カテゴリ「 » セミナーレポート」の記事



こんにちは、ますけんです。

 

5月もあっという間に終わりですね!気候としては「」というより「」。街を歩くと長袖の人よりも半袖の人の方が多くなってきていると感じます。
同時にだんだんと近づいてきています、1次試験

本番は真夏の溶けそうなぐらい暑い日の2日間です。受験生の多くはクーラーの効いた室内にこもり試験勉強をしていますので、体力があっても結構キツイです。
夏バテになって本番を迎えては大変!スパートに向けてエンジンをかけて勉強している中ではあるかと思いますが、規則正しい生活を心がけて体力を落とさないようにしましょう!


 

さて、5月27日(土)に『春の絶対合格フェスin大阪』が開催されました。ご参加いただいた方、お忙しい中足を運んでいただき誠にありがとうございます。

多くの参加者に喜んでいただけたようで、こちらも本当に嬉しいです!

ますけんも横浜から駆けつけましたが、多くの参加者と疑問やお悩みをご相談させていただき、少しでもお役に立てたかなと思っております。

 

ということで、今回は春セミナーin大阪の様子をレポートさせていただきます。

<セミナーまでのあゆみ>

8代目メンバーたっしーが関西枠ということで、悲願だった2年ぶりの大阪セミナー。東京セミナー終了後からたっしーを中心に企画・準備を進めてまいりました!

8代目からは、たっしー以外に大学時代を関西で過ごし関西に良き思い出を持つたけぴょんと、診断士として全国を駆けずり回りたい野望を持つますけんが参戦しました。

また、先代からは6代目のなごさんと同じく6代目のうみのさんにもご参加いただき、なごさんには先代枠としてプレゼンテーションをしていただくことにもなりました。

内容ですが、好評だった東京セミナーと大きく変えず、受験生の学習スタイルに合わせて様々な悩みや疑問にお答えできるようなテーマを設定いたしました。

 

<第1部:試験概要と戦略概要>

私ますけんが司会進行をしつつ、まず試験の概要について簡単な説明をさせていただきました。


そのあと、たけぴょんから通学ストレート生としての事例紹介をしました。

通学生はこの時期完成答練の真っ只中。点数が思うように伸びないことで、「答練行きたくない病」を発病している方も多いのではないでしょうか?そして、たけぴょんもその中の1人でした。

そうした中、うまーく「意識改革」を図り、結果的に合格を勝ち取ったというストーリ
ーです。



通学生として日々増える課題により学習ペースを乱すリスクがある反面、そこを克服できれば合格の可能性はぐっと高まるということを改めて感じました。


続いてたっしーより独学ストレート生としての事例紹介です。ペースメイキングがしづらい独学生でありながら高いモチベーションを維持し、効果的な学習ができたたっしー。その秘訣はPDCAサイクルを回すことと、学習内容を精査し「選択と集中」を行うことにありました。



やることやれば誰でも合格できる」という声に参加者の多くが元気付けられたのではないでしょうか。


そして、最後になごさんより先代からのメッセージです。パワーポイントは使わず、ホワイトボードを展開していきました。

内容はコンビニエンスストアを事例に用いながら中小企業診断士のあるべき姿についてのお話です。

なごさんがおっしゃっていた「社長の想いに寄り添う」姿勢は、参加者が診断士のあるべき姿を具体的にイメージできたのではないかと思います。私自身も駆け出しの診断士として大変勉強になりました!

 

<第2部:フリーディスカッション>

休憩を挟んで、グループに分かれてのフリーディスカッションです。なごさんとうみのさんにも加わっていただきました。

勉強方法や時間の確保、苦手分野の対策、1次試験当日の様子やモチベーションの維持方法など、多岐にわたるご質問をお答えしていきました。

 

<第3部:懇親会>

セミナー自体は第2部で終了。場所を移しての懇親会が第3部です。お酒が入る中、よりフランクな質問が飛び交い、参加者同士での交流も進んだのではないでしょうか。

 

<雑感〜東京と大阪の違いについて〜>

結論から言うと、「ほぼない」です。参加者の悩みや疑問が東京と大阪とでは異なるのではないかと思って参戦しましたが、基本「変わらず」です。どこにいたとしても受験に有利不利は全くないことを確信しました。

やるべきことをやれば受かる!」ということも全国共通。1次試験の本質だと思います。ここからの残り70日、「何を」、「どのように」進めていくかが全てですので、「意識改革」を行い、無駄のない学習ができるよう「選択と集中」を行いましょう。

道場一同、夏セミナーでお待ちしています!

 

皆様からの応援が我々のモチベーション!!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑



おはようございます。8代目のたっしーです。

昨日はセミナーと懇親会に参加して頂き、ありがとうございました。絶対合格のエッセンスは持ち帰って頂けましたでしょうか?

本日は、セミナーに参加できなかった方へ向けて、特別篇として「一発合格道場 春の絶対合格フェス2017」のレポートをお届けします。

今回「受験生タイプ別の疑問にお答えします!」と題し、参加者の様々な悩みや疑問にお答えできるように準備しました。

スライド0

・はじめに

ゆっこの司会で、まずはメンバー紹介からスタート。道場セミナー恒例の先代メンバー参加枠は、初代からJCさん、ハカセさん、7代目からこばさん、細川さんが参加してくれました。

続いて、セミナーでの注意点として「できるだけメモを残す」こと、そしてゴールは「今年絶対合格する進め方を見つける」「仲間や先輩と交流をもつ」ことを、共有しました。

そして絶対合格のエッセンスを、ITO、ルナ、ロック、TOMの順でプレゼンテーションしました。

スライド4
スライド5

・第1部

まずはITOから、初受験の方に向けた「試験概要と当日の注意点」として、日程、試験会場、当日の食事、トイレ、途中退室などの注意点ご紹介。
途中脱落してしまう方が多い1次試験において、気持ちとモチベーションの重要性をお伝えしました。

スライド9

スライド12

 

続いては学習タイプごとの事例をご紹介。トップバッターはルナから「通学ストレート」の事例発表を行いました。
通学ならではの陥りやすい罠と、その対策をご紹介。与えられたカリキュラムをこなすだけではなく、自分の求めるスキルを見極め、どこまでできたかを確認することの重要性は、独学でも通信でも同じだと思います。
試験当日に「思いっきりアホになる!」やり方は、私も驚きでした。

スライド7

スライド14

 

続いては、ロックから「独学ストレート」の事例発表。独学ならではの強みを活かした学習の進め方と、自己管理の必要性をご紹介。文字にすると簡単なように見えますが、明確にビジョンをもって愚直に繰り返すことは、1次試験対策ではとても重要ですし、それには自己管理が必須になると思います。

スライド6

スライド9

 

最後にTOMから「多年度」の事例発表。多年度生の観点からやってはいけないことと、その対策をご紹介。本気度が足りない、計画性が無い、基礎力が無いなど、不合格になった要素を分析して反面教師にすることは、絶対合格には欠かせないと思います。

matu2-001

matu3-001

・第2部

ここからはフリーディスカッションとして、前半は学習タイプ別に分かれ、後半は科目別とよろず相談コーナーを設けて、先代も交えながら直接質問や相談にお答えしました。

勉強方法や時間の確保、苦手分野の対策、1次試験当日の様子やその心境、モチベーションの維持や合格後の様子など、話題は幅広く、時にはブログでこれをやって欲しいなどの要望も頂きました。

その後、チームごとの「気づき」を皆の前で発表して頂きましたが、率先して挙手して頂いた方、ありがとうございました。

・第3部

ここからは場所を移動し、懇親会という名の個別相談会がスタート。懇親会から参加の方と、6代目tomoさん、7代目noriさんも合流して、ここでも多くの質問が飛び交っていました。

参加者同士で悩みを共有したり、叱咤激励したり、道場メンバーに普段聞けないこと聞いたりと、熱い交流ができて大変嬉しく思っています

私なりにですが、セミナーや懇親会のいい点は「一度にまとめて話が聞けること」だと思っています。日ごろ抱えている疑問や悩みをまとめて聞けるだけでなく、例えば勉強方法や考え方など、時に正反対の方法や考え方が出てくることがあります。ここで方法の良し悪しではなく「なぜその方法を選択したのか?」「それによって何を得たのか?」「その上で何を思うのか?」などを双方からまとめて聞くことは、「パクってカスタマイズ」する基礎になります。

 

夏セミナーでお待ちしています!

 

スライド14

これは今回のセミナーで繰り返しお伝えした、道場8代目メンバーからの言葉。セミナーの宣伝のようにも聞こえますが、この試験を突破することの難しさを体感したからこそ、夏にもう一度会えるように頑張って欲しいという、熱い言葉
やり方や置かれている状況は人それぞれ違いますが、道場メンバーは皆さんの「絶対合格」を応援しています。セミナーで持ち帰ったエッセンスをパクってカスタマイズして、「今年」「合格」勝ち取って下さい。

(まだ早いですが・・・)吉報をお待ちしています。

たっしー

皆様からの応援が我々のモチベーション!!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑


おはようございます。フェイマオです

先週金曜日に2次筆記試験の合格発表があり、(口述試験は残っていますが)今年度の診断士試験に向けて勉強を続けてこられた方にとって峠を越えた頃かと思います。
蓋を開けてみると、今年も昨年度に続き合格率20%を切るという厳しい結果でした。

合格された皆さま、本当におめでとうございます
これからの1週間は、体調管理を最優先事項としつつ事例企業の概要や、事例文中で扱われた1次知識の再整理をしてください。
※手前味噌ですが宜しければ、こちらのシートも参考になさってみてください。

一方で残念ながら不本意な結果となり、悔しい思いをされている方もいらっしゃるかと思います。
私も1回目の2次試験の合格発表後は、茫然自失となっていました。捲土重来を期して、再度試験勉強を再開したのが年が明けた1月中旬以降でしたが、それまでの約1ヶ月間は“診断士試験”なるものをシャットアウトしていました。
結果的にこれが功を奏し、試験勉強から離れたおかげで(2次筆記試験以降からすると約3ヶ月近く)、“再度挑戦して、診断士になりたい”というモチベーションが再燃し、また合格に向けて走り出すことができたと思っています。

今年涙を呑んだ受験生の方の中で、一昨年の私と同じようなお気持ちの方がいらっしゃいましたら、診断士試験から離れてみて、ご自身の中にある“やる気スイッチ”を再確認されてみる期間を設けてみる事を検討されてみてはいかがでしょうか?


さて、本日は先週土曜日に道場主催の『口述セミナー』の様子をご報告させて頂きます

当日は、午前中から道場メンバーで集まり、セミナーの最終打ち合わせを行いました。

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e2%91%a0

17名の2次筆記試験合格者の方々にお集まり頂き、14時から口述セミナーを開催しました。
最初に、7代目リーダー こば より2次口述試験の概要並びに押さえておくべきポイントについて説明をさせて頂きました。
※以下、こばのプレゼンの様子です。

%e8%aa%ac%e6%98%8e%e2%91%a0

%e8%aa%ac%e6%98%8e%e2%91%a1

こばのプレゼン後、実際の口述試験の様子を体感して貰うため、参加された受験生の皆さんに模擬面接を受けて貰いました
17名の参加者を2つのグループに分け、それぞれのグループで1人あたり10分前後で2回模擬面接を実施しました。

模擬面接開始前の参加者の皆さんの様子です。
リラックスされた中にも、事例を読み込まれる方もいるなど緊張感がやや漂ってきています・・・

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e5%89%8d%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

そして、面接官は我々道場メンバーが務めさせてただ来ました

実際の口述試験では、優しい面接官の方もいれば、圧迫面接をされる先生もいらっしゃいますので、その辺も考慮して、それぞれが役割を担ってみました(笑)

厳しい目で受験生を見つめるリーダー こば (((;゚Д゚)))

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e5%ae%98%e2%91%a1%ef%bc%88%e3%81%93%e3%81%b0%e3%80%80%e3%81%ae%e3%82%8a%e3%80%80%e3%81%82%e3%81%8a%ef%bc%89

 

一方、こちらは細川泰志の質問に身構えている受験生を優しくみつめるたきも ε-(´∀`*)

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e5%ae%98%e2%91%a0%ef%bc%88%e7%b4%b0%e3%80%80%e3%81%9f%e3%81%8d%ef%bc%89

 

そして、実際の模擬面接の様子がこちら

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a0

実際の口述試験の面接官は2人の診断士の先生が行いますが、模擬面接では3名の面接官がそれぞれ①回答した内容②回答に要した時間③姿勢や目線など面接に臨む態度 をチェックし、面接後にアドバイスをさせて頂きました。

回答者は参加された受験生の方の前で質問に答えるため、試験とはまた違ったプレッシャーを感じられるのも、このセミナーの特徴です
※因みに、昨年の口述セミナーのサブタイトルが“公開処刑”でした

(llllll゚Д゚)ヒィィィィ

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a1

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a3

後ろで見守る参加者の皆さんも、『他の受験生の方が受けた質問』をメモしたり、『自分だったらどうやって答えるか?』を考えたりと、真剣な様子で臨んでいただけました。

そして、1回目の模擬面接が終了し、休み時間の様子がこちら。
参加された受験生の方々と一緒に笑顔を見せるnoriです

%e4%bc%91%e6%86%a9%e6%99%82%e9%96%93

2次筆記試験を無事に合格された参加者の皆さんの笑顔が素敵ですね

そして、2回目の模擬面接は実際の口述試験を想定し、面接官との距離を取った位置でスタートしました。

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a2

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a4

2回目となると緊張もほぐれ、1回目の道場メンバーからのアドバイスを活かし、皆さん自信をもって回答されていらっしゃいました

2回目の模擬面接終了後、場所を変え懇親会と称した合格祝賀会を開催させて頂きました

こちらも大いに盛り上がり、参加された受験生同士や道場メンバーとの交流を深める良い機会でした

当日ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。この場を借りて、あらためて御礼申し上げます。
そして、2次筆記試験に合格された皆様が、無事口述試験を乗り越えられる事を心よりお祈り申し上げます

以上、セミナー報告でした

To be continued・・・



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

2次試験まで、あと72日!
二次対策は順調に進んでいますか?

二次に向けての戦いが本格的にスタートした今週。その中で、昨日例年ご好評頂いている一発道場の夏セミナーを開催致しました。in東京は題して「2次試験ロケットスタートセミナー」。(名古屋も開催されましたよ!)

熱中症予防情報が発令される猛暑にもかかわらず、40名もの多数の方にご参加頂きました。
ロケットスタートセミナーは、“「11週間の学習で合格率20%の栄光を勝ち抜くゴール」への指針を立てる”がテーマです。
スライド050


第一部は「2次ロケットスタート戦略」と題して、フェイマオ&細川くんから2次試験の概要とポイントをお話したのに加えて、実際に合格者が2次試験をどう乗り切ったかをこばとnoriからお話しました。
スライド061

ざっくりハイライトすると、こんな感じです。

IMG_1296

<こばの戦略>ストレート生は多年度生と同じゴールを目指さない。
通常なら、読む→考える→書く、の順で強化するところを“逆張り”で

書く ⇨ 考える ⇨ 読む の順で強化する!

IMG_1309

<noriの戦略>

多年度生は「自分で考える環境を整えることが重要」。そして、「自分のいつも通りを知って」「自分に自信を持って解けば合格する!」


第二部は先代も含めた合格者のパネルディスカッションで、道場メンバーがこの時期に疑問に思ったことや、事前に頂いた質問に回答する形でノウハウをお伝えしました。

7代目:碧のたのしいファシリテーションで話を深耕。
IMG_1363

お越し頂けなかった方のために、下記に一部を共有しますね。

質問:勉強会に参加するメリット・デメリットは?
・安定して得点できるようになった「ターニングポイント」は何だったかを合格者に聞き倒した(うみの)
→うみのさんのばあいは、多面的に考えられるように知識を入れる必要性に気付いたこと
・勉強会のメリットは客観的な視点が得られること。デメリットは時間のロス。会わずにそれぞれの解答を採点する勉強方法を行い、客観的な視点(他の人に読みやすいか)をチェックした。会わずに行うため、無駄な時間を節約する効果があった(ひめ、3215)
・ペースメーカーとして活用。また、仲間が出来ることで孤独感を解消した(tomo)

質問:時間内に解き終わりません。どうしたらいい?
・解き終えるしかない。逆算して書く時間を確保すること。そうしないとスタートラインに立つこともできない(3215)
・実は診断士試験では時間の制限がいちばん難しいと思う。とにかく数をこなして安定的に80分をとけるようにすること。(うみの)
・メンタル的な視点でアドバイスすると、自分が『パニクった状態』であることに気付けること。80分の中で気付けば立て直せる。コツは、自分の中でプレイヤーだけでなくマネージャーとしての視点をもつこと。(ひめ)
・間に合わないのは『読むこと』に時間がかかるから。最初に設問を読みこんでから、与件を読んでいた。また、考える時点で『解答の骨子』をもっていた。書き直すことがないくらい。これができると考える時間を持てるようになる。(JC)

 質問:一緒に学びを進めるにあたり、友人の答案を採点する基準がわかりません。
・ちゃんと与件から『原因(材料)』をとってこれているかで採点した。本試験では、何らか材料がとってこれていれば点は貰えると思う。(フェイマオ)
・予備校の採点講師は採点マニュアルがある(それに従って採点する)。学び合うときも、採点者の気持ちになって解くのが良いと思う。二次試験の解答は、「作問者の意図を当てにいくゲーム」だと思うと楽しいかも。(おと)
・自分たちの勉強会では、事例によって必要なキーワードが入ってないとアウト、としていた。各事例ごとにキーワードを自分でまとめるとよい。まとめても、各事例でA41枚もいらないくらいになるはず。(碧)
・日本語として一読してわからないものはアウト。(かおりん)
※体験談を参考にする際に重要なのは「人それぞれ合格への道のりが異なるから、自分に合った方法を探すこと」です。くれぐれも盲信しないように!

パネルディスカッションの中でも、「ボクはこういう方法でやった」「オレはそれには賛成できないなー」みたいな一幕もありました・・・笑


第三部では、1・2部を踏まえて「自分自身の課題」を共有し、今後の指針を考えました。5〜6人のグループで道場メンバーとともにディスカッションをすすめ、会場の時間いっぱいまで話が尽きないくらい盛り上がりました。

 セミナーの後は懇親会へ。
こちらも本編に負けない熱気と盛り上がりでした。
セミナーにご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
ご参加頂いた方も、ご都合が付かなかった方も、一発道場ブログは皆さんの合格を応援し続けます。
最後に、1次合格の方へ。これは絶対忘れないでくださいね!!!
 スライド129
次回、冬の口述セミナーでお目にかかれますのを楽しみにしております。そして、道場8代目はあなたかもしれません・・・!
合格、心よりお祈りしております。

では、今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん



こんにちは、とりです。
今日はGW中盤、お仕事の方、お休みの方それぞれかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?8月の1次試験まで、大型の連休はこれが最後です。ぜひ、ご自身にとって有効な時間になるようこの貴重な連休を最大限活用してくださいね。

さて、先日4月29日(金)に開催しました、”一発合格道場2016春セミナー”の開催レポートをお届けします。GW初日にもかかわらず、約40名の受験生の方々にご参加いただくことができました。本当にありがとうございました。

今回のセミナーは、テーマを「残り100日の合格戦略」と題し、以下の4部構成で実施しました。

spring_seminar_表紙 spring_seminar_agenda

 

はじめに

司会を務めたフェイマオより、セミナーテーマと道場メンバーの紹介を実施しました。7代目執筆メンバー8名だけでなく、初代メンバーのハカセJC、4代目のイラサム、6代目の岡崎教行おはとも も参加させていただきました!

 

第1部 残り100日の合格戦略

ここでは7代目執筆メンバー4名によるプレゼンを実施しました。

トップバッターはかおりん残り100日の合格戦略の立て方を紹介しました。1次試験までの100日、試験攻略に向けた自分だけの合格戦略が鍵を握ります。

①科目毎の進捗・捻出時間を把握し、
②100日後目指すゴールに向けた課題を定め、
③ゴールに向けた行動を明確化した、
まさに「自分だけの合格戦略」のつくり方をお伝えしました。
まずは「敵(試験)を知る」ということで、1次試験の概要と受験者・合格者の推移を紹介。
そして、「味方(合格者)を知る」として、省エネ合格の重要性をお伝えしました。
「仲間(自分)を知る」では、第2部のグループワークで使用するワークシートを使った現状分析、問題点・課題の抽出、合格目標点数の設定を行い、さらに立てた戦略を100日継続するにはモチベーションが重要であることに触れました。
spring_seminar_戦略 spring_seminar_実行
次に、合格者を代表して、7代目道場メンバー3名の軌跡をお話しました。
ストレート合格代表碧(あお)「基礎知識なし、記憶力なしがどうやってストレート合格するか!?」ということで、「選択と集中」の重要性を紹介しました。
捨て問は潔く「バッサリ」捨てて、頻出で取れる設問は着実に積み上げて、467点という高得点でストレート合格を果たしました!非常に効率的で、お見事!!というしかありませんね。
spring_seminar_碧1 spring_seminar_碧2
続いて科目合格代表として私とりが、科目合格2年の軌跡をお話しました。
とりは受験生のみなさまにお伝えしたいことが多く、プレゼン資料を「バッサリ」できず、かなり駆け足のプレゼンになってしまったことは反省点です。特にお伝えしたかったのは、
  • 科目合格保有者は誰しも悩む保険受験科目
  • なかなか克服できない苦手科目の乗り切り方
  • スキマ時間の積み重ねが大事なこと
  • 体調やメンタル管理
です。
ストレート合格を目指す方はとりのようにならないように悔しくも昨年やそれ以前から未合格となっている方は、とりの軌跡が参考になれば幸いです。
spring_seminar_とり
最後は、こちらもストレート合格たきもより、モチベーションコントロールについてお話しました。
さすが居合道5段の強者です。受験校こそ利用していましたが、ほぼ独学に近い学習スタイルにもかかわらず、「合格する」と周りにいいふらし合格後のイメージもしっかりもって見事ストレート合を果たしています。こちらも「あっぱれ!!」ですね!
spring_seminar_たきも1 spring_seminar_たきも2 spring_seminar_たきも3

第2部 グループワーク

ここでは受験生がグループに分かれ、先程のワークシートを用いて現状分析、問題点・課題抽出、目標設定を行い、その後グループ内で意見交換、情報交換、お悩み相談などを行いました。受験生それぞれの課題認識はもちろん、受験生同士や道場メンバーとの交流が活発に行われました。
セミナーの目的は、合格者である道場メンバーのノウハウをお伝えするだけではなく、切磋琢磨しあう受験生仲間をみつけることにもありますが、みなさま活発に名刺交換、交流されて、その目的も十分に果たせたのではないでしょうか。
spring_seminar_仲間 nakama

第3部 フリーディスカッション

ワークシートを離れ、各グループで自由にディスカッションを行いました。とりも1グループに参加しましたが、勉強方法や有効な勉強ツール、診断士の仕事像にまで話題は広がり、大変活発で有意義なディスカッションが繰り広げられました。
最後にフェイマオとかおりんより、「受験申込は絶対に忘れないように」、とアナウンスしました。みなさま、くれぐれも、申込だけは抜かりなく行ってくださいね!

セミナー終了後は懇親会

とりは残念ながら参加できませんでしたが、先代道場メンバーも多数参戦し、大変な盛り上がりだったと聞いております。受験生のみなさまと道場メンバーが熱く濃い交流ができたことは、大変うれしく思っております。
kanpai2
また、アンケートからも多数のお礼や光栄なコメントをいただき、今回のセミナーが少しでもみなさまのお役に立てたのかな、と実感しております。
最後になりますが、GW初日の貴重な時間を、当セミナーにために割いていただき、本当にありがとうございました。
セミナーに参加いただいたみなさまはもちろん、参加できなかったみなさまにも、これからもブログで様々な情報をお届けしつつ、受験生のみなさまの合格を心よりお祈り申し上げます。
spring_seminar_合格祈願

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、とりでした。

累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

春セミナー@東京&大阪
終了しました

大阪セミナーレポートはこちら
東京セミナーレポートはこちら

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX