投稿者「 » ルナ」の記事



皆様こんにちは、雑草魂のルナです。

速いもので道場ブログを書き始めてからあっという間に一年が過ぎてしまいました。

あれから一年歳をとり、様々な経験をさせていただきました。

 

そんなルナからのラストメッセージ。少し前から最後に皆さんにお伝えすべきことは何か、色々と考えてきました。

書きたいことは沢山あります。

応援も、励ましも、慰めも、アドバイスも、まだまだ伝えきっていないなと思うことが沢山あります。

 

でも、ここで皆さんに何かを伝えられるのは今日で最後。

 

それであれば、私が伝えたいことはこれだけです。

 

「あなたは何のために診断士試験を受けるのですか?」

 

多くの時間を犠牲にして、もしかしたら大事な家族との時間も犠牲にして、エネルギーもお金も使って、そうまでしてこの試験を受ける理由はなんですか?

正直なところこの試験の「確実性」は高くないと思います。

勉強時間と合格確率が比例しない、模試や演習問題で好成績でも当日結果を出せない人も沢山いる、そんな試験になぜトライするのですか?

 

あなたの人生は一度だけです。

過ぎた時間は、泣いても笑っても取り戻すことはできません。

家族との信頼関係にひびが入る方もいると聞きます。

 

そうまでして、他のことにチャレンジする機会を失ってまで、なぜこの試験を受けるのでしょうか?

あなたの人生にとって本当に必要ですか?

 

「受験する」ということ自体が目的になってしまっていませんか?

他に大事なことに使うべき時間を浪費してはいませんか?

もっと向き合うべきものから逃げる言い訳にしてはいないですよね?

 

最後の最後に厳しいですか? (^_^;

でもね、人生は一度きりなのです。

 

中小企業診断士の世界は素晴らしいです。世の中の役に立てると実感できる仕事に巡り合うことができます。

本当にそれを目指していますか? そのための努力をしていますか?

あなたが犠牲にしているものに見合うだけの未来があると、本当に信じていますか?

 

「信じる」は雑草魂流の投稿の中で何度も書いたワードです。

この試験にトライすることに価値があることを、本当に心から信じている人に、「都合の良い神様」は微笑んでくれると思います。

 

だから、何度でも、何度でも、何度でも、振り返ってください。

 

最後の雑草魂:「診断士試験はあなたの人生にとって本当にチャレンジする価値のあるものですか?」

 

ルナは皆さんの頑張りをいついつまでも応援しています。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


皆様こんにちは! 雑草魂のルナです。

日本列島全体が異様な寒さの中、いかがお過ごしでしょうか? 埼玉もほんっっっっっっっとに、寒いです…。

でも! あちこちでお目にかかる合格者の方はそんな中でも熱く活動をされておられます! 道場にも次々と届く合格体験記。後に続く皆さんに役立つ情報が沢山詰まっているはずです。

本日お届けするのは、よこよこさんからの体験記です。よこよこさんは二度目のトライで二次試験に合格することができました。その秘訣とは…?

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*ここから-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【0】受験生情報

よこよこ 50歳

 

【1】診断士に挑戦した理由・きっかけ

農業向け生産資材の営業支店長→経営企画→コンサルティングチームの事務局(現在)と、

ここ10年の業務変遷の中で、農業分野に商工分野のコンサルティング手法を持ち込みたいと思い、御墨付資格の取得に目を付けました。

 

【2】学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

保有資格:ペット栄養管理士など診断士に無関係な資格多数(やや資格オタク)とISO事務局・企業理念刷新・企業研修の企画、等の実務経験

得意科目:企業経営理論は実務経験からある程度理解していた。

不得意科目:経済と財務会計  連立方程式の復習からスタート

 

【3】学習スタイルとそのメリット・デメリット

H28 一次合格・2次不合格 独学

H29 一次未受験・2次合格 MMC通学

 

①メリット

一次の独学の場合、費用が安く、通学や既知論点の講義に費やす時間が不要であること。

二次のMMCの場合、二次試験に特化したプロのノウハウを活用して時間短縮できたこと。

 

②デメリット

一次の独学の場合、労力と得点のバランスが解らず、捨て問の難解論点に時間を費やしたこと。

二次のMMCの場合、費用はそれなりに掛かる。(対効果は十分だと思う)

 

【4】合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期 2016年1月 受験回数1回

②一次学習時間  800時間くらい。感覚的な数字です。

③ニ次学習時間 1000時間くらい。

超満員電車で片道一時間なので、スマホアプリは重宝しました。(診断士一次、簿記、ITパスポート、情報処理)

 

【5】合格までの学習法

①1次(H28)

・1月から8月までの大まかな学習計画を立て、エクセルシートに予実を記録、スピテキ、スピ門、過去問5年を1セットにして、科目当たり2~3週間とし、GWを目途に一回転目を完了する計画にしました。

スピテキだけでは不足を感じたので、しばらく関連資格の勉強を並行して行いました。

簿記3級、ITパスポート、基本情報処理技術者、ビジネス法務2級、公務員試験スーパー過去問(経済学分野)です。中小を除き一回転完了した所で、5月にLEC一次摸試を受験330点でした。

転機は、5月下旬に道場セミナーに参加して、先輩に勉強方法のアドバイスを頂き、他資格勉強は止めて、過去問中心に転換することにしました。推奨された「論点別過去問完全マスター」を全巻購入して、6月から本番ギリギリまでに3回転実施しました。6/25LECは375点、7/2TACは344点と合格点には遠かったのですが、8/6の本番は431点と辛うじて合格しました。

 

②2次筆記

 H28(不合格 得点開示結果 45+49+65+46=205 )

摸試結果が悪く、一次合格してから次のことを考えようと決めていたので、全くの無情報でした。早速、道場や他のセミナーに参加して情報収集を開始しました。予備校の直前対策は既に一杯で、MMCの9月最終摸試だけ申込みが間に合いました。タキプロ学習会に参加して、過去問を何回も解き、ふぞろいで確認、なんとか字数を埋めることができるようになったレベルでしたが、受験後の手応えはそれなりありました。(今にして思えば、間違いに気が付かないレベルの典型パターン。)

結果はともかく、来年に向けて、財務会計の強化を図るため、全経簿記1級に申し込み、11月末の試験に向けてすぐに勉強を始めました。2次試験結果発表と同日に簿記試験の発表もあり、商簿と工簿も含めて、資格取得ヲタ人生最大の屈辱「トリプル不合格」を喫しました。

 

 H29(合格)

不合格の悔しさ、それもC判定が3つ、勉強会の優秀な先輩診断士ですら多年度生がいる事実、仕事上の機会損失、自分の年齢と資質、等を考えるに独学を継続することは得策ではないと考え、「時間は金で買う!」と方針転換を計ることにしました。どうせなら、一番評判の良い予備校にしたいと思い、道場やタキプロの先輩からの情報収集からMMCが良いと判断しました。よって、私の一番の合格要因は投資判断だったと思います。

他要素としては、タキプロ学習会に継続して参加しました。広く受験生の方と一緒に勉強することで、「余裕で合格する人」、「ギリギリで合格した人」、「まだ遠い人」のレベルを肌感覚で知った事が良かったです。というのも、本試験では想定外問題が必ずあります。その時に「普通の受験生は書けないから、このレベルの解答で逃げよう。」と冷静に判断できたことです。予備校の作法に則ったハイレベルな解答にこだわると、固まって時間切れの危険がありました。2次は相対試験ですから「ズルさ」も時に必要だと思います。

 

③再現答案

初年度は、3日後くらいに作成しました。

2年目は、帰宅後すぐに作成しました。

 

【6】学習時・受験時のエピソード

2次会場のエピソードです。東京会場で受験したのですが、1回目は受験番号が最終組の教室で受験、2回目は番号が若い最初の組で受験しました。

一度目は意図的に最終日に受験料を振り込んで、最終組の教室に入りました。狙いは、「受験を迷って申し込んだ人が多いので相対的にレベルが低く、自分の解答が良く見えるはず」実際、欠席者が沢山、遅刻してくる人もチラホラ、カード電卓を使っている人・・・など、全体に準備不足の、ややゆるーい雰囲気がありました。

2回目は逆に速攻で振込み先頭の教室でした。狙いは、「先頭組は十分に準備して自信のある人が多く、教室の雰囲気が締まって集中できる。」でした。確かに、遅刻者もおらず、欠席も居なかったです。その分、狭い部屋がさらに狭く感じ、教室に漂う気迫が凄かった。

どちらが合うかは、人それぞれですが、振込日で先頭、真ん中、最後はある程度選べるようなので、ご参考までに。

 

【7】これから合格を目指す方へのアドバイス

ドラッカーの言葉に、「人は、ほぼ二分の一の確率で、どちらかに分類される。『読む人』か、それとも『聞く人』か。」とあります。認知プロセスの違いもあり、独学に向く人、予備校や学習会に向く人、それぞれ自分の特性に合った学習方針を立てねばなりません。

私は、ストレート合格ではなく、寄り道も沢山ありましたが、この体験記を読まれた受験生の皆様が、ご自身に合った学習方法を固める参考になれば幸いです。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-ここまで*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

いかがでしょうか?

私も独学のつもりで勉強を始めましたが、よこよこさんと同じように考え途中から予備校に通うことにしました。

診断士試験は「受かる」ことよりも、「受かってから何ができるか」の方が大切です。「合格する」ことでは無く、「診断士として活躍する」ことが目的なのであれば、常に自分にあった勉強法を求め、様々な選択肢を柔軟に検討する姿勢を失ってはいけないですよね。

今試験に向けて勉強している皆さんも、自分の勉強方法に自信を持ちつつ、さらに他に良い方法が無いか常に情報収集することを怠らないようにしてくださいね!

 

よこよこさん、合格おめでとうございます! これからのご活躍を期待しております。



皆様こんにちは、雑草魂のルナです。

お正月気分も終わり仕事も勉強もガンガン飛ばしている方が多いタイミングでしょうか?

そんな折ですが、皆様昨年の振り返りはしっかりとできているでしょうか。

私も、お正月のお休みに、この1年を振り返り、自分に足りなかったことなどを書き出してみていました。

どんなことでも同じだと思いますが、もやっと頭の中に浮かんでいることも、文字に書き起こしてみるとまた見えてくるものがはっきりし、そして次のステップへの糸口などが見つかりますよね。

今日ご紹介するのは、MNさんの未合格体験記です。

未合格のうちに体験記を書く、しかもそれを公にされるというのは、振り返りの中でもハードな部類に入るのではないかと推察いたしますが、そういった過程を経ることも己の成長への一助となります。

そしてそれを読ませていただく人にとっても必ず気づきがあるはず。みなさんはMNさんの体験記から何を学ばれるでしょうか?

==========寄稿ここから==========

 

名前:MN

年齢:30歳

 

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

診断士との出会いは自分のスキルアップを図りたいと考えて足を運んだ書店で資格学校の教材がたまたま目にとまったことです。

そこから深く資格について調べていくうちに難易度が高く、応用の効く資格である事がわかり下記の目的に合致すると思い挑戦を決意しました。

  • 大学受験での失敗という落ち目を持った自身の気持ちに区切りをつけ、自分に自信をつけたい
  • 自分の活躍できる幅を広げたい
  • 経営者相手に改善提案している姿がかっこいいと思う
  • 人から尊敬されたい
  • 知り合いを見返したい
  • 今の仕事のレベルアップに繋がると思う

 

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

■得意科目

  • 財務会計
  • 経済学経済政策

私は商業簿記2級を診断士挑戦前から取得しており、大学で経済学を学んでいたことが理由です。

■苦手科目

  • 運営管理
  • 経営法務

学習内容の具体的なイメージが難しく暗記に苦労しているのが理由です。


(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット

■学習スタイル

通信×独学

通信を利用している時期と独学のみで学習している時期が混在している為、このように表記しております。

・メリット

  • 時間に融通が利くこと

いつでもどこでも学習可能な為、自身のペースで学習が可能です。

  • スケジュール管理能力が向上する

通信・独学は誰も学習の進捗管理を行ってくれないのですべて自身で計画、実行が必要となります。その中でスケジュール管理能力の向上が感じられます。

  • 費用の節約

大手予備校に通うより費用が安いです。

 

・デメリット

  • 受験情報の収集に苦労する

通信・独学は意識をして自分から最新の受験情報を収集しないと必要な情報入手が難しいです。

  • ベンチマークする人の不存在

ライバルや目指すべき実績の持ち主を見つけることが難しい為、目標進捗確認やモチベーション管理に苦労をします。

  • 学習方法の選択に苦労

ネット情報やSNS、書店などで様々な学習手段が紹介されているが、自分にあう教材と巡り合うのは難しく、時間と労力が必要になります。

学習方法を間違えば、合格までの道のりが遠回りになる可能性があります。

  • 指南役の不存在

自身が怠けたり、学習方法を誤ったりした際にそれを指摘してくれる方がいない為、改善するのに時間と労力がかかる

  • 学習環境の確保

予備校に行く場合、自習スペースなどの環境が整っておりますが、通信・独学は自分で探す必要があり、また自身は自宅学習が苦手だったこともあり学習環境の確保に苦労しました。

 

(4)これまでの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数

学習開始時期 2013年6月

受験回数

1次試験 2013年、2014年、2016年、2017年、計4回

2次試験 2016年、2017年

学習時間 2次で個別集計できていない為、不明

2017年10月末2次受験直前までの累計は761時(2016年2月以降のstudyplusで計測している分のみ)

 

(5)これまでの学習法

①1次

  • 市販問題集を繰り返し演習

TAC、LEC、ユーキャンの問題集を繰り返し学習(問題集は各3回転)

問題集は科目に合わせて自身にあう発行元のものを使用

  • 過去問5年分3回転
  • 1次模試2回受験
  • SNSより情報収集

 

②2次筆記

  • ふぞろいシリーズ3冊を使用した合格答案分析
  • TAC直前対策演習を受講(2017年8月~9月末)
  • 過去問3年分3回転
  • リアル勉強会への参加1回(タキプロ東京)
  • 意思決定会計問題集2回転
  • SNSより情報収集

 

③再現答案

未作成

 

(6)学習時・受験時のエピソード

2013年、2014年は合格できればいいなという中途半端な気持ちでの受験をしていたため、1次試験すら通らず、あげくのはてに2015年は転職による仕事優先を理由に未受験のまま終わってしまいました。

ただ、転職先での業務領域の幅を広げたり、上記に書いた理由により2016年に本腰をいれて再度受験する心住まいが整い、挑戦を再度決意しました。

しかし2016年は第一子の出産があり、子供がいる環境での受験と大きく環境が変化しました。その為、妻に大きな負担をかけてしまった。

子供の保育園への送り迎え、土日AM中の面倒見、学習をする私への妻の気配りなど非常に多くの配慮をしてくれていました。

その為、今回2017年の2次試験で不合格となったことを伝えた際、もうやめたらと言われると考えていたが、もう少しのところまで来たんだったら気のすむまで続けたらと妻が背中を押してくれたことは非常にありがたく、共に挑戦してくれていたんだという気持ちがわき、うれしく感じました。

2018年は1次試験からの再挑戦となりますが、今回の受験で必ず2次を通過し、診断士登録の切符を手に入れるつもりです。

==========ここまで==========

 

MNさん、体験記の投稿、ありがとうございました!

受験にあたってご家族の協力は大きな助けになりますよね。今後も奥様やお子さんを大切にしながら、ご家族の幸せをさらに大きくするためにも診断士の資格取得に向けて励んでください。

ルナはMNさんはじめ、頑張る皆さんをいつでも応援しています!

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


皆様こんにちは。ルナです。

あっという間に今年一年ももうすぐ終わり…ですね。これを読まれている皆様にとって、今年一年はどんな年でしたか。

  • 来年初めて診断士試験を受験する予定の方

まだ、試験全体の概要もあまり見えていないタイミングかもしれないですね。年末年始は受験指導校の授業なども少し間が空きます。それを利用して各科目にフォーカスするのではなく、全体を俯瞰する時間を持つことができれば、より合格に近づけると思います。

 

  • 今年受験したけれど、望む結果にたどり着けなかった方

来年の受験を考えておられるのであれば、ながも言うように、このお正月をどう過ごすかは今のうちに決めておいた方が良いと思います。雑草流のお勧めは、しっかり休む&楽しむこと! どんなに努力をしても、結果が思うようにいかないことは沢山あります。それを「努力が足りなかったから…」と自分を追い詰めても、あまり良いことにはならない気がします。もちろん「努力好き♪」という方はお正月もガンガン勉強詰めちゃってくださいね。

 

  • 昨日の合格発表で、最終合格を確認された方

例年と異なり今年は年内の合格発表ですので、落ち着いてお正月を過ごすことができるのではないでしょうか。本当におめでとうございます。

これまでの一年、あるいはそれ以上の努力が実を結んだ結果ですね。自分をしっかり褒めてやって、このお休みの間にエネルギーを蓄えてください。

年が明けるとあっという間に実務補習です! もしやまだ申し込みを済ませていない方はいらっしゃらないですよね? 二月の補習を希望されるのであれば、すぐに申し込みをしないとあっという間に枠が埋まってしまいます。インターネット経由の申し込みが埋まってしまった場合は、ダメもとで郵送での申し込みをしてみましょう。郵送枠は別個に確保されていますので、それで滑り込んだ、という人の話も時々聞きますよ。

 

  • 雑草魂流一年の振り返り

振り返ると、一年前の私は「合格者(仮)」として様々な活動に飛び込んで(飛び込む準備をして)おりました。未知の世界への扉が開くワクワク感と、「士業」という冠を背負うことになる責任感、そしてお声がけいただく様々なPJへの感謝などなど、怒涛のような感情に翻弄されていたような気がします。あれから一年、あっという間でもありましたし、携わらせていただいたお仕事やPJの数々を思い起こすと、それが一年の間にあったこととは思えないような気もします。

それらをこなす間に度々頭に浮かんだのは、「なぜ私が合格者として名前を連ねているのか」ということです。何度もここで語っていますが、一次試験も二次試験も、会場で受験している人たちの半数以上は十分合格可能性のある実力レベルで臨んでいると思います。その中から自分が合格したということにはどんな意味があるのでしょう? なぜ、「あなた」が今年の合格者になったのでしょう?

合格したことにおごることなく、残念な結果になった仲間を思いやりながら、プロコンサルタントとしての自信と、未熟な身であることの謙虚さをもって仕事に臨めるか。常にそれを問われているような気がしました。

このお休みの間は少しじっくりと

  • 私だからできることとは?
  • 診断士だからできることとは?
  • なんのために中小企業診断士という資格があるのか?
  • どうやったら世の中のためになる仕事ができるのか?

そんなことを自分に問いかけながら過ごすつもりです。

そして、診断士二年目と、新しい齢を迎えることにします。←大晦日が誕生日! お祝い歓迎です♪(笑)

 

さて、道場ブログ、今年はこれにて終了です。年明け4日からは皆様からお寄せいただいた受体験記をお送りいたします。

これをお読みの皆さんの体験談も大募集しています。あなたの体験を待っている誰かのために、ぜひ投稿してくださいね!

 

そして、昨日そのちゃんからも周知がありましたが、合格者向けセミナーが1月14日に開催されます。

時:2018年1月14日(日) 14;00~17:00 その後懇親会
場所:品川区 荏原第五地域センター第一会議室
定員:40名
参加費:1,000円 (懇親会費別途4,000円)
お申込み先:http://kokucheese.com/event/index/501540/

合格してからの様子が少しでもわかっていることで、「大変!」と噂の実務補習にも備えられます。

企業内で活動するためのポイントや、転職や独立をした先輩の話を直接聞くこともできます。

私もお手伝いさせてもらう予定ですので、ぜひぜひ同期合格者とお誘いあわせの上お越しくださいね! お待ちしています♪

 

今日の雑草魂:「なぜ自分が診断士なのかを意識すると、するべきことが見えてくる…かも?!」

 

ルナはみなさんの頑張りをいつでも応援しています!

 


合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


こんにちは、雑草魂のルナです!
8日金曜日に発表になった「二次筆記試験」に合格されていた皆様、本当におめでとうございます。
これまでの努力が報われたと、ほっとされている方も沢山おいでだと思います。でも、二次試験はまだ終わりではないのですよね…(笑)。はい、次の日曜日に控えている、二次口述試験があります!

これまでの二日間に、各所で行われている口述対策セミナーに参加された方もいらっしゃったと思います。この一週間は、できるだけ機会を見つけて口述対策セミナーには参加されることをお勧めします。場に慣れる、というのはとても大事です。どうしても対策セミナーに参加できない方は、ご家族に協力いただいたりしながら練習をしてくださいね!

道場では昨日、口述対策セミナーを実施いたしました。会場に来られなかった皆さんにも会場の熱気をお伝えしたく、本日は雑草流「一発合格道場 冬の絶対合格フェス ~最後まで気を抜くな~」レポートをお届けします♪。


第一部では、たけぴょんから口述試験についの概要について説明がありました。

口述試験は「落とす」ための試験ではありません。

ここ2年の合格率は100%です。でも過去には何人か、不合格になった人もいます。

その原因は…?

「伝説の不合格者」にならないために、絶対に絶対にはずせないのはこの2つ!

  1. 当日会場に遅れず行く!(やむをえない事情であっても、遅刻・欠席すれば不合格)
  2. 面接に入ったら沈黙はしない!

第二部は、口述対策セミナーの本題、模擬面接です。

八代目の面々が怖い(?)面接官役として3人前に並びます。

道場の口述セミナーでは2回の模擬面接の機会がありますので、一回目でフィードバックされた内容を2回目の模擬面接ですぐに生かすことができます。

皆さん慣れない雰囲気の中、緊張しつつも設問に頑張って答えておられました。

(後ろを向いている方は、本番同様、廊下で自分の番を待っているイメージです!)

質問にすぐに答えられないときには、こんな対応をされている方もいました。

質問の内容について全く答えられない→「〇〇についての知識を持ち合わせておらず、本日お答えすることができません。申し訳ありません」
質問の内容が頭に入らない→「申し訳ございません、もう一度質問をお願いしてよろしいでしょうか」
長い質問で質問の意図がわからなくなってしまった→「〇〇について××というご質問でよろしいでしょうか?」
質問の題意に答えられないが、周辺情報については答えられる場合→「〇〇については失念してしまい、答えられなくて申し訳ありません。××についてお話させていただきますと…」
こんなこともありました
面接官からの質問を捉え切れていない→答えが問われた内容に足りておらず、面接官からその部分について再度質問がある
回答が短すぎる場合→面接官から「〇〇の観点からはいかがですか?」などの追加質問がある
一般知識を問われていて、回答が短すぎる場合→「〇社(事例企業)に当てはめた場合はいかがでしょうか?」

面接官役からの指摘で主なものにはこんなものがありました

  • アイコンタクトをしながら話をしましょう
  • 質問に対しての回答が終わったら「以上です」と言うことで、良いコミュニケーションにつながる
  • 声を大きめに(広い教室をいっぱいに使って、面接官が遠くにいる場合があります)
  • 回答時間を意識して答えましょう
  • 話す速度(ゆっくり目の方が時間を稼げる!)

横で拝見していましたが、皆さんしっかり事例企業について事前に確認してこられておいででした。それでも緊張すると、なかなか言葉が出てこないもの。まだ当日まで1週間近くありますから、ぜひ事例についてはしっかり読み込んで、質問されたことがすぐにイメージできるようになっておいてくださいね。


セミナー終了後は、懇親会へ。

皆さん、これから始まる「診断士活動」への期待や不安を、目を輝かせながら語ってくださいました。自分たちの1年前を思い返して私も感慨深かったです。

最後の関門、二次口述試験に向けて、とにかく体調管理に気を付けて頑張ってきてください!

ルナは皆さんの頑張りを最後まで応援しています♪

合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

募集要項

対 象:H29年度2次試験合格者および筆記試験受験者(不合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
応募方法 : igdojo8@gmail.com までメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

受験体験記テンプレ

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス



皆様こんにちは、雑草魂のルナです。

あっという間に今年も12月ですね。今年の試験を受けられた方にとっては特に時間の進み方が速い一年だったのではないでしょうか。でも、合格するとその流れはさらに加速します!(笑) あと一週間、発表を楽しみに待ちましょうね。

雑草流・中小企業診断士試験の本質とは?

前回は診断士試験について制度的なところから解説をしましたが、今回はいよいよ、本質に迫りたいと思います。あ、もちろん、「雑草流」の切り口で、ですよ (^-^) 前回に続き、診断士試験を受験しようかどうか迷っている方に向けてお届けします!

なぜ「中小企業診断士」という資格があるのか

私は試験を受けるとき、常にその資格に求められている役割をしっかり見据えるようにしています。検定的なものはともかく、国家資格の場合にはやはり、国が考えるその資格取得者のあるべき姿、というものがあるはずです。

中小企業診断士の場合、それが何かというと、これはなかなか一口では言い難いところがありますが、やはり診断協会のホームページから最初だけ引用してみます。実際はもっと長いのでぜひページへ飛んで確認してみてください。

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。
中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。
中小企業基本法では、中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者(公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)として位置づけられています。

中小企業診断協会 「中小企業診断士ってなに?」

国が診断士に求めるスキルや役割、イメージができたでしょうか?

細かいことを拾っていくと、色々ありますよね。でもかなり乱暴に端的に言ってしまえば、「経営者へのアドバイザー」ということです。

SWOTでその企業の強み・弱みを見つけるのも、財務諸表から企業のありようを探るのも、すべては経営者に適切なアドバイスをし、その企業を成長に導くためです。(実際に「診断士」として活動するようになると、国や自治体の施策を周知する、という役割も求められていることがわかりますが、それはちょっと脇に置いておいて…)

一次試験攻略のポイント

ということは、診断士試験は、受験生に「経営者へのアドバイザー」としての能力があるかどうかをはかるための試験です。

一次試験では、「経営者さんから信頼される聞き手となり」「会社運営に役立つ情報を提供する」ことができるよう、幅広い知識を覚える必要があります。幅広く、しかも科目ごとの難易度が年々変化し…となると、膨大な量の知識を必要とするようにとらえる人もいますが、私はそうではないと考えます。

「経営者と会話し、役立つ情報を提供するための知識」と考えれば、どんな論点に集中して覚えればよいか、逆にどんな問題や論点は捨てても良いかの判断をつけられるようになるはずです。

時間は有限です。精神的エネルギーも無限ではありません。学習内容に強弱をしっかりとつけて、押さえるべきところを押さえ、捨てるべきところは思い切って捨てる(それでも四択or五択ですから、20%以上の確率で正解をとれるのです)勇気を持つことが、一次試験を素早く攻略するためのポイントです。「〇〇時間以上勉強しなければ受からない」なんて呪いを真に受けたらダメですよ!
(一次試験攻略のポイントとして、こんな記事も書いてます。「全体攻略」「春セミ再録」

二次試験攻略のポイント

さて、一次試験では知識の有無を問われました。

二次試験はどうでしょうか? 私は、二次試験は一次試験に向けての学習で身に着けた道具を実際に使えるかどうかの試験だと考えます。どんなに良い道具でも、いや、良い道具であればあるほど、持っているだけでは使いこなせないですよね。(一次で圧倒的知識量を身に着けた人が二次で苦労することがあるのは、もしかしたら「良い道具」すぎるのかもしれないですね…)

道具は手に入れたら、使う練習をする必要があるのです。幸い、私は普段からクライアント様(小規模事業者のオーナーさんが多いです)とお話をする機会も多く、状況をお聞きしてご提案をすることも仕事のうちでしたので、自己流ではありますが道具を使う練習ができていたと思います。もちろん、あくまで自己流でしたから「診断士流(診断士試験流?)」の練習はする必要がありましたが、それでも平均的な受験生よりは少し有利だったかもしれないですね。

では、平均的な受験生はどうしたら道具を使う練習ができるでしょうか?

これはもう、過去問を解くことに尽きると思います。その時に意識をしていただきたいのは、事例企業の社長をしっかりイメージをして、その人にアドバイスをするとしたらどうするか、ということです。なぜならそれが、診断士試験に受かった後に求められることそのものだからです。

皆さんも、本当に企業経営をされている方をクライアントとして目の前にお話をするときを想像してください。その方の言葉を、表情を、目線の動きや手の動き、声の調子まですべて、五感をフル活用して受け止めようとするのではないですか?

こちからご提案させていただくのであれば、その方が受け止めやすいように言葉を選び、一番わかりやすいように話をしようと努力しませんか? ただ提案をするだけではなく、その提案を受け入れてもらいやすいように、あるいは実行していただきやすいように、話す順序も選んだり、質問されたことに対して補足説明をしたりしませんか? 自分の頭の中の知識を提案の上に並べることの方がそれより大事、なんてことはないはずですよね。

二次筆記試験の基本は「全力で聞いて(読んで)わかりやすく説明し、納得してもらえる提案をする」ことだと思います。予備校などで教えてくれるテクニックは、すべてその基本の上で使うべきもの。先にテクニック論から入ってしまうと大事な基本が抜けてしまい、その結果が的外れな解答や、説得力の低い提案になってしまうのではないでしょうか。
(二次筆記試験攻略のためのポイントは、こんなところでも書きました。「分解すれば怖くない」

モチベーションの保ち方

診断士試験受験を決めてから、合格を手にするまでは早くても数か月はかかるはずです。(一次試験から最終合格発表までだけでも四か月以上ありますしね…)

その間、どうやってモチベーションを保つか、というのも攻略に当たっては大事なポイントです。この件については、これまでずっと色々書いてきているので、興味のある方は「雑草魂シリーズ」を追っていただけると嬉しいのですが…(笑)、今日は一番大事なことだけ、書いておきます。

モチベーションを保つために一番大事なことは、「なぜ自分が診断士になるべきなのか」を見つめ続けることです。

「なぜなりたいか」はよく聞かれます。診断士仲間での会話でも、受験生との会話でもよく出てくる質問です。でも、自分に問いかけるときはぜひ「なぜ自分がなるべきなのか」を問うてみてください。

  • あなただけが救える企業がありますか?
  • あなただけが提供できる価値がありますか?
  • あなたにしかできない仕事がありますか?
  • あなただから心を開いてくれる経営者さんがいるでしょうか?

自信をもって「Yes!」と言える人は多くないかもしれません。でも、世の中には絶対に「ああ、〇〇先生と縁ができてよかった!」と言ってくれる経営者さんがいるのです。あなたが診断士として、自分のところに来てくれるのを待っているはずです。
「企業内診断士を目指しているんだけど…」と思われました? それなら所属している会社が「あなただけが救える企業」のはずですよね!

あなただけにしか生み出せない価値を経営者さんに提供するために、あなたは知識という道具を身に着けて、それを使いこなすための練習をするのです。それが日本版MBAとも言われる「中小企業診断士試験」の本質だと思います。

その本質を意識しながら学習を進めていただけたら、そうして診断士として一緒に日本の企業を元気にする仲間が沢山増えてくれたら(特に女子♪)、一合格者としてこんなに嬉しいことはありません。

今日の雑草魂:「診断士試験の本質を意識し、合格への最短距離を進もう!」

 

ルナはみなさんの頑張りをいつでも応援しています!

 

【告知】道場の「口述試験対策セミナー@東京」は12月10日(日)開催!
受付開始は12月8日(金)合格発表当日です。詳細はまた後日お知らせいたします。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



皆様こんにちは、雑草魂のルナです。

今、これを読んでおられる方の中には、12月8日の合格発表を待っている方も、来年の試験に向けて勉強中の方も、いろんな方がおいでと思います。

でも今回私は、「中小企業診断士」というものに興味を持ち始められた方、「診断士試験ってどんなものだろう?」と思われた方に向けて、2回に分けて雑草魂流の解説記事を書いてみたいと思いました。診断士の情報を探してあちこちのサイトをご覧になられている方の一助になれば幸いです。

中小企業診断士試験概要

中小企業診断士試験とは何なのか、これは当然この試験を所管している「中小企業診断協会」に手公表されている情報を見ていただくのが一番早いはずです。抜粋してみましょう。

 

http://www.j-smeca.jp/contents/002_c_shindanshiseido/002_shindanshi_doushitara.html

(中小企業診断協会HP 診断士制度/中小企業診断士試験から登録まで より)

今これを読んでおられる方で、診断協会のこのサイトをまだ見ていない、という方がもしもいらしたら、絶対に熟読することをお勧めします。この先、診断士に向けての途を進める上で重要なヒントが、ここかしこに隠されているはずだからです。

雑草的、「診断士試験」とは?

「診断士」というものに興味を持たれた方の多くは、職業としての診断士ではなく、資格としての捉え方をされることが多いのではないかと思います。弁護士や税理士などであれば、独占業務もあり、その資格を取得することは職業と密接に結びついていますが、診断士の場合には仕事との結びつきが薄いこともあるいみこの資格の特徴ですので、「資格試験」の方が先に意識に上りがちになるのも無理からぬことと思います。なので、前編ではまず「診断士試験」そのものにフォーカスしてみましょう。

 

一次試験

試験形式:マークシート(四択or五択による)

科目:7科目(60分科目・90分科目あり)

  • 経済学・経済政策
  • 財務・会計
  • 企業経営理論
  • 運営管理
  • 経営情報システム
  • 経営法務
  • 中小企業経営・中小企業政策

合格基準:受験科目数×60点かつ40点以下の科目が無いこと、で合格となる。他に科目合格という制度がある。

一次試験の最大のポイントは、科目数が多く学習範囲の幅が広いことでしょう。「幅広い知識が求められる」と捉える人も多いですが、「自分の得意な範囲が含まれる可能性が高い」と考えていただくのが正解だと思います。嫌いな科目、苦手な科目は誰しもあるでしょうが、好きな科目、勉強していて楽しいと感じられる科目も必ずあるはずです。あるいは、今までの経験がアドバンテージとなることも大いにあり得ます。さらに、受験科目全体で平均60点が取れればよいので(40点以下足切りに注意)、苦手科目を得意科目でフォローすることも可能です。ある意味、様々な受験生のバックボーンに優しい試験だと考えることもできます。

私の場合も「情報」「経営理論」あたりにアドバンテージがあると考たことで、苦手な「財務・会計」や難しそうな「経済学」についてもフォローできるだろうと考え受験を決意することができました。

ぜひ、あなたの経験を活かして一次試験に取り組んでみてください。

一次試験の全体攻略については以前、こんな記事を書かせてもらっています。

http://rmc-oden.com/blog/archives/98171

良かったら参考にしてみてくださいね。

また、例年8月の第1週辺りの週末が試験日として設定されています。暑いさなかに2日間にわたる長丁場ですから体力勝負になる部分もあります。また、例年「爆弾」と呼ばれる非常に難しい科目が出るのも特徴です。科目ごとの難易度が安定せず、例年とは傾向の異なる問題が連続して出題されることもあり、スタミナや精神的なタフさも要求されます。普段の生活の中でも、その辺りを意識して自分の精神力を強化しておくことも大切かもしれません。

 

二次筆記試験

試験形式:筆記

科目:4事例(各80分)

  • 「組織(人事を含む)を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」
  • 「マーケティング・流通を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」
  • 「生産・技術を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」
  • 「財務・会計を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」

合格基準:全事例得点合計が60点×4=240点を超え、かつ40点未満の事例が無いこと

 

二次筆記試験で求められているのは、ざっくり言うと「聞く(読む)」「判断する」「伝える(書く)」力です。紙面上で簡易診断を行う試験ですので、事例企業の置かれた状況を把握し、経営者に的確にアドバイスできるかどうかを問われています。

雑草魂的には、さらに細かく分解してみたバターンを以前ご紹介しています。

http://rmc-oden.com/blog/archives/100908

二次筆記試験は診断士試験の本丸とも言えます。一次と違い、学習時間とスキルが比例しません。その人が元々持っている素質によって、攻略のしやすさはかなり異なると言えるでしょう。

そういう意味では、受験指導校のカリキュラムだけに頼って合格レベルまで自分のスキルを高めることは難しいかもしれないです。学校のカリキュラムで教えられるのは上記三つのスキルのうち「判断する」の部分に偏っていると感じます。

自分が得意なこと、不得意なことをしっかりと自覚したうえで、とるべき対策をとっていく必要があります。

特に「読む」「書く」は一朝一夕に強化できるものではありません。もしも今、そこに苦手意識を感じている人は、「診断士試験を受験しよう」と決めたならその日から、意識をしてそのスキルを強化する必要があります。

 

二次口述試験

口述試験は、二次筆記試験合格者のみが受験でき、かつ合格率は99%以上ですので、「落とす」試験ではありません。一次や二次筆記の合格率が20%前後であることを考えると、「試験」とはいうものの、最終面談による確認的要素の強い試験になっています。

といっても、中には残念ながら不合格になる方もいらっしゃいます。

経営者のアドバイザーとして活動するにあたり、どんなに学習ができても、そして読み書きができても、「話す」ことができなければダメだ、ということです。もちろん、「いかに上手に話せるか」を見られているわけではないので、社会人として一般的に生活できている方は心配する必要はないのですが、緊張感などから全く話ができなくなってしまうと、不合格の可能性もある、というように考えてくださいね。

 

最後に、診断士試験のこれまでの合格率などを確認できるリンクを置いておきます。

http://www.j-smeca.jp/attach/test/suii_moushikomisha.pdf

(中小企業診断協会HP 診断士制度/申込者数・受験者数・合格数の推移 より)

 

診断士試験を受ける、と決めたら、そこから先は長丁場。全体の概要をしっかりと確認し、攻略にあたってどのくらいのリソースを費やす必要がありそうか、まずはじっくりと検討してください。ただなんとなく勉強を始めても、あるいはなんとなく学校に通っても、それだけでは合格を掴み取るのは難しい試験です。自分のどんな長所を活かし、どんな弱点をカバーする必要があるのか、考える事から始めてくださいね。

 

次回は、さらに大事な、「何のためにこの試験を受けるのか」につながるところを掘り下げていく予定です。

 

今日の雑草魂:「試験全体の概要を体系的に理解することが、診断士試験チャレンジへの第一歩!」

 

ルナはみなさんの頑張りをいつでも応援しています!



二次筆記試験から二週間経ちましたね。

ご自身の体験の棚卸はできましたか?

もちろん再現答案は作られましたよね?

ふぞろいな合格答案PJでは、再現答案の受付を開始しました。ぜひ、来年の受験生のためにも、あなたの経験をシェアしてあげてくださいね。

http://fuzoroina.com/2017/10/onegai/

 


後悔に襲われていませんか?

さて、二週間も経つと一種の狂騒状態から気持ちも落ち着いてきて、ちょっとポカンとしたような気分になられている方もいらっしゃると思います。

当日の対応を思い出し、後悔ばかりが先に立っておられる方もいませんか?

あちこちで受験生の声を聞いていると「結果発表に期待しています!」という人よりも、「しまった、やってしまった…」と落ち込んでおられる人の方が多いようにお見受けします。

それはそうですよね、2割しか受からない試験ですもの、自信をもって「自分は受かる!」と思える方は多くないでしょう。(でも案外そんな人が受かっていたりするのもこの試験の不思議なところですが…)

中でも明確に「あの問題で失敗した」「事例Ⅳのあれを計算間違いしてしまった」など、心当たりのある方は、ずっどーーーーーーんっと落ち込んでしまうかもしれないですね。

1年に一度の試験ですから、これまで頑張ってきた方ほど辛いですよね。

他にも、今年二次を受験できなかった方、あるいは会場には行けたものの、事情があって全力投球できなかった方もいらっしゃるでしょう。そんな方にとっても、様々な後悔を感じてしまうタイミングかもしれないですね。

昨年のルナはどうしていたかというと、試験翌日にはきっぱり希望を捨てまして、次の勉強方法を探してうろうろしていました。このあたり、切り替えが早くできたのは受験1年目でしたので、「ダメで元々」の気分で受けていたことが大きいと思います。それに加えて、この試験にトライしてから「意味のないことにリソースを使わない」ということが習い性になりました。それも助けになって「何をしても結果は変えられないのだから、今できるベストに注力する」という精神状態にスッとなれていたような気もします。

最近はどこへ行っても「メンタル最強」「強いオーラ、出まくりですよね」などと評されることの多い私ですが(笑)、生まれつきそうだったわけではありません。精神的なことから高校をドロップアウトするくらいですから、元はどちらかと言えばネガティブな感情に捉われがちで、根性無しです。根性無しは今もですから、精神的にしんどいことがあればすぐに布団に潜り込んで、全部無かったことにしてしまいたくなります。

だから、しんどいなー、落ち込むなー、もう何もかも忘れちゃいたいなー、と思われる方の気持ちもわかるつもりです。「なんであの時ああしなかったのかな…」と後悔する気持ちは、一度感じ始めたらそう簡単には止まらないですよね。

弱い自分を認めてあげる

人はみんな弱いです。簡単に強くなることはできません。

でも、そんな自分のことも「かわいいヤツだな♪」と、まずは認めてあげると、少し気持ちが楽になります。

そのために役立つのは、視点を変えることです。もしできるなら環境も変えてしまえばよいかもしれません。一番良いのは、周りを変えることで自分を変えること。何かで忙しくなるだけでも良いと思います。

「後悔」に捉われているうちは、自分の意識はその時点から先に進むことができません。私も自身も、それで仕事を数年停滞させたことがあります。

どうにかして、そこから意識を別のものに移すことが大切です。次の目標でも良いし、自分が幸せと感じられる別のものを見つけることでもいい。

目的を見つめなおす

あなたの診断士試験受験の目的はなんでしたか?

「自分のスキルを試す」ということだったのであれば、あなたのスキルをどう判断されたかは蓋を開けてみるまでわかりませんから、今悩むのは全くの無駄です。もしも不合格だったとしても、「スキルを試す」という意味では、答えは出してもらえるわけですから、目的は達成したと言えます。

「中小企業を助けるコンサルタントになりたい」ということだったら、診断士にならなくてもコンサルタントになる道はあります。中小企業の手助けをする道もあります。診断士試験とは別に、そちらへ歩を進める方法が無いかを調べ、検討しながら結果を待つという手段もあります。私は資格取得するまで知りませんでしたが、公的機関の公募案件などでも、資格取得者でなくても手を挙げられるものは沢山あるのですね。

「資格取得することで会社内での評価を高めたい」ということであれば、今は仕事に集中すべきでしょう! 試験勉強中はどうしても仕事へのフォーカスも甘くなっていたはずです。それで万が一にも仕事が半端になってしまっていたりしたら本末転倒。また来年も試験勉強を続けることになっても良いように、今のうちに仕事の段取りを進めておくのも良いのではないでしょうか?

「診断士試験を受ける」「診断士試験に合格して資格を取得する」というのは、一つの目標ではありますが、人生そのものの目標では無いはずです。もっといえば、人生の目的を達するための手段の一つでしかないはずですよね。

そこに思いをいたして、今一度「自分が何のためにこの試験を受けているのか」を見つめ直すことも、今この時期だからできることでしょう。

大切なことはいつも、究極の目的を見続けることです。その手前の「目標」にこだわりすぎて、大事な「目的」を見失うことが無いように。

 

今日の雑草魂:大事なのは目標より目的! この時期だからこそ自分の目的を再確認してみよう

ルナはいつでもここでご縁があった皆様すべての幸せを願っています (^-^)

。:*:★道場事例Ⅵ(慰労会)のお知らせ★:*:。

一発合格道場〜事例Ⅵ@大阪

□ 開催日時:2017年11月11日(土) 17:00〜19:00
□ 会場:堺筋本町近辺(詳細は別途)
□ 定員:12名(先着順)
□ 参加費:4,000円(税込)

☆今回2017年二次試験を受験された方&
二次試験を受けられなかった方で、2018年診断士試験を目指す方も
みんなで楽しい時を過ごしましょう♪

好評受付中★

詳細はこちらから。

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


こんにちは、雑草魂のルナです。

大雨の中の二次筆記試験、受験された皆様、本当にお疲れさまでした。

私は東京神田の会場前で応援していましたが、皆さん緊張感の中、雨への対策と荷物を抱えてと…、なかなか大変そうなご様子でしたね。

きっと今週はこれまでの疲れも一気に出て、ちょっと気が抜けたような気分になられる方もいらっしゃると思います。体調も崩しやすいと思いますのでお気を付けくださいね。

 

さて、昨日のそのちゃんの記事にもありましたように、再現答案はぜひしっかり作成をしてください。とにかく早く、他の人の再現答案を見る前に作らないとダメですよ。

再現答案を作るメリットは昨日の投稿にしっかり書かれていますので、今日はその活用法をご紹介しようと思います。

ちなみに、いち早く再現答案用の解答用紙をUPしてくれているところをご紹介しますね。

 

添削サービスに出してみる

受験指導校の中には、再現答案を送ることで「添削」をしてくれるサービスを提供するところもあります。

あくまでその指導校視点ではありますが、結果発表までどうせ落ち着かない日々を過ごすなら、こんなことででも何かレスポンス(?)があるのも、良いのかなぁと思います。私は去年三か所に提出してみましたが、うち一か所のみ「合格」という結果でした。

今年も実施することがすでにわかっているもののリンクを貼っておきます。あ、もちろん、提出した結果どうなるかは、皆さんの自己責任でお願いしますね(笑)。

 

 

 解答解説会に参加してみる

各受験指導校では試験問題を分析し、解答解説会を実施します。それに参加するのであれば、やはり再現答案が無いと面白みも半減です。

私も昨年は受験仲間と一緒に数か所の解答解説会に参加しました。

試験当日はともかく、翌日には「これは来年に向けてどこでどんな勉強をするか考えないと…」と思っていたので情報収集の意味合いもありましたが、とにかくそんなことでもしていないと落ち着かなかった、というのも大きな理由の一つです。

ただ、この解答解説会には各指導校の方向性が明確に表現されていると思います。通常の説明会よりもよっぽど自分との相性がわかると思いますので、来年も勉強を続けるつもりのある方にはお勧めの休日の過ごし方です(笑)。

 

模範解答説明会を実施する受験指導校一覧

 

以上、順不同

 

「ふぞろい」に提出する

これは私がふぞろいメンバー兼務だから書いているわけではなく、昨年本当に素直に「お世話になったふぞろいには再現答案提出しなきゃ」って思っていまして、実際応募開始されてすぐに提出しました。

その時は知らなかったのですが、結果が残念になってしまった方には、出版に前後してふぞろい流添削がメールで返るようになっているのですね。

もちろん、自分の再現答案が誌面掲載されることもあるでしょうし、提供した方全員の名前(またはハンドルネーム)が書籍に載ったりもします。受験の記念にもなりますからぜひご協力くださいね。

 

ブログに書いてみる

受験生の皆さんの中には、個人的に受験の記録をブログにされている方もいらっしゃると思います。

そんなときはブログに掲載してしまうのもお勧めです。あるいはタキプロWEB勉強会(facebook利用者のみ閲覧可能)のように、再現答案を公開で集めているところもありますから、そういうところに投稿するのもアリだと思います。

ちなみに私は昨年ブログ掲載&タキプロ勉強会投稿ともしてみました。

昨日そのちゃんが言っていたように、「出してしまう」というのは良いものです (^-^)

誰かに何か言われるんじゃないかとか、そんなこと気にする必要はありません。誰もそんなに人の答案、重箱の隅をつつくように見たりしないですから(笑)

それと同時に、そうやって公開することによって、お互いに情報を交換しあい、次のステップの糧にすることができたり、あるいは後に続く人のためにすることができたり、それって素敵なことだなぁと思いませんか?

診断士試験の特徴として(この道場ブログもそうですが)、昨年までの受験生が後に続く受験生を自主的にサポートする仕組みがある、ということがあげられると思います。

中小企業の社長を手助けしたい、と思うような人の集まりだからこそなのかもしれないですが、私は診断士試験のそんな仕組みが大好きです。

自分のちょっとした行動が、誰かのために役に立つなら…。そういう気持ちの人が沢山集まっているから、診断士の世界は素敵な人が沢山いるのかなぁと思っていたりします。あ、話が逸れてるか(笑)

もし「私も!」と思ってくださる方がいらしたら、ぜひ、あなたの再現答案をどこかで公開してみてください!

どうせ皆様、「ゆっくり休んで…」って言われても休めない性質の人ばかりじゃないですか?(笑)

今日の雑草魂:再現答案を作り終わるまでが二次筆記試験!

ルナは皆様の愚痴でもボヤキでも嘆きでも、どんなコメントでも、いつでも受付中ですよ♪ (^-^)

。:*:★道場事例Ⅴ&Ⅵ(慰労会)のお知らせ★:*:。

一発合格道場〜事例V@東京

□ 開催日時:2017年11月3日(金・祝) 18:00〜21:00
□ 会場:くいもの屋 わん 銀座店
□ 定員:20名(先着順)
□ 参加費:3,500円(税込)

一発合格道場〜事例Ⅵ@大阪

□ 開催日時:2017年11月11日(土) 17:00〜19:00
□ 会場:堺筋本町近辺(詳細は別途)
□ 定員:12名(先着順)
□ 参加費:4,000円(税込)

☆今回2017年二次試験を受験された方&
二次試験を受けられなかった方で、2018年診断士試験を目指す方も
みんなで楽しい時を過ごしましょう♪

10月23日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちらから。

 

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


昨日は計算ができなくて大失敗をした雑草魂のルナです。

某団体の受験生応援チラシの作成を引き受けたのですが、オーダーされた印刷部数合計1,200枚を3カ所に割り振って印刷発注&配送手配するはずか、1カ所300枚ずつと間違えて面倒くさい事態を引き起こしました…。

小学生よりひどいですよね orz

ちょっと前にも、喫茶店で税抜600円のコーヒーを飲んだ後、レジに618円を持って並んでみたり。これなんぞは、頭の中で何度も「600円の8%だから…」と計算を繰り返してこの体たらく。

事例Ⅳに恐れを抱いている方がいらしたら、ご安心ください。こんな私でも受かるんですから大丈夫ですよ!!!  まーったく心配いりません (^-^)

 


さて、八代目を引き継いでからずっと受験生の皆様の応援を続けてまいりましたが、2017年度試験で合格を目指す皆様への応援としては、これが最後の投稿になります。

私自身も受験生だったあの日から、もう一年経ったのだなと思うと感慨深いものがあります。

この一年間は私にとって、仕事の面でも、新たに得られた人間関係でも、そのほか様々なチャンスをいただけることで自分のスキルを磨くという意味でも、大きな変化がありました。

診断士試験合格は、誰にでも大きなチャンスを与えてくれます。せっかくこのブログを読んで、ここまで頑張って学習を続けてこられた皆様にはぜひともそれを掴み取っていただきたい。

そのために、私から今日お伝えすることはひとつだけです。

 

それは、「自分を信じること」

ここまで、私の投稿ではずっと言い続けてきたことですよね。大事なことなので何度でも言います。

とにかく自分を信じてあげてください。

 

それはなぜか。

例えば、誰かから仕事を頼まれることをイメージしてみてください。

「君ならできると思っているから任せるんだよ! ぜひ頼む!」と言ってくれるのと、「いやー、君じゃ難しいかもしれないとは思っているんだが、とりあえずやってみてくれないか」と言われるのでは、どちらがその仕事に対して力を発揮できるでしょうか?

間違いなく前者ですよね?

日本人は謙譲の美徳を大事にするあまり、力を発揮しきらなければいけないシーンでも、「いや、自分の力では足りないかもしれないけど…」と心の中で思ってしまう癖があるのです。

でも、勝負の時にそれをやってしまうと、全力を発揮するのはなかなか難しい。

ぜひ、これまで頑張ってきた、そして試験当日も頑張ってくれる自分自身を認めて、励まして、信じてあげてください!

 

そうは言っても…という方もいるでしょう。

  • これまでの自分の学習方法に迷いがありましたか?
  • 他の人の解答が立派に見えて、自分では到底合格レベルに届かないと思っていますか?
  • 解答プロセスが確立できなくて、苦しい思いをしていますか?
  • 一次知識が足りなくて不安ですか?

でも大丈夫です。

多分合格者のほとんどが、そんな思いをどこかに抱きながら当日を迎えたはずなのです。

 

試験開始の合図はもうすぐです。

どんな事例企業に出会っても、いつもの通りのあなたで社長にアドバイスをしてください。

昨日のそのちゃんの記事にあったように仕事で社長に向き合うと考えれば、付け焼刃の知識も、小手先のテクニックも不要だということがわかるはずです。むしろそんなものは、百戦錬磨の社長には見抜かれてしまいます。ちょっとした揺さぶりにも対応ができず、慌てて冷静さを失うことになるかもしれません。

事例企業の歴史と、社長の思いに敬意を払いつつ、今のあなたができる範囲で、誠実に提案と助言をしてください。

 


 

そしてもう一つ、試験が終わった後の皆様のためにお伝えしたいことがあります。

それは、試験終了後とにかく早く再現答案を作ることです。

他の人の答案を見る前に、意見を聞く前に、そして記憶が薄れる前に、なるべく早く作ってください。ちなみに、去年の私は試験当日、娘にお疲れ様ご飯をおごってもらった後自宅に戻り、0時過ぎまでかけて再現答案を作りました。

 

再現答案があれば、合格しても、万一今年の合格に縁が無かったとして、必ず皆さんの役に立つことがあります。

その辺りの効用についてはまた、二次試験終了後の投稿でまたしっかり書かせていただきますね。

 


 

昨年の試験当日、私は試験会場前で応援してくださる前年合格者の方から大きな力をもらいました。

なので私も東京の試験会場前で某団体の一員として応援に立つ予定です。もし緑のシャツを着ている私を見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね。雑草魂流パワーで全力応援させていただきます!

 

今日の雑草魂:「自分には合格のチャンスがある」と信じて全力発揮しよう

ルナはあなたの実力とこれまでの頑張りを信じています (^-^)

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


いよいよ9月も末になり、二次試験まで3週間あまりと迫ってきましたね。学習は思うように進んでいますか?

ところで、今年合格することで一年後には生活がどう変わっているか、なんてことを考える時間はありますか?

毎日勉強ばかり続けていると、いつの間にか心がくたびれて、効率の良い学習ができなくなることがあるはずです。

そんな時に有効なことの一つが未来の自分の姿をイメージすることです。試験はそこに至るための通過地点でしかありません。目指す地点(ゴールより先)をしっかり見据えることで、トップスピードでゴールテープを切ることができるはず。

診断士の先輩から合格後の様子を聞かせてもらうこともできますし、J-Net21という中小機構が運営するサイトには、「中小企業診断士の広場」(http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/index.html)という診断士の生の声をまとめたコンテンツもあります。中小企業診断協会のサイトも私には効きました(笑)。

たまには勉強から離れて、モチベーションを高めるための時間も作ってくださいね。


さて前回予告した通り、今日は「試験当日、自信をもって臨むために今からするべきこと」をお伝えしようと思います。

二次試験当日、会場にて

さて、皆さんは試験当日、自信をもって机に向かうのと自信を持てずに不安を抱えながら臨むのとでは、発揮できる力にどのくらい差があると思いますか?

10%? 20%?

もちろんそれは定量的に測れるものではないですし、人によっても、状況によっても異なるはずです。

でも、それが合否を分けるポイントになる可能性が高いことは誰もが感じているはずです。

公式なデータは発表されていませんのではっきりしたことは言えませんが、一次と同じく、二次も総得点のボリュームゾーンは合格ラインのすぐ下当たりにあるのではないかと考えられます。合格者仲間で二次に複数回トライをした人の話を聞くと、不合格の年の得点開示結果が230点台という方は非常に多いのです。10点、もしかしたら5点の差は、自信の有無で簡単に変わってしまいそうな差ではありますよね。

では、どうしたら当日自信を持って試験に臨むことができるようになるでしょうか。

自分の運を信じる

私は試験勉強をしている間、ずっとあることをしていました。

その時は特に意識してやっていたわけではなく、今になって振り返ると「あー、ずっとそんなことしていたなぁ~」ということではあるのですが…。

それは「自分の運を信じること」、もっと言うと「自分に自分の運を信じさせること」です。もうちょっとかっこよく言えば、自己暗示ですね (^_^;

具体的には、良いことがあった時、「ああ、私って運がいいよね♪」と明確に意識をすることです。なんだったら声に出しても良いでしょう。

例えば、赤信号につかまらずに目的地まで行けた、とか、たまたま入ったお店の本日のランチが大好物だった、とか、買い物したら合計額が777円だった、とか、そんな日常生活の中にあるちょっとした「ラッキー」を見つけては「あー、私ったら運がイイ♪ だから試験当日も私の得意な問題が出るはず」なんて強引に思ってしまうのです。もっと言えば、「私の日頃の行いが良いから神様(←最初から読んでいる方はお分かりの、都合の良い時だけ現れる神様です)が幸運をくれているのね」とか「私が頑張っているから、死んだばあちゃんが応援してくれてるのね」とか、とにかくその時の状況を自分にとって都合よく解釈して、「自分は運の良い人」と思いこんでしまいましょう(笑)。

なかなかそう信じきれない時は、お守りだの、お守り代わりのアクセサリーだの、大事な人からもらった小物だの、見れば「運の良さ」を感じられるものを身の回りに持つのも良いと思います。

よく私のことを「ルナさんはいつも自信ありげなオーラがでてますよね~」と評する方がいますが、多分その秘訣はこんなところにあるのだと思います。

ちなみに、今の私はそんなに「運」が必要だと自分で感じていないのでしょうね、「ラッキー」を意識することもあまりありませんし、試験前には山ほど身に着けていたラッキーグッズの数々を持ち歩くこともほとんど無くなりました。(今必要なのは、時間と能力です…)

「求められている自分」を意識する

こんなちっぽけな私でも、診断士になって一年も経たないうちにいくつもの仕事に関わらせていただくことができています。それだけ、診断士のスキルは世の中から求められているのです。

もちろん、診断士合格以前からお付き合いのあるお客様からも、「合格して良かったね、これからはうちにももっと力になってもらえるね」というお声をいただくことがあります。私が診断士を目指そうと思った理由の一つは、お客様へ提供できる価値を上げることでもあったので、そう言っていただけるのは大変ありがたいことです。

今この瞬間にも、日本のどこかであなたの未来のお客様が、あなたを待っているはずです。(山口百恵かっ?!)

もちろん、今ご自身の回りにも、あなたが診断士として活躍する日を待っている人がいますよね?

人は誰かに頼りにされている、求められていると感じるときに大きな力を発揮することができます。ぜひ「誰かの役に立っている自分」を明確にイメージしながら当日を迎えるようにしてください。

 

神頼みは「仕方」が重要

私は試験勉強中、お気に入りの神社や旅先で出会った神社にお参りをしていました。

その時、ただ「合格させてください」とお願いするのではなく、「診断士になれたら世の中の役に立てるよう頑張りますので、もし私にその力があるなら合格させてください」とお願いしていました。

そうお願いするからには「力」をつける努力をしなければいけないですし、合格したからにはもちろん、世の中の役に立つためにまた頑張らなければいけません(笑)。結果的にそれが、受験勉強中も、そして合格してからも、私に力をくれているように思います。

大好きな三峯神社

御礼参りに上がった時の絵馬

納得行くまで勉強する?

予備校などでは「当日はいつもの力は出せないから、それを見越してもっと勉強しておかなければいけない」と言われますよね。そういう考え方もあるかもしれないですが、それで当日自信を持って机に向かえるか、と言われれば私はそこには疑問を感じます。

誰しも「ここまでやったからもう大丈夫」とはなかなか思えないものです。むしろ、勉強を重ねれば重ねるほど、「あそこができていない」「ここもよくわかっていない」「あんな問題が出たらどうしよう?」と不安が大きくなり、目的の定かでない、ミクロ視点での学習を続けることになってしまわないでしょうか。

勉強するのはもちろん大事なことですし、基本ではあります。でも、あまりにもそちらに偏って、心の状態を整えることに目が行かなくなってしまうのであれば、それは本末転倒だと思っています。


「自己暗示」は、慣れていればすぐにできますが、これまであまり縁が無い人の場合自分を信じ込ませるまで時間がかかるはずです。でも、今ならまだ3週間ありますから大丈夫♪

通勤の電車の中ででも、改札を抜けてオフィスに向かうまでの間でも、昼休みでもトイレにいるときでも、お風呂の中でもベッドに入って目を閉じてからでも、いつでもどこででもトライできるのも良いですよね。

騙されたと思って、ぜひ、今すぐ始めてみてくださいね♪

今日の雑草魂:「敵を欺くにはまず自分から。自己暗示は最強の自信獲得手段」

ルナはいつでも皆さんの頑張りを応援しています!

今年絶対合格!と思うなら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑クリック(投票)お願いします! 今日の私のラッキー、あなたに分けて差し上げます(笑)
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


最近、受験生の答案を見させてもらう機会の多いルナです。

皆さん、色々試行錯誤しながら、迷いながら、解答されているなぁと感じます。

私もそうでした。(試験当日もそうだったと思います)

「あの要素とこの要素を盛り込んで、言葉をなんとか頑張って繋げて…、○文字以内に収めて…」としていると、とっても不思議な文になっていたりするのですよね。

 

しかも文章というのは不思議な事に、その時の精神状態を反映します。

迷いがあったり、自信が無かったりすると、そういうふわっとした文になってしまいます。

 

二次試験答案は社長への提案書

 

でも、基本に戻って考えて見ましょう。

何度も書いていますが、診断士試験は社長に助言をするコンサルタントを養成するための試験です。

経営に困っている、悩んでいる社長に相談されたコンサルタントがやっぱり悩んだり迷ったりしていたとしたら、それは良いコンサルタントでしょうか?

 

もうちょっとわかりやすく言い換えて見ましょうか。

あなたが営業さんだとしたら、お客様に商品を提案する時に「んー、うちの製品で言うとこっちもいいんですけど、でもあっちもいいと思うんですよねー。理由? んー、勘です!」みたいな提案はしないですよね?

逆に自分が客の立場だったら、絶対にこんな営業からモノを買う事は無いはずです。

「一緒に考える」姿勢は良いのです。社長と一緒に今おかれた状況を冷静に分析し、いくつかある選択肢の中から最良の手段を選びとるための思考を重ねる、そこまでは良い。

ただその先、最終的に社長に提案する段になって「ええーと…、○○の案が良いと思うんですけど、でも××の方が結果的に良い可能性もありますしねぇ…、両方なんとなくフォローできるこんな感じがいいかもしれませんねぇ…」なんていう助言をしても良いでしょうか?

社長に助言や提案をし、それを受け入れてもらうには社長から信頼していただかなければなりません。信頼してもらうためにはやはり、自信をもった解答が必要です。

 

自信のある文章

 

では、どうしたら解答文から「自信」を感じさせられるようになるでしょうか?

これはもう、「因果が明確であること」に尽きます。

「○○がこうだから××である」「○○により××が図れる」など、一つ一つの文に説得力をもたせるための構文を普段から意識して使ってください。

「与件文からひっぱってこないと…」を考え過ぎると、主語に対しての装飾が多くなりすぎ、大事な因果が入りきらないことがあります。

例えば28年の事例Ⅱ、第一問ではこれまでの製品戦略を問われていますが、こんな解答が多く見られます。

 

  • 「B社は創業以来一貫して国産丸大豆を原料として、自社の蔵で杉桶を使ってしょうゆとしょうゆ関連製品を作っている」

 

確かに与件文にはそのように書いてありますが、これはあくまで結果であって、戦略として大切なポイントはどこでしょうか?

  • 「国産丸大豆や杉桶を用い自社蔵で製造するなど、創業以来一貫して伝統製法を守っている事」
  • 「国産丸大豆や杉桶を用い自社蔵で製造することにより、付加価値を高めている事」
  • 「伝統製法を守ることで付加価値を高めている事」

などのように整理すれば、大事なポイントが明確になってきますよね。

そのエビデンスとして使うべき部分をだらだらっと長く書いてしまい、結果的に大切なポイントが入らない、またはわかりにくいのでは説得力のある信頼される文章にはなりません。

 

選択と集中

 

さらに最近の二次試験の傾向として、「選び取る判断」を迫られているなぁと感じることが多くなっています。

わかりやすかったのは27年事例Ⅱ、商店街への助言の中で、「スポーツ用品店」「食器店」「家具店」のなかからいずれかを選んで助言せよという設問がありました。

そして28年事例ではそれがさらに進んだように感じています。

例えば事例Ⅱでは、ターゲットを明確にし製品戦略を説明する問題がありました。

事例Ⅲでは、「注目すべきクレームを上げて対応策をとる」「どんな新規事業を提案しどう対応するか」を問われた問題もありました。

いずれも選択肢が複数あり、色々盛り込みたくなってしまう設問でしたが、ここで求められていたのは「選択と集中」だったのではないかと考えています。

例えば事例Ⅱの「ターゲット層」についても、与件文には「女性」「シニア」「外国人観光客」「食に敏感で健康志向な人」など色々な要素が盛り込まれていました。これらを全てカバーしようとすると、次の設2も含めてふわっとした提案しかできなくなります。

でも提案する相手はリソースの少ない中小企業です。そこはコンサルとして自信をもって、ターゲット層を絞り、なぜ自分がそこに絞り込んだかの理由を明示して、自信を持って解答を書くことが求められていたのではないかと感じています。(試験当日はそこまで到達できていなかったのですが…)

「外していたら怖いから色々書いた方が安全」という話も良く聞きます。確かに数年前の過去問を解くとそういう作りのものが多い気がしますが、最近の試験では複数の正解が用意されていて、例えどれを選んでもそこに対しての理由やその結果の妥当性が高ければそれで良いとされているように思います。

なぜそう思うか? んー、勘です!

ではもちろんなくて、理由は合格者の再現答案の中にありますから、ふぞろいや、ネット上に公開されているものをぜひ見てみてくださいね。(笑)

 

自信を感じさせる文章にするためのまとめ

  • 因果を明確にした文をにすることを意識する
  • 選択肢が多くあると感じた場は理由を明確にした上で絞り込む

 

そしてなにより、試験当日のあなたの精神状態はとっても大切です。

当日、精神的に自信をもって臨むための方法を次回はご紹介しますね。

今日の雑草魂:「コンサルタントとして自信をもって社長に提案ができているか再確認しよう!」

ルナはいつでも皆さんの頑張りを応援しています!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


明日は一次試験の合格発表日ですね。今年もすでに波乱があったわけですが(毎年毎年、もう少し整然とならないものか…とは思います・笑)、明日、何が起きても大丈夫なように、皆さん心づもりはされていますよね?

昨年は前代未聞の合格基準引き下げで、はがきが届いて合格を知ったものの、モチベーションが保てずリタイアという人も身近にいたりしました。

これだけ色々あると、モノ申したくなる気持ちもわかります。ただ、診断士は経営者の道しるべとなるべき資格です。この程度のことで揺さぶられているようでは、もっと激しい海を渡っている経営者さんから頼りにしてもらうのは難しいのではないでしょうか。

経営していれば、理不尽でモチベーションを低下させるようなことは、山ほど出てきます。経営者がいちいち「こんな理不尽な目に合うならもうやる気が起きない」と言っていたらあっという間に会社は無くなります。

日々、そういうものに向き合う経営者さんをサポートすべき中小企業診断士の卵として、今何をしなければいけないか…、そう考えれば多少困難で理不尽な状況でも、乗り越えやすなるのではないかと思います。


さて、去年の今ごろ、、、よりはさすがに少し前ですが、私はどかーんと壁にぶち当たっていました。そう、事例Ⅳです。

事例Ⅰ~Ⅲについては、何度か某勉強会に参加させてもらっていたこともあり、なんとなく取り組み方が自分で見えていました。

ところが、事例Ⅳについては全くどこからどう手を付けてよいのかわからないのです。過去問を解いてみたものの、3時間かけても全く「答え」を書けるような状況までもたどり着かず。「1年近く勉強して、あの暑い一次試験を乗り超えたのに私はここまでなのか?」と泣きそうになりました。

それまでは「いやいや、大変だけど、なんだかんだ言っても受かるでしょ♪」と根拠のない自身の元、常に楽観的だった私が、たった一度だけ真剣に「無理かも」と思ったのは事例Ⅳを初めて解いたあの時でした。(3日くらいは真剣に悩んでいましたね…)

振り返って分析してみると、私が資格試験の学習に取り組むときはどんな時も、まず過去問を解いて全体の概要をつかみ、どこから攻略すればよいかの道筋を確認して、それぞれのポイントを押さえていく、というやり方を無意識のうちにしているのだと思います。

ところが事例Ⅳについては、過去問を解いても全体の概要もよくわからない。そのうえ、道筋も全くわからないので、押さえるべきポイントもさっぱりわからない。これまでの試験でそんな風に感じたことが無かったので、今までに無いショックを受けたのだと思います。

でも悩んでいても先には進めない。

まず最初にするのは自信を取り戻すこと

まず取り戻すべきは自信、ということで、最初に手に取ったのは一次のテキスト、それもT社速習クラスに通う前に、単科で通ったO社の財務・会計の問題集でした。それを見ると、最初は全くなんにもわからなかった、簿記や会計の問題も、何度か繰り返すうちに徐々にできるようになった過程がわかります。(できなかったら×、できたら〇を問題の脇につけていたので)

自分の成長を振り返り、褒めてやることで少し自信を取り戻しました。

もし自信を失っている方がいらしたら、ぜひこれまでの歩みを振り返ってみてくださいね。きっと、自分の成長を実感できるポイントが見つかるはずです。それを足掛かりに自信を取り戻すのは、合格への道を進むときに絶対に必要なことです。

次は攻略の手法を見つけること

誰かのブログか何かでお勧めされていた「事例Ⅳの全知識&全ノウハウ」を入手。このテキストは事例Ⅳ過去問の中で扱われた論点を、年度をまたいで論点ごとにまとめて解説してくれています。

「事例」は与件文とワンセットのものですから、各問をバラすのは簡単ではないのでしょうが、そこをとてもうまく切り離してくれていて、一つずつ取り組むことができるようにしてくれています。与件文などもうまくまとめ直してあったり、抜粋してあるので、実際にどこに注目して与件文を読めばよいのかもわかります。しかも解答用紙もダウンロードできるという親切さ!

これを使って、同じ論点の過去問だけを解くことで、一つずつ各論点を攻略することができます。これは事例Ⅳ&財務会計に苦手意識がある人にとっては、とても大事なことだと思います。

計算は手にお任せ

二次試験では電卓の利用が可能になりますから、この使い方をマスターできるかどうかは一つ大きなポイントになります。計算結果を四捨五入しなければいけない問いも多いので、できるだけ計算の途中経過を転記などせずに一気に計算できるとベストです。

一般的に電卓の使い方は実際に事例を解きながら覚えればよい、と言われていますが、私の場合は頭は問いの内容を考えることに集中したかったので、電卓の操作に思考を惑わされたくないと考え、手が自然に動くようになるまで練習することにしました。

電卓の使い方テキストを一冊購入したものの、それで理解できるのはあくまで電卓のキーの使い方。実際に手が自然に動くようにするには、練習を繰り返すことが大事、ということで、「電卓検定3級」の問題集を購入して、1日1ページ解くことにしました。

参考:電卓検定出題例

http://www.dentaku.or.jp/500.501/index.html

見取り算、および乗算・除算の部を、各問の計算結果が正しく求められるまで何度でも繰り返し、結果が合ったら次の問い、というのを1ページ分続けます。最初は30~40分かかっていたのが、1か月位で10分くらいで1ページが終了するようになったと思います。

これで、電卓の速度と正確さに自信が持てたこと、そして計算することに思考の邪魔をされなくなり、過去問や演習問題を解くことに対してのハードルが一気に下がりました。

この話をすると「普通そこまではしないでしょ(笑)」とよく言われます。その通りだと思いますが、「私にとっては必要なこと」という実感があったので、周りからのアドバイスはありがたく感じつつ、自分が信じることを貫きました。

皆さんも色んな人から様々な情報が耳に入ると思います。その時にどうすべきか、これは自分に深く問いかけて、納得する道を進むしかありません。そこで自信をもって進めるかどうか、それは普段からいかに自己分析ができているかにかかっているのかもしれないですね。


前回も書いたように、苦手なものは取り組みやすいように分解して一つずつ攻略するのがコツです。事例Ⅳは特に分解するポイントがわかりやすいですので、苦手な人はぜひ、自分が苦手なポイントをしっかり意識しながら、攻略の手法を見つけてくださいね。

今日の雑草魂:「自分には必要」と感じたことは徹底して取り組む

ルナはいつでも皆さんの頑張りを応援しています!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


一次正解が発表され、そして訂正が発表されたりするなか、受験生の皆様も様々な感情を味わった2週間だったことと思います。この間、二次に向けての対策は進んでいますか?

昨年の自分を振り返ると、正直なところ8月末に受験指導校の二次対策講座が始まるまでは、学習の本格始動ができていなかったように思います。

どこから手を付けて良いのかもよくわからず、特に事例Ⅳは怖くて見る気もせず、一次に合格した達成感と、なにより暑くて何も考えたくないのと(根性無しです!自覚あります!!!)で、無為に時を過ごしていました。

タキプロ勉強会には一次の前に3回、8月の間に1回参加させてもらいましたが、それぞれ事例を自己流に解くだけで精一杯で自分で目指す学習の方向性などはまだ理解できておらず、やみくもに解いて持って行っては、勉強会で他の受験生や合格者の解答プロセスを知って感心し、自分にも同じような事ができるようになるのかと不安を抱いていました。

これまで様々な資格試験を独学で一発合格してきたので、自分なりの勉強の仕方をみつけるコツは分かっていたつもりだったのですが、診断士二次試験は甘くありません

それはなぜか?と考えると、2つのポイントがあると思います。

 

Point1 正解が公表されていないので目指すゴールがわかりにくい

正解だけでなく、採点の指針も公表されていません。セミナーなどに来られた受験生からよくいただく質問に、

  • 誤字があったら減点されるのか
  • 漢字が書けなかったらひらがなで書いても良いのか
  • 解答枠の何割以上埋められていないと減点になるのか
  • 字が汚いと減点されるのか
  • キーワードは沢山入っていた方が得点が上なのか

などありますが、これらに対して正しく受験生に答えられる人はいないはずです。(試験委員はもちろん知っているはずですが、受験生には答えられませんよね)

と、なるとどこを目指して、何に注意して学習するのが効率が良いのか、ここが不明確なまま学習を進めることになり、常に不安感と戦わなければならなくなります。

 

Point2 様々なスキルを複合的に問われているが、それを認識しにくい

一次試験においても7科目の設定のもと、様々な分野から広い知識を問われる試験ではありましたが、二次試験はさらに複合的にスキルを問われることになります。

一次試験はその点明確であった気付きにくくなっていますが、実は二次試験の方がより広いスキルを求められていると感じます。

私も学習中には気が付いていませんでしたが、今考えると実は以下のようなスキルを問われているのかなと感じます。

 

  • 読む力
  • 状況を捉える力
  • 診断士的分析力
  • 判断(決断)力
  • 書く力
  • タイムマネジメント力

 

分け方は人によっていろいろあるだろうと思いますが、少なくとも昨日そのちゃんが書いていたように「読む」「考える」「書く」の3つにはわけて自分のスキルを振り返らないと、いつまでたっても合格レベルに自分の力を上げることにつながりません。

ただやみくもに過去問や演習問題にトライしていても、効率よくスキルアップすることには繋がらないのです。

では、どう攻略すれば良いか?

 

「ゴールイメージを掴みにくい」対策

ふぞろいシリーズなどの書籍の他、各種サイトから「再現答案」を沢山見て対策するのがベストです。

注意すべきは、どこかの事例がC答案であったとしても他の事例で高得点を取っていれば「合格」となるので、「合格者の再現答案」が全て60点以上ではないというところです。

「このレベルで合格できるんだぁ…」と思ってみているその答案は、実はC答案なのかもしれないのですね。

逆に超高得点者のA答案を見ただけで「ここまで書けなきゃいけないのか…」と落ち込むのも本末転倒。

最近の再現答案は得点開示の結果も併せて掲載してくれているものも多いので、そこまでしっかり見極めながら活用するのが良いでしょう。

 

二次指導専門校のAASは私も参考にさせてもらいました。体験記とともに再現答案が掲載されています。

https://www.aas-clover.com/testinfo/taiken

 

タキプロWeb勉強会(道場6代目おとさんが創設。facebook利用者のみ参加できます)の過去スレッドにも、参加者の再現答案が多数掲載されています。

https://www.facebook.com/groups/188719574644632/

 

その他、道場の過去記事内にも再現答案が掲載されているものがありますし、個人ブログ等でも掲載している人がいますので、ぜひ探してみてください。

 

「複合的なスキルが問われる」対策

 

これは、一次攻略の時(http://rmc-oden.com/blog/archives/99065)にもお伝えしたように、自分のスキルを今一度振返って、どこを重点的に強化すべきか、またアドバンテージのあるところをどう活かすか、しっかり考えるしかないと思います。

参考までに、私の二次学習開始時の雑草流(根拠は自分の感覚!)自己分析をグラフにしてみました。

 

合格ラインを60と捉えた時に、現在の自分の一般的スキルがどんなものかなぁと自分が思う範囲で考えた結果です。

これはあくまで「一般的な力」についての考察なので、「書く力」が合格ラインを越えていても、試験用にチューニングすることは必要になります。

しかし春秋要約や春秋写経など、ちまたで文章力を上げるために有効とされている学習法に取り組む必要は無いと判断できます。

逆に「診断士的分析力」や「タイムマネジメント力」は全く追いついていないので、普段の生活の中ででも、それらのスキル向上に結び付くようなことがあるのであれば、積極的に取り入れた方が良い、ということになります。

受験生支援の勉強会などに参加していると、合格レベルの解答が書けない原因を「分析力」に求めようとする方が多いように見受けられます。受験指導校などでもそこに注力して解説される事が多いからでしょうか。でもよくよく解答を拝見したり、解答プロセスを聞かせていただくと、分析はできているけれど「書く力」が足りないだけの場合や、そもそも分析の前の「読む力」や「状況を把握する力」が足りない、という方も大勢いらっしゃると感じます。

なかなか思うような解答が書けない…と感じている場合には、今一度ご自身のスキルを振り返ってみて、足りていないのはどこなのか再確認してください。

二次試験の難しいところは、一次と違ってこれらのスキルについて現在の自分の立ち位置を測ることができる「点数」が無いことです。あくまで、自分が自分に向き合って、過去問や予備校の模試・演習問題を解いた結果を元に自己分析する以外にありません。


 

ただでさえ捉えにくいゴール設定の上、そこに到達するスキル(道筋)が複合的に絡み合っているため、特に初年度生にはとりかかりにくい二次の学習ですが、分解してあげれば苦手なところにも取り組みやすくなります。

次回は、私がとにかく苦手で困っていた、財務→事例Ⅳを攻略できた秘訣をご紹介しますが、こちらも同じく「分解」することで一気に世界が開けたのです!

 

今日の雑草魂:複雑なものも分解すれば取り組みが楽になる!

ルナはいつでも皆さんの頑張りを応援しています!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

ただいま受付中

詳細はこちら



2017年8月18日、中小企業診断協会より、本年度一次試験について、正解の訂正が発表されました。

科目:経営法務

箇所:第6問 設問2 選択肢イ → ア

詳細は、中小企業診断協会ホームページをご覧ください。

 

訂正後の正解

https://www.j-smeca.jp/attach/test/h29/1j_seikai/e2017v2.pdf

とりいそぎ、お知らせでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



週末の1次試験を受験された皆様、本当にお疲れ様でした。

暑い中の2日間、集中力MAXで戦われて、今頃は疲れも出てきている方も多いのではないでしょうか。

協会の正答発表後、自己採点の結果に全国の受験生の皆さんが、泣いたり笑ったりされているのだろうなぁと思うと、自分の一年前の姿と引き比べて感慨深いです。

結果の受け止めについては、昨日そのちゃんがしっかりまとめてくれているので、ぜひそちらをご覧ください。

あ、そうそう、自己採点って案外あてにならなかったりしますし、没問調整も時々ありますので、「数点足りない…」という方は二次に向けての学習、ぜひ怠らずに進めてくださいね。

 

さて、今まで一次に集中してこられた皆様は、これから2カ月半で、全く傾向の違う試験に立ち向かわなければなりません。

最初、何から手を付ければ良いのか悩みますよね。

というわけで今回は、私の体験を元に「雑草流:二次筆記試験学習のために用意すべきもの」をお届けしようと思います。そう、勉強は形から(笑)。なにはともあれ、道具をそろえるところから、です。

 

■その1 電卓■

メーカーによって電卓の使い方(キーの機能)が違うなんて、この試験に向けて勉強を始めるまで知らなかったルナですが、色々考えた末にCASIOの12桁電卓を使っていました。

「カシオ? シャープ?」については、ググっていただくと色々な情報が出てきますから、今まで電卓に馴染みの無かった方はぜひ一度調べてみてくださいね。

あ、当たりまえのことですが、用意する電卓は会場持ち込みができる条件に則ったものでないといけません。協会の指針を必ず確認してくださいね。

電卓の使い方習熟方法についてはまた機会があったら別投稿で書こうかなと思っています。結構大事な相棒ですので、一番最初にご紹介しました!

 

■その2 テキスト・参考書類■

「ふぞろい」シリーズ

http://www.doyukan.co.jp/store/item_052774.html

合格が発表されない二次筆記試験において、目指すべき解答を教えてくれる、二次試験のバイブル。

年度ごとに発刊されていますが、この時期特に入手が難しくなり、プレミア価格で取引されることもあります。

私は試験勉強を開始した直後に先輩からごっそり譲っていただいたので、直近6年位の過去問の学習に対応できましたが、ご自分でそろえるのはなかなか大変かもしれません。仲間同士で貸し借りしながら、うまく活用できると良いですよね。

平成28年度試験の再現答案を分析した「2017年版 ふぞろいな合格答案10」は現在Amazonでは欠品になっているものの、大手書店では購入できるとの話(出版社談)ですのでお急ぎの方は地元の書店を探してみてください(Amazonの欠品はお盆明けには解消される予定との事です)。私、ルナも執筆メンバーとしてがんばりました (^-^)

 

「事例Ⅳの全知識&全ノウハウ」

http://www.doyukan.co.jp/store/item_052866.html

事例Ⅳに超苦手意識のあった私を救い上げてくれた、ありがたい本です! この本が無ければ私は事例Ⅳをどう攻略すれば良いか全くわからなかったと思います。6代目おとさんも執筆メンバーです。

パソコン版で見ると→画面右にも表示されていますよね (^-^)

 

「2次試験合格者の頭の中にあった全知識」&「2次試験合格者の頭の中にあった全ノウハウ」シリーズ

http://www.doyukan.co.jp/store/item_052781.html

http://www.doyukan.co.jp/store/item_052798.html

二冊合せて「ゼンチゼンノウ」と呼ばれる、二次試験の解説本です。2017年版(平成28年度試験)の事例Ⅰはゆっこちゃんが担当しています。

こちらも何冊か先輩から譲っていただいて持っていました。論理的にしっかり詰めたい人向けのテキストです。

 

テキスト・参考書については、過去問に取り組む時は「ふぞろい」シリーズ、解き方を学ぶときは「全知&全ノウ」シリーズ、これがあれば独学の方も充分なように思います。

妙に出来すぎた模範解答が載っているテキストは、使い方を誤ると危険なのでご注意くださいね(笑)

 

■その3 過去問&演習問題■

アウトプット重視で勉強をしたい私は、当然過去問と演習問題をどんどん解く方式で勉強したのですが、その時に役立ったものをご紹介します。

 

AAS 過去問ダウンロード

https://www.aas-clover.com/testinfo/download-2

 

二次専門校のAASさんが提供している、過去問&解答用紙のダウンロードサービスです。

これには本当にお世話になりました。(感謝!)

解答の文字数制限○○字、というのを始めは原稿用紙みたいなものを自分で作って数えていたのですが、圧倒的にこちらの方が効率良く、また本試験とほぼ同じでイメージも掴みやすいのでぜひ活用してください。

 

事例Ⅳ 徹底特訓

https://www.mmc-web.net/special/index.html

 

私は予備校に通っていたので演習問題はある程度あったのですが、それでも足りないと感じた事例Ⅳについては、MMCさんの公開特別講座、「事例Ⅳ特訓」を購入しました。これは通信でも丁寧に添削していただけるので、かなり力になったのを実感しました。

 

■その4 模試申込み■

二次は模試の採点に時間がかかる関係もあり、今年度合格目標者に対しての模試の機会はもうほとんど残っていません。満席になるのも早いので、今すぐに情報収集してください。

大手予備校が実施する模試もありますが、私は自分が通っていたところのものに加えて上述のMMC模試を利用しました。

MMCさんの模試は早めに申し込むと、個別アドバイス付添削を受けることができます。これは一人ずつ個別面談をしながらの答案返却で、周りで受けた人に聞くと評価の高いものです。

私は残念ながら合う日程のものが無く、インターネット返却にしていただきましたが、添削の丁寧さには感謝しました。また、模試の作り自体も本試験に近いように思われます。

模試の申し込みは、とにかく早く、が重要ですよ!!!

 

■その5 小物類■

多色ボールペンとか、マーカーなどはそれまでも使っていましたが、二次の勉強を始めてから、どの色をどう使うか、というところはある程度意識するようになりました。

消しゴムもノック式の一文字だけ消せるものと、普通の消しゴムを使い分けていました。これまでの人生で一番消しゴムを消費した数か月でしたね (^_^;

最初の頃は問題用紙を破いて後ろの方をメモにしていたので、アルミ製の短い定規も役立っていました。片側をエッジ加工してあるので、ペーパーナイフのように使えるのが便利でした。

 

———————————-

いかがでしょうか?

少し二次を学習する環境のイメージが沸きましたか?

さらに詳細な情報は、夏セミでもお届けできます。

東京はすでに満席になっていますが、キャンセルがでる可能性もありますので、申込みが間に合わなかった~という方は時々覗いてみてください。空席が出ていたらチャンスです!

また、懇親会のみのご参加は人数を限らず受付しています。お気軽にご参加くださいね!

 

 

今日の雑草魂:「まずは情報収集! 模試は今すぐ申し込め!」

ルナはいつでも皆さんの頑張りを応援しています!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細はこちら

。:*:★道場夏セミナーin大阪のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜2次試験の壁を乗り越えろ!〜

□ 開催日時:2017年08月26日(土) 13:30~16:45
□ 会場:大阪市立中央区民センター(堺筋本町駅 徒歩2分)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーの「壁」とその乗り越え方を紹介しながら、
こじんまりとした大阪セミナーらしく
個別相談の時間を多くご用意しています。

8月8日(火)12:00より受付開始★

詳細はこちら



一次試験本番まであと一週間に迫ってきましたね~!!!

昨年のことを思い出すと感慨深いルナです。

 

昨日のそのちゃんの投稿、そうだよなぁ…と思いました。試験前の心情として、とっても納得しました。

そして自分はどうだったかな…と振り返って考えると、やっぱり年齢を重ねておばさん力が増し、そんなにセンシティブではなかったような気がします。(年齢じゃなくて、単に私の面の皮が厚いだけ?)

 

今日の記事は私と同じくらい、あるいはそれ以上に年齢を重ねた方にお届けしたいのです。

 

年齢を重ねると、単純に学習能力では若い方には負けることが多いように思いますよね。ですがその分、「自分を見失わないための術」「打たれても倒れないコツ」「不測の事態にも対処できる柔軟さ」などに対しては、スキルを上げているはずです。

 

そしてここまで学習を続けている方、まして道場のブログまでたどり着くほどに情報収集力に長けている皆さんは、普通に力を発揮できれば合格するだけのスキルをすでに身に着けておられるはずです。だから本当は何も心配することは無いと、私はそう思っています。

 

「いや、でもあの論点も、テキストのこの部分も、まだ理解しきれていないし…」と思いますか?

そうですね、まだ一週間もありますから、その中から優先度の高いものを厳選して、ぜひ詰め込んでみてください。中小などの暗記科目が特におすすめですが、好きな科目でもよいのだと思います。苦手なところを10頑張っても頭に残るのが2になってしまうなら、得意な(好きな)ところを10頑張って6残す方が効率が良いですからね。間違っても、苦しい方を選ばないようにしてください。今だって、合格に足るだけのスキルは学習済みなのですから。

 

他の受験仲間の様子が気になりますか?

「あの人の方が沢山勉強していそう」「あの人は若くて優秀だから楽に行けるんだろうな…」「それに比べて自分は……」。そんなこと、感じてしまうことってありますよね。でも、それはきっと相手も同じです。貴方が気になることは、相手も気にしている。今までの人生でそんなこと沢山ありましたでしょう? 案外そうやってみんなでお互いの緊張感を高めあっていたりするものです。「大丈夫、私だけじゃないから」。そう声に出して言ってみてください。

 

当日のことを考えると緊張感が増してきてつらいですか?

できたらその緊張感を楽しんでください。

昔は私もつらいと感じたこともありました。ではなぜ楽しめるようになったか…といえば、人生経験を重ねて自分を客観視できるようになったからだと思います。「あらあら、こんな程度で緊張しちゃう自分、まだまだ可愛いわね」とか、「もし、結果が良くなかったとしても、世界が滅びるわけじゃないんだからどうってことないじゃん…」とか、そんな風に思えたら、少し楽になるでしょうか? 振り返ってみてください。今までの人生で一番重大な決断をしたときに比べたら、この試験の方は軽いはずです。

 

何度でも言いますが、試験会場で席についている人の多くは、合格するだけの力は持っているのです。もちろん、今このブログを読んでくださっているあなたも、です。

でも、合格者が二割程度しかいないのは、やはり緊張感であったり、場の空気に飲まれてしまったりして、実力を発揮できない人が多いからだと思います(勝負なので時の運もあるでしょう…)。実際昨年の一次、私の周りでそれまでの模試で結果が良かったにも関わらず、残念な結果になってしまったのは若手が多かったです。

 

では当日、実力を発揮しきるために、今何ができるか。

それはやっぱり、自分から無駄な緊張を抜くための方法を確認して練習することです。

 

  • 深呼吸が効きそうですか?
  • 睡眠をしっかりとることですか?
  • 当日の準備を万全に整えることですか?
  • 「私は大丈夫」と自己暗示をかけることですか?
  • 好きな曲を聴くことですか?
  • 大切な家族に応援してもらうことですか?
  • 大事なお守りを掌に感じることですか?
  • 今まで応援してくれた人を思い出して心の中で感謝することですか?

 

方法は人それぞれ違うはずです。それがすでに見つかっている方、あるいはすぐに見つけられる方、豊富な人生経験を頼みに突き進んでください! 傾向が変わったり、ひねった問題が目の前に立ちはだかっても、きっとその人生経験があなたを助けてくれます!

 

逆に「見つからないよ…」という方は、まだまだ若くていらっしゃるのでしょう(羨ましい!)。であれば、ご自分の頭脳に自信をもって当日に臨んでください! 若い頭脳ならではのひらめきで窮地からも脱出できるはずです。

緊張感に飲まれそうになったら、「人生には今後これよりもっと緊張する場面が他にあるはず、今はそれに向けての練習」と思って乗り越えてみてくださいね!

 

泣いても笑っても、ちょうど一週間後には試験前日。

その日を楽しみに迎えられるように、暑い中ではありますがぜひ心と体のバランスを整えてお過ごしください。

 

ルナは皆様の頑張りを本当に、心から、応援しています。

 

。:*:★道場夏セミナーin東京のお知らせ★:*:。

一発合格道場 夏の絶対合格フェス2017
〜スタートダッシュで差をつけろ!〜

□ 開催日時:2017年8月11日(金・祝) 14:00〜16:45
□ 会場:東京都南部労政会館 第5会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆一次試験突破を確信した今、まず何を行うべきか?
☆道場メンバーが二次試験突破のために行った事をお話します!

8月7日(月)12:00より受付開始★

詳細は追ってお知らせします。

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★:*:。★:*:。★:*:。★:*:。

※道場夏セミナーin大阪は8/26(土)に開催!
詳細は後日お知らせいたします。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!



==告知==
<8/11は道場夏セミナーin東京>です!
是非ご予定ください。(詳細は後日)
=====

 

暑いですね!!!

とにかく暑いのが苦手な、雑草魂のルナです。

雑草なら暑さ寒さや渇きにも強いはずなのですが、すみません、根性なしでだらけた雑草なのでお許しください。

 

さて、一次チャレンジの皆様、直前期に入ってきた今のお気持ちはいかがですか?

一年前の私は、少しの緊張感と、「いよいよ本番!」というワクワク感、そして相変わらず思うようにペースの上がらない自分にちょっと呆れを感じていた頃だと思います。

あれからもう一年経ったのだなぁと思うと、信じられない気がします。あっという間だったと言えますし、そこからの密度は人生最濃厚だったので、ずいぶん昔のことのようにも思います。

皆さんもあと少しでジェットコースターの上の人ですよ! 勉強しているときの方がよほど時間に余裕があります。覚悟しておいてくださいね(笑)。

 

さて、一次試験に向かって体調を整えること、これはもう、絶対に必要なことですよね。自分が一番良い状態を作れるようにする手段、もう見つかっていますか? 深呼吸の練習もしていますよね?

 

それから今年はゲリラ豪雨も多そうで(福岡・大分の皆様大丈夫ですか? 愛知もひどかったみたいですよね…)、ますます「余裕をもった現地入り」が必要になってくると思います。

前泊するかどうか迷っておられる方がいらしたら、絶対にすぐホテル予約してください! キャンセルは簡単にできますが、直前になってホテルを探すのは案外大変です。

 


さて、ここからの本題は「ダラダラな自分が嫌いだけど好き」「物事はできるだけ先延ばし」「反省しても一瞬で忘れる」自分に甘いルナに似ているあなたに向けてお送りします!(いるのかな?) 普通にまじめにコツコツ勉強を積み重ねている方はスルーしてくださってOKです (^_^;

 

あんまり自慢にならない、ルナに似ているあなたもそろそろ周りの様子が気になってソワソワしてきているころですよね。でもなかなかエンジンがかからない…。そんな自分を「ダメだなぁ~」と思いながらも、今日も「体調管理のため」と睡眠時間を優先してしまったり…。

いえ、体調管理は最優先ですから、その判断は正しいです! 自信をもってこれからもいっちゃってください!

 

なぜって、そういうあなたは、「追い詰められると集中力を発揮するタイプ」だったりしませんか?

逆に言うと、「追い詰められる」⇒「集中力が出る」⇒「短時間で効率よく結果を出す」のだと思います。

追い詰められていないと、なかなか集中して作業できずにダラダラしてしまい、結果的に効率の悪い作業になるというか。

ダラダラと長時間勉強するよりも、追い詰められてからの短時間の方が効果が高いことはたくさんあると思います。

こんな感じの5時間より…

こちらの2時間の方が絶対にたくさんの学習ができるはずです!

そしてそう、「追い詰められないとできないあなた」はきっと、淡々とペースを維持できる人よりも高い集中力で同じだけの勉強を1時間でできてしまったりするはずです!!!(そう心から信じましょう♪)

 

そう、なのでこれまで「エンジンかからないなぁ…」と感じているあなたにとっては、これからがチャンスなのです!

もっというと、直前一週間とか、前日とか、そんなときにいかに集中できるかの勝負です。特に中小や情報の暗記領域は、直前でも得点上積みガンガンいけるところですから、残り一週間までとっておいても良いくらいです。

それまでは経済や財務などの頻出論点をしっかり理解できているか確認しましょう。理解が浅い論点は繰り返し問題を解くことで解法を身につけましょう。

経営理論や運営、法務は、論点ごとに取捨をしっかりしながら、直前に再確認する事項をまとめておくとよいですね。

最後まで大事なのは自信です。自信さえ失わなければ、当日もきっと、持ち前の集中力と危機管理能力で数々の落とし穴をクリアして実力以上の結果をたたき出すことができるでしょう。

気持ち負けしてはいけません。ほかの人の勉強時間を見て刺激をもらうのはよいですが、自信を失ってはダメです。人にはそれぞれの道があります。これがあなたの道と信じて、前だけを見て進んでください!

 

暑さ寒さにも乾燥にも弱い雑草ではありますが、根っこは深いのでしぶといのです(笑)。

ギリギリまで追い詰められても枯れません。元気が無いように見えても、ちょっとの水で勢いを取り戻します。

これからの3週間、皆さんには厳しい熱風が吹き付けるかもしれないですが、どうぞご自身の根っこを信じて、最後に力を発揮できるように準備をしておいてくださいね。

今日の雑草魂:「追い詰められた集中力を徹底活用! 一次試験はこれからが勝負」

 

P.S. そうそう先日、四国宇和島の和霊神社へお礼参りをしつつ、皆さんの合格祈願もしてきましたよ♪

ルナは皆さんの頑張りをいつでも応援しています!!!

 

 

一次試験翌週は道場セミナーへ♪
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!



こんにちは、雑草魂のルナです!

前回のブログの最後に「次回も情報の暗記かも?」と書きましたが、予定を変更して、模試とその結果についての考察を書こうと思います。

業界最大の一次模試も終わり、いよいよラストスパートの時期に入ってきましたが、一次受験予定の皆様は、週末の模試を受けられましたか?

模試の前にがっつり勉強して、「よしやった♪」で臨めた人も、「思うように進まなかった…」と意気消沈しながら受けられた人も、それぞれおいでのことと思います。

そして結果も「良かった」「良くなかった」に分かれるはずです。

さて、この模試を合格に向けて最大限活かすには、どのルートをとることができたら一番理想的だったでしょうか?

 

「そりゃー一番上のルートだろう」と思ったあなた、素直な方とお見受けしますが、設問文の読み込みがちょっと甘いようですね。それだと二次で苦労されると思います(笑)。

私の質問にはそう、「この模試を合格に向けて最大限活かすには」という制約条件が付いています。「誰が合格に一番近いか」でも「これまで上手に学習したか」でもないのですね…。

なので答えは、どのルートもすべて同じように活用することができる、です!

大事なのは「これまで」ではなくて「ここから」だからです。私は昨年のT社一次模試、確かC判定だったはずですが、今こうして合格しています。(ちなみに、私の場合は④だったかな…笑)

では、それぞれの結果をもとに「雑草魂流・結果をどう活かすか」を確認していきましょう♪ 世間一般的に「模試の結果を活用する」といえば学習面のお話ですが、雑草魂流ですからもちろん違う視点ですよ~!

 

①だった人

お疲れさまでした! 素晴らしいですね♪ この調子で当日も臨んでください。以上!………とは申せません。なぜなら、ここで油断して当日うまくいかなかった人はたくさんいるからです。「油断」というのは少し言葉が違うかもしれないですね。ある種の安心からくる守勢に入ってしまう、ということでしょうか。

あなたは当日現地で、チャレンジ精神をもって試験に臨むことができますか? 自分に常に問いかけてください。
守勢に入ると人はそこはかとない不安を感じるようになります。これは当日実力を発揮することを妨げる要素になります。ぜひ、「攻め」の姿勢を崩さずに今後も突き進んでください。そのために何ができるかを日常生活で意識しましょう。

また、模試までの学習がスムーズにいったというのは大きな自信になっていると思いますが、反面、本番直前に思うようにいかないことが起きたときの予行演習にはなりえなかった、ということでもあります。試験直前に思わぬことが起きたとしても、当日実力を発揮できるだけのメンタルトレーニングをぜひしておいてくださいね。

 

②だった人

多分ご本人的には一番しんどいパターンだろうと思います。だって、「やることはやった!」と思って臨んでいるのに、結果が伴わなかったわけですから。このパターンで大事なのは、「なぜ自分の期待と結果にギャップがあったか」を冷静に分析できるかどうかだと思います。理由にもいろいろパターンがあると思います。
自分は「足りるだけの勉強をした」と思っていたけれど実際は足りていないこともあるかもしれないですし、勉強は足りているのに今回の模試との相性が悪かったのかもしれません。
また、一番よくあるパターンは模試自体の難化です。だいたい、この時期の模試は試験本番よりも少し難しめに作ってあると思います。そこに対応するための細かい知識を蓄積する方向に行っても、まったく同じ問題が出ることはあまり考えられませんから、得点できたところ、できなかったところをよく見極めて、過去問では問われないほどの細かいところで間違えているのであれば、それに関してはスルーする冷静さも必要になります。

「結果が良かった」「結果が悪かった」だけに囚われて、その原因分析を冷静に行えていないのに落ち込んでも全く意味はありません。あるいはがむしゃらに詰め込んだ勉強をするのも間違っています。むしろテンションが下がるだけで本番には悪影響ですので注意してくださいね。

③だった人

ラッキーですね♪ そういう人、そういうバターン、雑草流的には大好きです! でも、ラッキーにもやっぱり理由はあると思います。なぜその結果がでたのか、分析できていますか?

〇山かけが当たった⇒「山かけ」といっても実は人は合理的判断をしていることが多いです。実は根拠のある山かけではありませんでしたか? それは本番でも使えそうですか?

〇当日調子が良くて頭が冴えて、答えが次々わいてきた!⇒どうして調子が良かったか確認できていますか? 試験当日にも同じ状況を再現できるでしょうか?

〇問題と相性が良かっただけかも…。⇒過去問をトライするとどうですか? 予備校模試と相性が良くても、過去問と悪いことが続いているのであれば勉強するポイントを見直す必要があるかもしれません。

〇とにかく運がいいんです!⇒今後もその幸運が続くよう、日ごろの行いを良くしておきましょう♪ そうすれば当日も「こんなに日ごろの行いが良い私、今日も運がいいはず♪」と能天気に思えるはずです。能天気でもいいんです、自信をもって試験に臨めればそれが一番ですから!

④だった人

ある意味、ここが一番納得の結果かもしれないですね。そして本番に向けてのあとひと月、これまで「思うように勉強ができなかった」ことを活かして、「できた」に変えるための材料もしっかりそろっている状況だと思います。するべきことが一番明確なパターンとも言えるでしょう。直前にするべきことがしっかりわかっている、それは大きな強みです。自信をもって進んでください!

一番よくないのは「あきらめること」です。「ああ、これでは今年の合格はおぼつかないな。科目合格でもいいかな…」なんて弱気になってはいけません。最後まであきらめない人に勝利の女神は微笑むのです。

私が去年どうだったか?って、それはもちろん、「自分は受かる」と思って残り一か月勉強しましたよ(^-^)

 

まとめ

模試の結果はあくまでも模試の結果でしかありません。途中経過の目安の一つではありますが、その結果で一喜一憂するようなものではないのです。

大事なのは、どんな姿勢で模試に臨んだか、そしてその結果がどうであったか、そこに因果関係があるのかないのか、試験当日にはどうすればより良い結果を残すことができるのか、多面的に分析することです。

一般的に予備校では「学習面」からのみのアドバイスになると思いますが、本番当日に一番必要になるのはむしろ精神力です。

ここから先は、足りないところの学習も重ねると同時に、本番当日実力を100%発揮するための精神力も身につけなければなりません。

 

もし今落ち込んでいる人がいらしたら、それはチャンスです!

試験当日は様々な不安感やプレッシャーが押し寄せてくるはずです。それをはねのけて、力を出さなければならない、そのトレーニングを今できるということですよね♪

どうしたら自分の気持ちを切り替えられるのか、何があっても前向きにチャレンジ精神をもって取り組むことができるのか。

これは試験当日だけでなく、診断士として活動するうえでも絶対に必要な資質となります。試験一か月前、一週間前、一日前と、緊張感が高まってくることもある種の人生修行だと思えば楽しくなりませんか?(笑)。

皆様にはぜひ、それを乗り越えて、社会で大活躍する診断士になっていただきたいと思います。

私もまだまだ修行中ですが、一緒にがんばりましょうね♪

 

今日の雑草魂:「模試の結果は多面的に分析して合格のために100%活用する!」

ルナは皆さんの頑張りをいつでも応援しています!!!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


こんにちは!

受験生の皆様はすでに「ふぞろいな合格答案10」を入手されましたか?

私も執筆PJの一員として参加した、平成28年度試験の再現答案を集めて分析した本で、この週末からAmazonや全国の書店店頭で販売開始となりました!

もしまだ入手されていない方はぜひ早目に購入してくださいね。自分が関わったからお勧めしている…というわけでもなく、このシリーズは正解の公表されない二次試験を攻略するには必携と言われているだけあって、例年一次合格発表後には入手しにくくなり、中古本がプレミアをつけてAmazon等で売られる事もあるからなのです。

元々限られた市場のための本ですので、特に地方では書店での入手がしにくく、Amazonで売り切れてしまうとその後が大変という話を耳にしています。

私は先輩診断士の方から古いものを沢山譲っていただいて、その時に同時にこの情報も教えてもらっていたので助かりました。

今年一次初受験の方は「一次受かってから考えよう…」と思っていると、気が付くと入手困難になってしまいます! 万が一、二次受験が来年になってしまったとしても、それでも平成28年度試験の「ふぞろい10」は絶対に必要なはずですので、早めの入手をお勧めいたします。

 


 

さて、【渾身】シリーズ、しかも情報についての第二弾です…。

みんな必ず泣きたくなる、「経営情報システムの略語暗記」についてです。

今回は雑草流には珍しく、図がいっぱいでお送りします(笑)。

テキストを使って勉強していると、3文字・4文字のアルファベットの略語が山のように出てきて、何が何やらさっぱりわからなくなりますよね…。

何が重要かもわからないのでやみくもに覚えようとする→時間ばかりがかかるのに定着率が低く結果に結びつかない→モチベーションが下がる→尚更覚えられない、という悪循環になる方が多いのではないかと思います。

個人的にルナの場合は元々IT系の仕事に就いておりますし、一応「初級シスアド(昔の資格)」「基本情報技術者」もなんとかかんとか受かるレベルの下地はありました。

でも開発系とかは一切わかりませんし、基本的に「使わないものは覚えられない」というタイプなのでものすごくアドバンテージがあるわけでもないと思います。上記試験を受けた時も、この手の略語の暗記を意識をして行う事はあまり無かったように記憶しています。

診断士試験でも、情報では単語帳などを使った暗記はほぼ行いませんでした。(多少気になる単語をノートに書いて眺めるレベル)

その私が、試験が終わった現在、それぞれの略語についてどれだけ記憶しているか…というのをまず確認し、その上で覚え方のポイントをお伝えしようというのが今日の記事です。

1.略語を全て並べてみる

まず、TACのスピテキ(2015年12月発行版)索引から、アルファベットA~Zの略語を全て抜き出してみました。

Excelに入力すると全部で225の単語がありました。確かにこれを全て覚えようと思うと結構エグいですね…。

2.重要度をつけてみる

次に、それらの略語に「雑草流」重要度をつけてみました。

「1」は、今現在私が意味を説明できる・略さずに言える等、比較的しっかり覚えているものです。

「2」は、何に関連する略語かはしっかりわかるけど、類似している他の略語との区別をしっかり説明できるほどではないよ、というものです。つまり、全く関係ない文脈の中に出て来たら違和感を感じることはできる、というレベルですね。

「3」は、なんとなく「確かあの辺の領域の単語だったよなーーー」というおぼろげワードです。一次試験に出て来たらヒント程度にはなるかどうかのレベルになります。

「無印」は、そんなのありましたっけ?レベルです。個人的には、正直覚えなくてもいいんじゃない?と判断したモノだと思われます。

私が覚えている=重要、という判断が正しいかどうかはさておき、そんな「雑」な分類もあるなという事でご了承いただければ幸いです。(コレよりアレの方が重要だ、なぜならば…という論理的ご意見は一切受け付けません・笑)

3.重要度の高いものだけを抜き出してみる

225の中から、重要度「1」と「2」のものだけを抽出してみました。これで数が「149」に減りました。それでもまだ結構ありますね…。でもこの略語についてはどの領域(論点)で使われるものかのアタリをつけられるくらいにはなりたいものです。

ではどうするか…というと、ここからがポイント!

4.略語の末尾の文字を抜き出して並べ替える

その略語を構成する最後の単語が同じもの同士でまとめると覚えやすくなります。

そのため、ExcelでRIGHT関数を使って末尾の文字を取り出して並べ替えてみました。さらに末尾にバージョンを示す数字のあるものなどは、その前のアルファベットのところに移動しています。

5.まとめてみる

その中でも特にまとめられるものの数が多いのが、「L」「N」「P」です。

L=Language(言語)

オレンジに色づけしているのがLanguage(言語)です。11/15と割合も非常に高いです。

N=Network(ネットワーク)

こちらは絶対数は少ないですがかなり近い領域で使われる略語なので非常に覚えやすいです。4/7が該当します。

P=Protocol(通信規約・手順)

こちらが最も数が多いですね。15/20となっています。

6.まとめ

上記3つのアルファベットが末尾に入るものについては仲間外れのものも一緒に覚えてあげると、全部で42の略語を覚えることができます。

そうすると残りは「107」。そのうちのいくつかは普段の生活の中でも見聞きするものがあると思いますので、そこを引いてさらに残ったものだけ覚えるようにすれば、案外覚えやすいのではないかと思います。

暗記する時は0~100まで全部と考えると気が遠くなって嫌になりますので、重要度をつけて覚えやすいところから覚え、残りは重要度とリソースのバランスでどこまで覚えるかを判断するのがポイントです。

何度も言いますけど「覚えない」「勉強しない(してはいけない)」の判断は重要ですよ!

7.おまけ

L(言語)の略語の意味

DHTML 1 L Dynamic HTML
HTML 1 L HyperText Markup Language
HTML5 1 5 HTML Version5
SAML 2 L Security Assertion Markup Language
SMIL 2 L Security Assertion Markup Language
SQL 1 L Structured Query Language
SSL 1 L
URL 1 L
COBOL 2 L Common Business Oriented Language
FEAL 2 L
Open SSL 2 L
Perl 2 l Practical Extraction and Report Language
XHTML 2 L Extensible HTML
XML 2 L Extensible Markup Language
XSL 2 L Extensible Stylesheet Language

 

N(ネットワーク)の略語の意味

BETWEEN 1 N
ICANN 1 N
LAN 1 N Local Area Network
VAN 1 N Value-Added Network
VPN 1 N Virtual Private Network
WAN 1 N Wide Area Network
FORTRAN 2 N

 

P(プロトコル)の略語の意味

ASP 1 P
BMP 1 P
DHCP 1 P Dynamic Host Configuration Protocol
FTP 1 P File Transfer Protocol
HTTP 1 P HyperText Transfer Protocol
IMAP 1 P Internet Message Access Protocol
IP 1 P Internet Protocol
ISP 1 P
PHP 1 P
SMTP 1 P Simple Mail Transfer Protocol
TCP 1 P Transmission Control Protocol
TCP/IP 1 P 上記参照
VoIP 1 P Voice over Internet Protocol
WEP 1 P
MP3 1 3
POP3 1 3 Post Office Protocol version3
IPv4 1 4 Internet Protocol Version4
IPv6 1 6 Internet Protocol Version6
ARP 2 P Address Resolution Protocol
ICMP 2 P Internet Control Message Protocol
IPP 2 P internet printing protocol

↑↑↑↑↑今回使用したExcelファイルをDLしていただけるようにしました。

雑草流的慎重を期して作成しましたが、当ファイルの利用については自己責任でお願いいたします。

特に重要度の割り振りなども主観的なものですので、そこはご理解いただけますようお願いいたします。

 

次回も…、もしかしたら「情報暗記」の手法になりそうです。

残りあと、1ヶ月半位になりましたね。重要度の判断と取捨に留意して夏を迎えてくださいね!

 

今日の雑草魂:「暗記するべき項目は覚えやすいものから覚えた残りを、重要度で取捨して数を減らして取り組む!!!」

ルナは皆さんの頑張りをいつでも応援しています!!!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


皆様こんにちは!

先週末は埼玉から、広島福岡と診断士関連のイベントに参加してきたルナです。

広島では「中小企業診断士シンポジウム」という全国から診断士が集まるイベントに参加して、クリームパン&メロンパンで有名な八天堂の社長から興味深いお話を聞いたり、地元広島の企業様にチームで提案を作ったりと、有意義な時間を過ごさせていただきました。

https://shindanshi-sympo2017.jimdo.com/

 

また、日曜日には福岡にて某書籍プロジェクトのメンバーによる受験生支援セミナーにパネラーとして参加し、地方の受験生の皆様の熱い思いに触れ、沢山元気をもらって帰ってきました。

 

日本全国津々浦々、診断士や診断士を目指す人たちがいて、それぞれの目的に向かってがんばっている様子を目にし、また仲間として語り合い、この資格を目指して本当に良かったなと改めて実感した週末でした。

 

今、勉強を続ける中で疲れが出たり、気持ちに余裕が無くなっている方がいらしたら、ぜひ合格後のそういった活動にも目を向けていただいて、またエネルギーを取り戻していただきたいと思います。

 

そうそう、書いているうちに思い出しました! 二次試験直前に元気が無くなった時、診断協会のHP(http://www.j-smeca.jp/index.html)や、そこから移動してJ-net21のHP(http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/index.html)をつらつら眺めてみたことがありました。そうこうしているうちに「私は診断士になるべき人間じゃないか! 私がならなくて誰がなるんだー!」と思って元気が出たことがありましたっけ。そういう時に冷静に「いやいや、あんた以外にも何万人もいるから…」という自分突っ込みは不要です。思い込んだもの勝ちですから、気持ちよく好きに思わせておきましょうね (^_^;;

 


 

さて、今月は【渾身】シリーズが開催されているようですね…。

皆様ご存知のように、私、あまり学習内容にフォーカスした投稿は得意ではありません…。ちょっとドキドキしますが、「攻略法」も止まっていますので本来なら得意なはず(汗)の「経営情報システム」について、書かせていただこうと思います。

 

この科目はいわゆる「暗記三兄弟」とも言われ、「暗記科目」と捉えられがちですが、その内容は本来でしたら「暗記」するよりも「理解」した方が良い論点が沢山あります。

ただその範囲の広さゆえ、全てを理解するには時間(コマ数)が足りないから暗記で済ませてしまおうという、受験指導校的思惑からの暗記科目分類と捉えるべきです。

 

そう考えると効率よくこの科目を攻略する時は「理解」パートと「暗記」パートに分けるのが正解のように思います。

その中で自分のスキルや、能力(暗記力やどんな覚え方が得意か、などの個性)によって、理解するものと暗記するものの強弱をつけ、捨てる所は捨てながら、まず基本的なところを理解し、その上で暗記箇所を押さえて行くのがポイントと考えます。

 

どうやって区分するか

 

ただ、テキストを眺めていてもどこまでを理解すべきで、どこからを暗記に頼るかは判断がつけにくいものです。

そんな時は頭の中にまず、「説明する相手」を思い浮かべましょう。ご自身の情報のスキルを自分で勘案し苦手意識の強い人は「小学校低学年くらいのお子さん」を、得意な人は「中学生か高校生」を設定すると良いと思います。あるいは身近な「おじいちゃん」「おばあちゃん」でも良いでしょう。

そして、その相手に論点ごとに「○○ってどうしてこうなっているの?」という質問をされたとき説明するべきものは何か、それが理解しなければいけないポイントとしての判断基準になると思います。

例えば「パソコンってどうして動くの?」「データベースって何? なんのためにあるの?」「インターネットで情報を調べられるのはどうして?」などの質問にさっと答えられますか?

もし今答えられないとしたら、何をどう理解したら答えられるようになるでしょうか?

 

試験の出題傾向はともかく(平成28&27年はひどかった…)、本来診断士に求められるべきは、経営者さんからそれらの質問(小学生よりは専門的なはずですが…)を尋ねられた時にすぐに、あるいは少し調べて回答ができるスキルです。ですからそれを「基本」として理解し、試験対策としてそこに関わる単語などを暗記する、というように割り切るのが本来王道のはずです。

 

でもなかなか受験校のテキストだけでは「理解」まではいたりませんよね。そんな時には、市販の書籍を利用しましょう。(ググるのは体系的に学びにくいので、こんな時には効率が悪いですからおすすめしません)

例えば「ネットワークはなぜつながるのか」という日経BPの本、シリーズの他の本も含めてなかなか良さそうです。

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P83110.html

 

情報は超超苦手だ!という方には子供向けの本もお勧めです。

「パソコンの仕組みの絵本」http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798122526

子供向けに易しく書かれている本は、本当に必要な情報だけをエッセンスとして取り出してわかりやすく解説してくれているので、最初の一歩にはお勧めです。以前も書きましたが、「わからない」「難しい」と思ったら、進むべきは前では無くて後ろです。

子ども用なんて…とバカにせず、騙されたと思って一度お試しください。多少お金はかかっても子供用なら読むのも一瞬! それでも目からうろこ!が沢山あるはずです。

 

他にも「○○ やさしい」や「○○の仕組み」などでアマゾン検索すると、色んな本がでてきます。ご自身に合ったレベル感…より、一つ易しい位のものを選んでいただくのがコツです。あくまで「誰かに説明するためのネタ」を探していると思ってくださいね。

暗記のポイントについては次回お伝えします!

 

今日の雑草魂:「理解すべき論点は人に説明するイメージを持てば判別できる!」

ルナは皆さんの頑張りをいつでも応援しています!!!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


一気に暑くなってきましたね! 暑いのが超苦手なルナです。去年の一次試験二日間は本当に体力勝負でした。

暑くて熱い二日間まであと73日、皆さん、勉強のペースはしっかりつかめていますか?

今日は、試験当日に実力を120%発揮するために、今からできる「雑草魂流」の準備3つをお伝えいたします!

 

さて、皆様ご自身を振り返ってみていただいて、「今日は体調も精神力も、完璧!」という日は一年にどのくらいあるでしょう? 私の場合は多分、年に数日も無いような気がします。

試験当日をこの「完璧な一日」にできれば良いのにな…、というのは誰もが考える事だと思います。

では、「完璧な一日」にするために必要な要素ってなんでしょうか?

  • 睡眠
  • 健康
  • 精神的充実

さっと思いつくのはこの位でしょうか。

本当は自分で色んな日々を送ってみて、どんなふうにしたら「完璧な一日」になるのか、試してみるべきなのだと思います。

同期合格者の中には、前日に食べるものまでしっかりコントロールしていた、という人もいました。

一年に一度しかない試験ですから、勉強以外にそういうセルフコントロールにもリソースを割くべきですよね。

 

さて、その内の「睡眠」については多分、誰もが真っ先に思い浮かぶはずです。

そう、試験当日の「失敗」でよくあるのがこの睡眠に関すること。「前日遅くまで眠れなかった」「徹夜してしまった」などなど…。

こうなると、試験当日は睡眠不足とそれに伴う焦りや体調不良で、万全の力を発揮するのは難しくなりますね。

この睡眠を上手にコントロールするために、今からできることがあります。

 

1.寝るための儀式を作る

それは、「入眠の儀式」を作っておくこと。つまり「寝る前には必ず○○をする」という習慣を作ってしまうのです。

そうすることで、逆に○○をしたら眠る、というように、体が覚えてくれて自然に眠りに入りやすくなります。

私の場合はリラックス系のアロマを使っていました。普段から眠るときにはラベンダー系のアロマを炊くようにしていて、前泊するホテルにも持ち込んで使いました。

余談ですが、ミント系のアロマは記憶力を高めると聞いたので、勉強をする時にはこちらを使っていました。試験当日も扇子やハンカチにつけておいて、涼んだり汗をぬぐう時に使う事で勉強スイッチを入れる一押しにしていましたね。

そのおかげで眠れたか…というと、実際はちょっとテンションがあがりすぎて、普段のようにすっと眠りにつくことはできなかったのですが、何も無かったらもっと眠りに入るのが難しかったのではないかと思っています。

間違ってもやってはいけないのは、「勉強」です。

翌日の体調を「完璧」にするためには○時に眠るのがベスト、と判断したのであれば、それより後に勉強するのは絶対NG。

真剣に勉強しようと思えば、まして翌日の試験に向けての緊張感がある中で勉強を始めたら、絶対に脳がお休みモードにはなりません。

「ベッドに入っても眠れないなら勉強しちゃえ!」と考える気持ちはわかりますが、やっぱりそれはダメ。例え眠れなくても、横になって目をつぶるだけでも、脳はお休みモードになっていくはずですし、もしも脳が眠れなかったとしても、体を休めるのも暑い翌日のためには大切な事。

これまできつと、数百~千時間以上勉強してきているのですから、ここで数時間積み上げてもあまり意味は無いはずです。眠る&休める方を優先するのが正解です!

 

2.リラックスできる環境を確保する

試験に向けて、前泊する方はホテルの確保を早目に行いましょう。私は去年今頃にはすでに予約をとっていました。まだ自分がどの会場に割り振られるかわかってはいませんが、ある程度予測はつくはずですので、会場近くのホテルを押えます。都内の場合、交通の便の良い駅周辺をとれば、どこの会場にも一本で乗り換えなしで行けたりします。

一番良いのは会場まで徒歩でいける範囲に宿を押える事ですが(当日の電車トラブルなどの心配がありません)、それが難しい場合にもタクシーで移動できる距離にしておくと安心です。

そしてどんな宿に泊まるかはよく考えて選びましょう。費用を抑えるために安い宿を探すのもアリだとは思いますが、それで騒がしかったり空調やベッドが不快で眠れなかったりしたら…。それが原因で力が発揮できずにまた一年になってしまったら、もっと多くの費用が掛かることになってしまいます。素敵なホテル泊で気持ちを上げて試験会場に向かうのも良いですよ♪

ご自宅から出かけられる方の場合はぜひ、無駄なエネルギーを使わない経路を見つけておいてくださいね。15分早く家を出れば座って電車に乗れるなら、その方が良いはずです。何度も言いますが、真夏の二日間の試験は体力勝負です! できるだけエネルギーを温存できる経路をとってください。

また、ご家族がおいでの方は、当日ご家族に笑顔で見送ってもらえるよう、それまでの一週間で大喧嘩したりすることが無いようにしておきましょう(笑)。

 

3.深呼吸の練習

普段の生活の中で、意識をして深呼吸する場面はありますか?

試験会場で自分の心と体から緊張を抜くために、深呼吸はとても役立ちます。

ただ、普段から深呼吸するような機会がないと、なかなか急にはできないものです。

ヨガなどをされている方は上手に深呼吸ができると思いますが、そうでなくても普段からちょっと意識して深呼吸してみるようにしましょう。

電車の中でも、車の中でも、眠るときでも、いつでも良いです。習慣にしましょう。

深呼吸についてはちょっと検索すれば色々なサイトで方法やその効果が紹介されていますから、ご自身にあったものを見つけられると良いと思います。

私のお勧めは、「まずは息を吐いてから」のパターンです。

お腹の奥からすーーーーーっと息を吐いて、体の中を空っぽにしてから周りの空気を吸い込むと、自然に体がリラックスして緊張がほぐれていきます。

当日の会場で自然に深呼吸できるように、今から毎日習慣づけておきましょう。絶対にあなたを助けてくれるはずです。

 

今日の雑草魂:「試験当日を完璧な一日にするため今から準備!」

ルナは皆さんの頑張りをいつでも応援しています!!!

 

大阪セミナーまであと少し♪
いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

>* ))))>< 道場春セミナーin大阪のお知らせ >* ))))><

一発合格道場 春の絶対合格フェス2017
〜受験生の疑問にお答えします!〜

□ 開催日時:2017年5月27日(土) 14:00〜17:00
□ 会場:クレオ大阪西 研修室
□ 定員:20名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーが一次試験突破のために行った事をお話します!
☆受験生の悩みや疑問に個別にお答えします!


★詳細はこちらから★
※定員に達し次第締め切りとさせていただきますので
お早目のお申し込みをお願い申し上げます

>* ))))>< >* ))))> < >* ))))>< >* ))))>< >* ))))><

 



GWもあっという間に終わってしまいましたね…。遊びの時間が終わってしまって悲しいルナです。

先日、試験に向けての学習中某SNSで励まし続けてくださった診断士の先輩にやっと直接お礼を言う機会があったのですが、その時にも「あれだけ直前まで旅行行ったり遊んだりでホントに大丈夫かな?と思ってたけど…」と言われてしまいました (^_^;

でも、合格者、特にストレート合格者に多いイメージがありますが、GWなどの休みにはしっかり遊んだ!という方、案外いますよ。大事なのは、その時間をリフレッシュと割り切って思いっきり遊ぶことです。

GWなんだかダラダラしてしまった…と後悔しているあなた、その後悔は捨ててくださいね!

「心と体を休める時間が必要だよ、って神様が教えてくれたんだ」と思うようにしましょう。あ、私の記事にはよく「神様」が出てきますが、特定の神様を指しているのではありません。どちらかというと、自分に都合の良い状況を作るために出てくる神様です。神様ごめんなさい………。

そして、その貴重な連休の初日、道場八代目初のイベント、絶対合格フェスにお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。直接皆様からの声を聞くことができて、私たちの方が沢山の事を学ばせていただきました。大変感謝しています。

そして、残念ながらご参加いただけなかった皆様、大阪でのセミナーを控えているたっしーが、こちらにレポートを書いてくれていますのでぜひ確認してくださいね♪


さて、今日はルナが当日お話したコンテンツの中で、皆様から一番興味をもっていただけたところ(アンケートによる)をもう少し深堀しながらご紹介したいと思います。

自分にとって必要なスキルとは?

g0

まず、上のグラフをご覧ください。

縦軸を各科目に対しての理解度とした時に、グラフの青い帯の部分が勉強をスタートさせた時の自分のスキルだと考えます。

そして、合格するために必要なスキルを各科目に対して置いたのが、ピンクの帯の部分です。つまり、このピンクの部分は学習を開始してから試験日までに身に着ける必要のあるスキルですね。(私が以前に書いた全体戦略についての記事もご参考にどうぞ)

皆さんそれぞれ、これまでの歩みの中でお持ちのスキルというのは異なるはずですから、この辺りはそれぞれ違ったグラフに表すことができると思います。上記は私のなんとなくのイメージですが、あくまでざっくりとした例だとお考えください。

ここまではなんとなく、誰でも自分の中にイメージをお持ちになられていると思います。

受験指導校や市販の教材におけるカリキュラムの位置づけ

さて、そのグラフに指導校などで利用されているカリキュラムでカバーされる範囲のイメージを置いてみましょう。

g1

上のグラフでは黄色い枠で表している部分です。

色々なスキルの人が集まる中で万人向けに「より効率良く点を取らせられる講座カリキュラム」を考えると、イメージとしてはだいたい、この黄色い枠のようになるのではないかなというのが私の実感するところです。

どんなカリキュラムも「初心者にもわかりやすいように1から教えます」と謳っているはずですが、実態は1から…という事は無いのは、皆さんも実感されている事と思います。特に情報など、本当に1から教えていたらテキストの分量だけでも何倍も必要になってしまいますよね。

というわけで、指導校やテキストがカバーしているカリキュラム範囲にスタート時のスキルが及ばない場合には、その下の部分は自分で補う必要があるわけです。(図内では赤の矢印で表しました)

ここはその科目の中では基礎となる部分にあたるので、この部分を無いままに与えられたカリキュラムを繰り返しても、決して効率の良い学習には結びつきません。前回も書きましたが、「難しい」と思った時に進むべき方向は後ろです。基礎に戻って足元を固めることで、上積みされた知識もしっかりと固まってくるはずです。

自分でこのカリキュラム想定スキルに到達するまでの基礎部分について補足が必要と感じた場合には、診断士試験用テキスト以外の本など、自分にツールを探して学習する必要があります。これまでもいくつかの書籍をご紹介していますが、引き続き科目別の記事を投稿する際にご紹介しますね。

やってはいけない学習

さて、「足りないスキルを足す」学習はわかりやすいのですが、実は先ほどのグラフを見ていただくと「やってはいけない学習」部分もあるのですね。

g2

そこを青い矢印で表してみました。ピンクの帯の上端(自分が合格点をとるために必要と認識しているスキルの上限)から、カリキュラムで想定している上限までの範囲です。

一般的にはテキストも問題集も、出題範囲の8割以上をカバーできるスキルを身に着けるべく設定されているように思います。でもこの試験は6割とれれば合格するわけですから、それ以上の部分は勉強する必要は無いのですよね。時間だけではなく、気力・体力・知力・集中力などあらゆるリソースが限られる中、効率よく合格したいのであればこの青矢印の範囲は「勉強しなくても良い」範囲ではなく、「勉強してはいけない」範囲です。

特に、基礎部分のスキルが足りないという自覚のある方にとって、優先すべきは二枚目の図にあった赤矢印の方です。そちらを意識することも無く、ただ機械的に「毎日問題集を○ページずつこなせば、いついつまでに○周できる」というプランを立てるのは、絶対にしてはいけない勉強法です。

「勉強しなくて良い」あるいは「勉強してはダメ」と言われると不安になりますか?

でも、診断士試験は6割とれれば合格できるんです!

特に一次はマークシートである以上、理解しておくべきは学習内容の5割でも充分なのです!

大事なのはむしろ、基礎的部分の5割をしっかり理解しておくこと。これさえできていれば当日、イレギュラーな出題がされても、現場対応で正解できる可能性がぐっとあがります。

スポーツだろうが仕事だろうが、大事なのは基礎ですよね。勉強だってもちろん同じですよ。自信をもって「ここは勉強しない!」と見極めてくださいね。

今日の雑草魂:「PDCAは提示されるカリキュラムに対してではなく、自分にとって必要なスキル範囲に対して行う!」

次回も各科目別の攻略法はお休みして、試験当日のために今からできることをお伝えしますね。

ルナは皆さんの頑張りをいつでも応援しています!!!

大阪セミナーにはぜひ来てくださいね♪
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑

>* ))))>< 道場春セミナーin大阪のお知らせ >* ))))><

一発合格道場 春の絶対合格フェス2017
〜受験生の疑問にお答えします!〜

□ 開催日時:2017年5月27日(土) 14:00〜17:00
□ 会場:クレオ大阪西 研修室
□ 定員:20名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーが一次試験突破のために行った事をお話します!
☆受験生の悩みや疑問に個別にお答えします!


★詳細はこちらから★
※定員に達し次第締め切りとさせていただきますので
お早目のお申し込みをお願い申し上げます

>* ))))>< >* ))))> < >* ))))>< >* ))))>< >* ))))><

 



訳あってTOMに順番を替わってもらいました、雑草魂のルナです!

 

4月になり、協会にも入会し、バッジも届いていよいよ本格的に活動開始、なのですが、これが色々とお金がかかること…。

正直、予備校通学時よりもかかっているような気がしてクラクラしております。

18033147_1135667159873090_406740409106725687_n

皆さんも来年の今ごろは、予定外の出費に目を回しているかもしれないですが、大丈夫、ちゃんと身になる投資ですから! でもとりあえず今から覚悟をしておいてくださいね(笑)

 

さて、そのお金にまつわる「財務・会計」の攻略法についてです。

 

私はもう、めちゃめちゃ数字が苦手です!

計算もダメ、数字の桁も読めません(涙)。

これでも経営者の端くれなので、毎年税理士さんが決算をしてくれて(←こんな表現している時点でダメ、ですね…)財務諸表の説明もしてくれるのですが、聞いた言葉は右から左、ふわふわと抜けて行ってしまって終わりです。

 

そんな状況なので、診断士試験の受験を決めた時に一番困るだろうと思ったのがこの財務・会計の攻略でした。

過去問をざっと見て、一部の問題を解いたりもしながら、「これは独学では厳しいぞ」と思ったのですね。それで色々情報収集をし、某O(本気になったら…)に財務・会計だけ、単科でお世話になることにしました。

ただいきなり授業に行ってもついていけないだろうと考え、「世界一やさしい会計の本です」(日本実業出版社)という本を購入し、授業に備えました。この本は会計についての考え方をとてもシンプルにわかりやすく図解を多用して教えてくれるので、苦手意識のある方は一度手にとってみられると良いと思います。どちらかというと懇切丁寧に教えてくれるのではなく、子どもでも理解できる位に噛み砕いて教えてくれるタイプの本です。

4628

それでなんとか、授業を聞く姿勢ができたかな、位の状態を作ってOの授業を受けました。

Oで受けた「答練」に刺激を受けて、独学を捨てTの速習クラスに通学することにしたのですが…、それは今日の話の中では置いておくとして。

OとT、二カ所に通学した、もしかしたらレアな立場から財務・会計が苦手な人に雑草流の攻略法をお伝えします。

 

ひとつ前のステップに戻る

まず、この科目は「わからない」「難しい」と思ったら、進むべきは前では無くて後ろだと思います。

つまり、今いる位置が厳しいなら、ひとつ前のステップに戻って基礎を固める事です。制限時間のあるカリキュラムの中で扱われる授業やテキストでは、本当の意味で財務・会計が苦手な人、今まで全く知識が無い人に対応するのは難しいように思います。なので授業が難しいと思った時は、その前のステップにあたる本などを自分で見つけ出し、戻って勉強するのが結果的に速い道です。

財務・会計は特に積み重ねるタイプの学習が必要なので、土台がぐらついているといくら応用的なものを上に積み上げても、グラグラしてしまって本当の意味での積み上げにならないからです。

私の場合、Tで学習をしている時も難しいなと思ったところはOのテキスト(簿記論から入っているので、少し易しい部分があります)に戻って勉強しました。また、前述の本も時々読み返して、会計という大枠の概念が抜けてしまわないよう(各論に集中すると抜けてしまいがち)意識をしていました。

 

電卓を上手く使う

また、問題を解く時も、その論点について理解ができるまでの間は、電卓を使って計算するのをお勧めします。

もちろん、計算力をつけるために、暗算(筆算)で答えを出す練習は必要なのですが、まだ理解がしっかり出来ていない論点についても同じように暗算で計算をしようとすると、意識が計算にひっぱられてしまい、理解する事が難しくなるからです。

私は一次の勉強の間は電卓を使わなかったのですが、二次の勉強になって電卓を使うようになり、その効果を実感しました。それまでなかなか理解できなかったNPVやCVPの計算が楽々(?)できるようになったからです。

計算が苦手な人こそ勉強の時にはぜひ電卓を使って、理解する時は理解に集中できる環境を自分のために作ってあげてください。もちろん、理解できた後は試験に備えて暗算(筆算)で問題を素早く説く練習も必要です。

 

とにかく問題を解く

そして、財務・会計の攻略法の最大のポイントであり、基本でもあるもの。

それは、少しずつでも良いのでできるだけ毎日問題を解く事です。

これはどこでも言われる事だと思いますが、私も全く同感です。勉強を継続することが定着する事につながる、それを思いっきり実感できる科目です。

「コツコツ積み重ね」、私はとっても苦手ですが、財務・会計だけはちょっと頑張って続けておりました。皆さんも頑張ってくださいね! 無理しすぎないのが続ける秘訣ですよ~!


さて、いよいよもうすぐGWです。皆さんどんな計画を立てておられますか?

 

雑草流のお勧めGWの過ごし方は「とにかく思いっきり勉強を休む」です(笑)。

 

トップアスリートは、年間を通して大会の日程に合わせて上手に体を休ませたり、負荷をかけたりの調整をしていますよね。

勉強もそれと同じだと思います。二次までの長い道のりの中でしっかり休める機会はあまり多く無いもの。GWはそのチャンスです。家族や大切な人ととの時間も大切にしながら、GW明けからの仕事&勉強の日々に向けて体も心もメンテナンスしてあげてください。

 

リフレッシュの方法の一つとして、4月29日の道場春セミナーに参加を申し込まれている方、会場でお会いできるのを楽しみにしていますね (^-^)

もしセミナーに参加できなかった…という方がいらしたら、懇親会はまだ少しお席がありますのでお申込みを是非どうぞ!

http://rmc-oden.com/blog/2017spring

 

また、同日「ふぞろいな合格答案」チームが大阪にて春セミナーを開催するそうです。そちらはまだお席があるようですので、関西方面の方は要チェック!

http://kokucheese.com/event/index/462841/

 

皆様、素敵なGWをお過ごしくださいね!

 

今日の雑草魂:「難しいと感じたら戻る勇気も必要!」

ルナはいつでも皆さんの頑張りを応援しています!

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーin東京のお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春の絶対合格フェス2017
〜受験生タイプ別の疑問にお答えします!〜

□ 開催日時:2017年4月29日(土・祝) 14:00〜16:30
□ 会場:東京ウィメンズプラザ 第1会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーが一次試験突破のために行った事をお話します!
☆受験生の悩みや疑問に個別にお答えします!

満席となりました
※現在懇親会のみご参加を受け付けております。

セミナー詳細はこちらから

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

※道場春セミナーin大阪は5/27(土)に開催します!
詳細は後日お知らせいたします。

皆様からの応援が我々のモチベーション!!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑


こんにちは! 雑草魂のルナです。(ルナのこれまでの投稿はこちらから

新年度になり、社会人の皆様は今まで以上に勉強に集中しにくい環境になられたりしていませんか? 私は自営業ですから、年度替わりでの影響は多くはなかったのですが、四月は新人研修の仕事が多くあり、体調管理も求められる中で勉強の仕方には工夫が必要なタイミングでした。私の場合、予備校の授業科目が得意の情報のタイミングでもあったので思い切って勉強時間は減らしてしまっていました。

勉強の目標を定量的に設定して「いつも同じように」とすると、できない自分を責めたりイライラしたりして余計に効率が悪いです。

「出来ないときはできない!」と割り切ってしまうのも、一つの手段ではありますよ (^-^)

気分転換になにかないかな?…というときは、ぜひ道場のセミナーにもお越しくださいね!

この記事を書いている時点で残席がかなり少なくなっておりますが、懇親会のみのご参加も可能ですのでお気軽にどうぞ!


さて、今回は雑草魂流「企業経営理論」の攻略方法をお伝えいたします。

といっても、各論にフォーカスした内容ではありませんので細かい話は期待しないでね (^_^;

 

1.腹落ちするところまで理解する

まず、「企業経営理論」の診断士試験における位置づけから考えてみると、ある種「芯」となる科目であるかなと思われます。

ここがしっかり腹落ちができていないと、先々の科目を学ぶ土台(ある種の姿勢)ができあがらないような気がします。特に二次において重要な知識が多く含まれています。

そういう意味も含め受験指導校でもこの科目を最初に学ぶケースが多いのだと思います。

となると、この科目については概要をしっかりと把握し、各論について違和感が無い状態にしておくことが重要です。

例えば、モチベーション理論の概要について学んでいる時に「そうそう、そうだよね…」と思えていますか? 講義を聞きながら、あるいはテキストを読みながら、「え? そうなの?」と、違和感を覚える所は無いでしょうか?

もしご自分の体験や感覚と学んでいる内容を引き比べてみて、違和感を覚えるところがあるのだとすれば、そこはしっかり修正しておくべきだと思います。なぜ、「経営理論」としてはそのように考えるのか、という事をその学説がもたらされた経緯なども調べて、自分が納得できるようになっておくことが大事です。

基本的には「言われてみればそうだよね」という事が多いと思うのですが、現場を知っている人ほど違和感を覚えるポイントが出やすいと思いますので、今一度自分の実感とのかい離がないか、確認してみることをお勧めします。

 

2.図にして理解する

また、初めて学ぶ知識については、自分で図を書いてみるなど、視覚的に理解しやすいようにするのもお勧めです。テキストに図が載っているとしても、それはあえて見ずに文章だけを読みながら図示してみると、理解も深まりますし、それをそのままファイナルペーパーとして使う事もできるようになります。

例えば、下図は私が「パスゴール理論」について描いたもの。

はい、そこのあなた。ここは笑う所です…。

はい、そこのあなた。ここは笑う所です…。

くだらなーーーーい絵かもしれないですが、その方がむしろ、頭には残ったりするもの。(そういえば、授業中テキストにあるPPMの図にも、ロックンローラーのような「花形」とか、歯をむき出した「負け犬」の絵を描いてましたっけ…)

ノートに書くのは「キレイにまとめるため」ではなくて「覚えるため」ですから、汚くてもお笑いでも、頭に残りさえすれば何でも良いのです! むしろ時間をかけすぎないことが大事!

※このノートはセミナー当日、会場での展示にも出す予定ですので興味のある方はお手に取ってご覧ください(恥)。

3.暗記項目の洗い出し

全ての論点において「納得できる」状態が作れたら、後は「暗記箇所」の洗い出しです。

モチベーション理論を例にとると、「マズローと言われたらなんだっけ?」や、「X理論、Y理論というのはどういう事だっけ?」という事は、ある種の暗記になりますから、ここは各人それぞれの工夫でノートなり単語帳なりを使って覚えるための準備をしていく事になります。私の場合はアウトプットで覚えるのが向いていたので、ひたすら問題に取り組みました。

ただ、労働法規や、たまにしか出ないような固有名詞などは試験直前の短期記憶に賭ける方が効率が良いはずです。どこからを直前期に回すかの切り分けは人によって判断が異なると思いますが、大事なのは「この項目は直前期に暗記すればいい!」と決めたら、きちんとリストアップなりマークをするなりして、わかりやすいように整理しておくこと。そして試験前の詰めこみ期までは完全放置してしまう勇気を持つことだと思います。

これは他の科目にも共通する項目ですが、中途半端にアレもコレも前倒しで覚えようとして結局なかなか進まないというのは、時間的にもエネルギー的にも効率が悪く、自信も失って良いことは一つもありません。途中に模試があろうがなんだろうが、「直前期に回す」と決めたら手を付けない。それくらいの思いきりはあって良いと思います。

人は10何かを覚えたとしても、次にまた別の10覚えたら前のモノの8は忘れる生き物だと思います(毎日使うモノでない限り)。

それであれば、「今覚えるもの」と「後で覚えるもの(試験の瞬間だけ覚えておけばよいもの)」の区別をしっかりつけて学習することで、合格確率を高めることができるはずです。

 

4.試験対策

覚え方、という面では、私は上記の方法で6割確保レベルの学習ができたと思っていますが、企業経営理論には試験問題としての大きな落とし穴があります。

それは、問題文&選択肢の日本語の難しさです。

企業経営理論の他、経営法務もややこしい日本語が受験生を惑わせますが、この辺りは普段の読書量や文章を扱う事の得意不得意など、個々のスキルに左右されやすい気がします。

あまり文章読解が得意ではないという方は、独特の表現や選択肢のひっかけポイントなど、とにかく問題を多く解いて慣れておくことが大切です。読解力&文章力は二次試験においてもかなり重要なポイントですので、この機会に「春秋要約」や意識して読書量を増やすことなどにも取り組んでみるとよいかもしれないですね。

企業経営理論はなかなか高得点をとらせてくれない科目です。アドバンテージのある人でも80点を狙うことは難しい科目ですので、60点前後を確実にとれるよう、アウトプットを繰り返し、少しずつ自信を積み重ねておきましょう。

 

今日の雑草魂:「経営理論は全ての科目の土台。腹落ちできるまで理解を深め、アウトプットの繰り返しで問題文に慣れる」

ルナはいつでも皆さんの頑張りを応援しています!

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーin東京のお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春の絶対合格フェス2017
〜受験生タイプ別の疑問にお答えします!〜

□ 開催日時:2017年4月29日(土・祝) 14:00〜16:30
□ 会場:東京ウィメンズプラザ 第1会議室
□ 定員:40名(先着順)
□ 参加費:1000円

☆道場メンバーが一次試験突破のために行った事をお話します!
☆受験生の悩みや疑問に個別にお答えします!

満席となりました
※現在懇親会のみご参加を受け付けております。

セミナー詳細はこちらから

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

※道場春セミナーin大阪は5/27(土)に開催します!
詳細は後日お知らせいたします。

皆様からの応援が我々のモチベーション!!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑


==告知==
<4/29は道場春セミナーin東京>です!
<5/27は道場春セミナーin大阪>です!

是非ご予定ください。(詳細は後日)
=====

早いもので今日から4月ですね!

暦もすっかり春、暖かい日もありつつまだ冷え込む日もあり…、皆様の学習状況ともリンクしていたりしませんか? (^_^;

どの科目も「うん、理解した!」と思った瞬間、「やっぱりわからない~~~」となったり……、一進一退を繰り返すようで、「このままでは本当に8月までに合格レベルにもっていけるのだろうか?」と不安になることがありませんか?

でも大丈夫、春が夏になるように、学習を続けていれば必ず合格レベルのスキルを身に着ける事はできます。

私の思い込みかもしれないですが、きちんと学習を続けて一次試験を受けに来ている人の大半は合格レベルのスキルに到達していると思うのです。

じゃあなんで2割しか受からないかって…、受験者の中には「今年は様子見受験」とか「勉強はしなかったけど申し込んじゃったからとりあえず受ける」とか「複数年で科目合格を重ねる」とか、そんな人も結構な割合でいるのです。(どの位かはわかりませんが…)

それ以外の「今年7科目受かるぞ!」というつもりで真面目に学習に取り組んで受験している人だけに絞れば、割合としてはかなりの方が合格している気がします。

そしてその中でも「試験当日実力を出し切る」事のできた人が合格しているのではないかと考えています。

今まで「当日実力を出し切る」方向の記事を書いてきましたから(今後もそちらが多くなりそうですが…笑)、今日は私が勉強する時に頭に置いていた攻略法をご紹介しようと思います。

ただ、もし昨日のそのの記事(60点取れるってどんな感じ?)を読んでいない方がいらしたら、絶対にそちらを先に読んでくださいね (^-^)

前々回の投稿にも書いたように、私は「7科目で平均60点取れればOK」派です。

そう思う事で苦手科目に取り組むための心理的ハードルが下げられることが自分にとって大切だったからです。

そんな作戦でしたから、もちろん各科目ごとの目標得点を設定していました。

そして学習開始時に解いた過去問のスキルと、取りたい得点の差だけ勉強すれば良い、という事を意識していました。

下の表はそのイメージです。

診断士試験1次攻略法

目標得点は私が設定したもので間違いないですが、開始時の過去問を使った自己スキルチェックは記録を残しておかなかったのでだいたいこんな感じだったかなぁ~、というものです。あ、私は計画とかチェックとか振り返りとかが苦手なので(PDCAができないコンサルになりそう…汗)、実際にこんな表を作ったわけではありません。頭の中にイメージがあった状態ですが、わかりやすくするために表にしてみました。

ちなみに、中小については超暗記科目と判断していたのでここでのスキルチェックには含めていません。(途中から法務も超暗記科目として学習したのですがそれは失敗だった気がしています。その話は機会があればまた…)

「過去問を解く」といってもがっちり問題に取り組むのではなく、できるものはしっかり考えて回答、わからないものは適当にマークです(笑)。

これを見ると「なんで最初からそんなに点数とれるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、昨日のそのの記事にもあったように、1次試験は4択or5択の問題ですから、なーーーーんにもしなくても20-25点は取れるようになっているのですよね。

中には日本語の問題や(特に経営理論や法務)常識でわかるものもありますから、案外誰でもこの位の点数にはなるような気がします。

私の場合経営理論・運営管理・情報システムの一部は仕事でも関わりのある部分でしたので、その辺りはアドバンテージがあります(診断士試験を受験される方はなんらかのアドバンテージ科目があることが多いですよね。)。なのでそ学習初期のスキルは割と一般的だったのではないかと思っています。

この表で大事なのは、目標スキルと現在スキルの差、の部分です。

私の場合、各科目平均で20点アップすれば良いことがわかります。(それで合格ラインを30点上回れることにもご注目ください)

「全科目、60点以上とらなきゃ…!」と思うと気が遠くなりそうな勉強も「今より20点積み増しができれば充分」と思えると気が楽になりませんか? (^_^;

私はとっても自分に甘いですから(笑)、苦手な数字が沢山出てくる(計算も沢山出てくる…涙)財務会計については、10点積み増しで良い事にしていました。脚切りにさえならなければ…という目標設定です。

結果的には、財務会計についても徐々に理解が深まり、この目標点を確実にクリアできるようになりました。
もちろんそれも、過去問を使って時々確認していました)。自分の進歩が感じられると、気持ちも明るくなりますよね? (^-^) そして、当日に必要な「自信」にもつながります。

学習を続ける中で「そんなに甘くないぞ」という事で目標点を下げた科目もあります(経営と情報)。

それでもスキルが追い付いてきた財務会計の目標点を上げることができたので、合計目標得点は変わらないままで学習を続けていました。30点の余裕があれば、当日運が悪くてもなんとかなるような気がします。

実際、今年の試験は7科目トータルで11点相当の調整措置がありましたから、私の目標設定とその結果はそれなりに一致していたのではないかと思っています(科目ごとで見るとかなりバラバラですが…汗)。

もしも今の時点で過去問を解いたことの無い方は一度解いて現在のスキルを確認してみてくださいね。これから学習を始めるという方には絶対に最初に解いてほしいと思います。

大事なのは、今のスキルと目標の差を意識することです。そして、それを埋めるために何ができるか考える事。

これは二次で良く言われる、「問題点」と「課題」にも通じます。

  • 「問題点」…あるべき姿と現状の差
  • 「課題」…その差を解消するためになすべきこと

一次試験7科目をストレートで合格するために必要な事はまさにコレなのです!

今日の雑草魂:「目標と現在地のギャップを常に意識し、課題として取り組むこと」

次回は各科目について、どのように攻略していったのかをご紹介しますね。

ルナは皆さんの頑張りをいつでも応援しています!!!

 

GWのセミナーにはぜひ来てくださいね♪
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑

 



ポチっといただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑

 

 

皆さんは「強くなりたい」と思ったことはないですか?

私はしょっちゅうあります。(「今でも十分過ぎるほど強いじゃないか」というクレームは受け付けません・笑)

 

特に試験に向けて勉強をしていると、色々不安になるようなシーンもあって「強くなりたい」と思う事は多いですよね。

 

ところで「強い」って何でしょう?

誰にも、何にも、負けない状態でしょうか?

どんな状況にも対応できる力があること?

逆境にもめげない事でしょうか?

 

私は「どんな時でも自分がぶれないでいられること」かなぁと思います。

土台がしっかりしていて、根っこがきちんと張っていれば、自分がぶれたりせずにどんな状況にでも対応でき、逆境からも這い上がり、結果的に誰にも何にも負けないでいられる、という事でしょうかね。

 

土台にあたるのは「情報を収集できる環境」、根っこは「情報収集力」。ここで集めた情報を栄養にして茎をのばし葉を茂らせていくイメージでしょうか。そしてそれを支えるのは自信ではないかと。

 

自信については、今後もずっと筆を重ねていきたいと思っているのですが、今回は情報収集について少し考えてみましょう。

 

皆さん、診断士試験における情報の収集はどこで行っていますか?

私は多少ネットで調べたりしながらも、主に受験指導校からの情報が多かったように思います。

 

でも今、道場をはじめとするいくつかの受験生支援団体に関わるようになって、情報の収集手段は他にも沢山あったのだなぁ~と、改めて実感しています。

例えば、この道場ブログも存在は知ってはいましたが、きちんと活用するまでは至っていませんでした。(先代の皆様、ごめんなさい

 

学習用のテキストにしても、一指導校のテキストだけではなく、他の出版社などのものもありましたし、「企業診断」という月刊誌も受験生のための情報をたくさん掲載してくれていることに合格してから気が付きました。(ちなみに企業診断の今月号に私の合格体験記が取材記事として掲載されています。←ちょびっと宣伝・笑)

 

他にも学習記録アプリでの情報交換やSNSの利用など、「情報収集する場」というのは沢山あると思います。

 

それらをどう活用してどう良質な情報を収集できるか、そしてその中から自分が何を選び取るか、というのがぶれない自分を作っていくために必要なことなのだろうと思います。

 

何を選ぶかというのはある意味情報過多の時代に難しいことが沢山ありますよね。

といって受験指導校の伝えてくれる情報だけを鵜呑みにするのでは、合格に必要な情報という意味では事足りても強い自分をつくるためには少し足りないような気もします。

 

なぜなら一つ所からの情報だけではぶれない自分を作ることが難しいからです。木の根っこは四方八方に広がることで地上の大きな木を支えていますよね。

情報もいろいろな視点からのものを取り込み、その中から自分に合うものを取捨する中でぶれない自分を形作れるのだと思います。

 

情報の中でも、特に重要なのはリッチな情報だということは企業経営理論や情報システムの中でも教えられることだと思いますが、そういう意味では直近の合格者の体験談が読める道場ブログなどは本当に貴重な情報源ですよね(反省を込めて)。

 

そして、ブログよりもっとリッチな情報に触れられる機会がもうすぐありますよ!

 

4月29日、道場の春セミナーが都内で開催されます!

8代目が勢ぞろいして、皆様に生の声で応援をお届けいたします。もちろん、試験に向けて強い自分を作るためのヒントなどもお持ち帰りいただければと思っています。

企画内容など詳細が決まりましたらまたこのブログなどでお伝えしていきますので、ぜひご予定に入れておいてくださいね。

 

なんだか今日は宣伝の多いブログになってしまった気がしますが… (^_^;

 

今日の雑草魂:「四方八方から情報を収集してぶれない&強い自分を作ろう!」

 

ルナは皆さんの頑張りをいつでも応援しています!!!

 



ポチっといただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします。↑

こんにちは、雑草魂のルナです!

ブログは二度目の登場になります。前回の記事はこちら

2017年診断士試験ストレート合格を目指す方へ

3月に入り春の気配が感じられる日が増えてきましたが、皆さんもしっかり季節を感じられていますか?

最近は「花粉で感じる!」という方も多いようですが(笑)、それ以外にもちょっとした雲の流れとか、空気が少し淀んだ感じとか、風の吹き方・雨の降り方でも、木々の芽が膨らんでいる様子からも春の気配を感じますよね。

「え? そんな事気にした事も無い…」というあなたはまだまだ若いのか(私が歳なのか…汗)、勉強にそれだけ集中されているのかだと思います。

「ちょっとした○○で~~を感じる」というスキルは、二次試験において非常に重要なのではないかと思っているのですが、今日はその話はさておき。

診断士試験ストレート合格のために(春)

皆さんは、自分の中に「春の気配」を感じていますか?

厳しい冬を超え栄養を蓄えた木々が、春になって暖かくくなると同時に芽吹きを迎え葉を茂らせ花を咲かせるように、ここまで蓄積してきた知識が自分の中で力となり、アウトプットできるようになっている事を感じ取れているでしょうか?

受験指導校などのカリュラムに従って学習を続けていると、それぞれの科目をこなすことが短期的な目標になってしまい、一つ一つ山を越える感覚で満足してしまっていると、季節が進んで冬が春になり初夏になり、その先に一次試験のある夏が来る、という長期的な流れから意識が逸れてしまう事があるかもしれません。

もちろん、各科目毎の学習とその定着は大事な事ですが、本当の目標は夏の一次試験で平均60点をとること、です。

皆さんそれぞれ計画などを立て目標を持って日々の学習に取り組まれていると思いますが、間違ってはいけないのはこの、「8月に平均60点とれる実力を身につけておく」という所です。

各科目を終えての答練などを受けた結果はとても気になりますよね。周りの人から「70点取れたよ」とか「全国で○位だったよ」なんて話を聞くと、つい自信を失ってしまう事もあると思います。自信が無くなると学習効率も落ちます。楽しくも無いです。そんな状態で「今のうちに60点、いや70点くらいとれるようにしなければ…」と焦ってしまって、失点した項目に時間を割いた復習を繰り返したり、テキストの項目をまとめたり…という事をされている方もいると思います。

それはもちろん無駄な事ではないですし、必要な場合もあるでしょう。

でも、もう一度よーーーーーーく考えてみてください。その学習は本当に「8月に平均60点とれる実力を身につけておく」ために必要な事ですか?

もう少し掘り下げて考えてみましょう。

各科目の得意不得意は人によって違います。例えば私の場合、企業経営理論や情報システムの一部は普段から仕事でも関わりのある部分なので得意です。財務・会計は数字を見るのも嫌なくらい苦手ですし、計算は大嫌いです。

それを得意科目と同じように「60~70点とれるようにする」という目標を立ててしまうのは効率の良い学習には結びつきにくいですよね。

特に初学者で一次7科目を受けて短期ストレート合格を目指す人にとっては、「全科目60点クリア」ではなく、「7科目で合計420点」の方がクリアするのは簡単なはずです。実際私も昨年の試験では経営理論59点、情報システム56点(得点調整前)、経営法務50点と60点以下の科目が3つもありましたが、総得点441点(得点調整前)で目標だった450点には届かないものの、きちんと合格することができました。(詳細はこちらから)

診断士試験は学校の成績を決めるテストとは異なり、どんなに良い点を取っても「合格は合格」でしかありません。ぴったり420点でも、500点を超えるような高得点でも、どちらも評価は「合格」にしかならないのです。

それであれば今必要な事は、自分の中の棚卸をしっかり行いながら、いかに効率よく「合計で420点取るか」という事を意識することです。そのための学習計画が立てられているでしょうか?
今の実力はまだ、全体で300点でも、人によっては200点でも良いのです。まだ季節は春に差し掛かるころで、花を咲かせる8月までは5か月もあるのですから。

でも、自分が8月に花を咲かせるためには、どのくらい準備ができていなければいけないかがわかっているでしょうか? そしてその手ごたえを感じられていますか?

8月の一次試験で自信をもって戦うために、今その科目で必要な実力はどの程度あれば良いのでしょうか?

先ほども書いたように私は財務・会計がとっても苦手でした。なので試験当日の目標は「50点取れれば充分」と設定していました。もし私が「70点取れるような実力を身につける」という目標を設定して財務・会計に取り組んでいたら、きっと自信を失って、途中でヤル気をなくしていたと思います。

でも「試験当日50点クリアできれば良いんだ」と思っていたからこそ、苦手な財務・会計に取り組む勇気も出ましたし、計算ミスの山を作っても「今はまだ練習問題の半分近くに○がつくだけで充分」と思いながら問題を解くことができました。

こうした事の積み重ねで得られるのが「自信」です。自信があれば、学習も効率良く楽しく進みます。自信をもって試験に臨めれば、いつもの実力を充分発揮できるでしょう。

「答練(模試)の結果が全国○位だった!」というのはとっても嬉しいことですし、沢山自慢して自分を褒めてやって良いことだと思います。でもそれを自信のタネにできる人はごく一握り。

それよりは「今の目標はクリアできているみたいだよ」「このまま季節が進めば夏には花を咲かせられるよ」という事を実感できる方が、より簡単に自分を励ましてあげられると思うのです。

 


 

周りの人とは比較しない。各科目の答練の出来に一喜一憂しない。今の自分の成長を実感し、自分を励ましながら進む。私は、それが試験当日に一番大事な「自信」を養うためのただ一つの方法だと思っています。

皆さんにはそれぞれの「今の自分の目標点」をしっかり見極め、それをクリアしている感覚を大事に大事に感じ取りながら、自信を持って夏を目指していただきたいと思います。

春が近づけば木の芽が膨らみ、だんだん大きくなって緑の葉を芽吹かせていきますよね。自分の中にそんなエネルギーを感じられれば、今はまだ、それでも充分なのではないでしょうか。

 

今日の雑草魂:「自分の内にある伸びる力を信じて夏を目指そう!」

 

ルナは皆さんの頑張りをいつでも応援しています!!!



初めまして!

道場ブログデビューのルナです!

今年初受験の皆様、
今頃は一次の勉強でエンジンの回転が上がってきている頃ですね。
自分の昨年の今頃は…、と予定表を振り返ってみると、超苦手の財務が一通り終わった辺り。
ということは、自分の計算能力の無さ、集中力の無さに落ち込みまくっていた頃です。
皆さんの勉強はスムーズに進んでいますようにと、心から願います。

今年何度目かのチャレンジの皆様、
一次再受験の方も、保険受験予定の方も、二次に集中されている方もおられると思います。
二年目以降は試験攻略戦略も色々考えられることと思いますので、今現在は検討中という方もいるでしょう。
それぞれの皆さんのぞれぞれの努力が、今年実を結ぶことを願っています。

【簡単な自己紹介】

ルナ(40代半ば)
属性:IT系何でも屋を経営
家族:夫・子ども1人(独立済み)・犬1匹
趣味:ドライブ・動物と戯れる事。昔はアウトドア系のあれこれや乗馬もしましたが…、最近運動不足です。まずいです…。

もう少し詳しい自己紹介はこちら

ささっとプロフィールを見ると、「普通の人」に見えるかもしれませんよね。
「会社経営」だとか「乗馬」なんてフレーズに惑わされると、セレブっぽく見えたりするかもしれませんが…、実態はタダのオバサンです(←キッパリ!)。
会社の売り上げも利益も超低空飛行を続けていますし(そもそも財務諸表も読めなかった私が経営している時点で)、片づけられない女なので部屋は荒れ放題、運動不足がたたって体力も低下、加齢から視力も頭の回転も低下中です。

そして極め付けは超低学歴!
全く自慢になりませんが、最終学歴が中卒です。
経済学の入り口に出てくる「微分」の計算を一度もした事が無いと青ざめたのは、診断士受験生多しと言えども私くらいなのではないでしょうか。

そんな私が道場八代目の一人としてブログを書く…。喜んでお引き受けしたものの、いざ書こうと思うと何を書いていいのか、私などが書くことが皆さんのお役に立つのか、正直悩みました。

ただ、多くの受験生の中には、今、自信を失っている方もおられるでしょう。
あるいは、受験自体を迷っている方もいるかもしれません。

でも、こんな私でも受かったんです!
それを見ていただく事で、少しでも勇気と元気をお届けできたら、それで充分なのかな、というのが今の私の結論です。


診断士受験の勉強を続けていると、次々と目の前に現れる勉強仲間や先輩はみんなキラキラと輝くような経歴の持ち主で、私より若くて優秀そうな人たちが多いですし、「これはもう、なんだか大変な所に紛れ込んじゃったぞ…」と気後れしそうになりました。

でも! 気後れしたらその時点で負けです!

自分には自分の強みがある!と信じて、オバサン力(=図々しさ)をめーいっぱい発揮して一年と少しの勉強期間を乗り切りました。(そして多分これからも…)

ルナの合格体験記はこちら

というわけで次回のブログからは「診断士試験をストレートで突破するためのオバサン力!」と題してお送り…しようかと思ったのですが、診断士試験は圧倒的に男の世界(この男女比の謎にもいつか取り組んでみたいと思っています)。
「オバサン力」ではまずいだろう、という事で考えたのが「雑草魂」です!
本当は、可憐な私にぴったりの「月見草」で行こうかと思っていたのですが、昭和は遠くになりにけり、野村語録をご存知の方も受験生には減ってきていると思われるので諦めました

ストレート合格というのは一見カッコよく素晴らしく見えるかもしれないですが、私のように運と勢いで受かっている人間には、苦労の中から作り上げた学習のノウハウなどはありません(←こっちもキッパリ!)。

でも、「突破力」だとか「現場対応力」だとか「平常心を養う方法」だとか、そんな事なら今までの修羅場人生で学んだ事が沢山あります。
言って見れば雑草みたいな強さです。踏まれても、風に吹きさらされても、雨が少なくても、しっかりと地面に根を張って生き延びる力です。

そんな話でもきっと誰かの役に立つだろうと信じて、これから一年発信していこうと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします!


累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

再現答案集はココ!↓

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

一発合格道場 2次口述試験対策セミナーin東京

2018年12月9日(日)30名を超える方に参加頂きました。ありがとうございました!

18口述セミナーin東京レポート

 

————————————————–

18夏セミナーin東京レポート

18夏セミナーin大阪レポート

————————————————–
18春セミナーin東京レポート

18春セミナーin大阪レポート

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版発売開始しました



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較