こんにちは、ふうじんです。
今日はOutput学習3連発シリーズ2回目、今が旬の財務・会計対策

Output学習1 今すぐ解ける過去問5年分
Output学習2 財務・会計計算問題集を3回転 ←今日はここ
Output学習3 チャート作成で知識をラクラク体系化

結論から言うと、1月末までにT○C 財務・会計計算問題集 (非売品。詳細) を最低3回解き終えてみませんか?というOutput学習のご提案

1回転目 (~12月上旬)
基本講義の復習と同時に、学習範囲を全問解く
 
2回転目 (~12月末)
疑問点をメモしながら解き、講師に質問
 
3回転目 (~1月末)
各論点の出題意図や体系・つながりを考えながら解く

※用語の定義~回転式学習
同じテキストや問題集を一通り2周・3周・・と繰り返し解いていく学習法。回転を重ねることで一般に、
・理解できた点の記憶定着
・理解不明な点を段階的に絞り、質問等を通じて不明点解決
する効果があり、かつ徐々に解く速度を速める「早解き効果」があることから、暗記型・計算型学習それぞれに有効とされる。

回転式学習についてはハカセのこの記事もご参考に。
 

■財務・会計のOutput学習法■

知識試験である1次7科目を全て暗記で乗り切るのは現実的に不可能。よって1次試験の合否の差を分ける最大要因は、講義受講後→答練・模試までの間のOutput学習の質・量である、というのが先日の記事こちらの記事の主張。しかし、

財務・会計におけるOutput学習が、他の科目と何やら様相が異なる

・・ことに、もう薄々気づかれたはず。

主に理解or暗記で対応する他科目と異なり、「知識(解法)に基づいて計算」する手順が必要。つまり「財務・会計」は「理解」より「手を動かす」ことが先。財務・会計対策の近道はとにかく問題を解きまくり、答練・模試を通じて自分の弱点をつぶして得点力を高めて行くこと。JCもそう言ってます

話を単純化するため、いったんアカウンティング(会計=簿記検定の学習範囲)に絞って話を進めます。簿記学習は範囲こそ一定であれ結構奥が深いから、いちいち理解しようとしていたら時間がいくらあっても足りない。そこで出てくるのが巷で良く聞く

習うより慣れろ
財務・会計は毎日コツコツ

というキャッチフレーズ。
これって間違いではないけど、確実に誤解を生む(→その悲劇は毎年2次試験事例IV終了時に訪れる)から、合格者の感想文レベルならともかく、受験校の講師の方にはそろそろ卒業していただきたい

え、そんなこと言っていいの・・?
ではその根拠を以下の「診断士に求められる会計的知識」の切り口で検証してみましょう。
 

■診断士に求められる会計的知識■

ではいつもの通り、診断士学習を優位に進める「ゴールからの逆算」手法で検証スタート。そもそも経営コンサルタントの資格である中小企業診断士に、なぜ財務・会計や簿記知識の学習が必要か。詳細は受験校等のパンフレットに譲るとして、実務的にはその理由は2次事例IVの出題趣旨によれば、

経営分析:財務諸表を通じ企業の長所・短所を指摘できる
意思決定会計:経営上の意思決定に対し数値面から助言ができる
ファイナンス:資金調達・運用について最低限の助言ができる

というわずか3点に集約。しかし1次「財務・会計」対策では貸方・借方、仕訳に始まり、「なぜこんなことしなきゃいけないの?」と思うような所も学習範囲。その理由は2つ。

理由①(試験対策上):計算過程選びを含め、正解を自力で導くことが必要
理由②(実務上):経営管理・分析上の助言をするには、財務諸表の作成プロセスの理解が必要

だから。日商簿記だとわかりづらいので、同じ商工会議所のBATIC(Bookkeeping and Accounting Test for International Communication)による格付けを使うと、

といった感じ。つまり、

診断士に求められる会計知識レベル=財務諸表を通じた管理・分析(Manager以上に相当)

に達するということは、同時に

財務諸表の作成プロセス(Accountant(会計担当者)に相当)に対し、助言・指導・誤りの指摘ができるレベル

もクリアする必要がある。
Accountant=簿記2級レベルと考えた場合、簿記2級の標準学習時間は200時間。一方診断士の基本講義時での「財務・会計」学習時間目安は6週×20時間=120時間が精一杯。
120時間の学習で、200時間学習した会計担当者より幅広い知識をカバーする、と考えれば、この学習が容易でないことは明らか。

結論として、診断士受験生は、簿記2級受験生と比べ極めて限られた時間の中で、効率よく出題論点を見極めつつ、確実に同等以上の知識と解答能力を体得する必要がある、ということ。そしてそれには「習うより慣れろ」「毎日コツコツ」という言葉じゃ舌足らずじゃないの?という疑問が呈せる。
 

■財務・会計学習~養成答練でベストを尽くす■

話を最初に戻します。上記の指摘は、診断士受験対策上、財務・会計に限り「合格者の学習方法を真似る」ことは危険ということ。もともと診断士受験生には、初学者や簿記学習経験者、果ては公認会計士資格保有者までピンキリ。スタートラインが人により違うのだから、よほど自分と同レベルの合格者でない限り、体験談は役に立たない。まぁ恥ずかしいから財務会計の学習体験談はみんな書きたがらないのが普通だけど。

ただし、学習スタイル=人それぞれ、ということは、方法論(学習スタイル)ではなく結果論(答練点数)を見ることなら意味がありそう。つまりどんな方法であれ、高い点数を取る学習方法がその人にとってのベスト、という考え方。

そこが今日のOutput学習の話の出番。12月上旬の「財務・会計」養成答練に向けた6週間の学習、

今ここで自分のベストを尽くしてみてはいかがでしょう?

「上位5%、80点」ではちょっとキツいので、目安として「上位20%、70点」。講義受講・トレーニング・計算問題集・過去問・スピ問を一通りこなして(=120時間学習)答練に臨めば70点は必ず可能。

・70点を超えれば、自分の学習方法は正しかったと思って良い。
・ベストを尽くして70点未満なら、学習方法を見直す。
・ベストを尽くさずに答練に臨むのは、論外。
  ↑わかりやすく言い換えると、事実上ストレート合格の放棄

 
■診断士受験のメリット ~パタ解きと体系的理解■

でも安心。上記の話を聞き焦ったり不安を感じる必要は全くなし。診断士受験を通じ簿記2級程度の知識は確実に体得可能。かつ「経営の視点から財務諸表を眺める」スキルは、仮に診断士資格を取得できなくても、今後のビジネス実務上必ず有利に働く。

現在「資格ブーム」と言われていますが、日商簿記と診断士の受験者数は以下の通り格段の差がある。

なぜ簿記検定が人気があるか?
一言でいえば、手軽で役に立つから。

簿記学習とは「記帳のルールを学ぶこと」。一度モノにすれば生涯役に立つ。しかも原則頭を使わず、いわゆる「パタ解き」で合格可能。しかし診断士学習は「パタ解き」を超え、「体系的に理解する」レベルでの思考が身に付く(そうしないと合格点が取れない)。これは簿記学習より後々非常に優位。

 

■ひとこと■

ここまで長文にお目通しいただきありがとうございます。ではついでに一点苦言を呈しておきます(笑)。8月の段階で 簿記2級学習が有利 と書きましたが、暦が11月となった今、残念ながら診断士受験と並行して今から簿記2級を学習する時間の余裕はありません(※3級なら・・)。

診断士受験生の多くは、診断士試験が不合格になってから簿記2級学習を始める。別に自分の資格学習だから他人にとやかく言われる必要はないけど、これって効率の点でいえば順番が逆。(時間があれば後日詳しく書きますが、簿記2級知識が役に立つのは1次対策まで。2次対策としてはほぼ無意味)

簿記2級学習者は有利。「毎日コツコツ」のレベルを既に卒業し、今から戦略的に財務会計の重要論点をつぶしていけるから。

簿記未習者はその点で不利な立ち位置からスタート。しかしこれからの努力次第でストレート合格まで挽回することは十分可能。

はっきりしているのは1点。診断士試験は最後は競争試験。他人が気づかないこと・やらないことへのいち早い着手は、確実に優位性を高めます。

byふうじん



トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

経験者としてコメント致します。
財務・会計計算問題集を養成答練までに難易度Aしかやらず後悔しました(余裕があったのに甘かったです)。余裕のない方は養成答練時点だとこの程度で良いですが、どちらにせよGW前までに自力で9割以上出来ることが合格には最低限必要と感じました。

naoki-yさん、貴重な経験談ありがとうございます。
仰るとおり、いつまでに・何を・どの程度のレベルで達成しておくべきか。この辺りの最新情報が大変重要ですね。引き続きコメントよろしくお願いしますっ!

Comment feed

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

次回は口述対策セミナーです。
詳細発表まで今しばらくお待ちください。


夏セミナー@東京&大阪

東京セミナーレポートはこちら
大阪セミナーレポートはこちら

—————

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX