カテゴリ「 » 実務補習」の記事



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログをあなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

※道場事例Ⅴ&Ⅵ(お疲れ様会)のお申込みは一番下にあります。東京は増枠しました!

現在申込受付中。お申し込みは先着順です!

 

 

みなさん、おはこんばんにちは、だいまつです。

 

事例Ⅴ(東京)、事例Ⅵ(大阪)の日程が迫って参りました。今年2次試験を受験された方も、そうでない方(1次で涙を飲まれた方)も日程調整がつけば是非ご参加くださいね

 

また、勉強を始めたばかりで来年の試験に向けてスタートダッシュを切りたい受験生の方も、先輩に話を聞くまたとないチャンスです。道場は来るもの拒まずです。「全然お疲れさんじゃないけど、参加したい」という新米さんも、是非いらしてくださいね。個人的には来た時点で、有益な情報とやる気を得て、合格率が跳ね上がるのではないかと思っています(そもそも参加する方は「積極的に情報収集をする姿勢があり、やる気もある」という優秀な方ですから、もともと合格が確立も高い)。

 

ちなみに、こんなことを言っておきながら昨年の私は参加していません(情弱だったので道場のことすら知りませんでした)。

 

さてさて、告知はこれくらいにして、今回私からは1次試験と2次試験、そして合格後の実務補習の関係について記事を書いていきたいと思います。

 

まずはじめに、下の表をご覧ください。

 

1次試験と2次試験の対応関係は以下の通りになっています。

 

 

この表を見ていただくと分かる通り、

 

企業経営理論は事例Ⅰ(組織・人事)と事例Ⅱ(マーケティング・流通)
財務・会計は事例Ⅳ(財務・会計)
運営管理は事例Ⅲ(生産・技術)

 

に紐付いていることが分かります。

 

少々乱暴かもしれませんが、残りの4科目は2次試験にはほとんど関係がありません。そのため、「1次のためだけ」と割り切って勉強をしていただいて大丈夫です。
(ここは少し異論が出そうな気もしますが、大丈夫です。割り切ってもちゃんと2次試験には受かります)

 

なお、中小企業診断士試験指導の最大手校であるTACのカリキュラムが、企業経営理論からスタートし、財務・会計、運営管理の順番になっているのは、2次試験にも絡む最重要科目3つを、なるべく早い段階から受験生に学ばせたいからだと思われます。

 

逆に言えば、この3科目を一通り学習すれば、2次試験に必要なベースは出来上がっている、ということになります。つまり、1次試験勉強のかなり序盤から2次試験勉強を並行してやれる、ということです。

 

1次試験日の8月上旬から2次試験日の10月の中下旬までは約2ヶ月半しかありません。そのため、余裕度合いは人それぞれだと思いますが、2次試験対策を早めに始めることを私はおススメします。

 

次に、2次試験と実務補習の関係についてです。

 

まずは、診断協会のHPに掲載されている「中小企業診断士試験から登録まで(コチラ)」に目を通してください(すでに「知っているよ」という方はスキップしていただいてOKです)。

 

簡単にまとめると、診断士の2次試験(筆記試験・口述試験)に合格した後、3年以内に15日間のコンサルティング業務を経験した上で、中小企業診断士として登録をしなければなりません。ちなみに、この要件を満たさずに3年経つと登録できなくなります(つまり合格の効力が失効する)。

 

この「15日間のコンサルティング業務を経験」という要件についてですが、普段コンサルティングの仕事をしているのであれば問題ないのですが(実務従事という)、多くの受験生の方がそういった状況にはありません。そのため、実務補習という先輩診断士から指導を受けながら本物の会社に対してコンサルティングする場が設けられています(もちろん有料/1日約1万円)。

 

そして、この実務補習には、5日間コースと、15日間コースの2コースがあります。

 

実務補習は、5日間がワンセットになっています。そのため、15日コースは毎年2月から3月までの2カ月間で5日間コースを3セットこなすイメージです。5日間コースは、毎年2月と7月、8月、9月に各月1回ずつ設定があります。

 

さらにこの5日間をバラしますと、

 

1日目は平日で会社を訪問してヒアリングを行います。2日目~4日目は土日にヒアリング内容をもとに診断報告書を作成します(2日目はヒアリングの翌日の土日のどちらか、3日目と4日目は翌週の土日両方)。そして5日目(平日)に再び会社を訪問して社長に診断報告書の内容を説明する、という流れになっています。

 

そのため、5日間のうち2日間は平日に休みを取らなくてはなりません。15日間コースですと、2ヶ月間という短い間にあらかじめ決められた日取りで6日も有給を取らないといけないため、参加するためのハードルが高くなります。

 

・・・簡単にまとめると言った割には、かなり長くなってしまいました。

 

さてさて、「2次試験と実務補習の関係」についてですが、実務補習では、5人から6人のパーティーを組みます。診断先の企業の業種は様々なので、業種によって診断が必要な分野は結構違いますが、オーソドックスな役割分担としては、①経営戦略、②販売営業戦略、③オペレーション戦略、④組織人事戦略、⑤財務戦略になります。

 

※ここでいうオペレーション戦略は、製造業の生産活動やサービス業の店舗運営、小売業の仕入れ等、販売・営業以外の企業活動のことを指しています。

 

経営戦略パートでは、経営理念やビジョンから企業として目指すべき大きな方向性を示します。そして、経営戦略以外のパートはそれぞれが経営戦略と、また他の戦略と整合するような形で、提言内容をまとめていくことになります。

 

例えば、経営戦略5年後に売上10億円を目指すというビジョンを設定した場合、

 

次に、売上目標を達成するために「どのセグメントの顧客をターゲットにするか、ポジションニングをどうするか(STP)、ターゲットに対してどんな製品・商品・サービス(Product)を、どのルート(place)で、いくら(Price)で、どうやって訴求(Promotion)するか」を決めたとします(販売営業戦略)。

 

すると次には、販売営業戦略で提供する「製品・商品・サービス」を、効率的にどうやって作り出すのかを考えなければなりません(オペレーション戦略)。

 

そうなると、この販売営業戦略とオペレーション戦略を実現するための組織体制はどうするか、人材面はどうするか(採用・配置・報酬・育成・評価)を考えなければなりません(組織人事戦略)。

 

一方で、以上の販売営業戦略・オペレーション戦略・組織人事戦略が、財務上とり得るものなのか、実行した場合に将来的なP/L、B/Sはどうなるか。場合によっては財務上のなんらかの手立て(例えば資金調達)が必要にならないかを考えなければなりません(財務戦略)。

 

この流れを見ていただくと分かると思いますが、販売営業戦略が変われば(売るもの・売り方が変われば)、オペレーション戦略が変わり(作り出すものが変わり)、組織体制や人事施策も変わってくることになります。さらにはシミュレーションした財務面の数字にも影響を与えてきます。

 

一方で、オペレーション戦略の実現が難しいとなれば、もちろん販売営業戦略が変わりますし、組織人事戦略も変わります。当然に財務戦略も影響を受けます。

 

また、資金調達が難しいとなれば、販売営業戦略オペレーション戦略に影響が出て、組織人事戦略も変わります。

 

さらに、販売営業戦略オペレーション戦略を支える、人の確保が難しい(数や能力)となれば、当然に販売営業戦略オペレーション戦略は見直さざるを得ず、財務戦略も影響を受けます。

 

このように、①経営戦略、②販売営業戦略(事例Ⅱ/企業経営理論)、③オペレーション戦略(事例Ⅲ/運営管理)、④組織人事戦略(事例Ⅰ/企業経営理論)、⑤財務戦略(事例Ⅳ/財務・会計)は、相互に密接に関係しており、企業経営を考えて行く上で、いずれも欠かすことのできない重要なファクターとなっています。

 

だから、中小企業診断士の2次試験は、事例I(組織・人事)、事例Ⅱ(マーケティング・流通)、事例Ⅲ(生産・技術)、事例Ⅳ(財務・会計)の4科目が試験項目となっているのです。

 

皆さんが中小企業診断士として世の中に出て、必ず役に立つ分野の力、逆の言い方をすれば「必ず備えていなければならない力」を「試している・育てている」のが、2次試験です。

 

そして、この2次試験に取組むための基礎作り(コンサルタントとしての必要最低限の知識を身に着ける)をするために存在するのが1次試験です。

 

そう考えると、1次試験から2次試験、そして実務補習と、中小企業診断士試験は本当によくできた仕組みだと言えます。

 

目の前の勉強に必死過ぎて、あれこれ考える余裕がなかった私は受験生時代にこのこと(奥深さ)に全く気付けていませんでした。実務補習を終えて気付いたときにえらく感動した記憶があります。

 

今回の記事は、

 

1次試験にこれからチャレンジしようとされている方に対しては、診断士試験の全体像とその奥深さ、そしてわくわくするような気持になっていただければとの思いで、

 

2次の結果をドキドキしながら待っておられる方に対しては、来るべき実務補習とはどういったものなのか、皆さんが必死に取組んで来られた2次試験は「本当に役に立つんだ」ということをお伝えできればとの思いで、

 

書きました。

 

皆さんが目指されている中小企業診断士になる(ゴール)ための道のりは、険しく長い道のりです。

 

しかし、中小企業診断士試験への合格は、コンサルタントとしてのスタート地点に立つことを意味します。

 

合格までの険しく長い道のりを越えた、さらにその先には、道なき道が続いています

 

その、道なき道を、切り拓いていくための力を与えてくれるのが、中小企業診断士試験制度でもあります

 

かなり寒くなって参りましたので体調にはくれぐれもご留意いただき、勉強に、ご家族サービスに、自分の趣味に、仕事に、励んでください。

 

以上、だいまつでした。

 

 

 

 

✿:❀ 道場事例Ⅴ&Ⅵ(お疲れ様会)のお知らせ ✿:❀

一発合格道場 事例Ⅴ&Ⅵ

☆中小企業診断士試験に今年挑戦された方、来年以降目指す方、道場メンバーと懇親会しましょう!
☆これから同期診断士になるであろう仲間と親睦を深めましょう!!

■一発合格道場〜事例V@東京~

お待たせしました!事例Ⅴ(お疲れ様会)申込受付中!!

お申込はこちらからどうぞ≫ ←クリック

□ 開催日時:2018年11月14日(水) 19:00~
□ 会場:新宿駅付近の居酒屋(追ってお知らせします)
□ 定員:20名→(10/25)応募多数のため30名に増枠しました!(先着順)
□ 参加費:4000円

■一発合格道場〜事例Ⅵ@大阪~

お待たせしました!事例Ⅵ(お疲れ様会)申込受付中!!

お申込はこちらからどうぞ≫ ←クリック

□ 開催日時:2018年11月9日(金) 19:30~
□ 会場:天王寺駅付近の居酒屋(追ってお知らせします)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:3500円

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


:❀:✿:❀ 道場夏セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 夏セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士2次試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

応募方法は後日ご案内します。まずは予定の確保をお願いします!!

■夏セミナー2018 in東京

□ 開催日時:2018年8月11日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:15〜19:15予定
□ 会場:月島区民館(〒104-0052 東京都中央区月島二丁目8番11号)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

■夏セミナー2018 in大阪

□ 開催日時:2018年8月18 日(土) 13:30〜16:30※懇親会は17:00〜19:30予定
□ 会場:マイドームおおさか6階会議室(〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号)
□ 定員:30名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

こんにちは、たかじんです。

さて一次試験の本番までいよいよ残り10日を切りました。
本日は、私からの一次試験前最後の投稿になりますので、試験に向けた若干のアドバイスと、前回の実務補習の続きについて書きたいと思います。

 

さて、本番までに残された時間、皆さんどのように過ごしますか?

①試験勉強について

自分が持っている経営資源をどのように使うか決めることは、経営において最重要課題です。これは経営に限らず、普段の仕事や、そして試験勉強においても、最も重要な決断です。どのように使うか決めるということは、逆に言えば、何をしないかを決めることでもあります。
今までもずっと書いてきていますが、試験勉強でやらないこと、手を出さないことをはっきり決めましょう。残りの時間は、きゃずさんも書いているように、これまで勉強してきたテキストやまとめノートを使って、知識の定着を図る時です。
そうは言っても「一次試験は範囲が膨大だから、テキストやまとめノートを全部イチから見直している時間なんて無いよ~」という方。おっしゃる通りです。全部イチから見直す必要はありません。難問・奇問の類も見直す必要はありません。これらも「やらない」と決めるべきことのひとつです。やるべきことは、これまでに問題集や過去問も何回か繰り返しているでしょうから、その中で平均正答率が高いのにきちんと理解できていない問題や、頻出論点なのに忘れてしまった分野だけをピックアップして見直しましょう。逆に「きちんと理解できている問題」というのは、正解の選択肢を選べるだけではなく、不正解の選択肢がなぜ不正解なのかきちんと説明できる状態を指します。このような状態になるまで繰り返し見直しましょう。
また財務会計の問題は、手と紙を使って毎日最低1問は解きましょう。

 

②生活面について

これも他のメンバーがいろいろと書いていますし、もう当たり前すぎてアドバイスにもなっていないかもしれませんが、やはり体調管理はきちんとしましょう。もうこの時期は睡眠時間を削ってまで勉強する時期ではありません。きちんと睡眠時間を取って、生活のリズムを整えましょう。

また、ここのところ日本全国で大変暑い日が続いています。室内では冷房をガンガン効かせている一方、一歩外に出ると灼熱地獄。この行き来を繰り返していると自律神経が乱れて、倦怠感や疲労感を招きがちです。これを防ぐには汗腺を活発化させるのが効果的と言われています。今から取り組むのは難しいかもしれませんが、意識的に汗腺を活発化させるように、ウォーキング等、軽く無理のない有酸素運動をするのも良いかもしれません。ただし昼間にやると熱中症になりかねませんので、早朝もしくは夜にしましょう。汗をかいたら、シャワーだけではなく、風呂に入ると血行も良くなります。

 

いよいよ試験本番

さあ、そしていよいよ試験本番を迎えます。試験本番で重要なことは、これも言い尽くされた感はありますが、「焦らない!」「最後まであきらめない!」、そして「気持ちを切り替える!」ことです。

試験中、今まで見たこともない問題に遭遇するかもしれません。「あれ、分からないな・・・。まあいいや、この問題は飛ばして次・・・あれ、次も分からないぞ・・・あれれ、その次も分からない・・・マズイ!」という状況になってしまうことがあるかもしれません。しかしそんな時は焦らず、深呼吸してこう念じましょう。「自分が分からないなら、みんなも分からないはず。焦らずに出来る問題を取り切ろう!

 

そして試験中は最後まであきらめてはいけません。時間ギリギリまで粘りましょう。最後本当に時間が無くなりそうな場合は適当にマークせざるを得ない状況になるかもしれませんが、それは最後の手段です。後悔しないよう、最後まで考え抜き、全力を出し尽くしましょう。

 

そして試験が終わったら、その科目のことはスパッと忘れましょう。あ~得点を稼ぐ科目だったのに出来なかった!」ということも往々にしてよくあるかもしれませんが、そこでクヨクヨしたからって点数が上がる訳ではありません。「切り替え!切り替え!」と10回唱えて、頭の中から終わった試験科目の記憶を消し去り、次の試験科目のことだけに集中しましょう。

 

さて、目指す一つ目のゴールまではもう少しです。これまで学習してきた成果を存分に発揮できるよう、皆さまのご検討をお祈りしております!

そしてぜひ夏セミナーでお目にかかれることを楽しみにしております!

 

・・・で、ここから前回の「ゆるわだ」の続きです。😅

なんとか2回目の実務補習を終えましたが、結果から言うと、若社長さんにかなり刺さる提案が出来たのではないかと自負しております!💪

私の担当は新規事業の展開計画に関する提案を作成することだったのですが、今まで診断先企業が蓄積してきた経営資源や当該企業の強みと、シナジー効果の得られる新規分野への進出を検討しなければなりません。これは二次試験でいうところの「提案系」の問題と同様、想像力も発揮しながら分析していく必要があります。

若社長も本業が好調なうちに、第二の収入源となる新規事業展開に目鼻をつけたいという想いがあり、本件についてのヒアリングをした際、相当期待されていることが伝わってきました。

 

7月15日(実務補習3日目)の実務補習に向け、仕事帰りに図書館にこもって、う~ん、う~んと唸りながらSWOT分析の結果を眺めていると、「むむ、ひょっとして、この分野に進出すると結構面白いことになるんじゃないか?」というひらめきがありました。

そこで、その分野の市場環境や競合の状況を調べたところ、診断先企業の事業がニッチなだけあって、需要はありそうだけれども、競合があまりいなさそうだということが分かりました。「お、これはいけるかも!」ということで、レポートを書き上げて、指導員の先生やメンバーに見てもらったところ、指導員の先生からも「良いところに目をつけましたね」とお褒めの言葉をいただくことが出来ました(すみません、自慢です😅)。

今回のグループは他の分野のレポートも比較的順調に進み、4日目の17時には、校閲もほぼ終了して、あとは製本するのみ、という状態でした。グループによっては、まだまだこの時点でもレポートの作成が終わらず、製本したのが日付が変わった頃、というケースもあるようです。

そして5日目の朝、若社長への報告をした際、新規事業展開のパートを説明すると、ふむふむと熱心にうなずきながらメモを取ってくれていました。最後に社長から、それぞれのパートについてコメントをいただいたのですが、私の提案した新規事業のパートでは、「今までこの市場については、考えたことがなかったのですが、本日の提案をいただいて、大変面白いと思いました。新規顧客になりうる企業の候補も出していただいているので、早速検討したいと思います」という力強いお言葉をいただきました。

中小企業へのコンサルティングは、「じゃあ明日から我々は何をすればいいの?」という問いに、できるだけ具体的に答えていくことが必要です。そういう意味では、いくつかの具体的な提案も示すことができ、我々にとっても、また若社長にとっても、意義のある実務補習が出来たのではないかと考えています。後日、若社長を囲んでの暑気払いの会を開催する予定ですので、その場でも改めて本音や、検討状況等をゆっくり聞いてみたいと思います。

自分はこれでようやく2つ目の実務補習が終わっただけなので、診断士登録はまだまだ先になりそうですが、やはり本業以外の企業の経営について一生懸命考え抜くというのは(本業で経営コンサルタントをやっている方は別にして)、非常にレアな経験であるとともに、とても新鮮で知的好奇心が刺激される経験です。また、他の優秀なメンバーからも大きな刺激をいただきました。診断士試験に合格すると、実務補習や実務従事等、こうした刺激的なイベントが待っています。これを楽しみに、試験合格に向けて頑張って下さい!

 

以上、たかじんでした。

それではまた。

 

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


✿:❀:✿:❀ 道場夏セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 夏セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士2次試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

応募方法は後日ご案内します。まずは予定の確保をお願いします!!

■夏セミナー2018 in東京

□ 開催日時:2018年8月11日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:15〜19:15予定
□ 会場:月島区民館(〒104-0052 東京都中央区月島二丁目8番11号)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

■夏セミナー2018 in大阪

□ 開催日時:2018年8月18 日(土) 13:30〜16:30※懇親会は17:00〜19:30予定
□ 会場:マイドームおおさか6階会議室(〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号)
□ 定員:30名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

こんにちは、たかじんです。

一次試験まで1か月を切りましたが、皆さん準備は進んでいますでしょうか?

「もう明日にでも試験を受けてもOK!」という猛者もいれば、「あ~来年また頑張ろうかなあ・・・」とすでにあきらめかけている方もいるかもしれません。

 

しかし!

試験は最後まであきらめてはいけません。

最後の3週間で詰め込んだ知識ばかりが、本番で問われることもあるかもしれません(いわゆるヤマが当たるってやつですね)。自分が今できることを着実にやりましょう。

先日の記事でも書きましたが、ここから先は新しいことに手を出してはいけません。今まで使っていたテキストや問題集、サブノートをひたすら復習して下さい。

新しい問題集とかに手を出し始めると、「あれ、この論点押さえてなかった!」とか「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」という不安が一気に襲いかかってきます。しかし、今そんな不安に襲いかかられたとしても、百害あって一利なしです。昨日のへんりーさんの記事にもありましたが、ネガティブに焦っても何も変わりません。残された時間は限られているのですから、戦線を広げて自滅してはいけません。今の戦線をきっちり守りつつ、復習に次ぐ復習で、今まで学んできた知識の定着を図っていきましょう!

 

 

 

ということで、本日の記事はゆるわだです。なんでこの試験直前のタイミングで「ゆるわだ」なんだ!👊と思う方もいらっしゃるとは思いますが、他の道場メンバーが残り1か月の過ごし方について、いろいろ記事を投稿してくれているので、勉強面については、そちらをご参照いただくとして 😅、昨日のへんりーさんの記事の前半と同じ趣旨ではありますが、本日は合格した後のことを息抜きがてら、ご紹介します。

 

皆さんすでにご存じだとは思いますが、中小企業診断士として登録するためには、一次試験(筆記)と二次試験(筆記+口述)に合格した後、

①3年以内に15日以上の実務補習を受ける、または

②診断実務に15日以上従事する

必要があります(一次試験合格後、中小企業基盤整備機構または登録養成機関が実施する養成課程を修了するというルートもあります)。

 

さてその実務補習ですが、何をするかというと、よく人によっては「リアル二次試験」という言い方もされますが、実際の中小企業に対して経営コンサルティングを行います。5~6名で1グループを構成するのですが、そこに中小企業診断士の先生が指導員としてついて下さいます。

具体的には、先生の指導の下、

① 診断先企業や業界の調査・事前分析
② 診断先企業の社長へのインタビュー
③ インタビューを受けて診断先企業の分析
④ 診断報告書作成
⑤ 診断先社長へ診断結果を報告

といったことを行います。

平成29年度に合格した場合、今年の2月から実務補習が受講できました。実務補習には15日間コース(5日間×3社)5日間コースがあります。ヒロちゃんやへんりーさんは15日間コースを受講して、すでに中小企業診断士に登録していますが、私は2月は5日間コースのみを受講しました。

というのも、これも語りつくされている感はありますが、コースの初日と最終日は、診断先企業の社長へのインタビューと報告があり、ここが必ず平日になってしまうため、有給休暇を取得しなければならないのです。これが結構シンドイ。

15日間コースを受講するのであれば、最低でも2日間×3回=6日間の有給休暇を1か月半の内に取得しなければなりません。私の場合、業務が忙しい時期と重なってしまったため、15日間コースの受講は断念しました。

2月以降では、今年は7月、8月、9月にそれぞれ5日間コースが設定されており、私は7月コースを受講している真っ最中という訳です(7月5日、6日、15日、16日、17日)。

ちなみに忘れてはいけないのは、5日間のコースを受講すると約5万円、15日間のコースを受講すると約15万円の費用がかかります!ちゃんと資金計画を立てておきましょう!

 

 

さて久々の実務補習ということで、2月の実務補習の際に作成した診断報告書を読み返して、手順を思い出し、いざ出陣!

初日は指導員の先生2名(1名は副指導員の先生です。副指導員の先生が付く場合と付かない場合があります)やメンバーとの顔合わせを行い、午前中は診断先企業について、事前に個人で調査した内容を共有します。

午後は診断先企業に行って、社長へのインタビューを行います。診断先企業については守秘義務があるので、当然のことながら詳細はお知らせできませんが、今回の診断先は社長さんが若い!30代で起業して、これまで順調に業績を伸ばしてきています。

ちなみに診断先企業は、「債務超過に陥っており、今にも危ないので、生き残るためのアドバイスが欲しい」というという企業もあれば、「これまで順調に業績も伸ばしてきているが、さらなる発展のためにアドバイスして欲しい」という企業もあり、千差万別です(今回の企業は後者でして、私が2月に受講した実務補習の際も後者のタイプの企業でした)。

自分で診断先企業を決められる訳ではないので、どちらのタイプの企業に当たるかは運次第ですが、やはり前者の企業に当たった場合の実務補習は雰囲気がかなり重いそうです。そりゃそうですよね、生きるか死ぬかみたいな瀬戸際かもしれませんし・・・。

 

それはともかく、若社長に根掘り葉掘りお話をお伺いして、なんと4時間のロングインタビューを行ってしまいました。長時間お付き合いいただいた若社長、ありがとうございました。

このインタビュー結果を受けて、2日目はクロスSWOT分析等を行い、それぞれの担当(経営戦略、財務、営業、人事・組織、新規事業等)を決めました。そして7月15日の3日目の受講日に向け、レポートをシコシコ書かなければいけません。

このブログを書いている時点(もちろん当記事が掲載される7月13日よりちょっと前ですが)では、まだほとんど書けていない状態です 😅。さてこれから巻きを入れて書きますが、やはり実務補習は面白いです。様々なバックグラウンドを持ったメンバーと一緒に、今までまったく知らない業界の企業の社長にインタビューを行い、侃侃諤諤の議論を行い、一冊のレポートにまとめ上げていく。その作業は確かに辛いこともありますが、非常に新鮮ですし、これが若社長の役に立つものに仕上がれば、望外の喜びですよね!

ということで受験生の皆さん、試験勉強も追い込みでプレッシャーが厳しいと思いますが、合格した後には、こんな新鮮な世界が待っています。ぜひ残りの期間、最後まであきらめずに粘って下さい!

次回の記事では、診断報告書の詰め作業や、若社長への報告会の様子をレポートします!

 

以上、たかじんでした。

それではまた。

 

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


議論のイメージ

皆さんおはようございます、多分日本〇育大学卒の初の診断士(予定)のヒロちゃんです。

違ったらすいません、というかどなたかご存知でしたら是非教えて下さい(笑)。

 

多くの企業では3月期末としているで、お仕事が忙しい方も多いと思いますが、一日30分でもよいので継続して学習をしていきましょうね。

学習は習慣化しないと辛いですからね。。。。

 

閑話休題、

 

今週の月曜日、わたしは実務補習15日間コースの最終日を迎え、修了式と3社目企業への診断報告を無事終えました。

今回は実務補習について私が感じたことをお伝えできればと思います。

 

実務補習とは

詳しくは協会ホームページ参照してもらえばなんですけども、

ざっくり言えば実際の中小企業に対してリアル2次筆記試験を、5~6人のチームで行うみたいな感じです。

2次試験合格後にこの実務補習もしくは実務従事というもののどちらかを行わないと、中小企業診断士登録をすることが出来ないんです。

実務従事もやることは基本的に実務補習と変わらないんですが、社会人経験豊富な方や既にプロのコンサルをされている方が、知り合いの経営者やクライアントにお願いして診断報告書作成するっていう内容です。

実務補習は診断士協会主催、実務従事は個別に行うって感じです。

 

私の実務補習内容について

ここからは実際に私の実務補習経験談です。

 

チームメンバーとの合流

まずはチームメンバー及び指導員との合流です。

実務補習初日にオリエンテーションとして大きな会場に実務補習を受ける方々が集めさせられます。チームメンバーとはこのタイミングでほぼ初顔合わせでした。

メンバーの選定方法は多分住んでいる住所ですかね、私含め6人のチームでしたがほとんど神奈川県在住でした。

よく都市伝説でメンバー内に必ず財務に明るい銀行マンや証券マンが1~2人アサインされると言われていましたが、私のチームは銀行マンはいませんでしたね。結果的に1名本業で財務スキルを駆使されている方がいたので大変助かりましたが。。。やはり2次試験同様に実務補習でも財務は鬼門です、ここが苦手な人ばかりだと厳しいでしょうね。

他のチームは平日もスカイプやメッセンジャーで都度都度議論しているところも結構あるらしいですが、うちのチームメンバーは経営戦略の骨子などを決めた後は基本的に個人プレイでしたね(笑)。それでもしっかりと始めに方向性を共有出来ていたので最終的にひとつの報告書として、うまくまとまめられたなと思います

診断業務

その後指導員の診断士先生のアドバイスを受けながら、診断先企業の社長ヒアリング、現状分析、課題設定、改善提案を行っていきます。守秘義務があるので詳しくは述べられませんが以下が私の診断した企業です。

  • 1社目 部品メーカー(B2B)

本業ほぼ利益なし。

  • 2社目 衣装制作会社(B2B,B2C)

債務超過状態。

  • 3社目 化粧品販売会社(B2B,B2C)

債務超過状態。

いかがでしょうか、結構しびれる状況ですよね。。。。

世の中の中小企業の多くは日々生きるか死ぬかの瀬戸際で頑張っているのです。

 

楽しかったこと

やる気ある気立ての良いチームメンバーと頭から湯気出して沢山議論出来たことが、とても疲れますが楽しかったですね。自分には無い知識やスキル、考え方を皆さん持っているのでとても刺激を受けました。指導員の先生方のお話もとても興味深く勉強になりました。

あとは楽しかったというと語弊があるかもしれませんが、リアルな企業実態を知ることができたことはとても良い経験でした。

 

辛かったこと

私は会社員ですが、実務補習と本業との両立が大変でしたね。実務補習15日間コースは合計で7日間平日使うので、その分会社を休まなければいけませんし、仕事が終わったあとも報告書作成にほぼすべての時間を費やしました。もちろん土日も。

約1か月半そんな生活を続けていましたので、実務補習と本業と頭の切替にも疲れました。

 

実務補習を終えて今思うこと

疲れた~

今の率直な気持ちとして滅茶苦茶疲れたので、早く週末の休みにならないかな~と思ってます(笑)。

実務補習を終えることでやっと一区切りついた気持ちですが、早く次なる一歩を踏み出さなければという焦りにも似た気持ちも同時に湧いてきていますね。

 

2018年度合格目指す皆さんへ

アンテナ張りましょう

皆さんへのアドバイスとして、試験勉強も大事ですが、もっと視野を広げた世の中の動向などにも日々アンテナを張ることも大事かなと、実務補習を通して思いました。実際の生身の企業に相対するには教科書の知識だけでなく、世の中のトレンドを踏まえた診断助言のほうがはるかに効いてきますからね。

もちろん、試験合格しないと実務補習受けることもできないので、試験勉強優先で(笑)。

考え抜く

実務補習始まるまで何を準備していいかわかりませんでした。私にはコンサル経験もありませんし、何か人より秀でた分野があるわけでもないので、本当に実務補習乗り切れるか心配でした。じゃあ結局どうしたかというと、

「24時間夢に出てくるくらい実務補習のことを考える」

っていうやり方でした(笑)。

自分なりに考えて考えて考え抜いた結果、メンバーと胸襟を開いて議論できたし、微力ながら診断先企業のお力になれるように報告書が完成できたと思います。

実務補習に限らず、「考え抜く」ってことは何事においても最重要だなと思いますね。

 

以上、早く花粉症の季節終わってほしいと切に願うヒロちゃんでした‼

 

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

応募方法は後日ご案内します。まずは予定の確保をお願いします!!

■春セミナー2018 in大阪

□ 開催日時:2018年4月7 日(土) 14:30〜17:30
□ 会場:大阪写真会館 5階B会議室
□ 定員:25名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

■春セミナー2018 in東京

□ 開催日時:2018年4月21日(土) 14:00〜16:30
□ 会場:浜町区民館(〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目37−1)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

 


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

再現答案集はココ!↓

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

一発合格道場 2次口述試験対策セミナーin東京

2018年12月9日(日)30名を超える方に参加頂きました。ありがとうございました!

18口述セミナーin東京レポート

 

————————————————–

18夏セミナーin東京レポート

18夏セミナーin大阪レポート

————————————————–
18春セミナーin東京レポート

18春セミナーin大阪レポート

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版発売開始しました



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX