カテゴリ「 » くだらないほどわすれない」の記事


✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込み受付3月24日(日)12時開始
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

どーも、そーやです。

今月は道場のセミナー月です。10代目メンバーとして、皆様とお会いできることを楽しみにしております。まだ東京は若干名空きがあるようです。ぜひこの機会に診断士勉強の一つのマイルストーンとして、セミナーをご活用下さい。

また先日は新元号の発表がありましたね。古風なシステム業界では、改元対応として新たなメンテナンス画面を追加して、顧客に新元号を入れてもらうという、なんとも言えない対応をしています。まあそれでも対応はできるのでまだましな方ですが、システムから出力するワードなどの文書にベタ書きで“平成○○年”と書かれている仕組みですと、改元発表まで何も出来ないので今月がヤマだとなっている事業者も居るのではないでしょうか。そんな業界に携わっていた一人として、新元号の発表は何ともいえない気持ちで迎えました。

さて今日は経営情報システムについての話題です。

経営情報システム関係の用語、言葉が分かりにくい”問題”

先代も毎年経営情報システムの略語について記事をあげているほど、システム関係は略語がとっても多いです。去年はきゃっしぃさんが【情報システム】大量の横文字や略語に対応するにはこちらで紹介しております。そして略語ならまだしも日本語訳でさらに意味が分からなくなるものがあることがとても問題です。そのため、本日は3点ほど略語とその意味合いについて紹介していきたいと思います。

①SaaS(Software as a Service/ソフトウェア・アズ・ア・サービス)

最近の主流の言葉です。インターネット経由でソフトウェアを利用するサービスのことを指し、代表的なものとしては、「Gmail」や「Office365」などが挙げられます。なお、ワードやエクセルで有名な「Office」ですが、家電量販店でパッケージ(DVD等)を購入する形態はSaaSに該当しません。それは現物が手元にあるからです。

直近でも出題されており、平成29年第23問で真正面から問われました。

 

 

 

 

ア:PaaSの場合、インフラ部分とミドルウェア部分が合わせて提供されます。
イ:組み合わせるものではありません。SaaSではミドルウェアも含めてサービス提供者が構築しています。例えばMicrosoftは「Azure」と「Office365」を提供していますが、前者はPaaSやIaaSの提供であるため、この選択肢は間違いです。
ウ:SaaSの特徴として、従量課金制があります。だいたいが利用人数に応じて料金体系が変わるため、小規模事業者の場合にはSaaSがおすすめです。(別に月額固定制のSaaSでもいいけど、法的に義務付けられてはいません)

そのため正解は「エ」です。

上記選択肢でも出たPaaSやSaaSの概念図として分かりやすいものを引用します。緑色の部分が各サービスの提供範囲です。


参照 データのじかん「《図解》いまさら聞けないクラウド用語: SaaS、PaaS、IaaSってどういう意味?そしてその違いとは?」

SaaSインフラ+ミドルウェア+ソフトウェアのオールインワンです。これを導入すれば面倒なサーバーの設定やOSの設定なども考える必要ありません。一方、PaaSはインフラ+ミドルウェアのみの提供であり、IaaSはインフラのみの提供です。
本格的にシステム関係の仕事を本業としない場合であれば、この程度の理解で十分かなと思います。

 

②EA(Enterprise Architecture/エンタープライズ・アーキテクチャ)

情報システムを構築する上で、対象業務の最適化のみならず、企業全体に渡る業務システムの最適化を図ることが重要視されており、その手法としてエンタープライズアーキテクチャ(EA)が提唱されている。(平成30年経営情報システム第19問より)
なかなか理解するのに大変な日本語ですが、Wikipediaよりはまだマシな記述です。私自身が情報処理試験を勉強していく中でも、EAは結構意味が分かりにくい言葉だと思っていました。

ざっくり言えば、経営を良くするためにITを導入し、経営戦略とIT活用それぞれ上手くやっていく、ということです。そしてその基礎として、4つの要素(ビジネスアーキテクチャ、データアーキテクチャ、アプリケーションアーキテクチャ、テクノロジーアーキテクチャ)が存在しています。これらが平成30年第19問で問われました。

 

 

 

 

ア:データアーキテクチャの説明です。
イ:ビジネスアーキテクチャの説明です。
ウ:アプリケーションアーキテクチャの説明です。
エ:テクノロジーアーキテクチャの説明です。

そのため正答は「イ」です。

EAを覚える上に4要素を理解するのは大変かもしれません。簡単なイメージをすれば、ビジネスアーキテクチャは業務プロセスに関して、データアーキテクチャはデータの構造や関係性に関して、アプリケーションアーキテクチャは各システムの機能や関係性に関して、テクノロジーアーキテクチャは技術的要素に関して、体系的に示したものです。
私は暗記方法としてよく下らない覚え方をするのですが、EAの場合には「いえーい(EA)、た!」と頭文字をとって無理やり語呂合わせしてました。なんのビデオ当てて喜んでいるんですかね…IT系で有名な奴であればOSI参照モデルの覚え方で「アプセトネデブ」がありますが、そんな感じで自己流です。

 

③ERP(Enterprise Resources Planning/エンタープライズ・リソース・プランニング)

企業資源計画と訳され、企業の資源を活用するための考え方として、上記のEA(エンタープライズアーキテクチャ)と共に広まった考え方です。
経営情報システムでも、平成25年の第21問の選択肢の一部として登場して以来、直近5年間では出題はありません。ただし今後ERPシステム業界では今まで自社サーバーに設置して提供していた、いわゆるオンプレミスでの提供の形態から、クラウドサービス(SaaS)での提供にシフトしつつある、転換期でもあります。そのため、今後出る可能性もあることと、ERPという言葉を知っておいて損はないという個人的な気持ちから取り上げました。

ただしERPの言葉を理解するには、まずMRPの説明をした方が理解は早いです。MRP(Material Requirements Planning)とは、資源所要量計画と訳され、生産管理の現場にて、在庫管理や部品発注などの製造計画を立てるときの手法です。資材管理などの効率化から企業利益を上げていく考え方であり、それを発展させて会社の資源(ヒト・モノ・カネ)を活用する手法としてERPが生まれました。そしてそのままですが、ERPをシステム化したものがERPシステムと呼ばれます。構成としては会計システムや人事システム、生産管理システムなど、複数の業務を統合したシステムです。
なおERPの実現のためには業務プロセスの改善手法であるBPR(Business Process Re-engineering/ビジネスプロセス・リエンジニアリング)なしには語れません。が、話がだいぶ深くなるため、この程度にします。

流れとしては、MRP→BPR→ERPといった流れで考え方が出来上がりました。生産管理の効率化が実現MRP)→業務プロセスの改善BPR)→生産管理だけでなく、人材や会計、顧客管理など企業全体での業務効率化を実現する(ERP

そのため、平成25年第21問にもありましたが、ERPシステムを導入するためには、業務プロセスの改善とセットで導入を進めていかないと最大限の効果が得られません

詳しくは以下のリンクにもありますが、診断士試験だけを考えた場合には経営情報システム関係にこれ以上の深入りをする必要はありません。むしろ、どいこうが取り上げている財務の問題を解いた方が効率的です。システム関係者としては寂しい限りですが、財務会計も好きなのでそっちを重点的に勉強していただいて、事例Ⅳまで繋げてほしいとも思います。

参考サイト
ferret「【ERP・BPR・MRPどう違う?】情報を一元化する「ERP」の概要と類似語の意味を解説」
クラウドERP実践ポータル「“MRP”から“ERP”への変遷とそれぞれの特徴」

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

✿:✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込み受付3月24日(日)12時開始
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!
名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


☆もくじ☆
1.記憶定着のための3つのポイント
2.自分の得意分野に引き寄せて、苦手を好きに変える
3.経営情報システムの攻略法
4.中小企業経営・政策の攻略法
5.直前詰め込みについて

文字数:約3300字(約5分で読めます)


こんにちは!頑張るあなたの応援団☆かわともです!
TACストレート本科生の講義スケジュールでは、情報が終了し法務に突入したころですね。。たいへんですよね。。速習クラスは経済の真っただ中で、4月からの暗記3兄弟(情報、法務、中小)を間近に控えている時期でしょうか。
前回の記事の「合格体験記分析」では、苦手科目の上位に法務、中小がランクインしており、「暗記科目って苦手…」と感じる方は多いのではないでしょうか? 私は記憶力が良いほうではなく、特別な知識を持っていたわけではないのですが、暗記方法を工夫することで、情報と中小で高得点をとることができました(情報84、中小81)。そこで今回は、私の考える「暗記科目の攻略法」についてお届けします。
なお、法務は加点後48のため今回は書けません…。10代目法務部(たっつー&いよっち)にまかせた!

1.記憶定着のための3つのポイント

①反復復習する
②問題を実際に解いてアウトプットする
③自分の得意なものに引き寄せて、苦手を好きに変える

記憶の定着に関しては、カナダのウォータールー大学のよく知られた研究があります。

引用元:ウォータールー大学のHP

学習後何も復習しなければ、どんどん記憶は衰えていく一方ですが、次のようなペースで復習をしていけば、記憶がよみがえるのだそうです。
復習1回目:学習後24時間以内に10分間
復習2回目:1週間以内に5分間
復習3回目:1か月以内に2~4分間

診断士試験の場合、こんなに短時間で復習するのはムリだと思いますし、復習と復習の間隔にも個人差があると思いますが、間隔をあけた反復復習が大事であることは間違いなさそうですね。

また、脳研究者の池谷裕二氏は、アウトプットの重要性を書かれています。

“情報の入力と出力では、脳は圧倒的に「出力」を重要視します。「この情報はこんなに使われるのか。ならば覚えなければ」と海馬は判断するのです。
勉強の仕方でいえば、教科書や参考書を何度も見直すよりも、問題集を繰り返し解くような復習法のほうがより効果的といえます。”

引用元:PRESIDENT Online『「復習4回」で脳をダマすことができる』

テキストの理解に長い時間をかけるよりは、どんどん問題集を解いたり、テキストにメモを書き込んでいくことが効果的ということですね。

2.自分の得意分野に引き寄せて、苦手を好きに変える

これは経験上けっこう重要だと考えていますので、しっかり解説しますね。
「苦手だな、なかなか覚えられないな」という科目は、内容が難しくて理解できないから。それならば「自分の得意な方法で覚える」か、「自分の好きなものと結びつける」という方法で、中身はさておき、カタチから好きになってしまいましょう!苦手な科目でも、好きになれば一気に仲良くなれますよ♪

■自分の得意な方法で覚える

以前ちこまる(仮)やksknが、「自分に向いている覚え方」についての記事を書いていました。
ちこまる落書きする・他の人に聞いてもらう
kskn5回音読する
私は「ゴロ合わせ・お絵描き・ポケテキへのメモ書き込み」という方法が向いていました。ゴロ合わせは学生時代にものすごい量のゴロを覚えました。古文、英単語、歴史…はるか昔の思い出。。
ご自分の得意な覚え方をうまく活用されると良いと思います。

■自分の好きなものと結びつける

よく「趣味は形から入る」という人がいますが、この方法はまさにそれ。例えば私は法務が苦手なのですが「法務を勉強する時には、すごくおいしいコーヒーを入れる」のような感じで、強制的にモチベーションを上げる方法です。「法務の勉強ではおいしいコーヒーが飲める!」みたいに、学習時間を楽しい時間に変えるとアタマに入りやすくなる気がします。
それでは実際に、情報と中小は具体的にどのような方法で覚えたのかを解説します。

3. 経営情報システムの攻略法

①ゴロあわせ重視
情報はゴロあわせを最も活用した科目です。「この単語覚えたいけど、なかなか定着しないな」と思ったら、その場ですぐにゴロを作ります。すぐに作れなければ「ゴロ待ち」の単語をメモしておき、スキマ時間にまとめて作ります。情報ゴロ合わせは、ゴールデンウィーク後に予定している「渾身!論点シリーズ」で1回分書く予定ですので、よろしければご参考にしてください。

②時にはお絵描き
例えばインターフェース。全然覚えられないので、スマホで画像検索してテキストにささっと絵をかきました。下手でも全然OK。「SCSIってこんな形なんだぁ」など、スッと頭に入って定着します。

③日常生活で知識を復習
職場でPCを起動するとき「BIOS」と出てくるのを見て「あ、BIOS出てきた」と考えたり、夫がIT系なので「ねぇLPWAって知ってる?」と話題を振ってみたりしました。普段の生活で意識的に学習内容に触れるようにすると、知識が定着しやすいですよね。

4. 中小企業経営・政策の攻略法

①「頑張れば80点以上を狙える」科目であることを意識する
これは予備校の先生から中小の第1回目で言われたのですが、

経営:難易度の変動が激しいため、5割を目標にする。
政策:出題論点がある程度決まっているため、8割の得点を目標にする。
押さえるべきところを押さえて勉強すれば、80点以上が狙える。しかも実務に役立つから覚えておいて損はない。得点源にしましょう!

「攻略法」とか「覚え方」というわけではないのですが、この一言がものすごく心に残り、「80点を目指せるんだ!」という気持ちが頑張る土台になりました

②『一発合格まとめシート』でインプット
9代目きゃっしいさん著のテキスト超おすすめです!!80点以上とれたのは、多分この本のおかげ。

〈メリット〉
様々な政策をまとめた表が秀逸で、試験で狙われやすい論点を串刺しで覚えられる(この表が手元にあるかないかで、2マークくらい稼げるインパクトはあると思う)
ゴロ合わせやイラストで、膨大な知識をスッと覚えられる
〇「まとめシート」の重要ワードが赤字になったバージョンがデータでついてくるので、手軽に持ち歩いて反復復習できる

ちなみに「一発合格まとめシート」は7科目が前編・後編の2冊に分かれており、後編には「経済、情報、法務、中小」が収録されています。他の科目にもイラストや語呂合わせが数多く載っていますので、暗記科目が苦手な方にとってはかなりオイシイ1冊だと思います。

③同友館『過去問完全マスター』でアウトプット
中小は法改正がありますが、この本は過去問を法改正に対応させたうえで掲載しているため安心です。

〈メリット〉
〇論点別に過去問が掲載されているため、タテ解きが可能
〇掲載問題がABランク中心のため、しっかり基礎固めができる
〇出題頻度の高い論点はページ連続で何題も掲載されているため、いやでも覚えることができる

『一発合格まとめシート』でインプットしつつ『過去問完全マスター』を5回転すれば、80点台はもうすぐそこ!?
※「テキストを絞り込んでしゃぶりつくせ」と口酸っぱく言っている私ですが、中小だけは法改正&白書対応があるため、問題集を別に調達したというわけです。

5.暗記科目の直前詰め込みについて

前回の記事で「H30年度合格体験記の分析」を行ったところ、超短時間型や効率重視型の学習タイプの人には「暗記科目は試験の直前に詰め込む」という傾向がありました。「直前」とは具体的にどれくらいの時期をさすのかは人それぞれでしょうが、(1週間?それとも1か月?)よほどの超人でない限り、「直前詰め込みタイプ」も反復復習を行っているのではないか、と推測します。また、「試験前1か月からは暗記科目に割く時間を増やす」など、時期によって学習科目の濃淡をつける方法も効果的だと思います。
直前詰め込みを行う方は、「短期間で反復復習するテクニック」を見つければ、点数を伸ばせるかもしれません!10代目の短時間学習トリオ(そーや、たっつー、どいこう)のノウハウを、Let’sパクってカスタマイズ♪

以上、かわともでした!今日も明日も、皆さまにとって良い日になりますように。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログをあなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

こんにちは、たかじんです。

さて間もなく口述試験の発表ですね!
とは言っても、寝坊して試験会場に行けなかったとか、全く無言のまま試験が終わってしまったという方以外は、合格しているはずですから、穏やかな気持ちで結果を待ちましょう。

 

そしてすでに告知されておりますが、道場では新年1月12日(土)に合格者対象の「診断士ロケットスタートセミナー」を実施します。詳細は決まり次第またお知らせいたしますが、「診断士活動とは具体的にどのようなことをしているのか」、話を聞いてみたいという方はぜひお越しください!

 

✿:❀ 道場ロケットスタートセミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 診断士ロケットスタートセミナー2019 in東京
2018年1月12日(土)昼予定 @勝どき区民館
・2018年12月25日(火)発表の診断士2次試験合格者向け対象
・参加費:1000円(別途、懇親会を計画中)
・定員:30名予定
・別途、こくちーずにて別途受付開始予定
実務補習・実務従事、企業内、転職、独立…など診断士活動のリアルをお伝えします!
活躍する診断士になりたい方、同志を探したい方はぜひお越しください!!

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

 

さて皆さんが受験した「中小企業診断士試験」は、要するに「経営コンサルタント」の国家資格ですから、皆さんは「経営コンサルタント」という職業に、少なからずご興味があるのではないでしょうか。

 

そこで本日は、診断士試験とはまったく関係ない「ゆるわだ」で恐縮ですが、私が米国に留学していた際に、大手コンサルティングファームへの就職を志望していた友人達から聞いた、コンサルティングファームの就職試験の内容についてご紹介したいと思います。

初めてその話を聞いた時、「へえ、そういうアタマの使い方があるのか」と感心した覚えがあります。もう10年以上前の話ですから、現在のコンサルティングファームへの就職・転職には、直接役に立つものではないと思いますが発想力や数字感覚を磨く訓練のひとつとして、ご紹介します。

 

コンサルティングファームの当時の就職試験は、いろいろとアタマを働かせる問題が投げかけられてくるそうです。ケース問題、発想力系問題、定量化問題といったところがメジャーな問題です。

 

1.ケース問題

ケース問題と言うのは、まさに中小企業診断士の二次試験と同様、与件があって、その問題に対して、どのように対処するかを問われるケーススタディです。

 

2.発想力系問題

発想力系問題の中で、友人が私に紹介してくれたものの一つに、「パン屋で売っているパンの種類を出来るだけ多く挙げろ」というのがありました。

皆さん、こういう問題はどうやって考えますか?

コンサルタント志望の方や診断士の勉強をされてきた方であれば、「ここはMECE(Mutually Exclusive Comprehensively Exhaustive)で考えよう!」と思うかもしれませんね。

なにせ単純に列挙しようとすると、

「えーと、食パンでしょ、フランスパン、クロワッサン、サンドイッチ、あ、サンドイッチといっても、カツサンドやポテトサラダサンド、BLTというのもあるな・・・」といろいろ浮かんできますが、こういう考え方だと、思考が発散しているようで、MECEになっていない感が非常に強いですよね。

 

ちなみに友人が示してくれた解答案は、以下のとおりです。

 

まず、パン=生地×形状×中身×調理方法に分解します。

生地に使う粉:小麦粉(強力粉・薄力粉)、大麦、ライ麦、米粉・・・

パンの形状:四角、細長、丸、包む・・・

パンの中身:何もなし、肉(ビーフ、ポーク、チキン、ラム・・・)、野菜・フルーツ類(レタス、トマト、きゅうり、ポテト、玉ねぎ、イチゴ、バナナ、リンゴ・・・)、魚介類(ツナ、サーモン、エビ、カニ・・・)、卵・乳製品(ゆで卵、オムレツ、バター、チーズ、マーガリン、生クリーム)、調味料(マヨネーズ、ケチャップ、塩、胡椒、マスタード、ホースラディッシュ、ジャム、ピーナッツバター、チリソース、チョコレートソース・・・)、

調理方法:生、トースト、揚げる、炒める、蒸す・・・

 

確かにこれらをいろいろ組み合わせて掛け算すれば、あっという間に膨大な種類のパンが挙げられそうですよね。

もっとも、ビーフとチョコレートソースが一緒に包まれたパンなんて、誰が食べるんだよ・・・というご意見もあると思いますが、一見難しそうな問題も、このように要素ごとに分解すると考えやすくなる、ということです。

 

3.定量化問題

定量化問題というのは、いわゆる「フェルミ推定」です。常識的に妥当と思われる前提を置いて、ロジックでいろいろな数値を推定する問題ですが、有名な問題に「ロサンゼルスにピアノの調律師は何人いるか?」というものがあります。皆さんも聞いたことがあるかもしれません。

 

この問題に対する解答例をご紹介します(以下は、「サイエンス脳のためのフェルミ推定力養成ドリル(日経BP社)」からの引用です。ただし原書の中で、例えば10³というような記載がある場合、引用では私の方で10^3と書き換えています)。

(引用ここから)

推定する必要があるのは、

(1)ロサンゼルスにはピアノが何台あるか、(2)調律師一人で何台のピアノを調律できるか、ということです。

ピアノの台数の推定に必要なのは、(1)その町の人口、(2)ピアノを持っている人の割合、(3)これもまたピアノを持っている学校や教会その他の数、です。

調律師一人で調律できるピアノの台数を推定するために必要なのは、(1)ピアノを調律する頻度、(2)1台のピアノの調律にかかる時間、(3)一人の調律師がピアノの調律を行う総時間、です。

 

つまり、推定する必要があることは以下のとおりです。

1. ロサンゼルスの人口
2. 一人当たりのピアノの割合
3. ピアノ1台の年間調律頻度
4. ピアノ1台の調律にかかる時間
5. ピアノの調律師一人の年間労働時間

 

最初からみていきましょう。

1. ロサンゼルスの人口は10^8人よりもずっと少ないはずです(米国の人口が3×10^8人であるため)。そして10^6人よりはずっと多いはずです(通常の大都市がこの規模であるため)。そこで10^7人と推定することにしましょう(たかじん注:10^8というのは10の8乗のことです。数字に直すと、100,000,000、つまり1億ということです)。

 

2. ピアノを所有していると考えられるのは、個人、学校、教会です。楽器を演奏する人の割合は、人口の約10%です(1%~100%であることは間違いないので)。音楽家のうちピアノを演奏する人は多くても10%ですが、その人たちが皆ピアノを持っているわけではないため、ピアノを所有する人の割合は、音楽家たちのおそらく2~3%でしょう。
これは人口の2×10^-3となります(たかじん注:10^-3というのは、10の-3乗のことで、0.001、つまり0.1%ということです。ここで2×10^-3といっているのは、楽器を演奏する音楽家10%×ピアノを所有している人2%、つまり0.2%ということです)。教会はおおよそ1,000人に1つあり、その1つ1つにピアノが1台あると思われます。

また、学校は、生徒約500人に1校(もしくは人口1,000人当たりに約1校)あり、各校にピアノが1台あると思われます。

つまり、1人当たりのピアノ台数は、4×10^-3~5×10^-3台(たかじん注:先程の個人分2×10^-3に、教会分の1×10^-3と学校分の1~2×10^-3を合計したもの)です。これにより、ピアノの台数は、おおよそ10^7×4×10^-3=4×10^4となります。

 

3. ピアノの調律頻度は、1カ月に1回よりも少なく、10年に1回よりも多いだろうと思われます。そこで、1年に1回と推定しましょう。

 

4. ピアノ1台の調律にかかる時間は、30分よりはずっと長く、1日よりは短いはずです(音程の狂いがあまりにひどい状態ではないと仮定します)。そこで、2時間と推定しましょう。もう一つの考え方として鍵盤のキーが88個あることに注目する方法があります。1つのキーに1分かかれば、1.5時間かかることになります。キー1つ当たり2分であれば、3時間かかることになります。

 

5. フルタイムで働く人の労働時間は、1日に8時間で、週に5日間、1年に50週間であるところから、8×5×50=2,000時間となります。2,000時間あれば、1,000台の調律が可能です(すごい!)

 

つまり、ピアノ4×10^4台には40人の調律師が必要ということになります。

 

どのくらい現実に迫れたでしょうか。そこで、住民10^6人(ロサンゼルスの10分の1)の我が町の電話帳を見てみると、「ピアノ-調律、修理、塗装」という見出しの下には16件載っています。1件につきおそらく1人か2人の調律師がいて、おそらくはフルタイムで調律を行ってはいないと思われます。ということは、どうやら私たちの推定はこの5分の1しかないようです。しかし、ただ当て推量した場合よりもかなり近い数字です。

(引用ここまで)

 

さて、この考え方を応用して、私もひとつ推定してみたいと思います!

「日本におけるビールの消費量は、年間でどのくらいか?」という問題について考えてみましょう。

なおこの文章を書いている時点では、私も答えは知りません。これから計算してみましょう!

 

まず、こんな前提を置いてみます。

日本の人口は1.2億人、80歳代後半が平均寿命だとして、0歳~9歳、10歳~19歳、20歳~29歳・・・80歳~89歳と10歳ごとに年齢を切り分けて全部で9つのグループを作ります。それぞれのグループには同じ人口が所属すると仮定すると(実際には団塊の世代の人数が多いですが)、1つのグループには1.2億人÷9=1,333万人所属することになります。

ビールを飲む人は20歳(一応ね)から79歳までとすると、この年齢層に属するのは6グループあるので、1,333万×6=8,000万人。
男性と女性の割合は半々とすれば、男女とも4,000万人ずついるわけですね。

 

このうち飲酒習慣がある人はどのくらいいるのでしょうか。男性5割、女性3割としましょうか。そうすると、男性の飲酒人口は2,000万人、女性は1,200万人ですね。

 

それから飲酒習慣がある人の飲酒の頻度はどのくらいでしょうか。週1回から週7回(要するに毎日)まで、人それぞれとは思いますが平均の4回((7回+1回)÷2)としましょう。
そして女性より男性の方がお酒を飲む量は多いと思います。女性は男性の7割程度飲むとしましょうか。

 

さて1回あたりの晩酌(または飲み会)でビールはどのくらい飲むでしょうか。
もちろん個人差はありますが、適量とされているのがビール中ビン1本(500ml)。しかし私の周りを見回しても、500mlだけで満足している人はいないですから(多分・・・)、もうちょっと多く飲むんでしょうね。それでもビールばかり飲み続ける人もあまりいないでしょうから、男性で1,000ml、女性は7割なので700ml飲むとしましょう。

 

すると男性のビールの消費量は、
1,000ml×4回×52週(年間)×2,000万人=416万kl

女性のビール消費量は、
700ml×4回×52週(年間)×1,200万人=約175万kl

合計約591万klとなりました。

 

さてここで実際の統計を見てみましょう!
キリンビール大学のレポートによると、2016年の日本でのビール消費量は、525.1万klでした。

私は591万klと推定しましたが、ちょっと多かったですね。もまあ、そんなに大きくかけ離れてもいないですね!

男性1,000ml、女性700mlという前提が大きかったのか、飲酒人口がもうちょっと少なかったのか、いろいろ要因がありそうです。炭水化物を避けるためにビール離れが進んでいるという話も聞きますから、ハイボールやチューハイに需要が流れている面もあるのかもしれませんね。

 

ということで、世の中にこういう題材はいろいろとあふれていますから、こんなアタマの体操をしてみると、数字に対する感覚が(多分)磨かれていくのではないかと思います!

それから、合格・不合格問わず、皆さんの体験記を引き続きお待ちしております!

以上、たかじんでした。
それではまた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:H30年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2018年12月31日
応募方法 :ippatsugoukaku9th@gmail.comまでメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀:✿:❀ 道場夏セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 夏セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士2次試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

応募方法は後日ご案内します。まずは予定の確保をお願いします!!

■夏セミナー2018 in東京

□ 開催日時:2018年8月11日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:15〜19:15予定
□ 会場:月島区民館(〒104-0052 東京都中央区月島二丁目8番11号)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

■夏セミナー2018 in大阪

□ 開催日時:2018年8月18 日(土) 13:30〜16:30※懇親会は17:00〜19:30予定
□ 会場:マイドームおおさか6階会議室(〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号)
□ 定員:30名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

おはようございます。zenzenです。
早いものでもう一次試験の直前期ですね。
準備万端!という方も、まだまだ足りない・・・という方もそれぞれ状況は異なると思いますが、残された時間は変わりません。出来ることを出来るだけやる。その内容が人によって違うだけですね。油断はできませんし、焦っても仕方が無いです。

この時期から新しく言えることはあまり無いですが、今回は過去記事を交えつつ以下のテーマでお送りします。

1. 整わなかった心

2. 語呂合わせ再掲

(おまけ) 直前期にやっていたこと

1. 整わなかった心

完全に余談ですが(いつものこと)、きゃずさんの過去記事を読んでいてめちゃめちゃ昔のことをふと思い出したので書いてみますね。

私がまだ紅顔の美少年だった高校3年生の頃のことです。(随分遡ったな!そして嘘ついてるな!)

私、残念なことに昔からメンタルに難があるタイプでして。
無理目な志望校を選んでいたこともあり、受験が近づくにつれてどんどん顔色が悪くなっていくわけです、zenzenさんは。不安を隠そうとして全く隠せていない困った人でしたね・・・。まあ今思えばそこまで追い込まれる必要は無かったかも知れませんけど、当時の自分としては一大事な訳ですよね。

そんな私を見かねたのかどうなのか、クラスメイトのH君が、
「オマエ、腹式呼吸したらええねん!交感神経がなんたらかんたら、副交感神経がなんたらかんたらで気持ちが落ち着くから!」って教えてくれたんです。

でも、当時の私は「ふーん、よう分からんけどそうなんやぁ。」と思うだけで実践しなかったんです。

結局上手に不安を受け入れることも出来ず、開き直ることも出来ず、何だか上滑りのような学習しか出来なかった。
センター試験はいま一つの結果で、当然のように第一志望の大学には落ちましたね。
(そもそも実力足りてなかったけどね)

あの時、ちゃんと自分のメンタルをケアしていれば少しは違ったかな、って思います。(念のため言っておきますが今更後悔している訳ではないですよ、勿論)

リラックスすることで実力差を覆せたかどうかは分かりませんが、少なくとも不安に駈られる時間は減らせただろうし、不安に対処出来ていれば、もう少しマシな戦いはできたかな、と。

これを読んでいる方の中で、どうしても不安が強い方がいらっしゃるのであれば、なるべく平常心でいられるような工夫を取り入れることも選択肢に入れて頂ければ、と思います。

腹式呼吸については、きゃずさんの記事からもリンクがありますが、3代目ひめさんのこの記事を参考にしてください。ひめさんはメンタルに関する記事を多く手掛けておられますし、気になる方は一度過去記事を参照頂くと良いかもしれません。

メンタル面については、過去記事からもう少し違う観点のものも紹介しておきますね。

まずは7代目かおりんさんのこの記事。
【超直前対策】どうしても合格のイメージが湧かないあなたへ:診断士の試験をメンタル面の癖を矯正する好機と位置付けてみる
試験を通じて自分の思考の癖を矯正する、というのは私自身も強く感じていたことなのでとても頷けます。
自分の癖が完全に矯正できたとは思いませんが、多少は手を打てるようにはなったかと。多少はね。

そして8代目そのさんのこの記事。
【ゆるわだ】気持ちの切り替え方<名選手に学ぶ>
こちらは気持ちの切り替え方について、フィギュアスケートの浅田真央選手を紹介しています。上手くいかなかった時にどう次に向かうか。とても難しいテーマです。
本番でも出来がもう一つ、と思う科目が出るかも知れません。そんな時に上手く切り替えて次の科目に引きずらないように。

2.語呂合わせ再掲

とにかく1マークでも2マークでも取りたい!という時に頼りにしたいのが語呂合わせ。
きゃずさんの記事【渾身!論点シリーズ】道場でもっともよく読まれている「1次試験対策」記事トップ10はコレ!
でも番外編として登場済ですが、見逃している方、過去記事をあまり検索しない方もいらっしゃると思いますので、改めて。
再構成しようかとも考えましたが、昨年のゆっこさんの記事が秀逸過ぎる&追加する内容が限られているので、そのまま紹介させていただきます。

【過去記事発掘】ゴロ合わせ大集合! ※1日目科目対象
【過去記事発掘】ゴロ合わせ大集合!(その2) ※情報システム対象

そして、9代目になってからの語呂合わせ記事を補足しておきます。
桃ちゃんの記事から
VE(Value Engineering)について2回に渡って投稿してくれています。

【渾身!論点シリーズ】VEについて (運営管理)

【懇親!論点シリーズ】VE② (運営管理)

VEの5原則は「カチソシキ」
値向上・ームデザイン・造による変更・使用者優先・能本位)
VEの機能は「社長は基本、必要!」
使用機能・貴機能・本機能・助機能・必要機能/不必要機能)
しばらく前の記事ですが、覚えていらっしゃいますか?

そしてだいまつのこの記事を。

【渾身!論点シリーズ】ワークサンプリング/作業分類

作業分類について「団体は主婦」
(準備取作業・主作業・作業・随作業)
余裕の分類について「監査の職場は人が費用」
理余裕・業余裕・職場余裕・的余裕・労余裕・達余裕)
と語呂合わせを作ってくれています。
こちらの記事はどうでしょうか、記憶に残っていますか?

(おまけ) 直前期にやっていたこと
私自身は特別なことをした訳ではありませんが、挙げるとすれば以下の3つになります。

①愚直に過去問を回転する
以前にもお伝えした通り、私は1次試験に2回通っているのですが、基本的にはやることは変わっておらず、過去問と模試の回転のみを行いました。
出来る問題と出来ない問題を識別して、頻出で出来ない問題を優先的に潰していく、という作業を愚直に繰り返していただけです。
これはきゃっしいの過去問塗りつぶし法に近いと思います。異なる点としては、一覧表を作るほど私がマメでは無かったことと、私はABCランクではなく、出題頻度の方を気にしていた、ということでしょうか。まあ何も考えずに過去問回転していると頻出問題はそれだけ多く取り組むことになるというだけの話ですが。

②とにかく足切り回避を図る
足切りになりそうな科目にかける時間を多めに取った、ということですね。(私の場合は経営法務でした)春セミナーでも少し話したかと思いますが、この科目が一番危険だと考えていたので、1日で過去問5年分×2回、という荒療治を行いました。
で、翌週、翌々週と5年分×1回の過去問を解いていました。本試験では64点でしたが、結果的には御の字のところまでは持ってこれたかと思います。今でも苦手意識はありますが、60点取るだけ、と割り切れるなら十分やりようはあるかと思います。

③財務会計だけは毎日やる
6月半ばぐらいからやっていたかと思いますが、朝に20分から30分だけ、完全マスターシリーズを使って財務会計の問題を数問解いていました。この科目も私は苦手なので、良く言われることですが、「手で覚える」ことで補おうとしていました。

残り時間の少なさに落ち着かない方もいらっしゃると思います。
しかし、全範囲を完璧に学習するなんてことは誰も求めていません。
余裕のない方はABCランクと出題頻度、そして自分の得手不得手を考慮して、「捨てる問題」を決めてください。何もかもを上手くやろうとする必要はありません。
確実に取れる論点を一つずつ増やすことで、必ず合格ラインは見えてきます。

ここまでの期間で、自分が思うより遠くまで来ている筈です。
もう少しの間、歩みを止めずにいてください。

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

▼▼▼▼▼▼セミナー案内♪▼▼▼
04/21 (土)開催 春セミナー2018 in東京(懇親会のみ受付中)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
※詳しくは最後の「道場春セミナーのお知らせ」をご確認ください♪

 

zenzenです。
先日は大阪セミナーにご参加いただきありがとうございました。
セミナーレポートをご覧になっていない方はこちらを。

アンケート回答では「モチベーションが上がった」という声を複数頂きましたが、我々も参加者の皆さんの真剣な表情に何とか応えなければならない、そして応えたいと、こちらの方が力を貰った気持ちです。

繰り返してすみませんが、やっぱり言いたいので言わせて下さい。
参加して頂いた皆様、本当にありがとうございました。
また夏セミナーでお会いしましょう!

さて、折角の機会なので、今回はアンケート結果について過去記事を交えつつ書きたいと思います。
「道場ブログへのご意見やご要望があればお答え下さい」という設問に対して、「モチベーション維持の方法や、勉強時間を作る方法が知りたい」という声がありましたので、まずここに応えてみたいと思います。(2次試験についての要望も多かったのですが、きゃずさんがシリーズを企画しているようなので・・・ご期待下さい!)

・モチベーションを維持する方法は?
私の回答としては、方向性がずれるのですが「モチベーションで勉強するのではなく、習慣化する。」ということになります。私は幸い残業は多い方では無いので、仕事の帰りに図書館に通うことを習慣にしました。図書館に着きさえすれば、なんだかんだ閉館時間までは勉強するので、
「自宅に向かうor図書館に向かうorパチンコ屋に向かう
分かれ道でこの選択を行う1秒だけ意思の力を使います。後は流れで自分を動かせます。

この件については歴代多くの記事が存在しますので、紹介します。
まずは6代目うみのさんのこの記事。
「モチベーション」とはいったい何か
自分の特性を踏まえることがまず重要という話ですね。性格特性を4分類した上で、それぞれにモチベーションが上がる理由は異なるということを伝えています。私自身は・・・強いて言えば調和型かも知れない。(意外だ。)

そして7代目とりさんのこの記事。
独学でモチベーションや学習習慣を維持するには?
先輩診断士や受験生の「人間性の高さ」に心打たれたことが学習を継続する力になったと綴っています。
この「人間性の高さ」には私も賛同します。合格してから出会う方は魅力的な人が多いです。
皆めっちゃ凄い!皆めっちゃ出来る!皆めっちゃちゃんとしてる!と日々思っています。(それに比べてzenzenさんは・・・と思うところを必死でこらえる、時にこらえられない。)
合格しなければ知り合うことは無かったであろう素敵な人達と出会えるのは、診断士試験の魅力の一つでしょうね。

もう一つ、7代目たきもさんの王道記事を。
結果を出すためのモチベーション論(序論)
診断士になれば新しい世界が見える・・・その通りですね。まさに実感しています。受からないより受かった方が人生面白くなる!とは言い切れます。

・勉強時間の作り方は?
私自身は隙間時間を使う派ですが、実際にやったことは
①ポケットテキストを持ち歩いて隙あらば見る
②勉強時に作ったメモを財布に忍ばせておいて隙あらば見る
③自分でテキストを読んで音声を取り込み、移動中に聞く
あたりです。
この③なのですが、印象に残るように読む、というのが個人的なコツです。
私はちょいちょいモノマネを交えながら読んでましたね。
アホみたいですけど、忘れにくいんですよ、コレ。
弱点はモノマネのクオリティを高めることに注力してしまう恐れがあることですね。(私はしたが、上がらなかった。泣)

後は、隙間時間では無いのですが、経営情報システムは主に風呂の中で解いていました。
100均のネットを組み合わせたものの上にビニールシートを置いてテキストぐらいは置けるような台を作り、耐水性のメモ用紙と鉛筆を持ち込んでさらっと解きます。お陰で経営情報システムの過去問は他の科目と比べて圧倒的にヨレヨレです。(笑)
ちなみに留意点としては、
①割と長風呂派。
②経営情報システムが割と得意。
③暗記要素が強いので、「考える」問題が少ない。
という要素が合わさって可能な手法です。1番目はどうでもいいですが。さらにどうでもいいことを言うと中小でやるとのぼせます。(私はのぼせて気持ち悪くなった。泣)お湯の温度はぬるめでお願いします。

では、こちらも過去記事を。
6代目myaさんのこの記事。
時間の作り方 再考
一日の活動予定表が特に参考になります。ビフォーアフターの差が凄い。

そして8代目ロックさんのこの記事。
【スキマ時間の活用】~PDCAの細分化~
単純に隙間時間向きの勉強ということではなく、通常机に向かってやる勉強の中から細分化して出来ることを探す、という視点です。移動が多い方は特に使える方法かも知れません。

セミナーも、現在の記事も、過去の記事も全て材料です。
もし探したことが無い方がいらっしゃるのなら、過去記事を探すと良いヒントが見つかる可能性大です。
取捨選択は必要ですが、ぜひご自身が使えそうな方法を探して下さい。
そして、合言葉は「パクッてカスタマイズ!」

以上、zenzenでした。

 

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

 

■春セミナー2018 in大阪

大阪セミナーは終了しました。参加頂いた方、ありがとうございました!

■春セミナー2018 in東京

東京セミナーは、「懇親会」のみ申込受付中!!

申込URLはこちら

□ 開催日時:2018年4月21日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:00〜19:00予定
□ 会場:浜町区民館(〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目37−1)
□ 定員:60名(先着順)※好評のため定員+10名追加しました!
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

みなさんこんにちは、ゆっこです。いよいよ明日からカレンダー通りの方も含め本格的にGWに突入ですね!GWの過ごし方については道場でも毎年触れられていて、今年もたけぴょんそのが投稿してくれています。私の場合は1日くらい勉強に当てましたがその他は家族と過ごすことに集中して、リフレッシュの期間となったことを覚えています。みなさんの置かれている状況により様々な過ごし方があると思いますが、有意義なものとなりますよう願っています。

さて、先日たっしーがレポートしてくれましたように、4月29日(土)に一発合格道場春セミナーin東京を無事終えることができました。ご参加いただきました皆様にはこの場を借りて改めて御礼申し上げます。8代目としては初めてのセミナーでしたが、普段ほぼ一方向で情報発信している我々にとってブログ記事を読んでくださる方々の生の声をお伺いできる貴重な時間となり、多くの新たな気づきを得ることができました。

私個人としましては、初めての司会にチャレンジ!し、貴重な経験をさせていただきました。会社員時代にアウトソーシング先の担当者へ研修を行ったことはありましたが、人前でお話しするなんてことはもう何年振りでしたでしょうか。主婦の生活ではなかなかできない経験です。合格後、世界がガラッと変わったと言えることの一つです。


さて、先日のセミナーで、過去の記事を探すのはなかなか大変なのでピックアップして欲しいといったご要望を多くいただきましたので、早速、「過去記事発掘シリーズ」として投稿したいと思います。

一次試験まで残り約3ヶ月となり、みなさん”暗記”に苦労されているようでした。私自身も覚えることが非常に多くて苦労した記憶があります。そこで今回は、過去記事の中から、特に役に立つゴロ合わせに関連するものをピックアップさせていただきました。まずは第一弾として企業経営理論、財務会計、運営管理、経済学の4科目を取り上げます。全部読むとだいぶボリュームがありますので、GW中にゆっくりご覧になってくださいね。

《企業経営理論》

●企業経営理論: 組織論は「アウトプット」で!●

→ 初代ハカセさんの記事です。最後の方に語呂合わせが登場します。診断士受験生業界では誰もが知ってる!?「ブランド戦略はラブマシーン」など。2010年5月という、もう7年も前の投稿ですが、いつまで経っても色褪せないですね。さすがです!

●【経営理論】覚えにくいポイントのチェック●

→ 5代目butaoさんの記事。残念ながら私が受験生の時には見つけられなかった記事。組織論の語呂合わせが盛りだくさんです!

《財務・会計》

●歌って覚えるキャッシュフロー計算書●

→ 7代目noriさんの2016年3月の記事です。私の同期合格者に「この記事を本試験の3日前に発見して本番でキャッシュフロー間違えずに済んだ!!」とおっしゃっていた方がいました。さらにキャッシュフロー計算書の内容をよーく理解したい方は本記事中にもリンクされているくれよんさんの記事もご覧くださいね。

●舞妓さんと覚える営業レバレッジ●

→ やはり7代目noriさんの記事。「売れへん、売れへん…」つい、可哀想に…と思ってしまいますね。

《運営管理》

●【運営】くだらないほど忘れない3●

→ 初代ふうじんさんの2014年12月の投稿です。私もひょうたんの専門家には大変お世話になりました。

《経済学》

●【経済】最初の1マーク●

→ 3代目うちあーのさんの記事です。最後の方におまけとして語呂合わせが登場します。経済の語呂合わせはあまりないようですので貴重ですね。

最後に、初代ZonEさんの記事2連発。「記憶できない」をどう克服するか、せっかく覚えたものをどうしたら忘れにくくできるか、について書かれています。シビれますね〜!

いかがでしたか?私も改めて読み返して、道場にはたくさんの良い記事があるなぁとしみじみ思いました。
ぜひ「パクってカスタマイズ」の精神で、良いと思うものをご自身なりにまとめて、暗記対策に取り入れてみてくださいね。

ちなみに、同友館様より出版されている月間『企業診断』の4月号より、道場メンバーによる「一発合格ゴロ合わせ道場」という連載が始まっています。こちらも要チェック!

暗記3兄弟の語呂合わせ記事発掘については次回以降、乞うご期待!

今日もあなたを応援しています。
ゆっこでした。

 

あなたのポチっが嬉しいです(^^)
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑

皆さん、おはようございます。細川です。本日を入れて2次試験まで残り66日となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

先々週の1次試験について、大体の傾向が分かってきましたね。皆さんのご想像の通り、やはり難化しているようです。全体的に見てみると、診断協会は7科目全部を毎年受験してほしいというのが本音なのでしょうか…。

さて、本日は前回の話をもう少し掘り下げて、2次試験に取り組む際に知っておくべき前提知識についてお話しします。
今までの記事の内容を含め、こちらに詳細なお話をまとめましたので、それを眺めながら重要な部分に絞ってお話しします(【】内は、シート名を表します。各シートの使用方法や説明は、【説明】シートを参照してください)。
また、こちらの記事も参照してください。

1.事例の知識(総論)
①解答の方向性
【総論】では、合格に繋がる答案の特徴についてまとめています。すなわち、出題者の意図に沿っており、読みやすく短時間で採点できるもので、自分の考えを少しだけ入れた答案は、得点が入りやすく合格に繋がります。

②思考の基本フレームや切口
【総論】に載せている表です。2次試験では1次試験で得た知識をうまくアウトプットする必要がありますが、私がその際に必要だと考えた概念をまとめました。かなり主観的な要素が入っていますが、このような思考回路を持っておくと、2次試験が俄然解きやすくなります。

③事例共通の問題・設問構造
【事例共通】では、全ての事例で必要とされる前提知識と対応についてまとめました。
最も重要なのは設問構成、つまり設問レベルです。なぜなら、出題者がどの質問レベルに対する解答がほしいのか見極めることができれば、解答内容の方向性が概ね定まり、かつ出題者の意図を大外しするリスクを低減できるからです。

2.事例の知識(各論)
各事例を解く際に、「とりあえずこれさえ知っていれば大丈夫」な知識をピックアップしました。最初は知識も不足しプロセスも不安定だと思いますが、まずはこれらだけ意識して解答してみましょう。

①事例Ⅰ
切口としては、「採用、配置、能力開発、評価報酬制度、モラール、部門階層、権限委譲、リーダーシップ、コミュニケーション」です。覚え方は頭文字を取って「さちのひほも、ぶっかけりコミュニケーション」です。

②事例Ⅱ
切口は「4P」、解答要素は「ターゲット、機会、ニーズ、シーズ、効果、協力者、チャネル」です。覚え方は「滝西子の境地」です。また「地域性、関係性、専門性」はしばしば問われる論点です。

③事例Ⅲ
切口は「QCD」「4M+I」、解答要素は生産計画では「日程計画、工程計画、負荷計画」、生産統制では「進捗管理、現品管理、余力管理、作業手配」です。覚え方は「ニコフ、茂代、作業しろよ!」です。また、事例企業が「繰返し受注生産、見込生産、個別受注生産(覚え方は「久美子」)」のうち、どの生産形態をとっているかを押さえておくと、解答の方向性がパターン化できます。問題点の解決策は「ECRS」「3S」が基本です。

④事例Ⅳ
経営分析における収益性(総資本経常利益率、売上高総利益率、売上高営業利益率、売上高経常利益率)効率性(総資本回転率、棚卸資産回転率、(有形)固定資産回転率)安全性(流動比率、当座比率、固定比率、自己資本比率(負債比率))は計算方法も含めて必ず覚えましょう。

3.復習の方法
以上の知識やオイラ式解答プロセス等を活用し、解答作成に取り組む際の注意点は次の通りです。。

①今日の課題を設定する
まず、問題に取り組む前に、今日の自分の課題を3つ設定し【P全体】に記入しておき、解答の際はその3つを意識し取組みます。

②解答例を収集する
解答が終わったら、予備校の模範解答やふぞろい等の書籍、勉強仲間の解答やインターネットを駆使して、自分のもの以外の解答例を収集します。

③再答案を作成する
②や1次試験の教科書等を活用し、【P全体】【P個別】【Pノート】でまず振り返りをします。その上で、【再答案】に自分にとってのベスト解答をもう一度作成します。この作業は時間も労力もかなりかかりますが(最初は丸1日かかります)、再答案を作成することによって解答の質が飛躍的に向上しますので、是非やってみてください。
こちらに作成例を載せておきますので、参考にしてみてください。

これらの手順をPDCAで回し、知識の補完やプロセスの改善を続けていくことが、2次対策の勉強の基本となります。

本日はここまで。以上、細川でした。

こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

今日は1次試験の申込締切日です。
万が一、まだ申し込んでいない方がもしいらっしゃったら、診断士協会に持参してでも申し込みましょう!!!今自信がなくても、ここからの頑張りで十分可能性があるはず。
念のため、診断士協会Webサイトの1次試験詳細ページはこちらです。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」byたきも@春セミナー


さて、今日は昨日のこばリーダー「【渾身】確実な合格方法と中小企業政策」に引き続き、渾身シリーズ2日目。長いタイトルですが、内容はシステム構成について

中でも、私が受験生時代に仲間に説明して好評だった、デュアルシステム・デュプレックスシステム・タンデムシステム』の3つについて、イメージで解説します。喩えが下世話なので、気に障ったらスミマセン。

1)デュアルシステム

【IT用語辞典より】デュアルシステムとは、情報システムの信頼性を高める手法の一つで、システムを2系統用意して、常に同じ処理を行わせる方式。結果を相互に照合・比較することにより高い信頼性を得ることができ、片方に障害が生じた際も、もう片方で処理を続行しながら復旧にあたることができる。(※1)

・・・って言われてもピンとこないあなたへ。

デュアルシステムは、男女関係に喩えると「完全なフタマタ」のイメージ。dualsystem

AちゃんもBちゃんも、どちらも彼女。どっちも大事。
男子は定期的に「どっちがいいかなー」と二人を比べる(照合)するのも忘れません。

そして、どちらか一方に振られても(ダメになっても)全然大丈夫(=システムとしては信頼性が高い)

・・・人としての信頼はさておき。

2)デュプレックスシステム

【IT用語辞典より】デュプレックスシステムとは、情報システムの信頼性を高める手法の一つで、システムを2系統用意して、普段は片方で処理を行い、もう片方は障害発生に備えて待機させておく方式。平常時に処理を行うシステムを主系または本番系などと呼び、主系に障害が生じたとき肩代わりするシステムを従系または待機系、予備系などと呼ぶ。待機や切り替えの仕方により、ホットスタンバイ、ウォームスタンバイ、コールドスタンバイなどの種類がある。※2

これも同じように男女関係に喩えると、「本命がいながらキープがいる状態」のイメージ。

duprexsystem
Aちゃんが本命(=本番系)いつも逢っていたい。(=可用性要求の高い処理・・・例 オンラインリアルタイム処理)
Bちゃんはキープ(=待機系・予備系)夜中とかぽつぽつ会う。(深夜のバッチ処理のイメージ)

また、Bちゃんのキープ具合(通常時の片方のCPUの使用状態)が3種類あります。

Ⅰ:ホットスタンバイ:いつも彼女並みにマメに連絡を取っている(=電源はONになっていて、同じシステムが稼働している)ので、AちゃんがもしダメになったらすぐにBちゃんに切り替えられる。Bちゃんはいつでも準備オッケーな状態。都合がよすぎて泣ける。

Ⅱ:ウォームスタンバイ:連絡が取れる状態になっている(=電源ON(OSは立ち上がっている)が、同じシステムは稼働していない)。コールドスタンバイほどではないが、稼働するのにちょっと時間がかかって対応できる。

Ⅲ:コールドスタンバイ:Bちゃんとは普段連絡も取ってないし、他に男がいるかもしれない状態(=電源OFF、もしくは他システムで稼働中)。稼働するのにかなり時間がかかるが、対応できる。

書いてて切なくなってきた・・・がんばれ、Bちゃん。

3.タンデムシステム

【IT用語辞典より】タンデムシステムとは、複数の処理装置やコンピュータを直列につなぎ、それぞれが特定の処理に注力して役割分担する構成のシステム。それぞれの装置は、前の装置が処理したデータを受け取り、自らの役割である処理を行い、後の装置に渡す。バケツリレー式に流れ作業を行うことで、負荷分散や性能の向上を図ることができる。※3

同じように男女関係に喩えると、「一夫多妻制」のイメージ。

tandemsystem
Aちゃんは食器洗い&そうじ、Bちゃんは料理、Cちゃんは洗濯・・・のように、それぞれタスクを分担して動かすイメージ。

デュアルシステム/デュプレックスシステムは「彼女が切れない」(=システムが完全停止しない=信頼性を高める)ための構成だったのに対して、タンデムシステムは「どれだけ効率がいいか」(=処理効率を高める)ための構成。

3人の女子に家事を任せられるので、とても速い。それぞれの負荷も軽い。反面、誰かがダメになると一気に回らなくなるので、リスクを低減する効果はありません。女子3人集まって、初めは手を取り合って1人の男をサポートしてても・・・みたいなイメージ。

※1・※2・※3 いずれも出典:e-words(IT用語辞典)http://e-words.jp/


・・・今日の記事のどこが渾身かって、説明の絵が一番の渾身です
デュアルシステム・デュプレックスシステム・タンデムシステムが出てきても、これでばっちりですね!
過去問では、H21の第11問H25の第6問で関連の出題があります。あわせてチェックしてみてください。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん

 

【道場セミナー懇親会募集! 】

かねてよりご案内させていただいておりました道場春セミナー。

ご好評につき、セミナーは満員となりました
懇親会にはまだ空きがあります。
懇親会からでも参加できますので、お申し込みをお願いします。

お申し込みはこちらをクリック→peatix(外部サイト)

お申し込みの皆様とお会いできるのを楽しみにしています

bussiness_woman01_b_04[1]


 

【くだらないほど忘れない、軽く復習】

くだらない記憶ほど忘れにくく、思い出しやすいもの。

先代うちあーのから始まったこのシリーズ

先代のはんたの言葉を借りると「くだらない=笑える=楽しい気分になる=記憶に残りやすいという方程式」。

3月に久々復活のこのシリーズ。

ここで過去の記事で簡単に復習してみましょう。

“うちあーの”

【中小】くだらないほど忘れない

“はんた”

【情報】くだらないほど忘れない

“ふうじん”

【運営】くだらないほど忘れない3


 

【なぜか頭に残っている、浅漬けの素のCMのフレーズ】

yasai_p01_c_11[1]

♫ 刻んで 漬けて 揉むだけで すぐ食べられる〜

おそらく30代以上の方は覚えているフレーズかと思います。

これ、よくできていると思いませんか?

言いやすく、覚えやすく、イメージしやすい

 

中小で「覚えられないーーー」とお悩みの皆さん、「くだらないほど忘れない魔法の力」を借りて、

得点を稼ぐ科目にしてみませんか?

 

そこで今回は「刻んで 漬けて 揉むだけで」(=言いやすく、覚えやすく、イメージしやすい)方式を応用して、

中小企業基本法を覚えちゃいましょ♫

 

<理念>→中小企業に対して

1:新たな産業の創出

2:就業機会の増大

3:市場における競争の促進

4:地域における経済の活性化

これ、全部一字一句覚えられないですよね

でも、1次試験はマーク方式。

とりあえずイメージさえ捉えていれば得点できます

ということで、イメージづけしやすいようにこう変えます。

<理念>→中小企業に対して

1:新たな産業の創出     →つくって

2:就業機会の増大      →やとって

3:市場における競争の促進  →きそって

4:地域における経済の活性化 →地域活性

 

同じように

<方針>→国に対して

1:経営の革新および創業の促進       →つくって(つくりなおすこと)

2:中小企業の経営基盤の強化        →固めて

3:経済的社会的環境の変化への適応の円滑化 →fitして

4:資金の供給の円滑化および自己資本の充実 →もちろんお金

のサポートをしてくれ

そして、あまり出題されないですが・・・

<政府の役割>→政府に対して

1:法制上の措置  →お金のサポート

2:調査      →調査して

3:年次報告等   →報告して

リズムが悪いので、並べ替えて

調査して

報告して

お金のサポート

をしてくれ

 

どうですかね?

リズム良く言えると思いませんか?

リズムよく言えると、覚えやすく、イメージしやすいですよね。

他にも覚えにくいものは、リズム良く言える言葉に変換して、イメージで覚えちゃいましょう。

(ちなみに他の法律でも<方針>と言われたら国がやることと考えるといいですよ。)


 

【さーて、明日の道場は?】

いったい何頭身?と聞きたくなるほどお顔が小さい、細川泰志が登場。

オイラ式の続きが気になります♫

 

それでは

今日も

いい1日を!

碧でした。

累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

再現答案集はココ!↓

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

月別アーカイブ

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版後編も発売開始です!



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX