<Bランクの悩み>
周囲のAランク答案とは当たり前のことしか書いてない。
でもなぜ自分にはその「当たり前のこと」が書けないのか。

おはようございます、ふうじんです。2次解答手順を3つにモジュール化し、その失敗原因を探ってAランク入り(開眼)を目指すこのシリーズ、最終3回目の検討対象は「書く」。

サッと読み、スッと考え、パパッと書く。

この逸話、数年前の受講生がこの講師↑に「2次解答手順の極意とは?」と尋ね、返ってきた助言(無断引用)。神業的なこの域に到達する必要なんてないけど、

一般的に「記述力で差別化して合格」と思われがちな2次筆記が
実は「いかに差別化しないかを問う試験でもある」と気づくと

この先いろいろ有利。だってこの試験、

①他人が書ける内容を当たり前に書くと合格答案になる一方、
②差別化や追加点を狙って余計なコト書くと不合格答案になる

傾向が顕著だから。

 

■本題:「書く」モジュールでの悩みパターンと対策■

では前置きはそこそこに、さっそく本題。「書く」モジュールでの受験生の悩みを学習進捗度順に大別すると以下3点。

①解答内容:何を書けば良いのかわからない
②解答構成:どう書けば良いのかわららない
③伝わる答案:わかって書いているのに加点されない

①についての答えは明確。聞かれたことに答える
②についての答えも明確。解答要求・配点・制限字数に応じ、根拠を因果でつないで並べる

①②の原因・対策は共通
原因:書きながら考えている。読む・考える⇔書く の分離不十分。
対策:書きながら考えない。つまり「何を」「どう」書くかは、「書く」モジュールでなく「読む」「考える」モジュールで決着。厳しいこと言うと、「何を書くか」「どう書くか」を書く技術や記述力の問題と考えているうちは、いつまでたってもBランク

※誤解ないよう補足。上記説明は、「全ての解答を用意してから書き始めよ」という意味じゃない。そもそも事例本試験が「全問正解できる量で出題」される訳がないから、きっちり得点⇔捨て問の判断能力は不可欠。

①②については以上。で、③わかっているのに加点されない ことが2次筆記対策上の大きなカベ。ここは解答制限字数別に悩みをチェック。

悩み「20字タイプ」:書きたいことが制限字数に収まらない。
原因:取捨選択能力または言い換え語彙不足
対策:複数根拠をグルーピングワードで適切に言い換え(←受験校で指導されたはず)。ただ事例Ⅱに多いこの出題パターン、ここは満点が当たり前、他人と差別化する個所ではない。やりすぎ注意。

悩み「60~80字タイプ」:正解わかってるのに点数が伸びない。
原因:余計なことを書いている(例:書き出し冒頭のマス目空転)。また字数節約のために用語を勝手に言い換えて加点されない
対策:60~80字→3センテンス、と一旦割り切る。すると解答構成要素が自動的に決まり(例:現状+原因分析+期待効果)、余計な根拠記述を省略可能。その結果、読みやすく加点されやすい答案になる。

悩み「100字以上タイプ」:何を・どう書いたら良いかわからない
原因:「読む」「考える」が不十分。
対策:易しい~通常レベル出題なら、いくら文字数多くても前述の「読む」「考える」モジュール手順改善で手堅く解決。で、難問タイプは、パパッと書く(※いつか機会あれば後述。簡単に言うと、それらしい構成要素を用意し、根拠を適当に放り込んでつなぐ)

.

■おまけ1:「書く」モジュール手順ひな形■

2次筆記の解答手順とは、(過去に述べた通り)「読む」「考える」を同時進行させ時間短縮することが争点。つまり自分なりの工夫=「人それぞれ」が基本。よって他人の模倣は無駄どころか逆効果。

とはいえ、ひな形を以下に簡潔に示す。また「ココ足りない」「ココおかしい」「オレの手順の方がずっと良い」改善意見は大歓迎。

 

図を読めばわかるから詳細説明省略。あえて申し添えると以下3点。

①解答順・構成要素決定は、「読む」「考える」モジュールで済ませる。
②「書く」モジュールでは、当たり前の根拠を当たり前に並べる
③冒頭書き出し・文中因果・文末締め等にこっそり加点要素がある。

あくまで一例だけど、次章で述べる「差別化せずにこっそり加点答案」とは、実は容易に作成可能。

■おまけ2: 競争試験の勝ち抜け方■

ここで事例からやや離れ、講師から教わった競争試験の勝ち抜けイメージを紹介。競争試験の合格イメージとは、一般に

周囲ができる所をソツなく得点し、
周囲ができない所でコッソリ得点する

になる(受け売り)。さてここで、10月の2次本試験でしばし起きる悲劇の原因とは、

周囲もできる所で、差別化してコッソリ得点しようとする

こと。ちょっと意味深?

.

■おまけ3: Aランクドリル~「書く」の3大NGルール■

怪しげな謎かけの後は、口直しに具体策。上級生(2次本科生)には豊富な事例演習数が用意されているから、毎回達成テーマを設けて事例演習に臨む方が多数派。

さてこの時どこか1回で良いので、

Aランクドリル~「書く」の3大NGルール
①与件にないことは書かない
②勝手な言い換えをしない
③書き始めたら(書きながら)考えない

を試してみてはいかがでしょう?要は「与件の根拠を使って素直に書く」ことに過ぎないけど。でもそう教わるより少しだけ具体的かつ結果を想像しやすい。そういえばこの試験、

こうしましょうと教わるより
これやらない方が良いと自分で自分を律する

方が実力の伸びが早い。

.

■今日のまとめ■

・2次は記述力を問い、同時にいかに余計なコト書かないかも問う。
・「書けない」と悩む前に、「読む」「考える」をしっかり準備。
・書く手順を教わる前に、自分の失点原因の分類・反省が不可欠。
・書く手順自体は、当たり前のことを当たり前に並べればOK。

ということで、3週間問いかけ続けた「当たり前のA答案をなぜ自分が書けないか?」の解答例はこちら↓。

Aランク答案とは、当り前のことが書いてあるだけでなく、
余計なコトが書いてない答案

byふうじん


コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

↓再現答案集はココ!↓
10代目再現答案一覧へ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

月別アーカイブ

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2020年度版(前編) 11月8日発売開始!



解法実況&事例研究
平成30年度事例Ⅰ~Ⅳ



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

執筆メンバー

 ・ かわとも
 ・ たっつー
 ・ なおさん
 ・ ブブ
 ・ makino
 ・ いよっち
 ・ ちこまる(仮)
 ・ どいこう
 ・ kskn
 ・ ぐっち
 ・ かもよ
 ・ そーや

 ・ きゃっしい
 ・ よこよこ
 ・ きゃず
 ・ zenzen
 ・ ヒロちゃん
 ・ ゆう
 ・ へんりー
 ・ たかじん
 ・ 桃ちゃん
 ・ chika
 ・ だいまつ

 ・ 世界の畠ちゃん
 ・ ゆっこ
 ・ たっしー
 ・ ITO
 ・ たけぴょん
 ・ TOM
 ・ なが
 ・ その
 ・ ルナ
 ・ ロック
 ・ ますけん

 ・かおりん
 ・たきも
 ・とり
 ・フェイマオ
 ・
 ・ 細川泰志
 ・ nori
 ・ こば

 ・岡崎教行
 ・おはとも
 ・うみの
 ・おと
 ・きり
 ・紫雲和尚
 ・なご
 ・ぽらーの
 ・まる
 ・Nico
 ・mya
 ・tomo
 ・Xレイ

 ・butao
 ・u-ta
 ・フォルゴーレ
 ・Oz
 ・まさや~ん
 ・ハーン
 ・オーケー
 ・U2
 ・3215
 ・マイマイ

 ・katsu
 ・イラサム
 ・マイスター
 ・お薬ハック
 ・平平
 ・せんせい
 ・まっすー
 ・まっきー
 ・ひろいん
 ・はんた

 ・うちあーの
 ・コニケン
 ・ひめ
 ・こぐま
 ・を〜
 ・アンドロメダ

 ・Wacky
 ・きょくしん
 ・aki
 ・くれよん
 ・らいじん

 ・JC
 ・ふうじん
 ・ハカセ
 ・ZonE
 ・アックル
 ・WATATA

FX比較

サルでもわかるFX