凸凹だった知識を平らにする効果があったrvcar

 
これは当一発合格道場の有力執筆者H氏が、この動画のインタビューで「診断士試験学習の成果は何でしたか?」と問われてサラリと答えた名言。うん、ここまで言ってのけるのは非凡なセンス。例えば視覚的にイメージするとこんな感じでしょうか?

 

おっと申し遅れました、ふうじんです。本日10月2日(日)は、【2012年合格目標】T○Cストレート本科生講座の最も標準的な受講開始日。1日2コマ初受講の感想はいかがでしたでしょうか?

では今後の学習を堅実かつ効率的に進めるため、今日は知識試験の学習の進め方のコツをささっと眺めてみましょう。
 

■7つの柱に水を入れる作業■

診断士1次は100点×7科目。先ほどの棒グラフが示す通り、

1次本試験日までに、7本の柱に知識の水を満たせば勝ち

と考えるとイメージしやすいですね。しかしこの「7本の柱」にはそれぞれ個性があり、間口の広いもの・奥が深いもの・ちょっとひねくれものなど多種多様。

かつ7科目の知識全てを網羅することは非効率。よって「3本柱がまず重要で」「その後に残り4科目に取り組めば良いのか」といったように予め自分なりのイメージを描いておくと、後々有利になります。

 

そして中小企業診断協会HPから中小企業診断士第1次試験案内(PDF)をダウンロードして、先ほどの「1次=知識試験」の前提をこの場で今すぐ確認しておきましょう。

繰り返しですが、ただ7科目の知識をやたらに持てば良いのではなく、「主要な3本柱+αの4科目」のメリハリが後で大切になってきます。例えば、1次本試験の直前対策を紹介すると以下の通り。

【経済】出題可能性Bの論点総まとめ!
【財務】初日2科目目を意識して
【経営】相手を知る
【運営】最終チェック
【法務】最終チェック&応援メッセージ 
【情報】あと4点を取る直前駆け込み情報!
【中小】最後は愚直に

正直、訳わかんなくね?と思ったはず。しかし受験校カリキュラムに沿い診断士対策を1年続けると、当初難しいと感じた内容が他人に説明できるくらい、手に取るように理解可能な知識が身に付きます。これが診断士対策講座の受講メリットですね。
 

■1次試験突破の分け目■

ところで、同じ時期・同じカリキュラム・同じ費用で1年間講義を受けたのに、受験生間の合否明暗が分かれる理由に興味がありませんか?もちろん実際の理由は種々ありますが、まず、

①診断士試験とは、その人の才能・能力を測るのが目的ではなく、
②試験対策を通じ知識や手順を学ばせることが狙い。(←ココ大事)
③よって才能・頭の良し悪しと診断士試験合否の相関性は低い

と仮定しましょう。そしてその前提で合否の分け目を挙げるなら以下3点。

1. スタート位置が違う
2. 知識試験突破にはコツがある
3. 目的意識が違う

では以下に、合否に関わる実力差が開く理由を検証しましょう。
 

■(分け目1)スタート位置の違い~財務・運営・経済■

まず結論から。

知識の3本柱 =経営・財務・運営である一方、
合否分け目の3科目=財務・運営・経済です。

知識試験学習においては、一般に以下のことが知られています。

自分が既に知っている知識の学習 →早く・楽しい
自分が知らない知識の学習  →つらく・厳しい

「経営」における経営戦略・マーケティングや「運営」における店舗管理は、馴染みやすく学習しやすい科目(=その分点差が開きません)。

一方、「財務会計」・「運営」における生産管理・「経済」は受講生が事前に持っている知識量に差がある(=スタートラインが異なる)ため、苦手意識によって周囲と差が開き、かつ学習につまずきやすい科目です

診断士1次対策講義は7科目あり、かつ余裕時間なしにスケジュールされているため、「どこかの科目でつまずいてしまう」ことは、その後の学習ペース維持にかなりの悪影響を与えます。よって1次対策初期において、

自分が得意な分野の学習を楽しみつつ、
自分が知らない・不得意な分野の学習にどう取り組むか

が最初の合否の分かれ目になります。
 

■(分け目2)資格試験突破のコツ■

ここも結論から。

①科目講義順とテキストは前の方が大事
②学習計画はゴールから逆算(
バックワードスケジューリング)が効果的

第一に、診断士試験7科目の出題範囲は膨大。いくら「広く浅く」がコンセプトの試験とはいえ、全ての知識を暗記して来年8月の1次本試験に挑むのは事実上不可能。よって

科目でいえば「経営」「財務会計」がまず最重要、
テキスト構成でいえば「最初や前半に教わる論点の方がより重要」

と予め意識すると、学習効率がかなり向上します。

※「テキスト構成や各章の内容は前半の方が重要なことが多い」ことはあまり意識されていませんが、ぜひ一度講師に尋ねてみてください。わかりやすく言い換えると、テキスト後半におまけで載っている「Cランク論点」はやらない・後回しでOK

 

第二に、学習計画は基本的に受験校の講義カリキュラムに従えばOKですが、途中経過(答練や模試)での達成目標(通過目標)は自分で決める必要があります。ここはズバリWackyの教えに従い、

1次公開模試(来年6月)が本番と思って学習計画を作りましょう。

当記事は実はここ↑だけ読めばもう十分。ではその効果を確かめるため少々脱線し、養成答練の点数とレベル感をここで確認します。

80点 上位5%
75点 上位10%
70点 上位20%
60点 上位50%

各科目の養成答練は、平均的な受講生(週10~15時間学習=普通に講義に出席&復習)が60点になるレベルで出題。しかし2次ストレート合格を意識するなら、狙いたい得点水準は上位5%=80点。

そんなの無理無理、とあきらめるのは早計。この80点レベル=来年本試験の60点レベルなのだから、来年7月には確実に到達しなければいけない水準。であれば

どうせ来夏までにやらなきゃいけないなら、今やっとく方が良くね?

と考えた人が勝ち。つまり

④1次公開模試(来年6月)→1次本試験合格レベルの実力(=模試70点)
③直前講義期(来年5月)→7科目の基本講義内容を網羅(=答練70点)
②各科目答練(10~4月)→各科目の基本講義内容を網羅(=答練80点)
①答練80点を取るような、受講・予習復習ペースを確立

のように逆算で達成目標を設定するわけですね。

本試験日が1ヶ月早いと思い、周囲より1ヶ月早いペースで学習を進める。

わずかこれだけの違いで、診断士1次はごくあっさり合格可能(※ただしそのために必要な準備と努力が不可欠)。養成講義時に1科目1科目を本試験合格レベルまで確実に仕上げる。それは当一発合格道場の中で、しつこいくらい何度も繰り返し主張されている「合否の分かれ目」です。
 

■(分け目3)目的意識が違う■

ここは余談から始めますが、診断士1次・2次試験を通じ時間がなく仕事に忙しい人の方が、試験に合格しやすい傾向があります。主な理由は2つ、

忙しい中で確保した学習時間は学習効率が高い
診断士対策で学んだ知識を、仕事で実際に使う機会が多い

ということ。
・仕事が忙しいから、重要度を意識して大事な所から押さえていく。
・やることが多いから無駄な暗記を避け、理屈で理解して暗記量を減らす。
・さらに実務で知識を使い、使える知識から体系的に記憶にストック。
いいことづくめです。

逆に知識試験たる診断士1次で無闇に合格ばかり意識すると、覚えたけど実務に役立たない知識ばかり増えます。よって自分が、

A:診断士試験合格のために、知識を学んでいる
B:実務で使うための知識を、試験対策を通じて学んでいる

のいずれの状態であるか、定期的に振り返っておくと後で役立ちます。A⇔Bの違いを言い換えると、

A:試験で得点するための記憶(短期記憶)
B:体系的な知識の繰り返し理解(長期記憶)

ということ。そして少し先の話をすると、いわゆるストレート合格者とは、

基本講義時(10~4月) Bタイプ学習で知識の凸凹を平らに
直前講義時(5~6月) Bタイプ学習の知識を引き出す訓練
最直前期(7月)  試験対策としてAタイプの詰め込み学習

という学習パターンを採り、1次を軽々通過していく方が圧倒的です。
 

■目標を決めたら走り出す■

では今日の結論。診断士1次7科目において、

重要3科目(経営・財務・運営)
合否の分け目3科目(財務・運営・経済)

の違いを意識することがとっても大事。そして周囲より1ヶ月早い学習スケジュールを考える。10月受講開始は【2012年合格目標】コースの中で最も標準的な日程ですが、6~9月学習開始と比べると、

速やかに学習ペースを確立しないと授業についていけなくなるうえ、
1ヶ月の時間の余裕を作りだすには明らかに不利。

そのため、自分の目標を見定め次第、全力で走り出す必要があります。

そのときこっそり参考にしたいのが、「診断士試験は実は決して難しくない」という見解。試しに診断士試験短期合格者の行動を観察すると、周囲より2~3ランクほど簡単な試験にしている工夫に気付きます。具体的には、

・難しいことは聞かれていないと割り切って、1ランク(1次・2次共通)
・必要な知識を早め・深めに押さえて、もう1ランク(1次対策)
・知識の使い方を講師から正しく教わり、さらに1ランク(2次対策)

簡単にすることが可能なのですね。

繰り返しですが診断士1次は知識試験。そこで差がつくのは、自分はなぜ知識を学ぶのか・学んだ知識をどう使うかの意識の違い。秋の夜長、週あたりの学習時間をあともう少しだけ余分に確保し、受験校で教わったこと+αをこの機会に自分で考え、いろいろ試してみる。今この時期の+αの週1時間、2時間はとても大切。これが後の1年・2年の差になります。
  

■本日のまとめ■

・診断士1次は7科目の知識試験。その知識が合格後の自分の武器
・1次は確実に合格可能。公開模試目指し1ヶ月早い日程組みがコツ
・診断士試験を2ランク・3ランク簡単にする為に、今この時期に+αの学習時間を確保し、自力でいろいろ試してみる工夫が効果的。

byふうじん



コメント & トラックバック

はじめまして、ほいほい と申します。

今年6月に簿記2級合格後、簿記1級に進むか診断士を受験するかで悩んでました。

そのときに、この道場を見て、モーレツに、診断士受験のやる気がわいてきました。
(実は、10年以上前に診断士勉強したことがあります。仕事多忙を言い訳に、断念しましたが)

そして、9月中にT○C 10月ストレートコースに申し込み、本日初日講義を受講してきました。

道場でのご意見を参考に、予習中心でテキスト読み+WEBフォロー事前視聴+スピードテキストをやったうえで、講義を聴くと、「楽しい~」という状態でした。

講師の先生の話で、知識がイメージとして定着していく感じがありました。

こんなペースでどこまでやれるかわかりませんが、この道場をモチベーションの支えにさせていただき、この1年、必死のパッチで勉強してみようと思います。

上記記事を見て、経済学は始まる前にやっぱり勉強しておかないとあかんかなぁ、という気持ちにさせられました。

とにかく、こういう前向きな気持ちにさせていただいた、この道場の執筆者の方々に、本当に感謝しております。

これからも、よろしくお願いします。

ほいほい様、初めまして。読んでワクワクする様なイキイキとした情報大変ありがとうございます。
.
テキスト予習+Webフォロー+スピテキ→講義受講=いわゆる「道場全部盛り」。道場執筆者個々人はこの全てに着手できていた訳ではないので、全部盛り実行により「講義が楽しい」状態とお聞きすると、むしろ羨ましく感じます。「経営」「財務」はもう心配不要として、「経済」対策は石川の経済が好評の様ですね。また新たな情報ご提供、心よりお待ちしています。
.
P.S. 簿記1級は診断士合格後に挑戦する方も多数いらっしゃいます。

ふうじん様、コメント有り難うございます。
情報を提供したというより、とにかく感謝の気持ちを伝えたかっただけです。

 私が、バリバリ勉強しているような印象を受けておられるかもしれませんが、9月中旬からやり出したので少しだけ貯金があるだけです。

 道場で、週25時間の勉強といわれており、Webフォローの先生も週25時間を言われてました。しかし、20時間からのプラス5時間の壁は厳しいですね。何とか、1科目目の企業経営理論の養成答練までに、勉強のペースをつかまねば、と思っております。

石川の経済も、こちらの道場で確認しておりました。YouTubeに石川先生の経済学講義がマクロ/ミクロで合わせて多分50時間くらい、無料でUPされていたので、先月、数時間分見ました。大変分かりやすく、この調子で見てたら楽しく経済学が理解できそうでした。でも、こんなことをやっていたら、すぐ教室講義に追いつかれて、「橋げたをつくる」ことができなくなりそうで、今は断念してます。

ほいほい様、よくお伺いするとやはり「順調なスタートダッシュ」と考えてOKですね。
.
やや煽った表現になってしまいましたが、前半3科目+経済を予習先行のハイペースで乗り切れば1次の確実な合格はもう射程距離内ですし、そのためにはやはり週20~25時間の学習は必要です。ただ必ずしも予習ばかりに気をとられず、答練高得点を目指し徐々に復習や問題集にウェイトを移していくことになります。
.
また「情報提供」と気負わずに、感じたことや疑問点をメモ帳代わりに気軽にコメントいただくことが、執筆陣にとりなにより貴重な情報になります。寒くなってきましたが、ぜひ学習を「楽しんで」ください!

一発合格道場 執筆担当者様
ご相談がありまして、記載させて頂きました。
科目合格を今年度しました。3科目です。
残り、いや~な感じで、経済・財務・企業経営・中小と残しました。T○CのM先生にお聞きしたらこの4つに集中したほうがいいとの事です。
模試は経済は6割いくなどしていたのですが、企業経営が非常に難解でして、この4つに集中して受験したほうがいいでしょうか?
3科目は得意というわけではないですが、そこまで貯金科目に出来るというものではない感じです。やはり集中して4科目がんばるべきでしょうか?
たぶん来年は中小がやさしくなると思われます。これを貯金科目に出来るのでは?と勝手に思ったりしておりまして。。。
何かよいアドバイスを頂けましたら幸いです。

コメントする





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  
他の中小企業診断士&受験生の人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
中小企業診断士を目指す同志の奮闘記  
  
アクセス殺到! 資格・スキルアップの人気ブログは  
↓こちらでチェック↓  
資格系ブログ・奮闘記の数々  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  




累計

本日

アクセスしていただき
ありがとうございます。

↓診断士情報が満載!↓


合格体験談の読み漁りは
最短合格への第一歩!
↓合格体験談の一覧↓


↓二次試験関連記事はココ!↓
約1000の道場二次関連記事へ

再現答案集はココ!↓

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

月別アーカイブ

一発合格道場主催イベント

一発合格道場 2次口述試験対策セミナーin東京

2018年12月9日(日)30名を超える方に参加頂きました。ありがとうございました!

18口述セミナーin東京レポート

 

————————————————–

18夏セミナーin東京レポート

18夏セミナーin大阪レポート

————————————————–
18春セミナーin東京レポート

18春セミナーin大阪レポート

道場について

↓ 今、何位? ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ





まずはご覧あれ
↓道場の基本理論↓



Amazonでランキング一位!
道場のノウハウも満載!
↓合格の秘訣88↓



一目でわかる!覚えてしまう!
一発合格 まとめシート
2019年度版発売開始しました



Naverまとめで
↓主要記事をチェック!↓

FX比較

サルでもわかるFX