» 2010 » 7月のブログ記事


こんにちは。ハカセです。

さて、今日は運営管理。

これまでの道場のエントリーとしては、

出題データ分析による傾向と対策 に始まり、
JC の 工場を持たない会社に勤める人のために
ふうじん の 合否を分ける「設計・調達」
ZonE の 学習の費用対効果が高い「販売流通情報システム」
ハカセ の 運営管理で高得点するポイント:その②GMROI・基準在庫高で差をつける!

などがありました。

とはいえ、道場執筆陣は全て工場勤務ではないため現場のイロハを知りませぬ。

そこで! 今回は工場・現場のスペシャリストである WATATA さんに、「運営管理の勘どころ」を抑えてもらいました (*^^)v

△▼△▼△▼△▼△▼△▼

WATATAです。

今回はモチベーションの話じゃなくて運営管理の話です。

実は私、工場に勤務してます。運営管理は得点源として活用させて頂きました。絶対的自信をもって臨めた科目でした。

運営管理は暗記科目ですが、中小企業経営政策の様に細かい数字を覚えるのではなく、語句の意味や考え方を覚える科目です。取っ付き難い様に見えて、実は暗記コストのかからないお得な科目だと思います。

この時期にすべきことは、
①体調管理
②40点以下を避ける為の苦手科目の補強
③全体の得点を底上げして合格率を高める
といった優先順位かと思います。

運営管理が得意な方は特に、上記の優先順位でどうぞ。
運営管理が苦手な方は、受験機関から提示される出題頻度データ等を基に頻出論点の再確認を行い、40点以下を回避しましょう。

時間が無い時ほど、集中して効率的に勉強し、体調を崩さずに過ごして下さい。

さて、ここからは運営管理の知識の再確認。チェックリストをご用意致しました。自信が無い所は簡単にでも復習をしておくとよいでしょう。くれぐれも優先順位に気をつけて!

■生産管理
 ①以下の語句について、簡単に説明してください。
  ・PQCDSME
  ・ECRS
  ・3S
 ②個別生産・ロット生産・連続生産について、具体的な工業製品の例を
  あげ、それぞれの特徴を説明してください。
 ③ラインバランシングの計算問題がスラスラ解けますか?
 ④製品設計と機能設計の定義を説明出来ますか?
 ⑤PERTの計算問題がスラスラ解けますか?
 ⑥IEの問題は「出ればほぼ解ける」状態ですか?
 ⑦標準時間の計算問題がスラスラ解けますか?
 
■店舗・販売管理
 ①平成21年度試験で出たISMの論点は、しっかり理解出来ていますか?
 ②GMROI、交差比率の計算問題はスラスラ解けますか?
 ③商品回転率の計算問題はスラスラ解けますか?
 ④一括物流センターにはどんな種類があって、それぞれどんな特徴をもっていますか?
 ⑤JANとITFの構造、特徴について簡単に説明して下さい。

いかがでしょうか?

■当日のお昼について
試験当日のお昼の過ごし方も重要ですよね。
私のお勧めは、
①昼食は野菜中心で、
②良く噛んでゆっくり食べる
③腹八分目(六分目でもOK)、
④午後の2科目の間に野菜ジュース等で糖分補給
です。

では!皆様の目標達成をお祈りしております。

by WATATA



こんばんは、JCです。

さて、今週1週間を使っての最後のチェックシリーズいかがですか?今日は情報システムを総ざらいしてしまいましょう。
これまでの記事で、今日の話題に適当だと思うのは
ハカセのデータ分析 
ふうじんの後半部分に絞ったデータ分析 
ZonEの雪だるま式記憶法 
アックルのミスノート 

◆出題傾向◆
まずハカセのデータ分析を見直してみましょう。中盤に<出題のバランス>というパラグラフがあります。これを見ると出題数の傾向がわかる。そして一番多くの問題はIT基礎知識から出題されています。H21の情報は難しかったとはいえ、この傾向は揺らいでいません。つまり、まず、最後にチェックしておくべき点は比較的我々が得意としている、基礎問題ここをしっかりペンキを塗りなおしておくことで足切りは免れるでしょう。その次のパラグラフの分野別出題傾向のIT基礎知識の部分も押さえておきましょう。PC周辺・データベース/ネットワーク・インターネット/セキュリティ/構成技術からバランスよく出題されています。T■Cのテキストでいうと前半部分。ここはしっかり押さえておこう。
優先順位の第1番目です。

◆後半の傾向◆
後半部分は結構難しい。ここはふうじんの記事をみてみましょう。ソフトウエア開発方法論・Webアプリケーション/プログラミング言語は比較的平易な出題が多い。ここは
優先順位の第2番目として押さえましょう。
優先順位第1番目で40点を超え、第2番目で60点を超えるイメージを構築しましょう。後半部分はふうじんも指摘する通り、難しい問題が多い。我々道場でいつも言っていることですが、本試験は60点を超えることでOKなんです。あなたがSEで他の苦手科目をカバーするために情報システムを受験する方でなければ、難しい問題にわざわざ時間をかける必要はありません。

◆論点と論点を結び付ける◆
ZonEは論点と論点を結び付けて、雪だるま式に記憶を増幅しようと言っています。賛成です。ちょっとしたこと、例えば、ヒット率の計算は実は財務会計のWACCと同様に単なる加重平均を算出しているに過ぎません。情報の範囲だけでなく、他科目とも関連させて雪だるま式に記憶を増幅させてゆけるのは、実は今です。これまでつながっていなかった知識が、「これって、あれと似てる」という具合にどんどん知識への理解が深まってゆく時期です。同様のことはJCも暗記3兄弟を単に暗記で留めない理由であげています。

◆何度やっても間違える◆
今、皆さんは何度も何度も過去問や模試やスピ問等のアウトプットを繰り返し、繰り返し回転させていると思います。大賛成!ただ、何度やっても同じ問題を間違えてしまうという経験は誰しもあるかと思います。そんな時にアックルの提唱するミスノートが威力を発揮します。もう押さえるところは全部押さえたという気持ちで本試験に向かう際、休憩時間の30分でさくっと見直せるミスノートは威力絶大。これは情報システムに限らず、全科目で効果を表すと思います。

◆苦手なポイントがある◆
この時期、情報システムに苦手意識のある方は、「プログラム言語が苦手」とか、ピンポイントで苦手な論点を発見し、とても焦るという状況が発生しやすいようです。そういう場合は1時間(つまり大急ぎ)でまとめ表を作りましょう。あっという間に覚えられるはずです。それでもだめだったらあっさり捨てる!ということだってOK。繰り返しますが、
満点を目指す
試験じゃない。あくまで60点を目指すんです。
1個や2個の論点を捨てたところで全然問題ありません。このことは試験中にも思い出してね。難しい問題は飛ばす、捨てる。但し鉛筆ころがしでもいいから、マークだけは塗っておく。こんな感じでいきましょう。



こんばんは、ふうじんです。

今日は「経営法務」についてのラストメッセージ。美しく体系的に組み立てられたテキストの見事さに比し、実際のH21本試験問題は変化球だらけの一見イヤな奴。
でも大丈夫、まずは過去エントリーを使って、知識の定着度をチェック!

予期せぬ論点が問われそうなら、
ZonEの 試験の費用対効果は低いが、色々と知っておきたい民法

株式会社の種類と機関のおさらいなら、
アックルの 機関設計・役割は書いて覚える

昨年の反動で今年出題増えそうな組織再編なら、
ふうじんの 組織再編は「出尽くし感」

昨年マーク数は減ったものの1マーク5点!だった知的財産権なら、
JCの 産業財産権から法務全体を俯瞰する

そして、当ブログの名エントリー
ハカセの 串刺し暗記術:経営法務編 を忘れちゃいけません!

あ、あとなぜか「産業財産権のタテヨコマトリクス表」のUPを忘れていたので、もし気になる方は ふうじんのチャート で我慢ください。ま、基本講義テキストがあれば十分ですけど。

以上で基礎知識おさらいはバッチリですね!

■とはいえ気になる出題傾向変化■
基礎知識はもうバッチリ、とはいえ、昨年の過去問見ちゃうとどうしても不安になるのが受験生心理
でも大丈夫(←こればっかり)!
不安になる要素を「予め予想しておく」だけで、安心感が全く違う。

<想定される不安要素>
 要素1 難しいケース問題の増加
 要素2 Cランク論点の3マーク団子出題
 要素3 知らない知識の出題

■対策1:ケース問題増加 への処方箋■
「ケース問題」対策は、予備校講義で十分行われているはずなので、特にいまさら新しい対策などなし。ただポイントは「ケース問題は得点可能性が高い(≧Bランク)」こと(って多分講師も言ってましたよね?)。

一見難しいけど、常識でささっと2択に絞り、あとは試験の残り時間でじっくり検討すれば(昨年は)必ず正答可能な作り。あれだけの長文を作る以上はしっかり学ばせたいのが「作問者の心理」だから、つまらぬひっかけなど心配せず、「自分が妥当と思った選択肢」のマークを自信持ってグリグリっと塗りつぶす。昨年なら、これでほぼ全問正解。

■対策2:Cランク論点の3マーク団子出題■
H20なら「民法」、H21なら「倒産法制」。思いもかけぬ所から団子で出題されるのがここ数年の経営法務の特徴。3マーク×4点=12点か・・。

ただこの出題は「しっかり学習した人へのボーナス配点」。難易度はCランクになるから、別に解けなくても足切り回避の40点確保には無関係。よってあくまで基本論点をしっかり押さえることが優先。で、試験直前に少しでも余裕があるなら、「経営法務」Cランク論点の「しがみつき学習」「詰め込み学習」に時間配分して、ボーナス配点GETだぜ、と。

ちなみに「経営法務」が2日目朝イチであることは心憎い配慮。前日は早めに寝てゆっくり休み、朝からテキスト一気読みすれば、2~3マークは確実に得点上積みできそう。

■対策3:知らない知識■
基本テキスト・過去問・スピ問を通じ一度も見たこともない用語が、本試験に出題されるかどうか?
「中小企業経営・政策」とは違い、美しく体系化された「経営法務」において、知らない単語が正解選択肢になる可能性は極めて低い。そもそも法律知識なんて重箱の隅をつつき出したらキリがないし、中小企業診断士にそんな知識を期待するなら、その出題委員の方がどうかしている。
知らない単語は正解に選ばない」。このルールひとつでほっと一安心。

■それでもまだ不安なら?■
しっかり学習した受験生なら、迷っても結果的に高得点になる「経営法務」。ただし試験は水物だし、対策不十分な受験生にとってはかなりの強敵。
その意味でどうしても不安なら、財務会計同様に「足切り40点の回避」が妥当な選択肢の一つ。
つまり、

過去問・スピ問・養成答練・直前答練をあと2回だけ解き直す
公開模試レベルの難問は捨てる
本試験では知っている問題だけ先に解き、残りの問は鉛筆ころがし

する方法。
60点は難しいけど、足切りリスクは回避できるし、他の教科への悪影響も最小限。
くれぐれも「ケース問題で散々悩んで時間足りなかった」ことなどないように!

※お断り:当記事は残念ながら昨年時点の状況に基づいて作成しているため、必ず予備校等から提供される最新情報優先でお考え下さい※

byふうじん



2009年8月15日(土)、朝からうだるような暑さの中、いつもと違うT○Cの校舎に向け、私が降り立ったのは緑色の新幹線の止まるターミナル駅の西口
そしてその1時間後、ワクワクしながら講師の話を無心にメモに書き取っている自分がいましたpencil

こんばんは、ふうじんです。
今日はちょっと物語風のプロローグからスタート。
前回予告編その1の続編、「事例直前講義」で講師がどんな話をしたかの体験談(使用許諾済)をどうぞ。

■開始10分で蒙を啓かれる■
その日はとても長ーい一日でしたが、開始後10分間の記憶が最も鮮明。昨年の「事例直前講義テキスト」でいえば見開き表紙の「学習にあたって」を、そのとき講師はこう解説。
いわく、

1.まず2次筆記試験の大枠と要求を理解
2.事例ごとの特徴を理解
3.事例の解答作成に必要な知識の全体像を理解

そして翌週以降の事例演習において、

4.事例直前講義で示された知識を適用して事例を解く
5.過去問分析を通じ、事例の作り方・問われ方・必要知識の理解を深める

それまで上級生クラスばら売り講座の事例演習で鳴かず飛ばずだった私にとり、この10分間は強烈。

そうか、そういうことかshine

文章にすればたったこれだけのこと。ただ効果抜群。
具体的に何が効果抜群だったかと言うと、標準的なスト本科生2次挑戦者に対する「5週間の先行アドバンテージ」。彼らが9月中旬(当時の「二次総まとめ講義」。※2010年目標コースでは削除)に気づくレベルに、8月中旬時点で到達できたこと。わずか11週の短期決戦において、このアドバンテージがどれほど大きいかは、もう書かずとも伝わりますね?

■事例処理スタイルの選択■
この直前講義以降、上級生クラスにおける私の事例演習の点数が飛躍的に改善、ってことは前回書きました。残念ながら毎回ではなかったけど、2/3くらいの確率で成績上位者名簿(のかなり上の方)に名前を連ねることに。

成功要因は?と聞かれるとなかなか難しいのですが、

相手(作問者)が何を要求しているかがわかった

ことが大きな要因。そして

事例解答作成に必要な能力は何か
なぜ事例解答作成が難しいのか

を感じ取ったこと。
その結果として、目先の解答テクニックではなく「知識」と「知識の体系化力」で勝負を挑むスタイルを選択する意思を固めました。

もっとも当日そこまで高尚な結論に至ったわけではなく。ただ夢中でメモを取り、帰りの電車内と自宅で「サブノート」と「事例処理手順チャート」を書き上げた程度。ただこれを「講義の当日中に書き終えた」ことが、後々の有利さに役立った気がします。
(※ちなみに「知識で勝負」とは、良く言われる「解答候補の選択肢を自力で作る」って意味ね。答案マス目に好き勝手な単語を書けってことではないので、誤解なきよう。)

当日サブノート
↑クリックでダウンロード

事例処理手順チャート(I~IV)
↑クリックでダウンロード

■事例処理スタイル(後日談)■
もともと私の学習スタイルは「講師の受け売り」ですが、この「相手が要求していること」「事例解答がなぜ難しいか」をとことん意識して「体系的な知識で勝負する」スタイル自分オリジナルだとずっと勘違いしていました。なぜならその時周囲にそんなこと考えているスト本科生は皆無だったから。
で、今日の記事を書くにあたりメモを振り返ってみると、実はこれって「事例直前講義の受け売り」に過ぎなかった。お恥ずかしい限りです。ごめんなさい。

ただし前回指摘したとおり、講師の説明の力量の差が如実に現れるのが二次対策。自分の解答スタイルに適した講師を「選ぶ。これだけでちょっとストレート合格が近づくような気がしませんか?

ちなみに私がもし今年また駅の出口に降り立つとすれば、それは8月12日(木)夜7時ちょっと前、山手線の最北部にあるターミナル駅の東口

byふうじん



2011年合格目標の方、こんばんは。ふうじんです。

今日は手短にささっと。
前回から、イメージしろ、先行しろ、予想しろ、っていろいろ申し上げてますが、今日は具体策をひとつだけ(講師受け売りです)。

8/7(土)の朝9:00前後、「立教大学 池袋キャンパス 正門」に行ってみてください(道順)。
理由は聞かないのが通というもの。

ちなみに家に近いからと言って「千葉商科大学」「NTT東日本研修センター」「明治大学」ではないことがポイント。
これも理由は想像してみてください。

別に受験票チェックされるわけではないので、「俺、教室まで堂々と入ってきたよ」という猛者もいるそうですが、他の受験生の迷惑になる可能性があるので、大人のあなたならそこまでするのはちょっとやり過ぎ。

byふうじん



こんばんはJCです。

あと10日で本試験。気合いが入りますね。焦らない、不安がらない、あきらめない。3ない主義で行きましょう!
さて、今日は1次超目前シリーズ3回目「中小」です。超直前期でもあるし、あんまり難しいことや、細かい重箱の隅をつつくのはやめて、ごろあわせをお出ししちゃいましょう。既に過去の記事の中でだしたものも含めて、去年僕が作った中小ごろ合わせの数々をご紹介しましょう。
みんなぴりぴり緊張している時期なので、少し笑えるテーマもいいでしょう。(わらえないかもしれませんが・・・)
ごろ合わせに結びつきやすいように、かけたところは以下青字にしています。ぽちっとしても何も出てきません。

◆中小企業基本法◆
基本法は99年12月改正。毎年、毎年いろんな角度からよく出ますよね~。
◎基本理念は 「立した小企業の様で力ある長発展」
毒虫多活性
◎基本方針は
①経営の新、業促進
②中小企業の経営基盤の強化
③経済的社会的環境の変化への適応の円滑(えんかつ)化
④資金供給のえんかつ化および自己資本の
隠そう!基盤の演歌獣
◎役割は
①新たな業の創出
②市場における争の促進
業の機会の増大
域経済の活性化
三共周知

◆中小企業新事業活動促進法◆
一次試験の試験案内(振り込み用紙が挟み込まれてた冊子です!)には試験科目設置の目的と内容として各科目の試験範囲が記載されています。「中小企業新事業活動促進法の体系と政策」はこの試験範囲に唯一法律名として記載されているものです。(ハカセが発見しました)もう一度ペンキ塗っておきましょうね。
ということで
◎活動促進法の主な5つの支援策は
①「業」の支援
②「営革新」の支援
③「連携」の支援
④「術革新」の支援
⑤「域における」支援
早慶審議地
特に新連携・経営革新計画は頻出ですよね。

◆組合◆
中小企業は弱いから、連携するすべである組合には豊富なメニューがある。
◎組合の多い順
事業協同>商店街>企業商工
組合事業は笑点メンバーじゃだめ、起業してもすぐ焼香、虚業になる。
◎組合制度の仲間はずれを探す
発起人:商店街のみ7人
加入・脱退:協業のみ自由じゃない
組合員割合:起業のみ制限あり
議決権:協業のみ1人1票じゃない
◎組合から株式会社に組織変更できるのは
協同・企・協  業がつく!

◆中小企業地域資源活用促進法◆
◎地域資源とは、林水産物工業品およびその生産術、光資源。
道府県が構想して国が認定。
能講義は観世と構想

◆3つの共済制度◆
退職金・倒産防止・小規模の3つの共済は比較してね。
運営主体の仲間外れは退職金の勤退共
掛け金は経営者を守る小規模が一番しょぼい←経営者はしょぼい
制定年度の古い順は理屈通りに
労働者保護(退)⇒個人の保護(小)⇒会社の保護(倒)の順

あと10日、最後までぜひぜひ頑張ってください
心より応援しています。



こんにちは。ハカセです。

とうとうこの時期がやってきましたね。

皆さんのこの一年間の努力の結晶が、今、形になろうとしています。もしかしたら、リベンジ組の方は一年以上、二年・三年の努力かもしれません。もしかしたら、「今回を最後に!」と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

「診断士」はそこまでメジャーな資格ではないかもしれません。だから、診断士試験の難しさは周囲には十分理解してもらえないかもしれません。

でも、診断士試験の辛さ・怖さは、経験者が知っています。仲間が知っています。怖いですよね。辛いですよね。焦りますよね。

年一回の国家試験の宿命です。期限のある科目合格制度の怖さです。本当に辛く苦しい日を送っていると思います。でも、そこから逃げ出してはいけません。この一年(またはそれ以上)の努力。そしてそれを支えてくれた周囲のサポート。たとえ結果が出なくても、これらに報いる努力は続けましょう。

振り返ってみてください。この一年(または二年)を。「思えば遠くにきたもんだ・・」 と思えるのではないでしょうか。それらを文字通り「結実」させるためにも、この最後の十数日、頑張って乗り越えましょう。

—————————

でも、頑張りすぎちゃ、ダメですよ。当日体調崩したりしたら、元も子もありません。前日・前々日は、自分がラリっているのを感じます。焦点が合わず、視界が狭くなっているのを感じます。そういうときは、目をつぶりましょう。休むことも大事な「試験合格への過程」です。

試験合格の三要素は、「知力」「体力」「時の運」だと思います(はい。アメリカ横断ウルトラクイズからのパクりです・笑)。無論、「知力」が一番影響しそうですが、「知力」だけは受かりません。「体力」もおろそかにせず、そして「時の運」を願いましょう。

—————————

昨年のこの時期、TACの最後の講義を受けました。科目は「中小」でした。教え方が上手で、非常に親しみやすいH講師の講義をわざわざ八重洲校まで受けに行きました。熱血型のH講師。講義が始まる前から涙目でした(T_T)。講義の冒頭、「皆さんの一年間の努力、本当にすごいと思いますっ・・・(絶句)」って。

講師業は、もちろん、H講師にとって「仕事」ではあります。でも、それ「だけ」じゃあ涙は出ませんって。その姿に、「あぁ、ここにも僕を応援してくれる人がいたんだ」と、素直に感動しました。ちなみに、聞けば、今年の最後の講義でも、同様に涙目だったそうです・・(^_^;)。

そのH講師の涙の意味が、今は分かります。

コメントやオフ会を通じて受けた、道場読者の皆さんの熱い思い。

「あぁ、この人たちは【同志】なんだなぁ」

「特別だと思っていた自分の努力、全然特別じゃないんだなぁ、みんなそれぞれ【特別な努力】をしてるんだなぁ」

「こんな思いをして必死に勉強してきたんだから、みんな全員に合格してほしいっ!」

と、思わずにはいられません。

もはや僕らが皆さんに出来ることは限られていますが、我々が提供したものが少しでも役に立っていれば幸いです。

臣不勝受恩感激 今当遠離臨表涕泣不知所云
臣、恩を受けて感激に勝(た)えず。
今、遠く離るるに当り、表に臨んで涕泣し、云う所を知らず

(出師の表より)

ラストスパート、頑張ってくださいっ!

by ハカセ



こんにちは。ハカセです。

今日は財務会計について、最後にお伝えしたいことを。

1. 道場の過去の財務会計エントリー

全7科目のうち、財務会計に関するエントリーが最も多いです。こちらに財務会計関連エントリーの一覧がありますので、不得意分野などがあれば、参考にしてくださいね。

僕のお勧め記事は、

ZonE の キャッシュフロー計算書を得点源に
JC の 財務で足切りにならない方法
ふうじん の 財務公式シリーズ(1/6) 相関係数・共分散
アックル の 財務公式シリーズ(2/6)一生忘れないコール・プット

わたくし、ハカセの記事では財務会計:伸び悩みの人・中位成績者向け勉強法 がお勧めです。時間がある方はぜひご覧あれ。

2. 財務会計攻略の心得

(1) 「解く問題」と「解かない問題」

財務会計を苦手にしている人は結構います。過去のエントリーでも触れましたが、財務会計が難しいと思うのは、「難しい数問の印象」に引きずられているのだと思います。Noisy Minorityに騙されてはいけません。つまり、全体を通してみれば、そこまで恐れおののくほど難しい科目ではありません。「解ける問題」と「解けない問題」、いや、誤解を恐れずに言えば「解く問題」と「解かない問題」。これをきっちり取捨選択しましょう。

(2) 平常心で臨む

そのために大事なのは平常心。ただでさえ時間が足りない財務会計。焦ってパニックになったらさらに難しい状況に追い込まれます。絶対に焦らないことです。大丈夫、大丈夫。難しい問題はみんな出来ませんって。特にTAC生は、「TACでカバーされていない論点は他の多くのTAC生もできない」と割り切りましょう。その難しい問題に挑んで得る4点と、何とかなりそうな文章問題で得る4点。どちらも同じ4点です。冷静に判断しましょう。

(3) 試験直前10分前にやることの確認

経済が終わった直後の自分の姿のイメージはできていますか?一つ科目が終わったら、すぐにその科目のことは忘れましょう。「あぁあの問題はこうだったかもしれない・・・」。そんなこと悩んでもゼッタイ加点されません。その科目のことはスッパリ忘れましょう。そして次の科目に集中しましょう。

財務会計の直前10分、あなたは何をしますか? ちゃんとイメージが出来ていますか? 何を手に取りますか?テキストですか? どこを見ますか? 最後に覚えておきたいのは何ですか?そういうシミュレーションもちゃんとやっておきましょう。間違えてもテキストの「現在価値」などのページを通読したりしないように。そんなん解けなくても合格点には達します。僕の場合は、

  • キャッシュフロー間接法
  • 「経営資本」とは? 「事業利益」とは? 「当座資産」とは?
  • 文章問題対策として「原価構成」とは?
  • 「個別」、「総合」、「全部」原価計算の違い
  • 「標準原価差異」を、「棚卸減耗費」や「商品低価評価損」を絡めて
  • CVPとBEP
  • 企業価値とWACC(WACCの自己資本は時価!)
  • 税効果会計
  • 共分散・標準偏差 

こんなところを、直前に確認したようです(付箋が残っていました)。理由は、「知っていればすぐ解ける、知らないと解けない」から。自分なりの基準で、「最後に振り返るところ!」を決めておきましょう。

(4) 計算問題! 手をつけるその前に!

4択または5択の選択式問題形式の診断士試験。言ってみれば、「仲間外れ」を探して続けていることになります。「適切なものを選べ」にしろ「不適切なものを選べ」にしろ、「仲間外れ」を探せばいいのです。

計算問題にとりかかる前に、「仲間外れ」を探しましょう

この論点、過去のエントリーでもご説明しました。文章問題で仲間外れを探すのは容易じゃないけど、数字の仲間外れは意外に見つかる。選択肢の中に「仲間外れ」を見つけることが出来たら、その数値から逆算して考えてみましょう。もしもそれがビンゴであれば、「秒殺」出来ます。

ただし、これはリスクも伴います。「やっぱり一つ一つ解かなきゃだめか~ (*_*)」という羽目になることも少なくない。余程慣れているか、または、余程時間がない時の奥の手に使う人もいるかもしれませんね。

(5) 難しい問題は「選択肢減らし」に集中

必ず歯が立たない問題が出てきます。そういうのは、サイコロを転がすのも悪くありません(本音です)が、まぁ最初は選択肢を減らしてみるのがいいでしょう。2009年(平成21年)の第5問のような問題は、どうせわからないんですだったら、屁理屈をつけてでも選択肢を減らしてみましょう。この場合、ボクは「義務付けられていたら、学習範囲に入ってくるだろう」、「中小会社会計基準なるものが確固としてあるなら、学習範囲に入ってくるだろう(実際には税理士関連の基準らしい)」などと、屁理屈を付けてエを選びました(結果的に正解)。

—————

最後に一言。

忘れないでください。この試験は100点を目指す試験ではありません。6割を目指す試験です!

ミスがあってもいいんです。
間違えがあってもいいんです。

「みんなが出来る問題を当たり前のように解くことができる」。診断士試験はこれを試されている試験なのです。

だから、難しい問題、自信がない問題があっても、絶対めげてはいけません。

少しでも可能性のある問題にアタックしてください!
少しでも可能性を高めるためにもがいてください!

その4点が、あなたを救ううかもしれません。

ファイトです!!

by ハカセ



こんばんは。ZonEです。

本試験まで2週間を切り、いよいよカウントダウンといった感じですね。

風邪の予防として、うがい&手洗いは欠かしていませんよね?夏風邪をこじらすと、治るのに時間がかかって大変ですよ。
1年に1度しか受けられないテストですので、体調管理だけはくれぐれもお気をつけくださいね。

さて、今週は「超超直前スペシャルウィーク」にちなんで、毎日1科目ずつ、即効性の高いポイントをご紹介させていただきます。

月曜日の今日は、「経済学・経済政策」の直前チェック項目(細かい理由はともかく、図表を覚えておけば得点に結びつく…かもしれない項目)を3点ほどご紹介します。

 
IS-LM分析

IS-LM分析に関しては、頻出論点なので、今さら説明は不要だと思いますが、

これupwardrightだけ覚えておけば、理解が曖昧でも

  • LM曲線を右シフト = 金融政策(貨幣供給の増大・物価水準の低下)
  • LM曲線シフト時に効果大 = IS曲線の傾きが緩やか(投資の利子弾力性が大・限界消費性向が大)
  • IS曲線を右シフト = 財政政策(財政支出の増加・減税)
  • IS曲線シフト時に効果大 = LM曲線の傾きが緩やか(貨幣需要の利子弾力性が大・貨幣需要の所得弾力性が

に関連する問題が出題された際には、得点できるハズです。

ちなみにAD-AS分析に関しては、アックルさんが過去投稿できちんとまとめているので、こちらもご参照ください。

 
景気循環の分類

横文字覚えるのが苦手でも、選択式(マークシート)の問題ですので、周期や原因と順番を覚えておけば得点できる可能性が高いです。

2番目の「ジュグラーの波」以外は、カ行でしかも(カ)キク(ケ)コ順ですね。

ジュグラーじゅうねん(10年)」と併せて覚えておけば、曖昧な記憶でもワンマーク稼げそうですよね。

 
マンデルフレミングモデル

これも難しいことは考えなくても、表イメージで把握することが可能です。

・イメージ的に、固定相場制は何やっても効果なさそう
・ただし、資本移動が完全に自由なら、財政政策だけは効果あり
・変動相場制は、固定相場制の○と×を反転

もし出題があったら、試験中にこの表イメージを余白に書いてみてください。
基本的な問題なら、ワンマーク稼げるかもしれません。

 
とまぁ、(一発合格道場らしからぬ)小手先だけの試験対策ばかりで、きちんと学習を進めている方には薄い内容で物足りなかったかもしれませんが、時期も時期ですので何卒ご容赦いただければ幸いです。

それでは、今日はここまで。

by ZonE



こんにちは。ハカセです。

いつも一発合格道場をご愛読頂き、ありがとうございます。

道場二次セミナーのご案内 school を掲載したところ、予想以上の反響 を頂き、ありがとうございます。嬉しいと同時に、とても驚いてcoldsweats02おります。

当初、「申込締切日は8月2日(月)」としておりましたが、すでに募集人員をはるかに超える申込があったためwobbly、誠に恐縮ですが、前言を完全撤回し、申込みを締め切らせて頂きます。<(_ _)>

「直前までの勉強の進み具合をみて、締切日直前に申し込めばいいや」と思っていた方、「抽選だから締切日までに申し込めばいいや」と思っていた方、ごめんなさい。

会場の都合、セミナーの性質から、多すぎる人数では十分な対応できない限界があります。また、一度は「抽選」をうたっておきながら、非情に徹しきれない我々は、申込んで頂いた受験生ひとりひとりの熱いメッセージを読めば読むほど「抽選」という合理的かつ冷酷な選択肢を行使することができませんでした。悩んだ挙句、抽選を実施しない方がよいと決断しました。誠に申し訳ありません。

我々の需要予測の甘さからこのような混乱を生じたこと、お詫び申し上げます。bearing 

受験生の皆さんの二次試験の「つかみどころのなさ」への焦燥感をヒシヒシと感じると同時に、当道場に対する期待の大きさも実感しております。身が引き締まる思いですthink

皆様の期待にこたえられるよう、当日は質の高いセミナーを準備したいと思います。また、セミナーでご紹介した内容は、順次道場コンテンツとしてUPして参りますgood

さらに! まだまだ流動的ではありますが、9月初旬に「第二回セミナー」を開催したいと考えています。詳細未定ですが、意義あるタイミングに意義あるセミナーを開催したいと考えています。

ご応募頂いた方にはこちらから改めてご連絡申し上げます。当日お会いしましょう。今回ご参加いただけなかった方も、いつの日か、次回セミナーや懇親会、診断士活動の中でリアルにお会いする日を楽しみにしております。 もちろん、一次試験がある方はそちらをまずはしっかり頑張ってください!wink

↓ セミナー詳細 ↓ (再掲)

**************************************

日にち : 2010年8月9日(月曜日)

時間: 19時開始、21時半終了予定
         (その後、希望者だけで軽く一杯beer

場所: 新橋駅近辺の会議室 (別途申込者に連絡)

内容: 道場執筆陣(昨年度ストレート合格者bullettrain)の
              2次試験勉強方法紹介 & 質疑応答

対象: 2次試験受験予定者20名程度(初学者・経験者不問)

費用: 無料 (飲み会参加者は実費)

申込み先: 誠に申し訳ありません。締め切りました <(_ _)>

(※ ご応募の際の個人情報は、道場関連イベント以外には使用いたしません)

**************************************



こんばんはアックルです。

診断士の勉強を始めようか迷っている皆さんは、「学習内容が難しい」とか「2次試験がハードルが高い」などきっと色んな不安をお持ちだと思います。

実は私自信も勉強を始める前は、不安でした。

何をかくそう私が「中小企業診断士」という資格に興味を持ってから学習を決意するまでは、4年という歳月を要したのですから。

本日は私自信が持っていた不安と、実際はどうだったのかということを述べたいと思います。

■学習内容が難しい

中小企業診断士はたしかに難関資格です。ストレートの合格率は4%位で非常に狭き門です。

しかし、難しいとは言いつつも、超難関資格である「公認会計士」や「司法試験」などと比べた場合、そこまでのレベルではないのが事実です。

というのは公認会計士や司法試験の受験生の大半は一日のうちかなりの時間を勉強に割くことができる学生及び無職ですが、
中小企業診断士試験の受験生の大半は忙しい社会人です。

つまり診断士試験は働きながらでも努力すれば取れる資格です。

また診断士は7科目もあって大変だ!と思う方も多いと思います。

私もそうでした。私は平成16年に診断士に興味を持ちました。まずはどんな試験なのか本屋に行って1次試験の過去問や市販テキストをパラッパラッと眺めました。

そのときの感想はこうでした。

「こんなのできるわけがないsad

大学受験のときは私立を目指していたので英語・数学・国語の3科目しか勉強しなかった私が仕事をしながら7科目もできるはずがないと判断し、そそくさと帰り、
勉強を断念しました。

あのときの私はこうでしたが、よくよく考えると7科目もある1次試験はマークシートの選択問題です。
4~5択の選択問題の6割が取れれば良いわけです。
そう考えると、7科目とは言えハードルが下がりませんか?

ところで二次試験はかなり難しい試験です。
記述式であり、つかみどころのないような問題です。
しかし、二次試験はコツが分かれば実力が急上昇する試験です。
逆に記述試験とは言え、 法律を暗記する必要があるとか、会計法規集を暗記しなければならない類の試験ではなく、
コツさえつかめれば必ず解けるようになるのです。そのためには努力と根性が必要ですが、 諦めずに愚直に学習すれば、きっと合格できます。

■グループ学習しないと合格できない?

私は孤独な通信生だったのですが、学習を始めてから暫くして受験生ブログを拝見しているうちに多くの受験生が勉強会等のグループ学習に参加しているという事実を知って不安になりました。
特に2次学習はグループででディスカッションをしたり、 互いの答案を交換することで、多くの人の考え方や解き方を学ぶことができ、視野が広がったり、できる仲間のやり方を身につけることができるので、グループ学習が有利ということも知りました。

私は「なぜ教室講座を選ばなかったんだ!!!!」と後悔しました。

しかし、結果的にグループ学習をしなくても合格できました。
たしかにグループ学習は有利かもしれません。しかし、独学や通信生の方でもそのハンデを埋めることが可能なツールはあります。

それは「ふぞろいの合格答案」「受験生最後の日」(今年は『事例80分料理法』というタイトル)などの書籍です。

これらの書籍には合格者の再現答案がたくさん記載されています。これらの書籍を熟読し、また自分の答案と比較したり、どうすれば合格者の思考プロセスを学ぶことで
同様に視野が広がり、実力が向上するはずです。

また、TACでは、答練や演習等で優秀な答案 をWEB上に載せるので、これらの答案も活用すれば同様に大きな効果を得ることができます。

ですから、孤独な戦いをしている全国の通信生OR独学の皆さん!グループ学習をしなくても合格できます。

■資格取得後に更新が大変

中小企業診断士の登録有効期間は5年間で5年ごとに更新が必要なのですが、登録を更新するためには、5年間の有効期間内に
(1)「知識の補充要件」(5年間で5回以上受講等)と
(2)「実務の従事要件」(5年間で30点以上獲得)
の両方の要件を満たさなければならないのですが、私は実は合格前、いや学習を決意する前から、このことが悩みの種でした。

「実務従事30点なんて、普通に会社勤めしているサラリーマンがどうやって診断先を見つけるんだ?!」
「仮に合格したとしても更新要件が厳しすぎるので、更新できず5年後に診断士を名乗れなくなってしまう。」
「努力が水の泡になってしまう。」
「合格したとしても、登録を3年間ギリギリに遅らせた方がいいんじゃないか?そうすれば実務従事が先延ばしできる」

な~んてことを考えていましたが、杞憂に終わりました。

要は合格後に研究会や支会などに積極的に入ればいいんです。診断案件の話はちょこちょこ出てきます。

とにかくこの資格は合格後に、多くの知り合いを作るのが大事。

私は先日3社目の診断を終え、いよいよ診断士登録ができますが、この3社目の診断も一発道場のメンバーが見つけて下さったもの。
また、他に参加している研究会でも診断案件があり、秋頃に行う予定です。

私自身もTAKEばかりでなく、自分で診断先を見つけてくるなどGIVEしなきゃなんないな~と思っていますが、おそらく今後も積極的に活動することで
必ず診断先企業は見つかるはず。
学習を迷っている皆さん、まずは一歩踏み出してみませんか?
この資格を取ることで本当に人生が変わります。 素晴らしい仲間や素晴らしい(診断先の)社長など多くの出会いが待ってます。

私ども一発道場も皆さんとの出会いをお待ちしております。

それでは、明日は5時に起きて、香港に行くので今日はもう寝ます。

BY アックル




WATATAです。

いよいよラストスパートの時期ですね。

無理し過ぎず、でも十分な時間を勉強に費やしていきましょう。

自分の場合は中小企業経営政策の白書の所がやや苦手でした。
それ自体には意味がない「数字」を暗記するのが下手でした。

企業の開廃業率とか、白書の調査結果の数字とか、そういう
数字を覚える為の暗記が、直前期の大きなテーマでした。

対策として、ノートに殴り書きで書いて覚えました。
覚えたい数字を、何度も何度も何度も何度も何度も何度も・・・
覚えるまで繰り返し書きました。

やればいつかは必ず覚えます。だから自分は暗記系教科に自信を
持ち続けることが出来ました。

この学習方法、時間がかかります。やっぱり勉強時間の創出が
合否に大きく影響すると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今回の本題です。

受験生時代、私も毎週受験機関に通学しておりました。受験期間に通う道の途中に遊戯施設があり、開店前の朝から人が並んでいました。

片や朝から診断士の受験勉強、片や遊戯施設に列を作る・・・・

遊戯施設や玉遊びが悪いと言っているわけではありません。
(関係者の方、お気を悪くしないでください・・・)

でも、↓こんなこと思ったりしませんか?
・遊戯施設で働く人の人件費はどこから出るのか?
・遊戯施設の収益金はどこに行くのか?
・玉遊びをやると夢がかなうのか?目的は達成されるのか?有意義なのか?
・玉遊びやると、誰かに貢献できるのか?
・本当に心底楽しいと思ってやっているのか?

中小企業診断士試験受験生は、仕事があって衣食満たされている人が多く、それでもなお、自分を高める為に勉強しています。

こんなに素晴らしい人は、素晴らしい人生を送る権利を持ってます!

そして、遊戯施設に行かずに受験勉強すべきだと気付いてしまった人には、他の人の分まで頑張って他の人を食わしていく義務があると思います。

あなた方はリーダーです。周囲の人の模範になり、もっと皆を豊かに、幸せに出来る資質を持ってます。

資質をもっているという幸運を感謝しましょう! そして、その資質でぜひ周囲の人に貢献してほしいと思います。

その為にも、まずは合格する義務があると思ってください。最後まであきらめず、絶対に合格してください!

by WATATA



こんばんは!アックルです。

本日は、本番まで残り2週間で行うべきことを紹介します。

1.そろそろ朝型に切り替える(夜型の人は)

夜型の皆さん。試験直前の今こそ睡眠時間を良くとって、かつ朝型生活に切り替えることをお勧めします。
理由は、

①早起きをすることで精神的にリラックスできるから。

②健康的で体調を崩しにくくなるから。

③本試験も朝早起いので、早起きに慣れておくため。

逆に試験直前だからと言って徹夜で勉強なんてムチャは絶対にいけませんよ!

朝が苦手な方にとっては今が朝型に切り替えやすいチャンスですよ。毎日暑いですね。今年の夏は昨年より暑いみたいですね。

朝も汗びっしょりで目が覚めませんか?
冬だったら、寒くて寒くて布団から出たくないでしょうが?夏の今なら布団から抜け出るのは容易なはず。しかも、明るくなるのが早いので目覚めもいいはず!
ですから、今こそ朝型に切り替えましょう!

2.合格祈願に行く

神頼みかい?!と思うかもしれませんが、絶対行ってください。
今、合格祈願に行くと心が落ち着きますよ。焦る気持ちが収まりなんとなく安心し自信が出てくるはずです。

私も昨年1次試験一週間前に「新井天神北野神社」に行きました。
2次試験直前にも行きました。

1次の前も、2次の前もたしかこんなことを祈りました。

「自分はやるべきことをやった。だから本試験では、100%いや!120%の実力が出せますように。」

「合格することで人生が変わりますように。」

「合格後、自分は妻や息子を幸せにできる人間になれますように」

そして目をつむってお参りしていると、この1年間の努力・苦労が走馬灯のように頭の中に甦ってきました。

初めて診断士を受ける決意をしてTACのガイダンスに行った日のこと。

診断士学習をきっかけにブログを始めた日のこと

学習初めてまもなく、前職の同期2名が2008年度の合格者として、TACニュースの祝賀会の写真に写っていて、闘争心が芽生えた日のこと

通信だったので一人孤独な戦いをしているとき、502教室まさとしさんの凄い答練の結果を掲載したブログを見つけて、「この人をライバルにしよう!
この人とセルリアンタワー(TACの合格祝賀会)で会うんだ!」と決意したときのこと

こんなことを考えながら、参ったあとにス~ッと気持ちが落ち着きました。
そして、自分は絶対に合格できるんだと確信したような気がします。

ある種のマインドコントロールかもしれませんが、今思えば物凄い効果だったかもしれません。

もう一度言いますが、皆さんも合格祈願に絶対に行ってください。
それと無事合格できたら、必ずお礼参りにも行ってくださいね!

3.家族や恋人に改めて感謝する

この1年間全力で頑張ってきたと思います。仕事が忙しく勉強時間が取れない中、細切れ時間を見つけてコツコツ頑張った方もいれば、
趣味のスポーツや読書などを中断して勉強に専念した方もいるかもしれません。
色んなことを犠牲にして頑張った自分で自分を誉めてあげるのもよしです。

でも、自分を誉める以上に皆さんを支えてくれた家族や恋人に感謝してください。
皆さんが気づかないところで、見守り、支えてくれたはずです。

本当はあなたと遊びに出掛けたり、買い物に行きたかったのに我慢してくれたかもしれません。

答練で結果が出なくて、八つ当たりしてしまったり、仕事が忙しく勉強時間の確保ができなくて目の前でイライラしてしまったあなたを
何とかリラックスさせようと温かいお茶を持ってきてくれたり、晩御飯で特別栄養のつくものを作ってくれたかもしれません。

振り返ってみると、色々と思い出すんじゃないでしょうか。

仮に嫁さんも子どもも恋人もいない方は、職場の人たちに感謝してみてはどうでしょうか?

職場の先輩に追い付きたくて、あるいは同期に差をつけたくて診断士の勉強を始めた方もいるでしょう。
「この職場にいたおかげで、自分は診断士を目指すことになったんだ。きっかけをありがとう。」と感謝できるかもしれません。

あるいはダメな職場で働いていて、転職をするために診断士の勉強を始めた方もいるかもでしょう。
そんな方は、「もしぬるま湯の職場にいたら、診断士受験なんて考えなかった。きっかけをありがとう!」と感謝できるかもしれません。

とにかく周囲の人に感謝の気持ちを持って下さい。こうすることでやはりリラックスした気持ちになれます。

以上、本試験までにすべき3つのこを紹介しましたが、3つの共通点はリラックスでき自信がでてくること

このような精神状態になることで実力は120%も150%も引き出せます。

ラストスパート頑張ってください!!!

BY アックル



こんばんは、ふうじんです。

一次本試験2週間前。標準的なスト本科生の学習進捗度でいえば、1次7科目の総復習(=頭の中の引き出し作り)をほぼ終え、残りの日で本番最直前期のしがみつき・詰め込み学習に入ろうか、という辺りでしょう。

では今日のテーマは「一次本試験を予想する」。
こう言われて、これから何が書かれていると想像します?
ちょっと二次対策も意識して、Let’s複数解釈!

■解釈1 →一次本試験の出題内容を予想■

悪くない解釈ですが、そもそも予備校のCランク予想問題(=つまり一次公開模試)すらほとんどカスリもしないのに、素人の予想なんて当たるわけないですしね。
(私見を言わせていただくと)他人による予想は聞かないほうがよろしいかと・・。ただし、「自分で勝手に予想する」ことは意義あります(※理由は別途)。

■解釈2 →本試験当日に何が起きるかを予想■

かなり鋭い。実際いろんなことが起きるので。
後ほど詳しく触れますが、講師が良く口にする「自分が合格する姿をイメージする」ことのメリットは、実は予実差異管理の視点で結構合理的に説明できます。

ともあれ今の時期は難しいこと考えず、とにかく講師のアドバイスに従って、本番当日2日間の出来事をしっかり予想・シミュレーションしておきたいですね。

■解釈3 →本試験の出題傾向変化を予想■

ここまでくるとかなり鋭い。
一次試験のあのボリュームを向こうに回し、ここまで配慮していればもう備え十分。
では手短に、誰にでもできる簡単な予言を紹介しましょう。

昨年易化した科目は、今年は難化

おいおい・・、そりゃ誰でも当たるよ。しかし問題は、この難易度の変化はかなり意図的に設定されていると考えられることです。もう今更科目名は挙げませんが、昨年の易化科目には十分注意しておきたいですね。
余裕ある方なら「自分ならこの科目をどう難化させるか」までイメージしておくと、ほぼ備えは万全。

byふうじん



こんばんは、ふうじんです。

【お断り ~ご利用上の注意】
この記事は本日7/22(木)の第2投稿、二次対策です。
多少刺激的な内容を含むため、一次対策に集中される方は一旦スルーし、ご興味あれば8/9(月)以降にご覧ください。

 
■私、実は焦ってます。■
先日の記事で、7月一杯は一次対策に専念、と書きましたが、実は私かなり焦ってます。それは私のイメージする「ストレート合格」とは、8/14(土)or15(日)の「2次事例直前講義(全2コマ)」にて、「合格する実力者3,000名の仲間入りをする」ことだから。

で、もし可能であれば、8/14(土)が来るまでに合格に必要と思われる客観的事実だけは提示したかったのです。なぜなら「2次事例直前講義」の受け方次第で、2次試験本番に向けたスタートダッシュの成否が決まるから。

ちょっと刺激的に言うと、この講義に予習なし・目的意識なしの受身の態度で参加すると、ストレート合格は神頼みの世界になる可能性が濃厚。

■昨年何が起きたか(客観的事実)■
以下は昨年の私の体験談。誤解を避けるため、客観的事実のみ書きます。

・1月から受講した「上級クラス事例演習」は中位~中下位の得点で低迷。
・8/13(土)~14(日)の「事例直前講義」を受講後、当日中に復習完了。
・8月中旬以降の「事例直前演習」では、安定して上位に浮上。
  (※注 スト本科生クラスではなく上級生クラス内)

■起きたことの分析(個人的意見)■
この先は主観的な「思い」なので、読む読まないはお任せします。
どちらかといえばかなり突き抜けた意見であり、信じない方がベターですが。とはいえ、言うなら今しかないので言っときます。

結論:「事例直前講義」の受け方一つで、ストレート合格可能性を高めることが可能。

詳しくはハカセの「ゴールとルール」理論に譲りますが、大半の受講生はこの講義を「ルールの解説」として受け止めてしまう。なぜならテキストの記述は「ゴール」の言及はごくわずかで、「ルール」の解説がかなりの部分を占めるから。

■テキストに書いてないことをしゃべる講師の力量■
ではどこが違ったか。それは事例直前講義1コマ目の開始直後10分に講師が何をしゃべったかの差。
次回記事作りますが、昨年8/13(土)の朝9:00~9:10に起きたこと、つまり講師が話したことは今でも明確に再現できます。具体的にはテキスト表紙裏の「学習にあたって」をどう説明したかって話。

大変失礼にあたりますが、一次対策と異なり、二次対策は講師の説明の力量の差が明確に現れる。しかしT○Cが、

ウチの学校は首都圏・関西の主要ターミナルに校舎を構え、個性ある優秀な講師陣がそれぞれオリジナルの2次合格スキルを大公開しています!ぜひ好きな校舎にお越しください!

とは絶対宣伝しないでしょうね。
そもそもT○Cの経費構造は、×××と△△△が大部分を占めるのだし。

■まとめと次回予告■
個人的事情により、今日の記事がかなり乱暴な文章になっていることをお詫びします。また一次最直前の時期、もし当文章を読んで気を悪くされた方がおられたら重ねてお詫びします。ではまとめと次回予告。

<結論>
・8/14(土)or15(日)の事例直前講義はストレート合格戦略上、重要。
・この時、誰の講義を受けるかの選択権は受講生にある(※締切校舎を除く)。
・講義内容を事前予想しておくと、効果UP
  (※ご参考 Web/DVDフォローは7/28(水)より視聴可能)

では次回はもうちょっと落ち着いて、昨年の事例直前講義の受講体験、感想のエントリーを作ります。
もしご興味ありましたらまたお目通しください。

byふうじん



2011年合格目標の方、こんばんは。ふうじんです。

まだ診断士学習のスタートを切ったばかりなのに、こんなに見づらい所に置かれた記事に気づくあなたの注意力は素敵。その注意力に敬意を表し、今日のテーマは、今のうちにライバルにこそっと差をつける「物事の考え方」。

■予習重視で先行逃げ切り■
このブログの執筆者に共通する主張の一つが、「予習重視で先行逃げ切り」。
さて、診断士ストレート本科生のカリキュラムを見るとわかる通り、学習開始~1次試験本番までの授業数は84コマ。1コマ2.5時間+復習2.5時間として、84回×5.0時間=420時間。診断士合格の所要時間目安を1,000時間、うち1次本試験までを800時間と仮定すると、講義+当日復習の時間構成比は1/2に過ぎず、残り半分は自分の意思で何かの学習をしている計算。

 

そうか、では予習にたっぷり時間かけるんだ!

と思った早とちりなあなた。そのスピード感は魅力だけど、来年の今頃までにはその早とちりグセは直しておきましょう。

ワケのわからないまま続ける学習は非効率。人によって時間のかけ方は様々で良いけど、私の予習とは「授業開始30分前に教室に入ってテキスト斜めヨミ」程度。私の場合はこれで効果十分、予習とは「どこがわからないかを理解しておくこと」と位置づけていました。

■その他の「予習重視」■
とはいえ、予習スタイルは人それぞれ、多種多様。診断士試験終了後、私が「あ、その方法いいなー」と悔やんだのが「耳で聴く学習」、いわゆる「DLフォロー」。当時はまだiPhoneも出回りはじめたばかりだったし・・。

さらにスゴイと感じたのが、「Webフォローで予習し、教室講義でしっかり理解」。詳しいことは体験者本人に語っていただくとして、効果あらたかなのは間違いなし。そもそも「フォロー」を予習に使うという逆転発想が秀逸。あぁ今年の受験生が羨ましいぞ!

■予習重視と予想重視■
しかし嘆くばかりではない。私の切り札は「予習重視」だけでなく、「予想重視」。

<予想重視学習(基本講義時)>
・簡単な予習を通じ、当日の講義内容を予想。
・予想通りのところはさらっと流し、講師の説明が自分の予想と違う点を重点チェック
・復習量を減らして講義当日中にサブノート作りまで完了。
・講義日以外は、過去問・スピ問のアウトプット学習+チャート作りで知識を整理。

<予想重視学習(養成答練時)>
・養成答練までに過去問・スピ問を完了。
・養成答練は、出題内容を予想してから受験(=ヤマかけ学習法)
・答練得点率を高め、復習時間を最小化(=スピ問活用80点学習)
・復習時間が減った分、次の科目の学習をいち早くスタート

この学習スタイルの特徴は「復習時間がズバ抜けて少ない」こと。
だって、間違えた所、予想と違った所(=予実差異)だけの復習で済むんだから、当然でしょ?

<「予実差異復習」のイメージ>

で、あまった復習時間をまた別の所(まだ内緒)に使う、・・と。

ものすごく中途半端ですが、今日は一旦この辺で。続きはまた次回。
もしなにかご意見・情報ありましたらコメント欄書き込みでぜひ教えてください!
「こんなこと教えて!」などの要望も大歓迎ですよー。

byふうじん



こんばんはJCです。

ここまで、力いっぱいsweat01勉強してきた方は、 1次試験を突破する力は十分についていますここから新たな本を読むとか、新しい知識を追加するのはです。あと2週間強は、これまで訓練してきたものを、同じように同じペースで繰り返してゆく、これで十分です。

◆自分のきた道に自信を持つ◆
ご自分がやってきたこの1年を振り返りましょう。みんな、それぞれ精一杯に勉強してきたはず。そこを振り返ると実は相当なことをやってきたという実感が湧くのではないでしょうか。もうこれ以上、他人の知識は不要です。これまでやってきたことのペンキを厚塗りするだけで十分です。多少不安な論点があったとしたら、今すぐまとめを作ってしまいましょう。試験を目前にした受験生はできるのに、できないと思いこみがちです。もちろんEレベルも毎年出題されていますが、あくまで満点を取る試験じゃない。
自分にできない問題は、他の人にもできない。

◆体力のピークを合わせる◆
ちょっと夏風邪気味の人、体調がすぐれないという人、今すぐ休みましょう。体力をしっかりつけて、本試験では120%の力を出し切れる体制を整えよう。体調をピークにもってゆくことは非常に大事です。気力で風邪を寄せ付けない友人がいました。いつもすごく元気はつらつでしたが、2次試験直後に風邪をひいてダウンしました。それほどに気力で持たせてたってことでしょうかね。

◆何のための1年だったか◆
これから1次・2次と皆さんは高い山を登ってゆくことになります。不安や恐れや焦りは絶対に近寄らせてはいけません。私の友人もこの時期に相当高いレベルの勉強をしている勉強会にゲスト参加しちゃって、本来十分な力があるにも関わらず、突然不安にさいなまれて、残念な結果を迎えた方もいます。もう、特別なことなんてする必要ない。これまで皆さんが過ごしてきたやり方を粛々と本試験まで続けることが大事なんです。

◆犠牲にしてきたもの◆
皆さんがこの1年間で犠牲にしてきたものは、きっとたくさんあるはず。家族かもしれない、恋人かもしれない、でも彼らの理解がなければ、こんなすごいことはできなかった。彼らへの大きな感謝は合格という二文字で返すしかありません。あと2週間ちょっと精一杯頑張って結果を出しましょう。



こんにちは。ハカセ です。

一次試験本番まで、あと2週間を切りましたね。そろそろ皆さん、本番モードに突入でしょうか。

この時期、一番大事なことは何でしょう。それは「体調管理」です。ここしばらく、非常に暑い日が続いています。十分な睡眠、十分な水分補給をしてくださいね。暑いからといって過度の冷房の使いすぎや、冷たい飲み物の取りすぎも考えものです。本番直前、しっかり体調管理してくださいね。

さて、一次試験本番直前のこの時期の告知は、少々気が早いかもしれませんが・・・

一発合格道場では「2次試験対策セミナー」を開催します!happy01

日程は、一次試験の翌日!(笑)  一次試験で燃え尽きることなく、すぐに2次試験対策に入っていけるようにという親心からの日程設定ですgood

詳細は、下記を参照下さい。

**************************************

日にち : 2010年8月9日(月曜日)

時間: 19時開始、21時半終了予定
         (その後、希望者だけで軽く一杯beer

場所: 新橋駅近辺の会議室 (別途申込者に連絡)

内容: 道場執筆陣(昨年度ストレート合格者bullettrain)の
              2次試験勉強方法紹介 & 質疑応答

対象: 2次試験受験予定者20名程度(初学者・経験者不問)

費用: 無料 (飲み会参加者は実費)

申込み締切: 応募者多数につき、締め切りました <(_ _)> (7/26補足)

(※ ご応募の際の個人情報は、道場関連イベント以外には使用いたしません)

**************************************

中には「一次試験通るかどうか分からないから・・・」という方もいらっしゃると思いますが、まぁそこは、楽観的にいきましょう!

皆さまにお会いできること、楽しみにしております。

by ハカセ



こんばんは。ZonEです。

今日は2回シリーズの後半ということで、昨日に引き続き、診断士合格後に感じた合格して良かった点についても述べさせていただきます。

 
様々な勉強会・研究会に参加するパスポート?

診断士試験に合格して一番驚いたことは、何といっても診断士ネットワークの強さです。

勉強会や研究会、プロコン(プロコンサルタント育成講座)、セミナーなど、自分を高める機会が数多くあります。しかも、その多くがリーズナブルな費用で参加/受講できます。(診断士協会の会費が高い…という話もありますが、これらを含めトータルで考えれば自己投資としては高くない…と個人的には思っています。)

合格するまで、こんな世界が待っているとは知らなかったので、正直ビックリしました。

 
すごいと思える人々との出会い

また、そういった場に顔を出すようになって、「この人すごいなぁ…」と思わず溜息が出てしまう人々と出会えたことも大きな収穫です。つくづく自分は「井の中の蛙」だと感じ、「試験に合格して一息ついている場合じゃない。もっと頑張らなきゃ…」と奮起することができました。

もちろん、合格の狭き門をくぐった人々の集まりということもあるので、その中に身を置くと「果たして自分の強みは何だろう?」とか「自分は何をもってこの組織に貢献できるだろう?」とか色々と考えさせられ、この点も自分を成長させる上で良い刺激になります。

一流になりたければ、一流に交われ」的なことをよく言いますが、(受験仲間も含めて)その意味でも、この資格を受験して良かったと思います。

 
診断実務を通じて知見を広める

あと、合格後に実務補習や実務で実際の会社を診断させていただくようになって初めて分かったのですが、実務診断は自分の知見を広める上で非常に良い機会です。

社長を納得させ決断の背中を押す提案をするためには、その会社のことを親身になって真剣に考える必要があります。もちろん、自分の全く知らない業界であれば、色々と必死に調べます。

その会社のことを思って真剣に取り組めば取り組むほど、このプロセスを通じて、自分の全く知らなかった世界に関する知見が広がることは言うまでもありません。

「色々な業界の知見を広げてどうするの?」とか「何か1つの業界に特化した方が良いのでは?」という声も聞こえてきそうですが、私は色々な業界について知見を広めることは意味があると思っています。

ヘンリー・フォードが分業化による流れ作業で自動車の大量生産を実現したのも食肉加工工場からヒントを得た結果ですし、成功のヒントを他業種から学んだ企業は枚挙にいとまがありません

5年毎にある診断士資格の更新には、実務ポイントが必要ですが、ポイント獲得のための実務診断も検知を広めるための良い機会だと前向きに考えたいと思います。

 
以上のように、場や人や企業など色々な縁に出会えるこの資格ですが、その縁を活かすかどうかは自分次第だと思いますので、せっかくの縁を無駄にしないように今後とも頑張っていきたいと思います。

また、この道場の合格者と将来何かのプロジェクト(診断、執筆、etc)でご一緒できることを切に願っております。

それでは、今日はここまで。

by ZonE



こんばんは。ZonEです。

毎週日曜は、2011年合格目標の方を対象としたコンテンツを掲載しております。
本日は、これから診断士試験の勉強を始めようとしている方に向けて、私が診断士試験を受験して良かったと思う点を述べさせていただきます。

また、2010年合格目標の方のモチベーション向上に少しは貢献できるかもしれないので、診断士合格後に感じた合格して良かった点についても述べさせていただきます。

 
学習内容が面白い

この資格に興味を持って色々と調べている方なら既にご存知のように、診断士試験に合格するには、1次試験だけでも企業経営理論や運営管理から財務会計、経済学、法務、情報システムまで幅広い知識を身につけなければなりません

言い換えると、試験勉強を通して、ビジネスマンとして必要な様々な知識を体系的に学習できるわけです。まず、この学習内容自体が非常に面白いです。

しかも、試験勉強なので合格するために真剣に学習するので、知識がしっかりと身に付く点もオススメです。もし、これら幅広いジャンルの書籍をただ読み漁っても(漫然とインプットを繰り返しても)、きちんと覚えてアウトプットする機会が無いと、なかなか知識は身に付きません

また、制約が無いと自分の得意な分野ばかり勉強してしまいます。もちろん強みを伸ばすことは大切なことなので、それ自体は悪くないのですが、「資格試験は知識の底上げに役立つ」と言われるように、必要に迫られて自分の知らない分野を補強することも非常に有意義です。

 
志の高い戦友と出会える

私は職場からのアクセスが良いT○C八重洲校の平日夜クラスに通っていたのですが、忙しい社会人でありながら(会社の研修費ではなく)自腹で自己啓発に勤しむような方々と同じ教室で勉強できたことは、色々と刺激になりました。

1年以上も同じ教室に通い、懇親会(飲み会)の機会にも恵まれたので、勉強に関する情報交換をしたり、答練(ミニ試験)の得点を競うようになっていきました。

同じ目標に向かって努力するという共通項があったからかもしれませんが、下手なビジネス交流会よりよっぽど人脈が広がるのではないでしょうか。

このような戦友と巡り会えたことに対して、本当に感謝しています。

また私の場合、独学では仕事の忙しさを口実に途中で挫折した可能性もあり、モチベーションを維持する上でも色々と助けていただきました。

 
時間を効率的に活用し、勉強する習慣が身についた

これは合格後に実感したことでもあるのですが、仕事で忙しい中で隙間時間を最大限有効活用して色々と勉強してきた結果、時間をかなり効率的に活用できるようになりました

普通に生活していても、非効率なことをしていると危機感を感じますし、隙間時間を見つけたのに有効活用しないとソワソワするようになってしまいました(これって病気!?)。

一言で表すと、「勉強する習慣が身についた」…という平凡な言葉になってしまうのですが、私の中ではちょっとした革命が起こった感じです。

世の中で一番枯渇している資源」とか「貧富の差なく平等に流れる」と言われている時間ですが、それを有効活用できるようになったことは、大きな収穫だと思います。

 
ということで、本日は受験をして良かったと思う点を挙げさせていただきました。

明日は引き続き、合格してさらに世界が広がった点などについてお話させていただきます。

 
by ZonE



WATATA でございます。今月は週1回寄稿させて頂いております。

またまた、ちょっと怪しげな「お金も時間もかけずに合格率を高める方法」のご提案が続きます。今回は「合格のイメージを作る具体的な方法」です!

もうすぐ本試験ですが、まだ出来る事は沢山あるはずです。もう一歩、もう半歩の頑張りのため、何か皆様のヒントになれば幸いです。

■なぜ、イメージが大切か?■

私たちのモチベーションは、感情と強く結び付いています。良い感情が得られるとわかっているのなら、その為に頑張ります。

例えば、おいしい料理を食べたいと思うのは、食べた結果「おいしい!」という感情を得たいからですよね。何かモノが欲しいのは、入手した結果により良い感情が得られる事を期待するからですよね。

「頑張れば良い感情が得られる」という事が明確に分かっている場合、人は頑張ります。では、どうすれば明確になるでしょうか? それが「イメージ」だと思います。合格した場面のイメージや、合格後に活躍している姿を具体的にイメージすることで、「合格したら良い感情を得られる」ということが明確になります。その結果、無意識に合格に向けた努力をする様になります。

ちょっと説明がクドいでしょうか・・・

■イメージを作る具体的な方法■

さて、本題の具体的方法です。これはNLP(神経言語プログラミング)という手法の一部から紹介します。私は、実際やってみて効果があったと思っています。

一人でやる場合は、質問の答えを実際に口に出して答えてみましょう。誰かにやってもらう方が効果的です。以下の流れに沿って、他の人に質問をしてもらい、答えた内容を紙に書いてもらいましょう。

では、スタートです。

①目を閉じ、深呼吸をして下さい。

②あなたが「中小企業診断士試験に合格した」と知った場面をイメージして下さい。
 (又は、「あなたが合格後に活躍している場面をイメージして下さい」)
 →イメージ出来るまでしばらく待ちます。
  実際に自分がその日に居るかのように、詳細にイメージしましょう。

③今はいつですか?
 →何月何日何時何分までイメージできるとベスト。

④今、どこにいますか?

⑤今、何をしていますか?
 →とにかく具体的に!

⑥今、何が見えますか?
 →できるだけ複数答える

⑦今、何が聞こえますか?
 →できるだけ複数答える

⑧今、どんな気分ですか?
 →できるだけ複数答える。

⑨合格出来た喜びを、どんな体の動きで表現していますか?
 →実際に体を大きく派手に動かしてみる。メモ不要。

⑩今の感情を十分に味わったら、現在に戻って下さい。
  合格したい気持ちは高まりましたか?

こんな感じです。これはかなりシンプルにご紹介してます。実際にNLPのワークとしてやる場合には、もう少し説明を行い、もっと本格的なやり方で進めます。

⑨の「体の動き」は、良い感情を呼び起こすスイッチとして使う事が出来ます。モチベーションを高めたいときに、実際のそのアクションをやってみて、合格した時の感情を呼び起こしてみると良いと思います。

■NLPはちょっとお勧め■

今回ご紹介したのは、NLPの「タイムライン」というワークに近いやり方です。(そのものではない)

私は、試験勉強の気晴らしを兼ねてNLPの講座に通っており、こんな様なワークをやってました。(直前期はさすがに控えましたが)

来年度合格目標の方の場合、ちょっと時間を取ってNLPのコース等に行ってみるのも一つの手です。(初歩的なコースであれば、2~3万円程度の出費かと思います)

「試験に合格する」以外の目標達成にも使える手法です。私の場合は、3年連続で年初にこういった目標達成のワークをやっており、今のところ2年間分の目標は達成しました。

余談ですが、目標を立て、それに従って生きる事は楽ではないと思います。

でも、企業にPDCAサイクルが必要である様に、人生にもPDCAサイクルが必要ではないかと思います。

自分もまだまだ十分PDCAを回せていないので、もっとガンガン回していきます!

ではまた!

by WATATA



こんばんは!アックルです。

さっき上海・蘇州の出張から戻ってまいりました。
今回は出張ついでに万博にも行ってきました。天気が悪かったのにかなりの入場者数でした。日本館は3.5時間待ちでした。
私はあくまで出張のついでなので、そんなに長くいなかったので比較的空いていたテーマ館「都市人館」と「北朝鮮館」(笑)に行きました。

さて、本題です。

1次試験が近づいてきましたね。

皆さん、そろそろ目標点は決めたでしょうか?

まだの方はそろそろ目標点数を決めて下さい。

もう既に決めている人は、目標点を自分の手帳に書いてください

そして勉強仲間や家族に目標点を家族に公言してください

そうすることのメリットは2つあります。

一つは気合が入ります。
手帳に書くと「いよいよ試験だ!やるぞ~!!」って気持ちが 高まるはずです。
ワクワクする気持ちが出てくるはずです。
高い目標点を書いて、武者ぶるいがするかもしれません。
勉強仲間にお互いの目標点を伝え合うことで、「お前には負けたくない!」という強い思いを抱くはずです。

もう一つのメリットは、書くことで目標点が現実になるということです。

やや非科学的な話かもしれませんが、「夢や目標は紙に書くと実現します。」
これはワタミの渡邉美樹社長や、「非常識な成功法則」で有名な神田昌典氏も言っている言葉です。
紙に書くことで脳に強くインプットされ、実現に向けて潜在意識が働く効果があると言われています。

なお、脳に強くインプットするのであれば、手段は手帳(紙)に書く以外でも構わないです。

例えば、ご自身のブログや「一発道場」のコメント欄で宣言でも構いません。

かくいう私も昨年の1次試験直前に自分のブログに「目標500点!」と宣言しました。

昨年のブログ

すると本試験で501点取れました!

昨年のブログ

私は「絶対に500点取るんだ!!」という思いを持って試験に挑みました。

皆さんも試してみて下さい。これまで努力をし続けた方や合格への強い思いを持っている方なら、実現の可能性は高まります。

それでは。

by アックル



こんばんは、ふうじんです。

本来の予定よりやや早いのですが、今日は「一次対策よりも二次対策が気になる」方向けの話題。今はまだ一次に集中!という方は、よろしければ8月になってからまたぜひお目通しください。

■二次不合格を生む3つの「違い」■
「傍目八目(おかめはちもく)」。この四字熟語を、先日あるきっかけで学びました。

傍目八目:局外者の方が、かえって事柄のよしあしがよく分かること。
(碁を、冷静にわきで見ていると、対局者と比べて八目分の得をする手が見えたりすることから)
出典:新明解国語辞典(第五版) 三省堂

そうか!「合格する理由」は定かでない二次筆記試験だけど、後になって第三者の視点で振り返ると「不合格になる理由」なら簡単shine

<二次不合格になる理由>
合格する実力を備えていない =誤解(勘違い)
合格する実力はあるが運がなかった。=間違い・計算違い

 

誤解・間違い・計算違い。
これが不合格を生む3つの「違い」
前回触れましたが、私が昨年見た限り、2次筆記試験の競争率は実質3倍。

・2次受験者の半数(3,000人)は合格する実力に達しない
・残りの実力者半数(3,000人)が1,000席を争う。よって実質3倍

ではなぜ「受験者の半数は合格する実力に達しない」と判断?それは出題者の期待を誤解(勘違い)したまま二次試験当日を迎えてしまった受験生を多数見かけたからsweat01。これでまず半数が脱落(・・と思っていました)。

※合格する実力者が不合格になる理由=間違い・計算違い については後日改めて。
 

■出題者が期待している解答■
では出題者の受験生に対する期待は、どう勘違いされているか?
最も多い勘違いが、

「一次は知識・暗記試験だから、二次は思考力・文章力が問われる。」

思考力・文章力が不要とは言わないけど、二次筆記とはもともと一次をパスした猛者をさらに5~6倍のふるいに掛ける試験。でも「頭が良い人」と「良き相談相手(コンサルタント)」はイコールでないし、そもそも二次合格者レベルでは思考力・文章力にそう差がつかない。

そもそも「出題者が期待する能力」とは<出題の趣旨book>に書いてあるのに、あまり理解されていないのは残念。

<出題の趣旨が求めている能力(抜粋)>
・基本的知識
・課題発見能力
・状況把握・整理力
・分析能力
・助言能力、etc.

これを素直に解釈すれば、出題者の受験生に対する期待とは、

・まず相手の話を良く聞かせる(要求解釈・状況把握・分析等)
  =診断士としての適性検査
・事例対策を通じ、実際の企業診断の手法を体得させる

ことになる。
つまり、出題者の意図を汲まずに受験テクニックを磨けば磨くほど、相手の意向を無視した自分勝手な答案になって合格から遠ざかる仕掛けscorpius。怖っ!
 

■二次対策に必勝法なし■
同じことを切り口を変えて言うと、二次筆記に必勝法なし。仮に「必勝法」が考案されたとして、翌年の本試験問題はそこからさらに選抜するように作問されるから。
したがってもっともらしい「合格のコツ」に安易に依存するのは危険。

かつ私たち一発合格道場執筆者にはある悩みが。それは「二次試験合格者の体験談を信じてはいけない」という自己矛盾。
それは仮にすばらしい「合格ノウハウ」があったとして、それは文章になった瞬間に必ず読み手の誤解を生みshadow、また診断士二次通過のためには「誤解(勘違い)」を絶対に避けたいから。
よって特に文章化された「二次試験合格のコツ」には近づかないほうが無難。

それでも「合格のコツ」をこそっと知りたいなら、考えられる方法が3つ。

講師に聞く→直接質問ができればベスト、次がメール。また文章であっても、講師が書いたものなら信頼できる。
合格者に聞く →直接会って話を聞くなら誤解は避けられる。直近の合格情報という意味では、講師よりも新鮮。
学習仲間に聞く →これは案外役立つ。詳細別途。


■「ゴールとルール」理論で勘違い回避■

ところで、ハカセの提唱する「ゴールとルール」理論をご存知?あ、まだ紹介してなかったか。
実はここまでダラダラ書いてきた「二次不合格への勘違い」は、「ゴールとルール」理論を使うと簡単に解決できます。

ではその解決策はまた機会を改めて。お楽しみに!

byふうじん



JCです。
当時の僕は悩んでいた。なぜ、こんなことが起きるんだsign02

◆適切?不適切?◆
最も適切なものを選べという問題で、最も不適切なものを選んでしまうbomb…。勉強仲間のふうじんに相談しても、そんなことはやったことがないと、解決策は出ませんでした。一体何が原因なんだ!仕方がないので、自分で分析してみました。そこでわかったこと。それは、この事故が起きる際には問題及び選択肢に傾向があるということでした。
適切にせよ、不適切にせよ最初から正解が分かっている場合にはこの現象は発生しない。4つもしくは5つの選択肢があって、適切も不適切も複数存在するつまり○2つ、×2つ、△ひとつ、というように明確な選択肢を特定できない時に、事故は発生していました。
◆対処法◆
とっても単純でした。まずは設問文を読む時に適切・不適切に大きく○をする。選択肢のあたまにも○、×、△をきちんと記入する。最終的に選択肢を選んでマークする前にもう一度大きく○をした適切・不適切をちら見するというもの。これをさぼらずにきちんとこなすこと。そんなこたあ、punch言われなくてもやってるよ、という方がほとんどかもしれません。でも僕と同様のお悩みを持つかたは、ぜひ試してみて。意外と効果ありますよ。基本的な動作確認というのは意識的に実行するだけでむちゃくちゃ効果が出るeyeものです。
◆マークミス◆
僕自身はマークミスはやったことがない。でも友人は時々やらかす。マークが1行ずれちゃったら、これは…今年はあきらめるしかないでしょうね。マークミス対策は、10問ごとに今マークしているものと、問題番号を合わせて確認してゆくこと。消しゴムはカドがたくさんあるやつを持って行って、間違えて消す場合でも、他のマークに影響がでないように、注意していました。
◆基本動作◆
わかりきっている随分準備して心構えまでした基本動作本試験という緊張の中ではできなくなる のも、実はよくあることです。試験会場では15分前くらいから解答用紙・問題が配られはじめ、会場全体がしーんと張りつめた状況になります。試験監督が緊張を和らげてくれるような良い方だったらラッキーなのですが、一般的には黙って、マニュアルを読み上げるタイプの方が多いでしょう。だから、自分でリラックスする方法を考えておきましょう。キャンディを口に入れるでもいいですし、目をつぶってこの1年の苦しい勉強の時間を回想thinkするでもいいし、家族のことを考えながらheart04この1年の支援を感謝するも良いと思います。緊張を和らげながら、集中力を高めてゆけるようなおまじない的なものを作っちゃいましょう。
◆試験開始◆
試験開始slateと同時に第1問目から解き始めるpencilだめだめ。もっと落ち着きましょう。いつも、思っていることがあります。確かめたことがないので、僕が思っているだけかもしれません。でも第1問って難しい!ここで、全然知らない論点とか出てくると焦ります。お勧めはまず、bookぺらぺらと全ページをめくって、問題全体を俯瞰すること。あっ、これできる・これは時間かかりそうと自分が攻略してゆく順序・戦略をざくっと決めてしまいましょう。簡単な問題から解き始める。全ての科目で重要なことです。時間がかかりそうなら飛ばす。これも重要なことです。財務会計でおおきな精算表のような問題がでたら、どうしましょう?多分簡単です。でも僕のおすすめは飛ばす。だって時間かかるんだもん。そこで4点取るなら、秒殺を3問やってしまいます。見直しも終わって更に時間が余るなら、貯金を殖やすために手をつけます。
落ち着きましょう。目標は60点です。試験の緊張は、一番大事な目標点数という基本動作も忘れさせることがあります。ぜひ注意して下さいね。



みなさん、こんにちは。ハカセ です。

手元に受験票も届き、受験会場も確定しましたね。ほんとうに「いよいよ」ですね。

皆さんは、これまでどれぐらいの期間、診断士試験の勉強に費やしたでしょうか。1月から始めた速修のかたもいらっしゃれば、昨年の7月から開始している方もいらっしゃるかも。短くて6か月、長い方だと12か月。再挑戦の方になると、もっと長い方もいらっしゃるかもしれませんね。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽

道場では、ストイック学習法 を提唱しています。そこで実践していた生活は、WATATA さんのご指摘通り、日常生活の全てのシーンに分岐点をイメージするというものです。実際に、僕はこういうことをやっていました。そして、診断士受験生の多くが、程度の差こそあれ、こういう「分岐点」をイメージしながら勉強や日常生活をしているのではないかと思います。

この厳しさは、他の資格には当てはまらない、診断士受験生ならではのものです。

なぜでしょう。

それは、
中小企業診断士が ゼネラリストとしての幅広い知識 を求められているからです。

また、
中小企業診断士受験生の 多くが「ビジネスマン」であり ほとんどの方が働きながら資格取得を目指しているからです。

しかも、
中小企業診断士受験生の 多くが「中堅年齢層」であり、家庭を持っている方も少なくないからです。

仕事をこなしつつ、家庭(またはそれ以外のプライベート)も守りつつ、膨大な量の学習範囲をこなさなければいけない。これは客観的にみても大変なことです。

でも、この大変さは診断士試験を受けてきた者だけが共有できる思いかも知れません。経験していればこそ共有できる重みなのです。これが診断士資格取得後の診断士同士の結束の固さにもつながっている気がします。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽

試験まであと一か月を切りました。いよいよ、本当に「超直前期」ですね。

やり残したことはないだろうか?

もっとあの問題も解いておいた方がいいだろうか?

捨てたあの範囲、やっぱりやろうかな?

やっていない範囲がでたらどうしよう?

出題範囲がガラっと変わったらどうしよう?

あー、根本的に勉強時間が足りないだろうか?

心配すると、キリがありませんよね。気持ちばかりが焦りますよね。

やばいやばやばい! と軽いパニックに陥る時もありますよね。

きっと成績優秀な道場執筆メンバーは
こんな思いを持たなかったんだろうな。。。

そんなことを思っていらっしゃる方、いるかも知れませんね。

そんなことありませんよ。不安でいっぱい でした。

道場執筆者に確認したわけではないのですが、恐らく全員がそう答えるでしょう。いやさ、一次試験合格者の99%が、そう答えるでしょう。

皆さんが持っているような不安は、そっくりそのまま我々の一年前の不安でした。毎日心配で、苦しくて、胸が張り裂けそうでした。

だからこそ、受験生の皆さんの気持ちがよく分かります。そして、その不安を少しでも解消してもらおうと、自分たちが実践してきた勉強法をご紹介しているわけです。僕らは皆さんの 同志 でもあるのです。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽

どうしてこんな思いをするのでしょう?

それは、皆さんがそれだけ「診断士資格」への思いが強いからです。

社会人としての貴重な時間を削って費やした時間。嫁さんや子どもに犠牲を強いてまで(またはプライベートを削ってまで)創出した時間。これまでの積み重ねを思うと、誰もがこう思います。

もう一回これはやりたくない!

ゼッタイ今回で受かりたい!

そういう気持ちが強ければ強いほど、焦りも強くなります。不安も強くなります。

僕もそうでした。直前期は焦りまくってました。焦って、勉強時間を一方的に増やしました。

そんな僕を救ったのが、嫁さんの一言でした。

「そんなにやったんだから、大丈夫だよ。」

嫁さんは診断士資格の難しさなんて知りません。どれぐらい勉強すれば合格できるかなんて知りません。その「大丈夫」には、全く根拠がありません。

ロジカルシンキングを標榜する ハカセ としては(笑)、むきになって反論したいところです。

でも、不思議と、すーっと、力が抜けたんですよね。

そうだよな。これだけやってダメだったら納得もできるわな。
次、もう一度頑張ればいいよな。

って。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽

頑張っている皆さんに、ここで敢えて言いたい。

ここまでよく頑張りましたね。
大変でしたよね。よく分かります。
そんなにやってるんだから、大丈夫ですよ。きっと。

えぇ。根拠レスです。それが何か? (笑)

これを真に受けて、必要以上に気を抜いても困りますが(笑)、必要以上に焦る必要もありません。この直前期だからこそ、平常心 も大事です。

まだ足りないと思っているかもしれないけど、「これまで頑張ってきた」という自負がある人。
是非、自分で自分を褒めてあげてください。

ここがゴールではありません。でも、少なくとも「これまでの努力」は称賛に値します。「ここまでよぅ来た」と褒めてあげても罰は当たりません

もちろん、ラストスパートで合格を目指す人もいるでしょう。これからが勝負だと思っている方もいるかもしれない。そんな方も、少なくとも試験前日の夜には、上記の言葉を自分にかけてあげてください。

全ての受験生の努力に敬意を表しつつ。

by ハカセ (受験生時代のブログの 7月の記事はこちら



こんばんは。ZonEです。

本試験に向けて、時計の針は刻一刻と進んでおりますが、やるべきことリストは順調に消化できていますか?

逆にリストの項目が増加中…」という悲鳴も聞こえてきそうですが、きちんと優先順位を付けて取り組んでいるなら心配ご無用得点に結びつく時間対効果の高い項目から消化しているのですから、本試験までにリストの項目を消化できなくたって、いい~んですっ。

目的と手段を混同せずに、一歩ずつ前進していきましょ~。

さて、ブログを読む時間も惜しいでしょうから、今日は軽めの話題でいきます。
塵も積もれば、大きなタイムロス

この時期、バイブルとして一番活用されているのは過去問題集だと思います。

ただでさえ時間が足りない時期ですから、以前にご紹介した過去問題集へのマーク方法についても工夫していただき、時間を有効に活用していただきたいところですが、この前T○Cの自習室で「うわぁ、こりゃ時間がもったいない…」という付箋(ポストイット)の貼り方を目撃しました。

横書きのテキスト(問題集の解説ページ)なのに、付箋を縦に貼ってるぅぅぅぅぅ

皆さんお気付きの通り、これでは、付箋が貼ってあるページを開いて、どこがポイントだったか認識するまでに、時間がかかりますよね。1ページの情報把握に必要な時間分のタイムロスです。

ということで、横書きのテキストには最低限、横向きで付箋を貼ってくださいね。

「んっ?最低限ってどうゆうこと?」と思ったあなたに、この時期だからこそオススメな方法をご紹介させていただきます。

この時期なら、付箋を貼っているポイントも相当少なくなっているハズです。数ページに1箇所有るか無いか…といったところでしょうか?

であれば、思い切ってページの角を折っちゃいましょう

こうすることで、注目したい部分を行ではなく点でとらえることができます。横向きに付箋を貼っても発生する、1行の情報把握に必要な時間分のタイムロスすら防ぐことができます。さらに、付箋を持ち歩く必要がないので、通勤電車などでもマーク可能です。

もちろんデメリットとして、

  • 本が汚れる(折り目がついて汚い)
  • 1ページに2箇所以上ポイントがあると困る
  • ページの裏表で合計2箇所以上ポイントがあると困る

などがありますので、状況に応じて付箋を使うケースと使い分けていただきたいのですが、選択肢の1つに加えていただければ幸いです。
折り目を付けたり、マークをしたり…と問題集はどんどん汚していきましょう

それでは、今日はここまで。
by ZonE



こんばんは。JCです。

今日はこれから診断士の勉強を始める方へのメッセージです。一発道場では2010年の2次試験が終わるまでの間、ほとんどの記事は本年度受験される方を対象とするリアルタイムな記事を中心としてゆこうと考えていますが、時々、日曜日には2011年目標の方向けの記事や、試験に合格した後の話題も盛り込んでゆこうと考えています。先週はふうじんが2011年目標の方の記事を書いてくれています。こちらも参考にして下さいね。

◆診断士1次試験の概要◆
このブログに到達した方はもう把握されていると思いますが、1次試験は①経済学・経済政策②財務・会計③企業経営理論④運営管理・店舗管理⑤法務⑥経営情報システム⑦中小企業経営・中小企業政策の7科目です。企業経営理論・運営・中小は90分、その他の科目は60分。点数配分は全て100点で700点満点の試験です。1次の合格基準は各科目で40点を切らずに合計420点以上を得点すること。科目合格という制度もあって1科目60点を超えれば、その科目は合格済みと見做され、3年間有効です。ですので、当初から2年かける計画で初年度に4科目、翌年に3科目の合格を目指すことも可能です。

◆試験範囲の幅広さ◆
7科目はとても幅広く、学習前から全ての科目で合格圏にいる一般の会社員というのは極めて少ないように思います。財務は仕事でやっているけど、システムはちんぷんかんぷんという方がほとんどでしょう。一方で仕事でやってるから大丈夫という試験でもなく、極めて細かな論点が問われたりもしますので、システムエンジニアの方が本番の情報システムで苦労するというケースも珍しくはないようです。逆に言うと、この試験の勉強をきちんとやれば、皆さんがお勤めの企業を取り巻く外部環境と企業の内部環境をきちんと分析して、会社の進むべき道を考えるに足る知識の土台が得られると言っても過言ではないでしょう。

◆学習の進め方◆
今から2011年を目指す方は、各科目を順々に学んでゆくこととなるかと思います。1次試験は来年の8月ですから、相当の時間があります。ここで僕ら一発道場がお勧めの学習法は強固な橋げたを一つ一つ築いてゆくことです。詳しくは<道場の基本理論>をご覧になって下さいね。今学んでいる一つの科目に集中して、しっかりした理解を得てゆくことは、強い記憶を残してゆくこととほぼ同義です。1年前に学んだことは確かにかなり忘れている部分も出てきます。でも、今しっかり理解して記憶したことは1年後でも少しの努力で、明快に記憶を呼び戻すことができるのです。そのためには最初から突っ走ってゆくことも大事です。どこの受験期間でも科目講義の最後には理解の度合いを測るテストが実施されると思います。7-8割の正解率を得るくらいの深い学習が望まれます。最終的には7科目を同時に勉強しなければならなくなりますので、1科目毎の記憶の新鮮な段階ではこの程度確保できれば、1次試験はそれほど恐るるに足らない目標となると思います。えっ!?60点でいいんじゃないの?という疑問が当然出てくると思います。

◆1次試験の位置づけと2次試験◆
1次試験だけでも結構な学習量が必要だし、これだけでも大変なのも事実ではありますが、あくまで1次試験は通過点でしかありません。その後の2次試験を突破しなければ、診断士にはなれないんです。なおかつ、この2次試験がまた、恐ろしく難しい…2次試験は事例ⅠからⅣまで各80分です。配点は各100点でこちらも合格基準は平均6割以上で4割を切らないことと1次試験と同じです。しかしながら、各問題の配点は公開されているものの、採点基準も正解も公開されていません。合格発表時に<出題の趣旨>は発表されますが、その趣旨に自分の解答がどれだけ即しているか否かは全くの謎です。筆記試験合格者には口述試験の案内が届くのみで自分の結果がどの程度だったかは知らされることはありません。不合格だった方には各事例ごとにABCDの判定と総合判定が同じくABCDで通知されます。但しこの基準も公開されていません。

◆ストレート合格に必要なこと◆
まずは1次試験をクリアするだけの知識の積み上げです。単に丸暗記というよりも、論点ごとにきちんと理解して、科目の枠を超えて関連付ける高い視点での理解・記憶が望まれます。なぜならば、2次試験は一見、1次とは何ら関係ない試験のように見えますし、1次の知識をひけらかすような解答は失点になりがちでもあるんですが、やはり1次の知識の深い理解で、これらの知識を結び付け、運用してゆく作業がどうしても必要だと思います。ですので、1次をらくらくクリアできる方は2次の学習も極めてスムーズに進んでゆくように感じられます。これは英語の学習に例えると一次試験は読んでわかる英語の知識であるのに対し、2次試験は話す・書くの英語のレベルが求められるんです。どんなに英語が得意な方も読める単語と話せる単語では圧倒的に前者が多いはずです。漢字でも薔薇は読めるけど書けない。でも2次試験では書けるレベルを求められるんです。雑多なデータの寄せ集めはそれだけでは意味をなしませんが、きちんと項目ごとに整理してゆくと情報になります。これを自分のものとして理解された段階で知識になります。さらにこの知識をきちんと他者に対して論理的説明し納得を得られる段階に至って知識は知恵に変わります。合格するためには、この知恵のレベルに達することが必要です

◆とても有意義な1年間◆
皆さんはこれから1年を大いに勉強してとても有意義に過ごされることと思います。ぜひ、知らないことを知るということを素直にたのしんで下さい。勉強を楽しくするには仲間の存在も非常に有効です。1年間、まじめに勉強した仲間とは本当に強いきずなが生まれます。これまで会社が生活の中心だった方は少なくないと思います。僕もそうでした。でもこの勉強で多くの社外の友人ができました。老若男女を問わず、本音を語りあえる友人ができるということはとても得難い機会だと思います。ぜひぜひ、素晴らしい学習の時間を経験して、来年にはストレートで合格した!という喜びを味わってほしいと思います。



またもや WATATA でございます。

本当に試験直前期ですね!何が何でも合格するため、あらゆることをやっていくべき時期かもしれません。

 モチベーションをテーマにシリーズで寄稿させて頂いております。今日は、合格のためにぜひやっておきたいことをご紹介します。既に実施されている方も多いかもしれません。

■モチベーションを語る上で避けて通れない話■

「夢」とか「目標」とか「ビジョン」とか「目的」とか、私はやっぱり、そういったものが最大のモチベーションになると考えています。巷に氾濫する自己啓発本等において、多くの方々が述べていることと同じです。全ての合格者が明確な「夢」や「ビジョン」や「目的」をもって勉強したわけではありません。でも、それらは皆さんの合格率を高めてくれるものだと思っています。 「夢」とか「ビジョン」が明確でない場合、明確にする為にはそれなりの努力が必要です。今すぐそれに手を付ける事は、さほどお勧めはしません。

「目標」は、「2010年度中小企業診断士試験に絶対合格する!」ですよね!

「目的」は、どうでしょうか?
「合格したい理由」を、あらためて考えてみた事はありますか?
「合格したい理由」こそは、モチベーションに直結する重要なポイントだと思います

 ■「目的」を見つける■

あなたは、なぜ合格したいのでしょうか?
又は、なぜ一発合格したいのでしょうか?
合格することによって、ご自身にはどんなメリットがありますか?
あなたの周りの人には、どんなメリットがありますか?
合格したと知った時、どんな気持ちになるでしょうか?

逆に、不合格だったらどうでしょうか?
ご自身にはどんなデメリットがあるのでしょうか?
あなたの周りの人には、どんなメリットがありますか?
不合格だと知った時、どんな気持ちになるのでしょうか?
合格しない人生と、合格した人生、どんな違いがあなたに訪れるでしょうか?

ぜひ、合格したい理由、一発合格したい理由を出来るだけたくさん紙に書いてください。10個でも20個でも30個でも、多ければ多いほど良いでしょう。たくさんのメリットがあり、良い感情を味わえることがわかれば、もっともっと合格したくなってきます。それが自分の行動に影響を与え、力を与えてくれると思います。

 ■WATATAの場合■

私の場合は、勉強が始まった頃に3泊4日の自己啓発セミナーに参加しました。(成功の9ステップというセミナーです)この記事に書かれているのも、そのセミナーから得られた内容が大きく参考になっています。 そのセミナーで、「自分の人生の目的」を決めて来ました。「一発合格」は自分の人生の目的に対し、大きく貢献する目標でした。それが、自分の合格率を高めてくれてたと、信じています。

■いますぐやってみましょう!■

今からでも遅くありません。後回しにせず今すぐやってみる事を強くお勧めします。

合格したい理由、一発合格したい理由を、たくさんリストアップして紙に書いてみましょう!

 「合格したい理由」が書けたら、次はそれを毎日声に出して読みましょう!

これをやったら合格率が高くなると思いませんか? 時間もお金も使いません。必要なのは「自分を信じて、やってみる事」だけです! では、合格のために、今すぐやってみましょう!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

・・・今回は前回にも増して怪しげな内容になってしまいました。

色々な意見があると思いますが、参考にして頂けるとうれしいです。

 では!

by  WATATA



こんばんは!アックルです。

ついさっき香港・中国出張から戻ってまいりました。

中国は現在、日本を抜いてGDP世界第2位に昇りつめようとしているだけあって、とても活気があり刺激を受けます。

日本もこのまま衰退していくのではなく、再度這いあがれるように我々診断士と将来の診断士である受験生の皆さんが日本経済に活力を入れていければ!と思います。

さて、1次試験まで一か月を切りましたね。

この時期からお勧めしたいのは「ミスノート」の作成です。

ミスノートとは、昨年の私が1次試験の一週間前に作成したノートであり、具体的にはこれまでの答練や模試等で間違えた問題や何度復習しても覚えられない問題や用語等を箇条書きで整理したものです。(ちなみに以前もお伝えしたとおり私はサブノートの作成は一切しませんでした。)

私の場合は、試験の一週間前に慌てて作成したのですが、皆さんにはまだ時間に余裕がある今の時期からの作成をお勧めします。

ミスノートは作成後、毎日眺めて下さい。隙間時間に必ず読んで下さい。

また本試験会場に持っていき、試験開始直前の最後のチェックに使ってください。

何度学習しても覚えられない分野・問題は他の分野よりも遥かに時間をかけて勉強すると思いますが、いくら時間をかけてもやっぱり間違えてしまうんですよね。
例えば苦手分野を完全に克服した!と思っても一カ月経って、再度解いてみた場合、やっぱり間違えてしまう可能性が大です。
さらに本試験会場の緊張で、度忘れする恐れがあるのも、やはり苦手分野だと思います。

しかし、ミスノートを毎日眺め、試験会場で最後の最後にチェックすることで、ミスや度忘れはかなり防げるはずです。

ラストスパート頑張ってください!



こんばんは、ふうじんです。

一次本試験までいよいよあと1ヶ月。
この1ヶ月の学習に賭ける熱意が一次試験の合否を分けます!
全力でがんばってください!応援しています!!

・・などというエントリーを期待していた方には最初にお詫びdash。だって今更そんなこと言われても何の役にも立たないでしょ?
そこで今日は普通ならありえない、「一次を手抜きして二次合格」という非常手段を検討。

■そもそも一発合格は必要?■
そもそも「一年ストレート合格の可能性は、一次公開模試の時点でおおよそ決まっている」のが私の言い分。
診断士試験を例えるなら、「全国20,000名が約1,000個の合格者の椅子を先着順で争う障害物競争」。2次専念者やスト本科生上位5%とその席を争うのだから、合格が至難であるのはわかりきった話。

しかも実力不十分な状態で仮に一次合格したとして、その先の二次試験対策はもっとイバラの道(詳細後日)foot

今もし一次試験対策に苦しんでいるなら、むしろ「一年目7科目合格」でなく、わざと「科目合格」にとどめる方が、最終的な合格確率は高いかな?と個人的に思います。
その意味で「一発合格」は必要ではないし、優れた戦略でもない。

■それでも一発合格の可能性あり■
では「一次試験が不得意」だと、二次試験ストレート合格の可能性はゼロ?いえいえそんなことはなく、「大逆転」は十分可能。
(機会を改めて詳しく話しますが)それは二次筆記試験とは何か特殊な知識やスキルを要求するものではなく、素直に根拠を抜書きするだけでも合格答案を作れる試験だから。

ポイントは「素直さ」。「出題者が何を期待しているか」に気づかないまま、本試験に臨んでしまう受験生が毎年少なからず出てしまう。ここに気づくかどうかで、二次合格の可能性が全く異なるcrownのに。
そして出題者が聞きたい解答とは、決してあなたのオリジナルなナイスアイデアではなく、「俺の言うことわかってる?」「俺が用意した答に気づいてる?」ということなのに。

すみません、二次対策に話が逸れました。言いたかったのはストレート合格可能性を左右するのは、努力や学習量だけではない、ってこと。出題者があなたに何を期待しているかに気づくこと。これで遅れを挽回し、ストレート合格に至ることがまだ可能。

■戦略的に手を抜いて一次合格■
とはいえ。
診断士一次試験は難しい試験。本試験直前までテキストにしがみつき、1マークでも多く得点して二次挑戦権を得る、のが王道。
でも周囲と同じような対策ばかりしていても、合格の可能性はそもそも低い。であれば一発大逆転狙いなら、同質化を避け、思い切った差別化戦略があっても良い。

ではどうする?

昨年周囲を見ていて気になったのが、「一次本試験での燃え尽き症候群」。一次通過に全力を尽くした結果、試験直後の数日をbar無為に過ごしてしまうwine
ああ、もったいない。スト本科生の二次試験直前の1週間~数日は、実力が急激に伸びる時期。「2次対策着手が遅れる」ことは、時間的に言えば「わざわざその数日を捨てる」という選択。

であれば一つの選択肢が、一次本試験の最直前2~3日は手を抜き、頭を休める。
具体的には、新しい知識をあえて覚えない逆張り戦略。通常この2~3日は周囲は皆必死になって暗記に走る時期。確かに点は伸びるけれど燃え尽き症候群が怖い。それなら一次試験はABランクで50点だけ押さえ、後は鉛筆ころがしに合否を委ねて60点を超える戦略だってあって良い。そして8/9(月)から二次対策ロケットスタートairplane

■補足■
以上の話は極論。一次試験対策の王道とは、

・ペンキ塗りで大枠を押さえ、やることリストを作成
 ・1日3科目学習法等を駆使し、やるべき課題を一つ一つクリア
 ・最直前期は「しがみつき学習」で、1マークでも多く得点

だったはず。ただし合格へのルートは一つではない。
どんな方法であれ、最終的に合格する学習法。それがあなたにとっての最適戦略。

byふうじん



2011年合格目標の方、こんばんは。ふうじんです。

今日のタイトル「手段を目的化する」に違和感を覚えたあなたは常識ある社会人。なぜなら世の中一般的に「ほっといても手段は目的化する」「仕事は勝手に自己増殖する」もので、経営コンサルタントを志すあなたなら、逆に「手段を目的化させない」ことが務めだから。

で、今日この機会では診断士受験における「簿記2級」取得の是非を、「目的」「手段」の切り口から考えてみましょうjapanesetea

■そもそも診断士受験の目的・手段とは?■
ではまず診断士受験の目的と手段をささっと絵に描いてイメージ。

うん、「自分がありたい姿の達成」が目的、「診断士合格」がその手段。これは納得。

■「簿記2級」は診断士合格への手段?■
私たち自身も含め合格体験記に良く書いてあるのが、「簿記2級」受講の優位性(もちろん3級でもOK)。ではついでにさっきの絵に「簿記講座受講」を手段として追加

しかしそんな体験談を読み、「じゃあ俺も簿記2級受けてみるか・・」と思ったらそれは早とちりpig。試しに講師に簿記2級の受講要否を相談してみてください。返ってくるアドバイスは必ず「診断士受験のためなら、簿記受験は不要」です。

それは、

<診断士受験上、簿記受験が不要な理由>
・簿記講座⇔診断士試験「財務会計」の出題範囲は、必要十分ではない。
・診断士「財務会計」対策なら、診断士講座のカリキュラムでカバー可能
・簿記学習に使う時間がもったいない(簿記2級=学習目安200時間)

だから。
よって診断士受験の手段としてなら簿記講座受講は不要。以上、証明終わり。

■簿記受験を「目的化」してみよう!■
しかしちょっと待ったdanger。あなたの最終目的は「診断士合格」ではなかったはず。

例えば「診断士としての活躍」が目的なら「財務諸表をスラスラ読めること」は不可欠だし、「自己啓発・スキルアップ」が目的なら「簿記2級取得」は履歴書に堂々と書ける資格。そもそも診断士試験1次合格者レベルなら簿記2級は簡単に合格可能なのに。

であれば最初から、「簿記2級取得」をあなたの目的(=ありたい姿)に加えておくのは、悪くない選択。つまり要否でなく是非を問うならば、

<結論>
診断士合格のための手段でなく、アカウンティング(会計)スキルを身に付ける目的なら、簿記講座受講は相乗効果あり。

■簿記2級を受講しない3つの理由■
それでもまだ簿記2級を受ける決断はつかないでしょ?例えば以下の3つの理由から。

理由その1:診断士受験上は簿記学習は不要
→2つ上の章で説明済ですね。診断士学習上、簿記講座受講だけでは学習上の過不足があるから。

理由その2:時間がない
→これは確かにその通り。ストレート本科生の学習スタートは9月・10月がメイン。そこから学習ペースを作るのに簿記学習になぞ時間使えないし、そもそも9月スタートでは11月の日商簿記試験には間に合わない。

理由その3:気恥ずかしい
ハカセも言ってましたが実はこれが最大の理由かも(笑)。恐らくあなたは自分の仕事に自信のあるビジネスパーソン。今更簿記なんて恥ずかしくって。実際、診断士講座受講申込ではあんなに親切だった受付のお姉さんも、簿記講座の申込書を差し出した時には、どことなく事務的に扱われたような・・。

■まとめ:ではどうするか?■
ここではあえて結論書きません。また簿記2級受講のメリットも今日は言いません(※理由は後日)。

ΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔ

2010/8/26追加
すみません、謎掛けしたまま答え書くのを忘れてましたsweat01

診断士試験を1年で合格するつもりなら、簿記講座は受講不要。

えっ?簿記スキルはもちろん1次「財務会計」対策になりますが、実はそのまま2次「事例IV」対策のベースになります。1年での合格はかなり困難な診断士試験。2年越し作戦も想定し2次を見据えた必要スキルと考えるか、単に1次試験の1科目と考えるかによって、判断は変わってきます。

また簿記2級講座(11月目標)と診断士スト本科生を平行受講した場合、週3~4コマ受講、週20時間以上の学習ペース。その他検討材料を挙げると、

<プラス材料>
・診断士受験はそもそも20~25時間/週の学習が必要だから、学習ペース確立にプラス。
・同時期に受講する診断士「財務会計」学習との相乗効果あり。
<マイナス材料>
・簿記2級(11月目標)の最終開講日は9/5(日)。
・資格試験学習に不慣れな場合、急に20時間/週の学習開始はペースを乱すリスク。

つまりプラスメリットは必ずあるもののマイナス面もあり、その人の状況により効果が異なります。よって他人の意見に惑わされず、自分で意思決定する必要があります。

ΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔΔ

でももし上記の「3つの理由」をきっぱり否定できるなら、簿記2級講座受講は価値ある判断shine(しつこいですが3級でもOK)。これは6~8月に診断士学習を決意したあなただけが手にできる有利な「オプション(選択権)」。

それはあくまでも診断士受験の「手段」でなく、あなたのありたい姿に近づくための「目的」の一つとして。

byふうじん



こんばんはJCです。

さて、一次試験の案内 によると明日受験票が発送とされています。受験票が届くと本格的に試験が近いという気持ちupが沸き立ってきます。受験票が届いたら、まず受験会場を確認しましょう。次に記載に誤りがないかを確認してくださいね。科目免除の方はちゃんと免除となっているかも。
僕は自宅が川崎市なので直線距離で考えると調布のNTT研修センターが一番近いのですが、乗り換えもめんどくさい上に駅から遠いという話しを聞いていたので嫌だなぁ、と思っていましたが、結果的には明治大学のリバティータワーでした。乗り換えもなく1本で行けるということに、すごくラッキーだと感じてしまいました。

◆会場の下見◆
下見eyeglassは絶対行きましょう。僕は受験票が届いて最初の土曜日に、本試験の日と同じ時間帯の電車にのって下見をしました。東京のように最寄駅が複数ある場合には、自宅からの行きやすさも考えて、どの路線を使うかを検討しました。まずは会場を下見。駅から歩いてどのくらいか、僕の場合は大学だったので、中まで入ってしまいました。会場によっては無断で入ると怒られちゃうところもあるでしょうから、気を付けてくださいね。まず探して見たのはトイレの位置と喫煙所の有無。次に会場の外に出て近くのコンビニ、特に表通りじゃない裏側で混みそうもないコンビニを確保。さらに僕の場合には試験開始の1時間半以上前には会場から徒歩圏内に到着していたい性格なので、いごこちのよさそうなカフェを探して、2件ほど確保。土日も朝からやっていることも確認。準備万端という気持ちで、なんだかモチベーションがあがりました
◆写真の撮影◆
受験票の半分は写真票として、試験中に回収されます。これに貼る写真を近くの写真館で撮りました。もちろん3分写真でも構わないんだけど、なんとなくしっかり取りたいと思って、ちゃんとスーツ着て撮影してもらいました。2次も写真票があるので、プリントは2枚。これも自分を本気モードにあげるために無意識でやってたんだろうなと今になって思います。写真ができたら、受験票に写真も貼って万全の準備を整えちゃいましょう。受験日前日に写真がない!というのは不必要に自分を焦らせるだけですから。
◆不安の払しょく◆
直前期に起こるいろんな事象は、何でもかんでもPOSITIVEにとらえてゆくことが大事です。僕はどうも楽観的な性格のせいか、何でもかんでもこれはいい!と感じてしまう傾向が特にこの時期にありました。今年の完成講義がどのような形式のテキストになっているかは確認していないのですが、昨年の場合に運営管理はテキスト全体が穴埋め問題になっていました。これを見て僕はこれって、まさに僕がつくってたミニテストじゃないか!僕のやり方はまちがってなかったんだ!とすごくうれしく思いました。先週の記事で書きましたが、過去問等のアウトプットを時間を短縮して解いてみるということも、直前期に講師の先生からこんなやり方もあるよと示され、これも僕がやってることじゃないか!まちがってない!そんなふうに何でもラッキーととらえることが自信にもつながって行ったように思います
もしも解けない問題があったら、だめだと不安になるのではなくて、本番前に穴が見つかってよかった!と思う。運悪く風邪をひいちゃったら、本試験の日じゃなくてよかった!と思う。思考をプラスにするだけで出てくる力は大きく変わるように感じます。
◆それでも起こるすごいこと◆
8月1日付の異動の辞令…。なんてことでしょう!よりによって本試験の1週間前に異動の辞令が出てしまいました。通常、異動となると取引先の歓送迎会が連日続いてしまうので、これを一番恐れていました。なので取引先にはちょっと引継がばたばただと理由をつけ、宴席はお盆の週にしてもらい、どうにか試験前に時間が取られることは回避出来ちゃいました。これもまたラッキー。ついでに、時間のやりくりはやろうと思えばなんとでもなるというような自信までついてしまいました。
最後にもう一度。
焦りとか弱気が一番禁物ですよ。
だめだと感じてしまいそうなときには、
敢えて「いける!」と口に出しましょう。



こんにちは。ハカセです。
 
模試が終わった後のこの時期は、「超直前期」と言えるでしょう。皆さんの鼓動も日に日に早く、大きくなってきていることと思います。
 
この直前期は、道場執筆陣が総力を挙げて、「こんな工夫をした」、「こういうところに注意!」ということをアドバイスしていこうと思っています。僕もこの点について述べたいと思います。

◆ まずはスケジュールの確認 ◆

いくらストイック学習法を尊重して頂いたとしても、がむしゃらにやればいいというものではありません。どんなときも冷静に準備。そして準備が整ったら、ひたすらに勉強。こういうメリハリを大事にしましょう。

今日は7月6日です。一ヵ月後の今日は8月6日(金)という日に、いよいよ明日に控えた本試験を、どのような気持ちで迎えることが出来るでしょうか。

「もうやることはやった。この1か月の自分の努力を誉めてあげたい。」

そういう心境で8月6日を迎えるにはどうすればいいか。それを逆算して考えましょう。

◆ ハカセの場合 ◆

ボクの場合は、とにかくアウトプットでした。勉強方法としては、

  • 一日2科目というルール。
  • 財務会計から始める。
  • 各科目について、トレーニング ⇒ スピード問題集 ⇒ 答練 ⇒ 過去問 をひたすら解く。(科目ごとにタテ方向に解く)
  • 模試は「ヨコ方向」に解く (7科目一気に)
  • 間違えたところ、迷ったところだけテキストに戻る。

これをひたすら回しました。各科目の完成度を高めるために、各科目を「ツマミ食い」のようにちょっとずつ勉強する方策はとらず、あくまでも各科目をストイックに解きました。

直前の週(今年なら8月2日の週)は、総決算と体力回復に充てました。ボクの場合、直前の水曜日・木曜日・金曜日は会社を休みました。その3日間は TAC の自習室で、スピード問題集・基礎答練・完成答練・模試。これを繰返し解きました。

◆ アウトプットの注意 ◆

スピ問・答練・過去問・模試のアウトプットする際、ボクが気をつけたことは2つ。

1. 時間を決めること。答練・過去問であれば60分、または90分以内に。スピード問題集なら、25問を60分以内に。などと、必ず制限時間を設けて解きました。

2. でも「骨までしゃぶる」は放棄しない。急いで問題を解く訓練をすると、ついつい、正答を見つけたら次の問題に行ってしまいがち。とにかく正答だけ見つけて次に行く、というやりかたは、「スピ問2回転!」とか「7科目過去問3年分!」とかいう「皿回し勉強法」と呼ばれますが、ボクは個人的にはこれを推奨しません。それは、正答を覚えてしまっているだけの可能性があります。もしそうなら意味がありません。各選択肢で、「何故正答なのか」「何故誤答なのか」「どうやったら正答になるのか」について、制限時間を守りつつ、きっちり考えて自分に説明しながら、全ての選択肢を無駄にせず、骨までしゃぶるように解くのです。時には、「正答だった選択肢を誤答に作問するにはどうすればいいか」とか、「こういう選択肢にしたらもっと迷ったのに」、などと自分が作問者の立場になった気分で解きました。

中でも、「自分に解説する」ってのは非常に重要です。前者は ER先生が「ソリューションとして提供できる http://rmc-oden.com/blog/archives/2234 」と表現しましたが、まさにそれです。また、「出題者目線」で設問を読むことで、設問形式への慣れや余裕が生まれます。

◆ 6割を取る試験であることを忘れずに ◆

道場で繰返し述べていますが、この試験は「6割取れればOK」の試験です。そして、平均点は6割に全く満たない、というわけではありません。みんなが出来る問題が当たり前に解けて、ちょっとだけ難しい問題が解ければそれで合格する可能性があります。今更新しいことにチャレンジしたり、新しい勉強方法を取り入れる必要は「全く」ありません。そこを見失わないように、自分のペースで歩を刻んでいきましょう。

大事なことは直前期だからといって焦らないことです。しっかり計画を立てて、あくまでも基礎問題に重点を置く。ここで自分を見失わないヒトが、合格できるのかもしれません。

そのためには、自分の相対的位置をしっかり把握しましょうね。ふうじん の図表を転用すると、

自分が青い線(順調型)なのか、緑の線(追い込まないとマズい型)なのか、です。恐らく、みんな、自分が緑の線型だと思っています(笑)。実はそんなことありません。自分の実力を客観的に見返して、自分の位置にあった勉強方法を採って下さい。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

ボクの上記の勉強方法が万人にベストだとは思いません。

でも、ボクだから出来たというわけでもないと思います。

ご参考になれば、幸いです。

by ハカセ (受験生時代のブログの 7月の記事はこちら



こんばんは。ZonEです。

1次試験を1カ月後に控え、自分が通っている予備校以外にも(他校の)模擬試験を受験された方も多くいらっしゃるかと思います。

私も昨年はT○Cの模試の他に、マン○ワーの模試を受験しました。

そこで本日は、自分が通っていない予備校の模試を復習する際に意識しておきたいポイントを簡単にご紹介させていただきます。

 
同じ診断士試験講座でもカリキュラムは予備校により微妙に異なる?

他校の模擬試験を受験された皆さん、手応えはいかがでしたか?

私は昨年、他校の模試を受験して、色々とビックリさせられたことを覚えています。

というのも、(特に記憶系科目で)それまで目にしたことも無いようなテーマや単語が色々と出題されていたからです。

今思えば、それもそのハズで、頻出領域は各予備校共通でカリキュラムに組み込まれていても、広範囲に亘る稀出領域のうちどの部分をカリキュラムに組み入れるか(重点的に学習するのか)…については差異があるようです。

 
全く知らないテーマや単語に心と時間を奪われちゃダメ

稀出領域に色々と手を拡げるのは得策ではなく、注力すべきなのは頻出領域であることは、他のエントリでも述べてきたことではありますが、実際に模試に出題されてしまうと「ついつい気になってしまう」ものです。

なので、ズバリ言わせていただきます。

他予備校の模試を受けて、全く知らないテーマや単語が出題されても、「これもあれも覚えなきゃ」…と焦る必要はありません

1次試験まで時間は限られている上に、模擬試験の復習には意外と時間がかかるものです。自分が通っている予備校の模試に関しては、これまでの学習とある程度一貫性が保たれているのできちんと復習していただきたいのですが、他校の模試については、場馴れするために受験した…と割り切ってしまいましょう。もちろん、正答率が高い問題を間違えたら、ちきんと復習して自分のモノにする必要はありますが、稀出領域の問題にのめり込むと深みにハマり時間を浪費してしまいます。

順調に学習を進めてきて余裕があり、本試験で少しでも高い点を取ることを目標としている方以外は、本試験の過去問を解くなどもっと優先度を上げなければならない「やるべきこと」がリストにたくさんあるハズです。

仕事が忙しいビジネスマン受験生の皆さんにとって、地球上で最も貴重な資源は時間だと思います。稀出領域に盲目的に手を拡げて、その貴重な資源を浪費しないように気を付けつつ、引き続き頑張ってください。

それでは、今日はここまで。

 
by ZonE



こんばんは、ふうじんです。
一次本試験まで後残り1ヶ月。昨年のちょうどこの時期、不安の面持ちを隠せない受講生を前に、あの熱意溢れる講師がこう言った。

講  師:「皆さん、本試験最直前期の1ヶ月の学習はペンキ塗りです!!」
受講生:「???」

続けて曰く、
「一次試験を7枚のカベと思ってください。これをペンキで塗りつぶすことが一次本試験対策です」
「カベを塗るとき、小さな筆で塗りだす人はいません。必ず大きな刷毛で全体をささっと塗りつぶします」
大きな刷毛でまず全体を塗る。そして全体を見渡し、塗り残しが気になる所から、順に小さな筆で塗りつぶしてください」

正直これは効いた。いい得て妙だし、しかも大きなボディアクションつきleo
よってちょっと勝手に補足加えつつ、より具体的に実行手順をイメージしてみましょう(使用許諾済)。

■まずペンキ塗り道具を揃えよう!■
あなたの手元に大きな刷毛は用意済み?

<大きな刷毛リスト>
 ・完成講義・直前講義レジュメ
 ・養成答練・完成答練
 ・過去問間違いリスト
 ・自作学習ツール(サブノート・チャート・マインドマップ等)

あれ、テキスト・過去問はいらないの?
うーん、難しいところだけど、大きな刷毛は「いかに早く塗るか」のための道具。「ごく基本のところ」+「本試験で出そうなところ」+「自分が過去間違ったところ」だけ見直すのが最優先でしょ?

■では早速塗ってみよう!■
では早速明日7/5(月)からペンキ塗り開始!この時期ちょうどある「総まとめ講義」を活用し、とにかく1科目全体をできるだけ短い時間で一通り復習するrecycle。なお一日3科目学習法も忘れずに。
解らない点・弱点があったら、考えこんだり悩んだりせずメモ(リストアップ)だけしておく。後から筆で塗りつぶす際、そのメモが役立ちます。
ちなみにこの時期やるのは学習でなく、復習。この2週間は新しいことを「学習」しちゃダメですよ!

■刷毛を筆に持ち替える■
最初のペンキ塗り学習は7/18(日)まで。ちょうど総まとめ講義(中小以外)がそこで終わるでしょ?では残りの3週間が真剣勝負baseball!ここでは予備校・講師は一切助けてくれません。7/18(日)までのペンキ塗りで塗り残した穴を塗りつぶす筆を用意できるのは、あなた自身だけ。

■まとめ■
すみません、最後が抽象的になっちゃいました。
要は「することリスト」を作って「それを一つ一つ潰す」作業をすればOKslate
では簡単にマトリクス表で整理!

ね、これから本試験までにすることはとてもスッキリ単純。今更ながら予備校の受験カリキュラムとはホント良くできていると感心・・。
しかし一番本試験の得点を伸ばすのはラスト3週間、自分の力でどれだけ知識を詰め込むか。そのための準備期間は明日からの2週間だけ。腹を決めたら後は素早く実行!

<ご参考>7月することリスト(ふうじん) 
                   ↑クリックでPDFダウンロード

※なにせちょうど一年前の話なので、台詞の細かな言い回しなどかなり実物と異なっていることをお詫びします。最新情報ご提供お待ちしています!

byふうじん



中小企業診断士試験一発合格道場へようこそ。
1次本試験までまだ1ヶ月ちょっとありますが、2011年合格目標のストレート本科生コースは既にスタート。

後ほどどこかで触れますが、このブログが提案する「ストレート合格」の秘訣の一つは、早め早めに学習すること。
ではこの7月~8月にどのような学習をすることができるか?
道場執筆者3人からのアドバイスをどうぞご覧ください!

今日の順番は・・、シンプルに50音順!

<ハカセ>
こんにちは。ハカセです。

今日も、TACの2011年向けガイダンスで「合格者」として体験談を話してきました。TACに通う方も、他校に通う方も、独学の方も、7月・8月のこの時期から勉強を開始するのは「無形かつ無限大の先行利益」があります。具体的にどんなに有利なのか、というお話をします。

1. 7科目カバーする時間がある (ヨコ方向)

診断士試験はコンサルタントを目指す資格。コンサルタントとは何か。簡単に言えば「経営者のアドバイザー」です。よって、会社経営にかかわるあらゆることに相当程度の知識を持つ必要があります。仮にアナタがSE(システムエンジニア)じゃなかったとしても、社長からシステムの助言を求められた時、「いや、システムはボクの得意範囲じゃありませんからアドバイスできません」って、カッコ悪いじゃないですか。診断士試験に7科目もあるのはそのためです。なに、そんなに難しい問題は出ません。でも一通り理解しておく必要があるのです。当然、7科目の中にはアウェイ(不得意)科目もあるでしょう。そんな時、「時間があること」は何にも替え難い利益です。診断士試験を受けようと思いつくタイミングは人それぞれ。TACでも年明け1月開校の速修生も募集しています。1月に勉強を始めて、不得手科目があったら大変。知らない「呪文」を詰め込み・暗記するという苦痛に陥ります。その点、先行者は有利です。この「自分は有利なんだ」という心のゆとりが、最大のメリットかもしれません。

2. 「知識を習得する」から「知識を説明できる」まで深化可能 (タテ方向)

当・一発合格道場では、ストイック学習法を推奨しております。簡単に言えば「極めましょう」ということなのですが、それはやはり時間がないと実現できません。例えばスピード問題集をやります。設問(4択・5択)の中から正答と思われるものを選びます。あなたがエを選んだとします。おめでとう、正答だったとします。時間がない人は、先を急ぐので次の問題に行くかもしれません。でも、時間がある人はそこで立ち止まることが出来ます。「自分は xxx という理由でエを選んだけど、ウとも迷った。ウが不正解の理由は何だったんだろうか」。このように一つ一つの選択肢を端から端まで全て吟味することが、ストイック学習法の基本です。問題集は正答を見つけるためにやるんじゃありません。問題集はテキストなのです。選択肢も解答解説も、全てテキストです。これらの知識を、骨までしゃぶるように吸い尽くすのがストイック学習法の最も大事なところです。また、ストイック学習法では最終的に「説明できるようになる」ことを目標にします。これは、先輩診断士のER先生も推奨する方法です。人間が得る新知識は、当初は「ヨソモノ」です。それはあくまでも「聞きかじった知識」、言わば「耳学問」であり、それを自分のものにするのには、かなりの時間がかかるでしょう。仮にその状態の時に試験日を迎えてしまったらどうなるでしょう。「耳学問で確かそんなことを聞いたような・・・」では、正答できる可能性は高くないでしょう。どうすればよいか。端的には「新知識を自分のモノにする」ことです。具体的には「新知識を自分の言葉で説明できるようになる」ことです。新知識とはいえ、それが自分の言葉で説明できるようになっていれば、それは最早「聞きかじった知識」や「耳学問」の領域を超越していると言ってよいでしょう。そうなれば、4択・5択での正答率がグンと向上します。また、どうしても分からない問題に出会った際にも、いくつかの選択肢を消去して2択・3択までもっていくことが可能になるでしょう。このように「知識を説明できるようになるまでストイックに勉強する」ことが出来るのです、時間があれば

3. とはいえ、財務会計

診断士試験で最もKEYになる科目といえば、やはり「財務会計」でしょう。簿記の仕訳をご存じない方。恥ずかしがらずに、今すぐ、簿記3級のテキストをやりましょう。1週間、最大10日間で出来ます。そんなに難しくありません。この簿記の基礎知識が、財務会計の呪縛から解放してくれるはず。財務会計を敵に回したままで診断士試験に合格した受験生はゼロです。合格者は、必ず財務会計を「克服」し、得意科目にしないまでも中立ぐらいまで持ってきています。先行で勉強を始めた皆さんは、今のうちに財務会計の苦手意識を克服しておくことをお薦めします。これ、マジです。

皆さんの一次試験は2011年8月。まだこれから1年以上あります。もちろん、余裕をとりすぎてもいけませんが、計画的に勉強を進めれば十分な時間があります。頑張って下さい!

by ハカセ

<ふうじん>
まだ梅雨真っ盛りの6~7月に診断士学習を開始した方へ。
おめでとうございます。最も有利な時期の学習スタートを選択されました。
T○Cストレート本科生の場合、6月~2月まで毎月講座が開講し、全て来年4月までに「基本講義」が終了するカリキュラム。つまり基本講義の学習期間は最長11ヶ月(!)⇔最短4ヶ月弱(!!)。この「時間のアドバンテージ」を上手に使うと、診断士合格がぐっと現実的な目標に。

ではどうするか?
答は簡単、「後でできないことを先にやる」だけの話。

後でできないこととは何か?2008年7月スタート学習時間管理表(ふうじん)
まず挙がるのは以下の3点。

1. 合格所要学習量達成までの学習計画づくり
2. 7科目全体をざっと眺める
3. 苦手になりそうな所の発見と強化

1. 学習計画づくり
ごく大まかで良いので、「合格までの学習所要時間」をイメージし、それを8月1次試験までの各週に割り当てます。
一般的な学習時間目標は1,000時間。(仮に1次800・2次200時間として)8月スタートならちょうど1年52週、800÷52≒15.4時間/週。以前ちょっと触れましたが、私たちがストレート合格に必要と考えている学習時間は25時間/週。でも6~8月スタートなら、5~10時間/週のペースから始めても一次本試験までに十分800時間確保可能。この「初めはゆっくりスタート」が実は後からじわっと効いてくる。

<ご参考> 2008年7月スタート学習時間管理表(ふうじん)

2. 7科目全体をざっと眺める
今は「アプローチ講義」があるから便利。2009年合格目標コースにはそんな便利なものなかった・・。なので8月末までに一次過去問題集7科目分を一通り解いてみました。初めは吐き気がするほどワカラナイ感があったけど、これまた効き目が後からじわっと。
あと、問題集解いた際の知識チェック用に ポケットテキスト2冊組 を購入。これまた後から・・(以下同文)。

3. 苦手になりそうな所の発見と強化
仮に8月までに過去問7科目挑戦、ポケットテキスト通読を終えたとして。それは非常に有利な戦略。なぜなら「自分がどこが不得意になりそうか」の感覚を誰よりも早く把握できるから。合格者が口を揃えて言うとおり、一次試験7科目を一回でささっと通過するには、「不得意科目をなくすこと」が不可欠。
で、最も不得意になりやすい「財務会計」。さてこいつをどう料理するか・・。
ではこの続きは次回のお楽しみ

<JC>
ふうじんの言うとおり、僕も早め早めの先回り学習を心がけていました。予習、それも今日の講義の学習範囲を予習しておくというよりも、テキストを読み終えたら、次の科目のテキストを読み始めるということをやってました。スピード感としては1科目目の講義が終わるころには2科目目のテキストを読み終えてるくらいのイメージでしょうか。もちろん講義の前にはその範囲もしっかり読みなおして、自分なりの理解をしておきます。そうすると講義を十分に活用できます。講師の先生の言っていることに「うん、うん」とうなずけると、気持ちの入り方が違います。予習で自分の理解が間違っているとか、異なった考え方に触れた場合も「えっ、そうなの!?」と強い印象を受けることができ、強烈に記憶に残ります。だから僕は常に予習派でした。

by 道場執筆者一同



受験生の皆様

先日、こちらに寄稿 させて頂いた WATATA です。

先日に引き続き、数回シリーズで「受験生のモチベーション」について寄稿させて頂きます!

直前期ということで、皆様モチベーションが高まっておられるかと思います。今回はそのモチベーションを最大限に活用するための「追い込み」と、学習のブレーキにならない様な「建設的息抜き」の方法について、私の実例をご紹介したいと思います。

まずは、直前期に一気に努力量を積み上げるための「追い込み」について紹介します。

■自分を「追い込む」■

自分を追い込むことで、普段以上のパフォーマンスを発揮することが可能となります。例えば本試験やW杯の試合の様な「ここ一番」に近い状態で、日々の学習をやってみてはどうでしょうか?

  1. 勉強しか出来ない環境に追い込む。
    私はイマイチ集中力に欠けるタイプだったので、自宅のデスクにいると娯楽に手を出す余地があってダメでした。そのため、「勉強以外やることが無い環境に身をおく」という対策をとりました。具体的には、土日は朝から晩まで、T○Cの自習室に立て篭もりました。出来るだけ、利用可能時間を目いっぱい使うように心がけました。(当時、立川校は席に余裕があり、ありがたく使わせて頂きました。)自習室以外には図書館・ファミレス等・勤務先の会議室等を使いました。でも自習室がやっぱり一番集中出来ましたね・・・
      
  2. もはや合格するしかない状況に追い込む
    私の場合は、人前で何度も「絶対一発合格します!」と宣言してました。 これは効果大です!言った手前、合格できないとカッコ悪いですから。出来るだけ大勢の人の前で、出来るだけ大きな声で、出来るだけ何度も、宣言してみましょう! 時間もお金も使わずに合格率が高くる、お得な方法です。ぜひやってみてください。
      
  3. その他
    たとえば、朝、「その日にやること」を紙に書き、終わるまで家に帰らないルールにしてみたり。または、「その日に暗記すべきこと」を決めてしまい、スラスラ出てくるまでやることにしたり。等、自分なりの工夫をしてみるのも良いかと思います。

■建設的「息抜き」■

多くの方は、「息抜き」「気晴らし」が必要だと思います。でも、うまくやらないと息抜きどころか貴重な時間をドブに捨てる羽目になってしまうのはご承知の通りです。出来るだけ建設的な方法で「息抜き」をしたいですよね!私もなかなかうまくいかずに悩みましたが、以下のような方法がお勧めです (*^^)v

  1. 運動
    体操・散歩・ジョギング・筋トレ、なんでも効果的です。時間がもったいない時は、音声教材を聴きながらやってました! 運動にはたくさんのメリットがあります。
      ・明らかに、良い気分になれる
      ・体力の向上 (受験勉強は長丁場ですから!)
      ・血行が促進され、頭がハッキリする
      ・頑張っている自分に対し、自信が持てるようになる
     
    やらない理由を見つけるのが難しいのですが、注意点としては、「ジョギングの場合は心拍数をちゃんと測る」ということですね。脂肪が燃焼されるゾーンでジョギングしないと疲れるだけです。もちろんウォームアップとクールダウンも必要です。
      
  2. 音楽
    音楽、特にアップテンポで明るい曲調の音楽はヤル気を高めてくれました。個人的な好みは色々あると思いますが、私の場合には
      
    マキシマムザホルモン
     
    もうコイツらしかありえません! 究極にヤル気を高めてくれました! ジョギングと組み合わせるとまさに最強のストレス発散方法でした。注意点としては、同じ曲を何度も聴くと耳に残るので、本試験の前日・当日は控えた方が良いと思います。
     
  3. その他
    ・ 自分の「合格したい理由」を声に出して読む
    ・ 大声で「一発合格します!」と叫ぶ   
    深呼吸する
    ・ テスキトをパラパラめくる(真剣に読むと疲れるので眺める程度)

    色々あるので、皆さんも「建設的息抜き」をリストアップし、やってみて下さい。ダラダラと時間を無駄に使ってしまうより、ずっと良い気分になれますよ!

では! 今回はこの辺で!

by WATATA



こんばんは!アックルです。

模試も終了して、いよいよ本試験が近づいてきました。

「残り1カ月間、ただひたすら勉強漬けの生活を しよう。」とか「試験が終わるまで断酒宣言じゃ!」など考えている人がいるかもしれません。
たしかに最後の追い込みは重要です。しかし、普段の生活を大きく変えて無理をしすぎるとマイナスです。

一か月は以外と長いです。一か月の無理がたたって、本試験で体調を崩す・・・なんてことになったら本当に最悪です。

ですから、この一ヶ月間無理をしすぎるのは禁物です。適度にストレス解消をしながら勉強するのがお勧めです。

■お酒は自分へのご褒美

私は晩御飯のときのビール一本の晩酌が楽しみですが、昨年は試験の約一カ月前あたりから断酒宣言をしました。

「これで勉強に集中できるしはかどる!」と思いきや逆でした。

夏の暑い時期なのに、ビールが飲めないことでストレスがたまってしまい、逆に集中力や記憶力が減退してしまいました。

そこで、勉強した後の自分へのご褒美として、毎晩の学習終了後にビールを1本飲むことにしました。

すると!見事に集中力が復活し、勉強がはかどるようになりました。

これは「ニンジンぶら下げ効果」ですね。試験一か月前は、これまで以上に気負っている自分への頑張ったご褒美として、一本位飲むのは効果的だと感じました。

■適度な運動も必要

受験生の皆さんは勉強漬けで運動不足ですよね。「運動も試験が終わるまでの我慢だ」と思っているかもしれません。

ですが、運動と集中力は関係しているんです。私が先日読んだ「カラダマネジメント術!」(本田直之)にはこう書かれていました。

「運動すると筋肉で脳細胞の成長を促す物質ができて、それが血流に乗って脳に運ばれます。さらに脳内では、神経細胞の成長を促す物質が分泌されます。こうした成長因子の作用で、脳の機能が活性化される。」

運動不足では、脳の機能が衰えてしまい、集中力・記憶力が減退してしまうんです。

ですから、これまで勉強の合間の休憩時間などに軽い運動を行うことをお勧めします。

ちなみに昨年の私は休憩時間にヨガをやってました。

ヨガは軽い運動になるだけでなく、メンタル対策にもなります。
おそらく筋トレをするよりもヨガの方が終わった後の気持ちはすっきりし、リラックスして勉強を再開できると思います。

「ヨガなんてする暇はない!ひたすら勉強だ!」と思われる方。勉強を根詰めて連続3時間やるより、15~30分ヨガの時間を設けた方がおそらく勉強がはかどると思います。

昨年の私のヨガに関する記事はこちら

それでは、受験生の皆さん残り一カ月頑張ってください!

by アックル



こんばんは、ふうじんです。
今日はお約束していた最直前期学習方法シリーズ。いつもの「オリジナル学習法」ではなく、予備校講師から教わった学習方法をご紹介(使用許諾済)!

■一日3科目学習法■

<概要>
・「7科目を2日で一周回す」ことを最終目標に、計画的に学習ペースを速める
・1日の学習時間を朝・昼・夜に区分する。
・当初1日2科目、慣れたら1日3科目復習とする
・当初1週間で7科目、慣れたら3~4日で7科目、最終的に2日で7科目復習とする。

■一日3科目~学習時間管理■
昨年の私の場合、上記アドバイスを聞いて下記の学習計画を立案・実行。

2009年7月学習時間管理表

でも受験当時はあまり深く考えず、「まぁそんなものかな」と思ってただ淡々と実行してただけ。この学習方法自体は既にどこかで公開されている気もするので、今日は「なぜこの学習方法が有利だったか」を一緒に検証してみましょうdollar

■メリット1:頭の「引き出し作り」に有利■
公開模試の終わったこのタイミング。過酷な7科目受験を強いられるスト本科生にとり最も大事なことは、「1科目終わった瞬間に次の科目に全力で頭を切り替えること」だと気づいた方も多いはず。
実はこの対策は簡単、

 学習ツール(外部記憶装置)を作る
 学習ツールの情報を高速で脳(主記憶装置)に引き出す訓練を積む

だけでOK。
もう書かなくてもわかりますね?必要知識のInputと解答処理Outputは、これまでの予備校カリキュラムで既に習得済み。残りの1ヶ月で体得したいのは、「本試験の休憩時間内で、必要知識を脳(主記憶装置)にホットスタンバイ」する動作の高速化。
そのためには、1日の中で2科目・3科目と素早く頭を切り替える訓練を今やりたい。
コツは「初めはゆっくり」、そして計画的に「切り替え速度を上げる」ことrecycle
8月7日(土)、あなたは神々しいほどに冴え渡った頭脳を携え、一次本試験会場に向かっているはず。

■メリット2:優先順位付けで学習効率上有利■
最直前期の学習時間は、「目標」でなく「制約条件」になります。具体的には「○時間勉強しよう」ではなく、「○時間以内でこれをやる」。1週間で7科目の復習を回すには、1科目あたりに割り当て可能な時間には上限があるから。
この「学習時間の上限」がポイント。特に7/5~週と7/12~週でやりたいのは、脳の「引き出し」作りとそこから素早く知識をリフレッシュするための「油差し作業」(具体的には答練復/スピ問復習など)。つまりA~Cランク重要論点が先。さらにJCのいう高速処理を加えることで この時期の学習効率は飛躍的に高まります。

■メリット3:スケジュール・進捗管理上有利■
一日3科目学習法は、スケジュールのシンプルさが特徴。7月の第1・2週は7科目を二週間で1周、第3・4週は一週間で1周させる。8月1週は週2周。このヨコ回転に、一日3科目のタテ回転を加え、相乗的に回転率が高まる仕掛け(←良く出来てるなぁ)。
ここでのポイントは、学習予定と実績の乖離の管理(=予実管理)。予定より早く進むか遅れるか、このGAPこそ試験当日までに改善したいあなたの弱点(または強み)。それならシンプルな予定の方が後々管理しやすいでしょ?

■では具体的にどうするか?■
メリット1対応として、とにかく学習ツールの用意が必要。
二次に向けた知識の体系化を考えれば、極力自力で用意いただきたいのですが、時間なければ他人のツールを使うのもOK。
というわけでしつこいけどチャート貼っておきます。

1日目4科目
2日目3科目
↑クリックでPDFが立ち上がります

メリット2・3対応もちゃんと用意済み!続きは次回記事「ペンキ塗り学習法(使用許諾済)」をお楽しみに。

byふうじん


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2010年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

道場一次対策セミナー@東京
終了しました

東京セミナーレポートはこちら

道場について

↓ 今、何位? ↓





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX