カテゴリ「 » 2020年合格目標」の記事


おはようございます!かもよです!今日もお二人の合格体験記をご紹介します。

診断士になるまでは、もちろん、ひとそれぞれ。診断士になってからは、もっとひとそれぞれ。自分と似た環境の合格者から学ぶこともあれば、全く違うと思う合格者の体験記の中にも、きっと学びはあります。

まずは、お一人目、あかまささんです。お二人目、えのさんはこちらから

では、どうぞ!

========ここから寄稿========

(0)受験生情報

名前:あかまさ
年齢:39歳

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

仕事を退職し、受験に専念することで一発合格を目指す背水の陣スタイル。

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

前職において業務とは名ばかりの作業を日々行う中で、世渡りは上手くなっても自分の能力がちっとも向上していないことに気づき、幅広い知識を身につけることで現状を打破する必要性を感じたため。

同時に、士気の高い方々と一緒に仕事をしたい、という気持ちが強くなり、資格を取得できれば士気が非常に高いはずの経営者と仕事ができると考えたため。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

保有資格:
有名なものは何も保有していません。

職務経験:
SEとしてシステム開発、社内SEとしてシステム運用・保守、工場の生産管理部門で生産計画、生産統制、資材調達、外注管理を経験しました。

得意科目:
経営情報システム、経済学、運営管理(生産管理)
経済学は初めて勉強したのですが、とても面白かったです。比較生産費を勉強したときは、なるほど!と口に出してしまいました。

不得意科目:
経営法務、中小企業経営・中小企業政策、事例Ⅳ
暗記、国語が苦手のため、経営法務、中小企業経営・中小企業政策はやはり苦手でした。特に中小企業経営は最後まで内容に興味を持つことができず、非常に辛かったです。また、学習時に計算ミスを頻発してしまっていた事例Ⅳも苦手意識がありました。

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

通信講座に申し込みました。地方在住のため居住地から通学圏内に予備校がなく、通学の選択肢はありませんでした。

①メリット
通学時間が不要で、その分を勉強時間に当てられる。通学より安価?

②デメリット
不明点の質問がしづらく、ネット等で調べる時間がかかる。モチベーションの維持や良い勉強法などの情報収集が難しい。

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

2019年3月末に仕事をやめて受験に専念していたため、学習時間の作り方については他のかたを参考にしてください。

①学習開始時期と受験回数
2018年6月から学習開始。1次、2次ともに1回。

②一次学習時間
970時間

③二次学習時間
500時間

(6)合格までの学習法

①1次
基本的には通信講座のカリキュラムに沿って学習しました。

流れとしては、講義映像を視聴⇒過去問題集を解く⇒間違えたところを再度解く⇒通信講座の問題集を解く⇒間違えたところを再度解くで進めていましたが、暗記アプリの存在を知ってからは、覚えきれていないところをアプリに登録してひたすら復習を繰り返しました。

なお、講義の内容や過去問・問題集で新たに見かけた単語、グラフなどをノートにまとめていましたが、量が膨大すぎてノートを見返す気にならず、完全に時間のムダでした。

それに気づいてからは単語などではなく、ミスした要因を掘り下げて再発防止ノートにまとめ、問題集を解く前にざっと確認することにしましたが、これはとても有効でした。

②2次筆記
こちらは勉強法のコツを掴むまでかなり苦労しました。そもそも理系脳のためか、通信講座の講義を聞いても何故そのような答えと配点になるのか納得できませんでした

そこでインターネットで情報を検索したところ、一発合格道場などの受験生支援サイトを発見。受験生により解法が異なることや、ふぞろいな合格答案なる自己採点ができる参考書が存在することを、1次試験終了後のタイミングでようやく知りました。

それからは合格者の解法の中から自分に合いそうなもの選び試す過去問を解いてふぞろいで採点し、キーワードが盛り込めているかをチェックするということを繰り返しました。

③再現答案
割愛

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

2次試験についてはアドバイスできるほど実力に自信がありません。
ただ、1次試験については苦手な暗記科目で比較的高得点をとれていることから、暗記が苦手な方にアドバイスしてもよいかと。

暗記アプリを活用しましょう。
私はAnkiというアプリを使用しました。大学受験時に暗記カードで勉強していた事が虚しくなるぐらい効率的です。いい時代になりました。

ゴロあわせを活用しましょう。
特に中小企業経営の順位系の問題は、理解では乗り切れません。多少強引でも暗記できるように徹底活用しましょう。

③過去問は本番に使用する腕時計で時間を図って解きましょう。
私はいつもiPhoneで計測していたのですが、運営管理の本番で本来90分の試験時間を60分と勘違いし、時間が足りないことに猛烈に焦りました。
脂汗をかきながら60分でなんとか解ききり終了の合図を待っていたのですが、60分を過ぎても試験官が終了の合図をしないことで、ようやく90分だったことを思い出しました。

こんなバカなことをするのは私で最後にしてください。。。

【参考】1次試験の自己採点
経済学・経済政策  72
財務・会計     72
企業経営理論    71
運営管理      74
経営法務      80
経営情報システム  84
中小企業経営・政策 78

合計        531
平均        75.9

最後に受験に挑戦するか悩んでいる方へ。

学歴は普通、大企業での勤務経験なし、有名な保有資格もなし、国語・暗記・漢字が苦手、字がヘタ、という私でもなんとか1年で合格することができました。
天才しか合格できない試験ではありません。みなさんも必ず合格できます。ぜひ挑戦してください。
一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

========ここまで========

30代後半に、お仕事を辞めて、受験に専念。
相当のお覚悟のことだったでしょう。

徹底した苦手への対応と繰り返しの過程が目に浮かびぶような体験記ですね。そして、苦手だとおっしゃる法務で80点「最後まで興味を持つことができなかった」とおっしゃる中小で78点も取られた結果に結びついています。

あかまささん、合格おめでとうございます。そして、診断士としてのご活躍が拝見できる日を楽しみにしています!!

以上、かもよでした!!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

本日お二人目はえのさんです。
ご自身でマイペースとおっしゃっていますが、ご自分の習慣にうまく勉強を組み込んだスタイルと読むことができます。

では、早速ご覧ください。

========ここから寄稿========

(0)受験生情報

えの 49才

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

生活習慣を崩さず、すき間時間を使わず1年9か月で合格したマイペース通信&独学スタイル

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

2016年2級FP技能士に合格し、その後AFPの継続研修を受講した際に、「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」(リンダ・グラッドソン/アンドリュー・スコット著)と出会い衝撃を受けました。
100才まで生き延びるリスクを考えた際、金銭面の不安から75才まで働く必要があると覚悟。
どうせ働くなら自分にとってやりがいのある仕事をしたく、更には今までのビジネスキャリアを踏まえ、それは「個人・チーム・ビジネスの成長に貢献すること」だと定義付けしました。
そのために必要なスキルや知識は何かと検討し、診断士受験を思いついた次第です。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

学習開始時の知識は特になし。
保有資格は上述の2級FP技能士・AFP。
得意科目は特になし。
不得意科目は財務会計と経済学。

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

1次向けには通勤講座(現STUDYing)。2次は独学。

①メリット
安価であること。マイペースで学習できる。

②デメリット
なんせマイペースなもので、受験仲間の必要性もあまり感じず、自分には合っていたかと。
地方在住なので他の選択肢が少ないこともありますが、デメリットは感じていません。
しかし不合格なら2次試験向けに何かしらのネットワーク構築を検討したかも。

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数
2018年2月学習開始。1次2回、2次1回
2018年1次405点(経済政策56財務会計32 企業経営58 運営管理67 経営法務64 システム64 中小企業64) *経営法務の8点加算込み
2019年1次212点(経済政策72 財務会計72 企業経営68)

②1次学習時間
650時間

③2次学習時間
150時間

(6)合格までの学習法

①1次
2018/2/5から通勤講座にてオンライン学習開始。通勤講座特有の学習マップ(マインドマップの応用版みたいなもの)が自分に合っていて、キーワードが関連付けされ芋づる式に理解・暗記が可能でした。超シンプルでページ数も極端に少なく、持ち運びも容易で、通常の教科書はもう読む気がしなくなりました。問題を解いて理解が不足していた内容は、学習マップに追記することで自分オリジナルのテキストへと仕立てていきました。

しかし学習時間が不足していたからか、7科目を1周り学習するのに5/2まで2周目を完了するのに7/16までかかりました。最終的に模擬試験は通勤講座オリジナルのものを自宅で1回受けただけで、過去問などには一切手を付けられず1次試験の日を迎えました。ここまでの学習時間は300時間でした。

そんな状態で臨んだので、あわよくば全科目合格、現実的には過半数の科目合格をゴール設定とし、前述の通り3科目落としました。その中でも32点という驚愕の得点をたたき出した財務会計を克服すべく、通勤講座の簿記2級3級コースに即申し込み8/6から学習開始しました。当初組んだスケジュール通り学習を進め、2018/11/18に簿記2級を受験。しかし70点が合格ラインのところ、50点台であえなく不合格でした。しかしながら3級の内容でも理解出来ていなかったポイントに気づいたり、その後財務会計で理解に苦しんだ時に別途購入した2級のテキスト「みんなが欲しかった簿記の教科書」(滝澤みなみ著)に戻って理解を深めたり出来たので、遠回りではなかったと実感。簿記関連の学習時間は175時間でした。

その後しばらく診断士の勉強から遠ざかり、5月のGWから不合格だった3科目の学習再開。主に学習マップを使った基礎内容の復習後は、前回の反省からTACの第1次試験過去問題集を購入し、過去5年分の過去問を1回解き、間違った問題や怪しかった問題は再度解きなおしました。終盤戦にTACの模擬試験を自宅で受け経済政策60、財務会計60、企業経営71。学習マップへも更に追記を重ね内容の充実化を図り2度目の1次試験へ。GWからの学習時間は175時間でした。

②2次筆記
1次試験終了後すぐに2次筆記試験の情報収集を開始丸1日で情報収集を完了させ、ある個人の方がブログで記載していたおすすめのテキストや問題集を即日購入しました(全知識・全ノウハウ・ふぞろいな合格答案12・10年データブック・30日完成!事例Ⅳ合格点突破計算問題集)。なお2次試験まで時間が限られていたことから、これ以降はほとんど情報収集をせず。一発合格道場のブログを知ったのも2次筆記試験後でした…。(それ以降は毎日欠かさず読んでます!)

まず全知識・全ノウハウを一通り8/14までに通読。8/15から事例Ⅰ~Ⅲは過去問を、Ⅳは30日問題集を学習開始しました。

Ⅰ~Ⅲは過去問を80分内で解ききることを最初から意識し、ほぼ時間内で対応できました。結果的に過去問は過去6年分を2回解き、1回目はふぞろい採点で40~60点でしたが、2回目は60~80点に上がってきました。数をこなすことによりキーワードを答案に反映するコツがつかめてきたと思います。

苦手のⅣは30日問題集を2回解いたのちに9/15から過去問へ。こちらは延べ17事例こなしました。Ⅰ~Ⅳ合計で延べ53事例です。なお解答がずれたポイントや留意すべきポイントは事例ごと(Ⅳは分野ごと)にノートに纏め、2次試験の休憩時間に確認出来るよう備えていました。試験直前には事例ごとの得意・不得意の差が無くなっていたので、全ての事例を70点狙いとする戦略としていました。

ちなみに8/31にはTACにて模擬試験を受け、Ⅰ:39.Ⅱ:50、Ⅲ:42、Ⅳ:48でD判定でした。本番の雰囲気や感覚を確認するために受験したこと、受験した時期が2次試験学習開始後すぐだったこともあり、結果は気にしていませんでした。なお2次試験向けの学習時間は150時間でした。

③再現答案
受験翌日に作成しました。

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

診断士の勉強は合格するまでちゃんと続けたかったので、逆に生活習慣を変えず、楽しく学習したいと思い、その通りに実践出来ました。週3回のオンライン英会話、週2回のジョギング、週末の妻とのショッピングを変わらず楽しんだり、学習開始前と同じペース(週1,2回)で飲みに行ったりしていました。メリハリをつけたことが集中力を生んだと思います。子供がもう中学生で手が掛からなかったこと、妻の理解を得られたこと、仕事の融通が利きやすい役割だったことも大きかったです。

また、すき間時間には今まで通り他の事(日経電子版を読んだり、仮眠したり、本を読んだり)をしたかったので、自宅もしくは出張先のホテルなど机に向かえるときに絞って学習しました。

1次試験は科目数が多く苦労しましたが、2次試験向けの学習は事例を解くのが面白く、面白いと思えることは診断士向きなんじゃないか、と思い込み、前向きな姿勢で学習を継続出来ました。

2次試験直前の木曜金曜は有給休暇を取り、ベストコンディションで受験当日を迎えることが出来ました。受験日にはキットカット3枚入りを買い、休憩時間に1枚ずつ食べる縁起担ぎも忘れませんでした。また各事例開始前5分間程度はシーンとした時間が流れるのですが、「事例会社のお役に立つ診断と助言をするためにここにいる」と念じ開始の時を待ちました。

事例Ⅰ、Ⅱはまずまずでしたが、Ⅲが大ブレーキで40点を割り込むリスクを考えるほどでした。しかしⅣの易化に心が救われ、終了後は「終わりよければすべて良し」「合格したかも」、と足取り軽かったです。

翌日に再現答案を作成し、その後予備校の模範答案をチラ見して自信レベルが一挙に下がりました。その後は模範答案を一切確認せず、結果が出るまでの長い長い1か月半を悶々と過ごした次第です。

筆記試験合格後、一発合格道場の口述対策セミナーに参加し、多くの合格同期と出会えました。同世代だけでなく、20代や30代の合格者も多く、自分もそのくらいの年齢で診断士の事を知り、学習していたらさらに世界が広がっていただろうな、と羨ましく思えました。しかし自分なりのビジネスキャリアをここまで紡いできたからこそ2次試験を一発合格できたのだ、まだまだ成長できる、と思い直し今では納得しています。と同時に、若くて志の高い合格者と同期として繋がれることを大変嬉しく思っています。

いわゆる王道のストイックな体験談ではなく、たまたま事例との相性が良く合格してしまった体験談である可能性は否めません。こんなやつも混ざっているんだなぁ、と斜め読みして頂ければ幸いです。

また特に同世代で受験を考えている方におかれましては、診断士として共に「個人・チーム・ビジネスの成長に貢献したい」と願っていますので、チャレンジを、そして合格を心待ちにしております!

以上です。

========ここまで========

えのさんの体験記の特徴的なところとして、明確な日付正確な勉強時間が書かれています。週3回のオンライン英会話、週2回のジョギング、週末の奥様とのショッピングを楽しまれたりと、勉強以外のことも明確にお持ちなように、勉強以外の日々のことも記録され、習慣化されていらっしゃるのでしょう。
王道ストイックではないとご本人は書かれていますが、そんなことはありません。習慣化してご自身のペースに組み込むこと、それこそ勉強を続けるために大事なことではないでしょうか。

えのさん、合格おめでとうございます!今後のご活躍を祈念しております!!

以上、かもよでした!!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

みなさんこんにちは!ちこまる(仮)です。昨日は東京は雪模様でしたね。こんなに寒いのにちこまる(仮)家は先週までエアコンが壊れていて、布団をコタツのようにして過ごしていたんですが、昨日は新品のエアコンを酷使しても寒かったです。

インフルエンザも結構流行っているみたいで、子供の保育園でも欠席が出始めています。みなさんも体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。

本日も2名の方の合格体験記をお届けします!お一人目は、海外に赴任されながら、試験のタイミングで帰国された、MASAさん。海外に暮らしながらも教材を確保し、見事合格を勝ち取られました!

お二人目、効率重視&家庭重視型のふぃんさんの体験記は、こちらからどうぞ!

==========ここから寄稿==========

(0) 受験生情報

名前(HN):MASA
年齢:49歳
職業:会社員
業界:総合商社

(1) 自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

海外赴任からの3度(一次1回 二次2回)の自費帰国受験で合格

 

(2) 診断士に挑戦した理由・きっかけ

  1. 現状への危機感
  2. 自分の差別化
  3. 会社に依存しないキャリアプランニング
  4. 一生涯働けるキャリア形成

2度の転職を経て現在は大手に属する総合商社にいますが、年齢を重ねるにつれ、会社の中での自分の位置は会社の中でしか通用しない、激動の時代にどんな組織であっても危機に陥る可能性がある、組織に(完全には)身を委ねず自分の市場価値を維持し、第三者に証明し続けることがこの不安への対応策、という思い、および一生涯仕事をしていくために自分の知識をきちんと証明するものが絶対に必要、という思いから中小企業診断士を目指しました。

(3) 学習開始時の知識・保有資格・得意科目・不得意科目

フィナンシャル技能士1級。この試験は特に1次の筆記試験が難関。4回の挑戦を経て通過、6月に2次試験(面接)を経て取得。

将来的に診断士と併せて活用したいと思っています。

(4) 学習スタイル

1次試験:独学

2次試験:通信・勉強会

(5) 合格までの受験回数、学習時間とその作り方

1次試験 2次試験
教材・学習時間 結果 教材・学習時間 結果
1年目

(H28)

通勤講座

(現スタディイング)

TAC診断士講座(通信)

800時間

合格

自己採点417点

情報3点嵩上げのお陰か合格

TAC二次試験直前

(通学)

タキプロ勉強会

 

200時間

不合格

事例ⅠB

事例ⅡB

事例ⅢC

事例ⅣA/計

(データ手元にないが開示請求の結果210点程度だったと記憶。)

2年目

(H29)

(未受験) タキプロ勉強会 不合格

事例Ⅰ47

事例Ⅱ45

事例Ⅲ65

事例Ⅳ68/計225

3年目

(H30)

海外

赴任中

過去問完全マスター(同友館)

500時間

合格

自己採点409点

法務8点嵩上げのお蔭か自己採点ミスか合格

独学(H13年以降のすべての過去問)

タキプロWeb勉強会

400時間

不合格

事例Ⅰ52

事例Ⅱ60

事例Ⅲ56

事例Ⅳ51/計219

4年目

(R01)

海外

赴任中

(未受験) MMC通信講座

 

350時間

筆記試験合格

得点開示請求

準備中

(6) 合格までの学習法

  • 一次試験

ひとえに物量だと思います。

テキスト(TACのスピードテキストをオークションで購入)を理解し、ひたすら過去問演習の繰り返し

大手予備校のDVD教材を買い集め、通勤講座(現 スタディイング)とともにすきま時間に流して学習していました。特に通勤時間や週末の子供送迎時のクルマ運転中など、ありとあらゆる時間を使って学習しました。

自分で纏めノートを作成し何度も書いて反復練習で理解を深めていました。努力した分だけ確実に実を結ぶので時間をかけるのがもっとも近道だと思います。初受験の初年度はほぼ100%一次試験に注力しました。

  • 二次試験

1年目-2016年)

一次試験後にTACの通学直前講習に通学。毎回の演習の採点結果は20点~40点など全く的外れな内容。タキプロ勉強会にも参加するも自分の答案のあまりにも低いレベルに愕然。ポイントも全く把握できないまま本試験に突入、当然のように不合格。

2年目-2017年)

タキプロ勉強会にほぼ毎回出席。それなりの答案が書けるようになってきて何度か勉強会のベスト答案に選ばれるようになってきたものの、自分の中ではまだ安定感なく問われたことに対して解答を意識的に書いている、というよりはどこかで見たきれいな解答を真似しようという意識で解答を作っていた感あり、まだふわふわした印象。勉強会には出席者の中で3番目に多く出席していたようでしたが、本番では自分の軸が見えず悪い予感通り敗退。

3年目-2018年)

3月に海外赴任が決まりました。今回の受験は1次試験からの受け直しだったので8月までは同友館の過去問シリーズのみに絞り込み2回転させました。

1次合格後はとにかく過去問に取り組み、平成13年度分から全部解き直し。同時にタキプロWeb勉強会に参加、先輩方からいろんなアドバイスを頂きました。かなり常連だったのではないかと思います。制約条件はどうだの、どういうレイヤーの設問だの、何を解答すべきか、など設問を解釈する過程もすべて勉強会の投稿に記載し、自分の中で思考を見える化しようと努力してきました。それでもきちんとした解答が書ける絶対の自信はなく、本試験では事例Ⅰから振り回されてまともにできなかった印象。結果はこの回も不合格。

 

4年目-2019年)

令和に替わり、心機一転合格に向かって挑戦しようと思い、試験関連データ格納の電子ファイルのフォルダもすべて「中小企業診断士合格年度○○」と名付け、いい答案が何かがおぼろげながら掴めていた感じもあったので、合格を強烈に意識するようにしました。合格率に定評のあるMMC通信講座を受講、課題及び再答案をすべて期限内に提出、提出した内容は解答解説に基づきやり直し、模範解答との徹底比較を行い、差異を徹底分析、どんな知識、切り口が欠けていたか、振り返りました。

設問が聞いていることは毎回ほぼ同じ、したがって事例企業が変わっても根底を流れる思想はほぼ同じ、したがって解答もほぼ同じ内容になる、という法則を発見。これがわかってからはかなり安定的な合格答案が書けるようになりました。試験直前の1か月も過去問ではなくMMCの過去にやった問題に取り組み、模範解答の要素が自分で書けるようになるまで取り組みました。

 

(7) 学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

① 学習時・受験時のエピソード

  1. 2016年度1次試験

試験後に自己採点するもトータルで417点で合格点に3点足りず。

あと1問正解しておけば、と悔やむも後の祭り。

合格発表で経営情報システムでまさかの得点調整で合格。

  1. 2018年度1次試験

海外駐在中に一時帰国し受験。コストも時間もかかっているので背水の陣で受験。かなり前から残っているマイルを使って航空券を手配し受験。自己採点するもトータル409点で全く合格点に届かず、暗澹たる思いになる。

合格発表で今度は経営法務がまさかの8点もの得点調整。それでも3点足りないがなぜか合格。心あたりは運営管理でマーク漏れしているかもしれない、と思い採点から除外していたが実はマークされていたかもしれない、というもの。いずれにせよまたしても辛勝。

 

  1. 2019年度2次試験

-大手予備校の4段階サービスで再現答案を投稿、結果は事例Ⅰ B 事例ⅡC 事例Ⅲ C 事例Ⅳ B というもの。これはかなりショックでした。今年もダメかも、と少し自暴自棄になりかける結果でしたが、その後、他の予備校から62点、61点、63点、72点、と及第点を貰ったことで自信を回復、今回はいけるかもしれない、という思いで合格発表を待っていました。

息子の高校受験のため駐在国からシンガポールに向かう機内でちょうど日本時間10時になったためWebで確認。iCloudに受験票を撮影して格納してあったので受験番号を照合。確認するも自分の番号はなし。あ~今年もダメだったか、家族にどうやって申し開きしようか、と暗澹たる思いで機内で過ごす。少しして手持無沙汰でiCloudの写真をめくっていると別の受験票の写真が出てくる。もしや、と思って確認するとさっき見ていたのは昨年の受験票だったことがわかり、再度確認してみた結果無事番号を発見。やっと筆記試験受かった、と安堵したのが正直な感想でした。

不合格を続けた3年間と合格した今年との明確な差は「自らの答案の再現可能性の高さ」だと思います。何を書くべきか、何を問われているのか、過去にはどういう解答が合格答案だったのか、を確実に身につければ受かる試験であることがわかりました。

② これから合格を目指す方へのアドバイス

精神的な部分(例 最後まであきらめない、など)についてはいろんなところで書かれていますので特に私から言うことはないと思います。

それよりも皆さんはどうやったら合格を勝ち取れるか、という点のほうが関心あると思います。長かった受験生活の中でこの試験の対応に関して感じることは1点のみ。それは「解答のパターン化」という点です。

初見の与件から解答根拠を探してから答案を構成するのではなく、自分の中で解答パターンをストックしておいてそれを事例文に併せて解答にするということです。合格年度はこの点に気づき、安定的な解答を書くことができるようになりました。特に平成13年から現行試験制度になって20年近く経過し、過去問のストックも多く、試験機関の考え方を確認する情報はかなり豊富に揃ってきていると思います。その中のエッセンスを抽出するイメージで過去問を研究するのがいいと思います。

ぜひ頑張ってください

==========ここまで==========

いかがでしたでしょうか。特に二次試験の勉強は、自分に合った方法かどうかを常に確認しながら、軌道修正をされてきたプロセスが印象的でした。回答のパターン化が大事だとわかってから、安定的に得点出来るようになったとのこと。これは本当に、おっしゃる通りだと思いました。

診断士として問われている内容が毎年のように変わっていたら試験として成立しませんし、企業が変わってもそのスキルをきちんと発揮できることが大切です。

様々な教材を試したからこその違い・共通点の発見にも繋がっていて、読み応えのある体験記でしたね!

MASAさん、改めまして合格おめでとうございます!

以上、ちこまる(仮)でした(^-^)


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

本日お二人目の合格体験記は、家族との時間を大事にしながらポイントを絞って集中して勉強された、ふぃんさんです。

お一人目の海外からも教材を取り寄せ勉強法を変えながら合格を勝ち取った、MASAさんの体験記はこちらからどうぞ!

 

==========ここから寄稿==========

(0) 受験生情報

名前(HN):ふぃん
年齢:40歳目前

(1) 自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

学習範囲をしぼって平日の隙間時間メインで学習する効率重視&家庭重視型!

(2) 診断士に挑戦した理由・きっかけ

これまでの残業漬けの生活を改めるべく娘の小学校入学(去年4月)を機に時短勤務を開始。時間の余裕ができたので何か資格勉強しもしようかと思い、色々な資格を調べた中で中小企業診断士がヒット。

会社の仕事でもリーダーシップや会計、法律など知識が足りないなと感じるケースが増えていたので、広く学べるこの資格を勉強することに決めた。

(3) 学習開始時の知識・保有資格・得意科目・不得意科目

■保有資格&知識

・30年前に取得した珠算1級

・20年前に取得した簿記2級

・理系学生時代のPC自作スキル

・多少のマーケティング知識

・英語とスペイン語

 

■得意科目:財務会計

■不得意科目:経営法務、中小企業経営・政策

(4) 学習スタイル

一次:通信

二次:独学

1次・2次ともにTAC通学

① メリット

・自分のペースで勉強できて隙間時間を有効活用できる

・講義は倍速再生で時短可能

・安い(通信65,000円+独学用書籍20,000円)

② デメリット

合格レベルに達したのか、まだまだなのかの判断がつかない

・モチベーション維持が難しい(1日サボるとずるずると・・・)

・少し寂しい

(5) 合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数

2018年6月に学習開始

2019年度で一次二次ともに一発合格!

②一次学習時間
550時間

(内訳は150h通勤電車、100h平日昼休み、50h平日朝自宅、

200h平日夜自宅など、50h週末カフェなど)

週末は家族との時間と決めて直前期以外は主に平日隙間時間で勉強。

③ニ次学習時間
180時間

(内訳は30h通勤電車、30h平日昼休み、40h平日朝自宅、

50h平日夜自宅など、30h週末カフェなど)

通勤電車で立っていても回答書いて普通に勉強。(人目は気にせず…)

(6) 合格までの学習法

①1次
■使用教材

◎Studying(通勤講座)

・選んだ決め手は7科目計で70時間という講義時間の短さ

論点が端的にまとまっているマインドマップも魅力

・間違えたor復習チェックマーク入れた問題だけを繰り返せる

Web問題集が効率的な学習にとても役立った

・一問一答型の記憶フラッシュ(音声)をひたすら聞き続けたのが、

自分の苦手な記憶定着を助けてくれた

 

◎きゃっしいのまとめシート

・7科目合わせて2冊だけの超濃密な内容(誤植は多かった…)

・イラストや表でわかりやすさ抜群のまとめシート

 

■勉強法

家族との時間を減らしたくなかったこともあって、

・少ない勉強時間で最大の効果

・通勤時間などすきま時間の活用

を心掛け、上2つの教材選びがこの2点の達成にも繋がった。

インプットは最低限に抑えて、アウトプットをひたすら繰り返す日々。

インプット2割:アウトプット8割くらい。

 

■時系列

5月:中小企業診断士受験を決意

通信講座や勉強法の情報収集

6月:力試しに29年度過去問回答、309点で予想以上に低くショック

(29年:理論45,財務48,運営46,経済56,情報56,法務28,中小30)

Studying(通勤講座)受講開始

7月:Studying1週目

ビデオ講義を2倍速再生

スマート問題集(スピ問的なモノ)と過去問セレクト集は軽めに実施

→全体像把握を重視して、解説読んでもわからない問題は無視

8月:(続き)Studying1週目

9月:(続き)Studying1週目

10月:Studying2週目

ビデオ講義は割愛、スマート問題集と過去問セレクト集のみ

→橋げたとなる重要論点の理解を重視し、応用問題っぽいのは流す

補足論点や理解が微妙なところをマインドマップに書き込み

11月:(続き)Studying2週目

12月:マインドマップ見ながら過去問回答、29年度518点と30年度469点

(29年:理論73,財務88,運営80,経済61,情報80,法務68,中小68)

(30年:理論77,財務60,運営68,経済67,情報84,法務44,中小69)

→マインドマップが全て頭に入れば合格できると実感を持つ

しかし経営法務だけは不安が残り対策を考える

1月:プライベートと仕事で多忙となり一時勉強休止

2月:Studyingの記憶フラッシュ(音声)だけを聞きまくる

1問1答を繰り返す記憶フラッシュは記憶定着に大きな効果!

法律マンガ「カバチタレ」を読み始める

→法律の大元の考え方を身に着けるのに効果あり、特に民法。

Webサイト「分かった気になれるIT用語辞典」を見つける

→情報システムの用語がわかりやすく解説されてて読みやすい

3月:きゃっしいのまとめシート購入。

→10月11月にマインドマップに書き込んだ内容のかなりの部分が、

まとめシートでカバーされていることに気づき、

マインドマップ+まとめシートに全ての情報をまとめる方針確定

4月:Studying3週目

ビデオ講義は割愛、スマート問題集と過去問セレクト集のみ

→何も見ずに自分の実力のみで回答、暗記系論点はボロボロ

暗記系論点はマインドマップorまとめシートに随時書き込み

出涸らし法で全選択肢を理解できるように確認

5月:(続き)Studying3週目

6月:Studyingの復習機能で間違えたor理解できてない問題のみ実施

ほらっちの中小企業政策講座をYoutubeで見始める

→講義のわかりやすさに感動、一気に記憶定着が進む

一発合格道場の常連になる

7月:Studyingで間違えたor理解できてない問題のみひたすら繰り返す

記憶が怪しい部分や間違えやすい部分の手書き単語帳作成

→1回手書きするだけで覚えられたものもあって効果あり

7科目合わせて約300枚の単語帳を作った

8月:手書き単語帳をひたすら見直す

②2次筆記
■使用教材

◎電子書籍「一発合格」

◎ふぞろい10年データブック

◎事例Ⅳの全知全ノウ

〇きゃっしいのまとめシート2次試験版

△全ノウハウ → 序盤のノウハウ部分のみ活用

×全知識

×Studying(通勤講座)

■勉強法

一次試験と違って教材と勉強法の確立がすぐできず迷走したけれど、

電子書籍の「一発合格」と早い時期に出会えたことがよかった。

まとまった勉強時間を取ることが難しかったので、

10分でも時間があれば過去問に取り組み隙間時間を活用。

シンプルに、過去問解く→ふぞろい確認、を繰り返し、

・要素として丸ごと抜けている

・要素としてはあるけど多数派(高得点)ではない

部分を意識して繰り返すことで、自分が苦手な部分が浮き彫りにできた。

■事例Ⅰ~Ⅲの回答手順

1.受験番号を記入(1分)

2.与件文1段落目を読んで業態把握(1分)

3.設問分を読んで1問ずつ文章枠作りと知識メモ(10分)

文章枠例「効果は、①~により~でき、②~、③~、で~を図る。」

※因果が抜けることが多いので「~により」を必ず入れる

知識メモは、茶化/だなどこ/DRINK/デモ・ジオ・サイコなど

4.与件文を読んで、使えそうな部分に黄色マーカーをひく(10分)

5.回答開始、1問ごとに黄色マーカーをチェック

各質問に使えそうな黄色マーカー部分にボールペンで下線
(4色ボールペンで質問ごとに色を変える)

下線をひいた黄色マーカー部分と知識メモを見ながら、

一番因果関係がしっかりしている要素を選び出し、

その要素を①として因果や形容詞まで含めきっちり書く

最後の効果部分の文字数を確保し、残り文字数に合わせ②③を書く

(1問ごとに5~10分)

6.黄色マーカー部分で重要要素がもれてないか確認

時間があれば回答読み直していまいちな部分を書き直し

■時系列

8月1週目:2次試験勉強法の情報収集

8月2週目:Studying勉強→しっくりこず挫折

全ノウハウ勉強→しっくりこず挫折

全知識勉強→ボリューム多すぎて使わないことに決める

8月3週目:「一発合格」のだいまつときゃっしい記事読み込み

→しっくりきたのでこれを指針にすることに決定

29年度事例ⅠⅡⅢの1周目

8月4週目:28年度事例ⅠⅡⅢの1周目

9月1週目:事例Ⅳ全知全ノウ1周目

9月2週目:27年度事例ⅠⅡⅢの1周目

9月3週目:26年度事例ⅠⅡⅢの1周目

25年度事例ⅠⅡⅢの1周目

9月4週目:ここまでの勉強分のミスや考えが足りない部分をまとめ

10月1週目:事例Ⅳ全知全ノウ2周目

29年度事例ⅠⅡⅢの2周目

へんりーの記事「得点安定のための極意」に深い納得感

→今思えばここで開眼したのかも

10月2週目:28年度事例ⅠⅡⅢの2周目

27年度事例ⅠⅡⅢの2周目

26年度事例ⅠⅡⅢの2周目

10月3週目:25年度事例ⅠⅡⅢの2周目

これまでの勉強分のミスしやすいポイント復習

色んな人のファイナルペーパー読み込み(自分では作成せず)

→ぐっちとハカセのものは印刷して当日まで読み込む

(7) 学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

これから合格を目指す方へのアドバイス

「カバチタレ」以外にも「経営戦略全史」「閃きの番人」のマンガも役立った。日本のマンガは偉大!

==========ここまで==========

いかがでしたでしょうか。

各月で実施された内容をここまで詳細に記録されたということは、よほど強く記憶に残っているか、きちんとログを残されていたのだと思います。短期合格の方に共通するのは、やったことをすぐ振り返り、軌道修正をこまめにされていかれることだと感じています。まさしくふぃんさんもそのように、方針⇒トライ⇒修正を短期間で回されていたのですね!

ふぃんさん、改めまして合格おめでとうございます!

以上、ちこまる(仮)でした(^-^)


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始!
お申し込みはこちらから

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

 みなさんこんにちは!ちこまる(仮)です。本年もどうぞよろしくお願いいたします!

2020年、スタートしましたね。今年はオリンピックの関係で、試験日程がちょっと変則的。今年受験される方は、計画の立て方に工夫が必要そうです。

ということで、これからの勉強計画を立てるにあたり、一番最近合格したパターンをいろいろ見ておくのは有効だと思います。今日も合格体験記、お一人目はかーなさんです!(お二人目のHARAさんはこちら

かーなさんは地方在住ということもあり、通学ではなく独学で見事一発合格されています。予備校などの学習機関を使わずに「周りはもっと勉強しているに違いない!」と仮想のライバルを想定し、ストイックに勉強を積み重ねて来られました。

これから1次試験対策を始める、という方には参考になる独学ツールもたくさん紹介してくださっていますので、ぜひご覧ください!

========ここから寄稿========

 

(0)受験生情報

名前(HN):かーな
年齢   :32歳

 

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

独学!

 

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

 地方の金型製造会社(ほぼ中小企業)でバックオフィスの仕事をしています。中途入社して3年経った頃、漠然と「会社の課題解決のためには、知識も経験も全然足りない。プロパー社員には経験で叶わないし、自分は知識+外部とのつながりを強みにできないか」と思って調べたときに、中小企業診断士のことを知りました。上司が今年の4月に役員に昇進され、依頼される仕事の守備範囲がぐっと広がったことも、受験しようという気持ちを後押ししました。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

保有資格:日商簿記2級

得意科目:財務・会計、運営管理

不得意科目:経済学、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

(1)学習スタイル
独学

(2)メリット

・とにかく安く、自分のペースでできること。

・「予備校生や多年度生は遥か先を行っている」と自分に暗示をかけることで、できるまでやるスパルタスタイルを貫けること。

(自分は特に、地方在住というハンデも感じていたので、この暗示が効きました。)

(3)デメリット

・情報が少なく、受験生仲間もいないため、試験の申込ひとつとっても不安だらけなこと。

・たまに暗示をかけすぎて心が折れそうになること。

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数

年明け1月に開始。受験回数は1回。
②一次学習時間

480時間くらい。以下時系列のイメージ。

1~2月:合計10時間(通勤時間にテキストパラパラ読み)

3~4月:合計80時間(週末1日のみ、テキストを理解しながら読む)

5月:    120時間(GW集中+週末1日)

6月:    120時間(平日通勤時間+夜+週末1日)

7月:    150時間(平日通勤時間+夜+週末ほぼ全日)
③ニ次学習時間

300時間くらい。以下時系列のイメージ。

8月:  30時間(前年度の過去問を一通り解き、どうしたもんかと作戦を練っていた時間)

9月: 150時間(平日通勤時間+夜+週末ほぼ全日)

10月:120時間(9月と同じ)

 

(6)合格までの学習法

①1次

-1月~2月

「中小企業診断士合格へのはじめの一歩」を読む→得意科目・不得意科目を把握し、ざっくり目標得点を設定。

この時点では【経済学 50点、財務・会計 80点、企業経営理論 50点、運営管理 80点、経営法務 80点、情報システム 60点、中小企業 60点】と考えていた。

勉強の進め方は、①理解に時間のかかりそうな経済学、財務・会計、企業経営理論→②ボリュームの多い運営管理→③暗記中心の経営法務、情報システム、中小企業でいくことにする。

-3月~4月

週末に経済学と財務・会計をTACの「スピードテキスト」と「スピード問題集」を使って学習。経済学にかなり苦しむが、なんとか一通り解き終わる。

4月の終わり頃、この2つは理解系の科目だが、暗記も必要と気付き、手で書いてスマホで見られる単語帳「SmaTan」を購入。問題を解いてつまづいた所を中心に、単語帳作りを始める。

-5月

GWと週末に、企業経営理論と運営管理を、「スピテキ」と「スピ問」で学習。この2科目は多少予備知識があったので、思ったより進みが速かった。

休日はテキストを読む→問題集を解く→単語帳を作る のループを繰り返し、平日の通勤時間を使って単語帳を覚える日々。

とはいえ経済学はまだ理解できているか不安だし、手付かずの3科目も手ごわそうだし、2ヶ年計画も視野に入れようと思い始める。

試験の申込が迫り、そもそも来年受験すればいいか? などと悩んでいる時期にたまたま一発合格道場を見つける。そこで10代目かわともさんの「『受かればラッキー』というノリの方がいらっしゃるならば、覚悟を決めて3ヶ月やりきることをオススメします!」という記事に触発されて、3ヶ月やってみようと思い、申込を決行。(単純)

-6月

引き続きテキスト→問題集→単語帳スタイルで経営法務と経営情報システムを学習。分からない箇所は道場ブログで検索できるようになったので、独学の身には大変ありがたい。

ただ、それでも法務、システムとも自分にとっては難解で専門性が高く、ただの暗記科目ではなかったことを思い知る。財務・会計と運営管理が懐かしい。

結局、法務とシステムを駆け足で勉強したところで、6月が終わる頃、今年全部は無理だと認める。【財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務】の4科目に絞って科目合格を目指そうと決め、一旦残りの3科目を諦める。

-7月

今年の科目合格ターゲット4科目の過去問題集にようやく着手。使ったのは同友館の「過去問完全マスター」。お金がなかったので財務・会計と運営管理のみ購入し、残りの2科目は気合の毎日立ち読み(書店さん、すみません)。平日も週末もとにかく過去問を繰り返し解いた。

そんなある日、道場ブログで9代目きゃっしぃさんが中小企業経営・中小企業政策の対策動画として「ほらっちチャンネル」を紹介している記事を発見。試しに見てみたら分かりやすかったので、根を詰めて過去問対策している合間に一話ずつ見るようになる。

-8月

そして迎えた一次試験当日。

一日目は、勉強してきた科目だったのでそれなりに手応えがあり、一安心。帰り道に美味しいものを食べて、二日目に向けて前述の「ほらっちチャンネル」をひたすら見る。

二日目の試験も終わった帰り道、予備校が発行している解答速報を受け取るが、どうせ落ちているだろうし公式解答が発表されるまで答え合わせしなくていいやと、そのまま放置。

翌8月5日、公式解答で答え合わせをしてみると、ギ、ギリギリ受かっている? かも? という微妙な結果になる。

自己採点で、【経済学 56点、財務・会計 72点、企業経営理論 68点、運営管理 81点、経営法務 64点、情報システム 48点、中小企業 42点】の合計431点。学習時間ときれいに比例している。

これで落ちてたらどうしよう、と思いつつ、急いで道場の夏セミナーに申し込む。

②2次筆記

あわてて「ふぞろいな合格答案」「全知全ノウ」を購入し、道場の夏セミナーに参加。そこで習った事例ごとの解法になるべく忠実に、過去問を解く→振り返って改善点を明文化、の流れで、できる限り問題数をこなす。答え合わせには「ふぞろい」を使った。

平日のルーティンは、朝の通勤時間:新聞に目を通し、前日までに作った暗記カードの復習。夕方の通勤(帰宅)時間:暗記カードの続きと、今やるべきことを多面的に考える。夜:事例Ⅳの問題集(事例Ⅳの全知全ノウ)を解く。
週末は、事例Ⅰ~Ⅲの過去問を解く。

結局、過去問は5年間×4事例×2回=40事例しかできなかった。

ただ、2回目が1回目と比べて改善しているか、単語ベースではなく考え方ベースで改善点が活きているかなど、「質」にこだわったのでそこまで不足感はなかった。

 

③再現答案

試験当日、帰りの電車の中で作成。

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

合格体験記を書くにあたり振り返ってみましたが、特に一次試験は我ながらツッコミどころ満載で、大変ヒヤヒヤする話でした。絶対にマネしないで下さい。

今の私が思うのは、一発合格を目指すなら最後の1ヶ月は暗記科目を詰め込んだ方がいいですし、科目合格を目指すなら苦手かつ二次試験との関連性が薄い科目(私の場合は経営情報システム)を1年目にクリアしておくべきです。

ただ結果オーライの恥を忍んでお伝えするならば、「一発合格を目指すなら、一次試験の財務・会計、企業経営理論、運営管理をおろそかにしない方が良い」です。二次試験との関連性が非常に強いからです。

それと、地方在住・独学でも合格できましたが、情報収集はとても大事です。私は道場が大好きでネットの情報はほぼ道場しか読んでいませんでしたが、道場がどうこうではなく、一つの情報源のみに頼るスタイルはおすすめしません(そんなことするの私だけだとは思いますが)。

これから受験する方は、ぜひ他の支援団体のブログ、予備校のホームページ、予備校講師の方の動画など、広く情報を集めて下さい。そこから自分に合ったものを取捨選択できれば、地方・独学の合格可能性もぐっと上がると思います。

以上、少しでもこれから受験する方の参考になればと思い、ありのままを書きました。ゼロベースでこれから学習する方には聞きなれない参考書の名前等もあったかと思いますが、ぜひ調べてみてください。情報収集の第一歩になります。(言い訳がましくてすみません。)最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

      

========ここまで========

さて、いかがでしたでしょうか?科目ごとに作戦を立て、ご自身にあったツールを選択されているのが非常に印象的でした。
 ここまで月ごとにやったことやプロセスを再現できる方も珍しいように思います。それだけご自身でも考えて、試行錯誤の結果、勉強法を磨いて来られたのだと思います。
 これだ!と決めて突き進めば、着実にご自身に残るものはあるはず。皆さんも、「なぜこのツールを選んだか?そしてそれは自分に合っているか?」を、ぜひ考えてみてくださいね。
☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始!
お申し込みはこちらから

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

こんにちは!ちこまる(仮)です。本日お二人目の合格体験記は、HARAさん!(お一人目のかーなさんはこちら

二次試験を2回受験されているHARAさんは、お仕事の忙しさにも負けず、隙間時間、動画による講座の倍速機能を活用されて、合格を掴み取られました。

忙しい中でも自分に合う勉強法を模索した体験記をどうぞ!

========ここから寄稿========

 

(0)受験生情報

名前(HN):HARA
年齢   :27歳

 

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

手を広げすぎない繰り返し学習やスキマ時間の捻出などで、効率的に学習に励むスタイル

 

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

 今勤めている企業において、中小企業支援の部署への配属をかねてから希望していたが、異動希望の説得力を増すために中小企業診断士の資格を取ろうと思ったため。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

学習開始時の知識・保有資格:日商簿記2級

得意科目:財務・会計

不得意科目:経営情報システム

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

1年目(1次・2次):独学

2年目(2次のみ):通信(EBAスクール)

 

①メリット

・独学のメリットは、自分のペースで学習できること、また費用が抑えられること。

・通信のメリットは、自分のペースで学習できると共に、予備校の指導を受けて、自分なりの解法を固めることが出来ること。

 

②デメリット

・独学のデメリットは、自分が相対的にどの位置にいるかが分かり辛いこと、また自分の学習の方向性が正しいのかが把握しにくいこと。

・通信のデメリットは、疑問を持った時に質問し辛いこと、また費用が掛かること。

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数

学習開始時期:平成30年2月

受験回数:1次1回(平成30年)、2次2回(平成31年、令和元年)

 

②一次学習時間

300時間

 

③ニ次学習時間

200時間(1年目)、500時間(2年目)

 

(6)合格までの学習法

①1次

書店にてTACの「スピードテキスト・問題集」を各科目購入し、繰り返し解いていました。手を広げすぎず、同じ参考書を繰り返し解くことで、記憶に定着させていきました。

また、相対的な自分の位置が知りたかったので、TACの模試を1回受験しました。

 

②2次筆記

1年目に1次試験を合格すると思っていなかったため、2次試験の勉強は、1次試験2日目が終わってからスタートしました。とにかく時間がなかったため、見切り発車でスタートしました。「ふぞろいな合格答案11」と「ふぞろいな答案分析4」を購入し、過去問演習を軸とした勉強を独学で行いました。

しかし最後まで自分なりの解法を身につけることが出来ず、なんとなくの回答になってしまった結果、本試験では不合格でした(得点開示請求を行ったところ、58B/60A/54B/58Bの230点(B)でした)。

2年目は、最初に方針を立てることからスタートしました。自分の解法に自信が持てないままだったので、地方住まいという事もあり、スクールの通信講座を受けることにしました。いくつかのスクールを探すうちに、EBAが理論的な解説であり、自分の性格に1番合っていると感じたためEBAに決めました。

具体的な学習方法については、スクールの講義を何度も聞きなおし、演習問題を繰り返し解くことで解法を固めていきました。特に事例ⅠとⅢに苦手意識があったのですが、講義で知識を固めることで、安定して点数が取れるようになったのかなと思っています。動画の倍速視聴があったため、最初は1.25倍、2回目以降は1.5倍速で聞き、通勤時間などのスキマ時間も活用していました。なお、過去問はほとんど解いておらず、スクールの演習問題を繰り返し解いていました。

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

2次試験学習の途中で仕事が忙しくなったこともあり、まとまった時間が取れず、焦りを感じたこともありましたが、通勤時間などのスキマ時間を捻出し、自分を信じて勉強していました。受験時は、隣の席の人が回答を書いては消し書いては消しとするタイプの方で、いきなり机を揺らされるので集中力が途切れることもありましたが、自分の解法に自信を持っていたからこそ、イライラせずに最後まで受験できたかなと思います。

これから合格を目指す方へは、まずは学習を始める前に、どのような戦略で受験を行うかを考える時間を取ってほしいと思います。特に2次試験において、どのような学習スタイルで試験に臨むのかを決めることで、努力が結果に反映する割合が変わってくると感じました。私の1年目の失敗を繰り返していただかないようにするためにも、まずはゆっくりと自分の学習スタイルを決める時間を取ってほしいと考えています。

      

========ここまで========

いかがでしたか?最後の「自分の学習スタイルを決める時間をとって」というメッセージがとても印象的でした。範囲の広い一次試験、深い分析と短時間でのアウトプットを求められる二次試験。そしてご自身のインプット・アウトプットタイプによって、選ぶ教材や勉強法は異なります。
 勉強が本格化する前の今の時期に、ご自身にあった勉強法を1時間でもぜひじっくり考えてみてください。
 以上、ちこまる(仮)でした!今日も読んでいただきありがとうございました!
☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

今年も残すところあと僅かとなりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。明日は、遂に二次試験の合格発表日ですね。口述試験を受けられた方のほとんどが合格すると思いますので、あまりドキドキ感はないかもしれませんが、診断士試験としては最後の合格発表となります。

さて、私の今年の記事は今回が最後となりますが、今年最後の記事としてお伝えしたいこと考えた時に、私も二次試験の不合格と合格の両方を体験した身として、両方の目線で今後の活動について少しでもヒントになることをお話しできればと思いました。ということで本日は、(不合格の方向けに)来年の二次試験対策に向けた活動のお話と、(合格の方向けに)二次試験合格発表後の診断士に関する活動について、お話ししたいと思います。なお、今後の診断士に関する活動については、1月のロケットスタートセミナー(明日より申込受付開始です)にて、道場メンバーそれぞれの経験に基づいた様々な話をお届けできると思いますので、今後の診断士活動について悩まれていたり不安を感じている方は、是非、ご活用いただければと思います。

 

来年の二次試験対策に向けた活動

残念ながら今年の二次試験で不合格となってしまった方は、まず、(再度試験を受けるかどうかも含めて)今後どうするのか、ということをじっくり考える必要があると思います。その上で、再戦を決意された方に向けて、二次試験の対策方針についてお話しさせていただきます。ちなみに、先日のいよっち記事でも、二次対策について記載していますので、そちらもご参考にしていただければと思います。

私の受験生時代の話となりますが、1年目に二次試験で不合格となり、2年目に二次対策に取り組む際に最初にやったことは、自分に足りていないもの(=不合格となった要因)を分析し、それからおおまかな学習プランを立てました(実際には、時間の確保・モチベーションの維持が厳しく、全くもって予定通りは進みませんでしたが)。私の合格体験記の引用となりますが、その内容は以下の通りとなります。

1年目の轍を踏まえ、まずはどういう学習をすべきなのか、そのためにはどの教材を揃えるべきなのか、ということを考え、以下の結論に至りました。

1.知識の整理・定着:「全知識」

(中略)

2.解法の確立:「AAS 中小企業診断士 2次試験 事例問題の解法 改訂版」

ここが一番悩んだ観点ですが、結局1年目は、2次試験の解法を自分なりに確立できておらず、いわゆる開眼には程遠い状態でした。80分という限られた時間の中で安定した得点を取るため、できるだけ機械的に型・パターンにはめながら解けるようにしたいと思い、試行錯誤を繰り返しました。AASの工程表を参考に自分なりの手順・時間配分を整理し、過去問を繰り返していく中で何度もブラッシュアップしました。2次試験は解き方の正解があるわけではないので、愚直ではありますが、まずは自分なりに納得のいく解法を立ててみて、実際にやりながら改善していくしかないと感じました。

3.演習(過去問):「ふぞろい11・10」「ふぞろい答案分析4・3・2」「過去問・解答用紙(AASのHPより入手)」

(中略)

4.演習(事例Ⅳ):「TAC 中小企業診断士 集中特訓 財務・会計 計算問題集」「意思決定会計講義ノート」

あくまで私の場合の例となりますが、やはり「解法の確立」が不十分なことを痛感していましたので、一から考え直して試行錯誤しながら固めていきました。来年に向けて、今一度、学習方法・計画を見つめ直すタイミングだと思いますので、是非、自分に足りていないものは何か、ということを明確に意識して取り組んでほしいと思います。

 

今後の診断士に関する活動

【中小企業診断士登録】

明日の合格発表をもって診断士試験は合格となりますが、ご存知の通り、試験を合格しただけでは診断士登録はできませんので、まずは、どのようにして診断士登録をするか、ということを考える必要があります。登録要件は、二次試験合格後に実務補習もしくは実務従事を15日間以上行うこと(3年以内に実施、養成課程を除く)、となりますので、実務補習を行うのか実務従事を行うか、実務補習の場合は15日間コースにするのか5日間コースにするのか(もちろん、実務補習と実務従事の両方、という選択肢もあります)、いつ頃を目処に登録をするのか等、色々と考えることがあります。実務従事は、つてがないと中々難しいと思いますが、費用面では優位だと思います。ただ、色々な方に話を聞くと、皆さん口を揃えていうのは「一度は実務補習を受けた方がいい」ということです。やはり、経営診断の基本について体験することができ、また同期の診断士とチームとなって活動することで、関係性を深めることができる、というメリットがあります。実務補習の詳細については、なおさんが実録として記事を書いていますので、ご興味のある方は是非。

 

【診断士としての活動】

2月~3月に実務補習が行われますが、その後の4月に、各協会の新歓的なイベントが行われます(東京協会だとスプリング・フォーラム)。そういえば、はるか昔にそーやが「誰か体験レポ記事にしてくれるかな」と言っていましたが、今更ながら簡単に紹介すると、協会についての説明、各研究会の展示や紹介、支部ごとに分かれての個別のガイダンス等、協会について一通り知ることができるイベントであり、まさに新歓という感じで、新人診断士は各研究会から入会のお誘いを受けることとなります。

また、診断士としての活動方針として、企業内診断士として活動するのか、将来的に独立を目指すのか、協会に入会するのか、(協会に所属した場合)研究会に入るのか等、色々と考えていく必要があります。活動の仕方は人それぞれですが、どこでどのように活動するのかを決めて、自分の居場所を作ることが大切です。残念ながら、苦労して取得した資格にもかかわらず、多くの方が資格の失効をしているのも事実です(官報に載りますが、自分で見た時は結構衝撃でした)。自ら動くことで様々な選択肢が得られますが、逆に自ら動かないと、業務独占資格ではないので、何もしないまま過ぎていく可能性もあります。

現時点では、診断士としての活動について、ぼんやりとして定まっていない方が大半だと思います。私自身も診断士としての活動はそれほど活発ではありませんが、この一年を通じてやはり感じたのは、情報が入ってくる環境を作ることが非常に重要だと思います。情報が入ってこないと、どのように身動きを取るべきかも中々わかりませんが、情報が入ってくることで、色々な機会に出会うことができます(もちろんそこで積極的に動くかは自分次第ですが)。ですので、積極的に人脈形成をしながら、是非そういった状況を作っていっていただければと思います。

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

どうも、kskn(きしけん)です。
年明けからは皆さんの合格体験記をご紹介する投稿のみの予定なので、僕からメッセージをお届けする記事はこれが最後になります。
最後になりますが、早速他力に頼ります(笑)。まずは下の記事を読んでみてください。

これを知っている営業マンは、雲の上に行ける。ビジネス世界で戦う3つの最低装備
(※他サイトへと飛びますのでご注意ください)

 

 

読んでいただけましたか?
感想はいかがでしょう?

 

これくらいの知識持ってるわ!!

ってなりますよね?そうだと思います。診断士の勉強でやりますからね。
でも世の中のサラリーマンの多くは知らないわけですよ。
きっと皆さんも診断士の勉強を始める前は知らなかったんじゃないでしょうか。

 


さて、今年合格して、これから新人診断士として羽ばたく方。残念ながら今年は不合格で来年再起を期す方。今年から勉強を始め、来年の合格を目指す方。いろんな方がいます。

僕はこの1年間で診断士、受験生ともに多くの方々と交流をさせていただきました。
その中で、僕自身もそうだったのですが『診断士取って、それでどうなるん?』という漠然とした不安を持たれてる方が多いなと感じました。
時間をかけて勉強してるけど、それが本当に自分の役に立つのか、と。

そこで改めて上の記事を読んで欲しいんですよ。
サラリーマンとして突き抜けられるために必要な知識って、絶対に診断士の勉強の中から得られるんですよね。

 


(僕の主観ですが)診断士を目指す人ってなぜか自分に自信の無い方が多いんです。
何なら、他年度でいつまでも合格できない自分は全くダメなヤツだと思われている方もいます。

でも、こうしてサラリーマンとして突き抜けるために必要な知識の勉強をしてて、それをやろうと思った時点で、周りの人たちよりも絶対に前に進んでるんです。
だから僕は皆さんに、診断士を勉強している自分をもっと誇ってほしいんですね。
あなたはそこに踏み出すことができた時点で、すでに素晴らしいんですよ、と。

合格して独立する、企業内で活躍する。もしくは合格できなくて勉強し続ける、もしくは諦めてドロップアウトする。。。いろんな道があります。
しかしいずれの道に進むにしても、『勉強をした』という事実は変わりなく、そしてその知識はあなたの血となり肉となっているはずです。

 

これが僕からの最後のメッセージです。

これを読んでいるあなたは、素晴らしいんです。だから自信を持って、自分を愛してください。

僕はそんな皆さんを、今後も陰ながら応援し続けます。

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

 こんにちは!ちこまる(仮)です。今日の記事は25回目。過去記事はこちらから。

なんだかブログ久しぶりだな、と思ったら、前回がオープンデイでした。そして今日はなんと!私の誕生日。2回前は息子の誕生日で、なぜか誕生日に当番になっています笑。さて、誕生日ということで今日は書きたいことを書きます!!(いつもだ!笑)

年内最後のブログの予定です。そして、来年からは合格体験記紹介となりますので、ブログとしてちゃんとお届けするのは今日以降しばらくないかも?と思っているところです。何を書こうかな、としばらく考えていたのですが、今日は2次試験を終えられた皆さん、そして2次試験まで行けなかった方にもお伝えしたいお話を書こうと思います。(相変わらず)勉強ネタに直結しないテーマばっかり書いていて恐縮ですが、地味にこの一年このスキルすごい使ったな、と思うので興味をお持ちいただいた方、おつきあいのほどを。

 

その前に、ちょっとお仕事紹介

自己紹介やセミナーでもちょいちょい自己紹介してきましたが、私は主に法人向けに、働き方改革のコンサルティングをしています。いわゆる経営コンサルタントです。中小企業診断士を取ったのは、もう少し財務関係に強い経営コンサルになりたかったからですが、実際には診断士とったからといって、すぐ財務の話をビシバシできるわけではありません。当たり前ですが。財務諸表見てじんましん出なくなったくらいです笑。

今をときめく(というかむしろ競合がバンバン出てレッドオーシャンになりつつある)働き方改革の分野ですので、世間からの期待は高いです。働き方改革というと、残業やめろってコンサルタントが言う、みたいなことを想定されるんですが、そんなこと言うだけならオウムで十分です。

それで帰れたら誰も苦労しませんし、実際には理由があって残業してるんですよね。お客さんが理由の時もあるし、スキルが足りないとか、必要以上に細部にこだわっているとか。その中には生活(のために)残業(すると言うこと)もあります。

で、私がクライアント先で何をやっているか、というと、帰れとはほとんど言ってません。代わりに今何が起こってるんですか?を聞いたり、帰れないならその理由を聞いたり、儲からないなら儲かる分野ってどこにあるんでしょう?そこに到達するのに必要なことってなんでしょう?っていうお話を聴く。そこにはご本人も気づいていない因果関係があったり、変えちゃいけない!と思い込んでいたルールがあったりして、それらを組み合わせたり、取り外したり、右に行ったり左に行ったりしながら、今の状態に合うようにアジャストしていきます。変えられないと思っていたものを変え、超えられないと思っていた壁が実はドアだったりするのを、一緒に開けていくようなお仕事なんですね。ほんとにできるのか!?というプレッシャーを受けることもあるけど、基本めちゃくちゃ楽しいお仕事です。

診断士1年生としての活動はほぼなかった一年。。

診断士に合格した約1年前から今日までは、私にとって実は人生で一番激動の一年でした。診断士としての活動も、他の診断士1年生に比べれば圧倒的に少ないと思います。焦りもありますが、今年はもうこういう年である!と割り切ることにしました笑。協会への所属も見送りましたし、診断士として看板出してやっているのはこの道場くらいです。期限付きでライフの活動をぐいっと絞ることにしました。そもそも去年落ちてたら、多分受験そのものをやめていたと思います。そのくらい、今年は動きが制限された一年でした。

来年ロケットスタートセミナーをやりますが、活動量が多分、他の道場メンバーに比べてすごく少ないと思います。なので私みたいなのもいますよ、という枠になると思いますが笑、あらかじめご了承ください。

 

診断士試験の学びをどう活用したか

が!ありがたいことにお仕事は楽しくやってるわけです。診断士活動はあんまりできなかったけど、今年一年での仕事の幅はすごく広がったと思いました。なんでだろうなぁ?と振り返ってみると、今年は経営者との対話がめちゃくちゃ増えまくったんです。今担当している企業さんは大企業が多いので、そうした企業のトップ、役員と意見交換をしたりヒアリングしたり、いろんな視点で企業の状態を見るという機会が増えました。そこで、あ、これ診断士の勉強してたからだな、と思ったのが具体と抽象の往復運動が上手になったことでした。

1次試験で学ぶ内容は、割と抽象的なこと、概念的なことが多いですよね。セオリーや用語の意味なんかも覚えないといけない。これなんの役に立つやら、って思うかもしれませんが、結構たちます。覚えている時期は、ほんと経済学とか滅びよって思ってたけど(笑)、わかると楽しい。

一方2次試験は具体的な要素も出てきます。この人がこう言ってるとか、こういう社長がいてとか。こういうフローで受注して、製造してるとか。それってつまりなんなの?を盛り込みながら回答を作ったり、一度抽象化して概念をあげた後、同じ概念で考えるなら、こういうこともありえるよね、というように、もう一度具体化することもあります。

これを自分の頭で考えながら話していくのが問題解決をする人なのだと思うのですが、私は問題解決の主導権を相手に持ってもらうために、その中身をオープンにして、話したり聞いたりしているので、相手が何を伝えたいかによって、質問やこちらから伝える内容を切り替えています。特に診断士試験では今どのレイヤーの話を問われているのか?というのが常に付きまといますから、レイヤー検知のセンサーがいつも働いている感覚になるんです。

今年はこのセンサーに大変お世話になりました。思えば事例ⅠからⅣはこのセンサー搭載のためのトレーニングだったのではと思うことも笑。考えを要約したり、具体化したり、調べ物をする時なんかもこのセンサーがとにかく便利なのです。

 

たくさんの意思決定の中で

もちろん学んだ概念については幅広く使えますし、職業柄QC7つ道具もよく使います。安定して得点するためのメンタルとか、プロセスを磨く重要性とか、血糖値の考え方とか。これまでのブログでもご紹介してきましたが、合格という目標を置いた時、今の自分には何が足りないか、何を強くして、何を捨てるのか、といった決断は勉強期間を通して行ってきた意思決定でした。合格して終わりってことにはもちろんなりませんから、その後も目標を設定して決定し続けるということには変わりありません。今もそうです。そしてそれらについて結果を受け取り、また意思決定をしていくという繰り返しの中で、もっと良い生き方、幸せに向かってまた歩みを進めていきます。そういう意味で、私にとって診断士のチャレンジは大きく、また高いハードルでしたが、受け取ったものも大きかったように思います。

 

皆さんはこの一年、どんな意思決定をしてきましたか?どのような結果を受け取りましたか?それは次の一年を、どう変えるでしょうか。年の瀬も迫ったこの時期。ご自身に問いかけるのにいい時期だなと思います。冬休みのお供にいかがでしょう。合格・不合格体験記もどしどしお待ちしています。

 

以上、ちこまる(仮)でした(^-^)今日も読んでいただきありがとうございました。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

こんにちは。いよっちです。前回までの記事はこちら

2次筆記試験を合格した方々にとっては、なんとも慌ただしい12月をお過ごしかと思います。6日に合格発表、翌日には口述セミナー、1週間後には2次口述試験、そして25日には合格発表と、イベント盛りだくさんです。そんな忙しさも、来年への期待や新たな出会いの中での一種の”興奮状態”の中で、全然苦になりませんよね。

今日は、そんな忙しそうにしている合格者を横目で見ているあなた、2次筆記試験で悔しい思いをした方向けの記事です。きっと気持ちは落ち着いてきた頃だとは思いますが、来年に向けて、「何に向かって」、「どの程度」、「何を」、「どうやって」、やればいいのか、苦悩されているのではないかと思います。

そこで、本日は、私自身が2次筆記で敗退した後、翌年のリベンジに向けて考えていたことを少しご紹介したいと思います。もちろん、置かれた状況も考え方も人それぞれ。万人共通の”正解”などあるはずもありませんが、来年1年間の過ごし方を決めるにあたり、何か少しでも参考になればと思ってシェアします。空気を読まずに1次直前期に書いた2次特化記事の内容と重複するところがありますが、併せて読んでみてください。


1.敵を知る

まずは、来年の受験者数、合格者数、合格率の水準を予想していました。
(※もちろん、正確に予想できるはずもありません。「誰」に対して勝たなければいけないのかを明確にするため、定量的なイメージを持つように心がけていました。)

漏れ・ダブりありそうですが、来年で言えばこんな感じでしょうか。
■受験者数:①+②+③=6,000人
① 今年の2次不合格者約5000人のうち、来年受験できる人:2,500人
② ①から外れた人のうち、1次を再突破して2次を受験する人:1,000人
③ 1次試験を始めて突破して、2次を受験する人:2,500人

オリンピックの関係で③の人数はもっと少ないかもしれませんが、やはり今年の2次受験者が多かったことで来年の受験者数も高止まりするのかもしれません。

■合格者数:1,000~1,100人
実務補習の受け入れなど、診断協会側の都合もあるため合格者数は急激には増やせないかも(?)

■合格率:16~18%
結局過去2年と同水準か、それ以上の難易度になるのではないかと(個人的に)予想しています。つまり、5~6人に1人に入る感覚です。下記での目標・戦術を考えるうえで、この感覚を非常に重視していました。


2.目標設定

次に目標設定です。「何に向かって」と「どの程度」を具体化したステップです。

私の場合は、「結果」「状態」の2種類で目標を立てていました。
結果:絶対に、確実に、2次筆記試験に合格する
状態:どんな問題が出ようとも、安定的なパフォーマンスを(≒確実に)、常に発揮する実力を維持した(≒絶対に)状態

「茶化」のうちの「評価」の業績とコンピテンシーの2軸での目標設定に近いイメージですね。結果(≒業績目標)として2次合格を設定し、状態(≒再現性/コンピテンシー)として、定性的な目標を立てていました。私の場合は、結果の中に「絶対」とか「確実」とか、曖昧なものが入っていたので、より具体的にイメージした感じです。別の言葉では、「水準」と考えてもいいかもしれません。

漠然と「結果」だけを追い求めても、実態をとらえにくい2次試験には不向きです。1年後、自分自身がどんな「状態」になっているかを具体的にイメージすること。振り返ってみると、これを12月中にある程度具体化できたことで、1月以降の戦略・手段が明確になったと思います。

と、まぁカッコよくいってみたものの、当時はもう少し感覚的でしたね。
「うわ~2次落ちたのめっちゃ悔しい。1年後には絶対受かってやる。『俺は受かるべくして受かったんだ(どやっ)』と言い放ってやりたい」みたいなところが本音でした。


3.戦術

次に、「何を」、「どのように」やるかを決めたステップです。

2.で挙げた「状態」の目標に対して、具体的な方法を考えていきました。

「どんな問題が出ようとも」
◇前年(TAC)とは異なる予備校(MMC)の活用
◇他の予備校の模試受験(”他流試合”)も含め、模試を受けまくって初見問題への対応強化
◇簿記2級の取得(事例Ⅳ対策、知らない論点を潰す)

結果的に簿記2級そのものに事例Ⅳ対策の意味はほとんどなかったのですが、1年間を「診断士2次試験」だけに標準を合わせるのが嫌だったんです。なんだか”失われた1年を取り戻す”みたいに思えてしまい、2次合格に加えて、簿記も勉強しておこう、といった程度です。

 

「安定的なパフォーマンス」
◆タキプロ勉強会の参加&ベスト答案に選ばれる
◆他の勉強会への参加(他の人のレベルを知る)

タキプロ勉強会(東京)では、各自が解いた解答をディスカッションした後、最終的に誰の答案が1番良く書けていたかを決めます。1班はだいたい5~6人。2次試験の合格率とほぼ一緒です。ベスト答案に選ばれることを目指して参加していました。

 

「常に発揮する実力を維持」
◇受けた試験の全てで上位20%を目指す(詳しくはこちら

結果的には8戦7勝1敗で、完全勝利とはならなかったものの、おおむね指標をクリアしました。どんな相手だろうと(2次専念した人しか受けない模試であっても)、どんな問題であっても(「そんな論点問う?」と思えるような他の予備校の問題であっても)、実力が発揮できなければそれまで。私にとっては上位20%に入り続ける意識、これが良い方向に働きました。


若干、今になっての美化・脚色もありますが(笑)、2次不合格直後の12月は、こんな感じの思考でした。皆さんにとって役に立つのか正直わかりませんが、来年の過ごし方を考えるうえで参考になれば幸いです。

そうそう、今年2次で悔しい思いをされた方にぜひ利用していただきたいサービスを「ふぞろい」が実施しています。再現答案を送っていただいた方には、ふぞろいのメンバーが1つひとつ答案を読み、ふぞろい流採点結果とコメントを丁寧にフィードバックをしてくれます。(実はこれが結構大変なんだ・・

イメージはこんな感じ↓↓

ちょっとだけふぞろいの分析の裏側をご紹介すると、「不合格者の答案なんて役に立たないでしょ」と誤解される方がいるかもしれませんが、実はむしろその逆で、不合格者の答案こそ分析には重要なんです。

2次不合格者には、事例毎の評価区分(A~D)が既に通知されていますから、10点刻みでの精緻な分析が可能になるんです。来年の捲土重来のためのフィードバックを得るために、そして今年の本試験を”丸裸”にするために、ぜひとも再現答案をお寄せください(提出先はこちら)。すでに提出済みの方も、ぜひとも評価区分の登録もお願いします!

 

さて、早いもので、今回が私にとっては年内最後の記事になりました。今年一年お世話になりました。次期道場メンバーに引き継ぐまで、来年もあとちょっとだけ登場します。2020年もどうぞ、宜しくお願いします。

以上、いよっちでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

 

 

 

おはようございます。makinoです。
本日も読んで下さって、ありがとうございます。

 

 

今回の記事は、2次試験でご自身の望む結果が得られなかった方にお送りします。

ご自身にとって優しくない内容が含まれているかもしれませんので、「耐えられないかも」とお感じの方は、どうぞ読み飛ばしてください。

 

 

そして、受験生の読者の皆様向け記事として私がお送りするのは、これが最後になる予定です。

その様なときに、このような記事で申し訳ないのですが、読まれる方はどうかご了承ください。そして、読んで下さることに感謝いたします。

 

 

【目次】

1.お願い
2.私の「負けた話」
3.負けた時に何をするのか

 

 

1.お願い
======================
まずは、2次試験の結果が思わしくなかった方に向けて、私の好きな過去記事を紹介させてくだい。

 

その記事を書かれたのは9代目zenzenさんです。

 

zenzenさんはその「作風」が人気で昨年の読者の中には「隠れzenzenファン」も多く、私も現役の受験生時代にその記事に大変励まされました。実際に今年の道場セミナーでお会いした受験生の方と「昨年のzenzenさんの記事が好きでした」というお話で懇親会での会話に花が咲きました。

紹介したいこちらの記事は、昨年の2次試験不合格者の皆様に対して、ご自身の積み上げた歩みから得られた「落ちた時の経験」をそっと教えてくれる内容です。結果の思わしくなかった読者に対する気配り溢れ、かつご自身の至らなさを書きつつも、歩んできた道に対する力強さを感じる、勇気が出る内容になっています。

 

是非、ご一読ください。makinoからのお願いです。

じゃない方、の貴方へ:9代目zenzenさん

 

 

ご自身は謙虚な方なので、自らの記事に多くは語らないのですが、一発合格道場の良質な読者の中にファンがいるくらいですし、もちろん人間的にもとても素晴らしい方でした。

 

更に余談ですが、こちらの記事で日本橋ヨヲコ先生に触れられています。ご本人は「『プラスチック解体高校』からのファン」とのことです(ヤンマガで1997年から連載が始まった作品)。

 

 

2.私の負けた話
=================================
私の話もさせて下さい。自分で書いていても情けないお話ですが、正直に書きますのでご容赦頂きたいです。

 

私が2回目の2次試験に不合格となったのは、2013年の12月です。

そしてその2か月後に、私が働いていた事業部は投資会社への売却が発表されました(赤字事業でしたので、翌日会社の株価は上がりました)。

 

自分たち従業員は、①辞めるか、②売却される会社に行くか、③自らグループ会社内で職をみつけるか、の選択を迫られます。私は③を選び新たな職場を探し(社内は人余り状態で、当然先方との面接もあり、③を選んだ人たちも容易ではありませんでした)、転勤を余儀なくされたものの、グループ会社内に残留しました。

 

当然ですが、新しい職場では誰も私を知る人はいませんでしたので、イチから人間関係を作り仕事と努力を積み上げる必要がありました。まあ当然です。こんな一言で済ませていますが、正直、相性の悪い人や意地が悪いと感じる人もいて、当時の自分には簡単な状況ではありませんでした(そしてそれは私のような年齢層の転職・転勤によくある話でもあります)。

 

「診断士試験に受かっていれば、割増退職金をもらって自らの意志で辞められたかも…」

 

という気持ちがありましたが、今更どうにもなりません。
そうです、本当にどうにもなりませんでした

 

「間に合わなかった。遅かった。」

という後悔も、正直ありました。

 

「試験に受かっていれば、別な道もあっただろうし、それは今よりもっと良い道だったに違いない。」

と思った事も、もちろんありました。

 

落ちた試験と結果が出なかった自分に対して、後悔だらけです。でもそんな思いとは無関係に、自分が選んだ仕事をコツコツするしかありませんでした。本当にそれしかありませんでした(勿論、悪い事ばかりではなく、良い人もたくさんいて、とても救われましたが)。

 

正直、格好いい話ではありませんし、読んでいて楽しい話でもありません。でも、これが5年前の自分でした。

 

情けない話にドン引きされる方もいると思いますし、「まだまだ甘いよ、俺なんて…」という方がいらっしゃるかもしれません。ただ、不幸話をしたいのではありません。もう少しお付き合いください。

 

私は、2次試験に2度落ちた後、このような道を歩んできました。そして、その失敗から立ち上がり、結果を掴むまで5年という歳月が必要でした。

 

その後、なぜ再受験をしたかについては合格体験記で正直に書きました(決して格好いい理由ではありませんので、ここでは詳しく書きません)。

しかしそこにかけた時間が無駄だとか、もっと早くできたはず、という風には未だに思っていません。それは自分がもう一度立ち上がるために必要な期間でしたし、体験記に書いた不本意な人事でしたが再挑戦の機会を与えてくれた「2度目の転勤」というきっかけには、今では本当に感謝しています。

 

 

3.負けた時に何をするのか
============================

前段で情けない私のお話をさせて頂きました。ですので自分には、不本意な結果に終わった方に偉そうな事をいう資格はありません(もちろん、そんな資格は誰にも無いのですが)。ただ、自分の話すのも恥ずかしい経験から教えられたのはこういう事です。

 

負けた時にこそ、本当の自分が試されます。

 

これはどういう事でしょうか?

 

少しだけ前向きな話をします。
私は実感として思うのですが、チャンスは、ピンチの顔をしてやってきます。

あなたはどこかで似たような言葉をお聞きになった事があるかもしれませんが、どうやらこれは本当です。

 

そして、「成功した人」は、失敗とは一時的なものである事を知っています。失敗の中に成功の種子があることも、知っています。どうやら。

 

ただし、自分のところにそれが来たときは、チャンスだとは到底思えません。

 

「なぜ自分がこんな目に…。」
と思います。本当に思いましたよ。そして他人と比べました。

5年という時間を費やして、その不幸をどうにかこうにか自分の中から叩き出した私は、「ピンチこそがチャンス」という事を身をもって学びましたし、そう言えるくらい過去と比べた今の私は幾分タフになっていました。

 

これが、私が試された結果だと思います。

もちろん、そこに至る過程は泣き言が多く、消極的な言葉が多く、決して明るい道ではありませんでした。簡単ではありませんでしたが、そんな私もどうにかこうにか、ここまでたどり着きました。まだまだ途中ですが。

 

==============================

「バッドエンドは無い、僕たちは途中だ」『火花』:又吉直樹

==============================

 

あなたは、いまそれに気づく事の出来る場面にいるかもしれません。いえ、気が付くのはもっとずっと後かもしれません。

ただ、いずれにせよ、気が付くチャンスが与えられている、という事です。

 

あなたはきっと今、その前に立っています。そしてその前で何をしていますか?

 

悔しくて泣いてしまった方。
そうですね、そのお気持ちを大事にしてください。なぜなら、その強い気持ちこそがあなたが得た次へのチャンスです(ちなみに「思考は現実化する」の著者ナポレオン・ヒルは、この強い感情の事を「信念」と言っていますし、願望を達成するには信念が必要だと言っています)。

 

「負けるにしても、負け方があるだろ。タダで負けてたまるか。」

もしかしたら、もう既にこう思えているかもしれませんね。

 

 

「もうやめよう、この資格…。」と思われた方。
そうですね、もういいかもしれません。この試験から離れる事で見えてくるモノもありますから。ちなみに、前出の9代目zenzenさんもそんなお気持ちを合格体験記につづっておられます。「出来ない多年度受験生」の自分を励まし続けてくれたバイブルのような合格体験記です。こちらも、是非ご覧になってください。

 

【合格体験記】合格レベルとの差をチェックし続けて悲願の合格! zenzenさん

 

 

「放っといてくれ」と思われた方。
そうですね、余計なお世話ですみません(承知しています)。いつか戻ってこられることがあれば、その時にこの記事がお役に立つことを祈っております。厚かましいですが、本当にそう祈っています。

 

いますぐ何かをしなくても良いのかもしれません。私もできませんでした。そしてあなたの人生、主人公であるあなたにふさわしいやり方が、きっとありますよ。人生レベルで取り組めればよいのです、きっと。

=======================

 

私は今回、2次試験に通らなかった読者の皆様にむけてこの記事を書いています。それは、2次試験2度の不合格と、1次試験からのやり直しを経験した私に伝えられる事があるはず、と思ったからです。そしてこのような「いまの自分にできる事」は、あなたにもきっとあるはずです。

 

それは、前を向くために、心の準備をすることかもしれません。
何も考えずにゆっくり休むことかもしれません。

もう自然に、それをしているかもしれません。

 

そしてその歩みがあなたの人生をつくり、未来のどこかにいる「なりたい自分」にバトンを渡してくれます。

 

そうですよ、できる事はきっとあります。
「そのぐらいは自分のことを信じてもいいはずです。」

 

私も心からそう思います。
何故ならあなたは、あの中小企業診断士試験に挑戦したくらいですから。

 

 

 

 

一発合格道場10代目のmakinoからは以上です。
最後まで読んで下さって、ありがとうございました。深く感謝いたします。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

みなさん。おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
2次筆記試験合格発表後のOPENDAYにはたくさんのメッセージをいただき、ありがとうございました。
振り返る事、1年前の受験生時代。
突きつけられた2次試験を目の前に暗中模索の真っ只中。
そんな状況下にあった私は一発合格道場ブログに出会い、先代たちの貴重なノウハウを貪るように読み漁り、滑り込んで合格させていただきました。
そのご恩をようやく微力ながらも返すことができ、そして肩の荷が下りた、そんな晴れやか爽やかな1日でした。
メッセージをいただいたみなさま、本当にありがとうございました。
みなさまの新しい門出を心よりお祝い申し上げます

また、心ならずも思う結果とはならなかったみなさま、試験の結果は本当に残念だったと思います。ですが、これまで積み重ねてきた知識と努力は大きな財産になると自信を持ってください。
そう思う理由を、過去の私の経験則からお話します。
私は、かつて20年ほど前に不動産鑑定士の試験勉強に挑戦したことがありました。
結果からお伝えすると、試験の直前時期に本業の忙しさに負けてしまい、試験を受けることを諦めてしまいました
(今となって思えば、小さなお子さんの子育てをしながら合格した10代目のかもよ、ちこまる(仮)、かわとも、9代目のきゃっしいさん、桃ちゃんさん、多忙極まる弁護士業をこなしながらのたっつー、そんな方々と出会うにつれ、自らの甘さを感じてしまいます)
閑話休題。その勉強時代にかけた時間とお金は、当時の私にとっては大きなものでした。
土日は専門学校に終日、通い詰め、平日の夜は有志で勉強会を開催。慣れない根詰め勉強の果てには、知恵熱が出たことも(笑)
そして、数十万も掛けた授業料山積みのテキスト
ところが試験さえ受けずに脱落。
当時は無念さ情けなさと様々な感情が入り混じり、悶々とした時期を過ごしていました。
時が経ち、あらためて振り返るとあの時の学びがあったからこそ、今までのキャリア(人生)がある。
そう、実感しています。
不動産鑑定士の試験内容は、「不動産の鑑定に関する理論」「不動産に関する行政法規」「民法」「経済学」「会計学」なのですが、想定していないところで活かせるところがありました。
例えば「会計学」を学んだことにより、会計の本質を考える視点を持てた事により、経営管理業務や監査法人対応等に際して活用されます。
「減価償却の考え方は、どんな考え方(原則)に基づいているのか」「監査の要点は何なのか」・・・。
経理実務経験は皆無ながらも、それなりに業務をこなせてきたのは、あの時の学びがあったからこそと感じます。

また、「経済学」はかなりの苦手科目で結局は理解できず仕舞いだったのですが、それでも多少なりとも聞きかじったことが、後の診断士試験対策に活きたように感じます。

同様なことが中小企業診断士の試験にもあるように感じます。いえきっとそれ以上なのではないでしょうか。
特に1次試験の「企業経営理論」「財務・会計」「運営管理」「経営法務」などは、これからの社会人生活において汎用的な知識として生かされることが多いような気がします。
ECRSや5S、損益分岐点分析、ドメイン等、そんな視点に触れること。それが大きな成長だと思います。
2次試験の「組織・人事」「マーケティング」「運営管理」「財務会計」これら経営の基本要素について、顧客(先方)のニーズをくみ取り、内外環境分析(SWOT)のうえ分析・対策立案の視点に触れたことは、これからのあらゆる仕事への応用力upに繋がるはずです。

今は様々な想いが入り混じっているとは思います。ですが、次のステージへと向かう貴重な経験が出来た。
そう信じて進んでください。それは、次年度の診断士試験かもしれません。全く違う何かかもしれません。それはみなさまが一息ついて落ち着いたのちに、考えていけばいいのではないでしょうか。

【神は乗り越えられる試練しか与えない】ドラマ・仁より
【壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。】イチロー

大丈夫。きーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、未来のあなたは成功に満ち溢れていますから!
ブブ

(あれ、ホントは実務補習について書こうとしたのに。。。。まっいいか。と、ひとり言を書き残し、わたくしの今年の書き込みは終了です。みなさま。良いお年を!)

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

 

 

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

おはようございます!10代目たっつーです。
先日の口述セミナーでお会いした方は、どうもありがとうございました!

明日は口述試験ですね~。
基本的に落ちる試験ではありませんので、絶対大丈夫です。
2次筆記試験を合格された方は、最後の試験ということで、びしっと決めてきちゃってください!

さて、今日の記事は、合格後の世界の紹介ということで、「最終合格したら、まず何をすればいいの?」という疑問にお答えしたいと思います。


1 合格体験記の執筆

はい、まずは何がなんでもこれです。
皆様が、中小企業診断士(登録予定)の立場となって、最初の執筆活動といっても過言ではありません。

合格体験記のお願いについては、そろそろ「しつこいよ!」という声が聞こえてきそうですが、それでもお願いさせてください。

ぐっちの記事そーやの記事に記載のとおり、合格体験記を書くことで受験生活の一つの節目を迎えることができます。

何より、この一発合格道場ブログは、①先代メンバーの試験対策ノウハウが詰まった等身大目線での過去記事と、②数多くの受験生の皆様の合格体験記・未合格体験記が重要な財産(予備校には負けない強み)だと思います。

2019年の診断士試験の合格体験記は、我々道場メンバーがいくら頑張っても書けないものですから、ぜひご協力をお願いします!!
(もちろん、未合格体験記についてもお待ちしております。)

そうそう、来年11代目の道場メンバーになりたいという方にとっては、合格体験記の執筆が応募の要件となります。
上記テンプレのGoogleフォームから合格体験記を投稿する際に、11代目に興味があるかどうかを入力する欄がありますので、ぜひ宜しくお願いいたします!

2 実務補習の申し込み

前回記事でも書きましたが、「2020年2月の5日間コース」と「2020年2~3月の15日間コース」の申し込みが12月19日から始まります。
(具体的な日程等は、こちらのページの下の方をご確認ください。)

申込みには、「最終合格済みの受験番号」が必要ですので、今年最終合格する方は、12月25日の合格発表後でないと申し込めません。

ただ、12月25日以降、あっという間に、2月コースは埋まってしまいますので、実務補習を受けるという方は忘れずに申し込みましょう。

ちなみにですが、私の記憶では、申し込みをしてから3日以内とか5日以内に、実務補習の費用の振り込みが必要になると思います。
年末で金欠になりがちですが(笑)、何とか、5万円(5日間コースの場合)または15万円(15日間コースの場合)は確保しておきましょう。

3 一発合格道場ロケットセミナーへの参加申し込み

ブログ記事の一番上で告知しているとおり、合格者向けの「ロケットスタートセミナー」を1月11日(土)午後に東京で行います。

診断士1年目にどのように活動すればいいかの「羅針盤」となるようなセミナーを行う予定です!

合格直後の時期に、このような趣旨のセミナーが行われるのはかなり珍しいと思いますので、ぜひご参加ください。

4 その他のセミナー等の参加申し込み(宣伝)

完全に宣伝ですので、「たっつーの思い通りには動かねぇ」という方は読まなくて大丈夫です。

<中小企業政策研究会「チームの歩き方」>
私も参加している「中小企業政策研究会」という研究会で、1月19日(日)東京竹橋で、「政策研・チームの歩き方」という新入会員向け定例会(セミナー)を行う予定です。
詳細は、こちらのPDFをご参照ください。

政策研は、よくある研究会と違って、重鎮の先生たちで占められているという雰囲気はなく、むしろ若手中心ですので、おすすめです!

参加申し込みは、こちらのリンク先の「こくちーず」からお申し込みください。
(もちろん、このセミナーに参加したからといって、政策研に入会しなければならないわけではありません。完全任意です。)

<プレゼンスキルアップ研究会>
道場の設立メンバーであるJCさんが今年立ち上げた、東京都診断士協会・中央支部に属する研究会です。
(10代目では、私となおさんも所属しています。)

このプレ研でも、2月2日(日)13時頃から、港区勤労福祉会館にてオープンセミナーを行う予定です。
詳細はまた別途告知したいと思っていますが、とりあえず、ご予定だけ確保しておいていただけれれば!

プレ研も、今年設立されたばかりで、皆で作り上げていこうという雰囲気があり、とても居心地がいいので、超おすすめです。

5 受験生支援活動への参加

この一発合格道場をはじめ、「タキプロ」や「ふぞろい」といった受験生支援団体では、年末~年始頃から、徐々に来年の参加者を募集し始めます。

私は一発合格道場以外には参加していませんので、具体的な募集の詳細は把握していませんが、「やりたい!」という方は、HPをチェックしたり、セミナーに参加するなどして、高くアンテナをはっておいた方がいいと思います。

受験生支援活動については、「は?俺はもう受かったから、次の受験生の支援なんて知らんわ。」という方もいると思いますが、1年間、10代目をやった立場から言うと、単純に「やってみると超楽しい」のでお勧めです。。
(掛け値なしにそう思います。)

6 診断士用の名刺の作成

上記のような感じで、セミナーやら実務補習やら、これから、色々な人との出会いがまっています。
そのときに、会社の名刺を配るのが差し支えるという方は、この年末にでも、ぜひ個人の診断士用の名刺を作成するのがいいと思います。
(肩書は、とりあえず「中小企業診断士(登録予定)」で。)

もし写真付きの名刺がいいという方は、ちゃんとしたスタジオで写真撮影することも忘れずに!

7 その他情報収集

個人的には、1年目に最初に取り組みやすい診断士活動は、「支部活動」、「研究会」、「マスターコース」への参加かなーと思います。

これらが何なのか、ということについては、1月のロケットスタートセミナーでご説明したいと思いますが、去年の私は、結構自分でGoogle検索して調べていましたので、興味がある方はぜひ!
(研究会でいえば、東京だとおそらく100を優に超える数の研究会があり、目移りしてしまうと思います。)

いずれにしても、東京では、4月に「スプリングフォーラム」という名前の、支部、研究会、マスターコースの勧誘の場(大学入学時の新入生歓迎会でのサークル勧誘をイメージしていただければ)があり、それ以降に入会等すればいいので、焦る必要は全くありません。
おそらく、他の地方でも同様かと。


いかがでしたでしょうか。

色々とやらなければならないことがてんこ盛りのような気もするかもしれませんが、実は「活動しすぎ」にも気をつけなければなりません
そのあたりは、次回記事で…。

以上、たっつーでした!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

☆もくじ☆
1.まっすーさんはどんな人?
2.まっすーさんが事例を解く際に心がけていたこと
3.まっすーさんの学習法
4.まっすーさんの答案の特徴
5.まっすーさんのメンタル

 

こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!

2次筆記の合格発表から1週間がたちました。どんな結果であったとしても、皆様一人一人にとって、この先の1年間が実りある時間になるよう、心から願っております。

 

本日は、以下にあてはまる読者の方に贈る記事です。

 

〇2次試験に再チャレンジする人
〇これから中小企業診断士の試験を受けようと思っている人
〇別の資格に挑戦しようと思っている人

 

※なお、本日は「ふぞろいな合格答案」のブログのほうも、偶然、私の更新日になっています。
タイトルは「受験生支援〈プロボノ〉のメリット」について。受験生支援活動に限らず、地域活動やボランティアなど、「本業以外のチーム活動を経験することでの効果」についての記事になっていますので、良かったらご覧になってくださいね。

 

*     *    *    *

 

あなたは知っているだろうか。

かつてこの道場に、2次試験(事例Ⅱ)で100点を取った男が存在したことを―。

彼の名は、4代目まっすーさん。

実は雑誌『企業診断』で、2次試験の高得点者の秘訣を探るプロジェクトにかかわっており、つい先日まっすーさんに取材しに行ったのです。

実際にお話を伺ったところ、その学習法、解答の留意点、メンタルについて、非常に多くの気づきがありました!『企業診断』の記事とバッティングしない程度にご紹介しようと思います。

 

【参考リンク】
まっすーさんのプロフィール・投稿記事はこちら
まっすーさんの合格体験記はこちら
まっすーさんの再現答案(H24事例Ⅱ)はこちら

 

1.まっすーさんはどんな人?

まっすーさんは企業内診断士。

今まで挑戦してきた資格試験や、業務経験の集大成として診断士受験を決意したそうです。

特筆すべきは、保有資格の多さ!

診断士以外の主な保有資格
社労士(未登録。この投稿でさらっと挑戦を表明していたのですが、2014年に一発合格!)・行政書士(未登録)
ITストラテジスト・データベーススペシャリスト・応用/基本情報技術者
日商簿記検定1級・ビジネス実務法務検定1級・TOEIC950点・国際会計検定(BATIC)934点

つまり、「資格試験の攻略」に非常に慣れているかたです。なんと、社労士は約半年の学習期間で一発合格(!)

ちなみに、診断士の2次試験で最も苦手としていたのは「事例Ⅱ」だったとか。その事例Ⅱで100点をたたき出しました。

プライベートの趣味はジョギング、マラソン。笑顔が爽やかな好青年です

 

2.まっすーさんが事例を解く際に心がけていたこと

まっすーさんは、1次独学、2次はMMCの通信を活用していました。事例を解くときには、MMCのメソッドを忠実に守っていたようです。

1.題意に忠実に
2.因果関係で書く
3.切り口を明確に
4.キーワードで書く
私は二次試験受験にあたって、この4つの鉄則を頭に叩き込みました。
試験中どんなにパニックになっても、この鉄則に戻って来られるように。
この4つの原則、言い方はいろいろあると思いますが、二次試験で大切なポイントを非常に上手く抑えていると思います。

「題意に忠実に」については、とりわけ重要性を強調しています。

多分、ここのスキルが一番重要かもしれません。与件分を素直に、素直に、とにかく素直に読む!
慣れていないうちは出題の意図が拾いきれず、慣れてくると素直に読めなくなりがちです。

引用元:【二次試験】MMCの合格メソッド+自分流アレンジ

 

3.まっすーさんの学習法
どの資格であっても、まっすーさんの学習法には定石があります。それは、「過去問重視」であること。

私が一次試験勉強をスタートしたのは、試験終了後ちょっと(大分?)休んだ5月中旬頃。
診断士試験用の参考書は一つも持っていない状態。
資格を持っている財務会計・経営法務・経営情報システムは漠然と何とかなるとは考えていましたが、ここからスタートして間に合うかどうか?
間に合わない結果になるとしても、来年につながる科目合格をするためにはどうすればいいか?
ということを主に考えました。
そこで、私が一番最初に購入したのはTACの過去問題集7冊(全7科目)。
他の道場メンバーも重要性を語っていますが、私は
「資格試験において過去問に勝る参考書はない」
と考えているためです。

なるほどなるほど。10代目の短時間学習3人組(たっつー、どいこう、そーや)も同じこと=過去問重視、を言っていますね。具体的な活用方法を見てみましょう。

さて、ここからは私の過去問の活用方法についてお話します。
題して「いきなり過去問アウトプット作戦」です。
過去問アウトプットから始めるって、何もない状態から、どうやってアウトプットするの??
と思われるかも知れません。
方法は単純です。
一度もテキストを読まずに、とにかく過去問を解く!!
予備知識がまったくない問題であっても、自分の常識の範囲で解いてみる。
最初は全然わからない。半分以上間違えると思います。
勘でもいいから、とりあえず答えてみる。
一問一問、解いたら答えと解説を読みます。
大事なのは意味不明でも一通り解説を読むことです。
「ふーん、そうか」くらいでいいです。
一回目は理解する必要はありません。
それで何とか一冊(過去問5年分)やってみて、終わったら次の科目に移ります。
わけの分からないことばかりで、へこむことも多いですが、一番大事なのはここで心を折らないことです。
とにかく、できないことを気にせず、なんとしても前に進む。

 

引用元:【一次試験】いきなり過去問アウトプット作戦

この方法で、2~3サイクル過去問を回転させるのだそうです。
学習期間が約3か月であるにもかかわらず、547点という高得点をたたき出しています。

 

2次試験は、1次試験終了後に学習を始め、学習期間は約9週間。ここでも徹底的な「過去問重視」のスタイルを取っています。

一次試験で過去問アウトプット作戦を推していましたが、二次試験でも、私はやはり過去問を重視しました。
二次試験問題をやってみるとわかるのですが、受験指導校の問題と、本試験問題には、問題の雰囲気、特に問題文(むしろ本試験の方が曖昧な問いかけがあると思います)の部分に違いがあります。
実際に合否が判定されるのは本試験なのですから、本試験問題で経験を積み上げておくことは重要だと思います。

過去問は80分間しっかり確保して解き、解き終わったらノートに自分へのダメ出しや振り返りを記入していたそうです。

・・・これ、10代目たっつーと驚くほど学習法が似通っていませんか?

解いた事例数は全部で92事例。ただ数をこなすのが重要なのではなく、80分という時間感覚をつかむこと、ギリギリの状態である「修羅場」の体験をすることが大切だと語ります。

92もの事例に取り組んだ理由は、経験値の低い二次試験初学者が他年度受験生に太刀打ちするためには事例演習の経験を多く積むことが重要と考えたためです。
ただ、数をこなせば合格するかというと、そうではないと思います。

(中略)

しかしながら一方で、80分という時間の感覚をつかむことに加えて、本試験当日の修羅場を擬似経験するという意味では、ある程度の数をこなすことは重要かもしれないと思います。
あくまで私の経験ですが、事例の演習を行っていると、5~6回くらいの事例演習の中で1回くらい、時間が本当に間に合わない、いわば修羅場のような状態に陥ることがありました。

(中略)

このときの、「時間内に書き切ることができるか」「各設問の難易度、つまり多くの人が正解できそうな問題はどちらか」を頭に入れた上での、「やり直すorやり直さない」といった、ギリギリの状況での判断力を身につけるには経験が必要だと思います。

一次試験と違って、二次試験は時間がタイトであり「もう諦めちゃおうかな」と思わせるような状況が、しばしば訪れます。
そこを乗り切るためには、ただ勉強を積み重ねるだけでなく、追い詰められた状況、つまり修羅場での判断を行うための経験が必要です。
二次試験対策は、ただ数をこなせばいいというものではありませんが、80分の限られた中で初見の問題を解く経験もある程度は積んでおく必要があると思っています。

このように現場対応力を磨いた結果、本番での事例Ⅱのハプニングにも、強気で対応することができました。

二次試験の事例2の第3問(コーズ・リレーテッド・マーケティングについて問われた問題です)で、完全な勘違い解答をしてしまい、設問1・2の計160字を埋めた後で、設問文をよく読みなおした結果間違いに気づき、残り時間が15分を切るあたりで、消しゴムで設問2問分を全部消して書きなおしました。ちなみに第4問(80字×2)の解答欄は真っ白な状態でした。

引用元:【二次試験】過去問アウトプット+修羅場の経験

とっさの判断で解答を書き直し、結果100点をたたき出しました。80分での過去問演習を多く経験することで、勝負強さが磨かれたのだと思います。

 

4.まっすーさんの答案の特徴
事例Ⅱのなかで、まっすーさんの特徴が一番顕著に出ているのが、最後の設問だと思います。

平成24年度事例Ⅱ 第4問
地域における企業ブランドの強化に向けて有効と考えられるB社のマーケティング・アクションを2つ提案し、それぞれについて80字以内で答えよ。ただしそのアクションの実行により期待される効果についても併せて述べること。

【まっすーさん解答】
B社は、X市内の住民に工場の見学を提供し、陶器製カメを用いた伝統的製法での焼酎造りの技術を紹介して、製法のこだわりを訴求し企業ブランド向上および売上拡大を狙う。

B社は洪水被害への寄付行為をX市の広報や店内でアピールすることにより、地域に根ざした企業であることをPRし、企業ブランド向上および売上拡大を狙う。

解答の特徴は、設問要求に素直であることだと思います。「地域における企業ブランドの強化」から離れていない。また、奇をてらった施策を提案しているわけでもありません。

冒頭、まっすーさんは「事例Ⅱを苦手としていた」と書きましたが、その理由は「与件文に解答の材料が多すぎて脱線しそうになるから」だとか。アイデア勝負に走らないように抑えを効かせた解答になっているのですね。

※注:6年前の話ですので、出題傾向や採点基準は変わっている可能性があります。ご注意ください。

 

5.まっすーさんのメンタル

インタビューの最後に、試験本番のメンタルについて伺ってみました。

「資格試験では、自分は本番に100%の力を出し切れるという自信があります」

力強いまなざしで語るまっすーさん。

・・・超かっこよくないですか!?

この境地に至る背景には、

〇できる限りのことはやり、あとは本番を迎えるだけの状態である
〇本番の対応が自分の中で固まっている
〇自分を信じる気持ちがある

ということがあるのではないでしょうか。

そんなまっすーさんですら、本番はこんな心境に。

振り返ると、私の昨年の二次試験当日は本当にドタバタでした。
まず、事例Iでは解答骨子を作成した後、いざ解答用紙に記入を開始しようとしたところ手が震えてまともに字が書けない。
緊張感だったのか受験会場の寒さだったのか、いまだにわかりませんが、書いては消し、書いては消しして大幅にタイムロスしながら必死に解答を書いていました。

引用元:【二次試験】定石の準備

資格の達人ですら、診断士試験は「ほかの試験と比べてもプレッシャーが異質だった」と語っています。

 

*     *    *    *

 

まっすーさんのエピソードは、診断士試験だけではなく他の資格の勉強の際にも、参考にしていただける内容だと思います。
よかったら取り入れてみてはいかがでしょうか?

高得点者の特集記事は、『企業診断』3月号、もしくは4月号に掲載予定。どんな記事に仕上がるのか楽しみです。

以上、かわともでした!
今日も明日も、皆さんにとって良い一日となりますように!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

どーも、そーやです。

中小企業診断士二次筆記試験合格された方、おめでとうございます。ラスト口述試験まであと少しです。体調管理だけはしっかりとして口述試験をパスしてください。本当のゴールとスタートはあと少しです。

 

そして今年は残念ながら涙を飲んだ方、悔しい気持ちを持つこの時期に記事をご覧いただきありがとうございます。来年また挑戦をするかどうか迷われている方もいるかと思います。そんな中でも一つだけご提案があります。

今年1年間の受験体験記を作成しませんか?

必ずしも道場に寄稿してください、とは言いません。

 

作成するメリットは2つあると思っています。

1つは、受験体験を文章に起こすことで冷静に今年1年間の振り返りができること

もう1つは、再度試験に挑戦する際に、次の1年間の方針が立てやすくなること。特に上記体験記募集のテンプレと同じように作成すれば、他受験生の経験との比較が容易にできるようになります。

記憶は時間が経つごとに曖昧になりやすいため、気持ちに整理がついた早い段階で作成することをおススメします。

 

体験記の作成に関して私なりにポイントを付け加えれるならば、

反省の内容は不要で、勉強してきた行ってきた事実だけをまとめていく方がより役に立つと思います。

 

それは二次筆記試験の採点基準がブラックボックスであるため、結果として合否が分かれただけだと思うからです。結果として合格していたらポジティブな内容の体験記、結果として不合格であったらネガティブな内容の体験記、というのは違うと思います。また反省の内容に今後の学習方針が引っ張られすぎるのを防ぐためでもあります。

そしてもし可能であるならば、道場に寄稿することも検討ください。よろしくお願いいたします。

 

受験体験記を作成するメリットは過去の記事でも書かれています。

合格体験記・未合格体験記を書くメリット

 

一発合格道場では受験体験記を募集しています。一発合格道場の財産は、10年間積み上げられた投稿記事だけでなく、読者から寄せられたの受験体験記の2本柱だと思います。

 

これから中小企業診断士を受けようと思っている方へ

パソコンで見ている方は左上のバナーに

合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!

スマートフォンで見ている方は左上のメニューに

” ≡ “から、”合格・未合格体験記 ∨”のうち、合格体験記(サマリー)

 

ここに2010年から今までの受験体験記がまとめて格納されています。

カテゴリは

ストレート合格(一次1回、二次1回)
二年で合格(一次1回、二次2回)
二年で合格(一次2回、二次1回)
三年以上で合格
未合格体験記

 

中小企業診断士試験は1次7科目と幅が広く、大学の学科・専攻保有資格実務経験の有無などで人それぞれ大きく勉強時間が変わってくるのが特徴です。

そのため数ある体験記の中で自分に近い体験記を探して参考にすることが合格への近道の一歩だと思います。

 


 

【合格体験記】独自の学習理論を確立してストレート合格!! みっちーさん

2018年合格みっちーさん:通勤講座ストレート合格(1次1回、2次1回)
保険代理店勤務ですが本人曰く予備知識はほぼないストイック勉強スタイルで合格

毎日コツコツとスキマ時間で勉強時間を確保することが出来る方には参考になると思います


 

【合格体験記】燃え尽きを克服し、自分にあった学習法を見極め見事合格!たけさん

2018年合格たけさん:独学×通勤講座×TAC通学の三年変則合格(1次2回、2次1回)
大学時代に経済や経営、簿記を専攻しており仕事では工場経験もある自分にあった勉強スタイルで合格

勉強のモチベーションが出なかったり燃え尽き症候群になって2次を一度スキップしても最終合格を勝ち取った方です。
合格体験記も非常に簡潔にまとまっており、どのようなスタイルで勉強していたかが想像しやすい読み手にやさしい体験記です


 

【合格体験記】学習の質を重視し超短勉強時間でストレート合格! たっつーさん

2018年合格たっつー:独学ストレート合格(1次1回、2次1回)
短期間で結果にコミットする過去問折込済みテキストインプット法と徹底的二次復習スタイルで合格

弁護士資格持ってるなら診断士も余裕でしょ?いやいや難関資格持ちならではの短時間で合格ラインに乗せる技術を一読すべきです
たっつーと境遇が似てる方はなかなかいないと思いますが、合格可能性を高める勉強方法は非常に参考になると思います


 

このように体験記には、これから診断士試験をどう乗り越えていくか先人の知識が多く盛り込まれています。

まだ経験したことない診断士の試験勉強をどうすれば乗り切れるか、具体的なイメージを提供してくれる良質なコンテンツとなっています。この時期は特に、勉強の合間に自分に参考となる体験記を探して、他人の経験を自分のものにしてください。

ちなみに私は、1次試験の合格のイメージが一切湧かなかったので、あえて1次試験を1回以上失敗している体験記のみをピックアップして、どうすれば自分は合格できるのか反面教師として活用させてもらいました。

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

どうも、kskn(きしけん)です。

二次筆記試験に合格された皆さん、おめでとうございます。
不合格だった皆さん、また来年頑張りましょう。応援しています。

運営している診断士受験生のオンラインコミュニティでも、多くの吉報を受け取りました。
全体での合格率は見てないのですが、自ら積極的に情報交換されてる方だけに絞ると合格率は50%近くあったので、やはり合格した人はするべくしてしたという印象です。
僕はその土台(場所)を用意しただけですが、それによって少しでもいい結果に繋がったんだとしたら嬉しい限りです。
また来季も運営は続けていこうと思いますが、どういう形にするかはまだ考え中なのでそのうち告知します。ご興味があれば、ぜひ!

 

さて、タイミング的には口述試験のことを書いて欲しいと思われているかもしれませんが、不合格だった方へ届けたいメッセージもあれば、来年受験される方へ書きたいメッセージもあるし、非常に何を書くか悩ましかったです。
そんな中で今回のメインは『合格したその後』について書こうと思います。
が、そこへ向けてのイントロとして少しだけ口述のことと、他にもいろいろ書きます。笑

まず口述についてですが、いちおう自分の体験談をしておくと、口述試験の2日前までは全く準備しておらず、ほぼ丸裸の状態で口述セミナーに参加した結果、周りのレベルの高さに圧倒されて焦り、試験前日の土曜日に必死こいて詰め込みました。
で、当日行ってみるとほとんど準備したこととは別の質問を受け、あまりうまく答えられた手応えもありませんでしたが合格しました。
まぁつまりそれほど頑張らなくても会場に無事辿りつけて、それなりに会話ができれば(たぶん)合格するし、逆に変に気負わないことの方が大事だと思います。

ちなみにTACの口述対策はオンラインで見れて、レジュメに想定問題集が付いているのでこれを一通り見ていれば大丈夫と思います。
リンクはコチラ

 

次に不合格だった方 & 来年に向けて勉強をスタートされた方は、9代目zenzenさんのコチラの記事をご覧いただければと思います。
とても大事なことが書かれています。

 


というわけでここからが本題で、合格者の皆様へ向けた内容です。

12月6日に筆記試験合格を確認してから今日までの4日間、何か変化はありましたでしょうか?
誰かに会ったり、会社でお祝いしてもらったりといった一時的なものはあったかもしれませんが、日常はそれほど大きな変化はないと思います。そしてそれはしばらく続きます。
具体的に言うと1月いっぱいまではそれほど大きな変化はなくて、2月ごろから少しずつ、診断士として活動できる場が現れてきます。

例えば、
・実務補習
・受験生支援(道場、タキプロ、ふぞろい他)
・取材の学校(執筆について学び、実践できるところ)
など。

そしてそれは月を追う毎にどんどん増えてきます。
知り合いが増えてくれば、会食に誘われる機会も増えるでしょう。
都市部にお住まいの方は、診断士協会主催のセミナーや、有志の研究会や勉強会にも参加するでしょう。
実務補習が終わるころには診断士試験で学んだことを本業でも活かせるようになったりして、そうなると本業もますます忙しくなるでしょう。
副業や転職を考えられている方も春頃から動き出し始めるかもしれませんね。

このように、『やりたい』と思うことは日々増えていきます。が、『時間』と『体力』は有限であるということは忘れてはいけません。

僕はそこまでいろいろやってる方でもないと思うのですが、人と出会える場にはよく顔を出していたので、年間でザックリ200人くらいの方とはじめましてをしました。
そうなると人付き合いが苦手じゃなくてもさすがに疲れるし(笑)、いろいろ誘っていただけるようになるので時間も足りなくなります。
この1年間で土日両方やることなくてゴロゴロ、みたいな週はあまり無かったように思います。

 

つまり何が言いたいかと言うと、あなたの診断士としての活動が順調であればあるほど益々できることが増えていきますが、何でもかんでもやりすぎると徐々に時間が足りずに身動き取れなくなるか、もしくは体力的・精神的に疲れて嫌になってしまいます。
この1年間でそういう方を何名かお見かけしましたし、話を聞くと毎年必ずいるそうです。

なのでぜひ、この『まだ忙しくない時期』にたくさん情報収集をして、『自分は何をしたいのか』『何をすべきなのか』をハッキリさせておくことをオススメします。
受験生支援以外の大抵のことは、診断士2年目でもチャレンジできます。(裏を返すと既存の団体での受験生支援活動は初年度しかできません
具体的に決められそうになければ『多くの人と知り合う』とか『診断士としての実務を深く経験する』とか、方向性を固めるだけでも十分です。
「こういう方向性で考えてるけど、それって具体的に何すればいいの?」が知りたければご相談ください。分かる範囲でお答えします。

とにかく、出てきたものを手当り次第トライしていくのは、悪いとは思いませんが少し危険です。

もちろんめちゃくちゃ活動的に動かれていてかつタスクを回しまくってる人もいるわけですが、そういう人はそういう人。自分は自分で大丈夫です。
身の丈に合った活動をできるよう、今のうちから準備されるとより良い1年を送ることができると思います。
それでは、頑張ってくださいね。

あと、合格体験記もご提出お待ちしてますので、よろしくお願いします。

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

 

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

 みなさんこんにちは!ちこまる(仮)です。

二次試験、本当にお疲れ様でした!今日もOPEN DAY!一晩たって改めての「受かったぞー!」「来年も頑張るぞー!!」などなど、たくさんお寄せくださいね。

今年合格した方、本当におめでとうございます!!来週の日曜日の口述試験も気を抜かず、最後まで気を抜かずにお過ごしください。

今年残念ながら不合格だった方、まずはゆっくり休んでくださいね。きっとこれまでは気持ちも落ち着かなかったことと思います。元気になったら、今年の振り返りから。来年度を目指すみなさんのためにも、私たちもお役に立てる記事を書いていきたいと思います。

昨日は私も去年の今頃、一昨年の今頃のことを考えていました。去年の今頃は、本当に晴れやかな気持ちで、(確か自転車に乗ってどこかから帰るところでした)一昨年は出張先の名古屋に向かって新幹線に乗っていて、ずーんとした気持ちで、1日仕事してた気がします。

そして、道場では皆様の受験体験記を、今日から年内いっぱいにかけて募集します。冒頭に募集要項を記載しています。今年はフォームからもみなさんからのご応募をお待ちしております!!

来年度の本ブログの執筆メンバーである、11代目は、ご応募いただいた合格者からお声がけいたしますので、興味があるよ!という方はぜひぜひ!ご応募お待ちしております。

今日のブログへのコメントもお待ちしております!!!

以上、ちこまる(仮)でした(о´∀`о)

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京 詳細お知らせ
12月7日(土)13:45~16:45

東池袋第四区民集会室

お申し込みはこちら

※12月6日(金)12:00~申込開始となります。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

 

みなさん。おはこんばちは。
キャリコン診断士のブブです。

早いもので、私にとって一発合格道場10代目メンバーとしての最大イベントが今週末に迫ってきました。
そう、2次試験の合格発表となる12月6日(金)。
心なしか緊張しています。ドキドキしています。
みなさんはそれ以上にドキドキしていることとお察しします。
良い結果であることをみなさんと同じ気持ちで祈っておりますが、結果に関わらず、先ずはここまで頑張ってきた自分を褒めてあげてください。
「本当に本当にこれまでおつかれさまでした」
そして、晴れて合格の暁には、みなさんの喜びのメッセージが届くことを10代目一同、楽しみにお待ちしております。

さて、一区切りを迎えるこのタイミングで、今回、記事にしたかったこと。
それは、中小企業診断士試験に合格した1年前から、この1年を振り返って感じてきたこと。
これを徒然なるままに書いていきます。

既にご案内の通り、私は地方(四国)在住で独学で試験に挑戦していました。
そのため、診断士とはどんな人、診断士に挑戦する人とはどんな人。そんな予備知識がないままでした。
合格後、四国では実務補習の開催がないため、大阪で受講した(実務補修会場は、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の主要都市のみ※平成31年度実績)のですが、同期の受講生のみなさんは優秀な方ばかり!
実務補習では、短時間(2週間)で外部環境、内部状況(SWOT)を分析し、提言書としてまとめていきます。それを勤め人として(自営の方もいましたが)日常の仕事をサラッとこなしつつ!論理性と納得性の高い資料を見易く仕上げていきます。
正直、ついていくのがやっとといった感じでしたが、レベルの高い方たちと一緒にさせていただくことで多くのことを学べました。

これは、一発合格道場メンバーも同じでして、道場メンバーの面々は、ほんとっ優秀です!
(身内褒めして恐縮ですが・・・)
それは、あらゆる場面で感じます。
イベント等のセミナー開催に向けての段取りしかり、ブログやセミナーコンテンツでの見せ方、作り方しかり。
物事に対する進め方がホント的確です。
私は、というと。。。先代含め道場メンバーみなさんに助けられて何とか今に至るのですが、そのおかげで様々な力を付けさせていただいた、と感じています。

具体的には、地元の診断士協会から研修講師の仕事をいただいた際に感じました。
過去その(講師)経験がないなかで、段取りや資料作成、話し方、進行等をスムーズに行えたことは道場メンバーのあらゆるスキルを肌で感じられたことのお陰です!、と確信しています。

また、(私は現在は企業内診断士なのですが)社内実務においても論理的・視覚的な資料作成力が向上した気がします。
これは、実務補習において指導員の先生から何度も「短時間でクライアント社長がわかりやすい資料を作成しなさい!」との指導を受け、そしてそれを体現できている道場メンバーのコンテンツ(ブログやセミナーコンテンツ)から学べた気がします。
指導員先生の言わんとすること(わかりやすい資料作りなさい!)はわかっても、なかなかできないんですよね(涙)
万事において共通しますが、まず「真似る」ということが、一番の習熟のコツですね。
そんな真似るべき先生が、道場メンバーとして身近にいてくれたことは本当に幸せでした。
あらためて「ありがとうございました!

まさに徒然なく書いてきてしまい、止めどなく続きそう(笑)なので、ここらで総括します。
「診断士は、ポイント(要所)をつかむ能力」に長けている!
そんな共通点があるように感じます。

是非、みなさんもその特殊能力(笑)に触れていただき、その才能を更に開花させてくださいね!
そして、何より喜びに満ちた「合格体験記」、楽しみにお待ちしています!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

 

 

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

もうすぐ12月ということで、今年もあっという間に終わりが近付いてきましたね。今年の試験を受けられた方は、長いようであっという間の1年だったのではないでしょうか。二次筆記試験の合格発表まであと1週間ちょっとですので、結果待ちの方は落ち着かないと思いますが、心の準備をしつつ残りの期間を楽しんでいただければと思います。

さて、本日の記事ですが、これから中小企業診断士試験の学習を始められる方向けの記事となっています。大手予備校であるTACのカリキュラムだと、通常は9~11月からの講義開始となっていますので、ちょうど学習し始めの方も多いのではないでしょうか。ちなみに私の場合は、速修コースで12月からの開始だったのですが、今年のTACのカリキュラムを見ると、最遅の開始が12月のようです(例年は1月開始もあります)。恐らく、中小企業診断協会が発表している2020年度の一次試験日程が前倒しになる予定、の影響だと思います。ということで、学習に取り組むか迷っている方にとっては、そろそろ期限が迫っていますので、学習方法・取り組み方針の参考となるように、試験対策に向けたイントロダクションとして、本日の記事をお届けできればと思います。

 

診断士試験の概要

年一回のみの試験であり、一次試験(7科目)と二次試験(4事例)があって、二次試験は筆記試験と口述試験がある、といったような形式的な話は、少し調べれば簡単にわかることですので、ここでは割愛いたします。全体感として特に知っておいてほしいことを中心にお伝えできればと思います。

一次試験は知識を問われる試験であり、しっかり取り組むことができれば、合格率を高めることは比較的難しくはないと思います。ただし、この「しっかり」というのが容易ではない、というのも事実です。試験範囲がかなり広いため、(個々のバックグラウンドによって差異はありますが)長期間・長時間の学習が必要であり、時間の確保やモチベーションの維持が重要なポイントとなります。

二次試験は応用力を問われる試験であり、過去問の正答が公表されないこともあり、掴みどころがなく、大変難しい試験です。予備校に通っていれば合格できるというものでもなく、情報収集の上で、早期に正しい取り組み方法を理解し、対策を行うことが重要です。一次試験合格者の猛者の中から約2割しか受からない厳しい試験であり、診断士試験の本当の関門は二次試験、ということは知っておいてほしいです。なお、口述試験は二次筆記試験後から情報収集・対策をすることで十分間に合いますので、今は考えなくて大丈夫です。

 

一次試験対策

繰り返しになりますが、一次試験の範囲はかなり広いため、まともに取り組むとかなりの学習時間が必要になります。もちろん、まともに取り組むからこそ合格率を高めることができるのですが、どうしても時間の捻出が難しい方もいると思いますし、複数年計画という方もいると思います。その辺は、個々の事情によって異なると思いますが、基本的な対策方法としては、過去問を中心として、特にABCランクの問題(※)を繰り返し解く、ということとなります。

※TACデータリサーチの正答率が40%以上の問題(A:80%以上、B:60~80%、C:40~60%)

なお、得意科目がある方は、資格を保持していることで免除という選択肢もありますが、逆に得点源にするという考え方もあります。極端な例ですが、昨年のたっつーの経営法務の例もありますので、吟味した上で選択されることをお勧めします。

また、ちょうど先日のいよっちの記事にて、一次試験対策の記事(10代目執筆分)がまとまっていますので、是非、こちらもご一読ください。(←手抜き)

 

二次試験対策

恐らく、まだ学習し始めの方は、二次試験の問題を見たことがない方が大半だと思います(見たことはあっても、解いたことがある方はいないと思います)。二次試験の問題(与件文・設問)をぱっと見ただけだと、なんとなく解けそうな気がするかもしれませんが、実際に解いてみるとその難しさを体感することができると思います(なので、できれば一次試験対策中に、一度解いてみるのがお勧めです)。重要なポイントとしては「みんなが書ける解答を書けるようになる(設問に忠実・簡潔に答える、アイデア禁止、6割確保を優先)」「初見で80分で解けるスキルを身に着ける(パターン化、フレームワーク活用、解法確立)」ということとなりますが、実際には学習を始めてみないとイメージが湧かないと思いますので、まずは認識だけしてもらえればと思います。

二次試験対策の記事(10代目執筆分)について、簡単にですが以下にまとめましたので、時期がきましたら、是非こちらもご一読いただければと思います。

二次試験全般

H30年度 合格体験記総まとめ~2次試験編~(ちこまる(仮))

【永久保存版】10代目(H30合格)再現答案&得点開示結果集(ぐっち)

 

学習計画

【今やっておきたいこと】二次試験対策の学習計画(ぐっち)

二次試験向け学習の進め方(from 春セミナー)(ぐっち)

【永久保存版】2次試験の学習計画(かわとも)

 

事前準備

二次試験を意識した準備(ぐっち)

二次試験対策の教材を揃えよう!(ぐっち)

そんなあなたも合格に間に合います!「そのために今、すべきこと!」を総まとめ(ブブ)

 

学習方法

【二次試験】アタマの中を可視化する ハコ法!(ちこまる(仮))

【2次試験攻略の勘所】初見時の復習に全力をかけるべし!(たっつー)

2次攻略のための「具体的な」復習方法(たっつー)

二次初学者だった自分がこの時期に意識するようになったこと(そーや)

解答欄に文字が収まりきらないあなたへ(kskn)

 

事例のポイント

あと5点伸ばすための2次試験のポイント(なおさん)

【事例Ⅱ】押さえたい3つの特徴&攻略ポイント(いよっち)

事例Ⅱの攻略法 必見!フレームワークつき(ブブ)

事例Ⅲはルールを探せ!(ちこまる(仮))

【2次対策】事例Ⅳ 弱者の戦略(makino)

【事例Ⅳ】経営分析指標を見極めるポイント(kskn)

 

事例解法・解答プロセス

【今やっておきたいこと】2次試験対策への着手と80分間の過ごし方(なおさん)

二次試験解法(作業工程の整理)(ぐっち)

【ゲスト寄稿】二次試験の解答ルーティン(kskn)

私が実践した2次の解法 (事例Ⅰ~事例Ⅲ共通)(ブブ)

 

事例解説

10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント!:平成30年度事例Ⅰ(なおさん)

10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント!:平成30年度事例Ⅱ(なおさん)

10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント!:平成30年度事例Ⅲ(なおさん)

10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント!:平成30年度事例Ⅳ(なおさん)

なおさんの2次試験 解答&解説:令和元年度事例Ⅰ(なおさん)

なおさんの2次試験 解答&解説:令和元年度事例Ⅱ(なおさん)

なおさんの2次試験 解答&解説:令和元年度事例Ⅲ(なおさん)

なおさんの2次試験 解答&解説:令和元年度事例Ⅳ(なおさん)

 

ファイナルペーパー

今からできるファイナルペーパーの作り方&iPad活用法(ちこまる(仮))

学習ツール大公開+みんなの時間割(かわとも)

【FP公開】事例Ⅰと事例Ⅱのポイント(ぐっち)

【FP公開】事例Ⅲと事例Ⅳのポイント(ぐっち)

残り一週間の過ごし方+おまけ(なおさんのFinal Note)(なおさん)

 

予備校 or 独学

最後に、試験対策の取り組み方として、予備校を活用する場合(通学・通信)と独学の場合について、お話ししたいと思います。それぞれメリット・デメリットがあると思いますので、どちらが良いとは言えませんが、予備校のメリットとしては、学習方法やポイントの理解がしやすい、モチベーションの維持がしやすい、独学のメリットとしては、コストが安い、自由度(時間の制約等)が高い、といった感じかなと思います。10代目も多様性に富んだ様々なメンバーがいますので、ご自身のタイプ(予備校/独学、長時間/短時間学習、ストレート/多年度)と同じメンバーの記事を読んでみると、ご参考になるかもしれません。

 

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

どうも、kskn(きしけん)です。

まず、先日の事例Ⅵ@大阪にお越しいただいた皆様、ご参加いただきありがとうございました!
やはりこの時期なので「合格できているか自信がない」と仰る方は多かったですが、でも表情は明るく見えました。それはやり切った感なのか、はたまた内心は自信があるのか。笑
とにかく皆さんとお話してる時間はとても楽しく、将来一緒にお仕事したいなと思いましたので、またお会いできることを楽しみにしております!
(オレはksknと会いたくねぇよというコメントは不要です。フリじゃないですよ)

 


さて、ここから本題です。
この一発合格道場では『アウトプット重視』が強く言われていて、そこは僕も100%賛同しているところです。アウトプット大事。
ですが、今日はあえてインプット側の視点でお話をします。

 

(独学の方は少し違うかもしれませんが)予備校通いもしくは通信を受けている、おそらく大抵の方は

予習→授業→復習→(単元が変わる)→予習→授業→復習→(繰返し)→演習・模試→復習

みたいな学習の流れになると思います。伝わりますかね。
そして、ここで『予習』と『復習』が複数出てきます。これらはどちらもインプットですよね。

さて、質問ですが皆さん『予習:復習』をどれくらいの割合でやっていますか?

少し考えてみましょう。では、どうぞ。

 

(チクタク…)

 

(チクタク……)

 

(ポーン)

 

はい、ありがとうございます。だいたいの数字が出ましたね。
これは僕が想像なんですが、おそらく『予習:復習』=『5:5』ないし『6:4』くらいが多いんじゃないかなと思っています。どうでしょう?

じゃあ僕はどうだったか。
実は僕は今までの人生で『予習』をしたことがありません。なので『予習:復習』=『0:10』です。
そんな僕が書く今回の記事は「予習をしっかりやりましょう」的な意見に対する完全なるアンチテーゼです。

 

そもそも僕が予習を全くしないのは、「予習って効率悪いよね」ってところから来ています。
だって予習ってテキストとかに書いてあること一通りやるじゃないですか?
でもその中には『すでに知ってること』もあれば『そもそも試験に出ないこと』も含まれているわけですよ。
診断士だと実際の仕事と通じる部分もけっこうあったりするので、すでに知ってることって結構あると思います。

そういうのを予習で一通りやって、授業でももう一回やって、、、って時間もったいないよね?と、僕は思ったわけです。

で、実際に今まで予習は一切やってきませんでした。復習も、授業の復習は基本的にはやらず、演習や模試などアウトプットの後に重点的にするようにしました。
それをやってみて、

・授業をマジメに聞いていれば、いくらかの問題は解ける(3~4割くらい)
・解けなかった問題は理解できていない問題なので重点的に勉強すればいいと分かる
・理解できていない問題だけをしっかり潰していけるのでその後めちゃくちゃ点数が伸びる
・解けなかった問題しかやらないのでトータルの勉強時間は短くて済む

ということが分かりました。
ちなみに、上で「今までの人生で」と書いた通り、中学生の時からずっとそうしてきました。
なので学校の定期テストは点数悪くて全然ダメ生徒でしたが、その後にしっかり復習をするので模試ではあまり悪い点を取った記憶がありません。(忘れてるだけかも)
でも、逆に定期テストは良いけど模試は苦手な人もいて、そういう人はやっぱり試験後の復習をほとんどしてなかったりするわけです。もったいない。

 

そういうわけで、僕は予習と復習どちらが大事かと聞かれれば、100%復習が大事だと答えます。
ただまぁあくまで僕がそうだった、というだけなので何が正解とかはありません。
でも働きながら、家族と過ごしながら勉強をしていて時間が足りないと感じておられる方へ、こういう勉強の仕方をした人もいるんだよというご紹介でした。
ぜひ一度、試してみていただいてはいかがでしょうか。

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

どうも、こんにちは。いよっちです。前回までの記事はこちら

先日、会社の後輩から「診断士受験します!」と連絡をもらい嬉しく思う一方で、「もうそんな時期か」とハッとさせられました。

2次試験から約1か月。ブログの書き手である私も、一緒に2次試験を受けた後のように、ぼんやりした時間を過ごし、ついつい”ゆるわだ”的な記事ばかり書いていましたが、そろそろ来年の1次受験に向けて動き出している受験生のお役に立たねば!と思い、今日は来年1次試験を受ける受験生向けの記事をお届けしたいと思います。

、、、とはいえ、1次試験を受験したのはもう3年前。「新情報なんて出せないし、、、、そうだ、まとめ記事にしよう!」と思ったわけです。(←手抜き

思えば、道場ブログの執筆を開始してからは、書きたいことを、書きたいように、書きたい順に、書いていたわけです。つまり、本当に伝えたいことは、序盤の記事に書かれているのではないか、と仮説を立ててみたところ、出るわ出るわ、良記事満載!

今回は、10代目のメンバーが道場でブログを書き始めてまだ日が浅い頃のもの、かつ、1次試験に関連するものを私の独断と偏見でチョイスしてみました。(ごく一部を除き)本当に伝えたい要素が色濃く出ている記事ばかりですので時間のあるときに眺めてみてください。これから勉強を開始する、もしくは開始したばかりという方には特に役立つと思います。


1次試験全般
H30年度 合格体験記総まとめ~1次試験編~(かわとも)
(ひとこと:合格者はいかにして合格者たるか、これ必読です。)

学習計画
自己紹介&スト合格のためにこの時期やるべきこと(かわとも)
【今やっておきたいこと】学習計画の立て方&今から2次試験の過去問をやるべき?(たっつー)
【今やっておきたいこと】科目合格のメリットを活かそう(makino)
1次独学->2次独学をお考えの方へ(makino)
【今やっておきたいこと】学習法を見直そう!(kskn)
(ひとこと:当初漫然と勉強していたmakinoを反面教師としつつ、優等生タイプかわとも、ストイック型たっつー、マイペース型ksknの中で自分のタイプに合いそうなものを参考に)

1次科目別
財務・会計
経営者の視点から資本利益率を考える(どいこう)
超シンプル事例でNPV・IRRに慣れてみる(どいこう)
(ひとこと:ファイナンス素人向け記事のはずが、意外と玄人受けが良かった記事。財務・会計は本質を理解しないことには進めないので、行き詰ったら手を動かしてみるのは非常に大事)

経済
【独学者向け】経済学解説①「費用関数」(kskn)
【独学者向け】経済学解説②「消費者行動の分析」(kskn)
【独学者向け】経済学解説③「余剰分析、貿易、ゲーム理論」(kskn)
(ひとこと:まぁ分かりやすいです。)

情報
暗記科目の攻略法(情報、中小)(かわとも)
経営情報システムの略語たち(SaaS/EA/ERP)(そーや)
(ひとこと:暗記科目は少し先ですが、困ったときに振り返ってみてください)

経営法務
ケースで学ぶ民法改正ポイント【前編】(たっつー)
【渾身】ケースで学ぶ民法改正ポイント【後半】(たっつー)
弁護士がH30経営法務を解いてみた&問題解説【ゆるわだ+α】(たっつー)
私が、大荒れの平成30年法務で、如何にして足切りを回避したか。(makino)
【経営法務】やる気が出ないあなたへ(いよっち)
(ひとこと:H30年の法務で、最高水準(だったに違いない)たっつーと、足切りギリギリ最低水準のmakinoの記事の対比でどうぞ。後者は、苦手&爆弾科目への対処のお手本のような記事なので、1次が近づいたら読んでもらいたいです。)

中小
【中小】92点を取った勉強法① ~意識したい3つの視点~(いよっち)
【中小】92点を取った勉強法②(おまけ付き)(いよっち)
【今やっておきたいこと】学習時間を増やす&中小企業支援の概要と診断士の役割(どいこう)
(ひとこと:手前みそで恐縮ですが、結構好評いただいてました。)

渾身シリーズ
【渾身】永久保存版! 渾身シリーズまとめページ(ちこまる(仮))
(ひとこと:個別の科目・分野で苦手意識を持ったらこれ!)

モチベーション
たっつー的モチベーション維持の方法(たっつー)
合格者たちは、どのようにモチベーションを維持したのか(makino)
【今やっておきたいこと】長押し!心のスイッチ!(いよっち)
(ヘビわだ)残酷な現実を迎える覚悟はあるか?(いよっち)
自己紹介&「ニンジンはどこだ!?」(どいこう)
(ひとこと:モチベーションの維持なく、長丁場の受験シーズンを戦い抜くのは不可能です。自身のモチベーションの源泉を問いかけるヒントになれば!)

勉強方法~全般~
【今やっておきたいこと】「戦は国の一大事」~戦う以上は必勝あるのみ~(ブブ)
1年前の自分にどんなアドバイスを送りますか?(ブブ)
【今やっておきたいこと】自分を知ろう!(ちこまる(仮))
自己紹介とセルフ診断のススメ(kskn)
自己紹介&春セミナー告知(と道場活用超初級編)(かもよ)
【今やっておきたいこと】現在地の測定方法と1次テキスト選び(そーや)
(ひとこと:いかに勝ち切るか、そのためには自分を知るところから)

勉強方法~how to系~
自己紹介&バックキャスティング思考法(なおさん)
過去問と超高効率「ループ学習法」(なおさん)
財務会計・事例Ⅳ きれいな計算用紙でミス撲滅!(ちこまる(仮))
教材をしぼらない??「机学習」と「STUDYing」(かもよ)
タブレット(iPad)勉強法(そーや)
(ひとこと:how to系の記事は書き手によってかなり特色が出てます。特にそーやのタブレット勉強法は当時バズってた印象です)

番外編
発表!H31年度試験委員!(いよっち)
自己紹介&勉強時間と総得点の相関について+投稿記事分析(そーや)
自己紹介&10代目メンバーの属性(多様性)(ぐっち)
『イケカコ』はやるべきか否か(kskn)


私ね、引っ越しのとき、本やらアルバムやら、一つひとつ開けては感傷に浸って、一向に荷造りが進まないタイプの人間なんです。

この記事をまとめるときも、ついつい同じ癖が出て、「懐かしいなぁ」「あぁこんなこともあったっけ」と思いにふけってしまい、記事の中身を全部読んでしまって全然筆が進みませんでした。。。

10代目が記事をお届けするようになって約10か月。残りの記事投稿の機会はそう多くありませんが、最後まで合格へのお手伝いができればいいなと切に願っています。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

以上、いよっちでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

 

おはようございます、10代目たっつーです。
(過去記事はこちら

道場メンバーの代替わりは毎年2月頃に行いますので、2018年合格の10代目によるブログ執筆も、徐々に終盤へと差し掛かって参りました
各人のブログ記事の回数も20回を超えていて、僕なんかは、正直、ネタが尽きてきています…。

ということで、今日は「超ゆるわだ」です!
でも内容は、熱いです!!

合格体験記に記載しているとおり、独学の僕にとって一番大変だったのが、「やる気」(モチベーション)の維持でした。

その中で、今まで読んだ漫画の名シーンを思い起こすことで、自分の「やる気」を何とか奮い立たせることがありました。
(お恥ずかしい話、僕は30を優に超えるいい大人ですが、かなり漫画が好きなんです…。)

そこで、大変自己満で申し訳ないんですが、今日の記事では僭越ながら、「やる気」を奮い立たせてくれた漫画のシーンを紹介させていただきます!

来年の合格を目指して頑張っている方は、ぜひ今日の記事も使って、モチベーション維持の材料にしていただければ。
また、2次筆記試験発表待ちの方で、もしまだ読んだことのない漫画があれば、ぜひこの機会に「大人買い」でもしていただければ。

もはや診断士試験のブログでやる話じゃないですが、ま、1記事くらいはいいよね。


◆SLAM DUNK(スラムダンク)


(井上雄彦作、SLAM DUNKより)

1つ目は、言わずと知れた超有名漫画からです。

中学時代、大会MVPに選ばれるほどのバスケプレイヤーだった選手が、高校入学後、怪我などがきっかけで不良になってしまい、長期間、バスケ部から離れました。
その後、バスケがしたいという自分の本音に気付き、2年の空白期間を経てバスケ部に復帰するのですが、ブランクの影響は大きく、体力不足で試合途中に倒れてしまいます。
試合会場の裏で休んでいるのですが、不良時代の頃を思い出し、「なぜオレはあんなムダな時間を…」と一人後悔するシーンです。

実は、以前、この過去記事でもちょっと触れましたが、受験中、このシーンの使用頻度(思い出す頻度)が一番高かったです!

机に座ったはいいけど、なかなか勉強に着手できないときってありますよね。
あるいは、ダラダラと休憩しちゃうときってありますよね。

そんなとき、私はよくこのシーンを思い出して、「あ、もし試験に落ちたら、この今の時間を振り返って、『なぜ俺はあんな無駄な時間を』って思い出すんだろうな。それは絶対後悔する!」と思って、「やる気」を呼び起こしてました。

◆寄生獣

(岩明均作、寄生獣より)

次は、名作SF漫画の寄生獣からです。
ちょっと前にアニメ化もされましたね。

パラサイトと呼ばれる生物が現れ、一部の人間が、知らぬ間に脳を乗っ取られて「人食い人間」になってしまいます。
主人公は、運よく脳は乗っ取られず、右手だけパラサイトに寄生されています。
物語の終盤、最強のパラサイトの「後藤」に襲われ、今にも殺されそうなところですが、近くに鉄筋上の棒が落ちているのを見つけ、これで何とか抵抗することを考えます。
絶望的な状況ですが、主人公は「やらなきゃ確実なゼロだ!」と思い、最後まで諦めずに後藤に抵抗することを決めたシーンです。

僕自身は、このシーンもめっちゃ使用頻度が高かったです。

1次試験の勉強期間が短かったということもあり、「さすがに無理か。」「疲れてるから今日の勉強はいいか。」と何度も諦めそうになりましたが、「いやー、でも、もしここで諦めたら合格確率は『確実なゼロ』だな。やれば、何か起きるかもしれない!」と思って、何とかモチベーションを維持していました。

◆ドラえもん


(藤子・F・不二雄作、ドラえもんより)

説明不要の有名漫画ですね。

大学生の頃、弁護士を目指して司法試験を受けましたが、2回落ちた後、3回目に向けて勉強しているときにこの言葉をよく思い出しました。

当時、弁護士は世の中に2.5万人位いたのですが、2.5万人もの人が司法試験に受かって、自分だけが落ちるなんてことはあり得ない!(言い換えると、2.5万人+自分を才能順・能力順で並べたときに、自分が一番ビリけつということは、さすがにないだろう!)、だから絶対受かるはず、と思って勉強していました。

人にできて、きみだけにできないなんてことあるもんか
当たり前のことしか言っていないんですけど、なぜか妙に心に響きました。

◆三月のライオン


(羽海野チカ作、三月のライオンより)

有名な「ハチミツとクローバー」の作者の漫画ですね。
孤独な高校生プロ棋士の主人公が、様々な人達との交流を通して成長していく物語です。

セリフを言っている真ん中の棋士は、ひどい胃痛に悩まされるほど毎日必死に努力しているのですが、同期の棋士は、天才と呼ばれる人物であるにもかかわらず努力を惜しまず、既にタイトルをいくつも獲得しています
差は縮まるどころか離れていっているような気さえする中で、呟いた言葉ですね。

皆さんそうだと思いますが、仕事していると、やっぱあり得ないくらいセンスがある人っていますよね。
(僕の仕事でいうと、文章のセンスとか、人を説得するセンスが物凄い高い人に出会います。)。
そんなときにたまにこのシーンを思い出して、「この人みたいにはなれないかもしれないけど、自分がさぼっていいってことにはならないよなー」と考えます。

もはや診断士試験と全く関係ないですが(笑)、さらっと合格していった勉強仲間がいるときなんかにこのシーンを思い出すと、やる気が出るかもしれません!


いかがでしたでしょうか。
他にも、小説や映画とかも含めて、もっともっと紹介したい「やる気」が出そうなシーン・名言はあるのですが、今日はこの辺で!

以上、たっつーでした!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

二次筆記試験からもうすぐ1ヶ月が経ちますね。受験された皆さんは落ち着かない日々を過ごされていると思いますが(昨年の私もそうでした)、試験のことを忘れて今までできなかったことに取り組んだり、家族や周囲の方々と過ごす時間を増やしたり、折角の学習習慣を活かして他の資格等の勉強を始めてたり、様々な過ごし方をされていることかと思います。再現答案も作成して試験についてはやり切った、今は試験のことは考えたくない、という方も多いかもしれませんが、とはいえ、ちょうど3週間後には筆記試験の合格発表(口述試験を受ける方の発表)がきますので、それまでの間に何かできることはないのか、という観点で、本日は事例分析のすすめについてお話ししたいと思います。

※今は読む気がしない人は、後日気分が変わったタイミングにでも是非読んでいただければと思います。

 

口述試験について

既にご認識の方が大半だとは思いますが、二次口述試験は、筆記試験の合格発表の9日後に受験することとなります。つまり、合格発表後の準備期間が約1週間しかない、ということです。口述試験は非常に合格率の高い試験ではありますが、しかるべき準備を実施することは当然必要ですので、この1週間はとても慌ただしく過ごすことになります。そのため、できれば前倒しで準備できることは、事前にやっておく方がおすすめです(結果が出ていない中で取り組むのは、気持ちの面ではちょっと辛いとは思いますが)。

 

事前にできる口述試験の準備

先日のたっつーの記事10代目の口述試験対策についてまとめられていますが、口述試験の対策としてやるべきことは、大まかにいうと以下の3点かと思います。

①口述試験の内容理解→セミナー参加、情報収集

②口述試験の模擬練習→セミナー参加、想定問答入手、イメージトレーニング

③事例の内容理解→事例の読み込み、事例分析

 

①と②については、基本、何かしらの口述セミナーに参加すれば対応できると思います(10代目も全員、どこかのセミナーに参加していました)。一方で、③については、当然ながら自分で準備することになりますが、1週間程度の準備期間しかありませんので、結構大変です。事例の読み込みは口述試験の直前にやる必要がありますが、事例分析は事前に済ましておくことで、直前の準備期間に効率よく事例の内容を理解する(思い出す)ことができますので、お勧めです。

 

事例分析について

昨年の9代目きゃずの記事にて、2次口述試験のまとめについて書かれており、その中で事例企業のまとめシートも紹介されています。昨年、私も事例分析として簡単にまとめを行いましたので、ご参考までに、作成した分析シートについて、ご紹介させていただきます。

2018年2次試験事例分析

 

まとめ方は人それぞれだと思いますが、上記シートについて簡単に解説しますと、以下のような構成になっています。事例分析に取り組まれる方は、是非、うまいことパクってカスタマイズいただければと思います。

【企業概要】

口述試験では事例企業の内容を覚えている必要がありますので、業種や売上、従業員数等の基本的な要素をまとめています。また特に事例Ⅰでは重要ですが、組織についても簡単にまとめています。

 

【環境分析(SWOT)】

内部環境・外部環境の状況や変化については最低限押さえておく必要がありますので、一通りまとめています。また各事例において、事例企業の変遷が複雑に記載されていますので、さっと流れを押さえるために沿革としてまとめています(今見返してみると、沿革は企業概要に入れる方が適切な気もしますが・・・)

 

【経営革新・改善】

基本的に事例には、(将来的に)課題を解決することで経営目標を達成していく、という流れがありますので、その方向性を押さえるために、ボリュームはあまりないですが、簡単にまとめています。

 

【経営分析】※事例Ⅳのみ

事例Ⅳだけは、各経営指標の分析結果について、一覧として記載しています。経営分析の結果について問われることがあるようですので、さすがに数値まで覚える必要はありませんが、各指標の優劣は押さえておいた方が良いと思います。

 

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

どうも、kskn(きしけん)です。

2日後の11月16日は大阪にて事例Ⅵ(懇親会)開催です。
参加してくださる皆様、よろしくお願いします。とても楽しみにしています。

さて、この事例Ⅵ。こくちーずの案内文には書いていたのですが、他の会場とは異なり、診断士だけでなく行政書士の試験打ち上げと合同で開催します。(見ずに申し込んだ方もいるかもしれませんが、確かに書きました。ハイ)

一発合格道場で募集している懇親会なのに、なぜ行政書士の受験生(と有資格者)も参加するのか。

それはただ単純に僕が『その方が楽しそう』だと思ったからです。

診断士だけで15人くらいが集まるのもそれはそれで楽しいですが、でもどうせならいろんな人が集まって、大きい会場でパーッとやる方が楽しいじゃないですか。
その方がいろんな価値観と触れ合えるし、いろんな人との繋がりが生まれるし。
そんな気持ちで仲の良い行政書士の先生と一緒にやろう!となりました。
押し付けかもしれないんですけど、参加してくださる皆さんにもそう思ってもらえたら嬉しいなと思ってます。

 


僕はこんな感じで、30歳を過ぎたくらいから自分が『楽しそう』と思うことばかりをやってます。
もちろん、時には嫌なことや我慢しないといけないことはあるんですけど、それはどうしてもやらないといけないことばっかりで、基本的に自分から進んでやることは『楽しそう』と思えるかどうかを価値基準に置いています。
この道場の活動なんかもそうですね。1年前の事例Ⅵに参加して、道場の先輩方に初めて会って、『あぁ、なんか楽しそうだな』と思って申込みました。

でもこういう話をすると、『楽しいと思うことばかりできるなんて恵まれてる』とか、『わがままだ』とか言われます。
まぁどちらもその通りなので否定はしないんですが(笑)、でも僕がやってることって『やらないでいいこと』の中の『やりたくないこと』を捨ててるだけだと思うんですよね。
世の中楽しそうなことがいっぱいあるのに、わざわざやりたくないことなんてやってる時間もったいねぇな、みたいな。笑
そして、たぶんやらないといけないと思ってることの大半は、別にやらなくても大丈夫です。(周りからはあーだこーだ言われることは多いですが)
なので、楽しいことばかりをして生きていけるかどうかは本人次第だと思います。勇気を持って、楽しいと思えることだけを選びにいけるかどうか。

 


皆さんが受けた(もしくはこれから受ける)中小企業診断士という資格は楽しい世界への道を拓いてくれる資格だと思います。少なくとも僕にとっては、そうでした。
いろいろな人と出会い、いろいろな挑戦をするチャンスを得ることができます。
そして実際にそのチャンスをモノにできる人は、自分から手を挙げられる人だけなんじゃないかなと思います。(偉そうに語ってますが、僕は言うほどモノにできてません)
なのでこれからは、自分が『楽しそう!』と思ったことには積極的に手を挙げてみるのがいいんじゃないかなと思います。

それは、診断士の世界だけではないかもしれないですね。手を挙げてみれば、少し世界の見え方が変わるかも?
人生長くないですから、いろいろやって精一杯楽しみましょう。

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。

決算発表シーズン

これを書いている現在、9月期決算の発表ラッシュの時期です。私もこの時期は適時開示情報をつい見てしまいます。

いわゆる決算発表で開示されるのは「決算短信」です。決算短信は、取引所によって会計期間終了(例えば9月期決算であれば9月30日)から45日以内(9月期は11月14日まで)の開示が適当とされ、30日以内(9月期は10月30日まで)の開示が望ましいとされています。実際には、31日目から45日目に発表する企業が大半となっています。

ベンチャー投資と未上場株

今回の決算発表では、「ベンチャー投資」がキーワードとなっているようですね。

株式市場には、未上場株に投資をする企業が多数あります。ベンチャーキャピタルの会社がそうですし、最近では大手企業もCVC(Corporate Venture Capital)を持つ会社が多数あります。

こうした企業にとって未上場株は営業資産(勘定科目は「営業投資有価証券」)なので、決算において「時価評価」をすることになっています。ただ、その時価をどうやって評価するのかが問題となります。

帝国データバンクの記事ではIPEVガイドラインによる6つの評価方法を挙げています。

6つ方法が挙がっているのですが、VCにとっては多くの方法が使い勝手が悪いというのが実情です。
・継続的な利益/割引キャッシュフロー:VCの投資先は、現時点でほとんど売上がなく、また損失を計上している場合も多いため、利用が困難。
・業界別のベンチマーク:新しいビジネスの場合は存在しない。
・純資産:投資家からの出資額が上限で、そこから当面は開発費等で減っていく。ところが、投資家はそれを遥かに上回る評価をしており、実態を反映しない。

結局、投資先の評価は「直近の投資価格」がベースとなることが多いようです。ただこの方法を使う場合、気をつけるべき点があります。評価に利用した「投資価格」が、自社の投資価格である場合、一種の利益操作ができてしまうのでは、との指摘があります。例えば以下のような事例です。

・X1年3月、A社に1株100円で1億株(100億円)を投資
・X2年3月、同じA社に1株500円で0.6億株(300億円)を投資

ここにおいて、X2年3月期の決算で、投資した1.6億株の時価を最近の投資単価で評価すると、800億円(@500 × 1.6億)と計算されます。取得価格は400億円なので、400億円の利益が計上でき、年間のリターンは100%となります。すごいですね!

・・・なのですが、気をつけたいのは、これが「未実現利益」である点です。利益を実現するには、第三者に売却できなければなりませんから、「本当にその価格で売却できるのか?」という点は十分に吟味する必要がありそうです。

中小企業診断士が投資を語る動画

なお、有名な中小企業診断士で、井村俊哉さんという方がいます。元芸人で、株式投資で2億円超を稼いだ投資家です。その方が運営しているYoutubeチャンネルがあり、Zeppy投資ちゃんねるというのですが、ここでの井村さんの解説は、理路整然としてわかりやすく、個人的に非常に注目しています。

あなたも私も、研究を重ねれば億り人になれるかも知れませんね。ふふふ・・・

それではまた!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

こんにちは、いよっちです。前回までの記事はこちら

いきなり内輪ネタで恐縮ですが先週のmakinoの記事を読んで驚きましたよ。

記事は2本分ストック、ネタは4本も考えてあるなんて、、、

私はというと、2週間毎の寄稿の締め切り直前になって、「やばい!次のネタどうしよう・・・」なんてネタを悩みはじめ、掲載日ギリギリになって投稿する、そんな自堕落な生活を送っています。

記事の内容から書き手の性格を想像するのも面白いかもしれませんね。

makino同様、きっちり準備タイプは、かわとも・なおさん・ブブさんあたりでしょうか。

一方、私のような”突貫工事型”のメンバーは、ちこまる(仮)・たっつーあたりですね。(勝手に同類にしてゴメン)

どうでしょう?記事から性格、透けて見えますか?笑


さて、内輪ネタはこのくらいにして、今日の本題です。

先日都内で行われた事例Ⅴ(慰労会)には平日夜にもかかわらず、多くの受験生&道場関係者に集まっていただきました。

自信・手応えあり!!という方もいれば、どうせ落ちたので気晴らしに来ました・・・という方もいれば、はたまた、2次は受験してないけど来年のために来ました!という方もいれば、様々な背景の方にお会いすることが出来ました。

そんな盛会の中、とある質問を受けました。

「もしも、もう1度診断士試験を受けるとしたら、どうやって勉強しますか?」

自堕落な書き手であり、次のネタなんて決めていない私にとって、救いの手が差し伸べられた瞬間でした。

「あぁ、ネタが天より舞い降りてきた・・」

 

2次筆記試験の合否発表まで残すところ約1か月弱。万が一ダメだったことのことを考えて、コンティンジェンシープランとして、来年の受験方法を考えている方が多いのかもしれませんね。この質問に答えている瞬間、周りの方の真剣度がグッと増した気がしました。

せっかくなので、診断士試験の酸いも甘いも経験した道場メンバー12人で上記質問にお答えしてみたいと思います。十二人・十二色の答えなので、統一見解なんてありませんが、自分に合う方法を模索するヒントになればと!

また、この時期だと、今年から勉強を始めた方もいらっしゃるでしょう。特に曖昧模糊とした2次試験にどう立ち向かうか、参考になればいいなと思います。


【1次試験対策】

まず、10代目の学習スタイルのおさらいです。

道場メンバーを選ぶ際、世代、性別、学習スタイル等でなるべく多様性が重視されるようですが、今期の道場メンバーの1次対策は独学派が多数でした。

ここからが本題。もう1度受験するとしたらどうするか、です。

ほとんど同じ見た目の円グラフの出来上がりです。実は12人中11人が同じ学習スタイルをとると回答しました。その理由を一部抜粋します。

予備校(通学・通信)派:
◆かわとも:ペースメーカーになる。土曜の通学がランチも含めて楽しみで、モチベーション高く学習を進められた。
◆ぐっち:初学では、ペースをつかんだり、ポイントを押さえて学ぶには、予備校は有効だから。
◆kskn:自分のペースでできていい感じだった。不満なし。

独学派:
たっつー:1次試験は60点とれれば十分な試験であるところ、独学の方が、費用的にも時間的にもコスパがいいので(独学の方が、お金と時間をかけずに合格点に早く到達できると思えるため)
どいこう:いくつかの科目は既習だったので、初期値として予備校のフルスペックの講座とフィットしにくい状態だったとおもいます。
かもよ:通学よりコストと時間の調整が楽だから

結論:
・予備校派はペースとモチベーションを保つためのツールとして予備校を活用している一方、独学派は時間とコストのバランス重視。
・一人でも受験勉強を進めるペースとモチベーションが続きそうなら独学、続かなそうなら予備校を。結局のところ、予備校/独学、どちらを選んでも期待通りの効果は得られる(認知的不協和なし)。

ちなみに、唯一勉強方法を変えると答えたのは私(予備校(通学)→独学)です。

予備校(通学)で勉強していたものの、だいたい予習を済ませたうえで、予習で分からなかったところを授業で確認し、それ以外の時間は授業を聞かずに問題を解いていた性質なので、今思うと通学のメリットを享受しにくかったように思えます。


【2次試験対策】

続いて、2次対策の学習スタイルです。

1次対策と比較すると、おおよそ通学・通信・独学とそれぞれいい感じのバランスになっています。

さて、もう1度受験するとしたら・・・実は、回答結果が結構割れました。2次試験対策の”掴みどころのなさ”がよく表れているように思えます。

①学習方法を変える派:7人
A)独学→予備校
◇かもよ:問題のメソッドをちゃんと勉強しよう、って思うかもしれない。
◇そーや:最低限のお作法は予備校で習った方が合格可能性が上がると思う。特に二次は何から着手していいか分からないから基本的には予備校行った方がいい。通信・通学はどちらでもいいと思うので、その人に合ったスタイルで予備校を利用した方がいいです。(ただ、予備校で注意すべきは、予備校答練の採点基準と本番2次試験の採点基準の違いは理解して勉強した方がやっぱりいいと思う。)
◇ぐっち:初学としては、学習法を学ぶために予備校は有効だから(2年目以降は独学でいいと思う。)2次対策は講師によって千差万別なので、自分に合う講師をちゃんと探した方がいいと思う。
◇たっつー:一度受けてみて、2次試験の怖さがわかった。たまたま合格できたが、何が正解なのかは今でもよく分からない。安定的に合格するためには、(時間とお金さえあれば、)予備校に通って、一つの軸となるノウハウを獲得した方がいいように思える。

なかなか実態を捉えにくい2次試験特有”お作法”を体系立って1度は学んでおいた方がいい、という意見ですね。

B)予備校→独学
◇かわとも:通学と悩んだけど、通学しなくても過去問、ふぞろい、道場ブログの三点セットで合格できると思う。通学のメリットは初見問題の演習で経験値を得られることだが、模試を多く受けることで代替可能かと。
◇いよっち:ふぞろい、他の予備校の模範解答、合格者の再現答案などを横並びで比較すればベースにするものは一通り揃う。あとは道場のノウハウで十分かもしれない。
◇なおさん:きゃっしいとだいまつのおかげで合格したので。

正解が公表されない2次試験だからこそ、特定の予備校の教え方・解答方法ではなく合格者等のノウハウで代替するという意見のように思えます。

 

②学習方法を変えない派:5人

A)予備校(通学):
◆ちこまる(仮):客観性が磨けたと思ったので
◆makino:独学にはしない。誰かに教えてほしいので、通学or通信ですね。2次専門校の方が、いいように思う。特に、地方の2次受験は、「双方向コミュニケーションができる通信」が良いかな、と思います。点数の伸びない人は「自分に何が足りないのか」教えてもらえる環境があると良いかと。お金はかかりますが、合格までの時間は節約できると思いますよ。

B)予備校(通信):
◆どいこう:通信講座は時間節約(通学時間ゼロ、高速再生)ができるという魅力があります。
◆kskn:講義はほとんど聞かなかったけど、いろいろな演習に触れられたのはよかった。

C)独学:
◆ブブさん:合格に必要なノウハウは一発合格道場&対策本で対応は可能と思います。

 

ちなみに私も、もう1度受験するなら独学派ですが、「独学でいくぞ!」と決めたら少なくとも以下には取り組むかな、と思います。

■予備校の模範解答を集める
この時期は、各予備校が発行する模範解答が手に入り易いです。主要な予備校のものは集めてしまいます。

■合格者(特に高得点者)の再現答案を集める
予備校の模範解答は、制限時間を無視した「完璧」に近い答案(それでも、え!?と思うような解答もありますが、、)です。制限時間内に書かれた、リアルなお手本としては合格者の再現答案を集めた方が良いでしょう。AASのブログでは、高得点者を抽出する形で再現答案を探すことができるので利用価値は非常に高いです。(H30年の高得点者の再現答案はこちらこちらも使ってやってください)予備校の模範解答と再現答案を使い倒してみてください。

■フリマアプリで教材ゲット
(良いか悪いかは別として)今のご時世、メルカリやラクモなどのフリマアプリに診断士関連のものが多く出品されています。一般販売されていない予備校の教材(事例問題)や、模試の問題&解答解説などが見つかることも。独学でいながら、足りない部分をフリマアプリで補うのも1つの手段かと思います。

 

【番外編:勉強仲間】

予備校にするか、独学にするかを考えるうえで、「勉強仲間」の存在は無視できません。独学派だったメンバーも勉強仲間の存在を羨ましいようですね。

◇たっつー:試験を経験してみて、やはり勉強仲間は作った方がいいように思った。モチベーションの維持にもつながるし、2次勉強会の組成メンバーにもなりうるので。
◇かもよ:勉強仲間や診断士なった後も予備校の人たちは繋がってていいなーと本当に思います。


本日は、「プチ座談会」のような形でお送りしました笑

参考になればいいのですが、逆に迷わせてしまったかもしれませんね。今回は、10代目のメンバーにアンケートを書いてもらった内容をベースに記事を作成したのですが、診断士試験対策の本質を言い表しているように思えたので、引用しますね。

◆ブブさん:ノウハウを正確かつ早期に掴むこと。後は、それを信じて愚直にやり切ること。

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

以上、いよっちでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は修了しました。

★:★:★:★:★

 

みなさん、おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
朝晩の冷え込みですっかり季節の変化を感じる今日この頃。
この季節でふと想い出したことを今日は書いていきます。

先ずは先日、軽くショックな出来事がありましたのでそちらから。
それは、取引先のゴルフコンペに参加した際の話。
コツコツと練習を積んだ成果を発揮しようと密かに意気込んでいた私。
畏まった表彰式に備えて、ジャケットとズボンを新調し万全の体制。
ところが、そんな私にある事件が起きていたのです・・・。
さて、どんな出来事があったと思いますか?

OB連発で最悪のスコア?」
いいえ、違います。
「張り切りすぎて、ぎっくり腰?
いいえ、違います。少々、腰は痛いですが(笑)

答えは・・・
ゴルフのズボンが入らなかった・・・・」( ;)汗
朝、クラブハウスに到着し、表彰式用のパンツからゴルフウェアに着替えようとした時、
なんとパンツ(ズボン)のボタンが全く閉められないぐらい太ったようです。パンツが縮んでいたんです。
表彰式用のパンツを脱ぎ、ゴルフパンツを途中まで履きかけたにも関わらず、すごすごとそのパンツを脱いで片づけ、表彰式用のパンツにまた履きなおすという悲しい姿。
と、そんな事件があったのです。

2年前の今頃は履けていたゴルフパンツ。
そして、想い出したのが2年前の生活。
それが本日のテーマ。

2年前、丁度今頃はある試験勉強に挑戦していました。
それは、メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種。
当時、キャリアコンサルタントの養成講座を受講中だったのですが、その時の講座の先生が取得されていた為、挑戦しようと決めた試験です。
現在、増え続けているメンタル不調を未然に防ぐための知識を体系的に取得することが目的ですね。
因みにⅡ種、Ⅲ種もあり、試験の取得対象者のイメージは、Ⅰ種が人事労務管理スタッフ、経営幹部。Ⅱ種が管理職、Ⅲ種が従業員自身となっています。

この試験、(Ⅰ種は)合格率10~20%弱と難易度は割と高く、その理由は選択式に加えて、論述試験があるためです。
そして当時、すっかりと機能停止に近かった記憶脳をいかに呼び起こすか。それが自分の感じていた大きな課題でした。
ほんと全くといっていいほど、試験に必要な言葉(キーワード)が出てこないんです。。。
これはマズいと。
書いて覚える方法が得意な方もいますが、私はそれは苦手。

そして、いろいろな勉強法を研究し、かつ当時も気にしていたダイエット法を組み合わせて行ったのが
「ウォーキング学習法」
やり方は簡単です。
予め、スマホにQ&Aを作成し、自分の声で録音
そして、スマホを再生しながら歩いて通勤するというものです。

例えば、こんな調子。(久々に再生してみました。)
「Q.メンタリングの機能について」
(15秒の間隔)
「A.メンタリング機能には、キャリア的機能、心理・社会的機能の2つがある。キャリア的機能にはスポンサーシップ、推薦と可能性、訓練・コーチング、保護、挑戦し甲斐のある仕事の割り当ての5つがある。心理・社会的機能には役割モデルの提示、受容と確認、カウンセリング、友好の4つがある」

このQを聞いた後の15秒の間隔の間に独り言で答えながら徒歩通勤。
忘れていたら、巻き戻して再生。それを繰り返し。
全体で38問の想定問題を作成し、約35分程度のQ&A。
歩いて通勤すれば、早足で約40~45分。丁度、1通り終える頃に会社に着けるという算段です。
これを朝晩の通勤で行うことで、ダイエットも成功
そして、無事、試験も一発合格
何より歩くことで頭がすっきりして仕事もエンジンのかかりが早い!
余談ですが、成績が伸びずに悩んでいたアメリカのある高校では、授業開始前に運動することで成績が顕著に上昇した例があるそう。
どうやら、体を動かすことと頭の活性化は因果関係があるようです。

ということで、そんな2年前のことを思い出したため、現在、この記事はエアロバイクを漕ぎながら執筆中(笑)
再び一石〇鳥を目指して、マシンを活用しながらできる事を始めようとの思いに至りました。
そして、必ずやあのゴルフパンツをもう一度、履くぞ!

みなさんもよければご参考にしてくだい!
では、本日はこれまで。みなさま、ご機嫌よう♪

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は修了しました。

★:★:★:★:★

どーも、そーやです。

先日のラグビーW杯は南アフリカの優勝で幕を閉じました。
記憶に新しい2015年のイングランドW杯で起きた「ブライトンの奇跡」で日本代表が南アフリカに劇的な勝利をしたことから、準々決勝で再度対戦が決まった時はもしかしたら今回も、と期待した日本人ファンもいたでしょう。ただし自力に勝る南アフリカを崩せず、トライも出来ないまま試合は終わってしまいました。そんな日本代表を破った南アフリカ代表が強豪イングランドを破って優勝したことは、少しだけ誇らしくも思えました。金髪の小さなスクラムハーフ、デクラークは今後日本でも人気が出そうですね!

さて本日はそんな南アフリカ、ではなくイングランドからのお話です。(え?イングランド?)

 

診断士に必要な科目

中小企業診断士として避けたくても避けられない科目があります。それが財務会計です。

一次試験では「財務・会計」として、二次試験では「事例Ⅳ」として受験生に立ちはだかります。財務会計が得意であれば診断士試験の勉強時間は大幅に短縮することができます。また中小企業診断士合格後にある協会主催の実務補習では、診断企業へ提出する経営報告書のレポートに経営分析を必ずつけて提出しなければなりません。(そういうお作法みたいです)
もちろん実務の場でコンサルティングを行う際ににも企業経営状態を把握するためには決算書等が読めなければいけません。

そんな財務会計の論点でも頻出なのが減価償却です。

令和元年一次試験「財務・会計」第2問では、圧縮記帳と減価償却の混合問題として出題されました。

(答えはア)

また直近の令和元年二次試験「事例Ⅳ」では、第3問のキャッシュフロー計算で減価償却を考慮する計算が含まれていました。

間接法によるキャッシュフロー計算書では、利益額に減価償却額を加えた額が営業CFとなりますよね。(今回はそれに加え税金30%を考慮しなければなりませんでした)

 

ちなみに減価償却とは、

土地以外の固定資産は、使用することや時の経過によって老朽化し、徐々にその価値が減少する。そこで決算において、土地以外の固定資産の取得価額をその使用する各期間に「費用」として計上し、固定資産の価値を減少させていく必要がある。この手続きを「減価償却」といい、減価償却によって生じる費用を「減価償却費」という。
(TAC出版 スピードテキスト財務・会計より)

 

簿記の仕訳処理ではこの説明でどうすればいいか分かりますが、なかなか本質を捉えづらいものです。

では減価償却はどのようにして誕生したのか、そのルーツを探っていきます。

 

鉄道会社から生まれた減価償却

舞台はイギリス(イングランド)

1830年に世界で初めて鉄道がリバプール・マンチェスター間で開業されました。そこから鉄道ブームが起き、鉄道会社への投資がブームになりました。

鉄道会社は、汽車や駅舎の他にレールや枕木、設備施設などの莫大な固定資産を必要とする事業であり、前近代的な事業とは一線を画していました。

そこで問題が発生します。

鉄道会社は株主に配当を出しますが、家計簿的な考えで利益計算すると、鉄道拡大のために大規模な設備投資をした年は業績が悪くなり、反対に設備投資をしない年は業績が良くなります

これだと株主になった期間に積極的投資が行われてしまうと配当が少なくなり、株主間で不公平が生じてしまいます。

それに悩んだ経営者は、このように考えました。

「投資した固定資産は将来の利益につながるものだから、その投資した金額は将来に渡って分けよう」

これが減価償却の考えの基礎となります。もっともより以前より似たような考えはありましたが、本格的に企業会計に取り入れられたのは鉄道会社からと言われています。

 

つまり減価償却は、
当該会計年度の適切な利益計算を行うために、理論的に生み出されたものなのです。

だからキャッシュフロー計算書では、すでに支払ったものだから減価償却は除いて考えるものなのです。似たような考えとして引当金→将来の発生する支出を合理的に見込んで事前に費用化して準備しておく、などがあります

この内容をもっと詳しく知りたいかたは、「会計の世界史」をご覧ください。特に二次試験が終わって一息ついている方にはちょうどいい読書になるかと思います。(ksknと同様にこれを宣伝しても私に一切利益はございません。ただ読んでためになったので紹介しております)

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語(田中靖浩 著、2018年、日本経済新聞出版社)

 

本来、診断士試験を合格するだけであればこういった減価償却の歴史などは知らなくても十分対応可能ですが、知っているとより知識の定着に繋がるかと思います。会計がどうしても苦手な人は、歴史と紐づけたり、日々の生活と紐づけたりして会計のイメージをより身近に感じると理解が深まるかもしれません。

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら
※お申し込み期日:11月1日23時

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。
もう10月も末日、いつの間にか肌寒い日々となってきました。

次は口述試験!

10月20日(日)に2次筆記試験を受験されたみなさん、おつかれさまでした。
もう随分、日にちが経ってしまいましたが、今回が2次筆記試験後、初めての私の回です。

受験生のみなさんは、12月6日(金)の「口述試験を受ける方の発表日」まで、受験生生活はしばしお休みとなります。

そんな中、一発合格道場や他の受験生支援活動に携わっているメンバーは、12月15日(日)の直前の週に行われる「口述試験対策セミナー」の準備をします。

今年の2次試験問題を解き、想定問答を作るのです! ですが、、、受験の当事者でなくなったためか、なかなか着手できずにズルズル時間が過ぎています。そろそろ一念発起して、受験資格を得た方々の口述対策をお手伝いできればと思います。

この時期何をするのか?

息抜きするなら今!

試験勉強をしている間、家族に負担をかけたり、自分の欲求にフタをして勉強していた方もいらっしゃると思います。そのような場合は、しばらく息抜きをするのも良いと思います。家族との時間、友人との時間、趣味の時間などなど、満喫されるのもよいかと思います。

やっぱり勉強も良い

「どうも玉砕してしまったようだ」という方、リベンジのための勉強を始めるのも良いと思います。早めに再スタートすれば、余裕をもって来年への準備をすすめることができます。

コンサルタントとしてのトレーニング

「合格したかな」と思う方は、診断士デビューに向けて実践知を身につけるのもまた良いと思います。コンサルタントとして身につけるべき知識やスキルはたくさんあります。試験科目の7科目に加え、論理思考、議論の方向づけ、資料作成、営業力、その他の各種専門知識などなど。その中でも私がまずオススメしたいのは、「経営者の目線で世の中を見る」ことです。

私もそうでしたが、雇われている会社員は、どちらかといえば定められた担当業務をこなすという発想になりがちです(もちろん、経営陣はそれを求めています)。しかし経営者は少し発想が違います。競争優位の構築、新規事業の創出、M&Aによる成長など、企業全体の方向性を考える傾向があり、「オレはスプレッドシートでのデータ分析が非常に速いんだ!」と自慢するような経営者は、あまりいません。コンサルタントが経営者に寄り添うには、こうした経営者の発想を理解する必要があると思います。

とはいえ、人は怠惰な生き物、自分の利害が絡まないと真剣になれないものです。そこで、私は、「上場企業の株式を保有し」、「中長期(数ヶ月~数年単位)のトレーディングで利益を出そうとする」ことを提案します(金額は少額から始めるのがいいと思います)。株式を保有すればあなたはオーナーであり、企業を経営者目線で見ることになります。経営方針がイマイチだと思った会社の株を売却するでしょうし、「知られざる優良企業だ」と思った企業の株を買うでしょう。このように経営者目線で企業を分析する経験を積み重ねること、これが、コンサルタントとしての力量につながると私は考えています。
※ただし、デイトレーダーになってモニタの前に張り付くことは、個人的にはおすすめしません。

昨年の私は読書を中心に過ごしていました

「2次筆記試験直後の昨年今頃、自分が何をしていたのかな」と思って、昨年のカレンダーを見返してみました。すると、打ち合わせなどの予定をあまり入れていませんでした。読書に勤しんでいたと思われます。

私の場合は、あまりムリをせず自然体で勉強していたので、特に息抜きは必要なく、単にのんびり過ごしていたように思います。

翻って1年後の現在、従来の仕事、診断士になってから始めた実務、それに研究会等、予定をたくさん入れて、忙しくなりました。その結果、読みたい雑誌や書籍が積読状態になっています。あの頃はマイペースで過ごしていたなあと状況の変化に感慨を覚えます。

近況:知財業務をやっています

最近、研究開発の委託契約に関与していますが、知的財産は本当に重要ですね。契約交渉の場面で、特許等の帰属や実施権に関する取り決めを間違えると、血と汗と涙の結晶とも言える技術の利用価値が下がったり失われたりします。
・特許等が委託先に帰属するような契約を結んでしまうと、権利を取得できない
・特許出願前に共同研究者が論文発表してしまうと新規性を喪失して特許要件を欠く。ただし、1年以内に出願すれば例外適用が受けられる(特許法第30条)
・特許出願した内容は1年6ヶ月経過するまで公開されない(特許法第64条)が、その期間に委託先が論文発表等してしまうと、競合に出願内容が筒抜けになってしまう
とても恐ろしい世界なので、私も冷や汗を書きながら契約書に取り組んでいます。

ところで、中小企業診断士試験の経営法務において、知的財産権が重視されています。

知的財産権は、第一に企業の競争力確保という観点で重要です。せっかく自社で発明した技術を有効活用して利益を獲得しなければ、企業の存続・成長は難しくなります。第二に、企業による知財戦略の失敗が積み重なると、国の競争力にも悪影響を与えます。実際に、世界的な大国の間でも、知的財産をあの手この手で奪う試みと、それを阻止する試みが繰り広げられています。日本人(私もそうですが読者の多くもそうだと思います)は概して約束や法律を律儀に守ることを常識としていますが、その常識が一部の外国に通用しないこともあって、近年、知的財産をめぐる仁義なき戦いに苦戦しているようです。

一人一人のビジネスマンが知財の重要性を深く認識し、厳格な姿勢で臨むことで、新技術を活用し、所属する企業の業績を向上させられると思います。また、それが国全体の競争力や豊かさにつながると思っています。中小企業診断士には、そうした一連の過程に良い影響を与えられる可能性があるのではないでしょうか!?

おわりに

明日11月1日(金)には、受験生のみなさんと道場メンバーとの懇親会である、「事例V」が、東京・新宿にて開催されます。私も参加予定でして、皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら
※お申し込み期日:11月1日23時

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら。->増枠決定!
※お申し込み期日:10月30日(本日)12時!!

★:★:★:★:★

こんにちは!ちこまる(仮)です。今日の記事は21回目。過去記事はこちらから。

二次筆記試験を受験されたみなさん、本当に本当にお疲れ様でした!!試験会場に応援も行きましたが、あの緊張感の中、わざわざお声をかけてくださった方、なんだかこちらが勇気付けられたような思いがしました。いい後押しができていたら、何よりです。

当日は受験した友達から連絡をもらって、ネイルサロンなんでやねん!!笑、という声を聞いたり、事例3なにこれ?っていう話を聞いたり、大変な賑わいでした。例年とは違うところも、大小様々あるのが本試験。そのプレッシャーは大変なものだったとは思いますが、今はホッとしておられる方が多いのではないでしょうか。

日本語力維持のススメ

さて、突然話は変わりますが、この時期にやっておくと良いことは、これまでのメンバーの記事でもあった通りです。が!私は再現答案を作らなかった現実逃避タイプ…もとい。後悔先に立たずタイプなので過去を振り返らずにひたすら前だけを向いて過ごしていました。当時の私に声をかけられるなら、やっぱり「再現答案作っとけ!!」と言うと思いますが、まぁやれなかったものは仕方なし。もう一つやっておくといいなと思うことを今日はお伝えしようと思います。

それはズバリ、日本語力(特に要約する力)を維持する!!ことです。

なぜ今日本語力か

二次試験を受験する為にたくさんの準備をされた皆さんは、今「超人的に日本語に強い」状態です。事例の本文は特殊性があるものの、小説のように奇をてらったような日本語ではなく、非常に一般的な日本語です。その中で皆さんは、どこが大切であり、別々に書かれた日本語をつなぎ合わせて流れを作ったり、ロジックが変なところを指摘したりするトレーニングをみっちりと積んできました。「与件本文に「も」があるときは、強調表現だ!もチェックだー!!きっと社長の思いがここに!!」と言っていた私は、完全にちょっと変な人だったと思います。当時与件文以外の「も」も妙に目についてしまって、うんざりしたものです。。が、そのくらい接続詞一つ一つにも敏感に意図を汲み取ろうという意識が働いていました。

私が地味に、診断士受験して本当に良かったなと思ったことの一つが、この日本語のロジックをつなげたり通したりする力でした。これはビジネスシーンには結構重宝するもので、営業さんなら相手に伝わりやすいロジックを作ることになるでしょうし、開発さんなら自分が作ったものを人に伝えたり、何かの説明文を読み取るということもあるでしょう。

この日本語力、ポータブルスキルとしては最強なんじゃないかと思うところです。どんなにすごいことを知ったり、考えたりできたとしても、伝える力や読み解く力がないと新しいインプットやアウトプットにつながりません。

しかしスキルのため衰えます。

この超人的日本語スキル、短期でで一気に詰め込んで身につけたものですので、一気に衰えます。私は2017年に二次試験を受験し、0と6を書き間違って落ちましたが、その年も再現答案を作らず、ここぞとばかりに遊び呆けていました(笑)。そして、1月ごろまた試験勉強を再開しよう!と思って与件本文を読んだ時、自分の読む速度、感度の低さ、繋げる力の弱まりを感じて愕然としたものです。あんまりこの時期にこんなことを言いたくはないですが、もしもしもしもし万が一、1億分の一今年不合格だったとして、来年勉強を開始することには、間違いなく多少の衰えを感じることになるでしょう。ま、それはそういうものです。みんな同じなので試験勉強としてはあんまり気にしなくてもいいと思います。

病的に「も」を探し出すほどの意識でなくたっていいのですから、日常的に使える程度に残しておけるようなトレーニングを続けていくといいかなと思います。

まずは書く・話す

一つは、アウトプットのトレーニング。せっかくたくさん書く練習をしてきたので、文章を書いたり話して伝えたり、アウトプットの機会を持ち続けること。言葉はツールであり、伝えたことではなく、伝わったことがすべてです。なのでどんな風に伝わったか、ということを返してもらえると尚いいですね。診断士業も、インプットとアウトプットの繰り返しですから、伝えたいことが伝えたい内容としてきちんと伝わったかのトレーニングはとても重要です。専門用語を使ってかっこよくプレゼンしても、2%くらいしか伝わっていなければ、ありがたみ激減ですよね。なんかよくわからない偉そうな人、で終わりです。もったいなさすぎる!!ということで、書いて話す訓練は、日常的に意識するといいと思います。これは私も日々精進しているところです。

さて、この書くというのにぴったりなものがあります。合格体験記です!!笑。合格したつもりで、書いてみるとちょっと気分がいいと思います。脳はイメージに騙されますからね。幸せな気持ちで過ごせるかもしれません。

そして聴く

これまで先代の投稿でも何度か話題に出てきましたが、現実は与件本文のように親切丁寧に色々教えてくれません。何が課題なのか、社長はどう思っているのかは、尋ねることで掘り起こされてきます。いわばヒアリングをし切った状態が与件本文のようなものですから、その与件本文を構成しているキーとなる内容は、実際には尋ねる必要があります。そしてもっと話をしてもらうように話の大事な部分を掴みながら聴いていく。

この要約力はみなさんには今書く・話すと同じように「超人並みに高い」状態ですから、要約力を使って話をまとめつつ、聴ききることも大切です。先方の課題を聴ききる前にこちらが話し始めてしまうと、施策を押し売りする診断士というレッテルを貼られてしまうかもしれません。まだ話すことあったのになぁ、ということでは仔細については端折って、要点だけ話そうと思わせてしまうこともあります。しかし、実は仔細に課題が隠れていることも多いので、色々相談したらいいことありそうだ!と思えるくらい、先方の話を聞くのは重要です。

私はコーチングの資格も持っていて、日々のお仕事でもお話を聞く機会がとても多いですが、このスキル本当に奥が深いです。この夏、しっかり聞く8日間の講座を改めて受講しましたが、やればやるほど感度は上がりますし、お話を聞くのが面白くなりますので本当にオススメ。

まとめ

今日は今だからやったらいいよ、日本語力維持のススメ、というテーマでお伝えしてきました。ぜひ先に、再現答案は作ってくださいね。(私はできませんでしたが、やっぱり大事。再)

診断士試験で得たものは様々あったと思います。どんな気持ちかは日々の生活の中で忘れていきますから、振り返りも兼ねて、どんな風にこの経験を活かすと良いか、ぜひ考えてみてください。

以上、ちこまる(仮)でした!

今日もお読みいただきありがとうございました!!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

 

おはようございます。たっつーです!

◆今年の2次筆記試験を受験した方へ
2次筆記試験、大変お疲れ様でした!

試験勉強のために色々と犠牲にしていたことも多い思いますので、この機会に、我慢していた楽しいことを目一杯やってしまいましょう!
(罪悪感なく試験勉強もせず遊べるのは、合格発表までのこの1か月強くらいだと思います笑)

もちろん、超ストイックな人は、試験勉強を続けるのもいいでしょう!

僕の場合は、主に
①家族サービス強化(試験勉強のために平日毎日遅い帰宅だったので、6時帰宅を徹底)
②溜っていた仕事を片付ける
③漫画を大人買いしてだらだらと読む(30代にも拘わらず、漫画読みですみません・・・)
でした!
(あれ、③以外は、「我慢していた楽しいこと」とはちょっと違う・・・)

おっと、再現答案を書くのを忘れないようにしてくださいね!
再現答案を書いておけば、万一落ちてしまった時には来年に向けた反省材料の素材になりますし、合格していれば、口述試験対策につながりますし、来年、受験生支援活動をする際のネタになりますよ!

僕は、面倒くさがって再現答案をメモ程度しか書かずにいて、「仕事が落ち着いて暇になった頃に、キレイに清書しよう」と考えていたのですが、案の定、記憶が薄くなってしまい、結局書かずしまいでした。

記憶は一日一日薄れていますので、最低でも試験後1週間以内には書いて下さいね!!!!

◆今年の2次筆記試験を受験していない方へ
1次試験が不合格で2時筆記試験を受験できなかった方、来年の受験を見据えて今は1次試験の勉強に注力している方、色々な方がいらっしゃると思います。

そういった方にとっては、この時期は、(この一発合格道場ブログ含めて)何となく、2時筆記試験が終わった時期の「ふわふわ感」があり、居心地が悪いかもしれません。

ただ、逆に言えば、この時期は周りと差をつけるスタートダッシュにはもってこいの時期だと思いますので、このふわふわ感を尻目に、来年合格に向けて邁進していただければと思います。

今日の記事は、昨年のきゃっしいさんの記事を今年バージョンにアップデートしたものですが、当該記事の末尾に記載のとおり、「ゴールのイメージを明確にするため」に、今年の2次筆記試験を一回解いてみるというのも一案だと思います。

◆今日の記事
さて、前置きが長くなりましたが、今日は、参考までに、解答速報・解答説明会などをやっている予備校などのリンクをまとめました。
(こちらの情報は10/23時点の情報ですので、最新の情報はリンク先をご覧ください)

今年2次筆記試験を受けた方は、様々な予備校などで解答速報の発表や解答解説会が開催されておりますので、比較して回るというのも合格までの一つの過ごし方です。

今年2次筆記試験を受けていない方も、誰でも参加OKのものがあるようですので、2次筆記試験を真剣に解ける実力のある方は、一度解いた上で、参加してみるというのもあると思います。

なお、昨年のものですが、各種予備校の解説会を回ったことのある9代目きゃっしいさんのコメントを引用しておきます。
(今年の雰囲気は全く変わってるかもしれませんので、その点はご留意下さい。)

■TACリンク
解答速報
リンク先で公開中

2次本試験分析会
札幌 11/2(土) 14:00-16:30
仙台 11/2(土) 14:00-16:30
池袋 11/2(土) 14:00-16:30
渋谷 10/25(金) 19:00-21:30
八重洲 10/30(水) 19:00-21:30
横浜 10/27(日) 14:00-16:30
名古屋 11/2(土) 13:00-15:30
梅田 11/3(日祝) 14:00-16:30
広島 11/2(土) 13:30-16:00
福岡 11/3(日祝) 12:30-15:00

TAC動画チャンネル「2次本試験分析会」配信
11/1(金) 12:00予定~ 12/25(水)まで

(きゃっしいさんのコメント)
最大手なので、さすがに充実しています。
先生によって解説が違う場合があるので、首都圏の方などは自分の興味のある先生の解説を聞きに行くと良いと思います。
動画チャンネルは受験していなくても誰でも見られたはずなので、来年受験(予定)の方も2次試験を知るという意味でチェックしてみてはいかがでしょう。
採点サービスはなく、謝礼もフィードバックも何もないけど再現答案ちょうだい、という誰が出すんだろう、といった再現答案募集もやっています。

 

■LECリンク
2次試験 速報講評・Web動画
リンク先で無料公開中
(ただし模範解答はなし)

もぎたて分析会
新橋 10/23(水) 19:00-21:00
新宿 10/26(土) 11:00-13:00(各地方校で同時配信)
新宿 10/30(水) 19:00-21:00
池袋 10/27(日) 15:00-17:00
梅田 10/26(土) 16:30-18:00

模範解答説明会
池袋(速報版) 11/3(日) 16:00-18:00(各地方校で同時配信)
池袋(確定版) 11/17(日) 11:00-13:00(各地方校で同時配信)

再現答案添削・判定サービス
有料版&無料版両方あり
(有料版は11月3日(日)まで)

(きゃっしいさんのコメント)
昨年(注:2017年)、解説会に行ってみましたが、こちらも先生の個性を活かした解説をやっている印象でした。
有料&無料の再現答案添削・判定サービスもやっていますので、当たるか当たらないかはわかりませんが、やってみるのも良いのではないでしょうか。
ちなみに昨年の得点開示結果には、参考として再現答案判定サービスの結果も載せています。
こちらの結果を見てどう感じるかはあなた次第です。

 

■大原リンク
解答速報
リンク先で公開中
(解答解説会動画は10月30日(水)公開予定)

解答解説会
水道橋 10/26(土) 11:00-13:00
名古屋 10/27(日) 10:00-12:00

(きゃっしいさんのコメント)
こちらも昨年(注:2017年)、解説会に行ってきました。
大原はあまり診断士試験に力を入れていないのか、解説会の参加者はまばらな印象でした。

 

■MMCリンク
解答速報会
お茶の水 10/26(土) 17:00-18:30
お茶の水 10/28(月) 18:30-20:00
※ こちらは誰でも参加できるようです。

(きゃっしいさんのコメント)
実は通信で受講していたので、こちらの解説会にも行ってきました。
MMCは規模が小さいということもあり、解答の方向性はスクール内で統一されている印象で、演習通りの金型模範解答でした。

 

■EBAリンク
分析解説会
大手町 11/3(日) 10:00-13:30

再現答案添削サービス
あり(11月3日(日)午前9時まで申込み可能)

(きゃっしいさんのコメント)
今年度からできたスクールで、私はTAC時代、こちらの先生にお世話になっていました。
データに基づいた分析で、なぜこの解答を導いたのかという解説は納得感があります。
今年は分析解説会参加者向けに再現答案添削サービスもやるようです。(注;今年は誰でも申し込めるようです。)


■KEC
リンク
解答速報、解説動画
リンク先で公開中

2次試験情報交換会
新宿 10/27(日)17:00~
梅田 11/2(土) 17:00~

2次試験分析会
新宿 10/26(土) 19:30-21:00
新宿 10/27(日) 14:00-15:30
新宿 10/29(火) 19:30-21:00
梅田 10/25(金) 19:30-21:00
梅田 10/26(土) 10:00-11:30

(きゃっしいさんのコメント)
解答速報を試験当日に発表しているスクールです。
双方向性を重視しているということで、昨年解説会に行った際は小規模な教室で少なめの人数でやってました。
途中で当てられたりとかもあったので、人によって好みが分かれるかもしれません。

 

■AASリンク
解答例解説会
茅場町 11/2(土) 9:40-11:40

(きゃっしいさんのコメント)
ブログ村ランキングがなぜかわかりませんがいつも1位のスクールです。道場も相当力の入ったコンテンツを提供しているつもりですが、一瞬1位になれたかと思うとなぜかここのブログにすぐに逆転されてしまい、いつも悔しい思いをしています。
こちらは説明会には行っていないので雰囲気はわかりませんが、比較的小規模なスクールのようです。
昨年は東京、名古屋、関西それぞれで解答速報が発表されていましたが、たしか結構時間が経ってからの発表だった気がします。

 

■TBCリンク
※ 昨年は解答速報等があったようなのですが、今年は見当たりません。
もし情報が更新されたら追記します。

 

■クレアールリンク
2次試験模範解答プレゼント

(きゃっしいさんのコメント)
こちらも解答解説会はなく、資料のプレゼントのみです。
こちらもちょっと時間が経ってから郵送されてきたので、その時には既にいろんな予備校の解答を見てお腹いっぱいになっており、せっかく貰ったけどあまり見ませんでした(スミマセン)

 

(参考)受験校以外
■200%抜け駆け合格 診断士試験リンク

一発合格道場の初代メンバーでもあるふうじんさんのブログです。
ふうじんさんが解いた解答例が載っています。

■一発合格まとめシートリンク

きゃっしいさんの記事をぱくった手前、お礼もかねてリンクしておきます!
いつか解答例が掲載されるかも?(無責任)


以上、たっつーでした!

あ、忘れないうちに、この記事の一番上のテンプレから、事例Ⅴ~Ⅶへの申込みも是非!

今思うと、私が最初に参加した道場イベントが東京の事例Ⅴでした。

お世話になっていた道場ブログのお礼を言うために参加したのですが、何となくバーチャルの存在だった9代目のメンバーが本当に存在していて(当たり前)、何か変な感動を感じたことを覚えています。

本当にただの飲み会ですので、全く気負わずに来て下さい!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

★もくじ★
1.この時期に効果的なTODO
(1) 試験当日の過ごし方を再確認する
(2)事例Ⅳ第1問対策~経営分析流し読み~
(3)ミス撲滅・大外し対策~今までの総復習~
2.試験当日の持ち物
3.頑張るあなたへのメッセージ

文字数:約3000字(4分程度で読めます)


 

こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!
2次試験前の私の記事は、今回で最後になります。
超超直前期に効くトピックをお届けし、少しでも皆様のお力になれればと思います!

それでは早速、いきますよ~!

 

 

1. この時期に効果的なTODO

超超直前期のこの時期、思うように時間が取れない方もいると思いますが、全て「今やっていることが当日の点数に結び付くか?」という視点で、やるべきことを取捨選択するといいと思います。

まず大前提として、まとめノートやファイナルペーパーを作ってきた人は、それを何度も見直して頭に叩き込むことが重要です。そのうえで、やっておいて損しない3つのことを選びました。

 

(1) 試験当日の過ごし方を再確認する
2次試験は多くの人にとって「メンタルの状況」が合否を左右する試験です。1日の過ごし方を具体的にイメージすることで「準備万端感」が生まれてメンタルが安定する効果があります。必要に応じて忘れないようにメモに残しましょう。

【起床~会場到着まで】
〇当日の持ち物リストは?
〇当日の朝食は?
〇会場までの道順は?
〇直前まで目を通すノート類や教材はどれですか?
【事例を解くとき】
〇80分の過ごし方は決まっていますか?(例:40分経過したら強制的に解答を書く、など)
〇極度の緊張状態やパニックに陥った時の対策は?
〇与件文の切り分けがわからない場合、対策を考えていますか?
【休憩時間】
〇栄養補給ペースは決まっていますか?
〇各休憩時間に何に目を通しますか?(気負わないために何も確認しないのもアリ)

 

なお、事例Ⅳの具体的な本番対応については、10月8日のふぞろいのブログに紹介しておりますので、ぜひご覧になってくださいね^^

事例Ⅳの本番対応~石にかじりついても解き切れ!~

 

(2)事例Ⅳ第1問対策~経営分析流し読み~
次に即効性があるのが「事例Ⅳの第1問対策」です。数年分の過去問の第1問だけを持ち歩き、「与件文を読む → 問われている経営指標と根拠を頭の中で思い浮かべる → 答え合わせする」を何度も繰り返します。パーフェクトに答えられるようにしておくと、本番の第1問の正答率がアップ! 第1問を完璧に仕上げることで、心理的なお守り効果?も期待できます。
※まれに参考書間で経営指標の正答が異なることがありますが、私は多数派=ふぞろいの解答を採用しました。

 

(3) ミス撲滅・大外し対策~今までの総復習~
最後の最後の総仕上げとして、今まで解いてきた軌跡の総ざらえをします。
「NPVの計算プロセスでミスしやすいんだよなぁ・・・」
「“留意点”と問われた時の解答の型に自信がなくて・・・」
「“課題”を問われているのに、ついつい”問題点“を書いてしまう・・・」
みたいなモヤモヤ、ありませんか?この時期に全部クリアにしましょう!

 

【チェックポイントの例】
〇事例Ⅳでミスしやすいポイントはありませんか?
(例:四捨五入、単位、数字の読み間違いなど)
〇事例Ⅰ~Ⅲで、題意の取り違えはありませんか?
(例:未来の施策を聞かれているのに現在の施策を答えてしまうなど)
〇事例Ⅱで、ターゲット顧客をしっかり特定できていますか?

 

 

2. 試験当日の持ち物
当日の持ち物リストは、1次試験を経験した皆様であれば、もう大丈夫かと思います。
また、先日いよっちが書いてくれた記事も超重要ですので、ぜひご確認ください。
ここでは個人的に特に大切と思うことを挙げますね。

 

〇「やるべきことはやった」という自信
試験本番の最大のギフトは、過去の自分がこれまで頑張ってきた積み重ねだと思います。何かと忙しく、十分に時間が取れなかった方もいらっしゃると思いますが、限られた時間の中でも、なんとかやりくりして「今の自分のベストは尽くすことができた」と思えるように、今はできる限りの手を尽くしていただきたいと思います。
「ここまでやり切ったのだから後悔はない!」と思えますように。

 

〇あきらめない心
事例Ⅰ~Ⅲで題意がうまくとらえられない設問や、事例Ⅳで解法が全く思いつかない設問……。試験当日、ほぼ確実に出くわします。パニックになるかもしれません。

でも大丈夫。あなたがわからない問題は、他の人も大抵わからないものです。

落ち着いて一呼吸。気持ちを立て直したら、何が何でも解き切って!最後まであきらめないでください!
(※試験終了の合図が鳴ったら潔く手を止めてくださいね。実際に失格になることもあります!これ超重要です。)

 

〇感謝の気持ち
試験当日、無事にこの日を迎えられることの陰には、身近な人の支えがあると思います。例えば、職場のかたのフォローで試験日に仕事を入れなくて済んだり、家族が勉強に理解を示してくれたり、子供が熱を出さず元気でいてくれたり……。実際に、自分は準備万端で臨んだのに、やむを得ない事情で試験をあきらめざるを得ない人もいらっしゃいます。

(ふぞろいな合格答案の先輩、かずささんは実に6年目で合格されましたが、周囲の事情により受験を諦めざるをえなかったご経験多数。こちらのブログは、読むたびに壮絶だなと思います……)

「今日無事にこの日を迎えられて、ありがとう」
そんな気持ちで、晴れがましく試験当日を迎えてはいかがでしょうか。

 

〇再現答案を書くノートやルーズリーフ
最後にどうしても、どうしても持っていってほしいものがコレ!試験が終わったら一番先に手を付けるべき作業が「再現答案を書く」こと。
私的におすすめなのが「試験当日の帰りの電車で書く」!!マス目入りのものを使えば、文字数カウントができて便利です。
なぜ、再現答案を書くべきなのか……

 

理由は、

合格の場合
① 道場に送る合格体験記に答案を記載でき、
② 受験生支援活動を行う際に役立つため。

不合格の場合
① 分析を行うことで翌年の対策となり、
② ふぞろいに提出すると採点とフィードバックが貰えるため。

(100字)

 

3.がんばるあなたへのメッセージ
ちょうど1年前、9代目だいまつさんが書いてくれたブログ記事をはっきりと覚えています。
だいまつが2次試験前最後にお伝えしたいこと

「もしも」の話ですが、

皆さんが、もし道場の記事に「出会わなかった」なら、どうなっていたでしょうか。

影響の大小はあると思いますが、きっと、皆さんの2次試験対策は、いまとは「違ったもの」になっていたのではないでしょうか。

診断士の2次試験には約4,500名の受験生が挑みます。

そのうち、道場ブログを熱心に読んでくれている読者は半分もいないでしょう(アクセス状況からして)。

つまり、皆さんが10日後に訪れる受験会場にいる受験生の半分以上は、道場ブログ知らずに試験対策をされてきた方々です。

熱心な読者の方にはお分かりいただけると思うのですが、

道場ブログを使って試験対策をしているか、使わずに(知らないで)試験対策をしているか、は「合格にかなり大きな影響を与える」、私はそう考えています。

道場ブログを読んで真面目に試験対策をしたか、していないかは、きっと10点や20点単位で影響してくるはずです。
(例えば、生産管理のことを十分に理解せずに一つの設問をブッ飛ばせば、20点位は簡単に消し飛びます。差がつきます。)

1点、2点の差が勝敗を分ける、そんな相対試験の中で、この差は正直、めちゃくちゃ大きい、と言えるでしょう。

なんだか、恩着せがましくなってきましたが、私が何を言いたいかと申しますと、

それは、

「読者の皆さん、自信を持ってください」

ということです。

道場の記事をなめ回すように読んで、真面目に試験対策に取り込んできたのなら、合格水準の能力・実力が十分に身についています

このくだりを読んで、本当に元気づけられました。

私自身、先代の記事にどれだけ勇気づけられたことか。毎朝通勤電車で、時には印刷してじっくりと読んだ道場のブログが心の支えになり、勉強を頑張ることができたのだと思います。2次試験当日は、道場の先代の応援とともに試験会場に向かうような頼もしさを感じました。

「がんばるあなたの応援団☆かわとも」と、(アラフォーにもかかわらず☆まで使って)キャッチコピー的に使っていますが、その背景には「がんばるあなた」を「応援」したいという思いを込めています。

ここまで頑張ってきたあなたはえらいです、素晴らしいです!!

10代目はそんなあなたを全力で応援しています。

試験当日は、私たちが後ろについて応援しているような頼もしさを感じていただければと思います。

以上、かわともでした!
2次試験、楽しんでくださいね!応援しています!

 

大丈夫。あなたはぜ~~~~~~~ったい合格しますから!!!
(↑一度言ってみたかったやつ)

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

 

おはようございます。makinoです。
本日も読んでくださってありがとうございます。

 

昨年の今頃、わたしはAAS東京の合宿セミナーに参加しておりました。
「目指せ上位20%」という意気込みで、新幹線に乗り1泊2日で参加したのですが、コテンパンにノサれて帰ってきましたっけ。。。

 

確か、上位20%どころか、上位55%くらいだったと思います(下位45%ともいいます)。2日間の日程を終えて、総合成績上位の皆様が、拍手の中、一言コメントをなさっている姿を、羨ましく、悔しい気持ちで見ていたのを、覚えています。

 

帰りの新幹線まで、八重洲口そばの喫茶ル〇アールで、出来なかった箇所の反省と復習をし、帰りの新幹線でも復習ノートをつけていました(晩御飯、どこで済ませたっけ?)。

 

それこそ、文字通り必死でしたが、10月のこの時期で、まだこんな程度の実力でした。

 

そして、いま成績や実力が伸び悩んでいる方は、どうかご安心ください。まだまだ、ここから伸びますよ。諦めるには、早すぎます。私も、こんな「体たらく」でしたが、「模試と本番は別物」とか、「最後の1日まで実力は伸びる」という、昨年の道場の記事に励まされていましたし、不思議と、全然あきらめていませんでしたから。

 

 

———
さて、10月の追い込みの時期に、大変恐縮ですが、本日は、受験対策の記事ではありません。2次試験の事例を解くためには、お役に立たちませんので、ご興味のない方は、どうぞ読み飛ばして頂ければ、と思います。

 

今回は、昨年、9代目zenzenさんが開祖となり、好評を頂いた神頼みシリーズです。今年は、1次試験に引き続き、わたくしmakinoがお送りいたします。積み上げた過去の神頼みは、こちらをご参照ください。

 

渾身!神頼みシリーズ! ・・・そして次回予告。:9代目zenzenさん
帰ってきた神頼みシリーズ!!:9代目zenzenさん
【1次試験】神頼みシリーズ再び & 【おまけ】不思議な話:10代目makino

受験勉強に時間を費やし、学問成就の神頼みをする余力のない読者の皆様に代わり、各地で合格祈願をして参りました。ネット社会の現代、指で情報を得る時代にはめずらしく(?)、足で稼いだ記事となっております。早速、ご覧ください。

 

【熱田神宮(愛知県)】

1次試験に引き続き、2度目の熱田神宮です。なぜ2度も行ったかというと、私が好きだからです。

 

そして、その理由は、桶狭間の戦いの前に、織田信長が必勝祈願をしたとされる、験のよい場所だからです。

 

ちなみに、信長は、この誇るべき戦果をもたらした戦い方を、終生繰り返すことはありませんでした。100に1度の奇跡、と知り抜いていたのでしょう(と司馬遼太郎は言っています)。そんな信長の、最初にして最大の奇跡にあやかり、お参りをしてきました。

 

 

【豊川稲荷(愛知県)】

お稲荷様で有名な、豊川稲荷です。

野暮天を自称する私も、お名前を聞いたことがあるほど有名なのですが、神社かと思ったら、お寺でした(すみません、野暮なもので)。お祀りしている天女様が、白狐に乗って数珠をもっていることから、稲荷信仰がある、と言われているそうです(諸説あります)。

 

平日に行きましたので、大変空いていて、お参りしやすかったです。初詣には、地元警察が交通整理をするほどの賑わいだそうです。

 

 

 

 

【天河神社(奈良県)】

わたしの妻の、たっての希望があり、それに合わせて行ってまいりました。「来るべき時期が来ないとたどり着けない」「神様に呼ばれた人が行くところ」といった言い伝えがある、奈良県吉野郡の山間部にある神社です(奈良県ご出身の9代目zenzenさんに伺ったところ、「秘境」との事でした)。

 

そして、三連休だったこともあり、参拝者がひっきりなしに訪れておりました。一部の方には、有名な神社のようで、知らない私の方がモグリでした。

 

行ってみて感じたのは、「気の良い場所」であった、という事です。調べたところ、昔は修験道だったそうで、修行僧たちが、悟りのために切磋琢磨した場所でした。受験生の皆様に重なるものがあるように、感じます。そんな場所で、読者の皆様に、あと一歩の力を与えてもらえるご利益があれば、とお祈りをしてきました。

 

 

—-

さて、ここからが余談です。
1つ目の熱田神宮ですが、実は昔の会社の上司と一緒に行ってきました。私の過去記事で、1度書かせて頂いた方です(覚えてないよ、という声が聞こえます)。

 

私は、この方と、昨年の1次試験前日、2次試験前日と、2回電話でお話をしています。そして、この2つの試験に無事、通りました。

 

【1次試験】神頼みシリーズ再び & 【おまけ】不思議な話

そして、今年は、この方と一緒に熱田神宮に行き、合格祈願をしています。それは、ある日突然、電話が来たからです。それほど、頻繁に連絡を取っているわけでも無いのに、です。

 

これは、偶然でしょうか?

 

きっと、違います。
私はそう思います(そうですよね)。

 

私は、いろいろな人に支えられて、いまここにいる事を感謝しています(本当に、感謝しています)。その道を通ったのは、自分の意志ですが、同時に「導かれた」とも思っています。

「導かれた道を通る」とは、例えばこういう事です。

 

昨年、診断士試験に再チャレンジした理由は、不本意な転勤で異動した先の仕事が嫌過ぎたからでした(合格体験記に、正直に書きました)。

 

しかし、今となっては、自分に診断士試験への再挑戦をさせてくれたこの転勤にも感謝をしていますし、自分をやる気にさせてくれた(相性の悪い)上司にも、深く感謝しています(嫌味でもなんでもありません)。そのおかげで、今の自分があるのですから。

 

この異動が無かったら、将来はともかく、いま、診断士にはなっていなかったでしょう(断言します)。道場メンバーにも、なっていなかったと思います。

 

あなたにも、中小企業診断士を目指した理由がありますよね。それは…、

今の自分を変えたかったから
もっと活躍できる場を得たかったから
なにか役に立ちそうだから
将来の保険に

 

お一人おひとりに、それぞれの理由があるはずです。そして、何はともあれ、2次試験まであと16日、という所まで、努力を積み上げ、ここにたどり着きました。

控えめに言っても、それはおそらく、ご自身が選んだ事だったはずです。つまり、ご自身の意志です。そして、それと同時に、今まで歩んできた、ご自身の人生に導かれたものだった、と思われませんか?

お前はいったい何を言っているんだ?

 

と思われた方。
はい、そうですね。何を言っているのでしょうか。
それは、再び例えると、こういう事です。

 

試験に挑戦するのは、去年でもよかったし、2年前でもよかったし、来年でもよかったはずですが、なぜ今年なのでしょう?

 

はい、そうですね。この受験が、いまのご自身に必要な事だったのです。そして、ご自身で選んだ受験であると同時に、いろいろな方に導かれたのです(きっと)。それは…、

 

応援してくれるご家族かもしれません。
協力してくれる職場の方かもしれません。
または、自分と合わない上司や同僚かもしれません。
そもそも、入社した事すら間違いに感じる、嫌で仕方ない会社そのものかもしれません。

 

受験勉強に余念が無い中にあって、2次試験本番の前に、ご自分の努力を振り返る中で、こんな事にも、どうか少しだけ思いを巡らせてみてください。きっといままでは見えてこなかった思いや景色が見えてくる事でしょう(多分、感謝の気持ちとともに)。そして、それは、あなたの背中を、ほんの少し押してくれる力になるかもしれません。私自身は、そんな力もかりて、どうにか合格できた、と思っています(それも、合格体験記に書きました)。

 

努力を積み上げて、2次試験に向かえる事は、とても幸せな事です。

 

そうです。
ここまで来たあなたは、とても幸せなんです。

 

あなた自身と、あなたに力をくれた人たちのおかげで。

 

 

 

こんな文章を最後まで読んで下さった方には、きっとお分かり頂けるかと思います。

 

—–

さてさて、今回は以上です。長い余談にお付き合いくださいまして、御礼いたします。

 

私の、このヘタな文字、つたない文章も、
見てくれる人のおかげで 書かせていただけるんです。
「おかげさんで」でないものは、 この世に一つもありません。
みんな「おかげさんで」で成り立っているんです。
(相田みつを)

 

本日も、読んでくださってありがとうございます。
深く感謝いたします。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*


★もくじ★
1.2次試験に必要な1次知識の範囲とは?
2.抜き打ちテスト!
3.おみやげ&答え合わせ

文字数:約2000字(約3分で読めます)


 

 

こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!

2次本番まで1か月を切った今回は、即効性のあるカンフル剤的なトピックとして、「最低限押さえたい1次知識」をお送りします!

文字数的にも軽めになっておりますので、サクッと読みつつ、パクってカスタマイズしちゃってください!

 

*    *    *    *

 

1.2次試験に必要な1次知識の範囲とは?

2次試験の事例を解くにあたっては、1次試験で勉強した知識がある程度必要です。特に事例Ⅰと事例Ⅲでは、最低限知識を押さえておかないと解くことができない問題があります。

 

代表的な例が、平成30年度事例Ⅰの第4問。

A社が、社員のチャレンジ精神や独創性を維持していくために、金銭的・物理的インセンティブの提供以外に、どのようなことに取り組むべきか。中小企業診断士として、100字以内で助言せよ。

 

この問題に答えるためには、与件文に解答要素が書かれていないため、自分の知識の引き出しの中から引っ張り出して解答を作る必要があります。

〇社員=技術者である特性を踏まえながら、
〇人的資源管理の切り口「サハホイヒ」(採用・配置・評価・育成・報酬)を意識して、
〇制約条件である「報酬」を除いたうえで、

実現可能な施策を、1次知識を踏まえて提案します。

 

ただし、2次試験で必要となる1次知識はそれほど多いわけではありません。ポイントを絞って押さえておきましょう。最低限押さえておきたい範囲は以下のとおり。

 

【事例Ⅰ】
〇競争戦略
・・・大手や競合他社とは異なるポジショニングとは?差別化集中戦略。
〇組織形態
・・・組織は戦略に従う。様々な組織形態の特徴と、組織を活性化するには?ケブカイネコ(9代目よこよこさんの記事に解説あり)
〇人的資源管理
・・・優秀な人材を確保し、育成し、モチベーションを高めるには?サハホイヒ(茶化)

【事例Ⅱ】

〇ターゲットマーケティング
・・・誰をターゲットにする?ジオ・デモ・サイコ
〇サービスマーケティング
・・・従業員がサービスを提供するときの工夫とは?エクスターナル・インターナル・インタラクティブ。
〇プロモーション戦略
・・・どうやって宣伝する?プッシュ・プル。
〇関係性マーケティング
・・・どうやってお客様との関係性を築く?LTV、ワントゥワンマーケティング。

【事例Ⅲ】

〇生産管理
・・・QCDの最適化を図るには?5S、ECRSなど。
〇生産計画・生産統制
・・・計画と生産活動を同期するには?大日程・中日程・小日程計画、進捗・現品・余力管理。
〇生産形態
・・・その製品にとって最適な生産形態とは?受注生産、見込生産、ロット生産。
〇在庫管理
・・・モノをため込まない最適な在庫管理とは?ABC分析による売れ筋・死に筋の把握、発注点管理。
〇生産情報システム
・・・ITの力で効率化するには?CAD,CAM,NC工作機械。

 

2.抜き打ちテスト!

ここで、いきなり抜き打ちテストです♪
今の時点で答えられなくても大丈夫!知識の復習ができてラッキーと前向きにとらえていただければと思います♪

 

★第1問★
組織論からの出題です。
事業部制組織のデメリットは何でしょうか?

 

★第2問★
人的資源管理(採用)からの出題です。
中途採用のメリットは何でしょうか?

 

★第3問★
人的資源管理(評価)からの出題です。
成果主義を導入する際の留意点は何でしょうか?

 

★第4問★
マーケティングからの出題です。
インターナルマーケティングにはどのような効果があるでしょうか?

 

★第5問★
在庫管理からの出題です。
発注精度向上のためには、どのような施策が考えられるでしょうか?

 

※解答は記事の最後に載っています!

 

3.おみやげ&答え合わせ

抜き打ちテストはいかがでしたか?
ここで、今回の記事のおみやげとして、去年のファイナルノートにまとめた1次知識の内容をご紹介しますので、よろしければご活用ください。

※「合格者の頭の中にあった全知識」「TAC2次テキスト」「きゃっしいの100字要約」等のエッセンスをまとめたものです。

↓↓おみやげは、こちらからダウンロードしていただけます↓↓

最低限押さえる1次知識(かわとも)

 

*    *    *    *

 

最後に、答え合わせです!
あくまでも解答例ですが、ご参考にしていただければと思います。

 

★第1問★

事業部制組織のデメリットは、
・機能重複によりコストが高くなる
・セクショナリズムに陥り全体最適が図りにくい
・短期的判断に陥りがちである

 

 

 

★第2問★

中途採用のメリットは、
・即戦力となる人材を確保できる
・育成コストを抑制できる
・自社にない知識やノウハウを導入できる

 

 

 

★第3問★

成果主義を導入する際の留意点は、
・評価の公平性・透明性を確保する
・評価者から非評価者に対して納得性の高い説明を行う
・評価基準を明確化する

 

 

 

★第4問★

インターナルマーケティングの効果は、
従業員満足が向上することで、サービス品質が向上し、顧客満足度の向上につながることである。

 

 

 

★第5問★

発注精度向上のための施策は、
・基準在庫量を設定
・発注点管理の強化
・発注基準の明確化

 

 

以上、かわともでした!
今日も明日も、あなたにとっていい一日となりますように!
一歩一歩、着実に合格に近づきますように、心よりお祈りしています!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!
累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓再現答案集はココ!↓
10代目再現答案一覧へ

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

月別アーカイブ

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2020年度版後編もAmazonで発売開始しました!



解法実況&事例研究
平成30年度事例Ⅰ~Ⅳ



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX