なんて難しい試験だと驚いたか、
この先の学習指針が見えたとニヤリとしたか。

この週末のT○C二次チェック模試の感想が、上記どれでもOKな理由は、

現時点での実力や点数は今年の合否に無関係

だから。ではなぜスト合格者が口をそろえて受験を勧めたかというと、

試験の全体像をつかむと、目指すゴールが決まる。
すると10月までにすることが明確になる

から。この試験、一次に限らず二次でもゴールからの逆算は超有効。
.

■二次ミシュラン■

さて、試験の全体像把握に役立つもう一つの手段が合格者ブログ。だが二次のやり方は人それぞれで玉石混交。そこで「二次ミシュラン」の出番。

【見方】
★★★ – 試す価値あり
★★☆ – やっても良い(やり方次第)
★☆☆ – やらなくて良い(その人次第)
☆☆☆ – どうでも良い

なお大量情報を整理するには体系化・目次化が有効。そこで「二次対策はとはこういうこと」という仮説を自分で作る。

<仮説の例:二次対策とはこういうこと>
二次試(目標①)で合格するには、安定A答案を4つ並べる解答プロセス(目標②)確立が不可欠。そこでゴールから逆算した学習計画(手段①)を作り、それから学習方針(手段②)を固める。また周囲の力を活(手段③)して、適宜軌道修正。

<自力で仮定:二次対策とはこういうこと>
.
.
.
.

こんなものかな?と納得したら、「二次ミシュラン」へGo!
.

□目標①試験□

Fotolia,いす,クラス,トレーニング,ビジネス,写真,学校,教室,教育,机,板書,黒板

★★★ 過去問 
<定義>最高の教科書、原典。見方を変えると企業診断の手順書。
→二次筆記は、企業診断の実務手順に沿って出題。これを繰り返し練習させ、診断手順を教え込むのが二次筆記の実施意図。

★★★ 過去問分析  
<定義>解答要求の理解に加え、与件文との対応を把握
→解答要求パターンを分類し、与件文との対応関係を分析。すると解答要求に沿った根拠を素早く探すクセが身に付く。

★★★ 事例のゴール  
<定義>最終的にどのような答案を目指すかの方向性
→答案作成テクニックを教わるのでなく、目指す合格答案のレベル感をまず決める。するとその作成方法はすぐ見つかる。

★★☆ 複数解釈トレーニング  
<定義>問題文だけ読み、ありえる解答候補を浮かべる訓練
→隙間時間でできる学習法。但し二次対策は繰り返し・暗記の勝負ではないので、大時間をしっかり確保する方が大事。

★☆☆ 素直で読みやすい答案  
<定義>採点者に考え込ませないよう、ありふれた記述にすること
→答案作成スタイルの一つ。根拠を抜書きしているだけに見せつつ、解答要素の絞り込みが求められる意外に高等なテクニック。

★☆☆ 他人並み当り前答案 
<定義>採点者がイラッとしないよう、余計なことを書かないこと
→答案作成スタイルの一つ。周囲がいかにも書きそうな答案にレベルを合わせることで失点を避ける、意外に高等なテクニック。

★☆☆ 答案を見せっこ  
<定義>事例演習直後に答案をコピーし、仲間内で相互採点
→受験校の事例演習は、自分の答案をコピーして解説講義に臨む。その時、周囲の答案と同時に見比べ、更に効果UP。

□目標②解答プロセス□

☆☆☆ ボクの80分間解答プロセス(手順詳細) 
<定義>要求解釈~解答記述までの具体的な手順メモ
→精度が高く安定した答案を作る為、手順を予め決めて思考によるブレを減らす。但し人それぞれなので真似も自慢も無意味。

☆☆☆ ボクの80分間解答プロセス(時間配分
<定義>要求解釈・解答方針作成・記述などの時間配分
→解答手順毎の予定上限時間を決め、手順のムダを削って処理する情報量を増やす。但し人それぞれなので真似も自慢も無意味。

☆☆☆ ボクの80分間解答プロセス(マーカーの使い方
<定義>解答手順メモのうち、与件文の読み方に特化したもの
→ボクオリジナルの与件文の読み方自慢。二次筆記は解答時間を削る競争であって、表面的なやり方を真似することに意味はない。

★☆☆ 書き方コンクール 
<定義>書き方の工夫で周囲に点差をつけようとする行動
→二次対策に一年間は長すぎるので、上級生は書き方比べっこで時間つぶし。初学者はそっちでなく、読解力と解答速度で勝負。

★☆☆ 解答の一貫性 
<定義>設問毎の解答の矛盾を避け、減点を避ける考え方
→答案作成方針の一つ。しかしわざわざ意識せずとも、解答要求に沿えば答えが一貫するのは当り前なので意味不明。

★☆☆ 最後まであきらめない 
<定義>試験中もうダメだ・・と思っても、最後まで何か書く
→二次本試験ではもうダメ・・と絶望する瞬間が来る。周囲も同じだからそこであきらめない。でもそうならないよう準備する方が大事。

☆☆☆ 二次で学んだことが実務補習で役立ちました! 
<定義>3月頃に合格者ブログでよく見かける記事
→二次筆記の設置意図は企業診断手順の教育だから当り前。それに気づかずに合格できるというレベル感を示す貴重な証拠。

□手段①学習計画□

★★☆ 二次対策スタートダッシュ
<定義>一次終了後すぐに二次対策開始せよとの助言
→初学者は試験直前に実力急伸。従い一次直後の1~2週間が大事とする助言(というか反省)。本当にスタートダッシュした人は少数なので慌てない。

☆☆☆ 今からできる二次対策  
<定義>スタートダッシュの仲間。あの時やっとくんだったという後悔談
→言ってる本人は大真面目だがこれは賛否両論。一次対策で二次対策を兼ねるならOK。一次対策をおろそかに二次対策に手を出すのは本末転倒。

★☆☆ 72事例 
<定義>一般的に初学者が入手できる事例数の上限
→数年前の初学者は、事例を解き倒して解答手順の精度を上げるのが主流。近年は事例の抽象度が上がり、より少ない事例数で勝負可能。

★★☆ チェック模試 
<定義>GWに行われるTACの公開模試
→主な参加者はT○C上級生と一部の初学者。初学者がこれを受けると後で自分の実力向上が実感でき、安定した答案作りに役立つ。

★★☆ 二次公開模試  
<定義>8月下旬に行われるTACの公開模試
→上位100人中50人位が合格と言われ、自分の立ち位置が把握可能。事例の年間最優秀作が使われ、模範解答の突き抜けっぷりは年間No.1。

★★☆ 2次オプションゼミ
<定義>9月下旬に行われるTACの公開模試
→本試験前最後の事例演習。別売り有料のため本番母集団に最も近く、受験生の気合が入る「本当の模試」。但し採点しているのはアルバイト。

★★★ セルフ模試 
<定義>数名集まり、同じ事例を解いて相互採点
→本試験直前に、本番同様の実力で予行演習、答案相互採点をする効果は絶大。1回より2回、3回と繰り返してPDCA効果UP。有料模試より有効。
 .

□手段②学習方針□

ターゲット,ビジネス,マーケティング,人,写真,女,女性,女性実業家,実業家,弓,標的,比喩,的,目標,矢

★★★ PDCA(仮説思考)  
<定義>自分なりの合格仮説を作り、試行錯誤で検証すること
→短期合格者は皆「PDCAが大事」と口を揃える。PDCAとは「自分なりの合格仮説を作ってみること」と気づけば、合格実力到達は時間の問題。

★★★ 春秋要約 
<定義>書くことを意識し、読解力や知識を深める訓練
→「読む」「考える」「書く」がバランス良く備わる。通常は最終パラグラフが要約の答えになるため、要約行為そのものより、「書く」ことを想定して文章を読むクセを付けることが大事。初学者にも必要か否かは未解明。

★☆☆ ボクの場合は・・、
<定義>ブログで頻出。自分の学習行動を振り返り、良かった点を探すこと
→合格ブログを書くと自分の成功要因が明確になり、つい他人に自慢。でもボクオリジナルを自慢するより、周囲を良く見て更に成長する方が大事

★☆☆ オススメします  
<定義>ブログで頻出。親切なフリをして、自分のやり方を押し付けること
→この試験は自分で考えたからこそ合格するのに、合格するとそのやり方を他人に押し付けたがるのは不思議。読み飛ばしフラグ。

★★☆ 財務はコツコツ 
<定義>小時間でも毎日繰り返すことで、解法を覚える学習法
→「財務」対策は小時間多頻度での解法暗記が有効。ただしコツコツのつもりでダラダラやると、本試験の速度感に太刀打ちできない。

★★★  気付きメモ 
<定義>2次講義中はとにかくメモを取り、後で整理して理解
→人間の思考能力には限界があり、講師の解説全てを一度には理解できない。だから言われたことはメモして後で整理と理解。この理解力が実力差。
.

□手段③周囲の活用□

★☆☆  合格者セミナー 
<定義>合格者グループによる受験生向け講習会
→使い方次第で毒にも薬にも。貴重な情報源であると同時に、合格者に囲まれ安易に情報入手しつい合格気分になると、本試験で筆が滑って不合格。

★★☆ グループ学習(勉強会) 
<定義>受験生同士での意見交換・情報交換活動
→使い方次第で毒にも薬にも。正しいグループ学習では互いに刺激し、合格者続出。一つ間違うと、勉強したつもり・集団思考になり共倒れで全滅。

★☆☆ 学習仲間に助けられました  
<定義>他人に依存して合格するタイプの人の体験談
→2年目以降の二次対策とは、どうやって一年時間をつぶすかの勝負。仲間内で励ましたり、上手な人の答案を真似して合格というのは本当。

☆☆☆ 合格しやすい人  
<定義>合格者に共通する思考特性や行動特性
→良く見かけるが無意味。この試験は合格実力者の3人に2人が不合格。だから不合格理由を探してつぶすのが上策。
.

■今日のまとめ■

この記事では、巷に溢れる二次対策情報を☆☆☆~★★★まで優先順位付け。すると世にある二次対策のうち本当に必要なもの(★★★)はごく一部。そこで巷に二次情報が溢れる理由を仮定すると、この試験では、

一年で二次合格実力に達することは容易な一方、
合格実力を維持しつつ一年時間をつぶすことは至難

であるから。だから (時間つぶしには付き合わず)ハイレベルな一次対策を進め、一年たまたまで二次突破せよ、というのが筆者の主張。ではまとめ。

・二次チェック模試を受けたら、10月ゴールをイメージし逆算。
・二次対策情報は数多いため、何の話なのか予め体系化しておく。
・過去問分析を通じ、どのような答案を作るかの方針作りが最重要。
・解答プロセスは自力で作る。過去合格者の自慢話は参考程度。
・二次対策は学習計画を先に決める。すると後から内容が固まる。

byふうじん


コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

↓再現答案集はココ!↓
10代目再現答案一覧へ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント&電子書籍『一発合格』

【new】一発合格道場
夏セミナー2019

東京:8月10日(土)
大阪:8月11日(日)
名古屋:8月24日(土)

時間・場所は
後日告知いたします。
ぜひご予定ください!

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版後編も発売開始です!



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX