カテゴリ「 » 2019年合格目標」の記事


★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

どうも、kskn(きしけん)です。

2日後の11月16日は大阪にて事例Ⅵ(懇親会)開催です。
参加してくださる皆様、よろしくお願いします。とても楽しみにしています。

さて、この事例Ⅵ。こくちーずの案内文には書いていたのですが、他の会場とは異なり、診断士だけでなく行政書士の試験打ち上げと合同で開催します。(見ずに申し込んだ方もいるかもしれませんが、確かに書きました。ハイ)

一発合格道場で募集している懇親会なのに、なぜ行政書士の受験生(と有資格者)も参加するのか。

それはただ単純に僕が『その方が楽しそう』だと思ったからです。

診断士だけで15人くらいが集まるのもそれはそれで楽しいですが、でもどうせならいろんな人が集まって、大きい会場でパーッとやる方が楽しいじゃないですか。
その方がいろんな価値観と触れ合えるし、いろんな人との繋がりが生まれるし。
そんな気持ちで仲の良い行政書士の先生と一緒にやろう!となりました。
押し付けかもしれないんですけど、参加してくださる皆さんにもそう思ってもらえたら嬉しいなと思ってます。

 


僕はこんな感じで、30歳を過ぎたくらいから自分が『楽しそう』と思うことばかりをやってます。
もちろん、時には嫌なことや我慢しないといけないことはあるんですけど、それはどうしてもやらないといけないことばっかりで、基本的に自分から進んでやることは『楽しそう』と思えるかどうかを価値基準に置いています。
この道場の活動なんかもそうですね。1年前の事例Ⅵに参加して、道場の先輩方に初めて会って、『あぁ、なんか楽しそうだな』と思って申込みました。

でもこういう話をすると、『楽しいと思うことばかりできるなんて恵まれてる』とか、『わがままだ』とか言われます。
まぁどちらもその通りなので否定はしないんですが(笑)、でも僕がやってることって『やらないでいいこと』の中の『やりたくないこと』を捨ててるだけだと思うんですよね。
世の中楽しそうなことがいっぱいあるのに、わざわざやりたくないことなんてやってる時間もったいねぇな、みたいな。笑
そして、たぶんやらないといけないと思ってることの大半は、別にやらなくても大丈夫です。(周りからはあーだこーだ言われることは多いですが)
なので、楽しいことばかりをして生きていけるかどうかは本人次第だと思います。勇気を持って、楽しいと思えることだけを選びにいけるかどうか。

 


皆さんが受けた(もしくはこれから受ける)中小企業診断士という資格は楽しい世界への道を拓いてくれる資格だと思います。少なくとも僕にとっては、そうでした。
いろいろな人と出会い、いろいろな挑戦をするチャンスを得ることができます。
そして実際にそのチャンスをモノにできる人は、自分から手を挙げられる人だけなんじゃないかなと思います。(偉そうに語ってますが、僕は言うほどモノにできてません)
なのでこれからは、自分が『楽しそう!』と思ったことには積極的に手を挙げてみるのがいいんじゃないかなと思います。

それは、診断士の世界だけではないかもしれないですね。手を挙げてみれば、少し世界の見え方が変わるかも?
人生長くないですから、いろいろやって精一杯楽しみましょう。

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★


こんにちは!ちこまる(仮)です。今日の記事は22回目。過去記事はこちらから。

さて、今日はなんの日かご存知ですか?ポッ◯ーの日の翌日、洋服の日とか、皮膚(いいひふ、のひ)ということが言われてるそうですが、どれも違います。今日はうちの息子の誕生日!6歳になりました!!ぱちぱち
…道場ブログであんまり冗談言わないので、すでにドキドキしています笑。お付き合いいただきありがとうございました。

 

さて、真面目モードに戻りまして、事例Ⅴにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。会場隅でうちの息子と、かもよの長女と遊びつつ、皆さんのお話聞かせていただきました。いやー、本当に本当に、お疲れさまでした!!

手応えがあった方も、そう出なかった方もいらしたと思いますが、今の時期は皮算用し放題ですので!!(笑)今日は口述試験対策のコツをご紹介したいと思います。

口述試験ってどんな感じ?

口述試験については過去にも記事がありますのでぜひそちらも合わせてご覧ください。

口述試験は、文字通り口頭で質問に答える試験ですので、試験場では完全に手ぶら、身ひとつの勝負です。
一人当たり目安の時間は10分程度、事例1から4のうち、2つが取り扱われ、それぞれの事例について大体2問の出題です。合計4問ですね。そして2分程度で答えてください、という制限時間付きです。これで大体8分。問題を読む時間などを合わせると概ね10分といったところです。

当日の流れはなおさんが先日記事にしていますので、そちらも併せてご覧下さい。
2分、皆さんどのくらい話せるか検討つきますか?多分、皆さんが思った以上にたくさん話せます。というか、時間が余ります。むしろ。時間が余るとどうなるか?問題が増えます(*_*)

普通の人は4問ですが、短く答えると5問、6問と増えていくのです。私は去年2分耐久レースができず、5問出ましたので皆さんくれぐれも2分間話し続けてくださいね。2分は結構たっぷり話せるというつもりで準備をしておく必要があります。

 

長い長い2分のレース

で、この2分がね。本当に長く感じられるのです。
ちなみに私は事例2と事例4の質問で、事例4のことはあんまり想定していなかったので完全にテンパりました。やべ、なんだっけ。。となりまして。。試験官の方が見かねて、「ほら、◯とか△とか、あるでしょ!!もう僕が答え言ってどうするんだか。。」というセルフツッコミをもらいながらもなんとか10分が過ぎ、順路に従って大学から出て終了、という感じで、そりゃもう焦りまくりでした。
たっつーも先日の記事で書いてましたが、相当な人件費がかかった贅沢仕様な試験となっています。そして私のような人にはたくさんヒントが出る…かも(こら)。

 

2分間の乗り切れるか?

というわけでヒントもらいまくりで受かった私がいうのもなんですが笑、2分間をどう乗り切るかのコツをお伝えしたいと思います。
口述セミナーでも聞くと思いますが、先行して頭出しだけでも。

まず、質問されたことを繰り返します。
(私が去年聞かれたことを使って文例をご紹介します)

試験官「B社についてお聞きします。B社が持つ施設の強みと弱みについて答えてください」(H30年B社は老舗旅館でした)
ちこまる(仮)「はい。B社の持つ施設の強みと弱みについて、お答えします。

ここで一度、おうむのように繰り返します。これでまぁ、たかだか10秒くらいですが、稼げます。

そのあと、自分の答えを話していくんですが、この質問、すごーく時間を使うわけではないですね。確か駐車場があること、日本庭園があることを強みとして答えて、施設が古いことをもう少し具体的に答えた覚えがあります。2分は長いです。。本当に。

試しに事例の与件本文を声に出して2分間音読してみてください。結構なところまで読めると思います。2分で話せることの量をまずは掴んでみるといいですね。
実際試験官はそんなに熱心にうなづいたりしてくれません。ノーリアクションで2分間話し続けるのは、結構メンタルにきます笑。反応して聞いてくださる方のありがたさを身を以て実感。

 

秘技!関連知識の術

たかだか1分程度の答えが一般的な中、どう引き延ばすか(!!)。一つは関連したことを付け加えたり、その先に何が起こるのか、と言った効果やリスクなどを説明するというのが挙げられます。(今なら…)。質問にシンプルに答える、をモットーにすると確実に質問数が増えます。関連しそうなあんなことやこんなことも、さくっと出せるように事例を読み込んでおきましょう。また、知らない言葉は調べておくといいですよ。連想ゲームをするという手もあります。こう聞かれたら、こういう関連知識もまとめて答えておこう、というリストを作っておくと安心です。

ちなみに一番良くないのは、沈黙です。過去にずっと沈黙し続けて落ちた人がいるとかいないとか、そういう伝説があります。

わかんない!!と思っても黙らずに、答え続けることが大事。質問を聞き逃してしまった場合はもう一度聞けば教えてくれますし、どーーーーーしても、わからん、となったら、それっぽく関連知識にいきなり持ち込むという離れ業も、なくはないです。また、試験官も補足の質問があれば追加してきますから、焦らず関連知識戦に持ち込むといいでしょう。

今年で言うとネイルサロンが事例2で出てますので、行ったことない人は行ってみる…もとい、お近くでジェルネイルをされているお店の看板を覗いてみたり、愛用している方に話を聞いてみたり、と言う情報収集も有効だと思います。男性でも頼めばやってくれると思いますので、(女性専用でなければ)体験してみるのもアリですね。周りはびっくりするかもしれませんが、人生経験としては面白い、かも。

ちなみにジェルネイルは一度つけると、簡単にはがれませんので、取り外す際もお店に行く必要があります。オフというメニューですので、本気でジェルネイルを試される方は2回はお店に通うつもりで行ってくださいね。

概ね、質問おうむ返し⇨概略について答える⇨具体例を出しながら補足する⇨まとめ、みたいな流れがスムーズかなと思います。

 

頭真っ白…にならないために

滅多に落ちる人がいないとはいえ、丸腰で行くのはお勧めしません。落ちないと分かっていても、もしかしたらちゃんと受けたけど落ちる第1号になるかもしれませんし、そんな伝説を作った日にはもう泣くに泣けませんし、今年の合格を賭してまでやることではないと思います。

2分てどれくらい?の練習、2分話し続ける訓練、事例の質問から始まる関連語句の説明や具体例の補足などの引き出しを持つこと、などなどが、これからできるトレーニングとしてあげられると思います。

今からがっつり用意する必要はありませんが、2分の感覚は意識してね!ということを伝えたかった記事でした。120秒4本勝負、気持ちで負けないように準備していきましょう!

今日も読んでくださってありがとうございます!!
以上、ちこまるでした〜(*´ω`*)

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

 

 

 

おはようございます。makinoです。
本日も読んで下さって、ありがとうございます。

 

 

まずは、御礼から。
先日、名古屋事例Ⅶにお越しくださった皆様、誠にありがとうございました。「セミナーも出ました」、という方、「事例Ⅶが道場イベント初参加」、という方、共にいらっしゃって、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。皆様の、診断士試験への思い入れと、積み重ねた努力の大きさを感じることが出来ました。自分勝手な思いで恐縮ですが、診断士試験を戦ったみなさんおひとりおひとりの姿が、昨年の私に重なっていました。貴重な時間を使ってご参加下さいまして、心から感謝いたします。あわせて、深く御礼いたします。どうもありがとうございました。

 

そして、事例Ⅶの中で、「道場メンバーになる事に興味がある」、というご質問を頂き、自分の知る限りのことをお話いたしました。そして、「興味はあるけど、やるとなると、なんかすごく大変そう」というのが、率直な印象だったように思います。

 

ですので、今回は、そんなお話です。ご興味の無い方には、全く関係のない内容です。どうもすみません。

 

—–

今年はともかく、昨年の自分の例で言いますと、道場に合格体験記を出すことが、メンバーへの始まりになるようです。その中から、一発合格道場の活動に興味のある事を意思表示された方が、選ばれるという事だったようです(推測です)。

 

ですので、道場メンバーへの道は、合格体験記の寄稿から始まります(だったようです)。

 

合格体験記って大変そう」という方。

ご参考までに、現10代目の合格体験記は、既に公開されていますので、以下にリンクを貼っておきますね。ご覧いただくと、「こんなの書けないよ」とか、「この程度なら自分にも書けそう」(私のですかね)など、様々な感想があるかと思いますので、お時間のある時に、興味のありそうなメンバーの体験記を、是非どうぞ。

 

===============
かわとも:【合格体験記】仕事と育児を両立しながらストレート合格!かわともさん

たっつー:【合格体験記】学習の質を重視し超短勉強時間でストレート合格! たっつーさん

なおさん:【合格体験記】自分をしっかり把握して合格!! なおさん

ブブ:【合格体験記】趣味も家族も犠牲にしない超効率勉強法でストレート合格!! ブブさん

makino:【合格体験記】1回で終わらせる!5年ぶりの挑戦でストレート合格 ~makinoさん~

いよっち:【合格体験記】強い想いと王道の勉強スタイルで合格!いよっちさん

ちこまる(仮):【合格体験記】1次独学、2次通学と勉強会を活用して多年度合格!ちこまるさん

どいこう:【合格体験記】コンサルタントとしてのバックグラウンドを有効に活用して効率的に合格! どいこうさん

kskn:【合格体験記】マイペースで効率的に合格! ksknさん 

ぐっち:【合格体験記】2次試験の解答を安定させるには?2年目に独学で合格!”ぐっちさん”

かもよ:【合格体験記】子育てに励みながら独学で一発合格された努力家”かもよさん”

そーや:【合格体験記】かつてない超短時間(150H)ストレート合格!”omさん”

===============

 

しかし、あらためて12人の個性を並べてみると、壮観ですね。

 

—-

さて、現在は合格発表前です。そして、受験された皆様に等しく合格の可能性があります。

 

今回は広く、その読者の皆様に向けて、特に「道場メンバーになる事に興味がある」方に向けて、実際に自分がほぼ1年の道場活動を通じて、その活動がどうだったのかを書きたいと思います。

 

「おおっ、いいぞ!暴露ネタか?」

 

と思われた方、すみません。

これはあくまで、わたし個人の感想です。一発合格道場10代目は12人のメンバーがいますので、12通りの感想があります。どうぞご留意ください(そして、それを読者の皆様に伝えたいかどうかも、メンバーそれぞれだと思います)。

 

私は、「自分にも出来たいくつかの事」を伝える中で、興味のある皆さんが感じている、「道場活動の精神的なハードル」を、少し下げる事ができたら、と思います。

 

◆ブログ記事

はい、受験生支援のブログ記事を書いていました。10代目12人で日曜日も隔週更新していましたので、ほぼ2週間に1回ペースでの記事でした。

 

正直これは、自分にとっては大変ではありませんでした(記事の内容はともかく)。

私は、つねに、2回分くらいのストックを保有し、4回分の「余談」のストックを保有し、それを出し入れしながら、記事を書いていました(ボツになって陽の目を見ない、長文の余談もありました)。

 

そして自分は、1次試験475点(法務8点加算前)、2次試験240点で、合格をしていますので、「自分より優秀な受験生も多いはず」という立ち位置で、ブログを書いています。少なくとも、圧倒的なコンテンツ力で10人中9人から仰ぎ見られるような記事を書ける、とは、最初から思っていませんでした(もちろん、今も思っていません)。「出来なくて悩んでいる人に、同じくらいの目線で、役に立つことが出来れば」と思っていました。

 

そんなことで、一発合格道場の記事の品質を保てるのか」と不安に思われる方もいるかもしれませんが、その答えは読者の皆様お一人おひとりの中にあると思います(そして私は、全力を尽くした後の結果とは、常に自分の外側にあるもの、だと思っています)。

 

 

◆ブログで大事にしていたこと

それは2つあります。ひとつは、「等身大の自分」です。

自分が受験時代を通じて、悩んだこと、苦しかった事、そして嬉しかった事を伝える、それが受験生読者のみなさんに、特に出来なくて悩んでいたり、努力が続かなくて苦しんでいる方に共感してもらえれば、と思って書いていました。「等身大の自分」ですので、前述の通り、書く事に困る事が無かったのかもしれませんね。

 

実際に、自分の過去記事で「この記事が役に立ちました」と、ありがたいコメントを頂く事はありましたが(嬉しかったです、感謝しています)、直接お声をかけて頂く事はありませんでした(記憶の範囲では)。そしてそれは、全く想定内です。

 

一方で、「この記事が好きです」、「励まされました」と、コメントでも、直接でも、仰って頂く事がありました。そしてそれこそ、わたしにとって、無上の喜びでした。本当に、素直に、そう思いましたし、道場活動の中で、自分が与えてもらった宝物のような経験です(どなたに、いつどこで言われたかまで、鮮明に覚えています)。

 

その方のお役に立てたこと、それを私に伝えて下さったこと、そして自分にその記事を書く機会が与えられた事に、深く感謝しています。

 

もう1つは、「できないと思っている事をやる」です。

受験生時代の「出来ない自分」と矛盾している様に聞こえますね。例えそうでも、矛盾が悪い事だとも思っていませんので、見逃してください。

 

セミナーの動画配信は、この精神でとりくみました(大変な事はたくさんありましたが)。そして、夏セミナーは有料配信になり、自分の内なる目標ダウンロード数にわずかに届かなかったものの、多くの方に配信する事が出来ました。そして、なによりも「やった事」そのものに、とても満足しています。願わくは、この動画配信が利用者のお役に立ち、その中から合格体験記を頂ければ、思い残すことはありません(もはや思い残す事は、無いのですが)。繰り返しますが、結果は自分の外側にある、と思っていますので。

 

 

◆セミナー

セミナーコンテンツや会場の準備など、自分はほとんど貢献していませんした(いやホント、すみません…)。

 

くしくも、春・夏両方とも、ちこまる(仮)とぐっちが作ってくれた資料を、大阪でプレゼンさせてもらいましたが(これは、きっと偶然ではないと思います)、2次試験の高得点者であるふたりの、説得力ある資料の質を落とさないように、資料を読み込み、不明点を質問して理解した上で、プレゼンターをやっていました(プレゼン番長みたいですね、会社に居そうです)。資料を作って提供してくれたふたりには、感謝しかありません。

 

私の内幕はともかく、セミナーでの関わり合い方にも、「メンバーによって濃淡があり」、「そのとき出来る事をやる」、という事を、興味のあるみなさまにはお伝えしたいです。それで自分が許されているかどうかは、他の10代目メンバーに委ねるとして、私はこのように関わっていました。

 

◆セミナーで大事にしていたこと

2つあります。まず、自分が「コンテンツに肚落ちしている」事です。当たり前ですね。自分の質問や、資料の改変に快く応じてくれた、ちこまる(仮)とぐっちには、この点でも、とても感謝しています。

 

もう1つは、「テンション高く、力強く」です。直接お会いした読者の方に「makinoさんはおじいちゃんだと思っていました」と言われるくらい、ブログの記事は落ち着いた印象だったようなのですが、セミナーでは別人でした(きっと)。

 

それは、「合格のヒントを掴みたい」という必死の思いで、時間を使って来て頂いた参加者の皆様に対する、私なりの礼儀だったと思います。昨年の私もそうでしたから、参加者の皆様の気持ちは、良くわかっているつもりでした。ですので、「こいつテンション低いな、やる気ねーな」と思われてガッカリされないため、ですね。

 

 


さて、こんな等身大の自分を通じて、道場活動を語ってみました。ご興味のある皆さんの参考になったでしょうか。

 

この程度なら自分にもできるんじゃないだろうか」と思ってくだされば、とても嬉しいです。

 

そうです。「やりたい」と思った時点で、きっとそれはできるんです。あなたにも、きっとできますよ。

 

 

◆最後におまけ

とある事で、ksknと話していました。その中で、「やると決めたので、最後までやります」という彼の言葉に、自分は励まされました。

 

それ以外にも、ひとつひとつは具体的過ぎて、生々しすぎて、ここには書かないのですが、10代目メンバーの、たくさんの言葉と善意にささえられて、自分はここまで、この活動を続ける事ができました。その時の一言を、いまでも見直すことがあるくらい、自分にとって、ありがたい事でした。

 

もしかして、途中でやめたくなる事があるかもしれませんが、それでもきっと大丈夫ですよ。志を同じくした、11代目の誰かが、あなたを支えてくれます。

 

どうでしょうか。少し、道場の活動に、現実味を帯びた興味がわいてきましたか?

 

この記事で、「もし合格していたら、自分も…」と思って下さっているあなたの背中を、少しでも押すことができていたら、とても嬉しいです。

 

 

あたらしい門出をする者には
新しい道がひらける
(相田みつを)

 

 

本日は以上です。
最後まで読んで下さって、ありがとうございました。感謝いたします。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は修了しました。

★:★:★:★:★

 

みなさん、おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
朝晩の冷え込みですっかり季節の変化を感じる今日この頃。
この季節でふと想い出したことを今日は書いていきます。

先ずは先日、軽くショックな出来事がありましたのでそちらから。
それは、取引先のゴルフコンペに参加した際の話。
コツコツと練習を積んだ成果を発揮しようと密かに意気込んでいた私。
畏まった表彰式に備えて、ジャケットとズボンを新調し万全の体制。
ところが、そんな私にある事件が起きていたのです・・・。
さて、どんな出来事があったと思いますか?

OB連発で最悪のスコア?」
いいえ、違います。
「張り切りすぎて、ぎっくり腰?
いいえ、違います。少々、腰は痛いですが(笑)

答えは・・・
ゴルフのズボンが入らなかった・・・・」( ;)汗
朝、クラブハウスに到着し、表彰式用のパンツからゴルフウェアに着替えようとした時、
なんとパンツ(ズボン)のボタンが全く閉められないぐらい太ったようです。パンツが縮んでいたんです。
表彰式用のパンツを脱ぎ、ゴルフパンツを途中まで履きかけたにも関わらず、すごすごとそのパンツを脱いで片づけ、表彰式用のパンツにまた履きなおすという悲しい姿。
と、そんな事件があったのです。

2年前の今頃は履けていたゴルフパンツ。
そして、想い出したのが2年前の生活。
それが本日のテーマ。

2年前、丁度今頃はある試験勉強に挑戦していました。
それは、メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種。
当時、キャリアコンサルタントの養成講座を受講中だったのですが、その時の講座の先生が取得されていた為、挑戦しようと決めた試験です。
現在、増え続けているメンタル不調を未然に防ぐための知識を体系的に取得することが目的ですね。
因みにⅡ種、Ⅲ種もあり、試験の取得対象者のイメージは、Ⅰ種が人事労務管理スタッフ、経営幹部。Ⅱ種が管理職、Ⅲ種が従業員自身となっています。

この試験、(Ⅰ種は)合格率10~20%弱と難易度は割と高く、その理由は選択式に加えて、論述試験があるためです。
そして当時、すっかりと機能停止に近かった記憶脳をいかに呼び起こすか。それが自分の感じていた大きな課題でした。
ほんと全くといっていいほど、試験に必要な言葉(キーワード)が出てこないんです。。。
これはマズいと。
書いて覚える方法が得意な方もいますが、私はそれは苦手。

そして、いろいろな勉強法を研究し、かつ当時も気にしていたダイエット法を組み合わせて行ったのが
「ウォーキング学習法」
やり方は簡単です。
予め、スマホにQ&Aを作成し、自分の声で録音
そして、スマホを再生しながら歩いて通勤するというものです。

例えば、こんな調子。(久々に再生してみました。)
「Q.メンタリングの機能について」
(15秒の間隔)
「A.メンタリング機能には、キャリア的機能、心理・社会的機能の2つがある。キャリア的機能にはスポンサーシップ、推薦と可能性、訓練・コーチング、保護、挑戦し甲斐のある仕事の割り当ての5つがある。心理・社会的機能には役割モデルの提示、受容と確認、カウンセリング、友好の4つがある」

このQを聞いた後の15秒の間隔の間に独り言で答えながら徒歩通勤。
忘れていたら、巻き戻して再生。それを繰り返し。
全体で38問の想定問題を作成し、約35分程度のQ&A。
歩いて通勤すれば、早足で約40~45分。丁度、1通り終える頃に会社に着けるという算段です。
これを朝晩の通勤で行うことで、ダイエットも成功
そして、無事、試験も一発合格
何より歩くことで頭がすっきりして仕事もエンジンのかかりが早い!
余談ですが、成績が伸びずに悩んでいたアメリカのある高校では、授業開始前に運動することで成績が顕著に上昇した例があるそう。
どうやら、体を動かすことと頭の活性化は因果関係があるようです。

ということで、そんな2年前のことを思い出したため、現在、この記事はエアロバイクを漕ぎながら執筆中(笑)
再び一石〇鳥を目指して、マシンを活用しながらできる事を始めようとの思いに至りました。
そして、必ずやあのゴルフパンツをもう一度、履くぞ!

みなさんもよければご参考にしてくだい!
では、本日はこれまで。みなさま、ご機嫌よう♪

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は修了しました。

★:★:★:★:★

おはようございます!
たっつーです!
(過去記事はこちら

先日、事例V(東京)でお会いした方、本当に有難うございました
面と向かって、「あの記事がとても役に立ちました!」と言っていただける方がいて、本当にうれしかったです!
こんなに嬉しいものだとは思っておらず、これだけで「道場10代目になってよかったな~」と思いました。

さて、今日の記事は、「口述試験セミナー参加のすすめ&セミナー日程まとめ」です!


【目次】
◆口述試験の日程
◆10代目の口述試験対策
◆口述セミナー参加のすすめ
◆セミナー日程まとめ


◆口述試験の日程

おさらいですが、口述試験関係は、診断士試験のHPに公開されているとおり、以下の日程です。

筆記試験発表日:平成31年12月6日(金)
口述試験日:平成31年12月15日(日)
合格発表日 :平成31年12月25日(水)

口述試験は、筆記試験合格発表日から1週間強しか準備期間がありません。
そのため、後記のとおり、各団体の口述セミナーは、この1週間強に集中しています。

◆10代目の口述試験対策

さて、この一発合格道場10代目のメンバーは、どんな口述対策をしていたのでしょうか?
10代目に以下の質問へのアンケートをとってみましたが、その結果は以下のとおりです。

①口述セミナーに行った?
②口述セミナーで何が得られた?
③口述セミナー以外でどんな対策した?

 

①を見ると、皆最低一つ以上は、口述セミナー等に参加していることがわかります。

②を見ると、口述セミナーに行って、「場慣れできた」「雰囲気がわかった」「長く回答するための訓練ができた」等の回答がありますね。
口述試験の注意点やテクニックは別記事に譲りますが、やはり口述セミナーは一定の効果があるといえそうです。

③については、ひとそれぞれですが、再現答案づくりと事例分析が多い印象ですね。
でも、皆、そこまで時間をかけている雰囲気はなさそうです。

◆口述セミナー参加のすすめ

アンケート結果からも分かる通り、口述セミナーに行けば、それだけで十分口述対策として大きな効果があります。
したがって、もし来月、2次筆記試験に合格していれば、ぜひ口述セミナーに申し込んでください!

でも、「口述試験ってまず落ちないんでしょ?わざわざセミナーに行って対策する必要ある?」と思う方もいるかもしれません。

正直、そのとおりです。
皆さんご存知だと思いますが、口述試験はまず落ちません。

協会発表の統計資料を過去5年分見てみると以下のとおりです。

平成30年度 口述試験の受験資格者数:906人|合格者数:905人(合格率99.76%

平成29年度 口述試験の受験資格者数:830人|合格者数:828人(合格率99.76%

平成28年度 口述試験の受験資格者数:842人|合格者数:842人(合格率100%

平成27年度 口述試験の受験資格者数:944人|合格者数:944人(合格率100%

平成26年度 口述試験の受験資格者数:1,190人|合格者数:1,185人(合格率99.58%

すごいですよね。
毎年、数人しか落ちません。
平成27年度と28年度なんて、全員合格です。

つまり、受験資格を得た人のほぼすべてが合格する、ということです。
要するに、とにかく遅刻せずに受験会場に到着し、面接官に何かしら喋ればまず間違いなく合格するということです。

(個人的には、1人2人しか落とさないような試験なんて、最早試験の体をなしてないからやめればいいのに、と思ってしまいますが…。これに経費をかけるくらいであれば、実務補修をもっと低額にして、診断士登録のハードルを下げた方がいいような気も。)

とはいえ、それでも僕は、口述セミナーに行くことを強くお勧めします!

何故かというと、「診断士友達(≒人脈)を作る、一番最初の場だから」です。

口述セミナーに来ている人の多くは、来年、診断士登録します。
つまり、来ている人の多くが、自分の「同期」になりますので、ここで一気に顔見知りを増やし、将来の仕事獲得にもつなげることができるのです。

上記10代目のアンケートでも、口述セミナーに行って得られたものとして、何人かのメンバーが
同期の人脈できた(名刺交換多数)
・合格者仲間ができた。道場や政策研に入るきっかけとなった。
合格者(同期になる人たち)との繋がり
その後の知り合いが出来た
ということを言っています。

特に、診断士1年目に受験生支援をしたいという方にとっては、口述セミナー出席は大きなチャンスです。
ここで一つのつながりを作って、受験生支援団体に参画するきっかけとなりますからね。

僕自身も、この口述セミナーが、初の道場セミナー出席でしたが、初めて、去年の9代目メンバーと、今の10代目メンバーである、なおさん・かもよ・いよっち・どいこうに出会いました。
(ほかにも、会っているメンバーがいたら、ほんとすみません。)

口述セミナーに行っていなければ、道場メンバーになることもなかったと思いますので、今思えば、一つの大きな診断士生活の転機でした。

他方、受験生支援をやるつもりはない、という方も(もちろん)いると思います。
それでも、ここで同期の知り合いを作ることは大きい意味があると思います。

実際、診断士1年目は、実務補修を受けたり、色々な研究会に入ったりするのですが、今でも、「あ、あのとき○○セミナー一緒でしたよね!」という会話をするなど、一つの話のネタになっています。

ということで、ぜひ、下記の口述セミナーにお申し込みください!

◆口述セミナー日程まとめ

「知り合いづくり」という意味では、正直、予備校の面接練習よりは、各団体が実施している口述セミナーに申し込んだ方がいいように思いますので、以下のとおり、各団体の口述セミナーの日程をまとめてみました!

予備校(TAC、LEC等)の面接練習の日程は、各予備校のHPでお調べください。
(↑手抜き)

どの団体も、筆記試験合格発表直後から申し込み開始のはずです。
合格発表当日には満杯になってしまうことが多いですので、皆様も、合格発表後、すぐに申し込んだ方がいいと思います。

■一発合格道場

我々道場も口述試験対策セミナーをやります!
充実したコンテンツでお届け予定。懇親会の間だけは、試験を忘れて楽しみましょう!

東京 2018年12月7日(土)午後(懇親会あり。場所・時間の詳細は別途)

■タキプロ

【東京】
12月11日(水)夜
12月14日(土)午前・午後の2枠

【関西】
12月11日(水)夜

【名古屋】
未確認ですが、例年実施しているようですので、多分あると思います。

受験生支援団体の老舗ですね。診断士1年目の方の多くが、この団体で受験生支援に携わっています。
上記はいずれも未公開情報で、まだ「暫定」の予定とのこと。
もう少しすれば、詳細な情報が、タキプロのHPで公開されると思います!

■ふぞろい

東京 12月8日(日)午後
(詳細はこくちーずにて)
大阪 12月14日(土)午前
(詳細はこくちーずにて)

2次筆記試験で多くの人がお世話になっている「ふぞろい」シリーズの出版母体です。

■中小企業政策研究会

東京 12月8日(日) 午前・午後の2枠(それぞれ懇親会もあり)

所属会員300人を超える日本最大規模の診断士研究会が主催しています。
(HPはこちら。口述セミナーの詳細もリンク先にあります。)
実は私も入っていて、口述セミナーも運営側で参加予定です。

今日紹介した4団体の中で、唯一、受験生支援団体ではありませんので、受験生支援することは考えていない人にもおすすめです。
私もセミナーに参加したことがきっかけで入会し、今では、結構色んな活動をしています。

もともとはTACの名物講師であったという遠藤先生が立ち上げたものですが、TACと縁がなくても全く問題ありません。
実際、ほとんどの会員がTAC受講生ではありません。


以上、たっつーでした!

かなり寒い季節になりましたが、皆さま、風邪をひかないようにしてくださいね!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
終了しました。

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

昨日は事例Ⅴ(懇親会@東京)の開催となりましたが、ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。早いもので二次筆記試験からもうすぐ2週間が経ちますね。再現答案は皆さん書かれたと思いますが、先日たっつーがまとめてくれていましたが各予備校の解説会に行かれた方もいらっしゃるかと思います(私も昨年はTACの解説会に行きました)。逆に、試験後は外からの情報をシャットアウトして、完全に診断士試験から離れている方もいると思います。結局のところ、12月6日の合格発表(口述試験を受ける方の発表)までは、合否は誰にもわかりませんので、まずはゆっくりと休んでいただくのが良いのではないかと思います。

さて、本日の内容ですが、(合否は12月までわからないと言っておいてなんですが)みんなが気になる二次筆記試験の手応え・自信について、お話ししたいと思います。ちなみにこの内容は、昨年の9代目だいまつの記事(パクリ)今年度版となりますので、昨年の内容も引用しながらお伝えさせていただきます。

 

昨年の私の場合について

まず初めに、昨年の私の場合についてですが、試験直後(まさに事例Ⅳが終わった瞬間)は、絶望感に襲われていました。そもそも2年目ということで背水の陣で臨んでいる状況でしたが、事例Ⅰ~Ⅲについては解答欄は埋めてはいるものの手応えが得られておらず、そんな中で事例Ⅳで撃沈(一部空欄もあり)しましたので、試験後に天を仰いだのを覚えています。その後、精神的にはかなり落ち込んでいましたが、前年は翌日に再現答案を作成して記憶が少し薄れてしまっていましたので、なんとか帰宅後に再現答案を書きあげました

ということで、試験直後はかなり凹んでいる状況でしたが、2・3日するとなんとなく気持ちも落ち着いてきました。とはいえ、不安な状況は変わらなく、気分的にはモヤモヤ感でいっぱいな状態が続いていました。そんな中、1週間後ぐらいにTACの解説会に参加しましたが(模範解答もTACのを見たのみです)、結果として(自信を持つには至らないものの)意外と悪くないかも、という印象を得ることができ、以降は特に試験に関する情報収集等は行いませんでした。まあでも、結局のところ結果が出るまでは、やはり落ち着かない状況でした

 

道場10代目の手応え・自信

私の話はこれぐらいにして、みんながどうだったのか?、ということで昨年の二次筆記試験後の手応え・自信について、道場10代目の各メンバーにアンケートを取りました。回答の凡例・タイミングは、9代目の時のアンケートを踏襲していますが、(人によって異なりますが)予備校の模範解答等を見たあとのタイミングである「2週間後」を追加しています。

【凡例】

①まず間違いなく合格した。
②結構いい線をいっていると思うが、結果に自信を持つまでには至らない。
③それなりにやれた手応えはある。ボーダー近辺か(合否は50:50)。
④やらかした箇所もありやばそうだ。全然どうなるか分からない。不安だ。
⑤全然ダメだった。来年かな・・・。

 

【10代目の手応え・自信】

 

まずはA(尻上がり組)ですが、私しかいませんでした。このパターンにハマる方はレアケースなのかもしれません。

次にB(横ばい組)ですが、かわとも、どいこう、ブブ、いよっち、makinoの5名となります。makinoは先日の記事でも心境について触れていますが、makinoとかわともは基本的に外からの情報をシャットアウトして過ごしていたようです。横ばいということで気持ちは安定していますが、特にブブとmakinoは⑤ということなので、結構しんどい状態であったと思われます。逆にいよっちは、終始自信満々だったようです

次にC(尻下がり組)ですが、そーやのみ、という結果でした。そーやは、予備校の模範解答と自分の解答との違いにショックを受け、そのまま情報をシャットアウトしたそうです。

最後にD(アップダウン組)ですが、ちこまる(仮)、kskn、かもよ、なおさん、たっつーの5名となります。全体的には、上がって下がる、というパターンの方が多かったみたいです(ksknは②と④をいったりきたり)。たっつーは、そーやと同じパターンですが、意外といけそうな気がしていたところで予備校の模範解答を見て絶望したそうです。

こう見ると、模範解答が気になるのは世の常だとは思いますが、予備校の模範解答を見ても結果的に精神面ではあまりいいことはなさそうに感じますね・・・

 

道場10代目・9代目の手応え・自信

最後に、折角なので10代目と9代目の区分ごとの人数をまとめてみました。

 

ぱっと見てわかるのは、9代目は④は多いものの⑤は1人もいませんが、10代目は最終的に⑤が最多数という(ネガティブまっしぐら集団)、ちょっと悲しい結果が判明しました。まあそれはおいておいて、皆さんに見ていただきたい点としては、合格者においても、自信がある人(①・②)は2割程度しかおらず、半数近くの人は自信がない(④・⑤)ということです。要は、自分の手応えと実際の結果(点数)は必ずしも一致はしない、ということかなと思います。合格者の集団であっても上記のような状況ですので、不安で落ち着かない日々が続いている方がほとんどかと思いますが、まずはゆっくり休んで、今までできなかったやりたいことを楽しむのが良いかと思います。実際、合格したら、以降は口述試験・実務補習と、怒涛の忙しさが待っていますので、今のこの時間を有意義に過ごしていただければと思います。

 

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら。本日23時まで!!

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

どうも、kskn(きしけん)です。

もう上の事例Ⅴ~Ⅶには申込まれましたか?東京は今晩の開催ですね。
大阪は2週間後ですが、申込みの締切は今日です!お待ちしております!!

 


さて、もう二次試験の再現答案は作りましたか?
私、Twitterをやっているんですが、Twitter上だと『二次試験の再現答案作らなくてよくね?』派が一定数いるようです。
作った方がいいよね派の意見を先日のぐっちの記事を一例として引用すると、

【再現答案作成のメリット】
①口述試験対策のネタになる(設問と同様の質問が問われる場合もあるようです)
②予備校の採点サービス等を受けることができる(意味があるかはなんとも言えないですが)
③後進のための材料になる(皆さんがきっとお世話になったふぞろいは、この再現答案の積み重ねですね)

と言われています。対して、作らなくてよくね派の意見はこうです。

①口述試験対策 → ほとんどみんな受かる試験なんだから、そこまで準備しなくていいじゃん
②予備校の採点サービス → 別に受けないからいい
③後進のため → 後進のことなんて知ったこっちゃない

これを読んで「けしからん!」となる人もいると思いますが、個人的には納得感あります。
これなら作らなくていいと思うのもよく分かりますね。

でも、これってよく考えてみて欲しいんですけど、全部合格した前提なんですよね。
もし不合格になったら、、、?

僕は残念ながら不合格になってしまったときにこそ、再現答案の価値が発揮されると考えています。
正解が発表されない試験ではあるものの、出題の趣旨は公開されます。
それと自分の答案を見比べながら、「ここは点が入ったかな~」「ここはもっとこう書くべきだったな~」と振り返りをすることで、翌年に向けて自分の能力を高められるのではないでしょうか。

振り返りの無い者に、成長無し
(勝手にそれっぽく言ってみた)

こうしたブログで『もし不合格になったら』というネガティブな話を書くと嫌われるかもしれないのですが、そもそも合格する人の方が少ない試験で確実に合格する保証なんてどこにもないので不合格に備えてプランBを考えておくことはすごく大事なことだと思います。
悲観的になる必要はありませんが、適切に現実と向き合って準備を進めましょう。

 


さて、ここからが本題です。(イントロ長かった)

みなさん、試験が終わって各々がご自身の時間を過ごされていると思います。
今まで試験勉強にずっと打ち込んでこられたことでしょうから、しばらくはゆっくりされると言う方も多いでしょう。

とはいえ、せっかくここまで勉強してこられたのに「試験が終わったし、もう勉強なんていらねー」では少しもったいないですよね。
なので、今日は僕が読んで面白いと思った書籍をいくつかご紹介したいと思います。
もしご興味持っていただけたら、一度読んでみていただけると幸いです。

なお、仮にご購入いただいたとしても僕には1円も入ってこないので安心してご購入ください(?)。

 

  1. 個人事業の始め方(著者:中野裕哲, 2013, 西東社)

    この本ではそのタイトルの通り、個人事業主としてビジネスを始める方向けの本で、必要な準備、お金、手続き、運営のポイントなどなどが記載されています。
    なので、ご自身で独立・開業を考えてらっしゃる方には当然オススメの本ですし、開業支援などを行う場合にも役立つ本です。
    経理と税金周りのこともいろいろと書かれているので、知識として知っておくと診断士としてプラスになるでしょう。
    なお、こちらの本はAmazon Prime会員ですとKindleで無料で読めるので、そういう意味でもすごくオススメです。(セコい)
  2. 異業種に学ぶビジネスモデル(著者:山田 英夫, 2014, 日本経済新聞出版社)

    この本は実在の企業を事例として参考にし、良い部分を異業種に移植することで強いビジネスモデルを構築する参考にしましょうという本です。
    この本の良さはいろいろな成功事例が分かりやすく解説されているところもあるのですが、それ以上に「ビジネスモデルは異業種に移植することができるから、自分たちの業界だけでなく広くいろんな業界から学ぼう」というマインドを持たせてくれるところだと思います。
    僕も2度転職したことがあるので分かるのですが、ある業界・ある職種では当たり前のことでも、別の業界・別の職種に移るとそれが当たり前ではない、ということがしばしばあります。
    このあたりのギャップをうまく利用することができれば、あまり苦労せずに勝ち筋を見つけることもできるのでオススメです。
  3. サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている(著者:西内啓, 2012, マイナビ)

    タイトルを読めばもう内容はある程度想像がつきそうですね。笑
    お金のこと、仕事のこと、出世のことなど、サラリーマンが一般的に悩むような事柄について、学問的な観点からこうすべきであると道標を示してくれています。
    とはいえ、内容は堅苦しくなく読みやすいですし、診断士で勉強したような内容もしばしば出てくるので、何となく今までやってきた勉強が報われる感があります。笑
    ボリュームも文庫本で240ページほどなのでサクッと読めます。オススメです。
  4. 統計学が最強の学問である(著者:西内啓, 2013, ダイヤモンド社)

    これも上の本と同じ、西内啓さんが書かれた書籍です。
    こちらは統計学について書かれているのですが、統計の難しい解説が書かれているというよりは、統計の持つ力がいかに大きく、有用かということが書かれています。
    僕はもともと統計にほとんど興味がなかったんですが、この本を読んで「統計すげえええええええ」となり、すっかり魅入られてしまいました。笑
    (ただしそれほど詳しくはない)
    つい何となく意思決定をしちゃうけど「なんでそうしたの?」と聞かれると答えられないような方は、これを読んで数字で裏付けるクセをつけるといいでしょう。
  5. 確率思考の戦略論(著者:森岡毅、今西聖貴, 2016, 角川書店)

    USJの元CMOでもあり、現在は株式会社 刀のCEOである森岡さんの書籍。
    この本も統計を使ったマーケティング戦略について詳しく書かれていますが、統計の手法というよりは、統計の威力について書かれています。
    特に僕は関西に住んでいるのでUSJは身近な存在なのですが、毎年繰り出される施策にそんな裏側があったのかと思うと興奮してしまいます。(変態ですね)
    マーケター必読の本ですが、マーケターだけでなくあらゆる人が楽しんで読める本だと思います。
    森岡さんの本はどれも読みやすく面白いのですが、この本はその中でも一番オススメです。

 

以上、読書の秋を過ごすためのオススメ5冊を紹介しました。
もし僕がオススメした本を見て、「こういうの好きだと思うよ!」という本があればコメント欄で紹介してもらえると嬉しいです!

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら
※お申し込み期日:11月1日23時

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。
もう10月も末日、いつの間にか肌寒い日々となってきました。

次は口述試験!

10月20日(日)に2次筆記試験を受験されたみなさん、おつかれさまでした。
もう随分、日にちが経ってしまいましたが、今回が2次筆記試験後、初めての私の回です。

受験生のみなさんは、12月6日(金)の「口述試験を受ける方の発表日」まで、受験生生活はしばしお休みとなります。

そんな中、一発合格道場や他の受験生支援活動に携わっているメンバーは、12月15日(日)の直前の週に行われる「口述試験対策セミナー」の準備をします。

今年の2次試験問題を解き、想定問答を作るのです! ですが、、、受験の当事者でなくなったためか、なかなか着手できずにズルズル時間が過ぎています。そろそろ一念発起して、受験資格を得た方々の口述対策をお手伝いできればと思います。

この時期何をするのか?

息抜きするなら今!

試験勉強をしている間、家族に負担をかけたり、自分の欲求にフタをして勉強していた方もいらっしゃると思います。そのような場合は、しばらく息抜きをするのも良いと思います。家族との時間、友人との時間、趣味の時間などなど、満喫されるのもよいかと思います。

やっぱり勉強も良い

「どうも玉砕してしまったようだ」という方、リベンジのための勉強を始めるのも良いと思います。早めに再スタートすれば、余裕をもって来年への準備をすすめることができます。

コンサルタントとしてのトレーニング

「合格したかな」と思う方は、診断士デビューに向けて実践知を身につけるのもまた良いと思います。コンサルタントとして身につけるべき知識やスキルはたくさんあります。試験科目の7科目に加え、論理思考、議論の方向づけ、資料作成、営業力、その他の各種専門知識などなど。その中でも私がまずオススメしたいのは、「経営者の目線で世の中を見る」ことです。

私もそうでしたが、雇われている会社員は、どちらかといえば定められた担当業務をこなすという発想になりがちです(もちろん、経営陣はそれを求めています)。しかし経営者は少し発想が違います。競争優位の構築、新規事業の創出、M&Aによる成長など、企業全体の方向性を考える傾向があり、「オレはスプレッドシートでのデータ分析が非常に速いんだ!」と自慢するような経営者は、あまりいません。コンサルタントが経営者に寄り添うには、こうした経営者の発想を理解する必要があると思います。

とはいえ、人は怠惰な生き物、自分の利害が絡まないと真剣になれないものです。そこで、私は、「上場企業の株式を保有し」、「中長期(数ヶ月~数年単位)のトレーディングで利益を出そうとする」ことを提案します(金額は少額から始めるのがいいと思います)。株式を保有すればあなたはオーナーであり、企業を経営者目線で見ることになります。経営方針がイマイチだと思った会社の株を売却するでしょうし、「知られざる優良企業だ」と思った企業の株を買うでしょう。このように経営者目線で企業を分析する経験を積み重ねること、これが、コンサルタントとしての力量につながると私は考えています。
※ただし、デイトレーダーになってモニタの前に張り付くことは、個人的にはおすすめしません。

昨年の私は読書を中心に過ごしていました

「2次筆記試験直後の昨年今頃、自分が何をしていたのかな」と思って、昨年のカレンダーを見返してみました。すると、打ち合わせなどの予定をあまり入れていませんでした。読書に勤しんでいたと思われます。

私の場合は、あまりムリをせず自然体で勉強していたので、特に息抜きは必要なく、単にのんびり過ごしていたように思います。

翻って1年後の現在、従来の仕事、診断士になってから始めた実務、それに研究会等、予定をたくさん入れて、忙しくなりました。その結果、読みたい雑誌や書籍が積読状態になっています。あの頃はマイペースで過ごしていたなあと状況の変化に感慨を覚えます。

近況:知財業務をやっています

最近、研究開発の委託契約に関与していますが、知的財産は本当に重要ですね。契約交渉の場面で、特許等の帰属や実施権に関する取り決めを間違えると、血と汗と涙の結晶とも言える技術の利用価値が下がったり失われたりします。
・特許等が委託先に帰属するような契約を結んでしまうと、権利を取得できない
・特許出願前に共同研究者が論文発表してしまうと新規性を喪失して特許要件を欠く。ただし、1年以内に出願すれば例外適用が受けられる(特許法第30条)
・特許出願した内容は1年6ヶ月経過するまで公開されない(特許法第64条)が、その期間に委託先が論文発表等してしまうと、競合に出願内容が筒抜けになってしまう
とても恐ろしい世界なので、私も冷や汗を書きながら契約書に取り組んでいます。

ところで、中小企業診断士試験の経営法務において、知的財産権が重視されています。

知的財産権は、第一に企業の競争力確保という観点で重要です。せっかく自社で発明した技術を有効活用して利益を獲得しなければ、企業の存続・成長は難しくなります。第二に、企業による知財戦略の失敗が積み重なると、国の競争力にも悪影響を与えます。実際に、世界的な大国の間でも、知的財産をあの手この手で奪う試みと、それを阻止する試みが繰り広げられています。日本人(私もそうですが読者の多くもそうだと思います)は概して約束や法律を律儀に守ることを常識としていますが、その常識が一部の外国に通用しないこともあって、近年、知的財産をめぐる仁義なき戦いに苦戦しているようです。

一人一人のビジネスマンが知財の重要性を深く認識し、厳格な姿勢で臨むことで、新技術を活用し、所属する企業の業績を向上させられると思います。また、それが国全体の競争力や豊かさにつながると思っています。中小企業診断士には、そうした一連の過程に良い影響を与えられる可能性があるのではないでしょうか!?

おわりに

明日11月1日(金)には、受験生のみなさんと道場メンバーとの懇親会である、「事例V」が、東京・新宿にて開催されます。私も参加予定でして、皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら
※お申し込み期日:10月28日12時

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら
※お申し込み期日:10月31日12時

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら。->増枠しました。
※お申し込み期日:10月30日12時

★:★:★:★:★

 

おはようございます。makinoです。
本日も読んで下さって、ありがとうございます。

 

====================================

まず最初に、事例Ⅴ・Ⅵ・Ⅶの締め切りが迫っておりますので、以下の通りお知らせいたします!

東京事例Ⅴ   28日(本日)12時締切!

大阪事例Ⅵ    31日 12時締切!

名古屋事例Ⅶ 30日 12時締切!

====================================

 

事例Ⅴ・Ⅵ・Ⅶに関しましては、わたしの本日ブログでも触れておりますので、出席を「迷われている方」は、是非ご参照ください。

 

—–

さて、今回は、2次試験の手応えから「落ちた」と思っている方に、お送りいたします。

 

なぜなら、昨年の私も、「落ちた」と思って、合格発表までの日々を過ごしておりまして、その気持ちが身に染みてわかっていますので。

 

◆記事紹介
まずは、みなさんに1つ記事をご紹介します。昨年の道場ブログに、こちらの記事がありました。とても素敵な記事だったので、みなさま、是非ご覧ください。

みんなが気になる2次試験の「手ごたえと自信」:9代目だいまつさん

 

ちなみに、こちらの記事で言いますと、私の2次試験の手応えは、5段階で最低ランクのこれ↓でした。

 

⑤全然ダメだった。来年かな・・・。

 

昨年の道場執筆メンバー(=合格者)には、この⑤の人が1人もおられず、「なんだよ、⑤で受かった人いないのか」と感じておりましたよ(みなさん優秀なんですね、ほんと…)。

 

そして今年は、はっきり申し上げます。⑤でも合格した人がいます(少なくとも、ここにひとり)。

 

 

◆試験の手応え詳細

そんな手ごたえ⑤の自分ですが、事例ⅠからⅣまでで、「0勝4敗」。肌感覚による予想得点はこちら。

事例Ⅰ 50点
事例Ⅱ 50点
事例Ⅲ 45点
事例Ⅳ 45点
合計  190点
(実際の得点は、こちらをどうぞ

 

なんだ、合格ラインに50点も足りてない。もともと、自己採点慎重な私ですが、さすがに「ダメだこりゃ」でした。

 

お話は、ちょっとわき道にそれますが、こんな手ごたえでも自分が合格しているのは、やっぱり2次試験が「相対評価」だからだと思います。自分は「出来なかった」と思っていたのですが、受験生の多くが同じ「出来なかった組」であれば、相対評価で、合格ラインに留まる事ができる、という事です。

 

ですので、ご自身の手ごたえは、大事な情報ではありますが、それだけで結果が決まらない、という事でもあります(と私は思いました)。

 

さてさて、この様にいま現在は、わき道で理屈っぽい事を言っておりますが、「ダメだこりゃ」の当事者だった頃のmakinoさんは、そんな心境には到底いたりませんでした。ですので合格発表までのヤサグレた心境ったら無かったですよ。でも、そんな気持ちは自分を幸せにしませんので、こんな風に過ごしていました。

 

 

◆合格発表までの過ごし方

自分はまず、「合格発表までの1か月半は、一切勉強しない」と決めました。

 

「どうせ落ちてれば、また1年勉強するわけで、いまくらいは、休む権利があるだろ」とか、「結果がでてないうちは、勝ったも同然、結果が出たら遊べなくなるんだから、今のうちに遊ぼう」とか、とにかく心を楽しい方向に向けて、時間を過ごしていました。

 

ネガティブの中のポジティブ、みたいなものですね。そして、無理にでも明るくしていると、人間、案外明るくいけるものです。実際の行動はこちら。

 

1.お片付けして、「見えない化」

 

まずは、試験翌日の月曜日に、勉強道具を全て、見えないところにしまって、机の上はすっきり。お部屋もきれいにお掃除してリフレッシュ(机の下に、消しゴムのカスが多かったこと)。

 

「落ちてたら来年つかうから」、と日和りきった心で、さすがにテキストまとめて「買取王子」、とまでは行きませんでしたが。

 

2. よく遊び、良く遊べ

受験勉強中から、試験が終わったらやりたいことをメモっておきました。ですので、やる事には事欠きませんでしたよ。実際に何をしたのか、は回を改めて、たっぷりお話させてください。さわりは、こんな感じです。

 

ドラマを一気見
あいたい人に会いに行く(ざっと7-8人いました)
ボッロボロになるまで頑張ってくれたカバンを、そこそこいいものに買い替える

 

3.人間力の低下

さて、等身大のカッコ悪い自分の登場です。
「落ちた~(でも、もしかして受かってるかも…)」という気持ちを抱えたままの7週間。折に触れ、妻に泣き言をいいまくっていました。

 

どんな泣き言を口走っていたかといいますと…、

 

「どうせいつかは受かるんだから、今年受からせろ」(何言ってんだ?)

「あのレベルでもう1年勉強なんて、自分にできるわけねーだろ」(だから何だ?)

「あー、ウソでもいいから受かってねーかな」(もはや意味不明)

 

…最低ですね、この人。品性と、人間性を疑います…。

今年、一発合格道場で受験生支援をしている人とは思えません(ああ、きっとオオカミの皮をかぶった羊だったのね、ん?逆かしら?)。そして、それを黙って聞いてくれた妻は、神様のようです。感謝しかありません。

 

それにしても、本当にヤサグレてますねー、makinoさん。いけませんよー(真似しないですくださいね)。そして、残念ですがこの辺が、等身大の自分です。どうもすみません。未熟なもので…。

 

でもしかし。
人間、そんなにキレイに生きられないんです(おっ、言いわけか?)。無理して頑張っちゃったら、反動も出るんですよ(ある程度は)。自分みたいな未熟な者には、特に。ですので、その反動が出ている方は、どうか自分自身をゆるしてあげてください。

 

 

4.道場とのお付き合い

 

それから、「すっかり習慣になっちゃったので、もう少し道場ブロブも読もうかな」、なんて思って毎朝の通勤で読んでいました(軽いな、いろいろ失礼だぞ)。

 

そんな中、ブログで「合格体験記おくってくださいね」と言われると、少し苦しかったですね。「どうぜオレ、受かってねーしなー」って思っていましたから(しかし、合格体験記に触れた記事が悪いとは思いません、どうとらえるかは、受け取る側の問題ですので)。

 

そんなことを思いながらも「でも、もしかして…」と思って過ごしておりました(みなさん、きっとそうですよね)。

 

そして、昨年の大阪事例Ⅵにも、参加させて頂きました。翌日、予定があったので、とんぼ返りで1時間だけと限られた参加時間でしたが、ブログ上で(こちらが勝手に)さんざんお世話になった、9代目の大阪メンバーzenzenさんとだいまつさんにお礼を言えたことは、嬉しい出来事でした。夕方4時半に会社を早退して、新幹線に飛び乗りましたっけ(ここでも、参加を許してくれた妻に感謝です)。

 

ちなみに、この事例Ⅵには(参加者20人くらいだったかしら)、その後、同じく10代目メンバーとなるksknも参加していたのですが、座った場所が離れていたらしく、お互いを認識しておりませんでした。

 

5.TACの2次本試験分析会に出席

試験翌週の週末に、TACの2次本試験分析会に出席。

 

そして、今も忘れぬ、あの独特の雰囲気。
講師の方が4事例説明をしてくださいましたが、会場は水を打ったような静けさ。最後まで、どの受験生からも、質問は1つも出ず。そして私は、模範解答と自分の解答との乖離に落胆して、いの一番退席しました。

 

なぜこんな事が起きているかというと…、TACの模範解答は100点をとるための答案だからです。
そんなものが書けている受験生は皆無ですしね。

 

だからみんな「なんか自分の解答と違う…」となって、意気消沈してしまいます(自分だけか?)。50人くらい参加していましたが、独特の静けさです(岩にしみいる蝉の声)。

 

ちなみに、今年のTACの2次本試験分析会のスケジュールはこちらです。

参加無料ですので、気になる方は、行ってみてはいかがでしょうか?

 

そして、名古屋地区で受験された方は、TAC名古屋校の分析会に出た後、同日開催の一発合格道場の事例Ⅶへ、是非どうぞ!(想像以上のご好評にお応えして、増枠です)

 

 

6.おまけ 事例Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ開催

もうじき締め切りになります道場の事例Ⅴ・Ⅵ・Ⅶですが、迷っているなら行きましょう。別に懇親会の宣伝をしたいのではありません。

 

良質な情報は、人と会うことで集まります。そして、診断士は行動力です。迷うという事は、行きたい気持ちがあるからです。そういう「やりたい」を、どうか大事にしてください(懇親会に限らず)。

 

さてさて、今年のmakinoはと言いますと…、
家庭のイベントで、今年の東京事例Ⅴには参加できませんが(日程の都合がついたら、いきなり行ったろ、くらいに思ってましたけど)、大阪Ⅵ・名古屋Ⅶには参加いたします。皆様と、受験の苦労、努力、泣き笑い話、そして2次試験のお話をできる事を、楽しみにしております(社交辞令ではなく、本当に)。

 

ちなみに、ご出席されない方も、一向に大丈夫ですので、どうぞお気になさらず。

自分は、前述の通り、感謝の気持ちを直接伝えたかったので、昨年の大阪の事例Ⅵに参加しました。そして、気持ちの伝え方は、人それぞれです。事例Ⅴ・Ⅵ・Ⅶに出席される方、Open dayにコメントをくださった方、そっと心の中で手を合わせる方、記事を読む事こそが感謝の気持ちだ、と思われる方。どうか、それぞれのやりたい方法で、なさっていただければ、と思います(もちろん、道場だけではなく、支えて下さった方々に)。

 

そしてその感謝の気持ち表す事が、受験勉強を通じて、合否という結果以外に、ご自身が手にできる成長だとしたら、とても素敵だと思います(当時ヤサグレていた自分も、最後には、そうなりました)。

 

 

 

さて、今回は以上となります。

 

合格発表まであと6週間。この時間を最大限、有効に使いましょう!
いままで、勉強ばかりで、急になにをしようか、考え中のあなたには、こちらをどうぞ。

 

考えてばかりいると、日がくれちまうよ
(相田みつを)

 

そうです。時間は有限で、合格発表までの期間は限られていますから。

 

 

本日は以上です。
最後まで読んで下さって、ありがとうございます。感謝致します。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら
※お申し込み期日:10月28日12時

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら
※お申し込み期日:10月31日12時

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら。->増枠しました。
※お申し込み期日:10月30日12時

★:★:★:★:★


みなさん、おはこんばちは。
キャリコン診断士のブブです。

2次試験を受験されたみなさま
おつかれさまでした。
山場の試験も終わり、今まで張りつめていたモノがすべて抜けていく・・・。
そんな感覚を味わっている方も多いのではないでしょうか。
先ずはこれまでの頑張ってきた自分を、しっかりと労ってあげてください。

そして、少し気持ちが落ち着いたらこんなことを考えてみてはいかがでしょうか?
【合格後の自分はどうなっていきたいか】
もちろん、合格するかどうかは結果発表までは不明です。
とはいえ、合格すれば口述試験、そして一息つけば年末年始を挟んで実務補習が始まり、慌ただしい日々が始まります。
その慌ただしさに流されないように、自分の軸を見つけていけば進むべき道もブレにくくなります。

また、想像したくない結果ですが、万が一、試験結果が意に沿わないものだったときに
あらためて、1年先の再試験に向き合うモチベーションが必要となるのではないでしょうか。

その両者の原点は【ありたい自分】にあると思います。
そして、キャリアコンサルタントは、相談者自身が【ありたい自分】に気付くことで未来に進むための支援する役割を担っています。

今日は、その”キャリア”の考え方について幾つかご紹介します。

➀キャリアとは様々な役割の組み合わせ
キャリアという言葉から「仕事上のステップアップ」をイメージされる方は多いかもしれません。
実は、キャリアコンサルタントの世界では、キャリアは広い概念でこう認識しています。
「環境との相互作用によって、生涯を通じて個人が構築し、個人により意味付けされたもの」

つまり、端的にいえば”自分が重要だと意味付けしたものこそ、キャリア”ということです。
趣味を楽しむ自分もキャリア。
ボランティア活動をしている自分もキャリア。
家庭で子育てをする自分もキャリア。
資格取得に向けて邁進しているのもキャリアということです。
つまり、仕事に限らないという考え、今でこそ浸透してきたワークライフバランスに近いですね。

そして、これまで相当の時間を試験勉強に割いてきた割合を、本来自分にとって大事だと感じている割合に戻すことも、キャリア形成には必要なことなのかもしれません。或いは、更に進みたい方向にドライブを掛けていくことも、あり得るでしょう。

➁キャリアとは、偶然を活かすべき
みなさんに質問です。
「あなたは何故、診断士の試験勉強を始めようと思ったのでしょう?」
「転職しようと思ったから」
「社内昇格を狙って」
「今、注目されている資格だったから」
一人ひとり、いろいろなことがあるでしょう。
そして、そう思うに至った何かしらの出来事やきっかけがあったりするのではないでしょうか?
例えば、社内で不本意な人事異動があった、としましょう。それは、自分にとっては好ましくないことかもしれません。
でも、その偶然があったことで、「よし、診断士資格をとって意中の部署に異動してやろう!」「転職しよう!」
思い立つことが出来たと考えられないでしょうか。
そして、これまでの試験の頑張りに繋がってきた、喜ぶべき偶然といえます。

また、再びで恐縮ですが、仮に今回の試験が意に沿わない結果だった場合に「そのことをどう思えるか」、が重要ともいえます。
試験自体を諦めて方向転換するかもしれません。
それも全くアリだと私は思います。
試験が終わるまでは、最後まで諦めないで!と言い続けましたが(笑)
診断士試験で学んだ知識を活かせる!と思えば、決して無駄にはならないでしょう。

人世に予め計画を立てても、その通りに進まないのが世の常。
ならば、「その様々な偶然をうまく人生に取り入れることこそが、より豊かに進んでいく方法
そんな考えを提唱しています。

➂人生の転機は「終わり」から始まる
人世には転機が必ず訪れます。
通常、出来事は「始まり」があり、「終わり」があると考えるのが通常なのですが、「終わり」から考えることが重要という考えです。
例えば、最愛の人との別れでもあったり、仕事を辞めること等。
今回、ひととおりの試験が終わったことも一つの転機と考えることもできます。

そして、「終わり」を経ることで訪れる「ニュートラルゾーン」が重要といわれています。
それは、忙殺された連続する流れのなかにふと訪れる「猶予期間(モラトリアム)」といえます。
「もし今死んだら、心残りはないか?」
「幼少のころ、自分が考えていたことは何だっただろうか?」
普段、考えることもないそんな事が考えられるのは、この「終わり」と「始まり」のなかにある「ニュートラルゾーン」だからできる気がします。

いかがでしたでしょうか。
時間の多少に個人差こそあれ、これまでこの試験に費やしてきた時間は相当貴重なものだったとお察しします。
合格発表までは落ち着かない・・・。
そんな期間かと思いますが、みなさまにとって凄く大切な時間を今、過ごしているように思います。

いずれの結果が出たとしても【ありたい自分】に向って進んでいってください!

以上、本日はキャリアコンサルタントとしてのブブからの記事でした。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

 

おはようございます。たっつーです!

◆今年の2次筆記試験を受験した方へ
2次筆記試験、大変お疲れ様でした!

試験勉強のために色々と犠牲にしていたことも多い思いますので、この機会に、我慢していた楽しいことを目一杯やってしまいましょう!
(罪悪感なく試験勉強もせず遊べるのは、合格発表までのこの1か月強くらいだと思います笑)

もちろん、超ストイックな人は、試験勉強を続けるのもいいでしょう!

僕の場合は、主に
①家族サービス強化(試験勉強のために平日毎日遅い帰宅だったので、6時帰宅を徹底)
②溜っていた仕事を片付ける
③漫画を大人買いしてだらだらと読む(30代にも拘わらず、漫画読みですみません・・・)
でした!
(あれ、③以外は、「我慢していた楽しいこと」とはちょっと違う・・・)

おっと、再現答案を書くのを忘れないようにしてくださいね!
再現答案を書いておけば、万一落ちてしまった時には来年に向けた反省材料の素材になりますし、合格していれば、口述試験対策につながりますし、来年、受験生支援活動をする際のネタになりますよ!

僕は、面倒くさがって再現答案をメモ程度しか書かずにいて、「仕事が落ち着いて暇になった頃に、キレイに清書しよう」と考えていたのですが、案の定、記憶が薄くなってしまい、結局書かずしまいでした。

記憶は一日一日薄れていますので、最低でも試験後1週間以内には書いて下さいね!!!!

◆今年の2次筆記試験を受験していない方へ
1次試験が不合格で2時筆記試験を受験できなかった方、来年の受験を見据えて今は1次試験の勉強に注力している方、色々な方がいらっしゃると思います。

そういった方にとっては、この時期は、(この一発合格道場ブログ含めて)何となく、2時筆記試験が終わった時期の「ふわふわ感」があり、居心地が悪いかもしれません。

ただ、逆に言えば、この時期は周りと差をつけるスタートダッシュにはもってこいの時期だと思いますので、このふわふわ感を尻目に、来年合格に向けて邁進していただければと思います。

今日の記事は、昨年のきゃっしいさんの記事を今年バージョンにアップデートしたものですが、当該記事の末尾に記載のとおり、「ゴールのイメージを明確にするため」に、今年の2次筆記試験を一回解いてみるというのも一案だと思います。

◆今日の記事
さて、前置きが長くなりましたが、今日は、参考までに、解答速報・解答説明会などをやっている予備校などのリンクをまとめました。
(こちらの情報は10/23時点の情報ですので、最新の情報はリンク先をご覧ください)

今年2次筆記試験を受けた方は、様々な予備校などで解答速報の発表や解答解説会が開催されておりますので、比較して回るというのも合格までの一つの過ごし方です。

今年2次筆記試験を受けていない方も、誰でも参加OKのものがあるようですので、2次筆記試験を真剣に解ける実力のある方は、一度解いた上で、参加してみるというのもあると思います。

なお、昨年のものですが、各種予備校の解説会を回ったことのある9代目きゃっしいさんのコメントを引用しておきます。
(今年の雰囲気は全く変わってるかもしれませんので、その点はご留意下さい。)

■TACリンク
解答速報
リンク先で公開中

2次本試験分析会
札幌 11/2(土) 14:00-16:30
仙台 11/2(土) 14:00-16:30
池袋 11/2(土) 14:00-16:30
渋谷 10/25(金) 19:00-21:30
八重洲 10/30(水) 19:00-21:30
横浜 10/27(日) 14:00-16:30
名古屋 11/2(土) 13:00-15:30
梅田 11/3(日祝) 14:00-16:30
広島 11/2(土) 13:30-16:00
福岡 11/3(日祝) 12:30-15:00

TAC動画チャンネル「2次本試験分析会」配信
11/1(金) 12:00予定~ 12/25(水)まで

(きゃっしいさんのコメント)
最大手なので、さすがに充実しています。
先生によって解説が違う場合があるので、首都圏の方などは自分の興味のある先生の解説を聞きに行くと良いと思います。
動画チャンネルは受験していなくても誰でも見られたはずなので、来年受験(予定)の方も2次試験を知るという意味でチェックしてみてはいかがでしょう。
採点サービスはなく、謝礼もフィードバックも何もないけど再現答案ちょうだい、という誰が出すんだろう、といった再現答案募集もやっています。

 

■LECリンク
2次試験 速報講評・Web動画
リンク先で無料公開中
(ただし模範解答はなし)

もぎたて分析会
新橋 10/23(水) 19:00-21:00
新宿 10/26(土) 11:00-13:00(各地方校で同時配信)
新宿 10/30(水) 19:00-21:00
池袋 10/27(日) 15:00-17:00
梅田 10/26(土) 16:30-18:00

模範解答説明会
池袋(速報版) 11/3(日) 16:00-18:00(各地方校で同時配信)
池袋(確定版) 11/17(日) 11:00-13:00(各地方校で同時配信)

再現答案添削・判定サービス
有料版&無料版両方あり
(有料版は11月3日(日)まで)

(きゃっしいさんのコメント)
昨年(注:2017年)、解説会に行ってみましたが、こちらも先生の個性を活かした解説をやっている印象でした。
有料&無料の再現答案添削・判定サービスもやっていますので、当たるか当たらないかはわかりませんが、やってみるのも良いのではないでしょうか。
ちなみに昨年の得点開示結果には、参考として再現答案判定サービスの結果も載せています。
こちらの結果を見てどう感じるかはあなた次第です。

 

■大原リンク
解答速報
リンク先で公開中
(解答解説会動画は10月30日(水)公開予定)

解答解説会
水道橋 10/26(土) 11:00-13:00
名古屋 10/27(日) 10:00-12:00

(きゃっしいさんのコメント)
こちらも昨年(注:2017年)、解説会に行ってきました。
大原はあまり診断士試験に力を入れていないのか、解説会の参加者はまばらな印象でした。

 

■MMCリンク
解答速報会
お茶の水 10/26(土) 17:00-18:30
お茶の水 10/28(月) 18:30-20:00
※ こちらは誰でも参加できるようです。

(きゃっしいさんのコメント)
実は通信で受講していたので、こちらの解説会にも行ってきました。
MMCは規模が小さいということもあり、解答の方向性はスクール内で統一されている印象で、演習通りの金型模範解答でした。

 

■EBAリンク
分析解説会
大手町 11/3(日) 10:00-13:30

再現答案添削サービス
あり(11月3日(日)午前9時まで申込み可能)

(きゃっしいさんのコメント)
今年度からできたスクールで、私はTAC時代、こちらの先生にお世話になっていました。
データに基づいた分析で、なぜこの解答を導いたのかという解説は納得感があります。
今年は分析解説会参加者向けに再現答案添削サービスもやるようです。(注;今年は誰でも申し込めるようです。)


■KEC
リンク
解答速報、解説動画
リンク先で公開中

2次試験情報交換会
新宿 10/27(日)17:00~
梅田 11/2(土) 17:00~

2次試験分析会
新宿 10/26(土) 19:30-21:00
新宿 10/27(日) 14:00-15:30
新宿 10/29(火) 19:30-21:00
梅田 10/25(金) 19:30-21:00
梅田 10/26(土) 10:00-11:30

(きゃっしいさんのコメント)
解答速報を試験当日に発表しているスクールです。
双方向性を重視しているということで、昨年解説会に行った際は小規模な教室で少なめの人数でやってました。
途中で当てられたりとかもあったので、人によって好みが分かれるかもしれません。

 

■AASリンク
解答例解説会
茅場町 11/2(土) 9:40-11:40

(きゃっしいさんのコメント)
ブログ村ランキングがなぜかわかりませんがいつも1位のスクールです。道場も相当力の入ったコンテンツを提供しているつもりですが、一瞬1位になれたかと思うとなぜかここのブログにすぐに逆転されてしまい、いつも悔しい思いをしています。
こちらは説明会には行っていないので雰囲気はわかりませんが、比較的小規模なスクールのようです。
昨年は東京、名古屋、関西それぞれで解答速報が発表されていましたが、たしか結構時間が経ってからの発表だった気がします。

 

■TBCリンク
※ 昨年は解答速報等があったようなのですが、今年は見当たりません。
もし情報が更新されたら追記します。

 

■クレアールリンク
2次試験模範解答プレゼント

(きゃっしいさんのコメント)
こちらも解答解説会はなく、資料のプレゼントのみです。
こちらもちょっと時間が経ってから郵送されてきたので、その時には既にいろんな予備校の解答を見てお腹いっぱいになっており、せっかく貰ったけどあまり見ませんでした(スミマセン)

 

(参考)受験校以外
■200%抜け駆け合格 診断士試験リンク

一発合格道場の初代メンバーでもあるふうじんさんのブログです。
ふうじんさんが解いた解答例が載っています。

■一発合格まとめシートリンク

きゃっしいさんの記事をぱくった手前、お礼もかねてリンクしておきます!
いつか解答例が掲載されるかも?(無責任)


以上、たっつーでした!

あ、忘れないうちに、この記事の一番上のテンプレから、事例Ⅴ~Ⅶへの申込みも是非!

今思うと、私が最初に参加した道場イベントが東京の事例Ⅴでした。

お世話になっていた道場ブログのお礼を言うために参加したのですが、何となくバーチャルの存在だった9代目のメンバーが本当に存在していて(当たり前)、何か変な感動を感じたことを覚えています。

本当にただの飲み会ですので、全く気負わずに来て下さい!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら。->増枠しました。

★:★:★:★:★

 

こんにちは!
がんばるあなたの応援団、あらため・・・

がんばったあなたの応援団☆かわともです!

2次試験、ほんっっっっっとうに、おつかれさまでした!!

 

今のお気持ちはいかがですか?

「解放感でいっぱい!やりたかったこと、思いっきり楽しもう!」

「勉強してきた時間がぽっかり空いてしまった。燃え尽き症候群気味。。」

「さあて、試験勉強もひと段落ついたし、次は何を勉強しようかな~」

「試験の結果が気になって。。予備校の模範解答でも見てみるか。。」

 

去年の私は、

STEP1:解放感に浸る(2日間)
STEP2:燃え尽き症候群に陥る(5日間)
STEP3:羽をのばしまくる(1週間後~)

というプロセスをたどりました。
いま現在まで羽のばしが続いている気がするのは気にしない♪

試験前にリストアップしておいた「試験が終わったら」のTODOリストにあることを消化。あの本を読むとか、あの映画を見るとか・・・。
仕事中の昼休みは、外ランチやお散歩を満喫していました。

 

仮に合格している場合、12月6日の2次筆記合格発表からは一気に忙しくなります。口述対策、口述試験、年末年始、実務補習……。ノンストップです!
残された約1か月間はスーパーボーナスタイムですので、やりたいことは全てやっておくと良いと思います。

ちなみに、9代目きゃっしい、10代目なおさんのような超人は、この時期に「参考書を執筆し始める」という偉業をとげています。また、ちょっと気が早い人は「合格体験記」を書いてみるのも良いかもしれません。

さてさて、前置きはこれくらいにして、今日の本題です。

 

再現答案は作りましたか?

これ、超重要です。羽をのばすまえに、再現答案はサクっと作ってくださいね!

【再現答案作成のメリット】
合格したら・・・
①口述試験の対策に役立つ
②合格後に受験生支援活動をやる場合、必ず役立つ
不合格でも・・・
①自分の答案を分析して、次の2次試験の糧にできる
②「ふぞろいな合格答案」に再現答案を送れば、採点とフィードバックをしてもらえる

 

ここで大変恐縮ですが、ふぞろいな合格答案のメンバーとして、皆様にお願いがあります

 

【かわともからのお願い】
ふぞろいな合格答案に、再現答案をお送りいただけると大変助かります!!

 

ふぞろいは、受験生から提供していただいた再現答案をもとに、統計的にキーワードを分析しています。そのため、再現答案が多いほど分析の精度がUPすると考えています。

もしも合格していなかった場合、ふぞろいメンバーが採点結果とフィードバックをお送りします。
私は事例Ⅰのフィードバックを担当しましたが、一つ一つ答案を丁寧に拝読して「もっとこうしたほうが良いかもしれない」というポイントを、できるだけ伝わるように書かせていただきました。
他のメンバーも、ご提供いただいた大切な答案を、しっかり拝読&コメントさせていただきますので、ぜひ活用していただければと思います!

また、希望者は巻末にご自分のお名前かハンドルネームを掲載することができます^^

再現答案の提出は、「ふぞろいな合格答案公式ブログ」からお願いいたします!

 

 

予備校の模範解答、見る派?見ない派?

再現答案を作ったら、予備校が発表する模範解答と見比べてみたり、答案採点サービスに送ったりする、なんてこともできます。各校では「解説会」も開かれていますね。

 

さて、皆さんは各校の模範解答を見ますか?

 

私は断固として「見ない派」でした!

 

理由は、
①合否の結果は結局発表されてみないとわからないから。
②ネガティブな情報が入ってきたら絶対落ち込むことがわかっていたから。

 

とにかく、こういった類の情報は頑なにシャットアウトしていました。
受験仲間からの「解説会に行ってきたんだけど、事例Ⅳの第〇問は●●が正答なんだって!」というような情報も「やめて~、聞きたくない!」と耳をふさぐほど、情報を無理やり遠ざけていました。

 

予備校の採点サービスはあてになるのか?

「一刻も早く結果が知りたいんだ!」と、予備校の答案採点サービスを利用する方もいらっしゃることでしょう。

ここで気になるのが、採点サービスの信ぴょう性。

次に載せるのは、9代目と10代目で採点サービスに送った人について、予備校の採点結果と開示結果を比較したものです。

 

※60点以上をA、60点未満50点以上をB、50点未満40点以上をC、40点未満をDとしています。

ここで注目なのが、9代目へんりーの事例ⅠがまさかのD判定……!!!
しかも、実際には「10点」だったとか……。

【二次ノウハウ】当てにならない?模範回答・採点サービスとの「付き合い方」

これは自分だったら絶対に落ち込むなぁ~。。

他にも、いよっちの「事例Ⅰは誰がどう見てもC」(本人談)だったり(笑)、なかなか面白いですよね。

予備校採点サービスが合格判定であっても不合格の場合も、可能性としてはありえます。参考程度にとどめておくのが吉かもしれませんね。

ちなみに、「合格したら、受験生支援活動をやろうかな」と考えているかたは、ネタになりますので採点サービスに送るといいと思いますよ!

 

コンティンジェンシープランを考えよう

受かっているかどうか、考え続けても絶対に分かりません。後ろを向いても過去は変えられないのです。そこで、将来のプランを建設的に考えてみましょう。

そう、企業経営理論で学んだ「コンティンジェンシープラン」です。

 

受かったら、どうしよう?
〇諸団体や予備校が主催している「口述セミナー」の日程を調べておく。
〇異動、転職、独立などのキャリアプランを考える。
〇受験生支援活動をやるかどうか考える。
〇各都道府県の診断士協会や、マスターコースについての情報を集める。

 

落ちていたら、どうしよう?
〇いつから1次試験or2次試験の勉強を再開し、どのようなペースで勉強するのか考える。
〇予備校を利用するか、独学でいくのかを考える。
〇何らかの勉強会に参加するかどうかを考える。
〇どうせなら別の資格も並行して学んでみる。

 

受かったとしても落ちたとしても、その後の1年間を実りあるものにしたいですよね

 

以上、かわともでした!
今日も明日も、あなたにとって良い日になりますように。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

*:*:*:*:*

どーも、そーやです。合格体験記はこちら

中小企業診断士2次試験お疲れ様でした!
この日に向けて1年間頑張られた方も多かったかと思います。今週はゆっくりと休んでください。

記述式の試験のため、100%合格だと確信を持てる方は少ないと思います。周囲の出来が気になってSNSや掲示板など受験生の口コミを見に行ったりもするかもしれません。でも、やることやったらあとは後ろを振り返らず、前だけを見ていきましょう。

 

1.今後のスケジュール

二次筆記試験合格発表 12月6日(金)

二次口述試験日 12月15日(日)

合格発表日 12月25日(水)

 

12月上旬に筆記試験合格発表があってから慌ただしい1週間が始まります。

口述試験は合格率が非常に高く、余程のことがない限りは不合格になりませんが準備はしっかりとする必要があります。特に再現答案を作っておくと、自分の言葉で説明する必要がある口述試験の見直しには役立ちますので、まだの人はぜひ作りましょう!

 

そして記事の上にも書いてありますが、一発合格道場主催の打ち上げを開催します!

事例Ⅴ
東京@新宿駅付近 11月1日(金)18:30~

事例Ⅵ
大阪@大阪駅付近 11月16日(土)18:00~

事例Ⅶ
名古屋@名古屋駅付近 11月2日(土)18:00~

各地区それぞれの道場メンバーや同じ受験生たちとぜひ語り合いましょう!
決して2次試験を受けた方だけでなく、1次試験で涙をのんだ方、来年初受験の方もぜひご参加下さい。私が初めて道場メンバーにお会いしたのも事例Ⅴでした。独学でほとんど語り合える知り合いも居なかったため、こういった機会はとても貴重でした。ぜひ、お待ちしております!

 

2.これから診断士関連でやった方がいいこと

再現答案の作成

体験記の作成

再現答案はすでに作成された方もいると思います。まだの人は短期的には口述試験のために、長期的にはふぞろいや受験生支援で活用できる貴重な情報として自分のみならず多くの受験生の役に立ちます。

そして一発合格道場では毎年受験生の体験記を募集しています。例年二次試験合格発表後から年末にかけて道場読者から募っており、去年は50件を超える合格体験記を送っていただけました。名称は合格体験記となっていますが、受験勉強に一区切りがついた今こそ体験記を作りやすいと思います。ぜひ記憶も新しいこのタイミングで作成していただき、最後口述試験も受けた後の完成版を送付いただければ幸いです!

かわともとちこまる(仮)がまとめた合格体験記はこちらから

H30年度 合格体験記総まとめ~1次試験編~
H30年度 合格体験記総まとめ~2次試験編~
 

3.これからプライベートでやった方がいいこと

これはもう人それぞれだと思います。
それでもまずは家族に感謝、恋人に感謝、友人に感謝、職場に感謝、お世話になったすべての方に感謝をしてください。そして試験勉強中は手が出せなかったやりたいこと取り組むもよし、家族と旅行に行くもよし、次の目標に向けて努力するもよし、色んな事に挑戦してください。合格したら忙しいですよ?

私はマラソンへ向けてランニングを再開しましたが、試験翌日は少し走っただけで息があがってしまいました。

 

4.おまけ

これは転職を考えている方向けのアドバイスです。資格試験の動機として転職はあると思います。

私は去年の受験生のころから診断士合格したら転職しようと考えていた一人でした。結果、合格発表後の12月下旬から始めて、2月末には今の会社から内定を頂き、4月から働き始めました

それでも結構運が良く比較的スムーズに転職活動が進められましたが、もし初めての転職を考えている方は少なくとも今から転職準備は進めた方がいいと思います。合格発表後からは結構忙しく中々時間が取れないこともあるからです。特に2月は中小企業診断士協会主催の実務補習が始まります。実務補習を受けながら在職中の仕事と転職活動の面接をこなすのは結構しんどいものがあります。合格後は意外と忙しい、ということを念頭に活動することを推奨します。

そして同期合格者の中には二次試験後のこの時期から面接を受け始め、12月上旬にすでに転職先を決めた人も居ました。二次試験に合格していなくても、一次試験に合格したことや診断士を勉強した努力などを伝えれば、二次合格と同等レベルで評価してもらえると思います。それを聞いたとき、「あ、そういうやり方もあったか!」とショックを受けました。

転職を考えている方はご参考にいただければと思います。

11月以降の記事では、転職についてももう少し詳しくまとめたいと思います。

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★


 

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

二次筆記試験を受けられた皆さん、本当にお疲れ様でした!!

 

まずは、試験本番を迎え、そしてやり切った自分自身を労わっていただければと思います。試験を受けて、様々な気持ちの方がいらっしゃると思いますが、二次筆記試験に臨んだこと自体が素晴らしいことだと思います。

 

あとはゆっくり休んで、12月6日の結果発表(口述試験を受ける方の発表日)を待つだけですが、私から1つだけお願いがあります。是非、まだ再現答案を書いていない方はできるだけ早く(できれば本日中に)再現答案を書いてほしいです。私の場合、1年目の時は、当日の手応えのなさ過ぎ具合にヤケ酒のように帰宅してからお酒を飲んでしまい、結局は翌日に書きました。2年目の時は、背水の陣であったにも関わらず手応えがいまいちで、正直心が折れそうでしたが、それでも再現答案はなんとか当日中に書きました(書いた後にやっぱり飲みましたが 笑)。口述試験で、自分の解答内容を問われることはありませんので、直接影響するわけではありませんが、以下のようなメリットがありますので、是非前向きに取り組んでほしいと思います。

 

【再現答案作成のメリット】

①口述試験対策のネタになる(設問と同様の質問が問われる場合もあるようです)

②予備校の採点サービス等を受けることができる(意味があるかはなんとも言えないですが)

③後進のための材料になる(皆さんがきっとお世話になったふぞろいは、この再現答案の積み重ねですね)

 

また、本日12時より懇親会(事例Ⅴ@東京、事例Ⅵ@大阪、事例Ⅶ@名古屋)の申し込み受付を開始します。試験が終わり、落ち着かない日々が続いていると思いますが、是非、診断士を目指し試験に臨んだ皆さんで懇親・慰労ができればと思いますので、ご参加をお待ちしております!

 

さて本日は、

道場OPEN DAY!!

道場のコメント欄に、是非!みなさんの今の気持ちを書いてみてください!

・二次筆記試験の手応え

・周りの人たちへの感謝の気持ち

・診断士試験の取り組みを通じての今の気持ち

などなど。二次筆記試験を終えて、自分の中で一区切りをつけるために、コメント欄をご活用ください。道場メンバーが、全力でアツいコメントを返したいと思います。そして、同じ試験を戦い抜いた同志達のコメントも、ぜひ良い刺激にしてください。

皆さまの、コメントをお待ちしております!

 

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

どうも、kskn(きしけん)です。

いよいよこの日が来ました!今まで、長かったですね。
今までの自分の努力を信じましょう。
いつも通りの実力を出せれば、きっと勝ち取ることができます。
この長かった勉強期間の集大成を思う存分、発揮してください!

 

●家を出る前にこの記事を見た方へ

家を出る前に、持ち物の最終チェックをしましょう!
シャープペン、色ペン、替芯、消しゴム、電卓、定規、腕時計、受験票などなど、、、
(僕は去年、腕時計を忘れました。前の人がスタンド型の時計を使ってて命拾い)

 

●会場に向かう道中にこの記事を見た方へ

気持ちを前向きに持ちましょう!
自分への励ましの言葉を。
気持ちが昂ぶる音楽を聞くのもいいと思います。
とにかく前向きに、自信を持って。

 

●試験の休み時間にこの記事を見た方へ

今すぐ携帯を閉じて、次の事例の準備をしてください。

 

●試験が終わって、この記事を見た方へ

お疲れさまでした!!!
今日はこれまでずっと頑張ってきた自分を甘やかしていい日です。
お酒を飲むでも、我慢していた趣味を再開するでも、ラグビー日本代表を応援するでもいいと思います。
パーッと楽しみましょう!(明日の仕事に影響が出ない程度に)

 

さて、最後になりましたが今日は「OPEN DAY」です!
試験の感想、周りの方への感謝、合格後に向けた熱い想い、、、
どんなことでも結構ですので、たくさんのコメントお待ちしております!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。

さて、いよいよ明日が2次筆記試験!!
今日は今年のブログメンバーである10代目からです!

明日、皆さんが培った実力を発揮されることを祈っています!

◆10代目かわとも

「中小企業診断士は、未来を照らす光のような存在」
大先輩の診断士の方から、そう伺いました。

曰く、他の多くの士業は「現在か過去の課題」を解決するお仕事が大半を占めるが、中小企業診断士は、それに加えて「企業が将来進むべき方向性」を示す士業である。将来の方向性を示し、社長さんを元気づけて、共に歩む伴走型の支援をするのだと。

つまり、中小企業診断士の存在意義は「未来志向型」であるといえます。

2次試験でも「中小企業診断士の立場から助言せよ」という問題がありますよね。
このタイプの問題は、事例企業の「今後の施策」が求められていることが多いのですが、まさに、中小企業診断士が未来志向型の士業であることが前提となっているのではないでしょうか。

「試験ではなく、支援」
ブブさんも申しておりますが、事例企業の現状と課題を分析し、その企業の強みを尖らせて、未来に光を照らし、元気づけて差し上げる。2次試験は、その予行演習なのかもしれません。

最後まであきらめないで、石にかじりついてでも解き切ってください!!!
頑張るあなたを最後まで応援しています!

 

◆10代目たっつー

最後の事例Ⅳまで、絶対に絶対に諦めないで下さい。2次試験は4科目しかないので、たった1つでも高得点をとれていれば、合格することができます!
また、一文一文に魂を込めて、解答用紙を埋めてください!そうすれば、必ずや合格に近づけると思います。

 

◆10代目なおさん

いよいよ2次筆記試験が目の前に迫ってきました。皆さんと一緒に走ってきた我々10代目も他人事ではありません。なんかソワソワして落ち着きません。(^^;

でも、ここまで頑張ってきた皆さんなら大丈夫です。診断士になると決めてから今日までのことを少し振り返ってみてください。辛い時期もありました。不安な時期もありました。でも、そんな時でも応援してくれる家族や友人達がいましたよね。我々10代目もその内の一人です。

大丈夫です。落ち着いて、冷静に、存分に持てる力を発揮しちゃってください。
あ、あくまで事例の箱庭世界からはみ出さないように、そして社長の想いに寄り添ってあげてくださいね。

事例Ⅴで皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。(^-^)/

 

◆10代目ブブ

いよいよ試験が来ましたね。

夏の真っ盛り。二日間の長時間に渡る一次試験に挑戦し、突破した自分。
二次に向けて暗中模索のなか、試行錯誤してきた自分。

そんな今までの自分を誇りに思い、明日はやり切ってください。

そして、最後に大切な心がけを一つだけ。

「試験ではなく、支援」
紙上に顕れるクライアント企業の想いと課題に寄り添い、精一杯の支援をしてあげてください。

それに向かい、ベストを尽くすのみです!

 

◆10代目makino

2次試験に向かわれるみなさん。
私は、2次試験を3回受けています。5年ぶりに受験した昨年と、合格しなかった過去2回の違いは「やるだけやったか、どうか」でした。

そして、「やるだけやったか」は、ご自身が一番わかっています(そうですよね)。「試験の結果はわからないけど、自分には勝った」。そう思えるまで努力を積み重ねたあなたは、きっと大丈夫ですよ。あとは、いつも通りのやり方で、その努力を、そっと答案用紙の上に置くだけです。

支えてくれた大切な人達に、最大限の感謝を伝えて、決勝戦に向かいましょう!

 

◆10代目どいこう

いよいよラスボスの2次試験。
1次試験のメッセージの繰り返しになりますが、よく寝て、しゃっきり目覚めて、最良の状態で試験に臨んでください!
診断士ワールドで待っています!!

 

◆10代目いよっち

試験官はあの手、この手であなたを惑わせてきます。

「こんな出題形式、見たことない」
「問われていることが理解できない」
「こんなチャート(図)どうやって読み解けばいいんだ」

少しでも慌てたとき、少しでも心が乱れたときに、どう振る舞うか、もう決めていますよね?慌てているのは自分だけじゃありません。皆パニックです。そんな中でパニックを自覚できたら他より1歩リード。あとは勉強してきたことを置いてくるだけです。

「あー、あの人パニくってるなー」と他の受験生を眺める余裕があれば、もうこっちのものです。パニックに負けず、2次本番で十分実力を発揮してきてください!「合格体験記」を楽しみにしてます!

 

◆10代目ちこまる(仮)

いよいよ本番ですね!とにもかくにもまずは深呼吸。
目を閉じればきっと、これまでの努力が思い出されることと思います。

診断士試験は終わりではなく、あなたの診断士ライフの始まりです。新しい、ワクワクした世界が待っていますよ。
あなたがやってきたこと、全てがここにつながっています。目の前にあるのは壁ではなくて固くて重いドアです。そのドアをこじ開けて、ぜひ新しい世界へ一歩踏み出してください!

落ち着いて、いつも通りの力を出せることを心より祈っています!

 

◆10代目kskn

最後の1分まで諦めずに頑張ってください!

 

◆10代目ぐっち

ついにこの日が来ましたね。難関の一次試験を突破して、二次試験に挑戦すること自体、素晴らしいことだと思います。あともう少しですが、この先が本当の関門です。自分にできることを最大限発揮しましょう。

本試験は、極度の緊張感の中で臨むことになります。どんな時も冷静に対処するよう心掛けてください。見たことのない図や文言が出てくることもあるかもしれませんが、焦る気持ちは他の受験生も同じです。そして、無理に高得点を狙いにいくのではなく、安定して6割確保することを目指してください。それが、結果的に良い方向へと繋がっていくと思います。

最後に、前日はしっかりと睡眠を取って、万全のコンディションで臨んでください。当日は、温度調整の対策や持ち物チェックも忘れずに。昼食の食べ過ぎも要注意です。事例が終わった後に振り返っても、何も変わりません。気持ちを切り替えて次の事例に臨みましょう。

事例Ⅴ、そして口述対策セミナーで皆さんにお会いできることを楽しみにしております!

 

◆10代目かもよ

試験問題は、全員にとって初見問題です。その条件は変わりません。皆同じ問題に立ち向かう同志です。みんな診断士を目指して同じ会場にいるんですから、むしろ会場の全員が仲間です。明日は味方に会いに行くようなものです。安心して試験に挑んできてください。
そして、皆さんの経験が次の受験生の道しるべになります。これまでの勉強の工夫と苦労も、明日の緊張も、万が一ハプニングがあったとしても、むしろそれらを乗り越えたことが、全てが大切な情報です。「合格体験記」として読ませていただけることを、楽しみにしています。

 

◆10代目そーや

ついに二次試験本番です。まずはカラダを休めて当日きちんと起きることだけを考えてください。私は去年緊張して夜中まで寝付けず、挙句カゼをひく失態を犯しました。それでもやれることはやろうと少し肩の力が抜けた状態で試験に臨めました。

要はどんなコンディションでもやることは一つ、適度に力を抜いて1人の中小企業診断士として企業の思いに沿った助言をして下さい。

そして、再現答案を作る余力まで残せればなお良し

*:*:*:*:*

さて、明日(20日)・明後日(21日)の2日間はみなさんからのコメントをどしどし募集するOPEN DAY!です。
感想・手応えなどなど、たくさんのコメント、お待ちしています!

それから、事例Ⅴ・Ⅵ・Ⅶは、明後日21日の12時から受付開始ですのでお忘れなく!

それでは、また!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

*:*:*:*:*っz

こんにちは!ちこまる(仮)です。今日の記事は20回目。過去記事はこちらから。

さて、いよいよ試験まで残り2日!昨日のいよっちの記事から道場メンバーズからの応援メッセージをお届けしています。今日は8代目から9代目まで。熱いメッセージをどうぞ!

8代目(執筆2017年)

◆8代目たっしー

ようやくここまで来ましたね。

当日は緊張も不安もあると思いますが、それが普通です。
それだけ頑張ってきたからだと思います。

今まで応援してくれた方々に感謝の気持ちをもって、
せっかくの大舞台ですので、思いっきり楽しんできてください。
合格をお祈りしています。

 

◆8代目ロック

これまで培ってきた「やれること」をやってくるだけです。明鏡止水の心で粛々と合格を勝ち取ってきてください!

 

◆8代目ますけん

さあ、いよいよ2次試験です!ここからできることは限られています。今だからこそ1次試験知識の再確認を行いましょう。あせらず、あわてず、あきらめず、頑張ってください!

 

◆8代目TOM

二次試験は他の受験生との闘いです。ポイントが大きくズレると致命傷を負います。
社長を取り巻く内外の環境とその変化、また、発生している問題点を捉えた上で、それらを解決するための課題を設定し、社長が実行可能な対応策(一次知識)の提案を行えば、大きくポイントを外すことはないはずですが、コンサル時間(試験時間)は限られています。
まずは、社長の関心事(設問)を押さえ、社長との面談(与件文)に臨みましょう。
ご健闘をお祈りしています。

 

◆8代目なが

いよいよですね!

参考になるかは分かりませんが、自分が二次試験時に意識していたことを少しだけ。
与件本文から絶対に離れない
記述内容がすべて。制限字数の中で漏れなく伝えきる
・ミスする前提でミスに気付ける注意力をもつ
回答する順番に気を付ける

これまでやってきたことをすべて出しきりましょう!

9代目(執筆2018年)

◆9代目きゃっしい

いよいよ本番ですね。
ここまで来たらあとは焦らず、自分のこれまでやってきたことを全てぶつけてきましょう。
・聞かれたことに素直に答える
・経験やアイディアよりも1次知識や与件文
の2つを忘れなければ、きっと道は拓けます。
頑張ってください!

 

◆9代目よこよこ

朝起きたら「やった!今日は調子がいい。ラッキー!」

設問を見た瞬間「やった!これなら出来る。ラッキー!」

科目が終る毎に「やった!なんとか合格点、ラッキー!」

寝不足でも、初見設問でも、ポジティブシンキング!終わった科目はスパッと忘れる。4科目全部60点超えは滅多にいない大丈夫(^o^)v、そして再現答案はすぐ書くと何故か合格する不思議。そう、あなたは絶対合格!!

 

◆9代目きゃず

2次試験は誰にでも受けられる試験ではありません。
ここに来るまでに積み重ねてきた努力は、あなたのテキストやノート、ファイナルペーパーが何よりも雄弁に物語っているはずです。

支えてくれた周囲の方たちに感謝の気持ちを持ちつつ、やるべきことを整理して、試験会場に向かってください。
心技体を整えられれば最高です。が、うまく寝られなかった人も、そわそわしてしまう人も、ここまできたら開き直って、自分にできるすべてのことをやりきるだけ。

大事なのは、どれだけ4つの事例(≒社長の話)を思い込みをなくして素直に、丁寧に読み、多面的に捉え、我慢しながら回答用紙に診断報告を置いてこられるか、です。
「診断士」として、最後の一秒まで諦めず、真摯に社長の悩みや課題と向き合ってくれば、結果はおのずとついてくるはずです。

あなたが新しいドアを開けられるよう、心から応援しています…!!

 

◆9代目zenzen

とうとう二次試験本番ですね。

準備万端という方も、
そうでもないという方にも
等しくその日は訪れます。

問題が難しいと思っても、
周りが皆賢く見えても、
予想外のトラブルが発生しても、
ただ、その日の自分が出来ることをやるだけです。

山口一郎さんも言うてはります。

「丁寧 丁寧 丁寧に描くと決めていたよ」って。

何があっても雑にならず 、
最後まで社長の話に耳を傾けて、
最高じゃなくても、最適な提案をしてきてくださいね。

 

◆9代目ヒロちゃん

試験当日は気負わずに、いつも通りに事例と向き合ってください。
決して難しいことや、カッコイイことを解答しようとしちゃダメですよ。与件文と設問で聞かれたことに丁寧に答えてくださいね。大丈夫です、あなたが出来ない問題は、他の受験生も出来ませんから。
実力×体調=結果!
しっかり睡眠とって、美味しいもの食べて本番当日を迎えましょう!

 

◆9代目ゆう

一次試験は、正解は一つですが、
二次試験は、正解は一つではありません。

正解を当てに行ったり、満点を狙う必要はなくって、
みんなが書いているレベルの解答を書けば合格です。

膨大な答案を読むであろう採点者が合格させたくなるような解答は、
おそらく以下の3つにまとめられると思います。

①文字が読みやすい。文字が大きくて、濃い。
②因果関係が分かりやすい文章である。
③要素(キーワード)と理論を、十分に盛り込んでいる。

これまで頑張ってきた自分を、誰よりも信じて、
事例Ⅳが終わるまで、試験当日、諦めないでやりきってください。

道場を愛する皆様の合格をお祈りしています!

 

◆9代目へんりー

今回は例年よりも大人数が受験する2次試験。「ほんのわずかなハナ差で勝敗が決まる」がますます顕著になるはずです。そうなると、試験中、特に残り数分間の思考やアクションでアナタの未来が変わりうるということです。本番まで積み上げてきたものや勉強時間よりも、その一瞬の判断の方が、合否に寄与しえます。

つまりは、誰も諦める必要はないし、最後の一瞬までトライする価値がある。

どうか、自分の限界を自分で勝手に決めず、とにかく冷静に、最後まであがいてください。応援しています!

 

◆9代目たかじん

さあて、いよいよですね!
ここまでの長い道のりを勉強して来られた皆さま、本当にお疲れ様でした。あとはこれまで培ってきた底力を思う存分発揮するだけです。
その普段の力を出し切る、というのが実は難しかったりしますが、普段の力を出し切るために大事なことは・・・

①自分が出来ない問題はみんな出来ない、と思いこむ!
解答が浮かばなかった時に焦る気持ちは分かりますが、そんな時は一つ深呼吸をしてこう思いましょう。「自分が出来ない問題はみんな出来ない!あせることはない!」
焦ると普段の力が余計に出せなくなります。まずは落ち着きましょう!

②終わったことは忘れる!
仮に良い答案が書けなかったからと言って、次の事例まで引きずってくよくよしている暇はありません。過去は変えられませんので、もうスカッと忘れましょう!次の事例に悪影響を及ぼさないように!

③普段と違うことをしない!
いつもやっている通りに問題を解きましょう。皆さんならもう二次試験の取り組み方はルーティン化出来ていると思います。いきなり舞い上がって、普段と違うことをしてはいけませんよ!

あとは試験官にも分かりやすく、誰が読んでも誤読しないようなシンプルな答案を書くように心がければ、大丈夫です!

応援しております!!

 

◆9代目桃ちゃん

いよいよ、二次試験ですね。今まで努力してきたのですから、大丈夫です。
息をすってーーーーー!吐いてーーーーーー!
一度深呼吸をして、落ち着いて取り組みましょう。

もしかすると、あなたの机がものすごく狭いかもしれない。
もしかすると、ものすごく冷房がきいてるかもしれない。
もしかすると、周りのみんなが出来るっぽい雰囲気かもしれない。
もしかすると、事例Ⅰが想定より難しいと感じるかもしれない。

でもそんなのも、「ぜーんぶ、想定内!」と思ってくだささい。大丈夫です。実力を出し切れば、上位20%に入ります。落ち着いて頑張ってきてください。応援しています

 

◆9代目だいまつ

皆さん、私の永久保存版シリーズは読んでいただけたでしょうか。
実は道場の記事を読んでいる人は、意外と少なかったりします。
なので、10代目も含めて2次試験の本質に迫る道場の記事をしっかり読んでいただいている皆さんには、「かなりのアドバンテージ」があります。自信を持ってください。

ただ、その持てる能力・実力も当日に発揮できなければ意味がありません。当日に持てる力を発揮するとは、それはつまり「いつも通りやる」ということに他なりません。当日だからと、いつもと違うことをしてはいけません。答えが思い浮かばず、焦ることが、「必ず起きる」でしょう。その時こそ、いつも通り、「設問文、設問文、与件文、与件文」です。いつも通り設問文と与件文に寄り添うのです。

皆さんの合格体験記を楽しみにしています。

以上、だいまつでした。

☆☆☆☆☆☆☆

残すところあと2日。ここまでよく頑張ってこられました。やってきたことはあなたを裏切りません。あとはその蓄積した実力を、思う存分発揮していきましょう。明後日に出会うA社からD社は、皆さんが最初に救う企業4社になるでしょう。気持ちを落ち着けて、よく寝て、しっかり食べて、抜群のコンディションで迎えてくださいね!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!

以上、ちこまる(仮)でした(о´∀`о)

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

*:*:*:*:*

こんにちは、いよっちです。

2次筆記試験まで残すところあと、3日になりました。

心と身体を休めることを第一にして、ほんのちょっとだけ知識の振り返りに時間を充てる、そんな時間の使い方で十分なはずです。

ちなみに私は、2日前の金曜日だけ有給を取り、当日の起きる時間に合わせて行動することで体内リズムを調整していました。

と言いながらも、やることと言ったら、いつものと同じファミレスで、今まで作ったノートを読み返したり、過去の事例を思い出して「あぁ、こんな社長もいたっけな」と懐かしく思ったりと、のんびり過ごすくらいなものでした。

コンディション調整を最優先にして、思い思いの3日間を過ごしてください!くれぐれも追い込み注意ですよ!

 

さて、本日から試験前日までの3日間にわたって、1次試験同様、歴代の道場メンバーからの熱い応援メッセージをお届けします!!

初日となる本日は、初代~7代目の方々です。どうぞ、ご覧ください!


◆初代JC◆

さぁ、準備万端だ!やるべきことはすべて出来上がっているはずです。持っている力をすべて出し切ろう。
必ず、合格という二文字があなたに届くでしょう。
口述セミナーでお会いすることを心からお待ちしています。

◆初代ハカセ◆

やり残したこともあるでしょう。時間が足りないと思ったこともあるでしょう。でもね。みんな忙しいビジネスマン・ビジネスウーマン・お父さん・お母さん。仕事も家庭も家族も趣味もある中、ここまでやったのです。どれも両立できるように、自分なりに必死にやったんじゃありませんか。

【これ以上どうやれというのですか】

あの飲み会に行かなかったら、あの時寝なかったら。そう思うかもしれませんが、あの時あの時間を取らなかったら、パンクしていたかもしれません。破綻していたかもしれません。心が折れていたかもしれません。

それぞれに与えられた環境の中でベストを尽くした皆さん。よく頑張りました。あとは試験当日、皆さんが培った来たものを、4人の天然系の社長さんにプレゼンすればよいのです。

【奇をてらわず、愚直に】

時々試験中に神があなたの頭に舞い降ります。「他の受験生には思いつかない、自分だけにしか書けないようなナイスな提案」が。でも、気を付けてください。それ、多分一点にもなりませんから。みんなが書くであろう答案を、みんなより少しだけ短く、その分みんなより一つだけ多くの要素を盛り込んで書く。

なあに。合格圏にいても受かるとは限らないのです。努力圏の人でも受かる可能性があるのです。実力半分。運も半分。それぐらいのつもりで、でもたゆまず全力で、あと1文字を絞り出して、あと1点を絞り出して、事例に向き合ってきてください。

最後の言葉はいつも同じ。

【GOOD LUCK!】

◆3代目うちあーの◆

今週末の試験は誰でも受けられる試験ではありません。

選ばれし者のみが受けられる試験です。
こんなチャンス、人生でもなかなかないですよね。

試験当日まではコンディション調整、当日はタイムマネジメントが重要になります。
試験会場では与件と設問を冷静かつ愚直に読んで、事例4社と向き合ってください。

いつも通り、落ち着いて。
感謝と誇りを胸に、悔いの残らないように思いっきり楽しんでください。

来年、同じ中小企業診断士としてみなさんにお会いできることを心待ちにしております。

 

◆4代目平平◆

二次試験まであとわずかですね。

私からお伝えしたいことは”最後の最後まで諦めない”ということです。
私が受験生だったころは、本当に直前まで、それこそ試験当日まで合格できる自信はありませんでした。

しかし本番ならではの緊張感がうまく作用したのか、本番では意外と回答を書ける自分がいました
結果はギリギリ合格なので決して優秀な答案ではなかったのですが、合格は合格です(笑)

特にストレート生の方は本番直前が一番伸びるといいますし、是非、最後の追い込みを頑張ってくださいね。

応援しています!

 

◆4代目まっきー◆

いよいよ二次試験ですね。
長い長い道のりだったかと思いますがあともうひとふんばりです。
これまでの集大成となる二次試験、当日はもうとにかく楽しんできちゃってください!
と、えらそうに書いてますが当日私が楽しめたのは事例Ⅲまで。
最後の最後、Ⅳでは大焦りの半泣きで、答案は埋まってさえいればそれで良いとばかりに書きなぐりました。
長くなりましたが、結論、どんな状態でも諦めなければなんとかなるから大丈夫!でもせっかくだから楽しんで!!
がんばってきてください!!!

 

◆4代目イラサム◆

今日までよく頑張ってきました!!
ゼロベースから知識を身に着け、
答えが見えない記述式の問題と向き合ってきた。

あなたと同じラインまでこれていない人は
後ろにたくさんいます!

あなたの頑張りはそれだけすごいこと。
自信を持ってください!

2次試験は簡単です!
優秀な人しか導けないキラリと光る解答を書くのではなく、
誰でもがたどり着く無難な解答を4人の経営者に対して答えるだけ!
勝つ提案でなく、負けない提案を。

あとは問題を楽しむことができれば完璧です!
頑張ってください!!

 

◆4代目まっすー◆

いよいよ勝負の時が来ましたね!ここまで来たら、当日の体調を第一に考えて調整していきましょう。

試験中は焦りに焦って投げ出したくなるような時がくるかもしれません。でも、今までの頑張りを信じて、力を出し切ってください!

 

◆4代目ひろいん◆

聞かれていることを素直に解釈して、素直に答える。決して奇をてらわない。自分を信じる。

そうすれば、きっと上手くいくよ。

 

◆4代目はんた◆

いよいよ、二次試験ですね。 今年もさまざまな揺さぶりがあるかと思います。

しかし、最後は、試験を受けている自分を信じるしかありません。 試験場では誰も手助けしてくれません。 道場記事の読者である皆さんが難しいと感じるのならば、誰にとっても難しいのです。

それでも、これまで積み重ねてきた知識と経験を信じて、ぶれずに実力を発揮すれば、輝く結果がついて来ますよ。

 

◆5代目butao◆

試験では「メタ認知」を意識するとよいことがあるかもしれません。
健闘をお祈りしています。

 

◆5代目U2◆

ベストを尽くすこと。
それができることの全てです。

皆様の努力が実を結ばれますよう、ひたぶるに祈っています!

 

◆5代目ハーン◆

いよいよ二次試験ですね。
この試験を受けられるのは、全員じゃありません。厳しい一次試験を通った人だけです。

この場所に居られることを感謝しつつ、今まで努力した成果を答案に置いてきましょう。
緊張するのはみんな同じ。

みなさんが全力を出しきれることを、そして良い結果となることを祈ります。

 

◆6代目おと◆

2次試験を受験する道場読者の方々へ

まずは、ここまで来れたこと、本当におめでとうございます。診断士試験の実質的な試験は、この2次試験が最後です。

ここまで来るのに多くの事を犠牲にしてきましたね。平日は友人との飲み会を断り、土日は家族と過ごす時間を減らし勉強をしてきました。

これも全て、本試験当日に合格答案を書くために多くの事を犠牲にしてきました。そんな道場読者の皆様に次の言葉を贈ります。

あわてず
あせらず
あきらめず

これは、私の好きな水泳のアテネオリンピックの800m自由形で金メダルをとった柴田亜衣選手が、試合前にコーチから言われた言葉です。

この言葉を胸に、本試験で合格という2文字を獲得してください。応援しています。

6代目 おと

 

◆6代目きり◆

いよいよここまできましたね。
私から1つアドバイスをさせてください。
二次試験はあくまで六割とれれば受かる試験です。
実は大した試験ではないのです。
学校の試験であれば六割とるのはそんなに難しくなかったのではないでしょうか。
なのに受からない人が沢山いる。これはなぜか?
100点を目指して無理をするからです。まぁ具体的に100点を目指してないかもしれませんが、完璧に近い解答を書こうと頑張ります。
結果1つの設問に時間をとられ、他がおろそかになり、焦りがでて六割の解答ができなくなります。また、完璧を求めるあまりミスを引きずり、冷静な判断ができなくなる。こういうことが起こります。
六割でいいということをくれぐれも忘れないで下さい。
「100点の解答」はあなたが診断士になった時、クライアントに提供してください。

 

◆6代目なご◆

2次試験は診断士として、4人の社長と向き合えるかどうかの試験です。
テクニックも若干はありますが、最後は相手の抱えている問題点を端的に指摘し、解決方法を指南できるかどうかが重要です。
そのため相手の社長が「これは良い!」と思わせられる提案が、4人の社長に対してできるかどうかが、合格の鍵となります。
今回、2次試験の受験生が多いことは、あなたにとって問題ではありません。でも「字がきれいかどうか」はもしかしたら、少しばかり関係するかもしれませんね。
ここまできたら、自分のやれることを全力で取り組むのみ。いろいろな難題や癖のある質問項目に惑わされることなく、最後まで駆け抜けてください。
全力を出し切った後の、夕方の空はとてもきれいに見えますよ。

 

◆6代目岡崎教行◆

模試が悪くたって気にしない。試験本番さえ出来れば構わないのだから。

最後の最後まであがこう。試験終了の鐘がなるまであがこう。1文字でも多くかけるように。

試験開始前に周りを見渡してみよう。「あの人とあの人には勝てそうだな」、そういう人を5人くらい見つけたら、もう合格間違いなし。

 

◆7代目nori◆

中小企業診断士になっただけでは、社長は話を聞いてくれません。
私たちが本当に信頼できる相手なのかが見られています。
信頼関係を構築するためには、本気で向き合う覚悟が必要です。
あなたの諦めない姿勢と覚悟を見せて来てください
あとはいつも通りにやれば大丈夫。
自分を信じて。

 

◆7代目とり◆

1次試験、合格率高かったですね。2次試験の受験者数が例年より多くなるのはほぼほぼ間違いないでしょう。。でも、つられて2次試験の合格率も高くなって多くの合格者が出るのか、合格者数は例年通りで合格率が低くなるのか、そのいずれでもないのか、考えたところで誰にもわかりません。

ここまで進んで来られた皆様は、「今年は厳しい戦いになる」なんて恐れる必要はありません。数知れない犠牲を払って、血のにじむような努力を重ねてきた皆様の力を信じて、320分に全身全霊を注ぐ、それだけです。

準備の完成度は人それぞれ、どんな完成度であっても、終わったあとどんな感触であっても、「やるだけのことはやった!」と絶対後悔しない取り組みをしてきてください。そうすれば、きっと皆様にとってすばらしい結果が舞い込んでくると信じています。

皆様の吉報と最高の笑顔をお待ちしています!!


さすが2次試験を突破してバリバリに活躍されている方々ですね。端的な文章の中に、受験生への思いが、的確に伝わってきます。

明日は8~9代目からのメッセージをお届けします!お楽しみに!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

*:*:*:*:*

 

 

おはようございます。makinoです。
本日も読んで下さって、ありがとうございます。感謝いたします。

 

10/16(水)です。2次試験まで、あと4日です。そして、2次試験前の私のブログ記事は、これで最後となります。

 

いままで、つたない私の記事を読んで下さった皆様に、心から感謝致します。本当に、感謝しかありません。ありがとうございました。

 

 

本日、2次試験を前に、私がお伝えするのはこちらです。

 

 

1.私が2次試験直前に読んでほしい道場記事
2.そして、makinoが最後にお伝えしたいこと

 

 

1.私が2次試験直前に読んでほしい道場記事
=======================================

 

それは、こちらです。

 

だいまつが2次試験前最後にお伝えしたいこと

 

9代目だいまつさんは、後世に残る素晴らしい2次対策記事を書かれた方の1人で、今年の受験生のみなさんも、お読みになった記事があるかと思います(試験直前ですので、試験対策の過去記事は省略します)。

 

もちろん、それらの記事は、私が言うまでも無く、多くの受験生のお役に立ったのですが、私が「好き」なのはこの記事でした。読みながら、正直、ちょっと涙が出ました

 

その内容は、受験生への心構えと励ましにあふれています(先日の、かわともの記事と重複しているのも、偶然ではないと思います)。

 

よろしければ、受験前に、是非ご一読ください。わたしからの、お願いです。

 

余談ですが、昨年の2次試験後の、大阪事例Ⅵで、ご本人にお会いする機会があったのですが、この記事通り、人間的にも素晴らしい方でした。

 

さらに余談ですが、これ以外に、受験生の私が「好き」だった記事については、2次試験の後に、改めてお話しさせてください。

 

 

 

2.そして、makinoが最後にお伝えしたいこと

=======================================

 

突然ですが、今泉健司さんという将棋のプロ棋士をご存知でしょうか。
2014年に、戦後最年長、41歳でプロ棋士になられた方です。

 

プロの棋士になるには、その養成機関である奨励会に試験を受けて入会し、26歳の誕生日までに、四段に昇段する必要があります。そして、それが出来なければ、強制退会(引退)となります。奨励会からプロになれるのは、全体の2割程度という厳しい世界で、今泉さんは当時、年齢制限の壁を越えられず、プロにはなれませんでした。

 

「僕は逃げる名人だったので、負けと向き合うことから逃げ、勉強からも逃げ、そして勝負からも逃げました。」

 

失意の中、今泉さんは地元に戻り、新しい仕事を探し、将棋だけは続けながら、つらい日々を過ごします。将棋との接点を保ちつつ、時は流れ、36歳から始めた介護の仕事が、ご自身の精神を鍛えてくれました。目の前で人が亡くなるという経験をし、人生が有限である事を学び、仕事で叱られた時にサポートしてくださったリーダーの方に、感謝の心を学び、気が付けば、精神力が鍛えられていました。

 

「棋風にも変化が表れ、対局中に心が乱れにくくなりました。」
「負けたら『100%自己責任』、勝ったら『運がよかった、ついてる』と素直に思えるようになりました。」

 

これと時期を前後して、アマチュアのプロ編入制度が創設されます。詳しい説明は省略しますが、今泉さんは、アマチュアの全国大会に優勝し、アマとして参加したプロ公式戦でも勝利を積み重ね、気が付けばプロ編入試験の受験資格を得ていました。

 

そして、難関であるプロ編入試験に合格し、14歳で奨励会に入会してから27年後、41歳でついにプロ棋士という目標を達成されています。

 

今泉健司四段の言葉です。

 

「それまで僕は一人で闘っていると思い込んでいましたが、両親をはじめ、職場の同僚、将棋仲間など、数多くの人に支えられていたことに気が付いたのです。そうした無数の恩に報いるためには勝つしかない。」

 

 

そうです。
勝つしかありません。

 

 

大切な事ですので、もう一度言います。

 

勝つしかありません。

 

 

自分のために。
そして、応援してくれた多くの人たちのために。

 

 

やるだけやった。
逃げずに、戦い続けた。
とにかく、自分には勝った。

 

毎日、道場の記事を読み、努力を積み上げて、そして今の自分自身に、そう思えるなら、きっとあなたにも、勝つための強さが備わっています。そしてその強さは、ご自身に良い結果をもたらすための、必須条件です。

 

それでも、自信が持てないなら、一度、振り返ってみてください。

 

忙しい中で、時間を確保し、勉強を続けてきた事
毎日、道場の記事を読んでいた事
それと引き換えに、家族や大切な人との時間を犠牲にしてきた事

 

そんな道を超えて、ここまで来たあなたなら、大丈夫です。間違いなく、自分を信じられる強さと、周囲に感謝する強さが、備わっています。

 

 

さあ、本番です!
これまで支えてくれた大切な人達に、最大限の感謝を伝えて、2次試験に向かいましょう!

 

 

 

 

 

勝ちにいくぞ!

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

*:*:*:*:*

キャリコン診断士のブブです。
3連休。いろいろなことがありました。
先ず、台風の被害に遭われた方々に謹んでお見舞い申し上げます。
1日でも早い日常への復帰、心よりお祈り申し上げます。
そして、スポーツ界ではラグビー日本代表が快挙!大快挙!
予選リーグを全勝にて、文句のつけようのない決勝トーナメント、ベスト8進出。
ラグビーに興味のなかった私も、この大会ですっかりラグビーに魅了されました。
目の前に立ちはだかる屈強な相手守備陣に身を挺して「前に」進む選手たち。
自らは倒れながらも、フォローに入る味方が次々とボールを繋ぎ「前へ」と進めていく姿。

そんな、日本代表の躍進について
試合後の選手のインタビューから出てくる言葉に日本の勝因が顕れていた、そんな気がします。
「やるべきことをやる事だけに集中していた。」
「この為にすべてを犠牲にし、準備してきた。」
前回のW杯から4年間。
予選通過が叶わなかった悔しさを糧に積み重ねてきた地道な日々。
おそらく、選手たち・監督・コーチは試合に際してこんなことを考えたように思います。
「準備したことだけを確実にやる。」
「今から特別なことをする必要はない。」

そして、日本代表の選手たちは本番において、雑念をシャットダウンし、目の前のプランに集中力することで、結果を出したのではないでしょうか。

閑話休題。
診断士の試験もいよいよ最大の山場。今週末が本番です。
個々に時間の違いはあれど、それぞれ確実に積み重ねてきた準備があるはずです。
今から新しいことや、本番に奇をてらうことは必要ないと思います。
あとは、これまで準備してきたことを試験の80分間で愚直に実行するのみです。

最後に一つ。
試験当日に焦りが出れば深く長ーい息で呼吸してください。
そして、こう自分に声を掛けましょう。
準備してきたことはできる。
できることをやろう!
それが紛れもなくあなたが今、誇れる武器です。
みなさんからの合格体験記、楽しみに待ってます!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

今までの頑張りに誇りをもって試験、臨んでください。大丈夫!ぜーーーーったい、あなたの頑張りをだせば受かりますから

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

みなさん、おはようございます。なおさんです。

いよいよ2次筆記試験まであと6日。準備が順調な人も、ちょっと遅れがちな人も、まだまだ大丈夫です。あと6日もあります。
本日は、試験本番に向けて幾つかアドバイスをしたいと思います。

1.最後の一週間は総合学習としましょう

これは私の実体験の「裏返し」です。昨年の2次筆記試験では「事例Ⅳで稼ごう」という方針の下に早くから事例Ⅳの学習に時間をかけました。
9月を終えるころには問題集も一通りこなし、過去問も70~80点台が取れるようになってきましたので、10月は不安の残っていた事例Ⅰを中心に事例Ⅰ~Ⅲの学習に多くの時間を割き、事例Ⅳはほとんどやりませんでした。(事例Ⅰ~Ⅲは過去問も10年分やりましたが、事例Ⅳは5年分しかしませんでした。)

その結果、事例Ⅳはまさかの53点、、、orz

事例Ⅰ~Ⅲがすべて60点を超えましたのでなんとか合格しましたが、冷や汗ものですよね。ナメていたとしか言いようがありません。

ということで、最後の一週間は「総合学習期間」として事例Ⅰ~Ⅳを一通り押さえておいた方が良いと思います。もちろん事例Ⅰ~Ⅳを均等にやりつつも、不安な事例にウェイトをかけるのは問題ありません。私の様に特定の事例を「放置プレイ」するのは危険ですよ、ということです。

2.試験に向けてのコンディショニングを行いましょう

筆記試験は、朝から夕方までの長丁場になりますので、心身ともにベストの状態で臨みたいものです。
コンディショニングについては、1次試験前に書いた以下の記事と重複しますので、こちらを読んで参考にしてください。

阻害要因を排除して100%パフォーマンスを発揮する

3.試験当日に再現答案を作りましょう

一日の試験が終わって疲労困憊の中、一刻も早くビールで自分を労ってあげたいですよね。でも、1時間だけでいいので、ちょっとだけ我慢して再現答案を作ってしまいましょう。
ご存知の通り、2次試験は2次筆記試験と口述試験に分かれています。2次筆記試験に合格された方は、12月に行われる口述試験を受験することになります。
口述試験では、メモなどを見ることなく、2次筆記試験の事例企業4社について、口頭で質問され口頭で回答します。2次筆記試験が終わると、口述試験に備えて事例企業の状況をより深く理解することに時間をかけていくことになりますが、その時に頼りになるのが自分の再現答案です。

また、受験校によっては採点サービスもありますので、再現答案があればそれらのサービスを利用することができます。

4.おまけ「なおさんのFinal Note」

記事当番と投稿記事の関係で出しそびれていましたが、私もFinal Noteを作っていました。
私の場合は紙のノートに、事例ごとのポイント、道場で良かった記事、参考書で使えそうな部分、過去問を解いた後の反省点、などを随時メモしていました。で、このノートを通勤電車の車内で読んでいたのですが、毎日読んでいると完全に覚えてしまった部分も出てきたりして、ゴチャゴチャした非効率なものになってくるんですよね。
で、このノートの必要な部分だけをWordで書き直したのが以下のファイルです。私は当日の休憩時間にはこれだけを繰り返し読んでいました。みなさんのご参考になれば幸いです。

なおさんのFinalNote

あと一週間、コンディショニングに最大限配慮しながら、最後までアクセルを踏み続けましょう。
みなさんの頑張りを応援しています。

以上、なおさんでした。(^^)/

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
クリック(投票)お願いします!皆様からの応援

の続きを読む »

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

おはようございます。たっつーです。
(過去記事はこちら。うち、1次試験後の記事は以下のとおり)

【2次試験攻略の勘所】初見時の復習に全力をかけるべし!
2次攻略のための「具体的な」復習方法
マイベスト答案は作るべきか
【劇薬注意】80分では時間が足りないあなたへ
最後、伝えておきたいこと

ついに来週が本番ですね…。
2次試験のことを考えると、私まで(無駄に?)ドキドキしてきました。

ラスト1週間、体調管理を優先するもよし、最後まで自分を追い込んで事例を解きまくるのもよし、自分が最善だと思う過ごし方で頑張りましょう!
(ちなみに私は後者でした。出張に行くのに「ふぞろい」を持っていき、空港のラウンジで80分時間を計って解いていたたような…。)

さて、今日の記事は、1次試験の際にもやりましたが(この記事参照)、今回も、実際に2次試験の各会場に行ってみました!
といっても下見が禁止されているので、敷地外までですが…。

行ったのは、東京地区の2会場だけなので、東京地区以外の方は申し訳ありません。

google mapのストリートビューで見れるよ!という意見も聞こえてきそうですが、まぁそれに時間をかけるくらいであれば、今日の記事をざっと見て頂いて、時間を省略していただければと思います!


◆東京理科大学 神楽坂キャンパス
診断士試験HPの会場案内図のリンクはこちらです。
会場には、朝8時40分から入れます。

最寄り駅は飯田橋駅です。
「神楽坂キャンパス」となっていますが、神楽坂駅で降りると、逆に遠くなってしまうのでご注意ください!
(といっても、徒歩10~15分程度で行けますが。)

さて、JR飯田橋駅からだと、こんなルートですね。
出口からは徒歩3分程度です


JR飯田橋駅の西口を出て、川を渡れば大きな交差点に出ます。

カップル御用達のCANAL CAFEがありますね~。
写真左奥に見えている大きな白い建物が東京理科大学です。

地下鉄飯田橋駅(東西線、南北線、有楽町線、都営大江戸線)から行く方は、B2a出口から行くと、丁度、この写真を撮った場所に出ます。
B3出口から出ると、写真右奥の方に出ますね。

東京理科大の前まで行けば、この狭い階段を上ると、「受験番号表掲示場所」があるところに出るみたいです.
(診断士試験HPの「受験番号表掲示場所」のリンクはこちら

さて、周辺には、コンビニやカフェ等もありますので、食料を調達したり、時間を潰すことも可能です。

<コンビニ>
ファミリーマート神楽坂下店
ファミリーマート神楽坂三丁目店(通り道からちょっと外れますが・・・)
ローソン飯田橋サクラテラス店(同上)

<カフェ等>
ドトールコーヒーショップ 飯田橋神楽坂店(8時開店)
スターバックス神楽坂下店(7時開店)
モスバーガー神楽坂下店(7時開店)

◆東京理科大学 葛飾キャンパス

診断士試験HPの会場案内図のリンクはこちらです。
こちらも、会場には、朝8時40分から入れます。

最寄り駅は金町駅(JR常磐線 地下鉄千代田線と接続)と京成金町駅(京成金町線)です。

金町駅の北口から出て、会場まではこんなルートですね。
出口からは徒歩10分程度です。

北口を出たら左を向いて、矢印で示した商店街に入っていきます。

あとはひたらす道なりに真っ直ぐ進むだけですので、ちょっと遠いですが、迷うことはないと思います!
(道が少し狭いので、ご注意下さい。)

会場はこんな感じです。
きれいなキャンパスですね~。
ちなみに、私も去年この会場でしたが、そのときは、写真右側の建物が試験会場でした。

周辺には、コンビニやカフェ等もありますね。

<コンビニ>
ファミリーマート 東金町一丁目店
セブンイレブン葛飾東金町一丁目店
ローソン東金町一丁目店

<カフェ等>
ドトールコーヒーショップ 金町北口店(8時開店)
ルノアール金町店(8時開店。通り道ではないです。)
マクドナルド金町北口店(24時間営業。通り道ではないです。)


いかがでしたでしょうか。
なお、会場周辺のコンビニでは、パン等が売り切れていることもあるので、できれば食料は地元で調達するのがいいと思います。

2次試験前は、私の記事はこれが最後になりますが、心より皆様の合格を祈っています!!
言葉にするのは恥ずかしいのですが、気持ちは、昨日のかわともの記事に書いてあることと全く同じです!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

どーも、そーやです。

試験まで2週間を切りました。
「全然勉強が進んでない。もう時間がないから、今年は諦めようか。」
そんなことを考えながらも一発合格道場にお越しのあなた、まだ諦めるのは早いです。

どんなに勉強が進んでなくても一次の知識と当たり前の心構えで合格の最後尾に滑り込むことは可能です。事例Ⅳの答案提出までは決して諦めず、試験を受け切ってください。

今回はこの時期に改めて見たい道場記事を引用しながら、解説したいと思います。(直前期だから時間がない!という方も多いと思い、比較的文字数の少ない読みやすい記事を中心にまとめました)

 

と紹介に行きたいところですが、先に今回の記事の結論を書かせていただきます。

過去記事の引用はあえて初代の記事、つまり9年前の記事を中心に取り上げました。診断士試験で求められている根底の部分は過去も今も変わらないと感じているからです。

与件文に忠実に

設問要求をしっかりと理解し

社長の思いを大切に

昔からずっと受け継がれていたことを、きちんと受け取って二次試験に臨んでください。採点者はあなたの天才的な問題解決能力を求めていません。中小企業は実現可能性のある助言を求めています。それは専門的じゃなくていいです。社長が分かる言葉で教えてあげてください。
ただそれだけです。

パニックになったときにどうするか考えておく

試験で最大限のパフォーマンスを出すには平常心が一番!でも、やっぱり時間に追われてパニックになることだってある。じゃあ、パニックになったときにどうするか、準備しておきましょう。

試験直前にやって良かったこと] フレームワークの用意&パニック時の対処を考えておく(道場9代目:chika投稿)

大切なプレゼンでも、頭が真っ白になったときのために場を繋げることができる定型文は必須ですからね。その準備を怠っていた若いころはよく恥ずかしい思いをしてました。

 

事例とは「要求に沿って解答する」の一言に尽きる

あなたの経験から回答を作るのではなく、シンプルに単純に与件文と設問文に沿って解答を作ってください。ほんとそれだけ。

最後のとっておき(道場初代:ふうじん投稿)

当たり前のことかもしれませんが、直前期になると「どうやって他の受験生よりも点数を稼ごうか」と焦りが出てきて当たり前のことを忘れるかもしれません。でも、当たり前のことを再度認識してはいかがでしょうか。

 

まだ事例Ⅰの解答に悩んでいるなら

模範解答を書き写して、自分の解答ライブラリを増やす(対策①)か、社長の思いや目標の裏返しを課題と認識して解答根拠に使う(対策②)

1年前の苦悩の日々(道場初代:WATATA投稿)

事例演習をして自分の解答を作るよりも、高得点者の点数が入る解答を丸写しして自分の糧にした方が有意義かもしれません。高得点解答はいよっちの記事から

【H30年事例Ⅰ】75点超え答案をまとめてみたけど需要ある?
【H30年事例Ⅱ・Ⅲ】需要ありそうだから70点超え答案まとめてみた

いよっち、すっごい需要あるよ!ありがとう!
まとめサイトみたいなタイトルの記事だから胡散臭いですが、コンテンツは秀逸です。

 

事例Ⅱで閃いたら要注意

結局のところ、閃きから生まれるアイデア解答は得点になりにくく、基本に忠実に与件文にそって解答を作っていくことが大事だそうです。

事例Ⅱ:多すぎる根拠に大忙し(道場初代:JC投稿)

 

解答文字数と配点を見比べてみる

平成30年の事例Ⅱはどの設問もほぼ同じ文字数でしたが、過去は文字数と配点の関係がばらつく傾向があるらしい。そんな気づきも解答する順番を考える一つの基準になるでしょう。

事例Ⅱ:配点のバラツキと時間配分(道場初代:ZonE投稿)

 

事例Ⅲは当たり前のことを当たり前にやる

事例III:雇われ・素人・工場長の身になって(道場初代:ハカセ投稿)

「雇われ工場長」は常に成果をアピールするから、「当たり前の改善」をアピールする。
「素人工場長」は与件に書いてないことは分からないから、与件文に書いてあることから改善策を引っ張る。

難しく考えないことが事例Ⅲの攻略のきっかけになるかもしれません。

 

事例Ⅳの経営分析は外さない

失敗の類型化~開眼のきっかけ(道場初代:JC投稿)

心構えとは違うかもしれませんが、事例Ⅳの経営分析を外すとやっぱり痛い。じゃあ事例Ⅳは最低でも経営分析だけは外さないように頑張ろう、ということで先日のmakinoとksknの投稿を読み返そう。

【2次対策】事例Ⅳ 弱者の戦略(道場10代目:makino投稿)
【事例Ⅳ】経営分析指標を見極めるポイント(道場10代目:kskn投稿)

事例Ⅳはなにはともあれ経営分析。あなどるなかれ

 

事例のポイントは再度押さえましょう

本当は【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅰ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント!:平成30年度事例Ⅰを再度見て、二次試験の準備をしましょう!といいたいところですが、あと2週間でこの膨大な量の記事を読み込むには骨が、いや心も折れる。なので、コンパクトにポイントをまとめている記事で各事例のポイントだけは最後に押さえておきましょう。

【FP公開】事例Ⅰと事例Ⅱのポイント(道場10代目:ぐっち投稿)
【FP公開】事例Ⅲと事例Ⅳのポイント(道場10代目:ぐっち投稿)

 

【番外編】あと2週間のテンションの上げ方

本番までのコンディションの整え方としてピーキングが紹介されたこともありました。あと2週間されど2週間、長いです。モチベーションも一定で勉強なんてできません。そんなときに読みたい記事です。

【ゆるわだ】1年前の自分を振り返る&テンションを上げる工夫(道場9代目:たかじん投稿)

私もまたこの時期に試験勉強をしてますが、常に洋楽聞いてモチベーション維持に努めています(現実逃避)

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

遂に二次筆記試験当日まで、残りあと11日となりました。私からお伝えできる知識やテクニック等の試験対策については、前回の記事までで全て出し尽くしましたので、最後に試験当日の心構えについてお話しできればと思います。また、おまけ的ではありますが、最後の総仕上げ・チェックという意味で、よく使うフレーズの漢字についてもご紹介したいと思います。

 

二次筆記試験の実態について

昨年の9代目へんりーの記事に図解として記載されており、私もこの図と同じイメージを持っていますが、二次筆記試験は『実力者が必ず受かるとは限らない』ものだと思います。そのため、如何にして実力を高めて合格可能性を高めるか(図でいうところのSランクに入る/Aランクの上位に入る)、ということは当然のこととなりますが、同時に、如何にして当日に高いパフォーマンスを発揮するか、ということも重要となります。6代目おとの記事に、大胆予想として二次試験の予想点数分布もありますが、恐らく合格ラインの240点前後にかなりの受験生がひしめいていると思われます。つまり、大げさな表現ではなく、本当に少しの点数の差が明暗を分ける可能性がある、ということです。ですので、是非、心・技・体でいうところの「心」も、非常に重要だと考えていただければと思います。

 

二次試験当日の心構え

では、二次試験当日の心構えとして、意識していただきたい点についてお伝えさせていただきます。試験当日は、ほとんどの方が極度の緊張感に包まれると思いますので、是非、事前に何度も心の中で反芻させて、意識付けいただければと思います。また、練習でやっていないことを本番でいきなり実行するのは難しいので、過去問を解く際も同様に意識していただくのが良いと思います。

 

①不測の事態に陥っても、絶対に焦らずに冷静に対処する

当たり前のことですが、とても重要なことなので、敢えて意識するようにしてほしいです。対策として、できるだけ不測の事態を想定しておく(そうすれば「不測の事態」ではなくなるので)、ということはありますが、全てを想定することは不可能ですので、事前に意識しておくことが重要です。例えばですが、与件文中に知らない言葉が出てきたとします。でも、きっと多くの他の受験生の方も同様です。焦ることなく、前後の文章や全体の流れから意味を推察し、できるだけ解答に影響しないよう言葉を選ぶことで、リスク低減を図りましょう。図やグラフについても同様です。

ちなみに、昨年の試験本番の話となりますが、平成30年度の事例Ⅲにてマン・マシン・チャートを分析する問題が出ました(第2問)。マン・マシン・チャート自体はもちろん知っており特別焦りはしませんでしたが、「どのように分析するべきか?」ということが即座には浮かびませんでした。なんとなく作業の入れ替えをすれば効率化できそうとは思ったものの(実際、成形機1と2の作業順を変えると効率化される)、それを短時間で分析し切れるか不安だったため、結果として、具体的な改善策までは踏み込まず「待ち時間を減らすように全体で計画を見直す」という風に割り切って解答を記載し、他の設問に時間を割くようにしました。タイムマネジメントの話でもありますが、全体を考えた上で、このような対応もアリかなと思います。

 

②終わった事例を引きずらない

みなさん重々ご承知のこととは思いますが、終わった事例のことを考えても、何もいいことはありません。解答用紙を提出した時点で、その事例についてできることは全て終わっています。どんなに手応えがいまいちだったとしても、終わった事例のことは忘れて、次の事例の準備をしましょう。私は受験生の知り合いはいなかったので、試験会場で誰かと話をすることもなかったのですが、昼休み等は、結構多くの方が事例Ⅱの内容について話をしていたりします。聞こえてきてしまうものはしょうがない部分もありますが、これらの話に耳を傾けることには何の意味もありませんので、できるだけ聞かない方がいいと思います。

 

③6割確保を意識して、無理に高得点を狙わない

中小企業診断士の試験は満点を狙う試験ではありませんので、如何にリスクを排除して安定的に6割を確保するか、ということが重要です。上記②とも関連しますが、後半の事例になるにつれ、手応えが感じられず、挽回するために高得点を取ろうと意気込みたくなることがあると思います。特に最後の事例であり疲労もピークとなる事例Ⅳは要注意ですが、無理に高得点を狙ってしまうと、タイムマネジメントが狂ってしまい、逆に大事故に繋がる可能性もあります。事例Ⅳで一番大切なこと(他も事例もそうですが)は「みんなが解ける問題をしっかり解くこと」ですので、このことを決して忘れずに取り組んでいただきたいです。そして、全体を通してですが、高得点獲得ではなく6割確保を意識して臨んだ方が良い結果に繋がると思います

 

よく使うフレーズの漢字

さて、最後のおまけですが、漢字の話です。実際に解答を書く際に「漢字が思い出せなくて書けない!」となった場合、字数のロスが致命傷になる可能性もあります。よく使うフレーズを押さえておくことはもちろんですが、確実に漢字を書けるようになっておくことも重要です。ということで、私が受験生時代に8代目TOMの記事の漢字リストをベースに(少ししか手を入れていないですが)パクってカスタマイズして最終確認用に使っていた内容をご紹介します。是非みなさんも、さらにパクってカスタマイズしていただければと思います。

 

【よく使うフレーズの漢字】

顧客の離反(防止)、継続的接触、関係性強化、接客、利便性の提供、差別化、顧客生涯価値、希釈化、希薄化、品揃え、訴求、高付加価値商品、口コミ効果、愛顧(ロイヤルティ)、推奨、繋げる、奪われる、貢献、節税効果、運転資本、(費用を)賄う、依存度、稼働率、脆弱、内部留保、軋轢(コンフリクト)、意思疎通(コミュニケーション)、緻密、精緻化、優遇、表彰、繁閑、連帯感、適正化、支障を来す、権限委譲、連携、獲得、醸成、報酬、報奨、処遇、自己啓発、探索、招く、抑制、阻害、阻止、防止、簿価、払拭、喪失、補填、硬直化、柔軟化、衰退化、多頻度、軌道、迅速、斬新、率先。

 

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*


どうも、kskn(きしけん)です。
これが試験前、最後の投稿です。

早いもので二次試験まで残り2週間を切りました。
そろそろ答案の内容にも自信が付き始めてきた頃でしょうか。
それともまだまだ掴みどころがなく、来たる試験当日を不安に感じているでしょうか。

いろんな方がいらっしゃると思います。
思いますが、

今日の記事は、ちょっと自信が付いてきたぞ、という方向けです。

 

先日、オンラインでの二次勉強会に少しだけ参加させてもらったときに
(そもそもの質問の内容は忘れてしまったんですが)「僕はこの時期、事例を早く解くことを意識してましたね~。60分以内で解く練習してました。
という話をしたらけっこう皆さんから驚かれました。が、そのリアクションを見て逆に僕の方が驚きました。

みんな、試験当日に自分の実力100%出せると確信してるの!?

と。

 

僕が受験生だった当時は、正直その自信が全くありませんでした。

だって練習で事例を解くときの環境って
・慣れた場所で
・周りはある程度静かで
・室温は適温に調節することができて
・時間は生活のサイクルの中で調整できて
・間違えてもプレッシャーはなくて
・移動も少ないので体力も万端
じゃないですか。

試験当日はこれらの環境が全く担保されてない状況でいつも通りの実力出せます?
僕はプレッシャーに強いタイプではないので、試験当日はいつも以上に丁寧に解く→いつも以上に解く時間が延びるだろうという確信さえありました。
なので、練習で70分で解ききれても不安だったのです。仮にいつもより10分延びたら、見直しの時間全くないやん。それより延びたら、空欄できるかもしれんやん、と。

そうしたわけで、僕は練習のときからすごく早く解くことを意識して、60分で解ききろうと決めました。
そして、実際に60分以内で解けるようになりました。(とはいえ、字はかなり雑に書いていたので、ちゃんと解くと65分くらいはかかっていたと思いますが)

で、じゃあ試験当日はどうだったのか。

・事例Ⅰ→75分(緊張して最初与件が全く頭に入ってこなかったが、途中から落ち着いて巻き返せた)
・事例Ⅱ→70分(いつもより少し丁寧めに解いてちょうどいい感じ終えれた)
・事例Ⅲ→80分タイムオーバー(マンマシンチャートに時間をかけすぎて爆死)

まぁこんなもんです。笑

9代目きゃっしぃさんやなおさんのように盤石に準備ができていて、自分の中のタイム・コントロールが完璧な人はそのままで大丈夫です。
でも、そーやも書いていたように、これは心技体揃った強者の戦い方です。こういう戦い方ができる人はおそらく稀だと思います。
普通の人は、試験当日に緊張したり、自分の回答に不安になったりします。だってその日の結果が、次の1年を左右するんですから。

なので少し回答に自信が付いてきた!けど時間は80分フルにかかってますという人はぜひ5分でもいいので早く解く練習をしてみることをオススメします!
あくまで解き方は崩さず、いつも通りのやり方で早く解けるよう少しずつ負荷をかけて行きましょう!筋トレの要領です!(伝わるか?)

ある程度解く手順が固まってきているだろう、この時期にこの話をすべきかどうかは迷いましたが、参考になる方が1人でもいればいいなと思って書きました!
絶対に合格を勝ち取ってください!応援してます!!!

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

こんにちは、どいこうです。
いよいよ直前期になってきました。本稿では勉強の内容には少ししか触れず、「1年前の自分に語りかけるならば」というコンセプトで書いてみたいと思います。

中小企業診断士資格はとっておけ!!

私が中小企業診断士試験に合格する前、「この資格は取得しても現世的なご利益はほとんどない」と思っていました。「経営知識があるという一定の証明がわりに使えそうかな」、「いまさらMBAは時間がかかりすぎるから診断士がちょうどよいな」という程度でした。

ですが、いざ取得して見えてきた光景が異なっていました。
診断士資格を活用してご利益を得ている人は確かにいます!

・転職に成功している事例は数え切れないほどある
・独立して活躍している人も多い
・数千万円を稼いでいる診断士とも普通に会えて話を聞ける

自分はそれらを見て、今のところ、以下のように考えています

・診断士資格は、中途採用担当者にとってわかりやすいプラスのメッセージになりそうである
・仕事の獲得も、限られた人しかできない、というわけではないらしいし、それにむけた研究会で研鑽もできて素敵
・大成功している独立診断士にはいくつかの勝ちパターンがあるようだ

というわけで、昨年の自分には、「次のステージに突入して人生を大幅に好転させられるかも知れない。最後まで気を抜かず、何としても合格しろ!」と今なら伝えたいところです。

試験後にやっておくとよいこと

また、試験後にぜひやっておいていただきたいことがあります。

再現答案の作成

自分は試験後、答案用紙を放置して日常の仕事に戻ってしまい、再現答案を作りませんでした。しかし、筆記試験の合格発表後、口述試験の準備のために、結局、再現答案を作りました。どうせ作るなら、試験直後に作るほうが内容を憶えているため精度も高く短時間でできますので、当日に作ることをおすすめします。

口述セミナー日程確認

口述試験は例年は合格率がほぼ100%のようですが、練習無しで臨むのは怖いと思う方は多いと思います。一発合格道場をはじめ、各団体が口述試験の対策セミナーを開催しますので、事前に日程を確認しておいてください。

なお、以前の記事(診断士活動初期の「情報戦」)にも書きましたが、私は独学&通信講座で診断士ライフに関する情報が不足していました。なので、口述セミナーは先輩診断士へのヒアリング&同期診断士との情報交換の機会としても意識していました。

財源(と日程)の確保

合格後、中小企業診断士としての事業化に取り組む場合にはある程度の費用がかかります。家族との調整を含め、一定の準備をしておくとよいスタートが切れると思います。
・資格登録に必要な実務補習・実務従事の費用: 約15万円(自分で実務従事先を探せば不要)
・中小企業診断士協会の入会金3万円と年会費5万円: 合計8万円(任意)
・マスターコース: 5-20万円程度(任意)
・各種研究会の年会費: 数千円から1万円程度(任意)

なお、「苦労して資格をとって、またお金を払うのかよ・・・」という意見をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。昨年の私も最初はそう思って躊躇しました。が、経営コンサルティング業を事業化しようと考えていたので、それに役立ちそうだと判断した案件については、投資しました。

財務の学習項目で「ディシジョン・ツリー」という項目があります。大まかに以下のような考えです。

①最初に小さく投資して初期調査(「テストマーケティング」「事業化調査(F/S)」など)する
②初期調査の結果、詳細の見通しがわかる
③初期調査の結果、見通しが良ければ、より大きく投資をする。見通しが悪ければ、投資をストップして損切りする。

こうして小さな投資によって経営上の柔軟性をもっておくことを「リアル・オプション」と呼びます。金融派生商品(デリバティブ)の「オプション」になぞらえてこのように呼ぶのですが、効果的に活用すればより高い投資リターンを得られます。

診断士の諸活動への投資もこの「ディシジョン・ツリー」「リアル・オプション」のコンセプトを意識することで効果を高められるのではないか、と私は思います。

ディシジョンツリーの過去問に関する過去記事はこちらです。平成23年に出題されたのですが、そろそろ出題されるかも知れませんね・・・

おわりに

今回の記事は頭が悪そうなタイトルで失礼しました(笑)。また、少し先走った内容だったかも知れませんが、昨年の自分に言いたいと思ったことでした。
2次筆記試験、自分を信じて頑張ってください!

それでは、また!!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは!ちこまる(仮)です。今日の記事は19回目。過去記事はこちらから。

今日はちょっと長くて4,000文字程度です。お昼ご飯の記事なのでお昼のお供に8分ほどで読めます。

二次試験までいよいよあと2週間というところまで来ました。あー残り2週間しかない!!と思う方、あと2週間で解放だーーー!!と思う方、どちらも入り混じってる方、色々いらっしゃると思います。私もそうでした。

勉強を始めてから、最低でも3ヶ月弱は立ってると思います。私のように3年かかった方もいらっしゃるでしょう。これにかけてきた時間のすべての結果が、2週間後の80分×4本の5時間ちょっとで下されてしまうのは残酷だなぁという気もします。

でも、勝負の世界である以上、どーのこーの言っても仕方がない部分もあります。そこでいかにメンタルを平静に保って、実力を出していけるかに集中して過ごしていただきたいなと思います。

前書きが長くなりましたが、今日はお昼ご飯の話です。なんやねんそれ、と思われた方、試験当日に何食べるか決めましたか?今日はそんな話。当日の過ごし方として、参考になればと思います。

そんなことより勉強したい!というあなたへ。1行でわかる今日の要点は、

「試験当日のお昼は前日夜もしくは当日朝に近所で買って持参すべし。メニューは野菜のお惣菜+そばまたはベーグル。おやつはラムネがいいよ!ペットボトルは500ml以上のものを2本持参すべし」です。

試験日のお昼ご飯問題

試験の当日、脳はめちゃくちゃたくさんの決断を下します。与件のどの部分からキーワードを拾うのか?使う知識は何か?電卓たたく順番など…挙げればきりがありません。できるだけその決断に脳のエネルギーを残しておく必要があります。なので、お昼ご飯のメニューでコンビニをウロウロすべからず笑。メニューは前日までに決めましょう。

試験場付近のコンビニはだいたい激混みで、男性は特にトイレでも行列に並ぶことになるのでそんなところで時間を無駄にするのももったいない!自宅の近所などで調達してから向かいましょう。一次試験の時にも経験済みかもしれませんが、近所のコンビニからは温めなくて済むお弁当類、おにぎり、パンなどが軒並み無くなります。私は初めて一次試験を受けた年にコンビニ強盗が通った後みたいに空っぽな棚を目の前に、明日のお昼は持参しよう、と心に決めました。あったかいものを食べたいと思ってお昼ご飯をお昼になってから買いたいという方もいるかもしれませんが、時間が勿体無いのでお勧めしません。あったかくて美味しいものは試験が終わってからじっくり味わいましょう。

さて何食べよう?

当然ながら試験場には自由に使える電子レンジがないので、温め不要で食べられるものが中心になると思います。ここで考えたいのが、血糖値。以前にも書きましたが、私は予備校の授業の合間にチョコの糖分が脳にいい!と思って食べ続けた結果、血糖値の乱高下で頭痛がするようになってしまいました。。(今考えてもやりすぎだ。。)

その時、会社の同僚にアイアンマン(トライアスロンを完走する人)がいたので、これこれあーでこうで、という話をしたところ、チョコはやめたほうがいい、と言われました笑。

脳のエネルギーの元となるのはブドウ糖ですが、急激にたくさん摂取すると血糖値がガツンと上がります。そこでインスリンが出てきて血糖を各臓器が吸収するんですが、吸収した後もしばらく出っ放しです。血糖を全て吸収し尽くして、一気に血糖値が下がります。この乱高下が、体調不良を引き起こすことがあります。

ちなみにこのインスリンの過剰分泌により、脂肪も吸収しやすくするため、結果太ります。最近話題のダイエットには低GIというのは、そういう流れから来ています。GIが低いとインスリンの分泌が緩やかなので血糖値の乱高下が起こりにくく、脂肪の吸収も穏やかです。

主食でいうと、白米や小麦でできた食パンなどが最も高く、続いてベーグル、焼きそば、ラーメンなど小麦系、さらに低いものはそば、玄米、雑穀などが続きます。ざるそばやとろろそばがいいのかもしれませんが、汁どうする?問題もあるので、気になる方は雑穀おにぎりや全粒粉のパン、ベーグルがいいでしょう。

野菜系は概ねGI値が低いので、食事の最初に食べると血糖値が上がりにくくなります。芋類はできれば避けたほうがいいでしょう。ひじきなど火の通った野菜のおかずだと、生野菜と違ってたくさん食べられていいですね。試験場でひじきをばらまくと悲惨なので、水平に持ちましょう笑。ひじきとベーグルの相性は、この際気にしないことにします。。背に腹は変えられません。

最近はコンビニのご飯にも低GIと書かれたものが出回っています。それを目安に選ぶのもいいですね。

私は雑穀のおにぎりと、豆腐・小松菜・のり・生姜入りのお味噌汁をスープジャーに入れて持参しました。朝沸騰直前のものを入れればお昼ご飯もアツアツです。他のスープでもいいんですが、お味噌汁すきなんです笑。喘息があるので少しでも咳が楽になるように!試験場が寒くても乗り切れるように!と思って生姜たっぷりにしてました。ま、これはお好みで。

さておやつはどうする?

事例ひとつひとつを集中してとくと、あっという間に脳はエネルギー切れになります。だからここでおやつの出番!チョコなど砂糖がたくさん入ったお菓子をどか食いすると私のように頭痛が起こることがありますので要注意。オススメはラムネです。(これは今年に入ってからアイアンマンに聞いたこと)ラムネの成分はブドウ糖なので、消化吸収プロセスが短く、あっという間に脳に届きます。これもたくさん食べては意味がないので、適量に。某ボトル入りラムネだと3粒くらいでしょうか。ちなみにこのボトル入りラムネ、今年から大人や受験生をターゲットにし、脳にすぐ届くエネルギー源としてマーケティングの方向性を変えたことで、売り上げが伸張したという、マーケティングの好事例でもあります。なんかあやかりたい。

チョコだめと言いましたが、ダークチョコは比較的低GIなのでチョコが好きな人はカカオ多めの苦いやつにしておいてください。

試験中に飲むもの

昨日のいよっちの記事 にもありましたが、試験案内と受験票のハガキに書かれていることは「神のお告げ」くらい絶対です。何千人と受験する試験で、しかも合格率も低く、高難易度と言われている試験ですから、何年も、人生をかけて受験している人がわんさかいる世界です。そんな決闘場のような場で試験監督の恣意を挟む余地は一ミリもありません。そう思った方がいいです。情状酌量ゼロの世界。禁止事項をやってしまえばもれなくその年が終わります。

試験案内にも書いてありますが、試験中の飲み物の持ち込みは可です。サイズ規定があり、700ml程度までです。2Lのコーラを持ち込むことはできません。カバーをかけることもできません。また、エコですがマイボトルもだめです。机に置くことができないので、それも要注意。床置きなので瓶とカンもだめです。(つまりエナドリもだいたいだめ)ゼリー飲料は飲み物ですか?と聞かれるとちょっと答えられないので避けておいたほうが無難でしょう。試験中は飴やガムも含め飲食はできません。

私はというと、コーヒーはトイレに行きたくなりそうだったので避けて、微糖の紅茶飲料を持ち込みました。ちびちび飲んだらエネルギー切れをほどよく防げるような気がしたのです。途中で買いに行くのが嫌だったので、500mlを2本持ち込み、試験中にはそれを飲んでいました。好きな飲み物ほどしっかり調達しときましょう!

水分量も、トイレとの兼ね合いで気をつけた方がいいポイントです。特に男性はトイレの行列がすごいですので、飲み過ぎ厳禁です。途中でトイレに行きたくなるのも嫌ですしね。

食べ物もトレーニング!

筆記用具も目薬も、おやつもお昼も飲み物も、ぶっつけ本番は避けた方がいいです。この時期なら土日はきっと4本ぶっ通しで解いたりもするでしょうから、床置きの飲み物、合間のおやつ、お昼のメニューも一緒に練習しておきましょう。食べる量は適切か、眠くならないか、事例Ⅳの最中にお腹がなったりしないか、間に食べるラムネは何粒がいいのか、飲み物は何がいいのかなどなど、試験の日を特別な日にせず、いつもとおんなじ日にするんです。

いつもと同じ実力で、(そして当日は二次試験1年目の私のように、0と6を書き間違えて勝手に落ちていく人がいるものです…)しっかり合格を勝ち取ってください。最後の2週間、悔いのないように、しっかり寝て、しっかりトレーニングをして、こころ穏やかに過ごしてくださいね。

おまけ!ちこまる(仮)のファイナルペーパー差し上げます

これまでも春・夏セミナーでボロボロのファイナルペーパーを持参した際、何人か写真で持ち帰ってくださる方がいました。手書き&付箋で張り替えまくった上、2年間持ち歩いてましたので、かなりごちゃついていて読みづらく恐縮ですが、皆さんのお役に立てるなら、と公開してみます。

あ、これ知らなかった!というのが一つでもあれば心のメモにしまっておいてください。(付箋形式なので下に書かれた内容はほとんど読めないと思いますが、どのキーワードをどうマーキングするかなど、知識やフレームというよりは自分ルールです)

事例1

事例2

事例3

ファイナルペーパーを直前期に作るという方もいらっしゃると思います。ご自身に合ったものを作って、当日のお守りにしてくださいね。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

以上、ちこまる(仮)でした(о´∀`о)

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは、いよっちです。前回までの記事はこちら
いよいよ2次試験まで残すところ2週間あまりとなりましたね。この時期だからこそ、勉強そこそこに、心身のコンディション調整を最優先にして頂きたいものです。

さて、2次試験前に私から記事をお届けする機会は今日が最後になってしまいました。直前期の今こそ、どうしても最後にお伝えしたい、そんなメッセージをお届けできればなと。

今日の話は、他の受験生を凌駕する勉強量により、圧倒的な実力をつけていた受験生に起きた悲劇の実録です。

彼(「Aさん」としましょうか)が診断士を志して間もない段階から、ちょこちょこ相談に乗っていたこともあり、1次試験の翌週に連絡をもらいました。

「きっと合格報告だろうな」と思っていたのに、どうにも表情が暗い。。

実は、「合格報告」でも、「不合格報告」でもなく、まさかの「失格報告」だったのです。

 

たとえ試験に不合格になったとしても、多少の時間はかかるでしょうが、心の整理はつくでしょう。それが実力不足であれば、ですが

実力があるにもかかわらず、実力を発揮しきれずに涙をのむことになる人もいます。

自分と同じような過ちを犯してもらいたくない
余計な後悔をしてもらいたくない

そんなAさんの思いを受け、皆さんへの警鐘のためにも、Aさんの「未合格体験記」を敢えてこの直前期に掲載したいと思います。以下、ほぼ原文ままです。


この場をお借りして、これから2次試験もしくは来年の中小企業診断士試験受験を目指される方に、今年度の1次試験を失格になった私からお伝えしたいことがあります。

めちゃくちゃ当たり前のことを言います。

どんなに合理的でないルールだったとしても必ず守りましょう!!
ちなみに私はこんな簡単なことができずに失格になり、1年間の努力が水の泡になりました。

 

私は、TACのストレート本科生の通学コースに1年間通っていました。
勉強時間は毎月80~100時間確保するようスケジュールを立てて勉強に取り組んでいました。平日は仕事のためそんなに勉強時間を確保できないので、土日は朝から晩まで TACに篭って勉強していました。また、食事中や移動中はポケットブックを欠かさず持って知識の定着に励んでいました。

TACの養成答練、完成答練、公開模試では特に問題もなく7科目平均して70点前後を取っていました。ちなみに下記が公開模試の成績です。

経済 財務 経営 運営 法務 情報 中小
得点 64点 72点 65点 84点 68点 84点 82点
順位 89位 132位 17位 15位 619位 14位 78位

上記の結果を受けて、正直1次試験はほぼ間違いなく受かると思っていたので、2次試験対策のスタートダッシュが切れるようにMMCの2次試験直前対策コースに申し込んでいました。1次試験の前に2次試験対策を順調に進めることができ、ストレート合格が射程圏内に入ったと意気揚々と勉強に励んでいました。

しかし、試験当日悲劇が起こります。
1日目の最後の試験である運営管理を解き終え、

「1日目の科目には爆弾科目はなかったな。帰ったらどの科目を中心に勉強しようかな。」

と、1日目の試験の出来に安堵しながら考えていたところ、後ろから肩を2回ほど叩かれました。試験時間中に突然一体なんだ!?と思って振り向くと、

”ポケットに入っているものは携帯ですか?”と書かれた白い紙を試験官から渡されました。

そうです。

この瞬間、私の失格が決定したのです。

正直携帯をポケットの中に入れていたとしても電源を切ってさえいれば問題ないだろうと高を括っていましたが、それが命取りになりました。

確かに受験票にも書いてありました。確かに試験開始前にも試験官の方が注意事項を読みあげていました。

ルールを守らなかったのは私なので当然の結果かもしれないですが、
電源を切っている時点でカンニングできないわけで、
その場合は厳重注意でもいいじゃないか。
今まで努力はどうなってしまうんだ

と今までの勉強風景が走馬灯のように頭を流れていき、気づいたら会場の廊下で試験官に土下座していました。

しかし、決死の土下座も試験官の意思決定を覆すには足らず、無念にも失格を受け入れるしかなくなりました。

私のように本当にしょうもない理由で失格になると今までの努力は水の泡になってしまいます。私のように”大丈夫だろう”と高を括っていると足元をすくわれます。試験以外のところで落ちてしまわないように、試験当日はしっかりと準備してください。皆様の合格を心から祈っております。


「え、たったそれだけで!?」

話を聞いた後の私の第一声でした。

不正行為の事実なし(疑える状況のみ)
事前の警告なし

それでも一発退場処分・・・

繰り返しになりますが、これはつい先日の1次試験で本当に起きた話です。同じ診断士を目指す受験生にとっては、決して他人事ではありません。

 

H14年以来の高い1次試験合格率の今年、2次試験まで勝ち抜くのは本当に大変なことだと思います。

試験委員は出題する試験問題を難しくするのかもしれない
採点者は採点を厳しくするのかもしれない
試験委員は大きく得点調整するのかもしれない

今年の2次試験は、誰がどう考えたって、受験生を積極的に合格させる方向に舵が切られるわけがないんです。

もしかすると、もしかすると、

試験官は試験の注意事項を厳格に運用するかもしれない

試験問題以外でふるいにかける・・・なんて冗談じみた話も実体験が伴うと、急に現実味があるように思えます。試験官に不正を疑われるようなモノ、行動、事象があれば即退場処分を受けてもおかしくありません。

  • 電卓のサイズ・機能は許容されるものですか?
  • 試験中のペットボトルの扱い、分かってますか?
  • 受験票に貼る写真は忘れずに持ってますか?
  • 写真のサイズ・要件は満たしてますか?
  • 机上に置いていいもの、置いてはいけないもの、分かってますか?
  • 時計のアラーム音、出ない設定になっていますか?

上記の項目、全てに自信をもって「問題なし!」と言い切れる自信はありますか?

 

ブログを書き始めて8か月。私からの最初で最後のお願いです

どうか、どうか、試験案内にある注意事項をもう一度よく読んでください

その上で、2次試験には自分の実力を出し切ってきてください。

2次試験合格、心から祈ってます!

 

P.S.辛い経験だったにもかかわらず、実体験を赤裸々に語って頂いたAさんに感謝です。既に気持ちを切り替えて来年の合格に向け再スタートされたようですが、来年のリベンジ達成、祈念しています。

 

以上、いよっちでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 
おはようございます、たっつーです。
(過去記事はこちら。うち、1次試験後の記事は以下のとおり)

【2次試験攻略の勘所】初見時の復習に全力をかけるべし!
2次攻略のための「具体的な」復習方法
マイベスト答案は作るべきか
【劇薬注意】80分では時間が足りないあなたへ

さてさて、10月20日の2次試験本番まで、あと3週間弱です。
いよいよ、という感じです。

2次試験本番までの私の記事も、この記事含めて残り2回ですが、次回記事のタイミング(試験超直前期のタイミング)で勉強法等を書いても仕方ないですので、次回記事では、ゆるわだ的な記事を予定しています。

ということで、今日の記事では2次試験対策的な内容を書きたかったのですが、実は、私が皆様に伝えたかった内容は上記の4記事で大体書いてしまいました

そこで、まとまりがなくて大変恐縮ですが、最後に、この時期に私が伝えておきたいことを箇条書き形式で書いていきたいと思います。

 

◆この直前期、事例Ⅳの「潰し漏れ」に注意!

私の合格体験記にもちょろっと書いたのですが、事例Ⅳは、「試験本番で今まで解いた種類のない問題が出てきたら、それだけで致命傷になりうる」という特徴があると思います。

すなわち、事例Ⅰ~事例Ⅲと異なり、事例Ⅳの大問については、問題の類型があり(例えば、キャッシュフローを問う問題、CVP分析をさせる問題、ディシジョンツリー、DCF法等)、その類型ごとに、基本的な解法は同じです。
(もちろん、全く同じ問題が出るわけではありませんが。)

この基本的な解法をマスター(覚えるだけではなく、理解するという意味です)していない場合は、大問を丸々落すリスクがあるのです。

したがって、試験まで残り3週間弱のこの時期に、自分が使っている問題集の中に、万一、「今まで解いたことがない問題」「解いたことがあるけど、苦手だから何となく逃げている問題」「ちゃんと理解できているか自信がない問題」がある場合には、それをきちんと潰し込んで、「普通の受験生は理解しているけど、自分は理解できていない」という状態の問題をなくしておきましょう

そうすれば、試験本番に解いたことがない種類の計算問題が出ても、「これは僕(私)も知らないから、他の受験生もできないに違いない。いさぎよく諦めて、他の問題(経営分析問題や記述問題等)に注力しようor自分なりの計算過程を書くことに集中しよう」と落ち着くことが出来ますので。
潰し漏れがあると、本番で「やばい、できてないの僕(私)だけかも!」と無用に焦ってしまうことになります。)

なお、念のためですが、無計画に、この時期に新たな計算問題集に取り組むのは止めましょうね。
よく議論になる「イケカコ」については、先日のksknの記事にもあったとおり、そもそも財務会計が苦手な方にはお勧めできませんので(僕も少し手を出しましたが、解説が薄すぎて、理解の助けにはなりませんでした。)、そういった方は、「中小企業診断士2次試験事例IVの全知識&全ノウハウ 」、「30日完成!事例IV合格点突破 計算問題集」の2つを完璧にすれば十分かと!

 

◆「魂」は細部にやどる。

斜め読みして何となく意味が通る文書でも、じっくり読むと、意味がよく分からないことはよくあります。

したがって、前回記事でも書きましたが、2次試験の解答を書く際は、(書きながらでいいので、)1文1文「伝わるかな?論理がつながっているかな?日本語として変じゃないかな?」ということを意識しながら(自問自答しながら)書いて下さいね。

最早精神論で恐縮ですが、本番では、皆様が2次試験合格に向けて頑張ってきた気持ちを、細部に込めるように解答用紙に書いてきて下さい

 

◆前の事例のことは忘れる。

ありきたりですが、試験本番において、既に終わった事例について、あれこれ考えても仕方ありません。

各事例が終わったら、前の事例のことは忘れて、次の時間に集中しましょうね。
私は、各事例が終わったら、「もう忘れる」という趣旨をこめて、問題を小さく折りたたんで鞄の中に突っ込んでおきました。

 

◆電卓は常に机上においておく。

ちょっとした注意点ですが、電卓は、事例Ⅱや事例Ⅲでも、グラフや表の分析のために使うことがあります

事例Ⅳの時間になってはじめて電卓を出すという人もいるかと思いますが、最初から出しておくことを忘れないようにしてくださいね!
(試験官に一言言えば、試験の途中でも、鞄から電卓を取り出すこともできると思いますが、時間が勿体ないですよね。)

 

◆受験番号と氏名の記入は忘れない!

これはもう絶対ですね。

2次試験では、受験番号と氏名を記入する欄が解答用紙の右上にありますが、試験時間が始まる前に、受験番号と氏名を記入する時間が設定されておりません。
したがって、試験時間が始まったら、最初に、自分の意思(?)で、受験番号と氏名を記入する必要があります。

事例に取り組むことに焦っていると、ついつい受験番号と氏名を記入することを忘れてしまいがちです。
その場合、設問3を解くあたりで、視界に受験番号欄と氏名欄が入ってきて、「危ない危ない」と記入することになると思いますが、万一、視界にすら入ってこなかった場合には、最後まで気付かないかもしれません。

以前、1次試験前の記事でもご紹介しましたが、私の2次試験受験時に、以下の事件がありました。

私の前の席の人が1科目目(事例Ⅰ)の際に、受験番号と氏名を書き忘れてしまったようでした。
回収時に気付いたようで、解答用紙を回収しようとする試験官に対して、「お願いします!書かせてください!!」と周りの目も気にせず大きな声で叫んでいらっしゃいましたが、試験官は「駄目です」と一言言って、解答用紙を奪うようにして回収していきました・・・。
2科目目(事例Ⅱ)から、私の前の席は空席になりました・・・。 

これを読んだ皆様は、絶対に、「解答用紙をめくった瞬間に受験番号と氏名を書く」ことを忘れないようにして下さいね!

以上、たっつーでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

みなさん、おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。

今回は、みなさんに2次試験の知識とリアルな世界の繋がりについてお話をしたいと思います。
先日、診断士合格後の5年毎更新時に必要となる「理論政策更新研修」を受講してきました。
題材は「地方の人口減の激しいローカル都市における観光産業」について。

みなさん、ウユニ塩湖ってご存知でしょうか?
初めて聞いた方はこちら(HISさんの紹介HP)をどうぞ。
実は、日本のウユニ塩湖として注目されているところが、日本一小さな都道府県である香川県の三豊市にあるんです。

「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」
こんな幻想的な写真が撮影できるということで注目を浴び、何と年間の観光客が居住人口の6万人に迫る勢い(昨年は4万人、今年は6万人となる見込み)で押し寄せているんです。
しかも、3年前は1日数人しか来訪がなかったというのです。

今回の理論研修は、その舞台裏についてブームの火付け人である三豊市観光交流局の石井紫(ゆかり)さんよりご説明いただきました。
そのなかで、私なりに気付いたことを2次試験の理論に当てはめながら紹介したいと思います。
まず、三豊市の地元の方には「観光資源はない」。そういう認識でした。そして、前述のとおり実際に観光客はほとんどいませんでした。
そこに2人のキーマンがいたことで、その定説を覆していくことになります。
1人は、三豊市の市長。
もう一人は、ブームの火付け人石井さん。
三豊市の市長は、観光に特化した「観光協会」と国際交流に特化した「国際交流協会」という2つの組織を合併します。
その狙いは、「インバウンド客」に「三豊の瀬戸内海の風景」を「体験を通じて紹介」することで観光客を誘致し、新たなムーブメントを起こすことです。
事例Ⅱの原則(誰に)(何を)(どのように)ですね。

そして、この組織変更はいわば動態的組織・プロジェクトチームと同様の狙いがあったと理解できます。
「観光」の知を持つ人材と「国際交流」の知を持つ人材の相互交流を図って、新しい価値(インバウンド観光)を生み出そうとしたのではないでしょうか。
事例Ⅰの組織戦略ですね。

では、具体的にどのように観光の火付けが行われたのか、その背景をご紹介します。
三豊市には長年、写真コンテストという企画を行ってきた歴史がありました。
そして「国際交流協会」では、外国人が「三豊の瀬戸内海の風景」に対して高い評価があることを実感していました。
そこで、石井さんはある行動に出ます。
写真コンテストに募集してくる地元アマチュアカメラマンに声を掛けて、「郷土三豊市の誇るべき風景」を数多く撮りましょう!と。
すると、数多くの美しい地元の写真(商材)が集まってきたのです。
これをSNSを通じて、拡散。
更には海外のインフルエンサーを巻き込み告知することで、輪が輪を呼びました。
その時に、特に心をとらえたのが冒頭の日本のウユニ塩湖といわれた幻想的な父母ヶ浜の写真でした。

私は、この話に特にリアル事例Ⅱを感じました。
事例Ⅱのポイントは、経営資源が限られたなかで培ってきた強みを活かして、外部環境の機会を捉えるところにあります。
「経営資源および強み」は、「培ってきた写真展の歴史」とそれに関わってきた「アマチュアカメラマンの存在」、そして「国際交流を通じて知り得たインバウンド客のニーズ収集力」。何より「三豊市の誇るべき風景」です。
「機会」は増加を続けるインバウンド客。SNSの浸透でしょうか。

外にも素敵な語りつくせないことがいっぱいありますが、ここでは省略します。
いかがでしたでしょうか。
彼女(石井さん)は、講演の最後にこうコメントされていました。
「特にノウハウがあったわけではなく、自分が誇れるところを自信をもっていろんな人に勧めたかった。直感にしたがって突き進んだ結果です」と。

診断士は、2次試験を通じて事例の解法ノウハウを身に着けていきます。

試験ではなく「支援」
彼女のように想いがありながらも、しかし彼女のように順調に成功に至っていない方に、先人の知恵を体系的に理解し、提供するのが私たちの役割かもしれませんね。
余談ですが、2次試験の事例は実際に存在する企業をネタ元として作題されているといわれています(と聞いたことがあります)。
もしかしたら、数年後、地方都市X市として三豊市が事例として出題されるかもしれません(笑)

ちなみに三豊市は、こんな素敵なところです。ぜひ、試験後に一度、訪れてみてください。


以上、自分もあらためて地元の魅力に気付かされたキャリコン診断士からのレポートでした。

最後の追い込みですね。今まで積み上げてきたことを信じて進んでください。ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

どーも、そーやです。

先日の9代目chikaの投稿を見て、すごく良い記事だな感心しました。コンサルティング提案では第三者として助言を行うことが一般的ですが、彼女のようにコンサルタントとしての助言を行いながら実行部隊として改善活動を行うことはそう簡単なことではないと思います。そのリアルが詰まった記事は二次試験への向き合い方でも非常に重要なヒントとなってくると思います。まだ見てない方はこちらからどうぞ。

さて、本日の主題は「80分の過ごし方」です。

受験生時代を振り返えると、みんなどんな時間配分で問題を解いているのか気になっていたことを思い出し、私のケースということで記載します。


【準備①】試験開始~1分
問題用紙のホチキスを外し、下書き用紙の確保。

【準備②】1分~2分
事例企業の概略の確認と段落番号の書き込みをして、精神を落ち着かせる

【準備③】2分~3分
設問文の俯瞰と解答字数のチェックをして、精神を落ち着かせる
あくまでざっと。競争戦略とか人事とかそんなワードだけマークするレベルです

【読む】3分~10分
与件文の読み込み。事例企業の世界に入り込む
自分は社長から経営診断の依頼を受けた中小企業診断士だ、と思い込ませる

【画像1】事例Ⅰでは、カラーペンで色付けしようとちょっと頑張ったけどペンの開け閉めが想定より面倒だったため、SWOTの頭文字だけ与件文の横に書いて当たりを付けやすくした

【画像2】事例Ⅱではカラーペンは断念。SWOTも関係なかったためキーワードだけ下線を引いた

【考える】10分~40分
解答骨子の作りこみ
テンプレ(理由は①~、②~など)に当てはまるものがあればさっさと着手する

【画像3】事例Ⅰの設問文はあまり分析できてないことが伺える

【書く&考える】40分~65分
自信がある設問は、解答用紙に清書して、精神を落ち着かせる
自信がない設問は、再度与件文の読み込みと骨子の推敲

【画像4】事例Ⅱの骨子作り。覚えたてのDNDK(誰が、何を、どのように、効果)に当てはめて頑張っていた

【書く】65分~75分
残りの設問も解答作成に清書
そこそこ読みやすい字になるよう意識して書き込み。時間との闘いのためキレイに書く必要はない、そこそこを意識

【レビュー】75分~80分
日本語のチェック(主述関係、助詞)
本番では事例Ⅱの設問4を日本語が不自然ということでこのタイミングで丸々書き直しました。逆に事例Ⅰの設問4は解答がいまいちイケてないけど、日本語としては不自然ではないと判断したためそのまま提出しています。ここでは採点者に意味が伝わるか、にだけ焦点を当ててレビューしています。


 

ポイントとしては、

与件文を読んでから設問をきちんと読み込む、ということです。

 

ちょっとまてよ、どこかで聞いた内容だな

 

ちょうど先週のたっつー記事「【劇薬注意】80分では時間が足りないあなたへ」と同じ内容と思った方、正解です。道場記事しっかりとチェックしてますね。コメント内容も含めて見てみると、もしかしたらマイナーな方法なのかもしれないなと思いました。でも単に一般的な方法ではなく異端な方法と捉えるだけでは勿体ないと思い、私も記事にさせていただきました。

そして私もたっつー同様、きゃっしいの解法実況は参考にしましたが実践はしませんでした。

理由は単純で、時間が足りなくなりそうだから。

 

だって失礼ですが、これは強者のやり方です。王道かもしれませんが、一次も最低限の点数しか取れない弱者だった私は同じやり方をしたら落ちると思いました。

過去問の傾向を踏まえる?いやいや、過去問やってないから傾向なんて分からんよ。HAHAHA

経営資源が重要そうだな?いやいや、経営資源ってなんだっけ。とりあえずそれっぽいもの全部マーカー引くか。HAHAHA

 

笑いごとではなく、中小企業診断士試験の知識ややり方が固まっていない人が同様の手法をとっても時間の無駄となる可能性が高いです。ましてや、きゃっしいだから設問分析が10分で終わるものの、それがもっとかかる人は取り返しのつかないことになる可能性だってある訳です。

試験時間は80分ですが、設問分析に10分だけ時間を掛けたら残り70分です。去年の私だったら与件文を読んでいる最中に、間違いなく設問の内容は飛んで行ってしまってまた改めて設問を読む羽目になります。

さて、実質70分で他の受験生と戦えますか?

 

ただしあくまでもこれは弱者として自覚した上で、どうやって中小企業診断士試験の合格ラインに滑り込めるかを考えた結果行った方法であり、設問分析をして与件文を読み解くは真っ当な正攻法であり、合格に近くなるやり方だと思います。感覚値で言えば、設問分析をしてから与件文を読む方法が100%の解答を作れるとしたら、与件文からいきなり読んで解答を作る方法は60%の解答が作れるイメージです。

でも時間が足りなくて空欄ないし、字数が圧倒的に足りない解答よりかは点数の期待値は上がると思います。

 

しっかりと二次対策を進めている方にとって今回の記事はほとんど参考にならないと思います。期待に応えられずすみません。

ですが、ふと後ろを振り返ると後方にいた受験生がすごいスピードで追い抜いていくことだってあり得る試験です。なぜか、それは診断士試験の母数の多くが社会人経験が豊富な方であって、試験対策に時間が取れてないだけでコツさえつかめばグッと伸びる方が多いからです。

残り3週間とちょっと。これからの勉強次第で、きちんと設問分析ができて与件文を効果的に読み進められる強者になることは可能だと思います。ぜひ頑張ってきゃっしいやなおさんのように時間内に分析ができる受験生になってください!

残念ながらその域に達することが出来なかった方、本番の立ち回り次第では合格ラインに滑り込むことができると思います。最後の一分まで諦めず、粘ってください!

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

先日の勉強会にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。正直、手探りな中での開催ではありましたが、学びや気付きの機会として少しでもお役に立てたのであれば大変嬉しく思います。

さて、遂に二次筆記試験本番まで1ヶ月を切り、試験前の私の記事も残すところあと2回となりました。ということで、皆さんにお伝えしておきたいことをできるだけ盛り込む形になっており、若干統一感のない内容でつらつらとお伝えする感じになりますが、お付き合いいただければと思います。

 

昨年の道場ブログで私が直接的に影響を受けた記事

合格体験記にも書いていますが、昨年の道場の記事の中で特に役に立ったというか、その時の私の状況に非常にマッチした内容で、私の試験対策に直接的に影響を与えた記事が2つ(正確には3つですが)あります。1つは「復習方法」に関する記事、もう1つは「カラーペンの使い方」に関する記事です。

【復習方法】

・9代目きゃっしい:きゃっしいの解法実況@事例Ⅲ&復習の質を高めよう~その復習、本当に役に立っていますか?

【カラーペンの使い方】

・9代目きゃっしい:きゃっしいの解法実況@事例Ⅱ & 5分でできる!1次と2次をつなぐトレーニング方法

・9代目へんりー:【二次ノウハウ】もっと改善できる?あなたの勉強会&カラーペンの使い方

 

復習方法については以前の記事でもお伝えしておりますので、今回是非お伝えしたいのは、カラーペンの使い方についてです。このカラーペンの使い方ですが、内容としては上記の過去記事を読んでいただければその通りではあるのですが、私の昨年の試験対策において転機となった内容であり、敢えて記事にしてご紹介させていただきたいと思います(というか、道場10代目としてブログを書くことが決まった時に、この記事は必ず書こうと決めていました)。以下、私の合格体験記の引用となりますが、当時の私と同じような状況の方には参考になると思いますので、是非、読んでいただきたいと思います。

また、本番まで1か月を切った9月下旬の話ですが、解答時のメモの記載方法について大きく変更を行いました。この時期、解答の方向性は概ね見えてきたのですが、80分という制限時間内に解答を書き切るのが厳しいことが多い、という悩みを抱えていました。

なんとか時間短縮の方策はないかと思っていたところ、道場ブログできゃっしいさん・へんりーさんの「カラーペンの使い方」に関する記事を読み「これならいけるかも!」と直前期ではあるものの変更を決意しました。

元々カラーペンは、ほぼ使っていなかったので、急いでペンを揃えて過去問で試しましたが、いけそうな感触を掴み、そのまま本番まで突き進みました。メモの記載方法は十人十色かと思いますが、この方法は本当に皆さんにお勧めしたいと私も思いました。

 

カラーペンの使い方について

では、具体的なカラーペンの使い方ですが、当時の私の二次試験の問題用紙を使いながらご紹介させていただきます。まず用意するのは、設問数の分のカラーペンと蛍光ペン1本です。私の場合は、カラーペンを6本(多色ボールペン1本で3色+その他カラーペン3本)用意していました。稀に細分化すると7問出る場合(強みと弱みを書かせるとか)がありますが、その場合はどこかで色を重複して使っていました(その場合、片方を○、もう片方を□で数字で囲っていました)。

①蛍光ペンで重要そうな箇所にマーカーする

こんな感じで、重要そうな箇所に、黄色の蛍光ペンでマーカーします(黄色の蛍光ペンがかなり見づらいですが・・・)。ポイントは、重要「そう」なところとして、あまり深く考えず、また重要ワードの漏れが出ないよう、比較的気軽にマーカーを付けていきます。マーカーの役割としては、あとで見直したりする時に、重要ワードの使い漏れがないかを確認するための補助ですので、多少多めにマーカーを付けても気しません(実際かなりの箇所が黄色になっていました)。

 

②設問ごとに色を決め、各設問に関連しそうな与件文にカラーペンで下線と番号を付ける

設問ごとに、第1問は赤、第2問は青、第3問は緑、・・・という風に色を決めて、設問に関連しそうな与件文に下線を引いてナンバリングをします。ナンバリングに特に意味はなく、下線を引いた順に①、②と付けていきます。蛍光ペンとは違い、ある程度は吟味をして下線を引きますが、引いた箇所を絶対に解答に使うわけではなく、あくまでも解答に使う可能性のある箇所、というぐらいの意識で大丈夫です(下線を引くかどうかで悩んであまり時間をロスしないようにする)。

ちなみに、SWOTに関しては、実際に解答で使う箇所はそれほど多くないため、右端に「S」「W」「O」「T」を鉛筆で記載するにとどめています。

 

③カラーペンの下線(ナンバリング)を使って解答骨子を作成する

カラーペンで下線を引いた箇所(ナンバリング)を一つのまとまりとして、このナンバリングと簡易な文章を組み合わせることで解答骨子を作成します。字が汚いのはご容赦いただきたいですが、図の第3問を例に挙げると「①で意思決定迅速化と後継者育成、②でコミュニケーションと組織の活性化、(③に関しては)サポートを別部門で専門性専念」という解答骨子となります。ちなみに実際の再現答案としては「目的は、①役員を部門長とすることで環境変化に対応し意思決定の迅速化と後継者育成を図り、②各専門技術者を混成することでコミュニケーション・組織の活性化を図り、③サポートを別部門として開発に専念するため。」となっています。

 

④解答骨子に基づき解答用紙に解答を書く

あとは、解答骨子に基づき、実際の解答用紙に解答を記入していきます。この際に、ナンバリングの文章(与件文)は必要に応じて短縮化を行い、文字数に合わせて全体の文章を編集していきます。

 

カラーペン活用法のメリット

私は元々、持ち換えの手間を考えて、複数のペンを使うことには消極的(蛍光ペン1本のみを利用)でしたが、この方法に変更したことにより、以下のような効果を得ることができました。

・蛍光ペンのマーカーにより、重要なキーワードを漏らす可能性が低下

・解答骨子を簡単に作ることができ、メモの文字数も激減し、骨子作成までの時間が短縮

(問題用紙の表紙をホチキスから外してメモ用紙を作ることも止めました)

・解答骨子を見れば大まかな方向性がわかるため、再現答案の作成が容易化

昨年の私もギリギリのタイミングで変更しましたが、メモの作成について悩まれている方は、是非、参考にしていただければと思います。

 

ファイナルペーパーは作るべき?

冒頭で申し上げた通り詰め込みで恐縮ですが、タイトルの通り、もう1つのテーマであるファイナルペーパー(FP)についてお話しさせていただきます。恐らく、今ぐらいの時期になると、ファイナルペーパーを作った方がいいのか悩んでいる方はそれなりにいると思いますので、FPについてお伝えできればと思います。まず初めに、道場10代目のメンバーにアンケートを取りましたのでその結果についてご紹介します。

 

 

75%のメンバーがFPを作成していますね。また作成時間については、半分以上のメンバーが少しずつ蓄積したためよくわからない、という結果になっています。そもそもFPの形式自体、人によって様々なので、一律に比較するのは難しいとは思います。私は2年目ということも、ある程度時間をかけて整理して作成していますが、限られた時間の中でまとめるとなると、蓄積型で作成する方が現実的かもしれません。

ちなみに、昨年の9代目きゃずの記事にて、総論としてFPについて非常に詳しく記載されており、FP作成の必要性については以下の通り結論付けられています。

「ファイナルペーパーは作成を強くおすすめする。ただし、その目的と効果を意識したうえで、個々人の状況や課題と合致した内容を整理するときに限り有効である」

私の意見としても、上記とほぼ同じです。直前期における時間の捻出にはかなり苦労しましたが、一部断片的だった知識や観点等を再整理することができ、最後に見直すのにちょうど良いまとめ資料が出来上がったので、個人的には作成して良かったと思っています。ただし、(ストレート生か多年度生かも含め)人によって置かれている状況は異なりますので、一概にどちらが良いと言えるわけではない、とも思います。

 

私が参考にした道場のFP

最後に、私がFPを作成する際に、特に参考にさせていただいた道場のFPについてご紹介させていただきます。実際、これらのFPから色々とパクってカスタマイズさせていただきました。皆さんの参考になるFPもきっとあると思いますので、是非、ご参照いただければと思います。※9代目Chikaの記事はFPではないですが、FP作成の参考にさせていただきました。

・初代ハカセ;二次試験直前:ハカセのファイナルペーパー

・7代目たきも:たきものファイナルペーパー【事前準備編】【事例Ⅰ編】【事例Ⅱ編】【事例Ⅲ編】【事例Ⅳ編

・9代目Chika:【二次ノウハウ】キーワード解答法【事例Ⅰ】【事例Ⅱ】【事例Ⅲ】【事例Ⅳ

・9代目きゃず:一発合格道場の「ファイナルペーパー」総論

 

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

どうも、kskn(きしけん)です。

先日のmakinoさんの記事でも経営分析について書かれていましたが、あえて僕も同じく経営分析に触れようと思います。
自慢ではないですが、僕はmakinoさんとは逆で経営分析をほとんど外したことがありません。
なので、makinoさんとは違った角度でお話できたらいいなと思い、書こうと考えました。

 

最初に、貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)を読むのが苦手な方へ

苦手な方は、まず下記の2つのリンク先記事を読んでみてください。特に損益計算書はかなり理解しやすいと思います。

貸借対照表の読み方

損益計算書の読み方

ちなみに、これは大手町のランダムウォーカー(Twitter:@OTE_WALK)という公認会計士の方が書かれた記事で、この方はTwitterとInstagramで毎週「会計クイズ」を出題されています。
すごく気軽に会計とビジネスの結び付きを学べるクイズなので、勉強の息抜きに解いてみることをオススメします!
(僕も受験生時代に会計クイズを知って、財務会計の面白さに気付きました)

 

財務諸表の読み方が分かったら

次は答案の作り方です。
経営指標は3つ問われることが多いので、基本的には収益性・安全性・効率性の3種類を網羅できるように検討しましょう。
とは言え、必ず上記3種類が答えになるとは限りません。限りませんが、そうなるケースが非常に多いです。
ですので、まずは3種類書けないかを検討し、どうしても難しそうであればいずれかの指標を重複させる、という方向で考えるようにしましょう。

どの経営指標を選ぶかは与件文とB/S、P/Lを見比べながら総合的に考えていくことになります。
ここから、どうやって選んでいくかのポイントを書いていきます。

 

収益性指標

収益性指標はいくつか種類がありますが、個人的には売上高総利益率か売上高営業利益率の2択でいいと思っています。
というのも、経常利益は基本的には営業利益から本業に関係のない収益・費用を差し引いたものなので経営課題と直結するケースが少ないからです。

また、回答の際には売上高総利益率や売上高営業利益率など利益の指標で答えるのが適切だと思いますが、指標を選ぶ際には、どの費用項目に特徴がありそうかを与件文とB/Sから想像するのが良いです。

例えば平成29年度では与件文を見ると、


と書いてありますので、売上原価が高いであろうことが読み取れ、売上高総利益率に課題があることが分かります。

また、平成27年度では与件文を見ると、

と書いてあり、技術が高い→価格が高くても許容されやすい→売上総利益が大きくなりやすいという判断ができます。

このように、与件文の記載から売上もしくは費用に影響を与えられそうな内容を抽出し、判断していくことが必要となります。
以下に僕の考える、それぞれの項目に影響を与えそうな要素を挙げました。全て指標を良くする視点で書いていますが、逆にすれば指標は悪くなります。

売上高が大きくなる(=売上総利益が大きくなる)要素→技術力が高い、希少性が高い、ブランド化している、特許を持っている(≒他の物で代替することが難しい)等

売上原価が小さくなる(=売上総利益が大きくなる)要素→調達力がある、品質が高い(不良が少なく歩留まりが良い)、作業が標準化されている(オペレーションの効率が良く、労務費が小さくなる)等

販管費が小さくなる(=営業利益が大きくなる)要素→設備投資をしていない(減価償却費が少ない)、作業が標準化されている(管理部門の人件費が小さくなる)、事業所が少ない(賃料や人件費が小さくなる)等

※追記:コメント欄にて「減価償却は原価にも含まれるので販管費抑制の要素ではない」とご指摘いただきましたが、確かにその通りだと思いますので売上原価抑制にも影響を与えるということでご理解ください!

と、ここまで書いてきましたが、実は売上高経常利益率が答えになることもあります。笑
平成28年度がそうなのかなと思うのですが、見てみると

前期に比べ当期で短期借入金が大幅に増加しており

それによって営業外費用(支払利息)が増加したことによって売上高経常利益率が低下しています。
なので、基本は売上高総利益率か売上高営業利益率の2択でいいと思いますが、B/Sの負債の部だけ確認しておくと間違いないかなと思います。
(完全に余談ですが、この会社は短期借入金318百万円に対し、現預金が195百万円しかないので大変そうですね。何で長期で借りなかったんだろう。。。)

なお、特別損失は一時的な損失なので無視して大丈夫です。

 

効率性指標

事例Ⅳの事例として出題される企業はこれまで、製造業とサービス業が交互に出題されているようです。
平成30年度がサービス業だったので今年は製造業の可能性が高いですが、万が一toCのサービス業であれば効率性指標はすごく簡単です。ほぼ有形固定資産回転率の一択です。
というのも、効率性指標は主に棚卸資産回転率、売上債権回転率、有形固定資産回転率の3つが候補となりますが、サービス業は在庫を持つことがないので棚卸資産が少なく、またtoCでは現金取引が多いので売上債権が少ないという特徴があります。
(キャッシュレスの導入が進んでクレジットカード決済が多いという記述があれば売上債権が多い可能性もありますが)
つまり、toCのサービス業では棚卸資産回転率、売上債権回転率はそもそも重要な経営指標ではないということが分かります。

次に製造業の場合ですが、こちらは総合的に考える必要があります。
基本的には棚卸資産回転率と有形固定資産回転率の両方を計算して、数値を確認してから与件文を読むのがいいでしょう。
考え得る記述例は下記のようなものが挙げられます。

棚卸資産回転率が優れている→生産計画や納品計画の精度が高い、小ロット生産が可能、生産LTが短い(よって在庫の滞留が少ない)等
棚卸資産回転率が課題→大ロット生産である、多品種少量生産で死に筋がある、生産LTが長い(よって在庫の滞留がある)等

有形固定資産回転率が優れている→受注が安定している(機械の手待ちが少ない)、技術力が高い(人的な付加価値が大きい)、設備更新を行った(生産効率の良い設備を使用している)等
有形固定資産回転率が課題→受注にバラつきがある、技術力が低い、設備が老朽化している等

また、売上債権回転率も見るべき指標ではあるのですが、仮にこの指標が悪いとして改善できる方法があまりない(支払サイト短縮の交渉をする、ファクタリングを利用するなど)ので個人的にはあまり重要な指標ではなく、棚卸資産回転率も有形固定資産回転率もどちらも適切でないと感じたときのみ、検討するくらいで良いのかなと思います。

最後に、過去5年はサービス業と製造業しか出題されていないのですが、小売業が出題される可能性もあると思っています。
小売も在庫を持つ業種なので、基本的には製造業と同じ見方で良いでしょう。(与件文の記述は異なるでしょうが)

 

安全性指標

安全性指標ではまず自己資本比率を検討しましょう。
多くの場合、無理な借入をして自己資本比率が悪くなっているか、利益剰余金が大きく自己資本比率が良いかのどちらかに当てはまるでしょう。
与件文の記述を見ると分かりやすいです。

例えば平成29年度。

新規事業を立ち上げる際に出資も受けていますが、それよりはるかに大きい借入をしていますので、結果として自己資本比率が低くなっています。

次に平成28年度。

積極的な出店をしていますが、出資を受けるような先もないでしょうから、おそらく借入によって出店費用をまかなっていることが推察できます。
そして結果、自己資本比率が低くなっています。

また、平成30年度や平成27年度にはこういった記述はなく、B/Sを見ると自己資本比率が優れているということが分かります。
つまり目立った投資をしていないので、大きな借入も必要ない→よって自己資本比率が優れている、ということですね。

このように、安全性指標は自己資本比率が取り上げられることが多いので、まず自己資本比率を計算することをオススメします。
そしてもし比較対象とほとんど差がないということが分かれば、そこから初めて固定比率や固定長期適合率を検討すればいいと思います。

 

まとめ

このように、数ある経営指標の中にも優先度の高い低いはありますし、また最終的にどの指標を選ぶかは与件文から導き出すことができます。
この記事を参考にしていただいて、経営指標は必ず満点を取れるように練習してください!

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは、どいこうです。

今日は特に事例Ⅳで相棒となる「電卓」の利用法を確認します。

電卓に関するルール

2次の試験案内には、以下の記載があります。よく読んで違反をしないようにしてください。

1)使用できる電卓はいわゆる携帯用電卓で、右の図(省略)に例示する機能のような、四則計算(加減乗除)、√、%、数値メモリなどの単純な計算機能を持つものです(サイズはおおよそ縦180ミリ、横100ミリ、高さ30ミリ以内程度)。机上に1台だけ置くことができます。
2)次のような電卓の使用は禁止します。
a.関数電卓
b.プログラムの入力機能や記憶機能を持つもの。
c.電子手帳・携帯電話などに付属する電卓。
d.記録紙の出るもの。
e.他の受験者の妨げになるような音の出るもの。
f.電源コードを使用するもの。
3)上記基準に適合するかどうかは、監督員が試験室において判定し、適合しないものについては、その使用が禁止されます。使用を禁止した場合でも、電卓を貸与しません。

電卓「2個持参」のすすめ

万一の故障に備えて、試験会場には2個電卓を持参する方が多いようです。私も2個持参しました。

「まさか試験当日に電卓の故障なんて起きないだろう・・・」と思ったのですが、万一が起きて1年間を棒に振ることになってはイヤですよね?

キーの配列やピッチが変わると打ち間違いが生じうるので、同じ電卓を2個持参すると良いと思います。

2種類のメモリーを意識する

電卓には「GT(グランドトータル)メモリー」と「独立メモリー」の2種類の記憶領域(メモリー)があります。独立メモリーは、単に「メモリー」と呼ぶこともありますが、本稿では「独立メモリー」と記載します。

これらのメモリー機能を正しく理解することで、①「計算速度を速める」ことができ、また、②「計算ミス・転記ミスを減らす」ことができると思われます。

すでに確立された方は読み流していただければと思います。まだの方、一緒に確認しましょう!

GTメモリーの使い方

[GT]: グランドトータル
GTメモリー(グランドトータル:総計)の内容を表示します。
2回続けて押すと、GTメモリーの内容を消去します。

[=]: イコール
ご存知のイコールです。計算結果を表示します。同時に、GTメモリーに加算する役割もします。

《計算例》
問1) 100円3個、50円4個、10円15個で合計何円?

100 [×] 3 [=] → 300
50 [×] 4 [=] → 200
10 [×] 15 [=] → 150
[GT] → 650

※計算内容: (100×3)+(50×4)+(10×15) = 650

独立メモリーの使い方

[M+]: メモリープラス
入力数値や計算結果を独立メモリーに加算します。

[M-]: メモリーマイナス
入力数値や計算結果を独立メモリーから減算します。

[RM]: リコールメモリー
独立メモリーに記憶されている内容(数値)を呼び出します。

[CM]: クリアメモリー
独立メモリーに記憶されている内容(数値)を消去します。

《計算例》
問2) 100円3個、50円4個、10円15個入っていた財布から、500円の買い物をしたら残りは何円?

100 [×] 3 [M+] → 300
50 [×] 4 [M+] → 200
10 [×] 15 [M+] → 150
500[Mー]→500
[RM] → 150

※計算内容: (100×3) + (50×4) + (10×15) – 500 = 150

クリア関連

[CA]: クリアオール
表示数値、計算過程、GTメモリー、独立メモリーの内容を含めて、電卓内をすべて消去(ご破算)します。

[C]: クリア
GTメモリーと独立メモリー以外の数値が消去されます。
電卓内部の数値や計算命令を消去するときに押します。

[CE]: クリアエントリー
数字入力直後や独立メモリーの内容を呼び出したときなどに押すと、表示数値がクリア(消去)されます。
入力した数値全体を訂正するときに使います。

[→]: 桁下げ(右向き三角形の絵柄の機種もあります。)
最も右側に表示されている数字を一つ消します。 続けて押すと、押した数だけ数字が消されていきます。BackSpaceのような役割です。

定数計算

定数(同じ数)を足す/引く/掛ける場合や定数(同じ数)で割る場合に、特別の操作があります。定数計算の方法は、CASIOとCASIO以外(Sharp、Canon等)とで方法が異なります。

<CASIOの場合>
定数を先に入力して、四則演算と[=]を入力する(1回目)。2回目以降は[=]を入力する。

《計算例》

問3a-1)512に2を5回足す
2[+][=]512[=][=][=][=]→ 522

問3a-2)512から2を5回引く
2[-][=]512[=][=][=][=]→ 502

問3a-3)512に2を5回掛ける
2[×][=]512[=][=][=][=]→ 16,384

問3a-4)512を2で5回割る
2[÷][=]512[=][=][=][=]→ 16

 

<CASIO以外の場合>

計算対象(定数以外の数値)を先に入力した後に定数を入力して[=]を入力(1回目)し、2回目以降は[=]を入力する。
ただし、掛け算の場合は、先に定数を入力した後に計算対象(定数以外の数値)を入力する。

《計算例》

問3b-1)512に2を5回足す
512[+]2[=][=][=][=][=]→ 522

問3b-2)512から2を5回引く
512[-]2[=][=][=][=][=]→ 502

問3b-3)512に2を5回掛ける (注:掛け算の時だけ入力順序が違います
2[×]512[=][=][=][=][=]→ 16,384

問3b-4)512を2で5回割る
512[÷]2[=][=][=][=][=]→ 16

定数計算の例題(NPV計算)

《計算例》
問4) 各年度のキャッシュフロー(CF)と割引率(5%)を用いて正味現在価値(NPV)を計算しなさい
ただし、各年度のCFは以下のとおり。
CF(0)=-300, CF(1)=200, CF(2)=150, CF(3)=200

<CASIOの場合>
300[M-]→ 300
200[÷]1.05[M+]→ 190.476xxx
1.05[÷][=]150[=][M+]→ 136.054xxx
1.05[÷][=]200[=][=][M+]→ 172.767xxx
[RM] → 199.298xxx

<CASIO以外の場合>
300[M-]→ 300
200[÷]1.05[M+]→ 190.476xxx
150[÷]1.05 [=][=][M+]→ 136.054xxx
200[÷]1.05 [=][=][=][M+]→ 172.767xxx
[RM] → 199.298xxx

※独立メモリー計算内容: -300 + (200÷1.05) + (150÷1.05÷1.05) + (200÷1.05÷1.05÷1.05)= 199.298xxx

その他

[+/-]: プラス・マイナス
表示されている数値の「正(+)」と「負(-)」を入れ替えます。

[%]: パーセント
百分率(パーセント)の計算をします。

《計算例》
10000 [×] 10 [%]→  1000
3 [÷] 10 [%]→  30

まとめ

私自身は最初に手にとったのがSHARP電卓であったため、今でもSHARPを利用しています。

電卓は大切な相棒ですので、しっかり理解して生産性を高めたいものですね!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは!ちこまる(仮)です。今日の記事は18回目。過去記事はこちらから。今日の記事は少し短めで2,000文字。4分程度で読み終わります。

二次試験まであと1ヶ月を切りましたね。残されている時間は平等です。ぜひ自分ができることに集中して、合格を手にしていただきたいと思います。

診断士の試験は情報戦、というけれど

さて、模試もそろそろ返却の時期です。他にも様々な情報が皆さんの元には届いていると思います。道場ブログもその一つですね。今年はあれが出るんじゃないかとか、試験委員がどうとか、合格率は実務補習のキャパに関係しているとか。。去年の今頃は私もそれらの大量の情報の中で、何をどうしていくのがいいのやら、と迷ってしまったこともありました。特に去年は2度目の2次試験。不合格になれば、私の大嫌いな1次試験が全て復活する状況で、いやが応にも緊張感が高まっていました。試験は情報戦とはよく言われていて、だからこそ情報が錯綜するんですが、よくよく考えてみてください。残された時間は平等です。1点でも多く獲得するためにやりたいこと、やれることを見極めていく必要があります。残っている時間の100%を勉強に割くことは誰もできません。寝る、食べるは必要です。それに加えてほとんどの人は仕事もしていることと思いますので、休職して完全に仕事をせずに勉強、というわけにも行きません。であれば、優先順位をつけ、残っている時間の密度を濃くしていく必要が出てきます。

時間濃縮 シングルタスク

こんなに貴重な時期に、このブログを読んでくださるんですから、今日からすぐできる、合格に1歩でも近づけるための内容をお届けしたいと思います。今回お伝えするのは、集中力を高めるシングルタスクのススメ。シングルタスクとはなんぞや?どちらかというとマルチタスクの方がメジャーかもしれません。複数のタスクを同時並行で進めることです。シングルタスクは対局で、一つのタスクのみ進めること。マルチの方が複数こなせていいんじゃないか?と思うかもしれませんが、実はこれは良し悪しです。一つのタスクを行うとき、脳の司令塔とも言われる前頭葉が働きますが、マルチタスクとは実は、並行で処理しているのではなく、複数のタスクを頻繁に入れ替えることで進めているので、マルチタスクをやっているときは前頭葉がとても忙しく、負荷がかかります。マルチタスクをしているときは、目で見る情報や手足の挙動と意識の食い違いが起こるので、脳にとってはストレスです。この前頭葉、視覚や言語の情報統合、連想記憶などを司る、二次試験にはとても重要な部分。ここにストレスをかけて機能低下させるわけにはいかないのです。

シングルタスクにするために

じゃあどうすれば?と思われたあなたへ。それは今ここに集中することから始まります。目の前の与件文にしっかり集中するために、他に気になることは一旦忘れましょう。気になっているので本当に忘れたら困る!ということであれば、メモ帳や手帳に書き留めて、あとでしっかり考えるからね、と自分を安心させてください。思い残すことなく忘れましょう。

また、3分程度瞑想するのも効果的。特に試験直前の「初めてください」の声かけの前はどうせ何もできないので、目を閉じて今ここにしっかり集中しましょう。昨年マインドフルネスの研修を受けた時には、いろいろなことが浮かんでも深く考えることはせず、目の前に小川が流れているイメージを持って、思い浮かんだことは笹舟に乗っけて流しましょう、と言われました。イメージの力を借りるのもいいですね。マインドフルネスは今アメリカでも流行っているので、それこそ調べれば色々情報が出てくると思います。(が、優先順位はそこではないと思うのでほどほどに)

勉強スペースはきれいに

そんな働き者の前頭葉さんを過剰に酷使しないために、もう一つできることは余計な情報を入れないことです。私もついやってしまうんですが、勉強など集中してやりたいことをやるスペースにいろんなものが置いてあると、それだけで勝手に視覚から情報を拾ってしまうので、できる限り何もない状態を目指しましょう。勉強以外にもう何もできないじゃん!というところがいいですね。窓の外が気になるのであれば壁に向かって勉強するという方法もあります。私は子育てをしていたので、どうしても自宅でやる時間が多かったんですが、やっぱりいろんなものが机に乗ってると、集中しづらかったです。仕事のものや子供のもの、勉強以外のグッズは極力無くして、勉強ができるといいですね。図書館や自習室を活用される方は、今やる教科以外の参考書類は片付けておいたほうがいいでしょう。

おわりに

一つのことにしっかり集中して取り組むことができれば、少し合格に近づいた気持ちもするでしょう。冒頭にもお伝えしましたが、残された時間の長さは同じ。いかに濃くするかはあなた次第です。あー、もっとこうしたらよかった、ああすればよかったんじゃないか、と1ヶ月後に後悔しないように、残された時間の使い方をしっかりコントロールして、充実したラストスパートにしていきましょう!

以上、ちこまる(仮)でした(о´∀`о)今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

お久しぶりです、9代目のchikaです!
そうです、平成生まれアラサー独身女子のchikaです。
平成生まれの私ですが先月ついに30歳になりました。
(もう時代は令和ですね・・・。)
でもまだ独身です。え?予定?まったくありません。
日々アンチエイジングにいそしんでおり、友人から「美容オバケ」と呼ばれるようになりました。
(そんな話はどうでもいいですね・・・。)
過去記事はコチラです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試験テクニック、ノウハウ的な情報は10代目のみんなが届けてくれているので、今回私から皆様にお伝えしたいことはこちら。

中小企業の経営コンサルを実体験して気付いた、二次試験の本質

私は現在、旅館の経営コンサルタントを目指して修行中です。
とある温泉街の小規模の旅館にハンズオンで入りこみ、経営改善を行っています。
そんなコンサルの実体験から気づいた、二次試験の本質について書きたいと思います。

 

①事実を正しく把握することが重要

私がコンサルとして現場に入り、最初にぶつかった壁は「事実の認識」です。
私がみている旅館は、どこから手をつけていいか分からないほどたくさんの問題が起こっていました。。
多分、経営がうまくいっていない中小企業はどこもそうだと思います。
そこで、診断士試験で得た知識からたくさんの改善策が思い浮かびました。
(キーワード解答法として紹介したような改善策が思いつくわけです→事例Ⅰ事例Ⅱ事例Ⅲ事例Ⅳ

しかし!それはあくまでも、与件文に書いてあるヒントを元に立てられる改善策
リアルな現場では、当たり前ですが与件文がありません。
リアルな現場では、与件文に書かれるような情報(事実)を自分で把握することが第一歩だと気づいたのです。
この事実の正しい認識が本当に大事で、間違った認識(つまり妄想、安易な仮説)で改善策を立ててしまうと、それは間違った改善策なのでうまくいくわけがありません。てか、実行すらできません。
外部環境分析、内部環境分析、そもそもこれが間違ってたら全て崩れます。

そこでふと気づきました。
二次試験の掟として、”与件文から離れないこと”が重要というのはこういうことだったのか・・・!
そう、
与件文に書いてある情報を見落とさない。
与件文に書いていないことを勝手に妄想しない。
ということ。

与件文という「事実」がそこに書いてあるわけです。(これってすごく有難いことですよ!!)
その与件文(事実)を見逃すのはご法度!!
与件文(事実)から離れて、妄想するのはご法度!

いやー、二次試験ってほんとよくできてますよ。
与件文から離れた妄想解答に点数が入らないのは当たり前なのです。

 

②経営者の気持ちに寄り添うことが重要

二次試験のもう一つのポイントとして、経営者(社長)の気持ちに寄り添うこと、というのもご存じの通りだと思います。
与件文に書かれている「社長のビジョン」や「社長の想い」、そこに寄り添った解答を書く、ということです。
・・・・・・・・
コンサルの現場に入ってみて痛感したのは、全員の味方ができないということ。
全員、つまり、経営者にも、社員にも、パートさんにも。その企業にいる全員の気持ちに寄り添うことは本当に難しい。
「会社を良くしたい」という経営者の気持ちはもちろん分かる。
一方で、「変化を嫌う」「めんどくさいことはしたくない」という現場の従業員の気持ちも、分かる。
ただでさえよそ者扱いされて心を開いてくれない従業員。コンサルに入った当初、従業員に嫌われるのが怖くて、何も施策を実行できなくなってしまいました。”会社を良くしたい社長”と、”変化を嫌う従業員”の板挟み状態になっていました。
でも私のミッションはこの会社をよくすることだと考えたとき、やっと気づきました。
唯一、絶対に寄りそわないといけないのは、経営者の気持ちだということに

会社の舵を切るのは経営者。
経営者の気持ちに寄り添った提案(施策)じゃないと、経営者が本気で舵をきれない。
だから、コンサルタントの独りよがりな提案はNG。

逆に、コンサルタントが従業員には嫌われるのはしょうがない。
結果を出して会社が良い方向にいけば、従業員からもいつか信頼されるはず。
極論、結果を出して経営者に信頼してもらえれば、いくら従業員に嫌われてもOK。
(・・・だってコンサルフィーを払うのは経営者だしね。)

だから今は、従業員から嫌われ者になる覚悟をして、
経営者の気持ちに一番に寄り添うことを大事にしています。

長々書きましたが、結論、経営者の気持ちに寄り添った提案じゃないと点数が入りません!きっと!!

 

③実行可能性のある提案をすることが重要

これも、二次試験の掟の一つだと思います。
大がかりな投資はNG。
高度なスキルが必要な施策はNG。
だって中小企業だから。ヒト・モノ・カネ、ありません。
でも、大企業に勤めている方だとうっかり大企業目線になって実行可能性の低い施策を書いちゃう。
ありがちなのかな、と思います。

実際にコンサルの現場に入ると、実行フェーズが何より大変。。。
実行できる施策じゃないと、ただの机上の空論。
社長から「できるもんならやってみて」と何回言われたことか。
そして、自分でも実感しました。そんなに簡単に実行できない。
だってまず資金が潤沢にない。実行する従業員は現場で手一杯。
実行可能性はあるか?これ、重要。てか、当たり前っちゃ当たり前。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長々と偉そうに書きましたが、私もまだまだコンサルの卵。
ただ、独立して一年経ち、受験生時代には実感できなかった経営コンサルのリアルを知ることができたので、本日共有させていただきました。
いや~~~、二次試験ってほんとによくできてます。まじで実感しました。
二次試験を受験される方は、今日お伝えした3つのポイントを改めて意識してほしいなと思います!

そして、何より実感するのは、勉強した知識を活かして仕事ができること、これ、ほんとーーーに楽しい!診断士の勉強を始めてよかった。合格を諦めなくてよかった。診断士になって本当によかった。

合格した皆さんと、診断士仲間としてお会いできる日を楽しみにしています♪
以上、chikaでした★

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

 

 

おはようございます。makinoです。本日も、読んでくださってありがとうございます。

 

 

突然ですが、先日、生まれて初めて、大阪城ホールに行きました。

 

「おかあさんといっしょスペシャルステージ2019」というイベントを家族で楽しんできたのですが、どえらく混雑していて、本当に驚きました。そして、3月に卒業したブンバボーンの小林よしひさお兄さんが、実は歌もかなり上手だった事にも、驚いて帰ってきました。

 

「おかあさんといっしょ」は、みなさんご存知の番組かと思います。今年でなんと60周年だそうです。確かに、自分が子供のころから、やっている番組ですし、現役の子供時代に、見ていた覚えがあります。毎朝楽しんでご覧になっていた方も多いのではないでしょうか。

 

記憶に残る、懐かしいキャラクターが、いますか?自分は、トラのキャラクターのシャツを持っていたと思うのですが、なにせ小さい頃なので、曖昧です。

 

おかあさんといっしょ歴代キャラクター一覧【写真付・年代別】

 

 

ちなみに、BSで放送している「おとうさんといっしょ」という姉妹番組の出演者も、イベントに参加されていました。その出演者のひとり、たいせい君が、幕をくぐってステージ裏に戻る際に、会場に一礼してから去っていく姿を見て、深く感動しました。テレビ番組を見ていても、好青年な人柄が伝わってくるのですが、実際の人物もその通りでした(そして、暑くて混んでいる事に疲れていた、自分の至らなさを恥じました)。

 

たいせい君は、こちらの方です。

 

いったい、何を書いているのでしょうか。誰かから怒られる前に、今日はこの辺で。

 

 

——
さて、ようやく本日の本題です。

 

事例Ⅳについて、書かせて頂きます。

事例Ⅳの記事を書くのは、だいたいがこの事例の高得点者であり、説得力があります。半面、私は決して、そうではありません。ですので、弱者の立場から「弱者の戦略」を書いてみたいと思います。

 

事例Ⅳの強者・黒帯の方、今回は申し訳ありません。

 

 

◆事例Ⅳ 弱者が必ずやるべきこと

はい、それは少なくとも1つあります。経営分析を15分以内に終わらせて、満点を取る事です。割り引いても20分以内です。

 

経営分析は、ご存知の通り、毎年必ず出ます。ここで失点をする人は、事例Ⅳで60点を超える事は、まずできません(断言します)。なぜなら、第一問は、受験者に等しく配られる基礎点だからです。

以下の事例Ⅳ出題論点の傾向からも、お分かりいただけると思います。

 

 

何やらずいぶんと偉そうに書いておりますが…、ちなみに、自分は「どの程度の弱者だったか」と言いますと、実は事例Ⅳに苦手意識はありませんでした(おい、偉そうだぞ)。

 

ただし、経営分析は、なかなか3つの指標全てでマルがもらえず、割と苦戦していました(営業利益率でも経常利益率でも、どちらでも良いじゃないか、と理屈をこねていた、点の取れない受験生でした)。

 

ちなみに、本試験の結果は、60点ちょうどで、高得点ではありませんが、最低限の仕事はできた、と思います。

 

◆経営分析は、横に計算する

さて、私のような弱者の皆様に、本日お勧めしたいのは、横計算です。

既に、ご存知の方もおられるとは思いますが、道場名古屋セミナーと、ゲスト参加させて頂いたタキプロ名古屋セミナーで、ご存じない方が過半数でしたので、ここで公開いたしたいと思います。そして、ご存知でなかった方の、お役に立てば、嬉しいです。

 

例示して、ご説明いたします。以下は平成30年事例Ⅳの第一問です。

 

 

はい、典型的な第一問ですね。何のひねりもありません。ど真ん中のストレートです。これをフルスイングでホームランにして、満点を頂きましょう。

 

 

それをするための「横に計算」です。こういう事ですね。

 

 

具体的に見ていきましょう。PLとBSで、D社と同業他社を「D社÷同業他社」で横に計算すると、こうなります。

 

 

D社の売上は、同業他社の0.82倍ですが、営業利益は0.30倍と、低い水準にとどまっています。さらに、売上総利益が、2.01倍ですから、販管費が大きく、営業利益が少ないことがわかります。

 

ですので、収益性は「売上高営業利益率 悪し」にメドがつきます。いきなり、D社と同業他社の、主要な経営指標を計算するよりも、電卓をたたく回数が少ないですよね(お分かりいただけますか?)

 

しかも、横計算なら、D社と同業他社の数値が真横に並んでいるので、電卓打ち間違いも起きにくいです。

 

次はBSです。

 

こちらも、青枠で囲んだ主要項目を、「D社÷同業他社」で横に計算します。

 

D社の負債・純資産(総資産額)は、同業他社の0.81倍でしたが、それに比べて、突出しているのが、純資産2.41倍と、固定資産1.79倍です。

 

ですので、安全性は自己資本比率(=純資産÷総資産)にメドが立ちます。

 

もう1つの固定資産ですが、3指標のうち残るは、効率性です。

 

固定資産を用いる経営指標のうち、効率性で用いられる代表選手は、有形固定資産回転率ですから、以下のような考察で、有形固定資産回転率に見当がつきます。

 

 

ここまでメドが立ったら、再び電卓登場。経営指標を計算します。選択した3指標が、適切な比較であることが確認できます。実際、与件文でも、吸収合併を繰り返すD社の記述があります(これで固定資産が膨らんだか、と推測がつきます)。

 

 

◆おまけ 電卓使用回数を極力減らす

いきなり指標を計算する場合に比べて、前述の「横に計算する場合」は、指標を導き出すまでの、電卓使用回数が少ない傾向にあります。これは、1つのメリットです。

 

どういう事かといいますと、電卓をたたく、というのは、作業工程です。そして、計算方法が頭に浮かんで、解答への筋道が見えた後、電卓の出番が来ます(いきなり電卓をたたき始める方、それは要注意ですよ)。

 

ここで考えたいのは、工程が増えるほど、歩留まりによる不良が発生する、という事です。

 

はい、そうです、運営管理で学びましたね。ECRSです。この視点から、工程は減らした方が良いのです(ECRSが分からない方はいないと思いますが、もし忘れていたら、2次試験本番までに、知識として使えるようにしましょうね)。

 

– – – – – – – –

そして、設問2の記述問題は、分析内容を、50字にまとめるだけです。さして難しい事ではないと思いますし、本日ご紹介したい内容では無いので、省略いたします。もし、ここの解説が欲しい方がおられましたら、コメントを頂ければ、と思います。

 

– – – – – – – –

2019/09/22 追記

設問2のポイントは、50字という限られた字数で、収益性・安全性・効率性の3指標を記載する事です。例年、字数が少ない記述を求められますので、文字数の要約がポイントになります。

 

一方で、記載する内容は、さほど難しくありません。なぜなら、設問1で解答した3指標の背景を記載するだけですから。

 

ですので、記載すべき要素、は設問1で、ほぼ出そろっています(与件文との整合性確認も含めて)。繰り返しますが、あとは文字数を合わせて記載する事に注力しましょう。

 

その際、自分の「解答の型」を持っていると、そこに当てはめるだけで済みます。経営分析の記載問題は、(私の場合)以下の「解答の型」を持っていました。

○○が高いが、△△と××は低い。

 

はい、なんて事はありません。みなさん、似たものを既にお持ちかと思います。
唯一ポイントとしてあげますと、「低い」指標は併記します。目的は、字数節約です。つまり…、

 

併記しない場合  △△が低く××も低い
併記する場合   △△と××は低い   <-2文字節約

 

 

という事ですね。文字数が50字と少ないので、こんな事に気を使っていました。
以下が、模範解答です(図らずも、ふぞろい12の解答とほぼ同じでした)。

 

はい、こんな感じで、追記終了いたします。

 

さて、3連休も2日目。自宅で予備校模試や、セルフ模試の方もいらっしゃるかと思います。ここでおおいに、勉強時間を確保して、ますます努力を積み上げましょう!

追記終わり

 

 

 

– – – – – – – –

最後に、御礼を。

2次試験対策動画をダウンロードしてくださいました皆様、ありがとうございました。多くの皆様にご活用いただいている事を、そして少しでも、お役に立っておりましたら、とても嬉しいです。

 

また、ダウンロードされていない皆様。

有料になってしまいますので、慎重にお勧め致します。2次試験まで、残り1か月。悔いの無い受験勉強をなさってください。まだ、2次対策に、迷いや上手くいかないお悩みがあるようでしたら、ご活用頂ければ、と思います。

 

解答の切り口が安定しない方、事例Ⅰ-Ⅲの解き方や設問の要求にお悩みの方、解答要素の抜け漏れがある方、80分で事例問題が解けない方には、ご自身のお悩み解決に、お役に立つと思います。また、テキストやブログの文書に比べて、動画は脳への負担が少ない事、通勤中のながら視聴もできる事を、今の時期のメリットとして感じて頂ける方は、どうぞご検討ください(無料のダイジェスト版はこちら)。

 

そして「セミナーには出られなかったけど、2次対策動画が、ほんの少しだけ役立ちました。そして、何よりも、合格しました。」という声を、12月に頂ける事があれば、この上ない喜びです(前回と同じ気持ちで、同じ事を書きました)。

– – – – – – – –

 

さてさて、本日の記事は以上です。私同様、事例Ⅳに苦労されている方にお役に立てば、とても嬉しいです。

 

他人のものさし
自分のものさし
それぞれ寸法がちがうんだな

 

そうですね。弱きものには、それに応じた戦い方があります。そんな事をお分かり頂ければ、と思います。

 

最後まで、読んでくださってありがとうございました。感謝いたします。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

みなさん、おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
今回は事例Ⅱの攻略法についてご紹介したいと思います。

■中小企業とは
ところで、あらためてご質問があります。
少し想像してみてください。
みなさんが、これから支援(敢えて試験とはいいません)しようとしている企業はいったいどんな企業なのでしょうか?
経営資源が充実して(人・モノ・カネ)戦略が幾つも考えられる企業なのでしょうか?
例えば定期的に新卒採用者が補充され、専属の人事部がカリキュラム化した教育でしっかりと育成し、TVCM等の広告費を投下することでブランドは市場に幅広く認知され、自己資本が充実しているような、そんな企業。

そうではないですよね。

捻出した利益からコストを抑えて求人募集を行い、その人材を各現場の人間が実践を以って早期に戦力化し、かつマルチタスクな活躍を求める。
といった感じで限られた経営資源で何とかやり繰りしている。それが私たち中小企業診断士が支援するクライアントなのです。

その実情を理解しなければ、相手には響かない(試験ではドツボにハマる)結果となります。

■中小企業診断士の役割
では、そんな中小企業が経営資源の充実している企業と伍して勝ち残っていくためには、どういう考え(戦略)を取るべきなのでしょう。
私が2次試験対策について学んでいるなかで、ふとこんなフレーズが思い浮かびました
「弱者の戦略」
野球ファンならご存知の方も多いかもしれません。野村克也監督。通称ノムさんが書き上げた本です。
戦力の充実したチームに対して、戦力の劣るチームが勝つためには・・・?
欠点はあるけれども、磨けば他を圧倒できる強みを見つけ出し、戦力として機能させる。
入団当時、非力で打力に全く期待されなかったショート宮本は、日本一の守備の名手といわれる強みが発揮され、守備の生命線であるセンターラインをがっちり固めていきました。
相手が総力で上回るならば、個々で勝てるポイントを見つけ出し、その土俵で勝負する。
一塁ランナーがいかにも走るフリして、ピッチャーの神経を打者に集中させない。そして盗塁させないとするピッチャー心理を突き、打者には速球系を狙わせる。その勝てるポイントを作るために、走塁技術と心理戦を磨いたというのも野村さんならではだと思います。

細かな野球話で恐縮でした。_( )_

まさに、中小企業診断士は、この「弱者の戦略」を前提として診断、助言していく役割なのです。

■支援先を理解する
日々、いろいろな課題を抱えつつ経営している支援先となる中小企業の社長。
それでも、それらを乗り越えて事業をしたいという想いの根源は何処なのでしょう?
支援する企業の光る要素=強み、経営資源は何処にあるのでしょう?
それは、先代から受け継いできた「〇〇へのこだわり」なのかもしれません。
そして、従業員がお客様の笑顔を見たくて培ってきた「対面販売力」なのかもしれません。
そういった企業先の想いや強みをしっかりと私たちが把握する事がまず求められます。
(与件文をしっかりと読んでくださいね。)

■多くの中小企業が採用すべき基本戦略
そして、そこから導き出されるべき基本戦略は何か?
中小企業の多くが行うべき基本戦略は、何処にでもある商品やサービスではなくて、この事例企業だからこそできる「差別化」を特定の市場セグメントに対して「重点的に」行うことです。

 

 

 

※「弱者の戦略」に基づいた事例Ⅱに対する考え方を理解するには最適な本だと思います。休憩がてら、気分転換に斜め読みはいかがでしょうか??

■誰に
その「差別化」して「重点的に」提供する相手(お客様)は誰なのか?
「差別化重点戦略」ということは、つまり特定の市場セグメントを絞り、ターゲットを絞らなければなりません。
逆に言えば、戦わないフィールドを決めていくともいえます。
例えば
(ジオグラフィック観点では)地理的な切り口で考えれば、どの範囲までがお客さんなのか。関西圏なのか。或いは更に狭い〇〇駅から徒歩圏なのか。
(デモグラフィック観点では)年齢、世帯規模、所得層等で考えれば、インバウンドなのか。女性なのか、子ども連れの家族なのか、高所得層なのか、等。
(サイコグラフィック観点では)ライフスタイルやパーソナリティ等で考えれば、自然嗜好なのか、和の風情に惹かれているのか等。

■何を
そして、想定したお客様に対して、支援する企業は何を提供していくべきなのか?
その際の基本ポイントは、磨けば更に光る「差別化」できる要素≒強みと、外部環境で機会となっている要素を掛け合わせながら、拾い上げていく。
例えば、平成30年度の問題を例とすれば、(誰に=和の風情を好む市場が伸長しているインバウンド宿泊客に対して)、地域の名刹古刹巡りを伴うサービスを提供。
或いは、培ってきた芸術家、文化人との交流を深められるサービスを提供。
等が考えられます。

■どのように
それは、どのように行っていくのか?
例えば先の例では、
英語堪能なスタッフが案内。
或いは、地域文化に造詣が深いボランティアと連携し、十分に活用されていない大広間を活用。
等が考えられます。

■何のために
では、それによって何を狙うのか?
例えば先の例では、他にない芸術家文化人との交流体験による高付加価値化リピート率向上による収益性を向上
英語堪能なスタッフの案内により、インバウンド客にSNS投稿を依頼して新規顧客層の拡大による売上拡大

以上のように論理展開するロジックツリーを考えていくことで事例Ⅱを攻略していくのです。

因みに私が昨年、先人の資料を参考にカスタマイズした事例Ⅱのフレームワークがこちら(PDF版)です。
是非、自分流にパクッて、カスタマイズしてください。

 

 

試験ではなく、支援。その心を胸に刻み真摯に問題と向き合えば、おのずと答えは見えてきませんか?
油断せず、そして焦らず臨めば、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 
おはようございます、たっつーです。
(過去記事はこちら。うち、1次試験後の記事は以下のとおり)

【2次試験攻略の勘所】初見時の復習に全力をかけるべし!
2次攻略のための「具体的な」復習方法
マイベスト答案は作るべきか

先日の勉強会に来ていただいた方々、ありがとうございました!

私は所用があって午前中しか居れなかったのですが、皆様の答案に直接触れさせていただき、去年の自分を思い出して懐かしく思うと同時に、やはり、皆様の合格を心から願った次第です。

さて、その勉強会(事例Ⅰ~Ⅲ)では、「これは、もっと○○したほうがよかったですね」という指摘に対して、「分かってはいるのですが、時間が足りず…」「時間がなくて最後焦ってしまって…」「骨子の段階では気づいていたのですが、時間がなくて答案用紙に書ききれなくて…」というコメントが帰ってくる場面が多く見られました。

そうなんですよね、時間不足になると、物理的に書き切れないことはもちろん、精神的にも心が焦ってしまい、勉強している時には絶対に記載しないような、明らかに点数とならないような解答をしてしまうのですよね・・・。

ただ、普段の自分を出し切れずにイマイチな解答をしてしまい、ひいては不合格になってしまうのは、本当にもったいないと思います。

かくいう私も、昨年の10月初旬頃に、初めて80分時間を計って答案を書いたのですが、時間不足で全く満足のいく解答が書けず、大変焦りました。

そんな私も、事例Ⅰ~Ⅲについて、自分なりの「80分の過ごし方」を構築し、この時間不足を克服することができましたので、今日は、その具体的内容やメリデメをご紹介したいと思います。

最初に申しあげておきますが、私の「80分の過ごし方」は完全に自己流です。
正直リスクも高いですし、万人にお勧めする趣旨ではまったくありません。
(実際、下記の方法で私が高得点を取れていれば格好いいのですが、結局計242点で合格点ぎりぎりでした。)。
ただ、「普通の方法だと、どうしても80分じゃ時間が足りない。藁にもすがる思いで・・・」という方は、最後の「藁」として、一回活用してみていただければ!

 

◆通常のやり方が合わなかった理由

実は私も、一番最初は、多くの受験生が採用していると思われる下記の方法で、答案を書いてみました。
(当時はきゃっしいさんのこの記事を参考にしていました。今なら、なおさんのこの記事ですね。)

① 設問文を読んで、各設問の特徴をつかむ(~5分程度)
② (①で見た、各設問で問われていることを意識しながら)カラーペンを使って、重要なところ等をマークしながら与件文を読む(~15分 or 20分程度)
③ 各設問の解答骨子を作成する(~35分 or 40分程度)
④ 解答作成(~80分)

しかし、この方法で解いてみたところ、圧倒的に時間が足りませんでした…。
その理由をいくつか挙げてみたいと思います。

1 与件文を読んでいる間に設問文のことはすっかり忘れてる。

まずそもそも、①で最初に設問文を読んでも、上滑りしているような感覚で、全然頭に入って来ませんでした。
各設問の制約条件を何となくカラーペンでマークするものの、与件文を読んでいない段階では、なぜその制約条件が付いているのかもよく分かりません。。

また、与件文を読んでいる間は、4~5問ある各設問文の内容はすっかり忘れていました
むしろ、与件文を読んでいる間に、「あれ、これって第○問で問われている内容だっけ?」と考えてしまい、その都度設問文のページをめくって設問文を読み直してしまうなど、逆に集中力がそがれてしまう要因にもなりました。

2 カラーペンの持ち替えとマークする時間がかかる。

②で与件文を読む際、強み・弱み・重要ポイント・社長の思い等に分けて、カラーペンで色分けをしていたのですが、カラーペンの持ち替えとマークする時間が結構かかりました
また、「強み」なのか「社長の思い」なのか、「弱み」なのか「脅威」なのか、そんな風に、与件文を読みながらも、どのカラーペンでマークすればいいのかということばかり意識してしまい、やはり、これも集中力が阻害される要因になりました。

また、カラーペンを1本だけにして、重要と思った箇所のみをマークするだけのスタイルにしましたが、後からマーク部分だけを読むかというとそんなことはなく(人にもよると思いますが、私の場合は、結局、文章全体、段落全体を読み直していました。)、また、マークしていないところに重要ポイントがあったときなどには、逆に解答要素を落してしまう要因にもなりました

3 解答骨子で素晴らしいものを作っても、答案に反映できない。

じっくりと検討して解答骨子を作っても、所詮骨子ですので、文字数等を厳密に考慮していません。
また、解答骨子は、多少雑になっていても分からないので、後から見ると、因果の流れが適当だったり、日本語として破綻していたりしました。
したがって、いざ解答骨子に沿って答案を書こうとしても、結局、何度も答案用紙上で書き直すことになるなど、上手く解答骨子を活用することできませんでした。。
(このあたりは、私の解答骨子の精度の問題かもしれませんが・・・)

そもそも、私の中では、骨子は、分量の多い書面を作るときに全体像を把握する目的で作成するためのもの、という理解でしたので、たった100文字程度の文章を作成するのに本当に解答骨子は必要なのか?と思った次第です。
また、「採点者が見てくれるのは、当然解答用紙に記載された解答だけなので、解答骨子の作成には余り時間をかけたくない。」、ただ、そうすると、「解答骨子の精度が下がり、答案に上手く落とし込めず、結果解答骨子を活用できない。」というジレンマもありました。

念のためですが、上記は、私が通常の方法が合わなかった要因であり、万人にあてはまるものではありません。
また、私は、2回ほど通常の方法を試して、それでマッチしないと諦めてしまいましたが、おそらく何度か試せば上手く使えるようになるのだと思います。
そして、もちろん、通常の方法にも、上記のなおさんの記事やきゃっしいさんの記事に記載のとおり、色々なメリットがあります。

 

◆たっつーの「80分の過ごし方」

私の場合は、上記の要因によって、通常の「80分の過ごし方」がまったくマッチしませんでした。

「そもそも設問文を最初に読む作業って必要か?与件文にマークする作業は必要か?採点者は解答用紙しか見ないのに、解答骨子を作成する必要があるのか?」

そう思った私は、できる限り作業を削減した以下の方法を試してみることにしました。

①与件文を、約8分(試験時間の1割)で読む
②残りの約72分(試験時間の9割)で答案用紙に答案を書き込む
(8分と72分というのは目安です。何となく試験時間の90%を答案作成に充てることに安心感があったので。)

具体的には、初めの約8分で、集中して、最初から最後まで与件文を読みます(1文ずつ、頭の中に状況をイメージしながら読んでいく感じです。)。

与件文を読み終わったら、第1問を見て、「なるほどなるほど、えーっと解答要素がありそうな与件文は…」と考えながら、解答要素やヒントがありそうな与件文の該当箇所に戻ります
※ なお、このときあえて2問目以降は見ません。見ると、各設問ごとの解答要素の切り分けが気になってしまい、考えすぎてしまうからです。

そして、頭の中でなんとなくの答案構成を作ります。
イメージとしては、「これとこれとこれで、解答要素は3つだな。」という程度で、キーワードは頭の中でぼんやりと想像しますが、時間が勿体ないので、文章の形にはしません。
(ただ、備忘のため、ちょっとしたキーワード程度を紙にメモすることはあります。)

そして、いきなり答案用紙に解答を書き始めるという方法です。

【メリット】

この方法のメリットは以下の通りです。

1 圧倒的な精神的余裕

正直、これにつきます。
上記の方法でやれば、開始30分程度あれば2問は余裕で埋まります。
そうすると残りの50分で3問を記載すればいいということになり、1問につき20分弱はかけられることになりますので、落ち着いた気持ちで取り組むことができます

また、3問目に取りかかった時(場合によっては3問目が終わった時)でも、まだ周囲の受験生は白紙であることが多いので、(勝手な思い込みですが、)周囲の受験生に対して精神的に優位に立っている気がして、自分の安心感につながります。
(周囲の受験生に威圧感を与えることが目的では全くありません。)。

そうすると、「時間不足で焦っちゃって最後の設問の解答がグチャグチャになっちゃった」ということが起きにくいように思います。

2 手を動かしているので頭が急回転する。

私は、実際に手を動かさないと頭が回らないタイプで、普段の仕事でも、とりあえず準備書面(裁判所に出す書面)や意見書等を、一回最後まで書ききってから、何度も読み直して、不要な部分を削除したり、順番を入れ替えたり、加筆したりして、完成形に持っていきます。
人に説明する目的の文章を「書く」ためには、自分が真に理解している必要がありますので、「考える」だけではなく、手を動かして実際に「書く」ことで、自分が曖昧にしている部分に気付くことができるなど、頭を回すことができるのです。

診断士試験でも、とりあえず答案用紙に解答を書き始めると、頭がぐんぐん回転してきて、良い言葉使いやアイデアが出てきました。

3 解答骨子と解答用紙上の答案は、作成する上での真剣度が全く違う

解答骨子は誰にも見られないものなので、(人によっては、)「こんな感じの解答」というように論理、ワーディング、日本語としての大切さ等を雑にやってしまう人が多いと思います。
そうすると、解答に落とし込む段階で、「あれ、これって論理(因果)がつながってないな」とか「この言葉使いはイマイチだな」となって、その時点で再度検討し直す場面も結構あると思います。

解答用紙に直接答案を書いていくスタイルだと、まさに採点者が読むことになる答案を書いているという実感の中で、必然的に、「伝わるかな?論理がつながっているかな?日本語として変じゃないかな?」と真剣に自問自答しながら解答を書きますので、良い表現やアイデアが生み出されることもあります

4 途中で手間取ってもリカバリーが容易

70分以上答案作成に時間をかけるので、途中の問題で手間取ったりしても、その後の時間配分でリカバリーすることが容易です。
解答骨子を作成する等して、もし答案作成に40分しか時間をかけていない場合は、いざ解答骨子から答案に落とし込んでいる段階で、方向性や回答内容に迷いが出ても、今さらリカバリーすることは難しいように思います。

【デメリット】

解答骨子を作成しないので、もちろん、書き直しが多数発生する(=結局時間が足りなくなる)というリスク(デメリット)もあります。

つまり、次の設問に行って与件文を読んでいる時に「あ、こんなアイデアもあったな」と急に思いついたり、次の設問の解答を書いているときに、「あ、この解答要素はむしろ前の設問だな」となることもあります。
その場合は、一度作成した解答を書き直さざるを得ないので、その分、時間も無駄にかかってしまうのです。

ただ、そういった書き直しの時間も考慮した上で、70分以上の時間を解答作成に当てているので、私の場合は、実際のところは問題は生じませんでした。
むしろ、書き直しの際に「ついでに、こっちの文章も、もう少し分かりやすくしよう」というように、(採点者が唯一見るものである)答案用紙上の解答を何度も改善できるというメリットもありました。


いかがでしたでしょうか。
ちなみに事例Ⅳも基本的には同じ方法で、与件文を読む→上から順に設問を解いていくというものでした。

ここまで読んで、たっつーは普段から文章を書くことを仕事にしているからこその方法でしょ?と思われる方もいるかもしれませんが、個人的にはそうは思いません。

弁護士は、「(多少長くてもいいので)接続詞も使って、分かりやすい文章を丁寧に書く力」が求められていますが、それは、診断士試験に合格するために求められる、「短い言葉使いで解答要素を盛り込みつつ、何とか制限文字数に収まる文書を書く力」とは少し違います。

むしろ、会社員の皆様の多くが培っていると思われる、役員説明資料を作成する力(&役員に簡潔に説明する力)の方が近いような気がしています。
その意味で、皆様(のうちの一部)にもマッチする可能性があると思いますので、もし通常の方法ではどうしても合わない!という方は、一度試してみていただければと思います!

以上、たっつーでした!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

一発合格道場10代目勉強会in東京にご参加いただいた方、ありがとうございました!無事勉強会が開催できた安堵感と、皆様と一緒に勉強会コンテンツを作れた達成感でいっぱいです。さて、今日はその東京勉強会のレポートをお送りいたします。

改めまして、どーも、そーやです。

一発合格道場の東京メンバーでは初めての勉強会ということもあり、どれだけ参加いただけるか不安な部分もありましたが告知からほぼ一日で満員御礼となりました!参加いただいた方は二次に対する意気込みが強く、欠席なし!遅刻なし!忘れ物なし!と素晴らしい方々ばかりでしたので、運営側もスムーズに進めることができました。本当にありがとうございます。

勉強会のスケジュール

9:30 – 9:40 勉強会開始!本日の説明
9:40 – 11:35 事例Ⅰ ポイント講義&グループディスカッション
11:35 – 12:05 休憩1
12:05 – 13:40 事例Ⅱ ポイント講義&グループディスカッション
13:40 – 14:05 休憩2
14:05 – 16:00 事例Ⅲ ポイント講義&グループディスカッション
16:00 – 16:15 休憩3
16:15 – 16:45 事例Ⅳ ポイント講義
16:45 – 17:00 勉強会終了!撤収

丸一日、密なスケジュールでの勉強会でした。試験本番でも9:40から17:20までの長丁場となるので、本番に向けた体力づくりにもひと役貢献できたのではないでしょうか。

ポイント講義

グループディスカッションを始める前にぐっちより、各事例のポイントについて説明してもらいました。ぐっちのポイントをまとめたファイナルペーパーに関する記事はこちらこちらから。各事例ごとにポイントを押さえたら、ディスカッションスタートです!

グループディスカッション

参加した受験生には、事前に平成30年度の事例Ⅰ~事例Ⅲまでを解いてもらってそれをベースに議論を交わしました。

各設問ごとに10分間ディスカッションをして解説、また10分間ディスカッションという流れで行いました。

グループディスカッションでは、各班に道場メンバーも参加させてもらって一緒に議論を交わしましたが、道場メンバーはおまけのような形で参加者主導で白熱した議論をしていました。参加者個々人が主体となって自分の解答の意図や、他の方の解答のいい着眼点などを議論し、自分になかった視点や解答の切り口などを吸収してもらったように感じます。

また今回が初めての二次試験受験という方も多かったため、去年の本試験を受けているときの体験談なども交えて設問への向き合い方について議論させてもらいました。

事例解説

グループディスカッションが終わってから、なおさんより設問の解説により各設問を締めてもらいました。
特に意識するのが、「出題の趣旨」のところです。二次試験では解答が発表されない代わりに、試験問題の趣旨が発表されます。その趣旨で、試験の作問者である試験委員の求める解答内容が推測できます。解答としては与件文からのキーワードや一次試験での知識で上手く構成されていても、試験委員の趣旨に沿った内容でなければ得点の伸びは期待できません。そのような試験委員の意図を上手く汲み取れた解答かどうかの視点も踏まえて解説をしてもらいました。

また特に印象に残った解説としては、平成30年事例Ⅲの第3問である、C社の生産計画策定方法と製品在庫数量の推移(図1)を分析して、C社の生産計画上の問題点と改善策を述べるところです。

さすが本業で製造管理に携わっていたこともあり、生産稼働日の横軸と在庫数量の縦軸の関係性を簡潔に説明する様は、受験生と一緒に聞き入ってしまいました。シンプルに在庫変動が大きいのであれば生産間隔を一定にして整えること、過剰在庫となっているのであれば生産ロットを見直すこと。

事例Ⅲは「当たり前のことができていないケースが多いので、当たり前のことをやるようにするのが大事」とよく言われますが、まさにその通りの解説でした。逆に難しく考えすぎたり、在庫のキーワードがでたから条件反射的に定期発注・定量発注の内容を書いてしまうと全くの的外れになってしまいます。参加者の解答の中にはそんな罠にハマった方も居たため、とても参考になったのではと思います。

事例Ⅲは思い入れも強かったせいか少しタイムオーバーにもなりましたが、そのおかげで午後の疲れる時間帯でも勉強会の熱気は高いまま維持されているように感じました。

 

最後は参加者と写真撮影で終了です!

 

最後に

今回の一発合格道場勉強会にご参加いただき、改めてお礼申し上げます。
道場の勉強会コンテンツというのはほとんど実例がないため手探りの状態で始めた部分も大きく、参加いただいた受験生の皆様が満足してもらえるような内容となるか不安の部分も大きかったです。他団体での勉強会や有志での勉強会と比べて何が差別化できるものなのか、一発合格道場として何が提供できるのか、メンバー同士でも色々な意見が出ました。

それでも勉強会を通して受験生に何か貢献したい!という思いから開催させていただきました。

勉強会について、こんなところが良かった、ここを改善してほしい、参加できなかったけどこんな勉強会だったら参加を検討したいかも、などご意見があればコメント欄に頂ければと思います。

私自身は去年一度も勉強会というものに参加したことがありませんでした。自分の解答を人に見てもらうのが恥ずかしかったり、自分の知識レベルでは他の人の足をひっぱってしまうのではないか、という不安が強かったからです。ですが、今回運営側となって初めて勉強会に参加しましたが、参加者同士でお互いを尊重しながら率直な意見を言い合い、自分になかった視点を共有してもらう場というのはとても良いものだなと感じました。もし去年の時点で勉強会がそんな場所だと知っていたのなら、一度くらいは参加したかったかもしれません。

今回の勉強会は道場メンバーだけでなく、勉強会参加者が一体となって作り上げることが出来た場だと思います。

本当にご参加いただきありがとうございました!

そして皆様が二次試験に合格することを切に願っています。特に勉強会に参加いただいた方はきちんと解答も作れていて、出題者の意図も理解され、中小企業診断士の視点から助言(解答)が出来ているハイレベルな方々ばっかりでした。絶対合格できると信じています!ぜひ二次試験後の事例Ⅴ、Ⅵ(と称した打ち上げ)や口述対策でもお会いしたいと思います!

 

以上、そーやでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

★もくじ★
1.骨子づくりの方法
2.練習してみましょう
3.骨子づくりが安定すれば、解答の質、再現性、読みやすさが高まる
4.与件文で「絶対に見逃してはいけない」3つのこと

文字数:約2300字(約4分で読めます)


※以下、図はすべてクリックで拡大します

 

こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!
皆さん、学習は順調ですか?PDCAをまわしながらアジャイルに進めていますか?

本日は、あえて試験1か月前のこの時期に「骨子づくり」について書きます♪

時はちょうど一年前。いつも通りTACの授業に行くと、担当の先生の都合が悪かったようで、急遽別の先生による代講となりました。

その先生が解説してくださった骨子づくりの方法がとっても分かりやすかったのです!

その方法を試してから解答の組み立てスキルがアップし、ワンステージ上がったような実感がありましたので、今回ご紹介させていただきます!

では早速レッツゴー!

 

 

1. 骨子づくりの方法

まず、骨子とは何かのおさらいです。
骨子とは、解答の構成(骨組み、設計図)のことで、下書きよりも文字を書き込まないイメージです。もちろん、骨子がそのまま下書きになる人もいます。

 

今回ご紹介する方法は、キーワードを矢印でつないでいき、論理構成を図解っぽく書きます。
9代目桃ちゃんの「ハコ法」や、ブブの「なぜなぜ因果骨子」に近いかもしれません。

 

ここからは、昨年度(2018年度)の過去問を例に解説しますね。

 

【2018年度事例Ⅰ 第1問】

研究開発型企業であるA社が、相対的に規模の小さな市場をターゲットとしているのはなぜか。その理由を、競争戦略の視点から100字以内で答えよ。

 

★STEP1★設問解釈
設問文で問われていることを漏らさないように注意しながら、解答に盛り込む要素(キーワード)を考えていきます。

※以下、図はすべてクリックで拡大します

 

★STEP2★骨子組み立て
キーワードとキーワードを矢印でつないでいきます。「因果関係」や「主語述語」を意識しながら、しっかりとした骨組みを作りましょう。

 

 

★STEP3★解答を書く
骨子を見ながら解答用紙に清書します。

理由は、
① ニッチ市場に経営資源を集中し、強みの技術力を活用して差別化集中戦略をとることで、他社との競合を回避して競争優位を築くため、
② 主力取引先への依存を避け、経営リスクを分散するため
である。

※この回答は、去年の自分が書いた本番の解答を、ふぞろい流模範解答を参考にしつつブラッシュアップしたものです。

 

2. 練習してみましょう
それでは、この骨子作成の方法を応用して、実際に解答を「キーワード+矢印」に分解してみましょう。去年の私の解答をタタキ台にします。

 

2018年度事例Ⅰ 第2問(設問2)

A社長は経営危機に直面した時に、それまでとは異なる考え方に立って、複写機関連製品事業に着手した。それ以前に同社が開発してきた製品の事業特性と、複写機関連製品の事業特性には、どのような違いがあるか。100字以内で答えよ。

 

【解答】(かわとも)

特注電子機器事業や様々な新製品開発では受け身の製品開発で売切り型の為、継続的な収入源とならなかった。一方複写機関連事業では製品の汎用性が高く消耗品の継続的販売が可能で、安定的な事業の柱として成長できた。

 

この解答を骨子に分解すると、以下のようになります。(実際の解答では、特注電子機器と新製品開発をまとめて書いてしまっています)

 

【骨子】

 

 

このように、ふぞろい流模範解答などをタタキ台にして「キーワード+矢印」の骨子に分解してみると、骨子作成の練習になりますよ。

 

 

3. 骨子づくりが安定すれば、答案の質と再現性、読みやすさが高まる

このように、骨子づくりの方法が安定することで、次のような効果が得られます。

〇答案の質が高くなる・・・論理的で読みやすい答案を作成できる。
〇再現性が高くなる・・・思考の流れを安定させることができる。

 

ちなみに、この骨子作成法を伝授してくださった先生は「骨子を作ることで、文字数も含めてほぼ答案の完成図がイメージできたので、試験本番はほとんど消しゴムを使わなかった。消しゴムをたくさん使ったときは再現性も低く出来が悪かった」とおっしゃっていました。この境地まで到達すれば合格にかなり近づくのでしょうが、私は直前期も本番もけっこう消しゴムは使っていました(汗)

 

4. 与件文で「これだけは見逃すな!」再確認

最後におまけの話題として、与件文で「これだけは絶対に押さえておくべし!!」という要素についてお伝えしたいと思います。

 

与件文で絶対に見逃してはいけないこと、それは・・・

 

自社の強み・課題・社長の想い

 

の3点セットです。

2次試験は、中小企業の社長さんを相手にヒアリングをして、解決策や今後の方向性を提案するというもの。
もしも実際にコンサルティングをするならば、

 

強みは生かす。
課題は解決する。
社長の想いは尊重する。

 

最低限、これは必ず押さえつつ、実現可能な提案をすると思います。
解答のテクニックを磨くことも大切ですが、基本の考え方に立ち返るならば、こちらの記事がおすすめです。

chikaの開眼物語 ~二次試験の本質を意識する~
・・・9代目chikaさんの記事。

二次試験とは、
実際に企業を診断し、報告書を書くために必要な能力。

与件文:ヒアリングをまとめたノートの様なもの
よって、内部環境(強み、弱み)や経営者の意思や想い等は、当日のヒアリングで伺う事になるので、基本的に集めた情報の範囲内で実現可能性の高い提案を行う。
外部環境等の事前に調べられる内容は、自分たちで調べる事になる。

設問文:報告書を作成する事を意識した順になっている。
設問を1から順に解いていく中で、
現状把握➡課題抽出➡改善提案の流れができている。

・・・・・なんだ、そんなの当たり前じゃん!!
っていうことなんですが、これを意識することで私の中で何かが弾けました(大げさ)。

 

二次初学者だった自分がこの時期に意識するようになったこと
・・・10代目そーやの記事。

社長の思いファースト

これは単なる試験問題ではなくて、実際の企業が直面している問題なんだと。

他の資格試験は、解答がきちんと決まっていてそれが書ければ点数が入るようになっています。むしろこれが当たり前だと思います。しかし診断士試験は、「現実の世界は正しい答えなんてどこにもないよ、クライアント(社長)が納得するかどうかが答えなんだよ、だから試験でもきちんと社長が納得するような解答を作るんだよ」と私に囁いているように感じました。

 

最後にもう一度。

 

強みは生かす。
課題は解決する。
社長の想いは尊重する。

そのうえで、実現可能な提案をする。

 

です^^

 

以上、かわともでした!今日も明日も、皆さまにとって良い一日となりますように。
体調に気を付けて、勉強頑張ってください!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*


はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

さて、明日は、遂に二次筆記試験対策勉強会ですね。少しでも皆さんのお役に立てるよう、全力でご支援させていただきますので、ご参加いただく方は、よろしくお願いいたします。

今回の記事では、タイトルの通り、事例Ⅲと事例Ⅳのポイントについて、私が受験生時代に作成したファイナルペーパー(FP)を使いながらご紹介させていただきます。前回同様となりますが、是非FPを見ながら記事を読んでいただければと思います。再掲になりますが、FPのリンクを以下に記載させていただきます。

ファイナルペーパー(ぐっち)

 

事例Ⅲのポイント

【基本】

事例Ⅲは、生産管理(生産計画・統制)が中心となります(+αとして営業もありますが)。生産管理に関して何かしらの問題点を抱えており、その問題を解決することでQCD(特にCD)の改善を図ることとなります。

 

【基礎知識】

直接的に知識を問われることはあまりないですが、基礎的な知識は押さえておいた方が安心です。どこまできっちり覚えるかは悩みどころですが、QC7つ道具ぐらいは、ぱっとイメージできるようにしておきたいかなと思います。ちなみに、見慣れない図表に試験で出くわしたとしても、しっかり読み解けば基本的に対応できますので、焦らずに冷静に対処することが重要です。

 

【生産管理】

生産管理は、計画→統制、を如何にしっかりやるかにかかっています。個別最適ではなく全体最適を見据えて生産計画を策定し、その計画に基づき生産統制(進捗管理、余力管理、現品管理)を図る、という形になります。また経営資源の限られている中小企業において多能工化は非常に有効であり、柔軟な体制が組めるようになることで、様々な課題に対応可能となります。

作業方法は、標準化→マニュアル化・OJTで教育、が特に鉄板のパターンかと思います。外注管理強化の施策や設備の予防保全についても押さえておきたいですね。

 

【情報システム】

情報システムといえばDRINKのフレームワークを活用しましょう。D:データベース化、R:リアルタイム共有、I:一元管理、N:ネットワーク、K:コミュニケーション、となりますが、これらの要素をうまく盛り込むことで、多面的な解答を作成することができます。

 

【生産方法・発注方式】

見込生産と受注生産の特徴については、しっかりと押さえておく必要があります。何がネックとなり、どんな対応策が考えられるのか、ということをイメージできるようにしておきたいです。また、定期発注方式と定量発注方式のメリット・デメリットも押さえておきましょう。

 

【よくあるパターン】

一部上記の記載と重複しますが、設計や作業の標準化・マニュアル化→教育・OJTDB化で一元管理→情報共有CAD/CAM化→データ共有と再利用で効率化、等は本当によく使われるフレーズですので、是非、うまく活用してもらえればと思います。また、事例Ⅲの最終問題のよくあるパターンとして、成長戦略に対して強みを活かして対応する、というものがあります。あくまで傾向ですが、意識しておくと対応しやすいかもしれません。

 

事例Ⅳのポイント

【心構え(超重要)】

事例Ⅳは、もちろん計算問題を解くためのスキルを身につけることは必須ですが、最終的にはタイムマネジメントが最重要だと思っています。財務・会計が得意な方は是非得点源にしてほしいですが(とはいえ直近の文章問題が多めの傾向を踏まえると、超高得点は中々難しいと思われますが)、一番重要なのは、みんなが解ける問題は絶対取る、ということです。逆に言うと、そこでミスを犯すことは致命傷となります。得点配分についてもかなり不明瞭なところもありますので(お時間のある方は興味深いこちらの記事もどうぞ)、初見の問題で安定して(事故を起こすことなく)6割近くを確保するためには、ここは本当に重要です。

 

【解答の優先順位】

上記の心構えを踏まえ、確実に得点できる問題から解く、という指針に基づき、初めに設問をざっと眺めた上で、解答の優先順位を検討します。私の場合は、基本的には、経営分析→NPV以外→NPV、という感じで決めていました。経営分析は効率的かつ確実に解くことが重要ですので、試験開始後20分までに完了させる検算も含めてしっかり確認する、ということを徹底していました。NPV以外については、設問を見ながら難易度を想定しざっくり決める感じですが、概ね、文章問題→CVP分析→その他、ということが多かったです。

ちなみに、少し余談にはなりますが、平成30年度の本試験において私が解いた順番は、第1問(経営分析)→第4問(文章問題)→第3問(CVP分析)→第2問(企業価値)、となります。設問の難易度を考えると順番としては良かったと思いますが、第3問までそれぞれの見直しを完了させてから第2問に突入した結果、第2問を解く時間は10分強しか残っていませんでした。その結果、焦ってしまい、設問理解で勘違いしてしまう失態を犯してしまいましたが、トータルで考えると、確実に得点しておきたかった第2問以外はそれなりの出来だったので、悪くはなかったかなと思っています(でも若干6割に届いていないですが・・・)

 

【経営分析】

大事なことなので繰り返しますが、経営分析は効率的かつ確実に解くことが重要です。効率的とは、全ての指標を計算するのではなく、与件文の内容や比率(例えば、売上が同じと仮定して他の要素を比較)からあたりをつけ、指標の選択に悩まない、ということになります。また、財務状況の説明は、パターン化しておいた方が、編集に時間もかからないのでお勧めです(例えば「○○なので収益性が高いが、△△で××なので効率性と安全性が低い」)。確実に、という観点では、如何にミスを撲滅するか、ということになります。過去問をやっていて、間違って同業他社の数値で計算していた、営業利益のつもりが経常利益で計算していた、電卓を押し間違っていた、なんてミスをしたことがある方はいると思います(私はありました)。もしこのミスを本番で犯してしまったら、それこそ悔やみ切れませんので、検算を含めた見直しは必ず行うべきです

ちなみに、FPには念のため覚えておくべき指標を一通り書いていますが、その中でも特に頻出の指標は、「売上高総利益率」「売上高営業利益率」「有形固定資産回転率」「棚卸資産回転率」「自己資本比率」「負債比率」あたりになりますので、その点も意識しておくと良い思います。

 

【CVP分析・意思決定会計・セールスミックス・企業価値】

どこが出るかはわかりませんが、この辺の分野は、しっかり公式を覚えて、解法を手に馴染ませておく必要があります(企業価値は、昨年久しぶりに出題されたので、今年は出題可能性は低いと思いますが)。特にNPVの問題で多いですが、基本的に問題の設定が複雑(かつ場合によっては理解しづらい)ですので、初見の問題において、しっかり読み解くことが重要となります。そして、ざっと設問を眺めることで難易度を想定し、優先順位を付けることも重要です。

 

【キャッシュフロー計算書】

キャッシュフロー計算書は、何も見なくても書けるようになる必要がありますが、なかなか覚えられないこともあり、FPにまとめて眺めていました。ちなみに、キャッシュフロー計算書の覚え方としては、こちらの記事もお勧めです。

 

【為替予約/オプション取引・リース取引・その他】

この辺の知識系は、何をどこまで覚えるか正直悩みますが、少なくとも過去問で問われたことのある領域は、しっかり対応できるようにしたいです。同じ問題が出るとは考えにくいですが、もし出題された場合、しっかり過去問を学習している方は解けるはずなので、結構な差がついてしまいます。

 

終わりに

事例Ⅲと事例Ⅳのポイントについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。事例Ⅲは、FPのボリュームからもわかるように、覚えるべきことは少なめです。頻出論点である生産管理を中心に確実に押さえて、対応してほしいと思います。事例Ⅳは、心構え的なお話が多くなってしまいましたが、ここが非常に重要だと思います(飛び抜けて財務・会計が得意な方は別ですが)。頻出分野の計算問題は繰り返し解いて手に馴染ませることは当然必須ですが、極度の緊張感に包まれ、疲れ切った状態で臨むことになる最後の事例Ⅳですので、是非、安定して6割確保を目指すために意識していただければと思います。

 

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

どうも、kskn(きしけん)です。

夏セミナーの時に少しお話したのですが、先月から転職をしてITベンチャーで働き始めました。
おそらく道場の読者でそのような会社で働かれている方はごく少数だと思うのですが、この界隈ってほんとに「横文字」が多いです。

新しくプロジェクトに割当てられたら「アサイン
そのプロジェクトに参加したら「ジョイン
見込み客のことを「リード
そのリードの購買意欲を高めていくことを「ナーチャリング
ナーチャリングして最終的に無事契約に至ることを「クロージング
クロージング後、システムを導入して使いこなせるようサポートすることを「オンボーディング
オンボーディングする部署のことを「カスタマーサクセス

めんどくさっ!!

全部日本語でいいですよね、、、
個人的にはこういう「一般的でない横文字」を使うことで言葉の定義が曖昧になって誤解を生む危険性ってけっこうあると思っていて、あまり良い文化ではないなぁと感じるわけです。

 


さて診断士二次試験の話へと移ります。

勉強会やセミナーでよく「解答欄に文字数が収まらなくて0から書き直すことがしばしばあります。どうしたらいいですか?」という質問をいただくことがあります。
80分しかない試験時間で、0からの書き直しが1問でも発生してしまうとかなり致命的ですから、書き直しは何としても避けたいですよね。
そうならないために僕なりにやってた対策法があるので、今日はその紹介をしていこうと思います。

 

対策-1.答案は箇条書きで書く

いきなり賛否あると思いますが、個人的には解答は文章でなく、箇条書きスタイルの方がいいと思っています。
文章で書く場合、複数の解答要素が1文にまとめられてしまいますので、100字の解答欄に対して90字書いた時点で「あ、字数オーバーする」となっても微調整をきかせ辛いわけです。
少し言葉を削ろうと思うと全体の構成がおかしくなって、また別の言葉を直して、そしたら結局全文を修正することになって、みたいなことってけっこうあると思います。

一方で箇条書きで解答を組み立てていくのはある種「モジュール型生産方式」と似たようなところがあって、それぞれの解答要素が項目として独立するので、解答要素間の調整がほとんど必要ありません。
よって、仮に100字の解答欄に3要素を90字ほど書いた時点で「字数オーバーする」と気付いたとしても、③の項目で字数を削って調整する、といったことが可能になるわけです。
もちろん修正がまったくゼロになるわけではないのですが、全文修正のリスクはかなり下げることができると思います。

 

対策-2.大事だ(点数になる)と思うことから書く

これは対策-1.と組み合わせてこそすごく威力があるのですが、文章では全体構成があるので重要なことが文末に来てしまうことがどうしてもあります。
しかし、一方で箇条書きはそれが全くありません。なので自分が書きたいことから書くことが可能です。

仮に文章で、自分が最も書きたいことが文末に来る場合、最後で言葉を削って微調整するといったことがしづらくなりますから、制限字数内に収めることの難易度が格段に上がります。
一方で箇条書きで自分が大事だと思う項目を①、次に大事と思う項目を②として箇条書きで書けば、制限字数あたりに来る③や④は必ず「そこまで重要ではない内容が来るハズ」です。
であるなら、多少乱暴に言葉を削っても影響は少ないですし、最悪その項目ごと無くしてしまってもいいでしょう。また、逆に③を終えて10字だけ余ったなら簡潔に④を書こうかといった発想も出てきますので、いろいろな選択肢を取ることができます。

 

対策-3.省略できる言葉は省略する

これまた賛否両論出そうな内容です。
僕はそもそも「与件文の言葉をなるべく使って解答を書きましょう」という考えですが、一部例外があります。それは「カタカナ言葉」です
カタカナ言葉は大抵文字数が多いので、もし適切な日本語で置き換えられるならぜひ置き換えたいです。

このことについてはタキプロのブログでTochiroさんが素晴らしいまとめを書いてくださっています。(コチラ
その一部を引用すると、

===============================================================================================

(2)語彙力を豊富にする、外来語(カタカナ語)を避ける

(中略)大部分はカタカナ語から漢字に置き換えることで文字数の節約にもなります(文字数を増やしたい場合はカタカナ語を使う)ので、最低下記くらいは覚えておきましょう。

モラール⇔士気
コミュニケーション⇔意思疎通
モチベーション⇔意欲、動機付け
デッドストック⇔死蔵在庫
コントロール⇔制御
アウトソーシング⇔委託
アクセス⇔接続
アミューズメント⇔娯楽
イノベーション⇔技術革新
インセンティブ⇔意欲刺激
インタラクティブ⇔双方向性
インターンシップ⇔就業体験
インパクト⇔衝撃
エンパワーメント⇔権限委譲
ガバナンス⇔統治
カスタマイズ⇔特注
コミュニティー⇔地域社会
コラボレーション⇔共同制作
コンセプト⇔概念
コンプライアンス⇔法令遵守
シェア⇔市場占有率
スキル⇔技能
シフト⇔移行
スケールメリット⇔規模効果
ステレオタイプ⇔紋切り型、画一的
セキュリティー⇔安全性
トレーサビリティ⇔履歴管理
トレンド⇔傾向
パートナーシップ⇔提携
ビジョン⇔展望
ミッション⇔使命
ポートフォリオ⇔投資配分
マーケティング⇔市場調査、市場戦略
マネジメント⇔経営管理
マンパワー⇔人的資源、労働力、人材
ミスマッチ⇔不適合
リアルタイム⇔即時

===============================================================================================

これら全てを覚える必要はないと思いますが、「リアルタイム⇔即時」や「モチベーション⇔意欲」、「アウトソーシング⇔委託」などは本番でも十分使うチャンスがありそうです。
これをご活用いただいて文字数削減に取組みましょう!!


それでは本日は以上です。
残り約1ヶ月、頑張ってください!

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは、どいこうです。

初年度の研究会体験

夏も終わっ・・・たかと思いましたが、昨日の東京はまた猛暑がきておりました。私は早く秋を満喫したいと願っているのですが。さて、そんな私は週末に、参加している研究会の合宿にいってきました!

この「研究会」という言葉、中小企業診断士になると頻繁に耳にするようになります。診断士たちは、概して「研究会」活動をさかんに行う人々なのです。テーマは様々です。特定の業界動向であったり、診断士としてのスキルであったり、稼ぎ方であったりします。活動方式も、講義形式だったり、実践形式であったり、様々です。

典型的なスケジュールですが、4月に中小企業診断協会が主催する歓迎会(例えば東京だと「スプリング・フォーラム」)等で募集活動をして、6~7月頃から活動を本格化させる会が多い印象です。

研究会に入るも入らないも各自の自由です。私の場合は、どうするか迷いましたが、たまたま関心あるテーマで、メンバーの相性も良い会に出会うことができ、今回の合宿にも参加することになりました。診断業務を事業化する際に、ベースとなる情報や知見を(できればプレゼン資料の形式にして)自分の「引き出し」にできるとスタートを切りやすいと思います。その過程を愉快な仲間たちと一緒に実行しており、非常に有意義だと思っています。

その一方、私が受けたある講座では、告知チラシを読んで私が想定していた内容が、実際の講座内容と大きく異なっていました。その結果、その講座では、期待していた効果を実現できませんでした。

診断士活動も意外と「情報戦」

ここまでの経緯を振り返ると、割と「情報戦」の要素があるなあと思います。

私は独学と予備校の通信演習とで試験勉強をしており、勉強用SNSなども利用しませんでした。このため、同期受験生や予備校の先生とのつながりがなく、2次筆記試験の合格が発表された12月上旬の段階で、情報を全く持っていませんでした。

そこで、口述準備期からビハインドを取り戻すべく、精力的に情報収集をスタートしました。幸い、この時期には各種の受験支援団体が、「口述対策セミナー」を主催していましたので、足繁く通いました。口述対策ももちろんでしたが、主に「合格後の行動指針を策定するにあたり、先輩方に体験談を聞かせてもらえる場」として意識していました。

合格発表後には、また各団体で、「スタートダッシュや登録までの実務補習等をどうするか」という趣旨のセミナーが開催されましたので、こちらにも精力的に参加しました。

そんな具合にセミナーおよび懇親会をはしごしていたら、いつの間にか道場の執筆メンバーになったり、別の受験支援団体である「タキプロ」のメンバーになったりしていました。

上記のように、それなりに懸命に情報収集をしたのですが、いかんせん短期間のリサーチでしたから、予備校など中長期的な関係性を作っていた方々ほど情報の精度は高くなかったかも知れません。結果的に、私はミスマッチを経験しました。一方、情報収集力にすぐれた方は、「地雷」を軽やかに回避されていたようです。羨ましい限りです。

事例Ⅴ・Ⅵと口述セミナー

2019年合格予定のみなさんは、今は2次筆記試験の準備に忙しいと思います。ぜひ合格していただきたいと思います。

ですが、合格したらそれで終わりではありません。合格後も面倒がらずに情報収集してミスマッチを回避し、時間とお金を有効利用してほしいと思います(独学や通信講座で勉強している方は特に!)。

さて、少し先の話になりますが、一発合格道場では、2次筆記試験の終了後(11月上旬頃)に「事例Ⅴ(in 東京)」と「事例Ⅵ(in 大阪)」という懇親会を、口述試験の直前(12月上旬頃)には、「口述試験対策セミナー」を開催予定です。試験後の方針を定める情報収集の面からも、役立てていただければ幸いです。時期が来れば、ブログで告知しますのでぜひご検討ください。


それでは、また!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

みなさんこんにちは!ちこまる(仮)です。今日の記事は17回目!およそ3,500文字です。7分ほどお付き合いください。

二次試験まであと1ヶ月と少し。早いものです。(過去記事はこちらから)2次試験に進まれる方は、早めの申し込みを!

今日は道場初の勉強会の直前ですので、勉強会歴が10代目の中で一番長いと思われる経験を活かして、勉強会の心技体を考えてみました。週末に参加してくださる方も、そうでない方ですでに勉強会を実施している方も、これから検討しようという方も、参考にしていただければと思います。

勉強会の心技体 「体」編

勉強会も種類がいくつかありますが、今回も含めてこれからの直前期に実施するものの多くが、長丁場になると思います。朝から夕方までもなかなかの長丁場でしたが、私の場合は21時が終了時刻だったので、さらに長いです。1日12時間は勉強仲間と一緒にいるという、家屋以上の付き合いになっていきます。もはや。仲も良くなりますよね笑。

で、それはいいのですが、いくら楽しいと言っても長丁場になると体力や集中力が低下するのが、如実にわかります。話していることがまとまらなくなったり、ディスカッション中の会話が耳に入ってこなくなったりするんですね。人間の脳が集中力を発揮できるのは、だいたい起きてから14時間程度(酒酔い運転と同程度まで下がる)だそうですので、まぁ最後の方は本当にフラフラです。でもそのフラフラの時にやる事例Ⅳは珍解答が続出しますので、それはそれでやっておいたほうがいいのですが笑。あぁこうなるんだな、というのがよくわかります。そして本番の最後に受ける事例Ⅳも、そんな感じです。

なのでまず必要なのは体力と集中力、また、切れた時のリブートの仕方です。ちなみに私が実施していた勉強会では、グループの中で役割をいくつか決めていて、おやつ係を設けていました。毎回全員がコンビニに寄るのは時間的にも無駄が多いので、あらかじめ幾らか集金して、おやつを買ってきてもらうのです。係を設けるほどでなくても、エネルギー補給を何らかの形で随時できるようにしておくといいと思います。あとは休憩時の程よいお散歩。コンビニまで行って帰ってくる間に、多少リフレッシュができます。

また、勉強に明け暮れる日々だと、運動量がどうしても減りますので、無理のない範囲で続けられる運動があるようでしたら、それも組み込んでおくといいですね。

勉強会の心技体 「技」編

技については2つあるかなと思っています。一つ目は自分が考えたプロセスを言語化する能力!これがとても大切だと思っています。勉強会にも様々あるかと思いますが、大事なのは10月の二次試験で妥当性の高い解答を書けるようになる、ということです。新しい問題しか出ないので、新しい問題にもびっくりせずに良質な解答を作るプロセスを身につけることが必要です。ディスカッションする場合は、どうしてこの解答になったのか、ということを「なんとなく」「覚えてたから(過去問の場合)」ということ以外の言葉で語る必要があります。

これまで10代目もいろいろな言葉で自分が得た知識やプロセスを言語化していますが、試験が日本語で行われる以上、適切な言語化の能力は必須です。

言語化能力が高まらないと、説明がとりとめもなく長いものになり、みんなの時間を奪います…直前期にみんなの時間を奪わないように、簡潔に、わかりやすく伝えるスキルを身につけていただきたいと思います。子育て中の方、子供との会話は簡潔でわかりやすくないとまず通じません笑。ここぞとばかりにたくさんトレーニングしていただければと思います。

もう一つは、質問力です。時々現れる、天才肌タイプの方は自分の能力を言語化することができないケースがあります。根拠はよくわかっていないけど、ここが解答ポイントだ、と思うことを外さないのです。その、根拠のよくわからない勘のようなものを言語化できれば、再現性は格段に高まります。どうしてこのキーワードにしたの?優先順位をこうしたのはなぜ?というオープンクエスチョン(はい・いいえで答えられない質問)では「なんとなく」で答えられてしまうことがあっても、めげずに「私は○○○という観点と、△△△という観点があると思っていて、△△△の方が優先順位が高いと思ったけれど、なぜあなたは○○○だと思ったの?」というように具体化したり、「与件本文のどの部分を読んでそう思ったの?」という論拠を尋ねる質問もいいと思います。天才の人にとっても言語化の助けとなりますのでウィンウィンです。こちらも、子供との会話で鍛えることができます笑。日常でもトレーニングできますね。

勉強会の心技体 「心」編

さて、心技体で一番大事なのは心なんですが、勉強会でも同じだと思っています。つまり、あり方のことですね。以前の記事でも同じ内容を書いたのですが、大事だと思っているのでもう一度。

同じ試験を受けて、受かる人と落ちる人がいる以上、一緒に勉強する仲間は、仲間でありライバルです。が、「ライバル」と思って自分の知識を出し惜しみしたり、間違ったことを教えて落としてやろうと思うことは絶対にやめてください。恨まれるという以上に自分にとって学びになりません。時間の無駄になってしまうでしょう。目の前の相手が受かるために、自分の言語化能力と知識を使って最大限の貢献をするというのがとても大切です。目指すは一緒に合格しよう、です。俺だけ受かろう、という精神は学びには結びつきません。

また、自分の方がよく知っていそう、模試の点数が高い、といった理由で教えてあげよう、というスタンスもやめた方がいいと思います。なんであなたに教わらにゃならんのだ、という気持ちになる人から、喧嘩を売られるかもしれません(ないと思うけど)笑。目的は合格ですから、お互いが合格のためにできることをやっていく、というスタンスでいると楽し組みのりある時間になるでしょう。勉強会の仲間はあくまでもフラットな関係であり、会社とは違って上下はないはずです。そのフラットな関係でたくさんの人と切磋琢磨しあえる環境は、実は社会人になってからはたいへん貴重なんですが、つい上下関係を持ち込んでしまう人もいます。。慣れていないから、ということだと思いますが、お互いにフラットで行きましょう、というのは確認した方がいいかもしれません。

フラットという前提条件の上で、手加減なしで思いっきり議論するのがコツです。丁寧な言葉で伝えつつ、こんなこと言ったら傷つくかな?と思わないことです。丁寧な、というのは相手の回答に対して根拠を示しながらダメ出ししたり、真似したいと伝えたりする、という感じでしょうか。相手ではなく相手の回答がコメントの対象であるということを忘れないようにしましょう。

そして、コメントをもらっても「いい解答のためであり自分がダメだからではない」という受け取り方をしていきましょう。こんな解答しか書けないなんてダメなんじゃないか、と思う必要はありません。勉強会でプロセスの穴に気づくことができれば、埋められるチャンスで、本番より前に見つかったのはむしろラッキーです。存分に活用しましょう。

終わりに

以上、勉強会の心技体、という形でまとめてみました。妥当性の高い解答を作るために、同じ志を持つ仲間と切磋琢磨する環境はとても貴重だと思います。勉強会に参加される方の参考になれば嬉しいですし、これから仲間を探してやってみようかな、という方も応援しています!一緒に合格を勝ち取れたときの喜びもひとしおですよ♪

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!以上、ちこまる(仮)でした*\(^o^)/*

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは、いよっちです。前回までの記事はこちら

いや~ この前の記事読みましたか?なおさん渾身の解説記事。お見事ですね。

恥ずかしながら事例Ⅰ49点(C評価)だった私は何度も登場してしまいました。悪い見本として、こうは絶対ならないぞ!と戒めの参考として、見てみてください。

 

さて、以前の記事でも書きましたが、かわとも、そして私は「ふぞろい」の執筆メンバーも兼ねています。

道場メンバーは合わせて12人、ふぞろいメンバーのうち合格者は20人。合計32人の合格者の中で、事例Ⅰで40点台を取ってしまったのは私だけ。私がダントツの最下位だったんです。

道場でブログを書き始めた頃は、協会採点の結果がまだ届いておらず、

「絶対に確実に合格するためには再現性が重要です」(キリッ)
「どんな問題でも確実に6割取る方法の確立が大事です」(どやっ)

と、偉そうになことを言ってましたが、事例Ⅰにおいては圧倒的最下位なわけです。むしろ、前年が47点、その後の49点ですから、低位安定もいいところ、全くもって進歩がないわけです。(再現性の無駄遣いよ・・)

 

そんな事例Ⅰダメダメな私としては、事例Ⅰで高得点を得た人が一体どんな答案を作ったのか気になって仕方がなかったんです。

そこで、今回はふぞろいメンバーにも協力してもらい、75点以上もの超ハイスコアを叩き出した合格者の再現答案を集めてみました!!

再現答案の掲載を快く受けてくれたのはこちらの方々です!

  • おかじ:海外出張過多気味なマーケッター。特技は飛行機の中での事例解き。
  • ブルーオーシャン:コーヒー大好き不動産屋さん。ハンドルネームの由来は誰にも分らない。
  • もってぃ:三重在住のエンジニア兼、地域の消防団員。講義動画を4つを同時に視聴することから”聖徳太子”の異名を持つ。
  • かわとも:もはや紹介不要、道場きってのガリ勉女子。

解説はなおさんの記事にお任せするとして、再現答案をただ掲載する、ただそれだけの記事です。他力本願もいいとこ

必要な要素・切り口の漏れを確認するもよし、回答構成の参考にするもよし、H30年事例Ⅰを解き終わった後の復習に(使えるようであれば)使ってみてください。


第 1 問(配点 20 点)
研究開発型企業である A 社が、相対的に規模の小さな市場をターゲットとしているのはなぜか。その理由を、競争戦略の視点から 100 字以内で答えよ。

(出題の趣旨)研究開発型企業である A 社のターゲット市場が小規模市場である理由を、競争戦略の視点から分析する能力を問う問題である。

(かわとも76点)
理由は①技術の急速な進歩に伴う事務機器市場の高度化・細分化に対し、強みの自社技術を活かし高付加価値化・差別化が図れる為②激しい環境変化の中、大規模市場では売上を主力取引先に依存し事業リスクが高い為。

(おかじ76点)
理由は①経営資源に富む大手企業との競合を避け、②自社コア技術を活用した優位性のある商品を投入し、③競合企業が多いことで価格競争になることを避けたかったから、ニッチ市場をターゲットに事業展開を行った。

(ブルーオーシャン78点)
理由は大手が参入しにくいニッチ市場で幅広い新製品開発を行い高付加価値製品で差別化を図る為。情報通信技術の急速な進歩に対応し、時流を先読みした先進的な技術で製品領域を拡大し、先行者利益を得る狙い。

(もってぃ78点)
ニッチ戦略をとることで、①少ない資源で集中して高精度製品の開発ができ、他社と差別化ができる。②平成不況、リーマンショックなどの不況による売り上げ不振の軽減。③他社との参入障壁を築くことができる。


第 2 問(配点 40 点)
A 社の事業展開について、以下の設問に答えよ。(設問 1 )
A 社は創業以来、最終消費者に向けた製品開発にあまり力点を置いてこなかった。A 社の人員構成から考えて、その理由を 100 字以内で答えよ。

(出題の趣旨)A 社が最終消費者市場向けの製品開発に積極的に取り組んでこなかった理由を、人員構成の視点から分析する能力を問う問題である。

(かわとも76点)
①生産と販売を外部委託し、創業以来社員の大半を技術者とし、人的資源を法人向け技術開発に集中させてきた為②激しい環境変化の中、売上規模が拡大しても人員増加を抑制することで事業リスクを低減してきた為

(おかじ76点)
理由は社員の9割を技術者が占め最終消費者向け製品開発で、①営業組織設置が必要で人事増となる上、ノウハウもなく、②経営資源が分散し、③BtoB商品開発に強みを持つ技術者の能力を発揮することができないから。

(ブルーオーシャン78点)
理由は社員50名の内9割が技術者で営業人員が少なく最終消費者への営業展開がしづらい為。強みの技術を応用しニッチ市場に向けて試行錯誤を重ね様々な高付加価値製品を生み出すことに経営資源を集中し効率性を求めた。

(もってぃ78点)
理由は①人員構成で技術者が9割のため、ニーズ対応できる人員が少ない事②生産を他社に委託し③販売は信頼できる複数のパートナー企業に委託している事。


(設問 2 )
A 社長は経営危機に直面した時に、それまでとは異なる考え方に立って、複写機関連製品事業に着手した。それ以前に同社が開発してきた製品の事業特性と、複写機関連製品の事業特性には、どのような違いがあるか。100 字以内で答えよ。

(出題の趣旨)A 社が経営危機に立ったとき展開した事業と、それ以前の事業の特性を分析し、その違いを明らかにする能力を問う問題である。

(かわとも76点)
特注電子機器事業や様々な新製品開発では受け身の製品開発で売切り型の為、継続的な収入源とならなかった。一方複写機関連事業では製品の汎用性が高く消耗品の継続的販売が可能で、安定的な事業の柱として成長できた。

(おかじ76点)
違いは、従来の事業は主力取引先向け電子機器製造や、ニッチ市場向けの製品開発で売切り型事業であったが、複写機関連製品事業は複写機本体から消耗品までを取り扱い、継続的な収益を得られる点に違いがある。

(ブルーオーシャン78点)
経営危機以前は特注電子機器事業の様な売切り型で収益が顧客動向に左右される事業特性だが複写機関連製品事業は消耗品の継続取引により安定収益が見込め顧客との定期的な接触で製品開発に役立つニーズ取得もし易い。

(もってぃ78点)
①経営危機に直面する前の電子機器製品では、売り切り方の事業で開発が困難である。②複写機器関連製品は、複写機の再生品、部品、複写機用トナーなどの消耗品を取り扱い、比較的開発が容易である。


第 3 問(配点 20 点)
A 社の組織改編にはどのような目的があったか。100 字以内で答えよ。

(出題の趣旨)A 社の組織改編が、どのような目的をもって実施されたかについて明らかにする能力を問う問題である。

(かわとも76点)
目的は、専門知識別部門を製品別開発部門に集約し、異なる専門知識を持つ技術者の混成チームとする事で、技術・情報を共有し技術開発の促進と高度化を図り、時流を先読みした先進的な事業展開を進めるためである。

(おかじ76点)
目的は、複写機関連製品事業が先細り傾向で売上拡大を期待でないことから、①複数製品を平行で、自己完結的な開発体制を構築し、②開発から生産の工程別組織体制で迅速な製品化を行うために組織改変を行った。

(ブルーオーシャン78点)
情報通信技術の急速な進歩や安定収益を見込む事業が先細りになる中で、新しい技術を用いた製品開発をする必要性が高まり部門長と役員を兼任させ意思決定スピードを高め各技術者の混成チーム組成で開発力を強化した。

(もってぃ78点)
①技術間の交流が進む事でシナジー効果が得られ、製品開発、品質管理、生産技術に特化できる②部門間のセクショナリズムの撤廃③資源の重複なしで規模の経済を得ることができる。


第 4 問(配点 20 点)
A 社が、社員のチャレンジ精神や独創性を維持していくために、金銭的・物理的インセンティブの提供以外に、どのようなことに取り組むべきか。中小企業診断士として、100 字以内で助言せよ。

(出題の趣旨)従業員の大半を占める技術者のチャレンジ精神や独創性を維持していくために、A 社は、どのような施策に取り組むべきか、助言する能力を問う問題である。

(かわとも76点)
①研修制度、学会参加の促進、CDPの導入により社員の独創性ある能力開発を行い②社内ベンチャーやMBOの導入によりチャレンジ精神を醸成し③評価項目に独創性・チャレンジ行動を加えることで適正な評価を行う。

(おかじ76点)
取り組みは①社員の能力開発を行い、②公正、透明な評価制度や業績に応じた表彰制度で士気を高め、③権限委譲や、④社外、社員間の連携を推奨して仕事をしやすい環境を整備することで社員の挑戦心や独創性を維持する。

(ブルーオーシャン78点)
取組は①社員への権限委譲②外部研修機会の提供③研究に専念しやすい施設の整備④チャレンジを奨励する評価基準策定⑤社内提案制度の創設⑥主力取引先以外との共同PJを推進し社員の士気を向上させ組織活性化を図る。

(もってぃ78点)
①展示会、セミナーに参加させる。共同プロジェクトの参画を継続的に行い、意欲向上を図る。②大学との産学連携で専門的な教育を行い、開発力の向上、モラール向上を図る。③提案制度の取組み、独創性を維持する。


さて、ここまで書いておきながら、正直なところ、高得点者の再現答案をまとめて掲載するのにどれだけのニーズがあるのか、受験生のためになるのか、今いち自信がないんです。。

事例Ⅱ、事例Ⅲでも同様の記事が欲しい!という要望があれば次の記事で纏めてみようと思いますので、要望お寄せ下さい!

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

以上、いよっちでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

おはようございます。makinoです。

本日も読んでくださってありがとうございます。感謝いたします。

 

まず最初に御礼を。

2次試験対策動画をダウンロードしてくださいました皆様、ありがとうございました。少しでも、お役に立っておりましたら、とても嬉しいです。

 

今回は動画に関するアンケートを実施しておりませんが、夏セミナーで非常に満足度の高かったプレゼンテーションがコンテンツになっております。きっと少しでも、お役に立っているのでは、と期待しております。

 

また、ダウンロードされていない方。有料になってしまいますので、慎重にお勧め致します。そして、ブログ記事へのコメントを拝見していますと、「2次対策動画をみてもらえれば解決できるのでは」という内容があるなあ、という印象を持っております。

 

事例Ⅰ-Ⅲの解き方や設問の要求にお悩みの方、解答要素の抜け漏れがある方、80分で事例問題が解けない方、学習計画が定まらず、方向感を失いつつある方には、ご自身のお悩み解決に、お役に立つと思います。また、参考書やブログ記事に比べて、動画は脳への負担が少ない事、通勤中のながら視聴もできる事を、付け加えますね。

 

そして12月に、「セミナーには出られなかったけど、2次対策動画が、ほんの少しだけ役立ちました。そして、何よりも、合格しました。」という声を、いただける事があれば、この上ない喜びです。

 

 

———————————-

さてさて、本日の本題です。
いつもの余談は、本題の後に書かせて頂きますので、余力があれば、読んでいただければ、と思います。

 

 

土曜日もブログを読んでくださる読者の皆様に、今日は2次対策の小技を1つ、ご紹介したいと思います。

 

【最後の一文に要注意】
事例の与件文を読んでいると、段落の最後に、唐突に、文脈を遮る一文が入る事があります。これは要注意です。「解答に使う一文」と思って対応しましょう。

 

受験生時代、某予備校講師の方から、お話を伺う機会がありました。演習問題の作問をご担当されたこの方は、問題作成後、学校側から、このような指摘を受けたとの事です。

 

「難易度を上げるために、文章を入れ替えてください」

 

はい、お分かりになりましたね。
前述の、唐突な一文は、このような背景で、元々あった箇所から、移動してきた可能性が大きいのです。ただし、段落内の前後関係から、段落の最後につけるしかなかった、という事です。

 

具体例でみていきましょう。

 

平成30年 事例Ⅱ
第一、第二段落を抜粋しました。

 

 

赤線の一文、違和感がありませんか?
B社の概要を話す第一段落で、いきなり設備の話。おそらく、設備を説明する、第二段落からのお引越しです。もしくは、B社の立地条件を記述した第三段落(与件文省略)が、もともとの居場所だったのかもしれませんね。

 

つまり、この一文は、解答に使うが、第二段落(or第三段落)にあると、分かりやす過ぎるので、お引越しさせた、と考えることが出来ます。

 

そして、この駐車場の一文が、解答で使われる事になるのが、第4問です。

 

 

この第4問ですが、ふぞろい12で確認すると、施策の1つとして、この駐車スペースを活用したバスの送迎サービスに加点(3点)がされています。1点を争う試験で、この3点は、決して小さい加点ではありませんよね。

ちなみに、makinoは、本試験の事例Ⅱで、最後の5分で、この駐車場の抜け漏れに気が付き、5分で第4問の100字を書き直しました。

 

もう1つ、具体例を見ていきましょう。
平成29年 事例Ⅲ

 

第14段落

 

 

この具体例は、ちょっと変化球なのですが、ご説明します。

 

まず、この段落自体の居場所に違和感があります

 

与件文の小見出しにある、【新規事業の概要】の冒頭に置かれても良さそうなのですが、だいぶ後ろに置かれています。しかも、明らかに付け足したような赤線の一文。事例Ⅲの段落構成には、ありがちなのですが、これは、以下が推測されます。

 

①段落全体をお引越しさせて、難易度を上げている。
②わざわざ、段落の最後に、脈絡に乏しい一文を付け加えている。

 

つまり、「段落が丸々使う」、そして、「最後の一文は必ず使う」です。
案の定、第一問で、それがわかります。

 

 

この答えに、第14段落が丸々使われます。
しかも、設計担当者の最終検査体制の改善は、課題(3点)と対応策(3点)の加点要素になっています(ふぞろい11参照)。

 

 

さてさて、いかがでしたでしょうか?最後の最後で、例えあと3点の加点であっても、皆様のご参考になれば、大変嬉しいです。

 

「結構使えそうなのに、小技なの」と思って頂いた方。素敵な着眼点、ありがとうございます。

 

実は、この「最後の一文」は、各年度の本試験で、「1つあるか無いか」の頻度なのです。それだけ、本試験の与件文は、流れるように無駄がなく、良く出来ています(私などが、言うまでもありませんね)。

 

ですので、小技にはなりますが、必殺技にはなりません。その点は、よくよくご留意ください。そして、昨年の事例Ⅱで、私を救ってくれた懐刀が、今年の本試験で、あなたを救う事があれば、とても嬉しいです。

 

 

———————–
【おまけ】
さて、ここからが余談です。
みなさま、2次試験の学習の手ごたえは、いかがでしょうか?

 

成長してる手応えあり!」という方。
素晴らしいです。勉強の方法と方向性が、ご自身に合っている証拠ではないでしょうか。

 

まだまだ暗中模索」という方。
実は、私もそちら派でした。今日の余談で、そんなお話をさせて下さい。

 

以下の表は、私の、昨年の8-10月での、2次試験勉強時間です(『勉強管理2』というアプリを使用していました)。8月は1次試験の勉強時間を除いて、算出しました。

 

 

3か月で400時間と、ちょっとやり過ぎなくらい、勉強していました。これは、自分が「出来ない受験生」であり、試行錯誤と暗中模索をしていたからです。

 

ちなみに、とある9月の1週間の勉強時間はこんな感じでした。

 

 

特に、気になる平日に関しては…、

「朝晩の自宅学習」+「通勤時間往復」+「会社についてから始業まで」

みたいな感じですね。ちなみに、昼休みは体力回復のために、素早く社食でお昼を済ませて、寝ていました。

 

繰り返しますが、自分は「出来ない受験生」であった故に、やり過ぎでした。ですので、効率の悪さが目立ちます。ここまで、時間を費やさなくても、合格している人は、道場10代目にもたくさんいます。

 

自分が、お伝えしたかったのは、こんな時間の使い方をしながら、自分のやり方を創っていった、という事です。

 

偉そうですね。
でも、威張りたいわけではありません。出来ずに悩んでいる方に、エールを送りたいのです。

 

自分は、出来ずに悩んでいる中で、例えば以下のやり方を1つ1つ積み上げていった、という事です。

 

・設問の要求解釈が出来ない -> 設問分解が間違っている ->TACの講座を取ろう
(8/12の記事参照 【2次対策】題意を外さない「設問分解」とおすすめ教材&おまけ

・与件から拾い漏れがある -> 予備校の先生がこんな事を言っていた ->最後の一文要注意(本日の記事で記載)

 

きっと、もっと効率のいいやり方があるはずです。ですので、皆さんには「出来ない受験生」のやり方は、真似しないでください。

 

参考にして頂きたいのは、「出来ないなら、出来ないなりの事をやる」という点です。

 

それには、「何故できないのか」を考え、考え付いた、もしくは教えてもらった「新しい方法を試し」、「自分に合っているか確認する」ための、時間が必要です。私は、そんな事を、たくさんしなければなりませんでしたので、こんなに時間が必要だった、という事です。

 

おそらくは、いまこの記事を読んでくださっているあなたよりも、もっとずっと「出来なかった」makinoが、そんな事を愚直にやってきた点は、是非ともご参考になさってください。

 

現在、自分の「型」ができずに、試行錯誤をされている方、「こんなレベルで合格できるのか」と不安に思っている方、模試の模範解答と自分の答えがかけ離れている方。まだ大丈夫です。本試験まで、あと6週間あります。まだまだ、伸びますよ。自分を信じて、日々の道場記事も参考にされながら、情報収集をして、努力を積み上げてください。微力ながら、応援しています。

 

——————-

 

さてさて、本日は以上です。

 

あのときの あの苦しみも
あのときの あの悲しみも
みんな肥料になったんだなあ
じぶんが自分になるための
(相田みつを)

 

この言葉、何度かご紹介していると思います。きっと、私が深く共感しているからでしょうね。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。感謝いたします。

 

 

明日は日曜日ですが、一発合格道場の先代からの寄稿があります。更新をお楽しみになさってください。私も仲良くさせて頂いている、大好きな方です。きっと楽しんでお読みいただけると思います。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

みなさん。おはこんばちは。キャリコン診断士のブブです。
今、ブログを更新していましたら、優しい虫の音が聞こえてきました。
もぅ、秋ですね。
みなさんが受験した1次試験のあの熱い暑い夏はもう終わりました。
「1次合格」という熱狂を感じたのも束の間、今度は「思考の壁」・「時間の壁」が大きく眼前に立ちはだかったと感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな時はこんな風に考えてください。

台風で穂が大きく揺らいだとしても、長雨で雨水に大きく浸かったとしても、それを経て実は熟すもの。
暗中模索のなかだとは思いますが、そう信じて今は進んでください。

さて、今回は、私が実践した2次の解法についてお話します。
事例Ⅰ~Ⅲ、特に事例Ⅰ~Ⅱにおいて意識すべき点について、の内容となります。

【図表1】

 

ポイント➀考える順序を間違えない事
事例Ⅰは、組織と人事、事例Ⅱはマーケティングについて問われます。
上記の図表1における機能戦略です。ここで重要なポイントは、この表を思い出して上位から考えることです。常に意識しておくことはこの事例企業の経営理念、ビジョンは何なのか?
これは与件文にそのまま、理念=〇〇とはっきり書いているケースもあれば、書いていないケースもあります。
なければ、文脈から社長の想いを類推していきます。
そして、次に内部分析[強み・弱み]×外部環境分析[機会・脅威]を把握します。
それをもとにした経営の方向性やドメイン等の経営戦略・基本戦略を意識します。
そこからスタートして事例Ⅰ・Ⅱ・Ⅲにつながる機能戦略を考えなければなりません。
これを外すと大コケします。
あるあるですが、自分の得意な分野や経験値の高いものがあれば、ついついマーケティング等の保有知識ありき、となるのです。率直にいえば、経営者の想いを置いてけぼりにしてしまう。
例えば、ネット系広告会社に勤めている方が、(自身の培った経験と知識を活かして)ネットを最大限利用し広範なターゲットにリーチすべき、と考えたとします。
ところが、事例の経営者は”ネットをあまり使わない層である”高齢者に対して、生活の不便を解消することで地元顧客の生活度向上を叶えたいという想いがあったとします。
そういったケースに、前者の答えを作ってしまうとドツボにはまります
では、「地元地域の高齢者の生活向上を実現」そんな経営者の想いを実現するために、行うべき手法は?
この順番で考えると、取るべき手法はネットではなくて”ベタな”老人会でのチラシ配布や地域活動支援による関係性強化等が思いつきます。
ネットではなく、口コミ。そして顧客関係性の強化。となると人的資源が重要、人的資源の強化による顧客満足度向上といえばインターナルマーケティングという方向性(ロジック骨子)が見えてきます。

ポイント➁因果を考える
2次試験とは、中小企業診断士となるのに必要な応用能力を判定するものであり、それは1次試験で学んだ基礎知識を活かして、事例にもとづき診断及び助言できる能力があるかどうかを紙上で判定してくるものです。
逆にいえば、①事例企業の状況をしっかりと与件文から読み取れること。➁適切な診断、助言を基礎知識から導き出して答えを作り出せること。➀➁が出来れば合格要件を満たすこととなります。
その対策として、私は設問に対して常に因果で成り立つ骨子をロジックツリーで作っていきました。

例えば、問題分析能力を問う問題では、その問いてきた問題点に対して「それはなぜか?」をまず、遡って考えます。そして、その「遡った原因」が起きるのはなぜか?と次の原因を深掘りしていきます。
その思考過程を「与件文に書いていること」と「1次の基礎知識」で組み立てます。

単純な設問で仮定しますが、「B販売部門の営業成績が落ちている」理由について問われれば、「(与件文より)モラールの低下」→(それはなぜか)→「(与件文より)B販売部門の部門長が変更し、方針変更が従業員に浸透していない」→(それはなぜか)→「(1次知識より)共通目的、貢献意識、コミュニケーション不足」といったカタチで骨子を組み立てます。

改善提案を問いてきた場合には、「(与件文より)方針変更が従業員に浸透していない」→(そのためには)→「(1次知識より)共通目的、貢献意欲、コミュニケーション不足の解消」→(そのためには)→「(具体的な提言内容として)➀会議等にて方針の浸透➁意思決定の判断基準を策定➂従業員も参画する目標管理制度の導入」→(その狙いは)→「組織の活性化とモラールアップを図る」として骨子を組み立てます。

ポイント➂与件文をしっかりと読み込む
合格のためには、前提として読解力。すなわち与件文をしっかりと読み込める技術が求められます。
その為のテクニックとして、いくつかの要素で与件文を切り分けていくことが有用となります。
その切り分け方の私流のテクニックは以下の4つ。
1.時系列/青蛍光ペン
2.社長の想い、経営理念、ビジョン/赤ペン
3.SWOT/プラス要素(強み、機会)=緑ペン、マイナス要素(弱み、脅威)=青ペン
4.設問に対応する関連内容/蛍光ペン※青色以外
【図表2】

(クリックすると拡大します)

 

上記のポイント➀で記載のとおり、「社長の想い・理念・ビジョン」そして「SWOT」は抑えるべき重要ポイントになります。その為にそれらの要素が与件文のどこにあり、何を書いているのかを色分けを利用することにより把握します。
そして、もう一つ大切な点は時間軸を理解しておくこと。与件文に書いていることはいつの時代のことなのか。そして、設問文で問われていることはいつの時代のことなのか。それを整理しておかないと大きく外してしまいます。
例えば、「A社の先代の社長はリーダーシップを強く発揮。現社長はタイプが異なり推進力が弱いことが課題。だが、メンバーの協調性は高い。」のようなケースにおいて、現在のA社の強みが問われたときに「社長のリーダーシップです!」と書くようなエラーです。当然、これを書くと大こけですよね。
(これは単純化したのでわかりやすいと思いますが、実際の問題でかつ本番になると混乱しがちです)
ですので、時代の切り分けも忘れずにしておく必要があります。

あとは、設問文に対応する因果を与件文の何処から拾ってくるのか。それを見分けるために蛍光ペンを多色使います。
なお、赤ペン、青ペン、緑ペンを使っている理由は、蛍光ペンの色数が設問数+時代の青色で使うため多色過ぎて対応できないからです。。。

まとめ
あらためて、本日の学びを最後に纏めておきます。
➀「考える順序」を意識すること
➁「因果」で考えること
➂「与件文」をしっかり読み込むこと
本日は以上です。

「試験ではなく、支援」
1次⇒2次筆記⇒2次口述⇒実務補習と進んでいく過程のなかで、「診断士に求められるものとは?」という本質に気付くことがあります。その本質とは「支援」。そう私は感じます。
支援を通じて見つかる新しい自分の未来。それを信じてがんばってください、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

おはようございます、たっつーです。
(その他過去記事はこちら

さて、昨日1次試験の合格発表がありましたね。

診断士試験のHPより:令和元年度中小企業診断士第1次試験の結果について(合格発表等)

残念ながら不合格だった方、大変お疲れ様でした。
自己採点していて結果は分かっていた方が多いと思いますが、実際に自分の番号がないと本当にショックだと思います。
でも、合格に向けて本気で努力していたのであれば、その努力は絶対無駄にはなりません(来年もう一度受験するにせよ、しないにせよ、です。)
掛け値無しにそう思います。

合格した方は、本当におめでとうございます!!
次は2次筆記試験に向けて一生懸命頑張るだけですね。

さて、今年の試験結果と、過去の統計データを見ると、今年は例年より合格者数が多かったみたいですね。
(両リンクとも、診断士試験のHPより。PDFが開きますのでご注意下さい。)
合格者数・合格率ともに、実質過去最高レベルです。

当然、2次試験の受験者数も増えると思いますが、その場合の影響はどうでしょうかね。

仮に中小企業庁が、「2次試験の合格者数は1000人弱」というように、「合格者数」を基準にしていれば、合格率的には、2次試験突破は例年より難しくなります

そうではなく、「2次試験の合格率は20%弱」というように、「合格率」を基準にしていれば、受験者数が増えようが、難易度は関係ない(例年通り)ということになります。

中小企業庁が合格者数と合格率のどっちを基準にしているかは、正直、過去の統計データを見てもよく分かりません

とはいえ、分からないことを考えても時間の無駄であり、受験生としてはやることは変わりません。

すなわち、「少しでも合格の可能性を高めるために、毎日頑張る!」ということは何ら変わりませんので、焦らずやっていきましょう!
(道場メンバー一同、ブログ記事やセミナー等を通じて、引き続き応援していきます!)


【目次】
◆マイベスト答案とは?
◆たっつーの場合
◆道場メンバーの場合
◆まとめ


◆マイベスト答案とは?

さて、前置きが長くなりましたが、8月の1次試験後に、私は以下の2つの記事を書きました。
【2次試験攻略の勘所】初見時の復習に全力をかけるべし!
2次攻略のための「具体的な」復習方法

その際に、当然のように「マイベスト答案」という言葉を使っていたのですが、マイベスト答案とは、(おそらく)造語で「自分の中で一番と思う、自分で作る模範解答」のことです。
(別に私の造語ということではないです。Google検索すると、いくつか同じ言葉を使っている人がいますね。)

2次試験の過去問を自分で解いた後に、自分の解答と、「ふぞろい」「全ノウハウ」「2次過去問問題集」(TAC)等に記載されている模範解答を見比べることは、当然どの受験生もやっていると思います。

ただ、参考書等に記載されている模範解答は、微妙に内容・表現が違います。
解答の基本的要素は合致していることが多いですが、たまに、解答の方向性すら違う場合もあります。

マイベスト答案は、上記参考書等に掲載されている模範解答を組み合わせたり取捨選択などをして、「自分の中では、これが一番の模範解答だ!」という答案を各事例ごと(各設問ごと)に作ってしまうのです。

このマイベスト答案を作るべきかどうか、というのが今日のブログのテーマです。

◆たっつーの場合

僕は、マイベスト答案を作っていました

作っていた理由(効果)は、以下の3つです。

①試験直前に過去問を振り返るときに、一々、各種書籍の模範解答を見直すのが面倒。
→マイベスト答案を作って、1つにまとめた方が後から振り返りやすい。また、人が作った答案よりも自分が作った答案の方が圧倒的に記憶・印象に残る

②マイベスト答案を作る過程で、各種書籍の模範解答の良い部分・悪い部分を取捨選択するので、「この解答要素は残すべき」「この解答要素には点は振られていないだろう(なので、マイベスト答案からは落そう)」「この表現はいいな」と深く頭の中で分析・検討することができる
その過程で新たな「気付き」が得られる
(「気付き」の詳細については前回記事をご参照下さい。)

③「気付き」と「マイベスト答案」を併記したものをファイナルペーパーとする。
→ファイナルペーパーを読んだ時に、マイベスト答案があると、「気付き」の意味内容をイメージ感をもって振り返ることができる。

といったところでしょうか。

逆にデメリットも当然ありまして、以下の2つでした。

とにかく時間がかかる
→「ふぞろい」、「全ノウハウ」、「2次試験過去問題集」(TAC)を見比べて、解答要素を取捨選択しつつ、表現を整えた上で、制限字数内に収めるのはとにかく時間がかかる(むろん、Wordで作成していましたが。)。

記憶に残りすぎてしまう
→模範解答を深く比較・分析することになるので、各事例の解答が、深く記憶されてしまう。なので、仮に過去問1周目でマイベスト答案を作ってしまうと、過去問2周目以降は、記憶に頼った解答をしてしまう。
(→ただし、これは、1周目はマイベスト答案までは作らないことで解決

私の場合は、メリット>デメリットと考えたので、マイベスト答案を作ることにした次第です。

◆道場メンバーの場合

一方、他の道場メンバー11名はどうでしょうか。
アンケート結果は以下のとおりです。

結果は、僕とかもよを除き、12名中10名は、マイベスト答案を作っていないor作ってたけど途中で止めていました!
(僕の思い込みで、他の受験生もやってるだろうと思ってたので、個人的には、正直意外な結果でした。)

以下、皆の意見を紹介していきたいと思います。

【作ってなかった派】
・時間は節約したかった。(makino)

・本番は常に初見なので、1次のようにQ&A式対応で回答を覚えるよりも、解法を覚える事がポイントだと考えたため。1次とは異なり、2次は基礎力+応用力を問う試験だと思いますので、(時間がない方は特に)思考力の回転を上げる事に注ぐべきだと思います。(ブブ)

・1つの事例の答案を丁寧に作れば作るほど、「何の回答をしたか」の印象が強くなりすぎてしまって答えを覚えちゃうから。(ちこまる)

・書けるようになるべき解答は、毎回のイメージ作りによって、意識・定着できていたので。マイベスト答案を作成しようとするとそれなりに時間もかかると思うし、結構復習に時間がかかっていたので、そこまでやる余裕はなかった。(ぐっち)

・同じ事例、同じ問題は2度と出題されないのに、100点を目指す答案を作っても意味がないかなと思っていました。100点を目指すのではなく、どんな問題が出ても6割ちょっとを安定的に取れる再現性を重視していました。また、足りない視点・要素はノートにまとめていたため、ベスト答案を作る必要がなかったとも言えます。(いよっち)

何をもってベストとするかの判断基準を持ってなかったからやる意味がない。(注:マイベスト答案を作っても)ほとんど自己満足で終わるんじゃないだろうか。(kskn)

【作ったけど途中で止めた派】

・8月中に直近3年分はつくった。これにより、解答の書き方、構成の仕方を大体掴むことができた。9月からは、時間内に解き終える練習のために骨子作成のみをたくさんやった。マイベストをつくると時間がかかり回転数こなせないので、やめた。ちなみに、骨子作り練習期でも「マイベスト骨子」は毎回簡単に作っていたと思う。(かわとも)

いかがですか?

上記のデメリット①・②を懸念して作らなかったメンバーもいますが、個人的には、ksknの「何をもってベストとするかの判断基準を持ってなかったからやる意味がない。」というのは、たしかにそうだよなーと思いました。

私も、マイベスト答案を作るのを目的としていたわけではなくて、むしろマイベスト答案を作る過程で、新たな気付きを得ること(本番でベスト答案を作るための判断基準を持つこと)を目的としていました。

単にマイベスト答案を作ることを目的としてしまうのは、絶対にまずいと思います。

◆まとめ

マイベスト答案を作るかどうかは、結局は、勉強時間がどれだけあるか、独学か多年度か等によってケースバイケースだと思います。

ただ、(N数は少ないものの)道場メンバー中、12人中2人しかマイベスト答案を作っていなかったことからすると、作るかどうか迷っているのであれば、作らなくていいのではないかなーと思います。
(やるとしても、かわともの言うとおり、「マイベスト骨子」くらいで十分かと。)

もし作る場合でも、マイベスト答案を作ることを目的とするのではなく、作る過程で何を得るかを意識して取り組むべきだと思います。


以上、たっつーでした。

明日は、大好評シリーズになることが予想される、なおさんの「10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント」の「事例Ⅰ」です!「
お楽しみに!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~ お申し込みはこちら

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

★もくじ★
【第1部】学習ツールからみた2次の学習
1.2次学習の基本セット(ファイル、ノート、参考書)
2.事例Ⅰ~Ⅲの学習ツール
3.事例Ⅳの学習ツール
4.まとめノートがそのままファイナルノートに

【第2部】みんなの勉強の時間割
1.平日がっつり(回転数重視):makino、かわとも、ブブ
2.平日がっつり(質重視):たっつー
3.平日さらっと:なおさん、ぐっち
4.スキマ時間を活用:かもよ、kskn

文字数:約3700字(写真や画像中心。リラックスしてお読みください♪)


※参考までに、私の2次本番までの記事投稿予定はこちら。内容は変更になる可能性があります。また、学習進捗イメージはあくまでイメージであり、実際には個人差があると思いますのでご了承ください。
(以下、図はクリックで拡大します)


こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!

今日は1次試験合格発表ですね。

10時ごろにj-smecaのサイトで発表される予定ですので、ぜひ結果をチェックしていただき、合否によって今後の戦略を立て直していただければと思います。
特に「落ちていると思っていたけど受かっていた!」という人は(去年のブブのパターン)、すぐにブーストをかけましょう。ブブの合格体験記はこちら。

 

また、「2次試験の解答プロセスを知りたい」「各事例の攻略法を確認したい」という方には、配信中の夏セミナー動画がおすすめです。
なおさんが懇切丁寧に解説した「80分の過ごし方」や、ぐっち、いよっち、ちこまる(仮)の渾身の事例Ⅰ~Ⅲ解説、ksknの事例Ⅳのバッサリ解説は参考になること間違いなし!

夏セミナー動画DLはこちらからどうぞ。

 

*   *   *   *

 

さて本日は、前回に続きまたまた2部構成です。
第1部では「学習ツール面」に着目して、2次試験の学習の取り組みかたについて、具体的に解説します。
第2部は、夏セミナーはみだし企画。「1日の勉強の時間割」について、10代目のアンケートをもとにご紹介したいと思います。

 

では、いってみましょ!

 

【第1部】 学習ツールから見た2次の学習

1次試験終了から、はや1か月。自分なりに学習のスタイルを確立して「この方法ならいける!」と突っ走っている方もいるでしょうし、「とりあえず過去問をこなしてはいるけれど、イマイチ自分の身になっているか不安」という方もいると思います。
このパートでは、主に「イマイチ自分の身になっているか不安」という方のために、「日々の学習を必ず自分の血肉にする」、つまり「日々の学習の記録を簡単に振り返ることができ、重要なポイントをいつでも確認できる学習ツール」を解説しますね。

 

1.2次学習の基本セット

私が使っていた基本セットは以下の通り。以下、全て図はクリックで拡大します。

 

【全事例共通】

〇A5・薄手のまとめノート
…1次知識や重要なポイントをメモ
〇B5方眼ルーズリーフ
…セルフ模試の時の解答用紙として使用

【事例Ⅰ~Ⅲ】
〇解いたものを全てまとめるファイル
〇ふぞろい(合格答案、10年データブック。分冊したもの)

〇過去問と答案用紙を2in1・両面印刷したもの
〇A4の白紙
…骨子作成に使用

【事例Ⅳ】
〇A4計算ノート
…計算過程を記録
〇『事例Ⅳの全知識・全ノウハウ』(分冊したもの)
…普段の学習はこれのみ。
〇過去問を両面印刷したもの
…全知全ノウでカバーしていない問題や、1年分まとめてチェックしたいときに使用
※このほかにも模試、TAC演習も活用しましたが割愛

 

 

2.事例Ⅰ~Ⅲ:ファイリング

事例Ⅰ~Ⅲは、2in1で印刷した問題用紙を使って、色ペンやマーカーで印を付けながら解いていきます。解答骨子(下書き)は、試験本番の表紙ウラへの下書きと全く同じように、A4白紙に書き出していました。
9月上旬までは、これに加えて「解答プロセスの記録」(前回のブログ参照)と「解答の清書」も行いました。
解いた後は、ふぞろいで振り返りを行い、自分へのダメ出しなどを問題用紙や解答骨子に書き込みました。重要なポイントはノートにメモしました。

振り返りまで終了したら、問題用紙とA4白紙(=解いた軌跡)を全てファイリングしていました。愛用していたファイルは「キングジム フェイバリッツZファイル」穴をあけずに簡単にまとめられて便利です。
このファイルを作っておくと、間違えたポイントなどを直前期に一気に見直すことができるほか、過去問2週目に入った時に、1週目で間違えたミスが克服できているかどうかも確認できます

 

3.事例Ⅳ:専用ノート

事例Ⅳは、全知全ノウを分冊したものを愛用していました。この参考書は出題分野ごとに問題がまとまっていますので、キリのいいところで破ります。破る方法は、こちらのブログが参考になります。アイロンなしでも、まあ破れます(私は力任せに破っていました)。糊の粘着力が強い場合は、清本テープは使わなくてもOKです。お好みでこちらのクリアーホルダーを使用しても。

分冊のメリットは、なんといっても重い本が軽くなること。また、直前期に「強化したい出題分野だけを持ち歩き、スキマ時間に何度も見直す」なんてこともやりやすいです。

解くときは、専用の計算用ノートを使いました。事例ⅣはNPVやディシジョンツリーなど、計算過程をきれいに書く練習が非常に重要です。日々の学習で、ノートに分かりやすく計算過程を書くことが本番の得点に直結します。
解いた後の振り返りは、計算用ノートに自分へのダメ出しを記録し、重要なポイントはまとめノートにメモ。計算用ノートをパラパラ眺めると、自分の間違えやすいポイントがわかり、ミス撲滅に役立ちます。

 

 

4.まとめノートがそのままファイナルノートに

まとめノートは、毎日気軽に持ち運べる「A5サイズ・薄手のノート」(seriaで購入)をセレクト。気になることを何でも記録するようにしました。
記録したことは、

〇絶対にミスしたくない重要なポイント
〇ブログで得た情報(だいまつさんの事例Ⅲの極意の内容など)
〇使えるフレーズ
〇一次知識
〇フレームワーク(茶化など)
〇本番の自分へのメッセージ

などなど…。

薄手のノートを、ざっくり5つに分けてラベルを貼ります。
「全体」「事例Ⅰ」「事例Ⅱ」「事例Ⅲ」「事例Ⅳ」
それぞれのテリトリーにどんどんメモしていきます。
きれいに整理して書く時間がなかったので、なんとなくの分類分けですね。
これを、スキマ時間や事例を解く前にざっと見直すようにします。すると、重要なポイントが効果的に身に着くようになります。また、試験当日のファイナルノートとしてそのまま使えて便利です。

ここまでが第1部、学習ツールパートをお届けしました♪

 

 

【第2部】みんなの勉強の時間割

続いて第2部は、10代目のみんなに去年の1日の勉強の時間割を教えてもらいましたので、ご紹介しますね。
第1部のツールといい第2部の時間割といい、がっつり解法というよりはHOWTOネタに興味が行っちゃうんですよね。。なんでだろ。
そんな話は置いといて。いってみましょ!

※以下、平日のみ円グラフを作成。時間帯は「大体こんなもんかな」と仮置きしたものです。

 

1.平日がっつり(回転数重視):makino、かわとも、ブブ
この3人は「骨子作成を中心に、とにかく量をこなすタイプ」。

 

◆makino◆

スキマ時間、刻んでますね~。夜に骨子作成して朝に解答記入以降をやっています。

 

◆かわとも◆

makinoと似ているのですが、行きの電車で骨子作成、帰りの電車で自己採点してます。10分程度の乗り換え時間でできる「きゃっしいの100字要約」はおすすめです。(リンク先の記事の一番下のほうにのっています)

◆ブブ◆

1次試験合格発表後からブーストをかけたブブさん。短期間で解答プロセスをモノにするべく、朝に骨子作成トレーニングをしています。グラフにはありませんが、休日の「6時~23時までフルに詰め込み」のあたりが壮絶です。。

 

2.平日がっつり(質重視):たっつー
たっつーは平日夜にがっつり時間を割いていましたが、1の人たちのようにスキマ時間を活用するというよりも、じっくり腰を据えて事例に取り組んでいた「質重視タイプ」です。

◆たっつー◆

通勤電車では道場ブログで情報収集。夜はじっくりと事例に向き合うか、事例Ⅳの計算をしていました。超多忙な彼、もっと遅い時間帯に勉強していたのかも。。

 

 

3.平日さらっと:なおさん、ぐっち
この2人は、平日よりも休日にじっくり取り組むタイプですね。

◆なおさん◆

なんと、平日は事例Ⅰ~Ⅲを勉強していません!これはこれですごい。その代わりに、通勤電車でまとめノートを繰り返し読んでいました。ここになおさんの事例攻略の秘訣がありそうですね。

◆ぐっち◆

2年目のぐっちは、9月後半からブーストをかけていました。平日は90分と軽めに取り組んでいますね。

 

 

4.スキマ時間を活用:かもよ、kskn
この2人は育児との両立のためにスキマ時間を上手に使っています。

◆かもよ◆

かもよは1問1問じっくりと納得しながら取り組むタイプ。解答と復習のプロセスを細かく分けて、数日間かけて事例を解いています。昼休みは事例Ⅳをコツコツと。

◆kskn◆

彼も育児中心の生活だったため、お昼寝の時間とか夜に勉強していたそうです。決まったスケジュールはなく、まとまった空き時間ができたら勉強していたとか。「手を動かせない時間でも、どうすれば良い答案が作れるか、改善策を考え続けていた」とのこと。

 

*   *   *   *

 

いかがでしたでしょうか? ツールや時間割など、ご自分のスタイルに合うエッセンスがあれば、ぜひ参考にしてくださいね。

Let’s パクってカスタマイズ♪

以上、かわともでした。今日も明日も、皆さんにとって良い一日となりますように!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!
累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

↓再現答案集はココ!↓
10代目再現答案一覧へ

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

月別アーカイブ

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2020年度版(前編) Amazonにて好評発売中!



解法実況&事例研究
平成30年度事例Ⅰ~Ⅳ



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX