明鏡止水

意 味: 一点の曇りもない鏡や静止している水のように、よこしまな心がなく明るく澄みきった心境を指す。
用 例: ただただ一切の思慮を捨ててしまって妄想や邪念が、霊智をくもらすことのないようにしておくばかりだ。すなわちいわゆる明鏡止水のように、心を磨き澄ましておくばかりだ。
(勝海舟『氷川清話』)出典:四字熟語データバンク

本試験対策を順調に進めると、試験1週間前にはヤルこと無くなるのは1次も2次も同じ。そんな時は

2次:過去問与件の写経
1次:過去問5年分最後の論点別タテ解き

をやってみる。心身を鍛え上げた上で相手の話に耳を傾ける。すると相手が言いたいことが手に取る様に伝わり、不安や緊張がスッと体から抜ける。

なんだ、そんなコトか。

この試験の本質とは教わるものでなく、自分で仮説立証して初めて「本質」。すると後は自分の実力通りの答案を本試験会場に置いてくるだけ。

.
■なんだ、そんなコトか ~2次試験の全体像■

2次筆記の全体像とは、A4一枚に収まるほどシンプル。

2次筆記とは試験というより教育手段。だから恐れ敬うのでなく、心を開いて素直に学ぶ。何を学ぶかの全体像、そして【2次ストレート】シリーズの過去記事は以下の図一枚に全て含まれる。

 

(1)3人のロールモデル (3)AAAA合格説

ストレート合格への最短距離は、ゴールを知って逆算。短期合格者がどんな行動を取るか、どんな答案を書くかのゴールは外せない。

(2)6+5w学習計画 (5)80分間の解答プロセス

ゴールを目指す手段が、学習計画と解答プロセス。この試験は答案で差別化すると合格しにくいので、周囲に差をつけるならココ。

(4)コツコツとスラスラの差

実力に応じ大量点差がつくのが事例Ⅳ。コツコツ型ならヒトナミA答案、スラスラ型なら大量+30点リードを目指す。

ここで一旦まとめ。

・2次筆記では、どんな答案を目指すかのゴールが最重要。
・次いで前倒し学習計画で、解答プロセス確立/修正の時間を確保。
・解答プロセス仮説検証PDCAにより、コアスキルは後から上達。

この時、

解答スキルだけ先に上達すると、答案がブレて合格しにくい

ので注意。

.
■合格は目的でなく手段■

受験校の指導と合格者ブログの言い分の違いは何か?

受験校の2次対策が周囲より1点でも多い得点を目指すのに対し、当ブログではヒトナミ当り前の答案を作る安定性・再現性の高さが合否の差と指摘。

その差の理由は、合格が目的であるか、合格は手段であるかの違い。

合格が目的
(受験校2次対策)
合格は手段
(当ブログ指摘) 
位置づけ 選抜試験 教育手段
目標 プロセス志向 ゴール志向
受験テクニック 診断士たる実力
枝葉末節 試験の本質
姿勢 実力不足でも合格したい 合格実力は既に十分
解答プロセス 合格する方法
教わる・探す
不合格の回避
PDCA・工夫改善
答案 1点でも多く
行き当たりばったり可
ヒトナミ当り前
安定性+再現性

合格が目的
受験が長期化すると投入コストに見合うリターンとして「合格」が欲しい。従い周囲より1点でも多く得点するために、枝葉の受験テクニックを探し求め、合格実力UPを目指すのは止む無し。

合格は手段
2次の本質が診断実務手順の教育と気づくと、合格実力Aランク。そこで立ち止まらず、実務能力UPの手段として努力を続けると、(合格実力はもう十分だから)不合格リスクを下げる工夫が大事と気が付く。

ただし周囲と同じ答案を書くには、周囲ができることは100%当り前にできることが前提。従い2次対策前半6週では、最初から自分オリジナルの解法を目指すより、

受験校の指導内容を100%習得すること

 が目標として妥当。
.

■ファイナルメッセージ■

合格実力を備えれば、実力通りの答案さえ書けば未合格を回避可能。2次筆記に関わる情報は十分、今からやるコトも明確。

2次対策を今すぐ始めたくてウズウズしません?

でもあと1週間は1次過去問の解き直しで我慢。すると作問者の出題意図が手に取る様に伝わり、不安や緊張がスッと抜ける。2次で二匹目の泥鰌を狙うには、この1週間の過ごし方が大切。では最後のまとめ。

・1次も2次も、本試験1週間前はもうヤルコトない位がベスト。
・明鏡止水の境地に達すると、実力通りの答案書いて2次合格。
・2次筆記の全体像とは、A4一枚に収まるほどシンプル。
・合格は目的でなく手段。ただ結果的に合格すればどちらでもOK。
・試験1週間前にヤルコトなくすには、1ヶ月早いペースがベスト。

ではファイナルメッセージ。これは1次も2次もいつでも同じ。

Good Luck 

byふうじん



コメント & トラックバック

ふうじん様

いつもながら素晴らしい記事&考察をありがとうございます!

早く1次試験(経済・企経・運営)を突破して2次試験の勉強をしたい!
そんな気持ちになりました!

2次に関しては解答プロセス(テクニック)に意識が向かっていましたが、最近はその自分の意識に疑問符がついて来ています。

早く自分の手で事例を解いて、自分なりの2次を見出したいです^ ^

はい、今から2次対策が楽しみでウキウキしますね。
.
プロセス(テクニック)について補足しますと、解答の安定性・再現性のために自分なりの解答プロセスの確立が不可欠です。
.
一方、使い勝手の良い解答プロセスにするにはシンプルな方が良いので、世にある解答テクニックをあれこれ試し、「これイラネ」と捨てていくのが基本姿勢になるはずです。

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

毎回(ほぼ)即日満席の
道場一次対策セミナー
2017年4月29日開催予定!
申し込み方法は後日!

道場について

↓ 今、何位? ↓





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX