投稿者「 » どいこう」の記事


こんにちは、どいこうです。
11代目への引継ぎが目前に迫ってきました。今回が私が最後の投稿となります。

1月に開催したロケットスタートセミナーの続編、というような気分で、私の10代目としての1年間の振り返りを書こうと思います。
「診断士資格を取得した後、まあまあ楽しく過ごしています」という一例としてお読みいただけると幸いです。

「実務を見据える」記事を目指しました

私が抱いていた問題意識

10代目に就任直後、自己紹介の欄には、こんなことを書きました。

「私は暗記が苦手でしたので、同じく暗記が苦手な方でも気がついたら頭に入っているような、実務との距離感が近い記事を書ければ、と考えています。」

受験生時代って、学習内容が重要なのは当然ですが、資格取得後の展望が見えてないケースが多いと思うのです。それで、合格した後で慌てて情報収集に走る、ということが起きます(自分がそうでした)。

最近思うことですが、以下のような残念な事象は、情報不足に起因するのではと考えています。

1)巷で「ひよこ食い」と呼ばれる現象
合格直後の診断士からまとまった受講料を徴収するが、ろくにメリットを提供できない業者が存在します。

2)資格コレクター化
せっかく取得した資格の活用を考えるよりも、合格直後から「次は何の資格にしよう?」と考えて行動してしまう合格者が一定数います。

一方、(道場の読者には少ないと思いますが、)診断士養成課程の卒業生には、先々の展望を持っている方が多いという印象を個人的に持っています。

自分も何か貢献できないかな、という思いがあって、記事の中に「実務よりのエッセンス」を注入できればと思った次第です。

1年間の執筆を振り返って

上記の目標は私が勝手に立てたものであり、どの程度ニーズがあったのか不明です。

ただ、自分なりに、「受験生のときに、こういう情報を得れば意欲が上がり、また合格後のスタートダッシュに役立つのではないか」と考えた結果、書いた記事たちです。

実力不足だったかも知れませんが、お付き合いいただいた読者の皆様、まことにありがとうございました。

情報収集・関係づくりに取り組みました

診断士資格の活用方法

診断士資格の活用には大きく2つの方向性があると考えています。

1)資格をシグナリングに活用して、社内異動や転職につなげる
「仕事のやりがい向上」「給与収入アップ」といった利点があります。
中小企業診断士の資格はまあまあ取得が難しい資格なので、響く人には響きます。
企業内診断士の方にはこのメリットがあり、10代目でも複数のメンバーが経験しました。

2)コンサルタントや講師として収益化を目指す
企業内の方には「副収入」「将来的な独立の選択肢」、独立している方には「多角化できる」というメリットがあります。
私が目指していたのはこちらでした。

収益化したい場合に実施すべきこと

上述の(2)コンサルティング事業の収益化を目指す場合、合格したあとの典型的な流れは以下のようになると考えます。

1)資格登録
2)情報収集・関係構築
3)サービス設計
4)案件獲得・収益化

1年間の振り返り

私の上記4項目に関する取り組みですが、独学プラス通信講座で孤独に学習した経緯もあり、資格登録までは問題なくできたものの、当初は情報不足でどう動いてよいのか全くわかりませんでした。

そのため、「情報収集と関係構築」に精力的に取り組んだように思います。

1)同期との「共同作業」
一発合格道場とタキプロの受験支援活動に前向きに取り組みました。
セミナーでは、読者の皆様ともたくさんお話することができ、多少なりともお役に立てている実感を得ることができました。
また、その副産物として、同期合格者たちと顔見知りになり、気軽に声を掛けて協力しあったり相談できる関係に近づけたと思っています。

2)複数の研究会やマスターコースに前のめりに参加
いろいろ実験した結果、失敗もありましたが、よい出会いもたくさんありましたし、初期的なサービス設計もできました。

私が参加して特に有意義だったのは、CB研(コンサルティング・ビジネス研究会)が開催する「Step Up マスターコース」でした。CB研は独立志向の診断士が集まって顧客獲得を研究するリアリスト集団で、主催者の方の個性が強烈で面白いです。Step Up マスターコースはそのCB研が構築した顧客獲得メソッドを学ぶ会であり、私の代は参加者14名中、当初から独立していた人が9名、開講中に独立した人が2名という具合でした。合格者でピンときた方は、4月11日(土)に開催予定の東京協会「スプリングフォーラム」で出展ブースに立ち寄るか、4月中旬~5月に開催予定の無料説明会にご参加ください。

3)偉い方々の会に時折参加
同世代の気楽な集いだけでなく、重鎮が集まる場にもぽつぽつ参加しました。

これらの活動の結果、ある程度の成果があったと考えています。
・商工会議所の後援でセミナーを開催した
・セミナーを起点に経営計画作成をいくつか受注した
・先輩診断士の紹介で経営計画作成をいくつか受注した
・とある重鎮が関与する企業の経営支援を依頼された

中小企業政策の重要性を再認識

1年間の活動を経て、中小企業診断士が一般的なコンサルタントと明確に差別化できる点があると感じました。
それは、複雑な中小企業政策を理解している(はずである)ことです。

まだ1年間しか活動していませんが、私の活動からは以下の学習項目が収益化に直結する印象があると思いました。
・保証協会による信用保証
・公庫の融資制度
・中小企業庁が定める各種経営計画
・補助金制度

なので、これらの項目は特に「学び甲斐」があるのかな、と現時点では思っています。

おわりに

読者のみなさん!!
合格された方々、近いうちに何らかの活動でご一緒できることを楽しみにしています。
未合格の方々、ぜひ、今年の試験に合格してくださいね!
診断士仲間として楽しみましょう!!

道場を設立された初代の皆さん、バトンを引き継いでくださった2代目から8代目のみなさん、道場10代目として受け入れてくださった9代目の皆さん、本当にありがとうございました。おかげで診断士1年目を充実させることができました。

一緒に活動した10代目のみなさん、本当にありがとうございました。前向きで意欲の高い人々の集団だったので、私も一年間の活動を存分に楽しむことができました。ときどき意見をぶつけ合う激論が発生しましたが、変に感情的になることなく、生産的な話し合いができたことにも、とても感謝しています。

11代目の皆様、道場の伝統とかあまり気にせず自由に楽しんでいただければと思います。どうぞよろしくおねがいします。

それでは、また会いましょう~~~~


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは!どいこうです。

さて、本日の合格体験記2人目は、診断士との交流から資格取得を決意、通勤講座と道場記事をフル活用した独学で無事に合格を果たした地方在住のskyパパさんです。

==========ここから寄稿==========

(0) 受験生情報

名前(HN):skyパパ
年齢:47歳

(1) 自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

割とストイックな独学会社員

(2) 診断士に挑戦した理由・きっかけ

長らく大手法人向け営業として過ごしてきた会社員生活において、職種変更で中小企業向け営業がメインになり補助金や経営力向上計画書作成等、いろいろな場面で中小企業診断士の方々とお会いし資格を活かして仕事をする姿に自らを重ね、自分もこうありたい!と強く思い、懇意にして頂いた診断士先生に背中を押して頂いた事がきっかけです。

(資格の存在自体は2002年頃から知っていましたが、1次試験の科目数の多さに自分には無理と思い、実際に勉強を始めることはありませんでした)

(3) 学習開始時の知識・保有資格・得意科目・不得意科目

知識:企業経営理論(労基法以外)、経営情報システム、中小企業施策
保有資格:情報処理技術者、ITコーディネータ
(一次試験不合格後・・・簿記3級、ビジネス実務法務検定3級)

得意科目:企業経営理論、経営情報システム、中小企業経営・政策
苦手科目:経済学、財務・会計、経営法務
(財務・会計は、とにかく簿記部分が苦手で、得意になることはなく最後の最後まで苦手意識を持ったままでした・・・)

(4) 学習スタイル

学習スタイルは基本的に独学で、平日夜間の学習を中心として土日は補習に充てる
地方在住且つ、ちびっこ3人のパパでもあり独学・通信以外の選択肢は現実的に難しかったという事情もありました。

1年目・・・通信(通勤講座)
学習開始1年目は、通勤講座を視聴後、問題集・セレクト過去問を実施

2年目
1次独学・・・過去問演習+TBCテキスト+石川先生の経済学テキスト/動画
2次独学・・・一発合格道場+過去問演習+TBCテキスト+ふぞろい

①メリット:費用負担が少ない、ペースメーカーになる、自分のペースで進められる
②デメリット:特になし

(5) 合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期:2018年1月、受験回数:1次2回、2次1回
②一次学習時間:全く記録しておらず感覚ですが、800時間程度
③ニ次学習時間:こちらも記録しておらず感覚ですが、100時間程度

(6) 合格までの学習法

①1次
1年目:科目合格(運営管理、経営情報システム、中小企業経営・政策)
動画視聴→問題集→音声学習→過去問を繰り返し、6月以降本格的に過去問に着手

2年目:1次合格(経済学、財務・会計、企業経営理論、経営法務)
1次試験結果で簿記と法務があまりにもひどかったので、試験勉強前に簿記3級とビジ法3級の資格取得、今でも苦手分野であり、試験に役立ったかどうかは微妙ですが・・・
2019年1月より過去問10年分のAB論点問題のみ徹底して反復学習
同時に、2次事例Ⅳ対策に着手し、30日完成!事例Ⅳ合格点突破計算問題集を実施、その他財務・会計系のおすすめの本を複数冊読む

②2次筆記
Ⅰ次試験終了後、自己採点により合格を確信し対策に着手
一発合格道場の2次筆記記事を改めて読み込み、まずは80分以内に全事例・全マス埋めるためのお作法・考え方を学習し、自分の筆記能力と照らして事例毎の時間割を決めた後、
だいまつさん、きゃっしいさん、なおさんの解法記事を参考に合格する方々のやり方をそっくりパクろうと悪戦苦闘、結果的に同じやり方は自分にはできず、パクってカスタマイズをさせて頂き本番に望みました。

過去問演習についてはH30・29・28の事例Ⅰ?Ⅲを3年分*3回実施
(1つの事例演習に、手順確認60分、演習80分、振り返り+復習2時間ほど費やしました。手順確認は、道場諸先輩の解法をトレースし何故?を徹底して理解する事に努めました。線を引く理由、設問要求理解、マス目に収める言葉のチョイス理由等々、その後実際に演習を行い、振り返り+復習として自己反省を繰り返し合格者同様にできていた部分中心に赤ペンでノートに書き出し、できていない部分は知識補充程度に留める)
事例Ⅳについては経営分析部分のみ完璧にした状態で後は野となれ山となれ状態!

合格者の方々や受験予備校などの模範答案が書ききれる状態には程遠い状態でしたが、試験当日は、試験ではなく80分以内に事例企業の社長に宛てて簡易提案書を作る気持ちで挑みました。まずは社長のご質問内容(=設問)を把握し、現在までの経緯(=時系列)、問題の在り処とありたい姿等(=BSC的な)を絵にして把握し、社長の言葉(=与件文)を基に平易な言葉でお答えする文章を書く事に集中しました。

③再現答案
全く手応えがなく、まさか合格しているとは思っておらず作成していません。
答案は作成していませんが、試験当日に書いた絵(横に時系列、縦にBSC的な?)は口述試験前に作成しました。

(7) 学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

学習を始めた頃は、日々学ぶことが楽しく・充実していましたが、苦手分野に進むに連れ苦痛で苦痛で・・・講義を聴き、問題集を解き、いざ!過去問へ進むとさっぱりできない自分に心が折れ、何度涙を流したことか・・・腹たち紛れに情けない気持ちを殴り書きしたノートは今となっては良い思い出です。

これから合格を目指す方へのアドバイスとして、1次はとにかく過去問演習あるのみかなぁと思います。わからない問題はさっさと解答を見て解法を覚える。必要以上に自分にプレッシャーを与えない事でしょうか。2次筆記は掴みどころの無い試験と言われるだけあり、本当に十人十色の解答・解法があるんだと思います。いち早く自分に合った解法を確立する事が重要だと思います。一発合格道場には過去から続く諸先輩方の活きた実例が豊富に準備されているので華麗にパクってカスタマイズすることで合格の栄冠を掴み取って頂きたいと思います。

==========ここまで==========

いかがでしたでしょうか。skyパパさんは、1次対策においては過去問フル活用されました。2次対策においては道場記事やふぞろいを活用して、80分の問題時間にとらわれずにじっくりと演習・復習され、解に至る考え方を身につけるべく学習されたとのことです。明確な目的意識のもとに行動されたことがうかがえます。

また、一発合格道場をご愛顧いただきまことにありがとうございます。お寄せいただいた合格体験記を読む中で、やはり解法分析記事はまさに道場のキラーコンテンツだと実感いたします。名前をあげていただいたメンバーも喜んでいるかと思います。

以上、どいこうでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは!どいこうです。

本日も2名の合格体験記をご紹介します!

1人目は、経営や財務を学ぶために勉強をはじめ、1次をYoutube動画を活用して独学で、2次は独学での模索期間を経て予備校の通信講座を利用して合格を果たしたあいさんです。

==========ここから寄稿==========

(0) 受験生情報

名前(HN):あい
年齢:40代前半

(1) 自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

 牛の歩みも千里

(2) 診断士に挑戦した理由・きっかけ

ぼんやりと「いずれ財務や経営について学びたい」とは思っていました。そして数年前、書店で中小企業診断士のコーナーを通りがかり「財務会計」や「経営理論」の言葉を見かけ「学びたかったものが満遍なく学習できるかも」と思ったのがきっかけでした。(後々「とんでもないものに手を出してしまった」と思うことになったきっかけでもあります)

(3) 学習開始時の知識・保有資格・得意科目・不得意科目

保有資格:日商簿記2級、FP2級、宅建、基本情報技術者他
得意科目:(1次)財務会計、経営法務、情報システム (2次)しいて挙げるなら事例1
苦手科目:(1次)中小企業経営・政策 (2次)事例4

(4) 学習スタイル

【1次】独学
① メリット
・自分のペースで自由な時間に自由な場所で勉強できる
・通学のためのコスト(交通費・移動時間)がかからない
・予備校を利用するより安価
② デメリット
・情報収集をほぼ自力でやらなくてはいけない
・ペースや進捗管理がやや難しい
・疑問点をすぐに聞けない
・孤独との戦い

【2次】1年目:独学 → 2年目:通信(TBC) → 3年目:通信(TBC)
(独学)
① メリット
・1次独学と同様
② デメリット
・1次独学と同様
・第三者に添削をしてもらえないため客観的な判断が難しい(これは非常に大きいです)

(通信)
① メリット
・添削で自分の答案に客観的な判断を受けられる。弱点に気が付きやすい
・自分のペースで自由な時間に自由な場所で勉強できる
・通学のためのコスト(交通費・移動時間)がかからない
・通学より安価
② デメリット
・独学よりは高価
(以下は学校によると思いますが)
・質問フォームで疑問点を質問できる
・優秀答案分析やオプションのスクーリングで他の受験生の答案を見ることができる

(5) 合格までの受験回数、学習時間とその作り方

① 学習開始時期と受験回数
・学習開始時期:2015年12月
・受験回数:
(1次)4回(2回目で初合格。その後2回毎年保険受験をして合格していました)
(2次)3回
② 一次学習時間:1500時間
③ ニ次学習時間:1500時間

(6) 合格までの学習法

① 1次
他の資格試験の勉強と同様、最初にざっとテキストを読んでどんなことを学ぶのか確認して問題集や過去問を解き、テキストで分からない点はWEBなどで調べることの繰り返しでした。
しかし今まで学んだことのない分野ということもあり、テキストを読んでも分からないことが多く苦戦していました。
独学では無理かもしれないと思った頃、YouTubeでTBCの動画講座を見つけて解説も満足できるものだったためテキストを買い替え、それ以降はテキストで予習→動画視聴→問題を解く+テキストで確認 のスタイルになりました。
(ほぼ同時期に道場を見つけ、毎朝読むのが日課になりました)
中小企業経営・政策だけはテキストがなく問題集のみだったため、動画視聴→問題集を繰り返し解く+気になるところは白書を確認と言うスタイルでした。

② 2次筆記
【1年目】(独学)
・どんな試験か分からないため、まず各事例1年分を解いてみる
・過去問題集、ふぞろいシリーズ、全知識・全ノウハウを集めて、ざっくり読んでみる(値段が跳ねあがっているものを除く)
・事例ごとに5年分ずつ、その後、年度ごとに5年分、合計10年分を解いてみる
・過去問を解いた際に過去問題集やふぞろいシリーズの解答と自分の解答を比べてみて書けなかったキーワードや抜けていた論点を確認する(ただし初見の問題に活用できる状態には持っていけませんでした)

「ぼんやりこんな試験なのかな。でも目指す方向が合っているのか分からない」という状況で当日を迎え、敗退
本試験中に知識がすぐに出てこない、論点が分かっても必要な情報が部分的にしか出てこないということを痛感。

【2年目】(通信)
・初見の問題への対応力を上げるためと第三者の目で添削してもらうために通信に申し込むことにしました
・予備校の演習と並行して知識不足を補うためTBC2次速修テキスト(市販)の抽象化ブロックシートや一次テキストで知識を再確認
・9代目のきゃっしぃさん、だいまつさんの記事を読み、知識の分類があいまいなことに気付き、分類を意識するようになる(ただし間に合わず)

事例3で問題の切り分けに失敗し、再び敗退。
試験中に「重要な情報を頂いていたのに生かしきれなくて申し訳ない」と思ったのを覚えています。

【3年目】(通信)
・過去問や予備校の演習問題を解く時や復習時に知識の分類を意識して学習する。
・考える時間を少しでも多く捻出するため、作業手順を見直して短縮できるもの、無くせるものを見つけて作業時間短縮を図る。
・文章を脳内で組み立てる時間を短縮するため春秋要約を始める。
→ 12月から4ヵ月弱続けました。文章を組み立てる時間を短縮できるようになった他、文章の要点を見つける訓練にもなりました。しかし、ある程度効果が出たところでこれ以上は他のことに時間を割り振った方が良いと思い終了しました。

③ 再現答案
3年とも、試験当日は再現するのに必要なメモだけ残し、翌日に全事例作りました。

(7) 学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

4年もかかったためエピソードがあり過ぎて書ききれません。また、同じ理由でアドバイスも恐れ多くてできません。
そのような中でもどうしてもお伝えしたいのは道場のセミナー参加は大きな転機になったことです。

初めてセミナーに参加した際、既に2年目だったにも関わらず温かく励ましてくださり、相談にのっていただいたおかげでここまで頑張ることができました。
その後も道場の方々にはブログ・セミナーともにお世話になり、本当に感謝しています。ありがとうございます。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。

==========ここまで==========

いかがでしたでしょうか。あいさんは結果的に独学と予備校の両方を経験されました。豊富な経験を背景とした体験談はマイペース派の受験生におおいに参考になるのではないでしょうか。

また、道場のセミナーにもご参加いただき、その経験がよき転機となったとのことであり、セミナーを提供する道場のメンバーとしては嬉しい限りです。まことにおめでとうございます!

以上、どいこうでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは!どいこうです。

本日も2名の合格体験記をご紹介します!
1人目は、仕事で会った診断士に追いつこうと勉強を開始、独学で学習方法を改善しながら合格を果たしたピーマンさんです。

==========ここから寄稿==========

(0) 受験生情報

名前(HN):ピーマン
年齢:30歳

(1) 自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

ひたすら独学(と多くのネット情報と少しのセミナー)

(2) 診断士に挑戦した理由・きっかけ

・入社1週間で「ずっとサラリーマンでいるのは、リスクかもしれないな・・・」と思った(俗にいうブラック企業体質。上場してますが・・・)。

・クライアントに見向きもされないことがあった。その方の名刺に「中小企業診断士」とあり、少しでも追いつこうと思った。

・転職した先が割と小規模な組織(教育機関:教職員で60名ほど)なので、活かせることがあると思っている。

・学ぶことが好き。

(3) 学習開始時の知識・保有資格・得意科目・不得意科目

・学習時の知識・保有資格:簿記3級(→2回目の2次試験不合格ののち、簿記2級取得∵財務会計苦手克服)

・得意科目(1次):経営・中小

・不得意科目(1次):情報・法務

※2019年の1次試験(自己採点)は、合計519/700。経済:68、財務:84、経営:76、運営:80、法務:68、情報:68、中小:75

※2次は点数が延びなかったので、すべて不得意・・・が、事例に向き合うことがpositiveかnegativeかでいうと以下。
・positive:事例Ⅰ・Ⅱ
・negative:事例Ⅲ・Ⅳ

(4) 学習スタイル

・独学
①メリット:低い金銭コスト、気分が乗らない時はやらなくてもよい
②デメリット:長い時間コスト、不明な点をタイムリーに解決しづらい

(5) 合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数:2015年11月開始、1次3回、2次4回
②一次学習時間:忘れてしまいました。初回は1次受験のために1000時間くらい
③二次学習時間:忘れてしまいました。2019年は1次試験後、200時間くらい

(6) 合格までの学習法

①1次
初回受験時:テキスト読む→過去問
それ以降:過去問過去問過去問過去問・・・
※多くの方がおっしゃるように、正誤判定できるレベルにする間違えた内容や、補足すべき点は、ポケテキに書き込む&付箋
※使用テキストは、同友館の『過去問完全マスター』。個人的にはこれに尽きるといっても過言ではない
※学習法とは違いますが、法務などの難化は、ほかの科目でカバーする方針のため、全科目受験

②2次筆記
結果をみると、総合C(AACC)→B(BBCB)→C(CCBC)→合格(????)

2019年の学習法(Ⅰ~Ⅲ)
(あ)型を身につける ← 同じ事例を繰り返し解く:2018~13くらい:時間はあまり気にしていなかった
(い)よく出る知識の整備 ← 『全知全ノウ』の音読&自問自答
2019年の学習法(Ⅳ)
(あ)『30日完成 事例Ⅳ 合格点突破計算問題集』を繰り返す
※事例Ⅳは、80分で通して解いたことはないです・・・

~1・2回目受験時~
できるときできないときのムラが大きい。解答・解説を見て理解するも、再現性が低い(次解くときも、同じ解答要素を抜かすなど)。
具体的な改善策も思いつかぬまま、2回目も不合格。特に、事例Ⅳへの苦手意識を払しょくできず。

~3回目の2次試験前にあった「目から鱗」~
2回目の2次試験終了後から、簿記2級の勉強を開始→合格。少しは事例Ⅳへの苦手意識につながったような気がする。そして、、、「だいまつが教える事例Ⅲ攻略の極意」を読んだときに、目から鱗。。。「事例Ⅲってそういう事例なのね」と得心(それでも不合格で、B判定だったわけですが・・・)。

~4回目の2次受験に向けて~
「参加しても目新しいことは・・・」と斜に構えつつ、タキプロ@大阪のセミナーに参加(タキプロの皆様、本当に申し訳ありませんm(__)m)。結果、「おぉ!!!」とはならなかったが、「当たり前を愚直に」「ミスをしない工夫」を再認識するきっかけに。以下2点を徹底することに決める。

1つ目(主にⅠ~Ⅲ):与件文の読み方(マーカーの使い方)。
方法:必要「そう」な部分にとりあえず黄色マーカー(なので与件文全体が割と黄色くなる) → 設問ごとに色を変えて対応付け
効果:以前より、解答要素の抜け漏れを防ぐことができた
2つ目(Ⅳ):『30日完成 事例Ⅳ 合格点突破計算問題集』で基礎を徹底
方法:1通りやる → 間違えた問題のみ解きなおし → 直前にすべて解きなおす
効果:苦手意識は薄くなった。できる問題だけ解ければよい、と妙な落ち着きを得る
(実際には、計算ミスや営業利益マイナスの際の扱いなど、間違っていますが・・・)

~その他~
大きく変わったなと感じていないが、実は影響しているのではないか、と感じていること。それは、現職での大学入試問題の添削。「××について、自然環境の側面と人為的な側面から、それぞれ30字で説明せよ」など。制約条件を踏まえて、書くべきこと、書いてはいけないことを、教科書に載っている知識と紐づけながら指導することは、出題者の視点で考える機会になっているか・・・?

(7) 学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

アドバイス
・1次試験:かけた時間がものをいう、過去問至上主義
→私は朝型で、4:30起床で、時間を作りました
・2次試験:受け続けることが大切

エピソード
・2019年の2次試験会場で、前職でお世話になった方にあった(世間は狭いな~と)

その他:マイルール
・戦略は・・・。目的は・・・。のように型を決め、「・・・」に該当する要素を与件からあてはめる(できれば多面的に)。
・「事」、「為」は漢字で書く
・今回の事例ⅡのSWOTのような列挙でもよいものは、主述は無視して、要素を詰め込む
・45分経ったら(残り35分で)書き始める
・事例Ⅳは、わからなくても何か書く。白紙に点数はつかない

最後に、道場の皆様には、何代にもわたり、お世話になりました。
仕事の都合で実務補習は多年度計画ですので、今後もお世話になります。
まずは一旦の区切りとして、ありがとうございました。

==========ここまで==========

いかがでしたでしょうか。

ピーマンさんは4年間の学習期間中、学習方法を様々に模索しながら、2019年に無事最終合格を果たされました。
文中で9代目だいまつの「だいまつが教える事例Ⅲ攻略の極意」についても言及いただき、ありがとうございます。

無事に合格されたピーマンさんが、学習のきっかけになったクライアントの診断士さんと再会して、パワーアップした姿を披露する場面を見てみたいな・・・と、読んでいて思いました。また、現職でも知見の活用機会がありそうとのこと。さらなるご活躍をなさってくださいね!

以上、どいこうでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは!どいこうです。

本日も2名の合格体験記をご紹介します!
2人目は、定年退職・再雇用を機に一念発起し、病気の治療を行いながらの低コスト独学で、無事に合格を果たした長老さんです。

==========ここから寄稿==========

(0) 受験生情報

名前(HN):長老
年齢:62歳

(1) 自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

コスト重視の自己流

(2) 診断士に挑戦した理由・きっかけ

会社の定年退職、再雇用を機に国家資格の取得を考え、比較検討により中小企業診断士が自分に合っていると判断した

(3) 学習開始時の知識・保有資格・得意科目・不得意科目

会社にて1つの小事業を長年担当し、開発、製造、事業企画・管理を経験したため、企業運営に必要な一通りの広く浅い知識は持っていたが、保有資格はなし。

得意科目:一次は経済学・経済政策、二次は事例IV
不得意科目:一次は経営法務、二次は事例I

(4) 学習スタイル

独学。

①メリットは、コストが安く、時間的束縛がないこと。

②デメリットは、受験生の中での自分の位置が見え難く、相談相手がいないこと。

(5) 合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数:一次試験は、2018/1月開始で受験1回、受験直後に健康診断で要検査判定となり、8月末には病気が見つかり、9月末手術その後治療方針検討等で二次試験申し込みせず。二次試験は、2019/1月開始で受験1回。この場合は、一回目合格なのか2回目合格なのか・・・?

②一次学習時間:休日(土日、祝祭日)で、15h/週x30週+100h(祝祭日)=550時間

③二次学習時間:休日(土日、祝祭日)で、15h/週x40週+150h(祝祭日)=750時間

(6) 合格までの学習法

①一次は、7教科のテキスト、問題集、過去問(これらはBOOK OFFで2-3年前の中古をTACとTBC混在で購入した。直近の過去問はWEBで問題と解答(解説なしだが)をダウンロードできるので、特に困らず。)を使用し、テキストを一読し、問題集・過去問を繰り返し解き、判らない問題は、該当分野の入門書やネット検索にて知識を習得した。参考にした図書は、簿記・民法・労働法・経済学等の入門書、情報処理辞典、および、過去3年分の中小企業白書で、これらは全て図書館で閲覧または借用した

②二次は、ふぞろいな合格答案(中古10年版、および最新版2年)、2次試験合格者の頭の中にあった全知識事例IV合格突破計算問題集過去問は直近5年は3回、他は2回行った。8月にTACの2次試験公開模試を受け、解説のビデオで各事例での回答作成の考え方/手順が理解できたが、TACの模範解答は自分中でしっくりせず、回答の言い回しは自己流を継続することにした。

(7) 学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

①一次受験後:自己採点の結果(回答マークしていない項目あり少し幅ある)は、経済学・経済政策(76-80)、財務・会計(48)、企業経営理論(58-60)、運営管理(73)、経営法務(44)、経営情報システム(56)、中小企業経営・中小企業政策(62-64)の合計(417-423)、合格点で最悪3点不足、前述の病気のことでバタバタしていたら合格通知が届き、合格していたんだ、でも体調面/精神面共2次試験を受験できるレベルでないため、2018年の2次試験は申し込みせず。診断士資格取得を目指すか否か迷った。経営法務の平均点が悪く、得点のかさ上げがあったことを後で知る。このかさ上げで合格した1名かも。

②二次学習時:主治医との治療方針協議で、病状の悪化リスクが一番少ないことも含めて2019年10月の体調がベストな治療を選択し、1月から学習を再開した。普段は文字を書くことがないので漢字が書けなく、スマホのかな漢字変換を見ながら回答案を書く様な状態で練習を繰り返したが、7月頃から利き手が腱鞘炎になり、テニスエルボー対策の肘バンドを締めて字を書くような状態になる。

③二次試験時:腱鞘炎が最悪な状態での試験となり、回答のキーワードは問題文に線、図形を入れるのみで、普段でのキーワードを抜き出し→で繋げる程度の回答案の下書きもなしの状態で、回答を記載していく。当然ながら、回答の消しゴム修正箇所も多発した。試験終了後はぐったりして再現回答を作成する気力なく、翌々日に再現回答作成を試みたが、まったく思い出せず。試験時はアドレナリンの影響で脳の思考速度が通常より随分早かったようである。

④アドバイス:漢字はパソコン入力に頼らず書く習慣を付けておく(記述試験が終わったらまたパソコン入力に頼る毎日に逆戻りしたが)こと。独学の方では、早目に模擬試験を受けて、回答作成の考え方/手順を理解すると効率的な学習が可能と思われる

==========ここまで==========

いかがでしたでしょうか。長老さんは、独学を選択し、かつ中古書店、インターネット、図書館をフル活用して費用を抑えて学習されました。初年度は、病気の治療で2次試験の受験を見送ったものの、2年目の2次試験で無事に合格。まことにおめでとうございます!

2次筆記での漢字に苦労しないように書く習慣をつけておくこと、そして模擬試験で現場なれすることをアドバイスいただきました。私もこの2点はとても大事だと思いました!

以上、どいこうでした。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始!
お申し込みはこちらから

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。
さて、本日の二人目は、社内ベンチャーからの分社化で経営全般に担当範囲が広がったことから体系立った経営知識の獲得を目指したCKAさんです!!

========ここから========

(0)受験生情報

名前(HN)・年齢
CKA 男性 41才
ベンチャー企業でマーケティング、経営管理などを主に担当。

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

元々は家電メーカーで新規事業を担当。その後社内ベンチャーのような形で分社化して現在の会社の設立メンバーとして参画。マーケティング、営業、経営管理など多岐に渡る(なんでも屋)範囲をその都度勉強しながら対応していく中で、一度体系立てて経営を勉強したいという想いで受験を決意。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

保有資格: 日商簿記2級、TOEIC 875
得意科目: 特にはありませんが、企業経営理論は興味あり好きな科目。
不得意科目: 特になし

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

TAC 通学 1・2次ストレート速習本科

① メリット
・ペースが作りやすい。受験仲間が出来る。
・1月スタートで勉強できるカリキュラムがある。(受験決断が12月だった)
・テキスト読むだけでは分かりにくい部分を講義で理解、質問で解決できるので
知識が定着しやすい。
・「重複受講制度」があり、同じ講義をもう1回受けれるため、予習or復習に使える。
・自習室が使え、学習環境を作りやすい。(家では中々勉強出来なかった。。)

② デメリット
・受講料でまとまったお金が必要になる(25万円程度)
・2次対策は1次試験後にスタートするため、あまり時間がなく焦った。
※1次学習中から道場ブログなどで情報収集して過去問練習進めておけばよかった。

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①受験回数 1次1回 2次1回 (2019年ストレート)
学習開始 2018年12月

②一次学習時間 600時間 +(通勤中にTACの講義音声を聞き流し)

③二次学習時間 200時間
学習時間は主にTAC通学、自習室、勤務終了後会社で行うことがメイン。(自宅では中々集中できず。)平均すると週20時間程のペース。

平日は2~3時間程度学習、出来ない日もあり約10時間/週。
週末は8時間+2時間や、10時間+0時間などで2日間で10時間。(GWはイベント感覚で10連休で100時間)
※毎日コツコツというより、休憩は多々取り、たまには思い切って休んだりもすることで、メリハリを重視。

2019年1次 企業72 財務80 運営80 経済76 情報88 法務76 中小84 (計556)

2019年2次 合格(得点未開示)

(6)合格までの学習法

<全体>
1年で絶対合格したいと思っていたので、休憩は取りながらも走り続けることを意識して学習。8月までは1次試験に集中。1次終了後から慌てて2次対策を開始。(TACの自習教材の「過去問演習」と実力チェック模試をGWに受験し雰囲気だけ体験)。
大学受験以来の受験勉強で最初は戸惑いながらも、総じて楽しみながら過ごせた。

<1次>
1次では基本講義の内容(テキストの内容)の理解を固めることに重点を置き、講義音声のDLなどで繰り返し定着を目指す。どこまで仕上げて置くべきか迷ったが、道場ブログ記事で「橋げた理論」を拝見し、答練時点での完成度高める作戦に。
養成答練時点で基本論点固めることが出来たため、完成答練で積み増しし1次対策は順調に行うことができた。
・TACの重複受講制度を有効活用し、1月後半から先行クラス(秋スタート)の経済、情報、法務、中小を前もって受講し予習。
・復習時にまとめノートを作成し、スキマ時間に見返すことで反復確認。過去問や答練などで新しく出てきた論点や、補足説明は都度まとめノートに追記。
・講義音声を通勤中に聞き流し、ストーリーが頭に定着するように意識。
・養成答練受験までに市販のTACスピ問を解いて、基本論点での穴を潰して養成答練を受験。(橋げた構築を意識)。養成答練後は次の科目に集中。
・経済学は最初講義を聞いた段階ではほとんど理解できず焦ったが、基本問題を繰り返し解くことで、何となく解法を習得することができた。
・5月~6月の完成答練(7科目x2回)は1週間に2科目試験があるため、復習予習を同時に行う必要があり、この時期が一番しんどかったが、ある程度学習の完成度を高めることができた。
・模試はTAC公開模試、LEC模試を受験し、本番イメトレと完成度確認。

<2次>
2次対策は、1次試験後(8月上旬)に開始したため、当初やり方がわからず不安に。道場夏セミナーに参加し、何となく雰囲気を掴む。その後TACの直前演習をペースメーカーにして、並行して過去問5年分と事例4市販問題集を中心に学習。

解法は、道場のきゃっしぃさん、なおさんにご紹介いただいた、色ペン方式。ただ、骨子の作成までは時間内にできないため、問題文中に直接番号や文字を書き込み回答方針を決める形で対応。ただ、文字の書き込みが多い時は蛍光ペンでは書きにくく(字が汚いので読めない)同じフリクションの0.5mmボールペンを各色準備しておき、同色で書き込みする事も状況に応じて実施。

夏セミナーであった友達に宣言して、100事例を目標に取り組み。
過去問5年分 4×5=20
模試3回分  4×3=12
TAC演習   4×3=12
の計44事例を約2回ずつ(復習含む)行い、苦手問題については3回目を行い、なんとか100事例実施。

事例4は、市販問題集(30日完成、全知全ノウ)を中心に学習。論点別に学習出来るため効率的。過去問はその理解度確認に利用。

事例4では演習、模試の際に必ずどこかで計算ミスや読み取りミスが発生していたため、本番では通常より1.3倍くらいのスピードで何度も振り返りながら丁寧に解く作戦で。予定通り設問1つ時間切れで解けなかったが、解いた問題ではミスです失点防げた。

 

12月:
受験決意。TAC申し込み。
年末年始で企業経理理論と財務をテキストで予習

1月:
企業経営理論からTACスタート。同時に先行クラスの講義(経済学以降)も予習として聴講。最初なので、まだやる気満々。

2~3月:
・講義は財務、運営、経済と進み、暗記する範囲や項目も増えるため復習の方法に悩む。テキストは重いしページ数多いので、まとめノートの作成を開始。iPhoneの「メモ」でスキャンしてPDFにすることでスキマ時間に復習可能に。
・経済学が最初分からなすぎて焦る。1週間経済だけを勉強する集を作り、基本問題(TACなら解法習)を解くことで、何となく解き方を習得することができた。
・道場記事で養成答練は100点を目標に。結果9割程度で、手応えあるものの、また忘れてしまう不安感あり。ただ前科目の復習しながら新たな科目の学習は難しいため、養成答練後は新科目に集中。

4月:
・情報、法務、と暗記系科目に。(まとめノートにしててよかったと実感)。ただ暗記量が多く追いつかなくなってきているので、GWに
まとまった時間学習することを決意。)

ゴールデンウィーク: 運良く10連休。家族に無理言って時間をもらい、勉強の週 に。法務、中小を基本論点を仕上げる。(きゃっしぃさんのまとめノート購入し、自身のまとめの参考にさせていただきました)
また、この間、TACの2次チェック模試を受験。結果惨敗でその後1次終了後まで2次対策封印。

5月:
TACの完成答練がスタート。1週間で2科目を受験するため、本番感覚で臨めるように、予習/復習を同時に実施。
あっという間に次の科目が来るのでこの時期が一番精神的にしんどかった。財務ではマークミスで24点落とす経験もし、その後マーク
位置の再確認に1分間かける決心を。

6月~7月:
・TACとLECの公開模試。本番のイメージを掴むように。
・完成答練、模試ともに平均8割は取れるようになり、少し気が緩む。この頃からモチベーション維持に音楽も聴くように。また眠気防止のエナジードリンクの消費量も増える。。
・これまでTACの「トレーニング(問題集)」中心で過去問が解き進んでいなかったので、ここから過去問中心。時間を測り(50分目標)で、採点しながら解くことで理解度と対応度をあげていく。

8月:
1次試験後、慌てて2次の情報収集。道場の夏セミナーに参加。何人か仲間ができる。解法については、色ペン法が自分に合いそうであったので、とりあえずそれでスタート。ただ、お盆前後まではまだ1次終了の余韻もあり、勉強に身が入らない。

9月:
・TACの演習では中々点数が安定せず。解法は色ペンで決まるも、「骨子」を別に書く時間がなく、与件文脇に文章追記するために色ボールペンも投入。結果机の上のペンが15種類に。。少し迷走気味。
・事例4対策は、問題集を論点別に解いて基本的な問題の完成度を重視。
・TACとLECの公開模試を受験するも手応えなし。
→結果、TACはA判定、LECはC判定で ますます迷いが。

10月:
回答方法や文章の書き方が仕上がっていないことに焦りを感じるが、「自分が対応できる方法で、自分が書けることを書く」と開き直り、事例4では演習中、計算ミスが頻出していたため、敢えてペースダウンして解くようにして、本番を迎える。

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

受験学習を通じて

最初は知識の習得が主目的で「合格」そのものへの拘りもそこまで強くなかったのですが、勉強するうちに面白くなってきたことや、この道場の記事を読むことで先輩の方や他の受験生の方の熱い想いに触れることができ、自分の中でのこの試験の位置付けが変わり「何としても合格したい」という気持ちになりました。(特に、makinoさんの2次試験当日の体験記事が心に残っています)。

また、高校生時代以来の受験勉強で、最初は戸惑いましたが、進める中で同じ受験仲間が出来たり、時間や意識の使い方を変えたりすることで、総じて「張り合い」のある楽しい1年を過ごす事ができました。

全体的に順調に学習できて合格できたのも、道場で「橋げた理論」と「色ペン法」に出会ったことが大きいと思います
橋げたを信じることで初期の完成度をあげ、その後精神的にも余裕を持って学習を続けられました。また2次では解法が掴めない中で、きゃっしぃさんとなおさんの色ペン法を実施することで、何とかプロセスを固めていく事ができました。

道場セミナーでは、ブログの中の方々に実際にお会いする事ができ刺激をいただくとともに、元気をいただきました。本当に感謝しております。有難うございます。

これから受験される方へ

私は当初から1年で合格すると決めてはじめたため、コストの掛かる通学を選んで自分を追い込んで臨みました

しかし、学習を進める中で思い通りに進まないことや集中が切れることもあったり、科目自体は面白いだけに「もっと深堀りして2~3年かけて勉強するのもいいな」と逃げの悪魔が降りてきたことがありましたが、その都度このブログを読んだり、音楽を聞いたりして、モチベーションを上げることで乗り切れました。

道場の諸先輩方が書かれているように、勉強時間のために家族の協力や他の犠牲を払って臨まれている方が多いと思います。せっかく決意して勉強を始められたのですから、最後まで当初目標を諦めないでトライして頂けたらと思います。

診断士になったらどう楽しいのかは、私にはまだわかりませんし書けませんが、今年1年を振り返ってみて、本気で勉強して良かったという爽快感と達成感は得る事はでき、勉強して良かったと本当に思います。皆さんも是非自分の気持ちを盛り上げながら頑張ってください!

========ここまで========

いかがでしたでしょうか。

CKAさんは、一発合格に狙いを定めてTAC通学講座に投資し、そのコストを意識することで自分を奮い立たせたとのことです。
まとめノートを活用した「橋げた理論」と、「色ペン」の活用で1次試験を556点という超高得点で突破、2次試験も無事に通過して狙い通りの一発合格を実現されました。

CKAさん、合格本当におめでとうございます!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始!
お申し込みはこちらから

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。
本年も宜しくお願い致します!

さて、本日もお二人の合格体験記をご紹介します。

一人目は、化学の研究職から事業開発系への異動をきっかけに体系的な経営知識の獲得を目指した岩塩さんです。
暗記カードやエクセルでの模範解答分析といった手法で、一発合格を果たされました!

========ここから========

(0)受験生情報

名前(HN)岩塩
年齢35歳

(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと

効率を考えつつ、重要論点は暗記カードで確実に習得。

(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ

理系(化学)の研究開発職だったのですが、事業企画部門に異動になり、マーケティングや契約・知財・法務関連の仕事をすることが多くなりました。手探りで仕事をしていたのですが、体系的に習得したいと思っていたところ、社内の勉強会で中小企業診断士の資格を知り、仕事にも役立ちそうだと思い勉強してみることにしました。

(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目

知識:化学、材料系
保有資格:危険物取扱主任者 甲種
得意科目:(あえていえば)財務会計
不得意科目:法務

(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット

スタディング(通勤講座)+市販書籍
① メリット:自分のペースで勉強できるところ。通勤時間(電車)を有効活用できるところ。マイペースと言われることが多いので、自宅に引き籠って淡々と取り組むのは自分に向いていました。
②デメリット:わからないことをすぐに聞けないこと。孤独&情報がないこと。試験会場で、講師の先生や勉強会の仲間に励まされている受験生が羨ましかったです。

(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方

①学習開始時期と受験回数
学習開始時期:2018年11月20日に通勤講座受講開始
受験回数: 一次1回、二次1回
② 一次学習時間 約600時間
③ ニ次学習時間 約150時間
独身一人暮らしなので時間は思う存分ありました。(子育てしながら合格される方などは本当に尊敬します・・)

(6)合格までの学習法

①1次
11月~3月:スタディング(動画を見る→練習問題→過去問)の全講座を一回し。
4月:スタディングの練習問題・過去問で間違えた問題と、正解していたものの理解不十分としてチェックをつけていた問題を再確認。この段階で間違えた問題や、理解が曖昧な問題は暗記カードに書いて蓄積。(私は暗記カードが大好きで色々なシーンで活用しています)
5月:スタディングの問題量だけでは不安だと思い始め、TACのスピ問を購入。スピ問は1回しと決め、間違えた問題及び理解が怪しい問題は暗記カード作成。
6月:TACの過去問を購入。過去問は重視したほうが良いと思い、5年分を2回しすることに決定。
7月:会社で昇格試験を受けることになり、勉強に全力投球できない状態に・・。あいている時間で過去問5年分をなんとか2回しし、2回し目には暗記カード作成。中小は「ほらっちチャンネル」も活用。(最終的に暗記カードは2000枚程度に) 幸いなことに1次試験前1週間が会社の夏季休暇。蓄積した暗記カードを必死で頭に詰め込み、直前に確認しておきたい内容のカードだけを試験当日に持参。(これが実質的に私にとってのファイナルペーパー)

④ 2次筆記
8月: 8/6(1次の自己採点をした翌日)に2次試験の内容を初めて知る。(問題を見て「来年がんばろう・・」と一瞬現実逃避) 道場ブログで2次解法読み込み、マーカーペン購入、「全知識」「事例問題攻略マスター」を購入、スタディングから過去問と模範解答を入手して過去問演習。正直、解答は全然書けなかったため、ひとまず作文は諦め、与件文からの根拠の抜き出しを中心に練習。事例Ⅳは「30日完成」と「全知識&全ノウハウ」を購入して演習。
9月:中途半端な進め方ではあるが10年分の過去問を1周。いまいち感覚が掴めなかったため、模範解答をエクセルに全部入力して自己流分析し、出題傾向をなんとなく把握。スタディングだけでは不安になり、「ふぞろい12」と「10年データブック」を購入。(11は入手できず) 過去問2周目はAASから問題と解答用紙を入手して時間も計り本番形式で演習。ふぞろいで答え合わせし、模範解答をエクセルに入力。エクセルは通勤時間や移動中に眺めてポイントを書き込み。
10月:道場ブログで合格体験記を読み精神の安定を図りながら、過去問2週目完了。だいぶ書けるようになってきた感覚はあるが、2回目だから解答を覚えているだけだろう・・、など一喜一憂。試験前1週間は「全知識」の再度読み込み(論点の取りこぼし対策)、ファイナルペーパー作成に費やす。

⑤ 再現答案
作れませんでした。(事例Ⅲでパニックになり、二次終了後から合格発表までは抜け殻)

(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

  •  二次当日の話ですが、事例Ⅲで全体的にわからなくてパニックになり、手が震えて文字がうまく書けない状態になりました。こんなことは生まれて初めてでしたが、思えば社会人になってから記述式の筆記試験というものをほとんど受けたことがなかったのです。(模試も受けていませんでした) その時にふと頭に浮かんだのが、たっつーさんの【劇薬注意】の記事です。とにかく精神的な余裕を得るために解答用紙を埋めよう・・と思い立ち、下書きもなしにミミズのような字で1問書き切りました。それにより手の震えは多少おさまり、一発退場を回避できたと思います。模試を一度は受験されることをお勧めします。
  • 仕事に活かせた例(?)としては、会社の昇格試験でビジネスリテラシーの試験があったのですが、内容としては企業経営理論と財務会計とほぼ同じだったため、短時間の勉強で高スコアを取ることができました。
  • 勉強のため禁酒にも何度かトライしましたが、結果的に諦め、お酒を飲みながら勉強するスタイルを確立しました。ストレスを軽減できますし、飲み会の後も勉強できる習慣がつきました。(勿論お薦めはしませんが・・・)
  • 最初は「何年かかけて合格できれば・・」と思っていましたが、結果的にストレート合格できたのは、貧乏性だから、というのが大きいと思います。弱気になりつつも「通勤講座に受講料払ったし・・」「診断士の受験料って結構高いよね・・」などが心のどこかにあり、どうせなら次のステージ(診断士活動)で投資したい、という卑しい思いが勉強のモチベーションになったと思います。

========ここまで========

いかがでしたでしょうか。

スタディングと市販書籍という低コスト教材をベースに、暗記カードの活用で基礎力を構築して一次試験を突破。二次試験の形式に一度はひるむも、模範解答をエクセルで丸写しした上で分析して実力を蓄えたとのことです。本番では事例Ⅲでパニックに陥るもとにかく解答欄を埋め、何とか乗り切ったとのことです。

岩塩さん、合格本当におめでとうございます!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。
次回以降は合格体験記をご紹介する予定ですので、私が担当回でまとまった記事を書くのはおそらくこれで最後となりそうです。

独立・脱サラを検討する診断士は多い

中小企業診断士の約7割が企業に勤務しているといわれ、独立している人は少数派のようです。
ただ、私も合格後に多くの診断士と交流しましたところ、総じて「独立=脱サラ」や「副業」に興味をもつ方が多いことがわかってきました。
(自分が独立志向の研究会等で活動しているため、少しバイアスがかかっているかも知れません)

そこで、本稿ではこれを題材にし、自身も脱サラ組である自分の経験談をまじえつつ考えたいと思います。

独立前に考慮すべきこと

独立の意思があったとしても、準備せずに勢いだけで会社を辞めることはあまりおすすめできません。
会社をやめると、これまで安定していた給与所得が途絶えることになりますから、独立後の仕事で収入が安定するまで、生活費と事業費をどのように確保するかが重要な課題となります。

多くの方にとって、診断士としての仕事(経営コンサルティング業)は「新規事業」になるかと思います。
新規事業には、一般的には計画立案と(時間および金銭的な)投資が必要になりますし、投資の結果がすぐに出るとは限りません。このため、最初はなかなか収益が安定化しない方が多いのではないでしょうか。

独立準備の考え方として、①会社勤務と並行して診断業務を行う、②他の安定収入源を確保する、③当面の資金需要を貯金でまかなう、④準備なし、という考え方があるかと思います。

会社勤務と並行して診断業務を行う

基本的にはこのスタイルを採用する方が多いと思います。会社勤務で生活費を安定して稼ぎながら、勤務時間外に診断士としての仕事をゆっくりスタートさせます。そして、一定の経験を積み、収益を確保できる目処がたったタイミングで会社勤務を卒業するという形です。

診断業務で収益化できるまでの期間は、「およそ1年」「いや2年」などと人によって見解が異なります。要するに、「やってみないとわからない」ということです。なので、生活基盤を安定させながら実験的にスタートするこのアプローチは、地に足がついており、とても良いと思います。

他の安定収益源を確保する

経営コンサルティング業以外の収益を確保する方法も考えられます。例えば、株式や投資信託などの配当収入や不動産の賃料収入、年金収入、配偶者の収入等で生活を維持できるようにする方法です。

この方法をとった場合、診断業務にほぼ全力を投じることができます。仮に成果がなかなかでなかったとしても、生活基盤が揺らぎませんので精神的にも安定して過ごすことができそうです。

ただ、一般的な会社員等にとっては、少しハードルが高い面があります。

当面の資金需要を貯金でまかなう

3つ目は、貯金で当面の生活費・事業費をまかなう方法です。「一刻も早く診断業務を立ち上げたい」「とにかく早く会社を辞めたい」という場合に採用する形態だと思います。

この方法は、当面の資金ショートは発生しないのですが、預金残高が一直線に減っていくという点がプレッシャーになりかねません。事業の立ち上がりに時間がかかってしまった場合に、焦りが生じたり、本当はやりたくない仕事を受けてしまったりするリスクがあると思います。

準備なし

最後は、準備なしで飛び込んでしまうという方法です。

この方法は、当面の資金繰りの課題がありますから、業務を斡旋してくれる人や団体との関係を作り、単価が多少低くても仕事を受けていく、という考え方になると思います。貯金がない分、焦りが出たり、仕事を選びにくい状況になる可能性があると思います。

私の独立経験談

きっかけは転職検討

以下は、私の独立体験談を記載しました。私の場合はあまり周到な計画をたてた計画的独立ではありませんでしたが、結果的には上の②「他の安定収益源を確保する」の事例であり、独立前に不動産賃貸業を創業しました。

当時の勤務先で将来の姿をいまひとつ思い描けなかったため、転職しようと考えはじめたことが最初のきっかけでした。
ただ、転職すると、勤続年数が短くなって住宅ローン融資を受けにくくなるなあと考えました。
そこで住宅ローンを借りて自宅を取得する検討に入りました。

定量分析からの住宅購入

当時の勤務先では企業の買収を支援していました。そこでは、事業計画の損益計算書・貸借対照表、キャシュフロー計算書をモデル化し、計画の確度や市場動向等を踏まえてモデルを修正し、合理的と思われる企業価値を計算していました。

そこで、自分の住宅投資に関しても、やや精密に評価すべく、Excelでモデルを作成して解析しました。そして、収益(貸した場合の家賃・家賃が不要になる効果を加味)、運営経費(管理費、修繕費、固定資産税等、損害保険料など)、住宅ローン減税によるメリット、将来の予想売却価格、等をモデルに投入して定量的に評価しました。

その結果、私の「住宅購入プロジェクト」は、借入を最大化すればNPV / IRRを非常に大きくできることがわかり、購入する決定をしました。

「Excel起業」

私の住宅購入プロジェクトはこれで終わりませんでした。

住宅取得に向けて作成した定量モデルに、ネット上に掲載されている売り物件の情報をいくつか当てはめてみたところ、事業化できるものがあることが定量的に確認できてしまったのです。その結果、お金を借りていくつかの土地・建物を購入して、事業を運営することになりました。事業の概略の予測をExcel上で立てることができましたので、「Excel起業」とでも言えそうです。

結果的に、その後、会社勤めを辞めて独立・脱サラしました。

昨今、脚光を浴びる「社会起業家」は、「ほしい未来を創造する」といった理念駆動型が多いのですが、私の起業はそれとは正反対の「完全現実立脚型」でした。良く言えば「地に足が着いている」、悪く言えば「セクシーではない」となるのでしょうか。
なお、事業開始のきっかけが理念先行でなかっただけで、私の事業においても経営理念を明文化し、実行しています。

コンサルティングに注力し始める

そして、経営コンサルティングを本気で事業化しようと思いたち、中小企業診断士の資格を取得しました。

資格の登録後は、それなりに精力的に診断士の研究会等に参加したと思っています。
現在は、コンサルタントとしての案件獲得方法を学ぶ研究会に所属しています。ほかに、道場とタキプロの受験支援コミュニティにも所属しています。

実際のコンサルティングを実施例はといいますと、診断士の研究会がきっかけで紹介を受けた経営計画の策定、知人からの紹介を受けた技術ベンチャーの経営と資金調達の支援、等です。このほか自主セミナーを2回開催しました。

私の場合、経営コンサルティング事業の収益化はまだまだ道半ばです。当初思っていた理想には届きませんでしたが、振り返ると、1年で急激に立ち上げるというのはなかなかハードルが高いと思います。

不動産賃貸業ってどうなの?

私が携わっている不動産賃貸業について少し言及します。

不動産賃貸業にはよい点があり、会社員が片手間でスタートすることに適しています。
・小規模でも問題なく経営できる(大手企業とガチンコ勝負しなくてよい)
・少ない元手で大きな資産を取得できる(担保提供で借入を活用)
・変動が緩やかな業種なので落ち着いて経営できる(Googleの方針如何で大打撃を受けるIT業界とは違う)
・時間をかけず片手間で経営できる(外部委託サービスが発達している)
・会社の就業規則に抵触しない(不動産保有を禁止することは、相続等を考えると考えにくい)

もちろん、リスクも数多く指摘されます
・人口減少時代の賃貸業は斜陽産業である。How dare you(絶叫)!
・多額の借金するなんてとんでもない
・不動産業界は詐欺師がうごめいている

私の立場は、リスクも含めて事業計画で定量化するというものです。リスクを補いきれないのであれば手を出さない、リスクをカバーできるリターンがあれば実施する、という簡単な考え方です。

中小企業診断士資格を受験するほどの方々であれば、世間の風説を鵜呑みにすることなく、実現可能な事業計画を作れる可能性が高いと思います。

おわりに

世の中には、「持ち家と賃貸、どっちがトクなの?」という永遠の(?)テーマがあります。残念なことに論者によって回答がばらばらで、定性的な答えとしては「人それぞれ」という結論に落ち着きます。それは当然のことです。各人それぞれ、購入したい物件、借入条件、所得額や所得税率、住宅手当の有無などなど、前提条件が違うからです。

ところが、診断士になる皆さん(或いは既に診断士の皆さん)は、定量分析ができます。自分の条件をモデルに投入して解析すれば、揺るぎない自分の答えを出すことができて、Webや雑誌の記事に右往左往しなくて良くなります。

自宅の取得を検討中の方には、財務分析&事例4の勉強を兼ねて、DCF・NPV・IRRを計算するモデルを作ることをおすすめしたいと思います。実利が関わると学習意欲が倍増するのが人情ではないでしょうか?

それではまた!

★:★:★:★:★

ロケットスタートセミナー@東京
1月11日(土)13:40~16:30

TIME SHARING 四谷(東京都新宿区四谷3-9 第一光明堂ビル 9F)

※12月25日(水)12:00~申込開始を予定しています。

※大阪、名古屋はロケットスタートセミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

●合格・不合格問わず!受験体験記募集!!
一発合格道場の強みは「積み重ねられた数多くの体験記」です。
道場をつくるのは、あなたの体験記。また、あなたの貴重な経験が、多くの人たちのために役立ちます。
ぜひ、体験記をおよせください。※公開先はコチラ

□募集要項□

対 象:2019年度2次試験合格者および筆記試験受験者(未合格者)
–> 年齢・受験年数・学習スタイル等一切不問
原稿量  :自由。目安として2,000字(原稿用紙5枚)程度
ファイル形式:Word(.docxまたは.doc)
ファイル題名:合格体験記(HN).docx (例:合格体験記(道場くん).docx)
特典   : 「一発合格道場」ブログ上で随時公開。
期限   :2019年12月31日
応募方法 :Googleフォームにて募集(こちらから
問い合わせ:ippatsugoukaku10th@gmail.com
※当ブログ運営趣旨に反しない限り、原則応募全員分を公開。
※原稿の著作権は個人上は放棄頂き、当「一発合格道場」に帰すものとします。

□受験体験記テンプレ□

(0)受験生情報 名前(HN)・年齢
(1)自分の診断士受験スタイルを一言で表すと(40字目安)
(2)診断士に挑戦した理由・きっかけ
(3)学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目
(4)学習スタイルとそのメリット・デメリット
・独学、通信、○○(予備校)通学
①メリット
②デメリット
(5)合格までの受験回数、学習時間とその作り方
①学習開始時期と受験回数
②一次学習時間
③ニ次学習時間
(6)合格までの学習法
①1次
②2次筆記
③再現答案
(7)学習時・受験時のエピソード及びこれから合格を目指す方へのアドバイス

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。

2次筆記試験の結果発表

12月6日には、2次筆記試験の結果発表がありましたね。

2次筆記試験に通過して口述試験の受験資格をゲットされた方、おめでとうございます!
今週末に予定されている口述試験を無事通過すれば、晴れて合格となります。

2次筆記試験を通過できなかった方、残念で悔しい気持ちになっている方もいらっしゃるかと思います。
しかし、これまでに蓄積した知識やスキルは裏切りませんから、ぜひ前に進む力に変えていただければと思います。

口述セミナー情報と「タキプロ」のご紹介

口述セミナー

一発合格道場では、週末の7日土曜に口述セミナーを実施しました。
ご参加いただいた方々、ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。

満席になってしまって参加できなかったという方、私も所属する受験生支援団体の「タキプロ」の東京エリアでは、12月11日(水)の夜と12月14日(土)の午前・午後にも口述対策セミナーを開催しています。詳細はタキプロのウェブサイトをご覧ください。

タキプロについて

タキプロは、受験支援団体の中でも「2次試験の勉強会を定期的に開催していること」、「診断士向けのスキルアップ勉強会を定期的に開催していること」、「メンバーの人数が非常に多いこと」が特徴で、昨年の合格者(10期)は、100名超のメンバーを擁しています。

タキプロでは、必ずしも全員が常に活動に積極的に関与する必要はありません。このため、「来たい時に来る」という参加形態を選択する人もたくさんいます。そういう意味で、「サークル活動」という位置づけに近いかな、と個人的に思います。

このため、以下のような人には向いている会だと思います。

①2次試験に向けた勉強会で受験生の役に立ちたい
②同期や先輩診断士と交流・情報交換をしながら診断士としてのスタートを切りたい
③「自分と似た経歴・境遇」、「自分がやりたいことをやっている」、「同年代」、「同郷」等の診断士仲間とたくさん知り会いたい

一発合格道場との比較

これに対して一発合格道場の特徴は、「オンラインのブログ中心なので地方や海外にも記事を届けられる」、「少数精鋭のため、意欲が高く熱いメンバーが多い」、「歴代メンバーとの交流が比較的多い」といったところです。

一発合格道場をタキプロと比べますと、サークル活動であることは同じです。ですが、年間を通して記事を定期的に作成するノルマがあるからでしょうか、タキプロよりも「仕事」という感覚に近く、その分、メンバー間の「同志」という感覚も強いように思います(あくまで個人の感想です)。

このため、以下のような人に向いているように思います。

①書くことを通して受験生の役に立ちたい
②書く仕事の経験を積みたい
③意欲が高く熱いメンバーと密な交流・情報交換をしたい
④自分より前の代の先輩たちとも交流したい

私の口述試験体験談

私も昨年のこの時期、ネットで合格発表を確認し、PCの前でガッツポーズをしました。

それと同時に、「口述試験の準備って何をするのか!?」と急に焦りはじめ、「中小企業診断士 口述 対策」と検索したことを記憶しています。そして、一発合格道場をはじめとする各団体がセミナーを開催していることを知り、受付開始と同時に申し込み、一発合格道場、タキプロ、中小企業政策研究会のセミナーに参加しました。

私の場合、最初の数回の口述演習では、2分間で回答する感覚がつかめず、60秒弱で終わってしまいました。このため、「これではとても2分間しゃべれない」と反省して、以下の①~④のプロセスに軌道修正しました。
①まず質問をオウム返しにして回答を構成するための時間をかせぐ(10秒くらい)
②質問を復唱している間に、回答の骨子を2~3個つくる
③骨子を先に説明する(20秒くらい)
④その後、骨子の要素に関して詳述する(各30秒くらい)

こうして何回も練習しましたので、口述試験当日は、「とにかく会場に座ってしまえば勝ちだ」と思っていました。目覚ましを3個ほどかけて万全の体制で起床した後、早めに出発し、集合時刻の1時間ほど前に試験会場付近に到着して余裕をもってイスに座りました。本番は、口述セミナーをハシゴして対策したことが自信となり、堂々とこなせたことを覚えています。そして、無事に合格して今に至ります。

・・・こう書いていると本当に懐かしいです。あっという間の一年間でした。

私も含め、真面目な方は全力で口述対策をすると思います。それはとても良いことですが、実際には、不合格になる可能性はきわめて低いです。そこで、「口述対策をネタとして、同期合格者と交流し、同時に先輩合格者から情報収集する」というスタンスも持ちつつ、対策をすることも検討されてはどうかと思います。

私個人としては、複数の口述セミナーに参加したことが非常に良かったと考えています。以下のようなメリットがありました。

①口述本番を自信を持って受験できた
②合格後の診断士活動に関する先輩の経験談がたくさん聞けた。また、情報交換する仲間ができた
③口述セミナーを起点に受験支援活動(という共同プロジェクト)に参加し、同期合格者との関係ができた

年明けはロケットスタートセミナー

一発合格道場では、年明け1月11日に、「ロケットスタートセミナー」を開催予定です。
以下のような様々な疑問に対するヒントを提供できればと思います!!
・登録までの実務補習・実務従事をどうするのか。
・中小企業診断士協会とは何なのか、加入すべきなのか。
・研究会・マスターコースとは何なのか、加入すべきなのか。
・資格を社内で、転職に、どのように活用するのか?
・診断士資格を活用してお金を稼ぐにはどうすればよいのか?

晴れて合格を果たしたフレッシュな皆様とお会いできることを楽しみにしています!!

それでは、また!!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★


こんにちは、どいこうです

コンサルタントは政治・経済に無知で良いか

「コンサルタントが関与する企業経営はミクロな事象だから、政治・経済は関係ない」
・・・と思いますか?

私は以前、政治・経済をそこまで重視していませんでした。しかし、コンサルタントとして勤務し、事業家として過ごすうちに考え方が変わり、今では政治・経済を非常に重視しています。

軍事戦略では地形が前提条件

戦史の研究(特に航空機が登場する以前の戦い)においては、地形の重要性が指摘されます。
地形が、発生するであろう戦闘の前提条件となっていたためです。

例えば、「山崎の戦い」があります。「山崎の戦い」は、天正10年(1582年)に織田信長を討った明智光秀と、羽柴秀吉が戦った合戦のことです。この戦いでは、光秀に先んじて天王山(京阪間のほぼすべての交通路を制する要衝)を制した秀吉が勝利し、このことから、天王山のことを「天下分け目の天王山」と呼ぶようになりました。

経営戦略では政治・経済が前提条件となる

政治とマクロ経済は、経営戦略における前提条件になると思われます。

例えば、海外で、自社進出、ないし取引先ネットワークの構築を検討する場合、リスクが高い地域として以下のようなものが考えられます。

・インフラ(発電所・道路・鉄道等)が未整備な国では、人材の生産性が下がる。例えば、鉄道や道路が発達した東京の外回り営業マンは一日に4件の打ち合わせを設定できるが、主要都市でも道路が大渋滞していて2件しか設定できない街もある。

・戦乱で人命が失われ、建物等が破壊される地域では、せっかくインフラ、設備、人材等に投資しても、すぐに失われてしまう恐れがある。また、債権回収も困難。

・独裁者の失政等により経済が破綻している国では、企業の破綻が起こりやすく、債権回収が困難になる。また、治安悪化によりインフラ、設備、人材も損なわれる恐れがある。

・政府がルールを守らない国、恣意的なルールを作る国では、財産を「合法的に没収」されたり、本国にお金を戻せなくなったり、強制的に知的財産を奪われたり、社員が身柄を拘束されたりする可能性がある。

コンサルタントたるもの、顧客の事業を育て、守ることを最優先に考えるのは当然です。そうしたときに、上記のような政治・経済の要素を考慮に入れないと、最良の解を提示できなくなるのではないでしょうか。

最近の国際ニュース

私はアジア太平洋地域(よくAPACと略されます)を中心とした政治経済動向に注目して情報収集をしています。

アジア人として、近隣の動向が気になりますし、自分でも事業のごく一部を他国で展開している事情もあります。

最近、APAC地域では様々な事象が起きています。

11/16
スリランカで、ゴタバヤ・ラジャパクサ(元大統領マヒンダ・ラジャパクサの弟)が新大統領に就任したニュースがありました。マヒンダ政権時代には、シーレーン(海上交通路)の要衝であるハンバントタに、中国からの融資で港や空港を建設しましたが、返済に窮して港湾運営権を中国企業に99年間貸し出す契約を締結したこと等が問題視され、シリセナ前大統領に敗れました。しかし、4月に発生した大規模テロへの対応を争点化する等の反撃により、今回はラジャパクサ派が政権を奪い返しました。スリランカは親中路線に回帰することが予測されています。

11/22
韓国で、文在寅政権が日本とのGSOMIA(軍事情報に関する包括的保全協定, General Security of Military Information Agreement)の破棄を撤回しました。(これは日本のメディアでも大々的に報道されました。)。文在寅氏は朝鮮労働党の秘密党員であるとの文書がスクープされていますが、今回ばかりは国内世論と米国の説得を前に撤退せざるを得なかったのでしょうか。

11/23
オーストラリアで、中国人の元スパイである王力強氏が亡命申請をしたことが報道されました。香港、台湾、オーストラリアで、潜入工作や妨害工作に関与していたとのことです。王氏は、香港で活動する中国軍の情報将校の身元と、台湾やオーストラリアで行われている活動の内容と資金源に関する詳細な情報をオーストラリア当局に提供したようです。

11/24
香港では、区議会(地方議会)議員選挙で民主派が85%の議席を獲得して大勝したことが報道されました。従来より「一国二制度」が共産党政権により骨抜きにされていましたが、「反送中」を契機としたデモが継続しています。警察による発砲やデモ参加者の不審死が続いている状況で、1989年の天安門事件が再来しないかと世界中の人が懸念しています。

構造的な要因

最近のニュースには、米国と中国との間で起きている「新冷戦」の文脈で読み解くことができるものが多数あるように思います。

国際政治の動きを象徴的に表すのは主要な政治家のスピーチです。冷戦の時にも1946年3月にチャーチルによる「鉄のカーテン」スピーチがありましたが、今回は、米国のペンス副大統領がその役割を担当しているもようです。世界史上の大きな流れですので、まだお読みでない方は、ご一読をおすすめします。

「新冷戦の幕開け」とも指摘される、2018年10月4日の演説(和訳)はこちらです。

また、最新の2019年10月24日の演説(和訳)は、こちらです。特に香港・ウイグルの人権侵害に踏み込んだ内容となりました。

日本のニュース

日本のテレビで放映される政治経済ニュースは「質問通告の期限を破ったことがバレて逆ギレした議員」「桜を見る会に支持者を呼んだ・前夜祭の会費が安かったことを問題視?する非難」等でかなりの尺を使っています。ニュースの重要度の判定を誰がどのような基準で行っているのだろうか、と気になるところです。

ただし、Youtube等の動画サイトで放映される番組には世界の政治・経済、そして日本の本質的な問題を正面から取り扱う番組も多数あります。以前より選択肢が増えたことは望ましいことだと思います。

それでは、また!

★:★:★:★:★

口述セミナー@東京のお知らせ
12月7日(土)午後を予定
場所、時間の詳細は後日告知いたします。

※大阪、名古屋は口述セミナーの予定はございません。
あらかじめご了承ください。

★:★:★:★:★

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
※お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。

決算発表シーズン

これを書いている現在、9月期決算の発表ラッシュの時期です。私もこの時期は適時開示情報をつい見てしまいます。

いわゆる決算発表で開示されるのは「決算短信」です。決算短信は、取引所によって会計期間終了(例えば9月期決算であれば9月30日)から45日以内(9月期は11月14日まで)の開示が適当とされ、30日以内(9月期は10月30日まで)の開示が望ましいとされています。実際には、31日目から45日目に発表する企業が大半となっています。

ベンチャー投資と未上場株

今回の決算発表では、「ベンチャー投資」がキーワードとなっているようですね。

株式市場には、未上場株に投資をする企業が多数あります。ベンチャーキャピタルの会社がそうですし、最近では大手企業もCVC(Corporate Venture Capital)を持つ会社が多数あります。

こうした企業にとって未上場株は営業資産(勘定科目は「営業投資有価証券」)なので、決算において「時価評価」をすることになっています。ただ、その時価をどうやって評価するのかが問題となります。

帝国データバンクの記事ではIPEVガイドラインによる6つの評価方法を挙げています。

6つ方法が挙がっているのですが、VCにとっては多くの方法が使い勝手が悪いというのが実情です。
・継続的な利益/割引キャッシュフロー:VCの投資先は、現時点でほとんど売上がなく、また損失を計上している場合も多いため、利用が困難。
・業界別のベンチマーク:新しいビジネスの場合は存在しない。
・純資産:投資家からの出資額が上限で、そこから当面は開発費等で減っていく。ところが、投資家はそれを遥かに上回る評価をしており、実態を反映しない。

結局、投資先の評価は「直近の投資価格」がベースとなることが多いようです。ただこの方法を使う場合、気をつけるべき点があります。評価に利用した「投資価格」が、自社の投資価格である場合、一種の利益操作ができてしまうのでは、との指摘があります。例えば以下のような事例です。

・X1年3月、A社に1株100円で1億株(100億円)を投資
・X2年3月、同じA社に1株500円で0.6億株(300億円)を投資

ここにおいて、X2年3月期の決算で、投資した1.6億株の時価を最近の投資単価で評価すると、800億円(@500 × 1.6億)と計算されます。取得価格は400億円なので、400億円の利益が計上でき、年間のリターンは100%となります。すごいですね!

・・・なのですが、気をつけたいのは、これが「未実現利益」である点です。利益を実現するには、第三者に売却できなければなりませんから、「本当にその価格で売却できるのか?」という点は十分に吟味する必要がありそうです。

中小企業診断士が投資を語る動画

なお、有名な中小企業診断士で、井村俊哉さんという方がいます。元芸人で、株式投資で2億円超を稼いだ投資家です。その方が運営しているYoutubeチャンネルがあり、Zeppy投資ちゃんねるというのですが、ここでの井村さんの解説は、理路整然としてわかりやすく、個人的に非常に注目しています。

あなたも私も、研究を重ねれば億り人になれるかも知れませんね。ふふふ・・・

それではまた!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら
※お申し込み期日:11月1日23時

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込み受付は終了しました。

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。
もう10月も末日、いつの間にか肌寒い日々となってきました。

次は口述試験!

10月20日(日)に2次筆記試験を受験されたみなさん、おつかれさまでした。
もう随分、日にちが経ってしまいましたが、今回が2次筆記試験後、初めての私の回です。

受験生のみなさんは、12月6日(金)の「口述試験を受ける方の発表日」まで、受験生生活はしばしお休みとなります。

そんな中、一発合格道場や他の受験生支援活動に携わっているメンバーは、12月15日(日)の直前の週に行われる「口述試験対策セミナー」の準備をします。

今年の2次試験問題を解き、想定問答を作るのです! ですが、、、受験の当事者でなくなったためか、なかなか着手できずにズルズル時間が過ぎています。そろそろ一念発起して、受験資格を得た方々の口述対策をお手伝いできればと思います。

この時期何をするのか?

息抜きするなら今!

試験勉強をしている間、家族に負担をかけたり、自分の欲求にフタをして勉強していた方もいらっしゃると思います。そのような場合は、しばらく息抜きをするのも良いと思います。家族との時間、友人との時間、趣味の時間などなど、満喫されるのもよいかと思います。

やっぱり勉強も良い

「どうも玉砕してしまったようだ」という方、リベンジのための勉強を始めるのも良いと思います。早めに再スタートすれば、余裕をもって来年への準備をすすめることができます。

コンサルタントとしてのトレーニング

「合格したかな」と思う方は、診断士デビューに向けて実践知を身につけるのもまた良いと思います。コンサルタントとして身につけるべき知識やスキルはたくさんあります。試験科目の7科目に加え、論理思考、議論の方向づけ、資料作成、営業力、その他の各種専門知識などなど。その中でも私がまずオススメしたいのは、「経営者の目線で世の中を見る」ことです。

私もそうでしたが、雇われている会社員は、どちらかといえば定められた担当業務をこなすという発想になりがちです(もちろん、経営陣はそれを求めています)。しかし経営者は少し発想が違います。競争優位の構築、新規事業の創出、M&Aによる成長など、企業全体の方向性を考える傾向があり、「オレはスプレッドシートでのデータ分析が非常に速いんだ!」と自慢するような経営者は、あまりいません。コンサルタントが経営者に寄り添うには、こうした経営者の発想を理解する必要があると思います。

とはいえ、人は怠惰な生き物、自分の利害が絡まないと真剣になれないものです。そこで、私は、「上場企業の株式を保有し」、「中長期(数ヶ月~数年単位)のトレーディングで利益を出そうとする」ことを提案します(金額は少額から始めるのがいいと思います)。株式を保有すればあなたはオーナーであり、企業を経営者目線で見ることになります。経営方針がイマイチだと思った会社の株を売却するでしょうし、「知られざる優良企業だ」と思った企業の株を買うでしょう。このように経営者目線で企業を分析する経験を積み重ねること、これが、コンサルタントとしての力量につながると私は考えています。
※ただし、デイトレーダーになってモニタの前に張り付くことは、個人的にはおすすめしません。

昨年の私は読書を中心に過ごしていました

「2次筆記試験直後の昨年今頃、自分が何をしていたのかな」と思って、昨年のカレンダーを見返してみました。すると、打ち合わせなどの予定をあまり入れていませんでした。読書に勤しんでいたと思われます。

私の場合は、あまりムリをせず自然体で勉強していたので、特に息抜きは必要なく、単にのんびり過ごしていたように思います。

翻って1年後の現在、従来の仕事、診断士になってから始めた実務、それに研究会等、予定をたくさん入れて、忙しくなりました。その結果、読みたい雑誌や書籍が積読状態になっています。あの頃はマイペースで過ごしていたなあと状況の変化に感慨を覚えます。

近況:知財業務をやっています

最近、研究開発の委託契約に関与していますが、知的財産は本当に重要ですね。契約交渉の場面で、特許等の帰属や実施権に関する取り決めを間違えると、血と汗と涙の結晶とも言える技術の利用価値が下がったり失われたりします。
・特許等が委託先に帰属するような契約を結んでしまうと、権利を取得できない
・特許出願前に共同研究者が論文発表してしまうと新規性を喪失して特許要件を欠く。ただし、1年以内に出願すれば例外適用が受けられる(特許法第30条)
・特許出願した内容は1年6ヶ月経過するまで公開されない(特許法第64条)が、その期間に委託先が論文発表等してしまうと、競合に出願内容が筒抜けになってしまう
とても恐ろしい世界なので、私も冷や汗を書きながら契約書に取り組んでいます。

ところで、中小企業診断士試験の経営法務において、知的財産権が重視されています。

知的財産権は、第一に企業の競争力確保という観点で重要です。せっかく自社で発明した技術を有効活用して利益を獲得しなければ、企業の存続・成長は難しくなります。第二に、企業による知財戦略の失敗が積み重なると、国の競争力にも悪影響を与えます。実際に、世界的な大国の間でも、知的財産をあの手この手で奪う試みと、それを阻止する試みが繰り広げられています。日本人(私もそうですが読者の多くもそうだと思います)は概して約束や法律を律儀に守ることを常識としていますが、その常識が一部の外国に通用しないこともあって、近年、知的財産をめぐる仁義なき戦いに苦戦しているようです。

一人一人のビジネスマンが知財の重要性を深く認識し、厳格な姿勢で臨むことで、新技術を活用し、所属する企業の業績を向上させられると思います。また、それが国全体の競争力や豊かさにつながると思っています。中小企業診断士には、そうした一連の過程に良い影響を与えられる可能性があるのではないでしょうか!?

おわりに

明日11月1日(金)には、受験生のみなさんと道場メンバーとの懇親会である、「事例V」が、東京・新宿にて開催されます。私も参加予定でして、皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

★:★:★:★:★

2次試験終了後、打ち上げやります!ふるってご参加ください♪
10月21日12時より受付開始!

事例Ⅴ(@東京)
11月1日(金)18:30~21:30 新宿駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅵ(@大阪)
11月16日(土)18:00~ 大阪駅周辺にて。
お申し込みはこちら

事例Ⅶ(@名古屋)
11月2日(土)18:00~20:00 名古屋駅周辺にて。
お申し込みはこちら

★:★:★:★:★

こんにちは、どいこうです。

さて、いよいよ明日が2次筆記試験!!
今日は今年のブログメンバーである10代目からです!

明日、皆さんが培った実力を発揮されることを祈っています!

◆10代目かわとも

「中小企業診断士は、未来を照らす光のような存在」
大先輩の診断士の方から、そう伺いました。

曰く、他の多くの士業は「現在か過去の課題」を解決するお仕事が大半を占めるが、中小企業診断士は、それに加えて「企業が将来進むべき方向性」を示す士業である。将来の方向性を示し、社長さんを元気づけて、共に歩む伴走型の支援をするのだと。

つまり、中小企業診断士の存在意義は「未来志向型」であるといえます。

2次試験でも「中小企業診断士の立場から助言せよ」という問題がありますよね。
このタイプの問題は、事例企業の「今後の施策」が求められていることが多いのですが、まさに、中小企業診断士が未来志向型の士業であることが前提となっているのではないでしょうか。

「試験ではなく、支援」
ブブさんも申しておりますが、事例企業の現状と課題を分析し、その企業の強みを尖らせて、未来に光を照らし、元気づけて差し上げる。2次試験は、その予行演習なのかもしれません。

最後まであきらめないで、石にかじりついてでも解き切ってください!!!
頑張るあなたを最後まで応援しています!

 

◆10代目たっつー

最後の事例Ⅳまで、絶対に絶対に諦めないで下さい。2次試験は4科目しかないので、たった1つでも高得点をとれていれば、合格することができます!
また、一文一文に魂を込めて、解答用紙を埋めてください!そうすれば、必ずや合格に近づけると思います。

 

◆10代目なおさん

いよいよ2次筆記試験が目の前に迫ってきました。皆さんと一緒に走ってきた我々10代目も他人事ではありません。なんかソワソワして落ち着きません。(^^;

でも、ここまで頑張ってきた皆さんなら大丈夫です。診断士になると決めてから今日までのことを少し振り返ってみてください。辛い時期もありました。不安な時期もありました。でも、そんな時でも応援してくれる家族や友人達がいましたよね。我々10代目もその内の一人です。

大丈夫です。落ち着いて、冷静に、存分に持てる力を発揮しちゃってください。
あ、あくまで事例の箱庭世界からはみ出さないように、そして社長の想いに寄り添ってあげてくださいね。

事例Ⅴで皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。(^-^)/

 

◆10代目ブブ

いよいよ試験が来ましたね。

夏の真っ盛り。二日間の長時間に渡る一次試験に挑戦し、突破した自分。
二次に向けて暗中模索のなか、試行錯誤してきた自分。

そんな今までの自分を誇りに思い、明日はやり切ってください。

そして、最後に大切な心がけを一つだけ。

「試験ではなく、支援」
紙上に顕れるクライアント企業の想いと課題に寄り添い、精一杯の支援をしてあげてください。

それに向かい、ベストを尽くすのみです!

 

◆10代目makino

2次試験に向かわれるみなさん。
私は、2次試験を3回受けています。5年ぶりに受験した昨年と、合格しなかった過去2回の違いは「やるだけやったか、どうか」でした。

そして、「やるだけやったか」は、ご自身が一番わかっています(そうですよね)。「試験の結果はわからないけど、自分には勝った」。そう思えるまで努力を積み重ねたあなたは、きっと大丈夫ですよ。あとは、いつも通りのやり方で、その努力を、そっと答案用紙の上に置くだけです。

支えてくれた大切な人達に、最大限の感謝を伝えて、決勝戦に向かいましょう!

 

◆10代目どいこう

いよいよラスボスの2次試験。
1次試験のメッセージの繰り返しになりますが、よく寝て、しゃっきり目覚めて、最良の状態で試験に臨んでください!
診断士ワールドで待っています!!

 

◆10代目いよっち

試験官はあの手、この手であなたを惑わせてきます。

「こんな出題形式、見たことない」
「問われていることが理解できない」
「こんなチャート(図)どうやって読み解けばいいんだ」

少しでも慌てたとき、少しでも心が乱れたときに、どう振る舞うか、もう決めていますよね?慌てているのは自分だけじゃありません。皆パニックです。そんな中でパニックを自覚できたら他より1歩リード。あとは勉強してきたことを置いてくるだけです。

「あー、あの人パニくってるなー」と他の受験生を眺める余裕があれば、もうこっちのものです。パニックに負けず、2次本番で十分実力を発揮してきてください!「合格体験記」を楽しみにしてます!

 

◆10代目ちこまる(仮)

いよいよ本番ですね!とにもかくにもまずは深呼吸。
目を閉じればきっと、これまでの努力が思い出されることと思います。

診断士試験は終わりではなく、あなたの診断士ライフの始まりです。新しい、ワクワクした世界が待っていますよ。
あなたがやってきたこと、全てがここにつながっています。目の前にあるのは壁ではなくて固くて重いドアです。そのドアをこじ開けて、ぜひ新しい世界へ一歩踏み出してください!

落ち着いて、いつも通りの力を出せることを心より祈っています!

 

◆10代目kskn

最後の1分まで諦めずに頑張ってください!

 

◆10代目ぐっち

ついにこの日が来ましたね。難関の一次試験を突破して、二次試験に挑戦すること自体、素晴らしいことだと思います。あともう少しですが、この先が本当の関門です。自分にできることを最大限発揮しましょう。

本試験は、極度の緊張感の中で臨むことになります。どんな時も冷静に対処するよう心掛けてください。見たことのない図や文言が出てくることもあるかもしれませんが、焦る気持ちは他の受験生も同じです。そして、無理に高得点を狙いにいくのではなく、安定して6割確保することを目指してください。それが、結果的に良い方向へと繋がっていくと思います。

最後に、前日はしっかりと睡眠を取って、万全のコンディションで臨んでください。当日は、温度調整の対策や持ち物チェックも忘れずに。昼食の食べ過ぎも要注意です。事例が終わった後に振り返っても、何も変わりません。気持ちを切り替えて次の事例に臨みましょう。

事例Ⅴ、そして口述対策セミナーで皆さんにお会いできることを楽しみにしております!

 

◆10代目かもよ

試験問題は、全員にとって初見問題です。その条件は変わりません。皆同じ問題に立ち向かう同志です。みんな診断士を目指して同じ会場にいるんですから、むしろ会場の全員が仲間です。明日は味方に会いに行くようなものです。安心して試験に挑んできてください。
そして、皆さんの経験が次の受験生の道しるべになります。これまでの勉強の工夫と苦労も、明日の緊張も、万が一ハプニングがあったとしても、むしろそれらを乗り越えたことが、全てが大切な情報です。「合格体験記」として読ませていただけることを、楽しみにしています。

 

◆10代目そーや

ついに二次試験本番です。まずはカラダを休めて当日きちんと起きることだけを考えてください。私は去年緊張して夜中まで寝付けず、挙句カゼをひく失態を犯しました。それでもやれることはやろうと少し肩の力が抜けた状態で試験に臨めました。

要はどんなコンディションでもやることは一つ、適度に力を抜いて1人の中小企業診断士として企業の思いに沿った助言をして下さい。

そして、再現答案を作る余力まで残せればなお良し

*:*:*:*:*

さて、明日(20日)・明後日(21日)の2日間はみなさんからのコメントをどしどし募集するOPEN DAY!です。
感想・手応えなどなど、たくさんのコメント、お待ちしています!

それから、事例Ⅴ・Ⅵ・Ⅶは、明後日21日の12時から受付開始ですのでお忘れなく!

それでは、また!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

 

こんにちは、どいこうです。
いよいよ直前期になってきました。本稿では勉強の内容には少ししか触れず、「1年前の自分に語りかけるならば」というコンセプトで書いてみたいと思います。

中小企業診断士資格はとっておけ!!

私が中小企業診断士試験に合格する前、「この資格は取得しても現世的なご利益はほとんどない」と思っていました。「経営知識があるという一定の証明がわりに使えそうかな」、「いまさらMBAは時間がかかりすぎるから診断士がちょうどよいな」という程度でした。

ですが、いざ取得して見えてきた光景が異なっていました。
診断士資格を活用してご利益を得ている人は確かにいます!

・転職に成功している事例は数え切れないほどある
・独立して活躍している人も多い
・数千万円を稼いでいる診断士とも普通に会えて話を聞ける

自分はそれらを見て、今のところ、以下のように考えています

・診断士資格は、中途採用担当者にとってわかりやすいプラスのメッセージになりそうである
・仕事の獲得も、限られた人しかできない、というわけではないらしいし、それにむけた研究会で研鑽もできて素敵
・大成功している独立診断士にはいくつかの勝ちパターンがあるようだ

というわけで、昨年の自分には、「次のステージに突入して人生を大幅に好転させられるかも知れない。最後まで気を抜かず、何としても合格しろ!」と今なら伝えたいところです。

試験後にやっておくとよいこと

また、試験後にぜひやっておいていただきたいことがあります。

再現答案の作成

自分は試験後、答案用紙を放置して日常の仕事に戻ってしまい、再現答案を作りませんでした。しかし、筆記試験の合格発表後、口述試験の準備のために、結局、再現答案を作りました。どうせ作るなら、試験直後に作るほうが内容を憶えているため精度も高く短時間でできますので、当日に作ることをおすすめします。

口述セミナー日程確認

口述試験は例年は合格率がほぼ100%のようですが、練習無しで臨むのは怖いと思う方は多いと思います。一発合格道場をはじめ、各団体が口述試験の対策セミナーを開催しますので、事前に日程を確認しておいてください。

なお、以前の記事(診断士活動初期の「情報戦」)にも書きましたが、私は独学&通信講座で診断士ライフに関する情報が不足していました。なので、口述セミナーは先輩診断士へのヒアリング&同期診断士との情報交換の機会としても意識していました。

財源(と日程)の確保

合格後、中小企業診断士としての事業化に取り組む場合にはある程度の費用がかかります。家族との調整を含め、一定の準備をしておくとよいスタートが切れると思います。
・資格登録に必要な実務補習・実務従事の費用: 約15万円(自分で実務従事先を探せば不要)
・中小企業診断士協会の入会金3万円と年会費5万円: 合計8万円(任意)
・マスターコース: 5-20万円程度(任意)
・各種研究会の年会費: 数千円から1万円程度(任意)

なお、「苦労して資格をとって、またお金を払うのかよ・・・」という意見をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。昨年の私も最初はそう思って躊躇しました。が、経営コンサルティング業を事業化しようと考えていたので、それに役立ちそうだと判断した案件については、投資しました。

財務の学習項目で「ディシジョン・ツリー」という項目があります。大まかに以下のような考えです。

①最初に小さく投資して初期調査(「テストマーケティング」「事業化調査(F/S)」など)する
②初期調査の結果、詳細の見通しがわかる
③初期調査の結果、見通しが良ければ、より大きく投資をする。見通しが悪ければ、投資をストップして損切りする。

こうして小さな投資によって経営上の柔軟性をもっておくことを「リアル・オプション」と呼びます。金融派生商品(デリバティブ)の「オプション」になぞらえてこのように呼ぶのですが、効果的に活用すればより高い投資リターンを得られます。

診断士の諸活動への投資もこの「ディシジョン・ツリー」「リアル・オプション」のコンセプトを意識することで効果を高められるのではないか、と私は思います。

ディシジョンツリーの過去問に関する過去記事はこちらです。平成23年に出題されたのですが、そろそろ出題されるかも知れませんね・・・

おわりに

今回の記事は頭が悪そうなタイトルで失礼しました(笑)。また、少し先走った内容だったかも知れませんが、昨年の自分に言いたいと思ったことでした。
2次筆記試験、自分を信じて頑張ってください!

それでは、また!!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは、どいこうです。

今日は特に事例Ⅳで相棒となる「電卓」の利用法を確認します。

電卓に関するルール

2次の試験案内には、以下の記載があります。よく読んで違反をしないようにしてください。

1)使用できる電卓はいわゆる携帯用電卓で、右の図(省略)に例示する機能のような、四則計算(加減乗除)、√、%、数値メモリなどの単純な計算機能を持つものです(サイズはおおよそ縦180ミリ、横100ミリ、高さ30ミリ以内程度)。机上に1台だけ置くことができます。
2)次のような電卓の使用は禁止します。
a.関数電卓
b.プログラムの入力機能や記憶機能を持つもの。
c.電子手帳・携帯電話などに付属する電卓。
d.記録紙の出るもの。
e.他の受験者の妨げになるような音の出るもの。
f.電源コードを使用するもの。
3)上記基準に適合するかどうかは、監督員が試験室において判定し、適合しないものについては、その使用が禁止されます。使用を禁止した場合でも、電卓を貸与しません。

電卓「2個持参」のすすめ

万一の故障に備えて、試験会場には2個電卓を持参する方が多いようです。私も2個持参しました。

「まさか試験当日に電卓の故障なんて起きないだろう・・・」と思ったのですが、万一が起きて1年間を棒に振ることになってはイヤですよね?

キーの配列やピッチが変わると打ち間違いが生じうるので、同じ電卓を2個持参すると良いと思います。

2種類のメモリーを意識する

電卓には「GT(グランドトータル)メモリー」と「独立メモリー」の2種類の記憶領域(メモリー)があります。独立メモリーは、単に「メモリー」と呼ぶこともありますが、本稿では「独立メモリー」と記載します。

これらのメモリー機能を正しく理解することで、①「計算速度を速める」ことができ、また、②「計算ミス・転記ミスを減らす」ことができると思われます。

すでに確立された方は読み流していただければと思います。まだの方、一緒に確認しましょう!

GTメモリーの使い方

[GT]: グランドトータル
GTメモリー(グランドトータル:総計)の内容を表示します。
2回続けて押すと、GTメモリーの内容を消去します。

[=]: イコール
ご存知のイコールです。計算結果を表示します。同時に、GTメモリーに加算する役割もします。

《計算例》
問1) 100円3個、50円4個、10円15個で合計何円?

100 [×] 3 [=] → 300
50 [×] 4 [=] → 200
10 [×] 15 [=] → 150
[GT] → 650

※計算内容: (100×3)+(50×4)+(10×15) = 650

独立メモリーの使い方

[M+]: メモリープラス
入力数値や計算結果を独立メモリーに加算します。

[M-]: メモリーマイナス
入力数値や計算結果を独立メモリーから減算します。

[RM]: リコールメモリー
独立メモリーに記憶されている内容(数値)を呼び出します。

[CM]: クリアメモリー
独立メモリーに記憶されている内容(数値)を消去します。

《計算例》
問2) 100円3個、50円4個、10円15個入っていた財布から、500円の買い物をしたら残りは何円?

100 [×] 3 [M+] → 300
50 [×] 4 [M+] → 200
10 [×] 15 [M+] → 150
500[Mー]→500
[RM] → 150

※計算内容: (100×3) + (50×4) + (10×15) – 500 = 150

クリア関連

[CA]: クリアオール
表示数値、計算過程、GTメモリー、独立メモリーの内容を含めて、電卓内をすべて消去(ご破算)します。

[C]: クリア
GTメモリーと独立メモリー以外の数値が消去されます。
電卓内部の数値や計算命令を消去するときに押します。

[CE]: クリアエントリー
数字入力直後や独立メモリーの内容を呼び出したときなどに押すと、表示数値がクリア(消去)されます。
入力した数値全体を訂正するときに使います。

[→]: 桁下げ(右向き三角形の絵柄の機種もあります。)
最も右側に表示されている数字を一つ消します。 続けて押すと、押した数だけ数字が消されていきます。BackSpaceのような役割です。

定数計算

定数(同じ数)を足す/引く/掛ける場合や定数(同じ数)で割る場合に、特別の操作があります。定数計算の方法は、CASIOとCASIO以外(Sharp、Canon等)とで方法が異なります。

<CASIOの場合>
定数を先に入力して、四則演算と[=]を入力する(1回目)。2回目以降は[=]を入力する。

《計算例》

問3a-1)512に2を5回足す
2[+][=]512[=][=][=][=]→ 522

問3a-2)512から2を5回引く
2[-][=]512[=][=][=][=]→ 502

問3a-3)512に2を5回掛ける
2[×][=]512[=][=][=][=]→ 16,384

問3a-4)512を2で5回割る
2[÷][=]512[=][=][=][=]→ 16

 

<CASIO以外の場合>

計算対象(定数以外の数値)を先に入力した後に定数を入力して[=]を入力(1回目)し、2回目以降は[=]を入力する。
ただし、掛け算の場合は、先に定数を入力した後に計算対象(定数以外の数値)を入力する。

《計算例》

問3b-1)512に2を5回足す
512[+]2[=][=][=][=][=]→ 522

問3b-2)512から2を5回引く
512[-]2[=][=][=][=][=]→ 502

問3b-3)512に2を5回掛ける (注:掛け算の時だけ入力順序が違います
2[×]512[=][=][=][=][=]→ 16,384

問3b-4)512を2で5回割る
512[÷]2[=][=][=][=][=]→ 16

定数計算の例題(NPV計算)

《計算例》
問4) 各年度のキャッシュフロー(CF)と割引率(5%)を用いて正味現在価値(NPV)を計算しなさい
ただし、各年度のCFは以下のとおり。
CF(0)=-300, CF(1)=200, CF(2)=150, CF(3)=200

<CASIOの場合>
300[M-]→ 300
200[÷]1.05[M+]→ 190.476xxx
1.05[÷][=]150[=][M+]→ 136.054xxx
1.05[÷][=]200[=][=][M+]→ 172.767xxx
[RM] → 199.298xxx

<CASIO以外の場合>
300[M-]→ 300
200[÷]1.05[M+]→ 190.476xxx
150[÷]1.05 [=][=][M+]→ 136.054xxx
200[÷]1.05 [=][=][=][M+]→ 172.767xxx
[RM] → 199.298xxx

※独立メモリー計算内容: -300 + (200÷1.05) + (150÷1.05÷1.05) + (200÷1.05÷1.05÷1.05)= 199.298xxx

その他

[+/-]: プラス・マイナス
表示されている数値の「正(+)」と「負(-)」を入れ替えます。

[%]: パーセント
百分率(パーセント)の計算をします。

《計算例》
10000 [×] 10 [%]→  1000
3 [÷] 10 [%]→  30

まとめ

私自身は最初に手にとったのがSHARP電卓であったため、今でもSHARPを利用しています。

電卓は大切な相棒ですので、しっかり理解して生産性を高めたいものですね!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*二次筆記試験対策勉強会2019@東京 開催!!*:*

2019年9月14日(土)9:30~

@雑司が谷地域文化創造館 第1会議室A

詳細はこちらをご確認ください。
(満員御礼です。キャンセル待ちは受け付けておりません。)

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは、どいこうです。

初年度の研究会体験

夏も終わっ・・・たかと思いましたが、昨日の東京はまた猛暑がきておりました。私は早く秋を満喫したいと願っているのですが。さて、そんな私は週末に、参加している研究会の合宿にいってきました!

この「研究会」という言葉、中小企業診断士になると頻繁に耳にするようになります。診断士たちは、概して「研究会」活動をさかんに行う人々なのです。テーマは様々です。特定の業界動向であったり、診断士としてのスキルであったり、稼ぎ方であったりします。活動方式も、講義形式だったり、実践形式であったり、様々です。

典型的なスケジュールですが、4月に中小企業診断協会が主催する歓迎会(例えば東京だと「スプリング・フォーラム」)等で募集活動をして、6~7月頃から活動を本格化させる会が多い印象です。

研究会に入るも入らないも各自の自由です。私の場合は、どうするか迷いましたが、たまたま関心あるテーマで、メンバーの相性も良い会に出会うことができ、今回の合宿にも参加することになりました。診断業務を事業化する際に、ベースとなる情報や知見を(できればプレゼン資料の形式にして)自分の「引き出し」にできるとスタートを切りやすいと思います。その過程を愉快な仲間たちと一緒に実行しており、非常に有意義だと思っています。

その一方、私が受けたある講座では、告知チラシを読んで私が想定していた内容が、実際の講座内容と大きく異なっていました。その結果、その講座では、期待していた効果を実現できませんでした。

診断士活動も意外と「情報戦」

ここまでの経緯を振り返ると、割と「情報戦」の要素があるなあと思います。

私は独学と予備校の通信演習とで試験勉強をしており、勉強用SNSなども利用しませんでした。このため、同期受験生や予備校の先生とのつながりがなく、2次筆記試験の合格が発表された12月上旬の段階で、情報を全く持っていませんでした。

そこで、口述準備期からビハインドを取り戻すべく、精力的に情報収集をスタートしました。幸い、この時期には各種の受験支援団体が、「口述対策セミナー」を主催していましたので、足繁く通いました。口述対策ももちろんでしたが、主に「合格後の行動指針を策定するにあたり、先輩方に体験談を聞かせてもらえる場」として意識していました。

合格発表後には、また各団体で、「スタートダッシュや登録までの実務補習等をどうするか」という趣旨のセミナーが開催されましたので、こちらにも精力的に参加しました。

そんな具合にセミナーおよび懇親会をはしごしていたら、いつの間にか道場の執筆メンバーになったり、別の受験支援団体である「タキプロ」のメンバーになったりしていました。

上記のように、それなりに懸命に情報収集をしたのですが、いかんせん短期間のリサーチでしたから、予備校など中長期的な関係性を作っていた方々ほど情報の精度は高くなかったかも知れません。結果的に、私はミスマッチを経験しました。一方、情報収集力にすぐれた方は、「地雷」を軽やかに回避されていたようです。羨ましい限りです。

事例Ⅴ・Ⅵと口述セミナー

2019年合格予定のみなさんは、今は2次筆記試験の準備に忙しいと思います。ぜひ合格していただきたいと思います。

ですが、合格したらそれで終わりではありません。合格後も面倒がらずに情報収集してミスマッチを回避し、時間とお金を有効利用してほしいと思います(独学や通信講座で勉強している方は特に!)。

さて、少し先の話になりますが、一発合格道場では、2次筆記試験の終了後(11月上旬頃)に「事例Ⅴ(in 東京)」と「事例Ⅵ(in 大阪)」という懇親会を、口述試験の直前(12月上旬頃)には、「口述試験対策セミナー」を開催予定です。試験後の方針を定める情報収集の面からも、役立てていただければ幸いです。時期が来れば、ブログで告知しますのでぜひご検討ください。


それでは、また!

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

8月10日(土)開催済! 東京レポート

8月11日(日)開催済! 大阪レポート

8月24日(土)開催済! 名古屋レポート

*:*

2次試験対策夏セミナー有料動画配信はこちら

(Filmuyにて配信中:配信期間は未定も2次試験終了までを予定)

夏セミナーの2次試験対策ダイジェスト版無料配信動画はこちら(YouTubeが開きます)

2次試験対策 動画配信に関するお知らせはこちら

*:*:**:*

こんにちは、どいこうです。

8月ももうすぐ終わり。過ごしやすくなってきましたね。おかげで私、仕事の意欲が急激に高まってきています!!

2次試験対策は(意外と?)役に立つ

2次試験、特に事例Ⅰ~Ⅲは、「掴みどころがない」という嘆いている方も少なからずいらっしゃると思います。私も嘆いていたクチだったのですが、先日、「2次試験のような修行は意外と役に立つのではないか」と思えるエピソードがありました。

先日、私が関与した比較的大規模な公募申請が、前向きに進展しております。その申請書類を作成する過程で、「あ、今、自分がチームを救っているんじゃないか?」といえる瞬間がありました。申請書が「質問文で問われていること」に答えていなかったことに気づき、それを指摘して無事に要素を盛り込んだ場面でした。

具体的な場面はこうです。申請書を数人のチームで作成していました。記載項目に「この事業で解決できる課題」というものがあり、その時点のチーム原案では、「当社が現在直面していて解決したい課題」が書かれていました。しかし、公募要領などの前提条件をよく読むと、求められていたのは、「この事業で解決できる社会的な課題」でした。つまり「この事業によって、どんな社会的課題を、どのように解決できるのですか?」を聞かれているのに、「うちの事業はこことここを何とかすればうまくいきそうなんです!!」と回答しそうになっていたのです。

どんなに良い事業であっても、行政側が用意した「問い」を外していれば、公募に採択することができませんから、上記のわたしが介入する前の状況はまさにピンチだったと思います。それを救った正義のヒーローが私でした!(すみません、自分のことを絶賛してて気持ち悪いですね。このあたりで止めておきます)

思うに、中小企業庁は、中小企業診断士が中小企業政策(補助金や経営計画等)を浸透させてくれることを期待しているし、公的機関の業務につくことも想定していると思います。そういうわけで、そうした場合に公的機関からの「問い」に的確に答えられる人を求めているのだと思います。

公的機関ではなく、企業とのやりとりの場面においても同じです。取引先のメールなどを的確に把握してそれに応えることは社会人に必須の能力ですし、特に専門家としてそれを行う診断士にはより一層きびしく求められる素養だと思います。

なので、あなたがいま2次試験の勉強をしていることは、たいへん実用的なスキルを向上させていることになると思います!

また、逆にとらえるならば、日々の業務で顧客の問いに答えようとする取組が、実は2次試験の勉強になっているかも知れません。

私の二次筆記試験対策(バッド・ケース・スタディ)

さて、今年の二次筆記試験まで2ヶ月を切りました。

そこで、今回は自分自身の二次試験対策と、その振り返りをしたいと思います。

私の1年目は、誰にもおすすめできない、適当なものでした。

まず、独学で準備をしていたので、誰も「2次試験の勉強をやらなくていいの?」と言ってくる人はいません。2次試験の申込みは間に合い、試験日をカレンダーに入れるところまでは順調だったのですが、そこから日々の仕事や雑事に追われ、つい忘れてしまいました。

そうこうするうち、試験間際(確か1-2週間前)に、受験票が届いたのです。それを見た私は、「そういえば二次試験がそろそろだ!」と思い出しました。慌てて市販(TAC)の過去問集を買ってきて(受験生のバイブル「ふぞろい」について聞いたこともありませんでした)、自分で3年分(12事例)くらい解いてみたのですが、時間切れでそのまま本番突入してしまいました。学習計画もあったもんじゃない、完全な行きあたりばったりでした。結果、残念ながら及ばず落ちてしまいました(そりゃそうか)。

敗戦理由を振り返ると以下のようなところかと思います。

・スケジュール管理が甘かった
・情報収集が甘かった
・事例Ⅰが組織で、事例Ⅱがマーケ、等の区分けが頭に入っていなくて、多分、事例Ⅰにマーケの施策とか書いたと思う
・練習が不十分で、他の受験生がさらっと答えるであろう問題(事例Ⅳの経営分析)もうんうん考えていた
・与件文の根拠を重視はしたが、つい、自分の経験からのアイデアを書いていた(経験を積んでしまっている中年のサガだと思います)

そうした理由で失敗しましたので、振り返って反省しました。「受験料、もったいなかったな」と。そこで、2年目に改善プランを立てました。

①スケジュールをミスらないように予備校をペースメーカーにする。TAC通信の演習講座を受講した。
②各事例ごとに領域が異なることを頭に入れる(当たり前ですね・・・)。
③特に定型的に処理できる問題が多い事例Ⅳは重点的に練習する。TACのオプション講座を受講した。
④記述問題では、原則として、与件文に根拠があることしか書かない。

結果、TAC演習(通信講座)の7セットと、事例Ⅳオプションの演習事例(確か講義を6回受けたと思います)を解いて、「2次試験って、こんなもんかな」という感触を掴み、合格できました。

残念だったことは、最後まで「ふぞろい」を知らなかったことです。合格後に「ふぞろい」の有用さを知り、その点は「損したな」と残念に思いました。情報収集を怠った自分が悪いのですが。

勉強するときに特に意識したこと

百戦錬磨の道場メンバーの中では、比較的ノウハウ蓄積が手薄だった私ですが、意識したことはありました。以下のようなものです。

・事例4はどちらかというと「手に覚えさせ」ました。解答解説を読んで「よし!こうするのか」と思っても、同じ問題が出たとき解けません。きっちり手を動かして、解答を作成します。解答を見て、できなかった問題は、むしろ解答を丸写しして「手に覚えさせて」「脳にも焼き付ける」イメージです。一つ一つの局面で「次は何をする」を理解することが重要で、これを繰り返すうちに、無意識で手が動くようになります。

・事例1~3は、何よりも「問に答えてない」回答を出すリスクを減らすことを考えました。このため、最初に質問文をかならず確認して、アンテナがたった状態で与件文を読む手順にしました。また、骨子を書いたあとに「問いに答えているか」を再確認する流れを採用していました。

・リスクヘッジのために、解答欄に一つでも多くの要素を盛り込みたいと思いました。そこで、同じ意味でより短い単語を選択するよう心がけました。

・よほどのことがない限り本文中の根拠に対応させ、オリジナルな発想を抑制しました。

他のみんなが書いていることと同じで全然、新鮮味がないと思います。ただ、合格者の共通点ということですから、これらの基礎動作を愚直にやると、確実に合格に近づくのだと私は思います。

まとめ

今日の記事では、2次試験も現実世界のニーズに基づいていることを考慮して、試験準備と実務との相互関連を意識することをご提案しました。

また、私の悪い例を参考に出しました。特に独学の方は、周囲からの情報や働きかけがないですから、勉強が中断してしまうと再スタートのきっかけがなかなかありません。私のように中断させてしまわないよう、毎日、少しの時間でよいので、勉強を続けるようにするとよいのではないでしょうか。

それでは、また!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*
申し込みは8月5日12:00から一斉に開始します!
まずはご予定の確保をお願いします!

東京:8月10日(土)13:30~ お申込はこちら
@文京区シビックセンター3F会議室1・2

大阪:8月11日(日)13:45~ お申込はこちら
@生涯学習センター梅田

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

詳細はこちらをご確認ください。

*:*:**:*


こんにちは、どいこうです。

いよいよこの日がやってきました。一次試験の初日!

今日の試験科目は、以下の4科目です。

A 経済学・経済政策
B 財務・会計
C 企業経営理論
D 運営管理( オペレーション・マネジメント )

試験当日にしかめっ面をしたところで知識が増えたりはしません。
自然体でリラックスして、試験を楽しむ気持ちで臨むのが良いのでは、と個人的には思います。

今日は猛暑日になる地域が多いようです。熱中症にならないよう、水分と塩分を十分に補給してくださいね。環境省の熱中症予防情報サイトなども参考にしてみてください。

 

さて本日は、
道場OPEN DAY!!

道場のコメント欄に、ぜひ!みなさんの今の気持ちを書いてみてください!
試験前の決意表明や、1次試験の初日を終えた後の気持ちの整理に、コメント欄をご活用ください。

・1次試験への意気込み
・1次試験の感想や自己採点結果
・2次試験への意気込み
・応援してくれた方々への感謝の気持ち
などなど。

道場メンバーが、全力でアツいコメントを返したいと思います。

そして、同じ試験に挑んでいる同志達のコメントを読んで、明日の2日目、そしてその先に進む力にしていただけたらと思います。

みなさんからのコメントをお待ちしています。

 

*:*一発合格道場 夏セミナー2019 開催!!*:*
申し込みは8月5日12:00から一斉に開始します!
まずはご予定の確保をお願いします!

東京:8月10日(土)13:30~ お申込はこちら
 @文京区シビックセンター3F会議室1・2

大阪:8月11日(日)13:45~ お申込はこちら
@生涯学習センター梅田

名古屋8月24日(土)14:00~ お申込みこちら
@ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

詳細はこちらをご確認ください。

*:*:**:*


こんにちは、どいこうです!

はじめに

昨日、7月21日に参議院選挙が行われましたが、この原稿は選挙結果が判明する前に書いています。

私がビジネスマンとして政府に望むことは、国際法や合意事項を無視する特定国に対する毅然とした対応です。「日本は脅したらすぐ妥協する」と諸外国に思われたら、次々におかしな要求をされ、企業の経営にも悪影響が出るのではないかと危惧しています。

また、今回も各所での演説妨害が問題となりましたが、これは公職選挙法違反ですのでやめてほしいですし、しっかり取り締まってほしいと思います。自由な社会を守ることは簡単ではありませんが、守り切って次の世代にバトンを渡すことが大人の責任だと改めて思った選挙期間でした。

試験直前期に気をつけたこと

さて、今回が私の一次試験前の最後の投稿になるようです。
自分が直前にやったことは下記のことでした。

<追い込み期の勉強>
・記憶が必要で忘れやすい科目(特に中小企業経営・政策)を重点的にする

<前日>
・カバンに持ち物を入れて、忘れ物チェックをする
・シャープペンシルと消しゴムは落とすかもしれないので2個用意する
・早く寝る

<当日>
・電車の遅延する等のリスクを考慮して早めに会場に到達する
・水分を控えめにする(トイレにいきたくなるので)
・昼食はウィダーinゼリー(胃の負担が軽く集中できそうだから)

これまでの学習成果をフルに発揮できるよう、「努力は裏切らない」という思いで試験に臨んでいただければと思います!

さて、今回は直前期ですので、個人的にすぐ忘れてしまってなかなか定着しなかった(直前に復習すれば覚えておけそうな)「分配可能額」と「準備金計上」のテーマを取り上げます。
※穴埋め形式です

分配可能額の計算

企業が配当等の分配を行う場合にかかる制約条件があります。この項でとりあげる「分配可能額」と、次項の「準備金計上」です。

例えば、債務超過の会社が口座の現金を配当してしまったら、お金を貸している銀行にとっては貸付金を回収できなくなる恐れがあります。そのようなことが起きないように、配当にはルールが決まっています。

1)剰余金

まず、配当は効力発生時(分配時)「剰余金」から出すことになります。期末配当の場合は期末の剰余金を基礎としますが、期中配当の場合は期中の変動を考慮する必要があります。

剰余金は、以下のように計算します。

剰余金 = [その他資本剰余金] + [任意積立金] + [繰越利益剰余金]

※上記のうち、[任意積立金]および[繰越利益剰余金]は利益剰余金の一項目

2)分配可能額

そして、分配可能額は、以下のように計算されます。

分配可能額 = 分配時の剰余金 – 分配時の[自己株式(簿価)]

準備金の計上

会社が剰余金の配当を行う場合には、剰余金の配当により減少する額の[10分の1]を資本準備金または利益準備金に積み立てる必要があります。

配当時の資本準備金と利益準備金の合計額が資本金の[4分の1]未満であれば、[4分の1]に達するまで積立を行う必要があります([4分の1]に達していれば積立は不要です)。

このため、計算式としては以下の①と②のうちの小さい方となります。

①準備金積立額 = 配当額の[1/10]

②準備金積立額 = 資本金の[1/4  ] - (配当時の資本準備金と利益準備金の合計)

おわりに

みなさんが、一次試験で実力を発揮できるよう、祈っております。
それでは、また!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*


こんにちは、どいこうです。過去記事はこちら

本稿では、中小企業の事業承継支援の政策について整理し、関連情報へのリンクを記載しておさらいをします。

経営承継法に基づく事業承継支援

経営承継法の正式名称は、「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」です。

a) 金融支援

経営の承継に伴い、事業活動の継続に支障が生じている中小企業者は、都道府県知事の認定を受けた場合に、以下の金融支援が得られます
・保証限度額の別枠化(中小企業信用保険法の特例)
・日本政策金融公庫による代表者個人に対する貸付

b) 税制優遇

一定の条件を満たした場合に、後継者に課される相続税・贈与税が猶予されます

猶予の条件は以下の通りです
・猶予の対象は、発行済完全議決権株式総数の3分の2まで(後継者が従来より保有していた分も含む)
・原則として、猶予額は相続税80%、贈与税100%

その条件とは、以下のものです。
・非上場株式等を先代経営者から取得して経営する
・現経営者は贈与後に代表者を退任する
・雇用の8割以上を(5年間平均で)維持する

当初の制度に複数の使いにくい部分が存在したこともあり、平成30(2018)年4月に10年間限定での特例が設定されました。この特例では、以下のような修正がなされています。

・対象株式は3分の2から全株式とした
・相続税も納税猶予割合が、80%から100%とした
・5年間8割雇用を維持できなかった場合、問答無用で課税されていたが、納税猶予を継続可能にした
・売却時や廃業時には、承継時の株価を基準に算出した金額が課税されていたが、課税時の評価額を再計算できることにした
・従来は1人の株主からの承継が対象だったが、複数の株主からの承継も対象とした

事業承継支援ガイドライン

事業承継支援ガイドラインは、事業承継に向けたステップや、支援機関の体制について定めています。

産業競争力強化法に基づく再生・承継支援

a) 中小企業再生支援協議会

中小企業再生支援協議会は、各都道府県に1箇所、商工会連合会、商工会議所等に設置されています。

専門家が常駐しており、中小企業者の再生に関する相談に対してアドバイスを行います。相談は無料ですが、再生計画策定の支援には実費の一部負担が発生します。

b) 事業引き継ぎ支援センター

事業引継ぎ支援センターは、各都道府県に設置されています。
中小企業者等の事業引き継ぎや事業承継や後継者マッチング等を支援します。相談は無料です。

事業引継ぎ支援センターは、後継者のいない個人事業主と起業を志す起業家をマッチングする後継者人材バンクも行っています。

再チャレンジ支援融資制度

事業に失敗し、再起を図ろうとする中小企業に対して、日本政策金融公庫が融資を行っています。
新規開業する者または開業後概ね7年以内の者が対象となります。

事業承継補助金

事業承継補助金については、以前の記事でも触れました。

対象は、以下のような中小企業者による事業です。
・事業を引き継いだ中小企業・小規模事業者等が行う事業承継後の新しいチャレンジ
・認定支援機関(経営革新等支援機関)の確認を受けている

7月5日から公募されている二次公募は、上限額が150万円~600万円であり、事業整理を伴う場合には最大で1,200万円です。

I型は、後継者に承継する場合に適用され、最大200万円(事業整理を伴う場合は最大300万円上乗せ)が補助されます。

Ⅱ型は、M&Aで承継する場合に適用され、最大600万円(事業整理を伴う場合は最大600万円上乗せ)が補助されます。

おわりに

復習になったでしょうか。それではまた!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:**:*

大阪春セミナー動画 期間限定配信中。

お申込みはこちらから(Google フォームが開きます)。

*:*:*:*:*:*:*:*

こんにちは、どいこうです。

はじめに

今日は、前回に続き、みなさんの身近な(あるいは、もうすぐ身近になる)「中小企業診断士」を題材に検討します。前回はマーケティング環境を分析しましたので、今回はターゲット・マーケティング(STP分析)およびマーケティング・ミックス(4P分析)を検討します。

ターゲット・マーケティング(STP分析)

STP分析の項目は以下の通りです。誰をターゲットとし、どのように競合と差別化するのかを検討します。屋号や会社名等を決めるに場合にも役立ちそうです!

  • Segmentation(市場細分化)
  • Targeting(ターゲットの絞り込み)
  • Positioning(位置取り)

Segmentation

「企業等に向けたコンサルティングサービス」市場を細分化します。細分化の切り口はどれを選ぶのがよいでしょうか。

一般的には、以下のような細分化がなされます。

(1) ジオグラフィック(地理的)基準
地方(関東・関西等)、気候(寒暖等)、人口密度(都市・ 郊外・地方など)

(2) デモグラフィック(人口統計的)基準
年齢、性別、家族構成、所得水準、職業

(3) サイコグラフィック(心理的)基準
ライフスタイル、パーソナリティ

(4) 行動変数基準
経済性重視、機能性重視、プレステージ重視など

コンサルティングサービスの場合は、ターゲットが企業になります。例えば以下のような変数を検討することになるでしょうか。

・本社立地エリア
・企業等の規模
・業種
・設立後の年数
・経営者の属性(年齢・性別・社会問題に対する志向・等)
・経営者の経営姿勢

Targeting

その中で、どの層に向けてサービスを展開するのがよいでしょうか。以下はコトラーによる標的市場の考え方です。

(1) 無差別型
単一の製品(サービス)をすべての市場に投入する方法

(2) 差別型
細分化された各市場の需要に適合した製品(サービス)を複数の市場に投入する方法

(3) 集中型
細分化された市場のうち特定の市場に限定して、その市場に最適な製品(サービス)を投入する方法

あなたのサービスはどの方法をとりますか?それはなぜでしょうか。

Positioning

ターゲット層にアプローチしている他のコンサルティングサービスとどのように差別化できるでしょうか。「何でもやります・できます」と位置づけるのか、「弊社は◯◯サービスが他とは◯◯のように違います」と位置づけるのか、どの方法がよいでしょうか。

マーケティング・ミックス(4P)

マーケティングの4Pは以下のようなものです。

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(流通)
  • Promotion(販売促進)

Product

どんな製品(この事例ではコンサルティングサービス)を提供するのがよいでしょうか。

サービスの領域として、あなたはどの分野を選定するでしょうか。「創業」、「成長戦略」、「再生」、「承継」などなど、様々な支援領域があります。

サービスの形態としては、「書籍」、「雑誌記事」、「ブログ記事」、「セミナー」、「コンサルティング契約」等があると思います。あなたはどれを採用するでしょうか。それはなぜでしょうか。

Place

サービスをどのような経路で売るのがよいでしょうか。直販(直接訪問して提案)でしょうか、代理店営業(紹介を受ける)でしょうか、それとも、オンライン販売(ネットで集客)でしょうか。

直接提案するためには、提案先が必要です。どんな経路から獲得するのがよいでしょうか。前職のつながりでしょうか。あるいは新たなつながりを構築するのでしょうか。

紹介を受けるためには、紹介元が必要です。それは公的機関でしょうか、民間の会社でしょうか、あるいは他の組織・個人でしょうか。

また、ネット集客を検討すべきでしょうか。

Price

どんな価格でサービスを販売するのがよいでしょうか。

士業やコンサルティング会社の価格設定には大きな幅があります。あなたはどのように価格を設定しますか。

特に直接提案の場合には、価格設定の自由度が高くなりますが、顧客を納得させ、支払ってもらうためにはどのように説明すればよいでしょうか。

Promotion

サービスを販促するために何を行えばよいでしょうか。

パンフレット(Webや紙媒体)、イベントの告知(プレスリリースやイベントサイト)、DM(メルマガや紙媒体)、キャンペーン、広告(リスティング広告、SNS広告等)などをどのように組み合わせるでしょうか。

おわりに

あなたのマーケティングプラン案はどんなものになったでしょうか。

中小企業診断士の資格は、試験に合格して登録したら終わりでは必ずしもありません。資格登録すれば履歴書に書けるようにはなりますから、「能力証明」として一定の役割を果たすと思います。ですが、診断士としての業務を行おうとする方にとっては、資格取得・登録はあくまでスタートに過ぎないのではないでしょうか。

そこで、診断士として活躍したい方は試験勉強の段階においても、自分の人生に活かす形で具体化してみることをおすすめしたいと思います。また、すぐに診断士業務を行う予定がない方も、将来の選択肢として検討することは有益だと思います。より具体的な形で「自分ごと」としての検討に活用することで、結果的に学習内容も定着やすいのではないかと思います。

それではまた!

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

*:*夏セミナーのお知らせ*:*

一発合格道場 夏セミナー2019

東京:8月10日(土)

大阪:8月11日(日)

名古屋:8月24日(土)

時間・場所は後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

*:*:*:*:*:*:*:*


こんにちは、どいこうです。

はじめに:シェンゲン協定発足34年

今日は6月14日。昭和60(1985)年のこの日、ヨーロッパでベルギー、フランス、ルクセンブルク、オランダ、西ドイツの5か国が国境検査を撤廃する「シェンゲン協定」に署名しました。5年後の平成2(1990)年にはシェンゲン協定施工協定が署名されました。その後、平成9(1997)年にアムステルダム条約が署名され、シェンゲン協定が欧州連合(EU)の法律となりました。現在は26ヶ国に広がっています。

旅行者にとっては楽で良いですが、シェンゲン圏の国では移民・難民が続々と流入して問題が発生している地域もあるようです。ヨーロッパ各地で国境管理の厳格化を主張する政党(大手メディアは「極右政党」と称しますが右・左・真ん中は誰が決めているのでしょうか?)の得票率が増えて議席を増やしている点からすると、各国民の関心は相当高まっていることが推察されます。

診断士のマーケティング環境分析をしよう!

さて、本稿では、「マーケティング環境の分析」をおさらいします。

「晴れて中小企業診断士の資格を取得したら、多少なりとも中小企業診断士として活動しよう」と考えているアナタは、自分の診断士スタートを例に考えてみるとオモシロイではないでしょうか。

マーケティング環境の分析では、「どういう強み・弱み・チャンス・脅威があるか」を検討することが重要です。

大別すると、以下のような項目を検討します。

①マクロ的外部環境の動向
②ミクロ的外部環境の動向
③活用できる内部資源

マクロ的な外部環境

マクロ的外部環境には以下のようなものがあります。

・経済: 景気動向、物価、消費動向、為替・株価・金利・商品価格など
・人口動態: 出生率、人口規模、世帯構成など
・社会文化: 文化、宗教、イデオロギーなど
・技術: 新技術の開発、インフラ整備、ITインフラ・アプリ
・政治・法律: 法律、規制、税制・補助金、政治の変動
・自然: 天然資源、環境など

項目が多くて覚えにくいので「PEST(Politics, Economy, Society, Technology)」という略語で大枠を覚える方もいます。

中小企業診断士にとっては、例えば以下の項目に影響を受けます

・経済状況が悪化すると「事業再生」案件が増えるかも知れません
・新技術、例えばAIの登場でRPAが盛んに取り入れられています
・新な補助金が始まれば、新規顧客の開拓につながるかも知れません
・「働き方改革」等の法規制に関する需要が増えるかも知れません

ミクロ的な外部環境

ミクロ的な外部環境には以下のようなものがあります。

・消費者: 消費者市場、消費者購買行動、等
・競争企業:競争構造、等
・利害関係集団:供給業者、仲介業者、金融機関、マスメディア、等
・産業状況:産業規模、供給構造、流通構造、等

中小企業診断士の場合は、例えば以下の項目に影響を受けそうです。

・コンサルフィーを払ってくれそうな顧客は誰か
・中小企業診断士やコンサルティング会社がどんな活動に注力しているか
・顧客を斡旋してくれる業界団体、金融機関、士業、等
・仲間として一緒に仕事をできそうな中小企業診断士

内部資源

内部資源には以下のようなものがあります。

・人的資源:経営陣、営業担当者、研究開発担当者、等
・財務資源:収益獲得能力、安定収益、資金調達構造、等
・物的資源:保有資産、等
・その他:情報、経営ノウハウ、技術力、顧客基盤、社風、ブランド、知的財産権、等

中小企業診断士の場合は、以下のようなものがあるでしょうか。

・業界経験(○○業界で20年、等)
・個別スキル(営業能力、資料作成能力、ウェブサイト作成、Webアプリ開発、等)
・人間力(コミュ力、雑談力、飲み会マネジメント)
・お友達ネットワーク(○○に詳しい人にその場で電話できる、等)

なお、内部資源を評価する際に、「VRIO分析」というのフレームワークがあります。以下の4要件をすべて満たす経営資源は、持続的な競争優位の源泉となる可能性が高いというものです。

・Value(資源の価値): その資源・能力があれば、機会を獲得でき、脅威をしのげるか。
・Rarity(資源の希少性): 競争相手があまり持っていない資源か
・Imitability(資源の模倣困難性): その資源を競争相手が獲得・開発しようとした場合にコスト(経済的・時間的)がどの程度かかるか
・Organization(組織): 資源を十分に活用できるような組織を有しているか

外部環境と内部資源をざっくり分析するツール

3C分析というフレームワークがよく使われます。それぞれ、自社(Company)、顧客(Customer)、競合(Competitor)です。ざっくりと全体を大づかみに把握するのに適していると思います。

SWOT分析もよく利用されます。強み(Strength)、弱み( Weakness)、機会(Opportunity)、脅威( Threat)を列挙する分析手法で、3C分析と同様、簡易的に全体像を評価できることがメリットと言えそうです。

まとめ

上記のとおり環境分析をざっくり実施した感想としては、中小企業診断士のお仕事は、顧客(中小企業の社長)だけでなく、仲介してくれる機関や診断士仲間ともお付き合いをしていくことが多い感じがします。

私も試験に合格してから約半年が経過し、多くの中小企業診断士とあって来ましたが、愉快で意欲も能力も高い方が多いです。「飲み会王」「コミュリョクイーン」「ハラグロオヤジ(戦略的という意味)」「エロオヤジ(気を使わなくて良いという意味)」などと呼びたくなる個性的な方々にもお会いできました。これからも同期や先輩合格者とのつながりを大切にしたいと思うとともに、自分もこうした多士済々の中で覚えてもらえるような「内部資源」を磨く必要性を感じています。

ぜひ、みなさんもご自身の「マーケティング環境分析」をやってみてはいかがでしょうか。

さらに、それだけではなく、商品内容やプロモーション等の「マーケティングの4P」なども考える必要がありそうですが、それはまた次回以降。

それでは!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

 

 

✿:❀ 電子書籍 期間限定無料公開のお知らせ ✿:❀

電子書籍『中小企業診断士試験 一発合格』の第1章~第3章を
期間限定で無料公開中です!
こちらの特設ページの最下部よりダウンロードいただけます。

公開期間:2019年8月5日まで

✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀


こんにちは、どいこうです。過去記事はこちら

はじめに

今日は6月2日です。この日と言えば・・・

昭和61(1986)年6月2日、当時の中曽根康弘首相が衆議院を解散し、衆議院と参議院の選挙を同じ日に行うことになりました(衆参同日選挙)。マスコミが中曽根氏の「死んだふり」という言葉を喧伝し、「死んだふり解散」と論いました。

この時を最後に、衆参同日選挙は行われていません。今年は「あるんじゃないか」という噂が流れていますが、動向が気になるところです。

そういえば、6月2日は、私はたまたま毎年スイーツを食べている気がします。

さて、本題に入りましょう!

安全性にかかわる財務指標まとめ

本稿は前回の続きです。

安全性が必要な理由ですが、前回記事でも言及したとおり、「投資・融資したお金が戻ってくるか」という投資・融資した投資家・銀行家にとって極めて大切な問に答えるためです。

短期的な支払能力と支払義務の対応を分析する「短期安全性分析」、長期的な支払能力と支払義務の対応を分析する「長期安全性分析」、他人資本と自己資本のバランスを分析する「資本調達構造分析」、それに加えて「インタレスト・カバレッジレシオ」を解説します。

1.短期安全性分析
・流動比率
・当座比率
2.長期安全性分析
・固定比率
・固定長期適合率
3.資本調達構造分析
・自己資本比率
・財務レバレッジ
・負債比率
4.その他
・インタレスト・カバレッジレシオ

※穴埋め形式を採用しています

短期安全性分析

流動比率(Current ratio)
計算式: 流動比率(%) = 流動資産 ÷ 流動負債

短期的な支払義務(流動負債)に対して、1年以内に現金化できる資産(流動資産)がどれだけ確保できているかを表す指標です。

流動比率は[200]%以上が望ましく、[100]%以上が必要とされます。
大まかにみて[流動資産>流動負債]となっていれば短期間(1年)の会社の支払能力は問題ないだろうと考えるわけです。

当座比率(Quick assets ratio)
計算式: 当座比率(%) = 当座資産 ÷ 流動負債

流動比率の分子をより回収可能性の高い当座資産に置き換えたもので、より厳格に短期の支払能力を評価する指標です。

当座比率は[100]%以上が望ましいとされます。

当座資産から除外される代表的な項目は[ 棚卸資産 ]です。[ 棚卸資産 ]に投じた資金が現金化されるまで長期に及び、現金化されない可能性があることを考慮しているからです。
簡便的に計算する場合は、当座資産 = 流動資産 - [ 棚卸資産 ] と計算されることもあります。。

なお、分母の当座資産 = [ 現金及び預金 ] + [ 受取手形 ] + [ 売掛金 ] + [ 有価証券 ]と計算されます。

当座資産の計算からは、流動資産のうち、[ 棚卸資産 ]、前払費用、前渡金、繰延税金資産、その他といった項目が除外されることになります。

長期安全性分析

固定比率(fixed ratio)
計算式: 固定比率(%) = 固定資産 ÷ 自己資本

(返済義務のない)自己資本に対して、固定資産をどの程度保有しているのかを示す指標です。

固定比率が低いほど、安全な設備投資を行っていると評価します。

ただし、長期にわたって収益をもたらす油田、発電所、航空機、工場、賃貸用建物等を長期資金(20年ローン等)で取得することは必ずしも危険とは言えません。そこで、「固定長期適合率」の登場です。

固定長期適合率(Fixed Assets to Fixed Liability Ratio)
計算式: 固定長期適合率(%) = 固定資産 ÷ (自己資本 + 固定負債)

長期資本(自己資本と固定負債)に対して、固定資産をどの程度保有しているのかを示す指標です。

固定長期適合率は、[ 100 ]%以下であることが必要とされます。固定長期適合率が[100]%を超える場合、「短期負債で長期間利用する固定資産を取得している」疑いが強いです。例えば、耐用年数20年の工場を3年ローンで取得した場合など、資産が生み出す収益では元本返済に窮してしまう事例がみられます。

資本調達構造

他人資本をどの程度活用しているかを表す指標です。前回の収益性に関する指標でも言及しましたが、資本構造は本来は資本収益性にも安全性にも絡んでくる指標です。なのですが、中小企業診断士試験の文脈においては「安全性の指標」として解答を求められることが多いようですので、皆様気をつけてください。

自己資本比率(equity ratio)
計算式: 自己資本比率(%) = 自己資本 ÷ 総資産

総資本に占める自己資本の比率を表します。指標の性質上、◯%という表示となります。

・財務レバレッジ(financial leverage)
計算式: 財務レバレッジ = 総資産 ÷ 自己資本

自己資本に対して、何倍の資本を活用しているかを表します。自己資本比率の逆数で、◯倍という表示となります。

負債比率(DER; Debt Equity Ratio)
計算式: 負債比率(%) = 負債 ÷ 自己資本

その他

・インタレスト・カバレッジレシオ(ICR: Interest Coverage Ratio)
計算式: ICR = 事業利益 ÷ 金融費用

支払利息などの金融費用に対し、本業の利益(営業利益)および財務活動の収益(金融収益)を合算した「事業利益」が何倍であるかを表す指標です。倍率が高いほど、債権者にとっての安全性が高いと評価されます。

インタレスト・カバレッジレシオは、上述の指標とは異なり、損益計算書の項目を反映した指標です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。財務指標は1次でも2次でも問われますので、ぜひ確認しておいてください。それではまた~。


いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは、どいこうです。過去記事はこちら

財務指標を掘り下げて考える

今回は財務指標を採り上げます。財務指標は、一次試験でも二次試験でもきわめて高い頻度で出題される分野ですから、パッと回答できるよう、慣れ親しむことをおすすめします。

さて、資金の貸し手(銀行等)や株式の保有者(オーナー社長や他の投資家)は、企業の現状に関して、何を把握したいでしょうか?

 

一般的に重要だと言われる項目は以下のようなものです。
・投下した資金に対して、どの程度の利益が出ているか
・投資・融資したお金が戻ってくるか

投下した資金に対して、どの程度の利益が出ているか(資本利益率)

利益は元利返済・配当収入・株価上昇の源泉となりますから、極めて重要な概念です。

資金の出し手にとって、最も包括的な利益の指標は、
1)「資本利益率」(資本に対してどれだけの利益があがるか)です。

資本利益率(特に自己資本利益率)を以下のようないくつかの要素に分解し、改善ポイントを探ることがあります。
1-1)収益性(≒売上高利益率): 企業が利益を出せているか
1-2)効率性(≒回転率): 企業が資産を活用してどの程度の売上を出せているか
1-3)資本構造:他人資本をどの程度活用しているか

投資・融資したお金が戻ってくるか(安全性)

投資や貸付も事業活動ですから、倒産してお金が戻ってこなくなることを警戒します。そこで、

2)安全性: 債務の返済や利払をきっちり行えるか

を検証します。

さて、以下では、それぞれのグループについて、確認していきます。あなたも自分が気になる上場企業の決算短信(有価証券報告書でもよい)を見て計算してみてください。気になる会社がない方は、例えば最近、話題になっている企業から選定してみてはどうでしょうか。

1)資本利益率

資本利益率には複数の種類があります。以下のものを把握しておくとよいでしょう。

・総資本経常利益率
計算式: 経常利益 ÷ 総資本
総資本を使って経常利益をどれだけ上げたかを示します。分子は経常利益ですから、利払後の利益となります。

総資本事業利益率(ROA: Return On Assets)
計算式:事業利益 ÷ 総資本
総資本を使って、利払前・税引前の利益をどれだけ上げたのかを示します。この指標は管理会計上の重要概念です。

自己資本利益率(ROE: Return On Equity)
計算式: 当期純利益 ÷ 自己資本
自己資本を使って、利払後・税引後の利益をどれだけ上げたのかを示します。この指標はROAと同じく管理会計上の重要概念です。

1-1)収益性の指標

企業が利益をあげているかどうかを検証するには、各種「利益率」の指標を利用します。利益の概念には、「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「当期利益」などの概念があり、その時何を分析したいのかに応じて使い分けます。

売上高総利益率(gross margin rate / gross profit rate)
計算式: 売上総利益 ÷ 売上高
企業が提供している製品やサービスそのものの収益性を表します

売上高営業利益率(operating margin rate / operating profit rate)
計算式: 営業利益 ÷ 売上高
企業の本業による収益性を表します。

・売上高経常利益率(ordinary profit ratio / current profit ratio / recurring profit ratio)
計算式: 経常利益 ÷ 売上高
財務活動なども含めた通常の企業活動における収益性を表します。

売上高当期利益率(net income ratio)
計算式: 当期純利益 ÷ 売上高
会社全体の収益力を表します。

1-2)効率性の指標

流動資産(例えば棚卸資産)や固定資産(例えば工場)が効率的に売上をもたらしているか、という指標です。売上を資産で除した「回転率」と、資産を売上で除した「回転期間」とが利用されます。以下では回転率の指標をとりあげます。回転率は通常は1年間の回転回数で算出されますから、回転期間(年表示)が回転率の逆数となります。

総資本回転率(total assets turnover)
計算式: 売上高 ÷ 総資本
企業の総資産額が、1年に何回売上高という形で回転したのかを示す数値です。これが高いほど、資産が効率的に売上に結びついていることを表します。総資産回転率を向上させるためには、総資産を増やさずに販売戦略などによって売上高を増加させるか、あるいは、現在の売上高を維持しながら、不要な資産を処分して総資産を減少させることが必要となります。

売上債権回転率(receivables turnover)
計算式: 売上高 ÷ 売上債権
売上債権回転率とは、企業の売上債権の回収が、どの程度効率的に行われているかを示します。これが低いほど債権回収に時間がかかることを意味しており、売上発生後、売上債権として資金が拘束される(現金化できない)期間が長いことを意味します。
店頭での現金販売を原則としている飲食店(例:サイゼリア)では、売上債権回転率が大きくなり、事業の構造上、資金的に効率的だといえます。

棚卸資産回転率(inventory turnover)
計算式: 売上高 ÷ 棚卸資産
棚卸資産回転率とは、企業が棚卸資産を、どの程度減らせているかを示す比率です。
ジャストインタイム方式で原材料や仕掛品の在庫を減らしている会社、受注生産を行う会社などでは、棚卸資産回転率が大きくなります。

有形固定資産回転率(tangible fixed assets turnover)
計算式: 売上高 ÷ 有形固定資産
有形固定資産回転率は、企業が有形固定資産をどの程度効率的に活用しているかを示す比率です。
工場を持たない(ファブレスの)製造業などでは、有形固定資産回転率が大きくなります。

1-3)資本構造

他人資本をどの程度活用しているかを表す指標です。

自己資本比率(equity ratio)
計算式: 自己資本 ÷ 総資産
総資本に占める自己資本の比率を表します。指標の性質上、◯%という表示となります。

財務レバレッジ(financial leverage)
計算式: 総資産 ÷ 自己資本
自己資本に対して、何倍の資本を活用しているかを表します。自己資本比率の逆数で、◯倍という表示となります。

おまけ:デュポン分析

なお、有名なデュポン分析(DuPont Analysis。デュポンシステム、デュポン式とも呼ばれる)があります。以下のようなものです。

ROE  = 売上高当期利益率 × 総資産回転率 × 財務レバレッジ
= (当期純利益÷売上高) × (売上高÷総資産) × (総資産÷自己資本)

上記のように要素分解することにより、課題がどの部分にあるのかを把握することができます。

このデュポン式から明らかなように、財務レバレッジが効いているほど、ROEが高まります(以前の「資本利益率」に関する記事にも書きました)。

「ウチは無借金経営ですから!」と自慢するのは、ファイナンス理論から見ると、必ずしも正しいと言えません。倒産しにくいという意味では確かにそうですが、オーナー(株主)の利益率を結果的に犠牲にしているという解釈も成り立ちます。

「ウチは自己資本に何倍ものレバレッジを効かせていて、かつ当期利益と現金収支が安定的にプラスなんだぜ!」という経営者もカッコイイのです(私はこちらのほうが好みです)。

まとめ

今回は、「投下資本が利益を出すかどうか」を検証するためのもろもろの指標を取り上げました。いずれも業界特性などにより状況が異なり、例えば携帯通信の会社と家具製造販売の会社との数値を比較してもほとんど意味がありません。基本的には同業種と比較することで意味を持ちます。

安全性については次回とりあげます。


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

道場初(!?) 二次対策勉強会、開催決定!!
大阪のみで試験的にチャレンジしてみます!

申込みはコチラから!!

5月11日(土)@大阪写真会館
受付開始:9:00 勉強会開始:9:30 懇親会:18:00

詳細はコチラ!!

 


 

はじめに:GWと国史

こんにちは、どいこうです。

史上最長となる10日間のゴールデンウィークが終わりました。
あなたはどのように過ごしましたか?

歴史に関心を持つ私にとって、毎年のゴールデンウィークは、歴史に思いを致し、平和の維持について考え、また祈る期間です。

①まず、4月28日の主権回復の日です。
昭和27(1952)年4月28日、サンフランシスコ講和条約が発効し、同時に日米安全保障条約・日米地位協定が発効して、連合国軍による占領が解除されました(但し、奄美諸島、小笠原諸島、沖縄の本土復帰は遅れました)。

本土復帰が遅れた地域があったことは確かに残念でしたが、以降の粘り強い本土復帰運動の結果、のちに本土復帰を実現した経緯があるのですから、この日はやはり喜ばしい日であったと思います。戦後日本にとってのいわば「独立記念日」として、私は毎年祝っています。

②そして、5月3日の憲法記念日です。
昭和22(1947)年5月3日、前年11月3日に公布された日本国憲法が施行されました。この憲法は、連合国の占領下の昭和46(1946)年2月、GHQ(連合国軍総司令部)が日本の案を却下し、民政局(GS)にわずか9日間で起草させた草案の和訳を基礎とし、日本政府がGHQの許可を得た一部分を修正(同年7月の9条「芦田修正」等)し、極東委員会により66条「シビリアン条項」を追加されるなどの経緯を経て制定されました。当時の帝国議会は、天皇を国家元首とする政体の維持を人質にとられた状態で現行憲法案を採択しました。

最近、平成31(2019)年の正論大賞を受賞された学者である駒澤大学名誉教授の西修博士により、かつての当事者たちにインタビューした研究書が刊行されました。この連休に私も読み、あらためて当時の状況を知ることができました。たいへん有意義でした。

現行憲法の当否を判断するためには、憲法がどのように制定され、その結果、どのような内容であるかを知っていることが前提となります。ご存知のとおり、現行憲法には、問題点が指摘されている条項や表現が多数あります。その多くは、上記の制定過程を含めて理解することが有益だと思います。一人でも多くの人が憲法とその歴史を学び、その上で判断できる状態となるよう、教科書の作成者や報道機関、評論家の方々等に期待したいところです(現状はずいぶん不足しているように思います)。

補助金支援業務の魅力

さて、本稿では中小企業者または小規模事業者を対象とする補助金について記載します。

以下の記述は、「自分は独立した中小企業診断士である」という想定で読んでいただくことをおすすめします。そうすることで、より臨場感を持っていただけるかと思います。

経営コンサルティングのお仕事は、事前に商品を見ることができませんので、発注する企業側としては「この相手と高額のコンサル契約を結んで、本当に成果が出るだろうか」と躊躇しがちです。「成果報酬だったら良いけど・・・」。あなたも発注側の立場なら、そう思いませんか?

補助金申請の支援は、発注先企業の負担を極小化して(着手金がゼロまたは少額)、成果報酬形式とすることに適した業務です。このため、必ずしも輝かしい実績やブランドがなくても、補助金申請を機に相互理解を深めることができれば、継続的な取引につなげられる可能性があります。つまり、「実務で使える可能性が高い学習分野」と言えます。

なお、「中小企業診断士に独占業務はない」ということになっていますが、補助金支援は他の士業があまり扱っていないので、「実質的には独占業務に近いのではないか」とおっしゃる方もいます。

※以下、一部の語句を空欄とし、選択すると文字が表示される形にしました。

主な中小企業向けの補助金

中小企業を対象とする主な補助金には以下のものがあります。

1)ものづくり補助金

ものづくり補助金は、大型の補助金です。補助額は予算により変動しますが、例えば現在公募されているものづくり補助金は、上限1,000万円、補助率は最大2/3です(「経営革新計画」または「先端設備等導入計画」がある場合)。各(都道府県)の地域事務局に申請します。

対象は、以下のような中小企業者です。後述の「経営革新計画」と基準がほぼ一致しています。

認定支援機関(経営革新等支援機関)の確認を受けた中小企業による事業で、

・以下のいずれかの基準を満たし、
①「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善
②「中小ものづくり高度化法」に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセスの改善

・(3~5)年「付加価値額」年率( 3 )%向上、および「経常利益」年率( 1 )%向上を達成する計画に取り組む

※1 付加価値額の計算方法は、(営業利益+人件費+減価償却費   
※2 経常利益の計算方法は、(営業利益 – 営業外費用等(支払利息・新株発行費等)

2)事業承継補助金

事業承継補助金比較的大型の補助金です。現在公募されているものは、上限額が150万円~600万円であり、事業整理を伴う場合には最大で1,200万円です。

対象は、以下のような中小企業者による事業です。

・事業を引き継いだ中小企業・小規模事業者等が行う事業承継後の新しいチャレンジ

認定支援機関(経営革新等支援機関)の確認を受けている

3)小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、小規模な補助金で、原則50万円が上限、補助率は2/3です。

対象は、小規模事業者が、(商工会・商工会議所)の支援を受けて経営計画を作成し、その経営計画に基づく(販路開拓)に取り組む費用です。

各種計画と認定支援機関

ものづくり補助金の説明に、2種類の計画と「認定支援機関」という用語が登場しました。そこで、これらについて概説します。

1)経営革新計画

経営革新計画は、平成28(2016)年7月に施行された中小企業等経営強化法に定める計画です。以下の特徴があります。

・期間は(3~5)年
・「新事業活動」を行う
「付加価値額または従業員1人当りの付加価値額」の伸び率が年率( 3 )%以上
「経常利益」の伸び率が年率( 1 )%以上

※「新事業活動」の4つの類型
1.新商品の開発又は生産
2.新役務(サービス)の開発又は提供
3.商品の新たな生産又は販売の方式の導入
4.役務(サービス)の新たな提供の方式の導入、その他の新たな事業活動

経営革新計画によるメリットは、以下のようなものです

・融資の優遇(日本政策金融公庫および中小基盤整備機構)
・信用保証の特例
・販路開拓支援
・補助金優遇(上述)

2)先端設備等導入計画

先端設備等導入計画は、平成30(2018)年6月施行の生産性向上特別措置法に基づく制度です。
(労働生産性)を年平均3%以上向上する先端設備の導入を計画し、当該設備を設置する(市区町村 )の認定を受けます。
※この計画は固定資産税の徴税に影響があるため、認定者が固定資産税の徴税単位と同じになっています。

認定支援機関(経営革新等支援機関)の確認が必須です。

先端設備等導入計画によるメリットは、以下のようなものです。

・固定資産税が3年間減免または免除される
・信用保証の支援
・補助金優遇(上述)

3)認定支援機関(経営革新等支援機関)

認定支援機関(経営革新等支援機関)」は、平成28(2016)年7月に施行された中小企業等経営強化法に基づく支援機関です。

本稿で言及した補助金を含む様々な補助事業等において必須とされています(中小企業庁サイト)。

既存の中小企業支援者(商工会、商工会議所、中小企業団体中央会等)に加えて、税理士、公認会計士、弁護士、中小企業診断士等といった士業関係者、金融機関を国が認定支援機関として認定します。

つまり、中小企業診断士の資格を取得すれば、(一定の実務経験または研修受講等が必要となりますが、)あなたも「認定支援機関(経営革新等支援機関)」になれるということです。

まとめ

補助金は、中小企業診断士と企業経営者との出会いのツールになりえます。将来のためにも、関連情報をしっかり頭に入れておきましょう!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

こんにちは、どいこうです。過去記事はこちら

4月6日と18日に実施した春セミナーにて、モチベーションに関するお話をしましたので、それについて振り返りたいと思います。

モチベーションの5つのステップ

セミナーでは、5つのステップに分けて解説しました。

Step1は、将来像を思い描くことです。みなさんは楽しく幸せな未来のために、中小企業診断士試験を受験されるはずです。試験に合格した後に手に入れる楽しく幸せな未来を具体的に思い描き、常に意識することで楽しく勉強できると思います。

私は車の運転がへたっぴなのに運転を例にあげますと、運転中に近くばかり見ているとフラフラしますが、遠くの目標を見据えていれば安定しませんか?あれと似ていると思います。将来像を具体的に思い描けないと、勉強が無味乾燥であったり、苦痛な作業になってしまいかねません

Step2は、ゴール設定です。どこまで到達すればよいのか、目星をつけることで優先順位をつけられるようになります。逆に、ゴールが見えないと暗闇を歩くようなものですから、不安になったり完璧主義になってしまいます。

Step3は、学習計画です。何を、いつ、どれだけ学習するかを計画することで、進捗管理が可能になります。計画がないまま勉強していると、遅れていることに気づけません

Step4は、学習プロセスの設計です。意欲を維持する仕組みづくりです。これがうまくいくと、楽しく着実に学習を進められますが、失敗すると勉強が楽しくなくなったり、続かなくなったりします

Step5は、モチベーションの回復です。人間は感情のある生き物ですから、どうしても落ち込んだりやる気を失ったりする場合があります。モチベーション回復の方法をもっていると立ち直りが早くなります。一方、モチベーション回復の方法を持っていないと、一旦やる気が落ちるとなかなか戻らなくなります。

以下、道場10代目メンバーのアンケートから見いだせるモチベーション維持・向上方法の実例をご紹介します。

将来像

将来像に関する項目を、5種類に分類しました。

仕事の質向上・範囲拡大
多くのメンバーが仕事の質を高め、幅を広げることを意識していました。
「経営者の視点を得る」「企業の成長をアドバイスする」「顧客基盤を中小企業に広げる」「コンサル業を立ち上げる」などです。

他者や社会への貢献
他者や社会に貢献したいという思いも、多くのメンバーが持っていました。
「身近な人の事業を支援する」「経営者に中長期目線の経営を促す」「地元に貢献する」「国の産業基盤を維持・強化する」など、様々なレイヤーでの貢献意欲がみられました。

ライフスタイル実現
このほか、望むライフスタイルを実現したいというメンバーもいました。
「好きな仕事をする」「一緒に働きたいと思える人と働く」「働く場所と時間に融通をきかせる(特に子育てに関連して)」などです。

職場を変える
①~③に出た将来像を実現するために、「部署異動」「転職」「独立」等を選択肢に持っているメンバーもいました。

新たな出会い
意外と見落とされがちだと思うのが、出会い要素です。
中小企業診断士になると、「診断士つながり」ということで異業種の方との出会いが非常に増えます。これを期待していたメンバーもいました。

ゴール設定

ゴール設定については、過去記事をご参照ください。
バックキャスティング思考法

学習計画

学習計画については、過去記事をご参照ください。
〈永久保存版〉1次試験までの学習計画
学習計画の立て方&今から2次試験の過去問をやるべき?

学習プロセスの設計

勉強を生活に組み込む
勉強を生活に組み込んで習慣化することは非常に大切です。
「決まった時間(早朝、通勤時間、昼休み等)を勉強時間として確保してしまう」「教材を常に手元や身近におく」「道場ブログを毎日読む」などがありました。

将来像を想像する
描いた将来像は、忙しく過ごしていると忘れてしまうものです。そこで、将来像を考える時間をとることもまた重要です。
「常に将来イメージを思い出す」「活躍している診断士のブログ・SNS等を読んで将来像を進化させる」などがありました。

他者との関係性を活用する
勉強は一人でもできますが、勉強仲間が入れば、相談したり、教え合ったりできて学習効果も高まります。
「勉強仲間を(StudyPlus、勉強会、道場セミナー等で)作る」「家族・友人に学んだ内容を語る」「職場や友人に公表して背水の陣を敷く」などがありました。

勉強を楽しむ
勉強時間をより楽しい時間にするために、工夫しているメンバーがいました。
「勉強を好きなこと(コーヒー、音楽、アロマ等)とセットにする」「学習計画の達成をチェックしてゲーム化する」などの方法をとっていました。

能動的に学習する
受動的にテキストを眺めるだけではなかなか知識が定着しないメンバーもいました。。
「問題を解いたり書き込んだりすることで脳を活性化させる」「自分にまたは相互にクイズを出す」などの方法をとっていました。

辛くならないようにする
勉強が辛くならないような工夫をしたメンバーもいました。
「気分が乗らない時は無理をしない」「息抜きをする」「自分へのご褒美(晩酌等)をあげる」などの方法をとっていました。

モチベーション回復

視点を変えて気分転換
ムリに同じことを継続せず、視点を変えて他の勉強形態に変えるという手法をとったメンバーがいました。
「得意な科目に変更」「関連する資格試験(簿記など)にも挑戦」「違った作業(コラムを読む等)をする」等の方法がみられました。

ゼロリセット
どうしてもやる気がでないときには、その日の勉強を終了してしまう方法をとるメンバーもいました。
「無理せず寝る」「お風呂に入る」などです。

外圧利用
自分一人ではなかなか気分がのらないときには、他人の存在(外圧)を利用するメンバーもいました。
「通信カリキュラムの〆切を活用する」「友人・知人に受験のことを話す」「他人のいるカフェで勉強して緊張感を高める」などの方法がありました。

将来像と意志の力
「初心にかえって将来像を確認する」「意志の力で乗り切る(注:特にストイックなメンバーです)」という方法をとったメンバーもいました。

モチベーションシート作成のすすめ

あなたのモチベーションはどこからくるのでしょうか。モチベーションの源泉は1つではなく複数あるかも知れません。

ある時、めらめらと燃え上がったモチベーションも、日常の雑事にまぎれて薄れてしまうことがあります。このため、ぜひ、あなた自身のモチベーションの維持・向上方針を一度紙に書き出して整理し、目につく場所に置き、実行することをオススメしたいと思います。

参考までに、セミナーで使用したシートへのリンクを貼っておきます。

それではまた~


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

大阪セミナー 申し込みはこちら

4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら

 ※現在、満席御礼!キャンセル待ち。
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

東京セミナー レポートはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


はじめに:新元号と診断士の教養

こんにちは、どいこうです。過去記事はこちら

読者の皆様もご存知のとおり、今年(2019年)の5月1日に現在の皇太子であられる徳仁親王殿下が第126代の天皇として即位されます。これに伴う新たな元号は「令和」と定められることが先の4月1日に決定しました。

このニュースを契機として、皇室や元号、さらには「令和」の出典となった万葉集への関心が大いに高まっています。私も、自国の文化や伝統を大切にする機運が高まることはたいへん素晴らしいことだと思っています。

これに関連して私も大切な事項に言及します。皇族の方々への敬称についてです。天皇陛下と皇后陛下の敬称については皆さんご存知だと思いますが、その他の方々についてはどうでしょうか?

皇族への敬称は皇室典範の第23条で明文の規定があり、皇太子殿下、皇太子妃殿下、◯◯宮◯◯親王殿下、◯◯宮〇〇内親王殿下などとお呼びします宮内庁サイトマナー教室のサイトにも掲載がありました。

ところが、テレビ・新聞等が、この日本の文化・伝統に基づく法規に違反して「◯◯さま」などと表記している事例が頻繁に見られます。これは違法行為であって、マネをすべきではありません。教養ある識者は「マスメディアがなしくずし的に日本の文化・伝統を破壊し、特定の方向に誘導している」と指摘しています。私も同様に、一体何の権限(そして意図)があって、こんなことをするのかと疑問を感じる一人です。「今さら聞けない皇室のこと」という本には、この件の経緯を含めた記載がありますので、よろしければご参照ください。

経営者には教養水準の高い方が多いです。このため、経営者と話す立場である中小企業診断士は、仕事ができるだけではなく、社会人としての教養も高める必要があります。マスメディアを盲信していると、「この人はものを知らないな」と思われてしまいます。「さすが◯◯先生は教養がおありですね」と言われるよう、日頃から物事を自分の頭で考える習慣をつけたいものです。

ベンチャー企業と資金調達

さて、今日はベンチャー企業に関するテーマを取り上げます。試験科目でいうと経営理論および法務に絡むでしょうか。背景には、私が現在、ベンチャー企業の設立に関する支援をしている経緯があります。

ベンチャー企業は、最近では「スタートアップ」とも呼ばれます。小さな資本でスタートし、ベンチャーキャピタル(VC)等から新株発行により出資を受けた上で事業の価値を高め、上場(IPO; Initial Public Offering)やM&A(株式売却等)による利益確定を狙います。

ベンチャー企業はなぜ出資を受けるのでしょうか。それはベンチャー企業の多くはお金が足りず、借入が難しいからです。

①まず、お金が必要な理由です。技術を基にしたイノベーションを実現するために、研究開発から事業化までのプロセスにおいて乗り越えなければならない障壁があります。このうち特に「死の谷」は売上がない状態で多くの資金が必要となるため、資金調達の必要性が高まります。

魔の川(Devil River)
魔の川は、基礎研究と応用研究の間に直面する障壁です。技術シーズの社会的な有用性が識別しにくいことが課題となります。

死の谷(Valley of Death)
死の谷は、応用研究から製品開発の段階で直面する障壁です。製品の開発・製造・販売に必要となる資金や人材などの経営資源を適切に調達することが課題となります。

ダーウィンの海(Darwinian Sea)
ダーウィンの海は、事業化後に直面する障壁です。事業を継続するには、競争優位性を構築し、ライバル企業との生き残り競争に勝つことが課題となります。

②次に、出資を受ける理由ですが、企業の資金調達には2種類があります。銀行や投資家からの借入(Debt Finance)と主に新株発行による出資(Equity Finance)です。

すでに収益が安定している企業の場合は借入の余地があります。ですが、事業化前や事業化直後のベンチャー企業は売上がなかったり、売上があっても非常に小さかったりしますから、銀行がなかなかお金を貸してくれず、社債も買い手を探すことが困難です。

このため、資本コストは高くなってしまうのですが、新株発行による資金調達が行われます。ベンチャーに出資する投資家をエンジェルやベンチャーキャピタルといいます。

ベンチャー企業の会社形態は株式会社がメイン

先に見たように、ベンチャー企業の多くは設立後に出資を受ける(増資する)ことを前提とします。このため、通常は株式会社の形態を取ります。出資者の責任が「有限責任」であるからであり、同じく出資者全員が有限責任である「合同会社」では、新株発行や上場ができないためです。

合同会社を選択した場合、設立費用・運営費用が安い等のメリットがあります
設立時の登録免許税等が安い(株式会社は20万円、合同会社は6万円と大きく異なるようです)
決算公告義務がなく、官報掲載や電子公告が不要
出資者全員の合意のうえで、利益の配分を自由に決められる
役員の任期がないため、重任登記(および登記費用)が不要

一方で、合同会社には上場できないなどのデメリットがあります。
企業として信用されないケースがある
社員の退社等によって、会社の資本金が減少する場合がある
新株発行や株式の上場ができない

設立時に増資のめどがたっていない場合には、経費が安くすむ合同会社でスタートすることも可能です。そのままでは新株発行や上場ができませんが、増資が決まったタイミングで株式会社へ組織変更することは比較的容易です。

公開会社と株式譲渡制限会社(非公開会社)

設立したばかりの株式会社は、人員にも時間にも余裕がありません。そこで、多くの新設会社は、可能な限り簡素な機関設計を採用したいと考えます。「取締役会やる時間がない」、「監査役に払うカネなどない」という具合です。

そこで採用するのが、「株式譲渡制限会社」です。「株式譲渡制限会社」とは、会社が発行している株式の全部に対して、自由に譲渡できないように制限が設けられている会社のことです。「非公開会社」と表現されることもあります。

株式譲渡制限会社の主なメリットは、運営の負担を軽減できるこなどです。
取締役会や監査役の設置義務がない(ただし、株主総会と取締役は必須)
役員(取締役・監査役・会計参与)の任期が最大10年まで伸長可能(重任登記の頻度を減らせる)
利益配分や議決権に関して、株主ごとに異なる取り扱いを行うことができる

具体的な手順としては、会社定款の中に、「自社株式の譲渡をする際には、取締役会あるいは株主総会による承認、代表取締役による審査・承認が必要となる」という旨の規定を加えます。

なお、株式譲渡制限会社ではない会社では、株式譲渡に関して特に制限が設けられておらず、自由に株式を売買できます。これを「公開会社」といいます。

公開会社はより透明性を確保する要請があるため、運営の負担は相対的に重くなります
取締役会や監査役の設置義務がある
役員任期を伸長できない(取締役・会計参与は2年以内、監査役は4年以内)
利益配分や議決権に関して、株主ごとに異なる取り扱いを行うことができない

おわりに

本稿には、経営法務に関する記載をしましたが、(ご多分に漏れず)私も経営法務は苦手科目でした。間違いが発覚したらすぐに修正しますのでご容赦ください(弱気)。

先日、いよっちも書いていましたが、法務は基本的には専門家(会社設立の場合には司法書士)に依頼しますので、マニアックにいろいろ覚える必要はありません。ですが、主要な論点がモレていないかを確認できることは非常に重要だと思います。実務に必要な範囲で、概略を頭に入れておくのがよいかと思います。

 


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

東京セミナー(平日夜版) 申込みはこちら
4月18日(木) @港区勤労福祉会館
受付開始:18:30 セミナー開始:19:00 懇親会:21:15頃

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


はじめに:官報

こんにちは、どいこうです。

中小企業診断士の試験合格後、必要な実務補習・実務従事を終えて登録を申請すると、翌月末から翌々月をめどに官報に「告示」として掲載されます。私も早く掲載日を迎えたいと思いながら日々を過ごしています。

官報に関して知っておきたい(そして私は最近まで知らなかった)豆知識があります。日本国憲法の第7条第1号に定められた天皇陛下の国事行為に「憲法改正、法律、政令、条約の公布」というものがあります(当の日本国憲法も昭和21年(1946年)11月3日の明治節に公布されたものです)。この「公布」、実務上は「官報に掲載すること」なのです。ご存知でしたか? ただ、中小企業診断士資格の告示については上記の国事行為にはあたらず、所管の中小企業庁の業務のようです。

さて、今回は前回に続き、財務ネタです。テーマは「投資プロジェクト評価:食器洗い乾燥機の購入」です。

ちょっと寄り道:フレームワークの有用性

今日のテーマ、以前の「学習時間を増やす」の記事で書き漏らしてしまった内容でもあります。

簡素化できる時間(1)家電に任せられる家事

という項目を(今思うと)入れたかったのです。私は本来、各種家電を活用して家事にかける時間を減らすことに、熱い情熱を燃やしていたのでした。なのに記事を書いたときにはこの項目を落としてしまい、痛恨の極みであります。翌日、ksknの記事で改善の4原則”ECRS”が登場し、「ああ、Simplificationが漏れとったわい・・・」と残念な思いをしました。

これは、私が記事を作成していたとき、ECRSのうちのECしか想定していなかったためです。もし、私がksknのように“ECRS”の「フレームワーク」を活用していたら、モレが発生する可能性が下がっていたと思います。このように、人間の脳はいつも丁寧に網羅的に思考ができるわけではありません。よって、思考をガイドするフレームワークが有用となります。この種のフレームワークの多くは、概ね「ダブらず、モレがない」ように設計されているものだからです。なお、この「ダブらず、モレがない」ことを英語でMECE(Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive)と言い、ビジネスの現場でもこの言葉を使う方が多い印象です。

この他に有名なフレームワークには、「マーケティングの4P」「職場の管理に関する5S」「生産管理のPQCDSME」等があります。脳の弱点を補うことができる便利なツールですから、ぜひ有効活用していただきたいと思います。

前提条件の設定

さて、本題にはいります。以下では、食器洗い乾燥機を「食洗機」と表記します。

設例では、以下のような(かなり控えめの)前提条件を設定します。

<Sさん>
(1)給与所得者で、自宅の食器洗いは事業活動ではない
(2)現在、食洗機を持っておらず、手洗いしている
(3)食器を手洗いして乾燥させるのにかける時間は毎日2回、1回3分
(4)機会費用(時給に相当)は2,000円
(5)投資経験ゼロで余剰資金はもっぱらメガバンクの普通預金(年利0.01%)で運用する。

<Rさん>
(1)~(4)はSさんと同じ
(5)余剰資金をもっぱらREITで運用する。年間平均配当は3%

<食洗機>
・所要準備時間は1稼働あたり1分。
・購入価格は72,000円(価格比較サイトの上位機種の数値)。
・光熱水費を年間18,700円節約できる(パナソニックの公表数値を利用)
・10年間利用後に廃棄(廃棄コストは無視)。

そこで、この投資プロジェクトを評価してみましょう。なお、機会費用が減っても必ずしもキャッシュ獲得できるわけではありませんが、ここでは浮いた時間を利用して1時間あたり2,000円獲得できるものとみなします。

投資プロジェクトの分析

・1日4分、年間1460分削減できるため、48,667円(=2,000*1460/60)の機会コスト削減
・光熱水費削減と合わせると年間67,367円のプラス
・上記に基づき算出した各年のキャッシュフロー・割引係数・DCF等は図表のとおり

図表:Sさんの分析表

図表:Rさんの分析表

投資プロジェクトの評価

割引率(Discount Rate)とは、「将来受け取る金銭を現在価値に割り引く(換算する)ときの割合を、1年あたりの割合で示したもの」です。割引率の設定は必要に応じて行うのですが、一般的には「資金の出し手に払う利回り」または「他の投資案件(代替案件)がもたらしてくれるはずの収益率」を用いることが合理的です。設例は家計ですので以下のように想定します。
・Sさんの代替案件は普通預金なので、割引率は0.01%
・Rさんの代替案件はREITなので、割引率は3%

企業価値を評価する場面での割引率は、資本資産価格モデル(CAPM; Capital Asset Pricing Model)に基づいて算出した加重平均資本コスト(WACC; Weighted Average Cost of Capital)を採用するのが通例です。

割引係数(Discount Factor)は、「割引率を用いて割り引いた場合に、キャッシュフローが何倍に評価されるか」を表す係数です。割引率は正の値をとりますので、割引係数は開始時点では1、将来年度では1未満となります。

正味キャッシュフロー(net cash flow)は、正味(net)の概念がちょっと耳慣れないかもしれませんが、「プラス分からマイナス分を控除したキャッシュフロー」です。純資産(Net Assets)の”net”の概念です。

割引キャッシュフロー(DCF; Discounted Cash Flow)は、「割引率(または割引係数)を用いて割り引いた正味キャッシュフロー」です。

正味現在価値(NPV; Net Present Value)は、割引キャッシュフローをプロジェクト期間にわたり合計した値として算出されます。意味合いとしては、当該案件の現在価値(=実施したらどれだけ得/損するか)を示す数値です。NPVがプラスなら「得するので実施すべき」、ゼロなら「やってもやらなくても一緒」、マイナスなら「損するので実施してはダメ」です。SさんのNPVは60万円、RさんのNPVは50万円でした。判断としては「買い」です。

なお、割引率の設定によりNPVが変動します。割引率は診断士試験では与件として(5%などと)与えられるかWACCを用いるかのいずれかですので、深く考えなくても問題を解くことができますが、意思決定に影響する重要な条件なので、目的に合致した数値を想定することが非常に重要です。

内部収益率(IRR; Internal Rate of Return)とは「NPVがゼロとなるような割引率」として算出されます。より「手触り感」を持たせた表現をすると、「初期投資額の調達に金利を払うとして、年率何%までなら最終的にNPVがプラスとなるのか」という概念に近いです。今回の評価においては、93%でした。初期投資の7.2万円を年率93%の借入でまかなってもトントンになるくらい価値がある、という意味合いになります。決して電機メーカーのまわし者ではないのですが、食洗機は非常に価値の高い家電だと思います。まだの方はぜひ導入してほしいと思います。

おわりに:マイ事例計算のすすめ

みなさんもぜひ、エクセルで身近な事例を計算してみてください。特に財務に関しては、自分で手を動かして情報処理することで、知識が定着していくと思います。このほかに私が愛してやまない家電にロボット掃除機のルンバ(Roomba)やブラーバ(Braava)、洗濯乾燥機などがありますので、よろしければ題材にしてみてください。

本稿については、当初は私の本職でもある不動産経営を題材にしようかとも思ったのですが、まずはより日常的なテーマの簡素なモデルを選択して概念の解説をこころみました。事業用資産ですと、ここに固定資産の取得・減価償却・売却、借入金の借入・返済、法人税等(問題では30%で計算すると思われます)などが絡んできます。

今後、ニーズがあるようでしたら、「大家さん版・プロジェクト評価」などをやってみても良いかなと思います。

それではまた!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナー受付中✿:❀

東京セミナー 申し込みはこちらから
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

大阪セミナー 申し込みはこちらから
4月14日(日)@生涯学習センター梅田
受付開始:13:30 セミナー開始:14:00 懇親会:17:00

セミナー詳細はこちら

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はタキプロにて掲載中

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿


はじめに

こんにちは、どいこうです。

昨日は確定申告の締切日でした。自営業の方はもちろん、サラリーマンで副業していたり年収2000万円以上の方、特定口座(源泉徴収なし)で証券投資をしている方などはお疲れ様でした。私は2月に申告しましたが、最近はクラウド会計の機能が上がり、chromeブラウザでも電子申告ができるようになったことは喜ばしい限りです。

さて、今日のテーマは資本利益率です。

総資産事業利益率(ROA)と自己資本利益率(ROE)

最初の資本利益率は、総資産事業利益率(ROA; Return On Assets)です。「集めてきたお金(自己資本と負債の合計)が、総体としてどれだけの利益を生んだのか」を表します。自己資本(Equity)も負債(Debt)も含めた「総資本」が対象です。


稼いだ利益から、負債の貸し手への金利を払い、税金を払います。最後に残った金額(すなわち当期純利益です)が株主に分配(配当金および繰越利益剰余金)されます。

「総資本が稼いできた金額」の指標は、ステイクホルダーへの分配前のものである必要がありますから、ROAの分子は利払前・税引前の利益であり、これを事業利益(英語では、EBIT; Earnings Before Interest and Taxes ) と呼びます。

もう一つの資本利益率は、自己資本(当期)利益率(ROE; Return On Equity)です。「自己資本が最終的にどれだけの利益を生んだか」を表します。事業利益から、負債の貸し手への金利を払い、税金を払った後に残った金額(すなわち当期純利益です)が分子となります。

ROAとROEの関係式が示唆する事実

なお、この二者には関係式があります。以下のものです。

覚えにくくて困る方も多いのではないでしようか。

ですが、大丈夫です、私も覚えませんでした。基本的事実から出発すれば、以下の通り、容易に導出できます。

  • 負債利子率i、法人税等の実効税率をtとする
  • 総資産A、負債D、自己資本Eとする→よってA = D + E
  • 事業利益 = ROA × A = ROA × (D + E)
  • 支払利息 = i × D
  • 税引前利益 = 事業利益 - 支払利息 = ROA × (D + E) – i × D
    = ROA × E + (ROA – i)×D
  • 当期純利益 = 税引前利益 × (1-t)
    = {ROA × E + (ROA – i) × D} × (1-t)
  • ROE = 当期純利益 ÷ E
    = {ROA + (ROA – i) × D/E} × (1-t)

この関係式が示唆する事実は何でしょうか?

第一に、(ROA – 負債利子率)という項に注目しましょう。考えてみれば当然なのですが、企業活動全般の利益率が利子率より低ければ、その借入はROEを下げる、という事実を示しています。
例えば、総資本(集めてきた全資金)に対するリターンが3%の場合、4%の借入をしていると、株主の利益にはマイナスの効果があるということです。

第二に、D/Eという項に着目しましょう。前述のとおり、(ROA – 負債利子率)は通常は正の値ですから、これは、負債比率(D/E ratio; Debt-to-Equity Ratio)が上がれば上がるほど、自己資本利益率(ROE)が高まることを示します。

勤め人や消費者として過ごしていると、「借金は悪だ」という概念が刷り込まれている方もいらっしゃるかと思います。かつての私もそうでした。しかし、論理的に考えると、企業は、お金を借りれば借りるほど(自己資本比率が低ければ低いほど)株主の利益を高めることができるのです。そして、その条件は、負債利子率よりも利益率が高いプロジェクトに投資すること、なのです。私はこの事実を最初に知ったとき、非常に大きな衝撃を受けました。つまり、10%のプロジェクトに投資するなら、原理的には5%の金利を払ってもよいわけです。

また、日本について考えると、国家には株主がいないので国民を「株主のようなもの」と類推しますと、日本の国としての負債利子率(国債の金利)は例えば10年物でもほぼゼロですから、多少なりともプラスのリターンが見込めるプロジェクトには借入して投資すべきという判断になります。

国債金利(出所:財務省)

ただし、損益のほかにキャッシュフローの検討も重要です。代表的な項目には、借入の「元本返済」(損益計算に含まれないが、現金支出)と、固定資産の減価償却費(費用計上されるが現金支出を伴わない)などがあります。

中小企業者はROEがお好き?

上記2つの資本利益率概念が重要な理由は、企業経営者が資本構成を(ある程度)選択できるからです。なのですが、中小企業、とくに零細企業の多くが増資をすることは比較的少ないです。
・第一に、多くはオーナー企業であるため、議決権を他人に渡したくありません
・第二に、よほど有望と判断されない限り出資する人が見つかりません

このため、基本的に新規投資は利益剰余金(内部資金)で賄うか、外部資金を利用する場合には借入をおこすことが主流です。ただし、ベンチャーキャピタルから資金調達して上場やM&Aを目指すようないわゆる「スタートアップ」についてはこの限りではありません。

主に負債で資本調達するオーナー企業の経営者にとってはROEこそが重要で、「御社のROAは…」という話をしてもピンと来ないかもしれません。

オーナーの視点を知ろう

中小企業診断士たるもの、経営者の立場を深く理解したいものです。中小経営者の大半はオーナー(株主)ですから、株主の視点で世界を見ています。株式投資をやったことがない方は、たとえ少額でもよいですから、株主となり、株主の立場を経験することをお勧めします。きっと視野が広がり、財務の勉強がもっともっと面白くなると思います。

それではまた!


☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀道場 春セミナーのお知らせ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
4月6日(土) @港区勤労福祉会館
一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
4月14日(日)@生涯学習センター梅田

受付開始は3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて
詳細はこちらから

4月7日(日)タキプロ名古屋 春セミナー道場メンバーがゲスト参加させて頂きます!名古屋近郊の方!是非、ご検討ください!
詳細はこちらから 

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


◆学習時間を生み出す

こんにちは。どいこうです。

さて、「今やっておきたいこと」シリーズ企画もそろそろ後半です!

やっておきたいことのまとめ(どいこう版)

私は以下の4つが必要だと思っていますが、過去記事でかなり言及されておりますのでリンクでご紹介します。
1)将来イメージでモチベーションを高める;過去記事「ニンジンはどこだ!?」「長押し!心のスイッチ」など
2)現状とゴールのギャップを認識する;1次試験(1次免除の方は2次試験)の過去問1年分を解くのが良いと思います。
3)ギャップを埋める学習計画を作る;過去記事「〈永久保存版〉1次試験までの学習計画」「バックキャスティング思考法」など
4)学習計画を実行する

本稿では(4)学習計画の実行について言及します。

時間をかけてなんぼ

学力は、大まかには以下のように整理できると思います。

試験時点の学力=開始時点の学力+学習効率×学習時間-忘却

「学習時間」をいかに増やすか、という点は非常に重要になります。

具体的には、「(比較的)生産性が低い時間を削る」方法と、「削れない時間を有効利用する」方法があります。

削れる時間(1)テレビ視聴

前向きに考えて行動し、実績を上げようとするビジネスマンにとって、漫然としたテレビ視聴は大敵だと思います。

1)テレビ視聴は受動的で無目的になる場合がありますから、よほど目的意識をもって利用しないと目標達成に近づけないと思います。

2)最近のテレビ番組(特に報道番組)の多くはビジネスマンに役立たないばかりか、社会人としてのNG行為がみられると感じています(私個人の感想で、人により意見が違ってよいと思います)
・ネガティブなニュースにかける時間が多く(殺人事件や子供の虐待などの悲惨な出来事や不祥事など)、視聴者が「自分もがんばろう/がんばらなくては」という意欲を高める出来事(例えば、最近のはやぶさ2の小惑星着陸成功のように鼓舞される出来事や、日本の立場に立った安全保障や経済に関する解説など)の扱いが少ない
結論だけを主張し、根拠となる事実を提示しない、または事実の一部のみを都合よく切り取る事例がみられる
不祥事の犯人探しをして糾弾するが、根本原因の究明や改善提案をしない事例がみられる

診断士受験を機に、テレビはよほど見たい番組だけに絞り、前向きに生きる時間を増やすことをおすすめします。

削れる時間(2)ゲーム

暇つぶしでするゲームもテレビ同様、時間を無限に奪っていきますが、ゲームで現実社会での生活を改善することは、(通常は)難しいです。ゲームが仕事につながる方はよいとして、一般の方は、診断士受験を機に、現実に取組む時間を増やし、ゲームを減らすことをおすすめします。

余談ですが、私は学生時代に麻雀に大量の時間を投入し、就職説明会を寝過ごしてブッチぎるほど情熱的に取り組みました。結果、心理的かけひきの経験とタバコの銘柄をニオイである程度判別するスキル(私は吸わないです)を得ましたが、かけた時間に対する投資効果は低かったと反省しています。

削れる時間(3)飲み会

診断士資格を取得したら交流する相手の幅が広がった状態で飲み会ラッシュになります。あなたにとって、今の飲み会よりも合格後の飲み会の方が楽しいのではないでしょうか?もしそうなら、今は少し飲み会を控えて、まず合格してはいかがでしょうか。少なくとも、「いつものメンバーでグチを言い合う飲み会」なんてものは卒業することをオススメします。

有効活用したい時間(1)通勤時間

通勤時間に電車やバスに乗る方は、移動時間の有効利用を検討しましょう。我らがかわとものポケテキ学習法や、通勤時間の利用に特化したSTUDYingなど、学習効果を高めるワザ・教材を研究しましょう。

早起きと組み合わせれば、「オフピーク通勤」で比較的空いている電車で勉強し、職場の近くのカフェで落ち着いて勉強するというスタイルも選択できます。

有効活用したい時間(2)昼休み

会社員にとって、昼休みは貴重な自由時間ですから、利用しない手はありません。カフェや会議室などを利用して勉強に組み込む工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

◆中小企業は手厚く支援されている

続いて、中小企業政策について。

中小企業は支援されている

中小企業政策の大前提として、中小企業は、各種の法令等で手厚く支援されていることが挙げられます。その基本となるのが中小企業基本法小規模企業振興基本法です。これらは「基本法」という名前からもわかるように各種法律のベースとなる超重要な法律です。

中小企業基本法が制定されたのは昭和38年(1963年)、東京オリンピックの前年、まだ高度経済成長期と言われていた頃です。当初の中小企業は、「(大企業と中小企業等の)二重構造における弱者」と位置づけられましたが、平成11年(1999年)の改正で「我が国経済のダイナミズムの源泉」として「成長発展する中小企業」という大幅な位置づけの変更がなされました。なお、制定当時の中小企業基本法には「小規模企業」という概念が存在しませんでした。

小規模基本法(正式名称は小規模企業振興基本法)は平成26年(2014年)に施行された比較的新しい法律です。「成長発展する中小企業」のほかに、「持続的発展」(「何とか事業を継続する」という意味のようです)にとりくむ小規模事業者もいることを視野に入れて制定されました。5年毎に「小規模企業振興基本計画」を策定することを決めました。

なお、小規模基本法施行に先立つ平成25年(2013年)の中小企業基本法等の改正において、「小規模企業者」の概念ができました。このため、この改正は重視されており、通称で「小規模企業活性化法」(法改正で新法ではありませんので「通称」なのです)と呼ばれます。

中小企業者および小規模企業者の定義

さて、ではどんな事業者であれば支援を受けられるのでしょうか。

以下に、中小企業者および小規模企業者の定義を示します。

出所:中小企業庁

以下のことを覚えておくと良いようです
・中小企業と判定されるには、資本金額または従業員数のどちらかを満たせば良い
・表の「小売業」は飲食店を含む

私は中小企業の定義を覚えるのに苦労しました。結果、以下のように覚える項目数を減らしました。
・「製造業は3億円、卸売業は1億円、他は5千万円」。理由は、製造業(産業ロボットがある工場のイメージ)と卸売業(ベルトコンベア付き倉庫のイメージ)は他(事務所とPCだけのイメージ)よりお金がかかるから。
・「1人あたり資本金は100万円、サービス業だけは半分の50万円」。

より詳細な業種区分が気になる方はこちらをご参照ください。

業種によって基準が違う理由は、中小企業基本法が制定された昭和38年(1963年)時点で、「業種によって事業展開に必要な設備投資額や従業員数が異なる」という想定をおいたためと思われます。ただ、近年ではファブレスの(工場を持たない)製造業もあり、業種と設備投資額が連動しない側面があります。また、ロボットや産業機械の発達により、小売業・飲食業やサービス業の方が、従業員数が多くなる場合もありますから、区分の意義は薄れてきているように思います。

具体的な中小業支援施策

中小企業は、以下のように様々な中小企業支援施策のメリットを享受できます(TACスピードテキストの章立てを参照しました)。
1)資金供給の円滑化および自己資本の充実
2)中小企業等経営強化(創業・経営革新・新連携・技術革新等の支援)
3)新たな事業活動の支援
4)ものづくり基盤技術の高度化
5)経営基盤の強化
6)環境変化への対応、事業承継・再生支援
7)小規模企業対策

逆の見方をすると、中小企業でなくなれば優遇がなくなってしまうわけですから、「できる限り中小企業の枠にとどまりたい」と思ってしまいます。

◆中小企業診断士の出番とは

診断士の根拠法令

ところで、中小企業診断士の資格は、中小企業支援政策の一環として、中小企業基本法と同じ昭和38年(1963年)に中小企業支援法で規定されました。目指している資格そのものの根拠法令ですので、こちらも要チェックですね。法の第11-12条に規定がありますので、一度読んでみてもよいと思います。

複雑な支援施策を解きほぐす役割

さて、私は中小企業者としての立場も持っていますから、各種の支援施策はたいへんありがたく、一部施策はすでに利用しています。ですが、困るのはとにかく複雑で入り組んでいる印象があることです。1ページの資料でまとめてくれたら、、、などと思うのですが、現実はそうなっていません。ただでさえ経営資源の足りない中小企業の社長がこれらを全部把握していたら本業にかける時間がなくなってしまいます

そこで、中小企業診断士が登場、ポケットから支援制度!!となるのではないでしょうか。そんな私も制度を鋭意研究中ですので、少しでもわかりやすい形で整理して、最適な解決法を提示できるよう、精進したいと考えています。

それではまた~

☆☆☆☆☆☆☆

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!

皆様からの応援が我々のモチベーション!!

✿:❀ 道場 春セミナーのお知らせ ✿:❀

一発合格道場 春セミナー2019 in東京
2019年4月6日(土)
14:00~16:30  @港区勤労福祉会館
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

一発合格道場 春セミナー2019 in大阪
2019年4月14日(日)
14:00~16:30  @生涯学習センター梅田
17:00~ 懇親会@会場近郊居酒屋

受付開始は2019年3月10日(日)~
道場ブログ内でこくちーずにて

一次対策、二次学習の進め方、相談会…
コンテンツ盛り沢山!ぜひご予定ください!

❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿:❀:✿

 


【目次】
◆自己紹介と受験体験
◆私が診断士資格取得を目指した思い
◆あなたのニンジンは何ですか?
◆道場ブログを綴る抱負


皆様、はじめまして。
一発合格道場10代目を拝命した「どいこう」と申します。

 

◆自己紹介と受験体験

現在40歳で、不動産とWebメディアを運営する小規模な会社を経営しています。
独立前は約10年間コンサル会社などに勤める会社員でした。

2017年に1次試験、2018年の2次試験に合格しました。独学だった2017年の2次試験には落ち、2年目はリベンジを期して予備校講座を利用しました。
1次試験と2次試験の間は期間があくので、スケジュール管理を失敗しやすいです。独学の方は特に気をつけてください。そして、決まった曜日・時間に勉強するなり、予備校講座を利用するなり、道場ブログを毎日読むなりして、「自分はまだ中小企業診断士の受験生なんだ」と定期的に思い出す仕組みを作ってください。

詳細の合格体験記はこちらをご参照ください

 

◆私が診断士資格取得を目指した思い

なお、私が中小企業診断士資格をとろうと考えた狙いを今あらためて整理し直すと、「さらなる活躍の舞台を求めて知識・信頼・つながりを得る」となるように思います。

さらなる活躍の場を求めた
創業時から数年間、「事業資産の収益を安定化させて長期運営する」タイプの経営を選んできました。業績の安定が何より必要な時期だったからであり、今でも当然の判断だったと思っています。

ただある程度安定してくると、さほど変化が急ではない事業であることから、時に物足りなさを感じはじめました。そして、「まだ余力を残している」「『自分だからこそできる』といった仕事もやりたい」と考えるようになりました。敢えて事例Ⅰ的に表現するなら、「A社は創業期を乗り切って緩やかに成長してはいるものの、研究開発部のリソースにやや余裕があるため新商品開発を検討している」といったところでしょうか。

より具体的には、こんなことを思いました。

・専門性を活かしてもっと社会貢献したい。社会人デビュー時から培った経営企画(コンサル)技能を活用できないか。

・創業支援アドバイザーができたら嬉しい。会社員をやりながら徒手空拳で起業した時、側面支援してもらえたらもっと楽だった。

・事業再生・承継を支援して祖国・日本によい産業基盤を残したい。良い技術や製品を持つ日本企業が経営不振や事業承継の失敗などで廃業したり海外企業に買われたりするのがしのびない。

新しい知識が必要
特に創業支援や事業承継のテーマは補助金や中小企業政策の関わりが多く、中小企業政策を学びたいと思いました。また、中小企業診断士のカリキュラムは、経営知識全般の整理をするのにもちょうどよいカリキュラムだと思いました。

信頼度を高める
せっかく学ぶのだから中小企業診断士の国家資格を取得すれば、信頼度の面で何らかのプラスにはなるだろうと考えました。

つながりもできるなら最高
加えて、中小企業診断士は横のつながりが強いと聞いていましたので、そうした環境に飛び込んで他業種の方とのつながりができたら良いなという期待もありました。

 

◆あなたのニンジンは何ですか?

私が勉強を軌道に乗せるために最も重要だと考えているのは、「将来に対する前向きな思い」です。あるいは「目の前にぶら下がっているニンジン」と言い換えても良いと思います。

さて、あなたが中小企業診断士の資格取得を目指す理由には、仕事に関する思いがあるでしょうか。
・業務能力を高めながら、証明としての資格も取りたい!
・社内で希望部署への異動のきっかけにしたい!
・転職活動に向けて能力の証明がほしい!
・独立へのステップにしたい!

あるいは社会的な動機を抱く人もいるかも知れません。
・家族の笑顔を見たくて!
・地元の町おこしをして恩返ししたい!
・日本を元気にして次世代にバトンを渡したい!
・世界平和を実現させたい!

また、新たな出会いに興味をもつ方もいるかも知れません。
・800-900人の経営知識をもつ「同期」(人生最後の同期生かも!?)
・診断士同士は専門性が異なり、概してライバル意識がなく仲がよい
・男性比率94%(*1)のコミュニティでイケメン比率が高い(*2)

*1: 平成30年合格者の実績値
*2: 筆者の主観的感想です

上に例示したものを含め、各人各様の動機をお持ちでしょう。

あなた自身が意義を感じ、また目標への道筋を思い描けるのなら、どの理由も「正解」だと思います。きっと、その原動力は、生活や仕事の中でみずから感じた思いであるに違いありません。その理由のためなら、がんばれますよね!

是非、取得後のプラスのイメージを思い浮かべ、思いを実現させていただきたいと思います。

 

◆道場ブログを綴る抱負

中小企業診断士のカリキュラムは実務に利用可能な項目が多く、その意義を深く理解すればするほど学習が面白くなると思います。
そこで、私としては、学習カリキュラムの先にある、「実務との接点」を強めに意識しながら記事をお届けできれば、と考えています。

皆様が楽しく学習できるよう、一助となれれば幸いです。
そして、同じ診断士としてお会いできる日を楽しみにしています。

以上、どいこうでした。

明日は関西在住の娘溺愛系診断士、ksknです。お楽しみに!

いいね!と思っていただけたら
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぜひ、クリック(投票)お願いします!
皆様からの応援が我々のモチベーション!!
累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓再現答案集はココ!↓
10代目再現答案一覧へ

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

カテゴリー

月別アーカイブ

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2020年度版後編もAmazonで発売開始しました!



解法実況&事例研究
平成30年度事例Ⅰ~Ⅳ



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かーな
 ・ いけちゃん
 ・ おべんと君
 ・ カワサン
 ・ さとまる
 ・ 3ch
 ・ ぴ。
 ・ 岩塩
 ・ さいちゃん
 ・ CK
 ・ Tomatsu
 ・ べりー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX