかなど。
でも、一旦筋肉を大きくしたら、継続的にトレーニングをすることで体の動かしたを覚えさせる。
もう直前期、すでにガツンと追い込んで、筋肉が大きくなっていることを前提として、財務の問題をアップします。
過去問の重要論点を、少し変えて掲載。

第1弾は1次、2次ともに最頻出の経営分析を出題。

まずは、経営分析のポイントを超ざっくり確認。

●安全性:借方の何か÷貸方の何か(BS)
●収益性:利益÷売上高(PL)
●効率性:売上高÷BSの何か(PLとBS)

詳しくは、こちらを10分で確認

それでは本題の

□過去問改題□

平成27年 第11問(改題) 少数点第3位を四捨五入すること

貸借対照表

※純資産には利益剰余金が10,000千円含む

設問①安全性に関する指標で数値が正しいものはどれか。

ア:流動比率:54%
イ:当座比率:36%
ウ:自己資本比率:127.27%
エ:固定長期適合率:166.67%

設問②今期、D社は新規に自社物流用の倉庫を設立する。倉庫を設立するにあたり、資金1,000万円を余剰資金から200万円、残り800万円を金融機関から長期借入金で調達を行う。
倉庫設立後の安全性に関する指標で数値が正しいものはどれか。

ア:流動比率:80%
イ:当座比率:36%
ウ:自己資本比率:42.86%
エ:固定長期適合率:111%

 

□解答解説□

問①、これは基礎知識で解ける問題
正解はイ

ア:流動比率=流動資産÷流動負債 よって80%なので×

この指標は瞬殺ですね。基本的にBSには流動資産と流動負債それぞれ合計された数値が記載されてます。決算書を3秒でみる場合はこの指標を確認するそうです。
この指標は短期安全性。

イ:当座比率=当座資産÷流動負債 よって36%で○
当座資産=現金及び預金 + 受取手形 + 売掛金 +有価証券
この当座資産の知識があれば瞬殺、しかし、本試験では緊張でど忘れの可能性あるので注意。
この指標は流動比率よりももっと短期安全性。この36%はかなり低いですね。二次試験でもこれほど低い数値の企業はなかったはず。

ウ:自己資本比率=自己資本÷総資産 よって44%なので×
純資産の内訳が明確に記載かれていないので、自己資本=純資産ということと解釈する。
自己資本比率が100%を超えていることに、瞬殺でなんでやねんと突っ込みを入れる。
この指標で資本構造の良し悪しが分かる。

エ:固定長期適合率=固定資産÷(自己資本+固定負債) よって110%で×
166.67%は固定比率=固定資産÷自己資本。どちらの指標も100%以下が望ましく、長期安全性を表す。

問②、この問題は2次試験レベルを想定しています。単位に注意しましょう。
正解はウ

まず、正しく予想BSを作成することができるかが鍵となります。
この問題を解く場合の重要な用語が余剰資金。
余剰資金って何だっけ?となった人がいると思います。
この問題は、平成25年の2次試験の経営分析を意識して作成しており、
当時の受験生も勘違いし、仕分けを正しく行うことができなかった方がいます。

余剰資金=利益剰余金ではなく、現金です。
このことが、正しく押さえてあると仕分けも行えます。
予想BS
予想BS

このBSが作成できれば、後は問①の知識で計算するだけ。

では、まとめ

・財務はガツンとやることが最重要。筋トレと同じ。
・経営分析は必ず出題される。
・安全性の指標は、短期、長期、資本構造の3つ。
・経営分析の難化ポイントは予想BS、つまり仕訳。

byこば



ラスト1カ月、夢への助走

f54e395b7961146e6639eb345524a278_s

おはようございます。こばです。

本試験までラスト1カ月。
これから、全国約4,000校の高校球児が、夢の舞台甲子園に向けた熱戦を繰り広げる。
ここから約1カ月かけ、49の代表の座を争う。
高校球児が熱い夏を過ごす中、診断士受験生も真夏の本試験、楽しい卒業式へ向けてラストスパートをかける。

そのラスト1カ月で、今後取るべき対策はどっち?

A:模試は予備校が総力を注いだ予想問題だから、模試をしっかり復習
B:模試で間違えた論点は本試験にはでない、過去問高速回転

どちらか一方が正解なわけではなく、ABどちらも正解。
A、Bを選んだ人はそれぞれ下記の現状と思われます。

A:試験対策が遅れがち
B:試験対策十分で公開模試で420点以上を確保

 

確かに、予備校の本試験の予想問題でもありますが、予想できる問題は過去問5年分の中にある。
予備校が予想的中と掲載している問題は過去問の重要論点であり、受験生も予想が十分可能である。

Bを選んだ試験対策十分な方も、ここで安心すると足元をすくわれるのが診断士試験です。

ここで、もう一度本試験の特徴を考え、今後の対策を考える必要がある。

.
■診断士試験の特徴■

・広く浅く出題される。
重要論点は繰り返し出題される
AB4、CD4、D’E2の法則で出題され、平均点が6割弱に落ち着く。
選択肢があいまい最後の2択はどちらも正解、不正解に思える。

この特徴を踏まえて、ラスト1カ月を今年の自分ならどう対策をとるかを考えます。

□ラスト1カ月、今ならこう過ごす□

なぜ、去年自分が行った対策じゃないか。
それは、試験は未来に向かって変化するものだからであり、昨年自分が行った対策がベストではないから。
また、自分のノウハウはすごいだろと自慢する気もない。

まずは自分の昨年の対策から確認

模試の結果がいまいちで、尻に火がつきました。このままじゃマズい!
こんなに勉強していて一次試験で落ちる訳にはいかない。
気持ちは焦りながらも、法務・経済に注力しつつ、一日目と二日目教科に分け2日間で回していました。
特に法務は地道に過去問や模試で論点になった事のポイントを整理し、単語帳アプリで暗記。
他の教科はスピ門・過去問・一問一答アプリで総復習し、試験までに仕上げました。

(合格体験記から抜粋)

昨年の一次試験及び二次試験の経験を踏まえて、今の自分ならこう過ごす。

アプトプット祭り
1日7科目を半分の時間で解き、短期間で試験範囲を再度網羅する。
5年分を3回転するのに、たった15日間

テキスト爆読
ラスト1週間で、テキスト全範囲網羅する。
どんなに対策を進めようが、どうしても曖昧苦手論点は発生する。
再度、テキストに戻ることで稚拙論点も丸暗記する。

 

去年の自分を一言で表すと甘い!

尻に火が付いたと表現しているが、昨年の自分は甘かった。
毎日、勉強をしているが試験特性に応じた対策が不十分。
過去問の答えを覚えても得点期待値は50点。

前期の詰め込みが甘いことが得点が伸びなかった原因。
丸暗記をすることを怠り、試験に臨んだため、ボーダーラインぎりぎりになってしまった。

それでも不合格にならなかったのは、1,500時間の積み重ね。

模試前と模試後の学習の違いは

稚拙論点の丸暗記

重要論点を暗記しても50点、この稚拙論点の丸暗記を行うことが合否を分ける。

ではまとめ。

・熱い夏の始まり。夢への助走。
・模試の問題は出題されるが、過去問に掲載されている。
・ラスト1か月はアウトプット・インプット祭り。
・模試後の学習は丸暗記が重要。

byこば


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

次回は口述対策セミナーです。
詳細発表まで今しばらくお待ちください。


夏セミナー@東京&大阪

東京セミナーレポートはこちら
大阪セミナーレポートはこちら

—————

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX