» 2016 » 6月のブログ記事


こんにちは、とりです。

早いもので6月も今日で終わり、明日から2016年も後半になりますね。1次本試験当日が刻一刻と近づき、お仕事やプライベートとの狭間で落ち着かない日々をお過ごしの方も多いかと思います。
診断士になって最近思うのは、企業内診断士の場合、本業と診断士活動と、それぞれ限られた時間を捻出して取り組んでいくのですが、受験生時代に仕事をしながら勉強時間を確保していくタイムマネジメントのノウハウが、診断士活動に少なからず活きている、ということです。
タイムマネジメントだけではなく、多岐にわたる試験範囲から自身の得意不得意や習熟度と照らして学習の注力度合いをコントロールしたり、合格点に到達するために7科目の得点配分を練ったりする、様々な局面での分析力自己管理能力は、診断士に求められる必須の素養だと思うのです。駆け出しの診断士が大層なことは言えませんが、やはりこの厳しい試験を乗り越えられる素養こそ診断士に欠かせないんだなぁ、とつくづく思うようになりました。

それはさておき、この直前期はほとんどの受験生にとって苦しい時期ではありますが、苦しい中でもしっかりご自身を俯瞰して、PDCAを回してベストを尽くせてこそ、合格にたどり着けるものです。ぜひ、歯を食いしばってでも乗り切っていただきたいです。

絶壁


 

さて、【模試活用法】2回目の記事です。前回は模試の試験問題や解説の活用についてお伝えしたので、今回はその他諸々の活用法をお届けします。7代目のメンバーも、それぞれの経験や視点で活用法を書いていますので、語り尽くされている感はあるものの、みなさまはこれらを参考にして、ご自身に合う形にアレンジして活用いただくことをオススメします。
なお、今回はあくまでも【模試活用法】です。本試験に向けたシミュレーションなので、本試験を「イメージ」した計画を立てて模試に臨むことで、本試験で取り返しがつかない失敗をしないことが目的です。模試での失敗は気にせず試験で繰り返さなければいい、くらいに捉えていただければと思います。

 

①会場までの道のり
本試験の会場とは当然違うのですが、移動ルートの事前確認は行いましょう。特に不測の事態に備え、迂回ルートも複数イメージしておきましょう。模試でそこまでするかどうかは別として、最悪タクシーを利用するケースまで考えておくとベストですね。
最寄り駅から会場までの距離も要チェックです。夏なので、晴れても雨でもストレスですよね。試験前の疲労は最小限にしましょう。
昼食や飲料をここで調達される方は、コンビニなどの調達場所も確認しておきましょう。また、何を現地調達するかもあらかじめ決めておき、会場入りしてから「あ、あれ買うの忘れた、どうしよう…」とならないように注意しましょう。

②試験開始前
試験開始の2時間前には最寄り駅に到着し、1時間前には会場入りすることをオススメします。
私は、最寄り駅到着後会場入りする前はカフェで軽くテキストを眺めながら、適度に緊張感を残しつつリラックスすることを意識しました。
会場入りしたら自席を確認した後、トイレや喫煙所、その他休憩可能な場所を確認しました。そして30分前には着席し、受験票や筆記用具を机上に置き待機しました。

③昼食
かおりんもそうだったようですが、私も模試では失敗しました
昼休みにまとめて昼食を取ったことと、前日に日帰り弾丸出張をしてそこそこ疲労していたことも手伝って、午後一の企業経営理論で強烈な眠気に襲われました。午前中の経済学や財務でも時間配分をミスしていて、結果が惨憺たる状況だったのは言うまでもありません。
でも、惨憺たる結果でも模試だったのはこれ幸い、この失敗を経験して、本試験では1次、2次ともに、昼食は小分けして取るようにしました。

④休憩時間
これは1年目の本試験での反省ですが、時間を惜しんで次の科目の勉強をしていました。この行動が功を奏すのは情報や中小ぐらいです。不要な不安が生まれることもあり、何より大事な脳を休ませないと試験中に自分をピーキングできません。ここまでやってきた自分を信じるしかないですが、休憩時間は文字通り「休憩」に充てましょう。もちろん、スマホ等でSNSや友人との交流はNGです。理由はわかりますよね??不安が増長されるだけでいいことはありません。試験当日だけは、しっかり自分自身だけと向き合い全身全霊を注ぎましょう。

⑤試験終了後
科目毎の終了時、終わったことは忘れましょう。1日目の終了時も同じです。2日目が終わったらその日に少々の息抜きはいいでしょう。でも、8月の本試験に向けた最後の対策を練る必要があります翌日には自己採点して、ご自身の立ち位置や課題を明確にしましょう。

⑥持ち物
筆記用具 ※写真アリ
noriがマークシート用のシャーペンを使っていましたね。とりは「鉛筆派」でしたので、「F」や「HB」の鉛筆を7本と鉛筆削りを持参。消しゴムは持ちやすく、1マークを消しやすい薄型タイプ
あとは、ペンケースに入るおみくじ大の「お守り」を忍ばせておきました。
(今思うと、カ●ニ●グを疑われそうな代物で危険だったかもしれません…)

テキスト類
その日の受験科目の、最小限の持参に止めることをオススメします。
不安な方は、模試なので試しに必要と考えるものを多めに持参してもよいですが、模試が終わった後に効果を検証してみましょう。

食べ物、飲み物
試験はエネルギーを消費するので、たくさん食べたくなる方もいるかもしれませんが、先にも書いた通り避けた方がいいです。私は、おにぎり2個だけにしました。飲料は、ミネラルウォーター眠気覚まし用のブラックコーヒーを1本ずつ。糖分補給用には溶けにくいチョコレート、眠気覚まし用にミントタブレットをそれぞれ会場近くのコンビニで調達しました。

とり_文具

<とりの文具一部>


 

おおむね、こんなところでしょうか。試験には直接関係ないことばかりですが、他のメンバーも書いている通りけっこう大事ですよ。それに繰り返しになりますが、模試は本試験の「シミュレーション」です。本試験の「つもり」で受験する心構えは不可欠ですが、失敗が許されるのもまたしかりです。前回の記事で2回受けるのがベスト、と言いましたが、このような試験に直接関係ないことでも複数回検証できると、よりご自身に合うものを見つけやすくなります。複数回、会場受験が可能な方は、試験以外の部分でも、ぜひ確固たるご自身のスタイルを見出してくださいね。

試験会場

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、とりでした。


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!



たきもです。今週末はTAC模試です。
受験される皆様、準備はいかがでしょうか

143561

前回は【模試活用法】の最初の投稿だったのにも関わらず
ゆるわだ的な記事を書きましたが…
(いえ、ご飯・服装・イス対策大事ですよ、ほんと)
今回は「超直前期の勉強法もシミュレーション」をテーマにお届けします。
————————————-
今日は、ちょうど模試から3日前(水・木・金)です。
模試を本番として受験し420点超えを目指すストレート生、
「本番前3日間、なにをすべきか」をここで試しましょう。
成功すればそのまま継続、
うまくいかなければ残り1ヶ月で修正すればよいのです。

そこで、今日は私が昨年やっていた、本番直前3日間の勉強内容
道場の私的必読記事をご紹介します。

1.1日3科目でペンキ塗り
ふうじん「【最後の2択】ペンキ塗り学習法 ver. 2015」
に従い、1日3科目を回転
1日3科目やれば、
7科目を一通り総ナメ+間違えたところの直前修正
前日にやることができます。

<やった教材>
①完成答練×2回分
間違えた問題を中心に解き直し。
答練当日・復習1回目ときて、本番前は3回目。
間違えた問題はこびりついた鍋底のコゲ
ポケテキに間違えた理由を書き込む
→電車の中でひたすら読む
の繰り返しです。

②過去問
完成答練期に2回解いていたので、3回目。
しかし全部解くのではなく、
「ABCランクで間違えているところ」を中心に。
ABCで間違えているところは、確実に当日足を引っ張る問題と思って
心して臨みましょう。

③スピテキ
①と②は間違える分野が不思議と一致します。
スピテキの該当分野をさらっと解いて、基礎を復習しました。
さらっとがポイントです。時間がありませんから

2.中小の追い込み
覚えれば覚えるだけ点が取れる中小。
TACのトレーニングと過去問で、
細かい数字問題や順序問題を繰り返し確認しました。
ここもすべて解き直すのではなく、今まで間違えた問題中心
政策分野はトレーニングより過去問中心、
定番問題は確実に答えをダイレクトで選択できるまでやりました。
7代目リーダーこばのこの記事は必読です。

3.大苦手の経営法務の底上げ
会社法と知財のみに注力他は無視!
Nicoの「【直前期対策】残り1ヶ月間での経営法務対策」
に支えられながら、諦めずに立ち向かっていました。
完成答練期に作成した横串表で繰り返し暗記。
暗記の後は、過去問(ABCランクのみ)を一通り解き、
頻出分野のペンキ塗り

・・・今まで書いてきた内容と大して変わらないことに気が付きました。
つまり、直前期といえども、やることはいつもと変わらず
自分が決めた勉強を、淡々と3日間繰り返せばよいのです。

この時期、不安になる気持ちを抑えてくれるものは
机に向かっている時間だけでした。
不安は勉強でしか払拭できません。
忙しくても、少しでも「診断士」に向かう時間を作ること。
それが最後の合格につながります!!
今が一番つらいときです。
今までやってきた自分を信じて、進んでいきましょう。

たきもでした。

==========================================================
あの熱い夏がやってくる!今年も開催!
大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:8月11日(木)
14:00-16:30(予定)
(開場・受付開始:13:30~  )
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(最寄駅:大崎駅)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。
(実費負担、4,000円程度を予定)

2次試験はロケットスタートで11週を制した者が勝ちます!
ぜひとも予定を開けておいてくださいね!



今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

ちょっと細身なお仕事ズボンを穿こうとしたら、足が途中でひっかかり、バランスを崩してぎっくり腰になりました。人生どこに罠が潜んでいるかわかりませんね。タイトなジーンズにねじ込めない、戦えないボディを実感する今日この頃。


さて本題。

今週は「模試活用法」Weekです。今日のテーマは「ダメな模試の受け方から学ぶ」です。

模試をこう活用しよう!みたいな話は7代目の他のみなさまが力説してくれているので、今日はしくじり先生的な感じで。

ダメな例1:お昼ご飯を食べ過ぎて午後イチ科目で眠くなる
ダメな例2:大して勉強もしていないのに、終了後にそのまま友達と飲みにいってしまう
ダメな例3:採点だけして復習はせず、そのままお蔵入り

・・・全部私のことだけどね!

模試は、本番で失敗しないために全力で失敗する機会です。

1年目の模試で、私は同じ会場にいた勉強仲間とランチに外出。担々麺に餃子と半チャーハンセット・・・はい、食べ過ぎました。結果、得られたのは「午後イチ科目で睡魔と戦う経験」に加え、「食べ過ぎの腹痛で10分以上ロスする経験」。そのおかげで、当日はちゃんとコンビニで適量のお昼を買い、恙無く受験することが出来ました。

試験時の過ごし方もですが、何よりどうやって解くか?のトライアルを。模試では失敗しないように・・・なんて大ウソ。むしろ、ぜひしっかり失敗してきてください。(ただし食べすぎは健康に悪いので、よいこはまねしない)

そして、模試の受験後に大事なのは、これだけ。

1次の模試:「迷った問題をしゃぶり尽くす」こと。(点数に一喜一憂しない)。
2次の模試:自分に不足していたボキャブラリーや考え方のフレームをがっちりモノにすること。

終了後は、大いに仲間とアルコールで疲れを流したらいいんじゃないかと。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!



ここから、二次ロケットダッシュへの
カウントダウンが始まる
space_rocket_hassya

おようございます。こばです。

今週末はいよいよ試験本番であるTAC模試が実施されます。
そして、本当の戦いはここから始まります。
一次試験の先に二次試験がある。二次試験には約2,000人の再受験組が待っている。
その再受験組を押しのけ、二次試験も合格するためには、一次までに二次に必要な知識を体系化し至高の武器にしておく。
1の質問に対して手持ちの知識のカード10枚切れるように準備、一次終了から二次へのロケットダッシュが可能になる。

 

戦いの合図になるのがTAC模試

まずは、模擬試験とは何かを確認。

模擬試験とは、
入学試験や資格試験の事前に受験者の能力を測定するなどの目的で行われる試験のことである。
略称は模試。
(wikipedia参照)

受験生の能力を測定することが模試の目的となっている。
その模試をこの直前期に受ける理由を考えてみましょう。

理由は
①技術面で、合格レベルの知識に到達しているか把握するため。
②体力面で、2日間7科目を一括で処理した場合の疲労を把握し、その中でも正確な解答を行うため。
③精神面で、負けられない本番の緊張感を乗り越え、420点以上の結果を出すため。

また、効果的に模試を受けるために必要な準備について考えてみましょう。

必要な準備は
①技術面で、模試の出題予想を行い、取るべき問題、捨てるべき問題を見極める力を付けておくこと。
②体力面で、一年間の学習時間が学習体力を底上げ、さらに体力回復の切り札を用意。
③精神面で、日々の学習に本番以上の重圧をかけること。例1:時間測定、例2.全ての答練を本番として受ける

実力を図るためには適切な準備が必要である。合格したい者が本番に準備をせずに挑むことはない。過去の学習を再チェックし、今からでもできる準備をしっかり行う。

さらに、事前の過ごし方をチェック。

模試直前の過ごし方:重要論点の総チェック
試験直前に知識をホットスタンバイさせておくこと。
苦手曖昧論点を再確認して、本番の時だけでも良いので覚えておく

この準備を上手くできないと模試本番で、できるはずの問題を落とすことに繋がる。
できるはずのAB問題を落とすと420点へ届くことが難しくなる。

ここから一旦、模試から話を変えます。

失敗は成功のマザー

先日、イチロー選手がヒット数で4257安打を達成しましたね。
メジャー記録を持つピートローズ氏が認めないと述べていましたが、
ギネスが正式に世界記録として認定をしました。

そのイチロー選手の日米通算打率は.325
約3打数で1本のヒットを打っている計算になります。
しかし、3回に2回は凡打をしているとも言えます。

そして4000本安打を達成した時の有名な言葉

「4000本のヒットを打つために、8000回以上の悔しい思いをしてきている。その中で、常に自分なりに向き合ってきたという事実はある。誇れるとしたらそこではないかと思う」
出典イチロー「祝福にただ感激」 NHKニュース

ヒットを打った成功部分だけに目を向けるのではなく
凡打をしたミスの部分に対して、真摯に向き合い、ミスの原因、対策を繰り返した部分を誇れると述べています。
プロ野球は3割打てば超一流と言われる世界である。7割は失敗をしても超一流。

そして診断士試験は6割取れば合格できる正解である。ミスを4割しても合格は可能。

正解した6割に目を向けるだけだと、本試験で足元をすくわれる可能性は高まる。失敗にこそ成功へのヒントが隠されている。

誤答を正解に変えるために

まずは失敗の内容を分類する。

■曖昧な基礎知識■

スピ問、過去問でABランクに分類されている基礎知識を忘れている。
この基礎知識に分類される問題がそのまま本試験で出題される。ここは早急に知識の補填をする必要がある。

■曖昧な解答プロセス■

特に、経済や財務では曖昧な解答プロセスはミスを誘発する。
例えば、企業価値の問題に対してすっと解答プロセスが浮かばない。
①企業価値=FCF÷WACCと頭に浮かぶ。
②FCFを求める。
③WACCを求める。
このどこかに曖昧さがあると計算ミスが発生しやすくなる。

■知らんがな問題■

誰もわからない得点調整用の問題に時間をかけてしまった。
捨て問と見極められない理由は基本的に、基礎知識の曖昧さにある。
自分が知らない問題は基本捨て問と言い切れるように学習をしていることが必須。
現時点でかなりの学習時間を積み重ねいと難しいが、過去問ABとDEランクの違いをもう一度分析することで見極める力を付ける。

失敗を受け止める期待効果

 

①無意識の意識化
基本的にミスは繰り返される。ミスの要因は無意識にある。
無意識で処理をしていることにこそ落とし穴がある。
なぜ間違えたかをチェックすることで、試験本番でミスに気付けるようにする。
ミスをしないことは無理。ミスをしたことに気づき、素早くリカバリーを図る。

②作問者視点の体得
どうミスを誘発させるのかを知ることこそ、勝負を分けることになる。
正解してやろうと意気込む受験生をにかける仕組みが本試験にある。
正解を導くだけでなく、不正解を選ばない方法を見極める。

学習を進めれば進めるほど、正解をしようではなく不正解を減らす方向に対策は進む。
不正解を減らした先に合格がある。

では、まとめ。

・模試が終わると二次ロケットダッシュへのカウントダウンが始まる。
・適切な事前準備をしてこそ模試を受ける効果がある。
・失敗は成功のマザー。正解をすることだけに目を向けると足元をすくわれる。
・無意識の意識化。ミスをしないではなく、素早くミスに気付く。
・正解してやろうではなく、不正解にならなければ正解と逆張り。

byこば

==========================================================
あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットダッシュセミナー開催概要】

日時:8月11日(木) 14:00-16:30(予定) (開場・受付開始:13:30~  )
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(最寄駅:大崎駅)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定空けておいてくださいね!



5565f7dcd65acec42e98cd32b2e6beb6_s

こんにちは、自信を持って小心者のnoriです。

そんな私が模試受験でオススメしたいのは「最悪を想定する」ってこと。「最悪を想定する」ってみんなが言うけど、想定するだけじゃダメ。ポイントは「対策を準備して」臨むこと

本日も模擬試験を受験される方もいるかもしれません。模擬試験という練習の場でできる限り最悪の事態を想定して、対策を立てて「不安要素」を潰しておきましょう

会場到着編:

《問題発生!》開始時間までに会場に着かないかもしれない!!

《対策!!!》

・事前に会場までのルートを確認する。

・電車の遅延を見越して家を出る。

本番で電車を乗り間違えた人がいます(私です!)。間違えて乗った電車は急行電車。扉が閉まった瞬間に気づいたものの、なかなか電車が止まらない。何とか会場に辿り着いたものの、経済学の時間帯は動悸息切れが止まらない。

まさか自分は関係ないと思ったそこのあなた。油断することなかれ。会場を間違えた受験生もいます。電車遅延で試験開始5分前に席についた受験生もいます。本番で最高のパフォーマンスを発揮するためにも、7月11日に受験票が発送されたら、会場の下見をすることをオススメします。試験会場内の下見は禁止されていますが、周辺なら大丈夫。

電車遅延。起きる可能性は否定できません。私は少なくとも1時間前には会場近くに到着して、近くのカフェで直前の追い込みをしていました。どれくらい前に到着するのが自分にベストか決めておきましょう。

 

試験真っ最中編:

《問題発生!》問題が難しすぎてわからない!!

《対策!!!》難しい問題に直面した時にどうするか決めておきましょう。

 

私は難しい問題に直面したら、とりあえず「ウ」にして、問題番号に×バツをつけて、最後に時間があれば戻って見直していました。

わからない問題に時間を割くのはもったいない。一番、最悪の事態はわからない問題に時間を使いすぎること。無駄な時間は使わないようにしましょう。

 

《問題発生!》腕時計が止まった!!

《対策!!!》予備を準備しておきましょう。

 

まさかそんなことが…が起きることがあります。2次試験で必要になる電卓も同じです。応援に来ていた受験校の先生に時計をかりた人もいます。時計なしで乗り切った人もいます。そんなことで動揺しないためにも予備を準備しておきましょう。

 

《問題発生!》シャーペンの芯がでなくなった!!

《対策!!!》鉛筆も準備しておきましょう。

 

本試験でシャーペンの芯が出なくなったらどうしようーとシャーペンの芯を詰め込み過ぎて、本当に出なくなったことがあります。鉛筆も準備しておきましょうー。私みたいに芯を詰めすぎちゃダメですよ。

ちなみに、色々文房具を使ってみて一番良かったのはも紹介しているマークシート用のシャーペン

 

体調管理編:

《問題発生!》トイレに行きたい!!

《対策!!!》

・周辺のトイレの場所を確認しておきましょう。

・冷房対策をしておきましょう。

 

中小企業診断士試験の風物詩。男性トイレの長蛇の列です。あんなに男性トイレが並んでいるのを見れるのは人生で最後かもしれない。もちろん来年の今頃は合格しているので、この光景を見れるのも今年が最後。トイレの場所は本番対策として、必ずチェックしておきましょう。

一発合格した友人で、模擬試験の試験時間中に試しにトイレに行ってみたって人を二人ほど知っています。試験中にトイレに行け!とは言えませんが、トイレに行きたくなった場合、どうするか考えておきましょう。

 

《問題発生!》企業経営理論の時間が眠すぎる!!

《対策!!!》昼寝をしちゃいましょう〜♪

1次試験の初日、2日目共に昼休みは12:30〜13:30の1時間です。

私は1日目の昼休みのスケジュールはこんな感じ。

・12:30〜12:45 お弁当♪

・12:45〜13:00 お昼寝♪

・13:00〜13:10 トイレ休憩♪

・13:10〜13:15 暗記ものを詰め込み!

 

えっ!?もっと勉強しないの?と思ったあなた。これはあくまでも私のケースです。企業経営理論は眠いと全く文章が頭に入ってこない。聞かれていることがわからない。少し眠るだけで頭がスッキリします。

ただ、二日目の昼休憩は寝る間も惜しんで、死ぬ気で中小の勉強をしていました。

休憩時間編:

《問題発生!》友人やネットの情報に動揺する。

《対策!!!》友人に話しかけられないように、音楽でも聞いておきましょう。携帯電話は切っておきましょう。

休憩時間に必ず試験の感触をメッセージしてくれる友人がいました。しかし、今向きあうべきは友人ではなく、自分と目の前の試験です。インターネットで流れる情報も同じ。今大切なのは自分と試験。模擬試験や本番でメッセージを無視したころで失礼になりません。携帯電話の電源は切っておきましょう。

休憩時間に不合格年の試験の話を聞かれて、動揺したことがありました。模擬試験や本番での受験生同士の会話は、目の前の勝負に対する弱音になる可能性が高いです。友人とは会話せずに自分と向き合いましょう。

たぶん、これ以外にもピンチ!は色々出てくるはず。あらかじめ、ピンチをリスト化して、対策を考えておきましょう。対策も大したことないものばかりですが、本番でピンチ!を前に冷静に対応できる人は多くありません。

一次試験対策の勝負はこれから!一次試験初日が上手く行かなくても、初日終了後に必死で勉強して2日目で得点を稼いで合格する人もいます。勝負は最後の最後まで諦めてはいけない。

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!待ってます!

nori でした。

==========================================================
あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットダッシュセミナー開催概要】

日時:8月11日(木) 14:00-16:30(予定) (開場・受付開始:13:30~  )
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(最寄駅:大崎駅)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定空けておいてくださいね!

 



皆さん、おはようございます。毎度毎度の細川です。本日を入れて1次試験まで残り43日、2次試験まで残り121日となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
細川は夏休みから日常に復帰、溜まった仕事をヒーヒー言いながらやっつけています。皆さん、夏休みと模試と借入は計画的に!

というわけで、本日は各予備校で行われる模試の効果的な活用方法についてお伝えします。私の受験生時代のエピソードも交えながら、よく受験生の方に質問される項目についてまとめてみました。

そもそも模試を受けるのか?

①本試験前後を含めたプロセス確立のために
独学者や多年度生にたまにいらっしゃいますが、「本試験まで模試の類を一切受けない」という選択肢は捨てて下さい。模試は必ず最低1回は受けるものです。なぜなら模試は、受けることにメリットしかないからです(時間も手間も受験料も必要なのは本試験でも同じで、デメリットではありません)。
模試は自分の学力をチェックできるだけでなく、その前後も本試験と同じ流れを追いかけてシュミレートできる、絶好の機会です。何もかも本番ぶっつけでは、安心して試験に取り組むこともおぼつかず、不安なままでは本来の実力も十分発揮できません。また「模試」なのですから、失敗を恐れず試行錯誤し自分にとってベストなプロセスを確立していきましょう。

②本試験の予想問題として
1次試験模試の場合は、模試の問題(特に経営法務と中小企業経営政策)がほぼそのまま本試験に出題されたりするので、受けておいて損はありません。これは偶然ではなく、本試験には法令の最新の改正論点や前年度の中小企業白書の内容が出題される傾向があるため、対策がある程度立てやすいからです。実際私も420点ぴったりで1次を突破する等、救われた経験があります。
自分自身で法令の改正論点や中小企業白書を読む余裕がない方は、模試の復習をしっかり行い、出題予想問題として活用しましょう。

どの予備校の模試を受けるか?

①他流試合のすすめ
では、どの予備校の模試を受けるべきでしょうか。
無難なのは大手予備校の模試ですが、自分が通学・通信で受講していない予備校の模試を受けてみる(他流試合)のもアリです。そのメリットは、自分が普段慣れ親しんでいない傾向の問題にチャレンジすることで、試験の傾向が変わったり、意外な問題が出された場合のメンタル面の強化(動揺しない)と柔軟な対応力(どんな問題でも一定点数以上を獲得する)を身に着けるのに役に立つからです。これは特に2次試験対策に有効です。

②模試の受講回数
1次試験対策としては、1、2回程度受験し復習をしっかりやれば十分でしょう。本試験まであまり時間がありませんので、あれこれ手を出して消化不良になるよりは、過去問や普段の問題演習の復習をきっちりやります。
2次試験対策としては、1次試験免除者や多年度生はできるだけ多くの予備校の模試を受けて、メンタル面の強化と柔軟な対応力を養います。
8月以降の話になりますが、ストレート生の方は、3、4回程度にとどめておき、それよりは過去問の研究と解答プロセスの確立に注力しましょう。

③試験会場はどこにするか?
通学の方は、通いなれた校舎以外の場所で、通信の方もできれば自宅ではなく図書館や、思い切って会議室等を借りてやってみるのもアリです。これは模試の会場をいつも勉強している環境と変えることで、何があっても安定したコンディションで試験に取り組むことができるメンタルを鍛えます。実際、試験会場にはさまざまな「ライバル」がいます。台風並みの強風を吹きつけるエアコン、家1軒分の消費電力を賄えるほどパワフルな隣の貧乏ゆすり、やたらアツい視線を投げかける情熱的な試験監督、お尻を8つに分割せんとする硬い硬い椅子…。これらは、あなたに与えられた前向きな訓練(試練?)の場です。そのような状況に出くわした場合は、うまく対応する方法を考える良い機会と捉え、本試験に備えましょう。

また、あえて自宅から遠くの会場を選んで、当日の起床時間や交通ルートの選択を決定する訓練とすることもできます。私が受験生時代、駅から会場までの距離を読み間違えて遅刻したことは合格体験記に書いてある通りです…。

④試験要項の熟読
当たり前ですが、試験の注意事項は熟読しておきましょう。
特にアクセスの方法とその可否(徒歩、列車、バス、タクシー、自転車やバイクの乗り入れはOKか?)や、持ち物(机の上に出しておいてよいもの)です。
私が初めて1次試験を受けた時、財務会計で堂々と「電卓」を使用する”強者”がいました。もちろん途中で失格・強制退場となっていましたが、試験監督がなかなか不正行為に気づかず、逆に私が「この試験って電卓OKだったっけ?」とずっと考えることになり不安になってしまいました…。
こんな基本的なことで足元をすくわれては、後悔してもしきれません。良い機会ですから今一度本試験の案内を読んでおきましょう。

本日はここまで。以上、細川でした。

==========================================================
あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットダッシュセミナー開催概要】

日時:8月11日(木) 14:00-16:30(予定) (開場・受付開始:13:30~  )
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(最寄駅:大崎駅)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定空けておいてくださいね!



こんにちは!

ジメジメしているかと思ったら、やたらと暑い日が来たり、いかがお過ごしでしょうか?

私が住む地域は関東圏でも暑さが厳しく、今、ちょうど防災無線で「気温が高くなるのでこまめに水分補給をして、熱中症を防ぎましょう!」と言った趣旨のアナウンスが入りました。

これから8月の1次試験までは、勉強の進捗管理に加えて、体調の管理も大切になってきます。

疲れを感じたら、スパッと勉強をやめて休息を取るのも大事ですよ

 

今週の道場は「模試関連記事ウィーク!」と言うことで、

月曜:たきも「勉強以外の対策も重要だ

火曜:とり「試験問題と解答・解説の活用

水曜:フェイマオ「【渾身?】経済学・経済政策vol.2 IS-LM分析

に続き、「模試の受験準備」についてお届けいたします


 

では、みなさんの筆箱の中を思い浮かべて下さい。

bunbougu_fudebako

鉛筆、消しゴム、シープペンシル・・・。

これらの筆記用具は「1次試験用」ですか?

ん?どういうこと?と思われた方、たくさんいらっしゃると思います。

 

私は勉強会に所属していたのですが、ホワイトデーにあるメンバーから女性メンバーに、

「マークシート用筆記用具セット」のプレゼントがありました

それがこちら

1.3ミリの太い芯のシャープペンシルと、とにかく軽い力で消せる消しゴムのセットです。

(ちなみにバラ売りしています。)

このセット、私史上最強でした。(以降、主観が入っております。ご了承ください。)

 

実際に、このシャーペンでマークすると、

25マークあたり

シャープペンシルでマークするより、およそ1分ほどマークし終えるのが早いです

(勉強会メンバー数人で実際にタイマーで計った結果です。細かい秒数は忘れました。悪しからず。)

 

そして、消しゴム。

私はもともと消しゴムに対してこだわりがあり、それまでも知名度は低いけど、とっても良くきえる消しゴムを使っていました。

でも、この消しゴムは遙かに軽い力で簡単に消すことが出来ます

(ただ、消しゴムのカスが多めに出ますが・・・)

もし、マークシート用のシャープペンをもっていないあなた!

消しやすい消しゴムをお探しのあなた(2次専念組のあなたも)!

使いやすい文房具を使って、1分時短しませんか?

 


 

一次試験直前の時期に失礼します。
ひっそりめに一発合格道場の夏セミナーのご案内をいたします。
 
【「一発道場 2次試験ロケットダッシュセミナー」 開催概要】
 
==========================================================
 
日時:8月11日(木) 14:00-16:30(予定) (開場・受付開始:13:30~  )
 
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(最寄駅:大崎駅)
住所:東京都品川区大崎2-9-4 (大崎ウエストシティタワーズ貢献施設棟2階)
HP:http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000024400/toho.ver.pdf
 
対象者:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※初学の方・2次試験再チャレンジの方・独学の方・予備校に通学中の方 どなたでも歓迎いたします。
 
今回は2回に分けて参加者を募集します。
 
第1期募集開始:7月7日(木)12:30から(予定)願いが届くように七夕
第2期募集開始:8月7日(日)16:00から(予定)一次試験最終日
 
セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)
ご参加のみなさんで、ロケットスタートをしましょう!


おはようございます。フェイマオです

6月も後半に入り、今週から関東地方でも梅雨らしい天気に入ってきました
大雨の影響を受けていらっしゃいます九州地方の皆様、くれぐれもご注意くださいませ

私事ですが嬉しい事に(?)、最近仕事がかなり忙しくこのブログも6/21の23時半から書かせて頂いており、かなり新鮮な記事でございます(笑)
先週末で、恒例の【渾身】シリーズは終了致しましたが、前回に引き続き“経済ネタ”をお送り致します

 

さて、この経済学という科目は財務会計と並んで比較的苦手とする受験生の方がいらっしゃるかと思います。
前回の記事でもお話をさせて頂きましたが、(個人的には)マクロ経済学はミクロ経済学に比べて問題が難しく作りやすい科目だと思います。

“(答えを導くのに必ずしも必要のない)難解な数式を用いる”事や、“「弾力的・非弾力的」といった普段馴染みのない語句を用いる”などして、受験生を惑わせるには『もってこい』な科目だと感じています。

私フェイマオの個人的な意見ではありますが、マクロ経済の範囲は“暗記”に頼ってしまうと、やや危険かもしれません

試験初日の1発目の科目という事もあり緊張感が高まっている中で、「覚えていたことが(瞬時に)引き出せない」とパニックを起こしてしまううえ、続く財務会計以降の科目にも影響が・・・

でも、安心してください

少なくともマクロ経済の分野は、IS-LM分析(マンデル=フレミング・モデル含む)まで一通り理解出来たら、後のパートは暗記でも対応可能だと思います。


さて、今回はIS-LM曲線分析では有名な『クラウディング・アウト』について

クラウディング・アウトがどんなものかは、既にご存知かと思いますが一言でいうとこんな感じ。

クラウディング・アウトとは、『拡張的な財政政策が行われたとき、利子率の上昇を招き投資が減少すること

そして、テキストでよく見る図がこちら。

クラウディング・アウト

上記の図で、利子率が変わらない場合、財政政策を発動すると(政府支出の増加)、IS曲線がIS’曲線へと右シフトして、国民所得がY’’となります。(上記図の①
しかし、IS曲線とLM曲線の同時分析の場合には、『利子率が一定でない』ため、政府支出の増加分ほど国民所得が増加せず減少(Y’’→Y’)してしまいます(上記図の②

これだとかなり大雑把な説明ですが、このクラウディング・アウトは『IS曲線の動きLM曲線の動きIS曲線の動き』に分解して考えると、理解しやすいかと思います。

クラウディング・アウトの発生のプロセス

上記に記載した各曲線の動きについては、読者の皆様はご理解頂いているかと思いますので説明は割愛させて頂きます。

さてこの分解した式をご覧頂いて、『クラウディング・アウトを発生させないためにどうするか?』を考えてみてください

 

では、上で示した各曲線の動きを再掲した下の図をご覧ください。

クラウディング・アウトの発生のプロセス2

実は、クラウディング・アウトの発生を防ぐには、上の図で点線で囲ったところがポイントです。


【1】の場合:『貨幣取引需要が増加しても利子率が変わらない・・・』パターン

→これは皆さんご存知の通り、“流動性のわな”の状態の時です。
※説明をだいぶ割愛してますので、この説明が必要な場合はコメントにご記載下さい。LM曲線の導出について図解させて頂きますm(__)m。

 

利子率の上昇を防ぐ

ご覧頂いてお分かりのように、LM曲線が水平の場合は、利子率が変わらないため投資が減少せず、結果的にクラウディング・アウトが発生しません。


【2】の場合:『利子率が上昇せず、投資が減少しない・・・』パターン

→これは、投資が利子の影響を受けない=投資が利子非弾力的な場合ですので“IS曲線が垂直”の場合です。

投資の減少を防ぐ

では、なぜ投資が利子非弾力的だとIS曲線が垂直になるのか?
考え方は以下の2つでご説明します。

前回の記事の“ち ”で考える

IS曲線の傾きの決定要因

“投資が利子非弾力的”という事は、投資が利子率の変化に反応しないという事ですので、『投資の利子感応度がゼロ』という事です。
つまり、投資の利子感応度が限りなく小さいため、“IS曲線の傾きが限りなく大きくなる=垂直になる”のです。

 

②IS曲線の導き方から考える

下のグラフを見て頂くと、IS曲線の導き方が分かるかと思います。

IS曲線の導出①

左のグラフ:利子率が下がる→(お金を借りて)投資をする人が増える
中のグラフ:増加した投資量だけ、総需要曲線が上にシフトして国民所得が増える
右のグラフ:左のグラフの縦軸:利子率と中のグラフの横軸:国民所得をあわせると、IS曲線が出来る。

これを踏まえて、下のグラフをご覧ください。

IS曲線の導出②

つまり、左のグラフの投資曲線が垂直の場合にIS曲線も垂直になります
IS-LM分析については、「それぞれの曲線がなぜそのように動くのか?」を理解して頂くためにも、是非ご自身で手を動かしながら、復習を進めてみてください。

では本日はここまで

To be continued・・・

 

 



こんにちは、とりです。

先週には北海道を除く全国で梅雨入りしましたが、梅雨らしくない暑い日があったり雨で蒸し暑かったりと嫌なお天気が続いてますね。まぁ~とにかく、8月の1次試験まで、梅雨のジメジメ、明けたら猛暑と体にぜんぜん優しくない天候が続きます。何度でも言いますが、体だけは壊さないようにくれぐれもご自愛くださいね。”ラストスパート”と”体調管理”に、今は全身全霊を注いでください!!

rain


今回は【模試活用法】。とりは1次試験を2回受験しましたが、模試もそれぞれ1回ずつ計2回受験しました。多いか少ないかは人ぞれぞれ、とりの当時の状況からしてベストな回数だったと思っていますが、限りある時間のなか、闇雲に回数を積み上げることはお勧めできません。それぞれの受験校の特性やスケジュールを情報収集したうえで、ご自身にとって最適な受験校と受験回数で臨んでいただきたいですね。個人的には、この直前期には2回受けるのがベストかな、と思っています。なぜ2回なのか、今回と次回の記事でその理由を書いていきますね。

マークシート解答

この時期になれば、基本問題集は何回転もこなし、過去問や受験校の答練で本試験を意識したトレーニングをされている方が多いと思います。独学生の方はプライベートな環境で取組まれることが多く、初受験ともなれば本試験がどんな環境なのか気になるところですね。もう分かると思いますが、模試は本試験をシミュレーションできる格好の場となります。ライバルである受験生に囲まれ、張り詰めた空気の中で受ける本試験、いきなり本番を迎えるのは、想定外の事態に対して大きなリスクです。「習うより慣れろ」とはよく言われますが、イメージするだけではなく、体感することがとても重要です。なので、可能な限り模試は会場受験をオススメします。どうしても会場に出向くのが難しい方は受験校によっては自宅受験もありますので、しっかり時間を計測して取り組みましょう。

模試の中身ですが、受験校によって差はあるものの、いわゆる有名校は豊富な実績、ノウハウでしっかり研究されているので、本試験とかけ離れた問題が出ることは少なく、その点では安心して良いと思います。また、充実した解説も提供されるので、受験後の復習にも困ることはないと思います。ただ、受験校から結果がフィードバックされるのはおよそ1ヶ月後なので、それまで復習しないのはダメで、できるだけ早めに自己採点し、ご自身の立ち位置を確認するとともに、正答できなかったところは解説やテキストで徹底的に復習してください。T●C社の場合、設問毎に頻出度も書かれているので、頻出論点を最優先にしっかりマスターしましょう。とりは模試の復習は、1年目も2年目も比較的しっかりやりました。解説を熟読し、誤答した論点はノートに書き出した上で、解き直しを2~3回行いました。短期集中でやるので、解き直しが3回目にもなると満点に近い点数になってしまいますが、正解を覚えてしまうほどやり込むことは決して無駄にはなりません。少なくとも、同じ論点の出題があれば解答スピード(知識や計算方法の引き出し、解法の導出、不要な選択肢の消去など)が格段に上がっていることが分かると思います。これは模試に限ったことではなく、過去問、基本問題集全てに言えることですね。ほとんどは頭で知識を定着させたり、計算したり、判断したりすると思いますが、理屈ぬきで「体で覚える」ことも時には必要なのです。

模試の活用は、実際人それぞれ異なると思うものの、やはりとりは復習が極めて重要だと考えています。そう考えると、自ずと受験する模試の回数は、そう多くはできないことがわかると思います。場慣れすることも考えると、やはり2回受けられると良いかなと思いますが、復習をご自身が納得いくレベルまでやり込むことを重視して検討してみてください。

いろいろと書きましたが、せっかくお金と時間を割いて受験する模試なので有効活用しない手はないです。試験問題、解説、試験結果、ランキング、それぞれ有用です。試験結果については、あまり過度に一喜一憂してはいけないのですが、合格点まで何がどのくらい足りないのか残された時間で何をすべきか、しっかりご自身の結果に向き合って、本試験までのタスクを明確にして最後まで走り抜けていただきたいです。ランキングは、結果次第ですが上位だったら自信を持って突き進むそうでなかったら闘争心を燃やしてラストスパートに拍車をかける、といった感じでモチベーションのコントロールに活用されてはいかがでしょうか。ちなみにとりは、ランキングを一瞥してあとは封印してしまいました…模試受験者が全て本試験の受験生ではありませんからね。試験問題も、受験校の作問者がよく研究して作っているとはいえ、やはり本試験ではないのです。その点をしっかり理解して、活用すべきところは最大限活用しつつ、要らないところ、ご自身にとってマイナスだと感じるところは切り捨てる、そんな姿勢で臨んでいただければと思います。

祈願だるま


 

今回は模試そのものの活用方法を書きましたが、次回は試験以外での活用についてお伝えしたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、とりでした。



たきもです。

今週の道場は「模試の活用法」をテーマに
お届けして参ります。
既に大手予備校で模試が始まっておりますが、
道場メンバーの記事を参考に、ぜひ150%活用してください。
先日「完成答練を120%活用する方法」 受験前編 受験後編 を書きましたが、模試の復習方法については、完成答練とほぼ一緒です。
そこで、今日はあえて「勉強以外の対策」面について書いていきます。

1.本番のお昼ご飯問題
4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s
・・・あれ?模試のことじゃなくて?
というツッコミはおいておいて・・・
「本番のお昼ごはんをどうするか」は重要な問題です。
なぜかというと
午後の90分科目(企業経営、運営、中小)を眠くならず、
頭フル回転で臨む
には
お昼ごはんが最も重要だからです!!!

大抵、会場は大学ですが
周りの飲食店は土日かつ夏休みで、休みです!
したがって、駅のコンビニで調達することが多いです。
(本試験時も、そのような方が多かったと思います)
しかも、飲食店で食べるにしても、並んだりしたら
時間がもったいないですよね・・・

なので、私は模試の時、次のメニューで臨みました。
ちなみに、1日目・2日目両方共おなじです。

①おにぎり(うめ、わかめ)
②バナナ1本(自宅から持参)
③ドリンク剤(仕事中時々飲むもの)

理由は次のとおりです。
①おにぎり(うめ、わかめ)→梅でクエン酸を補給し疲労回復
わかめは単純に好きだから
②バナナ→糖分で脳みそにエネルギー補給
③ドリンク剤→眠気覚まし

ドリンク剤は、普段飲まないような物を飲むと、
頭が興奮しすぎて逆効果かと思いますので
お気をつけください・・・

このお昼ごはんで臨んだところ、特に眠気も起きず
リラックスして受けることができましたので
本番も全く同じメニューにしました。
(模試もこれでいけたから、という安心感になります!)

2.服装
8144aae219c858225eefb4914ee1a420_s
本番は「エアコンが効いて寒いところがある」
この記事で把握していました。
特に女性は足が冷えますので、
ストッキングまたはサンダル(素足)はお勧めしません。

私は、靴下をはいて、スニーカーを履いて行きました。
下半身もゆったりめパンツです。
寒さ対策でカーディガンを着ていきましたが、正解でした。
特に、端っこの席は冷房が強い場合があるので、要注意です。

ちなみに、本番時はスリッパを持参し、靴も脱いでしまいました
非常にリラックスできましたし、疲れも和らいだので正解でした。
模試時も本番時も、選びなおすのが面倒だったので
同じ服装でいきました。

3.イス
1f5cc941130c76ea1cb33714546d6bd5_s
(これは、イスというかベンチですね・・・)
模試時、私は地元のTACで受験したので、1人に1つ椅子がありました。
なので、模試時は特にイス対策をしませんでした。

が、本番は(多くの人は)大学です。

皆様の遠い(かもしれない)大学の記憶を思い出してください。
イスって、・・・1人に1つありましたか?
何人かで座るような長いイスではありませんでしたか?
しかも、板みたいなかたーーーいイスではありませんでしたか?

私は本番時この予想が的中しまして、
なんと1つの長い板だけの椅子を、2人で使うという始末・・・
私は、たまたま隣が欠席だったので一人で独占できたのですが
他の人は、立つ時も座る時も「すみなせん・・・」と
隣の人に配慮しなければなりませんでした。
イスもタダの板でしたから、低反発座布団を持って行って正解でした。
(座布団を持っていってるのは、私くらいでしたが・・・)

本番で座布団を使うことを想定すると、座り心地を試すには
模試の場をぜひ使いましょう!

今回は、模試で「勉強以外の」ぜひ試してほしい点を書きました。
本番で起こる事態を出来る限り想定して、
最高のコンディションで臨めるように、模試をぜひ活用しましょう!

たきもでした。



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

1次試験を前に続いてきた【渾身】シリーズも終わり、今日はほっと一息のゆるわだです。

今日のテーマは、得点開示です。(リンクは、過去記事の「Sランク座談会」です)


 

多年度生のみなさま、合格者で道場を継続してご覧になっている皆さま、もちろん得点開示は請求されましたよね?!

test100

6代目の岡崎さんが、いままでの診断士試験に風穴を開けた「得点開示」の仕組みですが、実はその後そんなに有効に利用されていないのでは…?ということをみなさまと考えたい、というのが今回の記事の趣旨です。

あくまでゆるわだなので、賛否両論あるかとは思いますが・・・
noriの記事にもある通り、恐れず過去の自分の答案につけられた点数を知ることで、合格までの戦略を立てる助けになると私も信じています。

「得点開示」の制度ができたことで、従来のA/B/C/Dの判定のみだった時代よりも、より詳細に二次試験の分析ができるはず。
しかし、岡崎ショック(!)の後、だれも「開示された得点をつけた再現答案を分析する」をやりつくしていないのでは・・?ふぞろいな合格答案ではその難関に取り組んでいるようですが、精度を高めるためには母数が多ければ多いほど有効なはず。)

一部ではまことしやかに「二次試験はキーワード採点だ」とも言われていますが、私は個人的にはそうは思いません。試験委員が捌く枚数と期間を考えたら、せいぜい採点は○・×・△くらいじゃないかなあ・・・と。(超個人的感想)

類推ですが、おそらく、「再現答案×開示得点」についてある程度の母数が集まれば、「キーワード採点か否か」の傾向がつかめるんじゃないかと。でも、診断士の二次試験については、まだそこまでの母数を情報収集できた人は、おそらくまだいません。ただ、もしそれがわかれば、二次の戦い方ってすごく変わるんじゃないか・・・?と思うのです。


1次試験まで50日を切りました。
1次試験が終われば、次は2次試験が待っています。

受験生を応援する我々個人では、できることが限られています。
だからこそ、多年度生のみなさま、合格者で道場を継続してご覧になっている皆さまにお願いしたい。

ぜひ、得点開示をされていない方は開示請求をしてください。(1074円かかりますが・・・(笑))
今から開示請求すると、6月末の処理に間に合うかも?そして、結果が届き次第、ぜひお手元にあたためている再現答案とともに、開示得点を道場のメール「webmaster@rmc-oden.com 」に送ってください。そうすると、分析に強いメンバーが何らか分析してくれるかも。(断言できませんが・・・)きっとそれは、今年以降の受験生が2次試験を受ける時に強力な武器になるはず。

頂いた再現答案のうち、Sランクの再現答案は、Naverまとめに掲載させて頂きます!

私もはやくUPの仕方を先代の方から学んで、自分の分を含め、7代目メンバーのSランク回答をUPしたいと思います。
母集団が大きくなれば、雲をつかむような中小企業診断士2次試験に楔を打つことになるかも。
あなたの手で、診断士試験の質を変えることになるかもしれません。


“Fast alone, far together.”

一人ではたどり着けない、「診断士試験の新たな地平」へ行くために、みんなの力をあつめませんか。

kaisya_nakayoshi

暑かったり寒かったりと気温の変化の激しい時期ですが、体調にはくれぐれもお気をつけて。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



乗り越え壁は自分を守る盾となる

おはようございます。こばです。最近、ニュースは見てますか?勉強でそれどころではないという方もいると思いますが、経営法務は時事ネタが好き。今年の経営法務で問われそうな時事ネタが最近ありましたので要チェックです。代表取締役の不信任案あたりが怪しい。

そして、今日は一次試験まではちょうど50日。

これからは毎日自分でカウントダウン

なぜカウントダウンを行うのか
自分に適度なプレッシャーをかけるため

するとどうなるのか
適度なプレッシャーは集中力を高め、勉強効率を向上させる。

さらに一次知識応用させると、より勉強の質を高めることが可能。運営管理の知識をもとにこれからやるべきことを明確にする。まず、生産管理の定義から確認。

■生産管理の定義■

・財・サービスの生産に関する管理活動。
・所定の品質・原価・納期で生産するため、またはQCDを最適化を図るため、人、物、金、情報を駆使して、重要予測生産計画生産実施生産統制を行う手続きおよびその活動である。

生産管理に求められることは、QCDの最適化。
これから診断士試験一次試験までに求められるQCDを確認する。

□QCD□

Q(品質):求められる得点、知識レベル
7科目420点以上、40点未満なし
しかし実質的に申込者ベースで上位15%

D(納期):試験までの日数
残り50日、みな平等

C(コスト):学習コスト
例:50日 × 3時間  = 150時間

残り50日までに正しい品質に持って行くことが求められる。
納期は不変だが、実務と違いコストはカケホウダイ。
いくら勉強しても、上司には怒られない。
試験勉強においてはQDCの順番。

生産形態もチェック

□生産形態□

生産形態は大きく2つに分かれる。受注生産と見込生産。

■受注生産
・顧客が定めた使用の製品を生産者が生産する形態。
つまり、顧客の注文に応じて設計し、製造、出荷と進める生産形態である。

受注生産の経営課題

●コスト・納期見積もり精度の向上
●生産リードタイムの短縮
●受注の平準化

■見込生産
・生産者が市場の需要を見越して企画・設計した製品を生産し、不特定な顧客を対象として市場に製品を出荷する形態。
つまり、受注の前に生産を行い、在庫を保有して顧客の注文に応じて販売する生産形態である。

見込生産の経営課題

●需要予測の精度向上
●需要予測と生産計画に応じた柔軟な生産体制の確立

試験問題がわからない診断士試験は見込生産にあたる。全ての試験で基本的に試験問題はわかりませんが・・・

作問者の気持ちを忖度し出題予想を行い、作問者のニーズに応えるための知識のストックを蓄えることが課題となる。

見込生産である以上
一カ月先に行うことを今当たり前に200%やることができるかどうかで合格所要年数は変わる。

生産管理に言い訳はない。

今から本気出す! =遠吠え
ボクはやれば出来る! =言い訳
ラストスパート追い込み勝負! =負け惜しみ

こんな言い訳は論外、生産管理ができていない証拠。

生産活動全体で納期短縮が大きなテーマになっている。
納期を短縮するためには、生産性の向上が重要となる。

□生産性□

生産性とは投入量と産出量の比率。
投入量に対して産出量の割合が大きいほど生産性が高くなる。

残り日数が限られて来たからこそ、意識すべきことはこの勉強で得点が何点UPするか。
得点がUPするためには、暗記・体得できていない論点を学習し自分のものにすること。

生産性、効率を上げる方法は様々ではあるが、代表的なものとしてECRSがある。

■E:排除(なくせないか)
■C:結合(いっしょにできないか)
■R:交換(じゅんばんを変えれないか)
■S:簡素化(かんそかできないか)

これを今後の学習方法に当てはめ、生産性の向上を図る。

■E:稚拙論点の排除
今年の試験に出ない論点の学習を排除。
試験に出るところだけを勉強する。毎年、問い方を変えて出題されている内容が重要論点。
今後、同じようなケース問題は基本出ない。問題の捻り方を確認したら、バッサリ切る。

■C:情報の一元化
ポケテキ師匠に過去問、答練、模試で問われた重要論点のポイントを書き込む。
苦手、曖昧論点には付箋を貼るなどし、試験直前に高速で回転学習ができるツールを作成する。

■R:朝型の勉強に切替
試験は朝10時から。さらに朝一科目はあえて難しくしている
そのため、朝10時に脳のスイッチが入るための体制づくりが必須。
自分は夜型という人も、これからの土日は朝早く起きる練習をし、試験本番に備えること。

■S:一言メモ
テキストに書かれている複雑化された文章を自分の理解しやすい言葉に簡素化する。
図で視覚的に簡素化しても理解は深まる。くだらないほど、イメージは残りやすい。

□品質管理□

模試を本番として受けて、品質チェック。

■設計品質(ねらいの品質)420点以上
・製造の目標として狙った品質

■製造品質(できばえの品質、適合の品質)
・設計品質を狙って製造した製品の実際の品質

運営テキストには掲載されていないが、個人的にはねらいの品質とできばえの品質の予実差異分析が大事であると考えている。この部分は財務会計の論点で学習。

□設備管理□

診断士試験における設備管理とは記憶管理。

■設備保全
・設備性能を維持するために、設備の劣化防止、劣化測定及び劣化回復の諸機能を担う、日常的又は定期的な計画、点検、検査、調整、整備、修理、取替えなどの諸活動

設備保全とはエビングハウスの忘却曲線との闘い。
えびんぐ
(U2の記事参照)

今、覚えていても1か月後には約8割のことを忘れている。
費用対効果が高い保全活動を行い記憶の早期回復を図る。
覚えることを明確にしておいて、直前期までしっかり忘れる。
つまり、事後保全で対応で記憶を早期回復させる。

■事後保全
・設備に故障が発見された段階で、その故障を取り除く方式の保全

忘れたら覚えなおせば良いだけ
故障を素早く取り除く仕組み作りが必須。

では、まとめ。

・生産管理の目的はQCDを最適化すること。
・診断士試験で求められるQCDは残り50日で上位15%に入ること。
・診断士試験は見込生産。需要予測である出題予想が合格への切り札。
・模試で420点以上を獲得し、適正な品質であることを確認する。
・忘れたら覚えなおせば良いだけ。

byこば

 



“Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.” −Steve Jobs−

こんにちは、noriです。アメリケンな細Pにあやかり、英語で登場してみました。「人生は短い。自分の道を進め。」というところでしょうか。

「自分の道を進め」と私は診断士試験に教えられました。変に共感力だけ高い私は一緒に勉強している仲間が暗くなると暗くなりました。周囲が困っているとどうしたら良いんだろうと困っていました。「自分」がどうすべきか中々、見えなかった。

試験勉強を通じて得た勉強仲間は信頼できる大切な友人ですが、結果的には人に流されやすい自分の性格を振り返ると「一人で勉強すること」が一番向いていました。一人じゃないと「他の誰でもない、自分自身が合格するために必要なことが考えられなかった。合格年の私は一人で勉強していました。

 段々と試験が近づいてきます。「あれをやった方が良い」「これをやった方が良い」と聞くたびに気持ちが焦るかもしれない。診断士試験の情報は世の中に溢れています。できていないことばかり目について、何をすれば良いのかわからなくなるかもしれない。誤解を恐れずに言うと「自分自身が合格するために必要なこと」を見失いそうになったら、友人やネットから診断士試験の情報収集をストップすることをオススメしますが、「捨てることでやらなきゃいけないことがクリアにわかる」と書いていますが、試験情報も同じです。自分が必要な時に必要な情報を入手すれば良い。皆さんがご自身の道を切り拓かれることを心からお祈りしています。

▪︎時事ネタは法務からのラブコール

さて、今日のテーマも経営法務。好きなんです、経営法務。人間が作った法律という枠組みの中で、世の中が合理的に、機能的に、平等に回るようになっている事実に感心。解答の「妥当性・公平性・弱者救済」というブレない視点がカッコイイ。論理的で筋が通っていて、男前。

…ただ、経営法務をあまり好きじゃない人は意外と多い。

試験の作問者もファンが少ないのに気付いているに違い無い。

そこで問題に時事ネタが登場。碧こばも書いているように法務は時事ネタが多い。

例えば、平成27年の第11問「海老みそブシューッ!と叫びながらエビ反りになってのたうち回る」ゆるキャラの偽物、平成26年第10問「ゴーストライターが自らの創作に係る著作物を他人名義で出版することに同意 した場合」、平成24年第7問「指定商品「菓子」についての登録商標「恋人」」など。

時事ネタは(きっと)法律って世の中と関係あるんだぜ。興味持ってね。という法務からの熱いラブコール。

▪商標は会社の顔!

時事ネタだとやはり商標権絡みで今年も出るかなと予想。

商標とは、「事業者が、自己(自社)の取り扱う商品・サービスを他人(他社)のものと区別するために使用するマーク(識別標識)」でしたね。

平成27年1月からは新しいタイプの商標として、従来の文字の商標に加えて、「動き商標」「ホログラム商標」「色彩のみからなる商標」「音商標」「位置商標」が保護対象として追加。こちらのパンフレットでイラストをチェック(新しいタイプの商標の保護制度パンフレット:https://www.jpo.go.jp/seido/s_shouhyou/pdf/new_shouhyou/pamphlet.pdf

なんでそこまで保護するの?ただの名前やマークでしょ?と侮ることなかれ。例えば、サラリーマンの足を守る抗菌防臭ソックスの先駆け「通勤快足」は「フレッシュライフ」から名前を変更したことで、爆発的なヒット。ロングセラー商品となっています。ブランドを守り、育てる。名前やマークにはそれだけ大きな財産的価値がある。

勝手に時事ネタ出題予想

さて、ここで勝手に出題予想。今年出るとしたら、ベルギーのシンボルに類似していると話題になったオリンピックのシンボル候補や、フランクミューラーに商標登録取消を請求されたパロディ商品の「フランク三浦」さんでしょうか。

そこで、論点となるのは、商標権を侵害しているかどうか。

ポイントとなるのは以下の2点。

1.商標権を誰が持っているか。 

こちらのサイトで登録情報が検索できます。

特許情報プラットホーム:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

2.商標権の効力及び範囲

スクリーンショット 2016-06-14 20.21.02

*出典:特許庁ウェブサイト(https://www.jpo.go.jp/seido/s_shouhyou/shotoha.htm)

ベルギーのシンボルに類似していると話題になったオリンピックシンボル候補。ベルギーのシンボルは商標権の登録がないようなので、商標権の問題にはならなそう。著作権侵害については、証明が困難と予想。

一方、「フランク三浦」と本家の「フランクミューラー」を特許情報プラットホームで検索すると商標の情報が表示される。「商標権の効力及び範囲」を考えると指定商品「時計」に対して、商標が「類似」なのか「非類似」なのかが論点となる。

過去問で論点を復習!

では最後に「白い恋人」のパロディ商品「面白い恋人」の販売差し止め訴訟(和解済み)を参考にした!?と思われる、平成24年の過去問で「商標権の効力」を復習しちゃいましょう

 平成24年度 第7問

商標権の効力に関する記述として最も適切なものはどれか。

指定商品「菓子」についての登録商標「恋人」の商標権者は、「菓子」と「パン」は相 互に類似する商品と見なされているとしても、他人に「パン」について登録商標 「恋人」を使用する権利を許諾することはできない。

他人の商品「おもちゃ」に係る商標「スター」についての商標登録出願前から、商 標「スター」を周知性を得られないまま善意で商品「おもちゃ」について使用してい た者は、たとえその商標登録出願が商標登録された後でも商標「スター」を商品 「おもちゃ」について継続的に使用することができる。

他人の著名な漫画の主人公の図柄について商標登録した場合でも、商標権者 は、他人の承諾を受けることなく、漫画の主人公の図柄から成る登録商標をいず れの指定商品についても使用することができる。

他人の登録商標と同一であっても、自己の氏名であれば、商標として使用する ことができる。

答えはこちらからチェック。

いかがでしたでしょうか法務はまだまだここから点数が伸びる科目です!!どんどん行きましょう

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!待ってます!

nori でした。

 



Good morning, everyone! It’s Yasushi! How have you been in the situation that the primary exam is only 52 days off and the secondary 130?
This week I enjoy my little-early summer vacation in Anaheim. Of course you can also enjoy your vacation if you pass the exam!

(以下オイラ式翻訳…)

皆さん、おはようございます。毎度毎度の細川です。本日を入れて1次試験まで残り52日、2次試験まで残り130日となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
今週細川はちょっと早い夏休み、本日はアメリカはアナハイムからお送りします。皆さんも早く診断士になってを満喫しましょう。

…はい、因果関係が飛んでますね。そう素早く突っ込めた人は大丈夫。あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!待ってます!

前回は設問分析のまとめを行いましたが、今回は大枠把握までの解答プロセスをまとめます。
こちらの画像123、(平成27年事例Ⅰ)を見ながら、以下の解説と合わせて振り返ってみましょう。また、【その10】【その11】も参照して、ご自身の大枠把握のプロセス確立に活用してください。

大枠把握をする際の注意点

与件を読むときに内容をチェックする方法としては、書き込む記号を変えたり、様々な色のペンを使用したり、はたまたSWOTを余白に作成したりと様々な方法がありますが、それそれのメリット・デメリットを踏まえたうえで、自分のプロセスに取り入れるかどうか判断しましょう。

以下、それぞれのメリット・デメリットを考察してみます。

使用する記号

多ければ多いほど、後々の分析の際に見落としを防げるのがメリットですが、それだけ身に着けるまで時間がかかるのがデメリットです。
「□」、「○」、そして「☆」の使い分けの大きな基準としては、キーワードそのものに着目する場合は「□チェック」を、出題者の意図を細かく吸い上げる場合は、「○チェック」(キーワードレベル)や「☆チェック」(センテンスレベル)を行います。

また、後の工程で他の作業をする際に記号を追加することがあるので、使用する記号はあまり増やしすぎないようにしましょう。

ペンの色

メリットは記号の場合と同じですが、デメリットはペンを持ち替える手間と時間がかかることです。また、課題や問題をピンク、現在の外部環境変化を黄緑、ターゲット・ニーズを黄色に塗るプロセスで、次に述べるSWOT分析の代わりになることも大きなメリットです。
コツとしては、記号もペンの色も設問分析の際と同じルールを一貫して適用し、ルールそのものが際限なく増加することを防ぐとともに、設問と与件を対応させやすくすることです。

SWOT分析

私は結局SWOTを作成することはしませんでした。そのような作業にかける時間が惜しかったこと、そして大枠把握の時点で与件の内容を綺麗にSWOTに切り分けることは意外と難しいからです。特に「Strong」については、いままで「強み」と思われていたものがこれからも「強み」でありつづけるのか不明なことがあり、慎重に見極めなければなりません。つまり、対象企業が現在の外部環境の変化(新たな需要やターゲット、競合の登場、市場動向の変化等)にうまく対応できなていない理由は、それまで強み(と思われていたもの)が強みでなくなった、または弱みになった可能性があるためで、初めから「この企業の強みはこれだから必ず活用して現状を打破する」というような先入観を持って事例を解くと、出題者の意図を外す危険性があるからです。そして、市場においては「イノベーションのジレンマ」、組織においては「有能性の罠」に陥った、または陥りかけている企業に対し助言を求められるのが過去問の常道です。

本事例の場合も、A社グループの強みは、「特許を取得している」ことや「多角化を実現している」というような、与件にバッチリ書かれていることよりもむしろ、「技術の高度化や事業の多角化を実現できる組織である」というような、歴史的経過を踏まえたより深く、より上位概念的な部分にあるのではないでしょうか。そして、そのような「気づき」を与える役割が第1問から第3問にあると思われます。

ちなみに、2次試験合格後、口述試験対策に向けてSWOTの代わりにこのような表を作成しましたので、参照の為に載せておきます。

オイラ式事例まとめ【H27Ⅰ】

試験中にここまで詳細な表を作成する必要は全くありません。事例Ⅰの大枠把握では、時系列順に5W1Hが押さえれば十分です。大枠把握で重要なのは、自分なりの基準を持ち、かつ後工程で活用しやすい方法とすることです。そのために、オイラ式や他人のやり方を真似したりして試行錯誤し、自分に最も適したプロセスを確立してください。はじめは作業が多くて大変かもしれませんが、継続すれば徐々に不要と考えた作業をそぎ落としたり、複数の作業を統一したりできるようになり、効率が高まってくるはずです。

以上、マイナス16時間の時差と、東に8,800kmの彼方から愛をこめて、なんちゃってアメリケンがお届けしました。皆さんも早く診断士になって夢を実現させましょう!

Your dreams will come true! See you next time. Bye!



【限られた空間で、最大限快適に過ごす】

 

みなさん、こんにちは碧です。

最近、ちょこちょこ要らないモノを捨てています。

家族三人で暮らしていると、いつの間にか家の中にモノが増えてるんですよね

特に子供のプリント類やサイズの合わなくなった服、私の仕事の書類、クーポン券などの紙類・・・。

そんな要らないモノを捨てたあとのスッキリ感がたまらない

そして、モノを捨てると、やらなくちゃいけないことがクリアに分かるんですよね。

捨てるまでは色んなモノが目に入って、「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と脳が落ち着かない状態になのに対して、要らないモノがないと目の前のことへの判断力や集中力が上がります。

限られた空間だからこそ、要らないモノを捨てて最大限快適に暮らしたいですね。

 

【診断士試験にも応用できる!】

 

実はこの「捨てる」ということは、1次試験でも応用できるんです。

ご存じの通り、1次試験は7科目で420点以上(40点未満の科目がないこと)で合格です。

つまり、乱暴に言うと1科目あたり60点以上取ればいいんです

満点を狙う必要はない。←これとても重要。

そして、科目ごとに試験時間があります。

例えば、財務は毎年25問(正確には25マーク)出題されます。

そして、試験時間は60分です。

 

単純計算で1問あたりにかけられる時間は

60分÷25問=2.4分!!!

 

時間が多いと感じますか?少ないと感じますか?

私自身は時間が少ないと感じました。

問題を読んで解き方を思い出す時間や、計算を間違えて解き直す時間、そして最後に見直す時間を考えると、1問2.4分ではなくもっとずっと少ない時間しか解く時間にかけられないんです。

 

 

そこで、25問をすべて同じように力を入れて解くのではなく、3パターンに分けていました。

・とりあえずちゃちゃっとマークして捨てる問題(解き方が分からない問題)

後回しして捨てない問題

・絶対点数を取る集中問題

(「捨てる」というと、あまりいい言葉に思えないかもしれませんが、今回は冒頭の片付けに関連付けて「捨てる」を使っています。)

 

ということで、分からない問題はあえて時間を取らずに捨てて、きっちり点数を取る問題に集中する!

限られた試験時間で、最大限自分の持つ力を発揮することにつながります!

 

今日はこの解き方にフォーカスして、

【渾身】捨てる事への挑戦~試験中での対応編~

をお届けします。

 

これから1次試験の模試がありますが、今日は是非模試や本試験でお試し頂きたい、

「問題の捨て方」について、碧流の捨て方をご紹介します。

みなさんも是非ご自身流の捨て方を編み出して、本試験に挑んでくださいね。

 

【碧流、捨て方】

 

今回は財務に関して、試験開始からどうやって捨てているのか

・捨てる

・捨てない(後回し)

・集中問題

の3パターンに分けていく方法を2つのステップでご紹介します。

 

ステップその1

《分野別、捨てる問題を仕分け》

試験開始後、最初にざっと問題を最後まで見ます。

その中で

・簿記

・見たこともない会計規則

はサクッと捨てます。

(捨てる=問題文の中でヒントとなるモノから答えを想像して、ちゃちゃっとマークします。)

 

ステップその2

《かかる時間で問題を3パターンに仕分け》

1)問題を読んだ後、5秒以内に解き方が全く頭に浮かばない→捨てる問題

2)問題を読んだ後、5秒以内に解き方が浮かび、次の5秒以内に計算の方法も大まかに頭に浮かぶが、その次の10秒で手を動かし、時間がかかりそうと判断→後回し

問題を読んだ後、5秒以内になんとなく分かりそうと判断し、次の5秒以内にちょっと考え、次の10秒で手を動かして書いてみるが時間がかかりそう→後回し

3)問題を読んだ後、5秒以内に解き方が頭に浮かぶ→集中して点数を取る問題

 

【後回しの基準を詳しく】

 

後回しの基準を例に挙げてご紹介します。

例えば、加重平均資本コストの問題に関して

H23第16問

box3

この問題はすぐにこのボックス図が書けて、計算も難しくないので集中問題と判断します。

H24第16問

2416

この問題はボックス図は簡単に書けますが、自己資本コストを配当割引モデルから求めなくてはいけない問題です。

つまり、1問で2問分(加重平均自己資本コスト+配当割引モデル)の分量があることが分かります

解き方は浮かびますが、時間がかかるので後回しです。

 

【捨てる時の注意点】

 

第1問から順に解く訳ではないので、マークの位置がずれないようにすること

そして、捨てた問題も必ず問題冊子にチェックしておくこと。

(問題冊子は持ち帰れます。自己採点で何点だったか分かるようにしておきましょう)

これらをお忘れなく。

 

【では、本日のまとめ】

 

試験時間は限られている

だからこそ、分からない問題はスパッと捨てて、得点出来る問題に集中し、合格を目指す!

 

【さぁ~て、明日の道場は・・・】

 

奥様がとってもお美しい細川泰志が登場。

あしたはどんな話が飛び出すのかとってもたのしみですね♫

 

それでは

いい一日を!

碧でした。



おはようございます。フェイマオです

日中はだいぶ夏らしい日が続いており、いよいよ1次試験まで残り54日となりましたね。
私は去る2013年6月から予備校の通学コースの『1.5年コース』に通い始めましたので、3年前のちょうどこの時期に勉強をスタートさせました。

私の通っていた学校では、初年度の3科目が「経済」「法務」「中小」でしたので、この時期からの経済の勉強は結構骨が折れました
※それなりに3ヶ月弱で科目合格を狙えるところまで仕上げたつもりですが、平成25年度の経済は科目合格率2%と難問だらけでしたので、当然合格は翌年にお預けになりました・・・

それでもベース知識の無い「法務」と「中小」は60点を大幅に超える形で得点できましたので、試験日が近づくにつれ心が挫けそうになってしまう方でも、ここからの巻き返しは十分可能です

この試験はなによりも“諦めない”事が大切ですので、残り54日を悔いのないように過ごして頂きたいと思います


さて、連日続いておりますこの【渾身シリーズ】。今回は当代ではあまり出てこない?“経済学”について、記事を書かせて頂こうと思います
※私フェイマオは、昨年2次試験のみに専念しておりましたので、約2年近いブランクがありますがご容赦下さいませ

さて、経済学1回目はマクロ経済の分野でも頻出の『IS-LM分析』について。
IS-LM曲線の分野での出題傾向は以下の通り。

~IS-LM関連問題~
① IS曲線、LM曲線の傾きに影響を与える条件に関する知識
② IS-LM曲線のグラフ上での超過需要・超過供給発生領域に関する知識
③ IS曲線、LM曲線がシフトする条件
④ 財政政策と金融政策
※ここに国際収支要因が加わると、マンデルフレミングモデル(IS-LM-BP分析)が登場
昨年、一昨年と経済学は比較的易しかったので、今年はやや難化傾向が予想されてます
※詳細なデータ分析は、こばのこちらをご覧ください。

IS-LM関連は科目合格を狙う上で点を取りたい分野ですが、問題を難しく作ろうとすると①~④の中では、①が一番作りやすく(と思われます)受験生を惑わす余計な情報を設問に盛り込んでくる可能性が高い・・・

百聞は一見にしかずで、ちょいと過去問を見てみましょう。

こちらは、平成21年度の第8問の問題ですが、問題がなんと2ページ半に渡ってます
下記に画像を添付しますが、実際の過去問はこちらから。

スクリーンショット 2016-06-12 20.31.30 スクリーンショット 2016-06-12 20.31.47 スクリーンショット 2016-06-12 20.31.55

 

さて、こちらの問題は設問に入る前の問題文だけで1ページ半を使ってます
経済学が苦手でない方でも、問題を読むだけで正直うんざりします
この分野で問題を難しく作る場合、このように設問をあえて長くして“問題を難しく見せる”事が出来ますが、実際に解答を導くうえでは、問題文を全部読まずとも十分だと思います。
特に上記で挙げた①と②の知識を復習するうえでは、(個人的には)比較的良問だと思いますので、知識の整理を兼ねて問題を見ていきましょう。

※設問文のみ下記再掲します。

スクリーンショット 2016-06-12 20.31.47 (2)

■aの選択肢⇒②の知識整理問題

この問題は、『地面の上に木が立っている』で覚えれば瞬殺できます
では、イメージ図をご覧ください。

超過需要超過供給モデル図

これをIS曲線と重ねると・・・

IS曲線②超過供給超過需要

これは暗記するには超簡単なイメージですが、覚えておけばaの選択肢(IS曲線の右側が超過供給である)が正しい事が直ぐ導き出せます


 

続いて、bとdの選択肢を見ていきましょう。

■bとdの選択肢⇒①の知識整理問題

こちらも、IS曲線の傾き=ちりとだけ覚えておけば瞬殺できます

問題文には、何やら長い式が書かれていますが必要なのは、Yの前の分数のみ。
こちらも下記に図を記載します。

IS曲線の傾きの決定要因

では、選択肢を見ていきましょう。
b:限界貯蓄性向(ち)が大きい→分子が大きい→傾きが急になるので、選択肢は×

d:投資の利子感応度(り)が小さい→分母が小さい→傾きが急になるので、選択肢は○

 

これにより、(設問1)は a と d が正しい事が瞬時に導き出せます。


では、引き続いて(設問2)へ。同じように設問のみ再掲します。

スクリーンショット 2016-06-12 20.31.55

■aの選択肢⇒前出②の知識整理問題

これも、IS曲線と同じです。下の図をご覧ください。

LM曲線の超過需要超過供給

上の図をご覧頂ければお分かりの通り、LM曲線の下方領域は地面となりますので、超過需要となります。
よって、aの選択肢は×


続いて、cとdの選択肢を見ていきましょう。

■cとdの選択肢⇒①の知識整理問題

こちらも、『LM曲線の傾き=しり』とだけ覚えておきましょう。
※ちょっと言葉が適当でなくてすみません

問題文ではLM曲線の式はIS曲線よりはやや簡潔になってますが、こちらも必要なのはYの前の分数のみ
こちらも下記に図を記載します。

LM曲線の傾きの決定条件

では、選択肢を見ていきましょう。
c:貨幣需要の利子感応度(り)が大きい→分母が大きい→傾きが緩やかになるので、選択肢は○

d:貨幣需要の利子感応度(り)がゼロ→分母が限りなく小さい→傾きが極端に大きくなる(=垂直)ので、IS曲線が左右に異動しても国民所得(GDP)は変化しないため、選択肢は○

これにより、(設問2)は c と d が正しい事がわかります。

 

いかがでしょうか?
経済学ではこの問題のように“やや文章が冗長すぎる”場合は、敢えて難しく見せようとしていますが、基本的な考えを抑えておけば惑わされずに問題を解く事が出来ます。

ちなみに、この①と②の考え方については、“平成19年度の第5問”も同様に解く事が出来ますので、試してみてください。

1次試験まであともう少し。皆さんの頑張りを道場メンバーは一丸となって応援しています

では、本日はここまで

To be continued・・・

 



こんにちは、とりです。
のっけから耳が痛くなるかもしれませんが、1次試験まで、あと56日になりましたね。焦ったり、不安に苛まれたり、イライラしたり、、精神的にも不安定になりやすいこの時期ですが、心身ともに健康を維持する努力を継続しましょう。1分1秒でも勉強に充てたいところですが、体も心も壊さないように、勉強とリフレッシュをバランスよく日々を過ごしていきましょう!

ちなみに、私のこの時期のリフレッシュといえば、、さすがに旅行やちょっとした遠出なんかはできないので、もっぱら好きなものを食べてましたね。 あ、もちろんノンアルコールで、ですよ!お酒はちょっとだけ好きですけど、直前期は一滴も、とまで言いませんけど、かなり節酒していましたです、はい。 


 

とり2回目の【渾身】シリーズ、やっぱり何を記事にするか悩んでしまいました。これまでも何度か記事を書いているのですが、悩んだ挙句【渾身】の企業経営理論にしてみました。

とりは社会人になって20年来営業職で、「売る」ことだけを考えて行動する環境にいたこともありますが、「企画営業」の名のもとでさまざまな戦略立案や企画に携わることもしばしば、なので本職の方には全く歯が立たないものの、マーケティングの見識は多少あります。以前の記事で、「企業経営理論が苦手科目」と気づくのが遅かったことを書きましたが、ことマーケティングだけは得点においてもそれほど苦手ではありません。合格年度のマーケティング論は全問正解でした(その分、経営戦略論や組織論で失点を重ねていることになりますが…)。
ですので、得意としている方も多い分野ではありますが、企業経営理論のマーケティングにフォーカスして【渾身】記事を書いてみたいと思います。

まず、試験案内に書かれている「試験科目設置の目的と内容」を確認します。

3.企業経営理論 (科目設置の目的)
企業経営において、資金面以外の経営に関する基本的な理論を習得することは、経営に関する現状分析及び 問題解決、新たな事業への展開等に関する助言を行うにあたり、必要不可欠な知識である。また、近年、技術 と経営の双方を理解し、高い技術力を経済的価値に転換する技術経営(MOT)の重要性が高まっており、こう した知識についても充分な理解が必要である。このため、経営戦略論、組織論、マーケティング論といった企 業経営に関する知識について、以下の内容を中心に判定する。

内容はちょっと文量が多いので、リンクを参照。P.15-16にマーケティング論の出題領域が書かれています。このあたりは、テキストの目次を見ると大体同じですね。当たり前ですが。出題者側も、テキストに書いてあるような基本論点を骨組みとして出題をしてきます。なので、切り口や素材、言い回しなどは毎年手を変え品を変え出題してくるものの、基本論点に忠実に勉強することが重要で、決してこの直前期には手を広げるべきでないことが分かります。

続いて、過去のデータ分析。

過去記事では、7代目リーダーのこばや、先代のうみのが精緻な分析をしています。マーケティング論は、他の経営戦略論や組織論に比べて難易度は低い傾向にありますが、一方で難易度の乱高下も大きいようです。ちょっと判断が難しいところもありますが、私が2年間過去問に取り組んできた経験、養った感覚から判断するに、やはり最も取り組み易い領域と考えます。もちろん、本業で経営企画や人事のスペシャリストだったり、社労士ホルダーだったりすれば得意分野は自ずと変わると思いますが、総じて難易度が低く確実に得点を稼ぐべき領域と捉えます。

次に解答する順番。もう言わなくても分かると思いますが、

①マーケティング論
②経営戦略論
③組織論

の順番が最もオーソドックスですね。これはもう、あまり深く考えなくてもよくて、試験が始まったら即マーケから開始してもよいぐらいです。ただそうは言ってもまだ不安が残る方は、あと30日くらいで過去問演習や模試を積み重ねて、ご自身が一番効率的に進められる順番を見出してください。重要なのは、深く考え込んで時間を浪費することがなく、ご自身が一番ストレスを感じない領域から手を付けることです。多くの先輩が語り継いでいますが、90分の序盤、中盤で思考力を使い過ぎると、難なく解ける設問を落としてしまう、最悪は時間切れで解答できない事態に陥ります。とりの1年目に敗因はここにもありました。浅薄な分析で、「まあどの領域にも難問、易問それぞれあるし、悩む問題はどうやっても悩むから、それぞれ30分を目処に解答し終えることを目標に、第1問から順番に解いていけばいいや」といったスタンスで臨み、見事に科目合格も落としました。
何といっても、午前中に経済、財務でかなりのエネルギーを消費し、昼食を挟んで臨む90分、場当たり的な取り組みでは力を発揮しきれず、普段はやらないような失点を犯してしまいます。しっかりご自身の作戦を立てて、その作戦に忠実に取り組んでいただきたいです。

ちょっと脱線しましたが、今度はマーケティング論の出題傾向を分析してみます。

基本的には、先に述べた試験案内に書かれた論点に沿って出題されていると思います。組織論や経営戦略論のようにEランク問題はかなり少ないと言えますが、切り口や素材は多種多様です。また、未知の用語を盛り込んだり、言い回しを複雑にしたりして、難易度を調整しているように思います。未知の用語や持っていない知識が含まれない設問は、各選択肢の言い回しや文章構造に注意して、瞬殺に近いスピードで解答していけばよいです。問題なのは、未知の用語、知識が盛り込まれた設問です。これをどうしていくか?最近のトレンドや中小企業白書の重要テーマなどから出題予想をすることは、一見よさそうですが、私が思うに関連性は低くあまり意味がないです。

これば2次試験にも通じますが、他の科目に比しても過去問が非常に重要な学習ツールです。それは、出題者の意図や傾向は過去問にしか表現されていないためです。私は独学でしたが、直前期の模試は1年目も2年目も受験しています。そこで感じ取ったのは、「やはり模試は本試験とは似て非なるもの」ということです。特に企業経営理論においては、文章量も多く作問者の意図や癖が必ず込められているはずなのです。模試は当然ながら受験校やその関係者が作問者ですが、本試験の作問者ではありません。精緻な分析のもとで作問されていますが、やはり本試験の作問者意図は模試からではわからないのです。

なので、特にこの直前期の企業経営理論への取り組みとしては、過去問オンリーであってもいいぐらい、過去問演習に集中しれ取り組んでいただきたいです。過去問完全マスターのような問題集もとても有効です。他の科目に比べ時間はかかってしまいますが、苦手意識をもっている方は特に励行しましょう。未知の用語、知識が含まれた設問は、受験生はみんな苦手であり、しっかり過去問にあたれば難易度の高い設問も解答を導き出す力、潔く捨てる力が養われていきます。このことを脳裏に焼き付けて、自分を信じて頑張っていきましょう!

勉強する人

今回のまとめ

基本論点に忠実に勉強、決してこの時期には手を広げない。
②マーケティング論は総じて難易度が低く確実に得点を稼ぐべき領域
③解答の順番は、マーケティング論が一番ストレスを感じない領域から解くのが重要。
過去問が、マーケティング論の最重要な学習ツール。出題者の意図、癖を時間をかけて掴む。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、とりでした。



たきもです。今日は6月10日です。
一次試験1日目(8月6日)まであと57日です。
焦らず、じっくり、やるべきことを積み重ねましょう

このブログを読んでいる皆様、
「一発合格道場」ですから、「一発合格」したいですよね??
来年もこの勉強をするか、合格して診断士の世界に飛び込むか
どちらがよいですか??

私は昨年のこの時期
「この勉強を来年もやるのは嫌だ・・・ていうか無理・・・」
思いながら過去問と向き合っていました。
昨年の自分のFacebookを読んだら、こんなことが書いてありました。

「何回やっても同じ間違いをしていた問題、
4回目にして初めてちゃんと理解して解けた。うれしい。
….でも7科目中の1問。8月までに間に合うのか、、、、、」

みな、同じ心境です。ここで耐えぬき、勉強を淡々と続けることが、
一次試験合格につながります。

—————————–
さて、今回は(私にとって)始めて
財務」のうち「経営分析」を取り上げます。
(一応、本業が金融機関ですから、1回は財務を書こうと思ったのです)
(金融機関勤務なのに)苦手な財務の中では
暗記で乗りきれる経営分析は、得点に繋がる分野でした。
経営分析は、二次試験では必ず毎年第1問で出題されます。
得点源となるところですから、しっかり抑えましょう。

最初に申し上げますが、ものすごくざっくりです。
経営分析の問題に拒否反応が出る方、
これを読めば「こんなざっくりでもよいのか」
と思うはずです!

1.公式の覚え方
①安全性
分子と分母は貸借対照表の場所で判別できます。
左側が分子、右側が分母です。
ここは公式を覚えるより、絵を書きましょう。
はい、安全性終わり!
案是正
※負債比率は、負債/自己資本ですので、右側だけ!と覚えましょう。

ちなみに、よく引っかかりやすいのが
固定比率
固定長期適合率
負債比率
です。「低いほうが◯」のパターンですね。
固定比率
自己資本より固定資産が多い
→自分の体力(自己資本)以上になにか買っている→低いほうが◯
固定長期適合率
自己資本どころか負債までしても固定資産のほうが多い→低いほうが◯
負債比率
自分の体力(自己資本)以上に借金してる→低いほうが◯
この3つが出た時は、「低いほうが◯!」と3回唱えてから問題を解きましょう。

②収益性
ここは、指標がそのまま計算式になります。
真ん中に線を引いて、上下逆転させます。
総資本経常利益率=経常利益率/総資本

③効率性(回転率)
覚えることは一つ、「売上高」が分子!
とりあえず、売上高を上に持っていけばOKです。
回転率
(ものすごくざっくりした図ですね…)

2.筆算をしない、分数のまま大小を考える
各指標を計算し、
前期と比べ良好か、悪化したか答える問題は度々出題されます。
(H23年度第9問、H25第5問)
私は最初、この問題を筆算で解いていました(小学校で習う、アレです)
しかし、小数点第3位くらいまでだしたり、途中で計算を間違えたりで
時間をかなりロスしていました。
そこで、4月の道場春セミナーで、6代目おはともからの神の一声

「分数のまま大小を判断すればよいんだよ」

目からウロコでした。

H25年第5問設問2を見て実践してみましょう。
固定長期適合率で考えていきます。
まず、コロン以下(000)は最初から排除しましょう。
長期固定適合率

うまく約分ができれば、筆算しなくても大小がわかります。
(私は、どちらが大きいかわからず、結局筆算しました…)
83か86まででれば、大小がわかりますね。

いかがでしたでしょうか?
財務は暗記科目です。
基本的な公式をしっかり覚え、自由自在に動かすことができれば
必ず得意科目になります!
二次試験も踏まえ、しっかり「コツコツ財務」やっていきましょう。

最後になりましたが、6代目おとの
【道場マイベスト記事】財務・会計は必読です!
今、今まさに読んでください!!財務の戦略がこの1記事でわかります

たきもでした。



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

今日はプログラミング言語について。
使ったことがない人は全くピンとこないと思いますが、2016年現在はこれさえ知っていれば大丈夫・・・なはず。
プログラミング言語はそんなに問われる論点ではないので、知識として押さえておく程度でOK。

ちなみに、スクリプト言語とマークアップ言語は今回書ききれなかったので、②で書く予定です。(ご要望があれば・・・)


ではさっそく。

低水準言語

20160609_01
SEやってても、日常目にすることはない感じのプログラム言語です。
プログラムの起源として知っておこう、くらいの存在。
手続き型言語

20160609_02
製造業や情報系の中小企業でお話をしていると、ちょくちょく昔話にCOBOLが出てきます。システムの一時代を築いた言語として知っておくとよさげ。
非手続き型言語

20160609_3-2

ここがメイン。
日進月歩で新しい技術が出てくる中、私自身も触ったことがない言語がたくさんあります。
ミニトリビアで、C#の「#」は、++が二つ重なって#になったそうです。へー。
ちなみに、JavaとJavascriptは名前が似ていますが全く違います。
文法も考え方も全く異なるので、Javaが書けるからと言ってJavascriptも書けるというわけではありません。

何で似たような名前つけたんだろうな・・・?


1次試験まであと58日

季節の変わり目、体調にはくれぐれもお気をつけて。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



道場発、自分イノベーション宣言!
過去の自分を突き破り、未知なる自分へと成長

おはようございます。こばです。
先日、受験生時代に読まなかった白書を読みました。スピテキよりも、ストーリー展開がしっかりしていて読みやすかったです。

白書のことは一旦置いておき、今年の試験は経済、財務が荒れると予想される。
初日の午前中に約30点の失点をしてしまう可能性が高い。
診断士の作問者は先制攻撃が好き。
先手必勝。奇襲攻撃ほど相手を動揺させる攻撃ない

この奇襲攻撃に耐えることを前提としても、その後の攻防で失点をカバーする得点をする必要がある。
ではどこで得点をするか。それは師がもう言ってる通り

■運営
■情報
■中小

診断士試験の目先の難易度は変われど、全体の傾向は変わらない。だから当然得点すべき科目も同じ。
でも最近、情報は難化傾向。去年並みに情報が難しい場合もありえる。
そうなると確実に合格するためには、運営と中小を限界まで得点力を向上させるしかない。

自分のリソースだけではなく、外部環境の変化に応じて戦略を立案してこそ診断士。

だから、中小の渾身記事を2発掲載。

そして、2015年度の白書のテーマは

地域発、中小企業イノベーション宣言!

白書からイノベーションの方法を学ぶ。

■ストーリー展開■

・アベノミクスの影響で日本経済が回復傾向にある。
・さらなる成長発展にはイノベーションが必要。
・イノベーションをしたいが人材が不足している。
・人材をどう採用又は育成するかがイノベーションを支える。
・イノベーションを通じて企業の成長を図り地域活性化に繋げる。

□第1部 2014年度の中小企業・小規模事業者の動向□

第1部のテーマ:外部環境分析

●我が国経済の動向

・アベノミクスの効果が現れ、景気が回復する中で、14年4月の消費増税の前後で大きな変化が生じた。
・駆け込み需要の反動減や、原材料・エネルギーコストの上昇の影響で、企業の業況や採算に関する指標には弱い動き。
・原油価格及び国内石油製品価格の下落やマクロ経済環境の持ち直しで、一時に比べれば改善は見られる。

●中小企業・小規模事業者を取り巻く環境

・中長期的な視点による中小企業の環境分析。

①中長期的な収益力変化分析。
企業規模が同じ中小企業の間で、高収益と低収益の企業の格差拡大。両者の違いを検証し、高収益の企業は低収益の企業に比べて、技術開発や人材の確保・育成に対する意識が強いことを明らかにする。

②「地域」に関する分析。
中長期的な地域経済の成長(付加価値生産額の伸び)を確認し、成長の度合いに応じて地域を類型化した上で、地域ごとの産業構造や人口動態等の分析を行う。その上で、「広域需要」と「域内需要」の二つの観点から、地域の実情にあった経済成長のために何が必要かについて示す。

 

□第2部 中小企業・小規模事業者のさらなる飛躍□

グローバル化の進展等を背景に、大企業と中小企業との間の相互依存関係は希薄化し、中小企業は自ら市場と向き合い、需要を獲得する必要性に迫られている。

第2部のテーマ:「イノベーション・販路開拓」、「人材の確保・定着」

●イノベーション
イノベーションこそが成長の源泉である。
「広域需要志向型」と「地域需要志向型」の類型ごとのイノベーションへの取組状況やその成果について、違いや共通点を明らかにしていく。さらに、企業がイノベーションに着手し、推進していくための課題についても検証する。

●販路開拓
中小企業が抱える様々な経営課題の中販路開拓に対する意識は強い。しかし、販路を開拓し、そこで目標とした売上を達成することは容易ではなく、とりわけ新規市場の開拓は、既存市場と比較してその難易度は高い。
中小企業の販路開拓の取組や売上目標の達成状況の把握と課題の分析を行う。
それを通じて、自らが開拓しようとする販路、市場そのものに向き合い、把握することの重要性と、そうした取組を進める上での人材面の課題について考えていく。

●人材の確保・育成
雇用環境の改善が進む中で、中小企業は、量的にも質的にも人材不足、特に中核人材不足に直面している。
確保(採用)、定着、育成と、段階ごとに分析する。
さらに、女性、シニア、外国人や、都市部、大企業の人材等、従来とは異なる、新たな人材の供給源も分析。
その際、人材の確保や育成に投入ができる人・金が限られている中小企業の現実を直視しつつ、地域ぐるみで人材の確保・育成に取り組むことで課題を乗り越る事例を紹介。

□第3部 地域を考える―自らの変化と特性に向き合う□

第3部のテーマ:地域活性化

「地域」を中長期的な視点で分析。人口減少や高齢化で「地域」は、その構造が大きく変化し、そこに住む人々の暮らしを大きく変化させ、人々が抱える課題も多様化・深刻化している。一方で、この状況においても、実態に応じた取組を行うことで、活性化が図られている地域も存在する。

分析内容
地域資源の活用、地域の社会課題の解決という観点から、地域を活性化するための取組について、
分析及び具体的事例の紹介を行うと共に、地域の実態を踏まえることの重要性と、今後の実態把握のあり方について明らかにしていく。

●地域活性化への具体的取組

地域経済の活性化には地域資源の活用が重要となる。
地域資源の活用状況を把握した上で、その商品化や売り込みに関する課題を分析した上で、そうした課題を実際に乗り越えた具体的な例を紹介していく。

また、地域の課題解決は
・社会的価値の創造、
・企業価値の創造
につながる域経済に与える好影響を与える。NPO法人も取組の担い手になる。

●経済・社会構造の変化を踏まえた地域の対応

地域の活性化のためには、地域の実情をきめ細かく把握し、適切な対応策を講る必要がある。しかし。容易ではなく職員も不足している。
その状況下で、発達するIT技術を使い、地域の実態を把握し施策に反映している地域がある。事例を紹介するとともに、政府が開発を進めてきた「地域経済分析システム」による地域の実態把握について、具体的な機能・画面に基づいて確認するとともに、その活用の可能性を検証する。

この概要を踏まえて本文のグラフをチェック。
消えたサブタイトルを自分が追加しています。

チェックのポイントは4つ。

(1) 「イチバン」をチェック

(2) 特徴的な傾向をチェック

(3) 新たな傾向をチェック

(4) 自分の感覚との違和感をチェック

中小企業白書2015年度 ~第1部 第1・2章~
中小企業白書2015年度 ~第1部 第3・4章~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第1章第1節~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第1章第2節~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第1章第3・4節~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第2章 第1節~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第2章 第2節~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第2章 第3・4節~
中小企業白書2015年度 ~第3部 第1章~
中小企業白書2015年度 ~第3部 第2章第1節~
中小企業白書2015年度 ~第3部 第2章第2節~

ダウンロードしたらコメントください。

では、まとめ。

・外部環境の変化に応じて戦略を立案する。
・2015年度の白書のテーマはイノベーション。
・ストーリーを頭に入れて学習をした方が覚えやすい。
・試験勉強を通じて、自分イノベーション。試験終了後に、新たな自分へ遭遇する。

byこば



こんにちは、noriです。

頑張らずにはいられない本番2ヶ月前どんな状況でも諦めなかった人だけが最後に残り、合格を手にします。「もう間に合わないかもしれない…」とここから何度も思うかもしれない。誰もが考えます。その不安から逃げずに「今の自分が何ができるか」を考えられた人が一抜けします

ただ、フェイマオも書いていますが、命あっての物種なので、頑張り過ぎには気をつけてくださいね!(私も先日過労で倒れて救急搬送されました…体調管理大切です!)

元気に試験会場にたどり着けば合格は半分もらったも同然

残りの半分はこれから準備していきましょう

■ 特許動画チャンネルで学ぶ『意匠権』

さて、本日のテーマは意匠権

ご紹介するのは、7代目こばに引き続き、TAC動画チャネル・・・ではなく、特許庁の動画チャンネルです。もう法務の勉強、嫌になっちゃいそうだよ!って方にオススメ。

オススメ動画は「意匠権ものづくりの強い味方」。これがドラマ仕立てで面白い。教習所の免許更新時に見る劇画調のドラマ映像がイメージに近い。登場人物はみんな「意匠権」が何かわからない。

・夫婦で金属加工の町工場を営む夫妻(50代)。

・商品開発を行うベンチャー企業の創業社長(30代)と女性社員(20代)・・・・などなど。

そんな登場人物に先立ち、意匠権をサラっとおさらい。

ズバリ「工業デザイン」の権利を保護しています。

意匠法第1条「この法律は、意匠の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする」

えっ?それだけ?それだけです。

さて、ドラマの本編を少し覗いてみましょう。

■ 町工場夫婦編~先願主義と取得メリット~

ある日夫婦の元に「意匠権を侵害している」という訴えが届く。技術力が強みの町工場には工業デザイン(意匠権)なんて関係ないと思っていたので寝耳に水。

Q:誰の真似もした覚えがないのに、何で訴えられるの?
A:ズバリ先願主義が理由です。意匠権は意匠の創作に対して、権利が重複しないように一定期間の独占的排他的権利が付与されています。つまり早い者勝ち。

Q:町工場の技術屋にはデザインなんて関係ないんじゃないの?
A:ズバリ取得メリットがあります。海外からの模倣品の流入を防いだり、競合他社との差別化市場での優位性確保に役立ちます。

※(特許庁)をもとに記載

では、我々も意匠権を取得してみよう!・・・と続く。

■ ベンチャー企業編〜部分意匠・関連意匠・秘密意匠〜

技術力とアイデアで魅力的な商品を生み出してきたベンチャー企業。常に模倣品に悩まされていた。新規事業進出にあたり、また外側だけ真似されて、中身は粗悪な模倣品が出回ると困る。どうやらそれには「意匠権」が有効。意匠権は使える便利な制度が色々あるらしい。

部分意匠制度
ズバリ特徴的な一部分を登録できます。この制度ができるまでは意匠法で言う「物品」とは「独立した製品として流通するもの」だったので一部分だけなら真似し放題。この制度ができたことで、部分的な模倣も防げるようになりました。

関連意匠制度
ズバリデザインのバリエーションを保護できます。先願主義に基づき類似する意匠はNG。でも同一人物の出願の例外としてこの制度でできました。ある意匠を「本意匠」として、類似する意匠を「関連意匠」とする。ただし、「関連意匠」の関連意匠登録はできないので要注意。そして意匠登録すればするほど、登録料もかかるので要注意。

秘密意匠制度
ズバリ登録後、最長3年秘密できます。登録されたデザインは、意匠公報で公開されます。でも、新製品デザインの発表はタイミングが重要。それに公表されちゃうと、見た目はすぐに真似されちゃうリスクがありますよね。

※(特許庁)をもとに記載

新製品開発に役に立ちそうな制度が色々ありますね!

■ 登録の対象 

では、どんなデザインが登録の対象なの??

  • 1.視覚を通じて美感を起こさせる意匠

    例えば、顕微鏡でしか見れないご飯粒サイズのデザインはNG。だって視覚を通じて見えないんだもの。

    2.工業上利用できる意匠(工業上の利用性)

    例えば、自然石の置物、ビルなどの不動産、絵や彫刻などの純粋芸術は対象外。あくまでも量産される工業製品が対象。

ふーん、何でも良いわけじゃないんですね!

■ 意匠審査

意匠登録出願の際に、審査官はどんなところを見ているの?

  • 1.今までにない新しい意匠であるか(新規性)

    2.容易に創作をすることができたものでないか(創作非容易性)

    3.先に出願された意匠の一部と同一又は類似でないか

    4.意匠登録を受けることができない意匠ではないか(不登録事由)

    以下に挙げるものは、登録対象外。

      • 一、公序良俗を害するおそれがある意匠
      • 二、他人の業務に係る物品と混同を生ずるおそれがある意匠
      • 三、物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなる意匠

    5.一つの出願に複数の意匠が表されていないか(一意匠一出願)

    6.他人よりも早く出願したか(先願)

なんだか登録できそうな気がしてきましたね!

 ■ 最後に過去問で復習

では、最後に平成27年・26年の過去問で復習

 平成27年度 第12問

意匠登録制度に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア 関連意匠制度とは、本意匠及び関連意匠に類似する意匠について意匠登録を受けることができる制度である。

イ 組物意匠制度とは、セットで販売される物品であって、組物全体として統一感があるものについて一意匠として意匠登録を受けることができる制度である。

ウ 部分意匠制度とは、物品の部分に関する意匠について意匠登録を受けることができる制度である。

エ 秘密意匠制度とは、意匠権の設定の登録の日から5年以内の期間に限り、意匠を秘密にすることを請求することができる制度である。

答えはこちらでチェック。

 平成26年度 第7問

意匠制度に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア意匠登録出願人は、意匠権の設定の登録の日から3年以内の期間を指定して、その期間その意匠を秘密にすることを請求することができる。

イ関連意匠の意匠登録を受けた意匠が本意匠に類似しないものであることを理由として、その関連意匠の意匠登録に対して意匠登録無効審判を請求することができる。

ウ組物を構成する物品に係る意匠としてなされた意匠登録出願に対して、組物全体として統一性がないことを理由として意匠登録無効審判を請求することができる。

エ「乗用自動車」の意匠が公然知られている場合に、その乗用自動車と形状の類似する「自動車おもちゃ」について意匠登録出願したときは、その出願は新規性がないとして拒絶される。

答えはこちらでチェック

意匠権は登録から何年だっけ?ってすっかり忘れちゃったあなたはこの記事で復習!(権利戦隊ソンゾクジャーのイラストを見たい方はこちらの記事をチェックしてくださいね!)

いかがでしたでしょうか法務が苦手な方は動画を見て勉強気分を盛り上げていきましょうこれで意匠権は大丈夫

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!待ってます!

nori でした。

・動画:特許庁ウェブサイト「意匠権ものづくりの強い味方」https://www.jpo.go.jp/seido/s_ishou/syoukai_video.htm



皆様おはようございます。毎度毎度の細川です。本日を入れて1次試験まで残り61日、2次試験まで残り139日となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
私細川は、土曜日はとある受験生セミナーへの参加とその後の懇親会で、日曜日は大学時代の部活のOBOGや現役を交えた懇親会でしこたまお酒を飲んできました。勉強も重要ですが、仲間と直接交流する息抜きも楽しいですよね。

さて、今回から2回にわたりお送りする懇親、もとい【渾身】シリーズは、いままで説明してきたプロセスを活用し、細川が実際に問題を解いていく過程を順にお伝えします。

まずはこちらの画像(平成27年事例Ⅰ)を横目で見ながら、以下の解説と合わせて振り返ってみましょう(汚い字でごべんなさい…)。

設問分析の前に

早速設問分析…といきたいところですが、まずは問題と解答用紙を開いた時点で、

①与件の量、問題の数、解答文字数の数

を見て、難易度(与件の量が少ない=情報が少ない=類推や知識が多く求められ難易度が上がる)や、時間配分(問題数や解答文字数が多い場合)をざっくり見積り、事例全体を取り組む際の方向性を仮決定しましょう。

また、設問分析を円滑に行うために与件の最初の部分だけを読み、

②当該企業の業種

を把握し、その業種で問われそうな論点も想定しておきます

【実際】
①与件の量は2.5ページ、問題数は5問、解答文字数は520字と、以前の過去問と比較すると標準的な量なので、いつも通りのペースで解く
②「A社は、1950年代に創業された、資本金1,000万円、売上高14億円、従業員数75名(非正規社員を含む)のプラスチック製品メーカーである。」
→製造業なので、技術的難易度や設備投資に絡めて解答する必要があるかも

最初はこの程度の分析で止めておき、さくっと第1問に飛びます。

なお、設問分析中の【スラ打ち】【白フラグ】【黒フラグ】【リンクワード】については各リンク先の説明を参照ください(解説は省略します)。
また、【設問レベルと内外環境】【構成分析】【知識想定】【編集パターン】【難易度想定と得点見積り】も合わせて参照ください。

第1問(配点:20点、解答文字数:100字)

【設問レベルと内外環境】
ここでは明らかに外部環境(スポーツ用品事業の市場特性)を問うているので、設問レベルは「環境分析(環に○)」、該当部分を黄緑の蛍光ペンで塗ります。

【構成分析】
主語がA社ではないので、「A×(バツ)」と書き、解答の際にはA社以外の業界全体のことも述べるよう注意喚起します。

【知識想定】
「市場特性」という言葉から、参入障壁の高さ(低いと競合が多い→競争激しい→低収益)、技術的難易度(付加価値高められる製品開発は可能か)、ニーズの動向等が考えられ、思いついたことをとりあえずメモしておきます。ここでのメモは後で自分の思考を整理するのに活用しますが、必ずしもすべてを解答に盛り込む必要はありません(逆にここでメモしなかったことを解答に使うこともあります)

【編集パターン】
解答文字数は100文字とある程度余裕があるので、「特性は、①、②、③、~である。」というような、因果を列挙する方法を採用すれば、多面的に切口を展開でき出題者の意図に合致する可能性を高められるため有効です。

【難易度想定と得点見積り】
過去問の傾向からしても、解答すべき内容は与件内に多く記述されているはずなので、難易度は「中」、目標得点は16点としました。ただし、与件内に多く散らばっている内容をうまくまとめあげる編集能力は必要です。

第2問(配点:20点、解答文字数:120字)

【設問レベルと内外環境】
「関連会社を設立する」という、高度な経営判断について問われているので、設問レベルは「戦略レベル(戦に○)」です。

【構成分析】
「その理由」の「その」という指示語が示しているものは、「当初」と「その後」、「社内」と「関連会社」、「新しい分野(と時間の経過によって一般的になってしまった成形事業?)」等が考えられます。このように、指示語が示している可能性のある言葉や対比すべき部分には黒フラグやナンバリングを行い、出題者の意図を漏らさないようにします。

【知識想定】
コスト削減、意思決定迅速化、経営資源集中等の、経営上のメリットになるものを想定します
また、分社化したのは第1問で問われた外部環境のことも関係するかもしれません。

【編集パターン】
「理由は、①、②、③、~である。」というような、因果を列挙する方法が有効です。

【難易度想定と得点見積り】
問われているのは過去の話であるので、与件中には分社化するまでの歴史的展開やその結果が述べられている可能性が高いと考えられます。それらがヒントになりそうなこと、また知識想定もある程度できたため、比較的取り組みやすく難易度は「中」、目標得点は16点としました。

第3問(配点:20点、解答文字数:100字)

【設問レベルと内外環境】
「今後の経営への課題」ですから、当然「戦略レベル」であり、該当部分をピンク色で塗っておきます。

【構成分析】
第2問と違い「今後」の話であり時制が変化しているので、第2問と第3問の間に「過去ライン」を引いて注意喚起します。

【知識想定】
「売上が60%」というのを「高い」と捉えれば、一事業に売上高が集中することによるよる経営不安定化、が考えられます。また、「低い」と捉えれば、まだ伸びしろがあり経営資源をもっと投入し強化していく必要がある、という方向性もありえます。さらに「企業グループ」としていることから、第2問の分社化の話とも関連しているのかもしれません。

【編集パターン】
「課題は、①、②、③、~の可能性がある。」というような、因果を列挙する方法が有効です。ただ、複数の懸念事項をまとめ上げ「1つの課題」と抽象化することも考えられ、その場合は因果のみ(複数列挙せず、一本の因果関係)で編集する方法(例えば、「課題は~等という…の可能性がある。」等の編集パターン)もあります。
ちなみに、出題者が求めていることがよくわからないという理由から解答では複数列挙を行い、そのうちの1つ2つの部分点を狙っていくという考え方もあります。

【難易度想定と得点見積り】
「将来の可能性」のことを問われており、与件に記述はあまりないと思われること、「売上が60%」であることと経営への影響度合は様々な方向性が考えられ、出題者の意図を捉えにくいため難易度は「やや高」、目標得点は10点はとしました。

第4問(配点:20点、解答文字数:100字)

【設問レベルと内外環境】
「賃金制度」と人事のことを問うているので、「オペレーションレベル(オに○)」としました。

【構成分析】
特になし。

【知識想定】
「企業グループ」で「成果主義」を「あえて導入していない」ことから、成果主義のデメリットを避けるためかもしれません。成果主義のデメリット面を人事面の切口、例えば採用、配置、能力開発、評価、報酬、モラール等から述べる必要がありそうです。

【編集パターン】
「理由は、①、②、③、~である。」というような、因果を列挙する方法が有効です。知識想定では切口を列挙できましたので、そこからいくつかを選び記述することができそうです。

【難易度想定と得点見積り】
ただし設問文がたった2行しかなく、しかも問うていることが抽象的な内容の為、出題者の意図を外す可能性も考慮して難易度は「やや高」、目標得点は10点としました。

第5問(配点:20点、解答文字数:100字)

【設問レベルと内外環境】
「サービス事業拡大の留意点」を「組織文化」「人材育成」の観点から述べるので、組織や人事等の「オペレーションレベル」を主軸としながらも、経営への効果等の「戦略レベル」のことも意識する必要がありそうです。

【構成分析】
「XだけでなくYも」という呼応の副詞を使った文章構成から、「製造・販売」と「サービス事業」を対比します。

【知識想定】
オペレーションレベルでは、組織という切口から、リーダーシップ、権限委譲、コミュニケーション等が考えられます。
戦略レベルでは、今までやっていなかったことをやるので、チャレンジ精神や事業円滑化等を想定しました。また、事業分野ごとの関連性ではシナジー等の発揮も述べられそうですが、そうすると第3問との関連性も気になります。

【編集パターン】
「留意点は、①、②、③、~である。」というような、因果を列挙する方法が有効です。また、オペレーションレベルだけでなく戦略レベルのことも述べる場合、それぞれが解答に占める量(=ボリュームバランス)も見積もっておく必要があります。本問で問われていることの主軸はオペレーションレベルなので、オペレーションレベル:戦略レベル=4:1程度の解答分量にしておきましょう。

【難易度想定と得点見積り】
過去問では最終問題は難しいのが一般的であること、オペレーションレベルと戦略レベルの両方の観点を盛り込む場合は編集が大変になること等を考慮し、難易度は「高」、目標得点は8点としました。

取組順序と時間配分
どうも設問間の関連性が順に繋がっているように思えるので(かつ時制も過去から将来へ流れている)、取組順序は第1問から順番に解答します。
また詳細分析と記述の時間配分は、全体的に解答文字数、難易度ともに標準的(例年通り)と判断した為、各10分ずつとしました。
目標得点も16+16+10+10+8=60点と、今の段階では合格点に達しているので問題なさそうです。

本日はここまで、それではみなさん良い一週間を!

細川でした。

※2016年6月8日:一部加筆修正しました。



こんにちは、noriです。先週に引き続きマックスさんのゲスト寄稿『巨人の肩にのる』2次必勝法(後編)です。

マックスさんの記事の要点は以下の3点。

『巨人の肩に乗る』とは?←先週はここまで。

②事例Ⅱを中心に事例Ⅰ~ⅢをMECEに捉える←今週はここから。

③事例Ⅳが苦手な人向けの対策法

では早速どうぞ!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

②事例Ⅱを中心に事例Ⅰ~ⅢをMECEに捉える

ここは人によるところだと思いますが、僕の場合は和田・恩蔵他(2012)で事例Ⅱに関して脳内に「イナズマ」が走ったおかげで、事例Ⅱが最初の得意科目になりました。その状況で前述の伊丹(2014)と併せて読むと、事例Ⅱと事例Ⅰの切り分けが頭にすっとはいってきました。すなわち、事例Ⅱが外部適合(市場適合・競争適合)であるのに対して、事例Ⅰは内部適合(資源適合・組織適合)を扱っているんですね。この点を踏まえると、例えば事例Ⅰで外部適合的な競争戦略に触れたら一発アウト、となるわけです。また、事例ⅠとⅡでは言葉遣いも丁寧に使い分ける必要がありますが、内部適合・外部適合の切り分けを押さえておけば大外しは避けられます。例えば、同じ企業の強みを伸ばすことを事例Ⅰでは「付加価値の向上」と表現し事例Ⅱでは「差別化の強化」と表現する、などです。

 

また、事例Ⅱと事例Ⅲを比較すると、事例Ⅱが需要の創造にフォーカスしているのに対し、事例Ⅲは供給の改善にフォーカスしていますので、ここも極めて切り分けは明確ですね。こまかい言葉遣いも、この切り分けを押えておけばそれぞれ+10点は期待できます。

 

③事例Ⅳが苦手な人向けの対策法

さてさて、最後の課題は事例Ⅳです。事例Ⅳを分解すると、事例Ⅰ~Ⅲ的な定性的な内容と、1次試験的な財務・会計の知識や計算力の大きく2つに分かれますが、前者は既に提示した書籍が有用ですし、後者は1次知識や過去問模範解答の写経・演習をおいて、他に近道がないように思います。僕は理系出身なので事例Ⅳは嫌いじゃないのですが、とにかく演習の時間が不足してましたので点数はなかなか伸びませんでした。

 

対策は、べたではありますが2次試験直前1ヶ月間の本番時間割に合わせた事例Ⅰ~Ⅳ演習です。僕の場合この時期は、知の巨人達の肩に乗った知識の補充と過去問写経・分析で事例Ⅰ~Ⅲは比較的順調に受験校で点が伸びていましたが、やはり演習不足は不安です。加えて、苦手の事例Ⅳ対策です。本番では、事例Ⅰ~Ⅲを解いてヘトヘトに疲れきったところで事例Ⅳに取り組まなければいけません。そもそも事例Ⅳは演習不足で苦手意識がありましたが、そこでスタミナ切れが発生すると脳が機能停止して普段できる問題も取りこぼし極端に点を落とす事態が容易に想定できました。そのため、事例Ⅳで疲れきった状態で確実に60点前後を確保する訓練として、本番時間割に合わせた全事例演習を合計7回(7日)実施しました。効果はてきめんで、事例Ⅰ~Ⅲを最小限の労力で高得点につなげ、十分にスタミナを残し余裕のある状態で事例Ⅳに取り組めるようになったように思います。

 

最後に

実は、小心者ゆえ得点開示をずっとしないできたのですが、診断士登録の際におもいきって得点開示請求しました。結果は、A(76)、A(63)、 A(65)、B(50)でした。事例Ⅳは、取れるところに注力し設問3未着手でしたのでそこまで点数が伸びるはずも無く納得ですが、事例Ⅰの得点の高さは自分でも意外でした。おそらく、「見えざる資産」の粘着性・固定性に言及したことが出題者の意を得たのではと振り返る次第です。最終的には、恩蔵先生だけでなく、伊丹先生にも感謝・感謝の結果となりました。

 

さていかがでしょうか。皆様も是非、がむしゃらに2次試験の過去問模範解答写経や演習に取り掛かる前に、1週間で良いので知の巨人達の知識を再確認し、『巨人の肩』によじ登って4事例全体を俯瞰する習慣を身につけられることを心よりお勧めします。2次全体で+20点は請け負います。

 

マックスでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いかがでしたでしょうか。

合格をゴールに例えるならば、2次試験のテキストや過去問はそこへ向かうための地図。ゴールにたどり着くにあと必要なものは羅針盤です。「運が良かった」「なぜ合格したかわからない」と仰る合格者もいますが、そんな方もよくよくお話を聞くと、どこへ向かえば良いのか自分なりの羅針盤をお持ちです。

マックスさんの羅針盤は「知の巨人達の知識」巨人の肩』に乗って4事例全体を俯瞰する習慣だったのではないでしょうか。

2次試験は正解が発表されないから、どこへ向かえばわからないと悩まれている方も多いかもしれません。マックスさんの2次対策を直接伺った際に、今年受験される皆様の参考になるのではないかと思い、是非にと寄稿をお願いしました。

マックスさん、ありがとうございました!

 



【1次本試験まであと2ヶ月ほどになりました。】

道場セミナーにご参加頂いた皆様にはお話しましたが、ストレート合格を目指すみなさん「選択と集中」していますか?

まずは、頻出テーマから潰すこと。

そして、勉強にかける時間と得点出来る点数を考えて、効率よく点数に結びつくところからおさえていきましょう


 

【今日の本題】

さて、やって参りました渾身シリーズ

といいつつ、いつもと同じマイペースな内容になってしまいそうですが・・・

私自身、財務会計では「あ!税金忘れた」「あれ?(計算要素を一つ)忘れちゃった」とちょいミスを色々と続出させていました。

そこで、問題分を読んだら、その論点におけるフレームを決めておき、そこに数字をどんどん入れて、計算要素の「モレ」を防いでいました。

今回はいろんなフレームの中でもすぐに得点に結びつきやすい”加重平均資本コスト”についてご紹介したいと思います。

H23第16問(問題はこちら

まず、加重平均資本コストの問題がでたら、すぐこのボックスを書きます。

box1

B/Sをイメージして頂いて、税金、税引き前の借入金のコスト(%)、自己資本コスト(%)全資産における負債と自己資本の割合が分かれば問題を解くことが出来ますね。計算するのに必要な材料をパッと見える化することが計算要素の「モレ」を防ぐ第一歩。そしてこのボックスの空欄を埋める作業を行います。

 

ただ、今回の問題は3つに分かれているので、ボックスをこう書き直します。

(今回10億円の資金調達ですが、加重平均資本コストを求めることに違いはないですね。)

box2

そして、問題文からわかる数値を埋めて、

box3

負債自己資本比率が4:6なので

box4

今回、10億円の調達ということで、借入、新株発行、内部留保とすっきり分けられますね。

box5

と、ここまで数値をすべて埋めたら、計算に入ります。

box8

これで、もれなく、計算で答えを求められると思います。

今後、この論点が出てきたら、ぜひ使ってみてくださいね。

(電車に揺られて書いているので、読みずらかったらごめんなさい。)

【明日の道場は?】

もしかしたら、いつもと違う投稿があるのかも・・・

お楽しみに♫

 

それでは

今日もいい一日を!

碧でした。



おはようございます。フェイマオです

今週火曜日の5/31に1次試験の締め切りを迎えました。
6月に入り、1次試験を受験される方にとっては、受験勉強もそろそろ佳境に差し掛かる頃かと思います。

とは言え、まだ2ヶ月もあります
ここから、のこり60日+αの時間の使い方が1次試験突破に向けて重要なってきます。

が・・・くれぐれも無理はしないでください

私は、1次試験を受験した2年前のちょうどこの時期に体調を崩し、1週間ほど入院しておりました
当時は仕事を終えてから、帰宅途中の自宅の側のマックで22時過ぎ~25時前位まで勉強しており、多少無理をし過ぎたせいもあったかと思います

皆さんは私のようにならずに、くれぐれも体調管理を徹底し2ヶ月ちょっとのラストスパート頑張ってください


さて、今週から続いております【渾身】シリーズ

一つの論点を掘り下げて書くこのシリーズですが、今回は1次試験で稀にでてくる『生産性指標』の分析で使われる公式の導き方について書かせて頂きます

※前回の原価計算の続きですと、やや記事の内容が薄いかな?と思いましたので【渾身】シリーズ終了後に続きを書かせて頂きますので、ご容赦下さい ・゚・(p´Д`q)・゚・


■生産性が表すものとは?

では、生産性分析の指標について書く前に皆さんに質問です

【問題】 生産性分析の“生産性”とは何か?
【解答】
生産性分析が表す“生産性”とは、企業活動において、資源(労働力・資本)を投入=インプット  して、生産高や売上高等の経営成果アウトプット  の効率性を意味し、生産性=アウトプットインプット で表されます。

 

既にこの辺りの勉強を済まれてる皆さんにとっては、簡単な内容かと思いますが復習のために今一度ご確認を

さて、ここでアウトプットとしてあらわされるものとして、①総生産 と ②純生産があります。
①の総生産は“売上高や生産高”を意味し、②の純生産は“総生産から材料等の外部から購入したものなどの価値を差し引いた付加価値”を意味しています

生産性分析で用いられるのは②の付加価値額になりますので気を付けてください。

 

最近はあまり本試験での登場が少ない“生産性分析”ですが、ここで少し昔の過去問(平成18年度)を見てみましょう

スクリーンショット 2016-06-02 22.24.40

 

この問題は付加価値の定義を答えさせる問題ですが、付加価値の考え方を知っていれば外部購入費にあたる a  の外注加工費 と b の間接材料費 が省かれることが分かります。

実は付加価値を求める公式は、『日銀方式』『中小企業庁方式』などがありますが、これを覚えておくのは結構大変です
暗記する量を減らすためにも、財務は出来るだけ『理解』に務めましょう


 

■生産性分析の指標

さて、この生産性分析で用いられる指標にはいくつかあります。
当時受験生だった私も、指標を覚えたものの実際の問題で使う頻度も少ないため、たまに問題で出てくるとすっかり記憶から飛んでしまい全く太刀打ちできませんでした

だから、暗記ではなく理解が重要

まず、生産性分析でベースとなるのは『労働生産性』です。
この労働生産性の公式をベースに、以下の3つの指標で分解して、整理すると覚えやすいと思います

 

労働生産性の分解

労働生産性の公式は、生産性分析の出発点になりますのでこの公式を忘れる事は無いかと思います。
そこで、この労働生産性の分母・分子をそれぞれ右に記載したように、①売上高 ②有形固定資産 ③人件費 の3つで分解をします。


 

 

①売上高による分解

 

による分解売上高

労働生産性の分母、分子を“売上高”で分解すると、上記のように分解できます。


 

②有形固定資産による分解

有形固定資産による分解

さて、これも①の場合と考え方は全く同じですね。


 

③人件費による分解

さて、最後は人件費による分解ですが、人件費の位置に要注意!

人件費による③

上の図でお分かりの通り、人件費は共に分子に置きますので、決して付加価値額÷人件費としないようにしてくださいね

1次試験は7科目と膨大です。
極力、財務・会計は他の科目への負担を減らすためにも暗記ではなく、“理解”に務めましょう

 

では、本日はここまで

To be continued・・・

 



こんにちは、とりです。

6月に入って1次試験まであと2ヶ月と少しになりましたね。勢いに乗って追い込みをかけている方、焦りが強くなって思うように勉強が進まない方、さまざまかと思いますが、残された時間はどの受験生も同じです。当然ながら1日24時間を26時間にすることは誰にもできません。みなさんに等しく与えられた時間を、それぞれ異なる生活環境のなかで、いかにその時間の使い方を工夫するかだと思います。ぜひ、時間の使い方に知恵を絞りつつ、本試験に向けて1日1日を大切に、勉強に全力投球されることを願っています。

話は変わりますが、このところ毎週のように電車事故・遅延に巻き込まれています。会社に出社できない日もありました。本試験当日、電車で会場に向かう予定の方も多いと思います。当たり前ですが、事故や遅延の発生は避けられませんので、早めに会場に向かうのはもちろんのこと、万一の場合の迂回ルート、移動手段なども確認しておくことをオススメします。
不可抗力で会場に辿り着けずに涙をのむのは本当に悔しいですよね。万難を排して臨んでいただきたいと思います。

さて、すでにお気づきかと思いますが、道場では【渾身】シリーズ期間がスタートしています。【渾身】シリーズの存在はは受験生時代から知ってはいましたが、いざ自分が執筆するとなると、はて何を【渾身】して書いたらよいのやら、とちょっと悩みました。1次試験で飛び抜けて得意な科目があるわけでもないし、苦手科目では【渾身】の記事なんて書けないし。。

、、って記事執筆の悩みを書いても仕方ないので、とりの【渾身】第1回目としては「経営情報システム」について書くことにしました。
7代目のIT番長? かおりんの記事には足元にも及ばないのですが、以前の記事で触れたとおり腐ってもIT企業に在籍する身でもあり、コンサルでもSEでもない、IT知識は極めて浅薄な営業職が【渾身】の力を振り絞って書いてみました。

e38edededd9b047f770db5a5a3297ef8_s

1次試験に直接的に役立つ内容ではないかもしれませんし、特にIT業界の方にとっては既知の内容かと思いますので、さらっと読み飛ばしていただければと思います。


 

ITと言ってもその領域はとてつもなく広いですよね。私のいる会社も広くIT企業と言っても、携わっているのはごく一部の領域で、「セキュリティ」を生業とし、さらにセキュリティの中でも特定のジャンルに限ったビジネスを展開しています。1次試験科目の「経営情報システム」では、セキュリティについてその試験案内のなかでこう書かれています。

2.経営情報管理 (3)情報システムの運用管理
~中略~セキュリティとリスク管理(機密保護・改ざん防止、不正侵入対策・可用性対策、インテグリティ対策、リスク管理)

出典:中小企業診断協会 『平成28年度中小企業診断士第1次試験案内』から抜粋

ITのトレンドは、IoT、クラウドコンピューティング、ビッグデータなどなどある中で、なぜ「セキュリティ」に着目したかというと、とりの本業だから、ということはさておき、中小企業でも避けては通れない課題と感じているからです。昨年は、某機構が大きな情報漏えい事故を起こしていますね。その前は某教育関連企業もしかり、情報漏えい事故が世間に与えるインパクトも大きくなっています。

一方で、まだ数こそ少ないですが携わった実務のなかで、中小企業経営者のセキュリティ意識が高くない事実を垣間見たり、私の所属する診断協会の定例会研修では、「中小企業のセキュリティインシデントの実態と診断士の役割」といったテーマで専門家による講演が予定されていたり、と、セキュリティの見識を高めることは診断士にとっても非常に有用だと実感する機会がありました。

何が言いたいかというと、ITの見識は当然のこと、セキュリティについても診断士に求められる重要なナレッジだと思うわけです。
そのことは、きっと診断士試験の出題にもにも現れるのだと、勝手に予想しています…あ、これは、あくまで駆け出し企業内診断士の個人的な見解です。

ただそうは言っても、セキュリティ1つとってもその領域は広くいくらでも試験問題にできるので、試験対策となると至難の業です。関連する団体として、「独立行政法人情報処理推進機構(IPA)」があります。IPAでは、毎年「情報セキュリティ10大脅威」を発表していますが、ここで取り上げられているインシデントやその対策などはフォーカスされるかもしれません。なのでちょっと強引、安直と思いつつも、、1次試験の出題を意識しながら、その幾つかをピックアップして考察してみます。繰り返しますが、あくまでとりの私見による考察ですのでご了承くださいね。

情報セキュリティ10大脅威 2016

組織 1位 標的型攻撃による情報流出
これは有名すぎる脅威ですね。メールの添付ファイルやウェブサイトを利用してPCをウイルスに感染させ、そのPCを遠隔操作して組織や企業の重要情報を窃取する攻撃のことですが、某機構の情報漏えい事故がまさにこれで、その後も規模の大小はありますが同様の事故が後を絶たない状況です。
標的型攻撃を論点とした出題は、AかBランクレベルのがあってもおかしくないかな、と思うわけです。例えばこんな感じ。

第XX問 近年増加している標的型攻撃への対策に関する記述として、最も不適切なものはどれか

ア.保有するファイルに対し、暗号化等のパスワードによらない、かつ属人的にならない技術により、万一外部に流出しても解読できないように保護する。

イ.差出人が実在する国内取引先の担当者からメールが届いたが、メールアドレスはフリーメールアドレスで、メール本文文面が不自然で日本語では使われない文字が含まれていた。添付ファイルは実行形式のファイルだった。添付ファイルは開かないようにして返信せず、システム管理者に報告した。

ウ.プロキシサーバでのURLフィルタリングやファイアウォール、ウィルス対策ソフトで強固なセキュリティ対策を実施しているが、個人情報や機密情報を扱うPCはネットワークを分離し、インターネットにも接続不可能なクローズな環境で利用している。

エ.標的型攻撃からウィルスに感染し、社内にあるファイルの一部が外部に流出してしまったが、個人情報や機密情報は含まれていないことがわかったため、報告やシステム見直しは実施しないことにした。

どうでしょうか?これは簡単ですよね、正解は  ですね。
一目瞭然なので、解説は割愛します。申し訳ありません。。

 

組織 2位 内部不正による情報漏えいとそれに伴う業務停止
これも怖いセキュリティ脅威ですよね。一昨年の某教育関連企業はこれです。内部不正なので、企業経営理論や経営法務にも繋がりそうですが、情報システムの観点とすれば、こんな出題はありえますかね?

第YY問 A社のB従業員は、職場内のトラブルで退職することになった。B従業員はA社に入社以来営業職に従事し多くの顧客情報を従業員1人1台提供されている社用PCのローカルディスクに保存していた。退職が決まった後も、特に以前と同じように社内のインフラや情報を利用できる状態だったので、人脈の重要性を感じていたB従業員は、私物のUSBメモリを使って顧客情報をコピー、持ち帰り、その後退職した。
B従業員は退職後、持ち帰った顧客情報をA社のライバル企業C社に提供したことから、A社との取引をC社に切り替える顧客がたびたび見られるようになった。

このケースにおけるA社の顧客情報におけるシステム管理上の問題点として、最も不適切なものはどれか

ア.私物のUSBメモリを使って自由にファイル持ち出しが可能な状態だったこと。

イ.顧客情報ファイルを従業員PCのローカルディスクに保存することが可能だったこと。

ウ.従業員1人1台のPCを提供していること。

エ.B従業員の退職が決まった後も、以前と同じようにシステム利用が可能だったこと。

これはどうでしょう?難しくないですよね、正解は、 です。
ア.私物USBメモリが使えるのは大問題です。何らかの制御ソフトを活用するか、最低限、ルールで禁止するべきです。
イ.顧客情報は、不正競争防止法の営業秘密情報にあたります。営業秘密情報の要件の中で、システム的には秘密管理性として、日頃からアクセス制限をかける、秘密の情報として分かるようにしておく必要があります。
エ.退職予定者は、もはやどんな行動を起こすかわかりません。従来は自由なシステム設定だったとしても、退職が決まった従業員に対しては、システム的な制限も施していく必要があります

48a6de717d604813bc996fd9da712aef_m


尻切れトンボ感はありますが、参考になるでしょうか??
過去問を見ても、セキュリティに関する出題は、平成27年第21問第22問第23問平成26年第21問平成25年第23問、とここ3年は毎年出題されています。
中小企業といえど、個人情報を5,000件以上扱えば個人情報保護法の対象になりますし、顧客情報、技術情報、機密情報は、企業のノウハウが詰まったものですので、しっかりセキュリティ対策を施してほしいものです。

もっとも今の時期、手を広げるのは得策ではありませんが、興味を持てる論点は理解も定着も早いですので、ほんとに興味のある方だけでも、知識や理解を深められればよいかなと思っています。

それはそうと、【渾身】はもう1記事書かないといけないのです。。。早くもネタ切れ感満載ですが、頑張って、ない知恵を絞って書きたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、とりでした。

 



たきもです。
c88551a9b476393dc1876183a1344920_s
はい、今日から6月です!早いですね!早すぎます!
本試験まであと約2ヶ月・・・
心は折れていませんか??勉強は進んでいますか??
「つらい・・・」と感じたときは、この道場を読んでください。
ここで耐え抜いた人が、最後に笑うことができます。
それを信じて、今月もがんばってかけぬけましょう!!

こばリーダーからの命令に基づき、
7代目メンバーがそれぞれの科目の攻略のキモをお伝えする
【渾身】シリーズ!
今回はたきもが「またかよ・・・」とツッコミが来そうな
企業経営理論について解説します。

すでに企業経営理論については
企業経営理論は妄想命!〜過去問でイメージ力を鍛える〜
でお伝えしていますが、今日はさらに一歩踏み込み、問題タイプ別の考え方について書いていきます。
この記事の最後にも記載をいたしましたが、
一次試験:抽象→具体
二次試験:具体→抽象

を問う試験だと私は考えています。
(この論点もいつか書きたいのにまだかけていない・・・かけるのか・・・)
「抽象化された、一見意味わからない文章を、
具体的な事例をイメージして正誤を判別」
するのが、企業経営理論です。

u-ta【渾身】企業経営理論でも述べられていますが、
この科目は「答練・模試と過去問は似て非なるもの」
と考えた方がよいでしょう。
なぜかといえば、簡単です。
模試試験問題を作る人は、試験委員ではないからです。
過去問が最良にして最後の問題集です。

実際に、私が昨年試験会場で受けた平成27年度の問題を例に、解き方を問題種別に解説します。

1.言葉の意味を暗記していれば解ける問題
この問題は確実にAランクになります。取らねばならない問題です。
テキストに出てくる用語の意味はしっかり理解し、
覚えにくいものは表にまとめて、区別して覚えるのが得策
です。

第1問を見てみましょう。

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)に関する記述として、最も適切なものはなにか。
ア 競争優位性を期待できない「負け犬」事業からの撤退の検討に加え、資金投入によって成長市場で競争優位の実現を期待できる「問題児」の選抜が重要である。
イ 競争優位性を期待できない「負け犬」事業からの撤退を進めるのに重要な資金供給源は「花型商品」の事業である。
ウ 衰退期に入った業界の「花型商品」事業は、徐々撤退してできるだけ多くのキャッシュを生み出させることが重要である。
エ プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの考え方では、資金の流入と流出は市場と自社事業との成長率で決まる。
オ プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの考え方は、外部からの資金調達を考慮していないが、事業の財務面を重視して事業面のマーケティングや技術に関するシナジーを考慮している。

正解はです。
イ→資金の供給源は「金のなる木」です。
ウ→「花型商品」市場は市場成長率が高いため、衰退期に入っていません
エ→PPMは相対的市場占有率と市場成長率で決まるので、自社事業ではありません。
オ→PPMの問題点はシナジーが軽視されているのが特徴です。前半の記述は◯です。

言葉を覚えるときは、意味だけでなく
「優位性、他との違い、特徴」もしっかり覚えましょう。

2.問題文がイメージできない場合
これが勝負の分かれ目です。見たことがない言葉がならぶパターンです。
第12問を見てみましょう。

組織を情報処理システムとしてみた場合、組織デザインの手段は、情報処理の必要性と情報処理能力の観点から評価できる。組織デザインに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 横断的組織の導入は、情報処理の必要性を高くするとともに、組織の情報処理能力を高くする。
イ 階層組織は、情報処理の必要性を高くするとともに、組織の情報処理能力を高くする。
ウ 規則の使用は、情報処理の必要性を減らすが、組織の情報処理能力を低くする。
エ 自己完結的組織は、情報処理の必要性を高くするとともに、組織の情報処理能力を高くする。
オ 垂直式情報処理システムの導入は、情報処理の必要性を高くするが、組織の情報処理能力を低くする。

正解はです。
この問題は、「情報処理の必要性」と「組織の情報処理能力」について問われています。
それぞれイメージを膨らませましょう。
・情報処理の必要性を高くする
→密な連携が必要になり、組織の情報処理の量が増える
→アの「横断的組織」は、他部門と調整をしないといけないことが多くなりそうだ。

・組織の情報処理能力を高くする
→他部門調整を沢山することで、いろんな事案に連携して対応できる組織になりそうだ。

他の選択肢も想像しましょう。
イ→階層組織はつまり指揮命令が強い組織だから、「やれ!」といわれてすぐやらないとダメそう。情報処理の量は少ないな。
ウ→これは本番時アと迷いました。前半の「情報処理の必要性を減らす」は、規則でガチガチになるからOK。
後半の「組織の情報処理能力を低くする」は、規則を見ながら管理者にその都度確認しなくても仕事ができるので、組織の情報処理能力は低くなりません。
私の本業は規則が多いですが、規則をつくることで業務のノウハウがたまり、誰でもある程度の業務ができるようになります。そうすると、組織の情報処理能力は高まりますね!
エ→「自己完結」だから調整なんていらなさそう。「情報処理の必要性」は高くならない!
オ→「垂直式情報処理システム」だからこれもイと同じかな。とすると「情報処理の必要性を高くする」が☓!

なるべく、自分の会社や体験にもとづいてイメージしましょう。
間違えたときは、そのイメージがなぜ間違っていたのか復習しましょう。

3.捨てる問題
私の場合、労働法規は捨てていました
毎年必ず数問でますが、
「何がでるかわからない」のと「範囲が広いから」です。
覚えてもでるかどうかわからず効果が薄いと判断し、捨てました。

いかがでしたでしょうか?
この時期は過去問をテキストとしてつかって
「この問題がつまり何ををいっていて、どこがどう間違っているのか」
しっかり解説を読みながら復習しましょう。
一つ一つの積み重ねで、最初は意味不明だった文章に
意味が見えた時は感動します!

たきもでした。


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

体験記のご応募ありがとうございました!

多くの方からお寄せ頂きましたので、体験記の募集を終了いたします。

道場について

↓ 今、何位? ↓





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

FX比較

サルでもわかるFX