ある人に痛快なことが、他の人には不快。

(^_^)  (>_<)

痛快:胸がすくようで、非常に気持ちが良いこと。出典:コトバンク

痛快は一般に、何かの工夫で弱者が強者を一発逆転する時に起きる。難しい問題が手品の様に解けると痛快。受験校が秘蔵してきた合格者答案ABCD評価の全国無料一般開放も痛快

点数付再現答案を見て合格した人は、翌年必ず自分も公開し、覆水は盆に返らない。従い、この環境変化にどうしなやかに対応するかが、受験校・受験生を問わず今後の実力差。

一方、今回の一連の記事は悪乗りの気があり、余計な所で賛否両論を招いた。つまり、座談会参加者くれよん曰く、

正は義にある。ただ面白おかしくやるのは義でない。

この制約条件、一見もっともらしいが難しい。なぜなら、

痛快:たまらなく愉快なこと。exciting. 出典:Weblio英和辞典

だが不可能を可能に、二律背反なら落とし所を見出すのが診断士。当記事「得点開示の経緯と展望(下)」はそんな課題を抱えつつ、座談会を受け今後の展望を示す。

.
■前提:得点開示の賛否両論(ポジ⇔ネガ)■

受験生は得点・再現答案開示の進展を当然期待。だが合格者は案外否定的。

前述の通り、面白おかしさ=悪乗りのため今回の開示請求は賛否両論を招いた。だがこの「悪乗り要素」をなくすとこうなる。

受験生応援型 自立PDCA型
_環境変化を好まない_ __環境変化を好む__
現状維持 未来志向
開示消極 開示積極

合格定員一定⇒ゼロサムゲーム⇒幸福量一定の前提では、一人が痛快ならもう一人は不快。変化に反対するのは簡単で、出来ない理由を並べる。

でもね。診断協会が決める合格定員は操作できないが、合格者の質と満足度を上げ、幸福量を増やす操作は可能。つまり、

本人の努力・実力通りに合否が決まるべく、合格者の入れ替えを起こす。

今回の得点開示は受験校の技術競争を促し、試験は再び技巧化に向かうが、

2015年度「2次」に限れば、変化に対応する実力順に合格。

「2次」得点開示で、歴史は既に動いた。ここが診断士試験の競争の質を抜本的に塗り替える千載一遇チャンス。

.
■座談会:得点開示の経緯と展望(下)■

当座談会はたまたまスト合格者でなく、2年目Sランク合格者(高得点でなく、狙った答案を狙い通りに書く)3名を招いて実施。

「2次」を極めた彼らの目に今回の得点開示はどう映ったか

を、以下に再掲。

.

【1】得点開示の経緯

・「2次」得点が未だ非開示であること、また受験校模範解答が割れることを訝った受験生が、個人情報保護法に基づき得点開示を請求した。
・「試験運営上の都合」により非開示との予想を裏切り、事例得点・成績区分(A~D)が開示。かつ4/1に診断協会HPが請求手順を示し、公式に対応。
・受験校が積極的に得点開示請求をする兆候はない。
・当ブログでは、70点以上=S再現答案を順次公開中。

【2】合否基準について

・点数は年によりバラけるが、事例ごと・受験回数で傾向が異なる。

2年目上級生 _A_ _A_ _B_ A~S
初学者 B A B A~S
得られた事実+最新合格仮説
・合否は総得点で判定。A~C評価は無関係だが、Dがあると不合格。
・60点以上(A評価)≠人並みA答案の意味では、AAAA合格仮説もアリ。
・「Ⅳ」は素点より開示点が高く、底上げ調整実施でほぼ確定。
   →合格者の「Ⅳ」は(ほぼ)全員60点以上。
・「Ⅲ」60点以上が稀で、「Ⅳ」以外は素点からの調整なしが濃厚。
・「Ⅳ」のみ調整で、合格=(例年の)上位20%=240点ピタリが濃厚。
・正規分布の仮定では、平均219点~239点に受験生の30%が密集。

<参考1>当記事での受験回数の定義
①過年度生:2次受験3回以上 
②2年目上級生:2次受験2回まで
③初学者:1次1回かつ2次1回合格
※①②を区別するため、「多年度生」は用いない。
※合格パターンが多岐に渡る過年度生は、今回の分析対象から除く。 

<参考2>最新合格仮説の妥当性
・2年目上級生は周囲の答案を知悉、つまり答案⇔点数を予めイメージしている。今回の得点開示でその精度が大きく向上。
・診断士合格そのものが、仮説検証PDCAの結果。仮説とは、誤っている都度修正するもので、最初から精度を追う必要はない。
・つまり、試験の「本質」を理解した人に読み手を限ることで、仮説精度にこだわらない迅速な仮説検証PDCAが実行可能。

.

【3】「Ⅰ~Ⅲ」と「Ⅳ」の対応

・従来の受験校の指摘通り、上級生=「Ⅰ~Ⅲ」初学者=「Ⅱ」「Ⅳ」で稼ぐ傾向が、今回の得点開示で改めて確認された。

解答要求 ×掴みづらい ○掴みやすい △たまに難 ×国語の試験
与件根拠 薄い 多く散在 存在するが
因果関係不明
解決策は
予め指定済
解答記述 書きやすい 編集力重視 原因・因果記述 記述問題あり
60~100字 30~40字あり 150字あり 過程記述あり
H高得点 △たまに ○しばしば △総じて低め ↑60→80位?
L低得点 ×多発 ×しばしば ×総じて低め ↑40→60位?
有利不利 上級生有利 個人の資質 上級生有利 個人の資質

・「Ⅳ」個別計算問題が正答しづらく、従来は素点40点程度→A評価の傾向にあったため、「Ⅳは経営分析を当て、個別計算問題は周囲が当てる所だけ当てれば良い」と指導されてきた。
・だが「Ⅳ」80~90点が散見され、Ⅳ荒稼ぎ合格(Ⅰ~Ⅲ低得点でも合格)が露見した。これが今回の得点開示における最大インパクト。

.

【4】合格A答案の作り方

A評価(60点以上)でなく、人並みA答案を書く方針は何ら変わらない。具体的には以下の手順。

①Sランク生の合格A答案
・「Ⅰ~Ⅲ」は高得点狙いでなく、安定合格点=A答案を狙う。
・具体的には、設問・配点を4:4:2の法則(AB4=皆当てる、CD4=解答が割れる、E2=正答困難)で配分。

AB(4):確実に当てる。
CD(4):熟考し、確信できたらそれを書く。不確かなら「切り分けない」「わざと重複」「周囲の答案を想像」し、失点回避優先。
E(2):捨て問。時間ロス防止。

「4:4:2の法則」「周囲が書く答案を想像」が2年目上級生⇔初学者の実力差。また、上級生は「良答案を見せっこ」する時間を十分確保できるため、解答記述・編集力に隙がない。

②初学者の合格A答案
・人それぞれ、たまたま。出合い頭OK。
・本試験を受けながら成長。

③「Ⅳ」A答案 (素点40→補正後60点)
・受験校指導の通り。経営分析を当て、周囲が出来る個別計算問題を取る。
・品質原価計算など穴論点に目が向きがちだが、費用対効果は低い。

④「Ⅳ」S答案 (平均点+15~30点程度)
・経営分析を当り前に当てる。
・個別計算問題は解法・計算要素・手順・所要時間を想起し、電卓計算1回でピタリと当てる。
・難問高得点狙いより、検算、安定点重視(計算ミス=大失点リスク)
・「Ⅳ」高得点が固い人は、「Ⅰ~Ⅲ」で安定低め点で良い。逆に「Ⅰ~Ⅲ」で失敗しても、「Ⅳ」で一発逆転の目があると判明。

.

【5】今後の動向

「今後の動向」を非限定列挙する。少ない情報であれこれ決めるより、今はアイデアを出し合う段階。

①診断協会
・「2次」合否通知時に点数併記 (開示請求都度の対応では面倒)
・得点調整の精度向上(「Ⅳ」偏重の改善)
・そろそろ次の試験制度改革(今の事例Ⅰ~Ⅳの形は限界?)
・高齢化・過年度化対策(若年者・女性が合格しやすい試験改革?)

②受験校
・表向き静観(←いずれ近い将来に点数開示)
・「Ⅰ」「Ⅱ」対策→概ね従来通り。
・「Ⅲ」対策→改善(高得点再現答案に基づき、指導方針修正)
・「Ⅳ」対策→抜本改革。

③受験生
・受験校の対応を見守る
点数付S答案(またはCD答案)を入手し、自分で分析。

.
■座談会まとめ■

以上が座談会まとめ。得られた情報を整理するとたたき台になり、そこから次の変化が起きる。なお冒頭に挙げた通り、「おかしくやる」のは好ましくないが、「面白くやる」のはOK。

ただし、冒頭の痛快⇔不快の議論はセンスがない。「見掛け上の倍率維持のため、合格実力者をあえて不合格」にしていることが今の問題点。

受験生視点で痛快=努力・実力通りに合格する試験に変える

ここを外さなければこんな議論は起きない。受験校も合格者も、受験生を応援するはずが、自分達が心地良い=従来のやり方を守ることを重視していないか?と疑念を呈し、ではまとめ。

・協会の公式対応を受け、水面下での開示請求が進展中。
・合否判定は調整後総得点で確定。ただ「Ⅲ」「Ⅳ」の点の動きが怪しげ。
・「Ⅳ」荒稼ぎ合格者が実在するが、今後どうなるかは予測不能。
・A評価60点の基準は変わるが、合格人並みA答案の作り方は不変。
・今後の動向は今決めない。まず互いのアイデアを出し合う事から。

byふうじん



コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

再現答案集はココ!↓

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

一発合格道場 2次口述試験対策セミナーin東京

2018年12月9日(日)30名を超える方に参加頂きました。ありがとうございました!

18口述セミナーin東京レポート

 

————————————————–

18夏セミナーin東京レポート

18夏セミナーin大阪レポート

————————————————–
18春セミナーin東京レポート

18春セミナーin大阪レポート

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版発売開始しました



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX