難問の後は、普通の問題が超簡単。

イケカコが難しいのは、実務レベルの国語の試験Lecture 6(差額原価)8~10(投資経済性計算、経済的効果CIF、資本コスト)の存在。

さらに総合問題として差額原価収益、税引後CIFといった、1次「財務」が手薄な所を狙い撃ち。だから診断士受験生は初見で手に負えない

初見でダメなら、解き直し。

診断士学習の強みは、解き直し・回転学習で理解が自ずと身に付くこと。以下の記事をさらっと通読し、2周目に挑戦。

序論:「事例Ⅳ」 チョロッとやれば A評価
意思決定会計:論点ミシュラン
リスク許諾書:7つの効果と4つのコスト
Lecture 1~2:「事例Ⅳ」の歴史を塗り替え開始
Lecture 3~5:繰り返し 解いた数だけ 実力UP
Lecture 6~7:「事例Ⅳ」は国語の試験
Lecture 8~10:そうだ、エクセル使おう
Lectuer 9~10:難問の後は、普通の問題が超簡単

イケカコ2、3周目は1周目と比べ、驚速。答えを知って解く、他論点の知識とつなげて解く。するといつしか「Ⅳ」はスラスラ。また全論点をつなぐ鍵=原価計算だと解ると、イケカコは免許皆伝。

.
■【1】2時間使って自分で解く■

あれ、こんな簡単に解けて良いのかな?

Lecture6、8~10の超難問に比べ、11,12の問題は超簡単。それは「国語の試験」への慣れ、つまり問題文→解法検討でなく、解法を先に浮かべて問題文の計算条件を探すクセがついたから。ではいつもの手順で。

①まず2周回す。1周目→解説と例題、2周目→例題と問題。
②例題・問題を解き、わからない時は答え(解説)をすぐ見る。
③これを何度も繰り返し。解法を覚え、かつ理解も備える。

さて、今日扱うLecture 11,12は重要度C。1周目を解く制限時間は2h。

イケカコもくじ イケカコ「要点整理」
11 原価計算の新領域 C
★☆☆
★★☆
.
ライフサイクル・コスティング
品質原価計算
12 不確実性と情報 C
★☆☆
★☆☆
★☆☆
.
意思決定と不確実性
期待値最大化による決定
完全情報の期待価値

.
.
.
<2時間経過>

.
■【2】必要知識の整理■

Lectue 11, 12は、CVP分析・NPVと組み合わせて問うおまけ論点。

従い知識は既習で、知ってる知識は簡すぐ解ける。その要点は以下。

①原価計算
②品質原価計算
③不確実性

上記3つの要点を各例題・問題で以下の通り学ぶ。

①原価計算 ②品質原価計算 ③不確実性
§11
例題1
○LCC
○標準原価計算
例題2 ○コスト紐つけ
例題3 ○標準原価計算 ○コスト紐つけ
問題1 ○LCC
○時間価値PV
問題2 ○コスト紐つけ
○トレードオフ
§12
例題1
○ペイオフマトリクス
○完全情報
例題2 ○ペイオフマトリクス
○デシジョンツリー
問題1 ○ペイオフマトリクス
○完全情報
問題2 ○ペイオフマトリクス
○デシジョンツリー

①原価計算

ライフサイクルコストは、ここ5年の1次「財務」で未出題であり、「Ⅳ」で問われる可能性はまずない。要するに標準原価計算の変形=出題するならCVP分析と絡めて、と予想しておくと万全。

②品質原価計算

品質原価計算はH25「事例Ⅳ」で唐突に出題され不興を買った。だが「品質原価計算」の知識を前提に問題読み直すと、解けない方が不思議。その論点は以下2つ。

1)コストを紐つけ
(品質適合コスト)予防原価・評価原価
(品質不適合コスト)内部失敗原価・外部失敗原価

2)トレードオフ
品質適合コスト⇔不適合コストは、相反トレードオフの関係。経済的発注量EOQと同じ理屈で、コスト最小にしたければ、適合コスト=不適合コストとなる点を選ぶ。だが設計品質(クレームの発生許容度)は企業により異なり、コスト最小=最良ではない。

③不確実性

「Ⅳ」対策で必須。受験校テキストでしっかり理解。

.
■【3】知識を備えて解き直し■

念のため、解き直してみるか。

<Lecture 11>

例題1:ライフサイクルコスト(LCC)の予想PLは標準原価計算をちょこっと変えるだけ。不明なら標準原価計算に戻ってやり直し。

例題2:発生費用を、予防・評価・内部失敗・外部失敗に紐つける練習。暗記でなく意味で理解しないと応用が利かない。

例題3:費用額でなく「単位当たり」と言われたら標準原価計算を思い出す。CVP分析の問題と何か似てると気づくと有利。

問題1:ライフサイクル=長期なので、時間価値PVと組み合わせ出題可能。収益がなく戸惑うが、解き方はNPVと同じ。

問題2:発生費用を4費用に紐つけて集計。なおトレードオフ→予防+評価=内部+外部失敗コストになると、総コスト最小。EOQとセットで理解。

<Lecture 12>

例題1:「経済」ゲーム理論のペイオフマトリクスに発生確率を加えると、期待値計算可能。外れなくピタリと当てる占い師がいたら、期待値の差額分までカネ払って良い。

例題2:ペイオフマトリクスの情報をデシジョンツリーで書いてみる。答えは同じ期待値計算。

問題1:注文数→需要数→発生確率の順でペイオフマトリクスを正しく作る。確率通りなら期待値計算で判断、完全情報があればカネで買いその数量で確実に儲ける。

問題2:デシジョンツリーを使うと、将来やる・やらないの段階的投資。柔軟性があるとNPVが上がり投資しやすいとするのがリアル・オプション。

.
■イケカコ5週で80点まとめ■

巷で噂される通り、「Ⅳ」80点とは素点でなく、平均的な合格者(Aランク=素点40点?)より個別計算問題を2つ3つ当てること。

受験生は今年誰もがそう気づき、「Ⅳ」の歴史が塗り替わる。その塗り替えは、論点輪切りでなく実務能力を問い、努力実力通りに「2次」合否を決める第一歩として実に痛快。ではまとめ。

・イケカコを解くと、「Ⅳ」の問題が超簡単に思える効果。
・ライフサイクルコストは直接原価計算の一種。前に戻って解き直し。
・品質原価計算は費用紐つけ・トレードオフ。EOQに戻って解き直し。
・不確実性は「Ⅳ」の大好き論点。リスク減らしてリターンを増やす。

byふうじん

お断り:当イケカコ5週で80点連載は、意思決定会計講義ノート(2001 大塚宗春、税務経理協会)の解説・感想に過ぎず独創性はありません。また完全性もないことから著作権は放棄し、引用・改善・改良フリーとします。


コメント & トラックバック

ぷうかと申します。当連載を事例Ⅳの苦手意識の払拭の切り札となればという希望を込めて、5週間なんとか完走することができました。当初のゴールとしていた「苦手意識」はかなり払拭していけたと感じております。前回#4の難解さは際立っていました。非常にきついところでしたが、エクセル解禁のご指導でひつまず題意だけでも把握できたことで、突破していけたように思います。 さて、今後ですが、イケカコを数回回すことを続けるか、過去問に向かうか悩むところではあります。もし、アドバイスいただけるなら、方針的なものを教えていただければ幸いです。

ぷうか様、5週間での完走お疲れ様でした。
.
現在の受験母集団であれば、イケカコ完走時点で上位50%、つまり必ずA評価が取れます(素点40点程度)。先週#4のLecture 8~10がキツいのは解っていましたが、そこでぶつ切りにせず、①投資経済性評価 ②経済的効果CIF ③資本コストを1週間で一つながりにすることが、下位50%からみた模倣困難性・参入障壁になります。
.
>さて、今後ですが、
はい、1次の受験有無により明確に決まります。
.
【1次受験の場合(「財務」免除の場合も含む)】
→「財務」過去問に着手。7月に「Ⅳ」過去問に着手。イケカコ解き直しは8月以降。
【1次免除の場合】
→イケカコをあと2周し、解法・要点を「覚える」。その後「財務」「Ⅳ」過去問を解き直し、覚えた解法を理解に落とし込む。
.
「Ⅳ」でイケカコより難しい問題が出たら本当に誰も解けないので、イケカコの解法を覚えることで「Ⅳ」の苦手感が無くなります。すると「1次」「2次」を通じ、自分なりの合格戦略の幅が広がります。
.
またご不明の点がありましたら、お気軽にコメントくださいませ。

ありがとうございます。詳細にご指導いただき感謝です。
一次免除の2次2回目の受験になります。
事例Ⅳで実務を見据えて取り組みたく、ふうじんさんの企画に乗らせていただきました。
今から2周がんばります。

ぷうか様、手応えが出てきた様で何よりです。
5週間で一冊回せれば、10月までに何周もできます。「Ⅳ」「財務」解き直しや実務での活用を織り交ぜていくと、「昨年の自分が何だったのか」位、財務会計力が向上します。
.
この先は自力で大丈夫ですね。また手応えや成果がありましたらぜひコメントお寄せください。

お世話さまです。モチベーション維持のために、イケカコ2周完了の報告をさせていただきます。はじめは用語のむずかしさや計算の複雑さにまいっていましたが、周回を重ねると、題意がわかるようになり、ずいぶんと、取組やすくなった感じがしています。 本番でもまずこれ以上難しくなったら誰もとけないわという程度がわかって、きたように思います。 あと本番まで100日程度となりましたが、そろそろ過去問をとりまぜ、Ⅰ~Ⅲの完成度を上げて、Ⅳで逃げ切りという体制つくりに本腰をいれていきます。

ぷうか様、イケカコ2周お疲れ様でした。
.
>Ⅰ~Ⅲの完成度を上げ、Ⅳで逃げ切り
→はい、その作戦で良いと思います。「Ⅳ」の不安が無くなると「Ⅰ~Ⅲ」に専念できるため、その効果は一石二鳥です。
.
当ブログはコメント大歓迎です。メモ帳代わりやモチベーション維持のため、どうぞお気軽にコメントくださいませ。

過去記事ですが、このイケカコ特集にのらせてもらって何とか2周完了させることができました。事例Ⅳの天井感を3月までに経験できてよかったです。去年一次初受験であと3科目残っていますが(経営、財務、法務)、ゴールデンウィークまでに2次合格水準に一回到達することを目標にしたいと思います。

トリックスターさん、コメントありがとうございます!10代目かわともと申します。先代に代わって返信させていただきます。
イケカコを2周されたのですね、すごいです!!心から尊敬します。私はイケカコが難しく、1周もできませんでした。。今年の1次の財務も2次の事例Ⅳも、これでバッチリ突破間違いなしですね。
トリックスターさんの合格を、心より応援しております!

ふうじん様、いつも利用させていただいております。
Lecture12 問題2に関してご教示願いたいことがございます。

問1では、Y3~10の現価係数を6.7327で計算していますが、問2のようにY3~10の現価係数を6.2248で計算しないのはなぜでしょうか。
(現価係数6.7327はY1~8のCF合計を現在価値に戻すための係数と思いました)

お忙しいと存じますが、何卒よろしくお願いいたします。

やまだ様
コメントいただきありがとうございます。
今回もふうじんに代わってksknがお答えさせていただきます。
CF計算の起点となる年をどこに考えるか、の違いかと思われます。
問1は「小工場を拡張すべきか否か」と問う問題で、2年度末時点における現在価値の期待値を計算していますから2年度末が起点となっています。
一方、問2はまさに今(0年度末時点とでもいいましょうか)を起点として、現在価値の期待値を計算しています。
ですので、同じY3~10という期間であっても、今に割引くためには現価係数6.2248が使われ、2年度末時点まで割引くためには現価係数6.7327が使われるというわけです。
少し分かりづらい説明ですが、ご理解いただけますでしょうか。

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

再現答案集はココ!↓

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版後編も発売開始です!



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX