» 2014 » 8月 » 28のブログ記事


こんにちは!

フォルゴーレです

急に朝晩が冷え込んできましたね、窓の開けっ放しで体調を崩さないように気を付けて下さいね

 

さて、二次試験に関する情報収集や学習も本格的になってきましたでしょうか?

今振り返ると昨年のこの時期の自分は1次試験合格の余韻に浸っていたのか、ほとんど何もできていないような感じでした実際に溜まってしまっていた仕事を片付けるのに必死だったのもはっきりと覚えています

 

今日の記事は長々と書くつもりはありませんが、

 

中小企業診断士の二次試験って何なんだろう

 

ってことについて考えて見たいと思います

 

我々、一発合格道場のメンバーも再三にわたって申し上げている3つのポイント、読む力、考える力、書く力、これらの能力がなぜ必要なのでしょうか?そして、与件文から離れるなアイディア解答はするな、というようなアドバイスや指導を受けた事もあるかと思います。理由はなんでしょう?

 

試験に診断士試験に合格する為でしょうか?

 

はい、試験に合格する為にはもちろん必要です

 

しかし、もっと本質的な事を考えると

 

実際に企業を診断し、報告書を書くために必要な能力なのです

これは実際に企業診断を行って気付いた事ですが、与件文というものはヒアリングをまとめたノートの様なものです。ですので、外部環境等の事前に調べられる内容はヒアリングする前に自分たちで調べる事になるのですが、内部環境(強みや弱みと思っている事など)や、経営者の意思や想い等は当日のヒアリングで伺う事になります。これらのヒアリング及び事前調査を基に報告書を作成するので、基本的に集めた情報の範囲内で実現可能性の高いご提案を行います。

なぜ与件文が重要で、そこから離れすぎると合格から遠ざかってしまう理由を自分なりに考えてみました

そして、設問文についても報告書を作成する事を意識した順になっていると考える事ができると思います

  1. 設問の序盤=強み・弱み等の外部環境や、機会・脅威等の内部環境を問われている事が多い。
  2. 設問の中盤=問題点や、課題を克服する際の留意点などを問われている事が多い。
  3. 設問の終盤=経営者の意思を踏まえた上で今後どうするのかを問われている事が多い。

 

企業診断の基本である、現状把握➡課題抽出➡改善提案、設問を1から順に解いていく中でこれらの流れができている事にお気づき頂けるかと思いますつまり、二次試験の問題を解くことは実際の企業診断の演習と考えることができます

 

 

私は二次試験の問題を解く際には、各事例毎に経営者を勝手にイメージしながら解いていました。もちろん、与件文の情報の範囲内です

前向き過ぎる発想かもしれませんが、二次試験の学習は診断能力を向上させるプロセスと考える事ができます二次試験の学習を楽しみましょう

そろそろ私もワインアドバイザーの二次試験対策を始めます!まぁ、ワインのテイスティングをするだけなので大変恐縮ではありますが

それではまた


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2014年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

お疲れ様懇親会を実施します!

  • 事例Ⅴ@東京 11月3日(金・祝)
  • 事例Ⅵ@大阪 11月11日(土)

詳細はこちら

口述対策セミナーも企画中。
詳細発表まで今しばらくお待ちください。


夏セミナー@東京&大阪

東京セミナーレポートはこちら
大阪セミナーレポートはこちら

—————

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX