2次元の魔術師。

当ブログ、診断士試験の神羅万象を2次元タテヨコの平面に落とし込み、説明するのが得意。 なぜそんなことが可能か。

立体を上から覗き込むと平面に見える。

するとどうなるか。

複雑なことを単純化。すると周囲に説明でき、かつ自分の理解が深まる。

だから当ブログ、縦横マトリクスが大好き。そして2015年最後の挑戦が、

1日3科目×ペンキ塗り=7月超々直前期のマトリクス。

.
■1日3科目(タテ軸)×ペンキ塗り学習(ヨコ軸)■

正答率ランク・論点・5w学習計画がタテ軸。経済~中小がヨコ軸。

多次元を2次元で表すには一軸を固定し、他軸を入替。するとA3一枚のタテヨコ表で、「1次」7科目を抜け・漏れ・手戻りなく表現可。

_経済_ _財務_ _経営_ _運営_ _法務_ _情報_ _中小_
ABランク
CDランク
Eランク
最後の2択Cランクリンク
論点まとめ 論点まとめリンク
学習計画
1w 7/6~ 模試復習
2w 7/13~
3w 7/20~ 直前論点復習
4w 7/27~ テキスト総復習
5w 8/3~ 本番準備

なんだ、そんなことか。

合点が行ったら。「2次」で相手を蹴落とす知識を磨くため、目指せ「1次」500点。この時、ひとつ耳より情報。

7月は、1日3科目ずつ学習。

.
■本題:1日3科目学習法~手段・留意点・効果■

7科目知識はファイナルペーパーに覚えさせ、自分は思い出す力を磨く。

420点でも難しいのに、なぜ500点取れるのか?そのもう一つの答えが、

今から覚えるのでなく、思い出す=知識の切り替え力を磨く。

その手段が1日3科目学習法。

□1日3科目学習法~手段□

①超超直前期7月は、1日3科目学習をルールにする。
②1日3科目やり、1日1科目ずつ次の科目にズラす。
③1日を朝(1.5h)・昼(0.5h)・晩(2h~)に分割し、3科目に割り当て。
④土日は予定のノルマ+不得意科目の調整用に余裕を持つ。
⑤1~2wは2週で1周、その後1週1周とし、最後は2日で1周。

.

□1日3科目学習法~留意点と効果□

<計画時>
・必ず毎日学習。生活スケジュールは学習中心。
・平日1日4hが無理でも、細切れ時間の30分×3=1.5hなら確保可能。
・最終週は月~水で1周、木金は会社を休み本番と同じ時間で1周。
・時間が余れば「2次」準備→H26過去問4事例・5月チェック模試写経。
<実行時>
・超々直前期は、やりたいこと>残された学習時間。
・時間は目標でなく制約条件。Time upしたら強制的に次科目に切替。
・平日は調子が良し悪しに関わらず、予定時間が来たらやめる。
・調子が悪い時→気になる所が増加。一旦割り切り、改めてやり直し。
・調子が良い時→長時間学習は、「引き出し」「切り替え」狙いに不向き。
<効果>
・都度考えることなく、7科目をムラなく計画的に学習可能。
・平日学習時間を増やして「貯金」、土日で進捗に応じ調整可。
・1日3科目→脳にホットスタンバイさせる知識の「段取り替え」。
・1科目を週3回朝・昼・晩→時間帯に応じた学習法の「切り替え」。
・回転式=先送り許容。心理的負担なく、勉強が楽しくて仕方ない。
・回転=知識の入替、引き出し=過年度生が嫌がる「知識の瞬発力」。
・7月1ヶ月で「引き出し力」「切り替え力」「先送り力」が段違いに向上。

.
■おまけ:過年度生の模試巡り■

昨日書き忘れたので追加。

スト生=模試1社、過年度生=模試巡りを好むのは、記憶の戦い方の違い。

 

過年度生=時間は豊富。模試に出る問題を片っ端から覚える(緑)
初学スト生=時間は有限。AB知識を固め(青)、残りは現場の応用力。

この記憶志向の違いが「2次」でもそのまま。これが試験傾向が(表面上)変化した時の合格所要年数の差。模試を本番「として」受ける以上、

模試を2校以上受ける理由なし

とするのがSランクの結論。

.
■今日のまとめ■

模試を本番として受けるのは、7月は「420点取る学習」以外にやることがあるから。それを忖度するセンスの有無が合格所要年数の差。ではまとめ。

・7月の学習計画をA3一枚のタテヨコ表に表現可能。
・タテヨコ学習表の利点は、抜け・漏れ・手戻りがないこと。
・1日3科目学習で、知識の「切り替え」「引き出し」「先送り」。
・スト合格狙いの場合、模試を受けるのは本番「として」1社で十分。

byふうじん



コメント & トラックバック

ふうじんさん、おひさしぶりです。

ねこおじさんです(2代目執筆者)。

合格してから数年たつのに、この時期は古傷が痛みます。記事を読んで、傷が疼きました。

1次試験では、講義で覚えた知識を悉く忘れてしまい、自己採点不合格(得点調整で救済)。記憶の衰えに気づきながらも、見栄を張って二次の勉強してましたので。

今回の3Dマトリックス計画はいいですね。
科目をどんどん回転させるのは、昔のルービックキューブのよう。この作戦なら全面クリアできそうです。

忘れていること気が付かせるには摸試レベルの問題が一番と思いますので、昔の摸試が最初に来ているところが妙味ですね。
養成答練は90点平均で反射的に思い出せても、血肉になっていなければ間違える。問題が単純だと暗記に走って飽きが来るし。

これからも慧眼の記事をぜひ。
いまも時々は拝見しております。

ねこにいさん、久々のコメントありがとうございます。
.
>傷が疼きました。
→いえ、一人の失敗を皆で共有し「7月は1次専念」説を確定させた功績が大です。当ブログが診断士受験の歴史を塗り替えてきた、貴重な記事の1つです。
.
>科目をどんどん回転させ、昔のルービックキューブの様
→ブログ執筆も過年度化すると発想が狭くなるので、新しい視野を与えていただき恐縮です。8/15(土)記事で反映しましたので、そちらにもぜひコメントお願いいたします。
.
>血肉になっていなければ間違える。
>問題が単純だと暗記に走って飽きが来る。
キラリと骨を断つ一言が当ブログの神髄。このようなコメントをまたいただけるべく精進します。

ふうじんさん

ルービックキューブのたとえですが、冒頭に2次元の魔術師とあるのに、勝手に3次元と思ってしまいました(教材・時間割・科目)。すみません。

旺盛な執筆意欲にはほんとうに脱帽です。
8月15日の記事を楽しみにしております。

いえ、ルービックキューブの例えで合っています。
.
科目×教材×時間割の3次元で考えると複雑になる所を、科目×教材、科目×時間割の2次元に分割することが狙いで、当記事ではそれを再び3次元に戻す効用を説いています。では続きは8/15に。

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

道場一次対策セミナー@東京
終了しました

東京セミナーレポートはこちら

道場について

↓ 今、何位? ↓





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX