投稿者「 » かおりん」の記事



今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

この書き出しでBLOGを書くのも最後かと思うと、感慨深い限りです。1年間、診断士受験生の方に向けて発信する機会を頂き、私自身とても勉強させてもらいました。ありがとうございました。

通常であればこの時期は「合格体験記」連載なのですが、今日は7代目から8代目にバトンタッチする狭間の1日で、フリーテーマで書かせて頂くことになりました。

undoukai_relay

何を書こうかな・・・と思った時に、私が6代目方々からバトンを受け取った時の宿題に頂いていた「お題」に応えていないことに気付き。自分がバトンを手渡す前に、今日かききってしまいたいと思います


講義時間内にいかに理解するかが一番のポイント

合格体験記を掲載頂いた時に、4点お題をいただいておりました。そのうちこのテーマだけ全く答えておりませんでした。。。一番お伝えしたいことなのに!

私はTAC通学(ストレート本科⇒二次本科)で合格しました。(2次2回だから、一発合格できたのは1次だけ・・・)家ではほぼ全く勉強ができず、予備校にくるのも週イチ何とか時間を捻出して・・・という自分が合格できたのは、このポイントが一番大きいと思います。(あとは素敵な仲間にめちゃめちゃ助けていただいた)

講義時間を最大限にいかす。

これ、実はコンサルティングのヒアリング業務と似ています。決められた時間の中で、効率よく相手の話すポイントを捉えて自分の中で理解&納得する。あれっ、とおもったところは目印をつけておく。

予備校の授業では、あっちこっち飛ぶヒアリングとは違い、わかりやすく設計された話の流れ(テキスト)を、講師がわかりやすく話してくれる分、よっぽど聞きやすい。ただし、インプットが膨大なので、情報の処理(理解&納得)に時間がかかる点がヒアリングより難しいかもしれません。

そう思って頂いたお題「講義時間内にいかに理解するか」を考えると、講義を受ける時も、ヒアリングも共通して私が行っているのは「話にタグをつける」ことでした。

付けたタグごとに理解していくので、理解する単位1つずつが小さい。その上、タグがついているので思い出しやすい。これを自然と頭の中でやっていたんだなあ・・・

実践する方法も簡単。話を聞きながら「今は〇〇の話を聞いている」と意識しながら聞くだけ。ノートもそれに合わせてとる。もう一つ挙げるとしたら、「今聞いている〇〇の話」は、過去に聞いたどの話につながるかを意識しながら聞く・・・でしょうか。そうすると脳科学的にも、いい感じでシナプスがつながるイメージなのかなあ・・・。

講義中に意識するだけですので、ぜひお試しを!独学の方はインプットの時に試してみてください


受験生や診断士の方々と接する中で、予備校や教材への批判を聞くことがしばしばあります。でも、それはその方が予備校や教材に合わなかっただけではないか・・・と思っています。料理がまずいのではなく、口に合わなかっただけ。(試験問題も同じ。試験が悪かったんじゃなくて、ただ解けなかっただけ。)

VUCAな時代と言われる昨今、もはや未来は過去の延長線上にはない。それでも、子どもたちに希望ある未来を手渡すための1つのキーワードが「多様性の受容」です。

kids_koushin

お・・・ダイバーシティはお台場シティではありません。
多様な人材の活用は、私にとって大きなテーマです。個性あふれるメンバーが紡ぐ一発道場の投稿からは本日で卒業ですが、これからは企業と企業、地域と人、企業と海外・・・さまざまな関係者をつなぐことを仕事にしている診断士だからこそ出せる価値を追求しながら、ここでの学びをいかして日々仕事ができたらと思います。

そしていつか、これを読んでくださっているあなたとも、一緒に何かできる日が来たら・・・いいなあ。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

年度末、ざくざくメールを捌いた流れでこの記事を書いています。そのため、名乗りを誤って危うく本名をさらすところでした・・・終わり間近なのに(笑)忙しい時ほど落ち着いて。肝に銘じたいと思います。

さて、合格体験記シリーズのこの時期は、連日文字数の多い投稿が続いております。とはいえ、どの体験記も参考になりますので、役立てそうなところを見つけてしっかり活用してくださいね。

setsubun_akaoni

では、早速本日の体験記をご紹介します。


HN:イシヤママサル
年齢:34歳

合格までの受験回数、学習時間学習開始時期と受験回数
2015年9月頃から開始し、1次2次各1回
一次学習時間:1000時間程度
ニ次学習時間:500時間程度学習スタイル
一次はTBCテキストをメインに独学
二次はTAC オプション生で通学
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
理由として
1.中小企業管理職についてしまって上司もおらず成長の機会がないこと
2.顧客である中小企業のうち、熱い気持ちや高い技術を持っているにも関わらず、成長の方向性が見つけられず悩んでいる企業が多く、なにかその手助けができないかと思ったこと
3.会社に依存した地位や評価ではなく、腕1つで食べていける技能が欲しいと思ったこと
などですが、
直接的なきっかけは、社の業務で助成金申請を行った際に出会った診断士の方がとても理知的で感銘を受け、お名刺に記載されていた“中小企業診断士”に興味を持ったことです。(お恥ずかしながらその時まで診断士の存在を知りませんでした)
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
学習開始時は、勉強とはもはや無縁で学習習慣もなく、保有資格なんて自動車免許くらいしかありませんでした。
得意科目は、仕事で関わりのある企業経営理論。当初の苦手科目は財務でしたが、最後まで苦しめられたのは経営法務でした。
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
一次はTBCテキストをメインに独学
二次はTAC オプション生で通学をしました。1次独学については、メリットはあまり思いつきません。
あえて挙げるなら通学時間がかからないことでしょうか。
じゃあなんで通学にしなかったのかというと、やはり拘束時間・期間が長いことと、独学でも行けるな、と言う感触があったことが理由でしょうか。デメリットとしては、過去問をセコセコやるくらいしかアウトプットの機会がないので、法務(法改正などで過去問が機能しにくい)・中小(同じく)のアウトプットの機会を得るのに苦労したことと、自分の現在地を客観的に把握する機会が5月LEC模試までなかったことです。2次については、1次試験の前までは独学でいくつもりだったのですが、一定の合格メソッドがそれぞれの受験校にある中で、独自の解法を編み出す時間がもったいないと思い通学を決意しました。
一見、暗中模索な二次試験に於いて、道しるべがあるというのは合格を最短で走るには効果的であったと思います。

(4)合格までの学習法
①1次
地頭がよくないことを自覚していたので、とにかく時間を作ろうと思いどこでもかしこでも勉強できるよう意識していました。具体的にはタブレットを活用したり、テキストや問題集を仕事のカバンに大量に忍ばせたりして、わずかなスキマ時間も逃さずに学習をしていました。その上で、1次試験は出る順に覚えるだけの試験だと割り切り覚えるもの・捨てるものを見極め週単位でスケジュールを立て、結果を検証し、自分は現在、何ができていて、何が課題なのかを常にレビューし続けました

結果

  • 経済76点

丸暗記で対応する部分と、理解するところまで踏み込むべき領域の切り分けに成功したと自負

    • 財務80点

頻出論点さえ押さえれば、易化の年はボロ儲け。制度会計は直前詰め込みで対応。

    • 経営78点

二次学習に一次試験前に取り組んだことで文章の理解力が向上し、飛躍的に点が伸びました。

    • 運営64点

頻出論点を押さえれば出題傾向変わっても60点は堅いはず。

    • 法務50点

最後まで難所でした。落ちるなら法務の足切りだと思っていました。
逃げ手は
1.めげずに国語上の理解をして常識で判断。
2.会社法と知財法以外は基本ポイ。

    • 情報48点

点数的には冷や汗モノでしたが、
1.めげずに国語上の理解をして常識で判断。
2.手を広げすぎずガイドライン等は捨てて頻出論点を必ず拾う。

    • 中小87点

唯一と言っていいほど、出題範囲が明確な科目。
絶対にこの科目で点を稼ぐと意気込み、覚えまくった結果点数ザクザク。

合計483点でした。

②2次筆記
2次試験は一次にも増して、振り返りを大切にして学習をしました
全体としてどの状態になれば受かる(見込みがある)のか、
その上で何が足りないのか(戦略)、そのやり方でいいのか(戦術)を常に考え続けました。

また行き当たりばったりで解くのではなく、解き方を決めて気付きがあればブラッシュアップできるよう毎回手順などを記録し、改善の積み重ねを意識しながら取り組みました。

 

(6)学習時・受験時のエピソード
これまでの職務経験の中で、とにかくPDCAを高速で回すことを叩き込まれていたので、愚直に真摯に目標達成のため、課題解決に向き合ったことが成果に結びついたのだと思います。
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス
予備校を利用するにしても、独学で学ぶにしても、全ては気付きを与えてくれるだけでしかなく、判断し実行するのは自分です。
自分が指揮官であるという意識をもって、現実に真っ向から取り組み、夢をつかむ強い意志を持つことが合格の条件だと思います。頑張ってください。

今日のイシヤマさんの合格ポイントは、
・取捨選択を正しく行った
・常に自分の実力を確認しながら合格への戦略練った
・スキマ時間を活用しようという強い意志を貫き通した

の3点だとお見受けします。

7代目の碧も【渾身】捨てることへの挑戦!~試験中での対応編~の記事で書いていますが、つくづくストレート合格の方は取捨選択の判断が的確ですごいなあと思います。
 fashion_fuku_seiri_woman
忙しい年度末、私も次年度に向けて診断士試験同様「捨てることへの挑戦」が必要だなあ・・・
今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

予備校に通って勉強されている方は、経済真っ只中でしょうか・・・?!財務の次に「アウトプット」が大事な科目です。それを終えると暗記三兄弟の情報・法務・中小ですね。1次の7科目も折り返し地点、この頃から2018合格目標の受験生の方も合流します。

dango003

1次試験は便宜上は1科目あたり60点を取れば合格の絶対試験です。が、今年の調整を踏まえると、実質は相対評価と言えるでしょう。隣の勉強仲間と切磋琢磨しつつ、合格を目指してくださいね!

折り返し地点でモチベーションが落ちたら、JCさんの「【先代投稿】診断士の「知り合い」いますか?の記事のように、先輩診断士に会いに行くのもいいかも。「なぜ自分が診断士をとろうと思ったのか」を思い出せるようなリフレッシュの時間を大切にしてくださいね。

今日の合格体験記はゆっこさんです。
二児の母ながら、春からの短期間に独学でストレート合格を勝ち取ったノウハウをぜひ参考にしてください。

——— 寄稿はここから ————————-

平成28年度二次試験に合格しましたゆっこと申します。現在小学校と幼稚園年少の2人を子育て中の専業主婦です。子育てに専念する前はメーカーの研究開発部門で企画の仕事をしていました。

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

 2016年の春に下の子供が幼稚園に入ることになり、少し空き時間ができることを期待し何か資格を取って仕事をしたいと思い始め2月に日商簿記検定2級を受験しました。簿記2級の勉強にある程度目処がつき、さらにステップアップすることはできないかと模索したときに中小企業診断士という資格があることを初めて知りました。インターネットで色々と調べるにつれ、人と関わることが好きな私にぴったりな、とても魅力的な仕事だと感じるようになり2月の簿記検定試験後に中小企業診断士試験の勉強を開始することを決意しました。

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

 診断士試験の学習を開始したのは2016年の3月からですが、年明けから簿記2級の勉強をスタートしており、これが一次試験の財務・会計の学習に大変役に立ちました。それ以外はほぼ全くの初学でしたが、もともと理系だったこともあり経済学の数式や情報システムのカタカナ用語も抵抗なく取り組むことができました。得意科目を挙げるとすれば簿記の知識を活かせた財務・会計です。一方、不得意科目は白書の暗記に苦戦した中小企業経営・中小企業政策です。

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット

 私の場合専業主婦であり、いかんせん自分自身の収入がありませんので、できるだけ家計に影響しないよう必要最低限の参考書と問題集を購入して独学で行いました。一次試験に関していえば独学でも十分合格可能と思います。独学の最大のメリットは、費用が少なくて済むことだと思います。また、自分のペースで学習できることもメリットと言えますが、ペースメーカーがないことはデメリットにもなり得ますので自分なりの計画を意識することが重要だと思います。独学のデメリットは試験に関する情報が得られにくいことが挙げられますが、一発合格道場のような受験生支援団体のホームページや過去の受験生のブログなど、インターネット上にたくさんの情報がありますので、うまく取捨選択しつつ情報収集することで克服できました。

道場のセミナーに参加し診断士の諸先輩方のお話が伺えたことも、情報収集のみならずモチベーション向上の観点からも大変有益でした。

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

 学習開始時期は一次が2016年3月から、二次は2016年8月半ばからで、一次二次ともにストレートで合格することができました。学習時間はきちんと記録はしていないのですが、大まかに一次が500時間、二次が160時間程度でした。主婦の私の場合土日はほとんど勉強時間が取れず、平日子供たちが幼稚園や小学校に行っている間と子供たちが寝た後、家事と育児の合間に勉強時間を確保し、できるときには徹底的に集中して学習に取り組んでいました。

(5)合格までの学習法

 一次試験の学習開始時の3月の時点で一次試験まで5ヶ月程でしたので、最初の3ヶ月半でTACの「スピードテキスト」と「スピード問題集」を1科目あたり2週間で終わらせ、残りの1ヶ月半で過去問を解いて7科目を復習するという大まかな目標をたてました。子供の行事や急病なども想定されましたので、計画から遅れても焦らないで済むよう余裕をもたせ、ざっくりとした計画にしました。過去問の活用法としては、「過去問完全マスター」を用いて論点ごとの復習を行い、試験直前の1週間で平成25年から平成27年までの3年分でセルフ模試を行い試験時間の感覚をつかむ練習をしました。

二次試験は一次試験終了後、道場の夏セミナーを受講してから学習開始しました。参考書は「ふぞろいな答案分析2」と「ふぞろいな答案分析3」、「ふぞろいな再現答案2」と「ふぞろいな再現答案3」、最新版の「二次試験合格者の頭の中にあった全知識」の5冊と、事例4のみインターネットオークションで入手したクレアールの過去問解説集を使用しました。初めに過去問を一年分解き「ふぞろい」を参考に答え合わせをしてみて、一次試験の知識をうまく活かせるようになることが課題であると強く感じ、その後は「全知識」を熟読することに注力しました。9月に入ると子供が体調を崩し、親の看護も必要となりなかなか学習時間が取れませんでした。9月末にやっと「全知識」を終わらせた後、事例1〜3は平成25年からさかのぼり平成22年までの4年分、事例4は平成25年から平成18年までの8年分を解き、直前期に平成26年と平成27年分を解きました。答え合わせは全て「ふぞろい」やインターネット上の再現答案を参考に行いました。学習に当てられる時間が少なかったこと、初見で解答することを重視したことから事例は全て1回ずつしか解きませんでした。

休日に家を不在にすることをできるだけ避けたかったこともあり、費用対効果を考え、模擬試験は一次二次ともに一度も受けていません。

(6)これから合格を目指す方へのアドバイス

 よく言われていることではありますが、学習方法や学習時間などは十人十色だと思います。これから合格を目指す方一人ひとりが、自分の性格や置かれている環境を客観的に見直し、それぞれにあった学習計画をたて最後までやり遂げることが大切なのではないかと思います。私の場合二次試験の学習時間が十分取れず、答え合わせも手探り状態であったため再挑戦を覚悟していました。今回合格できたのは、主語述語を明確にし、読み手が理解しやすい文章を書くことを常に意識して取り組んだことが大きかったのではないかと分析しています。この体験記が少しでもお役に立てれば幸いです。


寄稿はここまで。

いかがでしたか?

ざっくりまとめると、ゆっこさんの合格のポイントは

・ネットなどにある受験情報からうまく取捨選択して自分の勉強スタイルを確立した
・独学でも強い意志で学習時間を確保し、集中して学習を行なった
・ざっくりしたプランながら中身の濃い学習計画の設計&遂行し切ったこと

の3点ではないかと思います。
費用対効果の高い学習、独学の方には色々参考にできそうなところがありますね!

ゆっこさんは専業主婦ママ診断士ということで、7代目の碧ちゃんのお仲間ですね〜

今後のご活躍を楽しみにしております。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

明日14日は、大手予備校T○Cの合格祝賀会のようですね。

予備校を利用して勉強している方は、来年の祝賀会でおいしいお酒&ごちそうを堪能できるよう頑張ってください!!!思えば、受験生時代「みんなで絶対セルリアンに行く!」が我々勉強仲間のキャッチフレーズでした。懐かしい。実現してよかったし、予備校利用の方にはぜひ皆さま実現して頂きたいです。応援しています。

kagamibiraki_kagaminuki

診断士の勉強会などの勧誘もボチボチはじまりますので、合格された皆さまはこの時期をぜひぜひ楽しんでくださいね!合格直後が一番楽しい時期だと、去年の今頃先輩に言われたのを思い出します。ちなみに、私はいつもだいたい「今」が一番楽しいです・・・ありがたや。

さて、連日合格体験記をご紹介しております、今日はAmuさんです。

Amuさんは独学で学習を進め、1次ストレート、2次2回で合格されました。「何を学ぶか」を試行錯誤し、合格の栄冠を勝ち取られたとのこと!すばらしい!
自分で切り開いた道のりだからこそ得られたの気付きは、診断士になっても活かされそうですよね。私も学ばせて頂きました。

以下、寄稿頂いた合格体験記です。


(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

2014年11月に思いたってから、2回目の2016年に2次筆記試験に合格しました。きっかけは、大分前に会社の先輩が取得していたこと、10歳下の末弟が5年前に資格を取得したこと、取引先の工場長が中小企業診断士であることを知り当時同じ立場であったため興味がわいたこと、会社の別の先輩が退職後中小企業庁の専門家派遣の仕事を始めたことなどです。こうしたもろもろの状況から挑戦することにしました。

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

とはいえ、工学部出身で設計、商品開発、技術サービス、工場管理などを主にやってきたことから、7科目のランナップにはかなり恐れをなしたところがありました。関係しそうな保有資格もなく、特に経済学、財務・会計、企業経営理論、運営管理の店舗管理、経営法務などほとんどゼロからの出発でした。PCが好きであったこと、ここ7年ほど工場勤務であったことから経営情報システムと生産技術は少しはなじみがあるかなという程度でした。

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット

学習スタイルはほとんど独学です。S**I NETという格安の通信教育をトライしましたが画面も小さく内容もかなり古いので4分の1もやらずに放棄しました。

  • メリット

時間と場所の拘束がなく自分の好きな方法及び自分のペースで学習を進められる点でしょうか。それと、もちろん費用的にはだいぶ安くあがる点ですね。しかし、やってはいけないことなのでしょうが興味のおもむくまま参考書をあれやこれやと買ったのでそれなりに費用はかかりましたが。

  • デメリット

一番大きいデメリットは、やはりモチベーションの維持です。計画をたてそれをしっかり守るということを相当自分にしっかり言い聞かせて実行することが必要です。それと、他の受験生の情報が不足し、合格のレベル感がわからないので無駄な(かどうかはわかりませんが一般的には)学習に走ってしまうこと。

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数

学習開始時期は、2014年11月半ばです。参考書を2冊(企業経営理論、運営管理)買いぽつぽつと読み始めました。しかし、そのすぐあと中小企業診断士の試験と合格後の仕事を紹介する本を買って読んでみると、簿記2級ぐらいはとっておいたほうが良いと書いてあり、簿記の2級の本を買い込んでそちらに注力。12月半ばから翌年2月22日の試験まで簿記を一生懸命やって、ギリギリで合格。本格的に学習開始したのは3月からです。さすがに簿記は基礎知識0だったので、3級の本を買い足して一通り読んでから、2級にとりかかりました。

今考えると遠回りであったような気もしますが、最後には2次試験に向けて1級の管理会計部分や意思決定会計講義ノートにトライするのに抵抗感抱かずにすんだということだけでも良かったかもしれません。

2015年の1次試験は、経済学96点というまぐれ当たりに助けられ476点(平均68点)で合格するも、2次試験は10点足らずの230点(ABABで総合B)で不合格。2016年は、1次試験を保険受験で5科目受験。1科目のみ合格と散々な目にあいましたが、2次試験で合格。それにしても、2016年の経営情報システムの問題は適切さを欠いたように感じました。

  • 一次学習時間

2014年は、約900時間。2年目は、保険受験で5科目受験したので約100時間です。

  • ニ次学習時間

1年目は200~230時間程度、2年目は800時間程度だったと思います。ページ数は記録していたのですが時間は記録してなかったので超概算です。

(5)合格までの学習法

①1次

*BCとT*Cのテキスト、過去問完全マスター、T*Cの1次試験過去問題集をベースに、試験委員の先生の著作やテキストに挙げられている参考書籍多数。あまりなじみのない科目ばかりで逆に新鮮で興味のおもむくまま100冊以上買い込みました。

②2次筆記

最初、*BCの2次テキストを購入しましたが釈然とせず、「事例攻略のセオリー」にいき、全知全ノウは当然として、最終的にはふぞろいの集約版1から3と再現答案1(古本含め)揃えて、過去問解きながら模範解答と引き比べるというスタイルでした。過去問は平成16年以降の問題を、1年目1.5回転、2年目で合計4回転実施しました。

③再現答案

2次試験の再現答案は1年目、2年目とも一切作成しませんでした。正解が公表されないこともあり、作成しようという気持ちがわきませんでした。

(6)学習時・受験時のエピソード

1次試験のほとんどの科目にベースとなるものがなかったのですが、会社にいると断片的な知識はあるもので、学習の過程でそうかあれはこういうことだったのかということがいくつもありました。

財務・会計や経営理論、経営法務など、会社にいると担当部署でなくてもなんとなく聞いているもので、そうした面で楽しくまた興味深く学習を進めることができたと思います。ただ、経済学はそうしたことが少なく、平成25年の問題は36点しか取れずだいぶ危機感があり気合を入れ直したことがありました。それにしても本番で96点は出来過ぎでした。

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

財務・会計ができるかどうかが特に2次試験でその合否に相当大きく影響すると感じました。2次試験では事例Ⅳを得点源にできるかどうかがキーポイントになると思います。事例Ⅰ~Ⅲは、受験生の間でそう大きな差がつかないし、ここの得点を大きく伸ばすことは個々人の得意不得意もあり難しいのではないかと思います。2015年の2次不合格後この1年近く学習してきてそう感じます。

事例Ⅳは、出来る人は70~80点とる一方で出来ない人は50点前後と大きく差がつくのではないでしょうか。私は、1年目事例Ⅳが51点でした。合格した2016年が何点だったかまだ分かりませんが、感覚的にはかなり点を稼げたので合格したと思っています。過去に一発合格した人で、事例Ⅳが苦手か得点を稼げなかった人は少ないのでないでしょうか。

これから受験される人にとっては、財務・会計に注力することが合格への近道のように思います。


寄稿はここまでです。

Amuさんが書かれている『社会人生活を重ねる中で断片的に触れてきた知識が、診断士の勉強で一気につながる感覚』、いいですよね。診断士学習の醍醐味ですよね。体験記の中ではまぐれあたりで…と謙遜されていらっしゃいますが、1次試験の高得点はご自身で積み重ねられてきたものが実られたのだな、と興味深く体験記を拝読しました。

受験生の皆さま、来年は皆さまが合格体験記を書いて送る番ですよ!!!本日の記事は特に独学の方に参考になるのではないでしょうか。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



謹んで新春のお慶びを申し上げます

2017-00061-1

おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

2017年 道場メンバー一同


おはようございます、手相観診断士のかおりんです。

元日や子供等は皆人となり 

賀状で引用する俳句としてよく用いられるこの句は、寺田寅彦(18781936)のものです。

寺田寅彦は夏目漱石の弟子であり、物理学者という異色の経歴の持ち主。「天災は忘れた頃にやってくる」と詠んだことでも有名です。

これは、お年玉を前に子供達がおとなしくなる様子を描いた句とされています。しかし、去年の自分を振り返って明日の合格発表を思うと、また違った情景がうかびます。合格通知を受け取るまでは落ち着かない「受験生」だったのが、この日を境に「診断士(登録予定)」になる。なんとも嬉しい、晴れがましい気持ちです。もしかしたら、指導くださった先生&先輩方も、こんな気持ちで去年の我々を見ていたのかもしれないなあと。
合格(予定)の方、改めておめでとうございます。

一発合格道場BLOGは丸7年、我々7代目が次の8代目にバトンを渡す日も迫ってきました。

20170104_2

8代目はどんな方々になるのか、私も楽しみにしております。道場ブログは2017年も受験生の皆さまのお役に立てるよう発信し続けて参りますので、引き続きご愛顧くださいませ。


「なるよりも、なり続けることが難しい」

個人的には、診断士合格後に速攻登録手続きを行い、診断士になってまもなく1年を迎えます。そんな今日この頃、沢木耕太郎のコラムにあったこの言葉がささりました。(東北新幹線のフリーペーパーにあったやつ)

診断士はなるのがとても難しい。しかし、それ以上に「なりつづける」こと=国家資格を活かし、何を成すか。この難しさをつくづく感じます。小さなことからコツコツと2017年も「子供たちに希望ある未来を手渡す」ことにつながる仕事を一つ一つ重ねていけたら、と思っております。


「吉報は 努力のあとに やってくる」by かおりん

受験生の皆さま、来年はサクラサク新春になりますように。

明日はOPEN DAY、そして明後日1/6からはいよいよ合格体験記の掲載がはじまります。受験生の方には、自分と近い合格者を「パクってカスタマイズ」するいい材料になるのでは。お楽しみに。
合格(予定)でまた書いていない方がいらっしゃったら、まだ間に合いますので、ぜひ後進のために体験記をお寄せくださいませ。

今回は新年のご挨拶だったので、ちょっと落ち着いてお届けしました。なんだか引用が多いなあ・・・笑

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、手相観診断士のかおりんです。

先週末に口述試験を受験された方、お疲れ様でした!
H28試験も、これで最終結果発表を待つのみ。
2017年合格目標の方は、着々と学習を進めている頃ですよね。

待ってる間手持ち無沙汰だなあ・・・という方は、ぜひ体験記を道場まで送ってください。ご自身の頑張りを振り返るいい機会になるかも。また、合格すると折々に「受験生時代」を話す機会がありますので、その準備にもオススメ。

合格体験記のテンプレは、こばのこの記事を参照ください。


さて、今日は「診断士になったら」の余談。

人脈づくりの嘘、について書きます。

jinmyaku

合格すると、今まで出会わなかった人に出会う機会に恵まれるのは本当。
知らない世界に招いていただく機会が増えるのも、本当。
でも、「人脈広がるよ」という言葉でイベント参加を促された場合は、ちょっと疑った方がいい。

私がこの一年で、その誘い文句で参加したイベントは、概ね『たくさん人が集まる機会に、名刺を交換しまくる』ものでした。よく考えたら、そんなので「人脈」なんてできるわけない。顔も思い出せないような、ましてやその人の特徴も思い出せない名刺の束だけが残る虚しさ。(まあ、物覚えが悪い自分が悪いという話もありますが・・・笑)

そもそも、人脈って何か?という問いも難しい。

人脈をgoogleで検索すると「人脈=政界・財界などで、同じ系統に属する人々のつながり。」と出てきます。Facebookで友達になったからといって、それは必ずしも人脈とは言えない。そもそも仕事や未来にいきる「人のつながり」が、紙一枚交換したくらいでできるなら苦労しない。

もし、本当に「人脈」を作りたいなら、「この人とつながりたい!」と思った人に出会ったらじっくりお話しすることをお勧めします。たくさんの人が集まるイベントでも、ちょっとした飲み会でもいい。公式・非公式問わず診断士は集まる機会が多い。それをいかすなら、お互いにちゃんと記憶に残るまで話す。これ重要。できれば、共感しあえる何かまで見つけられると最高。

akusyu_businessman

ダンバー数ってご存知ですか?この概念、実体験からも結構しっくりきます。
ロビン・ダンバーさんという心理学者の方が提唱したもので、「人間にとって平均150人が安定して関係を維持できる認知的な個体数の上限」なんだそう。さらに、150人の中にも濃淡があるという概念。(超ざっくり)

ぜひ、今年合格された方は、自分の興味の赴くままにいろいろな機会に参加してください。
参加したらただ名刺を配るのではなく、「この人とつながりたい!」という直感を信じて、相手とじっくり話す機会を作ってみてくださいね。


今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、手相観診断士のかおりんです。
今日はいよいよH28年度二次論述の合格発表日。この日をどれだけ待ちわびたことか。

juken_goukakuhappyou_happy

今日はOPEN DAY。二次を受験された方、ぜひ今の思いをコメント欄にぜひ書き込んでください。
お祝いする準備は万端です。全力で合格のご連絡お待ちしております。

確認がまだ?なら、すぐこちらの中小企業診断士協会のページへ!

診断士になったら、何をしたいですか?
どんな診断士になりたいですか?

ゴールは間近。合格後は今まで以上に忙しくなり、立ち止まってゆっくり考える暇なんてなかなか取れないかも。(私はそうでした)今のうちに、自分自身と語り合う時間や、家族と向き合う時間を作っておいてくださいね。


ここからは7代目でNo.1アツい思いをもつこばが書いた、みなさまへのメッセージ。

人生に無駄なものはない

皆さま本当にお疲れ様でした。
結果がどうであれ時間は進んで行きます。
昨日の記事でも書きましたが、他人が決めた合格基準だけに左右されるのではなく、自分が歩んだこの1年が最重要。
合格をするために歩んだ時間が今後の人生における糧となる。

 

□OPEN DAY □

本日はOPEN DAY。

12月は忘年会シーズンですが、どのような結果になっても忘れることができない1年になったはずです。診断士試験への想いをぶつけてみてください。

  • 頑張ってきた自分への感謝の言葉
  • 自分を支えてくれた周囲への感謝の気持ち
  • 今後について

などなど何でもOKです。
書き込んで頂いたコメントに対しては道場メンバーで返信致します。

皆さま本当にお疲れさまでした。

byこば


二次論述合格=二次口述試験の通知です。
過去落ちた人も、稀ですがいます!!!!!
自分が悪しき伝説の人にならないためにも、口述セミナーの利用がおすすめです。

一発合格道場 口述セミナー募集開始!!!

12月18日(日)の2次口述試験に自信を持って臨んでいただくために、
一発合格道場では対策セミナーと模擬面接を開催いたします。

申し込みは下記Peatix(外部サイト)から。
中小企業診断士試験 一発合格道場 #口述セミナー

【セミナー内容】
・受験にあたっての基本情報、注意点
・実践!!口述模擬面接

昨年度合格の執筆陣を中心に具体的で生々しいアドバイスをお伝えするほか、
想定問題を使った模擬面接を実施いたします。

ぜひ、本セミナーを活用して、口述試験のコツをつかんでください。
道場ならではの形式で実施いたします!
模擬面接の関係上、定員20名(申し込み先着順)とさせていただきます。
なお、対象者は筆記試験合格者に限らせていただきます。

また、セミナー終了後、懇親会も行います!!
同期合格の方々との繋がりを作るきっかけにもなりますので、ぜひご参加ください。

<<セミナー開催概要>>
日時:2016年 12月10日(土) 14:00〜16:20(予定)
(開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
費用:500円(会場にて現金でお支払い下さい)
対象:2016年中小企業診断士試験 二次筆記試験合格者


合格された方、本当にお疲れさまでした。口述試験=最後の仕上げまで頑張っていただき、どこかのお祝いの席でお会いできることを楽しみにしております。

残念な結果に終わった方へ。来年こそ合格を掴むべく、今日はゆっくり自分を労わってあげてください。あきらめなければ、必ず道は拓けます。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

明日から師走。私の場合はお恥ずかしながら年中師走のような落ち着きのない状態ですが・・・(笑)

kyureki12_shiwasu

先日も、同僚の方に「セルフブラック企業化してない?」と指摘されてドキッとしました。個人事業主は労基法適用外、誰も管理してくれへんしな。。。まあ、労働者であろうとなかろうと、自分の手綱を握るのは自分自身しかいないですよね。

だから、休む時は休みましょ。忙しかろうと、締切りが迫ってようと、誰かにガッカリされようと。誰かが死ぬわけでなければ、自分の「いのちだいじに」


今日は診断士活動の中でも、フィーの発生しないものについて書きます。

診断士に合格した(正確には、2次論述の合格発表後)くらいの時期から、先輩診断士との接点が増えてきます。今年診断士1年目の私は、「出会いのきっかけ」を作る側にいますので、さっそくご紹介します

出会いのきっかけ1:口述セミナー

一発道場の口述セミナーの他にも、多くの口述セミナーが開催されます。

中小企業診断士一発合格道場 口述セミナー 12/10(土) 14:00-16:20(予定)
・中小企業政策研究会 口述セミナー 12/10(土)
時間は午後 2部制
(詳細はリンク先をご確認ください)
・ふぞろいな合格答案 口述セミナー 12/11(日)
・タキプロ 口述セミナー 12/11(日)
これらのセミナーは夜に懇親会もセットです。口述の対策をばっちりしつつ、「診断士になった後」の世界を先輩方に聞くいい機会でもあります。ぜひお時間許せば足を運んでくださいね。
今年は土日に集中していて、いろいろ見て回れないのが残念ですね・・・。

出会いのきっかけ2:研究会に顔を出す
診断士の世界には、無数の研究会があります。
イメージは、大学のサークルが近いかも。まじめに特定のテーマの学びを深めていたり、独立している人が多いと仕事につながる研究会が多数あります。一方で、飲みサークルっぽいものやテニス・ランニングなど完全に趣味に特化した会合も・・・。
無事合格した暁には、ご自身に合った研究会/勉強会をみつけてくださいね。
ちなみに私、研究会には1つだけ入っています。中小企業政策研究会(通称:政策研)という、規模的には恐らく研究会としては最大級の組織です。(口述セミナーも開催する研究会ですね)
こちら、毎月の「定例会」が、かなりお得。外部講師の方を招いたり、政策研でも最前線の現場で活躍される方が講師となり、様々なテーマで学びを深めることができます。
政策研は人数が多すぎるためか、「分科会」があるのも特徴。分科会は先輩診断士との距離も近く、そこからお仕事の機会を頂くこともあります。

出会いのきっかけ3:受験生支援の勉強会に参加する
この一発合格道場はオンライン上の受験支援ですよね。
首都圏・関西圏を中心に、リアルな受験生支援の勉強会が多数開催されています。
一発道場以外にも、私はある予備校の講師が開催している勉強会にサポーターとして参加しています。
受験生支援は基本、無償!(予備校除く)
money_satsutaba
これは、先輩方が作ってきてくださった素敵な文化。
こういう流れがあるからか、診断士は他の士業に比べてつながりが強く、楽しいと言われます。そんな素敵な風土を作ってきてくださった先輩方に、ぜひみなさんも続いてくださいね。
私は診断士関連以外にも、くらす×はたらくの価値を高めることを目的にしたNPOの幹事もやっています。この活動は完全に非営利なので、もちろん無償です。(NPOの中には、ちゃんと人件費を稼いでいるところもありますけどね!)非営利活動の人件費も含めた経費捻出は、自分の中で課題ではありますが。。。
これらの活動は、直接金銭につながらなくても、ステキな出会いや学びの場として貴重な時間です。
もう一つの側面では、自分が受験生時代に(もっと前にも)受けた恩を返す意図も。ペイフォワードのように、自分がお世話になった人に直接恩返しするのではなく、次の世代に自分が同じかそれ以上のことをして「恩送りする」活動です。
couple_baby_dakko
いずれも、「子どもたちに希望あるみらいをてわたす」ために。

何のために診断士資格か?
診断士資格をもって、何をなすのか?
有償無償問わず、この1年は特に強く自分自身に問いかけています。自分にとって最も枯渇している資源=時間をどう使うか・・・。いまのところ、最も難しい課題です。解決する日が来ますように
あなたは、どうですか?
今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

インフルエンザが周囲で猛威を振るい始めました。同時に、長男の幼稚園ではウィルス性胃腸炎も流行し、30人クラスの15人が欠席する事態に陥っています。今年の風邪はのどにくるようで、つらそうな咳をする人も多く見られます。私ものど風邪をこじらせ、気管支炎になっております・・・話す仕事なのにありえへん・・・!!!健康管理もプロの大事な仕事。面目ございません・・・

予備校に通っている2017合格目標の方は、財務が佳境に入る厳しい時期ですよね。みなさま、くれぐれも体調に気をつけて、ぬかりなく学習を進めてくださいね。


さて、今日のテーマは「今何やってるの?」と聞かれたら、です。

question_head_boy

これ、まさに昨日私が直面した課題でもあります。
中学校の卒業20周年記念の同窓会、久しぶりに合った仲間で「今何してるのー?」というのがあいさつ代わり。そこで、「診断士で独立してやってるんだよね」といっても、そもそも診断士を知らない人が多いのがツラい現実。

診断士1年目。特に専門特化しているわけではないので、お声掛け頂いたお仕事は可能な限りチャレンジさせて頂いております。そうすると、仕事の内容がバラエティに富みます。

今やっている仕事を、記載可能な範囲で列挙するとこんな感じ。

・ 区の専門相談員(地域の潜在労働力=子育て中の方や、介護中の方と中小企業をつなぐ)
・ 商店街のご支援
・ 企業向け研修講師
・ 公的機関でのセミナー講師
・ 企業向けコンサルティング(人事・組織/IT)
・ 先輩診断士先生の研修サポート等
・ 地方活性化を目的としたWeb記事の執筆
・・・etc.

ご支援させて頂いている対象も規模も、本当にさまざま。これ、“中小企業診断士”をご存じない方に、一言で「何してる人」って言えばいいか・・・難しいですよね。

そのため、私は診断士をご存じない方には「経営コンサルタントをしています」と言うようにしています。先生によって人それぞれだと思いますが、中小企業診断士は経営コンサルタントの国家資格ですから、この回答が今のところ自分にはしっくりきています。経営コンサルタントと言うと、ちょっと胡散臭い感じもしますが・・・詳細を説明すると「なるほどー」と言っていただけているので、まあアリなんじゃないかと。

そして、今後診断士を目指す方にそんな悩みを持たせないようにしたい。税理士や会計士のように、診断士も一般の方の認知度が上がるように、一つ一つの仕事を頑張らねば、と襟を正す気持ちです。診断士と名乗ること、そして実績を積み重ねていくこと。自分だけでなく、「診断士」のブランドにもきわめて微力ながら貢献できたらいいなあ、と思っています。

ue_mezasu_woman

最近ではありがたいことに、診断士の肩書を手にしたことで、ITでフリーランスだったころには手が届かなかった「子どもたちに希望ある未来を手渡す」仕事をひとつずつ重ねられている実感があります。

みなさんは、何のために診断士を取りたいと思いましたか?
その思いを、合格したあとまでぜひ持ち続けてください。内発的動機付けが、モチベーションの源泉のうち最もコスパがよく長続きするものですから。


2016合格目標の方も、2017合格目標の方も、「診断士」になって活躍し、一緒にブランド力を高めましょう!お待ちしております。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

年末に向けて、忙しさに加速がかかっている方も多いのでは・・・?くれぐれも体調に気をつけて、2016年を走り抜けましょう!

isogashii_woman
ちなみに、一発道場BLOGは輪番制です。(皆さまご存知でしたか?)PCで見ると右端に表示されている『執筆メンバー』の上から順にBLOGを書いています。・・・が、今回はイレギュラー。先日、あまりの忙しさに日付と曜日を誤った私の代わりに、急遽碧ちゃんが執筆してくれました。かわりに本日は、かおりんにて記事を書かせて頂きます。(碧ちゃん、ありがとー!)
忙しくても、せめて日付と曜日は認識しておきたいと思います!!!ほんまごめん!!!


今日は、診断士になったら・・・のテーマで、自分の仕事の講師業についてちょこっと書きますね。

私は独立系診断士1年目、もともとフリーランスのITコンサルタントでした。
今では「子どもたちに希望ある未来をてわたす」をテーマに、地域活性化・人事系のコンサルティング/研修等講師業/商店街支援 などを軸にお仕事をさせていただいています。

研修や講演のお仕事は、大きく分けて(1)話す内容が決まっているものと、(2)コンテンツをイチからお客様のニーズに合わせて組み立てるものがあります。今回は(2)でよく話すコンテンツです。

・・・で、今日のテーマ。

『プレゼンはKiss必須』

nage_kiss

これは、若手・新入社員向けの営業研修/プレゼン研修で必ず毎回お伝えする内容です。まちがっても、色仕掛けでプレゼンしろ、ということではありません。

この『KISS』は、Keep It Short & Simple の頭文字をとったもの。
プレゼンで情報を相手に届けるためには、「短いメッセージでシンプルに」伝えなくてはならない、ということ。資料を作る際の基本のキとして、受講生の方にお伝えしています。

皆様も是非、仲間でプレゼン資料・提案資料を見せ合って、冗長なところがあれば「KISS下手やで!」って指摘しあいましょう。

他にも、

投影するなら、1スライド1メッセージで。

あいまいな表現は避け、具体的に。

ダメな表現の例⇒「最近の成長が著しいベンチャー企業のスタートアップが成功した要因とは」
<具体的には・・・>
最近の⇒2015年以降、など
成長著しい⇒売上高が2倍以上になった/株式上場を果たした
ベンチャー企業⇒ベンチャーの定義はあいまい。小規模事業者とか、中小企業とか?
スタートアップ⇒スタートアップの定義もあいまい。事業化とか、黒字化とかならまだOKか・・・?
成功した⇒何を持って成功とする?例:上場を果たす 新しい市場を想像する シェアNo.1を獲得する・・・etc.

といった感じの様々なコンテンツを、お客様の人事戦略から、具体的に身に着けておいてほしいスキルや知識に落とし込んで、研修を設計&実施します。

赤字部分ができるのは、診断士の知識を身に着けたからこそ。企業に対する理解を深められれば深められるほど、いい研修ができるはず・・・と日々精進しております。全然足りないけどね!

なお、「KISSの法則」「あいまいな表現を避ける」は、診断士の二次試験でも大いに役立つノウハウです。ぜひ皆様もご活用くださいね。


研修のお仕事も、一発道場で受験生の皆様を支援するのも、どちらも「頑張って成長したい」人を応援できる素敵な時間です。頑張る人が増えれば、きっと日本や世界はよくなる。今日より素敵な明日にするために頑張って来た先人のおかげで、私たちは豊かで幸せな毎日を過ごしているのだから、きっと。

二次結果待ちの方、合格した暁には素敵な「受験生支援」のバトンを引き継いでくださいね。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん

 



おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

2016年2次試験(論述)が終わり、道場BLOG読者の中にはほっと一息つかれている方も多いと思います。

そして気がつけば、もう2017合格目標の授業が始まっています。また新たな受験生のみなさまが、乗り越え甲斐のある高い壁を超えるべくスタートを切られたのだと思います。ここからGWくらいまでは、新たに志す方が続々と増えてくる時期でもあります。決して簡単な資格試験ではありませんが、一発合格を目指して頑張ってください。


今日は、2017合格目標の方向けに『仕事が忙しくなったので勉強を休んでしまった・・・」時について書きます。

仕事、忙しいですよね。

isogashii_woman
特にここからは年末&年度末。営業職の方もそうでなくても、追ったり追われたり、詰めたり詰められたり、巻いたり投げたりちぎったり(しないか)。忙しいのなんの、という日々を過ごす方も少なくないはず。
私は営業もバックオフィスも何もかも自前でやる個人事業主ですので、家族のこととあわせると体がいくつあっても足らないのがこの時期の実感です。(自分の実力不足ですけどね!)

そんな時は、勉強お休みしちゃうこともありますよね。
風邪ひいたり体調崩しちゃってやむを得ず、なんてこともあります。
予備校なんかはカリキュラムが決まってますから、一度休むとリカバリが相当キツイ・・・。一度作ったリズムって、崩れると戻すのほんとツライ。

・・・と思うでしょ?私も通学している時はそう思ってました。だから、やむを得ない事情で講義に出られない時は、睡眠削ってWebフォロー見てました。
でも大丈夫ですよ、だいたいの予備校のカリキュラムはその辺も考慮して作られてます。(多分)
現役時代から一歩引いた眼でカリキュラムを見てみると、どの内容も必ず複数回触れられるように設計してあることに気付きます。なぜなら、習得には反復学習が欠かせないから。

1回見て習得できちゃう人は、1回目を逃しても2回目に出てきたときにちゃんと捉えられれば大丈夫。
もっと言えば、今もしどうしても時間が取れない人は、次に出てきたときに演習を人より重ねて習得すればカバーできる。

そして極論ですが、中小企業診断士の試験は「全科目の全範囲を理解する」必要はありません。
合格するためには、各科目、だいたい最低40%以上&合計で6割以上とれていればOKなのです。

relax_boy

もし今、あなたが「仕事忙しすぎて勉強しばらく休んじゃったから、もう無理なんじゃないかな」とあきらめかけているならお伝えしたい。
ちょっとくらいなら休んでも大丈夫。体調崩したり、本業が疎かになるのは本末転倒ですよね。今学習を進めることで体調を崩すくらいなら、「次は休まない気合い」を持って、準備が整ったら再開すればちゃんと間に合います。

中小企業診断士試験の学習時間は、1次試験で1000時間が合格ラインの目安といわれています。
今その時間をとれなくても、どこかで取り戻せる。

忙しくて休んでしまった時、戻ってくるための道標となるものが2つあります。

1つは、学習の記録。
「ここまで頑張ったんだから、ムダにしない」と思える。また、始めたばかりなら「まだほんの始めじゃん」と全体を見渡す指標になります。
ツールは、Studyplusおススメです。週に1回、「あなたはこれだけやりました」とメールで配信してくれるので、やった実感がわきます。やってない時にもはっとさせられますし・・・(笑)

2つめは、勉強仲間。
私の診断士合格は、勉強仲間の存在なくしてはありえませんでした。ここで学習をやめたら、自分も忙しいのにわざわざ私が休んだ日の授業で講師が話した重要ポイントを共有してくれた仲間を裏切ることになるなあ・・・とかの思いで、何とか合格までたどり着くことができました。予備校に通学している人は、ぜひ学習仲間を作ってください。独学の方も、道場のイベントやその他学習支援組織の作ってくれる機会をうまく使って、ぜひいい仲間を見つけてください。


 

こんなに休んじゃったし、もう絶対無理・・・と思っているあなたへ。2次試験の対策でも書きましたが、「絶対」なんてないはず。投資した分は回収する意地と、「何のためにこの資格を取得するのか」という目標を思い出してください。

高ければ高い壁の方が、のぼった時気持ちいいと歌った歌もありますよね。
今回は何だか精神論に終始してしまいましたが・・・こんな回もあるということで。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん

 



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

昨日二次試験を受験された皆さま、本当にお疲れさまでした!!!

印刷業の社長・しょうゆの老舗、農業法人、鉄板焼きレストラン・・・それぞれの会社の社長とは、じっくりお話しできましたか?
去年の今頃、私は完全に落ちた・・・という絶望感の中、試験後に会場の最寄駅で翌年のための再現答案を作りました。そのまま打ち上げで午前様・タクシーで帰路についていたと思います。懐かしい・・・

そんな私がここでこうして記事をかいているので、何が起こるかわかりません。
まずは、頑張った自分をほめてあげてくださいね。


今日は、毎年恒例、道場オフ会(2次試験打ち上げ)のお知らせです。
当日に事例Ⅴ(←素敵ないいまわしなのでお借りします)をされた方もされていない方も、新旧一発合格道場のメンバーと一緒にお疲れさま会しませんか?

gahag-0062085185-1

<開催概要>

日時;2016年11月3日(祝) 17:00~

場所:漁十八番
東京都渋谷区道玄坂2-6-12 道玄坂トロワービル 2F
※渋谷駅徒歩3分

定員:20名程度

支払方法:当日現金払い

申し込み方法:peatixにて申込み
http://ptix.co/2exjnNt
【申し込み締め切り】10/30 23:00 ※定員になり次第終了


今日まではライバルだった人も、試験が終われば診断士の同期になる仲間になるかも。
診断士は他の士業と違って、縦や横のつながりが強くて楽しいと言われます。
明日の自分への投資と、昨日までの慰労にぜひ役立ててください。

皆さまとお目にかかれるのを楽しみにしております!

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

いよいよ今年の2次試験(論述)まで、あと8日ですね。
初年度の方は直前まで、いやテストの最中も実力は伸びます。最後まであきらめずに(体調を万全にして)走り切ってください。
複数回目のチャレンジの方は、今度こそ大丈夫。ご自身を信じて、実力を出し切れるよう最後まで調整してくださいね。

pose_makasenasai_girl


さて、今日は「相手に伝わる言葉で書く方法」について書きます。

ポイントは、「相手が普段使っている言葉で書く」こと。
専門が異なる・業界が異なると同じ話でも表現が異なりますよね。

極端な例ですが、たとえばコンサル気取ったおばちゃんが「そのイシューはアジャイルでESサーベイやってアセスメントしましょう」とか言っても、製造業現場バリバリのベテラン社長は「はぁ???」ってなる。(哀しい実話)

question_head_boy

「その問題は、従業員向けにカンタンな満足度調査をやって、評価しましょう」って言えば伝わる。

二次試験は、誰にでも伝わる平易な言葉で(専門キーワード以外は小学生でも読んでわかるくらい!)&平易な構成で文章が書ければ得点しやすいはず。超短時間に大量の答案を採点しなくてはならない(はず)の採点者にとって、「一読して何が書いてあるかわからない答案」など、丸を付けたいはずがない。

しかし、私は圧倒的に日本語に自信がないので、「平易な言葉でちゃんと書く」ことに不安がありました。そこで思い付いたのが、「相手が普段使っている言葉なら伝わりやすいんじゃね?」でした。

つまり、二次試験の採点をする人が使っている言葉で書けば、伝えたいことは最も伝わりやすい・・・のではないか?ということ。

・・・で、この時期私は、事例Ⅰ対策で「新経営戦略論 (21世紀経営学シリーズ3)」という岩崎尚人さん共著の本をぺらぺらめくってました。(証拠写真・笑)岩崎さんが書かれた1章と最終章のみぺらぺらめくっただけですが・・・

1014

その中で、自分の語彙に入れておきたいものを単語帳にピックアップしていました。

例えば、
表:「企業の競争優位を成す3つ」
裏:自社の持つ経営資源やケイパビリティを活用できるもの
(1)公式の命令・報告系統
(2)マネジメントコントロールシステム
(3)報酬体系

みたいな感じ。

ホンマはこの時期に新しいことに手を出すのはご法度やと思います。でも、何をやっていいかわからずそわそわするくらいなら・・・と思って私は「語彙を出題者(おそらく採点者)にあわせる」ことをやっていました。結果的に、不足していた知識を補うことができたのだと思います。


合格までの道のりも、きっと合格した後に進む道も、人それぞれ。

今日ご紹介したことも、「あくまで私にとってよかった(だろう)こと」です。ご自身の合格までの道のり、見失わないようにしっかり踏みしめて合格に辿りついてください。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん

 



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

いよいよ今年の2次試験(論述)まで、あと16日ですね。
体調は万全ですか?

undoukai_baton_relay

私は週末2連続で長男・次男の運動会があります。断れない性格(!)のためか、ながれで保護者選抜リレーに出ることになってしまい、今からひやひやしています。。。受験生の中にも、週末に家族とのイベントを控えている方もいらっしゃると思います。お互い、怪我なく楽しく乗り切れるように頑張りましょう!


今回は、「二次論述試験のあと」のお話。

診断士試験の峠は2次論述である。それは間違いないのですが、最後に「口述試験」をくぐり抜けて、やっと合格の切符を手にすることができます。2次論述~口述まではスケジュールが非常にタイトなため、今の時期の気分転換代わりにスケジュールを確認して頂こう、というのが今回の記事の目的です。

techou_open

2次論述のあと(1)各予備校の解答&口述対策冊子を入手する など

各予備校では、2次試験終了直後に解答速報を出します。
例年、無料の「解答解説会」が開催されますので、要チェックです。その際に、口述試験の予想問題をくれることも。短時間で口述対策をするのに役立つので、しっかりGETしておきましょう。

TACでは模擬面接を実施しています。本科生(TAC受講生)以外でも、有料ですが受けることができます。これはおススメです。面接は一度やっておくと安心しますよね。すぐに埋まってしまうらしいので、予約開始の日程をはやめにチェックしておくのがおすすめ。(10/4現在、まだ日程は出ていません。試験会場の入り口で配布しているチラシには記載されているはず)

LECでは、再現答案を送るとABCD判定を付けて返してくれるサービスを例年実施しています。(ただし、精度は期待しない・・・
ふぞろいな合格答案でも、今年度は再現答案を送ると何らか評価をくれたような気がします・・・今年も実施されるかはわかりませんが

ともあれ、終了直後は「再現答案の作成」がおすすめです!打ち上げに行く前に一気に作っておくべし!!!先輩に聞いた都市伝説では、「再現答案を作った人ほど合格する」というのもあります。もしかしたら最後まで緊張感を切らない精神力が、合格を引き寄せるのかもしれません。

2次論述のあと(2) 各種口述セミナーに行こう!

seminor_woman

二次論述結果発表直後に、さまざまな受験生支援の組織が口述セミナーを実施します

いまのところ当方でキャッチした日程を列挙しますので、スケジュールをあけておいてくださいね。

中小企業診断士一発合格道場 口述セミナー 12/10(土)
時間未定:午後~夜の予定。
※詳細は告知をお待ちください!
・ふぞろいな合格答案 口述セミナー 12/11(日)
・タキプロ 口述セミナー 12/11(日)

※追加情報を入手したら、追記しますね。

ほぼ落ちることがないと言われている口述ですが、とはいえ過去に落ちた人がいるのも事実。どこか1か所行っておくと安心です。
去年の私は合格したと思っていなかった&完全にナメた状態で、口述の対策は何もしていませんでした。危機感を抱いた優しい友達に促されて、ふぞろいの口述セミナーに参加して何とか事なきを得ました・・・。今だから言える。口述試験、丸腰で行くのは危なすぎます。


まずは16日後に控えた二次論述を無事乗り越えてくださいね。
セミナーなどの機会で、元気な皆さまにお会いできる日を楽しみにしております。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

いよいよ今年の2次試験(論述)まで、ラスト4週を切りましたね!
週末にとある組織の口述対策セミナーの打ち合わせをしてきました。その中で、メンバーの一人がしみじみと「もう一年経つのか―、はやいなー」とぼやいておりましたが、ほんま同感です。合格してからの1年は、新しい可能性が次々とやってきて日々が濃縮され、1年が1か月くらいに感じられるほど。今年2次を受けられる皆様は、きっと来年の今頃同じようなつぶやきをされているんだろうなあ・・・

monogatari_alice


今日は「ボディメンテナンス法」について書きます。

もうね、この時期になったら勉強方法とか、この後の戦略とかある程度確立されてると思うのですよ。二次まであと4週間切った時点で、知識入れるのに必要なテキストや参考書は、もう手元にあるはず。今年の超難関な1次を突破した方なら、もう全部頭の中に入っちゃってるかもしれない。多年度受験生の中には、私より知識をお持ちの方も多いはず。

そんな時期に、私が何か知識を掘り下げて記事にするより、役立てるのってなんやろなーと考えたのが、今日の記事です。

ちなみに、「まだだよ!」って方はこの辺りの過去記事がおすすめ。
【二次試験】レシピを選びましょう byはんた
弱さと向き合うと合格が近づく。by nori  ※特に不安が強い方に!
【二次初学者必見!】2016年夏 2次試験ロケットスタートセミナー 開催報告
残り2.5週間 何をやるべきか、何をやらざるべきか
 by 岡崎教行

さて、本題。

1か月を切ったこの時期から特に注意して頂きたいのは「風邪」!!!

virus_seki
今年の私は子どもたちからがっつり風邪菌をもらってしまい、大変な状況です。この時期、季節の変わり目で体調を崩す人が増える&疲れで免疫が落ちるので、ほんま危ないです。

のど風邪、鼻風邪などそれぞれご自身の弱いところに症状がでると思いますが、この時期なら対処療法でなくきっちり完治させたいところ。

完治させるには、体を温めることが重要。体温が1℃上がると免疫力が5~6倍にあがるらしいです。(製薬会社Webのうけうり)
「やばいなー」と思ったらしっかりお風呂で湯船につかり、乾姜(ドライジンジャー)やあたたかい紅茶を積極的に摂取しましょう。お肉なら豚肉、赤身肉、鮭やタマゴ、チーズがおススメ。精製された上白糖はからだを冷やすので厳禁!(ダイエットブログみたい・・・笑)
いわずもがなですが、体調を崩した時はしっかり睡眠をとってくださいね。1事例解くより、風邪を引いたら寝るべし!!!

なお、風邪っぽい症状で、この時期に発症する花粉症もあります。花粉症で鼻水ずるずる状態なんて、100%の力が出ませんよね!あれっ?と思ったらまずはお医者さんへ!

次におすすめなのが「耳ひっぱり」

mimitsubo
勉強を重ねたこの時期、首・肩・頭にもコリが積もっているはず。そこで、手軽にできておすすめなのが、耳ヨガとも呼ばれるこの方法。耳を引っ張ることで頭皮まわりを伸ばし、血流をUPさせます。期待効果は、頭が冴える&集中力向上!(あくまで個人の感想です・笑)
私は試験当日も問題用紙が配布される間、ひたすら耳ひっぱりしてました。周りから見たら変な奴やったんやろうなー。(耳ひっぱりの詳しい方法はgoogleで検索してくださいね!)

あと、私が日常的に愛用しているのが「蒸気アイマスク」です。勉強・仕事に頑張られている方は、気付かないうちに眼精疲労をためがち。これにじんわり優しく効くのです。超おススメ。
ドラッグストアで5個500円前後。いろいろな香りがでているので、寝る前にいい香りと蒸気の相乗効果で癒されて下さい


当日体調を崩して実力を出せなかった・・・なんてことがないよう、ぜひ今の時期から体調を整えておいてくださいね。難関資格ですが、運を味方につけて実力を出せれば、ちゃんと勉強した人は合格する!(はず!)

何だかオカンからの手紙のような記事になってしまいました。こんな時期にもかかわらず、ゆるわだを読んでくださったあなたに感謝。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

今日の未明は月食でした。手相だけじゃなく星も西洋・東洋問わず折に触れて読むのですが(超基礎的なもの)、占星術で月食は「ちょっと特別な満月」。特に今回の月食は「潮目が変わる、転換期」のような印象を受けます。

皆様の中にも、日常に「潮目の変化」を感じる方がいらっしゃるかもしれませんね。変わるものと変わらないもの、うまく読み分けて日々を過ごしたいなと思っております。
なんというか、マニアックな出だしで恐縮です・・・


80分で合格答案を書くために何をすべきか?~その2~でフェイマオが「型をもつ」ことを紹介していました。この考え方は、二次論述だけでなく、業務上のあらゆる場面で有効です。

ひよっこながらもプロコンとして従事する中で感じるのは、「悩みは多様だけど、解決方法は結構共通」ということ。この、“変わるものと変わらないもの”の読み分けと、変わらないものへの準備の重要さを日々痛感しています。最もボトルネックになりがちな“時間”という資源を節約した上で最大の効果を出すには、必須の技術といってもいい。

二次の論述は、そういう意味で「プロコンの縮図だなあ」と、今になってつくづく感じるわけです。(そう思えるようになっていることがありがたい限りです・・・寝言かもしれませんが・・・)

というわけで、今日は「変わらないものへの準備」として「事例Ⅰで使うフレーム 最低限これだけは」について書きます。

businessman_dekiru_woman

1)全体像の把握

これは、知識というより前提かも。このフレームはⅠ~Ⅲ共通。(多分Ⅳもだけど、実感がないので断定できません。。。(笑))

企業戦略(広義):経営理念・経営ビジョン→企業戦略(社長とかが考える)

事業戦略(事業部長が考える)

機能戦略(現場責任者が考える)

を、与件&問題文を読みながら捉える。どのレイヤーのことが問われているのかを切り分ける。

2)組織構造の設計原理

組織構造の設計原理はこの5つ。問題文に「組織管理上の課題」と言ったキーワード出てきたら、この5つを思い浮かべたい。

①専門家の原則
②権限責任一致の原則
③統制範囲の原則(スパンオブコントロール)
④命令統一性の原則
⑤例外の原則

私は「センケントウメイレイ」とアタマ1文字ずつで覚えましたが、きっと誰か素敵な覚え方をご存じのはず・・・。
内容の詳細などは、ご自身の教材かたきもやふうじんの過去記事を参照くださいね。

3)人的資源管理の基本構成

人的資源管理は、企業戦略を達成するために人材の要件を満たすための「How」。
必要な人材の確保のために、採用や教育を行うこと。具体的に使える打ち手がこの6つ。

サ:採用
ハ:配置
ホ:報酬
イ:異動
ヒ:評価
+能力開発(教育など)

茶化す能力、とかサハホイヒと呪文のように唱えて覚えました。(詳細の内容はご自身でご確認くださいね!)

ちなみに、私の仕事では人的資源管理のコンサルティングをさせていただくことも多いのですが、このフレームほんま使えます。顧客の課題を伺いながら、これを当てはめて「不足しているところ」を探すことからだいたい始まる気がする。もっと泥臭い課題もいっぱいありますが・・・(笑)


今日ご紹介した組織構造の設計原理と人的資源管理の基本構成(「センケントウメイレイ」と「茶化す能力」)、覚えていない方は直前まで唱えて、開始直後に余白にメモるのがおすすめ。このフレームに照らし合わせて考えられると、抜けもれなく検討できます。

また、事例Ⅰのポイントを押さえるには【事例I】過去記事使って総まとめの記事も必読です!

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

H28 1次試験の結果、公式発表がでましたね。
改めて、1次突破した方、おめでとうございます。その勢いで2次まで突破しきってください。

残念ながら、今年涙をのんだ方。「負けたことがあるというのがいつか大きな財産になる」はず。財産にするために、来年こそは合格の扉を開いてください。あらためて、全力で応援します。

余談ですが、今年は1次合格者が少ない分、2次の合格率があがるのでしょうか・・・。今回の合格基準の柔軟化で、診断士試験は絶対評価ではなく相対評価の競争試験だということが明確になりましたよね。

juken_goukakuhappyou_happy

自己採点でおおよその合否は見えていたものの、正式な発表や、実際に自分に合格通知が届くまではおちつかなかったのでは。今年合格通知を手にした方の中には、合格基準の柔軟化があったことで、いわゆる「タナボタ合格」された方もいらっしゃるはず。今日は、そんな方向けの記事です。

 


振り返れば、私も1年目の1次試験では、財務の没問のおかげで「タナボタ合格」でした。(イラストはあんころもち・笑)

sweets_ankoromochi

いいのです、タナボタ上等。
何点だろうと、運営機関が提示した合格基準を上回っていれば合格。
それ以上でもそれ以下でもありません。

しかし、このタイプで合格された方は、自己採点で合格が見えた方よりスタートが遅れがちなのが問題。相対評価の、競争試験なのに。私は完全に不合格のつもりで燃え尽きていた(=何もしていなかった)ため、結果を見てあわてて2次対策を始めたのを覚えています。結果、1年目の二次論述は不合格。

一方、その数年前にも合格基準の弾力化があった時に1次で「タナボタ合格」し、無事その年に2次まで突破された先輩もいらっしゃいます。


同じタナボタ合格でも、2次(論述)の合否を分けたものは何でしょうか?

kids_oitekibori

二次をすんなり突破できた人は、業務知識が豊富だった?
いえいえ、持っている専門知識は、その方と私は同じSE職だったので大差ありません。

あくまで類推ですが、違いが2つあります。

1)財務の得手・不得手
私は圧倒的に財務が苦手ですが、二次試験を突破した方は財務が得意な方でした。
1次試験の学習で財務に時間をきちんと割いて、確実に得点できるように鍛錬することは、2次にも役立つ好例ですね。(自分は棚上げ)

2)学習方法に関する迷いの有無
当時の私は、「2次の勉強方法迷子」でした。勉強会にいらっしゃる先輩方のやり方をそのまま鵜呑みにする→イマイチ自分にフィットしない方法をやり続けて得点できず、自分の能力不足だけが原因と考える→ドツボにハマる、という負のスパイラルにいました。みなさんのように一発道場を熟読できていませんでしたので、2次試験の本質がつかめないままじたばたしていたように思います。その頃は、予備校の先生がおっしゃる「合格までの道のりは人それぞれ」が全く実感できていませんでした。
一方、合格された方は自分のスタイルをある程度持たれていたそうです。

タナボタ合格のあなた。
今からでも遅くはありません。
自分なりの「2次の解き方」スタイルを確立し、無事今年合格してくださいね!

自分なりのスタイルを確立するのに参考になる過去記事はこちら
【全事例】解答プロセスを確立することの重要性 by とり

80分で合格答案を書くために何をすべきか?byフェイマオ

二次試験、「読む・考える・書く」の基礎を考えるbyうみの

【二次試験】ファイナルペーパーってやっぱり大事かもbyぽらーの
※この時期からのスタートなら、ファイナルペーパー作りながら知識を整理するのもおススメ

二次試験についてbyこば

などなど、紹介しきれないほど良記事がありますのでチェックしてみてください。タイトルを見て、ピンときたものがきっと今あなたに必要な情報です(^ ^)

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

未曽有の大型台風の脅威がまだ残るものの、今日で8月も終わり・・・
二次試験を控えている方は、そろそろ過去事例を数年分解きこなしている頃でしょうか。各予備校では、2017合格目標の授業が始まる時期でもあります。2016年試験の結果を待つことなく、来年の一次に向けての戦いが始まる・・・。

undoukai_tokyousou

試験はミズモノな分、合格する時期にはきっと意味がある。今年一次にチャレンジして残念だった方も、二次への切符が見えている方も、ご縁のあるタイミングで合格を手にできるよう、今できることは全力でやっておいてくださいね。


今日は、忙しい人のための二次対策について。

夏セミナーで先代の方々も仰っていた通り、初学者の多くが二次試験に最低限必要な知識が定着していない、という課題を抱えています。

「そうはいっても、机にかじりついて勉強できる時間なんて皆無だよ・・・」という忙しい人も多いはず。そんな方にお勧めしたいのが、スキマ時間を活用する『移動中に一人クイズ大会』です。

やり方は簡単。

1)勉強しながら、必要な知識/間違えた部分を一問一答でまとめる(できれば単語帳や小さいルーズリーフを使い、表に問題&裏に答え・解説を書く)
2)移動中に(1)を使って一人クイズ大会をやる。

これだけ!

例えば、事例Ⅰなら、表→「人的資源管理に使う切り口5つは?」
裏→
「サ(採用)・ハ(配置)・ホ(報酬)・イ(異動)・ヒ(評価)」・・・くわしくはうちあーのの過去記事をチェック! などの基本的な知識を確認する。

過去問をある程度やりこんだ後なら、

H27事例Ⅰ:表→「A社が多角化を進めた目的は何か?一般的に多角化を進める目的は?」
裏→「A社の多角化の理由はシナジー効果の期待と事業リスクの低減。(具体的には○○と○○のシナジーだったな・・・まで思い出せるとベスト)。一般的には、既存事業の停滞や組織スラックの活用、新たな事業に後押しするような外部(内部)環境の変化があった、既存の経営資源を活用して新たな収益を得られる・・・など。」

こんな感じの一問一答を、アタマの中で歩きながら・自転車に乗りながら・もちろん電車の中でも行います。自転車に乗りながらだと答えがなかなか見られないので、脳の海馬を相当探し回る(笑)ことになり、いいトレーニングになります。

jintesya_dendou_sakamichi

お子さまのいらっしゃる方は、いっそ子供たちと一緒にクイズ大会にして楽しむのもアリかも。
私は超多忙だった2次口述前、子どものせ自転車の前後に乗せた息子たちと、必死で坂道を自転車で上りながら
「直接原価計算と全部原価計算の違いはー?!」
「固定費を計上するタイミングの違いです!売上を上げたタイミングで固定費を計上する全部原価計算は、悪い工場長が得します!」
と大声でやり取りしながら習い事の送り迎えをしていました。・・・今となっては懐かしい。

ちなみに、裏の「」内はあくまで「かおりんの解答」なので、必ずしも正解とは限りません。(ご自身でも調べてみてくださいね!)

science_nou_kenkyu

余談ですが、記憶を定着させる方法は、「書く・聞く・唱える」などそれぞれご自身に合った方法があるのだそう。(子供向けの受験の本に書いてありました・・・笑) この方法は、「唱える」タイプの人に最もおすすめの方法です。とはいえ、私自身は「書く」のが最も定着する記憶方法だったりします。最適な記憶方法でなくとも、何もやらないでボーっとしているよりまし。

上手に時間と頭を活用して、合格までの距離を縮めてくださいね!


ちなみに、一人クイズ大会で使った一問一答ツールは、そのまま二次のファイナルペーパー代わりにもなります。一石二鳥。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん

 

 



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

台風直撃の首都圏、保育園も幼稚園もお休み。打合せをSkypeに切り替えて対応しています。こんなとき、フリーランスのありがたみを感じるとともに、こんな働き方がスタンダードになったらいいのに・・・と思わずにはいられません。

shizensaigai_typhoon

場所に縛られない働き方ができる人を増やすこと、今のテクノロジーを活用すれば難しくないと思うんだけどなあ。いつか実現させたいなあ。。。もちろん職種によりますが・・・


今日は「二次に合格する人に共通する発言」について。

それは「なるほど、そういう考え方もあるのね」です。

グループディスカッションで、模試の解答を見て、こう言える人は合格に近い・・・と思います。こう言えるのは、自分の考え方を持ちつつも、相手の考えを柔軟に受け入れられる方。言い換えれば、ご自身で情報の取捨選択を上手にできる方ではないかと。

逆に、自分の考えに固執してしまう人は残念な結果に終わることが多いようにお見受けします。うまくいかなかった自分の1年目を振り返っても、「マジ、この解答ありえなくね?」「その方向性はないでしょー!」という発言を多々していました。。。(一緒に勉強してくれた仲間の方々、スミマセン)

pose_uttaeru_woman

↑たぶん、こんな感じでした。 こんな人、合格しないですよね。。。笑

実際、現場でコンサルティング業務に携わらせて頂くと「絶対」「ありえない」なんてない、と感じます。尊敬する先生は、「プロコンは助言しちゃいかん。ひたすら聴くんです」と日々仰いますが、ほんまそれ!です。企業や経営者の方を取り巻く状況を客観的に、何のフィルターもなく捉えてこそ“今ここで必要な施策”が見えてくる。

・・・まだまだ修行中の身、実際全然できてませんけどね。。。

二次試験はコンサルティング現場の縮図になることを狙って、出題者は作問していると推察されます。ということは、おそらく求められていることはプロコンに求められていることと同じなんじゃないか…と思うのです。


対応の柔軟さが大事なのは、勉強方法や二次向けの教材も同じ。

「〇〇先生が言ってるから、このメソッドが絶対だ」と盲信していませんか?(道場の記事もね!)

過去問集を買って、そこに書いてある解答が「絶対正解」と思っている方、いらっしゃいませんか?試しに複数の予備校から発表されている解答を見比べてみてください。どうでしたか?

過去問集と同様、「実際の答案を集めた教材」も有効なツールです。ぜひ活用してほしいと思います。ですが、使い方によってはマイナスに働いてしまうことも。本に書いてあることを盲信していませんか?

「合格者の大半がこのキーワードを書いていた」としても、合格者は「60点以上をとった人」であって、全問正解した人ではありません。つまり、「合格した人がみんな間違えた問題」があるかもしれないということ。キーワードの一覧をみて満足するのではなく、分析・コメントまでしっかり活用して

「なるほど、そういう考え方もあるのね」

とつぶやいてください

FireShot Capture 71 - いろいろな考え事をしている人たちのイラスト(ふき_ - http___www.irasutoya.com_2015_09_blog-post_38.html
大切なのは、きっと自分の頭で考えること。二次の解答に「絶対」なんてない・・・ということを知っているだけでも合格にぐっと近づくと思います。


二次の筆記まであと62日。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

2次試験まで、あと72日!
二次対策は順調に進んでいますか?

二次に向けての戦いが本格的にスタートした今週。その中で、昨日例年ご好評頂いている一発道場の夏セミナーを開催致しました。in東京は題して「2次試験ロケットスタートセミナー」。(名古屋も開催されましたよ!)

熱中症予防情報が発令される猛暑にもかかわらず、40名もの多数の方にご参加頂きました。
ロケットスタートセミナーは、“「11週間の学習で合格率20%の栄光を勝ち抜くゴール」への指針を立てる”がテーマです。
スライド050


第一部は「2次ロケットスタート戦略」と題して、フェイマオ&細川くんから2次試験の概要とポイントをお話したのに加えて、実際に合格者が2次試験をどう乗り切ったかをこばとnoriからお話しました。
スライド061

ざっくりハイライトすると、こんな感じです。

IMG_1296

<こばの戦略>ストレート生は多年度生と同じゴールを目指さない。
通常なら、読む→考える→書く、の順で強化するところを“逆張り”で

書く ⇨ 考える ⇨ 読む の順で強化する!

IMG_1309

<noriの戦略>

多年度生は「自分で考える環境を整えることが重要」。そして、「自分のいつも通りを知って」「自分に自信を持って解けば合格する!」


第二部は先代も含めた合格者のパネルディスカッションで、道場メンバーがこの時期に疑問に思ったことや、事前に頂いた質問に回答する形でノウハウをお伝えしました。

7代目:碧のたのしいファシリテーションで話を深耕。
IMG_1363

お越し頂けなかった方のために、下記に一部を共有しますね。

質問:勉強会に参加するメリット・デメリットは?
・安定して得点できるようになった「ターニングポイント」は何だったかを合格者に聞き倒した(うみの)
→うみのさんのばあいは、多面的に考えられるように知識を入れる必要性に気付いたこと
・勉強会のメリットは客観的な視点が得られること。デメリットは時間のロス。会わずにそれぞれの解答を採点する勉強方法を行い、客観的な視点(他の人に読みやすいか)をチェックした。会わずに行うため、無駄な時間を節約する効果があった(ひめ、3215)
・ペースメーカーとして活用。また、仲間が出来ることで孤独感を解消した(tomo)

質問:時間内に解き終わりません。どうしたらいい?
・解き終えるしかない。逆算して書く時間を確保すること。そうしないとスタートラインに立つこともできない(3215)
・実は診断士試験では時間の制限がいちばん難しいと思う。とにかく数をこなして安定的に80分をとけるようにすること。(うみの)
・メンタル的な視点でアドバイスすると、自分が『パニクった状態』であることに気付けること。80分の中で気付けば立て直せる。コツは、自分の中でプレイヤーだけでなくマネージャーとしての視点をもつこと。(ひめ)
・間に合わないのは『読むこと』に時間がかかるから。最初に設問を読みこんでから、与件を読んでいた。また、考える時点で『解答の骨子』をもっていた。書き直すことがないくらい。これができると考える時間を持てるようになる。(JC)

 質問:一緒に学びを進めるにあたり、友人の答案を採点する基準がわかりません。
・ちゃんと与件から『原因(材料)』をとってこれているかで採点した。本試験では、何らか材料がとってこれていれば点は貰えると思う。(フェイマオ)
・予備校の採点講師は採点マニュアルがある(それに従って採点する)。学び合うときも、採点者の気持ちになって解くのが良いと思う。二次試験の解答は、「作問者の意図を当てにいくゲーム」だと思うと楽しいかも。(おと)
・自分たちの勉強会では、事例によって必要なキーワードが入ってないとアウト、としていた。各事例ごとにキーワードを自分でまとめるとよい。まとめても、各事例でA41枚もいらないくらいになるはず。(碧)
・日本語として一読してわからないものはアウト。(かおりん)
※体験談を参考にする際に重要なのは「人それぞれ合格への道のりが異なるから、自分に合った方法を探すこと」です。くれぐれも盲信しないように!

パネルディスカッションの中でも、「ボクはこういう方法でやった」「オレはそれには賛成できないなー」みたいな一幕もありました・・・笑


第三部では、1・2部を踏まえて「自分自身の課題」を共有し、今後の指針を考えました。5〜6人のグループで道場メンバーとともにディスカッションをすすめ、会場の時間いっぱいまで話が尽きないくらい盛り上がりました。

 セミナーの後は懇親会へ。
こちらも本編に負けない熱気と盛り上がりでした。
セミナーにご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
ご参加頂いた方も、ご都合が付かなかった方も、一発道場ブログは皆さんの合格を応援し続けます。
最後に、1次合格の方へ。これは絶対忘れないでくださいね!!!
 スライド129
次回、冬の口述セミナーでお目にかかれますのを楽しみにしております。そして、道場8代目はあなたかもしれません・・・!
合格、心よりお祈りしております。

では、今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。
1次試験、いよいよ週末に迫ってきましたね。
あなたがここまで積み上げた実力を出し切り、2次試験へのチケットを無事手にされることを心よりお祈りしております。

昨日に引き続き、歴代道場執筆メンバーからの応援メッセージをお届けします。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
◆5代目・フォルゴーレより◆

もうすぐ年に1回の試験日ですね!来年もあると思うか今年しかないと思うか。どうとらえるかで結果も変わるかもしれません。自分で期限を決めることも時には重要です。あと少しの時間、悔いのないように過ごしてくださいね~!

◆5代目・3215より◆

もうジタバタしても変わらないので、前日はしっかり休んで体調を整えてください。
昨年も書きましたが、眠れなかったら時計の音のような小さな音に集中して、目を瞑っててください。そうすると、いつの間にか眠ってますよ。
それと試験時のマークシート。
皆さん、しっかりマークすることに気をつけるんですが、最近は読み取り性能が上がってるので、間違えたマークをしっかり消す。という方が大事だったりします。
…と、試験前トリビアでした。
皆さん、頑張ってきてください!

◆5代目・U2より◆

合格を勝ち取る人は最後まで諦めなかった人。
ベストを尽くすことが今できることのすべて。
自分史上最高のパフォーマンスを出せますことを心から祈ってます!!

◆5代目・まさや~んより◆

診断士を目指すなら誰もが通る一次試験。今までの努力を楽しみながら発表してきてください、そうすれば結果は後からついてきます!体調に気を付けて二日間乗り切ってください!応援してます。

◆5代目・ハーンより◆

いよいよ、この週末は一次試験ですね。
緊張するのは自分だけじゃない、みんな同じです。
暑い中での試験なので、まずは体調に気をつけて頑張ってくださいね。

そして出来ない科目があっても、あきらめないで、引きずらないで。
7科目という長丁場。リカバリーできるチャンスは十分あります。
最後まであきらめない、終わった科目は振り返らない。

合格を祈ってます!
ハーンでした。

◆5代目・butaoより◆

みなさま、いよいよ1次試験本番ですね。
そんな皆様へ、緊張を和らげるための1つの方法をお伝えします。

試験前日や、1日目が終わった後に、自分の思いを包み隠さず、メモ帳に思いつくままに書き出してみてください。(PCのほうが早い人はPCで打ってもいいです。)書くときのルールは以下です。
■1.飾らないでください。
思いやりや社会的規範、そういう世間的に良しとされているものは何もいらないです。自分の本音、欲望を大切にして、思うままに書いてください。
■2.整理してはいけません。
汚くて適当がいいんです。めんどくさくなっちゃうので。

そして、いったん寝て、次の日の朝に見返してみてください。
例えば、私は診断士1次試験前に私に湧いていた本音はこんな感じでした。
汚い言葉で大変恐縮ですが、みんな口には出しませんが本当の感情はこんな感じなのかな?と勝手に思っています。

***
1次試験、絶対受かって、俺を使えねーダメ社員と罵ったあいつを見返してやる。絶対に負けない。
俺はエリートだ!俺が受からないなら、それは試験がおかしい。
でも今めちゃくちゃ緊張している。とにかく緊張している。おなかいたい。
1次試験の次は2次試験?まじだりーわ。いつまで続くのこれ?
もし、WACCの問題出たらどうしよう。終わりだな。世界の終わり。
もし、商圏の計算問題でたら終わりだ。
もし、人事労務で知らない問題がでたらどうしよう。暗記が弱すぎる。
・・・
***

こうやって書くと、反感を買う内容も出てくると思いますが、自分しか見ないので気にしないことが大切です。以下解説
以下の効果が期待できます。
■①頭でループしてる漠然とした悩みを抱えている状態を断ち切る
人間は、自分が何に悩んでいるのか、全体像を把握できると安心します。
問いを記録していますので、忘れる心配もなくなりさらに安心です。
あわよくば悩みに優先順位をつけて、「捨てるところは捨てる、対策するところは対策する!」と意思決定できて直前対策もできるようになるかもしれません。
■②自身を客観視することで緊張が和らぐ。
自分の感情が動いていることを自分で認識して、笑っていられる。
そんな状態になり、なぜか緊張が解けます。メタ認知というそうです。

感情が湧くことと、実際にどういう考えに至り、どういう行動をするかは分けてください。自分にわいてきた感情を批判せず、湧いてきたという事実を認めてあげてください。
そのうえでクールに考えて、行動しましょう。
***
以上です。
皆様の合格を祈っております。

by butao”

◆6代目・ぽらーのより◆

最後まであきらめずに頑張ってください!皆様の一次試験の無事通過をお祈りします。

◆6代目・紫雲和尚より◆

みなさん、お久しぶりです。
さてここまで来たらあとは平常心ですよ。
さあ、楽しんで試験を受けてらっしゃい!

◆6代目・おとより◆

これまでに十分準備していたあなたには、1次試験は診断士合格のためのただの通過点。 「焦らず、慌てず、あきらめず。」これだけに気をつければ、合格です。

◆6代目・Xレイより◆

合格者でも、はっきりと正解のわかる問題はそれほど多くはないはずです。
不要な選択肢をできるだけ多く排除する。それをいかに慌てずできるのか。
勝負はそこだと思うのですが、どうでしょう。
悔いの残らぬよう戦ってきてください。

◆6代目・岡崎教行より◆

一次試験は最後の1秒まで諦めず、考えよう。
粘りに粘れば、なんとかなるはず。

◆6代目・なごより◆

さあ本番ですね。これまで様々な苦労の中で今日を迎えていると思います。この試験は努力の数だけ前に進むことができます。だからこそハレの舞台で全力で頑張ってほしい、そう思います。

で。

周りはみんな上記のように盛り上がっています。言い方を変えると舞い上がっています。
アドレナリンは時に前しか見えなくなる。問題作成者は穴を掘って待っています。

だからこそ、冷静に確実に前に進みましょう。

その日だけ特別に高い栄養ドリンクとか飲もうとしてませんか?
直前勉強を頑張りすぎてリズムを壊してませんか?
普段通りがまずは1番です。

難しい過去問、ここにきてやり始めてませんか?新規の暗記、やってませんか?
満遍なく慣れた問題を復習する、財務の計算で脳の柔軟運動をするなど、頭の整理に時間を使ってくださいね。
あとは当日のシミュレーション、お昼や服装など、万が一に備え、事前準備で万難を排してください。
熱くなる時期だからこそ冷静に。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

明日は7代目からの応援メッセージを掲載予定です。頑張るあなたに、一発道場からの応援が届きますように。

では、今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年中小企業診断士試験の合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてください。
※お申込み受付開始は、1次試験終了後を予定しております。1次試験が終わったら、道場BLOGをチェック!



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

1次試験初日まで、あと11日!いよいよ1つ目の関門が迫って参りました。まさか体調など崩されておりませんよね?

taisou_man

私は先日、あまりの忙しさに寝られず・食べられずで人前に立つことがありました。結果、全く頭が働かずポンコツになり、とても悔しい思いをするはめに。健康管理もプロの仕事ですよね・・・。(反省)
プロの登竜門である資格試験、ぜひコンディション作りにもこだわってください。この時期になったら、基本的な生活リズムに立ち返り、適度な睡眠・栄養を摂取したいところ。(若さや体力に自信のある方以外は・・・笑)当日、万全のコンディションで臨めるように。100%の力を出し切って、後悔しないために。


さて、今日は直前まで2点3点を積み上げる!をテーマに、ドメイン@企業経営理論・戦略論のポイントをおさらいします。

そもそもドメインとは

企業の事業領域のこと。つまり、「どの土俵で戦うか」。これが明確になることで、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の取り扱いがわかる=事業戦略が立てられるようになる。

企業ドメインと事業ドメイン

単一事業の会社であれば、企業ドメイン=事業ドメイン
20160726_図1
任天堂とかはこれ。(余談:任天堂の事業内容は「家庭用レジャー機器の製造・販売」。つまり、ポケモンgoは任天堂の事業じゃないってこと。出資はしてるけど。)

複数事業を持つ企業は、企業ドメイン∋事業ドメイン
20160726_図2
例えば、JRは鉄道事業を主軸に、小売業や倉庫業のほか、なんと学習塾の経営まで行っている。(参考:JR東日本Web)経営戦略やビジョン・ミッションに紐づいた企業ドメインの中で、どういった組み合わせ(ポートフォリオ)で事業を展開するか、経営者の手腕が問われるところ。

ドメインの決め方

1)物理的定義扱うモノで領域を決める方法)と機能的定義扱うコトで領域を決める方法)がある。
2)エーベルの3次元枠組で、自分の戦う領域を決める。
:エーベルの3次元枠組:補足顧客は誰か・提供する機能は何か・それを実現する技術は何か=Who×What×Howの3次元で自分のドメインを決めるツール(考え方)。

20160726_図3

<tips>1次試験の現場対応

問題を解いている時に、事業ドメイン?企業ドメイン?ってパニックになることがある。正誤で迷った時には、「事業」と「企業」を入れ替えて読んでみる。入れ替えてすんなり読める=その選択肢は誤り。そして、今までと傾向が変わらなければ、戦略論では名前でひっかけてくることはないはず。もしも「あれ、これ唱えたの誰だっけ?」ってなっても、そこは迷わず進むのが吉。

戦略論の全体をざっと復習するには、6代目Xレイさんの「先代投稿】企業経営理論~経営戦略~」をはじめ、企業経営理論カテゴリの過去記事も参考にどうぞ。2点・3点を確実にGETしてきてください。

では、今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてください。

※お申込み受付開始は、1次試験終了後を予定しております。今しばらくお待ち下さい。



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

1次試験初日まで、あと21日!3週間後の今頃は、みなさん財務の真っ最中ですね。落ち着いて、とれる問題を着実に得点できていますように。緊張が高い中では、意外と文章題のほうがさっくり得点できることもあります。計算が合わなくても焦らず、得点がとれる問題で稼ぎましょう!

試験まであと21日

今日は、「かおりん1年目の超直前期」を振り返ります。

正直、絶望的に学習は進んでいませんでした。過去問も財務以外は1〜2年分手を付けた程度、経済に至ってはスーパートレーニングとT○C答練で安心しきっており、過去問まっさらの状態。

・・・でも、ギリギリながら合格出来てますよ。420点合格。

だから、「もうだめかも」と思っているそこのあなた、まだまだ諦めないでください。ここからの21日間、ぐっと実力が伸びる時期です。(個人の感想です・・・が、こういう人は多い)

すべりこめ!!!

この時期にやっていたことは

(1)自分が得点源にするジャンルに絞って学習すること
(2)ひたすら過去問を「縦解き」すること

です。T○C出版の過去問(5年分)で、巻末のジャンル別出題履歴ページに難易度A〜Eを書き込み「このジャンルはとる!」を独断で決定。難易度×自分が得意か?を目安に、「絶対とる」(=足切り回避)+「とれたらとる」(=60点を超えるため)を決めました。

方向性をきめたら、あとはひたすら「縦解き」。具体的には、(1)ジャンル別に複数年の問題を一気に解く(&「ぜったいとる」問題は選択肢をしゃぶる)→(2)解説を読んで不足する知識を補充&翌日以降に確認・ファイナルペーパーに記入→(3)再度間違えた問題を解いて、迷いなく正解できたらそのジャンルは卒業、という感じ。

コツは「縦解き」するとき、D/E問題は追わないこと。(ちょっと手を付けてみて、さらっと解ければOK。むしろ強みになるジャンルかも。)D/Eの難易度がついていても、実際は引っかけに引っかからなければ全く難しくない問題もあるので、難易度に惑わされないようご注意。解説で「判断するのが難しい」などと書かれている問題は、私はほぼスルーしてました。(2択に絞るところまでで、それ以上追わない)

figure_maintenanceこの学習方法のポイントは、「そのジャンルをやるか」独断で決めること。「絶対に得点できる」とか、予備校の講師の先生がおっしゃるジャンルでも、どうしても自分が苦手なところもある。そこに時間をかけず、逆に「難しい」といわれる分野でも自分が得意で絶対とれるところを作っておく方が結果的に効率が良かったな・・・と、今振返ると思います。

ここから1次試験までは、自分との戦い。合格後は、きっと新しい世界が拓けます。「自分の目指したい地平」にむけて、後悔のないようにやりきってくださいね。

では、今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!

※お申込み受付開始は、1次試験終了後を予定しております。今しばらくお待ち下さい!



おはようございます、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

今日は七夕。
不安定な空模様ながら、ぜひ「星に願いを」。私もみなさんの合格を祈っております!

合格祈願☆七夕


先週末はTACの模試でしたね。いかがでしたか?
恐らく、「思ったより点数がとれた/とれなかった。」「この科目が、この論点が・・・」と、反省のタネは尽きないと思います。それぞれをツブしていくのはとても重要。でも、1か月を切った今だからこそ、“各論ではなく総論としての振返り”をおススメしたい…というのが今日のテーマです。

診断士の試験は、メンタル面の癖を矯正する好機。

1次試験本番1か月前の模試、位置づけは“本試のリハーサル”。
「そこでどう戦えたか」を振り返ることで、本番で自分が陥りやすい罠を知ることができます。
実はこの時期の模試において、論点ごとのできた・できないよりも、これが最も重要です。資格試験だけでなく、幼稚園のお受験から大学の受験まで、実はこのセオリーは同じ。

何のために模試を受けるのか
このタスクのゴールは何か
を常に考えておくことで、得られるものは大きくなります。
なぜなら、漫然と行うのに比べて、姿勢や視点、意識が変わるから。
これ、仕事でも同じですよね。

もっと言うと、「何のために診断士の資格を取るのか」も明確であるほうが、この後戦いやすいです。
追い込まれるほど、合格への想いが力になるから。(精神論で恐縮です・・・が、実体験から。)

メンタル面の癖、かおりんの場合

body_karada_yugami

自慢じゃないけど、私はメンタル面の悪癖は多いです。
中でも診断士試験で矯正されたのは下記の3つでした。

1)こだわらなくてもいい事に固執して、機会を逃すこと
2)いつもフルスロットルで、適度に力を抜けないこと
3)説明がまわりくどく、小難しいこと

・・・いまだに治りきってないけどね!

今になって振り返ると、特に1次試験では(1)・(2)が矯正されたと感じます。(3)は二次試験ど真ん中。
診断士として駆け出しながらも仕事をさせていただいていて感じるのは、限られた時間と体力の中でいかに“効果的な時間の使い方をするか”が重要であるということ。

1次試験は、知識はもちろん実務のために「妥当な取捨選択ができるか」を試されている、と思う。
科目数が多く、必要な知識の範囲が広いことも、1次試験の出題のされ方を見ても(絶対とれる問題と、カンであてるしかないような問題が混在している)、確信を持って言いたい。

裏を返せば、「選択と集中を限られた時間の中で行う」ことができ、普段からきちんと学習した結果が出せるよう「肩に力を入れすぎない」で試験に臨めれば勝てるということ。
(必要な知識が入っている前提ですが・・・)

リハーサルを通して、あなたはどんな“癖”を見つけられましたか?

一度つまづくと、その後真っ白になって立ち直れなくなる?
周囲からの期待がプレッシャーになって、本来の力が出なくなる?
木(細かいこと)が気になって、森(全体像)が見えなくなる?

mori

その癖がなおると、合格に一歩大きく近づくはず。
普段の仕事や生活にも、プラスになるんじゃないかなあ。(個人的な感想です・笑)

残り一か月を切って、追い込まれるような気持ちの方も多数いらっしゃると思います。
でも、せっかく多くの時間とお金を費やす試験。ぜひ、資格以外にもあなたの人生にプラスになる何かを得られますように欲を言えば、やりきる愉しさを感じられる1か月になりますように。

資格試験へのチャレンジって、自分を磨くすごく贅沢な時間だと思う。


暑い日が続きますが、体調管理を万全に、悔いなく残り一か月を走り切ってください。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!

 



今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

ちょっと細身なお仕事ズボンを穿こうとしたら、足が途中でひっかかり、バランスを崩してぎっくり腰になりました。人生どこに罠が潜んでいるかわかりませんね。タイトなジーンズにねじ込めない、戦えないボディを実感する今日この頃。


さて本題。

今週は「模試活用法」Weekです。今日のテーマは「ダメな模試の受け方から学ぶ」です。

模試をこう活用しよう!みたいな話は7代目の他のみなさまが力説してくれているので、今日はしくじり先生的な感じで。

ダメな例1:お昼ご飯を食べ過ぎて午後イチ科目で眠くなる
ダメな例2:大して勉強もしていないのに、終了後にそのまま友達と飲みにいってしまう
ダメな例3:採点だけして復習はせず、そのままお蔵入り

・・・全部私のことだけどね!

模試は、本番で失敗しないために全力で失敗する機会です。

1年目の模試で、私は同じ会場にいた勉強仲間とランチに外出。担々麺に餃子と半チャーハンセット・・・はい、食べ過ぎました。結果、得られたのは「午後イチ科目で睡魔と戦う経験」に加え、「食べ過ぎの腹痛で10分以上ロスする経験」。そのおかげで、当日はちゃんとコンビニで適量のお昼を買い、恙無く受験することが出来ました。

試験時の過ごし方もですが、何よりどうやって解くか?のトライアルを。模試では失敗しないように・・・なんて大ウソ。むしろ、ぜひしっかり失敗してきてください。(ただし食べすぎは健康に悪いので、よいこはまねしない)

そして、模試の受験後に大事なのは、これだけ。

1次の模試:「迷った問題をしゃぶり尽くす」こと。(点数に一喜一憂しない)。
2次の模試:自分に不足していたボキャブラリーや考え方のフレームをがっちりモノにすること。

終了後は、大いに仲間とアルコールで疲れを流したらいいんじゃないかと。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん


あの熱い夏がやってくる!今年も開催!大好評の一発合格道場夏セミナー開催のお知らせです。

【2次試験ロケットスタートセミナー開催概要】

日時:2016年 8月11日(木) 14:00〜16:30(予定) (開場・受付開始:13:30)
場所:大崎第二地域センター・区民集会所(JR大崎駅すぐ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000007300/hpg000007212.htm
対象:2016年 中小企業診断士試験 合格を目指す方
※セミナー終了後、会場近くで懇親会も行う予定です。 (実費負担、4,000円程度を予定)

1次試験終了後は誰よりも早くロケットスタートをしましょう!熱い道場ファンのみなさん、予定を空けておいてくださいね!



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

1次試験を前に続いてきた【渾身】シリーズも終わり、今日はほっと一息のゆるわだです。

今日のテーマは、得点開示です。(リンクは、過去記事の「Sランク座談会」です)


 

多年度生のみなさま、合格者で道場を継続してご覧になっている皆さま、もちろん得点開示は請求されましたよね?!

test100

6代目の岡崎さんが、いままでの診断士試験に風穴を開けた「得点開示」の仕組みですが、実はその後そんなに有効に利用されていないのでは…?ということをみなさまと考えたい、というのが今回の記事の趣旨です。

あくまでゆるわだなので、賛否両論あるかとは思いますが・・・
noriの記事にもある通り、恐れず過去の自分の答案につけられた点数を知ることで、合格までの戦略を立てる助けになると私も信じています。

「得点開示」の制度ができたことで、従来のA/B/C/Dの判定のみだった時代よりも、より詳細に二次試験の分析ができるはず。
しかし、岡崎ショック(!)の後、だれも「開示された得点をつけた再現答案を分析する」をやりつくしていないのでは・・?ふぞろいな合格答案ではその難関に取り組んでいるようですが、精度を高めるためには母数が多ければ多いほど有効なはず。)

一部ではまことしやかに「二次試験はキーワード採点だ」とも言われていますが、私は個人的にはそうは思いません。試験委員が捌く枚数と期間を考えたら、せいぜい採点は○・×・△くらいじゃないかなあ・・・と。(超個人的感想)

類推ですが、おそらく、「再現答案×開示得点」についてある程度の母数が集まれば、「キーワード採点か否か」の傾向がつかめるんじゃないかと。でも、診断士の二次試験については、まだそこまでの母数を情報収集できた人は、おそらくまだいません。ただ、もしそれがわかれば、二次の戦い方ってすごく変わるんじゃないか・・・?と思うのです。


1次試験まで50日を切りました。
1次試験が終われば、次は2次試験が待っています。

受験生を応援する我々個人では、できることが限られています。
だからこそ、多年度生のみなさま、合格者で道場を継続してご覧になっている皆さまにお願いしたい。

ぜひ、得点開示をされていない方は開示請求をしてください。(1074円かかりますが・・・(笑))
今から開示請求すると、6月末の処理に間に合うかも?そして、結果が届き次第、ぜひお手元にあたためている再現答案とともに、開示得点を道場のメール「webmaster@rmc-oden.com 」に送ってください。そうすると、分析に強いメンバーが何らか分析してくれるかも。(断言できませんが・・・)きっとそれは、今年以降の受験生が2次試験を受ける時に強力な武器になるはず。

頂いた再現答案のうち、Sランクの再現答案は、Naverまとめに掲載させて頂きます!

私もはやくUPの仕方を先代の方から学んで、自分の分を含め、7代目メンバーのSランク回答をUPしたいと思います。
母集団が大きくなれば、雲をつかむような中小企業診断士2次試験に楔を打つことになるかも。
あなたの手で、診断士試験の質を変えることになるかもしれません。


“Fast alone, far together.”

一人ではたどり着けない、「診断士試験の新たな地平」へ行くために、みんなの力をあつめませんか。

kaisya_nakayoshi

暑かったり寒かったりと気温の変化の激しい時期ですが、体調にはくれぐれもお気をつけて。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

今日はプログラミング言語について。
使ったことがない人は全くピンとこないと思いますが、2016年現在はこれさえ知っていれば大丈夫・・・なはず。
プログラミング言語はそんなに問われる論点ではないので、知識として押さえておく程度でOK。

ちなみに、スクリプト言語とマークアップ言語は今回書ききれなかったので、②で書く予定です。(ご要望があれば・・・)


ではさっそく。

低水準言語

20160609_01
SEやってても、日常目にすることはない感じのプログラム言語です。
プログラムの起源として知っておこう、くらいの存在。
手続き型言語

20160609_02
製造業や情報系の中小企業でお話をしていると、ちょくちょく昔話にCOBOLが出てきます。システムの一時代を築いた言語として知っておくとよさげ。
非手続き型言語

20160609_3-2

ここがメイン。
日進月歩で新しい技術が出てくる中、私自身も触ったことがない言語がたくさんあります。
ミニトリビアで、C#の「#」は、++が二つ重なって#になったそうです。へー。
ちなみに、JavaとJavascriptは名前が似ていますが全く違います。
文法も考え方も全く異なるので、Javaが書けるからと言ってJavascriptも書けるというわけではありません。

何で似たような名前つけたんだろうな・・・?


1次試験まであと58日

季節の変わり目、体調にはくれぐれもお気をつけて。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

今日は1次試験の申込締切日です。
万が一、まだ申し込んでいない方がもしいらっしゃったら、診断士協会に持参してでも申し込みましょう!!!今自信がなくても、ここからの頑張りで十分可能性があるはず。
念のため、診断士協会Webサイトの1次試験詳細ページはこちらです。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」byたきも@春セミナー


さて、今日は昨日のこばリーダー「【渾身】確実な合格方法と中小企業政策」に引き続き、渾身シリーズ2日目。長いタイトルですが、内容はシステム構成について

中でも、私が受験生時代に仲間に説明して好評だった、デュアルシステム・デュプレックスシステム・タンデムシステム』の3つについて、イメージで解説します。喩えが下世話なので、気に障ったらスミマセン。

1)デュアルシステム

【IT用語辞典より】デュアルシステムとは、情報システムの信頼性を高める手法の一つで、システムを2系統用意して、常に同じ処理を行わせる方式。結果を相互に照合・比較することにより高い信頼性を得ることができ、片方に障害が生じた際も、もう片方で処理を続行しながら復旧にあたることができる。(※1)

・・・って言われてもピンとこないあなたへ。

デュアルシステムは、男女関係に喩えると「完全なフタマタ」のイメージ。dualsystem

AちゃんもBちゃんも、どちらも彼女。どっちも大事。
男子は定期的に「どっちがいいかなー」と二人を比べる(照合)するのも忘れません。

そして、どちらか一方に振られても(ダメになっても)全然大丈夫(=システムとしては信頼性が高い)

・・・人としての信頼はさておき。

2)デュプレックスシステム

【IT用語辞典より】デュプレックスシステムとは、情報システムの信頼性を高める手法の一つで、システムを2系統用意して、普段は片方で処理を行い、もう片方は障害発生に備えて待機させておく方式。平常時に処理を行うシステムを主系または本番系などと呼び、主系に障害が生じたとき肩代わりするシステムを従系または待機系、予備系などと呼ぶ。待機や切り替えの仕方により、ホットスタンバイ、ウォームスタンバイ、コールドスタンバイなどの種類がある。※2

これも同じように男女関係に喩えると、「本命がいながらキープがいる状態」のイメージ。

duprexsystem
Aちゃんが本命(=本番系)いつも逢っていたい。(=可用性要求の高い処理・・・例 オンラインリアルタイム処理)
Bちゃんはキープ(=待機系・予備系)夜中とかぽつぽつ会う。(深夜のバッチ処理のイメージ)

また、Bちゃんのキープ具合(通常時の片方のCPUの使用状態)が3種類あります。

Ⅰ:ホットスタンバイ:いつも彼女並みにマメに連絡を取っている(=電源はONになっていて、同じシステムが稼働している)ので、AちゃんがもしダメになったらすぐにBちゃんに切り替えられる。Bちゃんはいつでも準備オッケーな状態。都合がよすぎて泣ける。

Ⅱ:ウォームスタンバイ:連絡が取れる状態になっている(=電源ON(OSは立ち上がっている)が、同じシステムは稼働していない)。コールドスタンバイほどではないが、稼働するのにちょっと時間がかかって対応できる。

Ⅲ:コールドスタンバイ:Bちゃんとは普段連絡も取ってないし、他に男がいるかもしれない状態(=電源OFF、もしくは他システムで稼働中)。稼働するのにかなり時間がかかるが、対応できる。

書いてて切なくなってきた・・・がんばれ、Bちゃん。

3.タンデムシステム

【IT用語辞典より】タンデムシステムとは、複数の処理装置やコンピュータを直列につなぎ、それぞれが特定の処理に注力して役割分担する構成のシステム。それぞれの装置は、前の装置が処理したデータを受け取り、自らの役割である処理を行い、後の装置に渡す。バケツリレー式に流れ作業を行うことで、負荷分散や性能の向上を図ることができる。※3

同じように男女関係に喩えると、「一夫多妻制」のイメージ。

tandemsystem
Aちゃんは食器洗い&そうじ、Bちゃんは料理、Cちゃんは洗濯・・・のように、それぞれタスクを分担して動かすイメージ。

デュアルシステム/デュプレックスシステムは「彼女が切れない」(=システムが完全停止しない=信頼性を高める)ための構成だったのに対して、タンデムシステムは「どれだけ効率がいいか」(=処理効率を高める)ための構成。

3人の女子に家事を任せられるので、とても速い。それぞれの負荷も軽い。反面、誰かがダメになると一気に回らなくなるので、リスクを低減する効果はありません。女子3人集まって、初めは手を取り合って1人の男をサポートしてても・・・みたいなイメージ。

※1・※2・※3 いずれも出典:e-words(IT用語辞典)http://e-words.jp/


・・・今日の記事のどこが渾身かって、説明の絵が一番の渾身です
デュアルシステム・デュプレックスシステム・タンデムシステムが出てきても、これでばっちりですね!
過去問では、H21の第11問H25の第6問で関連の出題があります。あわせてチェックしてみてください。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。

今日は、春セミナーにお越し頂いた受講生の方とお約束を果たすべく、リレーショナルデータベース(略してRDB)について・・・。「データベースの正規化」の解説の記事です。ゆるわだしか書かないと思っていた私が、まさか渾身を書く日がくるなんて。

ちなみに、本記事はあくまでかおりんの理解の範疇なので、ざっくりした解説の部分もあります。
「何となく正規化がイメージができて、問題が解けるようになる」ことがゴールなので、細かいツッコミはなしでお願いします。

pose_necchuu_computer_man


そもそも、何でデータベースを「正規化」するの?

ずばり、データを扱いやすくするため。
起票された帳票をシステムで扱えるようにするには、帳票をレコードといわれる1行の情報(データ)に変換します。
ただ、レコードは同じような情報が繰り返されていたりして、人が一見しただけではなんのことだかわかりにくい。
下の例でも、「表」の形は横に長くて見づらいですよね。この形では、整理したり、更新したり、分析するのに使いにくい。
データを整理して使いやすくすることが正規化の目的です。


ほな、例題で帳票を正規化してみよう。

<例題>今日は7代目の女性メンバーで女子会。みんなが注文したドリンクは下記の通り。(クリックで拡大できます) ※フィクションです
正規化_元データ
盛り上がったため、6回も注文しています。注文ごとに伝票が起票されています。

Q1)上記の注文履歴(伝票)を表にしてみよう。

A1)下記の表の通り。(クリックで拡大できます)
正規化_表

伝票1枚を1レコードとしてデータにしています。この状態の表を非正規形といいます。
表を作るポイントは、Ⅰ.1レコード(=1行)に、データは1つ(=例題では伝票1枚が1データ)Ⅱ.表の1行を特定できる項目(キー列)を考える、の2点。
また、この表の中で『1・2・3・4』と番号がついている列が、同じ種類の情報が繰り返し書かれている部分(=冗長な部分)です。では、これをふまえて

Q2)上記の表を第一正規化すると、どうなるか。

A2)下記の表の通り。(クリックで拡大できます)

正規化_第一正規化

第一正規化によって、繰り返しの部分を分離します。

表を『注文票』と『注文明細』に分けました。表で同じ種類の情報が繰り返し書かれている部分(=冗長な部分)「商品コード・商品名・・・」などの項目は、冗長性が排除され(=繰り返しをなくして)注文明細で各項目1列ずつにまとまっています。

Q3)上記を第二正規化すると、どうなるか。

A3)下記の表の通り。(クリックで拡大できます)

正規化_第二正規化

第二正規化では、主キーに関わる情報を別のテーブルに分離します。

今回のケースだと、伝票番号のほかに「顧客コード」が主キーです。そこで、顧客コードに完全にひもづく顧客名に注目し、「顧客コード」と「顧客名」をテーブルにして注文明細から分離します。

主キーというのは「これがきまると、データを特定できる」項目のこと。
このデータの主キーは「伝票番号」と「顧客コード」です。

たとえば、お店の人におかわりを頼むのに
「1回目の注文で頼んだドリンクください」と言っても、何のドリンクか特定できません。生中なのか、ウーロン茶なのかわからず、お店の人は困ってしまいます。しかし、「1回目の注文で、かおりんが頼んだドリンクください」と言うと、生中と特定できるのでおかわりが頂けます。

何回目の(=伝票番号)と、誰が(=顧客コード)でドリンク(=レコード)を特定できる、というイメージです。(ドリンク=レコードという表現は厳密には正確ではないかもしれませんが、イメージで)

また、この「第二正規化」によって表のメンテナンスが容易になります。例えば、かおりん→ごぶりんのように名前が変わるなど、顧客の情報に変化があった場合でも、注文明細の該当レコード全てを修正するのではなく、顧客テーブルだけを修正すればOKです。

Q4)上記を第三正規化すると、どうなるか。

A4)下記の表の通り。(クリックで拡大できます)

正規化_第三正規化

第三正規化では、主キー以外で従属関係にある項目を別テーブルとして分離します。

例えば、注文票の中にある「予約名」と「連絡先」は、予約名が決まれば自動的に連絡先も決まるので”従属関係”です。(関数従属)
予約名を「外部キー」(=外に分離した表とつなぐ項目)として、予約テーブルを分離します。

同様に、「商品コード」に対して、「商品名」「単価」は関数従属ですので、商品テーブルとして分離できます。

第三正規形で分離する項目は、どうやら「推移従属関係にある項目」っていうみたいです。・・・が、「推移従属関係」の理解とか・・・そこまでコアな知識は・・・正直いらんのんちゃうかな・・・?と思います。詳しく知りたい方は、文末に記載した参考記事を見てください。

このように、細かくテーブルを分離する=情報を整理すると、メリットが3つあります。

1)データのメンテナンスがしやすくなります。
例えば、生中の値段が390円から490円に値上げした!という時には商品テーブルの1か所のみ修正すればOK。正規化していないと、注文明細を1レコードずつ修正しなくてはいけません。

2)データを小さくできます。
非正規形の1レコードに比べて、正規化されたデータでは1レコードが短くなります。そのため、データ自体の大きさを小さくすることができます。データ処理の効率も、やり方を間違えなければUPするはず。

3)データの共有化が楽になります。
正規化されたデータは他のデータベースでも流用しやすく、データ移行時の負担も軽減できます。実際の運用ではこのメリットは結構大きいと思います、個人的には。


超ざっくりイメージで、正規化のまとめ。

非正規形でも、1レコードには1つの情報で。主キーと外部キーを意識。

第一正規形は「繰り返しをなくす」
第二正規形は「主キーに関わる情報を別テーブルに分離」
第三正規形は「主キー以外に関わる情報で、別テーブルに分離できるものを分離」

正規化についての出題は、直近ではH27過去問の第7問にあります。
※超ザックリの記事なので、特に今日の記事は「最初のイメージ作り」にご活用くださいね。きちんとした理解はぜひ各自の学習で深めてください。


参考記事:

【DB概論】正規化の手順:@IT記事より
データの正規化
【情報】正規化なんて怖くない

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



こんにちは、今日も元気にKKD、手相観診断士のかおりんです。
子どもの風邪をもらって全く元気ではありません・・・
GWは道場の春セミナーに始まり、仕事と嫁業と母業に追われて終わりました。皆様も季節の変わり目、体調にくれぐれもご留意くださいませ。春セミナーにお越し頂いた方、改めてありがとうございました。
(ご返信出来ていない方、ホントにスミマセン。今しばらくお時間下さい。。。)

tsukare_girl


さて、言い訳がましくお詫びから始まった今回ですが、去年の今頃最も悩んでいた「1次再受験するか否か」問題について書きます。
今年初めて診断士試験にチャレンジされる方や、科目合格の方はもちろん1次試験を受けられると思います。
しかし、悩ましいのは「去年1次合格したけど、2次再チャレンジになった」方。2年目の私がそうでした。

試験制度からすれば、1次の合格は2年分有効なのだから受験する必要は全くありません。
しかし、正答が公表されず、手応えのない2次試験に今年合格する自信があるかといえば、YESとは言い切れない・・・。

師事していた予備校の先生は、「無駄だから受けなくていい」とのアドバイスでした。
何人かの先輩に伺うと、受けた人と受けなかった人と半々くらい。

結局、私は保険で受けることにしました。
その決め手になったのは、ご自身も保険で受けた大先輩の一言でした。
「受けても受けなくてもいいと思うけど、僕は受けました。二次試験を受けている時に“わからない!”ってなった時、もう一度7科目ゼロからやるのか―、ってなるのが嫌だったから。」
mokuhyou_mitatsu_man

たしかに、二次試験で絶望的に解答が書けないような問題に出会った時、「ゼロから7科目・・・」と、「まあ、今年ダメでも合格してるし大丈夫」って思えるかは、私にとっては大きい。

omamori_goukaku

自分のメンタルの弱さを踏まえ、13000円+αを保険のために費やしました。1次試験の科目合格が1つでもあればお守り代わりになる・・・程度の受験動機だったので、実際の対策は直前1週間の復習(1日せいぜい2~3時間くらい)+法務の改正論点ゼミ受講のみ。

結果、保険受験は456点で1次通過でした。問題の相性に多分に助けられた結果だと思いますが、私は保険受験してよかったと思っています。
2次試験で何度も追い込まれた時、「ま、来年もあるさ・・・」と思えた心強さは私には相当ありがたかった。
「試験中に“かおりん、(来年1次ナシで)いいなあ”と思った」と、終了後の打ち上げでぼやいていた仲間(1次を受験しなかった)もいました。

ちなみに、3年目以降で1次免除の方は、保険受験はいらないんじゃないかと個人的には思っております。
1次試験は、基本的に知識を問う問題。
諸先輩方も口をそろえて仰っていましたが、「1次試験は1回受かった人は何度でも受かる」。私もそう思います。
(そして、だいたいのかたは「もう一回二次受けて受かる気がしない」とおっしゃる・・・謙遜だと思いますが・・・(笑))

つまり、保険受験は1度で十分。

そして、受けると決めたら1次の申込はお早めに!
あまりに遅いと、家からかなり離れた会場になってしまうことも。あまりに遠い会場は、当日のコンディション作りにちょっと不利かも。

1次まであと88日。
2次まであと166日。

残りの日々も、体に気をつけて悔いなく走り切ってくださいね。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



今日も元気にKKD(気合いとカンと度胸)
おはようございます、手相観診断士のかおりんです。

driving_red

今日からいよいよ楽しいGWですね!
道場春セミナーにお越し頂く皆さま、お目にかかれるのを楽しみにしております。


さて、明日・明後日はTACの二次実力チェック模試があります。
それにあわせて、2次を解く際に、当初私が躓いていたポイントについてのお話。

それはズバリ、「それ、分析?それとも妄想?」です。

これは、与件に書かれていないことまで勝手に想像して、それを反映した解答を作成してしまうミス。

特に、実務経験がある方や、出題された業種・業界に詳しい方に起こりがちなこの現象。
(私は超妄想族でした。妄想族があったらヘッドだったかも。)

具体的な例として、H23事例Ⅳで見てみましょう。

中小企業診断協会Webより、平成23年度 第2次試験問題
D 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ(PDF)
与件には、下記の記載があります。
—————————-
D社は日本海側の地方都市にある創業25年の水産加工メーカーである。



地元漁港から揚がる魚介類を中心に、水産物の加工品を主に地元スーパーおよび外食産業に卸す他、年に数回、飛び込みの需要にも応じている。
—————————-
で、財務諸表みると棚卸資産がだぶついていることがわかる。

そして、この問題について実際に受験生の方から頂いた質問。
「水産物の加工品って、保存ききますよね?缶詰とか。棚卸資産が多いとダメなんですか?」

・・・さて、この質問は分析でしょうか?妄想でしょうか?

水産加工品について、確認してみましょう。
出典:中央水産研究所Webサイト>水産加工品のいろいろ

もちろん、缶詰も水産加工品です。
しかし、他にもちくわやかまぼこ、魚の干物なども立派な水産加工品。
kamaboko_kouhaku
つまり、先の質問は「妄想」です。

水産加工品=缶詰=日持ちするから棚卸資産回転期間が多少長くても大丈夫じゃね?
と考えてしまうと、本問題の経営分析の正答は遠のきます。

ほかにも、旅行業にお勤めの方がH26の事例Ⅱを解いた際に、「介護ツアーは実際儲かってない」という事前知識があったために解くのに苦労された(正答を導く障害になった)という話も聞きます。

2次試験をとくポイントは、事例は事例、架空の会社だと割り切って、書かれている内容だけを読み取って解答を作ること。

現実の診断士業務では、『先入観を持たずに顧客の話を聞く』ことが必須です。
その練習だと思って、事例と向き合ってくださいね!(私も日々修行中です。。。泣)


今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



道場春セミナーのお知らせ 

日時:4月29日(金)14時〜

場所:中央区日本橋公会堂
お申し込みはこちらから(外部サイト:peatix)
4月10日(日)9時から募集開始。

Don’t miss it!!!

こんにちは、今日も元気にKKD、7代目のかおりんです。

明日から2016年の春セミナーの申込を開始する予定です。右上の「一発合格道場主催イベント」欄に申込用webのリンクを貼りますので、お見逃しなく!
7代目道場メンバーみんなで、役にたつ内容になるように着々と準備を進めて参ります

今日も都内某所で打ち合わせしますよ~!


2次の成績開示、もうされましたか?

再チャレンジの方は、客観的に二次を振り返るために。
合格された方はネタのため診断士を学ぶ仲間たちのために、ぜひ開示請求にチャレンジしてみてください。

費用は、郵便料金784円(簡易書留310+切手代82)*2+住民票発行料です。(私の場合は1084円/回でした)ちなみに、送付する時「相手が法人なら簡易書留じゃなくて特定記録でも大丈夫じゃない?」と郵便窓口のおじさまが教えてくれたので、2回目は特定記録で送り、無事結果を入手できました。(=150円分の節約)。※試される方は自己責任でお願いします。
申請方法については岡崎さんの過去記事が詳しいです!

かくいう私も、合格発表からしばらくして開示請求しました。
勇んで届いた封筒を開けると、「総合B」の文字が・・・!!!

オーマイゴッド。ほんまかいな。
合格、手違い?!あんなしんどい実務補習やったのに?!(軽くパニック)

・・・・そう、去年の成績が届いてしまったのです・・・・・・

サザエさんもうっかり八兵衛もびっくりなうっかりものの私が、どんな間違いを犯したか共有しますよ。

kojinjouhou_kaiji_seikyu01

ココ、ここです!!!
平成27年度と書くべきところ、私は平成26年度ってかいちゃったらしいです。(哀しかったので、診断士協会に電話して確認しました・・・笑)

こんな間違いがないように、2回目はこう書いて送りました!!!

kojinjouhou_kaiji_seikyu02

そうすると、こんな感じで自分の成績を時系列で追える結果が届きます。

開示請求03
平成28年度、未実施・・・(笑)
ちなみに、成績開示はどうやら1ヶ月分をまとめて処理しているようで、1週間くらいで届く方もいれば、最大で1ヶ月+αくらいかかるようです。

過去年度の成績が届いた時、道場で書けるネタができた・・・おいしいやん、って思ったことは内緒ですよ。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!
かおりん



おはようございます、手相観診断士のかおりんです。
今日も元気にKKD(気合いとカンと度胸)・・・で、2015年度は何とか乗り切れそうです。いつもお世話になっているみなさまと、一発道場のBLOGを読んで下さっているあなたに、この場をお借りして御礼申し上げます。ただただ、感謝しかないっす。
年度末追い込みの方は、最終日を走り抜けて下さいね!ガンバレー!!!
年度末を走りきる
さて、前回に引き続き「予備校の授業を活用するには」を綴ります。前回は大枚叩いて予備校を申し込んだ分、得られる対価を最大限しゃぶりつくそう!というお話でした。『予備校にお金を払って得られる対価は、大きくわけて(1)カリキュラム&教材と(2)講師の授業をうけられること』と書いたうち、今回は(2)講師の授業をうけられることについて書きます。

ちなみに(1)は通信でも享受できるメリットですが、(2)は時間や場所の制限があります。とりの記事にもありますが、「使いたくても使えないんだよ!」という方もいらっしゃると思います。その方々にはぜひ、同じ試験を受けるライバルがこんな支援を受けている・・・という参考情報にしていただき、自分なりの戦い方を作る一助になれば幸いです。
参考にしてくださいね!


本題。

講師の先生の授業を受けられること。
予備校を利用する最大のメリットだと、個人的には思っています。理由は3つあります。

Ⅰ:受験情報の蓄積がスゴい
人気のある講師の方は、受講生と交流を持っている方が多く、どういう勉強をして合格した、というナマのサンプルを多く持っています。単年度ではなく、複数年度にわたってその蓄積があり、直感で?傾向が話せちゃうくらい神がかった講師の方もいるほど。
私が師事していたT☆CのE先生は、あまりに出題予想が当たるので一時2chで神扱いされていました。確かにその先生に限っては、出題予想が天から降ってくるお告げのような不思議さもあるものの、数々の予想的中は、やはり20年弱の長きにわたって診断士の育成に携わってきた経験から紡がれる結果ではないかと。そんな予想するの、自分ひとりじゃ絶対無理。このノウハウの蓄積を活用させて頂けるのは大きいと思います。個人的感想ですが、ほんまそう。

Ⅱ:プロはやっぱりプロだから
「講師は、診断士試験よりも登壇前の方が勉強する。」と、とある予備校の先生が話して下さいました。

お金をもらって自分が教える=プロになった途端に、本気度というか、追い込まれ感が変わる。この感覚、お仕事で前に立って話す機会を頂くことがあるので、自分にも覚えがあります。そして改めて勉強することで一段理解が深まった知識を、先生方は教えて下さる
その上、だいたいの講師の先生たちは「どうしたら受講生が合格できるか」を本気で考えてくれている。資格試験の全体像を把握している、心強いメンターを手に入れられる感じ。だから、先生たちの”この時期に何をするのがいい”というアドバイスに忠実に乗っかることができれば、合格可能性は高まると思う。(超個人的な体感値)

そして可能なら、いろんな先生の授業をいくつかうけてみて、自分がメンターにしたい講師を見つけられると最高。その上、通学で勉強仲間を作れたら、それは合格後も大きな大きな財産になります。これも個人的感想ですが、ほんまそう。

Ⅲ:先生とコミュニケーションをとれる
ナマ授業を受けられる醍醐味は、Webやテキストに比べて伝わる情報が圧倒的に多いこと。周囲の受講生の様子を感じながら学ぶことで、”ここみんなわかってないな”とか、”ここみんなわかってるのに私わかってない、ヤバい”と自分の位置を感じられることも。
そして、流行の「アクティブラーニング」が実行できる環境が、”通学”。質問を授業後すぐにできるのはもちろん大きなメリット。そして、能動的に授業をきくことで講師の先生がペースを合わせてくださることもある。
私は予備校の授業で相当「うなずいて」いたらしく、「うなずき姉さん」とあだ名されたことも。うなずく=能動的に授業を聴く姿勢の表れ・・・なんだけどなあ・・・(とはいえ、うなづきすぎ)。

先生も「聞いてるな」と感じる人に無意識にアンテナが立ちやすい模様。そして、普段うなずいている人が、首をひねったりフリーズしている様子を見たら、ちょっと丁寧な説明をくださることも。(ちなみに、この方法は全員に有効なわけではないです、あしからず・・・)

加えて、能動的に授業を聞いていると、講師の先生の様子で「ここはいらない」「ここは覚える」「ここは練習する」強弱のつけどころがわかるようになる。で、覚えるところは授業中に集中して理解しきる&覚えることができる。
時間のない受験生は、ここが気合いの入れどころ。授業中に覚えきるために要点をその場でまとめる碧ちゃんの単語帳方式、私もやってました。

終盤に私が作ってた要点メモはこんな感じ。
授業時間内に覚えきる
移動中などのスキマ時間だけでなく、1次&2次直前にファイナルペーパーがわりに眺められて一石二鳥です。

そして、みなさまに何よりお伝えしたいのは、この3つのメリットを最大限生かすには講師の先生と積極的に接点を持つ事がおススメ!ということ。決して質問攻めにしろ、というのではありません。診断士講座は他の資格に比べて、交流会や勉強会などの機会が多いはず。ぜひそれをいかして、先生や先輩とも仲良くなってくださいね。


交流する機会なんてないよ!というそこのあなたに朗報です。

中小企業診断士一発道場、今年も春セミナー開催決定!!!5月から8月の過ごし方にフォーカスした、1次対策の内容です。終わった後はもちろん懇親会もやる・・・はず♪

日時:4月29日(金)14時〜
場所:中央区日本橋公会堂

募集開始のおしらせまで、予定をあけてお待ちくださいませ。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん



おはようございます、手相観診断士のかおりんです。
今日も元気にKKD(気合いとカンと度胸)で、毎日を乗り切れるか挑戦中です。がんばれ、受験生のあなた。がんばれ、わたし。

近所の桜も咲いたことだし、いよいよ春本番。
2016年度 夏の初戦に向けて、引き締めて参りましょう。

中小企業診断士一発道場


今日は、合格体験記の記事で岡崎さんにネタ振りいただいていた、「予備校の授業をどうやって受けていたか」というお話の前半です。(補足:合格体験記をご覧頂いていない方のために・・・私はTACでストレート本科生→二次本科生、と受講しました。)

TACのような予備校は、お金を払って効率を買いに行くところ
独学でももちろん勉強できるけど、予備校には多数の合格者を出してきた実績と、そのノウハウの蓄積がありますよね。

そう、「忙しいけど金はある」という方のために予備校がある。
私のように、「お金はないけど早く合格してモトをとりたい」人もいいと思います。むしろ、高いお金を払ったんだし、合格して回収しなくては・・・と、ハングリーであるほどモチベーションになるはず。

ちなみに、私は別に予備校の回し者ではありません。自分にあっていたという話。ちゃんとペースを守って学習を進めることができ、試験の勘所もちゃんと掴めて、時間も十分にかけられる・・・など、独学で合格できる人に予備校はもちろん不要です。念のため。

今日のタイトル、「効率よく学習するために予備校を活用するには?」が問いだとすると、解は予備校に支払って得られる対価を最大限利用することに尽きます。

そして、予備校にお金を払って得られる対価は、大きくわけて(1)カリキュラム&教材(2)講師の授業をうけられること、の2つです。
(自習室とか勉強仲間とかもありますが、1や2に付随して発生する事象なので今回は包含する。)

全部語り尽くそうと思うと長いので、今回は(1)カリキュラム&教材について。

1つ目は、カリキュラムについて。
カリキュラムはペースメーカーとして上手に利用するのが吉。

よく、中小企業診断士試験の学習は「複数の皿を回し続ける皿回し」のようだといわれます。
1次試験の7科目について、それぞれ全力で学びながら、過去に学んだことも忘れないように復習する。それはまるで、1科目学ぶたびに、回す皿が増えていく曲芸のようなバランス感覚です。
daidougei_juggling

ストレート合格のためには、1次試験7科目の皿を回しながら、さらに2次4科目の皿を追加しなくてはいけないのです・・・もともと仕事や家事や子育てや・・・と忙しい中でそれらをやりきるのは、ホントに曲芸だと思います。そして、はじめてだと「いつどの皿をどのくらいの強さでまわせばいいか」、皆目検討がつきません。

予備校に通うと、いまの時期はどの皿を回すのに意識を割け、と教えてくれるので、「いま何やればいいんだろう?」「今こんなことやってて間にあうのかな?」と悩んだり、調べたりする時間や、計画をわざわざ立てる時間を節約できます。その上、先生は「皿回し続けろよ!」と定期的に声をかけてくれ、皿をまわす力加減までアドバイスをくれるという素敵なサポート付き。先生の教えの通り、愚直に頑張れた方の1次ストレート通過率は高いです。(※超個人的な実感値)

もう一つ大きいのは、教材。予備校に通うと、自分で教材を選んだり探したりする時間が削減できます。
長年のノウハウと膨大なデータをもとにして作られた教材は、やはり効率がいいな・・・というのが、これも個人的な実感です。
2次についてはいろいろな予備校があり、多様なノウハウがあるので自分にあったものを使うといいと思いますが、1次試験については、私はTAC出版の過去問が使いやすかったです。スマホのアプリで勉強できるものなども試しましたが、結局TAC過去問に戻ってきました。

ちなみに、問題集選びは一度これと決めたら浮気せず、あれこれ手を出さず、最後まで付き合いきるのが吉かと。

今日のまとめ。

・予備校を効率よく使うには、大金を支払って得られる対価を最大限に活用すること。
・カリキュラムはペースメーカーとして上手に利用する。どんどん皿をまわし続けるべし。
・教材は、与えられたものに一度手を付けたら一途にやりきる。浮気厳禁。

bird_mejiro_line
合格したら、楽しいことがめじろ押しかも?みなさまのもとにも早く桜咲く便りが届きますように。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん



おはようございます、手相観診断士のかおりんです。
今日も元気にKKD(気合いとカンと度胸)で、毎日を乗り切りたい気持ちでいっぱいです。・・・乗り切れますように。

そう、今日は確定申告締め切り前日・・・
診断士に合格され、お仕事をなさる時には、どうか私のように会計処理などを溜め込まれませんよう・・・。
そしてホワイトデー、息子たちが頂いた義理チョコへのお返しの用意もあるんだった・・・

さて、今回は経営情報システムの話。

こちらのTACデータリサーチの講評 http://web.tac-school.co.jp/tacchannel/pdf/2638a.pdf のはじめにある、各科目の平均点を見て下さい。
こちらで見ると一目瞭然なのですが、経営情報システムは近年超難化傾向です。(TACデータリサーチに全受験生が出しているわけではありませんが、傾向を掴むのに十分な母数はあると思います。)

経営情報システムが難化している理由は、過去に問われた基本的な内容だけでは正解に辿り着けない難問が多くなったからです。実務的な知識を持っている人に有利な問題が増加し、「ただ過去問をやるだけでは太刀打ちできない」科目になってきている、と言えそうです。

参考までに、平成27年度の科目別の合格率も掲載しておきますね。
H27kamoku
出典:平成27年度中小企業診断士第1次試験に関する「統計資料」
https://www.j-smeca.jp/attach/test/h27/h27_1ji_toukei.pdf.pdf

科目合格者には試験合格者は含まないので、参考程度のデータですが、難易度の指標にはなるのではないかと。(実際に受験した肌感覚にも近いです)
経営情報システム、なんと科目合格率6.4%・・・

そして恐らく、この「情報システムの難化傾向」は、程度こそあれ、今後も続くのでは・・・と私は考えています。(大胆予想・・・笑)

理由は2つあります。

1つは、中小企業の経営課題を解決するには、ITの基礎的な知識はもちろん、ある程度のトレンドや最新情報が不可欠だからです。
20代のスマホ保持率は94%ともいわれ、いまやITは特別なツールではなく社会の重要なインフラになりました。(参考:20代のスマホ所有率は94%、SNS利用率は30代でも8割超 – 総務省が統計調査 //news.mynavi.jp/news/2015/05/20/171/)
中小企業にとって、ITの活用は避けられない重要な課題と言えます。

2つ目は、国が施策としてIT活用の推進を掲げているからです。
技術の高度化・知財の活用とならんでIT活用で補助金もあります。
(参考:http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/leaflet/l-2013/08gijyutuall.pdf)
商工会議所などでも、実態調査が頻繁に行われています。(参考:http://www.jcci.or.jp/it/chousa.html)

国や中小企業庁がIT活用を推進したいのに、中小企業診断士がITがわかりませんでは話にならないですよね。そして、テクノロジの進化が早いため、いつまでも古い知識では実際の現場で役に立ちません。

上記2つの理由から、経営情報システムの難化傾向は続くのでは・・・と分析します。経営情報システムの科目が難化しているのは、国や中小企業庁から我々へ「ITがある程度できるようになってから現場に行ってね」というメッセージなのかなあ、と個人的には感じています。

kaisya_man

これだけ断言しておいて、今年の情報が簡単になったらゴメンなさい・・・。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん



こんばんは、手相観診断士のかおりんです。
一月往ぬる二月逃げる三月去る、と申しますが、2016年も1/6が終わりました。今日も元気にKKD(気合いとカンと度胸)で、去る三月を何とかしようと思います。

年度末は忙しい

今日は初学者(1年目)で、予備校に通学していて、特定の科目で勉強しなくても60点取れるくらいの知識をお持ちの方向け、とちょっとターゲットを絞ったお話です。

予備校に通っている方は、難解な経済を終えて、経営情報システムが始まったころではないでしょうか。私は仕事柄、経営情報システムはほぼ何もしなくても60点はとれるであろう(・・・仕事ですから、とれないとまずい)科目です。
経営情報システムの期間は、IT企業にお勤めの方は予備校に来なくなる人が多く、「この時期は生徒が減る」と予備校の先生もぼやいていました

他にも、業務や学生時代の知識をお持ちの方で”何もしなくてもとれる”という科目がある方もいらっしゃると思います。では、そんな”ちょっと余裕のある時期”に何をしておくとよいか、のお話です。

やっておくとよいことは、大きく2つあります。

—————————-
1)今まで学習した科目のうち、遅れがあるもの・苦手なものを徹底的につぶす
2)二次の先取りをする・・・過去問をまず”解いてみる”

—————————-

1)今まで学習した科目のうち、苦手なものを徹底的につぶす

ニガテの克服

圧倒的に優先順位の高いのは、これ。

私はこの時期、とにかく時間が取れずに遅れていた科目の過去問をひたすらやりました。
時間がなくてほとんどできていなかった科目も、この時期に過去問のA/B/C問題くらいは一通りこなしました。(はい、ハードル低いです。。。)

ここまでにできなかったことを取り戻すチャンスはここしかない!

ちなみに、過去問を解いてみて、あまりに「???」となる方は予備校のトレーニングを試してください。それでもよくわからない時は、スピード問題集の順であたるのがおすすめです。(TACの先生&先輩・談)

2)二次の先取りをする

20160304_img3

碧の2次本試験を数年分ゆる〜くチェックしてみよう!にも書かれていますが、初学者の方が予備校で事例を解く機会は本当にわずかしかありません。

私も、まともに事例を解き始めた頃は、80分なんて到底無理!と感じました。(ちなみに、当初何も考えずに解いていた時は80分で時間余りました・笑 ありえない・・・)

財務が得意な方は、それを確固たるものにする。そのために、まず事例Ⅳを確実に80分でとける実力をつけるべく過去問にあたってみてください。

私のように、財務が苦手な方は他の事例の過去問をやってみるのもアリ。(事例Ⅳだと心が折れちゃうから・・・)

この時、年度ごとにやるのではなく事例ごとにトライするのをおススメします。

事例Ⅰなら事例Ⅰを順に、連続して3年分、できれば5年分解いてみる。そうして、1問目で問われること、2問目で問われること・・・の傾向が見えてきたらしめたものです。


もちろん、得意だからと言って全く勉強しないのは論外です。
どんなに得意な科目でも、一通り過去問を解いて傾向を掴み、出題のクセと最新の傾向は押さえておくほうが安心です。

また、時間がある時には、いろいろな人の考え方をとり入れたり、モチベーションの上がる読み物を漁るのもイイと思います。

道場の過去記事を”模擬試験”などのテーマを決めて読み漁るもよし。(というか、超おススメ)
一発合格道場と同様に、受験生へのアツい想いにあふれたふぞろいブログタキプロブログなどもありますよ。他にも、先代の道場執筆者の方々が書かれているスピンアウトブログ6代目のあとがきなどもぜひ、本日の記事と合わせてお楽しみ下さい。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん



こんばんは、手相観診断士のかおりんです。
今日も元気にKKD(気合いとカンと度胸)で、何とか毎日を乗り切っています。

年度末も近くなり、お忙しい方も多いのでは?三寒四温の中、みなさん体調など崩しておられませんでしょうか。

忙しい?じゃあ財務をやろう img01

過去の私に限らず、診断士を目指す多くの方が、時間がない中で学習を重ねていると思います。忙しすぎて勉強は後回しに・・・なんてことも、あるかもしれません。(私はそういう時期ばかりでした・笑)

時にはそれも仕方ない。でも、全く勉強しないとモチベーションは下がる一方。
途中で学習を辞めてしまう人の多くは、「仕事が忙しくなったから」と言います。実際、そういって戦線離脱した仲間もたくさんいました。

だからこそ、「忙しい、勉強なんてしている暇ないよ。」と思った時、この財務の勉強方法を試して頂きたいのです。

【かおりん流☆スキマ時間に財務!のやり方】

1)勉強仲間とLineなどのSNSでつながり、グループを作る。(私はすでにグループに入れてもらっていました。感謝。)
2)毎日1題財務の問題をグループに送り続ける。

※私は、過去問やスピ問、予備校のトレーニングなど、グループ全員が持っている問題集から、問題と答えを別々に写メで撮って共有していました。所要時間は5分以下。

ポイントは、とにかくへこたれずに毎日1日1題送り続けること。・・・エラそうにいってますが、実際は忙しすぎて、しばらく途切れたこともありました。その時、異変を感じた勉強仲間がはげましの声をかけてくれていなければ、今の私はありません。

また、この投稿を喜んでくれている仲間がいてくれたことや、苦手な問題やわからない問題を送ることで、仲間のアドバイスをもらえるという嬉しい+αも。

特に財務は、一朝一夕には力がつかない科目。2次試験でも試されますし、実務でも必須の知識です。この科目は特に毎日少しでも触れ続けることが大事だと、尊敬する予備校の先生もおっしゃっていました。

(ただし、この方法には学習仲間が必須です。独学で今はまだ仲間がいない・・・という方は、春に開催予定の道場イベントなどで、ぜひ勉強仲間を作って下さいね。鋭意準備中です

忙しい?じゃあ財務をやろう img2

今振返ると、家族や仕事を優先して、ついつい自分のことが後回しになってしまう私にとって、「短時間でも勉強を続けてモチベーションを保つこと」は、1次突破に欠かせない要素でした。
忙しくてホント死にそうだけど、どうしても合格を諦めたくない方。ぜひ、一粒で二度も三度もおいしいこの方法を試してみて下さい。1ヶ月、2ヶ月と続けるうちに、きっとじわじわきいてきますよ。

忙しい受験生向けの記事は、myaの時間の作り方 再考や、はんたの勉強時間を記録しましょう、先日投稿されたはるさんの合格体験記など、過去記事にも多数掲載があります。本日の記事と合わせて、スキマ時間にお楽しみ下さい。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん



はじめまして、かおりんと申します。

✨✨今日から7代目の執筆がスタートします!✨✨✨

ご縁を頂き、7代目で道場を執筆させて頂きます。
1年間、よろしくお願いします!

035

・30代半ば
・手相観が趣味
・2児子育て中で
・フリーランスで主にIT系のお仕事をしています。
・ほぼ、KKD(気合いとカンと度胸)だけで毎日を乗り切っています。
・恐らく、診断士の中でも「分析」という言葉から遠いところに位置する感じです。

そんな私ですが、複数のわらじを履きまくっていた自分の受験生時代を振り返りつつ、 「忙しい人向けの勉強方法」や、 「勉強会のサポーターをする中で気付いた間違いやすいポイント」などを できる限り整理して、何か少しでもお役にたてるような発信ができたらいいなと思っております。 なまあたたかくご覧いただけましたら幸いです。

合格体験記はこちらに掲載されています。

初めての投稿になる今回は、
「受験生時代に自分がこの時期何をしていたか」をご紹介しますね。


【1年目】TACストレート本科生時代

ちょうど1次対策・経済の終盤。

ひたすらやっていたのはスーパートレーニング。 DSC_0052

超分厚いので、章ごとにバラバラに持ち歩いている仲間もいました。 (わたしはものぐさなのでそのまま・・・)

基本的に1次は 「過去問を効率よくやる&トレーニングで補足、 それでも足りない時はスピード問題集を買い足す」形で勉強しましたが、

経済だけは別。

「過去問からの出題率は低く、 公務員試験などに使われる問題からの方が出題可能性が高い」という 講師の先生や先輩方の言葉を信じ、 演習はスーパートレーニングを使っていました。 なお、他資格ほど詳しい知識を問われないので、 解くのは例題と基本問題で十分です!!!(下は私のスーパートレーニングです)

IMG_20160212_210440


【2年目】TAC二次本科時代

二次本科が始まったものの、全くエンジンがかからなかった時期・・・・・・

この時期、合格者と自分を隔てたものはなんだろう?ということをひたすら考えていました。例えば、同じ教室で学んでいて、ストレート合格を果たした岡崎さんと自分を比較して、決定的に欠けているのは何かを考えたりしていました。

その中で、いろいろな要素はあれど、一つは日本語力ではないかと考えました。日本語力でも、「わかりやすく書く力」が特に私には欠けていると考え、この本を読みました。

論理トレーニング101題
野矢 茂樹

私の文章は、読みにくいと思います。(皆さん、スミマセン。。。) 診断士試験の2次論述答練などを通して、これでもだいぶマシになったのですが・・・ まだまだ修行中です。

私の文が読みにくい理由は、大きく2つあります。

1)一文が長すぎるから
2)文の構造が明瞭でないから

1)は書く際に「1文は100文字以内」と決めて練習しました。
(要するに、心掛けだけで何とかなる)
2)は、どうしたら・・・?と悩んだ時に出会ったのが、上述の本です。

この本を通して、
接続詞や「てにおは」を正しく使うことで「論理的に正しい」文を書く方法を学びました。

結果、勉強仲間から答案が読みやすくなったと言われるように。
答練の点数も、気持ち上がった気がします。

この本に書いてあることは、日常のメール作成など 仕事にも役立つノウハウだと思います。 ぜひお試しくださいね!

では、今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ☆

ほな!

かおりん


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

再現答案集はココ!↓

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

一発合格道場 2次口述試験対策セミナーin東京

2018年12月9日(日)30名を超える方に参加頂きました。ありがとうございました!

18口述セミナーin東京レポート

 

————————————————–

18夏セミナーin東京レポート

18夏セミナーin大阪レポート

————————————————–
18春セミナーin東京レポート

18春セミナーin大阪レポート

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版発売開始しました



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX