投稿者「 » こば」の記事



これから新たな時代の幕開け

バトン

こんばんは。こばです。
明日からいよいよ8代目の記事がスタートします。
8代目の紹介を簡単にさせて頂きます。

—————————————————————————————-

◆ 世界の畠ちゃん ◆

昨年の2月に診断士試験の受験を決断し、見事ストレート合格を果たされております。
MMCの教材は使用していますが、学習スタイルは完全独学。
診断士試験に合格する前に、社労士試験も独学で合格。
独学で難関試験を突破する秘訣などを書いてくれることでしょう。
また、フェイマオの高校の後輩でもあります。
道場に恋しちゃうような記事を書いてくれると思います

合格体験記はこちら

◆ ゆっこ ◆

7代目の碧と同じく専業主婦としてストレート合格。
2月に簿記2級を取得していますが、診断士試験の学習は3月からという短期合格者です。
時間や費用が限られた中での学習など記事にしてくれると思います。
また、母としてのやさしい記事だけでなく、理系女として切れ味のある記事も書いてくれると期待です。

合格体験記はこちら

◆ たっしー ◆

たっしーもストレート合格。8代目で唯一の大阪在住のメンバーになります。
ただそのまま鵜呑みにするのではなく、自分で考えて必要な情報が何か取捨選択を行った学習スタイル。
「収集→選択→仮説→検証のプロセスを自分で進めることができ、思考停止に陥らない。」
という合格体験記の言葉が印象的でした。
昨年はなかった大阪セミナーを是非開催したいと意気込んでいます。

合格体験記はこちら

◆ ITO ◆

ITOは8代目メンバーの中でもダントツに短期スト合格。
一次試験の申込時に学習を開始。学習時間も一次:100時間、二次:60時間
短期合格者の場合、過去問中心に学習を進めるのが多いのですが、試験当日まで一度も見ることもなく本番に臨んだ強者です。その時の心境や対応方法など教えてほしいものです。

合格体験記はこちら

◆ たけぴょん ◆

たけぴょんもストレート合格。学習スタイルはTAC通学。
予備校を活用し堅実に学習を重ねて1年で合格。
完成答練までは点数が思うように伸びず厳しい状況を、学習スタイルを変更することで打破し一次試験を突破しています。
たけぴょんの合格から、やはりスト生にとって財務が得点源であると強いなと感じます。
職業が金融機関とのことですので、実務の話も踏まえて財務の記事などを書いて頂けるのではないかと思っています。

合格体験記はこちら

◆ TOM ◆

TOMは一次2回、二次2回の計3年で試験を突破しています。
一次試験は独学。二次試験はTAC通学、MMC通信、タキプロ勉強会など様々な学習方法を試しています。
スト生の場合は対策期間が短いため、様々な学習方法を試すことが難しい状況です。TOMが経験した学習方法のメリット・デメリットなどを書いてくれることで、自分に合う学習スタイルを見つけやすくしてくれるのではないかと思っています。
合格体験記の1年目と比較した勝因〜の部分は必見です。

合格体験記はこちら

◆ なが ◆

ながは積極的にTACを活用してストレート合格。
ただ授業に参加するだけではなく、予習を行うことで攻めの学習を実施することで一次試験を突破。
しかし、二次模試の結果は思わしくなく厳しい状況でした。そこから試験本番まで残り2週間で開眼。
模試からの2週間にどのようなことがあったのか。開眼にいたる経緯など具体的に書いてほしいものです。

合格体験記はこちら

◆ その ◆

そのは一次2回、二次2回で試験に合格。
そのは受験回数を重ねることで、初期のモチベーションとは違う状態になりながらも周りの支えにより合格を勝ち取りました。
常に高いモチベーションの中で学習を進めるのも難しいのではないでしょうか。
そのように受験を続けるか悩んでいる方を支えるような記事を書いてもらえればと思います。

合格体験記はこちら

◆ ルナ ◆

ルナは診断士資格を取得する以前からすでに起業をされています。
かなり時間の制約がある状況での学習だったののではないかと思います。
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」この言葉を強く意識して見事スト合格。
自分と試験を知ることで、合格に必要なレベルまで効果的に実力をつけることができたのでしょう。
ブログのサイトに関する知識も豊富であるので、この道場のブログサイトのリニューアルも一緒に行えればと考えています。

合格体験記はこちら

◆ ロック ◆

ロックはスト生でありながら常に二次を意識しながら学習を進めていました。
一次までにやっておくべき二次対策など自身の経験から語ってくれることでしょう。
また、春・夏・口述セミナーと全てのセミナーに参加しているので、セミナーの企画の方も楽しみです。

合格体験記はこちら

◆ ますけん ◆

ますけんは道場初の平成生まれになります。
TAC通学から初年度で一次を高得点合格したものの二次試験では結果が出ず。
それでも見事、2年目にリベンジを果たしています。
学習で活用していた反省ノートに書いたことや、予備校の最新情報などこのブログで書いてくれること思います。

合格体験記はこちら

——————————————————————————–

明日から8代目の記事が投稿されます。
私自身も各メンバーがどのようなことを書くのか非常に楽しみにしています。
それではまた。

byこば



始まりがあれば終わりがある
7代目グランドフィナーレ

道

こんにちは。こばです。

7代目としてこの一年間ブログを書いてきましたが、本日でレギュラー投稿は一区切りになります。

各メンバーから受験生へ向けた最後のメッセージをおくります。

——————————————————————————————-

 

【かおりん】

1年間、道場ブログで拙文にお付き合いいただきありがとうございました。
何とか・・・みなさまと一緒に走り抜けられてよかったです。
正直、途中何度筆を折ろうと思ったことか。。。
先代や仲間のみなさま、読んでくださっている皆さまのおかげで拙い私でも1年続けることができました。
折れず、腐らず、あきらめないことで見られる地平もあるものだなあと、この日を迎えてしみじみ感じます。

診断士に限らず、資格試験は「あきらめないこと」が合否を分ける1つの要素です。
私は「子どもたちに希望ある未来を手渡す」ことを目標に、これからもあきらめずもがき続けようと思います。
みなさんは、何をめざして「あきらめずに」診断士合格を目指されますか?
合格するまでその思いを大事にして頂き、いつか、診断士としてご一緒した時に、ぜひ聞かせてください。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん

【たきも】

たきもです。
1年間お付き合い頂きありがとうございました。

この道場の一員に加えて頂いた1年前、道場が積み上げてきた歴史の重みに苦しみました。
何を書けば受験生の皆さんのためになるのか、悩みながら書いていました。セミナーでお会いした受験生の皆さんから頂いた「記事が役に立ちました」の一言が、何事にも代えがたいモチベーションになりました。

本当に、ありがとうございました。
私が書き続けられたのは、受験生の皆さまのおかげです。

中小企業診断士の存在を知らない人は、まだまだたくさんいます。
中小企業診断士ってそもそも何をする人なの?と聞く人もいます。
「中小企業診断士に相談する」ことが当たり前となる世界を作りたい。

中小企業診断士が活躍する場をもっと作りたい。人はまだ足りません。もっともっと必要です。
その1人に、貴方もなっていただきたいと思います。

たきもでした。

【とり】

こんにちは、とりです。いよいよ7代目のラストメッセージ、私からも受験生のみなさまに、拙いですが最後のエールをお届けします。
中小企業診断士を目指して頑張っているみなさまは、それだけでも大変誇らしい取り組みをされています。

世の中には、毎日会社と家の往復で、通勤中はマンガやゲームに興じ、飲み行けば毎度変わらず会社の仕事話や愚痴話ばかり、家に帰ればビールすすりながらテレビ見て寝るだけ、そんな生活を送っているサラリーマンがたくさんいます。

そんな方たちを尻目に、みなさまは通勤時間やわずかなスキマ時間を活用し、飲みに行きたいのも我慢して、家族や友達との時間もやりくりして、日々合格を目指して勉強を積み重ねています。
中小企業診断士を志すきっかけはそれぞれあれど、その高い志やたゆまぬ努力は、何ものにも代え難い、みなさまにとっての貴重な財産となるはずです。

かく言う私も、診断士を志す前はダメサラリーマンを絵に描いたような人生を送っていました。30代半ばを過ぎて、家族が増えてマイホームも手に入れたところで、「これからどうなっていくんだろう?こんな人生でホントに納得しちゃっていいのか?」と自問自答していました。そう、そんなことに気付くのには少々年を取りすぎていました。

考えれば考えるほど自分自身のキャリアへの甘さに愕然としましたが、「何かを始めるのに遅すぎることはない」ってどこかで聞いたようなセリフで奮い立たせ、診断士を志すに至りました。そこから独学で3年かけて試験合格、そして診断士登録後は、その生活ががらりと変わりました。まだまだ道半ばで、勉強することは山ほどありますが、この1年間、診断士という資格を通じて、多くの、そして魅力ある方に出会い、様々な体験をすることができました。この診断士資格の素晴らしさを残念ながら理解されないこともあって忸怩たる思いもしましたが、それでも心折れることなくポジティブな姿勢を保つことができています。それだけ価値あるものだと自信をもって言える、そんな資格だと私は思っています。

きっとみなさまにも、その志さえ忘れずに取り組んでいさえすれば、必ず合格できる日が訪れると信じています。
長い道のりで、苦しい時や投げ出したい時もきっとあると思いますが、そんな時はこの「一発合格道場」を思い出し、のぞいてみてください。これから勉強を始める方、再チャレンジされる方、診断士を目指そうか迷っている方、それぞれにお役に立てる記事がこの道場には必ずあります。
一発合格道場はこれからもずっと、みなさまの合格を願い、心の底から応援し、苦しんだり迷ったりした方の背中を押す、そんな記事をお届けしてまいります。
今後とも、一発合格道場をご愛顧いただきますよう、心よりお願いいたします。1年間、本当にありがとうございました。

以上、とりでした。

 

【碧】

みなさま、一年間ありがとうございました。

今、診断士の勉強をなさっているみなさん、きっと今が最初の難関だと思います。
いつも気合いたっぷりに「絶対!一発スト合格!!!」なんて言っている私も、受験生時代は、経済学の点数が安定しなくて本当に参りました。

勉強仲間は優秀な方が多く、経済でも安定して良い点数を取っているのに、私ときたら、80点を取ったと思ったら次は40点と、トホホな状態・・・。

有志で実施していた勉強会ではリーダーをしていたのですが、「リーダーがここでくじけてしまっては、メンバーのモチベーションに関わる」と、歯を食いしばって食らいついていったのを覚えています。

今後、勉強を続けていく中できっとくじけそうなことが出てくると思います。
でも、頑張れば結果は必ずついてきます。ぜひこの苦しい時期を乗り越えて、合格を目指して下さいね。
診断士は早ければ一年で(八代目の中にはもっと短い期間で)合格可能な資格です。

また、診断士登録後はさらに多方面でこの資格が活かせます。
私自身も専業主婦からいきなり診断士として無謀にも独立開業しました。
今は経営者さんと新規事業について一緒に考えていくことが面白いと共に、日々勉強でありつつも、とても充実していると思います。

来年、診断士を取ったあなたとお会いできるのを楽しみにしています。

それでは、今日も良い1日を!碧でした。

【フェイマオ】

いつも道場ブログをご愛読頂きましてありがとうございます。
また、1年間お付き合い頂きまして本当にありがとうございました。
稚拙な記事ではありましたが、少しでも受験生の皆様のお役に立ててれば幸いです。

社会人にとっての診断士試験は、”マラソン”に似ていると思います。
毎日少しずつでも走り続ける事ができれば『合格』というゴールに近づきます。
ところが、ゴールまでの道のりは平坦ではありません。また走る皆さんのコンディションも常に万全とは限らないでしょう。
しかし、その条件は診断士合格を目指しているライバルも一緒です。
ゴールに向けて走り続けられるかどうかは、ご自身の中にある“意思の強さ”だと思います。
皆さんが、診断士を目指そうと思った理由は何ですか?
勉強が辛くなったとき、走り続ける気力がなくなったときに、是非ご自身に問いかけてみてください。

私は診断士登録後、執筆活動や事業診断等診断士として活躍の場が広がり、あらためてこの資格を目指して勉強を続けてきて良かったと心から思っています。

近い将来、皆さんと一緒に“中小診断士”としてお仕事ができる日を楽しみにしています!
To be continued…

 

【細川泰志】

これが本当のラストメッセージ。
改めて、1年間道場ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
短い間でしたが、ブログの投稿やセミナーなどを通して、受験生の皆さんに我々の診断士試験にかける熱い思いが少しでもお伝え出来たかと思います。
7代目のレギュラーメンバーとしての活動は本日で終了ですが、素晴らしい8代目が引き続き道場を盛り立てていってくれます。

どうかこれからも、一発合格道場をよろしくお願いいたします。

【nori】

診断士の素質が無い人はわざわざこんな大変な試験に挑戦しません。
受験を決めたのも自分。
勉強しているのも自分。
合格を決めるのも自分です。

不安になったら「合格しました!」と3回声に出してみてください。
未来に見えるあなたの姿が今の自分の背中を押してくれます。
自分の力を信じて。

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!
nori でした。

【こば】

7代目の記事をお読み頂き、ありがとうございました。
このラストメッセージを持って、7代目としての定期掲載を完遂いたします。

合格して1年間あっという間に過ぎたように感じます。
それでも振り返るとほぼ毎週のブログ掲載、春・夏・口述セミナーと様々なはじめてを経験しました。
一発合格道場という看板があるから、数千という人が毎日ブログを見て頂き、セミナーへも参加して頂けたのだと思います。

2010年から蓄積し続けたこの記事・体験記が道場の強み
継続は力なり

一時的な傾向変化に左右されることなく、客観的な事実を積み上げることで診断士試験の本質に迫ることができているのではないかと感じています。

診断士試験の本質とは

聞かれたことに素直に答える

抽象的でとらえどころのない表現になっています。

ものごとをシンプルに表現するとわかりにくくなるのかもしれませんが、
複雑に表現すると本質から外れるようにも思います。

本質は概念的なものであり、具体的な表現は難しいと感じたこの1年です。

また、診断士試験の受験をされている方は何かを変えようとしているのではないでしょうか。

未来を切り開くためには必要なもの、それは強い意志です。

意志あるところに道は開ける

自分がどうしたいか、どうなりたいか。
この未来への意志が未来を切り開きます。

———————————————————————–

明日からは8代目のメンバーがブログ掲載を引き継ぎ、レギュラー投稿をしてくれます。
7代目とはまた違った視点、違う表現方法で中小企業診断士試験について書いてくれるでしょう。

1年間、7代目の記事をお読み頂きありがとうございました。
今後とも一発合格道場をよろしくお願いします。

 

by7代目



ゆとりのある学習

ゆとり

おはようございます。こばです。

たじけいさんから合格体験記をお寄せ頂きました。
1月から掲載していた体験記もこれで最後。
では、体験記はここから。

 

———————————————————————

Ⅰ 中小企業診断士に挑戦した理由・きっかけ

・2014年に社会保険労務士試験に合格し、勉強を日常的に行う習慣がついていたため、“この勢いで もう一つくらい資格をとってしまおう!”と、思いつき中小企業診断士に挑戦することとしました。

・なぜ、中小企業診断士かというと、

  • 会社から金銭的な補助がある
  • 仕事やプライベートに支障が出ない範囲で合格する可能性がある
  • 名乗ったらなんとなくカッコよさそう

という、今思うと安直な理由で勉強を開始しました。

 

Ⅱ 保有資格と得意科目・不得意科目

・資格:社会保険労務士試験合格

情報セキュリティスペシャリスト

・得意科目:経営情報システム(免除あり)、事例Ⅳ

・不得意科目:経済学・経済政策、事例Ⅲ

 

Ⅲ 学習スタイルとそのメリット・デメリット

 

LEC通学(2016年1次2次プレミアム1.5年合格コース)

※2015年の1次試験にて周辺4科目(「経済学・経済政策」、「経営法務」、「経営情報システム」

「中小企業経営・政策」)に合格し、その後2016年の一次試験にて2次試験に直結する、

主要科目(「企業経営理論」、「運営管理」、「財務・会計」)を合格し、その年の2次試験の合格を

目指すというコース

①通学を選んだ理由は、

授業を聞きつつ、講師の教え方についても学べる機会となることを期待したから

②上記コースを選んだ理由は、

資格取得を急いでいるわけではなかったため、ゆとりのある計画で学習したかったから

⓷LECを選んだ理由は、

値段が安かったから(割引を駆使して207,500円でした)

 

・メリット

  • スケジュールの作成やテキストの選定が不要
  • 質問がしやすい

・デメリット

  • 2次試験対策の答練では、答案の返却に時間がかかるため、短期間にPDCAを回せない

 

個人的にはデメリットよりメリットの方が大きかったです。

Ⅳ 合格までの受験回数、学習時間

合格までの学習スケジュール、学習時間とその作り方
・学習スケジュール(初学者の方の参考になれば幸いです)

2015年03月・・・「中小企業経営・政策」の講義に参加

04月・・・「経営法務」の講義に参加

05月・・・「経済学・経済政策」の講義に参加

06~07月・・上記3教科の過去問をひたすら解く
※07月に模試受験

08月・・・1次試験1回目、全科目受験。
「経済学・経済政策」、「経営法務」、「経営情報システム」、「中小企業経営・政策」合格
※3科目以上の合格で3万円のお祝金があるため、経営情報システムも受験しました。

09月・・・「企業経営理論」の講義に参加

10月・・・「運営管理」の講義に参加

11月・・・「財務・会計」の講義に参加

12月・・・上記3教科のテキストを熟読

2016年01月・・・上記3教科のテキストを熟読

02月・・・2次試験についての講義を受講(答練は参加せず)

03月・・・テキストに加え、友人から頂いた、

  • 中小企業診断士2次試験合格者の頭の中にあった全知識(2014年版)
  • 中小企業診断士2次試験合格者の頭の中にあった全ノウハウ(2014年版)
  • 岩崎邦彦先生が書いた本3冊

を熟読

04月・・・中小企業診断士 集中特訓 財務・会計 計算問題集(TAC)をひたすら解く

05~07月・・・過去問をひたすら解く。
※05月と07月に模試を受験。

08月・・・1次試験2回目、未合格科目+「経営情報システム」。

「企業経営理論」、「運営管理」、「財務・会計」合格。

※保険として受けた「経営情報システム」が44点でしたが何とか1次突破!

1次試験終了後から、LECにて2次試験講義と答練

09月・・・過去問をひたすら解く。勉強会(タキプロ)へ参加

※模試を受験
10月・・・9月と同様の学習を進め、2次試験に臨み、記述試験合格

 

・学習時間とその作り方
延べ学習時間は、記録していないためわかりません。ノルマを設けず、空いている時間に、勉強する気が起きた時は勉強するようにしていました。 主な勉強するタイミングは終業後や休日で、勉強場所は自宅か近所のファミレスでした。

 

Ⅴ 学習方法

・1次
①予備校の講義を受講中は、 テキストにて予習⇒講義受講⇒WEB講義にて復習、というスタイルで内容理解に努めました。

②過去問を使っての学習は、過去5年間を対象とし、全ての選択肢に記載されている内容が理解できるようになるまで、繰り返 し解き続けました。

・2次筆記
①過去問を使っての学習は、 過去5年分を2回ずつ解きました。その際は必ず80分で解き切ことを意識しました。“どんなに 素晴らしい解答でも、答案用紙に書かれなければ意味がない”という意識を持ち、いかに80分で 多くの答案要素を、きちんとした日本語に落とし込めるかを考えて過去問に臨みました。

“ふぞろい”を活用して、自分の答案にみんなが考えた答案要素がいかに盛り込まれているかを確認、 “勉強会”を活用して、答案に記載した文章が読み手に伝わるかを確認しました。

 

Ⅵ これから合格を目指す方へのアドバイス

・1次試験は過去問をいかにやりこむかが重要
過去問をやる前とやったあとの模試では、1科目あたり30点も差がでました。最新の数字や法改正などはもちろん押さえる必要はありますが、しっかりと過去問に取り組むことが重要だと思います。

・2次試験は事例Ⅳを得意科目にする
元々、計算が非常に苦手でしたが、時間をかけ事例Ⅳを得意科目といえるほどのレベルに持っていきました。

その理由は
①2次試験で唯一きちんとした答えがあるため、勉強した分だけ結果に結びつきやすい。
②事例Ⅰ~Ⅲまでで失敗をしてしまっても、「最後に自分の強みである事例Ⅳが残っている」と考えることで、最後まで心が折れることなく試験を受け続けることができる
と思ったからです。
結果として、私自身事例Ⅱで失敗したと思っても、最後まで集中して試験を受け続けることができました。

・あきらめず続けることが重要

試験は何度でも受けることができます。年齢制限も回数制限もありません。だから、いかに挑戦 し続けることがとても重要ではないかと思います。そのためにも、

①ゆとりをもった計画をたてる
⇒私自身、1.5年プランという無理のない計画をたてました。その結果、無理なく学習を進める ことが出来ました

②勉強を嫌いにならないようにする
⇒勉強したくないと少しでも思ったうら(主に二日酔いの日など)一切勉強はしないようにしました。誰から強制されたわけでなく、自分で選んだ選択です。せっかくやるなら辛い思いはせず、 楽しんでやるべきだと思います。

③楽しいと思う瞬間を見つける。
⇒勉強したことを仕事で活用できた!勉強会でほめられた!模試の後のビールがうまかった!なんでもいいと思います。とにかく楽しんで勉強を続けることが大切です。

私の合格体験記は以上になります。皆様のご参考になれば幸いです。

——————————————————————–

いかがでしたか?

一発合格だけが全てではないことがみえてきませんか。この診断士試験をストレートで受かることが全てと考えている人がいたら、少し立ち止まってみた方がいいかもです。

早く受かることが全てではありません。

受験時代は診断士として必要な知識、スキルを取得するための猶予期間と思います。

自分がこれからどうなりたいか、その変化のスピードに応じて勉強のペースも変えれば良いと思います。

大事なことは自分で決めると

誰かのために勉強したのではないと思います。自分のために必要なことを見極めましょう。

では、まとめ。

・ストレート合格が全てではない。
・自分にとって必要なペースとは何か。
・大切なことは自分で決める。

byこば



愚直な勉強が合格の秘訣

登山

おはようございます。こばです。
これから平成29年度の診断士試験は本番に向かって突き進んでいきますが、
道場7代目のレギュラー投稿は残りわずか。今週でラスト。
終わりがあれば、始まりがあり。13日からは8代目の記事が掲載されます。
7代目とはまた違う色で診断士試験について書いてくれると思います。

それでは、本題に移ります。

シナチクさん36歳から合格体験記をお寄せ頂きました。
では、体験記はここから。

 

———————————————————————

Ⅰ 中小企業診断士に挑戦した理由・きっかけ

エンジニア職で、ものつくりに勤しんできましたが、どうすれば作った商品で利益を確保できるのか、等と悩んでいるうちに、技術的な知見だけでなく、経営的な知見も必要だと実感する中で、診断士の資格を知り、挑戦を決意しました。

 

Ⅱ 保有資格と得意科目・不得意科目

職業柄、運営管理の知識と、一般常識程度に、情報システムを知っている程度。

得意科目 :運営管理

不得意科目:財務会計、経済

 

Ⅲ 学習スタイルとそのメリット・デメリット

 

1年目      大手予備校に通学。講義受講と自習室での学習中心。

2年目      大手予備校の模擬試験とオプション講座のみ受講。あとは、近所の自習室などで独学。

自習室を利用したんは、勉強するぞ、という環境作りをして、モチベーションを維持するためです。

Ⅳ 合格までの受験回数、学習時間

<合格までの学習時間>

合格までの年数:2年 1次2回 2次1回
一次勉強時間:1,050時間
二次勉強時間:300時間

 

<合格までのスケジュール>

2014年  10月~ 2015年8月             大手予備校の1次講座開始

2015年  8月   1次試験1回目 運営、法務、中小のみ合格
2015年  9月   大手予備校の2次講座を受講。講座終了後、しばらく休息。
2016年  2月   勉強再開。大手予備校の財務オプションを受講、苦手な財務をひたすら強化。
2016年  5月   1次試験の勉強再開。過去6年分の過去問を実施。
2016年  8月   1次試験2回目。終了後、8月下旬まで、燃え尽き状態が続く。
2016年  9月   2次試験対策を本格的に開始。過去問3年分研究(事例4のみ6年分研究)
2016年 10月  2次試験。再現答案は、7割程度作って終了。
2015年 12月  2次試験合格発表、その後一週間で口述対策

 

Ⅴ 学習方法

①1次

1年目は大手予備校を利用。洗練されたカリキュラムで効率よく学習できたと思いますが、覚える事が最優先で、消化不良のまま突き進んでいきました。そんな状態で、1次本番を迎え、1科目目の経済学で頭が真っ白に。その状態を引きずり、大幅に易化した財務でも赤点(足し算や引き算を間違うなど、ひどい有様。理系なのに。) で、初日3科目を落として1次試験不合格。散々な結果でした。

そこで、2年目は、独学で、理解を深める勉強法にシフト。
教材は大手予備校のテキストと問題集を再利用(加えて、某予備校から無料で入手した2015年1次試験の模範回答集)し、情報は情報処理試験のテキスト、経済は公務員試験の問題集などを使い、周辺知識を補いながら理解を深めていきました(一度学習したので、時間的に余裕があったからできた方法ですが)。苦手な財務は、予備校のオプション講座を利用し、2次の学習範囲も含め強化しました。
また、電車移動中や、ちょっとした空き時間には、頭の中で一人授業して、知識の整理を行いました。
結果として、昨年大失敗した経済や財務で9割、情報と経営も6割とれ、余裕をもって合格できました。

②2次

事例4対策は、1次対策と並行してやっていましたが、その他の事例は、1次試験合格後、大手予備校の講座の復習から学習を開始しました。学習開始直後の9月上旬に、模擬試験を2回受験したのですが、両方ともD判定で、下位5%に入るという散々な結果。そこで、自分の回答が点数に結びつかない理由を徹底的に分析し、以下3点が自分の弱点だと考えました。

1.文章構成力が乏しい。

2.間延びした説明が多い。

3.論理的な書き方ができていない。

以上を改善すべく、道場の記事を参考に、パクってカスタマイズしながら型を作っていきました。型作りの教材は、過去問3年分に絞って、ふぞろいを参考に、解いては自分で採点する事を繰り返しました。なお、2年目は、予備校を利用しなかったですが、演習問題の数をこなすのではなく、型を磨く学習の方が、効果があるだろうと考えたためです。

口述について、模擬面接やセミナー(予想Q&Aをもらえる)に加え、道場提供のまとめシートを活用させて頂きました。おかげで、筆記合格発表後の短期間でも、効率よく対策ができました。
③再現答案

2次試験後、1週間以内で7割ほど作りましたが、各予備校の模範解答と比べ、かすりもしない内容だったので、途中で放棄しました。落ちたと思い、予備校の2次試験レビューも参加しませんでした。が、結果的に合格していたので、回答は1つとは限らないと、改めて認識しました。

Ⅵ これから合格を目指す方へのアドバイス

無知の状態からの学習でも、強い意志を持ち、愚直に学習を続ければ、必ず合格できると思います。

模擬試験の結果が悪くても、自分の弱点を客観視するツール程度に思って頂ければ良いと思います(特に2次模擬試験。万年D判定でも、合格しました)。

また、知識も解答テクニックも、自分で理解し、使いこなせるレベルまで磨き上げないと、試験でも使いものにならないと思います。超短期で受かる強者もいますが、愚直な積み重ねが、知識・知恵となり活きてきます。
この体験記が、少しでも皆様の参考になればと思います。

——————————————————————–

いかがでしたか?

今年の体験記はストレートの方が半数以上を占め、さらに超短期合格者も数名います。その中で、今回の体験記は堅実に合格をするためにどうするかがみえるものではないでしょうか?

一次試験、二次試験ともに重要なことは

できないをできるに変えること

できることをいくら勉強しても点数は変化しない。
できない部分を補強し、できるようになることで点数は伸びます。

そのためにも何ができて何ができないのかを知る必要があり、模試を活用すると状況を客観的見ることができます。

その結果を分析し、不足している部分を必要なレベルまで鍛えれば良いと考えられます。

合格に必要なレベルまで上げるためには

愚直な積み重ねが近道ではないでしょうか?

 

では、まとめ。

・予備校の通学だけでは合格できない。
・弱点を補強することで、合格が見えてくる。
・模試は弱点を把握するツール。
・愚直な積み重ねが合格への近道。

byこば



短期合格者に見える同じ景色

景色

おはようございます。こばです。
明日から2月ですね。2月といえばキャンプイン。球春到来の予感。
野球と同様に診断士試験も冬から春にかけてが、基礎体力を養う時期にあたります。
ストレート合格を狙うなら、遅くてもこの時期には学習を開始したいところです。

今回紹介する体験記は一般的なスケジュールとは一線を画す、7月から学習をスタート。
中小企業経営を行っているりきやさん38歳から合格体験記をお寄せ頂きました。
では、体験記はここから。

 

———————————————————————

Ⅰ 中小企業診断士に挑戦した理由・きっかけ

2年半前にサラリーマンから転職して経営に携わるようになり、必要な知識を網羅的に習得したかった事

 

Ⅱ 保有資格と得意科目・不得意科目

 

  • 知識:財務諸表は一通り読める、マーケティングの基礎(4Pなど)は知っている
  • 保有資格:計量士
  • 得意科目:一次 企業経営理論 二次 Ⅲ
  • 不得意科目:一次 財務会計、経済学・経済政策 二次 Ⅰ・Ⅳ

 

Ⅲ 学習スタイルとそのメリット・デメリット

  • 一次:独学(過去問題の繰り返し)
    ①メリット :低コスト(費用、通学時間等)
    ②デメリット:受験者全体の中での相対的位置が把握できない
  • 二次:LEC 二次アドバンス答練(通信)
    ①メリット :動画解説があるので、初学者にとっては二次試験の作法を学ぶとっかかりを得やすい
    ②デメリット:実際の二次試験と比べて設問の練り込みが薄く、深みが無い(やっても学習効果が薄いと感じた為、半分くらいで辞めて過去問学習に切り替えた)

Ⅳ 合格までの受験回数、学習時間

① 学習開始時期と受験回数

学習開始時期:一次は28年7月上旬から、二次は一次試験終了後、8月下旬から

受験回数:一次1回、二次1回

② 一次学習時間

約90時間

平日は仕事の後に2時間、土日は4時間程度

③ 二次学習時間

約240時間

平日は仕事の後に3時間、土日は5時間程度

 

Ⅴ 学習方法

  • ひたすらTAC出版の過去問題5年分を解いた。
  • 経済学・経済政策はちんぷんかんぷんだったので、「経済学入門塾(ミクロ・マクロ)@石川秀樹」を購入して読んだ。
  • 奇しくも最終的に過去問で取れた点数(過去5年平均)と試験本番が同じ合計点(497/700点)だった。教材は過去問をガッチリやればそれで充分という印象。

② 2次筆記

  • もともとダメもとで1次を受けていたため、2次試験についての知識が全くなかった。
  • 一発合格道場の夏セミナーに参加させていただいたこと、またそこで紹介された「不揃いな合格答案」(2014~2016年版)を読むことで、2次試験の何たるかを知る。
  • 2次試験について知ってみると、“当たり前のことを書く”“設問意図の通りに書く”“独自色はいらない”等、あまりに解答の作法的な事ばかりクローズアップされることに違和感をおぼえ「この試験を受かったからといって、実際に企業に対し有益な提案ができるとは限らないな」等と生意気なことを考える。→とりあえず受かればいいや、と切り替える。
  • 学習開始当初はまずLECの答練を解き、動画解説を見る事で2次の解き方に慣れていった。
  • ある程度コツをつかみ過去問題を解くようになると、LECの問題の底が浅く感じられるようになり(設問意図がシンプルに透けて見え、過去問のように複数の解釈で悩むことが少ない)、「これができてもあまり意味がないのでは?」との結論に至りLECの答練を途中で辞めてしまった。
  • 結局、TAC出版の過去問を8年分×2周ほどやり込んだ。1周した後に、自分の解答・TACの解答・ふぞろいの解答などを総合したベスト解答を作り、2周目にはできるだけそのベスト解答に至れるような思考プロセスを辿れるよう意識した

模擬試験などを受験していないので、自分の相対的順位はわからないままだったが、試験直前の2週間前くらいになると、回答の手順や時間の使い方が固まってきて、何とかなるかもという手ごたえを感じていた。

③ 再現答案

  • 2次試験当日の夜に作成した。疲れていたが一回でも寝ると解答が頭から抜けそうだったので…
  • 再現答案をいくつか無料採点サービスで評価してもらった。
    1. 個人で診断士の塾を運営している方の採点(事例Ⅰから):A or B/ A or B/ A /A
    2. LECの無料採点サービス:C / B / C /A

LEC採点では明確に不合格判定だったようなので、資格学校は二次試験に対する判定スコープがやや狭すぎるのではないかという印象を受けた。

Ⅵ 受験時のエピソード

  • 二次試験本番では想像以上に体力・脳力を使う。
  • 解答手順をある程度確立したつもりでいたが、本番では読み込みや文章作成に3割増しくらいで時間がかかると思った方が良い(どうしても慎重になるので)。
  • 事例Ⅳの時間になると完全にスタミナ切れで、顔が火照りボーっとし、頭が回らなくなっていた。比較的事例Ⅳが優しい(とされる)年だったから良かったが、難しい問題だったら白紙提出で足切りされたかも。

 

Ⅶ これから合格を目指す方へのアドバイス

  • 1次試験:あまり参考になることが言えないのですが、まずは過去問を解いてみて、さっぱり理解できない科目については参考書などで基礎から振り返れば、突破可能ではないかと思います。
  • 2次試験:事例Ⅲ・Ⅳについてはある程度勉強さえすれば点数が取れる科目だと思いますので、まずそこを基盤として固めておき、読解センス等が問われる事例Ⅰ・Ⅱでは「(組織・人事あるいはマーケにおける)企業の本質的な強み・弱み」をしっかり押さえること、その上で大外しの回答だけは避ける意識を持つことで、合格に近づけるのではないかと考えます。

———————————————————————

 

短期合格を狙うための要素が詰まった体験記ありがとうございました。

短期合格者に共通することそれは

徹底した過去問活用

特に一次試験では重要な問題は繰り返し出題されます。
それは診断士として必要な知識であるからです。

超重要論点は毎年出題され、周辺知識も2,3年~5年に一度は出題されます。

過去問を何回転もしたからと合格するものではありませんが、
合格に必要なヒントは過去問に埋まっていると思います。

また、試験科目が多い診断士試験においてはテキストから学習を開始すると量に圧倒され、ゴールが見えず脱落する可能性も高いと考えています。

そうならないためにも、まずゴールを知ることが重要。

つまり、過去問を解くこと。

これが、一次試験を短期間で突破する王道の学習スタイルです。

さらに、二次試験でも徹底した過去問の活用で、思考プロセス、解答プロセスを確立しています。
二次試験ではしっかりした準備をされて試験に臨まれていますが、
試験本番では練習通りに進まないと感じています。

練習と本番は緊張感が違う。
この緊張感をどう乗り越えるかが合否の分かれ目。

では、本日のまとめ。

・短期合格者は共通して過去問を徹底活用。
・過去問に合格のヒントが隠されている。
・練習と本番は緊張感が違う。それを乗り越えて合格が見えてくる。

byこば



試練はそれを乗り越えられる者にしか訪れない

burajiru

おはようございます。こばです。
ここまで10人以上の方の合格体験記を掲載させて頂きました。
その中で、自分の学習スタイルと一致する人はいましたでしょうか?

合格体験記の良さは

自分の知らない未来を知れること

合格体験記で成功するための要因を探り、未合格体験記で診断士試験のリスクを分析する。

今回も私が紹介するのは未合格体験記。合格体験記は多くのサイトで読むことができるが、未合格体験記を読むことができるのは道場ぐらい。
この未合格体験記が道場としての強み。

合格という一面だけでは不合格のリスクが見えにくくなる。

今回はN.S さん、30代後半、男性の体験記になります。
では、体験記はここから。

 

———————————————————————

Ⅰ 中小企業診断士に挑戦した理由・きっかけ

体系的な知識を身につけ、それを客観的に証明したかったから。

将来、独立して食べていきたいから。

 

Ⅱ 保有資格と得意科目・不得意科目

一般常識レベルの企業経営理論の知識はあったが、それ以外の知識はほぼ無し。

【一次】

得意 :財務・経済

不得意:法務・中小

財務も経済も最初は全く出来なかったが、合格のキーになる科目と聞いていたので、集中的に取り組んで無理矢理得意科目にした。

【二次】

得意 :事例Ⅲ

不得意:事例Ⅳ

本当は得意事例などはなく、比較的安定していたという意味で事例Ⅲ。

事例Ⅳは初めて解いた過去問が20点台で絶望し、とにかく足切り回避を目指して記述、計算とも時間をかけて練習した。

しかし、当日まで不安は全く消えなかった。

 

Ⅲ 学習スタイルとそのメリット・デメリット

初期は通勤講座を受講。財務で挫折しかけてTACの通学に切り替え。

①メリット

予備校は勉強のペースメーカーになる。
到達度を答練などで客観視できる。
予備校について行けていれば、合格が十分に見込めるという安心感がある。

通学は勉強仲間が出来る、らしい。(自分が通っていた校舎は勉強会が組織されず、会えば話す知り合い程度で、情報交換も帰り道の会話でするくらいで、二次の際でも勉強は一人でしていた・・・)

②デメリット

二次試験対策に関しては、通う校舎、講師で指導方法や理論、質に相当のバラツキがある。

二次は、勉強方法の段階から自分で考える余地が大きいが、一部の考える力の優れた人を除いて、その際の足がかりとして講師の指導、理論は重要。

予備校に頼り切った考えでいると、有効な勉強ができないまま徒手空拳で二次試験に挑む羽目になる可能性もある。(ただし、今の時代はネット等でも代用可能)

Ⅳ 合格までの受験回数、学習時間

①学習開始時期と受験回数
2015年8月から勉強開始 受験回数1回

②一次学習時間
1300時間(講義音声聞き流し含む:問題を解いたりしていたのは1000時間くらい)

③ニ次学習時間
300時間(講義音声聞き流し含む:問題を解いたりしていたのは240時間くらい)

朝と帰りの電車での往復時間で40分。
昼食時にイートインのあるコンビニに行き20分で、一日最低でも1時間の勉強時間を確保。
歩いているとき、家事をしているときもスマホに入れた講義音声を聞いていた。
1時間早く会社に行き、仕事をなるべくスムーズに済ませて早く帰れるようにしていた。

 

Ⅴ 学習方法

①1次

【10月~4月末】

予習は一切しない。復習オンリー。
予習しても分からないストレスが大きく時間もかかるので、講義で理解することに集中し、その分の時間を復習の問題演習に充てた。
実践することで解法パターンを体に覚え込ませ、それを通じて理解を深めることに注力した。

TACの講義を受けた後、答練までひたすらトレーニング(3回転くらい)とスピ問(1回転+間違えた問題)。
以後、それと平行して、一つ前の終了科目のトレーニングを回して復習。時間があればスピ問。

【5月~一次試験まで】
過去問(3回転)とTAC完成答練の復習。
②二次
【8月中旬~二次試験まで】
勉強開始は一次終了後からスタート。1週間は情報収集とテキスト集め。

・ふぞろいを参考に、合格者の答案に近いものを書く練習。事例に臨む際にどういうアプローチをするべきか、心構えやベースにある考え方を学び取ることを重視した。初期は写経もした。
・過去問から論点を拾い出し、それに対してどう解答するかExcelの一覧表にして電車等で見る。
・解答を作成する際の文章の型のパターンをネットで探したり自分で作ったりして覚えた。
・平日はまとまった時間が取れないので①各設問の解答の方向性、書く要素を決めるところまでをやり、ふぞろいを見て適切なキーワードを選べているか確認すること②それを元に時間内に解答を作成するということ、を2日くらいに分けてやることもあった。

・事例ⅣはTACのオプション講座の問題集を昼食時に毎日やる。
・通常のTACの講義は演習の機会として捉えて、解答プロセス等、初見問題への対応を試していた。
・模試はTACのものを一回のみ。B判定だった。
・二次試験の結果はCABAで不合格。

【勉強場所】
・図書館・自宅 :トレーニング、過去問、答練復習
・電車内    :スピ問アプリ
・徒歩の移動中等:講義音声

③再現答案
試験当日に帰宅後作成した。事例Ⅰが出来ておらずそれでほぼ落ちたと思っていたので、作っていて本当に辛かった。

 

Ⅵ 受験時のエピソード

道場の記事を参考に、TACの養成答練で80点以上、完成答練で70点以上を取ることで、一ヶ月前の模試の時点で合格水準をかなり上回る実力がついた。TAC模試は490点近く取り、全国で二桁順位中盤だった。

その後、ストレート合格には1次で落ちるわけにはいかないと、万全を期すという意味で7月は暗記科目に注力したが、今となってはそれは大きな戦略ミスだった。1次に余裕があるなら二次の勉強に取り組むべきだった。

二次試験では、1科目目の事例Ⅰの企業のストーリーが読み取れず、大パニックになってしまった。要因としては、事例企業の問題や課題を認識するための知識の引き出しがスムーズに開かない状況であったこと。

知識としては知っていたが、練度不足で完全に自分のものとなっておらず、その場で用いて対応する実力にまで至っていなかった。

それでも、気を取り直して諦めない気持ちで1事例ずつ丁寧に対応したことで、事事例Ⅰの失敗に引きずられて他の事例が大崩れしなかったことが来年への収穫だったと思う。

 

Ⅶ これから合格を目指す方へのアドバイス

自分の失敗からの実感ですが、TAC生なら運営管理が終了した年明けくらいから、すこしずつ二次試験の勉強をした方が良いです。
スタートアップ講義なる、二次試験の概要を解説する講義がありますが、あれを動画で見ただけでは、さほど意味がありません。

具体的には、事例文を読んで、ふぞろいの解答を見てみて、どんな解答が合格レベルなのか、不合格レベルなのかを「なんとなく」でいいので知ると良いと思います。
あとはタキプロさん等の勉強会がはじまりますので、全く出来なくてもいいので参加してみると良いかもしれません。

そうやって二次試験で合格答案を書くために、何が必要か、どんなレベルに到達すればいいのかということを早めに認識し、そこに辿りつく方法をぼんやりとでも日頃から考えておくと、一次試験終了後からでもロケットスタートが切れます。

また、自分の勉強方法やスケジュール、戦略に関して、合格者に相談しアドバイスを受ける機会が増やしたほうがいいです。

 

一次試験に関しては、とにかく毎日コツコツとやることです。しかし、多少遅れていても直前の追い込みでカバー可能だと思います。大幅に予備校の授業から取り残されていなければ、あまり神経質になる必要は無いかもしれません。(その代わり、あとがしんどいですが)

ただし、それらの知識を2次で必ず使うことになりますので、ただマークシートで正当肢が選べるだけでは不十分だという認識だけはあった方が良いと思います。

また、自分は過去問への取り組みが5月からでしたが、それは若干遅かったと感じています。5月までに各科目1回転くらいはしておいた方が良いかもしれません。

———————————————————————

 

いかがでしたでたか。
未合格体験記とは思えない、学習内容ではないでしょうか。

読んだ最初の感想は、合格体験記よりそれらしい体験記だなと感じました。

一次試験対策から自分の学習スタイルを確立されており、道場が王道とする橋げた理論を見事に体現されています。
一次模試では490点、全国で二桁順位中盤と圧倒的な成績を収めております。

これだけ高度に一次試験を学習されていても、二次試験当日で知識がスムーズに引き出せないことが発生します。
この試験は合格実力に到達してからが勝負になります。

一次試験を強固に進められている方であれば、二次試験の合格実力には早期に到達すると予想できます。
しかし、その合格実力と合格するかは別物です。

二次試験には、合格者を篩に落とす仕掛けが無数に存在します。

合格する実力と不合格にならないための実力は違います。
ミスをしなければ負けない。

負けないための実力をつけることが最重要。

では、本日のまとめ。

・合格体験記は表、未合格体験記は裏。
・表があれば裏がある。合格の裏にあるリスクを知ること。
・二次試験には強固な一次知識が重要。
・合格実力と不合格にならない実力は違う。
・ミスをしなければ負けない。

byこば



堅実な学習と幸運で一次試験突破

%e7%a9%ba

おはようございます。こばです。
昨日、第1回目の合格体験記で紹介をいたしました。
ゆうさんより再現答案と得点開示の結果を頂きました。

再現答案
【得点結果】
事例Ⅰ 75点
事例Ⅱ 65点
事例Ⅲ 71点
事例Ⅳ 84点
(合計 295点)

合格体験記はこちらから
ものすごい得点です。7代目でもここまでの高得点はいません。

また、今年の 合格体験記はストレートの方から多く寄稿して頂いています。

昨年:3割 ⇒ 今年:6割

体験記は合格体験記と未合格体験記の両方を読むことが重要と考えます。

合格者と未合格者とで学習内容や強度に明らかな差がないことがほとんどです。
違いがあまりないにも関わらず、合否は分かれている状況です。

その中で今回は未合格体験記をお送りしたいと思います。
金融機関勤務のとちのきさん、27歳、男性よりご寄稿いただきました。
では体験記をここから。

 

———————————————————————

Ⅰ 中小企業診断士に挑戦した理由・きっかけ

・会社で養成講座派遣制度があることを知り、中小企業診断士試験に興味を持った。

・会社での金融検定試験が一段落し、他に何か勉強したいと思った。

そこで本屋に行き診断士のテキストを手に取り、診断士試験受験を決めた。

・その金融検定試験を受かったからと言って評価はあまりされず、診断士という強力な資格を取得することで周囲からの私を見る目を変えたかった。

・入社3年目の私の周囲からの評価は低く、診断士取得により上司を見返してやろうと思ったから。

・大学時代に経済学、簿記を勉強しており、1次試験の科目と重複していたから。

・仕事で中小企業への融資に携わっており、診断士としてサポートしたいと思ったから。

 

Ⅱ 保有資格と得意科目・不得意科目

・前述のとおり、大学でマクロ・ミクロ経済学を専門に履修

日商簿記3級(TAC通学)

得意科目 :経済学・経済政策、財務・会計

不得意科目:経営情報システム

 

Ⅲ 学習スタイルとそのメリット・デメリット

1次試験:経営情報システム(単科)、1次直前パック ともにTAC通学

2次試験:独学

Ⅳ 合格までの受験回数、学習時間

受験回数:1次試験 1回 2次試験 1回

学習時間:1次 1,000時間 2次試験 150時間

仕事の退勤打刻から1時間以内に、近所のガストに行き勉強するという習慣を身につけた。夜は12時過ぎくらいまで学習。

休日の朝はガスト、昼はサイゼリヤ、夜はコメダ珈琲で勉強。自宅ではほぼ勉強していない。

 

Ⅴ 学習方法

①1次

TACのスピテキおよび過去問(5年分)を徹底的にやる。

直前パックの演習でアウトプット。できなかったところは、まとめノートを作成

経営情報システムは、単語カードを作成しスキマ時間に学習。

②2次筆記

TACの集中特訓 財務・会計計算問題集と過去問しかやっていないです。

案の定、残念な結果に終わる。

③再現答案

作成していません。

 

Ⅵ 受験時のエピソード

5月のGWに70時間勉強し、自信満々でいざTAC直前パックの企業経営理論の演習を受けるも31点という散々な結果。いままでやってきたことは何だったのかと。正直泣きました。

1次試験受験終了後は、やり切ったという達成感があった。

自己採点で412点(経営情報システム36点)であったので、今年の合格は諦めていたら、得点調整によりタナボタ合格となる。

合格証書到着しすぐに会社に報告するも、勤務年数および実績がないことから養成講座に派遣されないことがわかり、慌てて2次試験勉強を始めるというお粗末ぶり。

 

Ⅶ これから合格を目指す方へのアドバイス

合格発表があるまで何が起こるかわかりません。自己採点の結果で一喜一憂してはいけないと思いました。

勉強をする習慣を付けることが大切だと思います。診断士の勉強を始めると生活リズムが変わり、有意義な時間の使い方ができるようになると思います。

診断士の勉強は、学生時代の受験勉強とは違い、勉強していて楽しいです。

 

来年は絶対に2次試験を突破します。あと10か月、やるべきことは全部やり、本番では心は熱く、頭は冷静に、後悔のないよう、解答用紙を埋めてきます!

———————————————————————

 

いかがでしたでしょうか。
簡潔に書かれていますが、内に秘めた熱い気持ちが伝わってきます。
学習時間も一次試験:1,000時間、二次試験:150時間とスト合格を果たしている人と比べても変わりありません。

特に一次試験においては過去問を重視した王道の学習スタイルをされています。
時間も十分かけて対策をされているにも関わらず、昨年の一次試験では420点を突破することはできていません。
受験生の方はここから一次試験の厳しさを感じ、どう対策をとるべきかを考えて頂きたいと思います。

二次試験を突破しなければ完全合格とはなりませんが、一次試験の突破なくして二次試験もありません。
さらに強固な一次知識が二次試験には必ず必要になります。

道場の体験記では短期合格をされた方も多くいますが、それ以上に十分な対策をしていても一次試験を突破できなかった人がいると考えられます。

体験記から合格に必要な要素を読み取ることは非常に有益です。
しかし、成功体験にばかり目を向けているとその裏に潜むリスクを見落としがちになります。

合格者と同様の学習をしていても合格は難しい状況です。
自分にとってどうすれば合格するのか、不合格にならないための方法は何かをきっちり考えることが重要になります。

では、本日のまとめ。

・一次試験は不合格率85%のハイリスク試験
・短期合格者の裏で、十分な対策をした受験生が涙を呑む
・体験記からは合格要素だけでなく、不合格リスクを減らす要素を探す

byこば



2016年振り返り

0d3be9d1193cb646a7f18f61936fdcc5_s

おはようございます。こばです。
2016年も、もうすぐ終わり。
道場のブログ更新も今日で一旦お休み。年始の開始は1月4日から。

そして、毎年恒例の今年の漢字は

四年前のロンドンオリンピックと同じ。
でも、勝ち馬は違う結果に。

そして、流行語大賞は

神ってる

カープの鈴木選手が授賞した。

神ってるとは
神がかっているの略。

診断士試験の流行語大賞は
弾力化でしょうか。

一次試験の合格得点が420点から413点に下がり、経営情報システムでは4点の加点。

この救済措置に救われ、さらに二次試験も突破されたって方は神っていると表現してもいいのかも。

でも、これから試験を控える2017年度受験生にとってはこの柔軟化は非常に気になる試験傾向の変化でしょう。

今年の試験問題を簡単に振り返ってみたいと思います。

■一次試験■

⚪一日目
全体的には例年通り。
運営管理は傾向変化で速報による平均点が過去最低を記録。

⚪二日目
昨年以上に荒れ、法務・情報の劇難化。
どの科目も60点を下回る平均点になる。

昨年、今年の状況を踏まえると一日目にどれだけ稼げるかが試験突破のカギとなる。
一日目科目は二次試験で出題される主要科目。

診断士としての基礎知識が確立している人を通過させたいという試験委員の意図があるように感じられる。

2017年度の一次試験を突破するためにはどうすべきか。
これについては、道場基本理論が最重要。

この方法を120%実行し、浮きこぼれられればOK。

そして、一次試験のポイントは知識を増やすことではなく、知識を整理しておき、不適切な選択肢を消すこと。
知識を増やしても知らない問題が多数出題されるかめ。

■二次試験■

19.2%と昨年同様に低い合格水準でした。
人数では約100人の減。

しかし、事例としては、オーソドックスな問題だったように思う。
TAC動画でもサプライズ問題がないことが、サプライズという評価をしていた。

⚪事例Ⅰ

事例Ⅱ

⚪事例Ⅲ

事例Ⅳ

サプライズ問題はなかったが、問題の意図がわかりにくいものは毎年恒例のことで、今年も同様であった。

その中で、安定した回答を書ききるためには、何を書くかを練習するのではなく、いかに書くかが重要である。

つまり、答案の再現率である。
開始から終了までの回答プロセスを確立していることが、合格のカギとなる。

・与件の根拠
・一次知識
・社長の想い

この3つから合理的に導かれるものを回答する。でもそれは試験会場で論理的に導くのではなく、事前に準備しておくもの。

試験当日は

決められたことを決められた通りに実行するだけ

現場対応は回答のブレを引き起こす。

では、まとめ。

・世間一般における、今年の流行語は『神っている』。
・診断士試験では『弾力化』。
・一次試験は一日目重視が加速。
・二次試験の本質は今年も変わらず。

byこば


●合格・未合格体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

□募集要項□

対 象:H28年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : webmaster@rmc-oden.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

詳しくはこちらをご参照ください。



診断士になるための最終確認

おはようございます。こばです。
長い長い診断士試験も今年はこれで終わり。
明日はいよいよ最後の口述試験。

残すはあとひとつ。

ここを突破すれば診断士試験も完全合格。

口述試験は特別な試験ではなく、二次筆記試験の延長戦です。

二次試験で出題された事例から質問は行われます。
口述試験の対策は過去行って来た二次筆記試験、一次試験の内容を再度確認すれば良い。

 

□二次試験ポイント□

 

二次試験とは

聞かれたことに素直に答えること

再度、このことを思い出してください

そのことを思い出したら、二次試験のポイントを過去記事で確認。
事例Ⅰ】組織は戦略に従う
事例Ⅱ】企業の究極の目的とは
【事例Ⅲ】勝負の分かれ目
【事例Ⅳ】逆転それとも
心を整える
【最終局面】大切なもの
模範解答比較 事例Ⅰ 事例Ⅱ 事例Ⅲ

筆記試験と口述試験で大切なことは同じ。
違うのは事前準備を確実に行えること。

筆記試験ではどのような企業が問われるかは当日の試験問題を開くまでわからないが、口述試験ではもう1か月も前からわかっている。
さらに各予備校の想定問題集や模擬面接もある。
筆記試験の模試を受験する以上の実践的な練習が可能。

それだけ、万全の準備が可能な口述試験でも過去5年間で、2012年と2015年度を除いて合格率は100%ではない。
4,5名の受験生が不合格になっている。
受験をしていないなどの根本的な理由もあると考えれるが、頭が真っ白になり質問に受け答えができなかったという事例が過去にあったそうである。

では、そうならないための心の準備とは

□心の準備□

不合格になる可能性がある以上、心の不安はありそれが緊張を生む。
その緊張で頭が真っ白になってしまう可能性はある。

そうならないために、緊張をしないようにしようと思えば思うほど逆に緊張してしまう。
頭が緊張しないと思うだけで、脳が緊張ということを意識してしまうからである。

ここで大事なことは緊張をしないように準備をすることではなく、
緊張をした状況でも話ができるようにすることである。

緊張した状況でも常に頭が真っ白になるのなら、緊張をしないようにする必要があるが毎回ではない。
頭が真っ白になった経験がある人はもう一度その時のことを思い出してみてください。

①緊張をした⇒頭が真っ白になった。

ではなく。

②緊張をした ⇒ 不測の事態が起き、パニックになった ⇒ 頭が真っ白になった

①では論理が飛躍しています。その間に不測の事態が起き、パニックになったがあるのではないでしょうか。

不測の事態が発生しないためには、完璧な準備が必要かというとそうではなく意外とざっくりで良いのです。
完璧な準備をしようとすればするほど、その準備の通りにならない場合にパニックになる可能性があります。

大事なことは不測の事態が起きたことに対して

受け答えのパターンを用意しておくだけ

⑴少し考える時間をください。
⑵その質問の意図は〇〇ということでしょうか?
⑶とりあえず、事例企業の概要や一般知識を話す。
など

二次筆記試験ではサプライズ問題が出題された場合にどう対応を行うか、検討をしていたと思います。
その対策と同じことを口述試験でも行えば良いのです。

口述試験だからと特別な対策が必要なことはなく、筆記試験で行って来たことがそのまま活用できる。

ではまとめ。

 

・口述試験もニ次試験。
・一次試験、二次試験で行って来たことがそのまま活用できる。
・大事なことは不測の事態への対応方法を検討しておくこと。

byこば



脚色は必要はない

%e6%88%90%e9%95%b7

おはようございます。こばです。
気づけばもう12月8日。合格発表まであと1日。

他人が決めた合格基準だけに左右されるのではなく、自分が歩んだこの1年を振り返り、成長を実感した方が有益。

ということで、道場における受験体験記のテンプレを示します
合格体験記ではありません。受験体験記です。
合格をしたから体験記を書くのではなく、この1年間の総括をしPDCAを回すことで来年の成長は促進されるでしょう。

 

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

 

合格者の受験体験記だけに価値があるわけではなく、全ての受験生の体験記に価値がある。
明確化な合格基準が示されていない試験であるため、合否を分けた理由は受験体験記の中に隠されている。

テンプレを活用することで、読者が必要な情報をMECEに書くことが容易にできる。
2次試験の解答骨子のように文章を金型化しておけば、書きやすく・読みやすい
内容を一から考える必要はないので、短時間でも書き上げることが可能。

.
■受験体験記のポイント■

定量情報と定性情報

 

合格理由を思い付きで書くのではなく、実際に行った学習方法・学習量を基に分析を行い、受験体験記を執筆する。

定量情報:(1)~(5)

定性情報:(6)、(7)

大事なことは映画やドラマのように脚色することではなく

・どのレベルの学習を行ったのか。(定量)
・合格をするために何を考え・何を感じたのか。(定性)

実行した学習を淡々と執筆すればOK。
これから受験を考えている人は、先人が歩んだ事実の中から本質を見抜けば良い。
過去から積み重ねた体験記は表現は違えど、合格に必要な本質は皆同じ。

合格・未合格体験記は明日の合格発表後から募集開始。

.
では、まとめ

・そろそろ合格発表。
・1年の総括として受験体験記、書けば成長を実感。
・テンプレを使用すればMECEに短時間で執筆可能。
・映画やドラマのような受験体験記は必要なく、事実を淡々書けばOK。

byこば



 

 

出題傾向の変化なし
一次試験の傾向変化はなんだったのか

940a739715de397ada53e9c05da095e8_s

おはようございます。こばです。
二次筆記試験の合格発表まであと2週間を切りましたね。
先日、プロ野球のベストナインが発表されした。今年からルールが改正され重複投票が可能となり、大谷翔平が投手とDHの2部門で受賞しました。
さらに、昨日MVPが発表され
パリーグ:大谷翔平
セリーグ:新井貴浩
大方の予想通りの結果となりました。

また、今年導入したコリジョンルールも、夏に改正されました。

生産管理において重要になるのが、ルールの周知徹底。でも、ルールをただ守ればいいだけではなく、上記のようにルールが現場に則してないのなら変えてしまう必要がある。

今年の事例Ⅲのはそのようなことが必要な内容であったと思います。

前回に引き続き、TACTBC大原の3社分の模範解答を比較します。
模範解答は各自確認。

□解答比較□

問題1:カット野菜業界における C 社の a 強みと b 弱みを、それぞれ40 字以内で述べよ。

この問題は定番ですね。去年までと同じ内部環境分析になっています。
この場合、基本的に2つの切り口で分析を行います。

・生産面
・営業面

%e5%95%8f%e2%91%a0

3社とも強みに営業面、弱みに生産面を持ってきています。
過去の事例企業では技術力が高いことが定番でしたが、今回の企業は違います。
クレームが多発するなど生産管理で問題がある状況です。
弱みがあり過ぎて、どうまとめるかが困りますが、

・組織として生産管理ができていない(統制)
・クレームが多発している(品質)
この2つの要素を入れながらまとめればいいと思います。

問題2:現在 C 社が抱えている最大の経営課題は、収益改善を早急に図ることである。生産管理面での対応策を 160 字以内で述べよ。

続きまして問題2。
少し問題の表現が違いますが、過去の問題と同じ内容です。
生産管理面での対応策とありますので、取引先の拡大などの営業面での助言はできません。
現状の弱みの克服がテーマになります。
しかし、問3、問4の解答でも同じような回答が必要になるので、どう与件文を対応させるかですが、重複しながら使えばいいと思います。

%e5%95%8f%e2%91%a1

3社とも同じような内容になっていました。

収益性の向上に繋がる対応策であるため、基本的には重複作業などの無駄な業務を減らすことを助言しています。
また、それを効率的に行うための計画や実際の費用がどうだったかをチェックするための管理体制を変更する流れです。

この問題でクレーム対応への対応策を入れるか少し悩みましたが、
クレーム対応は問3がメインの問題になるので、入れなくても良いと思います。

問題3:C 社では、クレームを削減する改善活動を計画している。このクレーム改善活動を 最も効果的に実施するために、着目するクレーム内容、それを解決するための具体的 対応策を 120 字以内で述べよ。

平成24年や平成27年にも図表はありましたが、与件文の補足情報という意味合いが強く、図表を読み取らなくても回答ができました。しかし、この問題は与件文の内容からではなく、特性要因図から対策を考える必要があります。

%e5%95%8f%e2%91%a2

TACのみクレーム内容を1つに絞っています。TACとしては意外な対応かと感じます。
ABC分析においてAランクに分類する上位80%に対策を立てる方が無難な対応と思います。
また、特性要因図で4Mの視点で分析しており、それぞれ異なるクレームに起因しているため、各クレームと対応しながら対策を立てるのが良いでしょう。

問題4:C 社社長は、経営体質の強化を目指し、今後カット野菜の新事業による収益拡大を 狙っている。またその内容は、顧客からの新たな取引の要望、および C 社の生産管 理レベルや経営資源などを勘案して計画しようとしている。この計画について、中小 企業診断士としてどのような新事業を提案するか、その理由、その事業を成功に導く ために必要な社内対応策とともに 160 字以内で述べよ。

これまたオーソドックスな問題です。最後は戦略と生産管理を連動した問題です。
診断士試験において、助言の方向性として高付加価値製品の提案が基本線です。設備投資の不確実性もありますが、高付加価値製品の提案で良いでしょう。

%e5%95%8f%e2%91%a3

やはり、3社とも高付加価値製品の提案をしています。
この問題では3つの内容、新規事業・理由・社内対応策を聞かれていますが、TBCの解答では理由の部分がわかりにくくなっています。

このような問題では
新規事業は○○である。
理由は○○である。
社内対応策は○○である。とそれぞれ明記するほうが無難でしょう。

一次試験で運営管理の出題傾向が大きく変化したので、
二次試験でも同様の変化があると予測していましたが、変化はなかったようです。
この事例であれば、過去問の対策を十分おこなっていれば解答は難しくなかったと思います。
しかし、この変化のないことが不気味です。来年以降どのような問題が出題されるのか。

ではまとめ。

・今年の事例Ⅲは運営管理と違いオーソドックス。
・各受験校とも同じような解答に収束している。
・過去問の対策が十分できていれば解答は難しくない。
・今年に出題傾向の変更がなかったことが、来年以降どう影響するのか。

byこば



逃げるは恥だが、馬は勝つ

a5a0051180ec5fe0ccbbacc8a7091186_s

おはようございます。こばです。
二次試験を受けた方は発表までの間、しばしオフ期間。
この秋は注目ドラマが目白押し。受験勉強を少し休み、ドラマを見ている人も多いのではないでしょうか。

視聴率が右肩上がりなドラマがある『逃げ恥』。

逃げるは恥となっていますが、受験勉強においては先行逃げ切りが最重要。
2017年度の合格を目指す人は、診断士受験という壮大なプロジェクト管理を行うことになる。

しかし、プロジェクト管理はよく失敗する。特にシステム開発においては約7割が失敗すると言われている。
では、そんなにも多くのプロジェクトが失敗に終わってしまうのか。
失敗の要因を確認し、診断士受験を成功に導くために必要なことを考えてみたい。

■プロジェクト管理、失敗の要因とは

一般的に、プロジェクト管理が失敗する要因は下記になる。

1.検証不足
2.着手の遅れ
3.目的や要件・仕様が固まっていない
4.開発者に丸投げして管理しない
5.過小見積もりによるスケジュール遅延や工数オーバー
6.クライアントとの認識の差異が発生
7.問題を先延ばしにする

 

■診断士受験に当てはめると

1.検証不足
⇒合格基準・合格体験記を鵜呑みにする。
420点合格、こんな私でも合格などネットの情報が自分にも当てはまると勘違い。

2.着手の遅れ
⇒過去問への着手遅れ。過去問を実力測定に使用する。

3.目的や要件・仕様が固まっていない
⇒合格をするために必要な実力がわかっていない。
答練や模試などで点数が出るたびに勉強方法を変更する。

4.開発者に丸投げして管理しない
⇒大手予備校に通えば受かると勘違い。

5.過小見積もりによるスケジュール遅延や工数オーバー
⇒脱落を防ぐ甘い言葉、『まだ間に合います。』を信じてしまう。

6.クライアントとの認識の差異が発生
⇒診断士に求められているものを誤解する。

7.問題を先延ばしにする
⇒最後まであきらめない。420点取れば良いんです。
一次公開模試を本番として受けない。

こんな感じでしょうか。意外としっくりきますね。
では、成功するために必要なこととは何でしょうか。

■プロジェクト管理のポイントとは

QCDを管理しないプロジェクトは存在しないと思われるが、
受験勉強においてはコスト(勉強時間)は度外視できるものとする。

その条件で、最重要となるポイントが

先行逃げ切り

遅れることが問題である。コストをかけ放題であれば、前倒しで計画を実行すれば良い。

先行逃げ切りを前提とし下記の内容を100%実行すること。

  1. 学習計画の立案
  2. タスク内容・完成度の明確化
  3. 成果で進捗確認
  4. 余力管理
  5. 予実差異分析 計画と実際の差異をチェック

淡々と実行できるかが勝負の分かれ目。
どんなに詳細な計画も実行できなければ意味がない。

では、今回はここでまとめ。

・この秋は注目ドラマが多い。
・多くのプロジェクトが失敗する。
・プロジェクト成功の最重要ポイントは先行逃げ切り。
・勝負の分かれ目は、タスクを淡々と100%実行できるか。

byこば



天保元年 250年の伝統

f0dc71f9a5c7ef2c7cd509cb2c1f712f_s

おはようございます。こばです。
昨日はアメリカ大統領選挙でしたね。

前回に引き続き、TACTBC大原の3社分の模範解答を比較します。
模範解答は各自確認。

□解答比較□

問題1:B 社のこれまでの製品戦略について、80 字以内で整理せよ。

この第1問は製品戦略。平成24年の問題に似ている。
この事例の中では与件にヒントがあり、比較的回答しやすい問題になりそう。

%e5%95%8f1

予備校の回答が意外とぶれている。
国産大豆・伝統製法のみが3社共通の要素になっている。
この内容は与件分に明確に書かれているので、外したくない。
ターゲット・価格などその他の切り口を混ぜて回答したい。

問題2:11 代目予定者は、自分の代になってからもこれまでの製造スタイルを大切にしな がら成長を追求していくつもりでいる。しかしながら、製品アイテムは見直すことを 考えている。
設問1:B 社の今後の成長に必要な製品戦略について、ターゲット層を明確にしたうえ で、100 字以内で説明せよ。

問題1で過去の製品戦略。
問題2では未来の製品戦略の回答が求められている。問題1と対比しながら、まだ対応できていないニーズを持った人に対して、必要な製品を提供したい。

与件文のヒントとして
○懐かしさを求めて女性やシニア層が連日街を訪れ、日本の伝統に興味の あるアジアからの外国人観光客も多い
○カロリーや減塩など健康に 配慮したメニュー
○食に敏感な女性を中心に、ランチ時には大行列ができる。

ストーリー展開からすると、飲食店には来ても、直営店での商品購入をしていない人たちをターゲットにすると考えられる。

%e5%95%8f%ef%bc%92

3社とも見事にバラバラです。
揃っているのはターゲットの心理的要素である、食に敏感だけである。
TBCのみ外国人に触れているが、自分なら次の設問を見据えて選択しないだろう。

設問1で想定したターゲット層に訴求するための、プロモーションと販売の戦 略を 80 字以内で説明せよ。

設問1との連動問題である。平成27年の問題2に似ている。
ターゲットと連動した回答が必要。

来店人数を向上させるためのプロモーションを記入するかではあるが、書いた方が回答要素が分散するためより無難な内容になる。
町→飲食店→直営店へ流入する仕組みを作り、立ち寄ってくれた人に伝統の製法をアピールし購入に繋げる。
このような展開ができれば売上が上がるだろう。
しかし、飲食店に来る人達がターゲットであると想定できるため、ISPを中心に回答して良いだろう。

%e5%95%8f3

TAC、TBCがISP中心に回答。
大原は逆に外部へのプロモーションとなっている。外部のみのプロモーションで良いのだろうか。

問題3: 3年前に開業した直営店併設の飲食店は、売り上げが好調である。B 社が飲食店を 直接経営することによって、どのようなメリットと効果を得られるか。売り上げが向 上すること以外のメリットと効果について、100 字以内で説明せよ。

昨年の受験時は売上拡大と書けば取り合えず×にはならないと考えておりました。
事例Ⅱのテーマが売上拡大でるため、そこを潰されると非常に書きにくい。
フェイマオでも、苦しい回答になってしまうようです。

%e5%95%8f%ef%bc%94

TACは売上の向上でないなら、利益率向上としている点が非常に強気に感じられます。
3社ともそれぞれズレています。
TBCのように分散しながらうまくまとめることができると、安全な答案になるでしょう。

問題4:昨今の多くの中小しょうゆメーカーでは、インターネット販売を展開している。B 社もまた、新規事業として直接、最終消費者に対するインターネット販売に乗り出し たいと考えている。
設問1:インターネット販売を軌道に乗せるために B 社が採るべきブランド戦略を 50 字 以内で提案せよ。

ブランドに関する問題は直近では平成25年に出題されていますね。
非常に特徴的のある印象的な問題です。

ここでは、まず既存ブランドか新規ブランドを決める必要がありそうです。
文字数も少ないため、両方書くことは無理でしょう。
既存であれば、伝統製法による製品の質の高さを訴求。
新規であれば、既存製品との棲み分けが必要か。

%e5%95%8f%ef%bc%95

既存か新規かを断定する明確な根拠はないと思われる。
どちらか一方だけが正解ではないだろう。

設問2:B 社のインターネット販売を利用する顧客にリピートしてもらうために、インタ ーネット上でどのようなマーケティング・コミュニケーションを展開するべきか。 80 字以内で提案せよ。

MMCではインターネットの機能としては大きく以下の3つと教わります。

1) 情報の発信
2) 情報の収集
3) 情報の共有

この3つの内容を漏れなく盛り込みたい。
しかし、80字であるため2つに絞った回答の方が無難か。

%e5%95%8f6

情報発信だけではコミュニケーションにはならない。
双方向性が重要であるため、
情報発信と情報収集又は情報発信と情報共有の組み合わせになる。

ではまとめ。

・今年の事例は与件文だけであれば、過去の事例Ⅱとほぼ同じ。
・問題内容や文字数の変化により答えにくい問題が増えた。
・予備校の模範解答もバラバラであり、難易度は昨年同様に高いと考えられる。

byこば



平成28年度の診断士試験も一休み

70f4d80620c3f84a23b732bfe71887d3_s

おはようございます。こばです。
二次筆記試験が先週終わり、さらに、プロ野球も終了したことで虚無感に襲われている今日この頃。
これからはじまるのはストーブリーグ。チームの補強を進める時期。
まず、第一の補強であるドラフトが終了。
これからFA補強が始まる。FA補強の面白い点は選手の年俸によって、リスクが生じること。
診断士受験においてFA制度はないものの、これからの身の振り方を考える時期はプロ野球と同じ。

身の振り方を考えることも大事であるが、
試験について分析し、あの問題が意図していたことが何だったのかを考えるのも興味深いものである。

ということで、TACTBC大原の3社分の模範解答を比較します。
模範解答は各自確認。

□解答比較□

問題1:業績が好調であった A 社の代目社長の時代に進められた事業展開について、以 下の設問に答えよ。
設問1:当初立ち上げた一般印刷事業などの事業展開によって A 社は成長を遂げること ができた。その要因として、どのようなことが考えられるか。

この第1問の時制は過去であり、与件分にヒントが明示されているため、回答しやすい。
1970 年代半ばに3代目社長が、から始まる段落をまとめれば良さそうである。

ここは事例のテーマでもある強みが関連してくる。
シンプルに成長した要因は、強みを生かすことができたからと考えられる。

%e5%95%8f1

類推する必要もないため、3社ともほぼ同じ回答になっている。

設問2:1990 年代後半になっても売上の大半を学校アルバム事業が占めており、A 社の 代目社長が推し進めた新規事業が大きな成果を上げてきたとはいえない状況であ った。その要因として、どのようなことが考えられるか。

設問2は失敗した要因である。
失敗する要因は、強みを生かすことができなかったからと考えるのがシンプルである。
設問1でまとめた強みを生かすことができなかった。
また、さらに、2008 年のリーマンショック、
から始まる段落で経営改革で着手したことが書かれている。
経営資源を集中さえたとあるので、裏返しで、1990年代後半では経営資源が分散していたと考えられる。

%e5%95%8f%ef%bc%92

3社でTBCが多くの切り口で回答しているが、全てを盛り込む必要はないと思われる。
ここでは、1.無関連な多角化⇒2.シナジー効果が発揮できない、3.経営資源の分散⇒強みを生かすことができなかった。
この3つの論点は盛り込みたい。

問2:A 社の現社長5代目の経営改革に関連して、以下の設問に答えよ。
設問3: A 社が、新規のアルバム事業を拡大していく際に留意すべき点について、これ までの学校アルバム事業の展開との違いを考慮しながら、中小企業診断士として、 どのような助言をするか。

既存のアルバム事業との違いと新規事業の拡大に対する留意点が問われている。
私の場合は
違いは○○である。
新規事業を拡大するためには、販路を拡大する必要がある。その際の留意点は①組織面で○○②人事面で○○である。とまとめる。

%e5%95%8f%ef%bc%92

既存の事業との違いを明確にしているのは、TACのみである。
その他の2社に関しては留意点を中心に回答をしている。
考慮しながらをどう捉えるかではあるが、考慮したかどうかを明確化するためには、記述するしかない。

さらに、戦略に対して組織と人事を対応させる必要があるため、その留意点を記述する。
留意点と改善点の違いが何かは不明。
27年度の設問5でも留意点が問われていたが、私は改善点をそれとなく書いている。

設問4: A 社では、これまで、学校アルバム事業を中核に据えた機能別組織体制を採用 していたが、複数の事業間で全社的に人材の流動性を確保する組織に改変した理由 を、100 字以内で述べよ。

組織は戦略に従う。
戦略の変化があったことに起因して、組織を改変したと考えられる。
戦略の変化として既存の学校アルバム事業と新規のアルバム事業の違いは設問3で検討している。
営業力強化の体制作りに取り組んだ。と記載されている。
また、生産現場から営業に配置転換も行っている。
このことから、営業力の強化のために営業に配置転換したが、生産現場の人員が不足することを懸念しているのではないかと考えられる。横断的な組織にすることで、生産現場への応援体制を柔軟に行えると考えられる。

%e5%95%8f%ef%bc%94

私の考え方と近いのはTACのようですね。
この問題では3社ともばらけています。どれが正解ということはありません。あくまで、予備校の模範解答です。
組織は戦略に従うという切り口で回答すればいいのではないか。

設問5:業績低迷が続く A 社が有能な人材を確保していくためには、どういった人事施策 を導入することが有効であると考えられるか。中小企業診断士として、100 字以内で 助言せよ。

経営変革が求められているため、既存の人事戦略から変革をしなければならないのではないかと思われる。
新卒社員や女性社員の採用を 積極的に進め、と最初に記載されているので、それ以外の人事戦略を助言する必要があるだろう。

逆の切り口となると
新卒⇒中途
女性⇒男性?
育成⇒即戦力
男性の社員の強化と助言するのは考えにくいため、即戦力の中途採用を強化しましょうとなるのかと思われる。

%e5%95%8f%ef%bc%95

この設問も3社ばらけている。比較的、TACが私の考えと近いが、再雇用や現地採用は私の中ではない視点であった。
この問題は知識を並べればいいダメでA社に対する助言になっているかが求められる。
一般的な知識だけでなく、A社、社長の想いに寄り添っているかが重要となる。

ではまとめ。

・これからプロ野球はストーブリーグ。身の振り方を考える時期。
・設問1,2は比較的、回答しやすい。ABランク。
・設問4,5は予備校も答えが割れるDEランク。

byこば



筆記試験終了、お疲れさまでした。

cfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_s

こんばんは。こばです。

昨日の決意表明に続き、

本日も道場Open Day

二次試験も一旦ここで終了。一次試験とは違い、協会から模範解答は発表されません。
合格発表がされるまで、合否は不明。

ここまでの学習・試験を振り返ってご自身の今の率直な気持ちを書き込んでください。

  • 今までの学習について
  • 頑張ってきた自分への感謝の言葉
  • 自分を支えてくれた周囲への感謝の気持ち
  • 試験問題について

などなど何でもOKです。
書き込んで頂いたコメントに対しては道場メンバーで返信致します。

ここでの振り返りを基に今後のスケジュールをゆっくり考えるのも良いでしょう。
今日は試験のことを忘れ、仲間や家族と過ごすのも良いでしょう。

1年間の診断士学習も今日で一区切りです。

皆さん本当にお疲れさまでした。

 

by こば



意志あるところに道は開ける

2e8a977f81c2f1335e24c635992f48da_s

おはようございます。こばです。
今日は待ちに待った試験当日。様々な想いが交錯しているでしょう。
緊張感と高揚感が入り混じった中でいつもと同じように、この道場のブログを見ている受験生に、7代目から二次試験へ向けたラストメッセージを送ります。

□ラストメッセージ□

 

■碧
一発スト合格を目指す皆さん、最初で最後の二次筆記試験です。
(ぜひ、最初で最後にしたいですね。)

はりきって行きましょう!
本試験中、きっと想定外のことも起きます。

なんせ、私も去年は事例1でA社なのか関連会社のことなのか分からなくなり、与件を2度読みしました(^^;;
時間がぎりぎりになって、最後の方は殴り書きに近いです。

それでも合格出来ました。

試験時間中は、とにかく諦めないこと。
分からなければ、与件から言葉を引っ張ってきて書くだけも構いません。
最後の一秒まで粘ってマス目を埋めてきて下さいね。
1次試験を通過した強者達の中で、上位2割の椅子の取り合いです。
とにかく合格をもぎ取る位の気持ちで頑張ってきて下さい。

■細川泰志
不安でいっぱいかもしれませんが、あなたは誰よりも努力して来ました。だから自信をもって試験に挑んでください。
難問奇問が出ても、いつも通りに対応すれば大丈夫です!

さあ、来年からの新しいスタートのために、全力を出しきりましょう!そして診断士になって、一緒にお仕事しましょう。こちらの世界でお待ちしています。

■とり

いかなる状況でも「平常心」で、それでいて最後まで絶対に諦めない「執念」を320分貫けた人は、きっと合格できます。
ここまで支えてくれた人への感謝を胸に、全身全霊を注いできてください!

■nori

美味しいご飯とお酒を思いっきり楽しみたい。
支えてくれた人に「頑張ったきたよ」と笑顔で伝えたい。
開放感とともに気のすむまで眠りたい。

今日はあなたが作るあなたのための1日です。

大丈夫。 あなたは、ぜっ~~~たいに合格しますから!

行ってらっしゃい!!

■たきも
二次試験に臨まれる皆様へ
①次の言葉を唱えてください
「私は試験のために全てをかけて勉強してきた。
当日は、今までやってきた作業をそのままするだけだ。
他のことはなにもする必要はない。
いつも通りの解答プロセスで、当たり前のように答案を埋める。
そして合格する。これは必然である。」
記事にも書きましたが、このとおりです^^

②社長の声をひたすら聞いてください
当日は、A社からD社まで、4人の社長と向き合います。
与件文は、社長の声です。
まずは、よく聞きましょう。
反論したいところ、ツッコミどころ、
ぐっと抑えてひたすら聞きましょう。
聞いたあと、
「社長、これはなぜこうなんでしょうか?」と考えてみましょう。
与件文のどこかか、設問に「実は、こうで困ってて〜」と書いてあります。
そこからは、一次試験の知識を使って、因果関係を整理しマス目を埋めるだけです。

③自分を信じる!!!!!
自分が今までやられてきたことを信じてください。
合格は、目の前です。
ご武運を!!!

■かおりん
苦しいけど、楽しくもある受験生生活も今日で最後ですね。(口述はありますが・・・)

どの事例でも、必ず机上に電卓を。
使い慣れた筆記用具、最終チェックしましたか?
受験票は持ちましたか?(写真もね!)
体力と平常心は、ばっちりですよね。

今の想いを大切に。
きっと来年は、受験生を応援する側で活躍されているはずですから。

明日こそ、診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

朗報、お待ちしています。

■フェイマオ
本日の試験に臨まれる皆さんは、今日という日を迎えるまで色々な犠牲を払い、努力を惜しまず勉強を続けてこられた事と思います。
その不断の努力は、今日お話を聞くことになる4人の社長さん(事例企業)の前で十分に発揮して頂けると思います。
そのためにも、周囲の雑音に惑わされず自分がこれまで積み上げてきた努力を信じてくださいね。
気負わず、力まず、普段通りのあなたで臨んで下さい。
では、いってらっしゃい!!

■こば
今日は4人の社長との初めての面談の日。初めてだから、緊張をすることもあるでしょう。
しかし、やるべきことはいつもと同じ。
自分が準備して来たことを、淡々と実行するのみ。

特別な才能を図る試験ではない。診断士に必要な知識・スキルを図る試験。

進むべき道がわからなくなったら、一旦立ち止まって後ろを振り返ってみましょう。
そこにヒントがあるはずです。
これまで歩んで来た道のり全てが心の支えとなる。

それでは、

GOOD LUCK!!

by道場7代目



大切なものは目にはみえない

2%e3%81%a4%e3%81%ae%e5%86%86%e3%81%a8%e7%b7%9a

おはようございます。こばです。
いきなり問題です。
この2つの円と直線の全てに接する円はいくつでしょうか?


答は4つと思ったあなたは要注意かも。

今週からプロ野球もCSファイナルシリーズ開幕し、セリーグではカープが25年ぶりの日本シリーズに王手をかけた。プロ野球もいよいよ最終局面に。
そして、診断士試験当日まであと9日。

2か月以上本気で対策を行った受験生はみな合格レベルに到達しているはず。
一次試験と違い、直前期の詰め込みが勝負を分ける試験ではない。
特別な試験対策は不要。

最後の週末に行うべきことは試験当日のシミュレーション。
昨年の私も週末に、MMCのスパーリングを活用して当日の試験イメージを行いました。

そこで意識したことは

予定した行動を予定した通り実行する

先週の記事で入念過ぎる事前準備は邪念に繋がると書いた通り、決めていた行動も現場対応ができるように幅を持たせていました。緊張した場面で、全ての行動を完璧に実行することは難しい。

ミスをすることを前提に、行動をすることが重要。

各工程のミスを事前に想定する。

□ミスの想定□

ミスをすることまでイメージしておけば、ミス後のリカバリーが早期に可能となる。

回答手順ミス
時間通りに実行するも、少しずつ後ろ倒しとなり時間切れ。

よくあるミスが時間切れ。
各工程時間を遵守するあまり、各工程のバッファーをすべて使い切り余裕時間がなくなってしまう。

■対策
ボトルネック工程まで最速で実行。読む・考える・書くにおいて、生産性が一番低い工程に十分な時間を確保する。
各工程でバッファーを使うのではなく、ボトルネック工程で使い切る。

回答要素ミス
良い点数をとるために、学んできた要素をすべて盛り込む。

合格したい気持ち、自分の力を出し切りたいと思う気持ちが自分よがりな回答を書かせてしまう。
相手にわかりやすい文章ではなく、回答要素の詰め込まれた漢文のような文章となる。

■対策

1.課題は持続的競争優位性確保。

2.課題は持続的な競争優位性を確保することである。

回答要素は同じ2つの文章だが、漢字ばかりの文章は読みにくい。
採点基準が明確でない以上、ミスをしないことが重要。高得点につながると思われる回答ではなく、×にされない回答を心掛ける。

読む工夫ミス
聞かれたことがしばし意味不明。

この試験の本質である聞かれたことに素直に答える。これができない問題が多く出題される。

■対策
この問題に抜本的な対策はない。
社長の言葉に想いを馳せ、質問に対してオウム返しで対応する。
答えたふりをすることが賢明。明らかな×ではないと思ってもらえることが重要。

上記のミスは一部でしかない。それ以外のミスについても一度考えてみましょう。

 

□試験当日の心構え□

試験特性および得点開示の結果からも、二次試験は実力が拮抗した中での戦いと考えられる。
心構え1つで大きく試験の結果を左右する。

冒頭の2つの円と接線の問題の答えは8つ
4つと答えた人は、目の前の問題に集中し過ぎている可能性がある。
集中すると1点に集中する傾向がある。

その状態は緊張状態とほぼ同じ、受かりたい気持ちが視野を狭めている。
試験当日は誰しも緊張する。

その緊張状態で重要なことは

緊張した場合、複数の視点から回答を検討せず結論を急いでしまう。
そうなると目先の問題に集中し、自分が気持ちいい回答を書くだけになる。

そうならないために言葉1つにとらわれるのではなく、全体を俯瞰してみる。

言葉  ⇒ 文章
文章  ⇒ 段落
段落  ⇒ 与件
与件  ⇒ 事例
事例  ⇒ 受験生
受験生 ⇒ 作問者

どこまでも高い視点で、試験を眺める。
上から眺めれば、近いとみえない大切なものがみえてくる可能性がある。

では、まとめ。

 

・週末は試験当日の事前シミュレーション。
・ミスまで想定し、当日をイメージしておくとカバーが早い。
・集中と緊張は隣合わせ、視野を狭める。
・二次試験も同じ、試験を上からみることが可能性を高める。

 

byこば



筆記試験ではなく
リスニング試験

8ff8c7190a4d3be026e500e9b004334c_s

おはようございます。こばです。

二次試験まで残り2週と少し。
これから追いかける指標は前回書いた通り

エラー回避率と答案再現率

この2つの数値を向上させるためには、事前準備を確実に行こう必要がある。

準備するものは3つ

この3つがあれば、エラー回避率と答案再現率は向上する。

受験生であれば差こそあれ、事前準備はしている。
となればこの3つの武器を持った状態で解いた事例の本数が勝負となる。

単純な知識試験ではないので、

過去問○回転、学習○時間などは二次試験の合否にあまり関係しないと考えている。
しかし、この3つの武器を仕上げた状態で解いた事例本数は影響が大きいと考えられる。

それでも、事前準備はこれぐらいで充分。
これ以上綿密な準備をした場合、試験当日の社長との面談で邪念が入る可能性がある。

では、試験当日に必要なものとは

□試験当日□

試験当日は4人の社長との初めての面談。
こちらが用意した話を一方的に話すのではない。社長の話を聞く塲である。

会話はとりとめなく行われるが、基本的な流れはいつも同じ。
の記事で確認。

このとりとめもない会話の中から社長の想いを感じる必要がある。

平成27年の試験中に聞こえてきた社長の声

A社長:従業員を路頭に迷わせたくない
B理事長:商店街及び地域を盛り上げたい
C社長:ビジネスチャンスを捉え利益拡大を行いたい
D社長:環境変化への対応、リスク分散

声なき声もある中、社長達の想いを酌むために必要なものがきく力となる。

 

□きく力とは□

きくという言葉で良く使われるのが下記の2つ。

◆聞く
聞こえる。「聞く」というのは、相手の声や言葉が聞こえてくるということで、「音声として耳に入ってくる」ことをさします。

◆聴く
積極的に耳を傾けて、話しを聴く。(積極的傾聴)話し手のそのうちにある感情や情感を聴きます。
「聴く」というのは、相手の言葉を聴き、「心の内面をとらえようとすること」と定義されています。

診断士試験で必要となるのが聴く力。

 

□聴くポイント□

一般的に、「聴く」という字が「耳」と「十」「四」「心」という字から成り立っているところから、聴くという行為は「十四の心で耳をかたむけて聴く」と言われています。

正確には「四」は数字ではなく、目を横にしたもの。

一般的に14の心として下記が挙げられる。

・受容する心
・共感する心
・好意的な心
・興味を示す心
・肯定する心
・優しい心
・理解する心
・ゆったりした心
・誠実な心
・先入観のない心
・明るい心
・公平な心
・信頼の心
・感謝の心

□心を整える□

試験当日に社長の想いを正しく聴くためには心を整えて臨む必要がある。

・自己主張
・合格への想い

自分を中心に相手の話を聴くのではなく、相手主体できく。
相手主体できけば、答を書くためのヒントを血眼に探そうとしなくても、面白い言葉がふとみえてくる。

相手の話を楽しむ

先程の心を整えて相手の話にそっと耳を傾けたら聞こえてくる声がある。

しかし、注意しなければならないことがある。
それが

訊くにならないこと

 

◆訊く
尋ねる。尋問する。訊き手がひたすら質問します。
訊き手の訊きたい答えを訊き出すために、訊き手が話し手を追いこむようにする姿勢です。

合格してやろうと意気込んでと望むと聴くから訊くに変化してしまう。
相手の話をきくのでなく、尋問へと変化。

社長の想いを正しく掴むためには訊くではなく、相手思考の聴くである。

そして、社長の想いを掴んだあとの回答は、質問に対してはオウム返しで対応するだけ。
オウム返しは相手に安心感を与える。

やはり、この試験の本質は

聞かれたことに素直に答える

 

byこば



今後の戦略とは

2f4ae572ebd10da0b80c577ef229f927_s

おはようございます。こばです。
ペナントレースの行方もほぼ確定し、今後気になるのがCSシリーズの行方。
ペナントレースとは違う短期決戦の戦いとなる。

ざっくりいうと温存して戦うか全てをつぎ込むかの違い。
野球のゲーム戦略について深く語ることはしないが、診断士試験の対策方法もこの時期から変化して来る。

 

□ラスト4週とは□

受験生の実力が拮抗し、解答の内容に差がなくなって来る時期。

◆拮抗する理由
①新しい知識、特別な知識が不要
②答案内容が平易
③選抜試験ではない

この理由により
一通り学習を進めたスト生と再受験組との実力が拮抗してくる。
実力が拮抗した中でいかに合格をするか。
合格するための戦略を考える必要がある。

追いかける指標を決めること

解答のレベルに差がないのだから、違う要素を追いかけなければならない。
私が意識していた指標がこの2つ
エラー回避率と答案再現率
なぜこの2つの指標を追いかける必要があったのか。
それはこの試験が脱落方式と考えたから。
明確な採点方法がわからないのだから、高得点をとれた人が合格する試験と考えるのは危険。
事例Ⅰ~Ⅳを通してミスをしなかった人から、順にゴールすると判断した。
あくまでこの試験は卒業検定試験。決められた診断手順を正しく行うことができるかを見極めている。

□エラー回避率□

この試験、各事例で3つミスをすると脱落する可能性が高い。
※3つ=設問数の過半数
まずはミスのパターンを確認
この対策はは再現答案率の向上とリンクする。回答手順がモジュール化できているかがポイントとなる。

2、誘発型
試験問題のデザインが悪く、受験生が落とし穴にはまる。
・指事語があいまい
・情報の希薄化又は膨大化
・問題の因果関係が不明確

動画視聴後にできる気になるが、実際は全然できていないので要注意。
できない理由は明確。目の前の問題にすぐ答えようとしてしまうから。
1歩引いた形で問題文を読み、書かれていない内容を補うようにする必要がある。
私はこの対応が無意識的にできるまで、動画の視聴を繰り返しました。また、ラスト4週からはほぼ毎日視聴し、事例に対する思考のズレも修正していました。

□答案再現率□

みな書く内容は似たり寄ったりなのだから、そのレベルの答案を安定して書く力の差が勝負の分かれ目になる。
野球では最近流行りQSにあたる指標か。
昨年の答案の再現率は99%。この高い再現率を確保できた要因は、事例演習量である。
しかし、事例演習の数をこなしても単純に向上しない。
向上させるポイント
⑴時間の事前設定
設問解釈5分 与件読解、問題対応付け15分 回答50分
回答骨子の事前準備
理由は①、②、③。課題は①、②。改善策は①、②。
改善策の事前準備
 成果主義で人件費を適正化、モラール向上。○○教室で新規顧客を獲得し売上拡大。
たったこれだけです。
重要なことは事前に準備をしておくことです。試験当日に考えることが発生してしまうと答案の再現率が低下します。
事例の回答も生産管理で学んだ知識通り
設計→調達→作業でしかない。
事前準備ができる設計と作業の部分のレシピをどれだけ持っているかで答案の再現率が左右される。
では、まとめ。
・戦略とは追いかける指標である。
・今後の戦略を考える時期であり、エラー回避率と答案再現率が重要。
・エラーには自滅型と誘発型があり、誘発型への対策は思考のものまねがカギ。
・答案再現率は事前準備、レシピの量が左右する。

byこば



今年のセ界は逆転のカープが制覇
診断士試験はどうか

45b82d885dbeb3b14e013d56b0f784ce_s

おはようございます。こばです。
先週、セ界で優勝が決定。鯉人たちの悲劇ではなく、鯉人たちの歓喜で幕を閉じた。
優勝を決めた試合も逆転勝ち。逆転勝ちできるのは地力がある証拠。
あきらめていないからではない。

1番、2番、3番は固定されているが、4番は流動的。
1番~3番が鉄板化しているため、4番が変わっても戦い方がブレない。

診断士試験においても事例Ⅰ~Ⅲを鉄板化しているか否かで
事例Ⅳの戦い方が変わる。

事例Ⅳだけで一発逆転があることが判明した昨年。
それに対応して事例Ⅳが易化したことで点数が伸びず、スト生の合格が減少

今年はどうなるか。

それでは本題へ、
まずはテーマの確認から

□事例Ⅳテーマ□

費用対効果の測定
儲かるかどうかを数値で判断

事例Ⅳのキーワードは儲かるか。
基本的に事例Ⅳは現状分析である経営分析に始まり、改善策の費用対効果の測定に終わる。

テーマがイメージできたら、読む際の着眼点を明確にする。

□読む際の着眼点□

大局的にどうこの事例をとらえるかがポイント

まずは師にしっかり学ぶ

■事例Ⅳのポイント~工程設計~■

オリジナルデザイン:解答結果が全ての設問に連鎖している。
起きうるエラー:設問1を間違え、以降も全滅。
変更後のデザイン:設問を全て把握し、解答手順を計画し実行する。

◇事例Ⅳの着眼点◇

事例Ⅳ:重要なことは計算力ではない
何をするのか、あらかじめ処理手順を計画し計算処理を行う。

時間がないからとひたすら問題演習だけだと答えを覚えるだけになる。
必要なことはその問題だけ対応できることではなく、どの問題でも対応する力である。

 

□こばの事例Ⅳイメージ□

平成21年以降の設問一覧

第1問 第2問 第3問 第4問
H27 □経営分析 □CVP分析
予想PL
□NPV □リスク
H26 □経営分析 □NPV □セールスミックス □デリバティブ
H25 □経営分析 □投資計算
予想CF
□品質原価
H24 □投資計算
予想PL、経営分析
□CVP分析 □企業価値
H23 □経営分析とCF □受注の可否 □セグメント別損益 □リアルオプション
H22 □経営分析 □CVP分析 □NPV □投資有価証券
H21 □経営分析 □財務レバレッジ □CVP分析 □デリバティブ

 

事例Ⅳで問われる分野は限定されている。
平成21年以降、変化はない。
変化した部分は事例Ⅰ~Ⅲと同様、未来を予想する出題が多くなっている点。
予想PL、予想BS、予想CF。
未来を予想し、助言する力が事例Ⅳでも試されている。

一次知識がそのまま二次に応用される事例Ⅳにおいて、1つ1つの論点だけを解くのなら難しくない。

勝負の分かれ目は

80分で正確な処理ができるか

論点別の学習だけに終わるとこのタイムマネージメントの能力が備わらない。
これからラスト1か月は年度別に解き、その力を養う。

論点別の学習で各論点の判断条件を事前にまとめ、年度別の学習で当日の処理を練習する。

当日は淡々とその条件にそって処理を行うのみ。
一部であるが各論点の判断条件、処理手順のまとめ。

■経営分析■

経営分析に時間はかけない、目標処理時間は10分。
得点開示の結果からどの指標を選択しても得点差はないと判断。

◆収益性
商品のことしか特徴が書かれていない ⇒ 売上高総利益率
人件費高騰、業務重複、新規業務で費用増 ⇒ 売上高営業利益率
借入れ金が多い ⇒ 売上高経常利益率

◆効率性
過剰在庫がある ⇒ 棚卸資産回転率
遊休資産や設備維持の投資 ⇒ 有形固定資産回転率

◆安全性
投資などの体力がない、負債多い ⇒ 自己資本比率
現金等の減少や負債の増加 ⇒ 当座比率

■予想PL■

与件文のPLの横に丁寧に記入する。勝負の分かれ目。計算ミスは命取り。ここを間違えると後の問題に連鎖。
この問題を起点にCVP分析やNPVの論点に繋がる。

◆処理手順
①売上
単価×数量でどっちらかが変化する。単純な掛け算。

②変動費
販売価格変化しても変わらない。数量変化との条件指定があると変わる

③固定費
条件指定で変化
追加設備や取替投資で減価償却費が変化

④営業外収益
基本ないまたは配当金などの条件指定

⑤営業外損失
利息とその他
借入れ金の増減で変化

⑥その他
基本そのまま変化なし

⑦特別損益
設備の売却で変化

⑧確認方法
単純計算と増減値の差額が一致するか

■CVP分析■

出題されると勝負の分かれ目になる可能性が高い。

1.売上高
2.変動費
3限界利益
4.固定費
5.利益

この5つしか登場しない。この5つを確認したら公式に当てはめるのみ。
変動費率で処理するより限界利益率で処理した方が小数点への対応が行いやすい。

投資の経済計算

FCFを計算することが最重要。投資をしたことによる変化を確実に押さえる。

◆差額原価か総額原価の見極めポイント
〇差額原価
条件設定が投資により売上が何%増えたや費用が何%減った

〇総額原価
条件設定が売上がいくらで費用がいくらと記載

FCF
①営業利益×(1-法人税率)+減価償却費±運転資本の増減-投資額
②営業CF+投資CF

※残存簿価ありは要注意
1.除却損のタックスシールドは税引後キャッシュフローにプラスする
2.売却価格は投資キャッシュフローにプラスする

最後に事例Ⅳにおいて計算力は求められていない。
工程設計力、正しい処理ができるかである。

ではまとめ。

・今年のセ界は逆転のカープが制覇。
・事例Ⅳのポイントは工程設計力。
・ラスト1か月は論点別の学習⇒年度別の学習に切替
・80分の処理手順の練習

byこば

 



インダスタリー4.0

e573afd47ac7709ba3aeb4bbbc37197c_s

おはようございます。こばです。
先日、一次試験の合格発表がありました。

合格基準の易化
合格基準は、本年度の得点水準を勘案し、「総点数の59%以上であって、かつ、1科目でも満点の40%未満のないこと」としました。また、「経営情報システム」については、本年度の得点水準を勘案し、受験者の得点に4点を加算しました。

この合格基準の変更は過去にもあり、驚くことではない。
二次試験の受験生を確保するために、恣意的に基準を操作しているのがよくわかる。
これは、岡崎が述べている通り、合格者が多すぎる場合は合格基準を高くすることを示唆している。

420点取れば良いんです時代の崩壊

一次試験も急速に変化しているが、それ以上に現実の技術は急速に変化している。
そして、急速な技術革新により物流革命が起きようとしている。

では、物流に関連する事例Ⅲの内容に入ります。※事例Ⅲで配送が問われることはほとんどない。
まずはテーマの確認から

□事例Ⅲテーマ□

コスト削減による利益の拡大
環境変化への対応による短納期の実現

事例Ⅲの企業は製造業であるが、生産技術に関することはテーマではない。
過去の事例においてC社の強みは高い技術力であり、その技術力を活用した高品質な製品である。

そのため、事例のテーマはQCDのCDにあたるコストの削減と短納期の実現となる。

テーマがイメージできたら、読む際の着眼点を明確にする。

□読む際の着眼点□

大局的にどうこの事例をとらえるかがポイント

まずは師にしっかり学ぶ

■事例Ⅲのポイント~設計図~■

オリジナルデザイン:問題の原因が複雑化し、真因がわかりにくい。
起きうるエラー:わかりやすい原因を深堀、見当違いの解答を組み立てる。
変更後のデザイン:設計図を基に原因を複数見つけ、正しい組み立てを行う。

◇事例Ⅲの着眼点◇

事例Ⅲ:問題点の解決がカギ
問題の真因を把握すること。

原因は1つではない。変化と未対応の2つが組み合わさって問題が発生する。
問題本文を読む際は、下記、設計図に根拠を当てはめる。

設計図

 

□こばの事例Ⅲイメージ□

 

平成21年以降の設問一覧

第1問 第2問 第3問 第4問
H27 □SWOT分析・生産工程
(設問1)自動車部品分野に参入する場合の強み
(設問2)新規受注のメリット
(設問3)短納期対応
□生産工程
生産工程に生じている
問題点と改善策
□納期管理・情報システム
納期遅延を解消するための
納期管理および情報
□生産体制
国内生産を維持するために
強化すべき点とその理由
H26 □SWOT分析
強みと弱み
□設備・作業管理
加工不良率の増加
に対する具体的な対策
□生産計画及び
資材管理
(設問1)業務移管のメリット・デメリット
(設問2)生産計画や
資材調達計画の改革内容
□販路開拓
経営資源に着目した
販路開拓
H25 □SWOT分析・生産計画
(設問1)首都圏参入で活用すべき競争優位性
(設問2)関東工場の役割
□情報システム・作業管理
(設問1)共有化が必要な具体的情報名
(設問2)業務効率化を図るために必要な
具体的改善内容
□営業活動・設計開発活動
共同開発事業の
失敗の要因と
新規事業開発の留意点
H24 □SWOT分析
創業の成長要因
□生産計画・作業管理
顧客や新製品の
増加への課題と
その具体的改善策
□生産活動・
情報システム
(設問1)
セントラルキッチン機能を具備させる対応
(設問2)
セントラルキッチン機能を有効にする
日常業務上の
必要情報
□営業活動・生産活動
販売数量の
減少傾向・
製品単価の
引き下げ要求へ
の提案
H23 □SWOT分析
生産技術面・
営業面の特徴
□生産計画
生産計画の精度向上
のための対策
□営業・設計・生産活動
(設問1)営業スタイルの提案
(設問2)設計面・生産面の課題
□情報システム
CAD/CAMのメリット
H22 □SWOT分析
業界における強み・弱み
□作業管理
(設問1)コストダウンの具体的方法
(設問2)生産現場で予想される混乱と対策
□情報システム
生産リードタイム短縮と
コストダウンのための共有すべき情報項目
□戦略的方向性
中国進出計画に関して自社技術を生かした
独自の経営の方向性と対応策
H21 □SWOT分析
安定的な業績を
維持している理由
□製品在庫
(設問1)過大製品在庫・
製品欠品が発生している理由
(設問2)製品在庫問題に
対する生産面での対策
□OEM製品
(設問1)OEM製品取引のメリット
(設問2)OEM事業推進の
課題と対応策
□生産形態
見込生産と受注生産の違い

 

過去7年間においてほぼ問われている内容は同じである。
SWOT分析に始まり、利益を確保するための体制作りに終わる。

そのため、対策を十分行うと安定した得点が期待できる事例である。
いかに、設計図に与件情報を当てはめるか。

問題 ⇔ 原因 ⇔ 改善策

この設計図の事前準備した量が得点の差に繋がる。

しかし、今年は事例Ⅲで何かが起きる可能性が高い
一次試験の変化と同様に、計算問題が問われる可能性は十分ある。
事例ⅡのPOSデータ分析のような
改善前、改善後のライン編成効率を計算させる問題もあり得る。

 

ではまとめ。

・420点取れば良い時代の崩壊。
・事例Ⅲのテーマは利益拡大及び短納期の実現。
・今年の事例Ⅲは難化は想定内。
・計算問題の対応が勝負の分かれ目か。

byこば



地域活性化のその先に

bf38581cbe2b592e432137c9ebe6642c_s

おはようございます。こばです。

今年の夏は短かったように感じたが、鯉のぼりの季節はまだまだ続く。
25年ぶりの優勝に向けてカープが突き進む
関東でも意外とファンが多く、カープ女子はニュースでも大きく取り上げられた。
着実にファンを増やして来たが、四半世紀も優勝から遠のいている。
プロ野球チームの究極の目的は優勝すること。
この一点に集約される。

では事例Ⅱの企業の究極の目的とは何か。

□事例Ⅱテーマ□

売上拡大
地域活性化

いかに売上を上げるか。この一点だけです。
コストは度外視。
費用対効果は関係ない。
販促やイベントも売上が上がる可能性があるなら実施可能。
そして、自社の売上を上げるための手段として、地域住民との関係性を強化する。

テーマを押さえたら、本質である読むポイントを確認する。

□読む際の着眼点□

大局的にどうこの事例をとらえるかがポイント

まずは師にしっかり学ぶ

■事例Ⅱのポイント~事前想定~■

オリジナルデザイン:問題本文の根拠が多すぎる
起きうるエラー:根拠に翻弄され、時間が足りなくなる。
変更後のデザイン:問題要求から必要な根拠を想定し必要な情報を探す。

◇事例Ⅱの着眼点◇

事例Ⅱ:売上の拡大が中心テーマ
未対応のニーズに対応することが売上拡大を図るカギとなる。
費用対効果は必要ない。コストは無視。フットサル場すら作る

今年も27年同様に難しくなることが予想されるが、問題本文から根拠となる未対応のニーズを探すことは同じ。

・既存客の未対応のニーズ、不満
・新規顧客の未対応のニーズ

さらに、多すぎる根拠はグルーピングし、数を減らすことでわかりやすくする。

□こばの事例Ⅱイメージ□

事例の企業は毎年変われど、事例のテーマは変わらない。

ちなみに平成21年以降の企業はこちら

業種 論点
H27 商店街 マーケ戦略の助言、地域活性化
H26 旅行業者 ソーシャルマーケティング、需要創造
H25 水産練メーカー ブランド、POSデータ分析、費用
H24 芋焼酎メーカー 連携、コーズリレーテッドマーケティング(洪水)
H23 眼鏡専門店 サービスマーケ、インターナルマーケ
H22 食品スーパー ターゲットマーケ、インターナルマーケ
H21 スポーツ用品店 フットサル、町おこし

 

様々な企業で出題されようとも、事例のテーマを明確化することで回答の方向性が決まる。
問われたことを明確にとらえことができなくとも、テーマを基にした回答であれば事故は起きない。

事例Ⅱについてざっくりまとめたものを掲載します。

・地域密着型の経営で売上拡大を目指す小規模企業
・未対応のニーズに対して、企業連携で経営資源を有効活用して対応する。
・競合と差別化した高付加価値商品及び地域密着で客数を増やし売上を拡大する。

そして事例Ⅱの設問を回答する場合に必ず意識すべきことがある。
それが売上を分解すること

客数 × 客単価

この2つに分解して今回の設問ではどちらが問われているのかを明確にする。
どちらかを向上させるための施策を問われる。
その手段としてマーケ戦略4Pが存在する。

今年の事例Ⅱも難化が予想されているが、回答は売上拡大の一点集中で活路を見出せるはず。
売上を拡大するためには、客数と客単価を上げなければならない
この2つを上げるためには未対応のニーズに応えること。
未対応のニーズは今年も書かれていない可能性が高いので、合理的な類推が必要。
既存ニーズの裏を読む。

ではまとめ。

・事例Ⅱのテーマは売上拡大。
・地域活性化も売上を上げるための手段。
・売上を上げるためには客数と客単価をあげる。
・事例Ⅱが難化した場合は、既存ニーズの裏が未対応のニーズ。

byこば



ゴールだけを見据えて

53756a534c29ca31c1419b6d3bdad741_s

おはようございます。こばです。
夏の一大イベントも間もなく終わり、これから秋に向かって行く。
リオオリンピックで柔道の復権が印象的でした。
精神論からの脱却。
各国、金メダルをとるために、オンリーワンではなくナンバーワンになるために鎬を削っている。
その中で精神論だけで戦うのは難しい。
日本柔道もリオオリンピックに向けて、組織全体で変革を行い。
今回の飛躍に繋がった。
そして、診断士試験も未来に向かって変化を遂げて行く。
過去の成功体験にすがるだけでは合格は難しい。
今年の変化に対応するための戦略が必要になる。
そこで、過去の受験生ノウハウに縋るか、試験の本質を師に教わるかは自分次第。

今回は事例Ⅰについて考えてみたいと思います。

□事例Ⅰテーマ□

強みの維持強化
企業の持続的な成長発展

昨日、noriも書いたように事例Ⅰ~事例Ⅳにかけてテーマの粒度が小さくなります。
事例Ⅰは表面上では組織・人事に関する事例となっていますが、その裏には戦略が流れています。
このテーマを見失わずに、回答を書くことが重要となる。

 

□読む際の着眼点□

大局的にどうこの事例をとらえるかがポイント

まずは師にしっかり学ぶ

 

■事例Ⅰのポイント~具体化~■

オリジナルデザイン:問題文の指示が抽象的でわかりにくい。
起きうるエラー:何を探せばいいのか不明なまま問題本文に飛び出し、探すものを誤る。
変更後のデザイン:問題要求を具体化し、探し物を明確化する。

◇事例1の着眼点◇

事例Ⅰ:強みの維持強化が中心テーマ
強みがどう関係するのかという着眼点を持つと問題要求を具体化しやすくなる。

平成27年の試験には表面上は強みは書かれてない。
マーカーを引いて字面だけを追うとわかりにくい

師は事例対策において読む工夫しか話さない。
なぜ話さないか、それは事例対策の本質が読むであるから。

一次試験を突破する受験生にとって、考える・書くの対策はそんなに難しくない。

事例Ⅰは与件文の根拠が希薄と言われている。これは事例のテーマが壮大な企業の持続的な成長発展であるから。
そのため、何を聞かれているのかを正しく忖度しないと、与件文のヒントに気づかない。

気づかない理由は書かれていないから
書かれていないことをいくら読みとろうとしても無理である。

このテーマをイメージしておかないと何を聞かれているのかわからない。

□こばの事例Ⅰイメージ□

事例の企業は毎年変われど、事例のテーマは変わらない。だから、事例のイメージをどう持つかで回答の方向性が決まる。これを適切な方向に持っていることが重要となる。昨年に事例Ⅰについてざっくりまとめたものを掲載します。

・成長発展を目指すそこそこ大きい企業に対して、外部環境の変化や内部環境の変化を分析してあげて経営課題に対する戦略、組織、人事の助言を行う。
・経営課題を探して解決し、社長の想いを実現する。

戦略と組織人事の事例
誰に何をどう売るか、
そのために、

組織面で、
部門面で、権限面で、コミュニケーション面で、
人事面で、
採用面で、配置面で、評価面で、報酬面で、育成面で、

外部環境の変化に対してまだ、未対応なことがある
そこを社長さんに教えてあげる

外部環境は
事例企業以外のことを探す、与件に必ず答えがある。
予見+まとめの言葉(これは類推)

 

内部環境は事例企業のこと、近年などの過去の変化について
上手くいっている理由
⇒変化に対応する改善をしたから、専門部署設置や能力開発したなど
失敗の理由
⇒変化に対応する改善をしていないから
あるべき姿の逆のことをしたから

事業展開として

成長戦略
抽象度を高く、市場浸透、新商品開発、新市場開発
多角化戦略は基本ない。

 

差別化戦略
誰に対して何をどう売って差別化
競合企業の逆を書く。

組織は戦略に従う。事例Ⅰはこれが重要。
新しい戦略に対して組織は変革される。

□回答要素□

助言の方向性が見えたら、後は回答する文章を準備する。
この試験に求められている力は論理的な思考力ではなく、
適切な処理手順
診断士としての診断業務を行うための正しい処理ができるかが問われる。

80分で正しい処理手順を行うためには、事前準備が必須。
そのために、回答要素を下記のように整理すると80分の処理が高速化できる。

合格者の再現答案にも高度な日本語は書かれていない。
平易で読みやすい文章である。
因果関係、一文二義。○○なので、○○である。
1つの文章で2つの意味を持つ。

回答要素

回答要素※ダウンロードできます。

このエクセルに自分で回答要素をまとめて事例に臨む。
書く内容を事前に準備すると80分で確実に処理が終わることが可能になる。

では、まとめ。

・組織は戦略に従う。
・事例Ⅰのテーマは強みの維持強化。
・ゴールを見据えて回答を書く。
・回答に必要な要素は事前準備。

byこば



試験の傾向変化は加速
しかし、試験の本質は変わらない
3b3f4b58d05d91cb8f7a7af9b9c82121_s

おはようございます。こばです。
今年の夏は熱いイベントが満載。
4年に1度の夏季オリンピック、リオ五輪。
日本は初日からメダルラッシュ。

そして、男子体操団体で12年ぶりの金メダルを獲得。
あの伝説の実況、『伸身の新月面が描く放物線は栄光への架橋だ。』から早12年。

当時はMAX10点、そこから高難度の技に対する加点、ミスの減点などがなされて採点が行われる。
そして、2009年からの採点方式の改正

このようにルールが変われど、採点基準を明確にしてもらえるのなら二次試験も助かるのだが・・・

明確な採点基準は不明であるが、一定数の合格者は存在する。
この事実を基にどう対策を立てるか。

まずは二次試験の概要から確認。

■二次試験概要■

筆記試験は、「経営革新・改善」、「新規事業開発(既存事業の再生を含む)」などの中から、次のように出題 します。
・事例Ⅰ:「組織(人事を含む)を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」
・事例Ⅱ:「マーケティング・流通を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」
・事例Ⅲ:「生産・技術を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」
・事例Ⅳ:「財務・会計を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」

つまり、一次試験の企業経営理論・運営管理・財務会計の知識を活用して解答する試験である。

□二次試験の対策□

 

概要に書かれていることはわかるが、では実際に何から対策をスタートしたらいいのかイメージできない人が多いのではないのでしょうか。
私も去年そうでした。
一次試験であれば、試験対策の方法は確立されている。

テキスト ⇔ スピ問 ⇔ 過去問

順番はどうあれ、この3つ内にある知識を覚えて理解すれば合格点が獲得可能。

しかし、二次試験において活用するテキストや問題集及び、対策方法は確立されていない。
道場でも二次試験における基本理論は存在しない。

これは二次試験の解答が公表されないため、合格答案の基準が明確でないことが考えられる。
その曖昧な試験において、1つの革命が起きた。
得点開示。
昨年の3月に岡崎により二次受験者(合格者)の点数がわかるようになった。

■合格基準■

この得点開示により、合格基準が1つ明確になった。
AAAAだけではなく
BBBSによる事例Ⅳだけの大逆転合格も可能であることが判明した。

さらに上位20%が合格する相対試験であると言われていたが、
試験案内通り総得点240点以上でかつ40点未満がないことが合格基準とわかった。

この環境変化をどう捉えるかで、今後の二次対策は変化する。
さらに今年は1次運営の傾向が変化した。
この変化は2次事例Ⅲの変化を暗示しているのか。気になるところである。
得点開示により試験傾向の変化が加速した可能性がある。

■二次対策■

 

二次において具体的な対策方法は確立されていない。
しかし、二次対策に必要なものは3つしかない。

読む ⇔ 考える ⇔ 書く

この3つの力をどう二次試験に適応させるか。

読む、考えるを強化する方法がイメージできますか?
多くの方はイメージできないのではないでしょうか。

なぜできないか。それは無意識の中で行っている行動になるからです。
無意識でできてしまうからこそ、強化する方法も難しくなっている。
しかし、一次試験を突破した受験性には二次試験に合格するために必要な力は十分あります。
どう二次試験に適応させるか。強化ではなく適応。

今年の動画昨年の動画で伝える工夫は今年も同じ、読む工夫。

読む工夫を伝える理由は

試験の本質が聞かれたことに素直に答えることだから

そんなことはわかっていると怒られそうだが、これが本質。

本質はシンプルにその物事を表現している。
そのため、簡単にできそうに思ってしまうがこれがとても難しい。
だから、合格率が20%前後で推移しているのである。

今年の自分なら、動画のように読む対策から始めない。
では、何から始めるのか。それは次回以降の事例別対策で言及したいと思います。
話は少し戻るが、二次試験において重要なヒントが名実況の中にある。

ではまとめ。

・二次対策は確立されていない。
・得点開示により合格基準が明確化された。
・しかし、得点開示により試験の変化が加速。
・試験の本質は聞かれたことに素直に答えること

byこば



涙の数だけ強くなれる

329a50f4dfd84a0334dbc4333d486293_s

こんばんは。こばです。
2日間の一次試験お疲れ様でした。
本日、答えが発表されましたね。

合格点を突破できた受験生の方々おめでとうございます。
これで終わりではありません。二次試験対策の始まりです。
一次試験を突破した勢いをそのままに二次ロケットスタートを決めてください。
これからが夏本番です。

残念ながら合格点に届かなかった受験生の方々も、終わりではありません。
ただ、来年の夏に向けた戦いの合図なだけです。

では、これから1年間何をするかを考えて行きましょう。

□来年の夏に向けて□

まずは、自分が歩んできた道のりを振り返りましょう。

・各科目の勉強時間
・過去問や問題集の回転数
・答案練習や模試の点数
・学習ツール
・出題予想

私が合格体験記などを読ませて頂き、個人的にベストな一次対策を掲載させて頂きます。

□理想的な一次対策□

きょんさん、TAC生、2010年受験。

1次科目、答練&本試験の結果

※編者注:2010年において「1次公開模試」535点は、成績優秀者名簿掲載者中、全国1位。

■1次科目でやったこと■

長い長い前置きはこのぐらいにして、ここからが本番です。

まずは1次科目に関して書きます。先のデータのように、420点取れば良い試験で90点もムダに積み重ねた(※経済の得点修正を加味したら98点も)人の勉強法なので、おそらくは、いや確実に余計なモノが大量に含まれています

なお、正確な学習時間は不明です。
400時間くらいまでは記録してましたが、結局空けられる時間は全部勉強してるので記録する時間もばかばかしいと思い、途中でカウントを辞めました。多分、1次で1,000時間以上

■7科目共通でやったこと■

<予習&講義受講>
補助レジュメの重要度ABCを、全てテキストの該当箇所に転記。
WEBフォローは配信日or翌日に見て、テキストに「分からん/簡単/なんじゃそれ?」などを赤文字で記入
・講義中は書き込み済みテキストに、更に別の色(青や緑)でメモ
・理解できないところは講義後に必ず講師に聞きに行き、疑問を解消
※特に重要度A部分の消化不良は致命的なので、絶対に疑問を解消。

<Output学習>
スピード問題集の講義該当箇所は講義後2~3日中に全部やる。
過去問は、スピード問題集の該当箇所をやった後で、論点別にやる。
・過去問の表紙裏に、論点別の年度と問題番号を書き出した表を印刷したものを貼り付け、問題の横のマス目に正答は○、誤答は×を記入。×が○に変わるまで何度も繰り返す。全部の×が○になったら「1周目クリア」
→2周目からは正答以外の問題で、何が違うか説明できなかったら、マス目に×を表記。
→これを約5回転。
→「過去問は答をアイウエオまで憶えてからが勝負。」

・間違った問題は、間違った原因と今後の対策を「具体的なアクションとして」まとめ、エクセルで管理。
例:自分の書いた0と6を読み間違えて大失敗
→今後は、ゼロは下から時計回りに書くことにしよう

<理解と他人への説明>
・講義で出てきた知らない言葉や曖昧な表記は、全てgoogle、wikipedia等で検索し、「分かる」「分からなくていい」「無理、一生理解できない」などを見極め。
直前期は答練・模試の問題を90~100点取るまでやる。
※間違えても良い問題や解かなくてもよい問題は放置。
・所属クラスのMLに、ちょくちょくまとめネタを長文配信

■Ⅰ. 企業経営理論■

・暗記カード

コレクト 5×3(125×75mm)を使用。
テキストと講義ノートを見ながら、表に問題⇒裏に解答を記入。単語帳よりは大きいので、ある程度の構造まで記入できる。いわゆるサブノート代わり。200枚くらい作り、主に電車の中でぺらぺらめくって何度も見る。後に過去問ぐるぐるやり初めてからは、憶えちゃってるのでほとんど使わなかった。

・外人顔面リスト

シュンペーターとか知らない外人さんは憶えるのが大変なので、ネットで顔写真を探してきてエクセルに貼り付け、その横に理論名とか記入。ついでに、カテゴリー毎に外人さんの顔を見ながら語呂合わせも作る。

■Ⅱ. 財務・会計■

・暗記カード

企業経営理論同様に、サブノート代わり。200枚くらい作った。単語レベルのカードは憶えたらすぐに保管庫行きなので、最終的な持ち歩きカードとしては問題の解法メモばかり残った。

・集中特訓

電卓使用無しシバリで3回転くらい。

・計算問題集(別冊でもらえる奴。緑の本)

4~5回転くらい。飽きてからが勝負

・ロジックで解く財務会計

最初の財務会計の講義終了後、運営管理や経済をやってる時期にちょっとづつ取り組む。1次試験終了後の方が良く使い、結果的に3回転くらい回す。

・ミス・ノート

「7の倍数表」「8%⇒0.08、絶対確認!」「ゼロ3つは千に○つけた記号に変換」など、ミスした問題を元に、二度と間違えないために自分に課した方法をエクセルにまとめた。

■Ⅲ.運営管理■

・暗記カード

150枚くらい作成。作ってるときにだいたい憶えるので、あんまり使わなかった。

・YouTube

セル生産、JIT、など工場の現場系の言葉が出てきたら、片っ端から動画検索して、イメージ定着に役立つ動画を探す。英語まで探すと相当に面白いモノが見つかる。

・メールマガジン

生産管理系や物流系のメールマガジンを探し、片っ端から読者登録し、頻度とクオリティが高いモノだけ残す。言葉に慣れることが目的。最終的に3つくらいのメールマガジンを残し、毎朝3分くらい読んでいた。

・ザ・ゴール

斜め読み。いちいち面倒くさい主人公の家庭の事情を読み飛ばして、ボトルネック工程とその解消法だけに絞れば一晩もかからずに読了可能。(それ以外は読む意味もあんまり無いし・・)

■Ⅳ.経済学・経済政策■

・らくらくマクロ経済学入門
・らくらくミクロ経済学入門

経済学は難しそうな予感があったので、運営管理をやってる頃に予習をスタート。そのときにこの2冊を、斜め読み。後に、分からない部分を辞書的に使うようして、最終的には、全部の頁を熟読した。
※分析・感想は排除してますがここだけ例外。この2冊は本当に良かった
※とはいえ、スピード問題集が診断士試験に向けては最強の問題集なのは変わらないと思います。

・「おなかで憶えるIS-LM曲線」

IS-LMを暗記で乗り切る方法は既に講義で聴いたかと思いますが、それを自分なりにアレンジして作った憶え方。右手と左手とおなかを動かして、IS-LM曲線の動きを導き出します・・・って、何のことか分かりませんね(汗)。

・ミス・ノート

サブノート代わりの暗記カードは苦労して作った割には使わないので、経済学以降では本格的に廃止。暗記カードの代わりに全てエクセルでまとめ、間違えた問題に紐つけた。本試験直前まで、どんどん書き足して、重複部分を削って、洗練させていく。

■Ⅴ.法務■

・大エクセルシート

いくつかある「絶対に憶えなきゃいけない、大きな表」をエクセルにまとめた。ちょっとづつ書き足していって、最終的にはプリントアウトしてA4で20枚ちょっとが、8ポイントくらいの文字でびっちり埋まる。1次試験当日は、びっくりすることにこの20枚ほどのシートの中身を全部憶えていた
この辺から講義⇒答練の日程がきつくなってくるが、習った所は次の講義までには必ずエクセルシートにまとめることにした。

・大エクセルシート・改

答練、スピ問、過去問、模試など、法務は問題をやればやるほど「エクセルシート」に記入することが増えてくる。初めてみる些末なことを憶えるというよりも、その情報がエクセルシートのどこに入るものなのか、その周辺には何があるのかを、いちいち確認した。

・伊藤真、商法入門・民法入門

近所の古本屋で購入。「なぜそんな条文があるのか」を知る読み物としては面白い。
※法律の試験問題の本を古本屋で買うのは自殺行為です。絶対にオススメしません。

■Ⅵ.企業情報システム■

・平成22年度ITパスポートの「試験問題集」

1500問くらいある。過去問では最新ネタがなく、予備校では問題数が足りないと思い購入。公開模試前に一回転。

・SQLの説明してるWEBサイトで遊ぶ

中にはSQLの構文を書くとその答を返してくれる便利なとこもあるので、SQLはそこで2~3時間遊んでみて憶えた。

■Ⅶ.中小企業経営・政策■

・日本政策金融公庫訪問

窓口に行って「中小企業の支援策について教えてください」とお願いして、2時間ほど説明してもらった。そういう経験がある部分は絶対に忘れない

・大エクセルシート

表頭には、日本政策金融公庫/信用保証協会/中小企業投資育成株式会社/基盤整備機構/商工会・商工会議所/特許/税。表側には、テキストの論点を書いた大きな表を作成し、中身を1つづつ埋めていく。法務同様に、最終的には文字びっちりのシートができあがる。その他にも、最終的に5つくらい表をエクセルで作った。

・白書データのグラフ化

無味乾燥な数表を少しでも頭に印象づける為、白書のPDFデータから数値を抽出しグラフ化した上で、暗記用の持ち歩きシートを作成。

・白書とテキストから穴埋め問題を作成

過去問の約半分が「使いモノにならない」ので(理由は省略)、白書とテキストをベースに自分で穴埋め問題を作成し、これも持ち歩き。主に電車で活用。経営で250問、政策で300問くらい。

■1次まとめ■

ここまで読んでくれた方はもうお気づきかと思いますが、

こんなことまでしなくたって、1次試験は受かります(笑)

最初の方にさらっと書いた「■7科目共通でやったこと■」を7科目共通でやるだけで、相当な負荷です。WEBフォローを講義前に「全部」見るだけでも相当な時間がかかりますね。

--------------------------
・講義で出てきた知らない言葉や曖昧な表記は、
全てgoogle、wikipedia等で検索し、
「分かる」「分からなくていい」「無理、一生理解できない」
などを見極める
--------------------------

ここに「全て」と書きましたが、本当に「全て」検索したのは多分僕だけじゃないでしょうか(笑)。完全にやり過ぎです。

ちょっと脱線しますが、なんでこんなことをやったのか
もちろんやってて面白かったからというのもありますが、目標を1次試験合格に置いていなかったからというのが答えになるかと思います。診断士試験を材料に、本業に使える知識があれば吸収できるだけしてみようと思っていたので、ついついいろいろと手を出してしまったのですね。

□まとめ□

いかがでしたでしょうか。
自分が歩んだ道のりと同じだったでしょうか。
この試験対策との差異分析を行い、自分に不足していたものが何なのか考えましょう。

試験問題の傾向が変わった。
試験の難易度が変化した。
試験の問題数が減った。

不合格になった理由を試験のせいにするのはつまらなくないですか。

試験のせいにする前に、自分がどれだけ遠回りできたかを考えてみてください。

頻出論点だけを効率よく勉強する。
420点とればいいんです。
不得意科目は40点足切り回避、得意科目で稼ぐ。
情報を鵜呑みにして、過去問だけを徹底的に解くなどしていませんでしたか。
試験対策においてコストはかけ放題です。何時間勉強しても反則ではありません。
診断士試験は特別な才能がなければ合格できない試験ではない。
試験特性を分析し、戦略を立て、事前準備を確実に行えば突破できます。

昨年の合格体験記を提供したスト合格者
過半数以上が一次試験を1000時間以上やっていますよ。
あなたはどうでしたか?

また、きょんさんのように徹底的に遠回りをしてみましたか?
診断士試験には公式テキストはないです。
試験範囲が明記されているだけです。ご丁寧にその他まで。
その他なんて明記していたら、難問・奇問をいくらでも出せます。
それにどう対応するかも試されています。

遠回りしなければ深みはでない。
結果が出るまでやりきって初めて努力。

ではまとめ。

・これから夏本番。
・一次試験までの歩みを定量的に振り返る。
・理想的な一次対策との差異分析を行う。
・王道は遠回り。遠回りしなければ深みはでない。
・結果が出るまでやりきって初めて努力。

byこば



7代目応援メッセージ

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_s

おはようございます。こばです。
昨日に引き続き、歴代道場執筆メンバーからの応援メッセージをお届けします。
本日は7代目からになります。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

◆かおりんより◆

人も試験もご縁。合格するあなたには、合格した後に成すべきことが待っています。来たるべき明るい未来のために、土日の天王山を乗り越えてきてください。
応援しています!

◆たきもより◆

たきもです。

試験当日は、次の3つだけ心に留めて
今まで勉強してきたことをすべて出してきてください。

①今まで支えてくれた人々に感謝すること
今まで、朝から夜まで勉強できたのは
貴方の努力の賜物です。
しかし、皆誰かの支えがあったからこそ
ここまでできたのだと思います。
貴方が勉強している間、家事をしてくれたのは誰でしょうか。
お子さんがいらっしゃる方、お子さんの面倒を見たのは誰でしょうか。
試験前に休みを取る人は、不在時の仕事を引き継いで頂いた方がいるはずです。
試験に向けて「いってらっしゃい!」と背中を押してくれた人はいますか?
試験が終わった後、その人たちによい報告をするんだと
強く思ってください。

②普段しないことは絶対にしないこと
試験は普段の勉強のように、
普段の勉強は試験のように。
以前も書きました。
試験当日は、緊張から普段しないことをしてしまいがちです。
いつもの筆記用具
いつもの参考書
いつもの時間配分
だけで、合格は十分射程圏内になります。

見逃しがちなのは
「全問正解でなくても、この試験は合格できる」ことです。
7科目合計で420点以上とればよいのです。
少し、気が楽になりませんか?

③終わればビール!
最後にこれ!?かもしれませんが。。。
一次試験が終わったら、結果は少し忘れて
今まで努力した自分にごほうびしましょう!
でも、ご褒美したらすぐ二次試験ですよ!!!!

6日の朝は、東芝会場に向かう予定です。
当日も精一杯応援いたします!

たきもでした。

◆とりより◆

最後の1分1秒まで、絶対に諦めずに、1マークに喰らいつく気持ちで全科目取組みましょう!
そうすることで次のステップに必ず進めます!
合格するまで応援しています。

◆ フェイマオ より◆

本日まで試験勉強お疲れ様でした。
1次試験合格に向け、今日まで走り続けたご自身を褒めてあげてください。
明後日から始まる1次試験は、“自分との戦い”です。
ここまできたら新しい知識を覚えるよりも、当日の緊張感に包まれる中いかに平常心で試験問題に取り組めるかが最重要です。
テキストや答練、模試などでも見たこともない問題も出てくるでしょう。
そうした問題に遭遇しても、絶対に焦らないでください。
無理にそのタイミングで解かなくても、まずは解ける問題から片付け心を落ち着かせましょう。それからでも十分間に合いますから。
周りの受験生が焦って平常心を失う中、平常心を保ち続けられれば皆さんの合格がぐっと近くなります。
1次試験を突破された皆さまに、夏のセミナーでお会いできるのを楽しみにしております。
皆さんの当日の健闘をお祈り申し上げます o(-`д´- o)ガンバッテ!!

◆ 碧 より◆

2次試験への切符を受け取る為の2日間。
ご自身の力を出せば大丈夫です。

応援しています。

細川泰志より◆

いよいよ皆さんの努力の成果が問われるときがやって来ました。
たとえ難問奇問が出ても大丈夫!今まで通りのことをやればいいのです。
最後まで諦めずに取り組めば、必ず合格しますよ!

皆さんの健闘お祈りしています。

◆ nori より◆

落ち着いて
何があっても冷静に
あらゆる手段を使って
絶対に合格を勝ち取る

一次試験の時に自分を奮い立たせるためにこう言い聞かせていました。
ここまで来たら最後は自分との戦い。
攻める気持ちを忘れず。勝ちに行ってください!

◆ こば より◆

練習は裏切らない。

勉強をして来た日々の全てがかけがえのない瞬間。
8月6日、7日は特別な日ではなく、いつもと同じ自分を高めてくれる学習の時間。
そうならば普段以上の力を出す必要もなく、自分の力を出し切れば良いと思える。

足りない部分はまだ自分には成長する余地があると今後の糧となる。
武運長久を祈る。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

これで一次試験前の道場メンバーからの応援メッセージは終わり。
明日は道場OPEN DAY、熱い気持ちをここにぶつけてください。
それでは最後に

Good Luck

byこば


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年中小企業診断士試験の合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてください。
※お申込み受付開始は、1次試験終了後を予定しております。1次試験が終わったら、道場BLOGをチェック!



限界の先に見えるもの、それがZONE

b0ea86bbb62f5e7a7acf58ed718bf18a_s

おはようございます。こばです。夏の甲子園予選も佳境に入り、甲子園出場校も徐々に決まってきた。
今年の予選の印象は波乱。甲子園常連校の次々に負けている
負けたらやり直せば良いのなら気持ちは楽になる。やり直す方法として、今年ならタイムリープ。9年前ならハレルヤ―チャンス。当然、ドラマのようにやり直しできないのが現実世界。

1年に1回だけの試験で失敗しないために必要なもの、それは究極の集中力である。
つまり、ZONE。道場では明鏡止水と呼ばれていたりする。

ZONEとは

人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。心理学者のミハイ・チクセントミハイによって提唱され、その概念は、あらゆる分野に渡って広く論及されている。

(Wikkipedia引用)

スポーツなどで体験するZONE状態

・リラックスしているのに、ものすごい集中力。
・試合が思うように進む、負ける気がしない
・体と心が完全に一致していて、自然に体が動いている
・調子が良く、ワクワクしている
・何もかもうまくいき最高の気分、絶好調

今、自分がこの状態にあるのなら、二次試験の対策をするのも良いかもしれない。
まだ、一次試験に不安がある方は過去問縦解きを通じて、この試験から何を学んで欲しいのか、作問者の想いを感じてみましょう。

しかし不安がないからと言えど、この時期の対策は事例Ⅳのみであるは既知。
それではこれまで磨いた財務会計の能力がどれだけ事例Ⅳに通用するか平成24年の良問を解いてチェック。

 

平成24年事例Ⅳ

■学習の期待効果■

ほぼ全ての財務会計知識を網羅しかつ、適切な難易度となっているため、1次直前期に時間を割いても論点の総チェックになる。

【事例論点】

○全部原価計算   →直接原価計算への書き換え(第1問(1))
○予想PLから経営分析
○損益分岐点計算 →SBEP=固定費/限界利益率
○損益分岐点感度分析 →条件を変化させ、固定費削減額を計算
○差額収益による意思決定会計 (第1問(3))
○FCFの公式。FCF=営業利益×(1-税率)+減価償却費
○WACC=負債コスト(税引後)+株主資本コストの加重平均
○企業価値(継続価値)=FCF/(WACC-成長率)

この事例を80分で解くためには、条件設定の読み取り及び解法の設計の高速化が必須。
さらに、問①を間違えると負の連鎖にはまり、全て間違えるようになっている。そのため、ケアレスミスをしないための仕組み作りが確立しているかも確認できる。←この仕組み作りが今年度の勝負の分かれ目

この事例を80分で解くだけで

これまで磨いてきたものが本物かどうかを見極め可能。

.
スムーズに解けた人はZONE状態に突入している言えるかも知れない。このまま突き進めば良い。

解けなかった人も落ち込む必要はない。なぜならばこのレベルの問題を解くのはあと3カ月後だからである。慌てる必要はない。間違えたことで緊張感が生まれ、今後の学習が効率的になることが期待できる。

ではまとめ。

・現実世界はドラマのよにやり直しはできない。
・1年に1度の試験で失敗しないためには、究極の集中力が必要。
・ZONE状態に突入すれば、試験もワクワク
・平成24年度の事例Ⅳは良問、1次試験前でも学習効果は高い。

byこば


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!

※お申込み受付開始は、1次試験終了後を予定しております。今しばらくお待ち下さい!



ラスト3週間
本当の自分イノベーションはここから始まる

おはようございます。こばです。今日、明日と夢のオールスターゲームが開催される。

ファン、選手、監督から選ばれた精鋭達の夢の祭典。
夢の祭典ではあるが、それ相応のリスクも存在する。出場辞退した選手はは10試合の欠場を余儀なくされる。
そのルールの中、大谷翔平選手がその危機に立たされた。右手中指のマメをつぶして投手としての出場は無理であった。
その状況を野手として出場することで見事回避する。

なんだ、野球のことかと思うのか、試験本番でも不測の事態が起きる可能性があると考えるのか人それぞれ。

 

□今回のテーマは限界への挑戦□

答練:80点、完成答練:70点、模試:420点を超えた人は、自分が行って来た勉強に自信を持って良いと思います。

しかし、この得点だけで試験本番に自信を持って臨めるかというと話は別になる。
これから先、どれだけ根拠のない自信を積み重ねることができるかが勝負の分かれ目となる。

■根拠のある自信■

・答練・模試の得点

■明確な根拠のない自信■

・累計学習時間
・過去問や問題集の回転数

これからはもう根拠のない自信しか積み重ねできない

.
1次試験では、累計学習時間・過去問や問題集の回転数と本試験での得点はある程度比例する。
明確な根拠はなくても、積み重ねることで、やれる事前準備は全てやったと思える。
そう思えることができると本試験での精神安定剤となる。

■累計学習時間■

これから先の時間はもう限られている、累計学習時間を高めるためには睡眠時間を削るしかない。
3週間程度であれば、通常より睡眠時間を削っても気合で乗り切ることは可能

直前期の学習、暗記の仕方は模試前の学習と違い、稚拙論点の丸暗記
睡眠時間を削ってでも累計学習時間を確保した方が直前期は得点の伸びは期待できる。
可能な限り頭に詰め込む。

■回転数■
回転数を上げるためには、高速解答がカギとなる。
本試験の半分の時間で解答すれば、7科目を5時間かからずに回すことが可能となる。
しかし、過去問の答えを覚えているので、半分の時間で解答ができました。では話にならない。
誤答の根拠を明確にツッコミを入れながら解答することは必要。

高速解答のポイント

①読み取るべき内容の事前予想
各論点毎に問われる内容を事前に整理して置き、解答に必要な情報を拾いに行く。
やみくもに問題文や選択肢を読むのではない。必要な情報を探しに行くことが重要。

②処理手順の事前準備
各科目、各論点で事前に何をどう使い解答まで導くのかを手順化する。
企業経営理論ならマーケ⇒経営⇒組織・人事
CVP分析なら固変分解⇒限界利益率⇒損益分岐点売上高⇒損益分岐点比率⇒安全余裕率

この考え方は二次と共通する。
二次試験では、読む・考える・書くの高速化が求められている。
一次試験が終われば、二次試験の戦いの始まり。二次試験の事前準備と思うとワクワクしてくる。
一次試験を自分の能力を高めてくれる機会と捉え、読む考えるの高速化を限界まで高める。

一次試験対策で読む・考えるの高速化を体得できていると、二次試験でのロケットスタートが可能になる。

ではまとめ。

・根拠のある自信とない自信がある。
・今後積み重ねることが可能なものは根拠のない自信。
・根拠がなくても精神安定剤となる。
・3週間ぐらいであれば、睡眠時間を削っても気合で乗り切れる。
・読む・考えるの高速化を一次試験で体得すると二次ロケットスタート。

byこば


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!

※お申込み受付開始は、1次試験終了後を予定しております。今しばらくお待ち下さい!



改題その5

こんにちは、こばです。
セ界の貯金は鯉が独り占め。その他のチームは借金経営。ちなみに去年のセ界は借金地獄。
診断士試験を勉強していくと借金経営の方がいろいろとお得と感じることがある。

ということで、第5弾は企業価値とMM理論。借金経営がどう企業価値などを高めるのかを学習する。

まずは、企業価値とMM理論のポイントを超ざっくり確認。

■企業価値=負債価値 + 株式価値 又は 企業価値 = FCF ÷ WACC
■MM理論とは
・法人税がない市場では、企業価値はその資本構成に依存しない。

詳しくはこちらを10分で確認。

それでは本題の

□過去問改題□

平成26年 第15問(改題)
現在 A 社は、全額自己資本で資金調達しており、その時価は 10,000 万円であ る。 A 社は毎期 1,000 万円の営業利益をあげており、。MM 理論が成り立つものとして、下記の設問に答えよ。

問①A社のWACCを求めよ。減価償却費が500万円、設備投資が500万円である。運転資本の増減はないものとする。
ア:5%
イ:10%
ウ:15%
エ:20%

問②A 社が利子率 2%の借入を行うことによって 2,000 万円の自己株式を買入消 却し、負債対自己資本比率を 20:80 に変化させたとき、A 社のWACCは何%になるか。最も適切なものを選べ。ただし、法人税は存在しないものとする。

ア:5%
イ:10%
ウ:15%
エ:20%

問③、問②のように A 社が資本構成を変化させたとき、法人税が存在する場合、 節税効果はいくらになるか。最も適切なものを選べ。 ただし、法人税率は 30 % とする。

ア:10,000万円
イ:10,600万円
ウ:0万円
エ:600万円

問④問②のように A 社が資本構成を変化させた場合、財務レバレッジ効果が生まれる。その場合のROEを求めよ。ただし、問③同様の法人税が存在する。

ア:7%
イ:8%
ウ:8.4%
エ:10%

□解答解説□

平成26年 第15問(改題)
問①
正解はイ
この問題は企業価値の公式を使い瞬殺で解く。
企業価値 10,000 =FCF ÷ WACC―①
FCF = 営業利益 ×(1-法人税率) +減価償却費 ― 運転資本の増加額 ― 投資額より
FCF = 1,000 +500 ― 0 - 500 =1,000万円―②
①、②より
WACC =1,000 ÷ 10,000 = 10% よってイ

問②
正解はイ
MM理論の命題を使って瞬殺で解く。法人税がない場合はWACC一定。
【MM理論の命題まとめ】

1:法人税が存在しない場合、企業価値はその資本構成に依存しない。
2:法人材が存在しない場合、資本構成が変わってもWACCは一定である。
3:法人税が存在する場合、負債を利用すると負債利子の節税効果の現在価値分だけ企業価値が高まる。

問③
この問題はMM理論の命題3が当てはまる。
節税効果 = 負債額 × 税率 =2,000 × 0.3 = 600万円
よって正解はエである。
また、この場合の企業価値は節税効果の額高まり、10,600万円となる。

問④
企業価値とセットになるのが財務レバレッジ。平成26年の問題は財務レバレッジを使用しなくても、解くことが可能であるが財務レバレッジは二次試験でも出題可能性があるため、ここで使えるようにしておく。

【財務レバレッジ】
ROE  = (1-税率)×{ROA+(ROA―i)× 負債比率}
i:負債利子率 ROE:自己資本比率 ROA:総資本事業利益率
※負債比率=負債÷自己資本(経営分析頻出)

ROE=(1-0.3)×(10+8×2000÷8,000)
ROE=0.7 × 12  = 8.4%よって正解はウ

問③、④を解くと負債があった方がいいお得と感じるが、負債比率が高まると長期安全性が欠け倒産リスクが高まる。
負債で資金調達をすることはデメリットが存在する。

では、まとめ

・MM理論の命題をしっかり覚える。
・借金経営は企業価値、ROEを高める。
・負債比率を高めすぎると長期安全性を欠き、倒産リスクが高まる。

byこば


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!



改題その4

こんにちは、こばです。
財務改題シリーズ、見てくれる人がいるので継続。
土曜日で休みの人も多いでしょうが、本日は生憎の雨。土曜日に雨が降ったのは約4か月ぶりとのこと。
さらに長く遠ざかっているのが、由規の一軍マウンド1,771日ぶりの登板となる。そして、そのセ界は鯉人達の歓喜が止まらない。

前置きはおいておき。第4弾は税効果会計。決算が終わり利益が出たら、税金を払うのが世の流れ。
診断士試験において、税務知識は基本不要であるが、税効果会計はちょくちょく嫌がらせ問題として出題される。

まずは、税効果会計のポイントを超ざっくり確認。

■税効果会計とは
・税法と企業会計の利益の違いを調整し、法人税を払う前の当期純利益と法人税を合理的に一致させること。
■一時差異と永久差異に分かれ、一時差異のみ適用する。

詳しくはこちらで確認。

それでは本題の

□過去問改題□

平成23年 第8問(改題)
税効果会計に関する記述として最も不適切なものはどれか。

ア:将来減算一時差異は、例えば、損金に算入れない棚卸資産等に係る評価損や減価償却費の超過額などがある場合に生ずる。

イ:将来加算一時差異は、例えば、連結会社相互間の債権と債務の消去により貸倒引当金を減額した場合に生ずる。

ウ:税効果会計における、「法人税等」に含まれるのは、法人税と住民税及び事業税である。

エ:重要性が乏しい一時差異等についても、繰延税金資産および繰延税金負債に計上する必要性がある。

オリジナル問題
税効果会計における記述として、最も適切なものはどれか。

ア:税法上、寄付金のうち、損金に算入れされない金額は将来減算一時差異として税効果会計の対象となる。

イ:その他有価証券について、その評価益相当額純資産の部に表示され、その期の利益にならないため、税効果会計の対象とはならない。

ウ:繰越欠損金に係る繰延税金資産以外の繰延税金資産および繰延税金負債は、1年基準を適用することなく、これらに関連した資産・負債の分類にもとづいて、流動項目と固定項目に分類する。

エ:繰越欠損金については、すべて税効果会計を適用することができる。

 

□解答解説□

平成23年 第8問(改題)
正解はエ

平成23年度の問題を適切と不適切な問題を逆にしてある。
税効果会計の問題のポイントは一時差異か永久差異かを見極めること。それ以外の論点が出題されたら、鉛筆転がし。
下記の表で内容を確認。

税効果会計

ア:これは基本問題。上記の表に掲載されているので、知識を基に瞬殺で解答する。○
イ:これは上記の表に載っていない知識。下記の論理展開となる。
連結会社相互の債権・債務を消去したため、連結財務諸表において貸倒引当金が減少した場合
連結財務諸表で貸倒引当金が減少しても、個別財務諸表ではそのまま残っている → 連結財務諸表の貸倒引当金<個別財務諸表の貸倒引当金 → 会計上の費用<税務上の損金 → 将来加算一時差異 → 繰延税金負債
よって将来加算一時差異となり○

ウ:問題本文の通り、○。法人税等とは何かとはテキストには未掲載なので、ここでしっかり覚えておく。

エ:重要性が乏しい一時差異等については繰延税金資産及び繰延税金負債を計上しないことができる。よって×

オリジナル問題
税効果会計の問題のポイントは一時差異か永久差異かを見極めること。それ以外の論点が出題されたら、鉛筆転がし。
鉛筆転がしの精度を上げるこつは2択に絞ること。この問題は知識を使ってまずは2択に絞る。それ以上精度を上げるためには、運を味方にする必要がある。神頼みも重要。

ア:これは基礎知識で瞬殺、×。寄付金は永久差異。
イ、ウは知らんがな。とりあえず後回し。

エ:この知識を持っている受験生は少ない。すべてという表現は不適切の可能性が高いと割切る。例外が本当にないかは答え合わせで覚える。
将来の課税所得と相殺することができないと認められる場合には、税効果会計を適用することはできない。税務上、相殺する期間が定めれているので、期間内に相殺できない場合は適用できない。よって×

イ:評価差額が直接純資産の部に計上されている場合であっても、課税所得の計算に含まれていない場合には、一時差異として税効果会計の対象となる。となっているそういうものかと試験直前に覚えておく。よって×

ウ:繰越欠損金に係る繰延税金資産以外の繰延税金資産および繰延税金負債は、1年基準を適用しない。
これもそういうものかと割切り、直前に覚えておく。よって○。

したがって正解はウ

税効果会計について正確に知りたい人はこちら

では、まとめ

・税務会計はちょくちょく出題される。
・一時差異か永久差異かを見極めることが最重要。
・知識を使って2択に絞ることが正解への近道。それ以上は神頼み。
・2次試験では不要なので、直前期に割切って覚える。

byこば


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!



改題その3

こんにちは、こばです。
財務改題シリーズ、好評かどうかわ不明だが、ある一定の人は見てくれている模様。
現在、論点別に問題を出題しているが、論点別だけの強化をすると実は危険。
知識が論点のぶつ切りとなり、コンボ問題が来た場合お手上げとなる。

これは筋トレで各部位の筋肉は増量し肉体改造は成功したが、野球のパフォーマンスは低下してしまった状態と似ている。
しかし、まずは各部位の筋出力の最大値を向上させることは後々の飛躍に繋がる。

野球の動作とバランスがとれた場合、以前より力まずに同じ力を発揮することが可能となる。この進化は余力を持ったプレーを可能とさせ、試合トータルパフォーマンスを向上させる。

勉強でも同様に最大出力を上げておくと、試験本番での脳の体力温存に繋がり、試験全体の結果が向上する可能性は高い。
1次試験では財務は2科目目。午後科目に余力を持たせた状態で終了したいところである。

第3弾は現在会社で第1四半期の締めを行っているということで、決算整理。
決算整理は受験生時代、あまり意識してませんでしたが頻出論点です。特に、売上原価が繰り返し出題されている。
診断士の作問者は原価が好きですから、当然か。

まずは、決算のポイントを超ざっくり確認。

■決算整理とは
・期中仕訳の修正や、期中取引としては認識されない取引に関する処理などを年度末に行うこと。
■売上原価 =期首商品 + 仕入 ― 期末商品

それでは本題の

□過去問改題□

平成27年 第1問(改題)
売上原価
※棚卸数量の差異が発生している原因は洪水により、商品が販売不能になっているためである。

設問①売上原価として正しいものはどれか。

ア:610,000円
イ:640,000円
ウ:670,000円
エ:700,000円

設問②棚卸資産の評価を行った。正しい処理はどれか。
ア:季節商品で市場の価値は低いが、損傷などはないためそのまま期末棚卸高として計上した。
イ:季節商品で市場の価値は低いため、商品評価損を行い特別損失として処理を行った。
ウ:季節商品で市場の価値は低いため、商品評価損を行い売上原価の内訳科目として処理を行った。
エ:季節商品で市場の価値は低いため、商品評価損を行った。この評価損は損金不算入となり、将来加算一時差異となる。

 

□解答解説□

問①
正解はイ

まず、この問題の処理手順を確認。
手順1:期末商品棚卸高を計算。
手順2:売上原価を計算。
手順3:棚卸減耗費の処理。

この問題は売上原価を問うているが、手順③の棚卸減耗費の取り扱い方がポイントになる。
原価性があるのかないのかを判断する必要がある。

【判断基準】
原価性あり:商品の保管中の破損などが原因 ⇒ 売上原価
原価性なし:洪水による特別な破損などが原因 ⇒ 営業外費用または特別損失

売上原価 =期首商品 + 仕入 ― 期末商品に当てはめ計算する。
期末商品 =原価×帳簿数量であるから。
120,000 + 650,000 - (100 × 1,300) =640,000

問②、棚卸資産の評価に関する問題。決算整理の1要素として出題する可能性もあるが、会計規則としての出題される可能性もある。また今年は会計規則が多く出題される可能性が高いので、ここで合わせて確認をしておく。

正解はウ

ア:季節商品で市場価値が低い場合は、商品評価損を行うため不適切。
イ、ウ
【棚卸資産の評価に関する会計基準】
■評価損の表示
原則:売上原価の内訳科目
臨時の事象に起因し、かつ、多額であるとき:特別損失
よって、イが不適切でありウが適切となる。

エ:税効果会計の論点である。
評価損の損金不算入額は将来減算一時差異であるため不適切。詳しくは次回以降で。

では、まとめ

・論点のぶつ切りの強化は危険。
・全体の繋がりができて、パフォーマンスは大きく向上する。
・あまり注目はされていないが、決算整理は頻出論点。
・この論点は会計規則にも繋がる。

byこば


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!



改題その2

こんにちは、こばです。
いきなりですが、事例Ⅳは計算力が試される試験である、○か×か?

283786

答えは明確に×。事例Ⅳに計算力は必要ありません。
計算は電卓がしてくれますので、計算力ではなく正しい事務処理能力が必要です。

電卓の持ち込みは不可のため、1次財務会計は計算力が多少必要になります。
しかし、ほとんどの分野は四則演算の計算しかありませんので、中学生レベルの計算力があれば大丈夫。
事例Ⅳ同様に重要なことは正しい事務処理能力です。正しい処理手順で解答をすること。

第2弾は1次、2次ともに頻出のCVP分析を出題。

まずは、CVP分析のポイントを超ざっくり確認。

●売上 ― 変動費 ― 固定費  = 利益
●損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ (1-変動費率)
●損益分岐点比率 = 損益分岐点売上高 ÷ 売上高
●安全余裕率 =100% - 損益分岐点比率
●営業レバレッジ = 安全余裕率の逆数

詳しくは、こちらを10分で確認

それでは本題の

□過去問改題□

平成27年 第10問(改題) 少数点第3位を四捨五入すること

CVP 損益計算書

設問①CVP分析にまつわる指標で今期の数値が正しいものはどれか。

ア:変動比率:60%
イ:限界利益率:55%
ウ:損益分岐点比率:71.43%
エ:営業レバレッジ:3.5%

設問②D社は今期の予想PLを上記の通り行っていたが、営業利益率をさらに向上させたいと考えている。そのための取組として最も効果の高いものはどれか。

ア:新規開拓をして、売上高を1.1倍に増加させる。
イ:新規の設備投資を行い、変動費率を10%減少させる。設備投資により固定費が10%上昇する。
ウ:経費削減で固定費を10%減少させる。
エ:1割値引きをして、販売数を1.2倍にする。

 

□解答解説□

問①、これは基礎知識で解ける問題
正解は

ア:変動比率 = 変動費 ÷ 売上高 よって55%なので×

この指標は瞬殺ですね。超簡単ですが、今期と前期を間違えて計算してしまうことがあります。
そんな馬鹿なと思うかもしれませんが、緊張した場面では信じられないミスが発生します。
サルも木から落ちる。

イ:限界利益率 = 限界利益 ÷ 売上高 よって45%なので×
限界利益 = 売上高 ― 変動費

ウ: 損益分岐点売上高 ÷ 売上高 よって71.43%で○
損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益率

エ:安全余裕率の逆数 よって3.5倍、単位が違うため×
この問題は安全余裕率を計算して、その逆数を求めるよりも
営業レバレッジ = 限界利益 ÷ 営業利益 で瞬殺で解答した方が本試験では望ましい。

問②、粛々と計算をさせる事務処理能力を問う問題。1次試験には出ないが、2次試験では嫌がらせ問題として出る可能性あり。しかし、1次試験で出題されれば、時短のために明らかな誤答を瞬殺で見抜く眼力が欲しい。
単純な売上拡大、値下げが正答にならないと見抜く力が欲しい。

予想PL、私は粛々とエクセルに入力。試験本番では下記の表を自力で作る必要がある。綺麗に正確に書くことがミスをしないコツ。正しい型で行うことが重要。
予想PL

よって正解はイ。計算しなくても作問者の想いを考えるとイが正解だろうと予想ができる。

数値のシミュレーションはなんとなく決めたが、イ・ウの損益分岐点売上高が同じになったのは興味深い。
しかし、なぜそうなるのかを理論的に説明するには時間がない。説明できる人はコメントください。

損益分岐点がイとウと同じであるから、営業利益率は限界利益率の高いイとなる。
損益分岐点売上高=固定費を回収した額。それ以降の売上は限界利益分儲かる。

では、まとめ

・事例Ⅳに計算力は必要ない、電卓がしてくれる。
・必要な力は事務処理能力。
・CVP分析問題は瞬殺で解くテクニックが存在する。
・損益分岐点売上高=固定費回収額。
・経費削減より、限界利益を増やした方が儲かる。

byこば


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!



改題

こんにちは、こばです。
今年の財務は難化予想。その財務に対して何も対策をせず待っているのもつまらない。

財務はコツコツやりましょう言われているが、半分正解で、半分不正解。
毎日やることは意味はあるけれど、毎日1問程度では表面的な計算を覚える程度になってしまうことが懸念される。
財務は一気にガツンと深く追い込む時が必要。

つまり、筋トレと同じ。筋トレも筋肉を破壊して、超回復を図ることで筋肥大を生じさせる。
その時に意識することは、どの筋肉を動かしているのか、正しいフォームで行えているかなど。
でも、一旦筋肉を大きくしたら、継続的にトレーニングをすることで体の動かしたを覚えさせる。
もう直前期、すでにガツンと追い込んで、筋肉が大きくなっていることを前提として、財務の問題をアップします。
過去問の重要論点を、少し変えて掲載。

第1弾は1次、2次ともに最頻出の経営分析を出題。

まずは、経営分析のポイントを超ざっくり確認。

●安全性:借方の何か÷貸方の何か(BS)
●収益性:利益÷売上高(PL)
●効率性:売上高÷BSの何か(PLとBS)

詳しくは、こちらを10分で確認

それでは本題の

□過去問改題□

平成27年 第11問(改題) 少数点第3位を四捨五入すること

貸借対照表

※純資産には利益剰余金が10,000千円含む

設問①安全性に関する指標で数値が正しいものはどれか。

ア:流動比率:54%
イ:当座比率:36%
ウ:自己資本比率:127.27%
エ:固定長期適合率:166.67%

設問②今期、D社は新規に自社物流用の倉庫を設立する。倉庫を設立するにあたり、資金1,000万円を余剰資金から200万円、残り800万円を金融機関から長期借入金で調達を行う。
倉庫設立後の安全性に関する指標で数値が正しいものはどれか。

ア:流動比率:80%
イ:当座比率:36%
ウ:自己資本比率:42.86%
エ:固定長期適合率:111%

 

□解答解説□

問①、これは基礎知識で解ける問題
正解はイ

ア:流動比率=流動資産÷流動負債 よって80%なので×

この指標は瞬殺ですね。基本的にBSには流動資産と流動負債それぞれ合計された数値が記載されてます。決算書を3秒でみる場合はこの指標を確認するそうです。
この指標は短期安全性。

イ:当座比率=当座資産÷流動負債 よって36%で○
当座資産=現金及び預金 + 受取手形 + 売掛金 +有価証券
この当座資産の知識があれば瞬殺、しかし、本試験では緊張でど忘れの可能性あるので注意。
この指標は流動比率よりももっと短期安全性。この36%はかなり低いですね。二次試験でもこれほど低い数値の企業はなかったはず。

ウ:自己資本比率=自己資本÷総資産 よって44%なので×
純資産の内訳が明確に記載かれていないので、自己資本=純資産ということと解釈する。
自己資本比率が100%を超えていることに、瞬殺でなんでやねんと突っ込みを入れる。
この指標で資本構造の良し悪しが分かる。

エ:固定長期適合率=固定資産÷(自己資本+固定負債) よって110%で×
166.67%は固定比率=固定資産÷自己資本。どちらの指標も100%以下が望ましく、長期安全性を表す。

問②、この問題は2次試験レベルを想定しています。単位に注意しましょう。
正解はウ

まず、正しく予想BSを作成することができるかが鍵となります。
この問題を解く場合の重要な用語が余剰資金。
余剰資金って何だっけ?となった人がいると思います。
この問題は、平成25年の2次試験の経営分析を意識して作成しており、
当時の受験生も勘違いし、仕分けを正しく行うことができなかった方がいます。

余剰資金=利益剰余金ではなく、現金です。
このことが、正しく押さえてあると仕分けも行えます。
予想BS
予想BS

このBSが作成できれば、後は問①の知識で計算するだけ。

では、まとめ

・財務はガツンとやることが最重要。筋トレと同じ。
・経営分析は必ず出題される。
・安全性の指標は、短期、長期、資本構造の3つ。
・経営分析の難化ポイントは予想BS、つまり仕訳。

byこば



ラスト1カ月、夢への助走

f54e395b7961146e6639eb345524a278_s

おはようございます。こばです。

本試験までラスト1カ月。
これから、全国約4,000校の高校球児が、夢の舞台甲子園に向けた熱戦を繰り広げる。
ここから約1カ月かけ、49の代表の座を争う。
高校球児が熱い夏を過ごす中、診断士受験生も真夏の本試験、楽しい卒業式へ向けてラストスパートをかける。

そのラスト1カ月で、今後取るべき対策はどっち?

A:模試は予備校が総力を注いだ予想問題だから、模試をしっかり復習
B:模試で間違えた論点は本試験にはでない、過去問高速回転

どちらか一方が正解なわけではなく、ABどちらも正解。
A、Bを選んだ人はそれぞれ下記の現状と思われます。

A:試験対策が遅れがち
B:試験対策十分で公開模試で420点以上を確保

 

確かに、予備校の本試験の予想問題でもありますが、予想できる問題は過去問5年分の中にある。
予備校が予想的中と掲載している問題は過去問の重要論点であり、受験生も予想が十分可能である。

Bを選んだ試験対策十分な方も、ここで安心すると足元をすくわれるのが診断士試験です。

ここで、もう一度本試験の特徴を考え、今後の対策を考える必要がある。

.
■診断士試験の特徴■

・広く浅く出題される。
重要論点は繰り返し出題される
AB4、CD4、D’E2の法則で出題され、平均点が6割弱に落ち着く。
選択肢があいまい最後の2択はどちらも正解、不正解に思える。

この特徴を踏まえて、ラスト1カ月を今年の自分ならどう対策をとるかを考えます。

□ラスト1カ月、今ならこう過ごす□

なぜ、去年自分が行った対策じゃないか。
それは、試験は未来に向かって変化するものだからであり、昨年自分が行った対策がベストではないから。
また、自分のノウハウはすごいだろと自慢する気もない。

まずは自分の昨年の対策から確認

模試の結果がいまいちで、尻に火がつきました。このままじゃマズい!
こんなに勉強していて一次試験で落ちる訳にはいかない。
気持ちは焦りながらも、法務・経済に注力しつつ、一日目と二日目教科に分け2日間で回していました。
特に法務は地道に過去問や模試で論点になった事のポイントを整理し、単語帳アプリで暗記。
他の教科はスピ門・過去問・一問一答アプリで総復習し、試験までに仕上げました。

(合格体験記から抜粋)

昨年の一次試験及び二次試験の経験を踏まえて、今の自分ならこう過ごす。

アプトプット祭り
1日7科目を半分の時間で解き、短期間で試験範囲を再度網羅する。
5年分を3回転するのに、たった15日間

テキスト爆読
ラスト1週間で、テキスト全範囲網羅する。
どんなに対策を進めようが、どうしても曖昧苦手論点は発生する。
再度、テキストに戻ることで稚拙論点も丸暗記する。

 

去年の自分を一言で表すと甘い!

尻に火が付いたと表現しているが、昨年の自分は甘かった。
毎日、勉強をしているが試験特性に応じた対策が不十分。
過去問の答えを覚えても得点期待値は50点。

前期の詰め込みが甘いことが得点が伸びなかった原因。
丸暗記をすることを怠り、試験に臨んだため、ボーダーラインぎりぎりになってしまった。

それでも不合格にならなかったのは、1,500時間の積み重ね。

模試前と模試後の学習の違いは

稚拙論点の丸暗記

重要論点を暗記しても50点、この稚拙論点の丸暗記を行うことが合否を分ける。

ではまとめ。

・熱い夏の始まり。夢への助走。
・模試の問題は出題されるが、過去問に掲載されている。
・ラスト1か月はアウトプット・インプット祭り。
・模試後の学習は丸暗記が重要。

byこば



8割が落ちる難関試験と考えるか、
たった2か月で合格できる試験と思うか。

リンク先で「これから始める2次試験対策 直前期から実践! 合格する可能性を高める方法 ~2016年合格目標~

こんにちはこばです。一次TAC模試も終わり、本試験までいよいよ約1か月。
模試で420以上を突破した人にとって気になるのが、二次試験。
7月の二次対策は不要であるが、二次試験の本質を予習することはロケットダッシュのスイッチになる。


■TAC 動画~これから始める2次試験対策の前提■

・1次試験に合格する人は2次試験を突破するための能力はすでに持っている。
・しかし、2次試験は8割が落ちる試験である。
・その2次試験を1,2年かけて合格するのではなく、直前期約2か月で確実に合格できる方法がある。

この講義で、師はこう語る。

概論

◇二次試験をスイッチに例えると◇

大人は例えると頭に残りやすい、二次試験をスイッチの操作に例えると

・2次試験を教室の電気の操作とする。真ん中の電気をつける場合、スイッチも当然真ん中と思いつけると端の電気がつくような試験である。大抵の人が初めは間違えるように設計されている。
・操作をする人が悪いのではなく、設計をした業者が悪い。
・ボタン押し間違いによるミスを防ぐには、①徹底的に訓練しミスをしないようにするか、②ボタンの配置をわかりやすくするかのどちらか。
・しかし、①は時間がかかり過ぎる。直前期からの合格を目指す場合は②のデザインを変える対策をとる必要がある。

・診断士「2次」はデザインが悪い、つまりあえて間違う様にボタンが配置されるため、自力でデザインを変える。

つまり問題要求を読み替えてわかりやすくする力が合否の差

・それをせずわかりにくい配置のまま答えを導く、つまり複雑にマークや下線を引いて処理するから、合格が遠ざかる。
わかりにくいままやると大抵の人は同じミスをしてしまう試験である。

◇事例別のスイッチ状況◇

・事例Ⅰ:何のスイッチかわかりにくい
・事例Ⅱ:スイッチがたくさんありわかりにくい
・事例Ⅲ:スイッチが複雑でわかりにくい
・事例Ⅳ:スイッチの操作方法がわかりにくい


■デザインを変更する~事例別対応~■

大抵の人がやっている対策は妥当性が欠ける。
そして、講師の話は合格者ノウハウとは違うと意識して聞く。

平成27年度の本試験を基にセミナーは進められる。
問題ごとの細かい内容は動画に譲りポイントをまとめる。

■事例Ⅰのポイント~具体化~■

オリジナルデザイン:問題文の指示が抽象的でわかりにくい。
起きうるエラー:何を探せばいいのか不明なまま問題本文に飛び出し、探すものを誤る。
変更後のデザイン:問題要求を具体化し、探し物を明確化する。

◇事例1の着眼点◇

事例Ⅰ:強みの維持強化が中心テーマ
強みがどう関係するのかという着眼点を持つと問題要求を具体化しやすくなる。

平成27年の試験には表面上は強みは書かれてない。
マーカーを引いて字面だけを追うとわかりにくい

事例Ⅰの問題要求を確認すると
問1:特性
問2:理由
問3:課題
問4:理由
問5:留意点

一次試験は1つしかマークできないが、事例Ⅰの設計は根拠を複数答えられる。結論を1つに絞る必要はない。

さらに、根拠を複数述べよにデザインを変更することがポイントである。

 

■事例Ⅱのポイント~事前想定~■

オリジナルデザイン:問題本文の根拠が多すぎる
起きうるエラー:根拠に翻弄され、時間が足りなくなる。
変更後のデザイン:問題要求から必要な根拠を想定し必要な情報を探す。

◇事例Ⅱの着眼点◇

事例Ⅱ:売上の拡大が中心テーマ
未対応のニーズに対応することが売上拡大を図るカギとなる。
費用対効果は必要ない。コストは無視。フットサル場すら作る

今年も27年同様に難しくなることが予想されるが、問題本文から根拠となる未対応のニーズを探すことは同じ。

・既存客の未対応のニーズ、不満
・新規顧客の未対応のニーズ

さらに、多すぎる根拠はグルーピングし、数を減らすことでわかりやすくする。

■事例Ⅲのポイント~設計図~■

オリジナルデザイン:問題の原因が複雑化し、真因がわかりにくい。
起きうるエラー:わかりやすい原因を深堀、見当違いの解答を組み立てる。
変更後のデザイン:設計図を基に原因を複数見つけ、正しい組み立てを行う。

◇事例Ⅲの着眼点◇

事例Ⅲ:問題点の解決がカギ、(テーマは語られていない)
問題の真因を把握すること。

原因は1つではない。変化と未対応の2つが組み合わさって問題が発生する。
問題本文を読む際は、下記、設計図に根拠を当てはめる。

設計図

 

 

■事例Ⅳのポイント~工程設計~■

オリジナルデザイン:解答結果が全ての設問に連鎖している。
起きうるエラー:設問1を間違え、以降も全滅。
変更後のデザイン:設問を全て把握し、解答手順を計画し実行する。

◇事例Ⅳの着眼点◇

事例Ⅳ:重要なことは計算力ではない、(テーマは語られず)
何をするのか、あらかじめ処理手順を計画し計算処理を行う。

時間がないからとひたすら問題演習だけだと答えを覚えるだけになる。
必要なことはその問題だけ対応できることではなく、どの問題でも対応する力である。

■復習のポイント~再現性~■

オリジナルデザイン:解答後にいきなり反省する。
起きうるエラー:記憶に残ったところだけ反省し、誤った情報がインプットされる。
変更後のデザイン:プロセスを再現して反省を行う。

◇復習の着眼点◇

復習:自分のプロセスに足りない点を掴むことがテーマ
正確な解答プロセスのトレースと正確な再現答案が重要になる。
自分の都合が良いように記憶を作り変えてはいけない。

師が伝えるものは受からないものを受かるようになることではなく、受かるものをより確実に受かりやすくするための工夫

一次試験を突破した受験生には考える、読む、書く力はある。
合格するために必要なことは、今年の二次試験にマッチできるか。

■今日のまとめ■

昨年も同様の動画を配信しているが、伝える工夫は今年も同じ。
同じ理由は

試験の本質は変わらないから

同じことを同じようにやったら落ちると師が伝えるのにも関わらず、同じ工夫を伝える意図は何か。
大抵の受験生は講師の話を聞いていないということではないか。
講師の話を聞かず、合格者ノウハウに依存することは合格から遠ざかる。
しかし、合格するまで受け続ければ合格する試験。そんな試験何かヘン。

今年も同様の動画を解説したことで、試験対策及び本試験に変化が生まれるのか今後楽しみ。

ではまとめ。

・一次試験を突破した受験生には、読む・考える・書く力は十分ある。
・二次試験が難しいのは受験生の能力に関係なく、デザインが悪いから。
・動画チャネルの工夫は、合格者のノウハウとは別物であり遥か上

byこば



ここから、二次ロケットダッシュへの
カウントダウンが始まる
space_rocket_hassya

おようございます。こばです。

今週末はいよいよ試験本番であるTAC模試が実施されます。
そして、本当の戦いはここから始まります。
一次試験の先に二次試験がある。二次試験には約2,000人の再受験組が待っている。
その再受験組を押しのけ、二次試験も合格するためには、一次までに二次に必要な知識を体系化し至高の武器にしておく。
1の質問に対して手持ちの知識のカード10枚切れるように準備、一次終了から二次へのロケットダッシュが可能になる。

 

戦いの合図になるのがTAC模試

まずは、模擬試験とは何かを確認。

模擬試験とは、
入学試験や資格試験の事前に受験者の能力を測定するなどの目的で行われる試験のことである。
略称は模試。
(wikipedia参照)

受験生の能力を測定することが模試の目的となっている。
その模試をこの直前期に受ける理由を考えてみましょう。

理由は
①技術面で、合格レベルの知識に到達しているか把握するため。
②体力面で、2日間7科目を一括で処理した場合の疲労を把握し、その中でも正確な解答を行うため。
③精神面で、負けられない本番の緊張感を乗り越え、420点以上の結果を出すため。

また、効果的に模試を受けるために必要な準備について考えてみましょう。

必要な準備は
①技術面で、模試の出題予想を行い、取るべき問題、捨てるべき問題を見極める力を付けておくこと。
②体力面で、一年間の学習時間が学習体力を底上げ、さらに体力回復の切り札を用意。
③精神面で、日々の学習に本番以上の重圧をかけること。例1:時間測定、例2.全ての答練を本番として受ける

実力を図るためには適切な準備が必要である。合格したい者が本番に準備をせずに挑むことはない。過去の学習を再チェックし、今からでもできる準備をしっかり行う。

さらに、事前の過ごし方をチェック。

模試直前の過ごし方:重要論点の総チェック
試験直前に知識をホットスタンバイさせておくこと。
苦手曖昧論点を再確認して、本番の時だけでも良いので覚えておく

この準備を上手くできないと模試本番で、できるはずの問題を落とすことに繋がる。
できるはずのAB問題を落とすと420点へ届くことが難しくなる。

ここから一旦、模試から話を変えます。

失敗は成功のマザー

先日、イチロー選手がヒット数で4257安打を達成しましたね。
メジャー記録を持つピートローズ氏が認めないと述べていましたが、
ギネスが正式に世界記録として認定をしました。

そのイチロー選手の日米通算打率は.325
約3打数で1本のヒットを打っている計算になります。
しかし、3回に2回は凡打をしているとも言えます。

そして4000本安打を達成した時の有名な言葉

「4000本のヒットを打つために、8000回以上の悔しい思いをしてきている。その中で、常に自分なりに向き合ってきたという事実はある。誇れるとしたらそこではないかと思う」
出典イチロー「祝福にただ感激」 NHKニュース

ヒットを打った成功部分だけに目を向けるのではなく
凡打をしたミスの部分に対して、真摯に向き合い、ミスの原因、対策を繰り返した部分を誇れると述べています。
プロ野球は3割打てば超一流と言われる世界である。7割は失敗をしても超一流。

そして診断士試験は6割取れば合格できる正解である。ミスを4割しても合格は可能。

正解した6割に目を向けるだけだと、本試験で足元をすくわれる可能性は高まる。失敗にこそ成功へのヒントが隠されている。

誤答を正解に変えるために

まずは失敗の内容を分類する。

■曖昧な基礎知識■

スピ問、過去問でABランクに分類されている基礎知識を忘れている。
この基礎知識に分類される問題がそのまま本試験で出題される。ここは早急に知識の補填をする必要がある。

■曖昧な解答プロセス■

特に、経済や財務では曖昧な解答プロセスはミスを誘発する。
例えば、企業価値の問題に対してすっと解答プロセスが浮かばない。
①企業価値=FCF÷WACCと頭に浮かぶ。
②FCFを求める。
③WACCを求める。
このどこかに曖昧さがあると計算ミスが発生しやすくなる。

■知らんがな問題■

誰もわからない得点調整用の問題に時間をかけてしまった。
捨て問と見極められない理由は基本的に、基礎知識の曖昧さにある。
自分が知らない問題は基本捨て問と言い切れるように学習をしていることが必須。
現時点でかなりの学習時間を積み重ねいと難しいが、過去問ABとDEランクの違いをもう一度分析することで見極める力を付ける。

失敗を受け止める期待効果

 

①無意識の意識化
基本的にミスは繰り返される。ミスの要因は無意識にある。
無意識で処理をしていることにこそ落とし穴がある。
なぜ間違えたかをチェックすることで、試験本番でミスに気付けるようにする。
ミスをしないことは無理。ミスをしたことに気づき、素早くリカバリーを図る。

②作問者視点の体得
どうミスを誘発させるのかを知ることこそ、勝負を分けることになる。
正解してやろうと意気込む受験生をにかける仕組みが本試験にある。
正解を導くだけでなく、不正解を選ばない方法を見極める。

学習を進めれば進めるほど、正解をしようではなく不正解を減らす方向に対策は進む。
不正解を減らした先に合格がある。

では、まとめ。

・模試が終わると二次ロケットダッシュへのカウントダウンが始まる。
・適切な事前準備をしてこそ模試を受ける効果がある。
・失敗は成功のマザー。正解をすることだけに目を向けると足元をすくわれる。
・無意識の意識化。ミスをしないではなく、素早くミスに気付く。
・正解してやろうではなく、不正解にならなければ正解と逆張り。

byこば

==========================================================
あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットダッシュセミナー開催概要】

日時:8月11日(木) 14:00-16:30(予定) (開場・受付開始:13:30~  )
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(最寄駅:大崎駅)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定空けておいてくださいね!



乗り越え壁は自分を守る盾となる

おはようございます。こばです。最近、ニュースは見てますか?勉強でそれどころではないという方もいると思いますが、経営法務は時事ネタが好き。今年の経営法務で問われそうな時事ネタが最近ありましたので要チェックです。代表取締役の不信任案あたりが怪しい。

そして、今日は一次試験まではちょうど50日。

これからは毎日自分でカウントダウン

なぜカウントダウンを行うのか
自分に適度なプレッシャーをかけるため

するとどうなるのか
適度なプレッシャーは集中力を高め、勉強効率を向上させる。

さらに一次知識応用させると、より勉強の質を高めることが可能。運営管理の知識をもとにこれからやるべきことを明確にする。まず、生産管理の定義から確認。

■生産管理の定義■

・財・サービスの生産に関する管理活動。
・所定の品質・原価・納期で生産するため、またはQCDを最適化を図るため、人、物、金、情報を駆使して、重要予測生産計画生産実施生産統制を行う手続きおよびその活動である。

生産管理に求められることは、QCDの最適化。
これから診断士試験一次試験までに求められるQCDを確認する。

□QCD□

Q(品質):求められる得点、知識レベル
7科目420点以上、40点未満なし
しかし実質的に申込者ベースで上位15%

D(納期):試験までの日数
残り50日、みな平等

C(コスト):学習コスト
例:50日 × 3時間  = 150時間

残り50日までに正しい品質に持って行くことが求められる。
納期は不変だが、実務と違いコストはカケホウダイ。
いくら勉強しても、上司には怒られない。
試験勉強においてはQDCの順番。

生産形態もチェック

□生産形態□

生産形態は大きく2つに分かれる。受注生産と見込生産。

■受注生産
・顧客が定めた使用の製品を生産者が生産する形態。
つまり、顧客の注文に応じて設計し、製造、出荷と進める生産形態である。

受注生産の経営課題

●コスト・納期見積もり精度の向上
●生産リードタイムの短縮
●受注の平準化

■見込生産
・生産者が市場の需要を見越して企画・設計した製品を生産し、不特定な顧客を対象として市場に製品を出荷する形態。
つまり、受注の前に生産を行い、在庫を保有して顧客の注文に応じて販売する生産形態である。

見込生産の経営課題

●需要予測の精度向上
●需要予測と生産計画に応じた柔軟な生産体制の確立

試験問題がわからない診断士試験は見込生産にあたる。全ての試験で基本的に試験問題はわかりませんが・・・

作問者の気持ちを忖度し出題予想を行い、作問者のニーズに応えるための知識のストックを蓄えることが課題となる。

見込生産である以上
一カ月先に行うことを今当たり前に200%やることができるかどうかで合格所要年数は変わる。

生産管理に言い訳はない。

今から本気出す! =遠吠え
ボクはやれば出来る! =言い訳
ラストスパート追い込み勝負! =負け惜しみ

こんな言い訳は論外、生産管理ができていない証拠。

生産活動全体で納期短縮が大きなテーマになっている。
納期を短縮するためには、生産性の向上が重要となる。

□生産性□

生産性とは投入量と産出量の比率。
投入量に対して産出量の割合が大きいほど生産性が高くなる。

残り日数が限られて来たからこそ、意識すべきことはこの勉強で得点が何点UPするか。
得点がUPするためには、暗記・体得できていない論点を学習し自分のものにすること。

生産性、効率を上げる方法は様々ではあるが、代表的なものとしてECRSがある。

■E:排除(なくせないか)
■C:結合(いっしょにできないか)
■R:交換(じゅんばんを変えれないか)
■S:簡素化(かんそかできないか)

これを今後の学習方法に当てはめ、生産性の向上を図る。

■E:稚拙論点の排除
今年の試験に出ない論点の学習を排除。
試験に出るところだけを勉強する。毎年、問い方を変えて出題されている内容が重要論点。
今後、同じようなケース問題は基本出ない。問題の捻り方を確認したら、バッサリ切る。

■C:情報の一元化
ポケテキ師匠に過去問、答練、模試で問われた重要論点のポイントを書き込む。
苦手、曖昧論点には付箋を貼るなどし、試験直前に高速で回転学習ができるツールを作成する。

■R:朝型の勉強に切替
試験は朝10時から。さらに朝一科目はあえて難しくしている
そのため、朝10時に脳のスイッチが入るための体制づくりが必須。
自分は夜型という人も、これからの土日は朝早く起きる練習をし、試験本番に備えること。

■S:一言メモ
テキストに書かれている複雑化された文章を自分の理解しやすい言葉に簡素化する。
図で視覚的に簡素化しても理解は深まる。くだらないほど、イメージは残りやすい。

□品質管理□

模試を本番として受けて、品質チェック。

■設計品質(ねらいの品質)420点以上
・製造の目標として狙った品質

■製造品質(できばえの品質、適合の品質)
・設計品質を狙って製造した製品の実際の品質

運営テキストには掲載されていないが、個人的にはねらいの品質とできばえの品質の予実差異分析が大事であると考えている。この部分は財務会計の論点で学習。

□設備管理□

診断士試験における設備管理とは記憶管理。

■設備保全
・設備性能を維持するために、設備の劣化防止、劣化測定及び劣化回復の諸機能を担う、日常的又は定期的な計画、点検、検査、調整、整備、修理、取替えなどの諸活動

設備保全とはエビングハウスの忘却曲線との闘い。
えびんぐ
(U2の記事参照)

今、覚えていても1か月後には約8割のことを忘れている。
費用対効果が高い保全活動を行い記憶の早期回復を図る。
覚えることを明確にしておいて、直前期までしっかり忘れる。
つまり、事後保全で対応で記憶を早期回復させる。

■事後保全
・設備に故障が発見された段階で、その故障を取り除く方式の保全

忘れたら覚えなおせば良いだけ
故障を素早く取り除く仕組み作りが必須。

では、まとめ。

・生産管理の目的はQCDを最適化すること。
・診断士試験で求められるQCDは残り50日で上位15%に入ること。
・診断士試験は見込生産。需要予測である出題予想が合格への切り札。
・模試で420点以上を獲得し、適正な品質であることを確認する。
・忘れたら覚えなおせば良いだけ。

byこば

 



道場発、自分イノベーション宣言!
過去の自分を突き破り、未知なる自分へと成長

おはようございます。こばです。
先日、受験生時代に読まなかった白書を読みました。スピテキよりも、ストーリー展開がしっかりしていて読みやすかったです。

白書のことは一旦置いておき、今年の試験は経済、財務が荒れると予想される。
初日の午前中に約30点の失点をしてしまう可能性が高い。
診断士の作問者は先制攻撃が好き。
先手必勝。奇襲攻撃ほど相手を動揺させる攻撃ない

この奇襲攻撃に耐えることを前提としても、その後の攻防で失点をカバーする得点をする必要がある。
ではどこで得点をするか。それは師がもう言ってる通り

■運営
■情報
■中小

診断士試験の目先の難易度は変われど、全体の傾向は変わらない。だから当然得点すべき科目も同じ。
でも最近、情報は難化傾向。去年並みに情報が難しい場合もありえる。
そうなると確実に合格するためには、運営と中小を限界まで得点力を向上させるしかない。

自分のリソースだけではなく、外部環境の変化に応じて戦略を立案してこそ診断士。

だから、中小の渾身記事を2発掲載。

そして、2015年度の白書のテーマは

地域発、中小企業イノベーション宣言!

白書からイノベーションの方法を学ぶ。

■ストーリー展開■

・アベノミクスの影響で日本経済が回復傾向にある。
・さらなる成長発展にはイノベーションが必要。
・イノベーションをしたいが人材が不足している。
・人材をどう採用又は育成するかがイノベーションを支える。
・イノベーションを通じて企業の成長を図り地域活性化に繋げる。

□第1部 2014年度の中小企業・小規模事業者の動向□

第1部のテーマ:外部環境分析

●我が国経済の動向

・アベノミクスの効果が現れ、景気が回復する中で、14年4月の消費増税の前後で大きな変化が生じた。
・駆け込み需要の反動減や、原材料・エネルギーコストの上昇の影響で、企業の業況や採算に関する指標には弱い動き。
・原油価格及び国内石油製品価格の下落やマクロ経済環境の持ち直しで、一時に比べれば改善は見られる。

●中小企業・小規模事業者を取り巻く環境

・中長期的な視点による中小企業の環境分析。

①中長期的な収益力変化分析。
企業規模が同じ中小企業の間で、高収益と低収益の企業の格差拡大。両者の違いを検証し、高収益の企業は低収益の企業に比べて、技術開発や人材の確保・育成に対する意識が強いことを明らかにする。

②「地域」に関する分析。
中長期的な地域経済の成長(付加価値生産額の伸び)を確認し、成長の度合いに応じて地域を類型化した上で、地域ごとの産業構造や人口動態等の分析を行う。その上で、「広域需要」と「域内需要」の二つの観点から、地域の実情にあった経済成長のために何が必要かについて示す。

 

□第2部 中小企業・小規模事業者のさらなる飛躍□

グローバル化の進展等を背景に、大企業と中小企業との間の相互依存関係は希薄化し、中小企業は自ら市場と向き合い、需要を獲得する必要性に迫られている。

第2部のテーマ:「イノベーション・販路開拓」、「人材の確保・定着」

●イノベーション
イノベーションこそが成長の源泉である。
「広域需要志向型」と「地域需要志向型」の類型ごとのイノベーションへの取組状況やその成果について、違いや共通点を明らかにしていく。さらに、企業がイノベーションに着手し、推進していくための課題についても検証する。

●販路開拓
中小企業が抱える様々な経営課題の中販路開拓に対する意識は強い。しかし、販路を開拓し、そこで目標とした売上を達成することは容易ではなく、とりわけ新規市場の開拓は、既存市場と比較してその難易度は高い。
中小企業の販路開拓の取組や売上目標の達成状況の把握と課題の分析を行う。
それを通じて、自らが開拓しようとする販路、市場そのものに向き合い、把握することの重要性と、そうした取組を進める上での人材面の課題について考えていく。

●人材の確保・育成
雇用環境の改善が進む中で、中小企業は、量的にも質的にも人材不足、特に中核人材不足に直面している。
確保(採用)、定着、育成と、段階ごとに分析する。
さらに、女性、シニア、外国人や、都市部、大企業の人材等、従来とは異なる、新たな人材の供給源も分析。
その際、人材の確保や育成に投入ができる人・金が限られている中小企業の現実を直視しつつ、地域ぐるみで人材の確保・育成に取り組むことで課題を乗り越る事例を紹介。

□第3部 地域を考える―自らの変化と特性に向き合う□

第3部のテーマ:地域活性化

「地域」を中長期的な視点で分析。人口減少や高齢化で「地域」は、その構造が大きく変化し、そこに住む人々の暮らしを大きく変化させ、人々が抱える課題も多様化・深刻化している。一方で、この状況においても、実態に応じた取組を行うことで、活性化が図られている地域も存在する。

分析内容
地域資源の活用、地域の社会課題の解決という観点から、地域を活性化するための取組について、
分析及び具体的事例の紹介を行うと共に、地域の実態を踏まえることの重要性と、今後の実態把握のあり方について明らかにしていく。

●地域活性化への具体的取組

地域経済の活性化には地域資源の活用が重要となる。
地域資源の活用状況を把握した上で、その商品化や売り込みに関する課題を分析した上で、そうした課題を実際に乗り越えた具体的な例を紹介していく。

また、地域の課題解決は
・社会的価値の創造、
・企業価値の創造
につながる域経済に与える好影響を与える。NPO法人も取組の担い手になる。

●経済・社会構造の変化を踏まえた地域の対応

地域の活性化のためには、地域の実情をきめ細かく把握し、適切な対応策を講る必要がある。しかし。容易ではなく職員も不足している。
その状況下で、発達するIT技術を使い、地域の実態を把握し施策に反映している地域がある。事例を紹介するとともに、政府が開発を進めてきた「地域経済分析システム」による地域の実態把握について、具体的な機能・画面に基づいて確認するとともに、その活用の可能性を検証する。

この概要を踏まえて本文のグラフをチェック。
消えたサブタイトルを自分が追加しています。

チェックのポイントは4つ。

(1) 「イチバン」をチェック

(2) 特徴的な傾向をチェック

(3) 新たな傾向をチェック

(4) 自分の感覚との違和感をチェック

中小企業白書2015年度 ~第1部 第1・2章~
中小企業白書2015年度 ~第1部 第3・4章~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第1章第1節~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第1章第2節~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第1章第3・4節~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第2章 第1節~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第2章 第2節~
中小企業白書2015年度 ~第2部 第2章 第3・4節~
中小企業白書2015年度 ~第3部 第1章~
中小企業白書2015年度 ~第3部 第2章第1節~
中小企業白書2015年度 ~第3部 第2章第2節~

ダウンロードしたらコメントください。

では、まとめ。

・外部環境の変化に応じて戦略を立案する。
・2015年度の白書のテーマはイノベーション。
・ストーリーを頭に入れて学習をした方が覚えやすい。
・試験勉強を通じて、自分イノベーション。試験終了後に、新たな自分へ遭遇する。

byこば



診断士試験、上から見るか、下から見るか

7b606a221219f551e3e541ed6b808244_s

おはようございます。こばです。
一次試験データ分析シリーズも終わり、気づけば一次試験まで約2か月。

診断士試験の合格方法は人それぞれですから。
自分で考えて山登りの方法を考えましょうね。と一般的に言われている。
もうそんなのうんざりヽ(`Д´#)ノ今年、確実に合格したいんや!
と言う声がどこからか聞こえてきたので、一次試験に確実に合格する方法について述べたいと思います。

これから大事になることは不合格リスクを減らすこと。
そして、試験をどの位置から見るかで合格率は変化する。

当然、上から見た方が合格率は高い。

上から見るとは
作問者視点+圧倒的実力

つまり、浮きこぼれること。

浮きこぼれ?
聞いたことない人が大多数かと思います。
落ちこぼれの対義語にあたる言葉。

そして、大学最難関に位置する東大に確実に合格する方法は確立している。

同世代よりも数年先の世界を歩み続け、浮きこぼれること。

東大理Ⅲ合格者を大多数排出するが存在する。
鉄緑会。雲の上の存在、浮きこぼれのための塾。

■鉄緑会の学習カリキュラム■

・中学1年生時に中学の学習領域を終了し、中学3年生時に高校の学習領域を終了する。
・高校3年間を苦手曖昧論点の強化と東大受験対策に全て充てる。
・試験当日に風邪を引いても受かる実力をつける。

■道場の基本理論■

・基礎問題&予習重視の橋げた理論 by JC
・基礎重視・答練重視の 答練重視論 by ZonE
・アウトプット重視のアウトプット・スピ問重視論 by ふうじん
・それらを可能にするストイック勉強論 by ハカセ

この二つの考え方に共通することは

 

■今後のスケジュール■

東大に受かる方法が決まっていることと同様に、診断士試験に合格するためにこれからやることはもう決まっている。

試験当日:合格証書を受け取りに行く
楽しい試験の始まり、そして一次試験の卒業式。予定した行動を予定通り実行して終了。
終わった瞬間に合格を確信し、二次試験ロケットダッシュ。

超直前期テキスト爆読
過去問の解答も全て覚えた、捻り方も捉えた。今年の本試験で問われそうな論点も予想をした。
それで、最後に行うことがテキスト爆読、周辺知識の詰め込み。

直前期一日3科目学習法 (高速処理)とペンキ塗り学習法
1日に3科目を学習することで、頭の切り替え方法を学ぶ。
そしてペンキ塗り学習法で知識の抜け漏れをなくし、模試の差額分と苦手論点を潰す。

模試本番として420点以上獲得
模試後には予実差異分析。同額原価はスルーして、差額原価だけに注力する。
全ての論点をチェックする必要がないから、分析結果は素早く・確実。

模試直前重要論点の総チェック出題予想
試験直前に知識をホットスタンバイさせておくこと。
模試で合格点をとるため及び得点で差異分析をするため出題予想をしておく。

 

一カ月先に行うことを今当たり前に200%やることができるかどうかで合格所要年数は変わる。

そこに言い訳の余地はない。

今から本気出す! =遠吠え
ボクはやれば出来る! =言い訳
ラストスパート追い込み勝負! =負け惜しみ

これらは全て不合格要素。資格試験は段取り八分、試験が始まる前に結果は決まっている。
そして、先行逃げ切りが王道でも、この道は最短ルートではなく遠回り
王道は失敗を繰り返した先に見える最適なルート。
自分で失敗して気づくから、深みが出る。人から言われた言葉をそのまま鵜呑みしても深みはでない。

 

話は変わり、ここからは中小企業政策の話。
.■中小企業政策■

中小企業政策の秘策はひたすら丸暗記をすること。

 

そんなの知ってるいう方が多いと思いますが、忙しい社会人にとって、7科目同時に行う場合は難しいもの。
だから今、過去問の出題実績を基に重要論点を事前に絞っておくことが大事。
そして、この重要論点を当たり前に全て覚えておく

それでも、中小に時間がとれないという方に向けて、まとめ表を作成しました。
忙しい場合は外注するのも一つの選択肢。

ここからダウンロード。2016/6/21誤字等を修正
(※ダウンロードした人はコメントください。)

中小企業の政策を下記の切り口でまとめました。

  • 番号
  • 論点
  • 政策名
  • 目的または概要
  • 実施機関
  • 実施機関の設置場所と数
  • 対象
  • 要件
  • 政策の支援内容・効果
  • その他
  • 出題数

このタイミングで赤字は当たり前に覚える。
そして模試前に太字を可能な限り、頭に詰め込む。

良く考えるとこれって誰誰・何何・どのよう・ニーズですね。
新規事業の解答フレームワークと同じ。これらの施策も政府の事業なのだから、当然ですね。

やっぱりこの切り口で論理展開すると何を伝えたいのか、どうなるのかが明確になりますね。

フレームワーク(クラス)
この雛型に沿って値を代入すればインスタンス化し、新しい施策が完成する。汎用性の高いフレームワーク(クラス)があると考えると手間が省け、さらに完成物の安定性と生産性が高まる。

・試験は上か見た方が合格しやすい
・確実に合格するためには、浮きこぼれ続けること。
・中小の秘策は丸暗記。
・忙しい場合は業務を外注するのも一つの選択肢。

byこば



努力に比例する中小企業経営・中小企業政策

66cf48d9bc8adaa96ed6029828b93c21_s

おはようございます。こばです。
先日、ちはやふるの映画を見て来ました。
非常に楽しく満足しています。特に広瀬すずの身体能力の高さはすごいですね。走る姿がめちゃめちゃきれいです。

一般的は青春映画なのでしょうが、
診断士試験の視点から見ると

最後の2択ケアレスミス

この視点から最後の局面を見ると、非常に興味深い。

そして、今年の診断士試験はケアレスミスの撲滅が合格への鍵となる。

 

前置きはこれぐらいにして、最後のデータ分析シリーズに入っていきます。
今回は暗記3兄弟の末っ子。中小企業経営・政策です。性格は素直で、特性は丸暗記。

まずはこのデータ分析の意義の確認から。

このデータ分析の意義はどこが勝負の分かれ目になるかを把握し、重点的に対策を立てる論点を決めること。

データ分析に入る前に、科目設置の目的を確認しようと思います。

□中小企業経営・中小企業政策 科目設置の目的□

・中小企業診断士は、中小企業に対するコンサルタントとしての役割を期待されており、中小企業経営の特徴を踏まえて、経営分析や経営戦略の策定等の診断・助言を行う必要がある。
・そこで、企業経営の実態や各種統 計等により、経済・産業における中小企業の役割や位置づけを理解するとともに、中小企業の経営特質や経営 における大企業との相違を把握する必要がある。
・また、創業や中小企業経営の診断・助言を行う際には、国や 地方自治体等が講じている各種の政策を、成長ステージや経営課題に合わせて適切に活用することが有効であ る。
・このため、中小企業の経営や中小企業政策全般について知識を判定する。

中小経営は毎年出題が変わるから、
過去問をやる必要はないって思ってない?

師はそう言ってた?

やる必要ないっと思ってしまった人は動画を再チェック。

次からはデータ分析に入っていきます。

.
■データ分析■

まずは、科目合格率と平均点の推移を確認します。
中小平均点推移
(データ出典:中小企業診断協会・TAC )

年度別の難易度の変化も確認します。
中小年度別 難易度
(データ出典:TAC )

平均点・合格率ともに山あり谷ありで推移していますが、ここ数年の難易度は易しめです。
平成27年度は点数が落ち込んでいますが、平成26年度が簡単すぎただけで、特別難しかった訳ではありません。

■分野別出題頻度・ランク分析■

次は、経営と政策に分けて分野別の難易度を確認します。
さらに今回は年度別に確認。
中小経営 難易度

中小政策 難易度

(データ出典:TAC )

このデータからも経営と政策は全く別の試験であることがわかります。

平成27年度に得点が落ち込んだのは経営の難化にあります。
平成24~26年度はAランクが10問弱出題されているのに対し、27年度はたった2問。

政策はABCランクが8割出題で難易度が安定。政策は問われえる内容まで同じこともあり対応しやい。

.
■ 論点別の詳細分析■

過去問を論点別難易度にまとめました。

 中小企業経営  中小企業政策
・財務指標・資金調達
・企業数・事業所数・従業者数・雇用
・産業別・業種別・規模別
・開廃業・起業・倒産
・地域・商店街
・海外
・IT
・他科目知識
・その他
・中小企業及び小規模基本法
・資金供給の円滑化および自己資本の充実
・中小企業新事業活動促進法
・ものづくり高度化法
・経営基盤の強化
・環境変化への対応
・事業承継および再生支援
・小規模企業対策
・政策の変遷
・その他

中小論点

(データ出典:TAC )

【中小企業経営】

中小企業白書とは何か?
一般的に実施した政策が、正しかったのかを検証するもの。
そのため、財務指標が向上したのか。企業数・従業員はどうなったのか。
中小企業は大企業と比べてどうなったのかを示すことが目的。

しかし、中小経営でこの白書から出題される目的は予算確保かもしれない。
このことが事実かどうかは不明だが、診断士試験に出題すれば一定の購買は期待できる。
この思惑に左右されず、愚直に暗記したら努力に比例して伸びる科目。

上記で述べたように、白書を作る目的が同じなのだから、当然出題も同じような内容が出題される。
過去問分析でそのことに気づいて暗記するのか、やみくもに白書を暗記するかで合否は分かれる。
暗記する際のポイントは感情の揺れを持つこと。
へーそうなんだ!あれ?自分の感覚と違うぞと感じて、グラフなどを確認していくと覚えやすい。

 

【中小企業政策】

政策は経営とは全くの別物で、同じ内容が毎年出題される。
政策の内容を細かく問われる。
そして、厄介なことに似たような政策名や実施機関等が多く覚えにくい。
そこで、自分で下記の論点で表にまとめて覚える内容を減らす。

  • 政策名
  • 実施機関
  • 実施機関の場所と数
  • 要件
  • 対象
  • 政策の効果
  • その他など

自分で表を作成すると論点が整理されて自然と頭に入ってくる。

■ 今年の試験の難易度など■

今年の難易度は横ばいが妥当。それは、平均点60点が作問者の目指すところだから。

中小は7科目の最後で暗記しかない科目。
この科目にどう向き合うかは非常に大事。

中小経営は1年前の白書から出題され、白書掲載のデータは2年前のもの。
今の中小企業の実態との乖離は否めない。こんなの覚えて何になると感じる人も多いと思います。
しかし、短時間で合格レベルに到達し、努力に比例して得点は伸びる。
一方で二次試験には出ないと割り切って、最後は気合と根性一夜漬けするのも正解。

でも、一夜漬けには一般人とって、範囲が膨大すぎる。
だから過去問分析を行って、覚えるべきポイントを明確化することが合否の分かれ目。

では、まとめ。

・ 師の言うとおり、中小も過去問分析が大事 。
・ 今年は経営・政策ともに横ばいが妥当。
・短時間で合格レベルに到達し、努力に比例して得点力が向上する。
・それでも時間がなければ、気合と根性で一夜漬け。

byこば



今ここにない未来を創る経営情報システム

c94f5e44a3ee5722b88f4e1ed88fbb1c_m

 

おはようございます。こばです。
経営情報システムは4年前の月9リチプアの影響でめっちゃ好きな科目でした。
仕事で勉強したプログラミング知識を基に、物流システム的なものを開発・導入したりもしたことがあります。
システム会社ではないので、開発導入したのはいいものの保守メンテなど課題は山積みで・・・
勉強した中でもSQLが好きでよく使ってます。
データベースの世界は3値論理、真と偽では表せないものがある。この考え方には痺れました。

前置きはこれくらいにして、今回は去年荒れた経営情報システムのデータ分析に入って行きたいと思います。

まずはこのデータ分析の意義の確認から。

このデータ分析の意義はどこが勝負の分かれ目になるかを把握し、重点的に対策を立てる論点を決めること。

データ分析に入る前に、科目設置の目的を確認しようと思います。

□経営情報システム 科目設置の目的□

・情報通信技術の発展、普及により、経営のあらゆる場面において情報システムの活用が重要となっており、 情報通信技術に関する知識を身につける必要がある。
・また、情報システムを経営戦略・企業革新と結びつけ、 経営資源として効果的に活用できるよう適切な助言を行うとともに、必要に応じて、情報システムに関する専 門家に橋渡しを行うことが想定される。
・このため、経営情報システム全般について基礎的な知識を判定する。

この目的から、ITの基礎的な知識を問う試験であることがわかります。
データ分析からも基礎知識の重要さがわかりますので確認してみてください。

次からはデータ分析に入っていきます。

.
■データ分析■

まずは、科目合格率と平均点の推移を確認します。

情報得点推移
(データ出典:中小企業診断協会・TAC )

年度別の難易度の変化も確認します。
情報難易度
(データ出典:TAC )

この経営情報システムも難易度の変化が激しい科目です。
ここ2年は急激に難化しています。特にAランク問題はは過去10問前後あったのに数問しかありません。

経営情報システムの試験特性として、
知ってますか?と言う問題が多くその場で知識を使って解答することはほとんどありません。

平成21年と平成27年には科目合格率が一桁となるなど大荒れしています。
このような試験特性において荒れたのは、
そんな論点テキストに掲載されてない
となったことが考えられます。実際、私も何これ?知らんとなったのを覚えています。

■分野別出題頻度・ランク分析■

次は、IT基礎知識とIT応用知識に分けて分野別の出題数と難易度を確認します。

情報分野別の出題数
情報分野別の難易度
(データ出典:TAC )

IT基礎の方が出題数が多く、簡単であることがわかります。

過去の傾向では基礎の方が出題数が多いのですが、去年逆転しています。

基礎的なIT知識を問う試験であると目的では書かれているのにです。
IT基礎知識は過去問とテキストで対策ができる分野ですが、IT応用は対策がほぼ無理な分野になります。
碧の記事でもこの応用分野をバッサリ切ったと書かれています。

平成25年と平成26年と同数のIT応用問題が出題されているのですが、常識的に考えるとこれだよなとなる問題が多かったためです。その問題に対する知識が薄くても正解できるようになってるので、平成25年は平均点が高くなっています。

.
■ 論点別の詳細分析■

過去問を論点別難易度にまとめました。

 IT基礎知識  IT応用知識
・ハードウェア
・ソフトウェア
・データベース
・ネットワーク
・インターネット
・セキュリティ対策
・システム構成技術
・プログラミング言語
・ソフトウェア開発
・経営情報管理
・ガイドライン
・統計解析
・その他

情報論点別の難易度
(データ出典:TAC )

【IT基礎知識】

基本的に難しいことは問われないので、重要なことをしっかり覚える
略語を略さずにに覚える方が、ただ暗記するより覚えやすい。
その時に意識することは、どの論点がどのレベルで問われるのか。そしてそれをいつ覚えるのか。
重要論点は早期に覚えて何度も復習して知識を定着する
下記に各論点の重要な所を過去記事を中心にまとめます。

□ハードウェア□

橋げた構築が間に合わないなら・・・ 最初の橋げた作り
情報:串刺し&ストーリー記憶術 断片化処理
.

□ソフトウェア□

【情報】一筆書き復習法ソフトウェア・ミドルウェア

.□データベース□

【情報】正規化なんて怖くない 正規化
情報システムの3×3(初学生向け) 正規化・SQL
【経営情報システム】超直前総まとめ ~だいじょうぶ、コワクナイ~バックアップ
.

□ネットワーク□

情報:雪だるま式記憶法 VPN
おやじの天敵⇒情報システム OSI基本参照モデル
経営情報システムを得意科目にした、3つのアプローチLANの形態

.□インターネット□

【情報】「稼ぎ科目」にしよう! TCP/IP
【情報】ITが苦手な方の情報対策 SMTP・POP3
【情報】くだらないほど忘れない ゴロ合わせとSMTP・POP等.

□セキュリティ□

おやじの天敵⇒情報システム 公開鍵暗号方式
.

□システム構成技術□

【情報】あと4点を取る直前駆け込み情報! フェイルセーフ
横文字の記憶法 ミラーリング

□プログラミング言語□

【直前期】付け焼刃的経営・情報システム プログラミング言語のゴロ合わせ等

【IT応用知識】

IT応用分野では最新のガイドラインや技術を、いくらでも出題だせるため事前対策が不可能に近い。
また、統計解析もかなんり深い論点が問われることが多く基本正解できない。
でも、26年の問24は運営23年の問17と同じ論点が出題されている。
その中でもソフトウェア開発だけが事前に準備ができる。ここが勝負の割れ目、最後の2択。

.□ソフトウェア開発□

【情報】SEのための情報講座 ソフトウェア開発要注意
暗記3兄弟を単に暗記で留めない理由 Webサービス
【法務】表を作って暗記術 オブジェクト指向・手続き型

.□経営情報管理□

経営情報システムの暗記術:具体例 ソフトウェア開発

.□  ガイドライン及び法律・統計解析□

【情報】データ分析の結果、統計はスルー
情報:統計解析で勝負を挑む! 後半部分を一刀両断
★重箱の隅つつき論点④(最終回)★経営情報システム~どうしても食えない統計学(泣)

.

□データ分析・攻略法□

【情報】データで見る経営情報システム
【数の力】四択vs二択
【情報】苦手な方限定~理屈は後からついてくる
【情報】情報の攻略法というか暗記科目の攻略法
超超直前ウィークスペシャル:情報最終チェック
情報:ITリテラシーの低い私がいかにして経営情報システムを克服したか?
経営情報システム:データ分析による傾向と対策
「情報」が苦手な方の勉強法:メモリボmemoribo活用術

.

■ 今年の試験の難易度など■

一昨年、昨年と難化したから今年は易化と安易に考えると、足下を救われるのが診断士試験。

去年の難化したポイントは

基礎で実務で使用する場合の知識が問われたこと。
応用でクソボールが出題されたことに尽きる。

情報は難しくないが、知らなければ解けないからやっかい。

ITの分野は日々進化しているため、最新情報をいくらでも出題可能だが、
目先の変化に囚われず前半の基礎で稼ぎ、後半の応用を粘って得点する。

では、まとめ。

・情報は前半のIT基本知識が最重要。
・重要論点は早期に覚えて知識を定着させる。
・ソフトウェア開発が最後の2択、点差が分かれる。
・統計は鉛筆転がし。ただし、平成26年のように過去問と同じ問題もある。

byこば



なんて難しい試験だと痛感するか、
思ったより簡単とスイスイ進むか。

リンク先で「ここで差がつく!1次直前期の効果的な学習法」動画を選ぶ。

こんにちはこばです。ふうじんが記事を書いていたTAC動画チャネルシリーズの復活。
この無料動画の情報はかなり有用で、私も毎回視聴していました。特に二次試験用の動画は直前期に毎日視聴してた程。
公開は1カ月前でしたが、GWで時間ができたので内容をまとめてみました。
TAC生向けだが、勉強方法・当日の過ごし方については独学者も同じく参考になる。


■TAC 動画チャンネル~1次直前期の効果的な学習法■

・難しいことを難しくやったら十人並み。
・難しいことを簡単に指し示してこそ診断士の腕の見せ所。
・ではTACの人気講師は、どう簡単に指し示すか?
・診断士「1次」の佳境たる「怒涛の7週間」対策を兼ね、TACのWeb動画を視て確認。

この講義で、師はこう語る。

(1)概論

◇動画冒頭15分は「枕」。まずここを視聴し、以下要旨と比べっこ◇
<要旨>

・診断士「1次」の最後の明暗は5~7月直前期の過ごし方で決まる。
・「1次」学習範囲は膨大で、学習時間の確保が最初の分かれ目。
・さらに直前期では、「得点UPに時間を割く」費用対効果が重要。
・具体的には過去問を使い、出題領域・問われ方・ひっかけ方を知る。
・得点UPのコツは「覚えた⇔覚えていない」を識別し、後者を覚える。
・直前答練は当てて覚えつつ、これから覚える間違い箇所を識別。

診断士「1次」は難関国家試験ながら、7科目のマークシート型知識試験です。だがこの明暗に「最後の」が付くのは、今この時期に過去問を何回転済かで、今年の合否がほぼ決まっているから。

5月GWまでに過去問2~3回転済なら、直前答練出題は予想可。
○予想した問題を当たり前に当て、間違えた箇所を覚える作業に注力。
×直前答練を手ぶらで臨むと撃沈。これから何覚えるかを識別不可。

4月までの過ごし方で、今年の「1次」合否はほぼ既定。それは得点センス=これまでの学習時間の確保と割り当て方に他ならないから、5~7月直前期は「合格目指してガンバる」時期でなく、今年の合格可能性と自分の学習センスの見極めに使うのが筋。

師が宣う「今年で今から追い上げ可」は、これまでの誤った学習を認め、学習時間の確保量と割り当てを抜本的に見直す方のみ。

(2)科目得点戦略と過去問の使い方

◇学習の費用対効果を高めるため、目標得点を仮に設定。◇

既にどこかで聞く通り、診断士「1次」はマークシート知識型試験=6割420点で合格(の筈)。だが「2次」受験者絞り込み用の独特な科目難易度「荒れ」「ブレ」を意識しないと、得点効率は上がらない。

動画では、過去15年の出題に基づく得点戦略と過去問の使い方を指南。

<得点の目安>

難易度 傾向 目安 コメント+過去問の使い方
(1日目)「経済」「財務」が難。「運営」で稼ぎ初日をEVENで乗り切る
経済 難化 50 鬼門科目。一度出た問われ方(解法)は押さえる。
財務 難化 50 鬼門科目。難しいことは聞かないが出題範囲が膨大。
経営 横ばい 65 (50-70)独特の長文選択肢への慣れで点数差。後述。
運営 横ばい 70 知識のブツ切り。過去問を確実に暗記と理解。
(2日目)「法務」難化の恐れはあるが、暗記知識で稼ぎ、420点超えへ。
法務 難化 50 選択肢の文意が難。既出論点を整理して覚える。
情報 易化 70 知識のブツ切り。過去問のひっかけ方に注目。
中小 横ばい 70 経営/政策ともに、過去問から出題論点を予想可能。

<得点目安に届く戦略>

・「経済」「財務」「法務」は難化を前提に、最低50点取る学習。
・「運営」「情報」「中小」は過去問を分析し、70点取る範囲まで学習。
・「経営」は選択肢の文意を掴むと50→70点に伸びる。
・科目得点を積み上げると420点前後になり、ケアレスミスの数で明暗。
・知識増で高得点より、ボーダー付近のケアレスミスを減らすのが上策。

.師は「独特の荒れを前提に、過去15年分を分析」しているから、「得点の目安」は毎年ちょっとやそっとじゃ変化しない。だが得点戦略=受験校の指導方針は、少しずつだが毎年進化。特に当動画は「ケアレスミスの削減」に強く言及。去年は最後の2択。

△460~500点を狙うと、多少のミスがあっても420点はクリア
〇420点前後の実力でも、ミスを減らす集中力が「2次」で有利。

「2次」合格をゴールとし、高いレベルの「1次」対策で「2次」対策を兼ねるのが過去の上策。だがそれを「単に高得点狙い」で片づけず、 

①「2次」を意識してケアレスミスを減らす。そのために、
②完成答練高得点を通じ、ミスを減らしその敗因を分析。
③GWは1日10時間学習を試し、ミスを減らす集中力も磨く。

と一つなぎに指導するのが、合格者を大量生産する大手受験校の凄み。

.

(3)完成答練期の学習法

◇難しい試験を簡単に感じるか、より難しくするかが実力差◇

(1)~(2)の過去問分析を踏まえ、動画の35:00過ぎから具体的な出題予想と学習策を指南。

<要旨>

・週2科目2回転の完成答練と公開模試は、高得点80点を狙う。
・「1次」は答練・模試の点が伸びないと後手。逆に伸びれば先手有利。
・「財務」「経済」は難化前提で、答練・模試で何が起きても慌てない。
・「財務」は難化前提で10マーク40点狙い。もし易化すれば貯金科目。
・「経済」の初見問題はまず解けないが、過去問の既出問題なら当たる。
・「法務」は改正論点が無く、無難な出題。選択肢の問い方に慣れる。
・「運営」「情報」「中小」は、やればやるだけ得点UP。

詳しくは動画解説に譲るが、難しいことは問わないのに、難しく感じさせるのが「1次」出題の極意。
だから師は、過去問を「自力で」しっかり分析し、出題予想して臨めば答練・模試・本番とも「1次」は楽勝でしょ?と説くに過ぎない。当Web動画でそこを悟れば今年のスト合格は射程内。そうでなければ過去問回転から堅実に。

(4)おまけ・「1次」当日の戦い方

◇1日目「経済」・2日目「法務」の、当日心構えが実力差◇

当動画は15分×4=60分構成。が、尺が余ったのか当章は妙に長い。誰でも知ってる内容なので流して良いが、当たり前のことを臨場感たっぷりに解説するのも大手受験校の魅力。

・2日間7科目の試験は、体力消耗と脳の疲労を伴う。
・前述の1日長時間学習で集中力を切らさない訓練を積む。
・「経済」知識は忘れやすく、蘇生しやすい。試験当日の直前復習が鍵。
・試験会場下見は公式には禁止だが、試験への闘争心が沸く効果有。
・試験当日の睡眠不足を避けるには、朝方学習への切り替えが有効。

特にコメント不要ながら、師はなぜ何度も「当校の受講生は当日朝7:00からカフェに陣取る」と強調するか?そして「1次」本試験当日、「経済」「法務」がなぜ朝イチで、「運営」「中小」が最後か?

当試験のこの題意を忖度すると、5~7月完成答練期の科目別戦略が変わる。題意と戦略が変わると、合格所要年数が変わる。忘れちゃいけないのは、当試験は単なるマークシート型知識試験と見せかけ、

題意=相手の要求を察する能力を最重視する試験だということ。

■今日のまとめ■

◇費用対効果が重要。過去問を使い出る所から覚える◇

当動画は所要60分、2倍速なら30分。僅か30分の時間コストでこの内容を無償提供する受験校の太っ腹に感謝しつつ。
失礼を承知で裏読みすると、師の頭が余りに超高速回転かつ話が上手なため、
「わかったつもりで、頭に残らない。真意を掴み損なう」
のが当動画のリスク。具体的には目標得点やエピソード(余談)だけ頭に残り、「費用対効果」「過去問」「出る所から覚える」の意図を正しく掴まないと、当動画はわかったつもりで逆効果。
師はそれを知り「ただ眺めるだけでなく、手を動かせ」とも宣ったのに気付いた?この試験、やはり知れば知るほど奥が深い。

ではまとめ。

・「1次」対策は5~7月で最後の明暗。その意味で今から逆転可。
・「1次」科目の題意に沿い、ケアレスミスを減らせば420点クリア可。
・過去問分析し、出題予想して臨むのが答練を簡単に感じるツボ。
・おまけエピソードは面白いが、このネタだけに夢中になったら負け。

byこば



ゆるわだ好きな経営法務

297224

おはようございます。こばです。

先日、新井選手が2000本安打を達成しましたね。

新井選手は1年目からプレーを見ていますが、ここまでヒットを積み重ねるとは正直想像できませんでした。
Tシャツにもなっているように、本当に驚きです。
新井選手は練習は裏切らないを体現した人ではないでしょうか。

練習をしたら誰でも2000本を打てる訳ではありませんが、練習をしなければ打てない。弱点である守備をある程度克服し、長所である長打力を延ばすことに成功したからこそ2000本を達成できたのではないでしょうか。それ以上に体が丈夫だったことが、最大の長所かもしれません。
これは試験対策でも同じではないでしょうか。弱点をある程度克服し、長所を伸ばす。

いよいよ明日に迫った春セミナーでも、この弱点・長所をどうするかについて考える機会があります。
ここまでの学習の進捗状況を整理して、今後の課題設定をしてみてください。残り約100日をどう過ごすかで、一次試験の合否が決まるといっても過言ではないと思います。

それでは本題のデータ分析に入って行きたいと思います。

まずはこのデータ分析の意義の確認から。

このデータ分析の意義はどこが勝負の分かれ目になるかを把握し、重点的に対策を立てる論点を決めること。

データ分析に入る前に、科目設置の目的を確認しようと思います。

□ 経営法務 科目設置の目的□

・創業者、中小企業経営者に助言を行う際に、企業経営に関係する法律、諸制度、手続等に関する実務的な知識を身につける必要がある。
・また、さらに専門的な内容に関しては、経営支援において必要に応じて弁護士等の 有資格者を活用することが想定されることから、有資格者に橋渡しするための最低限の実務知識を有しているこ とが求められる。
このため、企業の経営に関する法務について基本的な知識を判定する。

この目的から実務で使用する法務知識を問う試験であることがわかります。
民法などかなり幅広く問題を出すことが可能になっていますが、限られた範囲の中から出題されていることが分かります。

次からはデータ分析に入っていきます。

.
■データ分析■

まずは、科目合格率と平均点の推移を確認します。
得点推移
(データ出典:中小企業診断協会・TAC )

年度別の難易度の変化も確認します。
年度別難易度
(データ出典:TAC )

平成23年に平均点が60点を超えていますが、50点台で平均点が推移しています。
これは毎年ABCランクで約80%ほど出題されていることで、安定感のある平均点になっていると考えられます。
運営管理でもABCランクで約80%でしたが、法務の方が点数が低い理由はCランク問題の多さです。

.
■分野別出題頻度・ランク分析■

次は、民法、会社法、知的財産権、その他(独禁)等に分けて分野別の難易度を確認します。
法務分野別の難易度

法務 年度・分野別の出題数
(データ出典:TAC )

会社法と知的財産権が二大論点。
会社法の方が出題数は多くなっていますが、難易度の差はほとんどありません。
また、どの分野も最後の2択Cランクの割合が一番多くなっています。
さらに、年度別に分野の出題数を集計すると会社法の出題が直近3年で減少していることがわかります。

.■ 論点別の詳細分析■

過去問を論点別難易度にまとめました。

 民法  会社法  知的財産権  その他 独禁・国際取引など
・ 債権、契約
・ 相続等
・ 株式と株主と計算
・機関設計
・組織再編
・資本市場 倒産
・産業財産権
・産業財産権の侵害
・著作権など
・その他知的財産権
・独占禁止法
・消費者保護法制
・国際取引 (英文契約)
・その他

法務論点別難易度

(データ出典:TAC )

【民法】
企業の契約に関わる論点を中心に押さえる。期限の利益などは実務においても重要論点。
相続は定期的に出題される。中小企業経営・政策の論点とも絡むなど重要ではあるものの、実際に出題されるとほとんどの受験生が正解を導くことができないでいます。ABランクの出題は0。しかし、現実の中小企業にとって事業承継が課題であるため、今後も出題がされることが予想されます。
その他の債権の回収など様々な法律があり、絞ることが難しいため、余力がない人は深追いは厳禁です。自分はここを深追いしたため、重要論点を疎かにしてしまいました。

【会社法】

経営法務において最多出題の分野ですが、最近は減少傾向です。機関設計等は大企業が中心の話になってしまい、中小企業でこのことに悩んでいる会社は少ないからでしょうか。その機関設計の論点をさらに細かく見ると内容はまちまち。道場の過去記事でも言われているように、同じような出題はされない。この点が経営法務の難しいところです。

【知的財産権】

会社法が減少している中、知的財産権は増加傾向です。なんで知的財産権が増加傾向なんですかね。会社法は出し尽くしたからでしょうか。そして、試験委員の先生はこの論点で笑わせにきます。7代目の碧も思わず笑っちゃいそうになったみたいですね。『海老みそプシュー』っと作問した時の先生はどのような気持ちだったのか、とても気になります。
時事ネタも好きです。平成26年は当時話題になっていたゴーストライターが出題されています。
今年の話題は経歴詐称というところでしょうか。

【その他】

この分野は独占禁止法と国際取引の英文契約が多く出題されています。
英文契約は毎年出題されているため、本番でも得点できるようにしたいところですが所詮2マークと割り切ることが大事です。この分野も民法同様にどの論点が出題されるのかあらかじめ予想することが難しい状況です。

■ 今年の試験の難易度など■

今年も経営法務で笑いが起きる。試験委員の先生も何か笑わせなければと意識していると思います
得点は例年通り50点台後半ぐらいで得点収まることが予想されます。
会社法と知的財産権の分野を中心に出題するため得点は安定。
会社法から知的財産権へと出題の傾向が変化しているため知的財産権の分野を重点的に学習しましょう。
過去記事で書かれているように経営法務の学習で大事なのは

過去問を解くたびにテキストに戻って、その論点の周辺知識をセットで暗記

ことが得点力向上の近道です。

では、まとめ。

・今年も笑わせてくれることが予想される。
・得点も例年通り50点後半ぐらいに収まる。
・会社法⇒知的財産権へと出題がシフト。
・同じ問題はでない。過去問+テキストで周辺知識を覚える。

byこば



安心・安全・安定の運営管理

f9e43b5d96d641f7a123fa16b1ac6723_m

 

おはようございます。こばです。

今回は安定の運営管理です。この科目はみんな安心して試験を受けられると考えているのではないでしょうか。
大幅に難しくなることもなく、常に安定した平均点を出しています。
安定しているものの、出題範囲は膨大なのが厄介ですね。
二次試験もあるので、そこそこでいいやともできない。

自分は工場萌えとまでは達していないが、工場や物流現場は好きで、運営管理も比較的得意でした。

 

暗記?理解?この科目はどっちってなることもあるのですが、基本的に学習は問題が解けるようになるまでやる。これだけ。
暗記して問題が解けるならそれで良し。問題を解くために、知識の理解が必要なら理解する。

それでは本題のデータ分析に入って行きたいと思います。

まずはこのデータ分析の意義の確認から。

このデータ分析の意義はどこが勝負の分かれ目になるかを把握し、重点的に対策を立てる論点を決めること。

データ分析に入る前に、科目設置の目的を確認しようと思います。

□ 運営管理 科目設置の目的□

・ 中小企業の経営において、工場や店舗における生産や販売に係る運営管理は大きな位置を占めており、また、 近年の情報通信技術の進展により情報システムを活用した効率的な事業運営に係るコンサルティングニーズも高まっている。
・このため、生産に関わるオペレーションの管理や小売業・卸売業・サービス業のオペレーショ ンの管理に関する全般的な知識について判定する。

この目的から、ITの活用の重要性を読みとることができ、出題数も最多になっています。
今後の現場オペレーションを改革するためには、ITの活用は不可欠でしょう。

次からはデータ分析に入っていきます。

.
■データ分析■

まずは、科目合格率と平均点の推移を確認します。

運営管理得点推移

(データ出典:中小企業診断協会・TAC )

年度別の難易度の変化も確認します。

運営管理年度別難易度

(データ出典:TAC )

過去10年の平均点が61.4点台と科目合格ラインを超えており、得点も安定しています。
毎年、ABランクでほぼ50%の出題になっていることで安定した平均点に収まっていると考えられます。
このことから運営管理が安心・安定科目ということが言えます。

.
■分野別出題頻度・ランク分析■

次は、生産管理と店舗・販売管理に分けて分野別の難易度を確認します。

運営管理 分野別難易度

(データ出典:TAC )

どちらの分野もABC問題が多く約80%の出題数を占めているため、科目として得点が取りやすくなっています。
生産管理の出題が多いものの、店舗に比べてやや難しい状況になっています。

.
■ 論点別の詳細分析■

過去問を論点別難易度にまとめました。

 生産管理  店舗・販売管理
・生産概論
★レイアウト
★★生産方式
★VA/VE
・生産技術
★★生産計画
★資材/在庫管理
★IE
★品質管理
・設備管理
・廃棄物管理
・生産情報システム
・まちづくり三法
・立地など
★店舗
★商品予算管理
★価格設定等
★物流
・JANコード
・販売データ分析
・販売システム

運営管理 論点別難易度

運営管理 論点別出題数

(データ出典:TAC )

【生産管理】

どの論点からも満遍なく出題され、Cランク問題もバランス良く出題されています。
このため、重要論点だけに力をいれても得点の伸びは期待できない。

そうなると二次試験で使う知識が何かを逆張りして、そこを重点的に暗記・理解する方がお得。

理解するべきことは、人やものの流れと情報をどう計画・実行・統制するか。その先の品質・コスト・納期の基準をどう守るか。さらに、理想的な現場がどういうものか、新規業務や業務量が増えると現場がどう変化するのかまで理解しておく。
そうすると生産管理の分野だけでなく、事例Ⅲが得意になる可能性が高まります。

【店舗・販売管理】

店舗・販売管理は生産管理に比べて、論点数が少なく取り組みやすいと思います。
店舗・商品予算管理・価格設定等・物流はABランクが多く、確実にとらなければならない論点です。
その反面、まちづくり三法やJANコードなどは対応しにくい。

店舗は用語を知っていれば解ける問題が多く出題されています。

商品予算管理はGMROI・基準在庫高などの計算問題が頻出。ここができないと得点に差が出る。
公式をそのまま覚えると難しいのですが、この式が意味することは何かを基に計算式を変換すると、めちゃめちゃ覚えやすくなります。

私もハカセの記事を読むとなんだその程度の公式かと思えて、超簡単に思えてきました。
百分率変異法は名前は仰々しいですが、ふたを開けるとどんぶり勘定です。
『売上の伸びの半分ぐらい在庫増やして持っていたら安全かな』って公式です。
そんなざっくりででいいのかって思えますが、試験ですので気にせずにおきましょう。

物流は似たような論点が繰り返し問われている。特に物流ABCはほぼ毎年問われています。出題者側が財務会計とも繋がっている論点だぞって教えてくれているのかなと思います。

情報系の問題も多く出題されているのですが、何でも問題できてしまう領域で事前対策が難しいかと思います。その中でもトレーサビリティ・EDI・POSは比較的繰り返し問われています。

■ 今年の試験の難易度など■

去年と比べると得点はやや下がると思いますが、60点ぐらいに収まると考えられます。
この科目で大幅な傾向の変化は考えにくいです。

安定科目であることに甘えることなく学習しておいた方が、夏以降の戦いを有利に進められると思います。
そして、運営が得意でも事例Ⅲが得意とは限らないのは問われ方の違い。

一次試験で問われるのは、知識のぶつ切り
二次試験で問われるのは、知識の繋がり

この違いを意識して学習を進めると、より効果が高まると思います。

最後に、5Sについて話したいと思います。
整理・整頓・清掃・清潔・躾
の頭文字をとって5Sとなりますが、明らかに最後の躾だけ内容が違います。

じゃーなぜ、最後に躾がはいるのでしょうか?
4つより5つの方がゴロがいいからだけかもしれませんが・・・

それは現場で求められることが

『決められてこと決められた通り、淡々と確実に実行すること』

だからだと思っています。

自分だけのナイスアイディアで勝手にやりましたなんて論外。

そこに感情が介入する余地はないのですが、人間が仕事をしているためややこしくなる。

・きつい・辛い・めんどくさい・嫌い・暑いなどなど

それを実行統制することがこれまた難しい。

これって二次試験の当日に似ているなと書いてて感じました。
では、まとめ。

・去年より得点は下がるが、安定の60点に収まると考えられる。
・生産管理は論点を絞りにくい、二次試験に直結する論点を重点学習。
・店舗管理は簡単な論点と難しい論点の差が明確。
・現場では決められたことを決められた通り実行する。

byこば



これは日本語なのか?
377429

 

おはようございます。こばです。
このシリーズも3回目になります。今回は企業経営理論です。多くの人がまず初めに勉強する科目でしょうか。この経営は過去問を解いて『これは日本語なのか?』と感じる人が大勢いるのではないでしょうか。自分もそうでした。
スピ門から過去問に勉強を移行して驚愕く、このレベルの違いは何なんだ・・・
7代目のたきも同じように感じたみたいですね

この科目にどう取り組むべきか。
診断士になるのであれば、この科目を得意にしたいところですが、あまり高得点は望めない科目でもあるので悩ましい限りです。

 

それでは本題のデータ分析に入って行きたいと思います。

まずはこのデータ分析の意義の確認から。

このデータ分析の意義はどこが勝負の分かれ目になるかを把握し、重点的に対策を立てる論点を決めること。

データ分析に入る前に、科目設置の目的を確認しようと思います。

□ 企業経営理論 科目設置の目的□

・企業経営において、資金面以外の経営に関する基本的な理論を習得することは、経営に関する現状分析及び 問題解決、新たな事業への展開等に関する助言を行うにあたり、必要不可欠な知識である。
・また、近年、技術 と経営の双方を理解し、高い技術力を経済的価値に転換する技術経営(MOT)の重要性が高まっており、こう した知識についても充分な理解が必要である。
・このため、経営戦略論、組織論、マーケティング論といった企 業経営に関する知識について判定する。

財務の視点以外からの経営分析が必要であると言っている。経営資源のカネ以外である、ヒト・モノ・情報について学習するのが企業経営理論。
その中で技術経営は重要な論点に位置づけられています。試験委員の先生は中小企業は下町ロケットのような町工場のイメージなんですかね。
次からはデータ分析に入っていきます。

.
■データ分析■

まずは、科目合格率と平均点の推移を確認します。

経営推移

(データ出典:中小企業診断協会・TAC )

年度別の難易度の変化も確認します。

経営年度別難易度

(データ出典:TAC )

過去6年は平均点が50点台で推移しています。安定している半面、高得点も期待できないと言えるでしょう。
毎年、ABCランクがバランスよく出題されていることで、この安定した平均点に収まっています。
この傾向から企業経営理論は、大成功も大失敗もない科目と言えます。

.
■分野別出題頻度・ランク分析■

次は、経営戦略・組織・人事労務・マーケティングに分けて分野別の難易度を確認します。

経営分野別難易度

(データ出典:TAC )

経営戦略とマーケティングの出題が多く、また難易度も比較的低くなっています。
組織・人事労務は出題が少なく、難易度が高い。この傾向は過去から変わっていません。
特に、人事労務に関してはAランク問題が1つもない状況です。
この分野は社労士資格として単独で成立するほど奥が深くなていて、事前の対策が難しいです。
二次試験にも関係なく、出題されても4マーク約10点と割り切って捨てることも作戦の1つです。

.
■ 論点別の詳細分析■

過去問を論点別難易度をまとめました。

 経営戦略  組織・人事労務  マーケティング
・経営概論
★成長戦略
★★競争戦略
★技術経営と外部連携
・ガバナンス他
★組織構造論
★組織行動論
・人的資源管理
・労働関連法規
・マーケティング概論と戦略
★マーケティングリサーチ
★★4P戦略
・関係性マーケティング

経営論点別

(データ出典:TAC )

【経営戦略】

経営戦略の知識は二次試験の土台。
一次試験の問題を解きながら、きっちり基礎固めすること。ここがおぼつかないと与件文の理解・分析が厳しくなります。
最多出題が技術経営と外部連携。目的条文に掲載された論点だけあって一番多くなっています。
競争戦略が次に多い、成長戦略と合わせて、きっちり覚えて理解しましょう。
この競争戦略で重要な人物がポーター先生。
ポーター先生から試験合格への差別化戦略を学ぶ。さらに余力があれば、どう二次試験でどう活用するのか検討しておきましょう。経営はいろんな外国人の先生が登場するので、顔を見てイメージで覚えましょう。

また、平成26年の事例ⅡではPPMの知識が直接問われることもあるので、知識が曖昧だと厳しい結果になってしまうかもしれません。二次試験で5フォースに当てはめて状況を分析しなさいなどの知識問題が出題されてもおかしくはないのかなと思います。

【組織】

組織の論点としては組織構造論と組織行動論の2つ。
しかし、組織は難しい。
一次試験で正解できることも重要だが、正解できるだけでなく知識をきっちり理解する必要があります。

組織構造論は事例Ⅰで必須な知識です。
チャンドラー先生の『組織は戦略に従う』はニ次試験でも良く使います。
個人的に好きな先生はバーナード先生です。
共通目的・貢献意欲・コミュニケーションの経営組織の成立条件は深いですよね。

組織行動論のモチベーション理論は外人顔シリーズの見せ場。とにかく顔と名前とセットで覚える。
そして、Joan Woodwardの考えに想いを馳せましょう。

【マーケティング】

マーケティングはやっぱり4P戦略。製品・価格・チャネル・販促の4つが重要。
製品はさらにブランド等の細かい論点に分かれるため、深堀が必要です。
この知識は事例Ⅱのマーケティング戦略の切り口として活用します。
特に去年の平成27年の問題ではしつこく聞かれた論点です。

.
■ 今年の試験の難易度など■

この科目は難化も易化もしないと思います。
例年と同じように50点後半の平均点に落ち着くことになるでしょう。
その安定した難しさをどう乗り越えるか。

その答えは過去問の中にあると思います。
この科目は単なる知識の暗記や理解だけでは得点しにくく、試験問題に応じた対策が必要になります。

・どの論点が問われているのか気づくセンス
・そのセンスを裏づけする知識
・どのようにひっかけてくると間違えるのかの作問者視点

これらの切り口で過去問分析してみてはどうでしょうか。
8月6日、知識から逃げなかったその先にあるものが何か自分で確かめてみましょう。

では、まとめ。

・今年も変化なく低位安定得点が予想できる。
・ポーター先生から差別化戦略を学び試験に活用する。
・組織論は顔とセットでイメージで覚える。
・マーケティングは4P戦略。
・知識から逃げない。センスを知識で裏づけ。

byこば

—————緊急告知!—————

東京にて、1次試験受験者にとって天王山となる、5月から8月に向けての1次対策セミナーを開催します!

日時:4月29日(金)14時〜

場所:中央区日本橋公会堂

4月10日(日)より募集開始!

7代目フェイマオを総合プロデューサーに着々と準備中です♪

お楽しみに!



今年は難化確実の財務会計
でも、財務得意なら事例Ⅳで一発逆転が可能

138023  103554

おはようございます。こばです。球春到来し、野球ファンにはこれから楽しい季節ですね。
去年は勉強をしていたため、1回も野球を観に行けなかったな。去年のこの時期と言えば、診断士試験に革命が起きた時期ですね。得点開示ができることが判明した時期です。それで事例Ⅳで一発逆転も可能と判明し、事例Ⅳ対策にめっちゃ注力したのに・・・

話は変わり、春分の日の3連休に名古屋に行ってきました。名古屋と言えば和尚。
和尚にいろいろな珍スポット、名古屋に来た人が一般的には行かないような場所に連れて行ってもらいました。

和尚と言えば財務で一発逆転。道場で財務の話中心の和尚ですが、道中は恋愛トークがメインでした。
この記事の写真は和尚が四日市港まで車を走らせて撮っているとのことでした。
さすが和尚、目に見えない部分にも手を抜かないなと感心しました。(笑)
その旅行の途中に財務の話も少し。
決算書から過去の会社の状況・はたまた社長の性格までわかるということを教えてもらいました。
簿記3級すらない財務素人の私としてはまさに目から鱗。
事例Ⅳ対策はかなりやりましたが、経営分析でそのような切り口で財務諸表をみたことはありませんでした。
財務の奥深さを改めて思い知らされた次第です。
 そのことについては和尚がこのブログで書くでしょうから、ここでは割愛します。

それでは前置きもこれくらいにして本題に入っていきたいと思います。

前回も書きましたが、大事なので再度書いておきます。
このデータ分析の意義はどこが勝負の分かれ目になるかを把握し、重点的に対策を立てる論点を決めること。

データ分析に入る前に、科目設置の目的を確認しようと思います。

□ 財務・会計 科目設置の目的□

・財務・会計に関する知識は企業経営の基本であり、また企業の現状把握や問題点の抽出において、財務諸表等による経営分析は重要な手法となる。
・また、今後、中小企業が資本市場から資金を調達したり、成長戦略の 一環として他社の買収等を行うケースが増大することが考えられることから、割引キャッシュフローの手法を 活用した投資評価や、企業価値の算定等に関する知識を身につける必要もある。
・このため、企業の財務・会計 について知識を判定する。

この目的からも一次財務、二次事例Ⅳの頻出論点である経営分析の重要性を感じますね。

このデータ分析シリーズをしていてたった二科目目ですが、
以前から感じていた、この中小企業診断士試験の不条理さの謎が少し解けたような気がします。

なぜ、こんなにも科目・年度ごとに得点がばらけるなど不確実性が高いのか。

作問者からの熱いメッセージ、

不確実性の高い経営環境に置かれる企業に対して、
診断士として助言をするのなら
試験の不確実性を乗り越えるための対策ができずにどうする。

ということではないでしょうか。
本題から離れてしまいましたが、次からはデータ分析に入っていきます。

.
■データ分析■

まずは、科目合格率と平均点の推移を確認します。

財務会計の傾向
(データ出典:中小企業診断協会・TAC )

年度別の難易度の変化も確認します。

財務会計年度別難易度

(データ出典:TAC )

このデータの変遷からわかることは易化した年の翌年は必ず難化していることです。
平成17・21・25年と過去3回で60点以上の平均点になった後は約10点ほど平均点が下がっています。
このことからも今年の財務会計が難化することを予想することが無難となっています。

.
■分野別出題頻度・ランク分析■

次は、制度会計・管理会計・ファイナンスに分けて分野別の難易度を確認します。

財務会計分野別難易度

(データ出典:TAC )

このデータから言えることは管理会計が比較的取り組みやすいものの、出題数が少ない。
制度会計とファイナンスは出題数が多いものの、難易度が高く勝負の分かれ目になるということ。

.
■ 論点別の詳細分析■

道場の過去記事の論点で過去問の論点別難易度をまとめました。

制度会計 管理会計 ファイナンス
★★経営分析
★BS・PL作成
・CF計算書
・会計規則
・その他制度会計
.
★CVP分析
・利益差異・セグメント損益
・業務的意思決定
・構造的意思決定
・原価計算
.
・株価の計算
★DCF法(企業価値)
・資金調達
・証券リターン・リスク
・CAPM
★デリバティブ

財務会計論点別難易度

(データ出典:TAC )

【制度会計】

経営分析は必ず当たり前に正解する。二次で使用するため、計算だけではなく、分母分子の項目の説明もできるようにしましょう。
簿記論点の得意不得意で点数の差がつく。

最多出題数を誇る会計規則は超難問揃い、差がつかない論手かというと意外とCランクが多数。
勝負の別れ目になること必至。
しかし、対策が非常に難しい。過去問と同じ論点はまず出ない。
二次試験でもまず出ないが、難問とあきらめ80点満点で勝負するよりも、

今年は出題数が多いファイナンスリース・税効果会計などを周辺論点も含めて確実に覚える方が無難。

去年、私は会計規則の勉強について、道場に質問してまでかなり行ったが出題実績なし。
あの勉強時間はなんだったのか

【管理会計】

CVPNPVの情報システムっぽい用語の論点が最重要。事例Ⅳでも頻出論点。
特にNPVが得意になると複数論点の問題に対応可能になり事例Ⅳ荒稼ぎ。
財務得意な方限定ですが、事例Ⅳ対策も兼ねてイケカコをやるのもあり。
このイケカコで学ぶことは、どのように解答するかではなく解答するために必要な情報を読み取る力
この力が事例Ⅳの得点差。

【ファイナンス】

証券リターン・リスクMM理論企業価値、CAPMデリバティブなど頻出論点多数。
デリバティブは去年の出題が0なので、要注意。
問題の形式に慣れれば、そこまで難しくない。

.
■ 今年の試験の難易度など■

今年はまず間違いなく、難化します。去年並みに簡単と考える方が無理がある。
今年の試験は80点満点と思えるような試験の可能性も十分あり得る。
見たことない会計規則が怒涛のように問われ、試験前半でパニックになるようなことも。

そのことを踏まえてタイプ別に対策を考える。

■財務一生お友達タイプ■

財務会計を毛嫌いするタイプ。

財務会計だけで合格点を確保しないと割り切って、他の科目に注力するのが大事。

それでも40点未満になったらそこで試合終了。

そうならないために、AB問題・頻出論点に注力する。その上で試験当日をどう乗り越えるか。

まずは足切りにならないようにベタ問10マークを確実に当てる。

その上で悩みどころの最後の2択に時間をかけて少し得点上乗せ。DE問題は解かなず時間を他の問題に時間を回す。

■財務片思いタイプ■

財務会計が比較的得意なタイプ。

論点別に勉強するのではなく、年度別に時短で過去問解答がおすすめ。
時短で解くと意外なところでミスするもの、その状況が本試験と似ている。

試験本番での計算処理能力を高めても、簿記知識に欠けるようだと足元がすくわれる可能性あるので要注意。

問題がでる会計規則の勉強法をどうするか。
同じ問題はまず出ないので、地道に周辺論点まで勉強する。
簿記1級用テキストの『究極の会計学理論集』がおすすめ、だけど深追いはダメ。

■財務相思相愛タイプ■

このタイプは税理士や簿記1級取得者のため、対策は割愛します。

では、まとめ。

・今年の財務会計は難化が確実に予想できる。
・財務が得意なら事例Ⅳでの一発逆転も可能。
・試験当日は、足切りにならないように当たり前10マークを死守する。
・時短回答で試験本番に起きるミスを想定する。
・高得点の境目は会計規則の適切な対策、だが深追いは厳禁。

byこば

—————緊急告知!—————

東京にて、1次試験受験者にとって天王山となる、5月から8月に向けての1次対策セミナーを開催します!

日時:4月29日(金)14時〜

場所:中央区日本橋公会堂

募集開始したら、再度ご連絡しますね!

7代目かおりんの司会で進行予定です。

お楽しみに!



一次試験勝負の分かれ目~経済学~

経済

こばです。 前回前々回とこの試験の厳しさについて書きました。
今回からは一次試験のデータ分析をして行きます。
データ分析シリーズは過去記事にはあるのですが、いつの間にかなくなっていたので復活です。

このデータ分析の意義はどこが勝負の分かれ目になるかを把握し、重点的に対策を立てる論点を決めること。
しかし、このデータを活用する場合に注意しなければいけないのはコアコンピタンスは外注してはいけないということ。どこが勝負の分かれ目になる論点かがわかったら、その先の勝負の分かれ目になったポイントが何かは自分で分析すべきと思います。

データ分析に入る前に、科目設置の目的を確認しようと思います。

□ 経済学・経済政策 科目設置の目的□

・企業経営において、基本的なマクロ経済指標の動きを理解し、為替相場、国際収支、雇用・物価動向等を的 確に把握することは、経営上の意思決定を行う際の基本である。
・また、経営戦略やマーケティング活動の成果 を高め、他方で積極的な財務戦略を展開していくためには、ミクロ経済学の知識を身につけることも必要であ る。
このため、経済学の主要理論及びそれに基づく経済政策についての知識を判定する。

実務補習でこの科目が置かれていることの重要性を認識しました。
経営上の意思決定を行う際にはやはり、外部環境の変化を分析する必要があります。その時に使用したフレームワークがPEST分析です。P:政治、E:経済、S:社会、T:技術の変化を分析し、企業の経営戦略を決定します。経営環境の大きな変化を捉えるためには経済学の基本的な知識は必要になります。

目的を確認しましたので、次からはデータ分析に入っていきます。

.
■データ分析■

まずは、科目合格率と平均点の推移を確認します。

経済学データ
(データ出典:中小企業診断協会・TAC )

数値の乱高下が激しいことが一目瞭然となっています。
全期間の平均よりも直近の平均の方が、合格率・平均点ともに減少傾向であり難化している。また、平成22年25年得点調整が入るなど超暴れん坊な科目です。
試験1科目の経済学でこけると、その後の試験に全て影響してしまう。年1回の試験が初日の1科目目でゲームセットになってしまったら、泣くに泣けない。貯金科目にできるように万全の対策をしたい科目です。

.
■分野別出題頻度・ランク分析■

次は、ミクロ・マクロ・その他に分けて分野別の難易度を確認します。

経済学分野別難易度

【ミクロ分野】

落とせない分野です。
出題数が一番多く、またABランクも約50%でEランクもないため、一番力を入れて対策を行うべき分野になっています。

【マクロ分野】

勝負の分かれ目の分野です。
ABランクで約27%、Cランクで約50%とミクロに比べ難易度が高い状況です。この分野の得点の違いが合格・不合格の差になります。

【その他・白書分野】

差がつかない分野です。
CDEランクで約90%と超難問、基本鉛筆ころがしで対応するしかないでしょう。

.
■ 論点別の詳細分析■

さらに論点別の難易度の確認をします。この経済学の論点は6代目のXレイが分類した論点を活用しています。

経済学論点別難易度

 

【ミクロ分野】

予算制約線・無差別曲線【スルツキー分解】の出題数が多くなっています。これは毎年、複数問の出題がされているからです。毎年、出題されていても約半数はCランク。この論点が苦手の場合は複数問で失点する可能性があり、厳しい状況になります。異時点間の消費の理解ができればこの分野は大丈夫でしょう。
また、ゲーム理論も超頻出。この論点は落とせないが、意外にAがない。去年もCランクで勝負の分かれ目の問題でした。

【マクロ分野】

財市場【均衡GDP計算】【45線分析】と財政・金融政策【IS-LM分析】は勝負所と考えられます。毎年、出題され難易度もそこまで高くないため確実に取りたい論点です。
また、マンデル・フレミングは経済学の応用分野であり難しい論点でありますが、意外と出題されていません。ここの論点が苦手の場合は、丸暗記で対応してもいいかもしれません。

【その他・白書分野】

対応は試験対策として何か特別なことをする必要はないと個人的に思っています。常日ごろから新聞やニュースなどをチェックするぐらいに留めて置きましょう。

.
■ 今年の試験の難易度について■

去年は平成25年のような難問が予想されていましたが、やや難化程度の変化に留まりました。

では、今年はどうか。
ほぼ変わらないか、やや難化すると考えています。
基本的に難化すると思って対策を立てていた方が、試験を受けるにあたって良いと思います。
難化すると思って対策を立てていた場合は、予想と反して易化しても問題ありません。
それに対して、易化すると思って難化した場合は太刀打ちできません。

得点調整を2度経験したことで、難化させて合格者数が想定よりも減少してもなんとかできるため要注意です。
難化した場合に問われるのは、その科目について本質的に理解しているか。

去年難化したから今年は易化すると楽観視するのではなく、難化しても得点できるように経済学を味方にして一次試験を有利に進めましょう。

では、まとめ。

・得点の乱高下が激しいため、貯金科目にできるように万全の対策を行う。
・ミクロ分野は簡単だから落とせない、しっかり理解する。
・マクロ分野が勝負の分かれ目、得点差が合格・不合格に直結する。
・その他・白書分野は鉛筆転がしで対応すると割り切る。
・経済学は勝負の分かれ目、味方にして一次試験を有利に進める。

byこば



二次試験もやっぱり不合格率80%
一次より低いけど、約4,000人が落ちてしまう。

挫折

一次試験同様にニ次試験も不合格率が約80%あり、リスクの高い試験です。

一次合格者が倍率5倍で競う二次試験は、一次より難しい。

でも一次試験よりも問題の難易度は難しくない。
それは二次の解答要求が聞かれたことに答えるだけだからです。
二次試験で必要なことはその程度のものです。

難しくないにも関わらず、80%の人が落ちてしまうのはなぜか?

二次試験は問題のデザインが悪いから□

・二次試験は1年で合格する人もいれば、何年かけて合格しない人がいる。この不合格になる原因は、個人の実力差ではなく、そもそも10人中8人を不合格にするようにデザインされた合格しにくい試験にしているからである。

二次試験が一次試験よりも曖昧で答えが明確に公表されず、採点基準すらわからない。加点法なのか、減点法なのかすら不明な試験であるため、みんなが勝手に試験を過大評価してしまい、試験本番で緊張・力み・焦りを引き起こしミスをしてしまうから。

平成27年の二次試験問題を基に代表的なデザインの悪さを見ていきたいと思います。

■悪さ1:聞かれていることがしばし意味不明■
事例Ⅰの設問5 組織文化の変革や人材育成の助言問題
A社は~。そうしたサービス事業を~留意~組織文化~人財育成~。~助言せよ。
前置きが長く、何について答えるのかしばし意味不明????
組織文化の改革?人財育成?具体的なこと?留意することだけ?
設問文でそうなどの指示語を入れることで、文字数を増やし聞いていることが何かがわかりにくくデザインされている。

■悪さ2:解答するために必要な情報が明らかに不足■
事例Ⅱの設問1‐2 誘致すべき新しいサービス業を助言する問題
新しいサービス業を答えなければならないのに、現在商店街に入っているサービス業の情報なし。
最近の傾向として与件文の情報の希薄化が進んでいます。さらに考えられるか系の類推問題が増加しており、与件文に記入されていない情報を考えて補う必要があります。この類推のブレが起きるように試験はデザインされている。

■悪さ3:本質的な原因よりも表面的な問題が目立つ■
事例Ⅲの設問1-3、2
誰でもわかるようなベタな問題が記載されており、解答の根拠として飛びついていまう。誰しも問題を正確に早く解きたいと心のどこかで思っているため、こんなにわかりやすいわけないと思いながらも根拠として使用してまう。試験本番の緊張を上手く利用したひっかけミスを誘発させるようにデザインされている。

 

ではこのデザインが悪い試験をどう乗り越えるのか。
自分が去年考えたことを述べたいと思います。

□抜本的な解決策はない□

二次試験におけるベストノウハウは存在しない。だから限界までどうすれば不合格にならないかを考えた。その中で、Sランク合格者がいうことは概ね同じように感じられた。

・しかし、他者の思考プロセスはコピーできない。と6代目うみのは断言。この記事は個人的にうみの記事で最高傑作。
できないといわれることができれば合格と考え、合格者の思考プロセスをコピー使用と決めた。

 

□思考プロセスをコピー□

思考プロセスをコピーしようと決めた人物は3人。

人物 選考理由
ふうじん スト生でSランク、答案も確実合格レベル。
ひめ Sランクと紹介、試験対応がさすがSランクと感じたから。
うみの 思考錯誤した現場対応がスト生の合格基準と考えたから。

・基本的に他者の思考プロセスはコピーできない。しかし、できない訳ではないと思う。
そのために必要なものはひたすらその人物が考えた思考プロセスを忖度すること。
その忖度するために活用したのが道場記事とふぞろい事例ドキュメント。

この人達が事前に考えたこと、試験当時に考えたこと、再現答案を毎日ひたすら読んだ。
特にふうじんの記事を過去記事も含めひたすら読んだ。

【2次ストレート(1)】3人のロールモデル(お手本)
【2次ストレート(2)】学習計画=6+5週間>11週間
【2次ストレート(3)】AAAA合格説
【2次ストレート(4)】財務コツコツ⇔スラスラの差
【2次ストレート(5)】80分間の解答プロセス
【2次ストレート(完)】目指せスト合格。でも合格は目的でなく手段。
【2次】合格仮説コンテスト
【2次】実は団体戦
【模試終了】目から鱗特集
【ラスト5週】Aランク実感 vs.Bランクの悩み
【ラスト4週】「予想して読む」力
【ラスト3週】解答時間圧縮法(前編)
【ラスト3週】解答時間圧縮法(後編)
【ラスト2週】明鏡止水vol.3
【ラスト1週】道場謹製:これやったらOUT集
【ラスト1週おまけ】AAAA合格説vs.総得点説

 

□思考プロセスコピーのその先□

他者の思考プロセスをコピーできたかは不明だが、しようとしたその先に見えたものがある。

それは特別なものではなかった。

なんだそんなものかと思うような当たり前のことでした。

特別なことは問われていない試験なんだと、思考プロセスが一巡したことが非常に大事だったと思います。
そう感じるようになったことで見える世界が変わりました。

試験対策を進めていくと、いろんな知識ノウハウが蓄積されます。

設問を読むときはこういうことを注意しよう、与件文を読む場合はSWOTを意識して、時系列会社の変化をとらえて、今後の進むべき方向を考える、この設問に対する解答のキーワードは等多くのものが蓄積されます。

思考プロセスをコピーしようとひたすら考えたことで、この蓄積された知識ノウハウがそがれていく感覚がありました。

考えることがシンプルになり

二次試験とは『聞かれたことに答えるだけ

と自分の中で明確に断言できるようになりました。

様々な対策をして思考プロセスまでコピーしようとして行き着いた先がこれです。
デザインの悪い試験ではあるが、聞かれたことが何かを明確にわかれば解答することは難しくない。

ではまとめ。

・一次より低いけど、やっぱり不合格率80%のハイリスク試験。
・一次試験よりも問題の難易度は低いが、しばし意味不明なデザインでミスを誘発させる
・他者の思考プロセスをコピーできるかは不明
・二次試験とは『聞かれたことに答えるだけ』と断言できるまで考え抜くと見える世界が変わる

byこば



 

一次試験は不合格率85%

約17,000人が通過できない。
赤点

いきなり暗い話になってしましましたが、この事実から目をそむけてはいけないと思います。短時間合格を果たした人がいるその一方で、17,000人もの人が試験を通過することができない状況です。この不合格率の高さをどう乗り越えるかを考えることが、これからの試験対策に必要と思います。

勉強を進めれば進めるぼと、合格は近づいていると思える一方で、不合格のリスク・不合格の恐怖を感じてました。
この試験では常に85%の人が落ちるんだと考え、どうしたら不合格にならないのかを考えていました。

去年に合格率について深く分析した記事がありますので、是非読んでもらいたいです。
この記事から中小企業診断士試験の危険性を感じて欲しいなと思います。

・大多数の人は落ちる。
・周りの受験生と同じことをしていては落ちる。

この記事を読んで危機感を感じることが大切と思います。

私は人間は安心・安定・満足すると、そこで成長が止まると考えています。
それは、現状も悪くない、こんなもんでいいかと思考が停止するからです。
それに対して、危機感・恐怖がある場合は、それを打破するためにどうするかを必死に考えるため、成長が促されると思っています。

.

□それでもまだ間に合うの?□

こんなにも不合格が高い試験において、『まだ間に合います、今から始めても大丈夫です』って去年にネットで見かけたことがありましたが、何がって思ってました。
確かにネットの情報を見ていると、短期合格した人が少なからずいます。その人たちは自分の経験を基に今から勉強しても間に合いますって言っていることが多い。短期間で受かったという事実を基に情報を発信しているのだから、間違った情報ではないと思います。しかし、万人に共通する情報かどうかを吟味する必要があると思います。

万人にまだ間に合うことは何でしょうか?

一次試験の申込みぐらいではないでしょうか。

これは確実に間に合います。まだ、試験日程すら発表されていませんので、これには確実に間に合います。

ただし、怪物は例外です。圧倒的なポテンシャルの高さと勝負強さで短期間での合格も可能です。一般人が単純にこれを真似することは難しいですが、物事の本質をついているので、参考にすべき点は数多くあります。できるようになるまでやる。それだけなんですよね。それが人より早いか遅いかだけで、できるようになるまでやれば誰でも点数がとれるんですよね。

一部の怪物は別として、大多数の受験者が不合格になる試験をどう攻略するかを考える必要があると思います。

.

□未来を予測するための受験生ブログ□

私がおすすめする攻略方法は、王道タイプの合格者の行動を分析し真似をすることです。
その人達には、不合格リスクを最小にする何かがあったはずです。
何を考えどう行動していたのかを分析し真似をすることで、この試験のリスクを最小限にすることができると考えています。

去年、私が真似をした人たちが初代の方々です。
この方達が全員ストレート合格をして立ち上げたのが道場です。この人達と同じ思考力・論理力に到達すれば受かると考えました。

いろいろ素晴らしい記事や資料もあるのですが、ストレート合格を狙う人に一番のおすすめは、ハカセの受験生時代のブログです。ストレート生は絶対的にこの試験への経験値が不足しています。まだ試験を受けてもいないのだから当然です。その経験不足を補うために、未来を予測するために、このブログ定期的に読んでいました。
合格体験記からは読みとれないことが沢山このブログには詰まっていると思います。
かなり参考にさせて頂きましたが、一部反面教師、一次試験後に一次試験のことを詳細に振り返ること。これは参考にしまへんでした。

初代の方々のストレート合格の要因は道場基本理論の通りです。
でも、この理論はあくまで一次試験メインだそうです。

.

□道場理論をパクッテカスタマイズ□

週25時間ストイック勉強法
⇒超ストイック・週35時間
勉強時間はあまり関係ないが、勉強することで試験当日の自信がつく。

一次500点学習法
⇒目指せ一次8割560点
結果は431点ギリギリですが、実力の8割ぐらいは出せたと考えております。
8割を目指して、ギリギリの点数になってしまった原因は知識量が増えて混乱したことがあります。
知識の整理をせず知識を増やしていったため、最後の2択を考えすぎて間違えてしまいました。
このごちゃごちゃの知識が二次試験の勉強で本格的に進めていく中で、整理されたように思います。
本当は一次試験までにやらないといけないんですが、実力が足りずこのことの大切さに気づきませんでした。

.

一次無双の先にあるものとは

一次試験は420点で合格なのに、二次試験へのアドバンテージにもならないのに、500点以上とっても意味ないよ、と思う人もいると思います。

もう一度考えてみて下さい。
各教科の難易度変化、緊張周囲の陽動作戦、など試験当日の不確実性を考慮してもそう思えますか?

これら点数を下げる不確実性の要素を考慮した上で、当日100%合格点をとるためには、自分の得点レベルを上げておくしかないと思いませんか。

私はこれの500点勉強法が一次試験のリスクを限りなく0にする方法だと思います。
一次試験のリスクと全く相反する動きをするのがこの500点学習法、二つの相関係数が-1になる関係。

各教科の試験難易度変化に対し、7つの至高の盾を用意して、リスク分散を図る。
当日の緊張や陽動作戦に対して、もう自分だけは特別な存在、自分が分からない問題はみんな分からないと勘違いでき、明鏡止水の境地でリスク0。

このレベルに達すればほぼ間違いなく合格すると思います。

この一次試験で身に着けた知識が二次試験で大きな武器になる。
昨日よりも今日、今日より明日、明日より明後日もっと輝けるように、日々の勉強を積み重ねましょう。
そうすれば自ずと道が開けるでしょう。

.

□一次試験これやったらOUT□

借り物の実力は試験には通用しない。
試験に必要な実力は人から教えてもらうのではなく、自分で考えそのレベルに到達する。

1、答練で良い点とって橋げた完成したつもり
答練で80点とったから試験に合格するのではなく、1つの目安です。
初代の答練結果。
答練

こばの5月模試結果。独学のため、答練なし。
こば模試

大事なことは限界まで勉強し、点数に一喜一憂できること。
ここで点数にこだわらなければ、勝ち癖はつかない。

2、勉強会に参加して勉強したつもり
勉強会は不要と私は考えています。試験本番を乗り越えるのは自分の力のみ。
試験本番中に勉強仲間は誰も助けてくれません。もし助けてくれたら、それはカンニング。

3、突然のピーキング
ピーキングができれば大きな武器です。試験本番で最大限の力を発揮できます。
しかし、突然はダメ。練習してないことを試験本番で行うのは危険。
突然やるといつもと違う体の感覚になり、自分を見失い試験問題に集中できない。

4、試験を本番として受ける(ただし、模試は本番として受ける
本番として受けると意気込み・力みいつもと同じ行動ができず失敗のリスクが高まる。
試験本番は自分を高めてくれる最高の練習。

それでは今日のまとめです。

・一次試験は不合格率85%のハイリスク試験
・今から確実に間に合うのは一次試験申し込み、合格ではない
・合格者ブログで未来を予想し、試験時当日を想定する
・勉強したつもりではなく、限界まで勉強し点数に一喜一憂すること
・試験は特別な日ではない、いつもと同じことを淡々とマークするのみ

byこば

 



はじめまして。こばと申します。
7代目としてこれから執筆させて頂きます。
よろしくお願いします。
合格体験記を掲載していただいているので、もしよければこちらで確認してみてください。
ストレート合格はたまたまと言われるけれど、それを必然合格にするために考えてきたことを中心に、これから1年間記事を書いていきたいと思います。

それでは本題に入りたいと思います。

どれだけ勉強したら合格? 合格に必要なものって何?

 

komarigao

最初に思った疑問点が、どれだけ勉強すればいいのだろうかという点でした。独学で勉強を始めたこともあり、この試験の全体像が全く見えていなかったので、当然合格に必要な何かもわかりませんでした。

独学で聞く人がいなかったので、グーグル先生に質問してみました。
グーグルで 中小企業診断士 勉強時間
中小企業診断士 難易度 など

超短時間で合格した人もいるようですが
概ね1,000時間ぐらいのようでした。
多いと思うか、少ないと思うか、それは個人それぞれ違うでしょう。

自分は後者です。以外と少ないなと。一方で気になったのが、合格率です。一次二次の単純合算で5%ぐらい。そんだけしか受からないのかと。こっちの方が衝撃でした。でも、自分を変えよう、進化させようと決意したのだから絶対合格してやろうとも思いました。
独学では試験に合格するための情報が足りない。どうにかしなければ合格できないと考え、ネットで情報収集をかなり行いました。その中で、合格した人は何を考え、どう対策を打ったのか知りたくなり合格体験記を読みました。それがこの道場を初めて知ったきっかけです。それからは勉強の間の休憩や悩んだ時を中心に読んでいました。

1,000時間という基準が正しいのかを検証するため、道場投稿された合格体験記から平均の勉強時間を算出してみてみました。

ストレート: 約1,043時間
2年まで :約1,176時間

多年度合格生は勉強時間の記載がほぼない状況。記載がある人でだいたい1,000時間

やっぱり1,000時間ぐらい勉強したら受かるのかもしれないですね。
でも本当に妥当なんでしょうか?

ストレート合格でもこんなに違いがある状況です。
最短時間は320時間
最長時間は2,060時間

去年は明確に平均の勉強時間を算出はしていませんでしたが、こんなにも違う理由はなぜだろうと考えていました。
当たり前ですが、合格体験記は成功した人の情報でしかない。短期間・短時間合格者がいるのも事実。その一方で、不合格者が年間2万人ぐらいいる。この人たちの情報が余りない中で、合格体験記の情報を鵜呑みにするのは危険。そもそも前提条件が違いすぎる。道場に掲載されている合格体験記だけでも弁護士・税理士・社労士・簿記1級等の難関資格保有者がいれば、なんの資格もない人もいる。こんなに違うんじゃ、一律何時間勉強したらいいなんてわかんないな。

でも平均するとだいたい1,000時間になるのは、なぜなんだろうか?とも考えました。
そして分析結果として

1:広範囲の試験内容を網羅するため
凸凹だった知識を平らにする

一次7科目と二次4事例である、診断士試験の内容を最初から網羅している人は少ない、その凸凹を埋め合格レベルに持って行くには時間が必要です。
今、どれだけ水が入っていますか?人それぞれ違いますよね。『短時間合格できます』というのも事実ですが、短時間合格できる人はこの水の量の初期値が多いでしょう。

2:二次に合格するための地力を上げるため
2次試験戦略と対策~ 2016年合格目標 ~

上記リンクの動画で師は二次試験には高い地力が必要と明言。1のリンク記事と師が言うことの違いにも注目。一次マーク試験のように勘では得点しにくい。与件文の希薄化・グラフや図による情報量の増加で読む・考える・書くの高さが必要。読む・考える・書くとは勉強におけるポテンシャル、そのポテンシャルが高い人間を合格させる試験に変化している。読む・考える・書くのレベルを上げるには時間がかかる。

上記の分析した上で、自分がどうすればこの診断士試験に勝てるのかを考えて行動しました。

基本戦略
短期間で受かる人もいるがそれは少数。自分には無理。リスクが高過ぎて採用できない。
絶対に受かるために、圧倒的な勉強をしよう。

週35時間勉強
⇒通常の受験生週20時間の1.75倍の勉強量で差別化。一次試験の合格レベルへの早期到着。 GW模試で420点越え

二次試験先取り学習
⇒一次はあくまで通過点と考え、通常の受験生が一次に専念する中、1月から二次試験の先取り学習。3月、5月と二次模試を受けることで、8月以降の戦いを有利に進められたと思います。あくまでストレート生の中だけでしょうが。

これは一つの例であるだけですので、この通りやれば合格できる訳では全然ありません。
大事なのは自分で考えて行動することです。
自分がこれから合格するために、どうするのかを考えてみてください。スト生も多年度生もみんなこの時期には考えておくべきかと思います。

過去記事で、診断士試験を受かり方をタイプ別にまとめています。
自分はどのタイプに当てはまるのか。どのタイプを目指すべきか考えてみてください。
合格者タイプ
スト生は道場王道タイプを目指すべきと考えます。

なんで、スト生は道場王道タイプがいいのか?
それは一次二次合算で約5%の合格率を極限まで高めるられるからです。
個人的に合格率とは下記に分解できると考えています。

合格率=知識・ノウハウ × 実戦力 × 合格センス

知識・ノウハウ=試験に合格するための武器
実戦力=本番での強さ
合格センス=教えたり教わるものでなく、普段の行動の積み重ね。運を味方にする力。

合格率を高めるためにどうするか。人から教えてもらうのではなく、合格するために必要なものが何かを考え自ら行動する。今後の未来を切り開くのは自分のみ。

行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。

去年までと違う自分になるために、今の行動を変えてみる。
その行動を積み重ねた先に見えるものが、合格に必要なものなのではないかと思います。
人それぞれ能力が違うため、勉強時間が合格に必要な何かではないことは確実です。

あえて何かを表現するのであれば、
中小企業診断士試験とはこういうものなんだ
中小企業診断士試験の本質とはこうだと明確にすることではないかと思います。

私は中小企業診断士試験の本質とは
『社長の想いに忖度できる人材を選抜すること』ではないかと最近考えるようになりました。

社長の想いに忖度するための知識の土台を作る一次試験、
社長の想いに実際に忖度できる人材かを見極める二次試験

抽象的になってしまいましたが、では最後にまとめです。

・短時間合格は可能でも人それぞれ(1000時間は目安)
・合格センスを磨き、一発で受かるのが王道
・合格センスは普段の積み重ね、一朝一夕では身につかない
・人生を変えるため、今の行動を変える
・合格ための何かは、診断士試験の本質を明確にすること

累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

春セミナー@東京&大阪
終了しました

大阪セミナーレポートはこちら
東京セミナーレポートはこちら

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX