» 2014 » 8月 » 24のブログ記事


どうすれば事例Ⅳをスラスラ解けるのか?

自分がスラスラ派、コツコツ派いずれであるかは別として、「財務」「事例Ⅳ」スラスラ型の行動パターンを観察。

①読む:  個別計算問題を見た瞬間に解法が浮かび
②導く : 正解に必要な数値を問題文から取捨選択し
③書く : 計算機を使って計算

③の巧拙は別として、「相手の要求に従い必要な根拠を取捨選択」する手順①②の本質は、事例I~Ⅳを通じ共通。そこで今日は、

事例Ⅳスラスラ型は、事例Ⅰ~Ⅲ解答も朝飯前

という仮説を追加。「事例Ⅳ」スラスラとは①~③の速度・精度に優れるに過ぎないが、「事例Ⅳ」で平均+30点の加点が狙えるため、事例Ⅰ~ⅢA答案を3つ並べてスト合格KO勝ち可能。

.
■【スト生・多年度生共通】解答時間見積法■

そんな単純なことなら、俺もスラスラ解いてやるか。

ここ2年、受験生が「事例Ⅳ」に翻弄されっ放しなのは、1次「財務」対策が理屈抜きの「コツコツ暗記」偏重であることへの警鐘(と仮定)

「事例Ⅳ」の解答要求は、経営上の課題解決にどの解法を選ぶかの眼力であって、「コツコツ解法暗記」の2歩も3歩も先。逆に今の「事例Ⅳ」対策なら、

周囲もどうせ解けないと割り切った上で、
周囲ができる所を確実に解き、あわよくばの+αを狙う

ことで鉄板。そこでスト生・多年度生を問わず、「あわよくば+α」狙いを実現する「解答時間見積法」ドリルを紹介。

<解答時間見積法>
・事例演習の問題冊子を開いたら、まず全問を眺める。
・設問ごとの論点・解法を想起し、解答順、解答予定時間を決める。
  例)経営分析20分→問4 15分→問3 15分→問2 20分
・解答予定時間内で解き、オーバーしたら次の問に移る。

<期待効果>
①タイムマネジメント効果(難問での時間ロス防止)
②設問→解法の想起スピードUP。
③解答予定時間内での解答速度UP。

効果②③が重要。設問見てスッと解法が浮かぶと、正解に必要な条件だけを問題文から取捨選択。かつ時間制約により解答速度を上げ、また解ける問題から着手。従い、

個別計算問題の解き方次第で、「事例Ⅳ」得点力は容易に向上

※その前提として、「経営分析」は当り前の指標で当り前に満点。

.
■解答時間見積法の具体的手順×3■

少し興味あるから、試してやっても良いかな?

と思った方には、以下3点の具体的手順を紹介。

□手順①:出題範囲の確認□

CF計算書がどうしても苦手なんだが・・?

という方は、自分の「財務」知識が「点記憶」になっていることを疑う。

・CF計算書は±逆転を伴うため、感覚的な解答が難。
・「事例Ⅳ」本試験レベルでは、必ず捻り出題を伴う。
・よって理解+解法体得が両立して初めて高得点。
・しかしCF計算書の理解には一定以上の鍛錬が必要。

要するに、CF計算書出題は「問題集を解いてコツコツ解法暗記」では対応できない。だから周囲が出来る所だけ当てれば良く、深入り不要。そこで以下の図を使い、「事例Ⅳ」個別計算問題の出題範囲を確認。

個別計算問題の中心は「意思決定会計」。つまり将来の話。
CF計算書は期首期末BSと当期PLで作成。つまり過去の話。

CF計算書は約3年に一度、「第1問(2)」または「第2問」として出題。これは個別計算問題(管理会計)の仲間でなく、経営分析(制度会計)の続き。一方個別計算問題の主眼は「どちらの方法がより儲かるか」。従い、

過去問の出題構成意図を知ると、「事例Ⅳ」の出題変化に驚かない。

.

□手順②:解法の想起:点記憶vs.線記憶□

個別計算問題を見ても、解法がすぐ浮かばないけど?

という方も、自分の「点記憶」を疑う。

2次合格者1,000人中600人は「点記憶」どまり。同時に教える側の講師も理屈の理解が足りないから、論点輪切りの解法指導に終始。だから以下の違いを認識できない。

「財務」:解法を覚えることで合格点
「事例Ⅳ」:経営課題解決にどの解法を使うかの眼力勝負

「線記憶」の特長は、赤字回避にはCVP、限界利益増加なら業務的意思決定(差額原価)の如く、経営上の課題⇔解法が直結。これに関連コンボ論点の知識を加えた「面記憶」化で、「事例Ⅳ」対策は鉄板。つまり、

問題見てスッと解法が浮かぶ「線記憶」以上なら、「事例Ⅳ」スラスラ。

.

□手順③:問題集の使い方□

でもやっぱり、問題集は解かないと。

「事例Ⅳ」の難しさとは、問題集にはない新作問題の出題にある。従い、

①過去問・問題集を解いて解法を覚える
②共通・重要な解法と、その問題固有の「捻り」箇所を切り分け
③共通・重要な解法を「線記憶」化し、想起し易く、使い易くする
④捻り箇所やコンボ論点はメモに書きとめ、後で「面記憶」化

の順で対応。「事例Ⅳ」対策に使う問題集は、

集中特訓 財務・会計問題集(TAC出版)
意思決定会計講義ノート( 税務経理協会)

の2つが有名ながら、過去合格者の6割が「点記憶」=問題集をただ繰り返し、解法覚えるだけの受験生が依然多数派。つまり「新作問題」が不正解でも、上位4割A判定なら取れる。

そこでスト生は「事例Ⅳ」は1次「財務」知識から出題という鉄則に注目。過去6年分「財務」過去問を復習し、A判定+αの加点を目指す。

<1次「財務」要復習問題 H21~H26>

H26 問7, 11, 12, 13, 15, 16, 19, 20(3), 22
H25 問8, 10, 11, 14, 15, 16, 17, 18, 22, 23
H24 問7, 8, 9, 11, 16, 17, 18, 21, 22
H23 問10, 11, 12, 16, 17, 20, 21
H22 9, 10 ,12, 14, 15, 17, 18, 19
H21 問6, 8, 9, 10, 13, 15, 16, 19

※ただし、「経営分析」「CF計算書」出題は含まず

個別計算問題対策の必要知識は、1次「財務」25マーク中10マーク程度。これをただ解くのでなく、以下の様に設問→論点に紐つけたり、論点タテ解きしなおす。すると、

設問からスッと解法を思い浮かべる力が向上可能。

<1次「財務」要復習問題<論点別>>

原価
計算
CVP分析 利益
差異
業務的
意思決定
構造的
意思決定
企業価値
DCF
WACC
資本構成 デリバティブ
H26 11 7 12 16 13, 19, 20(3) 15 22
H25 10, 11 8 16 17, 18 14 15 22, 23
H24 7 11 8, 9 18 16 17 21, 22
H23 10 11 12 16, 20 17 21
H22 9 1o 15 12, 17 14, 19 18
H21 6 8 9, 10 16  13 15 19

.
■今日のまとめ■

まず前提として、診断士受験校の「事例Ⅳ」指導は、

○実力不足でも合格A判定を取れるという意味で正しく
×実務能力に欠ける合格者を作るという意味で間違い

つまり診断士「事例Ⅳ」対策の弱点は、CF計算書・CVP分析・NPV計算等の個別論点ばかりに目が向き、「事例Ⅳ」の全体感に欠けること。だから平均的な合格者の言動を良く観察し、その遥か上を行くことで「事例Ⅳ」は楽勝。

言い換えると、過去問の後追いから逸脱できない受験校指導の数歩先を行き、多年度生の弱みを突いて、企業診断実務に必要な能力を自力で見極めれば当り前にスト合格、というのが当ブログの変わらぬ主張。ではまとめ。

・事例Ⅳスラスラなら、事例Ⅰ~Ⅲもスラスラで当り前合格。
・解答時間見積法により、「事例Ⅳ」得点能力は容易に向上。
・個別計算問題は管理会計中心。つまり「どちらがより儲かるか」
・「事例Ⅳ」は計算能力以前に、解法がスッと浮かぶかの勝負。
・解法をストーリー化し、解法を思い浮かべやすくする学習が鍵。

byふうじん



泣いても笑っても4,000人(80%)が不合格

毎年蝉の鳴く頃、合格者ブログにボクの80分間解答プロセスと称する自慢話の花が咲き、蝉が鳴き止むと共にパタリと聞かれなくなるのは毎年変わらぬ風物詩。受験者の80%を不合格にする試験では、

合格する方法を探す意義は限定的で、
80%が不合格になる理由を探る方が効果的

であるのは当り前。当り前のことに気づかない人が合格者の多数を依然占める中、当り前のことができれば合格するのも当り前。

.
■実は団体戦~スト生のグループ学習■

「2次はスト生でも大丈夫」ってホント?

さて、先日の2次セミナーで「スト生でも大丈夫」と伝えた一方、2次対策では多年度生が圧倒的優位

・熱意ある講師の指導の下、実力者同士で力を競い、
・事例過去問の出題傾向を網羅的に分析し、
・採点者に伝わる多面的な答案作成術も120%習得済。

ただこの優位性、スト生ならやり方次第で6週120hで逆転可能。そのやり方の一つがグループ学習

・実力・立場が近い者同士で、足りない情報を集め、
・答案の相互採点を通じ、ミス修正と答案作成力UP。
・でも本当の効果は、他人のミスから失敗体験を学ぶこと。
・すると失敗を避ける工夫を重ね、相互加速的に実力急上昇。

ハカセ曰く、学習グループ内でオレの意見が一番正しいと主張し合うことさえ避ければ、グループ学習は有用。

そして多年度生が最も嫌がるのは、この試験は人並み答案を書けば合格とスト生が気づき、仲間内で答案を見せっこ・真似っこしながら、伝わる答案をあっさり作ってしまうこと。つまり、

2次は一見個人戦だが、実は団体戦でもある。

そこで今日は、自分の学習グループが正しいゴールに向かっているかの検証用に、「合格仮説」を3つ紹介。

.
■スト生の合格仮説①:採用心理■

診断協会は、5,000人中のどんな1,000人を合格させたいか?

この質問に正解はないから、好き勝手に想像。例えば、出題/採点側の立場で4Pのフレームワークを使うと、

Product 企業診断実務に必要な1次7科目の知識を備え、
Price★ 相談元である中小企業経営者の期待通りに
Place 診断協会が用意した企業診断手順に沿って、
Promotion 自分で考え抜いて素早く、
又は何年でも熟慮して確実に、回答できる者

ここでPrice(値付け)に注目。自分が採点者あるいは企業経営者であれば、

薄い知識をいかにも良さげに押し付けてくる奴より、
豊富な知識の中から期待通りの答えをくれる人を採用

したくなるのは当り前。2次本試験で自分の実力より高い答案を狙うか、実力通りに答案書くかの違いは、意外に重要。

.
■スト生の合格仮説②:読む→導く■

「2次筆記は思考力を試す試験」という俗説はウソじゃね?

2次筆記が求める能力の通説は、読む→考える→書く。これはウソではないが、合格Sランク事例マシーン派が、

・不合格の原因は「考える」ことによるタイムロスと答案のブレ
・従い考えずに済む様、80分間の解答プロセスを事前に磨く。
・試験中は、解答要求×記述パターンを組み合わせ、考えずに書く

という作戦を取っていることをバラすと、読む→考えるより、読む→導くの方が合格実態に近い。その究明は別機会に譲るとして、「思考力を試す試験」は明らかにウソ。ちなみに、

①解答要求がわかる時 予め用意した答えを書く
②解答要求がわからない時 受験校に教わったテクニックで書く
③それでもわからない時 周囲が書きそうな答えを想像して書く

のが事例マシーン。①②は頭を使わないから「考える」のは③の時だけ。従い、試されるのは思考力でなく、その場でいちいち考え込まない事前準備力。また2次筆記の設置意図を忖度すると、

○診断協会が想定する企業診断手順の習得度判定に過ぎず、
×何か個人の能力を試す意味での、試験ですらない。

.
■スト生の合格仮説③:書く■

受験校の事例演習では、答案コピーOKというのはホント?

ホントかどうかは別として、事例演習の解説講義は、自分の答案を数枚コピーし、周囲の仲間と交換してから受ける。

・自分の答案を採点し、講義後にすぐ復習可能。
・周囲の答案を採点し、採点者の立場を理解。
・自分の答案を採点してもらい、いかに伝わらないかを知る。
・解説講義に基づき、次回演習での答案作成方針を立案。

答案コピーはイカサマでなく、実力UPの重要手段。他人の答案の良い点を取り入れ、自分の答案の悪い点を修正。これを真剣に何周か繰り返すと、

人並み当り前A答案を80分で作る位なら朝飯前。

.
■今日のまとめ■

「スト生でも大丈夫」だけど、「スト生だから大丈夫」ではない。

「2次筆記は団体戦」は単なる合格仮説。合格仮説とは自分で考えPDCAを回して初めて役に立つから、当ブログに合格する方法を探しに来ても無駄。

かつ、解答テクニックを駆使して考えずに安定A答案を作る多年度生に対し、スト生は圧倒的不利。でも「1次突破の勢い」×「正しいゴールに向かうグループ学習」なら互角以上、というのが今日の趣旨。ではまとめ。

・2次は一見個人戦だが、団体戦でもある。
・採用心理を考えれば、相手の期待と異なる知識解答は危険。
・「読む」→「考える」より、「読む」→「導く」の方が合格実態に近い。
・答案相互採点の反復により、合格A答案を書くこと位は朝飯前。

byふうじん


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2014年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

現在イベントの予定はありません。

道場について

↓ 今、何位? ↓





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX