投稿者「 » zenzen」の記事




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログをあなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

おはようございます。zenzenです。
先週日曜日に口述試験を受けられた皆様、お疲れさまでした。
これで「試験」は終了です。ここからはまた別のお話が始まります。
描いた絵に光が刺してストーリーの後編がスタートするってことですね。

描いた通りに進めるも良し、
手当たり次第に飛び込むも良し、
はたまた慎重に一歩ずつ、も良し。

どれを選んだとしても、景色は少なからず変わります。
もう少し時間が過ぎれば、実感する日が来るでしょう。

その前に色々聞いてみたい!という方は下の
ロケットスタートセミナーへの参加をご検討ください。
詳細は調整中ですので決まり次第お伝えします。

 

✿:❀ 道場ロケットスタートセミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 診断士ロケットスタートセミナー2019 in東京
2018年1月12日(土)昼予定 @勝どき区民館
・2018年12月25日(火)発表の診断士2次試験合格者向け対象
・参加費:1000円(別途、懇親会を計画中)
・定員:30名程度を予定
・別途、こくちーずにて別途受付開始予定
実務補習・実務従事、企業内、転職、独立…など診断士活動のリアルをお伝えします!
活躍する診断士になりたい方、同志を探したい方はぜひお越しください!!

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

 

 


 
さて、今年二次試験を受けたけれど、
残念ながら口述試験に進めなかったという方、
そして、もう一つ気力が湧いてこない、という方。

今回はそういう方に向けて綴っていきます。
気が滅入る方はここで読むのを辞めていただいて構いません。

同じ道を通ったことがある者として
基本的に「何を言われてもなかなか響かない」、という方もいらっしゃると思います。

ショックが抜けきらないとか、落ち込んでいるとか、
あるいは幾分回復はしているけれど、
次のチャレンジに向かう気持ちにはなれない、とか。

合格発表から暫く経ったとは言え、そういう気持ちであったとしても
何もおかしく無いと思うのです。
正しいとか間違っているとかではなく。

私自身は言語化するとか(完全に先代の受け売りですが)
切り替える機会を持つとか言っていますが、
実際には、
「今のモヤモヤした感情を言葉にする」
「気持ちを切り替える機会を持つ」
と誰かに言われたときに、
「そうだな、一度言葉にしてみようか」
「よし、ちょっと旅行でも行くか」
と思える人は、既に回復の途上にある気がします。

これまでにも様々な場面で様々な人から
励ましの言葉やアドバイスを受けたことがあると思いますが、
そういった言葉は「受け入れる態勢があるときに初めて役に立つ」
というのも事実だと思います。
私自身、誰かの言葉をその度に十分受け止めて来たかと言えば、
そうではありませんでした。

「まあ、それはそうだけどね・・・」
「言ってることは分かるけどね・・・」

そんな風に何度もやり過ごして来ました。

タイミングが合わなければ、誰のどんな言葉であっても
何も動かすことはできないのかも知れません。

このタイミングだけは、「待つ」しかないのかも知れません。
時間薬、というやつでしょうかね。

今、響かなくても良いので、
嫌で無ければ覚えておいて頂ければ。
そして、気が向いたらチラリと目を通して、
何かのきっかけにして頂ければ幸いです。

そんな気持ちで過去記事を2つ紹介しておきます。

・8代目ながさんの記事
【何苦楚理論 其の二十 】 しなやかな心の強さを(レジリエンスのはなし)

レジリエンスとは、「逆境や困難、強いストレスに直面したときに、適応する精神力と心理的プロセスである」と
定義されており、それは鍛えれば誰でも高められる、としています。
この記事ではレジリエンスを高める3つのステップと7つの技術が紹介されています。

・6代目myaさんの記事
合格体験記・未合格体験記を書くメリット

現在、道場では体験記を絶賛募集中ですが、
決して合格体験記だけが大事なのではありません。
むしろ、あまり語られない未合格体験記の方が
貴重で価値があるとも言えます。
(私も書きましたが)

この記事では、「決意表明」として未合格体験記の作成を薦めていますが、
勿論それだけでなく、自分自身の振り返りの手段としても
検討していただければと思います。

この記事内で日本橋ヨヲコさんの「G戦場ヘヴンズドア」という漫画の一節が紹介されています。
紹介されているシーンは最終盤のくだりですが、かなりグッときます。
ここだけでいいから読んで欲しいぐらいです。
気になる方はどうぞ。
myaさんは日本橋ヨヲコさんが大好きとのことですが、私も
「バシズム」「プラスチック解体高校」「極東学園天国」「G戦場ヘヴンズドア」「少女ファイト」は読んでいます。(だいぶ好きやん・・!)

 

 
私事ですが、昨日は高校時代の友人2人と食事をしてきました。
2人ともいわゆる士業の方です。(弁護士と司法書士)
診断士より高難易度の国家資格ですし、
そもそも試験の特性が異なるので同じように語るのは
少し違うかも知れませんが、
彼らも何度も苦杯を舐めています。

彼らも不合格の度、
「目の前が真っ暗になった」
「これ以上何をすればいいかわからなかった」
と思いながらも、
最後には結果を掴んでいます。

別に苦労した方が偉いなんて言うつもりはさらさら無いのですが、
彼らを見ているとやはり長く戦い続けた人には何らかの強さが
備わるような気がしています。

今、あまり前向きになれず、苦しい時間を過ごしているという方も
何らかの形で、どこかのタイミングで、
必ずもう一度歩き出す時が来ます。

 
余計なお世話は重々承知ですが、
そのぐらいは自分のことを信じてもいいはずです。

以上、zenzenでした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。

※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:H30年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2018年12月31日
応募方法 :ippatsugoukaku9th@gmail.comまでメール
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(5)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(6)学習時・受験時のエピソード
(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログをあなたのPC・スマホの
お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【2次試験受験者の方への大切なお知らせ】

準備期間は1週間?最終関門「2次口述試験」まとめを、NAVERまとめに最新情報で掲載中!随時アップデートしていますので、覗いてみてください。

一発合格道場 2次口述試験対策セミナーin東京
2018年12月9日(日)14:00~予定 @勝どき区民館
・参加費:1000円
・12月7日(金)受付開始予定(こくちーずにて) 30名予定
・口述試験対策講義+模擬面接(+17:15~懇親会@魚民 勝どき駅前店 4,000円予定)

※こくちーずの応募フォームでは、セミナー+懇親会のセットのみ表示されています。12/7(金)夜に、追ってセミナー単独募集も開始しますが、可能であれば懇親会も併せてご参加ください!

 


おはようございます。zenzenです。
妙に近頃暖かいですが、週末はぐっと冷え込むそうですから、
着るものに気を付けて下さいね。

さて、先日ちょっと嬉しい出来事があったので書いてみます。
9月に実務補習に行った先の企業での話です。

実務補習のしばらく後、その企業では金融機関との面談が行われました。
その際に私たちが作成した提案書を一部利用して貰うことで、
企業の今までの努力とこれからの方向性が伝わり、
面談がとても良い方向に進んだとのことでした。
(指導員の先生からメンバー全員にメールが送られてきました。)

詳しくは書きませんが(書けませんが)かなり大きな成果がありました。
それもあって、指導員の先生と実務補習メンバー、
そしてその企業の社長さんで会食する機会を得たのですが、
とても嬉しそうに色々なお話をしてくださり、
ありがたい事だなと素直に感じた次第です。

正直なところ自分自身の担当パートは悩むばかりで
良い出来とは言えない、と感じていましたが
他のメンバーがとても優秀だったことに救われて
幸運にも素晴らしい経験をさせてもらいました。

ガツガツ先に進む他の9代目メンバーに比べて
周回遅れ感の否めない私ではありますが、
ささやかな喜びを潰れるほど抱きしめつつ
過剰にマイペースで進んでいこうと思います。(それしかできない)

相変わらず余談が長くて申し訳ないですが、
ぼちぼち本題行きましょう!

(ああ、本当はだらだらと余談だけを話し続けたい・・・。)

今回のテーマは2つ。

1.【2019年合格目標の方向け】道場理論、腹落ちしてますか?
2.【2018年合格目標の方向け】合格発表後の準備は出来ていますか?

 

1.【2019年合格目標の方向け】道場理論、腹落ちしてますか?

既に何本も来年度合格目標の方に向けた記事が掲載されていますが、
多くは道場理論を踏襲した、所謂「王道」系の記事だと思います。
特にきゃっしい、ゆう、Chikaの記事はそうですね。

ちなみに道場理論はコチラ

えー、言うまでもありませんが、
私は道場の愛読者ではありましたが、
道場理論の良き実践者ではありませんでした。

今思えば、もっと実践すれば良かったなという気もしますが。
ゆるわだばっかり読んで小難しい記事はちょこちょこスルーしてましたね。
(先代の皆様、本当に済みません)

さて、今このブログを読んでいる方の立場も色々あると思います。

1.道場を読んで、道場理論を踏襲しながら勉強している
2.道場を読んでいるが、別に道場理論を意識して勉強している訳では無い
3.まだ勉強始めたところで何がなんだか
4.そもそも来年受けるかどうか決めてない

1.の方はそのまま継続して頂ければ良いと思います。
途中で手を抜かなければ1次試験の合格は十分見えてくるでしょう。
500点OVERも決して遠くありません。

2.の方は昔の私に近いですが、
道場理論や紹介されている勉強法の真似しやすいところ、
取り入れやすいところから試してみて下さい。
そんな悠長な・・・
というガチムチストイック派の声も聞こえてきそうですが、
ゆるふわマイペース派の代表としては、
どんなに素晴らしいやり方であっても続けられなければ意味が無いので、
まずは自分に合った方法、合いそうな方法を
試して頂くのが良いかと思います。
試す価値が物凄くあることだけは請け負います。

そして3.4.の人に向けてです。(割と本題)
道場理論はストイックであることが前提なので、
診断士試験に興味があるんだけどまだ本格的には・・・という方には
重く感じる内容かも知れません。

そのぐらいで腰が引けるなら最初からやらない方が良い
というのも一面ではあると思います。
が、ですが、それは新規の方には不親切かも、という気がしています。

そういう気持ちは時々感じていて、
少し前に「あー、こういうことだな」と得心したものがあったので
引用させてもらいます。

私は割とTwitterが好きで、
とりわけ好きなツイッタラーさんが何人かいるのですが、
そのうちの一人、たらればさん(@tarareba722)という方のtweetです。
ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

ガチガチストイックにやれ!というのも当然正しいと思いますし、
道場メンバーが強い言葉を使うのは叱咤激励の意味であり、
ストレートで合格するためには本気でやるしかないよ
ということを伝えていることは重々理解しています。

でも、それが参入障壁になってしまうのは違うだろうな、と。
こういうスタンスの人が一人ぐらいいてもいいだろう、
という自己弁護に近い気持ちもありますけどね。

要はご新規の方も気軽に道場の門を叩いていただけると嬉しいな、
ということです。
多数派ではありませんが、
たまに私のようなストイックとは程遠い人間も紛れ込んでいます。

2.【2018年合格目標の方向け】合格発表後の準備は出来ていますか?

とうとう今週末(12/7)が2次筆記試験の合格発表です。

よこよこのように直接診断協会に発表を見に行く方も
いらっしゃるでしょうし、
明後日の午前中にはWebでも公開されますから、
そちらで確認される方もいらっしゃるでしょう。
あるいは、簡易書留が届いてから確認するという方も
ひょっとしたらいらっしゃるかも知れません。(お勧めはしませんけど)

ほとんどの方はWebで確認されると思うのですが、
「いつ」「どこで」確認しますか?
発表される時間帯はおそらくは仕事中でしょうから、
発表後すぐに職場のPCから、とかスマホから、
という方が多数派かと思います。
中には有給を使って発表の時を待ち構えるという方も時々耳にします。

口述セミナーは直ぐ定員が埋まるので、
早目に確認した方が良いのは事実なのですが、
私は過去三回すべて、仕事が終わってから自宅で確認しました。

何故か?

特に会社には何も言わずに受けていた、ということもありますが、
何より、
「結果がどちらであっても仕事が手につかない」
ことが目に見えていたからですね。

事情を知らない人が見たら、
「コイツ、なんで涙ぐんでるんや・・・キモっ」
と思われそうですし。

会社や周囲の理解があるかどうかは、
合格発表の時にも影響を与えるわけですね。うんうん。

私は3年連続で二次試験を受けて、3回合格発表を見ている訳ですが、
あれは何とも言えない気分ですね。
ホント1回で済むならそれに越したことはない。

いずれにせよ、結果を確認したあと、どうするか。

当然、良い結果であれば、きゃずの言うように即刻口述セミナーに申し込みしておくと良いでしょう。

油断していると席が無くなります。

 

当然口述試験の対策をしないといけないし、
そもそも年末ですから、それ以外の予定も色々あるでしょう。

実務補習に行く方は年内に申し込みが始まりますし、
ノートPCの準備も必要でしょう。
受験生支援団体に入る方は年明けから引継ぎが続々始まります。
直ぐに開業準備に取り掛かる方もいるでしょう。

おっと、道場に送る体験記も書かなくちゃ・・・。

色々な人が言っていますが、一気に色々なことが始まりますので、
そのつもりでいて下さい。

さて、問題はBプランの時です。
私の個人的な経験ですが、少しお話します。
験が悪いので見たくないという方は
ここで読むのを辞めて、ブラウザを閉じるか他のページに移動して下さい。

 

 

 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 

2年前、2次試験2回目の合格発表の日のことですね。
正直に言って、覚悟はしていました。
見る前から結果はほぼ自分の中では分かっていました。
「それなりに合格答案のレベル感は掴めていた、
だからこそ、今回は間違いなく落ちたと言える。
落ちているのを確かめるのはいい気分じゃないな。
でも、ひょっとして、万が一・・。」
そんな思いで仕事からそそくさと戻り、
自宅のPCで合格発表を確認しました。
当然のように、そこに私の番号は無い。

「やっぱり・・・。実力不足なんだから仕方ないけど」

そう自分に言い聞かせながらも、
悔しい、悲しい、不甲斐ない気持ちは溢れてきました。
目頭が熱くなるのを感じつつ、
精一杯の強がりを道場のOPENDAYに書き込んだ後、
一人で飲みに出かけることにしました。
1軒目、2軒目、そして3軒目は一人カラオケを選択し、
結局朝5時まで歌いきるという
なかなか体力的に厳しいコースでしたが、
もう変なテンションになっていたのでしょう、
意外に平気だったことを覚えています。

少し極端なことをしたのが良かったのでしょうか、
気持ちの上では随分切り替えを早めることに寄与したと思います。
それでも1週間ほど余計にインターバルがあったかと記憶していますが、
その間に2度目の「不合格体験記」を書いていました。
(これは道場に出してないです)

書き終えて気が済んだのか、
割合落ち着いた気持ちでまた図書館に通い、
久しぶりに一次試験の過去問を解く日々が再開します。
そして一年後にどうにかこうにかリベンジを果たすことになります。

飽くまで私個人の例に過ぎませんが、
ここで言いたいことは、・zenzenは意外にカラオケが好きだ。

思うような結果ではなかった場合

1.何でもいいから一回リフレッシュすること
2.落ち着いたら、振り返って確かめる

ことを予定に入れて欲しい、ということです。

特に2.のステップを踏むことでこの先どうするのか再考することが重要になると思います。

言わずもがなであることを望みますが、
切り替えが苦手なタイプの方は、
意識的に切り替える作業を挟むことをしていただければと思います。

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログをあなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【2次試験受験者の方への大切なお知らせ】

前回投稿(準備期間は1週間?最終関門「2次口述試験」まとめ)を、NAVERまとめに最新情報で掲載中!随時アップデートしていきますので、覗いてみてください。

一発合格道場 2次口述試験対策セミナー(←東京にてやります!!乞うご期待)
東京 2018年12月9日(日)午後予定 @勝どき区民館
・参加費:1000円
・12月7日(金)受付開始予定(こくちーずにて) 30~40名予定
・口述試験対策講義+模擬面接(+懇親会 4,000円予定)


おはようございます。zenzenです。

そろそろ寒くなってきましたね。
今日、11月22日は24節季で言うところの「小寒」。
わずかながら雪が降り始めるころ、とされています。

体調を崩しやすくなりますし、風疹が流行っているとも聞きますので、
くれぐれも皆様ご自愛下さい。

道場では11/14の東京事例Ⅴ、11/9の大阪事例Ⅵを無事終えることができました。
ご参加いただいた皆様、
お疲れさまでした&本当にありがとうございました。

私は大阪事例Ⅵに参加しましたが、
「10代目をやりたい!」と言って頂ける方が複数いらっしゃいましたし、
また東京事例Ⅴでも同じように「道場やりたい!」との声があったと聞いています。
本当にありがたいことだと思っています。
私自身は9代目の末席を務めているに過ぎませんが、
そういう声を聞くとやはり嬉しく思いますね。
皆様からの素敵な体験記が届くことを心待ちにしています。


さて、一年を振り返る記事をよこよこきゃずが綴ってくれていますが、
私からもアプローチを変えつつここまでの雑感を記してみますね。(もういい?)
私にとっては、改めて課題が浮かび上がった期間でした。

 体力が無い!
この一年最も感じたのは「やはり体が資本」ということです。
私は9代目メンバーでは実年齢は上から3番目ですが、
肉体年齢は私が一番高い気がしています。(喫煙者かつ太り過ぎなので)
最年長のよこよこさんはアイスホッケーを嗜みますし、
二番目のたかじんさんはジョギングが趣味とのこと。

結構皆健康的やん・・・。
不摂生な生活してるの俺だけやん・・・。

他のメンバーは若いので無理が効くかも知れませんが、
私は効きません!割とギリギリです!
35過ぎた時も感じたけど、40過ぎるとさらに来たなコレ!
なんかすぐ眠くなるし・・・。そして寝ても疲れが抜けないし・・・。
ブログ記事書くのも筆が遅いからいつもギリギリだし、
必然睡眠不足だし・・・。

だいまつも言っていますが、
やろうと思えば合格後はいくらでも忙しくできます。
私は体調面の不安その他から無理は禁物と思ってここまで来てますが。
年明けからの日々に立ち向かうには、やはり健康第一です。

様々な活動の中で、どうしても体力的に無理を強いられる場面は出てきます。
さらに私は
マルチタスクに弱いし要領も悪いという
特性を持っていますので、
さらに体力を削られていました。

ちょっと調子が悪いとか、健康面で気になることがある方は
少しでも状況を改善しておいた方が、
次々にやってくる機会を逃さずに済むと思います。
全ての機会を活かそうとするとパンクするかも知れませんが・・・。

「人疲れがする」
これは診断士になろうとする人の中では少数派かも知れませんが、
私は結構ありました。
ようやく多少慣れてきましたが。(ようやくかよ)
元々そんなに人付き合いが上手いとか得意とかいう訳では無いですし、
友人知人がさして多い訳でも無い。
限られた数の人間と長い付き合いを続けている、というタイプです。

それが試験に受かるとそれはそれは色んな人に会う機会が増える訳ですね。
実務補習もそうだし、当然道場やタキプロもそう、協会イベントもそう。
急に知り合いが一気に増えて、
楽しかったり刺激を受けたりする反面、
環境変化に対応するのに苦労した感は否めません。

やはりそういう中でどこか気を張る部分があったのでしょう。
(別に張ったところで上手に振舞えている訳でもないと思いますが。)
このペースで知り合いが増えると辛いかも・・・と
思っていた時期があったのは事実です。

「彼我の差を感じる」

試験対策では
「周りをあまり気にせず、自分の答案の精度を上げることに集中する」
とか言っていましたけど、
残念ながら自分自身全く出来ていませんでしたね。

私が他の同期診断士と相対した時に、
仰ぎ見ることしか出来ないな。レベルが違うな。格が違うな。
そう思う方のなんと多いことか!(道場メンバーは特に!)

自分がかつて
投げやりになったり、
腐ったり、
見て見ぬふりをしたり、
誰かのせいにしたり、
そうして過ごしてしまった時間(洒落にならないくらい長い)で、
この人達はしっかりと成果を積み重ねてきている。
そしてその上でこの試験に合格している。

差があって当たり前だ。

正直、その感覚は間違いではないと思うんですよね。
もし能力パラメータを作って優劣をつければ、
恐らく私はかなりの部分で劣後するでしょう。

道場においては、
私自身が「結構な多年度であること」を
利用できる部分があったので
どうにか救われた感はありますが、
支援する企業にとってはそんなことは関係ないのでね。

少ない強みをどう生かすか、明らかな弱みをどう補うか、
これはまだ自分で答えを出せていない部分ですね。

 


合格してからも悩みは尽きない、というのが正直なところです。
(これは皆さんそうかも知れませんが)

きゃずのような「志」には遠いけれど、
よこよこのように今後の活動に目星がついている訳ではないけれど、
これから診断士になる方にとって
良いロールモデルにはなれないだろうけれど、
来年以降の動き方は心に決めています。
合格できないかも、という籠に閉じ込められた自分はもういませんが、
今囚われている籠を外していこうと。
例のごとく時間はかかるかも知れませんが。

自分がビハインドなのは合格前から分かっていたこと。
それを承知で出来ることをやる。
見苦しくても、無様でも、気が済むまで。
今はそんな気持ちです。
 
 

ネガティブ要素多めで申し訳ないのですが、
これも自分にとっては事実です。

本当はもっとこんな希望があるよ!楽しいよ!
ということを語った方が望ましいのでしょうが、
正直に話すとこうなる・・・ということでお許し下さい。

毎度のことながら、
皆さんは私の轍を踏まないように宜しくお願いします。

 

以上、zenzenでした。

 

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログをあなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録たください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

※道場事例Ⅴ(お疲れ様会)のお申込みは一番下にあります。東京は増枠しました!

現在申込受付中。お申し込みは先着順です!

 

 

おはようございます。zenzenです。

寒くなったり暖かくなったりと寒暖差の激しいこの頃ですが、
皆様体調崩されぬようご自愛ください。

私は先日盛大に風邪を引きまして、
鼻水がズルズル、変な汗がダラダラ出る状態で、
楽しみにしていた飲み会(士業交流会と勝手に呼んでいる)を泣く泣く欠席してしまいました。
参加者によるとかなり楽しかったらしく、めっちゃ羨ましがりつつ
一人で枕を濡らしていました。(主に鼻水で)

さあ、そんなことは心底どうでも良くて
2019年合格目標の方に向けての記事をお伝えしていきましょう。

2017年度に合格した9代目メンバーに、
「もう一度受験するとしたら何を変えて、何を変えないか」というテーマでアンケートを取った結果をお届けします。

質問項目は以下の3つ。
1.1次試験の勉強で何か変えることはありますか?あるとしたらそれはどのようなものですか?
2.2次試験の勉強で何か変えることはありますか?あるとしたらそれはどのようなものですか?
3.1次2次問わず、これはこうすればよかった・・・ということはありますか?

色々勉強の仕方を模索している方もいらっしゃるかと思いますが、
そんな方にとって参考になるのではないかと思います。
記事内で改めて各メンバーの合格体験記もリンクしておきますので、
合わせてご覧になるとより効果的かと思います。

イカレたメンバーを紹介するぜ!
忙しい中アンケートに回答してくれた親愛なる9代目メンバーはこちら!

ストレート合格(1次1回、2次1回)
・きゃっしい  (合格体験記はこちら
・ゆう    (合格体験記はこちら
・へんりー  (合格体験記はこちら
・たかじん  (合格体験記はこちら
・だいまつ  (合格体験記はこちら

2年で合格(1次2回、2次1回)
・ヒロちゃん (合格体験記はこちら
・Chika     (合格体験記はこちら

2年で合格(1次1回、2次2回)
・よこよこ (合格体験記はこちら
・きゃず   (合格体験記はこちら

3年以上
(1次3回、2次1回)
・桃ちゃん (合格体験記はこちら

>>>>>>越えられない壁>>>>>>

(1次6回、2次3回)
・zenzen (合格体験記はこちら

なんか一人格落ち感の否めない人が混じってますけど、気にしません!
受かれば一緒!でも力量差はあるよ!いやマジで!

 

 

・・・それでは紹介していきましょう。
1.1次試験の勉強で変えるとしたら何を変えますか?それはどのようなものですか?

<ストレート組>

きゃっしい
ありません。強いて言えばただ受かるだけならあそこまでやらなくてもよかったかなと思います。

だいまつ
DEランクの問題にかけていた時間を減らします。「1次試験分析結果から見えた!~DE問題はやっぱり後回し!~」で書きましたが、受験生当時の私は合格ラインのさらにその上を目指してDE答案もそれなりに対策していたのですが、今考えればまったく無駄でした。みんなが正解できない、点数を取らせないための問題に貴重な時間を使うなんて、本当に意味がありません。

ゆう
変えることはないです。

へんりー
少なくともあと半月早く仕上げる(精神衛生上)

たかじん
過去問にもっと早くから手をつけるべきでした。過去問は力試しとして使うのではなく、出題されやすい論点を絞り込むのに使うべきでした。

<2年目組>

ヒロちゃん
1年目、もっと早く過去問に手を出しておけば良かった!1年目の学習は2月からスタートだったのですが、過去問に手を出したのは6月あたりからでした。もっと早く手を出していれば、一次合格とまではいかずとも、科目合格の数を増やせたかなと思う今日この頃。

chika
2次の試験内容を把握した上で、2次に使えるように意識して知識を取り込む!

きゃず
勉強法。道場基本理論+ABCランク優先を徹底して取り組む。無駄なことは極力しない。

よこよこ
ビジネス法務検定とか基本情報技術者試験とか簿記3級など、他資格の勉強もしたことが時間ロスで、その分、事例Ⅳをやれば良かった。

<3年以上組>
(注:ここまで道場記事をご覧の方はご存知かと思いますが、桃ちゃんの場合は間に出産はさみながらの子育てしながらの多年度ですからね。
私の多年度とは全く別物ですよ!)

桃ちゃん
やらないことを決める 不必要な細かい勉強をやめる

zenzen
特には変えない。過去問重視で良いが、ABCランクを加味してやるとよりやりやすかったと思う。

いかがでしょうか?
1次試験は7科目と科目が多く、範囲も広いですから、下手をすると勉強時間”だけ”が積みあがってしまう恐れがあります。

DE問題は後回し、過去問を中心に頻出問題を抑える、勉強の手を広げ過ぎない・・・。

何度も言われていることですが、これが短期合格の王道なのかな、と思います。

2.2次試験の勉強で何か変えることはありますか?あるとしたらそれはどのようなものですか?

<ストレート組>

きゃっしい
基本的にはなしですが、事例4の得点配分が問題用紙にかかれているものすらいじられる可能性があることを踏まえた対策をしたいです。

だいまつ
「きゃっしいの解法実況」に基づき、PDCAの回し方を変えます。受験生時代は自分なりにPDCAを回していたつもりでしたが、今考えると甘かったと思います。
きゃっしいのやり方を参考にしていれば、より答案を安定させることができたと考えています。

ゆう
変えることはないです。

へんりー
事例IVを本格的に取り組み出したのが10月に入ってからだったので、もっと早くから問題を解き始める。

たかじん
ふぞろいを買っておけば良かったかな、と思います。勉強の仕方は間違ってなかったと思います。

<2年目組>

ヒロちゃん
今思えば、もっと早い段階から二次筆記対策に取り組めば良かったかなと思いますが、当時はまずは一次試験に合格することがいの一番だったので、しょうがなかったのかなとも同時に思います。

Chika
スモビなど2次関連の本を3冊読んだが、時間が限られてる中では時間対効果が薄いので全部は読まない。また、イケカコもやったが、あんま意味なかったのでやらない。はじめはとにかく事例を解きまくってたが、はじめからpdcaを意識する。

きゃず
事例Ⅳへかける時間。1.5倍にし、どんな難易度でも一定以上取れる実力を養う。あと、NPVは無理せず経営分析とCVPを確実にする。

よこよこ
ふぞろいの使い方は、理解できなかった。もう少し活用すれば良かった…かな?

<3年以上組>

桃ちゃん
なし

zenzen
やったことそのものは別に間違っていないと思う。ただ、時間がかかったというだけの話で。
ストレートを狙うなら、AASの合格指南塾を4月から開始することと、事例Ⅳ対策を早目に取ることだけ。あと、ふぞろいを早目に手に入れておくこと。

こちらはいかがでしょうか。

事例Ⅳへの注力について言及している方が複数いますね。

2次試験突破には大きく分けて
①「事例Ⅰから事例Ⅲを合格ラインに持っていくための学習」
②「事例Ⅳを合格ラインに持っていくための学習」
の2つが必要になります。

①の掴みどころの無さに戸惑って時間を食ってしまうと、
②の対策が間に合わない・・・という状況が考えられます。

①にかかる時間はかなり個人差があるので一概に言えませんが、
②は時間をかければある程度のラインまではほとんどの人が到達できます。
元々得意な人でない限り、事例Ⅳに関しては確実に時間を確保しておくことが重要でしょう。

そしてだいまつとChikaがPDCAについて言及しています。
闇雲に問題を解くだけではやはり足りない、ということなのかも知れません。

 

 

3.1次2次問わず、これはこうすればよかった・・・ということはありますか?
<ストレート組>

きゃっしい
あと、もう2マークくらい当てて550点ときりのいい数字にしたかったなあと(笑)

だいまつ
正直、受験生時代の私は道場の記事をほとんど読んでいませんでした。執筆メンバーに加わって掘り返してみると、参考になる情報が山ほどあります。もっと、道場をうまく活用すればよかった・・・。

ゆう
やっぱり、どれだけ考えても、同じことをやっていたと思う。

へんりー
集中力の弱い就業後よりも朝にすればよかったと思う。(自分にできるかは別として)

たかじん
ハイスコアではなく合格を狙いに行って、一応その通りの結果は出せたので、特に後悔はないです。

<2年目組>

ヒロちゃん
某大手予備校に通ってましたが、講師選びに関して全く気にしていませんでした。自分に合った講師を学習当初に考えるべきでした。予備校選びよりも講師選びの方が大事です。

Chika
一次の勉強に専念していたが、2次の勉強も並行してやる。2次は一年かけて勉強したから受かったが、一年目に2次まで受かるには圧倒的に時間が足りなかっただろうと感じた。

きゃず
家族の支えあっての勉強。感謝の気持ちをもっともっと持って勉強すべきだった…勉強1年目の自分へ。。

よこよこ
まあ、独学とMMCで2年目で合格したので、自分の力量からすれば順当な線だったと思うので、全ての取り組みは結果オーライだったと思います。

<3年以上組>

桃ちゃん
完璧に全部の過去問を理解しようとした。でも捨て問はやらないと決断すべき

zenzen
ストレート合格を目指すなら1次2次を並行学習するべきだと思う。自分は出来ていなかった。

ここでは結構差が出ますね。
「きりのいい数字にしたかった」というきゃっしい様は別格として、
道場を有効に活用すること、講師選び、勉強する時間帯、1次2次の並行学習、周囲への感謝、捨て問の処理・・・。
どれも大事なことですね。

そして最後に自由回答で意見を募ったところではこちら。

きゃっしい
一片の悔いなしです

ゆう
何も変えない、という考えの人もいる、ということで。

ヒロちゃん
今からストレート合格を目指す方。
まずは己と敵(試験)をしっかり把握することです。そして、無駄なこと、効率の悪いことは捨てて必要なことに集中しましょう。

桃ちゃん
忘却曲線と、忘れる前の復習で効果的に記憶していってください(私は出来なかったので)

zenzen
時間がかかったことについては実はあまり後悔していない。
なるべくしてそうなったと思っているので。

ここできゃっしい様から「一片の悔いなし」とのお言葉が。
世紀末覇者を彷彿とさせますね・・・。
いや、それだけの実績があるのでもはや圧巻です。

一方で、全ての設問に対して「変えることは無い」と回答したゆうの力強さ。これは特筆しておきたい。ホンマカッコいい!
9代目メンバーの中で「道場理論の一番の体現者」と呼ばれるゆうだけに、自分のやってきたことに間違いはないと言い切れるのでしょう。

ヒロちゃん、桃ちゃんからも受験生に向けて的確なアドバイスをくれています。

私からは・・・まあそんなもんです。落ちるべくして落ちたとは思っています。一方で最終年は「受かってもいいはず」と思っていました。
時間はかかりましたが、本当に納得しています。


11人11様、それぞれ意見が重なるところ、異なるところはありますが、
これから受験される皆さんにとって、
少なからず参考になる点はあると思います。

もっと他の経験談も知りたい!
という方は、道場が誇る合格体験記を参照下さい。
貴方に近い境遇の方が見つかると思います。

以上、zenzenでした。

✿:❀ 道場事例Ⅴ&Ⅵ(お疲れ様会)のお知らせ ✿:❀

一発合格道場 事例Ⅴ&Ⅵ

☆中小企業診断士試験に今年挑戦された方、来年以降目指す方、道場メンバーと懇親会しましょう!
☆これから同期診断士になるであろう仲間と親睦を深めましょう!!

■一発合格道場〜事例V@東京~

お待たせしました!事例Ⅴ(お疲れ様会)申込受付中!!

お申込はこちらからどうぞ≫ ←クリック

□ 開催日時:2018年11月14日(水) 19:00~
□ 会場:新宿駅付近の居酒屋(追ってお知らせします)
□ 定員:20名→(10/25)応募多数のため30名に増枠しました!(先着順)
□ 参加費:4000円

■一発合格道場〜事例Ⅵ@大阪~

申し込み受付は終了しました。

□ 開催日時:2018年11月9日(金) 19:30~
□ 会場:天王寺駅付近の居酒屋(追ってお知らせします)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:3500円

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


 

zenzenです。イレギュラーな時間の更新で失礼いたします。

一点だけ、急いでお知らせしたいことがございます!

大阪での事例Ⅵに申し込まれた方へのお知らせです。

本日、手違いによりお申込みが完了していない方が
一部にいらっしゃることが判明しました。

誠に申し訳ありません。

システム上、申込が完了していないのがどなたなのかを
こちらから知ることは出来ず、フォローすることが出来ません。

今日の21:00ごろお申込み頂いた皆様に
リマインドメールを送信しました。

お手間をとらせて本当に申し訳ありませんが、

現時点で

申し込んだはずなのにリマインドメールが届いていない

という方は

こちらから再度お申込みをお願いいたします!

もし、知人に申し込んだよ、という方がいらっしゃったら
この記事とリマインドメールについて合わせて
お知らせいただければ幸いです。

重ね重ね申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

 



☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆

 

※道場事例Ⅴ&Ⅵ(お疲れ様会)のお申込みは一番下にあります!
 現在申込受付中。お申し込みは、先着順です!

 

おはようございます。zenzenです。
2次試験を受験された皆さん、本当にお疲れさまでした。

まだ何か地に足が付いた感覚がしない・・。

そんな気持ちの方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

それだけ力を尽くした証拠なのだと思います。
真剣に取り組んだからこそ、反動も大きいのでしょう。

少しゆっくりしてから、また歩き出しましょう。

 

さて、試験後最初の週末です。
久しぶりの「勉強しなくてもいい」週末だという方も多いのでは?

さあ、どんな予定で過ごしましょうか。

きゃっしいの記事で色々紹介されていますが、
解説イベントは沢山ありますから、
参加してみるのも良いですね。

よこよこの言うように
実力を伸ばすゴールデンタイムとして
学習を継続する、というのも素晴らしいですね。
(私にはその発想は無かった・・・)

だいまつが言うように
自分のために、家族のためにゆっくり過ごす、
これも素晴らしいですね。

きゃずからは、口述試験の準備について語られています。
何事も早めに準備をしておくのが間違いないですね。

ちなみに去年の私は試験後暫くの間
ひたすらに飲み歩いていたので
参考になることは全く無いのですが・・・(恥)

トピックとして、2つ挙げておきますね。

1.学習の振り返りを行う≒「体験記」を書き始める。

当たり前のことですが、
試験である以上は
合否があります。

全員が受かればいいのでしょうが、
そういう風には出来ていません。

でも、でもですよ。

結果がどちらであるにせよ、
貴方にとって大事な時間を捧げたことに変わりは無いでしょう?
疲労困憊になるほど、脱力するほど、試験が終わっても落ち着かないほど
貴方は心を、身体を使ってきたのですよ。

それをただ風化に任せるのは少し勿体ない。

再現答案は試験当日の自分のアウトプットを再現するものですが、
その日に至るまでのことも、出来れば残しておきたいですね。

私は、落ちたことも、負けたことも、
勘違いしたことも、間違ったことも、
覚えておきたかった。(あ、ネガティブ面しか見てない)

だから、毎回試験後には振り返りのため、そして
自分自身に刻み付けるために体験記を書いていました。

結果が出てから書く、というのもありなのですが、
その時、何らかのバイアスがかかってしまいませんか?

自分の評価が結果に左右される前に、

何をやったのか

何故それをやったのか

何を考えたのか

何故そう考えたのか

記憶が、気持ちが新鮮なうちに、
残せる記録を残しておくことも、
未来の自分の糧になるものだと思います。

道場として実際に体験記の募集をするのは
合格発表の後になると思いますが、
今のうちに下準備をしておくと、
合格発表後に作りやすいですよね。

これは私の個人的な意見ですが、
出来れば多くの方にご寄稿いただきたいと
考えていますので、少しでも
「書いてもいいかな」「送ってもいいかな」と言う方は
準備しておいていただけると嬉しいです!

2.「診断士の日」ってご存知ですか?

さて、タイトルにもあるもう一つのトピック。
「診断士の日」です。

昭和23年11月4日に
中小企業庁により「中小企業診断実施基本要領」が制定され、
経営に関する専門家を活用する「中小企業診断士制度」が
発足したことに由来して、
11月4日が「中小企業診断士の日」として定められています。

そんな訳で毎年11月4日及びその前後には、
全国各地でPRイベントが開催されます。

各協会でのイベントは
こちらをご覧ください。

受験生向け、というよりは
実際に診断士を使う立場の経営者向けのイベントの方が
多いのですが、中には
これから診断士の世界に足を踏み入れようとしている方が
参加しやすいものもあります。

(※ 事前申し込みが必要な場合がありますので、その点だけご留意下さい。)

今年試験を受けた方も、来年受けようと考えている方も
少しだけ先の世界を覗き見る
という機会になるのではないでしょうか。
実際に診断士がどんなことをしているのか、
その一端に直接触れることは、
今後のモチベーションにも繋がることでしょう。

受験生の間は支援団体の方との接触が多いでしょうが、
実際にはそこで会うのはほとんどが1年目の診断士ですからね。
(勿論、1年目からバリバリやっている方もいますが)
よりキャリアを積んだ診断士の活動も
見ておいて損は無いでしょう。

私は協会の回し者でもなんでもありませんが、
現在の心境として、
中小企業診断士という資格が、
この試験が、もっと多くの方に広まっていいんじゃないのかな、
それだけの価値があるのではないかな、

と思っています。

そんな気持ちもあって、
このPRイベントについて触れてみました。

ご興味のある方は近隣の協会イベントを
チェックしてみて下さいね。

 

 

そして蛇足ながら。
画面下にも案内が出ていますが、
一発合格道場では
「事例Ⅴ」、そして「事例Ⅵ」と称して
二次試験お疲れ会を開催します。(要は飲み会です。)

「事例Ⅵ@大阪」には、
もちろんエースだいまつとゆるキャラ枠の私が参加します!
そして8代目大阪班のあの方や、先代のスペシャルゲストの可能性も・・!

道場ファンの方もそうでない方も、
今年二次試験を受けた方もそうでない方も、
「中小企業診断士」に興味がある方は是非ご参加下さい!

 

以上、zenzenでした。

 

✿:❀ 道場事例Ⅴ&Ⅵ(お疲れ様会)のお知らせ ✿:❀

一発合格道場 事例Ⅴ&Ⅵ

☆中小企業診断士試験に今年挑戦された方、来年以降目指す方、道場メンバーと懇親会しましょう!
☆これから同期診断士になるであろう仲間と親睦を深めましょう!!

■一発合格道場〜事例V@東京~

お待たせしました!事例Ⅴ(お疲れ様会)申込受付中!!

お申込はこちらからどうぞ≫ ←クリック

□ 開催日時:2018年11月14日(水) 19:00~
□ 会場:新宿駅付近の居酒屋(追ってお知らせします)
□ 定員:20名→(10/25)応募多数のため30名に増枠しました!(先着順)
□ 参加費:4000円

■一発合格道場〜事例Ⅵ@大阪~

お待たせしました!事例Ⅵ(お疲れ様会)申込受付中!!

お申込はこちらからどうぞ≫ ←クリック

□ 開催日時:2018年11月9日(金) 19:30~
□ 会場:天王寺駅付近の居酒屋(追ってお知らせします)
□ 定員:15名(先着順)
□ 参加費:3500円

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログをあなたのPC・スマホの
お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おはようございます。zenzenです。

最初に念のため確認です。

受験票、お手元に届いていますか?

既に発送されているはずですが、
万が一届いていないという方はこちらをご確認ください。

今日(16日)を過ぎて届いていない場合は
再発行の手続きが必要になる模様です。

再発行の手続きについては、
本日以降に診断士協会Webサイトで掲載されるようです。
合わせてご確認下さいね。

================================================================================

さて、超直前期となってまいりました。
二次試験に挑む皆さん、道場を読んでいらっしゃるなら大丈夫です。
特に今年は記事のレベルが高い(私を除く)ので、
目からウロコが落ちたことも
一度や二度では無いでしょう。

今まで道場を愛読して頂き、
今まで準備をしてきた皆さんなら、
合格する権利は既にあるのです。

後は、準備してきたことを当日に発揮できるかどうか、
その一点の勝負です。

発揮出来るように、気持ちと体調を整えておくだけです。
知識はそれほど必要ありません。
普段通りのプロセスで、
普段通りの解答を書ければ、
それで十分です。

・・・と言うのは簡単ですが、
本番の緊張感の中ではなかなか難しいところはあります。

もし当日に緊張しているな、と思ったら、
「命まで取られる訳じゃない。」
「5年後には今の気持ちなんて忘れている。」
「隣のあの人のほうが緊張してそう。」
「前にここまで緊張したのはいつだっただろうか?」
「そういえばzenzenはセミナーの時ガチガチだったな。」

などなど、
なんでもいいので自分の気持ちを相対化してみて下さい。
少しはマシになるかと思います。

じゃあ、本番までにどうやって気持ちを整えようか・・・
とお思いの方に向けて(強引)
タイトルどおり【神頼みシリーズ】といきましょう。

「シリーズと前回言い切った以上次回作が必要!」という謎の使命感、
直前期のネタ切れ回避策、
そして実は神社仏閣巡りに目覚めつつある(知らんがな)
という様々な背景をご理解下さい。

1次試験の際は4カ所の神社での参拝でしたが、
やはりパワーアップせねばなるまい・・・という訳で
今回は6カ所の神社に参拝してきました。

では、紹介していきます。

【その1.北野天満宮(京都市上京区)】
言わずと知れた天満宮の総本山ですね。超有名スポットです。

勿論合格祈願の絵馬も奉納してきました。

【その2.上賀茂神社(京都市北区)】

こちらも有名な神社ですが、特に厄除けにご利益があるようですね。
試験本番、予期せぬトラブルに見舞われないよう、
万が一見舞われても適切に対処できるよう、お祈りしておきました。

【その3.熊野若王子神社(京都市左京区)】
こちらは少し小さめですが、趣のある古刹といったところでしょうか。
哲学の道の南端ぐらいに位置しています。
特徴としては、ご神木として薙の木が祀られており、
苦難を「薙ぎ」払うということのようです。

サッカー日本代表ユニフォームでもおなじみの八咫烏が咥えているのが
この薙の木の葉ということだそうです。

【その4.長岡天満宮(京都府長岡京市)】
さて、ここからは謎の使命感に捉われた私が
ネットでチラホラ調べたところで見つけた
「三天神巡り」に乗っかっての参拝です。
(決して阪急電車の回し者ではありません。映画は好きだけど)
基本的に三つとも菅原道真公に縁のある神社で、
合格祈願としては王道ではないかと思います。

【その5.松山神社(大阪市東淀川区)】
こちらに訪問した時は残念ながら社務所が閉まっていたために
絵馬の奉納が出来ませんでした。
代わりと言ってはなんですが、
お祈りだけはしっかりとしておきましたよ!

【その6.服部天神(大阪府豊中市)】


学業成就も勿論ですが、足の神様として有名ということで、
スポーツ選手や部活のチーム(特にサッカー部や陸上部)の絵馬が多かったのが印象的でしたね。

皆様のこれまでの「歩み」が無事に報われますよう、
お祈りしておきました。

全くもって余計なお世話かも知れませんが、
合格祈願に行っていない方は
行ったつもりになっていただければ幸いです。
もう行ったよ、これから行くよ、という方は
合わせてさらにパワーを得た!と良いように捉えて下さいね。

直前期なんだからもっと試験に役に立つこと書けよ!
とお思いの方もいらっしゃるかも知れませんが、
今、一番大事なことは

「どうやって平常心で試験に挑むか」

ということだと考えています。
神頼みだって言わばその手段の一つであって、
他の方法でも構わないと思うのです。

前回も同じこと言いましたけど、
内観ってヤツが大事かなと。

たかじんのように音楽を聴いて
弱気になりそうな自分を奮い立たせるのもいいでしょうし、
少し体を動かしてリラックスを図るのもいいでしょうし、
ギリギリまで自分を追い込んだ方が落ち着く、と考える方もいるでしょう。

どれが正解、ということはないと思うのです。
自分がこれでいい、これで行く、と思うやり方があるのなら、
それを迷わず実行して下さい。
私を含め外野の声に惑わされる必要はありません。

ただ、あと少しの間、そして当日を迎えるにあたって、
皆さんが少しでも落ち着いた気持ちでいられるよう
力及ばずながら願っています。

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆

おはようございます。zenzenです。
泣いても笑っても残り17日です。
完全に押し迫ってまいりましたが、二次試験に挑む道場読者の皆様、
心境はいかがでしょうか。

準備は万端!いつでも試験を受けられるぜ!という方

どんどん不安になってきた・・・。こんなんで大丈夫かな?という方

もうここまで来たら開き直るしかない!玉砕上等!という方

様々思惑あると思いますが、
残された時間は平等で、同じ問題を同じ制限時間で解くだけです。

まず受かるだろうな、という上位の方を除けば、
それほど明確な実力差はありません。

当日のオペレーションの少しの差、
当日のメンタル状態の少しの差で、
合否を分かつことは珍しい話ではありません。

よく言われるように相対試験であることは間違いないのですが、
それでも周りを気にするよりは、自分がどうありたいか、あるべきか、
ということだけを考えるのが得策のように思えます。

・模試や答練の結果が悪かった?

何と比べて悪いと思っているんですか?

予備校の同じクラスのあの人と比べて?
平均点と比べて?
去年の自分と比べて?

何回でも言いますが、
そんなことは気にしなくていいです。

気にしなければならないのは、
「本番で」「自分が」どれだけの解答を書けるのか?
ということだけです。

模試や答練と本試験は、似て非なるものです。

そんなものの結果に一喜一憂する必要はあるだろうか(いやない)。

私は全力で一喜一憂してましたけどね!

・やっぱり二次試験の勘所が良く分からない?

分からなくても受かる方は沢山います。
分かった気になって落ちる人だって沢山います。(私ですかね)

自分だって今でも分かっているかと問われれば甚だ疑問です。
恐らくこういうことだろうな、ということがあるだけで。

自分なりに掴んでいる方は勿論、
掴んだ気がしない方も、それでOKです。
この差は、落ちる理由にはならないですからね。

落ちる理由っていうのは、こういうことです。
それでは私が2年連続二次試験に落ちた理由について、
記していきましょう。

<1年目の失敗>
・メンタルが安定しない。

2015年の私は、完全に実力不足だったので
失敗以前の話ではあるのですが、
当日さらに過ちを重ねています。

何が駄目って、完全に浮足立っていたのですね。

時々例えで、
「1次試験が地区予選で2次試験が甲子園」みたいな言われ方しますけど、
まあ考えてもみてください。
私ですよ?メンタルの弱さに定評のあるzenzenさんですよ?

何度も地区予選で苦杯を嘗めてきた弱小チームが、
ようやく甲子園の土を踏むことが出来た・・・。
これで平常心でいろという方が難しい話ですよ。

そら浮足立つわ!何かフワフワしてたわ!知らんけど!

思えば、二次試験に進めたということだけでちょっと変なテンションになっていました。

気負いがあったというのか、舞い上がっていたというのか・・・。

ほど良い緊張感は必要ですが、
この日の私は完全に駄目なパターンでしたね。
肩に力が入ったり、私のように浮足だったりする状態では、上手くいくものも上手くいきません。

だんだん落ち着かない気持ちになっている方も
いらっしゃるかも知れませんが、
決して私のようにはならないで下さい。

もし当日に浮足立っている自分を感じたら、
「あ、これじゃいつかのzenzenと同じじゃねえか」と
自分に突込みを入れて下さい。
少しは余裕を取り戻せるでしょう。(多分)

<2年目の失敗>
・当日のオペレーションに失敗する。
・事例Ⅳがモノになっていない。

2016年の私は、前年よりは幾分マシにはなりましたが、
合格ラインにはまだ遠い状態でした。
運が良ければギリギリかするかどうか・・・
というレベルだったと思います。

以前にも触れたことはありますが、
改めて当日の感触を振り返ってみますね。

事例Ⅰ・・・いつも通りの出来。まあこんなもんだろう。
事例Ⅱ・・・ターゲットを絞り込めず、どれを書いても何処かおかしい気がして、1問を完全に白紙で出す。
事例Ⅲ・・・終了10分前に完全に読み飛ばしを犯していることに気付く。慌てて書き直すが、当然出来は今一つ。
事例Ⅳ・・・随分取り組みやすい気がした。前年よりは大分マシ。

当日のオペレーションとして、
明らかに事例Ⅱと事例Ⅲで大きな誤りがありました。

さらに事例Ⅳは自分に取って鬼門。
前年よりはマシなものの、手に覚えさせるほどでは無かったですし、
人に説明できるレベルでも無かったです。

過去問は繰り返して解いていましたが、
何となく解き方を覚えただけ
初見問題での対応力が完全に欠如しており、
解けたつもりの問題がことごとく間違っていました。

この敗北を経て、
自分の犯す過ちを意識的に捉えようとするようになりました。
具体的には、間違えた箇所だけをまとめたノートを作成し、
これをファイナルペーパーの代わりとして当日見直す材料にしていました。

事例Ⅳに関しては、とにかく手に覚えさせようと
ひたすら同じ問題集をこなしていたことを思い出します。
キチンと人に分かるように説明できるほどではありませんでしたが、
基本論点なら自然に手が動く状態にはなっていたと思います。

<そして、3年目>

3年目にして、ようやく色んな意味で「準備が整った」と言えるでしょう。
後は、普段通りのオペレーションが出来れば可能性はある・・・
という気持ちでした。

幸いにして昨年合格することは出来ましたが、
決して安泰だった訳ではありません。
大きなミスを犯さなかったことで、
なんとか合格ラインに留まることができただけです。

ご存知の通り私は全くもって優れた合格者ではありませんが、
そういう受かり方もある、と思って頂ければ幸いです。

 

 

 

今から急激に実力を上げる、ということは難しい面もありますが、

・メンタル面を整えること
・オペレーションのミスを避けること
・事例Ⅳの曖昧な点を潰すこと

今回挙げたこれら私の三つの失敗は、やり方次第では短期間で対処出来るものばかりです。
(逆に言えばこの失敗をはっきり認識して克服するのに人より時間がかかっただけですが)

ちょうどこの週末が3連休という方もいらっしゃると思います。

こういった点での対策を現時点で取っていない方は、
週末の計画に少し加えて頂ければと思います。

特に、事例Ⅳで曖昧な点が残る方は
もうラストチャンスと思ってゴリゴリやって下さい。

厳しいかも・・・と思っているのは貴方だけではありません。

あと少し、もう少しのところに多くの方がひしめきあっています。

最後の数点を取るために、落とさないために出来ることは
まだ残っています。

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆

おはようございます。zenzenです。

いつものように余談から入りますが、一昨日に9月度の実務補習5日間コースを修了してきました。
(実務補習って何?という方は、ヒロちゃんのこの記事を参照ください。)
私は今回柄にもなくチームリーダーを担ってまあまあ滑ってきたのですが、
チームメンバーと指導員の先生に本当に(いやマジで)恵まれ、診断先の社長さんにとても喜んでいただくことが出来ました。
社長さんの喜んだ表情が見られたことが、本当に嬉しかったです。

「自分が診断士なんて名乗っていいのだろうか・・・」という気持ちは実はずっとあったし、実際今でもあるのですが、
「診断士と名乗りたい」と思う気持ちが強くなりました。(今更かよ)

恐らく、振り返った時にこの実務補習は自分にとってターニングポイントだったと思う予感がします。
栞を挟んでおこうと思えるような日々でした。

============================================================

では、いつものようにゆるっと本題行きましょうか。

1次試験の前も同じようなこと書いた気がしますが、
本当に道場の記事のクオリティは高いなと感じます。(注:私の記事を除く)

だいまつ3部作をはじめ道場メンバーの秀逸な記事を見て思うことは、
「問題や試験に対する解像度が自分とは段違いだ」ということです。
おお、そうだったのか!そんな考え方するんだ!
という気付きが毎回あります。

これ、何を意味しているか分かりますか?
だいまつが凄いとかzenzenが阿呆だとかそういうことじゃなくて(いや、阿保だよ?)

「合格者でもこのレベルに達している人は少ない」
「合格者だからと言って各事例を完全に把握している訳ではない」

ってことです。

全員がだいまつレベルなら、診断士試験はもっと高難易度の試験になるでしょう。
絶対自分は受かってない。(確信)

私は2次試験に2回落ちて3回目でようやく合格した「筋の悪い合格者」ですが、
2回目に落ちたときに初めて、
「リベンジしてやる」とか「諦めてたまるか」とかではなく、
「あ、コレは受かる試験だわ」と思ったことをハッキリと覚えています。

診断士試験は続けていれば誰でも受かるという言い方をされますが、
その通りだと思います。

根拠は二つ。
・60点前後の答案は、決して完成度が高いものではないこと。
・そのレベルまでは、解答フレームを使うことと明らかなミスを減らすことで十分到達できること

5分5分ぐらいまでは時間をかければほとんどの方が辿り着けるレベルだと思います。
あとは、その確率二分の一のクジをいつ引けるか、というだけの話です。
私自身は、5分5分の状態になってから運よく1回目の挑戦で合格できた、と考えています。

では、5分5分ぐらいの、勝負になる状態に私がどのように辿り着いたのか?
一般化できるかどうかは謎ですが、割合こういう方が多いのではないかと思います。
以下に順を追って示します。

1.全くピンとこない

最初は皆ピンとこないと思うのです。
過去問に取り組んだはいいけれど、何だかよく分からない。
模範解答を見ても、それが何故良いのかが良く分からない。
まずこの段階があります。
当然ですが、この状態での合格可能性はほぼゼロでしょう。
私の二次一回目の挑戦時は、このレベルだったと思います。
まあ、受かる訳が無い。

2.解答フレームや解答プロセスを知る。

良く言われる解答フレームとか、80分の使い方などを知ります。
要素で言えば、このあたり。
・1文を30字から40字で構成する。
・多面的に書く。
・因果を意識して書く。
・回答骨子を作る。
・時間配分の目安を決める。

道場記事でも、他の受験校などでも繰り返し聞いたことがあるような内容だと思います。
このあたりは道場読者の皆さんなら、既に抑えている方が大半かと。

3.どうにか解けるようになる。

なんとなくそれっぽい解答を書いているが、点数になるかどうかは微妙な状態ですね。
基本的なフレームに合わせて解答を構成するものの、
解答にこなれ感が出てくるには少し時間がかかるでしょう。
フレームを使いこなすためのトレーニングを行うことで次の段階に進みます。
どのくらい時間がかかるかは個人差があると思いますが、ここは量だけでクリアできる部分です。
悩んでる暇があれば一事例でも解け、というのはこの段階ですね。

4.解き方が定着してくる。

慣れてきて解答フレームを使いこなせるようになり、点数は多少上がってくるが、安定はしない。
上手くはまった事例では高得点を取れても、まだまだ外すことが多い状態ですね。
このあたりから合格可能性が見え始めますが、
この時点では10回受けて1回か2回受かるかな?というレベル。
二次二回目当時の私はこのレベルだったと思います。

この時点でもA答案は時々書けているはずです。
少し手応えを感じ始めるでしょうが、まだこの先がありますよ。

5.解答の精度を上げる。

今更言うまでも無いですが、4科目で総合6割以上の得点を確保する必要があります。
外す事例が2つもあれば、挽回はかなり苦しくなります。
60点を越える確率を上げるための作業が必須ですね。

何故点数が上がらないのか?点数を下げている要因は何か?
ミスが多いのか?読めていないのか?書き方が悪いのか?考えが明後日の方向に向いているのか?
このあたりの課題は個人差があるでしょうし、
その前に課題を言語化できるかどうか、という問題があります。
私は二回落ちた後にようやく気が付く訳ですが、
皆さんは現時点の自分の解答を見て、何を修正するべきか分かりますか?

もし、何が悪いのか分からない・・・と言う方がいらっしゃったら、
迷わずだいまつ3部作&きゃっしい3部作を参照してください。
きっと思い当たる節が出てくるでしょう。

そうして把握した課題によって、当然やることも変わってきます。

私の場合の課題は大きく2つでした。
A)読み飛ばし、読み違いを頻発していた。
B)難問での対応力が足りなかった。

A)については、回転数には全く拘らず、一問を時間をかけて深堀して事例企業のことを理解する、ということだけを考えていました。
それまであまりやらなかったのですが、事例企業の情報をまとめて表にする、ということをやってみました。
本番ではやらない訳ですが、この深さまで捉えていれば大きく外しはしない、というところを感覚的に掴もうとしていましたね。
読みながら情報を整理するスピードは上がったと思います。

B)については、とにかく部分点で良いので取れるように、二つの要素で迷ったら両方書けるようにするとか、
良く分からない場合でも一次知識を絡めて書くとか、そういったことを心がけていました。

A)によって失点の確率を下げて、
B)によって得点の確率を上げる
ようなイメージでしょうか。

多くの方はこの段階にいる気がしますが、
ただ闇雲に事例の数をこなすだけでは
なかなか課題は解決できないように思われます。

まずは自分自身の課題を捉えることが出来ているかどうか、
今取り組んでいることが課題を解消することに繋がっているかどうか、
今一度自問してください。これが最後の一カ月の質を変えます。

復習についてのきゃっしいの直近の記事もとても参考になると思います。

6.解答に大外しが少なくなる。

5.の段階を越えると、かなり得点が安定してくるはずです。
この状態を維持するため、身に付いたことを全て本番で出せるようにするためのトレーニングに変わります。

メンタル面の問題もここで出てくるでしょうね。

本番でのブレを考えると、恐らくここまで来て5割から6割ぐらいの合格率だと思います。

去年の私はとりあえずこの段階までは来ていたと思います。

65点前後で事例Ⅰから事例Ⅲまで揃えることはミスを減らせば出来ない話ではない。

事例Ⅳで45点か50点ぐらい取ることは苦手な私でも出来ない話ではない。

なんとか勝ち負けになるところまで来れた、と思っていたのが10月を迎えた頃でしょうかね。

正直に言って、これより先の領域はSランクの方達(8割ぐらいの合格率)の話なので
私が語れることは無いですね。

ただ、繰り返しになりますが、

60点取れればいいと割り切れるなら、二次試験はそこまでハードルが高いものでは無いと考えています。

今、上手くいかないとか、やっぱりよく分からないな、と思っていることがあるなら、それを言語化してください。

適切な課題設定さえ出来れば、後はそれを潰していくだけです。

直前期になりましたが、課題を解消する時間は残されていると思いますよ。

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログをあなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

台風21号、並びに北海道地震で被害に遭われた方が
一日も早く日常を取り戻されることを祈ります。

おはようございます。zenzenです。

先週末はTACの二次模擬試験が行われたかと思いますが、
受けられた方、手応えはいかがだったでしょうか。
「随分難しかった」と仰る方もいらっしゃいましたが、
難しい問題は皆出来ないですから、そこはあまり気にしないで下さい。
何度も道場の中で言われていますが、
模試で出来たこと、出来なかったことを自分なりに整理して
どう対策を打つか、ということを中心に考えて下さいね。

では、模試に関して私の無様っぷりをさらしておきますね。(もはや恒例)
2年前、2次2年目の私は、AAS、大原、TACと3社の模試を受けましたが、
1年目とさほど成績は変わっていませんでした。

正直に言って、結構凹みました。
なんせ、
「去年の俺とは違うぜ!色々お作法身に付けたからな!フフーン♪」
「そろそろ総合A判定、貰えちゃうんじゃないの?」
とか当時思ってたんですよね。
ところがどっこいですよ、奥さん(誰)

全部が全部駄目ということは無かったのですが、
結局全体として合格レベルには全く届いていなかった。

 全然駄目じゃん、俺ってヤツはよぉ
と秋の夜に枕を濡らしていました。(涎で)

まさしく「模試の点数に一喜一憂している人」でしたね。
ああ、なんて残念な・・・。

「模試の点数は気にするな!」
そう言われているのは当然知ってはいましたが、
それでもショックは受けました。
「努力が成果に結びついていない」
「自分の感覚と結果が乖離している」

2年目にしてこれかよ、と思うと受け入れ難かった。

 この一年間、試行錯誤したけれどやっぱり無理なのか・・・。

そう思ったことを覚えています。

模試の結果が返却されるのはもう少し後でしょうが、
もし思うような結果が出なくても、
万が一にも私のような反応をしないで下さい!
百害あって一利なしです。

落ち込んでいるうちにも本試験は近づいてきます。
出来ることをやっていきましょう。
 

========================================
 

さあ、無駄に長い余談を経て、本題行きましょうか。

合格レベルの解答を成立させる要件って、いくつかあると思うのですが、
大雑把に言えばこんなところだろうか、と考えています。
多くの方が似たようなこと言っているでしょうけど。

1.問われたことに応えていること
2.制約条件を外さないこと
3.与件から離れないこと(社長の思いを汲んでいること)
4.多面的であること
5.論理に無理が無いこと
6.日本語として成立していること
7.(助言の場合)実現可能な案であること

今回フォーカスを当てるのは「5.論理に無理が無いこと」です。

勉強会で受験生の解答を見ていると、割合ここに課題があるものが多い気がします。

誰かに指摘されないとなかなか気付きにくい部分なのかも知れません。

(私の記事もかなり怪しいですよ!気を付けて!そして批判的に見て下さい!でも生暖かく見守って下さい!

で、そんな課題に対して去年の私が実際に試したことを紹介してみます。
タキプロWeb勉強会に投稿した時の話ですね。

この時の私は、
・再現答案
・振り返り
・再構成案
と3本立てで投稿する、ということを試みていました。
今冷静に見直すと、文字数がさっぱり足りていないという
致命的な問題がありますが、そこは一旦目をつぶって頂いて、
どう考えて駄目出しをしたかという点だけを抽出して頂ければ。

H28年の事例Ⅲ、問2を題材にします。
既に解いたことがある方は、問題を参照しながら
やっぱりzenzenは大したことねーな!と思って頂くも良し、
ふーん、あの丸いオッサンはこういう風に書いたんだ、と思って頂くも良し、ということで。
まだ解いていなくてネタバレが嫌な方は読み飛ばして下さい。

以下、当時のままでお届けします。

<設問文>
問2
現在C社が抱えている最大の経営課題は、収益改善を早急に図ることである。生産管理面での対応策を160字以内で述べよ。

 

<再現答案>
対応策は、①クレームを削減し、原材料費の比率を下げる、②製造グループ内で作業員を移動し、効果的な人員配置を行うことによって労務費の比率を下げる、③工場全体で生産計画を立て、調達・加工・輸送のロスを削減する、である。
<振り返り>
駄目答案の典型。根本的な間違いが2つ。 「①クレームを削減し、原材料費を削減する。」クレームを削減することと原材料費の削減は直接的な関係が薄い。(間接的には当然あるだろうが、第3問で解答する内容である。)「③全体の生産計画を立て、調達・加工・輸送のロスを削減する。」 全体の生産計画により調達、輸送のロスは減らせるだろうが、加工ロスは原因が別と考えられる。
収益改善のための生産管理面での対応策が問われている。わざわざ管理資料が出されているので、この内容を受けて解答するべき。つまり、原材料費・労務費・荷造運賃について言及するのが妥当ではないだろうか。
<再構成案>
対応策は、全社的に生産計画を立案し、①調達を一括管理し、調達ロスを削減して原材料費を削減すること、②配送を一括管理し、荷造運賃を削減すること、③人員配置を流動化し、稼動アンバランスを解消して労務費を削減すること、である。

 
 

さて、どう思いましたか?
別にこれが正解だと言うつもりは全くありませんよ。まだまだ突込みどころはあると思います。と言うかあります。
ただ、再現答案より再構成案の方が幾分マシだと思いませんか?

字数が足りないのでもう一つ要素を加えた方が良い(加工ロスかな)のでしょうが、
論理の弱さは避けることが出来ているのでは、と自分では考えています。

再現答案では、一見フレーム使って多面的に答えようとしているし、
悪くないような錯覚を持つ方がいらっしゃるかも知れませんが、
これは 「落ちる側」の解答です。

もし思い当たる節がある方は、
模範解答や「ふぞろい」の解答と自分の解答を比べることも大事ですが、
自分の解答だけをよくよく見直して掘り下げる
ということを一度試してみるのも、なかなか有効だと思いますよ。

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



☆☆☆☆☆☆☆
一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆

おはようございます。zenzenです。

最初に少しだけ。
余計なことかも知れませんが、普段記事をスマホで読んでいる方は、気になる記事があったらPCで一度ゆっくり読み直して頂ければと思います。
1次試験後の記事の中でも、「これは!」と思うものがあったはずです。(毎日読んで頂いている方は思い当たる節があるでしょう。当然私の記事では無いですよ!)
プリントアウトして読んでもいいくらい、いやそうするべきです。
(既にそうしていらっしゃる方には失礼しました)
スマホでサラリと読むだけでは、「凄っ・・・!」と思ってそれだけです。(私のことですが)
そんな簡単に消化できるような内容ではないと思います。逆に言えば消化出来れば合格にぐっと近づく、それだけ内容の濃い記事だと言えます。

 
さて、道場はもう2次試験対策記事一色ということで、私からは最初に事例Ⅳに触れておきましょうか。
事例Ⅳがもう一つ・・・な皆様に向けての記事です。得意な方には今更感があるかも知れません。
苦手な方は早めに全体像を掴んで、学習計画の中で時間を確保して下さい。
私の轍を踏まないように・・・。

なにしろ私、H27,H28の二次試験で二年連続D判定受けてます。
「あ、駄目だコイツ」と思った方、正解です。
君のような勘のいい人は嫌い・・・ではないですが、ここ数年の過去問を解いた方ならご存知の通り、H27とH28の事例Ⅳは、「易しい」のです。足切りくらっといて言うのも我ながらどうかと思いますが。

ただ、試験が終わって冷静に問題を見直したときの私の気持ちが分かりますか?
「解けるはず、解かなきゃいけない問題だったのに!」
「(事例Ⅳが苦手な自分には)チャンスだったのに!」
「なのに、出来なかった・・・。」

しかも、これを二回繰り返した訳ですよ!
もう言い訳出来ないレベルです。

馬鹿、馬鹿、zenzenの馬鹿!メタボ!(それは事実だが今関係ない)
どうしてもっと事例Ⅳに時間を割かなかったの?
どうして事例Ⅰから事例Ⅲで点数を稼げるなんて考えたの?
どうして事例Ⅳは足切り回避さえ出来ればいいなんて甘く考えていたの?
どうして、どうしてなの?ねえ、答えてよ!答えなさいよ!
 
 
 

「・・・済まぬ」

・・・久しぶりに幻聴が聞こえてきましたね。
いやー、今年の夏は異常な暑さですからね。神経も参っているのでしょう。
皆様もご自愛下さい。(黙れ)
 
 

という訳で事例Ⅳ対策記事のまとめです。

<全般>
6代目おとさんの記事4つ!おとさんは財務に強みを持つ方なので、それを活かして多数の記事を手掛けておられます。
第1回
事例Ⅳを苦手としている受験生のために
第2回
事例Ⅳの経営指標をはやくマスターするコツ
第3回
短い期間で効率よく実力アップするための事例Ⅳの勉強方法とは
第4回
4つのステップで事例Ⅳを攻略しよう

主要な論点については、以下を参照下さい。

<経営分析>
経営分析は恐らく今年も出ると思われますが、「絶対」取って下さい。「絶対死守」です。

まずはコレ。
再び6代目おとさんの記事 
10分で分かる経営分析 

主に使用される経営指標が表にまとめられているのですが、私はこれを印刷してトイレの壁に貼っていました。(実はまだ剥がしてない)
指標があやふやな方は早めに抑えておきましょう。

次にChikaのこの記事。
【二次ノウハウ】 キーワード解答法 ~事例Ⅳ・経営分析~
キーワードが表になっていますが、私が個人的に注目して欲しいのは「A.与件文のヒント」です。
事例Ⅳも実は読解問題なんですよね。時々経営指標をかたっぱしから計算している方いらっしゃいますけど、時間制約のある中ではあまり得策ではないと思います。
与件文と設問文を読めば、ある程度アタリはつけられます。その上で、確認のための計算をするのが良いでしょう。

最後に2代目Wackyさんの記事。
徹底攻略!!経営分析
古い記事ですが、恐らく経営分析に関する記事の中では
この記事が最良だと思います。

<キャッシュフロー>
1次試験の際にも紹介していますが、7代目noriさんのこの記事を。
歌って覚えるキャッシュフロー計算書

まずこれで覚えましょう。で、歌いながら実際にイチから表を書いて下さい。
頭で覚えていることと、手をシンクロさせておきましょうね。

そして初代ふうじんさんのこの記事。
個別計算問題対策#3 キャッシュフロー計算書
キャッシュフロー計算書の簡単さと難しさを端的に示してあり、なるほどと唸らされます。

<CVP>
ここは7代目フェイマオさんに登場して頂きましょう。
1次試験向けの記事ですが、勿論2次でも使いますし、何より詳しく解説されていますので、苦手な方は是非!こちらもシリーズ化されています。

財務・会計のすゝめ 【その1】 ~CVP分析と営業レバレッジ vol1~

財務・会計のすゝめ 【その2】 ~CVP分析と営業レバレッジ vol2~

財務・会計のすゝめ 【その3】 ~CVP分析と営業レバレッジ vol3~

<NPV>
こないだセミナーのフリートークで少し話に出たのですが、予備校によっては「NPV全部捨てろ」って言うらしいですね。
全部捨てる勇気は私には無かったので否定も肯定も出来ません。
まあ、去年は問3がほぼ全滅だったので結果的にはこの論が正しいことを裏付けてしまっている訳ですが・・。
捨ててませんよ。一通りやりましたよ。でも出来なかっただけですよ。

それはさておき、紹介する記事はこちら。
デシジョンツリーについてはしばらく出題されていないのですが、そろそろ・・・と昨年言っていたのが8代目のますけんさん。今年はどうでしょうかね・・・。
【2次試験対策】 狙われそうな論点 ~事例Ⅳ~

そして4代目まさや~んさんの3部作。

【事例Ⅳ】 複利原価係数と年金原価係数をまず理解しよう!

【事例Ⅳ】 設備投資は3パターンを認識して練習をする

【事例Ⅳ】 デシジョンツリーも慣れれば得点源。

このあたりでしょうか。個人的には先の2回をまず理解できていればそこそこいい線行くんじゃないでしょうかね。

事例Ⅳについては数で言えば他の事例より記事が多いので、今回紹介しきれなかった良記事も多数あるかと思います。気になる方は改めて検索して頂ければ幸いです。

さて、過去記事沢山紹介してきましたが、
事例Ⅳが全く出来なかった私が言えることって一つだけです。

「事例Ⅳだけは急にできるようにならない」

いい意味で「必勝法など無い」と諦めて、腹をくくってトレーニングして下さい!

では、最後に下らない問題を出して今日は終わりにします。

問い.
何故、zenzenは過去記事を多用しているのか、その理由を答えよ。

理由は、①セミナーアンケートの結果から、まとめ記事へのニーズの存在が判明したこと、②自ら新規作成する記事より過去記事の方が完成度が高いこと、③ゆるわだ以外の記事作成能力に難があること、である。

中々多面的に答えていますね。及第点は確保できるでしょう。多分、きっと・・・。

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



一つでも、きっかけ掴めましたか?

こんにちは、zenzenです。

昨日は道場大阪夏セミナーが開催されました。
暑い中、約40名の受験生に参加いただき、誠にありがとうございました。
少しでも皆さんの「合格」へのきっかけになれていれば幸いです。

参加道場メンバーは、初代JCさん、4代目はんたさん、8代目たっしーさん、そして9代目からへんりー、たかじん、だいまつ、zenzenという7名でした。
東京から4名もの参加を頂き、大阪班の末席として嬉しい限りです。本当にご協力ありがとうございました!

では、以下に大阪セミナーレポートをお届けします。
さわりだけですが、参加が叶わなかった方に少しでも伝わるものがあればと思います。

1.「2次試験の本質を掴もう」 byへんりー
まずは9代目のムードメーカーことへんりーから。
「二次試験の本質をつかもう」と銘打って、初代ハカセさんのプロデュースの元、(実は同じ会社に勤めているそうです)密度の濃いプレゼンテーションを行ってくれました。実際のプレゼン資料は非常に充実した内容のため、時間の都合上幾分端折った形になりましたが、へんりー自身がギリギストレート合格を果たした経験を踏まえつつ、重要なエッセンスをお伝えできたのではないでしょうか。

へんりーのプレゼンポイントは3つ
・過去問を使ってアウトプット主体の学習をするべき
・「設問解釈」の力を磨くことが重要である。
・二次初挑戦組が実力を伸ばし、手応えを掴めるのは本番直前。ギリギリまであがく!

2.「2次試験回答プロセス ~回答作成(戦い)の軌跡~」 byたっしー

そして大阪若手診断士界のゼウス(?)こと8代目たっしーから、
渾身の30分プレゼンで「2次試験 回答プロセス」。
たっしー自身が試行錯誤の末に辿り着いた回答プロセスを、
受験番号の記入から見直しまで具体的に掘り下げて説明してくれました。
なかなかここまで細かく解説してくれる機会も無いと思います。これから回答プロセスを安定させようという方にはとても参考になったのではないでしょうか。

「やり方は人それぞれで良い。でも、何故そのやり方を選んだのか、何故他のやり方を選ばなかったのか、を語れるかどうかは重要!」という言葉が強く印象に残りました。

3.「だから私は落ちました。 ~負け組の述懐 二次試験編~」  by zenzen
そして道場9代目の箸休め担当こと私zenzenから。
当日のオペレーションの誤り、苦手事例に対するスタンス、メンタル面の課題など豊富な失敗事例と、二次試験を3回受ける中でどのように私の認知が変化したか、ということをお伝えしました。

皆さんは私のような過ちを犯さないで下さいね。いや本当に。
想いは一つ「俺の屍を越えてゆけ」と言うことでお願いします。

ポイントは以下3つ
・事例Ⅳが苦手な人はとにかくやるしかない!
・事例ごとの得手不得手より自分のミスのパターンを把握することが大事。
・弱気は最大の敵。どんな手段でも良いので気持ちをフラットに持っていくこと。

4.「2次試験対策と道場メンバー」byだいまつ
そして大阪班が誇る、いや9代目が誇ると言ってもいい我らがエースだいまつから。
各メンバーの勉強時間、解いた事例の数、そして模擬試験の点数と本試験の相関について、データに基づいたプレゼンを展開していきました。
まとめると
・勉強時間を確保することは目標や目的ではなく、最低条件であること
・模試の点数と本番に相関は無いこと
・模試は自分の課題や弱点を浮き彫りにし、改善の機会を掴むためのものであること

と論じました。だいまつ△!
さらに補足として、だいまつが実際に使用した中学入試用の国語の参考書について紹介がありました。
本人曰く、「仮に300時間これから学習するなら、20時間ぐらいをこれに割く価値はある」とのことです。

ゴリゴリストイックに勉強するなかで、国語力の強化にも目を向けていただいまつさん。
この人まだこんな引き出し持ってたんや・・・とzenzenさんも驚きです。

ちなみにこの2つです。
<中学入試> 国語の読解は「答え探しの技で勝つ!国語を味方の教科にして受験を制覇しよう!
国語の「読みテク」トレーニング 説明文・論説文
だいまつさんによれば、全部をやる必要はなく、半分ぐらいでも十分とのことです。
あのだいまつお勧めの参考書・・・。これはポチるしかないですね!(回し者ではない)

5.パネルディスカッション
春セミナーに続き人気コーナーとして定着した感のあるパネルディスカッション。
受験生が疑問に思っているであろう事柄に対して、先代交えて道場メンバーがそれぞれの意見を披露しました。多彩な道場メンバーらしく、様々な意見が出ましたが、通底するものは確かにあると感じて頂けたのではないでしょうか。
ちなみに今回のお題は以下の内容でした。
・過去問以外でお勧めの問題集は?
・問題を解く前後で気を付けていたことは?
・まとまった時間がとれないときの学習方法は?
・事例Ⅳで本番7割を確保するための学習方法や対策は?
・やってよかったこと、やらなきゃよかったこと
・勉強会に参加するべきか否か?メリット/デメリットは?
・2次試験に合格するためにこれだけは伝えておきたいことは?

6.フリートーク
受験生に7グループに分かれていただき、15分×3回転で自由に質疑応答を行いました。
毎回このコーナーの満足度が高いのですが、皆さん積極的に質問していただき、充実した時間になったのではないでしょうか。
もし、聞き足りないことがあったならブログ宛に質問して下さいね。

 

 


 

そして懇親会は中華料理のオーダーバイキング。
「道場は懇親会からが本当のセミナー」、と言われる(たっしーさんしか言ってない気もする)ように春セミナー以上の盛り上がりを見せてくれました。そして1次会の最後にははんたさんからのお土産として、問題集や参考書を受験生にプレゼントするという一幕がありました。
因みに去年の私は同様にはんたさんから事例Ⅳ問題集を貰って合格しましたから、これはもう縁起物ですよ!手に入れた方は勝ち運が付いたと思って下さい!

いやー、去年は自分がここにいたのだなあと思うと感慨深いです。

・・・ひょっとしたら、昨日の参加者の中から10代目が生まれるかも知れませんね!

ちなみに懇親会はその後2次会、3次会と続き、1次会よりさらに深い(ここでは言えない?)話も交えつつ、ディープな夜となりました。

セミナー、懇親会とも参加者の皆さんに喜んでいただけたようで、メンバー一同胸をなでおろしております。

さあ、これで二次試験に立ち向かう準備が出来ましたか?
残り2か月と少し、自己ベストを更新する勢いで駆け抜けて下さいね。

迷ったら、悩んだら、いつでもこのブログにコメントを下さい。
メンバーそれぞれに、様々なアプローチで回答してくれると思います。
特に二次初挑戦の方は迷ったまま時間が過ぎてしまうと、ピンとこないまま本番をむかえてしまう・・・なんてことになりかねません。(かつての私のように!)
質問するのに躊躇うことはありません。使える資源は使って下さい!
手前味噌ではありますが、
一発合格道場は診断士試験に関する最高のフリー素材と考えて下さい!
使わなきゃ損ですよ!

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



✿:❀:✿:❀ 道場夏セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 夏セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士2次試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

■夏セミナー2018 in東京

□ 開催日時:2018年8月11日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:15〜19:15予定
□ 会場:月島区民館(〒104-0052 東京都中央区月島二丁目8番11号)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定
□ 申し込みサイトはこちらから※8月6日(月)12:00~受付開始します!!

■夏セミナー2018 in大阪

□ 開催日時:2018年8月18 日(土) 13:30〜16:30※懇親会は17:00〜19:30予定
□ 会場:マイドームおおさか6階会議室(〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号)
□ 定員:30名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定
□ 申し込みサイトはこちらから※8月6日(月)12:00~受付開始します!!

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

最初の扉を開くとき

 

おはようございます。zenzenです。

とうとう一次試験前日ですね。
ここまでの道のりは決して楽なものではなかったと思います。

途中で脱落する方もいるはずです。
試験科目を見ただけで諦める方もいるはずです。
最初から挑戦しようとも思わない方もいるはずです。

でも、貴方はそうではなかった。
道中揺れることはあったかも知れませんが、
ここまでやってきたんです。
誰にでも出来ることではありません。

誰がなんと言おうと、
あるいは自分自身がどう思ったとしても、
ここまで続けてこられたことに価値があると私は思います。

あとは、ここまで積み重ねたことを発揮するだけです。

今日は道場恒例のOPENDAYです。

明日からの試験に向けての今の気持ちを、
どんな形でもいいのでここに綴って下さい。
そしてそのコメントに対して9代目もメッセージを返したいと思います。
 

今日の気持ちを覚えておくためでも、
 

自分に対する宣言でも、
 

大切な人に対する感謝の言葉でも、
 

ひょっとしたら少し不安な気持ちだったとしても、
 

どんな理由でも、どんな内容でも構いませんので、
聞かせていただけると嬉しいです。
 

 

そして明日の準備が整ったら、ゆっくり休んで備えて下さい。
 
 
 

皆さんが明日、明後日と持てる力を全て発揮されることを願います。
 

以上、zenzenでした。
 
 
 
 

<追伸>
道場メンバーも試験会場に赴きます。

他の受験生支援団体との兼務メンバーが多く、
かつ関東と関西のみではありますが、
受験生の皆さんにエールを送らせていただきます。

きゃっしい

8/4 東芝研修センター
8/5 日大

 

よこよこ

8/4,8/5 大正大
 

桃ちゃん

8/4 立教大
 

Chika

8/4,8/5 立教大

 

だいまつ,zenzen

8/4,8/5  マイドーム大阪
 

我々に気付いたら、宜しければお声がけ下さい。
渾身の激励でお返しします。ご武運を!

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



✿:❀:✿:❀ 道場夏セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 夏セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士2次試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

応募方法は後日ご案内します。まずは予定の確保をお願いします!!

■夏セミナー2018 in東京

□ 開催日時:2018年8月11日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:15〜19:15予定
□ 会場:月島区民館(〒104-0052 東京都中央区月島二丁目8番11号)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

■夏セミナー2018 in大阪

□ 開催日時:2018年8月18 日(土) 13:30〜16:30※懇親会は17:00〜19:30予定
□ 会場:マイドームおおさか6階会議室(〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号)
□ 定員:30名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

おはようございます。zenzenです。
2週間後にはとうとう1次試験本番ですね。
正直、私の直前期は前回記事で紹介したように愚直にただ自分がやろうと思ったことをやっただけで、そこに深い考察や分析があった訳ではありません。

そんな私に言えることは少しだけです。

まずは、ここまで学習を継続してきた自分を褒めて下さい。

「十分出来なかったよ・・・」
「計画からは程遠い・・・」

という方もいらっしゃるかも知れませんが、敢えて言います。
 
そんなことは今どうでもいい
 

学習量が足りていないと思うかも知れない、
合格ラインが厳しいと思うかも知れない、
でも、
ここまでやってきたことも紛れもない事実です。

今更言うまでもないですが、そんなに簡単な試験では無いと思います。
様々な制約のある中で、時間や費用を捻出して今日までやってきた。
それだけでもう素晴らしいと思うのです。
これをまず認めずして何を認めろと言うのか・・・。

ここまで歩いてきた道のりを確かめる。
そして残り時間、自分のベストの状態で試験を受けられるよう最善を尽くす。
出来ることはそれだけです。

皆さんにとって
良い準備が出来ることを、
そして望んだ結果に繋がることを祈ります。
 
 
 

・・・と言うか、先に祈っておきました。
合格祈願に行く暇が無いよ!という方の代わりに渾身でお祈りしておきました。
(結構前に行ったのも混じってますが)

では、【渾身!神頼みシリーズ!】お送りします。
(勝手にシリーズ化してますが)
※写真と字が下手なのはご容赦下さい。

【その1・安部文珠院(奈良県桜井市)】
「三人寄れば文殊の知恵」という諺はご存知でしょう。
智恵の神様と呼ばれる文殊菩薩だけに、受験生の方がよく合格祈願に来られます。
ちなみに私とだいまつさんの地元です。(まあまあ田舎ですね。)

そして、ここには合格門というものがございます。
この門は松で出来ており、一足先にくぐって合格を「まつ」ということらしいです。

(勝手に)皆さんを代表してくぐっておきました。これで心配することは何もありません!安心して自分の力を出し切ることに注力して下さい。

【その2・大阪天満宮(大阪府大阪市北区)】
こちらは菅原道真さんが祀られている神社ですね。ここも合格祈願で有名です。
タキプロ関西の恒例行事に乗っかって同じタイミングでお祈りしておきました。
受験生支援団体二つの絵馬が並んでおります!ご利益二倍!ということでお願いします。

【その3・住吉大社(大阪府大阪市住吉区)】
商売繁盛のイメージの方が強いかとは思いますが、弓の神が祀られています。
合格を射止めるということで、絵馬もそういうデザインになっております。

【その4・家原寺(えばらじ)(大阪府堺市西区)】
大阪府堺市にあります。こちらも合格祈願で有名です。少し変わっているのは、絵馬ではなくハンカチに祈願を書くというところですね。本格的な受験シーズンには、本堂がハンカチで埋め尽くされるそうです。

お祈りしたから合格する、とは当然私も思っていませんよ。
でも、祈ることは内観に繋がると思っています。
・合格に向かう気持ちを自分の中で改めて持つ
・ここまでの道のりを歩いてきた自分を一度認める
・周囲に対する感謝の想いを持つ 
きゃずさんの記事にもあるように)
こういったきっかけにはなるのではと思います。
人それぞれだと思いますが、行ったほうが気持ちが落ち着くという方は行っておきましょう。
私自身は昨年住吉大社に行きました。この時は海外赴任が決まった友人とその家族のためにお守りを買いに行って、ついでに自分の合格お守りも買った記憶があります。(どっちがついでか分かりませんが・・・。)
今から思えば、狭量な人間の割に周りのことを少しは考えていたことが良かったのかなぁ、と思いますね。
 

近畿圏に偏っていますが、もし今回紹介した場所に参拝しようと思っている方は、絵馬を見つけて頂いて「あ、この人ホンマに来てるわ・・・ひょっとして暇なのかな?」と思って下さい。

 
【そして・・・次回予告】

次回の私のブログ担当日は8月3日金曜日。
1次試験前日です。

この日は道場の伝統とも言える「OPEN DAY!」となります。
ご存じない方のために説明しておくと、
試験の前後、そして合格発表日にはOPEN DAYとして読者の皆さんからのコメントを大々的に募集する、というものです。

ちなみに昨年の1次試験のときはこちら。
【試験前日!】今日はOPEN DAY!
9代目らしきコメントもありますね・・・。(私も書いてますけどね)
関連記事(元ネタとも言う)として、8代目たっしーさんのこの記事も紹介しておきますね。
【ゆるわだ】過去記事探訪
 
試験前日、穏やかな気持ちで、でもやる気満々のコメントを沢山書き込んで下さいね。
9代目一同、お待ちしております。

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



✿:❀:✿:❀ 道場夏セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 夏セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士2次試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

応募方法は後日ご案内します。まずは予定の確保をお願いします!!

■夏セミナー2018 in東京

□ 開催日時:2018年8月11日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:15〜19:15予定
□ 会場:月島区民館(〒104-0052 東京都中央区月島二丁目8番11号)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

■夏セミナー2018 in大阪

□ 開催日時:2018年8月18 日(土) 13:30〜16:30※懇親会は17:00〜19:30予定
□ 会場:マイドームおおさか6階会議室(〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号)
□ 定員:30名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

おはようございます。zenzenです。
早いものでもう一次試験の直前期ですね。
準備万端!という方も、まだまだ足りない・・・という方もそれぞれ状況は異なると思いますが、残された時間は変わりません。出来ることを出来るだけやる。その内容が人によって違うだけですね。油断はできませんし、焦っても仕方が無いです。

この時期から新しく言えることはあまり無いですが、今回は過去記事を交えつつ以下のテーマでお送りします。

1. 整わなかった心

2. 語呂合わせ再掲

(おまけ) 直前期にやっていたこと

1. 整わなかった心

完全に余談ですが(いつものこと)、きゃずさんの過去記事を読んでいてめちゃめちゃ昔のことをふと思い出したので書いてみますね。

私がまだ紅顔の美少年だった高校3年生の頃のことです。(随分遡ったな!そして嘘ついてるな!)

私、残念なことに昔からメンタルに難があるタイプでして。
無理目な志望校を選んでいたこともあり、受験が近づくにつれてどんどん顔色が悪くなっていくわけです、zenzenさんは。不安を隠そうとして全く隠せていない困った人でしたね・・・。まあ今思えばそこまで追い込まれる必要は無かったかも知れませんけど、当時の自分としては一大事な訳ですよね。

そんな私を見かねたのかどうなのか、クラスメイトのH君が、
「オマエ、腹式呼吸したらええねん!交感神経がなんたらかんたら、副交感神経がなんたらかんたらで気持ちが落ち着くから!」って教えてくれたんです。

でも、当時の私は「ふーん、よう分からんけどそうなんやぁ。」と思うだけで実践しなかったんです。

結局上手に不安を受け入れることも出来ず、開き直ることも出来ず、何だか上滑りのような学習しか出来なかった。
センター試験はいま一つの結果で、当然のように第一志望の大学には落ちましたね。
(そもそも実力足りてなかったけどね)

あの時、ちゃんと自分のメンタルをケアしていれば少しは違ったかな、って思います。(念のため言っておきますが今更後悔している訳ではないですよ、勿論)

リラックスすることで実力差を覆せたかどうかは分かりませんが、少なくとも不安に駈られる時間は減らせただろうし、不安に対処出来ていれば、もう少しマシな戦いはできたかな、と。

これを読んでいる方の中で、どうしても不安が強い方がいらっしゃるのであれば、なるべく平常心でいられるような工夫を取り入れることも選択肢に入れて頂ければ、と思います。

腹式呼吸については、きゃずさんの記事からもリンクがありますが、3代目ひめさんのこの記事を参考にしてください。ひめさんはメンタルに関する記事を多く手掛けておられますし、気になる方は一度過去記事を参照頂くと良いかもしれません。

メンタル面については、過去記事からもう少し違う観点のものも紹介しておきますね。

まずは7代目かおりんさんのこの記事。
【超直前対策】どうしても合格のイメージが湧かないあなたへ:診断士の試験をメンタル面の癖を矯正する好機と位置付けてみる
試験を通じて自分の思考の癖を矯正する、というのは私自身も強く感じていたことなのでとても頷けます。
自分の癖が完全に矯正できたとは思いませんが、多少は手を打てるようにはなったかと。多少はね。

そして8代目そのさんのこの記事。
【ゆるわだ】気持ちの切り替え方<名選手に学ぶ>
こちらは気持ちの切り替え方について、フィギュアスケートの浅田真央選手を紹介しています。上手くいかなかった時にどう次に向かうか。とても難しいテーマです。
本番でも出来がもう一つ、と思う科目が出るかも知れません。そんな時に上手く切り替えて次の科目に引きずらないように。

2.語呂合わせ再掲

とにかく1マークでも2マークでも取りたい!という時に頼りにしたいのが語呂合わせ。
きゃずさんの記事【渾身!論点シリーズ】道場でもっともよく読まれている「1次試験対策」記事トップ10はコレ!
でも番外編として登場済ですが、見逃している方、過去記事をあまり検索しない方もいらっしゃると思いますので、改めて。
再構成しようかとも考えましたが、昨年のゆっこさんの記事が秀逸過ぎる&追加する内容が限られているので、そのまま紹介させていただきます。

【過去記事発掘】ゴロ合わせ大集合! ※1日目科目対象
【過去記事発掘】ゴロ合わせ大集合!(その2) ※情報システム対象

そして、9代目になってからの語呂合わせ記事を補足しておきます。
桃ちゃんの記事から
VE(Value Engineering)について2回に渡って投稿してくれています。

【渾身!論点シリーズ】VEについて (運営管理)

【懇親!論点シリーズ】VE② (運営管理)

VEの5原則は「カチソシキ」
値向上・ームデザイン・造による変更・使用者優先・能本位)
VEの機能は「社長は基本、必要!」
使用機能・貴機能・本機能・助機能・必要機能/不必要機能)
しばらく前の記事ですが、覚えていらっしゃいますか?

そしてだいまつのこの記事を。

【渾身!論点シリーズ】ワークサンプリング/作業分類

作業分類について「団体は主婦」
(準備取作業・主作業・作業・随作業)
余裕の分類について「監査の職場は人が費用」
理余裕・業余裕・職場余裕・的余裕・労余裕・達余裕)
と語呂合わせを作ってくれています。
こちらの記事はどうでしょうか、記憶に残っていますか?

(おまけ) 直前期にやっていたこと
私自身は特別なことをした訳ではありませんが、挙げるとすれば以下の3つになります。

①愚直に過去問を回転する
以前にもお伝えした通り、私は1次試験に2回通っているのですが、基本的にはやることは変わっておらず、過去問と模試の回転のみを行いました。
出来る問題と出来ない問題を識別して、頻出で出来ない問題を優先的に潰していく、という作業を愚直に繰り返していただけです。
これはきゃっしいの過去問塗りつぶし法に近いと思います。異なる点としては、一覧表を作るほど私がマメでは無かったことと、私はABCランクではなく、出題頻度の方を気にしていた、ということでしょうか。まあ何も考えずに過去問回転していると頻出問題はそれだけ多く取り組むことになるというだけの話ですが。

②とにかく足切り回避を図る
足切りになりそうな科目にかける時間を多めに取った、ということですね。(私の場合は経営法務でした)春セミナーでも少し話したかと思いますが、この科目が一番危険だと考えていたので、1日で過去問5年分×2回、という荒療治を行いました。
で、翌週、翌々週と5年分×1回の過去問を解いていました。本試験では64点でしたが、結果的には御の字のところまでは持ってこれたかと思います。今でも苦手意識はありますが、60点取るだけ、と割り切れるなら十分やりようはあるかと思います。

③財務会計だけは毎日やる
6月半ばぐらいからやっていたかと思いますが、朝に20分から30分だけ、完全マスターシリーズを使って財務会計の問題を数問解いていました。この科目も私は苦手なので、良く言われることですが、「手で覚える」ことで補おうとしていました。

残り時間の少なさに落ち着かない方もいらっしゃると思います。
しかし、全範囲を完璧に学習するなんてことは誰も求めていません。
余裕のない方はABCランクと出題頻度、そして自分の得手不得手を考慮して、「捨てる問題」を決めてください。何もかもを上手くやろうとする必要はありません。
確実に取れる論点を一つずつ増やすことで、必ず合格ラインは見えてきます。

ここまでの期間で、自分が思うより遠くまで来ている筈です。
もう少しの間、歩みを止めずにいてください。

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おはようございます。zenzenです。

サッカーワールドカップが盛り上がっていますね。
日本代表は2戦を終えて勝ち点4でグループ首位ということで、
この結果を予想した方は少ないのではないでしょうか。
完全に下馬評を覆しています。
いや、本番は何が起こるか分からないというのは本当ですね。

やや強引ですが、診断士試験も何が起こるか分かりませんよ、ということで私が模試で経験した出来事を紹介してみます。

昨日きゃずも触れていますが、この週末にTAC一次公開模試が行われます。

私も昨年受けましたが、

受験される皆様、準備は万端でしょうか?

お前が言うなって?それもそうですね。

なんせ去年の私は体調不良のために途中退出しましたから。

寝不足だったところにドリンク剤とコーヒーをがぶ飲みした結果、

昼過ぎからめちゃくちゃ気分が悪くなってしまいました(悲)

試験会場から一旦出て休憩室で暫く休んでいたのですが、
これはちょっと無理かも知れない・・ということで
貴重な機会でしたが途中リタイヤという決断をしました。

それまで経験したことの無いタイプの苦しさで、
過剰に反応したというところもあったかも知れません。
あるいは心理面の影響もあったのかも知れません。
(豆腐メンタルだからね)

それでも受かる、とか言いたいわけではなくて、結構色んなことが起こるものだ、という話です。

実は去年の模試でそれ以上に印象に残っていることがありまして・・・。

確か財務の時間だったと思います。

試験開始後ほどなく、どこかからうめき声とガタッという音が聞こえて、教室内がざわざわし始めたのです。
私は少し席が離れていたので状況を把握するのに時間がかかったのですが、受験生の方が一人気を失って倒れたようでした。

数分後には意識を取り戻して大事には至らないようでしたが、結局救急車で病院に運ばれることになりました。
(後で職員の方に聞いたところでは大丈夫だったそうです)

このとき、教室の受験生の反応は様々で、これも人それぞれだな、と思ったことを覚えています。

・110番をして救急車の手配をする方
・机を動かしてその人が横になれるスペースを作ろうとする方
・出入口からの動線を確保しようとする方
・動じず(我関せず?)ひたすら問題と向き合う方
・何かしなければと思いながらも何をすればいいか分からない方(俺か?)

ちょっと考えさせられる出来事でしたね。
何があるか分からないということもそう。
状況に対してどんな対応をするかということもそう。
人としてどうあるべきか、どうありたいか、ということもそうです。

とても献身的に対応されていた方がいて、
「ああ、こういう人が受かるべきだろうな」とか、
「やっぱり、誰かのためになろうとする意志と行動がないといけないな」
なんて思いましたね。

もし、私に救急救命の知識や経験があればもっと違うことが出来たかも知れない。
この時は使われませんでしたが、
AEDを使うことがあったかも知れないし、
人工呼吸が必要だったかも知れない。

これはある種特別な準備が必要な事柄だとは思いますが、
準備できることは準備しておいた方が良い。

比較的簡単に避けることが出来るトラブルもあるし、
避けられないトラブルであれば、どう対応するかを考えておく。

この模試での出来事はそこまで頻繁には起こらないと思いますが、そうでなくても様々なトラブルは考えられます。

では、試験であり得るトラブルをいくつか挙げてみましょう。
よくあるとか、何回も聞いたことがあるとか言えばそれまでですが、
流さずに実際に自分の言葉で答えてみることが大事かなと思います。
皆さんなら、どう対処しますか?

・会場が暑かったら?あるいは逆に寒かったら?

・家を出た後忘れものに気づいたら?

・交通機関に乱れが生じていたら?

・試験会場までの道を間違えたら?

・試験会場で喫煙所が見つからなかったら?(喫煙者の方)

・見たこともない問題が出たら?

・見たことあるはずなのに解けない、と思ったら?

・時間配分を間違えたと思ったら?

・マークミスに気が付いたら?

・周りの受験者がうるさかったら?

・時計が止まったら?

・試験中に眠くなったら?

・全問見直す時間が足りなくなったら?

これらは全てあり得ることです。
この週末の模試で、今挙げた問題に直面する方は必ずいると思います。

「そういうこともあり得る」と思っていれば、少しは落ち着いた気持ちで対処できます。
起こり得ることを想定しておけば、処置のパターンを考えることも出来ます。

トラブルが発生することが問題なのではなくて、
そのトラブルに引きずられて他のミスを誘発したり、
平常心を失って普段の力が出せなかったりすることが問題

なのです。
(まあ、私は散々やらかしてきましたが・・・。)

試験の出来栄えも言うまでもなく重要なことですが、
「少々のことが起こっても対応出来る」
「平常心でいられる」

という確信を得るための準備を模試を通じて実施して頂ければ、
本番での良い結果に繋がると思います。

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おはようございます。zenzenです。

直前期に入って道場メンバーも受験生の皆さんもますます力が入っていますね。先週末はだいまつ記事を発端に熱いコメントが続いていました。私も一応メンバーの端くれですが圧倒されました・・・。(汗)

そんな中、それでも気持ちがついていかない、という方もいらっしゃるかも知れません。ま、去年の私のことなんですけど。
多くの方からすれば、「今頃何言ってんの?」と切り捨てられそうな気もしますが、私自身が相当モヤモヤしていた時期があるので、(道場読者にはそういう方は少ないかも知れませんが)そういった方に向けて今回は書いていきたいと思います。

恐らく他の9代目の言うこととは毛色が違うと思います。
盛大にディスられるかも知れませんが、私は今これを書きたいし、書くなら今だと思うのでごめんなさい。先に謝っておきます。

私はトウの立った多年度生らしく、都合2回1次試験に受かっています。(2015年と2017年)2015年は「絶対受かってやる」と勢いだけで乗り切ることができましたが、2017年の私はかなり危うい状態でした。多年度にもなると勢いは流石に無い・・・。
合格体験記にもこの頃のことは記しています。
4月中までは良いペースで学習していたのですが、GWで完全にペースが狂い、その後エアーポケットに入ったようにやる気が無くなってしまいました。自分でもどうかしてしまったのか、と思うほど学習が手に付かず、無為に時間を過ごしていました。

ちょうどそのころに道場大阪セミナーが開催され、ここが私の転機になりました。
未だに先代にネタにされるほど憔悴していた当時の私に対するメッセージが2つ。

・「一度勉強するのを辞めてみてはどうか」
・「不安だったり、よく分からなかったりするなら、その理由を掘り下げて言語化しろ」

この言葉に素直に反応したことがその後の私の命運を分けました。

自分でも何故こんなにモチベーションを失ってしまったのか分からなかったんですね。まずそこをはっきりさせる必要がありました。
何故、やるのか?という理由があるように、何故、やらないのか?という理由も本当はあるはずなんです。
去年の私の場合は忙しいとか、難し過ぎて諦めるとかでは無かったのでね。

当時の私が思いつくままに書きなぐった「勉強しない理由」をほぼそのまま示します。
先に言っときますけど、本当に酷いですよ?

私のような思考パターンに嵌る人は恐らくレアだと思いますが、
誰か一人でも思い当たる方がいるなら、その人にだけ届けばいいなと思います。(一人もいないかも知れないけど・・・)

坑道のカナリアが役に立つのは死ぬとき以外に無いので、
念のためここでもう一回殺しておきましょう。(通算3度目)

■勉強しない理由
・舐めている。甘く見ている。「まだ大丈夫」なんて思ってる。一回受かってるだけにどうにかなると軽く考えている。
・実は合格することを恐れている。合格したら、今までとは違う世界に触れられるだろう。でも、その先の世界で自分が上手くやる自信は今のところ無い。間抜けな合格者になるぐらいなら、不合格者としてフェイドアウトした方がマシだと思っている節がある。
・言い訳を残しておきたい。あの時出来なかったから受からなかった・・・。と先回りして自分が傷つくことを回避しているのでは。セルフハンディキャッピングのつもりか?
・雲の上の資格だと思っていたものが、現実的に手に入りそうになってきたことにビビッているのではないか。

思考の歪みが明らかですね。完璧なこじらせ中年・・・ッ!
およそ受験生のメンタリティとしては大間違いだと思います。でも、当時の私はそう考えていた。そこからもう一度始めるしかなかった。

そして書きなぐったメモはこう続いていました。

どうせ受かっても落ちても苦しいのはきっと同じ。自分が合格後の世界で活躍する能力が足りていないのは明白。(受かってからの方がまず間違いなく苦労するだろう)
でも、どうせ苦労するなら面白そうな方で苦労したい。
辞めるのなんていつでも出来る。何度も諦めて、投げ出して、苦虫を噛み潰したような顔でここまで来た。来てしまった。その時間を思えば試験までなんてどうってこと無い。

やる気があるとかないとか、そんなことはもうどうでもいい。
行動の理由にいちいち気持ちを持ち込もうとするから上手くいかない。泣こうが喚こうが残り時間は変わらないんだから、ただ出来るだけのことをやればいい。別に悩む必要なんか最初から何もない。

馬鹿みたい、というか馬鹿そのものなんですけど、ホントにこんなこと書いてましたね・・・。
でもこの馬鹿みたいな自分に立ち返ることで勉強生活に戻れたのです。
思考停止して努力に逃げただけ、という見方の方が正しいかも知れませんが。

だいまつの言うように、
>「ガッリガリのゴッリゴリのバッキバキのボッコボコのクッチャクチャに自分を追い込む」
直前期のアプローチとしてそれは正しい。合格ラインに届いていない自覚があるならそうするべきです。私ですら直前期だけはもう一心不乱でした。(そこに至るまでに若干病みましたが・・・。)

でももし、こういうガチムチ系のアプローチにすぐには頷けない気持ちが今あるなら、
今一度自分の感情を、考えを言語化することも有効ではないでしょうか。

別に格好悪くても、美しい理想なんかなくても、いいじゃないですか。
様々な方がそれぞれの理由で、それぞれの状況でこの試験に挑んでいる。
そこに良いも悪いもないはずです。

突き詰めれば、やる気も、地頭の良さも、過去の経歴も関係ない。
試験当日マークシートを正しく塗りつぶした人が受かるだけです。

シンプルに考えて、やるべきことをやれば、自ずと結果は付いてきます。

やるべきことが何かは、他のメンバーの記事を読めば明らかです。

1次試験まで残り52日。どんな風に過ごしてもその日はやってきます。

 

一人でも多くの方が
良い顔でその日を迎えることを祈ります。

 

以上、zenzenでした。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

zenzenです。
5月31日、今日が1次試験の申込締切日です。
もし、万が一、「まだだよ」って方がいらっしゃったら必ず申込みを済ませて下さいね。
もうこの記事読むのを止めて今すぐ郵便局に向かいましょう!
いやホントに。

さて、今日のテーマはBCP(Business Continuity Plan)。
事業継続計画というやつですね。

この言葉はご存知かと思います。
災害などの緊急事態が発生したときに、企業が損害を最小限に抑え、事業を復旧継続させるための計画のことです。
(Wikipediaさんが言うてはります)

地震・火事・洪水・はたまた疫病の流行など様々なリスクがある中で、実際に災害が発生した場合、どうやって中核事業を復旧継続させるのか?
難しい問題です。
大企業では当然のように取り組みをされていると思いますが(想像)、中小企業では遅れているところも多々あるのではないかと思います。私自身は中小企業に勤務しておりますが、万全とは言えない状況です。(現実)

と言っても現実的に何をすれば良いのか分からないという企業も多くあると考えられます。
そこで中小企業庁では現行の入門診断として、BCP取組状況チェックリストを公開しています。国としても出来るだけ多くの企業に対策をとって貰いたいという意図があるのでしょう。
リンクはこちら。

ここでは5項目
(・人的資源・物的資源(物)・物的資源(金)・物的資源(情報)・体制等)
に対しての質問が合計20問設定されており、回答すると診断結果が表示されます。
完全に余談ですが、この質問の大項目を見た時に、診断士2次試験に通じるものがあるな、と思ってしまいました。
人材・組織面、設備面、材料面、情報面、財務面など、これは事例ⅠからⅣを思い起してしまいます。(マーケティングは無いですが)
やはり一つの企業に対して何か診断しようと思えば、あらゆる方面から考える必要があるな、と感じました。

それはさておき今回はこの質問項目から物的資源(情報)について取り上げます。この項目での質問は4つ。

1.情報のコピーまたはバックアップをとっていますか?
2.あなたの会社のオフィス以外の場所に情報のコピーまたはバックアップを保管していますか?
3.主要顧客や各種公共機関の連絡先リストを作成する等、緊急時に情報を発信・収集する手段を準備していますか?
4.操業に不可欠なIT機器システムが故障等で使用できない場合の代替方法がありますか?

 

経営情報システムの試験対策として考えるなら、1.2.4でしょう。
それぞれについて少し考えてみます。

1.情報のコピーまたはバックアップをとっていますか?

情報の多重化ですね。
ここから想起するなら、RAID(Redundant Array of Inexpensive Disks)機能の話でしょうか。なんだか良く分からないという方のために補足しておくと、
Redundant…余分な、冗長な
Array…配列
Inexpensive…高くない、安価な
Disks…円盤(状のもの)※ここではハードディスクを指す
「並べて使用することで冗長性を高めたハードディスク」程度の理解で十分でしょう。

NAS(Network Attached Strage)で情報を保持している会社も多くあると思います。私の会社もそうですけど。多くの場合NASそのものにRAID機能が搭載されているので、これを利用することでデータを冗長化して対障害性を高めることが出来ます。
実際に使うのはRAID0、RAID1、RAID5、RAID6あたりでしょう。
大雑把な理解として、
RAID0がストライピング(データ書き込みを分割して行い高速化を図る)
RAID1がミラーリング(同じデータを別ディスクに書き込む)
RAID5が分散データガーディング(ディスク破損に強い)
RAID6がRAID5の上位版と考えておけばいいでしょう。
RAID2,3,4は現在は主流ではないので、あまり気にしなくても大丈夫です。
また、このうちRAID0だけは冗長化を目的としていないので注意が必要です。
組み合わせてRAID01とかRAID10なんて使い方をして補うことがありますね。

2.あなたの会社のオフィス以外の場所に情報のコピーまたはバックアップを保管していますか?

ここではクラウドストレージのことを思い出していただければ。
個人向けのサービスとしてdropboxやMicrosoftOneDriveなどを利用されている方も多くおられるでしょう。
このサービスを利用すればオンラインで別の場所に情報を保存できるようになりますね。
企業向けのストレージサービスとして良く耳にするのはAmazonS3やMicrosoftAzureなどでしょうか。これを会社で利用している方もいらっしゃるのでは。
もちろん、クラウドストレージを利用せず、複数の拠点でお互いのデータを保管するという場合もあるでしょう。

4.操業に不可欠なIT機器システムが故障等で使用できない場合の代替方法がありますか?

飽くまで代替方法なので、データさえあれば手動で何とかする!という場合も考えられますが、そうもいかないことも多いでしょう。ここで思い出して頂きたいのは
SaaS(Software as a service)
PaaS(Platform as a service)
IaaS/HaaS(Infrastructure as a service/Hardware as a service)

あたりですね。

これらのサービスを利用すれば、通信環境さえ確保できれば復旧までの時間が相当短縮できるのではないでしょうか。(私自身はあまり利用したことが無いですが・・・)

合わせて、デュアルシステムデュプレックスシステムあたりを思い起こして頂けると尚良いかと。システムの冗長化という論点でH26年第7問で出題されています。(ちなみにA問題)
ホットスタンバイ・ウォームスタンバイ・コールドスタンバイの違いは説明できますか?
システムが動いているか、電源だけ入っているか、電源が切れているか、ですね。
言葉からイメージはしやすいと思いますので覚えていない方はこの機会に覚えてしまいましょう。
 
 
少し仕事で近い内容のことに取り組む機会があったので今回取り上げてみましたが、BCPはやはり重要なテーマだと思いますし、今は取組が十全でなくともこれからはやって当たり前、という状況に変わっていくのではないでしょうか。その中で、診断士という立場で助言を求められる機会も増えるのでは。
 
 
1次試験まであと2か月少しとなりましたが、追い込まれた気分になっている方も、勉強中心の生活に倦んでいる方もおられるかも知れませんが、今学習されていることを役立てる機会は必ずあります。ちゃんと繋がっていますのでそこだけはご安心下さい。

以上、zenzenでした。
 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おはようございます。zenzenです。
「渾身!論点シリーズ」と銘打った各メンバーの力のこもった記事に圧倒されていますが、非力ながら私もこのシリーズに参加させていただきます。敢えて苦手な経営法務を選んでみましたが、詳しく解説すると言うよりも苦手な方向けに最低限どこまでやるか、という視点でお送りします。

経営法務については既に9代目でもいくつか記事が出ていますね。
よこよこのこの記事やへんりーのこの記事とか。
昨日のきゃずのこの記事でも法務関連の記事が紹介されています。
経営法務の王道と言えばやはり会社法と知的財産権。
優先順位としてはそちらを上にするべきですが、今回は不正競争防止法。出題頻度がそれなりに高いと考えたからです。

直近7年の出題実績はこの通り。
H29・・・第13問で出題。正答率ランクはE
H28・・・第11問、第12問で出題。正答率ランクはそれぞれDとA
H27・・・第9問で出題。正答率ランクはD
H26・・・第6問で出題。正答率ランクはC
H25・・・出題なし。
H24・・・第10問で出題。正答率ランク手元にありません。スイマセン。
H23・・・第10問、第14問で出題。正答率ランク手元にありません。スイマセン。

(※正答率ランク・・・だいまつのこの記事で紹介されていますが、TACデータリサーチでの正答率による分類を指します。Aが簡単、Eが難しい)

H25年以外毎年出ていますが、正答率低めです。基本的な内容だけは抑えておいた方が良さそう、というところでしょうか。
個人的にはポケットブックの内容で十分だと思います。
どの程度かと言うと、こんな感じ。

不正競争防止法の対象となる商品等表示
1. 氏名
2. 商号
3. 商標
4. 標章
5. 商品の容器もしくは包装
6. その他の商品または営業を表示するもの

6つ丸暗記しなくても、「商品または営業を表示するもの」が対象とだけ考えると良いかも知れません。

そして不正競争防止法の類型として9種類。

1. 周知表示混同惹起行為

2. 著名表示冒用行為
フリーライド(ただ乗り)
・ダイリューション(希釈化)
・ポリューション(汚染)

3. 商品形態模倣行為(デッドコピー)
発売から3年までは保護対象

4. 営業秘密(トレードシークレット)に係る不正行為
秘密管理性・有用性・非公知性

5. デジタルコンテンツ技術的制限手段の無効化行為

6. ドメイン名不正登録行為

7. 商品や役務の品質・内容などの誤認惹起行為

8. 信用毀損行為

9. 代理人等の商標冒用行為

これも問題になりやすいのは1から4ぐらいでしょうか。

項目だけを並べましたが、(内容の解説をするとめちゃ長い)詳細はテキスト等で確認して下さい。
分からないところをポケットブックに書き込んで繰り返すことで定着率は上がるはずです。

では、難易度別に過去問を確認してみましょう。

まずはAランク問題(正答率80%以上)から。

H28年第12問
以下の文章は、不正競争防止法上の営業秘密に関するものである。文中の空欄A~Cに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

不正競争防止法上の「営業秘密」に該当するためには、「秘密管理性」「A」および「B」の3つの要件を満たすことが必要である。
この秘密管理性があるというためには、その情報に合法的かつ現実に接触することができる従業員等からみて、その情報が会社にとって秘密としたい情報であることが分かる程度に、アクセス制限やマル秘表示といった秘密管理措置がなされていることが必要である。
また、「A」の要件は、脱税情報や有害物質の垂れ流し情報などの公序良俗に反する内容の措置を、法律上の保護の範囲から除外することに主眼を置いた要件であり、それ以外の情報であれば「A」が認められることが多い。現実に利用されていなくてもよく、失敗した実験データというようなネガティブ・インフォメーションにも「A」が認められ得る。
さらに、「B」があるというためには、合理的な努力の範囲内で入手可能な刊行物には記載されていないなど、保有者の管理下以外では一般に入手できないことが必要である。なお、例えば「C」目的で、詐欺行為又は管理侵害行為によって、営業秘密を不正に取得する行為等は営業秘密侵害罪を構成しうる。

ア A:適法性  B:新規性  C:営利
イ A:適法性  B:非公知性 C:営利
ウ A:有用性  B:新規性  C:図利加害
エ A:有用性  B:非公知性 C:図利加害

営業秘密の要件である「秘密管理性」「非公知性」「有用性」が頭に残っていれば瞬殺ですね。頭に残っていなくても文章を追えば正解を選べそうです。
聞きなれない言葉は「図利加害」だと思いますが、そんなことは気にせずとも選択肢AとBだけで正解は導けます。Aが有用性、Bが非公知性なので正解はエとなります。
楽勝でしたか?

そしてCランク問題(正答率40%以上60%未満)を。

H26年第6問
不正競争防止法の商品等表示に含まれないものはどれか。

ア 学校法人の名称
イ 化粧品について、「尿素」「ヒアルロン酸」等の成分表示
ウ 商品の包装
エ 俳優の芸名

「商品等表示」とは「商品または営業を表示するもの」で、それを見れば何処の誰が関わっているのか識別できるものということですね。「他の商品や営業と識別出来るかどうか」だけ考えれば良いかと。
「尿素」「ヒアルロン酸」と化粧品に成分表示されていても、誰が製造販売しているのかは分かりません。よって、含まれないのはイとなります。

凄く難しいという印象では無いですが、この問題はCランクですから、約半数の方は間違えていることになります。私らしく、「自分ならどう間違えるだろうか」を考えてみました。(的外れだと思われた方、ご容赦ください)
ア 学校法人は商売をしている訳じゃないから、そもそも商品等表示にあてはまらないと考えてしまう。
→学校法人と言えども広く経済主体として事業を行っていますから、商品等表示に当てはまります。
ウ 「商品の包装だけでは分からない」と考えてしまう。
→あまり良い例ではないかも知れませんが、例えば百貨店の包装紙で識別していることはあるのでは。
エ 「氏名」が商品等表示に含まれることを知っていても、「芸名」は「氏名」に含まれないと考えてしまう。
→芸名が表示されていれば誰であるかは識別できますね。

この問題、過去問の解説を見ると実際の判例(青山学院事件・うるおいウォーター事件・高知東急事件)が紹介されているのですが、別にそれを知らなくても「商品等表示」の意味さえ理解しておけば何とかなりそうです。繰り返しますが商品等表示は「識別できるかどうか」がポイントです。

ここまではポケットブックの内容で解ける問題ですね。
(というよりポケットブックがABCランクの問題をベースに掲載内容を決めている可能性がありますが。)

では、D問題(正解率20%以上40%未満)になるとどうなるか?

H28年第11問
不正競争防止法(以下、法という)に規定する商品等表示に関する記述として、最も適切なものはどれか。なお、各選択肢中の「周知表示混同惹起行為」とは法第2条第1項第1号に規定する行為をいい、「著名表示冒用行為」とは同第2号に掲げる行為をいう。

ア 高級車ブランドとして知られるA社の著名な自動車に関する商品表示を、Aと無関係の者であるBがサングラスに付して販売している。この場合、Bの行為は、著名表示冒用行為となると考えられるが、周知表示混同惹起行為となることはない。

イ 製菓メーカーC社のポテトチップスの表示甲が普通名称化し、取引者・需要者間で普通名称として用いられるようになった場合、この普通名称化の前に既に表示甲がポテトチップスを表示するものとして著名であるときは、当該表示を普通に用いられる方法で使用する行為は、著名表示冒用行為となる。

ウ ピザの宅配業者であるDの営業表示乙は、現在ある地域で周知である。表示乙が周知化する前から、Dと同一地域でピザの宅配業者Eが表示乙と類似の表示である丙を使用しているという事実がある。この場合、Dは、Eによる丙の使用に不正な目的がある場合でも、Eによる丙の使用を差し止めることができない。

エ ヨーロッパの世界的アパレル・ブランドである企業の著名な商品表示を、スナックGがわが国の地方都市の郊外において商号として一店舗のみの看板などに用いている。この場合、FG間に競争関係はないものの、周知表示混同惹起行為となることがある。

やはり難易度が上がった感がありますね。
苦手なりに少しだけ説明してみます。
因みに正解はエです。

ア 周知表示混同惹起行為と著名表示冒用行為の関係を理解しているかどうかが問題。
著名表示冒用行為が成立するより周知表示混同惹起行為が成立する方がハードルが低いというイメージがあれば回答から外せるかも知れません。

イ 普通名称化という概念を理解しているかどうかが問題。
「識別」という言葉を何度も使っていますが、普通名称化とは識別機能を失うということなので、商品等表示ではなくなります。よって不正競争防止法の対象から外れます。

ウ これは知識がなくても外せそうです。一般的な感覚として、不正な目的があったら差し止めできないと困りますね。何のための不正競争防止法かと。

エ これが正解ですが、個人的には少し違和感がありました。例えば田舎にスナック「グッチ」があったとして、関係あると思う人いるのかな・・?という感覚が強かったのですね。
周知表示混同惹起行為は混同のおそれも含む、ということからこの選択肢を選べるかどうか。私には少し難しいですね。
これも「スナックシャネル事件」という結構有名な判例があるようです。(私は知りませんでしたが)この判例を知っている方なら迷わず正解を選べたのかも知れません。

ランク別に3問並べてみましたが、いかがでしょうか。
余裕ですか?そうでもないですか?
経営法務が得意な方、余裕のある方は掘り下げると得点源に出来ると思いますが、そうでない方でもポケットブック程度の知識でそれなりに戦えるはずです。
会社法・知財の王道論点はきっちりカバーしつつ、やや傍流ですが頻出のこの論点も最低限押さえておくことが出来れば、そう悪い結果にはならないと思いますよ。

1次試験まで残り80日を切りましたが、焦らず重要論点を一つづつ積み上げれば、手が届くところまで辿り着けます。辿り着きましょう。

 

以上、zenzenでした。

参考
<最速合格のための要点整理ポケットブック 第1次試験2日目>
TAC株式会社編著

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一発合格道場ブログを是非、あなたのPC・スマホの
「お気に入り」「ブックマーク」にご登録ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

zenzenです。GWも今日を入れてあと2日ですが、皆様勉強はかどってますか?

順調に進んでいる方は、その調子で。
あんまり進んでないな、という方は代わりに「英気を養う」という大事な時間を過ごしたのかも知れません。
その時間が、直前の追い込みの際に力になってくれます。
「大丈夫。あなたはぜ~~~ったい、合格しますから!」©chika
 

さて、「息抜きにお勧め本の紹介を」なんて話がありましたので、私からも。
お前の記事はいつも息抜きではないのか?

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう StrengthFinder 2.0
トム・ラス著 古屋博子訳/日本経済新聞出版社

怪しいスピリチュアルなものではないので、ご安心を。
「自分の強みの活かし方が分かる」という触れ込みの一冊。
Web上で質問に答えることで、34の特性のうち自分が持つ強みの上位5件を診断してくれます。関西の同期合格者の間でちょっと流行った一冊で、遅ればせながら最近やってみました。

全部説明していると結構な分量になるので割愛しますが、「自分が考えている自分の強み」とのギャップを知る、という意味だけでも有用ではないでしょうか。強みを活かすための具体的な行動例も紹介されていますので参考にできるかと。
周りの人何人かでやるとより面白くなると思います。仕事で利用すれば、より強みを活かした人員配置が可能になったり、ある特性を持った人に適した関わり方ができるようになったりする可能性が生まれてきますね。
ちなみに私の上位5件は順に「回復志向」「適応性」「慎重性」「内省」「運命思考」となっております。結構当たっている気がしますね。特に「慎重性」(ビビりなところ)と「運命思考」(行き当たりばったりなところ)が。

それでは本題を。

集中力を持続させる方法とは?

これは大阪/東京の両セミナーでアンケート回答にあったので一度は触れたい、と思っていました。
これから本番に向けて完成度を上げて行く時期ですから、その前に集中力が無くてお悩みの方は一度考えてみるのも有効かも知れません。今回は3つの観点から。

1. 気が散る材料を遠ざける
2. 集中力が切れる前に休む
3. ツールを使う

1.気が散る材料を遠ざける
へんりーの記事の繰り返しになりますが、気が散る材料を遠ざけること。これが王道でしょう。動画・音楽・ゲームなどとは一旦距離を置く。物理的に!

私から補足するのであれば、可能なら勉強する場所を変えること。なるべく集中しやすい環境に自分を置くことでしょうか。
図書館または予備校の自習室やコワーキングスペースの利用、財布に余裕がある方は有料の自習室を契約してしまうのも一手でしょう。選べる状況なら勉強しやすい環境を選ぶべきです。
私自身も色々場所を変えながら勉強していましたが、一番はかどったのは図書館の自習室かコワーキングスペースですね。周りも勉強している人がほとんどですから、そういう雰囲気を利用しましょう。自宅は誘惑が多い・・・という方は特に。

ではいつも通り(?)過去の私の失敗例を晒しておきましょう。(決して義務感ではない)
2015年・・・2次試験前に何故かUNISON SQUARE GARDENにハマり、毎日youtubeを一回り。カラオケだけは上手くなったが、それがどうした。(決してオッサンの歌う曲じゃない)

2016年・・・今更「ジワジワくるtwitterまとめ」にハマる。こまめに更新をチェックしてしまう日々。面白いから仕方無いよね・・・。(黙れ)

これは・・・、かなり、相当のダメ受験生!!
そりゃ多年度化するわ!むしろ去年よく受かったな!マグレか?やっぱマグレか?

これは極めて悪い例です。
ですが、身に覚えのある方、実はいるんじゃないですか?・・・いないですか、そうですか。

2.集中力が切れる前に休む

これも最近読んだ本からですが・・・。
「効率・時間・スピード すごい習慣力」
富山真由著/三笠書房
この中で、「集中力が持続する習慣」という項があります。要約すると

・「やる気」や「意志の強さ」と集中力に相関関係は無い。
・「25分集中したら、5分休む」のが効率的である。
・集中が薄れてきたら歩く・ストレッチをする・違う部屋に移動する・休むなどして対処する。

この「25分集中・5分休憩」というのは“ポモドーロテクニック”と呼ぶようで、興味のある方は一度調べてみて頂ければ。
ちなみに、集中が続いているときはそのまま進めてしまっても良いそうです。あくまでこの「25分集中・5分休憩」というのは基本形で、自分に合うようにカスタマイズしてOKとのことです。ここでも「パクッてカスタマイズ」ですね。

3.ツールを使う

2.のポモドーロテクニックでもタイマーを使うことを推奨しているのですが、私が昨年実際にやっていたことを紹介します。
使っていたのはFreeCountdownTimerというソフトです。(もっといいアプリがあるかも知れませんが)

所謂タイマーなのですが、音と表示するメッセージを選ぶことが出来ます。
これを私がどう使っていたかと言うと、

・ドラゴンクエストのレベルUP音を〇時間おきに鳴らす
「すごいなー俺、またレベル上がっちゃったよ!」と無理やり思い込んでテンションを上げようとしてみました。(アホみたいだと思うかも知れませんが、意外に上がる。)ずっと使っていると飽きるのが早いのでご注意下さい。
参考URL:https://togetter.com/li/790741

・「1次試験まであと〇〇日」と常に表示させる
油断するとすぐサボるので常に意識しようということです。ポイントとしては「2次試験まで〇日」とか「口述試験まで〇日」とか「実務補修まで〇日」と同時に表示させることで、近い目標とその次の目標が嫌でも目に入るようにしていました。
「既にやっている」という方もいるでしょうし、「しょうもない」と思う方もいるかも知れませんが、やるしかない!と思うには有効でしたね。途中で目を背けたくなったこともありましたが。

・30分おきに「気が散ってませんか?」とメッセージを表示させる
これは今でも近いことをやっていますが、「ああ、いかんいかん」と勉強に戻るスイッチにはなりました。何分おきに表示させるかがポイントになると思うのですが、最初は15分でもいいかも知れません。この表示が煩く感じるようになってくれば、集中は出来ているということでしょう。自分の状況に合わせて間隔は見直して下さい。
しばらく使っていると慣れが出てくるので、メッセージもちょくちょく変えた方が良いです。好きな言葉でも、励みになる言葉でも、煽りになる言葉でも、自分の性格に合わせて設定していただければ良いかと。

<余計な後書き>
1次試験本番まで後3カ月。
計画通り、あるいは計画前倒しで勉強を進められている方は問題ないですが、そろそろ焦る方、諦める方が出てくる頃でしょうか。私は独学だったので状況が分からないのですが、予備校通学の場合、GW後から出席者が目に見えて減るとか・・・。(だいまつ談)
確固たる意志で辞めるなら良いのですが、間に合わないとか無理だとか思っているのならそれは少し的外れかも知れません。
たかじんの記事にあるように、閾値を超えるタイミングが来れば一気に得点は上がります。
へんりーは模試から本番までに100点UPさせていますが、これはこの間に閾値を超えたのではないでしょうか。極端な話をすれば、試験前日までに閾値を超えればいいのです。(勿論、模試前にある程度完成させるに越したことはないですが)停滞期で辞めてしまうのは、少しもったいない気がしませんか?

長くなってきましたので、唐突ですが私の好きな都都逸を締めの言葉としましょう。

諦めましたよ
どう諦めた
諦めきれぬと諦めた

以上、zenzenでした。

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


おはようございます。zenzenです。

土曜日は東京春セミナーが開催されました。
参加して頂いた皆様、ありがとうございました。
セミナーレポートはこちら。
私も参加しましたが、フリートークで満足いただける回答が
出来なかったのではないかと危惧しております。
この借りは次回夏セミナーで返すこととさせて下さい。
だから、また夏セミナーに来てくださいね。

さて、本来は一次試験に向けて個別論点記事を書くべきなのですが、
しばらくぶりにいかに私が駄目受験生だったかを晒します。
「失敗談を聞いて反面教師にしたい」というアンケート回答もありましたしね・・・。
反面にも程があるのではないかと危惧しておりますが、
この借りは他の記事で返すこととさせて下さい。
だから、私のことは嫌いでも道場のことは嫌いにならないでくださいね。

遠い日の勘違い 前回はこちら

2007年にお試し受験を経た私は、「いけるかも」という勘違いを元に
その後(一応は、形だけ、何となく、ふわっとした気持ちで)合格を目指して緩く独学を開始します。
しかし、あらゆる面で間違っていた、あらゆる面で足りなかった。

ではいかに間違っていたか、いかに足りなかったかについて振り返ってみましょう。

<計画>
めちゃくちゃ適当。1か月1科目あれば何とかなる!程度の感覚。
問題集を2,3回やればいいんでしょ、という見積もりの甘さ。

<勉強方法>
基本的に独学でスピード問題集をただ回すのみ。
過去問はとっておきたい気持ちが強く直前まで手をつけなかった。
あまりにも分からないので財務会計のみTACの単科講義を受講した記憶がある。

<勉強量>
お話にならないほど少ない。恐らく月50時間を切っていたはず。
1日1時間か1.5時間勉強すればもう満足していた。

<情報収集>
ほとんどしていない。情報源を見つけることさえ出来ていなかった。

<心構え>
根本的に試験を舐めていた。
そもそもが転職するための材料にしたかっただけ。コンサルに強い興味があった訳でもない。
ただ、強そうな資格が欲しかっただけ。
上手くいかない日々に嫌気が差していただけ。

<試験結果>
結果は合計約400点(前年度経営情報システムの科目合格60点換算)で敗退。科目合格が3つ。
(「企業経営理論」/「運営管理」/「中小企業経営・政策」)
残った科目が「経済学」「財務・会計」「経営法務」

落ちた時は悔しがるフリをしていましたが、考えるまでもなく落ちるべくして落ちています。受かるはずが無い。

では、懺悔を込めて項目ごとに見直しを。
時間を戻せるなら殴り倒した後唾を吐きかけても足りないが、そうもいかない。

<計画>
1カ月1科目という感覚だけはそう間違いでもない。
しかし自分の得手不得手をあまり認識しないまま、
何となくその日の気分で問題集を手に取っていた節がある。
きゃっしいが言うような計画はおろか、
だいまつが言うような苦手科目を先に潰そうなんて戦略は皆無。
正気か、俺。

<勉強方法>
スピード問題集は良いけれど、
これだけで何とかするにはやり方が甘すぎた。
へんりーのように出涸らし法なんて考えたこともなかった。
ただ、何となく解いて何となく採点して・・・
〇×つけて遊んでるだけ、という体たらく。
過去問もギリギリまで手を付けていないから、
頻出論点がどれかをまるで把握できていなかった。
舐めてんのか、俺。

<勉強量>
絶対量として「私が合格するには」少な過ぎた。
このぐらいの時間で、あるいはたかじんのようにもっと少ない時間で受かる人がいることは事実だが、
自分がそういうタイプではないことは明らか。
思い上がるな、俺。

<情報収集>
当時はこの道場もなく、タキプロもなく、ふぞろいもその前身が出たか出なかったか、ぐらいの時期かと。
独学生にとっては情報を得る場所が少なかった時代だったのは確か。

しかし、後から知ったことですが当時は「502教室」というサイトがあって、
そこが受験生の情報交換の場所だったようです。
(現在は閉鎖されています。興味のある方はJ-net21の中にいくつか記事が存在しますので、探してみてください。)
当時だってちゃんと探せば502教室に辿りついたはず。
でも、私はそこまで届いてなかった。
何も知らなくても受かる、なんて思っていたのでしょうかね・・・。
いや、何も知らないからこそこんな腑抜けた学習をしていたのですね。
無謀か、俺。

<心構え>
個人的にはどんな理由で受けようが構わないと思うので、
動機については人それぞれで良いのですが、

間違っていたのは大きく二つ。

「自分の中に知識が蓄積されることを楽しんでしまった」こと。
そして何よりその知識を
「自分の居る場所を否定する材料に使っていた」こと。

この頃の私には勉強する内容が新鮮で、
運営管理のテキストを見ては、「おお!ECRS!なるほど!無駄な会議なんてまず辞めればいいんだよ!」とか、
企業経営理論のテキストを読んでは、「モチベーション理論!ウチの上司はここを理解してない!」とか本当に思ってましたからね。
それでいて具体策を提案する訳でもない。

最低か、俺。

こんなヤツが診断士だなんておこがましいにも程がある・・・。

・中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。
(中小企業診断協会 HPより抜粋)
診断・助言を行うのが診断士です。中小企業に欠けている部分を上から目線で指摘するために存在するのではない。(問題点を認識してもらうことはとても大切ですが、実際のところ認識していてもリソース不足で手が打てない、ということもよくあります。そんな時にいかに実現可能な提案が出来るか、ということがより重要です。)

耳に痛い過去記事を最後に紹介しましょう。(今でも少し痛むことをちゃんと自覚しておきたい。)

8代目「雑草魂」のルナさんのラストメッセージ。
雑草魂で行こう ~最終章~「何のために診断士試験にトライするのか?」真っ直ぐな言葉です。

>「受験する」ということ自体が目的になってしまっていませんか?
>他に大事なことに使うべき時間を浪費してはいませんか?
>もっと向き合うべきものから逃げる言い訳にしてはいないですよね?

正直、受かった後だったがギクリとした。完全には否定できない。

よく勉強が続きましたね、と言われることがたまにあるのですが、
そんな立派なもんじゃないんですよね。
サボることも多かったし。
ただ、しがみつく事をやめられなかっただけのことです。

それは、向き合うべきものから逃げたかったから?

逃げたかった、というよりこの試験に受かれば向き合える筈だと思えたから。
後回しにしたことに変わりはないけれど。
幸い、向き合うための気持ちと力が少しは自分の中にあることは確認できました。
自分にとっては、ここに辿り着けたことが今のところ最大の成果なのかも知れません。

1次試験まで、あと104日。
2次試験まで、181日。

この期間をどう過ごして、どんな状態になっていたいですか?
決して私のようではないはずです。

以上、zenzenでした。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


▼▼▼▼▼▼セミナー案内♪▼▼▼
04/21 (土)開催 春セミナー2018 in東京(懇親会のみ受付中)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
※詳しくは最後の「道場春セミナーのお知らせ」をご確認ください♪

 

zenzenです。
先日は大阪セミナーにご参加いただきありがとうございました。
セミナーレポートをご覧になっていない方はこちらを。

アンケート回答では「モチベーションが上がった」という声を複数頂きましたが、我々も参加者の皆さんの真剣な表情に何とか応えなければならない、そして応えたいと、こちらの方が力を貰った気持ちです。

繰り返してすみませんが、やっぱり言いたいので言わせて下さい。
参加して頂いた皆様、本当にありがとうございました。
また夏セミナーでお会いしましょう!

さて、折角の機会なので、今回はアンケート結果について過去記事を交えつつ書きたいと思います。
「道場ブログへのご意見やご要望があればお答え下さい」という設問に対して、「モチベーション維持の方法や、勉強時間を作る方法が知りたい」という声がありましたので、まずここに応えてみたいと思います。(2次試験についての要望も多かったのですが、きゃずさんがシリーズを企画しているようなので・・・ご期待下さい!)

・モチベーションを維持する方法は?
私の回答としては、方向性がずれるのですが「モチベーションで勉強するのではなく、習慣化する。」ということになります。私は幸い残業は多い方では無いので、仕事の帰りに図書館に通うことを習慣にしました。図書館に着きさえすれば、なんだかんだ閉館時間までは勉強するので、
「自宅に向かうor図書館に向かうorパチンコ屋に向かう
分かれ道でこの選択を行う1秒だけ意思の力を使います。後は流れで自分を動かせます。

この件については歴代多くの記事が存在しますので、紹介します。
まずは6代目うみのさんのこの記事。
「モチベーション」とはいったい何か
自分の特性を踏まえることがまず重要という話ですね。性格特性を4分類した上で、それぞれにモチベーションが上がる理由は異なるということを伝えています。私自身は・・・強いて言えば調和型かも知れない。(意外だ。)

そして7代目とりさんのこの記事。
独学でモチベーションや学習習慣を維持するには?
先輩診断士や受験生の「人間性の高さ」に心打たれたことが学習を継続する力になったと綴っています。
この「人間性の高さ」には私も賛同します。合格してから出会う方は魅力的な人が多いです。
皆めっちゃ凄い!皆めっちゃ出来る!皆めっちゃちゃんとしてる!と日々思っています。(それに比べてzenzenさんは・・・と思うところを必死でこらえる、時にこらえられない。)
合格しなければ知り合うことは無かったであろう素敵な人達と出会えるのは、診断士試験の魅力の一つでしょうね。

もう一つ、7代目たきもさんの王道記事を。
結果を出すためのモチベーション論(序論)
診断士になれば新しい世界が見える・・・その通りですね。まさに実感しています。受からないより受かった方が人生面白くなる!とは言い切れます。

・勉強時間の作り方は?
私自身は隙間時間を使う派ですが、実際にやったことは
①ポケットテキストを持ち歩いて隙あらば見る
②勉強時に作ったメモを財布に忍ばせておいて隙あらば見る
③自分でテキストを読んで音声を取り込み、移動中に聞く
あたりです。
この③なのですが、印象に残るように読む、というのが個人的なコツです。
私はちょいちょいモノマネを交えながら読んでましたね。
アホみたいですけど、忘れにくいんですよ、コレ。
弱点はモノマネのクオリティを高めることに注力してしまう恐れがあることですね。(私はしたが、上がらなかった。泣)

後は、隙間時間では無いのですが、経営情報システムは主に風呂の中で解いていました。
100均のネットを組み合わせたものの上にビニールシートを置いてテキストぐらいは置けるような台を作り、耐水性のメモ用紙と鉛筆を持ち込んでさらっと解きます。お陰で経営情報システムの過去問は他の科目と比べて圧倒的にヨレヨレです。(笑)
ちなみに留意点としては、
①割と長風呂派。
②経営情報システムが割と得意。
③暗記要素が強いので、「考える」問題が少ない。
という要素が合わさって可能な手法です。1番目はどうでもいいですが。さらにどうでもいいことを言うと中小でやるとのぼせます。(私はのぼせて気持ち悪くなった。泣)お湯の温度はぬるめでお願いします。

では、こちらも過去記事を。
6代目myaさんのこの記事。
時間の作り方 再考
一日の活動予定表が特に参考になります。ビフォーアフターの差が凄い。

そして8代目ロックさんのこの記事。
【スキマ時間の活用】~PDCAの細分化~
単純に隙間時間向きの勉強ということではなく、通常机に向かってやる勉強の中から細分化して出来ることを探す、という視点です。移動が多い方は特に使える方法かも知れません。

セミナーも、現在の記事も、過去の記事も全て材料です。
もし探したことが無い方がいらっしゃるのなら、過去記事を探すと良いヒントが見つかる可能性大です。
取捨選択は必要ですが、ぜひご自身が使えそうな方法を探して下さい。
そして、合言葉は「パクッてカスタマイズ!」

以上、zenzenでした。

 

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

 

■春セミナー2018 in大阪

大阪セミナーは終了しました。参加頂いた方、ありがとうございました!

■春セミナー2018 in東京

東京セミナーは、「懇親会」のみ申込受付中!!

申込URLはこちら

□ 開催日時:2018年4月21日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:00〜19:00予定
□ 会場:浜町区民館(〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目37−1)
□ 定員:60名(先着順)※好評のため定員+10名追加しました!
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


▼▼▼▼▼▼▼申込受付中♪▼▼▼▼▼▼▼
04/07 (土)開催 春セミナー2018 in大阪
04/21 (土)開催 春セミナー2018 in東京
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
※詳しくは最後の「道場春セミナーのお知らせ」をご確認ください♪

………………………………………………………………………………………………

おはようございます。zenzenです。
手前味噌ですが、めっちゃ重大告知です!わーわー!
9代目初となる春セミナー、お陰様で沢山の方に参加申し込みを頂いております。
特に東京ではそろそろ枠が埋まるのでは、というほどの申し込み状況で有難い限りです。
そこで、ホントに昨日決まったところなのですが、

東京春セミナーの定員を10名追加します!
50名から60名へと、なんと20%増です!

これが何を意味するか分かりますか?

そう、今年の合格可能性を上げる受験生が、10人増えるってことですよ!
もし参加を迷っている方がいらっしゃるなら、席があるのは今のうちかも知れませんよ・・・?(煽り)
東京近郊の方、あるいはそうでない方も、ポチるのは今!
もう、リンクをここに置きます!
つ 東京春セミナー申し込みURLはこちら
・・・そして、もう一つ!

大阪春セミナープログラムの発表です!

第一部
・1次試験概要説明
・属性別1次試験プレゼン
(へんりー、hiroちゃん、zenzen、だいまつ)
 -初学者の方必見。絞ってやることも大切
 -基礎がないと嘆く受験生の方への基礎固めの話
 -過去問回転と独学に潜む罠~独学生がやりがちな間違いとは?
 -1次試験分析結果から見えた!~DE問題はやっぱり後回し!
・パネルディスカッション「診断士試験の都市伝説に迫る!」
 ~その都市伝説 アリ? or ナシ?

第二部
・2次試験とは?
 ~彼を知り己を知れば百戦殆うからず
(だいまつお得意のステマもあるよ!)
・パネルディスカッション「二次試験の早期対策実施の是非」
 この時期にしていた2次対策は?
 -よかったこと、悪かったこと(後悔)
・シークレットゲスト登壇

第三部
・フリー相談会
 -道場メンバーに直接悩みや疑問をぶつけて下さい!力の限りお答えします!

※上記プログラムは予定です。限られた時間の中で皆さんにお伝えしたいことがあり過ぎるため、内容の一部変更もありえます。その時は、個別に質問してくださいね(*‘∀‘)

よし、こっちも置きましょう!
つ 大阪春セミナー申し込みURLはこちら

通学・通信・独学と学習スタイルが違っても、
一年目、二年目、三年目以降と学習期間が違っても、
何か掴めるものはあるはずと自負しております。
道場春セミナーは東京と大阪、年に各一回しか開催されません。
是非、この「機会」を活かして合格に一歩も二歩も近づいて下さい!

さて、これだと「告知しただけ」みたいになるので
時間のある方は少しだけ私の繰り言を聞いて下さい。
(忙しい方は飛ばして下さい!そしてトーンが変わるのでご注意下さい!)
 

 

---------------------------------

 

 

私は油断するとすぐサボりたがる困った人で、
道場に出会う前は雑な学習で不合格を繰り返していました。

道場に出会ってからは日々の更新に励まされながら1次試験に合格しますが、2次試験には2回落ちてしまいました。
「もうこれで最後にしよう」と思った昨年、どうにか合格出来ましたが、体験記にも記した通り、

道場セミナーに参加していなければ私は合格していなかっただろうし、こうして9代目として何かを伝える立場になることもなかった。

このことについて先代には感謝しかありません。
昨年の合格者の中で「道場に助けられた人ランキング」があれば、かなり上位に食い込むはずです。

だからこそ、私はそれを次に繋げなければならないし、繋げたい。

今、疑問や不安がある方はセミナーに来て、それを私たちに伝えて欲しい。
セミナーに来れない方は、ブログのコメントで質問して欲しい。
どんな形でもいいから、道場を使って欲しい。
そして、何らかのきっかけを掴んで欲しい。

もし、今これを読んでいる貴方が、少しでも興味があるのなら
セミナーに参加してもらえると嬉しいです。
そして「来て良かった」と思って頂けるよう力を尽くすことだけは約束できます。

以上、zenzenでした。

 

 

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

 

■春セミナー2018 in大阪

お待たせしました!大阪セミナー申込受付中!!

申込URLはこちら
□ 開催日時:2018年4月7 日(土) 14:30〜17:30※懇親会は18:00〜20:00予定
□ 会場:大阪写真会館 5階B会議室
□ 定員:25名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

■春セミナー2018 in東京

お待たせしました!東京セミナー申込受付中!!

申込URLはこちら

□ 開催日時:2018年4月21日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:00〜19:00予定
□ 会場:浜町区民館(〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目37−1)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


▼▼▼▼▼▼▼申込受付中♪▼▼▼▼▼▼▼
04/07 (土)開催 春セミナー2018 in大阪
04/21 (土)開催 春セミナー2018 in東京
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
※詳しくは最後の「道場春セミナーのお知らせ」をご確認ください♪

………………………………………………………………………………………………

おはようございます、zenzenです。

本日は日曜日で通常更新はお休みですが、合格体験記を頂きましたのでご紹介します。
長期間の受験生活を完走して見事合格を勝ち取られた「FIJIさん」からの寄稿です。
諦めないことが合格への道であることを体現されています。

==========ここから寄稿==========

(0))受験生情報

名前(HN):FIJI
年齢:49歳

(1)診断士に挑戦した理由・きっかけ

所属部署(資材部)で多くの中小企業の取引先の方々と接する中で、中小企業の方々に経営のアドバイスをしたいと思うようになったことが動機です。その後に部署が異動となりましたが、診断士の勉強が楽しく、引き続き合格を目指しました。

(2)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

保有資格は簿記2級、中国語検定2級、第1種衛生管理士。
専門的な知識は特にありません。
最初はどれ程難しい試験かを知らずに、会社で配っていた産業能率大学の通信講座パンフレットから軽い気持ちで中小企業診断士の講座を申し込みました。
得意科目は、メーカーにいたので運営管理かなと、実際の得点は高くありませんが。
不得意科目と自分で意識していたのは財務・会計です。

(3)学習スタイルとそのメリット・デメリット

①学習スタイル
1年目 産業能率大学の1次向け通信講座を受講。
2年目 TBC大阪校の2次向け講座(通学)を受講。
3年目 主に独学。TBC大阪校の1次向け短期講座を科目選択してGWに受講。
4~8年目 海外赴任で中国(上海)駐在のために試験勉強を中断。
9年目 LEC大阪校の1次向け短期単科講座(通学)を科目選択して受講。
10年目 TAC京都校の2次講座(DVD)を受講。
11年目 TAC京都校の1・2次ストレート本科講座(通学)を受講。
12年目 TAC梅田校の2次本科講座(通学)を受講。

②メリット
結局、きちんと通学して予備校へ通ったのは、2年目、11年目、12年目です。
診断士試験を甘く見ていたのと、他の年は仕事や家庭の事情で勉強に時間を割けなかったことが理由ですが、TAC京都校へ通って2次試験向けの勉強会仲間に恵まれ厳しくも楽しく勉強出来たことは大きなメリットでした。

③デメリット
予備校へ通えば当然費用がかさむのですが、診断士試験に合格するという果実に較べれば、費用の問題は大きなデメリットとは思えません。

(4)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数
H18年学習開始
一次受験12回、二次受験4回

②一次学習時間
1,500時間
一次合格は科目合格の積み重ねで、一次学習時間は毎年200~300時間程度しか取れていませんでした。

③二次学習時間
700時間
合格したH29年に400時間、プラス他の年の合計300時間。

(5)合格までの学習法

①1次
TACのテキスト(スピードテキスト)の暗記、TACの問題集(スピード問題集、講座の問題集:トレーニング)、過去問題集を教材として学習。
②2次
TAC講座の演習、(TAC京都校仲間との)勉強会で本試験過去問題(10年分)、TAC2次事例Ⅳ特訓の短期講座、模擬試験(TAC)、「2次試験合格者の頭の中にあった全知識」、中小企業白書を教材として学習。

②再現答案
H28、29年に作成しました。
ふぞろいな合格答案は過去10年分を買って勉強会の時に参考にしました。

(6)学習時・受験時のエピソード

・1年目
産業能率大学の1次向け通信講座を受講。→1次試験の科目合格。

・2年目
TBC大阪校の2次向け講座(通学)を受講。
→1次試験は合格する予定で2次の勉強を併行するも、1次の科目合格にとどまる。

・3年目
主に独学。TBC大阪校の1次向け短期講座を科目選択してGWに受講。
→1次試験合格。直後に中国へ赴任。その後ほぼ勉強の出来ないまま2次試験を中国から帰国して受験するも不合格。  (B判定)

・4~8年目
海外赴任で中国(上海)駐在のために試験勉強を中断。
→但し、試験のみは(家族に煙たがられる中)中国から帰国して受験する。4年目の2次試験は不合格。(B判定)
中国から一時帰国して試験のみ受け続けた5回の1次試験は全て不合格。

・9年目
LEC大阪校の1次向け短期単科講座(通学)を科目選択して受講。
→中国から帰任後に受けた1次試験は科目合格。

・10年目
TAC京都校の2次講座(DVD)を受講。
→1次試験は合格する予定で2次の勉強を併行するも、再び1次の科目合格にとどまる。
合格基準点まで1問(4点)差に泣く。

・11年目
TAC京都校の1・2次ストレート本科講座(通学)を受講。
→自分一人で勉強をするスタイルに限界を感じ、教室講座を受講する。
1次試験合格。2次試験は不合格。(B判定)合格基準点まで4点差。

TAC公開模試
事例Ⅰ:35、事例Ⅱ:59、事例Ⅲ:49、事例Ⅳ:20
合計:163点  順位1274/受験者2352
2次試験点数 事例Ⅰ:53、事例Ⅱ:71、事例Ⅲ:45、事例Ⅳ:67
合計:236点

・12年目
TAC梅田校の2次本科講座(通学)を受講。
念願がかない二次合格。
30代に合格するつもりが、40代ギリギリでの合格となりました。
TAC公開模試 事例Ⅰ:41、事例Ⅱ:53、事例Ⅲ:64、事例Ⅳ:44
合計:202点  順位241/受験者2438
2次試験点数 事例Ⅰ:73、事例Ⅱ:62、事例Ⅲ:59、事例Ⅳ:59
合計:253点

(7)これから合格を目指す方へのアドバイス

永く勉強をした私が言うのも何ですが、とにかくあきらめないことが重要です。
一次、 二次試験とも合格率は20%の試験ですので、(良いか悪いかは別ですが)
一次は3回以内、2次は4回以内で合格をすれば平均合格率以上と不合格の度に自分を納得させて、気長に勉強を続けました。
この試験の受験生の多くは30~40代と、一般に会社の仕事は多忙で、家庭ではちょうど子供さんが幼稚園から小・中学生という方が多いと思います。その中で勉強時間を捻出するのに皆さん苦労をされていると想像します、私もそうでした。
私は昨年の一次試験を正答率が60%から59%に下った救済措置で辛くも合格しましたが、一昨年の一次試験は合格に4点届かず1問差で涙をのんでいます。同様に二次試験でも昨年は4点差で不合格であり、今年合格した再現答案の自己採点は昨年とほぼ同じ点数でしたが、(得点開示結果が未だ届いていないので分かりませんが)おそらくギリギリの点数で二次試験も合格していると思います。勉強会の仲間で今年不合格であった友人の中にも私より努力をして知識もあった人はたくさんいました。本当に合格と不合格を隔てる差は紙一重です。
優秀だと思う友人の中にも、それぞれの事情の中で今年不合格だったが、もう来年は診断士試験を受験しないという方が何人もいます。本当に超優秀な人を除くと、合格ライン前後には団子状態で受験生がひしめいています。だから例え不幸な結果になった年があっても、あきらめずに合格を目指して頑張ってほしいと思います。私にとって中小企業診断士の資格はライフプランを考えた時に、自分に絶対欠かせない1ピースでした。これから合格を目指される方に、正しい方向で続けた努力は必ず報われるとお伝えしたいと思います。
勉強法についての具体的なアドバイスは余りありません。1次は時間をかけて問題集を繰り返せば、合格点にたどり着くと思います。2次は色んな教材の中から自分に合うやり方を取捨選択しました。あと受験情報はモチベーション維持のためにも最短コースで合格するためにも有用ですので、色々なブログの中から参考になる記事は拾い読みされることをお薦めします。

■ 以上

==========ここまで==============

いかがでしたか?
直近の模試と本試験の結果から、安定した実力をお持ちであることは間違いありません。
しかし、仕事や家庭で忙しい中での時間捻出、通信・通学・独学と様々な学習スタイルの模索、海外赴任から一時帰国しての受験、1次試験でも2次試験でも4点差に涙を呑むなど、そこに至るまでの道のりは決して平坦ではなかったことがうかがえます。そんな中、FIJIさんは諦めるどころか試験勉強を楽しんで取り組まれていた。不合格になっても決して悲観せず、自分を上手くコントロールされています。
この強さは、体験記にもある通りご自身の人生の中での診断士試験の位置づけが明確であったからでしょう。複数回の不合格を味わった方の背中を静かにそして力強く押してくれる、そんな体験記だと思います。
諦めなければ道は開ける。そう改めて私も教えられました。

FIJIさん、素敵な体験記をありがとうございました!
以上、zenzenでした。

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

 

■春セミナー2018 in大阪

お待たせしました!大阪セミナー申込受付中!!

申込URLはこちら
□ 開催日時:2018年4月7 日(土) 14:30〜17:30※懇親会は18:00〜20:00予定
□ 会場:大阪写真会館 5階B会議室
□ 定員:25名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

■春セミナー2018 in東京

お待たせしました!東京セミナー申込受付中!!

申込URLはこちら

□ 開催日時:2018年4月21日(土) 14:00〜16:30※懇親会は17:00〜19:00予定
□ 会場:浜町区民館(〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目37−1)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


zenzenです。春らしくなってきましたね。そろそろ冬物のコートは仕舞って、春らしい装いで気分も新たにしたいところです。

さて、1次試験まであと5ヶ月を切りました。
「少し焦ってきた」
「まだまだ余裕」
「そろそろ目処が立ちそう」

と、1次試験を迎える皆様の思惑も色々あるでしょう。
が、ここは敢えての2次試験記事。
特に、去年1次試験を通過して2次試験を残すのみ、という方を意識して構成してみます。
(経験上、最もダレているのがこの時期だと思うので・・・私だけでしょうか?)
 
では、この状況の方が抱える悩みとは?

・2次試験合格までの道筋が見えない
・1次試験保険受験をするか否か悩ましい
・受験期間が長期化し、モチベーションの維持が難しい

恐らくこのあたりが主なものかと考えています。

・2次試験合格までの道筋が見えない
合格者の方でも、「受かると思わなかった」「自分の答案の何が良かったのか分からない」という声はよく聞きます。
そんな掴みどころのない試験、得点開示をしても実はピンと来ていない・・・。
自分の点数は分かったけれど、じゃあどうすればこれが合格点になるの?どこが悪かったの?
 
・・・さっぱりわからない。
 
なんて方はいませんか?

私も2016年の春ごろは完全にこのパターンでしたね。
これを何とか克服しようとした結果、以下の取り組みに至ります。
1.勉強会への参加
2.ふぞろいな合格答案シリーズの精読
3.AAS通信の受講

勉強会やふぞろいな合格答案シリーズについては、多くの方が触れていますし、今後も触れるでしょうからここでは言及しません。
別に回し者でも何でも無いですが、今回は私が2016年に受講したAAS名古屋の「合格指南塾」を紹介しておきます。私が受講した時とは内容が少し異なるようですが(事例Ⅳの要素が追加されています)、2次試験の勉強方法にお悩みの方は一度検討する価値はあると思います。
また、今にして思えば「1次試験と2次試験の平行学習の材料」としてもかなり優れていると考えています。
メリットとしては、

1.分量が少ないので忙しい方でも取り組みやすい。
2.必要な要素を分解して説明しているので、初学者でも理解しやすい。
3.2次試験で有効な「型」を体感できる。
4.原則として週に1問の出題なので、ペースメーカーとして使える。
といったところでしょうか。

・1次試験保険受験をするか否か悩ましい

これもよく取り上げられるテーマですが、過去記事を3つ紹介しておきます。
7代目かおりんさんの記事
【多年度生向け】1次試験の保険受験は必要か?
8代目TOMさんの記事2つ 
【一次試験合格者向け】一次試験は再受験すべき?
【一次試験合格者向け】一次試験は再受験すべき?(その2)
こちらの先代2人は「受験するべき」という意見ですね。
私自身は悩んだ挙句に保険受験はしませんでした。そして見事に2回目の2次試験に落ち、1次試験からのやり直しとなってしまいました。
過去記事でも触れられていますが、また1から7科目勉強するのは、確かに辛いです。本当に辛いです。少なくとも私には凄く辛かった。
「保険受験しておけば良かった」「せめて何科目か減らしておけばよかった」と思いながら何度枕を濡らしたことか・・・。(涎で)

敢えて保険を作らず背水の陣を敷くという考え方もありますが、通常は保険受験をするのがベターでしょう。
「1次試験は一度受かると何度でも受かる」という説がありますが、
実際には去年涙を飲んだ方も見ているので、安易に「受けなくてもいい」とは言えません。
私がもう一度同じ立場になったら、負担を減らすために2日目科目だけでも受けておくと思います。
理由としては、私見ですが最近の傾向として2日目科目が難しいという印象を受けているからです。
この部分の負担を減らすことが出来れば、1日目科目は随分組し易い、と考えています。

・モチベーションの維持が難しい

受験期間が長期化すればするほど、モチベーションの維持は難しくなるものだと思います。
私自身も随分気持ちにムラがあるタイプで、全くもってモチベーションを維持できた人間ではありません。

強い気持ちは大事ですが、私は気持ちだけでは自分を繋ぎ止められないので、工夫で補うことにしました。(そうしないと続けられなかっただけ。)

大前研一さんの有名な言葉で、

「人間が変わる方法は3つしかない。
1番目は時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目はつきあう人を変える。
この3つの要素でしか人間は変わらない。
最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。」

というものがあるのですが、これを応用して考えてみました。
初代ハカセさんの特別記事でもこの言葉は引用されていますね。)

1.1年目はやらなかった朝学習をやってみた。
 (意外に続けることができた)
2.勉強する場所を小刻みに変え続けた。
 (マンネリ感は薄らいだ)
3.1年目は一切参加しなかったセミナーや勉強会に参加してみた。
 (合格者や他の受験生に会って認識が新たになった)

気持ちの部分でもやもやしている人は、まず小さく行動を変えてみる、というのも悪くない方法だと思います。
今までやったことがないことを、「少しだけ」試してみる、とか。

そうですね、一番簡単でお勧めなのは・・・このまま画面を下にスクロールしてみる、というのはいかがでしょうか。
 
 
あ、春セミナーの告知が!・・・来てみませんか?
 
 
さらにスクロールすると
ブログ村のボタンが!・・・ポチっと押してみませんか?(笑)
 

以上、zenzenでした。

 

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

応募方法は後日ご案内します。まずは予定の確保をお願いします!!

■春セミナー2018 in大阪

□ 開催日時:2018年4月7 日(土) 14:30〜17:30
□ 会場:大阪写真会館 5階B会議室
□ 定員:25名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

■春セミナー2018 in東京

□ 開催日時:2018年4月21日(土) 14:00〜16:30
□ 会場:浜町区民館(〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目37−1)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 



黒星スタート

 

zenzenです。早くもキャラ設定に悩み始めてきましたが、道場では私はおそらくイロモノ枠なので気にせず好きなようにいかせていただきます。

では宣言通り私が間違ってきた歴史を振り返ってみましょう。
受験生としての属性に「再挑戦」とあるように、
かなり昔に一度取り組みました。そして失意のままフェードアウトした後、空白期を経て2014年にひょんなことから再挑戦を志します。
改めて私の受験歴を示すと
【道場処方前】
2007、2008、2009、2014
全て1次試験敗退。というかまともに戦うことすらできていない。
【道場処方後】
2015(1次試験合格、2次試験不合格)
2016(2次試験不合格)
2017(1次試験合格、2次試験合格)
明らかに処方後は快方に向かっております!
(一時はどうなることかと心配しました・・・。)

今回は最初に受験した時のことを晒します。
古い記憶ですし、今と状況が異なる部分もあるでしょうが、「かなり残念な事例」として笑ってやって下さい。

な、何を言っているか分からねーと思うが、初めて受けたときは20代だったのに、合格したときは40歳になっていた・・・。試験が難しいとか、そんなものじゃなく、もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。

何か聞こえて来ましたが、きっと幻聴ですね。そうに決まっています。気にせずいきましょう。

2007年の4月ごろだったと思います。あれはパチスロが4号機から5号機に移行する年のこと・・・。
この資格の名前だけは知っていて、興味本位で本屋でパンフレットを貰って帰ったのです。ネットで調べてみたところ、合格までに必要な勉強時間が1000~1300時間と紹介されていました。当時の率直な感想としては、「難しそう」「とても今年受かるのは無理だろう」(※1)というものでした。
同時に、「この試験に合格できたら、少しはマシな人生を選べるんじゃないか?」とも思っていました。自己否定を抱えて脱却するきっかけを欲しつつ、一方で真剣に向き合うことには腰が引けている、という矛盾した状況ですね。

この時私が下した結論は、「どの道今年は無理っぽいし、とりあえず一回試しに受けてみて、やるかどうか決めればいいんじゃない?」(※2)というものでした。どうせパチスロで負けるなら・・・と受験料を振り込み、ほとんど準備もせずに呑気に一次試験会場に向かいます。

およそあの日の受験者の中で、私ほど腑抜けた人間もいなかったのではないでしょうか。
当然ほとんどの科目はチンプンカンプンなのですが、意外に出来るぞ、と感じた科目もありました。
結果は300点前後で経営情報システムだけが科目合格だったと記憶していますが、(当時、経営情報システムは今と比べてかなり難易度が低かった模様です。)
この結果を根拠に下した判断はこうです。

「1科目20点前後の上乗せで足りるなら、意外にいけるんじゃない?
やってみようか!」
(※3)

という訳でその年の秋ごろから少しづつスピードテキストと問題集を買いそろえ、2008年の試験に向けて、独学で不十分な勉強を始めます。

では、この時の勘違いを自分なりに検証してみます。

※1「難しそうと判断した根拠は、必要な勉強時間だけ?」

必要な勉強時間は、人によって全く違います。8代目ITOや9代目たかじんなど、極端に短い方もいるかと思えば、1000時間超を費やして高得点で合格する方もいます。当時の私は自分にとって必要な学習量と内容を全く考えることなく安易な結論「どの道今年は無理」に至っています。(恥)

※2「取り合えず一回受けてから考える?」
何もしないよりは大分マシですが、呑気過ぎます。年一回の機会が勿体無いです。
去年の1次試験の実績を確認すると申込者が20118人とありますが、恐らくこの中には昔の私のように、
「取り合えず受けてみようか」という方も一定数はいそうな気がします。
今、一発合格道場を読んでいる方の中にも、この試験を知ったばかりで「今年の受験はどうしようかな」と迷っている方もいらっしゃるかも知れません。
そういう方には、「お試しでもいいけど、本気で試して欲しい」と伝えたいと思います。
本試験のレベルを知るために、過去問でセルフ模試をやっても良いし、予備校の模試を受けても良い。取り合えずでも出来ることは沢山あります。計画的に2ヵ年合格を目指すという戦略だってあります。

今は強い気持ちが自分の中に見当たらない・・・。という方もいらっしゃるかも知れません。
でも、気持ちなんて変化するものだと私は思っているので、
「興味がある」「勉強しようかな」「合格したい」という気持ちが少しでもあるのなら、まず出来ることを始めて欲しい。
「やる気がなくても始めれば、次第にその気になってくる」ということもありますしね。
小さな気持ちが育っていくのを感じるのも案外楽しいものですよ。

※3「1科目20点程度の上乗せならいけそう?」

これはいくらなんでも甘く見過ぎです。
あくまで私の感覚ですが、本試験問題はかなりデザインされているので、50点前後が多くなるように、80点、90点以上はかなり少なくなるように
出来ていると思います。最初の壁は40点、次の壁が55点前後でしょう。「60点で合格点なら、そう難しくない」と思うのは早計ですね。

レベルが低すぎて参考にならないとは思うのですが、この時の失敗から得られる教訓としては・・・
・「見た目」の難易度(目安でしかない勉強時間、試験の点数)に振り回されない。(悲観も楽観もしない)
・「お試し」だからと言い訳を作らない。(出来るはずの準備をサボらない)

あたりでしょうか。

久しぶりにこの頃の記憶を紐解きましたが、相当に、かなり、色々と残念な人ですね、私。知ってましたけど。
みっともないのは重々承知ですが、私にとってはここが紛う事なきスタートだったのです。
皆さんは振り返ったとき、この一年をどんな位置づけにしたいですか?

決して私のようなスタートでないことを祈ります。

 

以上、zenzenでした。
いい一年にしたい方は下の春セミナー告知にも注目!
次回は9代目随一の熱い漢、hiroちゃんです!

✿:❀:✿:❀ 道場春セミナーのお知らせ ✿:❀:✿:❀

一発合格道場 春セミナー2018

☆道場メンバーやOBが診断士試験突破のために実施したことをお伝えします!
☆受験生のみなさんの悩みや疑問に個別にお答えします!

応募方法は後日ご案内します。まずは予定の確保をお願いします!!

■春セミナー2018 in大阪

□ 開催日時:2018年4月7 日(土) 14:30〜17:30
□ 会場:大阪写真会館 5階B会議室
□ 定員:25名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

■春セミナー2018 in東京

□ 開催日時:2018年4月21日(土) 14:00〜16:30
□ 会場:浜町区民館(〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目37−1)
□ 定員:50名(先着順)
□ 参加費:1000円+懇親会参加の方は4000円予定

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀

 

 

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!


はじめまして、zenzenと申します。
これから1年間、道場9代目としてブログを書くことになりました。
よろしくお願いいたします。

2015年の不合格体験記はこちら
2017年の合格体験記はこちら

受験生としての自分を表現するとすれば、
「独学」「多年度」「再挑戦」「事例Ⅳめちゃ苦手」「メンタル弱め」
あたりがキーワードでしょうか。(多いな)

道場には時々コメントを送っていたので、このハンドルネームに見覚えのある方もいらっしゃるかも知れません。3年間読み続け、不合格体験記と合格体験記を掲載して頂くという栄誉にも預かり、この一発合格道場を相当に味わった愛読者の一人だと思います。昔から道場執筆陣に憧れはありましたし、やってみたいなと密かに思っていましたが、まさか本当に9代目に選ばれるとは・・・・。人生、何があるかわかりませんね。

深い分析で切れのある記事!とかストイックな学習で掴んだ試験の真髄!なんて記事は書けそうもありませんし、書いても嘘になりそうです・・・。
勘違いしながら、空白期を経ながら、モチベーションを失いながら、不合格を繰り返しながら、どうにか受験生生活を卒業できた、という人間です。残念ながらそのままではお手本にはなり辛い。

もし、私が皆さんにお伝え出来ることがあるとしたら、私が躓いた足跡にこそあるのかも知れません。ストレート合格するためのノウハウは他の9代目に任せるとして、私の記事は失敗談をメインにお送りすることになると思います。

さて、タイトルにもある「坑道のカナリア」

採掘作業を行う時など有毒ガスが発生する恐れがある場合、炭鉱夫は籠にカナリアを入れて坑道に入ったそうです。もし有毒ガスが発生していたら、カナリアは人間よりガスに敏感なため騒いだり気絶したりすると。その様子を見て、炭鉱夫は危険を察知して退避する、ということですね。

体験記にもあるように、私は1次試験を6回、2次試験を3回受けています。都合1次試験に4回、2次試験に2回落ちています。ただ受けただけという回もありますが、落ちることに関しては一日の長があると言えるでしょう。(言えるな)

私を「坑道のカナリア」として考えれば、それだけの回数毒ガスを検知した(そして、いわば殉職した)ことになります。
ならば、これから診断士試験というトンネルを抜けようとする皆さんに、

「こっちに行くと危ないよ!」

というアラートを示すのが私の役割ではないかと。
9代目メンバーは11人いますが、

私より多く受験した人も、私より多く落ちている人もいませんから・・・。

(自虐が強い)

基本的には1次試験も2次試験も約8割の受験者が不合格になる試験です。長く「落ちる側の8割」にいた私が、いかに躓いてきたのかを晒しますので、それを避ける方に行動をシフトしていただければ、必然「受かる側の2割」に近づけるのでは。

舐めてかかって受かるほど甘くはない試験ですが、決して超優秀な方だけが合格する試験ではありません。
「危険を避ける」ことが出来れば、超優秀でなくても合格ラインに浮かび上がることは出来ると思います。

「自分は今年合格できるのかなぁ・・・」なんて不安な気持ちを抱えているあなたに伝えたいのは、

大きなミスが無ければ十分手が届く

と、いうことです。

私自身は、2次試験に2回落ちるまでは「合格したいけれど、難しいだろうな」とどこかで思いながら学習していました。
「難しい」と思う理由を、明確に言葉に出来ていなかったから
だと思います。
思えば、ここが多年度化した最大の理由だったかも知れません。

勿論、それぞれの方が置かれた状況は異なりますから、一概に一発ストレート合格を目指すことだけが正しいとは思いませんが、
最初から自分で自分を「合格するのは難しい」なんて窮屈な籠に入れる必要は無いはずです。

丁寧に考えて、
「自分にとって、診断士試験が難しいと思う理由」
を掘り下げることが出来れば、
ぼんやりした不安は解決すべき課題に形を変え、
自ずと籠から抜け出す方法が見えてくると思います。

通常日曜日は更新しないのですが、明日は早くも特別記事が!?
経済学が気になる方は要注目です!

以上、zenzenでした。

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

再現答案集はココ!↓

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

一発合格道場 2次口述試験対策セミナーin東京

2018年12月9日(日)30名を超える方に参加頂きました。ありがとうございました!

18口述セミナーin東京レポート

 

————————————————–

18夏セミナーin東京レポート

18夏セミナーin大阪レポート

————————————————–
18春セミナーin東京レポート

18春セミナーin大阪レポート

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版発売開始しました



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX