投稿者「 » soya」の記事


どーも、そーやです。

明日から一発合格道場11代目の記事がスタートします。私自身も読者の一人として次の一年間どんな記事が投稿されるのかとてもワクワクしています。そして一発合格道場のメンバーとして一年間やってきた身としては、ぜひ今の受験生に寄り添った記事を期待したいです。

10代目メンバーとしての思い

そんな私も一年前はどんな記事を書こうかワクワクしてました。

独学 × iPad × 問題演習しない系 × 気分屋

という全く王道と呼ばれる人たちのやり方にかすらない属性だったため、私自身は全員が共感する記事よりも自分の経験で伝えられることが一人でもいいので深く刺さるような記事にしたいと思って取り組みました。

ただし、一年を通して当初の期待通りの記事は書き上げきれなかったと思ってます。

私の場合は2月~3月は精神的に不安定で、4月に転職し、7月~8月は諸事情でメンタルが落ち込み、11月からは転職先も慣れて忙しくなってくる、など思った通りの一年は過ごせなかったです。というかメンタル面が繊細すぎて振れ幅がひどいだけかもしれませんが。

それでも書くこと自体は元から好きなため、自分の記事に反応があると嬉しかったです。コメント頂いた方々、本当にありがとうございます。非常に励みになりました。

投稿記事一覧

一年間で31記事の投稿、うちセミナー二本とOpenDay、受験体験記の記事、11代目紹介記事以外が下記の23本+合格体験記になります。

自己紹介&勉強時間と総得点の相関について+投稿記事分析
【今やっておきたいこと】現在地の測定方法と1次テキスト選び
タブレット(iPad)勉強法
経営情報システムの略語たち(SaaS/EA/ERP)
試験を受けるときのちょっとしたテクニック
(ゆるわだ)うつ症状と診断士勉強
H30年企業経営理論を振り返ってみる
【渾身】財務(デリバディブの概要と為替予約)
【渾身】運営管理(リフト値と少し物流)
【残り7週間】一次試験までの過ごし方
経済・財務を狙い撃ち~崖っぷち受験生の論点やま当て~
一次試験直前!三連休の前の心構え+中小企業政策対策動画
地方受験生のホテル対策
二次試験との向き合い方 ~助走編~
「超高得点解答にみる~」シリーズって知ってる?
二次初学者だった自分がこの時期に意識するようになったこと
80分の過ごし方から読み解く受験テクニック
【二次直前期だからこそ】軽めに読める過去記事集
令和元年二次試験お疲れ様でした!これからやった方がいいこと
減価償却がちょっとだけ好きになるお話
「中小企業診断士の転職活動」体験記
中小企業診断士とITストラテジスト
受験体験記を活用した試験対策

■私の合格体験記
【合格体験記】かつてない超短時間(150H)ストレート合格!”omさん”

年間アクセス数

そして、上記の記事の年間アクセス数のグラフです。(2月5日時点集計)

10代目道場メンバーの一般的な記事の平均PVが1,326(そーや調べ)であり、私の記事の平均PVが1,301でした。平均には届かない程度でしたが、狙った記事であるiPad勉強法や、超高得点解答に見るbyだいまつ記事を解説に反響があったことはとても良かったです。

一方で二次試験終了後からのコンテンツは、全体的にアクセス数が低めになってきます。転職ネタやITストラテジストネタはもとより考えていて道場アクセスのつなぎ止めにちょっとだけなったかな、と。

ただし一次直前のホテルネタは本当にニッチ中のニッチを狙いすぎました。一次直前期で600PVは切腹ものですね。

記事を書くことへの葛藤

10代目執筆参加が決まってから、直前期記事として一次2週間前の追い込み法などを書こうとずっと考えていました。ただし私個人としての経験を道場というプラットフォーム上で書くことは適切じゃないと思い結局お蔵入りしてしまいました。

結果として前回は中小企業経営・政策が大幅難化したこともあり、下手に記事を書かないで良かったとホッとしている面があります。たった一年での経験をあたかも普遍的に書いてしまうことの恐怖は、常々頭の片隅で執筆欲と格闘をしていました。

ただ単に自分の経験をそのまま記事にすることは簡単ですが、読み手がどのようにとらえて、最終的にどんな結果に陥ってしまうのかまで考えてしまうと、あまり攻めたネタが書けなかったなという反省なのか葛藤なのかもやっとした何かがあります。

 

一発合格道場を通した思い

時代に合った発信方法の模索

ささやかな試みとして去年からTwitterで道場記事の投稿を行ってみました。理由はブログのリファラ先として、SNSツールが少なかったからです。年々ブログコンテンツを見るという習慣がなくなってしまっているためです。

ただしフォロワー数などの関係もあったり何人でやるか、といった部分でも変動はすると思いますが、この一年間で3倍近いリファラ数となりました。

検索エンジンと比較すると3%程度なのでまだ全然道場に呼び込む窓口にはなっていませんが、今後の道場としての発信方法は徐々に変えていかないと、いいコンテンツがあっても見る媒体が時代にマッチしていないと徒労に終わってしまうんじゃないかと危機感があります。

資格試験の敵前逃亡はもったいない

かわとものラストメッセージに「資格を受けるのは自由なんだから、とりあえず受けちゃえばいい!」と私が言ったと記述があり、酒の席でそんなこと言ってたなと思い出しました。

資格の受験なんてもっと気楽な気持ちでやればいいのに、というのは常々思っていることです。

去年の一次試験の場合の受験者数の例です。

申込者数:21,163人

完走者数:14,691人(必要科目をすべて受けた合格判定の対象となる人数)

7,000人、率でいうと30%以上が試験を受けなかった又は途中であきらめています。多分合格見込みがないと思って諦めているんでしょう。でも一日でもあれば合格ラインに乗る可能性だってあるのに何を諦める必要があるのか、少々残念に思います。

資格試験なんて受かればいいんだから、完璧な知識の有り無しなんて試験中は問われないと思います。出題された問題の知識さえ少しあればいいですし、なんなら一次であれば単純に各科目60点を勘でもいいので取ればいいので。

そして万が一合格してしまい、その知識が必要とされる場面にきてしまったら全力で勉強しなおせばいいだけだと思います。

私自身はふわっとした形で合格してしまった人間の一人です。
そのため道場関連でいえば渾身シリーズを書くときなどは再度調べなおして頑張って書きました。中小企業の方と相対するときに、診断士関連で分からないことは一度持ち帰って次お会いする際にはきちんとお答えできるよう準備しました。

もちろん本業や今までの蓄積で、診断士科目でいれば会計と情報は他の受験生よりも圧倒的に知識があると自負はしています。

話はそれましたが、知識がないことを怯えるのは受かってからで十分なので、とりあえず試験を申し込んだのならきちんと受けきる人が増えればいいな、と思っています。

 

もし私が再度診断士試験を受けるとした場合の戦略

最後に私が現時点から再度診断士試験を受ける場合の戦略を残して、ラストメッセージとさせていただこうと思います。

前提:一次独学、二次独学&予備校

0.準備(一次試験)

過去3年ないし5年分の過去問を集めて、すべての問題の難易度をTAC過去問題集などを参考に振り分けます。その際に各年度の平均点数も控えておき、一般的な合格年度で合格するためのラインを確認します。

難易度ABCはなおさん記事を参照ください。
平成30年度1次試験「運営管理」を振り返ってみた

1.一次試験に向けて現在の自分の実力を知る

7科目すべて一度は過去問を解く、もしくは問題を見て解答のイメージがつくかチェックします。これは時間制限などは全く気にせず、一年分の過去問を確認するだけで十分だと思います。

ただし平成30年の一次法務みたいに異常なまでに難しい過去問は参考にしない方がいいです。

ここで問題を解く必要はなく、単純に自分の現時点の実力と試験との間の乖離具合を把握するためです。それで例えば今時点の乖離具合が以下の通りとしましょう。

経営:半分は理解できるが、もう半分は初見で読むのも大変。40点は運が良ければ届くかも
財務:言葉は分かるが計算ができない。計算以外だったらいけるかも。30点行けるかどうか
運営:全く分からない。店舗管理とかは簡単そう。20点台
経済:大学の時やっていたけど完全に忘れてる。でも思い出したらできるかも。40点だったら届くかも。
法務:著作権とか興味はあるけど理解は出来てない。好きそうな科目。今は20点台
情報:IT音痴だからもう見るだけで苦痛。SLAとか略語が辛い。0点確定
中小:全くの初見。難易度も分からない。

 

2.勉強する科目の順序、強度を考える

例えばこんな印象の場合、優先順位としてはまずは好みで勉強しやすそうな科目、次に得点を取る科目と足切りを回避する科目でグループ分けします。

勉強し易そう、好み:経営、経済、法務
勉強し辛そう、嫌い:運営、財務、情報

得点を取る科目:経営(経済、運営、中小)
足切り回避の科目:財務、情報

好き嫌いは単純に思った通りでいいですが、得点を取る科目、足切り回避の科目は2次で使う科目も考慮して決めていった方がいいです。

このケースであれば財務の計算、情報が苦手な典型的な文系よりな例であるため、得意にしていくものは計算が不要なものを中心に決めていきます。また法務は得意としたところで大幅難化や2次で使わない科目のため、得点源にはしない予定とします。

 

3.好きな科目の勉強をとりあえず一カ月続ける

一日何時間やるかは人それぞれなので出来る範囲で勉強します。勉強法は、たっつーの(勝手に永久保存版)独学向け・一次試験の短期攻略法を参考にして、テキスト斜め読みとテキストに過去問を書き込みます。

これで経営、経済、法務などの好きな科目で勉強習慣がつけば、3月からは苦手科目の財務などに取り組みます。また人によると思いますが、法務、情報、中小の通称暗記3兄弟は少し後回しでもいいです。例年は4月ごろから力を入れて取り組む人が多い印象ですが、今年は一次が少し早いので、少し前倒しして始めることはおススメしますが。

 

4.科目ごとに目標点数に向けた調整

4月までに勉強習慣(1日5分でも)がついたのなら、科目ごとに目標点数を設定してそれに向けた勉強を進めます。

例えば上記ケースの得意不得意を考慮した場合だと
経営:70点、財務:60点、経済:70点、運営:60点、法務:60点、情報:40点、中小:60点と設定します。

40点目標は、0.準備で確認したABCランクのうちAランクさえきちんと取れるレベル
60点目標は、AランクとBランクをきちんと理解するレベル
70点目標は、AランクとBランクに加えて、Cランクも半分は理解できるレベル、を想定しています。

また財務は苦手でも二次試験の事例Ⅳで戦う必要があるので、この時点では60点を目標としたいです。ただし簿記が苦手な場合でも一次試験だけならファイナンス科目を中心に勉強すれば60点は超えられる可能性はあります。それでもAランクの簿記はきちんと理解すべきです。

 

5.一次試験本番

情報が結局得意になれず結局40点目標の場合でも、試験は最後まで受けましょう。

40点目標の場合は足切りの恐怖もあるため、合計が420点超えていても二次に進めない可能性があります。それでも今年落ちたからってすべてが無駄になってしまう人はこの世にいないので、勇気をもって受けて残念な結果であればまた来年受ければいいだけです。その場合は今年よりも習熟度は早くなるので、当然初学者よりは有利です。

 

6.二次試験に向けて

今年に限って言えば一次試験と二次試験の期間がオリンピックの影響で例年より伸びるので、一次ギリギリだな、と思っている人は二次対策は一次後でもなんとかなります。

ただし文章を仕事で書く機会がない、読書をする習慣がないなど、読む書くに慣れてない人は、なんらか感性を働かせて、今から読む書くに慣れてください

二次は予備校(TAC、MMCとか)と独学で進めます。

理由は、一つの情報源だけ鵜呑みにして勉強を進めると視野が狭くなり、二次試験本番までに「あ、二次試験ってこういうことなんだ」と気づき(道場では開眼と呼ぶ、ぐっち記事参照)を得られる可能性が低いと考えているためです。

予備校のカリキュラムはそっちに任せますが、そのうち何を勉強するかは自分で取捨選択します。

独学の方は9代目だいまつ記事をテキスト替わりに勉強します。ただし初学者には刺激が強い可能性があるので、まずはだいまつ記事を解説した記事がおススメです(笑
「超高得点解答にみる~」シリーズって知ってる?(byそーや)

また二次対策ではド定番のふぞろいですが、もし次に私が受ける場合には使わないと思います。単純に優先順位の問題であるので時間があればいいですが、予備校+だいまつ記事だけで相当時間は食うので、次点ということで。
それでもかわとも記事で良くまとめてくれているので、手元に一つはあった方がいいとは思います。よくわかる!ふぞろい書籍一覧表

 

7.二次試験で悩んだ時の勉強方法

また今年の合格体験記でよさそうだなと思った二次の勉強法はこちらです。解答作成に悩んだら、何がいいのか比較して自分の中の気づきが発現するように刺激を与える方法です。
【合格体験記】過去問の模範答案を比較分析し、見事リベンジ!TKDさん

また11代目でも勉強法で実践していた、勉強会に複数回参加し周囲の方と自分のギャップを洗い出すことも重要かと思います。
【合格体験記紹介】自分を常に客観視し、合格への道筋を見極めた見事の合格!!いけちゃんさん
【合格体験記】ベンチャー社長を見返すべく、勉強会を上手く活用して一発合格!Tomatsuさん!

 

8.二次試験本番時の時間配分理論とマークの仕方

本番時の時間配分やマークの仕方などは、私が見る限り最近は大きく2宗派あり、これはどっちが自分に合うか試してみてもいいと思います。

CN法(11代目CK命名)きゃっしぃなおさんの色ペン法
劇薬理論(10代目たっつー)【劇薬注意】80分では時間が足りないあなたへ

 

9.再受験勉強法のまとめ

ここまでの内容が私が再度診断士試験を受ける場合の戦略の一案となります。勿論人それぞれのやり方がありますが、私はこれがいいかなと思います。

またこのまとめた内容を見ると、一次はある程度パターンが決まってますが、二次は手探りです。二次合格に向けたベストプラクティスはまだ存在していないように思えるので、少しでも確率を上げるために

予備校+独学+勉強会、の二次勉強法を記載させて頂きました。

また勉強時間の想定としては、一次300時間、二次200時間を想定しています。月50時間程度ですね。さらに効率を上げたり事前知識があったりする場合は、月30時間(一日1時間)まで減らせると思います。

 

10.念のため補足

一日1時間で100%合格できるかというと、そうではないと思っています。でも診断士試験を受けるにあたり家庭や仕事、趣味などどっかしら犠牲になる人も多い中で、この時間でも合格できる可能性があるんだから受けてみてもいいんじゃないの?というのが趣旨です。

 

ラストメッセージ

一発合格道場に出会えたことで中小企業診断士試験にストレート合格できました。自分の経験が少しでも誰かの役に立てるのならと思い、1年間執筆メンバーとして活動してきました。

働き方も変わってきて、国際社会も大きく変化し、私たちの日常もダイナミックに変化しています。

2005年時点で、あと十年以内に私たちの生活がスマートホンという新しい機械に大きく依存する、と言われてもピンとこなかったと思います。

一発合格道場も今後も続いて受験生により良いコンテンツを送って行ってほしいと思う一方で、中小企業診断士試験も社会の変化とともに変わる可能性があり、受験生の考え方も当然変わっていくため、それに最適なコンテンツを提供できる柔軟なプラットフォームになってほしい、とも思っています。

それは読者から、受験生からもより多くの発信があれば変化のスピードは大きくなると思います。ぜひより良いコンテンツを作っていくためにも、一緒になって一発合格道場を盛り上げましょう。

それが受験生の時は読者として、合格後にメンバーとしてかかわってきた人間の思いです。

以上、そーやでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

どーも、そーやです。
昨日までで受験体験記はすべて投稿完了となりました!

今年は65件と、過去最高だった去年の53件を大幅に更新する数を寄稿いただき誠にありがとうございます。これらの受験体験記が次年度の受験生の学習の糧になってくれると思うと非常にワクワクします。ぜひ、ご自身の受験勉強に大いにご活用下さい!

そして明日から4日間は、我々10代目のラストメッセージとなります!毎日3人ずつ、それぞれラスト記事を投稿させていだきますのでご覧いただければ幸いです。

一年前から始まった10代目一発合格道場も、11代目に立候補いただいた令和元年中小企業診断士試験合格者にバトンタッチすることとなります。本日は11代目のメンバーをご紹介させていだきます。

 


■おべんと君■
おべんと君は総勉強時間3,000時間の努力家です。独学や通信での学習を経験し、また本業では営業、生産管理、連結決算まで様々な業務を担当する幅広い経験の持ち主です。

また、おべんと君は7代目フェイマオから授かったハンドルネームで受験生支援を行うことを決心しました。ステキなHNと勉強法を絶えず改善し合格をつかんだおべんと君の記事に期待します。

合格体験記はこちら

■カワサン■
きっちりした印象のカワサンは地方独学で合格しました。インターネットを活用して上手く情報収集したそうです。

ストイックな勉強方法の反面、お子さんが2人と共働きの奥様に負担を掛けないよう家族を大事にして診断士試験を乗り越えたそうです。家族思いなカワサンの勉強法は多くの頑張るパパママ受験生にヒントを与えてくれると思います。

合格体験記はこちら

■さいちゃん■
さいちゃんは製造業の経営者を目指し、中小企業診断士を取得されました。独学→TAC→MMCとご自身にあう方法をその都度取り入れています。

3人のお子さんへの家族サービスもあり深夜から早朝が主な勉強時間帯ですが、オンラインコミュニティや道場記事を上手く分析して合格に結びつけました。そんなさいちゃんのFPは要注目です。

合格体験記はこちら

■3ch■
情報処理試験高度区分をコンプリートした、資格試験の経験が”超”豊富な3chさん。11代目システム担当も引き受けてくれました。

スタディング(通勤講座)と二次AAS合宿を取り入れた自信にあった勉強法を模索されました。道場名古屋セミナーを引き継いでくれそうなインテリダンディです。

合格体験記はこちら

■いけちゃん■
いけちゃんはTwitterで受験情報を幅広く集めて受験生交流を深めてきました。その人脈は日々拡大中で、受験生支援活動にはなくてはならない情報収集家です。

予備校やテキストだけの学習ではなく、勉強会を効果的に活用した学習法は新たな道場記事カテゴリーの誕生を予感させます。

合格体験記はこちら

■さとまる■
子育て真っ只中のさとまるさん。Tomatsuさん同様に会社の勉強会を通して二次試験を上手く突破しました。

一発合格道場のセミナーも常連だったさとまるさんは、私のiPad勉強法の記事の話などで盛り上がったのが良い思い出です。今後のセミナー活動にも期待したいです。

合格体験記はこちら

■岩塩■
岩塩さんは研究開発職から事業企画への異動をきっかけに勉強を始めました。スタディング中心の独学でストレート合格されました。

二次試験では、たっつーの劇薬注意記事を思い出し何とかマスを埋めて大事故は回避できたそうです。雰囲気は柔らかい感じの岩塩さんですが、ギリギリの状態でも最後まで諦めない姿勢の記事を引き継いでくれることを期待します。

合格体験記はこちら

■CK■
関西在住のCKさん。TAC通学と道場の橋げた理論でストレート合格かつ1次高得点合格者で、とても笑顔がステキな方です。

橋げた理論とCN法(きゃっしぃなおさんの色ペン法)という、道場理論をフル活用したCKさんは、その理論を更に向上させた記事を書いてくれることを期待します。

合格体験記はこちら

■べりー■
べりーさんは診断士業界では珍しい?映像プロダクションで働いています。法務と情報に苦戦し、本人曰く人生最大の挫折を経験されたそうですが、努力で乗り越えてきました。

受験スタイルはMMCと独学。診断士試験は与えられたものだけでなく、受験生自身が気づきを得ないと身にならないと痛感したべりーさん。気づきを与えられる二次対策の記事を世に送り出して欲しいです。

合格体験記はこちら

■Tomatsu■
Tomatsuさんはいよっちの後輩で、やっぱりいよっち同様ムードメーカー的な存在です。一次試験合格後から会社の勉強会に参加するようになり、ストレートで合格されました。

筋トレやランニングしながら動画聞き流しをするTomatsuさんならではの勉強法や、二次合格に結びついた勉強会での取り組み方などをもとに、令和2年の受験生に有益な情報を発信してくれるでしょう。

合格体験記はこちら

■かーな■
かーなさんは独学ストレートで合格されました。きりっとした感じからは見えない泥臭い仕事も頑張れるという現場系な一面も持たれているそうです。

独学生ならではの科目ごとの勉強戦略は見事ハマりました。どうすれば合格ラインに乗るのか、かーなさんならではの視点で記事を盛り上げてくれそうです。

合格体験記はこちら

■ぴ。■
ぴ。さんはリアル中小製造業の管理部門で奮闘しています。一次試験が5回、二次試験3回受験してきた努力家タイプでもあります。

簿記2級やビジネス法務2級なども上手く合格につなげた要因のぴ。さん。諦めず合格を勝ち取った姿勢やリアル中小企業の視点での記事に期待です。

合格体験記はこちら

 

以上、11代目12人のご紹介でした。

それぞれのメンバーの個性はこれからの記事で要チェックしていって下さい!

そして明日から4日間で12人全員がラストメッセージを投稿します。

最後まで10代目一発合格道場をお楽しみください!

以上、そーやでした。

 


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

どーも、
暖冬の影響でマフラーの出番が少ないと感じているそーやです。

今年は全国的に雪不足に悩まされているようでして、趣味にスノーボードと書いている私は結構気になる問題です。昨シーズン年末に行った福島県の猪苗代スキー場もようやく今週から開業が始まったくらい、一部のスキー場は経営が非常に厳しい状況のようです。大雪で交通がマヒするのはいただけないですが、適度な積雪には期待したいですね。

 

さて本日も体験記を2本投稿いたします。
(大吉さんの記事はこちらから)

一本目は鶏ガラ学習法で徹底的に問題を絞りつくしたRYOさんです。

一次は王道の勉強に見えますが、二次はなんと100時間短時間で合格されています!簿記2級持ちからのスタートではありますが、事例Ⅳを中心とした演習事例問題に対するアプローチ姿勢が上手く作用した結果ではないでしょうか。

ぜひ学習時間が取れないと悩んでいる方には読んで頂きたい体験記です。

それでは、どうぞ。

 

========ここから寄稿========

(0)受験生情報

名前(HN):RYO
年齢:29歳

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)

丁寧に!しつこく!楽しむ!

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

現在の勤め先(物流会社)のお客様のほとんど中小企業であり、自社のサービスを売るだけではなく、もっとお客様に寄り添った提案ができるようになりたい、と考えていたところ、中小企業診断士という資格があることを知り、これだ!と思い、勉強を始めました。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

学習開始時の知識:運営管理の物流 / 経営法務の英文契約

学習開始時の保有資格: 日商簿記2級 / ビジ法2級 / FP2級 / 通関士 / 他

得意科目:経済学・経済政策 / 財務・会計

不得意科目: 中小企業経営・政策

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

学習スタイル: 一次:通信 / 二次:ほとんど独学

①メリット: 自分のペースで自由に勉強できる点。

②デメリット: 勉強仲間と直接会って議論できない点。

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数:一次 / 二次 ともに、1回

②一次学習時間:  600時間

③ニ次学習時間:   100時間

(6)合格までの学習法

①1次:

通勤時間に、STUDYingの講義を2倍速で聴き、知識をインプット。経済学・経済政策は、石川先生の速習!シリーズをYouTubeで視聴していました。講義を聴いた後に、その分野の練習問題と過去問を解いてアウトプット。このとき、正解した場合でも、間違ってしまった場合でも、すべての選択肢、全ての解説を読み込み、全ての情報に関して完全に理解することを目指しました。(「鶏ガラ学習法」を意識しました!)

ただし、全ての分野を突き詰めすぎると、時間がいくらあっても足りませんので、解説を読んで、それでも分からないところをインターネットで調べて、そこで、「これはその分野の専門書を読まないと理解できないな」という案件に関しては、それ以上の深追いをやめる、という基準で判断していました。

また、スマホのメモ帳に、科目ごとにメモを作り、そこに、自分が間違いを起こしやすいところ、なるほど!!と思ったこと、これいいな!と思った情報、などを、とにかく何でも貼り付けていき、スキマ時間に見直して再度インプット。一通り講義を聴き尽くしたら、問題を解く→問題・解説を読み尽くし調べ尽くす→新しく得たことをメモ帳記載→メモ帳復習→問題を解く、という流れで、インプットとアウトプットを続けました。

最後に、きゃっしいさんのまとめノートで、総仕上げを行いました。

 

②2次筆記

MMCの通信に申し込み、送られてきた資料の量に圧倒されたものの、頑張るぞ!

と意気込んでいたところ、仕事や私生活で色々な変化があり、机に向かって学習できる時間が減ってしまいました。(結局、MMCにはほとんど手を付けられませんでした…)

そこで、机に向かえるときは、事例IV対策のために、過去問・30日完成・イケカコに取り組みました。机に向かえないときは、ふぞろい12を読みつつ、電子書籍の「一発合格」ときゃっしいさんのまとめノートを、スマホで読んでいました。特に、「一発合格」ときゃっしいさんのまとめノートは、kindleでマーキングしながら読み、本当に時間がないときは、マーキングしたところのみ読み直す、というやり方で、何度も読み直しました。よって、事例I, II, IIIは、「問題を解く」というよりも、「問題へのアプローチを叩き込む」というスタンスで勉強しました。

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

学習時・受験時のエピソード

一次試験の際、隣同士になった方と仲良くなり、お互いに初受験ということで、休み時間中に色々と情報交換ができ、また緊張もほぐれたことで、試験では良いパフォーマンスを発揮できました。この方とは、今でもやり取りをさせていただいており、これも、診断士の勉強を始めなかったら起こりえなかった不思議な縁だな、と思っています

 

これから合格を目指す方へのアドバイス

理解できるまで問題に取り組む、という姿勢を貫くことが、大切だと感じています。個々の問題に、丁寧に、且つ、しつこく、取り組むことで、自分の血となり肉となるので、その血肉をベースに、新しい問題がどんどん解けるようになってきます。

解けるようになると楽しくなってくるので、もっと解きたくなる…、このループに持っていければ、合格へ近づけると思います。

ただし、このやり方は、時間がかかります。

ですので、もし、診断士にチャレンジしてみようかな?と少しでも思っていらっしゃる方がいれば、とにかくまずは勉強を始めていただき、勉強時間の絶対量を確保していただきたいです。

丁寧にしつこく取り組んで分かった!という楽しさを体に覚えさせて、さらに勉強したくなる…この状態を獲得して、ぜひとも、合格を勝ち取ってください!

========ここまで========

 

いかがだったでしょうか。

ほぼ独学で一発合格されたRYOさんですが、楽しくなる勉強法を意識されたことが分かりますね。特に二次は私生活で忙しい中でも工夫されて勉強した様子が垣間見れます。

事例I, II, IIIは、「問題を解く」というよりも、「問題へのアプローチを叩き込む」というスタンスで勉強

このアプローチは私自身も受験生の時に心がけていたことだったので非常に共感しました。二次試験で独学生は、事例を解いても誰も批評してくれませんから成果が分かりにくいです。それなら問題をどうやって解いていくのか、どう考えたら本番で解けるようになるのかを意識して勉強を進めることで短時間でも合格が近づくのかなと思います。

勿論、事例Ⅳの演習時間はきちんと確保した上で、ですけどね。

RYOさん、合格おめでとうございます。診断士の知識とこれからの経験を生かしてお客様に寄り添った提案をされていくことを期待しています。

 

以上、そーやでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

どーも、そーやです。

本日二本目は回り道をしながらも継続をして見事合格された大吉さんです。
(RYOさんの体験記はこちらから)

一次は情報と法務に苦しめられたそうですが、何とか一次通過した後は2回で二次も突破されました!諦めない姿勢や途中で勉強に対するアプローチを変えたことなど大吉さんの工夫が見受けられます。夏セミナーにも参加し、モチベーションを上げて二次突破された大吉さんの体験記をぜひお読みください。

それではどうぞ!

========ここから寄稿========

(0)受験生情報

大吉 38歳

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)

回り道しながら一歩ずつ…です。

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

会社の先輩に勧められたことがきっかけです。その方は色々な資格を独学で取得されており、仕事もできる方で、憧れもあって触発されてしまいました。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

日商簿記検定一級
得意科目:財務、経済学
不得意科目:経営情報システム

簿記検定は診断士の勉強を始める前から持っていました。診断士の財務や事例Ⅳの問題は、簿記の知識があるとかなり有利に進められます。実際、一次試験の会計学や二次試験のCVP分析・戦略的意思決定の問題はほぼ持ち前の知識で対応できたと思います。
一方、経営情報システムは仕事に全く関係がなく、根っからのアナログ人間のため本当に苦労しました。

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

基本的にTACにお世話になりました。1年目、2年目は通学、それ以降は通信にしました(詳細は後述します)。

メリット:カリキュラム通りに進めて行けば、合格水準まで連れて行ってくれる(後々間違いと気付くのですが…)。また、力の入れどころと抜きどころを自分で考えなくてもいい所。

デメリット:費用がかかることぐらいかなと思います。

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

学習開始時期と受験回数
1年目:TACの一次・二次ストレートコースに通いました。この年に受験し、経営情報システムが1マーク足りず足切りで不合格になりました。システムがいきなり難化したあの年です。全体の点数は確か490点を超えていたはずです。結局、経営法務も1マーク足りず不合格になりました。

2年目:不合格の2科目をTACの単科で受講しました。結果、両方不合格。

3年目:受講相談ダイヤルに電話し、2科目を上級通信で受講しました。保険で中小も受験しました。この年一次試験に合格しましたが、企業経営理論と運営管理の知識がすっかり抜け落ち、二次の勉強も全く進まなかったため、受験会場に行くこともありませんでした。

4年目:TACの二次本科を通信で受講しました。一次の保険受験も行い、合格しました。二次試験は敗退し、結果はADBAでした。この年に道場のウェブサイトを発見し、以降定期的に拝読させてい頂くようになりました。

5年目:TACの二次上級コースを通信で受講しました。道場記事も毎日のように読んでいました。一次試験は保険受験し合格、二次試験にも合格することができました。
余談ですが、後日届いた合格通知には一次試験と二次試験の合格年度が両方とも「令和元年」と記載されていました。(ストレート合格っぽく見えますねww)

学習時間
申し訳ありませんが、5年目の後半しか記録していません。二次試験対策で300時間ぐらいです。

(6)合格までの学習法

一次試験
TACテキストを読んで、問題集を解く。答練も解きなおす。愚直ですが、そんな事しかしていません。難しすぎる問題は無視して、基本問題を繰り返しました。予備校に通うのであれば、カリキュラムに沿えば良いと思います。4年目以降はLECのスタートアップ模試も受けました。動画解説もあり助かりました。

二次試験
基本的にTACの方針を信じて勉強しました。演習問題や過去問を解き、解説やふぞろいの答案とのギャップをいかにして埋めるか、この点にフォーカスを当て考えていたと思います。

再現答案
受験した2回共、翌日に作成しました。

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

今まで書いてきたように、私は立派な多年度受験生です。とても効率的に学習してきたとは思いません。アドバイスなんてできる立場でもありませんが、私見という前提で正直なところをお伝えできればと思います。

① 苦手科目を作らない
経営情報システムの苦手意識を払拭できないまま、足切りになってしまいました。好き嫌いは当然あると思いますが、過度な苦手科目は作らないほうがいいと思います。

② 保険受験について
私は一次試験を毎年受けようと考えていました。

理由は
①二次試験の受験資格が2年しか続かず、後がない状態であの緊張感に耐えられないと考えたこと

一次試験は覚えているかどうかの試験なので、一度合格水準に到達すればさほど労力をかけず合格できること、の2つです。

③ 予備校に通って二次試験の勉強をすることについて
初めて受けた二次試験前、道場記事をきっかけにあることに気付きました。それは「予備校の授業をただ受けるだけでは合格できない」という当たり前のことです。これに気付いた時、その年に合格できる可能性ほぼ無いと確信しました。どう頑張っても間に合わないからです。同時に、来年はきっと合格できると思いました。
予備校がダメなわけでは全くありません。むしろ行くべきだと思っています。ただ、模範解答やふぞろいの解答と自分の解答のギャップを確認し、何を補えば近づくのか、何を変えれば近づくのかといったことを自分で考え、結構具体的に対策をとる必要はあります。例えば、問題の指示を外さないため解答を書く前にもう1度問題を読むとか、事例Ⅰは強みだけ赤の下線を引いて目立たせるとか(私は基本、色ペン使わない派でした)、助言問題の解答ひな形を考え覚えるとか、想起したい知識を人に説明できるレベルにするとか、です。解答手順のマイナーチェンジを繰り返すようなイメージだと思います。

④ セミナーに参加してみる
大阪で行われた道場夏セミナーに参加しました。他の参加者や道場メンバーの方と直接お話ができ勉強になりますし、モチベーションの維持向上にはとても有効だと思います。ご本人にお会いしたからだと思いますが、makinoさんの勉強時間の記事【2次対策】なぜ段落最後の一文が重要か&勉強時間に関するおまけ結構刺さりました。「makinoさんがあんなに勉強されたのだから、お前(自分の事)はもっとやらなあかんやろ!!」とか思いながら、さらに1時間勉強したりしていました。
それに、合格したら逆に参加できなくなるので、今しかできない貴重な経験かと思います。

========ここまで========

 

いかがだったでしょうか。

簿記1級を持っていたため会計系は得意とされながらも、苦手科目が足を引っ張り1次合格に苦労されたそうです。

やはり1次は幅広い知識が求められるため、苦手科目があると非常に苦しくなります

大吉さんのターニングポイントは、4年目に一発合格道場に出会ったこと、そして5年目の夏セミナーでmakinoと交流したことですかね!道場ブログを読むことがモチベーション維持に繋がり、そしてラスト1時間!とmakinoの記事に触発されて頑張る姿勢は、さながら青春時代の部活の掛け声(ラストいっしゅーー!)の情景が浮かびます。

そして5年に渡る診断士受験でも、見事最後まで諦めず合格を勝ち取った姿勢は素晴らしいと思います。

ぜひ受験生の方も、セミナーの参加や体験記の精読を通してモチベーションを上げて頂ければと思います。

大吉さん、本当におめでとうございました!

 

以上、そーやでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

どーも、そーやです。

本日は全身全霊の三本立て投稿となります!!!
多分私の中では道場ブログ執筆開始以来、一番気合を入れてギリギリまで頑張った投稿だと思います(笑)

 

合格体験記の一本目は勉強を楽しむをモットーの、そんかんさん
(記事はこちら
二本目は家族をはじめとした支えてくれた方に感謝の、トーベさん
(記事はこちら
となります。併せてご覧ください!

 

そして昨日は一発合格道場ロケットスタートセミナーにご参加ありがとうございます。真冬の季節の中、参加者及び10代目メンバーの熱気で会場は暖房いらずの盛況でした。これから診断士と一緒に活動する方々と一緒に時間を共有できることは私たちにとっても非常に刺激になりました。本当にいつも大勢の方にセミナーに参加いただきありがとうございます。改めてお礼申し上げます。

 

それでは簡単ではありますが、昨日のロケットスタートセミナーレポを紹介したいと思います。

セミナー目次:

診断士1年目に知っておくべき制度概要:どいこう

あなたはどのタイプ?タイプ別診断士の事例紹介:かもよ、そーや、たっつー、なおさん

パネルディスカッション:かわとも、ちこまる(仮)、いよっち、初代JC、9代目よこよこ

グループ相談会:各テーブル

活躍する診断士でいつづけるために:初代JC

 

1.診断士1年目に知っておくべき制度概要

どういこうから、とある診断士1年目がどんなスケジュールだったかの実例と中小企業診断士協会や研究会、マスターコース・プロコン塾、そして受験生支援のリアルなどオーソドックスな診断士1年目が関われる活動について概要の説明をしてもらいました。

診断士2年目に突入する私も去年は中小企業診断士協会などに参加してなかったので、隣で聞いていて非常にタメになりました(笑)

 

2.あなたはどのタイプ?タイプ別診断士の事例紹介

独立診断士の事例紹介としてかもよが登壇しました。シングルマザーで頑張っているかもよにどんな危機が!?二軸分析で独立診断士の活動を分かりやすく説明してくれました。対面式のセミナーでしか聞けない裏話など満載の盛り上がった時間でした。

※写真はイメージです

 

二番手は私そーやが、診断士合格後の転職の事例紹介をさせて頂きました。診断士合格後から転職まで時系列で紹介し、随所にタメになったツイート内容をちりばめた構成となりました。余談ですが、昨日だけでもksknのフォロワーが増加したそうです!笑

※写真はイメージです!!

 

三番手は、本業との兼ね合い事例紹介として、たっつーが登場しました。診断士1年目の活動と本業の兼ね合いでの苦労話は非常に心に響きました
せっかく診断士になったんだから色んなことに挑戦してみようと考えたbeforeと、本業の繁忙期で撃沈したafterを、経験者は語るとして診断士1年目の参加者には印象に残ったのではないでしょうか。

 

診断士事例紹介のトリを務めたのは副業の事例紹介をした、なおさんです。副業・兼業促進に関するガイドラインの解説や実際になおさんはどんなことをしたのか丁寧なプレゼンでした。そして、実際に去年1年間の副業の収入発表までしてしまうなおさんの説明は聞き入ってしまいます。

※上記は自己紹介パートで進行を務めるなおさん

 

3.パネルディスカッション「10代目:私の診断士1年目」

パネラー:かわとも、ちこまる(仮)、いよっち、初代JC、9代目よこよこ

参加者から質問を募ってパネラーが回答するフリートーク形式で行われました。質問はリアルタイムで更新されて、参加者の方が興味関心の高い質問を中心に回答するという、インタラクティブなやりとりで進められました。

実務補習や実務従事は実際にどういうものなんですか?

診断士の副業(セミナー、執筆)のリアルな収入は?

理論研修ってなんですか?

など、診断士に実際になってから具体的にどういう活動があるのか、お金の出入りはどうなのか、がみなさん非常に非常に興味があるようでした。

最後にいよっちから「余力管理」についていいコメントがありました。
診断士になってから色んな方々にお会いするので、1か月後自分がどんな分野に興味をもつのか、どんな人に影響を受けるのか分からない世界です。それでも余裕をもってやらないとキャパオーバーになってしまうので、無理ない範囲で診断士活動を楽しんでいきましょう、とコメントしていました。

パート2の事例紹介でかもよやたっつーのしくじり事例も踏まえてコメントするいよっちは、とても頼もしく見えました(親目線)

 

3.テーマ別相談会

テーマ別相談会では道場メンバーが各テーブルに参加し、参加者の方が気になっているリアルな1年目の活動などたっぷりとひざを突き合わせて話しました。これまでの各セミナーでも実施していた相談会は、あっという間に楽しい時間も過ぎてしまい喋り足りないグループも毎度のことながら散見されました。

 

4.活躍する診断士でいつづけるために

セミナーの最後の締めは初代JCより、診断士試験合格から10年間を踏まえた話をしてもらいました。

10年間診断士活動を積み重ねることによって、今のJCさんが作られていることを語っていただきました。同じ診断士として1年間活動することで、JCさんの活動の大変さがより身に沁みました。去年ロケットスタートセミナーに参加したときとは異なる気持ちで話が聞けて、運営側の人間ですが心に刺さりまくりです。

・自分の居場所を見つける
・居場所の中で中心に立つ
・自ら動くことをためらわない
・常にPOSITIVEに考える

診断士業界の中で自分の居場所を作ること、次の一年はより私も意識して活動していきたいと思います。

 

さいごに

 

毎回恒例の全体写真でロケットスタートセミナーは締めました。

62名の参加者の方々、本当にご参加いただきありがとうございました。そして改めて診断士試験合格おめでとうございます!

 

これを持ちまして一発合格道場10代目のセミナーは終了とさせていただきます。春セミナーから始まったリアルな活動も最後となってしまうと少し寂しい気持ちもありますが、一発合格道場のコンテンツは今後も続いていきます。合格体験記もまだまだ紹介させていただきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

以上、そーやでした!

 


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

どーも、そーやです。

本日も二本立てで合格体験記をお送りいたします。一本目のそんかんさんの体験記はこちら

二本目のトーベさんは、薬剤師の資格を持たれている経歴の方です。そして勉強開始から8カ月という短期間でストレート合格されました!家庭との両立が本当にできるのか悩まれていたそうですが、やると決めたからにはストイックにやり通す、そんな気持ちがこもった体験記となっております。

それではどうぞ!

========ここから寄稿========

(0)受験生情報

名前(HN):トーベ
年齢:37歳

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)

家族、上司、同僚に支えられ、ゴールまで最短で駆け抜けた8か月

 

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

もともと、仕事は製薬会社で自社製品の営業戦略策定やマーケティング関連業務に従事していたため、常々広い視野をもって多面的に物事を考えられるようになりたいと思っていました。

そのような折、会社の推奨する通信教育一覧から、中小企業診断士という資格の存在を知りました。経営に必要な知識を体系的に学べるとあって、挑戦を検討しましたが、資格取得に必要な勉強時間の膨大さや試験の難しさからすぐには決められませんでした。共働きで週に2,3回(曜日不定)子供の保育園への送迎があるため、家庭優先で大きく生活リズムを変えることなく受験勉強ができる方法を調べ、最終的に診断士ゼミナールという通信教育ならば両立が可能であると判断し、受験を決意しました(2019年2月中旬)。

 

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

・英検2級

・薬剤師免許

仕事では役に立つことはあっても、当然のことながら診断士試験には何のメリットもなく、全く役に立ちませんでした。

 

得意科目:一次試験は特になし。二次試験は事例Ⅱ、Ⅲ

苦手科目:一次試験は経営法務、経営情報システム(専門用語と横文字にアレルギー)

二次試験は事例Ⅰ

 

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

【一次】

・診断士ゼミナール

【二次】

・独学(一発合格道場のブログ)

①メリットは、自分のペースで勉強できること。診断士ゼミナールは講義の動画をiPhoneにダウンロードして勉強するスタイルなので、いつでもどこでも勉強できます。特に出張が多いため飛行機や新幹線の中など、通信が不安定な環境でも問題なく勉強できました。

二次独学のメリットは正直お金がかからないことくらいしか思いつきません。今年落ちたら来年は二次専門予備校に通うつもりでした。

②一次試験の診断士ゼミナールに関してはデメリットは特に思い当たりません。一次試験は試験まで半年もない中でのスタートでしたので、とにかくがむしゃらに講義と問題演習を繰り返しました。他の方がよく言う孤独、勉強仲間がいない、ということは感じる暇さえなく時間が過ぎていきました。一方で、二次試験の独学はつらかったです。何が正解かわからない、ほかの人がどうやって勉強しているのか気になる、など多々不安はありましたが、一発合格道場のブログだけをたよりに、ひたすら過去問を解く日々が続きました

 

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期は2019年2月中旬。受験回数は一次1回、二次1回のストレート合格
②一次学習時間:640時間

(企業経営理論:96時間、財務会計:150時間、経済学:87時間、運営管理:94時間、経営法務:94時間、情報システム:70時間、中小経営・政策:48時間)

③ニ次学習時間:284時間

 

時間の作り方:

机に向かわないとなかなか集中できないタイプなのでとにかく座って勉強ができる時間を捻出朝は4時くらいに起きて1.5~2時間、会社の昼休み45分、出張や子供のお迎えがない日は終業後会社で1~2時間。隙間時間では通勤時間で往復40分、出張で利用する新幹線や飛行機の中、そのほか講義音声を聴きながら家事をしていました。就寝は子供と一緒に10時30分くらいには寝ていました。25時間/週のノルマを課し、ほぼほぼ実現できていたと思います。勉強時間はStudyplusというアプリを使って、事細かく管理することで、モチベーションの向上につながりました。

土日は主に家族サービスに充てていましたが、試験が迫るとその時間は段々減っていきました。そのような中、いやな顔もせず勉強環境を整えて応援してくれた家族には本当に感謝の気持ちでいっぱいです

とにかく無駄な時間(ネットサーフィンやテレビを見たりぼぉ~っとする時間)が一切なかったと思えるストイックな生活を送っていました。

 

(6)合格までの学習法

①一次試験

診断士ゼミナールの一択。講義を聴く、翌日にその復習、その次の日はまた講義を聴く、翌日復習といったサイクルを、ひたすら愚直なまでに繰り返しました。講義をすべて聞き終わると、問題演習(主に過去問で構成されている)に移行という流れで、これを7教科取り組みました。

一番苦戦したのは財務会計で、完全初学者のため正直講義の動画だけでは理解できないパート、解説を読んでもさっぱり分からない問題はたくさんありました。特に会計分野はきつかったです。幸い診断士ゼミナールは質問が無制限に無料ということでこれを最大限活用することで乗り越えました(但し、回答は1週間後なので忘れていることも多々あり)。財務会計はとにかく毎日手を動かすことを意識して、会社の昼休みの時間を問題演習の時間に充てていました。

勉強開始当初は、1.5か年計画で1科目/月のペースを目標としていましたが、初めて勉強する科目ばかりで、新しい知識を吸収できることがとても楽しく、気が付けば6月中旬に一通り7科目の勉強を終えることができました。

模試は大原(6月末)のみ受験。この時の合計得点は350点弱でしたが、経営、財務、運営で60点を超えることができ、この時初めて間に合うかも、という手ごたえを感じたことを鮮明に覚えています。本来はここから暗記科目専念の予定でしたが、7科目満遍なく勉強することに切り替え、ひたすら過去問を解き続けました。

試験前最後の1週間は有給をとって、近所の図書館で毎日10時間近く勉強しました。おそらくこの1週間がなければ間違いなく一次突破はなかったと思います。

 

【一次試験結果】

経済64点、財務76点、経営60点、運営62点、法務48点、情報56点、中小65点の432点

 

②2次筆記

こうして考えもしなかった1次試験合格を果たしたわけですが、二次試験については一切の情報も持ち合わせていませんでした。予備校も考えましたが、講師の合う、合わないがある、予備校によって教え方が全然違う、といった情報を目にして、どこが良いのかわからなくなり結局決めることができませんでした。一方で、一次試験直前に偶然知った一発合格道場の夏セミナーに滑り込むことができ、これが二次試験突破のキーポイントとなりました。セミナーでは各事例のポイント、スケジュールの立て方、勉強の仕方を教わり、何も知らない自分にはその全てが目から鱗でした。その後道場ブログは毎日読むようになり、勉強会、事例Ⅴに口述セミナーまで参加させていただきました。

まず全体のスケジュールとして、二次試験までの2か月強で過去問10年分(そのうち直近5年を3回転)を目安にしました。過去問解説は診断士ゼミナールの5年分と、ふぞろい10年分で揃え、事例Ⅳは全知全ノウを3回転、繰り返し取り組みました。最初のマイルストンを8月31日のTACの模試に置いて、それまでに直近3年分1回転+全知全ノウ1回転をこなしました。

財務に苦手意識があったため、最初の頃は事例Ⅳの勉強を最優先し、全知全ノウを2週するまでは、恐らく7対3くらいで事例Ⅳの勉強をしていたと思います。事例Ⅳは1次試験に比べると論点が少ないので、全知全ノウの反復学習だけで基本的な問題には対応することができるようになったと思います。継続して計算問題は毎日必ず解くようにしていました。対して事例Ⅰ~Ⅲはつかみようがなく、これといった対策を立てることはできませんでしたが、自分にあう80分のお作法を確立するため、道場ブログを読み漁り試行錯誤を繰り返しました。過去問は初めから80分の時間厳守で取り組み、その中で診断士ゼミナール、ふぞろいの回答と自分の回答を見比べて、何が足らなかったのか、どうすれば記載できたのか、をノートに纏めていました。

直前の自分の立ち位置を把握するためAASの直前合宿に参加しました。上位70%と散々たる結果でしたが、弱点が明確になり直前2週間の方向性が何となく見えた気がしたので、有意義であったと思います。

 

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

 

■最後まで諦めない事

診断士試験は本当に最後まで何が起こるか分かりません。私自身、まだまだやり残したことも多い中で一次試験当日を迎えましたし、直前期に風邪(40度超の高熱を、一次2週間前、二次筆記3日前に発症)をひいて思うように勉強できませんでした。模試の成績も全然好ましくありませんでしたが、最後までベストを尽くすことだけを考えていました。直前に眺めていたところがそのまんま問題に出てきたり、どうしても分からなかったら「ウ」か「エ」にマークすると案外当たっていたり、例年にないくらい合格率が高かったり、事例Ⅳが易化して基本的な問題対策で十分に点が取れたことなど、実力というよりは本当に運がよかったなと心から思います。

これから受験する方は、どうか最後まで全力を尽くしてください。そして診断士の受験生の中には残念ながら途中であきらめてしまう人は決して少なくないと思います。諦めさえしなければ、それだけで人より少し優位に立てると思います。

 

■これと決めた勉強法は信念をもって貫く

これには賛否両論あると思いますが、私が8か月でストレート合格できたのは、間違いなく診断士ゼミナール(一次試験)と一発合格道場(二次試験)を信じて最後までやり切ったことにあると思います。特に二次試験の道場ブログは大手予備校にも負けない素晴らしいノウハウがいっぱい詰まっています

新たに受験を検討されている方は、まずどうやって(予備校通学、予備校通信、通信講座、独学など)勉強するかを、十分時間をかけて吟味し、決めた以上はとことんそれにしがみついて、やり切っていただければと思います。

 

■自分の立ち位置(実力)とゴール(合格)とのギャップ、残された時間を意識する

勉強を始めてから、ひたすらがむしゃらに突っ走ってきた私ですが、この距離感(ギャップ)は日頃から意識していました。特に二次試験は、ふぞろいの合格回答と自分の作成答案とのギャップを如何に埋められるか、を意識して取り組んだことが、掴みどころのない試験の合格に繋がったのかもしれません。ふぞろいを指標としたのは、同じ受験生が80分で解いたものであり、自分のあるべき姿(To be)と現状(As is)が見えやすいためです。その点予備校の模試の回答は殆ど参考にしませんでした。

以上、長々と記載してしまいましたが少しでも受験生の参考になることがあれば幸いです。

最後に、受験期間中に応援いただいたすべての方に深く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

========ここまで========

 

いかがだったでしょうか。

自分の生活スタイルに合わせた勉強方法は参考になったかと思います。動画をiPhoneにダウンロードして通勤でどこでも聞けるようにしたのは出張が多いトーベさんに合っていたのでしょう。特に家事の最中にも音声を聞きながら取り組まれていたストイックさは頭があがりません。

また二次試験は当ブログを頼りに過去問をひたすらこなしていくスタイルで見事合格されています。色んな記事があるのも一発合格道場の魅力なので自分にあった記事を探して、それをもとに過去問をこなすだけでも合格ラインを超えることが出来た報告は非常にうれしいものですね!

そして随所に試験勉強を応援してくれた家族をはじめとした多くの方に感謝されていることも分かる体験記でした。

これからの診断士活動も家庭と両立した素晴らしいものになってくれると思います。本当におめでとうございました!

 

以上、そーやでした。

 


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

どーも、そーやです。

本日も合格体験記は二本立てでご提供いたします。トーベさんの記事はこちら

一本目は会社経営改善の良縁を求めて診断士受験を始められたそんかんさんです。受験のモットーは勉強を楽しく無理なく進めていく、でプライベートでも欧州旅行なども楽しみながらモチベーションを維持し、見事合格されました。

勉強の楽しさは人それぞれな部分はあるかと思いますが、長期間の勉強となる診断士試験はどこかで勉強自体に楽しみを見つけないと続きにくいと思います。そんなそんかんさんの視点をご参考頂ければと思います。

それではどうぞ!

========ここから寄稿========

(0)受験生情報

名前(HN):そんかん
年齢:49歳

 

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)

勉強自体を楽しいと思える範囲内でがんばる(ストイックは苦手な)受験スタイル

 

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

まず、本業ですが、マーケティングリサーチ会社で車関連のリサーチを20年超担当しています。
で、勤め先が、2次試験の事例Ⅰに取り上げて頂き、皆さんに改善策を示して頂きたいような中小企業の症状を発症していると感じる一方で、自身は年相応に管理職になり、会社の行く末を考える立場になったにも関わらず、会社の将来像を実現するための具体的なロードマップの作成能力不足を深く痛感する経験をした為、自身の能力向上のみならず、会社の経営改善に助力してくれそうな方との良縁を求めて(苦笑)、診断士への挑戦を決意しました。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

学習開始時理系(経営工学)出身なので、生産管理が得意、と言いたいのですが、すっかり忘却の彼方に。マーケティングは本業なので得意、と思っていましたが、得点的にはむしろ足を引っ張る傾向に(汗)。ということで、なかったです。

保有資格:なし(CFPを取りましたが、資格取得の個人的満足の達成と費用対効果を鑑み返上)

得意科目:相対的に財務になるかと(財務の問題を解くのが息抜きでした。もちろん診断士試験レベル限定ですが)。

不得意課目:2018年1次試験の法務の衝撃(難しさ)は今でも覚えてます(終わった時に、足切りかも、が頭をよぎりました→結果は加点前で48点だったとはいえ)。

総括:試験に合格することを考えると、得意な科目で得点を確保して苦手科目の得点不足を挽回する、という策は、1次試験ではありかもですが2次筆記試験では危険(各事例とも60点を取れる力をつけましょう)、が現時点の認識です。

 

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

1次・2次とも通学(ただし、1年目はTAC、2年目はMMC)

①メリット
あくまで、本人のスタートラインのレベル感の影響大、と考えますが、わからないところを面着で質問できる等々、正しい理解の定着と納得性が得やすいので、効率的・効果的な学習の実行による短期合格の確率アップには効果的、と考えます。独学では自分は合格しなかっただろうな、という思いは率直にあります。

②デメリット
やはりまとまったお金が必要になる点でしょうか。私は、1次も2次も学校にお世話になったので、50万以上の投資になりました(学校が実施するオプション講座への参加等々の事後発生も含む)。

 

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数

1年目(TAC)

1次試験:800時間→合格

2次試験:200時間→不合格

2年目(MMC)

2次試験:700時間→合格

(6)合格までの学習法

①1次試験

インプット時期(17年10月~18年4月)

学校に行かないとそもそもだめでしょう、という100%思いこみから、知名度があるTACに入学。この頃は、“ふぞろい”、“一発合格道場”等々、TAC・LEC以外の通学勉強手段は全く思いつかず、そもそも“独学”という選択肢は0%でした。

TAC入学後、まずはひたすら覚えないといけないので(知識はほぼゼロベース)、土曜日は学校で授業日曜日に復習月~金は、夜は気力体力がないため早々に寝て、朝1~2時間を勉強に充てる、という日々を、10月~翌年4月くらいまで続けました(除く年末年始)。

また、いわゆる隙間時間を見つけての勉強ですが、自分の通勤時間はドアツードアで25分程度だったこともあり、TACから提供される授業の音源を聞きながら通勤、程度でした。

知識のインプット方法ですが、私のスタイルは、学校から配布される過去問集に、キー知識や関連知識、テキストの関係頁、設問を解いて間違った理由等々を過去問集に書き込み(詰め込み)、過去問集にすべてが詰まっている状態にする=自称バイブル化、に努めました(で、それを持ち歩いていつでも見られるように)。

アウトプット時期(18年5~7月)

この時期も学習時間の状況・スタイルは変わらずで、作り上げたバイブル(過去問集に色々書き込んだもの)を片手に、学校の対策講座に出つつ、模試等で自分の理解力を確認する形で勉強を進めました。で、1次試験の結果は、法務の+8点に助けられることもなく、加点前で475点→合格でした。

ただ、この時期の超反省点としては、ストレート合格できなかった人にありがちな、まずは1次試験に合格する、という呪縛(余裕のなさ?)にからめとられて、2次試験対策がおろそかになった点があります(特に事例Ⅰ~Ⅲ。事例ⅣはTACの2次試験演習に通っていたこともあり、レベル感の把握程度はできていました→とはいえ、難しさに閉口)。

②2次試験

1年目(2018年8~10月)

1次試験終了後に、年老いた親を欧州ドライブ旅行に連れていく約束をしていたこともあり、8月下旬から本格的に始動。

で、学校の演習問題を解いてみて、頭にある自分の考えを規定字数内&規定時間内に書ききる能力の圧倒的な不足、にものすごく戸惑い焦りました(特に事例Ⅰ~Ⅲ)。非常に場当たり的な回答になったり、何回も回答を書き直すようなことになったりと、とにかく回答する為にベースとなるアプローチ方法の確立に苦戦しました

その対策として、学校の演習に依存するやり方はまずいと早々に判断し、“ふぞろい”を購入したり、“一発合格道場”の記事を拝見したりと、限られた時間の中(正味2か月)、自分なりにあがいたつもりなのですが、結局その課題は解消せず(もちろん原因は100%自分自身の実力のなさ)、結果は、顔を洗って出直して来な!レベル(CCCB)の不合格通知を受け取るレベルで惨敗でした。

2年目(2018年11~12月)

2次筆記試験終了後、TACの模範解答を見て、事例Ⅳを得点源にできなかったことは理解できていたので、事例Ⅰ~Ⅲでなんとかくらいついて、事例Ⅳでマイナスを帳消しにする、という自分の戦略が崩れていたことは自覚していた(≒多分落ちている)ので、来年の勉強法どうするかな~、の覚悟はある程度できてました(汗)。

なので、まずは、来年2次筆記試験に合格する為の自分の課題は何なのか、をまずは考えました。考えた結果は以下の通りです。

事例Ⅰ~Ⅲ:問題を解くための自分なりの一連のアプローチ法、ノウハウの確立
事例Ⅳ:大事なのは、絶対ミスを発生させない解き方(確認ポイントの列挙・解き方のお作法)の確立

次に、上記課題への対策を考えた時、自分は(年齢的にも)早く合格したい、という思いを強く持っていたこともあり、今のレベルから2次筆記試験を突破する為には、自分を導いてくれる師が必要だ、と最初から通学ありきで考え、TACも含めて学校選びに着手しました。その過程の中で、合格者の方と事例Ⅴ(飲み会)でお話する機会があり、「自分はMMCがあってた」という話を伺ったこともあり、まずは学校の説明会に参加してみました。

2年目(2019年1~10月)

MMCの授業が開始されました。授業の流れは、「演習を解く→解説を聞く→個別答案のフィードバックを受ける」、が基本的な流れになります。MMCの回答骨子(型)は、厳選されたキーワードを使いこなしながらわかりやすい答案を書く、なのですが、私はなかなかこれが定着せず、結果点数も伸びず結構焦ってました。ただ、毎回の演習を自分なりに振り返り設問自分の回答模範解答自分の回答に足りない部分を考察して留意点にまとめるもう1回回答を作成する、をエクセルにファイル化し、その内容を隙間時間に見るといったことで定着化を図るを愚直に行っていたせいか、8月頃になるとやっと事例Ⅰ~Ⅲは60点前後で安定化し、事例Ⅳで得点を稼ぐパターンが定着して感を持つに至り?ました(かな?苦笑)。

個人的には、MMCは私が求めていた答案骨子の型を自分にしみこませたい(野球に例えるなら、どんな変化球を投げられても、自分のフォームを崩した打ち方はしない)、という課題解決には応える内容だったと思っており、決して安くはないですが、ROI的には有り(含む回収期間法的要素も)と判断しています。

ちなみに、実際の2次筆記試験に関してですが、得点開示請求の結果を見て改めて総括したいと思っているのでここでは割愛しますが、一点、事例Ⅳの難易度の軟化に対し、疑心暗鬼(こんなにやさしい?はずがない)になった、いつもなら絶対やらないミスをやってしまい偉く落ち込みました。ということもあり、教訓としては、設問と解くぞ(≒対峙の気持ち)、ではなく、相談に乗りますよ(寄り添う気持ち)、がこの試験を受ける時のメンタルには効果的ではないかと、今は思っています。

③再現答案

当日は夜のラグビーの応援に全力を尽くしたので作成せず(苦笑)、翌日作成しました。で、MMCの採点では、BAAA、でした。まあ、下駄をはかせてくれたんだと思ってます。

 

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

①受験時エピソード

エピソードというレベルのものではないのですが、試験の時の食事・間食は、ちょっと自分の気持ちが上がるものを用意したくらいでしょうか。おいしい具の入ったおにぎりとかちょっとお高いチョコレートとか(苦笑)。とにかく、頭は疲れますので、気分を上げられるような仕掛けはあった方がいいと思います。

②アドバイス

試験受ける必要はあると思いますが、色々な学校の模試を受ける必要はないと思います。私は、1次試験はTACの全国模試を1回、2次試験はMCCの模試を2回受けましたが、今でもそれで十分と思っています。目的は、自身の立ち位置(レベル)の把握と、特に2次試験は80分×4事例を解く体験の獲得であり、合否に直結するものではない、という認識が大事と考えます。

 

1次試験の勉強は、知らない領域を学ぶの喜び・楽しさを、改めて体感するパート、という感じで、とにかく“勉強を楽しむ”という気持ちで過ごして頂ければと思っています。

ただ、1次の勉強のみやっていると、私みたいに多年度生になる確率はあがりますので(汗)、2次を見据えた1次試験の勉強時間配分に留意されることをお勧めします(とはいえ、難しいと思いますが)。

2次試験の勉強は、出題者は設問を通じてこういう風に

この会社を助けたいんだなという感受力と、

感じた内容を分かりやすく出題者に伝える説明力を見せるパート、

だと思います。

そういう意味では、この部分の力量アップは、日々の仕事の中でも役立つ部分も多くあると思いますので、診断士の試験勉強を通じてビジネススキルを向上させるいる、ぐらいの前向き?な(苦笑)気持ちで取り組んで頂けたらと思います。

要は、診断士の勉強が楽しい・面白い、と感じられる人は合格できる試験だと思います、ということが最後にお伝えしたいわけなのですが、前年CCCBだった自分が合格できた最大の理由はそこにあると思っています。

========ここまで========

 

いかがだったでしょうか。

一次試験はTACを活用したしっかりと地に足を付けた勉強法で合格され、二次試験は一年目の反省点を生かして自分にあったやり方を模索し見事合格しました。特にご自身に何が足りなかったのか、自己分析能力の高さを伺わせる内容でしたね。

また勉強時間も自分にあった時間をしっかりと見つけしっかりと合格まで続けられたこともポイントだと思います。

見事合格されたそんかんさんの会社に素晴らしいアドバイスができる方との縁ができることを期待しています!

 

以上、そーやでした。

 


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始!
お申し込みはこちらから

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:

どーも、そーやです。

令和元年試験もついに最後の一日ですね。

中小企業診断士第二次試験(口述試験)の合格発表日です。

口述試験を無事受け終えることが出来ればほぼ受かる試験です、と言われても当事者としてはハラハラしていたでしょう。ようやくその緊張感ともお別れです。そして1年間の診断士試験も本日で一区切りです。皆様、本当にお疲れ様でした!

今日は道場OPENDAY!ぜひ合格した喜びや、今後の診断士活動の意気込みをコメントにどうぞ!

また来年受験予定の方もすべての方含めてお待ちしております。

 

そして本日12時からロケットスタートセミナーの申込開始です。

来年から始まる診断士ライフってそもそも何するんだっけ?実務補習ってどういうもの?診断士協会って何?などと言った診断士あるあるネタに対して道場10代目メンバーが最後のセミナーを開催します。診断士活動の具体的な内容はネットだけではどうしても収集が難しいため、リアルなネットワークが大切です。診断士同期合格者のコネクション作りに活用できるのでぜひご参加ください。

 

最後に、繰り返しになりますが受験体験記大募集中です!

ぜひあなたの経験を道場ブログに掲載させてください。お待ちしております!

応募方法は下記の募集要項をご確認下さい!

今年一年間ありがとうございました!

 

p.s. ITストラテジストの結果が出たので先日の記事に追記しました

 

以上、そーやでした。

★:★:★:★:

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

どーも、そーやです。

中小企業診断士二次筆記試験合格された方、おめでとうございます。ラスト口述試験まであと少しです。体調管理だけはしっかりとして口述試験をパスしてください。本当のゴールとスタートはあと少しです。

 

そして今年は残念ながら涙を飲んだ方、悔しい気持ちを持つこの時期に記事をご覧いただきありがとうございます。来年また挑戦をするかどうか迷われている方もいるかと思います。そんな中でも一つだけご提案があります。

今年1年間の受験体験記を作成しませんか?

必ずしも道場に寄稿してください、とは言いません。

 

作成するメリットは2つあると思っています。

1つは、受験体験を文章に起こすことで冷静に今年1年間の振り返りができること

もう1つは、再度試験に挑戦する際に、次の1年間の方針が立てやすくなること。特に上記体験記募集のテンプレと同じように作成すれば、他受験生の経験との比較が容易にできるようになります。

記憶は時間が経つごとに曖昧になりやすいため、気持ちに整理がついた早い段階で作成することをおススメします。

 

体験記の作成に関して私なりにポイントを付け加えれるならば、

反省の内容は不要で、勉強してきた行ってきた事実だけをまとめていく方がより役に立つと思います。

 

それは二次筆記試験の採点基準がブラックボックスであるため、結果として合否が分かれただけだと思うからです。結果として合格していたらポジティブな内容の体験記、結果として不合格であったらネガティブな内容の体験記、というのは違うと思います。また反省の内容に今後の学習方針が引っ張られすぎるのを防ぐためでもあります。

そしてもし可能であるならば、道場に寄稿することも検討ください。よろしくお願いいたします。

 

受験体験記を作成するメリットは過去の記事でも書かれています。

合格体験記・未合格体験記を書くメリット

 

一発合格道場では受験体験記を募集しています。一発合格道場の財産は、10年間積み上げられた投稿記事だけでなく、読者から寄せられたの受験体験記の2本柱だと思います。

 

これから中小企業診断士を受けようと思っている方へ

パソコンで見ている方は左上のバナーに

合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!

スマートフォンで見ている方は左上のメニューに

” ≡ “から、”合格・未合格体験記 ∨”のうち、合格体験記(サマリー)

 

ここに2010年から今までの受験体験記がまとめて格納されています。

カテゴリは

ストレート合格(一次1回、二次1回)
二年で合格(一次1回、二次2回)
二年で合格(一次2回、二次1回)
三年以上で合格
未合格体験記

 

中小企業診断士試験は1次7科目と幅が広く、大学の学科・専攻保有資格実務経験の有無などで人それぞれ大きく勉強時間が変わってくるのが特徴です。

そのため数ある体験記の中で自分に近い体験記を探して参考にすることが合格への近道の一歩だと思います。

 


 

【合格体験記】独自の学習理論を確立してストレート合格!! みっちーさん

2018年合格みっちーさん:通勤講座ストレート合格(1次1回、2次1回)
保険代理店勤務ですが本人曰く予備知識はほぼないストイック勉強スタイルで合格

毎日コツコツとスキマ時間で勉強時間を確保することが出来る方には参考になると思います


 

【合格体験記】燃え尽きを克服し、自分にあった学習法を見極め見事合格!たけさん

2018年合格たけさん:独学×通勤講座×TAC通学の三年変則合格(1次2回、2次1回)
大学時代に経済や経営、簿記を専攻しており仕事では工場経験もある自分にあった勉強スタイルで合格

勉強のモチベーションが出なかったり燃え尽き症候群になって2次を一度スキップしても最終合格を勝ち取った方です。
合格体験記も非常に簡潔にまとまっており、どのようなスタイルで勉強していたかが想像しやすい読み手にやさしい体験記です


 

【合格体験記】学習の質を重視し超短勉強時間でストレート合格! たっつーさん

2018年合格たっつー:独学ストレート合格(1次1回、2次1回)
短期間で結果にコミットする過去問折込済みテキストインプット法と徹底的二次復習スタイルで合格

弁護士資格持ってるなら診断士も余裕でしょ?いやいや難関資格持ちならではの短時間で合格ラインに乗せる技術を一読すべきです
たっつーと境遇が似てる方はなかなかいないと思いますが、合格可能性を高める勉強方法は非常に参考になると思います


 

このように体験記には、これから診断士試験をどう乗り越えていくか先人の知識が多く盛り込まれています。

まだ経験したことない診断士の試験勉強をどうすれば乗り切れるか、具体的なイメージを提供してくれる良質なコンテンツとなっています。この時期は特に、勉強の合間に自分に参考となる体験記を探して、他人の経験を自分のものにしてください。

ちなみに私は、1次試験の合格のイメージが一切湧かなかったので、あえて1次試験を1回以上失敗している体験記のみをピックアップして、どうすれば自分は合格できるのか反面教師として活用させてもらいました。

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

どーも、そーやです。

今週は寒波が押し寄せ、昨日は新潟で初雪だったそうです。皆様、体調のほどはいかがでしょうか。

私は二年連続で11月中下旬から風邪をひいています。風邪をひくだけでもテンション下がりますが、去年も同じように何とか動ける程度(熱や咳は出ない)の体調の悪さが1週間以上続いているのが悲しいところです。インフルエンザも例年になく早い流行になっているそうなので、二次試験合格発表待ちの方はしっかりと体調管理をしましょうね!

さて、本日はITに強い中小企業診断士を目指している方向けの内容です。

 

ITストラテジストの概要

「ITパスポート」や一次の経営情報システムが科目免除となる「応用情報技術者試験」と同じ情報処理技術者試験の一つであり、高度区分9つの試験のうちの一つでもあります。つまり情報処理の資格では相当な高難易度であると言えます。

ターゲットとしては、ITコンサルタントや経営戦略とITを結びつけるポジションの方を想定しているようです。

経営戦略に基づいてIT戦略を策定し、ITを高度に活用した事業革新、業務改革、及び競争優位を獲得する製品・サービスの創出を企画・推進して、ビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す方に最適です。

ITストラテジスト試験 IPA情報処理推進機構

試験は毎年10月の第3日曜日(!!)と、中小企業診断士二次試験と丸被りするケースが非常に多い日程なのです。今年と去年は同一日程でしたが、一昨年の2017年はITストラテジストが10/15、診断士二次試験が10/22と1週間ズレる年もあります。

なお、合格率は例年15%前後で推移しています。

 

中小企業診断士にITストラテジストをお勧めする理由

試験自体の親和性が非常に高いことがあげられます。

特に、「幅広い経営知識が求められる点」と「時間内に論述の答案を作成する点」です。

ITストラテジストは1日に4つの内容の試験があり、それぞれ午前1、午前2、午後1、午後2と分かれています。午前は択一式試験であり、午前1は情報処理全般の基礎内容について、午前2はITストラテジスト固有の問題で出題されます。午後は記述式試験であり、普通の受験生であればこれが非常に難関です。特に午後2は2時間で約2,500字前後の論述をしなければいけません!

その点で中小企業診断士試験を経験された方は、

企業経営や財務会計など幅広く知識の下地が出来ており、かつ、二次試験では各事例500字程度の記述を経験している

この2点が他のITストラテジスト受験生と比べると非常に有利な状況ではあると思います。

加えてもう一点、高度情報処理試験の中ではデータベースやネットワークなど技術的な部分が弱くても合格しやすいのがITストラテジストをお勧めする理由です。上記の概要にもある通り、「経営戦略」に基づいてIT戦略を策定する方を想定した試験であるため、IT技術が強い方よりも、ITと経営の両面から語れる方のほうがなじみやすい試験です。ITは今はそんなに詳しくないけれども、今後自分の強みにしていきたいと考えている方がいましたら、選択肢の一つとして考えてほしい資格です。

 

ITストラテジストに合格した場合

中小企業診断士と同様に独占業務はありません。また日本ITストラテジスト協会という組織があり、勉強会や研究会などを行っているそうです。(加入は任意)

どちらかというと転職時や独立したコンサルタントの専門性を示す肩書として利用できるかと思います。特にITストラテジストは情報処理試験では高難易度として認知されているため、ITの専門家として対外的に証明しやすいと思います。

 

私の場合の勉強方法(おまけ)

追記

2019年度ITストラテジストに合格しました!
少しは堂々として勉強方法を乗せられてほっとしています。

 

今年のITストラテジスト試験に初挑戦しました!本来であれば受かってから記事を書くべきかなと思いましたが、日程の都合上、未合格の身でありながら体験談を書かせていただきます。あまり合格の手ごたえは感じ取れていませんが…

午前1、午前2はマークシート形式であり、かつ過去問が非常に出やすい傾向のため、ひたすら過去問だけを暗記しました。特に午前1は直近2回分の内容は出にくい傾向があり、直近3回以前の試験内容からそのまま出題される傾向にあります。(例えば、2020年秋の試験を受ける場合は、2020年春、2019年秋の内容は出にくく、2019年春以前の内容が出やすい)
過去問はすべて情報処理安全確保支援士ドットコムに解説付きで載っているので、すきま時間に覚えるのに重宝しました。

なお午前1は、直近2年以内に応用情報以上の試験の合格があるなどの条件を満たせば免除できます。

午前2は、診断士で学習した範囲からの出題が多いため過去問の学習も比較的楽に出来ると思いました。アンゾフの成長マトリックス(組織)、バリューチェーン(経営戦略)、ファイブフォース分析(経営戦略)、マーケティング要素4P(マーケ)、需要の価格弾力性(経済)、投資のNPV分析(財務)、などと中小企業診断士受験生であれば見たこと勉強したことのある内容が非常に多いです。
なお午前2の過去問は上記のようなステキなサイトは存在していないため、解説のテキストを購入するか自分で調べることになります。私はWEBマーケティング関連の言葉に疎いので、そこを中心に検索して調べて自分なりに解説を作るというやり方をとりました。

 

午後1、午後2は情報処理教科書のうかる!ITストラテジストを参考にしています。
午後1は設問あたり30文字程度の記述を求められ、90分で約350字の解答作成が要求されます。これは診断士の二次試験で事例の読み込みを行ってたお陰で比較的平易に勉強ができました。これも診断士二次経験者であれば、過去問中心の学習でいいと思います。

そして最難関の午後2は、2時間という制限の中で、設問1は800字以内、設問2は800字以上1,600字以内、設問3は600字以上1,000字以内と、腱鞘炎になるのではないかという圧倒的記述量レベルで論述が求められます。自己の経験をもとに出題内容に沿ったお題で、導入側のIT戦略策定について論述します。これは何通りかAと言われたらBと書き出せるようなテンプレートを用意しておかないと、2時間では書ききれないです。

今回は時間内に書ききれたものの、残り10分で600字以上足りていない状況から殴り書きで答案を作成したため、非常に完成度は低いものだと思っています。次回挑戦する際には、IT導入の投資効果のテンプレートや、具体的な導入効果のテンプレートなどを準備して、その場で考えることをより減らせるようにして時間節約できるよう臨みたいと思います。あとはやはりiPadの勉強の弊害である、紙とシャーペンに慣れることをもう少し真面目に取り組みます。ここの2点は二次試験で経験しているのに全く活かせてません。

 

本日は少し内容が薄めではありますが、中小企業診断士受験生にITストラテジストの試験の存在を知ってもらいたいと思い取り上げさせて頂きました。

以上、ITストラテジストのそーやでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

どーも、そーやです。

本日は「中小企業診断士の転職活動」体験記です。去年の二次筆記試験終了後から内定までの流れと、振り返ってみてここはちゃんと気を付けておくべきだったというポイントをまとめてあります。同じように転職を考えている方もいるかと思いますので、参考にしてみてください!
(正確には中小企業診断士「試験合格者」の転職活動、ですが)

文字数:2700字(約5分で読めます)

 

10月の二次筆記試験終了後から

必ずしも転職ありきで中小企業診断士を目指したわけではありませんでした。しかし、一次試験に合格して二次試験を受験すると今まで薄っすらと考えていた転職の選択肢が、次の確かなステップとして認識されるようになってきました。これは二次試験に手ごたえを感じたという訳ではなく、二次試験まで受験できたことが次に繋がる様に感じたためです。(去年の私の手ごたえの変遷はぐっちのこの記事で)

改善ポイント1 業界研究と職務経歴書は合格前にやった方がよかった

二次試験終了した10月下旬から、合格発表の12月上旬まで約1か月半あったわけですが具体的に転職活動を始めていませんでした。そして、口述試験後に動き出したため、最初の面接が1月下旬と合格発表から結構間が空いてしまいました

転職するなら合格しようがしまいが自分の将来のキャリアを踏まえた業界・業種を事前に洗いだして、職務経歴書は完成させておくぐらいのことは合格発表までにした方が良かったです。これは二次試験に合格してしまった方が後々大変になるので、ここでの改善ポイントです。

しかし、去年の私はそんなことは一切考えておらず、二次試験合格発表までは中小企業診断士取れたらコンサルかなーなどとステレオタイプで浮ついたことしか考えておりませんでした。辛うじて一つ転職サイトだけは登録して業種を絞って検索などをしていましたが、効果的な行動ではなかったです。

 

12月の二次筆記試験合格発表後

合格発表から1週間後には口述試験のため、口述セミナーに参加したり、自分で二次試験を振り返ったりと慌ただしかったです。また口述試験後は年末忘年会の時期とも重なっており、開放的な気分であったため転職サイトをさらに一つ登録したぐらいで具体的な行動はしていません。ただしこの時期には、今後数十年の将来のキャリアを顧みる機会があり、転職は一番いいタイミングだと決心はしました。

改善ポイント2 転職するなら動き出しは早めに

転職が初めてだったので、現職をやめるきっかけが何か欲しいと思っていました。そのため中小企業診断士試験合格というのはいい口実になると思って本格的に動き出そうと決心しましたが、結局のところそれはただの口実であり合格しようがしまいが縁があれば転職するぐらいの気持ちでいた方が、動き出しが早かっただろうにと思っています。

 

年明けから本格化

エージェントと電話や直接面談を行い、最近の転職トレンドや自己の客観的な評価などを聞きながら何先か書類選考を進めました。1月は比較的時間にも余裕があり、転職活動がスムーズに進むのでは?と期待も高まっていました。また一発合格道場の年明けにあったロケットスタートセミナーにも参加し、特に先輩診断士の転職話や独立話を参考にしました。

1月下旬には書類選考が徐々に進むようになりましたが、書類を出して面接にたどり着くまで1~2週間掛かることが多かったです。しかもこの時でさえバラバラな業種に応募して選考を進めていたため、結構無駄が多かったと感じます。

業界はIT・コンサルが中心でしたが、業種は経営企画やコンサルティングスタッフ、営業、財務経理などと全然絞れておらず結構行き当たりばったりな転職活動だった気がします。

 

2月の実務補習との両立

改善ポイント3 実務補習は思った以上にハード

私は5日間コースの実務補習を申し込みました。結果としては転職活動と実務補習の両立は結構難しかったため、まだ5日間コースで良かったと思っています。実務補習が始まったら転職活動はそれまでの5割以下しかできないと思ってスケジュールを立てた方がいいと思います。

また合格後に転職活動を予定している方は2月の実務補習は完全スキップするのも一つの手です。すぐに診断士登録をしなかったせいで初年度の診断士活動に影響が出た!という方は非常に少ないのではないでしょうか。診断士協会に加盟する場合でも登録予定としておけばまずは良く、転職後の夏に実務補習を行ったり、実務従事に参加したりと登録要件のポイントを稼ぐ手段はいくらでもあるので。

 

なんだかんだで実務補習の最中に面接を受けた企業より内定を2月中に貰い、4月中旬から転職先で働くことになりました。ただし面接スケジュールはすべて自分で調整していたため、同時並行で進めていた複数の企業は選考プロセスをすべて終わらせられず、内定先の時間切れという制約もあったため中途半端な形で転職活動が終了してしまいました。

結果として現在は転職先に不満はないですが、上記の改善ポイントを少しでも改められていたら複数企業から内定を得て、転職先を比較検討できるという理想系に近づけたかなと思います。

 

転職先はコンサルではなく

私の現職はコンサルティング業ではなく、ITベンダーの技術営業みたいなことをしています。当初は診断士=コンサル!みたいな固定概念もありましたが、結果としてコンサルティング企業への応募もほとんどしませんでした。診断士が活躍できる場はコンサルだけでなく色んな分野に広がっていて、診断士の受験経験や活動が現在の仕事にも間接的ではありますが生きています。

後悔しない選択肢を取るためにも、私の体験談が少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

最後に、転職活動で中小企業診断士試験合格であれば有利になるか?

8割Yes、2割Noといった答えでしょうか。これは私の感覚です。
Yesの理由は、中小企業診断士の資格を奨励しているような業種にも応募して書類が通りやすくなったり、一般的に努力できる人間であると評価を受けやすいと考えているためです。逆に言えばアピールの仕方次第では、二次試験合格発表前の現段階でも有利に働く可能性はあります

Noの理由は、面接相手が必ずしも中小企業診断士を知っているとは限らず、資格持っているんだ、ふーん、ぐらいで流されることもあったためです。そのためすべての業種業界で有効という訳ではないので、Noとしています。

 

中小企業診断士を目指したことが、あなたの人生のターニングポイントとなりますように

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は修了しました。

★:★:★:★:★

どーも、そーやです。

先日のラグビーW杯は南アフリカの優勝で幕を閉じました。
記憶に新しい2015年のイングランドW杯で起きた「ブライトンの奇跡」で日本代表が南アフリカに劇的な勝利をしたことから、準々決勝で再度対戦が決まった時はもしかしたら今回も、と期待した日本人ファンもいたでしょう。ただし自力に勝る南アフリカを崩せず、トライも出来ないまま試合は終わってしまいました。そんな日本代表を破った南アフリカ代表が強豪イングランドを破って優勝したことは、少しだけ誇らしくも思えました。金髪の小さなスクラムハーフ、デクラークは今後日本でも人気が出そうですね!

さて本日はそんな南アフリカ、ではなくイングランドからのお話です。(え?イングランド?)

 

診断士に必要な科目

中小企業診断士として避けたくても避けられない科目があります。それが財務会計です。

一次試験では「財務・会計」として、二次試験では「事例Ⅳ」として受験生に立ちはだかります。財務会計が得意であれば診断士試験の勉強時間は大幅に短縮することができます。また中小企業診断士合格後にある協会主催の実務補習では、診断企業へ提出する経営報告書のレポートに経営分析を必ずつけて提出しなければなりません。(そういうお作法みたいです)
もちろん実務の場でコンサルティングを行う際ににも企業経営状態を把握するためには決算書等が読めなければいけません。

そんな財務会計の論点でも頻出なのが減価償却です。

令和元年一次試験「財務・会計」第2問では、圧縮記帳と減価償却の混合問題として出題されました。

(答えはア)

また直近の令和元年二次試験「事例Ⅳ」では、第3問のキャッシュフロー計算で減価償却を考慮する計算が含まれていました。

間接法によるキャッシュフロー計算書では、利益額に減価償却額を加えた額が営業CFとなりますよね。(今回はそれに加え税金30%を考慮しなければなりませんでした)

 

ちなみに減価償却とは、

土地以外の固定資産は、使用することや時の経過によって老朽化し、徐々にその価値が減少する。そこで決算において、土地以外の固定資産の取得価額をその使用する各期間に「費用」として計上し、固定資産の価値を減少させていく必要がある。この手続きを「減価償却」といい、減価償却によって生じる費用を「減価償却費」という。
(TAC出版 スピードテキスト財務・会計より)

 

簿記の仕訳処理ではこの説明でどうすればいいか分かりますが、なかなか本質を捉えづらいものです。

では減価償却はどのようにして誕生したのか、そのルーツを探っていきます。

 

鉄道会社から生まれた減価償却

舞台はイギリス(イングランド)

1830年に世界で初めて鉄道がリバプール・マンチェスター間で開業されました。そこから鉄道ブームが起き、鉄道会社への投資がブームになりました。

鉄道会社は、汽車や駅舎の他にレールや枕木、設備施設などの莫大な固定資産を必要とする事業であり、前近代的な事業とは一線を画していました。

そこで問題が発生します。

鉄道会社は株主に配当を出しますが、家計簿的な考えで利益計算すると、鉄道拡大のために大規模な設備投資をした年は業績が悪くなり、反対に設備投資をしない年は業績が良くなります

これだと株主になった期間に積極的投資が行われてしまうと配当が少なくなり、株主間で不公平が生じてしまいます。

それに悩んだ経営者は、このように考えました。

「投資した固定資産は将来の利益につながるものだから、その投資した金額は将来に渡って分けよう」

これが減価償却の考えの基礎となります。もっともより以前より似たような考えはありましたが、本格的に企業会計に取り入れられたのは鉄道会社からと言われています。

 

つまり減価償却は、
当該会計年度の適切な利益計算を行うために、理論的に生み出されたものなのです。

だからキャッシュフロー計算書では、すでに支払ったものだから減価償却は除いて考えるものなのです。似たような考えとして引当金→将来の発生する支出を合理的に見込んで事前に費用化して準備しておく、などがあります

この内容をもっと詳しく知りたいかたは、「会計の世界史」をご覧ください。特に二次試験が終わって一息ついている方にはちょうどいい読書になるかと思います。(ksknと同様にこれを宣伝しても私に一切利益はございません。ただ読んでためになったので紹介しております)

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語(田中靖浩 著、2018年、日本経済新聞出版社)

 

本来、診断士試験を合格するだけであればこういった減価償却の歴史などは知らなくても十分対応可能ですが、知っているとより知識の定着に繋がるかと思います。会計がどうしても苦手な人は、歴史と紐づけたり、日々の生活と紐づけたりして会計のイメージをより身近に感じると理解が深まるかもしれません。

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

*:*:*:*:*

どーも、そーやです。合格体験記はこちら

中小企業診断士2次試験お疲れ様でした!
この日に向けて1年間頑張られた方も多かったかと思います。今週はゆっくりと休んでください。

記述式の試験のため、100%合格だと確信を持てる方は少ないと思います。周囲の出来が気になってSNSや掲示板など受験生の口コミを見に行ったりもするかもしれません。でも、やることやったらあとは後ろを振り返らず、前だけを見ていきましょう。

 

1.今後のスケジュール

二次筆記試験合格発表 12月6日(金)

二次口述試験日 12月15日(日)

合格発表日 12月25日(水)

 

12月上旬に筆記試験合格発表があってから慌ただしい1週間が始まります。

口述試験は合格率が非常に高く、余程のことがない限りは不合格になりませんが準備はしっかりとする必要があります。特に再現答案を作っておくと、自分の言葉で説明する必要がある口述試験の見直しには役立ちますので、まだの人はぜひ作りましょう!

 

そして記事の上にも書いてありますが、一発合格道場主催の打ち上げを開催します!

事例Ⅴ
東京@新宿駅付近 11月1日(金)18:30~

事例Ⅵ
大阪@大阪駅付近 11月16日(土)18:00~

事例Ⅶ
名古屋@名古屋駅付近 11月2日(土)18:00~

各地区それぞれの道場メンバーや同じ受験生たちとぜひ語り合いましょう!
決して2次試験を受けた方だけでなく、1次試験で涙をのんだ方、来年初受験の方もぜひご参加下さい。私が初めて道場メンバーにお会いしたのも事例Ⅴでした。独学でほとんど語り合える知り合いも居なかったため、こういった機会はとても貴重でした。ぜひ、お待ちしております!

 

2.これから診断士関連でやった方がいいこと

再現答案の作成

体験記の作成

再現答案はすでに作成された方もいると思います。まだの人は短期的には口述試験のために、長期的にはふぞろいや受験生支援で活用できる貴重な情報として自分のみならず多くの受験生の役に立ちます。

そして一発合格道場では毎年受験生の体験記を募集しています。例年二次試験合格発表後から年末にかけて道場読者から募っており、去年は50件を超える合格体験記を送っていただけました。名称は合格体験記となっていますが、受験勉強に一区切りがついた今こそ体験記を作りやすいと思います。ぜひ記憶も新しいこのタイミングで作成していただき、最後口述試験も受けた後の完成版を送付いただければ幸いです!

かわともとちこまる(仮)がまとめた合格体験記はこちらから

H30年度 合格体験記総まとめ~1次試験編~
H30年度 合格体験記総まとめ~2次試験編~
 

3.これからプライベートでやった方がいいこと

これはもう人それぞれだと思います。
それでもまずは家族に感謝、恋人に感謝、友人に感謝、職場に感謝、お世話になったすべての方に感謝をしてください。そして試験勉強中は手が出せなかったやりたいこと取り組むもよし、家族と旅行に行くもよし、次の目標に向けて努力するもよし、色んな事に挑戦してください。合格したら忙しいですよ?

私はマラソンへ向けてランニングを再開しましたが、試験翌日は少し走っただけで息があがってしまいました。

 

4.おまけ

これは転職を考えている方向けのアドバイスです。資格試験の動機として転職はあると思います。

私は去年の受験生のころから診断士合格したら転職しようと考えていた一人でした。結果、合格発表後の12月下旬から始めて、2月末には今の会社から内定を頂き、4月から働き始めました

それでも結構運が良く比較的スムーズに転職活動が進められましたが、もし初めての転職を考えている方は少なくとも今から転職準備は進めた方がいいと思います。合格発表後からは結構忙しく中々時間が取れないこともあるからです。特に2月は中小企業診断士協会主催の実務補習が始まります。実務補習を受けながら在職中の仕事と転職活動の面接をこなすのは結構しんどいものがあります。合格後は意外と忙しい、ということを念頭に活動することを推奨します。

そして同期合格者の中には二次試験後のこの時期から面接を受け始め、12月上旬にすでに転職先を決めた人も居ました。二次試験に合格していなくても、一次試験に合格したことや診断士を勉強した努力などを伝えれば、二次合格と同等レベルで評価してもらえると思います。それを聞いたとき、「あ、そういうやり方もあったか!」とショックを受けました。

転職を考えている方はご参考にいただければと思います。

11月以降の記事では、転職についてももう少し詳しくまとめたいと思います。

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

どーも、そーやです。

試験まで2週間を切りました。
「全然勉強が進んでない。もう時間がないから、今年は諦めようか。」
そんなことを考えながらも一発合格道場にお越しのあなた、まだ諦めるのは早いです。

どんなに勉強が進んでなくても一次の知識と当たり前の心構えで合格の最後尾に滑り込むことは可能です。事例Ⅳの答案提出までは決して諦めず、試験を受け切ってください。

今回はこの時期に改めて見たい道場記事を引用しながら、解説したいと思います。(直前期だから時間がない!という方も多いと思い、比較的文字数の少ない読みやすい記事を中心にまとめました)

 

と紹介に行きたいところですが、先に今回の記事の結論を書かせていただきます。

過去記事の引用はあえて初代の記事、つまり9年前の記事を中心に取り上げました。診断士試験で求められている根底の部分は過去も今も変わらないと感じているからです。

与件文に忠実に

設問要求をしっかりと理解し

社長の思いを大切に

昔からずっと受け継がれていたことを、きちんと受け取って二次試験に臨んでください。採点者はあなたの天才的な問題解決能力を求めていません。中小企業は実現可能性のある助言を求めています。それは専門的じゃなくていいです。社長が分かる言葉で教えてあげてください。
ただそれだけです。

パニックになったときにどうするか考えておく

試験で最大限のパフォーマンスを出すには平常心が一番!でも、やっぱり時間に追われてパニックになることだってある。じゃあ、パニックになったときにどうするか、準備しておきましょう。

試験直前にやって良かったこと] フレームワークの用意&パニック時の対処を考えておく(道場9代目:chika投稿)

大切なプレゼンでも、頭が真っ白になったときのために場を繋げることができる定型文は必須ですからね。その準備を怠っていた若いころはよく恥ずかしい思いをしてました。

 

事例とは「要求に沿って解答する」の一言に尽きる

あなたの経験から回答を作るのではなく、シンプルに単純に与件文と設問文に沿って解答を作ってください。ほんとそれだけ。

最後のとっておき(道場初代:ふうじん投稿)

当たり前のことかもしれませんが、直前期になると「どうやって他の受験生よりも点数を稼ごうか」と焦りが出てきて当たり前のことを忘れるかもしれません。でも、当たり前のことを再度認識してはいかがでしょうか。

 

まだ事例Ⅰの解答に悩んでいるなら

模範解答を書き写して、自分の解答ライブラリを増やす(対策①)か、社長の思いや目標の裏返しを課題と認識して解答根拠に使う(対策②)

1年前の苦悩の日々(道場初代:WATATA投稿)

事例演習をして自分の解答を作るよりも、高得点者の点数が入る解答を丸写しして自分の糧にした方が有意義かもしれません。高得点解答はいよっちの記事から

【H30年事例Ⅰ】75点超え答案をまとめてみたけど需要ある?
【H30年事例Ⅱ・Ⅲ】需要ありそうだから70点超え答案まとめてみた

いよっち、すっごい需要あるよ!ありがとう!
まとめサイトみたいなタイトルの記事だから胡散臭いですが、コンテンツは秀逸です。

 

事例Ⅱで閃いたら要注意

結局のところ、閃きから生まれるアイデア解答は得点になりにくく、基本に忠実に与件文にそって解答を作っていくことが大事だそうです。

事例Ⅱ:多すぎる根拠に大忙し(道場初代:JC投稿)

 

解答文字数と配点を見比べてみる

平成30年の事例Ⅱはどの設問もほぼ同じ文字数でしたが、過去は文字数と配点の関係がばらつく傾向があるらしい。そんな気づきも解答する順番を考える一つの基準になるでしょう。

事例Ⅱ:配点のバラツキと時間配分(道場初代:ZonE投稿)

 

事例Ⅲは当たり前のことを当たり前にやる

事例III:雇われ・素人・工場長の身になって(道場初代:ハカセ投稿)

「雇われ工場長」は常に成果をアピールするから、「当たり前の改善」をアピールする。
「素人工場長」は与件に書いてないことは分からないから、与件文に書いてあることから改善策を引っ張る。

難しく考えないことが事例Ⅲの攻略のきっかけになるかもしれません。

 

事例Ⅳの経営分析は外さない

失敗の類型化~開眼のきっかけ(道場初代:JC投稿)

心構えとは違うかもしれませんが、事例Ⅳの経営分析を外すとやっぱり痛い。じゃあ事例Ⅳは最低でも経営分析だけは外さないように頑張ろう、ということで先日のmakinoとksknの投稿を読み返そう。

【2次対策】事例Ⅳ 弱者の戦略(道場10代目:makino投稿)
【事例Ⅳ】経営分析指標を見極めるポイント(道場10代目:kskn投稿)

事例Ⅳはなにはともあれ経営分析。あなどるなかれ

 

事例のポイントは再度押さえましょう

本当は【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅰ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!10代目高得点解答にみる2次試験合格のポイント!:平成30年度事例Ⅰを再度見て、二次試験の準備をしましょう!といいたいところですが、あと2週間でこの膨大な量の記事を読み込むには骨が、いや心も折れる。なので、コンパクトにポイントをまとめている記事で各事例のポイントだけは最後に押さえておきましょう。

【FP公開】事例Ⅰと事例Ⅱのポイント(道場10代目:ぐっち投稿)
【FP公開】事例Ⅲと事例Ⅳのポイント(道場10代目:ぐっち投稿)

 

【番外編】あと2週間のテンションの上げ方

本番までのコンディションの整え方としてピーキングが紹介されたこともありました。あと2週間されど2週間、長いです。モチベーションも一定で勉強なんてできません。そんなときに読みたい記事です。

【ゆるわだ】1年前の自分を振り返る&テンションを上げる工夫(道場9代目:たかじん投稿)

私もまたこの時期に試験勉強をしてますが、常に洋楽聞いてモチベーション維持に努めています(現実逃避)

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

どーも、そーやです。

先日の9代目chikaの投稿を見て、すごく良い記事だな感心しました。コンサルティング提案では第三者として助言を行うことが一般的ですが、彼女のようにコンサルタントとしての助言を行いながら実行部隊として改善活動を行うことはそう簡単なことではないと思います。そのリアルが詰まった記事は二次試験への向き合い方でも非常に重要なヒントとなってくると思います。まだ見てない方はこちらからどうぞ。

さて、本日の主題は「80分の過ごし方」です。

受験生時代を振り返えると、みんなどんな時間配分で問題を解いているのか気になっていたことを思い出し、私のケースということで記載します。


【準備①】試験開始~1分
問題用紙のホチキスを外し、下書き用紙の確保。

【準備②】1分~2分
事例企業の概略の確認と段落番号の書き込みをして、精神を落ち着かせる

【準備③】2分~3分
設問文の俯瞰と解答字数のチェックをして、精神を落ち着かせる
あくまでざっと。競争戦略とか人事とかそんなワードだけマークするレベルです

【読む】3分~10分
与件文の読み込み。事例企業の世界に入り込む
自分は社長から経営診断の依頼を受けた中小企業診断士だ、と思い込ませる

【画像1】事例Ⅰでは、カラーペンで色付けしようとちょっと頑張ったけどペンの開け閉めが想定より面倒だったため、SWOTの頭文字だけ与件文の横に書いて当たりを付けやすくした

【画像2】事例Ⅱではカラーペンは断念。SWOTも関係なかったためキーワードだけ下線を引いた

【考える】10分~40分
解答骨子の作りこみ
テンプレ(理由は①~、②~など)に当てはまるものがあればさっさと着手する

【画像3】事例Ⅰの設問文はあまり分析できてないことが伺える

【書く&考える】40分~65分
自信がある設問は、解答用紙に清書して、精神を落ち着かせる
自信がない設問は、再度与件文の読み込みと骨子の推敲

【画像4】事例Ⅱの骨子作り。覚えたてのDNDK(誰が、何を、どのように、効果)に当てはめて頑張っていた

【書く】65分~75分
残りの設問も解答作成に清書
そこそこ読みやすい字になるよう意識して書き込み。時間との闘いのためキレイに書く必要はない、そこそこを意識

【レビュー】75分~80分
日本語のチェック(主述関係、助詞)
本番では事例Ⅱの設問4を日本語が不自然ということでこのタイミングで丸々書き直しました。逆に事例Ⅰの設問4は解答がいまいちイケてないけど、日本語としては不自然ではないと判断したためそのまま提出しています。ここでは採点者に意味が伝わるか、にだけ焦点を当ててレビューしています。


 

ポイントとしては、

与件文を読んでから設問をきちんと読み込む、ということです。

 

ちょっとまてよ、どこかで聞いた内容だな

 

ちょうど先週のたっつー記事「【劇薬注意】80分では時間が足りないあなたへ」と同じ内容と思った方、正解です。道場記事しっかりとチェックしてますね。コメント内容も含めて見てみると、もしかしたらマイナーな方法なのかもしれないなと思いました。でも単に一般的な方法ではなく異端な方法と捉えるだけでは勿体ないと思い、私も記事にさせていただきました。

そして私もたっつー同様、きゃっしいの解法実況は参考にしましたが実践はしませんでした。

理由は単純で、時間が足りなくなりそうだから。

 

だって失礼ですが、これは強者のやり方です。王道かもしれませんが、一次も最低限の点数しか取れない弱者だった私は同じやり方をしたら落ちると思いました。

過去問の傾向を踏まえる?いやいや、過去問やってないから傾向なんて分からんよ。HAHAHA

経営資源が重要そうだな?いやいや、経営資源ってなんだっけ。とりあえずそれっぽいもの全部マーカー引くか。HAHAHA

 

笑いごとではなく、中小企業診断士試験の知識ややり方が固まっていない人が同様の手法をとっても時間の無駄となる可能性が高いです。ましてや、きゃっしいだから設問分析が10分で終わるものの、それがもっとかかる人は取り返しのつかないことになる可能性だってある訳です。

試験時間は80分ですが、設問分析に10分だけ時間を掛けたら残り70分です。去年の私だったら与件文を読んでいる最中に、間違いなく設問の内容は飛んで行ってしまってまた改めて設問を読む羽目になります。

さて、実質70分で他の受験生と戦えますか?

 

ただしあくまでもこれは弱者として自覚した上で、どうやって中小企業診断士試験の合格ラインに滑り込めるかを考えた結果行った方法であり、設問分析をして与件文を読み解くは真っ当な正攻法であり、合格に近くなるやり方だと思います。感覚値で言えば、設問分析をしてから与件文を読む方法が100%の解答を作れるとしたら、与件文からいきなり読んで解答を作る方法は60%の解答が作れるイメージです。

でも時間が足りなくて空欄ないし、字数が圧倒的に足りない解答よりかは点数の期待値は上がると思います。

 

しっかりと二次対策を進めている方にとって今回の記事はほとんど参考にならないと思います。期待に応えられずすみません。

ですが、ふと後ろを振り返ると後方にいた受験生がすごいスピードで追い抜いていくことだってあり得る試験です。なぜか、それは診断士試験の母数の多くが社会人経験が豊富な方であって、試験対策に時間が取れてないだけでコツさえつかめばグッと伸びる方が多いからです。

残り3週間とちょっと。これからの勉強次第で、きちんと設問分析ができて与件文を効果的に読み進められる強者になることは可能だと思います。ぜひ頑張ってきゃっしいやなおさんのように時間内に分析ができる受験生になってください!

残念ながらその域に達することが出来なかった方、本番の立ち回り次第では合格ラインに滑り込むことができると思います。最後の一分まで諦めず、粘ってください!

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

一発合格道場10代目勉強会in東京にご参加いただいた方、ありがとうございました!無事勉強会が開催できた安堵感と、皆様と一緒に勉強会コンテンツを作れた達成感でいっぱいです。さて、今日はその東京勉強会のレポートをお送りいたします。

改めまして、どーも、そーやです。

一発合格道場の東京メンバーでは初めての勉強会ということもあり、どれだけ参加いただけるか不安な部分もありましたが告知からほぼ一日で満員御礼となりました!参加いただいた方は二次に対する意気込みが強く、欠席なし!遅刻なし!忘れ物なし!と素晴らしい方々ばかりでしたので、運営側もスムーズに進めることができました。本当にありがとうございます。

勉強会のスケジュール

9:30 – 9:40 勉強会開始!本日の説明
9:40 – 11:35 事例Ⅰ ポイント講義&グループディスカッション
11:35 – 12:05 休憩1
12:05 – 13:40 事例Ⅱ ポイント講義&グループディスカッション
13:40 – 14:05 休憩2
14:05 – 16:00 事例Ⅲ ポイント講義&グループディスカッション
16:00 – 16:15 休憩3
16:15 – 16:45 事例Ⅳ ポイント講義
16:45 – 17:00 勉強会終了!撤収

丸一日、密なスケジュールでの勉強会でした。試験本番でも9:40から17:20までの長丁場となるので、本番に向けた体力づくりにもひと役貢献できたのではないでしょうか。

ポイント講義

グループディスカッションを始める前にぐっちより、各事例のポイントについて説明してもらいました。ぐっちのポイントをまとめたファイナルペーパーに関する記事はこちらこちらから。各事例ごとにポイントを押さえたら、ディスカッションスタートです!

グループディスカッション

参加した受験生には、事前に平成30年度の事例Ⅰ~事例Ⅲまでを解いてもらってそれをベースに議論を交わしました。

各設問ごとに10分間ディスカッションをして解説、また10分間ディスカッションという流れで行いました。

グループディスカッションでは、各班に道場メンバーも参加させてもらって一緒に議論を交わしましたが、道場メンバーはおまけのような形で参加者主導で白熱した議論をしていました。参加者個々人が主体となって自分の解答の意図や、他の方の解答のいい着眼点などを議論し、自分になかった視点や解答の切り口などを吸収してもらったように感じます。

また今回が初めての二次試験受験という方も多かったため、去年の本試験を受けているときの体験談なども交えて設問への向き合い方について議論させてもらいました。

事例解説

グループディスカッションが終わってから、なおさんより設問の解説により各設問を締めてもらいました。
特に意識するのが、「出題の趣旨」のところです。二次試験では解答が発表されない代わりに、試験問題の趣旨が発表されます。その趣旨で、試験の作問者である試験委員の求める解答内容が推測できます。解答としては与件文からのキーワードや一次試験での知識で上手く構成されていても、試験委員の趣旨に沿った内容でなければ得点の伸びは期待できません。そのような試験委員の意図を上手く汲み取れた解答かどうかの視点も踏まえて解説をしてもらいました。

また特に印象に残った解説としては、平成30年事例Ⅲの第3問である、C社の生産計画策定方法と製品在庫数量の推移(図1)を分析して、C社の生産計画上の問題点と改善策を述べるところです。

さすが本業で製造管理に携わっていたこともあり、生産稼働日の横軸と在庫数量の縦軸の関係性を簡潔に説明する様は、受験生と一緒に聞き入ってしまいました。シンプルに在庫変動が大きいのであれば生産間隔を一定にして整えること、過剰在庫となっているのであれば生産ロットを見直すこと。

事例Ⅲは「当たり前のことができていないケースが多いので、当たり前のことをやるようにするのが大事」とよく言われますが、まさにその通りの解説でした。逆に難しく考えすぎたり、在庫のキーワードがでたから条件反射的に定期発注・定量発注の内容を書いてしまうと全くの的外れになってしまいます。参加者の解答の中にはそんな罠にハマった方も居たため、とても参考になったのではと思います。

事例Ⅲは思い入れも強かったせいか少しタイムオーバーにもなりましたが、そのおかげで午後の疲れる時間帯でも勉強会の熱気は高いまま維持されているように感じました。

 

最後は参加者と写真撮影で終了です!

 

最後に

今回の一発合格道場勉強会にご参加いただき、改めてお礼申し上げます。
道場の勉強会コンテンツというのはほとんど実例がないため手探りの状態で始めた部分も大きく、参加いただいた受験生の皆様が満足してもらえるような内容となるか不安の部分も大きかったです。他団体での勉強会や有志での勉強会と比べて何が差別化できるものなのか、一発合格道場として何が提供できるのか、メンバー同士でも色々な意見が出ました。

それでも勉強会を通して受験生に何か貢献したい!という思いから開催させていただきました。

勉強会について、こんなところが良かった、ここを改善してほしい、参加できなかったけどこんな勉強会だったら参加を検討したいかも、などご意見があればコメント欄に頂ければと思います。

私自身は去年一度も勉強会というものに参加したことがありませんでした。自分の解答を人に見てもらうのが恥ずかしかったり、自分の知識レベルでは他の人の足をひっぱってしまうのではないか、という不安が強かったからです。ですが、今回運営側となって初めて勉強会に参加しましたが、参加者同士でお互いを尊重しながら率直な意見を言い合い、自分になかった視点を共有してもらう場というのはとても良いものだなと感じました。もし去年の時点で勉強会がそんな場所だと知っていたのなら、一度くらいは参加したかったかもしれません。

今回の勉強会は道場メンバーだけでなく、勉強会参加者が一体となって作り上げることが出来た場だと思います。

本当にご参加いただきありがとうございました!

そして皆様が二次試験に合格することを切に願っています。特に勉強会に参加いただいた方はきちんと解答も作れていて、出題者の意図も理解され、中小企業診断士の視点から助言(解答)が出来ているハイレベルな方々ばっかりでした。絶対合格できると信じています!ぜひ二次試験後の事例Ⅴ、Ⅵ(と称した打ち上げ)や口述対策でもお会いしたいと思います!

 

以上、そーやでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~ お申し込みはこちら

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

どーも、そーやです。

いつの間にか9月になっちゃいましたね。先日のTAC模試を受けられた方はお疲れ様でしたいよっちの記事でも取り上げられていましたが、二次試験初受験組の方は、この時期の模試について点数は気にしなくていいと思います。模試は模試なので出来がどんだけだろうが一旦忘れて二次の勉強を続けてください。

この時期の模試で大事なのは、一日を通して各事例を80分で解き切ることだと思います。模試で気づいた自分の弱点を今後の勉強で補完できれば十分本番に戦えると思いますので、頑張ってください。

 

ちなみに去年のTAC模試での私の場合は、
事例Ⅳ以外は40点にも届かず、結果として合計点でも平均点のはるか下でした。(2,500人中2,200位あたり)

事例Ⅰ~Ⅲは80分以内に、完成度はどうであれ、最低限のマス目を埋めることが出来ました。そのため解答スピードは問題ないと判断し、次のステップとして解答の精度を上げるために、与件文の抜き出しを限られた時間でできるよう意識して学習を進めました。

一方で事例Ⅳは60点届かないくらいだったのですが、時間内にすべての問題を解き切ることが出来ませんでした。そのため事例Ⅳについては、優先すべき問題と後回しにすべき問題の見極めをできるように意識し、得点しやすい問題は解き切り、他の受験生が苦戦しそうな問題は最後の残った時間でできる限り頑張る、という方針にしました。

このように模試で感じた自分の不足する部分を本番までに少しでも改善できれば、合格に近づくと思います。

 

とても当たり前のことなんだけど、これを意識してから二次試験に対する向き合い方が変わったこと

メインタイトル、サブタイトル共に微妙に長く分かりづらい文章ですみません。去年のこの時期に意識するようになった二次試験に対する自分の原点を、少しばかり書いていこうと思います。

 

去年のこの時期は、TBCの2次速修シリーズをテキストとYouTubeで見て学習していました。結果的に2次速修シリーズは完走することなく、途中で投げ出して別のものに浮気し、結果それと心中しましたが。。。(前回記事も参照)
しかしTBC2次速修シリーズの解説で出会ったある視点が私の二次試験の戦略に大きな影響を与えてくれました。

 

1.二次試験はモデルとなる企業が実在したこと

2.二次試験の採点は各事例一人で採点していること

 

上記の視点は、以下の通りに解釈して私の意識付けに役立ちました。

1.企業には社長の思いがあり、それをくみ取り社長の意向(作問者である試験委員の意向)に沿った形で解答を作ること

2.パッとみて何を主張しているのか分かりやすく、採点し易い解答を作ること

 

1番目のポイントとしては、与件文を読む際、設問に答える際に常に意識するようにしてました。

社長の思いファースト

これは単なる試験問題ではなくて、実際の企業が直面している問題なんだと。

他の資格試験は、解答がきちんと決まっていてそれが書ければ点数が入るようになっています。むしろこれが当たり前だと思います。しかし診断士試験は、「現実の世界は正しい答えなんてどこにもないよ、クライアント(社長)が納得するかどうかが答えなんだよ、だから試験でもきちんと社長が納得するような解答を作るんだよ」と私に囁いているように感じました。もしかしたらこれが開眼なのかもしれません。

アホみたいなことを言っていますが、この部分を意識付けするようになってから、“私は”与件文が読みやすく、解答を構成するイメトレも早くなりました。

 

2番目のポイントについては、現在も同じ方式でやっているのか、むしろ本当に一人で採点しているのか疑問な部分もありますが。それでも意識付けとしては良い方向に働きました

このように考える過程としては、以下のような構成です。

———————————————————-

去年は4,812人の方が二次試験をすべて受け抜きました。(申込者数が4,978人に対して、約4%近い166人が二次試験を受けなかった、全部受験しなかった事実も興味深いですが)

採点者は二次試験終了の10月下旬から、12月上旬の結果発表の間にすべて採点することになります。

例えば1解答あたり2分かけて採点をする場合でも、1時間で30解答の採点、一日10時間集中したと仮定しても300解答しか採点できません。4,800人分を終えるのに、実働16日かかります。
おそらく見直しは一回以上はやっているでしょうから、見直しは半分の時間でも実働8日かかる計算です。そしてバッファを含めると実働30日に迫るくらいギリギリのスケジュールです。

———————————————————-

すべては仮説に過ぎませんが、自分としてはこの「1解答あたり2分で採点しているだろう」ということが解答を作るうえで非常に重要なポイントだと感じました。

なんとなくですが勝手に国家試験なんだから丁寧に採点してくれているだろう、という元々の思い込みがありましたが、この仮説通りにいけばそんなことなく、結構ざっくりと採点されてしまう、と危機感が出てきました。

ポイントとしては、

⓪丁寧な文字を書くこと(字が上手い下手ではなく“丁寧”に読みやすい文字を書くことが大切)
主語を明確にすること
助詞を意識して
リズムよく読める、読みやすい解答にすること
③与件文の内容を優先
して使うこと
与件文が使えないときは一般的によく使っていると感じる言葉だけを使うこと(専門的な言葉は避けること

 

真偽はどうであれ、丁寧な文字で読みやすい文章にするのは当たり前の気遣いでもあります。

これで1点でも点数が変わるのであればやって損はありません。

 

余談ですが、転職後に出会った年間数億の売り上げを達成し続けたスーパービジネスマンが言っていた言葉も心に刺さってます。

「案件を取るためなら、考え付くことやれることはすべてやるべき。そのための努力はすべきだし、周りもサポートする。それでもなお失注したのなら仕方ない」

私は全部が全部できているわけではありませんが、こんなことを胸張って言えるような人間になりたいです。

 

■記事の補足

今回の記事は「TBC2次速修シリーズの解説」で出会った視点から意識付けられたポイントを記載しました。ですが、2番目のポイントがどの場所で聞いた若しくは見たものか、確認が取れてません。本当に聞いた内容なのか、自分で勝手に思い込んだ内容なのか不明確なままです。それでも試験に向き合う意識としては当たり前のことを結論として伝えたいと思ったため、採用しました。もし今回の記事で何かしら問題が発生する場合には早急に対応させて頂きます。

 

以上、そーやでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*

8月10日(土)開催済! 東京レポート

8月11日(日)開催済! 大阪レポート

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みはこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

満員御礼!キャンセルあれば、お申し込み可

詳細はこちらをご確認ください。

*:*

夏セミナーのダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*


どーも、そーやです。

去年の昨年の2次受験生に衝撃を与えた、9代目だいまつの「超高得点解答にみる~」シリーズの登場。

【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅰ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!
【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅱ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!
【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅲ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!

先日の一発合格道場夏セミナーに来られた方に聞いて回ると半分以上の方がこの記事の存在を知りませんでした。まだ一次試験が終わって1週間しか経っていないタイミングだったので、そのくらいかなーという感想ですが、8月末時点でも存在を知らない方がいたらヤバいと思ってください!今すぐ全部読んで下さい!

そのくらいの衝撃を去年の受験生に与えた記事でした。

でも、読めよとは言われてもまだ二次試験の準備も出来てないし、読んでもよく分からないよ、と考えている方向けにだいまつ記事の解説記事を作るという暴挙に出てみました。道場記事の解説記事なんてそんな聞いたこともないけど、まずはだいまつ記事を読むハードルが下がればいいと思い作成しました。

 

押しの理由

まず本題に入る前に、なんで私がここまで9代目だいまつ記事を読めよ!と言っているかというと、

去年の二次試験の勉強時間の半分以上は、そのだいまつ記事を使っていたからです。ファイナルペーパーもだいまつ記事です。

言うなれば私はだいまつ記事の信頼性に対する被検体でもあります。

私のクソみたいな二次試験の勉強時間でもその記事を読み込むことで、合格ラインに達することができました。もし去年この記事が世に出ていなかったら私は不合格でした。これは間違いないです。そのくらいインパクトが強かった記事であり、同期合格者でも結構この存在は知られており、絶賛の嵐でした。

 

二次試験の前提知識

まず「超高得点解答にみる」シリーズを見る前に二次試験の前提知識のおさらいです。

1.正答が公表されない
2.不合格者には、不合格通知と各事例の得点ランクが表示
3.得点開示請求を行うことで各事例の得点が判明する
4.ただし事例の設問ごとの点数は分からない

1.二次試験では正答が中小企業診断協会から公表されないため、どのような内容で書けば正解だったかが分かりません。
これが過去診断士2次試験を受けてきた方を一番苦しめてきたことです。

2.二次試験の不合格者には、不合格通知と合わせて各事例の得点ランク(A:60%以上、B:50%以上、C:40%以上、D:40%未満)が開示されます。数年前まではこれしか各事例の得点を知る術がありませんでした。

3.6代目岡崎教行さんが中小企業診断協会に得点開示請求を行って以降、その後の受験生が自分の得点を知ることができるようになりました。
これが2015年の出来事なので、得点開示が一般的になって4年しか経っていません。この事実は本当に驚きですよねー。

4.この部分が現時点の最大の闇です。
事例Ⅰは60点だった。では設問1は何点か、設問2は?それは分かりません。でもそれでは過去問を使って勉強しても自己採点が非常にしにくい。だって同じ60点でも設問1は満点だが、設問2は0点かもしれないから…

 

「超高得点解答にみる」シリーズのコンセプト

診断協会が答えを出さないなら答えに近い答案を参考にすればいいじゃないか

もうこの一言に尽きます。

診断協会が模範解答を出さない以上、過去の高得点の解答に頼るしかありません。しかもこの記事は超高得点解答合格点解答=60点付近解答を並べて解説している点が特徴です。

これは前提知識の4で取り上げた、設問ごとの点数は開示されないという闇真正面から対抗できる方法でもあります。つまり超高得点解答であれば、設問ごとの完成度が高くなりひいては答案分析精度が非常に高くなります。

 

読む前にやるべきこと

シンプルです。平成29年度の事例Ⅰ~事例Ⅲの与件文、設問文を読みましょう
出来るのであれば自分で解いてから読んだ方が効果が高いです、が、二次初学者にはハードルが高い部分もあります。そのため、読むだけで十分です。また中には数少ない過去問だから事例演習のためにもう少し学習が進んだところまで取っておきたい、と考えられる方もいると思います。

諦めましょう。だいまつ記事を効果的に読むためには平成29年度の読み込みは必須です。

これに納得いただけた方のみ、めちゃくちゃ絶大な効果を得られると思っております。

 

読み方1(与件文抜き出し)

言葉をここで統一します。
事例Ⅰでは、3人の答案が出てきましたので、

上答案(シンゴ答案83点)
中答案(だいまつ答案64点)
下答案(よこよこ答案50点)

と3分類にして説明したいと思います。

読み方としては、3答案が根拠としている部分を与件文から探して、抜き出して下さい

例えばH29年度事例Ⅰの第1問「A社が再び人気商品にさせた最大の要因」に対する解答の根拠としたであろう箇所です。
ピンクが上答案、が中答案、が下答案、として線を引いています。

これを見るといかに上答案と他の答案の根拠箇所が異なっているかが分かるかと思います。

だいまつも<考察>にて「解答要素を外してしまうと点数が伸びない」と書いています。このような形で、各答案の根拠<解説>を参考にして、どのような設問と与件文の読み取り方が高得点解答に繋がるか、を意識して読み進めていきましょう。

また中答案でも合格ラインであることは再度認識してください。たとえ設問5題のうちの一つだけとは言え、これだけ根拠が上答案と離れていても合格ラインに達する、ということをです。

これは二次の勉強を始めた方にも、決して焦らず絶望せず勉強を進めてもらうための大切な事実です。

(現に私は事例Ⅰは58点なので、だいまつより圧倒的に格下でしたが合格しました。80点なんて取れねーよ

 

読み方2(国語力)

上記と同様にH29年度事例Ⅱ 第1問(b)の「B社の競合の状況」について抜き出します。

上答案(きゃしい答案79点)
下答案(なおくん答案49点)

余談ですが、だいまつさんが記事上で9代目きゃっしいを「きゃしい」と表現しているせいで、ずっと「きゃしい」が正しいのだと思い込んでいました。紛らわしい!

これは上答案も、下答案も同様の与件文を根拠に解答を作っています。ただし、文章化のところで両者の差が明確に出てしまっていました。

———–<以下、大半を引用>———–

●きゃしい(78点)
大型スーパーは若年層住民の大半が買い物に利用しているが、高品質な商品が少なく、従業員も少なく、十分な説明が不足している。

■なおくん(49点)
状況は①若年層住民の大半が大型スーパーで買い物をするようになり、②高品質な商品と、顧客説明する従業員が少ない状態である。

なおくんの文章はおかしく見え、これはだいまつも記事の中でこのように評価しています。

>前後の文章がつながっていないところに問題がありそうですね。具体的には、主語が「大型スーパー」ではないため、後半部分(②)の記述が宙に浮いてしまったような答案になってしまっています。

>そうした答案をよくよく分析すると、概ね「文章(国語)がおかしい」のです。

———–<引用終わり>———–

与件文の抜き出しでもそれなりの点を取れる、と読み方1で伝えました。それでも最後の文章化(国語力)が間違ってしまうと、読み手(採点者)に違った意味で捉えられて点数が伸びなくなる、ということです。

当たり前ですが、読み手が読みやすい解答を作る。それには「主述関係」や「てにおは」が大切です。

また国語力のテクニックとしては、

事例Ⅰの上答案(シンゴ答案)の「因果攻撃」(第4問、第5問)や、

事例Ⅱの第3問で力説していた「誰に、何を、どのように、効果」(通称:DNDK)

なども力説しているのでしっかりとチェックしてください。

 

読み方3(基礎知識)

今度はH29年度事例Ⅲの第1問「CNC木工加工機に関する生産管理上の課題と対応策」からです。

※上記抜き出しは解答で使った内容ではなく、解答を作るうえで参考とした部分を推定しマークしてます。

上答案(だいまつ答案83点)
下答案(たくじ答案54点)

与件文抜き出しでは、下答案でも範囲は狭いですがだいたい狙いは合ってます。ですが、だいまつが記事で以下のように指摘しています。

>「生産管理面」に対する答案として弱いですね。なぜなら、計画→統制の流れで、C社における課題と対応策書けていないからです。

つまり事例Ⅲでは、「生産管理」と問われたら「計画→統制」の流れで解答を作らなければいけないからです。この設問の具体的な解説はだいまつに任せるとして、「与件文の抜き出し」が効果的に行われていても、「文章(国語力)」としてきれいにまとめられていても、Aと言われたらBと答えるかのように、問われた内容に対して適切な「知識」をもって解答を作っていく必要があります。

事例Ⅲは特にこういった知識で問われる部分が多いので、苦手にする方が多いらしいですが、きちんと基礎固めができていれば「国語力」よりも習得は早くなる部分かと思います。(私は苦手でした)

事例Ⅲの記事では、だいまつの得意分野ということもあって、めちゃめちゃボリューミーで使える知識もたくさん詰まっているのですが、如何せん消化不良に陥る可能性もあります。私はあきらめました。

それでも事例Ⅲのポイントとして

>事例Ⅲの対応策基本は、「できていないこと、やらなきゃいけないことを、ただやってくださいと言うだけ(ひっくり返すだけ)」なのです。

と何度も説明しています。

要求されている知識も本当に基礎的なところが多いです。一歩ずつ読み進めて、腹落ちできれば合格に近づきます。

 

読み方のポイントまとめ

  • 与件文抜き出し
  • 国語力
  • 基礎知識

まずはこの三点を意識してだいまつの記事を読み進めれば、二次初学者でも内容の理解が深まり、試験を戦う上での基礎体力がつけられると思います。

去年の私は、二次試験は得体のしれない魔物のように感じていましたが、この記事と出会えたことでそんな大層な敵ではなく、聞かれていること(設問文)を相手の思いを尊重して(与件文)真正面から分かりやすく説明(国語力、基礎知識)してあげれば合格ラインに達することが出来るんだ、と実感することができました。

 

再度の注意喚起

  • 事例Ⅰ:組織(人事を含む)を中心とした経営の戦略および管理に関する事例
  • 事例Ⅱ:マーケティング・流通を中心とした経営の戦略および管理に関する事例
  • 事例Ⅲ:生産・技術を中心とした経営の戦略および管理に関する事例

当然ですが、各事例はテーマがあります。事例Ⅰの問題でマーケティングの視点から回答を作っても点数は伸びません。だいまつ記事の中でもそのチョンボについて言及しているところがあります。当たり前なんですが、試験本番で焦ってしまうときにはこの視点が抜けることだってあります。

 

終わりに

この視点をもってだいまつ記事を読み進めてください。事例Ⅰで13,000字超、事例Ⅱは18,000字超、事例Ⅲは24,000字オーバーという、ブログの域を超えた内容に読むのも一苦労ではあると思います。ですが、何度も何度も読み返してこの記事で言っていることを腹落ちさせることができれば、合格にとても近づくと思います。

そして道場10代目でもなおさんが、H30年度の解説記事を今後アップする予定です。こちらもぜひ楽しみにしてください!(勝手なプレッシャー)

以上、そーやでした。

 


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*
申し込み受付中!東京は満席のため本日増席を実施します!

東京:8月10日(土)13:30~ お申込はこちら
 @文京区シビックセンター3F会議室1・2

大阪:8月11日(日)13:45~ お申込はこちら
@生涯学習センター梅田

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

詳細はこちらをご確認ください。

*:*:**:*


どーも、そーやです。

皆様、夏セミナーへのお申込みいただきありがとうございます。
東京夏セミナーはおかげ様で満員となりましたが、ご盛況にお応えしまして本日5名分の増枠を行います。
8月7日12時より5名分の枠追加を行いますので、参加希望の方は要チェックです!


さて、一次試験お疲れ様でした!

昨年に負けず劣らずの「酷暑」の中、2日間の受験は非常に大変だったと思います。自己採点も終わって今後の方針を各自練られているところだと思いますが、どんな結果であれこの2日間を逃げずに戦い抜いたことは非常に素晴らしいことだと思います

二次試験の概要

そして特に独学生に多いと思いますが、これから二次試験の対策はどうすればいいのか、悩まれている方も多いと思います。まずは初心に戻って二次試験の概要を記載します。

1.筆記試験
一次試験の択一式マークシートとは異なり論述式の試験となります

2.中小企業の診断および助言に関する実務の事例
出題科目は事例Ⅰ~事例Ⅳの4科目で80分で解答を作成します

3.合格基準
総点数の60%以上(240点以上/400点満点)かつ、1科目でも40%未満(40点未満)のものがない者

4.事例Ⅰ
組織(人事を含む)を中心とした経営の戦略および管理に関する事例
競争戦略の視点から答えよ、事業特性の違いを答えよ、組織改編の目的を答えよ、と言った視点で問われます。

5.事例Ⅱ
マーケティング・流通を中心とした経営の戦略および管理に関する事例
ターゲット層を明確にして答えよ、需要発掘にどのような施策を行うべきか答えよ、と具体的な回答を作らせる傾向があります。

6.事例Ⅲ
生産・技術を中心とした経営の戦略および管理に関する事例
作業方法に関する問題点と改善策を答えよ、事前に整備しておくべき内容を答えよ、と生産管理の知識に基づく改善策の提案が中心となります。

7.事例Ⅳ
財務・会計を中心とした経営の戦略および管理に関する事例
毎年おなじみの経営分析やCVP分析、損益分岐点分析などの計算問題と記述式の問題が出題されます。特に計算問題では正確性とスピードが求められます。

8.字数制限
事例Ⅳの計算問題以外の各設問は80字~120字くらいで解答します。去年は事例Ⅰは計500字、事例Ⅱは450字、事例Ⅲは560字であり、各事例平均500字程度の論述があります。

 

二次試験の大きな特徴は2つ

1つは論述式の試験であり、普段文章を書きなれてない受験生にはどう書けばいいか不安を感じてしまう試験であること。

もう1つは、合格基準が総得点の60%以上と言いながらも、実際には相対的な合格率の試験であること。


(図1:二次筆記試験の答案提出者と合格率)

上記の図は直近5年間の二次試験の申込者数と筆記試験の合格者数、合格率をまとめたものとなっております。平成26年を除く直近4年は19%前後であり、だいたい5人に1人が合格する試験となっています。

相対的な合格率の試験というのも、正答や採点基準が公表されておらず客観的な得点が分からないことがあります。そしてこれが二次試験の勉強方法を難しくさせ、試験の手ごたえがなかったと言った受験生でも合格している結果を生み出しています。

なお、こちらは中小企業診断士試験の公式サイトからも各統計情報が確認できます。

 

二次試験の考え方(そーや式)

論述式の試験で不安なところは、どうやって各問100字を埋めていけばいいのか、というところだと思います。一次試験では択一式のため分からない問題でも20%程度の確率で当たりますが、二次試験では分からない・書けないと0点になってしまいます。これが特に初学者には途轍もなくハードルが高い部分だと感じました。

去年私が直面した壁が以下の通りです。

①まず独学で合格できるのか、どんな教材を使うべきなのか

②与件文(試験の事例で各社の状況を記載している文章、問題文)をどう読めば解答が作れるのか

③設問文で何を聞かれているのかを、どうすれば正確に理解できるのか

④設問に対してどのようにすれば解答が作れるのか、100字を埋められるか

⑤上記②~④を80分以内にまとめるタイムマネジメントをどう身に着けるか

①は道場10代目でも4人が予備校未経験のまま合格しており、独学でも合格する可能性はあります。私もその一人でしたが、去年の道場記事【永久保存版】平成29年度2次試験事例Ⅰ超高得点解答にみる2次試験合格のポイント!の出会いが非常に大きかったです。9代目だいまつの記事ですが、近年では稀にみる閲覧数10,000 viewを超えており、去年のベスト閲覧記事でもあります。知らなかった方はぜひこの機会にチェックしてください!

②~④は試験本番時の重要な骨子ですが、私は②③を重視し④は(相対的に)軽視する勉強を行いました。

100字の解答は与件文を抜き出して、てにおはをそろえれば何とか作ることは出来たためです。逆に与件文の抜き出しは、きちんと与件文の内容を理解しないと適切な抜き出しができないこと、また設問文で何を問われているのか理解を十分にしないと的外れな解答となってしまうことから、文章作成のプロセス(どういった内容の文章を作るか)よりも文章構成のプロセス(どういった方向性で文章を組み立てるか)を重視した解答を作ることを目指しました。

⑤は設問ごとに完成度の強弱をつけることで時間内に終わらせることを目指すこととしました。設問の強弱は、全部の設問で満点を狙う解答を書くのではなく、時間が足りないもしくは設問が難しいと判断したときには部分点を取るための解答に切り替えることです。

これらの内容は別途今後の記事で、去年の事例を使いながら考え方をまとめていきたいと思っています。

では本日はここらへんで終わらせて頂こうと思います。

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*
申し込みは8月5日12:00から一斉に開始します!
まずはご予定の確保をお願いします!

東京:8月10日(土)13:30~ お申込はこちら
 @文京区シビックセンター3F会議室1・2

大阪:8月11日(日)13:45~ お申込はこちら
@生涯学習センター梅田

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

詳細はこちらをご確認ください。

*:*:**:*


どーも、そーやです。

突然ですが、財務会計論から個別証券の期待収益率から出題です。

(例題1)
各証券の市場リスクから影響される市場リスクから影響される度合いを表すものは(A)であり、個別証券の期待収益率を求める公式は以下の通りとなる。
(A)に該当するものは、公式に当てはめる場合には①、②のどちらに入るか。

個別証券の期待収益率=市場リスクプレミアム× ① +リスクフリーレート× ②

比較的簡単なCAPMの問題ですが、問われ方が少し異なるとちょっと悩んだりします。答えは本日の記事の一番下に記載させて頂きます。

 

なお今回の記事は地方受験生で、ホテル宿泊を行う方を対象とした記事になります。
そのためほとんどの方は該当しないため、読み飛ばして頂いても結構ですし、簡単な読み物として気分転換に活用いただいても結構です。

さて地方の受験生ですと、予備校が近くになかったり受験生同士の勉強会に参加しにくかったりと、大都市圏と比べるとハンデが出てしまいます。そして地方受験生の最大の関門が、試験当日の開始時刻までにどうやって到着するか、が問題となってきます。ホテルを取るか、朝早く移動するか。本日は営業時代には週2~3でいろんな地方のホテルに泊まっていた経験から、ホテルの過ごし方をアドバイスさせて頂こうと思います。

ホテルのあったら助かる持参物リスト

・マスク(乾燥・匂い対策)
・のど飴(乾燥対策)
・耳栓(騒音対策)
・アイマスク(薄明り対策)
・延長コード(ベッドの近くにコンセントがないホテルが多いので、1m程度のものを持っていると携帯の充電が楽です)

ホテルでの過ごし方

1.テンションを上げすぎないこと
いい大人が、と言われそうですが意外とあるあるです。ホテルに入るとどうしてもワクワク感が出てきます。非日常感があるため、私も初めて泊まるホテルだと少しテンションがあがります。それでも翌日は大切な試験なので、ぐっと気持ちは押さえて、最後の確認のための勉強と軽めの食事だけで寝るようにしましょう。間違ってもコンビニでお菓子やおつまみを大量に購入して一人宴会は開かないようにしてください。あれもこれもと食料を買い込みがちな人は少なめが適量です。(だから出張が多かったときは太りやすかったんですが)

2.夕食はあらかじめ決めておく
意外とうまくいかないところが夕食の場所です。だいたいは都市圏にホテルを取るので近くにあるだろう、と慢心しがちです。ただし近くにあったのはラーメン屋や居酒屋などで、試験前日にはちょっと控えたい食事処しかなかったりすることもあるからです。胃にやさしいものや勉強のためにファミレスやカフェを考えている方は必ず場所を事前に確認しておきたいところです。
私の場合、ホテルの近くに適当な食事場所があるだろうとたかをくくっていたら、よさそうな店が休みだったり中々一人で入れそうな店がなかったりで相当歩いて無用に疲れるということも多々ありました。

3.ホテルでの勉強対策
ホテルの客室で集中して勉強しようと考えている方、一点だけ注意があります。それは客室の椅子があまり座り心地が良くなく、集中できなくなるリスクがあります。背もたれがついていなかったり、キャスター付きで椅子が不安定になっている場合など勉強や仕事をする環境としてはいまいちな場合がそこそこあります。そのためそもそも勉強する量は抑え目にすると考えておくことや、近くのカフェを調べておくことなど、環境が異なることになるのでリスクヘッジはしておいた方が安心です。

4.乾燥対策
夏ではありますがホテルはどうしても乾燥しやすいです。特に暑いときはクーラーをつけっぱなしで寝たくなります。ホテルですと窓も開けづらいです。そこで、冬と同様の手法としては、濡れたタオルをハンガーにつるしたり、浴槽があればお湯を薄めに張って浴室の扉を開けておく、などで湿度を適度に保つことができます。(ただし湯気の量が多いと火災警報器がなるのでご注意下さい)また、マスクがあると望ましいです。おすすめはのどぬーるぬれマスクですが、夏なので市販で売っていない場合にはネットで購入しておくのもありかと思います。

またいくら対策しても翌朝にのどが乾燥してしまっていることもあります。その際にはのど飴など準備しておくことも無駄ではありません。

5.睡眠対策
まくらの高さ、ベッドの硬さ、騒音、匂い、コンセントの位置、など挙げ始めたらキリがありません。今からでも対策できるものとしては、耳栓や上記と同様にマスクなどおススメです。ホテル上級者は枕まで持っていくとかなんとかと聞きますが荷物が多くなりがちなので、これはおススメしにくいですが。またホテルによっては部屋の枕の他にフロントで高さの違う枕の貸出を行っているところがあります。
私の場合、コンフォートホテルに泊まる際には部屋の枕が低いので私は必ず高目の枕を借りております。

ちなみに余談ですが、一回だけ地方のホテルで部屋のモスキート音が気になってしまい寝れなくなったことがありました。音楽やテレビの音でもごまかせず最悪の朝を迎えたことがあります。後にも先にもその一回だけでしたが、その時以降ホテルに泊まるときには予防策として耳栓を持参しています。(ただし耳栓して寝るときは、目覚ましをしっかりと準備しておいてくださいね!)

6.朝食は控えめに
最後の誘惑は朝食です。バイキング付きの朝食はとても魅力的です。ただし食べ過ぎて試験本番に影響を及ぼしてもダメなので、その日くらいはぐっとこらえて腹八分で押さえて食べましょう。

 

いかがだったでしょうか。
あたりまえのことが多いですが、夏でも部屋が乾燥しやすかったり、意外と椅子が合わなくて勉強しにくかったりと盲点のところもあるかと思います。一年に一度の診断士試験なので、対策できることは事前に準備しておくことがおすすめです。

次の私の更新は一次試験開けの週となります。

笑顔で次の記事で皆様にお会いできることを期待しております。

最後まで頑張ってください!

 


(冒頭のCAPM問題の答え)

個別証券の期待収益率=市場リスクプレミアム(市場ポートフォリオの期待収益率-リスクフリーレート)× β値 +リスクフリーレート

リスクフリーレート(無リスク時の利子率)は、国債など安全資産の収益率であるため、期待収益率を算出する場合にはベース(土台)の収益率として利用します。要はそのまま使ってね、ということです。

以上、そーやでした。

 


☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*


どーも、そーやです。

今年は遅めの梅雨のせいかしばらく気温が低めな日々が続いていますね。全国的にも来週までは同様の天気みたいで、来週末の土日くらいから気温が高くなりそうです。私は勉強するときは基本的にカフェやファミレスに行くことが多いので、天気が悪いと家を出るまでが億劫になったり、雨でお店の床が濡れて少し不快になったりと、あまり勉強には適さない状況なんですよね。ただ受験生はそうも言ってられないため、気温が低くてラッキーとポジティブに考えましょうか。

直前期の覚える問題、捨てる問題の選択

先日のなおさんの記事 過去問と超高効率「ループ学習法」でも、勉強する教材を過去問に絞って何度も繰り返すやり方を説明されてました。独学でやってた私の経験だけで恐縮ですが、特にこの時期はマジで過去問に絞って学習をした方がいいと思います。

この勉強方法に一つ私のスパイスを足すとすれば、ループして解く問題はAランク~Bランク(得意科目はCランクも)に絞ってループの回転数を上げることをお勧めします。(ランクについてはなおさんや私そーやのH30年度一次試験を振り返るなどを参考にしてください。)

この絞る趣旨は、記憶容量の節約のためです。

もちろんABランクの重要性は歴代の道場メンバーが口酸っぱく言っていたところですが、この直前期はどんなに頑張っても覚えられる量が限られていると思います。そしてせっかく覚えても本番までに記憶があやふやになってしまっては意味がありません。そのためこの時期は絶対に抑えておいたほうがいい問題だけを中心に演習や暗記の回転数を上げて行く方法、を上げさせていただきます。

そしてもう一つ悩みなのが何年分の過去問を回転させるか、です。これも人によって確保できる勉強時間や記憶容量の違いによりますが、せめて2年以上はやりましょう。5年分の過去問を本番までに何回転もできれば理想的ですが、同様に記憶・理解できなかったら意味がありません。私のケースですが、5年分を3回転させて覚えるよりは、3年分を5回転させて覚えた方が記憶の定着が良く本番でも十分に対応できたと思います。

まだ手が回っていない科目・論点が多い方などは参考に頂けると幸いです。

 

本番に向けたピーキング

スポーツなどではよく使う言葉です。9代目のきゃず(二次試験直前の記事ですが)7代目とりの記事去年の受験生springman310さんの合格体験記などでも登場しています。要は試験本番に最大限のパフォーマンスを出せるようにコンディションを最高の状態に持っていくことです。

受験生時代も意識していましたが、去年の2次試験終了後から始めた趣味のマラソンでよりピーキングの大切さを身に染みました。

本番2、3週間前に一度30キロ走を取り入れて、直前1週間は軽めのジョグ程度でコンディションを整えた方が本番でもいい結果が出やすかったです。不調?の大河ドラマいだてんを見ていたら、昔の人は体をできる限り軽くした方が本番で早く走れると信じられていたそうで、断食などを平気でしていたそうですが、今は逆ですよね。きちんと栄養を取って直前の練習は調整に当てるべきです。

資格試験だって一緒です。一夜漬けで出来ちゃうスーパーマンも世の中にはいますが、普通はしっかり睡眠をとって、勉強も脳の過度な負担にならないように調整したほうが本番で高いパフォーマンスが出せる可能性が高くなります

だからこそ、この3連休はめっちゃ負担かけてもいいです!
今の時期こそ追い込むべきです。

ぜひご参考下さいませ。

 

中小企業政策対策におすすめ動画

有名だと思いますが、去年のこの時期に非常にお世話になったほらっちチャンネルを紹介します。一昨年まで予備校講師をされていた洞口先生のYouTube動画となります。収録は1年前となりますが、2019年度対策用の補足版も上げており、今年の受験生にもおすすめです。独学の方で中小企業政策までまだ手が回ってない方は必見です。

中小企業診断士試験対策【中小企業政策】

全23論点+補足論点があり、1動画10分程度なので、勉強が進んでいる方でも気分転換に見られてもいいと思います。

私は去年のこの時期頃に知り、対策できてない!ヤバい!と思いながら、一日1~2論点を見るペースで見て無事科目合格ラインを超えました。ある種、独学生だった私にはいいペースメーカーとなりました。

また今年度受験生向けに応援メッセージもアップされてます。
※動画が流れます!ご注意下さい!※
【期間限定】2019年度受験生向けほらっち応援メッセージ

直前期はやることを絞る!

そして大丈夫、受かると信じて進むだけ!

勇気づけられます。

 

ぜひ、残り3週間を大切に過ごして下さい。

絶対に自分は受かるんだ!という気持ちが大事です。

大丈夫、受かります。

そして疲れたら、ちょっと息抜きしながら本番まで頑張ってください。

 

以上、そーやでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*

どーも、そーやです。
今日から2日間はTAC模試ですね。一次試験を受けられる方は直前の重要な調整の場なので、2日間充実した日になることを祈ってます。

今回が初めての一次試験の方は、点数よりも試験時間や休憩時間の使い方をしっかりと確認してください。
二回目以上の方は一点でも多く取れるよう、ベストな力配分で臨んでください。応援しています

さて本日の記事ですが、先日のたっつーの今からでも諦めない1次試験合格の記事で、PDFの中でも熱いコメントを書いておりました。

自分も経験としては経済と財務だけは一夜漬けは絶対無理!

そこでもし私が今年の一次を受けるならこの問題だけは押さえておく、という経済財務の過去問一覧をまとめました。
なおこちらのまとめは受験生時代にふうじんさんのブログを参考にしました。

<経済>

特に企業行動消費者行動は他の平均的な受験生も良く当ててくるのでしっかりとした復習が必要です。
本当は私が使っていた経済の過去問PDF資料をアップしようとしましたけど、容量的な意味で一旦断念しました。

<財務>
※財務分析の各項目は覚えてください。二次でも使う超重要指標です。

会計学は範囲が広いのでヤマ当てが難しいですが、特に出る余剰金配当差異分析はきちんと押さえた方がいいです。また、診断士試験の傾向なのかわかりませんが、会計学の分野では答えにPL項目(費用、収益)の部分を問うケースが多いと感じました。

例でいえばH30年問2の減価償却の部分について、建物の価値(BS項目)ではなく、売却損益(PL項目)を聞いてます。もし本当に時間がない場合には、PL項目に関係するものだけ集中的に行うことが吉かなと。例外は配当での資本項目の増加とのれん。

また主要簿・補助簿や伝票会計、本支店会計など古臭い論点も良く問われますが、余裕があれば押さえてください。ブログでは取り上げませんが、私のツイッターで上記の原始的な会計の考え方はつぶやいたりしています。

 

なお、あくまでも試験1か月前の段階で、勉強箇所を絞るならという意味で上げてます。これをやれば60点を取れる保証はありません。でも学習が追い付いていない!って方は参考にしていただけると、限られた勉強時間でもそこそこの結果が出せると思います。

キーワードは、他の平均的な受験生が当てているところは自分も外さない、ということです。

今回の模試で経済・財務ともに60点以上取れる受験生であれば、この一覧表をざっとみて論点のイメージが湧くかどうか、湧かなかったら復習する、という使い方でもしていただけたら幸いです。

 

p.s

告知!

みなさん、一発合格道場が10周年なのはご存知でしょうか?

区切りの年度なので、10周年特別企画として歴代の道場メンバーが隔週日曜日に投稿します

誰がいつ投稿するかは見てのお楽しみ。

ぜひ日曜日も一発合格道場をよろしくお願いいたします

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*

どーも、そーやです。
一次試験まで残り47日、7週間を切りました。去年の私の直前7週間となった時からの勉強方法と、この時期におすすめの道場記事の紹介をしたいと思います。

7週間前からの勉強方法(独学編)

以前の記事で去年のメンタルブレイクな状況をお伝えしましたが、それが落ち着いたちょうど試験7週間前から私の診断士試験対策が本格的に始まりました

【7~6週間前】運営管理と心中

運営管理については、TACスピテキは一通り読み終わってましたが、過去問は数カ月前に1度だけ、スピ問は開けたこともなかったため、この科目の点数を取るイメージが一切湧きませんでした。しかし1次試験初日の4科目目で集中力も落ちるだろう科目です。私自身はこの科目がキーマンと考え、この2週間は運営管理のみに集中することとしました。

勉強方法は自己紹介記事でも書きました解説転記(過去問を解かず、いきなり解説の内容をすべて過去問に書き写して本番の出題言い回しや癖などを抑えるやり方)でH27年~H29年の過去問を取り組みました。書き込んだ後はiPadを使っていたために論点ごとに過去問を並べ替えて、それをひたすら見て暗記することを取り組んでました。

【TAC直前模試】惨敗、だけど

運営管理が53点、財務が56点で、それ以外は40点以下でした。きちんとやっている受験生の方とは比べ物にならないですが、それでも運営管理は2週間前だったらマグレでも40点取れなかったレベルからここまで引き上げられたことで、解説転記のやり方は自分に合ってると確信し、経済、企業経営なども同様の取り組みを7月から開始しました。

またTAC模試ですが、私は財務以外は復習していません。理由は時間がないため、模試の復習をするよりもまだ着手していない科目や過去問に取り組んだ方が圧倒的にパフォーマンスが高いと考えたためです。模試は復習しないと効果がない、と言われることもありますが、その人の置かれたシチュエーションに応じてやるやらないの取捨選択をした方がいいと思います。

私がTAC直前模試で重視した点です。
①前日夜から一日目朝、経済が始まるまでの過ごし方
②お昼ご飯の選択(私は経済と財務の間にウィダー、昼はおにぎり1個、経営と運営の間でカロリーメイト)
③企業経営論の時間の眠気度合いの確認めっちゃ眠かった
④一日目終了から二日目開始までの過ごし方

本番と同じと考えてどう過ごせば最大限のパフォーマンスを引き出せるか。それだけを注意して受けました。点数は二の次です。本番で高いパフォーマンスを発揮できれば各科目5点~10点は変わると思ってます。それの予行練習ができると考えただけでも大きな機会だと思います。

【5~4週間前】経済、経営中心+法務開始

TAC模試で手ごたえを感じたので、経済、経営も同様の勉強法を開始しました。一回の勉強で過去問10問くらいを解説転記する、くらいの強度でした。そんな多くやっても記憶できないので、自分が本当に集中できる時間だけを絞って勉強してました。また法務も会社法は得意とはいえ、知的財産権は全く手つかずだったのでテキストの読み込みを行いました。makinoの暗記法たっつーの渾身記事は良くまとまっているので、おススメです。

 

・・・試験直前3週間はまた別記事でまとめたいと思います。

 

6月に見るべき!おススメ道場記事

ちょいちょい各メンバーが道場の過去記事を紹介しています。私は、「閲覧数」が多い記事は受験生に有益な記事である、という観点のもと、初代投稿開始から延べ3,000以上の記事のうち閲覧数Top250以内の記事だけ抽出してご紹介します。

【7代目碧:2,550 view】
【ラスト1ヶ月の戦略】スト合格めざすなら、絶対に模試受験後すぐにやるべきことを教えます
直前模試後からの戦略についてまとめてます。貯金科目と苦手科目の比較、どうやってあと数点絞り出すか、など非常に重要な戦略です。

 

【7代目こば:5,968 view】
一次試験データ分析シリーズ~その6経営情報システム~
一次試験データ分析シリーズ~その7中小企業経営・中小企業政策~
分析シリーズなのでデータが古いのはご愛敬ですが、暗記科目の対策方法をまとめてます。特に経営情報システムは閲覧数Top50以内と道場記事屈指の閲覧数で、結構な受験生が見ています。対策のリンクが良くまとまっているので、暗記兄弟はこれで再確認してください。

 

【4代目まっすー:11,490 view】
【一次試験】いきなり過去問アウトプット作戦
Top10の閲覧数です。恥ずかしながらこの企画をやるまで知りませんでした。直前期だからこそ通用する技です。読者の中にはこれから初めて手を付ける科目がある、という方もおられると思います。勇気をもっていきなり過去問アウトプット作戦!

 

【8代目ロック:2,933 view
~運営管理はこう戦え~
直前期にこのワードを見てドキッとするかどうか。そんな注意喚起をしてくれる良記事です。記事内に7代目こばの直前期対策記事のリンクもありますので、要チェック

 

【7代目かおりん:2,963 view】
忙しい?じゃあ、スキマ時間に財務をやろう。
直前期だからこそ忙しい。でも財務は隙間見つけてやっていこう!

 

【9代目chika:2,492 view】
【中小】白書の暗記をスムーズに!2017年版の概要をまとめました。
暗記科目の攻略法(情報、中小)
【中小】92点を取った勉強法① ~意識したい3つの視点~
【中小】92点を取った勉強法②(おまけ付き)
&10代目かわとも記事&いよっち記事。chikaの記事は惜しくもTop250には入らなかったけど、私もだいぶお世話になりましたので紹介します。2018年版も10代目の誰かがやってくれる…はず!中小に関連して10代目の中では閲覧数の多いかわとも&いよっち記事もご覧ください。中小はこっからの頑張り度合いで点数が大きく伸びます諦めないで!

 

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 電子書籍 期間限定無料公開のお知らせ ✿:❀

電子書籍『中小企業診断士試験 一発合格』の第1章~第3章を
期間限定で無料公開中です!
こちらの特設ページの最下部よりダウンロードいただけます。

公開期間:2019年8月5日まで

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

どーも、そーやです。

最近の診断士同士の勉強会で勉強時間150時間だったと言ったら、嘘でしょ?と驚かれました。私の合格は100%の再現性があるとは思えませんが、直前期に時間がないと嘆かれている受験生がいれば少しは参考になるかなと思います。キーワード1.勉強科目の取捨選択と、2.各科目基本論点(いわゆるABランク)を中心に学習するスタイル、そして3.問題演習をしないという思い切った選択です。
その合格体験記はこちらから。
また過去の投稿記事はこちら
これまでの投稿記事の中ではタブレット(iPad)勉強法の記事が好評いただいてます(宣伝)

なお、お時間がない方は2.リフト値ってなーに?から読むことをお勧めします。

 

「渾身」運営管理への思い入れ

二回目の渾身シリーズでは、私の1次試験で一番心の支えとなった運営管理から「リフト値」と少しだけ「物流」について取り上げたいと思います。運営管理なんて仕事でも関わったことがなかったですし、去年の今ぐらいにH29年の過去問解いたときは40点もいかなかったと思います。TACのスピテキを使って読み込みはやっていましたが、過去問を解くとなると知識がきちんと体系化されていないために何が間違ったキーワードとなっているか分からない状態であり、自信がほとんどありませんでした。これはマズいと思い、考えた対策が運営管理の中に得意論点を作るという方法でした。改めて過去問を眺めてみると、物流の問題が毎年4問程度出ていること、それに対してスピテキのページ数が20ページもないことに着目し、覚えれば点を取れるのではないか、と考え物流」論点から中心に運営管理対策を取り組み始めました。そして取り上げでは順序が逆になりますが、H30年度向けスピテキでは具体的な記述がなかったが、2年連続で出題されていた「リフト値」もベン図を描くのは得意だしとりあえず押さえておこう、と思いこの論点もきちんと勉強をしました。(そしたらまさかのH30年もリフト値がど真ん中で出題され、個人的にはラッキー問題となりました)

リフト値ってなーに?

去年までは普通に運営管理を勉強しているとあまり見かけない言葉でした。しかし、H28年第39問を皮切りに、H29年第40問H30年第39問と3年連続で出題される論点となり、もし今年出題された場合には外せない論点となってしまいました。

リフト値とは、バスケット分析における重要な指標の一つであり、ある商品xの購買が他の商品yの購買とどの程度相関しているかを示す指標です。
(引用:graffe.jp「リフト値とは:その事象が、どれだけ「持ち上がっているか」を考える指標|データ分析用語を解説」)

なおバスケット分析(ショッピングバスケット分析)とは、POS(Point Of Sales)システムにて蓄積したPOSデータの活用分析手法の一つで、一度の購買で顧客の購入商品の組み合わせを分析することです。

 

具体的な計算方法とは

H28年第39問を例に解法を図示します。また途中の計算式はH30年第39問(設問2)で直接問われています。

リフト値は、商品aが購入されたときに同時に商品bも購入される確率確信度、図中の上の分子の計算)商品bが購入される確率(図中の分母の計算)で割った値で求められる。

上記の解説では数学のベン図を利用していますが、ベン図ってなんだっけ?という方でも、「商品aと商品bの両方を購入した人の数」はだいたい設問文に記載されているため一次では問題ないと思います。もし二次試験の事例Ⅱでバスケット分析が求められることがあれば、こちらの理解はきちんとしていた方がいいとは思いますが、これは余裕がある方だけで結構だと思います。

「物流」論点の勉強方法

こちらはページ数も少ないので、過去問はすべての選択肢を確認する学習方法をお勧めします。私は特に優先度の高い過去問に解説を記載して、それをテキスト替わりに読むようにしました。そうすることで論点別できちんと覚えられたので、単にテキストを眺めるよりとても頭の中に入りました。過去問の活用方法に悩まれている人がいれば是非参考にして下さい。
なお図内のAやBの表記は私の中での暗記優先ランクみたいなものと思ってください。

【H27年第34問 物流の倉庫内作業(保管:ロケーション)】

 

 

【H29年第37問 一括物流システム:DC型、TC型】

 

【H29年第35問 その他の物流戦略:共同輸配送、一貫パレチゼーション】

 

【H29年第36問 その他の物流戦略:ユニットロード】

 

【H27年第38問 物流関連用語:サードパーティロジスティクス(3PL)】

 

物流難しいイメージがありますが、覚える論点は少ないですし、ヤマを張りやすいので時間がない方にはぜひ積極的に学習してほしい論点です。それで運営管理にも自信を持ってもらえればと思います

以上、そーやでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

どーも、そーやです。

渾身シリーズが始まる前に、一言。
中小企業診断士試験の一次試験の申込は「5/31(金)日付印有効」となります。
まだ申込をしていない方は急いで申込をしてください!受験料の振り込みを行おうとしたときに近くのゆうちょATMが振り込み対応しておらず焦った記憶があります。なおさすがにいないと思いますが、願書を取り寄せてない方は最寄りの配布場所に直接行きましょう。願書取り寄せの請求は本日必着であるため、この記事を読んで焦った方は自分の足で願書をゲットしましょう。

そして中小企業診断士試験を受けようか悩んでいる方!

受けましょう!

勉強が進んでなくても、忙しくて何もできていなくても、自信がなくても、受けないことには何も始まりません。中小企業診断士の勉強を始めよう、と決心したからには試験まで必ず受けてください。受けなかったら合格可能性は0%ですが、受ければ何かしら起きます。絶対受けましょう!

 

さてさて

私の渾身シリーズでは、デリバティブの概要と為替予約について解説をしていきたいと思います。

なお渾身すぎて文字数が多くなったため、時間がない方は「4.先物取引をドリルダウン」「6.直物為替レートと先物為替レート」だけでもお読みください。

前説

みなさんはデリバティブ関連の問題(先物取引、オプション取引、スワップ取引)が出たらどう思いますか?だいたいは試験の後半戦で出てきます。時間がない中で出ると、「あれ、これってどっちだっけ?」と焦って間違ってしまうこともあると思います。こんな時にデリバティブが得意だと、無駄な時間を使うことなく計算問題に十分時間がさけます。

また近年の中小企業では海外進出も増えており、リスクヘッジのための為替予約取引も増加していると聞きます。最近では日商簿記2級でも外貨建会計が1級の範囲から降りてきており、受験生にも身近(恐怖の隣人)な存在となってきました。

そんな状況下であるため、二次試験の事例Ⅳでは過去の出題実績は多くはありませんが、デリバディブ含む外貨建会計に関する出題がされる可能性もありそうです。なお平成26年の事例Ⅳでは、最後の記述問題で為替リスクを軽減する手段についての出題があります。そんなときに苦手にしてほしくないため、デリバティブについて、この渾身シリーズで取り上げたいと思います。

デリバティブってなに?

デリバディブは「金融派生商品」や「派生商品」と呼ばれています。つまり、目に見えるものではなく、ある条件が起きた場合もしくは起きなかった場合に利益や損失が出る取引となります。デリバティブがややこしい論点の理由の一つとして、現物だけの取引で価格が決まる訳ではないのでイメージがしづらいことだと思います。

デリバディブの種類

先物取引 ・・・ 将来の売買について、取引の購入や売却の価格を事前に決める契約を行う取引

オプション取引 ・・・ ある金融商品の購買価格を事前に決めておき、それを将来に買うまたは売ることができる権利を売買する取引

スワップ取引 ・・・ 同一通貨での異なるタイプの金利を交換する取引(金利スワップ)と、異なる通貨間で将来の利息と元本を交換する取引(通貨スワップ)、異なる通貨間で金利部分のみを交換する取引(クーポンスワップ

なお、②と③については今回の記事では割愛します。試験で出そうな②のオプション取引については過去に先代のおとさんの記事で分かりやすい図解で取り上げられてましたので、そちらもご参考下さい。

先物取引をドリルダウン

(平成29年一次試験第21問にて出題)

先物取引は細かく言えば「先物取引」と「先渡取引」に分けられます。試験対策としては下図の理解でとどめておく程度がベターです。

なお、先物為替予約(為替先物予約)と呼ばれている取引は、先渡取引となります。日本では当初、取引所で行われる先物取引がなかったため、そのようなことになってしまったそうです。非常にややこしいですね。具体例としては以下の理解で十分かなと思います。

先渡取引:先物為替予約など

先物取引:日経先物取引、石油先物取引など(取引所で行う取引)

先物為替予約

デリバティブの中では試験で良く問われる論点です。先物為替予約(以下、為替予約)とは、将来において外国通貨の購入または売却について、価格(予約レート)と数量を事前に取り決めを行うことです。

例題:
①2/15にアメリカの企業から1万ドルの商品を仕入れ、代金は3月31日に支払うこととした。2/15時点の為替レートは1ドル100円であった。

(仕入)1,000,000 (買掛金)1,000,000

②3/10時点で円安となっており、今後もさらに円安となる見通しのため、上記の代金決済に対して為替予約をおこなった。3/10時点の先物為替レートは1ドル106円であった。なお振当処理を採用する。

(損益)60,000 (買掛金)60,000

③3/31に代金の支払いを行った。3/31の為替レートは1ドル110円であった。

(買掛金)1,060,000 (当座預金)1,060,000

解説:
②の時点で円安が進んでおり、代金決済予定日ではさらに円安となることで支払い額が大きくなることを嫌ったため、支払額を確定させるため(為替相場の変動に伴うリスクをヘッジするため)に為替予約を行いました。注意点は為替予約をした時点で将来の支払額が確定したため、その差額を計上することです。今回は買掛金が1万ドル×106円/ドル=106万円と確定したので、①の時点より6万円も買掛金が多くなりました。そこで損失を計上します。

ここまでは簡単ですよね。でも上記の取引について見覚えがありませんか?これは昨年の一次試験の第19問と一部条件を一緒にした問題です。でも、去年の問題は正答率が60%届かなかったそうです。これは何故でしょう。それは、a.為替レートには直物為替レートと先物為替レートがあり、また b.上記②の仕訳は期間損益の配分を適切に行っていない間違った処理だからです。

直物為替レートと先物為替レート

そんな難しく理解しなくてもいいです。

直物為替レート:現在の為替レート

先物為替レート:将来の為替レート(取引日から3営業日以降の特定日に通貨決済を行うレート)

つまり先ほどの例題では、3/10時点の直物為替レートを意図的に隠していました。本来であれば②の際に直物為替レートが1ドル103円となっており、本来であれば直直差額直先差額が発生します。

直直差額は取引発生時(2/15)と為替予約時(3/10)の直物為替レートの差額であり、30,000円(103円/$-100円/$ × 1万ドル)となります。

一方、直先差額は為替予約時の直物為替レートと先物為替レートの差額であり、30,000円(106円/$-103円/$ × 1万ドル)となります。

これでやっと直直差額と直先差額が理解出来たと思います。それでは先ほど例題の②の仕訳に当てはめていきます。

元の仕訳:
(損益)60,000 (買掛金)60,000

当てはめた仕訳:
(直直差額)30,000 (買掛金)60,000
(直先差額)30,000

はい、これで3/10時点での直先差額は3万円の損失であることが分かりました。ここまで理解できれば昨年の問題も解けますね。

期間損益の配分

ここはおまけ論点です。余裕のある方のみ確認してください。
先ほどの説明で直先差額が理解でき、去年の問題も正答にたどり着けました。ですが、先ほどの仕訳は会計的には正しくはありません。

正しくは、
(為替差損)30,000 (買掛金)60,000
(前払費用)30,000

このような仕訳となります。直直差額は取引発生時点の2/15から為替予約締結時点の3/10までで確定した額となります。そのためこの勘定は、損失として確定したものとなるため発生時に費用(為替差損)として計上します。しかし直先差額は為替予約締結時点の直物為替レートと先物為替レートの差額であり、性質が理論的には両国間の金利の差から生じるものと考えられるため、これは取引が完了するまでの間で期間按分を行う必要があります。そのため経過勘定科目である前払費用を計上します。そうすると例題の③の時点で追加の仕訳が必要となります。
なお今回の例題は決算を跨いでいないため、期間按分とはいうものの全額当期で損益としています。

例題③
(買掛金)1,060,000 (当座預金)1,060,000
(為替差損)30,000 (前払費用)30,000

これでようやく例題の取引の仕訳がすべて完了しました。

クロージング

いかがだったでしょうか。正直いうと私は為替予約が苦手でした。直先差額ってなんやねん!って思ってはいたものの、解説も良く分からないし、テキストもそんな詳しく書いてないし、ネットで見ると詳しすぎて良く分からないし。今回の渾身シリーズで少しは私も為替予約と仲良くなれた気がします。この記事で少しでも多くの方が為替予約が得意論点になっていただけると幸いです。

ちなみに為替予約は独立処理というものが原則であり、今回取り上げた簡便法である振当処理は例外処理となります。ただし独立処理は難しく、振当処理を実務上も使っている企業の方が多いらしいです。そのため中小企業診断士試験では、振当処理の理解だけで十分すぎると思います。ヘッジ会計は言わずもがな・・・なものです。ほぼ間違いなく試験では出ません。仮に出ても特Eランクです。

以上、そーやでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

どーも、そーやです。

企業経営理論の勉強は進んでいますか?中小企業診断士試験では1次試験、2次試験の両方で問われる論点が多いメジャーな科目ですが、「なかなか成績が伸びない出来たと実感しにくい科目」かもしれません。今回は、私自身のH30年の企業経営理論を振り返ってみたいと思います。

H30年(2018年)企業経営理論の結果

企業経営理論は、大きく3つ「経営戦略」「組織論」「マーケティング」に分かれます。H30年試験の出題数ですが、ほぼ三等分で13題、14題、14題でした。

H30年試験の結果から特徴を見ると、ABランクの問題の分布としては「経営戦略」が一番多く、「組織論」は全体の半分がDEランク、「マーケティング」はCランクが多い様子でした。


(表1:H30年企業経営理論論点別ランク表)

なお問題のランクについては、先日のなおさんの記事と同様の定義としています。

————(引用始まり)——————

ここでいう「ABCD問題」とは、受験校(T〇C)の過去問題集等で公表されている問題毎の正答率のことを指します。

ABCDE問題の具体的な定義は以下の通りです。

A問題: 正答率80%以上
B問題: 正答率60%以上80%未満
C問題: 正答率40%以上60%未満
D問題: 正答率20%以上40%未満
E問題: 正答率20%未満

————(引用終わり)——————

私の結果はランク別で分けた場合、以下の通りとなりました。

A問題(2問4点): 100.0%(4点)
B問題(15問39点): 90.0%(35点、2問ミス)
C問題(8問19点): 32.0%(6点、4問ミス)
D問題(13問31点): 35.0%(11点、8問ミス)
E問題(3問7点):0.0%(0点、3問ミス)

なおさんと比べると残念な結果ですが、それでもABランクは90%以上の正答率でした。合計56点と科目合格には一歩及びませんが、直近5年では科目合格者が一番少なかった試験と考えれば、最低限の結果だったかなと思います。


(表2:企業経営論の直近5年間の科目合格者数)
注釈:科目合格率は単純に科目合格者数を科目受験者数で割ってます。科目合格者数には一次試験合格者は含まれておりませんので、科目合格となる60点を超えた受験者≠科目合格者ではありません。

やはりここでお伝えしたいのは、ABランクはほぼ間違いなく取っておきたい、ということです。私は企業経営理論はずっと苦手にしてきましたが、試験対策はかなり割り切りを持ってABランクを中心とした演習ばっかりを行っておりました。利用はしていないですが、おススメは同友館の過去問完全マスターです。効果的な学習方法は道場ブログでもよく伝えていますが、論点別の縦解きです。なお、iPadなどのタブレットを使うと論点別にまとめるもの非常に楽ですよ!

 

最小限の勉強で合格点に達することができる方法

結論を言えばそんなのないです(笑)
万人に共通するやり方はないため、表面的には短い勉強時間で合格点に達した方でも、大学で経営学を専攻していたり、仕事で日常的にその知識を活用しているといったバックグラウンドがあるため一概には言えません。

でも逆に、長い勉強時間をかけても合格点をとることができない可能性が高くなる方法は知ってます。

それは、テキストの内容を満遍なく同等に時間をかけて覚えることです。特に企業経営理論の場合は、過去の傾向から一貫して組織論の正答率が相対的に低いです。そのため、「経営戦略」のドメイン定義やVRIO分析、PPMを中心に勉強するよりも、「組織論」の組織構造やモチベーション論、人事評価などを中心に勉強した方が、本試験で得点できる期待値が低くなりがちです。

組織論の内容は知識として覚えるのは楽しいですが、やはりそこは試験なので割り切って勉強方法の戦略を立てて、重点的に覚えるべき試験によく出る、または過去の正答率が高い論点には時間をかけて、そうでない論点は基本を押さえる程度にするなどして、メリハリをつけて学習することをお勧めします。先日、ksknが別ブログの寄稿記事で一次試験の論点別頻出度をまとめてますので、ご参考下さい。

ちなみに労基法は頻出論点ですが、正答率は低めです。人によりますが、私は法律が比較的得意なので労基法は重点的に勉強しました。結果は3/4で、数少ないCDランクの正答もそこから出しています。逆に組織構造論やモチベーション理論は診断士合格後はメインで勉強するなど好きな論点ですが、受験生時代はほぼ力をいれず、点数もほぼ取れませんでした。ただこれも時間が限られている中での戦略的な方法でした。

今の時期にそこまでヤマを張る必要はありませんが、直前期は力の入れ具合を考えながら戦略的に学習を進めてみてください。また誤解なさらずに頂きたいですが、全範囲を勉強される方を非難する内容ではありません。インプット期も直前期もすべての期間を含めて学習論点に強弱をつけずに勉強するやり方だと、長時間勉強しても点が伸びにくくなる可能性が高い、ということです。

以上、そーやでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

道場初(!?) 二次対策勉強会、開催決定!!
大阪のみで試験的にチャレンジしてみます!

申込みはコチラから!!

5月11日(土)@大阪写真会館
受付開始:9:00 勉強会開始:9:30 懇親会:18:00

詳細はコチラ!!

 


 

どーも、そーやです。

GWが始まりましたね。中小企業診断士一次試験まで100日を切っており、あと98日です。GWは診断士の勉強方法を見直すいい機会です。今まであまり勉強が出来なかった方も、この連休中に一気にエンジンをかけて勉強を進めてください。GWも終われば、残り日数は2桁のカウントダウンとなるので、モチベーションが続きやすいと思います。つらいと思いますが、周りも同じ状況ですので頑張ってください!
そしてGWにもお仕事がある方は、お疲れ様です。でも試験的にはいつもの生活と変わらない方が勉強スタイルをキープしやすいです。私もGWは溜まっている仕事を消化する日々になっております。一緒に頑張りましょう。

そんなencouragementをしておきながら、本日の記事は暗めなタイトルです。受験勉強というのは最後の本番は一人の力で、孤独な闘いです。そういった状況では、自身の精神力がものをいう場面も出てくると思います。ですが、うつ症状というのは自分の実力がキチンと発揮させることが難しい状態でもあります。私の経験が何か参考になればと思い、投稿させて頂きます。

そーやの場合
私の発症は、2018年2月でした。うつ症状は突然来るように感じます。ある日朝起きたら身体が非常に重く、何かを考えるのも嫌になるような状態です。でもその原因というは、徐々に蓄積されており、ある日コップの表面張力が失ったように水がこぼれるかのように、緊張感がなくなり無気力に近い状態に陥ることがあります。去年のうつ症状はまさにその状態でした。

原因は診断士の勉強というよりは仕事の方でしたが、うつ症状になった場合はどう向き合っていくかが非常に大切になります。一番やってはいけないのは無理をすることだと思います

あれ、頭が重い。

風邪に似た症状の場合もあります。自分でもどういった体調の悪さなのか理解できないことも多いです。でも、最近寝つきが悪い、朝起きると体が重い、いつもより少し忙しい状態が続いている、プレッシャーを感じることがある、など原因を一つに特定できないのがうつ症状のやっかいなところです。

では、うつ症状になった場合にどう向き合うか。
私の場合、診断士の勉強はできることだけを行いました。具体的には、見ることができるタイミングのときだけ「一発合格道場」を含めて診断士ブログを見て、モチベーションを上げようと努めたり、投稿内容の知識だけでも頭の隅に覚えさせるようにしたりしました。だいたい2~3日に1日だけブログを見て診断士の勉強から完全には離れない、ということでした。そして少し状態がいい時には、企業経営論のスピテキを読書替わりにさっと読む程度はしていました。

おそらくこのときに過去問を解いたり、演習を行ったりということは、できなくは無いでしょうが非常に自分に対して負荷が高いため、無理を続けていたらもしかしたら状態がより悪化したかもしれません
結果、うつ症状が回復しきったのは試験2か月前の6月中旬でした。4か月ほど気分の浮き沈みや、仕事の多忙さなどもあり非常に困難な状況でした。それでも私にとって幸運だったのは、ブログなどを通して診断士試験から遠く離れなかったために、すぐに試験本番に向けてスイッチを切り替えられたことです

一発合格道場にお越しいただいている方の中には似たような状況の方もおられるかもしれません。私の体験を通してお伝えしたいと思います。

 

「まだ試験まで時間があるから、焦らないで

大丈夫、自分を信じて。できることを続けていたらきっとチャンスが来るから

 

そしてこの話には続きがあったりします。実は診断士合格後もうつ症状に悩まされました。せっかくの診断士の仕事もままならない日々も続きましたが、今は状態も結構回復しています。私が一番つらかったのは、勉強ができないことでも、仕事がうまくいかないことでもなく、自分が自分らしく考えることができないことでした。

辛くなったら、無理はしないでください。そして気分転換も大事です。辛い時は外出して外発的な刺激を受けることや、運動やお風呂・サウナなどで汗をかくことも効果的かもしれません。

あと100日切りました。でも100日近くあります。この記事を読んで頂いた方に、最後は幸運があることを期待しています

以上、そーやでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら

 ※現在、満席御礼!キャンセル待ち。
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

東京セミナー レポートはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館

大阪セミナー レポートはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

どーも、そーやです。
改めての自己紹介はこちら、春セミナーで少し好評だったiPad勉強法はこちらから

4月6日の東京セミナー、4月14日の大阪セミナーとご参加いただきありがとうございました。このセミナーをきっかけに勉強のモチベーションが上がった、と言っていただけた方が居られれば幸いです。さて今日は資格試験を受けるときのちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。

なんでこんな時期に資格試験のテクニックの記事なのかといいますと、本当は先日の東京で開催された中小企業診断士協会主催のスプリングフォーラム(いわゆる新米中小企業診断士の新歓みたいなもの)の体験レポを書こうと思っていたんです。でも、当日朝に気がついたら38度の熱を出してしまいました。そのまま意識朦朧としたまま土日が終わってしまい、ブログのネタにしようと思っていた、いや楽しみにしていたスプリングフォーラムに当日ドタキャンせざるを得ませんでした。それなので、スプリングフォーラムのネタは誰かがGWまでに上げてくれることを祈ってます。また私自身が今週末に情報処理試験を受ける予定をしており、個人的にはタイムリーなネタであったこと。そして一番の理由は、この夏に中小企業診断士一次試験を初めて受ける方で、かつ資格試験の勉強が久しぶりだ!という方や大学受験以来のマークシートです!という方もおられると思いますが、その方々向けです。それというのもGWは一部予備校では診断士試験の模試が開催されますので、もしその模試を受ける場合には少しテクニックの部分も意識して模試を受けた方が本番にもいい影響が出ると思いまして、今回取り上げました。

 

■前日編

①前日の詰め込みは禁物。体調管理に徹するべき

・・・と言いたいところですが、不安な科目がある場合、2日目の場合は別です絶対にまねはしてはいけませんが、たっつーは中小企業経営政策を一夜漬けしたそうです。私も法務の記憶に不安があり、1日目終了後と2日目朝にがっつりやりました。それでも私の場合は睡眠を6時間ほど取りました。普段短時間睡眠でもダイジョブな人でない限り、睡眠時間くらいは最低限の部分だけ取った方がいいです。でもそんなことにならないように勉強は計画的に。

 

②前日の食事は翌日の体調を考えて

私は胃が弱いため、前日夜に脂っこいものを食べると翌日いいパフォーマンスを出せません。そのためこれも人によりますが、翌日丸一日それなりのパフォーマンスを発揮できるものがいいでしょう。ここでキーポイントは「それなり」のパフォーマンスを目指すことです。脳が疲弊する資格試験でベストパフォーマンスなんてずっと出せる訳ではありません。いつも勉強している通り、いつもやっていたとおり、そんな気持ちで体調を整えていく方がぶれが少なくて済みます。

 

■当日編

当日編は去年9代目もたくさんまとめていたので、引用しながらご紹介します。へんりーさんの「試験時間外のストイック戦略《やってはいけない5か条》」や、ゆうさんの「試験の心構え」10か条を参考にしています。

①試験前、会場近くのコンビニで昼ご飯を買うことは避けるべき byへんりー

会場側のコンビニでは目当てのものが残っているかどうかは運次第です。私はだいたいの試験の昼食は、コンビニでおにぎり二個とレッドブルと、前日にウイダーインゼリーと一本満足バーを用意して臨みます。当日のおなかのすき具合に合わせて、例えば去年の診断士一次試験1日目の場合には、経済終了後におにぎり1個、財務終了でおにぎり1個と一本満足バー、経営終了後にレッドブルといった感じで、科目の合間にちょいちょい挟みながら補給してました。

 

②上着など体温調節できるものは持っていくべき 

一次試験の季節は夏です。当然各会場で冷房が効いていることが多いでしょう。冷え性の場合、冷房の直風が当たってしまう席になってしまった場合、どうしてもその冷房が憎くなるので、上着は複数枚持って行った方がいいです。また逆に意外と冷房が効かず蒸し暑い部屋になってしまった場合に対応できるためにも、半そでなど薄着になれる準備もしておいた方がいいかもしれません。あと余談ですが、汗のにおいや制汗剤のにおいが苦手な方はマスクなど持参した方がストレス軽減です。

 

③時計は2個あった方が安心、消しゴムも2個あった方が落としても焦らない

備品関係の話です。最近はだいたいの試験会場に時計もあったりしますので、1個でもいいかもしれませんが、2個あると安心材料です。ただし受験票に記載されている時計に限りますので、目覚ましで使っているような大きいデジタルの置時計などは持ってこれません。また消しゴムなども2個あった方が安心します。1個落としても焦りません。またこれは会計士試験受験時代の話ではあるのですが、電卓も2個、しかも全く同じ型番のものを用意してました。診断士の試験は計算速度はそれほど要求されないので、高い電卓を2個も用意する必要はないと思いますが、電池が切れないとは限らないので安めのスペアをもう1個用意していた方が安心です。ここのキーワードは安心です

 

④まず初めに、マークシートの受験番号欄への記入・マークをきちんとすること byゆう

意外と漏れがちなんです。試験内容にばっかり気を取られて受験番号のマークをずらしてしまうと、その瞬間にハイまた来年、となってしまいますここだけは細心の注意を払って受験番号のマークをしてください

 

⑤分からない問題はとばす。考え込んだらとばす。1問に時間を使いすぎない。 byゆう

マーク式の試験ではタイムマネジメントで一番やっかいなのが悩む問題の対処法結論は飛ばす。適当にマークしても20%以上の確率で当たるので、分らん!と思ったら潔く飛ばした方がいいです。科目によりますが、財務や経営は悩みすぎると時間が足りなくなるので、他の問題を考えるのに時間を当てた方がいいです。なお、あんまりあてにしてはいけませんが、断定調(~べきである、~でなければならない)や否定的な表現の場合にははずれの肢である可能性が高くなります。悩んでも分からなかったら、機械的にこれで判断するのもありです。鵜呑みはダメですが。6代目myaさんのオカルト肢切りも参考になる部分と参考にならない部分があるので信じる信じないはあなた次第です。ただし「数字はきれいな数字になる」と信じていると、H30年二次の事例Ⅳみたいな問題は死を見ることになります。何回も検算しました。

⑥マークシートの解答番号の偏り(同じ番号が続くなど)には神経質にならない byゆう

たまにアが連続して続くと間違いなんじゃないのかな、と思ったりします。ですが、同じ回答が続くことは良くあります。H30年一次試験の例ですと、経済はアが4問連続して正答財務は9問連続でウかエが正答企業経営ではイが5連続正答というような結果でした。そのため自分が必死に考えて導き出した答えがたとえ偏っていても、神経質にならずに解答を変えることを我慢しましょう。偏りは普通に出ます。試験作問者もばらすことは狙って作りません。

=========================================================================

今回の記事はまた一次試験の直前や、TAC一次模試(6月末)の前には掘り起こされることを期待しています。ちょっとしたテクニックで10点、20点は普通に変わってきますので、ぜひご参考頂けると幸いです。

以上、そーやでした。

p.s.診断士合格後Twitter始めてました。よろしければフォローお願いします。
https://twitter.com/soya_rmc

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込み受付3月24日(日)12時開始
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

どーも、そーやです。

今月は道場のセミナー月です。10代目メンバーとして、皆様とお会いできることを楽しみにしております。まだ東京は若干名空きがあるようです。ぜひこの機会に診断士勉強の一つのマイルストーンとして、セミナーをご活用下さい。

また先日は新元号の発表がありましたね。古風なシステム業界では、改元対応として新たなメンテナンス画面を追加して、顧客に新元号を入れてもらうという、なんとも言えない対応をしています。まあそれでも対応はできるのでまだましな方ですが、システムから出力するワードなどの文書にベタ書きで“平成○○年”と書かれている仕組みですと、改元発表まで何も出来ないので今月がヤマだとなっている事業者も居るのではないでしょうか。そんな業界に携わっていた一人として、新元号の発表は何ともいえない気持ちで迎えました。

さて今日は経営情報システムについての話題です。

経営情報システム関係の用語、言葉が分かりにくい”問題”

先代も毎年経営情報システムの略語について記事をあげているほど、システム関係は略語がとっても多いです。去年はきゃっしぃさんが【情報システム】大量の横文字や略語に対応するにはこちらで紹介しております。そして略語ならまだしも日本語訳でさらに意味が分からなくなるものがあることがとても問題です。そのため、本日は3点ほど略語とその意味合いについて紹介していきたいと思います。

①SaaS(Software as a Service/ソフトウェア・アズ・ア・サービス)

最近の主流の言葉です。インターネット経由でソフトウェアを利用するサービスのことを指し、代表的なものとしては、「Gmail」や「Office365」などが挙げられます。なお、ワードやエクセルで有名な「Office」ですが、家電量販店でパッケージ(DVD等)を購入する形態はSaaSに該当しません。それは現物が手元にあるからです。

直近でも出題されており、平成29年第23問で真正面から問われました。

 

 

 

 

ア:PaaSの場合、インフラ部分とミドルウェア部分が合わせて提供されます。
イ:組み合わせるものではありません。SaaSではミドルウェアも含めてサービス提供者が構築しています。例えばMicrosoftは「Azure」と「Office365」を提供していますが、前者はPaaSやIaaSの提供であるため、この選択肢は間違いです。
ウ:SaaSの特徴として、従量課金制があります。だいたいが利用人数に応じて料金体系が変わるため、小規模事業者の場合にはSaaSがおすすめです。(別に月額固定制のSaaSでもいいけど、法的に義務付けられてはいません)

そのため正解は「エ」です。

上記選択肢でも出たPaaSやSaaSの概念図として分かりやすいものを引用します。緑色の部分が各サービスの提供範囲です。


参照 データのじかん「《図解》いまさら聞けないクラウド用語: SaaS、PaaS、IaaSってどういう意味?そしてその違いとは?」

SaaSインフラ+ミドルウェア+ソフトウェアのオールインワンです。これを導入すれば面倒なサーバーの設定やOSの設定なども考える必要ありません。一方、PaaSはインフラ+ミドルウェアのみの提供であり、IaaSはインフラのみの提供です。
本格的にシステム関係の仕事を本業としない場合であれば、この程度の理解で十分かなと思います。

 

②EA(Enterprise Architecture/エンタープライズ・アーキテクチャ)

情報システムを構築する上で、対象業務の最適化のみならず、企業全体に渡る業務システムの最適化を図ることが重要視されており、その手法としてエンタープライズアーキテクチャ(EA)が提唱されている。(平成30年経営情報システム第19問より)
なかなか理解するのに大変な日本語ですが、Wikipediaよりはまだマシな記述です。私自身が情報処理試験を勉強していく中でも、EAは結構意味が分かりにくい言葉だと思っていました。

ざっくり言えば、経営を良くするためにITを導入し、経営戦略とIT活用それぞれ上手くやっていく、ということです。そしてその基礎として、4つの要素(ビジネスアーキテクチャ、データアーキテクチャ、アプリケーションアーキテクチャ、テクノロジーアーキテクチャ)が存在しています。これらが平成30年第19問で問われました。

 

 

 

 

ア:データアーキテクチャの説明です。
イ:ビジネスアーキテクチャの説明です。
ウ:アプリケーションアーキテクチャの説明です。
エ:テクノロジーアーキテクチャの説明です。

そのため正答は「イ」です。

EAを覚える上に4要素を理解するのは大変かもしれません。簡単なイメージをすれば、ビジネスアーキテクチャは業務プロセスに関して、データアーキテクチャはデータの構造や関係性に関して、アプリケーションアーキテクチャは各システムの機能や関係性に関して、テクノロジーアーキテクチャは技術的要素に関して、体系的に示したものです。
私は暗記方法としてよく下らない覚え方をするのですが、EAの場合には「いえーい(EA)、た!」と頭文字をとって無理やり語呂合わせしてました。なんのビデオ当てて喜んでいるんですかね…IT系で有名な奴であればOSI参照モデルの覚え方で「アプセトネデブ」がありますが、そんな感じで自己流です。

 

③ERP(Enterprise Resources Planning/エンタープライズ・リソース・プランニング)

企業資源計画と訳され、企業の資源を活用するための考え方として、上記のEA(エンタープライズアーキテクチャ)と共に広まった考え方です。
経営情報システムでも、平成25年の第21問の選択肢の一部として登場して以来、直近5年間では出題はありません。ただし今後ERPシステム業界では今まで自社サーバーに設置して提供していた、いわゆるオンプレミスでの提供の形態から、クラウドサービス(SaaS)での提供にシフトしつつある、転換期でもあります。そのため、今後出る可能性もあることと、ERPという言葉を知っておいて損はないという個人的な気持ちから取り上げました。

ただしERPの言葉を理解するには、まずMRPの説明をした方が理解は早いです。MRP(Material Requirements Planning)とは、資源所要量計画と訳され、生産管理の現場にて、在庫管理や部品発注などの製造計画を立てるときの手法です。資材管理などの効率化から企業利益を上げていく考え方であり、それを発展させて会社の資源(ヒト・モノ・カネ)を活用する手法としてERPが生まれました。そしてそのままですが、ERPをシステム化したものがERPシステムと呼ばれます。構成としては会計システムや人事システム、生産管理システムなど、複数の業務を統合したシステムです。
なおERPの実現のためには業務プロセスの改善手法であるBPR(Business Process Re-engineering/ビジネスプロセス・リエンジニアリング)なしには語れません。が、話がだいぶ深くなるため、この程度にします。

流れとしては、MRP→BPR→ERPといった流れで考え方が出来上がりました。生産管理の効率化が実現MRP)→業務プロセスの改善BPR)→生産管理だけでなく、人材や会計、顧客管理など企業全体での業務効率化を実現する(ERP

そのため、平成25年第21問にもありましたが、ERPシステムを導入するためには、業務プロセスの改善とセットで導入を進めていかないと最大限の効果が得られません

詳しくは以下のリンクにもありますが、診断士試験だけを考えた場合には経営情報システム関係にこれ以上の深入りをする必要はありません。むしろ、どいこうが取り上げている財務の問題を解いた方が効率的です。システム関係者としては寂しい限りですが、財務会計も好きなのでそっちを重点的に勉強していただいて、事例Ⅳまで繋げてほしいとも思います。

参考サイト
ferret「【ERP・BPR・MRPどう違う?】情報を一元化する「ERP」の概要と類似語の意味を解説」
クラウドERP実践ポータル「“MRP”から“ERP”への変遷とそれぞれの特徴」

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 

どーも、そーやです。

一般的にタブレット(iPad)を活用した勉強方法ってあまり紹介されてないと思います。私も去年勉強開始する際にいろいろと調べましたが、参考になったのがこちらのおとさんの体験記記事くらいでした。そのため今回は、私自身が実践したiPad活用の勉強方法をお伝えしたいと思います。

昨年の診断士試験では以下のツールで勉強を行いました。
・スタイラスペン:ApplePencil
・タブレット:iPad Pro 10.5インチ
・アプリ:GoodNotes4(iOSのみ対応、最新版はver5がリリース済み)

流れとしては、スピテキなどを紙で購入し、PDFに変換し、GoodNotes4で取り込みました。また過去問は協会HPよりPDFでダウンロードできるため非常に重宝しました。

この勉強法のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
携帯性&利便性(すべてのテキスト・過去問・参考資料・ノートが一つにまとまり、どこでも勉強できる。またiPhoneと同期させているので、通勤中も手軽に見ることができる)
効率性(取り込んだ内容は自由に複製できるため、何度も解けるし、何より過去問の分野別問題集簡単に作成できる。特に私はABランクに絞った分野別問題集を作ったりしました)

デメリット
費用(タブレットもそうだがApplePencilが地味に高く初期投資がそこそこする)
事前準備の負担(紙テキストをPDFに変換するのに1冊あたり10分以上、トータル6~8時間ほど単純作業が必要だった)
消しゴムに慣れない(特に2次!シャーペンで紙に書く&消しゴムを使うが久しぶり過ぎて地味に面倒だった)

実際にiPadでつかった内容はこんな感じになります。書き込みが自由にでき、また利用するペンの太さ自由に設定できるため、自分にあったノートが作成できます。なお私はたくさんの色を使うと疲れるため基本3色の細ペン(赤、ピンク、緑)と4色マーカー(ピンク、オレンジ、黄色、青)で使い分けました。

但書(中小企業診断士協会よりDLした過去問に、TAC出版第1次試験過去問題集の一部を利用して作成しています)

 

■iPad活用方法の詳細

①テキスト類をGoodNotesに取り込む
私はキンコーズで購入したテキストを裁断し、複合機でスキャンしてPDFにしたあとに取り込みました。一部は電子書籍でも購入しましたが、必要な部分だけスクリーンショットでJPEG化して取り込みました。なおiPad活用での注意点としては、これらの行為が私的利用の範囲内であることが必要です。勉強会などを含めて、他人に渡すためにコピーしたりPDF化する行為は、原則著作権侵害となりますので、ご留意ください。

②科目ごとにフォルダ分け、テキストも章ごとに細分化
これは使いやすさの点だけの話ですが、GoodNotesではフォルダ分けができるため科目ごとに管理しました。

また画像では企業経営論のテキストを3分割にしています。必要最小単位でファイルも分けた方が勉強しやすかったです。なおフォルダ番号が飛んでいるのは、二次対策で少し変更したためです。

③過去問まとめノートの作成
iPad勉強法で一番良かったことは先述のメリットにも記載した通り、過去問の分野別・論点別のまとめノートを作成するのが非常に簡単だったことです。

内容をサムネールで表示し、それぞれのページをドラッグ&ドロップで移動したり、コピーや削除などもできるためお手製のまとめノートが作成できます。一定数の受験経験者は試験前にファイナルペーパーを作成されると思うのですが、私の場合はこれがすでにファイナルペーパーと同義のものになったので、直前対策でもほぼ手間をかけずに勉強を進めることができたことは大きなメリットでした。また勉強時間もそれで短縮できます。当然試験会場でも最終チェックができますので。

④問題演習の効率化
結構重要なポイントだと思います。赤ペンで問題を解き、2回目は赤シートで解答を隠して解いていくやり方を昔やった記憶があります。タブレット学習の場合には、すでに電子化しているため、問題は事前に複製しておいて、何度解こうがまっさらな状態で解けることが当たり前になります。また③にも書いた通り、表示順の入れ替え複数の問題集を組み合わせることも容易なため、自分オリジナルの問題集も作れたりします。

■総括

いかがだったでしょうか。勿論、iPad以外のタブレットでもできますが、ご注意いただきたいのはスタイラスペンの書き心地利用するノートアプリがどこまで自分のやりたいことに対応しているか、それがとても重要だと思います。個人的には今後タブレット愛用家が増えることを望んでいます。私も4月に情報処理試験を受けるため、またiPadにテキストや問題集を仕込んで勉強を進めているところです。

ただし、

中段でもお伝えしましたが、タブレットを活用する場合は情報のコピーが非常に容易です。くれぐれも私的利用の範囲内に留めておいて下さい

以上、そーやでした。

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

どーも、そーやです。

10代目メンバー「今やっておきたいこと」シリーズ企画も最終回となります。各メンバー渾身の記事はいかがでしょうか。このシリーズは「去年の試験合格者がこの時期にやっていたこと、やっていたら良かったなと思うこと」です。ぜひ現在の学習方法を振り返る参考として活用して下さい。

ちなみに、各メンバーの「今やっておきたいこと」シリーズですがこんな内容でした。大カテゴリでは「学習計画」「学習法」「2次対策」「いよっち」と恣意的に分けてます。

「学習計画」 かわとも(永久保存版)、たっつー(2次も見据えて)、どいこう(計画遂行のための時間の作り方)

「学習法」 ブブ(特性別戦略&思考のすすめ)、ちこまる(自分は何タイプ?)、kskn(質と量の改善)、かもよ(試験を知る俯瞰法)

「2次対策」 なおさん(ガチ)、makino(進む先に必ずあるぞ)、ぐっち(2次特化型計画)

「いよっち」 いよっち(モチベーションの根源の再確認)

つまりは、学習計画をきちんと立てるべきであり、学習方法を自分に合わせて、試験を知って、作りこんで行き、2次も見据えて対策を早めに進め、モチベーション継続で勉強を進める&諦めない!

まあ、本当にその通りだと思います。これが出来たらぐっと合格に近づくと思います。でも、去年の自分がこれらが全部出来たかというと、そんなことありませんでした

ただ、かもよさんの試験を知る俯瞰法に近いことはやってました。この試験はどんなものなのか理解して、どう戦うか考えることは続けられたのかなと思います。一次の出題傾向を調べて、その後スピテキ斜め読みを実践していました。斜め読みを知らない人はぜひチェックしてみて下さい!

今やっておきたいこと」はいろんなメンバーのいろんな考えがあります。その中でみなさんにあった勉強方法や考え方を見つけて共感していただいたり、マネしていただけるといいのかな、と思います。全部やれたらそりゃ素晴らしいですが、できる範囲で頑張っていくこと、そして継続していくことが大事かな、と。辛くなったらいよっち式モチベーションで思い出してください。

あれ、まとまっちゃった?私の投稿いらなくね?

ここまでは前段です。先週と今週のおさらいです。私からは「学習計画」と「1次対策」に関連する話題で、現時点での実力が分かってますか?という部分をクローズアップしたいと思います。

例えば跳び箱で夏までに10段飛びましょう!という目標があったとします。現時点で何段飛べるかで練習方法準備期間って変わってきますよね。私は試験も一緒だと思っており、ミクロな話だと1次試験は一科目60点さえ取れれば合格です。今時点で50点の人と30点の人ではその科目に対する勉強方法や力の入れ具合は違います。そんなお話です。

 

◆現在地の測定方法について

【対象者:予備校の答練を受けてない方】

みなさん、今診断士の一次試験受けたら何点取れるか想定できますか?
日々予備校答練を受けている方であれば、都度点数が出て順位も分かると思うので、相対評価として上位20%に入っていれば一定の目安になるんじゃないでしょうか。でも、そういった答練を受けてない方々は現時点の立ち位置が分かりにくいと思います。

じゃあ何で測るか、過去問解きましょう!

私の場合、去年この試験の勉強を始めたときに真っ先に行ったのはH29年度過去問を解いたことでした。結果は、財務以外は惨敗。経営なんて癖があって問題を読むのも苦痛でした。運営と中小に至っては何を言っているのかさっぱり分からなかったので10分でギブアップしました。でも、それでいいんです。それぞれの科目で自分がどれだけ合格から離れているか認識して、その距離を少しづつ埋めていけばいいんですから。

とは言っても、解いたところで次に何をすればいいかさっぱり分からない、となる可能性もあると思います。その時は気分を新たにして地道にやろうと決心するだけです。

例えば運営は範囲も広いですが、過去問ではよく店舗管理が出ます。販売促進のISM(インストアマーチャンダイジング)やISP(インストアプロモーション)の部分だけテキスト読んで、問題解いて理解(暗記)すれば、次の過去問は2点増えるんじゃないでしょうか。もし出題されなかったらごめんなさいですが、言いたかったのは、そういったことの積み重ねで60点なり、80点なりを目指せばいいと思います。結局のところ試験なので、その積み重ねです

本番で合格点取ればいいので、勉強中の結果に一喜一憂しても仕方ないです。今の自分の実力が分からなければksknのいう質のKPIも立てようがありません。

なのでもう一度いいます。

過去問解きましょう!

そうすれば合格に一歩近づけると思います。

 

◆一次対策のテキスト選びについて

独学で診断士試験を始めた際に、一番悩んだことを思い出したので記事の後半ではこちらを紹介します。それは、何を使って勉強をするのが一番の近道なのか、1週間くらい「中小企業診断士 独学」とか「診断士 テキスト おすすめ」と検索して、勉強法や合格者が使っていたテキストを探しました。やっぱり予備校に通った方がいいのか、予備校より安めのeラーニングで十分なのか、テキストだけでも合格できるのか。

結論から言えば、人それぞれです。

大切なのは
1.いつ合格したいか、どれだけ時間を割けるか
2.どれだけお金を出せるか

この二点かと思います。

今年中に合格したい気持ちがあり、投資は惜しまないと考える方は予備校に通うのがベストだと思いますし、小遣い制で投資額も限られるけどやる気だけは負けないと考える方はTACスピテキだけ購入して勉強するやり方も正しいと思います。一方今年は人事異動もあり時間はなかなか取れないがいくらか費用が捻出できる方は2年での合格を見据えて予備校の長期コースやeラーニングでもいいかもしれません。10代目メンバーなおさんのように2年計画で考えて初年度は独学で科目合格を目指し、2年目はTAC通学で進めて最終合格するやり方もあります。私はお金がなかったのでやる気だけは負けないと思っていたのでとりあえずテキスト過去問だけ買いました。

とは言っても何か指標となる材料が欲しいです。おっと、ここに丁度良くまとまっているブログ記事があったので拝借しましょう。

テキスト選びは道場初代メンバーふうじん氏のブログ「200%抜け駆けスタイル 診断士試験」の記事を参考にしてみてください!

 

え、手抜き?
いやいや有用な情報はみんなで共有すべきです。
ふうじん氏の言葉をお借りするのであれば「立ってる者は親でも使え」です。

なお私も去年はこの一発合格道場とふうじん氏のブログに大変お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

以上、そーやでした。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


◆自己紹介
◆短時間勉強で分かったこと
◆10代目メンバーの初回投稿記事をワード分析


◆自己紹介

一発合格道場にお越しの皆様、はじめまして。
10代目ラストメンバーとなります、そーやと申します。
イントネーション的には“そーやねー”よりも“宗谷岬”の方が近いですが、お好きな方で呼んで下さい。

簡単な自己紹介です。
・独学
・紙と鉛筆が嫌いなiPad勉強派
・簿記1級、応用情報もち
・資格試験の受験回数がめっちゃ多い
(簿記は計6回、情報処理は計7回、会計士試験は計4回)
総勉強時間は約150時間
合格体験記はこちら

今後の私の記事としては
メインターゲットは「独学&勉強時間があまり取れない方向け」
「試験テクニック」を中心に投稿していきたいと思います

と、思っていましたが、10代目データ分析部(自称)も兼任しているため、データで見る10代目の受験傾向や最近のトレンド事情なども少しばかりですが記事にしていこうと考えております。
(ちなみに3度の飯と分析だったら、飯の方を選びますけどね!)

 

◆短時間勉強で分かったこと

私の診断士試験の総勉強時間は150時間と、他の方と比べたら少ない方です。それでも受かることができる試験であることをまずはお伝えしたいと思います。ただし一番気を付けるべき点は、短い勉強時間では「100%で合格できるわけではない」ということです。現に一次の勉強時間が短かったたっつーや私は、一次の合格点が他のメンバーよりも低く、結構ギリギリでの合格でした。

以下は10代目メンバーの「1次試験、2次試験それぞれの勉強時間と総得点の相関係数」になります。


<図1 1次試験と2次試験の勉強時間と総得点の相関係数>

相関係数(ρ)とは、「xとyの共分散」を「xの標準偏差」と「yの標準偏差」の積で割ったものとなります。財務会計のファイナンス論にて、共分散標準偏差は勉強しますので、あとちょっと付け加えれば相関係数となります。

参考として数式は以下の通りです。
例えば1次試験と勉強時間の相関の場合、xは1次試験の総得点、yは1次試験の勉強時間となります。


<図2 相関係数の数式>

話を戻しますと、
10代目メンバー間での1次試験の勉強時間と総得点の相関係数は、0.7753となり、勉強時間が長い方が1次試験の総得点が高くなる傾向になる、と言えます。
一方で2次試験の勉強時間と総得点の相関係数は、0.5048となり、1次と比べると勉強時間と得点率の相関は低くなりますが、一般的には勉強時間が長い方が2次試験も得点が高くなる傾向であると言えます。

つまり結論としては、
勉強時間は短くても合格している実績はあるが、より長い時間勉強をした方が合格可能性は高まると言えます。
何事も当たり前ですけどね。

10代目メンバーの勉強時間(1次、2次合計)は800時間~1200時間が最大のボリュームゾーンであるため、最終的に2次試験合格となるためにはその時間が一つの目安かと思います。

 

とは、言うものの短時間の勉強法を実践する人間には、何かしら工夫したポイントはそれぞれあるはずです。私が今回工夫したポイントとしては、
・問題演習を一切やらないこと
・ABランクしか、基本的にはテキストも過去問も理解しないこと

これが勉強時間を短くした大きな要因となります。

特に「問題演習を一切やらないこと」のような勉強方法をなぜ思いついたか、そして行っていたかといいますと、自分で解いて間違った内容について復習するのが非常に嫌いだったからです。

間違った内容を見直すのって私としてはモチベーションがとっても下がることでした。今まで簿記や情報処理といった資格試験を多く受けてきましたが、王道の演習→復習がなかなか出来ずに、結構な回数で不合格となってきました。でも間違った内容をきちんと理解しないと、本番の試験では太刀打ちできないことも分かっていたため、

復習が嫌いなら復習をしない勉強方法を考えればいいじゃないの

といった発想で、演習を一切行わず、問題を見たらまずはすべて解答解説を丸写し(以下、解説転記)してそれを理解していく、といった方法にシフトチェンジしました。

例えば1次試験の経済の場合だと、過去問演習60分、復習60分とかかかるところ、解説転記20分、読み込み20分に変えて勉強する、といった感じで、とりあえずは過去問でどんな内容が出たのか、どのくらいのレベルの内容なのかが理解できたため、それで十分と判断して他の科目も同様に「解説転記」を実行しました。

これが万人に向いているやり方かといえば、そうでは無いと思いますが、復習ができない人や苦手な人は、少しは参考になるかなと思います。

復習ができなければ、資格試験の合格は非常に遠のくので。

 

◆10代目メンバーの初回投稿記事をワード分析

本来であれば私の投稿は終わりなんですが、10代目メンバーで初回投稿が最後といった優位性を何かに生かせないかと考えた結果、みんながどんな記事を書いていたか、どういった内容が多いかを単語データの観点から考察してみました。

(参考:UserLocal テキストマイニングツール )

上記の図は、昨日までの11人が記事にした内容についてワードクラウドにて表現したものになります。道場ブログの右下にも「タグクラウド」というものがあり、それに似たようなものです。

注目すべきは「2次(出現回数72回)」です。
1次(出現回数48回)」よりも多く記述があり、やはりこの診断士試験は2次試験が重要になってきます。私の勉強開始1年目のこの時期は、1次の勉強にいっぱいで2次はどんな試験なのか、どういう勉強法がいいのか、までは考えが及びませんでした。同じような境遇の受験生も多いと思いますが、2次を見据えた勉強方法を考えていた方が診断士合格までの近道だと思います。
とくに昨日のいよっちの記事でも2次については重点的に取り上げていました。また今後、なおさんぐっちなど2次を中心に記事するメンバーも多いので参考にして下さい。9代目の電子書籍一発合格も2次のコンテンツが盛りだくさんですよ!

また上記のワードクラウドには出ていませんが、「モチベーション(出現回数13回)」や「計画(出現回数12回)」なども去年受験生だった10代目が気になっていたキーワードだと思います。特にモチベーションは「係り受け解析(名詞×名詞)」にて、モチベーション×維持が頻出値として出ています。長丁場の試験ではどうしてもモチベーションの維持が難しくなるので、そこもポイントとして抑えてほしいところです。

余談ですが、「ストイック(出現回数9回)」というワード。10代目メンバーでは、かわともたっつーいよっちが使っています。道場理論としてもストイック勉強論が掲載されているほどですが、その逆のメンバー、ksknや私そーやといったストイックからかけ離れた性格の人間もいるため、読者の方にあったメンバーを見つけてブログの縦読みをするのも面白いと思います。

超余談
ポジティブ(出現回数3回)」より「ネガティブ(出現回数4回)」が多いのはどういうことだ、と思ったらあるメンバーしか使っていませんでした。ネガティブっ子なので皆様コメントされる際は優しめでお願いします(笑

===================================
追記

「ネガティブ」ワードのご指摘があり、あるメンバー以外でも使っておりました。勝手に「ネガティブ」認定してしまい申し訳ございません。今後は普通の方として接させて頂きます。

===================================

明日は日曜日ですが、我らが10代目リーダーかわともの更新日です。
メンバー記事は隔週で日曜更新となりますので、ぜひお越しください。

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!
累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓再現答案集はココ!↓
10代目再現答案一覧へ

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

カテゴリー

月別アーカイブ

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2020年度版後編もAmazonで発売開始しました!



解法実況&事例研究
平成30年度事例Ⅰ~Ⅳ



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かーな
 ・ いけちゃん
 ・ おべんと君
 ・ カワサン
 ・ さとまる
 ・ 3ch
 ・ ぴ。
 ・ 岩塩
 ・ さいちゃん
 ・ CK
 ・ Tomatsu
 ・ べりー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX