企業診断」2月号が先週27日から全国有名書店で発売中。

連載企画第2回「スケジュールの立て方・時間の作り方」執筆は、今回私ふうじんが担当。基本的に予備校ノウハウの受け売りでありながら、ハカセの厳しい校正指導の下、オリジナル要素を加え2回の全面書き直しを経て書きあがった「わずかA4サイズ2枚の原稿」は最短合格へのスケジュール作りの一つの考え方として珠玉。

当「一発合格道場」は「完全無料ビジネスモデル」がウリ。

そこには「報酬」以外の「誘因」があるから

と言えば恰好はつくものの、

1円の経済的付加価値も産み出していない

ことに忸怩たる思いがあるのも事実。お時間あるときにぜひ書店で「企業診断」をお手に取って眺めてみてください。もし「ふぅん」と感じる点あれば、お財布にも手を伸ばしていただけると幸い。さらに「買ってやったぜcatface」 とブログに一言コメントつけていただけると、次月以降の連載が更にパワーアップすること確実。

chickchickchickchickchickchickchick

さて、宣伝はここまで。
昨年の受験生を恐怖に貶めた「経済学・経済政策」の受講を終えた今この時期。今日は、

「ストレート合格とは何か」を一度真剣に考えてみませんか?
 

■診断士試験学習のヤマは5月・7月・10月?■

当「一発合格道場」執筆陣が、「ストレート合格には先行逃げ切り有利」といくら叫ぼうが喚こうが、診断士受験スト本科生の大多数が5月・7月・10月に学習のピークを迎えてしまうのは、不動の事実。それは、

本試験が身近に迫った超直前期の方が、緊張感から学習効率が高まる

という点で一理あり。しかし「一夜漬けの知識がいかに役立たないものであるか」を、8月または10月下旬に思い知る結果を高確率で招くことにもなる。具体的にはこういうこと。

5月に起きること
7月に起きること
10月に起きること

「なぜそうなるか」は上記の記事から窺い知れるし、「ではどうするか」は盤石の布陣を敷いた2011年度道場執筆陣の記事に期待すればOK。
手短に一言だけいうなら、

最強の学習対策」である、受験校の1次対策カリキュラムを使いこなす

だけの話。では同じカリキュラムに従って学習した「5%のスト合格者」と「残り95%の不合格者」の、明暗を分ける違いとは何か?もしその違いが合理的に説明されるのであれば、合格体験ブログに毎日アクセスする甲斐もあるというもの。

Wackyによる  確固たる決意はありますか?
くれよんによる ちょっと差のつく事前準備

既にヒントはいくつも出現済。ちょいと付け加えるなら、上位5%組にとり、

5月・7月・10月は学習ピークでは全くない。

確かに、Wackyは自分のブログでこう指摘しているし、きょくしんに至っては本試験より前に合格体験記を執筆済(シナリオプランニング)。
 

■ストレート合格を「真剣に」考える■

さて本日の本題1つ目。
「経営」「財務」「運営」「経済」。この4科目を終えた時点で、H23年度「ストレート合格可能者」の選別は事実上終了。

手応えがあれば、1次高得点通過に向け残り3科目に備える

まだ暗中模索中なら、「まぁ今年は無理だろ」と割り切ってとにかく1次突破を念頭に置く(合格者を見ればわかるけど、「ストレート合格」が必ずしも優れた合格戦略ではない)。

で、今この時期は、「自分はストレート合格が可能か」に基づき、学習スケジュールを練り直す絶好機。ただし、そもそもなぜ皆「ストレート合格」を目指してしまうのか?を予め意識しておくと有利。

・診断士になれる
・優れた知人が増え、更に自己研鑽が可能
・学習コスト(金銭的・時間的・精神的)が割安
 
 

甘い。

診断士の独立開業率は30%未満(2005年調査)。資格などなくても独立して成功する人は成功するし、資格保有者を見渡しても「とびぬけて優秀な人」などごく稀で、「努力が実った普通の人」の方が圧倒的多数。そりゃ1年・短期で合格するに越したことはないけど、一発合格者の中には「もっとしっかり(2次対策の)学習をしてみたかった」という意見もないわけじゃない。

ではなぜ当「一発合格道場」の旧執筆陣が、ストレート合格指南のブログを書き続けたか。その一つの理由は、

実力がある人が合格するとは限らない(2次)試験であるが、
合格すれば、1年早くその先に踏み出すことができる

から。
くれよんが指摘した通り、受験1年目で合格する実力を備えていた「未合格者」に取り、翌年2次再受験までの1年=53週間という時間は、あまりに長すぎる
そう、一般に言われる合格に必要な標準学習時間は、

一次対策800時間 (=体系的な知識の引出し作り)
二次対策200時間 (=企業診断実務手順の吸収)

もっとも一次試験合格など、800時間使わなくても十分可能。しかし「合格が目標ではなく」、自分の将来のために必要な知識を体系的に積み上げる狙いならば、20時間×40週=800時間の一次対策学習は将来の自分への大きなプレゼントになる。
なぜなら1年1,000時間学習とは、「1日平均3時間学習を1年継続した」ということ。そこそこの見識を備えた人が診断士対策学習を1年間続けたならば、ビジネス上のあらゆる状況において、

相手が何を言っているか、大きく外さずに理解できる

状態を作ることが可能。(機会があればどこかでまた触れますが)ここ重要
 

■スト本科生の2次対策考(補足)■

・・といった感じで1次対策の仕上げは6~7月までに盤石に。では2次対策は200時間で足りるのか?

答えだけいうと、足りる(←合格する実力を備えるには)。

しかし2次筆記試験特有の合否の運不運に立ち向かうべく、解答品質を安定させる(=合格確率を高める。ブレをなくす)には時間が足りない

2010年旧執筆陣は、この「なぜ時間が足りないか」に気づくには至ったが、「ではどうするか」にの答えを出す前に時間切れ。それは「1年目受験時の2次合否が運不運次第である」ことに改めて気づいたのが、昨年12月の2次試験合格発表だったからだし、1次対策中での2次対策早期着手はその解決策ではなかったから。

とはいえ。
2011年新執筆陣が、旧世代を遥かに上回る好調な勢いでブログ連載を開始。彼らの凄い所は、スタート当初から「聞いた知識の受け売り」でなく、「自ら考えた持論」を論理的に展開している点。で、次に期待したいのは、今一度、

ストレート合格(の手段とメリット)とは何か、真剣に考えてみる。

その検討過程と結論を文章化して示すこと。それがこの「一発合格道場」が単なる受験応援ブログではなかった証であり、また次の新しい価値を生み出す第一歩になる。

<余談>
ハカセによる先日の「道場誕生秘話」は秀逸。なるほど、そんなこともあったのか。もっとも私の理解によると、当「一発合格道場」発足のきっかけは、
  ・JCが合格体験をブログで伝えてみたいと切り出し、
  ・ハカセがブログ運用ノウハウなら任せろと胸を叩き、
  ・ZonEがWeb技術を駆使してインフラ構築
だったと記憶。それに
  ・アックルの通信生としての経験談が加わって記事の厚みが増した。
のでしたよね?アイデアが次々に実現するから診断士の集まりは面白い。

 

■【予告】20%の真実~未合格体験記■

さて本日2つ目の本題。先日、きょくしんがこう言った。

合格体験記の鵜呑みは危険

けだし名言。合格者が体験談を話したり、体験記を書きたがるのは、

合格者とは、自らの体験を世に伝えその方法の実践者を増やすことで、自分の(学習方法の)正当性を主張したがるもの

だから。
大人気ないから普段は言わないけど、

モチベーションの維持が大切!
↑答練で高得点取り続ければ、そんなもの別にイラナイ。
■朝型学習をオススメします!
↑朝型学習に「時間確保」以外のメリットがあることに言及しなければ無意味。
■学習仲間をつくろう!
↑仲間との関係維持にはgive & take(互恵関係)が重要。であれば自らの力をまず磨く方が、結果的に仲間は増える。

申し訳ないけど、その辺に転がっている「合格者の感想文レベル」の情報など、一言で切り捨て可能。かつ、「世に存在するのは、客観的な事実と主観的な思惑の2つである」と仮定した場合、診断士受験対策における「合格者の主観的な感想文」の市場価値は既にほぼゼロ(というかマイナス)。それは

1年目受験の合否が運不運次第である以上、2次合格体験記をいくら読んでも「たまたま合格」以上に合格確率は高まらないから

でしたね。かつその情報は、2次筆記受験者のうちわずか20%未満の人からしか発信されない「20%の真実」でしかない。であれば「残り80%の未合格者の受験体験記」の中から「新しい真実」を探す方が、話が早いであろうことは想像に難くない。

但し、以下3つの理由により、未合格体験記の活用度は現状低レベル。

1. そもそも世の中での存在が稀
2. 「合格フラグ」がついた合格体験記と異なり、どのレベルの人が書いたかが不明
3. 公表・伝達手段がない。

であれば、当「一発合格道場」が出す答えは明快。世の中になければ自力で作る。今回、

合格確実な実力を持ちながら、H22年2次筆記未合格となった方3名

に「未合格体験記執筆を依頼し、来週2/6(日)に当ブログ上で一挙掲載予定。

来週まで待てばわかる話ですが、いずれも事前の想像を上回る衝撃的な事実を含む体験記。合格体験談からは得られない、「合格可能性の向上」の実現可能性を秘めた貴重な情報であるということだけ述べ、予告に代えさせていただきます。

byふうじん


コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

↓再現答案集はココ!↓
10代目再現答案一覧へ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

月別アーカイブ

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2020年度版(前編) 11月8日発売開始!



解法実況&事例研究
平成30年度事例Ⅰ~Ⅳ



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX