カテゴリ「 » 2019年合格目標」の記事


 

✿:✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀:❀

東京セミナー 申し込みはこちら
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちら
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!
名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

おはようございます。makinoです。

本日も、ご覧いただき、ありがとうございます。感謝いたします。

 

突然ですが、埼玉県に「ムーミンバレーパーク」というムーミンのテーマパークがオープンしたそうです。

 

自分にとっては「ねえムーミン、こっちむいて」の世界名作劇場でおなじみの、ムーミンです(この辺の固有名詞、大丈夫かな、と思うのですが、まあ、そのまま行かせて頂きます)。

 

再放送で、何度かお世話になっていますし、実家にもムーミンの置物がありました。さらに、テレ東の新シリーズや、新作映画など、息の長い作品になっており、3歳になったうちの娘でも知っています。また、妻は原作本の日本語訳を持っています(しかも3冊も)。

 

ちなみに、原作者のトーベ・ヤンソンさんは、フィンランドの方で、ご当地には、ムーミン谷を模した観光地があります(日本よりずっと以前から)。

 

さて、makinoは、ムーミンには思い出があります。

 

約15年前のことですが、お仕事でフィンランドのヘルシンキ(首都です)を1回だけ、訪れたことがあります。中央駅の売店で、ムーミンの人形を見つけたので、記念と思い、お土産に購入したのですが、それがこちら↓。

 

 

ん?ムーミン?
見てみたら、↓タグにムーミンの文字がありません…。

 

やられました…。 いや、やられたのか、やったのか…。

 

「かなり前に買った人形、よく残してあるな」と思った方。

 

はい、そうですね。
なぜか、引っ越しの度に、捨てられることも無く、荷物に紛れることも無く、すぐ手の届くところにキープされている、このお方。。。

そして、ついに、このブログで陽の目を見る事になりました。「このために、君はずっと僕のそばにいてくれたんだね」なんてスナフキンみたいに、渋く言ってしまいそうです。

 

いったい何を書いてるんでしょうね。誰かに怒られる前に、本日はこの辺で。

 

 

さて、ここからが本題です。

 

TACのストレート本科生は、法務をガシガシやられている頃かと思います。

自分のお話をしますと、独学で、昨年1月から1次試験の勉強を開始しました。企業->財務->運営->経済->情報->法務->中小、の順で進めていましたので、昨年の今頃、自分は、運営管理を終えて、経済学にコマを進めていました(先日のksknの経済学、楽しい記事でした)。

 

本日は、1次試験・法務のお話です。

 

道場10代目が誇る「法務の本職」いよっちたっつーがいるにもかかわらず、しかも、土曜日にたっつーが、法務記事をアップしたばかりですが、1次試験法務44点(8点加算前)のmakinoが、果敢にも、この記事をお届けします(勇敢なのか?アホなのか?)

 

 

ただ、独学者の読者が多いと思われる一発合格道場において、みなさん全員が「法務=得意」というわけではないと思います。ですので、自分のような低得点の子が、昨年の大荒れ法務で、どのように学習し足切り回避まで持って行けたのか、は一読の価値はあろうかと思います(なんか、言いわけがましいぞ)。

 

さてさて、勉強方法の前に、ちょっと分析してみましょう。

【法務は苦手?】

法務が苦手のかた、多いと思います。かわともがまとめてくれた、「H30年度 合格体験記総まとめ~1次試験編~」でも、ダントツの苦手科目1位でした(楽しい記事でしたね)。ちなみに自分は、苦手意識はありませんでしたが、本試験の得点は、前述の通りでした。。。

 

【1次試験の実績】
もう1つ、調べてみます。
TACの過去5年の1次試験平均点集計では(pdfが開きます)、7科目中、法務の平均点は5年間ずっと、「6位&7位」と、低空飛行です。「法務が苦手」という方が多いのも頷けます(苦手、というより、他の科目に比べて、問題が難しい、という事なのかと)。

とはいえ、苦手をそのままにしておいても試験は通過できません。出来ない子こそ、基本に忠実に、が大切です、はい。

 

さて、勉強方法ですが…、

【過去問&スピ問+スピテキ】
過去問&スピ問回転と縦解きは、基本動作です。こちらが出来てない方は、しっかりやりましょう。

この際、よく聞く「憶えられない」・「すぐ忘れる」という方。厳しいですが、努力と工夫が不足しています。

掛け算九九を、どう覚えましたか?漢字をどう憶えましたか?同じことですよね。その昔、できたことです。必ずできます。「書きながら、声に出して。繰り返し」が基本です。翌日復習して、記憶に定着させましょう。これだけです、ほんと。診断士を目指そうと思った、あなたの記憶力が、そんなに悪いわけはありません、絶対に。それでも暗記が苦手な方には、こちらの記事をどうぞ。

合否を分けるポイント!直前期で得点を超ウルトラ伸ばす学習計画・記憶術

 

スピ問得点は、80%が目安です。
特に頻出項目の民法・会社法(設立再編)・産業財産権の3つは、重点的に。H30年は、全25マーク中、この3項目が各6マーク、TTL18マークでした(H29年も同様の配分です)。

ちなみに、自分は法務のスピ問に加えてスピテキも購入。7科目中、これは、と思うもののみ、スピテキを購入しました。具体的には、企業・運営・法務です。企業・運営は2次でも使えそうという理由、法務は、補助として購入しました。

 

【追加で!】
また、法務に関しては、もう1つ、一発合格まとめシートも購入しています。先日のかわともの記事でも紹介されていますので、重複しますが、ご容赦ください(これ、ホントお勧めなんです)。

 

ちなみに、正直、先代きゃっしいさんの著作と知らず、使っていた情報弱者(?)のmakinoです(すごいですね、本を出されていたんですね)。ですので、宣伝でもなんでもなく、なにが助かったか、いちユーザの視点で、まずは、こちらをどうぞ。

<会社法>

<産業財産権>

 

<組織再編>

(注:すべての画像は、著作者の許諾を受け、掲載しています)

 

こんな感じで、図解(ポンチ絵みたいな)で説明してくれています。実は、これが最も助かりました。いまだに、思い出せますし、記憶に残っています。実は、図解自体、文字や表よりも、記憶に残りやすい、という特徴があります。この辺の「図解の記憶への残り方」は、こちらの記事に詳細が。

【暗記科目対策】記憶のメカニズムから紐解く記憶術

 

文字だらけの勉強をされている方、ちょっと目先を変えて、暗記の方法を工夫してみてはいかがでしょうか。

 

【おまけ】
自分が購入した「後編」には、経済・情報・中小が入っています。
法務以外では、特に中小語呂合わせを、フル活用していました。

 

語呂合わせ「押せ、健康」。
おそらく、こんなワード、自分には一生かけても出てきません・笑
こんな感じの、自力では編み出せない語呂合わせ満載です(ホント助かりますね)。

ちなみに、中小語呂合わせと言えば、YouTubeで公開されているほらっちチャンネルが有名です。こちらにも、大変お世話になりましたよ(見ているだけでも面白いですよ)。

 

【その他:ご参考】
一発合格まとめシートのAmazonのレビューでは、記載の間違いなど、低評価なコメントがありましたが、たしかに、間違って覚えてしまってはいけません。ただし、私は、ひたすら、覚えにくいポイントの補完、という役割づけで、記述本文ではなく、図解を使用していました(pdf版がDLできますので、スマホで持ち歩いていました)。要は、自分の不足を補ってくれるのに役立つかどうか、という割り切りができるのか、という事ですね。それは、1次試験で60点を取れば通過できるので、100点を求めない、という割り切りと似ています。

 

【さらに、おまけ】
それでも苦手、という方には、予備校の単科目(通信)をお勧めします。というより、ひとに教わることをお勧めします。

どこの学校でも、代替3-4万円程度です。自分は使いませんでしたが、「ひとに教えてもらう」、というのは、苦手科目に関しては、悪くない手です。独学1本やりから、少し目先が変わるので、気分転換やモチベーション維持にも、効果があります。独学にこだわらないのであれば。

 

さてさて、本日は以上です。特に、苦手に悩む、独学の皆様のお役に立てば、嬉しいです。

 

最後に、makinoの好きな、相田みつをさんの言葉を1つ。

 

ひとりになりたい
ひとりはさびしい

 

そう、ひとりはさびしいです。
自分で選んだ道とはいえ、独学は、時にさびしいものです。
それでも、頑張っているあなたに、少しでもお役に立つように、私たちも春セミナーを頑張ります。一緒に頑張って、合格にたどり着きましょう。

 

最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございます。感謝いたします。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちら
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちら
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


みなさん、おはこんばちは。
キャリアと経営を支援するキャリコン診断士ブブです。

気がつけば3月は残りわずか、そして4月がもうすぐ目の前。
みなさんはこの季節に何を思い出しますか?
胸に手を当てて、少し目を瞑ってみてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
どうでしたか。
どんな景色が浮かんできましたか?

私のなかにはこんなことが浮かんできました。
桜、卒業、異動、入学、つくし、センバツ高校野球・・・。

それは、さらにこんな風に広がっていきます。
例えば、「つくし」


川の土手沿いに突き出たつくしん坊たち。
今の自分の息子よりも少し小さい幼い頃の自分。
父に連れられ、母と姉と一緒にのんびりと、つくしを摘み取っていく。
灰や茶の世界から緑へと色は変わり、風が土と花蜜の匂いを運び、じんわりと汗を感じていたのどかな時間。
卵と砂糖醤油で炒めた甘い味。
手を当てている胸の奥に感じる温かい気持ち・・・。

と、こんな感じで始まりました本日の話。
メインテーマは『記憶』です。


みなさんは、記憶に対して自信をお持ちですか?
自信があるあなた!
ならば、本当に羨ましい!
私は長年、記憶力に悩みを持ち続けていますいました。

社会人となって間もなくの頃、こんなことがありました。
ある日、本屋でふと目にしたタイトルと内容に心惹かれて1冊の本を手に自宅に帰りました。
その本のタイトルは、(正確には覚えていないですが)「記憶力のよくなる方法」
ソファに寝転がり、一つひとつの内容に膝を打ち得心の数々。
「これで明日からはバッチリ!」
そんな想いで本棚に戻そうとしたとき、私は衝撃を受けました!

なんと、その棚に並んでいたのが「記憶力のよくなる方法」
そう。全く同じタイトル。同じカバー。そして同じ内容・・・。
2冊の「記憶力のよくなる方法」を両手に持ち、見比べたときのあの動揺と愕然と狼狽
そして何ともいえない屈辱的な感情と敗北感・・・。

「大人になれ花道!!」(スラムダンク 第1巻 集英社)

クールな天才・流川楓ではなく、桜木花道として生きざるを得ない自分を確信した瞬間でした。

とはいえ、根っからの努力家でないことも自覚している自分は同時にこう考えます。
小さな巨人・里中智のようなストイックさを持ち合わせていない。
(継続的に地道な努力を重ねることは無理だろう・・・)
かといって天才ドカベンや岩鬼のような怪力もない。
そしてやはり行き着いた結論は、殿間のような秘打で勝負すべし!
その秘打道の先にある桜木花道として頑張ろう、と。
「ん。おかしなこと言ってます、僕? 大丈夫?」

そんな想いで(どんな想いやねん)、更に「記憶力のよくなる」ための脳開発系の本が私の愛読ジャンルとなりました。

ということで、その流れで学んだ秘打の一つを紹介しましょう。
『色分けで学ぶ(記憶する)』

実は、この一発合格道場10代目執筆陣には数少ないルールがあります。
書く内容、体裁は基本的に自由で、思い思いに好きなことを各自、書いていますが、
その数少ないルールの一つが、「色分け」。

赤字はプラスな内容。
青字はマイナスな内容。
黄は重要なポイント。

これが実は、10代目の共通ルール。
何故なのか?
それは、直観的に瞬時に見分けがつくからです。

では信号はなぜ、文字「止、注、進」でなく色「」で分けているのでしょう?
そう、同じです。瞬時に見分けがつくからです。

つまり、これを出来るだけ試験対策に活用して欲しいのです。

さて、具体的な手順です。
はっきりいって、色分けについてのルールは究極は決めてしまえば何でもいいです。
ベターは、色相をみて寒色系は冷静なデータ系、暖色系は心情系といったところまで考慮すれば尚よし。
根本的に大事なことは、常日頃から同じように使い分けて、親和性を高めておくこと。
日常は赤はプラス、試験の時だけ青をプラスとして使うようだと頭が混乱します。
なので、日頃から使う自分の原則ルールを決めて、出来るだけその通りに使うことが重要です。

因みに私は「6色蛍光ペンでわかる経済」で紹介されている色使いを出来るだけ踏襲しています。

「経済学での利用」
結論     -オレンジ
定義     -ピンク
仮定     -水色
分析     -黄色
長所     -緑
短所     -紫

 

「その他科目、日常利用」
結論(最重要)-オレンジ
重要     -ピンク
時代・事実  -水色
分析     -黄色
長所     -緑
短所     -紫

なお、2次試験においては、原則ルールとは異なる使い方をしていました。
なぜなら、マーカーを多用して、設問毎に関係する与件文を拾い出して短時間で回答に活用したいためです。具体的には設問1を黄色としたら、設問1に関係する与件文の箇所に黄色マーカーを引いていきます。
同様に設問2をオレンジとしたら、設問2に関係する与件文の箇所にオレンジマーカーを引いていきます。
合わせて、SWOT拾い出しも重要であり、これは多色ボールペンを活用していました。
また、時間軸の拾い方も重要であり、上述の使い方を踏襲し青色マーカーとしました。

「2次試験」
時代     -水色(マーカー)
強み、機会  -緑 (ボールペン)
弱み、脅威  -青 (ボールペン)
キーワード  -黒色(ボールペン)
重要     -赤色(ボールペン)
各設問及び
対応する与件文-各色(水色除く各色マーカー)

また、テキストや過去問の解説を読むときは、こんな使い方もしています。
2種類や3種類で対比があるときは、その対比を色でグループ分けさせます。
例えば、ハーズバーグの「動機付け要因」と「衛生要因」の解説があったとすれば
それぞれにその解説と内容を色付けし、直感的な違いを画像記憶として残すようにします。
「動機付け要因」・・・➀達成感 ➁承認 ➂仕事への責任 ➃昇進
「衛生要因」  ・・・➀給与 ➁人間関係 ➂労働条件 ➃作業環境 

いかがでしたでしょうか。秘打「色分けのすゝめ」
これから活用いただければ幸いです。


あなたが最近、感じたワクワクはどんなことでしたか?
ワクワクが持つ力は不思議で、ワクワクしている人は更にワクワクの力を引き寄せるという法則があります。
あなたから始まるワクワク、どんどん周りに広げてくださいね。
ワクワクコメントもお待ちしております!

そして、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!
以上、本日の記事はブブでした。明日は、makinoさん、よろしく~!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちら
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちら
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

みなさん、おはようございます。なおさんです。

前回の「なおさんの解法実況&事例研究:平成30年度事例Ⅰ」に続きまして、今回は「なおさんの解法実況&事例研究:平成30年度事例Ⅱ」と題して、私がどのように平成30年度の2次試験を解答したかを実況解説形式で書きたいと思います。

(前回の記事「なおさんの解法実況&事例研究:平成30年度事例Ⅰ」はこちら
(前々回の記事「80分間の過ごし方」はこちら
(初回の記事「バックキャスティング思考法」はこちら
(合格体験記はこちら

※冒頭の解説は、一部前回の記事と重複しますが、この記事から読み始めた方のために残しております。

この原稿の本文は「2018年10月の2次試験直後に書いた再現答案をベースに、2018年の11月初旬に口述試験対策用として書き直した資料」をベースにしています。(口述試験の日まで通勤電車の中で毎日読んでました)

タイミング的に11月初旬は2次筆記試験の発表前ですが、2次筆記試験の合格発表が12月7日、2次口述試験が12月16日に予定されていましたので、2次筆記試験の結果を見てから準備するのが不安だったことと、怒涛の2次試験対策が終わってポッカリとやることがなくなり「2次筆記試験ロス」(毎日会っていた恋人が遠くへ行ってしまった)みたいになっていましたので、「まぁ、ぼーっとしてても仕方ないので、2次筆記試験の振り返りと口述試験対策を兼ねて書いてみよう」と思ったのがきっかけでした。

賢明なる道場読者の皆様はもうすでにお分かりですね。本記事は偉大なる先代9代目きゃっしいさんのパクリです。(きっぱり)「お世話になった偉大なる記事は後世に引き継がせてもらおう」という完全に個人的な思い込みから、自信をもって堂々とパクらせて頂きたいと思います。(^^)9

記事の構成は「解法実況+再現答案」、「さらなる事例研究+改善答案」という順でお届けします。
平成30年度事例Ⅱの私の得点開示結果は「64点」でした。ですので、80分間で解答に至るプロセスのトレースと「再現答案」レベルの解答が書ければ「合格レベル」という目安になると思われます。また、その後の見直し(事例研究)後に書いた「改善答案」レベルの解答が書ければそれ以上の得点が期待できる、という風に到達点の目安として活用していただければ幸いです。

尚、ブログでの読みやすさを考えて、再現答案以後は「第1問の再現答案→事例研究→改善解答」、「第2問の再現答案→事例研究→改善解答」、、の順で構成しています。

試験本番80分間の手順については「80分間の過ごし方」を先に読んでいただけると効果的です。
また、平成30年度の試験問題を一度ご自身で解いた後に記事を読んでいただくとより効果的かと思われます。

それでは「なおさんの解法実況&事例研究:平成30年度事例Ⅱ」いってみましょう。(^^)/


1.試験開始~3分:諸手続き<作業>

「80分間の過ごし方」の手順に従って、受験番号記入メモ用紙作成(表紙を二つに破る)を行います。続いて、各段落に①、②、③、、、と段落番号を振りながら「3ページ、9段落。最近頻出のグラフが出てきたぞ。インバウンド客数の推移か、インバウンド客がターゲット候補だね。」と思いつつ、淡々と「作業」を進めます

2.試験開始後3分~4分頃:与件文の冒頭確認<作業>

次に与件文の冒頭を確認して事例企業の概要を把握します。「B社は150年の歴史を持つ老舗旅館。30歳代後半の若い社長が承継したばかりで、従業員7名、15室の小規模旅館。」くらいが把握できれば十分です。

B 社は、X 市市街地中心部にある老舗日本旅館である。明治初期に創業し、約150年の歴史をもつ。2 年前、父親である社長が急死し、民間企業に勤めていた30 歳代後半の長男が急きょ事業を承継することになり、8 代目社長に就任した。資本金は500 万円、従業員は家族従業員3 名、パート従業員4 名である。このうち1 名は、つい最近雇用した英語に堪能な従業員である。客室は全15 室で、最大収容人員は50名、1 人1 泊朝食付き7,500 円を基本プランとする。裏手には大型バス1 台、乗用車6 台分の駐車場がある。

3.試験開始後4分~10分頃:設問要求を確認する<作業>

H30年は設問が4つで各25点。大きく外すと致命傷になるので、設問要求を正確に把握して忠実な解答を心がけよう、と思います。

■第1問(配点25点)

B 社の現状について、3C(Customer:顧客、Competitor:競合、Company:自社)分析の観点から150 字以内で述べよ。

【設問要求の確認】
設問は「B社の現状を述べよ」、制約条件は「3C(Customer:顧客、Competitor:競合、Company:自社)分析の観点から」になります。与件文からB社の現状の記述を抜き出し、3Cのそれぞれについて分類し、解答すればよいのかなと思いました。また、制限文字数が150文字ですので、3Cそれぞれ50文字ずつを目安にします

■第2問(配点25点)

B 社は今後、新規宿泊客を増加させたいと考えている。そこで、B 社のホームページや旅行サイトにB 社の建物の外観や館内設備に関する情報を掲載したが、反応がいまひとつであった。B 社はどのような自社情報を新たに掲載することによって、閲覧者の好意的な反応を獲得できるか。今後のメインターゲット層を明確にして、100字以内で述べよ。

【設問要求の確認】
設問は「どのような自社情報を新たに掲載することによって、閲覧者の好意的な反応を獲得できるか」を述べよ、とあります。また、制約条件は、「自社情報」、「(目的)新規宿泊客を増加させたい」、「今後のメインターゲット層を明確にして」ですので、「〇〇〇をメインターゲットにし、①~、②~といった自社情報を掲載する。」というフレームを使い、①自社に関する情報(祭りなど自社以外の情報ではない)、②新規顧客獲得に関する情報、③掲載場所は自社ホームページや旅行サイト、というルールの中で情報を探します。また、これまでも「建物の外観や館内設備」は掲載していましたので、これら以外の情報という制約もあります。

■第3問(配点25点)

B 社は、宿泊客のインターネット上での好意的なクチコミをより多く誘発するために、おもてなしの一環として、従業員と宿泊客との交流を促進したいと考えている。B 社は、従業員を通じてどのような交流を行うべきか、100 字以内で述べよ。

【設問要求の確認】
設問は「従業員を通じてどのような交流を行うべきか」を述べよ、とあります。また、制約条件は、「(目的)宿泊客のインターネット上での好意的な口コミをより多く誘発するため」、「おもてなしの一環として(無償サービス)」、「(対象)従業員と宿泊客との交流を促進」になります。
「口コミの誘発」については、一次知識の「顧客関係性の強化→顧客満足度の向上→口コミの発生を促進」というフレームワークを意識しながら、「従業員と顧客の交流を通じて、宿泊客の満足度を向上させる施策」を考えることになります。

■第4問(配点25点)

B 社は、X 市の夜の活気を取り込んで、B 社への宿泊需要を生み出したいと考えている。B 社はどのような施策を行うべきか、100 字以内で述べよ。

【設問要求の確認】
設問は「宿泊需要を生み出すための施策」を述べよ、です。また、制約条件は「X市の夜の活気を取り込んで」とありますので、夜間人口の増加(5段落)に関連した施策を考える必要があります。

設問要求確認後の問題用紙(クリックで拡大します)

 

4.試験開始後10分~40分頃:解答要素の確認と解答骨子の組み立て<思考>

■第1 問(配点25点)

競合については8段落に「B社から距離の離れた駅前にはチェーン系ビジネスホテルが2軒ほどあるが、X氏市街地中心部にはB社以外に宿泊施設がない」(競合はない)という記述が1行半(約60文字)で記載されていますので、これをほぼそのまま抜き出せばよいと思います。顧客についても7段落に「現在、宿泊客は昔なじみのビジネス客8割、インバウンド客2割りであるが、なじみ客らは高齢化が進み、減少傾向にある」という記載を抜き出せばよいでしょう。
自社については関連する記載がかなり多いので、どこを持ってくるかで悩むところですが、「約150年の歴史ある老舗日本旅館」でありながら高級路線に行かず、「ビジネス客の支援を柱とし、高級な夕食や大浴場を省くことで安価な宿泊代金を実現してリピーターを獲得している」ことが最大の特徴だと思いますので、そこを骨子にしてまとめていきます。

■第2問(配点25点)

メインターゲット層は、6段落にある「ここ数年で急増する和の風情を求めるインバウンド客」で問題ないと思います。掲載する情報は、2段落を中心に「和の風情がある苔むした庭園」、「館内の廊下や共用スペースには、歴代の社長たちが支援してきた芸術家による美術品が随所に配置」され「文化の香りに満ちた雰囲気」を醸し出しています。また、「海外でも名の知られた作家や芸術家による美術品」も重要な要素でしょう。さらに「器にこだわり日本の朝を感じられる献立の朝食」もありだと思います。

■第3問(配点25点)

施策に関する具体的な記述はありませんので、「B社が利用可能な資源」の中から「従業員と顧客とが交流」できそうな資源をピックアップします。6段落目には「歴史ある街並みに加え、こうした食べ物などは写真映えし、SNS投稿に向く」とヒントがありますので、この部分を中心に組み立てればよいと思います。また、6段落目の最後には「そのため、ここ数年は和の風情を求めるインバウンド客が急増している」とあり、メインターゲットは「インバウンド客」となりますので、「最近雇用した英語に堪能な従業員」の出番です。

■第4問(配点25点)

施策に関する具体的な記述はありません。5段落では、夜間の滞在人口が増加傾向となった背景として、「X市の名刹と商業地域が高視聴率の連続ドラマの舞台となったこと」、「名刹は通年で夜間ライトアップ」、「地域ボランティアによる観光案内や町の清掃活動」とありますので、連続ドラマのファンによる聖地巡礼と地域が「美しい街並みと活気の維持に熱心なこと」が夜間の滞在人口を押し上げています。
一方で、6段落目の冒頭には「X市は大都市圏とも近く、電車で2時間程度の日帰りできる距離」にありますので、多くの観光客が「日帰り」で訪れている可能性があります。ですので、この日帰り観光客に泊まってもらうための施策が打ち出せれば、「夜の活気を取り込む」ことができると考えます。また、このような「与件文からの抜き出し」で対応できない設問に対しては、可能性のあるものを多く記載しようと考えていましたので、「施策は①~、②~、③~、である。」というスタイルで解答します。

解答要素確認後の問題用紙(クリックで拡大します)

解答骨子のメモ(クリックで拡大します)

 

5.再現答案&事例研究

■第1 問(配点25点)

現状は①距離の離れた駅前にはチェーン系ビジネスホテルが2軒あるがX市市街地中心部にはB社以外に宿泊施設がない状況下で②長期滞在する固定客を安い宿泊料で支援してきた歴史ある老舗日本旅館であり③顧客の大半を占める昔なじみのビジネス客は高齢化で減少傾向にあり、インバウンド客は十分に取り込めていない状況。(149文字)

【事例研究】
「顧客面は~、競合面は~、自社面は~」というスタイルの方がわかりやすいですが、文字数を稼ぐために①②③で分けました。内容的にもきれいに分離してありますので、この部分の失点はないかと思います。インバウンド客については「対応不十分」というニュアンスも入っていますので、大きな失点はなかったかと思います。

【改善答案】
ありません。

■第2問(配点25点)

X市を観光で訪れる和の風情を求めるインバウンド客をターゲットにし、海外でも名の知られた作家の美術品が配置された館内の廊下や共用スペース、苔むした庭園を掲載し、文化の香りに満ちた和の雰囲気を訴求する。(99文字)

【事例研究】
ターゲットは、「X市を観光で訪れる(ジオ)和の風情を求める(サイコ)インバウンド客(デモ)」としました。最後は閲覧者(ターゲット層)の求める「和の雰囲気を訴求する」で締めくくりたかったので、文字数の関係で朝食を省きましたが、入れるとすればこんな感じでしょうか。

【改善答案】

X市を観光で訪れる和の風情を求めるインバウンド客をターゲットにし、海外でも名の知られた作家の美術品、器にこだわった日本の朝を感じる朝食、苔むした庭園を掲載し、文化の香りに満ちた和の雰囲気を訴求する。(99文字)

 

■第3問(配点25点)

英語に堪能な従業員を活用し、ホームページに英語等も可能なSNSを設置し①古き良き時代の日本を感じさせるX市の歴史ある街並み②地元の老舗商店の和菓子などを投稿し、宿泊客は感想を投稿、顧客関係性を強化する。(100文字)

【事例研究】
全然イケてませんね。80分間では要件を満たすおもてなしが思い浮かびませんでした。「英語に堪能な従業員」、「SNS」、「歴史ある街並み」、「老舗商店の和菓子」、「顧客関係の強化」とキーワードを並べただけで、「従業員のおもてなしによる顧客との交流を通じて、宿泊客の満足度を向上させる施策」にはなっていません。おそらくほとんど点は入っていないと思われます

【改善答案】

英語に堪能な従業員を活用して商業地域へのガイドツアーを行う。歴史ある街並み、スイーツの食べ歩き、老舗商店の和菓子を楽しみ、顧客満足向上によるSNSでの好意的な口コミを誘発し、新規顧客の獲得につなげる。(100文字)

■第4問(配点25点)

施策は①連続ドラマの舞台となった名刹と商業地域の観光マップの作成と配布②地元の割烹料理店と協業し夕食の提供③遅い時間のチェックインの対応④予約のない客への対応⑤館内大広間でのバー営業である。(95文字)

【事例研究】
思いついたものを全て記載していますが、いまひとつパっとしませんね。特に②はイマイチだったと思います。事例Ⅲでは「できていない→する」というパターンがあるので、このような反応をしてしまいましたが、「創業以来、夕食は提供していない」(2段落)のは、「執筆や創作のために長期滞在する作家や芸術家を支援」(創作活動の場を安価に提供)するためですので、夕食を提供するために宿代が上がるのでは本末転倒です。また、4段落には、商業地域には「さまざまなタイプの飲食店」、「銭湯」がありますので、夕食や大浴場を希望される宿泊客にはマップなどを作成して紹介すればよいのだと思います。
「連続ドラマの聖地巡礼にくる日帰り客を宿泊させるための施策」という観点からみると、①をもう少し踏み込んで「1泊2日で回る聖地巡礼ツアー」の様なツアー提案を行う、というものいいですね。裏手には大型バス1台が停められる駐車場がありますので、旅行会社とコラボしてパックツアーの実施までつなげても良いかもしれません。このような感じでしょうかね。

【改善答案】

施策は、連続ドラマの舞台となった名刹と商業地域を1泊2日で回る「聖地巡礼ツアー」を旅行会社と協働で企画・実施する。これにより大都市圏から日帰りでX市を訪れる観光客に対して宿泊需要を喚起する。(95文字)

6.その他資料

■SWOT分析

S:
・明治初期に創業し、約150年の歴史
・最近雇用した英語に堪能な従業員
・和の風情がある苔むした庭園
・館内の廊下や共用スペースに歴代の社長たちが支援してきた芸術家たちによる美術品が随所に配置され、文化の香りに満ちた雰囲気
・海外でも名の知られた作家や芸術家の美術品
・空港、大都市から2時間のX市市街地中央に立地
・外国語で予約が受け付けられるホームページ
・館内Wi-Fi
・モバイル決済(予定)
・器にこだわり、日本の朝が感じられる献立の朝食
W:
・拡大する観光需要を享受できていない
・民間企業に勤めていた30代後半の社長が急遽2年前に事業を承継(経験・ノウハウ少ない)
・夕食は提供していない
・宿泊棟は築45年で、客室にはずっと手を加えていない
・大浴場がなく、各部屋に洋式トイレとバスを設置
・固定客がいたため、大したプロモーション活動を行ってきていない
O:
・400年以上続く地域の祭りの見物客は近年、年々増加
・X市の名刹と商業地域が高視聴率ドラマの舞台となり一躍脚光を浴びる
・地域がエリア一帯の美しい街並みと活気の維持に熱心
・夜間の滞在人口は増加傾向
・古き良き時代の日本を感じさせるX市の街のたたずまいは観光地として人気
・和の風情を求めるインバウンド客
T:
・なじみ客の高齢化が進み減少傾向

■B社が利用可能な資源

※会社の変遷に関する記述がほとんどありませんので代わりにまとめてみました。

<内部資源>

・英語に堪能な従業員
・従業員教育による外国語対応
・大型バスが停められる裏手の駐車場
・館内の大広間
・和の風情がある苔むした庭園
・廊下や共用スペースの随所に配置された美術品と文化の香りに満ちた雰囲気
・X市の城址、名刹・古刹、商業地域に徒歩圏内の立地
・空港や大都市圏から2時間ほどの立地
・無料Wi-Fi
・外国語で宿泊予約可能なホームぺージ
・モバイル決済(予定)
・器にこだわり日本の朝を感じられる献立の朝食

<外部資源>

・400年以上続く地域の祭り
・祭りの展示施設での山車引き体験
・様々なタイプの飲食店と銭湯
・地元の割烹料理店の仕出し(夕食)
・地元の篤志家が建設した美術館
・連続ドラマの舞台としての注目
・名刹の通年ライトアップ
・地域ボランティアによる観光案内
・増加する夜間の滞在人口
・インスタ映えする歴史ある街並み
・インスタ映えするスイーツや伝統を思わせる和菓子
・急増する和の風情を求めるインバウンド客

 


いかがでしたでしょうか。少しでも2次試験の思考プロセスが臨場感をもって伝えられていたら幸いです。では、次回は事例Ⅲを実況してみたいと思います。以上、なおさんでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
クリック(投票)お願いします!皆様からの応援

の続きを読む »

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちら
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら(3月24日(日)12時受付開始予定)
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちら
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

こんばんは!10代目のたっつーです。

過去記事はこちら;

(勝手に永久保存版)独学向け・一次試験の短期攻略法
【今やっておきたいこと】学習計画の立て方&今から2次試験の過去問をやるべき?
自己紹介&ストイックモチベ維持

何だかんだ3回も(?)記事を書いたんですね~。
1年間で約30回自分の担当が回ってくることには目をつぶり、今日も頑張って書き進めていきます。

とはいえ、3回真面目な記事が続いたので、今日は、ちょっと「ゆるわだ+α」の記事で行きたいと思います。

 


【今日の記事の目次】
◆ 平日夜セミナーのお知らせ
◆ 弁護士が平成30年度1次試験経営法務を解いてみた
◆ 解説

 

◆平日夜セミナーのお知らせ

さて、先日も告知しましたが、4月18日(木)に、(多分)道場では初となる平日夜セミナーを開催します!
実は、この企画の言い出しっぺは僕なのです(えへへ)

僕は、昨年1次試験が終わって自己採点し、自分がぎりぎり合格したことを知った後、まずは情報収集だ!ということで、色々調べている内に、初めてこの「一発合格道場」を発見しました。
過去の道場メンバーの方々による数々の名作記事に引き込まれている中、ふと、その週末の土曜日に「夏セミナー」が開催される旨のお知らせを発見しました。

こんな凄い記事を書いているメンバーによるセミナーなんて、絶対素晴らしいに違いない!と思って是非参加したかったのですが、残念ながら、土曜日には既に家族サービスの予定が入っており、泣く泣く出席を諦めました・・・

その後、何のご縁か、自分自身が道場10代目のメンバーになったのですが、上記の経験があったので、

・セミナーが、東京・大阪でたった1日ずつしかないと、たまたまその日に予定が入ってた人が悲しい思いをする。
・そもそも「土日は常に仕事」というサービス業の人や、家族サービスの関係で土日の外出が難しい人は、セミナー出席が原始的不能状態

と思い、「土日ではなく、平日夜のセミナーを開催したい!」ということで、今回企画したのです。

とはいえ、正直どれくらい参加者の方が来てくれるか分かりませんので、まだ実現できるかどうか分からないのですが、もし、「土日は行けないけど、平日夜なら行ける!」という方は是非ご応募ください!
(申込開始は、こくちーずにて、24日(日)午前12時です。最低、5名集まればセミナー開催します!)

もし好評であれば定例化するかもしれませんし、また、将来的には、別の切り分けでのセミナー(地方セミナーやママさん向けセミナー等)も実現できたらなぁと思っています。

 

弁護士が平成30年度1次試験経営法務を解いてみた

僕の本業は弁護士ですが、弁護士資格を持っていると1次試験の「経営法務」が免除ということで、その恩恵にあずかり、昨年は経営法務をパスしました。

ご存じの方も多いと思いますが、昨年の1次試験の経営法務は、多くの人が「超難化」と評価するほど難しかったそうです。
実際、科目受験者数13854名に対して、科目合格者数が713名で、たった約5%!(平成30年の1次試験の合格率が23.4%で、経営法務だけに絞ってみても、過去5年平均で約10%弱の科目合格率ですので、いかに低いかがお分かりになるかと思います。)。

これでは、あまりに科目合格者数が少ない&40点以下の足切り者も続出ということで、全受験者に「8点追加」(2問分の下駄を履かせる)という、過去にない異例の措置がとられました。

この「超難化」の経営法務について、合格後の飲み会等で、色々な方から「弁護士がこれを解いたら何点なの?」と聞かれたので、今回、時間を計って解いてみました。

早速ですが、結果は・・・。

84点!

(それなりに良くて安心・・・。てか免除せずに受けとけば良かった。)

不正解だったのは、第1問(合同会社と株式会社の違い)、第8問(意匠制度における「意匠の類似」)、第12問(立体商標)、第14問(マドプロ出願)の4問でした。
(普段あまり仕事で扱わないせいか、知財系の問題が難しく感じました。)

自分の専門分野(企業法務)と重なる問題が多かったことや、(絞りきれない問題については)まさに「リーガルマインド」に基づき「う~ん、よく分からんけど、何となくこれっぽいな」という勘がことごとく当たったこともあり、意外と取れていたという印象です。

でも、これかなり難しいですよね・・・。
弁護士も細かい法律の内容や条文までは覚えませんので(必要なときに調べて確認する)、この難易度で科目合格した方は、本当にすごいと思います!!
(そもそも、経営法務自体の勉強範囲もかなり広いですし。)

 

◆解説

さて、上記だけで今日の記事が終わってしまうと、読者の方にとっては、本当にどうでもいい記事になってしまいますので、平成30年度の問題を少し解説したいと思います。

とはいえ、市販の過去問問題集の解説の方が、すっきり簡潔にまとまっているので、全問題を解説することはしませんが、TACの「第1次試験過去問題集」において、特に正答率が低い「Eランク」の問題とされている以下の4問について、少し「解説・関連知識」をお伝えしたいと思います。


第2問
:組織再編において、簡易手続・略式手続を採用できるかどうかを問う問題です。一見難しいですが、趣旨から考えれば正解にたどり着けるかもしれません。

ざっくり言うと、①簡易組織再編は、「組織再編に伴って、あげる財産orもらう財産がめっちゃ安いから、株主に一々説明する必要なんてないぜ。だから株主総会決議じゃなくて、取締役会決議で決めちゃおうぜ!」というものです。
吸収合併の消滅会社は、会社自体がなくなるわけですから、「株主に一々説明しなくて十分!」とはならないですよね。だから、吸収合併消滅会社には簡易手続の適用がないわけです。

②次に略式手続は、「組織再編の相手に、株式を90%以上も持たれちゃってるんだよね。だから、株主総会にかけてもどうせ賛成になっちゃうんだから、開催するのが大変な株主総会やる意味なくね?取締役会決議で十分!」という制度です。

新設合併、新設分割では、そもそも新設会社自体がまだ出来ていないわけですから、「株式を90%以上持たれちゃってんるだよね」という会社間の関係がないわけです。だから、新設型の組織再編(新設合併、株式移転、新設分割)では、略式手続の適用がないわけです。


第18問設問2
:市販本の解説にあるとおり、①共同発明では、共有持分に基づく特許権の実施は自由(共有者の同意不要)、②共同著作では、原則として全員が共同でなければ権利を行使できない、ということですね。

もし追加で覚えるとしたら、共同著作であっても、権利侵害に対する差止請求などの手段は、それぞれの著作権者に認められるということは覚えておいてもいいかもしれません。
ちなみにですが、民法上の「物の共有」でも、保存行為は単独でできるとされています。例えば、不動産を2人で共有しているときに、知らない人が勝手に占拠してたら、それに対する妨害排除請求や返還請求は、共有者がそれぞれ単独ですることができます。

こんな感じで、他の共有者の不利益にならない行為は、単独で出来るようになってるんですね~。


第19問
:相殺に関して、かなり細かい論点が問われていますね。

特に市販本の解説に付け加えるようなことはないのですが、関連知識としては、相殺の受動債権(相殺を主張するときに、自分に向いている債務をイメージしてください。)とすることができない債権は、この問題で問われた①不法行為による損害賠償債権のほかに、②差し押さえの禁止された債権(例えば、会社が従業員に支払う給料ですね。会社が給料を全額相殺できてしまうと、従業員は、働いても働いても生活費が稼げなくなってしまいます。)、③差し押さえを受けた債権の3つがあります。

③はイメージしにくいかもしれませんが、非常にざっくり言うと、

・Aさんは、Bさんにお金を貸しているのにBさんが返してくれないので、かわりに、BさんのCさんに対する債権を差し押さえました。

・でも債権を差し押さえるのって、裁判所に行かなくちゃいけなくてすっごく面倒だった!

・そんな面倒な手続きをして、せっかくBさんのCさんに対する債権を差し押さえたのに、Cさんが「あ、ごめん。最近俺Bさんに金貸したから、それと、あんたが最近差し押さえた債権とを相殺するわ。悪いね。」って言って、そんな軽い感じで差し押さえをなかったことにされるのは、まじ勘弁!(→Cさんは相殺主張できない)

というところです。
(かなり端折ったのですが、これでも分かりづらいですね・・・すみません。)


第20問
:・・・この問題で問われているのは、中小企業診断士として必要な知識ではないと思うので、さすがに復習は不要な気がします。
(少なくとも、六法が手元にない状態で答えられるような能力は不要と思います。)
むしろ、法定相続分の割合(配偶者1/2、直系卑属1/2 等)や、相続放棄の期間制限(相続開始を知った時から3か月以内)等の基本的知識を押さえるのを優先した方がいいでしょう。

 

経営法務は苦手な方が多いと聞いたので、今後、理解しにくい分野の解説記事をアップしていきたいと思います。
引き続き、宜しくお願いします!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込み受付3月24日(日)12時開始
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!
名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


☆もくじ☆
1.記憶定着のための3つのポイント
2.自分の得意分野に引き寄せて、苦手を好きに変える
3.経営情報システムの攻略法
4.中小企業経営・政策の攻略法
5.直前詰め込みについて

文字数:約3300字(約5分で読めます)


こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!
TACストレート本科生の講義スケジュールでは、情報が終了し法務に突入したころですね。。たいへんですよね。。速習クラスは経済の真っただ中で、4月からの暗記3兄弟(情報、法務、中小)を間近に控えている時期でしょうか。
前回の記事の「合格体験記分析」では、苦手科目の上位に法務、中小がランクインしており、「暗記科目って苦手…」と感じる方は多いのではないでしょうか? 私は記憶力が良いほうではなく、特別な知識を持っていたわけではないのですが、暗記方法を工夫することで、情報と中小で高得点をとることができました(情報84、中小81)。そこで今回は、私の考える「暗記科目の攻略法」についてお届けします。
なお、法務は加点後48のため今回は書けません…。10代目法務部(たっつー&いよっち)にまかせた!

1.記憶定着のための3つのポイント

①反復復習する
②問題を実際に解いてアウトプットする
③自分の得意なものに引き寄せて、苦手を好きに変える

記憶の定着に関しては、カナダのウォータールー大学のよく知られた研究があります。

引用元:ウォータールー大学のHP

学習後何も復習しなければ、どんどん記憶は衰えていく一方ですが、次のようなペースで復習をしていけば、記憶がよみがえるのだそうです。
復習1回目:学習後24時間以内に10分間
復習2回目:1週間以内に5分間
復習3回目:1か月以内に2~4分間

診断士試験の場合、こんなに短時間で復習するのはムリだと思いますし、復習と復習の間隔にも個人差があると思いますが、間隔をあけた反復復習が大事であることは間違いなさそうですね。

また、脳研究者の池谷裕二氏は、アウトプットの重要性を書かれています。

“情報の入力と出力では、脳は圧倒的に「出力」を重要視します。「この情報はこんなに使われるのか。ならば覚えなければ」と海馬は判断するのです。
勉強の仕方でいえば、教科書や参考書を何度も見直すよりも、問題集を繰り返し解くような復習法のほうがより効果的といえます。”

引用元:PRESIDENT Online『「復習4回」で脳をダマすことができる』

テキストの理解に長い時間をかけるよりは、どんどん問題集を解いたり、テキストにメモを書き込んでいくことが効果的ということですね。

2.自分の得意分野に引き寄せて、苦手を好きに変える

これは経験上けっこう重要だと考えていますので、しっかり解説しますね。
「苦手だな、なかなか覚えられないな」という科目は、内容が難しくて理解できないから。それならば「自分の得意な方法で覚える」か、「自分の好きなものと結びつける」という方法で、中身はさておき、カタチから好きになってしまいましょう!苦手な科目でも、好きになれば一気に仲良くなれますよ♪

■自分の得意な方法で覚える

以前ちこまる(仮)やksknが、「自分に向いている覚え方」についての記事を書いていました。
ちこまる落書きする・他の人に聞いてもらう
kskn5回音読する
私は「ゴロ合わせ・お絵描き・ポケテキへのメモ書き込み」という方法が向いていました。ゴロ合わせは学生時代にものすごい量のゴロを覚えました。古文、英単語、歴史…はるか昔の思い出。。
ご自分の得意な覚え方をうまく活用されると良いと思います。

■自分の好きなものと結びつける

よく「趣味は形から入る」という人がいますが、この方法はまさにそれ。例えば私は法務が苦手なのですが「法務を勉強する時には、すごくおいしいコーヒーを入れる」のような感じで、強制的にモチベーションを上げる方法です。「法務の勉強ではおいしいコーヒーが飲める!」みたいに、学習時間を楽しい時間に変えるとアタマに入りやすくなる気がします。
それでは実際に、情報と中小は具体的にどのような方法で覚えたのかを解説します。

3. 経営情報システムの攻略法

①ゴロあわせ重視
情報はゴロあわせを最も活用した科目です。「この単語覚えたいけど、なかなか定着しないな」と思ったら、その場ですぐにゴロを作ります。すぐに作れなければ「ゴロ待ち」の単語をメモしておき、スキマ時間にまとめて作ります。情報ゴロ合わせは、ゴールデンウィーク後に予定している「渾身!論点シリーズ」で1回分書く予定ですので、よろしければご参考にしてください。

②時にはお絵描き
例えばインターフェース。全然覚えられないので、スマホで画像検索してテキストにささっと絵をかきました。下手でも全然OK。「SCSIってこんな形なんだぁ」など、スッと頭に入って定着します。

③日常生活で知識を復習
職場でPCを起動するとき「BIOS」と出てくるのを見て「あ、BIOS出てきた」と考えたり、夫がIT系なので「ねぇLPWAって知ってる?」と話題を振ってみたりしました。普段の生活で意識的に学習内容に触れるようにすると、知識が定着しやすいですよね。

4. 中小企業経営・政策の攻略法

①「頑張れば80点以上を狙える」科目であることを意識する
これは予備校の先生から中小の第1回目で言われたのですが、

経営:難易度の変動が激しいため、5割を目標にする。
政策:出題論点がある程度決まっているため、8割の得点を目標にする。
押さえるべきところを押さえて勉強すれば、80点以上が狙える。しかも実務に役立つから覚えておいて損はない。得点源にしましょう!

「攻略法」とか「覚え方」というわけではないのですが、この一言がものすごく心に残り、「80点を目指せるんだ!」という気持ちが頑張る土台になりました

②『一発合格まとめシート』でインプット
9代目きゃっしいさん著のテキスト超おすすめです!!80点以上とれたのは、多分この本のおかげ。

〈メリット〉
様々な政策をまとめた表が秀逸で、試験で狙われやすい論点を串刺しで覚えられる(この表が手元にあるかないかで、2マークくらい稼げるインパクトはあると思う)
ゴロ合わせやイラストで、膨大な知識をスッと覚えられる
〇「まとめシート」の重要ワードが赤字になったバージョンがデータでついてくるので、手軽に持ち歩いて反復復習できる

ちなみに「一発合格まとめシート」は7科目が前編・後編の2冊に分かれており、後編には「経済、情報、法務、中小」が収録されています。他の科目にもイラストや語呂合わせが数多く載っていますので、暗記科目が苦手な方にとってはかなりオイシイ1冊だと思います。

③同友館『過去問完全マスター』でアウトプット
中小は法改正がありますが、この本は過去問を法改正に対応させたうえで掲載しているため安心です。

〈メリット〉
〇論点別に過去問が掲載されているため、タテ解きが可能
〇掲載問題がABランク中心のため、しっかり基礎固めができる
〇出題頻度の高い論点はページ連続で何題も掲載されているため、いやでも覚えることができる

『一発合格まとめシート』でインプットしつつ『過去問完全マスター』を5回転すれば、80点台はもうすぐそこ!?
※「テキストを絞り込んでしゃぶりつくせ」と口酸っぱく言っている私ですが、中小だけは法改正&白書対応があるため、問題集を別に調達したというわけです。

5.暗記科目の直前詰め込みについて

前回の記事で「H30年度合格体験記の分析」を行ったところ、超短時間型や効率重視型の学習タイプの人には「暗記科目は試験の直前に詰め込む」という傾向がありました。「直前」とは具体的にどれくらいの時期をさすのかは人それぞれでしょうが、(1週間?それとも1か月?)よほどの超人でない限り、「直前詰め込みタイプ」も反復復習を行っているのではないか、と推測します。また、「試験前1か月からは暗記科目に割く時間を増やす」など、時期によって学習科目の濃淡をつける方法も効果的だと思います。
直前詰め込みを行う方は、「短期間で反復復習するテクニック」を見つければ、点数を伸ばせるかもしれません!10代目の短時間学習トリオ(そーや、たっつー、どいこう)のノウハウを、Let’sパクってカスタマイズ♪

以上、かわともでした!今日も明日も、皆さまにとって良い日になりますように。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込み受付3月24日(日)12時開始
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

みなさんこんにちは😊ちこまる(仮)です。合格体験記はこちら

さて、桜が咲き始め、花粉が飛びまくり、今年鼻花粉症デビューした身としてはティッシュが手放せなくなった今日この頃。

道場メンバーの投稿も一次試験対策が多い中で(一次の記憶がほとんどない)私から今回お伝えしたいのは、アタマの中を可視化する「ハコ法」(ちこまる(仮)命名)についてです。今年一次試験の科目が残っている方は1次に集中している真っ最中かと思います。また、二次試験中心に勉強されている方も、勉強法を模索している時期ではないでしょうか。今日は二次試験の概要とともに私がやってきた二次試験の得点を安定させる方法をご紹介したいと思います。

二次試験とはお客さんがオーダーしたメニューを忠実に提供すること

東京の春セミナーでは二次試験の概要を私がご紹介する予定なのですが、二次試験というのは、「出題者というお客さんがオーダーしたメニューをできる限り一般的な形で提供する飲食店になる」というのに似ています。

「チャーシューメン大盛り麺固めもやし抜き1杯」と言われているのに、チャーシューが入ってなかったら、みなさんどう思います?もやし抜きといったのに、もやしが入っていたら?大抵の人は文句を言うと思います(笑) ましてや麺がなかったりしたらなおのこと。お金返して!と言いたくなりますね。この、「チャーシューメン大盛り麺固めもやし抜き1杯」のオーダーに、ちゃんとチャーシューをもりもりにして、麺を固めにして、もやしを抜いて、大盛りにして提供することができるのが得点の高い答案(になる可能性が高い)ということです。

例えば平成30年事例Ⅱ第2問を見てみましょう。

2 問(配点 25 点)

B 社は今後、新規宿泊客を増加させたいと考えている。そこで、B 社のホームペー ジや旅行サイトに B 社の建物の外観や館内設備に関する情報を掲載したが、反応が いまひとつであった。B 社はどのような自社情報を新たに掲載することによって、閲 覧者の好意的な反応を獲得できるか。今後のメインターゲット層を明確にして、100 字以内で述べよ。

ここで、外してはいけない「チャーシュー」は自社情報、今後のメインターゲット層です。自社情報が入っていない答案は、かなり点数が低い答案になると思います。また、入れてはいけない「もやし」はB 社の建物の外観や館内設備ですね。

さらに、加点要素になり得るものとして、知識系キーワードがあります。これはいわば、お店によって入っているか入っていないかが分かれるトッピングで、煮卵半個のようなものだと思ってください。チャーシューメン大盛り麺固めもやし抜き1杯には、煮卵が入っているかもしれないし、入っていないかもしれない。お客さんはどちらを望んでいるかわからないから、とりあえず入っていそうなら入れておいたほうがいい、という判断になります。

この問題の場合は「口コミ」といった言葉でしょうか。煮卵半個、のり、ほうれん草、あたりまでは、まぁラーメンのトッピングとしてはありかなと思いますが、カニが入ってたらどうですか?それはもはや、カニラーメンという名前がついているはずです。ですから、何でもかんでも知っているものを詰め込めばいいというわけではありません。気を利かせて入れてもいいですが、あくまでも「入っていそうだな」と思うものにとどめておいたほうが、他のキーワードを入れる余地が残ります。二次試験は加点方式という噂がありますが、いらないキーワードを詰め込んで0点になるくらいなら、白紙の方が時間が作れてまだまし、というものです。

ハコを作って埋めていく!

では、何がメインの具で、何がサブの具になり得るのか、加点要素になり得るキーワードの見極めを設問分析の時点で予想して書いておくというのがハコ法です。このハコ法、実は9代目の桃ちゃんから教えてもらったもの。ちこまる(仮)と桃ちゃんは、2017年(桃ちゃん合格年度)に同じ勉強会に参加していました。彼女は診断士受験生のネットワークも広く、幅広い情報収拾をしていて、「こんな方法あるらしいで〜」とチャキチャキの関西弁で教えてくれたのです。

ハコ法はシンプルにいうと、解答の構成要素となり得るチャーシューを設問分析の時点でハコにして、与件本文を分析する際にはそのハコのタイトルを頼りに構成要素のチャーシューっぽいキーワードを抜き出し、どんどん放り込むことでキーワードの抜き漏れと反映漏れを少なくするという手法です。

手順① 構成要素をハコにする!

問題を解き始めて、私が一番最初にやっていることは、全体の解答用紙のボリュームを確認し、与件本文冒頭の数行を読んで、設問分析をすることです。

設問分析を最初にするのはとにかく思い込みによるバイアスを外すこと。与件本文を読む前のまっさらな頭は一番、「チャーシュー」や「もやし」を見つけやすいのです。この時煮卵やのり候補も見つかっていれば最高ですが、まずは構成要素として欠かせないものをメモにします。先ほどの例では「何情報」、「ターゲット」というハコを用意します。

手順② 食料庫からハコに入れるものを見つけて放り込む!

さて、一通り具材の予想がついたところで、そのあとは与件本文を分析します。与件本文分析は、いわゆる食料庫。材料がたくさんおいてある場所だと思ってください。ただしその材料は、ほとんどが文字で書かれており、見た目で判断していくのは難しいです。大量の食材が置いてある中で、何を探しに来たかがわからなくなるとオーダーそのものが見えなくなるということが起こります。もともとチャーシューメンを作ろうと思って材料を探しに来たのに、もっとおいしそうなステーキ肉が見つかったから、ステーキラーメンを作ってしまおう!!きっとその方がおいしいに決まってる!!という謎の思い込みが、与件本文を読んだ後に発生するのです。同じ肉だからいいじゃない!とかね(笑)

でもそれ、もうステーキラーメンですし、オーダー違いですし、あんまり頼む人いないです。。。

このような、与件本文を読んだ時にいかにもなキーワードが見つかった時、それがちゃんとオーダーにあっているのかを確認するプロセスを入れる、というのがハコ法の重要なポイントだと思います。

手順③ 食材をハコから取り出して調理する!

一通りハコに食材が入ったら、そこから決められた器(文字数)にあわせどういう順で入れていくと良いかを考えます。論理的な展開になっているか、結論がわかりやすいかなどを考え、入れる順序や文言を決めていきます。ボリューム調整もこの段階でかけていきます。

手順④ お皿の上にきれいに盛り付ける!

採点者も人間ですから、美しく、わかりやすく盛り付けて欲しいと思うものです。チャーシューメンだけどチャーシューは全部麺の下にありますので!というチャーシューメン、一般にはあんまりありません。インスタ映えの真逆を行く仕上がりは、好まれないです。ちなみに奇抜で斬新だけどチャーシューは入ってます!うちは麺にチャーシュー練りこんでます!とかいうラーメンは、点数があんまり伸びないと思います。予想ですが採点者の試食(採点)時間は大変短く、わかりやすく「チャーシューたくさん入ってますよ!」というアピールをしていかないと、魅力的には見えません。親切丁寧に試食してくれるわけでは必ずしもないということも覚えておきましょう。

番外編 同じ食材が二つのハコに入りそうな時

汎用性の高いキーワード(食材)は二つのハコに入りそうに見える時もあります。丁寧に見ていけば見定められるケースもありますが、なんだかよくわかんないなぁ、という時にはリスクを分散するためどちらにも放り込む!は選択肢としてありえます。「チャーシューメン」、というオーダーと「餃子」というオーダーがあった時、どっちにもネギ入ってそうに見える…ということもありますね。売上向上、とか、愛顧向上などでしょうか。与件本文に出てくるキーワードでもどちらに使えばいいかわからない時がありますので、めちゃくちゃ悩んで一つに絞った挙句、外すくらいなら、さっくりとどちらにも入れるという決断をしてしまった方が合理的かなと思います。

これからトレーニングしてみようかな、と思う方へ

さてここまでがハコ法の概略です。最初は少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてくるとハコのサイズや具の選定などの精度が上がっていきます。そうすると、設問分析で他の人より少し時間がかかる傾向にはなりますが、探したものを調理して盛り付ける、という、構成要素を考えて作文をしていく作業が格段に早くなります。キーワードで要点を把握するタイプの方には一度試していただきたいです。とはいえ、実は最初に勧めてくれた桃ちゃんはこの方法を採用しなかったのです(笑)。というのも、彼女の場合はキーワードを見抜いて抜き出す力がピカイチで、ハコなんかなくてもザクザク抜いてきた強者でした。また、ほぼ下書きを作ってから答案を作っていくという、速書きの持ち主でもありました。なのでキーワードを抜くよりも文章を書いた方が早いタイプだったのではと思っています。したがって、ハコ法人は選びますが体得すると得点が安定してくるやり方の一つだと思います。

やってみようと思った方にもう一つお勧めしたいことがあります。それは読める字を早く書く練習と、キーワードをいち早く掴む読み方のトレーニングです。一見診断士とは直結しなさそうですが、これはいわば読み書きのスキルを高めるようなもので、診断士に限らず役に立つシーンが多いスキルでもあります。残念ながら付け焼き刃では身につかないので、今この時期だからこそお勧めできるやり方でもあります!一次試験の勉強に飽きちゃった時、二次試験といてみようかな〜と思ったら、一問でもお試しいただければと思います!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

以上、ちこまる(仮)でした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込み受付3月24日(日)12時開始
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

おはようございます!かもよです。春セミナーへのたくさんのお申込み、ありがとうございます!おかげ様で、東京セミナーは昨日一旦満席になったようですね。まだ迷ってるあなたあなたにも来てほしい!!むしろそんなあなたに来てほしい!!
……ということで!東京セミナーの枠を5名増員して65にします!!
はい、迷ってるあなた!今がチャーンス!ご参加お待ちしております!

 

朝勉のススメ

ちょっと前まで寒くて本当にお布団から出たくなかったものですが、最近はなんとなーく外が明るくなるのも早いし、朝も暖房なしでも暖かくなってきましたね。さぁ、チャンスです。

朝に勉強しましょう!!

もし今勉強時間の捻出に困っていて朝勉をしていないなら、この時期から始めるといいです。冬は寒くて布団から出たくないですし、梅雨は気圧が変化しやすく起きづらい。始めるなら、まさに今、です。
なぜそんなに朝勉強を進めるかというと。
まず一つ目は、本番対策です。
夏の一次試験本番、試験会場に向かいます。近くにカフェがあるのを下調べしているのでそこに向かいます。ですが……そこには、同志たちがいっぱいで席がない……ってなったら悔しいですね。特に一日目の午前は経済学と財務会計。午前中は頭がパッとしないんだよね……。なんて言ってられません。
もう一つは、メリハリです。
仕事に、家庭に、趣味に、一日の時間は限られています。仕事が終わった後勉強をしようとしても、あの仕事こうすればよかったかな……とか。子供を寝かしつけてから勉強しようとしてるのに、全然寝ない……と思ったら寝落ちしてた!!とか。また、夜は時間無制限になってしまい、だらだらと勉強してしますこともしばしば。それなら、いっそのこと、家に帰ったら勉強はしない、と決めて、朝起きて1時間だけでも勉強した方が効率的かもしれません。すっきり寝て、勉強のことだけを考えられる安心の時間です。
まずは、今日寝る前に、机の上に朝やる勉強道具をセッティングしておくとこから始めてみるのはどうでしょう。ちょっと「置いたからには明日起きてやるぜ」ってなるかもです。
ちなみに、あくまでメリハリをつけよう、ですよ。やっぱり朝が苦手だわー、で起きなかったら意味ないですからね~。

 

「教材をしぼってない?」記事を書くにあたって

さて、今日の記事を書く前に朝勉のことをどうしても書きたかったのですが、それは私の時間の活用法が2軸あったということをまず言いたかったからです。
軸の一つが朝、昼、晩+土曜の机時間。この時間は最初に購入したTACの教材、主にトレーニングを回していました。トレーニングを解く、ポケテキにまとめる、という、まぁ、それは、ほら、先日のリーダーの記事が詳しいのでこちらを見ていただいて。
もう一つが、通勤時間+とにかく隙間時間。ここで、「STUDYing(スタディング)」(旧・通勤講座)をまわしていました。つまり、私はある意味、教材を一つに絞ってないんですね。そしてそれは、2軸どちらの時間も活用したかったから、という理由からなのです。つまり、どちらの時間も使って、どちらも鶏ガラ勉強法をし、2つを集約していきました。
というのも、まず前提としてもし今使っているほかの教材があるなら、「今から教材をすべて乗り換えよう」とは思うならば、もったいないです。北京ダック勉強法になっちゃいます。まずは記事を読んで、今の教材にSTUDYingを追加する時間が作れそうだぞ!?もしくはこれから勉強を始めようとしていてSTUDYingでいけそうじゃない!?と思った方は是非活用をオススメします。

ということで、今日の本題、「STUDYingの活用法」のお話です。
念のため……これは私が勉強していた時点での情報です。お読みになっている時には仕様の変更などがある場合があります。あらかじめご了承ください。

まずはかもよのSTUDYing総勉強時間

STUDYingには、「学習レポート」という機能があります。こちらは、学習時間とどの分野をやったか、などを追うことができます。これによると、かもよの総学習日数は265日、総時間は約220時間一日当たり50分です。この中には土日も含まれているので、一概には言えないところがありますが、通勤時間が片道30分ですので、ほぼ通勤時間を勉強に当てることができました。かつ、二次試験の勉強中は、教材で時間を計っていなかったため、一次試験のみの時間です。この時間で付属の問題集を9割以上解けるよう回していたので、活用時間の基準としていただければと思います。(もう一軸で600時間程度勉強しているため、STUDYingに絞った場合はもっと時間がかかると思われます)

インプットの話「聴く」

教材の中身の話をします。私は通勤時間が電車が少しで徒歩の時間がほとんどです。なので、歩きながら勉強できるようにすることが最大のポイントでした。そこで、メリットの一つ、「音声講座」を活用しました。最初は1.5倍、2回目以降は2倍にしていました。3倍も試しましたが……私の力では追い付けませんでした(笑)一単元の長さは、30分~60分程度です。ですので、2倍にすれば、ほぼ片道で聞くことが可能です。もちろん、巻き戻し、早送りも可能ですし、視聴中に速度を変えることも可能です。まぁオーディオなら当たり前の機能ですね。音声講座は3~5回ほど回していたようです。分野ごとの総時間から割り出したので、苦手な部分はもっと聴いていますね。

アウトプットの話「解く」

電車に乗っている時間と、とにかく隙間時間は「問題集」の時間にしました。
その前に、まずはとにかく隙間時間について。かもよはスマホ依存症です(笑)Twitter大好き、パズド〇とか、娘と一緒に〇〇〇ュアのパズルゲームとかやったり……。はい、どいこーも言っていました、時間を生み出せ、不要な時間は削れ、と……。スマホは遊び道具だと思っていましたが、それが勉強道具になるんですね。ゲームアプリ……今は消しました。ということで、スマホゲームに費やしていた時間が勉強時間になります。それからこれはイレギュラーですが、子供の寝かしつけの時(よし!寝た!)と思ってすぐ動くと、起きだしたりしませんか?じゃあ、横に寝たまま勉強しましょう。スマホで。はい、隙間時間確保です。でも注意が一つ、寝付く前にスマホを触ると光で起きてしまうという逆効果な場合があります。(寝たな……?もう少しじっとしていようかな……?)位のタイミングがベストです!(何が)

そうそう「問題集」についてでした。これのメリットは、復習したい問題のみ繰り返すことができる、という点です。「間違えた問題だけ復習」や、「チェックをつけた問題だけ復習」ができます。また、「練習モード」と「本番モード」の2つがあり、解説をすぐ読むか、まとめて読むか選ぶことができます。私はもっぱら練習モードですぐ解説を見ていました。高速回転が肝ですからね。本番モードだと最初の問題の思考なんてわすれちゃう。ちなみに、これも一問ごとのラップタイムを記録してくれますし、前回・前々回の自分の選択肢と正誤を一覧でみることができます。
ちなみに、私の場合、どの問題も最低でも2回は解いていたようです。回数が多い問題では9回解いていました。

つなぐ「まとめる」

講座には、「学習マップ」というものがあります。分野ごとに知識の観点をまとめてみることができます。最終的にかもよは、経営、運営、情報の3教科をポケテキではなく、学習マップにまとめ、ファイナルペーパーまでこれを使用しました。
メリットは、前回ブログに書いた「知識の俯瞰」が容易なことです。
テキストとか、ポケテキとか……検索するのに手間取ったことはありませんか?特に、内容がそのページで完結せず、次のページに続いているのが私は苦手です。とにかくバッ!!!と見たい(笑)それから、診断士試験は教科を横断する知識が出てくる場合があります。その時に、あっちを開いて…こっちも開いて…あれ、どこに書いてあったっけ、となりたくないという目的がありました。
デメリットは、キーワード主体で補足説明が少ないこと、必要最低限の知識であること。なので、それを書き足しで解決します。
実際に私が編集した学習マップを交えて説明します(学習マップの内容自体が見えないよう、荒い画像を使用しています)。
A3の紙に1面で最大4マップ配置し、それを冊子にしました。それを基本とし、問題ででたこと、気になったこと、関連知識をなんでも書き込んでいきます。
ポイントはマップ自体は白黒で印刷することです。問題に出て覚えられなかったキーワードは黄色マーカーでチェック。補足知識は色付きのペンで書き込みます。(見栄をはって書き込みが多いページにしました)
付箋を貼っているのは、トレーニングを解いているときの知識や、どこに置くか迷った知識などですね。

数ページに一回マップを置かないページを作って、マップにない知識や、まとめ直した知識を書き込んだりしました。

半分に折って、A5サイズで持ち歩いていました。ポケテキよりちょっと大きいですが、一教科20ページ程度と、とても薄いです。

もう一つよく使った機能が「メモ」機能です。
問題集の各問題に付箋を貼る感覚で、メモを作ることができます。問題を解くときは解説を読み、これはマップに書きたい!と思ったものなどをメモにコピペしておきました。
メモだけをあとで一覧で確認することも可能なので、問題に戻ることなく知識の復習ができます。
最近は「マイノート」という機能も追加されているようです。暗記モードなどもありますね……。これは活用してみたかったなー。これからも機能は増えそうですね。

さぁ、若干元も子もないことを言いますが、「聴く」は自分で録音して作成することも可能ですし「解く」は問題集でもできます。「まとめる」もいろいろな方法がすでにある。それがある程度の初期投資で、時間を選ばず、どこでも勉強できる。

以上、かもよでした☆彡

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込み受付3月24日(日)12時開始
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


◆はじめに

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。過去の記事はこちら、合格体験記はこちら

 

2月から15日コースの実務補習だったため、ここ1カ月半は(泣く泣く夜なべしながらブログの記事も書き)かなり忙しかったのですが、昨日、無事修了式を迎えることができ、一息ついたところです(今度は春セミナーの準備が・・・)。修了式と同時に登録手続きも済ませているので、4月には晴れて中小企業診断士として登録される予定です。

ということで、本日は、診断士試験合格後に多くの方が経験することになる「実務補習」について、少しご紹介させていただければと思います。

 

◆実務補習の概要

そもそも「実務補習って何?」という方もいると思いますので、まずは中小企業診断士の試験から登録までの全体像についてご紹介いたします。詳細は中小企業診断協会のサイトをご確認いただければと思いますが、大まかな流れは以下の通りです。

 

(出所:中小企業診断協会)

 

見ていただくとわかる通り、中小企業診断士登録のためには、一次試験および二次試験合格後に、実務補習もしくは実務従事を15日間以上行う必要があります(3年以内に実施、養成課程を除く)。中小企業診断協会が実施する実務補習は、15日間コースと5日間コースの2種類があります。

 

【15日間コース】

2月〜3月に1回開催され、約1ヶ月半の期間で3社(1社あたり5日間)について経営診断・助言を行います。

【5日間コース】
冬期(2月)に1回、夏期(7~9月)に複数回(2~3回)開催され、1社について経営診断・助言を行います。

 

実務補習では、1グループを受講者6名以内で編成し、指導員の先生に指導いただきながら、実際に企業に対して経営診断・助言を行います(現場診断・調査、資料分析、診断報告書の作成、報告会等)。

15日間コースと5日間コースの主な違いとしては、15日間コースは3社の診断を同じメンバーで行いますが、5日間コースは毎回チーム編成されることになります。ただし、基本的には同じ地域のメンバーでグルーピングしてチーム編成をするため、例えば夏期に連続して5日間コースを受けると、同じ人とチームになることもあるらしいです。ちなみに、私は15日間コースのため経験はしていませんが、指導員の先生によって指導方法は異なるようですし、チームメンバーの能力・個性の影響も大きいと思いますので、メンバー構成は非常に重要です(まあ選べないので運ですが 笑)。私の場合は、幸い指導員の先生、チームのメンバーにも恵まれ、実務補習自体は大変でしたが、とてもスムーズに進み、楽しく取り組むことができました。

 

◆具体的な実務補習の流れ

さて、それでは、具体的な実務補習の内容ですが、概ね以下のようなイメージです(状況によって、多少の変動はあります)。基本、初日と最終日は平日で、企業訪問(社長へのヒアリング、報告会)となります。

※以下は、私の経験に基づいた内容となりますので、その点はご了承ください。

 

【1日目】

指導員の先生から診断企業についての概要の説明を受けます。事前に情報をもらっている場合は、当日までに業界研究や企業概要について下調べをしておきます。また、社長へのヒアリング事項について各メンバーで素案をまとめ、チーム全体で共有・調整を行います。これらの事前準備を完了させた上で、診断企業を訪問し、社長へのヒアリングを実施します。

 

【2日目】

社長にヒアリングした内容に基づき、経営戦略の方針についてメンバー間で協議します。なお、可能であれば、ヒアリングした際の議事メモを全員で整理・共有しておくと、後々役に立ちます。皆さんもよくご存知のSWOT分析を使い、外部環境・内部環境について優先順位をつけながら整理します。またSWOT分析の結果を踏まえて、報告書の骨子(章ごとの課題と対応策)についても整理します。メンバーの人数や診断企業の業種によっても変わりますが、おおよその章立てとしては、経営戦略、財務・会計、人事・組織・労務、営業・販売、原価管理、あたりで分け、章ごとに各メンバーが担当することとなります。

 

<2日目~3日目の間>

進め方にもよりますが、ここが一番大変な期間になると思います。2日目と3日目の間は約1週間の期間があるので、自主学習として各メンバーが自分の担当箇所について、報告書を作成します。休日+平日となりますが、家庭があったり、仕事が忙しかったりすると、なかなか時間が確保できず大変です。私の場合は、2社目と3社目の時に時間不足となってしまい、結局前日に怒涛の追い込み(要は徹夜に近い状態)をする羽目になりました・・・。作成は計画的に、ということはわかっているのですが、実際はなかなか難しいですね。

 

【3日目・4日目】

各自が作成した報告書(付属資料を含む)について、内容の確認やメンバー間の調整を行い、報告書をブラッシュアップします。グループによっては異なることもあるようですが、基本的に2日目の時点で方向性は合意・共有しているので、大きな方針変更はなく、報告書の精度を徐々に上げるイメージで進めました。報告書が完成しましたら、最後はkinko’sに行って製本を行い、最終日に備えます。

 

【5日目】

診断協会への報告書の提出と診断企業への報告会(プレゼン)を行います。報告会では、各メンバーが自分の担当箇所を報告しますが、時間も限られていますので、ポイントを絞って報告することが必要です(基本は、社長への提案に重点を置くかと思います)。社長によって反応は様々ですが、我々の報告書が少しでもお役に立てそうな時は、非常に嬉しく感じます。全て完了した後は、みんなで反省会(夜の部含む)をして解散、となります。

 

実務補習は、中小企業診断士に登録するための最後の関門であり、仕事をしながら取り組むのは正直かなり大変ですが、実際に中小企業の社長と話をして経営診断をさせてもらうことは、非常に良い経験になりました。また、特に15日間コースで3社分の濃い時間を過ごしたということもありますが、指導員の先生や同期となるメンバーとの関係は大きな財産になりました。

ということで、少し先の(でも遠くはない)話のご紹介でしたが、試験合格後には、大変ですが有意義な実務補習も待っていますので、楽しみにしてもらえればと思います。

 

以上、ぐっちでした!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込み受付3月24日(日)12時開始
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

どうも、kskn(きしけん)です。

さてさて、最初にお知らせですが、おそらく一発合格道場では初となる、平日夜の春セミナー(@東京)を開催します!!
(パチパチパチ!)
日時は、4月18日(木)19時開始、場所は、田町駅の港区勤労福祉会館を予定しています。

通常の春セミナーは土日開催なので、「土日だと、仕事or家族サービス等で行けないよ~」という方に是非来てもらいたいな、ということで今回企画いたしました。

内容は、通常の春セミナーとほぼ同じ、①セミナー(通常の春セミナーと同じ内容ですが、少し短縮版)、②個別相談会、③懇親会(希望者のみ)を予定しています。
ただし、一発合格道場でも初めての試みで、どれくらい読者の皆様に来ていただけるか全く不明ですので、あまりに参加者が少なければ中止ということもありえます。

土日の春セミナーに行けないという方は、ふるってお申し込みください!
申込み開始は、こくちーずにて、3月24日(日)12時~を予定しています!
(詳細は、上記テンプレ参照)

次に他団体のお知らせですが、タキプロでもブログを書かせていただくことになりました!(こちら)
道場では学習法や解説などの技術(?)面、タキプロではモチベに繋がりそうな精神(?)面などを書いていけたらいいなと思っています。

さらに、タキプロも春セミナーを開催いたしますので合わせて宣伝させてください!
東京は3/21、大阪は4/6、名古屋は4/7です。詳しくはコチラへ!ちなみに大阪セミナーはまだ少し席に余裕があるそうです。皆さんぜひぜひご参加ください!
また、東京ではすでに二次試験向けの勉強会もスタートしています。大阪は5月からスタートです。僕もなるべく参加するつもりなのでそちらもぜひお越しください!

 

では他団体の宣伝も終わったところで(笑)、タイトルにもあります通り、今週から経済学の解説記事を書いていきます。
経済学は二次試験とも関連がありませんし、わりと暗記で対応できる部分もあるので時間をかけて深く理解しようという方は少ないかもしれません。
しかし、経済学は政治や実社会との関連が強い学問ですので、経済学の理解が増すことでニュース等に対してより深い考察ができるようになります。例えばこちら
こうして様々なことに対して考察を重ね、考える癖を付けるということは必ず二次試験にも活きるはずです(ブブさんも仰ってましたね!)ので、経済学への理解がその1つのキッカケとなればいいなと思っています。

解説はなるべく詳しく書きたいと思っていますが、説明が長くなりすぎるのもよくないので一部省略する部分があります。もし分かりづらければ補足しますので、遠慮なくご質問ください。もし説明が間違っていると思った際も、お手数ですがご指摘いただけると幸いです。また、解説を読み始める前にきゃっしぃさんの記事を一読されることをオススメいたします。

 

それでは、第1回は費用関数からいきます。

なお、参考資料としてTACのスピードテキストを使用しております。また、記事に出てくる画像はクリックすると拡大できますので、ご参照ください。

 

・固定費用と可変費用

まず、費用関数とは下図のようなグラフのことですね。

これは生産にかかる費用を表したグラフで、横軸(X)は「生産量」、縦軸(Y)は「総費用」を示しています。グラフは右に行くほどXの値が大きくなることを示しているので、「生産量が増えると総費用も増えていく」ということが分かりますね。

また、総費用はグラフの左側に書いた、固定費用可変費用に分けられます。

固定費用→生産量に依存しない費用
可変費用→生産量に依存し、変化する費用

これは財務の固定費・変動費の考え方と全く同じで大丈夫です。ただ一点異なっているのは、財務における費用関数は直線(一次関数)的なグラフになりますが、経済における費用関数は逆S字型の曲線(三次関数)となります。なぜ同じ物であるはずなのに異なるグラフになっているかはそんなに深い意味はないのでスルーしてください。問題が作りやすいからという理解でいいと思います。

 

また、上で財務のグラフは一次関数、経済のグラフは三次関数と書きました。これを数式で表すと

財務:Y=cX+d
経済:Y=aX3+bX2+cX+d
(a,b,c,dは全て定数)

となります。
さて、それぞれのグラフの可変費用部分と固定費用部分は分かりますか?

 

ここで一旦、言葉の定義に戻ります。

固定費用→生産量に依存しない費用
可変費用→生産量に依存し、変化する費用

そして、グラフにおいて生産量は横軸(X)で示しています。これにより、下記のように言い換えることができます。

固定費用→生産量に依存しない費用→Xによる影響を受けない部分
可変費用→生産量に依存し、変化する費用→Xによる影響を受ける部分

つまり、費用関数@経済において可変費用はaX3+bX2+cX(→Xが入っている部分)、固定費用はd(→Xが入っていない部分)というわけですね。
ちなみにこの固定費用dは、X=0のときのYの値に同じ(Y=a×03+b×02+c×0+d=d)ですので、費用曲線とY軸の交点(これをY切片と言います)が固定費用を示すということが分かります。
(なお、費用関数@財務における可変費用はcX、固定費用はdです)

 

・平均費用と限界費用

ここでは本題に入る前に、知識の確認をしましょう。
5人でいちご狩りに行って、合計で100個のいちごを収穫しました。5人は平均何個収穫したでしょう?
答えは100÷5=20(個)ですね。問題ないでしょう。

少し本題に近づけます。
テレビを10,000台生産するにあたって、費用が200,000,000円かかりました。平均費用はいくらでしょう?
答えは200,000,000÷10,000=20,000(円)です。これも大丈夫でしょう。

では、費用関数における平均費用を求めてください。

どうでしょうか?ここでつまづいてしまった方は、きっと数式を難しく考え過ぎだと思います。もっとシンプルに考えましょう!

平均とは「合計÷数量」であり、また費用関数はX個作ったときの総費用がY円になるよということですから、平均費用(AC)は

となります。(Y= aX3+bX2+cX+dより)

平均可変費用(AVC)も求め方は同じですね。可変費用部分のaX3+bX2+cXを個数Xで割って、

となります。

そして、これらがグラフで何を表すかというと、

平均費用は任意の(=点A, B, Cみたいにどこでもいいから適当な)点における、原点と費用曲線を結んだ直線(赤線)の傾き
平均可変費用は任意のXにおける、Y切片(=固定費用)と費用曲線を結んだ直線(青線)の傾きを表すのです。

 

次に限界費用の説明に移ります。

まずそもそも限界費用とは何かと言うと、「生産を1単位増加したときの総費用の増加分」だそうです。そしてこれは費用関数を微分することで求まります。
これをもう少し詳しく説明すると、微分とは「曲線になってるグラフでもめっちゃズームにして小さな点で見たらほとんど直線に見えるから、その傾きを求めればその点での『生産を1単位増加したときの総費用の増加分』が分かるよね」っていう物なんです。何となく分かっていただけますかね。グラフをめっちゃ細かくするから、微分です。覚えやすい。

 

また、微分して得られた直線は、その点における接線と等しいという特徴があります。


(赤線は微分して得られた直線。費用曲線の接線になっていることが分かる)

つまり、費用曲線上のある点における限界費用とは微分を用いて求められ、それはその点における接線の傾きと等しいということです。
そして、Y=aX3+bX2+cX+dを微分すると、Y’=3aX2+2bX+cとなります。(なぜこうなるかの説明は割愛します。興味あれば質問してください)
※余談ですが、経済学の中で「限界〇〇」となっているものは全て同じように微分することで求められます。限界生産性とか限界効用とか。

 

さて、ここでもう一度費用曲線に戻りたいのですが、様々な点における接線の傾きを考えると、下左図より生産数量の少ない時は傾きが急(①)→緩やかになる(②)→ある点を境に再度急になる(③)ということが分かると思います。この限界費用(MC)の変化をグラフで表すと、下右図のようになります。傾きが緩やかになる=MCが小さくなる傾きが急になる=MCが大きくなるということから、MCのグラフは下に凸になることが分かります。

   

さて、ここで過去問。H25年の第16問です。

もう秒殺ですね。特に解説もしません。

 

・利潤最大化行動

ここはテキストの説明が分かりやすいので詳しくは割愛しますが、企業は「価格=限界費用」となるように生産量を決定します。例えば費用関数がY=aX3+bX2+cX+d、価格が1つあたり100円だとすると、3aX2+2bX+c=100を満たすX個生産します。上で述べたように限界費用は費用関数の接線の傾きを表しますので、収入を示す直線と接線が平行となるような点Xが利潤を最大化できる生産量ということになります。

 

また、上で示した限界費用のグラフに価格を追加すると下図の様になります。繰り返しますが、限界費用の値は費用関数の接線の傾きを示していますので、接線と価格が平行になる=限界費用と価格が等しくなる点が利潤を最大化できる生産量となります。

 

・損益分岐点と操業停止点

まず言葉の説明からいきましょう。

益分岐点→総費用と総収入が一致する点(それより費用が増えると損、収入が増えると益が出る点)。言い換えると、平均費用と価格が一致する点。
操業停止点→可変費用の合計と総収入が一致する点(それより収入が増えると固定費用はいくらか回収できるので操業しても良いが、費用が増えると回収できないので操業すべきでない)。言い換えると、平均可変費用と価格が一致する点。

ここに前項の利潤最大化行動より、企業は価格=限界費用となるように生産量を決定するということが分かっているので、

損益分岐点→平均費用と価格が一致する点。すなわち、平均費用と限界費用が一致する点
操業停止点→平均可変費用と価格が一致する点。すなわち、平均可変費用と限界費用が一致する点

と言い換えることもできます。

これをグラフで表すと下図のようになります。

 

さて、このグラフは損益分岐点と操業停止点を示したグラフですが、このグラフより、「赤線、青線より傾きの緩やかな直線は費用関数と交わらない」ということも分かります。

このことから何が言えるかと言うと、

①平均(可変)費用=限界利益となる点は、平均(可変)費用の最も小さな値となる。
②生産量(X)が損益分岐点(操業停止点)から変化すると、平均(可変)費用は必ず増加する。

という2つのことが言え、これらと損益分岐点(操業停止点)では平均(可変)費用=限界費用となることから、平均費用と平均可変費用をグラフにすると「どちらも下に凸のグラフとなり、最下点(最も小さな値)で限界利益と交わる」ということが分かります。(※ここは少し理解が難しいかもしれません。分かりづらければ暗記でもいいと思います。おそらく深く問われることはないと思うので)
ちなみにこれをグラフで表すと下図のようになります。

また、このグラフは最適な生産量が損益分岐点を上回っているので利潤を得られる状態にありますが、損益分岐点を下回るパターンと操業停止点を下回るパターンのグラフは下の2図となります。

・最適な生産量が損益分岐点を下回るが、操業停止点を上回っているので固定費の回収はできている状態

・最適な生産数量が操業停止点を下回っているので、作れば作るほど損失が拡大していく状態

 

最後に、試験問題ではこのグラフを用いて、利潤総額や固定費用総額、可変費用総額がどの部分に相当するかを問われることがあります。
これを、仮に最適な生産量をX*(X*>損益分岐点)、価格をpとしてグラフに示したのが下図です。

これを順を追って説明していくと、
まず、可変費用総額=平均可変費用(生産量X*におけるAVC)×生産量(X*)(※平均×数量=合計より)となり、下側の赤四角を表していることが分かります。(※AVCの値を縦、X*を横とした四角形の面積を求める計算と同じなので)
また、費用総額も同様に費用総額=平均費用(生産量X*におけるAC)×生産量(X*)となり、これは赤四角全体を表しています。
そうなると、固定費用総額=費用総額-可変費用総額となることから、赤四角全体から可変費用総額分を除いた部分(上側の赤四角)が固定費用総額を表すこととなります。
また、四角全体は売上総額(=価格(p)×生産量(X*))を表しているので、売上総額(四角全体)から費用総額(赤四角全体)を除いた青四角部分が利潤総額を表すこととなります。

ここはぜひ、pが変化して損益分岐点や操業停止点を下回ったケースも考えてみてください。

ここで再び過去問。
まずは平成27年第17問。

すぐ上で説明した通りです。秒殺ですね。

次は平成27年第15問。

これも説明した通りですね。

続いて平成29年第14問。

→グラフから平均可変費用はCH/AHとなるわけですが、△ACHと△ABFは相似(形は同じだけど大きさが違う)関係にあるので、CH/AH=BF/AFが言えます。この中のAFが1ということなのでBF/1=BFとなり、正しいことが言えます。
→原点と点Cを結ぶ直線の傾きは平均費用ですので誤り
→FGは固定費用なので誤りですね。なお蛇足ですが、生産量がQ0のときの総費用は、線BGを更に上に伸ばし、総費用曲線と交わる点(仮に点Jとします)と点Gの長さとなります。総費用がJG、固定費用がFGなので可変費用はJG-FG=JFとなります。
→固定費用は生産量に依存しないので、Q1であってもFG(=HI)です。選択肢の内容は、固定費用=FG+HIということを言っていますので誤りです。
→これは一瞬引っ掛かりそうになりますが、点Cにおける平均費用は線OCの傾きを示していますが、線OCが接線であるかどうかは分かりませんので誤りです。もし、「点Cが損益分岐点である」という記述が問題文にあった場合は、損益分岐点の条件より線OCが点Cの接線と等しいということが言えるので、正しい選択肢となります。

最後に平成30年第19問。

これは総費用曲線と可変費用曲線が別々に書かれているので何となくややこしい感じがしますね。
a→平均費用は原点Oと点Eを結んだ線の傾きなので誤りですね。線OBの傾きは平均可変費用を表しています。
b→費用逓増型は接線の傾きが徐々に急=限界費用が徐々に増加、費用逓減型は接線の傾きが徐々に緩やか=限界費用が徐々に減少となります。しかし費用関数は下図の様に、限界費用が減少→増加へと切り替わりますので、点Aまでは費用逓減→点A以降は費用逓増となり、選択肢とは逆になります。ですので誤り

c→線OEが費用曲線の接線であるという記述がないので微妙なところですが、a,bが明らかに誤りなので消去法で正しいとしましょう。まぁグラフでは接線っぽく見えるのでセーフということで。個人的には条件記述が甘いのであまり良い選択肢ではないと思います。
d→これは必ずこうなりますので正しいです(説明は長くなるので割愛します。興味があれば聞いてください)。これは言い換えると、「損益分岐点より操業停止点の方が生産量が少ない」ということが必ず成り立つということにもなりますのでこれも覚えておきましょう。

 

 

さて、費用関数についての解説は以上となります。数学が苦手な方には少し難しい内容だったかもしれませんが、もし分からない部分があれば遠慮なくコメントにてご質問ください!
このセクションが十分に理解できていれば、生産関数もグラフの形が違うだけで理解の仕方は全く同じだから問題ないと思います。
また、次回以降も大事そうなセクションだけに絞って説明をしていくつもりですが、もしこの範囲をやってほしいという希望があればリクエストお願いいたします。
次回は効用関数とスルツキー分解、それで書く文量が少なければ需要と供給、余剰分析あたりまでいくかもしれませんので、お楽しみに!

PS. Twitterを再開したのでよければフォローお願いします! https://twitter.com/kskn41

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


はじめに

こんにちは、どいこうです。

昨日は確定申告の締切日でした。自営業の方はもちろん、サラリーマンで副業していたり年収2000万円以上の方、特定口座(源泉徴収なし)で証券投資をしている方などはお疲れ様でした。私は2月に申告しましたが、最近はクラウド会計の機能が上がり、chromeブラウザでも電子申告ができるようになったことは喜ばしい限りです。

さて、今日のテーマは資本利益率です。

総資産事業利益率(ROA)と自己資本利益率(ROE)

最初の資本利益率は、総資産事業利益率(ROA; Return On Assets)です。「集めてきたお金(自己資本と負債の合計)が、総体としてどれだけの利益を生んだのか」を表します。自己資本(Equity)も負債(Debt)も含めた「総資本」が対象です。


稼いだ利益から、負債の貸し手への金利を払い、税金を払います。最後に残った金額(すなわち当期純利益です)が株主に分配(配当金および繰越利益剰余金)されます。

「総資本が稼いできた金額」の指標は、ステイクホルダーへの分配前のものである必要がありますから、ROAの分子は利払前・税引前の利益であり、これを事業利益(英語では、EBIT; Earnings Before Interest and Taxes ) と呼びます。

もう一つの資本利益率は、自己資本(当期)利益率(ROE; Return On Equity)です。「自己資本が最終的にどれだけの利益を生んだか」を表します。事業利益から、負債の貸し手への金利を払い、税金を払った後に残った金額(すなわち当期純利益です)が分子となります。

ROAとROEの関係式が示唆する事実

なお、この二者には関係式があります。以下のものです。

覚えにくくて困る方も多いのではないでしようか。

ですが、大丈夫です、私も覚えませんでした。基本的事実から出発すれば、以下の通り、容易に導出できます。

  • 負債利子率i、法人税等の実効税率をtとする
  • 総資産A、負債D、自己資本Eとする→よってA = D + E
  • 事業利益 = ROA × A = ROA × (D + E)
  • 支払利息 = i × D
  • 税引前利益 = 事業利益 - 支払利息 = ROA × (D + E) – i × D
    = ROA × E + (ROA – i)×D
  • 当期純利益 = 税引前利益 × (1-t)
    = {ROA × E + (ROA – i) × D} × (1-t)
  • ROE = 当期純利益 ÷ E
    = {ROA + (ROA – i) × D/E} × (1-t)

この関係式が示唆する事実は何でしょうか?

第一に、(ROA – 負債利子率)という項に注目しましょう。考えてみれば当然なのですが、企業活動全般の利益率が利子率より低ければ、その借入はROEを下げる、という事実を示しています。
例えば、総資本(集めてきた全資金)に対するリターンが3%の場合、4%の借入をしていると、株主の利益にはマイナスの効果があるということです。

第二に、D/Eという項に着目しましょう。前述のとおり、(ROA – 負債利子率)は通常は正の値ですから、これは、負債比率(D/E ratio; Debt-to-Equity Ratio)が上がれば上がるほど、自己資本利益率(ROE)が高まることを示します。

勤め人や消費者として過ごしていると、「借金は悪だ」という概念が刷り込まれている方もいらっしゃるかと思います。かつての私もそうでした。しかし、論理的に考えると、企業は、お金を借りれば借りるほど(自己資本比率が低ければ低いほど)株主の利益を高めることができるのです。そして、その条件は、負債利子率よりも利益率が高いプロジェクトに投資すること、なのです。私はこの事実を最初に知ったとき、非常に大きな衝撃を受けました。つまり、10%のプロジェクトに投資するなら、原理的には5%の金利を払ってもよいわけです。

また、日本について考えると、国家には株主がいないので国民を「株主のようなもの」と類推しますと、日本の国としての負債利子率(国債の金利)は例えば10年物でもほぼゼロですから、多少なりともプラスのリターンが見込めるプロジェクトには借入して投資すべきという判断になります。

国債金利(出所:財務省)

ただし、損益のほかにキャッシュフローの検討も重要です。代表的な項目には、借入の「元本返済」(損益計算に含まれないが、現金支出)と、固定資産の減価償却費(費用計上されるが現金支出を伴わない)などがあります。

中小企業者はROEがお好き?

上記2つの資本利益率概念が重要な理由は、企業経営者が資本構成を(ある程度)選択できるからです。なのですが、中小企業、とくに零細企業の多くが増資をすることは比較的少ないです。
・第一に、多くはオーナー企業であるため、議決権を他人に渡したくありません
・第二に、よほど有望と判断されない限り出資する人が見つかりません

このため、基本的に新規投資は利益剰余金(内部資金)で賄うか、外部資金を利用する場合には借入をおこすことが主流です。ただし、ベンチャーキャピタルから資金調達して上場やM&Aを目指すようないわゆる「スタートアップ」についてはこの限りではありません。

主に負債で資本調達するオーナー企業の経営者にとってはROEこそが重要で、「御社のROAは…」という話をしてもピンと来ないかもしれません。

オーナーの視点を知ろう

中小企業診断士たるもの、経営者の立場を深く理解したいものです。中小経営者の大半はオーナー(株主)ですから、株主の視点で世界を見ています。株式投資をやったことがない方は、たとえ少額でもよいですから、株主となり、株主の立場を経験することをお勧めします。きっと視野が広がり、財務の勉強がもっともっと面白くなると思います。

それではまた!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

どーも、そーやです。

一般的にタブレット(iPad)を活用した勉強方法ってあまり紹介されてないと思います。私も去年勉強開始する際にいろいろと調べましたが、参考になったのがこちらのおとさんの体験記記事くらいでした。そのため今回は、私自身が実践したiPad活用の勉強方法をお伝えしたいと思います。

昨年の診断士試験では以下のツールで勉強を行いました。
・スタイラスペン:ApplePencil
・タブレット:iPad Pro 10.5インチ
・アプリ:GoodNotes4(iOSのみ対応、最新版はver5がリリース済み)

流れとしては、スピテキなどを紙で購入し、PDFに変換し、GoodNotes4で取り込みました。また過去問は協会HPよりPDFでダウンロードできるため非常に重宝しました。

この勉強法のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
携帯性&利便性(すべてのテキスト・過去問・参考資料・ノートが一つにまとまり、どこでも勉強できる。またiPhoneと同期させているので、通勤中も手軽に見ることができる)
効率性(取り込んだ内容は自由に複製できるため、何度も解けるし、何より過去問の分野別問題集簡単に作成できる。特に私はABランクに絞った分野別問題集を作ったりしました)

デメリット
費用(タブレットもそうだがApplePencilが地味に高く初期投資がそこそこする)
事前準備の負担(紙テキストをPDFに変換するのに1冊あたり10分以上、トータル6~8時間ほど単純作業が必要だった)
消しゴムに慣れない(特に2次!シャーペンで紙に書く&消しゴムを使うが久しぶり過ぎて地味に面倒だった)

実際にiPadでつかった内容はこんな感じになります。書き込みが自由にでき、また利用するペンの太さ自由に設定できるため、自分にあったノートが作成できます。なお私はたくさんの色を使うと疲れるため基本3色の細ペン(赤、ピンク、緑)と4色マーカー(ピンク、オレンジ、黄色、青)で使い分けました。

但書(中小企業診断士協会よりDLした過去問に、TAC出版第1次試験過去問題集の一部を利用して作成しています)

 

■iPad活用方法の詳細

①テキスト類をGoodNotesに取り込む
私はキンコーズで購入したテキストを裁断し、複合機でスキャンしてPDFにしたあとに取り込みました。一部は電子書籍でも購入しましたが、必要な部分だけスクリーンショットでJPEG化して取り込みました。なおiPad活用での注意点としては、これらの行為が私的利用の範囲内であることが必要です。勉強会などを含めて、他人に渡すためにコピーしたりPDF化する行為は、原則著作権侵害となりますので、ご留意ください。

②科目ごとにフォルダ分け、テキストも章ごとに細分化
これは使いやすさの点だけの話ですが、GoodNotesではフォルダ分けができるため科目ごとに管理しました。

また画像では企業経営論のテキストを3分割にしています。必要最小単位でファイルも分けた方が勉強しやすかったです。なおフォルダ番号が飛んでいるのは、二次対策で少し変更したためです。

③過去問まとめノートの作成
iPad勉強法で一番良かったことは先述のメリットにも記載した通り、過去問の分野別・論点別のまとめノートを作成するのが非常に簡単だったことです。

内容をサムネールで表示し、それぞれのページをドラッグ&ドロップで移動したり、コピーや削除などもできるためお手製のまとめノートが作成できます。一定数の受験経験者は試験前にファイナルペーパーを作成されると思うのですが、私の場合はこれがすでにファイナルペーパーと同義のものになったので、直前対策でもほぼ手間をかけずに勉強を進めることができたことは大きなメリットでした。また勉強時間もそれで短縮できます。当然試験会場でも最終チェックができますので。

④問題演習の効率化
結構重要なポイントだと思います。赤ペンで問題を解き、2回目は赤シートで解答を隠して解いていくやり方を昔やった記憶があります。タブレット学習の場合には、すでに電子化しているため、問題は事前に複製しておいて、何度解こうがまっさらな状態で解けることが当たり前になります。また③にも書いた通り、表示順の入れ替え複数の問題集を組み合わせることも容易なため、自分オリジナルの問題集も作れたりします。

■総括

いかがだったでしょうか。勿論、iPad以外のタブレットでもできますが、ご注意いただきたいのはスタイラスペンの書き心地利用するノートアプリがどこまで自分のやりたいことに対応しているか、それがとても重要だと思います。個人的には今後タブレット愛用家が増えることを望んでいます。私も4月に情報処理試験を受けるため、またiPadにテキストや問題集を仕込んで勉強を進めているところです。

ただし、

中段でもお伝えしましたが、タブレットを活用する場合は情報のコピーが非常に容易です。くれぐれも私的利用の範囲内に留めておいて下さい

以上、そーやでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

今日も読んでくださってありがとうございます。”自称・会いに行ける道場メンバー”いよっちです。

平日はサラリーマンですが、毎週日曜日、身内が経営する手作りのおべんとう屋の支援(店番ともいう)をしています。受験勉強の相談など簡単なものならお受けできますので、お近くの方、遊びにきてください!

さて、春セミナーの募集開始から4日が経過しました。この記事を書いている時点で、東京は46名/60名、大阪は15名/30名とたくさんの方の申込を頂いています!

嬉しい反面、ちゃんと準備しなきゃ~と身が引き締まる思いです。まだ若干の余裕はありますが、毎年直前には満員御礼となりますので、申込がまだの方、ぜひともお早めにお済ませ下さい!

もちろん、懇親会からの参加もOKです。私自身、受験2年目の昨年は、1年間すでに勉強していた蓄えがあったので敢えて春セミナーは参加せず、懇親会から参加しました。歴代メンバーも揃い踏みで、話す相手には困りませんよ。

これを読んでる皆さんはきっと合格しますから、受験生仲間(=将来の診断士仲間)に会いに行くと思ってぜひぜひ足を延ばしてみてください。


さて、道場10代目による執筆が始まって早いもので1か月ちょっとが経ちました。定期的に読んでくださってる方はお気づきかもしれませんが、10代目はローテーションで順繰り順繰り執筆しています。

「あれ、いよっちの順番、おかしくね?」なんて気付いてしまう道場フリークは、さっさと受かって来年の道場メンバー内定です。

これまでお送りした記事は、初回の自己紹介記事と2回目の【今やっておきたいこと】シリーズが12人分と少々。

2周りもすると、だいぶ10代目メンバーの勉強スタイルや特徴について理解してもらえたんじゃないかと思います。

実は道場の裏側をちょっとだけお伝えすると、事前に書くネタのすり合わせはあまりしていないんです。強いて言うなら「これ書くからね!」と言ったもん勝ちに近いです。(余計なこと言うな笑)

要は、それぞれが書きたいこと、受験生に伝えたいこと、をそれぞれの言葉で伝えています。

そんな中でも、「あれ、似たようなこと書いてあるな」と思ったことありませんか?

例えば、勉強時間の差はあれど、かわともストイック勉強スタイルたっつー短期攻略法でも学習計画の立て方だったり、スピテキやテキストに情報を集約していく方法だったり、共通している部分がいくつもあります。ちこまるもテキスト集約派のようですね。

さらに言えば、50人超の合格体験記をまとめ上げた力作を読んで分かる通り、合格した人たちの勉強スタイル・テクニックは何かと共通しているものが多いです。
・得点率の高い(ABCランクの)過去問を優先する
・問題集の種類を絞って何度も解く
・スキマ時間の有効活用
このあたりは、もはや1次対策の定石とも言えるのでしょう。

合格者たちの間では”当たり前”のグッドプラクティスは必ず存在すると言っても過言ではないでしょう!ぜひとも自分にあった方法を見つけ出して、そして、パックってカスタマイズしてほしいと思います。


ところで、こんなサムネに見覚えはありませんか?

見たことないわけがないですよね。だってすぐ真横にあるんですもん笑。
道場愛読者には見慣れた体系図、そうです、一発合格道場の基本理論です。

前置きがだいぶ長くなりましたが、本日は基本に戻って、道場の基本理論を紹介したいと思います。

道場の基本理論は、ストレート合格を果たした道場初代のメンバーが共通して持っていた4つの理論・考え方がベースとなっています。

 

橋げた理論(基本方針)
1次試験は7科目もあって大変、手あたり次第に7科目同時に頭に叩き込んで・・・なんて大変な思いをする必要はありません。今の時期は、今目の前にある科目に集中して大丈夫です。JCさんのお言葉を借りると「しっかりと強固な橋げたを毎科目きっちり構築してゆくこと」これが何より大事。各科目の強固な”橋げた”を構築できれば、忘れてしまってもすぐに思い出せます。5~6月以降の全科目の復習時期の負担がグッと減らすことができます。

 

基礎練・答練重視論(目標)
予備校に通学している方は、各科目の講義終了のタイミングで確認テストが用意されているかと思います(TACでは「養成答練」と呼ばれていますね)。橋げた構築が出来ているかの腕試しとして、80点以上を目標とします。

 

アウトプット・スピ問重視論(具体策)
あれや、これやと様々な問題集に手を広げず、基礎的な問題集(リンクではスピード問題集をおススメ)に絞って、アウトプット重視で勉強を進めていきます。全範囲が論点別に整理された問題構成になっているため、効率的に復習が可能です。

 

ストイック勉強論(大前提)
①~③を維持するのって結構大変です。まじめにやったら週20~25時間は必要になってくると思います。ハカセのお言葉を借りると「時間は『出来る』ものではなく、『作る』もの」であり(あぁ耳が痛い、、、)、その時間は「なぜ診断士を目指すことにしたのか? 」という強い思いによって下支えされます。

 

これら4つの基本理論が書かれたのは9年前。それにもかかわらず、今でもなお多くの合格者の勉強スタイルに共通する基本理論。全く色褪せていませんね。むしろ、王道としての貫禄が増しているようにさえ思えます(道場バイアスご容赦を)

 

それなりの勉強時間を必要とする道場理論が王道としたら、10代目たっつーや、そーやなど、独自のスタイル(邪道とは言いませんよ圧倒的な短時間で合格を勝ち取ったツワモノたちがいるのもまた事実。

もちろん、それぞれの学習計画・ライフスタイルに合わせて自分なりの方法を模索してもらうのが一番だと思います。効率だけを見れば後者の方が望ましいのかもしれません。それでも、【今年確実に合格するために】王道スタイルの道場理論によるメリットをまとめてみました。

王道・道場理論のメリット
①合格の確実性が高まる:1次の知識がしっかり身につく分、1次のみならず2次でも有利になるでしょう。

②不合格の可能性が下がる:(①の裏返しですが)「ここまでやったんだから1次で落ちることはない」と安心して臨め、心の余裕が生まれます。

③知識が定着する:合格=ゴールではありませんし、合格後に資格を活かすことも重要ですよね。強固に構築した”橋げた”は早々崩れませんから、本業に活かしたり、実務に役立てたり、と「診断士を目指した理由」に対して価値を発揮しやすいと言えます。

 

当たり前のこと言いやがって!と声が聞こえてきそうですが、【今年確実に合格するために】は、あくまで基本に忠実に、その上で、自分なりにパクってカスタマイズしてみてください。

 

以上、いよっちでした!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


 

おはようございます。makinoです。

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

少し前の話ですが、同級生のお父さんに会いに行きました(仮にAさんとしますね)。

 

自分は、小学生のころ、町内のソフトボールチームに入っていたのですが(男の子はみんな、半強制で入団でした…)、そのチームのコーチをしてくれた方です。

 

コーチを引き受ける事ができるほど、Aさんは、背が高く、運動神経も良く、とてもカッコイイお父さんでした。ただ、自分がAさんとの思い出で、最も印象的なのは、野球の技術ではなく、この言葉です。

 

「ひとが怒られている時は、自分が怒られていると思え。そうすれば得をする。」

 

既に40年近く前のお話なのですが、未だにこの言葉を覚えている事が、自分としては感慨深く、それを含めて、当時のお礼を伝え、また、どんな気持ちで自分たちを指導してくれていたのか、の昔話をしたかったのです。

 

そんなAさんは、70代半ばになっておられました。
奥様を亡くした悲しみを乗り越え、当時と変わらぬ距離感で自分に接してくださり、とても楽しい時間でした(先方にも、喜んで頂けたようでした)。

 

会いたい人には、会いに行く。
自分が大切にしていることの1つです。

 

もし、読者のみなさまが、道場ブログを読んで、「この人の話を直接聞いてみたい」と思っていただければ、とても嬉しいですし、我々もそうなれるように、頑張ります。

 

少しでも、お互いに、価値のある楽しい時間が過ごせる事を期待して、春セミナーを開催いたしますので、皆様のご参加をお待ちしております!

 

 

冒頭の余談が、きれいにまとまってしまいました。「お前は、もっと関係ないこと書けよ」という応援、お待ちしております(無いだろうなぁ・笑)

 

さて、本題です。

本日は、独学の方むけにお話しします。
独学者は、情報収集に長けた方がいらっしゃいますので、道場読者の方にも、比較的多く、しかも熱心な方がいらっしゃると思います。

 

自分のお話をしますと…、
昨年1月から1次試験の勉強を独学で、開始しました。企業->財務->運営->経済->情報->法務->中小、の順で進めていましたので、昨年のこの時期は、ちょうど運営の後半、店舗管理をやっていました。

 

一応、製造業で20年以上働いていますので、生産管理や生産技術は、やや身近に感じておりまして(なんか頼りないぞ)、苦手意識はなく、店舗管理も、お客の立場から、楽しんで勉強していました。

結果、昨年の1次試験は、以下の成績で、通過しました。
経済 68
財務 72
企業 65
運営 76
法務 44(8点加算前)
情報 76
中小 74
TTL 475

 

高得点通過、というわけではありませんが、特に、苦手科目も無く、大荒れだった法務以外は、無難に乗り切った印象です。また、1次は、過去(2010-12年)にも、科目を積み上げて通過した経験があり、いわば勝ち方は知っていました(おい、偉そうに聞こえるぞ)。

 

もし独学のあなたが、現在、スピ問や過去問をこなしながら、大きくツマヅクことも無く、学習を進められているのであれば、とても順調な進捗だと思います。

 

 

ここからが、本日のポイントです。
ちょっと余談ぽいのですが…、

 

実は、YouTubeのホリエモンチャンネルが好きです。独立を視野に、勉強の一環として視聴しています。先日、教育関連の話題で、大学受験に関して、堀江貴文さんのこんなコメントがありました(相当、「要約&はしょり」をしています)。

======
大学受験の勉強に関して言うと…、
偏差値40はメンター
50はオンライン教材
60以上は独学
…で対応できる(なのでxx社のサービスは偏差値40のユーザ向け)
======

「偏差値は母集団がキモでしょ、この母集団って何よ」、という数学を知っている方からの突っ込みはさておき(その通りなのですが…)、すっかり「なるほど」、と思った、素直な(単純な)私でした。

 

というのも、自分は、前述の通り、1次試験は独学で進めていました。
が…、1次突破の猛者が集まる2次の母集団では、おそらく偏差値60は無かったでしょう。なので、メンターを求めて、予備校の助けを借りていました。さらに、2次試験に2度失敗した2012-13年は、独学のみでしたから、妙に身に染みて説得力のあるコメントだったわけです。

 

独学で1次試験対策をされている方、2次も独学で行かれますか?

 

1次対策が順調に行っていればこそ、2次もこのまま行ける、と思いがちです(成功体験の罠ですね)。過去にそこでつまずいた経験者から言わせて頂ければ、2次試験は、敵のレベルが違いました(敵ですって、穏やかじゃないですね)。つまり、1次試験で上位20%のあなたが、2次試験では下位20%かもしれません。そんな集団で戦うことになります。

 

もちろん、1次・2次とも、独学で合格される方もいるわけで、「独学じゃ合格しないよ」と言っているわけではありません。

「おい、makino、お前と一緒にしないでくれ」という突っ込みは百も承知の上ですが、やはり落ちる人の方が圧倒的に多い2次試験ですから、そんな突っ込み覚悟で、自らの経験を書かせて頂きます。

 

偏差値60に到達しない(偏差値の突っ込みはやめましょう)自分が2次対策に投じた予備校関連を、以下にご紹介します。

======
TAC2次直前パック
演習12回と、講師の解説・添削。確か6万円くらい。TACの模試も料金に込み。
演習慣れできて良かったですが、「TACメソッド」なるものを、知っている前提で始まるので、最初は、「はあ?」って感じです。講師の先生が相当親切な方で、プリントを配ってくださったので、なんとかキャッチアップできました。

 

MMC模試
9月半ばに実施。確か1万円くらい。アドバイス付き返却が人気で、自分も申し込みました。
「①~ ②~、と箇条書きで書け、これで1点2点違ってくる」、と教わりました。これ以降、本番もその通りにしました。

 

AAS直前合宿
2日間で、4事例を解き、その場で添削&結果発表。主にAASの2次試験2年目組が多く、皆さん実力が高かったです。自分は上位55%くらいでした。歯が立たなかった印象。ただ、「もっと頑張らねば」を自覚できたので、それはよかったです。確か4万円くらい。
======

1か所にとどまらず、結構、手を出した印象で、自分に足りないものを求めていた、当時の自分の必死さと焦燥が感じられます(決して、良い思い出ではありません、いま振り返っても)。一撃必殺、これで合格しました! とは言いませんが、自分の実力では、独学のみで合格水準に達したか、と言われると疑問でしたので、結果だけをみると、やってよかったかな、と。

さてさて、本日の記事ですが、別に予備校通いを進めるわけではありません。他者の力を借りなくても、受かる方は受かります。

 

ただ、自分の力量を冷静に見つめられる、もう1つの眼は持っておきたい、というお話です。

 

さらに、1年に1度しかない試験です。再挑戦には、誰しも必ず最低1年を要しますし、それを待てるほど、人生は長いでしょうか?(待てない場合もあります、少なくとも、一刻も早く今の会社を辞めようと思っていた当時の自分には)。

なにか、文章が問い詰め系になっていますね。いけませんね。
この記事が、自分の意図通り、1次独学->2次独学をお考えの方に、少しでも気づきになることが出来れば幸いです。

最後に、makinoの好きな相田みつをさんの言葉をどうぞ。

 

生きているうち
働けるうち
日のくれぬうち

 

今回は、これで終わりです。
自分のブログ枠で、3回連続2次試験のお話をしましたので、次回は時節にあわせて、1次試験のお話を書く予定です。

 

本日も、読んでくださってありがとうございました。感謝いたします。

 

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


3月11日

昨日は
日本の歴史と日本人の心に様々な想いが刻まれた日
心より哀悼の意を表明させていただきます。

キャリコン診断士(キャリアと経営を共に考えるコンサルタント)の10代目・ブブです。

ところで、みなさんは空を飛んだ経験はありますか?

私は、人生で一度だけ空を飛んだことがあります。
富士山より高い4,000mからの飛翔。
正確には飛翔ではなくfall。グアムでのスカイダイビング体験です。
小さな座席もないセスナ機にインストラクターとともに直座りで乗り込みます。
心許ない機体と相まって高まっていく恐怖感・・・。

そうこうしているうちに、やがて目標高度に到達。
タイミングを見計らってインストラクターが親指を立てたOK?のサインにOKサインで返したら、GO!
いざ、OVER THE 富士山からの飛翔です!

落下直後は、圧倒的なスピードに耐えるだけで精一杯。何かを考える余裕など全くないのですが、パラシュートが開いた瞬間からその体感する景色は変化します。

水平線と地平線が360度の球体上として拡がり、見える景色は地球そのもの。
陽炎のようにもやっと見えるが、確かに存在していた限界線
物理的に感じる地球の大きさ、更には地球が誕生してこれから過ぎていく時間軸の長さ。
そんなことを視覚を通じて体感、或いは想像を想起させ、じぶんの存在の儚さに衝撃を受けました。
極端ではなく、人生観に影響を受けた貴重な体験

是非、興味と機会がありましたらチャレンジしてみてください。

さて、そんな話から始まりました今日の内容。
最後はどこに落着するかは想像できませんが、想いのままにキーボードを叩いていきます。


【本日の伝えたいテーマ】
「中小企業診断士の学びを自分の人生に応用しよう!」

現在、私は試験合格後に行われる実務補習の最中なのですが、その際に指導員の先生から
こんなメッセージをいただきました。
中小企業診断士として活躍できる人は、物事の要点を捉えて自身のなかで消化のうえ、活用できる人」ですよと。

その意図は
クライエント(企業)が求めている内容は、1+1=2のような常に正答が決まった答えに基づいた問いではなく、寧ろ、どこが問題点かすら先方もわかっていない、ことの方が多い。
その問題点(課題)を確からしく見立てて確からしい答えを見つけることが診断士に求められているものという趣旨です。

さて、ではどうすれば確からしい問いと答えを提供できるのでしょう?
少し考えてみてください。

私の答えはこうです。
➀基礎知識を習得
➁実例を基礎知識に当てはめて、課題認識や課題解決を図れる応用力

そして、実際に中小企業診断士の体系もそれに沿って組み立てられています。
1次試験では➀の習得状況について合否を判断。
2次試験では➁におけるペーパー(2次元)による合否の判断。
更に2次元からリアル社会への展開が、実務補習~実践に求められる力。

大事な点なので、もう一度。
2次元からリアル社会への展開が、実務補習~実践に求められる力。

そこで、先ほどのテーマの提言です。
中小企業診断士の学びを自分の人生に応用しよう!
つまり、
「1次試験2次試験の学習段階から自分の周りの生活に学びを当てはめて理解しつつ、活用しましょう」
ということです。

では、その内容について説明していきます。
先ず、1次試験の範囲を➀「リアル社会知識分野」➁「理論分野」で分類します。
その切り口の観点は、ざっくり言えば➀=具体性➁=抽象性
➀の要素が多いのが、経営法務(労務の法務含む)、政策、IT、財務会計
➁の要素が多いのが、経済学、経営理論、運営管理

➀は、自分の周りに活用できるケースが無ければ難しい。
何故なら「具体化」されたものなので、汎用性が低い。
もちろん、活用できるケースがあればベストです。どんどん活用しましょう!

そして今回、伝えたい点は➁の「学び」の活用です。
そもそも、理論とは、事象を一般化して説明したものです。つまり、汎用性が高い。
実際、10代目のこれまでの記事においても、いくつか理論を応用した記事がありました。
◆「ECRSの原則」で時間を確保 by kskn(きしけん)
◆「バックキャスティング思考法」で受験計画を管理 by なおさん ※バックワードスケジューリングと同様の考え方なのでご紹介

ほかにも、5Sの考え方は普段の身の回りの生活に役に立ちますし、特性要因図を用いて自分の成功と失敗について振り返ることも出来そうです。

中小企業診断士受験への時間と労力を費やしての「学び」。
試験の為の勉強だけに留めず、自分の人生にしっかりと応用すれば、記憶も定着されて一石二鳥
更には、その「学び」をクライエント(或いは社内)に役立てて一石三鳥まで狙ってください。

そして

この”無限では決してない地球”と”生という有限の時間”のなかで

あなたはこれから
「誰に」
「何を」
「どのように」

提供していく中小企業診断士を目指していきますか?
よければ、そんなことも少し考えてみてください。

以上、キャリコン診断士のブブからでした。

人は同じ経験をしても、それに対する想いでその意味は変わります。
つまり歴史は変わるのです。
そして、今のあなたを創るのは未来の自分からみた時の今の自分に対するワクワク感です。
そのワクワク感を胸に今は一歩づつ進んでくださいね!
そして、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

次回は、タキプロとタッグを組んで名古屋セミナーを共同企画!
人情愛情派のmakinoさんです!
お楽しみに!

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

みなさん、おはようございます。なおさんです。

前回は「【いまやっておきたいこと】2次試験対策への着手と80分間の過ごし方 」をテーマに書かせていただきました。
(前回の記事「80分間の過ごし方」はこちら
(初回の記事「バックキャスティング思考法」はこちら
(合格体験記はこちら

今回は「なおさんの解法実況&事例研究:平成30年度事例Ⅰ」と題しまして、前回書いた「80分間の過ごし方」に従って、私がどのように平成30年度の2次試験を解答したかを実況解説形式で書きたいと思います。

実はこの原稿の本文は「2018年10月の2次試験直後に書いた再現答案をベースに、2018年の11月初旬に口述試験対策用として書き直した資料」をベースにしています。(口述試験の日まで通勤電車の中で毎日読んでました)
タイミング的に11月初旬は2次筆記試験の発表前ですが、2次筆記試験の合格発表が12月7日、2次口述試験が12月16日に予定されていましたので、2次筆記試験の結果を見てから準備するのが不安だったことと、怒涛の2次試験対策が終わってポッカリとやることがなくなり「2次筆記試験ロス」(あしたのジョー的には灰になったともいう)みたいになっていましたので、「まぁ、ぼーっとしてても仕方ないので、2次筆記試験の振り返りと口述試験対策を兼ねて書いてみよう」と思ったのがきっかけでした。

賢明なる道場読者の皆様はもうすでにお分かりですね。本記事は偉大なる先代9代目きゃっしいさんのパクリです。(きっぱり)「お世話になった偉大なる記事は後世に引き継がせてもらおう」という完全に個人的な思い込みから、自信をもって堂々とパクらせて頂きたいと思います。(^^)9

本日より事例Ⅰ、事例Ⅱ、事例Ⅲ、と順にアップしていきます。記事は、「解法実況+再現答案」、「さらなる事例研究+改善答案」という構成でお届けします。
平成30年度事例Ⅰの私の得点開示結果は「63点」でした。ですので、80分間で解答に至るプロセスのトレースと「再現答案」レベルの解答が書ければ「合格レベル」という目安になると思われます。また、その後の見直し(事例研究)後に書いた「改善答案」レベルの解答が書ければそれ以上の得点が期待できる、という風に到達点の目安として活用していただければ幸いです。

尚、ブログでの読みやすさを考えて、再現答案以後は「第1問の再現答案→事例研究→改善解答」、「第2問の再現答案→事例研究→改善解答」、、の順で構成しています。

試験本番80分間の手順については「80分間の過ごし方」を先に読んでいただけると効果的です。
また、平成30年度の試験問題を一度ご自身で解いた後に記事を読んでいただくとより効果的かと思われます。

それでは「なおさんの解法実況&事例研究:平成30年度事例Ⅰ」いってみましょう。(^^)/


1.試験開始~3分:諸手続き<作業>

「80分間の過ごし方」の手順に従って、受験番号記入メモ用紙作成(表紙を二つに破る)を行います。続いて、各段落に①、②、③、、、と段落番号を振りながら「2ページちょっと、11段落かぁ。事例Ⅰは与件文が短いとヒントが減るからなぁ」と思いつつ、淡々と「作業」を進めます。

2.試験開始後3分~4分頃:与件文の冒頭確認<作業>

次に与件文の冒頭を確認して事例企業の概要を把握します。「A社は研究開発に特化した中小企業。複写機関連製品+色々という商品構成である」くらいが把握できれば十分です。

A 社は、資本金2,500 万円、売上約12 億円のエレクトロニクス・メーカーである。役員5 名を除く従業員数は約50 名で、そのほとんどが正規社員である。代表取締役は、1970 年代後半に同社を立ち上げたA 社長である。現在のA 社は電子機器開発に特化し、基本的に生産を他社に委託し、販売も信頼できる複数のパートナー企業に委託している、研究開発中心の企業である。この10 年間は売上のおよそ6 割を、複写機の再生品や複合機内部の部品、複写機用トナーなどの消耗品が占めている。そして、残りの4 割を、同社が受託し独自で開発している食用肉のトレーサビリティー装置、業務用LED 照明、追尾型太陽光発電システムなど、電子機器の部品から完成品に至る多様で幅広い製品が占めている。

 

3.試験開始後4分~10分頃:設問要求を確認する<作業>

■第1問(配点20 点)

研究開発型企業であるA 社が、相対的に規模の小さな市場をターゲットとしているのはなぜか。その理由を、競争戦略の視点から100 字以内で答えよ。

【設問要求の確認】
研究開発型企業であるA社が「相対的に規模の小さな市場」をターゲットにする理由を問われていますので、解答は「理由は、①~、②~である。」というスタイルにします。また「競争戦略の視点から」という制約条件がついていますので、ポーターの競争戦略論にある、
・差別化戦略 ・・・ 独自性により競争企業に対する優位性を価格以外の点で築く
・コストリーダーシップ戦略 ・・・ 同種の製品を競合企業よりも低いコストで生産する
・集中戦略 ・・・ 市場を細分化し、特定市場で差別化面、コスト面で優位に立つ
の中から適切なキーワードを盛り込みます。「規模の小さな市場」をターゲットにしていますので「集中戦略」は候補になりますが、A社は生産を他社に委託して研究開発に特化した企業ですので「差別化集中戦略」が濃厚かなぁと考えます。

■第2問(配点40 点)

A 社の事業展開について、以下の設問に答えよ。
(設問1 )
A 社は創業以来、最終消費者に向けた製品開発にあまり力点を置いてこなかった。A 社の人員構成から考えて、その理由を100 字以内で答えよ。

【設問要求の確認】
「最終消費者に向けた製品開発にあまり力点を置いてこなかった」理由を問われていますので、解答は「理由は、①~、②~である。」というスタイルにします。また、「人員構成から考えて」という制約条件がついていますので、A社の人員構成の特徴を記述するようにします。

■第2問(設問2)

A 社長は経営危機に直面した時に、それまでとは異なる考え方に立って、複写機関連製品事業に着手した。それ以前に同社が開発してきた製品の事業特性と、複写機関連製品の事業特性には、どのような違いがあるか。100 字以内で答えよ。

【設問要求の確認】
「経営危機に直面する以前にA社が開発してきた製品の事業特性」と「複写機関連製品の事業特性」の違いを問われています。「それまでとは異なる考え方に立って」とありますので、経営戦略面に関わる事業特性の違いがあるのではないか、と思いました。

■第3問(配点20 点)

A 社の組織改編にはどのような目的があったか。100 字以内で答えよ。

【設問要求の確認】
「組織改編の目的」を問われていますので、「目的は①~、②~である」のスタイルで書こうと思いました。また、組織改編による「効果」も加えられたら良いと思いました。

■第4問(配点20 点)

A 社が、社員のチャレンジ精神や独創性を維持していくために、金銭的・物理的インセンティブの提供以外に、どのようなことに取り組むべきか。中小企業診断士として、100 字以内で助言せよ。

【設問要求の確認】
「社員のチャレンジ精神や独創性を維持していく」ための「助言」が問われています。また「金銭的・物理的インセンティブの提供以外」という制約条件がついていますので、成果重視の給与体系や物理的な報償以外の取り組むべき施策を解答する必要があります。また、「助言」ですので具体的な「施策」だけでなく、強みを生かす注意点や効果についても言及できると良いと思います。「中小企業診断士として」というのは、「中小企業診断士として勉強してきたことを踏まえて」という意味だと受験校の講師の方がおっしゃっていましたので、一次知識も踏まえて解答を作成します。

設問要求確認後の問題用紙(クリックで拡大します)

4.試験開始後10分~40分頃:解答要素の確認と解答骨子の組み立て<思考>

■第1問(配点20 点)

9段落目に、「絶えず新しい技術を取り込みながら製品領域の拡大を志向してきた」と、A社の戦略(意思)が読み取れる文がありますので、これを骨子にしたいと思いました。また、6段落目に「情報通信技術の急速な進歩に伴って事務機器市場が大きく変化」することを「予測していた」とありますし、11段落には「時流を先読みし先進的な事業展開を進める」とありますので、「時流を先読みして」研究技術力を発揮して他社に先駆けることを意識していることがうかがえます。その様な先進的なニーズやマーケットは、成熟市場の様に規模が大きくないと思われますので、必然的に規模の小さな市場になりますし、市場が成長した暁には「先行者利益」が得られるのではと思いました。これらの要素をまとめていきます。

■第2問(配点40 点)

7段落目に、「約50名の社員のうち、技術者が9割近くを占めている」、「創業以来変わることなく社員の大半は技術者」という記載があり、その結果(効果)として「売上が数十倍になった今日に至っても従業員数は倍増程度にとどまっている」という記載があります。また、1段落目には、「電子機器開発に特化し、基本的に生産を他社に委託し、販売も信頼できる複数のパートナー企業に委託している」とありますので、A社は意図的に生産、販売を外部委託し、研究開発に特化している様子がうかがえます。ということは、営業職、事務職、管理業務(人事・経理・総務)を6人程度で行っているのですね。
また、設問には「あまり力点をおいてこなかった」とありますので、多少は最終消費者向けの製品開発を行ったことがありそうです。ということは、「意識的に(大手と競合しそうな)最終消費者向けを避けてきた」ということではなく、別のこと(第1問の「時代を先読みした先進性・技術」)を重視してきたのだろうと考えました。

■第2問(設問2)

4段落目に、「開発した製品を販売した時点で取引が完了する売切り型の事業」とありますので、経営危機以前の事業特性はこれで決まりだと思います。一方で、複写機関連製品については1段落目に「複写機の再生品(古い複写機の消耗した部品を取り換えてリサイクル品として再生販売する)」、「複写機用トナーなどの消耗品」とありますので、新品を販売後も顧客との継続的な取引がある事業特性だな、と思いました。
加えて、4段落目に「継続的に安定した収入源としてA社の事業の柱となる製品を生み出すことがかなわなかった」とありますので、A社長は「継続的に安定した収入源を得て、経営を安定させたかった」のだろうと推察しました。

■第3問(配点20 点)

8段落目に該当要素が多く記載されています。以前の組織は「電子回路技術部門(基板設計技術)」、「精密機械技術部門(メカ設計技術)」、「ソフトウェア技術部門(ソフトウェア設計技術)」と技術要素別の組織になっています。このような技術要素別の組織は、要素技術のノウハウ共有やOJTの促進により技術の高度化が期待できますので、一つの製品事業(複写機関連事業)に経営資源を集中的に投下するのに適した組織構造だと思われます。
一方で、組織改編後の組織は、「製品開発部門(環境エネルギー事業開発G、法人向け精密機械開発G、LED照明関連製品G)」、「品質管理部門」、「生産技術部門」と大きくは機能別に分けられています。また、製品開発部門をみると、各開発グループに「電子回路技術者」、「精密機械技術者」、「ソフトウェア技術者」をほぼ同数配置したとあり、製品開発部門の中は事業部組織的な構造になっており、ほかのグループに依存せず「各製品開発グループ内で製品開発が完結できる体制」になっていると思います。また、組織改編を行ったタイミングは、「複写機関連製品事業が先細り傾向になった頃」とありますので、複写機関連製品事業の次の事業の柱となる製品の開発を推進したかったのだと考えました。
さらに、「各部門を統括する部門長を役員が兼任」とありますので、ここでは事業部制のメリットとしての「権限委譲による迅速な意思決定」や「次代の経営者の育成」を期待しているのだと思いました。要素は多くちりばめられていますが、目的そのものを記述した文章はありませんので、以上を踏まえて解答を構成していきます。

■第4問(配点20 点)

与件文中には、抜き出せる要素がありません。解答が割れる設問だと思いますので、1次知識をベースに、設問の制約条件を守りながら、「社員のチャレンジ精神や独創性を維持していく」ための施策をできるだけ多く列挙します。

解答要素確認後の問題用紙(クリックで拡大します)

解答骨子のメモ(クリックで拡大します)

5.再現答案&事例研究

■第1問(配点20 点)

時流を先読みし絶えず新しい技術を取り込みながら他社と差別化し、製品領域の拡大を行うために、まだ市場規模の小さい段階の市場に参入して、市場が成長した段階で先行者利益を得るためである。(90文字)

【事例研究】
2次筆記試験で最初の1問目ということで緊張していたのでしょうか、「理由は、①~、②~である。」というスタイルを完全に忘れています。また「差別化集中戦略」はどこに行ったのでしょうね。(^^;
随分とトレーニングを重ねたつもりでしたが、こういうことがあるから2次筆記試験は怖いですね。皆様はくれぐれも慌てないようにお願いします。さて、解説です。

規模の小さな市場(ニッチ市場)では、大手が必要とする売上規模が得られないために、中小企業にとっては大手との直接競争が発生しにくいマーケットである、という一般論(一次知識)は頭をよぎりましたが、A社の戦略である「時代を先読みした先進性=ニーズや規模は必然的に小さい」というところを優先した解答にしています。「大手との競合を避け、」を加えた方が良かったと思いますし、フレームの活用や競争戦略の部分が弱かったと思います。

【改善答案】

理由は、規模の小さな市場をメインターゲットとして差別化集中戦略をとることで①大手との直接競合を避けるため②時流を先読みし絶えず新しい技術を取り込みながら他社と差別化して製品領域の拡大を行うためである。(100文字)

■第2問(配点40 点)

創業以来社員の大半が技術者であり、電子機器開発に特化し、生産を他社に委託し、販売も信頼できるパートナー企業に委託することで、売上が増えても従業員数を増やさずにすみ、マーケティング要員も不要なためである。(100文字)

【事例研究】
解答の軸としては、「最終消費者向けの製品開発には市場ニーズの吸い上げが重要であり、A社は創業以来従業員の大半が技術者であり、マーケティングを行うだけの営業体制がなかったため(できなかった)」という方向性もあると思いますが、「できなかった」というニュアンスよりは、「意識的に選択しなかった」というニュアンスの方が合っているのかな、と思います。書き直すとすれば、次のような感じですね。お、こっちの方がいいな。

【改善答案】

市場ニーズの吸い上げが重要な最終消費者向けの製品開発よりも時代を先読みした先進性や新技術を活かした製品開発を重視し、生産・販売を他社に委託することで経営資源・人員を研究・開発に集中的に投下してきたため。(100文字)

 

■第2問(設問2)

事業特性の違いは、以前は開発した製品を販売した時点で取引が完了する売切り型の事業であったのに対し、複写機関連製品事業は①複写機の再生②トナーなどの消耗品など継続的な取引が収入源になり経営が安定すること。(100文字)

【事例研究】
「経営の安定」まで加えられましたので、十分な解答が書けたと思います。

■第3問(配点20 点)

目的は、複写機関連製品事業が先細り傾向になる中で他分野の製品開発を推進するため①部門長を役員に任じ権限委譲による迅速な意思決定②専門技術者を各グループに同数配することによるグループ間競争を促すこと。(99文字)

【事例研究】
前半は悪くないなぁと思うのですが、後半②のグループ間競争はどうもしっくりきません。解答時のメモには、他に「技術的シナジー効果を得る」、「社長引退後も安定的に事業が行える組織体制とするため」との記載があり、どちらも編集時に除外したのですが、第6段落には「後進に事業を委ねる条件が整うまで自らが先頭に立って、新規事業や製品の開発にチャレンジし続けているのである」という記述がありますので、やはり「後継者育成」はA社にとっては重要度が高そうです。(技術的シナジー効果は、以前の組織体制の方が得やすいので、除外したのは正解だと思います)

ここで、A社長の年齢について考えてみます。2段落目で「大手コンデンサーメーカーの技術者として経験を積んだ後」に故郷へ戻ってA社を創業しています。22歳で大学を卒業して「技術者として経験を積んだ」状態になるのに何年かかるかは業界により異なると思いますが、ここでは「10年程度」経験を積んだとすると、A社を創業した時点で社長は32~35歳ということになります。1段落目にA社の創業は「1970年代後半」とありますので、今からおよそ40年前。ということは、現在75歳くらいの社長が「時代を先読みした先進的な事業展開」(11段落)の陣頭指揮をとっているということになります。やはり、多くの中小企業でそうであるように、A社にとっても「事業承継」は大きな課題の一つだと思われます。

【改善答案】

目的は①複写機関連製品事業が先細りになる中、製品グループ毎に各要素技術者を配して製品開発を完結・推進すること②部門長を役員に任じ、権限委譲による迅速な意思決定と次代経営者としての育成を行うことである。(100文字)

 

■第4問(配点20 点)

施策は①グループ間異動により新しい製品分野にチャレンジする機会を与える②新しい技術を学ぶため大学院修士・博士課程への通学制度の設立③現業以外の技術研究・製品開発を行う「自由研究タイム」の設置である。(99文字)

【事例研究】
3つの施策を盛り込んでみましたが、全くズレてはいないと思いますのでこんなところかと思います。1次知識をベースにしたオープンクエスチョンでは満点を狙うことは難しいので、「半分得点する」くらいの気軽な感じで良いのかなと思っています。解答作成時に文字数の関係で没ネタにしたのには、「技術研修の実施と技術資格の取得推奨」というのがあります。

6.その他資料

■A社の事業変遷

1960~1970年代後半 大手コンデンサーメーカーの技術者として経験を積むA社長(大卒~35歳?)
1970年代後半 農業を主産業とする故郷でA社創業。
近隣の国内大手電子メーカー向け特注電子機器事業。
主力取引先以外との共同プロジェクトで高精度の製品開発に取り組むが、売り上げは2割にとどまる。
1990年代初頭 バブル崩壊。売り上げが大幅に落ち込み経営が足もとから揺らぐ。
ニッチ市場向けに自社技術を応用した製品開発を行うが、継続的に安定した収入源となる事業の柱にはならず。
2000年ごろ 製品開発に対する考え方を一変し、複写機関連製品事業に取り組む。
事務機器市場の変化の先読みと回復基調の景気を追い風に業績伸長。
2008年9月 リーマン・ショック。急速な市場の縮小、同業者の多くが撤退、シェア拡大するが売り上げ拡大は期待できず。
社内の組織を改編。環境エネルギー事業、法人顧客向けの精密機械、LED照明関連製品の開発を推進。
現在(2018年) 環境エネルギー事業、法人顧客向けの精密機械、LED照明関連製品が売上の4割を占めるまでに成長。

 

■SWOT分析

S:
・電子機器開発に特化した研究開発型企業
・コアテクノロジーのセンサー技術が評価
・主力取引先以外のメーカーとの共同開発プロジェクトへの参画を通じた高精度の製品開発(ネットワークと開発経験、技術)
・情報通信技術の急速な進歩による事務機器市場の変化を予測(先見性)
・実力主義が文化として根付く、福利厚生施策が充実、家族主義的要素→低い離職率
W:
・高齢の社長(75歳前後?)
・後進に事業を委ねる条件が整っていない
O:
・主力取引先以外のメーカーとの共同プロジェクト(1980年代頃)
・情報通信技術の急速な進歩による事務機器市場の変化(2000年頃)
T:
・バブル崩壊(1991年3月~1993年10月)
・リーマンショック(2008年)

 


 

いかがでしたでしょうか。少しだけでも2次試験の思考プロセスが臨場感をもって伝えられていたら幸いです。では、次回は事例Ⅱを実況してみたいと思います。以上、なおさんでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

の続きを読む »

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから 

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


【目次】
◆ 前置き
◆ 問題集を選ぶ
◆ テキストを選ぶ
◆ 学習計画を立てる
◆ テキストを斜め読み
◆ 過去問を解いてテキストに書き込み
◆ テキストを読み込む
◆ まとめ


おはようございます、たっつーです。

さて、いよいよ今日3月10日の昼12時から春セミナー(東京&大阪)の申込み開始です!

現在メンバーが一生懸命準備していますが、1次試験突破のためのコンテンツだけではなく、2次試験の攻略法等、最終合格まで見据えた内容となる予定です。
個別相談会の時間もたっぷり確保していますよ~。

自分に合った勉強法等がきっと分かると思いますし、何より(特に独学の方にとっては)勉強仲間を作れる貴重な機会ですので、ぜひぜひお申し込みください。
また、「本当の個別相談会」は、懇親会と言われていますので、ご都合がつく方は、懇親会も含めてお申し込みください!
(お申し込みは、こちらの特設ページから「こくちーず」にて!)

◆ 前置き

さて、今日の私の記事は、「独学向け・1次試験の短期攻略法」です。

今回の記事は、自分が道場メンバーになったら記事にして読者の方々に共有しておきたい、と思っていたもののひとつなので、大変僭越ながら、「永久保存版」と冠させていただきました。
(でも、自分に自信が無いので「勝手に」と枕詞をつけて保険をかけておく・・・)

合格体験記に記載のとおり、私は、運も味方して、約1か月の勉強で1次試験に合格することができました。
その勉強法のエッセンスは合格体験記にも書かせていただいているのですが、今日は、その内容をより詳細にご説明したいと思います。

「でも、たっつーって424点でぎりぎり1次合格でしょ。しかも1回だけしか受験していないし。そんなまぐれかもしれない一次試験の勉強法なんか読んでも意味ないよ。」と思われる方もいるかもしれません。

ただ、私は司法試験は3回受験したのですが、下記の勉強法を積み重ねた結果、最終合格した年は、択一は上位合格でした。
そして、周りの司法試験受験生も、大体下記の攻略法(そのままか、あるいは少し変化した形)でしたので(私調べですが…)、その意味では、択一試験を効率的かつ確実に攻略するために、「鉄板」(基本)の勉強法ではないかと思っています。

基本的な流れは、「問題集を解き、得られた知識をテキストに書き込み、直前期にテキストを読み込む」というものです。

※ なお、今日の記事は、短期かつ効率的に勉強することだけを追求したり、お勧めする趣旨ではありません。仕事や家族の都合で、時間をかけたくてもかけられない人にとっては、下記のような勉強法も参考になるかもしれないと思い、ご紹介する次第です。

◆ 問題集を選ぶ

まずは、軸となる問題集ですが、中小企業診断士試験の問題集選択肢は、大きく、①TACによる「最速合格のためのスピード問題集」(いわゆる「スピ問」シリーズ)、②同じくTACによる「第一次試験過去問題集」(年度別)、③同友館による「過去問完全マスター」(分野別)の3つがあります。

短期間で1次試験を攻略することを前提としていますので、問題集は一つに絞ります。

まず、スピ問(①)か過去問(②or③)かですが、私は過去問集をお勧めします。
スピード問題集は、たしかに基礎知識を固めるのはいいと思うのですが、過去問と問題文が違いすぎるので、結局過去問にもある程度取り組まざるを得ません。そうであれば、最初から過去問に取り組んだ方が早いです。

過去問集にするとして、年度別(②)か分野別(③)ですが、これは分野別をお勧めします。
後記のとおり、過去問を軸にして進めていきますので、分野ごとに過去問が固まっていた方が、テキストへの書き込みや自分の理解度促進等も含めて、勉強が進めやすいからです。

そうすると、③の同友館による「過去問完全マスター」(分野別)となります。

同書は、過去問10年分を分野別に並べたもので、やや分量が多いのですが、解説がかなりしっかりしていますし、同友館がCランクと分類した問題(過去10年間で1 回しか出題されていない、または、重要度が低いと判断された問題)がカットされているなど、独学者にとっては取り組みやすい問題集だと思います。

◆ テキストを選ぶ

次にテキストですが、テキストは、色々な書籍をきちんと見比べたわけではありませんので、確たることは申し上げられませんが、一般的に定評のあるテキストを選べばいいと思います。

ただ、後記のとおり、過去問で得た知識のうち、テキストに記載されていないものは自分で書き込むことになるので、書き込みの手間を減らすために、ある程度情報量が多く、(できれば)余白もある程度あるようなテキストを選んだ方がいいです。
(私はTACのスピードテキストを選びました。)

◆ 学習計画を立てる

過去問集とテキストを買ったら、学習計画を立てましょう!

学習計画の立て方は、平日と土日の勉強可能時間の比率、お仕事の繁閑度合等を踏まえて、人それぞれ立てる必要がありますが、必要に応じて、私の前の記事かわともの記事、「サイト内検索」で「学習計画」と検索して出てくる過去記事等を参照してください。

もし私の前の記事に記載の方法で学習計画を立てるとしたら、以下のような形になります。
・同友館の過去問完全マスター(7科目で計7冊)のページ数を合計する。
・そのページ数を、「今日から1次試験日までの日数」-「14日くらい」で割る(なお、「14日」というのは、後記の「直前期にテキストを読み込む期間」を考慮したものです。)。
・1日あたりに処理しなければならない大体のページ数が分かるので、それに沿ってひたすら進める。

なお、同友館の過去問完全マスター全部だと分量が多すぎると思われる方は、同書の過去問10年分のうち、過去5年分の過去問に絞るとか、まずは同書のAランクの問題(過去10年で3 回以上出題されており、かつ重要度が高いと判断された問題)のみを解く等、ご自身の勉強可能時間と照らして、適宜調整ください。

◆ テキストを斜め読み

では早速過去問を解いていきたいのですが、いきなり過去問を解いても取っつきづらいと思いますので、「その日に解く過去問のテキスト該当箇所だけ」を斜め読みしましょう。

なお、ここでは、テキストの内容を完全に理解する必要はないので、斜め読みで十分です。
また、一気にテキストを読み進める必要はなく、あくまで、「その日に解く過去問のテキスト該当箇所だけ」で十分です。

◆ 過去問を解いてテキストに書き込み

さて、ここが一番大事なところですね。

テキストを斜め読みしたあと、過去問に取り組み、間違えたところ等について、テキストにどんどん書き込んで、「過去問の知識が反映されたテキスト」を作ります。

私の場合は、①新たな知識であれば余白に書き込み、②テキストに書いてあることを間違えたのであれば、備忘のために黄色ハイライトしつつ、(必要に応じて、)注意書きを書き込んでいました。

私の場合の具体例はこちらです。

(引用元:中小企業診断士 最速合格のためのスピードテキスト (1) 企業経営理論 2018年度(TAC出版))

字汚い!!!!

すみません、私の1次試験勉強時は本当に時間が足りなかったので、スピード優先だったのです…。
綺麗に書きたい場合は、直接書き込むのではなく、「書き込んだ付箋」を貼る方法をお勧めします。
特に左側のページは、(右利きの場合、)テキストに綺麗に書き込むことが結構難しいので…。
(更に言えば、PDFでテキストデータを取り込んで、PDFソフトで書き込みをするというのでもありかもしれません。)

例えば、私の具体例でいうと右側のページの「VRIO分析」のところに、「価値と希少性だけでは×!模倣困難性が必要!」というメモがありますが、これは上記②に該当するメモですね。

こんな感じで、自分が間違えた問題の肢や、得られた「気づき」について、自分の言葉でメモしておくと、強く記憶に残ります。
また、自分のメモの意味が後で分からなくなった時に、過去問に戻りやすいように、メモの前に、過去問集のページ数を書き込んであります。

上記を愚直に繰り返していきますが、過去問を解くのは1週で十分で、2週目をやるくらいなら、別の問題集(具体的にはスピ問)に移行した方が、知識の再確認も含めて、メリットが大きいと思われます。

◆テキストを読み込む

ここまでで、「過去問の知識が反映されたテキスト」が徐々に出来上がってきますので、そのテキスト(自分の書き込みを含む。)を適宜のタイミングで読み込んで頭に叩き込みます。

最悪、試験の直前期(直前の1~2週間くらい)に読み込めばいいと思いますが、テキストを読んだときに、過去問の記憶喚起がしやすくなるように、できれば定期的に読み込むことをお勧めします。
(おすすめは、通勤・通学の電車の中です。)

一度、過去問を解きながらテキストを読んでいるわけですので、スラスラと読み込むことができ、テキストを読むことが全くストレスに感じません。
また、テキストを読む際に、自分の書き込みもきちんと読んでおけば、過去問に戻る必要がありません。

ある意味では、「自分の書き込みを読むこと=過去問を解くこと」なので、何週も過去問を解いたのとほぼ同じ効果が得られるわけです。

◆まとめ

上記が、私の「独学向け・1次試験の短期攻略法」でした。

いかがでしたでしょうか。
人によって合う、合わないがあると思いますが、いいと思って頂いたところは積極的に取り入れていただければと思います。

明日は、なおさんによる「解法実況&事例研究:平成30年度事例Ⅰ」です!
先に読ませてもらいましたが、合格者の解答プロセスが臨場感をもって紹介されていて、参考になること間違いなしです!

どうぞお楽しみに!!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

 


☆もくじ☆
1.H30合格体験記総論(一次試験版)
(1)全体的に多く見られた5つの特徴
(2)学習時間
(3)得意科目、苦手科目
2.1次試験の受験回数別にみられる特徴(1回or2回以上)
3.学習スタイル別にみられる特徴(独学or予備校)
4.効率的な学習のテクニック
5.テキスト、問題集、その他ツール
6.おわりに

文字数:約3400字(約6分で読めます)


こんにちは!頑張るあなたの応援団★かわともです。
今回は、道場史上最多の50超寄せられた「平成30年度合格体験記」を一挙分析し、中でも「一次試験の学習方法」について、どのような特徴がみられるのかを書いていきたいと思います。
あわせて合格体験談の一覧」にも、平成30年度版を加えて更新しました。ぜひこちらの記事とともにご覧くださいね。

1. H30合格体験記総論(1次試験版)

(1) 全体的に多く見られた5つの特徴
・過去問の重視(ABCランク優先)
・問題集の種類を絞って複数回解く(出涸らし法)
・スキマ時間の有効活用
・情報収集を重視
・モチベーション維持の工夫

(2) 学習時間(1次試験のみ)
1次試験を1回で合格した人は、平均630時間
そのうち150時間以下の超短時間学習者と1000時間超の長時間学習者を除くと、平均604時間

(3) 得意科目、不得意科目
得意科目:①財務②情報③経済④運営⑤経営⑥法務⑦中小
不得意科目:①法務②中小③財務④経済⑤情報⑥経営⑦運営
なお、財務を得意とする方は、簿記の資格を持っている方が多く、情報を得意とする方は、仕事がIT系の方が多かったです。

2.1次試験の受験回数別にみられる特徴(1回or2回以上)
◆1回で通過した人
〇問題集を絞って何度も解いている(出涸らし法)
〇過去問を重視。タテ解きしている人も
〇なお、多年度生の中には、かつては合格できなかったがブランク後に勉強再開、一発合格している人が複数名いる
一度は受験勉強を中断しても、その後機が熟した時にかつての経験を生かし、ストイックor効率的に勉強して一発合格しているパターン。10代目だとmakinoがこのタイプにあたります。

・1次試験は物量思考で、とにかく量をこなした。山口真由さんの「7回読み勉強法」をアレンジした勉強法を実践:テキストを7回読む&トレーニング、過去問、模試の全問題について7回正解する方法(いくみんさん)

・道場でも散々言われていることですが、試験対策に一番有効なのは過去問だと思います。過去問を実力試しにとっておくということはしなくて良いと思います(くろさん)

・年毎では無く、カテゴリ毎に解くことで、問題の比較ができ、また解いていく内に似た問題があることも把握でき、効率的に学習を進めることが出来た(ぷんたさん)

◆2回以上で通過した人
〇基本的には「全体底上げタイプ」の学習法と同じ
〇戦略的な科目合格(2年目に2次に関係ある科目を残す)&2次も同時並行で学習
〇他資格の学習も並行して行い、マイルストーンとしている人も
人気のある資格:簿記、ビジネス実務法務検定、ビジネス会計検定。

・2017年は二次試験に関係ない科目4つ、2018年は二次試験に関係ある科目3つを受験した(なおさん)

・1.5年計画の場合、1年目に法務・情報・中小の内2科目は合格して二次と一次の並行学習が一番効率的だと思います(やまさん)

3.学習スタイル別にみられる特徴(独学or予備校)
◆独学生
〇積極的に情報収集している
〇わからない論点は検索などで多面的にアプローチして腹落ちさせる。ただし分からないものには固執しない
〇学習計画は予備校講義日程や模試をマイルストーンにする
〇モチベーションの維持のためにスタプラ使用

・独学の弱みを補強する意味で各スクールの講義の進行度合いを把握し、6月末までに追いつくための日毎の計画を立てた。情報的な弱者になりがちなため、一発合格道場ブログ等を活用した情報収集を行い、自分の現在地と達成するゴールにズレがない状態を保つことを心がけた(しみちゃんさん)

・分からないところはネットで検索したり図書館で専門分野の本を読んだりした。それでも分からない場合でもあまり固執しないようにした。2回目、3回目勉強すると自然に分かることも多々あった。バランスが大切(診断サムライさん)

・受験仲間はスタプラで他の受験生の記録を見て、モチベーションの維持や勉強方法の参考にしていた(くろさん)

◆予備校生
〇予備校の授業日程を学習のペースメーカーとしている
〇予習をやる人、やらない人はさまざま

・木金で、次の日曜の授業のWeb講義を1倍速で予習する(えんひろさん)

・テキスト予習→講義→トレーニング(簡易な問題)→過去問5年分(&講義後に、講義の内容を音声で再度聞き流し)(ぐっち)

・講義を受ける(インプット)→問題を解く(アウトプット)→復習をする(再インプット)(kskn)

4.効率的な学習のテクニック
◆まとまった時間が確保しにくい場合
〇細切れ時間の場所ごとに適した学習をしている
〇時間が確保できるときに知識を積み上げている

・海外出張が多く移動が多いため、「家では机に向かわないとできないことをやる。それ以外は移動時間でやる」と決めていた(おかじさん)

・机に向かえるときはトレーニングを、座れないところでは通勤講座をひたすら解く(かもよ)

・“座ってないと出来ない事” “満員電車内で片手でもできる事” “疲れてる時は手を動かす事” などと切り分け、状況に併せて次々とスイッチングしながら学んだ(みっちーさん)

・仕事柄業務の繁閑が激しかったが、6月頃までの時期にある程度力を付けていたため、なんとか合格することができた(I谷さん)

◆学習時間が超短時間の場合
〇すでに何らかの資格を持っている、得意分野がある人が目立つ
〇まず最初に過去問を解き実力を把握したうえで、科目別に濃淡をつけて学習している
〇問題演習をしない、間に合わなければ捨てるという選択肢も

・一通り過去問を解いた結果、得意科目では80点程度の点が取れると判断し、法務・情報・中小の足切りライン突破を目指す方針とした(どいこう)

・ある程度点数が取れそうな科目は何もしない(CKさん)

・過去問はABランクを優先し、いきなり解説を見ながら問題を解くようにした(そーや)

・テキストの記載内容の中でもさらに重要度を分けて読むようにした(スピテキ斜め読み)(そーや)

・過去問の知識が反映されたテキストをつくる。復習はテキストを読むのみ、過去問にいちいち戻らない(たっつー)

5.テキスト、問題集、その他ツール
◆多くの人が使用しているテキスト類
〇過去問題集
〇TACのテキスト、問題集(TAC配布教材、スピ問、スピテキ)

◆多数派ではないが一定数の人が使用しているテキスト類
〇TBCのテキスト(授業の動画もついてくるため独学者に人気)
〇『一発合格まとめシート』(9代目きゃっしいさん執筆)

◆その他の副読本
経済、情報、法務の苦手克服のために、副読本で理解を深めている人もいました。
・『大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる』(←かもよもオススメしていましたね)『大学4年間の経済学がマンガでざっと学べる』(井堀利宏著)
・『速習!ミクロ経済学』『速習!マクロ経済学』(石川秀樹著)
・『図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説』(きたみりゅうじ著)
・『国家試験受験のためのよくわかる会社法』『(同)民法』(神余博史著)

◆その他人気があった学習ツール
・通勤講座
・ほらっちチャンネル
・スピ問アプリ
・単語アプリ
・スタプラ
私はスタプラやっていなかったのですが、合格同期の中にはスタプラ仲間同士でオフ会をやる人もいて、楽しそうですね。

6.おわりに
合格体験記分析(1次試験編)、いかがでしたか? 合格者に共通して言えることは、「それぞれの生活や仕事のスタイルに合った学習計画・学習方法を決めたら、淡々と、時には柔軟に実行し、合格レベルまで持っていく」ということだと思います。しかし、冒頭で述べたとおり、1次試験の平均学習時間は約600時間と長丁場。結局は「モチベーション」や「やり抜く力」がエンジンになります。最後に合格体験記からいくつか抜粋して〆させていただきます。

・各人にあった学習のスタイルを継続することが何よりも大切かと思います。自分にあった学習スタイルの確立は難しいかと思いますが、これさえできてしまえば後はヤルのみです(しみちゃん)

・とにかく、自分を信じて頑張ってください。“強い想い”さえあれば、必ずきっと何かゴールへと繋がる道が見つかります。そして、最後の最後、本当のギリギリまでどんなにカッコ悪くても、足掻いて粘って泥臭く踏ん張ってください。(ブブ)

・「なぜ診断士を目指すのか」「なぜ診断士でなければならないのか」
自分なりの答えを得られれば合格は時間の問題でしょう。あとはコツコツ地道に進めるだけです。(いよっち)

以上、かわともでした。
明日は日曜ですが、超短時間学習者、たっつーが記事を書きますので、どうぞお見逃しなく!
今日も明日も、皆さんにとって良い日となりますように!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

どーも、そーやです。

10代目メンバー「今やっておきたいこと」シリーズ企画も最終回となります。各メンバー渾身の記事はいかがでしょうか。このシリーズは「去年の試験合格者がこの時期にやっていたこと、やっていたら良かったなと思うこと」です。ぜひ現在の学習方法を振り返る参考として活用して下さい。

ちなみに、各メンバーの「今やっておきたいこと」シリーズですがこんな内容でした。大カテゴリでは「学習計画」「学習法」「2次対策」「いよっち」と恣意的に分けてます。

「学習計画」 かわとも(永久保存版)、たっつー(2次も見据えて)、どいこう(計画遂行のための時間の作り方)

「学習法」 ブブ(特性別戦略&思考のすすめ)、ちこまる(自分は何タイプ?)、kskn(質と量の改善)、かもよ(試験を知る俯瞰法)

「2次対策」 なおさん(ガチ)、makino(進む先に必ずあるぞ)、ぐっち(2次特化型計画)

「いよっち」 いよっち(モチベーションの根源の再確認)

つまりは、学習計画をきちんと立てるべきであり、学習方法を自分に合わせて、試験を知って、作りこんで行き、2次も見据えて対策を早めに進め、モチベーション継続で勉強を進める&諦めない!

まあ、本当にその通りだと思います。これが出来たらぐっと合格に近づくと思います。でも、去年の自分がこれらが全部出来たかというと、そんなことありませんでした

ただ、かもよさんの試験を知る俯瞰法に近いことはやってました。この試験はどんなものなのか理解して、どう戦うか考えることは続けられたのかなと思います。一次の出題傾向を調べて、その後スピテキ斜め読みを実践していました。斜め読みを知らない人はぜひチェックしてみて下さい!

今やっておきたいこと」はいろんなメンバーのいろんな考えがあります。その中でみなさんにあった勉強方法や考え方を見つけて共感していただいたり、マネしていただけるといいのかな、と思います。全部やれたらそりゃ素晴らしいですが、できる範囲で頑張っていくこと、そして継続していくことが大事かな、と。辛くなったらいよっち式モチベーションで思い出してください。

あれ、まとまっちゃった?私の投稿いらなくね?

ここまでは前段です。先週と今週のおさらいです。私からは「学習計画」と「1次対策」に関連する話題で、現時点での実力が分かってますか?という部分をクローズアップしたいと思います。

例えば跳び箱で夏までに10段飛びましょう!という目標があったとします。現時点で何段飛べるかで練習方法準備期間って変わってきますよね。私は試験も一緒だと思っており、ミクロな話だと1次試験は一科目60点さえ取れれば合格です。今時点で50点の人と30点の人ではその科目に対する勉強方法や力の入れ具合は違います。そんなお話です。

 

◆現在地の測定方法について

【対象者:予備校の答練を受けてない方】

みなさん、今診断士の一次試験受けたら何点取れるか想定できますか?
日々予備校答練を受けている方であれば、都度点数が出て順位も分かると思うので、相対評価として上位20%に入っていれば一定の目安になるんじゃないでしょうか。でも、そういった答練を受けてない方々は現時点の立ち位置が分かりにくいと思います。

じゃあ何で測るか、過去問解きましょう!

私の場合、去年この試験の勉強を始めたときに真っ先に行ったのはH29年度過去問を解いたことでした。結果は、財務以外は惨敗。経営なんて癖があって問題を読むのも苦痛でした。運営と中小に至っては何を言っているのかさっぱり分からなかったので10分でギブアップしました。でも、それでいいんです。それぞれの科目で自分がどれだけ合格から離れているか認識して、その距離を少しづつ埋めていけばいいんですから。

とは言っても、解いたところで次に何をすればいいかさっぱり分からない、となる可能性もあると思います。その時は気分を新たにして地道にやろうと決心するだけです。

例えば運営は範囲も広いですが、過去問ではよく店舗管理が出ます。販売促進のISM(インストアマーチャンダイジング)やISP(インストアプロモーション)の部分だけテキスト読んで、問題解いて理解(暗記)すれば、次の過去問は2点増えるんじゃないでしょうか。もし出題されなかったらごめんなさいですが、言いたかったのは、そういったことの積み重ねで60点なり、80点なりを目指せばいいと思います。結局のところ試験なので、その積み重ねです

本番で合格点取ればいいので、勉強中の結果に一喜一憂しても仕方ないです。今の自分の実力が分からなければksknのいう質のKPIも立てようがありません。

なのでもう一度いいます。

過去問解きましょう!

そうすれば合格に一歩近づけると思います。

 

◆一次対策のテキスト選びについて

独学で診断士試験を始めた際に、一番悩んだことを思い出したので記事の後半ではこちらを紹介します。それは、何を使って勉強をするのが一番の近道なのか、1週間くらい「中小企業診断士 独学」とか「診断士 テキスト おすすめ」と検索して、勉強法や合格者が使っていたテキストを探しました。やっぱり予備校に通った方がいいのか、予備校より安めのeラーニングで十分なのか、テキストだけでも合格できるのか。

結論から言えば、人それぞれです。

大切なのは
1.いつ合格したいか、どれだけ時間を割けるか
2.どれだけお金を出せるか

この二点かと思います。

今年中に合格したい気持ちがあり、投資は惜しまないと考える方は予備校に通うのがベストだと思いますし、小遣い制で投資額も限られるけどやる気だけは負けないと考える方はTACスピテキだけ購入して勉強するやり方も正しいと思います。一方今年は人事異動もあり時間はなかなか取れないがいくらか費用が捻出できる方は2年での合格を見据えて予備校の長期コースやeラーニングでもいいかもしれません。10代目メンバーなおさんのように2年計画で考えて初年度は独学で科目合格を目指し、2年目はTAC通学で進めて最終合格するやり方もあります。私はお金がなかったのでやる気だけは負けないと思っていたのでとりあえずテキスト過去問だけ買いました。

とは言っても何か指標となる材料が欲しいです。おっと、ここに丁度良くまとまっているブログ記事があったので拝借しましょう。

テキスト選びは道場初代メンバーふうじん氏のブログ「200%抜け駆けスタイル 診断士試験」の記事を参考にしてみてください!

 

え、手抜き?
いやいや有用な情報はみんなで共有すべきです。
ふうじん氏の言葉をお借りするのであれば「立ってる者は親でも使え」です。

なお私も去年はこの一発合格道場とふうじん氏のブログに大変お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから 

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

おはようございます!かもよです!
ところで……「答練80点、スピ問で80点」とか「必要とされる知識量」とは、どの程度でしょうか。診断士として必要な知識(まぁ一旦合格に必要とされている知識となってしまうわけですが)とは。何があっても崩れない橋を作るのが橋げた理論です。じゃあ、崩れない橋ってどういう橋なのか。橋げたの立てるべき場所と、必要な強度ってどのくらいでしょう。

まぁ、わからないから勉強するんで。「中小企業診断士試験」としてそれをわかったか、確認してくれる試験まであるわけですから。まずはそれに向けて把握、です。どうやって最終的な合格点に達するべきか、把握する。その上で、「すでに理解できたこと」と「まだ理解できていないこと」を知り、現状の自分の橋の強度を知るということです。

なにをするか。要は「俯瞰する」というやつです。Googleマップで現在地からどんどん広げていくと、小道が消え、町の名前が消え……主要都市とそれを結ぶ鉄道だけになる。人口密集地、これが頻出論点ですね。

把握するのに必要なもの。あなたの手元のテキスト(の一部)と、道場に蓄積された先人たちの知恵と軌跡を借りちゃいましょう。

■まず読みたい過去記事

一次試験データ分析シリーズ

ねぇねぇ、かもよさん。最初っから過去記事かよ。しかも平成28年の記事まとめかよ。最新のデータで分析してくれよ。まぁ、そういわず。最新データはすでにあります。そう、もう一つの必要なもの、あなたのテキスト(の一部)
こばさんがまとめてくれた記事は、平成27年までのもの。あなたのテキストには、過去数年分の出題されたものが書いてあるはずです。テキストの”一部”とは、TACのテキストで言うところの「出題領域表」です。上記記事に出題領域を加えることで、かもよがまとめるより信用できて(笑)そして、気づくことができるのでは。

頻出「論点」は毎年そこまで変わらない。
やっぱり「二次と関連する知識」が大事。

■また過去記事

スピテキ斜め読み

過去記事を読む、ということのメリットは、時系列に読まなくてもいいということ。こばさんの記事を読んだ後にふうじんさんの記事を読むと、さらに論点が深まります。もくじ学習は俯瞰に最適ですね。

■最後にもう一つ「今すぐ経済学を好きになってほしい!」

経済学好きですか?私は大好きです!!そしてきっと安定した得点源になってくれる教科です!
もし、現時点で苦手、またはお嫌いでしたら、投げ出したくなっているようでしたら、今からでも遅くないです。一冊だけ、買ってみませんか。私が経済学が大好きになったきっかけの本を置いておくので、一度読んでみてください。

(図解)大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる 

一読するには10時間もかかりません。ぜひ、”図解”の方をご覧になってください。一回「ざっと」学ぶ、要は、経済学の「俯瞰」ができる本です。

では、今日はこの辺で。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから 

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


◆一次試験対策について

みなさん、こんにちは。10代目のぐっちです。

 

10代目メンバーによるブログリレー「今やっておきたいこと」シリーズも終盤となりますが(そろそろ書くことなくなってきた、という振りすら昨日のksknと被る始末…)、私からは主に二次試験対策の学習計画について、お伝えできればと思います。

が、とは言え、自分が1年目に予備校に通っていた時もそうでしたが、特にストレート生の方は一次試験の学習に悪戦苦闘している方が多いと思います。一次試験対策の学習計画については、かわともの超王道学習計画等を是非ご参考にしていただければ思いますが、私からも、これだけはお伝えしておきたい、という点についてお話しさせていただきます。

 

①橋げた作り

学習スタイル(予備校通学や独学等)によって進み具合は異なると思いますが、まずは今の学習している科目をしっかり学んで基礎を作ってください道場基本理論における強固な「橋げた」の確立)。他の科目について復習をしないと忘れてしまう、と不安に思うことも多いと思いますが、まずは橋げたを作ることが重要です(もちろん、余裕がある方は、過去の学習科目も含めて復習する方がより定着します)。この橋げたがあるかないかで、G.W.明けの成果に差が出てきます。

 

②学習時間の確保

どいこうの記事ksknの記事にもありますが、特に一次試験対策においては、いかに学習時間を確保するか、ということが重要です。自分のこれまでの学習状況を今一度振り返ってみてPDCAサイクルを回してほしいです。無理な計画は破綻するので、現実的で、でも可能な限り努力は惜しまず時間を確保しましょう。個人的には合格率を高める王道の勉強法をお勧めしたいですが、どうしても時間の確保が難しい方は、短時間学習メンバーの話も参考にしてもらえればと思います。

 

ちなみに、余談となりますが、みなさんご存知のPDCAとは別にCAPDo(キャップ ドゥ)という手法があります。CAPDoとは、PDCAの順番を変えて「Check=現状把握)」を最初にもってきた改善サイクル手法です。診断士の学習に当てはめるならば、まずは現在の学習状況について把握し、改善案を策定し、その改善策に基づいて学習計画を立て、計画を実行する、という感じになると思います。まあ、事前に学習計画を立てた上で臨んでいる方が多いと思いますが、こういう考え方もあるんだな、というご紹介です。

 

◆二次試験対策の学習計画

さて、かなり前置きが長くなってしまいましたが、本題の二次試験対策についてお話しさせていただきます。今年、二次対策に専念される方をイメージした内容となりますが、一次対策中の方も、一次試験合格後は二次対策をすることになりますので、(時間軸はさておき)参考になると思います。なお、二次試験対策の進め方や具体的な解答プロセスについては、なおさんの記事でも紹介されていますので、そちらも参考にしていただければと思います。

 

まず、昨年の私が立てた大まかなスケジュール(2年目、独学、二次専念)は、以下のような感じです。前年の二次試験後から1月前半までは特に何もしておらず、1月後半から動き始めました。

・1~2月:必要な参考書等の準備

・2~3月:知識の整理・定着、解法の確立、事例Ⅳの演習

・4月~:過去問

 

上記計画では、3月までに準備運動的な学習を完了させ、4月以降で過去問を解きまくる(8年分×3回転)予定でしたが、実際は全くもって計画通り進まず、後ろにずれこんでしまい、過去問は当初予定の半分ぐらいしかこなせていないです。その点は反面教師としてもらえればと思うのですが、お伝えしたいポイントとしては「必要な参考書等の準備」と「解法の確立」になります。

 

①必要な参考書等の準備

参考書等の準備って、探して買うだけでしょ?、と言われてしまいそうですが、重要なのは、早い段階で、どの参考書が必要か、ということを見極めることです。つまりは、昨年不合格となった自分に足りなかったものは何かを認識し、その上で二次試験対策として取り組むべき内容を整理し、その取り組みに最適な教材を選定する、ということになります。言葉にするのは簡単ですが、正直掴みどころのない試験である二次試験について、これらに関する自分なりに納得した答えを出すのはなかなか難しいです。もちろん、定番となっている鉄板教材(全知識やふぞろい等)は利用するにしても、次項に記載の「解法の確立」等は正解がありませんので、自ら情報収集し思案した結果として決めるしかないと思います。また、参考書によっては入手困難なものもありますので、できるだけ早めに検討の上、入手するために動くことをお勧めします

 

②解法の確立

二次試験の学習において、ここが最も難しいポイントであり、私自身も、もやもやした気分が晴れないまま取り組んでいました。少し遡りますが、1年目の予備校通学の際は、講義において講師の解説は理解できるものの、自分としての解答プロセスを確立できている感は全然ありませんでした。そのため、80分という限られた時間の中で、事故を起こすことなく安定した解答を作成できるようになるために、今一度、二次試験の解法について検討を行いました。具体的には、解答プロセスを分解し、工程ごとの対応方針を立て、可能な限り機械的に対応できるよう固めていきました。ただし、ご注意いただきたい点として、解法の確立は一朝一夕で固まるものではないので、実際に過去問等の演習を通じて、より良い形へとブラッシュアップしていくものと考えてください。また、解法を整理したとしても、実際に使えるようになるには、それ相応の訓練(=演習)が必要になりますので、その点もご理解ください。

 

なお、具体的に利用した参考書等は、私の合格体験記に記載しておりますので、そちらもご参考にしていただければと思います。また、春セミナーでは、一次試験対策はもちろんのこと、二次試験対策についてもお伝えしますので、是非、ご参加いただければと思います!

 

以上、ぐっちでした!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

どうも、kskn(きしけん)です。

先週よりスタートしております【今やっておきたいこと】シリーズ。
僕が9番目です。
9番目ともなると書きたいことも書き尽くされた。
今日は今までの学習を振り返って、学習法を見直してみませんか?というご提案です。

 


さて、本題に入る前に質問です。

 

皆さん学習の進み具合はいかがでしょうか。

 

「毎週25時間やってるから大丈夫!」と思った方、要注意です。
なおさんのバックキャスティング思考法について改めて読み直してみましょう。

>ここで重要なのは定めた勉強時間ではなく、結果・成果こだわることです。

と書かれています。
つまり、進み具合とは結果が十分に得られているか。言い換えるなら「ゴールから逆算した、現時点での到達目標(KPI)」に達しているかどうかが最も重要であり、どれだけ時間を積み重ねたかは(それほど)重要ではないということですよね。

「なるほど分かった。で、そのKPIとやらはどうやって設定したらいいのよ?

という声が聞こえてきますね。分かります、分かりますよ。しかしさすがは一発合格道場。その質問に対する答えもすでにあります。
初代ZonEさん「1次試験対策の完成度の目安 ーー頻出領域と稀出領域ーー」、そしてここから導き出される初代ふうじんさん「道場基本理論2:答練の重要性

要するに、TAC生だったら「養成答練で8割取れているかどうか」が現時点でのKPIと言えるでしょう。
独学の方であれば、市販されているTACのスピード問題集で8割を目安にするといいと思います。(頻出の論点で構成されているので養成答練と近しいレベルです)

 


さて、これでKPIの設定ができました。
改めて問います。

 

学習の進み具合はいかがでしょうか。

 

順調だと自信を持って言えるあなた。いい感じですね。そのまま突っ走りましょう。
いやいや、まだあと5ヶ月くらいあるから少しくらい遅れてても楽勝でしょ!というあなた。初代ハカセさんが書かれた「TAC講師にだまされないで! もう時間がありません!」をどうぞ。

ハカセさんも書かれている通り、時間があるとは言えませんが、まだ間に合う。そんな微妙な時期です。
なので、遅れを自覚しているのであればそれを取り返す「具体的な計画」がないとダメですし、あるならそんなに焦ることはなくプラン通りに進めていただければOKです。(でもこの記事は最後まで読んでね)

そしてようやく本題。

学習進度が遅れていて、かつ取り返せる具体的な計画が無い方。

 

とにかく今すぐ学習方法を見直しましょう!!!!

 

なぜかって、今までも勉強してきた上で目標未達なのに、同じことを続けていて合格できると思いますか?

仕事でもスポーツでも何でもそうなんですが、学習においては特に「量×質=結果」だと考えていますので、結果が伴っていないとすれば「量」か「質」のどちらか(もしくは両方)が不足していると断言してもいいでしょう。

しかし、ただ見直せと言うだけだと「それを考える時間がもったいない!」と思う方もいるでしょうから、僕が良いと思った具体的な方策を挙げていきますのでぜひ参考にしてみてください。
(余談ですが、このパートを書くにあたりたっつーどいこうそーやの短時間合格三銃士の合格体験記を読み込んだのですが、いろいろと共通点があったことも興味深かったです。)

 


量の改善

量とはつまり勉強時間のことですので、いかに時間を増やすかという話になるわけですが、1日24時間という時間を増やすことはできません。
なので、生活サイクルから見直して時間を捻出する努力をしましょう。

その際に参考になるのが、6代目myaさん「時間の作り方 再考

まずこの記事にあるように自分の生活を棚卸して整理してみてください。
そしてその次に、運営管理で学んだ「ECRSの原則」を使って生活の見直しを行います。

Eliminate(排除)
ムダな時間を削減できないか?テレビ、移動時間、ダラダラ雑談、飲み会などなど。もちろん全部無くせというわけではなく、自分自身に問いかけをしてみましょう。(僕は移動がムダだと感じていたので、移動を減らすためずっと自宅で学習していました)

Combine(結合と分離
同時にできることはないか?歩きながらリスニング教材、電車に乗りながら問題集などなど。絶対に外すことができないスケジュールに勉強を組み込むのが効果的です。(僕はお風呂の中で歯磨きしながら問題集を解いていました)

Rearrange(入替えと代替)
学習と他のスケジュール、もしくは他のスケジュール同士を入れ替えることで効率は上げられないか?例えば、夜寝る前にまとめて勉強している人は、仕事が終わって帰宅する前に1時間ほど学習する方が勉強を小分けにできて集中力が増す可能性があります。

Simplify(簡素化)
簡素化して時短できないか?例えばテキストを全てPDF化してEvernoteなどに取り込めば、単語で検索できるようになるのでいちいち索引で調べてページをめくって、、、という作業が無くなります。

これだけ検討すれば必ず学習時間として確保できる時間は増えるはずですし、しかもやっているうちに「ECRSの原則」に関する知識が定着するというおまけ付きです。ぜひ一度やってみてください
ちなみに余談ですがたっつーとどいこうの体験記の中にも移動時間についての記述があったので、ここは意外と学習時間を確保する上での重要な検討ポイントなのかなと感じました。

 


質の改善

質とはつまり勉強の濃度とでも言いますか、効率と言いますか、表現は難しいですがそういった類のものです。しかも、これを定量化して評価することはこれまた難しい。
なのであまり根拠はないのですが、個人的に質の改善に対して効果があると思うことを列挙します。

①問題を書き写すor音読する
そーやは解説を転記、僕は「覚えたい!」と思った問題、選択肢、解説だけ5回ほど繰り返し音していました。書いたり音読したりするのがなぜいいかは正直分からないのですが、「経験的に」そうした方が記憶に残りやすいと感じています。先日のちこまるの記事に少し詳しく書かれていましたね。

②分からない問題は粘らず解説を読む
そーや、たっつーも実践していました。分からない問題は時間をかけたところで結局分からないので時間のムダです。さっさと解説を読んで次回必ず解けるようにしましょう

③アウトプットの後に(再)インプットする
たっつー、どいこうも実践していました。アウトプットをした後に重要なことは「解けなかった問題を解けるようにすること」です。なので、解説はしっかりと読み込んで知識を入れるべきですし、解説で分からなければテキストを見る、テキストで分からなければより詳しく書いたサイトを探すなり本を買うなりしましょう。ここを疎かにするといつまで経っても点数は伸びません。また、アウトプットをすることで問われる論点や自分が理解できていない論点を知ることができるので、やるべきことを絞り込むことができ、インプットの効率も上がります。

④教材を極力減らす
たっつー、そーやも実践していましたし、かわとものポケテキ集約法もこれに当たります。全ての情報を集約した「自分だけの最強教材」を作ることで、1冊で全てを見直すことができるので効率的ですし、荷物が少なくなるので外出先での学習が進みやすいというメリットがあります。また、「最強教材」を作る過程でかなりの量を書いているので、①と同様の効果も得られて記憶に残りやすいという点も見逃せません。

⑤よく寝る
寝る子は育ちます。寝不足を自覚している人は、一度10時間くらいしっかり寝てから学習してみてください。集中力が段違いに上がります。僕は、毎日最低8時間は寝るようにしていました。

 


以上になります。

僕や他のメンバーもこれらの方法でしっかりと合格を勝ち取れていますので、自信を持って良い学習法であると言えます。
どれか1つでも参考にして、役立てていただけると幸いです。

ではでは、引き続き学習を頑張ってください!

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから 

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


◆学習時間を生み出す

こんにちは。どいこうです。

さて、「今やっておきたいこと」シリーズ企画もそろそろ後半です!

やっておきたいことのまとめ(どいこう版)

私は以下の4つが必要だと思っていますが、過去記事でかなり言及されておりますのでリンクでご紹介します。
1)将来イメージでモチベーションを高める;過去記事「ニンジンはどこだ!?」「長押し!心のスイッチ」など
2)現状とゴールのギャップを認識する;1次試験(1次免除の方は2次試験)の過去問1年分を解くのが良いと思います。
3)ギャップを埋める学習計画を作る;過去記事「〈永久保存版〉1次試験までの学習計画」「バックキャスティング思考法」など
4)学習計画を実行する

本稿では(4)学習計画の実行について言及します。

時間をかけてなんぼ

学力は、大まかには以下のように整理できると思います。

試験時点の学力=開始時点の学力+学習効率×学習時間-忘却

「学習時間」をいかに増やすか、という点は非常に重要になります。

具体的には、「(比較的)生産性が低い時間を削る」方法と、「削れない時間を有効利用する」方法があります。

削れる時間(1)テレビ視聴

前向きに考えて行動し、実績を上げようとするビジネスマンにとって、漫然としたテレビ視聴は大敵だと思います。

1)テレビ視聴は受動的で無目的になる場合がありますから、よほど目的意識をもって利用しないと目標達成に近づけないと思います。

2)最近のテレビ番組(特に報道番組)の多くはビジネスマンに役立たないばかりか、社会人としてのNG行為がみられると感じています(私個人の感想で、人により意見が違ってよいと思います)
・ネガティブなニュースにかける時間が多く(殺人事件や子供の虐待などの悲惨な出来事や不祥事など)、視聴者が「自分もがんばろう/がんばらなくては」という意欲を高める出来事(例えば、最近のはやぶさ2の小惑星着陸成功のように鼓舞される出来事や、日本の立場に立った安全保障や経済に関する解説など)の扱いが少ない
結論だけを主張し、根拠となる事実を提示しない、または事実の一部のみを都合よく切り取る事例がみられる
不祥事の犯人探しをして糾弾するが、根本原因の究明や改善提案をしない事例がみられる

診断士受験を機に、テレビはよほど見たい番組だけに絞り、前向きに生きる時間を増やすことをおすすめします。

削れる時間(2)ゲーム

暇つぶしでするゲームもテレビ同様、時間を無限に奪っていきますが、ゲームで現実社会での生活を改善することは、(通常は)難しいです。ゲームが仕事につながる方はよいとして、一般の方は、診断士受験を機に、現実に取組む時間を増やし、ゲームを減らすことをおすすめします。

余談ですが、私は学生時代に麻雀に大量の時間を投入し、就職説明会を寝過ごしてブッチぎるほど情熱的に取り組みました。結果、心理的かけひきの経験とタバコの銘柄をニオイである程度判別するスキル(私は吸わないです)を得ましたが、かけた時間に対する投資効果は低かったと反省しています。

削れる時間(3)飲み会

診断士資格を取得したら交流する相手の幅が広がった状態で飲み会ラッシュになります。あなたにとって、今の飲み会よりも合格後の飲み会の方が楽しいのではないでしょうか?もしそうなら、今は少し飲み会を控えて、まず合格してはいかがでしょうか。少なくとも、「いつものメンバーでグチを言い合う飲み会」なんてものは卒業することをオススメします。

有効活用したい時間(1)通勤時間

通勤時間に電車やバスに乗る方は、移動時間の有効利用を検討しましょう。我らがかわとものポケテキ学習法や、通勤時間の利用に特化したSTUDYingなど、学習効果を高めるワザ・教材を研究しましょう。

早起きと組み合わせれば、「オフピーク通勤」で比較的空いている電車で勉強し、職場の近くのカフェで落ち着いて勉強するというスタイルも選択できます。

有効活用したい時間(2)昼休み

会社員にとって、昼休みは貴重な自由時間ですから、利用しない手はありません。カフェや会議室などを利用して勉強に組み込む工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

◆中小企業は手厚く支援されている

続いて、中小企業政策について。

中小企業は支援されている

中小企業政策の大前提として、中小企業は、各種の法令等で手厚く支援されていることが挙げられます。その基本となるのが中小企業基本法小規模企業振興基本法です。これらは「基本法」という名前からもわかるように各種法律のベースとなる超重要な法律です。

中小企業基本法が制定されたのは昭和38年(1963年)、東京オリンピックの前年、まだ高度経済成長期と言われていた頃です。当初の中小企業は、「(大企業と中小企業等の)二重構造における弱者」と位置づけられましたが、平成11年(1999年)の改正で「我が国経済のダイナミズムの源泉」として「成長発展する中小企業」という大幅な位置づけの変更がなされました。なお、制定当時の中小企業基本法には「小規模企業」という概念が存在しませんでした。

小規模基本法(正式名称は小規模企業振興基本法)は平成26年(2014年)に施行された比較的新しい法律です。「成長発展する中小企業」のほかに、「持続的発展」(「何とか事業を継続する」という意味のようです)にとりくむ小規模事業者もいることを視野に入れて制定されました。5年毎に「小規模企業振興基本計画」を策定することを決めました。

なお、小規模基本法施行に先立つ平成25年(2013年)の中小企業基本法等の改正において、「小規模企業者」の概念ができました。このため、この改正は重視されており、通称で「小規模企業活性化法」(法改正で新法ではありませんので「通称」なのです)と呼ばれます。

中小企業者および小規模企業者の定義

さて、ではどんな事業者であれば支援を受けられるのでしょうか。

以下に、中小企業者および小規模企業者の定義を示します。

出所:中小企業庁

以下のことを覚えておくと良いようです
・中小企業と判定されるには、資本金額または従業員数のどちらかを満たせば良い
・表の「小売業」は飲食店を含む

私は中小企業の定義を覚えるのに苦労しました。結果、以下のように覚える項目数を減らしました。
・「製造業は3億円、卸売業は1億円、他は5千万円」。理由は、製造業(産業ロボットがある工場のイメージ)と卸売業(ベルトコンベア付き倉庫のイメージ)は他(事務所とPCだけのイメージ)よりお金がかかるから。
・「1人あたり資本金は100万円、サービス業だけは半分の50万円」。

より詳細な業種区分が気になる方はこちらをご参照ください。

業種によって基準が違う理由は、中小企業基本法が制定された昭和38年(1963年)時点で、「業種によって事業展開に必要な設備投資額や従業員数が異なる」という想定をおいたためと思われます。ただ、近年ではファブレスの(工場を持たない)製造業もあり、業種と設備投資額が連動しない側面があります。また、ロボットや産業機械の発達により、小売業・飲食業やサービス業の方が、従業員数が多くなる場合もありますから、区分の意義は薄れてきているように思います。

具体的な中小業支援施策

中小企業は、以下のように様々な中小企業支援施策のメリットを享受できます(TACスピードテキストの章立てを参照しました)。
1)資金供給の円滑化および自己資本の充実
2)中小企業等経営強化(創業・経営革新・新連携・技術革新等の支援)
3)新たな事業活動の支援
4)ものづくり基盤技術の高度化
5)経営基盤の強化
6)環境変化への対応、事業承継・再生支援
7)小規模企業対策

逆の見方をすると、中小企業でなくなれば優遇がなくなってしまうわけですから、「できる限り中小企業の枠にとどまりたい」と思ってしまいます。

◆中小企業診断士の出番とは

診断士の根拠法令

ところで、中小企業診断士の資格は、中小企業支援政策の一環として、中小企業基本法と同じ昭和38年(1963年)に中小企業支援法で規定されました。目指している資格そのものの根拠法令ですので、こちらも要チェックですね。法の第11-12条に規定がありますので、一度読んでみてもよいと思います。

複雑な支援施策を解きほぐす役割

さて、私は中小企業者としての立場も持っていますから、各種の支援施策はたいへんありがたく、一部施策はすでに利用しています。ですが、困るのはとにかく複雑で入り組んでいる印象があることです。1ページの資料でまとめてくれたら、、、などと思うのですが、現実はそうなっていません。ただでさえ経営資源の足りない中小企業の社長がこれらを全部把握していたら本業にかける時間がなくなってしまいます

そこで、中小企業診断士が登場、ポケットから支援制度!!となるのではないでしょうか。そんな私も制度を鋭意研究中ですので、少しでもわかりやすい形で整理して、最適な解決法を提示できるよう、精進したいと考えています。

それではまた~

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから 

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

みなさんこんにちは。ちこまる(仮)です。いよいよ今日から実務補習が始まります!協会で受けている仲間達はもう5ポイントをすでに獲得し、10ポイント目を取ろうとしているところ、という人も。少し出遅れた感はありますが焦らずしっかり学んでこようと思います。

私はお世話になった先生のところで登録に必要な15ポイントのうち、10ポイントを獲得予定ですが、協会で受講するのと違って知っている方がたくさんいる環境はやっぱり安心します。また内容はみなさんにレポートできたらと思います!

さて、今日は【今やっておきたいこと】シリーズとして自分を知ろう!をお届けしたいと思います。

中小企業診断士試験に限らず、多くの資格試験は

  1. 様々な知識をインプットし
  2. 問われている内容を見極めて
  3. 適切にアウトプットした結果
  4. 合格基準に到達すると合格

という流れになっていると思います。

4は結果であるため、1から3がとても大切になるわけですが、今日は1のインプットと3のアウトプットの種類をもう少し探ってみたいと思います。

あなたはどのタイプ? 視覚・聴覚・言語

同じテキストに書かれた内容でも、深く理解したり定着させるプロセスは人それぞれ。

図式化して覚える人(視覚)もいれば、ひたすら繰り返し書く人(言語)もいますし、呟いて覚える人(聴覚)もいます。どういう形なら自分の頭にすっと入ってくるかは、人によって様々ですから、自分自身にあったやり方を見つけると無理なく覚えることができます。

ここで自分に合った方法を見つけておかないと、いつまでたっても覚えられない…と苦しいばかり。しっかり見極めていきましょう。社会人になって受験される方が多いと思いますので、過去の勉強法でこれは良かったな、と思うものがあればそれでもいいですし、この際だからと同じ内容を図式化してみて、話してみて、言葉で書いてみるというのを全部試してみて、これ良さそう!と思うものを見つけてもいいと思います。

また、この優位なものは「ノイズ」にも繋がりやすいです。視覚優位な人は景色が気になったり、聴覚が優位な人は他の人の会話が気になってしまったり、言語が優位な人は文字情報がつい気になってしまったり、ということもあります。集中して勉強する環境を作るとき、どのように「ノイズ」を排除するかということも大切ですから、参考にしてみてください。

ちなみに私は視覚と聴覚優位で言語はそこそこです。

一概にこう!というわけではなくて複数の要素が重なることももちろんありますし、あくまでもインプットとアウトプット、という観点では、という限定付きです。というのも、人の顔がほとんど頭に入ってこないのです…。セミナーで直接お目にかかることもあるかもしれませんが、ほぼ毎回、出会う人全てが「初対面」に見えていることをご了承ください。(先に謝っておく。。)ドラマを見ても、毎回この人誰だっけ…となるのでストーリーがよくつかめませんし、時代劇でカツラをかぶると完全に別人認定になるため、人は声で判断しています。。

そんな(ドラマで息抜きができない)私が取り組んだ内容は、落書きして、第三者に聞いてもらうこと!

1次試験では私もスピ問一本に絞ってかわともと同じように、また道場の伝統と同じようにぼろっぼろになるまで使い倒してました。(参考:かわとも【今やっておきたいこと】〈永久保存版〉1次試験までの学習計画  )

私の場合は落書きして図にしたり、ツリーを書いたり、映像としてイメージしやすい内容を付箋に記入して、関連したページに貼り付けていました。付箋を使っている理由としては、模試など他の教材を解いたときにできなかったことや解説を付箋に書いてスピ問に貼り付けることで情報の集約ができるという点と、余白が足りなくてもいくらでも気軽に落書きできる点が私に合っていたからです。

これは運営管理のスピ問に貼り付けてあった2枚の付箋。イメージ優先です(笑)覚えたものには済スタンプを押して卒業!

書いている内容はさておき(笑)、気軽に色々書いてみて、ご自身に合うかどうか確認してみてください。

そして、私の定着方法二つ目は第三者に聞いてもらうこと。

診断士仲間にも話していましたが、勉強していない職場の同僚や友達に、ちょっと聞いて聞いて!と5分ほど時間をもらって、図を書いたり説明したりして、最後に感想を一言もらう、というのをやっていました。ちょっとした休憩や雑談の合間にもできますね。診断士を受けてて、勉強してるから、と事情を伝えれば、応援してくれる人もきっとでてくるはずです。私の場合は主に職場の同僚達。第三者から意外な観点で質問をもらう事もありより深く調べるきっかけになったり、すごいねー!頑張ってるねー!!!と言ってもらうだけでもやる気が湧いてきます。自分が話したことを自分が聞いてより深く理解する「オートクライン効果」も見込めますのでやってみてください。そもそも理解していないと話すことはできないので、自分の理解度チェックとしても使えます。

この「人に話す」は復習方法の一つ。復習のタイミングとしておすすめなのが、インプットしてから24時間以内!エビングハウスの忘却曲線によると、インプットしたことのうち74%は24時間で忘れてしまうそう。(ランダムな文字列を覚えて思い出すというテストなので関連づいていたり覚えやすくしてある内容はさすがにもう少したくさん覚えているとは思いますが、あくまで参考として)また、カナダのウォータールー大学の研究では、24時間以内に10分の復習をすると100%思い出せるそうです。

ひたすら書くのが好き、という人もいますし音読する人もいます。最近はオーディオブックや音声のみの授業、動画もありますし勉強するツールの幅は広がっています。ご自身がどのくらい、どのような時間を作れるのか(通勤時間、お昼休み、朝や深夜など)とそれに合ったツールを選択することで、より脳に深く刺さる知識にすることができると思います。

そうそう、もう一つとてもお勧めの覚え方をご紹介し忘れていました!

財務が苦手だった私がキャッシュフロー計算書を克服する際、大変大変お世話になった、7代目noriさんの、歌って覚えるキャッシュフロー計算書、もおすすめです!!

 

みなさんはどんな覚え方をしてますか?コメントで是非教えてください♪♪

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

14:30〜16:30 (懇親会 17:00〜)

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次・二次対策、相談会などなど
盛り沢山!是非ご参加ください!!

そして……4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場がゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


☆もくじ☆
◆自分の「心のスイッチ」を見つけよう
◆いよっちの「心のスイッチ」
◆10代目メンバーの「受験のきっかけ」


早いもので、今日から3月ですね 。いよっちです。(自己紹介は⇒こちら

年度末で忙しい~という方、季節の変わり目に弱いんだよ~という方、くれぐれも体調管理には気を付けてくださいね!

前回は、「今年確実に合格するために」をテーマに、2020年のオリンピックとの関係から「今年」合格することを強くおススメする記事をお伝えしました。(前回の記事は⇒こちら

さて、今回は道場10代目全員によるリレー形式でお送りする【今やっておきたいこと】シリーズとして、私からは「モチベーション」についてお伝えしていきたいと思います。


◆自分の「心のスイッチ」を見つけよう

3月に入ったということは、1次試験まで残り5か月ちょっと、2次試験が終わるまでは10か月弱あります。

「やべ~時間ないよ~!」と思う人もいれば、「まだまだ時間あるなぁ」と思う人もいますよね。

1年目の今頃は、TACの速習コースの進み方の早さにドン引きしながらも、何とか予習・復習に食らいついており、常に時間に追われていましたね。一方、2年目の今頃は、2次まで余裕も出来たので日商簿記2級の問題ばかり解いていました。きっと受験スタイルによって残り時間の感じ方は様々だと思います。

受験勉強に打ち込むということは、裏を返せば少なからずは、自分の時間が減ったり、家族に負担をかけたり、と何らかの犠牲を払うことになります。

そんな生活を数か月間続けるわけですから、「ちょっと受験してみようかな」といった軽い気持ちでは、途中で挫折して受験を諦めてしまったり、あるいは、来年に先延ばしをしてズルズル勉強したり、とモチベーションは長続きしないかと思います。

気持ちが途切れさせないためには、自分の心を動かす「スイッチ」を見つけて、単発で押すだけでなく、ずーーっと長押ししている状態を維持するようなものなのかもしれません。(もちろん、疲れたらちょっと離して休んでくださいね!)

読者の方の中には、まだ何となく勉強している方、確固たる意志を持つところまでには至っていない方、など3月のこの時期なら多いのかもしれません。

今回は、少しでも「心のスイッチ」を押すきっかけになればと思い、私自身の「心のスイッチ」や10代目メンバーの「受験のきっかけ」をご紹介します。


◆いよっちの「心のスイッチ」

心のスイッチ①反骨心・自己顕示欲

診断士という資格を知る前、海外駐在をしていたのですが、帰国直前のタイミングで上司から突然、当時の所属先と正反対の部門(間接部門)への異動を命じられました

「どうして前線から外されなきゃいけないんだ」と悔しさが募り、「こんな会社辞めてやる!」とまで思うこともありましたが、その一方で「今の自分に一体何ができるんだ?」と自問しても、何も答えが浮かばない自分に更に腹が立ちました。

その後聞いた話では、若手を異動させて組織を強くしよう(事例Ⅰでいう”組織活性化”ですね)と経営陣は考えていたようですが、一兵卒の私にはそんな高尚な意図など理解できず、ただただ悔しくて仕方なかったんです。

当時は、自己研鑽して自分自身の価値を高め、「合格して周りを見返してやる」という反骨心・自己顕示欲をギラギラにたぎらせていました。(青いなぁ)

会社の先輩に愚痴っていたところ、診断士という資格の存在を知り、「これだ!!!」と思い、熱く燃え上がるようなものが体を駆け巡った感覚を覚えています。その日のうちにTACに申し込んでいました

 

しばらくの間は「心のスイッチの長押し状態」が続いていたのですが、反骨心のような尖がったモチベーションは長く続きませんでした

理由①異動先の仕事が面白いことに気がづいた
最初は嫌々だった仕事が、診断士受験の中で経営全般の知見が広がってくると、異動先の仕事が面白くなってきたんです。いや~人生分からないもんですね~ 周りを見返したいという反骨心は揺らいできました。

理由②本当に診断士でいいのか?と疑問を持つようになった
間接部門の仕事をしているうちに、より高難度な税理士や米国CPAなど他の資格に目移りする時期がありました。自分を変えたい、周りを見返したい、と受験自体が手段化しており、「なぜ診断士なのか」を考えていなかったんですね。

当たり前ですが、受験のモチベーションのベクトルが「自分」に向いている以上、「自分」が変わればモチベーションも変化しますよね。反骨心や自己顕示欲から来るモチベーションは熱しやすく冷めやすいのかもしれません。

 

心のスイッチ②身近な人の役に立ちたい
前回の記事でもお伝えした通り、飲食店を創業する思いを持つ彼女など、自分の身の回りに次期経営者や今後創業を考えている人たちがいました。

「自分の知識・経験を活かして力になりたい」という思いや、「自分の目の前にいる人のためにサポートしたい」という思いが次第に強くなり、いつの間にか、反骨心や自己顕示欲に代わって受験勉強のモチベーションを支えていました。

モチベーションのベクトルが「自分」に向いている時に比べ、誰かのためになりたいと「自分以外」にベクトルが向いている時の方が、じわじわと高まり、最後まで途切れることなく持続できたように感じます。

まとめ
自分自身の「心のスイッチ」をまとめると、こんな変化がありました。
自己研鑽(反骨心・自己顕示欲)

他者貢献(身近な人の役に立ちたい)


◆10代目メンバーの「受験のきっかけ」

10代目メンバーの「受験のきっかけ」をまとめました!(自己紹介・合格体験記より”ちょっとだけ恣意的”に抜粋)

かわとも:職場と家が遠いことに不便を感じており、将来的に転職などキャリアチェンジの武器となる国家資格を取得したいと思った。

たっつー法律以外の知識が著しく不足していることに気付いた。将来的には独立開業を視野に入れて、中小企業の状況を理解することができコンサルタントもできる弁護士になるべく受験を決意。

なおさん新製品の立ち上げや品質改善で製造委託先の工場へ訪問する際に漠然とした知識不足を感じていた中で、社内セミナーを依頼したとある中小企業診断士との出会いがきっかけになった。

ブブ:新卒採用を担当した際に「働く意味」「仕事とは」そんな事を学生と共に考えていく中で、キャリア支援をワークライフとすることを決意。それを実現する為には、組織(企業)に対する理解、そして働き掛けが必要と感じたため。

makino:事業終息、事業売却、望まない帰任、望まない転勤など、会社員の悲哀を経験し、「会社を辞められる自分になる」と決意し受験。

ちこまる(仮):働き方を最適化する、という今の仕事を中小企業にも広げたいと思い、そのためには、働き方だけではなく、経営全般の相談にしっかり答えられる必要があるように感じて勉強を始めた。

どいこう:コンサルティング業の立ち上げを考える中、中小企業診断士資格を取得しようと考えた。自分も経験してきた事業再生・承継や創業・脱サラの支援などを手がけたいと思う。

kskn会社や仕事における将来への不安に対し、どういうことが起こっても自力で食べていけるような「何か」が欲しく、診断士受験を決意。また、学習期間中に第一子が誕生し、育児をする中で時間に融通のきく自営業を選択肢の1つとして考えるようになり、本格的に学習に取り組むようになった。

ぐっち:今後のキャリアップを考えた際に、経営に関する幅広い知識を身につける目的で診断士の資格に挑戦。

かもよスキルアップのための「何か」を探していた。社内の資格マップを見ていたところ、一番上に「中小企業診断士」があったため、社内で認められている資格なら市場価値が高そう、と思い受験を決める。

そーや:新規システム立ち上げの際に企業分析の力が不足していると感じ、受験を決意。(後日談:独立意欲もあったらしい)

 

どうでしたか?まさに人生色々、「受験のきっかけ」は十人十色ですね。

10代目の本人たちにも改めて再度ヒヤリングしつつ、「受験のきっかけ」を、以下のカテゴリーに分類してみました。各カテゴリーのざっくりしたイメージは以下の通りです。(人間の心の話なので切り分けにちょっと無理がありますがご容赦を…)

独立志向:いつか独立する意思を持っていた
企業内で活躍:独立志向はなく、企業内で活躍したい
自己研鑽:キャリアアップ・知識補充など、自分のために
他者貢献:社会・取引先・家族など、自分以外のために

青字はストレート合格した10代目、赤字は2年以上受験した10代目メンバーを表しています。

 

ちょっと興味深い傾向が出ていますね。
①左上(独立志向×自己研鑽)の象限ではストレート合格した人が多い。
「独立してやる!」くらい自己研鑽への意識が高い人は短期間集中で合格まで駆け抜ける可能性が高まるのかもしれません。


②右下(企業内で活躍×他社貢献)の象限では2年以上受験した人が多い。
「自分以外の誰かのためになりたい」と思って勉強を続ける人は、長期間モチベーションを維持できるのかもしれません。

 

誤解してほしくないので補足しますと、そもそも道場メンバーって意識高い人が多いと思うんです。(そうでなきゃボランティアで受験支援しないよね) だから、独立志向が強い人が多いのも頷けます。

独立志向がないとストレート合格できないんじゃないか?だとか、そんなことないので気にしないでくださいね。あくまでも10代目の傾向です。勉強会で会う仲間、実務補習の班のメンバー等、私も含め、私の周りの受験生はほとんど左下(企業内×自己研鑽)の人たちでした。安心してくださいね。

とはいうものの、やはり「独立するぞ!」と最初から決めているくらい独立志向の強い人誰のためになりたいかが明確な人は途中で挫折することなく、目標に向かって確実に勉強する安定感があったように思えます。

 


まだまだ数か月も続く長丁場の受験勉強を耐え抜くには、「心のスイッチ長押し状態」をいかにキープできるかにかかっていると思います。

まだ時間がある今だからこそ、【今やっておきたいこと】として、自分ならではの「心のスイッチ」を見つけてみてください

診断士という資格の存在を知り、「勉強しよう!」と心を決め、勉強を既に始めている皆さんは、既に自分自身の「心のスイッチ」を押しているんじゃないでしょうか? どうやったら長押しできるのか…それは自分自身の「受験のきっかけ」を深堀りしてみることでで見つかるのかもしれませんね。

今日の記事が皆さんの「今年確実に合格する」ことへ少しでもお役に立てば光栄です。今日も読んで頂きありがとうございました。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

2/14はバレンタインデーでした。妻と娘から、それぞれチョコレートをもらい、涙目になっていたmakinoです。

 

私のように義理を受けた男性のみなさま、ホワイトデーのお返し、悩みませんか?

ホワイトデーは定番のお返しが無く、クッキーやらマシュマロやらキャンディーやら、だれがこんなイベントを作ったのか、グチグチグチ。自らの発想力・想像力・アイディア力・リサーチ力を問われている気がします。

 

(おお、なんかモテる男の悩みみたいで、気持ちいいぞ)

 

更に、今年は、プライベートで諸々あり、妻に大変迷惑をかけていますので(浮気とかではありません)、手厚いお返しが必要だと考えています。

相手が引くほど高額ではなく、これ欲しかったと思えて、日常で使ってもらえる程度のお返しが正解だと思っておりますが、現時点で、まだ具体案がありません。このテの考察が得意で、ナイスアイディアをお持ちの方、アドバイス頂ければ、と思います、是非。

 

Ya〇oo知恵袋のような余談はこの辺にして、本題に行かせていただきます。何書いてるんでしょうね、まったく(もちろん、Ya〇oo知恵袋をディスっているわけではありません、念のため)。

 

今回のテーマは、「今やっておきたいこと」です。全員企画として、ブログリーダーかわともに、きつく縛られています(いや、かわともゴメン、けんか売ってないよ)。

 

考えた末に、今回は、独学&科目合格狙いの皆様に向けて、書かせて頂くことにしました。

とってもミクロな記事になる予定なので、100人のうち1人くらいにしか、お役にたたないかもしれませんが、ご了承ください。そもそも、「一発合格道場」の看板を掲げている事もあり、どのくらい科目合格狙いの方が読んでくださっているのか…。まあ、自分も一発合格ではないので、気にせず行かせてください。

 

ちなみに、読んでくださる方で、メンバー同士の記事の矛盾を感じる方(2次の準備しろとか、1次に集中しろとか)、先代のへんりーさんが昨年、素晴らしい記事を書かれていますので、こちらもご参照ください(私は、通勤バスの中で、共感しまくりました、「超人か、暇人か」)。

 

[ここから本題]
大手予備校の講義日程を考えます。
TACのストレート本科だと、「情報」がはじまったくらい、速修本科だと、「運営」くらいです。

「1次独学のお前が、なんでそんなこと書いてるんだ」と思った読者の方がいらっしゃれば、素敵な前振りなのですが、そこまで私のプロフィールに詳しい方も、いないかと…。

と言うのも、自分が2018年に7科目受験で1次試験通過をした際は、TACのストレート生の講義日程を参考にし、7月初頭のTAC模試をマイルストンにして、学習計画を立てていました。

 

うーん、ちゃんとしてますね。1次通過するハズです(自画自賛に石が飛んできそうです)。

 

別に、自慢話をしたいわけではありません(どちらかというと、そういう話は苦手です)。
makinoは、2010-2012年に、科目合格を積み上げ、1次を通過した経験があります。その時と比較して、何がダメだったかを、お話したいと思います。

 

2010-2012年当時の自分は、情報弱者だった事もあり、どの科目から学習したらよいか、まったくわかっていませんでした。ただただ、送られてきた日本マ〇パワーの通信教育テキストを(もちろん自ら注文しました)、1から順番にやっていき、1次試験までに間に合った科目を受験しただけです。

「3年で1次通過するなら、2-3科目/年くらい」の、アバウトな計算でした。

更にダメなことに、1年目、3科目受験で、2科目合格してしまい(科目は、もはや忘れました)、そこそこ自分のやり方に自信をつけていました。「この程度の学習で通るなら、いけるぞ、俺」ってなもんですね(口調が荒っぽいのは、当時の自信の表れか?)。

結果、3年で1次通過しましたので、さほど間違っていなかった、とも言えるのですが、それは結果であり、大きな間違いがあります。

 

さて、間違い探しです。

 

いろいろ間違っていますが、今回焦点を当てたいのは、「敵は誰?」です。過激な表現ですね、「敵」ですって。

 

はい、科目合格者の「敵」は、同じ科目合格者であり、ストレート生であり、昨年1次を通過して、今年2次を受ける予定の2年目生です。戦う場は、もちろん2次試験です。各々の特徴を考えてみましょう。

科目合格者:
複数年で1次通過をねらうため、同時並行で行えれば2次試験の準備期間には恵まれているが、2次に使う1次知識の記憶が薄れている懸念がある。

ストレート生:
1次試験で積み上げたフレッシュな記憶で、2次突破を目指すが、2次試験の準備期間が短い場合が多い。

2次試験2年目生:
2次集中で1年を過ごす。1年間の2次準備期間があるが、通年のモチベーション維持が課題、と言われている。

科目合格狙いの方へ。
ストレート生の多くは、1次試験が終わってからの約11週間で2次の準備をします。
2次2年目生は、前年の2次試験から、丸1年間の準備期間があります。

さて、科目合格者はどうでしょう?
1次の勉強があるとはいえ、仮に3年で1次突破を考えるなら、最大3年間、2次試験の準備期間がある、ということです。このメリット、気づいて活かせています?

ちなみに、2012年に科目合格で1次通過した自分は、全く活かせていませんでした。これが大きな間違いです。案の定、この後の2次は2回とも不合格でした(努力が足りていませんでしたので、納得の不合格です)。

「おいおい、1次通過もまだなのに、2次準備の話かよ、1次通過しなければ2次も何もないじゃないか」という声が聞こえてきます。はい、その通りです。

ただし、1次通過は、実はある程度、学習時間が担保してくれます。先日のSOYAの記事でも、1次の学習時間と得点の相関係数が出ていますが(身内の手前みそですが、楽しい記事でしたね)、1次は2次に比べて、学習時間を確保すると、通りやすいのです。

 

あくまで自分の目安ですが、「スピ問回転で(<-道場の造語です、TACのスピード問題集を何度もやって)」80%正解を叩き出せるなら、さらに7月上旬のTAC1次模試で、受験科目が60点を超えたなら、1次試験の視界良好と言えるのでは、とmakino個人の見解で、思います(注:個人の見解を話しています)。

そして、診断士試験のキモは、摩訶不思議な(実はそうでもないのですが)2次筆記をいかに攻略するかなのです、はい(注:個人の感想です、異論はあるかもしれませんが)。


ちょっと、寄り道

冒頭、大手予備校の講義日程を記載しました。
独学&科目合格狙いの方、ご参考になさってください、是非。
そうすると、「敵」がどんなことをしているか、が少しわかりますよね、少なくともスケジュールくらいは(「敵」ですって、物騒な)。

本道に戻ります。

少し厳しい意見ですみません。どうかどうか、激励だと思ってください。
科目合格狙い&1次で精いっぱい、になってしまっては、科目合格の本当のメリットは活かせていない、とmakinoは考えます、自分の失敗を通じて。

わかったけど、2次の学習ってどうすればいいの?とお悩みのあなた。

2012-13年の2次を独学で受かる事ができなかったmakinoは、2018年、予備校の力を借りました。仮に、あなたが、今年、科目合格で1次突破を目指しておられるのでしたら、自分は予備校の通学・通信講座をお勧めします(もちろん、予備校の回し者ではありません)。

具体的な予備校名を書いた方が、興味を持って頂いた読者の参考になるかと思ったのですが、自分もすべての予備校の情報を吟味した上でお勧めできるわけではなく、自分がお世話になった一部の予備校しか知りませんので、ここでは差し控えます(私の経験は、合格体験記にて記載しています)。こちらもどうか、どうかご了承ください。

 

================
誤解なさらないでほしいのですが…、
2次対策、makinoはこうしました、というお話に他なりません。共感していただいても、頂かなくても、読者おひとりおひとりの自由ですし、予備校に行かなければ合格しない、と言っているわけではありません。おわかりいただけていると思いますが、念のため。
================

本日の記事、最後になりますが、makinoの好きな相田みつをさんの言葉を1つ。

 

他人のものさし
自分のものさし
それぞれ寸法がちがうんだな

 

そうです、みんな違うんです。
そのように、いろいろな属性の方々を応援するために、道場10代目には、12名のメンバーが揃っています。

そんな私ども一発合格道場は、春セミナーにて、全力で合格への道筋をお伝えしたいと思います。読者のみなさま、申込みが開始されましたら、是非。

 

本日も、読んでくださってありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

そして……4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場がゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


みなさん、今日もワクワクしてますか?10代目ブブです。

果たして、お前(私)にその試験に向かう覚悟はあるのか・・・?

そんなメッセージで終えたのが、前回の記事です。
ご存知のとおり、この試験は難関試験です。
私のような凡人では相当の覚悟を以て臨まねば、合格は勝ち取れません。

捨てなければならないものも多くあります。
その多くは、今まで基準の楽しい面白いでしょう。

そして逆に身に着けないといけないものも多くあります。
それは、やり切る根性やらないと気持ち悪くなるまでの習慣でしょうか。

では、自分にその覚悟があったのか?1年前に振り返って物語を再開します。


1年前の昨日。忘れもしない2月26日。
私は、この日から中小企業診断士の受験勉強をそっと開始しました。
その理由はキャリアコンサルタントの学科試験日が終了したのが2月25日。
そして、試験の翌日から中小企業診断士の勉強を開始する!と決めていたからです。

「キャリアコンサルタント」って何?って思われる方もきっと多いでしょう。
簡単に言うと「生き方、自分のあり方」に気付かせてあげる役割。

実は私自身、その「生き方、自分のあり方」が見えていない日々を過ごしていました。
思い起こせば自分の半生自体を空虚に感じていたのだと思います。
高校生から大学生、そして就職への進む過程もそう。
才能と根性の無さ故に半年も経たずに部活(サッカー部)を退部。
帰宅部となった後は、少ない友人とそれなりに楽しくは過ごすものの何処か常に虚しさを感じていました。
アルバイトを経験し、世間というものを肌で感じた高2の頃は、昼まで無為に喫茶店で時間をやり過ごし、午後から顔だけ出す為に登校。
当然ながら成績は底辺。赤点だらけ。流石にこのままではヤバいと思って一発奮起して受験勉強をスタート。
その時、自分なりに出した結論は「弱者を救う弁護士になる!」という想い。その志の1割ぐらいは達成して、法学部のある大学に合格します。
然し、根性も覚悟もない自分は法学の基礎を知ることもなく、大学の法学部に合格した事だけで満足し、日々の楽しさに流されて学生生活を終えてしまいます。

その延長線上で過ごしてきた根無し草のような今までの人生

そこで前回の記事での出来事があったのです。
「これではいけない。」
「このまま終わってはいけない!」
「もっと魂からワクワクするような経験をしたい!」
そう願い、そう想い、そう決めました。
だから、変わろう。今から始めよう。
必ず合格して、人生の歩みを今から変えよう!
決して若くはないが、人生で若いのは常に今。
今、この時からスタートしよう!
そんな事を心に刻み、受験への覚悟を決めました。
(今、書きながら気付いたのですが、大学合格に満足した当時の自分を思い返し、リアルの実現への再挑戦をしたい自分がいるのかもしれません・・・)


さて、時は戻りまして、中小企業診断士試験を受験する覚悟を決めた時です。
覚悟を決めた以上は、それ以後は”戦”です。
戦をする以上、私のなかでは(←これ大事)善戦というものはあり得ません。
「受かる」「受からないか」だけです。
(なお、この考えはあくまでも私の感想ですので、みなさんはみなさんの観点で試験に取り組んでくださいね。)
そして、以後はあらゆる手段を探し、あらゆる可能性を信じて「勝つ」ことだけを考える。
もし、「覚悟」を以てあなたも臨むならば、それだけを考えてください。


閑話休題
一発合格道場10代目執筆陣の今巡の共通テーマ
この戦を勝利に導くために「今やっておきたい事」

これについて話を進めます。
一つは、「敵=試験」の性質を理解し、「自軍=自分」の強み、弱みを考えたうえで
時間軸で作戦を立てること
そして、もう一つは、「考える癖」を徹底的に鍛えること。
以下に詳しく説明をしていきます。

「今やっておきたい事」➀
【塗り絵】と【パズル】を使い分ける!
そして、両者の時間配分を意識して作戦を立てる!

この試験を大きく分けると「記憶詰め込み系」と「理解思考系」があります。
そして、この2つでは大きく戦い方が異なり、以下のように使い分けます。
「記憶詰め込み系」に対しては【塗り絵作戦】。
「理解思考系」に対しては【パズル作戦】。

「記憶詰め込み系」とは、何回も重ねて詰め込む作業が必要なのだが、忘れてしまうリスクも高い。
概ね「英単語:りんご=apple」のように単発で覚えても対応できるという特徴を持っています。
一夜漬け的な短期局地戦でも”部分的には”効果が出やすい相手でもあります。
これに対しては、【塗り絵作戦】で対応します。

【塗り絵作戦】とは塗り絵のように、間違った部分をどんどん塗っていき白地(間違った)部分を減らす事です。
そして概ね、塗ったつもりの絵は1巡するとまた白くなっています。
でも、焦らないでください。ダメな奴だとも思わないでください。
それが普通です。
諦めずに愚直にこの塗り作業を何度も重ねて色を塗っていくだけ。
その際の効果的な方法は、前回のかわともの記事を参考にするといいでしょう。
私の合格体験記の1次対策法(◎〇△×分類)も参考にしていただければ幸いです。
この【塗り絵作戦】の皿回しの目安は5~7回だと思います。

「理解思考系」はコツをつかめば忘れるリスクは少ないが、理解力によっては相当の時間がかかる。
概ね「公式(解法)を理解し、その公式を前提にまた新たな公式が展開する」特徴を持っています。
公式(解法)さえ会得すれば、応用力を武器に最小の努力で戦える相手でもあります。
これに対しては、【パズル作戦】で対応します。

【パズル作戦】とはパズルのように先ずは組み立て方を掴むこと。
これは一夜漬けでは対応出来ません。
したがって組み立て方マニュアルを確実に読み込み、実際に手を動かして同じように組み立てて仕上げてみる。
その完成形の仕上がり程度を見本と見比べて修正する作業が必要。
その一つ一つの積み上げが必要になります。

では、次に中小企業診断士試験における「記憶詰め込み系」と「理解思考系」を分類してみましょう。
「記憶詰め込み系」は1次試験の「経済学」「財務会計」以外の全部。
「理解思考系」は1次試験「経済学」「財務会計」+2次試験全て。
この2軸として、私は捉えました。

そして、この2つの軸について自分の得手不得手を理解して、時間配分を適切に配分します
自分のケースでは、「理解思考系」の経済学が最大のボトルネックになると考えたので、この理解には相当の時間を掛けました。
なお、この経済学対策については次回にて説明します。
つまり、この時間配分の作戦を立てることが大きなポイントです。
これで概ねの「戦うための概観図=タイムスケジュール」が完成です。
そして、この概観図を実行する為に参考になるのが、なおさんのバックキャスティング思考法です。

今やっておきたい事➁
「考える癖」を徹底的に鍛える
この試験の山場は幾つかありますが最大の山場は2次試験です。

その為の重点対策Keywordは、国語です。
私は診断士の2次試験を前にして、勇気をもって数少ない知人の2人の診断士を頼り、受験対策を尋ねました。
そうすると「2人とも2次試験とは”国語”の問題ですよ」との答え。
国語?
何だ、それ?・・・。
・・・・。
最初はよく解らなかったその”言葉の意味”に対して、私は「ドラゴン桜」(講談社:三田紀房)に登場する、芥山龍三郎に”答えらしき”ものを見つけました。


(第5巻より一部を抜粋し、引用)
東大を目指す事になった落ちこぼれ2人の受験生を芥山先生は街に連れ出し、彼らにいくつも質問を投げかける。
「それはなぜか?」
「ということはどういうことなのか?」
具体的には、こんな質問を芥山は生徒に投げかけていきます。
「表示案内が日本語だけでなく、英語、中国語、韓国語で表記されているのはなぜか?」
それに対して、生徒は浅い答えを連発する・・・
(以上引用終わり)


こんな話です。
初めは誰もが、この生徒同様に世の中の色々なことについてわからない事が多いと思います。
私もしょっちゅうです。
(というか、人よりも知らないことばかりで恥ずかしい思いを味わうことがほとんどです。涙)
でも、大事なことはわかろうとすること。
推論を立ててそれなりの道筋を作る。
その為には、「基礎情報」と「合理的なロジック」を積み上げなければいけない。
そして、これが中小企業診断士に求められている根幹だと私は思っています。

その基本的スキルを身に着けているかどうかを判定するのが2次試験。
更にこの基本的スキルは2つに分解できます。
➀有用となる情報を収集
➁その情報をもとに各種のフレームワーク等を活用し、結論を導く
2次試験では、➀の要素は既に本文中に与件として散りばめられています。
その為、2次試験は➀の取捨選択能力、そして➁の能力について合否を判定しています。
そして、上記のような「考える癖」は意識しないと鍛えられません。且つ習得までは相応の時間が掛かります。
従って、2次試験で求められている➁が出来る為の癖を今から意識して欲しいのです。

さて、
このブログを読んだあなた。
【塗り絵作戦】に飽きたら、街に出てみてください。
そして、眼前に映る景色の一つひとつについて、こんなことを考えてみてください。
「〇〇なのは、なぜなのか?→◇◇だろう。」
「さらに◇◇なのはなぜなのか?→★★だろう。」
「さらに★★なのはなぜなのか?→※※だろう。」
「それらは、本当に正しいのか?→正しいだろう。何故なら□□だから。」
「それは、いつからそうなのか?」
「どうして、そうなったのか?」
「そして、これからどうなるのか?」
「では、どうすればいいのか?」

以上、「今やっておきたいこと」について
ブブからの提言でした。

「覚悟を以って進む」と決めたあなた。
今、ワクワクしていますか?そのワクワクを信じて進んでくださいね!
そして、ぜーーーーったい、あなたは受かりますから!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

みなさん、おはようございます。なおさんです。

前回は「バックキャスティング思考法」をテーマに書かせていただきました。
(前回の記事はこちら
(合格体験記はこちら

今回は、【今やっておきたいこと】と題して「2次試験対策への着手と80分間の過ごし方」について書きたいと思います。

———————————————————————————————

前回のおさらいになりますが、バックキャスティング(Backcasting)思考法とは、「未来」を起点として、そこから逆算して「現在」を考える思考法です。最初に未来像である「ありたい姿」を明確に描いて、そこに至るまでのプロセスを具体的に埋めていきましょう、というお話でしたね。

さて、1次試験はマークシート方式ですし正解も発表されますので、バックキャスティングに必要な「明確な“ありたい姿”」が描きやすいと思います。経営法務は足切り回避の50点、得意な運営管理は70点、中小は60点という感じですね。

一方で、2次試験では正解が発表されませんし、解答要素も複数ありそうです。つまり、唯一絶対の「模範解答」がありませんので、「明確な“ありたい姿”」が描きにくいのです。「じゃぁどうやってバックキャスティングするんだ?」という声が聞こえてきそうですが、確かに1次試験の様に「輪郭がシャープで鮮明なありたい姿」を描くことは難しいですが、「輪郭はややピンボケだが、誰だか判別できるくらいの姿」は十分に描けると思っています。

また、これは私の実感ですが、2次試験対策を進めるにつれて「徐々に輪郭がはっきりして、姿かたちが見えてくる」ように思います。輪郭が見えてくる度に「目標と現実の差を捉えて細かい単位でバックキャスティングする」イメージですね。

それでは、2次試験対策をどのように進めていくかについて順を追って書いていきます。

—————————————–
第一段階:まずは敵を知る(王道)
—————————————–
「彼(敵)を知り己を知れば百戦殆うからず」とは中国の兵法書「孫子」の一説ですが、向かう相手の実情と自分自身の実力を正しく知ることがまずは大前提になります。紀元前500年ごろから現在まで語り継がれているのですから間違いないですね。

では、2次試験をどうやって知るか、、、ご察しの通り「過去問を解いてみる」です。(単純明快)

※平成29年度の参考例としては、一発合格道場の9代目だいまつさんの永久保存版シリーズがおススメです。
事例Ⅰ:【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅰ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!

事例Ⅱ:【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅱ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!

事例Ⅲ:【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅲ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!

私は、昨年2018年の3月末に2次試験を解いてみたところ、「なんじゃこりゃ?」「どうやって回答に至るのかプロセスがイメージできない??」「独学では攻略が難しいのではないか???」と感じましたので、あわてて資格の学校TACの通学講座「2次演習本科B」に申し込みを行いました。
中小企業診断協会(J-SMECA)のホームページでは、平成30年度~平成19年度までの過去問(PDF)がダウンロードできますので、利用してみてください。

また、資格の学校TACでは、毎年4月末頃に「2次実力チェック模試」を実施しています。
2次筆記試験は、一日で事例Ⅰ~Ⅳの試験(80分×4)を行うという体力的にもタフな試験です。本番当日の進行をリアルに知ることができますし、ペース配分、休憩時間の使い方、栄養補給の方法とタイミングがシミュレーションできる絶好の機会ですので、是非、受験してみてはいかがでしょうか。

私は昨年「まずは2次試験を知る」ことを目的に受験しました。2次試験の準備は全くしていませんでしたが、財務・会計だけはやらないと点が取れないと思いましたので、「集中特訓 財務・会計 計算問題集(TAC出版)」を購入して2018年4月の一か月間にそれだけを勉強して受験しました。(その時は、事例Ⅰ~Ⅲは国語の試験みたいなものなので、何とかなるだろうを甘い考えを持っていました。)
結果は、事例Ⅰ:29点、事例Ⅱ:58点、事例Ⅲ:25点:事例Ⅳ:51点、合計:163点という散々たる結果でした。orz

まぁ、結果的にその後のTAC通学講座「演習本科B」を一日も休むことなく、かなり集中して受講することに繋がりましたので良かった、ということにします。

—————————————–
第二段階:解答プロセスを固める
—————————————–
実際に過去問を解いてみると、80分間にすべての回答を終えるのはなかなか難しい、というのが多くの方の感想ではないでしょうか。80分間という限られた時間の中で、①約3~5ページの与件文を読んで理解し、②設問で問われたことを正確に理解して、与件文から解答要素を見つけ、③解答を採点者に伝わりやすいわかりやすい表現で文章構成し、④手書きで解答用紙に記入し、⑤(できれば)見直しを行いミスを修正する、ところまで行わなければいけません。

この一連の作業を漫然と行っていると、馴染みのない業界や難解な表現に出会ったときに与件文を読むのに時間がかかり時間が足りなくなる、というリスクも出てきます。このような事態(内容によって出来不出来に波がある状態)を回避して安定的に得点し、一年に一回しか行われない試験での「バクチ的要素」を消して一発合格を果たすためには、

80分の行動を「作業」と「思考」に分け、「作業」を徹底的に合理化・単純化し、「思考」に多くの時間をかけて解答の精度向上・内容充実を図る

ことが必要だと思います。

これを実現するために私が行っていた手順「80分間の過ごし方」を以下にご紹介します。

【ステップ①:試験開始~3分】<作業>
・解答用紙に受験番号を記入します。(超重要)
これは重要です。受験番号の記載がないと0点です。試験時間の最後には時間に追われることもありますので、最初に受験番号を記入することは必須です。

・問題冊子の表紙を破り、解答組み立て用のメモを作ります。
TACに通いだした頃、演習の最初で「ビリビリ」音がするのは何だろう?と思ってました。初めの頃は問題冊子の余白にメモしていたのですが、この方法だとメモが数ページに分散してしまいます。問題冊子の一番外側の紙(印刷業界でいう表1~4)には問題や設問の記載がありませんので、最初にホチキス部分で真っ二つに破ってメモ用紙を2枚準備します。この方法だとメモが一か所に集中しますので、最後はメモだけを見て解答を記入していけますので効率が良いと思います。
(表紙を二つに破った問題用紙 – クリックで拡大します)

・段落に番号を振ります。
TACでは80分の試験の後にグループディスカッションや解説があるのですが、この際に段落番号で該当箇所を示していましたので最初に段落番号を記入していました。私の解答プロセスでは段落番号を使用しませんので本番では不要な作業ですが、段落がいくつあるかがわかりますし段落間の区切りも明確になりますので、本番でもそのまま行っていました。

【ステップ②:~8分】与件文の最初の3行を読む+設問解釈<作業>
最初に与件文(問題文)の最初の3行だけを読み、業界・業種、会社規模、会社概要だけを頭に入れます。それだけ行ったら、続きの与件文は読まずに設問文へ移ります。
設問解釈では、何を聞かれているのか、制約条件は何か、関連する1次知識は何か、を意識して「設問要求」を解釈します。重要なポイントにはラインを引いたり、マルで囲ったり、1次知識で思いついたものを設問文に書き込んでいきます。また、私は「理由を述べよ」と聞かれたら「理由は①~、②~である。」、「強みは何か」と聞かれたら「強みは、①~、②~である。」とオウム返しに解答しようと思っていましたので、設問文の横に「理由は①~、②~である。」と記入していました。
この「オウム返し」ですが、採点者に「ちゃんと聞かれたことに答えているな」という印象を与えやすい点と、解答中に論点がズレていくことを防ぐ効果がありますのでお勧めです。
(設問文とメモ、平成30年事例Ⅲ – クリックで拡大します)

【ステップ③:~20分】黄色マーカーを片手に与件文を読む<作業>
黄色のマーカーを手に与件文を読んでいきます。この時に「なんとなく重要そうだなぁ」と思った部分はマーカーで塗りつぶしていきます。厳密でなく、あくまで印象で、なんとなくです。(大丈夫、大丈夫)
一通り与件文を読み終わると、与件文の半分以上が黄色いマーカーで塗られた状態になりますが、それで良いのです。次のステップ「解答要素を探す」の時は「黄色い部分だけを読む」ことで要素抽出ができますので、白い部分(マーカーのない部分)を読む時間を削減(効率化)できる効果があります。ですので、ちょっと迷ったら黄色く塗っちゃってください。考えちゃダメです。あくまで「作業」ですから。

また並行して、段落ごとに何の話をしているか(要約)を表すキーワードを段落の左側に書いていきます。「プロフ(プロフィール)」「金型内製化」「工業団地組合」「インサート成形」といった具合です。

さらに読みながら「強み」「弱み」「機会」「脅威」を見つけたら(〇の中に)S、W、O、Tというマークを付けていきます。最初のころはメモ用紙にSWOT分析を4象限で区切った表にまとめていましたが、事例を数多くやる中で「表にまとめるほどのSWOT分析は必要ない」と思いましたので、表の作成を止めて本文中にマークだけを残す方法に変えました。(作業時間節約:ECRS)
(与件文と黄色マーカー、平成30年事例Ⅲ – クリックで拡大します)

【ステップ④:~40分】解答要素の抽出と解答の組み立て<思考>
ここは時間をかけたいステップです。設問文に戻り、設問要求に従って与件文から解答要素となる部分にマーカーでアンダーラインを引いてきます。マーカーは5色以上を用意し、設問1は赤、設問2は青、設問3はオレンジ、設問4はピンク、設問5は緑と決めておきます。
(私の例はゴレンジャー順です。(^^;)

また、数か所にアンダーラインを引く場合は、マーカーでアンダーラインの横に①、②、③と番号をつけていきます。この方法だと、各設問で与件のどの部分を根拠としたのがわかりやすい設問間の重複が一目でわかる、(黄色マーカーの部分で)アンダーラインの全くない部分に見落とした要素が無いかの点検がしやすい、というメリットがあります。
私はこの方法を採用してから、要素の抜き出しモレがなくなり、得点が安定してきました。
(解答要素の抽出、平成30年事例Ⅲ – クリックで拡大します)

解答要素の抜き出しができたら、用意したメモに解答骨子を準備していきます。メモには設問ごとに決めたパターン「理由は~である。」を書いた後に、マーカーの該当部分の番号だけを記入していきます。この方法には、書き写す文字数が極端に少なくできる(時間短縮)再現答案作成時の再現率が飛躍的に高まる、というメリットがあります。
(解答骨子のメモ、平成30年事例Ⅲ – クリックで拡大します)

【ステップ⑤:~80分】解答用紙への記入<作業>
解答メモが完成したら解答用紙へ記入していきます。私は「残り時間が半分になったら書き出す」というのをルールとしていました。明確な解答が用意できない問題があると時間をかけてしまいがちですが、その為に他の問題が犠牲になるのはもったいないです。最悪、その問題を捨ててでも他の問題で得点していく方が得策だと思います。
例えば設問が5つあった場合、単純に考えて各20点です。記述式ですので20点満点は出ないとしても、4問で15点ずつ得点できれば15×4=60点取れます。悩んでいる問題も該当箇所くらいは特定できていますので、キーワードを詰め込んで5点もらえれば65点になります。
2次試験では、毎年少し変わった切り口(平成30年度だと事例Ⅳの第2問、第3問)が出てきますので、5問あったら一つくらいは「やっちまう」ことを想定内として、「15/20点×4+5点=65点」くらいに考えておいた方が落ち着いて対応できるように思います。

<プロセス確立のための教材>
第二段階の解答プロセス確立には、ある程度のトレーニング(=実際に事例を解く)が必要になると思います。この際に役に立つ教材をご紹介します。

・ふぞろいな合格答案 10年データブック(同友館)
平成19年~平成28年版の答案分析データと模範解答が一冊にまとまっています。過去問はサイトからダウンロードできますが正解が発表されませんので、自己採点には必須だと思います。

・集中特訓 診断士第2次試験(TAC)
TAC模試等から抜粋した2次試験問題を4回分(全16事例)収録しています。プロセスのトレーニングであれば過去問でなくても可能ですので、「過去問はとっておきたい」と思う方(1年前の私です)にお勧めです。

きゃっしいの解法実況@事例Ⅱ&5分でできる!1次と2次をつなぐトレーニング方法
えらそうに書いてきましたが、実はこのマーカーを使う方法、9代目きゃっしいのこの記事からパクりました。f(^^; この記事を読む8月23日までマーカーは使っていませんでしたが、この記事を読んだその日にフリクション・マーカーを6色購入し、9月1日に受験したTACの「2次公開模試」でいきなり実践投入しました。安定するまでに3週間ほどかかりましたが、この決断は一つの転機だったと思います。
おかげで解答プロセスが5分ほど短縮でき、思考や見直しに使う時間が確保できました。きゃっしい、ありがとう!

・30日でマスターする中小企業診断士第2次試験解き方の手順(中央経済社)
10月頭に購入しましたが、この本の著者も同じようにマーカーを使用しています。その他にも解答の切り口など得点を積み上げるためのTipsが書かれていますので「第三段階」の参考としても良いと思います。

—————————————–
第三段階:多面的な解答で得点を積み上げる
—————————————–
かなりの長文になりましたので、この部分は皆さんが解答プロセスを確立させた頃に書きたいと考えています。

さて、いかがだったでしょうか。
私は昨年、「第一段階:まずは敵を知る」→「第二段階:解答プロセスを固める」→「第三段階:多面的な解答で得点を積み上げる」という方法で、1回の受験で2次試験に合格することができました。もちろん、スィ~、スィ~とできたわけではなく、第二段階は5月から8月(※)、第三段階は9月と10月と常にもがき苦しみながら、様々な書籍やブログ記事を頼りに前へ進んできました。
※ 8月の1次試験終了までは、2次試験の勉強は毎週日曜日にTACで演習を2事例分行う+毎週土曜日に過去問を1事例解くのみでした。
※ 毎週土曜日の1事例は、その月の事例を決めて縦解きしていました。3月は事例Ⅰを4年分、4月は事例Ⅱを4年分、という感じです。月単位で各事例の傾向が理解していけますので、最初は縦解きをお勧めします。

皆さんは私と同じ紆余曲折を繰り返す必要はありませんので、私の記事で参考になる部分があれば道場セオリーの「パクってカスタマイズ」し、効率よく一発合格を目指してほしいと思います。

以上、なおさんでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


【目次】
◆学習計画を立てること
◆今から2次試験の過去問を解いておくべきか?


一発合格道場をご覧の皆様、こんにちは、道場10代目のたっつーです。どうでもいいですが、この挨拶、ちょっとカウントダウンTVのVTRみたいですね…(本当にどうでもいい)。

さてさて、昨日のかわともの記事から始まった「今やっておきたいこと」リレーにのっとって、私が考える「今年度の1次試験合格に向けて、今やっておきたいこと」をご紹介します。

昨年1次試験に合格している方、あるいは科目合格数がそれなりに多い方などは、もう既に1次試験の勉強ではなく、2次試験の勉強がメインになっていると思いますので、下記は、基本的には、今年1次試験7科目を受ける人向けの内容になるかと思います。

 

■学習計画をたてること

 

もし特に計画を立てずに勉強している方がいたら、今からでもいいので、必ず1次試験合格に向けた学習計画は立てた方がいいです。

そして、勉強時間が十分に確保できないなどの理由で、複数年で1次合格する計画を立てることは当然あっていいと思いますが(10代目だと、なおさんが複数年計画でした。)、特段の戦略がないのであれば、基本的には、今年の合格を目指すべきです。

1次試験はとにかく自分が合計420点以上取れば合格する絶対評価の試験ですので、周囲の受験生が自分以上に勉強していようが関係ありません。
(感覚ですが、)7~8割程度の範囲の勉強が終わっていさえれば、幸運もからめば十分受かる可能性はありますので、とても勉強が間に合わないと感じても諦めるのは勿体ないと思います。

学習計画の立て方は、予備校に通っているかどうか、土日の時間をとれるか等、人それぞれではありますが、基本的には、1次試験の試験日からさかのぼって計画を立てることが重要です。
(なおさんの初回記事、「バックキャスティング思考法」をご参照ください。)

<もし私が今学習計画を立てるとしたら>

参考までに、独学前提ですが、私がもし今から中小企業診断士試験の勉強を開始するとしたら、どのように学習計画を立てるかご紹介します。

私の勉強法は合格体験記に記載のとおりで、「過去問集を解き、そこで得た知識をスピテキに書き込み、試験直前期に、書き込みのあるスピテキを読み込む」という方法で勉強しました。
(過去問題集として「分野別」の過去問集を使用した理由、スピ問を使わなかったのはなぜかなど、合格体験記に書ききれなかった私なりの1次試験攻略法については、次回記事にて詳細をお伝えしたいと思います。)

したがって、ベースとなる過去問を基準に計画を立てていきますが、ここでは仮定的に過去5年分の試験問題を解くことにいたします。

問題数は、平成30年度の試験が、経済21問、財務会計22問、企業経営38問、運営管理40問、経営法務23問、情報システム25問、中小企業経営23問で、計192問でしたので、例年同じくらいだとすると、5年で約1000問くらいでしょうか。
(厳密に数えてなくてすみません。でも、所詮計画ですので、実際にもわざわざ厳密に計算しませんでした。)
道場のABC理論に則った場合には、もう少し問題数は減るのでしょうね。

今年の1次試験の日程はまだ公表されていませんが、おそらく8月3日(土)、4日(日)ですので、今日から試験前日の8月2日(金)までは、残り159日です。
最後の2週間は、バッファ+過去問の知識を書き込んだテキストを読む時間にあてておきたいので、実質145日ですね(平日105日、土日40日)。

私の場合は、土日は、基本的に家族サービスに費やすと決めているので、子供たちが寝静まった夜中しか時間をとれませんが、一方で、平日は、保育園の送りがある朝を除けば、日中も夜も(仕事さえなければ)比較的時間が取れます。

したがって、土日は「平日の遅れを取り戻す日」ということにして、基本的に勉強は平日105日間に集中させます。したがって、1000問÷105日で、大体1日10問過去問を処理すればいいということになります。
(理想を言えば、スピ問をやらない以上、本当は過去問2週くらいやりたいですが、1日20問こなすのは無理・・・)

あとは、今日から1日10問過去問を解き、テキストの該当箇所を読みながら、過去問で得た知識をテキストに書き込んでいけばいいだけです。
1日10問が楽かどうかはともかく、何となく先が見えてきたので、ちょっと楽な気分になりましたね。

もちろん、同じ10問でも、単なる暗記科目(経営情報システム等)の10問と、理解&応用が必要な科目(経済学、財務会計等)の10問は全然違ったりするので、進捗状況に応じて適宜調整していくことにになります。

ここまで書いて、自分で思ったこと・・・。

昨日のかわともの記事にあった学習計画と比べてめっちゃ雑・・・(O型全開)

で、でも、個人的には、学習計画ってこれくらいでいいと思いますよ。

日々の仕事がある中で、なかなか計画通りに勉強することはできないので、結局、学習計画は日々変更していくことになります。
なので、とりあえずざっくりと計画を立てたら、後はひたすら進めた方が、結果的には効率的だと思います、

 

■今から2次試験の過去問を解いておくべきか?

 

今年初めて1次を受ける受験生が、1次試験の直前期ではないこの春先に、予め2次試験の過去問を解いておくべきでしょうか?

結論としては、私は、「時間があればやった方がいいけど、必須ではない」と考えています。

前提として、2次試験に関連する1次試験の科目は、企業経営、財務・会計、運営管理の3つのみです。したがって、2次試験の過去問をいくらやっても、残りの4科目の1次試験の点数が向上するわけではありません

また、2次試験では、1次試験の知識を必須としていない設問が多数を占めますので、2次試験の過去問をいくら解いたからといって、関連する3科目についても、1次試験の点数が劇的に向上するわけではありません
(少なくとも、時間対効果は悪いと思います。)

当たり前ですが、1次試験に受からない限り、2次試験には進めませんので、よっぽど自信がある人でない限り、1次試験突破を最優先に考えるべきです。
2次試験は、1次試験合格に勉強を開始したとしても十分間に合います

とはいえ、1次試験に合格した後のことを考えると、先に2次試験の勉強をしておいたことは大きなアドバンテージになりますので、時間と余裕があれば、先に2次試験の過去問を解いておいてもいいと思います。

でも、2次試験の勉強を行う場合は、一点だけ気を付けた方がいい点があります。

それは、「1次試験前に様子見でやっているだけだから」という理由で、漫然と2次試験の過去問を解いてしまうのは絶対にやめた方がいいということです。

2次試験の過去問は、最良かつ(ほぼ)唯一の2次試験の勉強素材です。
(予備校の事例が勉強素材となることを否定するわけではありませんが、実際目を通してみると、やはり過去問の方が色々と練られていると感じます。)

そして、それを「初見」で解ける機会は1回しかないわけですが、全身全霊で初見で過去問に取り組んだ場合、参考答案と見比べる過程で、自分の答案のどこが悪かったのか、自分に足りない部分はどこなのか等が分かってきます。

漫然と過去問を解いてしまい、その機会をつぶすのは非常もったいないと思います。

したがって、もし1次試験受験前に2次試験の過去問に取り組む場合は、80分を計って真剣に解いてみる、解いた後はその結果をきちんと分析した上で次に生かす、というように、全身全霊で取り組むのがいいと思います。
(私なりの2次試験の勉強法についても、追ってお伝えしたいと思います。)

以上、たっつーでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


☆もくじ☆
◆かわともの学習計画
◆効率重視テクニック!「出涸らし法+120%問題集活用法」「ポケテキ集約法」
◆一問一答:この時期に多いお悩み(スト生版)

文字数:約3500字(約6分で読めます)


こんにちは!頑張るあなたの応援団★かわともです。
今回から「今やっておきたいこと」と題し、「今年度の合格に向けて春先にやっておきたいよね!」と10代目メンバーが考えていることについて、ブログリレーをスタートします!
ちなみに、昨日そーやもお知らせしましたが、10代目のブログは日曜も更新しますのでお見逃しなく♪(基本、隔週ペースで)

私の考える「今やっておきたいこと」は、ズバリ・・・
① 一次試験本番までの学習スケジュールを俯瞰する
② 自分の学習ペースを確立し、月次・週次・日次の学習計画を立てる
③ 効率的な学習方法の情報を集め、パクってカスタマイズする
です!

今回の記事は、一次学習計画&学習効率化テクニックについて、私の経験のすべてを詰め込みました。そのため、おこがましいですが「永久保存版」とタイトルさせていただきました。。(2本目かつ日曜更新の記事ですが、いきなりスミマセン)

 

◆かわともの学習計画
2月に学習をスタートした私が、1次本番までにどのような学習計画をまわしていたかをご紹介します。
↓↓必見♪学習計画の再現ファイル(月次・週次・日次)はこちら↓↓
学習計画(かわとも)

この学習計画を参考にしていただけそうなのは、「全科目60点以上を狙って満遍なく底上げを図りたい」「毎日一定時間を勉強に割くことができる」「コツコツ地道に頑張ることが苦ではない」人です。

【時期別のポイント】
① 2~4月上旬:TAC通常講義+遅れた分のWEB講義の2科目に集中
② 4月中旬~GW:WEB講義視聴終了。通常講義の学習科目に集中
③ GW直後~6月:完成答練2科目/週をこなす「皿回し」+「毎日コツコツ財務か経済」
④ 7月~直前:日替わりで2科目/日をこなす「超高速皿回し」+「毎日コツコツ財務か経済」

【問題集消化ペースのポイント】
① 問題集は1種類に絞る
② 問題集(トレーニング、スピ問など)は授業終了後なるべく当日中に1回転させ、1週間で合計3回転を目標にする
③ 過去問題集はGW後から着手すればOK

【その他のポイント】
① 毎週土曜の夜は一切勉強せず、「進捗確認&軌道修正」「息抜きタイム」(お酒飲みながら夫とTV見る)に充てる。この楽しい時間に向けて1週間がんばる!
② 毎晩勉強後は30分ほど晩酌していました。晩酌をエサに1日頑張れたのと、勉強直後は脳が興奮状態でうまく眠れず、意識的に気を緩める必要があったためです(と、言い訳してみるw)。
③ 日曜は「調整時間」とし、バッファをもたせる。

バッファを兼ねたリフレッシュタイム・・・先日のなおさんの記事の内容と、不思議なほど共通していますね!

ファイルをご覧いただくとわかるのですが、GW後、さらには7月以降の皿回しっぷりがヤバイことになっております!(^^;)とてもついていけないよ。。という方、良いテクニックがあります!以下、ご紹介していきますね♪

 

◆効率重視テクニック!「出涸らし法+120%問題集活用法」でアウトプット&「ポケテキ集約法」でインプット
ここで紹介する2つのテクニックは、マッチする人には本当におすすめ&できるだけ早く取り入れたほうが良いです!どうかお見逃しなく!!

★用意するもの
・問題集(トレーニングやスピ問など)
・暗記用赤シート
・暗記用赤シートで隠れる色のボールペン(明るいピンク色など)
・暗記用緑色マーカー
・TAC「要点整理ポケットブック」

① 出涸らし法+120%問題集活用法
出涸らし法とは、9代目へんりーさんの記事で紹介された問題集活用方法。

〇問題集を1種類に絞り、1問1問を出涸らしのお茶のようになるまで吸収しつくす
〇具体的には、①正解以外の選択肢まで理解する②その問題に再会したら、次は解けるか?まで疑う

というものです。

※ちなみに、類似の方法に初代ハカセさんの鶏ガラ学習法もあります。私はこの境地にまで達することができなかったのですが(応用論点を予測するなど!)、大変参考になりますので、興味のある方はぜひご覧ください♪

ここで「出涸らし法」の具体的なHOW TOとして、
120%問題集活用法」を解説します!

★120%問題集活用法のHOW TO
・問題集にピンクペンで解答を書き込む。誤りの選択肢についても、どこが誤りなのかを書き込む。
・解いた日付と○△✕を記録する。
・赤シートで隠しながら何度も解く。

★メリット
・正答、誤答を書くことで記憶が定着する。
・解説ページを見に行く必要がなくなり時短できる。
・ピンクペン+赤シートの活用により、いつでもまっさらな状態で解ける。
・電車で立った状態でも、眺めるだけで学習できる。

この方法が真価を発揮するのは、GW以降の「高速皿回し期」です。解答をいちいち見に行く必要がなくなるため、より多くの回転数をこなすことができます。ちなみに、財務や経済などの計算問題も、ピンクペンで計算過程を書いておけば赤シートで隠しながらチェックできます。

 

② ポケテキ集約法
ポケテキ集約法とは、その名の通り「全てのメモを『要点整理ポケットブック』(TAC出版)に集約するテクニック」のことです!

★ポケテキ集約法のHOW TO
・『要点整理ポケットブック』(以下ポケテキ)に、授業中のメモを書き込む。分厚い基本テキストやノートではなく、全てのメモをポケテキに集約する。
・問題集を解いたときのメモもポケテキに書き込んでいく。

★メリット
・軽いので、いつでもどこでも持ち運んでインプット学習できる。
・メモをポケテキのみに集約することで、覚えたい内容があちこち散らばらない。
・ある程度要点がまとまっている状態からスタートできるので、ゼロからノートをまとめるよりも効率的。
・試験当日のファイナルペーパーとして使える。

★デメリット
・科目によっては、重要論点が網羅されていない場合もある。
→その場合は、余白に書き足していく。

ポケテキ集約法を実践する場合、予備校の授業中に暇な時間が全くなくなります。常にポケテキをスタンバイし、先生が「ここ重要」と言う内容がポケテキに書かれているかチェック!なければ自分で書き足す!慣れてくると、上手に余白にメモできるようになります。気持ちいいんだな~、これが!

ポケテキ活用法については、先代の記事でも取り上げられています。よかったらご覧くださいね♪
8代目たっしーさんの記事「忘却曲線とポケテキ師匠」
6代目myaさんの記事「アンキにポケテキ」

 

 

◆一問一答:この時期に多いお悩み(スト生版)
最後に、ちょうど今の時期スト生の多くが抱えているお悩みに、一問一答します。
私の主観によるものですので、ご了承ください。

Q.今授業を受けている科目についていくのが精一杯。過去問まで解く余裕がないが大丈夫か?
A.大丈夫です。「スピ問」や「トレーニング」など、過去問ABCランクを基準に作られている問題集1種類に絞り、集中消化しましょう。過去問題集を開くのはGW過ぎてからでOKです。

Q.過去の学習内容をどんどん忘れていく。定期的に復習しなくても大丈夫か?
A.大丈夫です。①GWまでは今の科目に集中する、②GW後に復習を高速回転させる、の2本立てで行きましょう。ただし、財務会計は広範囲、かつ、忘れると取り戻すのが大変なので、「できれば毎日・5分でもよいので」コツコツ解きましょう。解答を眺めるだけでもOKです。

Q.そもそも授業についていけない。特に財務と経済。
A.大丈夫です。私も含め、大多数が授業中「?」の嵐。とにかくアウトプットの数をこなすことで、徐々に克服できますよ。テキストの理解に長時間かけるのはおすすめしません。「120%問題集活用法」で、効率的に数をこなしましょう。

Q.学習する時間があまりとれないが、おすすめの学習方法はあるか?
A.短い時間の中で学習効率を高めることが必要になります。「120%問題集活用法」「ポケテキ集約法」のほか、昨日のそーやの記事の「解説転記」(問題演習を一切やらず、解説を書き写す)も参考になるかもしれません。

 

以上、かわともでした!
今日も皆さんにとって、良い日になりますように。


いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


◆自己紹介
◆短時間勉強で分かったこと
◆10代目メンバーの初回投稿記事をワード分析


◆自己紹介

一発合格道場にお越しの皆様、はじめまして。
10代目ラストメンバーとなります、そーやと申します。
イントネーション的には“そーやねー”よりも“宗谷岬”の方が近いですが、お好きな方で呼んで下さい。

簡単な自己紹介です。
・独学
・紙と鉛筆が嫌いなiPad勉強派
・簿記1級、応用情報もち
・資格試験の受験回数がめっちゃ多い
(簿記は計6回、情報処理は計7回、会計士試験は計4回)
総勉強時間は約150時間
合格体験記はこちら

今後の私の記事としては
メインターゲットは「独学&勉強時間があまり取れない方向け」
「試験テクニック」を中心に投稿していきたいと思います

と、思っていましたが、10代目データ分析部(自称)も兼任しているため、データで見る10代目の受験傾向や最近のトレンド事情なども少しばかりですが記事にしていこうと考えております。
(ちなみに3度の飯と分析だったら、飯の方を選びますけどね!)

 

◆短時間勉強で分かったこと

私の診断士試験の総勉強時間は150時間と、他の方と比べたら少ない方です。それでも受かることができる試験であることをまずはお伝えしたいと思います。ただし一番気を付けるべき点は、短い勉強時間では「100%で合格できるわけではない」ということです。現に一次の勉強時間が短かったたっつーや私は、一次の合格点が他のメンバーよりも低く、結構ギリギリでの合格でした。

以下は10代目メンバーの「1次試験、2次試験それぞれの勉強時間と総得点の相関係数」になります。


<図1 1次試験と2次試験の勉強時間と総得点の相関係数>

相関係数(ρ)とは、「xとyの共分散」を「xの標準偏差」と「yの標準偏差」の積で割ったものとなります。財務会計のファイナンス論にて、共分散標準偏差は勉強しますので、あとちょっと付け加えれば相関係数となります。

参考として数式は以下の通りです。
例えば1次試験と勉強時間の相関の場合、xは1次試験の総得点、yは1次試験の勉強時間となります。


<図2 相関係数の数式>

話を戻しますと、
10代目メンバー間での1次試験の勉強時間と総得点の相関係数は、0.7753となり、勉強時間が長い方が1次試験の総得点が高くなる傾向になる、と言えます。
一方で2次試験の勉強時間と総得点の相関係数は、0.5048となり、1次と比べると勉強時間と得点率の相関は低くなりますが、一般的には勉強時間が長い方が2次試験も得点が高くなる傾向であると言えます。

つまり結論としては、
勉強時間は短くても合格している実績はあるが、より長い時間勉強をした方が合格可能性は高まると言えます。
何事も当たり前ですけどね。

10代目メンバーの勉強時間(1次、2次合計)は800時間~1200時間が最大のボリュームゾーンであるため、最終的に2次試験合格となるためにはその時間が一つの目安かと思います。

 

とは、言うものの短時間の勉強法を実践する人間には、何かしら工夫したポイントはそれぞれあるはずです。私が今回工夫したポイントとしては、
・問題演習を一切やらないこと
・ABランクしか、基本的にはテキストも過去問も理解しないこと

これが勉強時間を短くした大きな要因となります。

特に「問題演習を一切やらないこと」のような勉強方法をなぜ思いついたか、そして行っていたかといいますと、自分で解いて間違った内容について復習するのが非常に嫌いだったからです。

間違った内容を見直すのって私としてはモチベーションがとっても下がることでした。今まで簿記や情報処理といった資格試験を多く受けてきましたが、王道の演習→復習がなかなか出来ずに、結構な回数で不合格となってきました。でも間違った内容をきちんと理解しないと、本番の試験では太刀打ちできないことも分かっていたため、

復習が嫌いなら復習をしない勉強方法を考えればいいじゃないの

といった発想で、演習を一切行わず、問題を見たらまずはすべて解答解説を丸写し(以下、解説転記)してそれを理解していく、といった方法にシフトチェンジしました。

例えば1次試験の経済の場合だと、過去問演習60分、復習60分とかかかるところ、解説転記20分、読み込み20分に変えて勉強する、といった感じで、とりあえずは過去問でどんな内容が出たのか、どのくらいのレベルの内容なのかが理解できたため、それで十分と判断して他の科目も同様に「解説転記」を実行しました。

これが万人に向いているやり方かといえば、そうでは無いと思いますが、復習ができない人や苦手な人は、少しは参考になるかなと思います。

復習ができなければ、資格試験の合格は非常に遠のくので。

 

◆10代目メンバーの初回投稿記事をワード分析

本来であれば私の投稿は終わりなんですが、10代目メンバーで初回投稿が最後といった優位性を何かに生かせないかと考えた結果、みんながどんな記事を書いていたか、どういった内容が多いかを単語データの観点から考察してみました。

(参考:UserLocal テキストマイニングツール )

上記の図は、昨日までの11人が記事にした内容についてワードクラウドにて表現したものになります。道場ブログの右下にも「タグクラウド」というものがあり、それに似たようなものです。

注目すべきは「2次(出現回数72回)」です。
1次(出現回数48回)」よりも多く記述があり、やはりこの診断士試験は2次試験が重要になってきます。私の勉強開始1年目のこの時期は、1次の勉強にいっぱいで2次はどんな試験なのか、どういう勉強法がいいのか、までは考えが及びませんでした。同じような境遇の受験生も多いと思いますが、2次を見据えた勉強方法を考えていた方が診断士合格までの近道だと思います。
とくに昨日のいよっちの記事でも2次については重点的に取り上げていました。また今後、なおさんぐっちなど2次を中心に記事するメンバーも多いので参考にして下さい。9代目の電子書籍一発合格も2次のコンテンツが盛りだくさんですよ!

また上記のワードクラウドには出ていませんが、「モチベーション(出現回数13回)」や「計画(出現回数12回)」なども去年受験生だった10代目が気になっていたキーワードだと思います。特にモチベーションは「係り受け解析(名詞×名詞)」にて、モチベーション×維持が頻出値として出ています。長丁場の試験ではどうしてもモチベーションの維持が難しくなるので、そこもポイントとして抑えてほしいところです。

余談ですが、「ストイック(出現回数9回)」というワード。10代目メンバーでは、かわともたっつーいよっちが使っています。道場理論としてもストイック勉強論が掲載されているほどですが、その逆のメンバー、ksknや私そーやといったストイックからかけ離れた性格の人間もいるため、読者の方にあったメンバーを見つけてブログの縦読みをするのも面白いと思います。

超余談
ポジティブ(出現回数3回)」より「ネガティブ(出現回数4回)」が多いのはどういうことだ、と思ったらあるメンバーしか使っていませんでした。ネガティブっ子なので皆様コメントされる際は優しめでお願いします(笑

===================================
追記

「ネガティブ」ワードのご指摘があり、あるメンバー以外でも使っておりました。勝手に「ネガティブ」認定してしまい申し訳ございません。今後は普通の方として接させて頂きます。

===================================

明日は日曜日ですが、我らが10代目リーダーかわともの更新日です。
メンバー記事は隔週で日曜更新となりますので、ぜひお越しください。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


☆もくじ☆
◆自己紹介
◆受験歴と”しくじりポイント”
◆「今年」の合格にこだわる意外な理由


皆さん、はじめまして!”いよっち”と申します。
10代目の一員として、ほんのちょっとでも読者の皆さんの役に立つ・心に刺さる情報を発信していきたいなと思っています!

◆自己紹介
平成最初の年に生まれ、平成最後の年に診断士試験に合格しました。道場の中では唯一の20代です。(そう名乗れるのも、あと数か月・・)

本業は、法務部で勤務する会社員。日々、契約書とにらめっこする生活です。合格体験記はこちら⇒いよっちの合格体験記

実は、実は、師と仰ぐ道場初代ハカセさんや9代目へんりーさんは勤務する会社の先輩なんです。さらに言うと、受験勉強1年目には当時受験生だった(当時からすでに伝説級だった)きゃっしいさんと勉強会をご一緒していたり、と何かと道場とのつながりの中で受験勉強をしていた、コテコテの道場っ子なんです。

先代の道場メンバーや、このブログのおかげで合格できたようなものなので、1年間私も受験生のために恩返しをしていきたいと思います。

 

さて、診断士を受験しようと思ったきっかけは自己紹介でも書きましたが、私の親戚が小さな建設会社を営んでいて、歳の近い従弟が次期社長に就任することが決まっていたり、交際中の彼女が飲食事業を始める計画を立てていたり、と身の回りになんとか事業を成り立たせようと必死な人たちがいたことでした。

口先だけで「頑張れ!応援してる!」と言うのではなくて、「知識・経験を活かして力になりたい」。「いつか・どこかで会う経営者のために」ではなく、「自分の目の前にいる人のためにサポートしたい」という思いがあって診断士の勉強にのめり込んでいきました。

実は、診断士試験に合格直後、彼女が飲食店の創業に至りまして、現在はそのサポートをしています。日曜日のみの営業とちょっと変則的なお店なのですが、ちょっと特別な、季節のおべんとうの製造・販売する”takiben”というお店を新宿区で営んでいます。私も毎週日曜は店頭にいますので、ぜひぜひ遊びに来てください! ”会いに行ける道場メンバー”として対面で受験勉強の相談などお受けしますので、ご来店お待ちしてます。 お店の詳しい情報はこちら⇒Instagram:@takinogohan

 

◆受験歴と”しくじりポイント”
1年目はTACの通学(速修コース)で受験をし、1次はストレート合格、2次で敗退という結果でした。2年目はMMCの通信コースを受講していました。

<1年目>
1次試験:499(経済:64、財務:88、経営:51、運営:52、法務:76、情報:76、中小:92
点数の特徴で見ると、経営・運営の「理解系」の科目の点数が低い一方、法務・情報・中小のいわゆる「暗記3兄弟」を大得意としていました。「点数取りにくい経営・運営は捨てよーっと。点数は暗記科目で点稼げるじゃん!」という割り切りをしていたのですが、、、

2次試験:237(事例Ⅰ:47、事例Ⅱ:75、事例Ⅲ:54、事例Ⅳ:61/総合B)
企業経営理論と関連する事例Ⅰと、運営管理と関連する事例Ⅲで躓いてしまい、昨年は涙を呑みました。。

今だから言える、私の”しくじりポイント”は、こんな感じです。
①「1次と2次は無関連」と勘違いをしていた
②1次が終わるまで2次の対策を一切やっていなかった(1次対策に時間をかけすぎ、2次対策の時間が足りなかった)

2次試験で敗退したときは、「1次と2次の時間配分に失敗したな~」と思うのと同時に、「あと3点獲れば受かるんだな」と手応えも感じていました。

 

<2年目>
そこで、リベンジに燃える2年目は、「どんな問題が出ても必ず合格する状態を維持する」ことを大目標にし、「2018年に受ける全ての試験で上位20%以内に入ること」を具体的な目標として掲げていました。2次試験の本番だけではなく、6回受けた予備校の模擬試験や、日商簿記2級の試験など、とにかく全てです!

こんな感じで、2年目でもストイック型で駆け抜けた1年でした。模試の結果や本番との相関など、別の記事でご紹介しますね!

 

◆メッセージ
自分自身の体験を通じた思い、経験を中心として、「今年確実に合格するために」をテーマにメッセージをお届けしたいと思っています。
具体的には、以下のような内容をお伝えしていきますね!
①ストレート生向け:1次試験はもちろん、2次試験に今年受かるために。
②多年度生向け:2次試験を確実に、ぜーーったい、きっっちり受かり切るために。

 


◆「今年」の合格にこだわる意外な理由

このサイトは「一発合格道場」という名前ですが、この記事をご覧頂いている方々の学習計画は様々だと思います。

今年から勉強を始めてストレート合格を目指す人、
科目数を絞って計画的に多年度での合格を目指す人、
昨年もしくはそれ以前からの捲土重来での合格を目指す人、

様々ですよね。

 

合格までの道のりは、それぞれの前提知識、家庭・仕事の環境、本人のモチベーション、etc.と本当に多様で、「絶対にこうすべき!」なんて勉強のスタイルは存在し得ないとは思います。

 

それは分かっています。

それでも、私は「今年」の合格を目指すことをおススメしたいと思います。

 

少し説明しますね。

 

推測①ストレート生の成長曲線

ストレート生多年度生の2次試験での実力の推移をグラフにしてみました。(※あくまで私のイメージです)

多年度生は前年からのキャリーオーバーがあるので、実力レベルは合格ライン付近を推移している人が多いのではないかと思います。また、時間があれば実力レベルが必ずしも伸びるわけではありません。モチベーションが下がって勉強から離れたり、試験のテクニックが身につくがために逆にあれこれ考えすぎてしまったり(”こじらせる”と言ったりしますね)。それでも実力は安定してきます。

 

一方、ストレート生は1次試験が終わった8月上旬から2次対策を本格化させる人がほとんどです。そのため、最初は全然勝手がつかめず、試行錯誤を繰り返し、、、となかなか実力は伸びてこない場合がほとんどです。

それでも、ひょんなことをきっかけに「あ!そういうことか!」という気づきがあって、その後から実力が急上昇することがあります。このことを”覚醒”と受験生業界(?)では表現する人もいるんですが、昨日までの自分が嘘のように回答できるようになる瞬間があるんです。(”覚醒”についてはこちら⇒結局、『開眼』ってなんぞや? chikaの開眼物語 ~二次試験の本質を意識する~

私の主観がだいぶ入っちゃってますが、ストレート生で2次試験に失敗した人の多くの人は、成長曲線の上昇度合いが2次試験に間に合わなかったのではないかと思っています。

まとめると、ここで言いたいのは以下の通りです。
多年度生の成長は鈍化し、実力は安定してくる
ストレート生は直前で急激に伸びる
ストレート生で2次不合格となる人は、2次対策の時間が足りずに2次試験で不合格になる(?)

 

推測②2020年問題

ストレート生は2次試験対策にかける時間が不足しているために2次試験に受からないのでは?という私の推測を書きましたが、ということは、ストレート生2次対策の時間が増えたら実力が上がるのではないかと思っています。

今年受験される方には、前倒しで2次対策を始める、なんて余力を捻出するのはなかなか難しいかもしれません。

でも、、

 

来年の2020年にはその余裕が生まれるんです!!

なぜかというと、、、

 

 

そう、東京オリンピック!!

 

「診断士とオリンピック、何も関係ないでしょ」というツッコミも聞こえてきそうですが、これは事実なんです。中小企業診断士試験の指定試験機関である「中小企業診断協会」がリンク先の内容を公表しています。(原文はこちら⇒中小企業診断協会

 

2020年に限り、1次試験の日程が7月中旬へと2週間早まります。一方、2次試験の日程は変わらないようなので、来年2次を受験することになるストレート生にとっては2次試験に専念できる期間が単純に2週間増えることになるんです!

先ほどの成長曲線を2週間ほど早めてみると、、、(※あくまでイメージです。しかも大袈裟な(苦笑))

もちろんここまで極端なことにはならないものの、2020年の2次試験ではストレート生にとって有利な展開になるのではないかと私は推測しています。

これから受験する方にこんなことを申し上げるのは不謹慎かもしれませんが、今年(2019年)もしも不合格となると、来年(2020年)は多年度生として、時間に余裕のできた(ハイレベル化した?)ストレート生と上位20%の椅子を奪い合うことになってしまうのではないかと。。。

 

以上が、多大なる私の推測とちょっぴりの事実から考えた、「今年」の合格にこだわる理由です。

 

「今年確実に合格するために」をテーマに1年間ブログ・セミナーで情報を発信して、読者の皆さんが「今年」合格出来るように応援していきます。1年間、ご愛読宜しくお願いします。

 

明日は、”3度の飯より分析が好き”10代目のIT担当そーやがお送りします。10代目で最も少ない150時間で独学ストレート合格したツワモノなので、きっと効率的な勉強方法のヒントが得られるでしょう!お楽しみに!

 


システム障害のお詫び

昨日、昼12時30分頃から約1時間、システム障害が発生し当サイトへアクセスできない時間帯がございました。

いつもご覧いただいている読者の皆様へご不便、ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

※現在は復旧しております。

 


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

◆自己紹介

はじめまして。この度10代目をつとめさせていただくこととなった「ぐっち」と申します。1年間を通じて、少しでも皆様のお役に立てる記事を書ければと思っていますので、よろしくお願いいたします。合格体験記はこちらから。

 

まずは簡単に自己紹介をさせていただければと思います。生まれも育ちも北海道の道産子ですが、そろそろ関東生活の方が長くなりそうな感じです。システム会社にて法人営業を担当しており、今後のキャリアップを考えた際に、経営に関する幅広い知識を身につけたいと思い、診断士の資格に挑戦しました。タイプとしては、 一次試験は予備校(TAC)通学の模範生(ただし速修)、二次試験はTACと心中した1年目の失敗を踏まえて2年目に独学で自分なりの解法を模索しました、という感じです。

 

なお、本試験の結果は、以下の通りです。
・2017年(1年目)
一次試験~492(経済:80、財務:80、経営:70、運営:58、法務:48、情報:80、中小:76)
二次試験~219(事例Ⅰ:53、事例Ⅱ:62、事例Ⅲ:54、事例Ⅳ:50/BABB)
・2018年(2年目)
二次試験~272(事例Ⅰ:67、事例Ⅱ:74、事例Ⅲ:72、事例Ⅳ:59/AAAB)

 

私自身、2年目の独学では、モチベーションの維持に悩まされている中、道場のブログ・セミナーには本当にお世話になりました。10代目として、通学・独学の両方の経験二次試験の解法について試行錯誤した経験等を活かしながら情報発信することで、少しでも皆さんのお役に立てればと思います。

また、学習スタイルにもよると思いますが、範囲も広く長丁場となる診断士の試験は、正しい学習方法をいかに早く理解し取り組むか、ということが非常に重要と思っています。特に二次試験は、正直掴みどころのない試験であり、正解となる学習方法はありませんが、正しい取り組み方というものはあると思っています。そういった情報についても、是非、記事やセミナーを通じて発信していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

◆10代目メンバーの属性(多様性)

さて、話は変わりますが、道場のブログを読んで下さっている方々は、中小企業診断士の資格取得を目指している方や、資格に興味を持っている方が中心かと思います。資格取得を目指している方の中でも、今年のストレート合格を目指している人、昨年一次試験で科目合格している人、二次試験に専念している人、複数年計画で合格を目指している人等、色々な方がいらっしゃると思います。さらに業務経験やプライベート等の環境も含めると、受験生の状況は本当に様々です。

一方、そろそろ10代目の初投稿も一巡しそうですが(私が10人目なので、あと2名となります)、10代目も受験歴や業務経験、環境等の異なる、(個性豊かで)多様性に富んだメンバーが揃っています。きっと、皆さんと近い属性のメンバーもいると思いますので、今後のご参考になればと思い、10代目のメンバーについて、「学習方法×合格年数」「学習時間×年齢」で簡単に属性分類をしてみました。

 

  

 

単純化してマッピングするため、それぞれの軸は3段階で分類しています(3×3なので9つのグループに分類)。ある程度は同じグループになるメンバーもいますが、「学習方法×合格年数」では6つのグループ「学習時間×年代」では8つのグループに分類されました。ちなみに、4つの要素が全て同じになるメンバーは一人もいませんでした。あくまで参考ですが、傾向としては、独学メンバーは全員ストレート合格、3年以上の多年度生は通学・通信と独学の両方を経験、学習時間と年齢は全く相関なし、といった感じです。あと、たまたまですが、私は両方のマッピングでど真ん中の位置となりました(一番、特徴ないですね…)。縦軸と横軸の選定にあまり意味はないので、あくまで10代目のメンバーの属性を確認するためのツールとして、ご理解いただければと思います。

ちなみに、マッピングとは別ですが、全員の学習時間の平均は約950時間でした。メンバーによって振れ幅がかなり広く、一次試験と二次試験で分けているわけでもないので、単純に結果としてではありますが、よく世間で言われる1,000時間に近い値ですね。多様性に富んだメンバー陣ですが、色々な面で平均すれば標準的ということでしょうか(笑)受験生の皆さんも、学習スタイルによって、また仕事やプライベートの環境によっても、かけることのできる学習時間は大きく異なると思いますので、各メンバーの学習時間と学習方法等について参考にしていただければと思います。

 

以上、ぐっちでした!

 

明日は、週末は彼女のお弁当屋をサポート中、10代目最年少で生粋の道場っ子「いよっち」が担当します!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

はじめまして。「kskn」と書いて「きしけん」と読みます。

簡単に自己紹介をしますと、
・10代目メンバーの中で唯一の大阪在住。31歳男性、妻あり子あり。娘ラブ。
・お酒と音楽とゲームが好き。(もしksknで「ん?」と思った方は、同じゲームをしている可能性が高いです。)
・性格はストイックとは程遠く、合格体験記にもある通り、毎日ゲーム、晩酌を欠かさず。

 

…(みんなの合格体験記を見ると)

……(早起きしたり禁酒したりしとる)

………

 

とまぁ、僕はそんなグータラ族代表の人間であり、道場理論(特にストイック勉強論)からダッシュで逃げ出すような人間なくせに、こうして道場で偉そうにブログを書いとるわけです。世の中、何があるか分かりませんね。不思議です。

(ちなみに余談ですが、僕はアンチ予習派でもあります。その話はまた機を改めて。笑)

 

でもこうした学習に対する取組み方を今改めて振り返ってみても、これがきっと僕にとってのベストな戦い方だったと思うんです。

もっともっとストイックに勉強していたらより良い点で合格できたかというとおそらくそんなことはなくて、むしろ受験まで辿り着かないまま勉強をやめていたかもしれません

 

 

診断士試験は、1次試験で7科目クリアしないといけなくて、2次試験は記述で論理的思考力が求められて…とかいろいろ言われるので、途方もない道を歩いているような気持ちになりますよね。

全部の範囲を網羅しなきゃとか考えると、1分1秒も無駄にできないような気持ちになりますよね。分かります。

でもね、とどの詰まり、診断士のお仕事のメインは「診断と助言」なわけで、診断士試験は単純にその能力を見定めるための試験だと思うんですよ。

 

 

もしあなたの目の前に「社員の業務に対するモチベーションが低下」している企業があったとしたら、診断士的には例えば「ハーズバーグの二要因論で言うところの動機づけ要因と衛生要因を満たしてあげて、モチベーションを向上させる」とか考えて、満足感を高める施策や不満感を取り除く施策を具体的に提案しますよね。

それを少し置き換えて考えてみて、「ある人が診断士試験に対してモチベーションが低下している状態」だとしたらどうでしょう?

さらに言うなら、その「ある人」が「あなた自身」だったら?具体的に解決策を提案できますか?

 

 

僕にとっての「試験勉強によって遊べない状態」は不満のタネであり、それに対して「お酒やゲームは控えず、不満の無い状態を作ってモチベーションを維持しよう」と考えて実行したに過ぎないんですよね。

しかし、そうすれば当然勉強時間は減ってしまうわけですから、学習効率を上げる方法(復習重視)を考えたり、さらには「いくつかの分野は捨てる」という決断をしたりする必要があっただけなんです。

 

でも意外と、診断士の学習をしていながらも、自分自身に対して深く分析をして、課題を見つけて、自力で改善していける人ってそんなに多くないと感じていますし、実はそこが合格の分かれ目なんじゃないかなと思っています。

もちろん何でもかんでも自力でやれってことではなくて、課題に直面した際に人に助言を求めたり、他の人がどうしているかを調べたりすることはいいと思うんです。

でもそれはあなたじゃない「誰か」にとっての課題に対する解決策なわけで、診断士試験的に言うならば「与件文」の内容が人それぞれに違うわけですから、やはりあなたの「与件文」に沿った解答が必要になるわけですよね。

それを考えるのは誰か?

あなたの「与件文」を最も深く読み込んでいる、あなた自身です。

その与件文から得られた情報に対して、キチンと分析をして、課題を抽出して、解決策を見つけられれば、診断士試験なんて楽勝です。

だって、やってることは同じですから。

 

僕みたいなグータラ人間が合格できたくらいですから、きっと皆さんもできます。

一緒に頑張っていきましょう!

 

明日は、北の大地からやって来たラーメンマン、ぐっちが担当します!

 


ps. 今までPCで当ブログをご覧になられた際に、記事最下部にあった「次ページへ」を押すと遠い過去の記事に飛ぶバグがありましたが、そのバグの修正をし、合わせてページャーを設置しました。

慣れていない作業だったので、もし他の箇所で不具合が見つかりましたらコメントにてお知らせください!

 

(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


【目次】
◆自己紹介と受験体験
◆私が診断士資格取得を目指した思い
◆あなたのニンジンは何ですか?
◆道場ブログを綴る抱負


皆様、はじめまして。
一発合格道場10代目を拝命した「どいこう」と申します。

 

◆自己紹介と受験体験

現在40歳で、不動産とWebメディアを運営する小規模な会社を経営しています。
独立前は約10年間コンサル会社などに勤める会社員でした。

2017年に1次試験、2018年の2次試験に合格しました。独学だった2017年の2次試験には落ち、2年目はリベンジを期して予備校講座を利用しました。
1次試験と2次試験の間は期間があくので、スケジュール管理を失敗しやすいです。独学の方は特に気をつけてください。そして、決まった曜日・時間に勉強するなり、予備校講座を利用するなり、道場ブログを毎日読むなりして、「自分はまだ中小企業診断士の受験生なんだ」と定期的に思い出す仕組みを作ってください。

詳細の合格体験記はこちらをご参照ください

 

◆私が診断士資格取得を目指した思い

なお、私が中小企業診断士資格をとろうと考えた狙いを今あらためて整理し直すと、「さらなる活躍の舞台を求めて知識・信頼・つながりを得る」となるように思います。

さらなる活躍の場を求めた
創業時から数年間、「事業資産の収益を安定化させて長期運営する」タイプの経営を選んできました。業績の安定が何より必要な時期だったからであり、今でも当然の判断だったと思っています。

ただある程度安定してくると、さほど変化が急ではない事業であることから、時に物足りなさを感じはじめました。そして、「まだ余力を残している」「『自分だからこそできる』といった仕事もやりたい」と考えるようになりました。敢えて事例Ⅰ的に表現するなら、「A社は創業期を乗り切って緩やかに成長してはいるものの、研究開発部のリソースにやや余裕があるため新商品開発を検討している」といったところでしょうか。

より具体的には、こんなことを思いました。

・専門性を活かしてもっと社会貢献したい。社会人デビュー時から培った経営企画(コンサル)技能を活用できないか。

・創業支援アドバイザーができたら嬉しい。会社員をやりながら徒手空拳で起業した時、側面支援してもらえたらもっと楽だった。

・事業再生・承継を支援して祖国・日本によい産業基盤を残したい。良い技術や製品を持つ日本企業が経営不振や事業承継の失敗などで廃業したり海外企業に買われたりするのがしのびない。

新しい知識が必要
特に創業支援や事業承継のテーマは補助金や中小企業政策の関わりが多く、中小企業政策を学びたいと思いました。また、中小企業診断士のカリキュラムは、経営知識全般の整理をするのにもちょうどよいカリキュラムだと思いました。

信頼度を高める
せっかく学ぶのだから中小企業診断士の国家資格を取得すれば、信頼度の面で何らかのプラスにはなるだろうと考えました。

つながりもできるなら最高
加えて、中小企業診断士は横のつながりが強いと聞いていましたので、そうした環境に飛び込んで他業種の方とのつながりができたら良いなという期待もありました。

 

◆あなたのニンジンは何ですか?

私が勉強を軌道に乗せるために最も重要だと考えているのは、「将来に対する前向きな思い」です。あるいは「目の前にぶら下がっているニンジン」と言い換えても良いと思います。

さて、あなたが中小企業診断士の資格取得を目指す理由には、仕事に関する思いがあるでしょうか。
・業務能力を高めながら、証明としての資格も取りたい!
・社内で希望部署への異動のきっかけにしたい!
・転職活動に向けて能力の証明がほしい!
・独立へのステップにしたい!

あるいは社会的な動機を抱く人もいるかも知れません。
・家族の笑顔を見たくて!
・地元の町おこしをして恩返ししたい!
・日本を元気にして次世代にバトンを渡したい!
・世界平和を実現させたい!

また、新たな出会いに興味をもつ方もいるかも知れません。
・800-900人の経営知識をもつ「同期」(人生最後の同期生かも!?)
・診断士同士は専門性が異なり、概してライバル意識がなく仲がよい
・男性比率94%(*1)のコミュニティでイケメン比率が高い(*2)

*1: 平成30年合格者の実績値
*2: 筆者の主観的感想です

上に例示したものを含め、各人各様の動機をお持ちでしょう。

あなた自身が意義を感じ、また目標への道筋を思い描けるのなら、どの理由も「正解」だと思います。きっと、その原動力は、生活や仕事の中でみずから感じた思いであるに違いありません。その理由のためなら、がんばれますよね!

是非、取得後のプラスのイメージを思い浮かべ、思いを実現させていただきたいと思います。

 

◆道場ブログを綴る抱負

中小企業診断士のカリキュラムは実務に利用可能な項目が多く、その意義を深く理解すればするほど学習が面白くなると思います。
そこで、私としては、学習カリキュラムの先にある、「実務との接点」を強めに意識しながら記事をお届けできれば、と考えています。

皆様が楽しく学習できるよう、一助となれれば幸いです。
そして、同じ診断士としてお会いできる日を楽しみにしています。

以上、どいこうでした。

明日は関西在住の娘溺愛系診断士、ksknです。お楽しみに!

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)14時開始、16時半終了予定 @港区勤労福祉会館

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)14時開始、16時半終了予定 @生涯学習センター梅田

2019年3月10日(日)道場ブログ内でこくちーずにて受付開始予定

一次試験対策、二次学習の進め方、相談会など、
盛り沢山のコンテンツを企画しております!

ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

☆もくじ☆
自己紹介
皆さんのお役に立ちたいと思うこと
さいごに。多年度でも諦めない!去年の自分と何を変えるか。

この記事は約2500文字です。約5分で読めます。


◆自己紹介

はじめまして!ちこまる(仮)と申します。合格体験記はこちら

この度受験生支援として知名度が高い一発合格道場の10代目としてブログを記載させていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします!

初回ですので、自己紹介から!

名前に(仮)をつけているのは、「人はいつでも変わることができる」というモットーに基づき、日々、最適化を続けよう、完成形はないのだ!というつもりでやっていこうと思っているためです。

セミナーなどで自己紹介する時は発音しませんが(笑)、いつも後ろに心の中では(仮)がついているつもりで、頑張りたいと思います。

中小企業診断士を取ろうと思ったきっかけは、自分の生家にあります。

私の実家はもともと兵庫県伊丹市にあった、写真の現像機を作っている中小製造業でした。曽祖父が興して代々やっていたんですが、フィルムカメラからデジカメが普及し、写真のプリントもそもそも需要が減り、家庭用プリンターが進化して行った流れで、需要が激減。父が他界すると同時に倒産となりました。

需要の減少については消費者としても感じていたところだったので、倒産の手続きに際してはとうとう来たのかぁ…という想いと、会社たたむって、大変!!という強い印象を持ちました。

それをきっかけに需要維持の大変さ、消費者の心の動きの速さ、技術革新、事業継承の大事さ、資金繰り等、様々にエネルギーを振り向ける中小企業の経営者をなんらかの形でサポートできないかと思い中小企業診断士を目指しました。

ちなみに現在は都内の中小企業で働き方改革のコンサルタントとして、全国の大小様々なお客様と生産性向上などをテーマに、働き方の最適化を支援しています。

が!!私自身相当飽きっぽく…毎日コツコツ勉強できるタイプではなかったので、飽きずに勉強を続けられるかどうかが最大のハードルでした。そのため、この飽きっぽい自分の興味ややる気を維持するため、行動科学の本などを参考に楽しく無理なくできる方法を考えました。

初回の1次試験は2012年でしたが、4科目合格をしておきながら勉強そのものが続かず、1度は断念。その後子供も生まれ、やっぱりこの資格欲しい!と一念発起して再度受験を決意したのが、2016年でした。

1次試験は突破まで2年、2次試験も2回、3年でのべ勉強時間は2700時間と、10代目の中では圧倒的に「コスパ悪い受験生」(かつ一発合格でもなんでもない…)なのですが、1年目、2年目、3年目と時間の使い方や勉強の仕方を少しずつ自分仕様に変えていくことができたのが、合格の秘訣だと思っています。

受験生のみなさんにとっては、本ブログもそうですし、予備校さんや書籍、先輩の武勇伝など色々な情報が入ってくると思います。絶対に合格するプロセスはただ一つ!というわけではありません。そのため一概にこれだけやってればOK!というほど甘くはないですが、自分の特性を知り、自分にあった勉強法にカスタマイズできれば、身体を壊すほど無理をすることなく合格することができます。中小企業診断士という幅広い知識を問う試験に挑むということは、知識そのものだけでなく、新しい知識を獲得し、定着させ、確実に求められるアウトプットに答えて行くというプロセスを試されていると言っても過言ではないでしょう。

 

◆皆さんのお役に立ちたいと思うこと

一つは、2次試験に安定的に得点を取るための考え方や方法です。

初めての2次試験は事例Ⅳで0と6を書き間違うという、演習でもやらかしたことのないたいへんな凡ミスをやらかし、44点で合格にはかすりもしませんでした。2年目は「得点の安定」「相対評価」「凡ミス撲滅」という3点を軸に、プロセス修正を図りました。

次も落ちたら超苦手な暗記科目7科目が完全復活する!!という恐怖に怯えながら(笑)、合格レベルを意識し、他の人が取れるところを落とさず、他の人が取れないところは一つくらい取れて、誰も取れないところは潔く諦めるつもりで取り組んで来ました。そんなところの見分け方や考え方をお伝えできればと思っています。

二つ目は、時間の作り方や使い方です。現職でも生産性向上を意識して日々やっていますが、勉強こそ生産性が問われるんじゃないかと思うところもあり、こうしたらよかったな、ということも含めてお伝えしていければと思います。5歳の子供を育てながら、たいへんでしたね、とお声がけいただくこともありますが、夫や子供がいたから受かったというところもあります。これを読んでいるママさん受験生の皆さん、子育て中はたいへんなこともありますよね。でも楽しいこともたくさん!子供がいるからこその受験生生活もお伝えできたらなと思っています。

三つ目は勉強会のこと。2017年、2018年はTACに通いながら有志の勉強会に所属していました。9代目桃ちゃんとは、2017年の同期。勉強会仲間時代からパワフルでストイックな彼女からは大きな刺激を受けました。2018年は自分自身がリーダーとして、チームマネジメントや全体のレベルアップという新しい課題にもチャレンジしました。予備校だけでなく他の受験生支援団体でも様々な勉強会がありますが、同じ志を持つ仲間と一緒に勉強するということは学習内容だけでなく色々な学びをもたらしてくれました。そんな勉強会のメリットやデメリットもご紹介できればと思います。

◆さいごに。多年度でも諦めない!去年の自分と何を変えるか。

一発合格道場の執筆者ではありますが、自分自身は一発合格はできなかったです。読者の皆さんの中にも、一発ではなくとも合格を掴むために勉強を続けている方もいらっしゃると思います。

試験は水ものですから、たまたま苦手分野ばかりで構成された試験に当たってしまい、合格できないということもあるでしょう。運も含めて実力というと酷かもしれませんが、難化した年は他の受験生に取っても厳しいのです。1次試験の場合は絶対評価で配点も解答も公開されますから2018年経営法務のように得点調整が入ることもありますが、2次試験は相対評価。いかに上位2割に入るかを常に考えていく必要があります。

ストレート志望の皆さんだけでなく、あえて多年度受験生にもメッセージを送りたいと思います。今年こそ、受験生を卒業しましょう!特に多年度受験生の皆さんは、これまでやって来たことのうち

何を残し、何を変えますか?

ご自身が納得できる理由になっているでしょうか。これまでの合格体験記が教えてくれているように、100人いれば100通りの勉強方や向き合い方があります。あなた自身に合ったものにカスタマイズする時間を、今この時期だからこそじっくり取ってみませんか?

今後の記事でも、私の経験に基づくものになりますが実践した方法や他の10代目の方法をご紹介できればと思っています。今後ともよろしくお願いします!

さて、明日は一次試験の勉強時間100時間!脱サラ経営者どいこうの紹介です!明日もお待ちしてます!!

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)14時開始、16時半終了予定 @港区勤労福祉会館
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)午後 @生涯学習センター梅田
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一次試験対策、二次学習の進め方、相談会など、
盛り沢山のコンテンツを企画しております!

ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

おはようございます。9代目zenzenです。
ついこの前ラストメッセージとか言ってたのにまた出てきたなコイツ・・・

今日は日曜日で通常更新が無い中の豪華二本立て!ということで、
初代JCさんからの合格者向け記事
(合格者の方、特に東京近隣の方は是非ご覧下さい!)に続きまして、
私から合格体験記の紹介をさせていただきます。

ご存知のように9代目は先日無事にフィナーレを迎え、
次に私が皆さんにお会いするのは道場春セミナーか、
あるいはもう隠遁生活に入るのか、と思っていましたが、
とても中身の詰まった合格体験記を頂きましたので再登場と相成りました。

診断サムライさんは通勤講座(現:STUDYing)と道場を最大限に活用され、見事にストレート合格を勝ち取られました。
合格のポイントになる要素たっぷりですから、
少なからず参考になる部分があると思います。

では、どうぞ!

==========ここから寄稿==========

(0)受験生情報

名前(HN):診断サムライ
年齢:47歳

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

・自己啓発です。元々技術職であったが、事業計画関係の部署が異動になり、ビジネス全般の知識を身に付けたかったため。
・万が一会社を辞めた場合でも役に立ちそうだから。(合格後は企業内診断士とともに独立も視野に入れたキャリア形成についても興味が出てきました。)

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

職務経験から、企業経営理論、運営管理、経営情報システムは親しみがあったものの、体系的な知識は無し。大学が理系であったことで、経済、財務・会計、経営法務は一から勉強が必要であった。

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット

独学(オンライン講座を利用)
メリット
時間が有効に使える。予備校に比べ時間の融通が利き、通学時間が無駄になりません。講義と比較すると、本を読み自習する方が短時間で知識をつける点では効率的です。自分の理解度に応じて勉強時間を調整できます。
デメリット
分からない点がすぐに解決しづらいです。ライバルが身近にいないので、勉強量やペース配分の自己管理も必要です。情報が不足しがちになります。2次記述対策では自分の作成答案の添削が受けられないので、解答が合っているかどうか、確信を持ちづらかったです。
(デメリットはオンライン講座の勉強法や「一発合格道場」でかなり補えました。)

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

受験回数は一次、二次ともに一回

2017年8月中旬から勉強開始。一日1時間弱程度のペース。通勤時間や休日に勉強。ほぼ隙間時間での勉強。(ゆっくりし過ぎていた)

2018年3月から一日2時間程度のペースで勉強。会社の行き帰りに喫茶店、土日は図書館で勉強し、5月に受ける模試を目標にしました。

7月以降は平日、休日で平均3時間強勉強しました。一次試験後は、更に勉強時間を増して、平日3時間の他、休日は6時間以上を目標に勉強しました。

(5)合格までの学習法

<一次試験>
一次試験が終わった後まで、残念なことに「一発合格道場」を知りませんでした。
一次試験までは、オンライン講座で推奨する勉強法一読し、共感できて自分に合いそうだったので、その通りに計画を作り勉強しました。
ここから記載の学習法は基本的にそのオンライン講座の勉強法に従っています。
(因みにオンライン講座は、通勤講座(現在はSTUDYing)です。その勉強方法は「加速合格法」という冊子で無料公開されています。)

教材はオンライン講座のテキストと問題集(オリジナル問題と過去問)のみを使用しました。(そもそも1、2週間勉強してみて、試験までに勉強できる量は限られていることを実感し、他の教材に手を広げられませんでした。。。)

自分でテキストの「まとめノート」を作ることはしませんでした。(自分で「まとめノート」を作るには時間が足りないと思いました。)ただ、後述のオンライン講座オリジナルのマインドマップを活用しました。

勉強方法はテキストを読み(または聴き)、章毎に付属の問題や過去問を解きました。テキストと問題は全科目2、3回繰り返しました。

オンライン講座には、テキストのキーワードを体系的に纏めた「マインドマップ」が付いていました。
問題を解いた際、テキストに無い新たな知識は、この「マインドマップ」に書き込み、「まとめノート」代わりにしました。

初回は理解や記憶できない項目が多々ありましたが、なるべく早めに一通り全科目を通しで勉強することを意識しました。

2回目以降は、各教科の章毎で、理解不足な所、しっかり記憶すべき所などをイメージ出来、勉強すべき所が絞れてきました。
テキストを読んだり問題を解いた際に分からないところは、インターネットで検索し、それで分からない場合は図書館で専門分野の本を読み参考にしました。
ただし、分からない場合でもあまり固執しないようにしました。2回目、3回目勉強すると自然に分かることも多々ありました。

深堀するか、完全に分からなくても先に勉強を進めるか、バランスが必要だと感じました。

7科目の勉強の順序は2次試験に関連が深い教科から順にして、
あまり2次試験に関係が無く、かつ理論の理解よりも記憶が必要な教科は後にしました。
具体的には、
企業経営理論、運営管理、財務・会計は先に勉強し、
経営法務や中小企業論は後にしました。

勉強時期は、2017年8月にスタートして、2018年2月ころまではほとんど通勤時のみの勉強でした。
往復一時間の通勤中にテキストを音声で聞き、問題を解いていました。
時々平日の会社の前後の時間、休日は図書館などで勉強していました。

計画では2月までに全7教科をしっかりと一回転している筈でしたが、
経営法務や中小企業経営・政策は終わりませんでした。

2018年3月頃に5月にLECの模試を受けることにして、それを目標にそれまでに経営法務と中小企業経営・製作を終わらして、さらにもう一回転しようと計画しました。

テキストを聴いているだけでは記憶が定着しにくいのと、
前後の関連が理解できない感じがしたので、
テキストを印刷して、マーカーを引きながら目と手を使い、
知識を定着して行きました。
計画通りに勉強するにはより勉強量が必要で会社の行き帰りの勉強を週2,3日はするようにし、土日も勉強するようにしました。

5月のLECの一次の模擬試験の出来が極めて悪く、そこから凄く焦り、このままではまずいと思いました。
模試での気付きは、
①問題がテキスト通りの知識で解けないものが多く、難しい。
②解答時間が足りない。一問2分弱で解かないといけないので考える時間がない、
③2日間の試験なので、結構集中力を使う、ということでした。

ちなみに模試の結果は計340点で運営管理と企業経営論は60点近くでしたが、それ以外は40点台でした。

5月以降はオンライン講座についている過去問を解きながら、
会社の行き帰りに毎日確実に勉強するように努めました。
過去問で難しい問題が出ても2分以上掛けないで対処できるようにし、
知識を増強しました。

8月の一次試験までに全科目3回転はする予定でしたが、結局2回転半位しか終わらず、特に経営法務や中小企業経営・政策は最後の2,3日で駆け込みで復習するような状態でした。

一次試験はかさ上げの8点で救われました。本当にギリギリの合格でした。
自己採点は420点に10点足りず、経営法務は40点でした。ただ適当にマークし自己採点に含めない不明回答が全部で22点分ありました。1/4の確率で正解で期待値が5点分なので、あと5点不足のところ、法務のかさ上げの8点あり、何とか420点を超えたと予想しています。

【一次試験の勉強について振返り】
一次試験の勉強で上手く行ったところは、
効率的でかつ自分の性格に合う勉強法で計画立てて取り組めたこと、
②2018年は比較的仕事が忙しく無く、勉強時間を確保するのが容易だったこと、があります。
①は具体的に纏めノートは作らずマインドマップを利用したことで、章毎に勉強した箇所の問題を問きながら知識を定着、拡大していったところです。

改善できるところは、
①勉強時間が足りなかったこと。あと150時間は勉強できれば本番でもう少し得点できたと思います。また、②過去問をやる時間をもう少し増やしたかったです。
2月までに通勤時だけでなく、しっかり座って勉強する時間を長くとるべきでした。
オーディオは通勤や運動中に勉強できるので良いですが、これだけでは自分は知識を定着するのは難しかったです。

<二次試験>
2次試験の勉強は1次試験が終了してから始めました。ただ、1次試験を受ける前に一年分の2次試験の過去問は勉強し、さらにLECの2次試験模試を受けて、2次試験のイメージを把握しておきました。

2次試験もオンライン講座の教材を使い、その勉強法を参考に独学で勉強しました。
本格的に勉強する前に、予備校(TAC)の2次対策無料セミナーに参加し、2次対策のイメージが掴めたのは有益でした。
例えば、事例IVは受験生で点数差がつくものの、比較的勉強量と成績が比例する科目で、過去よく出題でされるトピックが5、6項目程度(経営分析、CVP、意思決定会計、セールスミックス等)で定まっているので、ここを確実に押さえることが大切であり、
事例I~Ⅲはあまり点数差がつかないため、題意を正しく理解し事故を起こさないことが大切ということを知りました。
そこで、事例IVは力を入れて勉強し、頻出のトピックをしっかり押さえる、さらに事例I~IIIは事故を起こさないことを目標にして勉強しようと思いました。

【事例I~IIIの勉強法】
事例I~Ⅲの勉強で念頭においたことは、①解答の手順をパターン化し短時間(試験時間内)である程度の得点を取れるようにする(題意を外した答えなど事故を起こさない)こと、②解答の材料は与件文と問題文から導く(解答を創造しないあるいは与件文から因果関係がないような想像をしない)こと、③論理構造が明確な解答を書くこと、です。

事例I~IIIの勉強の仕方は、過去問を用いて、①与件文を読み、解答を構成するキーワード、センテンスを与件文からピックし、キーワードと論理構造を示したメモを作成すること、②メモを基に問題の文字数内で、論理的な文章にすること、の2段階に分けて練習しました。
過去問の設問、与件文を読み、①のメモをつくる練習を繰り返した後に、②のメモを見て文章をつくる練習をするといった具合に、分けて練習しました。①、②は始めは時間を気にせず練習しましたが、途中から、それぞれ5分程度で出来るように練習しました。これをH23年からH26までの過去問について2,3回転行い、最後に残しておいたH27年からH29年分の過去問を時間内で通しで解く練習をしました。

オンライン講座や予備校の過去問の模範解答が微妙に異なり、自分の作った解答の正否をどの解答と比較すれば良いか分からず、また勉強法のイメージが完全に湧かなかったため、インターネットで2次試験の勉強法を検索して「一発合格道場」を知りました。

「一発合格道場」のアドバイスが具体的で充実していたことや、筆者の方々の熱い想いに引き込まれていきました。「一発合格道場」には2次試験の対策については事例毎に記事が複数あったので、過去記事を全て検索して、事例Iから事例IIIの道場記事のまとめプリントを作り、自分に合いそうな項目をピックアップしました。

記事の中では、各事例での解答の切り口や着眼点について特に参考にしました。
「はかせ」さんの「因果関係に注意」や「事故を防止」について、「きゃっしい」さんの「復習の質を高めよう」は特に参考になりました。教え通りに、過去問を解いた後の模範解答と自分の解答の差異が生じた理由を考え、次からそれが起こらないようにはどうすればよいか考えながら、復習するようにしました。

「ふぞろい」も「一発合格道場」で知り、大変役に立ちました。10年分の過去問がカバーされている「ふぞろいな合格答案10年データブック」を購入し、事例I~Ⅲについては過去問を解いたときの自分の解答が「ふぞろい」で上位にくるキーワードが含まれていなかった際にはなぜその項目キーワードを拾えなかったか考えて復習しました。先に書いた様に予備校の模範解答は微妙に異なるため、自分が解いた解答の正否の判断は、結局、「ふぞろい」の上位キーワードをカバーできたかどうかで、判断して、復習をしました。

過去問を解く際は、「一発合格道場」にもある、試験時間中にルーチン動作を意識しました。問題用紙をばらしてメモ用紙・計算用紙をつくる→問題をざっと読む→与件文を読む→問題を解く(キーワードをメモする→文章を書く→誤字脱字、論理構成チェック)等の作業を分刻みでタイムマネジメントできるようにすることを意識しました。特に、きゃっしいさんの「きゃっしいの解法実況」を参考にして、自分なりの時間配分を設定し、それを守れるように練習しました。

2次試験の一週間前には、事例毎に試験時の注意点を纏めたメモをつくり、試験直前まで見直していました。
これは、
①試験時の分単位のタイムスケジュールメモ、
②切り口やキーワードのメモ、
③過去問でよくやった間違いや事故防止の対策メモ、です。
他の教材は一切使わず、前述のように過去問をH23年からH29年分までを解きました。過去問しか解きませんでしたが2、3回転復習しました。

【事例IVの勉強法】
事例IVの勉強で過去問をなるべく沢山解いて、(皆が解けると思われる)頻出トピックの問題を落とさないこと本番での計算ミスや時間配分を間違えないことを念頭に勉強しました。。

中古の「事例IVの全知識&全ノウハウ」を使って、トピック毎の過去問を解きました。トピック毎に説明と過去問が何問か掲載されており、解答の解説が充実しているので、大変重宝しました。その他オンライン講座に掲載されていた過去問も解き勉強しました。はじめは時間を気にせず正確に解けるように勉強し、途中から時間配分を考え、一問20分程度で解くことを意識して問題を解きました。

経営分析は試験開始から問題を読み、設問をざっと見るのを含めて25分以内で終わるように(指標選びで時間を掛けて迷わないように)訓練しました。経営分析はほぼ毎年出題され、落とせないのと、ここで時間を掛けすぎると、後の問題を解くのに影響するので、しっかり練習しました。経営指標の模範解答は教材で若干違うので「ふぞろい」の上位解答を模範解答として考えました。
具体的には、B/S,P/Lの分析→指標選びと計算→文章解答の記述で時間を決めて、全部で15分、前述の試験開始から25分で終わるように練習しました。

事例IVについても、きゃっしいさんの「きゃっしいの解法実況」が大変参考になりました。上記の勉強方針のほか、本番での問題を解く順序もきゃっしいさんの教えに従いました。本番で経営分析を解いた後に他の問題をどの順序で解くか見極めることはとても重要と思いました。NPVのような計算量が多く、時間が掛かり間違いやすいものは最後に解くように決めていました。

過去問はH20年からH29年分、また、「事例IVの全知識&全ノウハウ(2007年~2015年版)」掲載のものを全部解きました。これを2、3回転しました。
事例I~IIIと同じように、試験前に見るメモを同様につくりました。

(6)学習時・受験時のエピソード

① 中小企業診断士の勉強は会社での業務に関連し、興味のあった分野だったので楽しく勉強できました。どんどん知識が付いていくのが楽しく、やりがいを感じました。
② ただ、仕事をしながら平日毎日3時間以上勉強し、土日も6時間以上勉強するのは正直しんどく、これは半年以上続けるにはモチベーションを保つ必要があり、マイルストーン設定や勉強する仲間などが必要かと感じました。2次対策無料セミナーで偶然同じ会社の方と会い、以降、時々、試験について話せたことは、とてもありがたかったです。自分は一次試験、二次試験と段々と勉強時間が増して2次試験の際に集中力を最大に持っていけましたが、二年目も、もし勉強する必際には、工夫が必要かと感じていました。
③ 子どもが未だ小さいのですが、休日の家族の時間をかなり犠牲にしてしまった点は反省です。ただ、子どもと少しは遊んで、その時間は気分転換にもなりました。時々、こどもと図書館などで一緒に勉強しました。家族の理解に感謝です。
④ 妻にフリマサイトで、市場にあまり出回っていない古い過去問題集を購入してもらい助かりました。

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

① まずは勉強時間を確保し、勉強を習慣化することが必要かと思います。自分は自宅だと集中できないので、通勤時間や昼休み、通勤前後に喫茶店、土日は図書館や喫茶店で勉強しました。昼休みにジョギングをする際はテキストや問題を音声で聞いていました。
② 自分がこれは効果的だな、自分に合っているなと思う勉強法を「一発合格道場」やその他の方法を調べ、よく考えて実施することが大切かと感じました。「オンライン講座」で推奨されていた勉強法(加速合格法)が自分に合っていたのと、2次試験は「一発合格道場」に出会えたことが合格につながったと思います。
③ 2次試験は短い時間で(事故が少ない)合格できる答案(自分はふぞろいに近い答案と考えた)を高い確率で時間内に作れるように訓練する勉強の仕方が重要と感じます。時間配分や事例IVでは問題を解く順序まで予めイメージして準備しておくことが大切です。
④ 勉強の計画を立て、試験までの残りの時間を意識しながら計画を調整して7科目ムラが出来ないように勉強しました。試験まで時間があると集中しずらいので、5月に模擬試験を入れて、これを目標にして勉強しました。
⑤ 教材は一次対策のテキストの他は、過去問が最良の教材に感じます。とくに2次試験は、過去問と「ふぞろい」があれば十分だと思います。勉強を過去問に絞る代わりに何回も復習することが大切かと思います。

==========ここまで==============

いかがでしょうか。

とても盛りだくさんな内容で、私の感想は「隙が無い」です。

様々な合格者が様々に語ってくれていますが、診断サムライさんの体験記にはこれまでの合格体験記の良いところが本当に沢山詰まっています。

・勉強を習慣化するための工夫をする
・「自分に合う」勉強法を探して実践する
・隙間時間を活用する
・計画を都度修正する
・過去問主体に学習する
・一次試験の科目に優先順位をつける
・難しい論点に固執し過ぎない
・模試をマイルストーンにする
・二次試験に前もって慣れておく
・二次試験での時間配分を設定する
・ふぞろいシリーズを活用する
・事例Ⅳに重点を置いて取り組む
・事例Ⅰから事例Ⅲでは事故を起こさないことを重視
・道場記事から「自分に合う」ものを選んで採用する
・本試験にピークを持ってくる
・学習そのものを楽しむ
・家族への感謝を忘れない
etc…

これだけの要素が揃えば、なるほど納得のストレート合格です。
一次試験では法務のかさ上げと+αでギリギリ合格点を越えたとのことですが、
準備が出来ている方にやはり運も味方するのでしょう。
今これを読んでいる方で、どれか一つでもやってみようと思うことがあれば
是非試していただきたいと思います。

診断士試験はある意味では情報が豊富と言うか、
合格者がそれぞれに自分のノウハウを披露している(玉石混合?)訳ですが、
その中で「自分に合うかどうか」をしっかり考えておられたところが
最大の良さでしょうね。

王道やセオリーのようなものは確かに存在しますが、
まずは自分に合う方法を考えることが一番大事かも知れません。
サイズの合わない靴を履いて長くも速くも歩けませんからね。

蛇足かも知れませんが、
診断サムライさんが取り入れられたという「加速合格法」は
私今回初めて知りましたが、なるほど理に適っているなと感じます。
別に回し者では無いですが、無料公開されていますので
興味のある方や学習法に悩んでいるという方は
ヒントを掴めるのではないでしょうか。

 

診断サムライさん、ありがとうございました。
これからのますますのご活躍を期待しています!

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)14時開始、16時半終了予定 @港区勤労福祉会館
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)午後 @生涯学習センター梅田
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一次試験対策、二次学習の進め方、相談会など、
盛り沢山のコンテンツを企画しております!

ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀


☆もくじ☆

◆自己紹介
◆春セミナー告知
◆道場活用 初級編

 

◆自己紹介

こんにちは!10代目をつとめさせていただきます「かもよ」と申します。
合格体験記はこちらから。

さて、徐々に10代目メンバーの全容が明らかになりつつある中……。
「かもよ」はどんな人かと申しますと
STUDYing(スタディング)と市販の書籍を活用」「育児とフルタイムを両立」させた「ストレート合格」です!

と言えば聞こえがいいんですが……。
合格点が特別いい教科もなく……。
ストレートといっても1年以上かけており、超短期でもなく……。
完全独学と言える感じでもなくて……。

というように、私は自分のネガティブな要素ばかり目が行くタイプです。
でも、そこで私はポジティブに考えます。

特別にいい点はありませんが、平均的に得点ができています。
一年以上勉強を続ける忍耐があります。
STUDYing(スタディング)と市販書籍のいいとこどりで、コスパよく合格できています。

道場読者の頃から使っている「かもよ」というハンドルネーム。
自分のネガティブを打ち消し、「これは……合格しちゃうかもよ!?」とポジティブ変換していくぞ、という気持ちからつけました。
正直、教科が多くて勉強しだすと先が長く、時に正答が見えない試験です。絶対にするのはなかなか難しいです。でも、合格の可性性を少しずつ上げることは出来ます。

苦手があったらラッキーです。克服すればいいんですから。
大丈夫です。私も苦手なことばかりでした。
・簿記3級を落ちるほど財務諸表が苦手でした。
→けれども、財務は安定して得点できる教科になりました。
・学生時代、本当に社会や国語が苦手でした。
→けれども、結果的に中小が稼ぎ頭になり、二次もストレート合格できました。

・シングルマザーで、
・模試で合格点を取れたことがなく、
・一週間の勉強時間が20時間に達したことがなくて、
・現場主義で、理論とか理屈とかたいして知らなくて、
・二次試験を解く80分もまとまった時間がとれなくて、
・もーなんでこの問題何回も解いてるのに間違えてるのーもー!ムリー!

→って何度も何度もなっても。それでも、勉強し解決方法を考えて考えて、
苦手もマイナス要素も克服できる。
そう思える要因を自分の中に見出してきました。

人それぞれ、「能力」とか「境遇」とか「状況」は違います。
でもせっかく、愉快な執筆陣と、堅固な理論を持つ、この道場の記事にたどり着いたことですし。
ネガティブに左右されるのではなく、
合格に向かって一緒にポジティブに変換しましょう!

 

◆それでも悩みが尽きなくて……

……という、そんなあなた!!

❀:✿:❀ 是非、「春セミナー」にお越しください!!❀:✿:❀ 

10代目の記事が始まってから(しれっと)文頭に記載させていただいておりました春セミナー。

東京4月6日(土)、大阪4月14日(日)に開催させていただきます!!

今回の春セミナーは、「今、受験生であるあなたに」向けたセミナーです。

セミナー後の一次試験まで4か月、二次試験まで6か月を充実させ、合格を勝ち取るために。
キックオフで10代目全員が顔を合わせてから、着々と準備を進めています。

ブログの文字だけではお伝えしきれない私たちの思いや考えも、コメントしづらいあなたの悩みも、セミナーで直接お会いしたらきっと伝わるはず!

質問コーナーもご用意する予定ですので、道場メンバーに聞きたいことを考えておいてくださいね!

募集は、3月10日(日)から開始します。
勉強にお仕事にお忙しい中とは思いますが、是非ご参加ください!

皆さんとお会いできることを10代目一同楽しみにしています!!

 

◆右上をご覧ください

さて。ちょっとだけ、道場の基本的な活用法を。
みなさんお気づきかと思いますが、道場の右上には、「サイト内検索」があります。
気になる用語を入力することで、あなた用の道場が開く、魔法の扉です。

・記事がヒットしたら
→ラッキーパクってカスタマイズ!しちゃいましょう。

・全然記事がない……
→お手元のテキストを読んでみても、解決しなかったことでしょうか?
もしかしたら、頻出論点じゃないかもです。
まずは「合格」が目標ですから、今は橋げた作り一旦置いておきましょう。

さて、
記事はあったけど、読んでもあんまり理解できなかった……。
という人がいたら。

「今は」まだそんなに考えすぎなくても大丈夫です。
今日一回頭にストックした上で、また悩んだら、検索してください。
「一回調べている」ので、頭の片隅にはあります。
きっと、数か月後のあなたは、「これってそういうことか!」と気づくことが出来ます。

ちなみに私は、問題集の解説を読んでもわからなかった用語は、付箋に書き出していました。
それをケイタイに張っておき、手が空いたらネットで調べる。わかったら、要点をまとめる。もし解決しなくても、付箋は一旦ポイ!と捨ててました。

そんなこと言われても気になるよ~
頻出論点だと思うけどわかんなくて不安だよ~
というあなた。

是非コメントをください!
あなたのコメントが今後の記事に繋がるかもよ!?

(かもよは先々の記事のストックがあまりないので、いつでもネタを探しています……)

 

さて……明日は日曜日。10代目の記事はお休みですが、
なんと!初代JCさん9代目zenzenさんの豪華2本立てでお送りします!!

合格後も道場を読んでくれているあなたに、ちょっといい話かもよ!?

 

そして月曜日は10代目「ちこまる(仮)」が担当します!

名前の(仮)の真実とは……!?勉強会リーダーを務めた凄腕リケジョママの記事をご期待ください☆彡

 

☆☆☆☆☆☆☆
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)14時開始、16時半終了予定 @港区勤労福祉会館
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)午後 @生涯学習センター梅田
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一次試験対策、二次学習の進め方、相談会など、
盛り沢山のコンテンツを企画しております!

ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

はじめまして。おはようございます、makinoです。

 

突然ですが、先日、父から電話がありました。
私の父親は、70歳を超えており、要介護認定を受け、一時は車いす生活をしていたのですが、母のあたたかい介護のおかげで、今は自宅で朝ご飯を作れるくらいになりました。

 

父は、昨年私が、中小企業診断士に合格したことは知っていたのですが(妻から経由で)、資格自体をあまりよく知らなかったらしく、友人から「それは難しい資格だよ、息子さんすごいね」と教えてもらった、との事で、喜んで電話をくれました。

 

もちろん私は、自分自身のための資格取得だったので、誰かに褒めてもらう為ではなかったのですが(みんなそうですよね)、それでも、父親に喜んでもらえて、小さな親孝行ができた気がして、嬉しかったです。また、70年以上生きている人に褒められる、というのは、重みのあるものでした(親の、子に対する優しさも感じました、自分も娘の親なので)。

 

初めてのブログ記事なので、余談は短めにして、本日は、1次試験の科目合格を目指している方に向けて、自分の経験をお話しします。

 

本来ならば、冒頭、自己紹介にある程度の文字数を割くべきなのですが、余談を書かせて頂いたので、それは、自己紹介ページと、ブログ記事の中でコツコツと、やらせて頂きます。。。

 

<makino受験歴>
1次4回:2010-12年 & 2018年
2次3回:2012-13年 & 2018年

 

こちらが、本日記事に関連した自分の属性です。
道場10代目の中で、1次試験を4回も受けているのは、どうやら自分だけで(みんな割と短期間で合格してるのね…)、「多年度 & ストレート」・「1次科目合格 & 7科目受験」の両方を(結果的に)経験している、道場10代目のはぐれメタル的な存在です(どこがじゃ?)

 

ここまで読んで、makinoの経験に共感してくださった方に、今回は科目合格のお話をしたいと思います。

 

自分は、1度目の受験で、3年かけて科目合格を積み上げました。
なぜ3年か。

 

理由は単純で、科目合格の有効期限が3年だったからです。それ以外の理由はありませんでした。

 

そして、運よく独学で7科目の合格を積み上げ、1次試験を通過。この時点で既に3年経過しており、多くの時間(勉強時間ではなく、物理的な時間です)を費やしていました。

 

ですので、3年目の1次通過、とても嬉しかったです
時は2012年でしたが(我が事ながら、もう7年前の話ですね)、その後の何年間かは、「最近嬉しかったことは?」と聞かれると、この「1次試験通過」と答えていました。

 

完全にダメですね…。科目合格を目指すみなさん、マネしないでください。

 

さて、何がダメでしょうか?
もちろん、いろいろたくさんダメなのですが、今振り返るならば…、

 

[理由1]
科目合格について、戦略も計画も無く、意思すらありません(過去の自分に対してなので、あえて厳しく言います)。

 

最終ゴールである2次試験突破を目指して、1次試験科目合格を積み上げるなら、2次試験に直結する科目を先に勉強して、2次試験対策を極力平行学習するのが王道です。具体的には、企業・運営・財務の3科目は真っ先に勉強してもよいはず。もちろん、科目の得意不得意によって、学習順は前後させるべきですし、それこそが個別の戦略です。

 

過去の自分に個別戦略をあてはめるなら、2次に関係が薄く、毎年難易度の変化が大きい、法務・情報と、毎年内容がリニューアルされる暗記科目の中小を先にクリア。2次に直結する企業・運営・財務は2年目3年目に回して2次対策と並行する、くらいをしてもよさそうなものです(今だから、当時の稚拙さがわかります)。

 

[理由2]
また、3年間のロングランで勉強をするなら、リスク管理も必須です。
3年という長きにわたって、モチベーションをどう維持するか。
3年の間に、仕事や環境が変わることもあり得る中、一定の勉強時間を確保できるか。

 

ちなみに、直近約3年で自分の身に起きた出来事と言えば…、

 

・子供が生まれた(我が子ってかわいいですね、ひとの子供までかわいく見えます)。
・(当時の)上司が自分とは相いれないことが分かった(笑)、そして仕事にやる気をなくした(いつか、居酒屋でお話しするネタにしたいと思います)。
・望まない転勤をして、さらに仕事にやる気をなくした(合格体験記参照・笑)。
(ネガティブ要素多いな…)

 

というくらい、当時、予期しない事が起きていました(科目合格を目指す皆さんにも、今後起きうるでしょう)。こんな諸々を想定しながら、「科目合格 or 7科目」の検討をすればよいものを…。

 

当時の自分は、成り行きで、「7科目も一気に勉強なんて、月40時間残業の売れっ子サラリーマンの自分には無理」程度の理由で(40時間、たいして売れてないだろ)、科目合格に舵を切り、ロングランのリスク管理なんて、考えてもいませんでした。しかも、結果にせっかちで、飽きやすい性格なのですから、「科目合格x3年」なんて、始末におえません。

 

[理由3]
さらに、当時のmakinoがダメなことに、1次試験通過に満足しきっています
診断士試験の決勝戦、2次筆記対策、どうなっているの?と聞きたくなります。

 

実際、独学のmakinoは、2次対策はできておらず、2枚の2次試験挑戦権を有効活用できませんでした。落ちるべくして2次に落ちており、事例ごとのA-D判定はすでに手元にありませんが、惜しくもなんともない成績でした。ですので、落ちた当時、悔しさがありませんでした(努力が足りていないので、当然です)。

 

以上のダメな例を裏返してくださいね。

多年度学習での科目合格、そこからの1次2次合格には、実はストレートとは全く違った(ある種、より強い)計画と意思が必要、とmakinoは実感しましたし、それは、自分ができなかった実体験の反省そのものです。人生長くありません。皆さんは、どうかこんな成り行き受験で、大事な人生の時間を浪費しませんように。

 

ご参考までですが…、
makinoは2018年に7科目受験で1次を再突破したのですが、得意不得意の点数補完関係がある分、科目合格の積み重ねよりも、1次通過には低リスクである、と強く感じました(法務44点、あぶないあぶない…)。

 

また、私がお会いした2次合格者の中には、このような方がいらっしゃいました。

・計画的に科目合格と2次対策を進めて、1次は4年、2次は1回で合格。
・科目合格を繰り返していたが、取りこぼしと3年の期限切れで2次に進めず、7科目受験に切り替え、1次2次突破。

 

ともに、科目合格のリスクと対策を熟慮されて、2次合格を勝ち取っていらっしゃいました(当時の自分には全くない、強い意志と実行力で)。

 

道場ブログにアクセスしていただける読者の皆様は、それだけで他の受験生の方より、情報収集に熱心な方だと思いますので、私のような未熟な間違いはされておられないかと思いますし、そうあることを願っています。私の事例が「こんなダメな人もいるのか」という笑い話であれば、幸いです。

 

念のための注釈を。
本日のブログ記事は、科目合格を否定するものではありませんし、科目合格者に7科目受験をお勧めするものでもありません(ご理解いただけていると思いますが、念のため)。

 

自分の実体験と反省が、少しでも、みなさまの参考になれば、不安が解消されれば、と思います。(おそらく)今年の8月3,4日の1次試験に向けて、毎日コツコツ、積み上げていきましょう。

おしまいに、makinoが好きな、相田みつをさんの言葉を1つ。

 

毎日少しずつ
それがなかなかできねんだなあ

 

そう、難しいんです。だから、それができるって、それだけで、すごいことなんです。

 

以上、makinoでした。読んでくださって、ありがとうございました。

 

明日は、かわいい女の子のママさん、かもよです。イクメンのはしくれmakinoは、子育てママさんが合格するなんて、神業かと思いますし、それだけで敬意をはらってしまいます。どうぞお楽しみに。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)14時開始、16時半終了予定 @港区勤労福祉会館
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)午後 @生涯学習センター梅田
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一次試験対策、二次学習の進め方、相談会など、
盛り沢山のコンテンツを企画しております!

ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀


一発合格道場ブログをご覧の皆さま、はじめまして。

この度、10代目メンバーとなりました、ブブと申します。
(合格体験記はこちら
いろんな偶然に助けられた”良運”と
それをきっかけに知り合えた様々な”良縁”に感謝し、
これから1年間、みなさまにとって何かのお役に立てるような記事を
一つでも残すことでご恩返しとなれば幸いです。

そして、自分自身も奥の深い中小企業診断士「≒企業支援」というテーマについて
このブログを通じて、あらためて学んでいきたいと思っております。

さて、早速ですが私の簡単な自己紹介を診断士らしく幾つかの切り口で
斬ってみようと思います!


・居住地:地方都市(四国)在住
・年齢:40代後半
・スタイル:独学
・性格:飽き性
・思考パターン:内省&想像
・人づきあい:苦手

うーん。いかがでしょうか?勘のいい人は気づきますよね。

受かる要素が少ない

これはもう、圧倒的な事実です。
都会で受験専門学校に通い、頭もキレッキレで人づきあいも難なくこなす。
そして周囲には診断士の同僚先輩がいる・・・。
例えば私も敬愛する、みんなを愛しみんなに愛される先代へんりーのような
存在でしょうか。
そんなスペシャルな彼と165度ぐらい異なる(15度ぐらいは同じにさせてください笑)私でも
最終的には合格証書が届きました。
だからこそ、伝えたい事があります。

諦めたらもったいない

人生100年時代、まだまだこれからです。
今からゼロベースで未来への可能性に賭けてみませんか。

ということで
毛色がかなり異なる”小さなねずみ”が一匹いる。。。
そんな目線で1年間お付き合いいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、私の執筆方針としては、基本的には1年前の受験生時代をトレースしながら
時点時点で感じた悩みや葛藤、そしてその時に考え行動した内容を物語として
伝えていくことで何かしらのヒントを見つけてもらおうと思っております。

それでは「物語」のスタートです。
~1年前の今日~
組織の壁やその壁を越えられないもどかしさを感じ、迷走していた日々。
そんな経験を重ね、自分のやりたい事を完全に見失い、徒に過ぎていくだけの時間。
そして伝えようのない不安と焦りだけが襲ってくるような感覚。

そんななかで人生に転機が訪れます。
新たに新卒採用という仕事を経験させていただき、
就職活動に一生懸命取り組む学生たちと向き合うことになりました。
「仕事とは?」「働くとは?」
そんな問い掛けをあらためて学生にしていくことで、自分自身も原点を見つめていきます・・・。

そして、ふと手にしたキャリア開発の本の理念に共感し、その流れで飛び込んだキャリアコンサルタント養成講座での学び。
その学びを通じてワクワクする力で人が輝くような支援を志すことを決意しました。
でも、それだけではきっと十分ではないだろう。
それをリアルに実現してもらうためには、働き方を支えるお金、そしてメンタル、
更には受け皿となる企業(組織)、社会への理解と働き掛けも必要だろう!
これら必要となるものを一から学んでいく。

そして、自分は経営者と社員のキャリア(生き方)を共に考える中小企業診断士になる!

そんな事を考え、秋にメンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種、
1月末にFP技能士2級の試験を終えて、
キャリアコンサルタントの筆記試験を約10日後に控えていた頃です。
従って、この時点では未だ診断士の試験勉強には着手していません。
では、この時期に診断士の試験について何を考え、何をしていたのか。

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」

先ずは、この試験にどれぐらいの受験期間を掛ければ合格できるかの見積りです。
さて、みなさんならどのような見積もり方法を取りますか?
綿密に計画を立てて、実行可能かどうかを検証する方もいらっしゃると思います。
それも正解!
私は、こう考えました。
1.「自分が過去、その他資格合格に対して要した時間」と「受験生が要した時間」を比較。
2.その相対的差異を診断士試験に当てはめて、3月からの勉強開始にて可能性があるかどうかを考察。
3.診断士の試験範囲と試験問題、合格要件を概観して、対応できるかどうかを考察。

何だ。短時間で合格した自慢話かよ(怒)、と思われる方がいるかも知れませんが
私がここで伝えたい真意は自分の位置関係を適切に掴むという点。
そして、戦を始めるに際して、勝算があるのかどうか?ということです。

※加えて特に重要なポイントとしてお伝えしたいのは、60%以上で合格というところ。
つまり90点や100点までは求められていない。
ここは今後、いろんな場面で重要な要素となってきます。
そのため、敢えてもう一度、強調します。

90点や100点までは求められていない

そして、そのなかで導き出した私なりの答えはこうです。
計算上は合格は可能。
但し、次の大きな問題が心のなかに残りました。

果たして、お前にその試験に向かう覚悟はあるのか・・・?

それは、次回にて。
そして、最後に一言。あなたにメッセージを。


あなたの心のなかにあるワクワクは何ですか?
それを信じて進めば必ず道は開けます!
そして、ぜーーーったい、あなたは受かります!

明日は娘さんと奥さんをとても大切にされている癒し系”makinoさん”です。お楽しみに~。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)14時開始、16時半終了予定 @港区勤労福祉会館
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)午後 @生涯学習センター梅田
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一次試験対策、二次学習の進め方、相談会など、
盛り沢山のコンテンツを企画しております!

ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

皆様、初めまして。

10代目を務めさせていただきます「なおさん」と申します。
昨年一発合格道場に支えられて合格することができましたので、今度は道場への感謝を込めまして、10代目として少しでも皆様のお役に立つ記事が書けるよう頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

まずは最初に私「なおさん」の自己紹介をさせていただきたいと思います。(合格体験記はこちら

私は、神奈川県在住、勤務先は都内の小売業(SPA)、妻一人、大学生の娘一人をもつ50代男性です。
中小企業診断士を目指したのが2017年の4月でしたので、当初から2年で合格しようという作戦で、

1次試験:2回(独学、500時間)
2017年:経済(60)、法務(68)、情報(76)、中小(62)
2018年:財務(68)、経営(50)、運営(87)、合計471点

2次試験:1回(TAC通学、500時間)
事例Ⅰ(63)、事例Ⅱ(64)、事例Ⅲ(69)、事例Ⅳ(53)、合計249点

で合格することができました。そう、2次試験と関連の薄い科目を1年目に片付け、2年目は残り3科目と2次試験に集中するという作戦でした。

1次試験は比較的時間をかけられましたので、TAC3部作(スピードテキスト、スピード問題集、過去問題集)を使って独学で進めましたが、2次試験はTACの「2次演習本科」(5月~9月)に通ったものの、最後までモヤモヤ感が拭えずに2次試験直前まで苦労しましたので、その経験を踏まえた情報を皆様にお伝えできればと考えています。

また、前職では電子機器メーカーで、開発、製造、品質保証、コールセンター、修理サービスと製品のライフサイクル全般にかかわる仕事をしてきましたので、運営管理を中心としたモノづくりのトピックなども書いていければと思います。

それでは自己紹介はこれくらいにして、初回の記事は「バックキャスティング思考法」をテーマに書かせていただきたいと思います。

———————————————————————————————

バックキャスティング(Backcasting)思考法とは「未来」を起点として、そこから逆算して「現在」を考える思考法です。逆の言葉で「フォアキャスティング」というのがありますが、こちらは「今」を起点として現状のシーズ(=種)を活かし、カイゼンを積み上げていく思考法になります。

例えば、「新しいパソコンが欲しいなぁ」と思ったときに「今日から500円玉貯金をしよう」と考えるのがフォアキャスティング思考です。一日の終わりに財布の中に500円玉があったら貯金、を日々繰り返していくことでお金を貯めていきます。ただ、この思考法だと「どんなパソコンが欲しいのか」「それはいくらするのか」「いつになったら買えるのか」がさっぱりわかりません。
診断士試験でいえば、「自己啓発も兼ねて少しずつ、確実に知識を身につけていこう。知識が身についた分だけ、自分が成長して仕事も充実していくはずだ。」というイメージでしょうか。この考え方も否定はしませんが、残念ながらいつ診断士になれるかはわかりませんよね。むしろこのケースでは、過酷な2次試験の受験は必要ないのかもしれません。

一方でバックキャスティング思考では、最初に明確な未来を描いて、そこに至るまでのプロセスを具体的に埋めていきます。パソコンの話でいえば、「今年の年末に10万円のVAIOを買う」と目標を設定します。(別にMac Book Airでもいいですよ)
今は2月ですから毎月均等割りだと月々9,091円をパソコン積み立てしていく必要があります。飲み会を1回減らして4,000円、昼食を750円の定食から500円の牛丼に変更して250円×20日=5,000円といった感じです。そして毎月進捗を確認し、ちょっと足りなかったら一時的に牛丼をおにぎり2個に変更したりして調整していきます。

診断士試験でいえば、今年1次試験を受験される方は試験日の8月第1週までおよそ24週間ですので、7科目受験するのであれば1科目に3週間+3週です。そこで、「得意な情報は2週間で終えよう」「苦手な財務・会計には4週間かけよう」「中小は本番直前2週間で一気に記憶しよう」「余りの3週間は総合復習と何かあった時の予備にしよう」と具体的で達成可能な調整を行って24週間の過ごし方を決めていきます。(運営管理-生産管理でいう大日程計画ですね)
次に「1科目3週間」の中身も、「1-2週目はテキストとスピ問を2回転、3週目は過去問を3回転」という感じで決めます。(中日程計画)で、次はテキストのページ数や過去問の問題数を勘案して「行きの通勤電車でテキストの2章。昼休みにスピ問5問。帰りの電車でテキストの3章。夕食前にスピ問5問。夕食後就寝前に過去問10問。」といった形で一日の学習計画を決め、それを意地でもやり抜いていきます。(小日程計画)あとは日々、進捗管理とズレの修正を行っていくだけです。

ここで重要なのは「定めた勉強時間ではなく、結果・成果こだわる」ことです。もちろん、目安となる勉強時間やスタイルはペースを維持していくのに重要ですが、進捗に遅れが発生したら「睡眠時間を削ってでも意地で追いつく・取り返す」気概がズレを最小にとどめ、最終的な目標達成のためには重要になると思います。仕事が遅れたら残業してカバーするのと同じです。

あと、週次の中日程計画には「バッファを兼ねたリフレッシュ・タイム」を入れておくのが良いですね。私は毎週土曜日に、普段から楽しみにしているバドミントンの練習に欠かさず行ってました。ですので、土曜日は疲れて早く寝てしまうのですが、その分日曜日は寝坊することなく早朝からスタートして8~10時間勉強していました。

このバックキャスティング思考法、ビジネスの世界でもとっても有効な思考方法です。いろいろと書籍も出版されていますので興味のある方は参考にしていただきつつ、是非仕事のできるビジネスマンに、そして一発合格につなげていって欲しいと思います。

皆様のご健闘をお祈りしています。

明日は、ワクワクの大好きな四国のダンディーなキャリアコンサルタント「ブブ」さんです。

以上、なおさんでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)14時開始、16時半終了予定 @港区勤労福祉会館
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)午後 @生涯学習センター梅田
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一次試験対策、二次学習の進め方、相談会など、
盛り沢山のコンテンツを企画しております!

ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀


【目次】
◆自己紹介
◆ストイックモチベ維持


一発合格道場ブログをご覧の皆様、はじめまして、道場10代目になりました「たっつー」と申します。

私は、基本インドア派で性格も内向的なので、今までmixi, facebook,twitterと全て登録だけして、一切自分から情報発信することはありませんでした(ちなみにインスタは登録すらしていません)。
まさか33歳にして、小中高のあだ名と同じハンドルネームを自ら設定し、かつ、全世界に読まれることになるブログを書くとは、夢にも思いませんでした。
それが、ましてや受験時代あんなにお世話になっていた一発合格道場ブログとは・・・。

人生何があるか分かりませんね。

ということで、まだまだ若干ブログを書くことに気恥ずかしさがあるのは事実なのですが、いずれ慣れるだろうと自分に言い聞かせ、頑張って進めていきたいと思います。

初回の記事は、「自己紹介」と「ストイックモチベ維持」です。

◆自己紹介

さて、初めに簡単に自己紹介です。

・33歳、家族は妻と子供2人
・東京都内在住
・本業は弁護士
・O型らしく全てが大雑把な性格
・独学・ストレート
1次の1ヶ月前から勉強開始し、滑り込み合格

詳細は、こちらの合格体験記をご参照ください。

さて、自己紹介を見て、「弁護士で1次の勉強期間1か月?背景知識も自分と違うだろうし、こいつの記事はあんま参考になんないな」と思う方もいるかもしれませんが、それは、非常に勿体ないと思います。

合格には、一人一人に必ず理由があります。
受験生の皆様としては、合格者の「合格した理由」(勉強法、勉強量、モチベ維持法等、色々とあると思います。)から、自分にあった点、いいと思った点を少しずつ吸収すれば、必ず!!受かるはずです。

たしかに、私は超短期間での合格ですが(ちなみに、10代目の超短時間合格者は、後日登場する、そーやです。)、自分自身、特別なことをしてきたという認識は全くありません。
むしろ、この一発合格道場の記事に沢山書いてあった勉強法をカスタマイズして、それを、自分なりに昇華させていたっただけです。
(当然ですが、私が特別頭がいいというわけではありません。司法試験は択一で1回×、論文で1回×の後に、大学院に行って3回目で合格ですので・・・。)

私が短期間で合格できた勉強法は、追々ブログで紹介していきたいと思いますが、その際は、私と同じように、「これはいいな」「いや、これは違うでしょ」というように、自分の状況、特性に応じて取捨選択をしていただければと思います!

◆ストイックモチベ維持

さて、自己紹介だけで初回のブログが終わってしまうのも勿体ないので、少しだけ別のことも触れておきます。

私は独学者なのですが、独学で一番困る事って何ですかね?

人によって色々あると思いますが、私はモチベーションの維持でした。
モチベーションが下がって、勉強の集中力がなくなる、ついついスマホいじったり、漫画読んだりしてしまう、勉強時間が少なくなる、気持ちばかりが焦りさらに集中力が無くなる、モチベーションも下がるという悪循環。

そんな悪循環を私がどうやって克服したかというと・・・

とにかくがむしゃらに勉強することでした。

お前は何を言っているんだ、という総突っ込みが聞こえてきそうでしたが、でも、私にはこれが一番効きました。

私の尊敬する先輩から言われた言葉で「仕事のストレスは仕事でしか返せない」というのがあります。
ブラック企業っぽい言い方ですが、でも、実際そうなんですよね。

上司に怒られたら仕事で上司を見返すしかないですし、納期が迫っている仕事があればとにかく終わらせるしかないんです。
いくらストレスが溜っているからといって、外に遊びに行ったりゲームをしても、そんな状況では仕事のことが気になってストレス解消なんかできませんよね。

試験勉強も基本同じ話で、出来ない科目があるならそれから逃げちゃ駄目だし、急な用事で勉強計画が狂ってしまったなら(睡眠時間を削ってでも)取り戻すしかありません。
そうして、苦手科目が消えたり勉強が計画通りに進められるようになれば、ストレスが消え、集中力も回復し、モチベーションも必ず復活してきます。
(もちろん、これ以外にも、私なりのモチベーション維持の方法はありまして、それは追々紹介していきます。)

勉強のストレスは勉強することでしか返せない

そう思って、ストイックに頑張り続けましょう!

以上、たっつーでした。

明日は、戦略をきちんと立て、完璧に計画通りに合格した準ストレートのなおさんです。お楽しみに!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)14時開始、16時半終了予定 @港区勤労福祉会館
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)午後 @生涯学習センター梅田
・別途、こくちーずにて受付開始予定

一次試験対策、二次学習の進め方、相談会など、
盛り沢山のコンテンツを企画しております!

ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀


☆もくじ☆
◆自己紹介
◆皆さんのお役に立ちたいと思うこと
◆ストレート合格のためにこの時期やるべきこと

文字数:2300字(約4分で読めます)


はじめまして!頑張るあなたの応援団★10代目かわともと申します。

本日から10代目道場メンバーによるブログがスタートします。今年も様々な属性のバラエティ豊かなメンバーが揃いました。今年は一発合格道場10周年ということで、スペシャルなことを企画できないかと、一同画策中です♪1年間、受験生の皆様のお役に立てるようにがんばります!どうぞよろしくお願いいたします!

 

◆自己紹介byかわとも
35歳女性。4歳の娘の育児中。趣味は、お酒、楽器演奏、おさんぽ、彫金。仕事は、小売某社にて食品ECの業務フローまわりを担当、時短勤務中です。診断士試験歴は、1次・2次ともに1回。ちょうど1年前の2月10日に診断士の試験勉強を開始し、ストレート合格を果たしました。
合格体験記はこちら

 

◆皆さんのお役に立ちたいと思う3つのこと
私の勉強スタイルは、一言で言うと「ストイックなガリ勉スタイル」。そんな私が皆さんの今年の合格に向けてお伝えしようと思うノウハウは、例えば以下のようなものです。詳しくは今後の記事の中で解説していきたいと思います。

1.王道の学習スタイルをナビゲート
〇学習計画は月次・週次・日次で立て、PDCAをまわす
〇問題集を厳選&120%活用する(出涸らし法
〇7科目の知識定着方法(皿回し)
〇毎日コツコツ、財務・経済・事例Ⅳ
〇二次試験の学習方法(ふぞろい120%活用法)

2.効率的な勉強方法のコツ
〇アウトプット重視
〇答練・模試の活用方法
〇過去問の活用方法(ABC理論
〇苦手な暗記科目と仲良しになる方法
〇二次対策のスキマ時間活用法

3.勉強以外の時間について
〇家族や大切な人との時間を大切に
〇「勉強しない時間」を確保する
〇「ごほうびタイム」を設定する
〇しんどい時こそ自分の心と向き合う

 

◆今からでも十分間に合う!ストレート合格のために、この時期やるべき3つのこと

冒頭にも書きましたが、私はちょうど1年前の2月10日に勉強を開始し、ストレート合格しました。今日からブログを始めることに、何やら運命的なものを感じます(^_^)
ここで声を大にしてお伝えしたいことは、
今から勉強を始めてもストレート合格できる!
ということです。
10代目の中には、もっともっと超短時間学習のメンバーもいますが、私はそれほど記憶力が良くなく、診断士試験に有利な資格も持たない平凡な人間です。フツーの人でも、正しいやり方で頑張ればストレート合格できるよ★ということをお伝えしたいです。
ちょうど1年前の自分が、どのような気持ちで、どのような行動をとっていたのかを思い出しながら、「この時期やるべきこと」をリストアップしてみました。

1. ゴールまでに残された時間とスケジュール感を把握する
今日から1次試験までに残された時間は約6か月=180日。1科目に平均して割ける時間は、180÷7≒26日。たった1か月弱!この事実をしっかり受け止めましょう。
次にやるべきは、一次試験までの予備校の授業予定のチェックです。(独学生も要チェック!予備校授業予定をマイルストーンにしましょう)例えばTACでは通常講義はGWまで、GWを過ぎてからは怒涛の1週間2科目高速回転…。「1科目にじっくり時間をかけられるのはGWまで」という事実を把握しておきましょう。(ちなみにGWまではあと3ヶ月弱ですね ^ _^)

2. 学習方法について情報を集める(都度)
残された少ない時間で、一体どのように学習すればよいのか…?合格経験者からの情報をどんどん集めましょう!私は1年前、TACストレート速習本科生に通い始めましたが、当時先生から聞いた学習法で、良いことはどんどん取り入れるようにしました。例えば、

〇財務会計は5分でもいいので毎日やる
〇トレーニングを徹底的にやりこむ
〇トレーニングは授業終了後すぐに1回復習、次の授業までに3回転まわす
〇過去問は解き惜しみせず「タテ解き」に使う

読者の皆さんは、我々道場ブログをぜひ参考にしてくださいね♡

3. 自分なりの学習ペースを作る
一般的に、ストレート合格に必要な学習時間は1000時間といわれています。私の場合、1次の学習時間は700時間。ちなみに、10代目のメンバーで1次試験1発合格者は8名おり、1次学習時間の平均は450時間です。
仮に1次試験までに必要な学習時間を700時間とおくと、1週間に必要な学習時間は、700÷26週≒27時間。
これを日別にすると、例えば、月~金:1日3.5時間。土:7時間 日:2.5時間。

さて、あなたは日々どれだけの時間を捻出できるでしょうか?

ちなみに私の場合は、
平日:通勤電車往復2時間、会社昼休み0.5時間、帰宅後1.5時間。
土曜:通学電車往復2時間、予備校授業5時間。
日曜:夜2時間。
この時間に毎日コツコツ勉強するのが、私の学習ペースでした。

時間はあくまで目安であって、最終的には合格してしまえばいいのですが、「自分の持ち時間がどれくらいあるか」、「各時間枠で何を勉強するのか」を計画すると良いでしょう。「こんなに時間が取れない!」という方も多いと思います。そんな方は、10代目や先代の短時間合格者のノウハウを、ぜひ参考にしてくださいね♪

★スト合格のために、この時期やるべきことの過去記事
【ゴールの定量化と逆算】3回転・20h・80点・72事例
自己紹介&ゴールを見据えた計画を立てよう!
【2018年スト合格目標】道場基本理論&学習計画
はじめまして!平成生まれアラサー独身女子chikaです!

明日は、総学習時間は脅威の230時間!さわやか若手弁護士のたっつーです。お楽しみに♪

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!

 

✿:❀ 一発合格道場 電子書籍出版のお知らせ ✿:❀

我々道場9代目活動の集大成となる書籍がいよいよ出版されます!!
タイトルはずばり
『中小企業診断士試験 一発合格』!!
Amazon kindle版、定価980円で2019年1月28日(月)から発売を開始しました

特設ページはこちら
この1冊で診断士試験の概要から試験対策、
合格後の道筋まで全てを知ることが出来ます

ぜひご覧ください
✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

おはようございます。きゃっしいです。
一発合格道場9代目による記事は本日で最後となります。

そこで、今回は9代目の各メンバーから読者の皆様へ最後のメッセージをお送りしたいと思います。

 


■きゃっしい■

この1年間、一発合格道場9代目による記事をご愛読いただき本当にありがとうございました。

思えば2年ちょっと前、TACでの講義後にスペシャルゲストで初代JCさんがお話しされた際に一発合格道場の存在を知り、それ以来、日々道場の記事を読みながら、「私も合格したらいろんなことが書きたい!」という想いを胸に勉強を進めてきました。

その想いが叶い、1年間書きたいことを好きなだけ書かせていただいてきました。
想いがほとばしり過ぎて時々、ブログということを忘れ、書きすぎてしまうこともありましたが、ぜひ伝えたい!と思ったことは一通り伝えられたのではないかと思います。

セミナーや勉強会では、「ブログ読んでいます」とか「役に立ちました」という声を伺えて嬉しかったです。
また、合格体験記でも、道場の記事が合格のために役に立ったという声をたくさんいただき、合格という結果に少しでも役に立てたということで、本当に一発合格道場で記事を書いていて良かったと思いました。

ここまで来れたのも、一緒に超長文記事の泥船に乗せられてしまっただいまつをはじめ、9代目のメンバーのおかげでした。
長いブログ書くぐらいしかしてない名ばかりリーダーでしたが、支えていただいた9代目のメンバーに感謝しています。

私は、2016年の4月に技術職から全く畑違いのコンサルに転職し、コンサルの基礎知識を学ぶということで中小企業診断士の勉強を始めましたが、その時にはまさか、自分が累計800万アクセスを獲得するような人気ブログで記事を書いたり、自分で本を出してしまったり、さらには会社を立ち上げ、社長になったりするとは思ってもみませんでした。
きっかけは上司の勧めでしたが、まさかここまで世界が広がるとは思ってもおらず、中小企業診断士の資格の面白さを実感しています。

ブログをスタートしてすぐに産まれた子供もそろそろ1歳の誕生日を迎え、ふにゃふにゃだったのが、もう歩くようになりました(一昨日最初の1歩を踏み出しました!)。
そんな子供とともに、1年間私も道場を通じて成長してこれたかと思います。

次週からは、10代目による記事がスタートしますが、ぜひ10代目による一発合格道場もご愛読いただければと思っております。
この1年間、ご愛読いただき、本当にありがとうございました。


■よこよこ■

1年間、拙いブログにお付き合い頂きありがとうございました!

おかげ様で、受験生2年+支援者1年=3年間に渡り、中小企業診断士試験に向き合い人生最大級の充実した時間を過ごさせて頂きました。

思えば、業務改革のヒントを探してある展示会を訪れ、素敵な診断士さんと出会って意気投合。帰り道、本屋さんでバラパラっと、問題集を見て「これなら取れるかも・・・」と軽~く思ってしまったのが運のツキ、すっかり、夢中になってしまいました。

「普通のサラリーマンが頑張れば取得できるギリギリの線」「7分野の一番楽しいエッセンスを学ぶ1次」「謎のベールに包まれた2次」など、心を惹きつけて止まない魅力が診断士試験にはありますね。受験生の皆様それぞれに目的があると思いますが、どうか楽しく学習して頂ければと思います。

私はしばらく、診断士協会の活動に力を入れようかと思います。もしかしたら、試験官としてお会いするなんてことも・・・(笑)。

それでは!皆様の合格をお祈りしております。


■きゃず■

自分が書いてきたこと、セミナーでお伝えしてきたことを振り返ると、面白いことにそのほとんどのエッセンスは、自身の合格体験記の中に含まれていました。人間が認識し、表現できることって限られているんですね…(笑)

「一発合格道場」で表現する機会を頂いたこの1年間は、先代の大きすぎる遺産を前に、自分が伝えられることなんてあるのかと悩み抜くことが多い日々でした。そんな中でも情熱を持って続けることができたのは、3つの大きな存在があったからです。

1つ目は、読者のみなさん。書いた記事が、みなさんにどう受け取られているかはいつも気になっていました。どんな方が読んでくださっているだろうか。役に立てているのだろうか。不快な思いをさせていないだろうか…フィードバックのコメントを頂けたり、セミナーで直接励ましの言葉を頂けたりしたことは、涙が出るほど嬉しく、何よりのエネルギーになりました。10代目にも、どんなことでも良いのでぜひコメントをお寄せください。コメントへは道場一同全力でお返ししますので、ご自身の心にも火が灯るきっかけになるはずです。

2つ目は、9代目の仲間たち。毎日のように連絡を取り合っては、まるで部活のように議論をしていましたね。おかげで自らの得意不得意と立ち位置=ポジショニングを強烈に意識しましたし、WordPressのこともセミナー集客も相当詳しくなりました。知識を活かす分析力・洞察力も実行力も鍛えられました。1年前には想像すらできなかった電子書籍も、このメンバーだったからこそ実現できましたね。僕は体験記に「徹底的に何かに打ち込む経験をもう一度味わいたい。趣味ではなく、人生全体を動かすようなレベルで」と書いたのですが、みんなと出会えたことで、確実に人生のスイッチが入ったと思っています。ありがとう。これからもずっと、刺激しあえる関係でいてください。

そして3つ目は、妻。受験生時代から合格後まで、誰よりも負担と迷惑をかけてしまったにもかかわらず、誰よりも身近で熱心な読者でいてくれたあなたの叱咤激励は、本当に本当に心強い存在でした。書いてきた記事の多くも、思えばあなたにむけた懺悔の手紙のようなものでした。道場メンバーとの電子書籍Web打合せが長引くたびに、「いつまでエロチャットやってるの!」と怒られましたね…けっこう真面目なチャットだったのですよ。この場を借りて、から伝えます。「ごめんね、ありがとう。大好きだよ」。

さて、ここから先は診断士として、企業経営の一端を担う者として、トライアンドエラーを大量に高速に経験しながら、世の中に貢献していきたいと思います。打ち立てた志を忘れないように。誇ることのできる未来を、次の世代に渡していくために。

いずれ診断士としてお会いするあなたへ。伝えきれないことは電子書籍『中小企業診断士試験 一発合格』に魂ごと込めました。診断士試験を乗り越えたあなたと、一緒に仕事できることを楽しみにしています。

それではまた!


■zenzen ■

ついにラストメッセージとなりました。

もう、締め切り日の明け方に回らない頭(元々大して回ってないが)
レッドブルで無理矢理動かして記事を書くことも無いのかと思うと
ホッとする反面、寂しい気もします。

無事に?ここまで辿り着けたのは
先代の皆様、勿論同期である9代目メンバー、
そして読者の皆様のお陰です。

本当にありがとうございました。

私は4年前の2015年、先々先代から道場を読み始めた多年度生で、
正直、何度も勉強を辞めてしまおうと思ったことがあります。
でも、そんな私から諦め方を奪い取ったのがこの一発合格道場でした。

だから私が言えるのは、言いたかったのは
少しでも気持ちがあるのなら諦めて欲しくなかった、ということだけです。
道のりが遠かろうが近かろうが、目的地に早く着こうが遅く着こうが、
そんなことは大きな問題じゃない、と。

貴方が少しでも良く生きるために
この資格を選んだのなら、
一発合格道場はいつでも力になってくれます。

9代目は今日で最後になりますが、
素晴らしい10代目メンバーが集まってくれました。
きっと新しい風を吹かせてくれるはずです。

もう少しで、また春がやってきます。
真新しいページに筆を躍らせる貴方に
幸多きことを祈ります。

以上、zenzenでした。


■ヒロちゃん ■

診断士試験合格を目指すあなたへ。

私が中小企業診断士という資格を知ったのはちょうど3年前くらいになります。当時は将来に対して漠然とした不安をどうすれば解決出来るか暗中模索している時期だったと思います(今も引き続きもがいていますが笑)。

診断士試験の全体像も知らずに受験期間半年で迎えた最初の一次試験は3科目合格のみで撃沈でしたが、当時は不思議と落ち込みはせず、逆に今まで感じたことのないモチベーションが生まれ、翌年の合格を誓ったことを昨日のように覚えております。

診断士試験で培った知識やスキルは間違いなく役立ちます。難関国家資格という肩書きも間違いなく場面によっては威光を放ちます。しかし、私がこの資格合格を期に得た最も大きなものは、自身のマインドセットに他なりません。

診断士の資格は可能性を大きくしてくれます。あなたもきっと診断士試験に合格したならば、ご自身の可能性の翼が大きく開くことを実感できるはずです。頑張ってくださいね!!

最後に、9代目のみんな!本当に1年間ありがとうございました。バックボーンがなにもかも異なるメンバーが集まったのに、これだけのクオリティのブログ記事やセミナーを毎回リリースしたり、電子書籍出版という前代未聞のプロジェクトも実現出来たことを本当に素晴らしかったと思います。みんなに引っ張ってもらって1年やりきることが出来ました。これからも、みんなで面白いことやっていきましょう!

 


■ゆう ■

皆さん、1年間、道場9代目のブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

私にとって、道場執筆陣に加わるのは、受験生時代からの目標でありモチベーションでした。最初に道場ブログに出逢ったのが、学習1年目の12月。時間を見つけては過去記事を読み漁りました。

 

ゲームの攻略本を読むような感覚で、診断士試験の攻略法を、この道場ブログで学びました。診断士合格の方法は、道場ブログの中に全て書いてあります。これは私の実体験から確信を持って言えることです。

 

診断士ストレート合格で大変お世話になった道場に対して、「恩送り」の精神で、1年間執筆やセミナーに関わってきました。特に、リアルなセミナーで、自分のブログが役立ったという声を直接聞くのは、望外の喜びでした。

 

そして、私たちの想いを受け継ぐ10代目の12名にも出逢うことができました。彼ら彼女らは、とても優秀で、とても情熱的です。きっと、私たち以上に素敵な「一発合格道場」を運営してくれるでしょう。

 

この1年間を、診断士1年生として過ごしてきて、「診断士になって良かったか?」と自分に問うと、大きく2つのことが頭に浮かびます。

 

(1)役員として関わる自分の会社が、過去最高売上・利益を更新すること

99%は働く社員の努力ですが、1%は私の経営の腕前が上がったから、と信じたい笑。社員のみんなは、診断士になってからの私を、「前より面白くなった」と褒めてくれます。

 

(2)道場9代目という素晴らしい仲間に出逢えたこと

道場9代目11名が、化学反応のようにお互いを刺激し、1人ひとりでは生み出せなかったことを実現することができました。この1年間は、自分にとって青春でした。キセキのような出逢いに感謝しています。

 

私自身は、これから、中小企業の会社役員として、診断士の知識や経験を活かして、「中小企業のプロ経営者」を目指していくつもりです。人を大切にし、小さいながらもエクセレントな会社を作っていきます。

 

最後に、私の好きな歌詞の一節をご紹介します。いつでも、人生の可能性は、無限です。

 

何にもないって事
そりゃあなんでもアリって事
君の行きたい場所へ何処でも行ける
hide『ROCKET DIVE』

 

以上!ありがとうございます。ゆうでした。


■へんりー ■

はい!へんりーです。

も今回が最後になります。

Hi !にしようか迷い、チャラそうなので、はい! に。
そもそもへんりーっていうのは大学の音楽サークルでの呼び名でした。笑

本当にどうでもいいネタばらしですが。。はい、つまるところさみしいです。

<まず執筆を終えて>
この1年間に一度でも9代目のブログ記事をお読みいただいた方に、改めて感謝を申し上げます。

僕はどのようなポジションでブログ記事を書いてきたかというと、
「まだ間に合うから諦めるな!」が主旨だったと思います。これだけぎりっぎりな自分にもできたのだから、と。

自分のように学習スタートが遅かったり、そこそこ業務時間が長かったりする受験生がいたとして、
周りをみて、
試験前年の10月から学習をはじめているらしい、問題集をすでに2周以上やっているらしい、簿記〇級をもっている人がいるらしい
と焦っている状況のときに、もしも道場ブログで、
・当然、養成答練はコンスタントに80点以上を取るべし!
・当然、春になる前から2次対策もはじめるべし!
てな意識の高い内容のみだったとしすたら、

下手をするとそこで「自分は無理だ」と諦めてしまいかねないなと、勝手ながら心配していました。
タイムスケールが、マジョリティの人らから少し遅れているだけで「もうだめか」と諦めてしまうのは勿体ないな、と。

そうじゃない。やり方と工夫次第で、やる気になったその時点から追い込んで、大逆転滑り込みだって可能。だから足掻きましょう!
と、記事を書いてきた、つもりです。

なので、受験生の方にテクニック的なところを伝えられたかどうかよりも、
「おかげで諦めずに走れました!」
「7月に〇点アップが本当にできました!」

「まわりに気にせず足掻けました」
といった声をかけてもらえたとき、最も幸せを感じました。我がことのように嬉しかったのです。

<2019年度合格を目指す受験生の方へ>
9代目としてブログ記事の執筆は終わりますが、引き続き、ぎりぎりで足掻いている人を応援したいと思っております。
先代として、今後のセミナーにも(1o代目のじゃまにならない程度に)手伝いにいくつもりです。お会いした際はよろしくお願いします。

ぜひ引き続き足掻いてください。まーだまだ間に合います。言いたいことを2点だけ。

①情報戦です
ひとによって必要不可欠な学習時間、努力があり、それは本気で取り組むことでしか乗り越えられませんが、王道の学習法を知らずにあがくよりもやはり知った上であがきましょう。
結果が残念だった人ほど「えーそんなやり方があったのですか?」「みなさんそうやっていたのですか・・」とおっしゃいます。
自分が気持ち良い学習法=自分に合った学習法ではありません。

そのための一発合格道場ブログです。それから電子書籍「一発合格」も同様です。
あれこれ手を出し、情報におぼれることはありません。ここに全てがあります。

②成功者や優秀な人のやり方を真似しましょう
超短期合格の人がいたとして、その全体を真似しては勿論いけませんが、どういう上手いやり方をしていたか、積極的に学びましょう。
ここで学ぼうとするか目を塞ぐか、その判断でもう勝負は決してしまうのかもしれません。
もとから優秀な人というのはたしかに存在しますが、それらの人に共通する「凄さ」「違い」は、地アタマのよさ、なんかよりも、王道の勉強法を自然と採用している、短期間で辿りついているところだと思います。

どうか、自分の限界を自分で決めないでください。あなた次第です。マインド次第。足掻きましょう。

<最後に>
自分がブログ執筆やセミナー開催をすることになるとは・・全ノウハウや企業診断の記事の執筆をすることになるとは・・気仙沼の支援、海外進出を目指す企業の支援をすることになるとは・・そして大学や勤務先以外でこんなに素晴らしい合格仲間・先生・先輩/後輩に出会うことになるとは・・・・この年でまだまだ青春を味わえるとは!!!(そしてこれは一生続く!>9代目みんなへ)
受験生時代は微塵も想像していませんでした。

合格してから、本当に想像を超えたことが起こり、素晴らしい出会いやチャンスが待ち構えていました。
「受かると世界が変わる」というのは大袈裟かもしれませんが、これまでの仕事やプライベートに全く別の世界が加わりました。

そして、このような「世界の広がり」は読者の皆さんがこれから体験することに他なりません!

この中小企業診断士という ・・まだまだその実態に見合った認識が世の中でなされていないと悔しく思っていますが・・ 素晴らしく、チャレンジしがいのある資格に、今挑戦されているということが誇るべきことだと思います。

心から応援しています。

あなたもやれるはず。もうちょいあがいてみませんか?

へんりーでした!


■たかじん ■

今までお付き合いいただきましてありがとうございました。

この1年間、どれだけ受験生の皆さんにとって有益な記事が書けたかどうか、はなはだ心許ありませんでした。いつも「こんな記事で誰かの役に立っているんだろうか・・・」と迷いながら投稿していましたが、それでもたまにコメントを返していただけると、「やっぱり読んでくれている人がいるんだ!」と嬉しくなって、また頑張ろうと思ったり・・・。

一発合格道場の9代目として、ブログでの情報発信やセミナーの開催等を通じて受験生支援活動をしてきましたが、逆に受験生の皆さまに支えていただいていたからこそ1年間継続できたんだな、と実感します。

9代目のメンバーも個性的で優秀な方々が集まっており、非常に貴重かつ充実した1年を過ごすことができました。受験生の皆さんと9代目メンバーの皆さんに改めて御礼申し上げます。

そしてこのような出会いのきっかけを作ってくれたのは、やはり中小企業診断士という資格でした。挑戦して本当に良かったなと思います。

受験生の皆さんも、ぜひ頑張って下さいね! 皆さんの合格を心より祈念しております!
そしていつか診断士として一緒に活動できる時を楽しみにしております!

以上、たかじんでした!


■桃ちゃん ■

ついに…ついに…9代目として最後のメッセージになってしまいました。
1年間、本当にありがとうございました(>_<)
すっごく感慨深いです。ちょっとほんまに涙が出そうなくらい…。

私は、3年(1次3回、2次1回)かかって合格しましたが、
1歳児の子育てをしつつ、受験2年目で2人目の切迫流産(流産になりそうな危険な状態のこと)、NICU入院、産後2か月弱で受験、ストレスによる突発性難聴などがあり、今思えば大変な出産・育児の中で勉強をしてきました。

その時は一生懸命すぎて気づいていませんでし、「もうこんなの辞めたい!」と思ったことは一度もありませんでしたが、仕事にも真剣に取り組みたかったので、今振り返ると、かなり家庭をないがしろにしてしまったと思っています……。

でも……、だからこそ、分かります!
「家事・育児・仕事と勉強の両立」の大変さを。
私のブログでは、何度か「ママパパ向け」や、「子育てしつつの短時間勉強」を書かせて頂きました。

不安と戦いながらの試験勉強は、キツイ時期もあるかもしれません。
でも、合格すると、そんなことを忘れ………はしないけど素晴らしい世界が待っています!!

これほど多くの人と出会い、様々な価値観の人と一緒に活動し、自分から動けばいくらでもチャンスのある世界が待っているなんて。

最近も、診断士の先輩から「それであなたは世の中に何を発信したいの?」
「自分の人生で、診断士としてどうやっていきたいの?」
「今はそれに向けて何をやっているの?」と聞かれました。
今の自分がしていることを振り返るいいきっかけを頂きました。

「何のために」今を過ごしているか、私もたまには振り返りつつ、頑張っていこうと思います。
みなさんも、ぜひ「なぜ診断士になりたいのか」に立ち返って、頑張ってください!

それから9代目のみんな!9代目11人全員で試行錯誤しながら、セミナーや本の執筆に取り組めて本当によかった。大阪のだいまつとは、つい先日の10代目への引継ぎ式でやっと初めて会えたね(笑) 毎週土曜日22:00~のオンラインMTG(きゃずさんは、エロチャット参加!?笑 )。それからLINEでも。ほぼ毎日9代目ではやりとりをしてたね(笑) 皆がお互いの性格や家庭、仕事の背景を分かり合って、助け合ってきたからもより深まったと思います。
道場のメンバは一生の宝です♡ これからもよろしくね!

私が9代目として発信することはいったん終わりますが、これからもずっと
受験生の皆さんの合格を祈念しています。本当にありがとうございました!


■chika ■

<受験生の皆様へ>
今まで散々、
死ぬ気でやれよ、死なないから!
とストイックな言葉をお伝えしてきました。
セミナーで受験生にお会いした際に
「めっちゃ怖い人かと思ってたら普通のギャルでびっくりしました」
と何人かに言われてしまうくらい(笑)、厳しい印象を与えてしまってすいませんでした(笑)。

しかし、です。
実はこの言葉の根底にあるのはこの言葉です。
大丈夫。あなたは、ぜ~~~ったい合格しますから!

以下、第一回目の記事でもお伝えしたことをもう一度書きます。

(死ぬ気でやれよ、死なないから!といつも言ってますが)
私は、いつも完璧に勉強を進めていたわけではありません。
頑張っても模試の結果が悪く、復習せずに逃げた時期もあります。
勉強も仕事もうまくいかず、泣きながら夜道を帰ったたことが、何回もあります。
一次試験を1科目足切りで不合格となり、もう諦めようと思った時期もあります。
でも・・なんで診断士になりたいのか、ここで諦めていいのか、何度も自問自答して、
逃げずに前を向き続けたことで、ここまでこれたと思います。
強い想いを持って一歩ずつ前に進めば、必ず結果がついてくる試験です!
大丈夫。あなたは、ぜ~~~ったい合格しますから!

だから、死ぬ気でやれよ、なのです。
正しい努力を着実に積み重ねていけば、ぜ~~~ったいに合格しますから。

正しい努力の方法は、このブログにたくさん蓄積されています。
ぜひ、これからもこの道場を参考にして、合格を勝ち取ってください。

中小企業診断士は素晴らしい資格です。
私は資格を取ってから人生が変わりました。(こんな私でも、です。)
合格後の皆さんと一緒にお仕事ができることを楽しみにしています。

<9代目のみんなへ>
個性的と言われる9代目メンバーですが、
その中でも私が一番、自由人で破天荒だったと思います。
自由人すぎて、各プロジェクトではご迷惑をおかけしました。本当にごめんなさい。
でも、それでも、信頼してくれて最後まで一緒にやらせてもらったこと、
電子書籍出版という大きなプロジェクトをみんなでやり切ったこと。
これはみんなが優秀すぎるくらい優秀で、
優しすぎるくらい優しいメンバーだからだと思います。
感謝してもしきれません。
一生付き合っていきたいです。これからもよろしくね♡

<最後の最後に>
一年間、記事を読んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。
このブログを読む受験生の皆様の合格と、
診断士としての大いなるご活躍を心から願っております。
死ぬ気でやれよ、死なないから♡
以上、平成生まれアラサー独身女子、chikaでした♡♡♡


■だいまつ■

いよいよ9代目としてのラストメッセージになってしまいました。
遂に「この時が来たか」と感慨深い気持ちでいます。

いつもブログを書くときにリズムよくキーボードをぱちぱち叩いてくれる指も、そんな私の気持ちを反映してか、どこか寂しそうで、進みが遅いように感じます。

道場でブログを書くことを決めたとき、「先輩たちに散々お世話になったから合格できた。だから、自分にしか書けない記事を書いて受験生の皆さんの役に立つ」と、肝胆を砕く決意をしました。

それから一年間、ふぞろい、タキプロ関西での勉強会、そして道場と3つのわらじを履きながら、寝食を犠牲にしながら(いや本当に・・・)自分に「書けること」を追求し、合格同期の協力も得ながら、新しい切り口の記事を世の中に送り出すことができた、と思っています(手前味噌で恐縮ですが)。

そのおかげかどうかは分かりませんが、9代目として活動をしていく中で、受験生の皆さんから記事へのコメントや、セミナー・受験会場で、「いつも読んでいます」、「参考になりました」、「勇気をもらいました」、「少し質問させてもらってもいいですか」と、嬉しい言葉をたくさんかけていただくことができました。

また、ともに1年間活動してきた9代目11名は、出身地も、年齢も、職種もばらばらですが、言いたいことを言い合える、お互いに刺激し合える、黙っていてもフォローし合える、そして仲良く飲める、本当に最高のチームであり、仲間でした。

「受験生の皆さんの役に立つ」そんな独りよがりの思いから始めた道場の活動でしたが、蓋を開けてみれば、受験生の皆さんや9代目の仲間から「人生で一番充実した時を与えてもらった」一年だったように思います。

本当にありがとうございました。

さて、ここからが受験生の皆様へのラストメッセージ(の本題)です。

中小企業診断士試験は、簡単に合格することは難しい難関資格であることはご存知の通りです。しかし、決して突破できない壁ではありません。

一年間の受験生支援活動を通して感じたことは、「正しく試験対策」をすることの大切さです。

診断士試験攻略のために私が考える特に大切なことを挙げると・・・

<一次試験の攻略のために大事なこと>
①兎にも角にも勉強時間を確保すること
「知識」を問われる一次試験では、インプットにかける時間を如何に確保するかが、まずは重要になります。
②テキスト・問題集は1つに絞ること
スケベ心は禁物です。「薄く広く」ではなく「1つを深く」と心得よ、です。本当に苦手でどうしようもない科目以外は手を広げるべきではありません。
③過去問は正答率が4割以上の問題(ABC問題)優先
効率的に合格するために絶対に押さえておきたいポイントです。詳しくはコチラの記事をご覧ください。

<二次試験の攻略のために大事なこと>
①試験の本質を早い段階でつかむこと
診断士の二次試験は、「設問文」で問われたことに、「与件文」から導きだされる、「出題者」が意図する解答を書く、試験です。個人の考え・アイデアは一切求められていません(言い切ります)。
得点開示結果から二次試験の本質に迫ったコチラ(事例Ⅰ事例Ⅱ事例Ⅲ)の記事を参考にしてください。

以上です。

残念ながら、このラストメッセージで診断士試験に合格するために「大切なことすべて」を挙げることはできません。

だからこそ、我々が1年間語ってきたことは電子書籍「一発合格」にまとめました。

最後の最後に宣伝臭くなって本当に恐縮ですが、決して本書でお金儲けをしようと思っていません。我々の、道場のノウハウが詰まったこの1冊が一人でも多くの受験生のお手もとで、一隅を照らす存在になってほしい。そう願っています。

一年間本当にありがとうございました。

10代目の皆さん、受験生の参考になるブログ記事をお願いしますね!

 


 

これまで1年間、どうもありがとうございました。

明後日からは個性豊かな10代目によるブログが始まります。

引き続き一発合格道場をどうぞよろしくお願いします。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 一発合格道場 電子書籍出版&記念セミナーのお知らせ ✿:❀

※1月28日発売開始 『中小企業診断士試験 一発合格特設ページはこちら

『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌東京


→おかげ様で盛況のうちに終了しました!東京のセミナー内容はこちら!

今週末いよいよ開催!『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌大阪

とき:19年2月9日(土)13時半開場,14時開始~17時頃終了予定
場所:大阪市内※詳細はこくちーずにて
対象者:中小企業診断士試験合格を目指す方
参加費:1,000円(懇親会を別途、17~19時頃で予定しています)
定員:25名 満員御礼
申し込み方法こくちーずにて

テーマ
基本理論を知ろう!、学習計画のポイント、1次試験科目攻略法、2次試験対策の基本、事例Ⅰ~Ⅲの基本的切口と超高得点答案の考察、事例Ⅳ対策のイロハ、2次試験合格後のリアル、診断士の仕事のリアル、受験生支援団体を100%活用しきれ!、コラムの見どころはここ!、個別相談会 などを予定(変更となる可能性があります)

我々道場9代目活動の集大成となる書籍がいよいよ出版!!
タイトルはずばり『中小企業診断士試験 一発合格』!!
Amazon kindle版、定価980円で2019年1月28日(月)から発売
この1冊で診断士試験の概要から試験対策、
合格後の道筋まで全てを知ることが出来ます!

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:

 

おはようございます。きゃっしいです。
いよいよ来週から、これまでの9代目に代わり、個性豊かな10代目の12人による記事の掲載が始まります。

ですので、明日はいよいよ、9代目11人からのラストメッセージとなります!

今日はそれに先立ちまして10代目の面々をご紹介させていただきます。

 


■いよっち■
いよっちさんはへんりーの会社の後輩でもあり、1年目TAC通学、2年目MMC通信で合格されました。
9代目へんりーのムードメーカー的な役割も引き継いでくれそうです。

実生活でもお弁当屋さんの経営を始めた彼女のサポートをしながらリアルな事例Ⅱを体験中とのこと。
一発合格道場は、口述セミナーに参加したとき「ここがホームだと感じた」とのことで、熱い記事に期待です。

合格体験記はこちら

■かもよ■
かもよさんは道場初のシングルマザー。
通信でストレート合格されたパワフルなママです。

10代目は「飲み会は最後まで参加できないかもしれないけど・・・」と仰りながらも、セミナーリーダーに立候補いただきました。
10代目によるセミナーにもご期待ください。
かもよさんはその経験から限られた時間を効率的に使う勉強方法についてきっと詳しく書いてくれるのではと思います。

合格体験記はこちら

■かわとも■
仕事と子育てを両立しながら合格を勝ち取ったかわともさん。
TAC通学でストレート合格。10代目のリーダーを務めます。

受験生時代から道場の記事は愛読しており、心の支えとされてきました。
勉強法もまさに道場理論を体現。「今年は私がみなさんの心の支えとなります!」とのことです。

合格体験記はこちら

■kskn■
kskn(きしけん)さんは大阪枠の研究に飽きた元研究者。
1年目独学、2年目TAC通信で合格されました。

現在育休中のイクメンパパです。
飲み会が大好きということですので、大阪セミナーではきっと飲み会を盛り上げてくれるでしょう。

合格体験記はこちら

■ぐっち■
SIerで営業をされているぐっちさん。
1年目はTAC通学、2年目は独学で合格されました。

ぐっちさんは、独学だった2年目は道場の記事を日々読んでモチベーションにされていました。
今年は「2次に悩む人に役に立つ記事が書きたい」とのことで、ぐっちさんの2次対策の記事に期待です。

合格体験記はこちら

■そーや■
そーやさんはソフトウエア会社勤務で10代目のシステム担当です。
独学ストレートの超短期合格で、ITツールを駆使し、合格を勝ち取りました。

iPadを持っていけばどこでもすべての勉強ができることが強みとのことで、ITツールを活用した効率的な学習方法の記事が期待できます。

合格体験記はこちら

■たっつー■
物腰柔らかやさわやか系なたっつーさんですが、企業法務が専門の弁護士でもあります。
「経営コンサルのできる弁護士」を志し、独学ストレートの超短期合格を果たしました。

道場では「みんなにすごい!と思ってもらえる記事を書きたい」とのことですので、ものすごい記事を期待しています。

合格体験記はこちら

■ちこまる■
ちこまるさんは、今ホットな働き方改革のコンサルをされています。
10代目引継ぎ会には可愛いお子さんとともに参加されました。
1次独学、2次TAC通学で、2次TAC通学では昨年、桃ちゃんと一緒に学んだ仲です。

話すのも書くのも得意なスーパーママさんなので、道場の記事やセミナーでも、それを発揮してもらえることでしょう。

合格体験記はこちら

■どいこう■
10年近いコンサルタントとしての実務経験をお持ちのどいこうさん。
1次独学、2次TAC通学+通信で合格されました。

元コンサルの実務経験を活かし、実務に繋がる記事にも挑戦したいとのことですので、合格後を見据えた記事にも期待ができます。

合格体験記はこちら

■なおさん■
よこよこさんに次ぐバブル入社組のなおさん。頼れる10代目のお父さんです。
1次独学、2次TAC通学。

2次試験対策では道場の記事を読み込み、あのだいまつの「永久保存版シリーズ」の平成30年度版を書きたい!と意気込んでいますので、ぜひ読んでみたいものです。

合格体験記はこちら

■makino■
見た目年齢が実年齢より圧倒的に若く見えるmakinoさん。1次独学、2次TAC・AAS通学。
10代目引継ぎの際は、坐骨神経痛を抱え、足を引きずりながらの参加でした。

中京地区在住なので東京・大阪どちらのセミナーにも行けるかも。
できないことをやってみよう!の精神で10代目の活動に挑みます。

合格体験記はこちら

■ブブ■
香川から参戦のブブさんは、1次2次独学でストレート合格されました。

独学短期ストレート合格を果たした要因は、過去いろいろな資格に挑戦した経験を活かせたからとのことですので、それを活かした効率的な勉強方法についての記事が期待できます。

合格体験記はこちら

以上、10代目12名のご紹介でした。
明日は9代目からのラストメッセージです。
来週からの10代目による記事もぜひお楽しみに♪
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀ 一発合格道場 電子書籍出版&記念セミナーのお知らせ ✿:❀

※1月28日発売開始 『中小企業診断士試験 一発合格特設ページはこちら

『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌東京


→おかげ様で盛況のうちに終了しました!東京のセミナー内容はこちら!

今週末いよいよ開催!『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌大阪

とき:19年2月9日(土)13時半開場,14時開始~17時頃終了予定
場所:大阪市内※詳細はこくちーずにて
対象者:中小企業診断士試験合格を目指す方
参加費:1,000円(懇親会を別途、17~19時頃で予定しています)
定員:25名 満員御礼
申し込み方法こくちーずにて

テーマ
基本理論を知ろう!、学習計画のポイント、1次試験科目攻略法、2次試験対策の基本、事例Ⅰ~Ⅲの基本的切口と超高得点答案の考察、事例Ⅳ対策のイロハ、2次試験合格後のリアル、診断士の仕事のリアル、受験生支援団体を100%活用しきれ!、コラムの見どころはここ!、個別相談会 などを予定(変更となる可能性があります)

 

我々道場9代目活動の集大成となる書籍がいよいよ出版!!
タイトルはずばり『中小企業診断士試験 一発合格』!!
Amazon kindle版、定価980円で2019年1月28日(月)から発売
この1冊で診断士試験の概要から試験対策、
合格後の道筋まで全てを知ることが出来ます!

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:

 

 

こんにちは、chikaです♪

本日2本目の合格体験記をお届けします。
今年度ラストの合格体験記となります!

私と同じ29歳!ごりっちゃんさんの合格体験記です。
受験時・学習時のエピソードに書かれていることに大いに共感しました。

私も受験生時代、友達との飲み会や合コン(笑)、デートなど多くのやりたいことを犠牲にして2年間勉強していました。
周りが20代を満喫している中、「もっと遊びたい」「20代を楽しみたい」「いつかこの努力は報われるのだろうか」と、悲しい気持ちになったのをよく覚えています。孤独で、よく帰り道で一人泣いていました(笑)

でも、診断士に合格して一年経ち思うことは、
たくさんのことを犠牲にして勉強して、本当に良かった。ということです。

診断士資格をとったら人生が変わる、とよく言われますが、
私はまさにそれを実感しています。
まさか自分が、企業さんのコンサルをしたり、商店街支援をしたり、雑誌やWEBの記事を執筆したり、セミナーをしたり、そして独立して会社を作るなんて、(妄想はしていましたが)それが現実になるなんて。

診断士資格を取っただけで仕事が出来るようになるわけでもなく、すぐに仕事がもらえるわけでもありません。
でも、確実にたくさんのチャンスが目の前に現れました。
会社に属さなくても一人で稼いでいくための、一つのきっかけになりました。

診断士を目指す理由は人それぞれだと思いますが、
なぜ診断士をとりたいのか、常に自問自答し、その強い思いをぶらさず、死ぬ気で勉強して合格を目指してほしいと思います。
死ぬ気でやれよ、死なないから。です。
(実は、この言葉の根底には深い意味があるのですが・・それは2月9日のラストメッセージでお伝えします!)

 

それでは、前置きが長くなりましたが、
ごりっちゃんさんの体験記をご紹介します♪

=======ここから寄稿========

(0)受験生情報

ごりっちゃんと申します。
年齢は29歳で外資系メーカーにて経理の仕事をしています。
約3年間掛かりましたが無事合格することが出来ました。
好きなものはお酒・ジャズ・爬虫類・ゲームです。
道場には大変お世話になりましたので、私の合格体験で少しでも恩返しができればと思って記述しました。

 

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

前職の上司や、仕事で一緒になった外部の方、転職活動時に出会った方が中小企業診断士を取っており、自身のキャリアアップのためにも挑戦したいと思いました。

 

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

前職で中小企業に勤めていたため、組織や売上に関する感覚が診断企業に合っていたことに加え、仕事で中小企業のM&Aと事業再建にも携わった関係でコンサルの実務経験があり、二次試験の内容はすぐに理解することが出来ました。

簿記2級を持っていたのですが、ファイナンスの勉強をちゃんとしたことがなかったので節税効果等の計算などは理解するのに苦労した記憶があります。

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット

独学です。
一次試験は日本マンパワーのテキストを使いました。
二次試験は過去問ふぞろいを活用して自分なりの解法を身に付けました。

①メリット:他の受験生と比べてお金を節約できたと思います。

②デメリット:わからないことを教えてくれる人がいないので、インターネットで調べたり関連書籍を購入したりする手間がありました。あと孤独です。

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

<学習開始時期と受験回数>

2016年学習開始

一次;1回目 企業経営理論のみ合格、2回目 残り全科目合格
二次:1回目 ABACで不合格、2回目 合格

・一次学習時間:1,000時間くらい
・ニ次学習時間:300時間くらい

(5)合格までの学習法

①1次:
一年目はかなり気合を入れて平日2時間、土日6~8時間ほど勉強しておりましたが、6月頃から体調が悪くなってしまい、試験当日も体調が悪いまま受けました。
二年目はそこまでガツガツやらずに効率のよい学習を心掛けました。

中小企業政策は自分が中小企業の社長になった気持ちで、“なるほど、こんな補助金の制度があるのか”とテキストを読むと自分事のようになり頭に残りやすかったです。
経営情報システムはIT系の仕事の友達に質問することで理解をしました。

 

②2次筆記:
一年目は過去問模試の復習を中心に学習をしました。
二年目は”TACの事例Ⅳ対策講座”を中心に取り組み、8月くらいから事例Ⅰ~Ⅲにも取り組みました。
また、受験直前に受講した”EBAスクール2次最終チェック講座”が有効でした。

 

③再現答案:
作っていません。

(6)受験時・学習時のエピソード

20代という遊びたい時期に友達の遊びの約束や急な飲み会を断ったりしてきた時期があったので、
友達と再会しても周りのノリに違和感を感じ、みんなが少し遠い存在になってしまったような気がして、少し悲しい気持ちになった思い出があります。
ですがそれだけ犠牲を伴わないと合格できない試験ということかもしれません。
また受験仲間もいなかったので困っているときに相談したり出来る人がいれば、もう少し楽だったかもしれません。

2018年8月に現会社に転職しまして、その際に履歴書に“中小企業診断士一次試験合格(2次試験学習中)”と記載しました。
なので、転職目的の方には一次試験だけでも合格しているとそれなりに評価がされることをお伝えしておきます。

 

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

本試験は範囲が広く、二次試験を2回落ちると一次からやり直しという厳しい試験です。
一次は勉強すれば受かるといわれていますが、二次は向き不向きがあると思います。

一つ思うこととしては、大企業にお勤めの方は、こんな良い提案を記述したのになぜダメなのかということがあるときには、理想的ではあるが、現実には難しい提案”をされている可能性があると思います。
私も他の企業や他部署に提案するときには、簡単に実行出来、ある程度の効果が見込めるものを選択することを心掛けていました。
そのほうが相手にも喜ばれるケースが多かったと思います。

 

最後に私の二次の解法を少しだけお話します。
二次の設問は大きく3つに分けられると考えました。

1.理由を問われる問題

2.解決方法に関する問題

3.今後の全社的な対応に関する問題

1は与件からはっきりと読み取れる可能性が高いので、
●●が●●であるが故に、〇が〇してしまっているからといった具体的な記述にします。

2は大体こんな感じで解決するだろうなとは分かるのですが、
記述しすぎにより細かい部分(主に名詞)が間違ってしまい減点になることを考慮して、
余計なことを書かないようにするようにしました。

3は抽象的な問題で何でもありのような設問なのであまり時間をかけず、
他の人も書きそうなで妥当な線を選び記述しました。
いずれの設問にしろ、大外しをしないことが重要だと思います。

========ここまで========

 

いかがでしたでしょうか?

独学で孤独だった、という記載もありましたが、
モチベーション維持はもちろんのこと、
ご自身なりに情報を集めたり、必要であろう書籍や予備校のオプション講座をうまく活用し、見事合格されています。

また、最後に記載いただいている二次の解法は、
各予備校やこのブログでも解説されている、二次試験突破の重要なポイントです。
これらを独学で習得されたのは、ご自身なりにPDCAを回して努力されてきた証だなぁと感じました。

さらに、理想的ではあるが、現実には難しい提案”をするのではなく、
簡単に実行出来、ある程度の効果が見込めることを提案する方が良い、
ということは、私も実務を通して本当に実感しています。
いわゆる机上の空論、鉛筆なめなめ、、、の提案だと、
「じゃあどうやって実行するの?」
「言ってることは分かる。でも現実感がない」
と、クライアントから跳ね返されてしまいます。
二次試験は、正に事例企業にコンサルする気持ちで解答することが大前提、
という、とっても大事なノウハウを伝えてくださってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今年度の合格体験記ご紹介は以上でございます!
今までご紹介した今年度の体験記もこちらのページに追加していく予定ですので、
学習方法に悩んだ際は、過去の体験記も含めてぜひチェックしてくださいね!!

そして明日は、いよいよ10代目メンバーのご紹介です!!
9代目も個性溢れる(溢れまくる)メンバーでお届けしてまいりましたが、
10代目も属性の異なる個性いっぱいのメンバーが揃いました♡

引き続き、一発合格道場をよろしくお願いいたします!

 

それではいつもの言葉で締めます!!
死ぬ気でやれよ、死なないから!
以上、chikaでした♡

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:❀ 一発合格道場 電子書籍出版&記念セミナーのお知らせ ✿:❀

※1月28日発売開始 『中小企業診断士試験 一発合格特設ページはこちら

『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌東京


→おかげ様で盛況のうちに終了しました!東京のセミナー内容はこちら!

今週末いよいよ開催!『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌大阪

とき:19年2月9日(土)13時半開場,14時開始~17時頃終了予定
場所:大阪市内※詳細はこくちーずにて
対象者:中小企業診断士試験合格を目指す方
参加費:1,000円(懇親会を別途、17~19時頃で予定しています)
定員:25名 満員御礼
申し込み方法こくちーずにて

テーマ
基本理論を知ろう!、学習計画のポイント、1次試験科目攻略法、2次試験対策の基本、事例Ⅰ~Ⅲの基本的切口と超高得点答案の考察、事例Ⅳ対策のイロハ、2次試験合格後のリアル、診断士の仕事のリアル、受験生支援団体を100%活用しきれ!、コラムの見どころはここ!、個別相談会 などを予定(変更となる可能性があります)

 

我々道場9代目活動の集大成となる書籍がいよいよ出版!!
タイトルはずばり『中小企業診断士試験 一発合格』!!
Amazon kindle版、定価980円で2019年1月28日(月)から発売
この1冊で診断士試験の概要から試験対策、
合格後の道筋まで全てを知ることが出来ます!

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:

 

 

こんにちは、chikaです♪

先日の出版記念セミナーに起こしくださった皆様、
お忙しい中ほんとうにありがとうございました!
私は仕事で遅れての参加だったため、プレゼンができなかったので・・・
特にお伝えしたかったことを改めてお伝えします。

 

<学習計画のポイント>

試験範囲の広い診断士試験では、
授業の予習や復習、暗記、過去問を回すことなど、
ついつい”目の前の学習をこなすこと”に追われてしまいがちです。

しかし、
ゴールから逆算した学習計画を立てることを是非意識してほしいのです!

やみくもに勉強をするのではなく、
自分の現在の立ち位置を把握し、
ゴールにから逆算して、最短距離の戦略(計画)を立てるイメージです。

ポイントとして、
●月の答練で8割を取る!直前模試で上位1割に入る!などのマイルストーンを置き、
それに向けて日々何をすべきか、と落とし込んでいくとよいでしょう。

また、100時間やろうが、過去問を10回転しようが、
最終目標が達成できないような「時間」や「量」にこだわる目標設定をしてはいけません。
そのため、例えば「頻出論点の問題(同じような問題)が出てきたら、必ず正解できるようにする」といったように、どんな状態になっていることを目指すのか、という視点で設定することが重要です。

具体的な時期別・属性別の学習計画方法や、マイルストーンの置き方については、
電子書籍でご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それでは、本日も合格体験記をお送りします♪
なんと、本日で合格体験記の紹介はラストです!!

本日お一人目は、隙間時間の有効活用&過去問中心の学習で見事合格された、Marさんの体験記です!

 

=======ここから寄稿========

(0)受験生情報

Mar・42歳

 

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

現在の仕事の役立つと思った事と、
海外駐在を6年しており、改めて日本の中小企業に魅力を感じると共に、
将来は地域再生に貢献したいと考え、有用な資格の1つであると思った事がきっかけです。

 

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

メーカー営業の為、製造業に関わる初歩的な知識(企業経営運営管理等)はある程度備わっていました。

保有資格については、語学関係以外は特に保有していない状態でした。
社会保険労務士を勉強した事があり、人事関係は得意な方でした。

不得意な科目は学習経験のない会計財務経済学でした。

 

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット

通勤講座、過去問題集

<メリット>
・通学に比べて費用が安いどこでも勉強可能

<デメリット>
モチベーションの維持に苦労する

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数

2016年12月~2017年8月 一次試験3科目合格
※3科目:経済学・経済政策 、 経営法務 、 経営情報システム

2018年1月~2018年10月 一次試験4科目合格、二次試験合格
※4科目:財務会計 、企業経営理論、運営管理 、中小企業経営・政策

<一次学習時間>
2017年は目標1000時間を設定、2年目は700時間設定
2017年約1,200時間
2018年約750時間

<ニ次学習時間>
目標250時間を設定
2018年約285時間

 

<時間の作り方>

・学習を開始するにあたり、仕事・家庭・学習の両立を意識しました。
⇒初年度は1,000時間学習をする為、趣味(運動、読書)の時間は諦めました
⇒子供が小さく一緒に遊べる大切な期間と考え、その時間は確保する様にしました

・学習時間の捻出方法
昼休みに外出せずに学習に充てました(ダイエット食品系を食べていました)
⇒子供を寝かしつける時に単語アプリを活用しました(毎日30分確保できました)
仕事の移動中、単語帳や通勤講座の問題を解きました(出張中は夜に学習時間が確保できない事が多かったので、移動中を有効利用しました)

 

(5)合格までの学習法

・全体的に通勤講座のコーチングを受けた際に、受けたアドバイスを中心に学習を進めました
定期的なコーチングのお陰で学習方向がブレずに学習が続けられたと思います

 

<1次>

・初期は通勤講座のビデオ講義で学習(全て1.5倍速で視聴)
➾その後、通勤講座の問題の反復練習
間違った問題は解説の部分も含めキーワードを携帯の単語アプリに収納
最終的には単語帳100カード×15セット程度となりました
単語アプリは隙間時間に活用しました

10年分の過去問を1年目3回以上、2年目3回以上を解きました

模試は各年度に2回受講しました…解答説明の動画は中小企業経営・政策で役立ちました

 

<2次筆記>

・2018年1月より写経は毎日実施…AAS受講でモチベーションを切らさず継続できました

・学習方法をネット検索し、マインドマップで体系化しました

1.過去問中心の学習に設定
※過去問5-10年分の問題解答の読み込み…テキストは『ふぞろい』『通勤講座』中心

2.模試は1回受ける(自宅)

3.LECの集中講義を受講する

4.その他

・隙間時間に勉強できる様に『ふぞろい』は全てPadに保存し、2回目まではGoodReaderに色違いの線を引いて練習しました
➾3回目は色ペンの使い方を取得する為、実際プリントアウトして勉強しました

・更に5年分の過去問も購入して1-3回程度解きました
※勉強があまり捗らない時は模範解答の写経をしていました

・LECの集中講座を受講し、ノウハウの再確認例題の読み方を再確認しました

・二次試験は通勤講座から10年分の問題と解答をPadに入れてどこでも勉強できる環境を作った

 

<再現答案>

・事例Ⅳが殆ど回答できなかった為、合格日まで殆ど手付かずの状態でした
⇒合格後、各受験校の模範答案と試験で残したメモを見返しました

(6)受験時・学習時のエピソード

・2017年の受験では情報・法律・経済に合格、
ちょうど2次試験の範囲を落としたため、2年目は二次を見据えた勉強に集中できたと思います。

・2018年一次試験・財務会計が正答なら合格という状況で二次試験の学習を開始した為、
モチベーションは上がっていませんでした。
⇒この問題は解答にチェックを忘れており、合格発表まで分からない状況でした。

・2018年二次試験の財務会計も計算問題がほぼできていない状況で、
不合格との認識で来年の学習計画を立てている状況でした。
⇒事例Ⅲも時間配分をミスしてしまい、メモをまったく残さずひたすらマスを埋める形になってしまい、総合点も合格点に達していないと認識していました。

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

隙間時間を作って学習するかがポイントだと思います
単語張アプリiPadがかなり有効だったと思います
➾また、メモ帳に毎日の勉強時間を記録し、自己管理を行いました

・モチベーションを上げる為に通勤講座のコーチングを受けた事も有用でした

========ここまで========

 

いかがでしたでしょうか?
Marさんの学習のポイントは、
隙間時間の活用⇒そのために単語帳アプリやipadを駆使!
・間違えた問題の反復学習
過去問中心の学習
・コーチングによりモチベーション維持
だと分析します。

ついつい、単語帳を作っても活用できていない、
過去問を●回解いて満足・・・となってしまいがちです。
しかしきっとMarさんは、合格へ向けて、着実にそれらを活用できたことが合格できた要因なのだと思います。

なかなかまとまった時間を取れない方や、
仕事と家庭と両立しなければならない方は、
隙間時間の活用の仕方を是非参考にしてほしいと思います!!

 

では今回もこの言葉で締めくくります!!
死ぬ気でやれよ、死なないから!!
以上、chikaでした♪

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 一発合格道場 電子書籍出版&記念セミナーのお知らせ ✿:❀

※1月28日発売開始 『中小企業診断士試験 一発合格特設ページはこちら

『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌東京


→おかげ様で盛況のうちに終了しました!東京のセミナー内容はこちら!

今週末いよいよ開催!『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌大阪

とき:19年2月9日(土)13時半開場,14時開始~17時頃終了予定
場所:大阪市内※詳細はこくちーずにて
対象者:中小企業診断士試験合格を目指す方
参加費:1,000円(懇親会を別途、17~19時頃で予定しています)
定員:25名 残りあとわずか!!!
申し込み方法こくちーずにて

テーマ
基本理論を知ろう!、学習計画のポイント、1次試験科目攻略法、2次試験対策の基本、事例Ⅰ~Ⅲの基本的切口と超高得点答案の考察、事例Ⅳ対策のイロハ、2次試験合格後のリアル、診断士の仕事のリアル、受験生支援団体を100%活用しきれ!、コラムの見どころはここ!、個別相談会 などを予定(変更となる可能性があります)

 

我々道場9代目活動の集大成となる書籍がいよいよ出版!!
タイトルはずばり『中小企業診断士試験 一発合格』!!
Amazon kindle版、定価980円で2019年1月28日(月)から発売
この1冊で診断士試験の概要から試験対策、
合格後の道筋まで全てを知ることが出来ます!

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:

 

みなさん、おはこんばんにちはだいまつです。

 

いよいよ、いよいよこの時が来てしまいました。

 

だいまつ記事のラストdayです!

 

そんな私が最後に紹介できるのが大変嬉しい「まえき」さんの合格体験記をどうぞ!

 

========ここから寄稿========

 

(0)受験生情報

名前(HN): まえき
年   齢: 33歳

 

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

 

父親が中小企業を経営しており、事業継承を踏まえて経営に関する知識の習得を図るため。また、仕事以外の色々な方面の知識をつけられると思い学習を開始。

 

 

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

 

保有資格
・応用情報技術者
・BS/PLを作成するシステムに若干携わったことあり

 

一次試験
得意科目:経営情報(一次試験免除)
苦手科目:企業経営理論・経営法務

 

二次試験
得意科目:なし
苦手科目:事例Ⅰ

 

 

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット

 

一次試験:通信
二次試験:独学

 

① メリット
通学に比べると費用が少なくて済むこと
曜日や時間に捕らわれずに好きな時間に学習を進められること

 

② デメリット
学習仲間を作りにくいこと
モチベーションの維持が難しいこと

 

 

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

 

①学習開始時期と受験回数
2017年8月に学習を開始。
受験回数:一次一回、二次一回

 

② 一次学習時間
600時間くらい
(簿記二級取得のための学習時間が約150時間)

 

③二次学習時間
300時間くらい
(ブログ閲覧や情報収集が約100時間)

 

(5)合格までの学習法

 

①1次
■2017年8月
一年後に本当に診断士試験を受けるかもわからないが、受からずとも色々な知識をつけることを目的として当時一番価格が安かった通信制の予備校で学習を開始。
早期特典により2016年度の経済学と財務会計が受講可能となり、経済学を受講。

 

■2017年9月~2018年1月
経済学、財務会計、企業経営理論、運営管理の通信授業を受講。2倍速で再生してそれぞれ2周回す。ストイックさもなく、なんとなくわかった気になり満足する。

 

■2018年2月
二次試験でも財務会計は重要とのことでマイルストーンとして簿記二級を受験。

 

■2018年3月
公私共に忙しくなり、一か月間学習を中止。
当時は診断士試験は諦めて受けないだろうと考えつつ漠然と過ごす。簿記二級に合格。

 

■2018年4月
父親の経営する中小企業に転職。会社の都合で情報処理技術者試験の情報処理安全確保支援士を受けるため、3週目までそちらに専念。
情報処理安全確保支援士の資格試験後にもう一度考え、改めて診断士試験に挑戦する決意を固める。
また、受験するに伴い情報収集を本格的に開始。この頃から合格一発道場のブログの閲覧を開始この頃が診断士試験合格のターニングポイントとなる

 

■2018年5月
道場ブログの記事を元に計画を立て、GWから一次試験の過去問を開始。GW経済学、財務会計、経営理論、運営管理の過去問を2013~2015の3年分を解く。大体40~50点くらいの得点。
経営法務・中小の二教科を残したままの現在の得点に危機感を感じ、夜型から朝型へ変更GW明けからは8時頃に会社に行き定時前に学習5月下旬頃には始発で会社に行き、6時に道場ブログを読んでから3時間弱の学習をする習慣となる。
また、得点源に出来るかもしれないが、8月までの残り時間を考え経営情報は免除とすることに決定。残っている経営法務の学習を開始。

 

-所感-
結果的に得点率は下がったかもしれませんが、7科目⇒6科目となったことで精神的に余裕が生まれたことは良かったと感じています。ただ、この時は経営情報の過去問を見ずに免除を決めたので、1・2年以内に応用情報の午前または高度情報の午前Ⅰを受けてある程度得点できている場合は免除にしない方が良いかと思います。
また、朝に勉強する習慣は精神的に良かったと思います。通勤時間と昼休みを含め定時までに4時間程度の学習時間が取れていると夜に飲み会があっても気兼ねなく参加できました。

 

■2018年6月
7月のTAC模試を当面の目標として学習を継続。中小の学習を開始。1週目の土日と3週目の土日に未実施の2016年度と2017年度の過去問を解く。中小は過去問はあまり必要ないとの情報から過去問は解かず。経済、財務、運営の得点率が50~55%程度。経営、法務の得点率が50%程度。6月に過去問を2、3回転して徐々に得点を取れるようになる。情報処理安全確保支援士に合格する。

 

■2018年7月
詰めが甘い性格のため、TAC模試で良い結果になると調子に乗って追い込みが利かなくなると思い模試の一週間前から学習中止。二次試験の情報収集と参考書を集めを開始。
TAC模試を受けた結果、7科目で400点弱(57%)。全く対策をしていない経営情報が72点の最高得点で免除したことを後悔。ただ、科目が少ないことは回転率を上げるうえで重要だと思いプラスに捉える。
中小を覚えつつ、他科目は過去問を回し続ける。また、一発合格まとめシートを購入。会社の昼休みや通勤時間にシートのPDFを見て知識整理を行う。

 

■2018年8月
本試験の一週間前から有休を取得し、過去問を回す。

結果(2017年度一次試験)
経済 80
財務 64
経営 56
運営 73
法務 64(得点調整後72)
情報 免除
中小 69
合計 406(得点調整後414)

 

-所感-
TAC模試の解説は分量が多く詳しいため、TAC受講生とは知識の深さに差があるんだろうなと感じました。ただ、一次試験に合格するだけであれば格安の通信でも十分に可能であると思いますし、効率を考えると独学よりも良かったと思います。また、一発合格まとめシートは大手予備校に通っていない方には特に有用だと思います。
一次試験は全科目で60点以上を取得し、免除をのぞく6科目合計で400点が目標だったので概ね達成できたと思います。経営がダメでしたが法務がはるか実力以上に得点できたので結果的には出来過ぎな気がします。

 

②2次筆記
2018年8月
一次試験後から情報収集を開始。7月のTAC模試前にふぞろいとTACの過去問を購入済み。過去問を解いてみるも何を問われていて何を書いて良いか全くわからず、ほとんど空欄のまま。
合格一発道場とふぞろいの二次試験セミナーに参加。セミナーで二次試験全般のことを知る。また、懇親会で個別に二次試験対策について情報を集める
2017~2015年の3年分について事例毎の縦解きを3周行う。ふぞろいで採点し、言い回しや表現等を覚え、事例毎の傾向と大まかな解答の方針を作成。
ここで通信の二次試験講座は受講しないことを決断。一次に引き続き勉強仲間がいないため、一発合格道場の夏セミナーで貰っただいまつ様資料の315時間を最低目標とする

 

2018年9月
事例Ⅳ対策を開始。過去問10年分と全知・全能を繰り返し解く。イケカコのCVPとNPVを重点的に、それ以外は記述で問われた場合に書けるように2・3周解く。事例Ⅰ~Ⅲは5年分を1~2周解く。MMCの二次模試を受験。

 

2018年10月
MMC模試の結果が返ってくる。BBBAの総合B評価である程度得点できていることに安心しつつも、ここからどう得点を上げるか考えた結果、道場ブログのだいまつ様の記事を解答の方針にすることに決定
勤務場所が変わり、朝早く会社に行って勉強することが出来なくなり、平日は通勤時間と昼休みに道場ブログを読み、土日に集中して過去問を解くようになる。
毎週末に初見の過去問を解き、事例の企業は変わっても問われていることは大体同じという実感を得る。この辺りで合格できるか五分五分くらいだと思いながら本試験へ。

 

-所感-
他の人に答案を見てもらう機会がなかったので、8月に因果関係がおかしいところ、主述の整合性など時々厳しく自己採点したことが良かったような気がします。癖が付けば自然とある程度の文章になるように思います。10月になってからは若干の減点は気にせず、とにかく60点取れる解答づくりを心掛けました
10月になって勤務場所が変わり学習ペースが乱れたときは本当に諦めかけました・・・。

 

(6)学習時・受験時のエピソード

 

始発で会社に行き朝に学習していたため、夜は自由にしていました。飲み会等は基本的に断らず週1、2回は飲みに行っていました。また、6月に妻の妊娠が発覚しましたが、変わらず支援してくれたのが合格に大きく影響したと思います。

 

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

 

① 一次試験について
仕事をしながらの学習となると思いますので、どのように学習時間を確保するかが大事になると思います。特に、通信制や独学の方はどのように学習を進め、どのようにモチベーションを維持するかが鍵となると思います。

 

② 二次試験について
独学の方にとって一番大事だと思うことは、当たり前かもしれませんが情報収集だと思います。二次試験は何が得点となるか明確ではないため、自分で取捨選択をしなくてはなりません。人それぞれ合う・合わないがあると思いますので、広く情報を集め、自分に合う、大袈裟に言うとそのやり方・方法と心中できるものを見つけることが大切だと思います。私にとってはそれが道場ブログでした。一次試験後の2か月半は短いですので、軸となる方法を早めに見つけられると良いと思います。

 

最短距離を目指しつつ、寄り道の労力を惜しまずPDCAを回せばきっと合格できると思いますので、頑張ってください。
また、応援してくれる方・支援してくれる方への感謝を忘れずにしてください。
こんな私で合格できましたので、皆様ならきっと合格できると思います。
診断士としてお会いできることを楽しみにしております

      

========ここまで========

 

まえきさん、月毎の詳細な学習内容をお送りいただきありがとうございました。

 

 

さて、皆さん、まえきさんの合格体験記は如何だったでしょうか。

 

 

私が特にポイントに感じたことを挙げて行きます。

 

20184月・5月の道場ブログとの出会いとブログの記事をもとにした計画作成

 

②夜型から超朝方への切換え

始業まで3時間も勉強できていれば、心の余裕が本当に違います。気持ちが楽で仕方ありません。だって、1日の勉強ノルマのほとんどが終わっているのですから。ちなみに、私も615分くらいから会社近くのコンビニのイートインスペースで、ユーチューブでヒーリング音楽を聞きながら勉強していました。「朝方」は本当におススメです。

 

③まとめシートの活用

アマゾンのレビューを見ると間違いが云々との記述があったりしますが(きゃっしい次の版では修正してね)、特に出題内容の「強弱」をつかみ辛い独学者には、大切なところだけをまとめてくれている「まとめシート」の有用性が高いと言えます。

だいまつが思う予備校の大きなメリットは、①説明してくれるので理解しやすい、②学習で濃淡をつけるべき分野を教えてくれる、という2点です。そういった意味できゃっしいの「まとめシート」は予備校殺しの1冊とも言えなくもありません。

 

④受験生支援団体のセミナー+懇親会への参加

セミナーに参加できる地域の皆さんは、「是非参加」してみてください。きっと得られることがたくさんあります。予備校の授業とバッティングしたら、受験生支援団体のセミナーに参加した方が、正直得るものがたくさんあると思います。

また、懇親会には絶対に参加した方が良いでしょう。試験対策、モチベーションアップの両面で必ず役に立ちます

 

8月以降の2次対策時間は315時間を最低目標とする

315時間とは、ストレート合格した9代目メンバーの8月の1次試験終了後から2次試験本番当日までの学習時間の平均です。「合格したい」なら、「合格した人」がやった勉強時間くらいはやはり勉強する方が良いですね!

 

⑥だいまつ記事「永久保存版シリーズ」を解答の方針にすることを決定

私の記事と「心中」いただく覚悟でやっていただいたとは、本当に嬉しいですね。手前味噌ですが、「永久保存版シリーズ」では、2次試験の本質にかなり迫れたと思っています。是非、知らない方は参考にしてみてくださいね。

 

永久保存版シリーズ 事例Ⅰ

永久保存版シリーズ 事例Ⅱ

永久保存版シリーズ 事例Ⅲ

 

 

⑦因果がおかしい、主述の整合性を厳しく採点

あっさりと書いておられますが、これって2次試験対策である意味「最も大切なところ」です。2次試験では、因果がおかしければキーワードが書けていてもバッサリ、主述がおかしければ減点(意味が通じなければバッサリ)です。

当たり前の話ですが、採点者は解答欄に書かれた「言葉の通り」にしか読んでくれません。「あー、おしいなー。この受験生はきっとこう言いたいんだろうなー。仕方ない。おまけでマル!」みたいなことは100%してくれません。「日本語がおかしい=解答として×」という認識を持つべきでしょう。

 

⑧妊娠しても応援してくれる妻の存在

学習環境は本当に大切です。長丁場の診断士試験勉強の中では、家庭や仕事で大きな変化が起きる場合があります。そんな場合でも、変わらずに勉強できるように出来る限り周りの人を大切にしておく、感謝の気持ちを伝えておくことが大切ですね。

この点は、私はあまりできていないかもしれないので・・・、反省!

 

 

さて、9代目としての私が記事を書くのは本日が最後になります。

長い間応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました

 

Zenzenさんと面白いことを考えたらまたブログ上で告知させてもらうかもしれません!

やるかもしれないし、やらないかもしれない!

そんなやわやわな感じです。

 

 

明後日はいよいよ9代目からのラストメッセージです!

 

絶対に読んでくださいね。

 

 

以上、だいまつでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

✿:❀ 一発合格道場 電子書籍出版&記念セミナーのお知らせ ✿:❀

※1月28日発売開始 『中小企業診断士試験 一発合格特設ページはこちら

『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌東京


→おかげ様で盛況のうちに終了しました!東京のセミナー内容はこちら!

今週末いよいよ開催!『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌大阪

とき:19年2月9日(土)13時半開場,14時開始~17時頃終了予定
場所:大阪市内※詳細はこくちーずにて
対象者:中小企業診断士試験合格を目指す方
参加費:1,000円(懇親会を別途、17~19時頃で予定しています)
定員:25名 残りあとわずか!!!
申し込み方法こくちーずにて

テーマ
基本理論を知ろう!、学習計画のポイント、1次試験科目攻略法、2次試験対策の基本、事例Ⅰ~Ⅲの基本的切口と超高得点答案の考察、事例Ⅳ対策のイロハ、2次試験合格後のリアル、診断士の仕事のリアル、受験生支援団体を100%活用しきれ!、コラムの見どころはここ!、個別相談会 などを予定(変更となる可能性があります)

 

我々道場9代目活動の集大成となる書籍がいよいよ出版!!
タイトルはずばり『中小企業診断士試験 一発合格』!!
Amazon kindle版、定価980円で2019年1月28日(月)から発売
この1冊で診断士試験の概要から試験対策、
合格後の道筋まで全てを知ることが出来ます!

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:

 

おはようございます。桃ちゃんです!

先日は、中小企業診断士試験 一発合』の出版記念セミナーにお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

セミナーにご参加いただいた約60名の受験生の方々から
私もたくさんのパワーを頂きました。

 

勉強方法やモチベーションなどで、悩まれている方、
子育てしながら頑張ってらっしゃる方。

 

そういう悩み、あるある…、大変ですよね…と、
当時のことを思い出しながら、

 

本当に合格して欲しい!!!と心から感じました。

 

9代目として、東京では(おそらく)最後となるセミナー
みなさまにお会いできて本当に嬉しかったです。

ありがとうございました!

 

また、遠方だったり、スケジュール的にご参加できなかったみなさま!!
セミナーリーダーヒロちゃんが、当日の様子をレポートしています。

 

「満足度98%!!!電子書籍出版セミナーレポート」もご覧ください!

 

 

余談なのですが、そのセミナーの後の懇親会で

TOEIC980点以上の方がいらして、
「すっごーい!!!」と思って、

 

ついつい

 

「効率的に!!(笑) できればすぐに!!!(笑)

 

 英語を話せるようになりたいんですが、
 

 

 何をどう勉強すればよいですか???(>_<)(切実!!)」

 

と質問したら、

 

「桃ちゃん、さっきセミナーでゆうてはったでしょ!!

 

 診断士と一緒で、コツコツですよ~(笑)」

 

 

と教えて頂きましたwww(笑)

 

ごもっとも!!!

 

英語、頑張ります!!(>_<)

 

 


 

 

では、ここからは去年見事合格された、トン吉さんの「合格体験記」をご紹介します。

 

トン吉さんは、50歳を超えられてから中小企業診断士を目指されています。

また6年間TAC通学で、その中でもご自身の勉強スタイルを確立されています。

 

それでは、

4回目の2次試験で見事合格を果たされたトン吉さんの合格体験記を

どうぞ!

========ここから寄稿========

(0)受験生情報

名前(HN): トン吉
年   齢: 56歳

通信業界で営業担当として勤務するも、典型的な負け組サラリーマン

 

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

 

「名刺に肩書を記入したい!!」

「資格を活かして生活費を稼ぎたい!!!」

 

「〇〇士」としての肩書を名刺に記載したいという単純な動機で2012年「行政書士」の試験に挑戦して合格(独学で3)したものの、会社の名刺に記載できないことがわかり(事務所を構える必要あり)、試験に合格したのみで未登録状態

 

その後、会社の名刺に記載でき、会社勤めしながらでも獲得できそうな資格がないか探したところ「中小企業診断士」という資格があることを知って挑戦したのがきっかけ。

 

また、挑戦した時点で既に50歳を超えており、年金が支給される65歳までの収入に不安があり、資格を活かして生活費を稼ぎたいといったことも動機の一つ。

 

当初は単純な動機で挑戦したものの、勉強をしていく中で「中小企業診断士」の魅力に目覚め、日本の経済を支える中小企業の、特に「事業承継」という課題の解決に尽力していきたいという思いが強くなり、6年間あきらめずに挑戦し続けたことが良い結果につながった。

 

 

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

 

保有資格
宅地建物取引士(1987年11月登録→ペーパードライバー化)
行政書士試験合格(2012年1月合格 未登録→これもペーパードライバー化)

 

得意(と感じていた)科目
経営法務(宅建士、行政書士の勉強で法律へのアレルギーは無い)
経営情報システム(通信業界の営業として、NW等に関する基礎知識を保有も、爆弾
科目化したときは足切りにあってしまった)

 

不得意(と感じていた)科目
財務・会計(そんなに苦手意識はなかったが、なぜか1次や2次事例Ⅳでは苦しんだ)
経済学・経済政策(化学式みたいなところが苦手)

 

 

得意科目の経営法務でも機関設計や株主総会、経営情報システムでは開発関係や制度の分野が苦手だったり、不得意科目の財務・会計でも管理会計は得意だったりと、科目というよりテーマごとに得意不得意があった。

 

逆に絶対的な自信があり、診断士としての活動の中で強みとして活かしていけそうな分野もないのが不安。2次試験も得意な事例はなかった。

 

 

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット

 

挑戦してから6年間通学生としてTAC一筋。基本的にTACでの演習と過去問中心の学習スタイル。

 

一発道場様との出会いは平成30年度2次試験の2か月ほど前だった。

 

また、多くの受験生が利用している「ふぞろい」は古い過去問が入手できず結局利用しなかった

 

平成30年度はTACの平成14年度から平成29年度の解答事例以外にMMCの平成13年度~平成29年度の解答例
(これを入手するだけのために通信講座の一番安いコースを申込み、添削課題は未提出)

 

 

元TAC講師作成の平成21年度~平成29年度の解答例を参考にしたのみ。

 

TAC、MMC、元講師の3つの解答例と自身の解答を比較しながら、事例15年分の自分なりのベストな解答を作成するという学習スタイルを続けた。

 

学習場所の多くはTACの自習室。教室が豊富で遅くまで自習室が利用でいるということもあり、ずっとTAC中心であった。

 

途中で他の受験機関に浮気せずTACのカリキュラムを信じて勉強してきたことも合格につながったと感じている。

 

<TAC通学のメリット>
・校舎が通勤経路となる主要駅前にあり、自習室も遅い時間まで利用できる。
・継続して受講すると割引が効いて過年度生にとってはありがたい。
・大手だけあって、カリキュラムやオプション等充実している。
・1次2次とも演習問題が充実しており、演習に合わせ勉強のペースがたてやすい。
・Webダウンロードや音声フォローも充実しており復習の際に役に立つ
・同じ受験仲間と出会う機会も多く、人脈も広がる

 

 

<TAC通学のデメリット>
・解答例が飛躍しすぎているというか、なかなか思いつかない解答例も多い
・講師の質に若干ばらつきが感じられる。
・自習室利用は10月末で利用できなくなり、口述試験対策の時期に利用できない。

 

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数

 

1次の学習時期は毎年1月から開始していた。
これまでに6回(保険受験含む)受験し、6年間で2回1次試験合格

 

2次の受験開始は1次残しの場合は1次試験
終了後の8月から、1次が無い場合は1月から開始。

 

今回は2回目の1次試験合格の権利で受けた2回目の2次試験で合格となった。

6年間の経緯は以下の通り。

1年目(2013年1月~2013年8月): TACの1.5年生として通学
1.5年生として暗記3兄弟と言われる経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策の授業を受け、その年の1次試験で3科目合格。

 

2年目(2013年9月~2014年10月): TACの1.5年生として通学
1.5年生として1次試験残りの4科目の授業を受け、その年4科目合格し1次試験合格、初めて2次筆記試験を受験するも不合格(B/D/C/B)

 

3年目(2015年1月~2015年10月): TACの2次本科生として通学
2次本科性として2回目の2次筆記試験を受験するも再び不合格(C/A/B/B)
尚、1次保険受験により経済学・経済政策、運営管理、中小企業経営・中小企業政策の3科目の科目合格。

 

4年目(2016年1月~2016年8月): TACの1・2次上級本科生として通学
1・2次上級本科生として残りの1次4科目受験するも経営法務と経営情報システムを落としてしまい、2次筆記試験に進めなかった。

 

5年目(2017年1月~2017年10月): TACの1・2次上級本科生として通学
1・2次上級本科生として昨年落とした1次試験2科目に得点源として中小企業経営・中小企業政策を加えた3科目を受験し3科目とも合格、2回目の1次試験突破。
その年、3回目の挑戦となる2次筆記試験を受験するも、またまた不合格となった(C/A/C/C)

 

6年目(2018年1月~2018年10月): TACの2次本科生として通学
2次本科性として4回目の2次筆記試験を受験、ようやく筆記試験通過を果たし、口述試験も無事に終え、中小企業診断士試験の完全合格を果たした。

 

実は1次試験はノー勉のまま7科目を保険受験し、運営管理、経営法務、経営情報システムの3科目合格するも、2次試験に関係する企業経営理論や財務・会計を落としてしまっていたので、今回2次試験合格できて本当によかった。

 

結果的に保険受験の1次試験対策に時間を割かず、2次試験に集中していたのが良かったのかも

 

②1次学習時間(1次のほか、2次も並行して勉強していたとき)
何時間やったかはわからないが、おおむね以下の通り。
平日:ノー残業デーの水金はTAC自習室で3時間、月火木は自宅で1~2時間
土休日:土曜は午後からTAC自習室で7時間、日曜祝日はTAC自習室で11時間

 

 

③2次学習時間(平成30年度は2次対策に集中していたとき)
平日:ノー残業デーの水金はTAC自習室で3時間、月火木は自宅で1~2時間
土休日:土曜は午後からTAC自習室で7時間、日曜祝日はTAC自習室で10時間

基本的に1次2次とも勉強時間の確保は上記の通り。ただし、用事があった時などは勉強時間が確保できないときもあった。

 

(5)合格までの学習法

①1次
1年目はTACのテキストとTACのトレーニング、直近5年間の過去問を利用。

まずは講義に出席、そのあとはトレーニングをいきなり実施して解説を読みながら、テキストの該当ページに書き込んでいくスタイル


ノート等は一切作らずにとにかくテキストの余白に書き込んでいった(時間がなかったため)。

 

トレーニングの後は過去問を巻末にある章立ての順に解いていった。テキストに載っていない知識等はテキストに書き込んでいった。

電車の中で追記したテキストを読み返しイメージとして頭に焼き付けていった。最終的に過去問は3回転実施。

 

なお、財務会計については、指標名、式、意義、判断、注意点といった項目で表にまとめ、以降はテキストを使わず自分でまとめた表を使って勉強していった。

1次の2回目以降は、TACトレーニングと過去問中心に3回転実施。

 

テキストは改正がある法務や中小企業経営・政策のみ受験年度の新しいものを利用。

また、中小企業政策のみ暗記カード的なものを作成し、通勤電車の中で暗記。TACでは上級単科をDVDで単発受講。

 

 

②2次筆記
1次試験が残っている年は、基本的に1次試験科目に集中。
2次試験対策は1次試験が終わって自己採点してから本格的に取り組んだ。

 

理由は4年目の受験の際、1次試験対策中に2次も勉強していたことで、1次試験対策がおろそかになり、結果1次試験通過できなかったため、5年目は7月末まで1次試験対策に集中し、8月から2次試験対策に集中した。

 

不合格となった3回目までの2次対策は、TACの授業での演習のほか、直近5年間の過去問を3回転実施。

 

あとは過去問の各事例を5段落に分け、100字でまとめる訓練を毎日実施。事例Ⅳについては、事例Ⅳ特訓のオプションを受け、事例Ⅳ計算問題集を3回転ほど実施していた。過去問等実施後は、ざっと見直しする程度で反省も不足していた知識のまとめ等も行っていなかった。

 

合格した年は、2次3回目までの勉強方法とはやり方を変えて臨んだ。

 

100字訓練はこれまで通り毎日欠かさず実施したほか、新たにTACの講師から勧められた200字訓練を実施。

 

具体的には、中小企業ビジネス支援サイト「J-NET21」の「施策活用企業事例」にある事例を200字でまとめる訓練を行った。

試験本番までの10か月間で60事例分をまとめ、100字~200字でまとめる能力の向上に努めた。

事例の過去問については、これまでは直近5年分しか解かなかったのを平成29年度から平成14年度までの16年分を1回転させ、さらに直近5年分のみもう1回転解いた(全部で過去問84事例+演習・公開模試等40事例=124事例)。

 

学習スタイルのところでもお話しした通り、事例を解いた後、TACの解答例とMMCの解答例、元TAC講師作成の解答例の3つを参考に自分なりに納得感のあるベストな解答例を作成していった。

 

更に事例を解く毎になぜ間違えたのか、どこがダメだったのか、反省点は何か、不足していた知識は何かについて別紙で1枚(表裏)にまとめていった。このベストな解答例と反省点の1枚紙を事例ごとにまとめ(TAC演習分もまとめていた)、時間があるときに読み込んでいった。

 

 

尚、先輩合格者のほとんどが直前期に作るファイナルペーパーなるものは作らずファイナルペーパー作成より事例を1つでも多く解くことに時間を割いた)、今まで積み重ねてきた上記反省点と知識をまとめた1枚紙(これが実質的なファイナルペーパーであった)を会場に持参して直前まで確認し、試験に臨んだ。

 

(6)学習時・受験時のエピソード

中小企業診断士の受験については、会社の上司にも職場の同僚にも半分自慢気に公言(何年も受けていることも知っていた)。

 

2次筆記の結果発表の際は、職場の同僚に囲まれてWebの受験地区をドキドキしながらクリック・・・。

 

自分の番号を見つけると、フロア中に聞こえるほどの声で「あったー!やったー!うそだろー?」って、大声で叫んでしまい、あの時の興奮は今でも忘れられない。

 

ちなみに、女房は「自分の趣味で勉強しているんでしょ」と冷めた見方をしていたが、土日はTACの自習室に出かけて留守にしていたので、昼食のことを考える必要なく、家ではのんびりできていたようで別の意味で歓迎されていたようだ。

 

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

私の受験エピソードが役にたつのかどうかわからないが、是非50歳以上の方もあきらめずにチャレンジしてほしい
50歳を超えると記憶力も衰えてくるが、途中であきらめずに続ければ願いは必ずかなう。

 

 

勉強方法については千差万別なので私の勉強方法が良いか悪いかはわからない。

 

当然みんながやっているような「ふぞろい」を参考にしたり、暗記カード的なものを作ったり、ファイナルペーパーみたいのものを作ったり、他の受験機関の公開模試を受けたりといったことは殆どやらなかった。2次試験終了後再現答案さえも作成せず、その後、口述試験対策のためにやっと作成したといった状況であったが、それでもも完全合格できた。

 

周りの方々が当然やっているようなことをやっていなくても、自分のやり方を信じてコツコツ勉強すれば絶対合格できると思うので、是非頑張っていただきたい。      

========ここまで========

 

いかがでしたでしょうか。

 

TACに通学しながらも、ご自身でいろいろ工夫されていますね!

〇テキストに書き込み、テキストを見直す勉強方法
〇2次勉強は過去問の数をこなして、自分で納得できる回答を作る
100字、200字要約を毎日実施

 

をはじめとして、参考になるところがたくさんありました!

 

「なかなか合格できない!」と思っていても、

諦めずに、合格するまで努力することが大切ですよね。

 

 

 

私も、今簿記1級の試験勉強をしていて、

(英語はあまり勉強してない(>_<))
ついつい「諦めようかな・・・」と思いがちなのですが(>_<)

 

隙間を活用して、
私も見習って頑張ろう!と思いました( *´艸`)

 

 

あとは、「9代目から最後のメッセージ」ブログを残すのみで、

私1人が発信するブログは今日が最後となります(>_<)

 

まだ、本当の意味で最後ではありませんが、

こうやって、皆様の受験に関われたこと、
本当に貴重な経験でした!!

 

これからは10代目が引き継いで頑張ってくれるので
引き続き「一発合格道場」 と Amazon kindleの本も!!!

 

宜しくお願いします!

 

 

以上、桃ちゃんでした。

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

✿:❀ 一発合格道場 電子書籍出版&記念セミナーのお知らせ ✿:❀

※1月28日発売開始 『中小企業診断士試験 一発合格特設ページはこちら

『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌東京

→おかげ様で盛況のうちに終了しました!東京のセミナー内容はこちら!

今週末いよいよ開催!『中小企業診断士試験 一発合格』セミナー㏌大阪

とき:19年2月9日(土)13時半開場,14時開始~17時頃終了予定
場所:大阪市内※詳細はこくちーずにて
対象者:中小企業診断士試験合格を目指す方
参加費:1,000円(懇親会を別途、17~19時頃で予定しています)
定員:25名 残りあとわずか!!!
申し込み方法こくちーずにて

テーマ
基本理論を知ろう!、学習計画のポイント、1次試験科目攻略法、2次試験対策の基本、事例Ⅰ~Ⅲの基本的切口と超高得点答案の考察、事例Ⅳ対策のイロハ、2次試験合格後のリアル、診断士の仕事のリアル、受験生支援団体を100%活用しきれ!、コラムの見どころはここ!、個別相談会 などを予定(変更となる可能性があります)

 

我々道場9代目活動の集大成となる書籍がいよいよ出版!!
タイトルはずばり『中小企業診断士試験 一発合格』!!
Amazon kindle版、定価980円で2019年1月28日(月)から発売
この1冊で診断士試験の概要から試験対策、
合格後の道筋まで全てを知ることが出来ます!

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:

 

おはようございます。桃ちゃんです!

 

先日は、中小企業診断士試験 一発合』の出版記念セミナーにお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

また、遠方だったり、ご都合がつかなかった皆さま、
こちらのセミナーレポートで当日の様子をお伝えしておりますので、
ご覧ください!

 

そこでは合格を目指すアツイ心をお持ちの受験生の約60名の方と
セミナーでいろいろお話させて頂いて、私自身とても刺激を頂きました。

 

来週からは道場も10代目にバトンタッチとなりますので、
私たちが東京で行う、(おそらく)最後となるセミナーでした!!

 

 

セミナーは、結構ボリューミーな内容で、
私は司会を担当したのですが、時間内に終わるかドキドキでした(笑)

 

本当はたかじんがお話しするはずが、
仕事で来られなかったので私が代弁した「合格後のリアル」では

 

実務補習や更新について
・更新するのが意外と大変で、かなりの人が診断士資格をあきらめてしまう
・診断士合格したら、登録証が発行される!!
診断士バッジは協会に入ったら貸与される!!
・協会でどんな研究会にはいっているか!?
人脈が100人単位で増える!?
・診断士として、執筆や補助金支援など活動の可能性について

 

をお話させて頂きました!

 

 

また、最後に「(出版本の)コラムの見どころはここやで♡」についてもお話させて頂きました!

 

コラムは全部で9つで、
zenzenと私でコラムは執筆&編集しました!(#^.^#)

 

【9つのコラムタイトル】

MBAと診断士って何が違うの?(たかじん)
養成課程とは?(JACK
③パーフェクト!模試の活用法(桃ちゃん)
勉強会 どうなの?どうする?(zenzen
⑤たかじん&へんーの超短期合格のコツ(桃ちゃん)
だいまつ&きゃっしいのやりすぎ受験生時代 振り返る(桃ちゃん、zenzen
⑦桃ちゃん&きゃっしいの育児/仕事/勉強両立トーク
もう一度受験するなら何を変えるか?(zenzen
モチベーションとメンタルに関する記事特集(zenzen

 

少しでも勉強方法の迷い解消や
モチベーションアップにつながって頂けたなら幸いです(>_<)

 

 


 

さて本日も2本の合格体験記をお届けします。

大変嬉しいことに一発合格道場史上最多の50件超の合格体験記・未合格体験記をお頂きましたので、
1日2本の体験記をご紹介させていただきます。どうかお見逃しなく!

 

まずお一人目は、「隙間時間を使って」
「一発合格道場の記事」を上手く活用され、
効率的な勉強で、見事ストレート合格のおかじさんの合格体験記をご紹介します。
それではどうぞ!

========ここから寄稿========

(0)受験生情報

名前(HN): おかじ
年   齢: 31歳

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

 

勉強課程と取得後の取り組みで力をつけたい!!

 

業務で、ある商品の売上改善・向上に取り組む中で、
コンサル出身の方の下で働く機会
がありました。

 

その方の手法は単にマーケティング領域に留まらず、組織面までをもロジカルにカバーして実に見事であり、自分自身も出来るようにし、自分自身の強みに育てたいと強く思いました。

 

しかし、私にはそれを実現するにはスキルが足りず、真似するだけの小手先のテクニックでも通用しないことを痛感していました。

では、「どうすれば良いのか?」、と考えた時に中小企業診断士になれば、その勉強過程と取得後の各取り組みの中で力を付けていけるのではないかと考えて挑戦することにしました。

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

学習開始時の知識・保有資格

日商簿記2級
初級システムアドミニストレーター
家電製品総合アドバイザー


得意科目

中小企業経営・中小企業政策、事例Ⅲ

 

不得意科目

経済、法務、事例Ⅳ

 

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット

 

学習スタイル  TAC 通信

■メリット[TAC]
・大手予備校らしい洗練されたテキスト
 →効率的な学習が可能(特に一次試験)
・受講生が多いため答練などの機会で全受験生の中の自分の立ち位置が分かる→ペースメーカーとして使える
■メリット[通信]

・時間に縛られずいつでもどこでも勉強できる。→隙間時間の活用
・通学時間がない。→その分勉強に充てられる

 

■デメリット[TAC]

・二次試験の解法はよくできているが私には合わず困った
一発合格道場の記事やセミナーで習ったやり方の方が自分には合っていたので、そちらに変更。

 

■デメリット[通信]

他の受験生がどの様に勉強しているか分からない
一発合格道場などの受験者支援団体のブログで様々な方の手法を知るようにした。
・二次試験対策では、周囲に他の受験生がいないので自分自身の答案を客観的に見てもらうことが難しい。
→補うために受験生支援団体の勉強会に積極的に参加!

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

学習開始時期と受験回数

2018年1月10日
1次 1回、2次 1回 ストレート合格

 

一次学習時間

519時間

ニ次学習時間

202時間

 

仕事柄海外出張が多く、一次試験の勉強期間 202日中、55日(27%)、二次試験の勉強期間75日中、31日(41%)が海外出張でした。

また、それ以外も平日は夜9時前後に帰宅する日々の上、
0歳児もいました。

従い、「合格点を取るための効率的な学習をする!」、「家では机に向かわないとできないことをやる。それ以外は移動時間でやる!」と決め、飛行機、往復2時間の通勤電車など移動時間のフル活用を意識しました。

(5)合格までの学習法

①1次 ※学習の流れ

【机】

TACの通信講座

TACの演習問題集

(問題集7科目が一周解き終わったら)

過去問

 

【移動時間】

用語の暗記と理解、TAC出版のスピード問題集アプリを購入し、問題を繰り返し解きました。

 

 

 

心掛けたことは、

・講義が終わったら、問題演習中心で理解を深めること。

(教科書の丸暗記や講座の聞き直しはしない)

 

・科目毎の得点戦略を明確化し、学習にメリハリを付けること。
マニアックな論点は捨てる(例 過去問の正答率40%以下のもの)
・どうしても覚えられない、理解できない論点には過度に固執せず、60点合格と割り切る。重要論点の場合はスマホにいれ、毎日目を通して定着を図ること。

 

・経済学や財務会計など理解が必要な科目の中でどうしても理解できない項目は、通勤時間に様々なWebサイト、YouTube動画を見ることで多面的にアプローチして理解を図ること。

 

 

②2次筆記※学習の流れ

【机】

過去問やTACの事例演習

 

【移動時間】

一発合格道場の記事で事例対応のノウハウを学び、自分のやり方の改善を行う

・(必要なら)前日の演習の復習

 

一次試験翌日から学習をスタートし、平日1事例、休日4事例は解くことを目標にしていました。

 

しかし、平日は帰宅時間が21時前後で、また夜は12時に寝ることにしていたので、事例と答え合わせで時間いっぱいのことが多々ありました。

その場合は、明朝の通勤時間に復習をしました。

 

また、一発合格道場の記事は二次試験対策を始めてからは移動時間に毎日読んでいました。
(→「ありがとうございます!!!」 BY 9代目を代表して桃ちゃん)

 

一発合格道場には秀逸な記事が多く、様々な方が書かれています。
(→「ありがとうございます!!!」 BY 道場 同上)
それぞれの方の記事にて参考になる知識や事例対応ノウハウなどで学べるところや改善できる箇所はどんどん取り込んでいき、自分自身の事例対応手法を形作っていきました。

 

ちなみに、私は事例のまとめノートやファイナルペーパーも自作しませんでした。

 

これは時間が足りず、ましてや机に向かえる時間が相当限られる状況において、似て非なるものを作ることに時間を割くくらいなら、道場の秀逸記事のポイントをコピペでまとめ、参照出来るようにした方が効率的と考えたからです。

 

 

(6)学習時・受験時のエピソード

飛行機での移動時間は絶好の勉強時間です。あるときの出張も飛行機で財務会計の問題をゴリゴリ解いていたら、上司に見つかり、「転職活動の筆記試験対策か?」と疑われました。笑

会社での気遣いや余計なプレッシャーを感じたくなかったのではぐらかしましたが、合格を機にようやく事情を説明できて良かったです。

 

 

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

仕事や家庭の都合でなかなか机に向かう時間を確保できない、という方も多いと思います。
私自身もそうで、中小企業診断士の受験を躊躇しました。

しかし、隙間時間を活用し、正しい情報を得て効率的な学習をできれば、机に向かう時間を多く取れなくても、そして家庭の犠牲を最小限にしても合格可能です。

皆さんの中でも中小企業診断士を取りたくても時間がないと躊躇していても、実は隙間時間なら多くあるかもしれません。

そうであればぜひ挑戦してみて下さい!

試験勉強は確かに大変です。

しかし、合格後にはこの資格なしでは知りえなかった人と出会えるなど、努力に見合った新たなチャンスが広がります。私も将来これを読まれた方とどこかでお会いできることを楽しみにしています。

応援しています!

========ここまで========

 

いかがでしたでしょうか。

「1歳の子育て」と「海外出張の多いお仕事」
それに加えて、診断士の勉強とは!!!すごいですね。

 

私も、子育てと仕事の両立で悩みましたが、
私は最初から長期戦(2~3年計画)でした。
桃ちゃんの合格体験記はこちら

 

それを、ストレート合格されているとは!!

 

私はついつい、こだわったり、完全理解を目指してしまうタイプでしたが、

きっとおかじさんは、そういう迷いを最初に断ち切り
合格するために必要なことを見極められていたんだな、と
拝見して思いました。

 

また、ご自身の勉強スタイルに合わないと感じたら
思い切って切り替えていらっしゃるのもスゴイですね。

 

一発合格道場のブログもご活用くださり
ありがとうございます!

 

 

おかじさん、ご寄稿いただきましてありがとうございました!

 

以上、桃ちゃんでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

✿:❀ 一発合格道場 電子書籍出版&記念セミナーのお知らせ ✿:❀

1月28日から好評発売中!

中小企業診断士試験 一発合格
特設ページはこちら

『診断士試験 一発合格』セミナー㏌東京

おかげさまで盛況のうちに終了しました!

セミナーのレポートはこちら。

 

『診断士試験 一発合格』セミナー㏌大阪

とき:2月9日(土)14時開始~17時頃終了
場所:大阪市内※詳細はこくちーずにて
対象者:診断士試験合格を目指す方
参加費:1,000円(懇親会を別途、17~19時頃で予定しています)
定員:25名
申し込み方法こくちーずにて

テーマ:
基本理論を知ろう!、学習計画のポイント、1次試験科目攻略法、2次試験対策の基本、事例Ⅰ~Ⅲの基本的切口と超高得点答案の考察、事例Ⅳ対策のイロハ、2次試験合格後のリアル、診断士の仕事のリアル、受験生支援団体を100%活用しきれ!、コラムの見どころはここ!、個別相談会 などを予定(変更となる可能性があります)

 

我々道場9代目活動の集大成となる書籍がいよいよ出版されます!!
タイトルはずばり
『中小企業診断士試験 一発合格』!!
Amazon kindle版、定価980円で絶賛発売中です。
この1冊で診断士試験の概要から試験対策、
合格後の道筋まで全てを知ることが出来ます
書籍出版を記念して、東京と大阪で出版記念セミナーを開催します!!
当日は9代目メンバーをはじめ、次期10代目メンバーの一部も登場して、
書籍内容やリアルな診断士情報をお伝えしちゃいます!!
セミナー後は懇親会も予定しておりますので、是非ご参加下さい!
皆様とお会いできることを、楽しみにしています。

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀


こんにちは、たかじんです。

何度も書いておりますが、嬉しいことに、一発合格道場史上最多の50件超の合格体験記・末合格体験記をお寄せいただきましたので、ペースアップして1日2本の体験記をご紹介させていただきます。毎日2記事アップされていますのでぜひお見逃しなく!
本日公開記事のもう一本はこちら。

さて今回ご登場いただくのは、簿記の非常勤講師をされているじょーりんさんです。「仕事が無くて暇だったから診断士の勉強を始めた」という、やや異色のバックグラウンドをお持ちのじょーりんさんの合格体験記をどうぞ!

 

==========ここから体験記==========

(0)受験生情報

名前(HN):じょーりん・43歳 男性

 

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

◆ 診断士の学習をはじめたのは、仕事が暇だったから。

簿記の非常勤講師(3級・2級)をしています。

12月から3月まで「仕事がない」と言われ、(冗談かと思ったら本当になかった)以前から気になっていた、診断士の学習をスタート。

 

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目 (3)学習スタイル

自分のペースでやりたかったので、「ライブ講座」は考えず、独学の自信もなかったので、通信講座の「診断士○×」を選択。

・3年間は追加料金なしで受講できます。

・質問できます。          の2点が決めて。

テキストを自分で印刷するなら授業料だけでしたが、プリンターがなかったので、テキスト込みを選択しました。+3万円でしたが、大量でしたしカラーで、印刷に手間取りやる気をなくしたりしなかったので、結果的にはよかった。

「通勤講座」はマインドマップが合うか不安だった。やってないからなんともいえませんが。

 

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

一次試験を1回、二次試験を1回(ストレート合格)

 

(5)合格までの学習法と(6)学習時・受験時のエピソード

◆ 教材が届くまで~学習初期にやったこと

2つの書籍を購入し、試験制度や全体像の確認をしました。

・スタートアップテキスト
・中小企業診断士合格へのはじめの1歩

 

1次試験の過去問を解いた。 H27年のものをやりました。

科目 経済 財務 経営 運営 法務 情報 中小
得点 44 76 68 54 36 28 35

意識したのは、40点と60点のライン
足きり回避と貯金科目の判断。学習の力の入れ具合を把握。
貯金科目の難易度がはね上がったら困るので、貯金科目が2つ以上いるな、と思っていました。

以下、学習した順に科目別で書いていきます。

 

◆ 学習初期 経済学・経済政策 (「診断士○×」はこの科目からスタートするため)

毎日1コマ受講しその内容をまとめていました。午前に2時間見て、午後に2時間でまとめる感じでした。すごくゆったりとしたペース。

経済学・経済政策は以下の補助書籍を購入。

・大学4年間の経済学がマンガでざっと学べる(コレすごく読みました)
・新 経済学 入門塾 ミクロ・マクロ(手が回らず買っただけに終わった)
・スピード問題集
スピ問は過去問レベルに到達していなくて、やっても意味ないなーと思いましたが、経済は貯金科目になったので役に立ったのかな?

疑問点はヤフー知恵袋なども活用しました。(とても役に立ちました)

 

◆ 企業経営理論

「診断士○×」の授業イマイチかもと思い始め、TACへ通うか悩みました。悩んでいる時に、ブックオフでTBCのテキストを発見。
TBCはテキストを購入すると、授業はネットで(無料で)見ることができます。
テキストに過去問もついていて、個人的には、(あくまで個人的には)TBCを7科目買えば1次はOKちゃう?と思います。もう一度受験するならそうします。でも2次対策はちょっとあわなかったです。

ブックオフでTBCの本を購入。

・TBC 企業経営理論
・TBC 財務会計
・TBC 運営管理
・TBC 速修 2次試験対策

 

◆ 年末に「ふぞろい」を発見

2次試験が大変だということがだんだんわかってきて、不安になっていたので、ブックオフでみつけた4冊を購入。

午前は授業・午後はふぞろいの写経というスケジュールに変更。
時間があったので(あると思っていたので)事例のⅠ~Ⅲの問題文・設問・設問意図・解答を写経しました。
解答は得点の高い解答を自分なりにブレンドしていました。写経は「理由は、①~、②~」みたいな解答の型を作るのに役立ったと思います。お勧めします。

 

ふぞろいのココが役に立った!

『与件文を下から読む』

過去生の学習方法です。最初は私もそれはない。と思っていましたがハマリました。
与件文を頭から読むと、どうしても中身を読んでしまいます。
下から読むことで、出題者の揺さぶりを受けずに情報として与件文を読むことができました。

 

『60点答案を意識できた』

写経のときは高得点な解答を作成していましたが、試験が近づくと6割をとる答案作成が目標になり、20点配点の問題の場合は、12点前後の方の解答を参考にしました。(これなら書けそうと思えた。)キーワードごとに点がついているので対応しやすかったです。

2次は、字数制限があるので1行20文字の枠もノートを買ってきて字数を考えながら書く練習もしました。

J-Net21の記事を写し、記事のポイントを考える事もしていました。

 

◆ 財務会計はところどころ受講

会計はいけるだろうとファイナンスを中心に受講、これもブックオフでけっこう昔のスピード問題集を見つけたので購入(100円だったかな)し、ファイナンスのところだけを切り貼りした見直し用の冊子をつくる。(ぜんぜん活用できずに終わりました)

・スピード問題集 (財務・会計)

このころは、すでに終わった3科目の過去問も回しつつ進んでいました。

自分では勉強漬けの日々でしたが1月中の勉強時間は180時間でした。たぶんこれが月間最高時間です。月200時間とか私には無理でした。

 

◆ 2月から運営管理と事例Ⅱスタート

運営管理はイメージがつかめず、『道場』の運営管理のページすべてを読み、必要なところだけまとめて、最終的には表裏1枚のシートにしました。「ないじゅか」考案した人スゲーとか思っていました。

 

◆ 3月から経営情報システム (「診断士○×」に戻りました)

情報は、得意な方とそうでない方の違いが大きい科目と思います。
私はかなり苦手でしたので、以下の書籍も活用しました。ブックオフにはお世話になりっぱなしです。

・ITパスポート最速合格術 (診断士のざっくりした予習にも使えると思いました)
・スピード問題集 (レベルが足りないと感じていましたが、苦手なのでここから)
・キタミ式 基本情報技術者 (とにかく読みました)
・柏木先生の基本情報技術者教室 (こっちも読みました)

このころ事例Ⅲがけっこう大変だと感じていました。
道場の記事を参考に本番は「やれていないことをする」で乗り切りました。

事例Ⅳは、イケカコノートには手を出さず、全知全ノウは購入したもののあまり活用できませんでした。

・30日完成!合格突破計算問題集(コレをメインにしていましたが、最後のほうは手が回らなかった)

4月から仕事が始まり学習時間が少なくなりました。

 

◆ 経営法務

最後までやばかった科目です。(TAC模試20点)

1次の10日くらい前に道場で「経営法務は過去問からは出ない」みたいな記事を読み、あわててスピテキを購入しました。
通勤講座とTACの模擬試験から重要なところだけをピックアップして線を引き、そこだけ読み込みました。会社法については会計士用のテキストも活用しました。英語については捨てました。

・スピードテキスト
・公認会計士試験 はじめての会社法

 

◆ 中小企業

なにから手をつけたらいいのかわかりませんでしたが、道場で「ほらっち」チャンネルを知り、内容をまとめ、行き帰りの道で覚えました。これ語呂合わせ?というところもありましたが、講義は勢いがあり面白かったです。最後のコメントは感激し、1次試験への行く電車の中で見直してガッツをもらいました。白書自体の研究までは手が回りませんでした。

 

◆ 模擬試験について

1次

通勤講座の模試は難易度が適度でした。画面上で間違えた問題だけ解き直しできたり、使いやすかったです。
TACの模擬は難しすぎました。ただ、受験の流れの練習になりますので、受けてよかったと思います。1日目の午前終わったときに、とてつもない疲労を感じました。

2次

TAC こちらも流れを把握するのに役立ちました。

 

◆ その他の本

・中小企業診断士 2次試験 事例攻略マスター
・要点整理ポケットブック1日目・2日目

 

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

あらためて振り返ってみると「道場」にすごくお世話になっていますね。ありがとうございます。なにかのお役に立てればと書いてみました。お読みいただきありがとうございました。

私が合格できたのはひとえに「運」ですが、ひとつの方法にこだわらず、試行錯誤したことはいいほうに転んだかなと思います。

診断士の試験はこれまでの経験や知識が活かせる試験ですので、学習のスタート位置が個人によって違います。

これはいいと私が感じても、ほかの方にとっては合わないこともありますし、その逆もあります。ですので、自分が弱いところはどこで、それをどう鍛えるのか、そのためには何が必要なのかという視点や、思い切って捨てる。そういう判断も大事かなと思います。

 

==========ここまで==========

いかがでしたでしょうか。

簿記の非常勤講師ということは、当たり前ですが財務会計は得意科目だったのでしょうね。「ファイナンスを中心に勉強」されていたと記載されていますが、それでも得点を稼ぐ科目になっていたのでしょう。

受験生の中には「財務会計を勉強しないで済むなんてうらやましい・・・」と思われる方も多いかもしれません。しかし実は中小企業診断士は弁護士の方や会計士・税理士の有資格者も受験する資格です。みんなバックグラウンドがバラバラな中で、いかに自分の有利な点を活かすかがポイントになってきます。

また、じょーりんさんは2次の勉強も1次と並行して進めています。私自身は一次試験が終わってから二次の勉強を始めたのですが、他の道場メンバーが言うように、ストレート合格を目指すのであれば、確かに2次の勉強は早目に始めた方がいいですね。じょーりんさんはうまくスケジュール管理が出来ていたようです。もっとも1月~3月に仕事をせずに勉強だけに打ち込むというのは、なかなか真似できないとは思いますが・・・。

ところで私が個人的に大変気になったのは「与件文を下から読む」というメソッドです。
これはふぞろいでは有名なメソッドなんでしょうか?
このメソッドの解説をぜひ聞いてみたいと思いますので、じょーりんさん、もし可能であれば、ぜひ補足のコメントをいただければと思います。

合格体験記の寄稿、ありがとうございました!

 

以上、たかじんでした!

 

☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!
☆☆☆☆☆☆☆
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!