こんにちは。ハカセ です。今回の運営管理特集。「店舗管理」の第一弾「用語を攻略せよ」に続く第二弾です。

2. 計算問題を確実にクリアする!

もう一つ、店舗管理(前半部分)で忘れてならないのは、計算問題です。運営管理を久しぶりにやってみる方、「そうだ、そんなのがあった・・・」とふにゃふにゃしてしまいませんでしたか? (^_^;)  ボクもそうでした。そこで、簡単な覚え方。いや、「頭に残る覚え方」。

2-1 GMROI と 交叉比率

GMROIは、計算方法さえ覚えれば簡単ですよね。

 

これ以外の数式は暗記する必要ありません。テキストには、やれ「在庫投資回転率」だとか「値入率」とか書いてありますが、それらは全てここから計算していけばわかるもの。それらを全部暗記するぐらいなら、別記事に書いたように新しい用語を一つでも多く覚えましょう。

ただし、GMROIや交差比率を引き上げる方策「理屈で」覚えておいた方がいいです。

GMROIを上昇させるには:

<分子を増やす>
粗利を上昇させる = 粗利率を上昇させる

<分母を減らす>
・ 仕入れ単価を下げる or 利幅の多い商品を増やす = 値入率を上昇させる
・ 在庫量を少なくする = 商品回転率を上昇させる

ただし! 売上を上昇させることは、必ずしも GMROI 上昇につながりません。それは、下記の分解が物語ってますよね。

もう一つ。覚えておいて損がないのが、どんなとき GMORI を使って、どんなとき 交差比率を使うか、です。

GMROI は、「いかに少ない仕入、いかに少ない在庫で、いかに多くの利益を出すか」に焦点があります。皆さんが行くファッションショップ。無限の商品陳列台があるわけではないですよね。その限られたスペースに、いかに儲かる商品を取り揃えるか、仕入れ担当者の腕の見せどころを示す指標が GMROI ということになります。仕入担当者だから、当然「仕入値」、すなわち「原価」で見てますよね

GMORI ⇒ 仕入担当者 ⇒ 原価で計算 (GMROI だから GENKA) ということになります。

一方、いかに儲かる商品を陳列するかは、販売担当者の腕の見せ所でもあります。その指標が交差比率。販売担当者だから、値札の価格しか知りませんよね。

交差比率 ⇒ 販売担当者 ⇒ 売価 で計算 (販だから価)です。

 

2-2.在庫高予算

在庫高予算も、かなり難しく覚えている方が多いようです。

まずは基準在庫法。TACのテキストにはこう↓書いてあります。

しかし、こう↓覚えた方が百倍覚えやすい

そう。入れ替えただけです。すなわち:

  • 基準在庫高は、基本的に「年間在庫高」と同じである。
  • ただし、月々の売上見込みによって若干微調整する。
  • 月平均売上高予算より多い(少ない)月は、その絶対額の差の分、多め(少なめ)に在庫する

ということです。やや邪道なのは承知していますが、コッチの方がすっきり覚えられるはず。

「基準在庫法」は、「絶対額」で微調整を行いました。すなわち、「普段より100円多めに売れる月なら、100円分多く在庫を持とう」という発想です。

この微調整に「絶対額」ではなく「割合」を使ったもの、すなわち、「普段より10%多めに売れる月だから、まぁその半分ぐらい、5%ぐらい多めに在庫を持ちますかね」ってのが「百分率変異法」です。つまり、こういうこと↓です。

これで、GMROI、交差比率、在庫高予算 はバッチリですね!!!

by ハカセ

(本日は2記事投稿。第一弾「店舗管理の用語を攻略せよ」もご覧下さい!)



トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

いつもわかりやすい解説ありがとうございます。

在庫予算、確かにややこしいですよね。
特に百分率変異法。講義受けたときに式はおぼえたものの、なんでそうなるのかがわかんなくて、気持ちが悪かったです。

で、いろいろと式をいじくっているうちに、こんなコトがわかりました。

在庫高=年間平均在庫高×1/2×(1+当月売上予算/月平均売上予算)

この1/2以下の部分、「まぁ半分」となる部分ですがもうちょっと式を分解して

()内が
(月平均売上予算+当月売上予算)/月平均売上予算

これに1/2をかけているので元の式の1/2以下は

(月平均売上予算+当月売上予算)/(月平均売上予算×2)
=(月平均売上予算+当月売上予算)/(月平均売上予算+月平均売上予算)
=(月平均売上予算+当月売上予算)/2ヶ月分の平均売上予算

となりますね。
この式から、もともとの意味は

平均売上予算と今月の売上予算を足して、そのままだと2ヶ月分なので2ヶ月分の平均売上予算で割ってやる。
その比率を、もともとの平均在庫にかける。

こんな解釈になるのかな、と思います。
それを計算すると、「予算が10%増なら在庫を5%ふやしとこう」となるのかな、と。

百分率変異法なんて難しい名前がついてますが、元々は意外と簡単なルールで決めたんじゃないかなぁと思います。

きょんさん。いつもご覧いただきありがとうございます!うんうん、なるほど。そういう考え方もあるかもしれません。要は、「数式をそのまま覚えようとするとナカナカ覚えられない」ので、「試行錯誤して理解する」ことが大事だと思います。これは、経済的発注量の数式にも当てはまりますよね。もちろん、全部が全部、理論で覚えるのは無理があります。覚えやすい公式はそのまま「丸暗記」。そうでないもの(=理解で展開できるもの=理解で展開できないとひねった問題が解けないもの)は、しっかり理解でも抑える、ということが重要だと思います。要は、「楽な道はない」「楽をしようとすれば落とし穴がある」ってことですね。どこまでストイックに勉強に取り組むことができるか、が分かれ目になると思います。その調子で頑張ってください!

正に眼から鱗が落ちたよう!

この時期にやってはいけないと思いつつ、テキストに戻ったけれど、何がなにやら分からない説明だった「在庫高予算」。これで諦めるのは気持ち悪いな~と思いつつ、道場の過去記事をチェックしたところ、ありました!本当に分かりやすい説明でした。

本年度出る可能性低そうですが「気持ち悪さ」が解消できたので、これで気持ち良く、より優先度の高い論点の復習に集中したいと思います!!

ばんちょうさん、お久しぶりです。古い記事にまで目を通して頂き、ありがとうございます! 参考になれば書いたかいがあるというものです。そう、一番大事なのは、そうやって「リスク」を一つずつ減らしていくことですよね。その調子で頑張ってください!

Comment feed

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

 

夏セミナー@大阪

詳細はこちらから♪

東京セミナーレポートはこちら

—————

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓


↓事例Ⅳ対策本↓


Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX